文大統領は、国際法も知らない 10月23日(水)


韓国経済は今、瀕死の状態です。株価急落、失業率の急増、観光客の急減、
輸出頼みの経済破綻、中小金融機関の相次ぐ倒産、そして韓国のチョ国法
相が14日、辞任した。就任から1か月余りでの辞任で、文在寅大統領が
任命責任を問われるのは避けられない。そしてあろうことか、韓国人自身
が国外脱出を始めています。

文氏は14日、大統領府の会議の冒頭で「結果的に多くの対立を引き起こ
した点について大変申し訳なく思う」と謝罪した。ただ、「検察改革に対す
るチョ氏の熱い意思と困難に耐える姿勢は改革の大きな原動力になった」
とし、任命に一定の意義はあったと強調しました。

文氏はやたらと検察改革を表明しているが、この意図は今のままの検察で
は過去の大統領たちと同じ運命にされてしまう。つまり自分たちの悪事を
見逃してくれる検察を作る必要があった。

そこで文氏は自分の意のままになる新たな検察を作ろうとしている。その
意を汲んでチョ氏を無理やり法相に就任させたが、ソウル市中心部では連
日、チョ氏の辞任を求める保守派の大規模集会が開かれ、その民衆の圧
力に耐えかねて、チョ氏は検察を改革する前に辞任してしまった。

このやり方は文氏が2018年に韓国最高裁を自分の意のままに判決を下す
ように、最高裁長官を任命したやり方と同じです。韓国最高裁が、新日鉄
住金相手に韓国人4人が起こした訴訟で、新日鉄住金敗訴の判決を下した。
この最高裁長官は昨年9月、文大統領に任命されたばかりの、高裁判事さえ
勤めたことも無い男だ。しかも彼は自分と同じ左派系の裁判官を次々に任命
しているという。明らかに文大統領の反日路線の連中が、裁判の結果まで
歪めている。本当に呆れた最低の大統領だ。

韓国では戦犯企業とレッテルを張られた日本企業が約300社もあって、
この全てが今後訴訟対象にされかねない。資産が押さえられる可能性もあ
る。戦時下日本に採用された韓国人は約22万人、新たな訴訟が起こされた
らどうなるのか。とんでもない事で、日本は国交断絶ぐらいの覚悟を持っ
て、毅然たる態度で臨まなければならない。

1965年朴正熙大統領は日本との関係改善を目指し日韓基本条約を締結。
この協定に基づき日本は韓国に無償3億ドル、有償2億ドルの巨額な経済
支援をすることになった。韓国側は個人を含む全ての請求権を韓国政府に
一括し支払う事を要求、結局日本政府がこれを受け入れた。
韓国が日本政府による個人への補償を拒み、韓国政府が義務を負う事を
選んだのだ。こうした状況はほとんど韓国国民には知らされていなかった。

この協定によって両国及び国民間の請求権が、完全かつ最終的に解決され
たことは間違いない。にもかかわらず文在寅大統領は自分の意のままにな
る最高裁長官を選んで日本に徴用工の対日補償請求を命じた。

韓国の文在寅大統領は10日、青瓦台で記者会見を開き、日本企業の資産
差し押さえが裁判所に認められるなどした元徴用工訴訟について、司法判
決を尊重する考えを表明した。

しかも文在寅は偉そうに「日本も三権分立を尊重してください」と言って自分
は関係がないという素振りをした。なにが三権分立だ!自分の思う通りにな
る裁判官を新たに任命して判決を下すのが三権分立だとはチャンチャラ
おかしい。

この大統領はとにかく「異常」です。なぜなら国際法の原則を知らない。
つまり国際法は国内法に優先するという大原則をしらない。
国と国が条約を結ぶということは、たとえ政権が交代しても、革命で新しい
政府が出来ても、条約に拘束されたままです。

当たり前のことで、もし国内の裁判でこの条約を覆せば、もう誰も国と国と
の条約など意味がなくなってしまいます。つまり条約に従う義務は、憲法に
従う義務以上のものだということです。

ところが朝の某番組の中で女性弁護士がこの徴用工訴訟問題で「韓国の
最高裁判所だ下した判決に従わなければいけない、それが三権分立です」
と言ったことに、女弁護士のレベルの低さに呆れてしまいました。

しかし以前2009年8月14日、ソウル行政裁判所は、大韓民国外交通商部が
裁判所に提出した書面を通じ「日本に動員された被害者(未払い賃金)供託
金は請求権協定を通じ、日本から無償で受け取った3億ドルに含まれている
とみるべきで、日本政府に請求権を行使するのは難しい」と明らかにしてい
る。つまり韓国政府が元徴用工の対日補償請求はできないと表明し、韓国
国民個人の権利を消滅させたことを公式に認めました。

だが文在寅大統領は、このことが全く理解できていない

日本としては国際司法裁判所に提訴する方法もあるが、韓国が拒否すれば
裁判は出来ない。韓国は国際協定も守れない前近代国家だと自ら宣言して
いるに等しい国だから、これを拒否すると思われる。仲裁委員会設置もある
が公平な第三国を選ぶ事は容易ではありません。

常に約束を破ろうとしている韓国相手に、同じ轍を踏んではならない。日本
としては「韓国を相手にしない」、こんな馬鹿な大統領を相手にしては時間
の無駄です。戦術的放棄を強めるしかない

一方、文在寅大統領の姿勢は一貫しています。つまり北朝鮮との融和を重
視し続けている点です。だが金正恩は今や文を無視続けています。文は北
朝鮮からの批判など気にすることなく、金委員長へのラブコールを一方的に
送り続けています。日本もアメリカも文大統領の事を、ほとんど相手にしなく
なった。

文が祖国統一を諦めたら彼の存在価値がなくなってしまいます。だから彼
は必死に北朝鮮との融和政策を重視続けています。

ア~ア何という愚かな大統領か!韓国民が気の毒で哀れで、国を逃げ出し
たくなる気持ちは痛いほどよくわかります。

話は変わりますが、22日は「即位礼正殿の儀」のおめでたい日です。
少し気になることは、台湾が招待されていません。
台湾に関しては、とても親日家な国なのに日本が国として認めてないの
で、招待状を送っていないとのこと。これは政治的な判断かもしれません
が、冷たく感じてしまいます。
むしろ反日国家韓国にこそ、招待状を送る必要はありません。

我が国の歴史は天皇の存在抜きに語れない。
「万世一系」の言葉が象徴するように、現在に至るまで天皇は決して
途絶えることはなかった。
日本の皇室は2600年以上の歴史を紡いできました。
日本の天皇は国家を私物化しようとしない稀有の存在です。
我々日本人は歴史ある恵まれた国に生まれたことを感謝しましょう。




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




コメント

>1965年朴正熙大統領は日本との関係改善を目指し日韓基本条約を締結。
>この協定に基づき日本は韓国に無償3億ドル、有償2億ドルの巨額な経済
>支援をすることになった。

当時の価格で、
       ベビースターラーメン 5円
       ライスチョコレート 10円
  不二家 メロディチョコレート 30円
       あんぱん      25円

で、ラーメンは 一杯   60~100円

といったところでしょうか。

まだ1ドルが固定レートで365円だった時代、
総額ざっと1800億円の援助....
しかも実質的な「ドル」の即払いで、今の貨幣
価値に換算すれば、控えめに見ても2兆円を超
える額ですね。、

東京オリンピック後の反動不況で日銀特融を
田中角栄が発動した年ですし、日本国内も
大変なことになっている状況の中でこれほどの
援助をすることがどれだけ大変なことであるか、
先人の誠意には敬意しかありません。

NHK朝の「ひよっこ」で演出されていた
「上京したら、社員食堂でカレーやナポリタン
スパゲッティーがお腹いっぱい食べられる事に
たまげた」のは、誇張でも何でもない事実
でした(もっとひどい例はいくらでも。だい
たい、朝ドラの都合とはいえ、汲み取り便所
が大半の安アパートがあんなにこぎれいな訳
ないですね^^;)。


文大統領の意を通すことは、先人の誠意の礎
を踏みにじることになるなぁ、と即位の礼を
TVで観て感じましたけど、まさにそれこそが
左派系の思想を持つ人の目指すものでしたね。

気概をみせろ

戦犯企業とレッテルを張られた日本企業が約300社あるそうだが、最終的に資産差押の対象となる事は必至。過去に何らかの経済的合理性があって韓国へ進出したのだろうが、法の則を超えたヤクザの脅しに屈し、差押を甘受してまでも残りたいのか?
ボロ船に危険が察知され、下船の指示が出ているのも拘わらず無視して釣りを続ける乗船客に等しい愚かな行為である。勿論、被った被害は自己責任であり、株主にも相応の説明責任が発生する。日本企業経営者の中韓傾斜は目に余るものがあり、一度、大やけどを負ってみるのも薬になるのでは無いかと思う時がある。

プログ主様、いつも更新ありがとうございます

在寅にとっての法は平壌の党本部の命令だけですよ。
タヒねと言われれば笑ってタヒぬんでしょ。

しかしその割に、子女を東南アジアに遊学させる逃げ支度は一貫しませんな。

まあ東南アジアは朝鮮労働党の工作員が跋扈しているようなので、遠国で人質やってるのかも知れませんがね(笑)

いずれにせよ、在韓米軍撤退とか、高麗連邦条約調印とか、「成果」だよ在寅君。
口先だけのプロレスごっこではなくな。

阿保が又偉そうに、誰とは言わない。
個人の請求権は消滅していない。
これは日本政府も認めている、ただ問題はその請求権がどこに向かってのものかが問題なのです。
韓国政府に決まっているではないですか、まとめて日本政府からお金を受け取っているのですから。
これ以上議論の余地なし。

とりついて絶対日本を放さない〇国

天皇陛下に親書って、いいんですか?
安倍首相あてならまだしも。

あんなに日本を貶め嫌がらせしてきながら、安倍首相、天皇陛下に親書って。
もう気持ち悪さで吐きそう。どんなことあっても日本から離れない。日本の国体の中に食い込んで一部になってる、なろうとしている。
どんなことあっても日本を放さない韓国。あーやだ!
安倍首相は、韓国を、重要な国といったそうな。
あーやだ!あーやだ!あーやだ!

真の覚醒が、今、必要です。

>ブログ主様 今週も更新有難うございます。
>>韓国終焉への最終章
 結果的に、韓国に取って文在寅を大統領に選んだことが、致命的な失敗だった事は、現在もう韓国が置かれている国際的な孤立と、日米の信用の絶滅の様から言って、確定的だと言えましょうが、彼と大統領を争った3人の候補者の何れも、極端な反日政治家であった事を考えれば、7割近い得票を与えて当選させた、国民の自業自得であるとしか思いません。

 つまり、韓国の反日は韓国の常識で有り、誰も否定できないダケの同調圧力を伴ったものでしょう。 文以下の大統領候補者が、何れも、極端な反日であったのは、その所為でしょうから、日韓関係は、この時点で終わって居ます。

 まあ、人は反~の運動には、敏感ですが、親~の運動なんて、見向きもしませんからね、極少数の親日派が居ても、声を挙げられないでしょう。 其れは文の支持率が激減した今でも、情況は変わって居無いと思って居ます。 曰く、処置無し、なのです。

 ブログ主様が、永年、韓国で会社を経営されて居た時のメンバーには、韓国人らしからぬ道義心を持った人も居たでしょうから、同情されて居ますが、ほんの5年前なら、兎も角、文が散々反日の限りを尽くした現状では、大部分の日本人には、韓国人そのモノに、嫌悪感を持って居て、同情など出来無い事でしょうね。

 それに、文大統領の特徴は、反日のみならず、反米であると言う事ですが、是に面食らった、日本の敗戦利得者も少なく無かった筈です。 然し、トランプ大統領は、彼らの敵でもありますから、当分、静観するしか無かったのでしょう。

 で、そういう連中が、一体何を言うかと云えば、どんな立場で有ろうと、反安倍政権、政権打倒でしたね。ww 日本がこの危うい時にですよ。

 つまりは、現状の不具合の原因を理解せず、その不満を現政権に向けて居るダケ、今、日本が置かれている国際的に非常に危険な状況を、マスコミが態と、伝えない事も考えず、現政権を替えれば、事態が打開できると思って居るのでは「ノータリンだ」と言われても、仕方が無かろうし、彼らには、文在寅を選んだ韓国人を嗤う資格は無いと思う。

 例えば、石破茂の様に、嘗ては、安倍首相と党総裁の座を争った自民党の注目株の筈が、実は、米国のGHQのWGIP推進派で戦後利得者であるマスゴミを支持層にした、愛国心の無い無能な男であった事が、時間の経過と共に、メッキが剥がれて、そして誰にも相手にされなくなったのを観ても分る様に、既に戦後体制は終わろうとしているのですが、是にも気が着けず、石破茂を次期総理に、とか言って居たコメンターが居ましたねww

 ネットの普及は、現状を露わにする事に、拍車を懸けたに過ぎないのに、保守面をした評論家や有名人の言を疑いもせず、支持ているのは、彼ら賀高学歴だから? 理論と現実に、乖離が有るのは当たり前なんですがねえ。

 韓国の中には、韓国保守と言う、嘗て、李承晩の手先となって、同胞の大量粛清に協力した、韓国の戦後利得者が居るが、彼らは、勿論、親米だろう。 そして、彼らは戦後日本を支配して居た、DR配下にあり、日韓関係で相当に甘い汁を吸って肥太って来た、DS勢力の飼い犬である。

 其れに対して文在寅は粛清された、約150万人の農奴層の代弁者を気取って居るカラ、文が日本の敵なら、彼らは味方なのかと言うと、然に非ずで、寧ろ、奴らこそ已然として日本の真の敵なのである。

 この先は、韓国の終末期に入りますので、彼らも生き延びようと、形振り構わず、日本人を取り込みにかかる可能性が有ります、くれぐれも、この韓国保守とDS勢力のタッグ「=日米マスコミが伝える韓国の良心派」の言う事に、振り回されてはイケません。

 質の悪い事には、彼らは資金が豊富で、宣伝力も報道媒体を握って居るので自在です。 対抗できる手段は、レガシイ・マスコミを遮断するか、無視する他は有りません。 まあ、ABC,TBS,NHKの反日メデイアは当然、FTVもNTVも、全面的には信用出来ませんね。

 まあ、私如きがこうして、力説しても、糠に釘でしょうが、注意して、当事者の文や正恩の、或いは、トランプや安倍さんの言動を注意して見聞していれば、お気づきになられる人も居るかもしれませんが、表に出て居る事には、もう一枚裏があって、その正体が私も、掴めません。 然し、皆さんの注意を喚起する心算で、徒労を覚悟で書き込んで居ます。

 今の日韓関係で、一番重要なのは、勿論「今後、韓国の処分はどうなるのか?」であり、結果「韓国人を引き受け手を、朝鮮に限定して、どんな形で認めめさせるか」で有って、消滅確定の韓国えすから、来年以降の日韓関係では、絶対にありません。 

 そういうマスコミの有りえない発言を、マトモに考えるのを、慣性力的思考と私は呼んでいますが、是に気付かないと、全てが手遅れになって、致命傷を負う結果になり易い。 

其れだけ日本が置かれて居る立場も、不安定で危ういのですよ。

 他人事で済む問題ではありません。 こんな時期に、消費税率をたった2%上げるダケで、日本が沈没すると騒ぐ輩が、何故、愛国者なのか、賢人なのか、疑問に思えないのなら、国家は何たるかを全く理解できていないとしか考えようがないですね。

昭和天皇と第二次上海事変(その3)



・ドツボにはまった文在寅大統領9月25日(水)時の投稿の続き
・米国の中国排除は本気だ! 8月21日(水)時の投稿の続き

1937年(昭和12年)12月13日

南京陥落

1937年(昭和12年)末

多田駿陸軍参謀本部次長

陸軍参謀本部の日中戦争不拡大と講和への努力

・トラウトマン和平工作

「数多い和平工作のなかでも、日中両国政府の最高指導者部が戦争終結とその条件について、ある程度まで意志を流通させたことが確認できる唯一の例であり、また戦争打ちきりの可能性を残した最後の機会であった」

(秦郁彦 「日中戦争の軍事的展開」『太平洋戦争への道 開戦外交史4 日中戦争〈下〉』(新装版)、朝日新聞社、1987年、34頁)

1938年(昭和13年)

1月11日

(陸軍)参謀本部の要請によって日露戦争以来の御前会議が開かれる。参謀本部は御前会議開催について、「戦勝国が敗戦国に対し過酷な条件を強要する」ことを戒める意味がある、と説明した。参謀本部は最後まで交渉による和平を主張する

(wikiより)

1月15日

 「(トラウトマン交渉)の期限の日の1月15日(南京陥落の2日後)、午前から大本営政府連絡会議が開かれた。多田参謀次長は、中国の最後的確答を待たずに、挙国一致の決意の不十分なまま、前途暗澹たる長期戦に移ることは絶対にいけない。蒋政権否認を決定するのは本日は保留して中国側の確答を待つべきである旨を強調し、政府側と完全に対立した。参謀総長と軍令部長は皇族であるため、政府側の意見によって両次長が統帥部から列席したのである。

(wikiより)

 杉山(元)陸相は、期限までに返電がないのは和平の誠意がない証左である。蒋介石を相手とせずに屈服するまで作戦を進めるべきであると主張し、陸軍省部の対立を露呈した。
 広田(弘毅)外相は『長い外交生活の経験に照らし、中国側の応酬ぶりは和平解決の誠意がないことは明らかである、(多田)参謀次長は外務大臣を信用しないか』と述べ、米内(光政)海相は『(近衛文麿)政府は外務大臣を信頼する。統帥部が外務大臣を信用しないのは、同時に政府不信任である。政府は辞職のほかない』とつめ寄った。
 (多田)次長は『明治大帝は朕に辞職はないと仰せられた。国家重大の時期に政府辞職云々は何ごとぞ』と声涙ともにくだった」

(防衛研究所戦史室『支那事変陸軍作戦(1)』からその様子を引用)

なお参謀本部は諦めず最後の賭として、昭和天皇への上奏により政府決定の再考を得ようとした。しかし、先に上奏した近衛によって、参謀本部の試みは阻まれた。このような打ち切りに際しては、蒋政権との和平交渉継続を強く主張し、第一次近衛声明の発表を断固阻止しようと食い下がる多田参謀次長に対し、米内海相が大本営政府連絡会議で「内閣総辞職になるぞ!」と恫喝して黙らせたことが知られる。

(wikiより)

1月16日

近衛内閣は「帝國政府は爾後国民政府を対手とせず。真に提携するに足りる新興支那政権に期待し、これと国交を調整して更生支那の建設に協力せんとす」と声明を発した(第一次近衛声明)。

(wikiより)

1938年(昭和13年)12月

多田駿 第3軍司令官に親補される。(満州東部の警備部隊)

1939年(昭和14年)8月

平沼内閣が総辞職し、後継首相は阿部信行大将となった。阿部内閣の組閣時、多田は板垣陸相の後任として陸軍三長官会議で陸相候補に決定した。

(wikiより)

昭和天皇

阿部信行内閣総理大臣に命令

「従来、内治外交ともにはなはだ乱れたるは、その根源陸軍の不統制にあり。卿(阿部信行)は陸軍の長老として諸般の消息しあるべく、またいかなる要点を押さえれば可なるかも熟知するならん。
 朕(昭和天皇)は第一線に立ちてこの問題の解決に当たる決心なるをもって、卿これを補佐せよ。陸軍大臣は畑(俊六)、梅津(美治郎)両人の中より選任せよ。要すれば朕は畑を手放さん(当時、畑俊六は侍従武官長だった)。卿は梅津にて陸軍がこぞりて推薦できうるよう試みよ。
 また朕は内務、大蔵、外務、司法各大臣の詮衡(せんこう=人物などを調べて選び出す)には深き関心を持つ」

(『高木日記』1939年8月30日、高木惣吉は当時、海軍省官房調査課長 )

天皇自ら陸相を指名したことは「事実上の親政宣言」とも言える

(古川隆久 『昭和天皇』 中央公論新社〈中公新書〉、2011年、229-253頁)

「(多田駿陸軍参謀本部次長ら)石原(派)こそは、日中戦争不拡大派であり、この時天皇の支持すべき陸軍軍人であったのだ。その石原派で、最も日中戦争の拡大に反対していた多田の陸相就任を天皇が潰したのだった。またしても歴史は皮肉というしかなく、多田が陸相になっていたらというイフは残り続けるであろう」

(筒井清忠 「天皇指名制陸相の登場」『昭和史講義2―専門研究者が見る戦争への道』 筒井清忠編、筑摩書房〈ちくま新書〉、2016年、214-215頁)


まとめ

日中戦争不拡大派の多田駿陸軍参謀本部次長が陸軍大臣の候補となったと聞いた昭和天皇は「陸軍大臣は畑(俊六)、梅津(美治郎)両人の中より選任せよ。」と阿部信行首相に命令して多田駿参謀次長の陸軍大臣就任を阻止したのである。

大日本帝国憲法における統治の前提として天皇は国務大臣を直接指名しない。そのような制度にすると、その所管で何かしらの失敗や問題が発生した場合、任命者である天皇の責任を問われるからである。従って、国務大臣の任命は推挙があった者を天皇が認可するにとどめられていた。

天皇が「朕は第一線に立ち」と表明し直接陸軍大臣を指名したということは「事実上の親政(親政とは天皇自ら政治を行うこと)宣言」である。それは後醍醐天皇の建武の新政(親政)以来の出来事であった。重要なのはそうすると、その陸軍大臣によって行われた国家行為に関して天皇が責任を負わなければならない、ということである。

日中戦争の始まりである第二次上海事件における陸軍部隊の上海派兵決定に続き、大日本帝国憲法の制度をないがしろにしてまで日中戦争不拡大派である陸軍参謀本部次長であった多田駿の陸相就任を阻止した件について、日中戦争において昭和天皇には重大な責任があるとしか言えない。それにも増して、そこまでするということは多田が陸軍大臣に就任して「日中戦争を止めなければ大臣を辞任する」と圧力をかけられると何か困ることでもあったのか、との疑念は尽きないのである。


資料

多田駿 Wikipedia
トラウトマン和平工作 Wikipedia
阿部信行 Wikipedia
輔弼 Wikipedia

昭和天皇の“御親政”
http://blog.livedoor.jp/kodama1872/archives/51392928.html

訂正

×:「(トラウトマン交渉)の期限の日の1月15日(南京陥落の2日後)
〇:「(トラウトマン交渉)の期限の日の1月15日

引用元はwikipediaではなく「昭和天皇の“御親政”」からでした。

無知と悪意、邪悪さ

本瀬です

今週もまさに其の通り!と拍手喝采したい内容です。

其の中で、女弁護士や文在寅の無知を言われていますが、自分が思うに彼らは熟知した上で視聴者や民衆の無知につけ込んで騙そうとしている邪悪さを感じます。

辻本さん、皆さまの条約、国際法、経済の事、いちいちもっともな話なので、別の視点から、45、6年も前でしょうか、家族で韓国を訪れた事があります。反日という空気もなく、年配の方は流暢に日本語を話すし、新聞、看板も漢字諺文混じりで漢字部分は読めました。民意という意味では、日本がエコノミックアニマルなどと揶揄され、高度成長の真っ只中に海外旅行ブームで一番手軽な外国として韓国旅行が増えますが、何せ貧しい国で見所ナシ、美食ナシ、今の様に化粧品やらパチモノブランド品もありません。旅行の目的はキーセンパーティでツアー客の9割方はスケベ男性。何せ女が安い!そりゃ背に腹はかえられぬとは言え、日本人に妻娘、姉妹を差し出して生き延びた記憶は当の女性達より男性達には強烈なトラウマとなったのでないかと想像します。だからこそ、いわゆる徴用工問題はさして盛り上がらずいわゆる慰安婦問題では証拠との整合性も関係なく燃え上がるのではないでしょうか。その後も、赤坂の韓国クラブ、鶯谷の韓国デリと性懲りも無く韓国男性のヒモ根性は治らない。

史実、論拠を列挙すると、投稿はじかれちゃうので見聞きした範囲の話です。(笑)

まともに議論し過ぎでは?

小生、ここに集う殆どの皆様には賛同します。
その上で敢えて言いたいことは、まともに議論するのは時間の無駄ではないかと。
文は出生主義では、北朝鮮人ですし、かれの政権は金正恩の司令で動く傀儡政権です。別名スパイです。
敵国(表向きは別として)として、是々非々で対応すべきでは。
侮らず、ミサイル、潜水艦の増強が必須だともおもいます。


孟宗竹さんのおっしゃることに同意です。

ところでここでコメントを残す方は皆さんインテリで、大変な知識を持っておられます。
同じ白でも透明感のある白、真っ白、艶消しの白、曇りのない白、と違いがわかることと、その違いを正確に表現、相手にもわかってもらうという知性です。

しかし日本以外の外国は、もっと単細胞で細かな知識の広がりもなく、ただ単に自分の利益を力づくで主張するだけです。
日本人から見ると大変みっともない行動のですが、これが大変な発信力、大きな力になっています。

大体日本以外はどこもいろいろ程度が低いのです。
そして残念なことに、世界中どこでも言ったモノ勝ち、やったモノ勝ちなので、日本の立場は往々にして武士は食わねど、になってしまいます。

日本の一般のインテリ度が高く、内輪もめではないですが日本人同士で細かな情報精度を競っているうちに、日本の利益がかえってかすんでしまい、外国からは日本は何も言っていないように見えてしまいます。

ですので、韓国は議論という意貴重なことをせず、基本相手にしないことと、目には目を、という対応をするべきだと思います。

徴用工問題を考える



論点整理

論点1

世界遺産登録時の日本政府代表の発言における『forced to work』という表現の解釈

日本政府:厳しい環境の下で働かされた
一般論:翻訳してみると、英語:forced→日本語:強制された、であり『forced to work』は「強制労働」を意味する。

結論

英文の『forced to work』は「強制労働」を意味する。

論点2

慰謝料請求権は日韓請求権協定の対象外(つまり、慰謝料は請求できる)

財産請求権

「朝鮮半島出身の徴用者を含め、日本と韓国の間の財産請求権の問題は、法的に1965年の日韓請求権協定により、完全そして最終的に解決済み」(菅官房長官)

慰謝料請求権

「(韓国)大法院判決は、請求内容が日本の違法な植民地支配及び日本企業の反人道的不法行為を前提にした慰謝料であることを指摘している」(2018年に韓国の最高裁が下した判決 wikiより)

結論

韓国側は日韓請求権協定で解決した「財産請求権」に基づく賠償請求ではなく、新たに不法行為に基づく「慰謝料請求」をしてきたのである。つまり、「強制」は意に反して行われることであるから「不法行為」に該当する。従って「強制性」を認めれば法の常識として「不法行為」に基づく「慰謝料」を請求されるのである。

まとめ

徴用工に関する問題を解決するには「強制性」を認めた政府の見解を取り消せば良いのである。繰返すが単純にそれだけで良い。その結果、世界遺産登録が抹消されても再登録すればよいのである。安倍政権に「当時の表現は誤りで強制性はなかった」と正式に声明を出せ、と言うべきである。

参照記事

「forced to work」は「誰が見ても『強制労働』」 世界遺産で外交敗北、安倍首相ツイッターは「炎上」状態
https://www.j-cast.com/2015/07/06239576.html?p=all

私見

徴用工問題を軽視するべきではない

2015年に安倍政権が軍艦島の世界遺産登録において、民間企業における朝鮮人労働者の雇用に「強制性」があったと認めてしまった。「強制性」を認めれば、個人の意思に反して労働を行わせたということになり、法律上の不法行為として賠償の対象となる。具体的には精神的苦痛を受けたとして慰謝料請求が肯定される。日韓請求権協定で未払い賃金である財産権についての補償は終了しているが、慰謝料についての話し合いは行われておらず未処理案件として企業に補償が求められることになる。韓国側は企図して安倍政権に「強制性」を認めさせたと考えられる。

問題は両国政府間で取決めをして請求権を放棄しても、権利を侵害された個人の請求権は消滅しない、ということである。もし、日本政府が韓国側に妥協して個人の請求を認めるとなると、日本人の個人が侵害された権利についても損害賠償請求を認めなければならなくなる。そうすると、米国の都市空襲、原爆投下、等について日本国内の政治活動団体が被害者を擁立し米国政府に対して一斉に訴えを起こすだろう。日米同盟に十分な楔を打ち込むことになると考えられる。

中国の人民も日本に対して請求をしてくるだろう。日本は中支から南支にかけて相当な都市空襲と物資の徴発(実質的には略奪)を行っている。そして、満州から北支にかけては日本企業に雇用された多くの労働者がいたのである。中国政府は既に彼らの訴えを受理している。(現在は訴え受理の段階で止まっている。)

これは中国共産党の所謂「三戦」でいう法律戦を仕掛けられているという認識が必要なのではないか。中国、韓国内における日本資産は何時でも差押えられるように準備が着々となされているのである。日本が米国の後ろ盾を失うようなことでもあれば、大陸や半島から再び身ぐるみを剥がされて追い出される、事ここに至ってはその覚悟をしなければならないのではないだろうか。(個人的には、それで済めば上出来だと思う)倭人と呼ばれた時代から、大陸と半島で闘争に勝ち残った試しがなく、今だけが異常な時代なのかも知れないのである。

資料

法律戦

自軍の武力行使、作戦行動の合法性を確保し、敵の違法性を暴き、第三国の干渉を阻止することで自軍を主動、敵を受動の立場に置くことを目的とする。軍事作戦の補助手段として用いられる。
https://www.mod.go.jp/asdf/meguro/center/AirPower2nd/113memo3.pdf


HSBCさん
徴用工問題を軽視するのではなく、無視するのです。
松川るい議員が南朝鮮教授と出席したTV番組で’韓国裁判所がどんな判決を出そうが、日本の知ったことか’と啖呵を切ってました。
まさにこれは南朝鮮のいちゃもんで、こんなのにいちいち付き合っていてはらちがあきません。
向こうもこの件は無理筋なのはわかっているようで、現に慰安婦の件の様に国連などの国際機関で騒いではいません。

騒いで来たら、下記のブログ主記載の事実を一事不再理だとして反論すればいいのです。
>2009年8月14日、ソウル行政裁判所は、大韓民国外交通商部が
>裁判所に提出した書面を通じ「日本に動員された被害者(未払い賃金)供託
>金は請求権協定を通じ、日本から無償で受け取った3億ドルに含ま
>れているとみるべきで、日本政府に請求権を行使するのは難しい」と明らかに>している。つまり韓国政府が元徴用工の対日補償請求はできないと表明し、韓>国国民個人の権利を消滅させたことを公式に認めました。

財産請求ではなく不当行為の慰謝料請求だとの逃げ道を用意しているのでしょうが、戦時中に不当労働行為もないもんでしょう、同じ日本人でしたよね。
戦時中の不法行為を問題にしたら、収拾が付かなくなります。

> また帰ってきた通りすがり さん

 
燦燦三太です。

前回記事でコメントを頂戴していたので、他の皆さんには申し訳ございませんが、こちらでお返事差し上げます。遅くなってすみません。

> 広く意見を求められて私も参考にさせて頂こうと思っていました

そうですよね。皆さんがどう思っておられるのか、また私達の知らない情報を誰かが持っていまいか。そういう事を聞かせてもらいたいと思って投稿しました。「あぁ、なるほど」「そういう情報があるのか」「それは少し違うでしょ」等々色々参考にしたかったのです。貴方様もそうなのだと思いますが、何か収穫はありましたでしょうか。

> 慰安婦基金や消費税で安倍失政との流布から失政への流れへの懸念

それは重々承知しております。私が常に言うのは個別の政策等において、良い事は良い、ダメな事はダメという声を上げていかないと政治に反映されて行かないという事なのです。全てが万能な政治家や政権などあり得ませんから、国民の声をしっかり反映した政治を執り行ってもらうために言うべきことは言っていかねばという事です。反安倍がどうだとか、マスコミの洗脳がどうだとかは関係ありません。安倍支持者こそ庶民目線で言うべきことを言って成果を待てばいいと思っています。

闇雲に信じ切ってなすが儘されるが儘ではいけないですよね。安倍信者・自民信者になってはいけないというのはそういう事だと思います。支持者なら叱咤激励しなくてはダメでしょうという事です。安倍さんを引き摺り下ろすとか野党を持ち上げるとか、そういう事ではないんですよね。やるべき事をやってくれれば誰が総理で与党がどこでも構わないと思っています。とは言え、今は自民しか選択肢はないのも事実。日本第一党はまだまだ無力ですから、安倍さんや自民には頑張ってもらわないとです。

> 桜井氏に期待していて国政に出て来て頂きたいもののやりすぎると

桜井はとても頭の良い人ですから、その辺りは絶妙なさじ加減で活動すると思っております。最近の韓国マスコミからの取材動画やN国党のパチンコおじさんとの対談、その他米国政治家や米国活動家との対談などを見ても分かると思います。

> 安倍総理はできる範囲で着実に日本を良い方向に導いていらっしゃると思い
> ます

私にはそう思えないところも沢山あるのです。「総理や政府ができる範囲」というのは、私たち庶民が決める事ではありませんよね。私たちが安倍総理に「忖度」する必要はないと思うのです。だからこそ不満があれば素直にそれを表現する必要があると思っています。声を政治に反映させてもらうためにです。「できる範囲」で着実に国民の利益を最優先してくれているかどうかは政府の外からでは知ることができません。だから疑問に思う事は口に出します。私たちがしている安倍批判は、そういう考えから出ています。反日勢力の片棒を担ぐなどと言って、言うべきことを言わないでおけという事のほうが、結果的に反日勢力の片棒を担ぐことになりかねないと思います。

> 不満もありますが他に誰か適当な方がいらっしゃるでしょうか?

誰も居ないですね。とは言え誰がやっても自民党という縛りがある以上、大差なしとも思っていますが。誰も居ないから安倍さんに頑張ってもらえばいいという意見には特に反対いたしません。

ただし何でもカンでもこちら側が勝手な忖度をして(彼らから見て)都合の良い理解者になる必要はないと思います。忖度するのはイエスマン。安倍信者は国民皆にイエスマンになれと言っているに等しいです。イエスマンほど役に立たない存在はない事を社会人ならご存知だと思います。イエスマン増産に精を出す人間は特に不要ですね。

> 選挙に勝つためだけに公約を掲げ終わればそうでしたっけ、ってもう引っ掛かりはしません

私は安倍さんが総理になる前にTV出演で話していたことを聞いて期待しておりました。私は根っからの反自民・反安倍というわけではありません。当時は傍観者でした。勿論民主党の危険性や維新の会の出鱈目さは分かっていましたから票など入れてませんし、消極的自民支持の傍観者でした。投票も自民一択でした。

私が安倍さんを信じなくなったのは、選挙前に明言していた「竹島の日を国家行事に」「靖国参拝をしなかった事を悔いている」「尖閣に公務員を常駐させる」「TPP断固反対、ブレない自民党」「憲法改正に全力で取り組む」がきれいさっぱりなかった事になってしまったからです。別にそうした話を選挙前にしていなかったのなら問題視しないのですが、云ったのにやらないのは見過ごせません。職場でもそうでしょう?トランプさんが評価できるのは、言った事は素早くやろうとするからです。

選挙に勝つためだけの公約に騙されないようにしてまいりましょう。

> 共産党かパヨクの二択であれば投票率が落ちるのも仕方無いがそれでもマシ
> な方に投票せざるを得ない

私も以前はそうでした。ですが今年からは投票に行かない事にしました。どう非難されようとも支持できない人に票を入れる事はやってはいけないと考えるようになりました。今後私が投票するのは日本第一党のみです。

> お年寄り≒物知り、賢者として権威の復活、そしてそれが日本の良さの再発
> 見と保護保存につながると

そうですね。ですが残念なことに、今の都市部のお年寄りは大袈裟に言えば草食系の若者よりも礼儀知らずで横柄で攻撃的で拝金主義な人が多いです。先日も電車で席を譲ろうとした若者に「年寄り扱いするな」と暴力を振るう事件がありましたね。昨日はコンビニのレジで煙草の銘柄が聞き取れなかった高校生アルバイトに怒鳴ってお金を投げつけていました。体感ですが、私たちがまだ若かった頃に居たお年寄りに比べて恥ずかしい人が多くなったように思います。自分自身気を付けようと思っています。

と、話が長くなりすみませんでした。コメント頂きありがとうございました。


習近平の国賓

本瀬です

習近平主席の国賓招請に反対の方は多い様ですが、
Win-Winな条件を一つ二つつければ良いのではと考えます。

一つ目は、靖国神社参拝
習近平主席と安倍晋三総理が肩を並べて靖国神社を参拝する。
歴史的和解と靖国問題をチャイナはカードとして今後使わない保証です。
これにより、朝日新聞、韓国、パヨクは大打撃。
日中双方にメリットがありコストはかからず平和的

二つ目は、広島、長崎訪問
米大統領が行かなかった長崎にも慰霊の訪問をする事で、
対米批判にもなるのでチャイナにもメリットだし、
チャイナの核兵器を日本に照準する事への批判、自制にも。

上記2点、部分的にでも実現できるなら
米大統領、ローマ法皇クラスの国賓として大歓待する意義があると思います。
まあ、外務官僚、政治家にはあまり期待できないですが・・・
逆にチャイナ側の外交官や政治家は奇策として発想できるかもしれませんね。

以上妄想でした。

> 本瀬さん

 
燦燦三太です。

いや、この案↑って素晴らしいの一言です。どちらも上手く考えたなぁと感心するしかないのですが、特に2案は日米安保に亀裂が入る期待も持たせられますよね。この件に関して裏で動かれでもすれば厄介な事になる可能性もありそうですが、トランプ安倍ラインが親密であるなら問題もないはず。

ちょっと感動にも似た気持ちになったので、思わず投稿させてもらいました。こうした提案ができるブレーンを持っているのかな。竹中平蔵なんてのを頼ってる時点で無理か。(コレは安倍さん批判ではないですw)

ブログ主様、ブログの更新を、ありがとうございます。

文在寅大統領は、韓国を北朝鮮に併合させるという彼の計画を、順調に進めていますが、チョ・グク法相の無理な起用はさすがに無理だったようでチョは辞任しました。

チョがこのまま辞任しなかったら、検察の人事を行うことで文在寅大統領の思う通りに検察の重要箇所に文在寅大統領の意図通りにする人物を据え付けることができましたから、暫く前に行った裁判官と検察の人事は大統領の意図通りになって、三権分立の司法・行政・立法の全てが自由になるのですから、やりたい放題のできる状況にできたのにと、今頃はがっかりしているのでしょう。

最も誰かが、韓国は三権分立の国だと言っていた気がするのですけれど、所詮、韓国ですから民主的な国家運営にほど遠く、李承晩の頃から変わりがないように思います。

文在寅大統領はもし思うようにできなかった場合に備えて、家族を海外に引っ越しさせていますから、今後はこれまで通りに韓国を北朝鮮の支配下に置く計画を無理矢理にでも進める一方で、もしそれが失敗した場合には、海外亡命の準備もしていると思います。
でも、軍部のクーデターもしにくいように人事に手を付けていたので、法相をチョにする事で一気に金正恩に褒めて貰えるはずだったのに、大失敗ですから悔しいでしょうね。

褒めて貰うどころか、サッカーでは金正恩が本気で怒っていることを示されて、多分頭を抱えているのでしょう。


戦時労働者を無理矢理徴用工だと言って、請求権並び経済協力協定に該当するから請求すると言っても、既に支払い済みに含まれているから韓国が支払うだけのことです。
韓国は一度ごねて貰えたら、それを何回でも言って、また貰おうとする民族であり国ですから、請求権協定では既に韓国に支払い済みであり、日本は「完全かつ最終的に解決されたこととなる」ことを繰り返すしかありません。
後は、韓国内の話ですから、日本企業に対する差し押さえを解除するだけです。

韓国のことですから、こんなときにも「日本にスワップよろしく」と言っても不思議ありません。

日本は、麻生財務大臣がスワップに応じないとしていたので、これを断るとともに、民間銀行が韓国にドル融資をしないように指導しておく必要があります。
そうしないと、何処かの銀行が韓国に頼まれたら、何故か融資をしているときがあるのですけれど、これが焦げ付いた場合、日本の政府に助けを求める可能性があると思います。(日本国民の税金を使って助ける位なら、そんな銀行は倒産させれば良いのです。)

櫻井よしこ

 
燦燦三太です。

期せずして櫻井よしこさんのブログで例の問題が取り上げられていたのでご報告を。私が抱いた疑念と同じコトを考えておられるようです。香港問題も絡めて書かれてあるので読んでない方は読んでみて面白いかと。

抜粋 ------------------------------------------------------------------

安倍晋三首相はなぜ習氏の国賓待遇での来日に傾いているのか。国際社会を広く見渡す首相の視点の確かさを思うとき、理解し難い。或いは外務省が正しい情報を入れていないのではないかとさえ疑う。国賓招待は6月のことだった。その後、香港問題が激化し事情は変わった。招待の再考を中国側に提案してこその日本外交であろう。

櫻井よしこ 日本ルネッサンス
https://yoshiko-sakurai.jp/2019/10/24/8377
------------------------------------------------------------------------------

安倍政権発足前の櫻井女史の話す内容は、私が安倍さんに抱いていた気持ちと同じでした。当時櫻井さんも安倍さんもよくTVに出ていました。今では反NHKを地で行く為に家にテレビを置いていないのですが、当時はまだ大きな液晶テレビがリビングに鎮座しておりました。

ここ暫くは櫻井さん始め多くの保守論壇が安倍さんに疑問を呈する機会が増えてきましたが、私はそれに先立って反安倍の気持ちが固まりました。時代が私に追い付いてきたという事でしょう。冗談。w

かと言って櫻井さんが反安倍反自民という事ではないですし、共産勢力や反日勢力に加担して居るはずがありません。マスコミに踊らされてるはずもありません。要するに良い事は良い、悪い事は悪いと声を上げる保守だという事ですね。そうして世論を喚起し、安倍さんや自民にしっかり考えてもらおうという事なんだと思います。私がココでそれをすると散々な目にあうのですが、櫻井さんなら理解してもらえるでしょう。そういえば自民に居る青山さんも同じような立ち位置だと思います。

本瀬さんの仰るような条件付きで招待するしか言い訳が立たないような気がしてなりません。櫻井さんは国際社会に対してと仰っていますが、私は特にトランプさんに対してそう言えると思います。日本がこれまでになく反日勢力に対して強く動けるのもトランプさんのお陰という面があるからです。

 

>本瀬さん ソロです。
>>近平招待時の2提案
 この提案は面白いと思いますが、実は「一緒に靖国参拝」の方は、約2週間魔に、然るブログで提案が上梓されて居ました。

 その時は「相手は、唯物主義者の共産主義者で、彼らは、靖国神社を宗教施設と言う認識しか持って居無いと思われるので、神社参拝を提案すれば、来日自体を拒絶する上、国交状況は、今より悪化するだろう」と思いました。 

 然し、再度、本瀬さんの提案をみて「其れは飽く迄、従来のモノで、現状追い詰められて、八方塞がって居る共産シナなら、承諾する可能性はある」と、思い直してみました。

 実現すれば、ウルトラCになるのですが、是を実現するには、相当の難問が靴もあります。

 先ず、体面に拘るシナ側は、内部で相当揉めるでしょうから、其れ形の対価を、要求してくるでしょう、その処理をを如何するのか? 当然、譲歩や制裁緩和の要求になる処ですが、日本が直接対シナに化している制裁などありませんからね、この辺り「日本が抜け駆けが出来無い様にしている」と思われます。

 それに、現状トランプチームと、共同歩調を取って、シナを追い詰めて居るのに、此処へ来て、日本の国民の為とはいえ「抜け駆け」の様な事をすれば、彼らには「その意味が分からない」ので、日本の旗幟を疑われても仕方が無い。 

 此の件を米国に認めさせるには、先に、トランプ大統領と靖国参拝を済ませて置くべきでしたね。 その実績が無いと言う問題も浮上します。

 唯此方は、トランプ氏に頼めば実現できるかもしれません、何せ、安倍さんは訪米の時に同じ「戦没者慰霊施設」である、アーリントン墓地へお参りしているのですカラ、問題を「戦没者慰霊」に絞り込む事が出来ますね。

 然し此処にも問題が有ります。 米国は来年は、大統領選挙ですカラ、米国内のガチガチの反日派が、トランプ支持者の中に居る場合は、即却下になるでしょう。

 もう、一つの広島・長崎への原爆慰霊の方も、一種の米国に対する当てつけだと解釈する勢力が、日米双方に顕在・潜在しているので、此方も、慎重な対応を要します。 あの16年のオバマの「謝罪なしの献花」でさえ、米国内部では「屈辱的だ」と言う声が有りましたからね。

 習近平の国賓招待ですが、米支戦争が終了する迄は、こうした事は実は避けるべきで、何故このタイミングに・・と言う疑問が有ります。 ダカラ、是も作戦の一つなのかもしれないのです。

 令和に改元して、国家元首が変わったのですカラ、事を仕掛けるには、良いタイミングではあるわけです。 それに「縺れた国際間問題を解消するチャンスだ」と、ご先祖様も教えて呉れて居るのかもしれません。

 だから可能性は追求するべく、真剣に検討しなくてはならないとは思いますが、もしチームの作戦なのなら、まあ。無理かな。

日韓議連河村について
昨日のニュースで河村のインタビューが報じられていた。
彼の言’日韓のわだかまりを解決するため、何らかの基金を作って双方が納得いく名目を考えだして出して、金を拠出しあう案が出ている’との事。
また同じような基金ですか、そして双方が金を出し合う?名目は何でもいい?バカ丸出しです。
同じ過ちを犯すのは痴呆、魯鈍と言われても仕方ない。
安倍首相は慰安婦に関しては今後一切謝罪はしないし、お金も出さないと明言している、是非この問題でも同じスタンスを取ってほしい。
首相が徴用工問題は解決済みだとして、韓国に交渉には応じない姿勢を明らかにしているのに、それに反する行動をとる日韓議連は何なのか?
日本国民の大多数を占める嫌韓の流れを何と思っているのでしょうか?

インタビューしている人間もそれを是としているような感覚で質問をしていた。
普通、基金だのお金を拠出する等と言う案が出たら、少なくとも’慰安婦と同じ解決方法ですか?同じ轍を踏むような気がしますが?’くらい突っ込みを入れるべきだと思うが、前もってシナリオが描かれているのか、何の反論も見せず、すんなり河村の韓国べったりの信念を開陳して終わってしまった。
しかしどうしてそこまで韓国の言いなりになろうとするのか理解できない。
余程うまみのある利権があるのだろうとは想像できるが、しかし日本の国会議員ですよ、日本の国益をそっちのけにして韓国に寄り添う?本当に理解できない。
税金の無駄つかい、売国奴を絵にかいたような奴です
日韓議連を解散させる手はないものかと真剣に思います、少なくとも会長の額賀とこの河村だけは選挙で落としたいですね。

気概

本瀬です

平穏無事、現状を維持するだけでも大変な世の中ですが、どうも今の日本人は小さくまとまっている様に感じます。大志を抱くのは「平和に対する罪」でAクラスですからね(笑)

明治維新で王政復古し朝鮮を独立させ、満州国を建国した気概は何処に行ったのでしょう。スペインも英国もそれ以前のペルシャやトルコも今じゃ小さく纏まってるから、歴史の必然なのかもしれませんが、「俺が酋長になる」「切り取って自分の王国を作る」ぐらいの稀有壮大な若者、歌舞伎モノは今の教育では出てこないのでしょうか。

ISISの連中はやり方が乱暴で国際感覚が欠落していたが、この気概があった。
南北朝鮮の違いは、北は切り取る気満々、南は平和ボケ。

では、日本は?
他国の領土を切り取らないまでも、大東亜共栄圏を凌ぐ地球共栄圏を構想し天皇陛下を地球皇帝の座にお昇りいただいて、世界平和を実現する!

経済世界一を目指し、
軍事世界一を目指し、
福祉世界一を目指す。

アフリカや南米を日本の工場として
核武装、宇宙兵器を開発し
原潜とSLBMのセットを20隻ほど、世界最大の原子力空母艦隊を5セットほど
昔作った潜水空母のずっとデカイバージョンで巨大潜水空母も欲しいですね。
もちろん、知財やライセンス権で荒稼ぎしたマネーで、無税ベーシックインカム1人50万円ぐらいの福祉国家にw

根拠、史実、エビデンス、そんなものねー(笑)
欧州も制服して第4帝国作らなきゃw

ホサカユウジ教授

ホサカユウジ教授の新刊『安倍、彼はなぜ韓国を潰そうとするのか』
「安倍=ヒトラー」

こんな見解の持ち主が政府の公式垢で何度も紹介されるのが、いまの文在寅政権ですね。
---
日韓議員連盟の河村建夫が親友の李洛淵首相と会談し、日韓企業が資金を出し合う 賠償金とは違う「日韓経済未来基金」設立を水面下で模索中だってよ。

ブログ主様いつも明晰な解説文ありがとうございます。

即位の礼に関する台湾の方々のご参列について、
気になった記事がありましたので、宜しかったら見てください。

アメリカより台湾系大臣がご参列
ttps://hosyusokuhou.jp/archives/48863277.html
台湾からはこの方がご参列されたそうです
ttps://hosyusokuhou.jp/archives/48863354.html

台湾万歳

世界一について

 
燦燦三太です。

私は暫く前にコンサルタント業を廃業、昨年はネット通販事業、今年年初に一部事業を閉鎖しました。今は実店舗を幾つか持つ小売業と投資事業を営んでおります。要するに色々な事を整理して終活に入っているわけです。あと数年で後進に全てを譲り、余生をどう生きるか模索中といった感じです。

なぜ冒頭にこの話をしたかというと、気概という話を本瀬さんがされておられますが、ふと自分も気概を失いかけているのかな?と思ったからです。もう日本の政治の事なんてどうでもいいやと思い始めたのも今年に入ってからですし。

国の事を考える時、私はいつも自分の事に置き換えて考えます。国の代表は勿論天皇陛下ですが、それは私にとって父や母。尊い存在であり一段上に居て自分を見守っているわけです。ですから企業(従業員の家庭生活を含む)を統括して運営する私は、日本における総理大臣にあたります。近隣には特亜というやくざ国家が存在しますが、企業にだってそういう敵は存在します。駆け引きや裏工作、表の資金に裏工作資金。規模は違えどやっている事は同じです。

そういう具合に考えると、私は覇権を狙う人間ではありませんでした。本瀬さんの仰るところの経済世界一、福祉世界一というような考えは持たず、どちらかと言うと棲み分けによる共栄共存を一番に考えてきたと思います。つまり一番になることはあまり望まなかったという事。他と比較しての一番に興味はなく、自分自身の幸福感に対して貪欲でした。従業員や関係者の笑顔が私の幸福感につながりますから、そういう意味でグローバル化の名の下に大が小を貪り食う今の社会が嫌いです。

さて、このコメント欄に私事を書くのは少し間違っているわけで、ポイントはここからです。

日本がリーダーになって世界を引っ張るとか纏めるとか、そういう話がたまに出てきます。私の経験からして、そういう考えで前に出ると大抵上手く行きません。出る杭は打たれると申しますか、何故か上手く行き難い。障害や抵抗がより強くなって困難がより大きくなったように感じています。それを乗り越えて何かを成したとしても、良い時期はそう長くはなかったように思います。それよりももう少し小さな範囲での充実を図ることが、結果的に多くの喜びを招き入れてきた気がします。そしてその喜びは長く続いたようにも思えます。

具体的な話を書くのは憚られますしそういう場所ではありませんので抽象的な内容となりましたが、要は世界を見る事よりも国内を見る事に重きを置くべきなのだという話です。世界を意識して政治を執り行っても国民の幸福はそう大きくも長くもならないのではないかという事です。例えばIWC国際捕鯨委員会からの脱退などもそうですが、こんな事は20年前に済ませておくべきでした。

パソコンについてもそうです。皆さんはトロンという国産のOSをご存知でしょうか。1980年代に開発されていた国産OSで、Windows等より性能が優れていたOSです。そして流石日本人で、このOSをメーカーが使用するにあたり、ライセンス料は無料でした。国内家電メーカーはこのトロンの使用を決めていたのですが、そこでまた世界一の悪党国家アメリカの横槍が入ったのです。知っている方も多いと思いますが、興味があればご自分で。w 日航機墜落事故にこのトロン開発者が20名ほど搭乗していたのは偶然ではないと思います。政府が後ろ盾になるべきだったし、そうしていれば今以上に日本は重要な国になっていたでしょう。

まずは世界を見るより国内をみる。身近な所でカラオケやフロッピーディスクなどを見ればわかるように、世界一など日本国民の幸せを第一に考えて動けば後からついてくる評価です。日本人の民度も知恵も世界で一番優れているのですから。まずは国内、国民の幸せを優先した政治政策を採るべきだと思っています。日本が鎖国して独自の文化を育んだ200年。鎖国についても勘違いされておられる方が多いですが、世界から孤立するためにしたわけではなくキリスト教を殲滅するための政策でした。明治開国以後、鎖国は悪だったと言われていますが間違いです。

あー、話が長くなりそうなので、このあたりで終わります。w

P.S.
本瀬さんのお話への反論の意図はないです。そもそも本瀬さんのお話も楽しい空想のお話でしょうし、これは私の単なる自己満物語です。w

今、世界で待望されているのは・・

>本瀬さん ソロです。
>>気宇壮大な日本人を育てる。
 私が日本史で「傾奇者」と位置付けて居る人物を時代順に列挙しますと、日本武尊、応神帝、武烈帝、聖徳太子、天武帝、アテルイ、平清盛、木曽義仲、楠正成、北条時宗、織田信長、豊臣秀吉、徳川家光、西郷隆盛、勝海舟、坂本龍馬、石原莞爾、昭和帝、田中角栄となります。

 是等の人々の共通項は「大きな歴史的なキーポイントになる様な事を成し遂げたのに、その生涯は、波乱に満ちており、決して恵まれた一生とは言えない」と言う事だと思いますし、歴史の評価も不当に低いと感じる事もあります。

 これは、そういう人は、幼少期から傑出した、何かを持って居るのに、日本社会の殊勿れ主義・平穏第一のお任せ主義の大人達から「変わった子」なら未だしも、考え方が、実は、極めて現実的で特殊な事から「末恐ろしい」とか、幼少期か既に、悪人扱いされて、警戒されている場合が多く、「札付き」の不良扱いされているので、中々浮かび上がって来れ無いのでしょう。

 列挙した人の大部分は、経済的には、人が多い。恵まれた環境に生まれて居ますが、幼少期から命を狙われたり、逆に、ライバルが居て、蹴落とさねば、自分がやられると言う苛烈な立場にあったりして、常人には有りえない危険な環境に置かれて居た人が多い。

 処が、その現実を無視して、日本社会の慣性力思考で、評価して居るカラ、その優秀さが霞んで終い、彼らを取りまく、凡人ともが、目立つ事を嫌って「角を矯めて牛をころす」様な事に、成って居るのでは無いのでしょうか。 

 こうした人達は、所謂、ガウスの正規分布の1割の人達なのですが、社会が、その中カラ傑出した人物を育てるには、育てる集団の中に、その人物を受け容れるダケの環境や庇護者が必要だと思います。

 然しどうも、歴史の流れを見て居れば「生まれるべくして生まれた人物」と言う場合が数多有ると思うのは「もし、この人物が、この時、この場所に、居無かったら、日本は変化のタイミングを失って大変な事になって居た」と言える事が多い、つまり「端から、天命を背負って生まれて来た」と言えるのではないか、と思うのです。

 私は、神道を奉じるものですから、天然自然の法則の中に、人は生きて居ると思って居ますので、天が定めし自然の流れを保つ上での「自然の法則」こそ、固より、人類が従わねばならない真理であり、仏教や科学は、其れを解き明かして居るに過ぎない。 仏教や科学が、主体では決して無いのです。 この事実を無視しては、何事も成就しません

 然し現在も、世界覇権を握って居る欧米の白人種が、この千年間、やって来た、いつ終わるとも知れない、民族単位の世界覇権競争は、もう最終段階で、自らが持って居る武器の火力で、人類のみならず、地球上の環境を激変させて、宇宙生命体である地球そのものを死に至らしめる程になっているのに、未だその戦いを止めませんが、その元になって居るのは、唯の利己主義でしかない。

 ですから、この先、待望されているのは「世界を戦いで制覇する」のでは無く、大きな熱戦抜きで、平和な世界を持続的に纏めて行ける人物や集団で無くてはなりません。

 その為には、地球環境維持と人類の繁栄を共存させ奈音ければm成りません、つまり、自分だけの為では無く、公に奉じる日本伝統の奉公心の存在が必要なのです。 私は、そういう人間が、日本人の中カラ出て来る様な気がしています。それは、祖神様が、日本の敗戦すら、その目的の為にお仕組みになられたのだと、私は思って居ます。

 如何にも、現在は武力で斬り従える、天下布武の時代ではありません。 武力は、抑止力として必要ですし、武の心「=曲がったものを糺す心」も已然として重要ですから、精強な軍隊の要請は必要でしょう、然し、敵が流した血の数や量で、その功績を諮る様な、時代ではありません。

 軍隊は、潜在戦力として強烈な力を持つ必要がありますが、顕在的には、地球防衛軍的な意味合いを持った、自然災害とも戦う、人をコロすのでは無く、救い、援ける現在の自衛隊の延長で良いと思います=災害時の海上拠点になる、LAH(強襲揚陸艦)12隻と、オスプレイ 120機は必須です。

 こうした、未だ嘗て無い稀有な能力を、持った人物の出現を、世界は待望して居るのだと、私は思います。

左翼=反日シナ朝鮮帰化人

朝鮮人の犯罪の真実を語るのはヘイトスピーチ

反日ヘイトクライム愛知トリエンナーレはヘイトスピーチではない
国防とボクシング

極悪左翼臓器狩り中国ウイグル生贄、強制連行を謝罪しないロシア、拉致北朝鮮の核弾頭が日本に照準を合わせています。!!!僕らは、もっと緊張感を持って、対処しなければなりません。飛んできたミサイルを迎撃ミサイルで落とす等々、ボクシングに例えればデフェンスだけで、オフェンスがないでは試合(戦い)になりません!国防問題も同じです!先制パンチがとても大切なんです。サンパウロの海上自衛隊の姿はもう皇軍ですね。三島由紀夫先生の魂振りで、蘇ったのです!令和天皇の下で、しっかり国防を固めて参りましょう!100京のコンピューターは敵なしです。国破れれば、山河もなくなるのです!「虚構の憲法」をしっかり読んで参りましょう!奴隷憲法(白人シオニストがつくったGHQ憲法)の即、廃棄しかないのです!しっかりせんかい!本物の日本国民たちよ!

その遺伝子のヒミツとは? JAPじゃないの? いえ、YAP遺伝子です!
・ 人類よ、あきらめるな! 特に日本人はその力に目覚めて、立ち上がれ! そして、破滅の瀬戸際を超えていけ!!



日本人は、なぜ、こんなに違う?
日本人が優れている本当の理由は、日本人が特殊な遺伝子をもっているから・・だと言われ始めている。
その遺伝子のヒミツとは?
JAPじゃないの? いえ、YAP遺伝子です!

Y染色体による系統分析
Y染色体は父系を通じてのみ継承される遺伝子。
この図の、D1緑、D2紫、D3青系統がYAP遺伝子といわれている。
他のどの地方にもなかなか見られない遺伝子で、中東のごく一部、チベット地方のごく一部にこの遺伝子を持つ人々がいる。
日本人のルーツとは?日本人は、どこから来て、何をするために、日本の島に陣地を取ったのか?
この国の本当の役割はこれからかもしれない



大陸の中国とか東アジアの人たちとは少し私たち(日本人)は違っている。
何が違っている?

齋藤教授「縄文時代、1万6千年位前から3千年位前まで、日本列島の北から南まで縄文土器を作っていた人達がいました。で、その人達のDNAが我々にも伝わっていると。それによって大陸の中国とか東アジアの人達は少し私達とは違っていると、、」


中堀豊・徳島大学教授らの研究グループによれば、Y染色体のYAP多型は東アジアでは日本人にしか見られず、昔からいた人たち特有のものと考えられている。
アイヌ人、沖縄人で頻度が高い。アイヌ民族の88%にYAP+がみられるという。
朝鮮や中国には完全にない遺伝子で、ユーラシアでもほとんど見つからず、日本以外で唯一見つかるのはチベットだけであるという。
YAP因子はY染色体のDNAのある特定の場所に挿入された、およそ300の塩基からなる特定遺伝子を、
Y染色体を形成するDNAは父から息子へと遺伝していく。




YAP遺伝子を持つ民族は、虫の音を「きれいだ」と思う心があるとのこと。侘びさびに通じる心ですね。
そして、YAP遺伝子を持つ民族は、自分を投げ捨てて人に尽くすことができる。
これもまた、かいがいしい日本人の特徴ですね。
朝鮮半島や、中国大陸の人々はこのYAP遺伝子を持たない。全く違う遺伝子。
この謎、もっと知りたくなりませんか?
YAP遺伝子を持つ人々は何をするために日本にいるんだろう?おもてなし?世界平和?
ただ、はんぱじゃないエネルギーと役割を持っているのが日本人なんだという気がいたします。
今の日本人はぬいぐるみを着た小さい状態。
本当の日本人が、スーパーサイア人のように、でかくて強いとしたら??
そのぬいぐるみを脱いでしまったら、外人さんが手をつけられなくなるくらい強いから・・
おとなしくなるよう洗脳されてきた?日本人・・・
実は、外人さんの言うことが間違っていて、日本人の言うことがあっていたら???
さぁ、目覚めるときがきた!!
目覚めよ!!確かにそんな気がする。
続きをまた報告します。

人類史20万年の謎

> v5a86472 さん ソロです。
>>YAP遺伝子
 最初に断って置きますが、是は仮説に過ぎないもので、未だ有効な傍証が有るわけでは無い事ですカラ、殆どが私の空想です。

 マス、現生人類の歴史は、15万年~20万年と言われているのに、解明されている歴史が、余りにも少なく、前世紀に入る迄、因類の歴史は、紀元前千年の3千年程度で有ったが、欧州は宗教暗黒時代が長く、聖書の創世記の記述に拘って居たし、シナは固より、正確な歴史等、全く関心を持って宇なかったので、シナで黄河文明の原点と思しき、5千年位前の遺跡が発掘された時は、欧州がひっくり返る様な騒ぎになった。

 然し、その後、続々と発掘が進んで、約1万年前の中東のレバントと言う今のシリアで、テル・アブ・フレイラと言う遺跡が。発掘され、一躍、世界最古になりました、然も、其処には、ライ麦を品種改良した、農耕技術の跡も見られたので、中東が、農業の発症に地だ、と言う事に成りました。

 然し。その後またまた、シナの長江下流域で、6千年前の水耕稲作の大規模水田が発見されて、然も、長江の中流域では、1満6500年、前の、陸稲(おかぼ)化した、熱帯原産の浮稲と言う水草が発見された事で、世界最古は、やはりシナか、となったのが、前世紀80年代の事です。

 処が、この辺りから、日本で遺跡の発見ラッシュが始まって、途中、アホな考古学者が、偽造遺跡なんてやりましたが、殆どは本物と、検証されました。

 そして、その中には、1万6500年前の陸稲が、逢って、DNA解析の結果、長江中流域で発見されたものと同じで有る事が、確定しました。 

 その前に、シナで見つかった6千年前の水稲と同じDNAを持つ水稲が、日本の6千年前の遺跡から出て居るので、両者は、密接な交流が有った事が予想されて居ます。

 そして、前世期末~今世紀初めの発掘調査で、福井県で、ナント3万年前の遺跡が出たと言う話が飛び込んできました、是だけでも驚いて居たのに、追い討ちの様に、今度は12万年も前の遺物が、見つかったと言う話もあります

 12万年も前と言う事は、ピュルム氷期は、7万年前~1万2千年前ですカラ、第3間氷期の初めの頃と言う事に成ります。

 其処へ、ドイツ人の生物学者が「日本人のDNAと、同じ人科のネアンデルタール人のDNAが50%以上の一致を観た、是は、日本人が、ネアンデルタール人との混血している可能性を示して居る」と、云う発表をして居ます。

 ネアンデルタール人=旧人は、人科でも最大の体格を持ち、然も、知能が高く、イランで見つかった、居住にして居たらしい風穴では、出て来た遺骨から多種類の花の花粉が出て来た事から、し者を葬る際に花で遺体を囲っていた事が予想され、其れ形のし生観
の存在を示してたそうです。

 此処からは、私の妄想ですが、3万年前に、絶滅したと言われる旧人は、その当時、全盛期で、未だ、大地溝帯から抜け出してきても、力が無く、巨大な捕食獣に、怯えて暮らして居た。

 新人「=ホモ・サピエンス」は、温暖だった大陸島の東端の今の沿海州辺りに辿り着き、或る時、其処に棲んで居た旧人と交流が始まりましたが、相手は、巨人な上に、知能も優れて居たので、色々学び、次第に生活面でも、協力的になりました。

 そうした、親しい生活を続ける裡に、両者が交配して、混血する様になりました、日本海を渡って対岸の列島に辿り着いたのは、魚かクジラの様な、或いは、海獣の群れを追って居る裡に、辿り着いたものでしょう。

 日本海も、内海ですカラ、シベリアが温暖で有れば、冬でも穏やかだろうし、手付かずの土地には、当然獲物が多いので、移住が始まったのではなかろうか、然し、或る時に、旧人がバタバタと病に倒れる現象が起ったが、新人は、病になっても回復し、免疫を身に着けて居ったが、旧人は重症化して、亡くなる場合が多かった。

 是は、思うに、母子感染する細菌が有って、新人は何らかの理由で、免役を持てたが、旧人はそれが出来無かった。

 では、混血児はどうかと言えば、母子感染ですカラ、新人の母親から生まれた混血児は、免疫を持って居るが、旧人の母親から生まれた子供は無くなる事が多かったので、次第に、新人の母親の子供だけとなり、旧人は次第に数を減らした。と言う訳です。

 飽く迄、私の妄想に過ぎないので、他所では、喋らない様に御永井致します。www

 然し、この先未解明の人類の歴史が、科学の進歩に共なって、解明されて行くでしょう、それが愉しみで仕方が無いのですが、生きて居る裡にどれ程の事が分るのだろうか、と、ちょっと不安です。

 その為には、世界が、平和で有り続けてほしいですね。
 

時代認識

小生は、現在の世界の政治状況は、日本の歴史でいえば戦国時代だと思います。(極東アジア限定ですが)
徳川の平和な時代を迎えるためにはあの時代が必要だったし、今は何が必要かです。
国家や民族が淘汰されない為に、今は国力(武力と経済力)増強に全力を注ぐべきです。
武力は、当然ながら情報戦、経済戦、熱戦を含みます。

三権分立

日本との厳しい抵抗運動を乗り越え、独立を勝ち取り、戦勝国になったと小学校時代から教えてきた韓国、その結果、息をするように嘘を吐く朝鮮人。
 その中で育ってきた文在寅のもっともらしく言う三権分立など気にかける必要がなく、日本の思うとおりことを進めるべきである。
 ここで、徴用工の給与支給を認めることは、韓国のごり押しを認めるべきであり、日本の正義の精神を捨てることである。
 それこそ、韓国と戦争になっても、世界の法学者どもをを敵に回しても、シナやロシアを敵にまわしても、日本は、ことの事実を世界に主張していくべきだある。
 日本万歳、阿倍晋三万歳。

この先人類が目指すべき世界とは

>孟宗竹さん ソロです。
>>日本の祖神様は日本人に何を気付かせようとしているか
 仰有る通り、今は、戦国時代と同じ、大きな歴史の変節てんだと、同感いたします。

 戦国時代も、其れ迄の将軍家を頂点として居るが、室町幕府の統治力が、全国に及んでいるとは言い難い封建国家体制の弊害で、応仁の乱を契機に、戦国時代化して、約160年も「仁義も、動議も失われた時代」が続いて、争って居る武士自身に、「この状態でハイケナイ」と言う気持ちが、顕在化したと思います。

 是が、信長~秀吉~家康に、一貫して看られる、「新たな、幕藩体制構想」になって居ると思います、即ち「流通経済の規制緩和、楽市楽座」「治安維持の為の刀狩り」「職業別身分制度を定め、生産民で有る農民を定住化させて、徴税を公平に、且つやり易くして藩や幕府の収入を安定させる、士農工商の設置」等有りましたが、江戸期の初頭になっても、宗教対策が出来て居無かったのは、その後、スペインの日本侵略を阻止する為の朝鮮出兵や、島原の乱の勃発、そして、宗門改めに拠る、事実上の仏教の布教禁止令をℋっスルに至り、幕藩体制は完成したと言えるでしょう。

 今は、その時代と同じ事が起り層だと言う、貴方の御見識は、優れたものであると思います。 

 即ち、現在の世界を俯瞰するに、世は、この500年間は、スペイン・ポルトガルによる世界支配に続き、英国の支配、そして、第二次世界大戦後は、米ソが覇権を争って居ましたが、90年代になる前に、ソ連が自壊して、傘下に有った東欧諸国も次々に崩壊して、米国に、世界覇権が転がり込みました。

 然し、米国自身には、そんな巨大なものを統治する、知見も、覚悟も、理想もありませんから、その米ソの対立を実は陰で演出して居た、ハザール人勢力が、実権を握って終う事に成って居ますが、彼らは、元々金融屋ですので、国家の政治主体には、なり得ません、彼らが、動かせるのは金だけです。

 そして、経済が健全な発展をして居無ければ、彼らも危機に陥りますから、彼らが、世界帝国を造って、人類総奴隷化を企んで居るというのは、反ハザール勢力のプロパガンダに過ぎません、もう経済は、戦争で儲かる様な時代では無いのです。

 日本は、戦後に様々な抑制圧力を受けて、その改造を企まれましたが、様々な変質や精神の消失や損失は有りましたが、何とか持ち堪えたられたと思います。

 すると時間の経過と共に、人が変わり、世の仕組みも変わって来たので、これまでの様に、ハザール人の力を絶対視すれば、間違えますね。

 今の世界に、必要なのは、やはり、強い統治力を持ったもので無ければなりませんが、其れを武力の強さだけで、強制する存在では無く、世界に正義の依代となるべき、多くの国が合意した、コカ臭い機関であろうと、私は思います。

 すると「既に、国連が有るじゃないか」という声が上がり層でㇲが、現在の国連の正体は「国際連合軍」と言う、第二次世界大戦の「戦勝国」の米英仏支蘇の五カ国で造った、利権団体に過ぎませんから、結成以来、何一つ紛争を解決した実績がありませんし、尺亜ℋの見方でもありません。

 それに、大戦後に、政体が変化した、シナとソ連なのに、後継が何の基準も無く決められて「拒否権」を行使するから、実質的な影響力はごくわずかです。

 然し、現状の世界で必要なのは「ウイグル・チベットのひどいじんけんしんがいを、止めさせる強い強制力を持った存在の必要性」ですし「アフリカで飢えて居る子供達を真に助けられる支援機関」であり、「大災害に遭った国を世界中で、救おうと言う良心を反映できる組織」を顕現させる事では無いでしょうか。

 この「有るべき世界の未来像」を間違えているのに、気が着けない代表格が、韓国やシナでしょうが、気付いても、もう引き返せない処に来ている、と考えるべきでしょう。

 ですから、この2国の事は、未来図の中には入って居ません。 民族が絶滅するとか、と言う意味では無く、全く違う形の支配になるだろうと言う事です。

 この「世界で正義を実践する」体制の顕現こそが、実は、人類が抱えて居る問題の最適解である、と私は思います。 つまり、健全なグローバリズムこそが、人類の選択肢であると。 

燦燦三太さん、お久しぶりです。
この名前、使ってくださってるんですね。
ありがとうございます。
まぁ・・・・、
相変わらず、やけくそな気色を多く含んだご意見ですこと。

トロンの件も鎖国の主目的も当たらずとも遠からずですが、その最大の敵こそ日本に原爆も落としましたし、それ以前から有色人種の文化文明を破壊し食い物にしてきた連中ですし、今も健在です。
米国を一括りに悪の根源であるかのように考えるのは、早計かと、というより見識不足ですよ。

米国民も被害者ですし・・・ね。

ヒトラーは中央銀行に立ち向かおうとした形跡があるらしいですよ。

JFKは周知の通り。トランプ氏曰く不用意過ぎとのこと。

世界史に名立たる悪人として列挙されている者たちは、某権力組織から邪魔者として排斥された可能性があるかも・・・・ね。

ISも腹も黒い元大統領と鬼女の仕込み組織ですし、彼らが奪った油田の石油からの富の行方を追うものはこの世に置いてもらえなくなるし。
調べる気配にも敏感に対応してきます。まぁ怖い。
このお二方を操る黒幕も彼らなんですよ。

エジソンとモルガンによって歴史の隅に追いやられたニコラ・テスラさんもお気の毒ですね。
無線送電システム構築をモルガンから融資を打ち切りにされて断念した歴史に忘れられた天才でした。(石油メジャーに対するお計らいがあったのでしょうかねぇ・・・)
逝去の後に研究資料はFBIに押収されてましたっけ。
その資料を叔父トランプが分析・研究した模様。

そういえば、モルガンさん、有名漫画にもご出演されてますし、「知る人ぞ知る」なんですねぇ・Hu・・um。

本日は、残念なことに「縦椅子のブログ」さんで
私の投稿が全面的却下の沙汰をいただいたようで
13:39に投稿済みの内容がいまだに掲載されず、残念です。

チベット関連の投稿内容に画像URLをふんだんに盛り込んだのが原因かもしれません。
内容の吟味に手間取っているのか、遮断のおつもりかは不明。
ある意味リトマス試験的内容になってしまったのか・・。
http://1qazxsw2.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-34c5f6.html?cid=142596314#comment-142596314
ここに足跡が残っています。いつまで閲覧可能かは不明です。

参議院埼玉県選出議員補欠選挙の投・開票速報情報

参議院埼玉県選出議員補欠選挙の投・開票速報情報 投稿者 : 愛信 <> <【リンク先】> 10月27日_15時51分45秒
参議院埼玉県選出議員補欠選挙(令和元年10月27日執行)における投・開票速報情報

【参考情報】
N国党・立花孝志と再び対談!埼玉県参議院補欠選挙の裏話も
NHKでは報道しない参議院埼玉選挙区補欠選挙。
 その訳がNHKから国民を守る党の立花孝志氏と無所属(新人)上田清司氏の一騎打
NHKは立花氏に負けてほしい為。 公共機関の放送局が行なっている事が公職選挙法に
抵触している。

詳細は

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
http://aixin.jp/axbbs/ktr/lbktrl.cgi

「縦椅子のブログ」の件。
時間がかかりましたが掲載されました。
ここに訂正させていただきます。

ここに集う方々に申し上げたいのは、安倍首相には戦略があり、善悪の二元思考の単純な善性の性分である日本国国民には理解しがたいことも大いにあるのでしょう。
しかし、申し上げたい、安倍首相は歴代最高の随一の総理大臣であり賢者であると、そしてそのための天祐も得ています。

北東アジアに日本国国民の視線をくぎ付けにせんがためのマスコミ、保守論壇、保守系評論家たちの裏には同じ黒幕がいることに気付くのは、いつの事でしょうね。


親切遺伝子 Y A P遺伝子


女帝待望論を言っているのは、在日小泉純一郎氏、在日疑惑二階俊博氏、長谷川慶太郎氏、親子二代にわたるマルキスト小林よしのり氏です。とんでもない日本破壊4兄弟です。
このY染色体D系統をもっているのは
日本人 ・チベット人 ・中近東の人・ ユダヤ人これ以外では、 世界中どこにもほとんど存在しない。
中韓は、持たないわけです。
中近東の人はD系統の仲間、E系統も持ってるけど、 どちらもY染色体の中でとても古い系統。
ちなみにアジア特有のY遺伝子はO系統であり、東アジア地域全体に分布。
同じアジアでも私たちのY遺伝子にあるD系統は 島国の日本や、 山岳チベットだけに残ったということ! このD系統はYAP遺伝子とも言われていて、 Y遺伝子の中でも、これまた非常に古い系統。
民族の特徴はY遺伝子から現れるとされています。
男⇒XY 女⇒XX
Yは受精による組み換えの影響を受けない。
だからこのYAP遺伝子は お父さんから息子にしか伝わらない。
日本人の女の子は持ってないという事になるのだけど
私たちの祖先は、中央アジアにいた集団が 3万年くらい前の氷河期に、 北海道のほうから入ってきた。 日本人のうち 約半数がYAP遺伝子をもってて 5%が東南アジア系等のいろいろな遺伝子 朝鮮半島人のO系統と似たのは 2.5%にも満たないんだそうです。 つまり、半島のかたたちとは 全くの赤の他人ということ( ´艸`)
するとね。 やはり、女系天皇なんていうのは問題外というお話になるわけですよ。
Y系ならY遺伝子が確実に受け継がれていくけど、
女系で繋いでいくとY遺伝子は全く別物が入ってくる。
今上天皇の体には神武天皇のY遺伝子が受け継がれているわけで。
女系容認なんて言う奴は、 ただの無知か、天皇家の血を絶ちたい国賊かってことですね~

その遺伝子のヒミツとは? JAPじゃないの? いえ、YAP遺伝子です!

・ 人類よ、あきらめるな! 特に日本人はその力に目覚めて、立ち上がれ! そして、破滅の瀬戸際を超えていけ!!



日本人は、なぜ、こんなに違う?
日本人が優れている本当の理由は、日本人が特殊な遺伝子をもっているから・・だと言われ始めている。
その遺伝子のヒミツとは?
JAPじゃないの? いえ、YAP遺伝子です!

Y染色体による系統分析
Y染色体は父系を通じてのみ継承される遺伝子。
この図の、D1緑、D2紫、D3青系統がYAP遺伝子といわれている。
他のどの地方にもなかなか見られない遺伝子で、中東のごく一部、チベット地方のごく一部にこの遺伝子を持つ人々がいる。
日本人のルーツとは?日本人は、どこから来て、何をするために、日本の島に陣地を取ったのか?
この国の本当の役割はこれからかもしれない



大陸の中国とか東アジアの人たちとは少し私たち(日本人)は違っている。
何が違っている?

齋藤教授「縄文時代、1万6千年位前から3千年位前まで、日本列島の北から南まで縄文土器を作っていた人達がいました。で、その人達のDNAが我々にも伝わっていると。それによって大陸の中国とか東アジアの人達は少し私達とは違っていると、、」


中堀豊・徳島大学教授らの研究グループによれば、Y染色体のYAP多型は東アジアでは日本人にしか見られず、昔からいた人たち特有のものと考えられている。
アイヌ人、沖縄人で頻度が高い。アイヌ民族の88%にYAP+がみられるという。
朝鮮や中国には完全にない遺伝子で、ユーラシアでもほとんど見つからず、日本以外で唯一見つかるのはチベットだけであるという。
YAP因子はY染色体のDNAのある特定の場所に挿入された、およそ300の塩基からなる特定遺伝子を、
Y染色体を形成するDNAは父から息子へと遺伝していく。




YAP遺伝子を持つ民族は、虫の音を「きれいだ」と思う心があるとのこと。侘びさびに通じる心ですね。
そして、YAP遺伝子を持つ民族は、自分を投げ捨てて人に尽くすことができる。
これもまた、かいがいしい日本人の特徴ですね。
朝鮮半島や、中国大陸の人々はこのYAP遺伝子を持たない。全く違う遺伝子。
この謎、もっと知りたくなりませんか?
YAP遺伝子を持つ人々は何をするために日本にいるんだろう?おもてなし?世界平和?
ただ、はんぱじゃないエネルギーと役割を持っているのが日本人なんだという気がいたします。
今の日本人はぬいぐるみを着た小さい状態。
本当の日本人が、スーパーサイア人のように、でかくて強いとしたら??
そのぬいぐるみを脱いでしまったら、外人さんが手をつけられなくなるくらい強いから・・
おとなしくなるよう洗脳されてきた?日本人・・・
実は、外人さんの言うことが間違っていて、日本人の言うことがあっていたら???
さぁ、目覚めるときがきた!!
目覚めよ!!確かにそんな気がする。
続きをまた報告します。

スゴイ!日本人にしかないYAP遺伝子!宇宙人とも共通?
遺伝子と宇宙子 村上和雄 上記の本の中では、『サムシンググレート』という言葉が出ています。『サムシンググレート』って、『神』という言葉の代用名詞でしょうか。『神』を使うと「おまえの神とオレの神は違う」といってケンカになるため、ケンカしないで済むよう生み出された苦肉の策のように感じます。
川の上流の上流には何かすごいものがいるって言いたいのでしょうか。そりゃそうですよね。遺伝子なんかを考えて、人間みたいによくできた非常にすばらしい存在を創ったのなら、それはそれはすごい神様がいるんではないか?という気がします。
日本人は、もともと、神々がいっぱいいるからケンカしない。他国の文化も平気で飲み込み容認し、自分のものにする。
このことを考えても、『サムシンググレート』って言葉や概念を作り出したのは外人さんでしょう。(誰とは言いませんが)
外人さんはなぜ、一神教にこだわるんでしょう。自分のものを大事にするように、人のものも大事にしたいとは思わないのでしょうか。
「神様がたくさんいて、地方風土にあった教育を人間にした」とか、「多面体だから、たまたまこの面はこう見える」とか、柔軟性があって、未来的な気がします。
神様がたくさんいて、仕事を分担しながらやっていると考える方が、心が広い感じがしますが。。

「日本の尊厳と国益を護る会」の提言

下記は、自民党の「日本の尊厳と国益を護る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)が、皇位の男系継承検事のための具体策としたものです。

「日本の尊厳と国益を守る会」提言のポイント
・男系継承を守り抜く
・女系天皇を認めれば「異質の王朝」を生む
・現在の皇位継承順位は一切変えない
・旧宮家の男子が皇族復帰をできるよう皇室典範改正または特例法制定

日本の皇室は、今上天皇陛下が即位したことから、これで126代となり世界最古の国家としていますが、これの継承については皇位の継承者が(1位)秋篠宮文仁親王、(2位)悠仁親王、(3)常陸宮正仁親王の3人しか居られないのですが、常陸宮正仁親王は高齢であることから、実質的には秋篠宮文仁親王と悠仁親王のお二方しか居られない状況です。


そのことが原因かも知れませんが、近頃では巷では女性天皇の可能性を探るような状況も出ているようです。

この女性天皇と申しましても、女性の天皇には二通りがあります。
一つめは、男系祖先に天皇を持つ男性女性天皇で、過去に8人10代の女性天皇が存在しました。
8人10代というのは、1人で2回天皇をされた方が二人いたことに拠ります。そして、全員が独身(寡婦か未婚)で即位し、譲位以後も独身を通されました。
そして、女性天皇は、新たな男性(男系の血統)の天皇に引き津津ことで、その血統を維持してきたのです。

二つ目は、母のみが皇統(天皇の血統)に属する女系天皇ですが、日本では有史以来、男系皇位継承が保持されてきたため、これまでに前例はありません。
また、女系天皇が容認され、女系天皇に親王が生まれますと、実際の処はこれが王朝交替・易姓革命となり、事実上、これまでの万世一系の皇統は正当性を失い、それ以前の皇室とは全く異なった存在になります。

女系天皇が次の第に交替される場合、皇紀2679年は(令和元年ではありません。)、新たに元年から始まることになります。勿論、今の令和も変わるのですが、国際的な元首の順位も現在の1位から200位前後に変わるのです。

勿論、日本が男系天皇からイギリスのような男系・女系に拘らない国に変わるだけで、問題は生じないという意見もあると思います。
しかし、日本の皇室は、皇統を126代、2679年に渡って守って来ました。他国にその例はありません。
それを、現在に生きる日本人が破壊することを、許されるのかと思います。
現在は、憲法で表現の自由が許されており、昭和天皇のご真影を燃やしたり、足で踏み付ける輩までいるのですが、だからと言って、天皇陛下の皇統を絶やすことなど、してはならないと思います。
そして、男性に皇統を維持できないときには、一時的に女性天皇を擁立することがあっても、女系天皇を擁立してはならないのです。


現在の皇族には、皇位継承者が極めて少ないのは事実です。
だからと言って、現在の男系天皇が維持できないと言うことはないと思います。

その一つは、現在のままを維持して、現在皇位継承者代2位の悠仁親王の婚姻を待って、其処にできるお子様に期待するもの。
当たり前ですし、これに不安があるから困っていると言うことですけれど、先ずはここからです。

二つ目は、旧宮家の男子が皇族復帰をできるように、皇室典範を改正または、特例法を制定するもの。」
大東亜戦争に敗戦したため、連合軍に憲法を変えられ、宮家を廃止させられたものですから、サンフランシスコ条約の締結後の日本が、これの復活も一つの方法ですし、憲法または皇室典範を改正しても、何等問題はありません。

三つ目は、旧宮家の男子を現行の宮家の養子として、皇族として復帰していただく。
これが、形としては最も良いのかも知れませんが、旧宮家を皇族として復帰していただく方がスッキリすると思います。

戦後の生まれですから宮家は特別のものだという感覚が鈍いのかも知れませんが、昭和22年に旧宮家が皇籍離脱をしたとき、昭和天皇は「万が一にも皇位を継ぐべきときが来るかもしれないとの御自覚の下で身をお慎しみになっていただきたい。」とのお言葉を残されたとのことです。
この言葉が、終戦後、70年余りを経過した今、その意味を表したと考えれば、旧皇族の皇籍復帰はそれ程不思議な者ではないと思います。


本件について、よりよい方法はないかと模索したのですが、自民党の「日本の尊厳と国益を護る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)による提案は、具体策として良くできているとの感想を持ちました。

魂が輪廻転生する目的を説く仏教

>日本国民さん ソロです。
>>チベットの伝統芸術品
 件のお話、動画は未だ観て居ませんが「生身の人体を材料として使った芸術品」って、可成り酷い話ですね。 で、直ぐに、釈迦牟尼が云う「重々無尽の理」と言う、神の摂理を思いだしました。

 此処に、現状チベットで起っている事の因縁が存在するのだろうと思いました。 曰く彼らチベット人に取って「現世で起こっても、仕方が無い」部分なのでしょう。

 然し、摂理は法則ですカラ、伸ら万象に悉く、公平に働きます。自分が、摂理に反する罪を犯せば、相応の罰が自動的に下される仕組みを伴って居ると考えるべきで、其処に、神の特別な意志が、働かない限り、現象が起こるのは避けがたい。

 こう言う現象を「返り魂の理」と呼んでいるのですが、チベットで、相応の「返り魂現象」が現実に起っているのだと考える他は有りませんね。 

 で、是を世界中が「知り乍、無視している」現象も、セットになって居るのですが、是を我々がこのママ放置すれば、我々も何れ、摂理に反したが故の罰を受ける事に成りますね。

 欧米人の中に居る、邪悪な人達の言動には、マトモな死生観の存在すら感じません。 でも、摂理の法則性を解説し、人間の本体である魂は、変化が大きい生きて居る間のの肉体を通して経験知を通して、修行して、魂の向上を図れば、成仏「=仏陀(目覚めた人になる)出来ると言う、釈迦牟尼の仏の教え「=仏教」の本随に従えば「『人として転生するカラ、善い』のでは必ずしも無く、罰をうける為の人生だってある」となって居ます。

 「罰を受けるダケの人生」と言いますが、是は考え様に拠っては「自分の悪業を挽回・精算するチャンス」ですが、酷い境遇に生まれ落ちても、自分が背負って居る、過去世で背負った「業過」を意識を認識すれば、次の転生では、より善き境涯を得る事が出来る、と言うのが、仏教以前のバラモン教の教えで、ヒンド―教はその教えを引き継いでします。

 処が、過去世での自分が積んだ罪過を自覚出来ずに、同じ事を繰り返すと、幾ら転生しても境涯は、地獄のママになります。 

 ですから、人は「自分に与えられた環境を具に検討して看る、自分が如何なる業を背負って居るかを、ご自分で気付き見極める処から始めなければイケない」つまり、「汝、自身を知れ」と言う事だと、私は思いますね。

 とはいえ、是が出来て居る人で、世に顕在しているのは、極僅かでしょう。

 皆、「知らねばならない」と言う、潜在的な自覚が有るので、偶に「目覚めた人」を自称する人が現れると、忽ち、教えを乞おうと、宗教団体が形成されるのですが、此処で、間違えてはイケナイのは、その人に必要な「気付き」は、自分自身の魂が、経験・修行を通して、魂が「気付く」モノで、そうで無ければ意味が無いのです、つまり、飽く迄、自分自身の問題なのです。

 中には、読書でその気付きを得る人も居ますが、稀有な事です、そしてそう言う人は必ず実践してそれを確かめようとしていますが、是は洋の東西を問わない現象ですね。

 書物が無かった、或いは、書物に触れるのが、限定的だった時代は、この「気付き」の別名である、「智」や「悟り」etcを得る為に、難行・苦行をやって居たのですが、問題は、魂の阿頼耶識の話なので「肉体の苦」は、良くても「気付きの契機」にしか、なりません、ダカラ、釈迦牟尼は、バラモンの苦行を途中で止めて島たった。 それは、却って、過酷な修行は、自分の寿命を縮めるダケで、命と時間の無駄だと気付いたからです。

 其れより、前世の罪業故に、その業火に苦しんで居る人々を苦しみから救い出す、或いは、軽減してやる「自分でも出来る、自分の良心を発現する事」の方が、摂理に適って居ます。

 思うに、こうした境遇を一番多く得て居るのは、他ならぬ日本人で有る事に、我々は、逸早く気付かねばなりません。

 何宗だとか、何教だとか「人間が創ったモノ」に頼って、何万遍お経を唱えても、意味が無い、何故ならお経も、釈迦牟尼が、人間の人口を膾炙する事を予想して書いた「教え」でしか有りませんから、仮に、相手の魂迄届いたとしても、その阿頼耶識が余りに、低級な、我慾に塗れたものなら、結果、相手の罪を増幅させるダケに終わります。

 但し、釈迦と同じく、神の摂理を皆に教えて、人間が自分の過去世の罪業を知り、その悔いの存在と原因に気付き、日々それを挽回するべく、利他の心を以て、物事の味方を変えて行く、日ts津用性を周知拡散する事は、決して無駄では無く、世に必要な事だと思います。

 但し、オウム真理教の様等の朝鮮宗教の様に「日本国支配」の様な、現世の我慾に直結したモノに傾倒すれば、却って、罪業を深めるダケですが、そう言うものに惹かれるのなら、それも亦、その人に与えられた罪過の表れでしょう。

 江沢民やジョージ・ソロス等は、もっと酷いレベルの悪業を指導している人物なので、何れ、非業の死を遂げるのでは無かろうかと思います。

 彼らを取り巻いて居る人々も、悪魔に魂を売った人達ですが、直截、接点の無い我々市井の人間が、彼らの様な、冥府魔道の道に堕ちそうになって居る人に「気付き」を与える事も出来ず、見て居るダケの心算ですが、実は、彼ら賀地獄に落とそうとしているのは、観客の心算で居る我々なのです。

 其れには、冥府魔道への崖っ淵に居る人々への気付きを与える術を考えるべきですが、それが無理だと思うのは、その代表例である、韓国民は既に手遅れでしょうし、シナ人民も、乗っている船が沈没して、冥府魔道の暗黒の海に投げ出される寸前です、然し、我々は、何も出来無い。

 何れも、固より、援けようがない人々ですカラ、両国の指導者の罪は、重いでしょうし、我慾を基にそう仕向けた連中も、只では済まないでしょうね。

 人は、現世で如何なる強大な権力を持って居ても、シぬ時は、生まれて来た時と同じく、無防備で、然も一人です、だって、我の本体は、魂ですカラね。

暗闇三太さん

>皆さんはトロンという国産のOSをご存知でしょうか。1980年代に開発されていた国産OSで、
>Windows等より性能が優れていたOSです。

トロン(TORN)は潰れてはいませんよ。80年代にそれ以降の
コンピューターの運用と社会での活用手段としての未来像まで睨んだ
「TORON」プロジェクトとしてスタートしまして、おおざっぱに
言いまして、

① パソコンOS用: B-TORN

② 組み込みOS(自動車用制御システムのような、人の手で操作は
         しないけど、複雑で確実な機械動作の実行を
         求められる、製品内蔵型のオペレーテイングシステム)

         : I-TORON

の二つがWINDOWSと同時期に開発され、①、②ともきっちり完成して、
前者は「超漢字」という製品名で現在も市販されています。

後者は、その性能の良さと確実性から現在も組み込み(内蔵型)OSの
分野ではバリバリの現役で活躍中です。ただI-TRONは自社でアレンジが
自由なオープンソフトでライセンス料もかかりませんから、販売実績としては
表に出てこないんですよね^^;

対抗馬の WINDOWS CE なんて当時はフリーズしまくりで、
それを導入した情報たシステムを業界人は「ブルースクリーン(マイクロソ
フトOSの動作停止画面)」て揶揄していました。

B-TORN が潰されたのは、多分にビジネス上の都合(ぶっっちゃけ金儲け)
が主因です。

B-TORNは動作が非常に軽快で(つまり、スペックの低いパソコンでも動く)、
何より日本漢字の表現力が桁違いに高かったので、政府機関で全面採用しようと
いう計画が進められていたんですが、そこでビジネスユースのシェアを押さえたい
アメリカ側と、それに連動して商売をしているビジネス側(これに関しては、
某S氏ではないのか、という噂は盛んに飛んでいますね)が政治家を巻き込んで
ゴリ押しを仕掛けてきて、それに屈する形になった、というところかと思います。

>日航機墜落事故にこのトロン開発者が20名ほど搭乗していたのは偶然ではないと思います。

これに関しては、ぶっちゃけ現在に至るまで当事者の企業名も実名も出ていないんです。

1985年と言えば、まだ民生用のインターネットなんて影も形もなくて、コン
ピュータの実務も(まだまだパソコンはおもちゃレベル)大型メインフレーム、
今は無きオフィスコンピューター、ワークステーション(←厳密にはパソコン
ではなく、メインフレームの派生型)の時代で『狭い業界』でしたから、一流の
技術者がそんなに死んだら(業界内で)ニュースにならないはずはないんです
けど、企業名も人名も片鱗も出ませんでした。

率直に言って「初耳」です。

10年ほど前に商売替えをするまで四半世紀ほどプログラマーとして飯を食って
来ましたもので、現在も(未来をにらんで)進行中のTORONプロジェクトに
陰謀説を持ち込まれ、開発経過が歪んで伝えられるのは

  「ちょっと待ってください」

と言うのが、元業界人としての正直な気持ちです。

またしても重箱の隅で失礼いたしました m(_ _)m

> ky16 さん

 
燦燦三太です。

>「ちょっと待ってください」と言うのが元業界人としての正直な気持ちです。

詳しい解説どうもありがとうございました。私が求めてるのはこういうやり取りです。色んな情報や意見などがテーブルに並べられて読む人がそれに興味を持って自身でも調べてみる。そしてそこが万人に有益な場所となる。楽しいです。

私が上の話の中で言いたかったのは、日本の技術や日本の文化、日本人の生活を最優先に考える政治に期待するというトコロにありました。そこでふと思い出したトロンの事を持ち出したのです。日本の対応次第では我が国にシリコンバレーができてたりしたかもしれないという夢物語。w

例の日航機の件ですが、初耳との事。私もしっかりと事実確認したわけではなく当時の付き合いの中で頻繁に出ていた話題でした。陰謀論をまき散らす意図はなかったのでその点ご理解ください。今更といった話題ですし、この件はお詫びいたしますのでここまでにしましょう。

ブルースクリーンは懐かしいですね。ky16さんはプログラマーだったのですね。きつい仕事です。私も「JavaScript」や「Macromedia Flash」「Common Gateway Interface」等でいろいろ遊んでいた時期があります。今も自前サーバーを立ち上げたままで、そろそろその辺りも断捨離していかなくてはなりません。終活なので。w

コメントありがとうございました。


トロンは元気です

燦燦三太さん、ky16さん  ポッポです

トロンは開発された当時、マスコミでも取り上げられていた事を覚えています。

それが、急に尻すぼみになりましたけれど、その後、持ち直したように復活して、ky16さんの言うようになっているのが現状です。

これが尻すぼみになったのは、アメリカ大統領がビル・クリントン氏のときで、当時の日本はアメリカと貿易摩擦が強く、マデレーン・オルブライト国務長官が日本側と交渉した際に、トロンとWindowsが何れも開発されたときであったのですが、トロンを圧殺(1989年、米国のスーパー301条の対象))してWindowsを残したことがあったように思います。

この結果、優秀で使いやすいトロンが消され、Windowsが残って今のように、OSとして主流になったと記憶しています。

後(何年か前))に、何かの番組でオルブライト氏はこの時のことを「あの時は仕方なかった。」と、反省の弁を言っていましたが、OSがPCで、これだけのウェイトを占めるとは想像していなかったのでしょう。そして、ビル・ゲイツがこれだけの金満家になるとも想像していなかったのでしょう。

もし、オルブライト氏にPCのOSの意味と未来が的確に想像できていたら、トロンが今頃は、世界のOSの主流となってPCはもっと使いやすくなっていたと考えます。


処で、任天堂の「Switch」がトロンを使っていることを、初めて知りました。

> 日本国民さん

 
燦燦三太です。

お久しぶりです。名付け親からコメントを頂戴していたとは気づかないですみませんでした。

> 相変わらず、やけくそな気色を多く含んだご意見

これは冒頭から手厳しいです。w

思うがままにつらつら書き込み、文章内で気になる事があれば自分で調べて下さいねというスタイルですから、そう思わせてしまうのも無理がないかもしれません。趣味のネット徘徊くらいは気を抜いてやりたいので、丁寧じゃなくやけくそ気味に聞こえてしまうかもしれません。すみません。

> 米国を一括りに悪の根源であるかのように考えるのは、早計かと、というよ
> り見識不足ですよ

承知しておりますが、事細かに書き込むのが苦手(面倒)なもので。w

> チベット関連の投稿内容に画像URLをふんだんに盛り込んだ

これらの画像は初めて見ました。この件に関しては実に認識不足でした。高須院長なども黒幕に利用されているのでしょうか。チベット問題では精力的に活動しておられますものね。高須院長はフリーメイソンに所属しています。何でしょうか、頭が混乱してきました。この件また色々調べてみたくなってきましたよ。

コメントありがとうございました。

人間万事塞翁が馬

>日本国民さん 本瀬です

多面的視点の大事さを教えられる思いです。

触発されて当該ブログを一見、興味深いテーマが多いが多様性には疑問

そも組織は原理を捻じ曲げる。
聖書の何処に人間が原爆を使用して良いとか十字軍でアラブに攻めこめと書いてあるのだろうか?聖書にあるのは「コロすなかれ」である。他の宗教でも殺生戒は普通に共通にあるものだろう。平等を目指す共産主義も御同様にソ連や中共で搾取の独裁と成り果てた。往時ソ連人が一億総中流の日本を見てこれが真の共産主義だと感得。

世界諸宗教に共通するのは十戒や仁義礼智忠信孝悌にほぼ共通するのかもしれない。
反世俗主義は宗教依拠というようり、銭金だけの共産主義、自由主義への別の価値観の導入だと感じました。

アラブに石油がなければと思考実験すれば単なる砂漠の寒村。ISだシリアがと騒ぐこともあるまい。所詮銭金。

西洋の騎士道は廃れ、日本の武士道は残った。開拓者魂は未開国にしか存在できないのかもしれない。職人魂は世界各国にあるが衰亡の一途、我が国でも人間国宝として継承に苦労。

救済

>ソロさん 本瀬です

宗教には哲学の部分と神秘主義の部分が混在していると思います。
哲学で解き明かせない部分を全て神で合理化したとも。

とは言え人智の及ばぬ摂理も時として感得せられるもの
では、東日本大震災は?善男善女も無垢の赤子も被災しました。

思うに、因縁、悪運は嘆くべきものにあらず、悟りの機縁であり
世は不条理であるが、それを苦悩と受け取るか、無常と受け取るか。

戦国武将も先の大戦の皇軍も戦の中で善悪を超えた無常を悟ったのではないでしょうか。人の世の善悪も神の視線ではどちらでもない止揚した事象だったり。

医師、畜産業、漁業、食肉処理など生の命を素手で触れる職業の方々は理屈ではなく消えゆく何万何百万の生命の感触で無常を理解するのかもですね。

救済とは自己の現状を嘆くのではなく、平然と受け入れる心を得られる事ではないでしょうか。

トロン

本瀬です

トロンが流行らなかったのを陰謀説で説明する方が後を絶ちませんが、純粋に力不足と素性が悪かった。

マイクロコンピュータ黎明期は小さなモニタとアセンブリ言語、移植しやすいBASICからスタートしました。しかし、それまでのプログラム資産の継承を考え、UNIXライクなCP/Mが作られ各種言語のコンパイラが移植され、DBも稼働するように。16Bitに移行する際も、CP/M-86、MS-DOS共にこのCP/Mの資産を受け継いでいます。さらにGUIの時代になってもOS\2もWindowsもDOS窓で旧来からのアプリが動作しました。

一方AppleのMacもNextStepをベースに完全なUNIXとして完成され現在に至ってます。つまり、オープンシステム、ダウンサイジングの流れの中で、Macは個人で所有できる正規のUNIXであり、過去の膨大な資産が易々と使用できたのです。

トロンに欠けていた物は・・・
過去の継承
各種コンパイラ、DBなどの開発環境
OSの開発思想はどうあれ、UNIXライクなUI、コマンド群

更に組み込み用なら・・・
クロスコンパイラ(DOS、Mac、Unix)
エミュレータ

最近の動向は見ていませんが、初期の段階でこれらの物が欠落していたのは、開発力が不足していた為というよりは、独りよがりの設計思想で、自分世界に閉じていたから。まあ、それでも多くの人を巻き込み、ここまでよく頑張ってきたとは思います。

ハードもソフトも当時に比べ格段に進歩した現代では、Raspberry PIなどのボードコンピュータを利用して素人でも簡単に組み込み機器やサーバーが作れるし、WEBやDBなどはVPSでリモートサーバの時代です。これらはUnix、Linuxで容易に開発できるので、国産だからとの理由だけで素性の悪いものに固執するのは理性的判断ではないと考えます。

> ポッポさん

 
燦燦三太です。

> 任天堂の「Switch」がトロンを使っていることを、初めて知りました。

Switch なんてよくご存じですね。もしかして遊んでらっしゃるのですか?w

昔親父が定年退職した際、スーパーファミコンと将棋のソフトをプレゼントした事を思い出しました。毎日夕方の散歩が終わって夕食までの間、コンピューター相手に将棋を楽しんでました。今は90歳前ですが、スマホでyoutubeから演歌の動画を引っ張ってきて楽しんでいるようです。あと数独。あの年齢であのバイタリティーには恐れ入りますが、ポッポさんも親父みたいなお爺ちゃんになっていくのかなと思って密かに笑いました。

もしかして失礼な話?w

世界広しと言えども日本初って結構沢山ありますよね。今後もそうした日本初を生み出していけるような土壌が整っているのでしょうか。ノーベル賞も十年以上前の研究の成果が表彰される場所であって、今は日本勢の受賞が当たり前のようですが近い将来はそれもなくなるらしいですよ。

また愚痴のような話になってしまいましたね。w
コメントありがとうございました。


暗闇三太さん

返信ありがとうございます。

>私が上の話の中で言いたかったのは、日本の技術や日本の文化、日本人の生活を最優先に考える
>政治に期待するというトコロにありました。

三太さんの言われる通りと思います。日経新聞の「私の履歴書」でIIJ(民間初の
インターネットサービス提供会社)会長の方が創立時の生々しいやりとりをつづられて
いますけど、このコチコチの偏見が無かったら、「我が国にシリコンバレーができて
たりしたかもしれない」これは決して「夢物語」ではなかったでしょう。後悔先に立
たず、の見本みたいな事例に思えます。

>今更といった話題ですし、この件はお詫びいたしますのでここまでにしましょう。

とんでもありません。返信で三太さんの主旨がようやく理解できた鈍さを恥じます。
曲解しかねなかった不明、お詫びいたします。


ポッポさん

返信ありがとうございます。

>オルブライト氏はこの時のことを「あの時は仕方なかった。」と、反省の弁を言っていましたが、

テニスの大坂なおみ選手が典型かと思いますけど、アメリカはまだ芽の出ていない才能
や可能性を発掘する事は必ずしも上手ではなくて、日本の頭脳流失みたいに才能や実績
を挙げているのに冷遇されている天才を豊富な資金と研究環境で一本釣りするケースが
結構ありますね。このケースの場合、それなりに従順な管理下に置きたいと思っていたら
(メインフレームの大規模プロジェクトは、結局の所なにかしら政府が絡みますものね)
ビルゲイツというある種の鬼子を君臨させる羽目になってしまった感があります。

>もし、オルブライト氏にPCのOSの意味と未来が的確に想像できていたら、

三太さんからの返信と併せた今回のやり取りの帰着点と感じます。ケインズは経済学者と
しての晩年「一国の独自通貨を世界標準にするのは危険。世界共通の通貨を創立すべし」
と言われていたそうですけど、(トロンはオープンソフトですから)まさにOSのジャン
ルでそれが実現していたかもしれないと思うと、これも残念至極な事ですね。

おかげさまで改めて情報を整理できました。御二方の丁寧な返信、あらためて御礼いたします。


本瀬さん

>マイクロコンピュータ黎明期

そういえば世界最初のパーソナルコンピュータ「アルテア」はモニターもキーボードも
動作言語もなく(筐体にピンプラグと、動作状況を示す豆電球が付いているだけ)、
単純な動作命令をピンプラグで気の遠くなるような回数、打ち込んでいくだけ、という
代物でしたね(なぜか週刊ヤングジャンプ誌で経緯が漫画化されて、その後NHKの
新電子立国で詳しく紹介されていました)。

>Macは個人で所有できる正規のUNIXであり、過去の膨大な資産が易々と使用できたのです。

業界内限定の話題ですけど、ジャンルとしては消滅したオフイスコンピューターは
「データサーバー」に姿を変えて現在まで(実質的に)生き延びていますけど、
その主因は同機がUNIXを採用していたことですね。メインフレームに比べ
各段に開発費用と販売価格が低かった(それでも安い物でも ~500万円くらい
かかりましたが)時代、節約の為、ユーザーにはわからない形でUNIXの技術を
取り入れていたのが結果的に製品のジャンルとしての生存に大きく貢献した、怪我
の功名的な背景があったりします^^;

そもそもUNIX自体が、先進的だったけど機能を盛り込み過ぎた実験的OS(の原型)
「Multics」から、使える部分を抜き出してまとめたものが基ですから、設計思想として
は御世辞にも高尚なものではないですね。

UNIXの語源は「Mult;多重(だけど使えない)」 → 「Uni:単体(使えるものだけ)」
取り出した『貧乏くさいシステムだ!』という裏の意味があります。

開発者のカーニハン&リッチーの

「俺たちは才能がある。頭脳もある。環境もある(AT&T研究員)。だが予算が無い!!」

という慟哭が聞こえてきそうです。

これらの事から比較推察すると、TORONは決して独りよがりの設計思想ではないと思います。

そこには(当時の通信・電子事業大手、官僚の方々の無理解は灰家の一つとして当然あるで
しょうけど)めぐりあわせの悪さ、というのもかなりあったかと思われます。

決して素姓の悪い物ではないですよ。

UNIX

>ky16さん 本瀬です

UNIXが優れていたのは、コマンドを単機能にしてパイプで繋ぐ思想でした。貧乏くさいシステムだからこそPDP-7などの貧弱な機種でも起動できました。その後のオブジェクト指向やプログラムのモジュール化にも大きな影響を与えたと思います。まあ、当時のsystem6、system7辺りは今思えばオモチャのようなモノでしたが・・・

TORONが独りよがりと言ったのは言葉足らずだったかも知れません。学術的には先進的でご本人は商業的にも成功する意気込みはあったのだろうけど、先にもあげましたようにソフトウェア資産の継承、コンパイラ、クロスコンパイラ、エミュレータ等の開発環境の整備が当初は視野に無かった様に思われる点です。MS-DOSとUNIXは全然別物のOSですが、使うユーザはOSの設計思想に影響されず似たようなコマンドが提供されていました。使用する現場を想定しないOSは設計も学術的価値も高尚であっても、私には独りよがりとしか思えなかったのです。
同様の末路に、英国のtransputerがあります。最初から並列計算を前提に設計されOccam言語で記述するのですが、これもチップまで作ったけどポシャっちゃいました。時代が早すぎたのか、高尚すぎたのか(笑)

当時のOSでスゲーと思ったのはOS-9、FM-8とか富士通パソコンで動作して8ビットPCでマルチタスクマルチウィンドウで機能はモジュール化されレビジョン管理で入れ替えができた。

まあ、時世時節は移り変わり、今じゃ手元に置くならラズパイで1万円、遠隔ならVPNで月千円とかの時代ですから標準化されたUNIX世界で安定して動くDBを使い多様な言語から業務に適した物を選んで短時間で開発する時代ではないでしょうか。リソースが足りなきゃ、CPUでもメモリでも足して、簡単に数倍のパフォーマンスにできるし。

だいぶ横道に逸れましたが、当時TORONが普及できなかったのは、陰謀謀略のタメではなく、学術的な物としては大層立派でしたが、商用化はいってはいても十分踏み込めていなかったタメではないだろうかという事を申し上げたかったのです。

シとは相転移に過ぎない

>本瀬さん ソロです。
>>救済の意味
 私が云わんとする事を、全て、仰ってくれているので、余り、付け足す事が有りませんが、一点だけ、是は、私論の範疇に在る事です。 波動論に言及して現象を説明したいと思います。

 その前に、言断って置きたいのは、全て、し生観として、輪廻転生が当然の現象として存在すると言う事を前提にして居ると言う事です。 是が無ければ、生命の連続に意味は有りませんし、阿頼耶識と言う、魂に刻まれる経験知の蓄積も有りえません。 唯物論が云う様に「生物は、シねばゴミ同然」です。

 で、過去世に積んだ解消されて居無い、因縁を原因にして、現在の状況が有るわけですが、勿論、その因縁の解消は、積んだ本人の魂の向上に拠って、為される善行で、消えて行くげきでは、ありますが、中には、消し難い恨みや、悔悟・厚生を拒否する魂も居たりします。

 ダカラこそ、現世では、悪業が絶えないのだと考えれば良いでしょう。 

 神に取って、生物のし生は、罪でもなんでもありません、唯の現象です、何故なら、魂は生きて居るカラで、唯の相転換に過ぎません。 それに、震災や風水害で亡くなったから、恨みを持ちながら亡くなる方は、先ずいません。

 中には、「何故私は、今、しな無ければいけないのか?」と疑問に思う人も居るかもしれませんが、執着さえ残らないのなら、大丈夫だと、釈迦牟尼が教えて居ます。

 然し、輪廻転生を基本的に信じて居ない、或いは、信じたくない人もいて、生ある限りダカラ、悪業を精一杯やろうとする愚か者が出てきます。 

 こうした絶望の虜になって、ヤケクソ現象を起こして居る人を糺して、救おうとする、賢者に率いられた人々が、何時の世からか出現して、色々なやり方で、実は救いがたい魂を救って居ます。 それが、本来の宗教の有るべき形である、と私は思います。

 処が、現在の宗教は、救う事よりも、「援けた自分の名前を覚えて、拡散して貰う事」を要求して、組織を拡大し、トドのつまりは、自分を救世主に仕立てて、現世利益を得ようとしているものばかりです。

 けれども、救いを行う事は「利他愛の顕現」なので、大いに称賛されるべきですが、逆に、是を放置して、見て看ぬふりをする事は、大きな罪穢となります。

 ダカラ、インチキ宗教が流行って終うのですが、神様は其れでも、放置するよりはマシだと思っておられる様です。

 基本、貴方が云う様に「シは、生物を絶滅させない様にこう、生物のシの対する恐怖心を与えてるのですが、シを、無暗に怖れなくても良い様に、シとは、只の相転移に過ぎない事に、気付けば良い」のです。

 良く、漫画で「シんでも命が有りますように」とか言って居ますが、魂は不滅なので、その通りなのです。 唯、市四季を終って置く脳や、痛みを感じる肉体が、機能し無くなるので、時間の経過が感じられなくなるのでしょうね。でも、決して怖い処では無いと思います。

 ただし、シぬ瞬間の農の状態は魂に大きな影響を暫く齎すでしょうから、安らかに亡くなるのが、最上でしょうね。

 人助けが、純粋に自分の善行となるのなら、「情けは他人(ひと)の為非ず」と申します様に、実は自分の為でもあるのです。 

 祖神様は、法則を創ったダケで、実際の運用は、法則の機能任せにして居ますが、この「人助けをしよう」と言う「善の波動」が、人間から自発する事を、何より喜ばれます。

 例えば、大勢の歓喜の声が「大きな音波」と言う波動となると、音波を合して居るものも、其れを聞いて居るものも、至福感に包まれて、生命が躍動します。

 ダカラ、古来よりコンサートや子飼いに大勢の人々を集めて、皆の意識を一点に集めて大波動を誘引しているのでしょう。

 是は、実は自然現象なのです、然し、多くの鳥が集まって、亡くと、騒音にしかなりません、多くの動物が一斉移動すれば、脅威にしかなりません。 人間だって、多くの数が、暴動目的に動けば、脅威以外の何物でもありません。 つまり、目的が問題なのです。

 其れをコントロール出来るのは、今の処、現生人類だけでしょう。 ダカラ、祖神様は、殊の他お喜びになられるのです。

 処で、最新の量子論では「物質を創って居る最小単位の粒子は、実は波である」と言う結論なのだそうです。

 つまり、人間自体が波動なのですが、波動は物質では無く「現象」に分類される事です。 波動には質量が有りませんから、全て光速、亦は、知れ以上で移動します。

 然も、波動は情報も伝える機能も持って居るワケで、こうなれば、その現象を故意に創りだせる事も、有って不思議ではありませんね。 そうした先に、祖神様は居らっしゃるのでしょう。

 と言うのが私の結論です。 長々とスミマセン。

「Switch」は知っていました。

燦燦三太さん  ポッポです

「Switch」は知っていて当たり前の立場です。
だって、孫のオモチャとして最高です。
但し、ゲームのやり過ぎで、他の遊びを知らないのかと言いたくなるのが困ったところです。

それから、ファミコンは子供の小さいときに、を買わされました。
この時には、麻雀を自分用に買って楽しんでいましたけれど、オモチャの与えすぎと怒られましたけれど、近所に新しいオモチャを見せつけに来る子供がいて、僻まされては可哀想と思った親ばかです。

自分用にはPCを買いましたけれど、元々は「信長の野望」をやりたかったためで、初めて買ったのはNECの88でした。
この88ですが、PCのことなど全く判らずに買った物でしたから、住所録を作ろうと思ったら大変でした。

今の、連文節変換、自動変換等と違って良くて単文節変換で、悪けりゃ単漢字変換でしたから、漢字辞典を横に置いて日本語を売っている状態でした。

さすがに参ってしまい、暫くしてから98に買い換えましたけれど、連文節変換の優しさに驚かされました。それに、ゲームのスピードも速かったです。
尤も、この頃はベーシックを齧ろうと思いましたけれど、無理をすればやってられないと思って、大戦略もやっていました。(この頃は、ゲームをやる気力が起きません。)

この頃のPCは、今のWindowsのように幾つものソフトを同時に動かすとの発想はなく、IOのEOシステムを使っていたと思います。何しろHDも初めて買ったのは40メガでしたから、今とは雲泥の差でした。

それで、その頃にWindowsが出始めたと思うのですが、ほぼ変わらない頃に東大の坂村健教授が、トロンというものを発表したと本かテレビで見たのです。
それは、出始めた頃のWindowsよりも性能が良いらしい。
しかも、オープンで使うことを前提にしているとの評判でした。

古いことですから記憶も定かではないのですけれど、良い噂の出ているときに、日米貿易障壁で問題の一つになり、オルブライト国務長官が出てきて、スーパー301条でターゲットにされた要だと噂されたら、尻すぼみになった。日本の教育で使うとの話も消えたというものでした。

これで完全に終わったと思っていたら、時々トロンが使われているとの噂があり、頑張っているのだと思いましたけれど、久し振りに聞いたのがBトロンと組み込みOSで確立しているようですね。
トロンが本質的に駄目なものなら、あれから20年位経っているのですから、完全に終わっているはずです。
それが、製品(?)として残っているのなら、良いものだと考えますから、素人ながらも期待したいと思います。

坂村教授だけではない。先日も中学2年生が独自プログラム言語「Blawn」をだった数週間で完成させたそうです。
これを見て、日本人はやっぱり凄いなと思った次第です。


でも、今さらですが良いことだけでなく、何でと思うことがトロンの発表の頃にあったそうです。
それはこんなもので、当時、孫正義氏はソフトバンクを創業して何をやっていたかと言えば、米国製パソコンソフトの卸・販売である。
孫正義氏は自分の商売(DOS関連ソフトの販売)に差し障りがある…つまり商売の邪魔なのでトロンを排斥したかったのである。そして彼がやったのは、通産省を焚き付けて、官僚と組んでトロンの普及と開発をストップさせる事である。孫正義氏は「日本独自のソフトは一種の鎖国。外国のソフトを受け入れるのが当然」という滅茶苦茶な理屈を繰り出して全力でトロンを潰しにかかったと言うものでしたが、こんなことは知りませんでした。

それから、当初のWindowsは、トロンと違ってネットができ亡かったけれど、トロンを見て慌ててネットの機能を組み込んだというものもありました。

現状ではトロンは、PC用のBトロンがあっても、普及と言えるレベルではないのですから何とも言えませんが、日本の企業が色々な分野で頑張っているのを知るだけでも元気になれます。
そして、良い噂、悪い噂を知って、それを取捨選択して、本当に良いことを知ってわくわくしたいと思います。


10月27日のことですが、日本第一党の桜井誠氏は名古屋市で『芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」』をやってくれました。

やることが彼らしくて、爽快な気分です。

本瀬さん

返信ありがとうございます。

>UNIXが優れていたのは、コマンドを単機能にしてパイプで繋ぐ思想でした。

全く同感です。大げさに言えば、印刷の歴史で「活字」が発明された瞬間の
閃きと同等のものがあったのではないか、と思っています。

あと、その出自ゆえに研究所だけでなく、大学の研究室にも提供されて、
システムV版とバークレー大学版の両方で競い合いながら本瀬さんの
言われる「裾野」が早くから形成されてそれに合わせた技術の蓄積が
行われたのも大きいですね。

最も「覇者の誤算」辺りを読みますと、80年代頭くらいまでは米国政府
のトップクラスでもメインフレーム以外は全く対象外で、巨人IBMでさえ
「パーソナルコンピュータに付けるオペレーティングーシステムソフト
 なんぞ、下請けにやらせとけ」
で放り投げておいたら、その下請けのマイクロソフトに次世代の覇権を
取られてしまったわけですけど。

>MS-DOSとUNIXは全然別物のOSですが、使うユーザはOSの設計思想に
>影響されず似たようなコマンドが提供されていました。

それは無理もない事だと思います。当時独立した製品レベルの品質を
持ってしかも無償でソースコードが公開されていたのはほぼUNIX
だけだったでしょうから、ライバルであり、コンピューターを愛した
同士でもある優秀にして超マニアックな市井の技術者・プログラマー
達がUNIXのコマンド体系を「モデルにして拠り所」にしたことは
自然な事でしょうね。


逆にその「裾野の無さ」を知り抜いていた故に、日本では「政府機関の
採用」という形で一定のシェアを確保しようとしたら、ポッポさんが
指摘された某S氏の横槍&実質的な妨害工作で残念な結果になったと
いうところがと思います。巨大企業化する前のソフトバンクは、18禁
ソフトも普通に販売していたこすっからしいけど親しみのある会社でも
ありましたね。

狡猾な商売人に(時として)スーパーエリート&官僚が如何にもろいか
はモリカケ問題が逆説的に証明してくれましたし^^;

>当時TORONが普及できなかったのは、陰謀謀略のタメではなく、
>学術的な物としては大層立派でしたが、
>商用化はいってはいても十分踏み込めていなかったタメではない
>だろうかという事を申し上げたかったのです。

同意します。その学術レベルから商用化へのチャンスとなり得る機会を
自分可愛さ故に潰してしまったあの人には、今でも(ある種の謀略家
ではないのか、という)猜疑心が消えないですね。

ブラックストーン、ユニゾとの合意期限を再延長=TOB実施めぐり、11月6日に

ブラックストーン、ユニゾとの合意期限を再延長=TOB実施めぐり、11月6日に 投稿者 : 愛信 <> <【リンク先】> 10月29日_08時45分28秒
 米投資会社のブラックストーンは28日、ユニゾホールディングスへのTOB(株式公開
買い付け)実施の前提となるユニゾからの同意取り付けについて、期限を同日から
11月6日午後5時に再延長すると発表した。
期限までに同意が得られなければ、敵対的TOBを含め、あらゆる選択肢を検討する。
一方、期限前であっても合意できないと判断した場合には、その時点であらゆる選択肢
を検討するとも強調した。


【参考情報】 ユニゾHDに関する掲載記事
詳細は
【株式ニュース】2019年版
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi
【株式ニュース・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12540295359.html

ky16さん

こちらのコメント欄、色々な話題への脱線が面白く、またコメンテーターの
方々の深い知識にはいつも感嘆させられております。
ky16さんの、TRON-UNIX-MSDOSのお話、懐かしいテーマで当時の事を
思い出し、感慨に耽った次第。

幾つか、事実を誤認されているとおもわれましたので、僭越ながら書き込み
させていただきます。

>>MS-DOSとUNIXは全然別物のOSですが、使うユーザはOSの設計思想に
>>影響されず似たようなコマンドが提供されていました。
>
> それは無理もない事だと思います。当時独立した製品レベルの品質を
> 持ってしかも無償でソースコードが公開されていたのはほぼUNIX
> だけだったでしょうから、ライバルであり、コンピューターを愛した
> 同士でもある優秀にして超マニアックな市井の技術者・プログラマー
> 達がUNIXのコマンド体系を「モデルにして拠り所」にしたことは
> 自然な事でしょうね。

UNIXは商用OSで、AT&T Bell laboratoryが有償でライセンスしていました。
ソースコードにアクセスするためには、ソースコードライセンスを購入する
必要があり、結構高価だったので大学でも限られたところしかソースコード
ライセンスは持っていなかったと思います。
またバイナリーライセンスも当初はUNIXが開発されたプラットフォームの
DEC社VAX11以外へのポーティングがされておらず、当時UNIXを使用する
ためには、VAX11を購入して、AT&TからUNIXのバイナリーライセンスか
ソースコードライセンスを購入する必要がありました。

その後、SUNやHP、その他のワークステーションメーカーがUNIXを搭載した
ワークステーションやミニコンを販売するようになって、ワークステーション
のマーケットでは支配的なOSになったのですが、Intelアーキテクチャーを
採用したPC-ATのOSには、ソースコードを持っていてもポーティングが困難
だった為、MS-DOSなどよりも遥に優れたOSであるUNIXもパソコンの世界で
はMS-DOSの支配を崩すことは出来ませんでした。

パソコンの世界に、UNIXコマンド体系が導入される切っ掛けは、UNIXのコマ
ンド体系とマルチタスキング環境をエミュレートした、MS-DOS PCで動作した
教育用のミニOSのMINIXと、それをパクって厚化粧を施して公開したLINUX
が、ソースコードが公開されないUNIXの代替品としてオープンソースの波にも
乗って普及したことが原因です。
UNIXはその後FreeBSDプロジェクトにより、ソースコードが公開されるように
なりましたが、時既に遅く本来UNIXが占めていたはずのポジションはLINUXに
占領されていました。

TRONについては、陰謀説が色々囁かれていましたが、本来TRONはI-TRON
のような組み込みのためのリアルタイムOSというのが本来の姿で、パソコン
のような規格化された製品だけで無く、様々なデバイスに実装して通信やマ
ルチタスキングなどの高度な機能を提供する汎用高機能組み込みOSという
位置づけです。

MS-DOSやUNIXなどのタイムスライス系の非リアルタイム系汎用OSでは、OS
が実装されている機器が規格化された汎用デバイスであり、デバイスドライバー
や開発用のライブラリー、開発ツールなどが豊富に提供されているに対して
組み込み環境では、ターゲットの機器は基本的に特定の目的のために開発される
専用機なので、汎用のデバイスドライバーや開発ツール、ライブラリーなどの
リソースは乏しいため、ハードウェアのアーキテクチャーの知識が無ければ
プログラムの開発が出来ません。
TRONがパソコンの世界で普及せず、組み込みの世界で生き残ったのはこれが
理由です。

この件をS氏の悪事として批判するのはどうかなと思います。
それよりも彼が行った最大の悪事、日本の国益を大きく損なった売国行為は
ADSLのなんちゃって高速通信で、光回線のラストワンマイルへの普及を妨害
した事です。
この○○人のせいで、シンメトリックな高速ネットワーク接続を全家庭にまで
普及させることが出来なくなり、現在まで続く非対称な「下り高速、登り低速」
高速ネットワーク接続環境を光回線があるにも拘わらず強いられることになって
しまったのです。本当にこいつは日本社会に貼り付いた極めて悪質なダニのよう
です。

大村二枚舌&南朝鮮考
日本第一党が愛知で行われた’表現の不自由展、愛知トリエンナーレ’をパロディーで茶化した’表現の自由展、愛知カワリナハーレ’で大村知事が’ヘイトだ、開催を許すべきでなかった’とコメントしたらしい。
自分のやったことは表現の自由、他人がやった自分に不都合な事はヘイトだとは、もう何おかいわんやで、この二重基準は公職に居る者として恥ずかしくないのかと問いたい。
ああ、あの民族には恥と言う概念そのものがないのを忘れていた、それでは仕方ないですね、(大村は元在日と言う噂もある、真偽の程は分からない、どうでも良いので調べる気もしない)。
疑問に思うのだが、憲法で表現の自由は保障されている、今川崎などでヘイトを取り締まる罰則付きの条例が審議されているらしいが、憲法と条例の軽重は明らかだと思うのだが、何で憲法違反みたいな条例が審議されるのだろう。
余りにもヘイト的な発言をしたら、その人の品性が疑われると言うペナルテイーで十分ではないかと思う、わざわざ法で定める事かと思うが、これは左翼がよく使う誰もが反対できない手法’ポリティカルコレクトネス’そのものだと思う。
ヘイトの基準は人それぞれだと思うが、誰が決めるのか?裁判官?
裁判官は忙しいのに、これでまた負担が増える。
目的は日本における朝鮮人の印象を良くしたいのだと思うが、悪いことばかりしておいて、好かれようとは厚かましいにも程がある。
在日が主張するのは分かるが、日本人の中から声が上がるのが理解できない、ほとんどは左翼の様だが、そう言えば自民党の西田というあほもいたな。
まさに南朝鮮と同じで、あれほど反日をしておきながら、何故嫌われるのか分からないと、うそぶいているのと同じ思考回路である。

話は変わって、共同通信が日韓の間で徴用工問題解決のための基金設立の話が持ち上がっているとの捏造記事を掲載したらしいが、即刻菅官房長官がそんな話はないと否定していた。
先日、河村日韓議連幹事長が同じようなことを新聞インタビューで言っていたが、政府が解決済みだとしているのに、この時期、基金を作るとは何のための基金か分かりそうなものですがね。
金を出すと条約破りを日本がしたことになること位、分からないほどボケているのか?、金に目がくらんでいるのか?、ハニーに引っかかっているのか?
二度と慰安婦の時の様に南朝鮮の口車にのってはいけません、奴らにとって嘘つくことは罪悪でも何でもないのです、騙さる方が悪いと思っています。
つくずく安倍政権で良かったと思いますよ、このまま一歩も引かない交渉姿勢を頼みます、これからは日韓の交渉事が劇的に変化します。
今まで甘やかしてなにも良い事がありませんでした、向こうにも態度を変えてもらう良い機会になります。
日韓断行を叫ぶ人が居ますが、こんなに面白くて、くだらない国が隣にあるのです、崩れ去るさまを非韓三原則で高みの見物ができるのです、僕も断行すべきと思っていましたが、一気に断行なんてもったいないです。

一瞬日韓徴用工基金の報道が出たが

日韓両政府が否定して消えたね。

なお内容は日本「企業が」基金に支出し、且つハシゴ外されないよう韓国「政府にも」支出させるというものだ。

韓国の貧弱5000万人市場で商売したい日系企業には痛手だが、日韓基本協定で解決済とする日本政府の顔は立つ案らしい。

滅韓論の私の立場(朝鮮労働党に韓国を食わせその隙に日本がハリネズミのように再軍備する)からは

反対だね。
ポシャってよかったよ。

なぜこのような敗北主義者的な妥協案が次々出て来るのか?

日韓議員連盟の前身がアメリカ合衆国のご意向ということからも察しがつくというもの。
奴ら以外に日韓にそんな外圧をかける国があるかね?

そしてなぜ執拗に日米「韓」の枠組みに奴らが拘るのか?
なぜ不法入国の朝鮮進駐軍や共産主義者狩りを寸止めして中途半端に終わらせたのか?

全て一番のライバルたり得る日本を牽制・抑制しようというくだらない嫌がらせに過ぎない。

散々韓国に裏切られても、それ以上に、日本に過度に依存し、「増長」させることが嫌らしいな。

中国共産党も朝鮮労働党も、経済力や技術力はいざ知らず、核兵器はアメリカ本土に着弾させられるんだぜ?

余裕ぶっこいて「選り好み」してる場合かよ。
U.S.Aは大丈夫か?
優先順位を間違えているぞ。

UNIXのソースコードなど

>DSC96M1932さん 本瀬です
横からで失礼します

古い話なので私の記憶する事実とは違うようです。

UNIX開発のプラットフォームはスタート時はPDP-7で主力はPDP-11、VAX-11へは移植になります。また、UCバークレー校での改良版UNIXはBSD版として配布され大学など教育機関では無償で、とは言ってもMT代と送料ぐらいはかかった記憶ですが受け取れました。友達の間ではそのMTの複製を持ち歩くのが流行ってました(笑)

Intelアーキテクチャーへのポーティング困難も誤認です。
IBM-PCの当初から、マイクロソフトはXENIXの商品名でリリースしており、TRS-16Bなど他社のIntelアーキテクチャーPCでも普通に稼働していましたよ。

フリーのLinuxは普及しましたが、基幹系には各社の商用UNIXか商用サポートのあるLinuxが採用され、PCではmacOSとしてGUIの皮を被ったこれも正規に認証されたUNIXがWindowsに次いで普及していると思います。

多くの方がmacOSはホンモノのUNIXだと知らないのは不思議な事です。

SC96M1932さん

御指摘ありがとうございます。

白状してしまいますと、私が仕事上で初めて使用したのは
90年代前半でして、当時オフィスコンピュータのユーテ
リティソフトで遅々として加工していたデータがコマンド
とパイプの組み合わせで(まとめて)ガンガン加工できる
事に感動したのが始まりです。

その後、仕事が変わって90年代末にHP社のサーバーに
UNIXをインストール&管理するエンジニアさんが隣の
机になりまして、仕事の合間に色々レクチャーしてくれて
やっとこのOSの奥の深さを実感できた次第です。

本瀬さんのお話しと併せて推測すると、やはり当初は
無償で提供されて、有用性が向上した過程で企業レベル
の有償サポートが出てきた可能性が高いですね。

でもこれってLINUXがそっくり同じ経過をたどって
いるような...(商用サービスが出てからも、無償版
理化学研究所のサーバーから普通に入手できましたものね)

UNIXエンジニアの人たちが「LINUXはUNIX
ライク、ではなくて実質的なパクリだろ」というのは
そこら辺の感覚もあるのでしょうか^^;

今回、三太さん・ポッポさん・本瀬さん・DSC96M1932さん
皆様のお話を伺って、自身の認識のあいまいな点がかなり
つかめた気がします。現在の極端に左傾化する前の(実務
家としての)ビル・トッテン氏はUNIXを「平易だが、
奥の深いOS」と評されていましたけど、この評こそ
「奥深い」と今になって思い出します。

6G戦略

いつも皆さまの闊達な議論と幅広い知識に目を開かせられております。ブログ主と皆様に感謝いたします。

さて、江戸いちば」というタイトルで、国際政治に関して興味深い意見がほぼ毎日掲載されています。お時間のある方はお読みください。

各国は5Gの次を見据えているとのこと。6G加盟国(アングロサクソン)は、現時世界覇権を目論む中共と通信技術の互換性は全くなしにするのです。日本はもうすでに手を打っていることと思いますが。

韓国は千年変わらず日本に謝れ謝れとわめくだけ。国が存続するかどうかの瀬戸際に立たされているというのに。

サイト:江戸いちば

以下の記事の後半に、アメリカの6G戦略が書かれています。
...................................
まだ決まらないブレグジット

どうやら10月末日の英国のEU離脱がまたまた延期されるそうです。
EU離脱のやり方については「ジョンソン案」で英議会も承認したようですが、それに伴う「関連法案」が不備で、それを議会で承認するまでは離脱は出来ないとするオリバー・レトウィン下院議員の修正案が通ってしまったからです。

「関連法案は後で良い」としていたジョンソン首相でしたが、しかたなくEU側に延期を依頼する手紙を書き、それとは別に「私は延期してほしくない」という意思も伝えたようですが、EU側は延期を来年1月まで認めると発表しました。

ジョンソン首相は、3か月以上の延期が認められた場合には前倒しの総選挙を12月に実施したい意向を示していましたから、12月12日に総選挙という動議を提出、議会がそれを否決しました。
首相の議会解散権行使を制限する「議会任期固定法(解散には最低でも英下院の3分の2である434票の賛成票が必要とする)」により、労働党議員の大半が棄権し、必要な賛成票が得られなかったと言うことです。

ジョンソン首相否決を受けて、総選挙を実現するための別の法案を10月29日に提出する考えだそうです。法案ですと「3分の2」の規制は受けず、棄権しても賛成多数で通ります。ですから12月12日の総選挙は実施されるでしょう。その法案の中身次第でしょうけど。

いずれにせよ英国のEU離脱はもう決まったもので、それをなぜ引き延ばすのか、その意味が判りません。
関連法案をいま決めても、現実にブレグジットが実現すればさまざまな不備が見えてくることでしょう。そうすれば「今決めた法案」の不備も出てくるはずです。つまり今決める法律は暫定的なものでしかなく、現実はブレグジット後に作らなければならなくなるはずです。
こんなことも英国議会は判らなくなってしまったのでしょうか。

ともかく、英国議会が関連法案を何だかんだと意味なく時間を掛けてブレグジットを遅らせれば、その間に様々な弊害が出て来るのではないでしょうか。
ブレグジットは国民投票で決まったことです。さっさと行ってその後どうなるかを確認しながら新しい世界秩序を構築しなければアングロサクソンの威信が低下するだけです。

英国が抜けた後のEUに対し、中華人民共和国がその気味の悪い手を出してくるはずです。アングロサクソンと違って、漢民族は裏側から入ってきますから気味が悪いのです。
EUのユーロに切り込んで来る可能性があります。人民元を国際通貨にしたくてしょうがない中共ですから、国際統一通貨であるユーロの乗っ取りは人民元の国際通貨化に貢献することでしょう。

そうなると中共の目的は世界中華革命でしょうし、EUの上に中華共産主義が置かれるようになるまでそう時間はかからないかも知れません。
英国はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと組んで(ファイブアイズ)中華共産主義同盟(Chinese communism alliance)と戦うことになるのは間違いないと思います。
その時の旧植民地と単独貿易協定を結び、世界の市場を狙います。インドなどが今後発展するでしょうし、アフリカ諸国の中でもノミネートされている国があります。

その前哨戦がトランプ革命でありブレグジットだと見ております。また、技術的には5Gの目的である暗号通貨による通貨革命も重要なポイントでしょう。

5Gに関する技術はすでに中共も得ております。中共はそれを英米よりも先に構築するかも知れません。しかしアメリカはその中共の作り上げる5Gネットワークを確認してから、まったく異なるパケットの標準化をするという戦略を取りそうです。
そしてその標準化を中華共産主義同盟には渡さないという戦略です。

5Gのネットワークで流通する暗号通貨は、通貨主権国の発行するナショナルマネーとの交換レートを一瞬にして計算します。そのレートは例えば1時間おきに変わるかも知れません。
国際流通網(ようするに宅配の世界ネットワーク)が、商品の配送と決済をすべて引き受ける状況を作り出し、そのパケット交換フォームを中華共産主義同盟のパケットとは絶対に交わらないようにするという戦略です。

5GはIoTとか自動運転にも使われます。例えば自動車には自動運転用のユニットが設置され、国際標準(自由民主主義標準)でGPSと連動しながら動きますが、中華共産主義同盟のパケットでは動きません。その逆も同じですが、この両方に対応させることを禁止します。つまり中華共産主義同盟のパケットでも動く車を作っているメーカーはアメリカ市場には入れないという規制です。また国際標準のユニットを中共へ輸出することは禁止されます。(ユニットだけを乗せ換える手法は許さないでしょう)
これがIoTを搭載する家電や情報機器にも応用されれば、世界は自由民主主義世界と中華共産主義同盟の世界に区分けされます。

自由民主主義国家の国民が中華共産主義同盟から商品を買う場合のルートも設けられるでしょう。この場合は高関税が掛けられます。今のアメリカ国内と同じ状況になるわけです。

世界の覇権を狙う2大勢力、自由資本主義世界と中華共産主義同盟の戦い・・・これが新たなる戦争と言うものでしょう。両陣営とも30年戦争を戦う覚悟のようです。30年では収まらないような気もしますけどね。
世界の国家国民がどちらかを選ばなくてはならない世界が、おそらく始まるのだろうと思います。

そのキックオフがブレグジットであるような、そんな気がするのですけど・・・

UNIXライセンス

本瀬さん、ky16さん
DSC96M1932です。

大学向けはアカデミックライセンスですね。
私がポーティングに携わって居た頃、AT&TのUNIXはSystemIIIというバージョン
でBSD版はSystemIIIを購入するとおまけでソースコードが付いてくるという仕組
でした。
XENIXが出てきたのはその後で、UNIXコンパチだったと記憶しています。SystemIII
とBSDをミックスしたような怪しいOS擬き扱いしてました(笑)

SystemIII & BSD4.xの頃は、コードはVAXアーキテクチャーに依存していてアセンブラ
で書かれた部分はVAXアセンブラで記述されていて、且つVAXのCPUの保護モードに
も利用していたので、殆どのワークステーションメーカーはVAXアセンブラとコンパチ
なモトローラのMC68K系のチップを使っていました(私のターゲットマシンも)。

真面なUNIXがIntelアーキテクチャーで稼働したのはNEXTSTEPのIntel版で、ジョブスが
それを引っ提げてAppleに帰還、MacOSX Intel版の誕生には涙が出ました(T_T)
やはりUNIXじゃ無きゃダメなんですよ! Linuxじゃダメよ!

> 多くの方がmacOSはホンモノのUNIXだと知らないのは不思議な事です。

本当にそうなんですよね。

種子法廃止だけでなく、来年の通常国会では種苗法の改定案が出され、いよいよ自家増殖 (採種) 禁止になります。
悪性腫瘍、不妊、痴呆の原因になる遺伝子組み換え技術によるゲノム編集食品が 安全なものとして、この10月1日から任意の届出だけで何の表示もないままに流通が始まりました。
脅かされる食の安全 みんなで議論できればと思います。

きむちテ●朝、キムチ日テレ、共産シナ朝鮮族疑惑レンホー

「韓国指揮下のきむちテ●朝」と「韓国語が社内公用語であるキムチ日テレ」および帰化在日共産シナ朝鮮族疑惑レンホー
-----

「韓国指揮下のきむちテ●朝」のキムチ報道番組「報ステ」の韓国式言葉狩りは、台湾国、共産シナおおよび韓国の三重国籍疑惑の帰化在日韓国人疑惑または帰化在日共産シナ朝鮮族疑惑のキムチ立件民主党のレンホーを必死に韓国式擁護しています。

「韓国指揮下のきむちテ●朝」と「韓国語が社内公用語であるキムチ日テレ」は、早急に企業統合して下さい。

DSC96M1932さん

>私がポーティングに携わって居た頃、AT&TのUNIXはSystemIIIというバージョン
でBSD版はSystemIIIを購入するとおまけでソースコードが付いてくるという仕組
でした。

なるほど、SystemⅤにバージョンアップするまでの過程は
そういう流れだったんですね。

WINDOWS系のソフトで見掛けたアカデミックライセンスも
元祖はこちらだったわけですか。

皆様とのやりとりで、今回UNIXの発展経過も噛み砕くようにわかりました。

嬉しいです。ありがとうございました(^_^)

韓国憲法では国際法も国内法と等位としているので、そもそも日本とは条約の受け止め方が違うのかも知れない。

韓国憲法(第六共和国憲法・現行憲法)

第6条 ①憲法によって締結・公布された条約及び一般的に承認された国際法規は、国内法と同様の効力を有する。

日本は同一憲法を金科玉条のように扱っているのだが、韓国は権力者に都合のいいように9回も改憲されており、その時々の憲法によって大統領の選出が間接選挙によるものだったり、国民による直接選挙であったり、適当に変えられている。

>コリアンさん ソロです。
>>韓国憲法は9回も、改憲している
 そうなんですか、其れは知りませんでした、教えて頂きありがとうございます。 確かに、日本は憲法を金科玉条の様に扱い過ぎる処が有りますが、是も、戦後体制の米国からの強制力の弊害だと思いますね。 その点、韓国は警戒されて居無かったので、改憲も融通無碍に出来たのでしょうね。

 でも、改憲した回数が問題では無いのは、ドイツの様に、50数回も変えている国もあると聞き及びますので、「自分の都合に合わせて変える」という、為政者のそうした法律に対する、安易な姿勢の方が、韓国の法治主義自体を不安定なものにして来たのでしょうね。 貴方のコメントを読んで、増々韓国と言う国が信用出来無くなりました。

v5a86472=朝鮮人工作員


>>2019/10/27(日) 19:52:57| URL| v5a86472 #-

朝鮮人、朝鮮人認定工作乙。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント