スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の進むべき道     7月10日(木)


昨日のブログでとんでもない勘違いをしてしまいました。
お詫び申し上げます。

中国新幹線はフランスではなく日本の技術でした。
当ブログのコメンテーター様から指摘され調べてみました。

そのときの新華社通信は新型車両について「中国が独自ブランドを
創設し、知的財産権を所有」と報じていました。
しかし実際は日本の新幹線技術を導入していました。

そのときの新幹線落札にあたって中国側が日本に要求してきた屈辱的な
項目を列記します。

*技術の移転
設計図の貸与と技術者の派遣、車両は数台のみ購入する、それを分解
し、複製し、中国が国内生産することの容認、さらにそれを 中国独自
の技術として第三国に輸出することの容認。

*資金の供与
落札資金は日本の対中ODAを原資とする。不足分は日本の銀行が
シンジケートを組んで中国政府に融資、対中ODAの増額、
工事は中国国内の業者を用いる。

* 保障・アフターサービス
運営における教育・訓練の拡充、事故が起こった場合の補償・賠償・
保守責任。
中国がこれを第三国へ輸出した場合の連帯保証

なぜここまでして中国に技術も資金も与える必要があるのですか?
もうそろそろ日本は中国ビジネスから手を引きましょう。
安い労働力が手に入らなくなった中国など なんの価値もありません。

13億の民など相手にして物を売らなくても日本は十分やっていけます。
世界中は日本の素晴らしい商品を欲しています。

中国が姑息な手段で日本の技術を手に入れても、日本は直ぐに
それ以上の技術を開発します、技術は日進月歩です、
今日の技術は明日には古くなってしまいます。
中国は今の国民をすっかり入れ替えない限りまともな発展はありません。

日本はいままで中国に多くの技術を教えました、その技術で多くの
製品を作って中国は世界中に売りまくりました。
しかし拝金主義の品性の悪い国民は劣悪な商品を平気でつくり、
世界中を震撼させました。

中国政府当局は「中国製品はまったく問題が無い」「他国の製品の方が
問題が多い」「メタミドホスが冷凍餃子に混入されたのは、日本国内だ」

こんな妄言が通用するほど世界の国民はバカでない。
これだけ悪質な製品を輸出し世界中から信用をなくしている国は
歴史上例がない。

07年からの労賃の上昇で中国が「世界の下請け工場」としての魅力が
無くなってきました、台湾、韓国、日本、の工場が音を立てて中国から
逃げ始めました。ハイテクの工場だけ優遇しても中国が技術立国には
なりえません。

各国のハイテク工場も中国を警戒して決してコアの部分は教えません。

最近見た新聞記事で思わず笑ってしまいました。
「北京五輪を控えた北京市では、水不足による砂漠化が原因で草木が
立ち枯れてしまった、そこで北京市当局は枯れ果てた草木に緑色の塗料
を噴射し、市内の緑化をはかった」

これが中国人の本質です、このような付け焼刃的な手法がこの国を
覆っている限りこの国の発展は未来永劫ありえません。

中国の悪口を一気に書いてしまいましたが、決して中国の崩壊を願って
いるわけではありません。中国が発展し国民が豊かな生活をおくれる
ことが、世界中の幸せにつながってきます。

以前 テレビで日本在住の中国人の教授が、
「1960年代の日本も今の中国と同じではないか、中国もそのうち
日本のように発展する」と言っていましたが、日本の歴史を知らないと
このような発言になってしまいます。

我々は敗戦によって全てを失くしてしまいましたが、生き残った日本人
の中に規律正しい精神と教養が脈々と受け継がれていました。

日本の長い歴史の中で特に江戸時代は封建制度によって国の安定が
保たれ、経済が目覚しい発展をとげ、文化も花開きました。
貨幣経済が発達し、文字も普及しました。
おそらく世界のどこの国よりも社会インフラが整備され、国が安定して
運営されてきました。

明治維新以降の国の発展の原動力となりました。

敗戦で全てを失くしても直ぐに大発展をとげたのは、このような歴史が
あるからです。

中国人の大学教授が「当時日本も公害、粗悪品、汚染などで世界の
批判を浴びたではないか、」と言っていますが、
日本は戦後30年でこれらの不評を撥ねつけ世界の信用を
勝ち取りました。
良貨が悪貨を駆逐したのです。

上海や北京で近代的なビルが乱立しても社会インフラが整備されて
いません、人々が安心して暮らせる社会構造になっていません。

日本の江戸時代よりずっと ずっと後れています。

中国は大国を意識しすぎて焦っていますが、このままでは底の抜けた
カメに水を入れているような状況で、最後はそのカメも壊れて
しまいます。

中国は日本を恫喝しても一文の得にもなりません、それより日本の
歴史を検証して、日本システムを学んで国民を再教育してください。

世界の技術をかすめ取るよりもっと早く国が発展します。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります

コメント

品質は人を映す鏡

新幹線技術流出のお話、本当に腹が立ちます。
傲慢な中国の態度もそうですが、ビジネスとしてありえない日本側のおバカさん加減にも。
日本の躾と教育システムが末端にまでいきわたらせた努力と誠意と信念の結晶をいったい何と心得ているのか。
もしこれがアメリカなら、この取引によって膨大な国益を引き出すでしょうね。今度の地震によって、日本の耐震建築技術を流出させようと動く輩がでてくるでしょう。教えるのはいいが、それに対する感謝と見返りはきっちり取ってもらいたい。

ただ、うがった見かたをすれば、そうやって中国側に都合よく「二軍の」技術を教え続けることで、彼らの本格的な技術開発を抑制し、永遠に「コピー屋」のレッテルを張り続ける、というのもひとつの戦略ではあると思います。ずーっと劣化コピーを作っていてほしい。目先の金を儲けるのはいい。頭脳は育てるな。最先端技術や文化を世界に輸出するのはあんたたちじゃない、日本だ。ということですね。

そうやって本当の「技術」を空洞化させておけば、管理人さんが仰るように、外資系企業の撤退によって一気に彼らを数十年前の環境へ逆戻りさせることが可能だと思います。
そしてなにも残らなかった、と。

私は「中国の商品の品質は良くなった。もうすぐ日本に追いつく。」と語る中国人に言います。もし、日本製より高くても中国製が欲しいと世界の人が言ったら、そのときあなたの言うことを認めます、と。みんな黙りますね(笑)。
今の躾や教育システムでは永遠にそんなことにはならないでしょう。
商品の品質はその国の人間の品質を映す鏡なのですから。

千年前に文化的には終わった国、中国。
共産党がとどめを刺した、ということでしょう。
共産党空中分解のあと、2サイクル目があるのか?
それは彼ら次第ですね。

台湾に見る日本人の偉大さ

管理人さんが書かれているように、今中国に必要なものは技術や金ではありません。必要なのは徳育です。かって中国の副首相が言った言葉が本質を良くあらわしています。「中国は嘘ばかりで、本物はペテン師だけだ」と。昨日に続き、異質な長文を下記します。時間があれば読んでみてください。
日本人に知らせたい もうひとつの台湾史 ㊥

     許 文龍・奇美實業董事長(談) 

  鄭成功の来台(続)

 歴史は見る立場と角度によって異なる記述になる。学校でわれわれは、鄭成功を民族の英雄、と教えられているが、果たして事実か私は疑問に思っている。

 連雅堂著作の「台湾通史」によれば、台湾を経営したのは陳永華で、私の読んだ資料でも彼はすこぶる経営手腕があり、また良く一般人民を保護し、多少基礎建設もやった。陳永華は孔子廟の前向かいの小路の中の廟に祀られている。

 清朝時代の劉銘傳は、最近の書籍では、台湾近代化の父と賛美されている。

 彼は、台湾を全中国の模範省にする目標で、政治をおこなった。思想も新しく、全中国で最初の鉄道を台湾に建設した。したがって劉銘傳は一種の例外である。 清朝時代の統治は点だけで面にも及ばない。都市の城だけ固守して、人民大衆の事情には構わない。

 私の母の話では日本統治前の清朝時代には、飢餓に遭遇すれば農民は群れを成して城内に「(てへん+争)椪」(強奪)に行く、すなわち土匪になる。したがって城門は夜間閉めなければならない。

 今でも「宋江陣」が廟の祭りにねり歩くが、当時「宋江陣」は各廟の自衛隊的存在で、廟が指揮中心となり、政府保護の補完的自己防衛をしていた。 当時人民の安全は保障されず、基礎建設の道路、港湾、衛生施設などは殆どない状況であった。

 日本統治が始まる

 日清戦争後、清朝は台湾を日本に割譲して講和条約を結んだ。

 日本軍が台湾に上陸するや、清朝官吏の劉永福と丘逢甲などは、人民を顧みず率先して大陸に逃げ帰った。この様な心掛けの官吏が台湾を経営できるわけはない。

 台湾が近代化し世界各国と肩をならべられるようになったのは、日本人が台湾に上陸した後の事である。もちろん日本人が台湾人の幸福のために、あるいは全然無目的で台湾を経営し近代化したのではない。その目的は第一に日本自身の利益であり、第二に国際的イメージ確保の考慮にある。

 当時世界列強のオランダ、英国、フランス、ドイツ、米国は全部すでに植民地を持っていた。

 日本の台湾経営の着眼点は経済上の利益であり、また軍事上台湾を将来南進の基地にする事である。さらに最初の植民地能力を示したかった。したがって台湾に一流の人材を派遣した。

 話はそれるが、台湾が終戦後中国に接収された時の状況を回顧すると、台湾に来た六十二軍の兵士は、雨傘をさし鍋釜を天秤棒に担ぎ、台湾人のわれわれが想像した軍隊とは全然違う、土匪軍に近い外観で、この様な軍隊は飢えれば土匪になるに違いない。

 辜振甫の父、辜顯栄は日本軍の台北城入城を案内して、中国人から「漢奸」と非難されているが私個人はそうは思わない。

 当時日本軍が一刻も早く台北城に入らないと、人民は必ずもっと悲惨な目にあう。清朝が派遣していた雇傭兵は、本質的に土匪と言ってもよい。

 外部の人が新しい土地に来て現地人を理由もなく殺す事はないが、内部の人の強盗的行為はもっと恐い。辜氏はこの危機を察して緊急に、日本軍の入城を促した。当時の台北市民にとって辜氏は「功労者」と言うべきである。

 もちろん彼がただ台北の治安のためにしたとは思わない。何か将来特別な権益を得るのを期待したかも知れない。

 日本が残した功績

 さて、日本人は台湾でどういう仕事をしたか。先ず日本の台湾接収に抵抗したのは劉永福でも丘逢甲でもない。

 一群の無名の台湾人であった。日本軍は圧倒的に強く、台湾に無血上陸し、順調に台北に入城したので、一週間の内に全島を簡単に接収出来ると考えたが、頑強な台湾人の抵抗に遭遇した。

 私の読んだ、日本人の書いた「台湾研究」にも、日本人は、武器を持たない悪条件の台湾人が日本軍と激戦し、長期間も抵抗したのには驚異を感じた。

 われわれの祖先は非常に勇敢だったのだ。

 台湾に派遣された近衛師団長の北白川宮能久親王は皇族であるが、佳里付近で台湾人に暗殺されたという噂がある程、台湾人の抵抗力は大きかった。上陸後全島が平定されるのに数年かかった。

 日本も統治初期は強硬手段をとり、無差別殺人はしなかったが、抵抗する者は殺した。

 第一代から第七代までは軍人総督を任命したが、その後は文官総督で、大東亜戦時にまた第十七代から武官総督に戻った。

 中華民国政府が台湾を接収した時にも軍人・陳儀が長官となり、その次の魏道明以外は長期間軍人が台湾省主席になっていた。

 私は軍人に良い印象を持たない。なぜならが軍人は盡忠(尽忠)を本分とするので、外部の世論あるいは意見を考慮せず、上官に絶対服従し、殺人でもなんでもする。したがって軍人が執政するのは良くない。

 中国の歴史でも原則的には軍人を政治に参与させない。

 例えば、岳飛の時代、辺境に駐屯する軍隊と将軍が強大になれば、皇帝はこの軍隊が何時王朝と皇帝に謀叛するかと脅威を感じ、絶えず対策を考える。 岳飛は誰に殺されたか未だ不明だが、日本人の歴史研究家によれば、彼は当時の皇帝に殺されたと言っている。

 また仮に皇帝にこの意向があれば秦檜が皇帝に迎合して、無実の罪をきせる事も有り得る。されば皇帝は永久に仁慈の君主、権力者は永遠に偉大であり得る。 したがって秦檜は歴史で論じられる様な悪人でもなく、実は皇帝が岳飛を殺したかも知れない。

 第四代兒玉総督時代に後藤新平が民政長官に就任、彼は医師で、日本でも一流の人材である。ドイツ留学の医学博士で、近代的頭脳を持った人である。

 最初に彼は徹底的な台湾の調査に着手した。土地(地籍調査)、人口、資源などの綿密な調査資料は、戦後国民党政府が台湾を接収した時に驚嘆した程である。 後藤新平はこの資料を根拠として開発計画を立てた。

 政府の財政困難のため、彼は三菱、三井などの財閥に台湾への投資を誘致し、また台湾銀行を設置して資金の供給をさせた。

 すなわち、彼は夙に政府の人力に限度を感じて、商人に台湾の経営を任せた事になる。

 今台湾でも、重要建設に民間会社を参加させる政策があるが、同じ思考方法である。当時の台湾では三井が一番勢力があった。

 製糖事業も民間の資金と技術を導入した。交通とかのインフラ建設にも大量に資金を長期投資した。日本本国政府が悲鳴をあげた程である。彼が着手した台湾産業の近代化には、今日でも存在する農業試験所、水産試験所、林業試験所などの設置がある。

 当時の台湾人は非常に哀れな境遇にいた。平均寿命は三十歳未満でマラリヤ、赤痢、チフスなどの病気が流行した。日本台湾派遣軍の病死者は、戦死者の数倍という状況である。後藤新平は徹底的に台湾の衛生環境と医療の改善をした。阿片に対して漸禁策をとり、阿片専売制度からの収益を台湾衛生事業施設の経費にあてた。 昭和十年頃、台南病院、伝染病病院、肺病病院、精神病病院、癩病院などの施設があった。国民所得が低く、国家税収も少ない環境下に以上の施設を作ったのだ。

 また、現在の台南市政府(市役所)、中山公園、遊泳池、あるいはすでに取り壊された博物館、歴史館、図書館は全部戦前に建設したものである。 したがって日本台湾統治の五十年間、戦争末期の十年を除けば四十年の期間、台湾が治安衛生の悪い清朝時代から一転していわゆる「夜不閉戸」の治安の良い社会になったのは、人民にとって非常な一大事である。        (以下次号)
《(株)国際評論社 LA INTERNATIONAL7月号より転載》 

どうしたら、そんな条件で新幹線を出せるのでしょうか?
いったい誰がGoしたのでしょう。
問題は中国より(ほって置けばいい)、そういう流出を止めない、いや進めている輩を引きづり出すことでしょうね。

もう日本人の問題では?


こんな凶悪暴力団集団=シナ・朝鮮とお付き合いしたがる「日本の政官財界」が悪いと思います。民間人の仲にも、シナとお友達になりたいという無知な人もいるので、どうしようもないと思います。もうシナ・朝鮮に喰われるだけ喰われてしまうだけでしょう。

政治ブログやネットや書籍で、ちゃんとシナ・朝鮮の悪辣振りを紹介していますから、それでも「シナ・朝鮮に問題が無い」という輩は、どうぜお好きにして下さい。

自ら「奴隷になりたい」、「舐められてもいい」、「嘲笑されてもいい」、「騙されてもいい」、「金をむしり取られてもいい」という人を止める事は、誰にも出来ませんから…。





馬鹿みたいな条件

新幹線をこんな条件のもとに輸出したのですか?
シナでは国産と宣伝してますが それでも日本に賠償責任があるというのはおかしいし、シナが将来生産輸出し、事故が起きた場合も賠償責任があるというのは納得がいかない。これなら輸出しないほうが良い。

広深鉄道事故

日本から奪い取った新幹線技術を流用して作った(?)広深鉄道で、先日人身事故がありまして。
広州と東莞の間のどこかで人が飛び込んだらしいのですが、フロントグリルに遺体の一部をくっつけたまま、東莞駅まで平常運転したそうです。
ダイヤが乱れると金銭的損害が大きいので、緊急停止システムなんかは改ざんしているみたいですね。
怖い国です。

新幹線輸出の条件

こんな条件で新幹線を輸出したなんて信じられません!
日本のそれにOKを出した人間が知りたいです。
売国奴とはこんな奴を言いますね。

許せない、日本の売国奴

こんにちは。いつも読ませていただき勉強をさせていただいてます。
他のブログにない情報に感謝ですね。知らなかったことが一杯です。
このブログを書いていらっしゃる方の、誠の愛国心をひしひしと感じています。
私は。このように日本が諸外国から辱めを受けるのは、まず第一に日本がアメリカの植民地にあるからだと思うのです。そのためにも血税を年に数十兆使う在日米軍を追い出して、日本は軍備増強をして外貨をドルからユーロ建てにして、日本が保有するアメリカの800兆円の米ドル建ての国債を今すぐ売る必要があると思います。
これからも日本を永久に支配しようと目論む工作員達の動きを追ってブログに乗せてください。

ビジネスでは上記のような条件を

「強姦」といいます。強姦されるにはそれなりの理由があるでしょう。
それによって利益を得る人たちがいる、ということですね。

私は自分の感性を信じようと思います。
何のしがらみも洗脳もなく、現実を素直に見聞きするなかで、今の中共は極悪に見えます。長野リレーで組織的に動員された中国人に対抗したのは、ひとりひとりの信念によって突き動かされた日本人でした。
虚構対真実。

中共の擁護をするのはある組織や団体に属すものたちだけ。利益誘導目的以外のなにものでもない。同じような事件でもそれを起こした国によって態度が全然違うことは周知のことです。

中国駐在者でも、政府関係とか大企業とか、偉いさんになるほど「呑まされて」いることは明らかです。実態から目をそらして、お花畑で余生を暮らそうとするひとたち。

中国駐在員が集まる日本人会の席上で堂々と反日的コメントをする企業トップ連中がいるのです。マレーシアは、日本軍がシンガポールを目指して通過しただけだから「悪いことをする暇がなくてよかった」、とか。

媚中派を駆逐するために、こういうフェアなブログはものすごく大事だと常々思っています。そして、全体主義者の毒牙をまぬがれた我々が危機感を持ってしっかり投票すること。
まだチャンスはあると思いたいです。

新幹線の話は本当なんですか!?これはビジネスでは有りませんよね?何だろう?言葉が見つかりません・・・

お初にコメントさせて頂きます

日本技術の新幹線に昨年乗りました。
中味も外見も日本の新幹線そのものです。
日本と違い専用線路ではなく、ほかの列車も走る一般の線路。
そこを時速160キロですから、何か事故が起きたらと不安であります。
ここに動画を載せてあります。
http://emjes.blog14.fc2.com/blog-entry-411.html

この新幹線の話

以前も目にしたのですが、本当なのでしょうか?

このとんでもない条件に驚き、JRグループのうち東海のみが強硬に反対したらしいですが、経団連会長であるトヨタ自工の奥田氏が、恫喝まがいの圧力をかけて実現させた、と聞きます。

それにしても日本の技術の粋を集約した新幹線をこのような条件で売り渡すなど有りえるのでしょうか?

核心に触れるような情報が欲しいものです。
どなたかご存知の方、ぜひお願いします。

尊大で矮小な日本人

日本の技術を導入してるだけでもありがたく思えよ。

だいたいアメリカと日本の関係の方がもっと不平等だろうが(笑)

日本は中国を批判しても一文も得にはなりません。
中国の歴史を勉強して国民を再教育してください。


土下座貿易

 新幹線は、日本からの朝貢品として供されたわけですね。近世の朝貢貿易は見返りが大きかったのか、損失が小さかったのでしょうが、新幹線は丸投げだ。

 日本の政治家がビジネスを全くしなかった。中国さまに対して、見返りを要求する打算的な外交を「汚い」だの「侵略の反省が足りない」だのという「世論」が捏造されていました。
 カラクリは知らされず損失は公にされず、責任をとらない政治家と、それを追及しないジャーナリズムが、居座って日本人を平気で欺き続け搾取の片棒を担いでいます。

 中国朝鮮韓国は、空虚な優越主義で周辺諸国や肩書き下位者に君臨しようとする序列に染まりきって、自ら脱却する英知を持ちません。いつまでも、それに染まりきった自分を改めることができません。近代科学と技術についても、「当然ながら自分たちも優越的に享受できる」と信じて疑わない傲慢さを保持しつづけます。

 欧米白人は、オリエント起源の科学を学び蓄積し、技術革新につなげて経済繁栄の道具にしましたが、中国朝鮮が無意識に信奉しているのは、詰まるところは軍事的脅威(暴力)です。中国人、朝鮮人の振る舞いを知れば知るほど、彼らが学びや生産より盗むことに走り勝ちであることに気づかされます。
 そして、それを正当化する屁理屈と厚顔さをセットで見せ付けられることになります。

 彼らを黙認するばかりか、助長さえしているのが、日本の売国勢力です。奴らは、日本にとって害悪であることはもちろん、アジアの害悪でさえあります。

見方を変えれば

見方を変えればうまく中国様を部材地獄に陥れさせれば儲けもの。
コピーだけではまともに動きませんよ新幹線は。
所詮新幹線は世界に売り込みできない宝の持ち腐れ。新幹線の名を借りて部材を売り込めれば儲けものです。
話題のアイフォーンも日本の部材が多く使われていますし。
お馬鹿な中国をどう利用するか。やはり張り子の虎にしておくべく戦略を練らないとね。

アメリカは中東が気がかり、日本の安全は?


中国政府は、アジア諸国に伝統文化や漢方薬や料理など発信し、
さらに中国への留学生など積極的に受け入れたりしている。
日本からも、かなりな数の学生が留学している。500もの孔子学院を
世界各地にも作り始め、ソフトパワーの象徴で外交面で文化を強調させ
国際社会に安心感を与えようとの意図があるようだ。

日本は、明治維新で改革開放に踏み切り、富国強兵に邁進して
大国の仲間入りをしたが、軍の強大化に世界恐慌が重なり危機感から
軍の暴走を許した。
中国も開放以来、経済成長を遂げ、世界有数の軍事力を
持つようになったが、まだ中国では毛沢東など古い考えが軍にあり、経済がこのまま
行き詰った時に、戦前の日本と同じような考えを持つ人がでてこないとは限らない。
中国と台湾の戦争やチベットやウィグルの大きな紛争なども起きないとは言い切れない。

日本は科学技術など経済も、いまのところアジアで1番であるという声があっても
日本は政治が弱い。中国は核戦力もあり常任理事国でもある政治大国。
日本の株式を中国人投資家が、保有することも多くなり、両国の経済関係が
強まると、どんなに中国脅威論があっても中国なしでは日本は生きられなくなる。
台湾と中国の関係にしても、強まると大中華経済圏が現われ、アメリカ一極支配に
対抗するための足場とするだろうという。

いまイスラエルとイランの問題が現実味を帯びてきたが、アメリカは北朝鮮の
核開発問題と中国の覇権主義を強める中国の軍拡問題を当面、
棚上げ状態にし、対イランに専念せざるを得なくなるだろう。
日本は、どうするつもりなのだろう・・・

v-355v-354v-313

私が某サイトに立てたスレ

自分で立てたスレをここで紹介するなんておこがましいですが、まあご覧ください。^^;つhttp://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=3223775

JR東日本の労組は革マル派の巣窟なんだが、経営陣も売国奴・国賊の巣窟なんですね。
国益侵害の罪に問うことはできないのでしょうか。

日本がメンテナンスやっても事故が起きるでしょう
なんせ中国人が運営してるんだから
朝鮮人みたいにギャーギャー騒ぎ日本のせいにします。間違いない
そして賠償請求する

もうですね、政治ブログを読めば読むほど腹が立つんですよ。シナにも、朝鮮にも、アメリカにも。でも一番頭にくるのは売国政治家や大企業ですよ。そして自分を含めた何も知らない、知ろうとしない国民・・・
テレビや新聞は真っ赤っかだし、一体どうしたら国民が目覚めるのでしょうか。ブログを通して訴え続けるしかないのでしょうか。もどかしい限りです。

尊大で矮小かつ無能な中国人
日本の技術と資本がなければまったく機能しないハリボテ工場が偉そうに言うなよ、日本のような親切な国がなければ欧米列強の植民地だわ。

管理人さんへ

できれば上の「尊大で矮小な日本人」のコメントは削除せずにみなさんに見てもらって下さい。読めば読むほど味わい深い(笑)。都市部の2億くらいがだいたいこの程度のクオリティーでしょう。日本語を勉強できる環境でも洗脳からは逃げられないというサンプルです。
1000万人移民させたら、日本を理解させる前に国が崩壊するという証拠です。

女衒より悪質な中共

>* 保障・アフターサービス
運営における教育・訓練の拡充、事故が起こった場合の補償・賠償・
保守責任。
中国がこれを第三国へ輸出した場合の連帯保証

ほんとうなのですか。やつらはするかもしれんとじょうだんで話していたことが、現実とは・・・。
ペリーの黒船とでも中共に対して思っているのか、屈辱以前・・リッキーさんのいわれる強姦そのものである。強姦されるほど色情をいだかせるものがあるのでしょう。それはなんだろう、それを手引きした連中の動機を中共流の拷問ではかせたい。
「攘夷と叫ぶ」テロの動機にはなることがらです。

>日本がメンテナンスやっても事故が起きるでしょう
なんせ中国人が運営してるんだから
そのとおりです。消化器と間違えて消臭スプレー缶を使うがごとしの事故は起こりうる。その責任も日本にかぶれというのか。

>日本と違い専用線路ではなく、ほかの列車も走る一般の線路。
そこを時速160キロですから、何か事故が起きたらと不安であります。
じっさい、とんじいさまのコメントにあるごとし。



 

無償の統治を期待してるのは何処のどいつだ?

許 文龍・奇美實業董事長(談) 
>台湾が近代化し世界各国と肩をならべられるようになったのは、日本人が台湾に上陸した後の事である。
もちろん日本人が台湾人の幸福のために、あるいは全然無目的で台湾を経営し近代化したのではない
その目的は第一に日本自身の利益であり、第二に国際的イメージ確保の考慮にある。

そのうえで、「日本は台湾にいい仕事をした」といっています。これが本当ですよね。ご紹介ありがとうございます。
日本国民のなかにも日本を貶め日本に不利な発言ばかりする人いますが、いい加減に現実離れした考えどうにかならないでしょうか。一点の非もない日本? そういう自分は「本当はいけない事だけど…」などといいながら現実社会を生きているのではないでしょうね。

とにかく事実・真実が皆に明らかになることが先決

今回のエントリーも素晴らしい内容ですね。

こうした事実を日本の国民がはっきりと知る事ができる仕組みを作らなければなりません。

誰がどのような意見を言い、誰が賛成し、誰が反対したか?誰が計画を進めたか、そこにはどんな利権があるか? などなどを評価・評論抜きで事実を並べ、そして誰でもが直に見ることのできるメディアが必要です。

日本の国民は実際に行われている内容を知らなすぎる。ネットは将来に期待が持てるが、今の政治家を選挙で選ぶ力で言うとネットは少数派でしかない。実際にネットの力が発揮されるようになるまでに中国人を1000万人も移民させたり、外国人に選挙権を与えたりして、正当な日本人の世界を骨抜きにされてしまいそうだ。

新幹線をタダ同然で中国に差し出したのは、当時の国交相こと創価学会員の扇千景ですよ。

新幹線の話、ホントに本当の話なのですか?それで将来、JR東海が大損
こいて、株価とかグチャグチャに(赤字でまくり)なったら、トヨタ以外の株主
に、どう説明するんだ?事情を知らない株主に言い訳できんだろに・・・

なるほど

労組と創価がらみか。
にしても、こんな条件とても信じられんのだけど・・。
>36cm #VSmrnPx6さん、管理人さんのコピペしときました。

とんでもない不平等条約

信じられないような時代錯誤の不平等条約と言える条件ではないですか。

個人的には日本は新脱亜論を提唱すべきだと考えています。この情報はこの考えを補強する良い事例になりました。

日本は支那・朝鮮と相手にすべきではありません。世界は広く、有害な支那・朝鮮との付き合いを止めた方が日本は幸せになれます。

中国版新幹線について

中国版新幹線について知っている範囲でお知らせします。
1)中国版新幹線車両の原型は東北新幹線「はやて」です。川崎重工業など日本企業6社が2004年に受注。
2)日本の車両を採用する時の条件やOKした人は、管理者の云う通りです。
3)この話は、最初はJR東海に話がありました。しかし、条件が「クレイジー」だったので、JR東海の葛西社長(当時)はこれを聞いて 怒り狂って拒否。以来、強硬な反中論者になったようです。
4)実際の乗り心地は、かなり揺れがひどいようです。
高速鉄道線路メンテナンスを指導しても、ノウハウが無いので、外見を真似ても、所詮”サルまね”なのでしょう。
「車両と線路」があっての高速鉄道なのです。

あまりの事に言葉が出ません。
何故そんな売国制度が整っているのか…
いくらなんでも…
同じ日本人だとすら思えません。
こういうのは公安とかは動かないのでしょうか
国会議員といえど一市民ですよね?
他の国はどうなっているんですか?

どうしたら良いのでしょうか。
選挙といっても洗脳されてる人も多い、ネットの情報強者は少数派、ましてや平和ボケして…
ネット世代が台頭するのなんて待ってたら1000万移民計画や人権擁護法案が…
もう中国が経済破綻するのを待つしか…?
いや、どうせ売国奴達が支援金を送るのでしょう…
武装増強はアメリカが許さないでしょう、都合の良いお財布ですから。
そもそも強い武器売ってくれないのも、作るのを怒るのもアメリカですからね…

…もはや昔の様に血を伴う革命しかないのですか?
どうしたら良いんですか…

これは日本政府合作の出来レースと思いますよ

世界の目的はただ一つ

日本の富をどうやって略奪するか!ただそれだけのこと

日本は敗戦国

敗戦国に光なし

いつまでもあると思うな親とブログ(YouTube・グーグル)

>まだチャンスはあると思いたいです。

リッキーさんをはじめ先に気付いた方々の情報発信を受け止められなかった自分が辛くなります。「分からなかった」といえばそれまでですが、すみませんでした。

申し訳ないのですが危機感を感じたのは極最近です。ネット上には其れらしき情報がありましたが本当のところが判りませんでした。 「中韓を知りすぎた男」さんのブログがきっかけに、リッキーさんのコメントで目が覚めかかり、「爺砲弾」さんのブログではっきりと分かりました。

中国の実態は「酷い」の一言。なんと、この民度の移民を受け入れろ?
それまでは、嫌だけど移民も致し方なしとボンヤリと考えておりましたが、これ程とは…。今の日本にこの移民が来たらとんでもないと強く反対します。

こちらの素晴らしいブログや、「爺砲弾」さんのブログ、リッキーさんのコメントがもっと多くの方の目に触れる事を願います。

ネットは真実の情報を知るのに便利ですが、これとていつまでも今のままだと限らないようです。今でも少数の人しか関心がありませんし。平和ボケの自分が言うのも変ですが、焦りました。

通行人さんへ

別スレに書き込んだ私のつたないメッセージを受け止めていただいたようで、ありがたく思います。
嫌なことも含めて真実を直視し、公正であろうとする心情は、日本の美徳として大切に持ち続けなければならないと思います。そういう意味では、私は通行人さんのコメントを頼もしく読ませていただいていました。
ただ、その美徳が通用しない相手が世界にはいる、ということを忘れてはならないと思うのです。そういう相手にわかりやすくするための「技術」として、「やられたらやりかえす」が必要な局面はある、と感じます。
謙虚さが「無」と取られてしまうならば、です。
言うべきことはきちんと言い、やるべきことはきちんとやる。
そういう日本であってくれることが、我々海外組の誇りなのです。

つうかさ

made in japanって言うモノに誇り持とうよ!

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/294-15263cae

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。