ドツボにはまった文在寅大統領   9月25日(水)


文在寅は遂にドツボにはまった。ドツボにはまるとは、(こえがめ:大小便
を貯めておく大きい壷)に落ちる、という意味です。

韓国は戦後日本について限りなく嘘を吐き続けてきた。特に歴史問題を中
心に韓国は問題を作り出しては、対立をかき立ててきた。日本側は何とか
事態を落ち着かせようとしてその場しのぎの解決を試みてきた。

なぜ日本は韓国に対して「この嘘つき」と罵倒して終わりにできなかった
のか、それは海外は日韓の歴史に対して知らなすぎた、海外が知っている
のは、日本は韓国を植民地化したということだけです。

植民地とは欧米人から見れば現地人を人間として扱わず、奴隷のように強
制労働させる制度と見ていました。この植民地支配によって欧米は莫大な
富をえました。日本が韓国を併合したことと、この欧米の悲惨な植民地政
策を自分たちがした事と同じに見ていたのです。

韓国はこの欧米人の植民地政策の視点を利用して、自国の歴史を捏造して
その捏造された歴史を日本に強要し、その上世界中に韓国の捏造歴史を宣
伝し被害者ヅラして、日本の近現代史を朝鮮侵略史として日本悪者論に仕
立て上げていったのです。

しかし当時の朝鮮は経済的に破産し、軍事力もなく政権は分裂と内紛に明
けくれ、国民は乞食同然の惨めな生活を強いられていました。海外の政治
家や知識人はこのような日本が併合する前の韓国の実情を全く知りません。

私が証拠もなしにかってに李氏朝鮮の悲惨な実情をいっているのではあり
ません。韓国人の金完燮氏も呉善花氏も「日本による統治がなければ近代
化もなかった。韓国併合は搾取・虐殺・略奪・収奪する支配としての植民
地支配ではなく、現地人の生活向上を目的とした併合・合邦であった」と
いっています。

特に韓国の作家である金完燮氏の著書の中に「日本統治による徹底した精
算がなかったなら、今日の朝鮮半島は世界で最も遅れた地域の一つにとど
まっていただろう。となれば、日本時代は私達にとって幸運であり祝福で
あったということはできても、忘れたい、あるいは認めたくない不幸な過
去だと言えるはずはないのである」と高く評価しています。彼はこの本の中
で反日教育をささえる韓国の歴史はほとんど嘘であると厳しく批判しました
が、直ちに発禁処分になってしまいました。ウソ国家韓国の慌てぶりが見え
ます。

また英国夫人のイザベラ・バードの朝鮮紀行には朝鮮の惨めな民衆の様子
が描かれています。このおぞましい歴史を世界から隠したくて、1997年に
延世大学から出版された本の内容には「李氏朝鮮時代には清潔で人々は
とても快適かつ豊かに暮らしていた」との大嘘が書かれています。

またNYタイムズからも出版され「100年前のソウルは近代化されていて
東洋一きれいな都市であった」と恥ずかしげもなく嘘が書かれています。

アメリカの経済史家ランデスは「貨幣もない原始国家を日本が首尾の整った
資本主義経済へと変えていきました。日本の朝鮮統治を近代努力の最高傑
作と評しています。ところが韓国は日本によって近代国家になったことが
悔しくて仕方がない。それと自国の原始社会の歴史が恥ずかしくて、隠し
たくて仕方がない。

このように虚構の上に築かれた反日国家の急所を外国によって直撃される
ことが一番痛いのです。

しかし日本は朝鮮を一方的に併合したのではなく、朝鮮の改革派官僚たち
は日本にやってきてその近代化のスピードの有様を目にして仰天します。
彼らは日本に併合をお願いすることによって朝鮮の独立と近代化を達成し
ようとしました。

またイギリスやアメリカその他の欧米諸国は日本が朝鮮の面倒を見るのが
一番良いと勧めていましたが、伊藤博文は朝鮮を併合することに反対をし
ていました。1909年、ハルビン駅で朝鮮人・テロリスト安重根に暗殺されま
す。怒った日本は朝鮮を併合します。

いずれにしても、韓国の嘘に対して長い戦いになることは避けられない。
そのために、日本国民も、日韓関係の真実について、知識を持つ必要が
あります。

戦後、異常な使命感に駆り立てられた日教組やマスコミ、歴史学者や在日
朝鮮人が日韓関係の真実にふたをし続けてきた。これら売国奴たちから歴
史を国民の手に取り戻すためには、これらの大嘘を一つ一つ取り上げてい
く必要があります。

「徴用工問題」も「慰安婦問題」も国内法や国際法に照らして日本に何ら
非がないことは明らかである。にもかかわらず、ここまで問題が拡大した
のは、世界は日韓の歴史を勉強せずに、韓国を被害者と見ていたからです。

世界は常に真偽を調べもせず弱小国家の味方をします。この世界の無知な
る視点を利用して韓国は嘘を作り上げて常に被害者と弱者になりすまして
いたのです。

ところが嘘をつくことに慣れてしまった文在寅は、いつもの調子で簡単に
GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄した。その言い訳は「破棄の責任
はすべて日本側にある。徴用工裁判問題について、再三の努力にもかかわ
らず、日本は単なる拒否を超え、我々の国家的自尊心まで傷つける程の
無視で一貫しており、外交的欠礼をおかした」

この言い訳だけでとめおけばまだ米国の政治家や識者たちをごまかせたが、
文在寅は破棄を発表しながらも「破棄について米国側に事前に知らせた」
「アメリカも理解した」と大嘘の発表をしてしまった。いつもの韓国のやり
方です。このことについてトランプは「嘘だと言い、明らかに事実でない」
と激怒した。

フランスで開催されたG7サミットの席上でトランプ大統領は「韓国の態度
はひどい」「賢くない」と批判し、その上「金正恩が文は嘘つきだと言って
いた」と各国首脳たちの前で暴露しました。今まで韓国に同情的だった首脳
たちは、少しは目が冷めたのではないかと思います。

もし日韓衝突が歴史問題だけにとどまっていたら、各国は決して日本側に立
たない。オバマ政権の時などは慰安婦問題に関して安倍政権を批判する
リポートを出してすべての米議会議員に配布したくらいです。彼らがいかに
日韓の歴史を知らなか、勉強をしないか、呆れるくらいです。

トランプは安倍首相から真実の日韓の歴史を聞かされていたが、歴史認識
に関して日本の肩を持つようなことがあれば、選挙権を持っている在米韓国
人や在米華人華僑らの票を逃がすことになる。

だから韓国がGSOMIAを破棄した言い訳から、トランプはやっと文在寅の
ウソをG7で各国首脳の前で「文在寅は信用できない人物だ」と批判し、そ
の上、金正恩は「文大統領はうそをつく人だと俺にいったんだ」と暴露した
のです。FNNニュースは、政府関係者の言葉として伝えています。

文在寅の「狡さ」は日本に対して歴史問題でウソを吐き続け、日本を攻撃
するが、アメリカや各国に対しては、自分たちは常に話し合いを持とうと
するが歴史修正主義の安倍首相は無視する、我々は日本国民は好きであ
るが、独裁者安倍は危険であるなど、指導者と国民を切り離して批判するこ
とで各国の理解を求めるメッセージを「李洛渕氏」に発信させていい子にな
ろうとしていました。

しかしこのような文在寅の自分たちは常に正しいと主張する邪悪な二枚舌は
やっとここに至って露呈してしまった。

あっちを向いたりこっちを向いたりする文在寅は中国にも実は嫌われている、
北朝鮮の金正恩には「嘘つき」と言われ、トランプには「信用できない人物」と
言われ、安倍首相には無視されている。

ユネスコの「世界の記憶」改革で、韓国が登録を支援する慰安婦関連資料は
日本の反対で見送られた。慰安婦関連では日米のNGOが「慰安婦は性奴隷
でなかった」と示す文章を登録申請したが韓国の反対で見通しはたっていな
い。

いずれにしてもユネスコは過去の歴史を調べなければならないが、ユネスコ
は全く勉強をしない。申請されたあと「内容が史実と異なる」と加盟国から、
意義が出ても正誤の判断ができない。だから嘘つきの韓国に政治利用され
てしまうのです。

ユネスコの「世界記憶改革案」を検討する作業部会では「政治利用の阻止」
を掲げる日本を多数の各国が支持しました。意外なことに中国やロシアなど
も日本を支持しています。新制度に基づく審査の再開にも応じない韓国は
完全に世界から孤立してしまいました。

ここに至って文在寅は完全にドツボにはまった。しかし彼はドツボに落ちて
しまったことに全く気がついていない。そして悪臭漂うドツボから出ること
もできない。ここに至ってトランプの信用をなくした文在寅によって米国と
韓国の同盟関係は事実上終了しました。

過去の日韓の歴史認識問題だけなら、韓国に同情が集まったが、海上自衛
隊に火器管制用レーダを照射されたことや、GSOMIA破棄によって文在寅の
本性がわかり、日本の正義がやっと米国に理解された。

これで韓国は米国との関係悪化にもとどめを刺し、「韓国破滅」を決定づけま
した。「正義は必ず勝つ」




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



コメント

ドツボ!

本瀬です。

ドツボってぴったりの表現ですね!

欧米人のアジア理解が浅薄な事は戦前も現在変わりないと思います。
米国は中華民国に肩入れし、連合国だ戦勝国だと持ち上げていましたが
一瞬にして中華人民共和国に乗り換えた過去があります。

韓国が、対チャイナの重石にならないなら、
北朝鮮に乗り換えて、米軍基地が38度線の向こうに移動する事もあるかも

辻本さんのおっしゃる様に、これからは、米国に忖度して西側の一員、
仲間としての韓国に配慮する必要はなく事実、史実を拡散できますね。

以前、新しい歴史教科書をつくる会とかってありましたが、
今後は政府がちゃんとアカに洗脳されてない学者を集めて資金を出し、
大人の為の歴史書、動画など作成してくれたらと願います。

また、いくつかの反日慰安婦映画や反日徴用工映画が作られていますが
これらの反証映画、物証で反論するだけでなく、嘘つき慰安婦を
人格攻撃して完膚無きまで詐欺師である事を証明する映画を政府資金で
民間に多数造らせるべきだと思います。
国際慰安婦詐欺撲滅映画祭ができるぐらい。
エントリーすれば、撮影資金、優勝すれば賞金で(笑)

『ドツボにはまった文在寅大統領』に対する反論   
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1234.html


>植民地とは欧米人から見れば現地人を人間として扱わず、奴隷のように強制労働させる制度と見ていました。


これは資本主義経済が確立する以前、つまり資本主義経済の初期段階に見られた重商主義なのね。
資本主義が確立して以降の植民地は資源を搾取する場所ではなく、市場として開発されて要ったわけ。

>この植民地支配によって欧米は莫大な富をえました。

でもね、国策としての植民地政策によって利益を得たのはほんの一握りの人達であって、国家としては大赤字だったんだよ。

>日本が韓国を併合したことと、この欧米の悲惨な植民地政策を自分たちがした事と同じに見ていたのです。

欧米諸国に遅れる形で資本主義経済国になった大日本帝国は、資本主義経済国の先輩国の真似をして経済成長を実現しようとして植民地を手に入れ、他国と市場を奪い合うことになって衝突し、戦争へと突き進んで行くことになったわけ。
でもね、資本主義経済はお金を速く動かすことで経済成長することが可能であり、植民地など必要なかったんだよ。
その証拠に、大日本帝国の継承国となった日本国は植民地など持たず、自由貿易に徹して世界第2位の経済大国になったではないか。
大日本帝国という極左テロリストが作ったクソ国家は、欧米諸国の物真似をしたがために他国と衝突して滅亡してしまったんだよ。

大日本帝国の国民も大韓帝国も自国政府の犠牲者なのね。従って、批判の対象は当時の自国のクソ政府であるべきなんだよ。
しかし、国民として仕立てられて作り物のナショナリズムを植えつけられた国民は自国政府を擁護し、批判の矛先を外へと向けてしまうんだよ。
キミは無知であると同時に自我が確立していないから国家に依存し、作り物の幼稚なナショナリズムを振り回して他国と他国民を攻撃している。
キミは未熟な人間なんだよ。それにしてもキミって歴史を知らないよね。

【TPP①】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-39.html
【TPP②】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
【TPP③】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-44.html
【TPP④】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
【ハル・ノート】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-77.html
【ナショナリズム②】
https://ewkefc.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

韓国捏造映画撲滅作戦

>本瀨 豊 さまの
>また、いくつかの反日慰安婦映画や反日徴用工映画が作られていますがこれらの反証映画、物証で反論するだけでなく、嘘つき慰安婦を
人格攻撃して完膚無きまで詐欺師である事を証明する映画を政府資金で
民間に多数造らせるべきだと思います。
国際慰安婦詐欺撲滅映画祭ができるぐらい。

これいいですね。「メイキング オブ 捏造映画の撲滅作戦」、ということで
ドキュメンタリー映画を作ればいいと思います!
当然国が資金を出してくださいね。ww

史実に沿って且つ面白い反日プロパガンダ映画対策映画祭

主様、こんにちは!
語義を明らかに、は勿論大切です。日本人が正しく記録して後世に生かす為に。が、討論相手が日本人じゃ無い場合は別です。話の途中で割り込みすり替える、切り取って大声で言いふらす、発信量で圧倒する。長い話に集中力を保てません、長い文章読みません。北京でマクドナルドで寝泊まりしているホームレスの縄張り争いで-大声で自分の正当性を言いまくり部外者の私(食事中)に同意を求めてきた、次から次へといざこざが起きる中でそもそもマクドナルドで寝泊まりしていいか?は話に出てきませんw。それが衆愚民主主義で私たちはその多数意見に従わなければならない。って何も決められなくしておいて独裁共匪に軒先を貸して母屋を盗られる。

タイの映画チャンネルを観ていたらgod of warという映画を放映しておりました。途中から見たのですが倭冦と復明滅清という文字を見つけました。派手な鎧とショボい戦術、最後の武術対決だけ観れる内容。倭冦の軍勢が明の隊列の前の深さ2m程の掘りに突進して皆落ちるw。そこに上から槍で突き刺す。何の引っ掛かりもない笹を掘りに差し入れると倭冦が絡まって引き揚げられ槍で串刺しwww。こんな戦闘シーンに長い時間取って評価はどうだったのかしら?衣装はワダエミさん。小出恵介さんも出演。倭冦を数百人殺傷、こちらがわの被害は軽微と字幕。
こういう映画が第三国で放映され漠然とした日本に対するネガキャンペーン(例えば日本は歴史的に侵略国である、とか)になっていなければ良いですね。
新版三國志の戦闘シーンは迫力があって曹操、司馬懿仲達の演技も良くてこの映画も史実に沿って地味に創れば佳品となっていたような?否、今の商業映画では地味に良い映画は撮れないんでしょう。god of warは香港映画らしくなかった❗

カピバラ氏が突撃して偽装保守や戦後リトクシャを暴くドキュメンタリー映画、慰安婦問題の歴史的経緯を英語で映像でとか、発信する量を増やすやり方はあると思う。プロパガンダ映画でやられっぱなしでは熱戦の前に負ける❗愛国ユーチューバー様、国際情報発信にも頑張って❗

私のアイデアは反日映画祭です。イグノーベル賞的な。どれだけ史実から離れているか、どれだけ馬鹿馬鹿しいか、どんだけヘイトかなどDHCさんアパホテルさんとかで反日ヘイトプロパガンダ映画を笑い飛ばす映画祭、どうでしょう?

>ewkefc様

「無知であると同時に自我が確立していない」との貴殿の自己評価に激しく納得します。無知を克服し且つ自我が確立できるようご努力下さい。

「正義は必ず勝つ」
素晴らしいお言葉、有難う御座います!

ewkefc

この人、わざと人を愚弄するような書き方をしているのか、それとも根っからこのような歪んだ性格なのかは判りませんが、以前、誰だったかが「このような人に反応すると、かえって絡みついてくる」みたいな趣旨の発言をしている方がおられました。

それ以来、誰も相手にしておられませんが、あまりにも不快な発言なので遺憾砲を発射します。

ブログ主は日本が植民地政策をとったなどとは書いておられませんよ。
韓国人の金完燮氏や呉善花氏の言う、「日本による統治がなければ近代化もなかった。韓国併合は搾取・虐殺・略奪・収奪する支配としての植民地支配ではなく、現地人の生活向上を目的とした併合・合邦であった」を紹介しているにすぎません。

自分のブログに誘引するためのコメントでしょうが、今後このような不快な文章をさらすのはおやめ頂きたい、と思います。

焦眉の的は、韓国・朝鮮ではありません。

>ブログ主様 今週もブログ更新有難うございます。
>>現在の焦眉の的は、、シナ・ロシアで過ん奥朝鮮に非ず
 ブログ主様の大方の御心配は杞憂だと思います。 何故なら、国際金融資本に完全の乗っ取られている、韓国の諸企業ですが、乗っ取っているDS勢力が、トランプに白旗を挙げて居るのですカラ、今更、韓国を援けるメリットは、もう何処にも有りませんからね。 

 後怖いのは、事実がドンドン明らかになって来ると、絶望した一般韓国人が、ブログ主さんも挙げて居る、バージニア州立大での同級生33人殺害の時と同じ様な真似を何処かでやらかす事ですね。

 つまり、文在寅は、既に、喪家の犬「=飼い主を喪った犬」と、化したわけで、骨を拾ってくれる人も居無い状況でしょう。 もう、こうなれば後は、自暴自棄で出来るダケ、世界を掻きまわしてやろう、とか思って居るのでは? こっちも怖いですね。

 その辺りは、安倍・トランプチームは読んで居て、具体的には何も出来ない様にして居る様です、ダカラ、玉ねぎ男の法務大臣就任も、不発に終わりそうな塩梅で、暗に、文政権の崩壊~文の逮捕が近づいて居ると、私は思いますね。

 なので寧ろ、その後の韓国の処分の方が、大切ですが、此方は、朝鮮との兼ね合いがあるし、統一が朝鮮主導で行われるのが、既定路線の様に言われて居ますが、此処に、ロシアやシナが口を出さないとは到底思えませんね、この先、紆余曲折は当然あると思います。

 安倍・トランプチームの関心も、寧ろ、そちらの方が高いと思いますよ。 ダカラ、現状は、諜報戦の真っ最中でしょう、どうでも良い、韓国処の話では無い。

 シナの北京派の方は、今や対面体面を保って居るダケですが、それも国慶節まで、国慶節を過ぎれば米国のシナ処分が本格化するでしょうね。

 ロシアの方は、長引く経済制裁の所為で、不況のど真ん中で、プーチンの20年に及ぶリーダーシップに、疑念の声が高まっていて、国内で反プーチンのデモの規模が、次第に膨らんで居るとの事、是をブレイク・スル―するには、もう、軍事行動しかない処まで、追詰められているとの見方もある。

 そうなれば、日米ダケで無く、欧州勢力も警戒感を募らせているでしょう。 何せ、熱戦の相手が、朝鮮・韓国と、シナやロシアとでは、雲泥の差ですカラね。 

 其れにこの2国は、軍隊が熱戦をやりたがっている雰囲気があります。 昨年の11月にロシアがシナカラ買い付けた、金塊2兆円分は、どうせ、買い叩いたのでしょうから、相場の半分と考えて、実は4~5兆円分は有っのではないか、是を何に使うのか? 

 ロシア軍に一番必要なのは、軍の設備の更新でしょうが、是をあまり派手にやれば、意図がバレてしまうので、新兵器の開発に見せかけて、在来兵器の更新・増強を進める手立てを取るので派内でしょうかね。

 その辺りから、日米の諜報機関も、探りをいれているでしょうね。 勿論、ロシアも尻尾を簡単に掴まれる様なタマでは無い、プーチンも元は、KGBのエージェントですからね。

 シナは、当然ながら、江沢民が支配していると言う瀋陽軍区が、一番疑わしいですが、オソラク、常時衛星監視の対象になって居るでしょう。 例えば、東北軍のルーチンを外れた行動は、米太平洋艦隊ダケで無く、実は、攻撃の主力の、原潜部隊への非常発令に繋がって居るでしょう。

 つまり、弾道ミサイルの発射態勢を取ると言う事です、然も、10隻を超える数だろうと思いますね、怖いですね。

 こうした緊張状態が、陰で行われて居ての、平和維持だと言う事を、我々はもっと、認識すべきなんですが、マスコミが国民の事より、自分の会社の方が大事ではねえww 其れに、未だマスコミ信仰から抜け出せない「アホ」としか思えない情弱コメンターも居ますしね。

 安倍政権には、唯の能無しの小泉進次郎を、環境大臣を彼の試金石にする位の、余裕がまだあると言う事でしょうか?

文寅考
今回も更新感謝します、ちょうど国連で文寅が演説したところです、何がいいたのかよく分からない内容でした。
会議場で’ほらあれがアメリカ大統領から信用できないと言われた奴だよ’との声が聞かれたかも?。
G7の会議で話題になるとは流石、南の指導者です、期待を裏切りません。
話は変わりますが、南の歴史捏造三段活用’こうあってほしい、いやこうあるべき、こうに違いない’が何故通用するか疑問思っていましたが、先日南の歴史学者の文章を読みました。
その内容は以下の通り。
’愛国心を育てるのが歴史だ、事の真偽は関係ない’。
恐れ入りました、出てくる歴史上の人物がどいつもこいつもセフォル号の船長みたいな奴ばかりです、李承晩なんかまだ逃げ遅れたソウル市民がいるのに橋を全部落として真っ先に逃げ出しました、時の大統領ですよ。
この歴史学者の身になれば愛国心を掻き立てるため嘘も方便と同情したくなる、真実を述べれば愛国心なんか吹っ飛んでしまいます。
そう言えば日本にもいましたね、3.11の時、選挙区を逃げ出した奴が?そいつが先日、2年後に又政権を取るとか言っていました、相変わらず反対ばかりで対案を出さないで、何も反省していないのに、完全に日本人を馬鹿にしていますね、確か済州島出身で小沢とか言ったかな?
’正義は必ず勝つ’は勧善懲悪が大好きな日本人には通用しますが、外交の世界では必ずしも言い切れません、第一次政界大戦後に日本が提唱した’人種差別撤回’は見事にアメリカ大統領ウイルソンによって葬り去られました、時期尚早だったのでしょう。
今回は文寅政権の余りにもの間抜けと言う敵失に助けられた感が大いにあります。
しかしその文寅の運命も10月3日に大規模なデモが予定されているようで、その結果次第で今後の南の方向が決まるようです?
歴史は繰り返すで、ろうそくデモに発展するかな?

【 韓国は大統領が代われば全てが変わる国! 】

 文大統領はアレですが、韓国と云う国を甘く見てはいけないと思います!

 韓国と云う国は、大統領が代われば、前大統領を処罰すると同時に、前政権の政策を全て否定する、丸で、中世か古代のような国です。

 前大統領の朴大統領も、最初は反日でしたが、途中から方針を変えて、アメリカの仲介に従って、日本と慰安婦合意を結びました。

 ですから、現文大統領が、任期途中で倒されたり、任期満了後に出て来る次の大統領が曲者です!

 一応、友好的な態度を取って来ますが、用日の為であり、日本の今回の報復に対して秘かにリベンジを誓っているかも知れません?

 次の大統領は要注意です!

プログ主様、いつも更新ありがとうございます

在寅に対する不満は、「結果的に今現在」赤化統一が成っていないじゃないかということだけですね。

赤化統一こそ韓国がこれまで積み上げてきた国富と人材をムダに(朝鮮労働党と北朝鮮人の自己満足のために)損なってライバル国の「日帝」を喜ばせるとともに、日帝に再軍備と在日を粛清する口実を与える一大事件であります。

半島国家の強大化を望まない米支の意向もあり難しいとは思うが、折角「朝鮮労働党のカネで」大統領に座った以上は、在寅君の奮起を期待したいところですなあ。

高麗連邦条約について、今流行の「国民投票」でもやればいい。
ハンギョレとか大手メディアを使えば投票率だろうが結果だろうが操作可能な筈だ。

韓国人5000万の過半数の「民意だから」(赤化)統一させろと米支に要求すればいい。
支那は社会主義陣営だからまあいっかーで妥協し、アメリカも、今のほとほと愛想が尽きた状態なら「日本列島も防共の盾として残っていることだし」、案外あっさり事後承認するんじゃないですかね?

やったモン勝ちである。頑張れよ在寅。

このまま、たかだか検察の検挙で失脚とかつまらなさすぎる。

韓国に文在寅の次の大統領も、未来も、一切必要無いのだ。
朝鮮労働党のご家来の端()に加わる以外の結末は認めんぞ。

むくげの会


在日のメンタリティー

在日外国籍市民の参政権を考える連続講座 第3回
演題:在日韓国・朝鮮人と国籍
 講師:李敬宰さん
日時:2001年12月14日18時30分〜 場所:京都YWCA
【講演記録】の[質疑応答]より抜粋

ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。

こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。

国籍問題を考える・資料集
http://members.jcom.home.ne.jp/j-citizenship/siryousyuu7.htm

※「外国人がたくさん日本国籍をとったほうが、早く天皇制は潰れる」「なんとしても日本人を差別して死にたい」等がある質疑応答はHPより、既に削除されている。

ウソ、殺人、放火、窃盗が伝統文化の中国・朝鮮の社会 日本は誠 世界一安定・安全・安心できる社会





日本は誠 世界一安定・安全・安心できる社会
ウソ、殺人、放火、窃盗が伝統文化の中国・韓国の社会:
移民構想の与野党の政治家の歴史も現実も「何も知らない」。というよりも、「党利党略」以上に「私利私慾」しか考えていない。
中国人・朝鮮人の犯罪があまりにも多いので、2014年の観光収入が2兆円を超えても、日本の法務省の試算では、中国人犯罪による損失が年間12兆円!!、朝鮮人による損害は約11兆円(在日を含めるとさらに増える!!)である。

日本に限らず、世界各国でも犯罪者は中国人と韓国人が多い。韓国国内でも国家公務員の犯罪が多く、その半数が警察官であり、世界各国に一番多い犯罪者はやはり中国人である。韓国は性犯罪が多く、欧米人政府が女性の韓国旅行に注意を呼びかけるほどだ。!!



口先ばかりの人間で五月蠅いので小泉チョン次郎大臣にしてじゃあやってみろ
ですってね
やはりバカ親子
親父は何処かをホワイト国にした前科者です





朝鮮人小泉一族は日本を滅ぼそうとする国賊一族ですね。滅ぼさねばなりません。





自民党をブッ壊すと言って日本をブッ壊したチョン人です。
血は争えません。
そういえば地元の横須賀には原子炉が出たり入ったりしていますが、そっちは良いんですかねw

山葡萄原人

朝鮮人の種の根源を見れば、山葡萄原人であるのです。「何故、山葡萄原人なのか?」というと、北朝鮮人の歴史教科書で自慢して言っているのです。
 「我々の先祖は山葡萄原人である。今の現代人類とは違うのだ」と北朝鮮人は自分たちで自慢して言っているのです。だから、そうなのでしょう。朝鮮人は自分達が山葡萄原人の子孫だとよくわかっています。だから、悪い種なのです。
山葡萄原人の血が入っているシナ人なロシアはウソばかりついていますね!
山葡萄原人の血が入っている偽プーチンやチンピラ習近平はウソばかり!
 何故、「悪い種」だと言えるのかというと、山葡萄原人は、歯をギザギザにして、生肉を食いちぎっていたのです。人間でも犬でも豚でも食ってしまうのです。山葡萄原人の洞窟に引きずり込んでみんな食べてしまったのです。山葡萄原人の住んでいる洞窟群は、「悪魔の洞窟門」と言って、恐れられたのです。
 山葡萄原人が住んでいた洞窟から頭蓋骨が発見されてそれを見ると、歯がギザギザにしてあり、獣の歯のように尖っているのです。生肉を食いちぎるためには、歯はギザギザのほうがよいのです。普通の歯では、生肉は食いちぎれません。山葡萄原人は、伊達に歯をギザギザに尖らせているわけではありません。
 歯をギザギザにしている種族を見たら、「生肉を食いちぎる人種だな。人間も食ってしまうのだな」とすぐにわかるのです。そのような種(たね)なのですから、朝鮮人はよくなりません。
 時々、突然変異で立派な人が出てくることもあります。これはごく少数です。大部分は種が悪いのです。日本に敵対する種が悪いのです。ドロボウ、ウソつき、人殺し、このような人間に近づいたら怪我をするのです。
 こちらは害するつもりはなくても、相手はこちらを害するつもりがあるのですから、近づいたら怪我をするのです。

こんばんは!


あ~、もぉ…
普通に頭オカシイ朝鮮人小泉ファミリー。

エネルギー安全保障を、真面目に考えてないでしょ。


何度でも申しますが…
朝鮮しばき隊菅野完の大ウソも含めて、反日帰化人政党野党やマスごみが…
アレだけ自信満々で安倍政権を責めたのも…
最初に朝日新聞へこの件を「嘘の」リークをしたのが…

◎フリーメーソン財務省!!!

だったからです。
二度も消費増税を延期した「制裁」として。

朝鮮人、文在虎は嘘は嘘つきだ

朝鮮人は嘘つきだ。
在日朝鮮人は嘘つきだ。

彼らは、従軍慰安婦、徴用工裁判問題の時どのように行動したか。
日本が大東亜戦争終戦の時、何を言い、何をしたのか。

朝鮮人のうちにも、良い人も在るという人いるが、彼らはベトナムのライタハンのことに何をしたのか。なにもしていない。韓国人は嘘つきだ。韓国人は泥棒なのだ。

この際、在日韓国人を日本から、追い出すべきだ。
一人残らず、帰化したものも、追い出すべきだ。
ちなみに、在日韓国人の強姦犯は、日本人の13倍である。

このまま行くと反日シナ朝鮮帰化人政党マンセー民主党政権末期の恐怖の派遣切りの嵐が再び


予測~消費税増税後、日本に訪れる恐ろしいこと
本社があったタイムズスクエアビル(破綻後、バークレイズが入居)(リーマン・ブラザーズ-Wikipediaより)
海外の金利が下がると円に戻って来てしまい、円がどんどん高くなります。2012年末、マンセー民主党政権の末期と同じようなことが起こりかねません。2012年の11月、1ドル79円になってしまいました。超円高で製造業が輸出できなくなったのです。次々と工場を廃止して海外に移しました。あのとき、日本中が恐怖の派遣切りの嵐でした。ここのところ派遣切りをまた聞き始めています。

私は、国債をいますぐバンバン発行できるような財政が必要だと思います。消費税を減税して、その分の赤字国債を出し、それを国が買って金融緩和をすればよかったのに、真逆の政策をとったことによって、これから厳しいことになると思います。このままでは、来年(2020年)早々にはマイナス成長に陥ることもあると思います。もしかしたら来月かもしれません。

ブログ主様、ブログの更新を、ありがとうございます。

韓国はこれまで、ドツボの蓋の上で踊っていたのでしょう。
それが調子に乗りすぎて、浮かれてドツボの上の蓋を割ってしまった。
で、ドツボにはまってしまったのだと思います。

>植民地とは欧米人から見れば現地人を人間として扱わず、奴隷のように強制労働させる制度と見ていました。

海外の国が植民地を作るときは、其処の住民を奴隷扱いする事で労働力としました。これが、世界の常識ですけれど、日本はそうではなかったのです。

>海外は日韓の歴史に対して知らなすぎた、海外が知っているのは、日本は韓国を植民地化したということだけです。

海外は、日本の歴史も、朝鮮の歴史も知らなかったから、日本が海外と同様に朝鮮を植民地にしたのだと思ったのです。日本は同じ人間だから、同じように働くと思ったけれど、彼等の働きは自己のためだけの物でした。

だけど、日本人は支那が海外の植民地にされていく状況を知って、日本がそうされないようにと必死でした。だから、隣国の朝鮮も日本と共に努力して欲しいと考えと思います(朝鮮の実態が理解できていなかった可能性もあります。)。
尤も、海外は支那と朝鮮を見るとき(イザベラ・バードの紀行記を読んだら)、できることではないと嗤いたくなったでしょう。

でも日本は、植民地ではなく併合を選びました。植民地と併合の差を日本は、十分に知っていたと思います。但し、朝鮮はそんなことは全く判っていなかったし、やる気はなかったでしょう。そして、日本がどれだけ助けてくれるかだけに、興味を持ったのだと思います。

何故なら、朝鮮の王室の経費すら自国で賄えない国が、何をする(できる)と考えるのでしょう。
戦後の韓国は、漢江の奇跡を日本の金でできても、その後は常に経済で行き詰まって失敗しているのがその証拠です。謂わば、朝鮮は戦前も戦後も、実質は変わっていないのです。

そんな朝鮮を、日本は協力することで豊かにできると考えたのが、併合ではなかったかと思います。(関東大震災での朝鮮人の暴動や、終戦後の朝鮮進駐軍等の騒動で、朝鮮民族に変化のなかったことが理解できます。)


戦後のGHQのWGIPやプレスコードで保護された朝鮮人や敗戦利得者によって、日本は朝鮮の真実を追究できなくなり、これに味を占めて調子に乗った朝鮮人は、日本でやりたい放題をやりました。

日本と異なって、歴史は後の朝鮮によって都合良く考えれば良いのですから、「歴史は都合良く作った上で、『歴史を認識せよ』と言えば良いのです。」


韓国が戦前までと変化したのは、戦前が個人を中心に考えたのに対して、近年は国として日本から金を引き出すことに進歩したことですが(こんなことは普通は進歩とは言いません。)、自分又は自国から相手又は日本からかもろうと言うことに何等差は見つけられません。

手っ取り早く言えば、自分より何でも良いから理由を見つけて、弱い相手からむしり取るとのやり方であり、これは被害者という立場のときもあれば、相手より強くて命ずる立場のこともありますので、怨みとか被害者とかの基本的な立場には関係がないとしか思えません。
目的は、相手から譲歩を引き出すためには何をやっても良いと言うことで、これが下人の根性なのだと思います。


この根性の表れが、半導体材料の横流しであり、日本が消費先を問い合わせても放置し手おき、日本が危険だからと輸出の適正な管理を通告したらこれに怒っていますが、これの何処が被害者意識や怨みの問題なのかと思います。
さらに、GSOMIAは韓国の破棄にしても、これをアメリカが日本を命令するとの判断でしょうが、韓国が勝手に破棄したら、アメリカは日本よりも韓国に腹を立てます(これは、安倍首相がトランプ大統領に事前に説明していると思います。)。

韓国を此処まで増長させた日本の外交にも問題があると思いますけれど(相手の言うことをそのまま鵜呑みにしたり、値切ったりするだけなら、外交官はいりません。)、政治家にも大きな責任があったと思いますので、今後の日本は、大人の対応ではなく、必要なときに必要なことをする外交を行わなければならないと考えます。
外交とは、日本の利益を求めて行うもので、他国からの注文を取るものではないのです。
勿論、友好国の場合には状況が異なるのでしょうけれど、敵対国ならば、日本の利益が最優先に行って欲しいと思います。

韓国消滅話2題

 ソロです。
 韓国の消滅を心待ちにしている方々へ朗報を一つ、韓国の造船所で、建造中だった、2隻のインド船籍のタンカーが7割方出来上がって居たのですが、どの様な契約なのかは、知りませんが、突然、キャンセルされたとの事です。

 その理由が「クルクル、言い訳が2転3転して、全く信用出来ないから」と言うものですが、幾らなんでも、7割方完成しているタンカー(おそらく、VKCC=20万㌧クラスで、数百億円/隻)の建造を、キャンセル出来るなんて、余程のヘマをしでかさないと在り得ません。

 私が推測するに、ミスの言い訳が、何時もの様な「すぐにバレる様な、非科学的なモノ」だったのでしょうね。 つまり、構造上受け取りを拒否できるレベルの、契約違反があったのに、その処理に、不誠実な対応をしたので、インド人の堪忍袋の緒が切れたと言う事でしょう。

 で、インドは、この後その建造計画を、日本の三菱造船所に発注したと言う話ww 造船の受注量がサッパリで困って居た三菱としては、棚から牡丹餅の話ww

 其れで、キャンセルを食らった、韓国の造船所の方は、シナの造船所に買取を打診したそうですが、勿論、あっさり断られたとの事、文在寅が大統領で亡かったら、オソラク、スクラップ並みの値段に下げたでしょうから、何処かから、買い手が着く筈ですがねえ、不徳の致す処ですなあ(嗤)

 もう、一つこれは話題になって居るのが、空中の放射線量を、装置、いわき市、東京の3か種で、同時計測を始めて比較して居る層で、その結果に拠れば、いわき市とソウルは、粗同じ程度だ層でㇲが東京と比べると、ソウルの線量は異常な位高いらしい。

 と言うのは、いわき市は、8年前に福一の事故をやって居るのですが、ソウルは、30年も前に、10基連続で、同じ原因で、メルトダウンを起し、その冷却水を日本海に放出したのですが,発電所の下の砂浜は、放射能汚染が酷かったのに、その砂を使って、ソウル市内の舗装工事をしたそうでww お蔭で、甲状腺がんの発生が東京の40倍にもなった、其れから、30年経った現在でも、線量はいわき市と同じ位あると言う事ですね。 

 因みに、日本の限界被曝線量は、1mSv/年ですが、世界は20倍の20mSv/年なんですねww、是って、民主党の仕業ですね。

 でも、いわき市はこの基準を、最初からクリアしているんだそうで、WTOで韓国人が騒いでいる「放射能汚染大国」とは、実は韓国の事だったと言う科学的な証拠が、見つかって終ったと言うオチ 因みに、この計測を韓国大使館を始めとする関係者に指示したのは、前外相の河野太郎さんとの事です。GJですね。

無題

>ソロさん 本瀬です

原発危険デマは民主党がメインですが、今じゃ右派として
便利に使われている武田邦彦も非科学的デマを散々発信した犯人です。

真実は太陽からの放射線、紫外線に当たって死ぬ人ほ方がよっぽど多い。

河野太郎前外相は確かにGJですが、褒める基準が低すぎ!
これぐらいの事、優秀な外交官なら言われんでも普通にやるべき事です。
外務省の官僚全員に喝!

キャンセルタンカー・・・いずれ転覆か沈没の予感。
7割なら艤装前で船体の不良でしょうか、機関の不良でしょうか

イ・ウヨン研究員

日本で軍縮が完了したちょうどその頃、隣国新羅は混乱状態に陥っていた。
これがきっかけとなって、日本列島に新羅からの漂着民が続々と到着し、帰化を求めるという事態が生じる。
その後しばらく経った憲徳王7~11年(815~819)には、新羅西辺の草賊(盗賊)の反乱があいつぎ、おりからの飢饉のせいもあって、新羅全土が騒乱状態に陥ってしまった。このときには、新羅からの漂着民が日本に殺到し、弘仁7年(816)10月13日を皮切りに、8年2月・4月、9年正月と、新羅から漂着してきた数十人から百数十人規模の集団の帰化を許可している(『日本紀略』)。
他国から漂流民がやってきて帰化を請うというのは、まさに帝王の徳を慕ってきた形になり、いやしくも中華を自任するものは、これを受け入れるのが筋というべきである。
それが中華の主たるもののあるべき姿であるということを、かつて日本は中国から学んだのであり、この頃までその姿勢を維持していた。
ところが、承和年間の後半になると、新羅の海上勢力 張宝高の反乱 とシ(841年)という大事件の余波を受けて、日本・新羅両国間には大きな緊張が走ることになる。
張宝高は、日本・唐・新羅三国間の貿易を展開して勢力を築いた人物で、彼を頼ってきた新羅の王族金祐徴を援助して閔哀王を討ち、祐徴を神武王として即位させることに成功した。
だが、その子の文聖王に娘を入れて外戚になろうとして失敗、反乱を起こして討たれたのである。
この反乱事件のあおりをうけて、対馬の竹敷埼に配置された防人たちが
「正月以来、新羅の鼓の音が聞こえ、火も見える」
と報告(『続日本後記』承和10年<843>8月22日条)するといったように、両国間の緊張が高まった。
その一方で、来着する新羅人もますます増えてくる。
来着新羅人の中には、商人と呼ぶべき者も混じっており、太宰府官人の中には、彼らと密約を結んで利得を目指す者すらあらわれるようになった。
この事態を前にした太宰大弐(太宰府の次官)藤原衛 は、常に邪な心を懐いて贈り物を貢上せず、事を商売にかこつけて国の消息をうかがおうとするような新羅国人は、一切入境を禁断してはどうかと提案した。
太政官は、結局は帰化を求める者についても、単なる漂着者に準じて、食料を与えた上で追放せよと命じた
(『類聚三代格』巻18、承和9年<842>8月15日官符)。
ーーーー
「慰安婦は売春」と授業で発言したリュ・ソクチュン教授、イ・ウヨン研究員を襲撃したのと同じオッサンに予想通り襲撃される
襲撃時の映像↓
https://twitter.com/robano333/status/1176893209147928576
物凄いフラッシュ、マスコミも側に大勢いたのに誰も止めていない。豊田通商の殺害現場を思い出した。
何の責任も負わない、彼らの名はマスコミ。万国共通。

イ・ウヨン研究員襲撃の模様はこちらです。
https://twitter.com/robano333/status/1177144150782726147

イ・ウヨン研究員も警察に相談してると虎ノ門ニュースで言ってたけど、ムン応援団だから逮捕されないんじゃないかな?

表現の不自由展 in KOREA





↓↓↓動画です 12分ですので必ずみてください これが彼らのフントの歴史です=かれらの正体です 何日もかけて何ヶ月もかけて何回もみてください
ロスチャイルドとハザール・マフィアの悪行 【カザール・ユダヤ・シオニスト・英国・虐殺・バビロン】
https://www.youtube.com/watch?v=bTJ1QzZ0b1o

ハラール臓器(Made in China)

今日の虎ノ門ニュース<ミキペディア>59:57~

450万人のウイグル人が支那の強制収容所に隔離されて、イスラム富豪の臓器移植の需要に応える供給源になっている。

従来、支那の臓器ビジネスは一般人向けに、法輪功信者の臓器販売(移植手術料込)が有名だったが、ウイグル人のハラール臓器を、数倍の価格で中東のイスラム富豪に販売するようになった。

強欲支那人は、特化した高額ビジネスを展開している。

(・”・)

元民主党議員が安倍首相を刑事告発していた

暫く前のことですが、2018年9月に旧民主党の平野貞夫議員元議員らが、安倍首相を内乱予備罪で検察庁に刑事告発していたそうです。

平野氏は、昨年6月に憲法第53条と第9条違反で、衆参両院で総議員の4分の1以上の要求があったのにもかかわらず、国会の召集を3ヵ月以上も拒否し、召集したと思ったら審議は全くせずに冒頭で解散したことを(憲法第53条違反)、2015年には閣議を主導して「集団的自衛権の行使」を容認したと言うものもあります(9条違反)。

今回は、「沖縄県の米軍辺野古新基地建設を強行した」として刑法第78条の「内乱罪」で安倍首相を追加告発するものですが、今月11日付で最高検から平野氏らの元に文書が届き、安倍首相に対する告発事件を「正式に東京地検に回送した」との通知を受けたとのことです。


元民主党の悪夢の政治のときになりますが、尖閣諸島で海上保安庁の巡視船が中国漁船に衝突された事件では、逮捕された中国漁船の船長が一夜にして、中国に帰還したことがありました。

あのとき、政府の説明では那覇地検の判断と言うことでしたが、これを信用した人は居なかったと思います。政府の超法規的処置としか考えられませんでした。時の政権は中国にビビらされているとしか思えなかったのです。
中国内の反日運動が急に強くなって、この事件と関係のない会社の社員がスパイ容疑で逮捕されたこともありましたからね。

あの事件のことを、今ゆっくりと考えた場合には、どうなるのかと思います。
一晩の内に、一地検が外務省、検察首脳会議及び入国管理局を動かして、刑事犯を外国に出国させる権力を持っている筈がないだろうと思いました。


それから、民主党が政権を盗ってとき、請願を全て幹事長が受けるとの制度を作って運用しましたが、これは、憲法第16条の請願権に違反していました。
このことを、元民主党の悪夢の政治に関わった議員は、どのように考えていたのかと思います。

幹事長は豪腕とのことでしたけれど、憲法を勝手に読み替えて行ったことを無法振りを、市民は忘れたかも知れませんが、国民の忘れることはないのです。
そう言えば、当時副主席の習近平氏が来日した際に、憲法第7条の天皇の国事行為を破った上に、天皇陛下に宮内庁の30日ルールも無視して面会させ、「自分は(中国の)中隊長」などと言っていたことも覚えています。その後は、「一兵卒」に戻りました。


それから、民主党のパフォーマンスであった「事業仕分け」ですけれど、好きなように政策を潰していましたが、潰したそれぞれの事業に対して、法律的な面での整理をしていなかったと思います。
凄まじいまでの進行中の事業停止を、膏薬の「事業仕分け」と言うだけで潰したのでは、日本の政治が内乱によって混乱に晒されたような状況になったのではないでしょうか。

モリカケ問題では、議事録がないことも追及されましたが、閣議録のないことでは、民主党の閣議ではメモも残さない無茶振りでしたから、その政治結果は文字通り闇でしかなかったと思います。

鳳山、れい=朝鮮人工作員



>>2019/09/26(木) 02:42:10| URL| 鳳山 #-
>>2019/09/26(木) 04:18:58| URL| れい #-


朝鮮人、深夜に朝鮮人認定工作乙。

ベトナム人被害者の訴えを韓国政府が拒否

2019年9月25日、韓国・JTBCなどによると、ベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺の被害者と遺族103人が韓国政府に真相究明調査や賠償などを要求していた問題で、韓国政府が最近、これを拒否する考えを伝えていたことが分かりました。

被害者らは4月に訪韓し、ベトナム戦争当時に行われた韓国軍による民間人虐殺の真相究明調査、事実認定、謝罪、被害回復を求める内容の請願書を韓国大統領府に提出していたそうです。


慰安婦は居たけれど、当時の法律では合法で問題はなかったのに、50年近く韓国や朝日新聞に人権問題だと追及されてきた日本ですけれど、その韓国はベトナム戦争のときに派遣された兵士が、ベトナム人女性に乱暴したため、韓国人兵士とベトナム人女性との間に生まれたのがライダイハンでその人数は3,000人以上で多ければ30,000人とも言われています。

また、ベトナム戦争のときに韓国人兵士の無法・不法の行為により多くのベトナム人女性が虐さつされたことは、米国を始めとする調査で明らかになっているのですが、このベトナムの女性被害者やその遺族が韓国政府に真相の調査や賠償を要求していたところ、韓国政府はこれを拒否したことが判りました。

しかも、その理由は、「民間人虐殺に関する内容は確認されていない」、「事実の有無を確認するには韓国とベトナムが共同で調査しなければならないが、そのための条件が整っていない」などと書かれていたと言うものです。


自国の兵隊がやったことは見たくないだろうけれど、韓国人兵士の暴虐は事実なのですから、しっかりと見て事実を知ることが必要です。
その上で、加害者を派遣した国である韓国政府が被害者に対して損害賠償をしなければならないし、韓国の責任者である大統領はお詫びの意思を明確に示さなければならないでしょう。

それから、日本人の慰安婦問題にはなかったライダイハンの問題がありますから、韓国人とベトナム人の間に生まれた子供に対しても責任ある措置を執る必要があります。

大東亜戦争中の捏造された事件である日本の慰安婦問題とは異なって、ライダイハン問題は1964年から1973年までに派遣されていた韓国兵士が起こした問題で、まだ50年位しか経過していないことですから、調査すれば様々な事実が次から次へと発見されます。

だって、派遣された兵隊はまだ生きていますし、元気に社会生活をしているのです。但し、ベトナム人の被害者は、多くの人が亡くなっているのでしょうけれど、虐さつから運良く逃れて人達は生きているし、その子供であるライダンハンは成人になっているのです。

此処に、日本の慰安婦問題のように、捏造で侮辱された兵士達が高齢でなくなったから調査できないとか、被害者と自称する女性が高齢でなくなったり、調査不足のためかあり得ない話をする事もないのです。
何しろ日本の慰安婦問題の場合には、日本軍はジープに慰安婦を乗せることができないし、ヘリコプターを見せることもできなかったのですが、朝鮮戦争ならジープはあったし、ヘリコプターを見ることができたかも知れません。

でも、韓国の場合には、ベトナムで暴虐の限りを尽くした兵隊達はまだ元気であり、調べようとした新聞社に暴れ込んだとの報道を見たことがありましたので、これを恐れる新聞社や愛国心の強い輩によって、こんな無法・不法事件でもないことにされるのかも知れません。


捏造してでも日本に謝れと良い、首相に詫びさせ、補償を盗ろうとするのなら、韓国がやった事実の事件に対しても同じように謝り、大統領が詫びて、被害者とその遺族に対して補償をしなければならないと思います。
そして、これらのライダイハン事件の加害者であった兵隊達は軍法に違反したのですから、軍法会議に掛けなければならないと思います。

なお、日本の場合、ごうかんはタヒ刑であったと記憶しています。韓国の法律は多くが日本の法律を引き継いでいますから、ベトナム人に対しての加害行為は思い刑罰が科せられることになります。

それから、日本の兵隊は軍法会議に掛けられたときの厳しさと、刑罰の重さを知っていましたし、憲兵の厳しさも判っていましたから、普段は冗談に悪ふざけを言っていても、実際に犯罪をする事はしませんでした。
これが、支那の兵隊や,韓国の兵隊と異なるところです。

所詮韓国は海外からの投資頼みの弱小経済に過ぎぬ

にも拘わらず、頼みの綱の「日本からの」直接投資額がH24(※民主党政権時)の3分の1以下の1400億円(H30実績)しかないというのは困ったことですなあ?

しかも「理由」がしょうもない。

何と韓国製造業はウォン安に為替操作し、不良原発稼働させて無理矢理産業用電気代安くしてるにも拘わらず世界と競争する実力が無いため、続々ベトナム等海外生産にシフトし、それがために第三国からすれば韓国に直接投資する「意味が薄れたから」だそうである。

それは韓国自身の構造問題・構造不況だなあ。
日本の安倍政権をあと半万回倒閣しても解決できないぜ?

他人のせいにすんなよ。
韓国製造業が貧弱なのが悪いんだ。
このままじゃ失業率は高止まりだ。

韓国人はもう真っ当な仕事は諦めたらどうニカ?

併合条約により朝鮮労働党のご家来の端に加えていただき、全財産・貞操を寄付したうえ、朝鮮労働党の田畑を耕す。
上級人民である監督の北朝鮮人に棍棒でぶん殴られながら、なーんにも考えずに。

スマホも小綺麗な服も取り上げられ、遊ぶ時間・自己研鑽する時間も奪われ、強制労働から帰ったらソッコーぶっ倒れて眠る(若しくはそのまま永眠)

健康的な生活ができそうだね。

進次郎批判は私の場合3,4年前からよく見かけた

小泉進次郎はコロンビア大学ではジェラルド・カーティスに学び、シンクタンクCSISではマイケル・グリーンの下で研究をした。
いずれも「ジャパン・ハンドラー」の代表的な人物である。


「日米同盟をおろそかにする総理は生き残れない」「歴史問題には『ノーコメント』で十分」 カーティス教授~FCCJ主催 記者会見 2013.7.1
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/87931

ーーー
茂木健一郎氏の「進次郎を長い目で見て育てましょう」という動画が流れてきたけど、巷でさえ即戦力が重視されるこの社会で、大臣を「ゆっくり長い目で育てましょう」って、なんかヘンだよな。一年生議員ならともかく、大臣職なんだから即戦力じゃなきゃおかしいでしょ。
客寄せパンダとしては、既に「戦力」


床屋政談はどこまでいっても床屋政談で、そうわきまえているうちはよいのだ

もはや豪腕()小沢一郎にも打つ手無し!

太郎君の消費税減税詐欺はなりに考えた選挙戦術だったが、7月の参院選1回ポッキリの臨時ボーナスだったね。

世は粛々と10%消費税の受け入れに向かって進み、太郎君の党はどう頑張っても政党別支持率が共産超えしない。最大3~4%だね。
まあ太郎君の党は共産党の鉄砲玉だから親分は超えられない「作り(支持層とか)」になってるんだろうなあ。分かりやすい奴らW

立民の支持率は太郎党の倍。
安倍自民は「更に」その立民の4倍っス。

太郎君はヤケになって逃避行(全国行脚)に出発したが、「ベクれる」とか東京で東北地方の有権者を散々バカにしてきた太郎君が、地方有権者に浸透できる道理がない。
みんな石投げていいよ?どうせ裏切り者の卑劣漢だから。

消費税減税を掲げる太郎党の衰退は消費税減税詐欺の不発を意味する。
豪腕小沢が民主党に政権取らせた時の子ども手当て詐欺の再来は

無い
とハッキリしたわけだ。

小沢の下の世代の工作員は更に格落ちする。

マシなので枝野、ダメダメだと玉木。
度胸も決断力も謀才も無い。
「何となく」「惰性で」中国共産党や朝鮮労働党にぶら下がって生きる指示待ち人間ニダ。

ぶら下がるだけの人材など無用だし、両党そんな金銭的余裕も無くなりつつあるんだがねえ?

嬉しいです

管理人様、いつも本当にご苦労様です。
初めて投稿させていただきます。

万人に好かれる政治など不可能ですが、安倍首相の手法はトータルで見ると支持したいと思います。
そして安倍政権の功績の一つが、この「韓国切り離し・韓国のウソあばき」なのです。
私は嬉しい。今までどんなに、あの国に煮え湯を飲まされて来たか…
戦後レジームからの脱却は、着々と進んでいるのを実感しました。

ポッポさん
詳しい情報ありがとうございます。
因みに母の弟はフィリピンで戦死したのですが、憲兵だったそうです。
母がよく弟が生きていたらとぼやいていましたが、憲兵の多くは現地の治安維持活動でB級C級戦犯として処刑された方が多いと聞きましたので生還は難しかったように思えます。

それにしても南朝鮮は酷いですね、そして醜い。
ベトナム戦争が終わり45年以上が経っていますがベトナムは国として一切南朝鮮に謝罪賠償を求めていません。
流石、誇り高い民族です。
アメリカに勝ち、シナの侵攻を撥ね退けた、そんな民族が何故フランス如きの植民地になったのか不思議です。
当時は国としてのまとまりも弱く、科学技術も未熟でまともな武器もなかったのでしょう。
武器を持たせたら怖いものなしですね、そこが南と大きな違いです。
朝鮮戦争時、南の軍隊は最新の武器をアメリカから供給されながら、いち早く武器を投げ出して遁走したそうで、4万人もの戦死者を出したアメリカ軍にしてみたら軽蔑の対象以外の何物でもありません。
そんな軍隊に戦時統制権を渡す?、アメリカ軍がそんな軍隊の指揮下に入るわけないです、絶対アメリカは撤退する気まんまんですね。
ちょっと調べて見たら、ベトナムは相変わらず共産党一党独裁です、一応選挙はしているみたいですが、民主主義とは言えません。
どうして多党制に移行しないのか不思議です、共産党の宿痾みたいなものでしょうかね、民衆の恨みを買ってその反撃が怖いのでしょう。
それなら時間をかけて、恨みを買わないように民主主義に移行する手立てを考えればいいのであって、それさえ実行すれば東ヨーロッパのような粛清の嵐は避けられると思うのですが?
やはり経済的な発展はシナを見ていると分かるのですが、自由主義でないと無理なような気がします。
ベトナムには早く目覚めて、自由主義陣営のインド太平洋構想に参加してほしいものです。

昭和天皇と第二次上海事変(米国の中国排除は本気だ! 8月21日(水)時の投稿の続き)



日中情勢に対する当事者の見解

支那事変(日中全面対決)前

石原莞爾 参謀本部第1部長(第二次上海事件前)

「蔣介石は相当な戦術家だ。かならず長期戦にもちこむだろう。中国大陸は広大だ。どこまでも逃げていくだろう。抵抗する者はうち破ることができる。しかし、逃げる者には追う者が奔命に疲れる。食糧が足らないなら、まんじゅう一個で辛抱する支那兵だ。武器、弾薬が欠乏すれば、ゲリラ戦を展開するだろう。兵員が不足なら、支那には五億もの民がいる。広域な泥沢地帯、無限の山岳地、鉄道もなければ、道路もない。全大陸を縦横に走るクリークは世界無比の迷水路である」「奥地深く逃げ込まれたとき、追うに道もないが、日本軍への補給のすべもない。日本の軍事費は無限大に投じられても、効果がないだろう」「この戦争は十カ年を費やすも、解決点がない。結局、攻める者が敗北だ。断じて戦争をしてはならない」

浅原健三(八幡製鉄所でストライキを指導し検挙される。第一回普通選挙に当選。のちに石原に近づき政治工作に関与。支那事変前には石原の意を受け、政界や陸海軍の要人と面談を重ね日支不戦を説いた)、山口重次(満鉄に勤務。満洲事変勃発後は石原に協力して満洲国建国を後押し。その後満洲国官吏を歴任)との談話」 (桐山桂一『反逆の獅子』)


蒋介石

「第二次大戦はいまや一九三七年までに起る可能性があるほど切迫し来たった・・・その大戦において日本の陸軍はソ連を敵とし海軍は米国を敵とするが故に、結局日本は敗戦すべく、その際が満州・華北の失地を回復し中国の統一を完整する機会である・・・もしこれに先だって日本との単独戦争に入ることとなるならば、長期戦に訴えてその間の国際情勢の変化を待つ」

(『太平洋戦争への道』4「解題」)

「戦争が始まれば、勢力が均衡した国家は決戦で戦争を終結する。だが、日本と中国のような、兵力が絶対的に不均衡な国家同士の戦争は、正式の決戦にこだわらない。日本は中国の最後のひとかけらの土地まで占領し尽くさなければ、戦争は終結できない。普通、二国間で開戦すれば、政治の中心の占領が要計である。しかしながら、対中国作戦に関しては、武力で首都を占領しても、中国の運命は制することはできないのである」

(「友か?敵か?」一九三四年一二月、同前)


アレクサンダー・フォン・ファルケンハウゼン(中国国民党、ドイツ人軍事顧問団長)

・「蔣は事態の平和的な解決を希望しているが、中国の国益を犠牲にすることはできないと考えている、現在、中国がひとつにまとまっているのは反日感情によるものであり、ここで降伏することは不可能、むしろ武力対立を選ぶに違いない・・・戦争は中国全土に拡大するだろう・・・中国が勝利するチャンスはかなりある・・・日本の勝利のためには軍の総力が投入されねばならないが、これはソ連の態度から考えてとうてい不可能である・・・したがってブロンベルク大将は、日本が必ず勝つと考えるべきではない」

((1937年)7月21日付、ヘルベルト・フォン・ディルクセン駐日ドイツ大使より外務省あて電報。ゲルハルト・クレープス)、盧溝橋事件後、トラウトマンへの報告書「在華ドイツ軍事顧問団と日中戦争」『日中戦争の諸相』)

・揚子江流域地区の守りに集中し、(広大な大陸)空間を武器として使って日本軍を消耗させ、加えてゲリラ戦を展開すること

(長谷川熙「アレクサンダー・フォン・ファルケンハウゼンと中華民国陸軍」『ドイツ史と戦争』)

・四川省を最後の抵抗地区とすること

(秦郁彦『盧溝橋事件の研究』)

・日本が対支戦争を遂行しようとする場合、極東に戦略的地歩を求めるソ連、経済的関心を持つ英米にも対処しなければならなくなり、これら各国を含む大規模な戦争に日本の財政力は耐えられないと分析したうえで、支那の対日戦略は「できるだけ戦いをひきのばし、できるだけ多くの外国の介入を待つ」こと

(児島襄『日中戦争』第二巻)。


米国武官J・スチルウェル〔Joseph Stilwell〕大佐(後の中国国民党軍事顧問)

今後、日本側が採用する政策として次の三案が考えられる、と推理していた。
「A」=戦線を一定地域に限定し、兵力と補給を確保して持久し、中国側の疲労を待つ。
「B」=全面撤退して全面戦争をさける。
「C」=全面戦争をさけるつもりで、兵力を逐次投入して全面戦争にまきこまれる。
 そして、大佐の結論は──
「Aが上策、Bが中策、Cが下策だ。Aの場合は蔣介石側は勝利を得られず、内外の支持を失って政治的失脚をまねくはずだからだ。Bも良い。蔣介石にとっては成功だが、そのあとは必ず共産党との戦いになり、日本が再進出する機会が期待できる。
 しかし、AB両策は、いずれもよほど冷静で辛抱強い国民と政府でなければ、実行できない。日本には無理で、日本がえらぶのは下策イコール蔣介石にとっての最上策だろう」

(児島襄『日中戦争』第三巻)


昭和天皇

「戦局漸次拡大し上海の事態も重大となれるが青島も不穏の形勢あるよし、かくのごとくにして諸方に兵をもちうとも戦局は長引くのみなり、重点に兵を集め大打撃を加えたる上に我の公明なる態度をもって和平に導きすみやかに時局を収拾するの方策なきや、すなわち支那をして反省せしむるの方策なきや」

(陸軍参謀総長閑院宮、海軍軍令部総長伏見宮博恭への下問、1937年8月18日)


支那事変(日中全面対決)後


石原莞爾 関東軍参謀副長(第二次上海事件後)

・「国家にも、人間と同じように運命というものがあるものらしいですな。とうとう支那との戦争は拡大することになりました。それには私が邪魔になるから満州に放逐したのです。今後は日本が敗けても満州が崩れないように固めましょう」

(横山銕三「石原精神の中国における栄光と受難」『石原莞爾のすべて』)

・「山口さん、これで私も肩の荷が卸りたような気がする。止むを得ない。日本は亡国です。せめて満洲国だけでも独立を維持するようにしましょうなあ」

(山口重次『満洲建国への遺書 第一部』)

「日本は、樺太も、台湾も、朝鮮もなくなる・・・本州だけになる・・・」

(田村眞作『愚かなる戦争』)

「日本はこれから大變なことになります。まるで糸の切れた風船玉のやうに、風の吹くまゝにフワリフワリ動いて居ります。國に確りした方針といふものがありません。今に大きな失敗を仕出かして中國から、台灣から、朝鮮から、世界中から日本人が此の狹い本土に引揚げなければならない樣な運命になります」

(岡本永治「豫言」『石原莞爾研究』)


スターリン

歴史というのは冗談好きで、時にその進行を追い立てる鞭として、間抜け(дурак)を選ぶ。

(1938年2月7日(第二次上海事変から約5ヶ月後)、日本について立法院長孫科について語った言葉)


まとめ


一人を除いた他の当事者の見解として「限定戦争」(想定戦場は華北地域)では日本軍優位、「持久戦争」では中国軍優位というのが共通認識であったと言えよう。残る一人だけは「支那をして反省せしむる」という意図で「全面対決」を決断した。そこには日本が持久戦争に引き摺り込まれる危険性に対する認識がない。そもそも、日本は支那と「全面対決」をして「持久戦争」に陥る危険を冒さなければならないような情勢にはない。国家元首としてあまりにも軽率な決断であった。スターリンは的確な表現でそれを「間抜け」と呼んだ。「間抜け」に振り回された時代、それが「昭和」という時代なのである。


資料

石原莞爾と支那事変
http://gyuhoneko-laboratory.hatenablog.com/entry/2017/04/25/140700

「日米を戦わせよ」1920年のレーニン演説とスターリンの謀略
https://ironna.jp/article/914

陸上自衛隊富士学校夜間演習

8月22日(木)東富士演習場畑岡地区にて陸上自衛隊富士学校の令和元年度富士総合火力演習が行なわれました。

スライドショー、写真をクリックすると始まります。

画面は最大化(右下のボタンをクリック)にすると見易いです。

何処でも中央の停止ボタンをクリックすると一時停止します。
画像ファイル

詳細は
【近隣イベント情報の掲示板】をカチッとね!
http://www.aixin.jp/tk3/hnah/hnah.cgi#9月27日_06:25:46

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12530065207.html

風評加害者、韓国、民主党

毎週の記事更新ありがとうございます。
 韓国が今の状況になってきたのには色々な理由がありますが、日本との関係で言えば、明らかに安倍政権の対応が従来の日本の政権と違っていたことが挙げられるでしょう。
2015年の12月の米国立ち会いのもとでの所謂慰安婦合意の時、安倍さんは”韓国がこの合意を守れないようであれば韓国は国際的に終わる。”と言う趣旨の発言をしました。当時は保守と称している多くの方の非難の嵐がありましたが、安倍さんの言った通りになりつつあります。

 2019年9月ウィーンで開かれたIAEA総会において韓国は、福島の汚染水(注:本当は処理した浄化水)を海洋に放出すればもはや日本の国内問題ではなく世界全体の海洋環境に影響を及ぼしうる重大な国際問題となる、と強調し懸念を表明しました。
さらに、2020年の東京オリンピックを”放射能オリンピック”であり、危険とまで諸外国で言いふらしています。
 実は韓国は大量のトリチウムを海洋に(しかも狭い日本海に)放出しています。さらに、複数の原発のメルトダウンを公表していないとされています。(韓国に限らず、事故前の福一も世界の国の原発も皆基準値以下のトリチウムを海洋放出しています。)
これだけに限らず、日本に関し有る事無い事ではなく、無いこと無いことを世界中で言いふらしてきたことはほとんどの日本人が知るようになりました。
 いわば、日本に関する風評加害者と言えるでしょう。

 東京電力から福島県漁連からの要望書に対し、平成27年8月25日付けで次のような回答が出されています。この内容を知れば、ほとんどの人が納得する内容ではないかと思いますが、マスコミは報道していないようです。
要旨
組み上げた地下水を浄化設備で浄化し、一時貯水タンクで貯水、分析の上、以下の運用目標を満たしているものを排水します。
セシウム134、137:1ベクレル/リットル未満
トリチウム1500ベクレル/リットル未満。
この数字がどのような意味を持つのか、因みにWHO の飲料水基準と比べてみます。
 WHO の飲料水基準:トリチウム 10,000ベクレル/リットル(福島第一:1500Bq/L)
 セシウム134:10ベクレル/リットル(福島第一:1Bq/L)
 セシウム137:10ベクレル/リットル(福島第一:1Bq/L)
WHO の飲料水基準をはるかに下回り、もう浄化水と呼んで良いのではないかと思われる水準です。
 福島県漁連が反対していると伝えられていますが、漁連の言い分をよく読めば、”一般人の放射性物質に対する十分な知識がない中でタンクの水を放出することによる風評被害が心配。”、と言っています。
 国民の、放射性物質に関する不安や懸念を高めることに大いに貢献したと思われるのは、民主党政権下で行われた基準値の大幅引き下げです。
それまででも世界の諸国に比べ、極めて厳しかった日本の基準を一気に引き下げました。(何故だったのか、その真の狙いが何だったのか、今ではわかる気がします。)
(単位はベクレル/Kg)
飲料水:  米国1200、EU 1000、日本200 → 日本(新基準)10
一般食品: 米国1200、EU 1250、日本500→ 日本(新基準)100
乳児用食品:米国1200、EU 400、日本500→ 日本(新基準)50
牛乳:   米国1200、EU 1000、日本200→ 日本(新基準)10
 一旦掻き立てられた不安を解消するのはなかなか大変です。感情でむやみに怖がるのではなく、事実に基づき、しっかりと理性で対処し、煽られずに自分の頭で考え、正しく怖がることがますます必要になっているのではないでしょうか。
風評被害と漠然と言われますが、風評加害を(意図的か無意識かは別にして)している人たちがいるのは確かで、彼らに与する共犯者にはならないようにしたいものです。

予言

消費税増税による経済低迷を、
彼らは消費税が原因とせず、
米中経済戦争と五輪終焉したせいだ。
とするでしょう。

借金返済というよりブラックホール如く金は消えていく。

そもそも政府が作り出したお金を回収して、何をしたいのかよくわからない。

唯のアホとしか思えません。
さらに安部政権はグローバルによるグローバルのためのグローバルの政治が大事なのであって、何故種子法廃止とか、国境を開かないと駄目とかやる始末だし、キャッシュレスだってそのビジネスの一貫でしか過ぎない。

その関係からしても政府<グローバル企業のビジネス展開

国民を食い物にして、焼き畑的経営をしだしたらこの国は何処に行くのやら。

意思決定の最終決定は安部政権に有るのだから、利権があろうともそれは許されるべきではない。とは思いますね。


結局アイヌや部落に成りすましているのだな、朝鮮人は成りすますのが昔から大得意。
半島に帰りたくない、地道に仕事もしたくない、日本に寄生して働かないでぬくぬく暮らせる方法ないか?
日本人は通名なんて使ってないし。これまでのだらしの無い議員たちが通名を廃止してこなかったのは無責任すぎる。
未だに通名撤廃を叫ぶ議員もいない。日本国民の俺は政治屋たちにゼニ払いたくないよ。

デバイドアンドルールという植民地支配
毎日の更新を有難う御座います。
農協を湯田菌が狙っている話で、コシミズをソースにしていると誤解した人がいますが、ソースで無いのは文脈から明らかです。三橋氏は農業、コシミズは農業と金融、それでは不十分なので、私は農業と金融と医療という流れです。農林中金に湯田菌がCDSやCLOを営業しているのも良く知られた話です。農協を解体して、伝統種子の廃止とF1種子を枯葉剤モンサントが開発した悪魔農薬ラウンドアップ等と組み合わせて継続的に買わせる、資金を強奪する、厚生連の病院網を弱体化させ国民皆保険をガン大国日本改悪して米国の医療保険を買わせる等多方面での目的があると思います。自民党を支持すると湯田菌に売国し、野党支持では特亜に売国する構造になっています。国益を考えれば、欧米と距離を近くした方が良いのは明白ですが、分割統治デバイドアンドルールの罠ですね。

日本に小増税後秋で、世界に反旗を翻せと煽って居るのですか?

>shadow government さん ソロです。
>>消費増税は安倍政権だけの所為?
 貴方には、以前に説明した心算ですが、消費増税直前になって再び、アンチ安倍政権活動のやり直しですか? 分らん人ですね。

 まあ、そう言う人は潜在的には、沢山居るものと思いすから、或る程度、仕方が無いのでしょうが、この緊縮経済下で消費増税策というやり方は、日本をデフレのままにして置く為の手段だ、と言う事は、常識程度の経済の知識があれば、誰でも分る話です。

 ならば、何故そんな事を、20年もやって居るのかと言う疑問が、当然、湧くでしょう? 其れを、藤井と三橋は、経済理論ダケで批判しているだけの事です。

 是はどういう事かと言えば、現在の日本経済と言うのは、20年もGDPが1%辺りなのに、逆に「世界一安定した経済」として、日本円は「世界一強いハードカレンシー」として認識されて居て、金地金と変わらない扱いになって居ます。

 然も、海外純資産7年連続世界一、日銀の内部留保550兆円、企業の内部留保額500兆円、家計の預金高1400兆円・・と言う、何処から看ても、世界のトップクラスの金持ち国じゃないですか? 是が20年デフレを続けて来たうえでの、結果なんですよ、是は知って居ましたか?

 お金と言うのは偏在すると、その国の力が世界を覆って終う様な力になって顕現します、その好例が米国ですね、GDP5千兆円<日本の10倍)を、何十年も続けて居るのですカラ、その蓄積は、日本の次元では無いと思うでしょうが、実はそうでは無く、米国政府が動かせるお金は「オバマケア」が直ぐ破綻する様な、脆弱な規模しかないのが現実です。

 ならば何処が金を動かして居るのか、と言えば、国際金融資本と言う、経済団体何ですね。 つまり、赤盾やDRの組織で、DSの母体になっていた団体の事です。

 資産1京円と言われる赤盾(ロスチャイルド)を首魁とした組織は、世界の基軸通貨US$の発行権を握って居るかばかりでなく、日本円を始めとする各国の中央銀行の株式の過半数を持って居て、世界の通貨経済を支配しているのです。 是は知って居ましたか? 勿論、マスコミや政府機関は、情報統制を布かれて居て、完黙して居ます。

 日本は、戦前はこの事情が今ほど咋なものでは無かったので、日露戦争の鮮卑の事で赤盾に面会した、高橋是清以外は知らなかったし、彼が、5・15事件で暗さつされは、誰も気が着けず、米国のロックフェラー~FDルーズベルトが仕掛けた陥穽に落ちて、今で言う、経済制裁~封鎖までされて、戦争を始めるしか無くなりました。

 所謂、日本排除論ですが、政治的にも、ソ連のコミンテルンが、あちこちに政治的罠を仕掛けて居ましたが、では、その工作資金は何処から出て居たのでしょうか? 英国? 米国? ソ連? いずれも違います。 可能性が有る、この三国は、戦争前は、何れも経済危機で台所は火の車だった筈、出したのは、勿論、国際金融資本です。

 つまり「白色人種だけで造って居る現在の世界支配体制に、有色人種の日本人など入れては、いけない」と言う、今から考えれば、無茶苦茶な理屈が、その頃は世界の常識だったのです。

 この常識が、戦後74年も経過した今でも、残って居るから、「対日警戒策」と言う施策が支持されていて、日本抑制状況が続いて居たのです。

 戦後、米国は自国市場を日本やドイツに開放して、両国の復興支援をすると共に、両国からの技術や人材を吸収して、世界一の技術水準と経済力を維持して来ました。

 処が余りの好景気に、80年代になって、米国の貸出金利がドンドン上昇し始めて、終に25%を突破思想になって居ました。 すると、財政赤字や貿易赤字の額もどんどん膨らみ、世界経済に深刻な影響を与える事態が懸念される様になっていました。

 其処で、米国市場に出入りしている主要国と米国で、通貨レートの見直しを相談し、日本が、1US$=280~250円を、1年懸けて、160~135円に下げて、ドイツマルクも同程度のマルクレートを上げました(85年 プラザ合意)

 然し、DR(デイヴィッド・ロックフェラー)は、日本の経済力が其れだけ上昇しt期ている事を感じ取り、この辺りで、日本の足腰を叩き折ってやろうと、先ずは、支配下に於いて居た、大蔵省に命じて、金融緩和を行い、日本をバブル状態にしました、その上で、その緩和策を突如中断する事で、日本の強靱な金融構造を叩き潰したのです。

 その上、日本の郵貯に、1500兆円もの預金が眠って居る事に目を吐け、郵政民営化して、その預金を市場に流し、独り占めする事にしました。 それも、小泉純一郎と言う売国奴のお蔭で、上手く行きました。

 有頂天になったDRは、その金を使って、或る陥穽を仕掛ける事を思い着きます。 其れで起こったのが、リーマン・ショックで、詳細は長くなるので割愛しますが、要するに、赤盾をUS$暴落~国際基軸通貨破綻に拠って、赤盾の力が無くなり、自分、或いは、甥が、国際金融組織の首魁に座る、つまりはクーデターだった。

 処が、是を事前に察知した、赤盾派、気付かないふりをして、その間に、DRの目論見を全て、調査で明らかにした、その結果、共産シナがDRと繋がって居る事が判明し、12年6月に、会議を開催して、その席上で、DRとその甥を、除名し私財没収の上追放にしました。

 そして、日本の次期首相は、DRが石破を指名して居たのに、対抗馬として、DRに07年に失脚させられた安倍晋三を建てたのです。 総裁選は、決戦投票の結果、安倍さんに決まり、12月に組閣が行われましたが、この時点で、日本経済は、劇的な回復基調に乗っています。 爾来、日本の経済は、数字の上では絶好調です、唯、緊縮経済のママなので、好況感が表面化しないのです。

 それに企業が、収益を内部留保に回したので、その額は、あっと言う間に500兆円近くまで膨らんで居ますが、ベース・アップを含む、国内投資に向けない為に、日本経済は安定度は抜群だが国民の不満度は高いままと言う状態があるわけですね、この状態を創ったのはマスコミに責任があります。

 貴方は、この状況に文句を言って居るのでしょうが、冷静に日本の現状を持て、世界と比較して看た事が有るのでしょうか?

 マスコミもDS支配下ですカラ、グルですので、シナの景気が未だに、物凄く良い様な印象操作をして居ますが、国際情勢から考えて、その反対の状況なのは明らかでしょうし、固より、シナが日本より景気が良かった事等有りません。

 このブログにも現れる、韓国経済勝ち組論者は、日本異人べったりで有る事が、判明して来たかんっく経済の脆弱さには触れずに「日本ダメぽ論」を、何の衒いも無く展開して居ましたよねww HSBCさん他の方々

 共通して居たのは、安倍政権の経済政策、アベノミクスの失敗を言い立てる事でしたが、その結果が、貴方や藤井・三橋が云って居る様な論理になるわけです。

 理論としては、間違って居無いのでしょうが、そんな論理が通るなら、固より、日本は戦争なんかしないで済んで、今頃は大東亜経済圏の40億人の消費力を背景に、世界一に国になって居た筈です。

 然し、そうはならなかった、是が政治と言うものが絡んだ結果何ですよ。 祖の政治の状況が、今は未だ全く落ち着いて居無い状況だから、もう少し待てといっているのですがねえ、この現実てきな理屈が分らないのなら、日本は亦戦争をしなくてはならない士、亦負けます。

 原因は貴方の様な人間が沢山居るカラだと、言って置きます。

民主党も消費税増税賛成だった。

巻き込まれるのは後免ですね。あと的外れで検討違いです。

ナポレオン・ソロさん
たとえ500兆円があったとしても投資をしなければ成長しない。ビジネスとはそういうものです。資金回収出来なければ撤退するだけです。それはナポレオン・ソロさんも理解して頂いていると思います。

日本の場合、内部留保が500兆円あるといわれているがそれは、現金を含む資産、例えば施設や株も含んでいます。それは企業によって異なります。切り崩しはM&A等に使われます。

何故法人税を減税して、消費税を上げるかと言えば、その方が株主にとって都合が良いからです。

ナポレオン・ソロさんが言うように「経済成長は無理です。」という風潮はマスコミが作り出したものです。しかしDSとその結び付きがあるという事実は有るでしょうか?

世界とのビジネス展開で残念ながら待てと言われても、巻き込まれるのはいつものことです。

政府を食い物にしてビジネス展開すれば誰もが儲かるのですからうまい話はないです。例えば、氷河期世代に支援をすると言いますが、それは民間がやるだけで利益を得ることが出来ますし、氷河期世代の人の境遇などは関係ない。

まあ、待てと言われてもいつの時代に既得権益集団は居ていると言うことですし、何も改善されないまま、口と耳を塞いだままで行き着く所まで行くしかないでしょうね。

う~ん・・

日本企業の手元現金が過去最高-大半の国のGDP上回る506兆円超
2019年9月3日
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-03/PX7EDC6KLVR601?utm_campaign=socialflow-organic&utm_medium=social&cmpid%3D=socialflow-twitter-japan&utm_source=twitter&utm_content=japan

米経済団体、「株主ファースト」を廃止 福利厚生や地域に注力へ
2019年08月20日
https://ironna.jp/article/13229
アメリカ最大規模の経済団体「ビジネス・ラウンドテーブル」は18日、数十年にわたって資本主義を推進してきた株主第一主義を廃止すると発表した。株主利益の追求はもはやアメリカの実業界の主目的ではなく、今後は利益を生むこととともに、社会的責任を果たすことにも注力すべきだとしている。

18日に発表された声明は「『アメリカ全国民を助ける経済』を推進するため企業の目的を再定義する」と銘打たれ、180人以上の企業トップが署名した。
―ーーーー
2019-03-28
■田舎者と貧乏人を初めて見た話
https://anond.hatelabo.jp/20190328015628
誰にも言えない偏見を、そっと書き残す。

東京に生まれた。
新宿区で生まれ、その後は23区外に引っ越したが、ずっと東京都内から出たことはなかった。
小学校受験をし、私立の小学校を卒業し、そのまま中学受験をして、いわゆる御三家に合格し、中高一貫の女子校を卒業した。
中高時代は都心まで通学し、遊ぶところは新宿、渋谷だった。
1年間浪人し、そのまま地方の国立大学医学部に進んだ。

医学部生同士での「親って医者なの?」という会話に驚いた。

「え?むしろ親、医者じゃないの?」

喉元まで出かかって飲み込んだ。

私の周りの医学部志望生は、7〜8割は親が医者であり、親が医者であるかどうかを確認する文化がなかった。また、親が医者でなかろうと、会社の社長だの外交官だのばかりなので、「あ、そうなんだ。」くらいで終わりだったのであるが、ここでは違った。
「医者かー。いいなぁ、金持ちで。」
非常に面食らった。
ーーー
N国党首、人口増に「虐殺」言及
https://jp.reuters.com/article/idJP2019092701002060
NHKから国民を守る党の立花孝志党首が、増加する世界人口への対応に関し「ものすごくおおざっぱに言えば『あほみたいに子供を産む民族はとりあえず虐殺しよう』みたいな」と発言していたことが27日、分かった。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された対談で語った。
直後に「やる気はないけど」とも付け加えた。

日本から貧困国住民への教育支援に疑問を呈し「犬に教えるのは無理。犬に近い。世界中の人間には、それに近い人が圧倒的に多い」などと強調した。


国外の人間に手を出せるはずないから、具体的には国内の貧困層、高齢者、難病患者、先天性障害児、重度の精神疾患患者などがターゲットにされ、実際共感を集めそうだ。
糖尿病抱えて高齢になると合併症でどんどん体壊れていく。
治らない。
自分も糖尿家系だから色々見ている・・・。
ーーー
“夜回り先生”水谷修の嘆きに心配の声
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/22/news123.html
2019年7月29日には「夏休みに入ったせいでしょう。女子中学生、女子高校生の親からの相談が続いています」と、子どもたちの休みに合わせて相談件数が増えたことを告白。
8月21日には「さようなら。哀しいけど さようなら。もう、疲れました。これで、このホームページは閉じます。さようなら」と突如、閉鎖を決意したかのようなエントリを投稿。
同日、再びエントリを更新し、「私に相談している人の何人が私の本を読んでくれているのか」と多くの相談が押し寄せる中で疑問を感じたことを明かた。
「私の本を読んでくれればそこに答えが」
ーーー
「ケーキの切れない非行少年たち」が話題に

想像力の欠如が人を怒らせる……「ケーキの切れない非行少年たち」感想
https://note.mu/nyalra2/n/n39ecbfef9996

僕は酒井くんのことが分からない
https://note.mu/hershamboyz/n/n514420a86c89

酒井くんが必死にやろうとしても届かなかった、できなかったのが勉強だとすれば僕の「どうやったらあんなんで補習受ける点数とるんだよ」という言葉は、コンプレックスをいじくる発言に他ならない。なんて勝手なことを、なんてひどいことを、と一気に後悔した。

このことを、僕は事あるごとに思い出す。

 たとえば、公立中学校に行かせるのはこどもの人生を潰す行為という発言をみたときや、MARCH以下の大学に入るやつはどうやったらそうなるのという言葉をみるとき、「良い大学に入って、私は底辺環境から抜け出せた!」という成功談を読むとき……最近だと『ケーキの切れない非行少年たち』関連の話題がそうだ

>日本は韓国を植民地化した

ことなど歴史上ただの一度もない。併合はあるが。嘘を広めるのはやめて頂きたい。ブログ主殿訂正をお願いいたします。

中国軍事は霧がかかりっぱなし

中国の軍事を調べる上で理解しておきたいのは「冷戦後の軍事的常識はほぼ通用しない」ということ。
軍の近代化や組織改編のスピードは異常に早く、知識のアップデートを常にしておかないと訳が分からなくなる。

政治家だって自分の利益だけ考えてれば支持者を失うよ。
自分の支持者の利益は守らなければ。
ただ、その支持者は国民のごく一部で他のより多くの国民には多大な不利益だったりするから、問題になるんだが。
ーーー
《歴史を学ぶ理由》は「現在と過去との対話を続けていく間だけ、人は未来への希望を語ることができるから」です。
歴史を知らないものは、現在のありようがこれまでずっとこうだった/だからこれからもずっとこれ以外にはない、と無自覚に信じるしかない。現にある状態とは異なる可能性を知らなければ、現にあるのは違う未来を考えることもできません。
実は、これは貧困の定義でもあります。
貧困とはただ様々なリソースが欠乏していることをいうのでなく、そうした状態から抜けられないこと、そうした《現状》に永遠につなぎとめられることを言います。
ーーー
世界の事実上の共通語と化した英語に対して我々は全くの非ネイティブなわけだが、今後の第2の国際語ともなり得る中国語、その背景となる漢字文化に対して、日本人は世界で最も近い位置にいる
ーーー
統計学を使った社会科学系の論文をゆるく紹介していくのだ!
統計学そのものの解説ではなく、「統計学を使ってわかったこと」のまとめなのだ。
https://togetter.com/li/1342003
ーーー
「国民自体を国有化できるなら、ドイツ企業の国有化は必要ないというヒトラーの発言は有名だ」
(アダム・トゥーズ「破壊の経済ナチス」)

国民を国有化すること
生存圏の為に国に尽くすことだけが最優先の全てになる体制と。
ーーー
1930年代、満州はあらゆる意味で未来への希望に満ちたフロンティアであった。
自らの才覚で巨万の富を為した朝鮮の民族資本家たちは満州開発を見越して満州への投資と農作物・各種製品の輸出に力を入れ、それは金基本徳など朝鮮系資本家のさらなる飛躍につながった。
豊作恐慌により困窮し土地を失った朝鮮人の小作人もまた、新天地を求め次々と満州へ渡った。
大日本帝国は、朝鮮の余剰人口を満州へ移民させようとする
朝鮮総督府と、内地の日本人を満州国に移民させたい関東軍の間で駆け引きが行われたが、最終的に「朝鮮人の内地への過剰流入を抑えられる」という理由もあり、数十万単位で貧しい朝鮮人たちが夢を求めて満州国へと渡り始めた。
美しい「五族協和」の理念もまた、事実上の植民地人・2等国民扱いをされていた朝鮮人にとっては魅力だった。
あるいは、大日本帝国の拡大の先兵となることにより、自らをまた2等国民ではなく、まぎれもない「帝国」の一翼であるという内鮮一体化の機運が高まりつつあった

満州産業株式会社社長・孔鎮恒(民族資本家にして教育者であった孔聖学の息子)は、「大阪や東京の大財閥が進出してきてからでは手遅れである」と、朝鮮の人々に満州への「進出」を鼓舞し、1937年の「三千里」5月号は
「黄金を担いだ朝鮮内の投資家が満州に行く」
と誇らしげに報じた
満州国は、朝鮮人たちが自らの運と才覚で未来を切り開き、それこそ自分たちを見下す日本人に打ち勝ち「満州ドリーム」を成し遂げうる約束の地であった。

数十年後、岸信介と朴正煕という二人の男を結びつけ、日韓関係の修復と蜜月を成し遂げのも、この「満州人脈」であったと言われる。

>しっかり勉強して下さい さん ソロと申します。
>>日本が朝鮮を植民地にした
 このブログでは、誰もそんな事は言って居ませんよ。 批判する心算なら、良く読んでからそう言う事は書くべきです。 本当に植民地にしたのなら、全く別の議論になって居る筈なんですがねえ、しっかり読んで居無いのが丸分りですよ。

>shadow government さん
 早速、レスを貰いましたが、何を反論して居るのかが、分りませんね、混乱してますか? 私は現実を述べたダケでㇲが、何が的外れなんです?

 私が云いたいのは、もうちょっと、戦後ずっと、DS勢力と同じ勢力に支配されているマスコミが、伝えて居る報道を疑えないモノか、と言う事ですよ。

 そりゃあ、彼らだって、会社の為とは雖も、日本人だし、曲がり形にも、ジャーナリストなんだし、本当の事が云いたいでしょうが、謂ったら会社で干されるのは、目に見えてているから言えないんですね。

 でも、反論の内容から、貴方が対米追従派の保守でも、反安倍政権に凝り固まった似非右翼でも無い事が分ったので、私としては。収穫がありました、唯貴方は、未だ目覚めていない、ダケでしょう。

 云って置きますが、三橋は、唯のオッチョコチョイですが、藤井の方は、確信的な売国奴だと思って居ます。 殊に、内閣参与までやって、内閣の手の裡まで知って居て反旗を翻すのは、人間として最低の野郎だとしか思いませんね。

あらら

工作機械受注、19年は31%減 リーマン以来の落ち込み
2019/9/26
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50234720W9A920C1TJ1000/
米中貿易摩擦の激化を受けて、世界の製造業の投資意欲を反映する工作機械の受注が急減速している。日本工作機械工業会(日工会)は26日、2019年の受注見通しを下方修正し、年間1兆2500億円前後になりそうだと発表した。1月時点では1兆6000億円と予想していたが、3500億円下振れする。前年比では31.2%減となり、リーマン・ショックで受注が急減した2009年以来の落ち込みとなる。

26日に会見した日工会の飯村幸生会長(東芝機械会長)は「米中貿易摩擦先鋭化、長期化などで当初の見通しの達成が難しい」と説明した。
---
五輪工事に暴力団関与か=建設会社に労働者派遣-東京
2019年09月28日
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092701212&g=soc
暴力団から労働者の派遣を受けていた疑いが持たれている埼玉県川口市の建設会社が、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村工事に下請けとして参加していたことが27日、関係者などへの取材で分かった。
---
シンガポールのフリーペーパー
https://twitter.com/Live_in_Asia/status/1177501787432972288
日本食シェフが一番給料高い。
年1回の帰国費用まで。
ボーナス1ヶ月(AWS)とすると900~1000万円くらいに。
所得税率の差で手取りも日本より多い。
経験3年以上だから挑戦できる人も多いと思うし、同国内での額の伸び代も期待できるのでは。

日本に小増税後秋で、世界に反旗を翻せと煽って居るのですか?

>ソロさん
横から失礼します。shadow givernment さんに対する長文のコメントを要約してみました。
要約はじまり。
消費税の増税は経済的側面だけをみれば良策でない。
が藤井氏や三橋氏は経済的側面だけしか見ずに増税を批判している。もっと大事な政治的側面を無視している。
世界の政治は戦前から国際金融資本DSによって支配されている。
DSとはロックフェラーでありロスチャイルドであり、日本の政治も彼らの支配下にある。
今世紀になってDSの間で権力闘争があり、ロスチャイルドが勝利した。
7年前?の自民党総裁選ではロックフェラーが推した石破氏が負け、ロスチャイルドが支持した安倍氏が勝利した。
ロックフェラーを駆逐したロスチャイルドが今のDSの支配者であり、彼らは安倍氏を選んだ。
安倍政権を批判するということは、ロスチャイルを敵に回すことを意味する。
従って個々の政策について問題があっても安倍氏を支えるべきである。
でなければ先の大戦前に国際金融資本に楯ついた日本がたどったのと同じ運命を繰り返すことになる。
要約終わり

上記でなぜソロさんやこのコメント欄の常連さんが現政権の入管法や消費増税といった個々の諸政策には本来反対であるのに、安倍氏を擁護するか?
その理由がわかった気がします。
つまり個々の政策でどんな問題があっても力の強い者に刃向かってならないということですね?
問題があっても強い者に従えなら、それは良く言えば現実主義、悪く言えば事大主義です。

国際金融資本が影の政府として巨大な影響力を持っていることは事実でしょう。
ソ連や中国などの共産主義国家の生みの親であることもまた事実です。
そして現代ではグローバリズムの推進者です。
彼らの狙うところは少数のエリートが世界の富と権力を独占し、諸国の一般大衆を彼らに隷属させることです。
そのための政治システムや思想が共産主義でありグローバリズムです。
共産主義とグローバリズムは異に見えて同じ効果をもたらします。

ソロさんご指摘のようにロスチャイルドが安倍氏を選んだのは事実かも知れません。
安倍氏は彼らの意向であるグローバリズム推進の諸政策を実行していますから。
私は一般大衆の一員であり、自分を大事にする立場から当然政治は多数者の利益にために行われなければならないと考えます。
私は共産主義を憎むと同じくらいグローバリズムを憎みます。
国際金融資本に迎合して隷属するのはまっぴらごめんなのでそこがソロさんとは立場が違うのでしょう。


ラグビー、アハでdす。

誰だっけ、赤と青わかっていますか
強いナ、。
KRの国旗でいいですか?ね?

---
でわ、いいかなの話するか。
ほい、ち○としては、もう少し話してもいいかな、


ち○ちゃんです。いいかな。

結局、権力者らで決めてしまう

金融危機を無視する金融界
【2019年9月20日】 
米国の金融システムが、隠されたかたちで危機の様相を強めている。金融危機がいつ顕在化しても不思議でない。具体的には、今週起きているレポ金利の高騰と、先週起きたクァント崩壊だ。いずれもリーマン危機で起きたことが10年後の今、繰り返されている。米連銀と、金融界やマスコミの大半は、今起きている危険な事態を無視・軽視している。
https://tanakanews.com/
---
藤井聡さんの話
かいつまんで
9月24日の大竹まことゴールデンラジオで。
(ポッドキャストでdl出来ます。)

藤井聡
<はじめ>
安倍政権で6年間、内閣官房参与として勤務。
安倍総理の側で(官邸の安倍さんの部屋で)レクチャーをするのが主な仕事だった。
6年間消費税増税にずっと反対していたが、とうとう10%に。聞き入れてもらえなかった。去年12月に房参与を辞めた。
同じ意見なのが、日本銀行の副総裁だった岩田規久男先生です。
彼がどちらかというとアベノミクス第一の矢の担当(金融政策)で、僕が第二の矢(経済政策)の担当だったんです。二人とも辞めてるんですけど、(増税を)大・反・対しているんです。
せっかく我々が作ったアベノミクスを失敗させるなんて腹立つわけですよ。せっかく僕ら日本を救うために学者として。実際うまくいきかけていたのに14年の増税でだめになって、19年の増税で完全にだめになる。100%だめになる。岩田先生も僕も全く同じ見解です。
<なぜそれなのに消費税を上げるのか?>
僕は学者なので政策担当者だが、政治は政策以外の「力学」で半分動いている。どうやったら日本人が豊かになるかということは実は半分無視されているんですよ。
僕が言っている議論は官邸の中で山ほど説明しましたから。官邸の人間は全部わかっているけど、できない。力学があるから。増税したい奴がいるから。
財務省(麻生さんとか)や、財界の皆さんも消費税を上げてもらえると法人税が下げられるので嬉しい。財界の影響が強い。
今、労働者が弱すぎる。日本は極端に弱い。企業収益は過去5倍になっているのに賃金は1倍にしかなっていない、全然動いてない。全然ダメ。株主配当金もどんどん伸びているんですけど、株主と経営者は儲かるんですけど、労働者は貧乏になっている。
・ジャイアンがなにもかも決める―アメリカと財界と財務省に牛耳られているのがこの日本の50年の歴史だと思います。
<おわり>
ーーー
日本「よど号事件解決のお礼に何かできませんか?」
韓国「では地下鉄の技術協力をお願いします」
…という経緯で開通したのがソウル地下鉄です。

日本から海を渡り高度経済成長期のソウルを駆け抜けた列車はいま、鉄道博物館で余生を送っています。

・・・これだけ見るといい話のように見えて、実際は日本側が地下鉄車両を本来の価格よりも高く韓国側に売って、その差額を日韓政権関係者が懐に入れると言う鬼畜の所業をしてたりするので現実は厳しい

当時の親韓派やめろ!
ーーー
増税になるとやたらニュースに取り上げられるんだけど、健康保険料、むちゃくちゃ値上がりしてて冗談ではなく手取りがはっきり目減りする世界

キリンが過去最高益なのに45歳以上の早期退職を実施、目的は「バブル入社組の処理」
投稿日:2019/09/28/
http://健康法.jp/archives/50543

政府が雇用延長を目論む矢先からコレか
“死ぬまで働け”って言うけど、正規雇用先はない。

「世の流れは、定年延長と高齢者の再雇用を実質的に企業に迫る“強制高齢者雇用”である。そのため、企業側には、高齢者に至る一歩手前の「バブル世代」の余剰感を事前に失くしておこうとの思惑が働いているようなのだ」。
しかし社会保険料などを最も多く負担している世代がどんどんリストラされたら社会保障はどうなっちゃうのだろう。

具 智元

ラグビー日本代表には韓国籍の選手もいるんです
ラグビー代表は国籍は余り関係ない。その国に居住し溶け込めば代表になれる。
ノー・サイドの精神がラグビーの真髄
国を越えて観客の個々のプレーへの感動と称賛がある。

令和元年市民運動会のプログラム

今年は日大三島高校の応援部演舞がプログラム入りしました。
画像2枚


市民運動会練習日のお知らせ。
9月29日(日) 8:00 徳倉小

詳細は
【3-3 町内会に対する要請の掲示板】
徳倉第3町内会行事予定(令和元年度) をご覧下さい。
http://www.aixin.jp/tk3/kzsj/kzsj.cgi#6月17日_16:21:38

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12530595393.html

無双さん  ポッポです

お母上の弟様が憲兵でしたか。
不躾ながら、戦後の日本では戦時中の憲兵のことを悪し様に言うことが多かったと思います。

しかしながら、父(陸軍上等兵)が言っていたことは、憲兵は厳しかったというものだったと思います。
これ、悪口というように取れていたのですけれど、実の処はそうではないのです。寧ろ、褒めていたと言えば良いのか、尊敬していたというのか、畏れていたのでしょう。

何しろ、憲兵は職務に忠実であったのです。それも、職務に忠実であっただけでなく、優秀な軍人の中から選ばれていたのですから・・・・・・。
これは、日本の兵隊だけでなく、外国の兵隊や人にも同じであったと言うことで、外国人に対しても同じでした。

すると、恨まれることにもなりますし、戦争の終わったときにはB級・C級の戦犯として処刑される結果を招いたと思います。
でも、サンフランシスコ平和条約の締結後の国会で、戦犯は無罪になったのですけれど、命は戻ってこないのですから気休めにもならなかったと思うのです。


西欧の社会主義国は、ソ連の崩壊と共に社会主義から脱却しましたけれど、アジアの社会主義国は中国や北朝鮮のように残りました。
(尤も、北朝鮮が社会主義国とは思えませんけれども・・・・・・)

これは、西欧の社会主義国はソ連が覇権を盗ることで社会主義国になったと思いますし、アジアの社会主義国は戦後にソ連や中国に侵略されたものです。

北ベトナムは南ベトナムを侵略することで、ベトナムの統一に成功しましたけれども、それ以上の侵略がないからアメリカとの外交に成功したのだと思います。
このまま国民が幸せになったら、社会主義国の成功例になるのかも知れないと思います。
社会主義国としての成功は、国のトップの資質が大きく影響していて、トップが独裁者では、社会主義国と名乗っているだけだと思うのです。

私の知識が不足しているのですが、国政は自由な選挙でありたいし、独裁者の存在は貧しい自由主義よりも国民が不幸になると思うのです。
日本国の政治が、清潔な選挙によって定まることに感謝です。

一年も前から給料が払われてないようだ。 支那の兵隊は大変な事に。

この話しはソ連が崩壊して分裂した当時の退役軍人と同じ
話しであり、支那共産党と解放軍が旧ソ連と同じ経済破綻
の状態に成っている事を裏付ける話しである。
 支那は原始社会の状態からいきなり共産主義社会に
成って民主主義の経験をしていない為にこの様なお粗末の
状況に成っている。
 アメリカ・トランプ大統領の施策で支那共産党を封じ
込めて自然に消滅する作戦が予想外の早いスピードで進展
するだろう。
  支那共産党が退役軍人から信用も信頼もされていない
事や高級官僚の横領事件や庶民の生活では年金基金の破綻
などで支那共産党に対する不満が高まっている。


中国退役軍人の戦いが続く、中央軍事委員会で徹夜の権利
要求活動
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12408157459.html

この記事は、愛信が1年前に書いた記事だそうだ。
支那共産軍の兵隊は1年も前から給与手当てが支給されていない事になる。 

香港の雨傘運動の再演に支那共産軍が出動しなかったのも
この様な事情があったのだろう。

給与も貰っていない、一人っ子政策の宝は親の世話をしな
ければ成らないので共産党の事より親の方が大切な訳で戦
闘能力は皆無。
 デモ隊に襲われたら逃げていく軍隊だ。


「アメリカ・トランプ大統領の施策で支那共産党を封じ込
めて自然に消滅する作戦が予想外の早いスピードで進展す
るだろう。」

詳細は
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12530615631.html

HSBCさんへ  ポッポです 

今の日本人なら、盧溝橋事件に始まって廊坊事件、広安門事件から通州事件、そして第二次上海事件に至る国民党軍の動きを知っています。
そして、国民党軍が70万人以上の軍隊で、日本軍を上海で待ち受けていたことも、この戦いで日本軍が25万人を動員して戦死傷者が4万人以上であったことも知っています。

だからと言って、日本軍が盧溝橋事件を穏便に計らい、廊坊事件や広安門事件で戦闘の拡大を抑えても、通州事件で国民200人以上を虐さつされては、日本軍に国民党軍との戦闘を止めろと言えるのでしょうか。

無抵抗の民間人を200人以上虐さつされて、国民党軍に挑発されてはいけないから、軍隊は満洲より南へ行ってはいけないと言えますか。
日本の当時の憲法は、今のように何をされても戦うなと言うものではなく、国と国民を守れる憲法でした。国民が意味なく虐さつされたら守らなければならないし、当時の上海には引き揚げ途上の日本人が3万人おり、その内1万人がまだ残っていたから、この1万人は通州の200人以上の日本人と同様に、虐さつされる可能性があるのです。
だから、日本の国はこの1万人を、助けなければならなかったのです。

HSBCさんがこの当時の日本軍の司令官ならば、1万人の日本人に対して、「国民党軍と戦争になるのは困るから、日本の軍隊は戦闘しない」と言いますか?
私が上海の司令官なら、「日本軍は日本の国民を守る」と言います。

その前に、通州で異変があったならば、近隣の部隊をかき集めて救援に向かいます。
通州事件の前ならば、戦争になってはいけないから戦闘をしない方向で処理すると思いますけれど、日本人をころされる状況になったら、軍隊は日本人を守らなければならないのです。

司令官は、日本人がころされそうであれば、戦ってでも日本人を守らなければならないのです。
念のため、通州事件で虐さつされた遺体の写真は、後に南京事件での被害者の写真として、中国が展示しています。

軍人が頭を冷やして、支那の挑発に乗ってはいけないから戦うなと言うのはたやすいこととは思いますが、通州事件があり、その後に上海でも日本国民が1万人もころされるというのなら、戦わざるを得ないのです。それが、国家ではないでしょうか。


今の日本は北朝鮮の正規軍が上陸して侵入し、日本国内の支援団体の協力の下、日本人を北朝鮮に拉致されています。その人数すら正確には分からないのです。

今の憲法が、日本の国は領土と国民を他国から守らなければならないとされていたら、「日本人を返して下さい。」ではなく、日本の国は北朝鮮と戦争する覚悟で、「日本人を返せ」と、北朝鮮に要求したのではないでしょうか。
そのように、北朝鮮が日本の国の行動を予想したならば、北朝鮮は日本に上陸して侵入する事など、考えなかったと思います。


それから、当時のアメリカは国民党軍を支援しており、その後には戦闘機部隊を義勇軍としています。また、国民党はドイツに兵隊を訓練させて新設の部隊を配置するだけでなく、部隊の指導もさせていました。

そして、日本はこの後、国民党軍が南京に逃げ込んで、更に重慶に逃げ出したため、これと国民党軍との戦闘が続きました。


HSBCさんは、米国武官J・スチルウェル大佐の政策を示しています。
>今後、日本側が採用する政策として次の三案が考えられる、と推理していた。
「A」=戦線を一定地域に限定し、兵力と補給を確保して持久し、中国側の疲労を待つ。
「B」=全面撤退して全面戦争をさける。
「C」=全面戦争をさけるつもりで、兵力を逐次投入して全面戦争にまきこまれる。
 そして、大佐の結論は──
「Aが上策、Bが中策、Cが下策だ。

Aは、国民党軍に資金があるだけでなく、アメリカの無限の援助がある限り、国民党軍には兵力の補充が続きますから解決に繋がりません。
Bは全面撤退した場合、国民党軍は準備を十分にしてから満洲に侵入したと思います。満洲からの撤退は、日本の八紘一宇も捨てることになるでしょうから、現実としてできないと考えます。
Cは、兵力の逐次投入でも国民党軍には勝てていますが、勝てなかったのはアメリカによる支援が大きかったからです。
そして、結果的に日本は兵力の逐次投入になりましたけれど、国民党軍には負けていなかったのです。


日本軍が戦争に負けたのは事実ですから、「負けたのが悪い」と言われればそれまでですが、大東亜戦争を考えるとき、米軍が国民党軍を援助したのは、シナ大陸での利権を得るためでした。

これを考えるとき、日本が負け、蒋介石総統が支那の権力を握ればアメリカは勝利者となったのですけれど、アメリカに厭戦気分が大きくなっていたため、日本の敗戦と共に国民党へのアメリカの支援が止まったら、蒋介石総統は毛沢東にシナ大陸から追い出されました。
結局、アメリカは支那大陸での利権を、得ることができなかったのですし、アメリカもまた、支那大陸で勝ったとは言えないと思います。

処で、アメリカが国民党を支援した場合でも、日本と争わずに、共産党の排除をしていれば、日本は満洲から南側へ進出しなかったろうし、日米が支那での権力争いをする事もなかったでしょう。
この場合は、アメリカは支那の国民党からの利権で、儲けることができて利益を得ることができたと思いますし、それは、実質的なアメリカの勝利となったのではないでしょうか。

近平の人民軍改革(=リストラ)はクーデターのリスクを増大させるだけだ

八路軍からの「伝統の」陸軍軍人をクビ切りし、代わりに空海軍・核ミサイル部隊・サイバー軍・宇宙軍に予算を回すということである。

そもそも支那の国家統計局が大本営発表するように現指導部の下で6%以上は絶対経済成長していると言い張るなら、こんな姑息なリストラ策は必要無い。地方政府の借金覚悟の公共事業と民間の投機的な不動産取引以外は誰もカネを回してくれないため、景気と税収が落ち込んでいるな?よかったな。

ともあれ日本の戦前の帝国陸海軍じゃないが、こういう予算のギスギスした分捕り合戦は良くない。
軍内部の亀裂が深まり士気が乱れるばかりか、政府や指導者に憎しみが向かってしまう。

減らされた部門がクーデターで報復してくるということだ。

陸軍は物理的な暴力そのものである。
一部部隊がいきなり蜂起して北京の党本部を急襲し近平以下現指導部を人質に取った時、新設のサイバー軍や宇宙軍とやらが何とかしてくれるのカネ?(笑)
あんなモヤシどもが何の役に立つと?

空海軍と核ミサイル部隊は物理力だが、核心()習近平同志諸共ミサイルで北京を吹き飛ばすカネ?
自分の命はいいから反乱軍を攻撃しろ!とあの白豚が吠えられればカッコいいけど、ま、そんなタマじゃない罠。

そこで近平は近年武装警察の強化に力を入れているというわけだ。ナチ独の国防軍に対する武装親衛隊みたいな?

しかし元々カネが無いから陸軍リストラしてるのに武装警察は増員するとか本末転倒ではないか?
やはり公務員の人件費としては抑えられてないじゃないか。

あ、そっかー
足りない分は借金で埋め合わせするんだね?
それでいて灰色のサイがー景気対策できないーとか泣き言言って元安&株安になってりゃ世話無い罠。

近平同志無能~

ポッポさん
大東亜戦争でアメリカが結果的に勝者となりえなかったのは、戦う相手を間違えていると’ルーズベルト君に与える書’の中で市丸海軍中将が書いておられます。
アメリカは日本とではなく共産主義(スターリン)と戦うべきとしています、もっとも日米とも中枢をコミンテルンに侵略されていた状態では、それも無理でしたね。
20世紀の人類の悲劇は共産主義が蔓延したことです、しかし今世紀になっても、共産主義に固執している国が存在しているのは理解できません。
ソ連が崩壊した時に結論は出たはずです、本家本元が消え去ったのですから、歴史に学べば共産主義を捨て去るべきなのに、人間の欲が全てを阻んでいるようです。

日中間の確執の歴史知識感心しました、これくらい詳しくないと反論できませんよね。
因みに桜井誠と言う右翼政党党首が韓国放送局のインタビュ-を受けている動画を見たのですが、一時間の予定が20分程度で終わりました。
理由は桜井党首の知識が豊富で相手のイナタビューを悉く論破した状態で有無を言わせない感じでした。
はやり知識は力と感じ入った次第です。

>woodhome さん ソロです、最初に断って置きますが、6千字以上の長文ですので、その心算で読んでください。

 私は前から、貴方の安倍政権に対する偏見の原因は、何なのかと、思って居ましたが、此の度、貴方の感想文を読ませて貰って、貴方が、日本人らしく、大きな誤解をして居る事を、見い出せました。

 先ず言えるのは、共産主義者とグローバリストやリベラリストを自称するものでも、中身は全く同じだと言う事です。 序に云うとタルムードとか言う、ユダヤ教の聖典も「既存世界を破壊する」点では同じですし、マルクスもレーニンも、真の姿は、ハザール系ユダヤ教徒ですから判り易い。

 つまり、貴方が安倍さんをグローバリストと言うのなら、貴方は安倍さんが共産主義者だと言って居るのと同じ事なんですよ、是は、事象を一義的にしか捉えられない日本人の悪い面でしょうね。

 前のコメントには書いて居ませんが、戦前アメリカは、最初は、共産主義には興味が無かったけれども、19世紀の末にスペインの弱体化に着け込んで̪スペインの植民地を全て我が物にしようと言う野望を抱いてから、侵略国家に大きく変節しました。

 元々、欧州の虐げられた農民が、移住して来て出来た国ですカラ、然程、好戦的では無かったので、戦意を高揚させる必要があった、ダカラ「メイン号事件」と言う謀略を仕掛け、一方的な理由で、スペインに宣戦布告し、約半年で、スペインの海外植民地を我が物にしました。

 謂わば「謀略が金になる」と言う成功体験を積んだのですが、この謀略の要になったのは、マスコミの扇動で、そのフレーズは、「Remenber Maine」でした、何処かで聞いた覚えがありますね、そうです「Remenber Pearl-Harbo」の元ネタです。

 つまりは、戦前米国は、この事件を契機に、前世紀100年で、世界を制覇しようと言う企みを持って居たと言う事です。

 では、この企みを主導したのは誰か、と言うと、メイン号事件の時の大統領のマッキンリーは、温厚篤実な人柄だったらしく、宣戦布告する時にも躊躇いが見られます。 裏で煽って居た集団が居たのは、ほぼ確実でしょう。

 その集団は蓋然性で考えればWASPが考えられます、彼らは、対スペインには、英国が世界覇権に踏み出す原因となった、ネルソン提督の海戦の昔からの宿敵ですからね。

 でも、この時分に、赤盾の欧州での勢力は、度重なる戦争をネタに、欧州貴族間で流行って居た「戦争賭博」の胴元をやって、大きく儲けて居た時期と重なりますね。 つまり、ハザール人に取って、戦争は「金儲けの大チャンス」だったわけです、ダカラ、火の無い処にも火事を起こすのは、彼らにも大きな動機があると思いますから、彼らも一枚噛んで居たと考えるべきでしょうね。

 この米国上層部を占めて居た、WASPですが、欧州がゲルマン民族支配である様に、米国の前支配者であった、アングロ・サクソン人「=WASP」も、ゲルマン系です。

 彼らの好戦的で優越主義、選民主義、異民族・異教徒排斥主義は、アジア・アフリカに、500年の植民地時代と言う暗黒を創りだした。 或いは、米大陸に居万年以上も前から棲んで居て、2500万人も居て、平和に暮らして居た、アメリカインデアンを、土地を収奪する為に、僅か50年足らずで1万人規模にまで追い込んだのも・ジョージ・ワシントン初代大統領でしょう。

 最近の2度の世界大戦の引き金を引いたのも、ゲルマン民族ですよね、中世欧州の戦争の原因の殆どが「ゲルマン族同士の身内の喧嘩」に過ぎません。 信仰して居る神も、自分の都合の好い様に改竄して「自分達の為に、世界が用意されている」と言う意識が、今でも顕在化して居ます。

 一方のハザール人は、13世紀に国を元に追われてカラ、欧州の流浪の民として、或いは、「イエスの敵」として、嫌われて迫害を受けてきました。

 しかし、約500年の流浪の後に、プロイセン公国に、キリスト教では、当時、禁じられている「金融業」を始める事を許可してもらい、王侯貴族の財産管理「=金を貸し付けて法外な利息を取って増やす」を担当する事で、ゲルマンの王侯貴族間で、持て囃され急速に、資金力を着けて、増々、ゲルマンとの関係が深くなって行きました。

 処が、ハザール勢力の中核だった、ロスチャイルドに対して、快く思わない勢力がハザール人の中にも居て、それが「ゲルマンで出来上がって居るこの既得権社会を、ひっくり返す」と言う、ベクトルとなって、ゲルマン支配の英独仏で、色々な思想が表面化した。

 概ね、非ゲルマン人の思想家で、社会主義的な発想ですが、終局的には、共産主義と全体主義(ナチズム)が残り、互いに、勢力争いをやりますが、何の事は無い、元は、ハザール人同士の争いだったのですね。 間抜けなのは、半分ハザール人のヒトラーの反ハザールを含むゲルマン国粋主義に熱狂的に賛同したのは、殆どがゲルマン人の庶民層だったという事ですね、特に女性が多かったのは、他山の石とすべきです。

 つまり、この時点(19世紀末~20世紀初頭)で、既に、共産主義も全体主義も、形骸化して、政治の道具化して居た部分が大きかった様で、既に双方共、民主政治は何処へやら、独裁・侵略政治の道具でしか無かった。

 つまり、近代の欧州社会は、宗教上の理由で、ハザールが金融業を独占した事で支配層であるゲルマン人と深く結びついた、と言う事が出来るでしょう、其処は、当然ながら「白人の」為の社会であった事は言う迄もありません。

 処が、戦前日本は、そう言う欧米社会では、完全な部外者、然も、差別の対象になって居る有色人種なのに、参入したのですから「一人前として扱われるダケでも有りがたいと思え」と言うレベルの扱いであった事は否めないのに、日本社会は、基本的に「スメラミコト以外は、全て平等」と言う社会ですカラ、理解できなかったと言うべきで、其れは今でも同じ事だと、私は思って居ます。

 この時代の劣化した思想の始末に負えない処は、移入した国では、永らく専制政治が行われて居て、程度の差こそあれ、階層間差別に苦しんで居た国民が、この「革命によって、世の中をひっくり返す」事は、普通、死罪を免れない重罪ですが、是を、正当化した思想に、惹きつけられると言う現象が起こる事でした、もうこうなると宗教の様なものです。

 そして、その反面、日本では何故か、社会の支配層にも受けが良かった、日本では華族で、然も、五摂家筆頭の近衛文麿が、学生時代からマルキストだったのは有名な話ですね。

 アメリカでも、この現象は起って居て、ハザール系移民のセオドア・ルーズベルトの甥に当たる、FDルーズベルトもその一人でしたが、彼の場合、完全に共産主義を「施政の道具」として扱って居た点が、よりハザール人らしいと云えるかもしれません。

 其れで、FDRは、1930年に大統領に当選しましたが、折しも、米国では、大恐慌が発生し経済再建が、新大統領の当然の責務となりました、其処で、前大統領のフーバーが手懸けて居た、フーバーダムと言った、大規模公共事業で労働者を吸収して、恐慌で生じた、信用不安を鎮静化させる政策を引き継ぎます。

 然し、効果は上がらず、其処で、マルクス経済学者を集めて、ブレーンとして、ニューデイール政策を展開しますが、是も、机上の論理を初めて実践する様な話したので、当然上手く行きませんでした。

 当時の世界では、東洋の新興国有色人種の日本は、大国ロシアを破り、第一世界大戦も英国側について、利得を得て、飛ぶ鳥を落としそうな勢いだったし、欧州では、ナチズムで国民意識を高揚させて、ゲルマンの第三帝国「=ローマ、神聖ローマに続く、ですが、ローマは、青人文明ですねww」建設を主張して、欧州覇権を目指して居ました。

 つまり、日本とドイツがその原因は違えども、米国の世界覇権の野望には、大きな障害になっていたのは、間違いが無かった事です。

 FDRは、選挙公約で「欧州大陸の事には関わらない」と言うモンロー主義を継承すると約束して居たので、窮余の一策として、実は戦争をしたかったのですが、口実が難しい。

 其処に、ソ連のスターリンから、部下のマルクス経済学者を通じて、日本を利用して、戦争に持ち込む秘策を伝授されましたが、其れは日本とドイツを一色たにして、「全体主義者(ファシト)として、葬り去れば良い」と言うもので、是にイタリアをファシズムの象徴の様に着けて、工作を仕掛けた処、満満と、日独伊三国軍事同盟が締結されます。 日本は完全に罠にはまったのです、是には昭和帝が激怒為されたと言うのは、有名な話ですね。

 FDR政権は、この報を訊いて、全員で計画を練り直します。 この時の、主要閣僚が、マーシャル国防、アチソン国務、そして、トルーマン副大統領だった。 

 彼らは、ハザール系も居ればそうで無いものも居ましたが、ハザール系の共産っ主義者であった事は間違いが無い、つまり戦前米国は、完全に共産主義国だったと言っても、良い位、左傾化して居たのです。 そして、その米国から陥穽に落とされる日本の首相も、近衛文麿と言うマルキストですカラ、何をかいわんや、戦争は負けて当然です。

 処が、45年3月に、FDRが急逝しますが、途端に国内で上院議員のマッカーシーが、反共を唱えて、赤狩り(レッド・パージ)を始めます。 是で米国中が大混乱に陥りましたが、米国は、途中で、この大戦争を止める事は、事実上、出来無くなって居ました。

 つまり、アメリカは、容共から反共に180°突然変わったわけですが、政権が、この運動を容認したのは、FDR亡き後、このママ行けば、ソ連の描いた絵通りにしかならない事に気が着いたトルーマン達は、同じ、共産主義でも、スターリニズムには、賛成出来ないと言う勢力の反乱だと言う事でしょうが、親分が居無くなると看板も護れないと言う事なので、情けない話ですね。

 ですから、その後興った朝鮮戦争も、ハザール系閣僚は、実は、戦う心算は無かったのですが「米国政権は、味方」の心算の、スターリンが、李承晩の無軌道な反日ぶりに怒ったアチソンが「韓国は、防共戦の外側と見做す」とか、言い出したので「侵攻開始の合図」と受け取ったので、朝鮮戦争が始まって終った、と言うお粗末さ、こうした不甲斐ない政権の陰で暗躍して居たのが、DRだったのは、言うまでも無い。

 米国は、兎に角、何の益にもならない戦争早くを止めたかったのですが、朝鮮兵は徴兵された事が無い唯のゴロツキばかりでしたから、武器を与えても、イザとなると逃げ回るばかりで、却って、し傷者を増やしただけでした。

 戦線は、じりじりと後退して、といとう釜山市郊外まで追い詰められたが、此処で旧日本軍で従軍して居た金錫山将軍が率いる部隊が、相手の中軸の戦車部隊を誘き出し、沖に居た艦隊の艦砲射撃で壊滅させたので、形勢は一気に逆転、更に仁川に米軍が上陸して、南北で挟み撃ちにしたから、朝鮮軍の方も大きな被害を出した。

 ですが、この後、共産側は、シナの援軍100万人を投入、殆どは、国共内戦で捕虜になって居た国府軍の兵士でしたが、督戦隊の後ろからの射撃で、逃げ場を失った兵士は、突撃するしか無く、し体の山を築いて行きました。

 米国の本音としては「この戦争は負けても、勝っても益は無い」事が分って居たので、止める口実を探して居たのですが、この時、アラブで大油田が発見されたとの話が上がり、DRは、即刻アラブに飛び、英仏に利権を独占させてなるものかと、今度は、朝鮮戦争を止めさせて、その武力と資力をアラブ用に温存すべきと、説いて回りました。

 結局、休戦する事としたのですが、板門店での休戦交渉の席に、李承晩大統領がノミネートされて居無かったので、怒った李承晩が、敵の将兵2万人を捕虜として収容して居た米軍管理下の、施設を襲撃して、捕虜を解放してしまいました。

 是は普通に考えて、完全な利敵行為で有り、如何に大統領であろうと、許される行為ではありません。 良くて、重禁固、普通はし刑が相当でしょう、何せ、戦争で葉、双方で、5百万人以上の犠牲者が出て居るのですカラ、然も、原因は李承晩の言動です。

 処が、李承晩はこの後、米国に亡命して、ハワイで90歳の天寿を全うして居ますから、どう考えても納得が行かない、裏に、相当な力の有る人物が居たのだろう、と推測するしかありませんが、私は其れこそ、DRでは無かったかと思います。

 彼は、其れだけ極東に関する権限を、赤盾から与えられていたと考えるべきだと思います。 DRは、韓国に日本を支配させようと思って居たのではないかと思いますね、この続きは、私の前コメントで述べた通りです。
 
 つまり、日本に関しては、FDRや戦前の閣僚たちは、成る程、ハザール系共産主義者ですが、戦後の日本の内政の赤化は、戦前と同じ、スターリニズムを継承したコミンテルンだったと言う事でしょう。

 処が、ソ連が崩壊して、代わりに共産シナが台頭した、台頭した途端に、シナ内部の変質も表に現れましたが、その実態は、ハザール系コミュニズムに近いモノで有ったのではないか、だから、世界のマスコミは、シナを援護して居るワケで、是はDR~ブレジンスキー・キッシンジャーの流れですね。

 でも、前述した様に、DRのクーデター失敗で、シナは赤盾を完全に敵に回して終いました、赤盾は共産シナを駆逐する心算でやって居ます、ダカラ、米支戦争と言うのは、赤盾と、シナ共産党の戦いで有り、其れに連動している米国内DS・民主党勢力、それに上海派勢力との戦いで、一方、この赤盾の援護を受けて居るのが安倍・トランプ勢力なのです。

 この戦いを俯瞰して看れば、未だ、白人社会の利益主体の為の戦いで有る、と言えましょう。 日本の利害は、彼らの中では、重要ではありません。 

 然も、今は未だ戦時中なのですよ? 戦時中は、原則的に味方にその旗幟を疑われる様な真似は現金で有る事は、理解して居ますよね、然も、日本は未だ、彼らにとっては「差別されるべき、部外者」なのです。 是で、旗幟を疑われたら、シナが片付いた後の矛先は、日本に向いて来る可能性がありますよね。

 為政者は、そういう次元まで、利害を考えなくては、国は守れないのですよ。 其れを、安倍さんが、敵側のグローバリストだ共産主義者だと、内部告発しているに等しいが、仮りにそうだとしても、日本人には、赤盾に着く他に選択肢はありませんよ? 一体何の心算で、告発しているのでしょうか? これを重々分かった上で、やって居るのが藤井や三橋だと私は言って居るのです。 

 特に藤井は、6年「=政権発足時から」もやって居れば、前後の事情も良く分っている筈です。 其れで、今何故、波風を立てる様な事を態々するのかと言って居るのです、私は、彼はDS勢力の飼い犬だと思います、維新の後ろに居る大前研一と同じ組織の人間です、所謂、日本を破壊して、白人社会に従属させようとしているのです。 
 
「理論通りに動かないから反旗を翻す」なんて、多寡が、政治をした事が無い経済学者が、思い上がったものだと思いますね。 祖sレに理論通りに、最期まで経済が動いた試しがどれ程あるのか、一遍訊いてみたいですね。

 「安倍を降ろすなら、今、誰を代わりに立てるのか?」と言う事は、日本を護る上で、致命的に重要な事ではありませんか? 貴方はこの質問にも答えて居ませんよね。

 私は、事大主義だ、日和見主義だと言う批判は、敢えて受けましょう。 然し、始めた戦いには必ず勝たねば、戦後の悲劇を繰り返す事に成りましょう。

 貴方が、事大主義は御免だと言うのなら、即刻、日本人を辞めて下さい、皆の迷惑にしかなりません。 貴方の様に、目先の事しか見え無い連中が、戦前日本を誤らせたのですから。

ひとこと

>貴方が、事大主義は御免だと言うのなら、即刻、日本人を辞めて下さい、皆の迷惑にしかなりません。

2記事続けてこうした流れなので我慢できなくなり投稿させてもらいます。

 以前から何度も繰り返されてきましたが、貴方がこういう事を言うからこの掲示板が荒れるんだと思いますよ。woodhome氏が貴方に何か失礼な事を言いましたか?訳の分からない誹謗中傷や言いがかりをつけられたというなら話は分かりますが、これでは貴方がwoodhome氏に訳の分からない誹謗中傷をしている事になります。これでは人間性という面においてewkefc氏と変わらない。woodhome氏の話は何の迷惑にもなりませんが、貴方のこうした話は迷惑です。

 前記事のかつ氏に対する本瀬氏の反応もこれと同じでした。何度読んでもかつ氏はただ私見を投稿しただけだったのに、本瀬氏は過剰な人格否定をもって応戦されていていて結果として掲示板が荒れていました。過去に本瀬氏がこれほどまで荒れたのを見た事がないので、私生活で何か嫌な事でもあったのかと思いましたが、ソロ氏は常にこうしたスタンスです。

 このブログの掲示板の一部常連投稿者って唯我独尊が甚だしい。経済はそれ程でもないようですが、歴史については博学なのは間違いありません。しかしはっきり言って歴史的事実に後付けで個人の想像妄想を上手く織り交ぜ、それらしく語っているにすぎません。新聞やテレビに洗脳された人達が、ここではこうした一部の常連投稿者の説を闇雲に信じてしまっている。そしてそれに異を唱える者が出ると皆で潰しにかかる。気持ち悪いです。

 例えばポッポ氏などは、どのような相手に対してもどのような意見に対しても真摯に向き合い敬意をもって接しておられます。私なども色々な方々の色々な話を聞きたいのです。ソロ氏にはもう少し冷静で紳士的な言動を希望します。読んでて余りにも気分が悪いので一言言わせてもらいました。

マスコミはマスゴミでしかない

朝日新聞の官邸クラブは、ツイッターで「あいちトリエンナーレ2019における少女像の展示は日本人に対する一種のヘイトスピーチであり不適切では。」との意見に対して、
→そもそも、日本人に対するヘイトスピーチは日本の法律では違法ではない。また、ヘイトスピーチの一般的な捉え方に照らしても、少女像がそれに当たるとは言えない。との回答を示しました。

この朝日新聞官邸クラブの取材班によるツイッター「チーム官邸のつぶやき」は、メンバーはキャップ以下総勢10数人の取材陣で、
「それぞれが担当分野を持ち、取材対象の政治家を日々ウオッチしています。政治取材現場の息づかいをみなさんにお届けしたいと思っています。」としていることから、謂わば朝日新聞の考え方を示していると思って良いでしょう。

それが、「日本人に対するヘイトスピーチであり不適切との意見」に対して、「日本人に対するヘイトスピーチは日本の法律では違法ではない」とか、「ヘイトスピーチの一般的なとらえ方に照らしても、少女像がそれに当たるとは言えない。」で済まされようとしているのです。


それなら、話は全く違うこととは言え、朝日新聞は福島原発の処理水について、海洋への放出を提案されていることに、「原発処理水の海洋放出、科学的に問題ないならそれで良いのか」との考え方を示しているのです。

具体的には、「いくら浄化しても、水の形で存在する放射性物質トリチウム(三重水素)を分離するのは難しい。トリチウム自体は、世界各地の原発や再処理工場からも、濃度を管理して海に放出されている。科学的に問題ないなら出せばいい、との声も上がる。」として、海洋への放出を否定していますが科学的に問題ないとするなら、少女像の場合には法律的に問題ないとしているのですから、同様に問題ないと考えることに、会社として統一性があると考えます。

マァ、所詮朝日新聞ですから、反日の都合で考え方を変えるのでしょう。これがますゴミと言われる所以なのでしょう。


それから、「ヘイトスピーチの一般的なとらえ方に照らしても、少女像がそれに当たるとは言えない。」で、少女像の展示を済ませるのは、朝日新聞ですから不思議はないのですが、昭和天皇の御真影を燃やして踏み付けたり、特攻隊員の寄せ書きを集めて「間抜けな日本人の墓」と称したのはどのように捉えるのでしょうか。

日本人を馬鹿にするにも程があると思います。
これらは、ヘイトで済まない問題ですから、日本の全放送局に報道して、国民の意見と感想を求めていただきたいと思うのですが、何処の放送局もそうしたようなことがありません。

そして、彼等が嫌うネット上で、大きく取り上げられていたのです。
これでは、既存のマスコミがマスゴミと馬鹿にされるのは、仕方がないことだと思います。

> 上記でなぜソロさんやこのコメント欄の常連さんが現政権の入管法や消費増税といった個々の諸政策には本来反対であるのに、安倍氏を擁護するか?
> その理由がわかった気がします。
> つまり個々の政策でどんな問題があっても力の強い者に刃向かってならないということですね?
> 問題があっても強い者に従えなら、それは良く言えば現実主義、悪く言えば事大主義です。

誰が総理になっても、どんな政権になっても、国民の100%が支持する政府なんて在りっこないです。
だから、現在考えうる最良の人物を支持するのであって、だからと言ってその人の政策全てを良とする訳ではないのです。
現実主義と事大主義をごちゃまぜにしているようですが、安倍支持は決して事大主義ではなく現実主義なのです。
事大主義と言えば、小が大につかえることですが、今の安倍支持者が民主党政権になったら民主党を応援する、それこそが事大主義です。
立憲と国民が統一会派云々などと言われていますが、たとえ再度民主党が復活して政権を握ったとしても、今の安倍支持者は決して民主党を支持しません。つまり、現実主義者なのです。
入管法や消費増税だけではありません。
憲法問題も安倍さんの考えは9条への加憲です。2項をのこしたまま3項ないし「9条の2」を書き込む事は日本語的に矛盾を抱えるという指摘もあるようですが、現実主義者的な考えの元での選択なのだと思います。
安倍さんの本音は憲法丸ごと書換だと思いますが……。
消費税にしてもそうです。個人的には10%は致し方ないし食品への軽減税率も然りです。しかし、キャッシュレスのポイントなんてのはどうなんでしょうね。個人商店、老人虐めとしか思えません。
まさに公明党との連立の弊害が現れた愚策といって良いでしょう。
これも現実主義の現れなのでしょうが、まあ誰がどんな政策をとろうが必ず反対者はいるわけで。

ソロさんありがとうございます

ソロさん、長い文章ありがとうございます。
あれだけの文章を考えて打ち込むのは大変なことと思います。短時間であれだけの文章をつくれるのはすごい能力と思います。

woodhomeさんありがとうございます。
woodhomeさんが引き出していただいたおかげで、ソロさんの考え方の本質が良くわかりました。

陰謀論的な考え方を取り入れないと、現在の世界情勢をうまく説明することは困難な状況です。
未だに陰謀論を馬鹿にしている方は、偏った狭い情報しか取り入れられない人と見なしていいのではないかと思います。

陰謀論の議論は、今後どんどん活発に交わしていくことが、この世界をより深く洞察する能力を高めることになります。

ただし、気を付けなければいけない重要なことは、他人の意見を尊重するということです。
なぜならば、陰謀をはたらいている人たちの最も得意とする手法である分割統治に情報が霍乱される可能性があるからです。
世界の政治では、一見激しく対立している二つの勢力があったとしても、その奥を辿ると同じ人間が支配しているケースが良くあります。

その両者ともその言い分に真っ当な理由がある場合、どちらを支持するかは個人の判断により自由です。
しかし、自分の頭で考えたつもりで、相手を否定するようなことを強烈に主張していても、その人自身が操られていることがよくあります。

陰謀論の世界は、実行している人達が隠そうとして、デマを流していることもありますので、一筋縄でいかない面があります。
状況証拠は十分あるが、憶測でしか言えないものもたくさんあります。
ですから、自分の意見が全く正しくて、これ以外は絶対に間違いだと考えるのは危険なことであると私は考えます。
他の意見を読んで「その可能性もあるな」と尊重するくらいのゆとりを持つべきです。互いに活発に意見を交わして、知識を広く深くして充実させていくのが良いのではないですか。
相手の人格攻撃は、何の意味も生産性もないので、もうやめにしませんか。

今回、ソロさんの意見を読んで、成る程と思ったことがありました。
「安倍首相が赤盾の支援を受けている」という文章です。
安倍首相の政策で疑問に思っていたことが、これで解決されました。

私の意見はソロさんと違うのですが、安倍首相が行なってきた、ここ数年の政策は共産主義的と思っていました。
投資を誘導して経済発展させるのではなく、福祉政策に重点を置いて国の経済を衰退させる政策が多く観られます。中間層の収入を減らして、国民全体を貧しくさせる方向に向かっています。

赤盾は共産主義と強く関連があります。
「ロスチャイルド 共産主義」でググッテみるとたくさん情報が出てきます。
いちど、検索してみて下さい。

代案の無い反対論は原則無効ですよ

>レスを下さった方々へ ソロです。
 確かに私の文章には、ポッポさんの様な、相手を尊重する姿勢は希薄でしょう、然し、私が強く主張している事を否定するのなら、或いは、疑義を呈しているなら、そう言う問題点を挙げて反論すべきでしょう。

 その点が曖昧で、事実認識に好い加減な面があると思うから指摘して居るダケで、それを読んで「気分が悪い」のなえて読んで戴く必要はありません。 読み飛ばせば宜しいでしょう。

 私も、一人でも多くの人に、共感をして貰う態と、思って居ますが、自分の意見を曲げて迄、つまり、読み手に媚びて迄、請けを期待する心算もありません。 是は本瀬さんも同じでしょう。

 貴方方の中に、誰にでも読み易く、理解し易い文章だけを求めて居る方がいらっしゃるのなら、私の文章は読まなくて結構です。 ダカラ、私は常に文頭に「ソロです」と名乗りを入れて居るのです。 是は、本瀬さんも励行して居ますね。

 それに「紳士的で無い」と判断された文章は、投稿拒絶に遭いますので、反映されたと言う事は、ある種のクオリファイをくぐった事に成る事もお忘れなく、因みに私の文章は、5千字程度の文章が、幾度もブロックされて、結局、投稿出来無かった経験が、少なからずあります。

 其れでもめげずに、投稿しているのは、異ま日本を取り巻いて居る現状が、陰謀論として笑って居れる場合では無いと私は思って居るカラです、つまり、危機意識・感覚を広めて、皆でムーブメントを創りだせたら、と思って居るのです。

 一時、日本第一党に、期待を寄せる人達が、色んな書き込みをして居ましたが、私は、党首のドロンパを、昔からブログで知って居ますが、?な部分が多いので、間接的な支持に止めて居ます。

 と言うのは、彼は「為政者を全く、信じて居無い」と言う部分が大きすぎて、私が若い時に体験した、学生運動家の考え方の「まず反対ありき」に、よく似て居る、つまり、反対するのは良いけれど、反対した案を上回る様な、現実的に納得出来る代案が無いと言う事です。 是は経験から言って、左翼思考の欠陥でしょう。

 このブログにも、そういうスタンスの人が多数いますね、でも、代案なしで、反対して、現実にはどうするのでしょうね、そう言う法案が出て来るには其れ形の困った事が有るからなんですが、その解決が完全にストップして終います。 

 こんな事、誰でも、疑問に思う事じゃないですか? 其れを訊くと、気分を害された様な事を言う人が居ますが、そうではありません、議論と言うものは、そう言う応酬があってこそ、実になる話に成るのではありませんか?

 そえと、読者Aさんに質問でっす「私が自分が認識している歴史を自分の都合の様に改竄して、書いて居る」と取れる様な記述がありますが、その具体的な部分を指摘してくれませんか? 以後の表現の参考にさせて頂きます。

 亦、私が不得手だと、貴方が指摘しておられる点についても、御願いします。 何せ、未熟者で勉強中の身ですカラね、あ、当然疑問に思った点は反論させていただきますよ、勿論。

工作バレバレ


>>2019/09/28(土) 22:43:03| URL| ラガー #QNjftStU

具智元は典型的な用日韓国人にすぎない。
具智元もおまえも祖国に帰れよ。

あきメクラ

本瀬です。

事実無視、気分で主張される事に意味はナシ。

大東亜戦争でアメリカが勝者でない??
戦前戦後で経済規模を2倍に発展させたのは米国だけ
以来今日まで、経済、軍事で世界一であり続ける。

xx事変、xxの戦いなどどんなに詳細に知ろうとも
ネット時代に百科事典暗記力では無意味です。

コミュニスト、シオニスト、グローバリストなど
多様な勢力が、日本をコントロールしている、
日本はそういった勢力に経済的に搾取されている
などなど、真偽のほどは分かりませんが自分にとっては
検討することに価値を見出せません。

DSの思惑がこうだから、株価が上がる下がるなど
競馬の予想屋の様な事に一喜一憂するのが不思議です。

日本の政治経済に不平不満がある野党諸氏はこれ以上
どう良くできる見込み目論見があるのか?

移民は1千2百万人ぐらいまでは受け入れても大丈夫。
ただし、審査を厳しくして敵国からは入れない、
禁固刑以上は速攻強制退去。参政権ナシ、社会保険別枠

消費税騒いでるのは、吝嗇か馬鹿か
1万円で200円増税、2百円を値切り倒すまで戦う姿が痛々しい
結局、幻影の財政均衡を海外に対して目くらましする為の増税

安倍政権の諸政策に反対すべき論点はなかろう。
安倍支持だとか好悪だとか頭の悪いパヨクはいいそうだが・・・

車で言えば、何万キロも正常に動いているエンジンをあえて
調整しようとしてバランスを崩し事故に誘導する必要がありますか?

自民党政治で世界2位の経済大国に上り詰め、
日米同盟と対抗しうる軍事勢力は地球上にありません。

陰謀論は証明できてもできなくても、世界の実相の説明の一つ。
仮に日本が軍事的に米国従属でもなく、
DS、赤盾の介入も無い場合を想定してみましょう。
好き勝手にやるので、経済1位、軍事1位に?
そんなん、世界に嫉妬されて揉めるの明らか。
2番手が楽〜

コミュニストが〜、グローバリストが〜
はい、無意味かつ気概が無い!
先物取引、ローソク足は200年以上前で今も使われてます。
マルクス資本論は19世紀末、ソ連の実験で大失敗(笑)
日本の経済は、偽資本主義、偽共産主義
あるいは、超資本主義、超共産主義
アホのマルクスより遥かに優れていた事は「実証済」ですよね。

安倍が〜
安倍首相の頭の中から全てが出ている?独裁者?
そう主張する人たちは議会内閣制を小学校から勉強し直しですね。
総理大臣の権限って老中、大老より少ないでしょw
だって、議会があるんだもん。
まあ、まっとうな政治を標榜して国会サボる政党には理解できないだろうな。

アカはめっちゃマイノリティ
立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党の支持率合計しても
LGBTの推定比率にも及ばないんですよ!
アカって絶滅危惧種ですね。(笑)

代案
資本主義が〜、共産主義が〜、社民主義が〜、北欧型高福祉国家が〜
こんなの言ってる限り代案なんて出るはずありません。
「自分はマルクスより100倍賢い!」と
自負する経済学者が出現するまでダメでしょう。
自然科学なら、ニュートンより賢いと自分を信じたアインシュタインが
世界を変えた様に

遂に二階幹事長から安倍先生の4選話が出ましたな

党規約を改正して「3」選までの連続再選を可能にしたのは二階幹事長その人だよ。
その人が、立場もあるのに、舌の根も乾かないうちに「4」選を言い出すとは相当なことだ。

立民国民主共産や「石破茂も」独裁ニダ独裁ニダと批判し、本来逆風の強い安倍総裁を更に推すとは、それだけの選挙の顔としての価値を安倍晋三に見出しているということだ。

そう言えば2年前のモリカケ倒閣騒ぎの時も、二階俊博は背後からの一突きをしなかったね。
すれば一瞬で安倍政権は終わりだったろうに。
二階は「党」益を考えてくれたのだ。

小沢一郎の弟子だというが、ひょうたんから駒的な優秀な弟子だな。

中国共産党の一帯一路にリップサービスしてると批判されてるが、中国共産党の過剰在庫・過剰債務問題は尻に火がついてる党存亡の危機なのだから、リップサービスなんて要らないんだよ。
与党の要職にいるんだから、即倒閣&即日本をAIIBに加盟させるくらいやらないと中国共産党に忠とは言えない。

既に中国共産党の先が無いと睨み、敗北者の中国共産党とは距離を取ろうとしてるように見える。
リップサービス「以上」のことをする気が無いのだ。

一度小沢と一緒に自由民主党を離党し出戻った人物だが凄い政治的嗅覚だ。
逞しい。頼もしい。

いい人材が戻って来てくれた。
彼が国民主の軍師で、師の方が自民党に出戻っていたらと考えるとゾッとする。

お得なトレードだった。今更返さんからな?

両班野郎さん
その二階が韓国に関して、とんでもない発言をしたようですよ、’日本の方から譲歩できる点は譲歩すべき’と。
この件に関して以下の意見があるようです。
この発言の前に安倍四選の事を述べているので、四選を望むなら二階の意見、韓国への譲歩を認めろとの安倍総理へのメッセージ。
でもこれは今の日本の状況だと認めるのは危険すぎると思います。
一方両班野郎さん風に考えると
>既に中国共産党の先が無いと睨み、敗北者の中国共産党とは距離
>を取ろうとしてるように見える。
>リップサービス「以上」のことをする気が無いのだ。
以上シナに対する意見と同じように、韓国を既に見切ってのリップサービス以外の何物でもない発言として捉えることができるのかな?
もしそうだとしたら、相当の狸ですね。

無双さん、こんばんは

まあ織田信長家中の松永久秀みたいな警戒を要する人物であることは確かですね。
二階俊博は。

韓国?ああそんな朝鮮労働党の傀儡国家もありましたね。失念してました。
しかしアレの旗挙げは「アメリカ合衆国の」傀儡国家としてだったのです。その後共産主義者に乗っ取られただけですよ。

故に、アレと仲良くしろ経済支援しろは「合衆国の」外圧です。それほどまで日本を牽制したいのか信用できないのか?
陰湿すぎるぞヤンキーアメリカ。

アメ様の外圧でもなけりゃ、日韓議員連盟のあの勢力はおかしい。ほぼ国会議員の半強制加入みたいな大所帯ですから。

だが韓国は朝鮮労働党の傀儡に墜ちたことがバレたので「今後は」どうアメ様の対韓・対日政策が変わるかはわかりませんがね。

安倍総裁の派閥の細田派と二階派の同盟は利害が一致してのことです。
二階の対韓政策を飲む飲まないだけで決裂するとは考えにくい。
「利害」とは自由民主党の党内政治における両派連携の必要性です。

二階俊博は80を超える高齢なので、今更自身の総理総裁の望みは無いのです。
ので、茂木だとか自派のホープから総理総裁を出すことに専念しています。タカが韓国のために、安倍総裁とケンカしていいことなど一つも無い。

それに時々自派からスキャンダルが出て(多すぎでは?怒)安倍総裁に庇ってもらってますしね。
岸田派との仲も良くない。今細田派と手切りしたら、細田派は逆に岸田派も誘って二階派包囲網を敷き報復攻撃に出るでしょう。

細田派と手切りできない「事情」があるのですよ。
だから安心です。

中国共産党と朝鮮労働党と朝鮮労働党の植民地の韓国の経済的苦境は相当深刻です。
彼らの工作員ならば、口よりまず手を動かし倒閣に命懸けるべきなのです。一刻の猶予も無い。

今一番安倍晋三のクビを取れる位置にいるのは二階なのに、無双さんご紹介の口撃だけじゃ全然温い。
本当に韓国に忠義を尽くすなら、「冗談でも」4選などと言うべきじゃない。

政界WWE(笑)

本瀬です

皆さん、真剣に二階の事を心配なさっている様ですが、
料亭政治の時代から生きてる政治家ですよ。
もちろん、当然腹芸です。

ヒール、悪役を引き受けて、スパイの炙り出しから
穏健ハト派の自民党への繋ぎ止めから
安倍4選への地ならしから
マスコミに出ない党内の打ち合わせが完璧にできているからこそ
安倍総裁は二階さんを重用し続けてるのでは?

石破の様な小僧っ子とは格が違うと思います。

そう、アメリカのショーアップされたプロレスWWEの様なものでしょ
二階さんの発言がどの程度の反響で
自民支持層にプラスかマイナスかまで計算された茶番。

二階は自分の役割を承知の上でやっていますが、
石破、小泉は自分の役柄を知らないまま道化回しをやらされてる感が

右派、左派問わずマスコミ報道やら表に出る情報だけで
素直に受け止めるナイーブな方が意外と多いのですね。

次の世論調査の「次の総理に相応しい人物」の結果が楽しみでならない

ダサいことに(あれだけTVに出してもらったのに)石破は安倍総裁に競り負け、頭一つ出ているのが小泉の倅という状況です。

①だが小泉倅は世界の環境相の集まる大事な会議の場で日本の環境政策をセクシーにと説明(笑)
②その意味不発言を大手のロイター通信様に取り上げられてしまい
③発言真意を確認しようとした記者団に野暮だ!と逆ギレ

メディアに担がれてる神輿の分際でメディアに八つ当たりニカ?
よくない態度だね。

と言うか、普通に有権者の目から見ても、言論封殺しようとする傲慢な若造に見えてしまうが、イメージダウンにならない?

小泉進次郎自身は派閥のドンでも何でもなく、(TV)人気にあやかりたいコバンザメが何人かぶら下がってるだけだ。

先日の国際会議の茶番がなければ、もっと党内に支持者を獲得できたかも知れない。

未来の総裁選のな。

今回の安倍改造内閣は各派閥が総理総裁のホープを送り込んできている。
苛烈な競争の中に小泉進次郎も放り込まれてるんだよ。僅かなミスでも致命傷。

誰かが守ってくれるから何やらかしても自分は大丈夫(笑)的な態度は高くつくぜ?

日本は誰の物ですか?

仮に安倍首相を信じて待つとして結果日本国民を困窮させ、誰が日本国民なのかわからないようになってしまった場合、社会の変移・遷移により日本の歴史が忘却の彼方に追いやってしまった場合

それを基に戻すのは至難の業です。

歴史を基づけば、ロスチャイルド家財閥が近世から現在まで大きな影響を与えているのは確かです。
認識はナポレオン・ソロさんとほぼ同じですが、立場はwoodhomeさんと同じですね。

しかし判断材料は国民は知らなければわからない事です。情報はたった一つの事実で覆されます。

それを出さない、もしくは出せない時点で、空想でしかないのです。空想のままで進んでそれが間違って行動してしまった場合、テロ行為しかなりません。

「UFOは存在しますか?」
という質問があります。

昔なら、「空想だ。頭が可笑しい、そんなものは存在しない」と誹謗中傷されてきて、真実はゆがめられていました。
ただ観測技術の進歩により、他の地球型惑星がある事が解っています。それは事実です。
我々の文明がある以上、同じ様な生命体が乗っている乗り物があってもおかしくないわけです。

その真実が知らされるのは時が解決するかもしれませんが、その時に日本が存在するかと言えば、賭けでしかありません。

憲法改正だろうが国籍改正だろうが無関心、自己責任の社会風潮が流行っている事で、国境、歴史の意義はない等しい、結局、「世界の潮流に任せる」しかありませんね。

それはナポレオン・ソロさんと同じ見解です。
今やっている政策を知り、政治を知り、国民が政治を取り戻さない限りは永遠に日本は存在しない。

かつて経済世界最強だった日本企業は、外国さまのいう通りに人を切り捨て構造改革日本版ペレストロイカフリーメーソン財務省の緊縮財政を推進弱体化させ、中国企業に勝てなくなった、ひとを大切にする日本精神を忘れたバカ丸出し売国日本経団連達!早く反社会勢力ファーウェイと関係を断ちなさい!まずは隗より始めよ!
吉本興業の比ではない!反社会勢力ファーウェイとズブズブの売国日本経団連会長日立バカ中西!
国内家電メーカーのOBを切り捨て、反日シナ朝鮮企業が雇い入れ技術流出!人を大切にする日本精神を忘れた売国経営者、売国日本経団連達は反省しなさい!バカすぎる!


エルメスがライバル視する創業500年の日本企業とは虎屋

日本は老舗企業が多い
その共通項の第一は、といえば歴史だろう。
エルメスの創業は1837年なので創業は180年と、虎屋に比べれば「短い」ものの、立派な百年企業だ。ちなみに日本の百年企業は2万5000社ほど。創業200年を超える会社は3100強、虎屋のように創業500年を超える会社は40社ほどある。とはいえ、この傾向は世界の中でも特異で、創業200年を超える会社は世界でも5600弱、その半分以上を日本が占める。



となると、2社の共通項は、この長い歴史の間に終始、顧客に「愛され続けて来た」ことと言える。


老舗頂上対談の断片にその答えを探してみよう。その最たる要素はといえば、当たり前のようでいてなかなか実践が難しいこと、「職人を大切にすること」。

パヨク(反日シナ朝鮮帰化人)の製造元は、売国日本経団連が推進する実質賃金を下げる移民政策!
移民の大半は反日ヘイトクライム教育を受けて天皇陛下を蔑む反日シナ朝鮮人である。
年間1万人のシナ人を帰化させ、今や100万人です!これ以上パヨク(反日シナ朝鮮人)を増やしてどうするのでしょう?そう臓器狩り中国共産党パヨクが乗っ取るためです!北海道の土地の約静岡県の面積がシナ人によって買い占められています!

夢の中かも知れませんが

本瀬さん  ポッポです

>大東亜戦争でアメリカが勝者でない??

ポッポはアメリカが東アジアの状勢を正しく理解していたら、国民党を日本と事変を起こさないように指示して、支那にアメリカの利権を求めることで、戦争を避けることができたとしているのです。

盧溝橋事件を起こし、国民党と日本が戦闘状態を作ったのは、現在なら共産党だと判っているのですが、当時は其処まで分からなかったと思います。
しかし、アメリカが満洲の権益を狙うことから、支那の権益を獲得することに切り替えていたなら、日本と国民党が本格的な戦闘状態になることはなかったし、通州事件や第二次上海事変は起こらず、国民党軍もまた、支那の政治を日本と戦うことなく実施できたのではないでしょうか。

そして、この場合には、国民党が共産党と正面から対応できたと考えるのです。
尤も、西安事件以降の国民党が共産党にどのように、影響を受けていたかは不明です・・・・・・・。

アメリカが盧溝橋事件以降に、国民党が戦闘を行うことを止めていた場合、アメリカは日本との軍事の経費が不要になるだけでなく、蒋介石総統が共産党の影響下に晒されていない場合には、国民党はそのときに日本軍ではなく、共産党と戦うことになり、その場合には、共産党は殲滅されていたでしょう。

すると、国民党による国家は、現在の中共から満洲、南モンゴル、チベット、東トルキスタンを除いた範囲を領土とする事になり、アメリカは其処での経済的な利益を得ることになるのですから、現在よりも更に大きな経済、軍事国家となったと思います。


アメリカがソ連による共産主義者の影響を受けなかったら、日本もまた同様に共産主義者の影響を受けなかったことが想像できます。
その場合には、大東亜戦争自体が発生するような事態になったのかとも、考えたくなります。

現実の世界に生きているから、支那事変から大東亜戦争は避けられないものだったとしか考えませんし、その中で、日本は侵略国家だと教えられてきたから戦後の自虐史観や敗戦利得者による教育、GHQによるWGIP・プレスコードの実施の結果、日本はこの80年を苦労したように思うのです。


マァ、所詮は夢の中かも知れませんが、世界の歴史には必然的な事象の結果と、偶然の事件の結果があったと思います。
それに対処する政治家や権力者が良識的な対応を起こせば、その後に何千万人の人がタヒぬ事になるのかも知れませんし、勿論、その逆にもなったと思います。



shadow government さん

2019年9月19日Newsweek日本版の記事です。
米海軍は9月上旬、過去15年間に同軍の操縦士が撮影した飛行物体を「未確認航空現象(UAP)」と分類し、調査していることをようやく認めた。との記事がありました。


米国防総省に、未確認飛行物体(UFO)と地球外生命を調査する極秘のプログラムが存在したことがわかった。米軍兵士の目撃情報も明らかになった。
国防総省によれば、この「先端航空宇宙脅威特定計画」は発足から5年後の2012年に終了したという。


この結果、UFOとされたのは
国防総省が調査したUFOの一つは、オーラを放ちながら回転し、高速で飛んでいた。海軍機F/A-18スーパーホーネットが捉えた映像があるが、国防当局は目撃された日時や場所などの情報を一切渡そうとしない。
この飛行物体を目撃した海軍のパイロットらの音声記録によれば、UFOは一機だけでなかったらしい。「奴らの一群がいるぞ」と、一人のパイロットは言い、他のパイロットはこう答えた。「ウソだろう。奴らはみな風に逆らって飛んでいる。200キロ近い風速なのに。あれを見ろ」
国防総省は、プログラムが立ち上がる前に米軍機のカメラが捉えたビデオも調べている。

2004年のビデオには、カリフォルニア州サンディエゴ沖を飛ぶ明るい卵型の物体が映っている。物体を追跡した戦闘機のパイロットによれば、旅客機ほどの大きさだったという。

UFOと宇宙人は、この広い宇宙には絶対に存在すると思っていますが、今の地球で発見されるか否かは判らないとも思っています。
そして、発見されるときには、地球にとって善意の人であり、文明であって欲しいと切望しています。

だって、宇宙人が見つかったら、宇宙人は地球人を食料だと思っていたら目も当てられません。

米国が開戦を切望していた

>ポッポさん 本瀬です

現実の世界では、米国が開戦を切望して、フライングタイガーなる部隊を送り込み
挑発の限りを行い、兵器を供給していました。国民党は使いっ走りの三下に過ぎません。

アメリカは東アジアの状勢を正しく理解していたので、国民党に日本と事変を起こすように指示して、支那でアメリカの利権を確立するために、開戦を急がせたのですよ。

まあ、主眼は極東利権ではなく、欧州参戦にあたり厭戦気分の国民、議会を翻意させる謀略として日本から米国に対して戦端を切らせるのが目的でしたから、チャイナの思惑とは関係なくでしょう。

当時の世界を仕切るパワーゲームでは、米英露が突出して、ヤルタ会談で、ルーズベルト、チャーチル、スターリンは悪魔と手を結んでいます。
チャイナ大陸でも米ソが両側から動乱を起こすための謀略に血道をあげていたのですよ。

宇宙人に関して

本瀬です

宇宙人は必ずいます
宇宙人には絶対に会えません

まず、生命の定義でウィルスやRNA断片まで含めても太陽系内で生存可能な領域は限られたもの。同種の生命体を探すとすれば太陽系と似た恒星系を探す事になりますが、これは遥かな遠距離です。

一番近い太陽系類似の星系に生命体があり文明を築いていたとしても、地球と交信できる可能性はありません。食料、移住先で宇宙人が侵略してくるってSFではよくありますが、NYで腹を減らしたギャングが東京のスーパーを襲う心配をするようなもの(笑)それだってありそうもないのに、宇宙のスケールはその数万倍にもなるのです。

正しいかどうかの保証はないですが、イメージでは・・・
湘南ピーチの砂つぶの一つに張り付いてる微生物が地球人
ブラジルのビーチの砂つぶの一つに張り付いている微生物が宇宙人

この微生物は相互に通信できますか?
まして訪問できますか?

多くのSF映画が間違ってるのは宇宙での距離感です。
地球上の海でだって船を見失うのに・・・
宇宙での戦闘シーンであんなに密集してたら身動き取れないのに
まあ、映画だから敵味方双方が見える必要からでしょうが。

なぜ、UFO、宇宙人の話がウケるのか?
ゾンビだと土葬の風習がある国だけだし、イエスもゾンビ?と答えがないから
全世界共通で使える便利な迷信としてかもしれません。

悪い子がいるとナマハゲがくる(地域限定恐怖)
突然UFOに拐われ手術される(全世界共通恐怖)
宗教風習に依らないホラーとして作られたのでしょう。

その民衆の恐怖感をどう利用するかは人それぞれ、
多いのは、商売金儲け、軍備、兵器開発、天文学詐欺、宗教
「宇宙人が〜」って言い出した時点でその人の信憑性は半減です。
石破ちゃんもそんな事言ってましたよね(笑)


燦燦三太です。

韓国非難の記事に便乗して、少し宣伝させて下さい。

日本第一党、桜井誠、と聞けば骨髄反射で否定する人が多いのですが、先入観は捨ててゆっくり観察してみれば面白いと思います。桜井と言えば朝鮮問題だけがクローズアップされますが、その他の政策についてもしっかりと意見を持っています。例えば財源を国防費よりも多い男女共同参画を廃止して捻出、社会保障は年金を一旦清算してベーシックインカムのような仕組みを新たに作る。諸外国の政治家とのパイプも徐々に構築中です。表舞台に立つべき人物であり政党だと思います。

激論! 桜井誠 vs 韓国MBC
https://www.youtube.com/watch?v=YKWLT3AAt3E

【日本第一党公式】 桜井誠 vs 立花孝志
https://www.youtube.com/watch?v=ee5OuNQMdUo

ポッポさん
UFOのことについて、情報提供有難うございます。

UFO問題についての証言がありますので、
その人の抜粋をします。

アメリカの公聴会
cisizen hearing(2013)

リチャード・マイケル・ドーラン氏は、アメリカの歴史研究家、作家であり、テレビタレントとしても活動しています。

ドーランは、「由緒あるオックスフォード大学ローズ奨学制度の最終選考に残った人物でもあり、主な分野は、アメリカ冷戦戦略、ソ連の歴史と文化、国際外交です。」とのことであり、かなり有名な方です。


リチャード・ドーラン氏の証言
https://youtu.be/7DwnnywY58A

よく感じるのですが、UFOやETに関する情報の公開についてはパラドックスがつきまといます。それは不可能、しかし不可避ということです。

なぜ不可能かというと、政治的動機はないから。それだけです。しかし、免れることはあり得ません。私達のリーダーだけが関わっている問題ではなく他の存在も関わっているからです。
ただしほとんどは私達、国民です。

人類史上最大の社会的・文化的な大規模な変遷、特に技術の変遷を経ようとしているのは私達なのですから。
実際、私達はゲームを変更しようとしています。いつか、そう遠くない未来に何かが起こり、誰かが行動せざるを得なくなります。重大レベルの目撃が起こるかもしれませんし、情報リークかもしれません。もはや否定しきれない何かが起こるのです。

つまるところ、私達はシンギュラリティと呼ぶ人工的知能に迫りつつあります。コンピューターによる知性が私達の知性を超える時が来るのです。
それが起こった時、私達はこの件についてなお中立の立場に留まれると考えるでしょうか?何かが起こり、大統領は即座に出ざるを得なくなるでしょう。

大統領は長らく待ち望まれていた記者会見を開き、控えめに爆弾発言をするのです。「国家安全保障会議、及び機密情報機関のトップから、UFO現象は現実であるとの情報を得ました。UFOは実在する航空体であり、地球上の文明によって製造されたものではありません」と。まぁそのようなことを言うでしょう。

UFO情報の公開を支持する人々にとっては歓迎したい発言ですが、本当の問題は、その次は?ということです。山のような質問が次々と起こることでしょう。第一に、他の存在とは誰なのか、彼らの目的は何なのか、ということです。どんな大統領にとってもこれは難しい質問です。

そもそも、闇予算を牛耳り分離社会のトップに長年就いていたリーダー達さえ分からない可能性もあります。少なくとも完全には把握していないでしょう。もし彼らが知っていたとしたらどうでしょう?それに、もしその答えに世の中に根底から動揺を引き起こすような情報が含まれていたとしたら?人間ではない訪問者、もしかしたら永住するかもしれない存在の意図は容易には理解できないかもしれません。

ただし、私達が持つデータによると、中には人類のことなど気にもかけていない存在がいる可能性は十分にあります。気にもかけていない存在もいるかもしれず、そうではない存在もいるかもしれない。

もし機密情報機関内で彼らの意図を判定したとしたら、そしてその意図に拉致現象に関することが含まれていたらどうなるでしょう?もしそうではないにしても、そのような推測がまん延しているというのに、大統領はそれを抑止できるなどと考えるでしょうか?

宇宙の存在達の意図は中立的か、ポジティブなものだと言われてはいますが、人類の大部分はとてつもない大きな疑念を抱くのは確実です。そう簡単には進みません。

地球外の存在は凶悪なのだ、と考える人々が相当数いるのです。この生命体の一人を演説台まで連れてきて、貪欲な一般大衆からの質問に何時間も、何日も、何週間も答えさせでもしない限り、どんな情報公開も大衆を納得させることはないでしょう。異星人側の動機にそえる形では起こり得ません。

これは数ある問題のほんの一部です。一番早くあがる質問は、深い政治的影響を及ぼすものです。「こんな長年の間、どのように隠蔽してきたのですか?」という質問です。

UFOは特異な実在のものではなく、ETや異星人は地球にいないし、私達と接触などしていない、UFOを信じる人々は善意ある人々ではあるがこの件に関しては間違っている、そのように私達の社会全体が言われ続けてきたのです。

どの主要機関でもこのような考え方が組み込まれています。小学校から大学、博士課程に至ってもです。主要報道機関ではUFOを信じていることをオープンにするとキャリアに傷がつきます。科学的機関などもそうでしょうし、政治機構でも同じです。政治的キャリアは終わるかUFO支持が汚点となり致命的な攻撃を受けるでしょう。

2008年のデニス・クシニッチの件を思い出してください。彼がずいぶん前にUFOを目撃したことがわかって、どうなりましたか。彼には二人の証人がいて目撃について証言したという事実には誰も目もくれませんでした。彼らは同じものを目撃していたのに、です。

諸機関や他の人々はUFOの話題を冗談か何か、未熟な人間が信じるもののようにあしらってきました。アメリカ中の教授達が諜報機関との連携もせず、誰もかれもが一様にこの現象を片付けてしまったなんてことが本当にあり得るでしょうか?科学界、政治界、メディア界でもそうやって片付けてきたというのでしょうか?

いえ、そんなわけがありません。極めて妥当な調査によれば諜報機関はこれら全ての機関・団体に多大な影響力を持っていることを示しています。つまり、国家安全保障機関が真実を抑圧するようなグローバル文化を築き上げてきたのです。

人々にそれがはっきり知れ渡ることでしょう。

それだけではありません。

一般市民は当然ながら秘密主義という構造の詳細を知りたくなります。つまり、もしアメリカの大統領がこれまでずっと蚊帳の外だったとしたら本当に権力を行使しているのは一体誰なのか、と。

誰がUFO隠蔽を操作してきたのか?

もしその答えが私自身のこれまでの調査通りであれば、隠蔽はずいぶん前に正式な大統領の権限から外され、国際的・民間機関の支配下に移されたことが明らかになるでしょう。

アメリカ大統領が全く手をつけていないわけではありません。

大統領は背後にいる本当の権力エリートの代表として公衆の前に出る存在です。これが権力のやり方であることを私達ははっきりとつきとめました。UFO秘密主義の高度分析を始めれば、それがわかるはずです。

つまり、情報公開が起こると地球上の権力構造の真の姿が明らかになり、たちまち世界規模な知的革命が引き起こされます。その瞬間、世界は 皇帝は裸だということを目撃し認識することになります。政治への影響は極めて大きく、情報公開した年内には激しい戦いが起こるでしょう。

考えてみてください。
大統領がただ声明を発表するように強いられたからといって、これを操作してきたCIAや他の諜報機関が単に舞台を立ち去ることはないでしょう。この話題をコントロールするために人の一生分もの時間をかけて皆で協力してきたのです。巨額が投資されてきたのです。単に情報が開示されたからといって、それに変わりはありません。

開示直後の真の課題は、これをコントロールしているのは誰なのか?直ちに亀裂が生じ、分断が起こるでしょうから。

この話題が公的に討議されれば、世界中の人々が答えを要求することはおわかりでしょう。フェンスの向こう側では情報が慎重に手渡されているのだと人々は確信するはずです。大統領のメディア担当アドバイザーが何度も出てきて国家安全ポリシーに沿って状況をコントロールしようとするでしょう。

しかし今回は諸機関に依存しないUFO研究者達がこれまでは決して開くことはできなかった公聴会を開くかもしれません。もし公式報道官が誤った方向に導く声明や間違った声明でもすれば事態はもっと簡単になります。

諸機関との関係のない独立した研究者達はそれを指摘できますから、今回は世界中が耳を傾けようとするでしょう。

そして情報公開後は現在よりももっとたくさんの調査が進められることでしょう。どのような結果になるか、それは時間が経たねばわかりません。

世界財政に関しては他にもたくさんの泥沼がありますし、他にエネルギー関連、真実和解委員会、訴訟、文化変容、文化戦争、宗教的・精神的変化、科学パラダイムの転換、究極には地政学的変化、など課題はたくさんあります。それらを乗り越えてこそ私達は惑星地球上で「他の存在達」との出会いを果たせるのです。協調的に、願わくば道理にかなったやり方で。そして、さらに願わくば、一握りのエリート達にではなく一般の人々への答えをもたらすやり方で。

そのためには私達は下から世論の圧力を高めていかねばなりません。さらに、この案件を長らく支配してきた闇予算文化と争うために、大規模な政治的エネルギー、倫理観、勇気が必要です。

そして人類のための自由と尊厳を取り戻すために長く困難な戦いを始めなければなりません。そして同時に私達の存在意義のため、もっとましな、もっと成熟した環境を作り始める必要があります。
以上です。

【 消費増税は安倍政権だけの所為? 】

 はっ?

 何言ってるの?

 仮にも国民のリーダーなんだから、世迷言は願い下げにして貰いたいものだ!

 百歩譲って、消費税増税して何の問題も無い、と考えて増税するなら未だしも理解は出来る。

 然し、悪い影響が在ると自覚しながら、仕様がないと増税するなら、総理など辞めちまえ!

 何じゃそれ!

 行政権力のトップだろ?

 トランプ大統領を見習いなよ!

 弾劾の危機に在っても、自分の信じる処を貫こうとしている。

 戦前・戦中の日本の総理は、明治憲法上他の国務大臣と同輩という弱い立場で、アメリカとの戦争を回避しようと全力を尽くしていたんだ。

 それに比べれば、戦後の総理の権力は強化されたんだよ!

 出来無いなら、出来る奴にやらせろよ!

 国民を舐めるんじゃ無い!

予想と対策

南鮮が2008の通貨破綻の際、どうしただろうか?お国の為に南鮮人が金を供出したのはそのまた前だったか?半島での生活が困窮して新大久保や鶴橋に来なかったのだろうか?今後またもし南鮮が財政破綻した場合、どういった事態が起きるだろう?過去の例から単なる財政破綻では半島から出てくる者は少ない、限られているのではないだろうか?但しアメリカからのメッセージを読み間違い南鮮の開放に北鮮が南下したらボートピープルが数十万人単位で押し寄せるだろう?船はそんなにあるのだろうか?人道的介入、措置を日本政府はどこまでするのだろう。来年はオリンピックで海外の要人警護の為に治安維持を図らねば。少なくともオリンピック終了までは黒色火薬が持ち込めた過去があったり靖国や日本の文化財を毀損した自国民を適正な処罰をしなかった国に対し一時的にビザ発給の厳格化をしてはどうだろうか?その間に半島で民族統一運動が起きた場合、ボートピープルについて済州島のシナ軍港で国連管理下で難民キャンプ収容。日本で騒乱を起こした者は…。シナも通貨破綻の恐れがあります。アメリカの様に戦争を起こして新たに市場を作ってそこへの投資って事で借金をちゃらにする?

小選挙区の先生に有事の対策について聞く前に自分でもイメージを持って聞いた方がいざというときにその代議士が具体的主導的に動けると思うので。

ヒドイ大学や

関西大学アイススケート部監督辞任について
2019-09-29
https://ameblo.jp/oda-nobunari/entry-12531037667.html

(本当のことは外部からは分からないが、オリンピックにまで行った精神と肉体と実績を持っている人でも、構造的な問題で容易に弱者の立場に置かれるというのは確かなのですよね。だからイジメくらい跳ね返せこれも勉強だというのはナンセンスなのですよ。イジメは性質上跳ね返せないし教材にもならない。)

一橋マンキューソ(17)副学長が委員長の一橋大学ハラスメント対策委員会から、教員の差別録音を公開したことがハラスメントに当たると訴えられました(通知全文公開)
2019/09/24
https://note.mu/ryangyongsong/n/nbf18a891caa1

一橋大学ハラスメント対策委員会(以下、ハラスメント委員会)から、私が訴えられました。

なんと一橋大学マンキューソ准教授の差別発言(「バカチョン」や「グーク」や「コリアンは頭がおかしい!精神科に行け!」)を録音した音声を公開していることがハラスメントにあたるというのです。

これは信じがたいほど酷いセカンドハラスメントです。
----
ノブレスオブリージュってトリクルダウンなみの神話だと諦観してる。そんなものがあったら中東があんなカオスなわけない。
ノブレスオブリージュに見える行動はよく観察すると必ずオブリージュではないメリットが隠れてる

私の「日本の政」論

>shadow government さん ソロです。
>>私の「日本の政」論
 その通りですね、同意します。 でもでは、貴方は如何にしたら国民が、政治を取り戻せると思うのでしょうか? それが書いて居無い限り、机上の空論、駄犬の遠吠えに過ぎませんよ。

 でも、日本の政は、民を基本にしたモノですが、決して痰が主体でやって来た事ではありません、何時からかは、分りませんが代議員を立てています。 それが、何故こんな状況になって居るのかを、正しく認識しているのか? と言う疑問が在りますね。

 以下は4千字位ありますが、勿論、私論ですので、軽い気持ちで読み飛ばして貰って結構ですが、私の「日本とは、何か?」を書いた心算です。

 日本は、固より、分業思想が強い社会です。 その根拠は、古事記に云う「我ら神の子にして等しく神聖である」と言う平等思想に在ると思って居ます。

 縄文の昔より、畑を耕し、泥田に入って労働し、食糧を生産する者、其れを消費地に運んで報酬を得る者、仕事をする上で必要な道具や生産機器を考案し、それを創る者、そして、治安を保つ為に、普段は労働に従事しているが、外敵や災害が起これば、敢えて先頭に立って危険を冒す者、と、庶民でも色々な役割や立場がその適性に応じてあり、其々が十全に機能してこそ、社会が円滑に回って居る。

 そこに、人の能力の違いに拠って、仕事が与えられる米名ので、その仕事の重要さの軽重は無いと言うのが、暴力では無く、冷静な話し合いに永い年月を懸けた、日本的な結論でしょう。

 唯、人間の生活で一番必要になるのは、毎日食べねば生きて行けない食糧ですカラ、自然に農業従事者が分業化した集団でも、その多数的な存在になって行くのは、発生する労働力の必要性から言って、当然です。

 食糧不足時にその調達を、他からの窃盗・略奪に拠ったものが少なかったと言う原因が、日本の海と山、其れに湿地帯と言う天然の要害の中で、各々が暮らして居たと言う地理的な現実にも要因があるのではないかと思って居ます。

 私は、縄文の社会に戦争が無かった理由の一つは、上記の様な地理的や風水災害の多さと言う気象的な成分が、大きいと思いますが、其れを俯瞰した言い方をすれば、食糧生産力と人口数が補完限界の状態だったのではないか? 即ち、生産している食糧が養える人口数ギリギリに近かった、と言う事です。 

 炭水化物を多く含み人間の活力源となる穀物の大量栽培で有る水耕稲作を、専らにして居無かったからだと言う説が最近まで多かったのですが、私はそうでは無く「知って居たが、敢えて避けて居た」と思います。

 其れは寡品種大量栽培では、気候変動に影響される部分が大きく、飢餓を起しやすいカラだと2万年にも及ぶ経験則から縄文人が学んだからだと思います。

 其れは、亦、別の話に成りますので此処では、止めておきます。

 日本の政と言うのは、この分業社会システムの上で、他の地域の部族との外交・軍事は固より、貿易に関する管理、集団としての意思表示を求められる場合の代表答弁等々「他の分業している民が、納得する意見や制度を社会に反映させる」事を、本文とする筈です。

 この「集団意志の統一」を諮る「政システム」は、日本では、古くから農村で必要に拠って自然発生し、百姓代「=集落の代表が集まって、水の管理、川の管理、山の管理、荒れ地の管理・・の問題を合議で決めていました。

 つまり、日本人は、西洋に民主主義を自然な形で取り入れて居たのです。

 ですが、政には、外交・軍事や貿易と言った現実には、物事の道理ダケでは、解決しえない事があり、その場合、高いに話し合って法や律を定め、其れに違背したモノを、強制力を以て、罰し、従わせると言う法令社会になったのは、幾つかの集落が村になり、郷になり、郡になり、国になって始めて、初めて法令、律令と言うものの効果が現れる様になるのです。

 ダカラ、日本の場合、災害に対する団結の必要性から、争いを小さな地域で解決して居た処では、発達させる必要も無かったと、私は思って居ます。

 然し、水耕稲作が導入されて、人口が増え、国が沢山出来始めると、争いが、複雑化、且つ、大規模かして。世界どこでも起こった同じ事が日本でも行われる様になったのですが、是は、寧ろ当然の成り行きでしょう。

 ですが、中世の15~17世紀に懸けて、160年近く続いた戦国時代を終息させた、安土・桃山時代には、刀狩りをやり、検地を行って、租税の多寡や重複や漏れを糺し、検量升や検尺器の統一と田んぼの面積とその土壌の質の確定を行って、生産高を推定し、税高を決めた(太閤検地)で、公平な徴税システムの基本を創ります、是も、日本独自のものでしょう。

 そして江戸期には、日本を2度と戦乱の世にしない様に、徹底した分業システムを布く為に、士農工商と言う、職業別の仕分けをして、其々が住む場所を限定して、其々を、最小限の強制力で管理し易い様にしました。

 処で、この中には当時の為政者に取って、一番問題になって居た僧侶が含まれていません、それは、僧侶は、生産層では無いと言う理由ですが、直接管理するには、宗教を国教化する必要が出て来るので、敢えて触れて居無いのだと思います。

 色々不足は有りますが、是が伝統日本の政の集大成とも言うべき事です。 

 オソラク、是を施行した秀吉や家康は、信長からその腹案を聞いて居ただろうし、その具体的な、施行法も永年に亘って、部下と諮って試行錯誤されたモノだと思います。

 けれども、こうした平等な意識を基にした社会システムは、欧米では、18世紀になっても為されて居ませんし、国民の基本意識がに平等と言う事は、人種差別を容認して居るキリスト教の所為で、未だに達成されて居ませんね。

 是は、預言者イエスが悪いのではなく、青人ローマ分めうぃ剽窃した、ゲルマン族が、キリスト教を勝手に改竄したからです、ダカラ、この民族に他の何を与えても、結局同じ結果になったでしょう。

 此処で何が云いたいのかと言えば、欧米の白人文明は、日本とは基本的に異なって居ると言う事です。  

 就中、争いを解決するのに、熱戦では無く、弁論でも無く、合議に拠った日本には、差別が無かった事が、
大きかった。 ですから、日本には有るが欧米には無いモノが多過ぎます。

 日本は、維新後に文明開化と言う価値観の大きな変化を経験し、欧米から「科学技術」と「科学的思考」を学びましたが、両方とも、日本には昔から有ったもので、改善・改良と言う点で、日本の法が思想的に派、寧ろ、一歩進んで居たかもしれません。

 ダカラ、日本人は西洋文明を然したる苦も無く自分のものに出来、維新後30年余りで、船のエンジンの部門で、先行している英国やドイツのエンジンより優秀なエンジンを開発した結果、日本海海戦では、ロシアの最新鋭の戦艦の性能を全ての面で凌駕して、バルチック艦隊を絶滅させて、超大国ロシアを傾かせました。爾来造船技術は日本が未だに、世界一です。

 世界は、この様な日本の優れた点を脅威と捉えて居ましたが、実感としては、実戦で戦ったモノ同士にしか分からない部分が多かったでしょう。

 ダカラ、英国、オランダ、そして米国は、日本人の兵器の斬新さ、優秀さや、人間の粘り強さやその愛国心の深さには、トテモ真似が出来無いものを感じて居たと思います。

 この事が、実戦で自分では戦って居無いシナ・朝鮮人の政治家層には、分からないのですね。 日本が世界で孤立し易いのは、日本文明が、或る意味、進み過ぎて居るカラだと私は思います。

 安倍さんは、その辺りを上手に、隠してやっているのですが、其処を、飼い主の世界の闇勢力に、告発しているのが日本の売国マスゴミです。

 事例を挙げて看ますと、「もし今、入管法改正をすれば、19年の3月以降には200万人モノ『移民』が急増して、日本は外国人だらけになる」とか、予言して「安倍は、グローバリストだ、総理大臣から引き摺り降ろせ!!」ろ、去年の今頃、大騒ぎして居ませんでしたっけ? 

 でも実際は、どうでしょうね? そんな現象は起って居ませんよね、寧ろ、在日朝鮮人の様な「違法移民」がこの先、韓国の国内法の「在日帰還法」に拠って、文政権崩壊後に適用が始める可能性が有りますね。

 その対象は、帰化済みの朝鮮族にも及び「韓国の兵役の義務を果たして居無いものは、あらゆる国への帰化は無効」なので、日本だけで、500~700万人にも及ぶ強制帰還者が出る可能性が出てきました。

 是を、どう説明するのかなあ? 

 私は、昨年「入管法改正は、どちらでも取れる様な曖昧な表現をしているが、是は、移民促進派を惑わせる作戦だ」と言った覚えがありますが、どうせ、頭の中は、「反権力は、格好いい」的な、幼稚な「覚醒」なので、伝わらないだろうなと思って居ました。

 此の度woodhome さんのコメントを読んで「やっぱりね」と落胆しましたね。

 我々、市井に暮らすものは、日本の伝統的な施政から言えば「お上を信じて、只管、着いて行くしか無い」のです。 何故なら、歯牙無き我々には、政治的な事情は知る由も無ければ、知って、どうする事も出来無いのなら、知る必要も無いのです。 

 つまりは、伝統の分業システムに則って居れば良い話なので、是は、言い換えれば、日本の庶民の経験知です。

 為政者に、事情があるのならそれを処理するには、タイミングが一番重要でしょう、何故、闇雲にその事情を知ろうとするのでしょうか? そしてそれを説明しようとすれば、「陰謀論だあ~」では、取り付く島もない。

 但し、日本人には、お上に任せて居たら、トンデモ無い目に遭わされた経験がありますので、其処に一抹の不信感や不安感を持って居るのは、事実でしょう。

 それは、私とて同じです。 ダカラ、陰謀論だと言っても、その内容を突き詰めて、真偽の程を自身で判断しているのですが、結局、我々は大河の中の1滴に過ぎません。

 政に、何も関心も持たずに居るのは、国民として、とても愚かしい事だとは思いますが、理由も無く騒ぎ立てるのは、為政者の足を引っ張って居るダケで、より、愚かな事です。

 貴方方、反安倍、或いは、安倍さんに疑惑を持って居る人達の、考え方自体は理解しますが、其れだけなら、全く現実的では無いと言って居るのです。

 入管法改正の内容を勝手に変更しようとした、法務官僚を青山さんが阻止した事件を思えば、貴方方が告発すべきは、省庁改革だし、是を伝えないマスコミ改革だと、私は思いますがね。

「扶桑の人」さんのコメントに有ったと同じ事を、貴方方に考えて頂きたいと、私は思って居ます。

>本瀬さん  ソロです。
>>宇宙人の存在
 私も絶対に居ると思って居ます。 理由は、人類が存在して居るカラです。 宇宙人が居る確率って、簡単に言えば一千億の一千億倍の数の太陽に、付随した惑星の数だけあるのですし、地球で起こった事は、必ずと言って良い程他の星でも起こって居るカラで、中には、人類が知らない先進科学を既にものにして居る事だって、大いに考えられますよね。

 其れに、酸素組成21~25%、窒素70%位の空気を、刷って生きて居るダケの生物だけが進化するという説も、最近怪しくなっていますカラね、本瀬さんが仰る様に、微生物が高度な知能を持って居る可能性だって、有るかもしれません。 

 身近な動物を見て居ても、犬、猫は固より、豚や、牛、羊と言った牧畜も、更には、小鳥やネズミ等の小型の生き物も、ちゃんと感情があり、学習能力も有る事が、判って来て、能の大きさだけが、遅漏の良さを保障し無い事が分って居ます。

 つまり、我々は未だ宇宙人処か、この地球上に居る生き物の仕組みすら理解していないと言う訳です。 是は「世は人類の為に造られたモノだ」と言う、古代ユダヤ教の「神」に関する認識から生まれたものダカラ、人間中心何ですが、地球の歴史43億年を紐解けば、地球上で、生物が繁栄し始めたのは、39億年目のカンブリア紀からですし、人類の祖先と言われる猿人が、猿から分化したのじゃ、たった700万年前ダカラ、7/100でしかない、更に、現在の人科「=ホモ~」が誕生したのは、早くとも30万年前ですカラ、3/1000の僅かな時間でしかない。 こうした事が、17世紀の欧州で葉未だ分って居無かったので、あのニュートンでさえ「地球の起源は?」と訊かれたら「旧約聖書に書いてある通り、3千年前だ」と答えて居たそうです。

 近代の西洋科学と言うのは、この宗教観からスタートして居ますし、下痢満族支配の社会では、ゲルマン族に都合の悪い事は、端から否定されます、コペルニクスやガリレオが弾圧されたのも、同じ理由カラです。 「人類の科学への覚醒の歴史」としては面白いですが、それ以上の意味は有りません。

 寧ろ、英国の生物学者リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」や「遺伝子の川」と言った著作の中には、本瀬さんが仰有るような「意志を持った、遺伝子」の存在を連想する表現がありますね。 是が実は、科学者釈迦牟尼が云う「魂の正体」なのかもしれません。

 唯、彼も当代一流の科学者なのに、一方では、敬虔なクリスチャンだとの事、キリスト教の正体は、ゲッセネ派ユダヤ教だし、パウロの敵対したファリサイ派ユダヤ教や、様々な民族宗教に拠る改竄や付加が行われて居て、もう、原形を止めて居無いのです、選民主義なんて言ったら、世界宗教なんて成り立つわけが無い。ww

 ダカラ、真の科学的な発展は、自然の法則を、神のご意志と考える日本の思想の方が、科学には順応性が高いと思いますね、例えば、量子論なんて華厳経そのモノです。

 こう言う事を云いだせば、宗教関係者が飯を食えなくなりますのでww 仏教諸派は、今のママ葬式宗教で居れば良いのです、葬式なんて、遺族の慰めや気持ちの区切りの為にやって居る様なモノですカラね。

 一説には、米国は宇宙人から色々な先進技術を学んで既に実現化している、例えば、数百億キロも離れた、木星外惑星の写真を送って来た、ボイジャー2号なんて、シャッターは誰が押して、どうして写真を送れたのか今から40年位前ですが、今の科学力で考えても、カナリ無理があると思いますがね。

 私は、次元超越「=ワープ」が、出来れは、簡単ですカラ、教えて貰ったのは、そういう技術ではないかと思って居ます。

 大体、時空や引力・重力と言う見え無い顕在力がある空間と言う時点で、宇宙空間自体が異次元空間だと思いますから、先ず人類は、重力の正体を突き止めて、自在に発生・停止を行えるようになれば、劇的に科学が進歩すると思って居ます。

米国はもっと良い勝ち方があった

本瀬さん  ポッポです。

>現実の世界では、米国が開戦を切望して、フライングタイガーなる部隊を送り込み挑発の限りを行い、兵器を供給していました。国民党は使いっ走りの三下に過ぎません。

アメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領は選挙公約で戦争をしないとしていたため、自らの意思で戦争を始める事ができませんでした(それで日本を開戦に追い込みました。)。
その一方で、支那では国民党軍に軍備を支援するだけでなく、義勇軍としてフライングタイガーを送り込みました。
国民党軍は使いっ走りであったかも知れませんが、その兵力は1,000,000人はあったと思います。

これだけの軍隊に、日本軍は現実として戦っていたのです。
それで、支那の国民党に日本と戦争をさせなかったら、国民党は政権を取った上で、維持する能力があったと思いますし、その際には米国が経済的な利益を十分に得る事もできただろうと考えているのです(日本は支那を、取る気がなかったのです。)。

しかし、そうせずに日本との戦争を選んだアメリカは、大東亜戦争の終戦後、国民党軍が共産党軍に負けた事から、支那を満洲も含めて全て取られたのです(これでは、支那で勝利したとは言えません。)。

その後はアメリカに、経済的・軍事的に自力があったから、強大になりましたけれど、日本と戦争せずに支那を手に入れていたら、より強力になっただけでなく、現在の中国共産党は存在しなかったから争う必要もなく、支那(満洲を除く)を手中に入れる事が可能だったのです。


戦争は経済を活性化させますから、経済的には戦争した方が良かったのかも知れませんが、その結果、数十年後に覇権争いをするような危険な国を作ったのでは、利益を全て無くす危険が生じてしまったと考えるのです。

念のためですが、大東亜戦争で日本がポツダム宣言を受け入れて降伏した事は、歴史上でハッキリしています。
ただポッポが言っているのは、アメリカが日本と戦争をする原因の一つには支那の利権だけでなく、満洲の利権がありました。

ポッポはこの時にアメリカが満洲の利権を止めて、支那の利権だけを得る事にしていたら、アメリカは今の時代にも支那を実質的に支配していたと思います。
でも、現状は支那共産党が支那(満洲を含む)を支配しており、近年ではアメリカの覇権を奪おうと伺っているのです。

第2次世界大戦時には、世界は西欧列強を中心としていましたけど、中共が竹のカーテンから国連に参加してから50年近くなって、世界の覇権を狙うようになった現状があります。
これで、アメリカは大東亜戦争に勝ったのか、勝者になったと言えるのかと思うのです。


それから、ヤルタ会談で勝利者となったのは、スターリンだけでルーズベルトもチャーチルも、勝利者と言える果実を手に入れる内容ではなかったと思います。



宇宙人に関して
宇宙人は必ずいます。(これが一致していて嬉しいです。)
宇宙人には絶対に会えません。

宇宙は広い、遠い。其処に何らかの生物がいても、宇宙に出るのは大変で、技術も必要です。宇宙に出なくても、通信で相手と交信するのにも、どんな方法があるのかと思います。

まして、何処かの星の人(?)が宇宙に出て、他の星の人に出会うことなんて、本当に出会うまでは絶対に無いと思います。


但し、UFOは必ずしも宇宙人とは限りません。
あくまで未確認飛行物体ですから、これを調査する事は考え方ですし、科学的に調査して説明できれば良いと思います。

UFOについて

shadow government さん  ポッポです

UFOのことについて、教えていただきありがとうございます。

shadow governmentさんは、UFOの存在を信じ、もしかしたら宇宙人が地球に来ているだけでなく、地球人に接触したのではないかと思っているのかも知れませんが、ポッポはこれまでの証拠とされたものについて疑いを持っていますので、今後も来たと発表され、宇宙人を見るまでは来ないと思い続けるでしょう。

但し、アメリカではこれまでから調査をしていると考えますし、その結果も国民に教えています。その一つが、9月30日のポッポの投稿になったのです。


それでアメリカが凄いなと思うのは、国に20,000人の要求があれば、本格的に調査するとの制度がある事です。
ですから、このUFOのこともこれによって調査し、国民に報告したものだと思います。

その結果、UFOの可能性があるとしたものを詳細に調査する事で、殆どの事案はUFO(未確認飛行物体)ではなく、自然現象や勘違いと結論づけました(これが、2012~2013年だったと思います。)
その頃に、何件かの不明とされた事案があったと記憶しています。

その内の一つが2004年のものであったと考えますから、今回の国防総省が調査したF/A18の件は、その後のものなのだと思います。

アメリカが今後このことを発表するか否かも不明ですが、もし宇宙人の乗り物であり、中に宇宙人がいれば大事件ですけれど、確率的には余りにも小さいもので、期待はしていません。


子供時代にはSFが好きで、中学2年の頃、ジュールベルヌの「月世界旅行」でファンになり、その後は只管読みました。

小学校3年生位のときに、空高くを音もなく飛んでいるUFOを見た事がありましたけれど、その後に考えてみると航空を飛んでいる飛行機(ジェット機?飛行機雲はなかったです。)だと思います。でも、30歳位の頃に友人とUFOの話になったとき、友人のUFO体験は、ポッポと同じものでした。


処で、アメリカの20,000人の要請に対する調査ですが、慰安婦の事でも実施されて、米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなって、戦時の米軍は、慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたし、との結果が出ています。

この時の資料は、「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったとの事ですが、調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だったとの事です。

こういうことを知りますと、アメリカは凄いと思ってしまいます。
この結果を突き付けられても新たな検証もせず、性奴隷との表現を使い続ける韓国や日本の新聞社とマスコミは屑だと思います。

ポッポさん、始めましてjjです。

戦前戦後の米国は政策決定で政府の中枢基幹に入り込んでいたコミンテルンのスパイ影響をもろに受けていました。
日米開戦もシナ事変も戦後の日本統治もコミンテルンのスパイが影響していたと言われています。
ソ連の暗号を解読したものでヴェノナ文書などでそれらが明らかになっています。それによりますと当時アメリカ政府に300人もの共産主義者が入り込んでいたと言います。
ルーズベルト政権で財務次官、ハリーデクスターホワイトがコミンテルンのスパイでした。
そのホワイトがハルノートを起草しています。
また、米国政府のアジア政策に影響力のあった太平洋問題調査会(IPR)表向きは自由主義的・国際主義的な組織ですが、事務方の人間はほぼコミンテルンのスパイで牛耳られていました。
事務方が作成した政策は共産主義者が有利に働くものが多く
戦前からアメリカが日本への敵対心を煽る活動をし、
戦後も日本、ひいてはアメリカさえも赤化しようとしていたことが明らかになっています。
国民党と中共の内紛もそれまでは米国は国民党支援でしたが中共支援に政策転換させたのも(IPR)の影響だったと明らかになっています。

戦前戦後コミンテルンのスパイが米国に馬場くじを引かした原因の一つかもしれませんね。
その証拠にポッポさんが仰る通りアメリカは大東亜戦争に勝ったのか?勝者になったと言えるのか?
それから、ヤルタ会談で勝利者となったのは、スターリンだけでルーズベルトもチャーチルも、
勝利者と言える果実を手に入れる内容ではなかったと思いますで言い表されていますね。

500~700万人にも及ぶ強制帰還者?

>ソロさん
あなたのコメントはいつも長文です。その大半は常識的なことを言っています。
だから成程と納得される方も多いのでしょう。
しかしその中に時々少しの妄想を交えます。するとあなたのコメントを読む人はそれも本当だと信じます。
これはあなたが批判するマスコミのやり方と同じです。
NHKや朝日新聞はいつも間違えた報道を年中しているわけでありません。
おおむね事実を正しく報道しています。ところが時々嘘を織り込みます。
すると視聴者は普段の報道が正しいのでその嘘も正しいと信じてしまいがちなのです。
コメント欄でもよくよく注意する必要があります。

あなたは実際に入管法が施行されても世の中静かで何の問題もおきてはいないではないか? それどころか500~700万人の徴兵義務を果たしていないコリア人は強制送還される可能性がでてきている(移民者が減少する可能性すらある)
この状況をどう説明する?と入管法に反対していた人達の不明を批判しています。
それなら私が説明します。
500~700万人ものコリア人が強制帰還させられるような事態は絶対に起こりません。
それはあなたの妄想でしかありません。
在日が減少することがなくて外国人労働者は着々と増加しています。
安倍氏がトランプ氏と真反対の移民政策をとっていることは明らかです。
最新の外国人労働者数の推移を下記します。外国人労働者は移民と違うなどと言った言葉の遊びは通用しません。
2010年 (民主党政権2年目)65万人 (前年比プラス8.7万人)
2011            68.6 (プラス3.6万人)
2012            68.2 (マイナス0.4万人)
2013 (安倍政権2年目)  71.8 (プラス3.6万人)
2014            78.8 (プラス7.0万人)
2015            90.8 (プラス12万人)
2016            108.4 (プラス17.6万人)
2017            127.9 (プラス19.5万人)
2018            146.0 (プラス18.1万人)
https://honkawa2.sakura.ne.jp/3820.html

しかし歴代日本政権はなぜ不当な案件に逐一反論してこなかったのか?証拠を並べて反論する事で韓国は斜め上のことしか言わずとも、論理的に反論すれば欧米は理解する程度の理性はあるはず。歴代政権と外務省は猛省してもらわねばならない。

>woodhome さん ソロです。
>>出稼ぎ労働者と移民の違い
 貴方の方こそ、↑の様な、国民が混同しそうな嘘を掻きこんで居ますが、もしかして、その違いを認識出来て居無いのでは、無いかと言う気がして来ました。 其れって、妄想云々じゃなく唯の非常識でしょう。

 いいですか、今増えて居る外国人労働者の大半は、東南アジアからの研修生、或いは、そう言う名前の出稼ぎです、貴方の挙げた数字には、国籍別の仕分けが入って居無いので、判別出来ないダケですね、是こそ、マスコミが使う、欺瞞的な誘導方法だとは、思いませんか? 

 然し、彼らが、将来日本国籍を取得する事は、カナリ難しい、それが、改正入管法が挙げたハードルの意味です。

 処が、前コメに記述した様に、今年の2月に、法務省の一部官僚が、自民党議員相手の、改正内容説明会で「日本の4年制大学に留学して卒業資格を得たもので、日本企業に就職したモノは、自動的に日本ン国籍者となり、言って居の機関を経れば、その家族も日本に呼び寄せる事が出来、その家族も日本国籍者となる」とか、トンデモナイ説明を始めたので、青山議員他、自民党議員が「そんな条文は何処にもない、説明は大嘘だ、撤回しろ」と迫った処、説明会を中止した、と言う事件があった。 つまり、こうした、欺瞞行為を行う勢力が、法務省内部に巣巣食って居る事に成りますね。

 然もこの話には既視感があったので、良く考えると、このブログで、或るコメンターが、入管法の危険性を主張する為に使った内容と酷似して居る事に、気が着きました。 と言う事は、彼はその時点で、この事件の内容が用意されて居る事を知って居た事に成りますよね、つまりインサイダー情報の可能性が高い。

 貴方の欠点は、論理の詰めが甘い処です。 抑々出だしが間違って居るカラ、或いは、定義や現実認識に甘さがあるから、最期まで筋が通せないのです。

 それに、韓国の所謂「在日帰還法」の存在について、全くろんっぴょうも無しに「そんな事は、起り得ない」と断定して居ますが、私は。飽く迄「可能性」の話をしているので、その可能せうが無いと言う名らその根拠を示さねば、端心辻褄が合わないのではありませんか?

 他人を「法螺吹き」の様に、中傷して置いて、自分の方は、こんな好い加減さでは、貴方自身の知性やモラルを疑われるダケで無く、貴方の出自も、疑わしくなってきますね。

 何故なら、日本国民内の朝鮮族、つまり、帰化済み朝鮮人に取って、この「帰化が全て無効になる在日帰還法」の存在は、町が居無く脅威ですからね。 私の知り合いの在日の方も、此の件に関しては「不安だ」と言って居ます。

 此の件に関しての政府の見解は、まだ出て居ませんし、反対しようにも、韓国の国内の事ですカラ、既に、日本人になって居る人達には、いかんともし難い、この辺りこそ、マスコミは法的な、国際慣習に基づいて、説明をするべきだとおも居ますがねえ、其処で、亦、RPC「=Radia Press Code」規制ですか? ジレンマに陥って居るのではないかと思いますww

出稼ぎ労働者と移民の違い?

>ソロさん
国際的に一般的に使われている移民の定義は「1年以上国境を越えて居住地を移すこと」です。この定義によると1年以上の留学も入りますが留学による居住地変更は含めないのが慣行だと思います。
安倍政権の入管法について賛成の方の多くは永住権や国籍取得者に限る、と自己流に定義する方が多いようです。これが移民の最も狭義の定義になります。
しかしこの最も狭義の定義によっても、安倍氏が移民を推進する立場であることは明らかです。
ご自身が公の場でそうはっきり言っています。ニューヨークでも東京でも。彼は2016年4月の産業競争力会議で「永住権取得までの在留期間を世界最短とする」と表明しています。この日経記事はフェイクですか?

在日の強制帰還は可能性としてもない理由を示せ、といわれるなら説明します。
韓国が強制帰還法を発動する可能性がそもそもありません。今でも実質失業率が10%を超えるというのに500~700万人の帰還者を養えるはずがありません。奴隷のように扱うなら別ですが同し国民としての待遇を用意できる筈がありません。
それよりも在日や日本に帰化した方が韓国に帰るh選択をする筈がありません。
ご承知のように彼らの大半は自らの意思で密入国してきた人やその子孫です。その彼らが自ら納得して帰還法に従う可能性はセロです。ならば日本政府は強制送還できるのか?
犯罪者でもなければできる筈がありません。今の政府なら尚更のことです。
コリア人については殺人犯ですら強制送還していません。
ですから強制帰還が起こる可能性はゼロなのです。可能性がゼロなのに可能性があるというから妄想だと言っています。

それと私のコメントに対する返事では、冒頭でHNを名乗る必要はありません。投稿者名は自動的に表示されますので不要です。冒頭で名乗るのは自己顕示欲の現れのようにしか私には感じられません。

ソロさんを応援するわけでもないのだが

2009年に施行された「雇用対策法及び・・一部を改正する法律」による全国の事業所に実施された「外国人労働者の雇用状況」の届け出によるデータは、必ずしも安倍首相が原因だとは言い切れないと思いますよ。
 woodhomeさんの挙げたデータは民主党政権の時にも、外国人労働者が増えていた事実も安倍政権によるものだと説明しなければ論理的な主張といえないのではありませんか?つまり、民主党政権がそのままずっと続いたとしても増大したろうという仮定を否定する根拠を述べなければいけないという事です。
 2012年の統計ではマイナスの数値がありますが、厚労省は大震災の影響だとその統計で述べている部分があります。一年様子をみて戻って来た?(おまけに安倍政権時にマイナス数値?w)
 woodhomeさんの挙げたURL説明文に「「外国人雇用状況」の届出状況」の所をクリックすれば平成20年からのデータがありますから、よーく吟味いたしましょう。外国人国別、資格別などのデータもあるから。勉強して論理を立て直した方が良いと思いますね。

 第二に、ソロさんは「入管法改正」に焦点をあてて論じていると思いますが、挙げられたデーターは未だその改正が実施されていない状況のもとでの話ですよ。
 ちなみに聴き伝えではありますが、改正実施後3か月の結果「特定技能」に認定された人数はたったの45人だそうです。年3万人増やすという掛け声、笛吹けど踊らずってところですかね?

 それと入管庁は格上げされたのは良いとして、外国人労働者受け入れには積極的ではないのだそうです。(管理の仕事を増やしたくない→いっそみんな日本国籍を取ってくれた方が良い?www

>woodhime さん ソロです。
>>1年その国に暮らして居れば移民?
 アホな事を云うもんじゃありませんよ、世界で一番、移民規定が緩いと思われる米国ですら、米国市民権を得るには、10年以上の無謬居住と納税実績が必要なんですよ。 貴方が云って居るのは、現在の在日に関する特別措置の話じゃありませんか? そんな入管法なんて「無きに等しい状態」でしょう? 何で、国籍法゚の改正が行われたのか、説明出来ませんがね。
 
 「国際的にとか、一般的にとか、と、マスコミ的に曖昧に謂わずに、ちゃんと出店を示してから、こんなトンデモ無い説を書くもんですがねえw

 それに、在日帰還法は、韓国の国内法です。 朴槿恵前大統領がが正式に国会に上梓して、通貨成立させ、15年7月から施行されている立派な法律です。

 是を、文在寅が店晒しにして居るダケの話、今年の2月頃、TVにある在日タレントが出て来て「在日帰還法の様な、俺たち在日に取って、不利益な法律を作ったから、朴槿恵は牢屋に入る事になったんだ」とか、公然と言って居ましたね、その後、TVには出なくなりましたがねww。

 然し、彼も貴方も間違って居るのは、在日は、特別措置法で曖昧な状況に有るが、原則的には、已然として不法移民であり、韓国の李承晩初代大統領の「在日の帰還引き取り拒否」以来、在日は、棄民状態にあるから、現状が維持され続けて居たのですが、この在日帰還法は、明らかに、在外国民に対する本国からの帰還命令でしょう、此処にクネさんの、日韓関係正常化への意欲が見えますね。

 国家の命令なら国民の義務ですカラ、自分の帰還意思の有無は、関係ないですね。 然も、この法文には、年齢規定がありませんので、老若男女関係ないと言う事にもなるでしょう。

 ダカラ、この法律の効力を意図的に行使しない文在寅が、もし、韓国保守の様に、自分達の利益しか考えない勢力の手に拠って、政権交代させられれば、亦は、新国家誕生で、貧乏な朝鮮の支配層が、帰還する在日が持ち還る資産を、宛てにしたら、法律自体が存続するのですカラ、在日も帰化済みも、何百万人だろうが、対象にされるでしょうね、それに是は、義務ですカラ強制力が働く範囲ですよ。

 其れにもう、一つ言って置きますが、私が、冒頭に名乗って居るのは、別に貴方の為だけに、そうしているのではありません。 読者の中には、スマホで読んでいる人が居るらしいので、私の長文コメントを判別するのに、名前を冒頭に出せば、読み飛ばせる、と言うリクエストに応じたものです。 自己顕示欲? アンタ馬鹿じゃないの? 本名も隠して居るのに、HNで有名になってどうするの?

 流石に、妄想1000%の朝鮮系ですねwww

かもたられば(笑)

本瀬です

移民、外国人労働者の話、混乱の元凶は
定義の混同は再々出ていますが

想定が多い話を「たられば」って言いますよねw
どう定義したっていいんです。

「移民が増えると治安が悪くなる」(かも)
「チャイナ、コリアの移民だともっと悪くなる」(かも)
「労働者として一時的に入国しても帰らなくなる」(かも)

そのような(かも〜)の危惧があるのは当然です。

しかし!大書すべきは「移民受け入れ」=「人権重視」と同等のキーワードで
「移民受け入れ」反対は反人道的行為と断罪されるのが昨今の風潮です。

では、とるべき方策は?
・移民大賛成!大量受け入れ表明
・でも実は移民じゃなく短期外国人労働者(詐欺的、国連基準の詐話)
・日本に入るには資格が必要(さらに制限するも、建前は大開放!)

同時並行して既存の移民、外国人労働者まあ、在日コリアンですねを
如何にして帰国させるか、国外追放するかが議論すべき焦点です。

「移民受け容れるべし」は「地球温暖化対策」だの「プラごみ」だのと
同じで、絶対神聖な侵すべからざるキーワードだという事を失念しては
全くもって無意味なものとしかなりません。

本国が受け入れを拒否

入管施設での外国人死亡は餓死 入管庁「対応問題なし」
10/1(火)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000031-asahi-soci&fbclid=IwAR1m8D_ky3CEauQ6zfKUsm4xSkOJc092tcOdjcfnXpq93O2Ae9rCl-AHMXw

「調査結果によると、男性は2000年に入国。窃盗罪などで実刑判決を受け、仮釈放された15年に大阪の施設に収容され、国外退去命令を受けた。16年に同センターに移送された。」
朝日新聞デジタルから引用。

今回、入管にも改善出来る事は有ったと思うが、長期入所理由の1番は本人の本国が受け入れを拒否していることが問題。
その場合日本に止まる

本国が受け入れを拒否
本国が受け入れを拒否

送還も簡単にいかないんだね。

こんにち、こんばんは

 
燦燦三太です。

入管法についてまた議論されておられるので一言。

本瀬さんの仰っている事が一番的を得ていると思います。ですがこのタラレバが実際に現実化する可能性が高い日本の現状だからこそ、タラレバを言い続ける人が必要なのではないかと思います。

この入管法改正に対して多くの日本人が懸念している事は、外国人が増える事による日本国内の秩序や常識良識の崩壊です。徐々に失われてはいますが、日本らしさ日本人らしさが街から失われていく事への不安感です。この掲示板へ投稿している多くの常連はかなりのご高齢で、実際に今街や職場がどう変わってきているかなど体感し得ない生活状況でしょう。問題はパソコンの前や自宅から数キロ圏内ではなくもっと広い範囲で起こっているんですよ。だから多くの日本人に不安があるのです。

実際にこれまでの日本ですでに起こっているように、職業訓練性や留学生の多くが行方不明で国内に潜伏しています。こうした部分を改善する手立てや実績もなしに、外国人を更に受け入れていくという事に不安を抱いているんですよ。国籍がどうのこうのという人も居られますが、何も朝鮮人やチャイナ人だけが日本の形を壊すとは限りません。国別にどうだこうだという話は関係ありません。また諸外国ではどうだこうだという人も居ますが、この入管法というファクターだけを外国人問題において外国と比較しても意味がありません。

こうした日本国内の秩序や常識良識の崩壊を懸念して入管法改正反対、安倍自民反対と声を挙げている人は決して悪い存在ではありません。まして朝鮮人や左翼などではあり得ません。ここを理解していかないと、所謂保守の団結などは永遠に無理になりますし、むしろ逆にアチラ側の人間に利用されてしまいます。安倍政治賛成派も反対派も冷静に客観的に相手の意見を尊重して会話する事が一番大事です。そうでなければ、得をするのはアチラ側の人間という事になりますね。

だから、その秩序が崩壊している事例を教えてください。

暗闇三太さん、こんにちは。

確かに、私はもうリタイヤの病身の身で、世間の実情に疎いかもしれないので、今までの常識はこうで、それが、外国人労働者によってどのように打ち壊されていっているのか、具体的にあげてくれませんか?
 私の知っている情報は静岡のイスラムの小学校の給食へのクレームで、日本の同調者?がプッシュシテいる件ですが、「もう、いいかげん日本人もイスラムのいう事を聞くべき」という言。
、日本人にイスラムに改宗せよといわんばかりの本末転倒の話ですが、そういうのは、徹底的に無視しか拒否し、彼らが不満に感じられるなら、自ずと帰国に追いやるべきと思っているのですが、他にどんな事がありますか?

 それらが自治体各個別に対応不可で、国の政治上のシステム、つまり法律化に取り上げて良い問題かどうか含めて、ご意見があれば、具体的に知りたいです。

 私は今、日本の存亡危機は特アにあり、と思っていて、下手すれば、年末から正月近辺に日本内外に波乱、もしくは、オウム・サリン級の変事があると思っています。妄想ならいいのですがね?

本当に怖いのは・・

>燦燦三太さん、老猫さん  本瀬です

>外国人が増える事による日本国内の秩序や常識良識の崩壊です。
とのことですが、問題の優先順位からいえば、
アカに汚染された学校教育の方が大問題では?

日本生まれの日本育ちの何代遡っても生粋の日本人の20代女性とかが
「女性天皇いいんじゃなぃ」っと平気で言ってる。
マスコミやら学校やら、教科書やらが真っ赤に汚染された結果です。

別に、イスラム教徒が給食で豚食べなかろうが、一日何回お祈りしようが
一向に構わないと思うし、むしろ配慮してやれよーって思いますよ。

老猫さん一時のオウム・サリン級変事も恐ろしいことですが、
私が危惧するのは、韓国化粧品や食品、韓流ドラマなどの文化汚染
それによって、地ならしして、マスコミや学校の嘘を浸透させてゆく。

三太さん
>ーーー
こうした日本国内の秩序や常識良識の崩壊を懸念して入管法改正反対、安倍自民反対と声を挙げている人は決して悪い存在ではありません。
ーーー>
悪い存在ではない?頭の悪い存在(笑)
杞憂で味方に銃乱射って頭が悪いとかのレベルではありません、邪悪でしょう。
悪意がないのに〜って、オウムに洗脳されても気づかない信者のようですよ。

ーーー
強制送還先?受け入れないなら、竹島近海でボートに乗せておっ放て!
北朝鮮の小舟だって、レーダー照射で発見する韓国海軍が拾ってくれるでしょ(笑)
まあ、竹島じゃ国外追放にはならないから、統計上は日本にいる移民になるけどね。

日本も或る程度グローバリズムは受け容れざるを得ないが、朝鮮人だけはNG

 ソロです。
 私は未だ年齢的には、高襟者にカウントされて居ない様ですが、片目・片耳が、不自由な身体障碍者ですカラ、雇ってくれる処が有りませんから、年金頼みの高齢者と立場は同じです。 でも、この1年以上、最初はシコシずつ、徐々に歩数を上げて、この半年は毎日2万歩以上、大体17㎞位、神戸の街中を、毎日方角・ルートを変えて見物がてら歩いて居るので、町中の変化は、現役中仕事で、近畿一円と、東海中部圏を5000㎞/月位、走って居た頃とは、また違う距離感、変化が感じられて、面白く思って居ます。

 確かに、コンビニエンス・ストアなんか、シナ人とベトナム人我多いし、偶に、タイやマレーシア系かなと思う女の子が居ますね。

 でも、それは或る意味、日本が「いい処」ダカラと言う解釈もなり立つのではありませんか? でも、彼ら、彼女らは、決して日本に棲み着きたいとは思っていないと思います。

 何故なら、日本は生活維持費がとても高いし、言葉の問題も大きい、其れでも、日本に来るのは、日本で色々なものを学んでそれを母国に帰って、日本人相手に商売するとか、本国には無い商売を始める素養にする事では無いでしょうか。 

 特に、医療・介護の技術習得の問題は、いずれ出て来る自国の未来に取って、欠かせないアイテムでしょう。 日本でなら、最先端の医療・介護技術を、御金を貰いながら学べるのですカラね。ww

 日本側としても、そう言う労働者なら、大歓迎でしょう。 

 但し、本瀬さんが云って居る様な、日本に順化しないで、自分達の文化や宗教を日本に持ち込んで、国内国を創られるのは、日本の変質が心配されますから、阻止すべきだと思います。

 この問題は、実は古くて、12~3年前に、南米の労働者が急属して、あちこちに、ブラジルやコロンビアのコミューンの様なものが出来、専用コンビニが出来、教会迄出来て、日曜に、ミサをやって居ると言う話も聞いて、ちょっと不安になった時期が有りました。

 処が、その後一遍に、居無くなったので、何故? と、トヨタ系野工場の担当者に訊くと「自動化が進んで、日本で彼らのする仕事が、殆ど無くなったから」との、答えでしたね。

 是はTVでも、非難めいた口調で語られて居ましたが、丁度その前後に南米人に拠る、さつ人事件が頻発したので、マスコミモ、それっきり静かになりましたがね。

 日本は、こうした経験を経て、入管法の欠陥に気が着いて居たのでしょうね。 だけど、世界画より平和になれば、経済交流が鷹mるし、経済交流が高まれば、労働力の資美津が生じて、労働者野移動が始めるのが、自然の流れです。 日本も是に逆らって居ては、亦、世界で孤立する話に成るでしょうね、否、冗談抜きで、ww

 或る程度の、グローバル化は仕方が無いし、受け容れ条件さえチャンとして居れば、つまり、原則的に自前の異文化を持ち込まない、もっと言えば、国内国の様な、ゲットーを創らせない。方てきな環境作りが必要だと言う事でしょう。

 処が、例外が居ます、シナ・朝鮮人です。 

 彼らの社会は、日本とは、余りにも差があり過ぎて、順化出来ないし、する気も無い、但し、シナ人は世界どこでも、同じで、譬え、米国の片田舎でも、中華街を造ろうとします。 それが彼ら賀生きて行くために必要な手段だからでしょう。 だかr、阻害されない様に、自分達の流儀は中華街の中だけにして居る様ですね。

 出も朝鮮人は違って、自分達の流儀、常識、利益を押し付けてくるし、何かと言えば、被害者を声高に叫びだす。 そして、容れられないと、アウトロー化します。 政府も、無責任で自分の国民なのに、犯罪者なら、入国拒否しますからね。 ダカラ、クネさんが、在日帰還法を作ったんでしょう。

 韓国には、俚諺が有る様ですが、一番当を得て居るがあまり言われて居無いもので「韓国(朝鮮)人の敵は、韓国(朝鮮)人だ」と言うもので、この俚諺が真実なのは、「何故、500年以上も地獄の様な、階層間差別の世が続いたのか?」と言えば、彼らは、些細な利益を巡って、内訌「=内輪もめ」を起こして、密告、裏切り、詐欺を平気で、味方相手にやるからで、是で多くの、世直しのリーダーが刑場の露と消え、反乱の企図が全てつぶされていますね。

 その裏切りの代償は、ほんの目先の金や利益の為にした事で、こんな信義無き状態が社会常識になれば、革命なんて起せるるわけが無い。 一番最近の例は、金玉均の事件でしょうが、其れって、19世紀末~20世紀初頭の100年以上も前の話ですからねww

 正に、信義無く、悪が蔓延る社会としか云い様が無い。 この事実を世界が知れば、世界の国から朝鮮人は、叩き出されて終うでしょうね

 この先日本が目指さねばならないのは、グローバル化に負けない位世界を日本化する事です。 その為には、先ず、グローバリズムを基調に隠して居るマスコミ改革が何よりも必要ですね。 

 その上で、日本の歴史教育で左翼が巧妙に変えて来た、日本の歴史を復古させる、否、戦後、新たに見つかった様々な先縄文「=16500年以上前」時代の研究をもっと進めて、我々のご先祖の子孫に対するメッセージを解明すべきでしょう。

本瀬さん こんにちは。
>イスラム教徒が給食で豚食べなかろうが、一日何回お祈りしようが
一向に構わないと思うし、むしろ配慮してやれよーって思いますよ。
↑豚肉食べない」「お祈りを何回かする」それは自由だというのは、私もおなじです。ただ、配慮は余計なこと、というか、限度があると思うのですよ。お祈りは校長室で位の配慮はよいと思いますが、献立とか新たに金銭の変動をもたらすような配慮は、一人の為に給食費を上げるようなことはあってはならないと思いますよ。献立を決める苦労も察するべきです。そのような事まで、慮るのが日本人ではないのではないですか?本瀬さん、奥さんに強いのですねw。一言、ありがとうって奥さんに言ってますか?言わなくてもわかっているというのなら、お互いの阿吽の呼吸があるという事だと思います。外国人には理解できない事だといわれています。

 教育は当然、チュチェ思想のカたマリの場ということは、認識しております。反撃の狼煙があがりつつありますよ。

配慮とは

>老猫さん 本瀬です

イスラム教徒だけじゃなくヒンズー教徒もいる訳で
給食を個別に作るのは、コスト面だけでなく無理なことだと思います。
食べないなら、給食費は徴収しない。
宗教に従ったお弁当持参を容認するといったことが
私の考えた配慮でした。

尚、妻とは別離、娘とは死別で独り暮らししております。

余計な事思い出させて、ごめん。

本瀬さん、

 配慮のこと納得しました。ただ、静岡の件はお弁当がどうのこうの
で、始まったような気がしてたものですから・・。

 イスラムの神様は、幼い子供まで厳しい戒律を要求するものなんですかね??神様にお願いしたいですね。「異国での、幼い子供には、見逃して屋ってください」と。

正確な診断はできませんが、以下に挙げる特徴に3つ以上当てはまったら、自己顕示欲が強い人だと言えるでしょう。

✔目立ちたがり屋だと言われる
✔自分が目立つためには他人はどうなっても気にしない
✔声が大きいとよく言われる
✔つい自分の話ばかりしてしまう
✔目立っている他人を見ると嫉妬心が涌いてくる
✔他人からの批判に強い
✔SNS投稿で、自分の顔(セルフィ)が入っている率が高い

これらの特徴を見て、何か思い浮かぶテレビ番組ってありませんか?
ほぼすべての特徴を持った人たちが集まっているのが『朝まで生テレビ!』です。みなさん他人の話をさえぎってまで、自分の話をするくらいですからね(笑)。
https://r25.jp/article/651989094085462340

「自己顕示欲」と「承認欲求」はどう違う?
https://swingroot.com/self-evident-desires/

>「永住権取得までの在留期間を世界最短とする」
それ高度人材の話で、その条件をクリアするのは何年も時間が掛かり、
確か80ポイントの条件を満たすのに、日本の大学と大学院の卒業が必要で実はポイント満たすには数年時間が必要に成る制度じゃなかったけ。

そして申請して、其れが認められれば一年で永住権を取得出来る制度筈ですわ

ハンネ「woodhome・へうげもの」、賛同者がいないので自作自演で褒めあっているのでは?

ざっと、です

日本で中東に詳しい方少ない。
今活発に発信している方少し貼り付けます。
ーーーー
飯山陽 @IiyamaAkari
https://twitter.com/IiyamaAkari
イスラム思想研究者。ルーツは古典イスラム法の文献研究者ですが、中東情勢やイスラムに関係する世界情勢の分析、モニタリング、リサーチ、アラビア語通訳も生業としています。

プロフィール詳細はこちら↓
http://www.iiyamaakari.com/
ーーー
飯山さんは在日イスラム教徒にとってネガティブな印象を持たれる情報や話もするので在日イスラムの方に陰口言われてる。
同業者からも貶めるための陰口こっそりやられている。
(匿名のつもりがうっかり実名が載ってしまった時があったみたいですw)
飯山さんが、「日本は日本で守らないといけない価値がある」、と言うとネトウヨとレッテル貼りされたり。
ーーーー
Satoshi Ikeuchi 池内恵 @chutoislam
https://twitter.com/chutoislam

池内 恵(いけうち さとし、1973年9月24日 - )は、日本のイスラム研究者、東京大学先端科学技術研究センター教授。
専門は、イスラム政治思想。
東京都出身。父は独文学者の池内紀、叔父は天文学者の池内了。

池内 紀(いけうち おさむ、1940年11月25日 - 2019年8月30日 )は、日本のドイツ文学者、エッセイスト。
最近ツイッター上で父親の晩年話をしていました。
貴重なお話でした。最後まで執筆をしておられたそうです。
詳しい事はツイにあると思います。
と同時に名、寺、顔も出してツイッターやってる坊主の堕落ぶりが晒されてましたね。(坊さんたちはツイ削除で逃亡)
ーーー
中田考 @HASSANKONAKATA
https://twitter.com/HASSANKONAKATA
日本のウラマー、実業家。
イスラム教徒ですから少し学者と違う。
布教もしてますね。

ほかにももちろんいますが発信が多いので。

jj さん  ポッポと言います。よろしくです。

戦前・戦後の米国は、コミンテルンのスパイが活動していましたし、これは、日本でも同様でコミンテルンのスパイが活動してしていました。

ルーズベルト政権はその影響を受けて、対日政策が強硬になっていたのですけれど、その結果、米国の利益よりも日本への圧力を強める事になったとしたら、随分と馬鹿げた事をしたものだと思います。

ポッポは、張学良や楊虎城による蒋介石の拉致監禁事件であった西安事件が、共産党にとって最高の作戦だったと思っています。
これによって、蒋介石は家族を人質にされた上、国民党軍を日本軍と戦わされる事になりました。
これは、国民党軍の損耗は大きくしましたし、共産党軍を結果的に休養させて勢いづかせる事になりました。そして、ソ連の満洲侵略以降に共産党軍が国民党軍を破る事になったと考えています。

1972年9月27日に田中首相と毛沢東主席が会見した際に、田中首相が侵略を謝罪すると、毛は「申し訳ないことはない。あなたたちは功を立ててくれた。なぜって? あなたたちが侵略戦争を起こさなかったら、われわれ共産党は強大になれなかった。われわれも政権を奪うことができた。蒋介石を打ち破ることもできなかった」と言い、「われわれは、あなたたちにどう感謝すればよいのだろうか? あなたたちの戦争賠償はいらない!」と話しました。
この言葉に、それが良く表れていると思います。
毛沢東は日本を戦争に引きずり込んで於いて、日本が侵略したというのには異論がありますけれど、敗戦国は辛いものです。
でも、共産党軍は嬉しかったのでしょう。建国した日には、盧溝橋事件を起こしたのは共産党だったと、言っていました。
この戦争は、スターリンが勝者になったと考えています。

イスラム教徒で埋め尽くすことこそが神への献身

結婚し子供を作り地上をイスラム教徒で埋め尽くすことこそが神への献身だと信じているイスラム教徒は、この点において圧倒的に強い。
彼らにとって結婚や出産は、「自由」や「選択」や「経済力」の問題ではなく、「信仰」の問題である。

>ewkefc
『ドツボにはまった文在寅大統領』に対する反論 

君の書いてる事は全て後講釈の誹謗中傷に過ぎない。事を見届けた後に偉そうに講釈されても片腹痛いだけです。当時の国際情勢、国内事情を踏まえてどうあるべきだったのかを述べることは君にはできない。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント