スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのホンネ    6月27日(金)


ブッシュ大統領もライス国務長官も「拉致問題を決して忘れない」と
いいながら 北テロ指定解除を表明した。

それについて各政治家のコメント
「米国は勝手だ」「指定解除で日本の交渉力は大幅に低下する」
「裏切られた」「同盟国なのに何故?」

もしこれらのコメントをホンネで言っているなら即刻 政治家を
やめてください。政治家の資格はありません。

ここで私がアメリカ人になって日本の政治家にもの申します。
「拉致は日本の問題である、アメリカは関係ない、あなた達は
いままで北朝鮮と真剣に対決してきたか,何もしなかったではないか

もし私が日本の政治家なら、拉致を手助けした朝鮮総連を国外退去
させる、あらゆる経済制裁をとる、港に出入りさせない、資金を完全に
絶つ、それでも被害者を帰さないなら自衛隊で攻撃する。

当たり前のことでしょう、100人以上も誘拐されているにも
かかわらず、あなた達は何もしなかった。

ひたすら話し合い 六カ国協議 アメリカ様に御願い、バカか
自分で何もせずに他人任せ、お前の国は女しか住んでいないのか、
日本は国ではない、えらそうなことを言う前にもっと真ともな国に
なってから文句を言え、甘えるのもええ加減にしろ」

これがアメリカ人のホンネだと思います。

日本人の悲しいまでの国際性の無さは絶望的です。どこの国も自国の
利害に関係なく他国を助けるような国などこの世に存在しない。

戦後アメリカが日本を助け同盟を結んだのはアメリカの国益に
つながっていたからです。
おかげで日本は何の心配も無く経済発展にまい進することが出来た。

アメリカは単に自国の繁栄と防衛のために日本が必要なだけで
真の同盟関係などさらさら思っていない。黄色い人種の国と
兄弟仁義の盃を交わすはずが無い。

運命共同体と思っているのは日本人だけで、アメリカは都合のいい
下男としか思っていません。

ところが日本人の思考はアメリカが常に保護をしてくれるという
イン・プットによって、アメリカの真意を理解する能力をなくして
しまった。世界を見る目をなくしてしまった。

ここで我々日本人は明治維新で世界と付き合い始めた頃の原点に
帰る必要があります。

戦後日本人は世界第二位の経済大国になった為に増長してしまい
国の安全はアメリカに任せ 高みから世界を眺めて、えらそうに金を
ばら撒いてきました。

明治時代は欧米諸国からは相手にされず、ひたすら富国強兵を国是に
して不断の努力をしてきました。
世界の大国ソ連を相手にしても一歩も引かず、勇気を持って戦い
勝利しました。

あの頃の精神に戻りましょう、国が消滅する前に自立しましょう、
これからの日本の生きる道は強力な経済力に支えられた勇気ある
行動です。
経済力をテコにすれば「アメリカに言わせない、またさせもしない」
こともそれほど難しいことではありません。

今回の日本の政治家の発言で世界中が笑っています。
しかし日本人自身が笑いものにされたと思っていない、
まさに救いようもない病気です。

日本人が考える世界と現実の世界のギャップがあまりの大きすぎます。

アメリカに盃を返しましょう、そのとき初めて富国強兵の原点に
帰れます。時間はあまり残されていません






ffff ← クリックしてもらえると励みになります




コメント

主権回復を目指す会 HPよりコピペさせて頂きました↓
-------------
6月27日15時より
在大阪アメリカ領事館前にて(梅田;地下鉄、京阪淀屋橋駅北へ200メートル)
「米国の『北朝鮮テロ国家指定』解除」の中止を求めてチョ~緊急街宣
-------------
周辺の方々是非ご参加ください!

リスクの分散・選択肢の用意

こういう話のときにいつも思うのですが、日本の外交交渉って、まさかテーブルについてから「お願い」しているのではないでしょうね。お願いなんかしても誰もいうことを聞いてくれないのは商売の常識ですが。私が認識している「交渉」とは相手がこちらの言い分を承服せざるを得ない「理由作り合戦」です。

下請け一社で調達可能な資材でもあえて同等の能力を持つ複数の下請けに分散して発注します。これは、その下請けで問題が発生したときの交渉力を確保するため。極端に言えば、我々の条件が承服できないなら取引をやめましょう、と言い切るための環境作りです。企業の交渉力とは結局のところ「嫌ならやめろ」と言えるかどうかなのですから。

こういうことはもちろん相手の性格を見てやらねばなりません。
台湾系など業者同士が横の連絡を取り合っている業界で過剰にこれをやると蹴り出されるので注意が必要です。が、大陸系は基本的にそういうケースは少なく、問題を起こした時の責任から逃げる傾向も強いので、この手法が多用されます。

これは原始資本主義の中国で生活するときの鉄則でもあるのですが、それを買うしか他に選択の余地がない、という状況をいかに回避するか。別スレで書かせていただいた「担保を取る」ことと同様に、自分たちの側に絶えずオプションを用意しておくことも重要です。
例えば、乗り継ぎで移動をするとき、中継ポイントでタクシーを使う以外他に交通手段がない、という経路は避けねばなりません。運悪くそういう状況に陥ったら、その時点で負け。市価の何倍もの料金を吹っかけられても呑まざるを得ません。すこし時間がかかるし荷物に困るが、最悪バスに乗ればよい、あるいは他のタクシーもある、という状況だからこそ料金の交渉ができるのです。
弱みを見せればそこを徹底的に突かれる。弱みを作るヤツが無能。日本のように甘くはないのです。

逆に営業サイドでいえば、いかにして客からオプションを奪うか、が戦略になります。
品質か、価格か、納期か、サービスか、総合力(信頼性)か。
客がどうしても自分の会社から買わざるを得ない理由をつくること。それが企画であり開発であり営業です。百回ほど「お願い」すればご祝儀オーダーがもらえるというような甘さはありません。お願いなどしなくていいからすぐれた商品力を保有すること。そうすれば向こうから頭を下げてきます。なぜなら、そのすぐれた商品を担がないと彼らも競争で生き残れないから。

優秀な営業マンは、日々の決断ポイントにおいてだいたい2-3種類のストーリー展開を想定しています。決して視野狭窄に陥らず、第二第三の展開をあらかじめ予測し、先回りして手を打っておくのです。これは最悪のシナリオを避ける意味と、手間を省くためです。
事件がおきてから慌てて対応するより、予測にもとづいて動くほうがスムーズで、結果的にそのほうが早く家に帰れるからです。
テニスのフットワークに似ていますね。
相手が球を打ってから動いたのでは間に合わない。

国際政治にも応用できることがあると思うのですが。
みんなそういう経験はせずに政治家になっちゃうんでしょうか。

明治の政治家に学べ

管理人さんの言われる通りです。「私の家が火事になった時には助けて下さい。しかし、あなたの家が火事になっても家の決まりで助けられません。でも、誘拐された私の子供は助けて下さい」。こんな自分勝手なことを言われてお隣さんは納得するでしょうか。明治の政治家は武士でした。英語を話せなくても日本の歴史や中国の四書に精通し、武士道を行動基準としていた彼らは外国人に尊敬されていました。新渡戸稲造の「武士道」を絶賛したのはアメリカのルーズベルト大統領(大東亜戦争時の大統領とは別人物です)でした。日本の初代アメリカ領事のハリスもその日誌に日本国民の民度の高さを褒めています。今はどうでしょうか。自己中心主義に侵された政治家が日本を滅亡さすかも知れない政策に奔走しています。明治の政治家に学ぶことが必要ではないでしょうか。

政治家を保守に置き換えても通じますね。

それについて自称保守派のコメント
「米国は勝手だ」「指定解除で日本の交渉力は大幅に低下する」
「裏切られた」「同盟国なのに何故?」

もしこれらのコメントをホンネで言っているなら即刻、保守を
名乗るのをやめてください。保守を名乗る資格はありません。

自分の国の国益を第一に考えるのは当たり前のことなので、今更ぎゃあぎゃあわめき立てることではありません。



安倍総理を引き摺り下ろさなければ、日本はこんなことにならなかった、福田が総理になったのは安倍さんを引き摺り下ろしたからだ!等と、未だに妄言を繰り返し主張している人がいますが、いい加減目を覚ましたほうがいいのではないでしょうか。

政界は複雑怪奇なものですが、複雑に考えなくとも簡単にわかる当たり前のことがいくつかあります。たとえば、一人の力では何もできないということです。

安倍晋三の祖父が岸信介であるのは言うまでもありませんが、彼が朝鮮と密接な関係があった政治家であることは歴史的事実です。その岸信介の流れを強く受け継いでいるのが自民党清和政策研究会であることも事実です。安倍晋三は、ことごとに岸信介のことを持ち出しています。森

彼が自民党清和政策研究会に所属している限り、彼の言動の裏にも何らかの政治的判断や利害関係がちらついていると考えるほうが理性的ではありませんか。

安倍晋三は、日朝国交正常化作業部会で「不幸な過去の清算をして、日朝平壌宣言にのっとって国交正常化を進めたい。」と圧力先行政策の転換を宣言し、国交正常化交渉を一日目に先行させています。

いわゆる従軍慰安婦問題では、広義の云々とか曖昧な表現をし、それに対する海外の反応にはノーコメントのヘタレぶりも然り。安倍晋三こそ、アメリカに何も言えない典型的な媚米政治家じゃあありませんか。

朝鮮や中国を非難しているようで、アジアゲートウェイ構想の中心人物であったり、彼のダブルスタンダードぶりは目に余ります。

皇居周辺を、皇居を中心としたすり鉢形に高層ビルを配置して景観を整える金融センター化計画の監督責任も、都市再生本部長であった安倍晋三にあると思います。

http://www.mof.go.jp/singikai/zaisanfollow_up/siryou/20070615/houkoku.pdf

日本経済新聞 金融拠点づくり、都市再生に着手・政府方針

(引用開始)

政府の都市再生本部(本部長・安倍晋三首相)は19日午前、金融市場の国際競争力を強化するための都市再生に取り組む方針を決定した。
容積率の特例や税制優遇を適用して、金融機関や大学など関連施設の集積を促す。東京の日本橋や赤坂、
六本木などの各地区が念頭にあり、年内に具体的な整備方針を決める。

首相は同日の会合で「国際競争力を高め、我が国をニューヨークやロンドンにならぶ国際金融センターにすることは重要な課題だ」と指摘。
「ビジネス生活環境などの都市インフラの改善も必要だ」と語り、外国人が生活しやすい環境づくりなども検討する方針を示した。
長期滞在型の宿泊施設や外国人向け医療機関の充実などが課題となりそうだ。

(引用終了)

都市再生本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tosisaisei/

皇室を見世物にするような計画に目を瞑っているような人物が、愛国だとかなんだとかそれらしいことを言っても、一見耳障りの良いきれいごとばかり言ってるようにしか聞こえず、まったく説得力ありません。

未だに安倍晋三を評価している人というのは、なぜこういったことに目を瞑瞑れるのでしょうか?

自分達の都合の良いところしか見たくない、聞こえない、そういう態度にしか見えませんね。

同盟

日本の政治家は同盟の意味が分からないのでしょうね、初めから日本とアメリカが同盟関係にあるなんて考えていること自体がおかしいのです。
早い話が「妾」でしょ、一建のの家を与えられお手伝いさんつきで都合の良い時には来る、忙しい時はお手伝いさんから行状を報告させる、金がなくなりゃ「おい取りに帰るから用意しておけ」、「妾」が傷めつけられたら承知しないぞ、と近隣に言葉はかけているが自分の身が危なくなりゃ「妾」に関わってられないでしょう。
旦那の言う事に安心して「全てあてにしていた」のが気がついてみれば三号さんの方が自分の身を守るのには「便利」と言うだけの事、9条で足腰をギブスで巻いて「同盟」でもないでしょうな。
持てる技術も能力も自分の為に使いドルを稼いで、ドルの価値をい維持させる道具でも有るのですが、ここまで来ても隣のいじわるが「核」でおどかすから、「核」が家にもいるでしょうよ、とも云えない「妾」じゃ可哀そうだけど仕方がないよ、お手伝いさんだけ置いておいてやるよ。てとろじゃないのでしょうか・・・

寝言を抜かすな!


拉致被害者家族=日本国民が、あらゆる国の大使館周りをして、『拉致被害者救済』をお願いして廻っているのを見て、涙が出ました。国民にこんな事をさせる国がありますか?

他国の地震被害には、日本のテレビ局も毎日のように「支援金・募金」の呼びかけをし、日本政府も中国人被災者の為に、必死になって救援物資や医療チームを送っていましたが、同じ日本人拉致被害者救済に対しては、NHKも民放も何の援助金の呼びかけもしないし、政府ときたら、30年間拉致被害者を放りっぱなし。

日本人も日本政府も、中国人被災者にそれほど、懇切丁寧で優しい思いやりを見せれるのなら、何故その100分の1でも良いから、日本人拉致被害者に対して、思いやりを持てないのか?と、憤怒にかられますね。

拉致被害者家族の方々は、必死で泣きわめき、糾弾したい気持ちを抑えて、必死で理性を保っています。その尋常ならざる自制心を見ても、まだ心が動かされないか?「この鬼畜!」と思わずにいられません。誰もが運が悪ければ、この方達と同じ境遇になったのです。

昔は戦うなんて絶対に嫌だと思っていましたが、人間、戦わざるおえない状況があるものだと、理解しました。この方達を救うためには、日本は北朝鮮と戦ってもいいと思うようになりました。

『日本の核武装』?結構ではないですか、早急にすべきです。被害者を奪還する為に、朝鮮に特殊部隊を送り込む、結構ではないですか、大賛成です。そして二度とこのような暴力団国家と付き合わない事です。「国交正常化」や「シナ・朝鮮移民1000万人受け入れ?」、『何、寝言抜かすか!』と一蹴すべきです。

政府も言い訳だけはご立派で、見ているこちら側としては、拉致被害者家族のご両親が亡くなり、世論が沈静化、風化するまで、静観して放置しているとしか思えません。益々国民の一人として、政府の行動を監視し続けなければと思いました。

WE are the children・・・・・

管理人さんの仰るとおり。
マッカーサーに12歳といわれた日本人は、子供のままでいられる「言質」を取った積りで、60歳の子供になりましたね。

初めまして

初めまして、初めてコメントさせていただきます。
いつもながら天晴れな解説心にしみます。
日本も真の独立国を目指してそろそろ自立しましょうよ
まずは、現憲法を破棄して大日本帝国憲法のもと新たなる日本国憲法を制定し、国民を根っこから教育し直さないと、いずれ日本は消滅するか、どこぞの国の植民地になってしまうでしょう。
今こそ変革の時です

いわれるとうりです、拉致が表に出てきて政府の動き安部さんをのぞいてまことに鈍感でした、朝鮮総連の追放やるどころか国会議員が結託して工作活動を行っていた、この日本と言う国があなどられても仕方ないのではなかろうか。拉致問題がおこったからと言って国防見直すでもなく、未だに憲法9条を変えるなと主張している、進歩的知識人と称する9条の会の阿呆どもの主張を信じている国民がまだ沢山いることだ。アメリカにたのむたのむといっているだけで国内では何をしただろうか。これがリベラルと称している議員の政権、国民の嫌がる法案だしてこようとするが、国民望むことは何一つしようとしない、外交でも同じことだが。

はじめまして。いつも読ませていただいています。
おっしゃる通りです。
日本が軍隊を放棄して60年、これが本当に自国に平和をもたらすなら他の国もこぞってそうしたでしょう。軍事費もかからず、平和になれるんですから。しかし、そんな国は一つもありませんでした。戦乱絶えない中東などでは、そういう国があってもおかしくなかったのですが。なぜでしょう。
われわれ有権者が、この小学生でもわかる現実から目をそむけ続けたから、国民が北朝鮮に拉致され未だに還ってこないのです。
彼らを見殺しにしたのは、我々有権者なのです。我々が馬鹿みたいに甘い考えを持っていなければ、彼らは今頃日本で人並みに幸せな生活を営んでいたでしょう。
ついに我々は、今、目の前で生きながら獣に喰われている仲間を、なにもせずただぼんやりとながめているような人間になってしまったのです。

>鷲さん
じゃあなんで安倍さんはパチ屋を締め付けたり、憲法改正しようとしたんですか?

普段からよく拝見させていただいておりますが、コメントするのは初めてです。
正に正論ですね
自国民が拉致というテロにあっているのに、何もせず、ただ外国にお願いする・・・
お願いされたほうから見たら滑稽以外何者でもないでしょう。
何故自分達でやらないのかと思われるのが普通だろうと思います。
他の国なら戦争になってもおかしくありません
日本も独立国としての気概を取り戻すべきだと思っている今日この頃です
国防に関しては、イスラエルあたりを見習うべきなんじゃないかなとは思いますね
何を考えているのかさっぱりわからんタレント議員や利権にすがる政治家を選んでしまった国民の責任は重いですな・・・骨のある政治家が少ないのも痛いところですが

私も留学中にアメリカで拉致されて人体実験に利用されたんですが、サンフランシスコの領事館では大学の不祥事隠蔽について言うと州立大学は連邦が半分お金出してるからFBIがやったんじゃないかといわれました。両親が来米直後から3日ほど行方不明になったんですが、それについても実際に援助はなかったです。さすが日本の外務省のお役人ですね。

その後諸事情でアメリカの方針でなぜか自衛隊に入るように仕向けられましたが拒否したとたんDODに追われて現在は亡命してます。

日本で自国のことを考える人材はたぶん現在政治的控除の対象になってると思いますです。私の拉致も中国文化専攻の文化人類学者(CIAの人)によって行われましたし。アメリカは日本の軍隊を強化して米軍の規模を縮小させて将来の韓国統一に向けた紛争に対しての被害を軽減したいのかもしれませんね。私が通っていた大学ではCIAやDODが就職先として宣伝してました。日本も現在自衛隊補などで規模を拡大してるようですが、所詮は融通の利かない人たちだから反対に乗っ取られる可能性がありますね。富国強兵でも軍隊ごと乗っ取られたら無駄な気がします・・。それに気が付く政治家がいたらいいのですが。

皆さんと同じ。管理人様の仰るとおりです。いつもながら鋭い分析で感嘆して読ませていただきました。
本当に、北朝鮮が国家として日本人を拉致していたことが明らかになった後も、国内で朝鮮総連なぞが堂々と反日活動しているのを許している、なんて外国から見たらちゃんちゃらおかしいことでしょうね。
「もう少し真面目にやれよ」と思われているのは、実は日本なのかと。
福田、エロ拓、野中、加藤、古賀、太田などなど、自民に居ながら利権のために国を売る政治家を、国民は絶対に許さないぞ。舐めるな!

政治家たちが無能なら、それを監視するメディアが指摘することなんですがねえ、本来は。我が日本では、そのメディアも輪をかけて無能ときてる。普通の国として言うべき当たり前のことをブロガーだけがこうして主張している。日本の政治は救いようもない惨状ですが、国想うブロガーたちが増えていることに少しの救いを感じたりしています。以前、自民党の中川さんが「日本も核について論議することもいいのではないか」と述べていましたが、個人的には「世界で唯一の被爆国の日本は、世界で唯一核兵器を持つ権利を有する」ぐらい踏み込んで言う政治家がいてもいいと思っている。インドやパキスタン、イランに北朝鮮、すでに核を持った国や持とうと画策している国より、日本は核を持つ理由と権利がどこの国よりもあると思っている。

北朝鮮による日本人拉致事件は現在日本の様々なことを現している。

日本という国家は国民の生命、財産を守らない。守ろうとする意志がない。
問題解決を他者(アメリカ)任せにする。
政府は自国としての解決の為の努力が足りない。
政治家、官僚に外交能力がない(結果から見れば、仕事をしていないと言える)。

つまりアメリカの偽りのリップサービスに慰められ、被害に遭った個人が泣き寝入りすることになるかもしれない。しなくてよかった苦労を何十年もしている拉致被害者家族は、他の日本国民の人々だったのかもしれない。他人事ではない筈だ。
日本として、中国と距離を取るとともに、良好な関係を持ちながらもアメリカとも
距離を取り、独自の主張、行動をしなければならない。
アメリカにとって、無理を言い通す、テロ国家であり、非民主主義国家、北朝鮮の存在感、存在理由が日本よりもあるという事なのかとアメリカに詰め寄る位のことを政治家はするべきだ。

>もし私が日本の政治家なら、拉致を手助けした朝鮮総連を国外退去
させる、あらゆる経済制裁をとる、港に出入りさせない、資金を完全に
絶つ、それでも被害者を帰さないなら自衛隊で攻撃する。

↑拉致が発覚した時点でなぜやらなかったんでしょうね?
最後の「自衛隊で攻撃する。」はできなかったにしても・・。

神より特に選ばれた民,?イスラエル(ユダヤ)


9・11のテロの報復というところからおかしい。
アメリカはキリスト教国ではなかったのか。
宗教に疎い日本人は、僧侶でもユダヤ教とキリスト教の
報復などと言っているが
ユダヤは報復で、キリストは博愛ということ
ユダヤ教は
「人に傷害を加えた者は、それと同一の傷害を受けねばならない。
骨折には骨折を、目には目を、歯には歯をもって人に与えたと
同じ傷害を受けねばならない」。

ユダヤ民族(イスラエル民族)から発生した宗教。
神より特に選ばれた民とし、モーセの律法を重んじ、旧約聖書を経典とする。
イエス キリスト当時のユダヤ教新約聖書の記述によると、

イエス キリストはユダヤ教の指導層からは煙たがられる存在であったようである。
特にパリサイ派から迫害を受けたようである。

人に傷害を与えた者は、与えた傷害と同じ傷害をもって罰せられるという法は、
「同害報復法(レックス・タリオーニス)」と呼ばれ、古代社会に広く認められ行われていた法。
悪を受けた者は、その悪の範囲内という量的制限はあるが、
相手に悪を報い返しても当然であるという考えがある。

それに対してイエスは、「しかし、わたしは言う。悪人に手向かってはならない」と言って、
悪に対抗して相手に悪を行うことを全面的に禁ずる。
キリスト教は
「あなたの頬を打つ者には、もう一方の頬をも向けなさい。
上着を奪い取る者には、下着をも拒んではならない。
求める者には、だれにでも与えなさい。
あなたの持ち物を奪う者から取り返そうとしてはならない」。と言った。

今度は、北朝鮮に似非博愛主義を持ち込み、イスラエルの為に
北とイランとの関係を断とうとしている。中国の手前、北攻撃もできない。

もはや、アメリカは世界宗教のキリスト教国でない、
民族宗教ユダヤ教国の意識で国が動いている。
と思うのですが・・・




何か安倍さんをどさくさに紛れて非難してる人が居ますが貴方は政治家に何を求めていますか?人間は神様では無い全ての能力が秀でていて心が水晶見たいな人間など居るわけ無いでしょう。
>未だに安倍晋三を評価している人というのは、なぜこういったことに目を瞑瞑れるのでしょうか?
余計なお世話。良いとこも悪いところも含めて評価してるだけ例え貴方の言っている事が事実でも率先して売国活動している政治家より何百倍もまし。

原点に帰る

 
>ここで我々日本人は明治維新で世界と付き合い始めた頃の原点に
帰る必要があります。

内村鑑三は、高崎藩の武士の家に生まれた。彼は明治の初め、
現在の北海道大学の前身である、札幌農学校に入学した。この学校には、

「Boys,be ambisious 青年よ、大志を抱け」で有名なクラーク大佐が教頭をしていた。

そのクラーク教頭から、熱烈な信仰の感化を受けていた先輩たちの勧めによって
内村は聖書を読み始め、キリスト教の信仰をもつようになった。

数年後、内村は、理想のキリスト教国を求めてアメリカに留学した。
ところが、犯罪が多く、人種的偏見が強い、お金が全てであるアメリカに、
「これはいったいキリスト教国か?」と、すっかり落胆してしまった。

2年後に、日本に帰った内村は、アメリカ式のマモニズム(拝金主義)と
ヒューマニズムのキリスト教では、日本は救えない。

日本精神の上に築かれた聖書の信仰でないと日本人には
受け入れられないと思うようになった。という。


・・・過去の先輩方の遺した教え、事業をさらに成功させ
未来に残していく使命がある。

日本はトレンドを見抜き、世界の知的巨人を目指す時だと思う。


小生も安倍前首相をコケにした方に言いたい。
安倍前首相の実績は戦後の首相が束になってもかなわないでしょう。
再起を期待しています。
米国、支那、ロスケ、北は裏で握手している。六カ国協議は当初より
茶番劇だ。
世界は弱肉強食、正義など糞食らえだ。各国は自国の利害でしか動かない。洗脳された日本人の多くはこの事が分からない。

今年は支那の虐殺オリンピックの年、又レイムダック化したブッシュの最後の年を安倍首相では具合が悪い。
米国の秘密組織が安倍前首相を追い出す為に相当な資金を日本の反日メディア、反日政治屋どもにばら撒いたと愚考しています。

核は持たせて拉致を問え

米国も露西亜も中共も核兵器を持っている。その核は、どうするのと6者協議で話したらと皮肉りたくなります。下記のブログは、会社を経営されている還暦を過ぎた方のものです。
中共の核に震えず、金の核に震える・・・本当に恐いものは茹で蛙状態の日本です。
 
http://www.nomusan.com/~essay/index-jubilus.html

安倍元首相は国際人としては秀でていたのかもしれませんが、
政治家としては問題が残ると思います。
言ってることも正しいし、やってることも正しい。
ただ、一度に大勢に喧嘩を売りすぎですよ。
だから袋叩きにあう。
在日、マスコミ、日教組、さらにその他大勢と同時に殴りあって勝てると思うんだから甘いんですよ。
一個一個確実に改善していって欲しかった。

鷲さん

>彼が自民党清和政策研究会に所属している限り、彼の言動の裏にも何らかの政治的判断や利害関係がちらついていると考えるほうが理性的ではありませんか。

全然理性的ではないね。憶測でものを言って「保守を名乗る資格はありません」などと偉そうなことを言うな、といいたい。

安倍氏が「百害あって利権あり」と名指しされた山拓は、では何故「あんたこそ利権絡みではないか」と反論しなかったのだ。

貴方の意見が正しいとするなら。

コラさん

>在日、マスコミ、日教組、さらにその他大勢と同時に殴りあって勝てると思うんだから甘いんですよ。

安倍氏の理念は「戦後レジームからの脱却」ですね。その戦後レジームの恩恵を受けている勢力がそれだけ多いということであって、一個一個切り離しできる筋合いとは違います。

憲法改正といったら日教組だけが反対するとでも思ってますか?。

訴えるべき相手はノンポリでしょう

辻本さんの価値観は「武士道(理想主義的保守主義)」ではなく「マキャベリズム(現実主義)」に属するものです。日本では「五輪の書」や「甲陽軍艦」、中国では「孫子の兵法」「六韜」に見られる価値観です。この価値観は日本では拝金主義者と保守主義者の中のごく少数の人たちにしか認知されていません。日本がそのアイデンティティーを維持いながら生き残るには武士道+マキャベリズム=現実主義的保守主義が必要ですが、私が思うにその足かせとなっているのは必ずしも反日左翼勢力だけではないようです。武士道を信奉する理想主義的保守主義者もそうであるし、足して二で割ることが中道だと信じて疑わない相対的中道主義者もそうです。数の上ではそちらのほうが反日左翼よりも多いくらいではないでしょうか?こう言っては工作員扱いされてしまうそうですが天皇陛下もその一人でしょう。日本の象徴がそうであるということ、これが何を意味するかというと思想が強固に結晶化してしまっているわけです。シナの中華思想の如く。シナの場合はその結晶化したものが中国共産党なんですよね。天皇陛下が現実主義的保守主義者に転向してくれたら日本人の思想もその影響を受けて一気に右に傾くはずですが、さすがにそれは無理でしょうね。残念ながら。難しい問題です。

>これがアメリカ人のホンネだと思います。



これは日本国民の本音でもあるでしょう。
こういうアメリカたよりのバカ政治家をやめさせて、拉致被害者を自衛隊で北朝鮮に攻めていって取り返すのが本来のスジでしょう。
自国民を取り返すのは自国民の軍隊なのは世界共通の常識

初コメント

私も同盟とは利害が一致するから成り立つもので、同盟だからといって信用できると思う事は危険だと思います。

少なからず外交というものも、似たようなものではないでしょうか。


コメで安倍議員の話が出てきてましたので、私も私見を。

どの議員にも言える事ですが、議員の批判をする事など容易い。人それぞれ考え方は大なり小なり違いますし、まず完璧な人間などいないのですから。

安倍議員の首相時代の批判をする人の言動を理解出来る部分は有る。

しかし、政治家としての信念や理念は他の議員には無いものも有った事は事実であるし、政策としても国(国益)を最優先に思い行動していた事も事実であると思っております。

大義の前の小義などを気にしていては大事業(憲法改正など多々)などは出来るはずもなし。

ことの本質を見失ってはいけません。

政治家に必要な事は国民に楽な生活をさせる事ではない。

国の将来も見据えて国益を考える事が、国民の財産や人権を守る事にも繋がるのと思います。

鬼の経営 (リッキーさん)

>>>2008/06/27(金) 15:36:17| URL| リッキー
 素晴らしいです。情報価値が高い。「コメント」を超えてます。
 本来なら、親しくなって、一杯飲ませて聞き出すような話しですよ。こういう話しを聞いて体感しておくのと、ボケーッとそんな状況に遭遇するのとでは、雲泥の差です。業種職種の違いに関係なく、応用すべき内容です。
 印刷して、うちの会社で回覧したいくらいです。もっとも、読んでもピンと来ない「フクダ君」もいるのですが。社内外で臨機応変に対応できません。損失に鈍感です。先代社長の近縁者でクビにもできないので困っています・・・

中韓を知りすぎた男様、ご教授願いたい

今回のエントリーと関係なくて申し訳無いが、以前、現韓国大統領ガンバレ!の記事で、少し違和感を覚えた者ですが、現大統領が、左翼ではないから応援との事でしたが、彼が、小沢一郎などに韓国では、法律で禁じられているパチンコ産業への一層の理解を頼みます、との談話がありましたが、パチンコ産業そのものが、北朝鮮への資金源として周知されています。自分の国で違法とされている産業を朝鮮人にさせている事には、一言も触れず、パチンコ業界の不振を訴えるとは、、、自分はこの点だけでもこの大統領を信頼できないが、、、。
 この点について、深読みがなにかあるのでしょうか?
ご教授願いたい。

感情論と詭弁

色々な反論や批判をいただいているようですが、私が言っていることに対しての直接的な回答がひとつとしてないことに「ああ、やっぱりね」という落胆の気持でいっぱいです。私が言っていることに対して意見を述べたいのであれば、先ず私の主張の主題や各論に沿った反論を立てた後に、それに対してご自身の意見を述べられるのが筋であり、礼儀でしょう。これでは話になりません。そういう態度を、私は目を瞑っていると言っているのです。山拓の話の喩えなど、典型的な揚げ足取りでしかなく、いわば詭弁です。逆説的に論証したいのであれば、私の書いていることをもう少しちゃんと読んで下さいね。

良いですか?くれぐれも感情的になって勘違いなさらないでくださいね。私は自分に都合の良い意見や都合の良い反論だけを求めているのではありませんからね。

安倍氏は経世済民という政治の基本中の基本を疎かにして、愛国だとか一見耳障りが良くてルサンチマンに受けそうな政策を掲げているわけだ。しかも、その所属する政治基盤となっている清和会は経世済民の思想を完全に無視した拝金主義者の集まりとなっているわけだ。(全員が全員そうだとは思わないが。)

別に拝金主義者でも国内経済を重視し、海外との相互依存を強めようとする政治家でなければ私は支持するのだ。選挙には金がかかるし、数年おきに選挙に出馬して民衆の支持を得なければ当選できないのだ。そこには私たちに想像が及ばないような様々な付き合いというものもあるだろう。不正はないほうが良いに決まっているが、いっぺんに根絶することなど出来るはずがないし、無くなることもない。利権政治家であっても、国内経済を重視し、日本国中でうまく経済が回るように政治を行える政治家であれば、私は支持するのだ。

パチンコ?彼がパチンコ屋の取締になにか具体的な政策を行いましたっけ?射幸性機器の規制ですか?あとはサラ金規制ですか。サラ金のほうは次に述べましょう。さて、パチンコ屋の根絶を図りたいのであれば、先ずは税金をかけるのが最善の話でしょう。射幸性機器の規制などしたところで、根本的な解決に全くなっていません。営業利益が落ちたとか閉店したとか、潰れれば近くにある別の店に行くだけだろうし、金の流れは変わらないわけだ。そんなことより、税金を徴収するようにした上でそういう福次的な規制を施して、閉店に追い込むほうがよっぽど効果的だったろう。税収も上がるし、一石二鳥だ。その後、特定の場所にしか出店できないように規制を強め、徐々に締め上げてゆけば根絶とまではいかないまでも、かなり規模を縮小できるだろう。手順が全く稚拙。出来る所からやったんだ、と言われればそれまでですがね。

で、そのパチ屋を規制したらしい安倍晋三の地元事務所が七洋物産=東洋エンタープライズの土地、つまりパチ屋の土地に今も居座っているという問題は解決したんでしたっけ?

サラ金についてですが、会社という組織は借金をしなければ経営が出来ないところが殆どです。銀行が貸し渋りをしている今、それらの中小企業が頼るのはいわゆる消費者金融、サラ金だ。そういう中小企業を救済する措置を講じずに、サラ金を締め出すことだけをやったわけだ。その結果、その法の眼を巧みにくぐり抜けたさらに悪徳な金融会社や闇金融の跋扈だ。結局、いたちごっこなのだ。その間、どれだけの中小企業が倒産し、自殺する経営者がいたのだろうか?それに金融機関が貸し渋りしている限り、そういったサラ金に手を出さざるを得ない中小企業が後を立たないのだ。ただ規制すれば済むという簡単な話ではない。サラ金が悪だから潰せば良いというのは、短絡的過ぎるのだ。サラ金を潰したいのであれば、それによって世間に生じる経済的な余波まで考慮した上でやっていかなければならないのだ。競争社会に負けて、自殺をするような経営者は会社など興すなとでも言うのならべつだが。そういう倫理的に崩壊した理論がまかり通る国こそ、あなたがたが嫌悪する中国という国だということは言っておこう。



私は、国内経済を建て直すことのできる政治家を求めているだけで、人格的に完璧な政治家を求めているわけではない。

いいですか、私は新自由主義に妥協する政治家を批判しているのです。安倍晋三がやろうとしているアジアゲートウェイ構想は、その基本理念を読めば一目瞭然だが新自由主義そのものだ。移民1000万人の受け入れとか、そういった類いと同種、いわば労働力確保の目的でアジアからの留学生の受け入れをすることの拡大も明記している。あなたたちが言ういわゆる売国奴、中川秀直らの基本方針と、安倍晋三のアジアゲートウェイ構想と、どこが違うのだ?その計画を進めた先に愛国などありえない。経済こそ国の命運を握っているのだ。国民の生活を直接的に左右する経済を疎かにして、愛国を語るなどお笑いぐさだ。このまま国内経済が疎かにされていけば、アノミーが拡大し、例えば社会に絶望して正気を失った人間によって、先日秋葉原でおきたような悲惨な事件につながるだろう。先日も、17歳の男子が父親を斧で叩き殺した事件が発生している。連帯感の喪失は加速度的に進んでいる。

皇居周辺を金融センターにするという話も、根底にあるのは経済の話だ。要は彼ら政治家がどういう金の流れを作ろうとして国家運営をしようとしているかを明らかにし、それが長期的に見て本当に国益に適うのかを見極めることが問題なのだ。

国内経済を無視して、グローバリズムと癒着し続ける保守政治家など偽物であると私は断言する。安倍氏がまともな経済政策を実行できる力量があるなら、私も安倍氏を支持しよう。だが、彼はまともな経済政策を示さなかったばかりか、グローバリズムに迎合する、しかもあなた方が嫌いな特定アジア諸国と緊密な関係を築き経済的に相互依存を深めてゆく政策の立案に深く関わっていたわけだ。

いいですか、先進国がいまこれほど無駄遣いができる生活水準を保っていられるのは、後進国が先進国の奴隷となって、つまり世界の工場となって働いているからです。奴隷制度というものが形を変えて現代にもしっかりと、しかも合法的に残っていて、自分達がその恩恵にあずかっていることに嫌悪感を感じませんか。私は感じますね。あなた方は、中国や韓国などの特定アジアの国々の態度を批判しながら、無意識的にそれらの国から入ってくる食べ物を外食チェーンで食べたり、衣類を日常的に着用しているのではありませんか?少なくとも私は極力外食はしませんし、外食をしても日本の食材を使っていることが明言されている場所でしか食べません。衣類も、多少高くても日本製のものを着用しています。国内経済のためになればと思ってのことです。

先般、中国は人口の増加や環境破壊による耕作地の激減、自然災害による耕作地の消失など、様々な理由から食糧の輸入国に転じました。今まで嫌でも入って来た中国食品の流入は、中国人の殆どが死滅でもしない限り、これから減少してゆくでしょう。衣料品にしたってそうです。自国内で不足すれば、外国に輸出などしなくなります。つまり、海外との依存を強めるということは、そういうことです。自分の国のことを最低限自分の国で賄えないような経済政策を推し進めようとしている政治家こそ売国奴と呼ぶべきでしょう。そういう点で、安倍晋三は小泉純一郎と同様に、十分売国奴と呼ぶに値するのです。

重ねて言いますが、私は人格的に完璧な政治家など求めていません。安倍晋三氏がそういう外国との経済的な相互依存関係を強めて行こうという政策方針を改め、国内の中小企業の経営を補助し、国内産業の振興に努め、農業などの一次産業の振興に努め、食糧自給率の向上を図り、その上で日本国にとって正しい歴史認識の周知徹底や愛国心や郷土愛の醸成に勤めるのであれば、私も意見を変えることとなるでしょう。

しかし、到底そのようになるとは思えない。

経済力をテコにすることなど、今のままでは出来ません。
偉そうに金をばらまいていたのではなくて、アメリカの都合の良いように金をばらまかされていたと考えた方が筋が通りませんか?

鷲よ。独り言なら自分のblogに書けよ。おまえのコメントを読むためにここに来る人間は、一人もいないんだからな。
ここは、blog主さんのエントリに対するコメントを書くところだからな。
トラックバックは何のためにあるか考えろよ。

ももんじさん、どうも。

どうも趣旨が曖昧になってしまったので、最後にブログ主さんのエントリに対するコメントを追加していたところです。

>おまえのコメントを読むためにここに来る人間は、一人もいないんだからな。

そうですね、しかし、私の書込みが有益か有害かどうか判断するのは、最終的にブログ主様です。私はブログ主様の「経済をテコにして~」という結論に対して、それはそうなのだが現状を見誤っていると言いたいが為にコメントを書きました。つまり、全く無関係な主張を書いていたわけではありません。したがって、荒らすつもりもありません。

それを独り言と断じるのはあなたの勝手ですが、あなたがブログ主様の意見をさも代弁しているかのように、そのようにわざわざ書く事は、余計なお世話だと私は思います。

しかし、そういうことであれば、もう書込みはしませんので安心して下さい。

>> 鷲

言いたいことは何となくわかるんだけどね。しかし俺にはアンタが安倍さんを個人攻撃してるようにしか感じないのだがね。
色々持論を並べ立ててるけど俺は別に頭から否定はしない。しかし現在日本が抱えている問題を安倍さん一人でどうにか出来る問題ではないでしょう。
安倍さんが売国奴?俺から言わせれば其れがどうしたの?彼が成し遂げた実績や彼の政治に対する姿勢などを総合して評価してるだけなので。
小泉さんや安倍さんが売国奴なら他の政治家は一体どうなります?是非ともご意見を伺いたい。

簡素にまとめるって難しい

鷲さん
>色々な反論や批判をいただいているようですが、私が言っていることに対しての直接的な回答がひとつとしてないことに「ああ、やっぱりね」という落胆の気持でいっぱいです。

書き方を工夫されたいかがでしょうか、学生運動のアジテーター文ににもにて文意がくみとりにくいです。論文の反論でもあるまいに、鷲さんの文章に生意気なインテリ気取りが感じられての反発のように感じられました。高い見識をお持ちのようですから、もったいない。
 鷲さんの国を憂うる寄って立つスタンスは、何なのだろうかと思いました、ビジネス戦士なのか、政治・経済学の準教授ののかな、カルト宗教の脱会者なのかな。政治批判から秋葉原事件にまで話しが振れていく性行は、こんな国にだれがしたとの憂国の心情からでしょう。ただの反米追従だけの批判とは思えません。コメント欄に合うように要旨を簡素に記載していただきたい。

一意見

私はこの「中韓を知りすぎた男」の面白さは他のブログには少ない、「この様な見方もありますよ」という提示を評価している。

そのような意味で鷲氏のコメントに私としては「荒らし」とも感じ無いし、一意見として見ている。

日本再生の仕事を行っていると認識出来る政治家が少ない中、逆に反日的活動に邁進している政治家が多い中、希望を持てると思える政治家を応援したい心理を持っている。
しかし、特定政治家に自分の理想と100%同じ考え方を求めるのは無理なことであるし、当政治家が方向性として、行動としてどうかに注視している。それに対して盲目的な支持は目にうろこを付けていることでもあるし、反論的意見も必要だと考えている。

泥沼から蓮は花を咲かす。

アメリカについて論じたおもしろいサイトを見つけたので紹介します。

アメリカの戦略を誤解している日本人
http://www.tanakanews.com/f1129japan.htm

コメントされる方々に質問です。

 小生、二十数年前に工業大学を卒業しました。工業大学は、週に1~2回実験をやりまして、レポート(A4で数十頁)を、それぞれの実験について毎回書かされます。それが、卒業論文着手するまで、だいたい、5講義ぐらいあったと記憶しています。

 工学部の学生は、それらの実験レポートで、担当教官に文章作成について鍛えられます。誰にでも理解できる日本語で、専門用語など使わずに、他の解釈などできない、ただ1つの結論を書くよう指導されました。

 単科大学だったので、他学科の事が判りません。文系学部等での作文能力の指導はどうなっていたのか、コメントして頂けると、ありがたいです。

 お役人様の文章を読んでいますと、私が学んで来た方法とは、まるで違う傾向にあるように思えてなりません。知らない専門用語を使われたり、新しい外来語を創作したり、どうとでもとれる文章・・・

 また、日本における、ある集団の方々の文章も、わけわからん言葉を使って、よく書かれていますが、理解できない読み手が悪いんであって、書いた方には責任がないと受けてとれて・・・

同盟関係であっても、米国が全てのことにおいて自国の国益を最優先にするのは当然のことと思います。

一方で、米国は少なくとも中・韓よりも日本にとってはるかに良い、信頼できる国であると思います
さらに私は、米国が世界のどの国よりも日本と仲良くしてくれている国であり、日本が生き延びて発展して行くうえで最も重要な国であると感じています

ですから、日本は米国との同盟関係をさらに強固に維持するように常に努力すべきであると、私は思います

一緒にやって行く仲ですので、何かにつけて日本人が米国のやり方に不満を持つのは避けられませんが、そのような不満をTVなどでことさらぶちまける政治家や評論家などは、国民の不満を利用して、政権転覆や、中韓との緊密化や同化を実現しようとする気持ちなのだろうかと、感じることがあります
このような人たちは、何かにつけて日本を押さえつけ貶めようとする中国や韓国については、ほとんど非難しないように感じます

この種の事案で、政府が米国を支持する態度をとるのは、日本の国力や国情を考えると、残念ながらや止むを得ないのではないかと、自分の判断で隅のほうから思っています。

どなたかが書いていらっしゃったのですが、まさに方向性での同調、支持で良いのだと思います。

完全に自分の理想と一致する考えの政治家など居ないでしょう。

パチンコ業界や消費者金融の話をされてましたが、そんな事を最優先に取り組まれても困りますが…。

安倍氏は教育・憲法改正を優先順位として置いていたのではないでしょうか。

以前のコメにも書かせて頂きましたが、本質がブレなければ良い事。

物事には順序が有ります。

全てを直ぐに出来る訳もなく、政治の世界なら尚更のこと、議員への利害関係などが複雑に絡むでしょうから、妥協なども必要でしょう。

ちなみに、秋葉原の事件や現在における残虐な事件を政治のせいだけにするのは幼稚だと思いますが。

それはまるで、自身の事はさておき、他人のせいだ、政治のせいだと不平を言っているだけに過ぎないのではないのでしょうか。

同じ様な環境でも立派に生きている人はいくらでも居ますし、最低な環境からでも這い上がる方は這い上がりますよ。

一方、こんな情報も。

【北朝鮮問題】ブッシュ米大統領、国際緊急事態経済権限法等に基づき対北制裁措置の継続令を発令 [06/26]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1214511449/l50

国家百年の大計というスローガン

ボヤッキーさんへ
>政治家に必要な事は国民に楽な生活をさせる事ではない。

国の将来も見据えて国益を考える事が、国民の財産や人権を守る事にも繋がるのと思います。

これは、名言です。中共の目論む日本自治区などは、反面教師です。

Rさんへ

私感ですが、Rさんに同意です。
学生のとき美学の概論を聞きました。人間は、解りきっていることと、まったく解らないことには興味を持たないそうです。少しわかって、少しわからない、そういうことに熱心になるそうです。
他人にとって未知の情報を込めた文章を書くなら、文体はなるべく簡単で楽しめるものがいいでしょうね。内容も文体も両方難しいと読むほうの集中力が下がります。
簡単な文章を書けるひとのほうが能力が高い、というのが持論です。

Q9FCさんへ

恐縮です。でも、いつも喧嘩ごしで商売しているわけではないのでその点はご理解のほどを。実際、力で押さえつけられてイヤイヤやるのと、取引相手に惚れてやるのとは、仕事の質も効率もまったく違ってきますよね。
だから、気持ちの問題だけでなく、実利のためにも「友好」は大事です。

ただ、それは実力のあるものどうしがお互いを尊敬しあって生まれることなんだろうと思っています。敵に回せば恐ろしい相手だと認めるから「友好」に値打ちがあるし、うれしい。ですから、力のないものには「友好」は不可能だと思います。相手がそう認めてないから。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/285-a427da04

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。