スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李明博大統領「日韓、未来志向的に」

韓国では大統領が変わるたびに「日本に謝罪求めず、未来志向」というが
金大中も盧武鉉も直ぐに過去問題を持ち出して攻撃した。

かりにも一国の長がいったん口にしたことを恥ずかしげもなく裏切るなど
日本人の感覚ではありえない。韓国人特有の病気としか思えない。

李明博大統領は経済人、実業の世界で二枚舌を使えばたちどころに誰も
相手にされないことを知っているはずです。
彼なら虚偽の妄言で攻撃することはないと思いたい。

2003年盧武鉉新大統領が本国で「日本の過去問題については今後
言及しない」と言いながら直後の日本訪問で日本の国会演説において
過去の問題について言及した。しかし日本の国会議員は大きな気持ちで
満場の拍手でこたえた。

彼はその後ますます日本たたきをエスカレートさせ、各国との首脳会談でも
関係のない日本を持ち出し悪口の言いたい放題、韓国の品位を
落としてしまった。

盧武鉉大統領は「親日反民族行為真相糾明委員会」を発足させ、日本の
殖民地支配に協力した「親日派」の故人の氏名を公表した。
そして親日派の子孫が所有する土地を没収した。頭の重症である。

日本人たちはあきれ果てて相手にしなくなった。

今回の新大統領李明博はそんなことはないと思われるが?
2月の大統領就任式に福田首相の訪韓は確実視されている。

新大統領は3月以降、訪米の帰途に立ち寄るらしい。
訪米の帰途に立ち寄るとはあまりにも失礼である、いつも日本を下に
見たいという、負けを認めないねじくれた「対日優越意識」が見え隠れして
大統領が変わってもやっぱり同じかと心配してしまいます

実際の歴史と韓国で教えられる虚偽の歴史には大きな差があります。
韓国に居る限り歴史の真実は全く見えません、新大統領も日本に対して
歪曲捏造の歴史で洗脳されていたなら、過去の大統領と同じでなにも
変わらないかも知れません。

韓国の作家,呉善花さん、金完燮氏 金文学氏もみんな外国へ行って
はじめて自国の歴史の真実を知りました。真実を知ったことで
目覚め自国の歪曲された歴史の批判を初めました。

金完燮氏はオーストラリアに2年間滞在した時、朝鮮の開国期と日本統治
における一方的に歪曲された韓国歴史を知り「親日派のための弁明」という
著作を発表しました。
しかし刊行1ヶ月後に韓国政府によって発禁処分を受けました。

このような言論の自由のない似非民主国家韓国ではいつまでたっても
変わることはありえません。

新大統領李明博氏は前大統領の行き過ぎた反日を是正していただき、
日本と協力して覇権主義中国の暴走を止めなければいけません。

韓国がいつまでも自らのアイデンティティを反日に頼る姿は愚かで滑稽です。











AUTHOR: 9ol URL: DATE: 01/18/2008 16:40:35 韓国は政権交代に浮かれているが・・・・
謹啓 辻本貴一様

韓国のメディア、特に超一流の経済音痴であるという自覚のない経済記者による現代自や三星電子の海外市場での「連戦連勝?」を紹介する「ウリナラマンセー」記事しか載せない中央日報などは、政権交代でまともな大統領が誕生すると浮かれ気味ですが、実は、韓国経済は相当ヤバイ状態だと思います。

中央日報よりは少しは経済が分かる記者が記事を書いている朝鮮日報に大変重要な記事が出ております。「国家債務担当する機構を新設」という1月18日付の記事がそれです。これによると「引き継ぎ委員会が年明けに企画予算処を通じて把握した負債の規模は、06年末現在約894兆ウォン(内訳 ▽公式の国家債務282兆ウォン▽通貨安定証券の負債158兆ウォン▽公企業の負債119兆ウォン▽国民年金責任準備金の不足額238兆ウォンなど)」です。

日本円にすると100兆円、日本の国家債務800兆と較べれば大したことはないような印象を受けますが、韓国のGDP(840兆ウォン:2005)に匹敵する巨額の債務を抱えているわけですよね。

加えて韓国の家計総負債はGDPの8割を超えており、バブル状態の不動産市場で風船が弾けたらどういうことになるか、想像すると楽しいような恐ろしいようなことになると思います。韓国は国も個人も借金まみれです。その上、韓国の企業会計は制度も基準もかなりいい加減に運用されていますから、現代自などは、実質的に粉飾をやっていると私は判断しています。三星も財務状態は見た目より大分悪いと思います。

ということは、国家財政、個人家計、企業財務のいずれも実は相当苦しく、サブプライム問題で痛めつけられた韓国経済は、国内での不動産バブルが弾ければ・・・・と思います。

わたしは、今年の第一四半期がかなり危ないと思っているのですが、辻本様はどのようにお考えでしょうか?

経済をまるで知らないノムが政権にいた時間が余りにも長すぎて、今更李明博氏が引き継いでも、時間が足りなすぎると、私は思うのですが、いかがでしょうか?

謹白

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/183-a33d1b93

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。