スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の覚悟

新年明けましておめでとうございます。

2008年この国の未来は、どのように展開していくのか、
今後ますます日本の平和と安全と国益が脅かされそうな気がします。

この国の根幹をなす『反戦平和』という麻薬がマスメディアを含めた
国民全てに蔓延してしまって、冷静な思考を奪ってしまいました。

確かに「反戦平和」という口に甘く、耳に心地よい言葉には誰も反対
できないほどのインパクトがあります。しかしこの「正義ふうの言葉」の
呪縛に陥った日本は、将来国際バランスが崩れた時に真っ先に攻撃され
滅びる運命にあります。

多くの日本人は「攻撃さえしなければ攻撃されない」という国際常識と
かけ離れた日本常識を持ってしまいました。自国の平和を他国の意思に
ゆだねた甘えの構造以外なにものでもありません。

多くの知識人やメディアが支持する「反戦平和」はまさしく正義ふうで
あります。正義で国の安全が保てるならこんな楽なことはありません。

「戦争反対」と叫んで逃げまくれば平和が保てますか?
戦後の日本の平和は日米同盟によって維持されてきました。
しかし米国が攻撃されても協力することの出来ない憲法を持っている
身勝手な同盟国を保護する気になりますか?

米国にとっての日米同盟は日本を食い物にする為の戦略です。
戦後日本は長い間米国から散々ひどい目に遭わされ、
ピンハネされてきました。

貿易の制限、海外援助の増額、自動車輸出の自主規制、内需拡大の要請
駐留軍経費の負担、アメリカ国債の押し付け、金融、証券、数えあげたら
きりがないほどの米国の要求を呑んできました。

日本は米国の軍事力に頼っている以上、仕方なしに受け入れてきましたが、
皮肉なことにこれらの米国の要求を受け入れることによって
日本経済は鍛えられ、世界第二位の経済力を手に入れてしまいました。

テレビのコメンテーターは日本は米国のポチであると自虐的に
言っていますが、実際は米国は日本の番犬なのです。
番犬に美味しい餌を与えることによって夜も枕を高くして眠ることが
出来たのです。

しかし世界のパワーバランスが変わろうとしています、中国、インドの
台頭、ロシアの復活、反対に日本の頼りになる番犬の力が徐々に
弱まってきています。

日本も早く憲法を改正して、番犬がいなくても安全が維持できるように
しなければ、日本は消えていく運命にあります。

しかし「反戦平和」という正義ふうの毒に侵された日本の憲法論議は
現実を無視した神学論争にしてしまっています。

世に『少女趣味の正義』ほど始末に悪いものはありません。

2008年の日本は世界に対して自己主張をして、国家の名誉や国益を
傷つけられれば、敢然と反論して、抗議すべきであります。

『勇気』という言葉だけが、日本が直面する様々な問題に対する唯一の
解決策です。

『勇気』を失えば全てを失います。












AUTHOR: ビジネスボーイ URL: DATE: 01/07/2008 21:42:02 Unknown
新年明けましておめでとうございます。
今年も楽しくブログを拝見させていただきます。
頑張ってください。

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/175-21f70b74

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。