スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国大統領が訪朝

一国のリーダーしだいで国民の幸、不幸が決まる。

金大中からノ・ムヒョンに至る10年間に「反共」を捨て「親北」に転換し、
「反日」を進める韓国にどんな将来が待っているんだろう。

日米と離反してまで「南北統一」に進む韓国に
輝ける明日があるのだろうか?

韓国の子供たちを反日にするために意図的に歴史を歪曲し
日本憎しの感情を植え付けた。

韓国の作家キン・ワンソプや呉善花などが
「韓国の近代化は日本の支援なくしてありえなかったとして日本統治を
高く評価。韓国政府がおこなった反日教育を支える歴史認識は誤って
いると厳しく批判」して、発禁処分になった。

言論を封鎖する似非民主国家韓国は国民の思考を止めた、
北朝鮮の内情に対しても国民の批判を封じ込め、
「いま選挙すれば大統領は金正日」とも言われるくらい
親北感情に染めてしまった。

呉善花の『韓国の暴走』にこのような一文がある
北朝鮮を賛美する高校教科書の登場として
『朴大統領のセマウル運動を「長期政権正当化の手段」と決めつけて非難
する一方で、金日成の千里馬運動については「社会主義の経済建設に
おおきな役割をはたした」と高く評価している。』

この教科書はノ・ムヒョン大統領政権が成立した2003年から
使われている

しかし現実は朴大統領は韓国経済を飛躍的に成長させたが
北朝鮮は国民を飢餓状態に陥れた。

何故このような偏向した教育をするのか 理解に苦しむ。

北朝鮮をひたすら賛美し、国民を騙して無理やり統一しても韓国民は
幸せになれるだろうか?

「ドイツ型吸収統一」に耐えるだけの経済余力はいまの韓国にはない、
2300万人の北の人間を4500万人の韓国人がどうやって食べさせて
いくのか?二人が一人分のめんどうを見ることになる。

韓国では、いまやカード破産者が500万人に増え、国の経済も破綻寸前、
日本の賠償金一兆円をあてにしているらしいが、焼け石に水

賠償金にしても韓国と戦争したわけでもないのに払う理由がない、
日本の統治による損害と言うなら、
韓国作家の金・ワンソプの著作「親日派のための弁明」よりの抜粋を
読んでください

「日本の統治により朝鮮は多大な発展をとげた。30年あまりの間に
1000万の人口が2500万人に増え、平均寿命は24歳から45歳に
伸び、未開の農業社会だった朝鮮は、短期間のうちに近代的な
資本主義社会へと変貌した。日本からは優秀な教師が赴任して
朝鮮人を教育し、日本政府から莫大な資金が流入し,
各種インフラが建設された。
日本時代は私たちにとって幸運であり祝福であった」、と書かれている。

日本人が書いたのでない韓国人が書いた文章です、
なにか賠償金に該当する箇所がありましたか?

少し横道にそれましたが、南北統一の検証は後日にして、最後に
台湾出身の評論家 黄文雄さんの一文を載せます

「中国、韓国の歴史学者は、歴史教科書を検証する能力が
ないだけでなくて、対話の能力さえない」と断罪しています。」

韓国の作家金・ワンソプさんは『「馬鹿たちの後進」はいつまで続くのか』と
嘆いています。















コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/118-4b324071

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。