中国を世界からとり除け  2月1日(月)


バイデンが米大統領に就任、習近平の勝ち誇った顔が浮かびます。途端に
中国はアメリカをナメ始めた。

習近平は「ダボス・アジェンダ」でバイデン政権にトランプの前政権の強硬路線
からの展開を呼びかけた。しかしサキ米大統領報道官は25日の記者会見で
「中国への対応は変わらない」と述べ、中国の要求に応じる考えはない事を
表明しました。

またサキ氏は「中国はここ数年、国内ではより権威主義的になり、対外的には
より強引になり、米国の繁栄と安全保障、価値観に対して重大な挑戦をして
いる」と批判した。その記者会見を見て少し安心しました。

またバイデン大統領は就任してまだ日が浅いにも関わらず大統領令を30数
件も連発しています。つまりトランプの政策を破棄したいからです
其の中に公有地での石油・天然ガスの掘削の禁止令を出したのに対して
民間企業が訴えています。

これは明らかにアメリカの弱体化を狙っています。今までは中東から一部石
油を買っていましたが、石油は自国での掘削で間に合います。これで中東に
深く介入する必要が無くなった。

またサリバン米大統領補佐官は講演の中で「中国に対して、ウイグル自治
区や香港でのふるまいや、台湾への敵意や脅迫への対価を払わせ、行動
をとる準備をすべきだ」と述べ、バイデン政権が中国に毅然とした対応を取っ
ていくことを強調しました。

また彼は、安倍氏が提唱した日米とオーストラリア、インドの4カ国で構成さ
れる協力は米政策の基礎となると指摘しました。これらバイデン政権の閣僚
の言葉を聞いていますと、トランプが取っていた中国への.強硬策が死んで
いないことが分かります。

なぜトランプは中国に対して強硬策を取ったのか、それは人類にとって中国は
危険極まりないからです。

中国が発信する数字は全部デタラメです。もちろん米大統領選挙の票も米民
主党を使って、いろんな方法で数字を操作しました。

確実に言えることは中国が過去発表している数字はすべて嘘です。
欧米メディアや日本のメディアの罪は、其の嘘の数字を繰り返し報道してい
ることです。彼らは中国のために報道しています。記者たちよ恥ずかしいと
思わないのか!

今回のウイルスがP4研究所で作られた生物兵器だったら中国は終わりです。
中国は常に一つのことを恐れています。それは真実です。

チベット、ウイグルで何十年も行ってきたのは、嘘をつくことと弾圧です。しかし
彼らはその罪を逃れてきた。なぜか、それは欧米や日本の資本家や大企業
が、中国を擁護することで大金を儲けてきたからです。

中国は中国人のことを気にしていない。中国人が何人死のうが、彼らは気に
しない。また中国は人類のことも気にしない。彼らが気にしているのは権力と
カネを堅持することだけです。中国は世界にとって危険です。だから中国とい
う国を世界は取り除くべきです。

それを出来るのはトランプと安倍晋三です。人類の為に彼らの復権を祈ります。


ffff ← クリックしてもらえると励みになりま





コメント

テキサス州知事の、皆の衆

更新ありがとうございます。
アメリカ共和国誕生を祈って、替え歌を作りました。
-----------------------------------------------
皆の州 皆の州
DS憎けりゃ 潰しにかかれ
キッドナッパーは 氏ねばよい
誘拐やめろよ 子供が哀れ
悪魔崇拝 身の破滅
どうせ奴らは 使い捨て
そうじゃないかえ 皆の州

皆の州 皆の州
腹が立ったら 独立めざせ
法に触れれば 迎え撃て
不法移民は あくまで入れず
天下分け目の 壁守る
どうせ奴らは 動員さ
そうじゃないかえ 皆の州

皆の州 皆の州
右と左じゃ 国にはならぬ
国を売る奴 それぞれに
金の亡者で 魂売って
この世と別れた 奴もいる
どうせ奴らは 地獄落ち
そうじゃないかえ 皆の州

> それを出来るのはトランプと安倍晋三です。

(・”・)スペシャルウンウン

バイデンの終焉

不正選挙で大統領となったバイデン氏をアメリカ国民の多くが支持していません。特に軍人はそうです。バイデン氏に背を向けています。

バイデン氏の大統領としての仕事はトランプさんの残した大統領令を消すことです。何の署名か分からないまま署名しています。

最近、バイデン氏と家族に関するスキャンダルが出て報道され始めました。CNNなどが報道を始めればバイデン氏は大統領職を追われ、ハリス氏が女性大統領になるのではないでしょうか。

民主党の最初からの路線だろうと思います。
CNN報道を注視しています。

更新されたブログ主さんのご意見を拝見して少し安心しています。

皆様のご意見を拝見していても、今アメリカはめまぐるしく
変化しているようですね。
ホワイトハウスはもう十日以上も灯がともっていないとか、
これが一番異常なことで、いったいなにがおきているのでしょう。

ただ考えられるのは、トランプは確実に色々な手をうっていて
バイデン政権は遠くない時期に瓦解するような気がしています。

現在のシナ共産党政府は元々単なる強盗集団であった。元々が八路軍といって山賊野盗の一集団の成り上がりであり、蒋介石軍が日本軍と戦って弱り切ったところを見計らって攻撃をかけ蒋介石軍を台湾に追っ払い、シナ大陸の支配権を手に入れたのが八路軍団であった。
だから油断も隙もないシナ共産党政府には、よほど日本はしっかりしないと、思わないところで、シナから何もかも盗まれてしまうことになる。自民党政府も全く頼りない。もちろんほかの野党はもっと頼りない。
日本人はシナ共産党国を中国と読んで平気でいるが、シナは差別語だから中国と呼べとシナから言われ、はいと答えて喜々として中国と呼ぶようになった。喜んで日中友好とか言ってシナ共産党国と国交を開いてきた。そしてODAとか訳のわからないことを言って、すごい額の賠償金を日本から巻き上げた。それにもかかわらず、シナは日本軍南京大虐殺というねつ造をし、大宣伝し日本を貶めてきた。日本はいろいろ貶められてきたのである。そして世界の中心の国、中国といえか。どこまで日本を馬鹿にしているのだ。
日本人も馬鹿みたいに誰もが中国中国といっている。平和ぼけもいい加減やめろよ。
ヨーロッパの諸国では皆シーンをなまってそれぞれチャイナ、シーヌ、シーノ.チーノ等いっているが、それには文句言わない。日本人はもっとしっかりせねばシナに好き放題されるぞ。日本にいても、こんな記事を書けばシナ共産党等から目をつけられ、夜こっそりどこかに連れて行かれるような時期が来るかもしれない。PCなども危ないものだ。

プログ主様、今回も更新ありがとうございます

愚かなり米民主
ですな。

悪く汚れているのは(変態裏切り野郎なのは)ジョーバイデン「個人の資質」であって、ハリス氏や党は関係ござらん
という子供じみた言い訳が有権者に通用するとでも?

時期を逸したとはいえ、そろそろ米民主の闇を報じておかないと「米メディアが」対視聴者対読者的に立ってられないからというのはわかるけど。

米民主の支持率を下げる要因になるのは間違いない。

①来年の中間選挙でトランプ氏や共和党に対し劣勢に追い込まれる
②「①」を巻き返そうと本気の中国叩きをする

もう米民主にはこの二択しかない。

②は必須。

ハリスが政治的マイノリティだから赦してチョンマゲ?と言われても、有権者は武漢コロに罹患し雇い止めされ続け、何もメリットが無い。

「共産ゲリラの力を借りて」ガラスの天井を破ったわ私凄いサイコー!(←いや、サイテーだろ裏切り者)
というのはハリス個人の満足であって、

有権者の満足ではないから。

中共とのデカップリングを進め、漢族が雇い止めされれば、工場はASEANか米国か、戻ってきて雇用は改善する。

だから叩け!叩け!
と有権者「様」が仰る。

この「狂気」はエスタブやメディアが上目線で、まあまあ皆さん落ち着いて笑
と宥めて鎮まるものではない。

逆に庇い立てしたエスタブやメディアが「血祭り」に上げられるだけ。

アカ共に分かりやすいように比喩すると、

文革だよ。
白い文革(急進右派の文革)が始まるんだ。

アメリカで、世界中で。

中共党員は終わりだし、
見て見ぬフリした華僑も終わりだし、
バイト君()の現地協力者も終わりなんだよ。

三角帽子に後ろ手で縄だ。
(反共)革命無罪♪造反有理♪

大特別記事!中国共産党が2月に崩壊か?

大特別記事!中国共産党が2月に崩壊か?
(ビデオ・ファイル・ボード)

コロナ・ウイルスを使用して支那が始めた第三次世界大戦が
終結すると話して います。 
支那共産党が2月に崩壊して第三次世界大戦は終戦となります。
中華民国(現台湾)と米軍の連合が大陸反攻作戦を展開して
支那共産党を撃破。
現在の中華人民共和国は消滅するそうです。
香港問題は支那の民主化実現で解決するのでしょう。 
自由を求める支那人は共産主義から解放されます。

【関連情報】
台湾とアメリカ連合軍が支那空軍機を撃墜

詳細
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12653957021.html

外国の国名

>圭太郞さん 本瀬です

チャイナを中国と呼ぶな!のご説に大賛成です。

そもそも、中華とは文明、文化の華開いた中原と、東夷、西戎、南蛮、北狄の周辺野蛮人の諸国という世界観に基づき、他国を侮蔑する国号。華夷秩序が崩壊して以降は使われるべきでは無かった。まあ、皇帝を失った当時のチャイナは愚かだったので知らなかったのだろう。

支那もシナもチーノも同じ事ではあるけれど、原則はアルファベット表記の英語読みか現地語読みの音をカタカナ書きするのが良いと思う。その意味で自分は極力「チャイナ」と呼んでいる。
相手国からの要請で日本国が変更したのは・・・
・象牙海岸ー>コートジボワール
・グルジアー>ジョージア
ぐらいでしょうか、チャイナが支那と呼ぶなと言うなら、チャイナと呼んであげましょう。

とはいえ、慣用語になっている「中共」とかは仕方なく使っていたが、「CCP」という便利な語を得たのはインチキ大統領選の収穫か。

法や、政治の話としてなら、世界各国の内、漢字だけの国名表記が割り当てられているのは・・・
・英国
・大韓民国
・中華人民共和国
の3国だけだと思う。

これの、法的根拠は、
「在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律」の「別表第一 在外公館の名称及び位置(第一条関係)」に列挙されている国名です。

外国を日本で何と呼ぶのかは日本が勝手に決めて良い事ですが、ちゃんと列挙された法律があったんですね。

ーーー

韓国は韓国のままでいいや。理由は・・・
大韓民国の国号は明らかに大韓帝国を引き継いでいる。
大韓帝国は日本に臣従した属国だった。

大韓帝国の「帝国」は清の冊封を脱し朝鮮国王が日本の承認を得て「皇帝」に変更したから、また「大」も金や元と同様に独立国を表しています。ではなぜ「韓」なのか?

日本にとっての「韓」は神功皇后の三韓征伐以外にはあり得ない。
日清戦争より前の西郷の征韓論が征朝鮮論でなかったのも三韓征伐の韓だろう。
国号を決めるにあたり、朝鮮王朝にも儒官がいたはずで、日本に媚び諛って「大韓帝国」となったのだ。今の韓国人は歴史を知らないし西郷も知らない。独立門の意味さえ知らないから「大韓民国」なる珍妙な名前を誇っている。それが滑稽だから「韓国」と呼ぶたび何とも言えない感じがする。

ブログ主様、ブログの更新をありがとうございます。

>サキ米大統領報道官は25日の記者会見で「中国への対応は変わらない」と述べ、中国の要求に応じる考えはない事を表明しました。

サキ米大統領報道官が「中国への対応は変わらない」と述べましたけれども、バイデン大統領がトランプ大統領の大統領令を30数件も否定しているのですから、まだまだ安心できるものではないと思います。

何しろ、バイデン大統領は金に弱い体質があり、目の前に金を積まれたらどんなことでもサインをすると考えられるのです。油断大敵です。
まさにバイデン大統領は、金のためならアメリカすら売りそうで、心配です。

此処は、日米とオーストラリア、インドに加えて英国の5カ国で中国に睨みを聞かせる必要があります。
自衛隊の皆さんには、緊張感を持って仕事をしていただくとともに、予算を増加して訓練を強化するとともに新設の部隊を設置していただきたいものです。

そして、日本の放送局は放送内容に信頼性がないので、NHKを解体して民間放送へ移行、国営放送局を新設することが必要です。
そして、民間放送局は前提として嘘を放送するものだと国民に周知すれば良いでしょう。


また、武漢ウイルスについては、発見された当時は自然に発生したもの又は、中国の研究所で開発されたかのいずれかと考えられましたけれど、日を追うごとに研究所で開発された可能性の方が高くなりました。
何しろ、発見された時期は当初発表されたよりも以前の可能性が強くなり、症状も武漢の研究所に保管されていたウイルスの原型だった可能性もあるのです。

それに、中国のウイルス研究の公開も遅く、協力的とは言えないものでしたし、テドロスWHO事務局長ときたら元が極左のリーダーで中国の言うままに行動する人物でしたから信用度はゼロでした。
これでは、中国以外で自然発生したなどとは言えません。

アメリカから経済制裁を受けた中国が、生物兵器を開発して世界にばらまいたと考えるのが極めて合理的だと思います。(辻本様が中国の開発と定義された時には、このウイルスの当初の発見状況からとうてい信じられなかったのですが、今になってこれを是認する状況になりました。)


ソ連が政権にあった時、その不可思議な労働力はシベリアで政権から嫌われた人たちが、奴隷的な労働力として経済に貢献していたと思います。これは、大東亜戦争の終戦後にソ連に抑留された日本兵も同様でした。

この奴隷的な人たちと同様に扱われているのが、現在の中共のチベットやウイグルの人達で、彼らは1949年に中共軍に侵略されて併合されたり接収されたりで国を亡くしました。
今は、国を亡くしただけでなく民族自体が奴隷的な労働力として利用されたり、民族浄化によって亡くなる可能性を秘めています。


中国は世界の覇権を目指して、一帯一路でも領土や植民地の獲得を目指しており、世界の脅威となっている危険な国です。
そこに置いてとんでもなく恐ろしいのは、中国は自国の民が亡くなることを全く恐れないことで、毛沢東は中国は人口が多いことから「戦争が始まればどれだけの人が死ぬか考えてみよう。地球上には二十七億の人間が暮らしており、その三分の一、いや多ければ半分が失われる可能性がある……私が言いたいのは、たとえ最悪のケースで半分死んだとしても、半分は生き残るということだ。しかし、帝国主義は抹殺され、この正解はすべて社会主義になるだろう。数年も経てば、人口は再び二十七億に達するはずだ」と述べたことがあるのです。 

この危険に対抗できるのはアメリカのトランプ氏であり、このトランプ氏と安倍氏が協力することで、初めて世界を平和にできるのです。
健康を取り戻した安倍氏は、日本だけでなく世界を平和で豊かな国にしてくれると思います。

幼児誘拐 奪還作戦 ↓ in ロスアンゼルス

https://www.youtube.com/watch?v=PRrpk8HjkCE

2021/01/18 既にトランプ大統領は、ヘリコプター部隊に救出命令を下していた。

「吉展ちゃん(当時四歳)誘拐殺人事件」を思い出した。

根底にあるのは、犯人の小原保が創価学会の「財務」30万円を用意できず、身代金50万円を奪ったことである。

現在も真相は隠蔽され、別の方向に誘導する記事を見かける。

(・”・)

ミャンマーでは軍が出て揉めてるが。アメリカでは情報無し

【U.S.A】トランプ氏は米政界のキーマンとなった

200年以上の歴史を誇る二大政党の政治家達を押しのけて
のことである。

大したものだ。

先日などは、共和党下院トップで且つ反トランプの急先鋒だったマッカーシーとやらをフロリダの執務室に「呼び出し」仕方なく共和党と和解してやった。

マッカーシーは共和党下院選責任者として、来年の中間選挙での共和党勝利にトランプ票が欠かせないと気づき、頭を下げたのである。

のみならず、彼はジョー達の不正選挙批判まで始めた。
現金なものだ。

共和党はすっかり選挙モードに突入したな。

この先、ジョーが「金主の」中共に僅かでも協調する姿勢を見せたり、時間差でドミニオン疑惑やジョーの加重収賄疑惑に灯がついたりしたら、容赦なく叩くことだ。

共産ゲリラの一味になった米民主とこれまでのような温~いライバル関係はあり得ん。

共産ゲリラには「殲滅」「掃討」あるのみ。和議や降り状を書く相手に非ず。
蚊やゴキブリを見かけて一匹でも生かしておくヤツがあるかよ。条件反射で手が出るくらいで丁度いい。

話題が逸れた。
共和党は共和党で頑張れだが、それ以上に、トランプ氏の大勝利を願う。

その「コツ」は共和党と連立を組む条件付きで

愛国者党
を立ち上げることである。

①連立を組むなら共和党の200年来の勢力(=連邦政府・州政府・裁判所・軍へのスパイ網)を利用できる。
②愛国者党は急進右派、共和党は中道右派。現実の壁にぶち当たり、「個々の」主張や政策で中道に振れたとしても、それは連立を組む共和党の影響だと支持者に説明可能。

このようなメリットがあるな。

なお、うまくすれば
③「米民主を動揺させ割ることすら」可能かも知れん。

現在米民主は「ジョーやハリスら」穏健左派の執行部と、サンダースらガチ赤野郎の間で激しい党内抗争中である。
以前は歯牙にもかけなかった急進左派が中共統一戦線工作部のカネでも入り込んでるのか、妙に力をつけてきたのだ。

それを快く思わない穏健左派(←少し振れれば中道右派になるぜ?)は米民主にもいて、すぐ鎮圧されてしまったし少数だったが、下院のトランプ氏弾劾決議の際、造反者も出している。

「彼らを」トランプ氏の愛国者党の党勢拡大により刺激するのだ。

「じゃあ」米民主も割ろう!共産ゲリラと一緒にやってられるか!
と決起する者が出るやも?

結局国力差により南北戦争で敗北したアメリカ連合国のお山の大将など小せえ小せえ。

トランプ氏はもっと大きな男だ。
全アメリカの指導者、世界の指導者となるべき男だ。

米民主をぶっ潰してな。
その方法は一つではない。

色々揺さぶってみることだ。

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 Ⅵ


現在、世界中にいるトランプチームは5,000~8,000名で、全員が意気軒高な状態で活動を続けています。
世界のリーダーは、バイデンとの接触を気まずく思っています。

就任式当日、バイデンは自分で雇った飛行機でワシントンD.C.に向かった、軍の飛行機に乗れなかった最初の大統領です。
縛り首のロープが脳裏をよぎる、お通夜のような就任式で、出席者はカメラが回っている時だけ笑顔になった。

アメリカ国民の3/4と大多数の兵士が、バイデンを無視しています。
パレードを行った時、通りに並んだ兵士全員が背を向けた最初の大統領、ジル・バイデン夫人がクッキーを配っても誰も受け取らなかった。
このような侮辱を受けても、バイデンは将軍たちを馘首出来ません、軍のクーデターを助長するだけですから。

ホワイトハウスが就任式の動画を非公式にしたのは、視聴者が少なく悪評価が多かったからです。

日本の自民党でも ↓ 似たような現象が生じています。

https://www.youtube.com/watch?v=tuicpMsQ2oM&t=153s

悪評価が好評価の10倍を超えて、削除間近の状態です。
ネット民の力が自民党の、党内世論に揺さぶりをかけています。
他党は民意を無視する独裁政党ですから、お花畑で唯我独尊を貫くのでしょう。

私人に戻ることなく、愛国の巨人トランプ大統領は「キューバ危機以上の脅威」を解消すべく戦っています。

(・”・)

『中国を世界からとり除け』に対する意見  
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1324.html
>なぜトランプは中国に対して強硬策を取ったのか、それは人類にとって中国は
危険極まりないからです。

キミの知能の低さはトランプと同レベルだな。
あのね、トランプは異常に知能が低く、日本の中高生なら誰もが知っている自由貿易や比較優位の知識すら持たずに大統領になってしまったわけ。
だから、貿易赤字はアメリカの損失であり、損失の元凶である中国に制裁を課すべきだと声高に叫んで実行してしまったんだよ。
なーにが人類にとって危険極まりないだよ。単に知能が低くて貿易の知識が無かっただけの話ではないか。

『明治大学海野教授がボルトン暴露本を解説』
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/20041
『「トランプ氏、国益より再選」 ボルトン氏暴露本』
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60481260Y0A610C2FF8000/
『トランプ大統領“暴露本”の一部が公開。「ウイグル族を強制収容するよう中国に勧めていた」ボルトン氏が主張』
https://www.huffingtonpost.jp/entry/bolton-trump_jp_5eeac529c5b6aef1943fca1b
『解任されたボルトンがトランプに反撃 暴露本の破壊力は大統領選を左右する?』
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/06/post-93743.php


↑↑ 今、深夜のレジスタンス活動中です。

自分でググって下さい。

(・”・)プン

ウォール街騒動の黒幕は赤盾?

>ブログ主様 今週も更新有難うございます。
ソロです。
>>ウォール街の騒動の黒幕は赤盾?
形としては、従前は「株価操作行為」で、禁止されていた談合買いが米国でOKになった途端に、個人投資家が掲示板で結束して「機関投資家のカラ売りの逆手を取った」のだが、普通なら、機関投資家の巨大なカラ売り圧力に怯えてしまうのに、逆に、参加者が膨れ上がって機関投資家が潰れてしまった、と言う現象が起こった。

是を、DS勢力に対する怒りだと纏めて居るが、基礎的な成分には、そう言うエンジンになるものも、勿論有るだろうが、そのエンジンを発動し、タイミングよく燃料迄投下した奴こそが、この騒動の仕掛け人だろう。

すると、この騒動の直前に赤盾の総帥が自宅で58歳の若さで急逝している、心臓麻痺だったとの話だが、表現が心不全と同じで、要は死因不明、暗殺された可能性大で、蓋然性から犯人も大体見当が着くから、赤盾側の報復が必ずあると思っていた。

何の有力な証拠も提示出来ず推測でしかないが、状況的なモノは揃って居る様だ、勿論、シナ人が深く関わって居るのは、言うまでもないが、昔からシナ勢力でも、浙江勢力は「東洋のユダヤ人」と呼べれる程、赤盾とは英国系サッスーンを介して、身内同然の親密さですね。

その浙江集団は「温州商人」ともいわれて、共産主義体制のシナでも、北京政府の政治力が及ばない特殊な地域で、清朝時代末期から蒋介石や王兆銘等、多くの政治家・財界人を輩出しているから米国との繋がりも深い。

此処で出たニール・シェンなる人物は、現在のその集団の代表だろうから、機関投資家のチンピラが逃げ散るのも当然、背後に浙江財閥や赤盾が居る事が分った時点で、機関投資家が束になって懸っても絶対勝ち目は無い事が分ったが、赤盾の報復なら是で終わる筈も無い。

すると、更なる攻撃に備えなければ「根こそぎ」消滅しかねない危機で有ると認識しなくては生き残れない。 是は、裏世界の1、2位に当たる巨大組織が相手なのだから、モゥ、戦争レベルですね、それに上海閥の実権を握る江一族が勝てるのか、見もので有る。

まぁ、こんなやばい話を扱えるメディアは、昔のロイター位のものだが、そのロイターも今はDS傘下、若しくは、DS寄りなのだから、報道は偏向していると考えるべきでしょう。 間違えても、日本のメディアには手も足も出ない話ですね。

事態が此処迄、急速に進んでしまうと、シナに勝ち目は1mmも無くなってくる、世界の共産主義者の米国のリベラル層以外の各国にも潜む「隠れシンパ集団」も、資金源を無くして何も出来なくなり、衰退~消滅を辿るしか途は残って居無い。

日本や韓国と言った旗幟が不鮮明に見える国には、こうした隠れシンパ集団が、顕在/潜在するが、此度のDSの取り返しようが無い作戦ミスで、眠っていたシナのモゥ一つの勢力を、完全に敵に回して終ったので、もぅクズ野党に資金を提供してくれる処は無くなった。

勿論、日米マスコミとも、DSが弱体化すれば、そのスクラムにも歪が生じて、分断し、バラバラにされて、各個撃破が待って居る、特に、NHKは、頼るべき企業の人脈は、飽く迄、個人ベースだから業界引退するしか道は残されて居無いが、頼みの年金の原資は受信料であるから、現在の反国民的な姿勢で、多くの国民の怒りを買って居る事を忘れてはいけない。

マァ、平均年収が1850万円なら、心配するのもアホらしい段階だが、www

何れにしても、結果を看れば、戦いに勝ったのはトランプ陣営で有る事は、日を見るよりも明らかな事だが、バイデン陣営は、未だに、自分たちが勝ったと、虚勢を張り続けるが、その裡に要人の訃報が重なって、裏切り者も続出して、民主党そのものが崩壊するだろう。

此処まで辿り着く迄に、幾度「モゥダメかなぁ」と思ったが、都度トランプ陣営は、恰も、想定通りで有る様な姿勢を、崩さなかった。その精神力、団結力は敬服に値する、だから、国民のトランプ支持も微塵も揺るがなかったのですね。

今回の不正選挙の騒動は、民主主義の根幹である「公正な選挙」を当たり前の様に思って居る日本人の甘い現実認識に、警鐘を鳴らすものであり、世に隠れて、似非保守をやっていた、弁舌の徒を洗い浚い浮き彫りにした。

特に、米国系の言論人の殆どが、卑劣な日和見主義者である事を、自ら示したのは一種の踏み絵で有ったがこうした「どんでん返し」の様な事象は、数百年に一度位しか起らないと思ええるので、その現場を一部始終知る事出来たのも、ネットの力をだと思い、関係者には感謝に絶えない思いです.

独り言

核保有国は国連で拒否権を持つ5カ国、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国と勝手に保有したインド、パキスタン、北朝鮮です。イスラエルも持っているかも知れません。

どの国も「自衛のため」といって手放しません。
これからも放さないでしょう。
核を手放すとしたら「保有が危ない」状態になった時です。

核爆弾は「核分裂」で爆発します。
核分裂は「中性子」が起こします。
日本は核は持たない代わりに「起爆装置」を開発し、空から「中性子」を照射して他国の核兵器を爆発させる兵器を作れば「核保有国」は核を放棄します。

嘘でもいいから「起爆装置」を開発すると発表すれば世界は驚くでしょう。日本の技術なら可能かもしれないと。
是非嘘をついて欲しい。
可能なら開発すべきです。

できればよいけど

>にっぽんじんさん 本瀬です

「起爆装置」が作れれば、核廃絶の動機になると思います、
しかし、これは実現しません。

中性子は普通の水、軽水で簡単に減速してしまいます。
それ以前に、起爆するためには臨界量の核物質がなければなりませんが、ウラン型は臨界量以下の半球体を高速で合体させる、プルトニウム型の場合には臨界量以下の球体を爆発で押し縮めて臨界量を得ています。従って、外部から中性子線を浴びせても連鎖反応には至らず、爆発は原理的に起こせないのです。

先にも述べた様に水で防げるので、潜水艦の核には効果がないし、陸上のものでも、ミサイルサイロの上にプールでも置けば防がれてしまいます。

ーーー

核兵器を核以外のもので抑止するには宇宙兵器しかないと思います。
軌道上から目標に向かい超音速で落下するので防御兵器がないし、衛星への攻撃力を持つ国家もありません。ABC兵器ではないので、国際的にも非難はあびにくいモノだと思います。

【国防】では、高出力レーザーで

にっぽんじんさん、本瀬さん、横から失礼します。
なかなか夢の広がる話をしていますな。

原理的には院卒でも作成できてしまう(カネや施設やマンパワーが揃えば)核兵器と異なり、「ポスト」核の開発こそ、世界の真の大国の主戦場でありましょう。

この点、安倍内閣の時代から、防衛省は高出力レーザーでのミサイル迎撃した計画を立てています。
まだまた「青写真」ですがね。

結局はミサイル防衛システムだろうが、多弾頭ミサイルだろうが、超音速低軌道ミサイルだろうが、ミサイルはミサイルでありましょう?

所詮はワイマール共和国がヴェルサイユ条約の過酷な軍縮に対抗するため編み出した100年前の技術がベースです。

打ち上げ施設の維持費やマンパワーがかかるうえに、弾数もタカが知れている。

その点、レーザーは照射装置と制御装置のみ。

あと出力とサイバーセキュリティ対策、電波妨害対策は各国の「ガチの」科学力次第ということで。腕の見せどころ。

レーザーはアメリカが研究先行していますが、兵器として実用化するには、低出力で遠くまで届かない点がネックなようです。

日本の防衛省はこれら弱点の克服を目指していきます。

「その矢先の」菅先生の学術会議退治であります。

最近、学術会議は共産党の言いなりに、任命から漏れた6会員の任命をあくまで求めてきました。

「世論調査の民意でも」学術会議改革すべきとされているのに、

反抗し、
政治活動ないし倒閣運動をしたのです。

6名を「他の会員より優遇せよ」という逆サベチュ的な不当要求でもあります。

その会長は一時恭順姿勢を見せましたが、結局組織内の突き上げに屈して反抗するなら、同じことなんですよ。

学術会議をレッドパージしたうえで

高出力レーザー兵器開発続行です。
「スーパーカミオカンデの日本」なら楽勝っしょ?
あれだって軍事転用すれば立派なレーザー兵器たり得るんだから。

ニュートリノを使った核の無効化

これも核融合並みに、実現には幾多のハードルがある。

(・”・)フ~ム

次世代兵器

>両班野郎さん、隠居さん  本瀬です

大型レーザー砲は有望だと思いますが、エネルギー兵器なので大電力が必要になります。
発電所側に設置したとしても、発電設備、送電設備等が敵工作員の標的になります。

宇宙兵器の場合、人工衛星を自力で打ち上げられる国が既に限られていて
接近する敵衛星から防御できれば、攻撃能力がキープできるので有望だと思います。

ーーー

ニュートリノはレプトンの一種で他の物質とほとんど相互作用を及ぼさない素粒子です。
従って、検出するのさえ困難で鉱山跡地に巨大施設が必要となります。
実際は無数のニュートリノが通過しているのですが、ほんのごく稀に水と反応した時のチェレンコフ光を光電子増倍管で観察して検出しているのです。

従って核兵器を超大量のニュートリノに曝しても何の反応も起きません。

核廃絶の意義について

ソロです。
>>核廃絶の意義について
面白そうな議論ですので、私も一言、先ず、核兵器を持つ意義と は「顕在兵器の抑止力」でしょう? それ以外は原発に否定的な世論を乗り越えられない限り、日本で独自の核開発は無理でしょう、mj論、核武装も無理ですね。

然し、ならばやられ放しでも仕方ないのか? というわけではありません、日本人さんの「核の無効化」というアイデアは、「核の廃絶」と言う目的なら、今は理論的に無理でも、開発の一つの途ですが、そちらの方向で研究開発競争が始まれば、危機を先送りしただけになりますね。

それより、核開発を進めてプルトニウムも燃料として焚けるようにすれば、ミサイルのままなら武器でしかないプルトニウムも、ウラニウムも、エネルギー資源として使えます。

それに、国防に核兵器なんて、もぅ50年前も思想ですよ、今や高出力レーザーキャノンで放射能被害なしに、町毎蒸発させる事が可能な兵器が、開発中、或いは、モゥ出来ていて配備済みの可能性もあります。

マスコミが伝えないので「なかった事」になっていますが、08年の四川大地震の時、四川の山中に、山を刳り抜いて作った、毛沢東自慢の核開発/貯蔵施設が有ったのです。

然し、地震発生以前から、シナの特殊部隊が四川に出動態勢をとっていたが、地震発生後、多くの兵士の目の前で、衛星に積んだレーザー・キャノンで研究スタッフ・生産設備貯蔵等すべてが跡形もなく消滅させられています。

是は、前年の10月に愚かにも、シナ軍は衛星軌道上にあった、使い古した、監視衛星をミサイルで破壊して挑発し、国防総省を怒らせたのです。だから、翌年の四川の基地消滅は、シナのリクエスト
だとも言えますね。 それから13年目ですから、完成・配備が済んでいる可能性は十分にありますね。

何故なら、昨年の1/2にイラクにある、イランの革命防衛隊の基地に居た、スレイマニ指令官以下5名の幹部を別々に爆サツするのに、使用実績があるレーザー・キャノンではなく、同じく衛星兵器のグレイ・イーグルと呼ばれる、遠隔操縦の無人ミサイルを使って居ます。

選択の理由は、こちらの方が1機当たり1億円と安くつくし、ピンアポイント攻撃ですから、余計な被害もなく、政治的な後腐れが無いからでしょう。

こうした暗サツ秘匿兵器が、未だ数十種類もあるという仄聞情報もありますので、怖い国ですね米国は。 これが抑止力にならないというのなら、かなり勇敢wですが、あんまり意味がありませんねww。

核抑止

>ソロさん 本瀬です

衛星からのレーザー砲で町毎蒸発はSFです。

街毎蒸発させるのに必要なエネルギーは水爆相当でしょうか、広島型原爆では街を破壊できても蒸発させるだけのエネルギーは爆心地直下の限られた範囲でした。

レーザー光線を媒体にして搬送するとしてもそれだけのエネルギー発生源を衛星に搭載する事は不可能ですから、町毎蒸発はあり得ません。

ただし、ピンポイントに絞って、偵察衛星と連動し敵国首脳の車両や政府中枢を蒸発させる事は可能だと思います。このための軽量、大エネルギーの電池技術は電気自動車の延長線上にあると思います。

現実的な、次世代兵器、核抑止としては、ブンカーバスター等を搭載した無人機、無人ドローンを大量に配備して常時敵国上空に配備して軍事施設、敵要人などをいつでも攻撃できる体制作りでしょうか。

宇宙からの攻撃なら、タングステンやウランの棒をピンポイントに落下させる「神の杖」と言われる運動エネルギー爆弾があります。これは、現在の技術でも実現可能な兵器です。

そうそう、地震兵器は全て妄想です。岩盤の脆性破壊なのでタイミングも破壊の程度も制御できないし、破壊に必要な引き金も核爆発程度のエネルギーが必要。

地中の構造を調査するためにダイナマイトで起こす人工地震を鋭敏な地震計で調べるのが大昔からある探層方法なのでその類推からの妄想で地震兵器なるものが出てきたのでしょう。

ついでに韓国も取り除いたほうがいいとおもう。

韓国政府が日本を「パートナー」から単なる「隣国」に
格下げですと・・・生意気なことをしやがる。

まぁ我が国としては大歓迎ですけどね。
「敵国」としてもらってもいいですけどね、そのほうがスッキリ。

第2次マンハッタン計画

私はナポレオン・ソロさんの説に賛同します。
最初の原爆を爆発させてから、70年以上経過しています。
今や水爆以上の威力を出す兵器はないことになっています。

1939年に核兵器を作成する目的で始動させたマンハッタン計画ですが、これらは大勢の一般の人々が関わっています。目的を知らされず、機密区分化され、その全容を知っているのはほんの一握りの人だけでした。

戦後同じような展開が行われていることは十分に考えられ、
9.11の1日前に使途不明金があったりとしていますし、2016年にも米国防総省で650兆円の使途不明金発覚しています。
人類を一瞬で滅ぼせるほどの威力を持つ兵器をすでに開発されている可能性があります。

レーザー兵器は電磁エネルギーを使って破壊しますが、電磁波は物体に当たるとエネルギー減衰します。ですが、重力エネルギーを使ったレーザは物体を貫通し、物体に当たってもエネルギー減衰しません。エネルギー源は身の周りにある普遍的な真空エネルギーを用いてることによって可能になるでしょうね。

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 Ⅶ

 
メディアの前で、バイデンが大統領令にサインしていましたが、実際に発行されているなら、アメリカ国内で何等かの変化が起きている筈です。

従来の方針を中止する指示は、誰も受け取っていません。
これらの大統領令は、しかるべき部署に提出されていませんでした。
キャッスルロックスタジオの小物置場に、保管されているのでしょう。

トランプ大統領がホワイトハウスを去る時、軍に権限を与える法律に署名しました。

そして、共同最高指揮官に「非常事態終結の決定責任は、君たちに在る」と言ったのです。
非常事態を終了し民主主義に戻す宣言をしない限り、軍事政権は続きます。

バイデンはそれを撤回することができず、ペンタゴンに足を踏み入れる許可は下りません。
共同最高指揮官はバイデンを本物の大統領と見なしていない、だからドアを閉めたのです。

就任式の前にトランプ大統領の執事が解雇され、Oval Office・大統領執務室は施錠されたままでした。
バイデン夫妻はドアの外に立ったまま、その後も大統領執務室に入った人は居ません。

ホワイトハウスに明かりが灯るのは、来年かもしれません。

(・”・)y━~~~

レーザー

>shadow governmentさん 本瀬です

先に、マンハッタン計画から、単に誤変換だと思いますが、「原発」ではなく「原爆」開発のプロジェクトです。人類初の原子爆弾はトリニティ実験で75年前、1945年7月16日の事です。

さて、レーザーについてですが、これはコヒーレント光と言って単一波長でしかも波の山谷が揃っているモノを言います。これが定義ですから当然、電磁波の一種です。

「重力エネルギーを使ったレーザ」と言うものは存在しません。
通常「重力エネルギー」と言うのは引力のうち、地球と物体との間で働くのが重力。
高い位置にあるものが落下するのが重力エネルギーです。
水力発電などに利用されるのが水の位置エネルギーを回転運動に変換し発電しています。
よって物体を貫通するとか、減衰しないとかは絵空事でしょう。

「真空エネルギー」は普遍的に存在している事は知られていますが、取り出す方法は存在しません。永久機関と同じで、熱力学第一法則により、無限にエネルギーを汲み出す事は出来ないのです。

陰謀論を流布によって、政権を攻撃したり市場を制御して利益を得ようとする者は後を立ちません。そういった風説流布のターゲットになるのが知識の欠如した人々であり、特に科学的知識に関してもっともらしい説で惑わしてくる場合が多々あります。

水だけで走るクルマを作ったから石油産業壊滅とか
とうもろこしからバイオ燃料を作れば元は太陽エネルギーだから無尽蔵とか
地震兵器があって日本は攻撃されたとか

SF小説のネタとしてこんなのあったら面白いねにはなるかもですが、自然科学の世界では社会科学と違って無茶なトンデモ論はとおらないと思います。

本瀨 豊さん

レーザーは基底状態にある電子を励起させ位相波長がそろった光を出します。重力エネルギーは電子核にある電子軌道の電子を利用します。

>永久機関と同じで、熱力学第一法則により、無限にエネルギーを汲み出す事は出来ないのです。
なら重力はどうでしょうか?電子核の電子軌道にある電子は回転していますが、ずっと回転保持をしている力は何でしょうか?

第一保存則も第二保存則も違反なく、エネルギーは高い所から低い所に流れるだけなのですよ。マクスウェルは1立方cm空間の中に、エネルギーを捕捉出来るのならそのエネルギーは海を蒸発させるほどのエネルギーを持つと考えていた。

そしてマクスウェル自体はエーテルの存在を確信していた。そのことは1864年の “A dynamical theory of the electromagnetic field [電磁場の動力学的理論]”に見られる。アインシュタインの相対性理論によって消えましたが、真実は一部の人が知っていた。二コラ・テスラもその一人です。


基底状態はOKであってもエネルギーがあります。
そのエネルギーを引き出すにあたって一般にはあまり知られていないでしょう。

真空空間に干渉することによってエネルギーを抽出する方法はいくつかありますその例はカシミール効果だったりします。

電磁気学は様々な不正が隠されていますがその話は今後にします。

不正確な理解の聞きかじりでは?

>shadow governmentさん 本瀬です

不正確な聞きかじりの知識をつぎはぎされても、何だかなぁです。

まず、重力の定義から・・・
質量のある物体間には万有引力がある。
地球と物質間の引力が重力で地球の側の質量が一定なので重力加速度とかが決まります。

「重力エネルギーは電子核にある電子軌道の電子を利用」は意味をなさないフレーズです。
重力=万有引力は質量によって生じるので、原子核内では極微細な力です。
原子核内では中間子の交換により行われる力で結合しています。

原子内の電子スピンは角運動量保存則で回り続けるのですよ。

似非科学に惑わされない様ご注意くださいね。

何かが始まっている?!

 
2021年2月1日、ワシントンD.C.国会議事堂に至近距離のハイアットホテル前に、満員状態のバス3台に分乗した兵士が、昨夜出発して、正午に到着し準備をしている。

12時間以内に当地に来るよう通知を受けたが、何の事態かは語らない。

バスの片側ではミーティングをしている。

(・”・)ドキドキ

本瀬 豊さん

原子内の電子スピンは角運動量保存則というか、その電子スピン自体
何故、その位置を保って時間関係なくスピンを保っていられるのを説明できますか?

shadow governmentさん

その位置を保っていると言うのは概念的モデルに過ぎず
量子論的には電子雲として存在確率が取り巻いているのですよ。

基礎から全てをご説明する場でもないし、もう少し古典物理の理解もないと無理でしょう。基礎的な物理の教科書をまずは勉強されては如何でしょうか。

・レーザー・キャノン

人口衛星から発射して仮に町ひとつ蒸発
させるとしたら、水爆クラスのエネルギ
ーを一時的とはいえ衛星内に貯える蓄電
池が必要になりますよね。原爆も水爆も
素材(濃縮ウラン)を「後は知らね」
で放り出すから爆弾として機能している
わけですし。そんな蓄電素材(&技術)
が人工衛星サイズに収まるのなら軍事に
使用しなくても国家主導で世界のエネル
ギー問題が解決しそうな気がします。
その技術の権料だけでアメリカ合衆国の
累積債務が一掃できるでしょう。

・二コラ・テスラ

ヒューゴー賞に名を遺すヒューゴー・
ガーンズバックのSF「ラルフ124
C41+」の世界観の元ネタはこの方
の世界送電システムだったんですね。
もともと無線技術者で、欧州の無線
技術を紹介する雑誌の娯楽読み物とし
て執筆されたのは今にして思うと著者
のテスラに対する敬意だったんでしょ
うね(日本の深夜アニメにも設定に
それをモチーフにしたり、明らかに
ガス系のレーザーを武器にする怪物が
登場する作品がありますね。こちらは
美少女系ですけど(笑))。

でもテスラがそのような無限系の
エネルギーの存在に気が付いていたの
なら、なんでそちらの方を事業化しな
かったんでしょうね。世界送電システ
ムなんぞ問題にもならない超発明だし、
超巨大なアンテナ塔も不要に見えますし。
そうすればスポンサーのモルガンに
見限られることもなく、苦しい晩年を
送る事もなかったでしょうに。

以前話した故平井和正の「エリート」に
衛星軌道上から狙い打ちする「中性子線
発射衛星」というネタが出てきますけど、
そもそも小松左京・眉村卓等昭和日本SF
黄金期を造った面々は1940~60年代
の米国SFが母体で、そこから派生した
ネタの流用がかなりありますから、同じ事
を繰り返している感がかなりあります。

私は「超能力」を信じていません。

仮に「精神感応」が本当にあれば視覚・
聴覚障害者にとってこれほどの福音は
ありますまい。

理論はいいからさっさと実証してくれ。
そうすればすぐに撤回・謝罪します、
の立場です。

本瀬 豊さん

そもそも原子の電子雲はトーラスの動きをしていて、確率的に存在するというけれど、エネルギー準位の位置は変わらないでしょう。
というかエネルギーを与えない限り位置はそのままですよ?

これ以上はブログ主との本題とズレますし、これまでにします。

shadow governmentさん

確かに不毛
最初のレーザー云々で物質を貫通うして減衰せずのトンデモを信じる時点で
説明しても無意味だとはわかっていました。

レーザー光線が当たった場所で熱エネルギーに変わり焼却するのだから兵器になる。
すり抜けて貫通、減衰せずじゃ兵器にならない(笑)
どこで拾ったネタかわかりませんが幼稚過ぎますね

これにて終了

独り言

そもそも光には二種類あるといっても不毛だし
まあ時間の無駄でしかない。

信じるとかではなく知っているから言えることであって、あなたが信じるか信じてないかはどうでもよい。

まあ不毛だったと思います。地球内にある物体は皆等しく重力がかかっているし、普通に物体に力がかかっていることすら分からない人に言っても無駄なだけだった

グラビトンの話より面白い珍説登場

習近平は正義の味方だった!

https://www.youtube.com/watch?v=vw8ircNZdEA

(・”・)プハ~ッ

宇宙太陽光発電システム

>ky16さん 本瀬です

レーザー・キャノンではありませんが、衛星で発電してレーザーやマイクロ波で地上に送電するシステムはJAXAでも検討されています。
100万kW級の発電には2km四方、ゴルフ場がすっぽり入るぐらいのパネルが必要との事。

町を蒸発させるなら、ゴルフ場100個ぐらいのパネルが必要かもです。

なお、宇宙太陽光発電では電力需要地域に無線送電するので、送電網の方は減らせるかもです。

私も超能力の実存は信じません。
しかし、人間の認知は人により異なるもの。同じものを見ても違う色に見える様に、脳内でミックスされた非実存と実存がミックスされたモノを現実として捉えている方も沢山いるのでしょう。
端的に言えば、健常者の現実世界認識とトウゴウ失調症患者の認識する世界は別物である様に全ての個々人が異なる世界に住んでいる。まあ、それでも物理法則や数学は揺るぎないモノなのだけど、まるで色盲の様にその論理が見えない人達がいる事は確かだと思います。

「テレポート」「タイムリープ」物理的に不可能
「テレパス」量子もつれで似た様な現象、ただし、脳内に量子もつれを作れる機構も、その量子状態から情報を取り出す機構も無いし、タンパク質で構築する事も出来ないからこれもあり得ない。
「テレキシネス」モノを移動するにはエネルギーが必要で、脳が生み出すエネルギーでは不可能。

超能力のついでに霊魂も信じません。
大病院の地下なんて霊安室のあたり、霊のラッシュアワーになっちゃう。
ゾンビは土葬のキリスト教国専売か、キリストってゾンビ?ゾンビってキリスト?

リサ・ランドール博士のメンブレーン

異次元世界のパスポートを持つ、重力子の話を思い出した。

量子もつれと絡合の考察は、暫くオアズケ。

(・”・)オヤスミ~

超弦理論 VS 量子重力理論

 
量子論 : 真空こそ量子が絶え間なく生成・消滅を繰返している舞台であり、素粒子とは場に状態の変化として出現するものである。素粒子は自己同一性を持たない。

ジョン・ホイーラー「二十の扉」

ブラックホールの底に行って、振動するヒモを拾ってくれば済む話でもなさそうだ。

(・”・)フ~ム

余談、何故エーテルを見つけることは難しい?

マイケルソン=モーリの実験はエーテルを検出する実験でした。しかし結果は予想よりも小さかった。その実の理由は、太陽系、地球がどの方向に向かっているかを測定するためだったが間違えていたのだろうと思われる。

本当は地球の自転軸に対して垂直にならなければ行けなかった。鉛直方向と自転軸方向に対して実験しないとエーテルは検出が難しかったのだろう。

マイケルソン=モーリーの実験 拡張追試
https://youtu.be/7T0d7o8X2-E

鉛直方向、自転軸方向は太陽系、地球が公転している向きでもあり検出するのには最適なのです。欲をいえば24時間体制で変化の割合を見れば、それは間違いなくエーテルが存在するとなるといえるでしょう。ましてや120年以上前に行われた実験よりも正確にできるはずです。

エーテルは光の媒質である証明はこれでいいとしても、何故わからなかったのか不思議です。

選挙不正に関わった勢力の今後

ソロです。
>>選挙不正に関わった勢力の今後
昨日は、ウォール街の機関投資家達に、天誅の様などんでん返しがあった事の裏幕を推理しましたが、今日はその「天誅」の具体的な内容で、ウォール街関係者その他、不正選挙に関わった者全てに対する処分が、是からトランプ大統領によって実行される。

現在は、その回避が始まっているので、市場は恐慌状態になって居ると言うが、この現実の報告で注目したいのは、抑々表向きには、不正があったかどうかも審議の対象にすらしていないと言う認識だった筈だ、つまり情報統制が緩んでいるのです。

勿論、嘘を吐いて来たマスコミから、今更、マトモな弁明が聞けるとは思わないが、公式の歴史に残す公正な事実を、誰かが記さなければ、収まりがつかない、何せ、死刑を含む、処罰対象者が、世界中で22万2286人にも上る歴史的な犯罪なのだからだ。

然し固より、国際金融資本が牛耳る世界は、ある程度以上は、幕を引かれて情報が隠蔽されて来た、例えば今回の不正選挙の主役を務めたと思しき、世界のマスコミを情報統制・言論封殺した「DS勢力」すら、未だに確かな姿は見えて来ないので、半信半疑の状態だろう。

この現象は、固より「国無き流浪の民」であるハザール系ユダヤ教徒が、各国からの弾圧や不当な課税への対抗手段として考案・実施して来た事だろう。 つまり「国民では無いので国民の権利はない」が、ならば「国民の義務も負わないのが道理」で有る。

ならば、納税、勤労、兵役の義務もない、然し、それでは存在自体が不当なものになって終うので、納税と勤労は、限定をも受ける事で妥協したが、兵役は完全居拒絶した、この内容を、ハザール人達は400年間に亘って主張して、数多の犠牲を経て認めさせている。

然し固より、公式に「差別」の存在を法典に遺す事には、為政者側に抵抗があり、成文化した国は無い、然し、現実には兵役を免れたので、戦争があると、多量の戦シ者により社会に不在となった社会の役割を担う様になり、亦、戦シ者の遺族に対する政府の保障も十分では無かった。

就中、稼ぎ手が居無くなるので遺族の金融需要が高まったが、キリスト教では「金融」は禁忌とされていたので、異教徒であるハザール人が、規制外の金利で大儲けをした。

是で国の経済の主導権を握ったが、これが国民のユダヤ教徒に対するヘイトを増幅して、結局、ホロコーストの悲劇に繋がっている。

被弾圧・差別のユダヤ教徒も、表面上は普通の白人なので、宗教的な振る舞いをしない限り、差別や弾圧を受ける事は無かったので、自然に自分がユダヤ教徒で有る事をかくすようになったり、キリスト教に改宗するものも大勢いた、ダカラ、ハザール人でも色々である。

然し決定的事は、やはり帝政ロシア時代の「ポグロム」と呼ばれる穀物の強制徴用で6百万人もの餓シ者を出し、ナチス・ドイツの強制収容所では、集団感染症で多くのし者を出した事で、ハザール人の間でも、出自を隠す様になり、是がイスラエル建国運動に繋がった。

是が第二次世界大戦後の共産主義者の活動資金や金融関連のダーティ・ビジネスのマネー・ロンダリングの際に「関係者の隠蔽」が常套手段として用いられる様になると、次第にエスカレートして「不明者」として扱われる様になったが、是は立派な言論統制である。

こう言う状態が、実に75年間も続いて来たのだから、今回の不正選挙の報道では、新聞やTVラジオのみならず、出版物まで含んだマス・メディアに迄、その統制力が働いて居たのが咋になって「マスコミ信者」の多さ、盲目度の深刻さには、正直驚かされた。

今でも、日本のMSM「=メイン・ストリーム・メディア」は、バイデン大統領ベースでしか現実を伝えないので、もぅ、正常な報道状態に戻す事は考えられないが、政権に取って、急な改革は、大量の失業者を出すのと同義の話だから、やり方に工夫が必要で有ろう。

どの道、今月中にシナで政変が起こる可能性が高いし、実質、現在の政権運営を執っているハリス副大統領の政治的力量も「反トランプ以上のものは無いから、国民の支持は得られまい、すると、来年の中間選挙での解党的な大敗北がより確実となる。

民主党議員は行き末を是から模索しなくてはならないが、既に始まって居る経済の混乱、最低賃金の値上げに拠る失業率の急増、不法移民の大量の越境不法侵入による、治安悪化いい・・の全ての責任を、バイデン政権に押し付けられるのか? と、言えば、無理でしょうね。

まぁ、一度腐ったものは、その信用を取り返すのは至難の業なので、彼らの政治家としての人生も是で終わりでしょう、否寧ろ、軍事法廷にかけられて、終身刑かシ刑にされる拠りマシだと思わなければイケませんね。 裏切り者のペンスは、ホームレスですがね。

先程の日程見通しに拠れば、不正選挙騒動の後始末を始めるのは2/1ですが、復権したトランプ大統領が、公式に大統領に再選・就任するのは3/4です、然し、それ迄にシナ情勢が緊迫すれば、非常事態で最高司令官として復帰する可能性もあるでしょう。

今回の不正選挙騒動に拠って新たに学習した事をベースに、様々な新法や改正が行われるでしょう、殊に、対マス・メディアに対しての「リベラル規制」は、テロリズム並みに厳しくしなくては、同じ事を繰り返す事になりますが、当然、是は日本にも同じ事がいえます。

安倍さんはなぜ長期政権だったのか

本瀬です

先の米大統領選を考えるに、不正有無以前にトランプさんは手段を選ばず下ろされたのだと感じた。一方安倍前総理は何故長期政権を維持できたのか。答えは国際金融資本、グローバリズムにあると考える。

国際金融資本=悪役、グローバリズム=悪魔の思考の様にMSMやらネット風説でも教育されている方々が多いのでは無いだろうか。

国際金融資本って文字通り考えれば「カネ貸し」で、どんなカネを貸すのかと言えば、ハードカレンシー(ドル、円、ユーロ)

おさらいですが・・
基軸通貨:米ドル
ハードカレンシー:ドル、円、ユーロ
国際通貨:ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル、加ドル、スイスフラン、人民元(外国為替決済高順)

そう、日本こそ、国際金融資本そのものだと認識すべきなのです。
日本は莫大な対外純資産があるとよく聞きますよね。また、ハードカレンシーの発券を自由にできるのが国際金融資本、つまりFRBとEUと日本国。

国際金融資本と一般的に言って思い浮かべるのは、FRBに関与するユダヤ系財閥だと思うのですが、実は日本も深く関与しているのです。それは最近の事ではなく、黄金の国と呼ばれた金輸出から、幕末時代の銀貨など、永くに渡って国際金融資本として活動してきたのです。

安倍さん、そして麻生さんのコンビは思考の根底が「自由貿易」にあり、これの維持のためなら手段を選ばずだったと思います。周辺事態、シーレーン防衛など表現を変えながら”ペルシャ湾から日本までの海路”の安全を確保してきた。チャイナの南シナ海進出、軍事拠点化はこれを脅かすもので戦争をしてでも容認できない事態だった。

クワッド構想、TPP成立は国際金融資本の他のメンバーとも連携しながら実現したのだと思います。

一方トランプ前大統領は、アメリカファーストを掲げ、孤立主義、保護貿易に就任時には走り掛けた。安倍さんの助言で軌道修正し、内政では成果を上げたが、外交では拳を上げるまでで、下ろした事は無い。米国大統領は世界一の権力者ではあるが、FRBに何の影響力も無いのが弱みだろう。

欧州も一国ではユーロを制御できないし、日本だけが自国の意思決定で円を自由にできる。
国際金融資本の正体とは日本国であり、グローバリズムとは五族共和、世界共栄圏なのだ。

レーザー・キャノンは都市を消滅させられない?

>ky16さん ソロです。
>>レーザー・キャノンは都市を消滅させられない?
確かに衛星規模では、大出力レーザー砲で都市を消滅させられるような水爆並みの出力はそのエネルギー源や蓄積媒体に疑問があるとの疑義は既知の科学ではその通りです。

しかし、例えば、太陽風発電の様な装置を積んだ衛星を、遠くバン・アレン帯の端っこあたりに複数のプラズマ発電衛星を打ち上げて、発電したものを電波に変換して、静止軌道上のキャノン衛星に送れば、水爆並みの一撃では無理でも、相当の破壊力を持つ事が出来ますから、このキャノン衛星を数個並べて、入れ代わり立ち代わり使えば、一日あれば、大阪位の都市は全滅させられると思うのですがね。 勿論、以上は私の空想です。

然し、噂によれば、このレーザーで、リヒアのカダフィ大佐が、衛星からねらいをつけられて身動き出来なくされ、反政府ゲリラに処刑させたという話もあります。

太陽風とは、太陽の活動でできるプラズマの塊で、オーロラの発生原因になっているもので、実現すれば、エネエウギー革命が起こるのは必至だと言われています。

この様に米国の持っている技術は、宇宙人初のものではないかとか、タイムマシンでやってきた未来のものではないか?という位、SF的ですが、これも秘匿されている世界の話?ですから「あり得る」という程度の認識でよいのではないでしょうか? 現実に存在したら、手も足も出ませんからねww

四川の話は、ハワイ在住のブロガーが、ドゥして撮ったのかわかりませんが、現地「=四川の地」での、全員、防護服を着た100人以上も人民軍兵士の写真入りで紹介した記事で知りましたが、数日で消去されていましたね。

【国防】中共の海警法が世間を騒がせているが・・・

これを迎え撃つ本邦の態勢は2点、「敵」に劣る。

①武装
…第二海軍と海上警察の差がそこにはある。
ただ、今の堅苦しい平和憲法(笑)や海上保安庁法ですら、武器を持つなとは言っておらず、船舶搭載の機関砲の他、「個人携行武器」として軽機関銃やライフルは持っている。
軽機関銃やライフル「の拡大解釈で」

ロケットランチャー
を装備しては如何?
憲法や法律改正は必要無く、自衛隊がトマホーク買おうと動いてるのと同じ次元の話。

警察だよ~?あくまで。「ただ」装備をちょっと見直すだけなんだよ。

かつて貧乏朝鮮労働党の工作船からロケット砲弾が放たれたが、

外れた笑

船の上から人間が撃つから仕方ない面もあるが、

「旧式だったから」
じゃないか?

そこいくと日本は富裕で尚且つ日米同盟により、最新のロケットランチャーを入手できる環境にある。
何なら独自開発しても○
「船の方は」海警船と比べ揺れに強く、海が荒れて海警船がビビって活動できなくても、海保船は活動できている。
ロケットランチャーだって同じだ。
揺れ・ブレ無くす「カイゼン」ができそうだな日系メーカーなら。

菅政権は先の朝鮮労働党でも何でも「悪者」にして、

海保のために数百~数千の最新のロケットランチャーを購入することを決定し予算取りした
とそれだけ急ぎ海外に発信せよ。

携行武器だから、
持っていくかも知れないし
持っていかないかも知れない

どっちかな~?

今度尖閣沖や大和灘に領海侵入した時は海保船にロケットランチャーはあるだろうか?

敵に迷いを生じさせることだ。それが抑止に繋がる。

装備購入とか、既存の法制の運用の見直しで済む程度のことはどんどん手を打つべし。

②海軍への引き継ぎに伴うタイムラグ
…チャンコロの海警は中央軍事委員会(=習近平)の命令一つで海軍に引き継げる。
本邦の海保は「閣議」が必要。電話閣議に要件緩和されたとは言っても、合議制は意思決定を致命的に遅らせる。

こっちは「法律改正」が必要であろう。
内閣総理大臣単独意思決定か、スピード成立のため妥協するにしても防衛大臣入れて2名までの意思決定とかな。

自衛隊と各国国軍の決定的な違いは「最高司令官」の有無かも知れない。

自衛隊は戦う力だけなら武装といい練度といい世界最強クラスの軍隊に違いないが、観念上「軍」でないがために、最高司令官を置けないという嫌がらせを受けているのである。

平和憲法を担ぐ共産ゲリラ(の下請け孫請け)によって。

shadow government 様

ご教示ありがとうございました。

> 自転軸に対して垂直にならなければ行けなかった。

宇宙エレベーターや銀河の回転曲線に関しても、言えることかもしれません。

> 原子の電子雲はトーラスの動きをしていて

地球の磁場もトーラス。

> 真空空間に干渉することによってエネルギーを抽出する方法

色即是空。

> 重力エネルギーを使ったレーザ

新エネルギー。

(・”・)ワクワク

雑感
尖閣諸島侵犯に関して、シナが挑発してくるのは、この地域は日本領ではない、紛争地域だとの認識を世界に訴えるためだと知らされて、さもありなんと思っていたが、これは向こうの罠のような気がしてきた。
そう日本に認識させることで手出しできなくし尖閣領域で縦横無尽に航行、越境し、この地域があたかもシナ領であるかの如く世界に思わせようとしているのでないか?
越限戦ですから何でも有りの世界です、遠慮している時期は過ぎたと思う、このままでは軍備の差は広がるばかりで、向こうに有利となる。
叩くなら早い方がいい、今の時期、東京オリンピックを控えて日本は手出しはできないと思っているだろうから、領海侵入をした時、威嚇射撃か船尾を破壊して運航不能にしたら良い。

時を移さず、世界に向かって’シナは我が国がオリンピック準備中である隙を狙って何度も領海侵犯し、その都度警報を発したにもかかわらず無視され止む無く実力行使に至った、領土領海領空の自衛は、全ての国の固有の権利である。’と発信すべき。

来年はシナも北京冬季五輪を控えているので、戦端を開くとは思えない、ここは強気に出ても支障はない。
今を逃せばシナは増長するばかり、一度日本の覚悟を見せておくべき、習さん焦るだろうな?

更に日米共同、これに印度、オーストラリア、英国を加えて射撃演習をあの領域でやればいい、これが最も効果的な示威行動なんだが、政府はやる意思ないみたいだ。

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 Ⅷ

 
トランプ大統領が公開した機密情報は、ペンタゴンとホワイトハウス内に知れ渡っていました。

トランプ大統領は約1億票を獲得し、ワシントンD.C.以外の州で全勝して、バイデンは約4,000万票取ったと、公開文書には記載されていました。
軍と仕事をしている唯一の人はトランプ大統領で、現在も命令書に署名して軍に渡しています。

国家に忠誠を誓った800名の現役上級将校や数千名の退役将校と兵士は、本当の最高指揮官が誰かを知っています。
彼等はゴーサインが出る瞬間に備え、士気旺盛な状態で待機を続けていて、出動とその標的は一般の人々には気付きません。敵に知られたくないからです。

しかし乍ら、バイデンはメディアによって「オフィス」に入れられ、世界の人々はこの巨大な虚像が演出する、錯覚から未だ覚めていません。
覚醒した人と洗脳された人の間で対立が生じて、離婚話にまで発展したケースもある始末、、、
対立・分断・統治、悪の勢力が企てる術中に嵌らないで下さい。

就任式以降、表に浮かび上がってきた、前代未聞のことがあります。犯罪者の浸透がここまで深かったことに驚嘆しています。
新体制は隠れた工作員と一緒にワシントンD.C.で創って欲しくない。
再び新しい毒を作ることになるからです。
犯罪者権力のネットワークは破壊されるべきです。

トランプ大統領は就任15分後から今日に至るまで、メディアの攻撃を受け続けてきました。
理不尽な弾劾、ヒラリーに向けられるべきロシア疑惑、自身とファーストレディーに対する暗殺未遂、トランプ大統領が国民に背を向けて去って行くことはあり得ません。

(・”・)

知られたくない、と言いつつ娘?が情報を広げますか?矛盾してる

新型コロナ・ウイルス肺炎感染者はPCR検査の結果で判断できない

新型コロナ・ウイルス肺炎感染者はPCR検査の結果で判断できない

PCR検査の結果が陽性でも新型コロナ・ウイルスの
感染者ではない。
この様な曖昧な数値で緊急事態宣言を発令するのが詐欺犯罪。
遺伝子操作を行なう支那製(アストラゼネカ社)の有害ワクチンを
接種するのは 日本民族に対する攻撃である。

詳細
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12654448815.html

↑↑ めぼしい連中はグアンタナモに貯蔵した

ホじゃけん、情報公開したんですわいね。

そげなことより、2021年1月12日武漢コロナで密の、民団クラスター新年会に出席したシェンシェー方、現地処刑される前に、半島方面への避難を準備すべきです。

米軍基地から捕獲部隊が、ヘリで飛んで来そうな雲行きですヨ~。

信濃町・代々木界隈、千代田区富士見二丁目、南麻布一丁目、四谷三・四丁目、西早稲田二丁目、茨城県行方市、、、

(・”・)y━~~~

【中共】識者は支那の最盛期は9年後で、後は没落と見ている

根拠は生産人口の減少。

所詮「人口で」グローバリゼーションに取り立てられた国。
ならば、
同じく「人口減で」グローバリゼーションに捨てられるのも当然であろう?

DSだか赤盾だか知らないが、慈善事業でないのは明らかだし、マルクスレーニン主義の狂信者でないのは明らかだし(漢族だってそうだろが)、無論中華民族()の信奉者でないのも明らかだ。むしろ黄禍論者かも知れんぞ?

「永遠に」中共や漢族と同盟し、永遠に庇ってくれると思ったら大間違いだ。

そしてこれら識者達は、インド人口の平均年齢が支那より10歳以上若いことを強調している。
インド人の方が漢族よりよく働きよく消費し、よく出産してくれると強調している。

「次なるブーム」を作ろうとしているのだ。
支那もゴールドマンサックスにブーム()を作ってもらったでしょ?
なら文句は言えねえなあ。

ASEANは支那とインドの中間くらいの若さだ。支那より「見込み」があるのは確実。

それが西側先進国とTPPで結びつき、クアッドで結びつき、極めつけは、

日本のファイブアイズ(連合国の原型)加盟の機運だ。

ブリテンが(中共からすれば)不気味な策動を見せている。
ブレアの時代は媚びまくっていたのにな。

ブリテンの「嗅覚」は半端無い。
インテリジェンスが取り柄の国だから。

それが「一見」最盛期の支那を切り、代わりに「一見」劣勢の日印豪に擦り寄るとか、

絶対「勝算」あるだろ。

近々この地域で新・連合国が結成され、日本はその理事国に駆け上がるやも?

悪くない「情勢」だ。

AP通信もローズガーデン偽造映像でボロを出した

 
オーバルオフィスはどこにある?

https://www.youtube.com/watch?v=rNGLHhIjtqg

(・”・)ニヤニヤ

共犯者

犯罪行為を支援する者を共犯者という。
昨年のアメリカ大統領選挙は明らかに不法選挙だった。
1000枚を超える宣誓供述書がありながら、根拠がないと報道するメディアは共犯者だ。

日本のメディアも同じだ。
メディアだけではない、多くの評論家たちも「陰謀論」で不正行為を見ようとしない。「陰謀論」の根拠は何もない。

その中にあって、今日初めて「不正選挙」に触れた新聞投稿があった。書いているのは「エッセイスト」の「竹内久美子」氏だ。

彼女はアメリカで問題となっている「不正行為」を取り上げ批判している。まともな記事であり、新聞社が良く取り上げたと感心した。

マスコミやジャーナリストならアメリカで何が起きているか知っているはずだ。知らないならマスコミ或いはジャーナリストを廃業すべきではないか。

それにしても「嘘を垂れ流す彼ら」は何を恐れているのか。
それを知りたい。

>ソロさん ky16です。

情報技術のように構想された時代の感覚を
はるかに超えて発展したものもあれば
(ウルトラセブンに登場した腕時計型
 TV電話なんて、スマートフォンが
 実質凌駕していますものね)
今だ萌芽すら見えないものもありますし
(サイボーグ009とかの改造人間等。
 仮面ライダーなんて最早改造人間で
 すらないですし。悪い言い方をすれば
 イケメン博覧会と化していますし)、

「これまでと違う何か」

は結局は真実かイカモノかの区別がつか
ないので、現行の科学で証明されない
限りは信用のしようがないですよね。

テスラにしても結局は「重厚長大」型の
指向&思考からは脱却できずに、技術者
肌のマルコーニに足元掬われたわけですし。

日本の保守論壇の及び腰を憂う

ソロです。
>>日本の保守論壇の及び腰を憂う
掛谷さんの解説は終始冷静な視点からのもので、無闇に不せ居情報を「デマだ」と絶叫するMSM流やその反対側の勢力のモノでも無くて、聞き易かっから、支持して居ましたが、今日述べられた事が、もし、結論なら、現状認識の掘り下げが不十分過ぎだと言うしかない。

冒頭に、書かれてある様に「何故、White House は、今でも事実上使用禁止なのか?」の現状認識が抜け落ちて居るから「バイデン新大統領の就任式は、滞りなく行われた」と言う誤った現状認識になって終うのだろう。

然し、このままでは、掛谷さんが指摘している、反MSMのデマを盲信した言論人と、真逆の言論人でしかなくなる。 私は、此処は取り敢えず「トランプ陣営が主張する3月4日の米国共和国の第19代大統領の就任式」迄、静観すべきでは無いだろうか?

この2月になってからも様々な吃驚する様な情報が、飛び込んで来るが、それらが全て真実ならば、共産シナ政府は、もう直ぐ終焉を迎えるだろう。そう成れば、否応無しに、バイデン政権には想定外の事実が出来する。

特に、移民の自由化を認める様な大統領令は、政権の致命傷になる惧れがある、現在の政治の実権を執って居るのは、多分バイデン本人ではない、痴呆症は脳細胞が死んで行く病気だから、一度失った機能が甦る事は難しい筈だ。

彼は大統領戦の前の段階で自己認識も怪しい状態であった事は周知の事で有る、そして今は、新任大統領として、日本、欧州各国を回り、支持をアピールすべきだし、クアッドに英国を加える話も持ち上がって居るのだから、当事国のシナの意見を訊かねば、おかしい。

こういう、米国大統領賭して喫緊に熟さねばならない問題にも、全く手が付けられていないのは、どういう理由なのか? それに、モゥ決めったで有ろう、閣僚の顔ぶれも発表されて居無い、特に、国務長官と国防長官の人事は、関係国には、焦眉の的である

加えて、軍事法廷はどぅなったのだろうか? 開廷自体が中止ならば、正規の理由がある筈だし、それを何故、何よりも朗報の筈のMSMが公式に流さないのか? 仄聞情報に拠れば、既に多くの人達が、有罪判決を受けて、処刑されているという。

もし、この期に及んで軍事法廷以外の公的機関が、オバマやヒラリーを喚問する話になったら、亦、替え玉を用意するのだろうか? そういう嘘は、何れバレるが、その時に、バイデンが公正な選挙で大統領になった事を受容していたら、見解の修正は最早無効だろう。

早い話が「日和った」と見られてしまう、つまり、MSMの無言の同調圧力に屈した、と判定される、今、掛谷さんに屈服しなくてはならない理由でもあるのか? と、言えば、無いだろう、ならばせめて、3/4を過ぎる迄、静観してみてはどうなのか?

現在の世界情勢から考えて、バイデンがたてた?政策は、単純に背後勢力の石油資本の利権の擁護を復活させただけ、或いは、現実を無視した、反トランプ的な施策に過ぎないから、上手く機能する筈も無い、其れ位の判断は素人でも出来る、すると政権は永くはもたない。

既に実際の政治の舵を握って居るのは副大統領のハリスだろうが、過去の実績を看ても、バイデンと政治家の資質に大差はない、背後に共産シナの金の力があるダケの話である、共産主義者を名乗って居る割に、旗幟も不鮮明だからサンダースを超えられなかったのだ。

私の勝手な予想では、5月迄持たず、4月には民主党に内部分裂が起って、党の支持が割れて極度に弱体化する。 その前にシナも共産党が瓦解して、全てが停止状態になるので、シナ企業の破産が相次ぎ、シナ経済は不可逆に崩壊するので、関係のDS系企業も潰れる。

そうはならない、と思うのであれば、仕方がないが、縦しんば、此処迄酷くはなくても、或いは、そう成る前にトランプ政権に戻したとしても、15US$/日に、上げてしまった最低賃金で、折角、帰還した企業も、是亦、バイデンが増やした不法移民を使わざるを得無い。

すると、生産性がガタ落ちになって、帰還した企業も再び海外に出て行って終い、5年前のトランプ以前に戻ってしまうだろう。すると、其処からがシナの本当の狙いで、大量移民を受け入れさせて米国も共産化して、シナの奴隷工場を作る心算だったのだろう。

もし掛谷さんが、其処迄読んで居たのなら、掛谷さん本来の旗幟を疑わざるを得無い、つまり、隠れ共産主義者ではないのか? という疑惑が湧いてくる。 日本の大都市圏のインテリ層には、隠れ~が頗る多いので、私が不信感を持って居る所為なのかもしれないが。

如何か、思い過ごしで有ります様に祈ります

台湾海峡なみ高し。
台湾海峡にアメリカの艦隊あらわる・・

はじめてのことですよね。
これはバイデンの仕業ではありませんね。
トランプが軍を掌握している証拠かもしれません。


「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 Ⅸ


トランプ新党を樹立すれば、共和民主両党に激震が走り、1/2の共和党員と1/4の民主党員が参加し、上下両院で多数の議席を獲得します。
鼎立にはならず、新党以外は衰退に向かい、消滅の可能性すら視野に入り、古い政党政治のシステムは瓦解し、アメリカの自由を標榜する者だけが生き残ります。

国民を助ける筈の政治なのに、大量の人が自分自身の面倒を見る為に政治の世界に入った現実を、トランプ大統領は暴露しました。
「いくらお金が稼げるのか」「何回当選できるのか」「次のカクテルパーティーは何日か」「この王様や大使と話しをできるか」「多額の年金を貰えるか」「通りにいる何人と握手すればカメラ映りが良くなるか」、そんなことに興味を持つ人の為に、新党を作るのではありません。

新しい政権の首都として、ワシントンD.C.は歴史的にも酷すぎて相応しくありません。
例えばの話ですが、軍とホワイトハウスを除く、ワシントンD.C.の住民ほぼ全員が、犯罪者勢力が支配するアメリカ株式会社の従業員ならば、そんな場所で仕事ができますか?
アメリカ共和国の首都として、テキサス州かペンシルベニア州で検討を重ねています。

BLMやアンティファのテログループが、バイデンに対抗する動きがあれば、多数の街で暴動を起こす準備をしていますが、時が来たらトランプチームは、一番混乱の少ない方法で立ち上がります。

(・”・)y━~~~

【アカ】狗HK・前田会長が改革に反抗

「受信者(国民)に」反抗するに等しい。

現在、政府内で狗HKに恒久値下げ(剰余金吐き出し)を強要するための「素晴らしい法案」を作成中なので、此奴が発信してるのはそれを小手先の自主改革で躱し、既得権益を守るためである。

1個1個見ていくと・・・

①値下げは恒久的なものと認識
→○
 一応、政府に合わせて来たか。

②値下げ対象は衛星のみ(契約者の半数だけ)
→×
 勝手に恩恵を絞るな。現在、地上波は月1225円、衛星は月2170円だが、前田の理屈だと、狗HKとの「最低契約額」は1225円のままであり、最低契約額だけでよい人、それしか払えない人に恩恵は無い。

「地上波こそ」下げろ。
800億円の余剰金がカラになり、職員の平均年収が1600万円から4分の1の400万円になるまで、受信者に出血サービスするんだよ。

③管理職を3割減らしたいので早期退職を募る「が」数値目標は設けない。
→×
 それじゃ誰も手を上げずリストラにならず、よって受信者に出血サービスができないからアウト。

スマホ値下げを最優先課題に掲げる菅内閣としては、この先、

・「スマホ値下げのため」
・民放に
・電波利用料引き上げ負担を
強要したいところだ。

・そしたら民放と番組制作会社がバタバタ潰れる。
・「でも」セーフティネットの狗HKがあるから大丈V
「文化的な生活」は保障されるから大丈V
←ここ重要。

狗HKも民放も私腹を肥やす必要は無い。国民のために身を削るべき。

「裏切り者の始末」
などそれでいいんだよ。

【政局】「スマホ値下げ解散」で菅自民大勝利を(案)

反抗する民放と立民共産を

「抵抗勢力だ!」(つかむしろ赤色テロルの反乱軍だが)
とレッテル貼りすればいいよ。

民放は
酷い!報道の自由弾圧だ!憲法違反だ!と大きくネガキャンを張るだろうが、

そんな「長口上やお説教」

有権者は誰も聞いちゃいないんだよ笑
(因みに憲法違反を掲げたのに学術会議負けたぜ?今回は有権者に提案できる利益があるからより楽勝)

それより、
その目的である「スマホ値下げだけが」脳裏に残り、フラフラ菅自民に入れるだろうよ。
「敵」がキャンペーンを張ってくれるので宣伝効果は抜群だ。

こんなこと唐突に言い出せば内閣支持率下落(操作)の意趣返しだと非難されるだろう。

だが、
菅先生がスマホ値下げを唱えられたのは官房長官時代だから、思いつきや幼稚な仕返し

にはならないんだなあ。

遠慮なくバッシングして構わない。
「有権者のために」

戦後GHQに屈したプロパガンダ紙朝日新聞

ソロです。
>>戦後GHQに屈したプロパガンダ紙朝日新聞
先般の米国の大統領不正選挙騒動の副産物として、DS勢力の存在が、ネット上だが、やっと市民権を得たw事がある、それ迄は「DS勢力」と言えば、無い様の如何に関わらず陰謀論扱いされていたのだから、日本の世論も一歩前進できたなぁ、と感じていた。

この論者が仰って居る、朝日新聞が「何故、蟻もしなかった事迄でっち上げて、日本を貶めるのか?」の答えとして、「DS勢力の手下だから」と言えば済む様になった、マァ、朝日新聞は、戦前からプロパガンダ色の強い「売らんかな」の新聞で、戦時中も有名だった。

戦後GHQから、真っ先にマークされて、刊行停止処分を何度も受けて居るが、それは、GHQの役割が、日本人の改造計画であるWGIPの推進役だったのだから、寧ろ、当然であるが、GHQとDS勢力は、重なって居る様に見えるが、実は似て非なるものなのだ。

是は、米国内での共産主義の扱いの急変に原因があると考えて良い、米国内では、1920代初期から、共産主義の宣伝が行われて居て、市民に多くの賛同者を得て居たが、そこへ大恐慌が発生し、資本主義の弱点を曝け出したので、米国内でも共産主義が支持を得た。

この恐慌から、中々立ち上がれなかったFDRのが、フ―バー政権とFDルーズベルト政権で、殊にFDR政権は恐慌で沈んだ景気を浮上させ様と、フーバーが手掛けた大規模公共事業を受け継いだが、計画に共産主義者を投入して、公共事業を利権化する事を謀った。

大規模公共事業は、より多くの人に仕事を与えようとする意図のものだから、固より、社会主義的ではあるが、FDRチームのものは特定業者に集中し、利権化させたので、計画の本来の効用が働かず、米国は不況から脱出出来無かった。

其処で、戦争には加担し綯いという、選挙公約にも拘わらず、欧州で始まったナチス・ドイツに肩入れしたかと思ったら、次には、ソ連に大量の武器を供与して、事実上、戦争を煽りたてたが、これが、国内景気を支えていたので、戦争は不可避の事に思えたのだろう。

FDRは、政策を一大転換して日本を巻き込んで戦争を始める事にしたが、この時の政権の閣僚は、マーシャル国防長官、アチソン国務長官等々、ソ連の世界覇権の為の謀略組織コミンテルンの細胞だらけである、後世彼らを「ニュー・ディラー」と呼ぶ。

つまり、日本を戦争に引き摺り込んで、日本民族を殲滅に掛けたのは、ソ連の独裁者である、スターリンで、その計画自体も、コミンテルンが建て、日本の中枢に居た近衛文麿もその手先になっていたのだから、日本に勝ち目があろう筈が無い。

処が、話は未だ続く、終戦の年の3月にFDRが急逝したのだ、すると、それを待って居た様に、国内の反共分子が勢いを得て米国は一転して反共国家に早変わりしたのである。この急変で、GHQの民生局に巣食っていたニュー・ディラー達の立場も次第に変った

殊に、当初はWGIP施策に沿っていた日本の共産主義化で、早速、片山潜を首班とする社会党政権が誕生したが、日本の政治界は官僚の手厚い支援無しには、橋一本出来無い構造のものだったので、戦前の官僚を全て解雇・追放した状態では政府は機能しなかった。

其処へ反共運動に続いて、朝鮮戦争が始まって終ったし、政権も民主党から軍人上がりのアイゼンハワーの共和党政権に移り、この時点で勢力は寧ろ、保守側だったが、スターリンが病死すると朝鮮戦争も終らせて、SF条約で日本と韓国のGHQ統治も終了した。

処が、是を待っていた勢力が居た、其れが、D/R達、石油利権勢力である、彼らは国内で反共運動を煽り立てる一方で、アラブの石油資源に注目、本来、英仏が進めて居たこの事業を資金力と政治力で横取りして、石油の採掘権、販売権を独占し、大企業にのし上がった。

処で、ロックフェラー家は、草創期に日本に煮え湯を飲まされた、と言う自分勝手な思い込みカラ、日本に復讐心を持って居た、是が「戦後のDSの日本支配」の作為的に、日本を抑制した影響力の正体である。

まぁ、D/Rは既に故人の上、赤盾に刃向かって家を潰されたし、DS=石油資本ではモゥ無いのだが、その残党がウォール街や民主党、更には、シナの上海閥と結び着いたのが、DS勢力で、その影響力は日本のマスコミの下僕状態を見れば分るだろう。

朝日新聞以下、日本のマス・メディアは、この上海閥を仲介とした共産シナとのコラボレーションで、米国を乗っ取り、シナから大量の移民を送り込んで、米国経済や国そのものを乗っ取ろうとしていた事を知り乍ら、DSに協力して、事実上その計画を支援していた。

是は、戦後の米国の仕打ちに対する、日韓の謂わば報復であろう、日本は325万人、韓国も300万人を超す軍民をサツ戮されているが、第二次世界大戦の都市空爆や原爆投下は明らかに国際法違反だし、朝鮮戦争に至っては、元来、米国とソ連の間の戦争の筈、何故、朝鮮の民間人が犠牲になるのか?

当に「復讐するは我に有り」なのです。

朝日新聞社内でこの認識がどれ程共有されて居るか? 若しくは、その真意が若い世代に浸透して居るかどぅかは、実の処、もぅどうでも良いのだろう、何故なら、朝日新聞にも、そして、シナ・韓国にも未来は絶対に無いカラですね。

教科書で記述されてない部分に、真実の姿がある。

 
> 特定業者に集中し、利権化させたので、計画の本来の効用が働かず、米国は不況から脱出出来無かった。

(・”・)ウ~ム

未来予想の実現性

>ky16 さん ソロです。
>>未来予想の実現性
一番有名なのが、ジュール・ベルヌで、超長射程の大砲で月に弾丸を打ち込み、それに乗って月に行く話や、海底2万マイルって、大型の潜水艦で世界一周をする話なんて、今になってみると、当に「見て来た様な」話になっています、後者は原潜で実現していますね。

私はSFは端からコンセプトにしかならないと、切り捨ててしまうなら、この程度で十分だと思いますね月に砲弾を撃ち込めたとしても、空気がぁ~とか、帰りはどぅするんや~とか、そういう事を考える契機になれば良いのです。

だから、例えば、機動戦士ガンダムでも、あんな大きくて重たいものを地球上で作ったら、重力が大きすぎて、飛んだり、走ったりするだけで、そこいら中が穴だらけになるで~と、心配するのと同じで、イランお世話なんですねwww

今は無理でも、何か、キィになる発見や発明があれば、凄い速度で展開するのは、そういう用意をしてた人がいたからでしょう、つまり、夢を追い続けている人がいたわけですね。

逆に、古くからあるのに、中々進化しないモノ、例えば、外s燃機関のスターリング・エンジンや、原子炉のトリウム塩溶融炉なんてものもありますが、此らも、現在求められているものを考えれば、素晴らしい技術だけれど、何かが足りないので、実用化が遅れているのですね。

日本はそういうものの宝庫で、実は、民間レベルでも、そういう研究・開発をしている人が、全国あちこちにいるようですよ。 一番多いの農業の品種改良・開発でしょうが、この保護を農水省が真剣にやっていないので、韓国やシナから盗まれているのですがね。

元々日本人間の認識である「工夫と改善の結果は、皆で共有するものだ」という共通認識を国際的に展開すれば、シナ・韓国の様に、結果だけを盗んで、逆に「日本が盗んだ」と言い出して、何とか金を毟ろうとする不届きな国もありますので、日本人もモゥ少し、知見を広く持たないと、いけませんね。

まぁ、日本の官僚は頭が慣性的に出来ているので、前例にない物、実績がない物には極度に冷たいので、レーダーも「=八木」、飛行機「「=二宮」も、胃薬「=高峰」も、米国に盗られてしまいましたがね。

日本人はエリート程、平均以上でも「普通はでない」という認識しか出来ない感性しか持っていないようですね。

> スターリング・エンジン

月の表面と裏側の温度差を利用した、スターリング・エンジンによる発電が、一番効率的だと思っていました。

(・”・)フ~ム

あり得る事、あり得ない事

本瀬です

SFでも政治でも理想を描き、未来予想をするのは楽しい事です。
きちんとした知識を基に予測したモノは実現に向けての原動力にもなります。

しかし、何でもかんでもアリというわけじゃありません。
人体がミニチュアになるミクロの決死圏とか空気など他の分子のサイズはそのままで、科学的にナシ。地球のコアに掘り進むとか自転が止まっちゃう系もナシ。つまり、物理的、数学的にあり得ない物語はサイエンスフィクションではなくファンタジーフィクションでしかありません。超能力の類も魔法を言い換えた似非科学でしょう。

一方政治でも同じ事、航空機事故で死亡したケネディJr.が生きているとかの風説は「あり得ない」に属します。DSに関してもロックフェラー、石油メジャー、アングロサクソンのセブンシスターズなどは実態のある話で、ロスチャイルドと組んでFRBを作り、米国の富を英国に移す組織です。もちろんその為の手段として日本を含む海外にも影響力を及ぼす工作をしてきた事でしょう。しかし、DSというのはあくまでも米国の政府内部の影の政府ですから、その力の最大限は米国政府の影響力までです。

非科学的未来予想は単なるファンタジー
根拠ない政治風説は単なる陰謀論

今回の米大統領選でも、確たる証拠がある選挙違反、不正選挙の話に紛れてQanonの風説が流布され、この一見トランプ応援に見えて、内側からの破壊活動に気が付きもせず声援を送る人が何と多かった事か。

月のスターリング・エンジンは、理Ⅲを出た同級生の教授から聞いた。

(・”・)ニヤリ

月のスターリング・エンジンありだけど

>隠居さん 本瀬です

月は昼の側、夜の側がハッキリしていて温度差があるので、スターリング・エンジンを設置し動力を取り出せば、原理的には無限に動きます。

理屈に合うのでアリ!

ただし、明暗境界線に設置しなければならないのと、機械部分、可動部があるのでメンテナンスが必要。さらに吸熱、放熱の効率次第ですから月面で使用する程度の発電には使えますが、大電力を発電し地球に送電は無理でしょう。

ご友人の教授はカルノーサイクルの思考実験として話されたのでしょうね。

効率的には劣るけど、熱電対での発電も可能です。これは可動部分が無いのが利点ですが、金属電極が劣化します。

現実的な解決はやはり太陽光発電でしょう。

未来予想なら月面上に核融合発電所を建設して月でのエネルギーを賄うのでは。

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 Ⅹ

サウジアラビアにF-35戦闘機を売却する情報を、一番必要としていたのは中共軍です。
バイデンの情報要求にペンタゴンは「あなたは知る必要がありません、渡しません」と回答した。

イランがイスラエルを攻撃する抑止力として、サウジの装備をF-35戦闘機で、向上させる必要があったのです。
世界の耳目を中東の紛争地域に集中させ、間隙を突いて中共軍は台湾侵略を企てていました。
暗躍する中共が紛争地を中東から東南アジアに変更した為に、ミャンマーの軍事クーデターが起きた可能性があります。

バイデンが軍に要求を拒否された、国家安全保障に関する情報も、中共人民解放軍にとって必要だった。
カナダとメキシコ国境で、違法移民を装った中共軍の越境には、国境沿いに配備された米軍の兵力情報は欠かせなかった。

中共は超限戦に則り、生物兵器の武漢コロナウィルスを世界中にばら撒き、あらゆる地域で紛争を画策し、他国を侵犯しています。

「最高の時はまだ来ていない」トランプ大統領の次の言葉を待ち続けます。

(・”・)

韓国は日本と戦争して植民地にしたいそうです

◇韓国は、慰安婦問題で日本が韓国の思うような政策をとらないとして、韓国も「パク・クネ政権」の慰安婦合意を認めることは政権をあきらめろということを、日本は理解しなければならないと主張しています。

それで、結局「加害者」の日本の立場変化と譲歩が少しでもあってこそ、初めて関係改善がなされるそうです。
しかし、日本は反省にケチな、いや自ら反省しない国家だ。日本の譲歩を引き出す可能性は二種類の条件しかないということで、最初の可能性は現代国家でほとんど可能性がない仮説だが、「大韓民国が日本を戦争かそれに準ずる事態で敗北させたり植民地にする状況だ。」とのことです。


韓国は、ここしばらく慰安婦問題では日本に対して強硬に出たり、軟化した意見の教授の意見を出したりで迷走しています。
これは、2015年日韓慰安婦合意をしたけれど、これも金を貰って破棄、そして新たにお金を頂戴といったり、約束を守る気はないのだから笑い話にもならないのです。

そして、今度は日本に言うことを聞かすために戦争をして勝って、日本を植民地にして、慰安婦の賠償金を取ろうと言うことが今度の目的だそうです。

こっちは、日本は韓国を植民地したと言われているのに、韓国は日本と戦争をして勝って、植民地にする夢を見ていました。
冗談もほどほどにしてよ。
日本の自衛隊は、戦争をしないことになっていても、舐められないために戦争をする軍隊よりも強いのです。

「2018大統領令」2月1日発動

>DSというのはあくまでも米国の政府内部の影の政府ですから、その力の最大限は米国政府の影響力までです。

うーん、そうでしょうか・・・・。

DS=ウォール(金融)街と銘打つと理解し易いかもしれません。

基軸通貨の変遷を知識として持つことで、世界中に影響を与えてきた
DSの歴史が分かると思います

各国の貿易取引上の基軸通貨使用により、その手数料を得ることができる
という美味しい立場。
寄生先の通貨を基軸通貨にすることで財を増幅させてきた連中、その連中と
その配下にある連中を総称してDSと表現していると認識しています。

ポンドからドルへ、そしてユーロへと基軸通貨の変遷を試みるも失敗、次は
人民元へと食指を伸ばし、反江沢民派により阻止されたという。
まだ諦めてはいないご様子ですね。

シリアやリビアは通商におけるドル使用を頑なに拒否し、軍事的に攻撃対象
になるべく情報操作され、自国愛と自国民愛に溢れた元首を失った。

日本も貿易通商には必ずドルを使用しています。
二国間取引に於いて互いに自国通貨取引ができないというのが現実です。

トランプ政権下のムニューシン財務長官は、二国間の自国通貨使用でも構わ
ないんじゃないの・・という方でしたね。
此の科白は、DSにとってとんでもない内容でしたようです。

トランプ陣営にとって最も許し難く、壊滅させねばならぬ最大の敵は
「人身売買組織」です。

何世紀にもわたって元締めを『バチカン』が務めてきました。
まぁ、神の教えを悪用した悪魔集団という処ですね。
宗教は人を洗脳する手段としては最適のようです。

児童〇愛者の巣窟ですね。

そういう認識で以下の画像を見ると気色悪いです。
https://pbs.twimg.com/media/EtQqD_JUUAAaVy5?format=jpg&name=small

日本の💩マスゴミは決して報道しませんが、CAなどでは、児童を救出した
情報も出てきています。

このように、表にこそ出て来ませんが、水面下での活動は確実に前進して
います。

◎本題に触れていきたいと思います。

「2018大統領令」は、トランプ大統領があらかじめ選挙における不正を
見越して署名しておいた正式名称「合衆国選挙への外国からの干渉に対する
特定制裁発動に関する大統領令」の事です。

この「2018大統領令」の発動が2月1日に可能になりました。
「2018大統領令」には次のようにスケジュールが定められています。

まず、「アメリカ大統領選挙が終了してから45日以内に外国の干渉があったか
を評価し、その関係者また支援した外国政府を特定するものとします」(概意)
と書かれています。

これが、昨年の11月3日から45日後の12月18日までのお話。

次に、その「評価と情報を受け取ってから、さらに45日以内に当該選挙に
関して、評価する報告書を提出するものとします」(概意)と書かれています。

それが、昨年12月18日から45日後の本年の2月1日です。

つまり「アメリカ大統領選挙」に外国政府などからの干渉があった場合、
最長で2月1日以降に「2018大統領令」の発動が可能になります。

「2018大統領令」によれば、外国に関与して不正選挙を行った者(個人&組織)
に対して“国家反逆罪”の適用が可能になり、「タヒ刑」または「全財産没収」
などが行えることになります。

ココからアメリカの動きを見ると、現在“パラレルワールド”にある事が
みえてきます。

日本でもマスゴミで報道されるオモテの“バイデン大統領”(仮)の動きと、
“ウラ”で展開されている「第45代トランプ大統領」(継続)の水面下の
動きです。

具体的には、アメリカ国防軍による“大量逮捕”が“秘密裡”に行われています。

もはや、“陰謀論”が「陰謀」であって、オモテの架空(フェイク)の動きと、“法律”に基づいたウラの動きが激しく凌ぎを削り合っている現状です。

ここで疑問が生じると存じます。

なぜ、トランプ大統領が「現職」なのか、また、「2018大統領令」を発動で
きるのか??

その答えは「反乱法」にあります。

「トランプ大統領」はどんなに不利な状況であろうが、あくまでも「憲法」を
遵守して動いています。

「アメリカ軍」(国防総省)も同じです。

「アメリカ軍」がどちらに付くのかは、“バイデン”が「憲法」による正規の
大統領かどうかで判断できます。
「米国防総省」は未だに機密情報へのアクセスを“バイデン”陣営に許可して
いません。

つまり“バイデン”を「アメリカ軍総司令官」として、その指揮下に入ってい
ないということです。

これは、“バイデン大統領”(仮)を法に依って選出された正規の大統領として
認めていないという事を意味します。

また、アメリカ軍をはじめ公式の米国政府機関のツイッター・アカウントは、
トランプ大統領のアーカイブをフォローしているものの、“バイデン政権(仮)”のモノはフォローしていないようです。

当然ですね。

1月6日、仕組まれた「米国議会乱入襲撃事件」が起きた時、トランプ大統領は、「平和的に帰宅するように何度も呼びかけた」のです。

具体的には次のような文言です。
「どうか議会警官と警察を支援してくれ。
彼らは、我が国側の人々だ。平和にしてくれ。皆さんに議会議事堂で平和な
対応でいることをお願いする。

暴力を起こしてはならない。我々は法と秩序の下の党だ。法と警察に敬意を
示してくれ。

あなたの苦しみが分かる。あなたが傷ついたのを知っている。選挙は盗まれた。
大勝したと皆知っている。
特に反対側もだ。

しかし、今は家に帰るべき。

平和である必要がある。法を守り、警察に敬意を示してくれ。誰もけがをして
ほしくない。たいへんな時だ。

あんなことが起きて、われわれから盗まれた。私とあなたと国からだ。不正選挙
だったが、彼らの罠に陥るな。
我々は平和でなくてはならない。家に帰ってくれ。

あなたを愛している。あなたはとても大切だ。反対側の連中は如何に我々を
ひどく扱ったかと知っている。私はあなたがどう感じているかを知っている。

家に帰ってくれ。平和に家に帰ってくれ。」

しかし、ツイッター社はこの投稿をすぐに削除した。

のみならず、トランプのアカウントを12時間凍結し、其のまま削除してしまい
ました。

何故でしょうか。

この「平和に家に戻るように」という呼びかけは「反乱法」の発令に必要な
条件だからです。

マスゴミはもちろん反トランプ側なので、当然そのような報道はしません。

トランプ陣営も必要以上の社会的混乱は招きたくありません。

トランプ大統領は、1月10日に「反乱法」に署名したと云われています。

事実、署名直後、トランプはカリフォルニア州の「ペルドルトン海兵隊基地」
に大統領専用機で飛んでいます。
この「反乱法」の発動は何を意味しているのでしょうか。

大統領が「反乱法」に署名し発動した以上、その間は「署名した大統領が変わる
ことはない」という法的事実があります。

ですから、今もトランプは「第45代アメリカ大統領」としてとどまっています。

ただし、もはやグアンタナモ収容所と化した「ワシントンDC」のホワイトハウス
にトランプ大統領はいません。
“バイデン大統領(仮)”もとっくにいないのです。

ちなみに、トランプはフロリダ州パームビーチの「マール・ア・ラーゴ」を拠点
として、軍事会議などを行っています。

ご存じのように“バイデン大統領就任式”(仮)がTV報道されましたが、ハリ
ウッド式にCG技術を駆使して創作された映画(録画)で、フェイクである事が
もはや数々の証拠から明らかになっています。

当然、「米国防総省」が認可した州兵とフェンスで「ワシントンDC」を包囲して
いますので、1月20日の就任式会場の様子を知っています。

其処にバイデンはおらず、正式に就任していません。

それ故、今もトランプ大統領を「アメリカ軍総司令官」として「米国務総省」は
動いているのです。

その下で、2月1日「2018大統領令」が正式に発動したようです。

「2018大統領令」によって外国政府の関与の下に不正選挙に関わった者(個人&
組織)の大量逮捕が、既に国内外を問わす、水面下で進んでいます。

非公開の軍人法廷(即決)によって“国家反逆罪”が成立すれば「タヒ刑」や
「全財産没収」が行われます。

どこまで表面化するかはともかく、大波乱(嵐)の2月になるかもしれません。

DSやらバイデン陣営の残党による必タヒの“抵抗”もあり得るでしょう。

ですが、世界最強のアメリカ軍に抵抗しても、結局は「罪」を重くするだけです。

世界で相次ぐ政府要人の辞職や内閣解散もそうですが、2月2日のamazon創業者
ジェフ・ベソスCEO(57)の退任もマスコミ発表とは裏腹に、上述と関連する
事情があったのでしょう。

昨今、アメリカで起きている“おかしな状況”(実際の出来事)を細かく拾って
いくと、マスコミが報道しないだけで、既に「反乱法」や「2018大統領令」が
発動されていることが分かります。

社会不安を与えないように“水面下”で軍事作戦が展開されているのです。

目立ったドンパチが儲けに繋がるという理由から、戦争大好きなDSとは一線、
画しています。

たぶん、マスコミもある程度は知っているとは思いますが、不利なことは
「報道しない自由」なのか、最後まで公表しないでしょう。

と、今日の「独り言」でした・・・・ww

あっ、そうそう、仮のカウントでツイッターを楽しんでいたトランプさんが
2月に入ってから、本名で俄然張り切ってコメントを投稿していらっしゃいます。

https://twitter.com/NotBarron1946

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 Ⅺ

 
2021年1月20日、午前12時から実施されている戒厳令で、合法的に成立した軍事政権は、アメリカ東部時間1月29日午後6時に公式声明を発表した。

1月24日から25日にかけて、バイデンと355人の下院議員、109人の上院議員、計464人を逮捕した。

アメリカ東部時間1月31日午後4時35分

(・”・)ヤッター!

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 Ⅻ

 
バイデンと上下両院議員464人の逮捕情報は、アメリカ東部時間1月31日午後4時35分に、全米メディア(テレビ、ラジオ、全国紙)と世界の報道機関に伝えられた。

アメリカを統治している軍事政権と、トランプ大統領及びQ勢力(アノンではない)の予想通り、この公式ニュースは世界の公式メディアによって100%検閲・隠蔽された。

米軍事政権はこの事態を予期し、望んでもいた。

バイデンと彼のクーデター勢力は、米メディアが国家の安全保障と、差し迫った危険の対策に関して、合法軍事政府からの公式な情報を検閲する、国家反逆行為を許していました。第四帝国のイルミナティメディアは皆、我々の罠に嵌ったのです。

今後、軍事政権はアメリカ憲法の定めに従い、随時、テロ行為を犯した全メディアを、暫定的管理下に置くことが出来る。
アメリカ東部時間2月5日午後6時30分に、全アメリカ領土で全メディアを強制的に掌握します。

(・”・)イエ~イ♪

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 ⅩⅢ

 
米軍事政権管が管理する情報は、フランスとヨーロッパの衛星放送と直結している、全米チャンネルを包含しています。

これは、衛星受信アンテナを持つ、全てのフランス人とヨーロッパ人が検閲されることなく、受信可能になることを意味します。

従って、金曜日の夜から真実を学ぶことになります。

(・”・)ルンルン♪

深夜のレジスタンス活動に行ってきます。

(・”・)♪♪~♪☆

今度こそ!!!

↑ 酔っぱらて今後の発信は不可能

(・”・)

DSに関する誤解

>日本国民さん 本瀬です。

日本国民さんの述べられる様な種々の工作がある事は肯定しても、その全てを「DS」とラベルするのは大きな違和感があります。また「DS=ウォール(金融)街」との理解は、国際金融勢力との混同からでしょう。確かに、DSが国際金融勢力と同調していた部分はあると思いますが、本質的に別物です。英語を使わない日本人だけが、この様にDSを拡大解釈してしまうと世界情勢を理解する妨げにもなると思います。

「deep state」ディープステートはまず持って「state」です。これは国家、統治機構を示す言葉。そして「deep」ですが、これは「深い」つまり「表面、表層」の反対で、「表にでない」つまり隠密のという意味です。これは直訳なら「地下政府」です。誰もが思い浮かべるのは、強国が立てた「傀儡政権」で裏に外国勢力がある構図でしょう。


「deep state」は英国が植民地を離脱したアメリカを容認できず、非正規な工作により傀儡国家としようとした事に始まります。

第2次世界大戦では、欧州全域が戦場となり、英国も疲弊していました。一方アメリカだけは経済規模が2倍になり、戦争でボロ儲けした。この富を英国に移転する為にDSは国際金融勢力と手を組んでFRBを作りました。これ以降はDSはロスチャイルドやウォーバーグの手下として働くことになります。これらの事情には金融だけでなく、中東での石油利権が大きなファクターです。国際金融資本は主にユダヤ系ですからイスラエルの動きで石油価格をコントロールし、DS傘下のセブンシスターズが儲けるという仕組み。

さてさて、語義、言葉の枝葉末節などまっぴらだという方も多いでしょうが、ディープステートはあくまでも「地下政府」で英語圏では当然その様に受け取られているのだから、それから逸脱して乱用すれば、正しい評論でもその一点で信頼性を失い「なーんだ、陰謀論か」と切り捨てられてしまいます。

雑感

隠居さんをはじめ日本国民さんの気持ちは分からないでもない、不正まみれでしかも外国勢力に汚染されているバイデン政権です、認めたくないのは僕も一緒です。
しかし如何せん1・6に議会で承認されているのです、これを覆す手段はもうないのです。
もっとも宣誓式は正式ではないと言われていますが、所詮式です、じゃーもう一度やりましょうと言えなくもない。
民主主義の手順にのっとれば弾劾裁判でバイデンを罷免する手がありますが、トリプルブルーの状況では話にならない。

現在曲りなりにお権力の中枢に居るのは悲しいかな、おいぼれバイデンです。
人間のさがですが、所詮権力にすり寄るものです、よって傍流は徐々に忘れ去られていくものなのです。
確かにWHがいまだに停電で機能していないとか、国防省がバイデンを認めていないとか不可解な点はあまたありますが、トランプの復権はないと思います、あるとすれば4年後。
まさかミャンマーのようなクーデターはアメリカでは考えにくい。
ともかく日本としては見守るしか手段はないのがもどかしい、しかし手をこまねいていては将来禍根を残す、アメリカの混乱に乗じてシナガ画策しないわけがない。
北京冬季五輪が終わった時が危機の最高潮となる、それまで2年しか有余が無い。
今日本のできる事、これ見よがしにシナが驚くほどの国防予算の増額(シナだって兵員給与を4割?増しにしたと聞く)。
ちまちま上げるのではなく、この際GDP2%に目標設定して、第一段階として5割増しぐらいやる。
まず絶対にしなくてはいけない事は兵員の確保、現在自衛隊は55歳定年だがごれを65歳に上げる、今の65歳は下手な若者より元気。
シナと同じように給与も上げたいが、これは他の国家公務員との関係で勝手に上げられないから手当てで補充する。
同時に海上保安庁の予算も増額、望むべきは縦割り行政是正のため国土交通省から防衛省に移管する。
要員の交流も図り、お互いの人員不足を補う事ができるかも?
野党や財務省が反対しても、国の存亡がかかると言って撥ね退けろ。
菅さんしっかり頼むよ。

【中共】その北京冬季五輪の件で習近平指導部が大チョンボ笑

過失(←武漢ウイルス研究所がサンプルを管理できなかっただけ)か自演か知らないが、

自ら引き起こした武漢コロのせいで
開催が危ぶまれているとか。

先日などは習自ら、IOCバッハ会長に「必ず」予定どおり開催しろと圧力電話かける始末。

そんなこと言われてもね。
「統計をでっち上げてる」中共領内でも、世界でも、武漢コロの感染と進化が収まってないでしょ?

戦略的に武漢コロを利用「してるつもり」だったとしたら、習指導部と中共の何とマヌケなことよ(嘲笑)

頼みの「輸出産業も」同じ。

収奪され尽くした人民の代わりに西側先進国に山ほどメイドインチャイナを買って貰わないと金欠になるのに、向こうも武漢コロで不景気に陥ってれば在庫の山(→国営企業ゾンビ化、支えるための補助金投入で過剰債務問題悪化)

窮した(錯乱した?)習は、バッハ会長に電凸をした際、

東京夏季五輪開催を
支える
とまで約束したらしい。

要は、それで「前例」を作る狙いだ。
日本の自民党中道右派政権を助けることになるがいいのカネ?

菅先生は発言のトーンを抑えてるだけで、こそこそ進めてることは「陰険な」中国叩きとデカップリングそのものだぜ?

ま、好きにするがいいさ。

これだけIOCに尽くしても、

①夏季と冬季じゃ冬季のが危険
とか
②ウイグル・香港人権問題で国際社会の開催反対が強い
とか、

因縁つけられて結局開催失敗するリスクがあるんだけどね笑 

開催失敗なら政局だよ。
「中国共産党の」

こいつあ面白いことになってきた。
ニヤニヤが止まらんわい。

日韓の古代史の見直し

ソロです。
>>日韓の古代史の見直し
世界で日本の特異な処は「国民国」が、倭国大乱と言う500年以続いた大戦争はあったにせよ、自然な形で成立してしまった事ですが、この500年にも及ぶ戦争が如何にして戦われたのかは、全く記録が残っていません。

然し、当時の日本列島に暮らしていたのは、多種多様な人々で、日本海や太平洋沿岸には、海岸や島嶼部に海人族が、川を遡った内陸に、先住民の蝦夷族や大陸から逃れて渡って来た呉や越の長江遺民が、一定の武力を保持していました、彼らは土豪と呼ばれる地侍です。

その他、山間部には狩猟採集民「サンカ」や日本海側の北陸~東北~北海道にかけては、沿岸漁業で生計を建てるツングース系の人々も少数いたのです、然し、食糧生産力が無く、然も、火山活動の盛んな土地に好んでで棲むので噴火があると、大きな被害を受けた。

だから何と言っても多かったのは、東シナ海全域に勢力を広げた海人族で、殊に、九州が彼らの根城で、北部九州に豊族、中部に肥(くま)族、曾於族、そして、南九州と島嶼部に隼人族と言う、海人族の支族勢力が割拠して、互いに交流/牽制していました。

大和朝廷を建てたのは、この中から瀬戸内海を渡って、今の大阪に辿り着いた隼人系のウガヤ氏の息子たちで、目的が武力侵略ではなく交易交渉だったから、瀬戸内を抜けるだけで16年を要したのだが、その中身は農業の新技術と製塩法の伝授であった。

BC680年頃は、平野部と言っても、先住民は、農耕民では無いので、治水が為されて居無いので、川の氾濫が絶えない、芦が生い茂る湿地帯が殆どだったから、伝授したのは、先ずは治水で、その技術に拠って荒れ地が水田に生まれ変わった。

是だけでも、毎年、冬には飢えて多くのし者を出していたのが救われたのだから、人口が増え始め国が富む様になったから、一行の評価はうなぎのぼりに上がった、で更に、川の氾濫被害を緩衝する為の工夫により、農耕地を更に広げる事が出きた。

処が、開発が進んで行くと、新たな争いも起こった、原因は川の上流と下流域の水利権だが、農耕地の広い下流域の不満が大きく、中には戦争も辞さない所迄、対立が深まった処も会ったが一行が示したのは製塩法であった。

当時は岩塩が主流だったが産出量が少なく貴重品だった、入り浜式と呼ばれるこの製塩法は、海水が原料だし、広い砂浜がある処なら日照りが続黄、雨の少ない地方の方が、条件が良かったので、下流域の人々は塩を水利権として支払う事で解決した。

この様に古代から日本は、置かれて居る地理的な位置に因って、政治的なもの、気象海象的な条件の全てが、民族の違いを超えて、一致団結して共に援け合わなければ、何れ、共滅する事が分る過酷な自然に直面しているから、今は敵でも一人でも失いたく無かった。

是が、狭い列島に暮らすもの独特の結論である。なのに、何故、倭国大乱が起こったのか、そして、その間大和朝廷は、故地の九州に8代、514年間に亘って、遷座せざるを得無かったか?という、大きな謎が残るのは冒頭に述べた通りです。

有力な説は、幾つかありますが、私はその答えは半島にあると言う説を採りたいですね。

固より、半島は高緯度にあり寒冷にして少雨の地域ですから、植生は育ち難く能子兎には不向きな土地で、BC10世紀迄は、濊族や扶余族と言った大陸から南下して来た狩猟採集民が細々と暮らして居たダケの荒れ地だった。

これを纏めたのが、シナの古代王朝の殷の遺臣で、同じ生業の濊や扶余族の首領を手なずけて、国の様な形を取ったが、黄海を隔てた向こう側には戦乱のシナがあり、狭い半島で逃げる場所は海しか無いので、有力な海人族の国日本を頼り、その庇護下に入った。

日本は、当時九州から日本海沿岸にかけて海人族の支配下にあったが、シナの各王朝の出自は、既に遊牧民だったので、知見の無い渡洋遠征の危険を冒して迄、日本に攻め入る事を考えるものはいなかったから、日本の庇護下に入った国には、手出ししなかった。

処が、倭国内で、内戦が勃発したが、その原因が、戦後期時代の当時は金よりも価値が高かった鉄が産出され始め、その利権を巡っての争いであると、伝えられて居たが、実はこの鉄の産出源は、半島の新羅の慶州鉄山であった。

是を知られると半島にシナ勢力が攻め込んで来る事は判り切っていたので、秘匿されて居たのだろう、そしてその鉄資源も三韓征伐の頃、4世紀には枯れてしまった、それで、子の利権を争っていた肥曾(クマソ)族も鎮静化したが、日本が東北迄支配下に治めたのは、12世紀まで待たねばならない。

然し、この鉄貿易が日本に大きな富を齎し、大和朝廷はそれを元手に、大阪平野で5代の御代に亘る大規模開墾事業を推進し、荒れ地だった大阪平野を穀倉地帯に変えた事で、国力を大きく伸ばして、シナの劉宋王朝から「倭の五王」の時代と呼ばれる強国を作った。

日本ではこうして、国が自然に出来上がって行った様に感じるが、結局の処為政者が、手にした利益を「民族の未来の為に」使ったからで、中には「ダモクレスの剣」の恐怖に耐えきれず錯乱して重臣に弑された武烈帝の様な人物も居たのである。

然しその際も、重臣の大伴氏は、自分が執って替わる様な事はしなかった、何故なら、それに拠って、国が乱れれば、外敵が必ず着けこんでくると、倭国大乱での教訓が、生きて居たのだろう、日本人の「民族の未来を最重視する生き方」の原点ですね。

疑問

貿易取引に関して
>各国の貿易取引上の基軸通貨使用により、その手数料を得ることができる
という美味しい立場

 手数料とか、利息、特許料とかは、貰ってはいけないものですか?

 貿易に限っていえば、ドルを使うのがいやなら、バーター取引という手段もありますよ?何故これを利用しないのですか?金塊とか、いろいろありますぜ。
 経済では簡便さも重要視されますでしょう?仮に手数料特許料を取られても、商売可能、つまり、採算とれるという現実があるのですよ?

>二国間取引に於いて互いに自国通貨取引ができないというのが現実です。

 不思議なことを言ってることに気づきませんか?
例えていえば、1ビンボーという通貨と実体であるA商品が1ビンボーの通貨の国に輸入された場合、輸出さきの1フユーの通貨を使っている国は、1ビンボーという通貨を手にして、何と交換できるのですか?1ビンボーの国の中の商品は買えるかもしれませんが、そんな、需要が1フユーの国では無かったら、無料でA商品を1ビンボー通貨の国にあげたことになると思いませんか?つまり、貿易収支のバランスが崩れていたっ場合その差額はどうするのですかという事です。ほとんどの物が買えるという基軸通貨の役割も少し考えて見ましょう。また、1ビンボーでも1フユーでも両国内では利用可能な状態を想定すれば、通貨は一つでも構わないのではありませんか?(ユーロは多くの国の単一通貨となっているのか、考えてみましょう。マルクでもフランでもないのですよ?)
 
 DSが単なる金融勢力なら、恐れることはないと思いますがね?何がすごいのですか?w

 日本は・・・・実態は・・・DS?

>日本人の「民族の未来を最重視する生き方」の原点ですね。

ソロさんがコメントで引用したジュール・ベルヌ、
「海底二万マイル」の解説で福島正美氏が論じて
いましたけど、祖国への思い入れは非常に強い方
だったようですね。海底2万マイルでのネモ船長
の祖国への敬意と復讐心の強烈な葛藤は言わずも
がな、悪魔の発明に至っては大逆転の結末が天才
にして狂気の科学者トマ・ロックの愛国心の復活。

Wikiにも書かれていませんけど、デビュー作
「気球に乗って5週間」の発表前の彼の職業は
「株式仲買人」、ジュールというのはそもそも
ユダヤ系のネーミングですし、当初論説形式だ
った「気球に...」を小説に書き直させて
大ヒット小説家に飛躍させた出版社長も
ジョー(≒『ジュール』)・エッツェル....
ジャンルは丸違いですけど、異端ゆえに母国への
敬意に非常にこだわった点では力道山や大山倍達
に通づるものがあるのかもしれませんね
(最も、こちらの方は力道山の暴力団との興行面
 での付き合い、極真空手では武闘派やくざの
 柳川次郎(この人も在日)が理事を務めていた
 時期もあったりと、単純には語れない部分も
 ありますけど)。

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 ⅩⅣ

 
アメリカ陸軍はバイデンのクーデターの暴露と国会議員の逮捕について、全米メディアで強制的に放送します

最後に、米軍事政権はフランス政府と中国が、アメリカ政府を転覆させるべく、偽の世界的伝染病を作り出す為に行った、陰謀の全証拠、即ち世界全ての政府と国際報道機関に提出された証拠を、2月12日に公表します。

これは、アメリカ経済と世界経済全体を破壊する行為であり、マクロン政権を打倒する、正当な権利をアメリカ政府に与える戦争行為であった。

(・”・)y━~~~

ジョー・バイデンはアマゾンスタジオに隔離されていた?!?!

 
https://www.youtube.com/watch?v=cV4nhLsK7YE&feature=emb_logo

キャッスルロックスタジオorアマゾンスタジオ、どっちやねん?

トランプチームの情報攪乱戦かな?

今はグアンタナモに格納されているけど、、

(・”・)ニヤリ

【中共】無双さんご指摘の人民軍ベースアップについて

本当だとしたら、中共滅亡に向けた「予兆」に他ならない。

ただでさえ緊縮財政強いられてる過剰債務問題の中共政府が、何百万もいる人民軍将兵のベアとはね笑

確かに、農民工だろうが人民軍兵士だろうが、いずれ賃上げは必要だろうけど、「なぜ今」?

そんなことをせにゃならん「動機」は、

習近平に個人的に将兵の歓心を買わねばならない事情(=権力闘争が劣勢)があるから
としか考えられない。
だったら4割ベアは納得の数字だ。

それだけヤツには「人気・カリスマ」が無いのだから、札束でヒトの頬をひっぱたく以外に選択肢は無い。

静かな戦争が起こっているのはアメリカだけではない。
中共匪の方こそボロボロなのでは?

昏君・習近平の権力の「私物化」を江沢民らが諫めたり排除を図る流れか?

実力が伯仲し、
面白いぞ!
亀裂が深まり現場は混乱。

打倒日帝・打倒米帝から益々遠ざかっていくな。

バイデン政権の閣僚の特徴

ソロです。
>>バイデン政権の閣僚の特徴
黒木さんのブログ「無敵の太陽」で、写真入りで紹介がありましたが、否、吃驚したのは、そのハザール人を始めとするユダヤ人が多い事ですし、LGBTの性的マイノリティも多くいますから、トランプ政権が目指してた「古き良きアメリカとは、真逆の方向にしか向いていないのは、一見しただけで判りましたね。

そして、 以前NYを「ジューヨーク」と皮肉っていましたが、今度はUSAが「ジュー・エスス・エー」になりそうですねww

是ではアメリカは、このまま没落の道を辿るでしょう、だって、世界中のハザール人指導者が目指している終局の形は、国家の発展ではなく、キリスト教徒の700年に亘る弾圧・差別に対する復讐ですからね。

その具体的な結末として、中世と同じキリスト教徒の奴隷国家が、再び誕生するでしょう、但し、支配層はゲルマン族やルーシ族ではなく、ハザール人ですがね。

どの道、日本人に関係は希薄でしょうが、ハザール人も立派な白人優越意識を持った差別主義者である事には変わりありまん、ただ、世界から、宗教差別が一つ消えるだけですね。

嗤ってしまったのが、デーブ・スペクターで、9月頃は「トランプ支持者」の様な発言をしてたのに「バイデン当確」が出た途端にバイデン支持に豹変したのは、彼も、シカゴ出身のハザール人だからなのでしょう。

まぁ、彼には、何も期待していませんから、自分で唯のゴミだと、白状しているのだから、分かり易くて良いのですがね。

之は、ケント・ギルバードも同じ事が言えますが、彼は、CIAにスカウトされた事を自慢していましたから、そちらの線でしょう。 マァ、日本のマスゴミは、居心地がいいはずなんですがねぇ、二度と顔も見たくないですね。

というか、日本のMSMも、アメリカのマスゴミの後を追ってもらいましょう、菅さん、是だけは絶対に妥協なしで頼みますよ。

老猫さん
貿易の話ですが、分かり易く日本と南朝鮮を考えて見てください。
日本がウォンなんか手に入れたいと思いますか?南朝鮮もプライドがありますから円なんか取引に使いたくないでしょう。
結局ドル決済になります、どちらかだ損すればどちらかが得します、その額は双方ともドル相場がありますから、決められます。
現実は日本の輸出超過でドルが溜まり得していますが、その分南朝鮮はその差額分、他国との貿易で稼がざるを得ない状況です。

円ウォン単一通貨なんか考えたくもありませんし、双方の国民感情から実現はおぼつか無いでしょう。
ユーロはEUが成立したから発行されたのですが、国ごとの事情が違いすぎるので、その内瓦解すると思います。
ドイツとギリシャが同じ土俵で勝負するなんて無理がありすぎます。

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 ⅩⅤ


「シートベルトを締めろ」暗号は全トランプチームに発信され、攻撃態勢は完了していた。
この計画は10~20年前に作成され、8,000名が働いていました。

ハワイのサンタサーフィン女史は、裁判所記録を調査して、誰が何の罪で逮捕されて、今年起訴されたのかを見つけ出した。

米大統領弾劾裁判で首席検察官役を務めたアダム・シフ民主党下院議員、イタリア系マフィアT.ダレサンドロJrの娘ナンシー・ペロシ民主党下院議長、Amazon.comの会長ジェフ・ベソス等の面々です。

誰でも調べることが出来ます、全て裁判所のウェブサイトに載っています。

2月2日、アマゾンCEOを辞任して、会長職に退いたベソスは逮捕を予期していた。
数百人のアマゾン従業員は2月12日、リストラで仕事を失うと言われているが、ベソスの罪状如何でアマゾンの存亡が決定するのでしょう。

ホワイトハウスの外に絞首台が設営されているそうですが、いかにもアメリカらしい習慣です。
今のところ未確認情報ですが、、、

Let's Get Kraken

https://ameblo.jp/salon-ym/entry-12654164343.html

(・”・)y━~~~

習近平は地球防衛軍側! サイモン最新

習近平は地球防衛軍側! サイモン最新
(愛信ビデオ・ファイル・ボード)

詳細
習近平は地球防衛軍側! サイモン最新

反日売国テレビ局・マスコミが必死に隠蔽している打倒カバール
、支那共産党の殲滅、 世界金融のリセットの真相がアメリカで
2月5日午後6時半に衛生放送で世界中に公開さ れたそうです。
日本でも多くの人々がこの衛生放送を見て反日売国テレビ局・
マスコミが報道していた嘘に気付く様になるでしょう。
支那共産党はすでに崩壊しているそうです。
インターネットで「カバール」で検索する と興味深い情報を得ら
れます。

詳細
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12655011121.html

大量逮捕のリスト???

これって フエイク??

>起訴、逮捕、死刑執行のリスト - ディープステートの工作員とダブルスの解体。2021年1月29日(AMG-NEWS.com)
https://amg-news.com/archives/10052
〉バラク・オバマ・・・・・・逮捕・処刑
 ヒラリー・クリントン・・・逮捕・処刑
 ジョウージ・ソロス・・・・逮捕・処刑
  ・・・・・・

本当なら公に大ニュースになるでしょう

処刑リストの

10番目アンダーソン・クーパー

 CNNのキャスターなら今日出演してたよ。グリーン議員をQアノンだと非難していた。偽物?w

無双さん

その通りです。

 だから 不思議な話なのだと思います。

ホワイトハウスの絞首刑台に登る、日本代表団は誰だ?

 
一日50人ずつ吊るし首にしても、消化するには450日必要になる。
日本の出番は来年です、在日の皆様は年を越せますよ。

(・”・)y━~~~

ご隠居殿

来年とは「鬼が笑いますよ」
もっと、早く、在日朝鮮人韓国人シナ人の反日野郎となりすまし日本人らを収容所とやらへ、お願いいたします。立憲民主、共産党もろもろもお忘れなく。
あ、S会幹部も候補にあがってますかねー?WKTK

習近平、江沢民らは逮捕しないのですか?
ついででもいいですから、遠慮なくやってくださいまし!!

 2月12日と3月4日?ですかね。その日にでも候補者リストお願いいたします。

 たっのしみだなぁ

 どうかほんとうでありますようにナムナム

戦後日本で在日朝鮮族が果たした役割

>ky16さん ソロです。
>>戦後日本で在日朝鮮族が果した役割
力道山や大山倍達といった超有名人で興業面に関わった人は、必ず、米国で生活した経験がありますね。

格闘技の様な、勝負は二の次で「みせる」事のウェイトが大きいものは、所謂「プロレス」的にヒールとべビーフェイスの役割が決まっていて、みせるのは、予め決めたルールを超えない「技」の範囲のショー的な成分が強いビジネスを学んできたと思いますね。

謂わば、八百長試合を毎日やって見せているのがプロレスで、まじな殴り合いがボクシングでしょう。 然し、空手は、常に急所を狙っているので一撃必殺で、殴り合いの過程の鑑賞に堪えません。 だから、K-1も、ある程度以上には、大きくなれないのでしょう。

こういう嘘は、興業なのですから、止むを得ないのでしょうが、やっぱり割り切れない気持ちが残るのは、私が幼稚な所為だろうと思いましたが、いつもは物静かないい大人が、TVのプロレスを見て興奮しているのを見て「是って、人間の本能みたいなものかな?」と思い、それでストレスが解消するのなら、存在価値はあるかも、と、思い直しました。

日本のプロスポーツ選手や芸能人に、在日朝鮮族が異常に多いのは、一発当てれば大きいからだと思っていましたが、金田や張本を見ていれば、前人未踏の記録を残して「朝鮮人ここにあり」をしめしたいのが、実は本音なのかなぁと思いますね。

然し所詮、どちらも興業の範囲にあるので、ヤクザとの関係が深いのかなぁと案じていたら、やっぱり、吉本興業もヤクザ組織との関係があって、然も、そのやくざが在日朝鮮族で芸能界から日本人を閉め出して在日だらけにしているという、蓋然性の高い話がでて来てTVも見る気が失せましたが 彼らは例外なく独占が好きですね。

彼らを排除しようという動きが、出てこないのは、二品社会のいいところなのでしょうが、そこの付け込んで、支配してやろうという
野望が、むき出しになっているのは許し難い。

物事には程度というものがあるのですが、兆先祖期はどうも、その面がノン・モラルなんですね、これでは、何時かは朝鮮族排斥運動が始まりますね。 その時に、一番被害にあうのは、朝鮮族と結婚した日本人や朝鮮族の親から生まれた子どもたちなんでっすがねぇ。

やっぱり、順化できない異民族は、社会の異物にしかならないので、自身の将来の為にも、国籍選択は出来るだけ元籍国にした方が良いですね。

中学生まで日本に住んでいた機関長を何人か知っていますが、全員極めて冷静に日本と韓国の者会の差異を捉えて居て、成程と思っています、彼らは李承晩の嘘の歴史は鼻から信じていませんね。 朴正煕の評価は、いろいろでしたがね。

まぁ、主題に挙げた在日朝鮮族の戦後日本での役割は、プロ野球では、ほぼ満点、プロレス界・相撲界は70点、芸能界は50点かなと、採点しました。

> 習近平、江沢民らは逮捕しないのですか?

 
「おフランスの鳩山由紀夫」マクロンをギロチンか絞首刑台に登らせて、中共コロナ被害の賠償金を支払わせ、さまよえるホームレス状態にしてから、各国が役割分担して集団リンチを加えます。

あと一歩で百歳を迎えるS会名誉会長同様、江沢民も植物人間になり実質的役割は果たせません。
中共もS会同様、延命装置の電源を切るタイミングを見計らっています。

> 在日朝鮮人韓国人~立憲民主、共産党もろもろもお忘れなく。

アンドリュー・キム元CIAソウル支局長を既に捕獲しております。

職場復帰したジーナ・ハスペルCIA長官が自ら、必殺技の「水攻め」で即効ゲロさせています。

南鮮の小学校では、体育の時間にプールを使用したりすると、男子児童による強姦事件が多発して、水泳の実技授業は禁止されています。南鮮海軍兵士の何%が遠泳可能か疑問な程です。

自分と家族の為に絞首刑を回避して、安楽死を望む捕獲者の要望が多く、テロ情報も大量に取得され、立憲民主とアンティファや在日関西生コン他の自供も引き出し中です。

鮮人は極めて「水」に弱いのです、水攻めの女王ハスペル女史の面目躍如。

信濃町と和歌山県御坊市の間で、代表派遣団の選抜に苦慮しています。

(・”・)y━~~~

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 ⅩⅥ


ハリウッドのキャッスルロックスタジオは、1995年「アメリカン・プレジデント」マイケル・ダグラス主演映画の大統領執務室シーンで使用され、絨毯はビル・クリントン時代の物を参考にしてデザインされた。
これと同じセットがバルチモアにも在ると、あるハリウッド俳優が言った。

Oval Officeに居る、バイデンの就任直後の映像を注意深く見て下さい、影武者?窓枠の形状や厚み?窓外の景色?必ず机上にある筈のプレジデンシャルボックスの有無?大統領令を挟んでいる台紙の厚さ?等々、何かが見えてくると思います。

ナンシー・ペロシの父親はバルチモア市長を務めた、メリーランド州を支配するマフィアのボスで、バルチモアのアマゾンスタジオの方が、ペロシにとっては目が届きやすく、バイデンの操作管理が容易であり、ジェフ・ベソスのアマゾンCEO辞任劇は、このことに起因しているのでしょう。

さらには、CNNのジェフ・ザッカー社長、ワシントン・ポストのマーティ・バロン編集長、ABCニュースのジェームズ・ゴールドストン会長等の年内退任とも連動している。ソフトバンク孫正義会長も退任します。

今までバイデン陣営と目されていた面々が、論功行賞どころかバツゲームの様相を呈す、逆転現象が発生しています。

スペイン人ホアンからの情報だと、ネバダ州の地下深くのトンネルに在る闇の軍事基地は、120ブロックもある大きさで、中では児童に対する凄惨な行為がなされていた。この犯罪にもハリウッド映画界が関与していました。

清掃に入った人が送ってきた動画を視た時は、言葉を失った。
絞り首が軽い刑罰に思える程に、残酷な犯行に及んでいました。

クリントンやオバマは自ら頻繁に、ヒラリーも悪辣な児童虐待を続けていたのです。
エプスタイン島や子供たちを虐待する組織は、トランプ大統領の指令によって解体され、有益な情報を提供したミシェル・オバマは減刑され、薬殺刑を選択することが出来ました。

数百人に上るこの極悪人の群れには、政治業界に参入したマフィアや芸能人が多々散見された。

犯罪者チームは2月中旬に、バイデを取り除く準備をしていて、カマラ・ハリス(賀錦麗)を大統領に据える予定でした。
これは米軍の動きを早め、ゴールポストの変更に繋がったのです。
就任式は、誰が偽物の愛国者かを見極め、本物の愛国者の結束を強めるのに役立ちました。

ハンター・バイデンが麻薬取締局の責任者になると聞いた時、思わず爆笑しました。
中共コロナウィルスの検査は、何かを尻に差し込むと、その検査をウォールマートで受けられると聞いて、更に爆笑。

この壮大なパントマイムに人々が気付き、目覚めるまでに、こんな愚行を、あとどれだけ繰り返すのでしょうか。

(・”・)y━~~~

まずは2/12ですね

司法と議会は不正選挙の行司役に成り得なかった。

軍の監視下でやり直し選挙か?不戦勝になるけど、、、(・”・)ン? ネッ!

美国军方罕见发言!

米軍が声明を出すことは殆どありません!

ペンタゴンから重要な発表があった模様です。

(・”・)ドキドキ ワクワク

↑ 誤報のようです。

≦(・”・)≧ ペコ

「まだ終わっていません」 イヴァンカ・トランプ女史 ⅩⅦ


アマゾンCEOのジェフ・ベソスは地球上で一番の金持ちで、一番大きな組織のトップです。
警察、裁判所、政治家、大企業は彼を辞任させることが出来ませんでした。
突然、何の前触れも無くベソスを辞任させた唯一の勢力、それは軍隊です。

米軍がアメリカをコントロールしていなかったら、バイデンは普通の大統領のように振る舞い、撮影スタジオに隠れて、偽の署名を行い閉じ込められることは無かった。
そのスタジオはアマゾンと関係があったから、軍はベソスを追跡したのです。
自分が経営するスタジオが不正選挙で勝った人物に、有料乃至無料で貸し出されているかを知らずして、会社を動かすことは出来ません。

ホワイトハウスは管理人が、オフィスの電気を毎晩11時に消します。
誰も働いていないからです。

トランプ大統領がホワイトハウスを去ってからも、下院ではトランプ氏を弾劾しようとしていましたが、弾劾できるのは大統領だけです。
彼等は本物の大統領が誰なのかを知っていたのです。

長い時間を要しますが、トランプチームはルールを破らずに、正義を実現することに努めています。

多くの真実が公表される日が来れば、人々は自分で判断できるでしょう。

(・”・)y━~~~

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント