スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南北統一して大丈夫か?  NO 2

昨日からの続きです。

昨日のブログは主に経済面からの統一の困難さを書きましたが今日は
精神面からの難しさを推考します。

北朝鮮は戦後60年社会主義国家として存立した為、まったく違う人種
になってしまいました。
北朝鮮も韓国も同じ民族だから,統一後韓国がしたようにさえすれば、
北でも「漢江の奇跡」が起こるはずだという錯覚をしてはいけません。

長年、社会主義国で暮らした人々の精神構造が我々資本主義国の人々の
精神構造とはまるで違う事に気がつく必要があります。

1990年代に東ドイツを含む東欧圏とソ連の崩壊で社会主義体制の
欠陥を我々資本主義国家は勉強しました、そして競争のない社会は
停滞と退歩しかないということを深くしりました。。

社会主義国家は根本的な生産よりも分配を絶対視するために、
低い生産性と貧困だけを生む結果となる、それでも国家がまだ配給を
続けられればいいが、国家が困窮すれば、国民も餓死せざるをえない。

本来なら北の国民の暴動が起こっても不思議ではないが、
金父子に対する学習と信奉で洗脳され、その上恐怖政治で住民を縛り、
立ち上がる気力を消失させた。

このような北朝鮮人が資本主義と民主主義で育った韓国人に適応
するなどまったく不可能です。

その例として韓国に逃げてきた一万人以上の脱北者の
状況を見れば判ります。

脱北者達が韓国で莫大な定着金と就職支援などを得ながらも、
支度金が少ないとか、政府は自分達に何をしてくれるのかなどと
韓国政府に強い不満を示しています。

韓国社会の人達は、脱北者に対して感謝が足りないと批判しています。
そして周辺で一緒に暮らしている韓国人は,北の人達の不衛生さと
社会ルールを守らないマナーの悪さにあきれて、口も聞かない状況が
続いています。

政府の支援で就職しても働く意欲がまったくなく、その上自分より
楽な仕事をしている上司や待遇の良い事務職員を見て、不平等と
罵ってやめてしまうらしい。

まったく訓練や勉強をしてこなかった脱北者の仕事は単純な労働しかない、
その簡単な労働すら、身についた怠け癖で役にたたない。
政府が支援する永久賃貸住宅と支援金で生きている。

今はまだ一万人だけだからなんとか面倒を見れるが、
統一後2000万人の「社会主義的人間性」が身についた役にたたない
人達をどうするつもりですか?

「直ぐに統一するわけじゃない、長い時間をかけて統一するから問題ない」
と言っていますが、その間巨額の支援が北に流れます、余裕のない韓国
は耐えられますか?

結局日本に頼らざるを得ないと思います、しかし拉致が解決しない限り
日本は援助をしません。
韓国もあれだけ日本を罵倒し続けた手前、日本に頭を下げれますか?

しかし南北にとってありがたいことに、日本は無知な福田首相を
選びました。
北が拉致を解決しなくても、韓国が頭を下げなくても、馬鹿な日本政府は
日本の血税を簡単に援助に使ってくれるかもしれません。

よかったですね~









コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/122-6845dc46

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。