スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費期限が切れた小沢一郎

小沢氏の消費期限が切れたのは、民主党や日本国民ではない
アメリカの消費期限が切れたのです。

都知事の石原慎太郎氏が過去言っていたように「あの人ほどアメリカの
言いなりになった人はいない」とまで言われた小沢氏が何故か左翼に
取り込まれてしまった。

2003年、小沢氏の自由党は民主党と合併する。2006年4月、
前原誠司のあとの代表を管直人と争った結果、民衆党の代表となった。

過去の様々な失敗でライトの当たらない所にいた小沢氏が突然運よく
民主党の代表が転がりこんできた。
参院選挙で勝てば再び脚光を浴びる事ができる、そのために悪魔の左翼達
をたらし込んだ。
そして小沢氏は民主党内の支持基盤を旧社会党出身の議員達で固めた

彼は選挙に勝つために地域労働組合の自冶労や日教祖とも手を結んだ。
しかし邪悪の左翼を取り込んだつもりが逆に左翼に取り込まれてしまった。

お陰で4億円を超える不透明な事務所経費や10億円を越す不動産の
疑惑の追求を左翼マスコミから逃れる事ができた。

本来の小沢氏は細川総理に集団自衛権の行使を迫ったり、海部総理に
自衛隊の湾岸戦争への派遣を迫ったする親米の保守政治家で
あったはずです。

アメリカも彼のことを自分たちの走狗だと思っていたのに、いつの間にか
共産主義の闇勢力の走狗になっていたことに気がついた。

アメリカが心底気がついたのは、シーファー大使がテロ特措法延長に
理解を求めたが小沢氏は拒否した、しかも呼びつけた上に多くの
マスコミやテレビカメラの監視の中で恥をかかせた。

戦後の日本は政治も経済もアメリカの指示通り動かされてきた、特に
日本の歴代首相は親米以外生き残れない、田中角栄はアメリカを無視して
中国と国交を回復したがそのためにCIAの仕組んだロッキード事件で
失脚させられた。

アメリカの怖さを知り抜いている小沢氏が何を血迷ったか、テロ特の
延長に邪魔をした。
左翼に赤く染められ反米にされてしまった小沢氏はアメリカの消費期限を
過ぎてしまった。

当然アメリカはあらゆる手段を使ってでも小沢潰しを仕掛けてくることは
自明のことである。アメリカは守屋次官をめぐる防衛利権疑惑で小沢絡み
の一部600万円のねたを出してきた。

以前自民党の中枢にいた小沢絡みの莫大な防衛利権の闇をねたに、彼を
脅しにかかった。

アメリカは中曽根康弘元首相と読売新聞の渡辺恒雄氏を使って自民、民主
の「大連立構想」をお膳立てした。
民主党は政権を目の前にして自民党と連立を組む必要はなにもない、
しかしすでに脅しが効いている小沢氏は会談を拒否できない、
参議院で出されている民主党の政策と自民のテロ特を交換ならば面子が立つ、

しかし民主の幹部は全員反対した、小沢はアメリカの為にテロ特を通す
連立が生きる道だが了解すれば左翼を裏切る事になる。

身体窮まった小沢は辞任した。

赤く染まった小沢氏はアメリカにとっても日本の国益にとっても
消費期限が切れてしまった。
































コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/138-fa73397c

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。