英国EU離脱は破局への道 3月20日(水)


最近の新聞ニュースには必ず「イギリスのEU離脱、ブレグジット問題」
が必ず載っている。とりあえず13日「合意なき離脱」に反対する動議が
可決されたが、離脱の期日は29日に迫っているのに折り合いを欠いたまま
離脱したのでは、世界経済に動揺を与えるだけです。あまりの混迷ぶりに
少し呆れています。

200年間以上大国であり続けたイギリスはあまりにもプライドが高すぎて
最近は世界が見えていない。EU離脱することは大国イギリスの落ち目を
象徴しています。もちろん主権の回復や難民の受け入れに耐えられなかった
気持ちは分かりますが!

EUのリーダーはドイツでありフランスです、イギリスではありません。
イギリスは欧州連合であるEUには加盟していますが通貨統合のユーロ圏
に入っていないからです。イギリス市民の大多数が以前ユーロ導入に反対し
ていました。その意見としてイギリスの政治的・経済的主体性を失うという
ものがあり、また別の意見としては、プライドの高いイギリスは、慣れ親し
んだポンドから切り替えられないからだと言われています。

今回のEU離脱も最大の原因は難民の受け入れと言われていますが、もう一
方世界第5位の経済大国でありながら、EU内でドイツやフランスにリード
されイギリスの意見が通らないことです。当然なことでイギリスはEU加盟
国ですがユーロ圏ではないからです。

しかしEU 離脱における最大の課題はアイルランド問題です。イギリス領で
ある北アイルランドとアイルランドは同じ島でありながらポンド圏とユーロ
圏に別れます。イギリスのEU加盟により国境は撤廃され関税などなくなっ
たが、今回イギリスはEU離脱によって再び国境を作らなくてはいけなく
なった

イギリスは、物理的国境を設けず、紙の上で輸出入の関税をかけるつもりで
すが、EU側は反対しています。EUから離脱するのであれば、加盟国との間に
税関を設けるのは避けられない。特にフランスのマクロンなどは「イギリスに
いいとこ取りだけさせた離脱など絶対にさせない」と強固に言っています。

とりあえず15日、EU離脱を6月末まで延期する動議を可決しました。しか
し21日からのEU首脳会議で全加盟国の承認が必要です。一国でも反対す
ると再延期はありません。いずれにしてもイギリスは最大の危機に直面して
います。

イギリス保守党内にEUとの関係を絶って「主権の回復」を目指している強硬
離脱派が多くいます。其の人達は「合意なき離脱による経済的な悪影響が
過大評価されている」と言っていますが、離脱以降英国からEUへの輸出には、
いきなり10%の関税がかかるのですよ!

イギリスを弱体化させようとしている張本人はボリス・ジョンソンです。
彼は1964年にアメリカのニューヨークで出生してからイギリス外相に就任した
2016年までの52年間、この間に下院議員に3回、ロンドン市長に2回、それぞ
れ当選し、また、イギリスのEUからの離脱を主張するブレグジット・キャンペー
ンのリーダーでもあったが、その間、ずっとアメリカとの二重国籍でした。

欧州連合(EU)のトゥスク大統領(常任議長)は、英国のEU離脱を「安全に
実現させる構想を提示することなく市民をあおった英国の政治家を痛烈に
批判した」つまり移民を受け入れることの経済、財政、文化的なメリットや、
EU加盟国であることのメリットも十分に説明してこなかった。政治家の重要な
役割である「国民への教育」が欠如していました。

トゥスク大統領は「英国のEU離脱を安全に実現させる計画を描くこともせ
ずに離脱支持を言いはやした人たちは、地獄に落ちても当然なのではない
かと思う」と言っています。

イギリスの貿易額の約半分を占めるEU諸国との交流について通関手続きや
関税措置、金融規制などが一夜にして変わります。これはまさに経済的な
大惨事です。企業の脱英国の動きは止まる気配がありません。

いい加減に目を覚まさないとイギリスの地盤沈下が一気に進むことがわから
ないのだろうか、現にイギリスでの生産戦略を見直す動きが次々に表面化し
ています。ホンダ、日産、トヨタ、塩野義製薬、みずほ証券、ソニー、アサ
ヒグループなど多くの日本の企業はイギリスでの生産中止を発表しています。

大企業だけでなく中小企業の多くもイギリスから逃げる準備をしています。
イギリス人は知らないだろうが、日本企業は大小合わせて1000社以上が
進出しています。小売業は関係がありませんが製造業にとってEUへ輸出す
るのに10%の関税は致命傷です。

イギリスに進出した日本の自動車産業は部品メーカーも含めただけでも約
80万人の雇用があります。その他の製造業を合わせると其の倍の雇用が失
われます強硬離脱派の政治家はこの事実を知らないから「離脱による経済的
な悪影響が過大評価されている」など無知をさらしています。

強硬離脱を唱えるイギリス政治家の罪は果てしなく重い。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります






コメント

私が嫌韓になった事

初めまして
ずっと拝見しております。
私はとても平凡な人間です。取り立てて自慢するものもありません。
ですが、まだ韓流云々などなかった時に、旅行代金の安さに釣られて韓国に旅行に行ったことがあります。
結果は、散々嫌な思いをして帰ってきました。
その頃の私はといえば、日本が韓国に悪い事をしたとうっすら肯定している様な、はっきりいえば、よくわからない国 ぐらいの感覚でした。 
しかし、韓国に行く前と後で私の韓国に関する感覚と印象は、180度変わってしまった。
百聞は一見にしかずとはよく言ったものです。
金浦空港からソウルに向かう道すがら、現地のガイドさんが妙な事を言いました。
私の名前は#¥ですが、私は中国人ではありません!ありえません。
こちらは当時、金、朴ぐらいの名前しか思い付かないレベルの知識の無さでしたので、その言い方にとても違和感を感じました。
そして、ホテルに着いて、誰かがノックしても絶対開けるな、窓も
開けてはいけないと、他にもあまりに違和感と嫌なことがオンパレードでもう割愛しますが、帰国してから、私は猛烈に韓国の事が知りたくなり、図書館に行ったり、ネット(当時は極一部嫌韓)で調べたりしましたが、知れば知るほど、今迄の自虐的なマスコミ媒体の意見と違ってくるのです。
私は今嫌韓of嫌韓ですが、旅行によって、意識が激変しました。
子供の頃、私の住んでいる地域に在日が固まって住んでいました。
しかし彼らは日本名でしたので、子供の私にはよくわかりませんでしたが、ある日、3人の友達で話していると、突然激昂したその中の一人が私達二人に向かい日本を侮辱する事を言いました。韓国など何も関係ない話の途中だったのでよく覚えています。
今思うと、これが火病なのかなっと?
あれから三十年、嫌韓サイトを欠かさず見てきましたが、最初は人種差別と罵られた人も多かったのですが、今や真実を知る人が多くなり隔世の感です。
下らない事をクダクダ書いてしまいましたが、これからも
読ませていただきます。よろしくお願いします、

ブレクジットは。瓢箪からコマ

>ブログ主様 今週も更新有難うございます。
 丁度、1週間前くらいに、同じお題で別のブログに、コメントしたのですが、結論から言えば、私は英国のEU離脱に賛成です。 理由は、米支戦争の帰趨が、明らかに、習近平率いるシナの負けが見えて居るので、其れに乗っかって居る、ドイツやイタリアは、シナの外債1京円と言う、ヴァーチャル・マネーの貸してですから、大きな痛手を受けると、予想されるからです。

 確かに、英国がEUを抜ければ、英国に進出している日本企業は、10%の関税を懸けられたのでは、利益が大きく減殺されますから、既に各社、撤退計画が発表されて居ますね。 160万人の失業と言う問題にも、頭を抱えて居るでしょう。

 然し、キャメロンの後継のメイも、実は、残留派だったのですから、国民投票の結果、離脱派が勝った時は、目の前が真っ暗になったでしょうね。 メイは、何故キャメロンが、こんな結果が出る事を予想もせず、国民投票をしたのかと、思ったに違いありません。

 でも、世論はその時に、既に、英国内の移民の浸食状況に対するフラストレーションは、限界に来ていた、と思います。 唯、関税10%の壁に、理性的に対応すれば、離脱は無いと思って居たのでしょう。

 そして、モゥ一つ理由があると思います、其れは、EUはグローバリスト「=アナキスト」の根城の様な存在で有ると言う事です。 ブログ主様が云う「強硬な離脱論者」は、反グローバリズムの人達が殆どでしょう。

 移民の問題は、英国が嘗て、世界中を植民地化して居た事の、負の遺産ですが、大英連邦と言う紐帯が、有形無形のメリットも齎して居るので、此方は容認するしかないのでしょうが、今更、共産主義者を受け容れるのには、拒絶反応が有ると思います。

 其れに、英系ロスチャイルドの存在が大きいと思います。 彼らは、米国の連銀(FRB)の所有者で有り、基軸通貨US$の発行権を持って居るのですから、米国と一体だと言っても過言では無い。

 米支戦争で、英系は当然、米国側に着いて居ますが、仏系は、当初、シナ側に着いて、ダッソーやエグゾセ等の兵器産業のお得意さんにして居ました。 処が、英系からの忠告(警告?)で、仏系は、旗幟を翻して、日米英側に参加しようとして居ます。 此の仏系の判断で、仏系の子飼いの政治家であるマクロンの対英姿勢は変わって行くでしょう。

 ドイツも、現在大変な事が起りつつあります。 其れは、世界のEV化のスピードが、燃料電池やEDLCの開発に拠って、大幅に上がって居るカラで、現在ベンツやアウディ、BMW等の嘗ての高級車を叩き売りにし始めています。

 欧州での排出ガス規制と、日本の競合メーカーとの技術格差が、一向に縮まらないからです。 この分なら、ドイツの、BMW、VWそして、ダイムラー・ベンツ三社の合併も近いでしょう。

 然し例え、3社が合併しても、カギを握って居るのは、バッテリーや燃料電池の開発ですが、日産・三菱が、既に、一回の充電で、400㎞を走る「ノートEパワー」を発売して居ますが、その性能を更に高めた、550㎞以上走れるEVを発売するとの話ですから、量産で値段が安くなれば、内燃エンジンを積んだ自動車は、間違いなく不要になりますね。 ダカラこその、叩き売りなのでしょう。

 つまり、日本の自動車メーカーが、英国から撤退するのは、ブレクジットの所為だけでは無いと言う事です。 所謂、「一旦持ち帰って、検討してから再進出するが、今のところ、何を作る工場を作るのかはわからないが、当然、新工場を建設する」と、言う事でしょう。その際に、雇用を守る面での協力要請が、英国から来ていると思います。

 ドイツも技術開発に資本を投下して、日本を急追して来るでしょうが、ドイツが現状頼って居る市場には、シナ市場も大きな位置を占めて居る事は否めないでしょう。 まぁ、それは日本とて同じですがね。 今後、シナの衰退、ASEAN、南アジアの市場活性化に、どの位ドイツが対応できるのか、と言う話に成りそうです。

 フランスは、独自の技術開発力が弱いので、謂わば、韓国と同じく「組み立て屋」としてドイツや日本の車を組み立てる仕事を貰って居るダケの話ですから、国営企業ルノーが日産・三菱との提携が破綻したら、内燃エンジンの車が消滅するこの先、フランスの自動車産業そのものが、消滅してしまいますね。

 見回せば、EU加盟国でマトモに、経済が回って居る国と言えば、ドイツとフランスだけ、後は、10年前のリーマン・ショックの影響から、未だ抜け出せていない、完全なお荷物国家だらけです。
 
 ダカラ寧ろ、EUは、解体の方向も考え始めて居ると思います。
 
 以上の理由で、私は英国がEUを脱退するのは「瓢箪からコマ」の気は有りますが、寧ろ、賢明な判断であると思います。 

長い目でみてEU離脱はありかと。

わたしもナポレオンソロさんと同意見です。
ソロさんのようにはいかず知識もなく弁もなく、理路整然とはいきませんが、英国としての代表者が国のマツリごとを牛耳れず、他の国がいい様に国を操ることに我慢ならないだろうというのは理解できます。難民が押し寄せ、ポリコレ棒で突っつきまわされ、そりゃ過去に植民地をいいように使ったことはあるけれど、なんでもかんでも人権がいちばん、人権を尊重しないものは悪魔のように言われ、英国の古き良き文化まで無くなり、インド系が多いのは分かるけど
イスラム系まで増えちゃって、アフリカ系も、さらにチャイナ、韓国系までふえちゃって、どうすんのさ、
貧しい東ヨーロッパからはドンドン来るし、もうやだぁ、てなもんではないでしょうか。

関税は掛かるけどそこは腐ってもタイ。また考えるんじゃないでしょうか。
EUのままだったらただただ他国民に侵食されるだけでしょうから。国民としての危機管理アンテナが動いたのだと思います。

とはいうものの、この先、前も後ろも崖っぷち、ならば空を飛ぶ、ぐらいに考えないと後進国へ真っ逆さまですね。

日本も保守が隆盛へと舵がきられた感がありますが、まだまだお花畑の人は沢山騙されてますから、英国の事を固唾を呑んでみてます。で、援護したいと思ってます。


暗闇三太です。

記事の更新ありがとうございます。

私も一部を除き、ソロさんのご意見にまったく同感です。一部というのはドイツ車の叩き売り云々、EV化でガソリン車が無くなる云々という部分です。話せば長くなるので書きませんが、この点ソロさんにはまたよく調べてもらいたいと思います。

ポルシェもドイツ車ですが、今期の売上高は過去最高となっています。支那での販売台数が圧倒的に伸びています。米での販売台数の1.5倍以上を売り上げてます。支那経済崩壊?w

F1でもメルセデス強いですね。3期ホンダが悲願の表彰台を飾りましたから、今後の展開に期待です。マツダも電気自動車を否定していますし、ベンツなんてこの春全車種一斉値上げしましたよ。値上げ前ギリギリで乗り換えましたが、寧ろ叩き売り大歓迎です。w

英国のEU離脱は破局だって?

お久しぶりです。
流石に今日のエントリーはギャグでしょう?
EUを将来の中華経済圏と仮定して、英国を日本だとしても、同じことが言えますか?構造は同じですよ。EUに取っては英国の国家主権が敵なんですよね。邪魔な訳ですよ。EUは国家主権を憎むグローバリズム。英国は国家主権を重視しようとしている訳です。
ブログ主は経済的な利益の為には国を売れ!と云っているようですね。冗談だよね。やっぱり。ギャグだよね。

イギリスの三枚舌外交

1915年、トルコの支配地域である中東で、アラブ人の蜂起によりトルコを背後から脅かしたい英国の外交官ヘンリー・マクマホンが、アラビア半島の遊牧民で聖地メッカの太守であるフセインにアラブ人国家の樹立を約束します。これをフセイン=マクマホン協定と言います。

1916年には、英国の中東専門家マーク・サイクスとフランスの外交官フランソワ・ジョルジュ=ピコが、エルサレムーバクダット線より北方はフランスの統治、南方は英国で統治するという秘密条約を結びます。これはサイクス=ピコ条約と言われています。

1917年、英国の外務大臣アーサー・バルフォア卿ライオネル・ロスチャイルドに「ユダヤ国家樹立」を約束する書簡を送っています。これをバルフォア宣言と言います。

そしてこの年、イギリス軍がエルサレムに入城し、オスマン・トルコ帝国による約400年のパレスチナ支配が終結しました。

フセインにアラブ人国家の樹立を約束し、ジョルジュ=ピコとは北方のフランス統治を約束、ライオネル・ロスチャイルドにはユダヤ国家の樹立を約束するという、この「イギリスの三枚舌外交」が今日のパレスチナ問題の大きな原因となっています。
ここに登場するマクマホンサイクス、ジョルジュ=ピコ、バルフォア、全員がなんとロスチャイルド一族です。
※これは知ったらアラブ人たちは、きっと怒り心頭でしょうね。

> ソロさん、日本国民さん


暗闇三太です。

再投稿すみません。

表題通りですが、ソロさん、日本国民さんへのお礼を伝え忘れておりました。アドバイスいただいた通り、温泉に行ってまいりました。本当に良い気分転換ができました。ありがとうございます。

大阪在住なので、近い所で有馬温泉を選びました。流石老舗の温泉宿で、仲居さんの応対も気持ち良かったですし、釣銭など札はピン札、小銭はピカピカで気持ちが良かったです。私は小売業、コンサル業を営んでおりますが、どの業であっても通じる大切な事があります。気分転換と同時に、こうした大切な事を思い出させてもらった休暇となりました。

失った資産は大きなものですし、支払う税金はふざけるなというものですが、気持ちが楽になって元気が出てきました。今後ともご指導ご鞭撻、宜しくお願い致します。

外国人を優遇し日本人を差別する制度を即刻廃止すべし!政府や売国経団連はいい加減にせよ!


ジャパンファースト

外国人を優遇し日本人を差別する制度を即刻廃止すべし!政府や売国経団連はいい加減にせよ!
税金の無駄遣い反対!

ワイセツ常習犯男が元総長だった東京福祉大学は即刻廃校にすべし。もちろん、ここに天下った文部省の役人どもは皆クビになる。授業料タダの上、国民の税金から毎月15万円を、こんな学校の外国人“留学生”(支那人中心)に与える制度は狂っている。

日本語もろくにわからない”留学生“らは学校に籍を置くだけで、勉強などぜず殆どはアルバイトに精を出しているのが実情だろう。彼らは結局仕事も嫌になり、不法滞在者として犯罪者や工作員になるのは目に見えている。

そもそも文部省が人口減少中の日本で、国費を乱用して、こういういい加減な大学を粗製濫造し、有害な外国人留学生制度を拡大してきた罪は重い。同じように学生が失踪している大学は、東京福祉大学の他に多々あるのではないか。安倍政権は、不良大学の廃校と外国人留学生制度の縮小・廃止を具体的に推進する責務がある。

なぜ日本は独立国家としての当然の権利、スパイ防止法がないのでしょうか?

トランプ政権は安全保障上の脅威があるとしパヨク中国留学生にも警戒感を抱く。トランプ政権は18年6月からハイテク分野で学ぶパヨク中国人大学院生へのビザの有効期間を5年から1年に短縮

CIA
の出先機関在日電通のやり方(コピペ)-
①日本人の精神を腐敗・堕落させ愚民化させろ。
②日本人の女を集中的に狙い洗脳しろ。
③韓国人、在日同胞への批判をしてはいけない雰囲気を作れ。
④ネトウヨ、ヘイトスピーチ、レイシスト等の言葉を浸透させ、同胞への批判を封じろ。
⑤「韓国人は悪くない!悪いのは韓国政府だ!」と誘導しろ。
⑥「反日の韓国人はごく一部だ!ほとんどの韓国人は親日だ!」と誘導しろ。
⑦ゲイタレントやハーフタレントに「幼少期、日本人から差別を受けた!」と強調させろ。
⑧韓国人識者やゲイタレントに政治的意見を言わせ、御意見番化させろ。
⑨「同性婚・LGBTを全面肯定しない者は差別主義者だ!」という雰囲気を作れ。
⑩海外セレブやハーフモデルをもてはやし、「日本人は劣等人種だ!」と植えつけろ。
⑪「未だにガラケーの奴は笑い者」という雰囲気を作れ。
⑫「LINEに入らない奴は仲間外れ」という雰囲気を作れ。
⑬「日本人の男VS日本人の女」の対立を煽り、分断しろ。
⑭日本人の男が、女から虐げられるCMを大量に作れ。
⑮日本人同士で恋愛・結婚させない、子供を生ませないよう誘導しろ。
⑯日本人同士で結婚していたら離婚させる方向に仕向けろ。
⑰女が活躍するドラマばかり作れ。男は無能な役、笑われ役にしろ。
⑱電通が力を入れるドラマには必ず韓流スターを出演させろ。
⑲イケメンブームを定着化させ、「男は外見が全てだ!」と洗脳しろ。
⑳我々がステマしてやれば無名女優も売れっ子女優に早変わり。

ECとは

ECの成立はヨーロッパにおける戦争を回避するため、全ての国が同盟を結ぼうと言うことで、まとまったものと理解しています。
突き詰めればドイツとフランスの問題なのですがね。
第一次世界大戦は切っ掛けはオーストリアとセルビアの争いですが、同盟関係でドイツ陣営とフランス陣営に二分され世界大戦にまで拡大しました。
第二次世界大戦はフランスのドイツ憎しで過剰な賠償金を押し付けたためドイツが反発したのが原因です。
ドイツとフランスの間で処理すれば済むのにヨーロッパ全体まで拡大して収拾がつかなくなりつつあるのが現状だと思います。
ドイツ、フランスの北ヨーロッパ勢と?イタリア、スペイン、ギリシャの南ヨーロッパ勢を経済的に一緒にするのは土台無理かと思いますが?
政治的に結びつくのは理解できますが、何故経済的つまりユーロへの統一まで進んだのか疑問です。
ドイツとギリシャの経済競争は日本を例にすると東京都と島根県が同じ土俵で経済戦争をするようなものです、それ以上かな?。
日本なら地方交付税と言う形で東京から吸い上げた税を島根県へ交付するのに文句言う日本人はいません。
しかしギリシャ危機の時。ドイツ人はあの怠け者のギリシャに我々の税金が支給されるのは我慢ならんとの意見が多く出たと聞いています。
ギリシャがドラクマと言う通貨発行権を有していたら、ドラクマが暴落して輸出しやすくなる半面、輸入価格は高騰して輸入しにくくなり、自然と財政が均衡していきます。
それがユーロ一本だと経済規模に比例してドイツは何時までも大黒字で、ギリシャは何時までも赤字になります。
ギリシャ問題は突き詰めれば富の再分配ですが、日本のように全体で経済を考えられるようになるには、もう少し時間がかかるのか?永久に無理なのか?どちらでしょう。
その点イギリスはポンド発行権を有していたので、出る必要はなかったと思うのですが、EC官僚にいろいろ口出しされるのと、やはり移民の問題が大きかったのでしょう、理解できます。
今後関税が10%かけられて輸出がしにくくなるとのことですが、ポンドを10%くらい安くすればいいのでは、自国通貨発行権を持っているのですから、10%安まで発行して対処できるのではと思います。
しかしその半面、輸入価格が10%高騰します、通貨発行量と物価高でインフレになりますかね?。
今日の虎ノ門ニュースでイギリスはイギリス連邦の多くが加入しているTPPに加入の意思があるとの事、ブレグジットの影響緩和になるなら、それも良いのではと思います。
EC内でもドイツ、イタリアとシナに前のめりになっているので無傷では済みそうにありません、どちらに吉と出るか、双方とも凶と出るか見ものです。

EUから離脱せよ!



私もだいたいソロさん同様で、英国のEU離脱に大賛成です

そもそもヤバいのはEUのほうですからね
英国は失業率も3%台と、欧州諸国よりうまく行っています

ドイツは勝ち組のようでドイツ銀行がシナからの膨大な資金で支えられていてシナ経済と一蓮托生です
そのシナの見通しが暗い

フランスは首都のパリであのような騒擾でデモというよりテロ状態、
国内は分断されている
実は経済はそうとう悪く、ルノーは日産にしがみつく始末
そもそもブルゴーニュとかの有名ワイナリーが続々支那人に買収されて
いるのはどういうことか

EU諸国を眺めれば破綻同然の国もあれば、
イタリア始めEU脱退をほのめかす国も複数あります
オランダは経済が好調ですが、やはり脱退の世論が高まっています

英国の脱退を阻止するのに意地悪をしているのは、そうする事で他国が英国に続いて脱退するのを防ぎたいからでしょう
ある種の我慢比べ?
英国はずるずる引き延ばしてドイツやフランスに経済危機的な事件が起きるのを
待つのも手かも・・・

もともと英国人は海洋民族的で、自由を愛し束縛を嫌うのです
だから風通しの悪い欧州諸国を抜け出して英国に渡り、企業したり、芸術を創造した欧州人は多かった
おそらくアメリカが発見されるまでは、ブリテン諸島は欧州人が目指した自由の国だったのではないか

ナチスへの服従を絶対に受け入れず、ドイツ空軍の空襲に耐えたイギリス人の根性はまだ生きていると思いますね
自分たちが選んだわけでもないブリュッセルに居るEU官僚が繰り出す理不尽な規制の数々に、多くの英国人は怒っているのです

EU脱退後、英国には様々な苦難が待ち受けているでしょうが、その後は
「やはり抜けていて良かった」という事態になると思います

だいたい過去100年で、ドイツやフランスが正しい判断したことって無いですからね

テリーザ・メイ首相はたいへん粘り強く頑張っていると思います
普通だったらこの八方ふさがりの状況では、職を投げ出して辞任してますよ
少なくとも前任のキャメロンやブレアよりは骨がある政治家でしょう

英国には王室があり、その存在によって非常時に国民がひとつになれるのです
英国国教会なんていうのも、国王が離婚するためというのは方便で、
要はローマカトリックの束縛から離れたかったのでしょう

フランスなんてデカい顔してますが、二次大戦ではすぐにドイツに降伏すると、
さっさと親ナチ政権作ってユダヤ人狩りに協力、イギリス人はこれをいまだに赦していないのです


だから Brexit は理屈だけでなく、皮膚感覚でも見ないと理解できません


英国頑張れ! とエールを送りたい







長い目でみてイギリスのEU離脱は正解だと思います。

恨と反日の遺伝子を持つ山葡萄原人の子孫である朝鮮人たちの語録
● 日本に密航してきた在日3世の告白 『あのさ、君達の大嫌いな在日で俺在日3世だけど別に嫌われようが何されようが、こっちはどうでもいいよw 日本という国における「楽して稼げる職業」は全て在日・帰化人が握ってるし(笑) 金あるから在日でも日本人女とやりまくりw あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆) 俺達はもうお前達日本人みたいに毎日毎日仕事とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw 今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。 いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるかってこと。つまり日本の中に、俺たち朝鮮韓国人の血を増やして在日を増やす。んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。 んでこの国を乗っ取る。今はもうその最終段階に入ってるわけ。 平和ボケした危機感ゼロのアホ日本人は気づいてないがw 例えば韓流ブームやパチンコ産 業や消費者金融 あれは在日が作ったって知ってる? あれだけ大規模なブームを作れるくらい、 もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国やパチンコをヨイショしてくれる。 パチンコにはまるアホ日本人のおかげでパチンコ産業は儲り消費者金融会社も潤った。 韓流ブームのおかげで韓国へのイメージもよくなったし 韓国人や在日の男と結婚する日本人女も多くなった。 つまりあと30年もすれば日本は在日主体の社会になるって事だよ。 たった100万人の在日に使われる1億人の日本人w お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよ。どう?ムカムカする?(爆)まあすでに我々はパチンコと消費者金融で糞日本人を奴隷にしていじめたおしてるけどなw ほんとお前ら糞日本人見 てると家畜の豚に見えるよw そうやって、これからも我々の為に尽くしてくたらいいよ。(爆)』 http://ameblo.jp/kokusyuto/entry-11485265360.html

●在日朝鮮人のスン・シン(Sun-sin@Sunsin191931)の意見=『日本人はWW2で米国に負けたのは認めるが、なぜか大韓民国に負けたことを認める者は少ない。未だ正しい歴史認識が徹底されておらず、負けを認めたくないのだろう。

>暗闇三太さま、日本国民です。

しばらくコメントがなかったので
気がかりでしたが、気分転換もされましたようで、
何よりです。
失ったモノは大きかったようですが、その代わり、
何かを得ることができたかもしれません。お金は
また稼げばいいのです。健康はかけがえないですよ。
これからもご自愛の程、抜かりなきように・・・。

また鋭い弁説など、心待ちにしております。

白人シオニストの遠隔操作された指導のもと、日本人削減計画を推進する日本政府を許さない!!


予想通り、今年の夏、ゲノム編集食品ガン、不妊、痴呆の原因遺伝子組換え作物が安全審査なし、表示義務なしで、流通する予定ですね。。!

私たちは人体実験させられてます。!!
何か起きても売国国会議員も売国官僚も売国経団連も誰も責任をとりません。!
自分の子供も食べるかもしれないと思うと、気が狂いそうです。!
神経毒フッ素添加した水や米だけじゃなく、ゲノム編集まで手を出した。
これが売国国家なんしょうか。!!
犠牲になるのは、いつも一般庶民なんです。今の政治、高齢者の雇用を守らず実質賃金を下げるための移民もそうですが、どうして、日本人は無関心なんでしょうか。?日本人は怒り心頭です!!

間もなく、移民法が施行され、移民国家日本が本格的に始まります。

 しかも、日本はデフレ下で緊縮財政を強行するという、最悪の環境下で実質賃金を下げる移民を受け入れていくのです。当然ながら、実質賃金を下げる移民に「害を受けた」あるいは「害を受けたと思い込んだ」貧困化した日本国民(恐らく若者)が反発し、ノルウェーやNZと同じタイプの事件が多発することを「覚悟」しなければなりません。

 実質賃金を下げる移民政策のトリレンマからは、誰も逃れられないのです。

 反移民の勢力が勃興し、移民を庇う国民も声を出し、移民政策を巡り、国民が真っ二つ。国際金融家達は喜びで大笑いでしょうね!反移民派と移民推進派が衝突する反対側で、1%グローバリズムの政策は容赦なく進められていく。

 この「構図」を理解し、何としても日本の移民国家化を食い止めなければなりません。

「すでに、日本は移民国家だよ」
 と、冷笑するのは簡単です。

 とはいえ、本気で日本国のことを考えるならば、将来の日本国民に対する責任を果たしたいならば、「100負けても、101は負けない」「1000負けたとしても、1001は負けない」と、足掻く必要があるのです。

 少なくとも、わたくしは足掻きます。

「日本の移民国家化を食い止める!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!

我が国が『変容』してきたのは…
歴史的には「いいとこ取り」でした。
宦官は入れない…奴隷制度は根付かない。
聖徳太子の時代も幕末明治も同じです。


我が国が、いいトコ取りで表面的に『変容』しようとも…
『伝統』だけは維持して参りました。
具体的には「皇統・日本語・日本人」です。

移民国家化は、その『伝統』を破壊するから受け入れられないと申しておるのです。

プログ主様、いつも更新ありがとうございます

本日はブリテンネタですか?
移民問題絡みですな。

本邦に当て嵌めて言えば、日本人に善人悪人がいるように、外国人労働者にも善人悪人がいるのでその線引きをしっかりすることですな。

ルールを守れる者が善人、守れないクズは悪人です。

粛々と罰すだけです。
「群れさせさえしなければ」日本の警察力は負けない。各個撃破。

この点、いつも民団・総連といった「圧力団体」の威を借りようとする韓国籍・北朝鮮籍はまがう事なき悪人です。

その態度即ちルールを守らないと公言して憚らないのと同じですからね。

そもそも何故韓国籍・北朝鮮籍「だけ」、日本国内に圧力団体を保有することが許されるのか?
サベチュニダ!サベチュニダ!

韓国籍・北朝鮮籍「以外」の国籍者に対するサベチュニダ!

これから日本は、改正入管法のルールに従って外国人労働者を増やしますが、「公平を期すため」、特別永住資格は廃止し、既に思いっきり政治的結社である民団と総連は憲法違反の存在として解散命令出すべきです。

そのような運動が、日本国民と韓国・北朝鮮以外の国籍者による「共闘」で盛り上がることを期待します。

数は力だ。
少子化のテョンどもなど、踏み潰せ!

英国の心配をするよりも

英国が繁栄するも衰亡するも勝手ですが
その影響が日本にどう及ぶかが肝心だと思います。

そもそも、英国は欧州のユダヤ人を一掃すべく
ヒトラーとシオニストを使ってイスラエル建国に成功し
思惑通りの戦後で米国の利益を吸い上げて
中東の石油利権も手にしていました。

この際、米国の欧州戦線参戦を促すために
チャーチル、ルーズベルトは手を組んで日本を追い詰めた。

アフガン、中東などなどの現在も続く紛争も根元を辿れば
英国に責任がある事は明白。

そろそろ、英国はツケを払うべき時期では?

EUの欧州が一つの文化圏との思想が間違っていたのだと思います。
全欧州を支配下に置けたのはローマ帝国ぐらい?

ラテン語の方言を話すカソリック系諸国
ゲルマン、スラブなどの非ロマンス語族でプロテスタント系諸国
そして欧州は統合できなかったけど世界帝国を築いた英国、英国国教会

この3種は混ぜる事はできない文化なのでは?

チャイナ、コリア、日本などを漢字を使うから、仏教だからって
通貨統合し、各国政府の上位に政府や裁判所を作るようなもの

ーーーー

日本としては、英国に恩も恨みもあるけれど・・・
TPPに加盟させ、新日英同盟として、チャイナ、ロシア、EUに
対抗するパートナーとする方が得策だと思います。

済州島カジノ、三流女優の性接待で中国人客誘致

http://blog.livedoor.jp/news_aru/archives/46578512.html

【詳細】は
【Web検索システム カジノ】「済州島カジノ、三流女優の性接待で中国人客誘致」 をカチッとね!
http://aixin.jp/axbbs/kzsj/cskjn.cgi

最近、反日売国テレビ局・マスコミで宣伝し
ている静岡空港発の済州航空の意図を見抜き
ましょう。
支那朝鮮のやる事は、日本人から見て理解出
来ない事ばかり。
支那のやっている事は加減をしらない。
 朝鮮のやっている事や話は自分のしている事
や言って いる事の意味を判っていない。

反日売国テレビ局・マスコミに騙されていた
日本人視聴者がこの報道を知れば支那朝鮮の
正体に気付き嫌韓嫌支那派が益々増加するで
しょう。

詳細は
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12448442655.html

GHQが潰した11旧宮家を元に戻せばすむ話

●緊急拡散宜しく《コミュニスト菅官房長官が「女性宮家」推進を明言、保守派国民は総力を結集して阻止しなくては日本崩壊です》


■一連の反日法案「移民法」(特定技能第2号:更新可、家族残留可)や
「日本分断法」(アイヌ新法)、種子法、水道法等の
国家解体に直結する法案を推進していた菅官房長官が、
究極の国家解体に直結する「女性宮家」法案の実現を
「新天皇の即位後速やかに議論」(19/03/18)と、予算委員会で明言しました。

菅官房長官は、女性宮家などについて
「新天皇の即位後、速やかに議論を始める」意向を表明し
「皇族数の減少等については、皇族方のご年齢からしても
先延ばしすることはできない重要な課題である」と認識を示して
「(新天皇が)ご即位された後、というふうに考えています」と、
即位後即座にすることを明言しました。しかし、今上陛下のお姉さまの照宮成子内親王と東久邇盛厚王と御結婚され三名の男子が誕生されており、それぞれ皇太子殿下より天皇陛下の血が濃いことは、国民にはいまだ認知されてません。また、その三方には男子のお孫さんが三名いらっしゃいます。それらの家族から皇族復帰いただければ、皇位継承問題は解決するのです。皇統は一天皇家族の継承によって維持されてきた訳ではありません。速やかにGHQによって皇籍を奪われた皇族の中から男系男子のいらっしゃる方に戻って戴ければ、皇位継承問題は一気に解決するのです。実にカンタンでシンプルな話です!!
ナゼ、難しく考える必要があるのでしょうか?

この「女性宮家」は、2千数百年の我が国の歴史の崩壊を意味する
「国家解体法」そのものであり、菅官房長官が我が国を解体しようとしている事を
国民は認識する必要があります。

菅官房長官は、日本語をまともに喋れない滑舌の悪さは、国民周知のことですが、
そのような菅官房長官がキリスト教「美智子皇后陛下」の意向であっても
国民は皇統を破壊することなど認めておりません。

旧憲法には、皇族を罰する法律がありましたので、
まさに皇統を破壊する「女性宮家」を策しているとなると、
罰則の対象になった可能性があったでしょう。!!
そのような内廷の意向を嵩に殺人集団共産主義菅官房長官が「女性宮家」を推進しているとなると、
コムュニスト菅官房長官の出自を徹底的に洗い上げる必要があります。!!まさに天一坊である!!!


女帝待望論を言っているのは、在日小泉純一郎氏、在日疑惑二階俊博氏、長谷川慶太郎氏、小林よしのり氏です。とんでもない日本破壊4兄弟です。
このY染色体D系統をもっているのは
日本人 ・チベット人 ・中近東の人・ ユダヤ人これ以外では、 世界中どこにもほとんど存在しない。
中韓は、持たないわけです。
中近東の人はD系統の仲間、E系統も持ってるけど、 どちらもY染色体の中でとても古い系統。
ちなみにアジア特有のY遺伝子はO系統であり、東アジア地域全体に分布。
同じアジアでも私たちのY遺伝子にあるD系統は 島国の日本や、 山岳チベットだけに残ったということ! このD系統はYAP遺伝子とも言われていて、 Y遺伝子の中でも、これまた非常に古い系統。
民族の特徴はY遺伝子から現れるとされています。
男⇒XY 女⇒XX
Yは受精による組み換えの影響を受けない。
だからこのYAP遺伝子は お父さんから息子にしか伝わらない。
日本人の女の子は持ってないという事になるのだけど
私たちの祖先は、中央アジアにいた集団が 3万年くらい前の氷河期に、 北海道のほうから入ってきた。 日本人のうち 約半数がYAP遺伝子をもってて 5%が東南アジア系等のいろいろな遺伝子 朝鮮半島人のO系統と似たのは 2.5%にも満たないんだそうです。 つまり、半島のかたたちとは 全くの赤の他人ということ( ´艸`)
するとね。 やはり、女系天皇なんていうのは問題外というお話になるわけですよ。
Y系ならY遺伝子が確実に受け継がれていくけど、
女系で繋いでいくとY遺伝子は全く別物が入ってくる。
今上天皇の体には神武天皇のY遺伝子が受け継がれているわけで。
女系容認なんて言う奴は、 ただの無知か、天皇家の血を絶ちたい国賊かってことですね~

人類は今「人類の生存の危機:」に目覚めるべき

>暗闇三太さん ソロです。
>>有馬温泉に行ってきました
 私の想像通りだったので、思わず笑って終いました、流石に、「関西の奥座敷」と自称するダケ有りますね。 で、リフレッシュできたのなら、幾ら懸ったか知りませんが、安いもんですよ。

 日本国民さんも仰っている様に、大事なのは、心身の健康ですからね、ネガティブな考えは、ネガティブな展開しか生みません。 其処を一掃するのが、賢い時間の使い方です。

 リセットした心算で、亦、頑張って下さい。

>>Stratocaster さん
 お久しぶりです、英国の事には、殊の他、御詳しいので、是非、コメントを読みたいと思って居ましたので、願が通じて嬉しいです。

 私は、ドイツについて、チョット、ネガティブに書き過ぎたかなぁ、と思って居ましたが、フランスは、何時もの変わり身の速さと言うか根性の無さで、既に日米側に寝返って居ますが、フランスの経済状態の内幕を看たら、工業系の産業は韓国並みの「組み立て屋」で、労働力のはけ口以上の意味は無いし、欧州一の農業国だと胸を張っても、主要産品のワインの製造元のワイナリー毎シナに買い占められているのでは、近い将来の品質の低下は避けられないでしょうね。

 「この100年、ドイツやフランスの判断が正しかった事は一度も無い」と言うのは、効きましたねwww フランスは、唯の根性無しの気取り屋ダカラ、仕方が無いですが、ドイツは、ゲルマンの変毛本元意識のプライドが高すぎで、自分の正しさしか見えて居ないから、深入りして終うし、間違いに気付いても引き返せなくなって居る。 正に今がその、最後のタイミングなんですが、引き返しませんね。ww 3度目の失敗確定ですね。 借金も、300兆円繰りなら、取り消しも可能ですが、流石に千兆円を超すと、一緒に破綻して、世界は恐慌こ抑えこむのに必死にならざるを得ない。

 勿論、独仏が中枢のEUが、無事に済むはずが有りません。

 EUの運営が最初の裡、順調だったのは、国際金融資本の全面バックアップが有ったからで、謂わば、ソ連の自壊で、世界覇権が転がり込んだ米国が、その覇権を弄ぶだけで、何も出来ないのを観て、ユーロを、石油代金の決済に使おうとか、言い始めたから、リーマン・ショックの様な、詐欺的な現象が起ったのだと思うし、米支戦争の遠因にもなって居ると私は思って居ます。

 全ては、米国の基軸通貨を守る戦いで有ると言えるのではないでしょうか。

 ですが、この先に、現れる新世界の構図は、ちゃんと描けて李うのでしょうかね、元はと言えば、米国が、転がり込んできた覇権を使って、世界を納得させ得る様な政治決断や方針を示せなかった事が。この約30年間の世界の迷走の真因ですからね。

 そう言う、大きな決断を長期に亘って、連続的に行うのは、一人の傑出した人だけでは、人には寿命が有りますから、絶対に無理で、亦、一国、一民族と言った偏りが有っても、無理でしょうね。

 やはり、世界が「人類の危機」に、目覚めなくては、こうしたムーブメントは起り得ないと思います。

大英帝国に日の沈むときは無い、てかw

>本瀬豊さん ソロです。
>>ブレクジット後の英国
 私も、Stratocaster さんのご意見通り、英国は欧州とは一味、地政学で言う、シ―パワ―の国だと思いますね、と言うか、英国が海洋国家ありきで語られた学問では無いのかと思ったりして居ます。

 16~20世紀中葉まで続いた、パクス・ブリタニカ創った、世界の植民地ですが、船の世界には、当然、その遺痕が残って居て、一般貨物船には「カーゴギア ブック」なるものが存在して居て、何尾事は無い、唯の荷役具の定期検査の記録簿なんですが「オーソライズド。パーティに拠る、毎年のエンドーズ(裏書)のサインが必要」とか、英国の請う工場法で決まって居る、と言う事でした。

 船が、旧英領のインド・パキスタン・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの港に、寄港した場合、必ず、政府の役人から提示を求められ、エンドーズして居なかった場合、ペナルティを支払わねばならない上、対応を誤れば「荷役拒否」に遭って、船が止まって終うと言う最悪事態に成る。

 つまりは、「集り」の口実何ですがねww こう言う悪弊は、英領だった国には、必ず有る様ですし、就中、オーストラリアは、もっと酷く、港湾労働者組合の検査と称して、船に買ってん居りこんで来て、荷役具や居住区のサニタリー系を勝手に検査して回り、「指摘事項」を千兆二突きつけて、勝手に「改善要求」をする話が有りましたね。 

 是で私の会社は、クレーンの改造費200万円/隻x3隻分と、ホールド・ラダーの改修・新替え費500万円x1隻の仕事をゲットしましたwww まぁ、80年代半端~後期の話ですがね。

 私は、インチャージ(担当)で、立ち会って居ましたが、クレーン改造は、事前作成できたので楽勝でしたが、ホールド・ラダー(貨物槽内梯子)の改修・新替え工事は、酷かった。

 大体東京からの電話で、「ちょっと船迄見に行ってもらえんか?」と言うリクエストで始まったので、行って現場を看て、「大体500万円ですね、で、次の航海迄に、内作して置きますわ」と電話Ⓦ切ろうとしたら、「否、直ぐに仕事に懸ってくれんか、既に、工事届は新日鉄に出して、許可を貰っている」とか、いわれました。 「こりゃあ、嵌められたな」と気が着きましたが、時既に、おそし。

 其処で、その場で作戦を建てて、人間を30人位手配して、工場内作班、現場取り外し取り付け工事班、運搬取り付け班の3つに分け、3日3晩、連続の完全徹夜の作業の上、工事場所が20mの絶壁に懸って居る梯子の架け替えですから、転落事故でもやったら一巻の終わりなので、私の首も飛ぶ、当然寝てなんかいられません。 私に出来るのは、船との折衝と、弁当階に行く事位ww

 仕事が無事終わった時は、慾も徳も無く、只ゆっくり眠りたかったけれど、姫路の広畑(新日鉄)~神戸に帰らないといけませんからね、彼らの居眠り運転が心配だったんですが「何処かで休んで帰る」の声を信じて、私は別に神戸港でのUSラインのコンテナ船での徹夜の仕事も担当して居たので、神戸に帰りましたが、気が着いたら、88時間位寝ずに仕事をして居ましたね。 マァ、こんな無茶を5年くらいやったので、40代にからだがkガタガタになりましたね。ww

 因みに、そのラダー工事の、オア・キャリア(鉱石運搬船)も、オーストラリア行きの船で、後で1等航海士に訊いたら、AWWF「=Ausyralian Wate-front Wakers Federattion」の規則なんだそうで、Port Inspectorの検査が、必ずあって通らないと荷役してくれないんだそうです。

 豪州は、流刑の島だと聞いた事が有ります。 野蛮な癖に、文明人を気取って居るが、直ぐに、ゴロツキの正体を現す連中ですね。

 まぁ、英国がTPPに噛んでくるのは。豪州とNZと言う2つの大英連邦国家が有るし、太平洋には、未だ植民地も有るんだからなんでしょうが、モゥ少し民度を上げて貰いたいんですがね、少なくと自身で、鉄を造り、鋼材を自給出来る様にしなくては、文明国家って名前だけになりますよ。 其れに、荒れ地を開墾して、農業生産をもっと増やすとか出来ませんかね、広い土地を持て余して居るのが丸分りですよね。

金を出す

2019年3月19日
英国国教会、手引書「ブレグジットに向けた祈りと対話」を公表
https://jp.reuters.com/article/britain-royals-raf-idJPKCN1R003L?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5c90ad424b73850001c4f85e&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

独が国防費増大の確約撤回へ、トランプ氏への対抗姿勢鮮明
https://jp.wsj.com/articles/SB12479105983883464394704585188862342992640

European militaries ‘will do more to counter China’ in Indo-Pacific
https://www.scmp.com/news/china/diplomacy/article/3002319/european-militaries-will-do-more-counter-assertive-china-indo
今後多くの欧州諸国が南シナ海で中国に対抗すべく共同で軍を派遣するだろうとの分析です。南シナ海は世界経済にとって重要ですし、何より公海自由原則の維持は必要不可欠ですものね。
特に興味深いのはイギリスです。記事によれば、イギリスは日本と情報を共有する政策を正式化しようと模索していたようですし、何より新基地まで設けてプレゼンスを高めようとしています。背景には自国経済にとって南シナ海が重要ということがあるようです。
----
イタリア首相(当時)ベルルスコーニが「ブンガブンガパーティ」で未成年買春をした事件の裁判で証言出廷する予定だったモロッコ人モデル女性イマン・ファディル(事件当時17歳)が、放射性物質を含む毒で暗殺された疑いとの報道。事件について暴露本を準備中だった。
https://www.thetimes.co.uk/article/200684ec-4781-11e9-924d-9729bcd51a7f

https://www.afpbb.com/articles/-/3216179
---
シンガポールの歴史を読んでみると、人民行動党には特定の政治理念はなく徹底的実利主義、国会には野党の議席ゼロ、国民の投票率ほぼ100%、徹底的なエリート選抜システムと、中途半端に大国である日本ではできなかった、極限まで無駄を削ぎ落とした効率最優先の統制国家の完成形を見る思いがする

シンガポールは建国者が中華系エリートであることもあって「科挙官僚国家の現代版」という印象
シンガポールは建国前に中華人民共和国が成立したため、建国後は中国から距離を取り、中国語教育も事実上放棄したようですが、結果として中国より科挙の精神を体現した国家になったとすると随分皮肉な話です。イギリスを範としながらもエリート観はむしろ科挙的
---
ネオリベは東京をシンガポール化したいようだけど、他所はどうする気なん?カジノと売春と乞食で食えってかあ、それスワロウテイルの日本や、しかもより劣化した。

『スワロウテイル』
1996年9月14日に公開された岩井俊二監督の日本映画。
架空の歴史をたどった日本にある街を舞台に移民達を描いた作品で、登場人物達が日本語、英語、中国語(そして、それらを混ぜた言語)を話す無国籍風な世界観となっている。
---
「多様性を尊重し、寛容に受け入れます」と表明するのはよいけど、それによってどうしたって生じるこうしたコストをどう払うのか、というところまで考えてやってるのかな。やってないんじゃないのかな、っていうのが『西洋の自死』という本にしっかり書いてありましたね。

シンガポールみたいに上級市民が住むリベラル特区だけ自由と平和が護られたら他はどーでもいいのが本音というか、昔っからNYなんかでも欧米の都市はそういう構造

九州男が上京してきて「女が飯をよそうのが当然」言うだけでぶっ叩くリベラルのどこに異文化へのリスペクトや寛容があるのか
---
打つ手がない

「中年フリーター」がこのまま高齢化する日本の悲劇
3/17(日)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190317-00010000-newswitch-bus_all

中年フリーターの絶望への処方箋が「カウンセリング」ってたいがいにせえよ。

このままじゃ革命と宗教の第二のオウム、いや集団自satuの人民寺院系が出て来るかも。
---
左翼が担ってきた役割は極右に奪われてしまった

脱構するだけでなんも構築せず「ハイ論破」ばっかりやってる馬oしかいないんですから、90年代以降のリベラル。そりゃ自滅しますよ。
そのうえ「ハイ論破」したものがその後を全く捉えておらず、社会予言の全てを見事に外しました。

「飯食わせろ」と「仕事よこせ」と「表現の自由」は完全に右派のものになっちゃたわねえ。左派に残ったのは「反文明」とか「清く貧しく」とか「暴力見ても非暴力」とかくだらないものばかり。
---
本来、派遣業ってのは何度も言ってるけどあんな人足寄場やドヤみたいなんじゃなくて、中小企業が自社手間育成できない事務員を繁忙期やら期間限定で勤務してもらう、高いスキルを持ってて、その代わりにそこそこの報酬を支払い、派遣元が福利厚生をきちんと行うって筈だったのだが、どこで間違ったのか

日本企業の本来の強みである定期昇給と終身雇用をいきなり無くすのは抵抗が強いから、新身分としての派遣・非正規を作り上げ順次入れ替えを図ったんだよなあ。犯人はもちろん小泉・竹中である。
---
東京福祉大学、3年間でおよそ1400人の留学生が所在不明になっているにもかかわらず、2017年度は「所在不明者は0人」と文科省に嘘の報告~ネットの反応「これもう実質、違法入国のブローカーだろ
---
←日本のアニメ会社
完全出来高(大体月給3〜5万)
福利厚生交通費ナシ

→中国のアニメ会社日本支部
月給25万以上
福利厚生交通費支給アリ

今は日本のアニメが多いけど、このままだと日本のアニメーター引き抜かれて中国産のアニメが大半を占める日も遠くない

日本人が作る中国産アニメという事で
https://twitter.com/karaagebo3/status/1108341346392117248
資本が国際化してるから、別に、雇い主がどこであれ、日本人労働者の分け前が増えるなら良いではないかとも思う事がある。
日本製と思ってたって株主外国とか、多国籍企業の子会社だったなんて事例はたくさんあるわけで。

中国企業が高待遇の求人を出してると定期的に話題になるけど、一般に外資企業は
1.現地から優秀な人材を吸い上げる
2.現地での信用を勝ち取る
3.ノウハウが競合他社に流出するのを遅らせる
等などの理由から現地採用の賃金を高く設定せざるを得ないのですよね
---
「ロシアより怖い中国」一帯一路にG7の一角イタリアがなびく「債務の罠」欧州にも広がる
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20190307-00117362/
「債務の罠」にはまるギリシャとイタリア

欧州主要港における中国企業の出資比率は次の通りです。

オランダ・ロッテルダム港(35%)

ベルギー・ゼーブルッヘ港(85%)

ベルギー・アントワープ港(25%)

仏ダンケルク港(45%)

仏ナント、ル・アーブル、マルセイユ港(各25%)

スペイン・バレンシア港(51%)

スペイン・ビルバオ港(40%)

伊ヴァード・リーグレ港(40%)

マルタ・マルサックスロック港(25%)

ギリシャ・ピレウス港(51%)

私は同胞のため外国人参政権を諦めてはいない。

日本の政界に深く入りこんでいる人物は日本人ではないのです。 この者達に日本国民の税金
で手当てを支給されている事を反日売国テレビ局・マスコミが放送しない自由を行使して視聴者
に伝えないのです。 先の大戦が終わり70年もの歳月が経っているのに朝鮮進駐軍が未だに跋
扈しているのです。 日本では2重国籍を認めていません。
 この様な不法滞在者は強制送還するべきです。
 国外追放の対象者なのです。
貴方が選挙の投票に行かないと、この様な者達が国会議員に当選してしまうのです。 国会から反日売国勢力を
排除しなければ日本が滅んでしまいます。

民主党時代の古い記事ですが、しかし今でも中身は
代わっていません。 国民民主、立憲民主の正体を
見極めましょう。 日本人ではない、成りすまし支那
朝鮮人です。

詳細は
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


詳細は
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12448578449.html

ひさびさ

ち○ちゃんです。アハです。

>EUのリーダーはドイツでありフランスです、イギリスではありません。
>イギリスは欧州連合であるEUには加盟していますが通貨統合のユーロ圏
そうだよ。エゲレスは、EUとは違うんだよね。
エゲレスは、あるときはEU、あるときはUS、あるときはJPとなにかやるんだよね。
でさ、最近はTPP。私もびっくりなんだけど、太平洋に領地があったからTPP。
ナニコレ?!つか、どこなんだよ。(まだ、リサーチしてません。スマソです。)


ざっとみて、ツマンない

ごめんなさいね、私見ちゃったの。
って、なんでしたっけ?

えと、ドウスレバ・・・。
2019/03/20(水) 11:15:06| URL| 嫌韓です さん
信憑性とかね。

どうすっかなーーです。
と思ったりする。

ウーン、だよ


ブログ主様、ブログの更新をありがとうございます。

近年のイギリスは、EU問題でふらふらしているから精彩がない感じですし、そう言いながらも大英帝国の立場を維持しないと誇りが許さないと思います。

EUの離脱問題ですけれども、この問題での選挙を行った頃は、中東やアフリカからの移民(難民)がヨーロッパへ大量に向かったことから、その行き先として難民に優しいヨーロッパの国が、彼等に選択されていたと思います。イギリスは福祉や仕事の場として彼等にとって、良好だと考えられ移民が多く住み着いたのですが、此はイギリスにとって治安の悪化を招き、暴動によって住民は反移民を主張した頃、移民の受け入れに反対ならばEUの離脱の選択が必須となっていたのではないでしょうか。
勿論、経済面ではEUに加盟している必要があったと思いますが、国民の選択は治安の維持が優先としたと考えます。

それで、英国はEUよりも英国民の安全を重視することになったのですが、考えてみれば、英国民の生活はEUに加盟していることに大きく依存していることに気付いて、EUからの離脱はやばいとの意見が今さらながら、大きくなったと思います。

英国は元はヨーロッパの盟主でしたが、EUの通貨統合に参加しなかったことから、盟主の座はドイツやフランスに持っていかれたので、独自のポンドによって強い立場を示したつもりが、実際にはポンドによってEUからはみ出てしまったと言う、間抜けを見せたように思います。

そして今、いつEUから離脱すると言うことが間近になって、これが英国経済と直結しているため、その時期を少しずつ延長しているのが実態のようにも思えます。

最近のイギリスは、経済的に苦しくなってきたからでしょうか、なりふり構わなくなったというのは失礼ですけれど、韓国の反日運動である慰安婦問題に対応するライダイハンを取り上げています。
此の他にも、日本の外交に協力する行動も見せている気がします。
これらは、他国がやっても韓国は気にしないのですけれど、英国がやると国際的な取り上げになる部分だと思いますので、日本にとってはありがたいものです。
今は日本海で、瀬取りの監視もしていると思います。


それに、EU離脱のことにしても、経済を優先するのか、英国の治安を優先するのかと考える場合には、国民の生活を安全なものにすることを優先すると思いますし、移民が英国に貢献せずに国の税金を使って、英国生活を楽しむと言うことには納得できないと思います。
何しろ、日本では日本人よりも税制などで優遇されている(戦後暴力で日本から特別待遇をむしり取った)、マイノリティが居ますので、此を日本人は鏡に見ても不思議はないでしょう。
私だってこう思うとき、英国がEUの離脱の支持をすることに賛成します。

此は、英国民に対して思わぬ負担を強いますから、大変だと思いますけど、政治力で切り開いていくしかないわけで、日本から進出している企業も頑張らないといけないのですが、日本の企業も厳しい環境で苦し衣のですから、少しでも企業活動に有利な環境を求めて収益を上げなければならないと思います。

ドイツ人・・・



ソロさん、コメントありがとうございます

私が川口マーン恵美さんの著作を読むまでもなく、ドイツ人を信用しないのは、3・11福島原発事故後のドイツ人の見苦しい行動からです
東京に住む僕らにとって放射能が首都を襲うのか、本当に西に向かって避難する必要があるかは喫緊の大問題でした

当時の民主党政権が出す情報はとても信用する気にならず、ネットで情報を探しました

そこで英国大使館のホームページを見ると、「東京は安全、避難するに及ばず」と出ていました
むろん関東一円で不安にさらされている在日英国人向けの情報です 科学的な根拠も示されていました
これにはずいぶん勇気づけられた事を思い出します

ところがドイツ人たちと言えば、慌てふためいて東京から逃げ出したり帰国したり、あげくの果ては大使館を東京から大阪に移したのです(!)

帰国したドイツ人たちが当地で「日本はもう終わりだ、東京には住めない」と喧伝したのは想像に難くない

あれから8年たった今、情報の正確性、理性的な行動という点で英国が正しかった事は明らかです
不正確な情報に踊らされて、雪崩を打って集団行動に走るのはいかにもドイツ人です

何かの本で読みましたが、大陸国家とは陸軍主導であり、陸軍が強い国は独裁政治が向いている、とありました
海洋国家は海軍主導であり、無線の無い時代、船がいったん海に出れば臨機応変の判断力と、独自の情報収集能力が求められる
したがって海洋国家では自分の頭で考えて行動する人間が多くなる

陸軍というのは統一した作戦のもと、多数の兵隊が一糸乱れず行動することが求められるから海軍とはとだいぶ違う、
と書いてあり、なるほどドイツ人てのは陸軍的だなー と思いました

大学でドイツ語を学んだとき、例外とか慣用がいっさい無く、原理原則が徹底していて、文法さえ覚えてしまえば辞書で言葉の意味を調べれば、ドイツ語はすぐに読める言語だと思いました
慣用と例外だらけで学習しにくい英語よりはるかに簡単なんです   

これはドイツ人がどんな人達なのかを考えるのに良いヒントになるでしょう

ドイツ人って~主義とか、~イズムにひたってないと安心できないんじゃないか、そして規則に縛られるのが好きなんじゃないか、と思うことがしばしばあり、これは英国人には見られない特徴です

EUだの、通貨統合だの、移民推進だのは全てある種の人工的な主義やイズムであり、そういうものを推進するのに自己陶酔にひたり、周辺諸国にも押し付ける   
すなわちナチズムへ傾倒した時代と変わらないのです

EUが、そこから出ようとしてる英国に対し、何か道徳的な高みから説教するような雰囲気がありますよね
これがまた英国をしてEU脱退を加速せしめている訳です

私は別に英国カブレではありません
第二次大戦後から現在に至るまでの国際情勢混沌の原因、すなわち中東、アフリカ、ミャンマー、ロヒンギャ等の問題の大部分は英国がもたらしたものであり、それは声を大にして非難をしたい

ただ縁あって、若い頃英国に数ヶ月滞在したり、毎年のように出張したりで知り合いも多く、また彼らの目を通して眺めるヨーロッパやアメリカがどういうものなのかは少しは知っているというだけです

私の知ってる英国人の多くは「とにかくEUみたいなウサン臭いものからは脱退するに限る、そのあと何が起こるかわからないが、まあなんとかなるだろ」 という感じで悲壮感は無いです   

臨機応変、ジョンブル魂は健在ですね







ドイツと英国の比較論

>Stratocaster さん ソロです。
 眠れないので起きてきたんですが、ドイツ語ですか、私は生憎と、航海科の出なので、ドイツ語は習って居ませんが、機関科は、3年間みっちりドイツ語の単位が有りましたね。 名物の教官が居て、隣の教室から、ドイツ語で「足柄やぁまのやぁまおくでぇ~」と歌い始めると、途端に此方の授業の緊張感が飛んで行って、大爆笑になりましたね、電子工学の教官が苦り切って居ましたがね。

 家業が医業だったので、東大の医学部に入ったけれど、性に合わないので中退し、文学部に入り直したと言う強者でしたが、趣味人でも有って、其れから2年後に急逝された後、ご遺族が、故人の個展を市と学校で、開催して居た様です。 私ら航海科には、英語のグラマーを教えて居ましたが、私はドゥも嫌われて居ましたね。ww

 ドイツ人の評価は、人其々で、私の中では定まって居なかったのですが、貴方の地政学的な説明を聴いて、納得しきりです。 確かに、杓子定規な傾向が強いですよね。ドイツ語の歌謡曲なんて、アンマリ聞いた試しがない、その代わり、文芸、特に詩作は、ゲーテやシラー等、欧州文化を代表する様な大物が居ますね。

 この辺りも、何故なのかが分りませんでしたが、なんとなく、糸口がつかめた様な気がします、有難うございました。

 然し、人間って土壇場になると本性が出るって、云いますが、福一の話は酷いですね。 まるでシナ人と行動パターンが同じですね、私は阪神大震災の経験者でㇲが、知り合いの女の子が、震災から3日後には、上海に逃げ帰っていましたね。 1年後に日本に再来日した時にも「日本は怖い」とか言って居ましたね。付き合って居たんですが、別れましたww

 確かに、海洋生活者は、自然だけでなく、状況一般の変化に対する感性は鋭いものが有ります、異変を察知したら、過ぎに行動に移れるのには、我ながら驚きますが、周囲も同様の反応なので、つい当たり前と思って終いますが、是って、やっぱり訓練の賜物なんでしょうね。 気が着いたら、真っ暗闇の中50人位の大人数でも、全員揃って居たと言う経験が、少なからずありましたね。

 まぁ、船の場合、一番安全なのは船の上ですから、船から逃げ出すより、船を護ろうとする気持ちが強くなるのは、理の当然ですがね。そして、船に乗って居る一人一人が、貴重な戦力なんですから、普段は、いがみ合って居て、お互い性格が悪くてキライだと思っていでも、根性のある奴は、いざと言う時には、頼りになりますからね、或る意味、本当の信頼関係だと思いますね。

 そう言う考え方をすれば、英国人が、EUの様な、何時までもリーマン・ショックから、立ち直れない事から、ドイツの劣悪な、リーダーシップが見えて来た状況で、「是からドゥする?」と訊かれたら、「俺は降りる」と答える人が多かったと言う事は然も有りなん。 即ち「英国人がEUを信用して居ない」即ち「独仏と言うリーダーを信用できない」と言う事なのでしょう。

 メイ首相は、女性乍ら、キャメロンの様な腰抜けとは、一味違う様に感じて居ます。 ボリス・ジョンソンとか言う、騒動師的で私は、嫌いですが、恐らく、彼なりに成算があっての事でしょう。 

 然し、英国人が海洋民の特性を発揮するのなら、小賢しい計算など、どぅでも良かったりします。 唯、此処は新機軸を打ち出さないと、過去の栄光に拘って、同じ過ちを繰り返しては、海洋民の名が泣きます。ww

 ダカラ、地球の裏側のTPPに参加する、って、柔軟で良い発想だと思いますね。 TPPは、米国の民主党の発議で、米国に都合の良いだけの経済連携でしたが、既に、甘利さんの3年越しの粘り強い交渉に拠って、大きく変質して居ます。

 然も、ナショナリスト、トランプに拠って、米国は参加して居ませんww オソラク、裏で民主党~ウォール街~江沢民シナが、色々陰謀を張り巡らせていたのでしょうが、水泡に帰しています。 
 逆に、TPPは、是から開く、ASEAN・南アジア・オセアニアの大経済圏の主たる経済連携になろうかと思いますので、此処に、英国が参入するのは慧眼ですね。 メイさんも只者では無い。w

 ドイツは、亦、土壇場で大失態を演じて終いましたが、その原因って、元々共産主義の東ドイツ出身のメルケルが、グローバリズムに色気を見せて、国内を始め、色んな国のナショナリストの共産主義アレルギーを掻き立てて終ってEUの信頼を裏切った形に成って居ます。現に、EUの中枢は、ネオ・共産主義者だらけなのではないでしょうか。 ドイツ人って、慣性力が強すぎて、中々抜け出せないんですね。

 コメント有難うございました。

ブログ主さま

今回の内容は私は
逆だとおもいます。

英国の嗅覚は未だに
衰えてないですね

韓国がTPPに参加をするの?

韓国政府は、日本などが主導するTPPの主要加盟国と非公式協議を開始することを決定しました。ホン・ナムギ副首相兼企画財政部長が、2019年2月14日に行われた対外経済長官会議で明らかにしたもので、協定のガイドラインは加盟を希望する国に主要加盟国との非公式協議を求めているものです。

しかし、その一方で日本政府は、いわゆる「元徴用工」への異常判決など、国際法や2国間協定に違反する暴挙を連発している韓国への対抗措置として、同国がTPPへ新規加入を希望した場合、「加入を拒否する」方針を強めていることが分かりました。
日韓の約束も守れない文在寅政権には到底、多国間の取り決めなど順守できないとの認識があります。
現実となれば、韓国は「国際社会のメンバーとして失格」という烙印を押されることになりそうです。
念のためですが、TPPの新規加入は全ての参加国の賛成が必要とのことです。

韓国は、此までの状況からTPPへの加盟を希望する場合には、日本に架け橋の役目を依頼すると予想されていましたが、日本は此に反対の意向をしたことは、韓国の出鼻をくじく結果を招くものとなりそうです。


韓国はこの他に2002年に、日本とのFTAに合意しましたが、この協議は2004年に中断したままで、2012年からの日中韓3カ国のFTAの協議となりましたけれど、此もまたその後は進展していません。
尤も、日本の関税は工業製品などで既に0%の品目が多いため、FTAを締結しても韓国が関税を引き下げるだけとなり、韓国の対日貿易赤字が拡大すると予想されます。


こんな時、韓国の仁川市議会は、仁川上陸作戦で被害を受けた「月尾島原住民」または相続人に生活安定支援金を支給する内容の「過去事被害住民生活安全支援条例案」を通過させたことが政界の論争イシューに浮上したそうで、その内容は仁川市議会は1950年9月15日に起きた仁川上陸作戦時当時、国連軍の爆撃によって月尾島住民が死亡もしくは離郷を余儀なくされたために、彼らに対して補償が必要だというものです。

これは、2006年に当時、与党「開かれたウリ党」韓光元(ハン・グァンウォン)議員らが「月尾島事件の真相究明および被害住民補償に関する特別法」を発議しながら被害補償について本格的な議論が行われるようになったものです。
特別な進展を見られないため「月尾島原住民帰郷対策委員会」は2011年2月、仁川地方法院に「国防部と仁川市、米国政府、国連は月尾島原住民1世帯当たり300万ウォン(約29万円)ずつ合計1億3500万ウォンを賠償せよ」と求める損害賠償請求訴訟を起こしましたが、敗訴しました。政府は「原住民だと主張する人々が実際に月尾島に住んだという土地台帳など根拠がない」と主張し、月尾島原住民側は「仁川上陸作戦で資料が消失した」と対抗しました。

韓国政府は、住民であったことや、土地台帳の根拠がないとしているそうですが、日本では住んでいる日本人を追い出して「俺のものだ」とやった民族ですから、その逆もまたやるでしょう。

しかし、韓国を助けるために戦争に参加した国からすれば、今度同様のことがあれば、韓国を助けるための戦争には参加しないと思います。
そして、韓国の国が維持できないと放り出した李氏朝鮮を、併合して助けたばかりに、植民地にしたと言われている現実の日本を見て、同情するだろうと思います。

韓国は、助けた相手により多くの援助を要求する国ですから、「助けず、教えず、関わらず」の「非韓三原則」を徹底すべきだと思います。

処で、韓国の貿易には、日本の銀行が協力して、信用状を出すことで協力しているとのことですが、ヤメタラいかがでしょうか。
それとも、銀行には何かメリットがあるのでしょうか。

EU離脱は国民の声だがロンドンシティーは反対で当然。イギリスって一筋縄ではいかん国だよね。

イギリスのEUからの離脱を支持します。ロンドンシティーとイギリス人とは考えが別だと思います。ユダヤ人とヨーロッパ人の考えの違いがEU離脱表明だと思って観てます。
トランプは「アメリカファースト、各国は自国主義で良い」と言って当選し今も支持を得ている。EUフランス、ドイツの無国籍、無責任政策では国が保てないとトランプが言ってくれたのだ。そんな当たり前の事をあの米国がトップが率先して発言と行動してます。
各国は自国主義で良い!それでは困るのがいつも無国籍主義のユダヤで、
このままトランプがイスラエルを擁護し育てたらサヨクユダヤは滅んでいくと思う。
ただね、祖国を捨て、逃げたユダヤ人!が他力本願でイスラエルを得たでしょ?
ロンドンシティーっていうユダヤ人はエリザベス女王まで金の下と見てるんだろ?
ユダヤてめーは地球の敵だと思う。
ロシア革命もユダヤ人かと知るとよ大体世界の動きは理解できる。フランス革命、ドイツ革命とか西ヨーロッパでユダヤ人の関わらない国家転覆行事はないじゃないか?
まるで日本にとっての朝鮮人、
白人にとってのユダヤ人だな。

ポッポさん御紹介の記事は私も興味深く拝見しました

すごく良い手です。さすが安倍政権。
「賢い」。狡い。

徴用工・慰安婦お婆さんの賠償汁!を止めることは反日を止めることであり、反日を止めることは「従北を」止めることです。

反日こそ韓国と朝鮮労働党を繋ぐ紐帯です。

それを断ち切るようなことを、今や韓国人五千万のご主人様になりつつある朝鮮労働党様がお認めになるはずが無く、安倍政権は絶対飲めない加盟条件を韓国に突きつけた。

かつての李王朝が(満州族の)清帝国に絶対服従で外交権など無かったように、今の韓国も朝鮮労働党に実質外交権を剥奪され、自由など無い。

元々韓国は我が国の商売仇。
頭を下げようがどうしようが、色々「口実」をつけて援助を拒否し、タヒんでいただいた方が都合がいいというもの。

そして朝鮮労働党に白旗掲げて出ていったらどういう運命を辿るか、実証してくれるモルモットでもあります。

日本人の平和ボケが誰かの血が流れなければ治癒不可能なものだとしても、その血は韓国人が自ら志願して流してくれるとのこと。
これで日本人も「戦時態勢」になり、逞しくなるでしょう。

気が引き締まりますね。
我々は「ああ」なってはならない。彼らの分も生きましょうね?

まったく韓国や韓国人は、我々の「踏み台」になるために存在するようなものですな。神の見えざる手を感じますよ。

当人達に自覚が無いままなのは少々憐れではありますが、まあ「折角なんで」、利用しましょう。

国全体が自称ユダヤハザール人諜報網の中に

大川周明と北一輝との金の分け前から決別

北一輝、大川周明、米英ユダヤの手先となり、私設外交官として暗躍し、米英の対日謀略を仕掛けていたユダヤの代理人巌本善治の金銭授受の間には、巌本の血縁の娘が介在。五一・五事件のときも二・二六 事件の時も、この女性が連絡に動いていた。

大川周明、楢橋渡、児玉誉士夫の三人が、上海ユダヤのハードン財閥と直結していた!

日本の戦争を侵略戦争だとバカサヨ左派は言います。
しかし、日本に侵略する意味はありません。
日本が領土を広めても、日本の負担が増えるだけで、何も得をする事が無いのです。
日本は領土を獲得するとその住民を支援します。
生活を向上させるのです。
それが日本の統治です。
ですので、日本の内地は貧困に苦しめられたのです。
日本人の税金が外地で使われたから。
長州閥が莫大な金額を投資した朝鮮もそうです。!なぜ、日本の内地がこれほどまで疲弊しているのにのその分朝鮮に投資分を日本の内地に投資しなかったのか不思議です!
朝鮮を日本の保護国として、日本国民の莫大な金額の税金が朝鮮に使われました。!
ですから、日本国民は貧困に苦しめられたのです。
本来、日本に投資される莫大な資金が朝鮮に投資された為に、日本国民は貧困に苦しめられたのです。
それで、東北や信州で起きた身売りや海外開拓民となったのです。
226事件は東北出身の将校が大半を占めていました。
それは、東北の現状が散々たる状況だったからです。
当時は長男は家を護ります。
将校、軍人になるのは次男以下の男子です。
次男が家族を想い、決起したのです。
それを嗾けたのが東北出身の大川周明です。
東北の現状を知る大川が東北の次男坊達を嗾けたのです。
桜会は、その為に設立された軍閥なのです。
クーデターを起こして、軍の中枢から皇道派を排除して、戦争へと誘ったのです。
その極悪人である、大川周明を保守の重鎮として崇めているのが、呆け老人です。
特に年配の保守は、大川を英雄視します。
大川は、民族学を研究します。
その専門はインドとされています。
そのインドから送られてきた共産主義のスパイがゾルゲです。
日本で保守の要人と引き合わせていたのが大川です。
ゾルゲは226事件を見て、日本を発とうとした直前に逮捕されました。
226事件が共産主義の目的だったからです。
軍部を掌握するクーデターを起こして、日本を戦争へと誘う計画を企てたのです。
その為の桜会なのです。
3月事件であり、10月事件だったのです。

二・二六事件にも三井財閥の池田成彬から月々の手当が北一輝にでていた。
右翼だけでもない、左翼にも同時に流される資金の出道である。右も左もない、裏は一つ。これが自称ユダヤタルムードハザール人・フリーメーソンの両党戦術なのである。

日本の財閥と称されているもの達が、実はユダヤの出店であり、日本の大会社や一流商社が彼らの資金によって賄われ、大工場等施設までが、全て技師を装った敵側の諜報員たちによって設計されてあったのだから、日本の国全体が、そのままそっくり自称ユダヤハザール人の諜報網の中にあったといえる。

白いユダヤ人[=ハザール系ユダヤ教徒]の話

>CC-ken さん ソロです、お久しぶりですね。
>>白いユダヤ人=ハザール系ユダヤ教徒=アシュケナージの話
 ご存じだと思いますが、ユダヤ人と言っても、白系と青系が居て、本来の歴史上で言うユダヤ人は、セム族の青人で通称ヘブライ人と言い、ユダヤを類別する際、スファラディ―と呼ばれている民族です。

 現在、世界に極少数しかいませんし、ユダヤ教徒と言うだけで、2千年に亘る混血で、ヘブライ人としての民族的なものは、殆ど薄まったり、失われていると言うのが、現実の様です。

 紀元70年のエルサレム神殿内に籠城して居た10万人のヘブライ人が、ローマ軍と密通して居た、裏切者の士師、フラビウス・ヨセフスの姦計によって集団自殺して陥落、ユダヤ人は国を失い以後世界の流浪の民となっています。 是をディアスポラと言って居ます。

 然し、貴方が挙げて居る「欧州で言うユダヤ人」とは、元々、黒海北沿岸の肥沃な地帯は、現在世界のコーカソイド種白人族「=ゲルマン・ケルト・スラブetc」の故郷ですが、この地に10世紀に建国したのが、ハザール帝国です。 構成する民族は、スラブ系白人。 処が既に、キエフ公国と言う名の国が隣に有ったのですから、当然建国の際には、戦いが有った事が予想されます。

 是が、今のロシアの基となった、ルーシ人が創った国ですから、今でも、ロシアでハザール人が嫌われて居ますし、ロシア革命を起こした、レーニンやトロッキー達ハザール人幹部は、レーニンの死後、スターリンに、全員粛清されました。 但し、スターリンは、偽ロシア人ですがね。

 世界史の常識として、建国間もない国は、既存の国から侵略されて、服従~隷属化させられると言う不文律があります。 ハザールもご多分に漏れず、「布教」を理由に、黒海対岸の2つの宗教大国、ムスリムのオスマン・トルコとキリスト教の東ローマ帝国から、其々の宗教を国教化する様に誘いを受けますが、是は事実上の侵略容認要請に過ぎません。

 其処でハザールの皇帝は、双方の宗教の基になって居る、千円前に滅びて終った筈のユダヤ教を復活させて、国を挙げてユダヤ教に改宗すると宣言、双方の侵略理由を挫くのに成功しました。

 処がです。 13世紀中葉になると、大陸の東側から騎馬民族が攻め込んできます、欧州では、タタール人と言って居ますが、正確にはモンゴル族、つまり元です。

 他の国と同様、抵抗空しく、敢え無く陥落~征服されて、皇帝を殺され帝国は滅亡、国民の多くは、西や北に逃げて、5世紀頃にドナウ川を俎上して来たゲルマン族に、奴隷として連行された、ハザール人やルーシ人と同じスラブ族は、欧州中に、奴隷層として拡散して居ましたから、最初は、其処を頼ったので派内でしょうか、ハザール人も、欧州中に拡散しました。

 爾来、本来農耕民の筈のハザール人が土地を失ったのですから、途方に暮れて居たでしょう、中には、ロマと呼ばれる、大道芸を生業とする集団も居ましたが、彼らは、勿論、信仰を捨てています。

 つまり、同じ血が流れて居るのに、ユダヤ教徒では無くなった時点で、ユダヤ人では無くなると言う事です。

 ダカラ、現在もユダヤ教徒であるハザール人は、全てではありませんが大方は、自分の意思で、ユダヤ教徒をやって居るワケで、その辺りが、朝鮮人とは違う処でしょう。
 
 ハザール人が18世紀に、プロイセンの王侯貴族に取り入り、キリスト教では禁忌になって居る金融業を、ロスチャイルドが、王侯貴族の資本を元手に欧州中で独占的に行い、規制する法律が何も無いのを良い事に、庶民相手に阿漕な取り立てをやって、大儲けしたのを発端にして国家を動かす規模の大金を蓄積、更に、プロイセンの王を、唆して、戦争賭博を胴元として開帳、各国に居るハザール人ネットワークを使って、集めた情報を武器に、これまた、大儲けしました。

 然し彼らは、各地で差別された理由「国民では無い」事を、逆手に取って「国民の義務」である納税と兵役を拒絶しました。

 すると、当時の欧州は、本来商人のハㇷ゚スブルグ家が皇帝の神聖ローマ帝国支配下に有りましたが、1789年のフランスの市民革命で、フランスの王制が消滅しましたが、その後の大混乱の中、ナポレオンが登場し、欧州の覇権を握る寸前まで勝ち進み、皇帝になります。然し、ロシアに敗北したのを機に、一極に零落しました。 

 この折に、ロスチャイルドは戦争賭博で、その後の隆盛の基盤を作る様な、大儲けをしたようです。

 その後、欧州では、1873年頃から以後23年間続く大不況が到来して、この時期に、金融で、巻き上げた資産や不動産は、膨大な規模に上りましたが、是が恨まれる原因になったのは言うまでも無いでしょう。

 この時にロスチャイルド系は、大豪邸を建築しますが、是も、円さの的になり、「金持ちは、目だってハイケナイ」と言う事を後で思い知る事に成りましたね。

 ハザール人は、庶民に対しても、「金貸し」と言うイメージが付きまとい、嫌われているのに。加えて、納税しない、兵役が無いと言う事で、決定的に、社会の異分子扱いされて居たのですから、ナチスがジェノサイトを行って居ると言う話を聞いても、欧州の庶民は、何の関心も同情もしなかった、と言う史実をみても、如何に欧州中で嫌われて居たか分るでしょう。

 そして、どうやら、ハザール人の中にも亀裂が存在して居て、其れは、極端な反日と、親日と言う態度に分かれて居ますね。 湖の違いは何に拠って起って居るのかと言う疑問がありますが、一説には、ユダヤの聖典の保突だと言う「タルムード」の信奉者か、否か、によると言う人もいますが、諸説あって確定して居ません。

 ですが、シオニストと呼ばれる「ハザール人の国を持とう」とするに、ユダヤ教の発症に地とされるパレスチナの地に、イスラエルを建国した一派が居ますが、英系ロスチャイルドは、この戦費を出資しましたが、自身の本拠地は依然として、ロンドンから動いて居ません。

 これは、「ハザール人は、国家を持たず、国家に寄生して生きて行く」と言うハザール品の基本的な、生き方を守ったものだと思います。現に、世界の基軸通貨のUS$の発行権を持って居るのですから、世界経済の支配者であるとすら言えますからね。

 だから、ロスチャイルド=グローバリストと考える人が多いのは分りますが、グローバリズムの正体は無政府主義者で、ネオ・共産主義ですから、帰省するべき国家を否定して居るワケで、英系ロスチャイルドの生き方に反します。

 将来は、どぅ何かは知りませんが、。US$の威力が維持される限り、英系ロスチャイルドが、グローバリズムを支援する事は無いでしょう。 但し、米国に拠る世界統一と言う話に出もなれば別ですがね

第一次世界大戦も、第二次世界大戦も自称ユダヤハザール人が計画し、勃発させたものである。






真の戦争犯罪人は自称ユダヤハザール人

自称ユダヤフリーメイソンが掲げているのが「友愛」です。
日本人は友愛って聞くと良いもののように捉えます。
しかし友愛の本来の意味とは、友以外は殺せということです。
この友愛はフランス革命で知られるようになりました。
その友愛の意味が一部に知れ渡るとリベラルバカは、本来の目的を悟られないよう、友愛から博愛にかえました。
自由と平等と博愛。
その本質は、身勝手な自由と身勝手な平等と身勝手な友愛なのです。
で、リベラルバカ勢力は、屈しない日本に朝鮮人を送り込んだのです。
朝鮮人に日本に送り込み、性善説の社会の破壊を目論んだのです。
嘘を平気で吐ける朝鮮人を信じる社会の日本に送り込んだのです。
しかし、朝鮮人は限度を弁えない。
やり過ぎるのです。
嘘がバレないと思うと更に嘘を吐くのです。
ですから、日本人も徐々に朝鮮人を疑い始めたのです。

朝鮮人の嘘が知れ渡るようになると他の外国人を日本に送り込む事を始めたのです。!!そう実質賃金を下げるために3000万人移民推進反日帰化人政党野党と1000万人移民推進自民党です!
性善説の日本社会を破壊する為にね。
人手不足だの日本に親近感を持ってもらう為だのと言って、外国人を日本に送り込んでいるのです。
日本人を世界に屈服させる為にね。
その1つがGHQ自虐史観教育です。
自称ユダヤハザール人が遠隔操作して籠絡し日本が悪い事をやったと子供に教え込むのです。
先入観を植え付けるのです。
先入観が、後の人間の判断基準となります。
ですから、子供に教え込むのです。
GHQ自虐史観を植え付けているのです。
逆らえないようにね。
先ず、反省するようにさせるのです。
GHQ自虐史観とは、その為の教育です。
逆わないで反省してろってね。

性善説と性悪説。
性善説は信じる社会。
性悪説は疑う社会。
日本と他の世界の違いは性善説の社会か性悪説の社会かなのです。
日本に来る外国人が居ます。
日本に来ると帰らない外国人が居ます。
何故、祖国に帰らないのでしょうか。
日本、つまり性善説の社会は、海外から見ると楽園なのです。
嘘を吐いても信じてくれるのです。
それがバレるまで信じてくれるのです。
ですから、性悪説の社会で暮らす外国人は日本から離れないのです。
疑わはなくてもいい。
日本人を騙しても、自分を疑わずに信じてくれる。
だから、日本に居着くのです。
性悪説で暮らす者にとって、性善説の社会は楽園なのです。
後は、被害者に成り済ませば、楽して暮らせるのです。
それがバレるまで。
ヘイトスピーチってのが制定されました。
嘘をバラすと、ヘイトだと訴えられるのです。
ヘイトとは、憎悪。
憎悪を生み出す発言をヘイトスピーチと言います。
嘘つきにとって、憎悪を覚えるのは真実です。
真実が広まると嘘が吐けません。
嘘がバレると被害者になれません。
ですから、嘘をバラされないよう、ヘイトスピーチを制定したのです。
それが、日本のヘイトスピーチです。
嘘をバラされないよう、ヘイト(憎悪)を感じたと嘘つきは訴えるのです。
嘘が吐けなくなるではないか、とね。
嘘つきにとって、真実が敵なのです。
それを阻止しようと考えたのが、ヘイトスピーチ法なのです。
性善説の社会で、性悪説の者!が暮らしやすくする為に。
嘘をバラすと訴えるぞってね。

『もちろん主権の回復や難民の受け入れに耐えられなかった気持ちは分かりますが!』

 国家にとって一番大切な事を、刺身の妻みたいな扱いに愕然とします。

 国家の三要素は、領域・国民・主権です!

 難民は国民じゃ無いですし、国家の三要素の内、二要素の国民・主権が脅かされそうだと云うのに大した事では無いとでも思って居るのでしょうか?

 随分と暢気な話だと思います。

 安倍総理の、移民政策により、日本国家の三要素の内の、二要素の国民・主権が脅かされ様として居るのに、手遅れに成って、イギリス国民と同じ苦しみを味わって初めて、イギリス国民の気持ちが分かるのでしょうね。

 「人の振り見て、我が振り直せ」 「他山の石」 「対岸の火事」 などの格言が在る日本。

 私は、日本人ってもっと頭が良いと思っていました!

我欲という名の自己防衛なのかな・・

>抹茶さま、
戦争やテロ相当の問題は、総て彼ら(ハザール)が
仕組んだことと公言しても過言ではない、と私も思
っております。

ユーラシア大陸以西の人々の富裕層にとっては宗教
とは、自身の思惑を正当化させ、周囲に納得させん
がための洗脳道具でしかないのです。

彼らには神を尊ぶ気持ちと「愛」「真」「善」なる
志などは、どうでもよいのです。我欲の肯定が先行
するようです。

思うに、国を失くし、土地を追われた民族は彼らだ
けではなかろうに、何ゆえ彼らが忌み嫌われたのか。

逆に我ら日本人が国や土地を失くし流浪したら、ハ
ザールの様に人の命と財産を計画的に横取りするよ
うな冷酷さでのし上がるのでしょうか。
どんなに迫害されようが誠意と善意の力で融和する
生き方を選ぶでしょう。もしくは潔く・・・。

現実に他国に移民した日本人たちは偏見と差別?を
ものともせずに忠実な人間性を以て過ごした様です
。現地の人々に日本人が住み着くようになってから、
治安が良くなったと、逆に喜ばれたりされてもいます。

この世で過酷な経験をする理由は二つ。
①自身を鍛えんが為にその境遇を生前に選んだ。
②因果応報の結果を受けているのみ。
今生だけが全てではありませんから前回、前々回と重
ねた罪を償う為のバランスが取れるまで(要するに±0
に成るまで)その因果はついて回ります。
ですから、彼らはマイナス評価を今生もどんどん膨ら
ませています。
ですが周期は既に変わりだして来たという時期にありま
すので、今後の動向に興味があります。

そして、彼らは財を収集させるためだけに存在してい
るモノとしてみているだけの存在もあるようです・・ね。

東条大将は素晴らしい将軍でした

今朝は、「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」を読んでいたところ、「戦争直前に総理だった東条英機から『君達は日系2世でアメリカ人。君達の国に忠誠を誓うべき』と手紙が学校に届き驚いた。これが武士道」との記述がありました。

GHQによる自虐史観において、東条英機陸軍大将は戦争犯罪者として描かれていますが、東条大将は戦争責任者として大東亜戦争を戦った事だけでなく、1938年にはシベリア鉄道のオトポールと言う街では数千人のユダヤ人を樋口季一郎陸軍少将と協力して救出していることは有名ですが、戦前の米国に移民していた日本人に、このような手紙を出していたことは知りませんでした。

移民した日本人に対して、元の日本ではなく移民先に忠誠を誓えと言うことは、移民した日本人を放棄するように見えて冷たい感じに思えますが、移民した日本人にとっては、その方が良いと考えられる暖かい感情だと思います。

実際、米国で編成された日本人兵隊による第442連隊戦闘団は、米国で最大の賛辞を受けた戦闘団であり、この部隊の戦い振りが米国に於いて、戦後の日本人の地位を向上させましたし、同戦闘団団員のダニエル・イノウエ氏は、戦後下院議員、上院議員となって日本のためにも活動されました。
此は、日本の武士道を守った生き方だったと思います。


処で、2003年に来日した韓国の盧武鉉大統領は、「在日韓国人は日本社会に貢献してほしい。韓国で徴兵の義務を負わないくせに韓国人を名乗り、日本の選挙権を求めるのは馬鹿げている」などと正論を述べたことがあるそうです。

盧武鉉大統領は、私の記憶では現韓国大統領の文在寅氏の元上司と言うか、文在寅大統領は盧武鉉氏が大統領であったときに側近として活躍していたのです。
文在寅氏は、盧泰愚氏のこのような考え方を知らなかったのでしょうか、又は知っていても此を無視したのか、はたまた誰かか別の機関からの命令を受けて・・・・・・・・。

それはそれとして、在日韓国人は盧泰愚氏の言の事を理解しなかったことが残念です。

朝鮮戦争の勃発後、韓国人の中には李承晩大統領の徴兵命令(要請)に従わず、日本へ(脱出)脱出した者が沢山います。
朝鮮戦争が停戦後、休戦となって韓国が沈静化したとき、彼等は韓国へ戻りませんでした。と、言うよりも李承晩大統領は彼等の帰国を許しませんでした。
理由は韓国の危機の中、彼等の参戦(徴兵)が余りにも少なかったからだと思います。
(彼等だけでなく朝鮮戦争の勃発以前に、日本で居住していた者も含めて参戦した者は在日韓国人647名、日本人150名でした。志願に応じた在日韓国人641名を義勇軍として韓国に送り込みました。)

民族として愛国心がなく、自己にとって有利であれば良いという理由で住み着く、無責任な民族であると言うことがよく分かります。


今、在日韓国人(朝鮮人を含む)は戦後の日本で、GHQによる統制の中、警察力で治安の維持が十分でなかったときに、WGIPの統制や暴動で強引に特権を奪ったこと、また李承晩大統領が朝鮮戦争後にも無理無法で日本に対して行ったことが、当時のまま、今でも残っていたりすることがあります。
サンフランシスコ平和条約締結後65年余りを経過した現在、これらのことは見直して、韓国を普通の外国として扱わなければ、この先いつまで特権を与えているのかと疑問に思います。


なお、日本に帰化した上に公務員になった者は、特別職であれ国家公務員及び地方公務員であれ、日本のために働かなければならないと思います。
母国のために働くのならば、母国に帰ってそこで一生懸命に働けば良いのです。
働いて、日本の公務員として生活の糧を得るのならば、日本の国民として働かなければならないし、それがイヤなら退職すれば良いのです。
日本の憲法では、職業選択の自由が認められてますが、此は、退職する自由であることで、仕事を自分の好みに合わせるという意味ではないことを、肝に銘ずることが肝要だと思います。

階層固定へ・・

ヘイトスピーチ関係だけでなくいろいろと表向きの理由と腹の中の理由は違いますね。
背景とかなかなかすぐにはわからない(合理的な理由が考えついたとしても当たりかどうかわからない)。
ーーー
渋沢にとって、儒教は明治維新以後の「道徳なき時代の道徳」なのであり、つまりは、資本主義を支える倫理であった。
いわばアメリカの資本主義におけるプロテスタンティズムのようなものである。倫理と資本主義を結び付けた渋沢の直感は鋭い。

人権思想がとりあえず現在のもっとも優勢なパラダイムである限り、教養としてそれを口にするのはもっともなことだと思う。ただし、人権を云々するのなら人権のない人がどういう状況にあり、どういう存在なのかぐらいは知ってなきゃならない。人権を主張する以上、非人権的な状況があるということだよ。

本当にたちの悪い悪女は、自在にソラ涙を流せる悪女ではない。自然に涙が流れる天然の悪女である。こちらの悪女は、引っかかっていたと分かった後までも、あの涙だけは本物だったと思わせる。事実、本物の涙だったのだし。
吉本隆明はどうやらこちらの方である。

左翼には三つの種類がある。社共に思想的・政治的有効性があると信じている旧左翼。
旧左翼の限界や病弊をマルクスの原点に還ることによって克服できると考える新左翼。
そして、新左翼の限界を感じながらも思想的努力も冒険もせずに、思いつきの珍妙な理論を唱えて得意がっている「珍左翼」。

新興宗教の信者たちの顔に浮かび、北朝鮮の善男善女たちの顔に浮かぶ、あの不気味な明るい笑顔は、啓蒙の欠如によるものではない。啓蒙の光に照らし出された闇の欠如によるものなのだ。

狂信でない宗教なんて、日めくりカレンダーのわきに書いてある世俗道徳と同じではないか。

呉智英
ーーーー
私はイスラム教の規範が私達とは全く異なると具体的に説くことで、相手の規範がどうであれ日本では日本の規範が適用されるという姿勢を一貫すべきだと主張しているのであり、ヘイトという罵倒は見当違い甚だしく、それは私が長年研究してきた思想の担い手たるイスラム教徒知識人への冒涜ですらある。
2019年3月20日
https://twitter.com/IiyamaAkari/status/1108617908580573187

ドイツのケルンで集団レ0プ 事件があった際ケルンのモスクのイスラム教指導者は、裸同然の格好をし香水をつけていた女の方が悪い、男が襲うのも当然だと言ってのけ、ドイツ市民を驚愕させた。いくら私達の価値観と乖離していてもこれもイスラム教のあり方のひとつなのだ。
https://www.dw.com/en/cologne-imam-women-provoked-sex-attacks-by-wearing-perfume-and-being-half-naked/a-18997352?maca=en-Twitter-sharing
ーーーー
文化や国籍が異なる人たちが、多くの日本人にとって都合が悪いものであり得る規範を有していた時に、その事実に言及して検討するのは「ヘイト」であり、「彼らも多くの日本人にとって都合のよい規範を"実は"有しているのだ」と言い張ることが「ヘイトへの抵抗」だと思っているらしい人たちはいますね。

言うまでもないことですが、私はこの種の「文化や国籍の異なる人たちも、"実は"多くの日本人にとって都合のいい規範を保持しているはずだ」といった信憑こそが、偏見と自己中心性に根差すものだと思います。
ーーー
子どもを私学にいれて、ブラジル人とヤンキーとイジメと暴力の小学校にはかかわろうともしない。でも口では多文化共生をいいやがる。やつらは多文化を生きていない


一般に知的レベルが上がれば上がるほど、自分の街に住んでる馬鹿で野蛮な土人よりも、南米とかアフリカとかどこか遠い国のインテリとの方が、話があうという点では多分同質性が高くなるんじゃないでしょうか。
本人の知的レベルだけじゃなくて、その人の生育環境の良し悪しや(特に文化的な)社会階層の高さ(つまり文化資本)ということも重要でしょうね。
ーーー
国家の正体
http://protest.web-pbi.com/info/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93

"キャリア官僚"合格者倍増する意外な私大

なぜ東大生が激減しているのか
2019.1.18
https://president.jp/articles/-/27002
ーーーー
勝共 UNITE(旧:国際勝共連合 大学生遊説隊 UNITE)。
私たちの団体名は、「一つになる」という意味を持ちます。

勝共UNITEとは、2016年1月に東京大学の4名の学生によって結成、日本の未来を憂う若者の立場から街頭演説などを行うグループです。

勝共UNITE 公式YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCUl6Bx0KgQPQS6JG4MIpaSQ
2018年11月3日(土・祝)、日本国憲法公布72周年の日に、東京・永田町にある会場で行われた、若者たちを中心とした「改憲2020実現 東京大会2018」

安倍政権とその政策を支持する保守派の学生組織として、この1年全国各地で街頭演説やデモを行なってきた。
----
小泉進次郎を支えた金髪クリエーターの気概

「30代の首相と日本をアップデートしたい」
https://toyokeizai.net/articles/-/205734
2020年以降を見据えた新たな社会モデルを打ち出すべく、小泉進次郎議員を中心に自民党若手議員で作られた「小泉小委員会」。議論紛糾しながら模索する様子は、『人生100年時代の国家戦略――小泉小委員会の500日』に克明に描かれた。

この小委員会で発信アドバイザーとして議論をとりまとめ、「レールからの解放」という全体コンセプトを生み出したのは、1987年生まれの若者。コンテクストデザイナーでNEWPEACE代表の高木新平氏だ。
――クリエイターの方が国家ビジョンを作るというのは、あまりないことですね。

スピーチライターは、いろんな人が出始めていますけどね。鳩山由紀夫元首相の原稿は、劇作家の平田オリザさんが書いていましたし、今も安倍晋三首相のスピーチライターは元『日経ビジネス』の記者の方です。広告出身者では珍しいんじゃないですかね。しかも、僕のような権威とは程遠い人間が。自民党本部の建物に入るとき、毎回、警備に止められましたから(笑)。
ーーー
名前を変えるのは意外と簡単? 
改名の手続き方法を専門家に聞いてみた
http://plus.clisk.com/article/3692.html
司法書士・吉越清顕さん。
「改名・改姓相談.com」を運営し、年間100件の相談を受けている改名の専門家です。
ーーーー
◆トランプが米中貿易交渉を妥結?。その意味
【2019年3月7日】中国との貿易品に高率の懲罰関税をかけて戦うぞと息巻いていた米トランプ大統領が、3月末に予定されている米中首脳会談を前に態度を急に緩和している。米中双方がある程度ずつ譲歩し、貿易戦争がとりあえず妥結することが内定しつつあると報じられている。対中貿易で好戦的だったトランプが、急に態度を緩和した理由は何か。一説には「中国との貿易戦争が米株式相場を下落させるので、株価をつり上げて大統領再選につなげたいトランプは、中国敵視をいったんやめて貿易で和解したのだ」といわれている。
世界経済のリセットを準備する
【2019年3月19日】米単独覇権の意図的な崩壊と多極化・新世界秩序について、私と似た見立てをしている分析者が米国にいることに気づいた。alt-market.com を主宰するブランドン・スミス(Brandon Smith)だ。
https://tanakanews.com/

netさん
いまいち、何が言いたいのかコメントの主旨が理解できないのですが、左翼の3分類は納得できました、我々団塊世代の珍左翼は70年代安保闘争時、左翼に非ずんばインテリではないとの熱病に浮かされて、左翼思想をかじったものが殆どです。僕はすぐ覚めましたがね。
それとヘ〇トスピーチに関する件で一言。
>人権思想がとりあえず現在のもっとも優勢なパラダイムである限り、教養とし
>てそれを口にするのはもっともなことだと思う。ただし、人権を云々するのな
>ら人権のない人がどういう状況にあり、どういう存在なのかぐらいは知ってな
>きゃならない。人権を主張する以上、非人権的な状況があるということだよ。

現在日本でヘ〇トスピーチと騒ぎ立てている人間は、ほとんど在日〇鮮人です、特に南。
彼らが日本において非人権的な状況にあるのでしょうか?
徒党を組んで参政権をよこせだの、沖縄で辺野古反対など、違法の反日政治活動のやりたい放題です。
少しでも日本人が’国へ帰れ’等と言うとヘ〇トだと騒ぎたて言論弾圧をしようとします。
日本人もお人よしですj。彼らの国で何が行われているか、よく見てほしい。
日本国旗を踏みつけ燃やす、日本の国鳥である雉を食いちぎる、ヘ〇トスピーチならぬヘ〇トアクションのし放題ですよ。
あの国と同じ様になれとは言いませんが、何故一方的にこちらばかり遠慮せにゃーならんのよと思いませんか?
在日も調子に乗って何でもかんでもヘイトと言えば、言い分が通ると思って騒ぎたて、役人もそれを認める傾向にある。
最悪なことに条例迄定めて罰則まで規定しているのか?しようとしているのか?いい加減にせいと言いたい。
そろそろ、まさに平等主義で相手国との情勢を見て、一方的に判断するのを止めましょう。
あの国相手に日本的な常識は一切通用しないことは、何度煮え湯を飲まされたか、分かりそうなものです。
あの国が日本にしていることを考えれば、そこが祖国である在日にヘイトスピーチなんか適応する必要などさらさらないと思いませんか?。

無双さんへ

最初のヘイト云々は最近の私の感想。
(反ヘイト界隈のやり口は欧米の真似をしている。例・ヘイトスピーチする人間は身元は晒してもいいなど)

すぐその下のものは呉さんの昔の著作のもの。
時代背景が違うんだと思います。
ここは切り離してください。

「在日特権」という表現と「かわいそうランキング」がネットではあります。
どちらも本当に見捨てられた弱者を無視していることがわかってきます。
最近のオサヨクはお気に入りの弱者しか救おうとしません、表現の自由もめぐっても同様。

ついでに朝鮮系の日本で人を使う側の人間は日本的な文化に否定的なのに都合よく「滅私奉公」「清貧」とか使うんだよね。
日本の労働者は利用価値があるんだろうね。
ちょっと前に中国人留学生が「日本語覚えて日本人を使う側の人間になるんだ」みたいな事ツイッターで呟き顰蹙かっていました、アカウントは伏せます(顔出してやっていた)。

ユダヤを建て直すのはユダヤしかできない。日本も一緒。

今日いい言葉を見つけました!
19世紀から今を示す言葉で、僕の言いたい事そのもののです!さすが仕事人!
「共産主義は銀行(エスタブリッシュメント)を打倒するための大衆の創造物ではない。
それは大衆を打倒し奴隷化するための銀行(エスタブリッシュメント)の一つの創造物である。
共産主義はモスクワ、北京、あるいはハバナによって運営されているのではない。
それはロンドン、ニューヨーク、ワシントンDCによって運営されている」アンソニー・J・ヒルダー
僕がいう敵性ユダヤ人とはサヨクユダヤであり、偽ユダヤであります。
サヨクユダヤ、偽ユダヤを叩くのはユダヤ人の使命、責任だと思ってます。
トランプアメリカ公認のイスラエルはまさにそういう意味かと思います。
サヨク日本人、成りすまし日本人を処罰し処理するのは日本人の責任と全く同じなんです。

私は離脱しない事の方が破局の道だと思うが、まぁその是非はともかく明らかな事が一つある
それは国民投票の愚かさ。本来は国会という議決機関があるにも関わらず、別の手段で国の舵取りを計った結果がこのザマ
英国の大失態を対岸の火事とせず、日本は住民投票などという愚劣な策は禁止すべきである

なぜ国民投票が愚かだと思うのか、その説明では全くわからない
投票で選ばれた議員が、国民の意思からかけ離れた選択をする事例などいくらでもあるでしょう
どこが明らかなんですかね

国民投票について

住民投票(国民投票)、これって衆愚政治の最たるもんでしょう?
一点に争点を絞って、マスコミが煽れば、結果は思いのままです。政治って一点で絞られるもんではないでしょう、非力な野党の推進しそうな手段です、乗せられてはいけません。
投票で選ばれた議員が国民の望まぬ政治をする例もありますが、それって選んだ地域の特性で国全体に影響を及ぼすものではありません。
東京がいい例です、あの蓮舫が100万票とって当選しますし、天皇陛下に無礼を働く山本太郎も当選しますが、彼らが国政に関与することはありません、歯止めが効いています。」

住民投票も総選挙も民主主義の手段だが・・

 ソロです。
>>住民投票も総選挙も民主主義の手段だが・・
 先ず言いたいのは、住民投票も選挙で議員を選ぶのも、同じ民主主義だと言う事です。 然し、同じ問題で2つを平行してやれ場、違う結果が出てきた時に、その原因に拠って、当該社会の混乱が、大きくなると言うネガティブで危険な問題点が、発生します。

 一番問題に挙げられるのは、投票率の多寡でしょうが、日本の投票をベースにした意見の表現法で、一番問題になって居るのは、問題に対する無関心層が一番多いと言う事です。 つまり、政治に参加しない層です。

 例えば、投票率が70%あったとしてたら、選挙の投票率としては、相当に高いと言えましょうが、其れでも30%の人は投票して居ない訳です。「無関心なのも意見だ」と言う人も居るでしょうが、問題を解決する意欲を疑う方が多いと思いますね。

 総選挙を含めた全て選挙の平均投票率は、50%前後と言うのが、日本の現状でしょう。つまりは民度もその程度である、と言う事ですね、残念ながら。

 是は昨今行われた沖縄の辺野古基地問題に対する住民投票では、左翼が、相当に阿漕な事をやったのに40%程度しか投票して居ません。 マスコミは、投票総数の7割が反対だった事しか報じませんが、投票率から言えば、反対は住民の有権者の3割に届かないという事です。 是で民意だとは、とても言えませんね。

 投票率が50%にも届かなかったのは、「結果に法的拘束力がない」とか、「左翼の咋な、反対誘導が嫌だった」のかもしれませんがね。 そして、端から、高齢者だらけのオール沖縄が選んだ、元はタレントと同じく「台本無しでは、何も喋れない」知事が、本土から来た共産党や小沢一郎に操られてやった住民投票ですから、県民が基本的に馬鹿にして居る様に思います。

 東京を始めとする、人口密集地での選挙は、ポピュリズムの傾向が地方よりも更に強まって居るし、投票に行っても、候補者が訴える、政治的メッセージを現実的に斟酌する事無く、ポピュリズムダケで候補者を選んで居るカラ、小池知事だとか、山本太郎だとか、レンホーなんて、マスコミにの露出度ダケで、当落が決まって居る感が見えます。 まぁ、是も民主主義だと言うのならそうなんでしょがね。 是では、安倍が嫌いだから倒閣しよう、代わりなんて誰でもいいや、とか言って居る無責任な似非保守と同じですね。

 然し、住民投票と言うのは、挙げられているイシューに関する住民の意志を示す事を目的にして居る民主主義的な行為なので、賛成/反対を採るのですが、では、その究極の判断が着くまで、問題に関して、議論を重ねたのか、と考えた時、沖縄の件は、失格していると思いますね。

 何故か? 沖縄の辺野古基地周辺に住む住民と、普天間飛行場周辺に住んで居る人間だけを対象にしたのなら分かりますが、生活に何の支障も、逆に利益も関係の無い、本土の左翼団体や外国人が、全く違う事を目指して、この問題について様々な妨害や、違法行為を疑われることをして居ますよね。

 是を完全排除しなくては、ちゃんとした住民の意思を反映した結果だとは言えないと思いますね。 ダカラ、国が、投票結果に法的拘束力を認めないのは、当たり前です。 そう言う恣意を含んだ集団に拠る多数決は、端から無効なんです、それが民主主義の公正さを保つ方法です。

 然るに、Brexitに就いてはドゥなんでしょうか? 

 私が思うに、政治家は、EU離脱に賛成票は、一部に過ぎないと思って居たでしょう。 其れは、ロンドン・シティしか見て居なかったからだと思います。 Stratocaster さんが何時ぞや仰っていましたが「シティの雰囲気と郊外の雰囲気はまるで違う」そうです。

 然るに、投票権を持つ英国人は、郊外に暮らす事の方を好むとすれば、EUに入って居る事で得られていた、目先のメリットよりも、現実の、ドイツの一人勝ち状態に対する危惧や、EUから規制される事で、英国人が感じる不満の方が、大きかった、そして、何より、リーマン・ショックから10年も経つのに、経済が全く好転して居ないと言う事でしょうね。

 ダカラ、離脱はボリス・ジョンソンの力で勝ち取った成分は、大して大きくないと思って居ます。投票結果に、余計な政治成分は、働いて居ないと、私は思います。

 此の件については、近々英国会で審議が為され、その結果に拠って、離脱を6月末まで伸ばすかどうかが、決まるそうですから、注目しておきましょう。

これがタルムード(ひとをだますこと)だまし!であることを知ってください



↓↓↓東西ドイツ分割も対立論(二元論)によるものと私は判断しています 簡単なトリックですが?これが現実の世界の現実のことです タヴィストック、ウェリントンです
<中国とアメリカの挟み撃ちによる日本潰し> 挟み撃ち(はさみうち)
かれらは、アメリカと中国を作りました(これには少し修行が必要です)
その両方から圧力をかけて日本を潰(つぶ)す戦略です=これはEUがだましの冷戦(アメリカとソ連の挟み撃ち)でアメリカとソ連から圧力があり、欧州は一体となって大きな対抗出来る市場とか、戦力(NATOなど)を持たなければならない?と欧州の民をだまして、民と言うより指導層をだまして1992年からEUが動きました そして26年だと思いますが26年経過した現在(2018年)はどうでしょう?前の欧州どころではない、めちゃくちゃな欧州になってしまったのです かれらが移民の自由化をやったからです これはひとものかねの移動の自由化というアジェンダ(目標)を持っているからです ものかねはほとんどグローバリズムという催眠術(だまし)によってほぼ達成されています 人の自由化とはどこにでも自由に動き回れて、そこに自由に住める、ということです 欧州はこの自由移民法をやられたのです(アメリカの自由移民法は1965年です) スターリンは強制移住を行ないましたが強制移住を発生させるためにかれらは戦争とか母国に住めない状況を作り出して難民とかの形で強制移住を形を変えて実行しています ここに移民の自由化が強制移住の形を変えたソフトな強制移住の目的があります
 欧州はソ連とアメリカのサンドイッチにされてんだ~?とだまされてEUになりました 日本は中国とアメリカにサンドイッチにされているという事実(かれらが作り出しているもの)なるものを隠してEUで大成功したサンドイッチ理論で隠された中国とアメリカのサンドイッチ理論を行なっています

何の事は無い、根本を知ればホントに何の問題なし。
祖国を平気で捨ててしまったユダヤ人は個人主義に逃げて世界に散らばって、ユダヤ主義と共産思想とかイスラム思想だのイエス思想だのと言いながら世界を詐欺ってたんだね。
祖国を実際捨ててしまったこのユダヤ人は、どう生きて伸びてきたのか?もう歴史に刻まれてますよ完全に。
魂は完全に自由奔放だがね、地球という制限があって、人間という制限があって、生命という制限があるわけ。現在世界はマネー思想主義というか世界の市場の判断が世論だとメディアは宣伝するけど全て嘘だよな。世界自由市場ではマネーの力以外何も忖度されません。
自由経済と言いながら、株式、国債売買、各国の紙幣発行権まで握るのは中央銀行。
各国ある中央銀行は99%祖国捨てた国家観念の無いユダヤ人ですよ?
トランプは救世主かも知らん。
サヨクユダヤを逮捕しシベリア送りにしたロシア人プーチン。
長く日本に寄生してきた朝鮮人の制限をした安倍晋三。
アメリカファーストは当然、それが当たり前だと良い当選したトランプ!
アメリカ、イギリスは自身が援助し育てた中共、北朝鮮、クソ韓国という特定アジアに対しどういう末路、シナリオを決めてんのかね。




何の事は無い、根本を知ればホントに何の問題なし。
祖国を平気で捨ててしまったユダヤ人は個人主義に逃げて世界に散らばって、ユダヤ主義と共産思想とかイスラム思想だのイエス思想だのと言いながら世界を詐欺ってたんだね。
祖国を実際捨ててしまったこのユダヤ人は、どう生きて伸びてきたのか?もう歴史に刻まれてますよ完全に。
魂は完全に自由奔放だがね、地球という制限があって、人間という制限があって、生命という制限があるわけ。現在世界はマネー思想主義というか世界の市場の判断が世論だとメディアは宣伝するけど全て嘘だよな。世界自由市場ではマネーの力以外何も忖度されません。
自由経済と言いながら、株式、国債売買、各国の紙幣発行権まで握るのは中央銀行。
各国ある中央銀行は99%祖国捨てた国家観念の無いユダヤ人ですよ?
トランプは救世主かも知らん。
サヨクユダヤを逮捕しシベリア送りにしたロシア人プーチン。
長く日本に寄生してきた朝鮮人の制限をした安倍晋三。
アメリカファーストは当然、それが当たり前だと良い当選したトランプ!
アメリカ、イギリスは自身が援助し育てた中共、北朝鮮、クソ韓国という特定アジアに対しどういう末路、シナリオを決めてんのかね。




>無銘さま、
こういう処もいかがでしょう。
(本文は非常に長いので要約文です)

「世界革命行動計画」
 プロトコル(議定書)エッセンス

1. 人を支配するには金と暴力。
2. 自由(リベラル)という思想を利用せよ。
3. 目的は手段を正当化する=ゴイムは欺いてもかまわない。
4. 強者は何をしてもよい。
5. ゴイムに本当のことを知られてはいけない。
6. 情報を支配せよ。
7. 代理人に代行させよ=我々に危険が及ばないように。
8. キレイ事を言っておけば大衆は欺ける。
9. 恐怖で脅せ。
10. ゴイム同士で争わせよ。
11. ゴイムには嘘を教えて惑わせよ。
12. ゴイム文明を破壊せよ。

この戦略を理解すれば、世界で起きている不可解な事件の数々が
解きやすくなります。

この計画は何もロスチャイルド一族に始まったものではないんで
すね。
ユダヤ人学者クリストファー・ジョン・ビェルクネスによれば、
栄華を極めた古代イスラエルのソロモン王の時代、BC929年には、
世界を平和的に支配する理論上の計画がつくられていたそうです。

ナニコレ↓
ユダヤ人学者クリストファー・ジョン・ビェルクネスによれば、

わかんねーなー、ちりちゃんです。
現実にもどさなきゃな。
だれそれ、
えといいのかな、

安倍総理。
だよね。

2019/03/21(木) 21:26:17| URL| ちりちゃんです。 #9OCdGr.6
ここまでなかった、とオモーかな。
今日は、終わりにしよかー。 じゃね。

2019/03/24(日) 20:42:32| URL| 日本国民 さん

なんじゃこれ、
ち○ちゃんです。

6. 情報を支配せよ。

これかな?!!!!!!!!!!!!!!!!

>6. 情報を支配せよ。

日米共々、あっEUも、マスコミを牛耳られて
いるという事から、明白ですね、
周りのお花畑さんたちの存在も、そういう事の結果ですよ。

ロスチャイルド家(Rothschildロスチャイルド ロートシルト)は
ヨーロッパの財閥、貴族。門閥として名高い。
ヘッセン・カッセル伯爵(ヴィルヘルム9世)一族から騙し奪った財産が出発点となった。
神聖ローマ帝国帝国自由都市フランクフルトのユダヤ人居住区(ゲットー)で暮らす
アシュケナジーハザール系ユダヤ人の家系である。









マイアー・アムシェル・ロートシルトはロスチャイルド家の基礎を築いた。
ロスチャイルド


ロマノフ家とはHubert de Monbrison (15 August 1892 – 14 April 1981) の
三度にわたる結婚を介して家族関係にある。
また、ベアリング家ともギネス家を介してやはり家族関係である。
モルガン家やゴールドシュミット・ファミリーとも親密であり
1001クラブ等の広範なビジネスコネクションをもつ。

是から、我々日本人の復元力と真の力を見せる時

 ソロです。
 国際金融資本「=以下金融団」は、確かにロスチャイルドが、歴史的に主宰者ですし、その閨閥は、欧州中のハザール人や米国のゲルマン人のWASP等「=スカル&ボーン=海賊旗組織」も巻き込んで居ますから、イルミナティだのフリーメーソンだのと言うの謀略組織とは、かなり重複していると思って居ます。

 でも、資金力で言えば、金融団に敵うはずが有りませんよね。ですから、彼らは国を陥れ、支配下に置こうとすると、政治家を金で調略~選挙資金絡みで雁字搦めにしようとします。 米国の民主党は、その典型例でしょう、特に、クリントン夫妻は、酷かった様でㇲが、オバマも、負けず劣らずの面が有る様ですね。

 で、日本は金融団からどの様に見られているか、と言うと、戦前日本を看て視ると、日本人も民間人上がりの政治家の時は、金に釣られて国民に顰蹙を買って居た政治家が多かったのですが、国民が、ならば、と、金儲けに関心の薄い軍人政治家を選ぶようになり、しかも、政治を15年戦争の戦時下である事を理由に、大政翼賛会と言う、政党集合で一元化して終った。 是では、欧州と同じ手法では無理だと判断しました。

 そこで、明治末期から日本社会の知識層を中心に、共産主義の浸透を図って居たソ連の国際コミンテルンの策謀に乗っかって、伝統日本を叩き潰して欧米化する、と言う計画を一旦、隠します。 

 然し、何故、金融団は領土的には小国に過ぎない、日本を狙い撃ちにするのかと言えば、日本こそ、自分達の存在に取って、将来最大の敵になると言う確信を持ったからでしょう。

 日本で代々普通に行われて来た、国民政治、勤勉で貧しさに強く、災害や天災、そして敗戦に際しても、取り乱すことなく、工夫や改善と言う、巧まざる強靱さを持って居るからでしょう。

 そして更に、異文明の消化力と言う、世界の他民族には無い、得質を持って居るカラ、あらゆる、異文明を取捨選択して良い部分ダケ、吸収して我モノにするのだから、最終的に勝つのは、日本である事は、日を見るよりも顕かな事でしょう。

 ダカラ、戦後GHQのコミンテルン細胞が、日本を赤化しようと、試みましたが、是を金融団が逸早く潰します、ですから、ソ連は赤化の種子を投下しただけに終わって居ます。 然し日本では、一時的には「左翼に非ずんば、インテリに非ず」と言う風潮だったのが、次第に改まって来ているのは、共産主義の暴力性と歴史の否定が、日本人のメンタリティには受け容れられなかったのでしょう。 共産主義勢力は、退潮して結局、自動的に日本の破壊勢力、劣化成分になり下がって居ますね。 

 私は是が、日本社会の復元力だと思いますね。

 近い将来、日本から共産主義が一掃される事に成るでしょうね。固より、彼らが標榜する、暴力と革命は、歴史と伝統を破壊するダケの行為であって、何ら建設的な成分は無いのですから、受け容れられる方がオカシイ。

 貧しく苦しい中でも、世界で唯一、共産主義化し無かった、マトモと言って良い国民が日本人である、と私は思います。

 戦後74年目に入る今年、確かに、日本は経済を金融団に握られて、表向きの数字で見る経済は好調でも、実際は、この10年GDPの成長は、≒0に近いので、皆の不満が蓄積しているとは思いますが、日本人の貧しさに耐える力は、世界に比類なき程強いものです。今我々が信じるべきは、我々自身の力なのです。

 日本人の復元力の強さを、金融団に見せてやろうではありませんか。


自国通貨建て国債しか発行していない国は、債務不履行に陥ることはありません。が、「限度なく通貨を発行」などと表現することは、不真面目もしくは「バカ」です。

そして、供給能力(潜在GDP)と需要が追いかけっこをしながら拡大していくことこそが、経済成長なのです。別名、豊かになる、です。

 日本の場合(ユーロ加盟国とは異なり)、供給能力が限界に達しない限り、通貨や国債を発行しても構いません。だからこそ、政府は「財政問題」などと存在しない問題に手足を縛られることなく、実質賃金を下げる移民政策でなく国民の実質賃金を引き上げるための支出を拡大しなければならないのです。


 販売数量や生産数量の減少を支出面から見ると「実質消費の減少」であり、生産面から見ると「実質賃金の低下」になるのです。
 今後、日本におけるMMT論争がどうなるか分かりませんが、とにかく結論が、
「政府は存在しない財政問題にとらわれずに、国民を豊かにするために支出を拡大する」
 であれば、経過はどうでもいいです。

ちなみに、MMTは「自国通貨」を持たないユーロ加盟国には適用できません。




 藤井先生がMMTについて解説されています。

『“実質賃金”暴落で「日本も“MMT”が必要」――専門家が解説
 TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月~金曜7:00~)。3月13日(水)放送の「オピニオンCROSS neo」のコーナーでは、京都大学大学院教授の藤井聡さんが、アメリカで脚光を浴びている「MMT」の観点から、日本経済の問題点について論じました。
 2018年11月のアメリカ中間選挙で下院議員に当選したアレクサンドリア・オカシオコルテス氏。彼女が支持し、注目を集めているのがMMT(Modern Monetary Theory:現代金融理論)です。
 MMTは、独自の通貨を持つアメリカや日本のような国においては、通貨を限度なく発行できるため、債務不履行に陥ることがないという理論。そのため、国債の発行残高を含む政府債務がいくら増加しても問題はないという考え方です。(後略)』

日本の場合(ユーロ加盟国とは異なり)、供給能力が限界に達しない限り、通貨や国債を発行しても構いません。だからこそ、政府は「財政問題」などと存在しない問題に手足を縛られることなく、国民の実質賃金を引き上げるための支出を拡大しなければならないのです。

私も、 balcan18 さんの論に秀同です。

 ただ、供給の源である資源、エネルギーetcを得ることに問題がなければと思う。通貨の価値はこれらの関数であることには、異論はないだろう。

 人間は寝ていても、腹が減る。代謝が必要。

そして、2019/03/25(月) 09:42:44| URL| ナポレオン・ソロさんの論も正しいと思う。

経産省が日本を守る

経済産業省は、日本の大学を経由して米国発の先端技術が中国など第三国に流出することを防ぐため、管理体制を強化する方針を固めたようです。
此の内容は、人工知能、ロボット関連及びバイオテクノロジーが想定され、夏までに、外国為替及び外国貿易法に基づく大学の技術管理指針を改正し、外国企業などとの共同研究で技術劉秀Tが起きないように対策を進めるとのことです。

外国為替及び外国貿易法では、軍事転用できる技術を国の許可なく外国企業などに提供することを禁じており、違反した場合は、個人は最大3000万円、法人は最大10億円の罰金が科されるそうです。

過去には、京都大学で北朝鮮の研究生が原子力技術を習得して帰国したり、最近ではファーウェイの資金援助で東京大学が研究していたりしましたから、今後これらの大学は監視されることになるでしょうし、対象となる研究をした場合には、個人でも法人でも罰金を科すことによって、此の不法な研究を止めさせれば良いと思います。

日本の安全保障に関する研究を防衛省が研究機関にお願いすればこれを断り、他国が依頼した日本の企業と競合する研究や、戦争目的と考えられる研究には協力するとの姿勢は、許されるものではありません。
それが個人の心情だというのならば、日本の研究機関ではなく、他国に出て行ってやれば良いのです。勿論、その時には日本に帰れない覚悟は必要です。
此はヘイトではなく、中国には国防動員法がありますから、気が付けば此の対象者にされていても、判らない立場にされる可能性があると思うからです(そんなことはないと思えば、試せば良いと思います。)。

日本は、スパイ防止法もない売国者又は、適正外国人にとっては優しい国ですが、そんな国でも「内乱」や「外観に関する罪」は刑法にありますから、それに該当しないように注意が必要です。

でも本当は、憲法で交戦権を認められていない日本の国ですから、この法律を守れるように、日本に対して武力で威嚇する国が、それ以上軍事的ま行動をしないように、日本の国に攻撃したらその国が危険に陥るとして、日本を攻撃しないとの考えを持たせることが必要です。
日本は過去に、韓国に竹島を占領され、北朝鮮には日本に上陸した侵略後に国民を拉致され(この時には、日本国内の機関が此に協力しています。)、中国には尖閣諸島で言い掛かりをつけて侵略の意図を見せつけられています。

このような敵性国に協力しないよう、研究者は共同研究をするときには、日本の安全保障に注意しなければならないと思います。

良くわかる動画

ブレグジットの本質が良くわかる動画があります。

この中で、イギリスが抜けると一番困るのは、ドイツだと説明しています。
なぜなら、ドイツ車の一番の輸出先がイギリスだからです。
イギリスが抜けたら、ドイツは真っ先にイギリスと自由貿易協定を結ぼうとしているようです。

その他、いろいろ非常にわかりやすく説明しています。

及川幸久は幸福実現党の外務局長ですが、ニューヨークのメリルリンチで金融業務を経験しており、経済・金融に深い知識と洞察力を持ってます。

まず、偏見をさておいて、とりあえずご覧下さい。

納得いく部分が多いと思います。

20190323 ブレグジット 意外なシナリオ【及川幸久−BREAKING−】

https://www.youtube.com/watch?v=goA1P_Hq67k


近況雑感

>老猫さん ソロです。
 その後お体の状態は如何ですか? 花粉症真っ盛りwの季節ですし、朝晩の気温・湿度の差が激しいこの時期「喘息持ち」には伝い時季でもありますね。 私も外出する時には「頓服」のネプチン・スプレーが手放せません。 あれが効かないと、救急車を呼ぶしか助かる途はない、ですからね。ww

 日本の経済って、日本人にとって好況感何もないのは、実質手取り収入が減って居るんですから「給与を上げてやる」1択何ですが、そうはさせじと財務省がして居る、と、マスコミに商売させて貰って居る、経済評論家たちが、然も、日本の国民の味方のふりをして乍、決して真の敵の名前を口に出さない範囲で、色々言って居ますが、其れに乗せられて喧々諤々やって居るのを見ると、敵の戦略は的を得て居るなぁ、と感じます。

 そう言う中で、如何にかして、デフレ状態を脱したいと、足掻いて居る安倍政権を、代案はまるでないのに倒そうと言う、「自分でモノを考えられない、目先の事しか見えない」連中が大勢いますが、世の中は、顕在成分ダケで動いて居るのではなく、寧ろ顕在成分は、背後の勢力が仕組んだモノであると言う当たり前の事が分らないのでは、日本の夜明けはと衣でしょうね。

 唯、世界は、米支戦争の進展に拠って、シナが企んで居た、世界のシナ覇権への方向性が、米国の攻勢に拠って、従来の方向とは、やや異なった方向に歩み出して居る様に感じます。

 即ちそれは、朝鮮半島2国の不可逆的な衰退やグローバリストの世界的退潮現象にに拠って、グローバリストと繋がって居た、マスコミや極左集団や政党と言った、政治集団が、資金力を失って大きく衰退を始めて居ます。

 この現象を齎したのは、現政権の指揮の下、日本の国益を護らんと活躍している治安系公務員のごどりょくのおかげです。

 我々国民は、彼らの努力を評価して、彼らを援ける意味で、例えば、スパイ防止法の成立、憲法の全面改正、そして、何より治安系公務員の「国民としての権利」を護るべく、憲法9条を喫緊に改正しなくてはなりません。

 現状は既に、決戦の時を向かえて居るのに、国民が、現政権の旗幟を疑って居る様では、話に成りませんが、代わりに、治安系公務員は報われ無い仕事なのに、黙々と、そして、粛々と「任務を熟して」います。 彼らにとって、安倍政権は、希望の灯火だと思います。 

 マスコミから得た情報を基にして居るのに、そのマスコミが信用ならない、と分っても、未だマスコミに情報を頼って居るのは滑稽と言う他は無いのですがね。

 マスコミを看て居ると、態と自身の信用を毀損するよう名前をして居る様に見えます。 すると、マスコミの信用が無くなり、終には、死にますが、大半の国民は耳目を失って終うわけで。そうなったら、今よりも酷い事に成る恐れが出てきますね。

 金融団は、其処を狙って居るのではなかろうかと私は思って居ます。 ですから、安倍チームは、放送法改正(だけではありませんが・・)のタイミングを測って居る状況だと思います。NHKの反政権の動きの露骨さが、日に日に増して居るので、寧ろ、放送法改正をさせようと言うベクトルが働いて居る様に感じますね。

 まぁ安倍チームに任せる他は無いのですから、「邪魔はしない様に」したいですね。 

良くわかる動画

>へうげものさん
ご推奨の動画を見ました。
ブレグジットについて良い勉強をさせていただきました。
どうもありがとうございます。

>ち○ちゃんです

ち○ちゃんってちいちゃん?
僕は「ちいちゃん」って想像して「女性」だと勝手に決めてるけど。
俺、女には強い事言わない主義で女は大事なもんだと思ってる。
朝鮮半島からやイスラム圏から移民が流れてこようが女だけは男性と区別し女性だけは受け入れても良いと思ってる。
男子は土地を守る使命があるから女性とはハナから違うんだ。
ちいちゃんでいいのか?まさかチンちゃんじゃねーだろうな?
ま、どっちでもいいけどよ。

韓国が差し押さえた日本の在韓企業の資産売却現金化はまだやらんのか?
とっととやれや!

MMT(Modern Monetary Theory。現代金融理論とも、現代貨幣論とも)

MMTは、単に現実の金融財政システムの正確な記述を志向するものであって、その意味で行動経済学や比較制度分析みたいな新しい分析枠組みとというわけではありません。
そうではなく、
①現実の金融財政システムと整合的な経済分析を行うべき。
②もし仮に実際の金融財政システムと乖離する分析手法を採用したなら、乖離部分によって生じるギャップをMMTを”用いて”埋めるべき、ということになりますし、
そうした考えから書いたのが
MMTと主流派経済学の違いは「掛け算の順序問題」に近似できるか?
2018-07-07
https://ameblo.jp/nakedcds/entry-12388076463.html
なんですね。

あと、「現代日本にはMMTが合う」みたいな言説も見当違いで、MMTは一般的な金融財政システムをもつ現代国家すべてにある程度普遍的に整合する枠組みです。
特に拙noteでは、ベネズエラやジンバブエのハイパーインフレを、MMTに基づいて分析して見せたりしています。
日本は本当に財政危機? ―世界各国の財政破綻例を見てみよう
https://note.mu/motidukinoyoru/n/n2f6bc1f2e1cf

https://twitter.com/criticalmind_E/status/1110164802985324545
----
マイナス金利と財政政策の比較
https://togetter.com/li/1332064

「負の利子率政策」https://www.nippyo.co.jp/shop/book/6835.htmlの著者 清水誠氏との対話をまとめました

自分が認める「権威」を議論が進むたびにずらしていく議論方法は流石に卑怯すぎる気がします。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/