ビジネス左翼と乞食左翼 8月14日(火)


1945年の冷戦開始以降にかけて政治経済その他多くの面でイギリスは、
アメリカ合衆国に覇権を譲った。第二次世界大戦が終了したときのアメリカ
の力は他の国を圧倒し、大きな富を保有していた。

アメリカはNATOや国連、国際通貨基金、さらに自由主義の理念の守護者と
して、桁外れに大きな貢献してきている。また、資本主義・自由主義陣営の
西側諸国の一国としてソビエト連邦とは敵対しながら、この国を潰した。
しかしアメリカは大いなる油断をした。中国という悪の国を育ててしまった。

その前に同盟国である日本を共産国の防波堤として強力な経済援助のもとに
日本を発展させてくれました。その代償としてアメリカは日本を軍事基地化
させていきました。アメリカにとって繁栄させた日本は対ソ・対中戦略のた
めに絶対必要だったからです。

恩を感じた日本は経済分野以外では、アメリカの最も忠実な同盟国として
アメリカ外交にほとんど逆らうことはありませんでした。ところが保護国と
して常に下に見てきた日本が経済的に強力なライバルとして登場してきたこと
に愕然とします。

当時ニクソンの国務長官であるヘンリー・アルフレッド・キッシンジャーは
ニクソンに助言します。「経済的に台頭してきた日本がいずれアメリカから離
脱し、将来外交的にも軍事的にも独立していく、今のうちに叩かねば」
ニクソンはこの時点からはっきりと日本を経済敵国だけでなく全ての敵として
見始めました。

しかし日本人は、裏切りや二枚舌で平気で恩を仇で返す中国人や朝鮮人とは
全く違う人種です。日本人は日米同盟を反故にする気などサラサラなく偉大
な先進国として自由な国アメリカを尊敬の眼差しで慕っていました。

ところが歴史を知らない超反日なキッシンジャーは中国人を完全に見誤った。
アメリカの中国専門学者は、孔子・孟子、その他の思想学者や論語などで
中国を「黄帝以来四千年間、中国は常に変わらぬ姿で存在し、高い文明を
誇っている。たまに一握りの夷狄が侵入してきたが、たちまちにして中国に
同化され、消滅していった。中国という国はそういう蛮族には少しも影響
されず、不動の地位を保っている。だから、中華民族というのは世界の中で
も最も誇り高い歴史と文化を持つ、永遠不変の民族」であると誤解した。

キッシンジャーはこの中国専門学者の主張を完全に信じてしまった。だが、
もちろんこれは事実ではない。中国は二千二百年前、秦の始皇帝によって
統一された。この統一後も中国は人種も国土の大きさも、様々に変化してきた。

後漢末期の戦乱により漢民族はほぼ全滅し、北方から侵入してきた遊牧民に
取って代わられる。隋や唐はこうして侵入してきた遊牧民が作った、いわば
第二の中国です。

だが、この第二の中国人の帝国も、契丹人が建てた遼や、女真人が建てた金
に北半分を占領されてしまう。そして、ついにはモンゴル人の帝国が南宋ま
で併合して中国全土を統一することによって中国は消滅してしまう。

その後14世紀に明が建てられるが、それも満州人の清朝に征服され、中国
人は消えてなくなる。このように、大きな流れを見るだけでも、中国専門学
者が言うような「永久不変の中国」など存在しない。つまり世界の中国専門
学者はこのような中華思想に騙されていたのです。

それでは何故世界中が中国を見誤ったのか?世界中の中国通、日本の学者
も含めて勉強した漢文は、始皇帝が命令した「焚書坑儒」によって途絶えてし
まった。始皇帝は全ての書物を焼くように命じた。始皇帝はさらに儒学者ら
460人以上を生き埋めにした。以降2000年にわたり、中国には真の思想家
は生まれなかった。しかし論語を含めてごく僅かな書物だけが残った。

2千年以上前の漢籍で中国人を知り、尊敬さえ持ってしまった人々は、中国
人の野蛮な振る舞い、衛生観念に欠け、品に欠け、国際社会のルールを
無視するなどを見て、ようやく世界中が野蛮な中国人のことを分かってきた。


中国の話が多くなって本題から離れてしまいました。キッシンジャーの話に
戻ります。

中国を知らない中国通を信じてキッシンジャーは中国に隠密のうちに近づき
始めます。そしてキッシンジャーは周恩来と手を握り、日本を共通の敵と
認識した時点でアメリカにとって日本は必要なくなった。

アメリカが日本を敵国と見ていたにも関わらず日本は疑いもせず鈍感にも
アメリカを信じ、ビッグブラザーとして頼りにしていました。

その頃キッシンジャーは中国と会談を重ねていました。周恩来は「日本を経
済大国にしたのはアメリカだ、一度日本が軍事大国に走れば周辺の国に
とって危険だ、日本を弱体化させてほしい」と迫ります。

中国側の日本に対する警戒感は想像以上のものでした。キッシンジャーは
米中国交回復を実現するために、日本に絶対「核を持たせない」「日本を
自立させない」そして「日本を弱体化させる」ことを周恩来と約束します。

アメリカは戦後すぐに日本国民の精神を破壊して骨抜きにし、占領政策に服従
させて再びアメリカの脅威とならないようにするべく、戦争についての罪悪感を
日本人の心に植え付けるための宣伝計画(WGIP)を実行していました。
そして報道内容を厳しく制限し、言論統制を行いました(プレスコード)

キッシンジャーはその政策に乗り、日本国内に左翼の進歩的文化人を育てま
す。彼の指示を受けた言論界・マスコミ界・教育界、特に象牙の塔である教授
たちを洗脳します。その方法は、今の風向きではメディアや言論界において
左翼の顔をしたほうが得だと思わせ、出世の近道をつくりました。

戦後の左翼思想は流行であった。流行に遅れたら出番がなくなる便乗しな
ければ損である。彼らは適当にちょっと勉強して、左翼のお面をかぶってい
たにすぎない。それは調子に乗った仮面舞踏会だったのです。

ところが左翼が目指した社会主義・共産主義を実現した国家が、実は地獄で
あったことが判明します。しかしかっての左翼全盛時代、自分たちが国民を教
え導いてやっているのだとうぬぼれる優越感が忘れられなくて、左翼の主張を
変えることはなかった。

社会主義の国家が地獄であることがわかった後、つまり左翼の言動が通らなく
なった後、彼らはそっと仮面を外し、何もなかったかのような知らぬ顔の半兵衛
になり、今も平気でマルクス学を講義している。この人達を「ビジネス左翼」と
命名します


このビジネス左翼の人たちが、引退し、あるいはなくなっても、以前以上に
日本弱体化に邁進している人たちが日本に多く現れはじめました。それが
在日朝鮮人の二世・三世・四世たちです。

彼らは密航した親から「戦前日本人は朝鮮で多くの人を虐殺した」という
インチキ話を繰り返し聞かされ育ってきた。そして自分たちの密航という
犯罪を隠すために朝鮮人の多くは無理やり日本に強制連行されてきた人たち
だと子供たちにウソを教えます。

その言葉を信じた在日の子孫たちは日本を恨み、敵国と認定して日本に復讐
することしか考えられなくなります。その在日がテレビ局、新聞社、市役所、
国会議員、などに入り込んで日本人を装って日本弱体化を進めています。

在日朝鮮人は「自分たちの祖先は強制連行の被害者」というウソの自虐史観
に囚われて、日本破壊を企んでいます。日本にやってきた朝鮮人の親は、自
分たちは貧乏で、日本人に差別され如何に苦労したかを繰り返し聞かせ子ど
もたちを育てます。

しかし勝手にやってきた朝鮮人たちは移民です。言葉も文化も違う異国に来
れば、どこの国でも移民の生活は貧乏で、差別されるのが当たり前です。
その苦しさを子どもたちに聞かせて、日本を憎むように育てるなどもっての
ほかです。

日本だって南米に移住した時想像を絶する苦労をしました。移民先の国の
募集内容とあまりの違いに愕然としましたが、しかし移民した国を恨まず、
言葉と差別に大変な苦労をしましたが、決してその国を恨んだり復讐を誓った
りはしませんでした。なのに、朝鮮人はかってに来たにもかかわらず、「在日は
被害者」と決めつけ子々孫々にわたって恨みの心を伝え、日本社会を混乱さ
せていきます。

在日朝鮮人は自分たちの行動を正当化するために、日本を弱体化させる戦略
として左翼の仮面をかぶり、笑顔で近づき、日本人の愚かな左翼を取り込み
反国家・反皇室・反靖国運動・護憲と連動していきます。

だから憲法改正を掲げて日本を普通の国にしようとしている安倍首相を退陣
させるように在日左翼は運動をしているのです。

私はこの悪賢い在日左翼たちを「乞食左翼」とよんでいます。
彼らは日本名を名乗り、日本内部に入り込んで、日本のあらゆる分野を牛耳
ろうとしています。

そして在日は日本人と変わらない社会権を持っているにも関わらず、さらな
る権利を主張しています。年金についても掛け金を一円も納めていないのに
地方自治体は年金の代わりとして「外国人福祉保証制度)を設け、市民の
税金から支払っています。

さらに日本人の命綱である生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費と
して2兆3千億も使われています。

朝鮮戦争を敵前逃亡として、日本に密入国して70数年、一円の税金も納税せ
ず、直ぐに半島に帰るからとして、日本政府に嘘をつき、ぬくぬくと今日まで
日本を食い散らかしてきました。批判を避けるために密入国を「強制連行さ
れた」とウソをついて同情をアピールしています。

また彼らは悪の免許書である通名を複数名乗って生活することには、法律的な
規制がありませんでした。安倍首相は公的な手続きで通名が使用不可能に
制度を改めました。

しかし公的な手続きにおいて通名が禁止になりましたが、通名が廃止された
わけでもない以上、在日に支配されている朝日新聞やNHKおよび民放の各
テレビ局は犯罪者を今までどおり日本名のみで報道していくのではないかと
心配しています。

在日のことを語ればまだまだ書き足りませんが、もちろん全ての在日が日本
に害する在日ばかりではありません。優秀な人やマトモな人たちも多くいます。

「自分たちの祖先は『強制連行の被害者』などでなく、より良き生活を選び、
自分たちの未来を切り開くために、海峡を渡って日本に来たという正しい歴史
認識を持つ必要がある」とウエブメディアの編集長である呉 亮錫氏は語って
います。

今回はあまりにも長くなってしまいました。お盆休みに免じてお許し下さい。




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります

コメント

残暑お見舞い申し上げます

今回も興味深く拝読しました。営業左翼と乞食左翼、言いえて妙ですね。
私はそれらに加えて、戦後の自虐史観が正しいと教え込まされてきたまま、自らを変えない人々を「洗脳左翼」と呼んでもいいのではないかと思いました。九条の会や左翼政治団体に属して、上に言われるまま集会に参加して旗を振り、寄付金を差し出す彼らは、元は純粋な心優しい方々だったと思います。でも、そこにつけこまれて洗脳されると、公正な視座も失われ、自分の言動がおかしいことに気づけないまま、今日まで至っているのです。
そういう意味での蒙を啓くために日々の行いの中での周りへの地道な小さな働きかけこそ、将来への大事な行いと信じております。

国は大きな共同体です

毎週の更新ありがとうございます。
営業左翼、乞食左翼で思い出しました。
高橋和巳の「憂鬱なる党派」です。
気分だけ左翼、バスに乗り遅れるな左翼、こんなこと言っていると儲かるぜ左翼との台詞が出てきたかと思います。
読んだのは30年ほど前ですから違っているかもしれませんが。
生活の糧をそこから得ているなら、逆コースをゆくのは難しいでしょう。しかしながら国あっての都道府県であり、都道府県あっての市町村でしょう。今更こんなことを皆様に申し上げるのも失礼でしょうが。
ただ、私はこう思います。国に反抗している自分って格好良い、権力に逆らっている俺ってかっこいい。
という祭りは終わったのです。
もはやそんな戯れ言につきあっている余裕はありません。
なにしろ日本を狙っている国が複数あるのですから。
戦後社会党が「日本は焼け野原である。このような国を攻める国など無い。よって軍備は不要である」との主張をしたと学校の先生から聞きました。
というわけで、日本に軍備は必要ですし、ミサイルも必要です。
何なら核兵器の保持を検討するくらいは必要と考えております。
乱文失礼しました。

商売人とピッピーしかおらへん・・

「玉音放送」を境に日本人と朝鮮人の立場が逆転した、あの瞬間
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52973

【鄭大均・首都大学東京教授インタビュー】姜尚中の耐えられない軽さ!? 在日をウリにする進歩的文化人の功罪とは
http://news.livedoor.com/article/detail/5979387/
ものすごいまともな感覚なのに、なんで鄭先生の方をもっとメディアは取り上げないのか。被害者の日本攻撃の方が感性に合うからでしょうね
---
台南市(台湾)の林百貨店に来たんだけど、目の前に従軍慰安婦像が出来ててショック
https://twitter.com/borjarnon/status/1028996531834109953

台北の慰安婦記念館オープンの時は、こんなに騒がれなかった
台湾に慰安婦像が建つのも、あそこが民主主義国だから

日本人は政治や歴史問題で、中国や韓国はキツイけど、台湾人ならわかってくれると思いがちだ

でも台湾でも歴史観やいろんな意見があるし、台湾人とコミュニケーション取るほど、一方的な日本の意見は幻想だと感じる

一方的な思い入れは気持ちいいけど、対話して傷つきつつ、お互い前に進むべきかと
https://twitter.com/Maechan0502/status/1029525603756593152
---
滝山コミューン一九七四 (講談社文庫) 文庫 – 2010/6/15
原 武史 (著)
本書は、目を逸らさずにすべてを白日の下に晒さねばならない、とする迫力ある記憶の書でもある。(解説、桐野夏生)郊外の団地の小学校を舞台に、自由で民主的な教育を目指す試みがあった。しかし、ひとりの少年が抱いた違和感の正体は何なのか。「班競争」「代表児童委員会」「林間学校」、逃げ場のない息苦しさが少年を追いつめる。30年の時を経て矛盾と欺瞞の真実を問う渾身のドキュメンタリー。(講談社文庫)

やはり当時の革新といっても全体主義イデオロギーにとらわれていた
基本的には今も変わらないでしよ。個人の自立は阻害されている。
---
【悲報】実家に帰省したら親がネトウヨになってた…元凶の「ビジネス右翼」を生む歴史と構造。そして治療法はあるのか|古谷経衡(文筆家)
https://finders.me/articles.php?id=306
・ビジネス右翼は「動画の時代」の到来を早くから見抜いていた
・日本の誇りを支えるとなれば、万札が出てくる
・社会的地位の高いネトウヨは何故デマに騙されるのか

古谷:例えば中小零細企業経営のボンボンの二代目とかが多いし、自営業の人もたくさんいる。あとは医者も多いですね。眼科医や皮膚科医とか、そこまで忙しくない分野で。内科医は偶然かもしれませんが会ったことがないです(笑)。

ーーー
世界中にあるビジネスなんちゃら。
フランスでもイスラムがいかに人権抑圧してるかと書けば売れる。
中国でも日本叩きの本売れる、売ってる方は中身は知らない。
なんでも金儲けに変える連中はスタンド観戦。
グラウンドで争うのは・・・言わなよ・・。

現状の問題の根源は、ロシア革命以前に遡って考察しなければ、
明察に至らないと考えます。
“pom”さんが仰られているスタンド観戦に興じるあの連中が、周到に描いた青写真に翻弄されているだけの事が多くの悲劇を生み出している。

日本を乗っ取ろうとする国があることを、忘れてはならない。

ブログ主様、ブログの更新をありがとうございます。

昔、45年位前になりましたが、職場教育で在日朝鮮人は強制徴用で来日したと教えられたと記憶しています。
その後、20年位前(この頃には、強制徴用はなかったとのことが明らかになっており、強制徴用とは言えないので、どうするのかと興味を持っていました。)に職場教育に来た朝鮮人は、終戦時に朝鮮に帰国する手段がなかったから、そのまま日本にいると言いました。

嘘を言うことに何の、躊躇いもない民族です。
その場を言い抜ければ良とする民族性は、日本人には無いと言うより、日本人は嘘を恥ずかしいものと考えますが、朝鮮人や支那人は上手な嘘は真実よりも優れていると考えます。
こんなことは、大和民族が受け入れないものです。

西欧だって、嘘を固めて日本に大東亜戦争を起こさせたのですから、褒められたものではないですが、米国はドラえもんにおけるジャイアンであり、自分が決めたルールなら自分も守ることをしますけれど、支那・朝鮮にはそれすらありません。

尤も最近のビジネス左翼は、社会主義国の理想を吹き込んでいたものが実際には出鱈目であったことが明らかになったため、社会主義の優越を唱えることはなくなって、安倍首相の政策をひたすら批判して、政権の弱体化を目指したものでしかなくなりました。

それでも乞食左翼は日本を貶めることで、存在感をアピールしていたように見えますが、本当は日本の乗っ取りを謀っているとしか思えません。
やはり、李明博韓国大統領の「日本乗っ取り完了宣言」は、日本人として危険性に注目しなければならないもので、これからの日本を日本人が守る大切さを知って行動しなければ、乞食左翼に乗っ取られる可能性があると思います。

レーニン主義 スターリン主義

「無敵の人」には、インターネット福祉が必要だ。
https://blog.tinect.jp/?p=52854

そもそも福祉の始まりは、19世紀末のドイツのビスマルクが発端だ。当時は産業革命が起き、資本主義がもの凄い速度で加速していった時代だ。
資本主義というのは、成功者には莫大な富をもたらす一方で、負けた人間には容赦ない鉄槌が打ち下ろされる社会だ。

19世紀末はこの悲惨な現状を元に、マルクスが資本論を書き、社会主義革命の必要性を唱えていたという事もあって、どこの国も格差問題については物凄く頭を悩ませていた。その結果うまれたのが、福祉の提供による格差解消だ。

こうして福祉を提供し勝てなかった人間にも手厚く報いる事で、なんとか世の中はギリギリの均衡を保ってここまでやってくる事ができた。

その後、社会主義革命は大失敗したわけだけど、こうなると面白い事に今度は新自由主義と努力教という非常に強いシバキアゲ論が世間を支配するようになった。

「頑張った人間は、頑張ったのだから報われて当然」

「負け組は自己責任。頑張らなかったのが悪い」

社会主義革命の恐怖がなくなったからなのか、最近はこういう意見が物凄く普通に通用するようになった。なんというか、本当に人間というのは失敗から学べない存在であるといえる。


今のままでは日本の指導層は侵略中国共産党にはるかに劣っている
これは大変深刻な事実ですね。ビジネス保守は認めたくないんでしょうけど日本はもはや侵略中国に劣っている国となっています。論文引用ランキング、gdp、政治影響力、科学でも負け始めたのが致命的ですね。
孫子は2国間の力関係を見るときはリーダーは有能か、国民は統率されているか、軍隊は強大かなど、5事7計に基づいて判断するわけですが日本が勝っている要素がどれだけあるのか大変疑わしいです。以前は侵略中国の人数、量的に劣っているぐらいの話ですが質でも負け始めたらもう日本に勝ち目は無いでしょう。というか勝つ気ないのかな。今後は侵略中国に派遣社員する時代か。現代の出稼ぎ遣唐使!!
目覚めよ、日本人よ!

日本を取り戻すためザイニチを国外追放しよう。

日本に密入国して以来、1円の所得税を払わず、生活保護費を貪り、また、いずれ半島に還るからと言って年金の掛け金を全くせずに市町村を脅迫し、年金をはるかに上まわる社会福祉金を確保し、
日本人を上まわる補助金を得て、毎日、遊んで暮らしている在日韓国人が目にあまる。

なおかつ、密入国したのに「強制連行」されたとして、被害者ぶり、NHK、朝日新聞、毎日新聞、などの巨大メデアの失言をとらえて、これらメデアの実権をを握り、日本を貶めている。

我々日本人は、ザイニチから真の日本を取り戻さなければならない。ザイニチから日本を取り戻すためには、NHKといえども、
潰さなければならない。
日本を取り戻すためには、たとえ帰化した元朝鮮人であろうとも、
その国籍を剥奪し、国外追放しなければならない。

「むかし参謀いまコンサル」

昭和27年のサマータイム廃止法案は自由党、共産党、その他野党と3種類も提出されたそうだけど、
その時に国会で交わされた
共産党「太陽の時間まで、自分勝手に扱う自由党は、清盛以上だ」
自由党「地下にもぐった共産党には、時間のことなどどうでもよかろう」
というやりとりが酷くていい。
https://twitter.com/hkazano/status/1029733698831179776
---
1976年の出来事ですから、もう29年も前の話です。共産党の市会議員の人が渋谷のホモ旅館「千雅」でロッカー荒らしをして逮捕され、渋谷警察の留置場にほうりこまれてしまったのです。

共産党の機関紙「赤旗」は、9月9日の日曜版に6段抜きで「党にかくれ二重生活=失踏=窃盗容疑のA」と大きく報道しました。

当事、ぼくはその記事を読んで、あっけにとられてしまいました。泥棒したことが悪いことなのに、ホモであることを糾弾する記事だったからです。
http://bungaku.cocolog-nifty.com/barazoku/2005/07/post_4917.html
---
大塚家具だけじゃない。
日本の大企業に入り込み、旨みを吸い尽した後はバラバラに分解して売り払う(表向きは日本企業の顔をした)外資コンサルの存在。
https://www.data-max.co.jp/article/523/

日本は内需は減退し、イノベーションが起きにくくなり、地方が壊死し、活気が失せ、年金受給年は引き伸ばされ、年金額は減らされ、医療費は高くなり、死ぬまで働かなければならない国になった。なぜか。世界一の少子高齢化を放置したからだ。まさか、これからも放置し続けるのか

アハです。
2018/08/16(木) 13:29:44| URL| net #AM.tNSG2
2018/08/16(木) 15:52:10| URL| ikuko

netさん ikukoさん どこからきたの?

ちりちゃんです。
なんか。どうしようか・・・。

pass入れないで、送信しちゃう。
返事よろです。



キッシンジャーは中国人に騙されていません

>キッシンジャーはこの中国専門学者の主張を完全に信じてしまった。
毎回面白い記事を有り難うございます。大変鋭い視点であろうと思いますが、一つ異論があります。
キッシンジャーは、すなわち弁舌の徒です。口八丁でニクソンに取り入った男です。このような弁舌の徒が多数跋扈した世界は古代中華文明です。張儀、蘇秦、李斯、そして諸葛孔明もそうです。(石平氏の受け売りです)
彼らには特徴があります。それは、独自の「世界構想」を売り物にして登用されているということです。登用されてから世界構想を練っているのではないのです。世界構想を売り物にして取り入っているのです。
現代の弁舌の徒も同じです。キッシンジャーはニクソンに登用されたとき、「有能であるから」ではなく、ニクソンは、キッシンジャーの世界構想を採用したのです。
したがって、キッシンジャーは中国人に騙されたわけではなく、初めからそのような構想だったのです。それを「武器」にして彼は登用され、地位を向上させて富裕になるという目的を達成させたのです。「世界構想」自体は彼の道具にすぎず、自分の著書を一番信用していないのは、彼自身ではないかと思います。彼はこれで今日の地位を築いたわけですから、修正できないのです。もうその必要もありません。キッシンジャーは、中国人が野蛮人であることを最初から見抜いていたと思います。周恩来については期待外れだったかもしれませんが、中国人が蛮族であることは想定内であったと思います。

世界支配の英国蝶報網とユダヤの金権情報網とが合流したユダヤ・フリーメーソンは、日本の政財経軍の機密の大略を入手していた。それはフリーメーソン網と、その外郭諜報機関であるロータリー・クラブからの報告によるものだった。フリーメーソン=ユダヤ=キリスト教宣教師=YMCAの図式である。下降化、ライオンズ・クラブ、青年会議所まで出来ている。

原爆の機密を売り渡した湯川秀樹
戦争製造業者、ユダヤ・フリーメーソンが、時間をかけて徐々に日本を戦争にひきりずり込み、日独伊を壊滅させうるだけの準備を整えてから米国を参戦させた経緯がわかる。
謀略の中心は外国人宣教師
ユダヤのラビ、アイザック・ワイズの言葉
「フリーメーソンはユダヤの組織である。その歴史も階級も、職務、標語、規則もユダヤのものである。」

新渡戸稲造はフリーメーソン
アメリカとマルキシズムソビエトとは、表は拮抗対立と見せ、裏は一つにむすんでいた。いよいよ偽ユダヤによる世界統一支配の構図がしめされようとしている。谷口雅春にいたるまで心内の声を聴くには国境はない、という考え、フリーメーソンはそこを狙っている。ユダヤ・フリーメーソンとキリスト教とコミンテルンとの三つは三位一体である。
右翼のフリーメーソン、左翼の共産主義者は両建てでひとつにつながっている。
五・一五、二・二六事件またのクーデーター、いずれの場合も第三国の金が動いていたのである。
大川周明・赤尾敏にも米国のカネが

8/15のモニクロで、元ネトウヨの名言として「勉強したら負け」と言うのを紹介してた。ネトウヨは無知だが、学んでしまうと心の支えが失われるので断固として学ばないらしい。
しかしこの精神構造、放射能関連やワクチンについても、おなじみのものだよな。

右にも左にも中にも学ばず決めつける人など山程います
私の知っている左の活動家のオジサマは、学ぶことはブルジョワ思想に飲まれる事だとしてガンと学ばないでデモしてる人もいますよ

「虎ノ門ニュース見て真実を知ってください」言うネトウヨ小僧(30代)に安倍一族と統一教会の癒着を説明して「嘘だと思うならスマホで今すぐ検索して確認しろ」
言うたら
「知りたくない」と拒否

アメリカCIAからの要請で、韓国KCIAと共同で「日本での共産主義活動を監視する民間組織」である勝共連合が作られ、それを宗教偽装したのが統一教会ですから、そもそも韓国の宗教でも何でもなく、日本製の闇の組織で、その設立に係わったのが岸信介ですね。
KCIAと共同で設立し、表面の代表として韓国から文鮮明を来日させたんですよ。日本での身元引受人は、右翼の大物(日本船舶振興会)笹川良一。岸信介と共に活動したのは日本のフィクサー(右翼)の児玉登志夫。
統一教会は宗教というより最初から民間の公安であり右翼団体で政治団体ですね。
---
フェミニスト・上野千鶴子「不利なエビデンスはもちろん隠す、それが悪いことだと思ったことは無い」
2018-04-03
https://snjpn.net/archives/47224
これ、自然科学系だったら学位剥奪、学会追放、過去の論文の徹底的な再検証だろ?
社会科学系ってこれを放置するほど腐敗してるんだな
女性学や社会学は10年以上前からこうだった。たとえば、厚労省第5回女性の活躍推進協議会(委員に学者含む)の議事録には調査で不都合な結果が出たらごまかそうというやり取りが記録されていた。それを拙著で紹介したら、その回の議事録だけHPから削除された。
---
スルガや国金はさておき。本邦にはかつて日債銀という長期信用銀行が有り、頭取が「暴0団相手だろうが、無担保だろうが、貸して・貸して・貸しまくれ」とコンプライスが1ミリも効いてない大号令かけたり、本店の駐車場を右翼の街宣車に利用させていました。
現あおぞら銀行です。
https://twitter.com/yellowsheep/status/1030030690354524160
中国で飲食業してる人が あおぞらは、他と違って貸してくれる と心配してました
---
プロレタリアにおける最大の不幸は何か?それは生存は保証されず、生産手段をもたない裸の存在であり、その代わり売るものは唯一つ、“労働力”であり、生きるも4ぬも、これにすべてがかかっている。
不況の苦しみをもっとも残酷に受けるのは労働者階級である。
社会が下降状態にあるとき、もっとも苦しむのは労働者だ。
労働者は、労働者という立場からして特別の圧力を受けるが、社会の状況から来る一般的な圧力も受ける。

一般に労働の目的が富の増大である限り、私はあえていうが、労働そのものは有害であり、破滅的である。
カール・ハインリヒ・マルクス
---
信者の人々をタダでこき使って、自分たちはブルジョア生活を楽しんでいる。与えることや愛を説き、それで自分は何も与えないのだ。彼らは、キリストやお釈迦様のようなことを言ってインチキをやっているのだから、一種の詐欺師だ。高級な思想的詐欺師だ。(1983年/某新興宗教団体に対して)
赤尾敏(1899-1990)
---
AIの日本経済診断、不振の原因はなんと40歳男性の非婚―中国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/15133107/
AIの考える筋道はこうだ。「40歳の男性がいて、一般的に20年近く働いており、職場ではそれなりの地位についていて、給与は新入社員の2~3倍になる。

現実はこうだろ。
40歳の男性がいて、一般的に20年近く働いているが、非正規だから職場で特に役職はなく、給与は新入社員とほとんど同じ。
---
まわりにITコンサルがワラワラいるんだけど、40代のおそらくマネージャークラスで清潔で上品な格好をした数人の話を聞いていると物凄くアタマがいいな、と尊敬してまう反面、蚊を56すように電話相手を理詰めで追い詰めていて、私語では飲み会の話ばかりしている。なるほどこれが平成の勝ち組か。
終身雇用と年功序列をやめたら上司になるようなのは当然、頭のいい「最大効率化」マンと頭の弱い「何が何でもコストカット」マンばかりになるよなあ。
労働者は不幸になるばかりなのだ。
田母神さん観測すればわかる通り官僚や官業に近い場所で偉くなる人って「しょうもないつかみのギャグ」が上手いんだよ。マネジメントができそうな人間は若いうちに現場から引き抜かれてプレゼンと人心掌握が主任務になっていくのあまり知られてない。
---
『なぜ今、仏教なのか――瞑想・マインドフルネス・悟りの科学』
ロバート・ライト/熊谷淳子訳 早川書房

解説:「赤い薬」が飲みたくなる名著

「赤い薬」とは、映画『マトリックス』において、夢の世界にとらわれている主人公のネオに対して、反逆者のリーダーであるモーフィアスが差し出したものだ。作中において、モーフィアスは赤い薬を飲むのか、それとも青い薬を飲むのかという、二つの選択肢をネオに提示する。赤い薬を飲めば妄想の覆いを突きやぶって現実に目覚めることができるが、青い薬を飲めば夢の世界に逆戻りだ。

本書の表現を使って言えば、「妄想ととらわれの人生か、洞察と自由の人生か」(12頁)という選択
http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013932/

中共が100万人以上夫ウィグル族を拘束

スイスのジュネーブで13日、国連の人種差別撤廃委員会が開かれ、この中で委員が「100万人以上のウイグル族が中国で拘束されているという情報がある」と指摘したのに対し、中国の代表は「根拠のない中傷だ」と述べて、強く反発しました。

毎度のごとく、ジュネーブの国連人種差別撤廃委員会で日韓慰安婦問題を、話題にしているのかと思いましたら、中共のウィグル自治区の問題で、100万人以上のウィグル族が中共で拘束されているとのことです。

ウィグル自治区なら、中共が建国当時に侵略した際に100万人位はころしていても不思議はないのですが、現在に至っても100万人も拘束しているのなら大変な問題で、これこそ人権問題として検討しなければならないことですが、中共の代表はこれを認めず「根拠のない中傷だ」と述べて反発したそうです。

問題が無いのなら、国連事務局に調査員を派遣させて、ゆっくり観察して貰えば良いものですから中共は反発する必要は無く、国連の担当者を中国に招待し、国の何処でも自由に見て回ってもらえば良いと思います。

それよりも、中共のように人権意識の無い国がこの委員会での席を持っていることに驚くだけです。

やっとできてきたか!

ちりちゃんです。

やっと、自由になってきた。
デビュー後、何年たったか、かかったか。

私がナニを考えていたか。
中韓の管理人さんのお題のもと、
いろいろ、自由に意見の交換したかった。
やっと、ここ、広がったかな。


ロシアの祖国の人。
説教と誘導。
この人の香西(漢字が出てこない)。
なぜ、知識から日本を誘導するのか、
ワカラナイ、ワカラナカッタ。



で、その話でなくて、
2018/08/17(金) 15:56:47| URL| ポッポ #/5dmJF4E  さん
きちっと、やれよ。リソース。見てんのか、北○。
じゃ、もう一つ。ここ追いかけてね。
http://fukadamoe.blog.fc2.com/
全部見たあと、感想、よろです。


ポッポさんだけで、感想よろです。


えと、シシンさんとネコさん、ゴメです。
見てるだけでお願いします。
で、知ってましたか?

ポッポさん、動き早いので、感想よろです。
深田さんのどこが、どうだか。

じゃ、ありがとです。中韓ブログの皆さん(^^)(^^)(^^)(^^)y


雑誌『ウェッジ』

新幹線で無料で読める雑誌『ウェッジ』。
内容が毎回酷い。
エルピーダを中国へ売り渡そうと画策して、倒産させた坂本幸雄が連載書いてるけど、「日本企業は中国様に売れ」以外は書かない。
中国に技術移転する企業「シノキング」の社長となりました。

ちりちゃん こんなのでいかがです。

ちりちゃんへ  ポッポです

>やっと、自由になってきた。
>中韓の管理人さんのお題のもと、
いろいろ、自由に意見の交換したかった。

私のイメージですと、ちりちゃん程自由にやってきた投稿者は居なかったのですが、「自由になってきた」とか、「自由に意見の交換したかった。」とかで、思わず「理解不能」になりました。


>ロシアの祖国の人。

ソロさんのことだと思いますが、彼の知識は凄いです。そして、物事を一面だけでなく、俯瞰して考察し、検証することが出来ます。
ソロさんの投稿は、日々更新されていくブログでは対応しきれないタイプだと思いますから、中韓のブログでこそ、尤も発揮出来るものだと考えます。


>きちっと、やれよ。リソース。見てんのか、北○。

この1週間程、PCの設定が間違っていたことに気付いて、修正に悪戦苦闘の日々でした。やっと落ち着いたのですけれど、ホッと一息です。
だけど、この宿題の目的は何なのかと考えています。


それは、ともかくとして感想です。

>きちっと、やれよ。リソース。見てんのか、北○。

露中韓反日統一共同戦線については、日本が第2次世界大戦の結果を認めないことを見せつけたと強調して、対日同盟を組んでいた米国、ソ連、英国、中国が採択した一連の国際的な宣言では、第2次世界大戦後、敗戦国日本の領土は北海道、本州、四国、九州4島に限定されており、こうした理由で日本は北方4島、竹島、尖閣諸島のみならず、沖縄を要求してはならないとの考え方です。

しかし、随分と無茶な考え方であるのが事実であり、北方4島については、明治時代に日ロ間で無法とも言える領土条約の結果、日本の領土となったいきさつがあります。
これは、日ロ間で最初は千島列島の線引きで日本は4島でその北はロシアとしていたものですが、これをその次には千島列島全体を日本として樺太をロシアとしました。
これらは、ぱっと見るとロシアと日本が対等に分けたと見えるのですが、実態は樺太と大陸の間に間宮海峡があります。
此処に間宮海峡という名称が付いていることは、樺太を発見調査したのはロシアより日本の方が早かったのですから、本来は日本が樺太の領有権を持っていたのです。
従って、日ロの間で、最初に樺太の領有権を話していたら、樺太は日本の領有になり、千島列島全体も日本の領有でした。(現実的な問題として、当時の日ロには軍備力に差がありすぎて、これを定義出来なかったと思います。)
ロシアはそうさせずに、樺太を領有するために、日本に千島全体を渡したけれど、そうするために北方4島を日本に渡して、それ以外をロシア領にしたと考えれば、ロシアの意図が分かりやすいのです。
北方4島は、ロシアが樺太を領有するために、どんなに無茶を言ってもロシアのものに出来なかったのですから、北海道に付属する島々なのです。
日本は北方4島の返還を、ロシアに求め続けなければならないと思います。

竹島は、江戸時代から日本が領有していた記録があります。
竹島は大東亜戦争に敗れて連合軍の占領下にあるときに、米国は日本領土としていました。これを韓国は李承晩ラインの一方的な設定をしたときに武力占領したのです。
しかも、その時期は朝鮮戦争の停戦中であり、日本がサンフランシスコ条約で独立を回復する直前でありました。
この時期には日本は、現憲法下の非武装の時期だったのです。(サンフランシスコ条約締結後には、自衛隊が編成されることは分かっていました。)
竹島を韓国が一方的に軍事占領し、韓国の統治下においたことは、非武装で交戦権を有しない国家が、国の領土さえ守れないことを証明しています。

尖閣諸島は、戦前まで尖閣諸島の領有を中国は考えていなかったのです。これを戦前の日本は確認しています。
戦後に作成の中国の地図にも、日本領土になっていました。
それでサンフランシスコ条約において、日本領土に含まれており、一部は米国の射撃標的になっていたのですが、尖閣の海域に石油などの天然資源の存在が明らかになってから、中国が領土を主張したものです。
天然資源の有無で領土・海域が決まるものではありませんから、日本の領土であることは明白です。
ただ、中国の怖いところは、いつの間にか尖閣だけでなく、沖縄まで領土と言い出すところで、気が付けば何十年か先には日本まで自治区に使用との野望を持つ覇権国家であることです。
フィリピンは、南シナ海の領海についての主張を持っていたのですが、米軍に基地の使用を断ったところ、米軍は出て行きましたがその代わりに南シナ海に中国軍が進出し、フィリピンの領海を占領されました。これを反省したフィリピンは、米軍の基地使用を認めようとしたと思いますが、元のようになるには難しいと思います。
沖縄は普天間基地が航空機事故が発生した場合、被害が出ることを防ぐために代替えとして辺野古基地を建設中ですが、これに、沖縄は知事と、市民運動家が反対してきました。
現在の沖縄は、米軍基地がなければ中国が覇権国家として侵略行動を取ることが明らかなので、米軍基地の存在が不可欠だと思います。

露中韓との領土問題になっている日本領土は、いずれも明確に日本の領土ですから、これを露中韓に占領されることのないように、政府と自衛隊は保持する努力を続けなければなりませんが、露中韓は油断が出来ないと思います。

そして、その露中韓の3国が日本の領土を奪うために組織したのが、反日統一共同戦線とのことですが、考えてみればこの3国はばらばらなのに、無理矢理統一戦線を組んでいます。

ロシアは、この3国の中で唯一、終戦後の日本と国交に関する条約を結んでいません。
そればかりか、漁業交渉において、日本の漁船を拿捕したり、その乗組員が死傷させられたこともあります。
それに、日ソ中立条約を一方的に廃棄した経過もあり、最初に李島からふと交換条約を締結した経験からも、ロシアは条約を都合の良いときだけのものと考える国でもあり、油断出来ないので、現在シベリア開発に協力しながら返還交渉をしていますが、日本がシベリア開発に全く協力しなければ、樺太や千島はロシアの一般住民が暮らせなくなると思いますので、日本はこれの開発協力をしない方が良いとも思います。(最近は、北朝鮮人が開発の労働力になっています。)

竹島は、第二次朝鮮戦争が起これば、その時に日本が貰えば良いのです。そのためには、この戦争が始まったときに韓国に日本の民間人が避難出来ず、捕虜にならないために、日頃から旅行などにも行かない方が良いと思います。
また、第二次朝鮮戦争が起こったときに、朝鮮人が日本国内で内乱を起こす可能性がありますので、その人数をできる限り少なくするため、在日朝鮮人を減らすよう政治的な行動が必要であり、現在は朝鮮人が犯罪を犯しても帰国させていませんが、これを他国の犯罪者同様に、犯罪を犯した者は国外追放として朝鮮に送還しなければならないと思います。
日本は終戦後、朝鮮進駐軍を代表としますが、彼等の不法・無法な活動のために、無茶な法律運用や優遇策を行いました。
しかし、戦後73年を超えて、現在も戦後の特例法を運用していることに疑問があります。これらの特例を全て廃止し、他の外国並みの運用としない方が異常だと思います。

中国については、戦後世界の扱いが異常だったと思います。中華民国は日本と戦争して、勝者になることで国連の常任理事国になったのですが、中共は日本と碌に戦わず、国民党の軍隊と勝利しただけなのです。この国に国連常任理事国となる資格はなかったのですが、これを認めた米国の失策だと思います。
また、中共には国防動員法があります。
国道動員法は、中国国内の有事を対象としていますが、国外が対象となる可能性を否定出来ません。
この様な法律を制定している国の者を、移民・帰化の対象にしていますと万が一、その国と有事が発生した場合には獅子身中の虫となり、日本国内で暴動・内乱を起こされる可能性が高いので、この法律を制定している国の者は移民・帰化の対象にしないような法律の制定が望まれます。

以上が、露中韓反日統一共同戦線に対する感想ですが、いずれも反日国だと思います。
ソ連のように条約を一方的に廃棄する国と、中韓は日本をプロパガンダで貶める国と民族ですから、日本が援助及び投資するに値しない国ですし、これまで日本へスパイも送り込んでいた国ですから、日本はスパイ防止法を制定して、その後はできる限り関わらない(教えず、助けず、関わらない)ようにすべきだと思います。



次に、深田萌絵さんの感想です。
全部見たとは言えないので、気になったところからです。

米中貿易戦争と中国穀物庫火災 (2)8月15日
これは中国らしさが、よく出ていると思います。
中国の官僚(公務員)が管理している穀物倉庫の備蓄調査を命じられたら穀物倉庫が10カ所以上で火災になって、穀物が消失したというのですが、これはあるはずの穀物が無くなっていて調査をされると不味いと言うことだから、証拠を燃やして隠蔽したとしか考えられないのですが、中国人は自己が危険になりますと極めて分かりやすい工作をします。
穀物が土砂に変わっていれば、そりゃバレます。前には、保管している戦車が3,000両程無くなったという事件もありましたけれど、悪事を働くときに見つかったらどうするとの発想に乏しくて、日本人には想像出来ない単細胞になるのですが、こんなことをするのは、公務員が仕事と個人に分かれ目が無く、仕事の権限を自己のための権限と解釈するからで、こんな発想のある限り、公のためという日本人のことは理解しないと思います。
なにしろ、責任の重い立場程、法律を曲げても良い立場と解釈するので、こういった性格のものは政治家にしてはいけないのです。
日本でも、重い立場になったら、憲法の解釈まで好きに変えていた政治家が居ますけれど、今考えるに、自民党より野党の方に、政治家に向かない政治家が居るように思います。


【中国、遂に一般市民大量に消える】P2P詐欺 8月7日

半年位前だったと思いますが、NHKで中国で金貨プラットフォームのことを特集していて、こんなに上手い方法で中国人は儲けているとしていました。

それが破綻した結果、欺された人が抗議に北京に行こうとしたら、行方不明になったのだと思います。

上手い儲け話に乗せられて失敗した人が出るのは、何処の国にもある話だと思いますが、これに社会主義国の小金持ちが引っ掛かるの何とも言えませんが、政治制度が共産党であると言うだけで、国の政治形態が共産主義を目指しているとは思えない中国で、欺された人がバス120台分もいたり、デモをしようと思っても出来ないようでは民主主義と言えるはずも無い国です。

バス120台分の人が何処に消えたのか分かりませんが、抗議をすることが出来ない時点で民主主義とはかけ離れた国ですし、これが、政治的に日本と揉めた頃なら、日本企業に対する暴動を国が行うという方法になったのだろうと思います。
日本の企業相手なら、国が日本企業を暴動で打ち壊し、自国の者が集めた資金の運用に失敗すれば、損をした者をどこかに連れ去ることで終わりにする。
こんな国が国連の人権委員会を牛耳っているのですから、中国も国連も、まともな運営がされているとは思いません。

こんな約束事が通じない国ですから、日本の進出企業は早めに帰国した方が安全です。そして、こんな国の企業や役人がまともな約束をすると考えないように、彼等の都合の良いときだけの約束なのです。

現代のナチス中国共産党の人種差別を許すな:
日本は今、アメリカの擬似植民地から、チベットやウイグルのように、中国共産党の一つの自治区になろうと侵略されようとしています。反日中国からの年間1万人単位で偽装経済反日移民が増えています。反日審査や法規制しなくて大丈夫でしょうか。
イギリスのテレビ局、「チャンネル4」がチベットで密かに撮影したドキュメンタリ番組では、十一人のチベット人男女が証言し、その全ての方々が、「電気棒で殴りつけられた」と語りました。
ある尼僧は顔を隠して、涙ながらにこう言います。
「彼ら(中国兵)は、私に手錠をかけて、警察署に連行し、地面に押し倒しました。さらに私の顔を地面に押し付けて、電気棒で殴りつけ、さらに私の胸を蹴飛ばしました。そして彼らは私を全裸にして、三人か四人が、私を電気棒で強姦しました」
さらに別の尼僧が言います。
「私たちは続けざまに、七人か八人の中国兵に強姦されました。私たちは丸裸でした」
男性とも距離を取り、性行為とは無縁で生きて、心清く仏道修行に励んでいる女性たちを蹂躙する、まさしく人間として許すまじ非人道的行為ですが、こうした残虐性を秘めた中国の脅威が、今、私たちの国にも、一歩、また一歩と、着実に迫っていることを、私たち日本人はよく肝に銘じておくべきでしょう。

歴史認識をごまかすな

今回のブログ主様の原稿は、長かったので何回も読み直しているのですが、最後の部分で気になる記述がありました。

>「自分たちの祖先は『強制連行の被害者』などでなく、より良き生活を選び、自分たちの未来を切り開くために、海峡を渡って日本に来たという正しい歴史認識を持つ必要がある」とウエブメディアの編集長である呉 亮錫氏は語っています。

これは、「強制連行の被害者」ではなかったと事実を認めています。
戦前であれば、仕事を求めて本土へ渡航して来たし、戦後ならば、1948年4月の済州島4・3事件や朝鮮戦争による難民が日本に密入国して来たと思います。この二つの事件は、いずれも多数の難民を作り出しましたし、正規の日本への渡航ではありません。

これらに対して、日本人は韓国から逃げ出してきた気の毒な人として、受け入れたとの情報も聞いたことがありますが、韓国人は終戦からのGHQによるWGIPを利用して、日本に大変な被害をもたらしたと思います。
考えてみれば、終戦直後から朝鮮進駐軍は公的なものではなく、朝鮮人が僭称したものですが、日本人に多大な被害と迷惑を与えました。

それが、「より良き生活を選び、自分たちの未来を切り開くために、海峡を渡って日本に来た」と、認識されるのは日本にとって迷惑でしかありません。
これが正しい歴史認識というのは、都合の良すぎる解釈であり、日本を敵国扱いした李承晩大統領の政策から逃げ出したと言うのが、正確な歴史認識ではないでしょうか。


これに関連していないのですが、私はこの「より良き生活を選び~」の表現に、相当以前のことになってしまいましたけど、中国の杭州付近から日本行きの密航船を仕立てて、日本で稼ごうとした中国人のいたことがありました。
日本の海上保安庁と警察は、この時、密航船と密入国者を捕まえるのに大わらわになったのですが、この中国人と韓国人の密入国の発想は同じであったように思います。

マァ、中国人の密航は華僑に属する積極的なもので、韓国のそれは自国から逃げ出す密航と言う差はありますが、来られる日本にとっては迷惑なものでしかありません。

第一次世界大戦も、第二次世界大戦も、偽ユダヤすなわちユダヤ人を装うハザール系ユダヤ人が計画し、勃発させたものである。
英国の元首相のチェンバレンも、
「イギリスに戦争を強いたのは、アメリカと世界のユダヤ人とである」
と言明していたのである。
真の戦争犯罪人は偽ユダヤなのだ。

朝日新聞は吉田証言の虚偽を海外には報道しなかった

1977年に戦中に陸軍労務報告会下関支部動員部長であったと自称する吉田清治が「朝鮮人慰安婦と日本人」を刊行して、軍令で済州島の女性を強制連行して慰安婦にしたと告白し、その後に済州島での朝鮮人奴隷狩りを証言しました。
これを、朝日新聞は1982年に新聞紙上で報道したことが、慰安婦問題を日韓の大きな問題にしたことは、誰もが知ることです。

そして、この問題は、韓国の新聞や日本の秦郁彦氏が虚偽であることを証明しても、収まることはなく日韓の国家間の問題にしました。
また、著者の吉田清治氏が1995年に、証言は主張を織り交ぜた創作であることを認めましたが、自体は一向に終息しませんでした。

しかし、2014年8月5日に朝日新聞は、「慰安婦問題を考える」・「読者の疑問に答えます」と題した検証記事を掲載しました。
この内容は、吉田の証言を虚偽と認定し、記事を撤回したもので、「当時、虚偽の証言は見抜けませんでした。」としています。
これによって、朝日新聞は吉田清治の著書は創作で、証言は虚偽としたのです。

この訂正記事について、最近、英語版の記事おける誤った記述により、在外邦人や日系人に対して嫌がらせや虐めなどの実害が発生していることを問題視する立場から、「朝日新聞英語版の[慰安婦]印象操作中止を求める有志の会」により、2018年7月朝日新聞社に対して、英語版記事における誤解を招く恐れのある表現を改める等の対応を求めた1万人以上の署名と公開質問状が提出され、後日朝日新聞社より公式な回答を得ましたが、最終的に英語表現に関する申し入れに応じることは出来ませんとするゼロ回答でした。

そればかりか、朝日新聞の「吉田証言虚偽訂正記事の英語版」ぺーじは、Googleの検索で引っ掛からないように、メタダグを細工しているそうです。
このことは、朝日新聞が吉田証言の虚偽訂正について、日本語では訂正に応じたものの、英語(海外向け)では、実質的にこのことを報道しないと言うものです。

マスメディアのやり方に、報道しない自由と言うことがありますけれど、朝日新聞がこれまでこのやり方を日本人に対してはさんざんやってきたことですが、外国人向けにもこれをやっているのです。
都合の悪いことを報道しないのなら、いっそのこと全てのことを報道しない自由の対象にして白紙の新聞を発行すれば、押し紙に対応出来る良心的な新聞社と言われるのではないでしょうか。

ただ生まれてただ生きてただ死んで、それでいいじゃないか。

60過ぎまで日払い1万円の日当で呑んだくれて無くなれば監督にたかって最期は福祉で野垂れ死ぬコースがあった時代は日本人も幸せだったよ。

外山恒一の周辺にいる若者はかつての同ジャンルの人間よりは本を読んでいるようにも。一定の評価もありつつ外山が批判的にとらえる2000年代始めのだめ連、法政の貧乏くささを守る会(松本哉)的な「面白サブカル主義」周辺は本を一切読まず、むしろ本読みを軽蔑し「交流」という名の飲み会ばかりの記憶

Fラン政治学者・五野井郁夫が、獄中2年の私に向かって「安全な環境から弾を撃つ行為にいそしむのはもうやめろ」とか云ってる。しょっちゅう全国各地をシタミチで街宣して回ってる私に向かって「路上に出ろ」とか云ってもいる。
https://twitter.com/toyamakoichi/status/1031465150270722048

強制連行どころか、毎日千人規模で内地にやってくる出稼ぎ目当ての朝鮮人に政府は苦慮していた。もっとも彼らを嫌っていたのは先に正規のルートでやってきた同胞朝鮮人だった。彼らによって渡航差し止め願が出されたという。
大阪毎日新聞大正12年4月
https://twitter.com/tajima_o/status/1031180240398086146
朝鮮人労働者の飽和は、彼らひとりあたりの労働賃金の下落を意味します。当然、足元を見る経営者もいるでしょうしね。先に来たやつらからすれば迷惑な話です。また社会主義運動がブームだった時期もあり、朝鮮人労働者を煽って過激なスト、デモを起こさせる運動家もいました。

トランプがメキシコの不法移民を止めようとしたら、支持したのが正規に来た移民という構図と同じなんだ。
ーーーーー
中国の脅威を指摘した米国防総省の年次報告書の内容を伝えるシンガポールメディア。
「昨年8月、爆撃機6機が宮古島上空→沖縄本島の東側を初めて通過」
「陸軍を2050年までに世界トップレベルを目指している」
「習近平氏は戦争に勝つための強い軍が必要と語る」

日本メディアはちゃんと報じてる?
https://twitter.com/N74580626/status/1030623820632088576
ーーーーー
石破茂「安倍内閣で決めた四条件。あれ【石破四条件】ってよく言われますけど、内閣で決めたことですからね」

うわ…
凄まじい責任転嫁…
絶対に無いけど、こんなのが総理になったら
『あれは閣議決定したもの。総理大臣1人で決められるわけではない』
と後々言い訳するのが目に浮かぶ
#深層NEWS
https://twitter.com/PeachTaro_Japan/status/1030823437617389568
----
#モーニングショー
石破んさんも、反自民反安倍やマスコミにとっては、なんだか籠池氏や前川氏のような扱いですね。 なるほどね。
石破氏がとうとうと述べる9条2項削除論を青木と玉川が黙って聞いてるのに笑いました。最後には、自民党は9条2項削減で筋を通すべき、という流れ。いやあ、安倍憎しでここまで本末転倒しますか。

8月5日、米国の連邦議会上院のダイアン・ファインスタイン議員(民主党・カリフォルニア州選出)が突然次のような声明を出した。
「5年前、FBIから私の補佐官の1人(ラッセル・ロウ)が中国諜報機関にひそかに情報を提供し、中国の対米秘密工作に協力していると通告を受けた。独自調査も行った結果、すぐに解雇した。機密漏れの実害はなかった」とのことです。

この件は、7月下旬の米国のネット政治新聞「ポリティコ」による報道だった。ポリティコは、「上院で情報委員会委員長として国家機密を扱ってきたファインスタイン議員に20年も仕えた補佐官が、実は中国の対外諜報機関の国家安全部に協力する工作員だった」と報じた。FBIによる通告はそれを裏付ける形となったもので、ファインスタイン議員の側近に20年もの間、中国のスパイが居たということです。

ラッセル・ロウは長年、ファインスタイン議員のカリフォルニア事務所の所長を務めていたもので、デイリー・コーラー誌は中国の国歌安全部にいつどのように徴募されたかを報じています。
そして、サンフランシスコの中国総領事館を通じて、同安全部に情報を流していたと言うことです。
ただし、ロウ氏は逮捕も起訴もされて居ず、その理由は「中国への協力が政治情勢の提供だけだと訴追が難しい」と説明されています。

米国人ジャーナリストのマイケル・ヨン氏によると、ロウ氏は、歴史問題で日本糾弾を続ける中国系反日組織「世界抗日戦争史実維護連合会」や韓国系政治団体「韓国系米人フォーラム」と議会を結びつける役割も果たしてきました。また、マイク・ホンダ議員とも長年緊密な協力関係を保ち、米国議会での慰安婦問題球団のキャンペーンを続けてきたとされています。


米国の民主党は、どうも反日議員が多くてこれにはマイク・ホンダ議員が有名ですが、ファインスタイン議員もそうだと言うことです。
いずれも、民主党の議員ですが、韓国や中国との関係が深かったと言うことでしょう。トランプ大統領と大統領選挙を争ったヒラリー氏も民主党でしたが、彼女は中国との深すぎる関係が有名だったことを思い出します。
こんなことでは、現在の米国民主党は中国に毒されていると考えることも必要ですし、米国FBIもそれを前提に、普段から捜査している可能性があるように考えます。

ただ中国のスパイ活動が、日本関連であることから逮捕はされずにすまされたようですが、これで逮捕も起訴もされないことになったら、中国のことですから日本のスパイを前面に出しながら、米国のスパイをするでしょうし、気が付けば米国が泣きを見ることになると思います。
もっとも、スパイのことですから、ロウが誰と連絡を取るかを知るために、俗に言う「泳がしている」状態なのかも知れません。

米国でも日本でも、民主党というのは油断出来ないことだけは、間違いないと思います。

農家「頭が噴火しそう」 水用バルブ201個盗まれる

少子化対策をしない政府はNWO売国奴と言われても仕方ない

茨城県では、過去に農家から現金800万円が盗まれたり、農業トラクターや農機具が大量に盗まれたり、レタス1500個が盗まれたり。。。農作物の大量盗難は全国的に広がっていますが、茨城県はとくに被害が多いような気がします。そして新たな被害が。。。今回は水用バルブが201個も盗まれました。
茨城県の農家は完全に農業実習性に頼った農業を営んでいます。

ここ近年、日本では大量に物が盗まれる被害が頻発しています。特に農家の被害が多いのは悩ましいことです。このように一度に大量に物を盗もうとする手口は中国系犯罪者に良くあることだと思います。野蛮な大陸的メンタリティです。
中国人は爆買いが好きですが、中国人は何でも大量が好きです。彼らによるサンマの乱獲も大量窃盗と同じようなもの。
中国人窃盗犯は大量に物を盗んで大儲けすることしか考えません。あの国は、暴政、汚職、詐欺、窃盗、スパイ、賄賂、ハニートラップで成り立っている国ですから。
日本、特に農業の現場に中国人実習生を送り込めば送り込むほど農作物や農機具の盗難の被害が増します。

人手不足を補うために、外国人労働者(実習生)を使っても、大量盗難の被害(実習生が実行犯でなくても実習生が情報を犯罪者に提供している?)増えるのであれば何のために彼らを使っているのか?意味がありません。
これは大量移民受け入れと同じです。グローバリストは移民は移民先の国の経済を支えるなどと言っていますが、景気が悪化すれば彼らも失業し失業保険や生活保護が必要になります。結局、政府は国民の税金で彼らを保護することになります。やがては大量の移民を抱えることで財政赤字となり、国益が損なわれます。
やはり、人手不足や少子化などの問題は、外国人に頼るのではなく、政府が国民のために良い政策を打ち出して国民の間で解決すべきなのです。そうしないと結局は国が荒廃、劣化します。

<農家「頭が噴火しそう」 水用バルブ201個盗まれる>
http://news.livedoor.com/article/detail/15185454/

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/