スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイナフリー

今日も毒ギョーザ事件を書くつもりは全くなかったが、報道ステーション
の加藤氏の中国よりのコメントを聞いて書かざるをえなくなった。

「メタミドホスが中国側の生産過程で混入した可能性は低い、日中関係の
発展を望まない一部分子が極端な手段を取った可能性を排除できない」と
中国側が言及したのを受けて、ステーションの中で加藤氏は
「過去の例からして中国側がここまで言うことはそれなりの証拠を掴んだに
違いない」と述べた。

加藤氏がこのような中国側のコメントを本当に信じるなら、即刻
引退すべきです、ジャーナリストの資格はありません。

北京五輪をひかえた中国にとって「一従業員による個人的仕業だった」と
持っていけば傷が浅くてすみます。

過去、中国産キムチから寄生虫卵やペットフード、練り歯磨き、多くの
食品から有害物混入が相次ぎ、五輪への不安が世界中に広がっている
いま、殺人ギョーザまで出てくれば各国選手団は食料を自国から持ってきて
自炊する羽目になってしまいます。

中国はイメージダウンを少しでも避けるためにシステム的な事故でなく
個別の案件にしたほうが傷が浅くてすみます。
その上「中国国内で人為的に毒物を混入させた可能性は極めて小さい、
日本側の可能性もある」と中国側は説明した。

加藤氏のコメントはまさしく中国側にたって中国側の説明を
容認した発言です。まさに親中朝日系の悲しいまでの愚かなコメントです。

何年か前に韓国のレストランで韓国人数人と食事をしていました、当然の
ごとくキムチがついています、しかし誰も食べません、韓国人にとってキムチ
なしの食事などありえません、不思議に思って聞きますと、「中国から輸入
したキムチに寄生虫の卵が見つかった、その上鉛まで含まれていることが
わかった」

それ以降レストランのキムチは誰も食べなくなった。

そして中韓キムチ戦争を口角泡を飛ばしていっせいに彼らは喋り始めた。
全員が中国批判を日本語と英語と韓国語をごっちゃにして、途中から私を
無視して韓国人同士でまるで全員が脳卒中で倒れるのではないかと
思えるほど興奮して喋り始めた。

結局彼らの話を全く理解できないまま翌日韓国の社員から事情を聞いた。
なるほど彼らが怒るのも当然と思えてきました。

中国は自ら反省せずに敢然と報復に出たのです。

中国は韓国から輸入したキムチと焼肉のたれなどから寄生虫の卵が
発見されたと発表、全て回収して廃棄処分せよと指示した。

韓国側の反論は中国は白菜の栽培過程で人糞を使用するが、韓国は化学
肥料を使う、寄生虫の感染はない、焼肉のタレの場合全て過熱され
殺菌される。完成品に卵の残留する可能性は100%ない。

この当たり前のこともわからずに攻撃するのは、中国がいかに文化度の
低い国民であるかの証明である。

その報道を見た中国は、「韓国の政府機関が過度に中国食品を傷つける
ためである」といって報復処置として韓国産携帯に対して輸入制限措置を
取った。

このような中韓キムチ戦争が約半年間続いた。

今回の毒ギョーザ事件も北京五輪をひかえた中国側が、以前韓国に取った
ような開き直りの報復では逆効果とみて比較的穏便に事を収めようと
しています。しかし中国側の言葉のはしばしに中国人の体質が見え隠れ
して笑ってしまいます。

いずれにしても弱腰の日本政府は中国の意向にそって、一従業員のせいに
して早く終わらしてしまうつもりのようです。

中国は国際社会に約束した「食の安全」を守るには後100年を待たないと
無理のようです、中国人の体質は一朝一夕で変わりません。

日本だけでなく世界が非難を強めている中で、中国発の新型インフルエンザ
の流行まで懸念されてきました。

ここに至ってついに北京五輪に暗雲が立ち込め、世界が一気に
チャイナフリーに傾きかけてきました。






















コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/192-b73c7b91

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。