スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国南大門炎上

韓国出張から帰った翌日、南大門が焼け崩れていく姿をテレビで
見ました、歴史的建造物を失った韓国人の無念さ、怒りが判ります。

いつも出張時に車の窓から何気なしに見ていました。
一度くらい車を止めて見とけばよかったのにと、後悔しています。

韓国は歴史的建造物が非常に少ない国です。
朝鮮半島では王朝が交代しますと前王朝の政治も文化もみな否定
して、敵の文化の大部分を破壊し焼き払ってしまいます。

だから韓国には古い時代の文物がほとんど残っていません。

南大門は朝鮮最後の王朝、李氏朝鮮太祖に創られ、世宗大王の時大改築
しました。世宗大王は韓国ウオン札の肖像になっています。
ハングル語も世宗大王が作りました。

世宗は韓国一の偉大な人物として尊敬されています。
その世宗大王が大改築した南大門を灰にしてしまったのです、そのショック
の大きさがわかります。

「文化財の保護、管理は日本に学べ」の声が高まってきました、その一方
で焼け落ちた瓦がひそかに外部に持ち出され、インターネット競売で
売られています。不謹慎ですがおもわず笑ってしまいました。

世宗大王が作ったハングル文字は当時国内でものすごい反対があって、
なかなか普及しませんでした。

李氏朝鮮は宗主国中国にべったりで、ずっと文章は漢字が正文で自国の
歴史すら否定して中国史を正史として学んでいました。

結局ハングルを一般民衆にまで普及させたのは、皮肉にも日本統治時代の
日本なのです。
この事実は韓国では抹殺されています。私も呉善花氏の本で知りました。

韓国民の最大の不幸は中国の儒教の朱子学にどっぷり浸かってしまった
ことです。そして朱子学を国教として高麗時代に定着した仏教を徹底的に
弾圧しました。

そのために高麗仏教の宝物や文化の多くは失われ国外に流出しました。
仏教勢力も著しく衰退して山間などでほそぼそと続くのみとなりました。

中国の朱子学に染まった韓国人と中国人の考え方も精神も同じなのは
当然のけっかです。

中国作家の伯楊氏は中国は物質文明も精神文明も西洋に及ばない
「漬物ガメ文化」だと言っています。
韓国の不幸もこの中国の漬物ガメ文化に染まりすぎて自国の文化を
育てようとしなかったことです。

幸いにも日本は海を隔てていることで中国文化に染まりすぎなかった。
お陰で日本は中国文化を尊重する一方で日本独自の文化を育てることが
出来ました。

そして中国・韓国と日本人の違いは仏教文化の影響で、自己反省や自浄
能力の強い人間になり、常に向上心を育てることが出来たことです。

そのことが明治維新につながっていったようなきがします

中国・韓国と日本人の顔は同じでも精神は全く違います。

昨日の日中のサッカーをテレビでみてつくづくそう感じました。

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/201-9b5a22c2

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。