スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国に蹂躙されたチベットの地獄

何ヶ月か前にNHKで『青海チベット鉄道~世界の屋根2000キロを行く」
を見ました。素晴らしい車窓の景色は天上世界そのものでうっとりと
ながめていました。

中国は2006年7月、青海省・西寧とチベット自冶区首都ラサを
結ぶ鉄道を開通させた。
見終わってから、中国がチベットの為に単純に鉄道を通すはずがない、
チベットを横断する何千キロという鉄道網を敷設したのは中国本土からの
大量の人口を故意に移動さすためであり、西アジア、近東へ近寄ることで
石油資源の獲得のためであるようにおもわれる。

そのまますっかり忘れていましたが、20日の新聞でダライ・ラマ14世
が来日している事を知りました。

その記事によれば、中国政府によるチベット民衆への弾圧が
一層激しさを増している。
ダライ・ラマが米議会から議会名誉黄金賞を授与された当日の早朝、
僧侶数百人が受賞を祝う活動を行っていたところ、4000人の
軍兵士が出動し、多数の僧侶を殴打し、数十人の僧侶が逮捕された。
(20日の産経新聞より)

ここで少し中国に蹂躙されたチベットの惨劇を書いてみます。

中国のチベットの侵略と占領は今世紀最大の悲劇の一つです。
毛沢東を初めとする中共政権は、独立国家チベットの植民地化を当初から
目的とし、大軍を投入して占領化政策を推し進めた。
その結果百万人以上のチベット人が殺され、仏教建築物、書籍、芸術品
などほとんど破壊しつくされた。
この時のチベットのトップが今の中国の国家主席・胡錦濤です。

文化の生きた継承者は母国でその伝統を伝える事ができなくなり、
古いチベット文化は抹殺されてしまいました。

チベット文化の破壊や人権抑圧は現在も着々とすすんでいます。
「ダライラマ万歳」「チベットに自由を」などとスローガンを叫んだだけで
過酷な環境の刑務所に投獄され、労働矯正キャンプに送られ、拷問を受け、
死刑になる人もいます。あの最低国家北朝鮮となにも変わりません。

中国本土からの大量の人口を移動させて、一つの民族を物理的に抹殺
してしまう『民族浄化』も確実に進んでいます。

軍隊も持っていない素朴なチベットに突然進入して占領化政策を進めた
出来事に世界は気づき始めました。

世界が知らない間のどさくさまぎれに占領されたチベットの悲劇が闇から
闇へ葬り去られようとしています。

以前、小平が天安門事件で『我々に逆らう者はたとへ一千万人だろうと
殺す』と宣言したのを覚えていますか、これが中国人の本質です。

中国人は初めは友好的に振る舞い、そのうち突然暴力的に侵略します。
我々日本人は中華思想に毒された中国を決して甘く見てはいけません。

日本の親中派の無知な政治家様、
チベットの不幸は明日の日本かもしれません。












TITLE: 守屋事務次官 降参! URL: http://kkharahaara.seesaa.net/article/66060870.html BLOG NAME: 守屋事務次官は?人 DATE: 11/22/2007 12:15:39 守屋事務次官ついに降参!で、次に困るのは誰?いいかげんにしてくださいよ!これでは、国家滅亡だ~!大臣さんたち。それぞれお立場があると思いますがやっぱり、ムリしちゃダメです!!!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000932-san-soci

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/151-6fbede76

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。