スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「毒ギョーザ」商社の大罪

今日は毒ギョーザ事件をもう少し深く考えてみます。

業務上過失傷害の罪は直接的には中国の工場ですが、根本原因は利益を
求める商社と安さを求める消費者にあります。

毒ギョーザ事件を単に食の不祥事ととらえるのでなく、戦後の日本の問題の
本質に迫ってみたいと思います。

元々中国人に農薬を使って野菜を作るなどの知識はありませんでした。
商社が中国の極端に安い労働力を使ってつくり始めたのです。

日本の消費者好みに合わして虫食いの一切ない、形の揃ったものを
農薬,化学肥料をたっぷり使って大量生産したのです。

そして日本の流通を握っている食品メーカーと組んでシステムを
構築しました。

これは他の分野でも同じことがいえます。商社が中国を利用してその
圧倒的な価格競争力で日本の食と雑貨類を席巻してしまいました。

中国は日本企業の言う通りのスペックで、日本向けの安い商品を作り
商社が日本のマーケットに流しました。

なにも中国企業が自分達でマーケット調査をして、商品を開発して日本に
セールスに来たわけではない。
商社が日本のニーズを彼らに伝え、彼らはそれに従って作るという関係です。

中国から輸入される商品のほとんどは日本人が先導して作った商品です。

いまや世界中の企業は中国をいかに取り込んで自社のコスト構造に
結びつけるかが企業の勝負なのです。

つまり輸出元は中国に進出した日本企業なのです。
今回の毒ギョーザも、シイタケや長ネギも、その他の加工食品も日本の
商社の開発輸入商品なのです。

戦後商社の先導によって中国利用のメリットを覚えた企業は今度は自ら
中国に大規模な工場を建設しました。
最初は大手の家電メーカーが中心でしたが、そのあと中小企業も雪崩を
うって中国に進出しました。

今日は食品を中心に書いてみます。

伊藤園が福建省、加ト吉が山東省,サンヨー食品が天津、力のある加工食品
メーカーは管理の行き届く自社工場を作りましたが、弱小企業は商社に委託
しました。

今度の毒ギョーザの原因はここにあります。すなわち商社は商品管理を
あまりやりません、自社工場を持っている食品メーカーは不祥事を起こせば
会社の命取りになりますから、日本の規制に合った農薬や化学肥料しか
使いませんが、もちろん商社も中国側の工場に指示をだしますが、
加工されて袋詰めされた商品まで調べません。

1990年ごろ当社も最初は商社を使って中国と取引していましたが、
不良率が極端に多くて、仕方なしに直接中国に乗り出しました。

当社の商品は食品ではないので日本で検品さえすればなんの問題も発生
しませんが、パッケージされた加工食品は現地で自社工場を作らない限り
この問題は常に起こります。

以前韓国のレストランで青白い不気味な生きたウナギを見ました、
聞きますと中国からの輸入だそうです。そのときは種類の違うウナギだと
思っていましたが、抗菌剤つけされたウナギだったのです。

中国から蒲焼で入ってきますから誰もわかりません。去年マスコミの騒ぎで
初めて判りました。ウナギの養殖も、養殖池に抗菌剤を入れるのも全て
日本商社が教えました。

抗菌剤を入れるのは日本では禁止になりましたが中国人は商社の指示を
無視して使い続けました、その方がウナギの死亡率が下がり利益に
つながります、商社も蒲焼になったウナギしか見ていません。

中国富裕層は日本向け農産物や加工食品は危なくて食べません。
まるで笑い話です。

中国人で懲りた大商社は今度は生産拠点を東南アジアに移していきますが
安さを求めるために安全が軽視されています。

日本は国の安全も食の安全も外国の手にゆだねてしまっている現実に
恐怖を感じませんか?
政治家もメディアも根本を見ずに上っ面の現象面だけ見て論じてもなんの
解決にもなりません。

日本の食の自給率が40%しかないと嘆くならまず消費者の意識を
変えなければいけません。このままなら自給率はもっと下がります。

メディアは食の実態を消費者にもっと知らすべきです、消費者が真実を
知ったとき日本の農業は生き返ります、地方の疲弊も消費者があまりにも
安さと外見を求めすぎるからです。

消費者が優先順位を安さより安全を第一に考えるようになれば大手量販の
意識も変わり、それによってメーカーも商社も変わってきます。

去年逮捕されたミートホープの社長が「安さばかりを求める消費者も悪い」
と捨て台詞を吐いた社長の気持ちがわかりますか?

もちろん消費者の無知に合わせた企業の行為は許されるべきでは
ありませんが、このセリフは今日の日本の問題の象徴のような気がします。

食べても問題がない賞味期限切れ商品を大量に捨てている日本国民が
食料自給率40%と嘆く資格はありません。


























TITLE: jtフーズ 餃子 URL: http://ebi-chan.net/natsuki/2008/02/jt.html BLOG NAME: 塾講師夏希のさわやかな日々 DATE: 02/06/2008 19:18:22 「毒ギョーザ」商社の大罪今日は毒ギョーザ事件をもう少し深く考えて見ます。 業務上過失傷害の罪は直接的には中国の工場ですが、根本原因は利益を求める商社と安さを求める消費者にあります。 ...

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/191-2f00b276

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。