スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみ拾い付き犬の散歩

正月三日、朝の冷気の中、愛犬クッキーとお掃除散歩、いつもは土日だけだが
去年29日~正月3日まで毎日、さすがにごみもなく、吸殻が2~3本程、


ひさしぶりに、ゆっくり愛犬と散歩だけ、
向こうから白っぽい服の女性が近づく
夏服のような薄着で寒くないのかなー、
だんだん近づくと私にむかって笑み、
今まで愛犬に対して笑みをもらった女性はいますが、私に対して笑みを下さった女性はいない、


知り合いの方かな、しかし見覚えがない、正面に近づくと満面の笑みで
通り過ぎる、美しいお方、おもわず振り返る、
いない!そこには誰もいない、忽然と消えた、振り返るのに1秒,その間に消えた。


散歩から帰って娘に咳き込んで喋る、
娘の言葉「お父さんの顔は誰が見ても、面白い顔なの、」
『私の顔が面白いのが問題ではなく、振り返った瞬間に消えたのが、問題、不思議、あの人はきっと海の神様かもしれない』
「まだボケないで、海岸の掃除人がいなくなるから」

 ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。


コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/24-e316a018

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。