スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に変われるか新生韓国

2月25日にスタートする李明博政権の中核人事が決まった。
7人の首席秘書官のうち6人までが大学教授です。

政権をコントロールする最重要部署に大学教授ばかりで固めてしまって
大丈夫だろうか、偏った専門知識集団はかえって方向性の柔軟性を
失うことにつながりはしないかと杞憂しています。

5年前の盧武鉉政権も秘書官人事で学生運動経験者の左派や革新系勢力
で固めてしまった結果、国際状況が全くわからない上に経済に関しても
無知な素人集団が国を運営した。

おかげで5年間も正常な軌道から外れて、北朝鮮の方ばかり向いている
異常な国家になってしまいました。

左翼政権は韓国民を分裂させ、不動産価格を暴騰させ、膨大な多重債務者
を発生させ、平準化教育(優秀な学生を下のレベルに合わせる教育)で
子供をダメにしてしまった。
海外債務が膨大に積みあがり、特に銀行の海外短期借入金が急増
しており、既に投資系の資金が逃避を始めている。

韓国経済に2度目の通貨危機の気配が漂い始めている。

左翼政権の無能ぶりに気がついた韓国国民は怒って保守系の李明博氏を
当選させた。ありがたいことに民主主義のお陰で軌道修正が出来る。

さてこのように今度の李明博政権は国内的にも国際的にも難問が
山積している。崩壊寸前の韓国経済と韓国社会、ヒビの入った韓米同盟、
悪化した日韓関係、前政権の失政のつけは大きい。

どこの国も同じだが「生活を良くしてくれる」という期待で国民は
李明博氏を支持した。
だが期待は直ぐに裏切られる、政治がそんな簡単に国民の暮らしを
良くできるはずがない。

期待が裏切られると左派・革新勢力はまた勢いづく。

すでに盧武鉉政権時代に各界に左派勢力が浸透、定着してしまった。
彼らはまた社会をかき回し、復活を画策し始める。

韓国を変えていくためには、経済の復興しかありません。
その為に李明博氏の公約「韓国縦断大運河計画」に直ぐに手をつける
べきです。しかし左翼達が世論を誘導して大反対運動を展開し始めました。

韓国縦断大運河計画とは、ソウル、テグを経て釜山まで運河で結ぶと
いうものです。経済効果は7%の経済成長、300万人の雇用創出、
素晴らしい計画です。

数字に多少の誇張があってもやる価値は十分にあります。例によって反対者
は莫大な工事費用と環境破壊を持ち出して攻撃しています。
しかし韓国の交通渋滞は年々深刻なものになってきている、多くの貨物運送
が運河で行われるようになれば、交通渋滞は劇的に緩和されます。

韓国はケインズ理論の有効需要を促進させ完全雇用に向かって公共投資
を増大させるように仕向けることは、経済を必ず回復させます。

日本はやりすぎて無駄な公共投資でおかしくしましたが、韓国はまだまだ
有効です。

それと朴槿恵氏の公約競争で出てきた日中韓を結ぶ「列車フェリー」構想
も素晴らしい考えです。

「列車フェリー」構想とは、日本で貨物を乗せて出発した列車が博多港で
レールが敷かれた船にそのまま乗せられ、釜山港に移動する、釜山で
下ろされた列車はそのまま韓国の鉄道を経由して仁川や平沢へ行き、
そこでまた中国へ向かう船に乗せられる。
これによって日本からの貨物を
ひとたび列車に積み込めば船に積み替えたりする手間をかけずに、列車で
欧州や中央アジアまで運ぶことができる。

この計画が実行されれば東アジア共同体の出発点になります。

いまや経済が密接につながった日中韓はいがみ合っている場合ではない。

日本のチンケな夢のないマニフェストが恥ずかしくなります。
しかし無知で無能な福田首相ではこの壮大な話には乗ってこないと
思います。世界が見えている麻生太郎が首相になれば話は早い。

日本経済界が賛同してこの話を進め実現すれば三国の発展は間違いない。
アジアの平和にもつながる素晴らしい構想です。

いずれにしても貿易の拡大が国民を豊かにします。

三国の平和と幸せのために『列車フェリー』構想を
早急に実現したいものです。
















コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/194-b8c094ee

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。