スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の逆襲

昨日のブログで「21世紀は日本の世紀」日本軽視論は誤りだと
書きました。今日はその続きを書いてみたいと思います。

将来「栄える国」と「滅びる国」を分ける決定的な要因は、
民族精神と各種先端技術の融合、つまり文化と伝統に培われた精神と
テクノロジーの合体こそが栄える国の決定的な条件です。

もう少し分かりやすく具体例を挙げてみます。

韓国が工業化に成功し、日本の電気メーカーを追い抜いていきましたが
最近日本メーカーの逆襲で韓国は追い詰められています。

半導体も韓国製が安さで席巻しましたが、それもかげりが見えてきました。
何故ならそれらの製品を作る工作機械は日本製なのです。

韓国は日本からの「技術移転」によっていち早く先進国の仲間入りを
しましたが、日本製の部品がなければ何も出来ません。

中国も安い労働工賃を武器に急速に国が発展していますが、ほとんど
外国企業におんぶに抱っこの状態です。

もちろん国が発展していくための前段階と見ることも出来ますが、
しかしこれらの国は永久に日本を追い抜くことは出来ないのです。
何故なら民族の精神構造が全く違います。

え!精神構造の何が関係あるの?と誰でも思いますが、実は国の発展の
決定的な要因なのです。

中国人や韓国人と長年接してきて痛切に感じるのは、商品に対する愛情が
まるでありません、すなわち職人気質の欠如です。

日本人の作る商品は高級品から雑貨まで全て芸術品です、一つの商品に
対して技術革新はもちろんのこと、デザインにも神経を使っています。

技術もデザインも、もっともっと手を入れ、美しく磨き上げて仕上げます。
この職人気質の日本精神は彼らにはありません。
韓国や中国に「技術移転」が出来ても「精神移転」が出来ません。

技術移転は簡単ですが、精神移転は長年の歴史の積み重ねによってしか
移転できないのです。文化、伝統の世界です。

特に中国人の手抜きの精神には絶望すら感じます。
いま中国で起こっている問題の数々は,短慮による手抜き精神がその根底に
あるような気がします。

自国民に対しても、外国に対しても一切相手に配慮しない、自分勝手な
手抜き精神は破滅に向かって盲進する恐竜のようです。

良い商品はメーカーとお客の両者で出来ます、メーカーの一方的な考えでは
売れる商品は出来ません。結局安さでしか売れません。中国人は全く
理解していません。

現在、先端技術を起爆剤とする「新産業革命」が進行しています。
そして日本は、エレクトニクス,コンピュター、ロボット工学、
バイオテクノロジーといった先端技術が相乗的に作用しあう
「新産業革命」のリーダになりつつあります。

日本の精神移転が出来ない中国や韓国では先端開発は出来ないのです。
何故なら先端開発のキーポイントは日常のセンスなのです。
言い換えればぞんざいか丁寧かという国民性によります。

飛鳥、奈良、室町、江戸時代にまでさかのぼる日本人の芸術性が先端
開発のキーなのです。歴史上の生い立ちや文化のしつけが日本を
先端技術王国にしていきます。

21世紀はまさしく「日本の時代」なのです。

コメント

日本は誇りある国<br>
いつも読ませていただいています。今や韓国も中国も陰りが見えてきています。韓国の対外輸出が増えれば増えるほど、対日赤字が増えると聞いています。つまり、製品を輸出しても、中身の多くを日本に頼っているわけです。ソニーも液晶の調達をシャープに切り替えました。サムスンではコストがかかりすぎて売っても利益が上がらないからです。韓国の技術は日本から盗んだものです。中国も、韓国もパクリ大国です。製品に対して、何も責任をもって作っていません。売れればいいという発想です。世界の人もバカではありません。いくら安くても品質が悪ければ買わないでしょう!常に最先端分野では日本は韓国の何年も先を行っています。日本の技術、気質に誇りを持っています。<br>
韓国、中国のすごい技術は整形力、コピー力でしょう!他の国が発売発表した製品よりも早くコピー商品を発売するパワーにだけは驚きです。<br>
しかし、それは犯罪者を褒めることができないように、決して誇らしい技術でも、気質でもないのです。<br>

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/223-06d9e72e

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。