スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生(福田首相)に日本を任していいのか?

「理念なき政権」
私はブログでいつも中国の危険について警鐘を鳴らしていますが、
もっと危険なことは、わが国の首相のオツムの中身です。

24日の参院予算員会で山本一太氏が「来日する胡錦濤主席に対して
中国とチベットの対話を促す考えはあるか」と質問した。

それに答えて福田首相は「お互い良い面を見つけて延ばしていく観点
でお付き合いすることができるかどうかが非常に大事だ」
「中国が『日本、ちょっと間違っているよ』と言ってくれ、逆に日本が
『中国がこうしたらいいんじゃないの』といえるぐらいの関係が出来れば
最高だ」と答弁した。

まるで女子中学生の友情論の答弁です。

福田はかりにも一国の首相なのです、国益を掛けた死に物狂いの戦いを
しなければいけない立場の男のセリフですか。

相手は対日戦略を練り,したたかに国益を計算している国なのです。
福田は一度でも中国の対日戦略が何かを考えたことがあるのですか?

国会で官僚答弁の棒読みをしている時はいいが、原稿にない答弁を
強いられると、たちまち女子中学生の答弁になる。

このような恐ろしく陳腐な答弁は彼の頭の弱さを端的に露呈している。
外交・安全保障問題に関するかぎり、すこぶる危険です。

国内的にも総選挙に追い込む政略を全てに優先しようとしている民主党に
振り回されて何も決まらないが、これは福田の戦術・戦略が何もない
からです。

駆け引き、取引、時には脅し、小沢氏を動かす脅しネタはいくらでもある。
福田の姿勢全体を言い表すキーワードは「話し合い」
この男の「話し合い」とは相手を理解し、自分も理解してもらうことである。
まさしく女子学生の友情ごっこである。気持ち悪い。

大人の「話し合い」とは、駆け引き、取引、時には騙しのテクニックも
必要です。結果国益につながれば国民のためになります。

判断基準は道徳的善悪ではない、政治家の判断基準は全て国益中心なのです。
私的な世界なら許されないが、公的な世界なら悪も必要なのです。

福田の知的レベルで邪悪の塊の中国と交渉などしてほしくない。

彼の外交交渉とは何がしかの譲歩を意味している、国益を損しても
仲良くすることが外交だとおもっている。

ひたすら中国との衝突を避ける態度には、戦略、戦術は皆無で
無原則な後退だけです、これを危機と言わずして何と言おう。

コメント

ままごと政治
世界から日本国民が福田首相と同レベルと思われるのが怖い。日本で一番バカで一人で何も決められない幼稚園児が日本の代表とは情けない!家に帰ってママのおっぱいでもしゃぶってろ!どこまで、中国に媚諂うつもりだ!いったい誰に日本をまかせればいいのだ!このままでは、中国と一緒に日本も沈む。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/220-445da0a2

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。