スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国「環境破壊」の恐怖

北京五輪をめぐって、男子マラソン世界記録保持者のエチオピアの選手が大気汚染を理由に出場辞退を表明した。
北京五輪のメインスタジアムは、汚れた空気に包まれて遠方からは見えません。

大気中に浮遊する粉塵の量は、EUの基準では1平米あたり
40マイクログラムを超えたらその大気は危険と言われています、
しかし北京はすでに131に達しています。

中国からの大気汚染は黄砂と同様、偏西風にのって日本に届き公害を
撒き散らします。

このままだと中国は環境破壊で国家緊急事態になるおそれがあります

今日は中国の凄まじいばかりの環境破壊を書きます。

中国の一次エネルギー源の76%が石炭です。エネルギー源のほとんどは石炭や石油といった化石燃料に依存しています。

発生した大気汚染物質が空を覆い、中国では年間40万人が命を
落としています。

そして河川の水の汚染は90%と言われています。黄河は全く
機能を果たせず、深刻な汚染で、がん患者、水銀中毒者が多数発生し、
カドニュウムなどの流出で魚類が食用となりません。

黄河と並ぶ大河、あの楊子江は、逆に洪水に悩んでいます。
上流で山林を乱伐したために、いきなりどっと流れ込んできて氾濫、多くの
人たちが亡くなっています。

以前は水源地の近くに中国一の湖、洞庭湖という湖があって、そこが溢れる
水量を吸収していたが、その洞庭湖を干拓し、いきなり工業団地にして
氾濫の原因をつくってしまった。金儲け優先です。

98年の大洪水の時、工業地帯を守るために、その上流の突堤を崩して、
人工的に洪水を起こし、工業地帯を守った。そのために多くの農民たちが
亡くなった。無茶苦茶である、中国では命は安い。

「黄河を治めるものは中国を治める」と言う格言がありますが、中国政府はこの干しあがる黄河や溢れる揚子江を治める能力はありません。

軍備拡張に夢中であっても、国土の荒廃をとめる政策も、技術もありません。

アメリカのブラウン博士は「中国は1億3000万トンの穀物不足になる」
と言っています。
中国の国土面積はアメリカとほぼ同じですが、耕地面積はアメリカの半分、
収穫率はアメリカの比ではない、その国土でアメリカの5倍の人口を
養われなければならない、しかも毎年東京と同じだけの面積が砂漠化して
います。
ブラウン博士は「誰が中国を養うか」と記していますが、
誰も養うことなど出来ません。

中国政府は全力を挙げて公害対策に取り組まなければいけないのに、公害の垂れ流しをとめる努力をあまりしていません。

国民生活に欠かすことの出来ない飲料水の供給すら確保できない深刻な状況が生まれています。

中国に進出した日本企業も工業用水の水質悪化で
撤退を余儀なくされています。
そしてこの水不足にいっそう拍車をかけているのが、電力不足です。

火力発電所を運営するには大量の冷却用水を欠かすことが出来ない、
しかし大量の公害物質に汚染されている水を使わなければならない状況に
直面しています。

拝金主義におかされた中国人たちは、無計画、無秩序に資源を
浪費しています。

このまま推移すれば深刻きわまる経済危機が訪れ農村の疲弊と相まって
中国全体の社会秩序を危険な状況に追い込む可能性を否定できません。

中国共産党の一党独裁体制が解体、崩壊すれば、中国社会は
無秩序かつ無政府状態が支配します。
それこそ略奪、暴行が日常不断に繰り返されます。

すなわち大規模な「暴動」が全国的な規模で頻発することは避けれません。

党幹部はこのような事態を想定して、せっせと汚職と権限を行使して資金をプール、海外に資金を逃避させています。

中国の「解体、崩壊、消滅」を目の前にして日本のとるべき道は
何もありません。お人好しの日本人は直ぐに手を差し伸べますが、
ひどい怪我をするだけです。ただ傍観するだけです。

人間を大切にする概念が欠如している中国共産党は金の亡者になって
地球を壊し続けます。

当社は既に3年前に中国を逃げ出しました。
中国共産党の支配体制は崩壊しつつあります


中国人を治療する特効薬はこの世にありません。

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/214-aa0e1bf1

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。