日本人の油断 (7月24日) (火)


新聞の片隅に「『国家不斉唱』元教員が逆転敗訴」の記事を見つけ、自分の
子供がこのような愚かで馬鹿な左翼教師に教わっていたのかと思うと心底
寒気がします。

この左翼教師22人は卒業式などで国旗に向かっての起立や国歌斉唱をしな
かった事を理由に定年後の再雇用を拒んだのは違法として、東京都立高校の
元教職員22人が都に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で最高裁は賠償を
命じた東京高裁判決を破棄、元教職員の請求を棄却しました。

最高裁でまともな判決が出てホットしていますが、その前に賠償を命じた東
京高裁の判決には呆れるほかはありません。

裁判官になるということは一流大学を卒業生した事に違いありませんが、な
ぜ彼らは左翼思想に被れていくのか、なにも一流大学イコール頭が良いとい
う解釈はもういい加減に改めるべきです。むしろ歴史を知らない愚か者と解
釈すべきです。

共産主義とはそもそも何か、スターリンがソ連を守るためにコミンテルン
(1919年レーニンの指導下にモスクワで組織された国際組織)を通じて
革命の大義の名のもとに各国の共産党を利用して、ストライキやデモなどを
頻発させて、内部を撹乱させたり、謀略を仕組みました。

要するにソ連と敵対する国々を弱体化させる戦略として共産主義は使われた。
これがスターリン支配のコミンテルンの基本的な性格です。

そうしたコミンテルンからの撹乱・破壊指令を受けて実行するというのが、
日本の左翼運動の出発点です。早い話がソ連の工作員であり日本を弱体化
させる売国奴だと言えます。

東京高裁や日本の左翼に一番欠けているのは、日本国民としての意識です。
すなわち愛国心がありません。それは人倫の道にもとる最大の不得です。
人間として最も愚かな方向であるという良識が、左翼には完全に欠落して
います。

いったい左翼というものは何を望んでいるのか、主題はただひとつ、日本の
弱体化である。日本をののしることが彼らの一筋の方向であった。しかも
どんどん過去にさかのぼって、日本がいかに悪い国であったかについて、
手を変え品をかえまくしたてたのです。日本は国際的に罪悪ばかり犯してき
たという一方的な言い立てに、酔いしれてきたのです。

しかし歴史をちょっとでも勉強した者にとって、戦前、白人たちの帝国主義
侵略の外圧にさらされて我が国がどれほど苦労してきたことか!
戦前のアジアでは なんと独立国は日本とタイだけです。あとはすべて白人国
家の植民地でした。タイは英のインド、仏のベトナムの2つの植民地間の緩
衝地として、わざと植民地化されていない状態でした。つまり本当の独立国
は日本だけだったのです。

20世紀前半アジアは欧米列強の草刈場と化した中によちよちお歩きの日本
がいたということです。その野盗の群れの中でアジアにおける唯一の独立国
家日本の必死に生き残る姿を知ってください。

日米開戦についても日本の教科書が教えるように、決して日本がたんにハワ
イの真珠湾に奇襲をかけたからアメリカが立ち上がったわけではない。それ
どころか戦争を回避しようと必死になっている日本の意に反して、命綱であ
石油をストップして、戦争しか選択の余地がないところまで追い込んでいっ
たのはアメリカです。

アメリカは戦争の準備を日露戦争直後にすでに着々と準備していました。
つまり戦争を欲していたのはアメリカだったいう事実を知ってください。

明治以降の日本の近現代史の歴史については、様々なレッテルがはられて
きました。いわゆる罪悪史観、暗黒史観を土台にした日教組の教育やメディア
をリードしてきた進歩的文化人と称される左翼によって日本人を限りなく
貶めてきました。

そして近代日本史を当時の国際情勢を踏まえずに日本の行動の事実だけを
見て日本は欧米列強と一緒になってアジアを侵略した悪い国として教科書や
歴史書に書かれてきました。

世界中に左翼は存在しているが、そのどれもが自分の国を愛している。しかし
日本の左翼だけは、反国家の姿勢を取り、反日本の構えを見せている。我が
国を非難し、我が国の過去と現在を攻撃した。

だが真実の近現代史を知ったときから、普通の頭脳を持っている日本人なら
敢然と躊躇なく覚醒した。本物の社会主義者、共産主義者など、我が国には
はじめから一人もいなかった。

ただ、とりわけ「人権」や「環境」あるいは「民主主義」「平和」「平等」と
いった一見誰も反対できない理念的な美辞麗句という正義の仮面の裏に悪
魔の社会主義思想や共産主義思想が織り込まれていることに気づかずにい
たからです。覚醒した人たちは社会主義と言われる国々は、人間性を否定
する最悪の独裁国だと気づいたのです。

ところが自分が生を受けて育てられ守られている自分の国を重んじることな
く、こともあろうに悪しざまに罵る人でなしが一向になくならない。それは
日本人ではないからです。

すなわち在日の「なりすまし日本人」が政治家やメディア、教育者、テレビ局、
役所に入り込んで、日本列島の隅々まで毒ガスを振りまいているからです。


ここでオランダ、アムステルダム市長の親善パーティ会場での歓迎スピーチ
を紹介します。これを読めば日本軍の真実の姿をしることができます。
(平成3年)

***歓迎スピーチ文***
あなた方日本は先の大戦で負けて、勝った私どもオランダは勝って大敗し
ました。今日本は世界でも1、2位を争う経済大国となりました。私たち
オランダは屈辱の連続でした、すなわち勝ったはずなのに世界一の貧乏国に
なりました。
戦前はオランダはアジアに本国の36倍もの大きな植民地インドネシアがあ
り、石油などの資源産物で本国は栄光栄華を極めていました。今オランダは
日本の九州と同じ面積の本国だけとなりました。あなた方日本は、アジア各
地で侵略戦争を起こして申し訳ないと、諸民族に大変申し訳ないと自分を蔑
みペコペコ謝罪していますがこれは間違いです。
あなた方こそ、自ら血を流して東洋民族を解放し、救い出し人類最高のよい
ことをしたのです。あなた方の国の人々は、過去の歴史の真実を目隠しされ
て今次大戦の目先のみを取り上げ、あるいは洗脳されて悪いことをしたと自
分で悪者になっていますが、ここで歴史を振り返って真相を見つめる必要が
あります。本当は私ども白人が悪いのです。100年も300年も前から
競って武力で東洋民族を征服し自分の領土として勢力下にしました。
植民地や属領にされて長い間奴隷的に駆使されていた東洋民族を解放し、
共に繁栄しようと遠大崇高な理想を掲げて大東亜共栄圏という旗印で立ち上
がったのがあなた方の国日本だったでしょう、本当に悪いのは侵略して権力
を振るっていた欧米人のほうです。
日本は敗北しましたが東洋の解放は実現しました。
すなわち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終りました。その結果ア
ジア諸民族は独立を達成しました。日本の功績は偉大です、血を流して戦っ
たあなた方こそ最高の功労者であります。自分をいやしめるのをやめて堂々
と胸を張ってその誇りを取り戻すべきです。

このスピーチ内容は、在日に支配されている日本の新聞等マスコミで決して
報道されることはありませんでした。

このオランダ、アムステルダム市長の歓迎スピーチを聞いて、日本の旧軍人
(傷痍軍人)は、初心我に帰り大変感動したと言われております。

どうして先の大戦で戦った先人たちは悪人だと言えるでしょうか・・・今我々に
出来ることは、8月15日に先の大戦で未来を信じ散った兵士たちに感謝を
捧げ、靖国に想いを託すことです

間もなく8月15日がやってきます。日本の将来を思い散華した先祖や先人の
恩を決して忘れてはいけない。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




コメント

心から御礼申し上げます。
進歩的文化人を育て上げた原因は東大法学部だと思います。
学問の自由を謳歌し、国立大学の中枢を担い、マスコミ、大手企業の中枢に食い込み日本毀損に励む輩の多さに辟易としております。
先生を含めて毅然と主張される方々が多くいっらっしゃる事が非常に嬉しくてなりません。

幕藩体制下の郷中教育と戦後教育の比較

>ブログ主様 今週も更新有難うございます。
>>戦後教育の腐敗に拠る、エリートの左傾化・陳腐化
 ↑の件について、今朝、「縦椅子のブログ」と言う処で、維新時に現れた、エリートの橋本佐内や、吉田松陰、西郷隆盛などを挙げて、その、出自である武士層の子弟に対する、郷中教育が、国家の危難に当たり、数多の傑物を発生させたシステムにある、武士としての、心得を基とした「=正義を糺し国を護る」教育について、激賞して居ました。 私も一読して、感激した事を書き連ねてきました。

 私が思うに、戦前の教育は基本、幕藩制度の郷中教育の延長であり、子弟に読み書き算盤を教えて、社会人としての基礎力を身に着けさせて、社会の質を上げる事を目指したモノですが、偶に、突出した才能を持った子供や頭脳明晰な子供を見出し、藩(県)の代表として、将来、官僚となって、国家の為に尽くし、末は、政治家に転じて、大臣にまで上り詰め、国政で国民の為に尽くす、と言うのが、維新後の社会に現れたエリート像ではなかったか。

 然し其れは、原敬や浜口雄幸位までの話で、結局、長州閥や薩摩閥と言った、明治の元勲が力を持って、何時までも政治家から引退せず、大きな影響力を保った為に、世情がきな臭くなると、財閥からの賄賂や報酬で、汚職だらけの政治家たちから、身持ちは清廉だが、政治は素人の軍人の中にエリート層が移り、政治家や官僚であるべき、エリートの意味が歪んでしまったと言うのが、大きな弊害になっていると思います。

 戦後の、官僚の左傾化・陳腐化の原因は、勿論、GHQに拠る、戦前のエリート達の公職追放に端を発しているんでしょうが、間違いなく最高学府であり、エリート官僚輩出の源だった、東大法学部・京大法学部と言った、超一流大学の教授陣を丸山真男を始めとする左側の人材に置き換えた事に、最大の原因がある事は、明白な事実でしょう。 

 ですから、省庁改革は、財務省と文科省が最優先で有る事は論を俟たない事です。 是が出来るのは、戦後政治の体制改革を旗印にして徐々に改革を進めている為に、マスコミ挙げての、倒閣運動をされている、安倍政権しかあり得ないですね。

 昨日、NTVのニュース番組でやってた、「次の総理大臣は誰が一番ふさわしいか?」と言う問いに、「小泉進次郎」と答えた回答者が一番多かったと放送して居たが、幾らなんでも「大臣経験すらない」小泉進次郎が、此の国際情勢が難しい6年間を切り抜けて、今や国際からも新任を受けている安倍さんより、総理に相応しい等、草野球のエースが、大リーグのエースに勝るとか言って居る様な話で、笑止千万でしょう。前述のブログで紹介された黒木氏が憂慮して居る様に、政治は、人気投票ではありません。 

 唯、情報源を握っているのは、そのマスコミですから、自分達に都合の悪い情報「=シナ・朝鮮にとって不都合な情報」は、一切流しません。ですから、シナの「一帯一路」計画が、行き着く先の肝腎のEUから、完全拒否に遭って、立ち往生している事や、トランプにチベット・ウィグル問題に関わって居る製府公安の、海外資産や口座を凍結されて蒼くなっている事、そのシナの経済破綻で韓国経済の終焉が間近に迫って居る事、そうすれば、多くの経済難民が、日本に押し寄せてくる恐れがある事等々、一切報じませんね。

 こう言う、「国民の耳目」処か、「国民の敵」でしかない正体バレバレの行為を平気でやるのは、マスコミが、ブログ主のご指摘通り、日本人では無い、或いは、ご紹介の反日元教師達の様に、日本人のメンタリティを持って居ないカラだろう。

 一方では、安倍叩きになる事なら、有る事無い事、何でも結びつけて報道するのは、マスコミが相当追い込まれている証拠なのだが、何処で読んだのか知らないが、保守面して「安倍さんが朝鮮人出自だから、日本の敵だ」と、デマ迄流す奴が、このブログにもいたりする。 敵の思う壺なのだが、本人はとんと気付く様子も無い。ww 大事なのは、血統でなく中身なのは、考えなくても分る事。そういうの本物のレイシストと言うのですよ。

真実の日本を知らせることが大切

ブログ主様、ブログ記事の更新をありがとうございます。

>学校の教職員が、国旗に向かっての起立や国歌斉唱をしなかったことを理由に定年後の再雇用を拒んだのは違法として、

学校の教職員は、国旗に向かっての起立や国歌斉唱をすることを、職務として求められています。
これを拒否するについて、教職員は法的に合理的な説明を、しなければならないと思います。そして、合理的な説明が出来ない場合、また、理由なく職務を放棄するのならば、その職務を退職する自由は憲法第22条で認められています。

だけど、定年後の再雇用は、一旦、退職するのですから、再雇用することは教育委員会の判断だと思います。
再雇用についての判断は、雇用をする方が決めることで、雇用される者が決めることではないでしょう。
この訴訟を起こした人は、何か勘違いをしています。
公務員は全体の奉仕者として、国旗を敬い、国歌を斉唱することが求められるのです。それが嫌なら、公務員にならないことです。

それから、近年、訳の分からない裁判官がいます。
自国を敬うことすら出来ない公務員に、自国の国民を公平に扱うことが出来るのかと疑問を持ちます。裁判官だって一公務員であり、一国民なのですから、それが出来ないとか、嫌だと考えるのなら公務員としての適性に欠けるのですから、適正のある仕事をする方が本人のためです。
もし、公務員として国民を、不公平に扱うとの考えをしているのなら、退職した方が国のためです。



>共産主義とはそもそも何か、
>要するにソ連と敵対する国々を弱体化させる戦略として共産主義は使われた。

この説明は、単純で分かりやすくて明快です。
だから日本は、国を守るためにシベリア出兵を行い、治安維持法を作ったと考えれば、シベリア出兵も説明できるし、悪名高い治安維持法が制定されたことが理解できます。
日本は義務教育の時にこの説明をせず、そのための処置だけを教えますから、教えられる生徒は意味が分からずに治安維持法はともかく駄目という印象しか持てなかったのです。

治安維持法はソ連が敵対する国々を弱体化する戦略として、共産主義を使って、スパイと工作員を日本を含む各国に潜入させ、国政を混乱させたと教えられていたら、今の野党のように、政府が行おうとすることにはともかく反対というような、政党も政治家(?)も出現しなかったと思います。
そして、日本が嫌いという国民も、出現しなかったと思います。


皆さんは「保守」という姿勢を大切にしていると思いますが、私は「愛国」という姿勢を、それ以上に大切にしたいと主言っています。

この国の良さを守ると言うことが「保守」を表す一言になると思いますが、この国の良さを守るためには、左翼(革新)からの攻撃に耐えなければなりません。そのためには、この国の良さを守るだけでなく、進化し続けることでこの国の良さを、さらに良いものにしなければならないと思います。

その場合、「保守」という表現では説明しきれない部分が出てくると考えるのです。
でも、「愛国」ならば、変わり続ける「保守」を包含できると思っています。
幸い左翼(革新)の立場からは、「愛国」には無関心ですから、彼等が「我々も愛国だ」と、混乱させられることもないと思うのです。

日本国民が日本の国を愛することが出来なかったら、誰が日本の国を守り続けることが出来るのかと思っています。


そして、嫌だけど日本に住んでいるというのなら、日本は外国へ移住することを認めているのですから、その国に住めば良いのです。
日本には、日本が好きで日本のために生きていく人がそれぞれに頑張って、子孫のためにより良い国作りをすれば良いと思います。



>いったい左翼というものは何を望んでいるのか、主題はただひとつ、日本の弱体化である。
>しかし歴史をちょっとでも勉強した者にとって、戦前、白人たちの帝国主義侵略の外圧にさらされて我が国がどれほど苦労してきたことか!

明治維新後の日本は、150年を経たそうです。
日本がその間になしたことで、尤も素晴らしいことは、欧米による植民地にされなかったことだと思います。
これは、薩長を基本とする維新側だけにも、幕府側だけでも出来なかったことで、両方が維新を着る抜けるために努力した結果だと思います。
そのために、黄金の国ジパングのベラボーな資金も、使ったと思いますが、ともかく植民地にされなかったのは、維新側と幕府側の両方が、日本の国のために全力で努力した結果だと思います。
(靖国神社には、維新側だけでなく、幕府側の人もお祀りすれば良いと思っています。)

そして、日清・日露の戦争を経た日本が、八紘一宇の下に大東亜戦争を欧米ソを相手に戦ったけれど、力及ばず負けたのです。


だからと言って、終戦後70年を経過した今、戦前の全てを否定されることを、受け入れる必要はないと思います。
戦前の日本は、日清・日露の戦争を戦ったのですから、豊かな国ではなかったし、世界の不況もあったのですから貧困もあったと思いますが、元が清潔な民族であったし、勤勉でもありましたから、貧しくとも幸せに暮らす方法を知っていました。
だから、戦後の義務教育で教えられたよりは、豊かに暮らしていたと思います。

少なくとも、現在のテレビ時代劇のように、悪代官や庄屋だけが贅沢な暮らしをして、一般の農民や町衆はひたすら貧しいという生活ではなかったと思うのです。

そして、今を生きる日本人に、昔の日本人は貧しかったと植え込むマスメディアの方法には疑問を持つしかないのですが、これは、マスメディアに属する人達の考え方と思います。または、日本はこうであったと思わせたいのでしょう。
だって、李氏朝鮮時代の韓国のテレビドラマは、正にパラダイスと思っても良い位に素敵なのです。

朝鮮通信使の記録でも、朝鮮人の書いていることは日本を羨む一方で、朝鮮を嘆いていますし、朝鮮に技術力のないことは水車を作ることが出来ない実態を知ると、そんな程度だと思いますが、今歴史遺産とされた朝鮮通信使は、日本に朝鮮の文化を教えにやってきた使節になっています。
江戸幕府は日本に文化を教えてやってきた使節なら、江戸城の裏門から入場させずに、正門から入城していただきます。
それに、通信使となっているのは、徳川幕府に対する朝貢使節とすると清国に対しての問題があるから通信使節としたのでしょう。
もし、朝鮮が徳川幕府より上位にあるのなら、江戸城に入城する際には、裏門ではなく、正門から入場していただきます。

正門からの入城をしつこく書いていますが、朝鮮は上下に厳しい国ですから、入場門を間違えたら使節団と大もめにもめたと考えるのです。
それが問題になっていないと言うことは、扱いが妥当であったと朝鮮側も理解していたのです。
今の記憶遺産である朝鮮通信使には、このことに全く触れていないのは何故だろうと思います。



>ここでオランダ、アムステルダム市長の親善パーティ会場での歓迎スピーチ
を紹介します。これを読めば日本軍の真実の姿をしることができます。

日本は、戦前の日本にもっと自信を持って、誇れば良いと思います。
日本が侵略国でざんこくであったというのは、GHQとWGIP・プレスコードの誤った占領政策によるもので、GHQが間違っていたことは1950年に北朝鮮が朝鮮戦争を起こし、このためにGHQが日本で警察予備隊を作ったことが、それを証明していると思います。

> 3日やったら辞められない職業 乞食と、・・・

 (異彩の元高裁判事生田暉雄(77、弁護士))

 ・・・ 裁判官としては務まるけれども、検事はできないし、弁護士にもなれない。裁判官以外にはなれない。だけれども、自分は偉いんだという意識は人一倍強くて権力意識なんかも非常に強い。

つまり強い者には弱くて弱い者に対しては非常に強圧的に出ていく。
 だから裁判に本来、服装は関係ないはずなんですが、やはり法廷へ出るときはパリッとしているのと、作業服でダラッと出てくるのとでは、もう裁判官の印象が極度に違うんです。

服装なんかで、ものすごく差別的な発想をする。こういう傾向があります。ほとんどの裁判官はそれです。外見とかそういうことに非常にとらわれるということです。

 「3日やったら辞められない!?」 ・・・ 簡単にやろうと思えば、原告が言っている筋で書いたほうが書きやすいのか、被告が言っている筋で書いたほうが書きやすいのか、書きやすい筋で判決をサーッと書いてしまう。それが上手なやり方だと言われていて、最近はその手の判決が非常に多い。だから、何が真実かというので必死に悩みますと、これはもう行き着く先は、ひどい場合は自殺になります。

 ・・・君、1審判決どおりの高裁判決を書いたら、こんな楽な仕事はないから、乞食といっしよで3日やったらやめられなくなるぞと言う。だから、そんな裁判官にはならんように注意せないかんというのを、散々教えられたのですが、やり方いかんによっては極めて簡単なんです。そうでない手抜きをやるかぎりは極めて楽で、乞食といっしょで3日やったらやめられんという楽な仕事でもあるわけです。そういう仕事が裁判官の仕事で、いろいろな汚いことをしている人もたくさんいて、出世している人もいます。「裁判は主権実現の手段」「司法の後進性と国力低下」(「最高裁のウラ金」2011 年 1 月 20 日 生田 暉雄)
http://uonome.jp/read/1048

GHQにうまくだまされた日本人/異彩の元高裁判事生田暉雄(77、弁護士)
我々は遅れた社会に住まわされている。日本の社会には、近代社会の三権分立は無い!。

引用

>司法で出世するのはカルト分子だけ、裏社会に都合のよい判決を下す奴だけだ!

腐敗した司法 ・・・ 法曹を蝕むカルト「組織内組織」の国家転覆工作の終幕!

創価大学という大学詐称詐欺機関があります。母体はもちろん創価地下銀行マネーロンダリング学会です。この大学詐称機関は法曹関係者を多数、輩出(というか排泄)しています。法曹関係者のネットワークにおいて「組織内組織」ができあがっています。そして、裏社会に不都合な人物に関する訴訟・裁判にかぎって、この手の「組織内組織」メンバーが駆り出されます。だからこそ、東京地検特捜部は「カル東京地検特捜部」と揶揄されるのですが、検察官だけでなく、裁判官においても、この手のクズが配備されております。また、日本の裁判官の人事は、最高裁判所事務総局 という、旧司法省が看板を掛け替えただけのゴロツキ部局が一手に握っており、まともな裁判官の出世を全力で阻んでいます。気骨あるまともな裁判官もいないわけではありませんが、そういう裁判官は最高裁判所事務総局の魔手により、一生ドサまわりの憂き目にあいます。出世するのは、カルトの下僕だけ。裏社会に都合のよいお手盛り判決を下す奴だけだ。
http://thot-diary.cocolog-nifty.com/gukumatz/

「創業社長には純粋な日本人でない者も結構います。本物、偽物、似非ものを語るとき在日の問題は避けて通れません。この場合の在日は広義の意味の在日です。いわゆる三、四代前までに先祖が日本にやってきた帰化人です」

「 ・・・、いま日本に驚くほどの数の在日が住んでいます。同じ在日でも日本人に成りきって日本のために頑張っている者は何の問題もない。立派な者たちです。問題なのは日本人として帰化しているのに日本の悪口ばかり言って徒党組んで在日集団を作ろうとしている輩です。いわゆる、似非日本人、なんちゃって日本人です。 政界(特に民主党)、マスコミ(特に朝日新聞、NHK、TBS)、法曹界(裁判官、弁護士、特に東大出身)、官僚(ほとんど東大出身)、芸能界、スポーツ界には特に多い・・」

「私どもの会社も大企業の一員として多岐にわたる活動から法廷闘争になる時が多々ありますが、裁判官が在日、被告側も在日の時は、提訴したこちら側が100%の敗訴になります。裁判を始める前から結果がわかっているのです。似非日本人はいりません。母国に帰っていただきましょう」・・・
http://ameblo.jp/sikihanana156/entry-12240690158.html

私の感想と削除御礼

>ポッポさん ソロです。
>>公務員としての司法関係者や教育関係者の考え方
 ポッポさんが、現役時代は公務員であったと、知って居るので、そのお考えは一聴に値しますね。 成る程です。私は、私企業に、然も、6回も転職しましたwので、組織に対する帰属意識の様なものは薄いですが、ポッポさんの仰る「服務規程の遵守は義務だ」と言う考えは良く分ります。 給料をくれる組織の利益の為に働いてこそ、給与を貰う資格が有るのですから、その組織が決めた決まりを遵守するのは当たり前の話です。

 然し、我々日本人はそれ以前に、日本国民なのですから、国歌斉唱や日の丸に対する敬意は、当然のモラルとして履行すべき事でしょう。

 それが嫌なら、直ぐさま、日本から出て行くべきです。 あの、イスラム過激派に「拘束されている」とか言って居る、自称ジャーナリストの、自称日本人の安田純平氏の様に、2度と帰って来なくても誰も困りません。

 それに、その21人の元教師達は、雇用側の一方的な裁量であるべき、定年後の再雇用を、既定の権利だと勘違いしている様ですし、「不採用にした」事に違憲判決を出した東京高裁の裁判官の常識も、普通の国民として、考え方が可変しいと思いますね、一体何国人の心算なんでしょうか。 でも、最高裁の判決で、そういう錯誤が糺されてよかったと思います。

>>戦争に至った経緯と、当時の共産主義称揚の空気を正確に知る為に、日本の近代史を再履修するべき。
 私は、15年位前に或るブログで、南京大虐サツ事件について、かなり突っ込んだ討論をした事が有りますが、その時感じたのは。左傾化した人が、何故か蒋介石の味方をして見たり、米国の味方をする事でした。 要は、東京軍事法廷の判決は、何の為、誰の為に、あんなに捻子曲げられているのか、と言う疑問ですが、何時も討論が其処へ来ると、「日本は判決を受容した」と言う話にすり替わって居ました。

 然し、後で知ったのですが、連合国軍側の特にソ連とオランダが、先帝陛下の処刑に拘っていて、裁判が遅滞したんだそうです。 其処で、陛下の処刑を免除する事と引き換えに、何故か、民間人の広田弘毅と、予備役で駆り出されただけの、松井石根大将の2人の処刑の追加をする事で折り合った、と聴きました。

 この意味を考えるに、松井さんも広田さんも、蒋介石にとっては、親兄弟のような間柄の人ですから、この交換条件はその時、未だ、国府軍は、シナ共産党と内戦を戦って居たので、蒋介石に対する恫喝だった可能性が有りますね。「不満なら、お前も戦犯にするぞ」と言う意味の。

 そして、蒋介石はこの時既に、米英軍の支援を打ち切られており、逆に、シナ共産軍は武装解除で日本軍から巻き上げた、15万挺もの小銃・実弾と、野砲・砲弾等をソ連から支給されて、内戦に勝利を収め、1949年に独立しました。

 然し、是では裁判は、ソ連の為にはなっても、オランダの為にはサッパリなりません。 其処は、オランダが連合軍の中でも、中心的な役割処か、お荷物の様な存在だったからで、発言権が低かったからでしょう。

 其処で、アムステルダム市長の様な。結果を考えて看るに、「オランダは、実質。敗戦国だ」と言う、現実を踏まえた反省も出て来るのでしょう。 で、事ここ至ったのは、400年の永きに亘って、他国民を隷属・支配し、労働させてその成果や資源を盗んで、虚構の繁栄を謳歌して来たからだと、気が着いたのでしょう。

>>世界遺産に登録された朝鮮通信使の、内容に、仰るような間違いがある事を、日本政府は強く主張すべき
 何やら、亦、国際連合軍「=国連」の枝組織、ユネスコの世界遺産の話ですが、斯う言う商業主義の「儲かるのなら、嘘でもなんでもよい」と言う考えは、基本的に唾棄すべきです。 観光事業振興の為に欧州が始めた、「世界遺産」にしなくても良いので、日本の歴史遺産や自然遺産と言う形に、すべき代物だと私は思います。

 其れに、韓国は何か勘違いして居る様ですが、当時、清の属国でしか無かった朝鮮との交際の歴史が、日本人の何に資すると言うのでしょうか? 日本人にとっては、唯、朝鮮通信使が、江戸時代に朝貢に定期的に日本にやって来て、道中で窃盗行為とか、文明人にあるまじき行いをして、庶民の失笑や冷笑を買って居た史実しか出てきませんから、逆に朝鮮の評価を貶める事になるでしょう。 この先、韓国・朝鮮と交流しても、日本社会が劣化するダケですから、文科省の改革時に、この似非文化遺産は、親韓派と一緒に、放逐・廃止すれば良いと思います。

 安倍内閣に拠る、戦後体制の改革も、野党の支持率の続落で虫の息になって、サッパリ、頼りにならないので、マスコミは、9月の自民党総裁戦で、小泉進次郎や、石破茂を煽って、安倍内閣の3選を阻止する構えの様でㇲが、徒労に終わるのは、既に見えて居ます。

 だって、モゥ皆さん、マスコミの言う事を信じなくなっていますもん。小泉や石破は、日本が危うい時に、政権を後ろから撃つような真似をしましたからね。信義の面で、アウトですし、野田も外交感覚が皆無では、総理大臣は無理です。 岸田は、閣僚として有能な気がしますが、あのダンマリでは、総理大臣は無理でしょう。

 この頃、マスコミが「赤坂自民亭」とか言うキャプションで、安倍さん達が宴会をやった集合写真をしつこく掲げて居ますが、実はこの時既に、防災措置は全て手を打った後で、年間数兆円の予算を懸けて居る気象庁の予想でさえ、4日間に亘って、普通の10倍の規模の線状降水帯が、幅500~ 700km地域に、800 ~1000mm、と言う豪雨が降らせる等とは、予想出来ていませんでしたからね。 そして、雨が止んだら、即現地に飛んで、需要視察を行いましたね。

 勿論、梅雨末期の豪雨に台風の襲来が重なった、偶発的な事で、気象兵器などではありません。 私なら、気象兵器は、寧ろ、旱魃を起こす方に使いますがね、江戸の三大飢饉の原因は、全部、地球寒冷化に拠る冷夏と旱魃で、凶作が5年以上続いた事ですからね。

 それに、宴会なら、蓮舫が、同じ日に、立憲民主党初速の議員の為に宴会を催し、其処で祝辞の様な事を述べているんですが、是も報道しなくては、放送法違反になりませんかぁ?

 我々が心配すべきは、シナの経済破綻~共産党の失権~内乱の発生の後に何が起こるのか、を心配するのと同じく、現在のマスコミが崩壊して、一体どのような報道体制に様変わりするのかを、心配するべきだと思いますがね。

 其れと最後に、ブログ主様、私の勝手なお願いを聞き入れて頂きありがとうございました。

日本の学校には、合理性を排除したいと考えているフシがある

日本の義務教育って、社会で生きてゆくのに必要な手続きについてほとんど教えないのがすごい。
将来の奴隷を作るために(都合の)良い子を量産することが目的
そのような教育を受けても奴隷にならなかった人は、真の実力者であると言える。
日本の教育システムは、奴隷と支配者を選別するシステム。
---
ドル箱甲子園・・

練習直後に倒れ…亡き女子マネジャーへ、捧げる2本塁打
中村建太
2018年7月22日
https://www.asahi.com/articles/ASL7P2RPKL7PUOHB00N.html
これって怪我人が出たんでバスに乗せてもらえず3.5キロを走らされ倒れ亡くなったた女子マネージャーのこと? それがどうして美談になる? 1年くらい喪に服して
ーーー
2018年7月22日日曜日

22日、統一教会・家庭連合が岡山で開催した1万人大会に、加藤勝信厚労大臣が秘書を代理出席させ祝電を贈っていたことが判った。また、同大会には自民党国会議員3人が来賓出席した他、26人の地方議員も来賓出席、衆議院政治倫理審査会会長が来賓代表として祝辞を述べた。

来賓として紹介されたのは、自民党衆議院議員の逢沢一郎(岡山1区)、山下貴司(岡山2区)、加藤勝信(岡山5区)、そして2013年の参院選「安倍首相じきじきのお願い」で教団組織票によって当選した北村経夫参議院議員 (全国比例)。
厚生労働大臣の加藤勝信 は秘書が代理出席し、加藤からの祝電が読み上げられた。また橋本岳衆議院議員 (岡山4区)からも祝電があったと紹介された。その他に26人の地方議員の名が来賓として読み上げられた。
http://dailycult.blogspot.com/2018/07/1.html
【逢沢一郎祝辞】

「ジップアリーナがこんなに大勢の人で、ご来会の方で超満員になったのは私、逢沢一郎は初めて初めて拝見をいたしました!新記録であります。感動いたしております!」

「このピースフェスティバルが復興復旧の力になるように」

「徳野先生、会長からもご紹介がございました、総裁より本当の高額な多額な心のこもったご奉仕をいただきましたことご寄付をいただきましたことをわたくしからも厚く御礼申し上げます!」

「昨年12月の大会でもご報告した。NYで国連事務総長に会って直接、岡山での平和宣言採択をご報告させていただきたい」

「日韓トンネル構想も具体化の道筋が見えつつある」

韓鶴子総裁の“みことば”
「(日本は)本来なら赦すことのできない国家」

映画『マルクス・エンゲルス』

イスラエルを「ユダヤ人の国」とする法律を先頃可決した件で、トルコのエルドアン大統領は火曜日、イスラエルを「世界最悪のファシズムと人種差別の国家」「ヒットラー精神が再興した」と強烈批判。
https://www.haaretz.com/israel-news/erdogan-hitler-s-spirit-reemerged-among-some-israeli-officials-1.6311683

ーーー
2043
映画『マルクス・エンゲルス』を見た感想を書きます
(第1回・全3回) 2018年5月9日
The Young Karl Marx が原題です
日本語のタイトルは「マルクス・エンゲルス」になっています。

私も岩波文庫やら岩波から出ている本に大変お世話になってきた。しかし1960年代から日本共産党と若者たちとの間の激しい分裂があって、私はその若者たちのほうの流れに入っているので、日本共産党系と仲が悪かった。岩波書店はあくまで日本共産党的な体質をずっと残しました。

東アジアの外れの日本の知識人層にマルクスとエンゲルスが与えた影響についても語らなければいけない。

それで恐らくこの映画は、今の中国の若い知識層の人たちにものすごく受けるのではないかと思う。
マルクス主義、共産主義は、全面に近いぐらいに否定されて、嫌われて、日本社会の表面からは消えたような状況になっている。だからこそいいんだというのが副島の考えで、全てが焼け野原になって燃え尽くして、全てが破壊されて、家の土台も残っていないぐらいに壊されて、何もない遺跡みたいになってしまったところから、また新しくマルクスの思想が芽生えてくると考えるべきです。

さすがにこの映画『マルクス・エンゲルス』は、知識人しか見ないだろうし、意味は理解できない。それでも日本にもまだ20万人やそこらはマルクスの思想を引きずりながら生きている、若い30代40代の学者たちがいるはずです。その背景には500万人ぐらいの、60代70代になったじいさんたちがいる。80代もいるでしょう。

 彼らの世代に左翼思想、社会主義思想の形でまだ息づいていますから、決して少数派の思想ではない。だから日本の知識人たちの思想の根幹のところをつくった男の話ですから、これは実は大変な映画なんです。
http://www.snsi.jp/tops/kouhou/2041

現皇室のバチカン人脈。

現皇室のバチカン人脈。

江頭寿々子  旧制雙葉女学校(サンモール修道会が設立母体)卒
小和田優美子 田園調布雙葉高校(サンモール修道会が設立母体)卒
小和田雅子  田園調布雙葉小学校(サンモール修道会が設立母体)か中学、
       高校で学ぶ

皇太子  東宮傅育官の濱尾実は熱心なカトリック信者。
     実弟の濱尾文郎はバチカンの枢機卿。

信子妃  聖心女子学院中等科(イエズスの聖心会が設立母体)
、高等科で学ぶ。
     生家の麻生家は代々カトリック信者であり、信子妃自身も幼児洗礼
を受けている。

久子妃  聖心女子学院初等科(イエズスの聖心会が設立母体)、中等科
で学ぶ。
     次女の典子女王は2007年8月に韓国を私的訪問した際、
ソウル聖心女子
     学院修道院に滞在するなど、今でも聖心会との結びつきは強
い。

詳細は
【皇室関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj7.cgi

左翼嫌いも結構ですがの件

日本に一番ひどいことをしたのはどの国でしょうか?
確かに終戦時のロシアの仕打ちはひどいと思いますが、アメリカは原子爆弾を落としました。
相手を同じ人間と認識して、たくさん人が住んでいる所にあれを二回もできるものでしょうか?
最悪でも一度やれば二度目は省略できると思います。
それに引き換え、日本は中国には特に恨みはありません。
私は中国は大嫌いですが、現実を直視するとこうなるんですよね。
このあたりのブログ主様のお考えをお聞かせ願いたいです。

攘夷の流れ

日本は植民地化されているのか!!
ジャック・アタリは1000万人を
ブレジンスキーは毎年500万人の
移民受け入れを日本へ指示。いい加減にしなさい!!!

ハザール系ユダヤ人たちはもう一つの革命の準備に入った。1917年11月6日の「10月革命」である。

この10月革命はハザールユダヤ人による革命であった。これは疑いの余地がない。いうまでもなく、革命を指導した者のほとんどがユダヤ人だからである。10月革命の前に、トロツキーをリーダーとする70人のハザール系ユダヤ人グループが、ニューヨークからやって来ていた。アメリカのユダヤ人資本家ヤコブ・シフは、このトロツキーのグループを支援していた。

そのときロシアは、ドイツとの戦争の真っ最中であった。第一次世界大戦である。ドイツの方面からも、レーニンのグループがロシアに入った。このグループもまた、ほとんどがハザール系ユダヤ人だった。10月革命は、アメリカとドイツの金によってハザール系ユダヤ人が実行した革命であった。



レーニンの祖母はハザール系ユダヤ人だった。レーニン自身がハザール系ユダヤ人とのハーフだったのである。ロシア10月革命後の新政権では、そのメンバーのうち99%をハザール系ユダヤ人が占めていた。しかし、アメリカとドイツからロシアにやって来たハザール系ユダヤ人たちは、革命家、あるいは共産主義者であり、ほとんどがユダヤ教を信仰していたわけではなかった。

またその頃、ハザール系ユダヤ人は国家保安省の中に「収容所」という新しいシステムをつくった。ソルジェニーツィンの著書『収容所群島』には、このシステムについて詳しく述べられている。各収容所の所長は9割がハザール系ユダヤ人だった。収容所システムを初めに導入した人物は、フレンケルというハザール系ユダヤ人の革命家である。収容所はロシア人の奴隷を収容するためにつくられた施設だった。


ハザール系ユダヤ人はまず当時のツアー、ニコライ2世を家族もろとも全員暗殺した。革命の翌1918年7月、ハザール系ユダヤ人はウラル山脈のエカテリンブルグ(現在のスベルドロフスク)のある家の地下室で、ツアーとその家族をすべて銃殺に処した。

そして、その家の壁にサインを書き残したのである。それはヘブライ語で「皇帝は暗殺された、国家は破壊された」と書かれていた。私(イワノフ)はそのサインを自分の目ではっきりと見ている。

本家本元のハザール系ユダヤ人奴隷貿易
元ソ連外交官が語る
「ロシア-ハザール系ユダヤ人闘争史」の全貌
元駐日ソ連外交官イワノフ氏
6世紀から8世紀にかけて、ハザール民族はカスピ海の北方に進出すると、ロシア人とたびたび衝突するようになった。ハザール人はロシア人を支配下におき、奴隷にして、カスピ海の北にあるイティルというハザール人たちの首都に連れて行った。イティルでは当時、ロシア人の奴隷がいとも安価で売買されていたという。



「ハザール王国」は7世紀にハザール人によって
カスピ海から黒海沿岸にかけて築かれた巨大国家である。
9世紀初めにユダヤ教に改宗して、世界史上、類を見ない
ユダヤ人以外のユダヤ教国家となった。



8世紀になり、ビザンチン・キリスト教とイスラムの圧迫を受けたハザール民族は、王から奴隷にいたるまで国を挙げてユダヤ教に改宗し、ハザールはユダヤ国家になった。そして彼らは自らをユダヤ人と名乗るようになったのである。現在、世界のユダヤ人の大半を占める 古代イスラエル人の血統も持たない白人アシュケナジー・ユダヤ人は、このハザール人の子孫である。白人タレント、デープ・スペクターもその1人。

13世紀に入ると、タタール(モンゴル)がハザール王国を完全に滅亡させた。ユダヤ教徒ハザール人、すなわちアシュケナジー・ユダヤ人たちはロシアが近かったので、その多くがロシア領内に逃げ込んだ。



ロシアのユダヤ教徒ハザール人たちは、すでに12世紀に、ロシア国家の中でロシアに対する陰謀を画策するようになっていた。そして1174年、彼らはロシアの最も有名な皇帝、アンドレイ・ボゴリュプスキー皇帝を暗殺したのである。

我々日本人は基本恨みを遺さない民族です。

>カフラーさん ソロと名乗って居るものです、以後お見知りおきを。 あなたの投稿為されたコメントの感想を述べさてください。
>>日本に一番ひどい事をした国
 貴方が書いておられる様に、其れは米国ですよね、その蛮行・国際法違反の民間人攻撃は、枚挙に暇が有りません。 レイテ沖海戦(米国名フィリピン海海戦)で、日米の大艦隊同士の決戦に日本が破れてからは、日本は、制海権も制空権も失い、然も、マリアナ諸島(グアム・サイパン・テニアン)陥落以後は、航続距離の長いB29に拠る本土爆撃が可能になり、東京を始めとした都市空襲が始まりました。

 19年の裡は国際法に則って、軍事施設の重点爆撃ダケでしたが、日本の工場は中小企業が多く、随い、町中まで工場が混在して居る処から、昭和20年に入ったら、司令官をカーチス・ルメイに交代させます。

 ルメイは、戦時国際法違反の無差別爆撃を推進、それも爆弾では無く、2月にドイツのドレスデン爆撃で使った、高性能の焼夷弾を使う事にして、3月10日夜300機(パス・ファインダー=誘導機を入れれば310機)のB29の大編隊で、東京に絨毯爆撃をかけて、1晩で⒑万人を超す死者を出しましたが、その爆撃方は、100機ずつ3列の編隊を組み、両側の列がまず爆撃して、大火災を起し、何も起こって居ない真ん中の地域に逃げ出した人々を、狙って真ん中の列が爆撃を開始すると言う、非常に悪質なもので、無差別爆撃処か、冷静に編まれた計画さつ人で有る事は、誰の目にも明らかです。

 亦、爆撃に参加した、B29は全て対空機関銃を取り外して、その分余計に焼夷弾を積むと言う念の入れ方でした。 以下に日本の防空力が落ちて居たかが分りますね 是こそ、「人類に対する罪」と呼んで何ら差しさわりは無いと私は思って居ます。

 そして、この後、大阪・名古屋・神戸の順番に空爆を行い、4つの都市は、焼け野が原にされ、死者もこの時点で20万人を超して居たとおもいます。 昭和20年3月の話です。

 日本の休戦~降伏の申し入れは、当時の首相の鈴木貫太郎に拠って、18年6月のサイパン陥落後から内密に進められていましたが、米国に打診しても、全く訊く耳を持た無い有様で、20年6月末に沖縄が陥落した後、ポツダム宣言が宣せられ、そこには、「無条件降伏しか選択肢はない=天皇陛下の処刑を始めとする、ハルノートの全面承認」しか、日本には選択肢はない事が書いてありました。 

 先帝陛下は、「皇室を遺すのなら、受ける」と言うお立場を示されましたが、陛下の養育係で有った鈴木首相が肯んじなかったのですが、8月6日に広島、8月9日に長崎、そして、8月8日にはソ連が、ソ満国境を破って侵入・侵略を開始しましたので、其れまでの「戦時国際法を遵守した戦争」では無く「日本民族殲滅戦争」に代わっており、原爆投下に拠って、このママでは日本は滅ぼされる、という具体的で未知の危機感に代わりました。空襲や原爆投下、沖縄戦までいれれば、昭和20年3月以降8月までの民間人の死者数ダケで50万人以上を数えます。

 本土決戦を用意して居た軍部ですが、陛下周辺では、本土決戦以前に、日本は空爆と原子爆弾で焼け野が原にされて、旧約聖書に在る「エリコの戦い」の様に、犬の子1匹生かしておかないさつ気を感じ取ったのでしょう。 そして、8月15日に玉音放送が流れます。

 この話には、続きがあり、戦後なのに、更の20万人モノ非戦闘員が、ソ連や朝鮮人にコロされて居ます。 その話は別の機会に譲ります。

 処で貴方のお話には、米国とシナとの比較が出てきますが、シナは基本的に戦争の弱い国で、自分より強いと思われる国には決して歯向かいません、其のエートスは、狡猾で、計算高い商売人です。

 スペック=仕様書だけで、兵器の性能を云々して、シナ脅威論を唱える人が山ほどいますが、シナは実は海軍も空軍もちゃんと運用して戦争をした事が無い国です。 然も、陸軍は日本に一度も勝った事が無い、抵抗が出来無い国には、強く卑怯で狡猾な軍隊です。 その証拠に、80年代に、ベトナムに負けて以後、手出しをして居ませんが、仏教国のチベットには大虐サツを行って居ます。

 多寡が30年の繁栄で、強くなった経済力も半分は、嘘ッ八なので、上辺は強硬で勇ましいですが、個人的に海外に回避させている隠し資産は、全て、アメリカの管理下に置かれている事を考えれば、シナの強硬さは上辺だけと言う事が分ります。

 シナは米国といま貿易戦争をやって居ますが、是は、米国が貿易赤字の7割が、シナとの貿易で生じて居るので、少し加減してくれないか、と言う申し入れを、蹴飛ばしたから、始まった事ですが。是は単純に、シナの自己過大評価と計画経済の硬直性が問題なのです、即ち、原料の輸入、加工・生産について、全て、世界経済がピークだった頃をモデルとして、生産計画を立てて居るカラ、余剰在庫が溜まり始めても、減産体制に変われないのです。

 経済の運用面と言う意味では、シナは未だ未開の大国だと言えましょう。 現状、世界経済「=EU,米国市場」は、米国は持ち直しましたが、EUは凋落の一途。 

 シナの生産体制に見合った世界の需要を喚起する為には、「一帯一路」で、中央アジアや南アジアの国々の開発振興しかない、との発想は宜しいですが、計画推進する条件として出した企画書の内容が、完全に経済侵略で有る事に気が着いた、関係国がシナ不信に、そして行き着く先のEUさえも、大反対に転じたのでは、シナの浮かぶ瀬は有りませんね。

 ですから、欧州や米国などに居る、在外シナ知識人は、既に、「シナ共産党の失権後」の世界を想定して議論を始めている様です。 シナ自体は、「図体がでかいダケの、虐め子のイモ兄ちゃん」でしかありません。

 では、米国が怖いのかと言うと、怖いですね。 唯、元々、欧州の水飲み百姓の子孫の出自ですから、大して複雑でも無いし、多くは敬虔な、クリスチャンですが、このクリスチャンに2面性が有って、非常に疑り深い性質を持って居て、一旦敵だと見据えると、根が臆病なので、相手が強ければ強い程、残酷になります。 然し相手が、良い奴だと分ると、徹底的に親しくなろうと胸襟を広げて付き合います。 戦後の日本との民間人ベースがそうですね。

 米国には、嘗てのイギリスが宗主国で有り、独立戦争の敵だったのに、戦前~20世紀中は、肉親とも思う様な間柄でした。私は、彼らのパターンとして、「昨日の敵は今日の友」「死力を尽くして戦い合ったモノ同志に芽生える連帯感」と言ったものが有るのではないかと思って居ます。

 残虐で非人間的な過去の事は、歴史をちゃんと真実のモノにして、日米で共有するべきですが、一方で、未来志向なら、米国ともっとわかり合うべきでしょう。


共産主義=タムルード原理主義

日本人殲滅と日本の支配を狙ったオウム真理教がそうだったように、共産主義はユダヤ教にある選民思想の熱烈な信者が生み出した、他民族支配のためのカルトでしょう。

現在は表立って共産主義など名乗らず、暴力革命路線など捨てて文化・伝統を破壊することで共産主義革命を実現させるフランクフルト学派の思想で活動していますが、目的は昔の共産主義と同じ、極めて悪意が有るものです。従って共産主義はタムルード原理主義と呼ぶべきものです。

こんなものを信仰する日本人がいるのにはあきれますが、これまたオウム真理教がそうだったように、共産主義も高学歴の人間ほど嵌ります。よく勉強する人程、洗脳されやすいのでしょう。たぶん九条信者の殆どは共産主義の信者の筈です。東大卒・京大卒の半分ぐらいはその両方の信者だと思います。

従って、日本国民は学歴信仰・権威信仰は止めるべきです。有識者と言っても専門馬鹿の可能性大です。ノーベル賞受賞者の言葉であっても信仰せず、1億人の1人の参考意見として、全て自分の頭で考えることを心がけるべきです。

公務員の職業選択の自由は退職できること

ソロさんへ  ポッポです。

6回の転職はなかなかのものです。私の場合、最終は公務員ですが、それまでの私企業の転職は、年金対象が3回あります。
転職回数は、私にとってはキャリアアップではなかったので、何の自慢にもなりません。
ただ、辞めた会社にも良い会社はあったので、勿体ないことをしたと言われることもありました。


それはそれとして、日本国民なら国旗に敬礼し、国歌斉唱には起立して合唱するのが当たり前なのですが、昨日の投稿ではあえて書きませんでした。
日教組が、毀日の行動をしているのは明らかです。
だから、日本を貶めるのならば、辞めて欲しいと思います。
子供達には、日本を好きな先生に勉強を教えさせて欲しい。日本を好きな先生が教えれば、子供達は自然に日本が好きになると思います。

私の場合、生まれが京都ですから左翼色の強い土地柄です。
高校の時に、日本が大好きな先生に教えられました。
それが、きっかけとは言えないのかも知れませんが、日本を好きと言うだけで嬉しくなってしまいます。

職業選択の自由ですが、雇用側には雇う自由があります。
それに対して、雇われたものには、辞める自由があるのです。
そして、全体的には、需要と供給で調節されると思います。


>>戦争に至った経緯と、当時の共産主義称揚の空気を正確に知る為に、日本の近代史を再履修するべき。

これに大賛成です。
欲を言えば、日本の近代史だけでなく、神代の時代から再履修するべきだと思います。
終戦後のGHQのWGIP・プレスコード・3 S政策は日本の国史をぶち壊して破壊しました。今の日本人は、近代史だけでなく神代の時代から日本のことを学ばないと、自国の歴史が歪められたままに教えられています。
終戦後の公職追放によって、日本の国学者は放逐され、そこに左翼の反日学者が収まって、日本人はまともな国史を教えられなくなったと思いますので、これを元に戻した上で、再履修するべきだと思います。

敗戦し、東京軍事法廷で裁かれるとき、日本の重鎮と言われた人は、天皇の命を守るためなら、己の命を引き替えても後悔していないと思います。
だけど、国が独立を回復したらその人達の名誉を回復するのは国として当然のことだと思います。
東京軍事法廷が正しいというのなら、国際法に存在しない「平和に対する罪」や「人道に反する罪」で裁くのは可笑しいでしょう。
こんな日本を裁くための罪を作った裁判なんて、これ程不当な裁判は国際的には珍しい。日本に腹が立ったから、罰しただけです。
しかし、日本人としてカーチス・ルメイに勲章を渡したことだけは、悔しいです。彼こそが「人道に反する罪」を、犯した者なのです。

蒋介石が、米英軍の支援を打ち切られたことについてです。
米英は日本との戦争には勝ったけれど、被害が多かったため厭戦気分が強くなっていたことと、支那の蒋介石は日本との戦争で損害が多かったため、中共との戦争に関して、継戦能力を疑われたと思います。

尤も、米英は支那での内戦に敗戦したため、第二次世界大戦における果実は何もなかったことになりました。
米英は、日本を戦争に追い込むことで、ドイツに勝利するとともに、アジアでの収穫を得る目算をしていたと思いますが、鳶に油揚をさらわれるように、中共に支那大陸を持って行かれました。
これなら、日本と協力して大陸を制覇していた方が、利益が大きかったと思います。


>>世界遺産に登録された朝鮮通信使の、内容に、仰るような間違いがある事を、日本政府は強く主張すべき

朝鮮通信使は世界記憶遺産に2017年に登録されました。
その理由は、日本国内12都府県と韓国にある江戸時代の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」で、朝鮮通信使は、朝鮮国王が徳川将軍家に派遣した使節団。対馬(長崎県)から江戸を経て、徳川家康が祭られる日光東照宮(栃木県)まで一行が通った地域に外交文書や行列の様子を描いた絵などが残る。日韓の関係自治体や民間団体が共同で計333点の登録を申請したものです。

韓国はこれを文化遺産として捉えており、目的は朝鮮が日本に文化を伝えたと考えています。
これを事実は朝鮮の徳川幕府への朝貢使節としていたならば、韓国は発狂してユネスコに登録しなかったと思います。
元は朝鮮が、文化的に日本の兄であるとの考え方だと思いますから、その考え方を受け入れる必要はないと考えているのです。
端島炭鉱は日本人と朝鮮人が協力していた炭鉱でしたが、韓国によって朝鮮人を酷使したとのイメージ付けが行われましたが、ケースは異なるとは言え、世界記憶遺産での捏造がまた行われ、これを日本が認めることになったことに、腹立たしく思っています。

日本の国史を再編集する場合には、今回の朝鮮通信使の世界記憶遺産に登録に関わった者は、学会から放逐して貰わないと、このような学者達や敗戦利得者達が日本の歴史を歪曲・捏造することで日本の国を貶めていることになります。
先ずは、世界記憶遺産の登録を辞退することだと思います。


安倍首相は、今度の総裁選挙でも勝つと確信しています。
自民党総裁に三期目はあっても、四期目は難しいと思います。
従って、三期目の安倍首相は、後継者を養成しなくてはなりませんが、同時に憲法の改正にも、手を付けていただきたいと思います。

これについては、憲法9条の二項に自衛隊を追加することが言われていますが、そのついでに憲法前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、」の「公正と信義に信頼して、」の「に」を「を」にすることも、付け加えていただけないものかと思います。
この「に」がそのままでは、余りにも日本語が可哀想です。

戦前の大学でもサヨクが幅を利かせていました。
時間のある人はぜひお聴きください。

中国共産党に牛耳られた戦前日本の政界・言論界 【CGS 神谷宗幣 第56回-1】
https://www.youtube.com/watch?v=abkpQRNElYQ&list=PLYKXk5DRMIUTU8BJNS5v0ewta1FCRcJFu

資本主義、共産主義を刷り込まれた日本

洗脳合戦は続く。
オウム真理教のやり方なんかも今のブラック企業に受け継がれているらしい。宣伝にも上手かった。
ーーー
苫米地英人氏の『日本人の99%が知らない戦後洗脳史 嘘で塗り固められたレジーム』
http://blog.livedoor.jp/shinkozo/archives/38655530.html

政府専用機の座がJAL(日本航空)からANA(全日空)へ変わった本当の理由
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12245-060973/
今回のこの変更は日本航空の株式の20%近くが外資になっているというのと関係するのでしょうか?

外資規制回避でファンド経由になっている部分も入れると、JALは55%外資だよ。日本航空でなくて外資航空。
日銀ETF買いで外資にガンガン資金供給したから上場企業全て似た状況

ロシアのハッカー、米電力制御システムに侵入
https://jp.wsj.com/articles/SB12725973517339393911604584366121316026530
ローゼンツヴァイク著・苫米地英人解説 「サイバー世界大戦~すべてのコンピューターは攻撃兵器である」

NSAがハッキングされたか、内部流出の可能性も指摘されてる

 かつてイランで実行した攻撃。イランでの攻撃ソフトが完全に自己消去し損ねたので拡散
これらに書いた。


オリンピック誘致、北朝鮮脅威ない中1兆円イージスアショア購入、一部利権以外に利益のないカジノ法、業界全体で1兆円喪失した仮想通貨交換業の温存。いつの間にか田中角栄時代を超える金権政治に戻ってる。野田聖子総務大臣がGACKT OSHIRO氏の仮想通貨スピンドルで刺されたのも総裁選出馬の見せしめか

戦争に対する戦前日本の考え方

>ポッポさん ソロです、レス有難うございました。
 今年も「鎮魂の夏」が近づいて居ますので、TV(特にNHK)が終戦特集を亦ゾロやって居ますが、あの「火垂るの墓」的な悲惨な話ばかり聴かされると、気が滅入って終います、 あの話は、野坂昭如と言う、所謂「焼け跡派」を自称する作家が、書いたものですが、その話の契機になった、と思われる、一枚の写真がある事を思い出します。

 それは、「火葬の順番を待って居る兄」と言うキャプションが着いたもので、中学生くらいの男の子が、亡くなった小さな妹を背にして、茫然と佇む写真でした。

 今でも、そ写真を思い出すと涙が溢れて来て困るのですが、このお兄ちゃん、妹を護ってやれなかった事への悔しさ、父母に対する申し訳なさ等々、たった一枚の写真ですが、色んな空想が、しかし、多分現実であっただろと確信できるその共感こそ、日本人同士と言う証拠なのだろうと思います。

 私が、日本と米国を始めとする外国の戦争に対する考え方に大きな違いがあると思ったのは、昭和19年の暮れに東京空襲が、再開されましたが、久我山の15センチの高角砲にでもやられたか、1機のB29爆撃機が、市街地に墜落して来た、幸いに、墜落した被害は。家は壊れたけれども、住民側に死者は出て居なかった様ですが、B29の搭乗員は、全員シ亡しているのが発見されました。

 空爆と言うものを経験した事は、勿論ありませんが、普通に想像しても、戦闘では無く、唯の計画的な無差別サツ戮ですから、怖いのは当然で、爆撃機が墜落すると搭乗員は、袋叩きにしてコロされるのは当たり前だと、私も思って居ました。

 処がです、その空爆を受けて居た住民が、その爆撃機の搭乗員のシ体をかき集めて供養し、慰霊碑まで造ってやって、通信が回復した戦後に米国で遺族を探し出して、遺骨や遺品を手渡したそうです。

 そういう事を知ってか知らずか、米国は、この約4ヵ月後に、同じ東京を300機を超えるB29の大集団で、絨毯爆撃を行い、1晩で10万人を超える民間人を焼きコロしたのですから、同じ人類だとは思えない仕打ちですね。 是は、法治国家と世界に一つしか存在しない人倫国家日本との戦争に対する、或いは、人間の生命に対する倫理観の違いなのは明らかですね。 

 それは、戦後の70年代に、人気ロックバンドレッド・ツエッペリンが広島公園を行った時に、グループのリーダー的役割を担っていた、ギタリストのジミー・ペイジが、平和祈念館を訪れ、数多の写真を看て「こんな酷い事は、人間が人間に対して出来る事では無い、ごめんなさい」と、泣き崩れたと言う話を聞いて、やはり、人間の本質には、良心と言うものが眠って居ると確信しました。 

 日本人にとっての戦争は、「個人として、したくは無いが、国民としてしなければならない仕事であり、義務である」だったのですが、仕事や義務だとなれば、やり遂げる為の自身の誇りと、命を惜しむ気持ちが、ないまぜになりそうなモノですが、一旦、軍隊に入ればそういう個人の事は、無視されます。 そして、日本人はそれを無条件で受け容れます、何故か? 詰まる所ℋは、仕事だからです。

 日本人は、普段でも社会で「自分の持ち場」を与えられ、その仕事を全うできないと全体が上手く機能しない事を、子供の頃から、知っています。 是が出来無いと、皆からお荷物扱いされたり、虐めに、あったりします。 ダカラ、皆必死になるのですが、戦前の集団には、相互扶助の精神が働いて居て、レベルより劣ったものものを優れたものが、自分の責務を果たしながら助けて行き、自然にその集団のリーダー的な役割を担う様になっていました。是は、日本の文明の伝統である、「分業」の考え方を基にしたモノです。

 欧米の兵士の殆ども、普段は日本と同じく一般の市民です。でも、日本の様に社会が閉塞的ではなく地域にも出入りは自由です。 ですから、日本の様に、地域の代表だの家門の誉れだとか、余程のエリートでもない限り、背負って居るものは有りません。 軍隊などの組織に入れば、当然規律に縛られますが、軍隊の中での相互扶助は無論あるでしょうが、日本程でもなさそうです。 元々、階級社会ですし、組織愛は育ちにくく、その延長になる愛国心が、生まれる理由は希薄ですね。

 では、なぜ戦うのか、と言えば、一番は金の為、そして、名誉の為、然し何と言っても、社会や国が人間の生存本能を人為的に危機状態にあると思い込ませて、危機感を募らせて、自国の正義と戦意識を高揚させている。 全く、人為的・外的な刺激に拠るもので、日本の様に内発する義務感とか、愛国心と言うものとは縁遠いでしょう。 ダカラ、劣勢に立つと総崩れし易いのですね。

 とはいえ、戦争行為は、単純に言えば、人コロしでしかありません、戦って居る人は全て、戦争と言う自動的に自分の身を極限に置くシステムに入れられて、戦闘行為をして居る時は、結果について、あれこれと考える余地など無いでしょう。考えた人は、生き残れない様にできているのが戦争です。

 然し戦争が終わったら、自分がやった事がどういう結果を齎したのか位、確認するべきではないだろうか、 処が、原爆を広島に落したエノラ・ゲイの搭乗員は、終に一人も平和祈念館で自分達が投下した爆弾が破裂した結果を看て居ませんでしたね。 クリスチャンって、神に贖罪さえすれば、全てが許されると思って居るのでしょうね。 

 大事なのは、「こういう過ちを繰り返さない事で有って、復讐を受け容れるとか、容れないとかと言う話では無い」と、日本人の多くが考えて居る事が分らないのは、自分達が被害者になった、「リメンバー・パールハーバー」を旗印に復讐戦をやって、散々残酷な事を自分に赦して来たからでしょう。 謂わば、是が法治国家の限界なんですね、彼らが日本的な愛国心を持つ事は、未来永劫、有りますまい。

 あ、其れと安倍さんの4選ですが、流石に安倍さんも疲れて来るし、相棒の麻生さんが、80歳を超えて終いますからね。 次世代に譲ると思います。 但し、現在のマスコミの体制が変わらないのなら、続投もあり得ますね、3年後と言えば、安倍さんは67~8歳ですから、政治家としては、寧ろピークに近い年齢でしょう。 其れと憲法改正でしょうが、コッチは、同志が育って居れば、大丈夫だと思います。 人材が居ない様に見えるのは、態と紹介しないマスコミの工作であって、河野さんの起用で分る様に、実は、安倍派ではありませんが、有為な新人が、大勢居ると思いますよww 何せ、6年間の世界の評価は、誰が何と言おうが、比肩できる政治家は外国にもいませんね。

非常に興味深い話をありがとうございます。

それにしても似非保守の多い事

>皆様 ソロです。
 最近ガッカリした事が在ります。 日韓15年合意が、「日本が国際的に慰安婦問題が事実であった事を認め、河野・村山談話を継承したもので、おまけに賠償金10億円も払ったもので、安倍政権は、致命的な間違いを犯した。とか言う、反安倍陣営が聴いたら飛び上げって喜びそうな話を、蒸し返している保守ブログが有る事です。

 なんとも、政治が分って居ない人だと言う他は無いですね、味見損ないました。 1015年は、韓国が、シナよりにシフトして、持ち直して居た国内の経済が、シナの政情不安=天津大爆発や、米国の経済植民地化の実態~外資のフライトがドンドン始まり、其処へセヲル号事件が起こった事で、朴政権の支持率は末期的な様相を示し始めた頃だった(15年前半)。

 私は元々、朴槿恵(パク・クネ)さんは、左翼系朝鮮族は、両親の仇であると思って居る人だと思って居たし、大統領選に勝った翌朝、勝利宣言の海上に向かう途中、暴漢に顔を切られましたが、是が2度目であった事から、韓国は、闇勢力が大統領を、傷害で恐喝しても、公権力が逮捕出来ない国なんだなぁ、と思い暗澹とした覚えが有りますね。

 国内の支持を維持する為に反日は続行するが、その一方で、特に、在日勢力に対する締め付けは、厳しくして、是で、70年も続く在日問題は、米国を敵に回さない方法で、解決の糸口を見出せると思って居ました。

 確かに15年合意の中身は、慰安婦問題は事実であったと言う事を認めると言う話になっていますが、其れは河野や村山そして小泉談話迄を含めた日本の歴代政権の内容の継承であって、是をひっくり返そうと言うなら、米国の韓国系米人が「安倍は歴史修正主義者だ」と騒ぎ始めるのは見えて居ますし、その時点では米国の大統領は民主党のオバマだった事にも留意しなくてはイケないでしょう。

 米国の民主党はイコール、ネオ・コミュニストと考えても間違いではありません。もし正恩の恫喝相手が、トランプで亡く、オバマやヒラリーだったら、日本は大変な立場に立って居たでしょうね。

 では何故、合意を急がねばならなかったのか、と考えれば、当時次期大統領は、オソラク、ヒラリーになるだろう、すると、マイノリティやアジアからのニューカマーが支持層の民主党は、韓国の主張を取りいれて日本叩きに回るだろう。 そうなった時に、クネさんは、在日問題の解決等やっていられない立場になる可能性が、有ったのでしょう。

 事実、合意直後から、クネ降ろしが始まって居ますね。是はクネさんの真意を韓国左翼が読み切ったからだと思います。 ですから、16年7月から、在日の立場に有るモノは、韓国に強制送還されるとか話がありましたが、結局法律は店晒し状態になって居る様です。その辺りをクネさんは読んで、兎に角、慰安婦問題だけでもを火を消したかったのではないかと思います。

 事実、15年合意からこっち、慰安婦像が世界中中に幾ら立っても、日本は全く反応しません。 海外でも、韓国系米人のネガティブキャンペーンで、日本人の子弟が学校で虐められた様ですが、韓国人自体の信用を不可逆的に落とす、出稼ぎ売春婦の摘発が常態化して「韓国内でも売春は常態化して居て、強制的に売春婦にされた事は、然程問題ないのではないのではないか?」と言う疑問が広がりつつあるそうだ。

 この話で、安倍さんを退陣に追い込むのは、流れから言って、到底無理な話で「では、慰安婦問題は、如何すれば良かったのか?」と、私も訊きたいですね。

 その唯一の解決法であると思われる、朝日新聞に拠る、「慰安婦連行は虚報だった」の英語版の修正記事を、ケント・ギルバード氏が公式に求めた処「拒否します」との事だそうな。

 まぁ、既に朝日の末路は、もぅ見えて居ますが、何とも腹立たしい話ではあります。然も、その朝日を高齢者が支持しているのも、陳腐な話だと思いますがね。結局、現実をどうしたいのか、現実に対する最適解とは何か、其れは実現可能かを斟酌出来無いのでは、幾ら保守を気取っても、所詮は他人事ですよ。 

 何でもいいですが、皆が騒がない様な記事は、疑わしいカラ、一般的にはならない、のだと考えるべきで、まぁ、マスコミが只管無視して居るニュースは確かにありますが、それは、プレス・ラジオ・コードに含まれるmシナ・朝鮮・米国に取って、都合の悪いニュースは流さないと言う事で分類できます。 斯うした話も通じないのは、情弱層位しかない事を認識すべきなんですがねぇ。

10億円は、ラオスへの賠償金の一部にしたらどうでしょう

ソロさんへ  ポッポです。

「火垂るの墓」は悲しい話で、聞いてるだけで辛くなります。
でも、そんな話は終戦の頃なら、幾つもあったのも事実です。
親を亡くした子供達は、親族が見てくれれば有難いのですが、当時の日本はそんな余裕もなかったし、色々な救い方からはみ出た子供達が大勢いたのです。

悲しいことですが、負け戦とはこんなこともあるのでしょう。
だからと言って、負け戦になるからと戦う前に降伏することも出来ないのが、国というものだと思います。

敗色が濃厚になっていく戦況に、帝国陸海軍の首脳部は必死で色々な作戦を考えたけれど、結果として戦況を覆すことは出来なかったのです。
だけど、必死になって考えた作戦が、特別攻撃隊を初めとする、兵隊が一度の攻撃で絶対にしぬ作戦が殆どというのは、悲しすぎると思います。

勿論、特別攻撃隊の戦果は輝かしいものでしたが、日本の兵隊は消耗品ではなかったのですから、他に良い作戦はなかったのだろうかと思いますが、他にあればそれを選択したのでしょう。

海軍軍令部総長永野修身氏は、統帥部を代表する形で「戦わざれば亡国と政府は判断されたが、戦うもまた亡国につながるやもしれぬ。しかし、戦わずして国亡びた場合は魂まで失った真の亡国である。しかして、最後の一兵まで戦うことによってのみ、死中に活路を見出うるであろう。戦ってよしんば勝たずとも、護国に徹した日本精神さえ残れば、我等の子孫は再三再起するであろう。そして、いったん戦争と決定せられた場合、我等軍人はただただ大命一下戦いに赴くのみである」と、語ったそうです。

もし、永野修身氏が終戦後70年余りを経た日本を知ったならば、どのように語られるのかと思います。


それから、戦後の日本を考えるときには、少年法についても考えなければならないと思います。

少年法は、終戦後に養育者のいない子供達が生きんがために犯罪を犯したとき、ただ罰するだけでなく、更正させることが目的で昭和23年7月に制定されたと思います。

それから70年を経過した日本は、当然のことですが戦後の苦しさという意味では、未成年の養育を引きずる時代は終わっており、今は別の要因で少年法の対象となっている、少年の保護や更生を目的としての法律の運用をしています。

しかし、今の日本にこの少年法は、必要だとは思えないのです。
先年、選挙権の年齢が18才以上に、引き揚げられたのもその一つだと思うのです。
それに、刑事事件において、少年に該当する者が、事故の年齢と犯罪による罰則を考慮・検討して、犯罪を犯す者まで出現する始末です。
それを見て、犯罪と少年法の適用年齢を下げることで少年の定義をずらした運用を行うという、少年法の扱いに疑問を持つことがしばしばあると思います。
それなら、少年法を廃止して、犯罪者には刑法をそのまま適用し、生育に問題があるのならば、それはまた別の法律で更正させれば良いと思うのです。

戦後70年余りを経過したいま、敗戦の一時期のために作られた少年の法律を運用していることに、疑問を持っています。



>欧米の兵士の殆ども、普段は日本と同じく一般の市民です。

国民を徴兵すれば、普段は一般の市民が兵隊になるのですし、この場合には、市民感覚を持った兵隊になるのですが、兵隊になる前には食い詰めていた者が兵隊になりますと、戦闘に勝った場合は、勝利者としての特権を振り回すならず者になると思います。
兵隊の知的レベルは、識字率で分かりやすいのではと思います。

支那の兵隊、ロシア(ソ連)の兵隊は勝利者になったとき、人間とは思えないようなことをしました。朝鮮人の場合は、特別攻撃隊に参加した者はそんなことはなかったと思いますが、捕虜収容所の監視業務の場合には、暴行を働いて戦犯になった者もいます。でも当時は、支那やソ連兵に較べるとマシだったと思うのですが、日本統治から年数を経過するとともに、元に戻ったと思います。

日本人は、何処まで行っても日本人で、「個」よりも「集団」だと思います。兵隊としてだけでなく、企業において協力し合うことで強さを発揮する民族だと思います。

エノラ・ゲイの搭乗員が平和記念館に来なかったことについてですが、私が彼等の立場にいたら平和記念館には行けないと思います。
戦争の中で、敵を憎いと思って(これは教育においてもそうでしょう)やる気になって希望したのか、命令であったのかも知れませんが、出撃したのです。

それに、戦争という狂気の中ですから、冷静と言っても戦争の中のことですから、次元が平和な今の時代とは、比較できないと思います。
でもね、それでも民間人を、攻撃したことは許せません。米国では日本は零細企業で町中が軍事工場だったとしていたそうですが、そんなことが正しい筈もありません。

この頃、米国は日本の攻撃を、予想していたとの考え方が示されていますが、それにしても日本軍の攻撃が凄まじかったため、予想以上の大損害だったと思います。
パールハーバーの被害が大きすぎて、米国は頭を抱えたと思うのです。



安倍首相の3選は、確定したと表います。
でも4選は、難しいのではないでしょうか。麻生財務大臣だって高齢ですし、安倍首相は体力・健康に問題を抱えていると思います。
そして、安倍首相の後継ですが、現在のところは候補者がまだ出ていません。これを見込んで岸田衆議院議員は、3年後を見込んでいるのでしょうけれど、日本の国会議員は支那・朝鮮に強く出る人が少ないので、これを練習台にしたら丁度良いと思っています。


それから、韓国は2015年日韓慰安婦合意を白紙に戻すために、10億円を準備したようです。
韓国は、この合意がどれだけ世界に受け入れられているかを、認識していません。
話が少し異なるのですが、韓国の企業がラオスで建設していたダムが決壊して、大変な被害を出しています。
そして、韓国の建設業団体は2,000万円を寄付するとのことですが、数百人が行方不明だそうですから、これで足りるはずがありません。
韓国は、2015年日韓慰安婦合意を白紙に戻すための10億円を、ラオスへの賠償金の一部に当てた方が良いと思います。

【これは酷い】日韓共同声明の内容が判明!日本における「永住外国人への地方参政権実現」を約束!日韓議員連盟には安倍首相や麻生氏らが所属!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4324.html

日韓・韓日議連が共同声明 日韓合意履行求める文言なし 外国人地方参政権付与は明記
http://www.sankei.com/politics/news/171211/plt1712110021-n1.html

【悲報】安倍、地方自治体での雇用にも新在留資格
https://ameblo.jp/shingekinosyomin/entry-12393354323.html

質問です

アムステルダム市長の歓迎スピーチのソースを知りたいのですが。
そもそも誰に向かっての歓迎スピーチなのでしょう。
オランダは欧州の中でももっとも第二次大戦にかかわる反日感情の強い国と聞いているのでにわかには信じられません。時を経て恨みを捨て友好を重んじるというのは分かりますが第二次大戦を日本側に立って擁護するというのは国内の旧インドネシア領出身の人々への配慮を考えてもありえないと思うのですが。
事実とすれば画期的なことで右派メディアを中心に広く報道されたと思うのですが。

世界一の少子高齢化対策

日本において愛国心が発露される具体的なトップ事項は三つ。

皇統護持、領土防衛&国民防護、悠久に日本民族の人口維持新生児数250万人維持が、それ。

「新生児数ついに100万人以下」問題、つまり日本国を存続させるに必要な「新生児数年250万人を回復するにはどうしたらいいか」問題を扱う。


 日本という文明国家は、(1949年の「269万人」が理想であるように)新生児数250万人以上で初めて円滑に運営でき、順調な経済発展を可能とする。現在のような、年間の新生児数100万人を割っては、彼らが壮年時代になった時、警察や消防や国防軍(現在は、その代用の自衛隊)すら人員確保はできない。実際に、社会を担っているのは65歳までであり、66歳からそれ以降は社会に寄生する。実際に高齢者の介護の法的制度化によって、介護にかかわる65歳以下の日本人とは、経済発展をもたらすGDP生産の経済活動や(安全や法的正義の顕現など)社会の最小限の維持管理から「徴発」的に引き抜かれていると考えればよい(注1)。  


 日本が直面する国家レベルの最悪問題は、中ロの大規模侵略と北朝鮮の核・化学弾頭のミサイル投射とともに、何と言っても若年層人口の激減であり、現在のペースだとあと150年もすれば、限りなく日本の人口は完全にゼロとなる。来世紀に入ると、世界に散らばった日本人が絶滅民族として博物館の展示品的な扱いを受けることになるだろう。



高齢化率 世界1位日本、2位イタリア、3位ドイツ

もう一度、日本の歪な人口構成を見てみよう。日本が国家機能の不全に落ちることはもはや不可避で、(外交と国防を除いた)日本が取り組むべき内政は、「出生率」対策ではない。すでに出産適齢期男女の数が激減した状況下で、「出生率」を2.08に戻しても日本の滅びは止まらない。現在の日本の採るべき政策は、唯一に正しく「新生児数」を直ちにどう倍増するか否かのみ。これが日本国が存続できるか否かを決定する。  

 そもそもどんな裕福な国家であっても、65才以上の人口を15%以内にしないかぎり、その国家経済・財政を正常に維持することは、困難を迎える。いかなる場合でも「20%を超えない」事が、国家存続の絶対条件である。だが、日本の65歳以上は、ついに「27.3%」(2016年)。レッドラインをはるかに超えた。

995年は14.6%で、この「15%以内」であった。1989年の「出生率1.57ショック」を日本で最も強く警告した私でも、1995年の時点、まだ時間が少しあると多少の油断をした。だが、日本の高齢化のスピードは異常で、たった二十年で2015年の65才以上は「26.7%」になった。この数字を見た時(昨年の2016年)、足の震えが止まらなかった。世界一のマッハ級のスピードである。


 この高齢化の速度がどれほど早いものなのか他の国と比較してみます(表2)。例えばフランスは、高齢化社会から高齢社会になるまでに、実に126年間を要しています。同様に、スウェーデンでは85年間、欧州でもっとも高齢化のスピードが早いイギリスでも40年間を要しました。これらを比較すると、日本での「24年間」が、いかに早いのかがお分かり頂けるのではないでしょうか。

愚民化政策、朝鮮カルト統一教会を仕込んだのは岸信介元首相だった!
世界一の少子高齢化の仕掛け人はナント日本政府だった!岸信介元首相らが40年前に人口抑制政策を打ち出す!人口問題審議会で!



*2100年には3500万人


世界一の少子高齢化問題は日本に深刻な影響を与えていますが、これはかなり前から仕組まれた物でした。1974年4月1日に岸信介元首相を会長とする国際人口問題議員懇談会が設立され、人口抑制を推進する政策を決定しているのです!
だからこそ、1980年代から合計特殊出生率が明らかに減少していたのに、日本政府は何もせずに傍観していました。今頃になって「移民を受け入れよう」とか言い出していますが、国際人口問題議員懇談会の会長が安倍首相の親族であることを考えると、この移民受け入れも計画なのかもしれません。
もちろん簡単に日本国籍を取れるように国籍法を改悪した反日帰化人政党野党は、絶対論外ですが!!


当時は人口が爆発的に増えていたこともありますが、それでも日本政府の動きはあまりにも遅すぎです。それに、人口減少の解決策が移民では、意図的に反日国家シナ朝鮮外国人を引き入れるために人口を減らしたとしか思えません。今の待機児童問題等もそうですが、バブル経済の時期に対策をしておけば、ここまで悪化することはまず無かったと言えるでしょう。どうにも、経済植民地化TPP問題を始め、50年ほど前から今の惨状は仕組まれていたように見えます。

マルチレス

>大森さん 初めまして、ソロと名乗って居るものです
>>アムステルダム市長の対日演説
 この演説が行われたのは、モゥ相当前の話で、昭和40年前後ではなかったかと思います。 ですから、日本が戦後20年足らずにして、オリンピックを開催し、GNP「=国内総生産」で、世界のベスト⒑入りを果たした頃だと思います。

 その頃逆に、オランダは、国内産業で、世界に伍していけるものが殆どなく、植民地、特にインドネシアからの石油資源売却の収入が、国庫収入に占める割合が大きかったので、インドネシアの独立で、其れが途絶えたのですから、一挙に、ベネルクス三国の一角を占めるダケの貧乏な小国になって終った。その落差を看て、嘆いて居るダケです。根底には、已然として、有色人種に対する根強い差別観が潜在していると私には思えます。

 でも、ベネルックス三国「=オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ」は、欧州の流通の中心地域ですから、マダマダ、アジアの国々とは比べ物にならない程富裕な国だった筈です。

 彼が一番嘆かねばならないのは、400年もの長きに亘ってインドネシアを支配・収奪を行ってきたのに、インドネシアの社会は未開なママで、オランダは400年唯々、泥棒行為をして居ただけだった、欧州の文化の光(有るならですが)で、原住民を教化して、オランダ領に属する地域として、文化・教育・医療などの社会水準を上げてやれなかった、自分達の不明さを一番に恥ずかしいと、嘆くべきでしょう。 其処にも、クリスチャンの人種差別容認の姿勢が出て居る事に気が着けない様ではこの先も、同じ事だと思います。

 其れに日本に対しては、江戸期の初めの頃からの付き合いで。島原の乱では、同じクリスチャンが立て篭もる難攻不落の原城の石が気を、2世に商船小大砲で破壊して、結果、3万人の女子供老人を含んだクリスチャンが、コロされました。 この計画を企図した松平伊豆守は、キリスト教のみならず、宗教の恐ろしさを実感して、仏教も。宗門改めを行って、布教行為を事実上禁止し、仏教は葬式宗教に堕しました。

 日本の歴史にも拘わっていて、日本文明に占める天皇陛下の存在のおおきさをしっていたのに、東京裁判では、共産主義者ソ連と一緒になって、「天皇を処刑せよ」と強硬に主張したのですから、是は単に日本に対する復讐心の為せるあざでしかありません。

 オランダが、日本をドゥ評価しても、私は、オランダ政府を、全く信用して居ません。 いざとなったら、ロシアと同じで、常用に応じて掌を返すのは見えて居ますからね、そのモラルのレベルも、ロシアと然程差があるとも思えません。 日本と同じ立憲君主国で有る事や、付き合いの長さ・深さから考えれば、インドの様な立場を取っても可笑しくなかったのですから。

>ポッポさん レス有難うございました。
>>少年法の改正の必要性
 此の少年法の対象となった年代は、今で葉70代の後半から、90歳の初頭に差し掛かっている、いわば、私の親父の世代(昭和3年生まれ)でしょう、亦私が就職した際の上司も、書磐2年が2人、元年が2人居ましたから、私にとってℋ、「親の世代」です。

 思い返してみれば、皆さん、手が早い「=喧嘩っぱやい」人が多く、社内良好で宴会をやると、必ず、何処かで取っ組み合いのけんかをやって居て、止めに入った社長が逆に殴られて、其のまま家に帰ったとか言う話もありましたね。 皆職人ばっかりで、大正生まれで戦地帰りか、昭和一ケタの人ばっかりでしたが、私が就職したのは昭和52年ですから。皆さん40歳を超えたいい大人の筈でしたがね。 血の気が多かったと言う他は無いww

 裡の会社の労組も、元は、総評系の共産党繋がりで、途中から同盟系に鞍替えしたのだそうで、仕事は皆さん真面目でしたが、如何も考え方が過激でしたね。 特に組合長の大正生まれの戦地帰りの人は、考え方にちっともマトモな部分が有りませんでしたね。 まぁ、ポッポさんが仰っている様に、大人が一体何を考えて居るのか分らない様な、不穏な時代だったのは確かでしょう。

 ですが現代は、小学生や中学生が、同級生を士に追いやっても、平然としている時代です。「弱いものは強いものが守ってやる」のが正しく、「弱い者いじめをする奴は人間として恥ずかしい事だ」と言う考え方が、全く希薄になっています。 刑罰を強化するのも一つの効果的な手段でしょうが、やはり、道徳教育を行って、昔の様に「強い喪が弱いものを庇い、引っ張って行くべき」と言う日本らしい社会を取り戻したいですね。

>皆様
 ↑で愛信が懲りもせず、反安倍工作をして居ますが、試しに、「では、貴方はどの様な社会が御望みですか、目の前に有る機器や問題に対応している一面だけを取り上げて、前否定に結びつけているやり方は、まるきり、共産党と同じ手法ですよね?」、偏った考えに共鳴してもらいたいのなら、別のブログを探し多羅ドゥですか?

訃報:グルンバ爺さんこと飯山一郎氏がご逝去

私個人は最近支那に進出したてげてげ爺こと、飯山一郎の末路に興味がある。

日本国内でほとんど詐欺まがいのことをして日本では事業展開できなくなったと思ったら、いつの間にか支那青島に進出していた。

そこで若い支那人女性をあてがわれ、自身の事業に軍資金を得てかなり大掛かりな施設を作り出した。研究所まで作ってもらい、やる気満々のようだ。

そこへ日本脱出を図る売国奴的日本人やら韓国朝鮮人やらが集まりだした。

毎晩のようにどんちゃん騒ぎして歓迎されていく内に、飯山一郎の屁理屈がどんどん反日、親中化していく。

はて?いったい最終的にはどうなるのか?これが俺個人の興味である。
https://quasimoto2.exblog.jp/238676627/

愛国のブログで、反日を煽らないで下さい。

愛信さんへ  ポッポです。

貴殿は、自然現象を自己の能力で説明できないときには、超常現象と捉えたり、科学的にあり得ない理論を振り回しています。

日本には、1億2500万人以上の人が住んでいますから、一人位は変わったのがいても、投稿を読めば嗤って終わりになると思い、読み飛ばしていたのですが、

>2018/07/27(金) 10:17:45| URL| 愛信  #EBUSheBA

これは、余りにも酷いのではないですか。

>国民から批判を浴びる雅子妃、東京駅で雅子妃に非難の声

長野県奥志賀高原でのスキーに向かう皇太子ご一家のお見送りをするため、お見送りするため主婦達が集まっていた際に、居合わせた60代の男性が罵声を浴びせた出来事を、真夏の日に、何故投稿する理由があるのでしょうか。
それも、今年の冬のことではなく、2013年のことです。


>創価学会のシンボル“朝鮮三色旗”が結婚パレードで振られる雅子妃

この三色旗の写真は、皇太子殿下と皇太子妃殿下のご成婚のパレードの写真だと思いますが、何か不都合なことがあるのでしょうか。
ご乗車なさっている車にこの三色旗が取り付けられているものならば、不適切な使用だと考えますけれど、パレードに来ていた者(多分女性)が三色旗を振っているだけのことだと思います。

私は無学な者ですから、この三色旗がルーマニア、チャドの国旗に酷似していることを知りませんでした。また、創価学会の三色旗にも似ています。

皇太子のご成婚ですから、日の丸を掲出していただく方がよろしいのですが、中には私のように無学の者がとにかく何かのお祝いとの気持ちで振っていたなら、一人位は間違っていても大目に見ても良いと思います。(後で、無知を恥じるのは気の毒ですけど)

今回の投稿も、先日の気象関係の投稿も、いずれ劣らずですが日本の国に対する貴殿の思いがよく分かりました。
国民は国の宝で、政府は国民を守る立場にあるのですから、その政府が国民に被害を与えてはいけないと思いますし、政府がそんなことをしていると言うことに、悪意を感じます。


この「中韓国を知りすぎた男」のブログは、保守で愛国者の辻本貴一様が日本人のために続けられていることを承知の上で、貴殿は投稿しているのですから、その理由を推していただければ、貴殿の日本人に対する考え方が分かると思いますので、教えていただければと思います。

このように、皇室のことを悪し様に指摘するのでは、皇室関係の掲示板には、どれだけ皇室のことを誹謗中傷しているのかと寒気がしますので、愛信さんの「皇室関係の掲示板」とやらを訪問する気にはなりません。



それから、海外網が南京大虐殺記念館から入手した情報として、「90代の女性2人が元慰安婦であることを初めて公表した」と報じたそうです。
また、この内の一人は、日本軍が使った生物兵器で両目を失明したとのことです。

清国の時代には、女性をばいしゅん婦にする際に両目を失明させるということを聞いたことがあります。
これは、両目を失明させますと、ばいしゅん婦が客の顔が分からないため、選り好みをしないとの説明でした。

人権や人道上では、とんでもないことだと思いますし、やってはならないことだと思います。
しかし、奴隷が存在した過去、今でも人攫い(子供が多い)をしてその子供を乞食として使う、それも体に不自由のあった方が稼ぎが良いからと、ワザと障害者にして乞食をさせるとの考え方を持っている人民がいる国ならば、過去に両目を失明させられた人がばいしゅん婦を慰安婦と言い換えて、現在の国に申し立てることはあっても不思議ではないと思いました。

日本人の言う真実に耳をふさぎ「差別だ」「ヘイトだ」と、
反応する朝鮮人。彼らが今までの100年間、日本でしてきた事は変わらない。
性的過欲求(強姦、売春)・放火・朝鮮人危機管理完璧他人の危機はどうでもいい・嘘を付くことが平気・人をうらやむ(持ち物、権力、金)・何をしても満足できない。
朝鮮人には一種独特の人間的欠陥がある。
各種精神身体的障害とは関係のない、普通の国家の人間に対する悪意・敵意のようなものがある。
現在は日本だけではなく世界に出て行っているが、世界は朝鮮人の行動に違和感・おかしさを感じている。
日本人と顔は似ているが、日本人とは似て非なるものだ。
日本人の中に入って同じ日本人の振りをしながら日本人に悪意・敵意を向けていても、日本人は解らない。
日本の今の不幸はここにある。
本来は日本に入れてはいけない人種だった。
彼らは日本人が目覚めないように今必死になっているが、日本人は早急に目覚めるべきであり、そのための努力をしていかなければいけないと思う。

朝鮮族国家の終焉近し

 ソロです。
>>朝鮮人が半島以外では暮らしてはイケない理由
 朝鮮人と言っても、実は、3民族以上の混淆民族で、日本統治までは、階層差別に拠って、人間、人間以下、奴隷、家畜と4段階に分かれて居ましたから、彼らにとっては、判り易かったのですが、奴隷以下は、個人の財産ですから、自分の意思で動きまわる自由も無く、生殺与奪も自由自在だったのですが、飽く迄、朝鮮社会の中だけの話です。

 処が、日本がロシアの南下に備えて、朝鮮を文明開化して、其処を日本を護る為の拠点にしようと言う、浅はかな考えを言いだしたものが居ました。 当時の朝鮮王朝の実態をちゃんと調査して居れば、そんな話は夢物語で有る事が分ったでしょうに。 この時に既に、日本の政治中枢に朝鮮族が居たと考えるべきですね。

 その成分を感じるのは、やはり長州勢ですが、伊藤博文も長州ですが、朝鮮の併合には最後まで反対して居ましたから、長州が全部そうだと言う考えは間違って居ます。

 私が疑って居るのは、朝鮮併合推進派の中に、相当数の朝鮮人或いは朝鮮系の人士が居たのだろうとおいう事です。 そして、その指令は、大完院から出て居たと思われます。 勿論、朝鮮の莫大な借金を日本に肩代わりさせる為と、併合後の自分の生活の保障を得る為です。

 その辺りの計算を、伊藤も山縣も読み切っていたのけれども、片や総理大臣を務めた伊藤、片や、明治の元勲にして陸軍大将とはいえ、政治の第一線から外されて居た山縣は、唯の口うるさいGGYに過ぎません。 固より、日本に対する愛国心なんて希薄なのですから、「一泡吹かせてやる」と、併合話を、桂太郎首相に押し付けて、後ろから押しまくったのでは、なかろうか。

 とかく朝鮮系の人士は、あの世を信じて居ないので、利己主義が酷い、そして大抵は、死後は、彼らが心配して居た通り、子孫は相争い、財産は四分五裂して、力が弱まり直ぐに消滅する。 是を日本では、田分け(たわけ)「=1枚のの田んぼを遺産分けすれば、分けた枚数だけ租税が懸るので、皆が不味しくなる」といって、アホな事の代名詞に使われて居たが、朝鮮人は今でもこれをやりたがる。ダカラ、朝鮮には100年を超す、会社が殆どないのです。ww

 この頃、朝鮮の中は大混乱の状態で、左やら右やら、ワケが分らない状態にあるらしいが、所詮は無知蒙昧の朝鮮人、知った事では無い。 日本にとって都合が良いのは、どっちに転んでも、反日は一緒ですから、日本は敵なので、日本は何の遠慮呵責もなしに、如何なる救援要請も断固拒否、如何なる悲惨な情況が出来しても、ガン無視出来ますね。

 是を、やってこそ、日本が明治以来の復活を果たせると言うモノです。 安倍さん頼みますよ。 あなたの日本人としての真贋と、その政治の旗幟が判明しますからね。

誰にも理解できる科学的な説明をして下さい。

愛信さんへ  ポッポです。

>● 東京五輪エンブレムに「組市松紋」を決定を覆そう。

どうもPCの機嫌が悪いようで、貴殿のブログは検索できませんでした。
そのため、他のブログで貴殿の主張している内容と思われる記事を読みましたが、もう少し科学的な主張をしていただけませんか。

>藍色が日本伝統色とか歴史を知らない奴だ藍染・浅葱色・薄灰色などは青衣とよばれ,あの世の亡者・死人とか,乞食・「癩者」とか,従者・召使などの色とされてきました。
そして,渋染(柿色)・藍染は「ひ人」の着衣や芝居小屋の幕,遊女屋の暖簾,あるいは牢獄に入れられたときの罪人の獄衣の色とされました。

これを御自分で可笑しいと思いませんか。
こんなことを、人前で言ったら人権蹂躙で提訴されても仕方ないです。
藍色についてですが、あの世の亡者には、あったことがありません。し人は何百人も見たことがありますが、人間みんな最後はしぬものだからです。着衣の色は、しぬ時に関係ありません。
私は乞食をしてませんが、世の中どんなことがあるか判らないのです。そうならなかったことを感謝しますけれど、乞食だからと言って悪し様に言うことは出来ないと思います。
「癩者」は多分、ハンセン氏病の患者のことだと思いますが、現在は感染症として治療法が確立しています。
患者の人には、治療されなかったのなら気の毒だったと思います。
従者・召使いというのは、誰かに雇われた場合の立場だと思います。
これは、仕事をしているときに、ズーと雇って貰っていました。
この雇われる仕事は、やってはいけないものだったのでしょうか。
私は今更、卑下をしてもどうにもならないので、居直るしかないです。

藍色の着衣についてです。藍色と言えば良いのか、紺色と言えば良いのか、分かりませんが長いこと藍色の作業衣を着ていました。
芝居小屋の幕は緞帳のことでしょうか、テントの色のことでしょうか、無学な者で分かりませんが最近は異なると思います。
遊女屋とは馬鹿にした表現ですが、年齢が足りなかったため、これに出入りしたことはありません。住んでいる近くにはあったのですけれど、追いかけ回された記憶はありません。
でも、遊女屋よりも豊かに暮らしていた子供の方に、虐められました。
牢獄に入れられた罪人の獄衣は、薄い藍色だと思いますが、最近の流行のカッターシャツの色にも使っている色です。


信教のことを言いますと私は創価学会を嫌いますが、これは余りにも現世利益を謳いすぎることで、昔の経験です。

ところで、皇太子殿下の結婚パレードにおける三色旗については、ルーマニア・チャド・創価学会の何処のものを示すのか断定できませんので、旗のそれぞれに意味があるものとしておきます。

これ以上は、読んでいるブログの記事に「無学者が日本の伝統を語ってはいけない。」と書いてありましたので、終わりにします。

それから、貴殿は無学者ではないようですが、公務員を40年近くしていた者として一言言わせていただきます。

貴殿の言うところの藍色の着衣については、私は思うところを記述しましたが、貴殿から科学的な説明をして欲しいと思います。

少なくとも日本の公務員が、貴殿の記述通りに一般の市民に言ったら、差別発言で袋だたきです。
ですから、誰もが同じ様に、納得できる説明でお願いします。

人が聞いたことにも答えて下さい。

愛信さんへ  ポッポです

初め貴殿は、雅子皇太子妃殿下への讒言と、妃殿下のご成婚のパレードでの三色旗を取り上げました。

皇太子妃殿下への讒言は、スキーに向かう妃殿下へのものですが、5年も前の冬のことを、何故取り上げたのかと不愉快でした。
この三色旗について、写真では女性が三色旗を振っているようですが、だからと言って、この三色旗は創価学会とは断言できないことを私は説明しました。

前回の貴殿は、五輪エンブレムの問題とこれに使われている藍色について記述しました。(人の命、治せる病気、職業差別など、現在の日本では通用しない偏見と差別に満ちた悪意の内容です。)
これについて私は、藍色の記述は人権に関わるもので、不合理なものであることを説明したうえで、このことについての意見を求めました。


今回は、創価学会に絞っているようです。
しかし、初回の讒言のことと、三色旗が創価学会の物と確定した理由については、触れていません。
これの説明を、合理的な回答を求めます。

次に、2回目(前回)の貴殿は、創価学会と五輪エンブレムに使われている藍色について記述しました。
私は藍色の記述について、現在の日本で通用しない人権を無視した表現であること。昔は不治の病とされていたが現在は治療できる病気であること。職業差別は良くないことを自分自身のことを引き合いに出して、説明したつもりです。
これについても、貴殿は、私が合理的な回答を求めているのに対して、これを無視したまま、自分の主張を継続しています。
私の質問について、合理的な回答を求めます。

野田聖子総務相の夫「木村文信」朝鮮名・金文信

GACKTコイン220億円詐欺に関与
https://www.youtube.com/watch?v=HfEwyeUCHkk

金文信は、京都の指定暴力団「会津小鉄会」傘下「昌山組」の幹部で前科2犯。
野田聖子は岐阜の大物・野田卯一の朝鮮妾の連れ子で血のつながりはなく、在日による野田家乗っ取りの【背乗り】主犯。

(・”・)

グローバリスト

西尾幹二氏じゃないが、口で左翼を罵倒する人達は安倍政権の売国的性格を見抜けなかったんだね。
突然、外国人労働者を50万人も入れると言い出したり、外国の賭場の胴元どもに日本人の金を吸い上げさせるカジノを解禁してみたり。これほど亡国、暗愚の総理は前例がないのは確かだ。

何故皇室の讒言をするのか

愛信さんへ  ポッポです。

>このは「中韓を知りすぎた男」のブログです。
愛信はここで貴方との討論をする気は有りません。
不毛の討論をしていては、ブログ主様やフォロアーの迷惑になります。

貴殿は、勘違いをしていませんか?
私は貴殿のブログ内のことなら、貴殿のルールに従って質問や回答に対応します。
しかし、ここは辻本貴一様の「中韓を知りすぎた男」ブログです。
ですから、貴殿のルールは通用しないのです。


私が、貴殿に質問をしたのは、
>2018/07/27(金) 10:17:45| URL| 愛信  #EBUSheBA
において、皇太子妃殿下に対して讒言をしたからです。
すると貴殿は、質問に回答せずに、別の案件を出してきました。
それについて、現在の日本では認められない人権蹂躙がありましたから、それについて貴殿が考えを改められるようにと、説明を申し入れたところ、「愛信はここで貴方との討論をする気は有りません。」
とのことです。
それは、個人の判断ですからよろしいです。

しかし、その日のうちに、
>2018/07/28(土) 15:15:54| URL| 愛信  #EBUSheBA
>● 徳仁(皇太子)は皇族ではないので、皇統継承(皇位に就く)は出来ません。
>徳仁(皇太子)は正田美智子と朝日新聞の記者佐伯晋の間に出来た方なので皇族ではない。

この投稿は、どういう了見ですか。
この皇室を讒言する投稿をした理由について、貴殿の意図を教えていただきたいと考えます。

貴殿は、不毛の討論とのことですが、これは、それで済むことではないと思いますので、合理的且つ科学的な回答をお願いします。
なお、併せてその前の質問にも、答えていただければ幸いです。

それから、PCの機嫌は直りました。心配をお掛けしました。

中南海の異変 習近平 失脚前夜

https://www.youtube.com/watch?v=E2MavbZ24ec

広東省では習近平のポスターに墨汁やウンコがぶつけられた。
支那人は朝鮮人の十八番も奪うのか?

(・”・)

投稿テロリスト愛信

>皆様 ソロです。 ↑にポッポさんが、マナーもしらない投稿者に警告し、注意を喚起して居ますが、無駄な事です。 考えて看て下さい、そも、投稿は、基本的にブログ主のブログ=日記に書かれた事に対する自分の感想や意見を、読者の共感を求めてするものです。

 処が、愛信にはそういう姿勢が丸で無い。百歩譲って、書いてある事を素直に読んで、其れに対する疑問について、質問をしたり、説明を求めたりしても説明にならない説明しか返さず、更なる質問を求めるととガン無視して、亦違う安倍政権叩きの記事を上げます。 ほとほと呆れ果ててたから、ブログ主にアクセス禁止のお願いをしましたが、聞き届けられていませんね。

 では、愛信は、一体何尾為に、こんなアホな事を繰り返しているのか、と考えて看ましたが分りません、云って居る事はクズ野党とか、売国マスコミと同じ内容ですからね。 でも、一つ気付いた事が有ります。 彼の挙げた話の中には、共産党関連の話が一つもなく、亦、立憲民主党関連も有りませんね。

 ですから推測でしかありませんが、此奴の背後、亦は、スタンスは、売国の共産主義者じゃないのかなぁ、と言う結論ですね。 すると、相手にするのも阿保らしい話です。 共産党って、皇室を無くそうとしているんですからね、皇太子の即位に反対する理由が無いので話をでっちあげて居ると考えた方が、判り易いですね。

 でもまぁこういう投稿者を放置するのも、ブログ主の主権・裁量権ですからね、でも、私は遠慮させていただきます。 皇室を侮辱するコメンターを放置する様な運営モラルは、流石に受け入れがたいですから。

 

現在の日本

2018年の日本ですが戦後が全く終了していないと思うのですね、
1945/8/15は終戦の日と言われます。
これは日本陸海軍と連合国軍が戦闘停止したことです。
1945/8/16以降は占領下となりますが法的には戦争状態です。
サンフランシスコ講和条約で戦争状態が終了しました。
この後に戦後賠償が本格的にスタートします。
講和以前にも労務提供や資産没収はあったようですが、日本は焼け野原では賠償金など払えません。なので講和以降賠償支払いが本格化します。
東南アジアは日本が個別に話をし終了しているようですが、連合国本体国はどうなっているのか不明ですが終了したなら終了したと周知するはずです。
ここで大事なのは講和条約に賠償の期間や金額などについて終了規定が見当たらないことです。
つまり法的にこうすれば終わると書いていないわけで永久に払うとなります。
しかし2018年にもなって賠償など日本人は承知しません。
そのためにODAや海外援助という通名になってると考えます。
国内に増税を行い(増税しなくても)海外に兆単位の援助など常識ではあり得ません。戦後海外援助が当たり前になっており日本人の感覚も麻痺してると思います。
兆に及ぶ国富を海外へなど戦前日本や他国では暴動レベルです。
しかしこのODA等は実は賠償だったとなれば金額の大きさにも説明がつきます。ODAや援助は対象国に直接行きません。必ず国際機関経由になっています。
賠償が終了していないとなれば日本にいる在日米軍の存在理由も説明がつきます。竹島、尖閣対応から日本防衛でいるのではないのは明らかですが、賠償支払いの目付け役、監督役であるとなります。仮に在日米軍が撤退していない場合に賠償(ODAや援助)を払えと言っても日本は拒否するでしょう。
しかし首都をすぐ攻撃可能な位置に在日米軍基地があるとすれば逆らえません。
戦後は講和条約で終わったように思う人は多いですが全然戦後処理は終了していないと思います。

皇室への讒言は容認できません

ソロさんへ  ポッポです

お手を煩わせました。

>そも、投稿は、基本的にブログ主のブログ=日記に書かれた事に対する自分の感想や意見を、読者の共感を求めてするものです。

これは、全くその通りだと思います。
そして、辻本貴一様は「中韓国を知りすぎた男」のブログ更新が基本的に毎週水曜日で、週一回として運用されています。これに対して、投稿者はこれの感想や意見を投稿し、互いに意見を交換することでそれぞれが、より考察力を向上させることを目指しています。

また、投稿者(ポッポを含みます。)は、辻本様のテーマで一週間を議論するだけでなく、それぞれがその時に考えるテーマの議論を持ちかけることもあります。
これは、辻本様の懐の深いところを示すもので、投稿者が議論のテーマを提案できるブログは数少ないと思いますし、投稿者が自由に議論を出来る場を作っていただいていると、感謝しています。
(私の場合は、先日、ちりちゃんの思う宿題の回答を投稿していましたが、こんな我が侭など中々出来るものではありませんでした。)


ところで、今回の愛信さんに対する投稿です。
私のブログファンとしての姿勢が前述の通りですから、出過ぎた真似は自重していたのです。
ただし、「中韓国を知りすぎた男」は政治ブログですが、その基本的な姿勢はブログ名が示す通りで、「中韓国を知りすぎた男」であるブログ主がその知識と経験を元に、このブログを訪問するファンに中韓国によって日本人が欺されないように教えて下さっているのです。これは、日本人が日本のために、運営していることだとの判断をしています。(もしそうではなく反日ブログなら、私は参加しません。)

このブログに、皇太子妃殿下を讒言する記事が投稿されたのです。
これを放置しますと、ここを訪問するファンの中には、ここが皇室を讒言することを容認する反日ブログだと誤解する人が出てくることを恐れました。

愛信さんがこれを理解したのか、私が鬱陶しいと思っても結構ですが、私のコメントに対応しないとのことで、一応落ち着くと考えたのですが、そのとたんに今度は、皇太子殿下に対する讒言です。


愛信さんは、「中韓国を知りすぎた男」に皇室の讒言を投稿する理由を、合理的且つ科学的な記述で教えていただきたいと思います。
それが、恨みや怨霊に属する非科学的なものなら、21世紀の日本が未来に向かって努力することを妨害しているとしか考えられません。

日本人さんへ
日本が拠出しているODA等が戦後賠償の意味合いがあるとのことですが、経済協力開発機構(OECD)開発援助委員会(DAC)
事務局が公表している資料ですが、我が国はDAC加盟国の中で総額、支出純額いずれも、米国、ドイツ及び英国に次ぐ第4位です。
2000年までの10年間、日本は世界最大の援助国でしたが、
それが2001年にアメリカに抜かれて第2位へ、2006年にはイギリスにも抜かれ第3位、そして2007年には、ドイツ、フランスにも抜かれ、ついに第5位へと転落してしています。
そして2009年も、第5位のままとなっています。
日本はODA予算を削減しているのとは逆にアメリカを襲った同時多発テロ以降、「貧困がテロの温床になっている」という考えから、他国はODA予算を増加させています。ODAは国際社会の一員として、国の経済規模に見合った援助をしていくと言うことだろうと思います、
だから、日本のODA予算は戦後賠償と言うには少し無理があるように思いますね。

幕末に日本に来た外人が「日本スゴイ日本スゴイ」と書き記してるのは暗に母国を批判してると見たほうがいい

・役人は賄賂を受け取らない
・城や御殿に派手な装飾はなく職人の業を活かしている
・金銀装飾は携える剣に僅かに見られる程度である
・人々は自然と共に生きている

なんて最たる物

今日に於ける日本

>ブログ主様、更新有難うございます。
 国家斉唱及び起立について、私は「国家正唱及び規律」と認識しております。是に異を唱え、事もあろうか自己責任で取った行動を公権力(国)へ責任転嫁するとは不埒千万でありますな。主様の仰る「なりすまし」であろうかと思います。

 私は、右寄りと自覚しております故、此れ等に対して憤りを感じますが、今上陛下をはじめ、崩御なされた昭和天皇や、戦前戦後、日本国の未来を信じて惜しくも逝去された先人らは、如何に思われましょうな。
 
 先人らが残したかったものはこの様なものではなかったのかもしれない。然しながら、現代を生きる日本国民各々が決める事で有りますから、今上天皇や昭和天皇、先人らは苦々しく思われる事もあるやもしれませんが、最終的には許されるのではなかろうか、と私は思う処であります。寧ろ先人らに於いては、「己の不徳」を嘆かれる事でありましょう。少なくとも、私の周りの戦争を知る先人らは、この様な御仁ばかりでした。

 日本国の未来永劫の道を辿るも、衰退の道を辿るも、之は、結果日本国民の意思であり、日本国の意思、世界の意思なのだろうと思われます。私は命ある限り抗っていきたい。

 オランダ、アムステルダム市長の親善パーティ会場での歓迎スピーチについては先日、私も他で知ることとなり胸裡に熱いものを感じました。 
 

日本が南アジアで

 以下、戦時に於ける日本を讃える著を紹介したいと思います。これらは日本国が自発的に謳っているものでない事。また、ほんの一部でしかない事をご理解下さい。
ーー
インドのマパオでは、インド独立の為に戦う日本兵士の勇敢さを讃えた親日歌が今でも歌われているそうです。

「日本兵士を讃える歌」古田中勝彦氏訳

一、父祖の時代(とき)より 今日の日まで 美しきマパオの村よ
 いい知れぬ喜びと平和(やすらぎ) 永遠(とわ)に忘れまじ
  美しきマパオの丘に 日本兵来り 戦えり
  インパールの街目指して 願い果たせず 空しく去れり

二、日本兵 マパオの丘に来る それは四日の火曜日
 一九四四年のことなりき 我は忘れじ四月のあの日

三、罪無き民も散り散りに 西に東に追いやられ
  再び神の恵みを受け 集まり住ま ん 此の地マパオに

四、広島の悲報 勇者の胸をつらぬき 涙して去れる
  日本の兵士よ なべて無事なる帰国を 我 祈りてやまず
- - - - -
 外務省サイトによれば、例年インド国会では、会期中の場合は8月6日に広島、長崎の原爆の犠牲者に対して黙祷を行っているそうです。また、昭和天皇崩御の際には、インドは異例の3日間の喪に服したそうです。
――――――――――

 第一次ビルマ方面遺骨収集団の訪印時、インパールの青年が自作詩を日本語で歌ってくれたもの。「勇士はここに眠れるか」全ビルマ戦友団体連絡協議会より。
- - - - -
「鎮 魂 歌」

 勇敢なる日本の御魂よ!
 目覚めよ 目覚めよ 目覚めよ
 君たちは戦った 勇敢にこの地で 
 我らの今日は、君達の血の上にたっている

 勇敢なる日本の御魂よ!
 目覚めよ 目覚めよ 目覚めよ
 君達を迎えに 我らは来た
 君達の命は 我らの中に生きている

 どこに眠っているのか いるのか!
 目覚めよ 目覚めよ 目覚めよ
 勇敢なる日本の御魂よ
 目覚めよ 目覚めよ 目覚めよ
――――――――――

1955年6月、元タイ駐屯軍司令官であった中村明人陸軍中将がタイ王国に国賓待遇で招待された時に、タイ王国のク クリット・プラモード元首相が次のように話されています。
- - - - -
 日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難 産にて母体を損なったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が、米英と対等に話しが出来るのは、一体誰のおかげであろうか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんが在ったからである。12月8日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大な決心をされた日である。更に8月15日は、我々の大切なお母さんが、病の床に伏した日である。我々はこの二つの日を忘れてはならない。
- - - - -
クク リット氏の晩年は反日であったとされていますが、其れは「現在の日本」に対してであると認識しております。
――――――――――

1937年10月、支那事変が始まるにあたり当時のローマ法王ビオ11世は、其の日本の行動に理解を示し、「全世界のカトリック教徒よ、日本軍に協力せよ!」と呼びかけました。
- - - - -
今でも純粋なカトリック信仰系の学校では、「靖国神社の前を通る際は、一礼せよ」と、靖国神社参拝要論を教える学校も少なくないそうです。カトリック信仰系の学校に通っていた、私の旧知の方からも聞いた事があります。
―――――――――
 長々と失礼しました。

ものごとの本質を見抜くのは簡単ではありません

ポッポさんが戦後のプレスコードについて言及していましたが、現在も続いており、その仕組みはさらに巧妙になり、簡単には見抜けなくなっています。
プレスコードを強いたのはGHQでしたが、その背後にはグローバリスト(国際金融資本家・軍産複合体・多国籍企業・マスコミ・共産主義者)の存在がありました。
グローバリスト(ソロさんの言うG勢力)の最終目的は、世界を征服してニュー・ワールド・オーダー(NWO)の独裁的な支配者となることです。
そのために必要な最重点項目は、世界の人口を減らことと、世界の富を独占することです。
自分たち以外の富を吸い上げ、人間を奴隷のように働かせ、反逆しないように思考力を奪うということです。

20世紀に起きた大戦や、共産主義革命などで多くの命が奪われたのは彼らの計画通りのことでした。
人口を減らす方法としてさらに、過度な男女平等政策・女性の職場進出などがあります。2年前実施された子宮頸がんワクチンの接種もその一つです。ワクチンの副作用として妊娠しづらくなることが懸念されています。このワクチンは他国では許可されず、日本だけ莫大な税金をつぎ込んで副作用に苦しむ少女を生み出しています。厚生労働省もG勢力の支配下にあると言って良いと思います。

富の吸い上げについて言えることは、単独で強力な経済大国になるケースが出てきたら、他に強力なライバルを育ててつぶしにかかるということです。つぶすときに巧妙な仕掛けで富を簒奪します。
アメリカは戦後世界で、独占的な経済大国となりましたが、日本に経済的な支援をして米国の製造業を衰退させました。日本が強力な経済大国になろうとしたら、今度は中国を支援して日本を衰退させました。この時日本の富を1400兆円ほど吸い上げたという説がありますが、本当のことだと思います。
その過程でG勢力に全面的に協力したのが自民党です。高度成長の恩恵を受け、自民党は確かに良い働きをしましたが、1990年以降はG勢力の恐喝に恐れをなして言いなりになっています。
安倍首相やマスコミはG勢力の忠実な召使です。
財務省にもスパイはいます。1997年のノーパンシャブシャブ事件で愛国心のある財務官僚は全員干されてしまいました。残った官僚は頑固にプライマリーバランスに固執して日本を永遠にデフレ状態になるよう仕組んでいます。
戦後の歴代の日本銀行総裁は全員G勢力の支配下にあって、FBRやBISの指示の基に政策を実行しています。黒田総裁が行なった異次元の金融緩和の350兆円は日本国内で流通せずに、全て海外へ流出しました。

この辺のことを政府もマスコミも一切触れずに隠しています。現代のプレスコードと言えます。

このブログのコメンテイターで情弱と称して他の人を馬鹿にしている方もいらっしゃいますが、傲慢のきわみと感じます。全てを知っている人などこの世にいないのですから。
私は愛信さんからも学ぶべきことは学んでいます。

愛心さんが持ってるもの(前段

ここ来るかなってとこあったんだけど、
なんかご二人のお名前見えちゃったのです、コメします。

北野よしのりなんだけど、三人といろいろ議論して見識深めたかったものは、
これなんだよね;「反日統一共同戦略」。
残念ながら、みなさん、ここまで行き着いていないのかな。

彼の発信からリマインドすると、ここになる。
https://archives.mag2.com/0000012950/20180726001000000.html

件名:CIAが中国の野望に気がついた
<CIA高官のマイケル・コリンズ氏は米コロラド州アスペン
で20日に行われた安全保障フォーラムで中国の台頭について
講演し、中国の習近平(シーチンピン)政権が米国に対して
「冷戦」を仕掛けていると主張した。>

<「彼ら自身の発言や習主席の言動から判断すると、彼らは我
々に対して冷戦を仕掛けている。
だが我々が経験したかつての冷戦とは異なる、実質的な冷戦だ。
あらゆる手段で正当な影響力と不当な影響力を行使し、公的な
力と民間力、経済力と軍事力を行使して、衝突に持ち込むこと
なく自分の立場に関連したライバルの座を揺るがす国家。
中国は衝突を望まない」>(同上)

(適当の略します、以下、適当に変更します byちりちゃんです。)
(Case1toCase2の詳細は略。Case3の

Case1:弱い国に
腕力(例、フィリピン)

Case2:米中が影響力を競っている国
金供与(例、アフリカ、南米、東南アジア諸国など)

Case3:自分より強い国
「衝突を回避する」ために全力を尽くします。
 =「心から従っている」わけではありません。
  時間を稼ぎ、政府高官を買収し、徐々に強い国の内部に侵食していくのです。
(手段)日米離間:WIGP etc
(手段)内部離間:教育、メディア誘導(官僚不信) etc

自分より強い国に対する、中国の戦略の骨子は、日米、日ロを分断することなのです。
日本も、このことをよく知っておく必要があります。

日本には、「国益をガンガン主張しろ!」「強気で行くのが国益だ!」という人たちがいます。
しかし、賢い中国人は、「対立を避けながら、ちゃっかりすべてを手にいれる」のです。
とすれば、あなたは、なぜ奥さんのいうことをいつも聞いてるのですか?
脅されたわけでも、買収されたわけでも、大ゲンカしたわけでもないでしょう?
賢い人や国は、「何もしてないように見えて、すべてを得る」。
日本も、そのやり方を勉強する必要があるでしょう。

この領域を話し合いたいんだよね。
ポッポさん、志心さん、猫さん。

まとまんなかったんで、次。
このネタは、時間があるときで、スレネタと違うから。

で、愛信#EBUSheBAさん、これ前段です。

ちりちゃんです。

さて、愛信#EBUSheBAさん、ちりちゃんです。
あなたの
調査・リサーチってとこの能力、
と、
ネット民への発信能力、
認めます。

じゃ、いいかな、
「反日統一共同戦略」、
このリサーチ結果を公表して欲しいかな。
これ、「北野」が断定してる「組織or文書」なんです。

動機は、どこあ。(以下、隠語です。)
・海が?
・ネットで調べても、よくわかんない。(海のリソース)
・バックがどこにいるかわからない。(海なのか山なのか、まさかと思うんだけど東北。)
・子弟??

結果として、リサーチできたとこは、全部出してちょうだい。
愛心さん、ここまで、ここ嵐士てんだから、
この変のレポートをここに、
少しは責任持ってもらってもいいよね。

スケジュール的には、
1)すぐ:今これを知っているかどうかの公表
2)今週水曜まで:知っていないとしたら、調査計画の公表
3)さ来週水曜まで:調査結果の公表
でいいかな。

愛心さんのあなたの組織?なのかな、
その力量があれば、私のリクエストの調査できるっしょ。
リサーチが終わってるなら、それそれでくれてもいいです。
すぐ、ここの読者、
少なくとも、3名が、「反日統一共同戦略」についての、
疑問について、質問すると思うので、ご回答よろしくお願いします。ね。

これくらいのリクエスト答えられなきゃ、ここのは来ないで欲しい。

私は、これよくわかんないとこで、困ってるんだよ。
ということで、愛心様に頼ったちりちゃんです。」

いいよね、最大で大体、2週間待つからね。
お盆位か。ちょうどいいか。

----
どこの書店だっけ、ある程度というか、
8割くらいの、陰謀やオカルト?系のネタいれないと、
出版できない、で、残り2割を知ってくださる読者に本出してます。
って、話聞いたことあります。(ムーじゃないけど。)
これくらいは譲歩しといてあげようかな。

ここブログを汚すなだよ。コレ最後の思いです。
(ワタシがなんだって、のがあるけど。)

ケッカを出してね。愛心さん。

反日統一共同戦略であっていますか

ちりちゃんへ  ポッポです。

元気だったか。
それから、宿題に回答してもそのままだったから、終わったのかと思っていたら、まだ続きがあったの? 了解です。

それで、「反日統一共同戦略」についての考え方になると思いますが、この「反日統一共同戦略」の意味が分かりません。
何分にも、私は日本人ですから「日本のための統一共同戦略」または「反中統一共同戦略」なら分かるのですけどね。違ったら、言って下さい。

それで、これより後のちりちゃんの文は、対中国のものになっていますので、取り敢えずその方向で書いてみます。
もし違ったら、指摘して下さい。


中国が反米のための活動をしてきたのは、日本にいれば分かることで、中国は反米のために西欧の国々から大きな買い物もしてきたし、習近平が西欧に行けば、歓迎されてきたことは良く分かっていることです。

ただし、最近の中国はAIIBのこともあって、西欧は一応作戦が成功との立場を取ったことから、元来の傲慢さが主敵出てきました。
それを見た英国は、女王が嫌中感を示しています。
それからドイツは、親中を示していますがこれは中国も同様だと思います。
これについてですが、メルケル首相は元が東ドイツの出身ですから、東ドイツの出身者なら西ドイツの出身者よりも親中であることは、分かりやすいことだと思っています。

それに、最近の西欧は全般的にAIIBへの協力体制が緩まってきたような気がします。
これは、中国の金に物を言わせる、又は経済力で傲慢になった中国の姿勢に嫌気がさしてきた様な気もします。
それから、アジアで中国に金を出して貰った国は、中国のそこが見えてきて、公開し始めているような気がします。

Case1~Case3 の内、どれを選ぶと言うことだと思いますが、
私なら対中国として米国との安全保障条約を前提にCase2を採用します。

理由ですが、これまでに中国はアジア・アフリカの国々にインフラ整備する資金を、供与するとの話を幾つも進めてきました。
これで、各国は喜んで契約し、中国は良い国だと思ってきたのですが、最近中国の正体を見て後悔をしています。
これは、中国の工事が終わったけれど借款を返せなかったら、その施設を中国が使うとかで乗っ取られたり、完成した物は中国が便利に使うようになっていたりで自国の役に立たない現実を見せられ、実態は中国の軍事基地にされたりで、欺されていたことに気付いたのです。
それだけではなく、工事をすれば自国の労働者が潤うと思っていたら、労働者を中国が自国から連れてきたので、雇用の役にも立たなかったり、工事が終わったらそれらの労働者を置いていったりです。おいて行かれた連中は、その地で中国街を作りますから、治安の悪化に繋がります。
これでは、中国に工事を頼んだだけ、自国が悪くなったと気付いたのですが、遅すぎたと言うことです。

ただし、これらの中国が契約した事柄については、賄賂で動いた役人が多かったことにも、気が付いた国も多いのです。


日本はこれらの馬鹿なことをしたと反省している国々の良識派と組むことによって、味方を増やすことが出来ます(致命的な失敗をしていれば、難しいのかも知れません)。
発展途上国には賄賂に弱い役人も多いと思いますが、何処の国にも良識のある役人もいますから、日本のブランドと米国CIAの調査力を武器にすれば可能だと思います。

米国はジャイアンですが、約束は守る国です。
しかし、ロシアは日本に約束を守れと言っても、ロシアが約束を守るとは思えないのは、これまでの歴史が示しています。

そして、日本は主張を明確に、主張しなければならないと思います。
賢い中国人との表現がありますが、これは小狡いに修正して欲しいです。
日本人は基本お人好しで、正直者ですが、中国人は賄賂のプロです。
日本には役所ならタダのサービスを受けることが出来ますが、中国はそこでもタダの筈なのに、有料のサービスになっているのです。
ですから、賄賂の金額やタイミングが誠に上手です。
日本人は、賄賂の習慣がないのでたやすく堕とされてしまうと思っています。
従って、日本人は愚直に物事を進め、それが駄目だったら退却をする習慣を付けなければならないと思います。
今更、日本人が賄賂を使うことは無理だと思っています。それを使うのなら、中国で永年経済活動をしている日本企業の社員しかいないのですが、そんな連中に日本への愛国心があるなら、中国でスパイ活動をでっち上げられて摑まるでしょう。それに対して日本も、スパイ防止法を制定して、中国人スパイ等を何人か交換用に、確保しておかなければならないと思います。

この世に100%正しいモノは存在しないと思いますが

>へうげもの さん、士心と申します。

 戦後のプレスコード、WGIPによる基本政策3R、重点対策5D、補助政策3S、日本弱体化は今日に於いても行われているのは確かだと思われる事は多いですね。未だ知らぬ(知る手段の無い)方への認知は是々非々かと思われます。20世紀末に、宮沢元首相が円の価値をドルより強めようとした頃から一層強くなったと、私は認識しております。

 是等論拠を積み上げ論評を拡げてくのは良いでしょうが、多数市井の方は陰謀説に拠れば拠るほどに、自分の無力さに行き着きませんか。突き詰めるほどに、唱えれば唱えるほど結果、虚無感に襲われる事になりませんか。

 以前ソロさんが、私は現実主義なのでと仰っておりました。私自身穿き違えてるかもしれませんが、これには共感できますし、知見を持った方のあるべき姿であると推測します。 

 情弱という用語は、元々人を蔑むような、ある種、差別的な言葉ではなく、適切ではありませんが区別的な用語だと思います。これは日本人が用いてこそです。今日では前者のように用いられる風潮があるのでしょうね。へうげものさんが勉強されてる証拠でしょうし、その位置にいるのでしょうから、そうに感じるのは仕方のない事かもしれませんね。

 何れにせよ、何事も「過ぎる」というのは好ましいものではないと、私自身は思います。

傲慢とはおごり高ぶって人を見下ろす事

そして、傲慢とは、他者に対して優越を覚えるほどの自己満足の状態を意味するが,特にパスカルにおいて,自分のみじめさという人間本来の状態に無知であることとして重視された。彼のキリスト教護教論における唯一の救いへの道は,キリスト者としての道に従うことであるが,無信仰者がいかに無為,怠惰を克服しても傲慢に陥ると説いた。また理性が真理の最高なるものは別の次元に存することを知らずに,機械的な推論による真理の所有で満足すると傲慢に陥ると説いた。(コトババンクより抜粋)

 へうげものさん こんにちは
もしかすると、ヘうげものさんの言う傲慢の極みのコメンテーターは私の事をさしていっているのかも知れませんが、私は人を見下すなんて恐れ多いことはしておりませんよ。愛信氏の質問に対する回答に水蒸気発生の所で日照を持ち出してきたところで、思わず笑ってしまったのは、私と同じ「雨の降る仕組み」の図絵を見たと思ったからですよ。つまり、ある時点での私と同じ仲間とかんじたからですね。愛信氏は更に気象兵器の存在の説明にこれを使ってしまったのです。異常気象のせいではなく、気象兵器のせいだと推論し、これが真理のごとく説明されたのです。(もう一度「傲慢」の太字の所を読んでください)異常気象ではないという説明に日照云々という文を書かれたわけですね。つまり、不完全な「異常気象のせいではない」説明に、質問者は「妄想を聞いたのではあらず」と「べからず調の日本語」で返答したのだと思います。おまけに質問者に「あなたこそ日本語を勉強しろ」と侮辱したわけですね。まぁ、これは売り言葉に対する買い言葉だとは思いますが・・・。

 大川隆法氏の法話に「真実と誠」についてのお話があるそうですね。上記の私の文と愛信氏の誠のない質問者に対する回答について、へうげものさん自身の法話に基づいた解説を聞けたら嬉しいのですが、如何でしょう?

杉田議員はLGBTのことをよく理解しておられます。

新潮45の8月号で、杉田水脈衆議院議員はこの1年で朝日新聞や毎日新聞がLGBTをよく取り上げたことと、LGBTの権利を支援することが必要だとしていることについてを取り上げています。
そして、LGBTだからと言って差別する必要はないが、同時にLGBは個人の性嗜好の問題であるが、Tは性同一性障害という病気であるからLGBとは、全く異なるとも指摘しています。

杉田議員の主張は、全くその通りだと思います。
左翼からの批判は、「LGBTが生産的でない」と言う表現にあったようですが、これについても民主党政権時代の菅直人首相が同じことを言っていますけれど、菅直人元首相の場合は、東京と愛知県と具体的に出生率の低い自治体までを事例として出していました。

菅直人元首相は、自分に辞めて欲しいのなら法律3本を成立させることを、交換条件として辞職した程に日本のことより自分を優先した、日本の国政史上にも珍しい首相でしたが、野党の皆さんは、毛管直人元首相のことなど、全く記憶にないのかと思います。

野党は杉田議員の新潮45の記事をみて、国会前に集まったそうですが、そこで言う言葉は安倍内閣の倒閣だそうで、国民にとっては何でも倒閣に持って行こうとするのは、それだけ野党にとっては厳しく、国民のための政治を行っているのだと行っていると解釈しました。

ちりちゃん お久しぶりです。

反日統一戦線戦略の事を述べよとの要求だと思って記述してみたいと思います。

 2012年の11月、中露韓の国際会議において支那の外務省付属研究所副所長の提案、「日本に第二次世界大戦の結果を再認識させ、近隣諸国への領土要求を止めさせるようアメリカも含めて共同戦線を組もう」というものが、ちりちゃんのいう反日統一戦線戦略だろうとおもいます。
 ロシアは北方領土、韓国は竹島、支那は尖閣諸島強いては沖縄
という領土問題での日本との対立が背景にあるのは間違いないのですが、これは、逆説的にいえば、支那のあせりと私は把握しています。何故なら、竹島も北方領土も実質日本は支配していないからです。支那の思惑としては、ロシアアメリカのなど世界の国々の協力を経て尖閣を支那の領土として認めてもらいたい意向があるのだと思いますね。
 共同戦線を行うには領土という国益の共通認識を糧に各国での工作活動が必要なわけですが、キャンペーンはるにも資金が必要なわけでして、それをどうするかが問題として浮上するでしょう。でも、ロシア、韓国はもともと当該領土を実効支配済ですし、確かにきゃんきゃん日本が事あるごとに吠えまくるのはうざいですが、資金を出して工作するほどのものか、という気がおきるのも当然考えられることであろうと思います。
 そこで、当初からロシアは乗り気ではなく、様子見の態度をとっていたと思われます。韓国は反日を国是のように思っていますから、竹島の有無にかかわらず資金があれば、反日に精をだすのは明らかです。
 それ故、反日統一戦線は支那・韓国でスタートを切ったと見る事ができると思います。残念ながら、アメリカはオバマ大統領が尖閣は日米同盟の枠組みに入るかの言及がありましたので、支那の思惑から外れました。というより、支那にとってはショックだったと思います。何のための上下院アメリカ議会の日本に対するバッシング決議の工作だったのか。しかし、如何に柔なオバマであろうと、沖縄占領時代、尖閣の一島を艦砲射撃の訓練場として使用していたのを、改めてシナのものとして扱うには無理があることを支那は気づかなかったのでしょう。何故なら、他国の領土を艦砲射撃の訓練に無断で使用できるなんておかしな話はシナの良識にはない話なのでしょう、恐らく。でも、これは、世界では似たような話はあると思いますね。もともとあそこは俺の国の領土だったなんて思って侵略を侵略と思わないで軍を派遣したり、砲撃したり。
 さて2018年になって、この反日統一戦線はどうなっているでしょう。この戦線に北朝鮮が加わろうとしていますね。
 しかし、もともと反日国家である特アは現在経済という弱点を抱えています。米朝会談は北の勝利の如くいう論調も多々みられます。表面上はそのように捉えられても良いとは思います。完全不可逆の文面がないとかが代表ですね。でも、一貫して、北へ経済制裁は続行中なのです。シナ韓国がなんとか援助しようと頑張っているようですが、また、ロシアが漁夫の利を得ようと考えている節がありますが、旨くいってないようです。北は「日本は心の刃をすてよ」とか、時折、日本にメッセージを送ってきますが、日本の北の有力企業。個人の資産凍結の制裁は堪えているようですね。北にしてみれば、米朝会談の後、まず、制裁解除ありきの思惑が外れているわけですから、痛手はボデイブローのように効いていると思います。ダウンするには時間がかかりますが、(少なくとも2,3年)日米は一致協力して、経済制裁を続けるべきでしょう。国連は当てにはできませんが、北への経済制裁決議が成立しているのは建前上大きなことだと思います。
 北の対抗手段は核開発の再開、ミサイルの発射などがありますが、米がどうでるかの賭けになります。米は北の核放棄をゆっくり待ち、日本は拉致問題を盾に夫々経済制裁を続行すれば良いといますね。あと北の希望は日本の政権が交代してくれることだろうと思います。親韓・親中・親北の政権を待ちのぞんでいるでしょう。その為には是が非でも安倍首相には退陣してもらわないとと思っているでしょうね。
 戦後レジームの徹底は中韓の最も望むところだと思います。
つまり、日本の永遠なる土下座です。でも、安倍だけがあまり、中韓のいう事を聞いてくれません。この間の日中韓EPA会議は
日本が「うん」とうなずけば直ちに決まるのにと支那の代表が嘆いたのは記憶に新しい所です。年末に持ち越しは中韓には痛手でしょう。しかし、パクリの中韓とのEPAは知的所有権の問題を解決できるかどうか疑問が大きいですね。
 とにかく、現況統一戦線の国々はドル不足の悩みがこれからも増大してきて、工作資金にも事欠くようになるのではと思っております。シナは政治もきな臭いし、経済は貿易戦争で、大変で画商なぁというところだと思っております。はい。

 ちりちゃん こんなところでよろしいですか?

へうげものさん
それと、反省と増上慢について教えていただけませんか。
これまでの貴方に対する批判をどう感じているのか是非知りたい。

私が愛信を非難する理由

>へうげものさん ソロです。 一言云わせていただきます。
>>私が愛信を非難する理由
明らかに非科学的な事を、然も、人為的に起こした気象現象の様に謂うのは、陰謀論でも質の悪い低湿なデマゴギーに属するものでしかありません。 悪く見れば、世の中を混乱させるのが目的の世の擾乱行為であり、戦前の戦時情報統制かなら、特高にしょっ引かれて、1週間くらい帰って来ない位の話で、当時東大生だった丸山真男が、そういう目に遭って、戦後、左巻きバリバリの教授になりましたね。 

 情弱と言って居るのは、「良く知らないのに、その真偽に着いて科学的な考察をもずに」云って居ると言う程の意味で、貴方の言う「相手を見下す様な、傲岸な話」では決してないと思いますがね。

 其れより、貴方が、G勢力に着いての知見を開陳して居らっしゃいますがそのG勢力の方針って、普遍のモノですか? もしそうなら、其れは難によって担保されるのでしょう。

 私が仄聞した情報に拠れば、ハザール系ユダヤ教徒は、フランキズムと言う「この世を終末化して、未だ起こって居ないメシア降臨を実現させる」と言う、誠に得手勝手な、選民意識の強いユダヤ教徒らしい、亦、民族宗教の面が如実に現れた危険な思想ですが、G勢力の王、英系ロスチャイルドは、その思想の信奉者だと聞きます。

 然し、もしそれが本当なら、熱心なクリスチャンである、麻生さんと、排他主義のハザール系ユダヤ教徒のロスチャイルドが、どうして、麻生さんの麻生セメントと資本提携するのでしょうね。 其れとハザール人が、最も危険視している日本の神道を信じて居る教団である、崇教真光の、安倍さんは信者(組み手)なんですがね。私も教団の大祭で幾度かお目に懸って居ます。

 この辺り、矛盾が多過ぎやしませんか?

 私は、G勢力自体は、現実に有るモノだと思いますが、その詳細については、G勢力が、報道機関を押さえ込んで居るので、推定でしか語れません、然し、2012年にG勢力内部で内紛が有り、その時に、今迄、実験を握って居た石油利権派の長である、D・ロックフェラー(以後ディビッド)やその継承者である甥共々、G勢力から、2012年に除名、追放されて居ます。そして2年後、ディビッドは、3度目の心臓移植の甲斐も無く、102歳でこの世を去って居ます。 この辺りの情報は、複数の筋から入って来たモノですから、カナリ信憑性は高いものだと私は思って居ます。

 問題は何故、ディビッドは、G勢力を追放されたのか、ですが、其れは、「リーマンシ・ショックの後始末」で、ベンジャミン・バーナンキが、US$を年間に、200年分5年間もすり続けて、貨幣の信用を維持して、金融秩序を回復しましたが、この時、ディビッドはシナの人民元を、US$に換えて基軸通貨にする計画を、密かにシナと練って居ました。 然し、この計画が事前に漏れて、ディビッドは、組織の裏切り者として、除名、追放されたのです。 そして、是に加担したと言われる、シナの習近平や王岐山は、完全にG勢力を敵に回してしまったのです。 この情報を漏らしたのは、李克強ではないかと言う噂が有って、李もそれを否定して居ません。

 処で、その李克強は、若い頃、小沢一郎の秘書をやって居たので、日本語はペラペラだし、日本の政界事情も良く知って居ます。 安倍さんとは、年も変わらないので、友人関係にある模様ですが、シナの閣僚で、欧米に一番信用が有るのは李克強だと言われて居ますので、習近平も彼を始末する事は、自らの政権に引導を渡す事と同じ意味を持つと思いますので、李克強は、今はかなり、気楽な身分なのでしょうね。

 そして、安倍さんをG勢力の手先だ、犬だと仰っていますが、そうだとしたら、何がいけないのでしょう。日本は敗戦しましたが、先帝陛下が自分の命惜しさに、降伏し無かったら、犠牲者は、オソラク倍以上になっていたかもしれません。そうして、敵の軍門に下ったのですから、捲土重来を期すのであれば、時節を俟たねば、元の木阿弥でㇲ。 この辺りを、朝鮮族マスコミが囃し立てて居ますが、或る程度は事実なのです。

 G勢力は、米西戦争勃発の頃から、米国の世界覇権を陰で支えて来た勢力でもあります、戦前のFDRの母親方が、ハザール人なので、G勢力は彼に肩入れしましたが、彼は共産主義に被れていた上、経済の仕組みを理解できる知力が足りず、結局、マルクス経済学者の言い形に、政策を進めたので、米国は1930年の大恐慌の悪影響を脱する事が出来ないママで、FDRの再選は危ぶまれて居ました。 

 落ち込んだ経済の活性化には、最早、戦争をするしかない、ボーイングなどは、社運を賭けてB17「空飛ぶ要塞」の量産を先行したくらいです。 然し、大統領立候補の時に、「欧州の戦争には決して巻き込まれない」事を公約して居たので、「喧嘩を売られた」状況が必要だったのです。 其処で、白人支配の世界で、国際的に孤立して居た日本に、更なる経済制裁を課して追詰め、戦争に至らせたのは周知の事でしょう。

 で、G勢力の対日姿勢は、↑で士心さんご指摘の様にプラザ合意の時に、宮沢首相が、不用意に日本の経済力が向上している事(事実ですが)を云って終った為に、ディビッドから、バブルを膨らませるダケ膨らませて破裂させて、絶対に潰れないと言われて居た、長銀、日債銀、XXXの政府管掌銀行を、つぶされてG勢力は、大きく儲けました。

 然し、この辺りから、G勢力には、目標が無くなって終って居ます。 つまり、「金儲けに飽きた」のです。其処で米国の中産階層に、住宅を与えようと言う話になって、日本から引き出した、郵政貯金、1500兆円を元手に、住宅ファンドを立ち上げ、そのリスク・ヘッジのCDSと言う、ノーリスクのインチキ証券を発売、是に、欧州を中心にした各国が飛びついて、総負債額6京円「=600兆ドル」のリーマン騒動が始まったワケです。 
 
 この様に、G勢力内部でも、様々な変化が起こり、其れに対応するに、FRBの基軸通貨発行権を軸にした金融系と石油利権派、軍事関連の欧米とソ連の跨った収益組織・・と色々ある様なので、互いに対立する事も、協力する事も、あった筈です。

 然し、米国が覇権を執るまでは、殆ど一枚岩と考えて良いでしょう。 この辺りは、ディビッド、ブレジンスキー、キッシンジャーの3氏の力が大きかったと思いますが、常委に日本は、敵と見做される存在だった。 処が、日本軍と嘗て、干戈を交え、死闘を演じた軍の関係者に訊くと、上位のもの行く程、日本兵や日本人を称揚する傾向が強い。

 そして、此の三人が繰り出す日本に対する政策は、何れも日本に取って過酷なモノでしたが、日本はその都度、問題点を克服して来るので、逆に、「日本なら是位の課題は熟せる」と言う強硬な意見の半面、暗に日本の実力や、力を信頼している面が現れてき始めて居ます。

 そして、世界の覇権国に上り詰めた米国ですが、最早追随して来れる国は、経済規模で言えば、GDP2位の共産シナ(800兆円)と3位の日本(500兆円)しかいません。 就中、米国の2000兆円は、米国市場の巨大さを表していましょうが、さて、この状況が何時まで続くのか、亦、世界一の経済規模を持つ国なのに、その国の住民の評価は、サッパリ上がってきません。

 安定した国家と言うのは、中間所得層が安定して一番多く、需要が安定している社会ですから、階層間所得格差が少ない社会で無くてはなりません。 実は今の日本が、先進国内では、最もバランスが取れていると世界から見られているのですが、肝腎の国民には、「比べる対象が無い」ので、「実感がわかない」のでしょうが、日本のどんな田舎に行っても、下水道が普及しており、幾らど田舎でも、車で小1時間飛ばせば、設備が整った病院が有りますし、TVの様な娯楽設備も全国を網羅して居ます。

 そして、何より医療費は医療保険制度で、個人負担は、2~3割に抑えられているのは、日本だけでしょう。 勿論、ブルネイの様に資源の有る国で、国王が英邁で、国民負担が全てゼロと言う国もありますが、是は人口が少ない国だからできる事で、日本の様に1億2千万人もの人口を抱えて居る国では絶対に無理です。

 詰まる所、何が言いたいのかと言えば、今の日本は、世界でも有数の良い国なのだと言う現実認識を持つべきだと言う事です。 確かにへうげものさんが指摘して居る様な、不安要素は有るでしょう。 でもそれを上手く調整しながら、安倍政権はやって居るのも間違いのない現実でしょう。 話題として挙げるのなら兎も角、愛信の様に、何でもかんでも決め付けて。終いには、科学的にあり得ない事迄、有る様な話をばら撒いて、民衆の不安感を煽っているのは、明らかに日本の社会の為にはなりません。

 危険は、正しく認識して、その起こり得る範囲と規模を知り、正しく怖がり、正しく危険を避けるべきではありませんか? 

 それと、安倍さんが米国の仲介で決めた、日韓15年合意を批判して居る人がかなりいますが、でも、その結果韓子機はドゥなったでしょうか、完全に世界の孤児化していて、頼みの綱の共産シナも破綻寸前、日本は「契約不履行」を理由に、対韓三原則を続行しさえすれば良い。 こんな楽な展開になるとは思いませんでしたが、それでも、保守面をして、15年合意にケチを着けて居る人には、呆れて物が言えませんね。

朝鮮総連破産で圧力をかけよう!
http://kenkato.blog.jp/archives/75880966.html

ロックフェラーも恐れるチャイニーズ・フリーメーソンの存在
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/178426

いま売国法案で一番問題な「ヘイトスピーチ法案」は、西田昌司議員が推進した法案のように保守は批判しているが、実際、政調会長が推進しなければ「自民党議員立法」として法案化になりません。
https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/d5979631c57d815b241bf6e2dc09ca60

記事本文にも触れてあるのと関係あると思うので

>2018/07/30(月) 21:39:05| URL| ちりぢゃんです。 #9OCdGr.6

ぢり氏wぢ?
反日統一共同戦線はとかく重要なので、知らない方がいれば認知は是々非々なんですけどね。
老猫さんは、しっかりとコメントしてらっしゃるから隠す必要はないでしょう。
かの者は既読でしょうがね。
次記事が上がれば再度開けます。

2012年11月15日 14:53 :イリナ・イワノフ

「反日統一共同戦線を呼びかける中国」

 中国の著名な専門家は、中国と同様、日本と領土問題を抱えるロシアと韓国に対し、反日統一戦線を組むことを呼びかけた。この共同戦線は日本の指導部に対し、第2次世界大戦の結果を認め、近隣国家への領土要求を退けさせることを目的としている。

 14日モスクワで行われた露中韓の三国による国際会議「東アジアにおける安全保障と協力」で演説に立った中国外務省付属国際問題研究所の郭宪納(ゴ・シャンガン)副所長は、こうした考えを明らかにした。郭氏は、日本は近隣諸国との領土問題の先鋭化に意識的に対応し、第2次世界大戦の結果を認めないことを見せ付けたと強調している。郭氏は対日同盟を組んでいた米国、ソ連、英国、中国が採択した一連の国際的な宣言では、第2次世界大戦後、敗戦国日本の領土は北海道、本州、四国、九州4島に限定されており、こうした理由で日本は南クリル諸島、トクト(竹島)、釣魚諸島(尖閣諸島)のみならず、沖縄をも要求してはならないとの考えを示した。

 こう述べる郭氏は、中国、ロシア、韓国による反日統一共同戦線の創設を提案している。日本に第2次世界大戦の結果を認めさせ、近隣諸国への領土要求を退ける必要性を認識させるために、この戦線には米国も引き入れねばならない。一方で郭氏は、領土要求を法的に退けることについては、日本と新たな講和条約を結び、そのなかに書き入れられねばならないとしている。郭氏は、51年にソ連と中国の承認なしに締結されたサンフランシスコ講和条約は内容が古くなっているとの見方を示し、それにかわるものとして新たな講和条約が結ばれなければならないと語った。

 モスクワ国際関係大学国際調査センターの専門家であるアンドレイ・イヴァノフ氏は、会議での郭氏の発言は、参加者の反応をさぐるために投げられた「爆弾発言」として受け止められたとして、次のように語っている。

 「反日統一共同戦線を創設し、日本政府に対し新たな講和条約を結ばせるという提案はセンセーショナルなものといってよい。これがしかも中国外務省に属する大きな研究機関の副所長であり、中国外交政策の策定に関わる人物の口から飛び出した。提案は一方では中国のある専門家の意見であり、別の見方をすれば大なり小なり中国指導部の感じるところを反映しているといえる。」

 この「爆弾発言」にロシアの専門家らはまず、冷静な反応を見せた。ロシアは論争問題を対立関係をつくることで解決することには反対の姿勢をとっている。

 ロシア政府は日本との領土論争においては感情の高ぶりを押さえ、まず互恵的な経済協力を第1に進める方策をとるようになってから久しく、しかもそれは成功を納めている。では韓国の反応はどうなるかだが、これについては何とも言えない。イヴァノフ氏は韓国の立場については日本がどれほど強硬にトクト諸島の領有権を主張するかによって決まるだろうとの見方をしている。現時点で言えることはただひとつ。郭氏のイニシアチブが物語るのは、中国の新指導部は領土論争において日本と、いや日本だけでなく他の国とも最も強硬な立場を貫き構えてであるということだろう。
 

愛信 アノナー(前段

こばです。ちりちゃんです。

愛信#EBUSheBAさん
分析して、欲しいもの、これです。

「反日統一共同戦線」


繰り返します。
ネタ的には、「反日統一共同戦線」の背景やきっかけ、
今とか、あなたのブログ?情報公開状況にそってますよね。
ちがうのだったら、その旨お願いします。

>スケジュール的には、
>1)すぐ:今これを知っているかどうかの公表
>2)今週水曜まで:知っていないとしたら、調査計画の公表
>3)さ来週水曜まで:調査結果の公表
>でいいかな。
>
>愛心さんのあなたの組織?なのかな、
>その力量があれば、私のリクエストの調査できるっしょ。
>リサーチが終わってるなら、それそれでくれてもいいです。
>すぐ、ここの読者、
>少なくとも、3名が、「反日統一共同戦略」についての、
>疑問について、質問すると思うので、ご回答よろしくお願いします。ね。
>
>これくらいのリクエスト答えられなきゃ、ここのは来ないで欲しい。
>
>私は、これよくわかんないとこで、困ってるんだよ。
>ということで、愛心様に頼ったちりちゃんです。」
>
>いいよね、最大で大体、2週間待つからね。
>お盆位か。ちょうどいいか。

愛信#EBUSheBAさん、よろしくお願いします。

愛信 アノナー(後段

こばです。ちりちゃんです。
「アノナー」って、こんなとき使うんですよね。以下。

「2018/07/30(月) 14:41:29| URL| 老猫 #- 」さん
「2018/07/30(月) 18:14:01| URL| 士心 #Po2bZZe6 」
こんなに、さっと出てくると思いませんでした。

私が北○に誘導したの最大の目的ははこれ。
「反日統一共同戦線」

今日、これ電車の中で見ちゃった、
帰ってきてすぐコメです。

えと、そもそも、誰にこのコメ宛てていたか。
「愛信#EBUSheBAさん」なんですよ。

「反日統一共同戦線」の紹介と解析分析、動向、
これを、「愛信#EBUSheBAさん」を、
彼のWeb紹介ホームページから出して欲しかったのです。

なぜなら、すぐ出てくれば、内容確認してみますが、
その分析がすぐ、出てこなければ、
チクチク、ネチネチやろうと思っていたから。
(いつですか、待ってるんですよとか、ね)

で、ここから、繰り返します。
今一度、「愛信#EBUSheBAさん」へのお願いです。
「反日統一共同戦線」の背景やきっかけ、そして今の現状とか、
あなたのブログ?情報公開状況にそってますよね。
そこで公開をお願いいたします。
公開できない、方針がなにだったら、その旨を表明お願いします。
その場合は、ここに来ないでくださいね。

再掲します。
>スケジュール的には、
>1)すぐ:今これを知っているかどうかの公表
>2)今週水曜まで:知っていないとしたら、調査計画の公表
>3)さ来週水曜まで:調査結果の公表
>でいいかな。
>
>愛心さんのあなたの組織?なのかな、
>その力量があれば、私のリクエストの調査できるっしょ。
>リサーチが終わってるなら、それそれでくれてもいいです。
>すぐ、ここの読者、
>少なくとも、3名が、「反日統一共同戦略」についての、
>疑問について、質問すると思うので、ご回答よろしくお願いします。ね。
>
>これくらいのリクエスト答えられなきゃ、ここのは来ないで欲しい。
>
>私は、これよくわかんないとこで、困ってるんだよ。
>ということで、愛心様に頼ったちりちゃんです。」
>
>いいよね、最大で大体、2週間待つからね。
>お盆位か。ちょうどいいか。



あとまとめ:
私のこのコメ、「愛信#EBUSheBAさん」へなんですよね。
私へのレスがない場合、ってことで、
「愛信#EBUSheBAさん」へ、
「いつ情報分析できるんですか?」って、
ネチネチ、チクチクコメ出そうと思っていた。

これ、
ちょっと待ってほしい。
老猫さん、志心さんわかっていなかったなか。
可能であれば、「反日統一共同戦線」のコメ、
全部編集して隠していただけませんか。
編集して「ちりちゃん。くすくす。了解しました。」
な感じでお願いします。
私からは、「xxさん、くすくす。確認しました。」
で、このコメ変更します・

「反日統一共同戦略」を、隠したいと思っています。
もう少し熟成する必要あるからです。
イイカな。

「愛信#EBUSheBAさん」に聞き、
私からの「反日統一共同戦略」の分析等を
その公表結果を分析したいからです。

イイカな。イウこと聞いてね、
「愛信#EBUSheBAさん」  さん。

----
「老猫」さん、「志心」さん へ
出き過ぎです。
もし、「愛信#EBUSheBAさん」がでてるとすれば、
私がやったのに・・・。まあ、いいか




「ポ」さん
「ポ」さんは、私の宿題ができいないかもしれないです。
落ち込まないでね。「ポ」さん、ありがとです。私への心遣い。

「反日統一共同戦略」は、私は重要と思っていて、
「ポ」さんは、残念でした。「アハ」。

あのプログ継続だよ、ゆっくり、前と後ろへあそこは終わらない。
奥深いから。三人の意味も。じゃね。

ごめん、勘違いをしていました。

ちりちゃんへ  ポッポです。

>これなんだよね;「反日統一共同戦略」。
残念ながら、みなさん、ここまで行き着いていないのかな。

「反日統一共同戦線戦略」のことは、知らなかったです。
老猫さんと士心さんの投稿を見て、慌ててこれを見つけました。
それで、納得した次第です。

>これなんだよね;「反日統一共同戦略」。

エー、知らないことは強いものです。

>★CIAが中国の野望に気がついた
>Case1:弱い国に
>Case2:米中が影響力を競っている国
>Case3:自分より強い国

この日の分だけで、宿題が出来ると思っていました。
恥ずかしい次第ですが、同時にまだまだ勉強は必要だと思います。
そして、宿題の再提出に移ります。


「日本は戦争中と同じ。中国の「反日統一共同戦線戦略」の恐ろしさは、北野幸伯氏の『ロシア政治経済ジャーナル』では、 2017年12月5日の記事になっています。

反日戦線の概要は、老猫さんと士心さんが説明して下さっていますから、自分の思うことだけを記述すれば良いと思います。

北野氏がこれを投稿しているのは2017年12月3日のことですが、反日戦線を知ったのは2012年11月15日だそうです。その時なら驚く内容だったのかも知れませんが、それから5年以上を経過した現在なら、この反日の用語を知らなくても共学と言う程ではなかったです。

その理由は、TPPの話が出てきたのは2012年でしたが、日中韓FTAも2010年頃に出てきました。その頃の報道はTPPよりも日中韓FTAが良いと奨めていたのを覚えています。
今、TPPはトランプ大統領が否定しましたから日本が主体的になっていますが、当時は、色々と批判されていました。そして、日中韓FTAは日本は儲かりますの一言でした。
今、日中韓FTAは宙に浮いており、韓国はTPPに入りたそうにしています。

次に、反日戦線だけでなく、在日・反日勢力が成功したのが民主党の政権獲得ではなかったでしょうか? 民主党の円高誘導は、正に日本を崩壊に導くものだったと思います。 日本が東日本大震災で喘いでいるとき、民主党は韓国の企業に仕事がありますと言ったのですし、李明博大統領は日本を占領したと言ったのです。

李明博大統領の言葉は、元が反日ですから驚くものではないと強がりで思いますけれど、日本の民主党がやったことは何だったのかと思います。朝鮮儀軌のプレゼントの件もありますが、今この反日戦線のことを知りますと、中韓露に北朝鮮をプラスしてもまだ不足で、日本国内の在日・反日勢力も加えても、なる程と思います。

それから、中韓露の3国は、普段の日本がこれまでやりたい放題にやられてきたことから、日本に対しては何でも出来るとの考え方があり傲慢になります。
そして、この三国のことを一歩引いて観察しますと、やっていることがよく分かるので、腹をくくって責任を取る判断をする首相なら、勝てると思います。


上記の物を投稿したときに、ちりちゃんの

>2018/07/30(月) 21:39:05| URL| ちりぢゃんです。 #9OCdGr.6

↑これに、気が付きました。
しばらく待機するか、追い掛けようか。

台湾事情1

反日統一共同戦線ダンマリ依頼されたので代わりのものを。

~チャンネル桜よりまとめ
「中国製造2025」を打ち砕く鍵は「台湾」

シリコンバレーは元々サンフランシスコ ベイエリア南部から始まっている。台湾は、1980年から早い段階で新竹科学工業園区という経済地域ができていた。

――米国と台湾の関係
 1971年ニクソンショックから台湾は中華民国から断交をすることになり、1979年1月にようやく米国は中華民国(台湾)と断交。87年迄は戒厳令まであった。結局、米国は台湾を見捨てなかった。戒厳令の時は市井民は中々、外国に行ける機会が少なかったが、一部の優秀な外相人(戦後、蒋介石と渡って来た人)は米国に留学する。その多くは理数系であり、シリコンバレー、サンフランシスコ周辺で職を得ることになる。その者達や次の世代が今の新竹科学工業園区(新竹シリコンバレー)にいる。よって、中国語圏であるが、英語が堪能でもある人たちが大勢いて、これが新竹シリコンバレーを支えている。
 別の動きとしては、インド。ムンバイが拠点であるが、他に高原にバンガロールがあり、ここは涼しくていいワインもとれる。インドもビッグバンらで活躍したとこ。これは全部、国策で、インドも国策で、台湾も米国とは国交上無くなったもののハイテク分野ではずっと繋がってきた。こういった流れで台湾は、半導体分野では非常に有利な状況に長らくある。

―――台湾から中国(香港・マカオ含む)で働いてる人数
台湾において外国で働いてる人口総数は約73万弱のうち、約40万7000人(55.9%):2016年の数値を2018年1月末に行政院(内閣)主計総処が発表。
台湾人は労働者で働いてるのではなく、半導体やハイテク技術など色々な技術を持った人がリクルーティングされて働いている。日本と同様である。

―――中国政府の台湾に対する優遇措置
中国政府(国務院台湾事務弁公室)は2018年2月、台湾に対する31項目の「優遇措置」を発表。台湾の企業や高い教育を受けた人材を誘致するためのインセンティブを示唆。要するに、台湾から技術、資本、人材を吸収し、狙うは半導体技術。
トランプ政権は上記の事(自国も含め)で喫緊になっている。

――上記について蔡英文政権は四大方針と、8つの具体策を発表
 概要は、台湾の人材を逃がさない事。世界サプライチェーンに於いて、台湾の優位性を維持する事。資本市場を進化させる。文化、映像といった部分も強化する。それに対して8つの具体策。

――なぜ40万人以上が中国へ行ってしまうのか
 当然だが、高額給与(台湾時の給与5倍報酬等も例外ではなく)であること。簡体字、繁体字の違いはあるが、言葉が同じであるのでハードルが低い。
高額給与のうえ、マンションや高級車を与えるといった優遇策も。庶民の生活していたものが之に拠り裕福な生活になる。
 更に問題なのは、現在働いているノウハウ(技術)を持参しろと強要すること。緩く言えば“技術流用”はっきり言えば“機密漏えい及び盗用”全てが対象ではない。仮に起訴して裁判等で勝訴したとしても、中国側が応じない結果は見えていて、取られた技術はそのままというのが結局の処。

・・・中国製造2025(made in China 2025)
習近平政権が2015年から掲げる戦略。ロボティクスや航空産業、クリーン動力で動く自動車など、
10分野を重点分野に指定。
 主な狙いは、イノベーション(創新)。デュアルユース(軍民両用技術)。天然資源や人的資源を支配。
■軍事用に開発された衛星測位システムのGPSは、民生品でるカーナビやスマートフォンに欠かせない技術(軍事技術⇒民生品 スピンオフ)
■民生品として開発された電子・機械部品が、兵器のパーツとして使われる
(民生技術⇒軍事技術 スピンオン)
軍事技術開発用に膨大な資金が投入されている欧米ではスピンオフの事例が多く、軍事技術開発が民生技術開発と比べて小規模な日本ではスピンオンに強いとされている。

特に半導体の分野が無いと、完璧な”mede in China”ができないという中で、そこに進ませないようにしている鍵というのは、台湾の企業であり、台湾人の心(モラル)が今、非常に問われている現状にある。

台湾事情2

1からの続き~

―― なぜ中国はイノベーションができないのか

 特に半導体の分野は、設計そして製造と別れている。簡単に言うと、設計(単独可)は「盗める」が、製造は「チームプレー」なので、お国柄から中国は不得意(喧嘩は絶えない。協力とうのができない)。そういったノウハウが無い。蓄積が無い。よって、そういったものが作れない。

 半導体に関していうと現在中国では、10%程度しか作れない状況。これをわずか5年~10年の間に、40%大迄上げようとしているが、これは暴挙である。しかし、中国の場合、国が企業を買収するための資本を以て之を行おうとしているが、それに対してトランプ政権が強いストップをかけている。

 中国は焦りが出る。台湾でもある意味、中国の資本を投下してもらってよりイノベーションしたいと思っていても、両方の顔を伺わなければならなくなる。台湾も中国館に一部の企業を作っている。しかし是は、二世代くらい前の技術で“お茶を濁していて”当然ながら、最新鋭の半導体技術を中国では造らせていない。

 フォックスコーン辺りは一番流れが違う。鴻海というのは、抑々米国に進出したのではなく、1978年に中国が改革開放を始めるときに最初に深圳に出ている。その時は大したことのない企業だったが、アップルの仕事を受注することに拠り、鴻海が伸びていった。つまり、米国帰りではない。鴻海は、国共合作の政商、国家と国民党をくっつけた政商である。なので技術屋とは違うのである。フォックスコーンなんかは中国で100万人規模の雇用を作っているといわれるが、最新鋭の半導体を作る処とは違う。その部分で中国の大きな企業というのは、インテルでも入れなかった分野にも入っている。

 TSMC(台湾)スマホの最先端CPUのシェアを90%くらい持っている。この企業もそろそろ南京で稼働しているはずで、製造しているが、1代か2代位前の“お茶を濁した”技術である。抑々こういった分野はデュアルユースと言われている軍事転用に使える。

 南京に注目する理由は、旧南京軍区は、習近平の拠点である。今、中国で台湾と関連のある半導体企業は3社くらいあって、ひとつは福建省(習近平の領域)。もうひとつは、李克強に関係のある所といわれてるが、何れも最新鋭の技術ではない。という状況のものしか今はない。中国は当然焦ってる訳だが、台湾と米国は足並みを揃えている。

 日本は其の状況が解っているのだろうかという事になる。前述状況下に於いて、日本が与えてしまっていたら同じことになる。三菱電機が中国に行ってヨイヨイになって2025年に協力するといった記事有り。ソニーもAI部門で中国と相当近い関係になっている。これが1~2世代前のものなら問題ないが、日本の最大の問題は、懇切丁寧に人材を育てる事であり、これを国内でやらずに世界にて行っている。これが問題である。

 デュアルユース(軍事転用)といわれるこれが一番問題で、なぜ米国が中国を大きくしたくないかというのは、軍事大国(米国以上の)になることが恐ろしいからである訳である。あとは、元々スピンオフと呼ばれるもので、軍事技術を民生化(電子レンジら、カーナビ)していく国。

 ところが、日本は。非常に高度な技術を持っているのだが、それを軍事技術に転用できるスピンオンである。(戦闘機のパネル等は民間技術から出ている)。このスピンオンの部分で世界から狙われている。要するに一般の企業が狙われている。小さい企業でもそういった技術を持っている企業がたくさん存在しているわけで、中国にとっては格好のターゲットとなるのが現状。

―――なぜ米国ではなくて、中国が勝ってはいけないか

 自由と民主のない、共産社会(独裁)の中で以て、中国が世界の覇権を握ろうとしているわけで、世界一の軍事大国となったら自分達が世界を支配できるといった風に“中国共産党”は思っている。(中国ではなく、中国共産党である)ある意味、世界革命の実現ともいえる。
 特に習近平政権(習近平自身)は、そういった事を信じているマルキストである。(マルキストと過去の中国の冊封体制が頭の中でドッキングしている)←習近平理論(中華思想とマルクスイズムの合体)やることは同じだが。
 白い猫でも黒い猫でもなんでもござれの精神で世界を制覇を目論む。
「産業の米」と言われている半導体を「造る技術」が非常に劣っている。これにトランプがZTEの使用禁止などの制裁
今は、制裁もいくらか緩和されたが、これにより米国で作ってるものを中国(他国も)が作ることは出来ないと世界にアピールできた。よって、台湾は小さな国だが、半導体部門では鍵を握っていて独自の進化している。また、インテルなどに入っていた二世などは、家では中国語も学校では英語で話している。
 また、日本語というのは柔軟な考えの言語であるが、中国語は漢字のみで柔軟さが伺えない。しかも。中国の教育では総暗記なので、秀才は育つが、模造はできるがイノベーションを生み出すような存在が生まれない。また、中国は個人プレー主義なのでチームプレーは苦手。
 一方台湾では、70年代から米国と一緒にやってきた。それが今に繋がっているので、台湾の優位性は簡単には揺るがない。
トランプ大統領就任および存在は、台湾にとって、世界にとっても警鐘を鳴らしたという意味では大きな価値があり、台湾にとって助 けられた。
トランプ米国はじめ、世界でこの流れを阻止する動きであるのに、日本はこれら技術等に対して海外へ流出を防ぐ手立てを打っていない。日本が滅ぼすかもしれないという懸念がつきまとう。世界の中の日本という在り方は問われるだろう。

 日本は自国の産業、人材に於いて投資を行い、育てていかないとならない。政府主導でやるべきで、緊縮財政に規制緩和により政府が縮小すると、もしかしたら人類にとんでもない罪を残す事になりかねない。人類の敵に今、なりつつある可能性というのも頭の片隅に入れておく方がよいだろう。

君が代反対、日の丸反対教員は、在日朝鮮人である

君が代反対、日の丸反対、憲法9条賛成の左翼教員は99・99%は成り済まし朝鮮人である。自国の教育を隣国人に委ねる国は滅ぶ。速やか教員を調査し、在日朝鮮人・韓国人を摘発し、速やかに国外追放するべきである。
 自国の教育を隣国に任せて、滅ばない国は、歴史上1国もない。
成り済まし教員を1人残らず国外追放するべきである。

ネット上に反日情報に混じって
陰謀論が転がっています。

陰謀論はバックにグローバル企業やCIA
はたまたイルミナティなどが超兵器を使って
世界を動かしている・・・・というものです。

たとえば気象兵器なるものは日本に打撃を与える目的ならば
中国あたりが動かなければ利益が無いのに
米軍や安倍首相がやっていると犯人を指示しています。

江崎道朗先生によればコミンテルンは日中戦争を煽り
日本軍の非道をアメリカに訴えて離間工作をしました。
日米分断工作により互いの国の世論が誘導されて
大東亜戦争が引き起こされました。

ネット上の陰謀論の目的は日米の離間であり
米軍撤退の暁には中国が攻めてくるでしょう。

また、米軍が撤退しなくても
日本は外資に浸食されつつあるのかもしれませんが
まずは、本当の敵がどこの国なのかを見極める必要があります。

シナの衰退は、確定的になったワケ

>士心さん ソロです。
 力作の投稿有難うございます、拝読させていただきました。 
 台湾とシナを俯瞰的に見たお話になっていますが、ホントに、台湾の外省人と言うのは、浙江省出身の蒋介石の部下だけあって、浙江省出身者が多く、前総統の馬英九は、米国生まれの米国育ちではありますが、出自は浙江省だし、浙江省人士との付き合いも多かった。

 で、浙江省は戦後も、共産主義の及ばない地域で、有名な反日地域で、昭和17年5月に、空母ホーネットを発進した、ドゥリットル中佐率いる16機のB25が、東京・名古屋・四日市を空爆しましたが、その後、浙江省の麗水(リーショイ)の畑のど真ん中に胴体着陸したと言う位で、不思議と日本陸軍の手が及ばなかった処です。

 森村誠一の「悪魔の飽食」=反日プロパガンダ小説で」実際は、現地人の防疫衛生部隊に過ぎなかった731部隊が、「細菌爆弾を解発しており、其れで攻撃された」とされる舞台にもなった処ですが、日本陸軍が手出しを出来無い処に、石井中将の一存で、国際法違反のモノを落とせるわけが無いのです。 是は、英系のハザール系商社サッスーンと蒋介石の妻、宋美齢の実家宋財閥「=浙江財閥」が、密接に結びついて居たからです。 陸軍も諜報部を持って居たのに、上層部が、情報を生かせていませんね。

 つまり、蒋介石が日本を裏切る理由の櫃だったわけですね、おまけに、宋美齢は、戦前アメリカの上院議会で日本の侵略の酷さ(嘘)を演説して、万雷の拍手を得て居ます。結局これは、米国FDRの国策に沿った話ですから、宋美齢は、悲劇のヒロイン役のタレントでした。

 ですから外省人は、譬え、表向き米国から断交されても、馬相当の例で分る様に、裏で、主に米国の対日警戒派と繋がって居ると見るべきなんです。 日本人が気を付けなければイケないのは、台湾で親日なのは、日本の台湾統治の頃から居た、内省人と原住民の高砂族であり、彼らの政治的なアドバンテージが有る間は、親日ですが、外省人は、原則反日・親シナだ、と考えるべきです。

 其れにしても、本土のシナ人が、半導体を作れないとは、驚くより、嗤って終いました、と言うのは、このブログに盛んに、シナのAI技術の進展が、その分野への投資額を示して、驚異的だと嬉しそうに伝えて居た方がいらっしゃいましたが、その裏側には、そのAIを造り出す基になる、半導体が輸入に頼っていると言う、お粗末なオチがあったとはね。 

 半導体製造が無茶苦茶儲かる産業なら、その、米国がシリコンバレーを廃れさせれわけが無い士、日本でも、東広島市に造って居た、日立とNECの合弁会社「エルピーダ半導体」を、台湾に売却しなくても良かったんですがねぇ。

 「ジェットコースター産業」と呼べれる位、売り上げの幅が、数百億円単位の浮き沈みの大きい産業だったので、四半期決算での評価では、社内外の評価が最悪になり、事務系がイニシアティブを握っている会社、例えば、東芝がまず、大枚を投じて作った、大分県日田市の半導体工場をギブアップしました。 従業員は、色んな難しい、転勤・雇用条件を示して、結局、全員解雇。

 処が、その工場を作った多数の技術者を、国策会社サムスンが、「3倍の給与、美人秘書、高級マンション、高級車」の条件で引き抜いて、世界一の工場を完成させましたが、雇用から3年後には、殆ど全員首にされたと言う話。 その再現を、シナがやろうとして居るワケですね。

 モゥこういう話を聴いていると、日本人は「人が好い」のではなく、単なる「事勿れ主義者のマヌケ」だ、としか思いませんね。 こんなだから、日本の電機メーカーは、売り上げ数十兆円で、世界一だったのに、一時的には韓国に抜かれて居た時期が有ったし、今度は、シナの様ですね。「技術で飯を食って居るんだ」と言う、認識が薄すぎるのは「成果は皆の努力の結晶」と言う、行き過ぎた平等主義の考え方の弊害です。

 ダカラ、国が「成果主義」の思想やシステムを持ち込んで、技術者をもっと大事にする方向に転換を図ろうとしますが、マスコミが、揚げ足を取って、悪い例だけを報道して歪めて伝えるを繰り返し、潰しています。 是では、日本の電機産業は立ち直れませんね。妨害しているマスコミは放送法改正で対処するとして、日米側の反撃の一端をご紹介します。

 現在米国がシナと貿易戦争をやって居ますが、その裡分けとシナのやり方を上手くまとめたものが、いつもの、「縦椅子のブログ」に乗って居たので下記に抜粋転載いたします。
 以下「勝又壽良ブログ」及び、正論9月号「田村秀男氏の小論」pp274-283より抜粋編集より抜粋編集 「なぜ支那はこれほどまでに米国を怒らせたのか」
 トランプ氏は、米とEUが今後協力し、「強制技術移転」や「知的財産権侵害」「過剰生産」などの貿易手法に対抗していくと明らかにした。この3項目は、支那経済つまり「社会主義市場経済」に依拠する、明らかにWTO(世界貿易機関)の規範(ルール)に反するものだ。

 WTOは本来、この経済制度を容認してはならないのだ。

 迂闊にもWTOはこれを認めてしまい、支那は世界貿易に参加を許されて、巧妙にWTO違反を繰り返してきた。その結果、世界中がその措置に苦しむという、あり得ないことが起こっている。

 日米欧の三極(世界のGDPの6割を占める)が、WTO規範によって、支那を「市場経済国」と認めず、「非市場経済国」扱いしだしたのは当然である。

 トランプ大統領の通商政策助言者(アドバイザー)ピーター・ナバロ通商製造政策局長は、既存の調査報告書を検討して、「北京が組織的に米国の至宝ともいえる技術・知的財産を手に入れようとしている」との結論を得、その対策を大統領に助言した。

 そしてその北京の野望を砕くために、トランプ氏はまさに習政権の経済の仕組みの泣き所を衝(つ)いたのである。対米貿易黒字が支那中銀(人民銀行)の人民元発行を支えると同時に、それに連動して支那の軍事支出が拡大しているという事実がある。 これは支那の金融が、ドルを支那中銀が市場から買い上げる(人民元を刷る)ことで成り立っていることを示している。 外資の流入源は外資による対支直接投資、海外金融機関からの借り入れである。

 対米黒字は年間3800億ドルで、支那貿易黒字総額4400億ドルの86%を占める。 それゆえトランプ政権は、合計で5500億ドルを対象にした対支輸入制限をする。 これは対支貿易赤字3800億ドルを根こそぎなくすことになる。

 これによつて現行の人民元金融制度は崩壊する。 不動産開発、社会基盤(インフラ)投資を進める支那の経済発展の仕組みは機能不全に陥る。 2016年北京は、人民元をIMF特別引き出し権SDR構成通貨に組み込ませた。 しかし人民元が国際的な決済通貨となるためには、人民元建ての金融資産取引が自由化される必要がある。ところがこの自由化は一向になされていないので、人民元は国際的な決済通貨になれないままなのである。 是は、自由化すると売り浴びせられて人民元は暴落するからである。

 北京は、途上国に対し、北京が金を出すからと、鉄道など基盤整備事業計画を持ち掛けている。 相手国が、その計画に合意すると、支那企業が支那人労働者と支那製資材を持ち込んで事業を完成させ、途上国にはドルによる支払いを要求。 支払い不能になると、整備した社会基盤の港湾などを接収する。 これでは途上国政府も北京が提示する開発計画には乗れないのだが、支那人お得意の賄賂・買収工作がなされる。

 例えばマレーシアでは、ナジブ前首相が支那による高速鉄道計画を承認した。 しかし選挙でマハティール氏が勝つと、ナジブが支那企業から多額の賄賂を受け取っていたことがわかり、ナジブは逮捕され高速鉄道計画は中止されることとなった。

 支那の対外債務は2017年末で5.1兆ドルに上る。今後対米輸出が急減し、海外の投資家や金融機関が投融資回収にかかると、外資は底をつく。 それを踏まえて資本逃避は加速し、人民元相場は下がり続けている。
 (転載以上)
 後半のシナのやり口は、「一帯一路」計画で、シナがやって居る詐欺的資金計画「=麻生さんに言わせるとサラ金商法」ですが、嘗て、残留日本軍と共に独立戦争を戦った、志のある世代の人は、騙されませんね。

 シナの経済的な破たんはもう確定的な事です。 7つの埋め立て島も、資金切れで、その意味を喪失してしまうのは必定。 そうこうして居る裡に、南シナ海の太平洋への出口であるバシー海峡や、市インド洋への出口であるシンガポール海峡を抑えられたら、袋のネズミ状態になりますね。 

 海軍の艦隊運動演習や艦載機の離発着訓練なども限定されますし、肝腎の、「南シナ海沿岸の主要港をわがものにする」意味での「一帯一路」計画も頓挫確定したのでは、軍事増強した意味が無い、と言う結果になりそうですね。(嗤)

 唯、是は、シナが、国際金融資本を敵に回したと言う結果が大きく、其れは、何故シナがSDR入り出来たのかと言えば、ラガルト女史を金で篭絡した事が、巷間噂されて居ますが、国際金融資本の許しが無ければ、出来る話ではありません。 ですから、「長いものには巻かれろ」と言う諺通り、日本は世界が示す方向に従って、共同歩調を取って行くべきなのでしょう。国の防衛を優先して考えれば、そうするのが現実的で自然でしょう。

カンボジアの選挙が終わりました。

30日に、カンボジアで国民議会の総選挙がありました。
この選挙では、下院(定数125議席)の全ての議席をカンボジア人民党が獲得したとの報道がありましたが、フン・セン政権は野党のカンボジア救国党のケム・ソカ党首が国家転覆を企てたとして逮捕、事前に改正した政党法の規定に基づき、17年11月に救国党を解散しました。
その他の野党は、弱小政党ばかりで人民党には太刀打ちできず、人民党が完勝しました。

人民党は中国の経済支援を後ろ盾に独裁化を強めてきたのですが、野党の党首を逮捕して、その党を解散させたら、選挙は圧勝できます。
これからのカンボジアは、中国の属国になる可能性が大きいと思いますし、経済も政治も中国に支配される様に思います。

しかし、労働者の政党が政権を取ったら野党の存在を認めずに、独裁政権(それも独裁国家中国の支配下)になって、選挙は野党に議席が全くないことは、民主国家にはあり得ないことだと思います。

国王や権力者のいない国が共産政権になったら、選挙で野党が全くいない国になってしまって独裁国家になるのでは、なんともです。
共産党の一党独裁では、今後に民主国家に戻ることは、クーデターでもない限り望めないと思います。

人民共和国や民主主義人民共和国と名付けられた国が、独裁国と言うことに、民主主義と言う言葉の危うさを感じます。
幸い日本の国名には民主主義とか共和という「語」が入っていませんので、心配することはないと思いますが、政治家の皆さんが妙な相手から金を貰わないように見張ったり、悪事をそそのかす外国の手先から金を貰ったときには、手先は反スパイ罪で逮捕しなければならないと思います。

戦前日本社会に学ぶべき事

>ポッポさん ソロです。
>>悪事をそそのかす外国の手先から金を貰ったときには、手先は反スパイ罪で逮捕しなければならない
 完全に同意します。でも、15,6年前でしたか、シナの共産党の序列4位辺りが訪日して、民放の社長クラスを集めてパーティをやったらしいのですが、その内容は、完全に「日本侵略の為のマスコミの役割」に関する、レクチャーだった。と言う話を聞いた事が有ります。

 ですから、シナのマスコミへの調略は、モゥそのずっと以前から始まっいたのですね。 然も、TV局の決算を見れば、軒並み、数千億円の黒字が、もう、数十年続いているのですから、会社が金に靡いたわけでは無く、トップに着いた個人に、金が渡って居たと言う可能性が高いでしょう。 

 どうして、是が明るみに出ないのかと言えば、まず、自身が皆に伝える側のマスコミですし、その辺りにも、口止め料や条件を提供して黙らせていたのでしょう。 ダカラ、安倍さんに、マスコミ改革を始められると、色んなボロが続々と出て来る話になるのです。ダカラ、倒閣運動を、恥かしげも無く大っぴらにやって居るワケで、未だに「TVの力」を信じて居るのでしょうね、 

 是は、官僚も同じで、少し前迄財務省でしたが、今は文科省がターゲットの様で、悪質なもの、ガードが甘いモノを摘発して、見せしめに晒している状況なのでしょうが、本命はマダマダ先に出てきそうな気がしますね。

 勿論、大学補助金関連が一番臭そうです、それと、文科省と大学の癒着は、企業間で言えば、役所と企業の癒着と言う事ですから、可成り古典的なモノですし、是は厳しく罰して、国民の不信感が大きくならない様にすべきですね。

 国交省や、経産省も、叩けば埃の出る官僚がうようよしていると思います。 米国文化の、物質主義の影響で、衣食足って礼節を知る「=給料が他界とモラルが高い」のではなく、寧ろ、その反対だと、気付かねばなりませんね。 こういう、戦前なら、誰ええも知って居た話を東大出のエリートが、知識だけで、全く実践できていないのは、前川喜平を見れば分ります。

誰が得をするか

陰謀論のたぐいで大事なのは誰が得をするかですかね。

天安門事件の頃の中国のGDP大体45兆円くらい
それから30年、今やその30倍近い
正しい経済政策と評価するしか無い。

安倍首相とプーチン大統領の顔が印刷されたTシャツを着たおっさんが居たので話しかけてみたところ「見て、心臓の位置にシンゾウの顔が来るでしょ」という北方領土親父ギャグを飛ばされどうしていいかわからないまま撮った一枚
https://twitter.com/CCCP1917/status/1024184100158988288

カワイーか・・・

ちりちゃんです。
私のコメ、なんとか戦略。

ポッポ #/5dmJF4Eさん、アナタは日本人だね。ホント。
手に取るように、心情が伝わってくる。
でもさ、ちょっと、コメの中身、何思われてるのか、考えてほしい。

>↑これに、気が付きました。
>しばらく待機するか、追い掛けようか。

これに対して、次のコメで、
>「反日統一共同戦線ダンマリ依頼されたので代わりのものを。」
ってのをさ。
これは、士心 #Po2bZZe6 さん

ポッポさん、わかるかな。
昔は「ワカルカ?」って、書き下し表現だったのだけど。
北○は、終わりないから。
「3人の意味」は、別の機会にしましょうか。


で、本題は、ここで、
ここから、愛心さんへのコメです。
で、私が、愛心さんに依頼したこと、

このナントカ戦略について、
 2012年として、当時がだれ指揮していたか。
 だれが、気づいて誰が指揮者に上申したか。
 そもそも、その原動力はなんなのか?
 過去を引き継ぐものなのか。
 今に引き継いでいるものがあるのか?

あのリアリストの北○が断定しているから、
それはそうなんだなと思いたいけど、
ある意味、リアリストを標榜したい私としては、
その証拠が欲しい。でも、見つけられない。

ということで、この辺の情報をさ、愛心さんのリサーチ能力に頼ったわけなんだよね。
私の希望としては、「この辺の情報」のまとめを、まず、ここにだしてくれないかな。しつこいけどいいます。
猫さんの情報は、エントリですよ。
そこで終わりじゃない。
その前後にあるもの、その奥にあるもの。

例えば、一つは、アメトランプ。ここに対するメディア意見辛辣なんだけど。
資金の提供元は何とかね。
えと、何とか戦略とかいいませんけど、妄想するとそうなる。
もし、あなたのところが、妄想が立脚で、自分たちの維持に通じているなら、これもいいんじゃないのかな。

もっとほかにもある、愛心さんネタ候補
・アメメディアトランプいろいろ
・国内メディアいろいろ←たくさんありすぎ
・最近ネットでのWIGPが取り上げられかた
・官僚がろくでなしとの意見

最低20個ならべたいのだけど、この辺にしとこか。

いつになったら、あなたの分析がくる?
愛心さん
私のリクエストに応えなかったら、
少なくとも、ここ中韓ブログの読者の信用なくなりますよ。
いいんですか。
今日は、「ちくちく」、しました。ゴメです。


北京の民間シンクタンクを通じてネット公開した論文
指導者への個人崇拝については「まるで時代遅れの強権国家のようだ」「今すぐブレーキをかけなければならない」と主張。「なぜこのような知能レベルの低いことが行われたのか、反省する必要がある」と痛烈に批判した。

個人崇拝で誰が低レベルか競争してるんだよ。中国は。

日本の学校にいる雇われ外国人でも「日本の国歌」を歌う。
それは文化や伝統に対して敬意を持って。
「母国の国歌」と「日本の国歌」を大切にしますよ。
世界一、短い国歌なのに歌えないって方が可笑しい。


オウムの死刑後、
公安が信者の集会に対して訪問した時、不在でしたが、
再度、公安が訪問した時に横を通る信者が現れました。
腕に数十本の洗濯バサミを挟むという気持ち悪さ。
心理的にどう考えても、
死刑囚の痛みを感じる為の行為だと私は考えてます。

日米台 対支

>ソロさん、士心です。
 動画視聴しながら文字起こししたもので、誤字脱字乱雑文で申し訳ないです。多岐に渡るソロさんの知見を拝読し、胸の空く思いを抱く処です。

 現・蔡英文政権は抑々、反日の馬英九の対抗馬で成りあがった訳だし、現状が政治的に親日向きなだけで、日本統治時代の後藤新平、八田與一らを知る李登輝氏とは若干違った様相で、ソロさんの仰る通り基本は親支那、反日かと私も思います。色々なサイトを見聞すると、盲信気味に「親日国家台湾」と思われている方がおるようですが、やや短絡に思える状況も屡々。

 日本企業の支那進出は、欧米諸国が撤退しはじめた頃に国内では進出、投資の拡大を国家主導の体で謳い、悪戯に煽っていたような気がしてます。国というより企業主体でしょうから、政治家の中に是を推奨し斡旋していた連中が居たという事ですが、今の現状を鑑みれば大多数の方が納得される事と思います。

 問題なのは、支那が喉から手が出る程に欲している半導体技術に於いて、米台が技術流出及び国内での技術盗用や漏えいを防ぐ方策を施している現状にも関わらず、日本はその明確な方策が施されてない事ですね。寧ろ或る大手メーカーがズブズブになってしまっている。買収、吸収合併し放題。日本国領土含め買収し放題。まさにM&A(マジ&阿保か)です。made in China 2025の日本が事実上協力する事なってしまっては、苦々しい感情しか湧いてきません。

 米中貿易戦争により、支那の経済は窮しておる現状のようですが、彼の国はデキの悪い頭や右腕など飛ばしても、何れ何処からともなく生えてきます。頭や両手片足などなくとも平気で人様の畑を荒らしていく集合体の印象があります。奴等一番の強みは、技術など大した事なくとも膨大な人員からなる圧倒的な物量だと思います。今北戴河会議で長老達が方向修正を行う見通しのようですが、之に併せてか、李克強も存在感をアピールしてきているようですね。何れにせよ今北戴河会議の動向は要注目です。あとBRICSもです。

 以下、宮崎正弘氏の~引用。

◆「中国またしても経済政策の方針を転換。財政出動で景気刺激策を前面に干されてきた李克強首相が舵取りの主役に復活した点に注目」

 習近平は国務院の専管事項だった経済政策を、「○○小組」とかの新説の委員会に権限を移し、しかもそれら全てのトップに収まり、事実上の主導権を習近平子飼いの部下に任せた。

 つまり劉鶴(副首相)が経済政策の実際のトップであり、しかも対米交渉の責任者も、李首相でも、米国とのコネが強い王洋でもなく、劉副首相が当たってきた。 すべてが失敗した。

 経済成長は横ばいか、ややマイナス(統計上)、各地で在庫が積み上げられ、工事中断。失業の群れ。凄惨なばかりの経済失策の現場を見れば、中国の悲惨な状況を把握できる。加えて米中貿易戦争の開始により、対米輸出激減が予測されている。

 突如、李克強首相が甦った。
このところ劉暁波未亡人の劉霞訪独(事実上の海外亡命)の下工作のためにドイツへ行ってメルケルと会ったり、元気一杯。顔色が良くなった。
理由は習近平一派が掲載政策に失敗して、その責任問題が追及されそうになり、大きくパワーを後退させたからだ。

 さらに8兆円相当を国有銀行に投入し、貸し出しを増やすことにした。主目的は社債のデフォルトを防ぐことにある。「これは金融出動による救済でもなければ、景気刺激策でもない。あくまで調整である」と李克強首相が釈明発言をなした。しかし、どうみても上半期までの習近平の政策否定である。

 これまでの金融引き締めは、社債のデフォルト、インフラ建設の激減、地方債務膨張により、地方政府公務員給与の遅配、地元産業の倒産とつづいた。

 ところが、李首相はあらたに1990億ドル(22兆3000億円)を地方政府の信用枠拡大のために市場にぶち込んで、当座の金融危機を回避させる。
よく考えれば、「危機の先送り」に過ぎないが、あまりにも夥しい社債の債務不履行がつづき、やがては金融パニックを引き起こしかねないと認識したためである。

 P2Pも、およそ100社が解散させられたが、この規制も緩める方針である。この政策変更を受けて、上海株式は連続下落にやっと歯止めがかかった。人民元安は、必然的にこれからも続くだろうが、通貨安という犠牲との交換で、金融刺戟を行うのが李首相復活の嚆矢となる。

 中南海の奥の院の権力闘争は、必然的にパワー構造が変化し、王滹寧に替わって団派の胡春華が、劉鶴に替わって王洋リリーフ説も浮上しているという。

◆「人民元安は、まだまだ進みそう。過去四ヶ月で7%下落」
 中国の人民元安が止まらない。
香港の為替ディーラーの一部には「あと7%程度下落するだろう」との予測が出始めた。中国人民銀行の動きを監視するシンクタンクには、「易剛総裁の発言が示唆しているのは、一層の金融緩和のほか、外貨準備から1兆ドル相当を市場に放出するのではないか」との観測まで登場した。

IMFの元エコノミストであるオリバー・ブランチャードは「7%の下落で、トランプの高関税25%に中国製品は対応できる輸出競争力となる。おそらく輸出は30%程度伸びるのではないか」などと不思議な判断をしている。

現職のIMFエコノミストではないが、いやそれゆえにIMF内部に残る中国への幻覚症状の余韻が、この人の発言から聞こえてくるようだ。
IMFのラガルド専務理事は4月のボーアオ会議でも、中国経済に明るい展望があるという意味の発言をしている。

IMFは2016年10月に、人民元をSDR通貨として認めた張本人であり、しかし爾来、人民元は表面的に世界のハードカレンシー入りしたにも拘わらず、貿易決済の社エアは増えたのではなく、減ってしまった。

従って香港の「AXAインベストメント社」のカオ・アイデンらは「あと7%程度下落させないと、米中関税戦争で、中国の輸出価格の競争力は維持できないだろう」

BLICSとは

ブラジル、ロシア、インド、中国に南アフリカ共和国を加えた、
5ヵ国を「BLICS」と総称される。

以下、wiki参照
https://ja.wikipedia.org/wiki/BRICs


>ちり氏

ポッポさんは紳士的に受け答えしている気がするよ。

最近、ツンデレのツン?出たね。

森友追及のジャーナリスト・菅野完氏に米警察から逮捕状が出ていた
みたいですね。

米国で2度にわたる「女性暴行」での逮捕歴があり、刑事事件となっている。そして逮捕状が出ているにもかかわらず、いまも「国外逃亡中」の身らしいので、即日、逮捕しましょう。

福岡在住、115歳の田中さん表彰。

1903年(明治36年生まれ)の田中力子さん。
福岡の東区の和白で国内最高齢者になりました。
現在は高齢者施設に入居。趣味のオセロで職員を負かす腕前。
横浜の女性が同月の22日に117歳で死去されたそうです。(その御歳も凄い訳なんですが)
その代わりに田中さんが選ばれた訳です。

力子さん「皆さんのお陰で力を与えられて死ぬ気がせんとです。」

力子さん「あと5年、120歳まで元気に生きたい。」

こういう長寿は珍しく、なかなか患者さんは早死にしたいと言うので、素晴らしいと思います(*'ω'*)あっぱれです。



【安倍・移民政策】外国人労働者、一部製造業にも拡大&永住権付与への道
https://ameblo.jp/kororin5556/entry-12394603546.html

だからさ。。。

こういうのもあってやりたいんだよね。
ちりちゃんです。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 国交省や、経産省も、叩けば埃の出る官僚がうようよしていると思います。 米国文化の、物質主義の影響で、衣食足って礼節を知る「=給料が他界とモラルが高い」のではなく、寧ろ、その反対だと、気付かねばなりませんね。 こういう、戦前なら、誰ええも知って居た話を東大出のエリートが、知識だけで、全く実践できていないのは、前川喜平を見れば分ります。2018/07/31(火) 16:17:27| URL| ナポレオン・ソロ #90LdKUd6

献女

新羅は唐に献上する優れた手工業品を作れなかったことが背景にある。
献女にされた性奴隷の美女は、役目が終わっても唐に留まり商売を始めた。新羅は海外進出型売春の先進国だった。

高麗王朝は蒙古に蹂躙され、毎年何万人もの女性を揃えて蒙古に提供した。若い男は去勢されて宦官として献上された。

1000年以上もの間最下級の属国だった朝鮮に対する支那の苛斂誅求は苛烈を極め、朝鮮半島に混乱と貧困を植え付けた。

食糧は全て略奪されて糞尿だけが残り「トンスル」「ホンタク」の起源となる。
繁殖適齢層の支那による没収が原因で種の絶滅に直面した朝鮮人は、獣本能を剥き出しにして見境無く「試し腹」を続けて遺伝子損傷による「火病」を発症させた。

ちりちゃん、感想ヨロ     (・”・)

霞が関は人事の季節 官僚たちの夏

今回の霞が関の各省庁人事をわかりやすく解説

今日は、政治女性心理学者ゴマノゴマオが贈る、霞が関コンフィディンシャルリポートよ!!
テーマは「民主党系官僚の復活劇、お帰り増税派のみなさん~官僚たちの夏、キンチョウの夏~」だよ!!!
次官級人事から課長人事まで徹底分析。注目は、官邸直系のSさんの次官起用やNさんの本省復帰だけじゃないよ!!
民主党政権で官邸にいたOさんやTさんの要職起用、Mさんの課長抜擢も注目よ~。詳しくは購入して買読んでね。

本文ではイニシャルを実名に直しているからね
https://note.mu/seikyoku/n/ncf847cf72ce3

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/