スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米的思考と日本的思考の違い

昨日からの続きです。

昨日のブログは仏教的たしなみについて述べましたが、今日は欧米人と
日本人の考え方の相違について書いてみます。

戦後の日本の外交や政治家の発言を聞いていますと、欧米人の考え方を
全く理解していないように思われます。
常に日本的思考で「同じ人間だから、そのうち判ってくれる」
「誠意をつくせば、大丈夫」「これだけ援助したから日本の味方に
なってくれる」という日本的思考で失敗ばかりしてきたように思われます。

例えば山で遭難した時、二人で一個しかパンがない、どうしますか?
日本なら100%「二人で半分こして食べます」と答えます。

しかし欧米ではそうはならない、砂漠で一人が水がなくなった、
もう一人はまだ水が残っているとき、水がなくなったものに飲ませては
ならない、二人で半分ずつ飲めば、砂漠においては、二人とも死んで
しまう危険がある。一人で飲んだほうが、その一人が助かる確率が大きい。
(ユダヤ教の律法書)

これが欧米の思考の根幹をなしています。

アフリカ難民救済センターで実際あった話を書いてみます。
アフリカのどこの国か忘れましたが、1970年にかけてアフリカの
諸殖民地は軍事クーデターが頻発して、日本のボランティアの人たちも
難民センターに応援に行きました。

そこで働いている欧米人のボランティアは、難民を三種に分けていました。
①医薬品や食料を与えても、死ぬにきまっている人。
②医薬品や食料を与えると助かる者。
③何も与えずとも生きてゆける者。

そして①は見捨てて、③はセンターから追い出し、②だけに医薬品、食料
を与える。医療品や食料がふんだんにあるわけではない。貴重な救援物資
を①や③に与えれば、助かる人間も助からなくなるからです。

ところが日本のボランティアにはそれができない。日本人はなけなしの
医療品・食料を死ぬにきまっている人間まで与えてしまう。
そのうえ③の人まで食事を与えてしまった。

それを見て、欧米人は「日本人たちは難民を殺しにきたのか」と
激怒したそうです。

もちろん欧米人のほうが合理的でその通りだと思いますが、日本人は
欧米人の「砂漠の論理」にはついていけなかった。

欧米の文明では真向から生命に執着します、強い生命にあくまでも肯定
する傾向があります。
しかし仏教的な影響を受けた日本人は、遅かれ、早かれ、人間は
やがてこの地上から消えていく『死』を自覚した文明です。

だから日本人は難民センターで①②③と区別できなかったのです。
たとえ死ぬと判っていても①に医薬品・食料を与えずにはいられなかった、
これは「生命よりさらに尊きもの」の存在を知っているからです。

「生きる」ことだけが生命の全体ではない、結果不幸にも②の人まで
死んでしまっても、運命である、生者必滅、生まれたものは死ぬという
仏教的教育が身についていたのです。

日本人は砂漠で片方が水がなくなったら、たとえ二人とも死んでも水を
分けたとおもいます。欧米人のように生命に対して不当な執着を
持っていません。

ここで間違ってはいけないことは中国人についてです。
日本人は中国も同じ東洋人だから仏教的思考が出来ると
勘違いしてしまったことです。
確かに仏教はインドから中国を通って日本に来ましたが中国には仏教の
痕跡すらありません。

中国の仏教は、儒教と道教と結合して醜く変貌してしまいました。
そして毛沢東は共産主義にとって邪魔な宗教心を全ての国民から強制的に
排除してしまいました。

だから中国人は日本人や欧米人のように全く宗教心に縛られない、
倫理道徳の薄い国民になってしまったのです。
このことを知らない日本政府は同じ漢字文化園という親近感で中国を見て
しまった、それ故「日中友好」という女学生の論理にはまって
しまったのです。

中国人と付き合えばよくわかります、彼らは法律とか規定は商売人の邪魔を
するためにあるものであり、それを盾にお金をゆする道具くらいにしか
思っていません。

日本文明は中華文明とも欧米文化とも全く違います。ゆえにこの三者の
思考はまるで異なって当然です。

サミュエル・ハンチントンも世界は7つの主要な文明が存在すると言って
います。ちなみに日本は日本文明に属する孤立国といっています。

ところが日本政治家の一部には欧米との違いは認識できても中国に対しては、
「同じ東洋人」「同じ漢字文化園」「仏教国」「日本は中華文明の一員」と
まで思ってしまっている愚か者が存在しています。

その人たちが親中派を標榜してアメリカと敵対します。しかし日本人は
たとえ皮膚の色が違っても中国より宗教心の厚い白人のほうがより
日本にとって安全です。

最後に我々日本人は中国の儒教については詳しいですが道教については
何も知りません。そのことが中国人を見誤ったのです。

それでは道教とは、寄せ集めの多神教です、極悪非道な人間も神々に
賄賂さえ奉納すれば、神々からの庇護を受けることができるという
とんでもない宗教です。

これで中国人の品性がわかってもらえたとおもいます。

(今日はこれが2007年最後のブログです、書いていくうちに筆が滑って
また政治的な文章になってしまいました、反省しています。
いろんな恫喝のコメントが当方に入ってきますが、来年も懲りずに
続けたいと思っています。来年は7日からはじめます。)

それでは皆さん良いお年をお迎えください。




















AUTHOR: ビジネスボーイ URL: DATE: 12/27/2007 19:26:07 Unknown
半年ほど前から楽しく読ませていただいています。中国、アメリカ大嫌いの私ですが、貴殿のブログには同感するところが多々ありとても参考になります。恫喝のコメントなんかに負けずに、来年も楽しませて下さい。
良いお年をお迎えください。

コメント

残念ながら2010年においては参考になりません。日本は、民主主義思考と社会主義思考が共存している国です。そして、性善説と性悪説が入り混じっている土壌です。
国際政治の場において
同じ人間だから、そのうち判ってくれる」「誠意をつくせば、大丈夫」「これだけ援助したから日本の味方になってくれる」なんて考えはもはや時代錯誤、的外れもいいところで、そんな考えを持っている人は少ないでしょう。
欧米や中韓は政治においてもビジネスにおいても、隙あらば領土や利益を奪うという事を昔から実践してきたと言うことを心に停め、日本も政治的に攻めないと主張すべきところははっきり主張しないと、搾取されるだけで、平和は守れないのです。平和や国益を守るには毅然とした態度が必要であると言えます。

非合理的なジャップが明らかに劣等民族ですね
日本猿は欧米や中国の人たちに敵いません

トンスル朝鮮脳の大腸菌キムチ野郎 ↑ が湧いてきたヨ


トンスル
朝鮮一番絞り純生ウンコ汁醗酵酒 秘伝三段仕込み熟成十年 蔵出し無殺菌

ホンタク
冠婚葬祭に欠かせない朝鮮の高級郷土料理 刺身の生ウンコ漬 

朝鮮脳
「試し腹」による遺伝子異常「火病」患者の欠陥思考回路

試し腹
シバジ(種受け子宮レンタル女)の品質検査

朝鮮人の言動が道理が通じず、論理の飛躍で理解不能なのは、長きに渡る近親間の交配が原因です。
朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きなGenetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。
朝鮮では、昔から若くて綺麗な娘達は支那に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が多数見つかっている。

鮮人三原則 『臭い、汚い、危ない』

(・”・)

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/174-8577357e

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。