スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国経済破綻のシナリオ

昨日の続きです。
今日は韓国経済破綻の道筋を簡単に解り易く書いてみます。

経済破綻とはどういう状態になったときに破綻とよぶか。
国際収支の数値が悪化し、自国通貨が暴落し外貨準備金が底を突き
食料もエネルギーも輸入できなくなるような状態が破綻とよびます。

それでは破綻にいくまでの道筋をかいてみます。

まず単純に韓国のウオン通貨と経済に対して信用が低下すると
内外の投資家は韓国から資金を引き上げてしまう。

これはウオンの価値を下げる、韓国は外国為替市場で自国通貨を買って
ウオンを支えなければいけない。
しかし韓国中央銀行は支える事ができない。何故なら短期外債返還で
ドルも円も底が見えてきた。

一般的にはウオンの下落を防ぐ唯一の方法は金利を上げ、市場に流通
しているウオンを少なくすることであると経済の教科書に書いてある。

しかしことはそう単純ではない。
通貨の下落と金利上昇は金融機関や企業の経営を破綻へと導く。
何故ならその多くはドル建て債務や円建て債務である。ウオンの下落と
円高は経営に重い負担になる。

他方、ウオン建ての債務は金利が上昇したため返済がより難しくなって
しまう。
そして韓国経済の信用の低下が金融と経済の崩壊という
悪循環に火をつける。
逃げ遅れたヘッジファンドや一般の投資家がパニックになりウオンを
売り浴びせる。

直接的、間接的に外資から低利の融資を受けていた投機的な事業が
うまくいかなくなってきて、投機家が破産し金融会社が倒産する。

借り入れでたっぷりあった外貨準備高は、瞬く間に底を突く。
円キャリーにより外貨を獲得してきたが、今度は貸し手が融資を渋る。
結果、外貨準備高の枯渇は輸入の支払いが出来なくなる。

外貨が底を突くとファンドがその弱い通貨を標的にする。
これがだいたいのシナリオです。

もっと単純に書くと
ある時点で臨海を突破しーウオン暴落ー外貨準備激減ーさらなるウオン安
ー対外債務極大化ー外資の借り換え拒否ーデフォルト


韓国が現時点で破綻認定されていないのは、いちよう通貨高が維持されて
いるからです。その通貨高を維持するために通貨安定証券を発行し
市場からウオンを回収した。

まさにウルトラCです。しかし通貨安定証券の年間利子負担だけで
6兆8000億ウオンを支払った(朝鮮日報)

利払いをするためにまた短期借り入れを行わなければならなくなる。
短期外債はドルで発行されているので、ウオン安になるとドル建ての
返済額が上がってしまうのでウオン高でないと困る。

ウオン高は当然輸出減に直結し経常収支が赤字に転落する。
韓国の貿易対GDP比率は76%、これほどまで貿易比率が高い国が
経常収支赤字になれば生き延びる術はない。

韓国を支える大手メーカーはウオン高では生きていけない、
しかし借金まみれの韓国政府はそんな事を言っていられない。

この解決できない大いなる矛盾、ア~行くも地獄、退くも地獄、

大丈夫ですか?盧武鉉大統領様









TITLE: 米ドルリンク債 プット買い URL: http://ewarant.sblo.jp/article/7281975.html BLOG NAME: 5万円でeワラントに挑戦! DATE: 11/28/2007 09:27:16 米ドルリンク債 プット 第263回 10,000WR 4.98円 買いドル上昇しましたが、109円の壁は厚いと見ます。しばらくはこの水準で横ばいかな?今日は少し下げると見てプット買い。

コメント

ためになりました。

来年まで残ってますかね、韓国

ちょっと前にどういうわけか、ソウル銀行から韓国のりと投資のパンフレットが送られてきました。ちょっと気持ち悪い。
このままほっといてもいいものかどうか・・・。

韓国に大変なことが起こるのは容易に想像できました。国策は矛盾だらけようですね。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/154-d3f4d300

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。