金正恩の高笑いが聞こえる 10月2日(水)


前回はドツボにはまった文在寅を書きましたが、今回はもう少し詳しく述べ
て見たいと思います。

文在寅の最終目的は南北統一です。しかし金正恩はいまや文在寅を全く
信用していない。文は2018年に4月、5月、9月と南北首脳会談をしたが、
有頂天になった文は金正恩に美味しいことばかり言った。

まず国連の決めた経済制裁を解く、核の廃棄は段階的にやることをトランプ
に了解さす。このようなことは文の力で出来るはずもないに、いかにも
自分の力で出来るように言った。それだけにやめておけば良いのに、中断
されて満3年になる開城(ケソン)工業団地の稼動を約束、そして9億円の
援助を約束、その上直通電話を開設をした。

しかしどれ一つとして文は約束を果たしていない。だから金は文から直通電
話が掛かってきても出ることはない。だから金はトランプに文は嘘つきだと
言ったのです。

文は金正恩を喜ばすために日本から輸入したフッカ水素その他の重要物資
をいかにも自国で製造したかのように、北朝鮮やイランに転売した。同時に
日本から輸入した重要物資をイランからの原油代金に充て、瀬取りで北朝
鮮に密輸、また中国との三角貿易を使って重要物資を北朝鮮に横流しして
いたそうです。

これらのことは全てアメリカのCIAによってトランプと安倍首相にもたらさ
れた。安倍首相はすぐにトランプからの命を受けて韓国をホワイト国から除
外した。

私がブログでCIA(中央情報局)の事を載せるとコメント欄で「映画の見す
ぎだ」と揶揄されましたが、アメリカが、自国にとって不利益になる他国の
政権を倒すためにCIAを使った例はキリがありません。48年以降今日まで
の間CIAを介して他国の政権交代を試みたという多くのデータが残ってい
ます。

当然トランプによって韓国は味方にあらずと認識された以上、CIAは文政権
に敵対する政治組織に資金援助を行ったり、政権に打撃となるような情報を
提供したりして、文政権の転覆を図る工作を始めています

日本からも重要物資の30%程度が行方不明になっていることをアメリカに
報告、韓国政府はWTOで日本政府に証拠を示せと噛み付いたが、皮肉な
ことに韓国国会議員の調査の結果として、重要物資が大量に海外に流れて
いた事を報道していたことが発覚(2019年5月17日付、朝鮮日報)

この事実が発覚すると韓国は「4年間で156件も不法輸出を摘発した」と開き
直って実績アピールを始めた。韓国の輸出管理そのものが適正に行われ
ていないことが表面化しました。このような言い訳が世界で通用するとでも
思っているのか、本当に最低な国です。

G20開催中に、各国首脳国の随行員が集まる場所でアメリカは「韓国はけし
からん。習近平と組んで、我が国とイラン、我が国と北朝鮮を戦争させよう
としている」とアメリカの随行員は怒りを吐き出した。

このような場所で随行員が話すことが各国のニュースになりやすい。アメリ
カの随行員はさらに「韓国は正規でない瀬取りで物々交換をしている」と
イギリスやフランス、ドイツといった各々の随行員の前で韓国を罵倒した。

韓国は当初「日本が韓国を優先国から外したことでG20の精神に反する」
と申し立てたが、実際、韓国以外の18国においては、韓国の肩を持つ国は
なかった。韓国は自国の利益のために隠れて重要物資を横流しし、様々な
国で大量破壊兵器を作らせ、世界の平和を乱す国である」ということを各国
は認識した。

このお陰で各国の韓国を見る目は冷ややかで、中国やロシアまで同様の認
識で韓国の肩を持たなかった。これらは全てアメリア、トランプのお陰です。
残念ながら情けないことに日本の外務省の工作ではない。安倍首相も最近
外交は外務省を飛ばして経産省に任しています。

日本の外務省は外国とうまくやっていくのが外交だと思い込んでいます。
つまり波風が立たなければよしとする発想は国益を損します。もう受け身
の対応では駄目です。安倍首相はトランプを味方につけることによって
攻撃的な外交に切り替えています。

米国防総省の高官がメディアを使って文政権のウソをバラしたり、怒りを表
明したりしているのは、全て計算づくです。これは親北朝鮮である文在寅の
性質を際立たせ韓国民の動揺を誘うためです。文政権を国民の力で倒す
ためにCIAが仕組んだ工作です。

日本の新聞には余り載りませんが、文政権の外国政策への怒りの声が、
韓国国内からも沸々と湧き上がっています。経済史学者の李栄薫氏は
自著の中で「慰安婦は性奴隷ではない」「戦時労働者は奴隷ではない」
「日本統治時代に韓国の近代化は進んだ」と正論を述べ、未だに歴史
問題を持ち出す韓国政府を批判しています。

日本は韓国を併合するにあたって、惜しみなく資金と技術をつぎ込みました。
韓国は日本に感謝こそすれ、恨まなければならない筋合いはまったくない。

韓国は最近まで日本が絶対に攻めてこないことを利用して、好きなように
インネンをつけてきては、海外での日本の評判を落としてきました。
日本は日米韓の軍事同盟に遠慮してあまり反撃をしませんでしたが、アメリ
カが「裏切りと嘘つきの韓国のほうが北より危険かもしれない」と思い始め
てきた以上、アメリカに遠慮する必要はなくなりました。

だからトランプは韓国を捨てて北朝鮮と組むことで中国を牽制しようと考え
始めています。北朝鮮の金王朝のほうが、きちんと仕込めば中国に対する
番犬としては役に立つとトランプは考えた。

しかしトランプ殿、油断してはいけない。北朝鮮の騙しのテクニックは一流
です。トランプが北に甘くなったことを利用して制裁解除を要求してきます。
トランプが北に対する攻撃をせずに甘やかしていたからです。

ボルトン安保補佐官はこのことを心配して北に対して軍事攻撃を常に示唆
していました。ところがCIAの国民の力を利用して政権を倒すとの意見を
尊重して、過激なボルトンを無理やり退任させた。トランプは来年の選挙
を睨んで軍事行動を控えたのです。

金正恩の高笑いが聞こえてきます。






3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります

コメント

踏み絵

本瀬です

韓国にとっての踏み絵はGSOMIAだったと思います。
旗幟鮮明にせず蝙蝠外交を続けた文在寅が
迂闊にも対日カードと信じて切ったGSOMIA継続破棄は
軍事的には日、韓、米、北朝鮮にとってほぼ無意味。
「日米と同じ側にいますよ」という象徴的な条約だったと思います。

トランプ大統領は愛国者であると同時に優秀な「あきんど」ですから
北朝鮮とでも、チャイナとでも恫喝するだけで開戦は選択しないと思います。

朝鮮半島は南主導でも北主導でも、そのコストに自壊するでしょう。
核を放棄させ、ミニマムの支援でチャイナを牽制するのが
米の思い描く未来では?

フォックスコン的奴隷労働をチャイナから、コリアに移すのが目的だと思います。

プログ主様、いつも更新ありがとうございます

南北統一は間違いなく朝鮮族の地獄になるでしょうね。
朝鮮労働党と北朝鮮人の略奪パーティー&自己満足以外の歴史的意義が無い。

韓国人の憎む日帝は再軍備の口実を得たとこれ幸いに膨張し、世界No.2くらいの軍事大国(特需で経済も)になって、略奪パーティー明けで国力を落とした統一朝鮮ごときの手の届く侵略目標ではなくなっていることでしょう。(だから変に刺激しない方がいいのに・・・)
「満州」なら地元の朝鮮族を内応させれば何とか盗れるかも知れませんがね。

韓国のお守りに飽きたアメリカが直で朝鮮労働党と結びつき、赤化統一はアメリカからプレゼントされる形になるのかも知れませんが、朝鮮労働党が韓国人5000万に対して行う初手は

絶対略奪だぜ?

形だけ韓国を貰っても、その後の国内引き締めは誰も助けちゃくれない。
朝鮮労働党と、ヒョロガリだが一応2000万いる北朝鮮人が頑張って韓国人5000万を焼き入れして臣従させるしか無いのさ。
でなきゃ数でも知恵でも体力でも優る多数派の韓国人に反乱でひっくり返されて終わり。

朝鮮労働党のプロレタリア独裁という国体を守るには野蛮な暴力、即ちジェノサイドが必須。マスト。

我々日本人はその内ゲヴァルトの間隙を突く。
それなら多少9条改正や裏切りリベラルどものレッドパージに時間を食われても、十分間に合う。
武器有り2000万🆚武器無し5000万の大ゲンカの決着までにハイテク再軍備を間に合わせればいいわけだから。

北朝鮮考
北朝鮮の情報は霧に隠されたかのように、漠然として何が真実かよく分からない、そんな状況で北朝鮮分析官はほんの少しの情報や兆候で、かの国の状況を推し量ろうとしている。
僕の知っている北に関する情報は2点。
1.北はシナを信用していなくて、警戒心が強い。
2.北の反体制派は根こそぎ粛清されている。
だからアメリカが南の代わりに北を懐柔してシナ対策とするのも理解できるし、その反対にCIAの国民の力を利用して政権を倒すと言う案は実現不可能と思っています。
日米が頼りにしていたのは、南の情報源であるヒューミント(スパイ)だが、文寅の親北政策で真っ先に情報漏れしたと思われ、根こそぎ粛清の嵐に見舞われていると思われる。
さらに文寅が手を付けたのはKCIAや軍の情報部を人事面から根こそぎ解体してしまったとの事です。
先日韓国のコメンテーターが軍はもはや骨抜きにされて、クーデターなんて夢のまた夢みたいなものですとぼやいていました。
確かに人事を押さえられたら、組織は意のままになってしまいます。
文寅が次に実行した法曹界の征服、まず最高裁判所長官人事、次に法務大臣チョグクを指名した事、最後の砦が検察なのです。
先ほどのコメンテーターも、結局文寅の勝利に終わるだろうとの見通しを述べていました。
確かに最後は指揮権発動(南にあるかどうか知らないが)と言う手があれば、検察も抵抗のしようがない。
北の浸透は金大中の時代から、始まったと言われていますが、今まで南は手をこまねいていたのかと不思議に思うと同時に北の用意周到さに驚きます。
しかしこの件は他山の石として日本も気をつけなくてはいけません。
民主党時代が3年で終わらなければ、南の状態が日本でも実現していたかもと思うと背筋が寒くなります。
日本は民主党の無能さのお陰で3年持ちましたが、韓国は2年でこの有様ですよ、ひょっとして文寅は有能なのかも知れない?
今の野党連中の言動を見ていると、未だに日本を特亜に売り渡そうとしか思えない言動を繰り返しています、一部自民党にも巣くっているようですがね。
日本の心ある政治家にはとにかく日本を愛して、少しでも良くして子供たち次世代に渡すことを考えてほしい。
特亜から甘い誘惑があるかもしれないが、所詮一時の快楽に過ぎないし、日本に生まれたら、外国の長者の様な人間離れした贅沢はしたくてもできない環境です、たかが知れています。
そんな贅沢と引き換えに売国奴の汚名を被る、そんな取り引き拒絶しましょう、子供達のためです。

記事更新ありがとうございます


燦燦三太です。

前回のコメントに返信を頂戴していたので、スレ違いですがこちらでお返しさせて下さい。

> 老猫さん

> 具体的にあげてくれませんか?

老猫さんが挙げている給食の件もニュースで知っています。郷に入らば郷にしたがへですが、以前誰かも話していたように彼らには無理でしょうね。期待してもどうにもならないので、問答無用で拒否すればいいと思います。

身近な話では、近所に住みだしたアジア系の家族(友達同士かもしれない)は、時間に関係なく部屋でも外でも大声で騒いでいて自治会で問題になってました。友人の会社では同じくアジア系のアルバイトがお客様をもてなすという観念がなく、幾ら教えても習慣になってないものは身につかないようでお客様から苦情の嵐だそうです。

同じく友人の会社で正規雇用している作業員は、都合の悪い事は日本語が分からない振りをして指示に従わないらしく困っていました。何人か集まってストライキみたいは事もするようですよ。周囲は腫れ物に触るかの如くで何かと難しいようです。丁度昨日見た光景では、お店で列を並ばず割り込みをして注意した店員に片言の日本語で訳の分からない文句を言ってました。みんなヤレヤレといった感じでしたが、私は貴重な時間を無駄にされた気がして腹が立ちましたけど。

前にお話ししましたが、会社近くの100円ショップで強盗がありまして、主犯格はそこでバイトしていたチャイナ人。仲間を引き連れて従業員を縛り上げて包丁でケガをさせてました。夜中まで職場にいる事がありますが、ここ数年は深夜にアジア系外国人が何人かで徘徊しているのに出くわします。それに伴うような感じで強姦事件が増えているので、公に数字は出ていませんが、近所の人達は彼らに不安を抱いているといった状況です。

自治体として対応しうる問題かや条令化するような問題かという点でいえば、秩序や常識良識の崩壊という点で考えても少しベクトルが違うと思います。勿論日本人にも同じような非常識な輩はいるじゃないかという指摘もあるかと思いますが、それはそれこれはこれです。外国人が増える事による庶民の不安という事ですから。ちなみに私は今でも外出時家に鍵を掛けない事が多いです。w

> 日本の存亡危機は特アにあり

私もそう思っています。入管改正法成立と同時に特別永住者も廃止すれば良かったと考えています。私が総理で日本第一党が政権与党なら。まず帰化人も特別永住者も二親等までに犯罪者(軽微交通違反除く)がいる場合は一族送還。バ韓国が受け入れしないなら竹島にゴムボートで流しておいて、後の新憲法制定で武力による奪還で自然に朝鮮兵として頑張ってもらえれば良いかと。日韓の歴史を理解し、犯罪歴無し、税の滞納無し、総連や民潭と関わりなしなら帰化すれば良いと思います。防共の砦は日本海として朝鮮は切り捨て、在日米軍費を大幅に負担してアメリカにはそれで目を瞑ってもらいます。

というような妄想はどうでもいいですね。w

私は最近安倍政治を良いとも悪いとも思わなくなりました。まぁ共産や公明立憲などどうでもいい野党はどうでもいいですが、日本人なら今の所自民一択でしかなくリベラル左翼中道「左派」自民党と考えれば、一応日本の事を考えた革新政党だと認める事はできますから。あとは保守政党として日本第一党が党勢拡大でもしてくれて二大政党化できれば面白くなると思っています。あとは自民の中にいる膿をなんとかしてもらいたいですね。

コメントありがとうございました。

> 本瀬さん

 
燦燦三太です。

老猫さんに返信した後でいただいたコメントに気づいたので、再びこちらで返答させて頂きます。

> 問題の優先順位からいえばアカに汚染された学校教育の方が大問題では?

本瀬さんの仰る通りだと思います。優先順位というよりは全て平行して何とかしておくれと思いますね。色々話していると、20代に限らず上は50代から下は10代までトンでもない状態ですよ。寧ろ10代のほうがネットの影響でしょうか、正しい認識を持っている子が多いです。正しいと言うか、問題意識を持っているというか。

先日の大阪サミットの時に我が社でバイトしている高校生と話をしましたが、結構しっかりとした意見を持っていました。ただ維新を応援していると言ってましたので、道州制の危険や大阪都構想の「都」の持つ意味を教えておきました。w

> 悪い存在ではない?頭の悪い存在(笑)

本瀬さんの仰る事もよくわかります。ただ色んな側面から見た意見というものが公に語られることは必要だと思います。入管改正法反対であれば、どういう理由で何を問題視しての反対かという点が明確に出てくれば、それに対して何が勘違いで何が制度として不足しているのかが明らかになります。馬鹿は黙っとけ!で無視するのが一番よくないですし、抜け穴抜け道が見つかるなどの良い影響もあるでしょう。そういう意味で悪い存在ではないと言ってます。頭が悪いのもご愛嬌として下さい。w

期せずして竹島ボートの話がかぶりました。前にも話したと思いますが、私、本瀬さんの様々なご意見が一番腑に落ちるんです。目から鱗というような事もしばしばありますし、とても勉強させていただいてます。知識や教養は足らないかもしれませんが、私、本瀬さんと考え方が似ていると思っています。迷惑でしょうが。w

コメントありがとうございました。

移民反対には対案を

>燦燦三太さん 本瀬です

・世界への大義名分をどう説明するか?
・労働市場の不足分をどうするか?
・内需をどうするのか?

最低限でも以上3点の対案を示せなければ
反対の為の反対でしかなく、パヨクやあんな人たちと同類ですよ。

三太さん推しの政党では、党首に存在感がなく、顧問の方が押し出しが強い。
良し悪しは別にして、志位、枝野、福島、立花、山本なども
それぞれに、暴言とも言える持論を吐いて存在をアッピールしてますよね。

桜井も頑張ってるけど空回り、3時間の動画作るより、3分の動画60コのが
浸透できるのになぁ。

トランプ大統領並みの暴言がしれっと言えるようにならなきゃ
これでおしまいでしょうね。
例えば、「朝鮮系日本人、在日コリアンは全員、竹島収容所に収監する。」
実現してもしなくてもいいのです。「メキシコとの国境に壁を建設」
宣言するだけで、スタンスが明確になり政治は動くもの。

ーーーー
維新だの新撰組だのに引っかかるのは真性のバカですね。
司馬遼太郎の娯楽小説に騙された坂本龍馬、土方歳三イメージで
有権者を騙そうとする詐欺なのだから。

幕末、坂本龍馬は勝海舟の手下、
軍、金、権力は
西郷隆盛と勝海舟にあった。
だから、江戸城開城の話あいは2人で行われました。

司馬遼太郎は山田風太郎や柴田錬三郎と同じ類のエンターテイメントだと
いう事をしっかり念頭に置くべきだと思います。

三太さんも、龍馬も土方も幻想。
真実は中央集権、富国強兵、殖産興業こそ明治だと
若者たちにお伝えください。

移民の定義の出典

>ソロさん
前週のコメント欄からの続きです。
移民の定義についてのトンデモ説の出典を示せ?
そんなことまで説明しなければならないとは思いませんでした。
おとぼけですか?それとも本気ですか?
出典は国連の下部機関IOMです。
詳しくは自分で調べてください。
http://japan.iom.int/information/migrant_definition.html
ただし私はこの定義が唯一無二とは言っていません。
移民を非常に狭義に定義したとしても貴方がたが支持する安倍氏自身が移民推進の方針を表明しているということです。
貴方がたは自分たちが支持する人物を信用しないのですか?

500~700万人の強制帰還が現実化する可能性はない理由を私は述べました。
しかしあなたのコメントでは強制帰還が現実化する可能性の根拠が示されていません。
示せないだろとは思います。
どんなに旗色が悪くても論点から離れて、知りもしない相手にバカだチョンだ、コリア人だと妄想で罵倒するのは他の読者にも見苦しいのでお止めください。

【 『 仮 説 』 安倍総理は愛国者だが、実は、日本人が大嫌いで在る! 】

 安倍政治に於ける奇妙な違和感の原因は何だろう?
 その謎を解く為に、表題の『 仮 説 』を立てて見た。
 不思議な『 仮 説 』では在るが、案外日本の現在の現実を上手く説明出来るのでは無いかと自負している。

 しかし、注意して頂きたいのは、飽く迄も『 仮 説 』であり、何も証明出来て居ない事を忘れないで貰いたい!

 安倍政治に於ける奇妙な違和感とは何かであるが、安倍総理は、対外的には、諸外国との外交を今迄の総理より積極的に行って、日本の国際社会に於ける地位向上に真摯に取り組み成果も出て来ている。

 大方の日本国民から見ても、外交巧者の安倍総理は頼もしく見えると思う。
 こんなに、安倍総理が、外交を頑張るのは、安倍総理が愛国者だからに違いない!
 即ち、安倍総理は愛国者なのだ!

 しかし、国内に目を移せば如何だろう?
 愛国者・安倍総理は、日本国民たる日本人(日本民族)をどの様に扱っているのか?

 最初に思い付くのは初めて安倍晋三氏が総理に成る直前に発表した著書『美しい国へ』のナショナリズムの部分である(「美しい国へ」 文春新書 2006年(平成18年)7月20日第1刷 安倍晋三著 文藝春秋発行 第三章 ナショナリズムとはなにか 78頁 〔移民チームでW杯に優勝したフランス〕)。

 日本は単一民族の国だから、歴史・風土に結び付いた日本人(日本民族)のナショナリズムを書いたのかなと思ったが、然に非ず!

 何故か、移民国家フランスに於ける多民族融合の素晴らしさを説いており、強烈な違和感を持ってしまった。

 安倍総理が、日本人(日本民族)が好きならば、日本人(日本民族)のみの単一民族国家を維持する政策を採ると思う。
 然るに、第一次安倍政権の時から、日本を単一民族国家から多民族国家にする野望を持って居たに違いない!

 そうで無ければ、総理就任直前に発表した著書『美しい国へ』に自らの理想のナショナリズムとして多民族国家フランスの例を引くなんて在り得ないからだ!

 到頭、総理初就任の時の野望を、今年2019(令和元年)4月1日から5年で外国人労働者を35万人移民させる事で実現しようとしている。

 次は、消費税だ。
 消費税は抑々戻し税としてフランスの輸出企業への補助金が始まりだと言われている。
 国民の負担に於いて、一部企業を優遇しようとするのが消費税の始まりなのだ。
 日本に於いても、消費税のアップ分が社会福祉に使われた形跡は見当たらない!
 もし、消費税のアップ分が社会福祉に使われたとしたら、介護で働く人の給料も上がって、介護職で働く日本人(日本民族)も増えるであろう。

 しかし、実際は、介護で貰える給料では、結婚して、子供作って育てて行く事が出来ないのだ!
 仕方なく介護の現場から去る日本人が後を絶たない。
 即ち、社会福祉に消費税のアップ分を使わず、外国人労働者に介護現場で安く働いて貰う移民政策に繋がるのである。

 では、社会福祉に使う筈だった消費税のアップ分は何処に使われたのか?

 それは、消費税のアップ分と企業減税の額を比べれば大体同じ額に成るのを見れば分かるだろう?

 消費税は、日本人(日本民族)を苦しめるだけで、何の利点も無い!

 安倍総理は、総理在任中2回も消費税増税した初めての総理に成った!
 どれだけ、日本人(日本民族)が憎いのか?

 何故、安倍総理が日本人(日本民族)を憎んでいるか推測すると、安倍総理の祖父の岸信介元総理が日本の為を思って日米安保改定をしたのに、日本人(日本民族)がデモを起こして辞任に追い込んだのが一因では無いだろうか?

 また、小沢一郎氏が画策して、1993年(平成5年)細川護熙内閣に政権交代して、自民党は野党に追いやられた!
 そして、再び、2009年(平成21年)に民主党が政権を獲得して、鳩山由紀夫内閣が誕生した。

 この時、安倍総理は、小沢氏や野党のみならず、日本人(日本民族)にも敵意を覚えたに違い無い!

 さて、ここで疑問です!
 安倍総理は日本人(日本民族)が嫌いな筈なのに、何故日本を護ろうとするのでしょうか?

 ヒントに成るのは次の記事です。

 【 〔日刊ゲンダイDIGITAL〕
 日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”
 公開日:2019/09/17 14:50 更新日:2019/09/17 14:50
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/261913

 11日発足の第4次安倍再改造内閣は、党4役を含めると日本会議国会議員懇談会の幹部が12人もいる極右内閣。ところが実は、霊感商法問題で知られる宗教団体「統一教会」(現・世界平和統一家庭連合)がらみの大臣と党4役も計12人いる。

 安倍晋三首相自身、官房長官時代に統一教会の大規模イベントに祝電を送り、首相就任後も教団幹部を官邸に招待するなどしてきた。菅義偉官房長官、麻生太郎財務相、高市早苗総務相、加藤勝信厚労相、下村博文選対委員長も、統一教会と関わりが深い。

 さらに今回、初入閣13人の中にも6人もの“統一教会系大臣”がいる。統一教会問題に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏の解説。

 「萩生田光一文科相は、2014年に都内での統一教会系イベントで来賓として挨拶に立っています。17年に統一教会系団体がワシントンで開いた日米韓の国会議員会議やニューヨークで教団が開催した大規模フェスティバルに参加していたのが武田良太国家公安委員長や竹本直一IT政策担当相、山本朋広防衛副大臣です」

 衛藤晟一1億総活躍担当相も、14年に統一教会系団体で講演。議員会館使用の便宜もはかった。田中和徳復興相は16年に川崎駅構内での街頭演説の際、自身の名刺とともに統一教会の機関紙「世界日報」を配布した。菅原一秀経産相は自身が代表を務める自民党支部が17年に統一教会系の世界平和女性連合に会費を支払っている。

 統一教会は16年に世界平和国会議員連合(IAPP)を設立。世界各国で大会を開き、現地の国会議員を巻き込んでいる。

 「同年の日本での大会には、統一教会幹部らや自民党を中心とした国会議員63人が出席。そこに竹本大臣や御法川信英国交副大臣もいます」(鈴木エイト氏)

 しかもIAPPの目的は「統一教会の日本の国教化」だという。

 「教団は内部資料で、IAPPを“真の父母様(文鮮明夫妻)の主権によって国家を動かす”ための戦略としている。教団ではこれを“国家復帰”と呼び、日本を含め21カ国での実現を目指しています」(鈴木エイト氏)

 知ってか知らずか統一教会国教化計画に加担している議員が、内閣に加わったということだ。

 「武田大臣と山本副大臣は17年2月、韓国で開かれたIAPPの総会で韓鶴子から直接、国家復帰指令を受けた。昨年10月、東京での国際勝共連合(統一教会の政治組織)50周年大会にも出席しています」(鈴木エイト氏)

 韓国との対立を深める安倍政権だが、韓国のカルト宗教とはズブズブ。まさに「カルト内閣」だ。 】

 嫌いな日本人(日本民族)は最下層へ追い込み、統一教会信者が支配すると云う事を目論んでいるのだと思う。

 日本人(日本民族)が団結して自民党を政権から引きずり下ろす事が出来無いようにする為、移民政策を採り、御互い反目させる心算なのだろう?

 殊更、若者と老中年間の対立を煽り、日本人(日本民族)が団結するのを阻止している。

 安倍総理の狙いは日本を統一教会王国にし、日本人(日本民族)を統一教会の奴隷にするのが最終目標なのかも知れない!

あきれました。

これまでのやり取りを見ると

「嫌なら見るな」
「相手に敬意を払わず上からの目線」
「自分語り」
「覚醒していない」
「朝鮮人認定」

日本特有のいじめ?がこのコメントで発生中みたいです。

どこかの宗教団体の教祖でマスコミ的な手法を取っているし、あきれました。

自分は今の政策を知り、今の政治を知ることが大切だといいましたが伝わりませんでしたね。もちろん現状に対する分析や議論はするべきでしょう。
しかし、信仰と空想は別です。

現状を知り、過去を知り、彼らのビジネス手法を知り、敵を知ることです。

「上を信じていれればそれでいい。」
で脳死して終始すれば、相手の良いようにやられるだけです。

江戸時代に起きた一揆とかどうだったのでしょうか?
上が信用できないから現状に対して農民が怒り起きたことではないでしょうか?

いつの間にか日本は独裁信仰国家に代わってしまったのか・・・恐ろしい
これこそ、日本の劣化ですね。

後、代議員とか、これって間接民主主義の基本でしょ。この場合、選挙で選んだ人に責任はありますよね。
いかなる政策も時を経ては結果はわかりますし、正確な評価も下せるでしょう。

だから、結局「世界の潮流に任せる」しかありませんね

>shadow government さん ソロです。
 貴方のコメントの意味する処が良く分りません、私の文章がへたくそなのでしょうがね。

 基本的な現実認識が違い過ぎるので、話し合っても無駄だとおも居ます。 ですカラ、貴方とのコメントのやり取りは是で終了します、私の真意は全く伝わって居ない様なので、力及ばず、残念です。

 一点、江戸期の百姓一揆ですが、抑々、一揆と言うのは、暴動とか打ちこわしまで意味して居ず、為政者の、不当な徴税行為や現実無視の暴政に対して、お上に直訴する事を目指して、会議を持つ事を意味して居ます。 ですから、一揆衆と言うのは、会議に参加して居る百姓の代表の事ですが、事に拠れば、全員死罪も有りえます。 こうした歴史の改竄は、戦後、GHQのWGIP施策に沿って行われたモノで、当然、マスコミもその片棒を担いで居ます。

 私はこうした、左翼歴史学者が造った「改竄した日本史」を糺して行かなければ、日本再生は有りえないと主張しているんですが、宗教の影響? には、呆れましたね。

 話を戻しますと、直訴は、江戸期は、原則、御法度で、違背者は死罪と決まって居ましたから、一揆が立つと、直ぐに、責任者、つまり死罪になる者を決めますが、大体は、長老集団から希望者が出て居た様です。

 是は、プラトンが云う「悪法でも、法は法だ」と、自ら毒を呷ったのと、同じで、世の秩序と言うものを大事に考えるのが、日本の常識なのです。 日本人に取っては、社会秩序は、命懸けで護られてる価値の有るモノなのです。
 
 では、ごきげんよう。

ブログ主様、更新有難うございます。

>文在寅の最終目標は南北統一
 
 南鮮の近況からも、文は日進月歩の如く統一へと邁進しておる様ですね。更には退陣後の宿敵、検察権威を分散し、独裁政権ならんと院政疑わしく保身を諮っておる様にも思えます。

 当初、文自身が掲げたるは、反北である朴政権の倒政及び戦後復興基盤である財閥からの権力剥奪が主です。嘗て朴槿恵の父朴正煕も確固たる反北であり、未だ南鮮国内に於いても支持されておるのが現状です。南鮮に於いて、歴代大統領中支持率が高いのは廬武鉉とされてる様ですが、恐らくは朴正煕と同等或いは其れ以下だと思われます。廬武鉉の側近であった文在寅の弔い合戦的な、自身都合の身侭な南鮮内での情報操作でありましょう。反北であった朴正熙を支持率を低くしても良いと思うが、2番手としたのは何方にも転べる様にした南鮮の本質を表すものであり、熟した反日教育を須らく利用し、米国と手は取り合うても与しないのだ、というのが文政権の現状でありましょう。何処の国に対してのアピールでしょうかね。

 南北の同等な統一というのは現実的には厳しいでしょうが、民主主義の体で独裁政権を合法的に認めさす事に邁進する現状を鑑みれば、文の狙いは単なる統一ではなく一国二制度にあるとも言えます。支那中共や露国、そして香港の良い所取りをせしめんとしておるのではないでしょうか。何れにしても、戦後の日米欧秩序から外れ、母体は共産主義に寄り、其の上独裁政権を置かんとする現政権であれば、北に寄るのは至極当然かと思われます。

>日本から輸入した~重要物資をいかにも自国で製造したかのように

 是は正に仰る通りだと思います。南鮮の高度な技術と称し他国に吹聴もしておるのでしょう。真偽は定かではありませんが、先日のホワイト国除外やGSOMIAの件での南鮮に於ける日本に対する物言いを見れば、是は単に2国間の優位性を固持するものではなく、他国へのアピールが多大に含まれるのでしょう。「所謂徴用工、事実応募工」の件然り、「所轄慰安婦、事実戦時売春婦」「所轄植民地、事実併合・合邦地」「旭日旗云々」等々、是ら戦後南鮮に拠る際限のない虚偽吹聴は歴史の歪曲化と物乞いの類でしかない。先日、文が「歴史を忘れる国に未来はない」と言っておりましたが、我が国に向けてのものであると同時に自国南鮮民に対しての意思表示でもあろうかと思います。戦後の日米欧の秩序より漸く自立の道を歩み始めた彼の国を誰が咎められましょうか。

 隣国を友好国としてではなく、様々な面に於いて、早急に通常国として扱って頂きたいものです。コメントでも散見されますが、国交断絶、敵国とするには時期尚早であります故。我が国も安全保障の観点に於いては自立せしめん事を、唯々願うばかりです。

ーーー
 
 昨今に於ける諜報大国は米欧ですが、主は軍事大国である米国です。然しアジア・アフリカ諸国に於いて、特に発展途上国としておる国にイニチアシブを握っているのは支那中共です。戦後の秩序、特にソ連崩壊後は経済・軍事・情報を握っていた米欧が主で日本が縋るといった処が現実です。軍事規制を強いられ国軍無く、スパイ防止法すらも定められずの我が国では、現情報秩序の先鋒に居れずとも致し方ありません。

 周知の通り、東南アジアの経済発展、延いてはインド・アフリカ圏・南米と、之から経済発展する可能性の高い地域の情報網に支那がアドバンテージを持っており、経済困窮謳われ久しい現在も欧州に於いては着々と手を伸ばしておるのですから、現秩序主の米欧、特に米国が敵視するのも当然といえます。今や情報分野での優位性が経済・軍事での優位性となってると言っても過言ではありません。5G技術の飛躍的な発展に拠り、6G・7Gと技術革新が進むとすれば、より一層情報網の重要度は増して行きます。ですので、此度の米支闘争の本丸は情報網の覇権争いなのだと個人的には位置付けております。

 昨今一個人でも莫大な情報量を難なく得る事が可能となりました。是迄は情報取得者の意思で得ていたものが、情報技術やAI技術らの躍進に拠り、取得する意思無くとも、流動的に与える事も可能です。其の時に物事の正誤を判断するのものはネットを介した情報が主になるかと思います。文献や口伝、或いは文化に拠り伝えられた我が国の歴史は是らを介さずにネット等で得る事が通念となり、得られた情報が多数の認識となれば、其れが真実となり得ます。

 天皇陛下の御存在と我が国の民の良識、先人達の知恵、勇気、利他の心、愛国心に拠り、日本という歴史が現に存在しております。声に出し語らずとも肌で感じ取れる筈です。今は手を取り合ってる米欧とも何れ対峙する時が来るやもしれません。我々の生あるうちに出来得る限り、より多くの若い世代へ我が国の誇りを伝え残す事こそが、今を生きる我々の使命でありましょう。

 ブログ主様のように言論人の方は、ブログ・書籍などの記事や講演会等を通じ、数多の人へ影響を及ぼされる事でありましょう。然しながら我々市井の民は、子や孫、配偶者、親戚縁者、親友、或いは職場の仲間らへ伝える事が肝心なのです。例え一人でも、特に若い世代へ伝える事が肝心なのです。そうやって紡がれてきた歴史が日本そのものであるのですから。
 

>woodhome さん ソロです。
>>国連の下部機関のIOMが出典
 ははは・・国連の下部機関って、要は怪しい団体だと言って居る様なモノなんですがね。 その辺り、国連と言う機関を誤認しているんじゃないのかと疑いますね。

 国連と言う団体の正式名称は、国際連合軍ですよ。 詰まr、第二次世界大戦の戦勝国5ケ国「=米英蘇仏支」つまり、現状の安保理自会が主体の組織で、国連と言えるのは、厳密には、是だけです。 然も、常任理事国には「拒否権」と言うのがあって、決議は、全会一致出ないと採択されません。

 ですから、5カ国にいずれかが、紛争の党自国の場合、国連は期のしないし、直接関与しなくても利害を持って居れば、国連の介入は中途半端なものに終わりますから、戦後に起きた国際紛争で国連が、解決・終息に寄与した事例は殆ど無く、寧ろ邪魔をして居る。

 ダカラ、米国はもう十数年前から、国連解体を叫んで、一番分担比率の大きい分担金を払って居ませんし、他の常任理事国も似たり寄ったりです。 真面目に払って居るのは、日本(12%)だけ、で、敵国条項はほったらかしww

 WGIP施策全開の、学校で習った様な「世界の中立機関・平和維持機関」でも、「世界の弱者救済の為の、人権擁護機関」でも、「世界のマイノリテイの為の文化保存機関」でもありません、ですから、国際赤十字も「国境なき医師団」も、非国連機関なんですね。

 それらの後付けの機関は、全て、国連本体とは関係が、実はありません。 国連の名では、資本も入って居無いし、人事権も人材交流もありません。 殆どの機関が、反日国家やグローバリストの巣窟です。

 日本の外務省は、国連を闇雲に支持して居ますが、それは、未だに国連には、敵国条項が存在して居て、その対象が第二次世界大戦時の、枢軸国だとされた、日本とドイツですから「何時、外されるか分らない」と言う、恐怖の中で戦後74年間居るワケです。

 浅学非才にして門外漢の私が、このIOMとか言う、無数にある「イカサマ国連の下部機関」の存在など知る由もない事ですし、勿論、強制力も有るわけが無いので重視する筈もない、それを「唯一無二では無い」と言うのなら、混乱の元ですカラ、端から参考として挙げるべきではありません。

 原則、移民法と言うのは、その国家独自の成立や環境に拠って決められる、国家独自のモノで有るべきでしょう。 縦しんば、国際的な指標を掲げたとしても、それは唯の参考にしか成りませんね。

 「日本で国籍法を改正したのは何の為だったのか?」と、言って居るんですが、この対象になった問題は、フィリピン人と日本人の間で生まれた子供の親権について争われた話で、現行、父方の国籍重視の日本ですが、母方の国籍で現在日本で、在日外国人として暮らして居る人が、フィリピン国籍を放棄して、日本国籍になる場合に、父方の戸籍に入っていない為に問題が生じた件だったと記憶して居ますが、何せ、10年位前の仄聞情報ですカラ、不正確かもしれませんが、その辺りは、耄碌GGYの戯言と御寛恕下さい。w

 でも貴方の仰っている説に拠れば、本人は日本に、もう赤ん坊の時から棲んで居るんです、すると、父母の戸籍の何れに入っていようが、構わず、個人として日本人国籍を有している事に成りますよね、すると、裁判で揉める事も無かったし、少なからず非難された国籍法も変えなくても良かった訳です。 なぜ、そうし無かったのでしょうか? この質問には、絶対答えて下さいね。

 大量強制帰還が「実現する可能性」という点について詳述しようと、改めて考えて看ましたが、「韓国処分」は確かに、是からですから、韓国が消滅にするのは、粗確定にしても、統一は北主導か将又、南主導か、其れともどちらも不調に終わって、両方とも、米国とか国連軍への委託統治になる可能性も残って居ますから、示せるわけが無いのは確かですがね。

 唯、日米支のみに関わらず、半島に居る朝鮮族7千万人と在日朝鮮韓国族「=帰化済みを含む」、凡そ、最大700万人に関する扱いは、絶対に放置出来無い事ですカラ、其れ形に事態が動くのは確実です。

 その中で、韓国の国内法として厳然とある「在日帰還法」の新たな為政者の運用次第では、強制帰還も有りえますね。

 と言うか、現状の日本の在日や帰化済み朝鮮人の生活保護率、犯罪率の高さが示す、社会の劣化成分度合いから、言って、少なくとも「強制連行の嘘」は、解消しておかねば、何時までも集られるネタを遺す様なものですから、在日の強制送還の要求は、強まるでしょうね。

初めて、コメントします。
ソロさん いつも投稿お疲れ様です。

いやがらせやアンチコメントはブロックでいいと思いますよ。
あちら側の目的は議論ではなく、いやがらせですので無視したほうがいいと思います。
おそらく、日韓断交が現実となってきて焦っているのでしょう。いまのままでは、帰化人やハーフも送還の対象になりそうですしね。

国連の下部機関のIOMが出典

>ソロさん
今我々は先の入管法について論議しています。
あなた方が少し前のドイツのように移民推進なら、そもそも議論になりません。
安倍氏やその支持者であるあなた方が本来移民反対の立場でありながら、目の前で起きている移民の進行に目をつぶっているから議論しています。
議論する以上その定義がはっきりしていなければなりません。それを誰も明確にしません。
ですから国際的に利用されている定義としてIOMの定義を引用しました。国連はUNと呼ぶのが正しいのですが、一般的に用語として定着しているので私もあなたも国連と言っているのと同じです。UNがどうのこうのということとは全く別の問題です。

安倍氏は、永住権取得までの在留期間を世界最短とする、と非常に狭い定義をあてはめても移民と同義になることを表明しています。
ところが一方で自分は移民政策をとらないと質問には答えます。
ならば安倍氏が否定する移民とは何なのか?その定義を聞いても明らかにしません。
これは選挙民に対して非常に不誠実です。そう思いませんか?
我々選挙民はこんなまやかしを許してはいけない義務があると思っています。そんなレトリックが通用するなら選挙民は何を信じて自らの意見を候補者に託していいのかわからなります。それはな民主主義の否定につながります。

国籍法改正について絶対答えろとのことですが、私が何かこれについてコメントしましたか?
していないことに答えようがありません。
麻生内閣?の時の国籍法改正について正直私は大きな関心がありません。
日本の国体を悪い方向に変える可能性のある点で先の入管法の改正とはその重大性において雲泥の差があると考えています。

バイデン終わったかも

速報:
バーニーサンダース、病院に運ばれる
心筋梗塞で手術とのこと

Bernie Sanders taken to hospital with chest pains and blocked artery | The Independent
https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/bernie-sanders-hospital-latest-news-reason-heart-age-chest-artery-blockage-a9131851.html

ーーー
Joe, Hunter Biden seen golfing with Ukraine gas company exec back in 2014, photo shows | Fox News
https://www.foxnews.com/politics/joe-hunter-biden-seen-golfing-with-ukraine-gas-company-exec-back-in-2014-photo-shows


Donald J. Trump‏認証済みアカウント @realDonaldTrump
The Fake News Media wants to stay as far away as possible from the Ukraine and China deals made by the Bidens. A Corrupt Media is so bad for our Country! In actuality, the Media may be even more Corrupt than the Bidens, which is hard to do!
2019年9月30日
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1178671715624394757


フェイクニュースどもはウクライナと中国での、バイデン一族の行動に可能なぎりの距離を取っている
腐敗マスコミはわが国の害悪だ
波に乗れてないバイデンなどより実際よほど腐っている
写真↓
https://twitter.com/bilderberg54
これはあかんやつや

基本的議論のルール

本瀬です

「平和安全法制」に関して議論する際に、
そのメリット、デメリット、不備な点を議論するのは良いと思います。
例えどんなに過激、極論になろうとも議論は成立します。

それを、俺たちは「戦争法案」って呼んでやる。
安倍は戦争狂の独裁者だーとやると・・・・
議論にはならないですよね。

「出入国管理法の改正案」に関して議論する際に、
そのメリット、デメリット、不備な点を議論するのは良いと思います。
例えどんなに過激、極論になろうとも議論は成立します。

それを、俺たちは「移民法」って呼んでやる。
日本国の定義なんか知ったこっちゃない。
UNのIOM定義に従って議論しろ、
それを受け入れない安倍は売国奴だ・・・
議論にはならないですよね。

ーーー
基本的ルールだと思います。
法案などが絡む場合には、「あんな人たち」の様な印象操作の
別名など使わず、正式名称で議論すべき。

その法案の用語を十分に理解しその当否を議論すべき。

ーーー
つまりね
「出入国管理法の改正案」が全て正しいとか、これ以上ない
素晴らしいものだとか言うつもりはありませんが、

「移民法」でUNのIOM定義によれば移民ダーの方々は
戦争法案の方々御同様のルール無視、理性無視の馬鹿ばかり

ちなみに日本の法律で移民を調べると、
明治時代にハワイだのブラジルだのへ入植した日本人が移民だと(笑)

「出入国管理法の改正案」に関して議論したいのであれば、
その法律の用語、概念を使って議論しない限り無意味ですよ。

更新ありがとうございます。

私の政治への立場は、ここに最初に投稿したように、「鎖国」なのです。 ソロさんに一蹴されましたが、今も心に抱いております。「鎖国」といっても江戸時代の鎖国とはちょと違うのです。江戸時代の「鎖国」は厳格に人々に海外との交流を禁じましたが、私のそれは、国別対応なのです。台湾との関係に大分にております。ですので「鎖国」を元に論理を展開しているのです。

 人々の海外交流は禁じませんが、海外での個人のトラブルは基本的に「自己責任」でお願いしたいのです。その判断基準は国が高額な出費をトラブル解決のために必要とするかどうかです。国軍の人員の犠牲を要するか否かです。

 海外人の出入国は基本的に禁じません。ただ、国別対応鎖国なので、対象鎖国人(仮想敵国人)の入国は厳しいでしょうね。
外国籍の国内での犯罪には原則厳罰に対処するよう刑法を改正するのです。イギリスが自国での犯罪人を昔オーストラリアに島流ししたように、日本列島のうち2,3島選択し外国籍犯罪人を島流し後、事件を忘れたころに(一年以内に)故露します。ただし、送還受入国があるのなら、送還する場合もあるのです。国内に居住する外国籍の方はいわばお客様ですので、大切に扱いたいと思いますね。ただし、日本文化・風習に反する行為、郷に従わない行為 政治活動は犯罪とみなされる場合が多いです。日本・日本人が好きで居住しているなら、そんなことをしなくても、十分生活できるはずです。

 まだまだ、語りつくせないのですが、今日はこれくらいにしておきます。

>三太さん 米返信ありがとうございます。
 ただ、疑問に思うのは、その友人の会社、何故外人をそうまでして雇用しているのですか?というところです。先に挙げた厚労省の事業規模別外人雇用状況のデータには「従業員30人未満」の会社の外人雇用率が一番大きいですね。その辺を解明すすべき所ではないでしょうか。

米国保守派から
Americans for Tax reform(最大最強の減税団体)
Heritage foundation(最高峰のシンクタンク)
Washington Times(トランプの執務室にある新聞メディア)からVIPを招いて開催する運びになった。
そして、現在大物政治家の調整中。是非参加してみてくだい。
2019/11/23 (土)
詳細情報以下
https://peatix.com/event/1324073

立民・国民主🆚共産・太郎党

消費税減税詐欺をやるやらないで意見が割れている模様。
詐欺はいくないと良い子ぶってるのが前者、開き直るクズが後者。

北京・平壌の党本部指令に忠実なのは後者だろうが、責任政党「っぽく」有権者にアピールして政権交代目指すなら前者じゃね?

減税詐欺は旧民主党時代もやってるだろ。(こども手当)
100選同じ戦法で戦ってどうするんだよ。稚拙。

個人でも組織でも、変われない奴は落伍していくんだよ。

だから変わりたくないと人民軍を盾に粘る諸プロレタリア政党が敗北者になるのは歴史の必然である。

ずる賢い北方ゲルマン民族(ブリテン)が民主主義を編み出し、今もそれを維持する理由をよく考えた方がいい。

機会の均等がある社会の方が人材をフル活用できて「効率的」だからだ。

プロレタリア政党の党員やその子孫だからって優秀とは限らない。非党員にもダイヤの原石がいるかも知れないぜ?
つか、母数が違うんだから確率論的には非党員にこそいるだろ。ギフテッドが。

まあ若い頃ギフテッドだったとしても、下手に党に登用され、その後権力闘争にばかり忙サツされてれば、やはり能力ダウンすると思うがね。

ごく一部が賄賂をたんまり貰えてハッピーという以外、ほぼ何のメリットも無いぞプロレタリア独裁。

ブログ主様、ブログの更新を、ありがとうございます。

文在寅の目的は南北統一にあるが、その相手の金正恩は文在寅を信用していないとの事。金正恩はこれをトランプに言う事で文在寅の信用を落とし、その代わりに自分は信用をおけるとしているようです。

しかし、金正恩の嘘を付いてきた実績は、文在寅を超えてきたと思います。
謂わば、噓つきが噓つきに、自分は大丈夫と言っているようにしか見えませんから、どちらも信用できるようには思えません。


日本のフッ化水素等の戦略物資は、金正恩が文在寅に寄越せと要求したのは間違いないと思っています。だって、韓国に作る能力は無いし、金正恩は核兵器を作るために必要だとしているのですから、ケッタイナフッ化水素を韓国から寄越されたら、核兵器を作れません。

そして、イランにも日本製のフッ化水素を送ったら、ええ値段で売れたと思いますし、これらの輸出(?)は、日米間による安全保障が不要であると考えている事を示していると思います。

フッ化水素の横流しを日本に通報したのはアメリカだと考えますし、これは、北朝鮮の核兵器製造を調査している機関が関与していたと思うのは普通でしょう。すると、これをしている機関がCIAになると思います。

CIAはアルゼンチン、パナマ、先年のパキスタンでの政変にも噛んでいますから、大掛かりな陰謀ならこう考えるのに疑問は無いと思います。


>韓国は最近まで日本が絶対に攻めてこないことを利用して、好きなようにインネンをつけてきては、海外での日本の評判を落としてきました。

日本は終戦後、GHQのWGIPとプレスコードによって世界最低の国とされ、対戦国や朝鮮に逆らえないようにされました。
サンフランシスコ平和条約の締結後は独立を取り戻し、自国の意思を明確にできるようになった筈ですが、独立を取り戻すまでの7年間に反日・在日勢力が強くなっているだけでなく、憲法が交戦権も武器使用も認めなくなっていますので、韓国や北朝鮮は日本を完全に舐めて、好き放題をしてきたと思います。

そして、外務省は外交とは日本の利益を求めるものではなく、他国と揉めない事だけを求めてきたのです。

信じられない事に、北朝鮮などは正規軍を日本に上陸させて、日本人を拉致すると言う武力行動までしたのです。
これの例外は、唯一、小泉首相のときに北朝鮮の不審船を海上保安庁の巡視船(海上自衛隊ではありません。)が、追跡して交戦の結果、沈没させたものです。

戦争を好むものではありませんが、自国の領土と国民を守れないのは国家と言えないと思います。
国は憲法を改正して、領土と国民を守れるようにしなければならないし、侵略国に対しては断固とした処置を執れるようにしなければならないと思います。

東和薬品、沢井製薬など大阪府の後発医薬品メーカー5社は3日、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬「ラニチジン」を自主回収すると発表した。海外で原薬から微量の発がん性物質「N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)」が検出されたため。5社は海外から調達した原薬を使用しており、健康に被害が及ぶ恐れがあるとして、9月中に出荷を停止した。 




小林化工だけじゃない。
中国メーカーのラニチジン使っている全てのメーカーが対象。

中国って…国内で製造したオムツしたら赤ちゃんが即死したとか、他にも人間がやるとは思えないことばかり起きるところ。
そこで作った薬なんて怖すぎる!はっきり薬には全部成分をどこで作ったか書いて欲しい!
企業努力して日本で原料から製造した薬を買いたいので。
そうでない企業ははっきりいって「潰れて欲しい」

中国産の原薬ですか・・やはり問題があるんだね。


また中国かいな!
安さを求めて品質保証されない製薬製造は止めてほしい。

中国の方々は自分の国の薬が信用できないから日本の薬を好むのに。
原料が中国製とは・・・。
コストダウンもいいが、日本の製薬会社は安全性を第一に考えて原薬の選定をしてください!



原薬が中国で製造されている薬ってどのくらいあるんでしょうか。


無差別テロと変わんねーじゃねぇか
とても怖いわ。


まず、「市販薬」ではなく「治療薬」。
「クスリマニア」でもない限り、治療薬の名称まで知らん。
そもそもがパヨク「メイド・イン・チャイナ」。
人種差別じゃないが、とにかく「形さえ整っていればいい」のノリで、中身がなにかわからんところがある。


原薬が中国からって、危なすぎる。食品をはじめ、薬品などなど中国製品なんてもっての外ですよ・・・。



胃腸薬を飲んでガンになる。何か本末転倒しているようで恐ろしい。その胃腸薬を早速回収することは賢明なことと思うが、その薬の中に中国製の成分のものが入っていると言われると余計に不安になる。



小林化工は中国で作っているのかよ。こりゃだめだ! ここの薬は飲めんな!!



中国で製造された原薬から・・・

食料品もかなり怪しい!
体内に入れるものは中国製を控える方が安心だ!!!


ほんま中国使えねぇ。次々大爆発してくれるし。人の命を軽く見てるからなぁ、パヨク国家が。

中国で製造された原薬

これが原因だろ?
要するにチャイナリスクってやつ。

やつらは15億もいるから、薬で数人が病気になっても大して気にしないい。




厚労省の怠慢(甘い汁族)・・・この機会に古き体質はサヨナラさせましょう。
政治家じゃ無理か。。。一般人には悲しい未来税金地獄が・・・お金で揺れない良心的なリーダーとなる政治家はいないかーーーーーーー


まず、「市販薬」ではなく「治療薬」。
「クスリマニア」でもない限り、治療薬の名称まで知らん。
そもそもがパヨク「メイド・イン・チャイナ」。
人種差別じゃないが、とにかく「形さえ整っていればいい」のノリで、中身がなにかわからんところがある。


原薬が中国からって、危なすぎる。食品をはじめ、薬品などなど中国製品なんてもっての外ですよ・・・。



胃腸薬を飲んでガンになる。何か本末転倒しているようで恐ろしい。その胃腸薬を早速回収することは賢明なことと思うが、その薬の中に中国製の成分のものが入っていると言われると余計に不安になる。



小林化工は中国で作っているのかよ。こりゃだめだ! ここの薬は飲めんな!!



中国で製造された原薬から・・・

食料品もかなり怪しい!
体内に入れるものは中国製を控える方が安心だ!!!


ほんま中国使えねぇ。次々大爆発してくれるし。人の命を軽く見てるからなぁ、パヨク国家が。

中国で製造された原薬

これが原因だろ?
要するにチャイナリスクってやつ。

やつらは15億もいるから、薬で数人が病気になっても大して気にしないい。




厚労省の怠慢(甘い汁族)・・・この機会に古き体質はサヨナラさせましょう。
政治家じゃ無理か。。。一般人には悲しい未来税金地獄が・・・お金で揺れない良心的なリーダーとなる政治家はいないかーーーーーーー


発色剤入り加工肉をガンガン食っている日本人が極微量のニトロソ化合物
で大慌てのアホらしさといったら、たちの悪いコントですね。


つい、もしかしてパヨク中国によるバイオテロかもしれないと想像してしまった。
いや、妄想だろうとは自覚しているが。
どちらにしろ、薬というものは、リスク&ベネフィットを理解した上で用いなければならないし、製薬メーカーや病院の利益の手段なので、自分は常々警戒している。
薬害は本当に恐ろしい。



ようは、中国産はやべえ、ってことだな。

もういい加減メイドインチャイナに頼るのやめようぜ。品質なんて概念がない国なんだから。



パヨク中国企業は故意に混ぜたんじゃねえか?あいつら自民族以外滅ぼしたいみたいだから。

その薬だけなのかにゃ日本は2人に1人は癌って摩訶不思議な国だろう、薬や食べ物や農薬等に混入してないかにゃ




中国で製造された原薬から、発がん性があるとされる物質が許容限度値を超えて検出された。

ただひたすら怖いと思った


原薬がシナ製とは
恐ろしい話だな

「中国で生産された原薬」って、きちんと薬の明細に書いておいてくれ!
そうすれば、みんな「これは危ない」って飲まなくなるから。

原薬が中国で製造されている薬ってどのくらいあるんでしょうか。
とても怖いわ。



だから中国産は信用出来ない


安いから、人が多いから、などと中国を一番に頼ったら、近くその者、会社は死に体になる。


胃薬アルサルミンは大丈夫なのだろうか?
アルミが入っていてアルツハイマーの原因になりやすいと聞いた事がある。
アルミを摂取自体 人体に悪影響なのでは?
薬の副作用とは悪魔との交換条件のようだ

GHQの二重統治システムが、日本で確実に機能している。


GHQの二重統治システムが、日本で確実に機能している。



アメリカもそうだが、似非ユダヤすなわちユダヤを自称するハザール人にによる経済支配によりアメリカを政治的に操る一方で大統領選挙でも金により影響力を持つ。
共和・民主のどちらにも影響力を持っている。
日本と統治手法は、若干異なるが経済支配を鮮人などに傀儡支配させ政治と癒着するシステムになっている。
竹中の動きは、正にそのものずばりであり、竹中も中味は、鮮人の可能性がある。
日本は、このように容易ならざる状態に置かれている。
世代交代してもユダヤを自称するハザール人の根っこが、消えるか崩壊しない限り地球支配をつづけるのではないか?
日本は、忠実なる召使、憲法を変えない程に従順である。

北朝鮮によるEEZでの不法漁業

(1)ロシア連邦保安局は9月17日、日本海のロシアの排他的経済水域(EEZ)で密漁を行っていた北朝鮮漁船2隻を拿捕したと明らかにしました。うち1隻の乗組員が武器でロシア国境警備当局を攻撃し、ロシア当局者3人が負傷したとのことです。
この事件、北朝鮮漁船2隻とモーターボート11隻が密漁を行っていた。一方の漁船には21人、もう片方には45人の船員が乗っており、極東ナホトカの港に連行されています。

(2)海上保安庁によりますと、8月23日午前午前9時半頃、水産庁の取締船から「船籍不明の小型高速船が接近している」との通報があったため海保の巡視船が向かったところ、小型船は離れて行ったとの事です。
翌24日午前9時ごろには、巡視船が同じ小型船を見つけ監視していた処、2隻が向き合う中で、小型船が約30メートルまで急接近することもあったとのことです。
小型船には迷彩服姿の3人が乗っており、1人は小銃を所持。巡視船に向け銃を構えるような動きもあったが、約30分後に離れて行ったとの事で、巡視船に被害はありませんでした。

北朝鮮外務省報道官は9月17日、8月下旬に日本の海上保安庁の巡視船や船舶が北朝鮮の経済水域に「不法侵入」し、北朝鮮の自衛的措置によって追放されたと述べた。朝鮮中央通信が伝えた。北朝鮮船とみられる高速艇が巡視船に接近、威嚇した事案を指している可能性がある。

(3)10月2日、北ミサイルが日本のFEZに落下しました。


北朝鮮は、いよいよ少量事情に逼迫しているようで、ロシアのEEZで漁業をしたところ、ロシアの国境警備局に連行されました。
しかし、この時に北朝鮮が反撃したため、ロシア側に負傷者が出ています。多分、北朝鮮側にも死傷者が出ていると考えられます。

しかし、これを遡る8月に北朝鮮は日本のEEZでも不法漁業をしており、この時には、日本の巡視船に銃を向けています。
日本の巡視船や水産庁の取締船は発砲されていませんが、この時には日本側が北朝鮮の不法漁船に規制をしていなかった事が考えられます。

これは、日本の水産庁及び海上保安庁が北朝鮮に対して十分な規制を行っていない事が明らかであり、今後の日本の漁業に深刻な影響をもたらすものだと思います。

日本の行政機関は協力して北朝鮮の漁業を規制しなければ、北朝鮮は今後、日本のEEZにこれまで以上の不法漁業を行う可能性が大きいと考えるからです。
北朝鮮は、8月に日本のEEZで不法漁業をしたら、日本の巡視船(武装している)はこれを見逃しました。
北朝鮮は過去に日本の巡視船に不審船を攻撃されていますから、警備船(武装)を漁船に同行させたところ、日本の巡視船はこれを規制及び拿捕しなかったとの確認をしました。

しかし、その後にロシアのEEZで不法漁業をしたら、ロシアの警備船から攻撃されて、漁船は拿捕され、船員は拉致されたのです。

それで考える事は、北朝鮮は今後何処で不法な漁業をするかという事です。
これの答えは既に出ており、北朝鮮外務省報道官は9月17日に「北朝鮮の経済水域に「不法侵入」し、北朝鮮の自衛的処置によって追放された」と発表した事です。

これによって、北朝鮮は日本のEEZを「北朝鮮の水域」だと宣言しているのです。
今後は日本のEEZを、海上保安庁、水産庁と合わせて海上自衛隊で防衛しなければならなくなったという事です。
これまでの処、日本からは「日本のEEZ」に対しての公式な発言はありませんが、現在まではこれの対処について検討していたと思います。

だけど、ボチボチとこれに対して日本の「公式声明」を発表するとともに、水産及び国益を考えた外交をしませんと、不審船事故によって北朝鮮を恐れさせた効果が薄れてきてる状況が現れていると思います。

そして、それが見えてきた一つの証拠が、北朝鮮のミサイルが日本のEEZに落下した事だと考えます。
北朝鮮と言いますか、朝鮮人は日本が大人しかったら、戦後の日本でやりたい放題をしたように好き勝手に暴れますから(サンフランシスコ平和条約の締結以降は、日本の治安が回復して大人しくなりました。今でも、彼等は時々思い出してごてる事は承知の通りです。)、これを思い出して、現在の日本を舐めてはいけない事を、思い出させる事が一番日本のためになると思いますし、日本の国防のために、憲法を早く改正しなければならないと思います。

アンジェリーナ・ジョリー

どうでも良い事かも知れませんが、アメリカのアンジェリーナ・ジョリーが息子に会うために来日するそうです。

息子は韓国の大学に留学中だから、日本で会う事を楽しみにしているそうですが、ポッポはハッキリ「来るな!」と言いたいです。

アンジェリーナ・ジョリーが映画監督をした「アンブロークン」は、太平洋戦争中の日本を扱ったもので、日本を捏造の内容で毀損、誣告したとされています。
ポッポはこの映画を見た事はないのですけれど、映画の発表当時にはこれが大きな問題になって、配給会社は公開を見送ったものでした。
だから、東京でしか公開されていないのです。
こんな映画の監督に対して、何故、嘘と捏造で日本を侮辱したのかを聞きたいものだと思っています。

韓国は合意を守れない国なのでスワップ協定も結べないしホワイト国からも除外するという大義名分は説得力がある

覆すには、外交で嘘をつかない国になり、且つ「朝鮮労働党の家来でなくなる」必要がある。

後者は絶対に不可能だな。

アメリカの監視の目さえ無ければ、明日にでもジャンピング土下座して朝鮮労働党に降伏するだろう。
大統領含め、国のエリートが悉く労働党の家来になりたいとか終わってる。鶏の口よりくたばりぞこないの牛の尻尾がいいとよ(笑)
「卑屈」すぎるぞ韓国人。

外資に支配されてる財閥の天下よりは労働党の天下に賭ける雰囲気なんだろうな。

賭けに敗れて、騙されて●されるなら朝鮮族として本望ではないか?

可哀想だから無理矢理「勝ち組陣営の」自由資本主義に縛り付けず、プロレタリア独裁とやらの餌として放り投げてやればいい。
「餌」が食われてる隙に、日本は朝鮮労働党の餌にならないよう国内を引き締め、再軍備すればいい。

5000万人も搾取粛清するのは骨が折れそうだ。時間稼ぎには十分。

反文在寅・曹国デモ 

マジで200万人いるかも。
昨日の反文在寅・曹国デモ 
動画↓
https://twitter.com/xcvbnm67890/status/1179918646493102080

昨日、デモに参加された知り合いの元検察の方から送られて来た現場の動画です。
https://twitter.com/nohharu0518/status/1179989312638603265
かなり凄い人数だったそうです。
動画左側に日本国旗もあります。反日を煽動してるのは文政権と一部の国民であることを韓国人の方々も理解している事が分かる動画です。

親北朝鮮政治の必要性(改定2)コメント追加版



韓国の「反日」メカニズムが米国で明らかに
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44186

一部抜粋

引用開始

オハイオ州立大学で政治学の博士号を取得し、現在は韓国の釜山国立大学で准教授を務める米国人政治学者ロバート・ケリー氏である。論文は、この6月にアジア外交雑誌の「ディプロマット」に掲載された。

中略

同教授は、これほど官民一体となって日本を叩くのは70年前までの歴史や植民地支配だけが原因だとは思えないとして、以下のような分析を述べていた。

・韓国の反日は単なる感情や政治を超えて、民族や国家の支えの探求に近い。つまり、自分たちのアイデンティティーを規定するために反日が必要だとしているのだ。

・同時に韓国の反日は、朝鮮民族としての正統性の主張の変形でもある。自民族の伝統や誇り、そして純粋性を主張するための道具や武器として反日があるのだと言ってよい。

・韓国が朝鮮民族の純粋性を強調すれば、どうしても北朝鮮との競争になる。しかし朝鮮民族の純粋性や自主性、伝統保持となると、韓国は北朝鮮にはかなわない。そのギャップを埋めるためにも日本を叩くことが必要になる。

 ・韓国は朝鮮民族の正統性を主張しようにも、民族の純粋性を説くには欧米や日本の影響が多すぎる。政治の面で北朝鮮に対抗しようとしても、韓国の民主主 義は人的コネや汚職が多すぎる。だから韓国の朝鮮民族としての正統性は北朝鮮に劣っている。そのため、日本を悪と位置づけ、叩き続けることが代替の方法と なる。

要するに、韓国の正統性の主張は本来は北朝鮮に対して向けられるべきなのに、日本叩きがその安易な代替方法となっているというのだ。

日本に矛先が向かうのは、ひとえに朝鮮民族としての正統性が北朝鮮にはかなわないからである。本来、北朝鮮は韓国となお戦争状態にあり、韓国の消滅を正面から唱える敵である。だが韓国は、その敵よりも、日本をさらに激しい怒りや憎しみの対象として非難し続けるのだ。

■ 韓国の目的は「反日を続ける」こと

これが韓国の反日の本質であるならば、慰安婦問題などの歴史案件でいくら日本が譲歩してみても、韓国側の満足が得られるはずがない。

韓国の反日は何かの実現を目指しているわけではなく、反日を続けること自体に意義があるからだ。韓国の反日は外交の交渉で解決するような明確な理屈のある内容ではないのである。

ケリー教授のこの分析に従えば、韓国の反日というのは、勝手な都合で日本を北朝鮮の代わりにののしり、非難の標的する全国民的な傾向ということになる。

引用終了

<コメント>(2017年6月2日時点)

韓国という国家の存立正当性は反日によって成り立っている。従って韓国という国が存在する限り日本を滅亡させるまで反日活動を止めないと考えられる。

敢えて言う、日本は朝鮮半島の正当な後継国家として北朝鮮を支持し、朝鮮人同士の内紛である北朝鮮と韓国の争いには中立を表明、北朝鮮とは中立の交換条件として、鬱陵島、済州島、の日本への移譲、竹島返還を実現させ、これらの島に日米両軍の軍事基地を建設して国境管理する。極東国家の共存の方法として北朝鮮と日本の組み合わせ方が安定すると思われる。

それに北朝鮮は日本国内において朝鮮学校を作り、韓国のように日本に中途半端に同化していない。在日朝鮮人帰還事業は韓国に比べても容易であろう。日本への帰属意識もないのに帰化する韓国系朝鮮人の方がはるかに厄介な問題なのである。

また、韓国の新政権は親北朝鮮政権だ。これまでの日本、米国、他の旧西側諸国の多大な援助にもかかわらず、その期待を裏切り北朝鮮と手を結ぼうとしている。それならば旧西側諸国は韓国に特別な待遇をする必要はないし、日本を含めた旧西側諸国は北朝鮮との限定的な修交で対応するべきである。

<コメント>(2019年10月4日)

(2017年6月2日時点)のコメントを振り返ると、旧西側諸国は韓国に特別な待遇をする必要はない、との考えに対して、現状、ホワイト国待遇からの除外、また、旧西側諸国は北朝鮮との限定的な修交で対応、との考えに対して、現状、トランプ政権が主導して北朝鮮との修交の動きが進展している。このような朝鮮半島政策変更の根底には、朝鮮半島の後継国家の正統性は北朝鮮にある、と考えられるようになってきたからではないだろうか。

朝鮮の正当な後継国家の決定には中国に居住している朝鮮族の意向が鍵を握っていると言われる。彼らが北朝鮮を支持すれば強力な後方支援を受けることになり侮れない。また、韓国を支持すれば北朝鮮は挟み撃ちに遭う。そして、彼らが、混血だらけになり、日本と米国の文化の影響を強く受けた韓国ではなく、貧しいながらも朝鮮の伝統文化、朝鮮民族の純粋な血統を保持している北朝鮮を選択するのは自明であろう。

日本に例えれば経済的には豊だが混血、在日だらけの大阪と日本の伝統文化を保持する京都のどちらが正統な日本の後継地域か、と問われれば多くの人が京都と答えると予想されるのと似た感覚であろう。

今世紀前半の世界的な課題は中国の膨張を阻止できるかということにある。独立を保持したい北朝鮮の金王朝と日米は共通の利害を持っている。また、韓国のように反日を国家の存立事由にする必要がないので反日の程度も低いと予想される。冷戦は90年代に終わっている。つまり、金王朝は味方でもないが真の脅威(真の脅威は中国)でもない、ことに気付くべきである。日本は北朝鮮を支援する必要は無いが、もはや、韓国を支援する必要はそれ以上に無いのである。

権力者共同謀議

利潤を求める企業体って「儲けるための陰謀」を当たり前にやってますからね。
陰謀論陰謀論言う奴は大概支配階層の下僕です。

表に出ている陰謀論も全くのデタラメではないでしょうけど、そんなに単純な事ではない。
「各々の利権屋が、各々の思惑で仕掛けている」のが正しいと思います。人類が闘うべき敵は「私利私欲」なのかもしれません。
ーーー
ラスベガス・サンズ アデルソン会長アジア人嫌いなくせに日本に来ていた。儲けさせろってことかな?
ーーー
つねきは否定すると思うけど、陰謀論結構好き。証拠が難しいけど。有名なとこでは田中角栄元首相、最近では米国債を買わないで嵌められた中川さんとか。石井紘基さんとか衝撃的だった。日本の事を考えた政治家はいたのに米国のスパイやら弱みを握られた人達にやられたよ。売国メディアの影響力はデカイ


大西つねき‏ @tsune0024

私が否定する陰謀論はロスチャイルドが世界を支配しているとか単純なやつで、あらゆる国家や組織が自己利益のためにあらゆる策略をドアの内側で決めて実行していると思うよ。多分、普通には考えられないようなことも。その意味で、この世は陰謀で満ちている。企業活動一つとってもそういうことでしょ。
2019年9月26日
https://twitter.com/tsune0024/status/1177376842656780289

#大西つねき #ツネキスト #私が総理大臣ならこうする
情報に振り回されないために(Live配信 9/30 20:00~)
https://www.youtube.com/watch?v=aRSywSwKCQc&feature=youtu.be

大西つねき
政治家。金融政策の抜本的な改革により、日本から世界を変革することを目指す。JPモルガン、バンカース・トラストで外国為替、株式などをトレード。96年より独立し、IT事業、飲食店を経営。
2011年、政治団体フェア党を設立。2019年 #れいわ新選組 より参議院比例代表出馬。

>デモ さん ソロです。
>>韓国の反文政権200万人デモ
 とうとう起りましたか、情報あるがとうございます。
 でもね、時、既に遅い感じが多いにしますね。 米国は、在韓米軍の引揚げを、年内に予定して居て、惹き阿替えを思いとどまらせるには、今の5倍の駐留負担金の支払意を要求して居ますが、オソラク文が、是を仮に呑んだとしても、現状維持はしないでしょうね、其れだけ、韓国には、もう信用がありません。

 仮にこの先、デモが1千万人規模になったとしても、米国の威はもう韓国を擁護するメリットはありませんからね。 まあ。クーデターを起したと言う名ら、判りませんが。ww

N国の立花孝志党首が幸福の科学の信者であることが判明しました

NHKから国民を守る党の立花孝志党首が幸福の科学信者であることが判明
https://matome.naver.jp/odai/2157015684768090801

立花孝志 vs みずにゃん【完全ノーカット版】

1:03:21頃から

幸福実現党の釈量子党首の後援会長からもお金をもらったことがあるとも発言。

自説開陳&独演会おじさん・・

深層NEWS
2019年10月03日(木)
辛坊治郎が激論! 
日韓泥沼対立は出口見えず 改善の処方箋はあるか
https://www.bs4.jp/shinsou/articles/uvpo4zp8cyioxbr9.html

【ゲスト】
陳昌洙(世宗研究所日本研究センター長)
木村幹(神戸大学大学院教授)
小針進(静岡県立大学教授)
-----
昨日の深層ニュース。ネット上の反応を観てると、やはり「アンカーが韓国から来た研究者をやっつける」ショーとして捉えている人が多い模様。一人の研究者が国を代表できるわけもなく、するわけもないのだけど、そんな事はどうでもいいんだろう。もし、局側の狙いがそこにあるのだとすれば最低だけど。
2019年10月3日
https://twitter.com/kankimura/status/1180012489058111490

長年観てるとわかりますが、メディアは怖いですよ。丁寧に喋っていた人がいつしかメディアのペースに飲み込まれて、雑に、そして断定的に喋るようになっていく。本人はトークが上手くなったと思っているのだけど、反射神経だけで喋っていて、内容はついて来なくなる。
研究者はただでさえ歳を取ると、研究の最先端から取り残されがちで、仕事も忙しくなり、インプットが少なくなる。なのにメディアは、わかりやすい「答え」を求め、それに無理に答えようとするので、ますますステレオタイプな回答になる。気がついたら専門家でなくても話せる内容ばかり話すようになる。
本当は専門家の重要な仕事の一つは「わからない事はきちんとわからないという」「一般の人が知らない背景をきちんと説明する」事であって、多くの人が期待している結論に落とし込む事じゃない。それができなくなったら、もうメディアには専門家として出ない方が良い。
昨晩の番組でも、「こりゃダメだ」と思いながら、番組の途中で求められた、「日韓関係の処方箋」への答えは、「そんな都合のよいものがあったら苦労しない」でした。案の定、アンカーさんに綺麗にスルーされましたけどね。でもそれが言えない番組は出る価値はないよ。
-----
サンデ―モーニングのコメンテーターはみんな躊躇なく断言しまくりです

そういう番組には間違っても出たくない。というより、馬鹿馬鹿しいので絶対出ない。
https://twitter.com/kankimura/status/1179908134417993729
----
浅羽祐樹@『知りたくなる韓国』7/11刊行‏ @YukiAsaba
辛坊さん、基本的な事実関係をまず勉強しろ、ですね。大法院判決が盧武鉉政権云々とか、事実誤認も甚だしい。 #深層NEWS
2019年10月3日
https://twitter.com/YukiAsaba/status/1179757710339792897
一般論だけど、番組アンカーが自説開陳したいのならばゲストを呼ばずに独自にやればいいし、1時間枠で3人もゲストを呼んでおきながら自説開陳するのは、その内容が妥当かどうか以前に、フォーマットとして違うだろ、と。

浅羽祐樹@『知りたくなる韓国』7/11刊行‏ @YukiAsaba
きょう発売の『潮』2019年11月号に、田原総一朗さんとの対談が掲載されています。
2019年10月3日
https://twitter.com/YukiAsaba/status/1179966422870450177
これもね、紙面では様になっていますけど、ゲスト呼んでおきながら独演会でした。で、オレせんせいだけ居残って、編集部相手にさらにお話しするというね。
他人の話を聴いて、それを踏まえたインターラクションできない人に、アンカーは無理ですよ。
1998年の日韓パートナーシップ宣言の頃は良かったと懐かしんだところで、2019年の現状は分析できないし、それこそ処方箋も示せませんよ。

国民の生命を蔑ろにする人権弾圧一党独裁極悪パヨク中国共産党をぶっつぶせ!!

 香港の林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は4日、諮問機関、行政会議の臨時会合を開き、「緊急状況規則条例」(緊急法)を発動し、デモ参加者のマスク着用を禁止する「覆面禁止法」を緊急立法で制定した。これに対し、市民は4日夜、香港各地で抗議デモを行い、一部が過激化。香港メディアによると、新界地区で警官が実弾を発砲し、14歳の少年が太ももを撃たれた。!
思考回路がヤバすぎ一党独裁極悪パヨク中国共産党をぶっつぶせ!


実質賃金を下げる移民政策を推進し、終身雇用廃止を推進する売国日本経団連会長日立バカ中西は、はやく反社会勢力ファーウェイとの関係をきりなさい!!
 香港では1日、九竜半島・セン湾で警察が実弾を発砲。高校2年の男子生徒が左胸に被弾している。



一党独裁極悪パヨク中国共産党は、ホントに頭悪すぎ!!

朝鮮人大村知事よ!同胞とばかりつるまないで、日本国民のために働きなさい!

在日コンビ津田大介と一緒にチョッパリピースで笑顔で写真撮っていた反日レイシスト朝鮮人大村知事は、税金の無駄遣いをやめて、反日ヘイトクライムをやめなさい!!

・・・米国が韓国をコントロールするために韓国の指導者の地位に就けられた李承晩(り しょうばん)政権に対する軍事クーデターを陰で支援したのは、確かにCIAでした。

一見して、米国の国益に反することをCIAがやったように見えますが、CIAが米国の国益ではなく、世界を金融で支配している国際銀行家のエージェンシーであることを理解している人であれば、なんら不思議ではないのです。

(おそらく、CIAが)行き過ぎた朴正煕の軍事政権に反対するために民主化を叫ぶ知識人を焚き付け、これを民主的な議論ではなく軍による圧政で解決しようとした朴正煕に対して、KCIA内部に潜在的な造反分子を仕込み、朴正煕の暗殺に導いたというのが真相と言って差し支えなさそうです。

ではなぜ、当初は朴正煕を支援していた米国のCIAが、彼の暗殺に回ったのかと言うと、米国の権力の最上位に隠れている闇の権力者の思惑に反して、勝手に日韓国交正常化へ踏み切り、再び日韓併合による東アジアの強大な国家を建設しようとしたからなのです。

第二次世界大戦後、本当の闇の最高権力は、日本の復興を何より恐れており、列強国の権力者によって、日本が統治していた地域を、まるで手足をもぎ取るようにして引きちぎっていきました。

樺太(サハリン)と北方四島を含む千島列島はソ連に、朝鮮半島は(中国と)ロシアの管理下に、日本列島の四島と沖縄は米軍が支配する、というように・・・

だから、ワシントンは、やり過ぎた朴正煕を殺害して日韓再併合への動きを潰し、日中国交正常化をワシントンにお伺いを立てることなく進めた田中角栄をロッキード事件で潰したのです。

彼らは、日本人が世界でもっとも優秀な民族であることを恐れており、常に日本国民を分断状態にしておくために、右傾化・左傾化を同時にしかけながら反日運動を密かに仕込んでいるのです

移民は兵器である。byマキャベリ

恐るべし! 『中国人国家ニッポンの誕生』   正論移民問題シンポジウムが本になりました/
「中国人国家ニッポンの誕生 ~ 移民栄えて国滅ぶ」

問題を最も総合的に捉え、現代日本の文化、政治、社会の深部を犯すこの問題の危険性について多角的考察を重ねて来たのは関岡英之氏である。

河添恵子氏はヨーロッパ、アメリカ、カナダ等に夥しい群れをなしさながら蟻の大軍のように押し寄せ、蚕食する中国人移民の実体をそれぞれの現地で観察し、報告してこられた。ライブトークでも氏は欠かせない存在で、諸外国の具体的なエピソードにより中国人襲来後の日本の悲劇を予告している。

その中国人の警察取り調べの現場の声を伝えてくれたのは元刑事の坂東忠信氏である。坂東氏は新宿歌舞伎町や北池袋などの中国人の実体を明かしてくれた。顔写真だけは本人で、名前や生年月日は他人のものという真正パスポート「なりすまし」犯人の手口など、驚くべき情報はわれわれの背筋を寒くさせる。

三橋貴明氏は現代社会から広く迎えられている経済評論家の代表格の一人で、その彼が人手不足を理由に実質賃金を下げるための移民導入を企てる一部の経済界や政界の動向に、純粋に経済的合理性を根拠に反対している発言には強い説得力が感じられる。

河合雅司氏はフリーな言論人の右の四氏とは異なり、産経新聞の論説委員である。私が移民問題連絡会の立ち上げを考えたのは、じつは人口問題の専門家である河合氏の新聞紙上の論説「毎年20万人の移民──やがて日本人が少数派に」(産経2014年三月十六日)を読んだときである。外国人の導入によって人口減少問題、少子化問題の解決を図ろうとする、いかにも俗耳に入り易い議論に、河合氏は統計表とグラフをもって疑問を表明している。私は説得され、心強く思った。人口問題もこのテーマには欠かせない観点の一つである。以上五氏がそれぞれジャンルを異にして日本の移民国家化に警鐘を鳴らしている。
(2014/11/10)正論移民問題シンポジウムが本になりました/西尾幹二責任編集

言論の自由

朝鮮人小沢一郎を師と仰ぐウソつき玉城デニー知事、殺人集団革マル枝野反日帰化人政党立憲民主党や覚醒剤常習者の情婦だった蓮舫は、パヨク人間弾圧中国共産党が大好きだった。!



パヨク中国に厳しいネット規制がある。パヨク中国本土では、Google、Facebook、Twitter、LINEなどを基本的に使用することはできない


パヨクってホントに頭悪すぎ!

現状の極東情勢で大事なのは、既に韓国処分後でしょう

>ブログ主様 遅れ馳せ乍ラ、今週も更新有るがとうございます。
>>朝鮮の動向
 確かに、主様の数多有る報道の仲から、事実だけを拾いだして、朝鮮が得て居る「漁夫の利」てきな見方は、正鵠を得て居ると思いますが、ブログのコメント欄は、前スレで発生した「移民問題」「ン居着いての論議が、カマㇲびしいです。

 然し是も、元はと言えば半島状況に大きな変化が起れば、当然、彼の民族が、再び難民化する事が予想されて居るのに、マスコミはわれ関せず、の態度を取り続けて居る事が、一番の問題であろうと思います。

 この問題を、「安倍政権の所為だあ~」と言って居るのは、大方はマスコミが、そう言う報道をして居るカラで。中には、移民と出稼ぎ労働者の区別も全く出来て居無い、寧ろ、移民と出稼ぎは同じだと言い張る人も居ますが、では、入管法や国籍法は、何の為に在るのでしょうか?

 然も、改正法を施行すれば、移民は短期間に激増する筈でㇲが、増えて居ませんよね。 増えたのは、研修生と思しき出稼ぎ労働者だけ、こんなのが街に溢れて居るカラ「日本は、移民大国になるう~」って、都会では、在日がゴロゴロしているのに、今更、何を云って居るんでしょうか? 

 公称の移民数で言っても、世界弟4位ですが、そのほとんどが不法移民が、其のまま居座った「棄民」なのは、米国を除けば、日本だけの現象でしょう。 つまり、韓国政府の無責任阿国民の国籍管理に原因があるわけです。

 其れを、俎上に挙げて議論されると、安倍政権の所為に出来無くなるのが見えて居るのでしないのでしょうが、自分に取って都合が悪くなると、関心が無いと議論を拒否する。 是は、不誠実な討論姿勢で、マトモに討論する相手では無いと、私が断念した理由です。

 現状の極東情勢は末期的な様相を呈して居て、早ければ今月中二、遅くとも今年中に、在韓米軍は撤収するでしょうし、すると、朝鮮政府は、オソラク、南侵を開始します。 正恩側は、其れをやる事に値打ちを持たせて、如何に米国から有利な条件を惹き出せるかと思って居るのでしょうが、此処で、米国が示すのは、半島に居る7千万人の扱いを、新たな統一国家の指導者として、どの様にするのか? と言う、議題でしょうね。

 つまり、新たな難民問題を発生させない事、周辺国家を誘い込んで、不穏な際立手を取らない事、そして、核兵器は勿論、通常兵器も、自国を護最小限に止める事でしょうね。 是が出来無いのなら、朝鮮・韓国共、国連の管理下に置いて、分割統治するしかない、と言う事は、統一国家は実現しないと言う事ですね。 

 そして、韓国の政権は当然子の話し合いの中にははいいて居ませんから、予想通り、韓国は日本に戦争を仕掛けて来る可能せうが高くなります。 でも、一体何の為に戦争するのか、と言う、戦争には不可欠の大義名分が無いので、緒戦で痛い目に遭わされれば、或いはその前に、日毎に高まって居る、反政権運動が政権を倒すでしょう。 その後は、現状では予想不可能ですね。

 こうした展開でも、経済/戦争のいずれかに拠らず共、」難民が大量に発生する高い可能性が有るのですが、真面な韓国人は、社会でスポイルされている加、韓国を脱出して、海外に居るでしょう、否、海外に居る観国民が全て真面だとは絶対に云えませんがねww
 

結局朝鮮族は逃げ出してるだけじゃないか

所詮根性なしの流民のDNAよな。「逃げ癖」がついている。
それでいて、ほぼ一貫して負け犬のミンジュク史を嘆く。
その資格すら無いと断じざるを得ない。

というか、「従北」反日の韓国の歴史教育は、朝鮮労働党の命令や親北ビジネスでやってるだけだから、矜持も屈辱も無かったな。あるはずがない。
失礼(笑)

しかしそろそろ、従北反日の「成果」を見せてもらいたいものだが?プロレスごっこは些か飽きた。

レッドチームになった朝鮮半島南部に投資や技術協力はしてはいけないというムードが本邦に生まれるし、在日も生かしておけないという国民感情が芽生えるだろう。

鬼畜米英ならぬ鬼畜朝鮮だ。

しかし話にならないほど弱い敵だがね。再軍備した日本の前では。

赤化統一は朝鮮族最大の自爆となろう。
満足するのは労働党と餓死寸前を救われる北朝鮮人だけ。
(自由資本主義に揉まれてきたから)そこそこ優秀な韓国人の代わりにそんな能無しどもが生き延びて何ができようか?あまりに無益。

香港の主権はどうなる

香港のデモ隊が、中国系企業のビルに放火したそうです。
2012年に、中国における反日活動では「抗日有理、愛国無罪」とのスローガンで日本企業に対して襲撃し、中国人が暴徒化して暴れました。そして、日本企業を楽しそうに破壊して大損害を与えたのですが、今回のデモは中国の香港共産党化を進める事に対する、香港住民の行動とされています。

尤も、中国の事ですから警察又は人民軍がデモ隊に紛れ込んで暴徒として行動する事もあり得ますけれど、これは、極めて危険な兆候で、このデモ隊の行動を共産党は暴徒として鎮圧するための布石だと思います。
今後の共産党はデモ隊の参加者を暴徒として逮捕、拘禁して取り締まり、当初の「犯罪容疑者の身柄を中国本土に引き渡せるようにする条例改正」を一気に進めると考えますし、これに反する者は銃によって制圧すると思います。


処で、沖縄の玉城デニー知事は、先日も河野太郎防衛大臣に辺野古基地に反対としていましたけれど、中国の配下になる意図が今も続いているように思います。

玉城知事は、沖縄が中国に組み込まれたときには、これまでの努力が報いられて褒賞を貰えると思っているのでしょうか。
そのときには沖縄の住民は、チベットかモンゴルに送致されて民族浄化を図られる可能性を考えないのかと、不思議でなりません。
明日は我が身なのだと思うのですけれど・・・・・・

褒章など貰えるわけが無いのにバカなリベラル共ですな

「8900万の」大所帯の中国共産党の、バカバカしいまでの権力闘争史を知らないのかな?序列1位の習近平同志ですら失脚・暗サツの影に毎日脅えているのに。

外様の、新参の、異民族の、日本で雇われた現地スタッフの党序列など限りなくドベに決まってるよ。

むしろ、中国共産党と戦う気概を見せてヒーローになった方が求める「栄達」の近道だと思うがね。

まあ中国共産党・朝鮮労働党の指示待ち人間に過ぎない日本のリベラル共の資質じゃ無理かな?

玉城だか玉木だか知らないが、政治家なら「勝ち馬」くらい見極めろと言いたい。

勝つのは日米連合である。
どうせ共産官僚がでっち上げた「自己申告制」のGDPのデカさだけを比べても何の意味も無い。

米支のハイテク覇権争いなど存在しない。

片方はただの技術泥棒だぜ?
競争以前の問題である。
こんな低次元な世界覇権争いは初めてだ。

関電を論戦のテーマに設定する立民・国民主w

一企業と田舎の地公体の醜聞に過ぎない。広がりようがあるニカ?

しかも太陽光発電事業でもカネの流れがあった。
「太陽光発電こそ」汚い。ぶっ潰すべき。

利権に群がる立民・国民主議員は我々電力消費者が高止まりの電気代に我慢する犠牲の上に胡座をかいている。

大方、日本の安倍政権「か原発再稼働」を止めてこいと北京や平壌の党本部から命令が出たんだろが。
奴隷め白丁め!

太郎君の減税詐欺がリスクが高いと見て、代わりに勉強しない不良野党議員が団結できるテーマを見つけたというわけか?(笑)

まあ隙にするがいい。菅官房長官が年内総選挙を否定したが、
そんなの嘘に決まってるだろ。

油断させて抜き打ちだよ。
その時になって泣かないことだな。

最早小沢一郎と雖も絶対当選確実など無い。

奴が自民党の幹事長だった全盛期、地元入りしないで当選できることが自慢だったらしいが、今は党名ロンダリングして、減税詐欺して、地元入りして、

やっと当選だ。
そうして奴の議員生活50年()は支えられているのさ。

奴の議員生活なんて北京・平壌の党本部にとっちゃどうでもいい。出資者として安倍政権倒閣とプロレタリア革命の遂行を求めるのみである。
到底、手の届かない目標だな。半万年を2乗したって無理。

もう奴の「やり方」は古いんじゃないかなあ。繰り返し使える策では無かった。

小沢一郎は終わってるが、その小沢の策をありがたがる立民と国民主はもっと終わってる。

テレビでは見かけない事

[議論]出口治明「元凶は精神論のマネジメント。すぐ学び直せ」
日経の話題だけど有料記事、試用中のギフト機能でこのリンクからなら24時間限定で読めるのでどうぞ↓
https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00024/092400028/?gift=i2ckGzMWFV4OMSxrt6i167EXUNijNjhyfn3XGk%252BFyL8%253D&n_cid=nbpnb_gift
10月6日 20時28分まで記事全文がお読みいただけます。

—まず、今の日本経済の現状をどう見ていらっしゃいますか。

出口治明氏(立命館アジア太平洋大学=APU学長、以下、出口氏):僕は、何事でもエピソードで議論したらあかん、エビデンスだといつも言っているんです。この30年間のデータで見れば、日本が置かれている状況は明らかです。

 まず国内総生産(GDP)の世界シェア。これは購買力平価で見たら、1991年の9.0%がピークで2018年は4.1%です。GDPの世界シェアが半分以下に落ちたわけです。スイスのビジネススクールIMDの国際競争力ランキングでは、トップから30位に落ちました。30年前は世界の時価総額トップ企業20社のうち14社を日本企業が占めていました。今はゼロです。データで見れば、停滞の30年ということが明らかですよね。

出口氏:そうです。その原因も簡単に分かります。日本企業を押しのけた新たなトップ企業、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が何をしているかを見ればいい。2019年7月末時点で、ユニコーン(非上場で時価総額が10億ドル=約1000億円以上の企業)が世界で380社あるそうです。米国に200社弱、中国が100社弱。米中で300社弱あります。残りが約80社。その中で日本はわずか3社です。

 日本の低迷は、新しい産業を生み出せなかったことがすべての原因です。GAFA予備軍と目されるユニコーンに象徴される新しい産業は、主にサービス産業でしょう。そこで大切なのは何だと思いますか? 
「女性」「ダイバーシティー(多様性)」「高学歴」という3つの要素です。

サービス産業のユーザーは、グローバルに見て7割が女性です。ユーザーである女性が欲しているものを、日本企業を支えていると自負している50歳、60歳のおじさんに分かるはずがない。
ーーーーー
最新の ベネズエラ情勢についての報道については、@nodako さんやカラカスクロニクルなどの現地ソースを持つアカウント情報が有益。
日本語記事であれば朝日新聞岡田記者@OkadaG と日経外山記者@NaoyukiToyama の報道が貴重な現地取材で構成されてるので要チェック。

ベネズエラ関連の報道は結構カオスで、いわゆる左派系界隈でも日本共産党赤旗はチャベス政権に否定的だし、そっち系ジャーナリストの田中龍作氏が現地入りして反チャベス的記事書いたら今まで氏を持ち上げてた一部層から大非難食らってたり、欧米系でもプロパガンダ報道が多数目に付くので要注意。


Nicolás Maduro‏認証済みアカウント @NicolasMaduro
Hermoso encuentro de solidaridad con nuestros hermanos del Barco de la Paz. Venezuela los recibe con profundo amor por la Paz y por la humanidad.
動画付き↓
2019年10月4日
https://twitter.com/NicolasMaduro/status/1180150906106601473

「ピースボートの活動家がミラフローレス大統領宮を訪れマドゥーロ大統領と面会しました。1200名の乗客は平和のメッセージをたずさえ世界を回り、ベネズエラではボリバル革命の成果である人権と環境をリスペクトするプログラムに参加予定です」

見事にプロパガンダの神輿に担がれとる。 #ピースボート

日の丸を掲げて独裁者マドゥーロと朗らかに面談するとか、控えめに言って国辱、厳しく言えば外患誘致やテロリスト支援の嫌疑掛けられてもやむなし事案とちゃうか。

ベネズエラのマドゥロ大統領、日本からピースボート御一行様がカラカスを訪問しベネズエラに連帯を示したことが嬉しかったのか、昨日からこの件を度々ツイートしている。しっかり日本国旗を掲げており、あたかも日本政府がマドゥロ政権を支持しているように見えるのがポイント。
2019年10月4日
https://twitter.com/NaoyukiToyama/status/1180234112583569408


まさか駐ベネズエラ日本大使が同席してる様な失態はないと思うけど、日本国の対ベネズエラ外交姿勢はこれ↓

外務大臣談話
ベネズエラ・ボリバル共和国情勢について
(外務大臣談話) 平成31年2月5日
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_004708.html
ーーー
「同和と原発」を喰った元部落解放同盟員・森山栄治の履歴書
https://jigensha.info/2019/10/04/kanden-2/
抜粋
次期町長候補の議長を糾弾で潰す

部落解放同盟の糾弾が怖いというのは広く知られたことだろう。「偏見」という人もいるかもしれない。あるいはもう少し知恵がつくと「共産党が作り上げたイメージ」と反論するだろう。
実際、著者も解放同盟員に取り囲まれたことがある。

「偏見」「差別」でもなんでもない。事実であり実体験だ。何よりも行政やマスコミの態度がそれを物語っているだろう。解放同盟員が集団になって向かってくるのは本当に凄まじい。そして同和は怖いという心理的恐怖を植え付ける決定的な手段が「糾弾」なのだ。通常、糾弾とは企業・団体を屈服させて何らかの成果を引き出すのが目的である。かつての『解放新聞』は一面に糾弾対象の企業や行政の職員を並ばせそれを同盟員が囲む写真を掲載。

町長の後継者と呼ばれた人物が犠牲になったこともある。

糾弾の先鋒は部落解放同盟高浜支部長・田中稔。この人物は森山の姉の夫、つまり身内である。この一件は先の『前衛』にも掲載されていたが、同誌によると前稿でも登場した山下敬太郎書記長(当時)、そして大阪府連の友永健三((部落解放・人権研究所名誉理事)、京都府連の中野孫四郎副委員長が応援にやってきた。

「この差別者が! 誰がカネを儲けたんやて。いうてみい」

「部落の者だけがええ思いしていると差別発言をしたんやろ」

こう激しく問い詰められた一瀬。この心労が災いしたのか彼は脳卒中で倒れ、半身不随の体になった。

アメリカの移民の実態と移民法改革

移民についての意見が交わされています。思いの丈は同じなんだろうと思いますが、多少噛み合わない部分があるように見えます。アメリカの例をお知りになればなにがしかのご理解の参考になるかもしれないと思いご紹介します。

米国への所謂移民の殆どは自国を捨てて米国にきて、可能であれば米国の市民権を得て帰化しようという意図を持った人たちです。
しかし、いきなり市民権は取れません。まずは永住許可(グリーンカード)を取得し、通常5年間犯罪を犯さず、税金を払い、善良な居住者として過ごした後に市民権の申請をすることができます。この審査にはテストも含まれます。米国の歴史、文化、社会ルールなどについての英語でのテストがあり、これらの審査をパスし、米国(国旗、国歌)に忠誠を誓って初めて市民権を得、帰化することになります。しかも、永住権の申請から取得までは特殊な例を除き1〜3年かかります。

通常の場合、移民法改革という時はこの永住権を取るところからを指すことが多いです。
単に出稼ぎに来る、仕事上の都合で来る、留学生、などはそれぞれのヴィザを取得しその資格、有効期限の限りでしか滞在できないし、労働して対価を得るヴィザも限定されます。
例えば、留学生が大学を卒業しても自動的に労働ヴィザは得られません。1年間の猶予ヴィザの間に仕事を見つけた上で、かつ雇い主がヴィザのスポンサーにならなければ労働可能なヴィザは降りません。
こう言う状況下、オバマ政権までは不法移民が凄まじい数に上り、不法移民総数は12百万人になっていました。しかもオバマ政権では不法移民やその家族に市民権を認めるとか、永住権を認めるとかの政策を進めようとしていました。これでは、ちゃんとした手続きをして審査を待つより不法移民で国境を超えることを選ぶ人が増えてくる、またそのようなことを勧める業者が増えるのも宜なるかなとなります。

トランプ大統領が今年発表した移民制度改革案は次の通りです。
合法移民の有資格者に対する永住権(グリーンカード)付与数:約1.1百万人 → 変わらず
1 技能やメリットベースでの付与:12% → 57% (カナダ、豪州、N Zでは60〜75%)
2 家族(だと称する縁戚?その実態は不透明)ベース:66% → 33%
3 亡命とされるか、くじ引きに当たった人:21% → 10%
(うち、くじ引きに当たった人): (55千人 → ゼロへ)
つまり、なりすまし家族などへの許可数を減らし、アメリカに必要な技能やメリット所持者への許可を増やすと言うことです。

安倍総理が永住権取得までの在留期間を世界最短とするといったとして、安倍総理は移民推進者だと断定している方がおられます。でも、安倍総理は理想的なケースでの”早さ”をいっているだけです。また、入管法をよく読むと、永住資格を取得するには様々な厳しい要件が付いています。一体いかほどの人がこの条件に適合するであろうか?そう言う人たちがどんどん日本に押し寄せる事態がありうるだろうか?と言うことが日本人ならすぐにわかると思います。
ここでも、安倍総理の慰安婦合意の時と同じ現象が多くの愛国者の方々の中に見られるように思います。
内外の移民推進への圧力に応じる素ぶりをしつつ、高度なスキルの人に絞り、安易な労働者は絞りこむ、悪質な業者の排除、そしてきわめつけは”公平な入出国在留管理”の確保という形で実質的に在日特権を封じ込めてしまったとも解釈されます。まさに策士安倍の感があります。
また、日本の法律は一般的にはざっくり決めるだけで、詳しいこと、肝心なことは政令、省令、通達などで実質的には官僚が自在に運用することが多いのですが、今回の改正では”〇〇することができる”、ではなく”〇〇しなければならない”として安易な裁量の余地を塞ぐ珍しい文言になっています。それでも法務官僚が姑息なことをやって実質骨抜きにしようとしたところを青山議員が声を上げて阻止しました。
4月の施行以来、移民が懸念されたように増えているでしょうか?不法在留者の検挙が従来に比し増えていると思われませんか?一年経って統計が出てくれば’さらに冷静な評価ができるかもしれません。

こんにち、こんばんは

 
燦燦三太です。

かつさんの投稿から引用させてもらいますね。かつさんへの返信という事ではなく、かつさんの投稿を基に少し意見を述べさせていただきます。

> 肝心なことは政令、省令、通達などで実質的には官僚が自在に運用することが多い

私はココで何度も『まず最初にこの部分に対してしっかりはっきり手を打って実績を積み上げてからでないと、事実上の移民政策になって仕舞いかねない』と言ってきました。で、言わずもがな例の官僚発言です。

そもそも外国人への生活保護支給についても、本来入管法では自活できない外国人は入国できない事になっています。それを数十年前の官僚の通達一通が始まりとなって今まで永遠に支給され続けています。つまり行政機関等で法律違反が堂々とまかり通っている。パチンコにしてもそうです。一票の格差にしてもそう。日本はそういういい加減な国なんです。いい加減な政治家といい加減な官僚によって運営されている限り、そこを正す国民の声が上がらなければ何も変わらないでしょうと言ってきました。

そういう話をすると、それがイコール安倍批判・自民批判、イコールマスコミに踊らされている情弱馬鹿、イコール反日左翼・朝鮮人とされてしまい、日本を正そうという声が売国反日連中と一緒くたにされてしまいます。それこそアチラ側の人間の思うツボでしょう。逆にそういう事を批判したらアチラ側の思うツボだと言われてしまいます。これは何度言っても理解してもらえません。支持者はOKだが信者はダメだという事です。

> 4月の施行以来、移民が懸念されたように増えているでしょうか?

改正法を読む限り、具体的にこの法案によって外国人が今にも増して増えていくのは5年後くらいからでしょう。施行以来増えているわけではありませんが、実際にこの2~3年の間に急激に外国人が街に増えてきています。今後更に増やすのであれば、先に話したようにやるべき事を徹底してやれるような具体的手段や機関を明確に国民に示して欲しいと言ってきました。それ無しにして、単純作業を新たな受入れ枠に組み入れてはダメだと言っているのです。

私はこの投稿欄を見ていつも思うのですが、日本を思い、子孫を思って安倍批判・自民批判をしている者が明らかに沢山いるのですから、情報弱者だとか朝鮮人認定だとかせずに話をすべきでしょうね。それと安倍批判・自民批判をする者も、もう少し穏やかに馬鹿丸出しというような文章はやめておくべきだと思います。

今回の入管改正法については、家事などの単純労働者も枠にいれてしまった事に対しては大反対です。それと日本語を話せない外国人に対して国が日本語教育を提供するといった情報がありますが、それがもし本当ならトンデモない話だと思います。それ以外は特に問題ないと思いますが、実際にどう運営されていくのか注意して見てないとだめでしょうね。

ここで本瀬さんからご指導いただきました点について、私見を少し述べさせて下さい。入管改正法について話すなら、せめてここを抑えておきなさいというご指導でした。

> 世界への大義名分をどう説明するか?
> 労働市場の不足分をどうするか?
> 内需をどうするのか?

まず世界への大義名分については、こんなのはどうでも良いと思っています。実際独や英が移民推進から移民排除へ舵を切りました。トランプさんの出現で自国第一主義が世界の潮流となった今、我々単一民族国家が移民受入れを拒否したところで問題視される謂れはありません。今回IWCから脱退したように、外からの声は明確に否定すれば良いと思います。そもそも移民など受け入れる側より排出する側に問題定義して解決策を取らせなければならないわけですし。

労働者不足については、実際東京オリンピック関連などで作業員が不足しているのかどうか分かりません。がしかし、私は経営者であるが故に単独で、また社労士同伴で大阪のハローワークへ出向く事がしばしばあります。何時も職を求める人が沢山溢れかえっています。本当に人出不足なのか?と疑問に思っています。それと最低賃金など廃止して定年退職者を有効に活用すればいいじゃないですか。とにかく労働者不足については疑問視しています。

内需に関しては、これは国というよりも企業の努力がまず必要でしょう。期せずして関西闇さんが上で書いている通り、GAFAを始めスマホのOSなどでも日本企業にイノベーションでの優位性があまりありません。昔と今の大きな違いはここにあります。それには大学の在り方なども関わってきますし、一概にどうこう言えませんが、多くの国民が興味を持つような何かを作っていかなければなりませんし、それを作るにあたって補助援助する仕組みを国が用意しなければ抜本的な解決策にはなりません。農業分野や防衛産業分野など内需拡大に対して打てる手立ては色々ありそうに思います。要するに内需拡大に対する解決策を外国人受け入れに頼るのは大きな間違いだと考えます。無理して一億二千万人を維持する必要はありません。

文章を書くのが苦手(面倒臭い)なので簡単にでしたが、以上の理由をもって外国人を大量に受け入れる方向での政策は不要と思います。受け入れた外国人をどう管理するのかという政策なら賛成ですし、特別永住権など早く廃止してもらいたいですね。

政治家の怠慢=有権者の不見識

>かつさん 本瀬です

米国の例、移民に関しての日本人一般の理解もその通りだと思います
問題点は政府が進めてきたのは入管難民法改正であって
移民問題ではないのに左派が「UNのIOM定義なら移民ダー」と煽り
一部右派までこの議論に乗せられてしまった事。

もちろん、左派も最初から、ダマシだと承知でやっているのでしょう。
慰安婦と女子挺身隊を別物と知りながら混同させた
朝日新聞の手口を彷彿させます

>燦燦三太さん

律儀にお答えいただいたので、2、3思う所を書かせてください。

「世界への大義名分」は蔑ろにしてはいけません。
言うだけ、表明するだけで良いのです。
実施はしない、実態は違うで問題なし。
米国はチャイナの人権を散々パラ非難しますが、
実態は、艦砲外交、恫喝、人種差別とチャイナと大差なし。
CIAの世界での暗躍やグアンタナモでのアウトローな振る舞いなど
人権の本家みたいな顔してるフランスもそうです。
パリでテロが起きれば、シリアに爆弾の雨を降らす。

だから、日本も「UNのIOM基準の移民」を大量に受け入れますよ〜
と言いつつ、かつさんが詳説された米国定義の移民(帰化、永住権)は
簡単には取れない仕組みが肝要だと。

「労働者不足」
最低賃金廃止はその層の労働者消滅になると思います。
単純計算ですが、最低時給千円として週40時間月160時間とすると
16万円ですが、これから税、社保引かれて手取りは如何程でしょう。
この時点でも、生活保護をギリギリ上回るかどうかです。
資産が無く、医療費が増える高齢者はフルタイム働いて医療費払って餓死するか
質素に暮らして生活保護を受け医療扶助に頼るか。
では、最低賃金をなくしてしまうと、確実に生活保護の方が有利になってしまいます。
よって、最低時給廃止は暴論だと思います。

「内需に関して」
内需に関してはほぼ同意ですが、GAFAに憧憬し日本ダメだぁ論は違うと思います。
日本は数百年も営業を続ける企業が世界一多い国です。
堅実なものを着実に伸ばすべきだと考えます。
企業努力でイノベーションは絵に描いた餅。
例えば米国企業でITでは世界有数の人材を抱えるマイクロソフトやIBMでも
GAFAにはならなかった。変化が激しく栄枯盛衰です。
ある意味、運に左右される博打、マネーゲームの類

農業と防衛産業の振興は大いに賛成です。
食料自給率は惨憺たるもの。なんとかしないとですよね。
外国人労働者受け入れの問題は日本の労働環境の是正と表裏一体
大卒院卒で年収240万から300万
土工、職工が500万円、親方は1千万円
どうも何かが変だとは思いませんか?

「官僚の裁量」
外国人生活保護の件で顕著に現れていますが
その通達は昭和29年のもので、その通達の中でも
「当分の間」と断りがあります。
その、「当分の間」がどの程度の期間なのかを官僚が検討し
政治家に上げ、政治家は判断、決定すべきでした。

なお、この通達自体は、法的根拠のない保護だとは明記してありますが
その趣旨は昭和27年のサンフランシスコ講和条約で
国籍を喪失した旧植民地の台湾人、朝鮮人の救済の為であり
それまで、日本人(台湾系、朝鮮系)として同胞だったものへの
憐憫の情からでしょう。
そう考えると、「当分の間」とは昭和27年の国籍喪失時点で
台湾系日本人、朝鮮系日本人であった方々、いわゆる一世の方が
なくなるまでが正当だと思います。
政治家はダラダラとこの「当分の間」を放置した罪は大きいし
その政治家を当選させてきた我々にも油断があったと感じます。

諸悪の根源は、在日韓国人にあり

 在日韓国人は、密入国で日本に潜入し、その後、税金を全く納めず、生活保護等の我が国の金を貪り喰い、大きい顔をして、日本国内を闊歩している。酷いのになると、国会議員として、大きな顔をしている。
 在日は2世までではなかったのか。在日は不法移民として日本から追い出せ、帰化人にしても、もう、一度、洗い直して、不逞朝鮮人については、全て国外追放すべきである。

気を付けようマスコミと役人の嘘

 ソロです。
 お三方の内容の濃い議論、拝読しました。 内容は兎も角、議論はこういうスタンスでするものだと、感じ入り、大いに反省しております。ww

 安倍政権の評価については、私が認識している現在の世界情勢から考えれば、この先、米支戦争が終息し、その処分が決まる迄は、安倍さんに任せるしかない状況だと思いますね。

 私も繰り返しそれを言って居ますが、認識している現実に差があり過ぎるのか、分って貰えない様ですね。 唯、言って置きますが、私は、安倍支持者ですが、決して安倍信者ではありません。

 入管法の改正は、従来の入管法が、永年の官僚の勝手な裁量に拠って、大きく歪められている現状なので、改正を行ったと考えるべきでしょう。 

 其処を、法務官僚が、亦そろ、勝手に法の運用を変えて、改正を骨抜きにしようとして、青山さんに阻止されたのは、かつさんの記述通りです。 だから、必要なのは、マスコミだけでなく、省庁改革なんですね。

 GAFAに、憧憬を持つと言う事は、実は危険な事です。 何故なら、彼らは、租税回避の常習犯で、トランプ大統領は、その対策に国際間で条約を造ろうとしています。

 納税は、国家の基本ですカラ、租税を回避するなんて、国家を否定しているの同じ事、つまりトランプ氏の提言は「反グロ―バリズム」の嚆矢になるものだ、と思います。

 人手不足は、確かに一部では起って居る現象でしょうが、日本の世代別人口構成からすれば、団塊の世代が居無くなってから、従来は人が居たのに、居無い状況が出来し始めて、感覚的に「人手が不足」していると言う感じがするのでしょうが、社会的な機能は、全然落ちて居ません。 

 つまり、「要請に合わない人手は、要らなくなった」部分がある業種があるのです、是は三太さんの実感に裏打ちされる現象ですね。

 其れは、日本の産業の5割近い製造業で、工場のオートメション化を更に進めたロボット化で、金属材料の溶接、溶断、組み立てといった作業工程をロボット化して、24時間稼働体制を創り上げ、景気の変動に拠る、生産調整を柔軟に行える様にして居ます。 是で、一時多かった南米からの出稼ぎが、一辺に居なくなりましたね。

 そして、今度は、事務系の職業にもAIが進出して来て、事務屋が不要になる、AIに拠る、資料整理、計算、作表、検査システム迄熟されたら、大企業の従業員も今の1/10位になり、更に通信系の発展が、重なれば、在宅勤務「=出勤し無くても良い」企業が、増えて、事務系は当然、営業活動自体も変わって来るでしょし、都会の」地下鉄や高速道路も今の様には、要らなくなりますね。

 そうなれば、三太さんが云って居る様に、体を使う農業とか漁業、防衛、そして、会議・医療が、主流になるでしょう。

 兎に角、日本を始めとする先進国では、人口は減少して行くのが自然な流れだと思います。 然し、全く心配は、杞憂に過ぎません、日本全部がダウンサイジングするだけだし、出来た余白部分は、ロボットが埋めめす。

 本瀬さんは、学識が有る層が、低所得で、現場仕事の方が、高収入な現実を「何か変だ」とおっしゃっていますが、現場作業者は、頭数だけでも金になりますが、学識者が、直ぐに金儲けに役に立つのなら、今の十倍・百倍儲かるでしょうが、「絵に画いた餅」に金を払う人間は居ません。 学歴偏重で、その逆が常識として通用して居た方が、可笑しいのではありませんか?

 とはいえ、世界の科学競争に、後れを取ってはイケませんが、実際に「ぁ音にならない」ので、企業側も雇えないのです。 このジレンマを解決するのは、米国でロックフェラー財団がやった様な、先行投資を出きる社会にしなくてはイケませんね。

 食糧の自給率の問題は、安全保障の面からも、確かに何とかしなくてはイケませんが、政府の発表の嘘にも気付いて居なくてはなりません。

 大体、マスコミが騒いでいるのは「カロリーベース」の話なので、高カロリーの肉類や脂質と言った、日本では、牧畜業が衰退した中では、輸入した方が安く着く状態にあるので、50%を切る数字が出るのは、当たり前です。

 でも、日本人の主食といわれている米の自給率は100%超ですが、他の穀類は、殆ど輸入に頼って居ますね。 是は、造っても輸入物に価格で負けるカラですし、高齢化で人手も居無い、と言う状況では、仕方が無いですが、この点こそ、是から、日本の産業を立て直すポイントだと思います。

 最後に、防衛産業は、日本が、韓国消滅に拠って、この先、自力防衛力の増強が、必須になって来る状況ですカラ、衰退気味の造船や航空機と言った重工業の地方の労働者を必要とする、然も、従事労働者は日本国籍で無くてはならない軍需産業は、日本の地域活性化には、願っても無い産業でしょう。

 総合的に見て、安倍政権の政治を歪めて国民に伝えて居るのは、DS勢力に支配されて、本当の事を伝えられない、マスコミだと思うし、左巻きの官僚や法曹界の面々の所為だと思います。 我々は、もう少し、現実を具に観察して、その正体を見極めなければ、日本の将来を誤ります。

収入格差

>ソロさん 本瀬です

私が感じた違和感は努力しても報われない社会についてです。
近所のコンビニでは大卒の兄ちゃんが、
日本語も覚束ない外国人と同一労働、なんか仕事ないのかなぁ
駅前、でもしか、Fラン大学乱立で誰も彼も学士は問題だけど
暴走族から半グレ、解体の片付けから親方になって
20代で高級車は?運と人脈と本人の努力、資質なのかもですが
違和感を感じてしまうのです。

学問への投資、直接利潤を上げないけど大切なことです。
日本は大和魂で科学技術も何とかしてきちゃった(笑)
欧米より圧倒的に少ない研究費を努力でカバーして
プロジェクトXってテレビ番組がありましたが
総じて、金がないけど根性と日本人の優秀さで世界一にってね

こう書くと「大和魂」じゃダメだって方が世間には大勢いて
精神論じゃ技術競争には勝てないとか叱られそうですが、
保守としては南蛮夷狄にはない「大和魂」大いに結構!
物量や失策で先の大戦は勝てませんでしたが、
知恵と努力で大いに敢闘したと思います。

話それました(笑)
言いたかったのは・・・・
・大学進学率を半減(娯楽学生淘汰)
・大学教授を半減(教授の名に値しないアホをパージ)
・優秀な教授の研究費を倍に(憧れと尊敬の職に戻す)
ーー
・日本語が話せないコンビニ店員が同一賃金は変
ーー

オフィスワーク、ナレッジワーカーの世界で
生産性向上から在宅勤務なども増えるでしょうが、
IT業界ではアウトソーシング、オフショア開発と称して
空洞化が先行しているように感じます。
チャイナ企業が少人数の日本事務所を置いて
日本語の読み書きが達者な営業マンと一番優秀なSEを配置し
一旦受注すれば、チャイナ本土の大量のエンジニアが働く
製造業とは異なり、工場を建設する手間もないし、
チャイナ人の労務管理も行わなくて良いのでお手軽
これじゃ、日本でコストに合わない技術者が育つわけもありません。

> 本瀬さん

 
燦燦三太です。

お手を煩わせてすみません。頂戴したコメントを拝読して思った事をまた書かせて下さい。ただの戯言なので返信は無しで構いません。またブログ主と他の方には、スレと話題が違ってます事、お許し願います。

本題です。

世界への大義名分が重要なのは理解できました。そこをどう上手くやるのかが政治家の手腕の見せ所であり、本瀬さんはじめ多くの常連コメンターさん達が安倍さんを評価しているポイントなのでしょう。そういう視点でみれば、確かにそうなのかもしれないなと思います。私達では外交の裏の裏まで知り得ませんからね。総理ともなれば私達のように勝手な事を思いつくまま言う事などできないのでしょう。それを本瀬さんやソロさんは常に言っているのだと思います。

さて、

最低時給に関して。卵が先か鶏が先かの話になりますが、労働者として賃金を主として考えるから「最低時給廃止は暴論」となるのであって、企業が国営ではない以上、雇用側を主として考えれば暴論ではなくなります。利益右肩上がりの時代ではなくせいぜい横ばいという状況下で固定費である人件費だけが上がるとどうなるでしょう。最終的には多くの働く場が無くなります。

最低時給は生活保護費や母子家庭向けの児童扶養手当と同じようなものです。不用意に保証されているからこそ、そこで胡坐をかく怠け者が量産されるのです。逆に能力のある者の所得も上がり難くなります。能力の低い者の所得を過剰に補償する以上、必ずしわ寄せがきます。日本人の劣化に少なからず影響している部分だと思います。

雇用主目線で考えてみます。利益が上がっているなら良い人材を確保するために時給を上げます。他社より優秀な人材が欲しいならなおさらです。それは好循環を生み出します。また利益が上がらないなら事業継続に差し支えない所までを支給します。労働者側は自らの価値を検討して自分の能力に見合った時給で働く場所を選ぶしかありません。ですが逆に定年退職者や老人の働く場所も生み出されてくるでしょう。若い人の半分も動けないが、それでも幾らかになるなら働いているほうが健康にも良いと考える人もいます。外で働けばそれなりに消費もしますし社交面で充実します。そして経済に貢献もできます。これも好循環。

そもそも企業の固定費である人件費を役人が決めるなんてのは理屈に合いません。それなら利益も役人が保証しろという話になります。選挙で一票を投じる者の殆どが時間を切り売りする労働者ですから、最低賃金最低2千円などと叫ぶお坊ちゃまや馬鹿な政治家が殆どを占めてしまいますし、自分の働く企業がどういう仕組みで自分の給与を捻出しているかすら考える事ができない労働者がそれに投票して悪循環に拍車を掛けます。

こういう話をすると「世界を見てみろ」という人が必ず出てきますが、そういう人は最低賃金だけを比較しても意味がない事を理解する必要があります。年金や健康保険など社会保障の仕組みも関わってきますし、学費や物価といった要素も関わってきます。「日本は最低賃金が低い」とは「内部留保を給与で還元しろ」と同じ手法で、結局は言い出しっぺが共産党という点で同じです。愚民から一票を獲得するためにルサンチマンを刺激する台詞です。内部留保は自由にできる現金貯金ではありませんからね。最低賃金も市場に任せるのが自然です。内職なんて低賃金の仕事が盛んに行われていた時代は右肩上がりで勢いがありました。まぁ格差の問題なども絡んでくると話がややこしいのでここまでにします。w

> 大卒院卒で年収240万から300万
> 土工、職工が500万円、親方は1千万円
> どうも何かが変だとは思いませんか?

こういう所にこそ国がもっと介入すべきだと思います。大学制度の見直しも含めてです。基礎研究にどうこうというような話は長くなるので書きませんが、言いたいことは分かってもらえると思います。土建業に関しては、大手JVシステムなどによる孫請け曾孫受けの問題なども含めて様々な問題点が含まれてきます。これも話が長くなりますね。w

話し出すときりがありませんね。疲れました。w

とりあえずここまでにしておきます。コメントありがとうございました。

外国人労働者雇用が増加する本当の原因

国内では、人手不足という現象がここ2・3年起きています。人手不足であるならば、通常は賃金が上昇するはずなのが、不思議と上昇していません。
その原因は、言うまでもなく安い賃金の外国人労働者の増加にあります。その数は146万人(うち正社員32% 47万人 2018年)

その一方で、日本人の引きこもりは115万人おり、35歳以下の主にバイトなどで暮らしているフリーターが143万人います。
併せて258万人なのです。

この数字を見ると、日本人だけで人手不足を解消することは可能と考えられます。
外国人労働者雇用を流入させる前に、日本人の雇用を何とかしなくてはならないと考えるのが、政府の仕事なのではないでしょうか。
しかし、政府はこれについて何も触れないですし、マスコミもダンマリを決め込んでいます。

外国人労働者雇用で得をするのは、主に大企業と思われます。賃金を低く抑えることができるからです。
国内における企業の労働分配率は、1985年あたりを境に次第に下がっています。賃金を上げないので企業は利益を出しているのです。
ここ数年GDPが増加傾向にありますが、増加分のほとんどは、輸出企業の利益によるものです。円安により輸出が伸びており、大幅に出た利益は賃金で社員に還元するのではなく、内部留保を増加させています。

内部留保の総額は500兆円と言われていますが、そのうち350兆円はケイマン諸島他のタックスヘイブンへ流れてしまっています。タックスヘイブンを利用することで、本来日本国へ支払うべき税金を逃れています。

驚くべきは、税金逃れの指南役をしているのは、財務省や国税局OBの天下りの方々であることです。大企業は、これらの人を年収3000万円程度で雇い、そのアドバイスにより法の網をかいくぐって税金を逃れているのです。1社あたり数十億から数百億の節税ができれば、天下り人員の受入も安いものです。

タックスヘイブンへ流れた350兆円のうち100兆円でも賃金として支払えば、その乗数効果により少なくとも200兆円はGDPが増えていたと考えられます。
そして、天下りを受け入れた大企業は、国税局の監査を受けることがないそうです。そのかわりに、まじめな中小企業には厳しい国税の監査が入り税金を搾り取られています。

タックスヘイブンの利用は、企業・自公政権・財務省・国税・日銀などが一体となってすすめていると思われますが、それを裏で指示しているのはいわゆるDS(グローバリスト)と考えられます。
タックスヘイブンへ流れた金は、最終的に米国へ流れてドル基軸通貨体制を支えています。
そして、一旦アメリカに取り込まれた金は二度と返ってくることはないと言われています。
日本の労働者は、厳しい残業をしてただ働きをさせられていると言えます。

日本の金を収奪する世界的なシステムのことを、日本人全員が理解しないと、日本が再び繁栄し豊かな国になることは二度とないと知るべきです。

ソロさんも数ヶ月前に、毎年100兆円の金が日本から海外に略奪されていると語っておられましたが、その通りだと思います。

揚げられたの事は、全て、是から2年の安倍政権の課題ですね。

>本瀬さん ソロです。 レス有難うございます
>>報われない努力
 私も、もう、学歴偏重の価値観は、見直さねばならないと思って居ます。何が何でも、大卒で無いと、親の義務を果たして居ないかの様な、常識は、既に通用し無くなって居ます。

 逆に、大学院卒だの博士号を持って居ると、他の大卒学生との、年齢的、学識的な、見かけのバランスが取れなくなって、就職氷河期と言われた時分には、大学院卒を隠して、就職する子も居ましたね。 折角、院まで行かせた親御さんの悔しい顔が、目に浮かびましたね。

 こういう矛盾を生まない様な、社会にしなくてはいけないと思います。 まあ、親としては、子供のやりたい事をやらしてあげたいでしょうがね。

 でも、価値観は何時の世も、時代の要請に拠ってどんどん変わって来るものです、私など商船学校に入った時分(70年)は、海運界の就職率500%もあって、卒業生は引っ張り凧だったのに、在学中に、オイル・ショック、ドル・ショックが有って、卒業の年の全国の求人が、たったの5人でした。 商船系の高専・大学併せて、1500人近い卒業生が居るのにですよ。ww

 それに、国立の名門大学でも、教授陣には「閥」が有って、その閥に入れなかった場合、幾ら優秀でも、50台も前にして、准教授にもなれないで結婚も出来無いと言う「飼い殺し状態」の様な、悲惨な話に成るそうで、こういう世界にも、改革が必要だろうと思います。

 でも先ず、世間には、学歴を着ける為だけの大学が多過ぎますね。 此方は、三文の値打ちも無さそうな、肩書だけの大学教授を追放し乍、大学の数を減らし、同時に「大学の質」を上げると言う、難題がありますね。

 其れには、やはり「産学共同」で、大学の研究と企業の開発の相互交流と言った、理系を中心とした交流が必要でしょう。 大学側は、就職先の確保、企業が環は人材確保と言う相互にメットがある訳ですからね。

 まあ、日本の社会風土の場合、個人的な縁故から、ややもすれば、閥を強化する手段に、使われる恐れもありますがね。

 最低賃金なんて、三太さんの言って居る通り、社会の相場に任せれば良い話でしょう、但し、入管法で、移民だけでなく、期限付き滞在資格者の労働に支払う、労賃を無規制にすると、反社会勢力の収入源にされて終う惧れが有ります。

 そう言う意味では、最低賃金、亦は、厳しい雇い主管理が必要ですが、労働環境や健康保険に関しても、一定のセイフテイ・ネットを設けて置か無いと、社会の治安が酷い事に成りますね。

 然し、何時の世も「怠け者」や「クズ」は、世の基準にしてはイケません。 これは、社会主義でも「補償の限界」として、散々議論されて来た事です。 クズを補償の基準にして、持つ社会は、この世に存在しません。

 その辺りは、為政者の匙加減が、難しいと思いますね。

 まあ、企業が外国人研修生を入国させて、違法に安い労賃で働かせようと言う、不埒な下心を持って居れば、其れに、応える反社会勢力も出て来ると言う話でしょう。 是から、この辺りの既成は厳しくなるでしょうね。

 原則日本は、自由競争の社会ですカラ、セイフテイ・ネットを必要とするハンデイを持った人や、数学の「ガウスの正規分布」の劣悪な1割に入る人々は、その割合に増減があっても、集団には、必ず居るものですカラ「何でも平等」と言うのは、逆に限られた範囲での事で、為政者は、そう言った成分も含めての我々の社会で、「最大多数の幸福」を考えざるを得ません。

 でも、ダカラ、政権を批判するな、とは、一言も言って居ません。 但し、現状認識が、丸で出来て居無い人が多過ぎますね、普通に考えて、マスコミの説明に「其れは違うだろう?」と思う事は無いのかなあ、と思いますね。

 逆に安倍さんは、此度の消費増税の様に、国民の反応を見る意味で、静かな湖面に石を、態と投げる与な事もして居ると、私は思って居ます。

 だって「消費税を2015年迄に、10%にする」と言う事を云い出したのは、三党合意を受けて、国際公約にした旧民主党の野田政権ですカラね。 国際公約は、誰が云い出そうが、国と国債の約束ですカラね。

 でも、安倍さんは、したく無かったので、色んな、増税再延期の可能性をちらつかせましたが、麻生さん為押し切られました、でも、「消費税を10%を上限とする」と、楔を打って終ったのです。

 是は赤盾の「世界の税体系を一様なモノのにする目論見」は、事実上潰したワケですね。

 是で彼が目指して居るのが「国家主権を普通に揮える国家」で有る事が、是で分りますし、結局、其れを容認した赤盾も、DRの様な、日本独裁一辺倒ではない様です。 まあ、ハザール人は、何をするか、判りませんがね、

村社会の再生

>ソロさん 本瀬です

派閥、縁故が跋扈すれば社会に害があるのは確かですが
益のある部分は見過ごされがちです。

落語にもご隠居、与太郎はしばしば登場しますが、
社会的役割を終えた老人、貧村なら山に捨てられる存在
社会生活もままならない魯鈍
この様な人物が当たり前に生活する江戸の風景

資本家の立場だの労働者の権利だのは
マルクスの害毒を食らった後の汚染された世界観に思えます。

終身雇用、帰属意識は日本的な資本主義への答えでした。
セーフティーネットという意味では多くの国で軍隊があります
日本でも放蕩息子を自衛隊に入れて資格を取らせた時代も(笑)
さらに、テキヤこれも一応堅気の商売。
その先は、ヤクザ、博徒、任侠
これらも堅気に迷惑をかけないのが建前

戦後のどさくさで最底辺のセーフティーネット、ヤクザに
三国人が大量に入り込み、暴力団へと変質し
ついには、反社会勢力と呼ばれる始末。

ヤクザがやると福祉ビジネス、弱者を食い物にして
暴力団の資金源にと言われ
資本家なるものが行えば、社会貢献と美談に(笑)

日本の村的な共同社会は西洋型資本主義とも共存可能な
別種の共産主義でした。
しかも、これはマルクス思想とは完全に無縁で
はるかに先行して確立していたものです。

日本もそろそろ自信を持つべきでしょう
グローバルスタンダードの最後尾を追随するのではなく
ジャパンスタンダードを持って世界に範を垂れる立場です。

英語を必死に学ぶのではなく、
外人に日本語を教えて世界に日本語教師を送り出す。

省庁改革について
ソロさんの意見の中でこの件が出てきたので、一言述べたいと思います。
数ある省庁の中で日本を貶め弱体化してきたのが文科省です。
この組織がやってきた日本弱体化の最たるものは以下のとおり。
1.ゆとり教育
2.Fランク大学の認可
ゆとり教育は言うまでもなく、寺脇と言う売国奴が提唱したもので、本来資源のない日本が唯一持っている人的資源を根底から崩し去った政策である。
内容は簡単に言うと土曜日の休日化に伴う授業時間の縮小、授業時間縮小に伴い教科書を簡略化、円周率3.14を3にする等の内容の簡略化。
小学校がまるで馬鹿の生産工場化した感がある、教育とは厳しい強制が伴うもので甘やかせば、知性を押しのけて本来の野生の本能が目を覚ます。
苦労して成就した時の喜びを覚えることが次の段階への能力アップにつながるのである。
ゆとり教育では能力ある学童のやる気をそぎ、全ての学童を一律低学力に抑え込むことが目的で、その先は日本人の無気力化、無能化が潜んでいる。
それは誰のためと聞きたい、日本がそうなることを喜ぶのは特亜三国以外には考えられない。
それと天下り先の確保を狙っての事だろうが低レべルの大学の乱立を認可し、
特段勉強しなくても大学生になれる環境を作り、高校生の勉学意欲をそいできた。
更に学生不足を補うために特亜諸国からの無秩序な補助金目当ての留学生の受け入れを画策して、学生の出欠管理もおろそかにし不法就労の温床となっている。
聞けばアメリカには文部省なるものは存在しないとか、明治時代の富国強兵が
叫ばれた時代には官吏も希望に燃えていたのでその存在は意味あるものだったが、今の時代にはそぐわない、役割を終えた感がある。
小学校、中学校、高校、大学とすべて民営化すればいいのです、少なくとも小学校だけでも民営化すべきです、これからの少子化で難しくはないでしょう。
民間に払い下げればいいのです、それが無理なら私立小学校を拡張する予算措置をして好きな小学校に行ける様にすれば良いのです、日教組が幅をきかす公立小学校には誰も行かなくなります。
首切りできない公営だから日教組が幅を利かすのであって私立にすれば日教組は存在しえなくなり消える。
必要な予算措置は十分手当てする、そのための管轄官庁は格下げした文部庁でいいでしょう。
ただ昔は内閣府に所属していて文部省に統合された科学技術庁だけは省に格上げして存続させる。
理由は日本の生きる道は科学技術しかなく、産学共同では物足りない、朝鮮が赤く統一されるとシナ、ロシア、朝鮮と対峙する国が全て社会主義体制下の国ということになり、現在の自衛隊予算では対応できない。
産学協同に軍を加えて三者の協力体制を築く必要があり、そのための予算をここに集めて自衛隊の装備庁と提携して軍関係の開発を行う、実質自衛隊の予算増大とする。
安倍政権の次の政権の課題となるでしょうね。

この先は、文系大国日本の出番ですよw

>本瀬さん ソロです。 再レス有難うございます。
>>マルクスの害悪思想の洗礼を受けた
 ははは・・その通り、高校生の頃一時夢中になりましたね。 

でも、何時も感じて居たのは、共産主義の理想論を読んで居て、感じる自分の中の既視感は何だろうと、思って居ました。

その頃、白戸三平の「カムイ伝」が新書版で単行本化されて居たので、是も読んで居ましたが、夢屋が、宇蘭盆で流す野菜膳を川下で回収して漬物にして売り出して大儲けする。

金を握った夢屋はドンドン悪事に手を染めて行く・・と言う、筋書きだったのですが、「これは漫画だ」と言う事は、分りましたね。

 でも、白戸さん(本名岡本鉄二)の手になるものは、全て現実と創作を峻別して居て、書かれてあるストーリーと実際の歴史とのギャップも、知る事が出来たのは、大きかったと今でも思います。

 ですから、本瀬さんが云う、ヤクザは代々二hンでは、一種のセイフテイ・ネットだったと言うのは、彼の山口組三代目の田岡氏も、「儂等が、世のはみ出し者を預かって居る」と、生前仰ってたそうです。

江戸期には、大都市における無宿人、所謂、四民の範疇に入れられず、戸籍を作れない立場の人が、エタ・ヒニンと言う被差別層にされて、居たわけですが、生活して行くために、社会機能の一部を担って居た「=死牛馬の解体から皮革を使った産業、人口が過大になって来た江戸の塵芥処理、郊外に棲む農民ダケでは処理出来ない糞尿処理、死刑の執行や一般の死体の処理・・」と言った、人々が忌み嫌う範囲の事を専門的にやって居たのです。

 処が、戦後仰る様に朝鮮人が社会の中に入って来て、ヤクザもすっかり朝鮮人に、乗っ取られて反社会勢力と呼ぶにふさわしいものになりましたし、被差別数段も、差別を飯の種にする為に温存して居る様な有様。 是で「差別だあ~」は無いでしょう。

 でも、江戸期の被差別民の扱いはせかいてきにも、画期的だと言え、社会の活人術と言える制度でしょう。 こうした施策は、欧州には無いと思いますね。 それが証拠に、欧州の大都市は、近代化するまで、何処でも、道は糞尿だらけだった。

 だから仰有る様に、日本伝統の社会設計思想は、欧州よりも遥かに進んで居たし現実的でも有ったと、私も思います。 つまり歴史の学ぶべき部分が幾らでもあると思います。

 本瀬さんの反論にある「縁故の良さ」の一面は、確かに、がりがりとした、競争社会ではありません。 抑々江戸期は、家業は原則世襲制ですから、競争自体の質が今とは違います。 縁故は、親子関係に近い子弟関係が多かった江戸期では、身元の信用ベースを重視する意味では、寧ろ、当然だったと思いますね、

 でも、私が此処で言って居る「縁故の害」というのは、利権の私物化の延長にあるモノを指していて、江戸期には、自身の立場を固める手段として「閥」を創ろうと用いられていた「悪しき習慣」として社会問題になって居たものです。

 日本の伝統の自然発生てきな社会主義は、災害の多発する列島に於いて、列島に暮らす民は、飢えたから、争うのではなく、食べ物を分け合い、災害対策を話し合って、食糧を備蓄し、弱者を救済する事で、団結心を醸成し、辛い農作業を、村で分業化して、村単位でその生存力を高めて来た、是が日本の社会主義です。

 つまり、他人の身になって、弱いものの身になってモノを考える事が、団結力の強い組織を創り、社会自身の総合力を高めて行く。なんて、放置すれば、直ぐに水を失ってシんでしまう沙漠の民には、そういう動機が無いのですカラ、自ずと日本とは質が違いますね。

 この先の日本に必要なのは、白人が、15世紀から500年に亘って、侵略~植民地支配して、現状民が持って居た文化・歴史・原語をその国の失われた歴史を編纂し、ハングルの様に文字を復活させ、更に、日本語や英語に翻訳する事で、世界に発信・紹介して用⑨事で、その国民の国家意識の形成の素地を作る子で出は有るまいか? つまり、戦前日本が朝鮮でやろうとした続きですね。

 こうした活動は、衰退し懸って居る白人文明にも、実は云える事で、彼らの現在に歴史認識は、精々3千年前でしかありませんが、青人の突然変異で有る白人種が、何時五里から居たのかと言う科学的な追及は未だ為されて居ませんね。 其処に、白人優越主義の様な、似非キリスト教を母体とする、歴史コンプレックスの裏返し。の非科学的な思想があるのです。

 つまりは、経験知の集合である史実の歴史重視に、考えを切り替える事こそ、白人文明が生き残れる、唯一の途だと私は思います。まあ、素直に反省すればいいだけなんですがね、出来ますかな?

 日本はこうした世界を利―dpする為にも、自身の歴史を取り戻す事が第一条件になりましょう、石破の様な、今頃、慰安婦問題を引っ張りだす様な、似非日本人は、日本にはもう不要ですね。


石破茂衆議院議員の無知識

自民党の石破茂衆議院議員は、総理大臣になりたい候補として頑張っておられるようですが、また、物議を醸す事をやらかしました。

それは、10月5日の徳島市内での講演で、悪化の一途をたどる日韓関係について、戦前の朝鮮半島統治で日本が創氏改名などを進めた歴史的背景を考えるべきだと指摘したことです。

創氏改名は韓国に於いて、日本の併合地であるときに行ったものですが、これを「なぜ韓国は『反日』か。もしも日本が他国に占領され、(創氏改名政策によって)『今日から君はスミスさんだ』と言われたらどう思うか」として語ったそうです。

しかし、これの実態は満洲へ行った朝鮮人が彼の地ですと、民族として順位は満人が上位で朝鮮人は下位になりますけれど、これを覆すために朝鮮人が日本人名を名乗れば、朝鮮人は満人の上になれるのです。
その為の方策であったと、聞いた事があります。

そして、これを実施する場合には朝鮮総統府から、(嫌がる人もいるでしょうから)強制的には実施しないようにとの通達も出しているのです。
だから、「今日から君は鈴木さんだ。」と言うような事はあり得なかったのです。
嫌なら「私はこのままで良い。」で済んだ事でした。

そんな証拠という事になりますが、
大日本帝国陸軍中将・洪思翊(ホン・サイク)氏と同陸軍大佐・金錫源(キム・ソグォン)氏は、軍人でありながら創氏改名をしていません。洪思翊氏と金錫源氏は陸軍士官学校を卒業しています。
後に韓国大統領になった朴正煕(パク・チョンヒ)氏は、日本名では高木正雄であり、満州国陸軍軍官学校(士官学校)を卒業しています。
つまり、朝鮮人が創氏改名をすることは強制ではなく、どちらでも良かったのです。

そして、併合地である朝鮮では創氏改名は住民の意思に任されたのですが、植民地である台湾では創氏改名は優秀な住民の特典とされたことから、希望しても日本人名を名乗れるというものではありませんでした。


創氏改名については、これまで国会で併合地の人権問題にされた事がありますけれど、いやしくも国会議員なら(それも与党議員です。)人権問題にする程の問題ではないと思いますので、国会議員の基礎知識として、国会議員になったときには教育しておく方が良いと思います。

日本人の食の変化
アメリカのホルモン剤牛を買わされ食べています。EUではアメリカホルモン剤牛は輸入禁止です。

今日からスミス(笑)

>ポッポさん 本瀬です

ネットで石破茂は今日からゲルスミスに改名と(爆)

創氏改名に関しても、当時の公文書が残っていますので
強制は明白な捏造です。

同様に朝鮮は植民地であった事は公文書から証明されています。
併合により平和的、合法的に獲得した植民地ですね。

これを「植民地ではない!」とか
イメージが悪いから「植民地と言うな!」とかは

はっきり言ってゲルスミスと同じレベルですよ(笑)

日本人の長寿化

>魚から肉と変化さん 本瀬です

江戸時代は魚メイン、終戦ぐらいまでは寿命六十年
ご指摘の肉食で現在寿命は80歳ぐらい(笑)

危険性の指摘は有用ですが、反米プロパガンダとしては無意味

同様に、チャイナの食材危険もじゃ、13億人来年ぐらい全滅?
オーガニック礼賛も江戸時代全部オーガニックだったけど
などなど

多角的視点を望みます

本瀬さん  ポッポです

>同様に朝鮮は植民地であった事は公文書から証明されています。
併合により平和的、合法的に獲得した植民地ですね。

本瀬さんの言う植民地とは、どのようなものでしょうか。

ポッポは植民地とは、宗主国が植民地は自国の利益のために、その土地及び住民を使用するものだと思っています。従って、植民地はその収益を上げるための施設と住人があれば、その他の公共施設などは必要ないと思っています。
従って、日本が併合地及び植民地での小学校の建設などは、不要であると思います。また、軍の場合には、兵隊を徴用する事はあっても、士官は宗主国の士官を充てると考えますから、朴正煕のような朝鮮人の士官は使いません。

従って、日本の植民地は、他国で言う植民地とはかけ離れて優遇されていたと思っているのです。

それから、併合地は基本は本国並みの整備をしているところです。
ドイツの併合したオーストリアは歴史的にドイツと元々それ程の差はない地域だったと思います。

朝鮮の場合は、日本よりもインフラができていなかったし、暮らしはイザベラバードの記録を見ても日本より相当に悪かったです。
ドイツ・オーストリアと日本・朝鮮を比べるとドイツ・オーストリアの方が生活程度は良かったと思います。

但し、日本自体の生活程度も悪い時代ですから(其処に、軍備に金が掛かった上に、韓国の整備をする金が掛かった。)、日本の方が朝鮮よりも生活は厳しいところもあったと思います。

ポッポさん
石破の創氏改名に関する意見の反論で、朝鮮人で陸軍中将・洪思翊(ホン・サイク)氏と同陸軍大佐・金錫源(キム・ソグォン)氏の例を挙げるのは気が付きませんでした。
これなら、強制されたと言う嘘はすんなり否定できます。
僕は朝鮮総督の南氏が、これは強制でないことを訓示している新聞記事を知っていましたが、まだまだこの件は、向こうの言い分が通っていますよね。
何しろ国会議員までもが騙されて支持している位ですから。
石破に関して、今から10年以上前ですが、一介のサラリ-マンで退職後、大著’大東亜戦争はアメリカが悪い’を上梓された鈴木敏明氏のエピソードですが、何かのTV番組で石破と同席し、今のような自虐史観たっぷりの意見を開陳していたので、終了時に’もっと勉強しろ’と一喝されたそうです。
それ以降、まったく勉強していない事がよく分かりましたね、どこをどうすれば、あのような意見が出て来るのか?
無知のなせる業としか言いようがありません、痩せても枯れても国会議員ですからね、恥を知れと言いたいです。
それともお決まりのハニーに引っかかっているのかな?

ハニーついでで思い出しましたが、これも10年以上前ですが、上海で自殺した外交官の本を読んだ事があります、もうどこにしまったのか行方知れずですが。
彼もハニーに引っかかり、シナの要求を拒み切れず自殺の道を選んだ訳ですが、自業自得とは言え、こういう骨のある外交官もいるにはいたのですね、関係ない話でした。

>無双さん ソロです。
 私が挙げた、安倍政権や後継政権が取り組むべき課題の、教育問題についてのご意見有難うございます。 拝読させていただきました。

 確かに、寺脇研と言う、当時の文部省の官僚が、提唱して始まったのが「ゆとり教育」でしたね。

 この大義名分は、当時「受験地獄」と形容された、世の行き過ぎた進学熱が、マスコミ主導で非難を浴びだした頃で、この「ゆとり教育」で、其れまで、土曜日は、半ドン「=午前中迄」だった義務教育を、土曜日を、初めは隔週、そして2,3年目からは、全休にした様に記憶して居ますが、何せ、子供が居無かったのでw 当事者では無かったので、うろ覚えでしかありません、間違って歌らごめんなさい。

 唯、私が48歳で転職した先の会社は、自家発電の電力を売る商売で、前の知識と経験を活かして、その技術スタッフだったのですが、国公立や有名私大の理工学部の卒業生が、年に100人位入って来る状況でした。

 現場に行く時、車の中での雑談で、普通に知られている論語の一節や、誰でも知って居ると思しき、杜甫や李白の漢詩、紫式部や清少納言の作品のさわりの部分等、会話に交えて話しても、反応が、今一なので訊くと、作者の名前すら「聴いた事が無い」と言われて、諸空を受けました。

 その理由を訊いたら「高校で、理系コースに進んだら、漢文も古文も習わない」との事、是には2度吃驚しましたね。

 私は、大学に行くのは、勿論将来飯を食える程度の専門知識をの基礎を身に着ける為が主としても、大学卒に相応し教養を身に着けるのも、「大学に行く目的の一つだ」と思って居て、専門知識だけと言うのは、私の様に、高専で教養課程を省いたカリキュラムでも教育に家具られて居るものと思って居ましたから、如何に理系でも、国公立レベルの大学なら、当然知って居るだろうと思ったのが、大間違いだったと言う話です。

 然も彼らは、理系の大学を出たとはいっても、専攻した分野を訊くと、「自然数学、理論物理、物性解析、環境工学、化学・・」と、機械工学に関する知識は、欠片も無い人が殆どで、当然、「ターボ・チャージャーの駆動モーターは、何処に着いて居るんですか?」と言う、耳を疑う様な質問が、入社5年経って居る人から出て来るに至っては、前途の多難さを思って、目の前が暗くなりましたね。 否、冗談抜きで。

 現状の大学と企業の関係も、この状況は、今も余り変わっていない、と思われますね。 是では、一体何の為に大学に行くのか? と訊くダケ野暮だとしか、思えませんでした。

 その後、転職した名古屋の会社では、地元の国立大学一人は、博士号を持って居る30前の子と、修士号を持って居る20中盤も子と、同僚になりましたが、現場監督など、彼らには、務まろう筈がない事を、上司が理解して居たので、流石に、トンデモ無い話はありませんでした。

 で、思わず「何故、こんな自家発電の会社に就職したの?」と訊くと、2人共、異口同音に「今の社会では、大学院卒って、却って就職がし難いんですよ。大学に残っても、薄給なので結婚すら出来無い先輩を沢山知って居ますからね、見切りを付けたんです」との事、因みに修士号の方の専門は宇宙物理、博士号の方は金属工学でしたね、博士号の方は、助手として教授の手伝いをして居た層ですが、前述の様に。余りの薄給の為、断念したと言って居ました。

 こんな状況では、日本に、優秀な科学者は育たないでしょうね。

 ですが、無双さんが仰有る様に「文科省を解体して、米国の様に民間に任せた方が、自ずと上手く行く」面は、私も前術して居るので、確かに有るとは思いますが、すると、理系は良いですが、文系となると、学問を志す人自体が居無くなる可能性が出てきますね。この点は盲点でした、ごめんなさい。

 そして、戦前日本の大学生の様に、人生を愉しむ為に、教養を習得すると言う学習姿勢も出てきませんから、金儲け主義一辺倒の殺伐とした、世の中になるのではないかと、心配になります。

真相を報道しない反日売国マスコミ、ソフトバンクが白馬の旗手???

HISのユニゾHD買収騒動の経緯をよく見てみれば判る事。
それは、ソフトバンクがホワイトナイトに成りすまして支那共産党の手先になっている
訳であり。
この詐欺犯罪に気付いたユニゾHDが作戦変更した。
決戦は10月7日まで続く、勝敗の行方は如何に。
日本の旅行観光ホテル業界の命運を左右する闘いである。
支那朝鮮人の推進してきた民泊制度を許すか否かの判断が求められている。


【参考情報】
【金融街の掲示板】破綻国家にたかる訴訟型「ハイエナ」ファンドのエグすぎる手口
詳細は 【株式ニュース】2019年版をカチッとね!
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12533500840.html

史実と史観は別物

>ポッポさん 本瀬です

ポッポさんが植民地とは斯くなるものとの史観をお餅になるのも
それを披露なさるのも大いに結構な事だと思います。

”日本の植民地は、他国で言う植民地とはかけ離れて優遇”と
実証的に説明されるのは問題ありません。

私の言う植民地、私の史観では違う法制度が施行されているが
判断基準ですが、それさえ史実の前では関係ありません。

政府の公文書、大臣の答弁などの物証に植民地とあればそれが史実

論ずるらな、ベースは史実であって、そこは右派左派関係なしの
共通基盤とするべきです。

その上で、日本の植民地支配は欧米と異なるとの史観を言うのは良いのです。

さて、朝鮮に戻れば、日本本土には総督府はなく、
台湾、朝鮮には総督府があるし、朝鮮から内地への移動は
日本人には無制限で、朝鮮系日本人は許可が必要でした。

オーストリアは併合して、植民地ではなく
併合して編入か大ドイツに再編ですから別問題なのと
併合は手段、手続きのことですよ。

英国のグルカ兵は世界最強と名高いもの、グルカ士官もいた様ですが・・・
朴正煕は例示するには不適切です。
日本陸軍士官学校で学んでいますが、それは満州国からの留学であり
軍人としては満州国軍人です。

これも、史実を無視して、満州国と日本を混同している人は多いのですが
全く別の国。

以前にも書きましたが、
外地(海外領土)を獲得しゅる手段としては
併合、割譲、購入、侵略など色々あると思います。

獲得した外地を統治する方法として
編入、植民地

併合=編入と勘違いしている人は多いみたいですが
これは、史観とも史実とも無関係に勉強不足だと思います。

基本的にポッポさんと史観は同じだと思うのですが、
情報を収集される中で、伝言ゲームの夾雑物が混じり
史観で史実を曲げる部分が気になったのですよ。

大学そもなんぞや?

>ソロさん 本瀬です

大学ってそもそも何なのでしょうね。
私の父曰く
「勉強のやり方を教わりに行くところ」
例えば、社会人になって北欧転勤を命じられるとします。
ほぼ誰もノルウェー語やフィンランド語なんて習った事はない
でも大卒なら、3ヶ月文法書と基礎会話をやればどーにかなると。

後は、友達を作れと言われましたね。

一般的には、
・研究機関
・教育機関
ですから、論文書かない教授はクビ!
後進が育たない研究室は廃止!

さて、持論ですが、大学は学問を舐めてかかれる様にする訓練
xx専門家って言っても、専門課程2年間の事
それも数科目で90分一コマを13講程度です。
担当教授の書いた教科書をせいぜい2、3冊読破すれば専門家

理系でも教授の知識に追いつく程度はできるし、
文系なら、大抵の教授は馬鹿に見える様にならなきゃ
大卒の意味がない(笑)

理系で在学中から教授以上の業績を上げるのは困難でしょうが
文系なら教授より賢い学生はごまんといるのでは?

古文漢文といえば、
源氏も平家も古文で読んでいない国文科卒とか
シェークスピアも原文で読んでいない英文科卒って
自分で恥ずかしいって思わないのか知らん???

医学部、薬学部などは別です。
資格を取るための専門学校、職業訓練校ですから。

ーーー
ゆとり教育ってアカの仕業ですよね。
受験戦争緩和とかタテマエは言っても、
労働者教員が土曜日にサボりたかっただけ。

木村幹先生の主著兼名著

『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識 朝貢国から国民国家へ』
ミネルヴァ書房2000年10月30日。

近代に直面し民族・国とは?と苦悩する朝鮮人の系譜。
自分たちは確たるものを持たず弱く軟らかなものしか有していないという認識の果てに自分達の偉大さは他国との比較と闘争による団結を以て証明される李承晩の思想に到達す

「朝貢」についてこれ以上になくクリアに説明している。
図が本当に分かりやすい

失礼します。

ソロさん

>白戸さん(本名岡本鉄二)

岡本鉄二氏は、白土三平氏の弟です。本人ではありません。
ただ、作画担当でカムイ伝の執筆は実質あの方なので、
あの方なしにはカムイ伝が存在し得ないのは事実です。

余談ですが、白土(赤目プロ)作品でも娯楽色の強い
「サスケ」や「甲賀忍法帖(原作:山田風太郎)」は
小山春夫というまた別の方が作画を担当しています。
後の方の作品の絵柄が丸っこいのはそのせいもありますね。

>一種のセイフテイ・ネット
>山口組三代目の田岡氏

田岡氏は麻薬と売春を非常に嫌っていて、子分たちにも
厳しく禁じていた、梶原一騎氏の遺作「男の星座」に
かなり詳細に描かれていました。
ぶっちゃけ昭和30年代までは公権力の方も「興業(典型
的なのがプロレスですね。田端義夫事件なんてのもありま
したっけ)と博打(典型的なのが当時のパチンコ)の利権
は黙認するから、堅気の人間には手を出すな」という暗黙
の了解があったようですね。

東映やくざ路線の映画にしばしば出てくる「素人さんには
手を出すな」という言葉はその頃の名残でしょうね。

それがオリンピック開催の為の綱紀粛正と経済の高度成長で
解体にされて今に至る、と。

映画の世界でそれをぶっ壊してくれたのは、かの故深作欣二
氏(「仁義なき戦い」シリーズ....)。

そう言う意味では、そうした試行錯誤は現在でも進行中なの
かもしれません。

日米貿易協定締結

牛肉豚肉を想定し、日本の農家が困ると言うが、既にTPPによりオーストラリア産とニュージーランド産が国内に入ってきている。
今後はこれにメリケン産が乱入し、三つ巴の価格競争を日本の消費者のためにしてくれると前向きに捉えてはどうか?

自動車部品の関税については協議「継続」なので別にNOと言われたわけではない。安倍政権のうちに頑張ってください。

消費税が上がって家計が苦しい中、牛肉豚肉が値下げされる要素が加わるのはよいことだ。
食生活は、肉(タンパク源)は、
重要である。

よく中国共産党はメリケンとの貿易戦争の最中、「大豆」の関税を上げたり下げたりしているが、奴らの交渉材料がそれくらいしかない()という理由以外に、豚の餌に使われる大豆の価格を下げ、それによって豚肉の価格を下げ、人民を慰撫するという目的もあるのだ。

過剰在庫は解決できない、過剰債務は解決できない、従ってまた景気対策も雇用回復も叶えてはやれない。

だから肉の価格だけでもという姑息な点数稼ぎである。
そこまでしてプロレタリア独裁を守りたいかねえ?

惨めな奴らだ。
党は最早支那社会のお荷物でしかない。そんなの背負ったまま世界と競争できるかよ。

肉肉肉

>両班野郎さん 本瀬です

牛肉って、もはや和牛とビーフ、OGビーフって別物って思ってます。
タラバ、ズワイ、カニカマみたいな(笑)
ビーフをどんどん輸入して和牛をどんどん輸出すればいいと。

チャイナ人・・・豚肉食べさせないと・・
人肉食べちゃう奴らですからね。
これは差別でも史観でもなく史実です。

現代の徴用工制度w

技能実習生、失踪したら賠償金 日本の監理団体が裏契約
2019年10月8日
https://www.asahi.com/articles/ASMB73WK1MB7UTIL01L.html
「出入国在留管理庁と厚生労働省は、不適切な報酬の受け取りを禁じる技能実習適正化法に違反したとして、千葉、埼玉両県の二つの監理団体の運営許可を近く取り消す」

反日売国勢力に拠る情報隠蔽、捏造報道の証拠

サイバーエージェントの運営するアメブロの
愛信情報市場(アメブロ版)のアクセス実績(下図参照)
隠れて嫌がらせを続ける反日売国企業、サイバーエージェント社
https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=http%3A%2F%2Faixin.jp%2Fgktj%2Fski%2F%2Fimage%2F1.png

【関連情報】
グーグルアドセンスの広告表示回数偽装を摘発
上図に示される人気ランキングでは多くの掲載記事がアクセスされていますが、
順位では週間10回、月間90回と表示しています。
アクセス情況の改竄やアクセス回数の捏造は日常的に行なわれている事が判りま
す。 此れでは詐欺同様でアクセス量に応じて支払われる広告料で儲けるサイト
の運営は困難である事が判る。 愛信の経験によると広告代金が支払われる直前
迄増えた広告料はそこで止まり、何時まで経ても広告代金支払われる事は無かっ
た。 詐欺の疑い濃厚と判断して掲載広告バナーを削除しました。


詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12533745136.html

併合と植民地

本瀬さん  ポッポです

植民地に対する考え方への回答、ありがとうございます。

久し振りと言うか、知識を洗い直したと言うか、良い勉強になりました。


>私の言う植民地、私の史観では違う法制度が施行されているが
判断基準ですが、それさえ史実の前では関係ありません。
>政府の公文書、大臣の答弁などの物証に植民地とあればそれが史実

これには賛同しましたから、違和感はありませんでした。
それで、確認しましたところ、日清戦争の場合は講和条約に第1条で韓国を独立国としています。
ですから、この時には併合・植民地の何れでもありません。

次に、1910年8月22日の韓国併合に関する条約において、第1条、第2条で併合を確認し、第3条では韓国皇帝陛下、太皇帝陛下、皇太子殿下、皇太子殿下の后に尊称威厳及び名誉を保持するに十分な歳費の供給を約束、第4条で韓国皇帝、皇太子等以外の勲功ある韓人への名誉及び待遇を享有等の資金を約束、第6条で韓国の施政、同地に施行する法規の遵守、韓人の身体及び財産に対する保護及び福利の増進を図るとしています。

また、1910年8月29日の韓国併合に関する宣言で、日本は世界の国々(正確には、10カ国)に併合の件を宣言しています。

従って、これで日本は、韓国の併合を法的に済ませました。
この時の日本は併合する側でしたが、併合される韓国に対して国の要人及び韓国・韓人に対して、特段の配慮を示しています。


次に、日本の植民地です。
日本は幾つかの植民地を有していますので、これを個々に説明します。
(1)台湾について
台湾は、日清戦争の結果、1895年4月17日の下関条約で日本の領土になりました。

これは、第2条に「清国は左記の土地の主権」を永遠に日本に割与すとされ、この第2項に「台湾全島及びその付属諸島」として記録されているのです。

戦争で負けて日本の領土になったのですが、住民に住む権利は認められていますけれど、それ以上はありません。
また、条約で「植民地」との用語は使われていません。

(2)樺太、千島列島について
樺太、千島列島については、日露戦争の結果1905年9月5日の日露講和条約で、日本の領土になりました。

これは、第9条で「ロシア帝国政府は樺太南部及びその付近における一切の島嶼並びに該地方における公共営造物及び財産を完全なる主権とともに永遠に日本帝国政府に譲与す。その他譲与地域の北方の境界は北緯50度と定む、該地域の正確なる境界線は本条に付属する約款第2の規定に従いこれを決定すべし
とされています。
また、条約で「植民地」との用語は使われていません。

(3)太平洋方面における島嶼の領地
太平洋方面における島嶼については、1921年12月13日にワシントンで、アメリカ、イギリス、フランス及び日本が会議を行った結果、「太平洋方面に於ける島嶼たる屬地及島嶼たる領地に關する四國條約(四国条約)」となったものです。

この島々の分割を定めたもので、住民に対する事などには全く触れていません。
また、条約で「植民地」との用語は使われていません。


以上の事から、それぞれの文書を検証してみますと、「併合」との用語は「韓国併合に関する条約」及び「韓国併合に関する宣言」で使用されていますが、「植民地」との用語はこれらの条約で使用されていなかった事が判ります。

条約等の公文書に「植民地」との用語を使わなかったとしても、大臣の答弁があると思われますので、これについて考えたいと思います。

また、「植民地」との用語は、どのようなときに使用されているのかとなりますので、これを探してみました。

(1)美濃部達吉は1923年(大正12年)の『憲法撮要』にて、「法律上の意義に於ての殖民地」を「国家の統治区域の一部にして内地と原則として国法を異にし」たものと定義し、「朝鮮、台湾、樺太、関東州及南洋群島が此の意義において植民地なることは疑いを容れず」と述べています。

(2)水野直樹は、日本の法令で植民地という用語を使用したものはないが、公文書ではこれらの地域について植民地の語を使用しているものは存在していたことを指摘しています。
法令による規定では
1.内地では帝国議会が法律を制定した(事実上)のに対し、外地では形式的には行政庁である総督が制令(朝鮮)や律令(台湾)などを制定していたこと
2.外地には衆議院の選挙区が設置されなかったこと
3.樺太・関東州・南洋諸島の在来住民に日本国籍が与えられなかったこと(関東州は租借地。南洋諸島は国際連盟規約による委任統治)

(3)勅令等に「植民地」の用語を使用するもの
1.1898年、時の明治天皇による明治31年勅令第37号では、「北海道殖民地」の用語が使用されている。
2.1932年9月3日に、時の昭和天皇が公布した「昭和七年・予算外国庫ノ負担トナルヘキ契約九月三日・予算外国庫ノ負担トナルヘキ契約ヲ為スヲ要スル件」において、「電話ノ料金中本邦收得分(植民地收得分ヲ除ク)」と「植民地」の用語が使用されている 。
3.1930年、昭和5年条約第4号・万国郵便条約では、「第8条 殖民地保護領等」の項目に、朝鮮を含めている。

(4)日本の内地以外の支配地域を植民地とすることへの異論、反発
植民地という用語は元々は「開拓地」や「入植地」などと同様に正否の価値判断を含まない一般術語であり、外地を植民地と呼称することは回避され「我国にては斯(植民)の如き公の呼称を法律上一切加えず単に台湾朝鮮樺太等地名を呼ぶ」ことが事実上の慣例となっていた。

(5)(1905年(明治38年)の帝国議会において下記のようなことがあった。)衆議院の委員会において、当時の首相で第二代台湾総督でもあった桂太郎が、台湾は「日本」なのか「殖民地」なのかいう問に、うっかり「無論殖民地であります内地同様には行かぬと考へます」と答えてしまったのである。

(6)公文書にも「植民地」の用語例は見られ、例えば1923年(大正12年)刊行の拓殖事務局『植民地要覧』では朝鮮・台湾・樺太・関東州・南洋群島を「我が植民地と解せらるる」としていた(同書では南満州鉄道付属地も扱っている)。

以上が、「植民地」を用語として使用している例でした。


以上の状況からは、「植民地」の中に朝鮮も含んでいる例が多く見られますから、ポッポの考え方(朝鮮は併合地であり、植民地ではない)は否定されると思います。

また、朝鮮のみが皇帝一族の待遇や韓人の生活のことにまで触れている事を、外地として一括りにしている事にも疑問を持ちます。
マァ、植民地は台湾一つから併合の朝鮮が加わり、さらに樺太が加わったし、更に外地が増える可能性がある事から、整理されたのかうやむやにされたのかも知れません。

しかし、日本の皇族である梨本宮の守正王の第1王女・方子妃が李氏王族の李垠と結婚された事について、植民地の王族に宗主国の王女が結婚する事などあり得るのかと、納得できずにいます。
ポッポは朝鮮人ではありませんが、宗主国は植民地より上の立場と考えますので、王女様が余りにも気の毒です。
従って、「朝鮮を植民地とする考え方もある」とさせていただきます。


それから、朝鮮から日本本土へ行くには、渡航証明が必要だったとの事ですが、台湾から日本本土へ行くには必要なかったようです。
これは、朝鮮人は仕事を求めて日本へ行くが、台湾人は商売相手や学問のために日本へ行きたがるとの考えではないかとの事でした。


グルカ兵ですが、士官もいたようです。
ただし、ネパール人ですからイギリスの戦争にも植民地の兵隊としては参戦せずに、傭兵として参戦したと思います。
それから、忘れられる事が多いそうですが、ネパールは植民地になった事がないのです。
恐らくグルカ兵の存在が植民地にならずに済んだのではないでしょうか。


朴正煕大統領は、満州国軍官学校の件について訂正します。
満州国軍官学校に入学、卒業後に日本陸軍士官学校に編入、同士官学校を卒業後、関東軍師団工兵隊附け見習士官に配属、その後満州国軍に少尉任官していました。終戦時には満州国軍中尉でした。
それで、日本陸軍士官学校も卒業していますので・・・・・。


選挙権ですが、内地の衆議院の選挙については、日本人も外地にいれば選挙権はなかったし、内地にいれば朝鮮人も衆議院の選挙権(被選挙権を含む)があると思っていたのですけれど、終戦間際の1945年4月には朝鮮・台湾勅選議員が創設されたとされ、朝鮮・台湾人にも貴族院議員が選出されたとの事でした。

さて史観です

>ポッポさん 本瀬です

大変詳しい調査ありがとうございます
私もうろ覚えな部分が明確になりスッキリしました。

さて、史観ですが当時の大臣、政府も外地を植民地と呼ぶことに躊躇があった事が伺えます。以前にポッポさんの仰った欧米列強の帝国主義植民地とは違うんだとの思いがあったのでしょう。
その意味では今の日本人右派も同じ史観なので「植民地ではない」論が広がったと思います。
これは「女郎」を「慰安婦」と呼び換えるようなもので「植民地」を「外地」もしくは地名に換えていただけす。

梨本宮方子王女さまのご婚姻に関しては当時の法律で禁じられていたので、王公族なる珍妙な地位を皇族と臣下の中間に創設して、皇室典範を増補の上かなり強引に進められたようです。
縁戚になり融和しようとの政策の一環でしょうか。

日本の植民地経営のやり方は概ねイギリス流だったと思われます。
鉄道を敷設し要所に日本人が入植、それを保護する軍隊が駐屯。
学校や大学も設置し、植民地出身でも忠誠心があり優秀であれば本国で登用する。
だから、総督府なるものがあるのですね。

日本は国際連盟時代から、人種差別撤廃を掲げ、五族協和の錦旗で満州国を建国したのでその点からも「植民地」という語の使用がためらわれたのではと思います。

いろいろ、ありがとうございました。

初めて知った白戸三平のからくり

>ky16 さん ソロです。
 そうですか、白戸三平って、実は3人も居たと言う話ですね、否、画風が、「カムイ外伝」で作者名が岡本鉄二になってから、がらっと劇画風に変わったのは、何でだろうと思って居ましたし「ワタリ」の絵も、ヤケに、子供向けになったなあ、と言う感じを持って居ましたからね。 貴方の説明で疑問が全て氷解しました、有難うございます。

 其れはそうと、カムイ伝は「3~4部構成にする」との宣言が昔あった様な気がするのですが、2部の途中で止まって終って居ますよね「ひょっとしたら、亡くなって終ったかなあ?」と心配すています。 

 まあ、経歴を見れば、可成りの変人で、然も、共産党とは、かなり近い関係で有る事は確かですね。 流石に、カムイ伝を「学生運動のバイブル」と呼ばれるまでにしただけの事は有ると思います。

 山口組の件ですが、私は神戸在住で、船関係の仕事(沖修理)を22年やって居たので、職場で有る船上では、お隣りさんの様なもので、行きつけの飲み屋で良く合う人と仲良しになったら「あの人、山口組の幹部なんだけど、貴方何故知ってるの?」とか、その人から「堅気なんだったら、表で遭っても知らん顔しとけよ」とかwww

 偶然でしか、会って居ませんが、話が合ったのでで、良くメシをおごって貰ったし、裏話も良く聞かせて貰いましたね。 でも、震災で、その店が亡くなってから会ってて居ませんし、私よっか、20歳以上年上でしたから、今もご健在かどうか、分かりませんねww

 四代目の竹中さんが、コロされた時に、私が棲んで居た、大倉山のアパートの通りに、満員の若い衆が載った姫路ナンバーの車が、止まって居て、「スイマセン、組の事務所は、何処ですか?」とか訊くので「この裁判所の下の筋ですよ」と教えた覚えがあります。

 あれから、組の人は、呑みに出る時は、必ずボデイ・ガードが着く様になって、普通の店には、呑みに来なくなりましたから、今にして思えば、あの時が変節点だった様な気がsますね。

 

日本統治時代、住む場所によって選挙権は制限されていた理由。
参政権とは読んで字のごとく選挙権と被選挙権に代表される政治に参加する権利で公民権とも言い民主主義国家の根幹をなす権利です。戦前、日本の議会構成は選挙によって選ばれる代議士で構成される衆議院と、皇族、華族、勅任議員によって構成される貴族院の二院制でした。戦前、日本の議会構成は選挙によって選ばれる代議士で構成される衆議院と、皇族、華族、勅任議員によって
構成される貴族院の二院制でした。衆議院選挙の選挙権は、当初、納税額による制限がありましたが、1925年から25歳以上の日本国籍を持つ男子であれば本籍や納税額に関係なく投票が可能になり、被選挙権(立候補する権利)も本籍(出身地)による制限はなく、日本国籍を有する30歳以上の男子であれば誰にでも代議士への道は開かれていました。ただし、選挙区は内地に限定されていたため、住む場所によって選挙権は制限されていたと言えます。
それはどういうことかと言えば、朝鮮や台湾などの外地は、日本と同じ国になったといっても、ついこの間まで違う国であったため、内地とは経済や教育の水準だけではなく、生活慣習、ものの考え方や言語が根本的に違いましたから、当初から憲法をはじめとする日本の法律は一部しか適用されていませんでした。
ですから外地は日本の法律を作る議員を選ぶ場ではないと考えられ、今のように在外投票というシステムがなかったため外地に住む人間は内地出身者であっても選挙区がないため選挙権や被選挙権がなく、反対に内地は日本の法令が適用されているわけですから、そこに住む日本人は出身に関係なく法律を作る議員を選んだり選ばれたりするということです。つまり日本と朝鮮は併合により同じ国になったため両国の国民は同等の参政権を持つようになったのですが、法律の適用範囲の問題で出身を問わず外地居住民は国政選挙に投票できなかったということです。そして、内地における参政権は、どこかの国のように空手形ではなく、選挙権に関しては日本語の読み書きができない朝鮮半島出身者にはハングルによる投票も認めており、被選挙権に関しても朝鮮半島出身者の朴春琴が朝鮮名のまま東京の選挙区から衆議院議員選挙に4度立候補し、そのうち2回当選して通算9年間代議士を務めています。更に、1945年4月には改正衆議院選挙法と改正貴族院令が公布され朝鮮半島から7人、台湾から3人が貴族院議員に選ばれ、衆議院についても朝鮮、台湾、樺太に新たな選挙区を設け、それぞれ23人、5人、3人の定数を定めました。確かに内地に比べて人口当たりの議員数は極端に少ないですが、順次増やしていく予定であり、彼我の経済や教育の水準の違いなどを考慮すれば開始当初としては妥当だったのではないでしょうか。

ソロさん

>今にして思えば、あの時が変節点だった様な気がしますね。

ありがとうございます。

実体験として聞くと、現実として山口組と神戸の土地は浅からぬ
縁があることが感じ取れるような気がします。

関西大震災時に当時の組を上げて地元に炊き出しをしたそうです
けど、地元への想いと、敷地内に井戸まで備えていざという時の
備えをしていた武闘組織としての二面性がうかがえて、ある種の
感銘と、神戸という土地の深みを感じます。

これは伝聞なんですけど、ユダヤ系の人に日本に好意的な人が
いる場合、ホロコーストを避けて(杉原ビザで)日本に一時
滞在して、地元の人に親切にしてもらった原体験のある人がいる
そうですね。

カムイ伝.....かなりの人がそうだったと思いますけど、
「外伝」から入ったもので、後年イデオロギー丸出しの本編
単行本を読んで面喰いましたっけ。作者が正助を主人公にし
たくてカムイを作中で殺して、激怒した編集者が無理やり
二代目を(弟)を登場させた、なんてくだりには開いた口が
塞がりませんでした^^;

今、関東では朝ドラの「ゲゲゲの女房」を再放送しています
けど、故水木氏が東映のTV企画者と打ち合わせる過程で
自身のおどろおどろしいイデオロギー指向を変換して、
それが実写版悪魔くんやアニメ版鬼太郎に結実していくのと
好対照ですね。

植民地の事で

>本瀬さん、ポッポさん、植民地についての詳細なる御説明有難う御座います。

 植民地の定義に関しては本瀬さんの仰る通りです。併合地といっても国際条約の定義から植民地であるのは確かです。抑々、植民地と併合地と対比するべきではないのかもしれません。当時の大韓帝国併合に拠り、其れ則、植民地等という枠組みに置きました。「植民地ではなかった」と行ったら嘘になりますが、「併合であった」というのも間違いではありません。強いて言うなら「併合である故の植民地」という事でありましょう。

 「植民地」について一つ問題提議してみます。近況学校教育に於て「植民地・植民地支配=侵略・支配・征服・搾取」である、と強く印象付けるものとなっております。其対象が、主に「大日本帝国に拠る朝鮮侵略=大日本帝国主義に拠る朝鮮植民地支配」です。教科書等は未だ薄ぼんやりとした表記ですが、教鞭を執る者の多くが斯様な事を補足説明するのです。現在に於いても、南鮮らが同様な情宣活動しております故、「植民地であった」という言葉を使うに至るは慎重を期さねばならぬと思います。

 我が国の子らの多くは、前述「植民地支配=日本の朝鮮侵略に拠る支配・征服・略奪・搾取」「植民地支配=悪しき支配」となる思考を持っておるのが大勢おります。未だ我が国の大勢が同樣であり、特に団塊世代~戦後世代は、斯様な思考を持つ方が大半であるのが現状であろうかと思います。仮に植民地支配で思い当たる出来事はと尋ねるとしたら、真っ先に出る答えは上記の間違った認識でありましょう。

 「植民地」という言葉自体は至極妥当であり、決して忌み嫌う言葉ではないのですから、本瀬さんやポッポさんらの樣に、正しい認識の方であれば何ら問題ありません。然しながら、前述の樣な思考に留まる人や何も知らぬ子らへ、日本人として説明するのであれば、矢張り、先立ち定義された「併合」というのが分かり易く妥当であるのではないか、と個人的には思います。是を「植民地ではなかった。併合だったのだ」という人が、保守側の中にいるのでややこしくなりますね。

左派打倒の方策

>士心さん 本瀬です

以前性奴隷なる語に関して、議論自体を回避すべしと主張された方がいました。
議論の回避や言葉の言い換えは正当性を失うだけです。

植民地=侵略、悪というのが色眼鏡、もっと言えば歪曲であるのと同様に
併合=イコールパートナー、善というのも歪曲されたイメージに過ぎません。

学校教育で「植民地・植民地支配=侵略・支配・征服・搾取」と歪曲教育が
横行しているなら、その解決策は
植民地という語を隠し、併合を前面に出す事でしょうか?
私に言わせれば、それは嘘を嘘で糊塗するだけです。
では、正しい解決策は?
歴史捏造教師を糾弾し追放、歴史修正(間違いを正す)事で
歴史教育を正常化するしかないでしょう。
理想的にはレッドパージですが、まず手始めには
日本の植民地行政は世界に類を見ない特異なものだった点を知らせるべき。

捏造にならない範囲で用語言葉をいじるなら
「日本型」か「日本流」を前につけて
「日本型植民地」とか「日本流植民地統治」とかに。
植民地統治、植民地行政は使わせても植民地支配は使わせないなど

左派が詭弁を弄してイメージだけで実態を隠蔽する戦略に合わせる必要はありません。史実の積み重ねこそ反論不可能な正義であり左派、アカがもっとも恐るものです。

.

>本瀬さん、士心です。

 議論の回避を目的としてはおりません。大まかな部分では本瀬さんに賛意と捉える事は出来ませんか? 所轄性奴隷の例は、議論したくない方がおられても、個々人の価値観なので責めるつもりはありません。

 仰る通り、植民地と併合、何方も本来の意味からイメージが離れておるのも確かでしょうし、植民地=悪という思考が根強いとは思いますが、併合=善という事ではありません。抑々、対比する事自体に意味がないと思います。併合であり、植民地であるというのが正しいという私感。其に対し、何方か片方が違うというのは可笑しいです。前コメでも書きましたが、併合(先)であるが故の植民地(後)という事です。

併 合=我が国の統治形式に当て嵌めたもの。
植民地=国際条約の形式に当て嵌めたもの。

 つまりは何方も正しく、何方も嘘ではないという事。双方公文に記されいるものです。唯、植民地という語に於て反日の徒然り、我が国の悪い印象操作が為されておる現状ですから、注意を要するという事が言いたいのです。欧米の植民地・植民地支配(統治)は、時に侵略・征服、少なくとも支配・搾取。そして本国人と現地人とは同列の扱いではなく、其処には階級差別に似た扱いでであったという事です。

 例えば、中学生辺りが戦時中の歴史を学校の授業で習ったとして、教科書やら資料等に『日本の朝鮮侵略→植民地支配』と記述されたものを見、教師が其を補足する。TVの類似偽戦争史を見、近況南鮮の厚顔無恥な主張を目にする。そして、斯様な観念に捉われた祖父や祖母、父母が同じ事を補足したとしたら、其中学生は真実として認識する事でしょう。斯様な観念に捉われてるのが、特に団塊世代~戦後世代が数で言えば一番多いのでありますから、是は懸念する処です。

 本来であれば、「植民地」という語を使うに至り、慮る必要はないのですが、日本人の多くが周知に至らず、腹が据わっておらぬ現状では、日本人が謳うのであれば「併合」を使うのが良いと申した迄です。無論、国際的な議論の場であれば、植民地としてで何ら問題なかろうかと思います。

 日本流の植民地統治を謳っても現状では難儀でありましょう。軍隊も持たず独自情報網もなく、国民が半信半疑である国家の主張がどれほど通るものでしょうか。歴史観については、基本、各国其々の歴史観があって然るべしですし、大まかな部分では合意に至る事は可能でしょうが、日本の歴史観及び民族性、其總てを、或いは大部分の主張を受け要れるには、他国の民族性の違いがあり過ぎてますし、他国の歴史は浅すぎます。

 学校教育に限った事ではないのですが、先ずは我が国の民の意識が自立しなければ、変わらないし始まらないと思います。公的機関を頼るのは、個人や地域周辺の力では及ばなくなった時で良いのではないかと個人的には思います。西欧の世俗を取り入れるのも一考であると、東条英機氏が嘗て遺しましたが、戦後長い年数を経て、現生での栄華優先主義や個々人主義が強くなり過ぎました。是を修正するのは一朝一夕では叶いません。然しながら、我々が今動かなければ其憂いは、必ずや今以上と為り、子々孫々へと残す事になりましょう。

別の概念

>士心さん 本瀬です

>腹が据わっておらぬ現状では、日本人が謳うのであれば「併合」を使うのが良いと申した迄です。

一言、併合と植民は置き換え可能な語ではありません
植民を併合と言い換えるべきとされる事を議論回避と申し上げているのです。

併合、併呑、割譲、購入、侵略などは外地を得た手段の事
植民、保護、編入、連邦などは統治の方法の事

併合は統治方法ではなく、植民地は国際条約とは無関係ですよ

>本瀬さん、士心です。

 何も併合と植民を、置き換えたり言い換えるべきとは申しておりませんよ。何方も正しいと申しております。是に対し議論回避とは解せませんね。先に大韓帝国を併合した後、植民地という枠組みに組み込んだのですから。大韓帝国を併合とするのか植民とするのかの是非を問いたいのですか?

>併合、併呑、割譲、購入、侵略などは外地を得た手段の事
>植民、保護、編入、連邦などは統治の方法の事
>併合は統治方法ではなく、植民地は国際条約とは無関係ですよ

 是は言葉足らずであった事ご容赦願いたいが、日本が統治するに当たり併合という形を執ったと御理解いただきたい。
 
 単に併合や植民という言を思料すれば、本瀬さんの仰る事に賛意でありますが、大韓帝国の併合、植民地と言う事ではなかったですか?

 ポッポさんが詳細を表記されてるので端折りますが、大韓帝国の併合が1910年、国際条約に則り、植民地と対外的に宣言したのが1935年ではなかったでしょうか。

 私は国際条約が大いに関係すると思っておりますので、無関係とお考えであるならば、話しが噛み合わないのは、双方で思う処に相違が生じておるからではないでしょうか。

伝える難しさ

>士心さん 本瀬です。

なかなか、噛み合わないのは言語感覚の違いでしょうか?
例えば、私が違和感を覚えるのは
>日本が統治するに当たり併合という形を執ったと
私の感覚では統治を開始するに当たって併合という形を採ったのは理解できますが
”統治するに当たり”だと”統治する方法として”のニュアンスに受け取られます。

日本語として間違いではないし、史実としても間違いではないけれど
厳密さを欠き誤解を招きかねない表現だと思うのです。

同様にポッポさんの使われた”併合地”にも違和感がありました。
併も合も動詞で合わせる動作を意味します。
併合地も日本語としては正しいし、そう表現できるとは思いますが
違和感がありました。

逆にこの様な、海外領土取得手段+地の言葉から考えると
例えば租借地。
この時、統治形態として租借を採用したとはならないし
保護領、侵略地、占領地、割譲地などを当てはめても
統治形態、施政とは無関係です。

同様に併合は領土獲得手段、統治開始のきっかけを表す言葉で
植民地は統治形態、施政を表す言葉ですから
条約に植民地なる語が登場しないのは当然のことです。

>大韓帝国の併合が1910年、国際条約に則り、植民地と対外的に宣言したのが1935年ではなかったでしょうか。
これも誤解ではないでしょうか?
併合=植民地として日本の領土になったので、対外的に植民地と宣言する国家はどこにもないと思いますが?

「植民地」なるステータスは、条約や宣言で確定するものではありません。
海外領土に対して、本国と異なる施政を行う時の地域の呼称でしかありません。

これらの、前提や言語感覚の相違を踏まえて
前回のコメントで士心さんが
>日本人の多くが周知に至らず、腹が据わっておらぬ現状では、日本人が謳うのであれば「併合」を使うのが良いと申した迄です。
と書かれたのを受けて「植民」と「併合」は可換ではないと申し上げたのです。

「周知に至らず、腹が据わっておらぬ現状」なら
周知して、腹を据わらせるのが本筋であり、植民に変わって併合を使うのは筋の通らない話です。

>私は国際条約が大いに関係すると思っておりますので、
国際条約には、併合、割譲、売却、保護など領土獲得方法は大いに関係すると思いますよ。
また、植民地が独立する際の条約などには登場するかもしれませんね。

違う概念を同一視して混同すると混乱しか招かないのでは?

ーーーー
まあ、今のご時世ネットで一次資料も閲覧できる時代です。
誰かが纏めたものならもっと簡単。
その様な時代にあって、
「韓国は併合だから植民地ではなかった」と主張される方が
余り目につくので、ちょっとググってから書こうねが言いたかったのです。

幸いにもポッポさんにはご理解いただけた様で嬉しいことです。
士心さんにも、併合、植民地などについてお考えを整理する機会になればと。

最後に、理解が周知に至らず、腹が据わって無くとも史実を改変する様な誤解を招く表現は左派につけ込む隙を与えるだけですので、歯がゆくとも、腹立たしくとも、周知を計り日本の植民地統治は素晴らしいもので、台湾も朝鮮も大発展した事を伝えて行くべきだと思います。もちろんその際に史実を捏造するアカ教師とは戦わねばなりません。

>本瀬さん、士心です。

 日本が韓国を併合する以前、植民地の枠組みとした地があったにも関わらず、"敢えて"併合とした。されども其後の経緯と現状より植民地の枠に組み入れ、是を対外的に宣言した。此の経緯を軽んじると我が国の本質が掴めないのです。

 何度も言いますが、併合・植民どちらも誤りではない。植民を併合と変える必要性を述べてるのではない。併合が先、植民地としたのが後であるが事実。

 植民という言を先に押し出すと、"敢えて"併合としたという事実が翳んでしまうのです。何故植民地らの枠に組み入れたのかを思料せねばなりません。「日帝による植民地支配ガー」と喚き散らす輩を見れば解せるでしょう?

 史實として併合したも正しい。植民地としたのも正しい。然し、大韓帝国の併合にあたり、当時「併合=植民地」ではなかったのだという事は明確に申し上げたい。植民地という後成果を元に、併合という経緯を軽んじられると思しきものは理解し難い、と申してておるのです。 

 国際条約に「殖民地等に對する摘要」というものがあり、其処で日本が併合した韓国を植民地等という枠に組み入れ、対外に宣言しております。ググれば当然出てきますよ。

>理解が周知に至らず、腹が据わって無くとも史実を改変する様な誤解を招く表現は左派につけ込む隙を与えるだけですので~

 史實の改変が本意ではない事は、再三に渡り述べておりますので、ご理解戴けたら幸いです。「植民地」という語を悪意に拠り情宣する輩がおる現状に於て、「植民又は其地を前置きした論」を悪意ある者らに利用されぬ事を願います。

 悪意ある情宣に拠り見識を積み重ねた者、真っ新の状態から其教えを受けた者、彼らの先入観を覆すのは容易ではないのです。
ーーー
※追記2019/10/10 15:37
本瀬さんは単語を主としており、私は前後の流れを主としております。アプローチの仕方が異なるが、大まか行き着く先は同じ方向なのです。所轄「保守が纏まらない」と言われる要因のひとつですね。互いに異なる方向であり、自己主張の正当性を訴えるものとなるならば、此れ以上のやり取りは不毛ですので御容赦願います。

史実、史観

「"敢えて"併合」というのは士心さんの史観でしょう。

ある国の一部分を譲り受ける事は割譲と言います。
日清講和条約では
ーーー
第二條 清國ハ左記ノ土地ノ主權竝ニ該地方ニ在ル城塁、兵器製造所及官有物ヲ永遠日本國ニ割與ス

二 臺灣全島及其ノ附屬諸島嶼
ーーー
とあり割與という言葉が使われています。

国の一部分を分割してでは無く、国丸ごとなので
”必然的に”併合なのですよ。

朝鮮の場合は併合して植民地にしたのが資料から実証される
唯一の史実であり、流れです。
単語の話でも印象の話でもありません。

植民地であるかないかは対外宣言とは無縁の話ですよ。
施政の問題であって総督府設置、内地と異なる法の支配にあるので
これも流れだの対外だの条約だのとは一切無関係に
史実は史実です。

士心 さんが如何様な史観をお持ちでも一向構いませんし、
私の主張は「植民地」を悪用する輩に怯懦し忌避するのは卑怯だという事。

まとめれば、
植民地に善悪を持ち込むのが左派の騙し
併合に善悪を持ち込むのが右派の騙し
史実は「併合して植民地にした」ただこれだけ

そして、さらに史実
日韓併合は、武力では無く平和的合法的に行われた、反対した朝鮮人もいたが過半大歓迎であった。

日韓併合による植民地統治は英国風で鉄道などインフラを作り、学校を設置し、植民地出身でも軍の士官や、政治家への道も開かれていた。世界に類を見ないとは言えないが、群を抜いた施政であり多くの朝鮮人が感謝していた。

主張すべきは・・・
大日本帝国の臣民になれた植民地住民は幸せであった。

これらは、私個人の史観では無く当時の写真、志願兵の倍率、内地で働きたい労働者の密航などなど、文書、映像など膨大な資料で証明される史実です。

>本瀬さん、士心です。

 何故、併合時に植民地とするのを憚ったのかをご理解戴けぬ様ですね。私のコメントも読まれてないらしい。当然私の史観ですが事実です。然し、あなたが述べておるのも、あなただけの史観でしょうに。なので噛み合わないと申しておるのです。史観の違いを卑怯者呼ばわりとは、心中穏やかな状態ではおられぬ様ですね。ですから此れ以上は不毛と申しておるのです。

論理の問題です

>士心さん 本瀬です。

「心中穏やかな状態ではおられぬ様」などと事実ではない忖度をされる事こそ不毛です。
植民地と呼ぶ事を憚り外地、あるいは地名で呼ばれた史実は既に出ています。
同時に、当時の政府、国民が外地を植民地であると認識していた史実も出ています。

「日本は大韓帝国を合法的、平和的に併合し、植民地統治した」

どこに、問題点があるのですか?
「植民地という言葉を悪用する輩があるから忖度すべし?」
これが、士心さんのご主張ですか?

「慰安婦は女郎、売春婦だった」
「朝鮮併合は植民地だった」
全く同等のことですよ。

植民地という言葉を忌避しようとするのが、怯懦で卑怯ではないなら
論理的には愚かであるか、騙された洗脳状態であるとなります。

再度、書きますが
「日本は大韓帝国を合法的、平和的に併合し、植民地統治した」
これの、どこに問題がありどこがお気に召さないのでしょうか?

>本瀬さん、士心さん
 お二方の論争を拝見して居ましたが、どちらの論にも首肯できる点があり、どちらの論も、私論的な部分を持って居ると思います、結局底がかみ合わないから、論争が続くと言う、私も先日、このコメント欄で繰り広げた事です。

 事象を認識するのに、人には考える道筋と言うのがあるし、事象を知るタイミングだとか、シチュエーションとか、所謂、事象と自分の縁の様なモノがあって、理屈は分って居ても、受け容れ難い部分を持って居る場合があります。 でもそれが、客観的であろうが無かろうが、個人の個性だと見做されるのが、世の中ではありませんか?

 是は私の私論ですが、戦前日本が大韓帝国を、要請に応じて、併合したのは、宮廷内で構想を繰り広げて居た、大院君と閔妃の抗争の結果だし、其処には、大枚の借金の存在があった事を考えれば、完全な打算、つまりは、自分の保身を図る上で、国を売ったのが現実でしょう。

 一方で、ロシアの南侵の脅威を感じて居た日本は、伊藤博文公が、懸念して居た様に、藩屏として何の役にも立たないし、何時裏切るか分らないモノの借金を肩代わりしてやって、併合すると言うのは、完全に「ドブ銭」だと言う意見だったのに、その伊藤公が暗殺されると、併合話が進んでしまいます。 是って、おかしな話ですよね。

 日本には、韓国を併合随って居た勢力が居たと言う事に成りますよね、それが如何なる出自の集団なのか、私は知りませんが「日本が大韓帝国を侵略して植民地にした」と言うには、侵略した事実は有りません。

 けれど、併合に際して、大枚の借金を肩代わりしたと言う事は「朝鮮を我が物にする行為」と、債務を皆済してもらった方に思われても仕方が無い。

 では、韓国を日本の藩屏する以外、一体、戦前日本は何がしたかったのかと言えば、其れは台湾を見れば分る事だと思いますね。

 大東亜共栄圏構想と言うのが戦前在りましたが、この成功例が台湾で有り朝鮮だったと考えれば良いのでしょう。 

 でも昔、私は「韓国の場合、階層間差別を改革して居無いカラ、片手落ちだ」と思って居ましたが、実は、そうでは無く、大開墾で生じた新たな田畑を農奴層に、実質無料で与えて、米の生産量を倍増させた事に拠って、朝鮮社会に新たな中間層が生まれた事を知り戦前日本人の叡智に敬服しました。

 然し、その後に本が敗戦国になって、米国が李承晩と言う病的な反日運動家の老人を施政者として、起用した為に、時計が逆に回り出し、新たに出来た韓国は、李承晩と同じ病的な反日国民になりました、後はご存じの通りです。

 でも、90年代に、日本はDR「=David Rockfferer」の陥穽によって、バブルが弾け。加えて急激な円高で、海外に生産拠点を移さざるを得なくなり、多くの企業が、海外に出て行きましたので、日本経済はガタガタになりました。

 でも、日本企業は海外で、欧米企業の様に、嘗ての植民地に見立てた「経済侵略」は行わず、現地企業をその国の実情に合った製品を創りだせる企業へと育て上げて、然も、同意に社会に中間所得層を育てて、その国家の自給消費圏にしました。

 是が30年続いた結果、ASEAN10カ国中、シナの配下にあるカンボジア、ラオスと、既に資源立国で裕福なブルネイを除く国では、人口が1億を突破する勢いだし、インドネシアの様に、既に2億4千万人の人口を抱えて居る処もあって、是が後5年もすれば、ASEANだけでも、10億人に届く可能性が有り、是と同じ現象が、隣の南アジアでも起こって居る。

 然も、増えた分は殆ど生産層の世代或いは、その予備軍ですから、将来、世界一の経済圏、消費圏になる音は、間違いありませんね、

 私は是は戦前の大東亜共栄圏の実現だと思って居ます。 つまり、戦前の日本人派実は是がやりたかったのだと思います、そして、その実現はもう直ぐです。

 確かに、法的な意味や手続きで言えば、植民地だと言われても仕方が無いかもしれない。然しその常識は、過去の欧米諸国が400年間に為した悪業に対するものを土台にして居るワケで、植民地と言う言葉が、独り歩きしている処が有りますよね、

 然し、日本が意図として居たのは、現在の台湾で有り、南洋諸国で有るわけで、築き上げたものの中身は丸で違うと言えると思いますね。

 私の意見は以上です。 長文乍ら最後までお読みいただいた方有難うございます。

認知バイアス

>ソロさん 本瀬です

ご説、概ね異議はありませんが、

「植民地だと言われても仕方が無いかもしれない。」
と書かれた部分が気になります。

これでは・・・
「咎人だと言われても仕方が無いかもしれない。」と同様な表現
つまりは
植民地=悪行、罪業であるという認知バイアスから来ていると思います。
理知的なソロさんでさえ逃れられない。

「過去の欧米諸国が400年間に為した悪業」これも史実の部分と
史実から外れる部分の混在を使った印象操作の産物です。

例えば、大英帝国の植民地は世界各国にあったわけですが
今だに英連邦に留まり、英国女王を元首としている国が複数ありますよね。
言語や文化、宗教でも旧宗主国由来のモノを大切にしている国も沢山あります。

つまり、植民地=悪は資本主義、資本家による植民地経済の搾取であったとする、偏ったマルクス主義史観の色眼鏡で見た史実の一面でしかないのです。

現代日本の資本主義社会では左派がマルクス的ゼニカネ尺度でしか歴史を見れないのは当然として、右派もその影響から逃れきってはおらず、保守的価値観の観点ではなくゼニカネ尺度の認知バイアスがかかった見方にうっかりすると巻き込まれてしまいます。

ブードゥー教やハワイの混合文化を想起すれば、植民地統治=悪として忌避するものではなく土着文化と融合し、住民の誇りへと変化したものもあると理解できます。

また、特に日本では教科書問題などとの絡みでしょうか、植民地=悪なる刷り込み、認知バイアスがマルクス史観に加えて強化された結果でしょうか、右派に植民地という語から尻尾を巻いて逃げ出す傾向があるようです。
堂々と、「植民地時代に建設した総督府は立派なものだった、未開、野蛮な朝鮮人を教導し文明化した日本人は父とも恩師とも言える存在で常に叩頭すべし!」と言えば良いのです。

大英帝国の植民地であったアメリカでは今でも何の屈託もなく”コロニアルスタイル”の建物を建てて喜んでいますよ。スペインもオランダもかつて世界帝国であった事を誇りこそすれ恥じたりはしない。

日本が韓国に言うべき言葉は、「植民地にしてごめんなさい」ではなく
「植民地にしてあげて、ケダモノから人間になるよう調教してやった、感謝しろ!」ですよ。
この最後の一言を言うに当たって、植民地を恥じたり忌避する心では言えません。「併合だから違うもん」みたいな本質を理解できない方々にも言えないでしょう。

是からの日本人には、何が必要か

>本瀬さん ソロです。
>>日本の植民地施策云々では無い
 貴方が、主張している植民地=悪の等式が何時でも、何処でも成り立つわけでは無い、と言う説には同意します。 然し、其れは、400年と言う時間が、人々に「慣性力的思考」から、罪悪感を薄れさせ、現実優先に傾いた結果ではありませんか? 一体誰が、自分の家に上がりこんで来て「今日から、この家も、この畑の作物も全部自分のモノだ」と言われて、有り難がる人が居るでしょうか?

 戦前日本人の「植民地経営」に名を借りた、実質「後進国開発」や後進国の近代化事業」は、其れ迄、行われて来た欧米の植民地からの搾取や原住民への差別を、悪と判断したから生まれた発想ではありませんか?

 確かに、仰有る様に、韓国に対していうべきは、「我々が、朝鮮を近代化して、河内を2倍3倍にし、平均年齢も倍にしたし、教育も産業も、興したのは、日本だろう、感謝されこそすれ、日本が誤る謂われは無い」というべきです。

 ですが、是が最近まで云えなかった理由があります、一つはDRの日本支配です。 戦後の、マスコミは、読売新聞の正力松太郎の当時10億ドルと言う大金を「日本でのWGIP広宣の手段としてTVの普及を目指す資金」として、米国議会に認めさせましたが、米国もそんな正力をそのまま信用するわけが無い、当然目付役をする人物が必要ですが、それがDRだった。

 DRは日本の影の支配者として、戦後日本を仕切って居ましたが、本業の石油事業が、80年代を前に頭打ちになり、オイル・ショックを演出し、更には、ドル・ショック、プラザ合意と、米国政権の失政のツケを日本に払わせて来ましたが、都度日本は立ち直ってたので、DRは、陥穽を弄して、バブルを仕掛けに本から大量の資金を捲き上げました。

 この後は、馬円も述べたので省略しますが、このDRが、韓国を使って、日本いびりをやって居たので、にほんがうかばれなかったのがひとつ。

 更には、日本国内には。前述の敗戦利得者が居て、それが過ん奥保守と言われている勢力と結び着いて、政治界、法曹界、言論。出版界、放送・報道界を抑えて終った事が、第二。

 そして最後は、日本の官僚の生産工場である、国立大学を左翼勢力で支配させる事で、教育界を完全にWGIPの主張のままに変えてしまい。日本の国内に「平和と空気は只」と言う、慣性力的思考を植え付けて終った、ダカラ、未だに、自衛隊は人殺しだと言って居る馬鹿も、クズ野党ン投票する支持者も居るのです。

 この三つの呪縛くを解こうとして居るのが、安倍政権の7年間でしょう。 こうした大目標があるのに、目先の事で、安倍批判に走る人が居るが、都度、「ならば変わりは誰なのか?」と言うと沈黙しますよね。 つまりは、自分達の目先の事しか考えて居ず、大きな目標が見えて居無いと言う事ですよ。

 ダカラ、植民地の定義が、どうのこうのも瑣末的な話でㇲ、何故なら植民地の解釈は、国に拠ってあるだろうし、実際の植民地になった国でも、その結果は千差万別じゃないですか? 

 韓国への態度は、本瀬さんのご意見で良いと思います、其れより大事なのは、日本人の覚醒、つまり、3つの呪縛からの解放です。

呪縛からの解放

>ソロさん 本瀬です

呪縛からの解放は大いに賛同するところです。
ソロさんが言われる「慣性力的思考」と「認知バイアス」はほぼ同じものでしょう。

しかし、「併合だから植民地ではない」は瑣末な話ではなく、おっしゃる3つの呪縛からの解放の核心部分の一つです。

左派の呪縛「自衛隊は人殺しだ」は簡単に見破れます。論破するのも難しくはないでしょう。
中道の呪縛「非武装中立、憲法9条堅持」これは、外敵の活発化でゆくゆくは消滅

問題は・・・
右派の呪縛「併合だから植民地ではない」これが、自虐史観由来である事や、全くの誤りだと史実を突きつけられても、洗脳が解けない。「自衛隊は人殺しだ」と同レベルの馬鹿げた呪縛なのに自分達が、自分自身かその呪縛に囚われている事に気付きもしないことが大問題なのです。

「ドーでもいい、瑣事じゃん」と言ってしまえば、左派からは歴史改変と指弾され、簡単に調べられることさえ、一次資料にあたらない馬鹿どもと揶揄されます。

史実:併合により植民地とした
史観:朝鮮には多大な恩恵であった

こんな単純な事を、左派に付け入られる事なく、証拠を提示しつつ主張するのは大事な事だと思います。

書いてみて分かったのは、しっかりした史観をお持ちの方でも史実に頓着しない方や、史観に合わせて史実を改変まではしなくても隠そうとする方が多数いらっしゃると。

慰安婦の件でも書きましたが、これは売春婦、女郎の類であると認める事に何の躊躇が要りましょうか。女郎であれば、納得づくであれ戦前に日本が結んだ国際条約にある売春婦の保護に抵触していた事は明白で、ただ日本軍は売春婦を買った客、犯人は売春宿を経営した民間人と女を集めた女衒だと言うだけの話です。

sex slaveの語を子供がいじめられるから、外聞が悪いからと言って、逃げ回る姿は怯懦で卑怯千万でしかありません。

日本軍はsex slaveから性サービスを受けた、sex slaveの売買も管理も民間、sex slaveを集めたのは女衒
何ら、皇軍の名誉を毀損するものではありません。

古記事コメ伸びるから何かと思ったけど、大体さー士心てヤツの併合って呼ぶのが良いっていう個人的意見を、本瀬ってヤツが勝手にイチャモンつけたのが発端じゃねーかwww
内情はおいといて朝鮮は王が居て、数百年もの間統治してたんだ。その後日本の保護下で独立して皇帝の地位にしたんじゃねーか。その国を植民地にするってのは、天皇を国家元首としてた日本ができる訳ねーだろ。下関条約では朝鮮の独立が第一条項なんだから、ちょっと考えれば分かるだろ。 それを最初から植民地と認めたら、王政国家や帝政国家をも飲み込む野心ありきでの領土拡大となるから大義がないんだよ。
外交では主張したい事を最初にもってくるのが鉄則。日帝ガー植民地ガー侵略支配ニダって、バ韓国が言ってるんだから日本が植民地を最初に認めた時点で今迄の繰り返しになるんだよ。
本瀬ってヤツ全然過去から学んでないのな。
敵の策略にはまってから主張したい事言っても通らねーのが日本のこれ迄の外交結果なんだぜ? しかも後付けの正当性の主張は欧米の植民地支配と変わらないってのを認める事になるんだよwww
前から見てたけど、本瀬ってヤツ自分が一番じゃないと気が済まないヤツなのな。他人の言ってる事が理解できないのか聞く耳持たないんだろうね。毎回論点を少しずつズラしてくるし、一度投稿したコメを自分の都合の良いように修正する修正主義者な。結局自分が正しいという事が言いたい訳ねwww
言葉遊びして優越感に浸ってるご都合主義なヤツ乙www

>↑の投稿者さん ソロです。
>>野次馬の心算なら、書き過ぎでしょう
 本瀬さんと士心さんの討論は、貴方が指摘して居る様に、士心さんの個人的な認識に本瀬さんが疑義を示した事で、始まったものでしょう。

 でも、貴方も、日清戦争の結果処理の下関条約を持ちだすのなら、本瀬さんと、同じ土俵上で議論を交わすべきではありませんか? 其れを、本瀬さんの人格攻撃で終いにするのは「書き逃げ」に、しか見えず、見て居て卑怯な様に見えるんですがね。

 其れにもう一つ、議論や討論と言うのは、当然、相手を意識して行うものですが、意見の相違があるから、相手に自分の論を説明して、共感してもらう心算で討論に臨むので、論議が白熱するし、内容も濃くならなければ、なりません。

 然し、本瀬さんの言い方は、総論が動かないので、相手は、本瀬さんの見方そのモノの理解が不十分だと視点を共有できず、一方的な意見に、感じられて討論が終わって了う。

 原因は、相手に対する「分って居るだろう」と言う思い込みの場合が多いでしょう。 何せ知らない者同士ですカラ、当たり前と言えば、当たり前です。 ダケド、限られた機会に、限られた紙面で、どれ程ん自分の意見を書き出せるか? と言うのは、至難の業でしょう。 当然、言葉の行き違いもある。

 是は、私にも同じ様な事が有りましたが、私は、この頃、現実認識に相違があると感じたら、其処で議論を止める事にして居ます。 曰く、不毛だからです。 理解出来無い、或いは、理解する気が無いと感じても同じ事です。 何を言っても、気が着けないのなら、議論するだけ無駄です。

 因みに、貴方の本瀬さん向けの批判が、何かの足しになると思って居ますか? 場が荒れるダケではありませんか?

不毛

本瀬です

ご指摘の通り、最早不毛な議論
ご不快に思う方まで説得しようとも思いません。

私の個人的な史観、思想には頓着なさらずに自由にお考えになればよろしいのです。

しかし、「朝鮮半島は日本の植民地であった」という史実はそれぞれの思いがどうあれ改変不可能なものであることだけは、忘れないで頂きたい。

史実でないと主張する方々は朝鮮人並みの理解力
史実だが言い換えるべきと主張する方々はアカと何ら変わる事はない。
この上二行はあくまで個人的思想であり共感など一切求めてはおりません。

せめて、考えるきっかけになったと感じる方がたとえわずかでもいらっしゃれば幸いです。

>本瀬さん、士心です。

>再度、書きますが
「日本は大韓帝国を合法的、平和的に併合し、植民地統治した」
これの、どこに問題がありどこがお気に召さないのでしょうか?

 最初から私は同じ事を申しておりまして、「併合し、植民地とした」と、申しているのです。お気に召さないのかと問われても、返答の仕様がないのです。唯の一度も植民地であったという事を否定はしておりません。もう一度私のコメントを読み直し、ご理解下さい。

 現状を鑑みた時に、植民地統治としたと言う場合に注意を要すると申しておるのです。拙い経験則から申しまして、併合という語から説明し、其後、植民地の枠組みに入れたと説明した方が、他者へ、特に若い衆には伝わり易いのでね。

 仮に、未成年や20代前後に説くにあたり、本瀬さんの言う「朝鮮を植民地統治した」を定義してからの論に成果が見られる様なら、是非教えて下さい。

>しかし、「朝鮮半島は日本の植民地であった」という史実はそれぞれの思いがどうあれ改変不可能なものであることだけは、忘れないで頂きたい。
史実でないと主張する方々は朝鮮人並みの理解力
史実だが言い換えるべきと主張する方々はアカと何ら変わる事はない。

 上記が「史実ではない」と主張されておる方が何処におるのか? 言い換えるべきと主張されてる方が何処におるのか? 抑々、本瀬さんが、斯様な先入観を以て話をしておるのではないですか?こういうのが不毛なのです。
 
 本瀬さんも、当初植民地とはせず併合とし、其後、植民地の枠組みに入れたという経緯はお忘れなきよう。


 最後に僭越ながら申し上げますが、朝鮮人に対し勇ましいのは結構なのですが、人間として見下した様な態度をとるのは、控えた方が宜しいかと思います。統治時代に外地へ赴いた官吏らに、斯様な態度のをとった者がいたのも事実なのです。其ら少数の者が、日本人の質を失し兼ず、複雑化する要因のひとつともいえるのですから。それと、他者に説く時に、斯様な態度で臨まれる方は、たといどんな素晴らしい論を説いたとしても、其価値を感じる事はないでしょう。

>ソロさん、士心です。

 ソロさんの上のコメントしてる方は、他者を揶揄したものが含まれ、誉められるべきものではありませんね。其でも要点は掴んでおる様ではあります。
 
 上の者も含め、ソロさんの仰る様に、あまつさえ朝鮮王が統治していた国であり、大韓帝国として独立させ皇帝を据えて、我が国と同列扱い。其後、大東亜共栄圏を掲げました。共存共栄です。是を戦後も日本人が残り、インドや東南アジア諸国の独立に貢献し、現在に至ります。

 H29統計ですが、海外日系企業の進出は、実に75,000社以上。アジア地区と太洋州だけでも、54,000社超えです。ソロさんが仰る様に、是は戦時中の日本が謳った、大東亜共栄圏の延長線上なのだなと、私も思います。

 世界に遅れをとる、日本独自の通信網ですが、進出日系企業の情報網は世界に遅れをとるものではありません。いわば、是も植民と言えるものです。中には国の根幹企業となるものもあるでしょうから、南鮮が「日帝の植民地支配ガー」と、騒ぐのも容易に理解出来ます。

 所轄「慰安婦・徴用工・原住民族の権利」等々。是らも「植民地ガー」と全く関連が無いとは言い切れませんね。単に歴史云々ではなく、之からの日本の発展に、少なからず影響を及ぼすものと思われますので、植民地という語を使うには、やはり慎重を期した方が良いだろうと思います。

不毛の続き

>士心さん 本瀬です。

士心さんのおっしゃる「併合し、植民地とした」が
「併合により国境を変更し、植民地統治した」という意味なら異論はありません。
しかしおっしゃっている説が
「まず併合==>植民地の枠組みに移行」と読めるのですが誤読でしょうか?
併合は割譲、租借、購入などと同じ様に領土の変更を意味するだけで
その統治形態、施政には無関係だという点をまずご了解頂かねばなりません。

別に、若い方へ説明するための便法を思索している訳ではなく
史観を形成する元となる史実には右も左もなく正確であるべきだと思うだけです。

>上記が「史実ではない」と主張されておる方が何処におるのか?
当初ポッポさんは「併合地であり植民地ではない」と主張されていました。
今現在がどの様にお考えかは存じませんが。

>言い換えるべきと主張されてる方が何処におるのか? 
誰がと一々検索いたしませんが、植民地には悪いイメージがあるから日本を貶めようとする勢力が使うので、史実であっても使わない方が良いとのご意見は散見したと思いますし、併合当時も植民地という語を言い換えて外地、朝鮮とした方々が多数いた様です。

よって先入観を持って論じたのではなく、先入観を持っているに違いないと決めつける士心さんの議論が不毛なのですよ。

「当初植民地とはせず併合とし、其後、植民地の枠組みに入れたという経緯はお忘れなきよう。」
韓国併合ニ関スル条約1910年8月22日調印、29日公布、発効
朝鮮総督府1910年9月30日設置
思い込みですか?何か少しでも調べましたか?
それとも1ヶ月間の事を言っているのですか?

はっきり言って、見下してるとか尊大だとか言われるかもしれませんが、
議論する価値がないと思います。
誤読だの行き違いだのは誰にでもある事。

併合条約締結後即座に総督府設置の史実を無視して、得々とお忘れなきようなどと見栄を切るのは恥ずかしい事ですよ。

>朝鮮人に対し勇ましいのは結構なのですが、人間として見下した様な態度をとるのは
どの部分が、見下していると受け取られたのでしょうか?
勇ましくしたつもりもなければ、見下したつもりもありませんよ。

いやー参っちゃうなぁ、 士心さんとは不毛な議論にしかなりません。
勝手な忖度、先入観多め、読まない調べないじゃ噛み合わないのも当然。
続けるなら、箇条書き、一問一答形式にしましょうよ。

同じような説明を繰り返すのって見てる人も飽きちゃうだろうし。

 ソロです。 
 お二人とも、議論の熱が醒めませんねww 今のママでは、議論は不毛なママだと言うのは、お判りいただけたと思いますが、私の持論ですが、何かの参考になれば、と思い、掲げて看ます。

 日本は表向き韓国を併合するに当たり、英国に相談して居ます、当時、英国と日本は、王国の範疇に入る政体で、議院内閣制を布いて居る点では、同じだったので、皇室(王室)同士が親しかった事もあったでしょう。

 イギリスと言う日本名は、イングランドがエゲレスに聞こえた事から発したもので、正式な国名は United Kingdom 略称 UK つまり「同君合邦と言う手法で創った王国連合」だと言うのは、ご存じでしょう。

 是は、元々、大ブリテン島は、ブリトン人(ケルト人)が、原住民を亡ぼして、棲み着いていた処に、ローマ帝国が遥々遠征して来て、支配下に置き、その時に、国教にしたばかりのキリスト教も伝えた、ダカラ、島の住民は皆、ローマン・カソリックなのですね。 是は、オソラク4~5世紀の事では、無かったか、と思います。

 処が、その後、欧州では、ゲルマン系の諸民族の力が強まり、ブリテン島も、アングル人とサクソン人と言う海洋系ゲルマン族に侵攻されて、島の3/4を占領されて、ノルマン王国を建てられました。

 このノルマン王国に拠って、分割統治されたブリトン人は、其れぞれ、ウエールズ、スコットランド、そして、隣接する島に棲む、アイルランドになりました。 そして、イングランドのノルマン人の支配下に入ったわけです。

 是が「同君合邦」国、UKの成立です。

 では、その統治の実態は、如何なものなのかといえば、同君、つまり同じ王に仕えているので、原則、王以外は家臣として同格ですが、勿論、その裏側には、支配者と被支配者の意識が有ったのは言うまでも無い。

 ダカラ、スコットランドもウエールズも、イングランドの王室の交代や混乱期に、独立を求めて騒ぎを起こして居ます。

 唯、アイルランドは、固より、別の島の住民だと言う事もあって、クロムウエルに拠って、ブリテン島の住民とアイルランドの壽民は、新教に改宗した筈なのに、変わったのは、島北の住民だけ、其れて、近年迄、IRA という抵抗組織が、テロ事件を起こして居ましたね。

 そして、英国に取って大問題である、ブルクジットに際して、スコットランドは、残留の意見があり、国民投票を行って居ます、 つまり「別の国である」と言う意識が強い訳です。

 是が実は、戦前朝鮮にも云えた事だったのですが、日本が採った手続きは、他に適当なものが無いので、同君合法的なものでしたが、中身は、中世以前の様相の朝鮮王朝ですカラ、放置していると、シナやロシアに盗られて終う、だから、直ぐに総督府を設置して、統治を始めた、それが植民地的占領だと言うなら、そうでしょう。

 ですが実質的な中身は、朝鮮の近代化であった、こんな統治の仕方をした国は、歴史上他になく、大抵は、支配国(宗主国)の軍隊が駐留して原住民の負担が増えるダケの事でしょう。

 ダカラ、一色汰にされては困る、と言う士心さんの意見に私も同意しますし、中身はどうあれ、結果、植民地支配には違いないのだから、寧ろ、中身は違うと言うなら、胸を張って、日本は植民地を近代化した、と答えるべきだ。 と言う考え方は、現実に即していると思います。

 でも、問題なのは、日本人なのですね、所謂、WGIPの影響を日本人は少なからず受けて居ると言う事です。

 他にも、絶対平和主義と言う「空気と平和は只だ」と言う「自分の国を国民自身が護らな国は必ず亡ぶ」と言う歴史の鉄則を破ったもの、そして、コミンテルンの細胞メンバーで構成されたGHQ民政局が行った、日本の歴史改竄で、この3つが、戦後日本に懸けられた呪縛だと思います。

 我々は、「日本を取り戻す」為に、是を乗り越えて浮かねばならないのですが、そういう意味で、お二人の議論の芯にある、日本人としても矜持の示し方と言う意味では、価値が有ったと私は評価したいですね。

本瀬さん、士心さん
ソロさんの意見に補足と言う感じで、意見を述べさせていただきます。
ソロさんがまとめられている様にお二人の主張はどちらも分かるのです。
西洋列強の植民地支配は圧政と苛酷以外何物でもなく、それはヨーロッパの弱小国ベルギーやオランダの隆盛を見れば分かります。
オランダのインドネシア植民地経営は、ゴムやコーヒーー、胡椒等金になる作物の押し付け、石油搾取等、同じようにベルギーはアフリカコンゴでの農業、鉱物資源搾取で国力に不相応なぜいたくを享受していました。
戦後オランダのある市長が’我々は戦勝国であるにもかかわらず貧しくなったt’とぼやいていますね。
世界的に植民地支配は負のイメージが定着しているのです、そこが士心さんの反骨心に火をつけたようで、日本の植民地支配は国家予算の2、3割の持ち出しで、一緒にされては困ると言う事でしょう。
でもそれを対外的に訴えたとしても、台湾は理解して呉れるでしょうが朝鮮は反発しますよ、彼らの日本に七奪されたという被害者の立場、その存在意義の根底から覆すことになりますから。
朝鮮の反日教育が続くかぎり、無駄な努力になるでしょう。
国内的にも親韓派が朝鮮側に立って反旗を翻すでしょうし、不毛な論議になるのは目に見えています。
よって本瀬さんの意見と士心さんの意図を汲んで、’日本は朝鮮を併合によって日本に組み入れ植民地支配した、ただしその植民地支配は西洋列強のそれとは真逆で日本同化政策であった’と言う事を周知させるとしても心ある日本人の範囲内でしょうね。
過去は過去として、これ以上朝鮮半島と関わるのを止めるべきで、何かにつけ、いちゃもんをつけ、何時までも過去にこだわり日本にたかろうとします。
今まで日本がしたことがない、はっきり拒絶すると言う事を見せつけましょう、それが甘えから脱する彼らのためでもあるのです。
まあ無理でしょうね。

是で最後にします。

1910年 韓国併合に関する条約
1930年 万国郵便条約 
     第8条 殖民地保護領等
1935年 海上に於ける人命の安全の為の国際条約
     第62条 殖民地等に對する摘要

 上記の何れも国際条約に基づく宣誓です。当然、国際条約に基づく公文であるのだから、国家元首である天皇陛下に奏上し、御承認を賜られておる筈です。但し、当時の政府関連及び朝鮮総督府関連の資料は、未だ総てが開示されておりませんので、上記が古いものとなる可能性はあります。是をどうすると申すものではありませんが、一応、私が植民地の枠組に入れたというものです。国家元首で在る天皇陛下の御承認を得たものであって、他に正当性のあるものが他にあるのでしょうか。あったら教えてくださいな。

朝鮮総督府を設置したから、植民地なのだとすのるは安易です。

 「併合した」この事実は「不変」です。其に対し「植民地」というのは、時代に拠り、或いは国に拠って、可変的な意味を持つ語であるという事です。つまり、過去・現在・未来・其々の国で使われる「植民地」という語が、違う意味合いを持つというのが現状で、此れから変わる可能性が高い。そうであれば、先に「植民地であった」と定義すると、定義自体の意味合いが、変わる事になるかもしれませんね。
 
 学生が使う、辞書に表記されてるのは、
  1.ある国からの移住者によって開発・形成された地域
  2.ある国の経済的・軍事的侵略によって支配され、政治的・経済的に従属させられた地域、または搾取を伴う地域

 と、発刊社其々ありますが、上記の様に2つの意味を示すものが多いと思われる。例えば、日本で言えば1は当時の北海道、2は当時の欧米型とも言えるが、2は戦後に足された可能性が極めて高いと思われる。

 「日帝ガー」と喚く輩は明らかに後者でしょうね。昨今の「アイヌ民族云々」を謳う輩も後者です。大韓帝国併合はどちらにあたるのでしょうかね。前述は私の言葉遊びなのでスルーしてくださいな。

以上、私が大韓帝国併合を「併合と呼んだ方が個人的には良いと思います」と意見した理由です。あしからず。

>>ソロさん、ポッポさん、無双さん、余計な気遣いさせてしまった事はご容赦願います。本瀬さん、有難うございました。

ーーー
>どの部分が、見下していると受け取られたのでしょうか?
勇ましくしたつもりもなければ、見下したつもりもありませんよ。

↓この部分ですよ。
>日本が韓国に言うべき言葉は、「植民地にしてごめんなさい」ではなく
「植民地にしてあげて、ケダモノから人間になるよう調教してやった、感謝しろ!」ですよ。

なるほど人それぞれ

>士心さん 本瀬です

不毛の原因は私の表現力が足りないからなのでしょうね。
まあ、士心さんの読解力も大概ですが。

まず確認、朝鮮人に対して勇ましい言葉ではないですよね。
そして、「ケダモノ」表現の文脈は・・・
「併合だから植民地ではない」と主張する方々を見下して侮蔑する表現の一部ですよ。
「ケダモノから人間になるよう調教」は誇張表現ですが概ね事実の描写で見下すとか、まして勇ましいとかいう種類のものではありません。イザベラ・バードの朝鮮紀行を持ち出すまでもないでしょう。

まあ、ご自身でも言われる通り、腹のなかでこの様な表現をする奴は無価値と断ずれば良いだけで、無用の一言でしたね。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント