スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界を動かす妖怪「軍産複合体」    7月7日(月)


先週はマケイン氏とオバマ氏を分析してきました。  

問題は誰がアメリカのためになる人材かではなく、誰が軍産複合体の
傀儡政権になりうるかという事が問題なのです。

ここ10年のアメリカはペンタゴン、軍需産業、CIA 鉄の
軍産複合体の三角形が崩れ 一投資ファンドがアメリカを陰で
動かすようになってきました。

その怪物ファンドがカーライル・グループなのです。

特にブッシュが大統領になってからはアメリカの内政も外交も完全に
手玉にとられています。
カーライルの戦略は政・官界の大物を次々と役員や共同事業者に迎え、
その人たちの情報や人脈を利用して ファンドの大部分を国防・航空・
警備関係の企業に投資します。

当然投資先企業は政府を主たる得意先としている。

ハイリスクの大型金融の世界で成功するには政界人脈と大物との交流
なしには成功しない。

ブッシュ大統領一族やサウジ王室、ベイカー元国務長官、ラモス(元
フィリッピン大統領)、アナン(元タイ首相)朴泰俊(元韓国首相)
あきれたことに、メージャー元イギリス首相までキラ星のごとく
顧問に名を連ねています。

これだけの人脈を誇れば世界中でカネを儲けるのは、赤子の手をひねる
より簡単です。
その上投資の神様と言われているソロスまでが1億ドルもカーライルに
投資した。この信用を利用して大企業から資金が雨あられと殺到した。

このために投資の世界で、誰もカーライルに歯が立たなくなってしまった。

ブッシュ親子の大統領選挙でもカーライルの資金が大量に流された。
特にブッシュ・パパは、かつての人脈を利用して、カーライルを
世界の指導者に売り込んでいます。

世界で起こる戦争やテロについてもカーライル・グループが絡んで
いる可能性があります。第三世界での謀略やクーデター専門家と言って
間違いありません。

ブッシュ・パパが大統領を退いてから何度も韓国を訪れています。
不思議に思っていましたが、カーライルのコラム銀行買収で意味が
わかりました。

このとき規制緩和を正義の御旗にして外国企業の合併・買収に関する
法律を変えさせている。
カーライルの顧問であった朴泰俊首相が陰で動いた。

これ以後、カーライルはアジアの拠点を韓国におくことになった。
そして2004年 シティーバンクが韓美銀行株43%を取得、
韓国国内で最大の外資系リテール銀行になった。

いまや韓国大手企業の殆どは外資系の資金が60%以上を占め 
純然たる国産企業が無くなってしまった。
韓国人はこの事実をあまり知りません。その上 韓国高官も知
らなかったことに仰天しています。

2007年 盧武鉉大統領が突然アメリカとFTA(自由貿易協定)を
妥結したことに驚いたが、後ろにカーライルが動いたようにおもわれます。
日本は1999年頃より日韓FTAを進めていますが一向に進展しません。

反米、反日の盧大統領が突然アメリカと妥協するなど考えられません。
カーライル・グループの意志が感じられます。

ビジネスが政治を動かし戦争もしかけます、利益のためなら、情報を
操作し、人々を平気で殺傷します。

湾岸戦争やイラク戦争でアメリカの軍需産業は大儲けしました。
その度にカーライル・グループは膨れていきます。

ブッシュ一族とビンラディン一族のカネの繋がりは古く、ブッシュの
石油会社の出資者でもあり、ブッシュ一族の財を築くきっかけにも
なった。
ビンラディン一族とブッシュ一族が9.11テロの起きた日、
同時刻に同じ部屋で一緒にいたことがオランダのVPROによって
報道された、場所はワシントンのリッツカールトンホテルと
いわれています。

ありにも出来すぎた話なのでファンタジーのような気がしますが、
アメリカなら さもありなんと思ってしまいます。

しかし9・11自爆テロでアメリカは軍事費を増額、悲劇をネタに
カーライル・グループは巨額の利潤を上げた。

さて 話をマケイン米共和党の大統領候補の話にもどします。

彼はオバマより演説は下手でその上資金不足です。
そのために昨年 側近らが陣営を去るなど危機に陥ったが、最近
ブッシュ大統領の選挙参謀だったカール・ローブ氏に近い
スティーブ・シュミット上級顧問を選対責任者に据えた。

カール・ローブ氏はブッシュ大統領の次席補佐官でカーライルの紐付き
で影の大統領などと呼ばれていた。
その紐付きの子分スティーブ・シュミットが選対責任者になったと
いうことはマケインも選挙資金欲しさにカーライルの陣営に引きずり
込まれたといっていいと思います。

どちらが勝っても大統領を裏で操るのはカーライル・グループと
いうことになってしまいます。

いまや世界中の政治家や企業家がカーライルの恐ろしさに気が
ついています。

いまだに知らないのは「いなかっぺ大将」の日本ぐらいです





ffff ← クリックしてもらえると励みになります

コメント


魑魅魍魎が跋扈するこの国際社会や国際政治の世界において、ある特定の人間だけが他人の生死を左右し、その運命を握っているなんて、全くこの世は理不尽な世の中だ。と思いますが、所詮限りある人間の仕業であり、神や仏の行為とは程遠い。

ある面、彼ら支配者こそ、悪知恵を絞って策略を張り巡らせて、他人に地獄の苦しみを味あわせ、汚い金と地位を得ているつもりだろうけど、結局、あこぎな手段で得た金と地位は、己の「魂の罪」を増やすだけで、あの世に持っていけるものではないからね。己で己の首をしめているようなもの。

後何十年生きるのか知らないけど、一生懸命地獄息の切符をたくさん買ってるようなものだと思いますね。せいぜい、他人を陥れ、他人の不幸を飯に山ほど金を稼いでください。死ぬときは一円たりとも持っていけないし、大きな不徳と負債を子孫に残して、あなた達は地獄で永遠に苦しんでください。



そのカーライルグループの世界をひっくり返せるのが最近実現したという日本の常温核融合ですよ!

常温核融合は本当だった! その12
http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page284.htm

おそらく政治的意図で公にはされてないみたいですが、常温核融合が実用化されれば日本のネックだった資源が解消されてしまいます。それどころか世界が欧米中心、石油中心の世界が根底から覆りますよ。

かつてヒトラーが予言したような世界、オーウェルの『1984年』のようになってきましたね。

「…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち・・・
http://hexagon.inri.client.jp/floorB1F_hss/b1fha400.html

漂流日本の再生のシナリオは?

e-237
この先「国家目標、日本は月と火星に殖民都市を建設します。」
というように大きなビジョンを建てる。いまは東京オリンピックもいいが・・。
日本の未来だけでなく地球全体の問題も考えていかねばならない
時代だと思う。
土台が逝かれてしまったら、人間同士の争いどころじゃない。
地球温暖化による危機はものすごい深刻だ。
日本が地球を救う。決して、中国の都市の一部が地球を救うのでない。
それよりも中国は蝕んでいる方・・。
企業も何も軍事的なほうでなく、温暖化を止める方向でも稼げる筈。
日本が、それは金になるって事を証明する時が今から始まる。

・・・一度信用をなくし、それを取り戻すにはまだまだ時間は足りないが、
国民は、(心のやわらかいところまで傷つけられて、何を傷つけたかも理解できない)福田さんにそれを、期待しなければならないのが悔しいが・・・

e-247

ほんとですか><

このへんの話しは よくわかりませんが 神仏は放置してたのがよくわかります。(これでも僧籍を持ってます。

このへんの話しは よくわかりませんが 神仏は放置してたのがよくわかります。(これでも僧籍を持ってます。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/291-b772596f

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。