スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッジファンドの悪業

『24日の東京株式市場は、海外株式市場の堅調な動きを好感して
幅広い銘柄が買われて日経平均株価が大幅続伸した』

これは今日の新聞の記事から抜粋しました。この新聞に書かれた文言を
見て「なるほど」と納得した人は即刻株から手を引くべきです。

今日はこのへんのカラクリを書いてみます。

エコノミストが論評する時よく外人投資家と言う言葉を使いますが、
善良な一般投資家は彼らは自分達と同じで、単にお金を持っている
外人としか感じないと思いますが、とんでもない間違いです。

外人投資家とは、相場を自由に操って儲ける「ヘッジファンド」たちの
ことです。このヘッジファンドの手口を書いてみます。

株が下がるとメディアもエコノミストも、その原因を海外からネタを
引っ張ってきて、訳知り顔に論じますが,あまり関係ありません。

今回の世界同時株安で儲けたヘッジファンドの手口を解説します。

まずファンドは、東京市場で株を空売りします、同じく中国、香港、韓国
その他のアジアでも空売りを仕掛けます。直ぐにヨーロッパにも飛び火
して、世界不況の懸念を持っている他の投資家たちも同調します。

そして世界を一周して東京市場に戻って来てまたドカーンと下落します。
その時点で素早く買い戻します。
結果、株価が大幅続伸します。ヘッジファンドの一人勝ちです。
東京市場の60%を抑えているファンドたちが組めば自由自在です。

ファンドが用いる典型的な手法「空売り」「空買い」について
少し説明してみます。

株の空売りとは、後日返却する約束で株を借りてそれを売り、返却時に
また買い戻すことです。要するに、空売りする投資家は、その時までに
価格が下落することに賭けています。
もちろん株を貸した所有者は、空売りをする投資家が実際に株を買い戻す
のに十分な資金を保有していることを確認できなければいけません。
もちろんその期間の「レンタル料金」は支払います。

ヘッジファンドはファンドの出資者達が出資した金額の総計よりも遥かに
巨大な額を動かせます。というのも空売りで得た資金で空買いするからです。

ファンドが資本を必要とする唯一の理由は空売りをする際、貸主に約束
した期日に返却できるということを納得させるためです。

このやり方で行くと成績さえよければ出資総額の100倍もの規模になる
つまり空買いした株の1%上昇するか、空売りした株が1%下落すれば
出資額は2倍に膨れ上がる。

1の資金で100動かす、1%儲かると1+1(元の1)=2
つまり倍になる。出資者に高率の利益をもたらすことになる。

ヘッジファンドがどれくらい大きいか、日本のエコノミストたちは
誰も判っていない。その上法律上の住所は海外で日本にはない。
そのために当局の厄介な介入も免れることが出来る。

捕まった村上ファンドの失敗は住所を日本においていたことです。
彼の罪状の「インサイダー取引」などヘッジファンドの罪に比べれば
たいしたことではありません。

特に外国為替市場には明確なルールがありません、そのために、当局者が
事前にファンドに情報を漏らしても,何ら法的に罰せられることは
ありません。この盲点を利用して榊原氏はソロスを怪物にしました。

今回の東京株式市場の下落を仕掛けるためにファンドは意図的に
影響力のある著名な経済評論家を使って日本売りを発信させます。

直ぐに影響を受けた新聞、雑誌、エコノミスト達はいっせいに
『日本はダメになるだろう』という悲観論の発言がこの国を覆いつくします。
すなわち空売りとの両面で株の下落を仕掛けます。

ヘッジファンドたちは100%成功さすために共謀します。
アメリカの法律なら刑務所おくりです。日本の株式市場なら同じことを
してもまず捕まる恐れはほとんどありません。

まさに日本はヘッジファンドの天国です。






















コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/188-fed8b6ed

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。