中国人のサイバー攻撃  7月8日(金)


「KDDI(au)で2日未明に大規模な通信障害が発生し、携帯電話やデータ
通信がつながりにくくなった。「全国的にほぼ回復した」と昨日発表されたが、
障害は2日半続き、最大3915万回線に影響した」

このニュースを4日の朝食時にみた時、思わず「中国のサイバー攻撃だと
叫んでいた」妻は呆れ顔で私を見た。「中国が日本の混乱ぶりを知るために
意図的にやった」と妻に言い訳をしたが、その後のニュースでも中国の仕業
とは一言も言わず、KDDIの事故としかメディアは見ていなかった。

しかし2018年12月のソフトバンク、昨年10月のNTTドコモと通信各社では
大規模障害が相次ぐ。通信網にひとたび不具合が生じれば暮らしが直撃を
受け、生命や財産が脅かされかねないこれが現代社会のもろさである。 

日本はサイバーセキュリティーの能力は低いと見られていたが、近年の
五輪大会が妨害型のサイバー攻撃に悩まされて来たのに、東京五輪は
被害を出さなかった。

米メリービル大学のブライアン・ガント助教は東京五輪のサイバーセキュリ
ティが真の成功事例と指摘してくれたが、日本人自体が、日本の防御の
実態をあまりしらない。

自衛隊のサイバー防衛隊はたったの540人しかいない。それに比べて中国
のサイバー部隊は約3万人もいる。日本のサイバーセキュリティーは憲法を
含め法制度など様々な制約がある。これでは話にならない。

今回の参議院選挙で、サイバーセキュリティーについて演説する候補者は
一人としていない、無理もない、こんな事を言えば、票は減ることはあって
も増えない。


話は変わりますが、コロナで2年間途切れていた同窓会にいった。そのうち
の一人と会話していたときに意識せずに何気なしにパソコンの用語を言った
らしい。だれでもが知っている用語であるが彼は嫌な顔をして「難しい言葉を
言うな」と一言、毎年剣道の話しかしない彼を避けていたが、彼の方から
寄ってきたのでつい油断してしまった。彼と会話するときは学生時代に
戻るべきだった。

これと関連して先程の妻の話、KDDIの通信障害の時、思わず「中国の仕業」
と叫んでしまった私を見て被害妄想狂と思って呆れてしまった妻、それでな
くても都合のいい認知症と言われている。中国人の怖さを知らない日本人
には私のような人は全て被害妄想に見えるしい。

デジタル化を推し進める政府は、重大事故であるとの認識を示し、行政指
導を含め厳正に対処する方針だ。KDDIはネットワークの安全性を確保
するため、原因の究明に全力を挙げなければならない。


ffff ← クリックしてもらえると励みになりま



コメント

>サイバー攻撃
正直言って、大規模なネットワークトラブル程つまらない理由で起きるケースが少なくないと感じます。パソコンネットワークが主体の頃、社内ネットワークが全てダウンして、調べてみたら社員の一人がブラウザの設定を変更して対象PCからの確認応答が返信されなかったのが原因で、本人は「パソコンの壁紙を変えただけ」と主張したケース、とか(ネットワーク上の情報の受発信をブラウザで行っている事を周知していなかったケース)。ここしばらくの大規模ネットワークトラブルも恐らくそれが原因です。
中国だ、ロシアだという前に『ユーザーであってもサプライヤーであっても、携わる人材を育成しておかなければならない』のは当たり前の事で、旧ユニシスさんみたいに超一流企業の一角であるはずの勢力でさえ目先の「中抜き」にいそしんでいる現状では、サイバー部隊が手を出さなくても自分から崩壊しているのが実相かと思います。
少なくてもセキュリティ関連のIT企業の現場であれば問題点を知り尽くしている技術者は山ほどいるはずです。
『中抜き無しで、そうした現場に資金と資源を投下できるか』
それに尽きます。300万円かけて自治体に配布されてあえなく墜落した、中国産小型機にすらはるか下を行く情けない国産ドローンのニュースを見てさらにその感を強めてしまいますね。こればかりは。

>それが原因

注目されにくい地味な部分に原因がある、と言う意味です(曲解する人が時々いるので)。

安倍さんが撃たれた!
日本はどうなるんだ!

プログ主様、今回も更新ありがとうございます

さて、緊急事態。

安倍晋三先生が撃たれた!

一発目は外すような阿呆な共匪が
二発目冷静に狙撃できるとは思えぬ。

先生のご快癒を願う!

で、
アカ野郎共よ?

安倍晋三1人を討ち取れば、習近平の地球征服が成る
そんな単純な話と思うカネ?

違うね。

習近平と中国共産党を亡ぼすのは、
①少子高齢化
②プロレタリア独裁による止めどない無駄遣い、内戦リスク

「構造問題」だろ。

構造問題(概念、事象)をこうやって散弾銃で倒せるのカネ?

ガキみたいなこと考えるんじゃないよ。
くっだらない!

連投失礼します。
第一感でハルピンでのあの事件を思い浮かべた方は多いでしょうけど、間違っても犯人が同様の経緯でない事を祈ります。もう日本の世論は90年代とは違う。その男を英雄視する空気がちょっとでも出たら、もう絶対にそれを許容する事は無いでしょう。
「〇上〇也」と言う男が在日でない事を祈ります。

便利が不便?

安倍元首相が凶弾に倒れました。
回復を祈っていましたが祈りが届きませんでした。
残念です。
これからの自民党の行末が心配です。
ご冥福を祈ります。

科学技術の進歩で、今まで人がやっていたことを機械がやるようになりました。
私が入社した時にはコンピューターはなく、電卓でさえありませんでした。「そろばん」と「計算尺」で仕事をしていました。

科学技術が発達し、小さなパソコンが、いつの間にかパンチカードで動く大きなコンピューターを駆逐しました。
しかし、落とし穴があります。

パソコンの使い方さえ知れば難しい科学計算が誰でも出来ます。
計算の内容を知らなくても、データさえ入力すれば結果は出ます。
しかし、内容を知らなければ結果の正誤が判断できません。
そのために失敗した事例を見てきました。

電気が止まれば計算が止まります。
昔のエンジニアは電気が無くても計算できていました。
今は電気が止まればお手上げです。

科学技術は、テクニックではなく、基本をきちんと理解した上で利用しないと危険です。
サイバー攻撃にも対応できなくなります。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント