スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南北統一して大丈夫か?  NO 1

今日は南北統一について冷静に分析したいと思います。
なにも「統一反対」というつもりは毛頭ありませんが。

もちろん他国の人間が口を挟む問題ではないが、逆に他国の人間だから
真実が見える場合もあります。

同じ民族だから早く統一しなければならないという原則論のみで、
本当に統一がいったいなぜ必要なのか、統一が両国民に
幸せをもたらすのか、自分なりの問題点を書いてみたいと思います。

日本に居れば北朝鮮の情報も韓国の情報も正確に入ってくるが、
北朝鮮人も韓国人も真実の情報を共有していない。

幹部を除く北朝鮮の人々は、「韓国の人々は良い暮らしをしていない」
「アメリカの植民地状態である」と信じている。
韓国の人々は金大中以来の太陽政策で、以前悪魔のごとく恐れていた
金正日をユーモアのある親しみのあるおじさんと
見方を180度変えてしまった。

韓国のテレビで北朝鮮の工場や一般庶民のほんの一部の暮らしぶりを
報道して北の人達の生活は我々と同じであると洗脳した。

結果、北に対する警戒感がなくなり統一の機運が盛り上がってきた。

しかし我々日本人は北朝鮮の多くの人が飢え死にするような悲惨な暮らし
ぶりや、北朝鮮の人々がキム・イルソン父子に対する賛美と体制の
プロパガンダだけを聞かされ、反抗すれば強制収容所に入れられ、
言論を含めた全ての自由を束縛されている事を良く知っている。

まず統一で一番重要な事はお互いの国民が真実の情報を
共有する事ですが、現韓国政府は、都合の悪い情報を隠して国民が
統一に対する疑念を感じさせないようにもってきている。

両国の統一プランは「三段階統一案」、国家連合段階を経て連邦国家を
形成、最後に統一された朝鮮半島を建設するとういものだ。

そのための前段階として経済援助や工場建設、観光、インフラなどの
整備をして、北朝鮮を韓国のレベルに引き上げる。

おそらく韓国政府はドイツ統一をお手本にして
成功を夢見ているのだろうが、恐ろしいくらいの
虚偽の楽観論にすぎない。

韓国はドイツに比べてあまりにも経済力が低すぎる。
その上、東西のドイツ間の格差は一対三にすぎないが、南北格差は
十五対一である。

飢餓の線上にある北の2000万人を食べさせるための金額がどれほど
巨額なのか誰も計算していない。
今の韓国には統一後に予想される深刻な経済的・社会的な問題を
解決する能力も経済的余裕もまったくない。

最近の韓国はカード破産者や企業の倒産にともなう失業者、
自殺者の増大、所得格差、中間層の崩壊、目を覆うばかりの社会になった。

政府は経済には無関心で、政治思想や、イデオロギー論争に
明け暮れている。韓国経済が崩壊への道に走り始めているとき、
北に経済的な援助をしてる場合ではない。

このような状況下で何の対策もなしに統一に向かって突き進めば、
韓国が北朝鮮のような最貧国になってしまいます。

南北共倒れになる前に早く北と縁を切って自国の経済の建て直しを
はかるべきです。

日本が北と国交が回復してもなんのメリットもないように韓国も北と
統一しても何の得にもなりません。

韓国の政治家も日本の政治家もあまりにも無知なため、国民を不幸に
してしまいます。


(この続きは後日)





























コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/121-7a562363

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。