とっくに危機なのに崩壊しない中国  2月14日(水)


前作からの続き
さて本題に少し入ってみます。崩壊国家の定義とは
「崩壊国家とは、国家機能を喪失し、内戦や政治の腐敗などによって国民に
適切な行政サービスを提供できない国家のことである」と書かれています。

また別の項目では、「政府の無力、腐敗によって行政が機能しなくなり、警察、
医療、電気、水道、交通、通信等の社会インフラストラクチャーが低下する。
中でも治安は急速に悪化し、給料の遅配等により軍隊や警察では職場放棄や
サボタージュが発生する。暴力装置たる兵士や警察官が、自ら犯罪を実行す
る事態が起こる。この治安の悪化により、生産力と国民のモラルが低下する。
農民が土地を捨てて難民化し飢餓が蔓延したり、略奪などが日常化したりす
る」と書かれています。

しかしこれらは中国の地方においては全て当てはまるが、大都市では当ては
まらない箇所があります。これら崩壊をもたらす要素は、中国ではどれ
もこれもとうの昔から存在しておりただちにそれが共産党政権を終焉に導く
わけではありません。

それでは何故2015年を境に、中国にたいする世界の見方は「繁栄論」から
「崩壊論」へと180度転換したのだろうか?

我々民主国家の常識で言えば企業も国も資金が枯渇すれば直ちに倒産
する。中国がいくら数字をごまかしても、国家や企業が破綻する原因は赤字
ではなく間違いなく資金ショートです。その意味からいって中国の外貨準備高
は、ここ3年急激に減少しだした。

2014年に3.6兆ドルあった中国の外貨準備高は2015年実際に中国当局が
使える外貨は1兆ドルをはるかにきっていたとの新聞報道もあります。
また2015年の9月、日本国債が中国投資家により大量売却されたという
報道もありました。つまり中国が外国資産を売却するのは資金ショートを
防ぐ為だと思われます。

外貨準備がまだ1兆ドルもあるのに、資金ショートなど起こるはずがない、
と思われますが、しかし中国の借金額は1兆ドルどころではないと言われ
ています。短期債務等を勘案すると、中国の外貨準備はとっくに枯渇して
いると推測できます。

日本の一部の経済評論家は中国土地の今までの値上がりは外国企業の
投資だと言っているが、まともな投資家は個人資産にならない危険な国の
土地に投資などしない。投資するなら金融や一部証券でする、何故なら直ぐ
逃げることが出来るからです。

2015年から巨大なキャピタルフライトが起きているのは外国投資家が中国
の金融諸品を売り逃げしているからです。ドルが枯渇するのも当然なこと
です。

外国人が危険な中国に投資したのは、基本的に人民元がドルペッグで為替
リスクがないためです。米国で金利2%で調達したお金を、為替が変動しな
い中国で5%~8%の投資商品に回すと、中ザヤの3%~6%が抜けます。
まさに笑いが止まりません。
しかし人民元がドルペッグから乖離していくと中国の金融商品に投資家たち
は見向きしなくなります。なぜなら人民元が投資リスクをともなう存在にな
るからです。だからどんどんキャピタルフライトが起きているのです。

新聞報道によれば国際貿易通貨としての決済額はアジアやアフリカにおいて
「円」は「人民元」に抜かれていると報じられています。
しかし長年貿易をやってきた人間として言えますが,円より人民元の方が
信用があるというわけではない、それは人民元がドルペッグしているからです。
したがって人民元が完全な変動通貨、自由通貨になったとき、もう誰も人民
元など見向きもしなくなります。

だから中国は国際通貨として認めてもらうために、IMF(国際通貨基金)の
SDR(特別引き出し権)に採用されるように猛烈なロビー活動をしました。
結果採用され人民元が国際通貨のお墨付きをえました。
中国は人民元をSDRの構成通貨にして国際化させないと、現在の借金生活
を続ける事が出来ないからです。

しかしなぜ英国とドイツが崩壊寸前の人民元をSDR入りに賛同したのか!
また反対している米国がなぜ否決しなかったのか、賄賂だけの効果とも思え
ませんが!米国が否決しなかったのは、あえてSDR入りを先行させることで
中国に通貨政策の改革を迫ったからだと思われます。

いわゆる人民元は資本主義の必要条件をみたす金融市場での自由な取り引き
や他の通貨に自由に両替等など「法の支配」といった要件を満たしていません。
中国は各国政府の準備通貨になったが、資本取引も為替相場も自由化されて
いません。

中国が国際通貨の必要条件とするこれらの事を達成し、金融機関に政府が介
在しないとする資本主義の要件を満たせることをすれば中国は確実に崩壊し
ます。中国は共産党資本主義の矛盾にまだ気が付いていない。もしこれらの
事をしなければ世界経済への影響はほとんどありません。
米国もおそらくこのことをよくわかっていて、腹の中で笑っていたと思われ
ます。

人民元は「ドルとユーロとの3極をになう通貨になった」「中国が経済強国
になったことを世界が認めた」など鼻高々ですが、米国は「米ドルの地位を
脅かす」ことなど100%あり得ないと安心しています。
それよりも巨額な不良債権を抱える中国経済の危険性に米国は警笛を鳴ら
していますし、また国際決済銀行(BIS)が「中国は3年以内に金融危機に
陥るリスクがたかまった」と言っています

いずれにしても中国は人民元がドル、ユーロ、円、ポンドに続く5番目の
「国際通貨」になって事で、逆に上記の共産党資本主義の矛盾を解決する
手段を失くしました。中国は自分の首を自分で絞めたのです。国際経済の
知識と経験のない中国の悲劇です。中国はやっぱり中国です。

(続きは次回にて)

3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



コメント

プログ主様、アップありがとうございます

支那は党員🆚非党員の階級闘争のようですね。
同国の金持ち=党員かその関係者でしょう。

確かに彼らはアメリカやカナダに永住権を得、貰った賄賂は国内から退避させ、優雅な亡命貴族生活をエンジョイするのでしょうが、悲惨なのは「非」党員の運命ですね。
彼らは普通に肉体労働し、子育てや老後のために「国営の」銀行に貯金するだけなんですよ。

どこにも逃げられやしない。

今、地方政府の借金が天文学的数字に達しつつありますが、外資が支那地方債が危なくて手を出せないと言うなら、地方債の受け手は国営銀行以外ありません。

当然のごとく踏み倒すお上(党)。

踏み倒された銀行は不良債権によりデフォルトし、非党員の預貯金を吹っ飛ばすってわけですよ。
一文無しになった非党員は消費ができなくなり、支那経済は「真のタヒ」を迎えます。

外資も愛想を尽かす。巨大市場=非党員です。
党員だけならベトナムの人口と同じくらいしかいないでしょ。よって国際社会からの一切の支那贔屓は消えます。フィリピンやベトナム辺りは混乱に乗じて領土を取り返しに来るんじゃないですか?

支那の地方暴動は都市部に飛び火し、日和った人民軍の一部が、「江沢民派や外敵アメリカの後押しなど」もあり、造反するでしょうね。

いずれにせよただの漢族の仲間割れや外患誘致の類いであり、民主化革命とは程遠い姿ですな。
だがそれが漢族クオリティというものです。
「馬上天下を取る」のが好きらしいので、そのとおりにさせてやりゃいいんですよ。

シナ・朝鮮抜きの新大東亜共栄圏の建設

>ブログ主様 今週も更新有難うございます。
>>シナの国家資本主義の末路
 今日現在、米国のドル安容認発言を受けて、ドル安が進行し代わりに、上海の株式相場g値を上げて居ます。 是は、御紹介の如く、15年6月に起こった上海市場の株価大暴落後、上海市場の関係者には久々の朗報でしょう。 此の暴落の原因は、政府の株価介入に怒ったソロスが持って居た上海市場の大量の株式を、全部売りに回って撤退した事に起因します。この現象で、シナの株式相場が息を吹き返したと看るのは早計だと思いますが、日本の日経辺りは、大喜びしているのではないかと思います。

 長期的な見方をすれば、シナ経済が良くなる要素は一つもないので、単に、「買う理由」に反応しただけの一時的なモノと考えた方が良いのではないかと思います。 然し、トランプは元々商売人ですから、「米国ファースト」の意味は、「米国の利益ファースト」と取るべきですので、米国の動きは油断がならないモノがありそうです。

 ブログ主様の指摘は、「国家経済の破綻が既に起こって居るのに、破綻の現象が表沙汰にならないシナ経済」だと思いますが、この理由は、ドルペックの人民元と人民元のSDR入り、そして、凡そ400兆円に達しようかと言う外貨準備高でした。 然し2015年に発覚した、過剰生産に拠る過剰在庫は、シナの計画を狂わせ始め、あらゆる商品の生産部門の勢いが落ち込んだままになって終って居ます。

 在庫ばかりが積み上がっているが、サッパリ買い手が着かないのです。 其れで一帯一路施策を打ち出して、需要を喚起しますが、肝心の工事が、我田引水的な工事契約、現地の事情を無視した工事計画、地元国の法律を守らない遵法精神の無さなどで、総スカンを食らいつつありますが、是が10年や20年で、改善する見込みは無いと言って居でしょうね。

 民主主義の政体で自由経済の国なら、とうに国家破産している段階です。対外的には借金で回す他は無いので、外債がドンドン積み上がって、その額33兆ドル=3700兆円、嘗ての外貨準備高の10倍以上の借金を抱えて居るのです。シナ経済は、国民の暮らし向きや生活水準とは連動しないので、不況だ、経済破綻だと騒いでも、国民の総人口を仮に13億人とすれば、1/200=0.5%程度の中間層でも650万人、その亦1/100の富裕層で6.5万人も居るわけですから、政府が規制を懸けない限り、「爆買い」だの「溢れんばかりの観光客」が減る事は無いでしょうね。 然し、国の財政は確実に破綻に向かって居て、良くなる要素などありません。

 日本にとっての最大の関心事・問題は、この先のASEAN・インド大経済圏での、共産シナとの鎬を削る争いでしょう。 シナと組むと言う選択肢は、共産シナでなくともあり得ないものです。 何故なら彼らは、商売で国家や地域に貢献しようとしているのではなく、飽く迄、自身の氏族レベルの繁栄しか目標として居ないからです。 是では、人類が昔から夢見て来た、病貧争災の撲滅には程遠い処か、却ってそう言うものが世界に蔓延り、其れをネタにして自分だけ儲ける人種を創りだす事になるのは、現状のシナ人を見て居れば自明の理です。

 日本人は、明治末~大正初期の1910~1915年の間に得た南洋諸島、併合した朝鮮や、20年前に新たな領土とした、台湾の開墾・近代化事業や現地人の教化の成功によって自信を着け、同時に進捗中であった満州開拓も順調であった処から、有色人種による大東亜共栄圏構想を練り、満州の建国と共に、独自の経済圏を持とうとして居ましたが、結局の処、利己主義のシナ人と朝鮮人が余計だったと言う事です。

 今度は、其の2つを抜きでやりたいものですね。

更新ありがとうございます。

そんな中国の誰が日本の北海道の土地や、都心の高級マンションを買いあさっているのですか?
これから日本にどんな悪影響を及ぼすのでしょうか?
ほっておいていいのでしょうか?

発展する支那と取り残されている日本


2017年のアメリカに対支那貿易赤字は3752億ドルで、この規模まで赤字が膨らめば、支那からの輸入品無くしてはアメリカ国民の生活を維持出来なくなっているので、貿易赤字の削減を重要公約に掲げるトランプ大統領も、肝心のアメリカの製造が復活しない限り、支那に対する強い制裁措は取り難く、それが判っている支那は「アメリカは実際には強い制裁措置は取れないだろう」と高を括っています。

また、日本の製造業でも、支那製の機械が無いともはや維持出来ない分野があり、繊維・アパレル関係では生地を造る織機、生地を裁断する裁断機、生地を縫うミシンなどがほとんど支那製となり、日本製の機械で世界各国が製品を作っていた時代が過去のものとなりつつあります。

此処で、ブログ主様やコメンテーター諸氏が「周回遅れの議論」をしている間にも、支那はAI化とロボット化、更に再生可能エネルギーの実用化に邁進し、片や日本は、外国人労働者を増やし、残業時間を増やし、女性の就労を増やし、年金の受給年齢を引き上げて国民を死ぬまで働かすという、労働集約型社会を目指しています。

このような安倍自民党政権が目指すところは、曽て「B29に竹槍で立ち向かおう」と言っていた時代に戻るようなものであり、現在の与野党議員の「クニノシャッキンガー」という大合唱が続いて行けば、そう遠くない将来に日本があらゆる分野で全く支那に太刀打ち出来なくなる日が来ることが確実となっています。

緊縮財政と増税で衰退し続ける日本が支那に打ち勝つ道は只ひとつ、積極財政と減税で、公共事業費、軍事費、科学技術の研究開発費、社会福祉予算などを劇的に増やし、日本経済を再び成長軌道に乗せる以外にはないのです。

通貨は借金で創造される


異なる話題を連記すると長くなるので、「何故、財政再建とプライマリーバランスの黒字化は亡国政策なのか?」ということを分かりやすく説明します。

今でも多くの国民は「銀行は預金者から預かったカネで国債を買っている」と思い込んでいるが、確かに国債の一部は銀行が預金者から預かったカネで買われているが、大半の国債は「銀行が無から創造したカネ」で買われているので、国の借金が増えれば家計と企業(金融機関を除く)の現預金が増えるのです。

従って、もしも本当に財政再建が実現して国債を償還すれば、家計と企業の現預金が激減して日本経済が凍り付いてしまいます。

其処まで行かなくとも、プライマリーバランスの黒字化を達成すれば、当然家計と企業の現預金が減少して日本経済が低迷します。

勿論、国の借金が減っても、それ以上に民間の借金が増えれば、家計と企業の現預金が増加して、日本経済が成長しますが、今は民間の借金は増え難いのが現実です。

当然、財務官僚はこんなことを百も承知の上で、出来る筈がないプライマリーバランスの黒字化や財政再建という「偽りの錦の御旗」を掲げて、経済音痴な与野党議員を洗脳して、意図的に日本を衰退させているのです。

自前メディアの構築


未来の扉が無い中国 2月7日(水)のコメント欄で、 暗闇三太さんとソロさが桜井誠氏に対するメディアの対応について言及されていましたが、 暗闇三太さんが立腹されているように、メディアが意図的に桜井誠氏の主張を無視していることは間違い無く、将来日本第一党所属の国会議員が誕生するまで、メディアの意図的な無視が継続すると予想しています。

だからこそ、 メディアの意図的な無視を打破するために、日本第一党の党員は各地での街頭演説会、演説会場でのチラシ配布、戸別ポスティングなどを続け、私も効果的なチラシの試作品に取り組み、出来上がれば本部事務局へ送付し、ポスティングへの使用許可を得ようと考えています。

ポスティングは、ネットや街頭での活動に匹敵する宣伝効果が期待出来ますが、印刷費が嵩むので、今の党の財政状況では全戸配布は難しく、取り敢えずは来年の統一地方選挙で日本第一党公認候補が立候補する選挙区に重点配布するしかないでしょう。

暗闇三太さんが仰るように、桜井氏の言っている事は日本人であれば誰もが賛成する事ばかりであり、後はその主張を如何に有権者に印象付けるかのイメージ戦略が重要で、私は既に頭数が揃っている街頭演説会の弁士はパスして、日本第一党の視覚的なイメージ作りに専念するつもりです。

ブログ更新有難うございます


今回の記事はマクロ経済の視点で書かれた内容ですが、例えば支那経済が破綻したとしてそれを手放しに『支那崩壊』と喜べない所に問題があります。これは追々ブログ主が記事にして下さる事と思いますが、我々日本人は、支那経済が云々という事よりも国内の需要と供給についてもっと深く考えて政策に反映させる必要があります。利権塗れ、或いは机上の空論好きで日本の将来像を無視した今の永田町霞ヶ関に任せているとトンでも無い事になってしまうのです。

私は『基本的に』小さな政府を希望しています。かと言って夜警国家を良しとしているわけではないのですが、今後少子化が進み年金受給年齢がどんどん引き上げられていくとすれば、若者の元気と意欲を引き出さなければ国は衰退するという前提で考えても、もはや福祉に関して思い切った政策を取らないとどうにもならないと思います。(まずは外国人生活保護根絶)こうした現状に置かれているにも関わらず、今の日本には自民政権の元、医療費詐欺の支那人達がどんどん招き入れられています。

支那韓朝鮮憎しで国家間の問題に意識が集中するのは良い事ですが、同時に国内の問題にも目を向けて行かなければなりませんね。早稲田祭さんが仰るように、安倍さんの経済政策は問題山積です。今現在米有名大学への留学者数において、日本人は支那人の足元にも及びません。我が国では奨学金の外国人優遇の問題もあります。つまり10年後20年後の世代を考えても日本は支那に勝てる要素がないのです。共産党体制が仮に潰れたとしても、反日教育を受けた支那人の新たなる国家?は日本の脅威に成り得るという事です。

眠いので話がアチコチに飛び何が言いたいのか判らなくなりましたが、せっかく書いたので送信しておきます。w

> ソロさん


> トランプはこうした、やり場のない不満を抱えた没落した中産層の不満を代弁

経済問題を槍玉にあげての選挙活動は国民の注目を集めるに容易いのですが、反日在日問題を取り上げて選挙を戦うのは難しいという現状。ここを何とかするには、ソロさんが仰るように電波オークションしかないでしょうね。

ネットが幾ら普及しているとは言え、私の個人リサーチでは、若年層から壮年層まで趣味におけるSNSの活用がその大半を占めていて大和魂覚醒手段には到底成り得ない。ネットは興味のある方面ではどんどん情報が集まりますが、興味がない方面の情報はまったく手に届きません。仰るように一方的に情報を押し付けてくる新聞やTVメディアを日本人の手に取り戻す必要がありますね。

> ダカラドロンパは、勝ち目は無くても、名乗りを上げるには、良い舞台だと思った

あぁ見えて実はかなり頭が良い人だと思います。最近は海外の保守派政党勢力との人脈を広げているようです。その内容を掲示板等に書き込むのは党規約違反かもしれないので書けないですが、既に10年先を見越して動いているようです。

しかし『ドロンパ』って確かアメリカから来た意地悪オバケだったはずで、桜井さんがこのHNを使っているのには少し違和感があります。w

> ajisaiさん


> そんな中国の誰が日本の北海道の土地や、都心の高級マンションを買いあさっているのですか?

富裕層が投資等自分のためにというのであれば良いのですが、問題なのは共産党の指示を受けた機関?といった感じでしょうね。買い上げている土地の所在を考えればそう言わざるを得ないというケースも散見されます。ググレば色々出てきますよ。

> 日本にどんな悪影響を及ぼすのでしょうか?

前回老猫さんが書いておられたように、朝鮮半島有事の際などは、国内反日分子の活動ベースになるといった感じではないですか?自衛隊や米軍基地の通信傍受やジャミング等々考えられる事は色々あります。水資源の確保などもそうでしょうね。全てがそうというわけではないので、過剰に反応し過ぎるのはどうかと思いますが。

> ほっておいていいのでしょうか?

日本以外の国では、土地取引は借地権までであって色々規制が掛かります。当然と言えば当然なのですが、日本人にはそういう危機感がないのでしょうね。所謂日本は島国であり、隣接する国がないというのが原因だと思います。危機感ないんでしょうね。勿論一般人は危機感ないで通用しますが、政府がそうでは困ります。

自民党は放っておいて良いと考えているようです。対馬が朝鮮人のモノになりかけてますよ。w


日本第一党が歩むべき道

>暗闇三太さん 日々お忙しそうで大変ですね、頑張って下さいとしか云いようが無い私は、「毎日日曜」しています。ww
>>ドロンパは、アメリカの意地悪お化け
 桜井さんがドロンパのHNを使って居たのを初めて看てから、既に16年が経って居ますから、使い始めてからなら、20年近く経って居るのでしょうか。

 その頃の自民党と言えば、共産党が愛国者に見える程の左傾振りでしたが、先日亡くなった野中氏が幹事長として、参院の青木氏や村上氏、そして、00年(平成12年)の小渕総理の急死を受けて、総理大臣になった、森喜朗氏との4者体制での密室政治を展開して、日本が米国が嫌がる程溜めこんだ国富を、米国の言い形にあちこちにばら撒こうとしていた時代でしたね。

 兎に角、その自民党を立て直したのが、JR労組(共産党員)~京都府議~京都副知事~衆議院議員と言う政治歴を持つ、解同を背後勢力にしていた野中氏であった事は、日本が如何に左傾化して、亡国の危機に有ったかと言う事でしょう。ですから、今でも自民党の体質は中道左派だと言う指摘は、当然なのです。

 ですから桜井さんは、米国が日本の戦後復興の為に、米国市場を開放しているとはいえ、戦後50年も経って、未だに米国の実質的な支配下に置かれた準州の様な扱いを受けて居る事に対し、皮肉な意味でドロンパをHNにしたのではないかと思いましたね。 ですから、日本に対する米国の桎梏が取れる迄、つまりは、日本が防衛・経済・政治の面で、自主独立できる迄、此のHNは使い続けるのではないかと思います。ww

 私の自民党の認識は、第一次安倍政権が出来た当時、大きく3つに分類され、改革派、守旧派、売国派が、派閥と言うモゥ一つの枠組みの中で互いに足の引っ張り合いをして居たように思います。 安倍さんの出身派閥は、小泉前首相と同じく清和会三塚派でしたが、盟友と恃む、中川さん、そして、麻生さんは別の派閥です。 安倍さんの派閥には安倍さんの後を受けた福田のび太が居ましたが、彼は、完全に媚シナ、反米でしたね。野中氏は加藤(紘一)派と組んで居ましたが、派閥は、同じく解同系の支援を受けて居る古賀派でした。

 この様に、21世紀初頭から10年間の00年代は、其れまで派閥政治を続けて来た自民党自体が、経年劣化を起こして居て、派閥間争いばかりで、国民の為の政等及びもつかない状態でしたので、国民が、国民の生活を顧みない政治に愛想を尽かして居た感があり、民主党に政権を渡す事になったのは、或る程度やむを得ないし、野に下る事で、深く反省する機会になったと思って居ました。唯、鳩山が金にモノを言わせて、総理の座に就いた事は、日本の伝統の根本的なものが、失われた様で酷くショックだった事を覚えて居ます。

 つい永くなりましたので、結論を急ぎます。暗闇三太さんが自民党を批判する事は悪い事ではありませんし、個人の自由でもあります。 然し、現状に満足できないのなら、その欠点や弊害について、もっと紙面を割いて指摘すべきで、悪口雑言にしか聞こえないのでは、みすみす敵を増やすだけではないでしょうか。 

 自民党は大所帯で、経験が浅く地盤が不安定な議員も多いので、地盤が確りしたベテラン議員の後をついて行く様な話になります。 すると、派閥政治が復活して、元の木阿弥と言う事になるでしょう、ですから、日本第一党が、狙うべきはこの若手議員なのです。

 若手議員に足りないモノは、お金と安定した地盤と知名度でしょう。 此の最後の知名度を効率よく上げるには、国民に対する露出度を上げる事でしょう。 其れには、TVが一番だと思います、かといって、日本第一党が、TV局のライセンスを取得する等、完全に無理筋ですから、TV局が欲しがっている売れるコンテンツを提供すれば位のです、それには、国民がウンザリしているレガシィ左巻き野党に退場願って、保守の少数野党だから言える、国民の為の政治を、ドロンパのアジテーターとしての才能を発揮してもらって、「自民党のサヨク部分を攻撃するのが本当の野党」と言う、新たな流れを造ってほしいのです。

 そして、自民党の古い体質に疑問を持って居る若手中心に、日本第一党のシンパを造って行く事が、将来の政権奪取に繋がって行くのは間違いない処です。その為にも、自民党内に味方を造っても敵を増やす言動は、マイナスにしかなりません。 其れには、自民党の内部構造をもっとよく知る事が大切だと思いますがね。 批判する事は、相手を利していると言う副次効果がある事もお忘れなく。

支那へ回帰

支那は、中華民国から中華人民共和国を経て、再び元の支那へ回帰する。
チベット、新疆は離れて独立し、満州へ、内蒙古は各々我が道を行き、支那内部は群雄割拠。

「支那万歳」。

まぁ、見てなはれ


ソロさんのご意見だが、私に言わせれば笑止千万。

自民党員で維新党員でも、党員を辞して日本第一党に入党したいのなら本部も受け入れるでしょうが、日本第一党から他党へ摺り寄ることは有り得ません。

私が斯く申し上げるのは、日本第一党の体制が整って、他党との宣伝合戦になれば「絶体に負けない」という自信があるからで、私もこれからの日本を背負う若者をターゲットに「日本第一党はトレンディ。他党は時代遅れ」というイメージ戦略を練り、先ずは自分の力で出来ることから始めようと準備います。

幸いにも、私は定年退職した身なので、日本第一党の為に特技を活かせる時間が充分にあり、残りの人生をこれに賭ける覚悟です。


暗闇三太さまお返事ありがとうございます。

なんか怖いです。微力ながらできることはしたいです。
政府はもちろんわかっているのでしょうが、はがゆい思いです。

> ソロさん


> その頃の自民党と言えば、共産党が愛国者に見える程の左傾振り

『共産党が愛国者に見える』には笑いました。金丸さんや野中さん等々過去の実力者を振り返っても、自民内部が如何に腐り切っているかは誰の目にも明らかでした。小泉さんがそれまでの自民党政治をぶっ潰すと言いだして面白かったのですが、結局自民が自民をぶっ潰した所で何も変わらないという歴史的事実が更に面白いです。

金丸で思い出しましたが、ラスコリニコフの日という小説が話題になったのはこの時期だったでしょうか。今書棚を探してみると既に無くなっているので、誰かに貸したのかもしれません。面白かったので読んでない人は読んでみるといいかなと思います。

悪い癖で話がそれました。w

> 日本が防衛・経済・政治の面で、自主独立できる迄、此のHNは使い続ける

常々思うに、こうした私のクダラナイ話に対しても、これ程まで丁寧に返答して下さるのがソロさんの凄い所だなと思います。お話を伺ってなるほどと思いました。

> その欠点や弊害について、もっと紙面を割いて指摘すべきで、悪口雑言にしか聞こえないのでは、みすみす敵を増やすだけ

如何せん面倒臭がりの上に喜怒哀楽が激しい性質故、ソロさんはじめ他の方々のように倫理的で説得力のある文章が書けません。オマケに馬鹿ですから細かい事を記憶しておけず、さりとて資料を取り出してまで正確に書こうという努力もしたくないという。w

> 自民党の古い体質に疑問を持って居る若手中心に、日本第一党のシンパを造って行く事

少しでも筋が通ってないと見れば猛烈に批判する桜井党首ですから、既存政党で活動なさっている人を簡単に受け入れる事はないと思います。青山さんや杉田水脈さんの事もボロクソに扱き下ろす人ですから。勿論批判の内容を聞けば納得なのですが、これでは敵ばかり増えて仲間を増やすのは大変だなと思う事も屡々です。w

とは言え、今後の政治を大きく変えていくには手垢が付いていない?一般人が政治に進出していくのが一番だと思いますので、これはこれで良いのではないかと思っています。

ソロさんからのご忠告、しっかり理解しました。有難うございます。(理解しても実行できるかどうか…)


P.S.
同門?兄弟子?である早稲田祭さんとソロさんの攻防、結構好きなんですよね。w


支持を訴えかけるにも相手がいることを忘れてはいけませんよ?

たとえ郷里を愛する気持ちを持っていようと、頭ごなしに言われれば反発します。

私自身は日本第一党については当分「様子見」を続けます。
暗闇三太さんの投票行動と逆にしますよ。
原則自由民主党候補で、いなければ日本第一党候補で。

リベラル政党よりは当然評価は上ですが、政権に耐えうるかというと、危なっかしさを覚えます。

桜井誠氏のワンマン政党なら「敵」にとって切り崩すのは簡単ですからね。
ロクな護衛もついていないうえに、そこまで荒技を使うまでもなく、そっとカネを握らせ彼を汚せばいい。

彼はそんな人ではない!と支持者は反発するでしょうが、すみませんが私はそこまで彼に入れ込めないもので。

今現在は潔白でも、将来政治活動のため目がくらんだり、耄碌したり(彼はまだ若いですけれども)、落とし穴は色々と。

暗闇三太さんはそんな彼を皆で盛り立てフォローする「草の根」路線のようですが、ならばなおのこと、「日本人なら」ついて来い!来れなきゃお前らが悪い的な誘い方はよくないです。

貴党の未来のためにも紳士的な勧誘をお願いします。

頑なに独立独歩ならどうぞご勝手にw

>暗闇三太さん
>>少しでも筋が通ってないと見れば猛烈に批判する桜井党首ですから、既存政党で活動なさっている人を簡単に受け入れる事はない
 そう言う頑なな処は、昔から垣間見えて居ましたね。 ダカラ、ブログ活動を長く続けていて、彼の意見への賛同者も多いのに、今迄、ブレイクしなかった理由なんでしょう。 敢えて敵を造り粉砕する事で、勝ち抜いて行こうと考えて居るとしか思えませんが、それをやれば、彼の意見を分かってくれる人は確かに増えますが、敵も味方も増える事になります。

 是では、数で決まる民主主義で、勝利者にはなり難いし、勝利したとしても永続きしません。 何故なら、世の中は常に変わって居るからで、その中で変わらないモノだけを主張するのは、他人の支持を必要としない哲学者のする事です。

 その上、一般人には利害と言う厄介なものがあって、自身や家族が生きて行く為には、心ならずも妥協しているのが、普通の人間の生き方でしょうし、其れで世の中は釣り合って居る部分があるとは思いませんか? 「端から妥協では政治活動など出来っこない」とお考えなら、その民主主義は、「絵に画いた餅に等しい」と言えます。何故なら、誰もついて行けないからです。

 ドロンパが其処まで頑迷固陋だとは思いませんが、もし、そうなら、泡沫のまま消えて行くしかないでしょうね。

 政治に理想は必要でしょうが、飽く迄、「現実に役立つモノ」と言う考え方を、日本人は適用して居ます。 ですから、橋の無い川に、橋が懸って便利になった、大きな道路の無かった集落に道路を引いて大きな集落になった、と言った、田中角栄型のインスタントに理解できる「世の為、人の為」が持て囃され、其処で止まって終って居るのが、日本の政治の欠点です。

 あちこちに道路が整備されて便利になりましたが、今度は、その便利さが故に起きた新たな障害となる事由を解決するに、亦もや、先祖がえりをしたかのような、収賄・贈賄で、政治家が私腹を肥やして居るのです。 具体例は、証拠が必要なので挙げられませんが、今の時代にありがちな種類の不正が多いですね。

 自民党の大半は、未だこのレベルの政治家だと言うのは、岸和田市長選で、自民党公認の便宜を図って貰おうと、市長候補が200万円を地域の自民党議員に渡すと言う、恥かしい事件がありましたが、非難を受けて居るのは、贈賄側だけと言う不思議さ。 特に大都市近辺の自民党は腐り果てて居る処が多い、大阪、名古屋、東京は、目を覆わんばかり、 広島、仙台、福岡では、逆に左翼・朝鮮系が自民党と同じ事をやって居ます。

 こんな状況を一遍に変えるなんて難しいですよね。でも、一昔前は、是に官僚や組合が噛んで居たから、正に魑魅魍魎の世界だったのです。 昨年来、北朝鮮の暴走で国民の危機感が高まり、野党の力が急速に落ちて来た今こそ、チャンスではありますが、日本の構造は何も変わって居ず、敵の種類と数が減っただけの事だと思わねば、間違える事になるでしょう。

 こんな状況を承知の上で、意地でも単独で支持を勝ち取って行くと言うなら、止めませんが、先ず自民党の組織力には歯が立たないと思います。 自民党を徒に敵に回すより、日本第一党の知名度を上げて「国民の為に何をしたいのか?」を国民に周知して、自民党に吸収されるのではなく、理想や目的がバラバラな集団である自民党を、吸収して行く努力をして行くべきだと思いますがね。

都知事選での桜井氏の主張には全て共感できた。

そして、私は彼に一票を投じました。

> 青山さんや杉田水脈さんの事もボロクソに扱き下ろす人

自民党の良心と呼ぶべき青山・杉田氏を否定しては、日本第一党に好意を寄せる選挙民を、自ら遠ざけるだけです。
人物本位で政治家を選択する人にとって、桜井氏はよりベターな一人にすぎないのです。ベストな政治家は残念乍いないのです。

>> 政権に耐えうるかというと、危なっかしさを覚えます。
>> 「日本人なら」ついて来い!来れなきゃお前らが悪い的な誘い方はよくないです。

同感です。

>>> ブログ活動を長く続けていて、彼の意見への賛同者も多いのに、今迄、ブレイクしなかった理由なんでしょう。

小坪しんや市会議員の方が、政治手法や戦術に長けているように見受けられます。

>>> 自身や家族が生きて行く為には、心ならずも妥協しているのが、普通の人間の生き方

実業家の暗闇三太様なら、百も承知の筈です。

>>> 理想や目的がバラバラな集団である自民党を、吸収して行く努力をして

そんな政党の出現を希望しています。

(・”・)

戦争が起きたら、スリーパーセルが活動する?

中国は自国の人民元の価値を高めるためにIMFのSDRに採用されるようロビー活動を行って、これで人民元をSDRの基軸通貨にしたら、国際通貨の必要条件とするこれらのことを達成して、金融機関に政府が介在しないする資本主義の要件を満たすと、中国は確実に崩壊するとは、国際通貨とは何かが判らずに自分の欲求だけしか見えなかった報いと言えるのでしょう。

これまでの人民元が、ドルを担保にしての信用しかなかったことを、一番判っていなかったのが中国だったとは、身の程知らずでした。


北朝鮮の暗殺部隊が日本で暴れるとかの、三浦瑠麗氏の発言が話題になっているようです。

三浦氏は米国と北朝鮮の間で戦争が起きた場合、金正恩がころされたとしても「スリーパーセル」という組織が活動すると語ったそうで、スリーパーセルとは一般市民を装って潜伏している北のテロリスト分子のことで、三浦氏は「ソウル、東京、大阪に潜んでいるそうで、いま大阪がヤバいといわれる。首都よりほかの大都市が狙われる可能性がある」と説明したとのことです。
ちなみに、スリーパーセルは日本に200人位潜伏している可能性があり、年齢は40~50台が中心で、女性は1~2割程だそうです。
活動は流言飛語や特殊部隊の護衛や案内役を3人グループで担当するそうです。

北朝鮮が米国との間で戦争が起こった場合、このようなことをやるのは不思議ではなく、1950年の朝鮮戦争でもこれをやったと思います。その時は、日本共産党も協力したと思います。

それに、スリーパーセルの直訳は「潜伏細胞」だそうですが、左翼の連中は何かというと「オルグを潜入させて云々」と、曰っていましたから、何を今更という感じです。

それに、金正恩がころされたら誰に忠誠を誓うのかと思います。元は個人で生きる民族が、戦争の時に民族の首領に忠誠を誓えるのか、それも亡くなった首領に? 
考えられませんが、それはそれで全体を処分する理由になってしまいます。

朝鮮戦争の時に朝鮮総連などが暴れることが出来たのは、当時の日本では警察力が不足していたからで、現在の警察力と今とは警察力が全く異なります。
そして、警察は戦後の中で学生紛争や成田闘争で経験を積んでいます。現在の警察官が体験していなくても、資料はたっぷりありますから、それを元に訓練すれば現在の方が装備の良い分、良い結果が期待できます。

それにしても、こんなことで日本を不安に陥れることが出来ると思っているのかと、疑問を持ちました。

ポッポさんの仰るとおりだと思います

北朝鮮軍とて所詮朝鮮族の軍隊なので敵前「逃散」の虞があります。

平時であれば、保衛部の監視が行き届くのでいい子にしてるでしょうが、アメリカの「空襲下で」保衛部がいちいちサボタージュを摘発できますかね?
政治犯収容所に連れてく手間やガソリンすら惜しい。(つか車両は空爆の的)

日本のリベラル政党は北の「狗」なので、ミサイルで報復されたくなければ白旗バンザイしてカネを差し出そうぜ?と言わんばかりですが、実際に空襲された時点で、敵はミサイルでやり返す余裕も無くなり、実質負けです。

ジョンウンが「命より大事にする」世襲王朝が終わるだけですね。

ミサイル部隊は同国のエリートでしょうが、ミサイル報復で日本人を大量虐サツしてその後米軍に投降しても、戦争犯罪者として罰せられます。

それよりは、どうせ保衛部にパクられる虞も低いわけだし、敢えてミサイル報復命令を無視して日米に恩を売って、戦後統治で「登用」してもらった方がマシだと思いますね。
玉砕すれば美味しい軍人ライフは終わり。裏切って投降すればまだ夢が続けられます。
簡単な二択ですよ。特に朝鮮族なら。

因みに38度線の砲兵部隊は反射的にソウルに毒ガス弾を撃ち込んでしまうかも。
あっちは人数も多い分、金王朝の狂信者が混ざってるでしょうし。

【日本解放工作要綱】思想的に純正左派、または右派に属さない「中間層文筆者」の獲得。 原稿料を与え、出版を支援し、まずは「政治的・思想的立場の明快さを欠く」中間的著作をなさしめ、徐々にわが陣営へと誘導する。

【日本解放工作要綱】思想的に純正左派、または右派に属さない「中間層文筆者」の獲得。 原稿料を与え、出版を支援し、まずは「政治的・思想的立場の明快さを欠く」中間的著作をなさしめ、徐々にわが陣営へと誘導する。

平成30年2月16日
直球ど真ん中@パチンコ撲滅! @koureki2675 19分19分前
日本解放工作要綱⑱出版物 ④「性の解放」を大々的に主張せしめ、氾濫が望ましい。 ⑤思想的に純正左派、または右派に属さない「中間層文筆者」の獲得。 原稿料を与え、出版を支援し、まずは「政治的・思想的立場の明快さを欠く」中間的著作をなさしめ、徐々にわが陣営へと誘導する。

> 両班野郎さん


> そっとカネを握らせ彼を汚せばいい

それでドウコウなるならそれまでの人だったという事ですね。要するに既存の政治屋と同じだったという事です。

> 彼はそんな人ではない!と支持者は反発する

私は『信者』ではなく『支持者』ですから、もしそんな事があれば指示しないだけの話です。その対象が安倍さんでも桜井さんでも同じスタンスですよ。だからこそ自民支持の頃は苦言を呈し続けました。

> 来れなきゃお前らが悪い的な誘い方

そういう誘い方はしてないつもりです。この評価だと『自民批判・安倍批判者』=『悪者』に仕立て上げられているように感じます。両班さんは常々二元論的な判断の仕方を好まれているように感じますが、物事は白か黒ではないと思います。彼らを批判する者=悪ではないと思いますよ。

何度も何度も何度も言っていますが、巨大勢力の自民や安倍さんが我々の為になるよう動いてくれるのが一番手っ取り早いのです。私はそれを一番に希望しています。どうにもならないから諦めただけで、実は今でも自民がしっかりしてくれる事を一番に望んでいます。だから文句を言っているのです。

> 紳士的な勧誘

こちらで『勧誘』をした記憶がないのです。(ソロさんにお願いする趣旨の書込みはしましたがw)自分の事や自分の考えを述べているだけで、勧誘をしているつもりはありません。調べてもらえば判ると思いますが、日本第一党という文字すら殆ど打っていません。そういう事はしないでおこうと気をつけているからです。

とは言え『悪しき勧誘』をしていると思われているようですから、更に気をつけて行動しますね。

コメント有難うございました。

> ソロさん

ソロさんの仰る事はまさにその通りだと思います。ほぼほぼ納得です。唯一少し違うかなと思う点だけ書かせて下さい。

企業のトップであれ政治家であれ、上に立つものの一番の責任は理想を掲げる事だと思います。その理想を如何に部下と共有し、そこに辿り着くまでの道筋を立てていくのかがトップの仕事です。政治家が理想を掲げないでどうしますかという話ですね。嘗ての本田宗一郎さんのようにやらなくてはダメです。

トップにしっかりした者が就けば、物事を一気に変える事ができます。できないというのは『変えたくない』『変えるのが面倒』『波風立てて矢面に立つのが怖い』というような者達が足を引っ張り、それに負けてしまうからです。歴史を振り返ってみてもそうだと思いませんか?実務的にもそうです。何かを大きく変えようとすると9割以上が反発してきます。そこを変えていくために必要なのが『理想』であり『希望』と言い換えても良いと思います。

変わらない理想をしっかり掲げ、明確に国民に伝えて共有を促す。そういう政治家や政党が総理大臣や政権与党についた時に、日本は一気に変わっていくと私は思っています。日本をがらりと変えるのは可能であり、それはトップ次第だと私は思っています。まぁ混乱は半端ではないと思いますが、消費税が変わる混乱に素早く対応できる国民ですから大丈夫でしょう。w

小泉劇場の時もそうでしたが、安倍さんの安保法成立時など『理想を掲げる』姿勢で評価する部分は沢山あります。それでも明確な理想の国民共有とまではいきませんし、今本当に共有しなくてはいけない理想は支那韓朝鮮への対応に関してです。ここで皆さんが書かれている話ですね。外交問題の8割はこの特亜に関する問題です。日韓断交!反日支那朝鮮人を叩き出せ!いいじゃないですか。w

また最後にふざけてしまいました。申し訳ありません。

コメント有難うございました。


> 隠居さん

> 自民党の良心と呼ぶべき青山・杉田氏を否定しては、日本第一党に好意を寄せる選挙民を、自ら遠ざけるだけ

本当にその通りですよね。。。が、私は杉田水脈さんと直接遣りあいましたが、あまり好感が持てる人ではありませんでした。私以上に感情的になる人のように思います。それに当選しないと話にならないのは判りますが、自民から出たというのが気に入りません。全否定ではなく、良く遣ってくれてるなと思う部分には感謝していますが。余談でした。

> 小坪しんや市会議員の方が、政治手法や戦術に長けているように

これも仰る通りだと思います。これから小坪さんのような人材が党から出てくることを期待しています。桜井さんだけの政党ではありませんし、桜井さんご自身もそう仰ってます。

>> 心ならずも妥協しているのが、普通の人間の生き方(ソロさんからの引)

この妥協の如何で選択を迫られる事が屡々ですね。理想を覆すような妥協は絶対しません。そこを妥協してしまうと、結果自分を否定する事になり上手くいかなくなります。と言っても、仕事以外の自分の事では適当に妥協しますが。w

> そんな政党の出現を希望

自民党を変える事はほぼ不可能でしょうから自民を左派政党として、まともな保守勢力を対抗して作っていければ日本の理想になりましょうね。売国で纏まる左派は簡単にできてしまうのですが、我こそは保守!が纏まるのは難しいのが難点です。w

コメント有難うございました。

暗闇三太さん、返信ありがとうございます

もどかしいお気持ち、わかります!

私自身は「安倍信者」なのか?と問われればハイと言っておきますが(笑)、そういう1人の人間に「属人的」に頼るのは危ういと自分でも思うことがあります。

確かに、1人の人間に頼るようなシステムや組織は強靱とは言い難い。(だから支那の習近平のワンマン政治は危険なだけだと思います。阿呆です。)

その1人が倒れれば(斃せば)終わりですからね。

安倍先生の後継者が現れればベストですが、出なきゃ出ないで、残りの自由民主党の政治屋で安倍「路線」を継承して支那韓の最後の悪足搔きという難局を凌いでもらうしかない。

自民党の政治屋は安倍先生が保守「寄り」路線により国政選挙5連勝したサクセスストーリーをよーく見、「真似」するのではないかと思うのです。

当選目当て・人気取りのための変節ですが、まあ数は数ですし。
ソロさんが仰っていた自民党内のパワーバランスも、「変節者」が相次げば変わっていくでしょう。

過程としては、最近衆院の与野党質問時間の配分が与党に手厚くなり、20%から33%になりましたね?

これもジワジワ効きます。
質問者は選挙区で勝つために「目立つこと」を目指します。

目立つとは政府答弁や他の野党との違いを強調することです。
安倍政権が中道で立民他が(マルキスト的)リベラルならば、自民党質問者の行き先は

保守しかなくないですか?

無論自民党のみならず、維新や、将来的には日本第一党の質問者が真正保守の立場から中道政権を攻撃してもよいのです。
そして中道の筈の政権が保守にシフトしていく。

暗闇三太さんは日本第一党の躍進により自民党が変わると仰いましたが、それ以外にも、当選目当ての変節とか、用日したくなったアメリカの外圧で自民党は変わりうるのです。

なので、仮に安倍先生が兇弾に倒れようが引退しようが、自由民主党は残りの議員で何とかなる(する)気はしており、私は自民党支持者であり続けるでしょう。

第二次朝鮮動乱の帰趨予想とその後

>両班野郎さん ソロです。 第二次朝鮮動乱が起こりそうですから、その結果とその後の予想を書いてみます。
>>玉砕すれば美味しい軍人ライフは終わり。裏切って投降すればまだ夢が続けられます。簡単な二択ですよ。特に朝鮮族なら。
 そう、そう言う見通しが、日本人でも簡単にできて終う事で、必ず、朝鮮軍の指揮部は、兵士の投降防止策を考えて居るでしょうね、それも、兵士に取って絶望的な仕掛けだと思います、配備されたものは配備に着いた時点で、しぬ確率が相当高いのではと思いますから其れ形の覚悟でくるでしょうね。 何より、朝鮮族の心を一番知って居るのは朝鮮族ですから。あの日本海側に流れ着いた、不審な小型船舶と見つかった100名近いし体の意味が、日本人には予想できない様に、溢れる様な非人間的な話が、既に実行されているかもしれません。

 約60年前の朝鮮動乱の時、前線で、俄か仕立ての所為で逃げ惑う韓国軍兵士とソ連支給のヤク・タイガー戦車部隊の所為で、国連軍は敗走に次ぐ敗走を続け、釜山郊外迄押し込まれ、李承晩は日本に逃げ込んで、亡命政府を作るつもりだったそうです(呆)。 処が、其れまで李承晩が警戒して出動させなかった、旧日本軍下で実戦投入されて居た金錫山将軍率いる朝鮮人部隊が遺って居ました。

 金将軍は、敵の主力の戦車隊を海岸に面した一本道に誘い込み、長蛇の列になった時点で、沖合に居た米国の戦艦部隊に合図を送り、100門を超す40センチ砲で、戦車部隊を破壊粉砕しました。 是で形勢が逆転し、朝鮮軍は凡そ2万人の将兵を捕虜に取られると言う大敗北を喫し、北へ逃げ帰りました。(その後、共産シナ軍が参戦して、38度線まで押し戻し、膠着状態になって休戦・・)

 この話を読んで居れば分りますが、完全に素人とプロの差ですね。 朝鮮人は例えば、李王朝の時にフランス軍と戦った事がありますが、遠征軍とはいえ近代装備の軍を圧倒したのですからその野蛮さは評価できるでしょう、ですから勇猛と言う意味では、期待できますw。 然し、日本軍の様に、ロシア軍や米国軍と少ない武器や人なのに、倍や3倍以上の敵と戦術を以て、常に対等以上に戦って来たプロの軍隊には、手も無く捻られると言う事です。 軍隊の評価は勇猛さダケでは無く、兵士が如何に指揮官の指揮に従って動けるか、亦、兵士個々の質が如何に高いか、つまり、戦闘下に於いて軍の規律を守り、如何に一体になって目的を完遂する為に戦えるか、によって決まると言う事です。

 因みに、現在の朝鮮軍は演習はしても、実質的な戦闘は経験して居ません。 韓国軍も、米軍の指導の下で戦闘の一部を熟してはいますが、飽く迄演習レベルで実戦は未経験です。 然し、朝鮮軍が全員エリートで成る軍隊であるのに対し、韓国軍の少なくない割合が徴兵で集められたパートタイマーの様な兵士です。 ですから、第二次朝鮮動乱が始まったら、最初の裡は、朝鮮軍が優勢の場面もあると思いますが、米軍は昨年一年、十二分な準備期間を持ったわけですから、先の先を読んだ作戦が可能です。先進兵器を投入して、少ない損害で大きな成果を上げるでしょう。 オソラク、1週間もあれば、正恩のし亡=戦闘終結と言うニュースが流れるでしょう。

 実は問題はその後なのです。 韓国国内には、文政権を誕生させた親朝鮮の民衆が相当数います。 韓国は、日本以上の少子高齢化で、5千万人の人口に占める有権者の割合が多いのですが、この裡、高齢層は保守、若年層が文支持の様です。 選挙結果から言えば、少なくとも有権者の1/3位が政権支持に回り、おおざっぱに言えば、若年層の支持が高齢者層の支持数を上回ったったと言う事でしょう。 この若年層の不満は、主に財閥に向けられています。

 保守支持の高齢層は自然減しますが、若年層は是から増えてきます。 ですから反米反日の機運は寧ろ是から、と言う要素を抱えて居るのです。 然し、韓国の経済はモゥ手の施しようが無いほど疲弊・破壊して居ますし、何より、現状反財閥であっても、財閥主体の経済構造は、韓国人の事大主義のメンタリティに合ったものと言えますから、幾ら、日米が資金や人材を注ぎ込んで経済を立て直しても、結局は元に帰るダケでしょう。 然し、反日反米で非常識な捏造歴史をばら撒く韓国の復活は、日米に取って望ましいものとは言えません。

 但し、朝鮮族と言うのは、目に見える脅威には、利己的な面を曝け出して迄反発して、大方で顰蹙を買っていますが、目に見えない脅威には、驚くほど従順です。 唯、殊日本に関しては、事実に基づかない捏造歴史とそれを受け容れて安心できる劣等感に満ちたメンタリティに拠って、嘘を本当に、本当を嘘にすり替えて、異常な迄に反発心を持ち、幾ら日本が親切な態度を示しても、牙をむき、非礼な行為を繰り返して居ます。 こんな状況では、日韓国交断絶は当然ですが、それは、朝鮮族自身が選択した現実だと言うべきでしょう。

 是は、病的反日の李承晩が創った嘘の迫害歴史の所為もありますが、基本、自分を中心にして、自分より力の弱い者、立場的に弱みを持って居るものには徹底して差別的だという常識を持って居る所為もあります。 このセイ質を開発途上国の民衆に気付かれ、朝鮮人は狡い狐と評価が定まって蛇蝎の如く嫌われているのですし、このセイ癖を変える事は、100年や200年では無理でしょう。 第一に民族が団結して、朝鮮族自身が建国を望み、障害を乗り越える為に血を流して国を持たねば、本当の意味での愛国心も誇りも産まれようが無いでしょう。 朝鮮族が、他国の愛国心も誇りも忖度できないのは、当たり前なのです。

 終戦後、当然、文政権は崩壊して、文は下手をすればし刑も有るでしょう。然し、その後の韓国を国際はドゥするのか、ソ連の崩壊、シナの組織的功利化で、共産シナの覇権主義の脅威は無くなり、日米には、韓国を護るメリットがない状態ですが、駐韓米軍が撤退するのか否か、極東の緊張は、シナ政府の経済困窮が始まる是からが本番でしょう。 唯、シナの中枢が望んで居るのは、戦争をちらつかせて、如何に儲けるかでしかありません。

 人民軍が近代化したと言って居ますが、錬度や理解は一部のエリートだけで、スペック(仕様書)のみで考えれば、米国に比すような強大な軍隊ですが、実際には満足に使いこなせない、調達係りが、ちょろまかしているカラ燃料が行き渡って居ない、部品が無いカラ整備がちゃんとできて居ない等、機械の質や性能の云々以前に、人の質による不満足が多くて、マトモに稼働するのは最初だけだと思います。

 其の実態を、何より、陰で不正の恩恵を受けて居るシナ人の軍幹部は、知って居るので、戦いに熟練した米軍や、歴史的に実績の在る日本軍とは戦いたくないでしょうね。www

 ですから、半島問題にシナが単独で、強硬に出て来る事は無いでしょう。然しロシアは、永年念願であった「不凍港」が手に入るチャンスかもしれないので、色々なシベリア資源関連のプロジェクトを持ち出してくるでしょう。 日本は安倍さんチームの戦略で、その主魁であるプーチンとの間にチャンネルが開けてはいますが、背景のロシアには、狡くて残忍な、本来のロシア人気質を持った連中がウヨウヨいますので油断はなりません。 日米に対抗する為には、不仲のシナと組む事すら考えられます。

 日本は、「北方領土」返還処の話では無いんですがね、安倍さんチームが、この問題をドゥ考えて居るのか、日本海沿岸圏開発構想についても、詳しく知りたい処です。

日本に潜在する親韓勢力

>暗闇三太さん ソロです。 連投失礼します。
>>今本当に共有しなくてはいけない理想は支那韓朝鮮への対応に関してです。
 その通りなんですが、両班野郎さんへのレスにも書いたのですが、釜山郊外迄、追い詰められた李承晩が、日本に亡命政府を造るつもりだった、と言う下りがあります。

 是は、朝鮮戦争自体の原因が、自身の酷い反日で、日本のEEZ内で操業して居た民間漁船を片っ端から拿捕して、漁船を盗み、漁船員を殺害・拘留すると言う暴挙を繰り返して、死者47人を数えました。 当時の日本は、GHQに武器を取り上げられていたので、防衛行動すらできませんでしたので、政府が米国に、「占領国としての保護義務の欠陥」について、抗議した処、李承晩は是を無視して暴挙を続けました。 当時の米国の国務長官アチソンは、怒り心頭に発し、つい公式の場で、「韓国は、防共線の外側に置く」等と発言した為、スターリンに唆された金日成が、軍隊を南侵させたのが、朝鮮動乱の始まりですから、自分が戦争を誘引した様なモノなのです。

 然し、考えて看れば、そう言うトンデモ無い事を云いだせるのは、日本国内に彼を支持する受け皿が存在して居たからでしょう。そう言う勢力が日本には、既得権勢力として、存在していて、今でもかなり強い力を持って居る事が、判ります。 小泉政権の自民党にぶっ壊し~日本売り、が成功したのは、この勢力の工作に拠って、小泉政権が選挙で大勝したからです。

 この勢力は、表向きは日韓友好などの政治的なモノとは、全く関係ない様な団体でしょうが、実は、日韓関係の黒幕で、然も、GHQの民政局支配の頃から、米国内にも強い味方が居ると言う事でしょう。 石破等は、その使い走りではないかと私は疑って居ますがね。

 この勢力が、日本の国内のメディアを使っての親韓工作を支持して、御金を出しているから、TV局や新聞の報道は、軒並み親韓なのでしょうが、最近になって、李承晩が弾圧・虐サツした、200万人近い自由農民層の生き残りや子孫が政権を奪取した事で、日米韓の関係がおかしくなって来ました。 既に、共産勢力の覇権主義の脅威が無くなった事で、防共の砦として価値があった韓国は、功利主義の米国から、骨までしゃぶられた上で、斬り捨てられて、国際的な信用も無くしている現状ですから、この先、韓国は国としての機能も、おかしくなる可能性が出てきました。

 是迄、日本のTV局にやらせていた親韓行為は、日本人に贖罪意識を植え付ける為でしたが、結局、ネットに拠る事実の拡散で、むしろ、嫌韓が台頭して終いました。 この先、日本にも相当数の政治難民を引き受けて貰わねば、民族の危機ですから、高まって居る嫌韓ムードを押さえ込む為に、今度は騙す行為に切り替えなければ成らないでしょう。

 そう言う現状を、どうするのか、その黒幕とはいったいどんな団体で、規模はどれくらいなのか、資金は何処から出て居るのか、米国の対日警戒派とのつながりは、どれ程のものなのか、嫌日の政治家、キッシンジャーや、後継のブレジンスキーとは、ドゥ云う関係なのか、分からない事だらけです。 そして、一番肝心な事は、この組織に敵対すれば、日本に取って利益があるのか、と言う事です。 是に拠って、味方に着く、敵対勢力になるかが分ります。 決して、正義が勝つとは限らないのが、国際政治なのです。 現に、第二次世界大戦は、裏に隠された真実を知れば、悪の勝利と言う他は無い話でしょう。

 安倍さん達は、そう言う、魑魅魍魎の世界と対峙して、着け込まれない様に、勿論、日本を戦後体制の米国支配から抜け出して、自力で国を護れる様にしようとしているのですが、憲法九条を変えるというダケで反対する、今迄の国民では、寧ろ、改憲政権だと、決め付けられる方が危険ですし、売国野党もその方向に印象付けようと躍起です。

 つまり自民党政権では、内部の問題もありますが、声高に云えない事が沢山あるのです。 誰もが分る、韓国との国交断交や憲法の全面改正など、その勢力に拠って議員になっている親韓派や米国に媚を売って、財を成した既得権派を支持層に持つ議員に取って、これ等の事は革命を起こすに近い話です。 然し現実は、ドンドンそちらの方へと動いて居るのです。

 安倍さんとしては、そう言う国民の本音を声高に言ってくれる保守側の野党の出現を、寧ろ、待望しているのではないかとww。その為には、日本第一党の皆さんには、もっと、日本が是まで歩んで来た戦後の途を検証して事実を知り。以て、柔軟な考え方を持っていただきたい。 私も、柳の様にしなやかだが、決して折れる事のない信念を持った政党の出現を待って居ます。

日本郵政株式会社で贈収賄事件です。

2月15日、神奈川県警は日本郵便社員の男性(52歳)を日本郵便株式会社法違反(加重収賄)等の容疑で逮捕しました。また、DM発送代行会社元役員の男性(41歳)を同法の贈賄などの容疑で、元社員の男性(29歳)を背任容疑で逮捕しました。

日本郵便株式会社法は民営化後の日本郵便社員について、公務員と同様に贈収賄に関する規定を設けており、同法の贈収賄容疑の適用は全国初だそうです。

逮捕容疑は、男性(52歳)が宮前郵便局(川崎市)と青葉郵便局(横浜市)で郵便部長だった昨年1~8月、DM発送代行会社が持ち込んだDMの通数検査をせず過少申告された通りに処理して発送額を正規料金より安くし、見返りに男性(41歳)から約61万円相当の旅行や飲食接待を受けたなどとしています。

神奈川県警によると、男性(52歳)は局員が行う計数機の操作など検査業務を男性(29歳)にさせるなどの手口で不正を繰り返し、日本郵便の損害額は1億円超に上るとみられます。

男性52歳は前任地の別の郵便局の部長時代から、この代行会社と不正を繰り返したとみられます。

日本郵便株式会社は民間会社ですが、収賄が適用される会社ですから、その社員には厳正な規律が求められます。
公務員の退職金は良く大過ぎると言われますが、これで悪事を防止する効果があると思うのですけれど、違反すると全部パーです。

ソロさん、こんにちは

キッシンジャーの後釜がいるのですか!
そいつは厄介ですね。

しかし対日警戒も「ほどほど」にしないと、アメリカは本当に支那に寝首を搔かれることになります。

それでもいいなどという者はパトリオットではない。
チャイナロビーから袖の下握らされた、ただの(アメリカの)売国奴ですね。

この先、共産党員が人民を苛めるせいで支那の市場に過度の期待はできなくなります。
13億も人口がいるのに、元気なのはその十分の一以下の党員だけとか意味なくないですか?

しかし支那市場がタヒんでも、ASEAN諸国やインド市場はこれからの昇り龍です。
共産党の口車に乗って、本当に太平洋を半分やったら、共産支那がその有望市場を総取りすることに。

何百何千兆ドル相当の「アメリカの」国益が損なわれるだけですね。

もはや誰が頭になろうが、対日警戒こそアメリカの国益などという戯言は「説得力」を失いつつあると思います。

米支の確執は歴史的必然です。

そこに日本がつけ込む隙が必ずあります!
自由民主党の安定政権で機が熟すまで「粘る」。
それが私の考える日本の国益です。

ソロさんの第二次朝鮮動乱考について

いつも博識且つ適格な情報分析、敬服します。

現実問題、石油も食糧も弾薬も無い貧乏北朝鮮が、「朝鮮族」兵士の甚だ疑わしい根性で釜山まで攻め下るのは難しいかと。

ですが、一方の、見栄張り・負けず嫌い・「中間選挙で勝ちたい」ドナルドトランプは、大方の予想を裏切り、北朝鮮に先制軍事攻撃の可能性が高いですね。
「必ず先制」になります。それだけ技術水準の差がある。

核・ミサイル関連施設の空爆且つ「地上軍投入なし」が同国の負担も少なく、リアリティがあります。
地上軍は支那に出させます。十分に打ち合わせして。

米軍の空爆で、直ちに北朝鮮軍100万の兵士を皆●しにできるわけではありませんが、彼らを逃げ散らせたり、クーデターの号砲にはなり得る攻撃になります。

それは金氏の北朝鮮が滅亡するということです。

緩衝地帯をアメリカに渡さないためにも、支那は渋々出兵せざるを得ない。

電撃的なシリア空爆はトランプかっけーと私も評価しましたが、実はシリア軍やロシア軍の被害は軽微だったそうです。
事前に攻撃情報を伝え、逃がしたのです。
パフォーマンスだったのです。

意外とこういう配慮ができる人物のようですね。
北朝鮮戦もその「要領」ですよ。

それだと難民は北朝鮮人メインであり、且つ被害が大きいのは「韓国と」支那の遼寧省といったところ。

アイツラなら、いいや別に(笑)

第二次朝鮮動乱考補足

連投すみません。

「支那側が」血の盟友である北朝鮮を攻撃する動機の描写が不足でした。

支那が認める北朝鮮の正当な後継者はジョンウンの異母兄の金正男氏(故人)です。

ジョンウンは媚中売国奴の正男に反発する北朝鮮軍国粋派の支持を得て王位についた簒奪者に過ぎない。

また核ミサイル開発の「フリ」だけならいざ知らず、本当に核ミサイルを実戦配備されることは、普通に「北京の党本部が」ヤバいんですが?

更に、習近平の面子を潰すタイミングで核実験やミサイル発射を行うジョンウンは、近平の政敵(=江沢民)との通謀が疑われるところです。
「江沢民派に」核武装した北朝鮮軍の勢力を与えると?
今一生懸命自軍の掌握進めてる意味が無くなりますね。

尚更生かしておけないでしょ。近平的に。

もどき、って!

ちりちゃんです。

アク禁になりました。
状況からして、

光栄です。

もう、一つ、ブログやるかな。
中韓を知りすぎた男から、BANされた女

女を小娘と、するか、なやみ中。
あは、です。

ちりちゃんが出て来ると「トンスル」「火病」「試し腹」を連想します。


<平昌五輪>ノロウイルスの襲撃、感染者86人に拡大、IOC職員3人も隔離中

冬季五輪の開幕を控えた韓国・平昌(ピョンチャン)で民間警備員がノロウイルスに集団感染し、計1200人の警備スタッフが業務から外された。交代要員として、5日午後までに韓国軍から900人が投入された。

https://www.cnn.co.jp/world/35114331.html

韓国、「ぼったくり大国」払拭に躍起 平昌五輪で宿泊料金10倍超、識者「『被害に遭う』覚悟必要」

http://www.sankei.com/world/news/171219/wor1712190027-n1.html

平昌五輪はノロウイルスとぼったくり、あは、です。     (・”・)

金正恩が後継者になる迄となってから

>両班野郎さん お早うございます、ソロです。
>>金正男が正統な後継者だった
 正男が暗サツされて終ったので、今更、ドゥでも良い事ですが、正恩は表向き正日から選ばれた後継者と言う事になっていますが、正日が公式に亡くなったと発表された11年(12月17日)の3,4年前に、本物の正日は、糖尿病の悪化が原因で亡くなって居て、故正日の遺志通り、正男を後継者にしようと叔父(正日の妹婿)の張成沢(チャン・ソンテク)が、シナの中枢に報告を挙げて居ましたが、正男が是を拒絶した為、正男を傀儡にして自分が実権を握ろうとして居た張は、取り敢えず、影武者を立てて、正日が生きて居る様に装いました。
 然し、1,2年も経つと軍部の方から、やる気のない正男を諦めて、歳は若いが3男の正恩を、と言う声が上がり始め、是にシナの指導者だった胡錦濤迄が態々、満州の長春(旧新京)迄出向いて、影武者と張氏に会って指示を伝えて居ます。 つまりその当時の北朝鮮は小国ながら、シナに取って対日米、対ロシアの政治的緩衝国として、未だ利用できると言う認識だったと思います。

 こう言う経緯だったので、正恩の後継者決定は「『止むを得ず』為されたモノ」と言う雰囲気が強く、実質的な首領は張が握って居ました。 処が正恩は、叔父やシナの傀儡に成る心算はサラサラ無く、最初は大人しくして居ましたが、経験の為軍の要職に就いて居る間に、軍の若手と密会を持ち、一種のクーデターを画策します。 そして、正恩が予定通りトップの要職に就いた途端、張成沢を反逆者として内部告発させ、シ刑の判決を下し即処刑して、他の張の配下の軍人達も同様な手口で大量に粛清して終います。その後、自分を擁立した若手将校の中にも、将来自分の敵に回りそうなものに狙いを付けて、一旦上級職に登用した後、難癖を付けて失脚、終には反逆者に仕立て上げ処刑する、と言う、恐怖政治を実行。

 斯うして正恩の独裁体制が完成しますが、この行動は、一切シナの中枢には、報告も指示も無いままに行われて居ますが、その間にシナ中枢部も、胡錦濤、温家宝体制から、習近平、李克強体制に替わって、習が江派の桎梏を断ち切る意味で、王岐山に命じて、多くの江派の実力者を失脚させている最中だったので、問題になり難かったのは、正恩に取って、僥倖だったと言えましょう。

 ですから、正恩は上昇志向が強く、非常に計画的で緻密にものを考えられる人間だが、猜疑心も強く、裏切り者は決して許さない冷酷さも持ち合わせて居る人物でしょう。然し、陰謀渦巻く朝鮮政府の中枢で勝ち抜くのは、並大抵の事では無いのは、端から分り切って居る事で、ダカラ、正男は、継承者になる事を拒絶したのだと思いますね。

  然し、正日は正男を一等可愛がっていて、他のモノが同じ事を云えば、死刑も覚悟しなければならない様な反論も、正男なら真剣に聴いたと言うのですから、正日の正男に対する期待が窺えます。 然し、朝鮮とは無関係に平和に暮らしたいと言って居る正男を、態々海外で謀サツしたのは、正恩のジェラシーと言っても良いのではあるまいか。

 どの途、オリンピック、若しくはパラリンピックが済めば、米国の総攻撃が始まる可能セイは非常に高いのですが、韓国に送り込んだスリーパーセルの活動の成果として、廬武鉉の元に送り込んだ文在寅が、大統領になると言うサプライズが起こり、正恩は、「現世界の支配者米国に対して、核開発~ICBM開発で恫喝して、朝鮮を核保有国に認めさせて、開発した兵器を世界に売り捌いて国家の大きな収入源とし、更に、シナと対等な立場に立とう」とする、壮大な計画を実行に移します。 核やICBM・SLBM開発までの資金の提供や、その間の、朝鮮の安全保障を担保してくれる国、或いは組織とは、既に話が着いて居ると思われますね。

イギリスは日本の友達?

(1)最優秀監督賞に日本人=捕鯨批判に反論-英映画制作者祭
2月17日に、ロンドン国際映画制作者債の授賞式が行われ、日本の捕鯨活動の実態に迫ったドキュメント映画「ビハインド・ザ・コーヴ」を監督した八木景子さん(50歳)が、長編ドキュメンタリー部門の最優秀映画に選ばれたそうです。
映画は、太地町のイルカ業を批判し10年に米アカデミー賞を受賞した「ザ・コーヴ」に反論するないようになっています。

欧米の国からは日本の捕鯨活動は極めて人気が悪く、反捕鯨団体のシーシェパードは、日本の捕鯨活動をイルカ業も含めて攻撃対象にして、悩ましてきました。

(2)ベトナムの韓国大使館前に「ライダイハン母子像」建立計画
2017年9月に、イギリスの市民活動か、ピーター・キャロル氏の呼び掛けで、ロンドンで民間団体「ライダイハンのための正義」が設立され、誰もが加害者にもなり、被害者にもなり得る。それが戦争だ。その二面性に、あらゆる国家が苦しんできた。その本質に目を背け、ただ被害者だけを装い続ける隣国の矛盾が、ついに露呈したとして、イギリスで声が上がりました。

同団体のメンバーで英国人ジャーナリストのシャロン・ヘンドリー氏は、被害者やライダイハンの子供達に聞き取り調査を英インディペンデント紙に寄稿しました。
イギリスの市民団体では、被害女性とその子供達をモデルにした「ライダンハン像」を製作し、在ベトナム韓国大使館前などに設置することを検討しているそうです。

これまで日本は、韓国の慰安婦問題の捏造とこれの拡散に悩まされてきました。2015年日韓慰安婦合意も米国を代表とする多くの国が賛意を表明しましたが、韓国は日本に廃棄させようと画策しています。
しかし、ここに来てイギリスが韓国のライダイハン問題の批判を行いました。韓国メディアはこれを現在まで黙殺していますが、このままでは済まないと思います。


この二つのイギリスの行動は、日本にとって外交的に極めて有難いことだと思います。
これらについて、イギリスがなぜやったのかも、それぞれが全く別のことですから結びつかないのですが、もし強引に考えるならば、イギリスのEU離脱による経済的な悪化が想像以上に大きいため、英国にある日本企業に対して支援と協力を求めるものかも知れません。

韓国人(28)の3連覇を蹴散らした!

  小平奈緒(31)女子500m 五輪新記録で金

小平奈緒(31)=相沢病院=が36秒94の五輪新記録で金メダルに輝いた。スピードスケートの女子で初、日本選手団主将。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00010000-spht-spo

キッシンジャー


世界政治の場で、ヘンリー・キッシンジャー共和党とズビグニュー・ブレジンスキー民主党の上で、力の均衡を保って米国と世界を指導してきたデヴィッド・ロックフェラー(101)が昨年3月20日に世を去った。
彼の後を追うように、5月26日ブレジンスキー(89)も他界した。

これまで、米国の東アジア外交の基盤は、支那がアジアにおける暗黙の同盟国であった。
大東亜戦争において、世界を相手に奮戦した日本の軍事力を、多感な青少年期に目撃した三人には、脅威と映ったからでしょう。

蒋介石・宋美齢・フライングタイガースとD.ルーズベルト、キッシンジャーとR.ニクソン訪中、ブレジンスキーとJ.カーター・B.オバマの足跡に、対日強硬姿勢が滲み出ています。

中共政府が米国に挑戦するとは、夢想だにしなかったからです。

米国で抬頭してきた中国脅威論に、キッシンジャーとブレジンスキーは足並みを揃えて反発していました。

そして、クリントン夫妻は三人のフィルターを通さずに、一人歩きを始めた。
支那の賄賂攻勢に屈し、中共との直接交渉を始めて国益を毀損した。
そこをヒラリーと民主党は、トランプ大統領に衝かれています。

従来のロックフェラー路線が、修正を余儀なくされてきました。

後ろ盾のロックフェラーと相方のブレジンスキーを欠いた今、キッシンジャーの影響力に過日の面影は無い。

対日政策の枷が緩み、好転しつつある今こそ、日本が在るべき姿を回復する機会です。

安倍首相に期待する。

(・”・)

対日警戒網の弱体化は日本の夜明け

>ご隠居様 お早うございます。 ソロです。
>>ヘンリー・キッシンジャー共和党とズビグニュー・ブレジンスキー民主党の上で、力の均衡を保って米国と世界を指導してきたデヴィッド・ロックフェラー(101)が昨年3月20日に世を去った。
彼の後を追うように、5月26日ブレジンスキー(89)も他界した
 情報有難うございます。 ↑の情報は、ディビッドが死んだのは、聴いて居ましたが、何時死んだのかと言う詳細な情報は持って居ませんでしたし、ブレジンスキーも昨年他界して居たとは、丁度入院していて情報遮断の状態だったので知りませんでした。 

 こうなれば、嘗て、厳然と存在して居た米国の対日警戒網は、昨年、大きな柱を2本も失った事になり、キッシンジャーダケの影響力では、台頭し始めた習近平のシナに拠る世界覇権の野望を止める事は難しいでしょう。 正に、2017年は世界の大きな転換点だったと言えます。この時期に日本が日本の独立を目指す安倍政権であった事は、まさしく僥倖であり、日本のご先祖様のご加護であろうと、感謝申し上げたいですね。

 然し、米国の対日警戒網も、消失したわけではありますまい。其処には利権と言う、蜜壺が有る限り、後を継ぐ勢力が必ずいる筈です。 前三人の柱の裡、ブレジンスキーとディビッド・ロックフェラーは、日本の屈米・従米姿勢には、寧ろ、親日姿勢で接して居ましたから、日本国内には両者を親日だと思って居る人がいると思いますが、戦前から反日運動家であった李承晩の米国での生活を支援して居たのは、ロックフェラー系であろうし、反日韓国の創建の献策も、彼、亦は彼のブレーンからではないか、と勘ぐって居ます。 つまり、D.ロックフェラーこそ、現状の最悪の日韓関係を造った張本人だとおもうのです。

>>対日政策の枷が緩み、好転しつつある今こそ、日本が在るべき姿を回復する機会です。
 仰有る通りです。 然し、この先の課題は台頭するシナですが、既に経済破綻で手負いの熊か猪の如き在り様で、シナが目論んで居る世界覇権の達成で、手始めに、開発途上国を傘下に於いて、世界を米国と2分できる迄は、国家経済の破綻と隣り合わせなので、平静な国に戻れる術もないでしょう。

 背水の陣に措かれたシナは、この先形振り構わず露骨な武力の示威と賄賂外交で、開発途上の小国を一つ一つ、調略・陥落させて、反日・反米国家を創り出して、南アジアやアフリカに新たな大中華圏を創りだそうとするでしょう。 殊に、IMFに拠る人民元のSDR商人はシナに取って、正にこの先の将来を開くドアの様なモノでした、将来は、US$に人民元が取って代わるつもりです。

 是は、リーマン・ショックで発生した、6京円=6万兆円と言うヴァーチャルマネーの負債を、200年分の発行高を5年続けたダケで解消した、米国の成功例を知れば、如何に、基軸通貨発行権を持つ事が、大きいかと言う確信をシナに与えたのでしょう。 この先、国論が2分して居る米国に衰退が顕現して、強大な軍事力に陰りが見えて来れば、次は我々の出番だ、と考えて居ると思いますね。

 こう言うシナの勝手な目論見は結構ですが、国としての基本である民衆を全く顧みて居ない事への民衆の不満は、日々増大しつつあり、暴動件数も2万件/月と一時より治まって居ますが、シナの統計程、当てにならないモノは無い、事実は、武装警察や地方の警官に対する支出が、ジワジワ上がって居る事から、暴動件数の右肩上がりの傾向は全く治まって居ないと思います。

 然も、人口の意図的減少を狙った「一人っ子施策」で顕現した、酷い少子高齢化現象が、現状の生産年齢層の激減現象を惹き起こして居ますが、時を同じくして、過剰在庫で、生産も激減、或いは生産が止まって居るから、目立たないのでしょう。

 然し、是は何処の国にもいえる事ですが、世代層に極端な途切れが顕現すると、やっと技術的に追い付いて来たと思われる労働スキルも生産管理のモラルも継承層が居なくなるので、再開するには、亦一からやり直す事になりますが、今度は、先生となる日本人は居ません。

 亦、80年代から始められた人口調節施策の影響は、シナ独特の人権を無視した功利的な思想の所為で、労働力にならない女の子を排除した為に、80~90年代後半迄の生まれの女性の数が極端に減少して、既に、90年代後半から「嫁不足」が大きな社会問題になっています。 その分侵略したチベットやウィグルの女性を強制的に「漢民族」の男と結婚させて「漢民族」圏を広げて居ますが、この施策は、必ず恨みと禍を遺し、将来、反動から内乱と言う形になって表れるでしょう。

 この先は、何回も書きますが、ASEAN・インド(南アジア)で形成される20億人を超す、大経済圏のイニシアティブの奪い合いになるでしょう。 当然、シナや日本だけでなく、米国も、欧州勢も、そして、今は、資源国家のサウジアラビアやロシアも、資源枯渇や脱化石燃料の傾向に拠って、如何にかして工業化を進め、参加しようとするでしょうね。

 日本は現在の世界のシチュエーションで、自国がどんな役割を果たすべきなのかを見極めながら、詐欺や恫喝で無く、仁と和の心で先人が、築いて来た深い信用を維持、更新出来る様に、利益中心でなく誠心誠意その国の発展の為になると言う、嘗ての欧米列強が400年に亘って行なった差別と収奪の支配とは、真逆の世界を目指すべきです。

市場としての魅力が無くなるのは支那韓だけな件

ASEAN諸国やインドはこれからの市場。「昇り龍」です。

それを、一帯一路だのG2()だのという中国共産党の要望に従い、はいどうぞ!と献上するほどアメリカは甘くないですよ。

キッシンジャーが「個人的に」袖の下貰ってようが、アメリカ全体の国益の前では霞みます。

あとアメリカの有権者の多数派は華僑じゃないし。
華僑は金持ちではありますが、トランプみたいに白人労働者煽るだけで選挙に勝つことはできるのです。

少しの政治資金より多数の浮動票です。
普通選挙万歳!

アメリカは支那を抑えるために、必要なら悪魔とも手を結びますよ。
それは支那国内の「江沢民派」だったり、先の大戦の強敵「日本」だったりするんでしょうね。

明らかなテロリストのウサマビンラディン(故人)や虐サツ独裁者のサダムフセイン(故人)とさえ手を結ぶアメリカです。

日本だって利用対象です。

というか、アメリカの仮想敵はコロコロ変わるのです。
日露戦争時は支那の市場を独り占めしようとした「帝政ロシア」を仮想敵とし、逆に日本にカネを貸してくれましたよね?
日本が意外にも健闘し、押し始めるとしつこく講和を進め、勝ちすぎを戒めてきましたが(笑)

なので「今現在」アメリカに仮想敵扱いされているからと言って、過度に悲観する必要は無いのです。
利用したくばさせ、いつか臥薪嘗胆しましょう。

なお、日露戦争で用日してきたのはアメリカと、あと一国、ブリテンがありましたね。

先の大戦で、アメリカは仕留め損ないましたが、「ブリテンに対しては」、アジアの植民地軍を潰滅させ植民地帝国瓦解に漕ぎ着けました。

ブリテンに対しては「臥薪嘗胆」したというのが私の評価です。

少しづつ前に進めればいいのです。欲張ってはいけない。

ここまでやるか!!!!

https://youtu.be/bEhUemAk4WY

【DHC】2/19月 青山繁晴×居島一平【虎ノ門ニュース】
12’30”~
スタートが明らかに遅かったですよね。(中略)タイミングをずらすんですよ。

確かに小平選手がピクッと動く瞬間、カチッという不自然な音がしています。

おや?スタートが遅いな?
フライングによく取られなかったな、とか思われた人は多かったのではありませんか?悲しくなりますね。

【NHK】小平奈緒 日本女子初の金!

https://youtu.be/7Gk5IpHOO5I

まさか


まさか2位の選手の涙は

「勝てるようにしておいたから・・・」

という期待に添えなかったから、ということは無いのでしょうね。
なんでも勘ぐりたくなりますよ。

日米豪印、一帯一路代替案検討開始(とりあえず米豪首脳)

ほら、早速来たよ(笑)
因みに豪のターンブルは「元」親中派です。さらっと裏切られてる件。

あくまで支那鉄鋼の過剰在庫の処分を「邪魔」する策に出てきましたね。

キッシンジャーさん話が違うようですが?
寝てんの?

作っても売り上げにならなきゃ意味ないですな。
共産党員様肝いりの会社や工場は「リストラ」を続けるしかない。

激しい既視感。

そうだ!「大躍進政策」だ!

売れない屑鉄作るために資源を集中し、何千万も餓死したあの大惨事が脳裏をよぎりました。

ということは、次は、経済政策の「責任者である」習近平とその家族が三角帽子を被せられ正座させられて石打刑(文革)されるのかな?
本来の責任者である国務院総理の李克強を窓際に追いやってしゃしゃり出てきたんだから仕方ないよね~近平同志?

造反有理・革命無罪!
加油、江沢民派・共青団派!

より良い明日に向かって、気長に協力しましょう。

政治を目指すのなら、いつかは政権を取りたいと思います。
政権を取るには良い政治をしなければならないので、その目的のためにマニフェストや政党綱領を作ってそれを実現する組織を作り、目的に向かって進みます。

自民党を見ていますと、政党の中に幾つもの派閥があって、それぞれが少しずつ差があったり、中には自民党の綱領とかけ離れたことをしている領袖がいたりしています。
それだけ差があれば別の政党で活動すればと思うこともあるのですが、そうせずに一緒にいてるのですが、大事な法案の時にはまとまって成立させる統一性を持っています。

民主党は政権を取ってから、正体がばれて碌な政策を実行せず、総選挙で大敗した後、長期低落傾向をしたために政党名を変えても気分一新とはならず、さらに低迷しました。

そこに希望の党が現れたため、合流後に占領し、政党創始者を追い出しましたけれど、残った希望の党には立党精神はなく、もやっとした占領部隊がいるだけです。

だけど、元の民進党は左翼の部分が希望の党から排除されて立憲民主になって、この部分の人数が一番多くなっています。
でも、残留した民進党には希望、立憲の両方からはみ出た部分が残っています。

今はその主導権争いで、議員それぞれは政策よりも議員として生き残れることを目的に、三党の覇権争いをしているように思えます。
そんな自己中では、国民はその内正体を見抜いて離れていくと思います。


昔から政党として一番大きいのは自民党であり、その特徴には政党としての考え方に大きな吸収体を持っていると思います。

そして、小さくなれば成る程、その政党の考え方は幅が小さく先鋭的になるとも思えます。
でも、政党の勢力を考えるとき、基本は支持者が多ければ多い程集票の幅が広がって、選挙時には有利になると思うのです。

小さな政党はその存在を知らせるというアピールは必要ですけれど、だからといって主張がこれでなければならないと我武者羅になりますと、支持者を減らすことになり選挙の時には厳しくなるのではないでしょうか。

議論するときは相手を否定せずに、肯定することに始まって、それよりもより良いものは我にありとの、少し時間は掛かってもジワーと賛同に持って行く方が、敵意を持たれない方法だと思います。
焦らず、気長に、穏やかに議論することが良いように思います。

こちらのブログに出入りしている人は、どなたも基本的な考え方はそんなに変わらないし、日本が良くなることを願って自分の主張を述べておられるのですから、皆さん素晴らしい人ばかりだと思っています。

ですから、お互いが協力できるところを探して、議論をしていけば対立するようなことにはならないはずですが、時を焦る余りに必要のない討論を行っているようにも見えます。

こちらのブログに出入りして、より良い日本のために語るならば、時間は掛かってもお互いが協力できるように付き合えると思います。

首相のオリンピック出席を北朝鮮が非難しました。

安倍首相の平昌オリンピック出席について、北朝鮮の朝鮮労働党機関誌・労働新聞で「同族間の和解の雰囲気に冷や水を浴びせようとした招かれざる客」と決め付け、非難した。また、文在寅大統領との会談で、五輪後に米韓合同軍事演習を再開するよう求めた首相の発言を「妄言だ」と批判しました。

安倍首相がオリンピックに出席されることについて、反対していたのですが、北朝鮮がこれを非難しているのなら、出席されて良かったのだと思います。

北朝鮮の主張に正義は有りません。
これに反対の行動を示すことが、日本の正しい行動だと思います。
首相が韓国の文在寅大統領に対して主張したことと、金正恩朝鮮労働党委員長の妹、与正氏と接触しなかったことは良かったと思います。

ポッポさん、こんにちは

朝鮮族の唱える和解ほど胡散臭いものは無いですな。

極論を言えば、「自分以外は」一切認めず、従って和解することも無い人達なのではないでしょうか?

その民族歴史が証明しています。

朝鮮戦争の例を見ても、北鮮人と南鮮人は激しい●し合いをしたし、同じ南鮮人の間でも、「焦土作戦」の一環なのか無意味に若者を●しましたよね。
占領後敵兵に取られるくらいなら今●してしまえ、と。
彼ららしい価値観です。他者を家畜としか見ていない。

これだけ悲惨な内戦を経験しながら、文寅ら韓国のエリートは虐サツ犯の北朝鮮当局に全く抵抗する素振りも無く、和解だ融和だと唱え、敵の胸元に飛び込もうとしています。
「後見の叔父すら」惨サツするジョンウンに身分保障してもらえるつもりらしい。

おめでたい連中ですね。
政治犯収容所の塀の中で雑草や鼠でもご馳走してもらえばいい。

米朝開戦直前であるとの現状認識

 韓国の歴代大統領と同じく例外の無い反日であるばかりでなく、朝鮮族の事大主義に沿えば、宗主国と仰ぐべき同盟国の米国に無礼を働き怒らせ、有ろう事か、正面の敵である北朝鮮の傀儡政権になる事を希望している、としか思えない、親朝鮮の姿勢を見せる文在寅大統領ですから、彼が工作員並みの朝韓関係の認識である事を疑う人は、韓国にもモゥ居ないでしょう。

 米国は、トランプ政権で唯一鳩派と思われて居たティラーソン国務長官が、先日「朝鮮に必要なのは、ニンジンでは無くムチである」と発言した事から、戦争抜きで解決する=米朝会談の可能性は100%無くなりました。

 米国側の話し合いの目的である「朝鮮の核開発・ICBM放棄」は、端から「有り得ない」と言って居るのですから、斯ういう結果になるのは見えて居たし、正恩が、「オリンピックを、最終段階にあるICBM開発の為に、時間稼ぎに利用していると言う」事は、日を見るよりも明らかで、ダカラ、日米の事前協議で、米国はペンス副大統領、日本は安倍首相が行く事に拠って、その本気度を示そうとしたのでしょう。 

 日米のNo1とNo2が、攻撃の的になる危険を冒して迄、「リアルの戦闘・戦争行為を決意した」と言う最終的な決断を、文在寅と政府のスタッフを通して、韓国国民に伝えに来たのですが、呆れた事に、未だに韓国メディアの中には、「話し合いで片が付く」と思い込んで居る処もある様です。 「隣が火事だぞ!」と教えて居るのに、歴史と同じで、自分達の願望や妄想通りになると思って居る様ですから、残念ながら、朝鮮族の国は是まで出しょう。然し、日本企業の中にも、未だに半島から帰ってこようとしない連中が居る様で、その危機意識の低さには、呆れ果てる他ありません。どうぞ、自己責任でお願いします。

 日米間では、この先のシナリオは完全に書き上がって、関係者には周知されていると思います。その最後の同意取り付けが、ティラーソン国務長官であった可能性は高いですね。

 時機的には、パラリンピックが終わる頃なのでしょうが、オリンピックの閉会式も危ういと思います。然し、米国は「先制攻撃を相手にさせると、その戦いには大勝する」と言うジンクスを持って居る様なので、(米西戦争、日米戦争、独米戦争、湾岸戦争・・)様子見するかもしれませんが、4月の米韓合同演習までずれ込む事は、無いと思います。

 どの途、米国が武力を行使すれば朝鮮政府の崩壊は確定的でしょうし、今朝鮮が持って居る核兵器の拡散は、止められるでしょうが、開発技術の拡散は止めにくいと思います。するとやはり、日本も核武装しなくては、事実上防衛が出来ないのは、誰が考えても分る話です。
 
 私は、ドウセ持つのならICBMの様な、金食い虫の張子の虎では無く、用途に応じて、バリエーション豊かな、且つ、その在所が掴まれにくい戦術核を持つべきです。 勿論、スパイ防止法の設定とセットですが。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/