スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南北トップ会談、北の本当の狙い

南北首脳会談の新聞報道やテレビ報道をよく見ているが、一番重要な
「NLL」(北方限界線)関連についてなにも出てこない。

「NLL』と言ってもあまり一般にはなじみが薄いが、
金正日の恐ろしい謀略なのです。

北朝鮮が今年に入って、韓国に強力に要求してきていたのがNLL
すなわち海上の軍事境界線の変更問題です。

1999年と2002年にNLLで起きた武力衝突で韓国海軍の兵士が
死傷する事件があってからは、全ての国民がNLLが南北間の不可侵の
境界線と認識するようになった。

しかし北朝鮮は海上のNLLをもっと南に下げろと要求している。
南側に下げれば,西海五島が北朝鮮の勢力下にはいる。
そうなればソウルやインチョン攻略も容易になる。

もし北朝鮮が攻撃すればインチョン空港を容易に封鎖できる環境が
整うことになる。

北朝鮮は例によって「NLL、海上の軍事境界線で武力衝突が
起こった場合、全面戦争へと拡大する」と脅しをかけている。

それを受けて大統領や韓国政府は「現在より南方に少しだけ譲れば、
北朝鮮が満足する」とのべている。
NLLが紛争の要因になるからその紛争の要因をなくそうと
譲歩の姿勢を見せた。

おそらく今回の南北会談の主要議題のはずである。

ノ・ムヒョン大統領は「我々を危うくしようとの事でなく、危機の要因を除去して、圧力を低める事が信頼を高めることにつながる」と付け加えた。

NLLを譲歩する事は、国家の安全保障を放棄するにも等しい。

相手の要求に対して譲歩、嫌がることはしない、そのことが信頼を高める。
「アレツ」日本の外務省や福田首相にそっくりですな、

外交問題で嬢歩する事は結果として国を売ることになり国を危険にさらす
ことにつながる、中国や韓国に嬢歩し続けてきた日本を見ればよくわかる。

ノ・ムヒョン大統領は日本には強圧だが北朝鮮に対してはたちの悪い
ホステスに騙されて通いつめるお客のように、なんでも言う事を聞く、
最後はスッテンテンにされてしまう。

今や大統領の任期は、残すところ三ヶ月足らずとなった。
その残された短い期間に国民の意見を問う事もなく、ドサクサにまぎれて
対北政策を巨額の経済支援とNLLの南下を約束してしまった。

今回の反国家的な行為は長く韓国民を苦しめるだろう、
未来の歴史が証明してくれる。

過去の歴史と経験則をまったく勉強しない我が国の福田首相様、
アメリカの核の傘がなくなろうしています、
貴方の主張している「自立と共生」は国の政策に当てはめて考えてください。

憲法9条の「戦争の放棄』「戦力の不保持」「交戦権の否認」
こんな憲法でどうして自立や共生が出来ますか?

貴方の言っている「若者も年寄りも安心できる社会」ってどんな社会ですか?
本当の安心は「国の安全保障」です、アメリカの傘がなくなろうとしています。
国の安全保障はどうするつもりですか?


貴方の無知や、オドオドした表情を見ていますと、日本の将来に
不安を感じるのは私だけでしょうか?





















コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/120-b95178ea

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。