中・韓・朝・露、は日本の敵国  5月8日(水)


「令和元年」で日本中が浮かれています。テレビを見ていますと
街頭で多くの人たちは「平成は戦争が無くて平和だった、令和も平和
で戦争が無い時代にしてほしい」といっています。この人達は底抜けの
愚か者で、幻想平和ボケ者です。

日本は今、戦争の真っ只中です。つまり大砲の弾は飛んできませんが、
言葉による戦争をしています。それが今の時代の戦争です。

日本に実際の戦争がなかったのは日米安保条約でアメリカ軍の基地が日本
にあるからです。中国もうかつに手を出さなかったのは日米同盟があるから
です。中国はあつかましく尖閣諸島はもちろんのこと沖縄まで中国の領土
だと宣言しています。

韓国も国会で日本は敵国であると宣言しています。竹島の領有権を巡る
日韓の緊張が高まる中、26日、韓国の地方議会に対馬の領有権を主張
する決議案が出されています。そして韓国資本が対馬の不動産や土地を
買収する動きが活発化しています。

5月3日の新聞によればニューヨークの国連本部で日本海呼称問題をめぐり
日韓の代表が応酬を繰り広げています。「日本海」は国際的にすでに確立し
ているのにもかかわらず韓国は「東海」と表記するように主張しています。
韓国による種々の対日嫌がらせは間違いなく戦争です。

ロシアも北方四島を返す気など一切ありません。
択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島からなる北方領土は、私たちの父祖が
開拓し受け継いできたもので、未だかつて一度も外国の領土となったことの
ない我が国固有の領土です。 第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)
8月9日、『日ソ中立条約』がまだ有効だったにもかかわらず、ソ連は日本に
宣戦を布告し、ソ連軍は対日参戦しました。国際的な裏切り行為です。

 8月14日、日本は『ポツダム宣言』を受諾し、翌8月15日連合国に降伏をし、
武器を全て放棄した後に、ソ連軍は、島々を次々と占領して、8月28日に
択捉島に上陸を開始し、9月1日から4日にかけて色丹島、国後島、歯舞群
島に上陸し、9月5日には北方領土を全て占領し、日本人島民を強制的に
追い出し、北方四島を一方的にソ連領に編入しました。
 
その後、戦後70数年が過ぎた現在に至るまでロシアはソ連時代から引き
続き北方四島を不法に占拠し続けています。つまりロシアという国は裏切り
とだましと泥棒の国なのです。

ロシアは2014年にウクライナ領のクリミア半島を奪取した武力侵略を見れ
ばロシアの正体が分かります。ウクライナに武力侵攻したのは詐欺によって
欲しいものを手に入れる、国際法、二国間、多国間合意の基本的規範と
原則に違反した泥棒行為です。

また韓国のきりがない謝罪の要求は、日本を政治的に押さえつけ、弱くして
おくために、訳もなく繰り返し謝罪を求め、自国の利益に都合よくしておく
為に、歴史を利用しています。

これは明らかに「戦争」行為です。第二次大戦で韓国とは戦争はしていない
にもかかわらず、まるで戦勝国ぶる姿は、アホらしくて怒りを禁じえません。

貴方の国とは戦争をしていないと言うと「韓国を植民地にした事」に関する
謝罪だ」と偉そうに開き直りますが、韓国とは1965年に韓国基本条約が結
ばれ、支払う義務のない金を当時の韓国の国家予算の二倍にも匹敵する
ほどの巨額のお見舞金日本は支払っています。お金だけでなく多くの技術
支援もしています。宗主国側がこれを謝罪したり補償したりした例は世界中
どこにもないにもかかわらずです。

それによって韓国は「漢江の奇跡」と呼ばれる経済発展を成し遂げたのであ
るから、これを以て終わりとするというのが国際礼儀です。韓国という卑劣
な民度の低い国民にはそれがわからない。

中国や韓国は嘘の歴史で外交したり政治をしたりします。歴史について世代
を超えて他国を攻撃し続ける中国や韓国の異常さは、人命も、道徳も顧みる
ことがない文化的劣弱民族の民度の低さの証明です。

中国、ロシア、韓国の利益はいかにして日本を封じ込めるかということで一
致しています。この三国は日本の最大の敵です。この三国とはすでに言葉に
よる戦争をしています。ということは平成は全く平和ではなかった、戦争の
真っ只中だったのです。

中韓の反復謝罪の要求は、世界で日本を抑え付けておこうとする戦争が今だ
に続いていることの何よりの証拠です。




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります






コメント

プログ主様、いつも更新ありがとうございます

U.S.Aも本邦の潜在敵につけ加えといてください。

「アレ」の日韓、日支どっちつかずの姿勢と国内の朝鮮族幇助が日本やアジアの秩序を乱しまくりなのですから。

ボンクラの漢族朝鮮族の国は脅威でないとし、まず真っ先に日本を抑えつけることで、自国の相対的優位を保つ国家戦略をかの国は取ってきました。

しかし支那も台頭してきてその国家戦略も「変えないと」いけませんね?

大日本帝国にはアジア太平洋地域の覇権をやれないが中華人民共和国にならやっていいという理屈はありませんからね。

どっちも潰すべきライバルに他ならない。

今後は「用日」されるんだと思いますが、EUのドイツみたいに冷戦協力の「見返り」に地域のリーダー国の地位とか広域経済圏の承認を勝ち取りたいものだ。タダ働きはお断りする。

韓と朝は分ける必要も無いでしょう。
朝が朝鮮労働党の第一植民地で、

韓は第二植民地です。以上!
とはいえ、韓国の「半分」植民地という今の状態も煩わしいことである。

半分は自由資本主義陣営に残ってるから、資本・技術・人材のストックができて、それを朝鮮労働党に悪用されてる。

同党が「本土の」あまりの貧しさに耐えかね、一気に併合条約に動くとこれらのストックはただ使い潰されて「無くなり」、敵対する本邦の国益に繫がるのですがね。

在寅の支持率が下がってることが気になります。
この支持率じゃ国民投票→強引に赤化併合条約という流れが作れないかも。
時間が無い。あくしろ在寅。

反日在日ネットワークをぶっつぶせ!



北朝鮮人ゼイリブ土井たか子氏が生コンバイブ在日ゼイリブ辻元氏をたしなめた一言 象徴天皇制

AKSは朝鮮カルト創価学会だろうな
NGT山口真帆「3人だけの卒業公演」に波紋 ファンは全国から新潟集結
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000001-spnannex-ent
典型的な朝鮮カルト創価学会集団ストーカーの手法だな

お茶の水学園侵入男は畏れ多くも悠仁親王殿下を弑し奉ろうとした模様

動機について、
①天皇制に不満
②皇位継承の在り方に不満

とあるから、「女系容認派の」共産主義者か在日朝鮮族で確定だ。

怖や怖や。
「女系容認派は」己が野望のために、12歳の少年の命さえ奪おうとするのか!

こんな非人道的で身勝手なやり方は誰の賛同も得られないよ。

愛子内親王殿下の即位は無いものと諦めるんだね。
旧皇族男性復籍を皇室典範改正の柱とすべき。
テロリストの言い分など何一つ聞いてやる必要無し。

世界画日米に期待している現在

>ブログ主様 今週もブログの更新有難う御座います。
>>現代日本の敵
 仰有る様に、特亜三国にロシアを加えた四ヶ国が、旗幟の鮮明な、具体的な敵として挙げる事が出来ましょう。 然し、国際情勢は、もっと複雑怪奇に展開して居ます。 敵同士の戦いもありますし、手にの中の見方の成分を持った勢力との連携だって、存在するのです。 この辺りを理解できない、頭の構造の人が何と多い事かww

 就中、世界で複雑怪奇なのは、最大の同盟国で有る、嘗ての交戦国、米国はその筆頭に挙げられる国でしょうね。 何せ戦後日本が抱えて居る諸問題の殆どに、米国が関わって居ると言っても過言ではありませんが、この原因は、米国の政治の構造に有ります。 

 米国は、マスコミが民主主義の理想とする、2大政党制を布いて居て、民主党と共和党が、粗同じ頻度で、政権を担って居ますが、この背景の歴史を知ると、民主主義なんて何處にも存在し無かった事が分かります。 

 その状況は、民主主義と呼ぶべきでは無く、寧ろ、金権主義、覇権主義、帝国主義だったと言う他は無い。 然も、日本と戦争をするに至ったのは、明らかに共産主義成分の勢力の陰謀で、そのしんはんにが。米国民主党のFDルーズベルト大統領でしょう。

 彼に拠って、戦争前~戦時中に赤化して居た、米国政治がFDルーズベルトの死去に伴う、米国内の反共運動の急激な台頭によって、反共運動のマッカーシズム「=赤狩り」が国内に吹き荒れて、米国の政策は、180°変わりました。 その原因を知っている、ソ連を含む欧州各国以外は、この転換に、ついて行けなかった。

 然し、米国の様な大国が、政権が変わる度、否、指導者が変わる度に、政治の方向が反対になったのでは、その都度、国内で紛争を起して政治不安に陥っていたのでは、固より、公の為よりも個人の利益を優先するのが常識の、米国民の愛国心は、見せかけだけですから、その裡、米国は分裂を起こしてしまう事は明らかだった。

 この政治の惨状に気付いた、共和党の元大統領のフーバーは、大いに嘆き、戦後の政治体制を、NSAやNSCと言った政治諮問機関を創立する事で、政策に連続性を持たせ、CIAやFBI、DIAと言った、謀略・情報、捜査、軍事機関を強化して「コミンテルンの侵略」と言う、戦前の失敗を繰り返さない様に改めた。

 然し、彼の願いもむなしく、そうして新設された機関は、全て、金融勢力に拠って悪用された結果、80年代末期にレーガン政権が任期を満了すると、元CIA長官で、副大統領だったブッシュ・シニアが後続を引き受けたが、彼は、金融勢力の支配下にあったNSCの常連で有ったので、当時、金融勢力に支配され始めて居た、米国は、再び、戦前の様に、政治のイニシアティブを、外国勢力に握られる事に成った。

 然し、表向きは、89年にソ連が経済問題で瓦解してしまい、米国に世界覇権が、転がり込んできたかのようであった。

 政治的なイニシアティブを、金融勢力に取られた米国は、世界の覇権を握っても、何も出来ないママだったが、その金融勢力の関心は、主にシナの開発だった。 この時点で米国は「乗り捨てられた」状況に成って居たのである。 

 ダカラ、世界中で、「米国の凋落が始まる。」と言う、予言が大流行したのでしょう。

 つまりは「21世紀は、共産シナの時代だ」と言う、プロパガンダが大いに流されたのですね。事実米国経済は、覇権を得たにも拘らず、何のメリットも見いだせなかった。 民主党のクリントン政権は、自分自身の金儲けに精を出していたし、共和党のブッシュJr.は、小泉首相が郵政民営化で、1500兆円の滞留マネーを開放した事を利用して、ロックフェラーが始めた「低所得者層にもマイホームを」と言う企画で、サブプライム・ローンと言う、丸っきり詐欺の企画を傍観して居た。 結局これが、リーマン・ショックを惹き起こすのです。

 斯うした、米国の政治の迷走ぶりを見て居ると、2大政党制の何処に、理想の民主主義があると言うのかと、訊きたくなりますよね。

 是は、民主主義のお手本と言われている、英国でも同じ事で、3年前の国民投票に結果から引き摺って居る、ブリクジット(brexit)「=英国のEU離脱」に、関する、2年以上もかかって結論が出せない状況も「今一度、国民投票を行えば済む事」なのに、誰も決断で来無い状況も、保守党と労働党の2大政党制の弊害でしょうにww

 そして英国も、背後には、国際基軸通貨US$の八呼応権を持つ、英系ロスチャイルドが居るので、他の金融勢力は、手が出せない分、安定して居る様に見えるダケでしょう。 彼らは所詮、唯の金貸で有って、政治家では決してありませんからね。

 日本を取り巻く国々が、日本は米国の準州だと言う程、従属的なのに、そして、政界平和の為に色々やって居るのに、金融勢力が、国として、世界で一番マトモな日本を、如何にして潰そうかとして居る事に、疑問が持てない人は、ブログ主が仰有る様に、平和ボケだと言われても仕方が無い。

 何故、我々は、陰謀を持って居るシナや朝鮮の侵略を受けても、大きなテロ無しで済んで居るか、何故、彼らの工作があっても、戦前日本の様に、世界で孤立し無くても済んで居るか、を真剣に考えたら、現状の日米関係が今までに無く強固なのは、米国を操って来た不良成分の金融勢力と戦って居るトランプ大統領に着いて居て、安倍さん以下が、頼りにされているカラなのだと言う事を自覚すべきです。

 安倍・トランプチームは、今や、世界を動かして居ると言って良いでしょうし、世界も、このチームのコンビネーションに大きな期待を寄せて居ます。 逆に言えば、敵とする、上海派・民主党・ウォール街勢力の被害に遭って居る、国が多いと言う事でしょうね。

 でも、不安があります。 其れは、安倍さんも、トランプさんも、国内に敵を抱えていると言う事ですし、任期が、トランプさんが、来年再選されたとして5年、安倍さんに至っては、4選が無ければ2年数カ月しか残って居ない、と言う事です。 この間に後継の人材を育てなければ、米国も日本もお終いです。

 ダカラ、ブログ主が「今は戦争中なのだ」と、仰有っているのですがね。

旗幟鮮明

本瀨です

今回の辻本さんのお話には溜飲の下がる思いです。

自分の中では、仮想敵国なんて曖昧なものはありません。

韓国: 島根県竹島に軍事侵攻し占領下に置いている敵国です。

チャイナ: 尖閣諸島に便衣兵を送り侵略を試みた敵国です。

北朝鮮: 日本国民を拉致し、核ミサイルで恫喝する敵国です。

ロシア: 第二次大戦に不法に参戦し北方領土を強奪した敵国です。

チャイナやロシアとは表面上は笑顔で外交していますが、
航空自衛隊のスクランブ発進の国籍不明外国機の領空侵犯は
距離、能力、意図から見ても明確にチャイナとロシアです。
潜水艦もその両国が日本周辺で作戦行動を行っていますよね。

アメリカを仮想敵の様に想定されたり、信頼できないから自主防衛と言われる方々がいますが、私は、沖縄返還からこっちは日本の傭兵だと思っています。
トランプが軍事費の負担増を米軍駐留各国に求めていますよね、彼ら自身が傭兵である事を自覚しているからです。もちろん防共という共通の理念があるから行動を共にできるのですが。

さらに、米国内の如何なる勢力が台頭しようとも、日本の工場が止まれば、米国経済は即死でしょう。トモダチ作戦と恩を着せていましたが、東日本の復興がなければ、途轍もない経済危機を招くと判断したのでしょう。
逆に日本も米国と距離ができれば、即座にチャイナ、ロシアが爪を伸ばしてきます。
日米安保、米軍基地のプレゼンスが日本の生命線です。

「中・韓・朝・露、は日本の敵国」という、明白で単純な事が何故多くの人に理解されないのでしょうか。マスコミや教育の問題なのでしょうか。
米国とは運命共同体で今は日本の傭兵も理解されていないと思うし。
安保って実際には米軍戦わないって主張も見ますが、それって一般社会の警備会社も一緒です。軍服着て兵器持って沖縄に居てくれるでけで、チャイナがビビるので十分でしょ。

今後の敵国との付き合い方
日本の廻りは理不尽な隣国ばかりで、正直言って引っ越したくらいですが、それは無理なので今後の付き合い方を考えてみた。
1.南朝鮮
 ストーカーみたいな国で、反日なのに何でも日本と比べたがり、日本が気に  なってしょうがないみたいです。
 そんなに嫌いなら、こっち見なければいいのにと思いますが、宿あなのでしょ う。
 先日虎ノ門で朝鮮研究家の松木氏がゲストで南朝鮮の反日の現状をコメントさ れていました。
 日本兵が売春婦に対する行為を展示物にして小中学生に見せて、日本の対する 憎悪を駆り立てていました。
 もちろん売春婦は無理やり連行された朝鮮の婦女子です。
 よく見れば自分たちがやっていた拷問を、さも日本兵がやっていたかのような 展示物でまったくでたらめな教育をしています。
 このような教育をしていたのを害務省は知っていたはずなのに、どこをどうと れば未来志向などと言うたわ言を去年まで使っていたのでしょうか。
 こんなので育った子供が、日本対して友好的な態度とるはずないではないです か、本国の日本人を騙すとは本当に売国の集団です。
 そこで、そろそろ性根から叩き直す時期が来たと思い、周知の反撃案を挙げま した。
 1.韓国大使召還
 2.ビザなし渡航廃止
 真っ先に強烈なパンチを食らわせて様子を見ましょう。
 本当はこれで止めるのがベストです,経済措置を行うと奴ら倒れます。
 そうすると難民となって出てくるので 日本の負担が大きくなりすぎます。
 在日の例で嫌と言うほど学びました。
 生かさず殺さずで、日本は非韓三原則遵守で後は彼らの自主に任せましょう。
 これらの措置をする前に南朝鮮の条約不履行等の反日行為を世界に向かって宣 伝すること、外務省!本当に仕事しろよな。
2.シナ
 シナは宣伝がうまいのか、余りにも誇張され過大評価されすぎです。
 経済的には誰が見ても滅びる運命です、日本は手を出さずに、生暖かく見守り ましょう。
 軍隊も装備はパクリで信頼性はありませんし、軍人も一人っ子政策で、危険は 犯しませんから恐るるに足りません。
 ただ核を持っているので、変に刺激しないで出てきたら叩くくらいでいいで  しょう。
 全面的に傍観が最良の政策です、経済的には付き合いは最小にとどめる、欲は かかないことです。
3.ロシア
 ここも傍観が最善です、北方四島が問題ですが返されても観光と漁業しか利用 する手がありませんし、経済効果はあまり期待できません、向こうも持て余し ている感があります。
 外交交渉カードで使いましょう、常に’日ソ不可侵条約を破って占領した四島 は法的に根拠がないので即返還されたし’と言っておけばいいのです。
 ここも資源しか見るものはないので付き合いは最小が一番。
4.北朝鮮
 拉致問題があります、一気に金を与えるのではなく、総額の半分は全員帰国時 に支払い、それまでは後の半額を少しずつ与えて全員返すまで先延ばしにす  る。
 全員が帰国した後は徹底的に無視し断交する、付き合う意義がない。

>>「女系容認派は」己が野望のために、12歳の少年の命さえ奪おうとするのか!
そう言えば、メディアで一切、報道しなくなりましたね。よっぽど、都合の悪い団体の人だったんでしょうか。

プーチンとトランプ

 ロシアを敵視してきた昨今の欧米にトランプが異を唱えている。
そもそもクリミアは欧米の陰謀でウクライナ政変が起き、その危機感で
民主的にロシアへの併合を望んだのである。

オバマ政権の頃、米国民主党はウクライナ問題で、ロシアを叩いていた。
しかし…
・ウクライナ政府の1部が、ヒラリーを勝たせるために、大統領選に関与
していた 。
・ウクライナの天然ガス企業が、バイデンの息子の関連口座に3億円振り
込んだ 。
あれまぁ…

さらに…
・ウクライナ政府は、オバマ政権が運営するロビー活動(要は陳情)にか
かる費用の支払いを認めていた 。

・その費用は資金洗浄により賄われていた

・その資金洗浄に米国企業が関与していた と…
https://t.co/8PBHIFRnNi

ウクライナでクーデタを画策し親露派大統領を引き摺り下ろしポロシェン
コを大統領にしたのはオバマ政権でしたしね・・。


※ロシアオリガルヒからヒラリーへの巨額な献金問題を、米国のみならず、
日英EUのマスコミも報道しない。

プーチン大統領自らが発言したにも関わらず・・・。

まさに、ポリコレのための、世界ゴミネットワークである。
木村太郎氏のNon Fake Newsでは報道してましたね。(ネットのみ)

ロシアマフィアのオリガルヒ、中国マフィアの江沢民派と南米マフィア。
どちらも政界と癒着しマスメディアを牛耳っている。プーチンとトランプ
は似たような敵と戦っている。

表層に出てくる情報のみで判断するのは、ちと、無理もあるのかと‥
裏が酷い・・のだ。

近年のSNSのお蔭もあり、トランプ氏のツイなどからダイレクトに情報
が取れる昨今は、僥倖である。

パン食には栄養満点悪魔農薬グリホサート(悪魔企業モンサント開発、提携売国企業住友化学、日産化学)入りのパンを
朝食はパン食の人がかなりゐますね。学校給食もパン食が多いのでは。健康のためには仕方がないですね。

私は健康に気を使はないので三食ともコメ食。パンが食べたい時は北海道産の小麦を使ってゐるパン屋さんで買ひます。全く健康には気を遣ひませんが、お金を倍遣ひます。

自分の健康のため、子供の健康のため、悪魔農薬ラウンドアップの主成分グリホサートを毎日欠かさずに食べませう。しかし、何が起きても自己責任です。

※「センメルヴェイス反射」は現在進行形 w川・o・川w

女系容認はダメだ

繰り返すが、
愛子内親王殿下・眞子内親王殿下・佳子内親王殿下に伴侶はいないから皇族は1人も増えず(よって今上陛下の公務負担は全く軽減されず)、
最もご成婚の近いと報道されていた眞子内親王殿下の例でも、増える可能性は「あの」小室圭だからダメだ。

小室圭を皇室入りさせるための法案提出など国民は祝福できない。(在日とその「家来」の共産主義者除く)

そもそも、皇室の男系の伝統維持と女性の活躍する時代は両立しうるものだ。

大和撫子の諸氏は、是非実力で、正々堂々、男共から最高指導者の内閣総理大臣の勝ち取りなされ。

同性が「象徴」天皇に即位したからとか、そんな事でマウント取っても仕方ないよ。

歴史を破壊し、外患で国を失うリスクを国民に背負わせてまでやることかねそれは?
男王が立ってきた歴史は破壊できないんだから、「未来の」女性リーダーを目指してください。

因みに歴史歴史言うなら、そもそも古来から皇祖神は天照大御神という女神様なのだから、
そう悪いもんでもないと思いますがね。
天上の神と地上の王。そのような配役の問題というだけです。

ブログ主の認識共有します。
令和時代は熱線必至かもしれません。
以下、小生の認識と考え。

朝鮮 -南は過去十数年かけて対日戦の軍備を着々と進行。ミサイルや潜水艦の配備計画や現状を鑑みれば明らか。米国も気づき、最近対北演習を縮小しているのは、対北対策よりも対南を善処した結果。あわよくば北の核を利用して一気に日本を屈服させる戦略。
北は推して知るべし。(開戦時は総連、朝鮮学校、民団、左派日本人等々数十万人を総動員するでしょう。当然傘下のマスコミや一部行政も)

中共 -1949年政権奪取以来、銃口が国を造るを標榜し現在に至る。独裁の共産党が、現状でも孫子の兵法「兵は詭道なり=超限戦」を深く静かに実践する超偽善的狂信国家。沖縄のみならず日本同化(併合)を狙ってます。

露 -キエフ王国の1000年前から10倍以上に国土を広げた領土簒奪を国是とする国家。寒冷地で土地も貧しく東南への侵攻は心情的には理解できる要素もあるが、1945年8月15日以降の野蛮で暴虐な振舞いは決して忘れることは出来ない。《彼らは1945年5月の独戦勝利後3日間、何して(具体的には殺人、強姦。対ナチスという意味で情状酌量の余地はあるかもしれないが)も許すとの命令を下し、やりたい放題。結果、殺人数は不明、ベルリンだけで独女性10万人以上が強姦され、結果1万人以上が自殺。そしてこれと同様な事が8月に武装解除された満州で起きた。人数は不明。だが加えて抑留という名の奴隷労働もあった。(小生の父も4年)》
なにしろ国是が領土簒奪なので警戒は絶えず要。

そして、重要な視点。

もし、中共の尖閣、南西諸島奪取が起きれば、(若しくは朝鮮の日本侵攻が端緒となる場合)恐らく狡猾な朝鮮、ロシア(北海道北東を照準)は、同時期に侵攻作戦を発動する。要するに日本は同時3方面展開を強いられるということ。

対策の鍵は、核武装など防衛装備等もあるが、まずは対米関係。現時点では、ポチといわれようが、属国といわれようが、米国のサポートなしに日本国は維持出来ない。

小生は、日本の自主独立を願う。しかし現時点で「米国からの脱却が必要」との主張は絵空事。あるいは似非右派と見做す。

ともあれ、米中は近未来に偶発的にも熱線に発展する可能性があり、日本及び日本人は、好むと好まざるとに拘らず国防に正面から向き合うことになる蓋然性は低くない。

日本人の覚悟が求められ、戦う時代が令和かもしれない。皆さん、夫々身体を鍛えておきましょう。

日本の再生は自民党の解体から



根本原因は日本の衰退

中露韓朝の脅威は別に今に始まった問題でもない。また、米国の衰退による日米同盟を基盤とする極東地域に対する影響力低下も今に始まった問題ではない。これから中国は少子高齢化の問題で急速な減退が予想される。ロシアも既に少子化で国力を衰退させている。同じく少子化の著しい韓国はミャンマーやベトナムから政府間の取り決めで大量の労働者を派遣してもらって国力を維持している。(故に、韓国は北朝鮮の労働力が喉から手が出る程、欲しい。)このような状況の中で、日本は現在の国力を維持できるのならばそれ程心配をする必要はないはずである。しかし、現実は日本が極東の国々において真っ先に少子高齢化、労働人口減少社会に突入して衰退著しく、地域の軍事的均衡を崩しているのが問題なのである。

日本の衰退原因は少子化への無策

マクロ経済学の結論は、社会資本蓄積が一定水準になると、経済成長は人口の増減に比例する。つまり、人口が減少すれば経済はマイナス成長になる。このまま人口が急減すれば、利用もしない社会資本をいくら作っても、それを利用する人々がいないという状況が益々深刻になるだろう。それだけでなく、国防を担う自衛隊、治安を担う警察、も組織の縮小余儀なくされるのである。周辺諸国はこのような日本の近未来を予測して我が国を軽んじているのである。

移民の危険性

移民を入れれば我々の先祖や我々が苦労して作り上げた社会資本を何らの貢献もしなかった外国人が利用し、彼らがその恩恵を被ることになる。馬鹿げた話である。また、安易に移民を受け入れれば解決不能な社会的な葛藤と混乱も移植されてしまうだろう。余談であるが、日本国内での同和の問題は約1200年以上も続いて今尚解決されていない。(俘囚の問題など)ましてや、あのイスラム教徒を含む異教徒である外国人を入れれば東チモールのような領土を切り取られ独立国を作られる危険性まである。(既にモスクは国内で100ヵ所以上)更には、中国人、韓国人、ロシア人を入れれば隣国の日本侵攻を手引きされる危険性もある。韓国人に買い占められている対馬などは戦わずして韓国領になるだろう。

問題解決は土建屋自民党の解体から

人口問題は90年代から日本経済の課題であったのだが、何も対策を打ってこなかった政府、そしてこの問題に関心を払わなかった我々日本国民に責任があるのである。自民党の政治では選挙の票にならず、リベートを取れない少子化対策はできない。この期に及んでもリベート目当てで土建を行うべくMMT理論などを煽り立てるのが関の山である。土建などに金を使っている時間はないはずである。世迷言のような政策を流布し日本人を減少させるばかりの自民党こそ日本人の真の敵である。日本の再生は自民党の解体から始まる。

それはともかく、令和に御代替わりし、いよいよ日本の皇統を断絶させようと図る勢力1%国際金融資本家白人シオニストが本格的に動き出したように思えます。

『天皇陛下に「親しみ」82% 女性継承賛成79% 共同通信世論調査
 共同通信社が1、2両日実施した全国緊急電話世論調査によると、即位された天皇陛下に82.5%が「親しみを感じる」と回答した。「親しみを感じない」は11.3%にとどまった。皇室典範で「男系男子」に限るとした皇位継承を巡り、女性天皇を認めることに賛成は79.6%で、反対の13.3%を上回った。』

 だから、皇統や皇室といった国家の重大事について「アンケート調査」するな。という話です。

 悠仁親王殿下という歴とした男系の後継者がいるにも関わらず、現時点で女性天皇だの言いだす時点で不敬です。

半世紀後、旧宮家から皇族復帰した方の「子孫」が皇位を継承する可能性があるわけですが、その人物は初めから皇族なのです。「皇族復帰」したのは、祖父の世代ということになっています。

 つまりは、皇位継承問題は「今」問題視するべきではないし、するならばするで、男系維持の「解決策」はあるのです。

 ところが、例により「正しい方向」に議論が向かわず、男系皇統の断絶に向けた1%国際金融資本シオニストの仕業によるアンケート調査までもが頻繁に行われる。恐ろしい時代です。

 もっとも、日本人がそもそも皇統、皇位継承、神武天皇、旧宮家(伏見宮系)といった情報を「全く知らない」状況に落ちぶれさせられた以上、無理もありません。

 世界最古の国、日本国を守りたいならば、まずは我々自身が学ばなければならないのです。

日本的にうらはらに

「中・韓・朝・露、は日本の敵国」
まさに

実態は様々な事象ではっきりしている事です。
それを表す適切な言葉が「敵国」。

それを一般人、ブログなど影響力が無いとか、少ないとかの者が言うのは良い。
しかし政治家、まして与党の首相は言えない。

だから、「友好関係を大事に」と日本人的に表面だけで言うのは結構。
ですが本当に友好的に金品を渡してはいけません。
日本の政党はやりかねないし、実際やって来ているし、今もやっている。
ADBとか支援とか色々で。

日本のマスゴミの世論調査なんてどうせでっち上げであります

国会で特定野党が安倍降ろしの根拠、安全保障関連法案否定の根拠に使う時点でお察し。

マスゴミの意向により内閣総辞職や法案が決まるのかね?ふざけるな!

有権者(※マスゴミにとっては視聴者、新聞購読者という「お客さま」でもあるはずだよな?)に対する侮辱。

特定野党、大手メディア共に「報復」を加えるべきである。
いじめ抜け!

世論調査は、私のところに電話かけてきたら即切りして「回答率」落としてやるよ(笑)
おっと、そうすると私に回答を拒否されたこと自体「無かったこと」にするのかな?そっと母数から除くわけだ。

「政党別支持率だけは」割と正確に出してくる。
これはチマチマある補選や地方選で案の定特定野党が負けると嘘がバレるからである。
また、特定野党が選挙対策を練るにあたり嘘をつかれると不便だからである。
100%特定野党とその後ろにいる中国共産党ないし朝鮮労働党の御為であり日本人の有権者のためではない。
因みに特定野党の数字悪すぎて草も生えない。
選挙直前の政党間合流や統一名簿は更に数字を悪化させるから是非やってほしいね(笑)

とまあ、このようにふざけた世論調査で愛子天皇支持が8割どうこうに動揺する必要は無し。
安保法制の時も、特定野党は世論調査が反対多数だからと法案潰しを図ったが押し切った。
皇室典範第15条を改正して旧皇族男子を復籍させ女性宮家を阻止する件も押し切れる。(安保法制の時より楽だ)

その際、立法趣旨の説明は簡潔に。中国共産党・朝鮮労働党の雇われバイトの日本の大手メディアは、安倍自民側の言葉は切り抜きをする(代わりに習近平同志や金正恩同志のお言葉は一字一句違わず拾おうとするw)から、正確に伝えさせるためには長口上は厳禁。
大体こんなところだろうか?


①自案は同意を得られた者がすぐ皇族に加わり陛下の公務負担軽減に直結する
②同時に安定した皇位継承に資する
③そもそも①・②の目的達成が譲位特例法付帯決議の趣旨の筈(上皇陛下の意を汲んだ国民の意向でもある)では?
④対案の女性宮家は「直ちに」陛下の公務負担軽減に繫がらない。現時点で愛子内親王殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下の配偶者はいませんが?
⑤女性宮家により内親王殿下の配偶者として皇族に加わる者の資質について疑わせるような事件(小室圭とか小室圭とか小室圭)があった。そのような「リスク」は排除すべきでは?
まして女系容認により資質なき者の子に皇位継承など論外。
⑥「⑤」の結果、内親王殿下のお相手の資質調査を厳格化すれば、内親王殿下の婚姻の自由を脅かすことになるのでは?
⑦そもそも現時点で愛子内親王殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下は宮家当主になる意向を示されていないよね?

上皇陛下発言はスルーでしょうか?

>平成は戦争が無くて平和だった

上皇陛下が折りに触れ、同じことを言い続けていらっしゃいますが? 新天皇もそうですね。ご進講という名の宮中に学者を招いての談話会の相手が左翼、自虐史観の者たちばかり。上皇后は、九条の会との親交がひんぱん。現実を見ましょう。他に関してはきちんと冷静に分析なさるあなたが皇室に対しては盲目崇拝でしょうか。

歴代、酷い天皇も女帝もいました。皇族無謬ではありません。

皇室に関するマスコミ情報は、売る為のデマ

>moon さん ソロです。
>>皇室の方々が置かれて居る政治的環境
 確かにご進講と言うものは、宮内庁が進講者を選定しているのなら、そうした偏りもあったと思います。 

 現に、上皇陛下も「戦争は、絶対にするべきでは無い」と、一見非戦論者とも受け取れるご発言が、公的な場で折に触れ為されて居ますね。 然し、それ以上の言及は絶対に避けておられます。 是は、憲法で禁じられて居るからでしょう。 陛下は、飽く迄、憲法の規定の範囲内でのご言動を厳しく心がけて居られます。

 ですから、上皇皇后陛下が「九条の会」と、親しくご歓談されている、或いは、度々の訪問にも、丁寧に、対応して居るのは、偏えに、上皇陛下のご方針に、沿った事をやっていらっしゃるだけと拝察いたします。

 つまり、皇室の方々が、その実、如何なる思想を持って居たとしても、表に出す事は、憲法を破る事に成りますから、有りえない事です。 週刊誌等で騒いでいる記事の殆どは、売らんが為の憶測でしかありません。 第一、宮内庁がお護りすべき皇室の情報を売る様な事をすれば、即刻、首が飛びます。

 貴方は、マスコミ情報を盲信して、皇室の方々が置かれた厳しい現状を全く斟酌しないで、そうした批判をして居らっしゃいますが、其れは即ち、皇室批判処か、誹謗中傷の範囲に入る不敬な事だと言う事を、自覚すべきですね。

ロスチャイルド家は近親結婚をひたすら繰り返してきたんです。
近親結婚は日本では法律上禁止されていますが、その理由は遺伝子に異常が出やすいからですね。
兄弟姉妹とか親族の間で結婚すると奇形の子供が生まれたり、発育の遅い子供が生まれたり、精神に異常がある子供が生まれたりするわけです。
だから、日本では結婚できませんが、ロスチャイルド家は代々ず~っと近親結婚を繰り返してきたんですね。
それは初代マイヤーが「女は家業をするな」という取り決めをしたことが関係しています。ロスチャイルドの娘が他の家の男性と結婚してしまうとロスチャイルド一族とはまったく関係無くなってしまい、贅沢すぎる生活を続けられない。だから、ロスチャイルド家の親戚と結婚する。そうすれば結婚した後もお金に困らない人生が歩めます。
まあ、なんというか他人がいや普通の人が聞いたらおかしな話です。
彼らの一族の資金はもともと「中央銀行」を支配することで政府から掠め取った利子です。
サギですね。
「中央銀行」が国のものであれば、彼らは1円も利益を得ることはできない。だから次々と世界中の中央銀行の株を買いあさって、株主となったわけです。
アメリカの中央銀行であるFRBの株主を見てください。全部「私立の」銀行が株主になってるでしょう?

宮内庁職員を世論の圧力によりシメるべき

単純に、
①悠仁親王殿下を脅迫する者の接近を許したのは宮内庁の重過失(ないし故意)である
②眞子内親王殿下に結婚詐欺を働こうとする者の接近を許したのは宮内庁の重過失(ないし故意)である。

給料分の仕事をしろ!と言論の自由により圧力を加えるのみだ。
憲法で保障された裁判官の独立()みたいな特権も無いはずだが?

大手メディアに護られ無批判だからつけ上がるんだ。
大手メディアごと批判し抹●するのみである。

彼らはもっと「お客さま」を大事にすべきだね。
お客さまとは、国民であり、有権者であり、新聞購読者であり、テレビ視聴者だ。

数こそ正義。それが民主主義だ。
従えない者は粛清対象だ。

真の敵は、身中にあり

>本瀬さん ソロです。
 私が思うに、外交の常識から言えば、基本自国以外はすべて敵国で有ると言う考えを持って居ないと、危ういと思いますね。 然し、現実的に友好を維持するには、其れ形の理由が居ると言う、当たり前の事が、背理として有るんは言うまでもありません。

 ブログ主が挙げられた様に、特亜3国にロシアを加えた国々は、世界で示して居る旗幟も鮮明に敵側ですし、ロシアは、安倍政権になるまで戦後70年以上も経って居るのに、平和条約一つ結べていませんでしたし、プーチンも、日本の資金と技術協力を惹き出そうとして4問う問題をちらつかせただけでした。 
 
 その証拠が、東北大震災が起った直後に、シナとロシアが採った行動は、援助や救出の手を差し伸べる処か、偵察機を飛ばして来た事、ダカラ、軍事同盟国米国は、最新鋭の空母ロナルド・レーガンとその後永艦隊を仙台沖に派遣して、日本の被災者の救出、医療、食糧の供給だけでなく、シナとロシア、そして、半島2国に対する護り神の様な役目を果たしてくれました。

 是は貴方が仰有る様に、東北が日本製だけでなく、米国製や欧州製の車向けの部品の工場が集中して居る処であり、その復興の遅れが、車の生産に大きく響く事が、分って居たからであると言えましょう。

 既に、日本は世界にとっても、不可欠な国になっているのですね。 是も、失われた10年の間に、消費財よりも資本財を作る方向に、転換した事が最大の功績でしょうね。

 唯、余談ですが、世の中の進化と共に、こうした要求は、日々刻々と変化して居ますから、その裡、前にも書きましたが、内燃エンジンを使った動力車は、滅亡の道を歩んで行く運命に有りますから、こうした部品産業も、大きな転換期を迎えて居ると思います。

 話を元に戻します。 日本の敵は誰か、と言う事に成りますと、表向きの旗幟から言えば、確かに、シナ・韓国・朝鮮、そしてロシアが主敵に思えますが、では、付きあわなければ良いだけの事ですが、この4カ国との貿易額の殆どをシナ占めて居ますが、昨今の米支戦争の影響で、シナからの資本引揚げが、進んで居るので、4カ国足しても、貿易額全体の2割にも満たない数字になっていると思いますし、消費財が殆どで、重要な資本財は有りません。

 日本の貿易相手の中心は、やはりアメリカ、欧州です。 特に、両市場で、日本が果たして居る役割が、今や、従来とは業句点している事を、東北大震災の経験から認識しなくては習いませんね。

 マスコミで、日本の「失われた20年」と言う云い方を良くしますが、日本企業は指を銜えて20年間、唯、傍観して居たワケではありません。 先に挙げた、消費財と資本財の峻別に始まり、現地労働者の教育・育成に拠って、生産技術・QCレベルの向上を図り、国内で造って居た、資本財の海外シフトも進めて、自らは、次世代の商品開発に注力して居ます。

 是を、日本ダメポ論者が、恣意的に数字を駆使して、「日本は、お終い」得恩をぶち上げて、飯を食って居ますが、次第にその意図が、バレ始めて、品が売れなくなって居る様ですね。www こう言うゴミの様な連中も、日本の敵だと思いますね。

 其れにつられたコメントをしている情弱者が何と多い事か、結局自分の頭で、その蓋然性の程度を諮れない理性の人が、多いと言う事ですね。 本に書いて居るので正しい情報だと言う「お上信仰」は、もう、存在しないのだと言う事も分って居ないらしい様は、呆れを通り越して哀れにすら思えますね。

 まぁ、TVニュースの解説なんか聴いていると、金融勢力の事は一切、表には出しません、其れだけ、情報操作をされていると思わなければなりませんから、真の日本の敵は、そうした金融勢力であり、その手先になっているマスコミだと言えるでしょうね。

 加えて、各省庁の官僚、殊に、法務省を中心とした司法界隈の法曹界の関係者には、帰化/未帰化の朝鮮人弁護士や、左巻きの売国奴が一杯いる様ですね。

 敵を脅威で諮るのなら、此奴らが一番の敵だと言えましょう、何せ、日本国民の三権の一つである、司法が危機に晒されているのですからね。 

 そして、更には、国の基本んで有るべき、教育を司る文科省の赤化も酷い、そして、日本の国境の土地を、他国人にトンデモ無い値段で売りさばく事を許して居る国土交通省、日本の薬の安全性を無視している加のお様な厚労省・・・は、重大な脅威を齎す日本の敵です。

 財務省が、抜けて居るとのご指摘が飛んできそうですが、財務省については、戦略だと考えるしかありません。 だって、GDPの成長が、この10年≒0なのは、誰も否定できない事でしょう。

 其れでも日本の経済力は、世界で1,2位を争う程の水準に在るのですカラ、是で景気が良くなれば、不況で苦しんで居るEUとの差は開く一方になるでしょうね、その結果の方が、日本は怖いのではないかと思います、ユダヤの神は「嫉み、妬む神である」と、自分で言っていますから。

 結局、真の敵は、金融勢力なんですね、唯、彼らは、実態が無い幽霊の様な存在ですカラ、特定できないダケでしょう。 厄介ですね。

北海道在住の主婦です。現在進行形で北海道の土地がシナに買われまくっています。私の実家でも昨日「太陽光パネルを設置できる土地を探している」と言ってきたそうです。本当の目的は北海道の土地を取得し、シナ人の移住促進だけだと思います。そして、人口侵略へとつながっていくのでしょう。いつしか北海道もシナの32番目の自治区です(シナが言っているそうです)
町役場も把握しないうちに、個人がシナに土地を売ってしまい気づいた時には、手の打ちようがなくなっているのではないのでしょうか。
北海道が心配です・・・。

安倍自民政権は太陽光発電の買い取り価格を下げるという「嫌がらせ」を支那事業者等に敢行中であります

即死はさせられませんが真綿で首を絞めているので、いつかは窒息タヒさせることが可能です。さすれば支那の太陽光事業者なんぞ倒産するか逃散するか転売するかで北海道から去って行くでしょう。

当たり前ですが、真の保守政権までの「隙」を突かれ、特定野党のクソどもの政権交代を許せば窒息タヒはキャンセルされます。「奴ら」が息を吹き返します。

それは北海道民にとって不利益だし、日本国民にとっても同様です。

いくつもの国からの、超巨大な外圧があり、なお且つお上への依存が過ぎる甘ったれな国民の声を汲みつつ、安倍自民政権は強かに改革に取り組んでくれてると思いますがね。
だから私は安倍自民政権の支持者です。

中国共産党や朝鮮労働党はカネで党員の絆を保っているに過ぎず、経済が死に絶え、配分が上手く行かなくなれば肥大化した人民軍が割れて内戦を始め、大量の難民発生で周辺諸国に迷惑をかけるでしょう。

日本は最後まで両党から宣戦布告を受けないでしょうが(奴らが「その域」まで達しないからw)、大量難民の処理や「処分」は非常事態宣言ものです。

その時は中道・自民政権が保守に変節すればいいだけの話。

最初から保守の政党が追い風により政権をとってもいいけど、その場合は実務能力と、なかなかついてこないグダグダな国民に対する寛容さも求めたい。短気は損気。

個人の権利が、国家の権利を超える事は有りません。

>↑のコメントの主婦さん ソロです。
>>北海道の土地が、シナに買われている件
 先ず結論から言いますと、私見ですが、国の主権がある限り、民間の取引で、領土の主権者が変わる事は有りえません。 領土の主権者が、勝手に金で変わるのなら、国家を丸毎、買う事だってできますからね。 そういう事例は、例えば、戦争などを行った挙句に、国家間交渉を行い、国家間合意があって初めて、でないと、無理ですね。 金銭での買取は、過去に、米国がアラスカを帝政ロシアから買い取りましたが、勿論、国家間で領土交渉を行い、合意しての話です。

 それ無しでは、其処に棲んで居る人は、勝手に国名を変えられると、云う話に成って終いますし、或いは、国に内緒で、国民が領土を外国人に売り飛ばして、国の主権が及ばない様にすることだって出来る事になりますから、国の範囲が不確定になり、国境が勝手に変更され、漁業権やEEZ等が変わって終い、大きな混乱が出て終います。 そうした混乱は、ズバリ、戦争の基です。

 ダカラ、個人の権利が、国家の権利を超える事は有りません。

 例えば日本とシナが、友好関係に有る場合には土地を買い取ったシナ人は、日本国は許す範囲で土地を利用する権利は持って居ますが、例えば、両国の関係が悪化した場合や土地の利用の仕方が国が認めた範囲を逸脱して居る場合、例えば、水源を買い占めて、水をシナに輸出する等の場合は、日本は此の違法を理由に、外国人を排除する権利が生じます、是は、国の自然権の範疇に在る防衛権と、云って良い。。 

 買い取り自体が無効になり、土地は無条件で日本の国に没収されます。 是が国家の主権の強みです。「北海道がシナの32番目の自治区になる」なんて、完全なガサネタです。 ご安心を。

 但し、このシナや韓国の土地の買取を促進したり、黙認しているのは、公明党の大臣の国土交通省ですから、問題が皆無と言う話では、有りません。

 唯、安倍政権の事ですカラ、十分な監視をして、泳がして居るダケだと思いますね。

 因みにこの問題は早くから騒がれて、北海道民も不安を訴えているのに、マスコミが、サッパリ、報道も解説もしませんね。 今のマスコミなら、日本人の敵だと言う他は有りません。

【 大事な日本の敵国を忘れています! 】

 領土問題から考えれば、アメリカも日本の敵です。
 もっと言えば、アメリカこそが日本を、極東の中・韓・朝・露の檻に閉じ込めた日本の大敵です!

【 竹島 (島根県)  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 (抜粋)戦後、竹島を日本の施政権から外していたマッカーサー・ラインは1952年4月のサンフランシスコ条約発効と共に廃止されるが、その直前の1952年(昭和27年)1月18日、大韓民国大統領の李承晩が李承晩ラインを宣言した。 】

 日本と韓国の間に楔を入れる為に、アメリカは竹島を日本の施政権から外してマッカーサー・ラインを引いた。


【 北方領土問題  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)
 〔概要〕
 日本国政府は、ロシア連邦が自国領土だとして占領・実効支配している北方領土について、不法占拠された日本固有の領土だとして、返還を求めている。1945年(昭和20年)8月14日に日本がポツダム宣言の受諾を決定し翌15日に玉音放送によって国民に降伏を告知、自発的戦闘行動を停止した後の1945年8月28日から9月5日にかけて、赤軍(ソ連軍)が北方領土に上陸し占領した。侵攻に際し、米ソ合同作戦「プロジェクト・フラ」により米国で建造された軍艦や米軍に習熟訓練を受けたソ連兵も参加した。 】

 日本とロシア(ソ連)に楔を入れる為に、米ソ合同作戦「プロジェクト・フラ」でソ連に軍艦を貸与して、島嶼上陸訓練をソ連兵に施した。


【 尖閣諸島問題  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)
 尖閣諸島問題とは、日本が実効支配する尖閣諸島に対し、1970年代から台湾(中華民国)と中国(中華人民共和国)が領有権を主張している問題。
 〔問題の生起〕
 (前略)「尖閣列島周辺の海底に油田があるという話が持ち上がって以来次々と妙なことが起こった。返還前のことですが、米国の石油メジャー会社が、時の佐藤首相に、外相がらみで自分たちによる試掘を持ちかけてきた。佐藤首相は自国日本のことだからといってそれを退けた。すると彼らは同じ話を台湾と北京に持ち込み、「あの島々は本来なら中国の領土の筈だ」とそそのかした。」

 〔アメリカの立場〕
 アメリカは尖閣諸島を日本へ返還する際、中台両国の領有権主張にも配慮し、主権の帰属については判断を避けた。1972年5月に、アメリカニクソン政権でキッシンジャー大統領補佐官の指導の下、ホワイトハウス国家安全保障会議において「尖閣諸島に関しては(日中などの)大衆の注目が集まらないようにすることが最も賢明」とする機密文書をまとめた。同年2月に訪中に踏み切ったニクソン政権にとって歴史的和解を進める中国と、同盟国日本のどちらにつくのかと踏み絵を迫られないようにするための知恵だった。この機密文書には、日本政府から尖閣諸島が日米安保条約が適用されるかどうか問われた際の返答として「安保条約の適用対象」と断定的に答えるのではなく「適用対象と解釈され得る」と第三者的に説明するように政府高官に指示している。 】

 日本と中国の間に楔を入れる為に、尖閣諸島の帰属と安保条約の適用対象性を態と曖昧にしている。


【 ジョン・フォスター・ダレス(上)  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)
 〔国務長官顧問〕
 (前略)ダレスはサンフランシスコ平和条約で取りまとめ役を果たし、同時に日米安全保障条約の締結を導いた。ジョン・ダワーによると、ダレスは締結後に以下のように述べたという。

『他のアメリカ人と同様、占領によって改革されたとは言え、約6~7年前まで熾烈な戦争をした相手の日本人を信頼できるか疑っていた。アメリカと交渉する裏で、共産主義国だが同じ黄色人種でアジア人の中華人民共和国と通じているのではないかと疑っていた。他のアジア人の国々に対して日本人が、しばしば持っていた優越感と、「エリート・アングロサクソン・クラブ」の、アメリカやイギリスなどの共産主義国に対抗している西側陣営、に入るという憧れを満たすことを利用して、西側陣営に対する忠誠心をつなぎ止めさせるべきだ。日本を再軍備させ、自分たち西側陣営に組み入れるということと、一方、日本人を信頼し切れないというジレンマを日米安全保障同盟、それは永続的に軍事的に日本をアメリカに従属させるというものを構築することで解決した。 』 】

 アメリカが、日本を極東の中・韓・朝・露の檻に閉じ込めたのも、日米安全保障条約を締結したのも、日本人と日本から独立心を奪い、「永続的に軍事的に日本をアメリカに従属させる」為なのである。

【 ジョン・フォスター・ダレス(下)  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)
 〔国務長官〕
 (前略)(1956年)8月19日にダレスは日本の重光葵外相とロンドンで会談を行い、重光に対して北方領土の択捉島、国後島の領有権をソ連に対し主張するよう強く要求し、「もし日本が国後、択捉をソ連に帰属せしめたなら、沖縄をアメリカの領土とする」と指摘して日本側の対ソ和平工作に圧力を加えたとされる。(後略) 】

 日露の楔の北方領土を日露が解決するのを妨害したのは、アメリカである。


【 プロジェクト・フラ  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)
 プロジェクト・フラ(英語: Project Hula)は、太平洋戦争末期、ソ連対日参戦に備えてアメリカ合衆国(米国)とソビエト連邦(ソ連)とが合同で実施した極秘軍事作戦である。
 〔概要〕
 1945年5月から9月にわたって、米国はソ連に対し掃海艇55隻・上陸用舟艇30隻・護衛艦(タコマ級フリゲート)28隻など計145隻の艦船を無償貸与。この時期、アラスカ準州コールドベイのアメリカ軍(米軍)基地に米軍スタッフ約1500人が常駐、ソ連兵約12000人が集められ艦船やレーダーなどの習熟訓練が施された。

 1943年に建造されたアレンタウン (哨戒フリゲート)の場合、1945年4月7日この作戦に投入されることになり、6月7日コールドベイに向かった。7月12日レンドリース法によりソ連海軍に引き渡され、ЭК-9(エーカー・ジェーヴィチ)と命名された。

 貸与された艦船は樺太南部や千島列島への侵攻で使用された。

 ジャーナリストの粟野仁雄は、「事実は北海道新聞の報道後、釧路新聞と根室新聞が報じたが、全国紙は無視した。「中略」米国に追従する安倍政権に「忖度」したのなら、情けない話だ。現代史の中で語られる出来事は、今の政治に直結しているケースが多いため、こうしたことは多い。日露首脳会談のときだけ賑やかになる北方領土問題も、その実、4島をめぐる現代史の根本事実すら国民には知らされていない。」と発言している。 】

 米ソ合同作戦「プロジェクト・フラ」で、日露間に北方領土と云う楔を打ち込み、日露がその楔を引き抜こうとすると、「ダレスの恫喝」で、日ソ間の友好をアメリカは邪魔をした。

『 中国、ロシア、韓国の利益はいかにして日本を封じ込めるかということで一致しています。この三国は日本の最大の敵です。 』

 一番日本を封じ込めたいのはアメリカでしょう。
 最大の敵は中国、ロシア、韓国を背後で操る黒幕アメリカで無いでしょうか?

 中国、ロシア、韓国に対峙する為、アメリカと協力するのは吝かで無いですが、アメリカを信じ切っていると、後ろから鉄砲の弾が飛んで来るかも知れません?

 兎に角、『自分の国は自分で守る』と云う当たり前の現実から決して目を逸らしてはいけません!

 日本は、アメリカと協調しながらも、アメリカに奪われた日本人と日本国の独立心を奪い返さなければ成りません!

憲法第29条の財産権保障は外国人にも及ぶが財産権自体制限が容易

法律(民法等)による保障と言われる所以です。
性質上、財産権は法律に範囲や内容を決めてもらわないと成り立ちえないのです。あくまで法律の手の平の中。

まして日本国民じゃないなら人に非ずの扱いをするのも自由でしょう。この国がその気になれば。

財産権保障どころか、先の大戦の際は、合衆国政府は無差別に日系の自国民を収容所送りにしたのです。(人身の自由侵害)
民主主義の先生()の合衆国がそうしたのなら、当然弟子の日本がそうしても問題無いでしょう。

会社における株主様、国民主権国家における国民様(有権者の総体)は絶対です。神様です。

日本の有権者も日本人と在日の帰化組がいるけれど、「多数派」がどちらかは明らか。
半島本土でさえ日本以上の少子化に苦しむミンジュクに、日本人が数の逆転を許すわけがないよ。

半島の内戦・難民により日本人と在日帰化組の利害対立が先鋭化すれば、数に劣る在日帰化組は泣き寝入りし、同胞が「処分」されていくのを血涙を流しながら見守るしかない。
どころか、巻き添えで自分らも狩りの対象になるかもねえ。

この段階に至ると朝鮮族の「敗戦」が濃厚になるから、かつての日本人の協力者達も熱い手の平返しで、命乞いかそっとトンズラを図るだろう。

無論許してはならない。
元々、朝鮮族ごときに頭を下げないと仕事も得られず栄達もできないと弱音を吐くような根性無し・能無しは日本社会にとって、失って惜しい人材ではない。だから容赦は要らない。

ダレスの恫喝

>三角四角さま、日本国民です。

‘ダレスの恫喝‘に関して記述すべくサイトを開きましたら、三角四角様が、
ダレス国務長官の件に触れておられて驚きです。

1956年の日ソ共同宣言調印時の米国のダレス国務長官の恫喝の文言まで記し
ていただいておりますので、私は、
https://toyokeizai.net/articles/-/145689

を貼らせていただきます。
二島先行返還で進めんとした当時の事情を鈴木宗男氏が語っている内容です。

かなり長いので、注目処を少し抜粋、:
プーチンとの長きに亘る交渉の末、落としどころを見つけた矢先に小泉政権に
変わった。その途端、当時の川口外相によって反故と云うか、話を頓挫させた
ことに、プーチンは同じ政党政府でありながらの仕打ちに、日本国に対する不
信感を増幅させたご様子。その後の空白の10年間を取り戻すべく安倍晋三首相
が、プーチンとの関係の再構築に乗り出したのです。(概略)

東日本の震災時にスケート競技開催が不可能になった際に競技場を提供して下
さったのもプーチンでしたね。

・なぜ、米国トランプ大統領がロシアに近づくと、マスコミがあんなにわぁわぁ騒ぐのか?
→米露接近が嫌だから。

・なぜ、日露が接近すると、マスコミが領土問題を持ち出すのか?
→やはり、日露接近が嫌だから。

簡単に言えば、

米国民主党がロシアオリガルヒ系の企業と組み、反日をやり、それがいかにも
プーチン(ロシア政府)がやってるようにマスコミが報道。

敵はプーチンではなく、オリガルヒの流れを組む企業や、ウクライナ一派とい
うこと。

米国民主党が江沢民上海閥と組み、反日をやり、それがいかにも習近平(中国
政府)がやってるようにマスコミが報道。

目的は日露離反と日中離反。

尖閣の件も昔日、このサイトに記した記憶ですが、要約すると、米国民主党に
よる中国とのマッチポンプ。
石油資源利権収奪が目的で日中韓の調停役を演じることによる漁夫の利を目論
んでいたという事。

三角四角さん、米国と、一括りせずに米国民主党と投機筋の金融関連と云う方
が正解でしょうね。

我らが日本国の内閣総理大臣である安倍晋三が、この世界に描こうとしている
「法の支配」を基本とした青写真の実現の為に、粉骨砕身の日々を送っている
のです。
その内容に関する理解を深め、敵からの安倍失脚を目論む罠にも対抗する為に
は、普段マスゴミ、マスゴミと悪しざまに評しているにも関わらず、そのマス
ゴミによる情報筋に簡単に洗脳されている場合ではないのです。
何故トランプ氏と協力し、プーチンに接近し、北京派とも接近し、次いで金正
恩との対談にも持ち込もうとしているのか、今まででしたら、とんでもない国
賊扱いで、痛罵の対象でしたでしょうね。

私は、この歴代最高の外交の天才である首相を目の当たりにできる幸福に感謝し、国民の一人として見守り応援したいと存じます。

日本人なら誰でも知っている童謡「かごめかごめ」の謎が解ける

【夜明けの晩 意味・解釈 かごめかごめの謎】
午前1時説(七夕説)(牽牛と織姫が最も寄り添う時刻、壮大な銀河伝説)
一般的に広く行われている七夕行事は、元々は宮中行事が始まりと言われています
この七夕の夜(7月7日午前1時頃)は、別名で「夜明けの晩」と言い、この夜明け
の晩に多くの 神社で神事が執り行われるのが、古来からの流れです。

18 11月 関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。
または「かごめかごめ」の意味。

【関連情報】
【書籍街の掲示板】第3巻「かごめかごめ」の意味。
大衆時代劇の水戸黄門漫遊記の名せりふ。
 もう良いでしょう。 助さん格さんのこの紋所が目に入らぬか。
そして悪人達は平伏して、めでたしめでたしと拍手が響き渡る。
日本人なら誰でも知っている童謡「かごめかごめ」に秘められた史実、
鶴さん亀さんもう良いでしょう。
 籠の中から八咫烏が放たれるとき世界中の拍手が響き渡る

愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12460193595.html

三角四角さん
竹島問題について記述する時はラスク書簡も記載しないと片手落ちですよ。

ダレス恫喝は、米国の自身の無さの表れ

>日本国民さん ソロです。
>>戦後日本の外交制限をして居たのは米国である
 この事実は、何となく知って居ましたが、寧ろ、共産国ソ連に対する米国の当然の防衛策で有ろうと思って居ました。

 なる程、その時点から既に、ソ連内部にも米国民主党のシンパが居たわけですね。ウクライナが、ハザール人の故地で有る事を考えたら、帝政ロシアに拠るポグロムは許し難く、ロシア革命がハザール人主体で行われた事、そしてその後、皇帝一族を全員殲滅して、復讐を果たしたが、その後、共産党の幹部のハザール人は、スターリンに拠って全員粛清された事と言う経緯を考えれば、ウクライナと言う場所が、ロシアでは特殊な場所で有る事が、分かりますね。

 処が、ソ連時代にウクライナには、核兵器の貯蔵庫が建設されて居た、と言う事実が有ります。 是を行ったのは、多分ブレジネフ時代であっただろうと思われますが、当時のウクライナの政治情勢の詳細が不明なために、推定すら出来ません。

 昭和31年のダレス国務長官の恫喝は、当時の米国が、戦前から引きづって来た容共体制が、やっと、反共体制になった矢先、日本とソ連が、領土問題で接近?と言う疑念を持ったものでしょう。 当時は、ソ連が世界の共産化を目指す、覇権主義を世界で展開して居ましたからね、然も、日本国内にはGHQ民政局の影響を受けた共産分子が、野放しになっているのですカラね。

 然し、ハザール人も一枚岩ではないと思って居ましたが、ウクライナと言う故地がその答えの一つで有る可能性は高いですね。彼らは、欧州中の白人の誰も信用して居ないし、誰からも信用されて居ません。 つまり、孤立しているのです。 本来、絶滅して居ても可笑しくない、ハザール人が21世紀迄、生き延びて来たのは、それ形に意味が有る事だと思いますが、その目的を世界の平和に置き換えない限り、絶滅は見えて居ます。

 それにしても、欧州州のこうした復讐の連鎖は、狭い欧州内の憎悪を膨らませて世界にその醜態を曝け出して居るダケの様に思います。

 この事態に、直面しているプーチンも、己自身を護る為に、色々な蹉跌を味わって居る様ですね。 彼がやって居ると伝えられる事から、マスコミのプロパガンダを外してみたら、可成りマトモな人間の様に思います。 唯、体も心も、マッチョな部分が、怖そうな感じを与えて居るダケですね。

 欧米の白人文明が、自分達の蒙昧さに気付くのは何時の事なのか分りませんが、歯牙無い我々は、その時に、世界が終わりを迎えて居ない事を願うのみですね。 

常識的思考が成り立つ相手だろうか

>ソロ様、 日本国民です。
レス有難うございます。

>>やっと、反共体制になった矢先、日本とソ連が領土問題で接近?と言う疑念を持ったものでしょう。
>>こうした復讐の連鎖
どうも、まだ良心的と云いますか、常識的思考に捉われているような、解釈
かと思われます。

彼らはもともと共産主義なんぞと戦ってはいませんし、共産主義なんて存在
しない。

ユダヤ(ハザール)人弁護士を父に持つ放蕩息子のカール・マルクスが、大
衆を煽動し王族貴族から富を収奪する手足に利用する為に考え点いた方便で
しかありません。
ご存知でしょうが、カールは大衆を「莫迦な驢馬」と普段から痛罵してまし
た。そして、実母や、親戚が残す財だけが目当ての鬼畜でもあり、他界する
のを心待ちにしていたとも訊きます。

反共産主義は、世界を股に掛けたマッチポンプです。
目的のためには、同族でも貧者をマッチポンプの犠牲にするのも厭わない。

以前も、申しあげましたが、何をして彼らを突き動かすのか・・・‘Money 
only’

世界中の民の持つ資産を手中に収めんが為の、遠大な計画に沿って事を進め
ており、その障害と成り得る民族(日本、ドイツなど)を徹底的に破壊解体
するという動機があったという事。
ドイツはほぼ“死に体”ですね。

そして、現代の「莫迦な驢馬」を増やし、操るため日夜画策実行中なのです。

頭の固い、経験値の低い民族には「陰謀論」と云う詞で、その先の追及の矛
先を逸らせることができますから便利なものです。

世界がどれだけ、その「陰謀論」とやらの中味通りに変遷してきているかに
気付いた米国市民は大したものです。

https://pbs.twimg.com/media/DsskupBV4AUEVzK.jpg

ブログ主様、ブログの更新をありがとうございます。

戦後の日本は、特亜3カ国とされていたのですが、ロシア含む4カ国というのが本当の姿だと思います。

それなのに、何故か永い間3カ国とされていたことに、疑問を持ちます。
ロシアはその領土を、モスクワからひたすら東方に拡張してきました。ロシアの東側がシベリアを経て太平洋に面したとき、日本は千島列島と樺太を領土宣言できる時期になったのですが、その頃の日本は西欧列強としてのロシアに太刀打ち出来る筈もなかったと思います。

1855年の日露通交条約で、千島列島のうち北方4島は実効的支配を確立とされ、それより以北はロシア領となりました。
1875年の樺太千島交換条約で、日本は千島列島(ウルップ島より以北の全体)を日本領土とする代わりに、樺太全島を放棄しました。
1905年のポーツマス条約で、日本はロシアから樺太の北緯50度以南の部分を譲り受けました。
1945年のロシアによる一方的中立条約の廃棄と日本への宣戦布告の結果は、これらを全て無視したもので、ロシアは未だに千島列島の全域と樺太の南側を占領しました。

このうちの日露通交条約と樺太千島交換条約については、露西亜の領土拡張政策によって、とんでもないものになっています。
日本は、西欧列強のために鎖国時代から海外との門戸を開くことになったとき、ロシアは既に強大で日本など外交問題としていなかったけれど、他の西欧列強の目もありますから、一応の形を付けるためにやった日露通交条約と樺太千島交換条約だったと思います。

もし、日本が始めに樺太の領土帰属を千島列島より先に主張していれば、樺太は当然のこととして日本に帰属していたのです。
しかし、ロシアは樺太が欲しかった。だから、千島列島の帰属を日本側の4島とそれ以北に分けて通交条約を結び、そのアトで千島列島全体と樺太を交換するという、せこい方法で樺太を手に入れたのです。
その証拠が間宮林蔵による樺太を調査したとき、樺太は大陸と離れていると確認、その部分は間宮海峡としています。先に見つけたから、名前が付いているのです。
大国のロシアは、世界で最も広い領土を持っているのですが、それでも小さな島を手放そうとしなかった国ですから、簡単に北方領土も返そうとしないと思います。

それなら、日本はこの小さな島々について返還を求めるとき、ロシアが持ちきれなくなる環境を、作り出すのも一つの知恵だと思います。
それには、ロシアが千島列島の開発をするとき、一切の協力をせずに、ロシアの国民がそこに住みたくないと思わせることも必要だと考えます。


ロシアだけでなく、中・韓・朝も日本の敵国だとの認識が必要だと思います。
中共は、かって日本の領土だとしていた尖閣諸島付近に石油や天然ガスが埋蔵されていたことを知ると、これを領土と主張し始め、今では沖縄に留まらず、日本の国全体を代2列島線に含めて侵略の意図を隠しません。また、韓国は日本が敗戦後、非武装国家となっているときに竹島を武力占領しました(これが、非武装国家の現実です。)。さらに、北朝鮮は交戦権を否定している日本に、正規軍を上陸させ、日本の北朝鮮支援団体を利用・協力させて日本人を誘拐し拉致させたのです。
それだけではなく、現在で箱の拉致された日本人を人質にして、支援金を得ようとしています。これが国家のなすことではなく、個人(団体)がしていたならば普通は犯罪として処罰されるのですが、国家が行うと営利誘拐の身代金の代わりに、支援金を寄越せと大威張りの要求になるのです。

日本はこれらのならず者国家を相手に、東アジアでの外交を行っているのですけれど、ええ加減、国でも個人でも犯罪は犯罪として、行動する準備をしておくことを必要とすると考えます。


これまでの日本は、これらの国々に対して「大人の対応」をしてきたのですが、「大人の対応」は彼等の要求を唯々諾々と聞いているものではないと思います。
ときには、例え相手が国家であっても間違いは指導して正すと言うことが必要なのです。

そして、憲法のためにこれが出来ないというのは、詭弁に過ぎないのです。国家が憲法のために出来ないことがあるのならば、憲法を改正して、国家がその国体を維持し、国民がより幸せな生活をするために、憲法を変えれば良いのです。

国は憲法に縛られるものではなく、憲法が国民のために存在するのです。
最近、政府の横暴を縛るのが憲法との見方をしている輩がいますけれど、憲法は国民の幸せを、追及するための道具の一つだと思います。

戦後の日本は、憲法があるために自衛隊員はなくなっていないという連中がいますけれど、自衛隊のないときに日本の漁民は韓国が一方的に設置した李承晩ラインのためになくなっています。北方漁業ではソ連の監視船に銃撃されました。北朝鮮は言うまでもなく、日本人を拉致しました。中共は尖閣諸島付近で石油や天然ガスを採掘しています。
そして、日本の自衛隊は国土と国民を守れなかったことを、悔しく思っていると考えます。

【 米国と米国民主党及び投機筋の金融関連と分けても実益は無いでしょう? 】

『 米国と、一括りせずに米国民主党と投機筋の金融関連と云う方が正解でしょうね。 』

 別に、正解で在ろうが無かろうが、第二次世界大戦で日本が戦わせられた相手は、米国民主党及び投機筋の金融関連では無くて、米国ですからね!
 共和党は、米国を止める事が出来ませんでした。

 それに、共和党が政権を取っても、広島・長崎の原爆投下は問題無かったと言って居ますから、共和党を特別扱いする必要は無いと思います。

 米国民主党のオバマ大統領だけですよね。
 広島を訪れて献花してくれた大統領は。

 米国と米国民主党及び投機筋の金融関連と分けても、結局、大事を成す時は、米国一体として行動しますから。

 日本の、一億火の玉と同じですよ!

【 負のレガシーを遺さ無い! 】

『 私は、この歴代最高の外交の天才である首相を目の当たりにできる幸福に感謝し、国民の一人として見守り応援したいと存じます。 』

 私は、直ぐにでも、安倍総理には総理大臣を辞めて貰いたいですね!

 外交の天才は認めますが、何せ、内政の鈍才ですから。

 このまま、安倍総理には総理大臣に内政を任せますと、経済はぐちゃぐちゃ、外国人労働者と外国人観光客で日本は滅茶苦茶に成ります。

 人手不足なら、日本人の賃金が上がって、物価も上がってデフレ脱却出来る筈なのに、態々、低賃金外国人労働者を日本に引き入れて、デフレ脱却のチャンスを潰すんですものね!

 大体、デフレの時に消費税増税したら景気は悪く成るって、説明すれば小中学生だって理解出来ると思いますよ。

 消費税導入時(3%)、消費税増税時一回目(3%→5%)、消費税増税時二回目(5%→8%)どれも景気が悪く成って居ますよね。

 しかも、消費税増税時二回目(5%→8%)と、今年(令和元年)10月予定の消費税増税時三回目(8%→10%)は安倍総理が担当するのですよ。

 総理在任中に二回も消費税増税して、日本を深刻な経済危機に陥れたら、馬鹿総理の烙印を押されますよね!

 それを打ち消すほどの、プラスのレガシーを遺せたら良いんですが、望み薄です。

 従って、移民政策と、二回の消費増税で日本を無茶苦茶にした大馬鹿総理の汚名を着たく無いのなら、今年(令和元年)10月前に辞任する事です。

 外交の手腕を発揮出来無いのが、日本の損失ならば、次の内閣で外務大臣をすれば良いでしょう。

OSSとはCIAのことです 1945年にCIAに改名しました CIAとはかれらの通名です つまりCIAとは彼らそのものです←これ重要です!試験に出ます!
神社本庁の設立も1942年の日本支配計画で策定されました もちろん昭和憲法もです(1週間で作ったというのは嘘です)
 ブック 二段階天皇廃止理論 1942年にかれらが日本占領の際に日本をどう?料理するか?決めたこと もちろん憲法を差し替える(=明治憲法から昭和憲法に差し替える)ことも含まれている 3S5G5DとかもこのOSS(RIIAによるMI6タヴィストック OSSはMI6の支店 OSSはMI6そのものであること)である
1942年8月6日付け英公電で在米駐英大使ロナルド・キャンベルは「米大統領(ルーズベルト)は「アーリアンとアジア人の混血を考えている」「ただ日本人は除外し元の島で隔離して衰亡させるつもりだ」と書き送っている これが後のGHQ日本占領政策となったのである 現在は基地外中国人との混血で日本人を衰亡させるつもりのようだ?

【 日本人は御人好し(馬鹿とも言う)! 】

 「ラスク書簡」を以ってアメリカが日本の味方だと思うのは大きな誤りだと思います。
 現に、「ラスク書簡」によって、日本に竹島の施政権が返還されましたか?

 戻って来て居ないと云う現実を冷徹に認識するべきです。

 アメリカは日本の味方と云う何の根拠も無い願望に縋って、甘ったれて居る場合では在りません!

 【 ラスク書簡   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 (抜粋)ラスク書簡(ラスクしょかん)は、第二次世界大戦後、サンフランシスコ講和条約を起草中であったアメリカ合衆国政府へ大韓民国政府からよせられた日本国の領土や、韓国政府が戦後に享受する利益に関する要望書に対し、1951年8月10日、米国が回答した文書。
 当時の米国国務次官補ディーン・ラスクから通達されたことからラスク書簡と呼ばれる。
 原本はアメリカ国立公文書記録管理局 (NARA)に保管されている。

 現在、日本政府と韓国政府の間で竹島(韓国名:独島)の領有権をめぐる対立(竹島問題)があるが、この文書では、米国が竹島に対する韓国政府の要望を明確に退けているとして、日本はサンフランシスコ講和条約において竹島が日本領として残されたことを裏付ける資料の一つとしている。

 韓国側では保坂祐二教授はラスク書簡は秘密裏であったため無効としているが、国際法の金明基教授はサンフランシスコ講和条約の解釈の補足として使用できるが、書簡が日本の詐欺に基づくため無効とする。無効という結論は一致しているが、その根拠は定まっていない。なお、韓国政府は公開後もラスク書簡に関する見解は出していない。

 〔要旨〕
 韓国政府から米国政府への要求は大きく分けて以下の3つであった。
 1.竹島と波浪島に対するすべての権利、主権及び請求権を1945年8月9日(注: 日本によるポツダム宣言受諾)の時点で放棄したことにすること。
 2.在韓日本資産を韓国政府および米軍政庁に移管すること。
 3.マッカーサー・ラインの継続を日本国との平和条約で認めること。

 しかし、米国政府はこの書簡の中で、在韓日本資産に関して米軍政庁の処理を認めるように記述を修整することを認めたが、竹島に関する要求、マッカーサー・ライン継続の要求には同意しなかった。竹島については普段は居住者がいない岩礁で、一度も韓国の一部となったことはなく、1905年以降島根県の管轄下にあり、韓国からの領土権の主張は過去になされていない、とアメリカが認識している旨を韓国に回答している。

 〔国際法上の位置付け〕
 (前略)
 なお、韓国は、ラスク書簡にもかかわらず第二条の領土条項が例示的な列挙であり放棄領土に竹島が含まれるという解釈を棄てていない。しかし、カタール・バーレーン事件の判例で国際司法裁判所は宗主国である英国の決定に拘束力を認めたことから、連合国を主導したアメリカのラスク書簡での判断は極めて重要な意味を持ち、拘束力を有するとされる可能性が高い。このため、韓国は国際司法裁判所での解決に一層消極的になるものと思われる。 】

 アメリカは、サンフランシスコ条約締結前に、韓国に対して、竹島に関する要求、マッカーサー・ライン継続の要求には同意しなかった。
 なので、サンフランシスコ条約締結前に連合国の施政権の範囲を示すマッカーサー・ライン外に在った竹島を武力侵略したのである。

 また、「ラスク書簡」の〔国際法上の位置付け〕が高くなった事により、韓国は国際司法裁判所での解決を拒否する様に成り竹島問題の解決を一層困難にしている。

 竹島の韓国による不法占拠と、〔第一大邦丸事件〕に対して、平和憲法(腰抜け憲法)を持たされた日本において、竹島の武力奪還を主張したのは、日本共産党だけであった。
 意外な一面を見た。

 【 竹島問題外交交渉史   出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(抜粋)
 〔第一大邦丸事件〕
 竹島周辺はあわびやわかめの豊饒な漁場であり、地元漁民の嘆願により日本政府は1953年3月から同地域を爆撃訓練区域から排除した。これを受けて同区域で漁を営んでいた日本の漁船第一大邦丸が、1953年2月4日に韓国軍によって銃撃され、死傷者が出る事態に陥った(第一大邦丸事件)。この時期、公海上で多くの日本漁船が武力により拿捕されている。

 〔竹島問題のあり得るべき解決策〕
 第一大邦丸事件以降、竹島問題は日韓の紛争の種になっており、その解決に向けて1953年7月22日米国国務省のレノア・バーマスターは「日本と大韓民国の間のリアンクール岩礁紛争を解決する可能性のある方法」と題するメモランダムを北東アジア部副部長ロバート・マクラーキンに向けて発した。 その中でバーマスターはラスク書簡およびNo.187文書を根拠に米国は竹島の領有権は日本にある、と述べている。同時に米国は日本からの要求がない限り、できるだけ中立の立場をとるべきとも述べている。

 〔日本政府の対応〕
 日本国内においては、日本共産党が竹島の武力奪還を主張したものの、政府は一貫して平和主義路線を採用し、1954年9月25日、韓国政府に対し、竹島問題を国際司法裁判所に提訴することを提案したが、韓国側はこれを拒否した。(後略) 】

 兎に角、マッカーサー・ライン、「ラスク書簡」、平和憲法(腰抜け憲法)の三つを見れば、アメリカが日韓の間に竹島と云う楔を打ち込んだと見て間違いないだろうと思います。

 日本の、マスコミ、官僚、政治家、財界、司法関係に日本人を第一に考えない人をトップに据えるのは、アメリカの利益かも知れません?

三角四角さん
僕は、あなたが一方的にマッカーサーラインのみを表示して論評しているから、ラスク書簡と言うものもありますよと指摘しただけです。
僕はただ賛否両論を表記して第三の判断評価の基にすべきと言っているだけです。
以下は論理のすり替えのように思えますが、あなたの意見として伺っておきます。

>「ラスク書簡」を以ってアメリカが日本の味方だと思うのは大き
>な誤りだと思います。
> 現に、「ラスク書簡」によって、日本に竹島の施政権が返還さ
>れましたか?
>戻って来て居ないと云う現実を冷徹に認識するべきです。
>アメリカは日本の味方と云う何の根拠も無い願望に縋って、
>甘ったれて居る場合では在りません!

ただラスク書簡を詳しく掲載されたのは公平を目指されていると思い安心しました。

大いに呆れました

 ソロです。
 最近、朝鮮が複数回ミサイルを数種類、多数発射して、その裡の昨日の分は、中距離弾道ミサイルのノドンであった事が、監視衛星で常時監視している、米国に拠って明らかになりましたが、是は、明らかなる国連決議違反で有り、米朝会談での米国の主張を無視したモノと言う事で、米朝県警は「振り出し」に戻ったわけですね。

 つまり、「話し合いで葉解不可能」と言う結論を、北朝鮮は自ら提出した音に成ります。 斬首作戦も従来通りに、打撃艦隊に拠って、行われるし、今度は国連軍が出動すると言う話に成り層ですね。

 既に、沖縄の基地には、カナダやオーストラリア、ニュージーランド、そして英国と言った、大英連邦の空軍が、半年前に集結して、爆撃訓練を東シナ海でやって居ます。

 更に、先日、朝露間で行われた首脳会談の結果も、朝鮮の望んだ「ロシアに拠る仲裁」が、断られた事を意味して居ますね。 ダカラ、正恩は、予定を切り上げて、帰国したのでしょう。

 朝鮮の実効支配者は、シナの江沢民派の瀋陽軍区の影響下にある、朝鮮軍トップの張徳江の手にあるそうですから、プチンが正恩と決裂した情報を確認した上で、トランプはプーチンに「トランプ側も、ロシア疑惑が晴れた事」を電話で報告、関係を修復した様で、戦後初めて、米露関係が同盟を結べる程接近して居ます。

 すると、その直後、朝鮮派ミサイルを発射しましたが、全て、ロシア製のミサイルで、その管制システムもロシア製だった様です。つまり、朝鮮は、信用軍の指揮下に、はいったと見るべきで、ロシアとは、手切れしたわけですね。 

 段々、各国間の曖昧な部分が消えて、旗幟が鮮明になり始めて居ますね、是は、熱戦が始まる前段階で有ると持ても良い状況でしょう。 ダカラ、安倍首相は「条件なしで、日朝首脳会談を行う」と、公式声明を出して居ます。 拉致者の奪還に関しての、日本側の最終要請を朝鮮側に云い渡すという事でしょう。

 こう言う、世界の展開、然も、日本が密接に関係している極東の事由に関しても、マスコミは正確に伝える事をしません。 是では、マスコミの存在価値は、欠片も有りませんね。

 TVニュースの報道解説を聞いて居ると、RPC=Radia Press Code」を意識したモノばかりだから、日本が置かれている危険な状況が全く伝わって居ませんね。 是では、国民に対する裏切り行為だと言う他は有りません。

 ↑で、しょうもない事を云って居る、コメンターが居ますが、それ処では無く、今、本当に心配しなくてはイケないのは、半島に居る在留邦人の引揚げ時期のリミットを左右する、在韓米軍の引き上げ時期でしょうし、日本海のミサイル防衛情況ではないかと思います。 この状況で安倍首相を取り変えろと、未だ言って居るのでは、とても、日本人の発言とは思えませんね。

 斯うした現象は、所謂、保守系の論客と言われている、マスコミに屡々登場する、自著の本を幾冊も出版している様な人々にも、みられますね。 彼らも、RPCを守って居るのは言うまでも無い、そうしないと、出版社にバイアスが懸って、仕事が無くなって終うからです。

 斯うした世界の裏側の事を、知っても、確かに、歯牙ない市井の我々には、如何ともし難いのですが、そう言う勢力としては、知られたく無い事なんですね。 では、日本以外ならどうかと言うと、日本人以上に無関心だと言う事です、理由は、如何しようも無いし、被害に遭うのは、自分だけでは無いカラでしょう。

 例えば、フランスの大統領は、サルコジ、オランド以来、マクロンで3代続けてハザール人ですが、彼らに投票した人が沢山居るワケですよね。 然し、此の度の「黄色いベスト」の乱は、ハザール人支配に対する反感が起こしたものでしょう。 つまり、国民は、マクロンが一体誰なのかを良く知って居る事に成ります。

 この感覚は、社会が同じ白人層で出来て居ても、ゲルマン系のフランク族、農民のケルト系のガリア人、低所得者層のスラブ系と、中世の昔から分かれて居るのが当たり前の社会で無ければ、持ちえない感覚です。

 更に、社会に青人種のヒスパニックやアラブ人、旧植民地から、黒人や黄色人種(ベトナム人やシナ人)が入りこんで、白人層の発言権が、相対的に狭められている現状から、更に、閉塞感が増しているのでしょう。

 フランス内部の白人層のフラストレーションの蓄積は大きく、この後、起るテロによっては、フランス内部に革命の様な事態が興る可能性もあります。 是は、隣のドイツも同じ状況でしょう。

 そしてすべての元凶は、米国民主党・ウォール街金融勢力なのです。 つまり、ヒラリーとビル・クリントンで有り、オバマ前大統領だし、リーマン騒動で、唯一つ生き残ったゴールドマン・サックスであり、モルガン・チェース銀行であるのです。

 是を米国勢力一括りに考えるって、日本語が通じないか、文章の読解力が皆無と言う事でしょうね。 是で本当に社会で仕事をやれているんですかね、本当に中学生以下だと思いました。

現状のロシアは、必ずしも敵に非ず

>ポッポさん ソロです。 連投すみません。
>>現状のロシアは敵側か?
 私の私見でしかありませんが、現状のロシアが世界で冷遇されているのは、クリミアの一件だと思いますが、ロシアの都合から看れば、地中海~大西洋、或いはスエズ運河を経て、紅海~インド洋~太平洋に出る、凍らない唯一の出口港がクリミア半島に在る港で、嘗て、ソ連時代に、多大な投資をして作った軍港でもありますから、ロシアの言わば生命線の一つです。

 其処をウクライナの反乱で、失う事は、ソ連海軍の戦力が一気に1/3程度になって終いますね。 今のGDPが韓国並みのロシアに取っては、軍事力の維持が、唯一世界での発言力を維持する方法でしょう。

 それに、ウクライナの独立を画策したのは、「アラブの春」作戦で、中東を混乱に陥し入れて、難民を大量発生させた」のに、何の責任も負う気を見せなかった、オバマ政権で有る事を考えれば、ロシアのシリア支援は、或る意味、自身の生命線である、石油利権の擁護に繋がる行為だと思います。

 つまりは其処に至る、ロシアの悪宣伝は、米国民主党・ウォール街勢力の仕業であり、勿論其れを知っているトランプは、ロシアン・ゲートと言うトラップを切り抜けて、プーチンと電話会談して、解決を喜び合って居ます。

 斯うした経緯から看れば、過去の経緯から見た、私のロシア観はとても変えようがありませんが、では「今のプーチンのロシアは、道だろうか?」と言えば「法治と民主主義の価値観を共に出来る」相手だと、云えましょう。 唯、相手は、武力頼みの野蛮人である事は間違いないので、一定の距離は、必ず保つ事が条件ですがね。

 是は中東の席輸出国企業のアラブ人の王族も、同じように、或いは、ロシア人以上に、腕力主義ですし、加えて、階層間差別意識が強い・・と、世界には、色々な民族が様々な自分の常識を、世界で通じると思って居るのですカラ、頭が相当に十なんで無ければ、外交は出来ませんね。

 ロシアとマトモな、国家間交渉が出来るのは、オソラクプーチンが大統領の裡だけだと思います。 他の多くはラブロフ外相の様な、中世然とした、領土拡張主義者でしかありませんから。

 その証拠に、戦後74年も経つのに、無理やり自分の領土に取り込んだ北方4島も、千島列島も、開発を進めて居ませんし、樺太に至っては、海底油田の日露共同開発で、日本を騙したはいいけれど、石油資源の買い手が着かないし、抑々、極東で働くロシア人が居ないので、沿海州のウラジオストックやナホトカも、寂れ駄始めて居ると仄聞します。

 プーチンの計画なら、資源産業以外の工業系産業が無い、ロシアに取って、日本海沿岸は、新工業地帯の胆になる処なんですがねぇ。

 以上に拠って、現状のロシアを、殊更敵視する必要はないと思います。

安倍首相が外交の天才?

どこが?
安倍首相のどこが外交の天才なんでしょう?
悪いジョークとしか聞こえません。
安倍氏は日本の国力に乗っているだけです。
そりゃ経済的支援をしてくれる日本の代表者を各国の外交関係者はもてなしてくれるでしょう。
当たり前です
安倍首相首相が各国のトップから丁重にもてなされるのは彼の能力のいたすところでなく日本国民の力です。
勘違いしないで下さい。
個人の能力について評価するとすれば悔しい事ですが北朝鮮の金委員長の方がはるかに上です。
最近のプーチン大統領との会談では、遅刻常連のプーチン氏は数分遅刻したそうです。
数分の遅刻にとどめたのは既に気を使っている証拠でしょう。
その数分の遅刻にどういう態度をとったか?
不機嫌に対応しました。
もうそこから外交の勝負が始まっています。
不機嫌でなければなりません。
不機嫌になる相応の理由があります。
安倍氏が山口の実家にプーチン大統領を招待したときどれだけ遅刻しましたか?
数時間も待ちぼうけされて尚ニコニコ挨拶しています。
外交交渉に入る前に舐められています。
彼の日露交渉こそ危なかしくってみていられません。
外交交渉に向いていない人間が自分の名誉欲のために焦っているのですから。
安倍氏はあの立場になってまだいい子になろうという誘惑を断ち切れません。
個人なら良い人なのでしょう
しかし国益を身を犠牲にして守らねばならない国のトップとして適性がないと言うべきです。
我々が必要なトップはいい人でなく、腹黒く憎まれることをなんとも気にしない人物です。
金委員長やプーチン大統領そしてトランプ氏のような人物です。

三角四角さん、

安倍宗理の即刻退陣の論評ですが、ではない貴方は誰が(どの政党が)この難局に相応しいとお考えですか。
小生には貴兄が似非保守、ムシロ逆賊に見えます。

フートン計画

保管資料を整理していましたら、前回の私のコメントに関係するかと思しき資料を見つけましたので、掲載いたします。

・・・・・・・・・
 戦後、GHQによって密かに進められたとされる日本人絶滅(改造)計画ーー。そのようなものが実際にあったかどうかについては意見が分かれるところですが、じつは同じ敗戦国であるドイツでもこれと似たような計画が連合軍によって進められていたという説がささやかれています。
その根拠となったのが、1940年代にハーバード大学の人類学者アーネスト・フートン博士が発表した論文をもとに作られたとされるドイツ人改造プログラム、通称フートン計画。

論文ではドイツ人は遺伝子レベルで好戦的かつ人種差別的であり、その矯正は心理的・社会的教育によっては不可能である、よってそれは生物学的な人種改造によるほかないと主張されており、それに基づいて作られたプログラムではその目的を達成するためドイツ人女性の出産率低減とともに移民の奨励、とくに非ドイツ人男性の流入促進が謳われているそうです。

ここにある非ドイツ人男性の流入促進ーー。いうまでもありませんが、これはドイツ人に対する民族浄化を目的としたものであり、まさに今現在私たちがドイツで目撃している光景そのものです。

ちょうど在日ドイツ人の方がこの計画に関する日本語記事をブログに書いてくださっていました。

ドイツ人絶滅計画

ドイツ人絶滅計画がやっと現実化へ?

フートン計画Hooton-Planとは、1940年代にハーバード大学の人類学者アーネスト・フートン博士が発表した人種学の論文である。その中で、ドイツ人が人種差別的な人種という仮説を立て、その故にドイツ人の国家主義と攻撃的観念と遺伝による捕食行動を絶滅させ、ドイツ人を永久に服従させるために、心理学的・社会的な再教育ではなく、生物学的な„Umzüchtung“「再育種」とUmvolkung「民族交換」が必要だと主張する。
1943年1月4日にフートンはニューヨークの雑誌„Peabody Magazine“誌で、„Breed war strain out of Germans“(「育種によって戦争の血統をドイツ人から退治する」)という記事を発表した。その中で、何らの歴史的な根拠もなく、特にドイツ人は人種として戦争への傾向があると主張し、ドイツ人の国家主義を破壊するために人種の再育種を要求した。この目的のために、全てのドイツ人が一律に「モラル的痴呆」だとし、出産率を減少させ、主に男性の非ドイツ人の流入を促進させることを要求した。

「(占領と監視の)この期間中は非ドイツ人の人々、主に男性のドイツへの入国と移住を促進するべきである。」

近年のヨーロッパへのイスラム移民の流入はこのフートン計画の拡大版でもあるのでしょうか・・?

「hooton plan」でYouTubeを検索してみてください。
ブログなどに掲載すると即座にBANされる確率が高いようですが、興味のある方は各自で探して戴き、ご覧くださればと。

大げさではなく、朝鮮人、支那人などとの混合での浄化を企まれていても不思議ではないかもしれませんね。日本も。

敵ではないけれど、騙されないように

ソロさんへ  ポッポです

>私の私見でしかありませんが、現状のロシアが世界で冷遇されているのは、クリミアの一件だと思いますが

クリミアの一件は、ロシアらしい侵略でした。
ロシアの不凍港が他にないとは言え、ウクライナへの侵攻は不味かったです。

先日、公開憲法フォーラムでウクライナ人のスピーチがあり、そこでウクライナがソ連から独立の際に、100万人の軍隊と核兵器があったのですが、これを20万人に削減し、ウクライナに設置されていた核兵器を撤去したのです。これらがされていなかったら、ロシアはウクライナに侵攻しなかったと思います。
スピーチの主旨は、国家の軍隊が弱体化していれば侵略されるとの危険性を示したものでした。
これは、正に日本の憲法の危険性を示すものでしたが、同事にロシアの危険性を示すものでした。

プーチン大統領は、確かに安倍首相と交渉をするロシアにとって数少ない人物ですが、同事に戦争をすることをためらわない性格を持っています。武力紛争になった場合、無力な憲法で縛られる日本にとっては、やりにくい相手だと思います。

安倍首相には功を急ぐ余り、利益の少ない結果になっては困りますので、粘り強い交渉が望まれると思います。
元が侵略国が相手ですから、経った戦後74年で話が付くとは思えません。100年掛かろうが急ぐことはないのです。
日本が協力しなければ、廃棄した原子力潜水艦を安全に処分できない国なのですから、場合によっては、ウラジオストックやナホトカが無人の街になるのを待って、それから掛かっても良い位のつもりで政府には、気長な仕事をしても良いと思います。

ロシアを今さら敵視する必要はないと思いますが、騙されないようにして欲しいと思っています。

【 日本キリスト教団を隠れ蓑に皇室解体を目論む人々の正体 】

赤いネオンで縁取られた不気味な十字架が闇夜に怪しい光を
放っているのを見た事はありますか?
それらの赤いネオン十字架の下にあるのは、ほとんどが
朝鮮半島系から来た、偽キリスト教会だと言う事です。
朝鮮半島由来の偽キリスト教会ばかりでなく、
下記の動画で言われているような、他のキリスト教会までも
反日なんだそうですね。

ムムムのム…。 (ホンマかいな !?)
知り合いにクリスチャンの方が何人かいるけれど、
この話を聞いたらショックだろうな…、
それともショックじゃあないのかな…!?

「日本キリスト教団を隠れ蓑に皇室解体を目論む人々の正体」
https://www.youtube.com/watch?v=UZwbKDvN3P8
01:03:53 〜 

>>・・・つまり、皇室の方々が、その実、如何なる思想を持って居たとしても、表に出す事は、憲法を破る事に成りますから、有りえない事です。 週刊誌等で騒いでいる記事の殆どは、売らんが為の憶測でしかありません。 第一、宮内庁がお護りすべき皇室の情報を売る様な事をすれば、即刻、首が飛びます。(2019/05/09 10:13:33)

宮内庁が増すゴミに捏造情報をリークして騒ぎ立てているとしか思えません。
収監新潮と、収監文集は、早く担当記者の首を飛ばさないといけません。
もし、上の意向なら、嫌がらせの被害を受けたマルコポーロのように、
収監新潮・収監文集を廃刊にすべきです!
・・・と思いました。

中国共産党と朝鮮労働党に凶事が続く

ヤツらのお財布(経済)に打撃を与える事件が2点。

(1)米トランプ政権が支那の主力輸出品の家電や衣類の制裁関税を25%に値上げ
…「ファーウェイの」5G通信設備等ハイテク関連は元より25%ですが、アメリカに輸出する品目の5分の1のウェイトに過ぎない。残り2000億円について制裁関税を値上げしてモノが売れなくするぞという嫌がらせであります。
家電の方は「日本とか」西側企業が支那に生産移管して輸出してるんですが、これでベトナムやタイなどASEAN諸国への生産移管が進みますね(笑)漢族農民工は肩たたきだ。
隙なら農民反乱でもやっといて。
王侯諸相いずくんぞ種あらんや?中国共産党の代わりにテッペン目指してください。当然生存圏を争う日帝を著しく利することになりますが仕方ないよねえ。
武器の方は、人民軍が現指導部派と江派・団派連合に「割れる」と思いますので、そっちから提供を受けられるんじゃない?
長老部の圧力を受け、習近平が8月の北戴河会議で辞意を表明すれば内戦は避けられますがそんな殊勝な愛国者じゃないし(笑)
党や故郷がどうなろうが、最後まで自分と一族の保身しか頭に無いよ。

(2)北朝鮮西浦を石炭満載・「燃料」満載で出向した北朝鮮籍運搬船が米帝制裁包囲網により拿捕&「押収」される。
…わはは。年間3000億円稼げるが稼げないかをさ迷ってる極貧国家にこれはキツいですな。
油の一滴血の一滴だよ?
油が無ければ戦車も動かせないし、まあどう部品不足でロクに動かせない戦車部隊は米帝空爆の囮だからどっちでもいいとして、ミサイル発射台のトラックの油は惜しかろうに。残念でした~
石炭の代わりに重機を買おうとしてたみたい。
それくらい自国で作れないのかよ?どんだけ工業力と技術力が無いのか。
重機は地下の核実験施設を作ったりメンテナンスするのに使う。その計画も崩れた。小型化して弾道ミサイルに搭載するための実験ができず、いつまでも米帝には「原子爆弾で」対抗するしかない。無論長距離戦略爆撃機など無いし。つかその前に制空権取れなかった。

泣きっ面に蜂ですなあ。
けどただのラッキーじゃない。
日米の「現政権の」連携による経済封鎖の成果だよ。
韓国の在寅は5分しか首脳会談の時間とってもらえないのに、日本の安倍首相は何回トランプと電話会談してるんだろうね?
しかも電話かかってくるタイミングが、トランプが対北・対支で何か政策を決断するタイミングだよ。
明らかに外国顧問・指南役だね。

2人は「グル」である。
折角上手くいってるんだ。暫く辛抱すれば中国共産党と朝鮮労働党はタヒぬ。
日本の根性無しな在日や共産主義者が頭を失っても反日闘争できるわけないよ。命乞いなり遁走の運命さ。

【誤植訂正】×2000億円分○2000億ドル分

2000億円じゃ朝鮮労働党の年間の稼ぎだった(笑)
さすがに中国共産党はそれよりかは稼げるね。
にしたって、それに25%掛けってなると500億ドル、日本円換算だと5兆円の負担が中国共産党の国営企業や西側諸国の進出企業に課されるわけか。
こりゃあ明らかに商売にならないね。
やはり漢族農民工には暇を出す(=クビ、リストラ、肩たたき)しかない。

【 民主党には民主党の、共和党には共和党の、そして米国には米国のそれぞれ固有の価値観が有る! 】

 何が言いたいと云うと政党と国家は別物で、政党が国政を担当しても全てを思い通りにする事は出来無いと云う事です。

 アメリカの政権を民主党が握っている時、民主党ならではの特徴が現れる事も在りますが、民主党で在ろうが、共和党で在ろうが変わりない政治をする事があります。

 正に、政党に関係の無い米国固有の政策です。

 第二次世界大戦の日米戦争において、民主党政権だったから起きたと言う人が居ますが、本当の処は分かりません。

 しかし、言える事は、広島・長崎に原爆を炸裂させた事は、民主党、共和党を問わず、米国にとって戦争を早く終わらせた国是だと云う事です!

 従って、米国は、日本に対して決して謝罪しません。

 この事は、民主党で在ろうが、共和党で在ろうが変わりません。

 米国の固有の価値観だからです!

 だから、民主党だから、共和党だからと分析をするのは構いませんが、それだけで事足れりとし、米国固有の価値観を考察しないのでは、日本は道を誤ります。

 米国固有の、膨張主義、覇権主義、教導主義的な考えを常に念頭において米国に対処しなければ成りません!

woodhomeさん
’安倍さんが外交の天才’?とは誰が言っているのですか?
寡聞にして聞いたことがありません、隣の国の頓珍漢を外交の天才と、その国のメディア無理やりに持ち上げているようですが?
日本国民のお陰との意見ですが、その前の首相たちはどうでしたか?同じくらいの国力でしたよ。
左右を問はず歴代の首相なんて総じて惨めでした、これは任期の長さが関係しています、一年単位で変わるようじゃ、メルケルも言っていたように相談する気にもならないのも無理ありません。
首脳外交では任期順に前列真ん中から並びます、今安倍さんより任期が長いのはメルケルだけです。
ある意味安倍さんに長期政権を認めている日本国民のお陰とも言えなくはありません。
外交の影の力となる大きな点は、ご存知のように経済力と軍事力です。
あなたが推奨のプーチンやエリンギは軍事力だけが頼みです、その反対に日本は経済力だけです。
双方兼ね備えているのはアメリカだけです。
遅刻されてだらしないとの意見ですが、その場で文句言っても始まりません、その後の対処で締め上げればいいのです。
ロシアなんて相手にしなければいいのです、今その方向ですよね。
4島交渉がなければ、ロシアと交渉等、付き合う価値はありません、そこで発想を変えて4島を無視するのではなく外交カードとして利用すればいいのです、返してもらっても余り価値ありません。
僕のつたない知識では、歴史上戦争なしで領土のやり取りは存在しません、ただアメリカの沖縄返還とアラスカ買取が例外だと思います。
資源頼みで資源価格で国の財政が左右されているのです、そんな状態で、まともなロシアの運営ができる訳ないではないですか。
財源が安定しなければ、国の将来を見通した投資なんか絵に描いた餅になります、生暖かく沈むのを見てればいいのです。
>我々が必要なトップはいい人でなく、腹黒く憎まれることをなん
>とも気にしない人物です。
上記の意見は対外的にですよね、対内的にはこんな人物を選ぶと、流石に日本では独裁は生まれそうもありませんが汚職がはびこり国力を損ないます。
>金委員長やプーチン大統領そしてトランプ氏のような人物です。
上記文は冗談として受け止めます。

対外的には日本国総理に軍事力の後ろ盾を持たすことが、もっともっと外交の存在力を示めさせることができるのですが、憲法改正が実現しそうもない現状では当分無理です。
そんな状態で、最近の日本外交の存在力は目をみはるものがあります、その点は評価できます。

woodhomeさん
’安倍さんが外交の天才’?とは誰が言っているのですか?
寡聞にして聞いたことがありません、隣の国の指導者を外交の天才と、その国のメディア無理やりに持ち上げているようですが?
日本国民のお陰との意見ですが、その前の首相たちはどうでしたか?同じくらいの国力でしたよ。
左右を問はず歴代の首相なんて総じて惨めでした、これは任期の長さが関係しています、一年単位で変わるようじゃ、メルケルも言っていたように相談する気にもならないのも無理ありません。
首脳外交では任期順に前列真ん中から並びます、今安倍さんより任期が長いのはメルケルだけです。
ある意味安倍さんに長期政権を認めている日本国民のお陰とも言えなくはありません。
外交の影の力となる大きな点は、ご存知のように経済力と軍事力です。
あなたが推奨のプーチンやエ〇ンギは軍事力だけが頼みです、その反対に日本は経済力だけです。
双方兼ね備えているのはアメリカだけです。
遅刻されてだらしないとの意見ですが、その場で文句言っても始まりません、その後の対処で締め上げればいいのです。
ロシアなんて相手にしなければいいのです、今その方向ですよね。
4島交渉がなければ、ロシアと交渉等、付き合う価値はありません、そこで発想を変えて4島を無視するのではなく外交カードとして利用すればいいのです、返してもらっても余り価値ありません。
僕のつたない知識では、歴史上戦争なしで領土のやり取りは存在しません、ただアメリカの沖縄返還とアラスカ買取が例外だと思います。
資源頼みで資源価格で国の財政が左右されているのです、そんな状態で、まともなロシアの運営ができる訳ないではないですか。
財源が安定しなければ、国の将来を見通した投資なんか絵に描いた餅になります、生暖かく沈むのを見てればいいのです。
>我々が必要なトップはいい人でなく、腹黒く憎まれることをなん
>とも気にしない人物です。
上記の意見は対外的にですよね、対内的にはこんな人物を選ぶと、流石に日本では独裁は生まれそうもありませんが汚職がはびこり国力を損ないます。
>金委員長やプーチン大統領そしてトランプ氏のような人物です。
上記文は冗談として受け止めます。

対外的には日本国総理に軍事力の後ろ盾を持たすことが、もっともっと外交の存在力を示めさせることができるのですが、憲法改正が実現しそうもない現状では当分無理です。
そんな状態で、最近の日本外交の存在力は目をみはるものがあります、その点は評価できます。

朝鮮労働党は自分の足を喰うタコに過ぎない

7本食い尽くして、8本目の半分くらい?(笑)
ある意味社会実験だよねー。
どれくらい餓えさせたら国は亡ぶのかの。

100万人陸軍と言うが、配給はとうに絶えている。
少将クラスでも月給はタバコ2箱買ったら無くなる。あまりの栄養状態の悪さに中学生並の体格の兵士もザラ。腹に寄生虫持ち。
格闘戦弱そう。

めいめいが自給自足で生きている。経済が無い若しくは地下経済にとって変わられている状態。
まともな戦力は本当にサイバー部隊だけだよ。まあ日本の人口母数と教育水準と遺伝子なら、その10倍20倍以上立派なサイバー部隊が作れると思うけどね。平和憲法で舐めプしてるだけで。

燃料も無い、弾薬も無い、訓練時間も無い。
何もかもコストカット。このツケは日帝・米帝との戦いで必ず払う羽目になるぜ?

立派な指導者・指導政党なものか。ただの盗賊じゃないか。喰ってそれで終わりなら誰でもできるわい。

キリスト教徒は、実はゲッセネ派のユダヤ教なんですよ。

>↑の名無しのコメンターさん ソロです。
>>謎の反日キリスト教集団
 否々、カソリック系のキリスト教は、原則、反日だと思って居ても間違いありません、何故なら、彼らの正体は、帝国主義時代に全盛だったイエズス会だから。

 それに対抗している新教系のキリスト教も、カソリック信者の大浦天主堂の真上に原爆を落とす様な、敵愾心を、日本人の庶民が居ると分って居るのに落とした連中です。 日本人並みの常識を期待してはイケませんね。

 南朝鮮のキリスト教は、今や、国民の7割のお読んで居るのだそうですが、15年に、ローマ法皇が訪韓した時に「韓国のキリスト教は、異端だ」と言われたんだとか、まぁ、侵略者の手先から嫌われたのは、良い事なのか、恥ずべきことなのかは、知りませんが、、少なくとも、強請集りしか、能が無い朝鮮人に「隣人愛」なんて語らしたくは、無いでしょうね。

 皇室情報の漏えいは、宮内庁内の関係者では無く、出入りの業者なんかの仄聞情報に枝葉を付けたものでしょう。 下手の抗議すれば真実の隠蔽行為だと騒ぎだすのが、日本のジャーナリズムでしょう。 阿保らしいので、無視して居るのでしょうね。 其れを基喪に取って、騒ぐアホゥが、このコメント欄にも出現して居るから、注意・警告をしているのです。 

夫婦別姓と女性・女系天皇

立憲民主党の枝野幸男代表は、選択的夫婦別姓の導入を夏の参議院選挙の争点にするとともに、女性・女系天皇の容認を打ち出す構えだそうです。


始めに、女性・女系天皇の容認と言うことですが、女性天皇と女系天皇を一緒に考えることは出来ません。
女性天皇はこれまでにも推古天皇、皇極天皇、斉明天皇、持統天皇、元明天皇、元正天皇、孝謙天皇、称徳天皇、明正天皇、後桜町天皇の合計8人がおられました(斉明天皇は皇極天皇の、称徳天皇は孝謙天皇の重祚(再即位)。つまり同一人物です。)。

天皇の系図を見るとき、何時も万世一系の皇統を守ってきた苦労を忍ばれるのですけれど、その時代、時代で日本は必死で男性の天皇を続けてきたと思います。それがどうしようもないときに、女性の天皇が即位して、男性の天皇への引き継ぎをしてきました。
誠にご苦労様としか、言いようがありません。

そして、今までに一度もなかったのが女系天皇です。尤も、一度はこれになりかけたのかも知れません。
これは、孝謙天皇(後の称徳天皇)のときで、孝謙天皇が患ったときに道鏡は傍に侍して看病してから、その窮を受けることになったのです。道鏡はそれ以来、出世に続く出世で太政大臣に任じられ、弟子も従二位大納言に昇進しました。
この頃に、宇佐八幡宮神託事件があり、宇佐八幡宮より称徳天皇に対して「道鏡が行為に就くべし」との託宣を受け、道鏡が天皇位を得ようとした事件がありましたが、称徳天皇が詔を発し「道鏡には高位を継がせない」と宣言したため、事件は決着したものです。

この事件は処理を失敗していたら、皇室の皇統が道鏡に移った可能性があり、その場合には、日本の皇室が断絶したのです。
これが、女系天皇の恐ろしさだと考えます。
道鏡の事件は、正確には女系天皇だとは言えないのでしょうけれど、女性の天皇は常にその可能性を持っている日本の男系天皇を保つには厳しい部分があるのですけれど、女性の天皇はこの意味を熟知して、これを維持してこられたのです。
これからも、日本は男系の皇統を、維持しなければならないと思います。


次に、選択的夫婦別姓の導入ですけれど、日本に夫婦別姓の風習はありません。

そして、朝鮮には夫婦別姓の習慣はあります。
尤も、日本に併合されるまでは、その朝鮮人の全てに姓があったと思わないのですけれど・・・・・・・それはともかく、女性には名前があったのかも判らないです。

そして、女性を男性と同姓にしないのは、女性を男性の籍に入れないためだと聞いたことがありました。
言い換えると、女性を差別するために男性の籍に入れないための夫婦別姓ではないでしょうか。
日本はそんなところにまで、男女差別をする国ではないのですから、こんな韓国の悪しき習慣を、日本に持ち込んで貰いたくありません。

日本には、日本の伝統があります。勿論、1名の男性が1名の女性とだけ結びつくのではなく、複数の女性と結びつく場合もありましたが、そんな場合にも、生まれてきた子供を守る制度もありました。
昔からの家制度もお年寄りに聞いてみれば、よく考えられた、それぞれの家族を守るものであったと思います。
残念ながら、これも敗戦と農地改革によって、相当に崩壊したと思いますが、上手く切り抜けたところもあるように聞きます。

けったいな韓国の家族制度を日本に持ち込むのは、日本を破壊するためだと思います。

表向きの女性差別をなくすとの誤魔化しに騙されず、韓国の女性差別のことを知ってから夫婦別姓を考えて欲しいと思います。
それからマスコミは、日本の男女差別を批判していますが、韓国のことを説明するときには、サラッと儒教によって女性への差別を否定しないのです。

まさに戦争中ですね

はじめまして、いつも楽しみに読ませていただいています。

言葉狩りがますますひどくなっています。ツイッターで支那人が日本に悪口を言っていたので、そのまま「日本」を「支那」に言い換えて返したら、凍結され解除しないというメールが来ました。永久凍結ですって。最近相当数の保守系アカウントが凍結されたと聞きますので、ひどいものです。

ばか

スタッフは支那人や在日、反日日本人だらけなんでしょうね、きっと。




まだいたか

安倍首相が外交の天才?

無双さん
これは想定外のコメントを頂きました。
私は安倍首相が外交の天才だと讃辞するここの常連さんのコメントを見てそれは違うとコメントしたまでです。
あなたも最後の一節で同じように安倍首相の外交を評価しています。
寡聞にして聞いたことがないとどうしても言えるのですか?

あなたの言われるように外交力の主たる源泉は経済力と軍事力です。
軍事力の行使を封印している日本に残されたのは経済力のみです。
つまり日本の外交とは広い意味でのカネの外交でしかありません。
そういう意味で安倍氏の外交の本質は最終的に経済的な利益の賦与の外交であり、それは安倍氏の個人的な外交手腕のいたすところではなく日本の経済力に依拠していると言ってどこがおかしいのでしょう。

大体日本は軍事力を行使できないなどとどうして最初から決めつけてしまうのでしょう。
憲法など改正するまでもなく日本が独立国であるなら、そしてそれは疑うことのないほどはっきりしている、というのが日本国政府の立場であるなら非常の際はいつでも自衛の為に軍事力を行使すると世界に向かって宣言すれば事足りることです。
それは憲法の上の法秩序の最高位にある自然法によって合法であるのでどこの国も文句のつけようがないのですから。
つまり日本はやりようによっては憲法など改正せずとも軍事力を背景にした外交は可能ということです。

woodhomeさん
ご意見拝読しました。
虎ノ門を見てから返信しようと覆いましたが、午前中医者に行かなくてはいけないので、急いで返信します。
気になった点は三点です。
1.外交がうまくいっているのを’外交の天才’とまで言う日本人はいません。
隣の国の様な、誇大妄想の国ではありません、ただ単に事実を言ってるだけです。
2.日本の外交は総じて金頼みの外交との事ですが、外交は相手の国の事情によります。
G7ではイタリアのような国を除いて金は問題になりません、G20、発展途上国相手になるにつれて援助金の額が問題になります。
シナは発展途上国に狙いを定めて影響力を高めています。
世界の外交は、G7が主体ですがシナが台頭してきて影響力が減じているのは事実です、シナが崩壊するかG8になるかどちらが先でしょうかね?
3.外交に使う軍事力は脅しですから、残念ながら自衛力では効果ありません。

個人の感想を批判する蒙昧

>woodhome さん ソロです。
>>安倍さんは外交の天才
 はて、この評価は、日本国民さんがしたモノですが、飽く迄も、個人の感想で有って、何も貴方に同意を求めて居るワケではありませんよね。 ダカラ、無双さんの様に混乱した、コメントが出て来るのでしょう。 

 唯私も、安倍さんは外交に関しては、歴代の総理に比べたら、天才的に上手いし、考え方も柔軟で斬新だ、と評価できると思いますがね。 是に関しては、安倍首相がお嫌いな貴方が、どう評価しようが勝手ですし、そのご意見も訊きたいとは思いません。 無双さんは、単に「筆が滑ったんだ」と思いますよww。 其処を追求するのは、大人気無い、としか思えませんね。

 安倍さんの外交の評価は、寧ろ、外国勢に訊いた方が分かり易いでしょうね。 唯、世界は腹黒く出来て居ますから、上手く言って居る時は褒めますが、悪い結果が出たら掌を返すのは、寧ろ、常識ですし、第一日本人の安倍政権の公式評価なんて、何の意味も有りません。

 飽く迄、日本国民さんの個人的なご意見で有る事は、明らかですね。 中学生並みの読解力や文章表現力しかないコメンターの個人的感想に乗せられたら、恥かしいと思いますがww。

 全ての結果が出て居る50年後位に、安倍さんが「外交の天才」だったとか、言われても可笑しくない結果に成って居れば良いですね。

 再度、お二人のコメントを読むと、大分書き足りない様なので、先ず、軍事の事ですが、確かに、「生存権」と言う、自然権が有るので自衛の為の戦闘をする事は、出来ますが、その為に十ぬ分茄戦力を強化して、相手の侵略に備える事に関しては、亦、戦闘が自衛を目的と下に日である、と言う事を確定する為には、最初に一発を相手に討たせる必要があると言うのが、是までの解釈です。

 是等の問題を解決して、日本を自力で護れる様にするのが、憲法を改正しよう、或いは、現行憲法を停止して、停止中の欽定憲法を改正したモノを新憲法として発布するのが、「憲法改正」が必要な理由だと思って居ます。

 自然権で戦闘が可能だと言いますが、相手は核ミサイルを持って居るんですよ、最大級の水爆ミサイルを4発受けただけで、日本は全滅しますが、その抑止は、何でするのでしょうね。 貴方の無双さんへの反論を読んで「一発だけなら、誤射かもしれない」と言った朝日新聞の様な話を、思いだしましたね。

 そうした事態を避けられているのは、勿論、日米同盟があるからですが、個の日米同盟自体が、民主党政権と、共和党政権とは、解釈に差がある様ですね。

 尖閣諸島のシナの侵略行為に対して、オバマ政権は「日米同盟が機能するのは、飽く迄、日本が戦う意志を見せて、救援を求めてきた場合の話」だと、云って居ましたが、ご存知のように、東北大震災の時は、自国の自動車産業の生存を脅かす、共通部品の生産工場が東北に集中している処から、要請せず共、最新鋭空母艦隊を仙台沖に派遣しましたね。 つまりは、自国の利益絡みなら、直ぐに動くと言う事ですね。 

 是に対してトランプ政権は、未だ、軍事同盟下に在る韓国海軍の反日に加えて反米が故に、旗幟不鮮明な行動に対して、逆に恫喝を行ったり、国連決議違反行為の監視に、軍船を常駐させたりして居ます。

 勿論、日本の憲法を遵守しての話ですが、その上で、米国がNATO加盟国に対して「お護り料」の増額を要請して、日本も例外ではありませんでしたが、後になって「日本は、様々な面で協力してくれるから例外だ」で「粗、現行の負担率のママで良い」として居ますが、この裏には、日本に常駐している第7艦隊の緊急出動費も、予算外として、実は拠出している事が考えられます。

 斯うした措置は、安倍政権になってからの事が多く、トランプ・安倍政権の距離が、歴代政権とは比べ物にならない程近く、そして、現状の関係に無ければ、日本は、既に蚕食されている色々な分野の勢力が、一斉に動き出して日本は大変な事に、成って居た可能性が有ります。

 08年のリーマン・ショック、否、85年のプラザ合意が、米国を操って来た、金融勢力の大きな転換点として考えれば、金融勢力の中に、亀裂が入ったのが、90年のソ連崩壊に拠る、世界覇権が米国に転がり込んだ時でしょう。

 以後は、日本に眠って居た、当時の世界の資金フローの1/5にもなる、ゆうちょの1500兆円の世界市場への開放を利用した陰謀からリーマン・ショックに繋がり、通貨危機をヘッジしたUS$の危機~金融勢力内部の亀裂の顕在化~ロックフェラーの失脚~民主党・ウォール街瀬力との対立~朝鮮に拠るミサイル恫喝~米紙戦争の勃発~シナ北京派の没落と、連続した事象は全て裏で繋がって居ると、観るべきで、安倍チームは、その事を察知してトランプ政権と共闘する事に拠って、現在がある。 と、私は思って居ます。

 そこいら辺りを、全く評価して居ない貴方ですから、私や日本国民さんやAKIZORAさん等とは、現状認識からして全く違いますので、話がかみ合いませんね。 曰く、話すだけ無駄です。

 こう言った認識は、オソラク無双さんもお持ちでは無いと思いますし、無双さんなら、論拠を求めるでしょうが、世界には、絶対に表には出さない、フーバーレポートやヴェノナ文書の様に、59年以上も封印されて居た情報もあります。

 公開すれば、特定の集団の活動に差し障りが有るので、報道機関を支配して居る勢力が、無かった事にして居るモノだからです。 ダカラ、論拠を占めそうにも、報道している機関がとても少なく、然も、事後にしか報道で機内ので、是から起こる事の予測や現状の進行状況などは、報道できません。

 殆どは推定にしかなりませんが、それが、こうした情報が有る程度、漏れ出て来る理由でもあります。 まぁ、証拠に拘るのなら「信じるも信じないも貴方次第」と言うTV番組より、やや確度が高いと考えるしかありませんね。

米中貿易交渉決裂の先にあるもの

ブログ主と投稿者の皆様の、ご見識とご意見はとても参考になります。

もちろんアメリカが、中国からのほぼすべての製品に25%の
関税をかけるのは、この貿易戦争勝算計画に沿ってやっていること。80年前に資源も情報ルートもない日本は、いかにしてこのアメリカの策謀に引きずり込まれてしまったのか。

イランが自国の石油を輸出できなければ、彼らは対抗措置としてホルムズ海峡封鎖に手をかける可能性大でしょう。そして......
中東と東アジアにいくつもの罠が仕掛けられています。生存競争そのものである国際間条約は破られて当たり前ですよね。

農と島のありんくりん、というタイトルのブログが、政治経済事象、歴史的背景などをよく解説してくださいます。
どうか皆様もお時間があればお読みください。

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-a3a422.html

日本の安全保障にはロシアが絶対に必要

辻本様と少し意見が異なりますが、私は中国、ロシア、韓国、北朝鮮を同列には見ていません。この4国を敵にしたら、日本の将来は危ういと見るべきです。
領土問題は、日本を周辺から孤立させ、戦争の火種を残しておくために、グローバリストが人工的に作り出したものです。
尖閣と竹島は何も根拠なく、領土問題とされています。それに比べて北方領土は戦争末期にソ連が占領したものであり、一応の根拠があります。
過去の日ソ交渉では、北方領土問題を解決する寸前に米国のグローバリストから横槍が入り、決裂した経緯があります。

ロシアは中韓と違い、今は親日国と言っていいと思います。
反日教育など行なっていませんし、プーチンや国民も親日です。美人でかわいいザギトワ選手が超親日なのはとても嬉しいですね。

グローバリズムが世界を席巻していますが、それに対抗してナショナリズムを主張しているのは、トランプ大統領とプーチン大統領だけと言っていいと思います。
マスコミはトランプとプーチンについて、ささいなことを針小棒大にして叩いていますが、世界の多くの人がその報道を信じ込んでいるのは残念なことです。
今のロシアは日本にとって、脅威ではないと考えます。

現在、日本にとって最も脅威である国中国であることは間違いありません。
トランプ大統領は、関税などの経済制裁で中国を本気で崩壊させようとしています。
真の意味で、中国が日本の脅威でなくなるためには、中国政府を解体させて民主化するしかありません。それをトランプは強力な意思で実行しているのです。
日本政府は、旗色を鮮明にしてトランプを全面的にバックアップすべきなところを右往左往しています。
中国経済の崩壊が決定的なのに、未だに一帯一路に協力したり、スワップに同意したりしており、中国に媚を売っているとしか見えません。

今後のアメリカの経済力・軍事力の行方が不透明であり、米国一国依存の日本が考えるべきは、日本の自主防衛能力向上と、ロシアとの軍事同盟締結だと私は考えます。
日本の経済力・技術力とロシアの資源・核兵器が互いに補完し合えば、WinWinの強い関係が結べることは間違いなく、中国への強力な対抗勢力となります。
これが、中国が一番いやがることです。

残念ながら、このような大局的な見方をして、国際社会で日本の国益にかなった、独自の発言や行動ができる政治家が、今の日本には見当たりません。
このようなことができる政治家こそ、外交の天才と言うべきです。
トランプが大統領は、このようなナショナリストの政治家を歓迎しています。
今しか、チャンスはありません。

自民党の中でも、他の政党でもいいですから、グローバリストに操られないナショナリストの政治家が出てほしいものです。

手前味噌ですが、幸福実現党にはそのような人材はいます。

及川外務局長の香港・台湾の分析は参考になりますので是非、ご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=Fvarcqfr-mo

北方領土問題はなぜ起きた?スウェーデン・フランスはなぜ徴兵制を復活させた?
ロシアとどうのこうのなど、低能にもほどがあるバカらしさだ。

自分の頭で考えられないのなら、コメントはしない方が好い

>へうげもの さん ソロです。
>>手前味噌が出るか?www
 ロシアに関する意見は、まぁ、流されている情報が、全て、あちら側なので、大方間違って居ないけれど、rpシアに関する現状認識が、未だに30年前と同じですね。

 今のロシアは、確かに多くの核兵器は持って居るけれども、殆どの航空機は旧式なママだし、潜水艦も退役官ばかりで、後継の補充が出来て居ない、おまけに、航空母艦も、今や、無きに等しい状況、然も、人口は1億5千万人も居るのに、GDPは150兆円前後で、人口5千万人の韓国と同程度の世界11位近辺。 その原因は、工業生産力が殆どないのが原因。 生産技術力も設備も無い、プーチンの北方4島の領土交渉を出汁にして、日本の技術力と資金を惹き出す計画は、アホのラブロフに潰された。 

 GDPの殆どは、地下資源、殊に、パイプラインで欧州各国に、原油と天然ガスを売って居る売り上げだから、資源が枯渇したら、国もお終いだが、その前に、民族が出生率の低下で滅亡する可能性が高い。 こんな国と日本が組んで一体何のメリットがるのかな? 地下資源? 偉い高値で売りつけてくるし、ガスの元栓を握らす国としては、過去の履歴を考えれば、盗人に家の鍵を預ける様なモノ。 

 プーチンは未だ、マトモだと言えるが、北方4島返還の話が、9割方成立しそうだったのに「日本は、敗戦した事を認識すべきだ」とか、火事場泥棒の様なn真似をした事を棚に上げるラブロフの様な政治家が、No2をやって居る様じゃ、ロシアの近代化は、100年経っても出来無いだろう。 ブログ主様の「ロシアは日本の敵」と言う認識は、蓋し正しい。

 米支戦争だが、今の日本が無ければ、トランプが政権の閣僚の入れ替えを行う事は無く、世界は既に、グローバリストと共産シナに、覇権を握られて居たと予想されるので、これを進言した、安倍さんを無視して、日本にそうした政治家が居ないと言って居る時点で落第ですね。

 で、国会議員の一人も当選させられない幸福実現党に、そんな人材が居るって、台湾と香港の現状分析を聴いて、中身は、火事場泥棒国家のソ連と全く同じのロシア支持って、どんな根拠やねん、↑のコメンターに、低能呼ばわりされても仕方ないですね。
 
 貴方は、ご自分の頭で考える事が苦手な様ですが、殊に、現状の分析力が皆無なんですねw 他人の識見だけ、宛てにしてたら、そりゃあ、周回遅れになって当然でしょう。 私や安倍さんと、同じ世代の様ですが、恥かしいですね。

ロシア敵でしょ(笑)

本瀬です

2019/04/12のニュース記事貼っときますね。

内容は、2018年度スクランブル発進999回
チャイナ機に638回
ロシア機に343回

これが、領空侵犯、日本侵略の最前線であり、
政治的考察も色々な政治家の性格も陰謀論も無関係な「事実」です。

これが東西の横綱なら、朝鮮半島2国は幕下でしょうね。

ーーーーー
空自スクランブル回数、2018年度は999回 前年度から95回増加

配信日:2019/04/12 21:25 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:初確認されたY-9哨戒機 「82014」
初確認されたY-9哨戒機 「82014」

防衛省統合幕僚監部は2019年4月12日(金)、2018年度の緊急発進実施状況について公表しました。これによると、2018年4月1日(日)から2019年3月31日(日)まで2018年度の緊急発進回数は999回で、前年度と比べて95回増加し、1958年に対領空侵犯措置を開始して以来、過去2番目の多さとなっています。過去最高は、2016年度の1168回です。

方面隊別では、北部航空方面隊が277回、中部航空方面隊が52回、西部航空方面隊が74回、南西航空方面隊が596回、それぞれ緊急発進を実施しました。前年度と比べて西空と南西空の緊急発進回数が増加し、北空と中空は減少しています。

国・地域別では、中国機に対する緊急発進回数が638回で、前年度と比較すると138回増加しています。2018年度の特異な飛行の代表例としては、2018年12月12日(水)と12月14日(金)にY-9情報収集機が太平洋を北東進し奄美大島沖まで飛行したことや、2019年3月19日(火)にY-9哨戒機の初確認などがあります。

また、ロシア機に対する緊急発進回数は343回で、前年度と比較して47回減少し、特異な飛行は5件減の16件となっています。推定を含め、中国機では戦闘機、ロシア機では情報収集機に対して多くの緊急発進を実施しています。

期日: 2018/04/01 〜 2019/03/31

ーーーーーーー
https://flyteam.jp/news/article/108885

デマの流布者をアク禁に

>ブログ主様 ソロです。
 御願いがあるのですが、以前から要望して居ました愛信の塔個に対して、削除、アク禁の措置を取っていただきたいのです、
 
 コヤツは、私のストーカー行為もやって居て、複数の処で、何回かの投稿内容が、掲題内容とあまりにかけ離れて居て、亦、隠れ共産主義者の様で、天皇家に対する不敬なデマを流して居るので、私の要請無しでも、排除されて居ます。

 何の論拠も証拠も提示出来無い謬説の投稿を繰り返すのでは、その掲載を看過して居れば、その裡、謬説「=デマ」の流布者とその協力者と言う事にされて終いますよ。 其れで良いのなら、別に構いませんが。

【 同じ穴の貉 】

 私は、左翼が大嫌いですが、それと同じ位、安倍総理が大嫌いです!

 衆参同日選挙が行われば、参院は自民党惨敗、衆院は公明と合わせてギリギリ過半数が取れれば良いと思います。

 改憲する為に、衆参同日選挙で自民党が大勝利?

 飛んでも無い、日本民族の為、自民党は、政権を失わない程度に襤褸負けすべきです。

 何故かと言うと、安倍総理主導の下、平成31年4月1日から、日本で静かで見え難い革命が始まったからです。

 名付けて、「日本多民族国家化革命」です。
 別名「多文化強制革命」とも言います。

 憲法改正によっても、国の形は変わりますが、国民の構成要素は日本民族単一で変わりません。

 しかし、安倍総理が推進する、平成31年4月1日から5年で35万人、6年で50万人超の外国人を日本に引き入れる外国人労働者受け入れ政策こと移民政策は日本を単一民族国家から多民族国家へと変貌させる導火線に成ります。

 そう成れば、国の形だけで無く、国民の構成要素が日本民族単一から御隣の中華民族、朝鮮民族を筆頭とした多民族国家に成る事は決まった様なものです。

 安倍政権に献金してくれる一部の企業の為に、将来の日本民族を不幸にする暴挙を絶対に許しては成りません!

 また、朝日新聞を筆頭とする左翼マスコミも、外国人労働者の待遇を日本国民並みにすれば、移民政策大歓迎です。

 何故か、日本が日本民族だけの国で在る事に不満を持っているのです。

 従って、理由が違えども、左翼であろうが、安倍総理あろうが、日本民族の敵で在る事は間違いありません!

 同じ穴の貉なのです!

 故に、日本民族ならば、今回は改憲を見送って、政権を握って居る移民推進派を倒さなければ成りません。

 正に、日本民族の浮沈が今回の衆参同日選挙あるいは、参院選挙に掛かっているのです!

人類の敵だな

>へうげもの様、日本国民です。

>>ナショナリズムを主張しているのは、トランプ大統領とプーチン大統領だけと言っていいと思います。
 
・・ 半分正解と思います。
しかし、日本の安倍首相もしっかりナショナリストと思いますよ。

今後の安全保障上、ロシアとは敵対するより協調路線に歩を進めたら、得るものもあるやとも感じます。
 
概略ですが、ソ連自体はユダヤ人を騙るハザール連中が、ロシア革命と銘打って王侯貴族を残虐な方法で駆逐し資産やら地下資源を奪い、連邦国家を興し、牛耳ってきた金融の餌食ランド。この連中と米国民主党と金融街がグルになってのマッチポンプを世界中に巻き起こすための第一の拠点。

「反共」というスローガンを便利にお使いになってきました。

ソ連のハザール人(ボルシェビキ)の残党が、シナの毛沢東に恐怖と暴力で人民を支配する、共産主義とやらを伝授し、中華人民共和国を興国。第二の拠点。

金融街と米国民主党(ハザール系に占拠されていたんでしょうね)らによりプロデュースされた多くの戦争の戦渦に巻き込まれた無辜の民は数知れずですね。

F・D・ルースベルトもその類の側近に監視されていたとも訊きます。

後に、ロシアからハザール系(オリガルヒ)の追い出しを図ったのがプーチンでした。
その頃を契機に、米国をはじめ西側諸国からプーチン批難、プーチン悪人説が雨後の竹の子の如く登場しました。金融組織を敵に回したという事です。

行方不明とされたマレーシア機に関しても間髪おかず、EU方面からプーチン犯人説が浮上。
現実は江沢民の息子江綿恒の臓器移植の秘密を知るスタッフを葬る為の撃墜だったようです。(郭文貴氏談)

江沢民と云えば北朝鮮国境線の旧瀋陽軍区を握る上海閥です。この軍区には朝鮮族も多数存在。

ご多分にもれず、朝鮮戦争も八百長でした。以前も述べましたが、マッカーサーはその事実を知らず司令官を務めていて、苦労されてましたね。(米国本部に勝利しよういう姿勢がないように感じたそうです。、まぁ、無かったんですけどね。)
当時の米大統領トルーマンが金日成に「韓国は安全保障の枠外」と耳打ちしたことが始まりとか・・・・。

あれやこれやで共産圏と民主主義圏と云う色分けの構図を作り上げていったわけです、其れも計画的に。

これらを利用して戦争が計画されて、膨大な利益が金融街の懐に。 ドイツはいまだに賠償金支払ってますよね。 日本も今からそう遠くない頃の完済でした。

国際社会は「金融」で動いています。 一部の保守層の「反中国」「反韓国」だけでは、到底真実に辿り着かない。

ある意味、中国も韓国も金融企業に攻め込まれた被害者ともいえるようです。
この文脈を読めないと本質は語れないでしょう。

この脅威を熟知し、耐え忍び、日本国民を守り続けたのは誰なのか・・・。

 北朝鮮の核開発を支援してきたのは、中国江沢民派と米国民主党のクリン
トン。

その北朝鮮の最大の資金洗浄地域が香港であり、江沢民派は、北朝鮮を香港で育てて、 香港のチャイナマネーが、日米中韓の政治家、役人、マスコミを金で懐柔してきた。

日本に核爆弾を落としたあの日の敵、米国民主党。
彼らの本質は現在もあの日のままである。

ヒラリーとオバマがシリアにテロ組織ISを派遣し、人をコロす。

オバマ「テロは許されない!」
米国民「賛成ー!」
 結果
→米国民の税金が中東へ・・
→米国民の税金が軍事産業へ・・
→この茶番で多くのシリア国民がタヒ亡 ・・
 
これが、米国民主党。

テロ組織ISの殲滅にかかる期間を、マティスは2年と言った。 (のちの解任理由のひとつ)

▫️現場の将軍は、1週間でできるといった。(事実、そんなものだった。)
オバマ時代にグダグダだった中東のIS問題は、トランプ大統領の登場で直ぐに片付きました。

▫️米国は700兆円を中東に貢いだが、中東の人々のためには使われなかった 。

オバマ君、中東に貢いだ700兆円は、どこに消えたんだね?   
      ↓ ↓
  米国、EUの金融、IT、軍事


 現在、米国経済が絶好調であり、オバマ政権時代、不遇な環境にいた失業者たちに仕事が戻り、さらに給与が上昇していることについて・・・
日頃から無駄に饒舌なマスコミも、金融コンサルも、なぜかだんまりである。

「減税が最高の景気対策」

小学生でもわかるこの経済理論を、未だに秘密にしたいらしい。

政府の負債を、国民の借金と定義する中央銀行詐欺を宣伝してきたマスコミ。

この詐欺理論の出元はゴールドマンサックスであり、今や、彼らの金の支配に忠実な下僕が、EU、米国民主党、江沢民上海閥、IMF、そして、日本の財務省、自民税調である。

そして、このバカ共は、平気で逆らう政治家をコロす。

https://pbs.twimg.com/media/DXH5HL_VQAADN2m.jpg

リアル

>ちさん 本瀬です

レスを求められたので・・・
私は、「想定」とかで仮想敵国は〜な議論はまだるっこしいと感じます。

土足で、人の家に断りなく上り込むのは誰だ!
チャイナとロシアであり
それを追い払う空自スクランブル発進は訓練ではなく実戦です。

訓練というのは訓練計画があり、結果を評価し練度を上げるもの。
スクランブルの目的は練度を上げることでもなく、予定や計画があるわけでもありません。

火事で言えば、小火、煙が見えた時点で消火に出動するようなものでしょう。

ですから、「想定」ではなく実際に、リアルとして今現在の日本に
侵略を仕掛けてきている敵国は、チャイナ、ロシアの2カ国です。

領土から考えればもちろん
島根県竹島に軍事侵攻し占領下に置いている韓国も敵国ですね。

このバカチンが!!

トヨタ社長終身雇用難しい





人を大切にする日本精神を忘れ世界で負け続ける売国経営者達!

日本の製造業は、車以外はほとんど世界で負け続けています!パソコンも家電も携帯電話もオシャレな雑貨も殆どが中国製、に負け続けている現実
国内家電技術者OBは、特亜企業に引き抜かれ


東大も京大も中国の留学生ばかり

F-35はライセンスさえさせてもらえない

おまけに中国製造2025の真反対の政策、観光立国を掲げる売国経産省


ヨーロッパや世界で大失敗している移民政策を推進する1000万人移民推進自民党と3000万人移民推進反日帰化人政党野党

20年間、給料が上がっていないし、税収も上がっていない!

人を大切にする日本精神を忘れた売国経営者、売国官僚、売国政治家ばかりになってしまって1%の意向で中国に工場を移転してしまい世界で負け続けるようになってしまった製造業!

トヨタ社長よ!過去と現実を直視して立ち向かいなさい!日本の強みは人でしょう!安い外国人労働者をいれてどうしたいのでしょうか!

日本の製造業をぶっ壊そうとしている1%とは何なのでしょうか!

”インセンティブが必要”が主眼

”終身雇用の継続が難しい”は記者の論評です。
”インセンティブが必要”が自工会会長の主眼で、国がこの提言をどう生かすかが肝ではないでしょうか。

<終身雇用、「企業にインセンティブ必要」 自工会会長 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44743460T10C19A5L91000/
日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は13日、都内で開いた記者会見で終身雇用について「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べた。

豊田会長は「今の日本(の労働環境)を見ていると雇用をずっと続けている企業へのインセンティブがあまりない」と指摘。現状のままでは終身雇用の継続が難しいとの考えを示した。
・・・>

現況、米中貿易摩擦がおさまらない状況で、企業が中国から生産拠点を国内に戻すチャンスではあります。
企業が終身雇用を打ち出し、雇用の安定化を図り従業員の消費意欲を増大させ、それを安定的なインフレにつなげていく。
私の個人的な観測ではありますが、今回の自工会会長の発言を前向きに捉えてみたい。

世界の戦後史はハザール人の歴史

 ソロです。
>>世界の旗幟の分け目を握るハザール勢力
 日本国民さんが解説して居る様に、世界の裏歴史で、ハザール人が果たす役割が大きいようですね。 そして、表の歴史にはこのハザール人の影響力が、スッポリ抜けて居るから、真実とは全く違う話に創り上げられていると考えるべきですね。

 例えば、戦前の米国は、完全にソ連の影響下に有ったのに、FDRの死去と共に、容共が反共に180°転換した、所謂マッカーシズムだが、是は所謂WASPの反乱とも言うべき現象でしょう。 然し、時の政権は、未だ容共政権のままで、国務長官のアチソンと国防長官のマーシャルは、バリバリの共産主義者の筈だった。

 処が、その共産主義は、ハザール人レーニンが、帝政ロシアを打倒する為に使った道具に過ぎなかったから、そのハザール人幹部を全員粛清したスターリンは、ハザール系コミュヌストであるトルーマン政権にとっては、敵と言う事に成る。

 ダカラ、朝鮮戦争は、共産主義者同士の戦いだったのだが、既に裏では、「核を決して使用しない」等、スターリン以後の世界の構造について、後継勢力と話し合いが着いて居たから「八百長」の成分が強いのは当たり前で有る。 

 そして、是に、当初成り行きを見て居たが、スターリンの配下に有ったシナは、要請に応えて、督戦隊を使った旧国府軍の捕虜の兵をを参戦させて、米軍の仁川上陸以来、大反撃を受けて居た態勢を立て直し、38度線迄押し返しました。

 つまり、朝鮮戦争は、この時点で、双方の人造国家の国境を確定する為だけの戦いになった、と言う事ですね。 是は、当時の半島が、ハザール人勢力に取って、逆に全く価値が無い土地と人民だったからでしょう、ハザール人達は、寧ろ、日本を分割支配する事の方を望んで居た。

 だが、反ハザールのスタールンも、日本こそソ連の世界覇権を達成する上で、最も都合の好い地理的条件と国民性を備えて居ると見て居て、その為には、祭祀王スメラミコトを頂点とした日本の政体を壊す必要があり、為に昭和帝の処刑に拘った。

 この時、オランダも同じ王制国家でありながら、同調して居た国で有る事を、日本国民は決して忘れてはいない。

 処が、そのスターリンが死亡して、膠着化して居た朝鮮戦争は、急転直下、休戦する事に成った。 国際金融勢力の構成員だった、D・ロックフェラーには、家の創立者の悲願である、満州の大慶油田を我が物にすると言う念願があったが、アラブでその十数倍の大油田が発見されたとの事で、休戦に同意、急転直下朝鮮戦争は、事実上終結する。

 然し、収まらないのは、兵士を出して、凡そ100万人の死傷者を出したのに、何の褒章も無いのは可笑しいと、有ったかどうかも疑わしい「スターリンとの約束」迄、持ち出して騒いだが、後継のフルシチョフは、スターリン批判を繰り広げたので、シナとソ連の関係は悪化しました。

 是についての裏情報は有りませんが、反ハザールだったスターリン側に着いていた毛沢東が、後継者のフルシチョフと離間した事で、共産主義者の世界覇権運動は、大きく減速する事を余儀なくされたのですカラ、是で、当然得をする連中が、この対立を煽った可能せうがありますね。

 その得とは、やはりアラブの石油資源の開発と利権への参入でしょう。 是もハザール系資本の投入が顕かです。

 当時は未だ石炭火力の設備が相当残って居て、世界の石油の消費量も今の数十分の1でしかない上、価格も1/100程度だったが、油田の開発事業は、試掘・掘削に大量資金の投入が、連続的に、長期に亘って必要な、リスクの高い産業だった。

 然し、資源が有る事は、分って居ても、開発資金を回収できるかと言う不確定要素から、金主の金融勢力とは、未だ、手打ちが済んで居なかったソ連とは、後に判明するカスピ海沿岸の大油田地帯は、未だ手付かずの状況でしたので、黒海とカスピ海の間に有る、バクー油田の小規模開発ダケに止まっていたのでしょう。

 一方、アラブの大油田の開発に、米英仏蘭が参入して、金融資本の資金で、次々に油田を非里当てて、世界の石油を独占する状態を生んだのは、スターリンの大きなミスで有った事が、次第に明らかになって来た。 オソラク、満州の開発権とのバーターだった可能性が有りますね。

 そして、後継者のフルシチョフは、スターリンの死後、すかさず、ハザール人との関係を復活させるべきだったのですが、頭の中身が、未だに、中世然として居るロシア人政治家には、月に兎を望む様な話でしょう。 然し、共産主義者に拠る世界覇権は、この一時に拠って、事実上潰えたと言って良いでしょうね。

 ソ連は、挽回する心算で、中東~南アジアの国々に、政治的に介入して、影響力を持とうとしますが、米国も黙ってはいませんでしたので、本当に上手く行ったのは、反ハザールで、結び着いたインドだけ、ダカラ、インドの開発には、ハザールの資金は入って居ません。

 処が、シナは、ソ連との反目と共産主義を理由に、世界から取り残された様な状況に有りましたが、米国のドイツ系移民やハザール人が、シナの人口が巨大に膨れ上がって居る事を知って、特に石油の新たな大消費地としてのシナを、開発しようと言う事になった。 消費量が増えれば、価格が安定し、更なる油性開発が進むと言う好循環が期待できますからね。

 是が70年代直前の事ですが、未だ、石油価格を10倍にしようとする謀略である、オイル・ショックを惹き起こす前の段階です。 

 ロシア人は固より、ハザール人嫌いだったのですし、共産シナも、スターリンが嫌って居たハザール系の関わりを毛沢東が、避けて居たので、共産大国2国は、金融勢力の影響外に有りました。

 しかし、共産シナで、毛沢東も周恩来もしに、欧州に永らくいて、ハザールの事を承知している、鄧小平が主席になると、米国のアプローチを、最初は、党内の反対があり、乗り気ではありませんでしたが、扉を叩いたのが、朝鮮戦争の時的だった米国で、共和党のニクソンで有った事も、ハザール・米国側の気遣いが見て取れます。

 米国に前後して、日本の田中角栄が続き、この流れに乗って、日本の市場を一気に広げて、日本の米国依存体質から、脱そうと試みた迄は、良かったのですが、ハザール勢力に警戒されて終いました。

 日本のマスコミを動かして、田中角栄は「金権政治の田中」と、位置付けられて、ロッキ―ド・グラマン事件を仕組まれて、政治家として葬り去られます。 彼は実は、政治家にありがちな、重度の糖尿病患者で有ったそうで、その後、2度の脳梗塞を起こして亡くなりましたね。

 金融勢力の中で日本を支配して居たのは、帝王デイビッド・ロックフェラーで、その実、反日と言うか、日本抑制派でしたが、その分知日派でもありました。 徹底的に用日をしてやろうとして居た人物です。

 然し、彼は同じ商売人でも、トランプの様な愛国者には程遠く、ハザール人でもないのにハザール人支配の組織で、石油事業を組織の基幹産業に育て上げて、その地位を築いていたので、何時かは、組織を我ロックフェラー家のものに、と言う野望を持って居た事は否めないでしょう。

 そのチャンスが巡って来たのが1985年のプラザ合意でしょう。 デイビッドも、73歳になって、部下だった、ブレジンスキーやキッシンジャーも、年齢的に最後ビッグ・チャンスと捉えて、自分の手駒である日本を上手く使って、ロスチャイルド支配をひっくり返してやろうと思って居た様です。

 この後、日本のバブルを崩壊させて、鉄壁だったき日本の財政。金融界に、大きな風穴を開けて、日本のバブルで生じた資金を回収、更には、朝鮮系帰化人2世の小泉純一郎を使って、郵政民営化を強行し、1500兆円もの資金をハザール人が支配する市場に取りこみましたが、余りに巨額な為に、その使途に困り、余り、先の調査も無しに、低所得者層向けに住宅を供給すると言う、受けの好い政策に踏み切りました。

 然し、米国民は固より、日本人の様に貯蓄精神が無い国民なので、そのローンの大量破綻が心配されましたが、信用保証として、債権を商品化したCDSと言う金融派生商品を考案した処、その詐欺的な中身にも拘わらず、元になっているファンドの額が大きいので、バカ売れしました。

 是が破綻して不良債権の総額が、6京円「=6千兆ドル」と言う非現実的な額に膨らんで、米国中の証券会社、投資銀行等々の金融機関が、軒並み潰れ、再編成されましたし、EUの構成国の大半が、このCDS破綻の被害に遭って、国家財政が破綻した状況に成った、所謂、リーマン・ショックを惹き起こしました。

 然し、実はロックフェラーは、この事態を狙って居た可能性が高い。 と言うのは、世界恐慌を避ける為に、金勇の流動性を保証しなくてはイケませんが、その為に、US$を大量に刷り続ける必要が出てきますが、是は一歩間違えば、ハイパー・インフレを起こして、世界の基軸通貨のUS$が紙屑になって終う危険性を秘めて居ました。

 是を行ったのは、英系ロスチャイルド配下の、ハザール人ベンジャミン・バーナンキFRB長官ですが、20⒑~2014年の5年間に、米国が建国以来200年間に発行して来たドルを、1年間で発行し、其れを5年続けたのですカラ、都合、千年分のドルが、世界市場に流れ出た事に成ります。

 此の場合インフレになるのが、当然ですが、その間、基軸通貨として他に有力な貨幣が無い場合にのみ、US$の基軸通貨の地位は保たれるわけですが、その有力通貨のトップが、日本円であったのです。

 もし、日本がこの時期に、悩んで居たデフレ解消策として、円の増刷に拘って居たら、ドルが暴落して世界恐慌が起って居た可能性が高い。 そして、共産シナが人民元を基軸通貨として、米国に代わって、世界覇権を握っていた可能性が高い。 勿論、英系ロスチャイルドに代わってロックフェラーが金融勢力を率いる事に成って居たでしょう。

 ダカラ、現在の日本は、米国にとっては、無くてはならない国で有ると言う事が、お分かりいただけましたでしょうか? 

 ハザール勢力も、今は2つに分かれている状況ですが、主たる勢力の英系ロスチャイルドは、トランプ側に着いて居ますし、シナの対する日米共闘に、大英連邦の加盟各国、ロシアはそのハザール嫌いから、参加は見送って居ますが、少なくともプーチンは、ロシアを近代化する為には、日米の資金や技術の協力が、必要で有る事を自覚してので、彼が健在な裡に後継者を育てられるかが、是からの焦眉の的でしょうね。

 是は日本とて、同じ事です、最近「ポスト安倍」でアンケートを取った処、安倍さんがダントツ、次いで、菅さんがノミネートされて居ます。 石破や小泉進次郎は、支持率1桁の支持率で、5位に入った枝野並みの支持率しか無かったとの事、2人共、政治家として終わって居ますね。

 是が、私の世界の現状観です。 細かい処は、思い込みや爾後情報に拠って、間違えて居るかもしれませんが、粗筋としては、正しいと思って居ます。

米中貿易戦争と消費税増税

米国は対中国貿易について、関税を10%から25%に引き上げたら、中国もこれに対して関税を25%に引き上げました。
そして、この米中の貿易戦争とも言うべき行動は、ますます激化していくことが予想されます。

これについて考えなければならないことは、日本もまたこの武器を使わない戦争に、否応なく付き合わなければならないし、無関係などと気楽なことは言えないことです。

直接的なことは、政府に於いて十分に考えていると思いますが、今の日本には余分な計画が一つあるので、これへの対応を考え直すことも必要ではないでしょうか。
ごめん。余分な計画のことが何かを、書き忘れていました。
それは、消費税アト2%の増税です。

消費税増税は、リーマンショック級の経済的な問題が起こらない限り実施するとのことですが、今回の米中貿易戦争は、これに相当する大問題を日本にもたらす可能性を持っているのではないでしょうか。
また、その内に収束するだろうとは考えますけれど、世界1位と2位の国家による経済戦争だと考えますと、相当に根の深い影響を残すと思いますから、政府は今から数年越しの問題になると想定して、これに対処しませんと、民主党政権によるデフレ不況から脱出して6年になる、安倍政権が創り出した景気の好調を、ぶち壊しにする可能性があるのです。

従って、これには戦争を切り抜ける程の覚悟と、決断が必要になると思いますけれど、消費税増税の中止と廃止をすることが必要になると考えるのです。

これは、10月に予定されている消費税増税を中止するだけでも、野党の反対は大変だと思います。元は、消費税増税は民主党の提案で、此の実施時期は自民党政権だったのですが、民主党の野田首相は増税5%のうち、始めの3%と後の2%のいずれもが自民党で実施することを判っていて、法律化し解散したものです。

2回も増税すれば、その政権は先ず倒れると目論んだでしょうから、民主党の後継政権である自民党、安倍政権を狙い撃ちにしていますから始めの3%増税はともかく(此の実施の後の景気回復は、大変でした。)、その次の2%増税は過去2回の延期を経た今回の増税を中止するのは政府の運営が大変だと思いますけれど、米中が本気での貿易戦争ならば世界の経済に大きな影響力を及ぼすことは予想されるのです。

それならば、消費税増税の中止に留まらずに、この際にこの法律を改正して廃止すれば、日本の景気の悪化を期待している連中も動きが取れなくなりますし、一般国民の不安も解消されますので、今後のインフレ政策に寄与することと思います。


財務省が消費税増税の廃止は絶対に困るというのなら、米中貿易戦争が終わり世界の景気不安がなくなったときに、2%の消費税増税法を新たに国会に上程すれば良いのです。


その時に、旧民主党の議員で作られている野党が、どのように対するのかを見るのを、見たい気持ちもあります。

「イスラムは差別してもいい時代に入った」あとは戦争になる

日本維新の会の丸山穂高が、北方領土を「戦争で取り返す」と。
元島民の人に「戦争でこの島を取り戻すのは賛成か反対か」と言い、「戦争?」「戦争なんて言葉は使いたくない」と島民が否定すると、「戦争しないとどうしようもなくないですか」とかいってる。なんだこれ……。

北方領土問題の経緯(領土問題の発生まで)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/hoppo_keii.html
「当時まだ有効であった日ソ中立条約(注)を無視して1945年8月9日に対日参戦したソ連は、日本のポツダム宣言受諾後も攻撃

同8月28日から9月5日までの間に、北方四島を不法占領しました(なお、これら四島の占領の際、日本軍は抵抗せず、占領は完全に無血で行われました)。 」

北方領土問題というのは、公式的には、日本がソ連と戦争した結果奪われた領土では「ない」んです。返還のために「戦争」云々発言すること自体、歴史認識がたがた。

維新・丸山議員
国益、地域益のためにならぬ議員など、不要。
釈明一切不要。議員辞職せよ。
-----
丸山議員発言は
①元島民に共感を欠いた態度
②戦争で島を奪還する想定の非現実性
③国際法違反(則ち憲法9条1項違反)となるだろう選択肢を持ち出した軽々しさ
④苟も自衛隊を統制する主体たる国会の議員なのにそうした議論を吹っかけた軽さ
⑤それらにより政治不信や党不信を招いた、5つの観点から問題。
https://twitter.com/lullymiura/status/1127962716600037378
-----
終身雇用が出来ないとなると
1.若手を安月給で使える背景がなくなる
2.会社に忠誠を誓う背景がなくなる
3.人員調整を理由とした転勤制度が成立しなくなる
こういうデメリットもある

具体的にはどうやって終身雇用制度を終わらせるつもりなんですかね。人事異動と言う名の配置転換はとりあえずしなくしますよね。出世降格という名の業務の変更もさせられなくなると思うんですよね。そして、長期的な給与の上昇期待も後退するので、その分最初から高い給与を出さないと。
その代わり、会社の普通解雇権は今よりは使いやすくなるでしょうね。しかし、この人手不足の折に人材放出するメリットあるんですかね。それとも来たるべき不況時への備えとして解雇権を確保したいとかそういう?

企業が国民の生活の面倒を見ないとなると、政治と企業との関係もこれまで通りにはいかなくなると思うんだけど、たぶん財界はそんな事考えて無いだろうな

終身雇用は若い時に安月給でたくさん働かせてピーク過ぎて子供が大きくなって金のいる時期にたくさん給料出す後払い制度だからねえ。若くて優秀な人を企業が取り合ってる中、継続は無理だろなあ。
-----
使い捨て中年フリーター、雇用の流動化も「狙いは解雇」
https://www.asahi.com/articles/ASM4T7R8LM4TULZU01C.html
----
鳩山由紀夫‏認証済みアカウント @hatoyamayukio

既に東京五輪のチケットが売り出されたようであるが、例えばノーベル平和賞を受賞した核戦争防止国際医師会議は、放射能オリンピックと命名して放射能汚染リスクの残る東京でのオリンピック開催を疑問視している。日本では報道されないが、欧米でこのような動きが広まってきていることは理解すべきだ。
2019年5月11日
https://twitter.com/hatoyamayukio/status/1127392542637477889

鳩山さん、東京五輪招致議連の会長をされていたことを忘れていませんか?
エビデンスをこちらに
https://twitter.com/otakulawyer/status/1127862385300115457
産経新聞2011年12月1日付大阪夕刊掲載記事より、
鳩山由紀夫元首相は「東日本大震災という国難を経験し、日本が一致団結して世界に復興していることを示すことが重要だ。招致できるようにがんばっていきたい」
----
ICPO前総裁の妻子、仏で亡命認定 夫は中国で起訴
2019年5月14日
https://www.asahi.com/articles/ASM5G33PYM5GUHBI00H.html
中国で収賄罪で起訴された国際刑事警察機構(ICPO、本部・仏リヨン)の孟宏偉前総裁の妻子が今月、フランス政府から亡命を認められていたことが13日、わかった。
----
23区内の競売物件をパトロールしていて、築浅の売り物が多かったので気になって調査しました。
ここに貼ります。
https://twitter.com/mikumo_hk/status/1128115132272300034
都内の築浅区分マンションというのは賃料相場も賃貸需要もあり、ものすごく安定して家賃収入がはいります。ローンだって借りた時点で返済額も決まっているわけだから、投資してすぐに破綻というのはなかなか考えられないことなんです。よくもわるくも失敗していても数年では気付けないのが不動産投資。
そんな中で競売に流れてしまうというのは何が起きているのか。みてびっくりしたのが住宅ローン不正の多さです。17件調べただけで八千代銀行・千葉銀行・りそな銀行・常陽銀行・千葉興業銀行・東京シティ信金…が不正に利用されています。
あとは定番。6.7.9のようにイオンやオリックスで新築ワンルームを4%台で買ってるやつですね。逆ざやに耐えられなくなって爆発してしまうわけですが、10年以上耐えてるケースでは市況も考えれば残債以上で売れるのは間違いなく、新築ワンルームは1戸~2戸ではそこまで人生破壊力はありません。
----
儲からないことを国や自治体の金でやるために税金を払ってる
公共経済学の市場の失敗というやつ
それなのに水道の民営化とか、あり得ないことだと思います
市場の失敗なんてのもみんな高校で習ったはずなんですよ。
センター試験にもよく出ますよ。
----
大学無償化で中間層に影響か=授業料減免の縮小懸念-支援法成立、来年施行
2019年05月11日
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051001317&g=soc
「財務省は今までの減免措置が『やり過ぎだった』との立場だ」
 …要するに今回のは「大学授業料無償化範囲縮小法」だった、と。

いま学費減免でなんとか通えてる学生が来年以降は学業を続けられなくなる可能性が出てきた

「年収270万円未満が目安」では東京23区内に居住している場合、生活保護基準額を下回ります。大学無償化以前の問題です。
----
実家にて歴史資料を発掘。
https://twitter.com/hayashi_r/status/1127848936633290755
昭和55年のゆうちょ定額貯金の利回り表。
10年モノで年11.91%も利息がついていた。見よこの複利。

こちらはバブル崩壊直後の平成2年のゆうちょ定額貯金の利回り表。
https://twitter.com/hayashi_r/status/1127849699656863744
半年でも4%、10年で7.8%付く。
-----
密約が定着、法務省内規を削除 60年に法相指揮を外す
https://this.kiji.is/500276587461772385?c=39546741839462401
「駐留米兵らへの裁判権を日本が放棄した密約を検察内に浸透させるため米軍関係者起訴時の法相指揮を定めた1954年の法務省内規の項目が、60年に削除されていたことが12日、分かった」

1975年頃に暴露されたら国会が空転して大臣の一人や二人は辞めたような話。
-----
「差別がどうの人権がどうの言ってられる場合じゃない時代が来た」というのが本当のところだと思う。
多くの国や社会は「自由より安全と秩序」にシフトしていくと思う。
中国の人権状況もおそらく対イスラム戦の文脈で容認されるようになる。

「自分たちの命や文化や文明を守るための差別は認められるのだ」とはっきり主張するほうがいいのでは
「差別は絶対にいけない」と言い続けた結果「明らかに差別だけど差別とは呼ばれないもの」がどんどん増えていく。

最終戦争はやはり宗教戦争
-----
2019年5月12日
あら「新・人間革命」完結なの?
聖教新聞1面にあおい輝彦のエッセイが載ってるよ。

創価学会の信心というのは現世の道徳や倫理を説かないことで信徒は生活や仕事ではすごくフリーダム、というのが特徴だと思うが最近はそれがあまりよくない方向に働いているような感じもある。
----
安倍晋三‏認証済みアカウント @AbeShinzo

TOKIOの皆さんと再会しました。福島 復興のために頑張ってくださっています。話に花が咲き、本当に楽しいひとときを過ごすことができました!
https://twitter.com/AbeShinzo/status/1127484372456599555

安倍首相の権力がどれくらい大きいかというと、ジャニーズ所属タレントの写真をウェブにアップできる。
----
芸能人とはいえ、いち民間人に過ぎないピエール瀧のコカイン使用は、報道番組やワイドショー問わず連日大仰に取り上げられたのに、公僕たる経産官僚が覚醒剤を密輸し、職場に注射器まで持ち込んで使用した件は異様に扱いが小さい。世耕大臣が全室施錠を指示し、市民の目を遮断した経産省なのに。
---
東洋英和女学院 論文ねつ造などで深井院長を懲戒解雇 | NHKニュース

岡山大学や東北大学では学長が関与した研究不正を告発されても,逆に返り討ちで報復してトップは居直ってしまった。
他でもダーティーな話が流れるなかで,むしろこの大学はすごくまともなんですよ。
大学の権力構造を改革すべき。
岡山大学や東北大学は、財務省や文科省の進める大学の権力構造改革をリードする優等生なのですよね。
それこそが最大の問題。
財務省にとっては、大学の構造をぶっ壊して予算削減することだけが課題で、学長が研究不正をもみ消すことは文科省の領分であって関心がないだけなのかもしれません。
----
北方領土が帰ってきたっていまの北海道の田舎よりもっとインフラ維持に金のかかる面積が増えてそれをどう維持するのか、根室や北見にすら人が住まなくなりつつあるのに国後択捉に誰が住むのかとか考えたらもうむしろ北海道ぜんぶロシアに任せてと...

北海道をロシアに任せれば、まずサハリンで行ってるような広軌への改軌は確実にやりそう。フェリーで直接サハリンに鉄道で渡らせ、その後にトンネル建設。少なくとも北海道の鉄路だけは日本が支配するよりは守られるし石油が直接サハリンからパイプラインができれば流入する利点もある。

知床、羅臼あの海域は喉から手が出るほど行きたい海域だそうです。
実際密漁に行って撃たれてくる人もいます。
---
2019年05月14日
半グレ集団・怒羅権(ドラゴン)創設メンバーが「罪を懺悔する」
窃盗、詐欺、ドラッグ、殺人 ありとあらゆる犯罪を犯して来た集団の内幕
https://friday.kodansha.co.jp/article/46749
ジャッキーの新宿インシデントって80年代末期あたりの中国人密航者を題材にした映画があるんだけど中国人があれはリアルだと誉めてたよ
密航を判断する前に残留孤児帰国事業であいつもこいつも日本人ということにしちまえばいいという場面がある

汪楠(ワンナン)氏(46)。最凶の半グレ集団「怒羅権(ドラゴン)」の創設メンバーだ。
そもそも残留孤児認定がかなりいい加減だったらしい
----
人間に能力の有無なんぞない、物差しがないんだ、はっきり言って勝ち戦に乗っかる農民兵に負け戦で逃げる侍は勝てん、丸腰の侍は鉄砲持ったガキに負ける、組織の名刺と立場だけや、誰でもいい、だから年齢で足切りやるし給料の高い人間から切っていくんだよ、人間に能力なんかないぞ、誰でもいいんだよ




維新丸山発言について
戦争と言う言葉を使って北方領土問題について島民に問いただしたと非難されて、離党届を出したようです。
それに対して松井党首は除名に相当する、議員離職すべきとの厳しい意見を述べています。
そこまで厳しい処置が必要ですかね?
間違ったことは聞いていません、若者らしく直情そのものです。

過去にロシアの大統領が以下のようなことを言っています。
>平成22年5月9日、ロシアの「対独戦勝記念日」にメドベージェフ
>大統領は記者会見で「第二次世界大戦でカタがついているのに、
>いまだに領土返還を求めるような敗戦国がいる。戦争で出た結果
>は戦争でしか変わらない」と言った(ブログ桜の花びら参照)。

この事を丸山議員が知ってて言ったかどうか不明ですが、領土問題を討論するとき戦争と言う言葉は必然で出てきます。
これでロシアが4島返す気はさらさらないと吐露しているようなものです。
4島返還交渉などと言うものは時間の無駄、外交資源の無駄と言うことが良く分かりました。
こんなことで若手議員の将来を奪ってはいけません。
まだ30そこそこの若手ではないですか、不問にしろとは言いませんが、ここで若い目を摘み取るような行為はしてほしくない。
松井さんに寛大な処置をお願いしたいですね。

大局的な見方をしなくてはなりません

中露が軍事同盟を結んだら、日本はとてもかないません。
アメリカでさえもう適わないと見て、沖縄から撤退してゆくことと思います。

かつてのソ連と今のロシアは全く別の国と考えなくてはなりません。
日本への脅威は殆どありません。

領土問題やシベリア抑留などの感情的なシコリはあるかもしれませんが、中国封じ込めを最優先の国家課題として、ロシアと協調することを考えなくてはなりません。
「北方領土問題が解決しないと日露平和条約など結んではいけない」と考える日本国民は、日露が協調することを好まないグローバリストによって洗脳されているとも言えます。
そして、ロシアと中国が決して手を結ぶことがないように離間工作を日本政府はとるべきです。

外交とは、ある意味で騙しあいの世界です。

離間工作などができる人物が、本当の意味での外交の天才と言えるのではないですか。

安倍首相が行なっている外交は、極端に言うと金をばら撒くことによる人気取りと見えます。
海外から安倍さんが信頼されているのもあるのでしょうが、日本に対する強い信頼を築いたのは、民間人が海外で約束や納期を守る誠実な商取引と、優れた技術と信頼性高い商品を提供してきたことがベースにあると思います。

丸山さんですか、うーん。

維新丸山発言について

保守からしたら、武力で取ったものは武力でしか奪い取れない。
もしくはお金、でしょうか。しごくまっとうだと思います。

保守分断、オオサカ国,女系天皇を目論む似非保守、要注意党維新から
出たら、2会派に取り込まれて自民で暴れるとか、イシバやシンジローと
組むとかまだまだ先はわかりません。似非保守として工作員活動もしやすいかと。
維新は慰安婦について保守風に口当たりのいいことを言って、実は半島を
庇うような、男系天皇を破壊することを目的にしているような、、、外国人で独立できるようなオオサカ国をと考えているのか、立ち位置がばれてきています。
松井さんに寛大な処置など、どうでしょうか。

旧民主など半島系は見かけを重視しますよね。
日本は見かけより中身を重視します。
見かけは簡単に変えられる、が中身はそう変えられない。

文化、産業(半島はなにもなく、告げ口やハニトラが発達、日本は職人が好まれるので、繊細な美意識や手作業を重視、山も海もあり、水が豊富、物事に自治で協力)宗教、遺伝子、何よりもモラルや徳がある。
世界中の人はみな同じ、と思っていたら、中韓朝はモラルがなかった。
うそをつきまくる。自己保身のためなら、相手を売る。強いものにへこへこし、弱いものに当り散らす。自分の利のためなら反日でもお金を引きだすためにすり寄る。
維新へ回りまわって中韓朝、米民主、金融業界から資金が入っているかもしれません。

中身がわからないうちは判断つきかねるように思います。
保守のふりかもしれない。

いっそ自民だけになって、その中で分裂しちゃえばわかりやすいのに、と思います。保守と似非保守。いまはまだまだ共産に他宗教に外国人にとわーわーいますもんね。ww
米中覇権戦争になっていて目が離せませんね。
なので政党はシンプルになってほしいなぁ。でも向こう側からはダマしにくくなりますよね。で、維新があると。

党派性のためなら領土も捨てるんだから政権支持派の融通無碍はすごい

そもそもアメリカの同意なく戦争できない国なんだから現状でロシアと戦争はありえない。アメリカがやりたくないもん。
戦争しなきゃ帰ってこない、というのは「あきらめろ」という意味。

右も左も「自分の仲間にアピールする言葉」ばかりを発するようになったのが失言問題の遠因だと思う。
実際「戦争で取り戻す」発言も支持者は「よく言った!」となるのだし。

あれで溜飲を下す人々を知ってなきゃ出てこない。
ほんとのことはむやみに言っちゃいけないということですよね。
言う時と場所を選べないのは社会人としていかがか。
------
定住すること、ではなく自由に往来できるようにする、という点に意義があるかと。
対ロ戦争で 北方領土 を奪還することには。
現状の不自由極まりない往来を解消する唯一の道。
(副次的に、ロシア軍の太平洋進出を妨害できる、という日米相補にプラスの効果もありますけど)

JR九州が黒字なのは、韓国や中国の人が来てくれるからですよね。北海道はロシアとの交流を拡大していくことで、経済活性化を図ることが現実的だと思います。

共産党は戦後ずっと「北方四島だけでなく全千島の返還」を要求してます。赤尾敏も「ほんとの敵は共産党だけ、あいつらは自分らとは別の考え方で愛国をやってる、他は全部ザコ」と言ってました。

四島に住んでるロシア人や彼らの財産の処遇を考えるだけで気が遠くなります。
---
もう道東では漁船に乗る人がいなくて外国人研修生を乗せても足りなくて魚やカニはロシアから買って日本では加工だけやってるの。漁業権帰ってきても誰が船を出すのか。

そのうち生活破綻者を更正名目で農業や漁業で働かせる施設とか善意の下に作られそう

みんなすぐ「ダメな人間を農業に送り込め」と言いますが今は農業だって6次産業化でコミュ力なけりゃできないですよ。

-----
連合と全労連、原水禁と原水協、日教組と全教、解放同盟と全解連などがなんで別れたかという話も教えなきゃ誰も知らないの

「日教組は共産党だ」とかいうのは偏見だとかいう以前に「事実として間違い」なのよ。共産党なら日教組でなく全教加盟の組合にいるから。

丸山議員の発言は酩酊発言?

>無双さん ソロです。
>>維新丸山発言
 彼は現実的な話をしただけですから、全く悪びれる必要は有りません。 現に、今回もラブロフ外相が「日本は第二次世界大戦の結果を受け止めるべきだ」と、無双さんご紹介のメドベージェイエフのは発言をなぞった発言をして居るのですカラ、

 是が自民党の議員の発言なら、自民党の総裁が領土交渉を進めて居るのを阻害する惧れが有る発言として、厳重注意位は、然るべきでしょうが、野党の維新が、何も、議員辞職迄求めると言うのは、別の理由があったのかな? と勘繰りたくなりますね。

 北方領土交渉は、実は米国も一枚噛んで居て、1956年「=昭和31年」に、米国のダレス国務長官が、日本とソ連が北方領土交渉を始めたと聞きつけて、「日本は、勝手な真似をするな、そう言う事をすれば、沖縄は永久に日本には返さないぞ」と恫喝したと言う経緯があります。 SF条約発効後の話ですからね、国家主権もへったくれもあったものではない。

 ご存じの様に、其の12年後、沖縄は日本に返還されましたがね。唯、駐留軍と軍事施設は、そのママですカラ、名目上の返還ですね。 然し、相手が日米安保条約と言う軍事同盟を結んで居る米国だから、こうした措置が可能になったダケで、丸山議員も認識通り「一度奪われた領土は、戦争を経ねば取り返せない」のが、世界の常識です。 沖縄の例や帝政ロシアから米国が買い取ったアラスカのなどは、特例中の特例でしょう。 

 然し、プーチンは余程、極東開発に未練があったのでしょう、国内のそうした、問答無用の反対の声を無視して、安倍さんと話を進めて居たのですがね。 結局、ラブロフに潰された様ですね。

 然し、樺太にしても千島にしても、日本から奪って、74年間も、開発らしい開発と言えば、日本の商社を騙して造らせた、サハリンⅡ位なモノ、後は、軍事施設でしょう。

 ロシアの腹黒さは、100年経とうが200年経とうが、変わるものではありません。 尼港事件では、日本人の居留民が3千人も殺害されて居ますし、第二次世界大戦終了の1週間前に、日ソ中立条約を一方的に破棄して、侵攻して来た時の犠牲者は、軍民併せて、20万人にも上るのですよ、此の火事場泥棒的侵略が、第二次世界大戦の結果なんです。

 ソ連とロシアは、違うとか寝言を言って居るコメンターが居ますが、付き合うんしても、ちゃんと平和条約を締結した上で、距離を置かねば、ロシアのハザール勢力からの信用度合いから看て、米国からも猜疑の目で見られる事に成ります。

 丸山議員を厳罰に処した、維新の松井さんの本音が分りませんね。 安倍政権に対する忖度だけなら、そんなに大した事ではありませんが、是が、大前研一の絡みがあるとすれば、裏で、ハザール人が、日本・ロシア絡みで、何かを仕掛けて来る可能性が有りますね。

 トランプは、プーチンに電話で、「ロシアン・ゲートは不発に終わった」と、2人で快哉を挙げた層ですカラ、その線で、反トランプ系が動いて居るかもしれませんね。 まぁ、安倍さんもトランプも周りは敵だらけですね。ww

丸山議員くじけるな

丸山議員の発言はそれ程問題とは思えませんが、マスコミ、野党の格好の餌食になってしまいました。
彼の国会での質問はよく研究していて評判が良かったので、お陰で維新のイメージもアップしたようです。
丸山議員の存在で維新の危険性がカムフラージュ出来ていたので、彼の離党により、維新の正体に気付く人も増えるのでは。
丸山議員は若いので、暫く無所属で嵐が過ぎ去るのを待って又活躍して欲しいです。
今回のことで充分挫折すれば断酒出来るのでは。良いこともありますね。

かなりきな臭い

ソロさんが指摘なさったように、松井さんが丸山議員を厳罰に処したのは不自然だと思いました。
大前研一のようなマッキンゼーがらみではないかと「ぱよぱよ日記」にも詳しく書かれています。
丸山氏の存在が邪魔で、政治生命を絶とうとずっと狙っていたようです。

【 皆さーん!  隠れ鳩山派ですか~? 】

 「日本列島は日本人だけのものではない」。

 鳩山由紀夫元首相(70)がこう発言したのは、旧民主党幹事長時代の平成21年4月の時である。

 この発言を私が知った時はブチ切れました。

 しかし、皆さんは口では鳩山発言を批判しながらも、腹の中では我が意を得たりと称讃して居たのですね!

 何故なら、安倍総理が推進する、平成31年4月1日から5年で35万人、6年で50万人超の外国人を日本に引き入れる外国人労働者受け入れ政策こと移民政策に異議を唱え無いからです。

 何故、鳩山発言を支持するのか?

 色々なパターンが在ります。
 1.日本人じゃ無いので、日本人が威張っているのが癪に障るから。
 (可能性は殆んど在りません)
 2.アメリカの様な多民族国家に成ったら日本はもっと発展すると思うから。
 (そう思って居る可能性はあります)
 3.外国人労働者を入れないと日本は立ち行かなく成ると思うから。
 (可なりの可能性が在ります)
 4.外国人を入れないと、少子高齢化で日本は無く成ってしまうから。
 (可なりの可能性が在ります)
 5.兎に角、安倍総理の政策に間違いは無いから。
 (可なりの可能性が在ります)
 6.外国人を入れて、日本民族を少数民族にして、日本国憲法1条に基づいて、天皇を廃止したいから。
 (極左の人はそう考えています)

 いずれにしても、「日本列島は日本人だけのものではない」と云う鳩山発言に賛同しているのですね。

 何だかな~~~?

丸山氏発言

>水素結合さま、 日本国民です。
当に同感です。
 
 非常に臭い。臭すぎる。
情報卸問屋会社の共同通信社は、わざわざモスクワ支社を動かして(誰かに動かされた?)、わざわざロシア上院のコサチョフ国際問題委員長に丸山発言を教えてその反応を記事にしている。

新人に近い一国会議員の稚拙な(信念皆無?)発言を日露関係悪化のためにわざわざ大声にして拡散させるのは何故だ?

確かに丸山氏の発言は問題です・・が、疑問点が二つほど。

1.今日の夕方のニュースで「速報」で出てきた。
2.丸山氏本人は会見にて釈明されましたがツイッターでは発信しておりません。

にも関わらず、何故か足立氏が最初に謝罪ツイートと、他党からの批判コメントを拡散させたこと。
足立氏が謝罪するだけならば、まだ素直に聞けたのですが、ここまでされると流石に不自然な感じがする。

故中川昭一氏の時と、同じ臭いがするんだが・・。

推測ですが、維新の皇室に対する方針絡みかなと・・、
丸山氏は「維新の『女性宮家』検討って何だこれは。デタラメ過ぎ!・・・・」とツイッターで発言していた事もあり、橋下氏界隈との齟齬がありそう。
そして、以前からの軋轢もあり目障りになったという事なのかも・・・?

ついでに、政府が着々と進めている日ロ交渉に水を差そうとの魂胆も感じられる。
外務省発表ですと、手応えのある進展があったようですから。 面白くないでしょうねあちら側は。

なんせ、ソロスなどの金融屋&米国民主党は日米露中の関係が良好になる事を歓迎しない。

都知事も、橋下氏もソロスの金融屋とは非常に懇意にされているようですし、東京都も大阪府も第二第三のウォール街を目指しているのでは、とお見受けします。

憂国の士へ

5月11日暁光の折、沼山光洋氏が割腹に拠る自決をなされました。

 生前、長年に渡り靖國會の事務局長を務められ、我が日本國の忠霊を崇敬され、慰霊に御尽力為された憂国の士であります。道筋は異なれど、愛国の士のご冥福をお祈り申し上げます。

不適切と承知では御座いますが、この場を借り、靖國会HP内に於ける沼山氏の「祈り」を多くの方に一読して頂ければ幸いです。
http://yasukunikai.com/gosinpaikigan/inori.htm

靖國会HP
http://yasukunikai.com/

バカ丸出しの売国経営者達

バカ丸出しの売国経営者達


 トヨタ自動車総会では取締役に対する報酬総額の上限を現在の年間40億円から70億円に引き上げることも提案する。


頑張っている従業員にもっと還元したらどうですか?

終身雇用は維持できないけど役員報酬はアップか...



それでも終身雇用は難しいと言うんですか?



タイミング悪いニュースですね。さすがに、社長が終身雇用は限界とコメントした翌日にこれは反感を買うと思いますけど。。。








これで終身雇用は難しいとか良く言えたな。



それでも終身雇用は厳しいんでしょ・・・?
従業員は怒ってもいいと思うぞ。

終身雇用や下の給料を上げたらどうですか?日本の格差社会をより深く広げていくアクションを、トヨタという会社は推進しているのでしょうか。みんな、それを望んでないと思います。日本社会の問題提起、解決できる会社だと思ってましたが、残念な会社でした、、、




従業員の賃金上昇より
経営陣の賃金上昇が凄い。
これで
終身雇用は難しいってコメントが有ったが
自分達が良ければ 他はどうでもいいってこと?

腐りきった経営者達

役員の報酬は確保するけど、下っぱの雇用は確保しない企業なんだね。
TOYOTA って。トップの人を守るのが最優先だとは、見損なった


これだけ好調のトヨタさんでも、終身雇用は困難と言うが、役員報酬を引き上げる余裕があるのなら、雇用の費用に充てるべきだと思いますが?


下請けを叩き、従業員の終身雇用も保証しない結果がこれですか?もっと日本企業の鑑になる様な企業になって欲しい。

豊田さんも所詮ボンボンでしたね。
役員報酬は利益連動。
社員の賃金は・・・連動してます?
終身雇用は維持出来ない?
「派遣や転職なども有りますし」
皆が好んで派遣や転職をしてると?
非正規でも構いませんよ。
その代わりヨーロッパ並みに正規の8割の賃金を払ってくれるならね。
働き方改革ではなく「働かせ方改革」でしょ?

祈りの志 遠雷の如く響くが

 時は熟さず 
  されど忍び寄る 乱世の暗雲

 敵は内外(うちそと) 狡猾にして巧妙
  士は攪乱に惑わず 智に勇に励む

 タヒに急がず 時を待つべき

 合掌 

 気持ちは檄文でよーくわかったよ

老猫さん、沼山氏の祈りに触れて頂いた事を感謝致します。
相変わらず、詩が冴えておりますね。

 敢えてこの日を選んだのは、氏自身に意味の有るもので、不肖私の身侭な気持ちから、暁光の折と触れさせてもらいました。私自身も、沼山氏の現世での更なるご躍進を期待してた一人ではあります。されど人の価値観は十人十色、千差万別。沼山氏の真意は本人しか知る由もない。

 私感にて眞に恐縮ではありますが、氏の言葉を借りるとすれば、彼は「忠」の人です。老猫さんの仰る檄文から察するに、自身の不徳を感じておったのではありましょうが、其の事に対する自責の念からのものではなく、ましてや御代替わりに異を唱えるものでは決してありません。自サツではなく自決なのですね。と、老猫さん以外の一読された方が誤解されぬ様に付け足しておきます。

 昭和に生を授かり志を立て、東奔西馳した平成の一区切りであろうかと思われます。数多の同士に囲まれた愛国の士。自身の志を後世へ受け継ぐ望み叶わば、其の生ける御役目を果たした眞に清々しい自決に御座いました。

「タヒして生ける(活ける)道を選ぶ」私は斯様な解釈にて、生を全うした者だけが辿り着け得る境地であると思います。斯く在りたいものです。

セッ プクの背後にあるもの

士心さんへ
「武士の本文はタヒぬ事と見つけたり」と言われる。
無論、忠のためであろうと。私はね、士心さん。忠に外れた場合、武士はどうするのであろうと考察したのです。タヒんでわびを入れるでしょう?通常は。それでは何故セッ プクでわびるのでしょう。
 それは、一つには武士の魂である刀を利用すること、これは「俺は武士だ」というメッセージなのだと思いますね。もう一つは、これが重要なのですが、最も長く苦しみ抜いてタヒぬ方法だからだと思います。「これだけ長く苦しんでタヒんでお詫びしますから、ならぬ堪忍をお願いいたします。」ということだろうと思います。
 ご存知の方もいると思いますが、腎臓結石の痛みは尋常ではありません。おして知るべきです。

 武士は即タヒを嫌います。戦(いくさ)ばでは、できる限り敵を倒さなければなりませんからです。名誉を重んじる武士は「あいつ、楽なタヒで逃げやがった」と言われることを避けるのです。
だから、罪を犯した武士は「斬しゅ(首)」の即タヒより、名誉あるセッ プクをねがうのでしょう。

 介 錯は相手側の武士の情けから生じるものです。自ら願うものではないと思います。三島由紀夫はその点間違いを犯したと私は思っています。形式にこだわりすぎだと思いますね。

 士心さん。私はこの様にセッ プクを理解しているのです。それは「わび」の色合いが濃いものであると。主君が亡くなって後追い自サツの意味は、次の主になる方への詫び状と捉えられるのです。前君への愛情と次君の忠に対するわびの意味合いだと思いますね。

 沼山氏は「陛下は靖国に参拝なされるのが当然」と公言していた上司?に傾倒されていたのだと思います。自分は上司の意に賛同して頑張って来たけれど、望至らず、申し訳ない、憂国の志士よ立ち上がれという「檄文」の意味だと私は解釈するのです。

 自分の役割は全うした、これ以上生き恥をさらしたくないという意味であったら、悲しすぎます。

 武士はタヒに場所を時を探すといいます。

 いいではないか、生き恥をさらせ!のたうち回れ!

 合掌

「日本国の同胞民族国家のフィンランドおよびエストニア」ならびに「ロシア連邦内の日本人の同胞諸民族」は、日本国衆議院議員の丸山穂高氏の発言を大歓迎しています。

「日本国の同胞民族国家のフィンランドおよびエストニア」ならびに「ロシア連邦内の日本人の同胞諸民族」は、日本国衆議院議員の丸山穂高氏の発言を大歓迎しています。
-----

「(ツァーリ・ロシア、帝政ロシア、)ユダヤ・ロシア(=ソ連)およびロシア連邦」に領土を横領されている「日本国の同胞民族国家のフィンランドおよびエストニア」ならびに独立したい「ロシア連邦内の日本人の同胞諸民族」は、日本国衆議院議員の丸山穂高氏の発言を大歓迎しています。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/