スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「反日地獄」で前が見えなくなった韓国    12月21日(水)


前回、韓国政治のキーポイントは反日である。その反日を捏造した張本人は
李承晩であると書きました。そして李承晩の作った捏造歴史教科書を真実の
歴史教科書に書き改めなかったクネの父である朴正煕元大統領も「反日地獄」
の同罪であると私は思っています。

それでは、真実の歴史を知っているはずの朴正煕元大統領は、何故李承晩の
作った捏造教科書を破棄しなかったのか?

その答えは彼の著書の中にあります。
「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」
「(韓国社会は)姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建
社会の一つの縮図に過ぎない」「わが民族史を考察してみると情けないと
いうほかない」 「われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんな
ことがあっても、この歴史を改新しなければならない。このあらゆる悪の倉庫
のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきである」 朴正煕選集2

さらに自著『韓民族の進むべき道』で李氏朝鮮について次の言葉を遺している。
「四色党争、事大主義、両班の安易な無事主義な生活態度によって、後世の
子孫まで悪影響を及ぼした、民族的犯罪史である」
「今日の我々の生活が辛く困難に満ちているのは、さながら李朝史(韓国史)
の悪遺産そのものである」「今日の若い世代は、既成世代とともに先祖たちの
足跡を恨めしい眼で振り返り、軽蔑と憤怒をあわせて感じるのである」と記述
されています。

つまり朴正煕元大統領は正しい歴史教育によって韓国人を改新すべきあった
が、彼は李承晩の作った捏造教科書をそのまま生かすことによってこれ幸い
と真実の歴史を消しさってしまった。
「このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきであ
る」という記述が彼の本音をよく表しています。

朴正煕は、日本統治下の朝鮮で、貧しい農家の5男2女の末子として生まれた。
自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て
義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な
労働力だった自分を学校に行かせてくれた。小学生の頃は、学校に弁当を
持って行けないほど生活は苦しかったが、成績がよかったので、日本人の先
生が師範学校に行けと勧めてくれた。さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官
学校に進学し、首席で卒業することができた。卒業式では日本人を含めた卒
業生を代表して答辞を読んだ。日本の教育は公平だったと思うし、日本の
やった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している。
(金 完燮「親日派のための弁明」)より

朴正煕元大統領は、日本の教育を受けたことによって日本の精神性が注入
され日本人になっていった事がよくわかります。

戦後大統領になった朴正煕は、朝鮮戦争で荒廃し世界最貧国になった韓国
を復興さすためには日本を利用するしかないと考えた。そこで日本に戦後賠
償を求めたが、日本は韓国とは戦争をしていない。賠償金を払う必要はない、

しかし朴正煕元大統領にとって都合のいいことに、李承晩の作ったインチキ
教科書には「日本と戦った戦勝国」だと書かれています。その上日本は韓国
人に対してひどいことをした、ということを学校教育で徹底的に教えています。
そして韓国歴史教科書の最大のウソは「1910年の日韓併合まで韓国は独立
国家であった」と記載されています。

彼はこのインチキ歴史を事実として世界に公表すると日本を脅した。日本も
李承晩の反日政策で日本漁船を328隻も拿捕され、3,929人を逮捕投獄、44人
も殺されています。その上、終戦のドサクサにまぎれて日本海上の公海に
「李承晩ライン」を一方的に引き竹島を韓国領土にしてしまった。日本は戦
後手足を縛られ反撃できないことをいいことに韓国はやりたい放題のことを
したのです。

日本政府は日本の教育を受けた朴正煕ならきっと「親日」に違いないと思い、
彼の要求を受け入れたらきっと反日教育を改めてくれるに違いないと信じた。
ところが彼はその教科書を改めるどころか反日教育の基礎を固めてしまった。

1965年日本と韓国は「日韓基本条約」とともに「日韓請求権並びに経済協力
協定」を締結。日本は韓国に8億ドルの経済支援を行った。8億ドルは当時の
韓国の国家予算の2.3倍に当たる莫大な額です。

韓国はこの支援により経済成長を実現、さらに日本はその後も6000億円の
支援や技術援助を無償で継続的に行ってきました。結果朴大統領は「漢江の
奇跡」を達成したのです。これらは韓国が主張しているような賠償金ではなく、
経済協力金です。日本は韓国を侵略していないし、戦ってもいないからです。
しかし韓国は日本と激烈な戦争をした」と主張して譲りません。

現在の韓国が建国されたのは戦後の1948年のことです。1910年の韓国併合
後の朝鮮半島は日本の統治下にあった。つまり、そもそも当時の朝鮮半島に
日本と交戦状態になりうる独立国は存在していなかった。

しかし一方、これらの莫大な日本からの支援によって韓国が復興した事実
を朴正煕元大統領は国民に全く告知しなかった。もし彼が韓国民に日本の
巨額な支援を知らせ、感謝の一言でも言っておれば今日の「反日地獄」から
逃れていたかもしれません。

そして娘の朴槿恵は父親が徹底した独裁政治と反日教育を敷いた16年間に、
10代のすべてと20代の前半をすごしました。彼女に取って反日は政治的
パフォーマンスだけでなく、本音でもあります。

つまり朴正煕元大統領は日本に対して大恩を仇で返したのです。その報いが
娘である朴槿恵の無能と無為無策によって韓国という国を破綻に追いやった
のです。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



コメント

残飯にキャビアをかけても、それは残飯に過ぎません

プログ主様、アップありがとうございます

朝鮮人は元日本軍国主義者です。しかも狂信的な。

戦中の戦争映画は当然当時大日本帝国であった半島内でも上映されましたが、内地人の証言によれば、朝鮮人の盛り上がりようは内地人でも「引く」ほどだったようです。

その他、皇軍について行った二鬼子()の支那市民や連合軍捕虜に対する悪ノリぶりから、要は連中はただ、

軽い

だけでしょう。

今はたまたま日本ディスり&米支マンセーのターンなだけで、これが時局次第でいつまた大日本国マンセーに手の平返ししてもおかしくない。

ウザったいことです。二度とご免だ。

解放される道はただ一つ。
半島赤化統一のみ。

「誰にでも」犬ころのようについて行けるなら、相手が朝鮮民主主義人民共和国でも同じでしょ?
韓国人もどうせぶっ〇されるなら「同胞」の手にかかる方が幸せでしょうし。

うるさい朝鮮人の口(=人口)が大幅に削減されて、さぞ日本列島は静かになることでしょうよ。

歴史の時系列
ブログ主が韓国の設立年が1948年と言われたように、日本と戦ったという矛盾に気が付きそうなものですが、彼らが声高高に言うものだから、韓国が戦勝国と勘違いしている日本人が多いと思います。
でもこの記事を読めば読むほど、腹が立ってきますね。
僕も人の事言えません、田中首相が訪中して周恩来との会見で、シナが日本に対する賠償請求を放棄すると言った時、流石シナ、大国だと勘違いしました。
後で彼らの建国年が1949年と気が付きました、賠償すべきは台湾の中華民国に対してです、毛沢東も日本軍のお陰で中華人民共和国を建国できたと感謝していました、それなのに昨年の習近平の対日戦勝記念祝賀は茶番そのものです。
自分の都合の良い様に歴史を改竄し利用する、特亜はまったく恥を知らない民族です、本当に付き合いたくない隣国ですね。
逐一、これに反論しなければいけないのに、腰の引けた外務省は沈黙したままです、何か負い目でも感じているのでしょうかね、真珠湾攻撃の宣戦布告文書の遅配など、負い目は日本人に対してですよ、お公家集団さん、もっとシャキッとしろよ。
外交官の選任は学業ではだめです、試験制度の改革から始めないと,これからの日本外交が馬鹿にされます。
バックに軍事力がないので、態度だけでもでかい奴を表面に出しましょう、そのためにも初年度、半年くらい自衛隊で鍛えることが求められます。
そう言えば、上海に出向いていた外交官がハニートラップに掛かりスパイを強要されて自殺しましたよね、愛国心のある外交官は死を覚悟しています。
トラップがこの一例だけとは思えません、他の、のほほんとしている外交官は信用できませんね。

韓国人は、反日地獄に落ちて、永遠に苦しめ

1945年8月15日、日本が敗戦したとき、アメリカは韓国を独立させ、日本の番犬にしようとしたとき、朝鮮・韓国には、独立の志も、日本に対する抵抗も、朝鮮に対する愛国心も、何もなかった。アメリカ軍も困ったことだろう。

やむなく、アメリカは、元両班の李承晩を探し出し、「反日」を国是とさせ、日本を監視させることにし、日本を貶めるため、軍艦マーチを、蛍の光をパチンコ屋で大声で鳴らすことを認め、朝鮮進駐軍の狼藉をも大目に見た。
韓国の建国には何らの主義、主張がなく、反日だけが拠り所であり、韓国から反日を盗れば取れば何も残らない。本当に何も残らない。

韓国人は、李朝朝鮮の末期の底なし沼の真ん中に落ちて、「反日地獄」に、永遠に、もがき、苦しめ。

韓国の真の戦後史

>ブログ主様 更新ありがとうございます、ソロです。
 朴正煕の評価、同感です。 と云うより、
>>朴正煕元大統領は、日本の教育を受けたことによって日本の精神性が注入され日本人になっていった事がよくわかります。
 だからこそ、新生国韓国の先行きを案じる視点を持てたのだと思います。 彼にとっては幸いな事に、日本の旧軍部からの信用が有った。 戦争に敗れて、国際的に四面楚歌状態の日本で、散々李承晩に痛めつけられていたのが、クーデターで知日派で、然も、モゥ少し年上なら、陸士から陸大を出て将官クラスにまでなって居たかもしれない、もし、日本人であっても、間違いなくエリートの高木正雄が、韓国の大統領になったのですから、日本もやっと日の目を見た気になったのだと思います。

 昭和43年当時、1ドル=360円で、大学生の初任給が5万円未満だったころに、8億ドル=2880億円の資金援助は、日本の景気や財政が上向きだったとはいえ、カナリの高負担で、国家的なプロジェクトだと云えましょう。 まぁ、この経済援助は、国内の建設業者が。39年の東京オリンピック以後に仕事が激減して、45年の大阪万博の後では、上場した建設会社の1/3は倒産すると噂されていた中、韓国には、未だ、高速道路や地下鉄、港湾施設、製鉄会社の施設等を建設できる技術も運用する技術者も居なかったから、結局日本の建設会社が請負い、以後、海外での大型案件受注の道を開くことになったのである。 

 ダカラ、朴正煕は、非難されていないのでしょう。 寧ろこの前例が、政治界にODA利権という、手法を定着させて、シベリアから帰ってきた、元大本営参謀課長瀬島龍三氏を中心に、この先東南アジア、中東、アフリカへと日系企業の海外進出が進み、今でもそのベクトルは生きています。

 然しこの成功譚は、韓国人にトンデモ無い勘違いを齎し、劣等感の完全な裏返しである根拠のない優越感を持たせるに至った。 優越感に根拠が無いのだから、先進国とは言えない国への差別観が横溢するのは当り前です。 そういったメンタリティが、以後50年以上も世界で発揮されて、次第に韓国は孤立し始めています、というか、約束を護らない、責任を取らない、賄賂を使う等手段を択ばない・・と云う前近代的な、モラルの欠片も存在を感じない手法を駆使する癖に、何かと云えば、被害者ぶり、油断していると、加害者/被害者を入れ替えて、自分の正当性を主張する様な、「恥知らず」の行為を取る。 そう云った、韓国人の特徴が、先進国・開発途上国を問わず、世界に認識され始めて、現在の韓国の状況になって居る、と看るべきです。

 更には、国内に居る、嘗て弾圧を受け、差別に喘いでいた新平民層が、共産主義に同調して、朝鮮に擦り寄って居ます。 朴クネ政権への大反発は明らかに異常ですし、後先も考えないザマでは、筑波大教授の古田さんが云う様に、何れ、朝鮮の軍門に下り、国を消滅させる形で「統一」を果たす事でしょう。

 日本は、是に決して関わってはイケマセン。

遂に潘基文が事実上の大統領選出馬表明をしたようだが

「どの党」から出るニカ?

北朝鮮色()を出すなら愛国保守のセヌリから出るべきでない。
思う存分売国できなくなる。

第一、朴槿恵の地に落ちた評判=セヌリの政党別支持率であり、彼にとり「得策でない」のだ。

そも彼がセヌリからラブコールを送られるのは朴槿恵と親しいからだが、昨今の情勢ではそんなものは選挙のお荷物でしかない。

朴槿恵は少女時代からの友人にも裏切られるようなボッチである。
今更潘基文一人が義理立てする意味もあるまい?

ということで、彼は別の「従北」政党から出た方がいい。
共に民主だとあからさまに裏切りでそれはそれで外聞が悪いから、国民の党+セヌリ非朴派(35人)の新党から出るヨロし。

潘基文新党ニダ!

実に「弱そう」でよい。

どーせ北朝鮮と併合条約結ぶまでの暫定政権だ。それくらいで丁度いい。

A敦子 #YbISL93o =朝鮮人工作員


ハンドルネームを変えて、あるいは名無しで、コピペを貼りに来る朝鮮人工作員。

そのハンドルネーム一覧

世田谷プリンセス、江戸川区マーメイド、詩織、敦子、英美、雪江、さつき、A敦子、
群馬れんこん、平塚パラヤン女、平塚パラヤン男、宝塚保守ラーガー


コピペは半真実手法を使い、朝鮮人認定をしていたりします。


また、日本語が苦手で、言葉の意味を理解していません。

ブログ主様、更新ありがとうございます。ポッポです。

>李承晩の作ったインチキ教科書には「日本と戦った戦勝国」だと書かれています。その上日本は韓国人に対してひどいことをした、ということを学校教育で徹底的に教えています。
李承晩だけなら反日の嘘つきで済んだと思いますが、終戦後のGHQによるWGIPとプレスコードは、サンフランシスコ条約締結後も実態として残っており、これが日本国民に残した影響は極めて大きかったと思います。

時の日本の政治家は、サンフランシスコ条約締結後、速やかに戦犯については無罪との判断を示したのですけれど、WGIP及びプレスコードについて廃止及び撤廃の指示を出来なかったことが悔やまれます。

朴正煕大統領は、韓国のための政治を行いました。日本の政治家は、日本のための政治を行えば良いのであって、この場合、それは朴正煕大統領の要求を削ることであったと思います。

驚くことにこの経済協力金には、北朝鮮のものまで入っています。北朝鮮の分まで渡してどうするのかと、今の日本人なら考えますが朴正煕大統領はそこまで要求したのです。
良くも取ったりと思いますが、条約ですから韓国は、このことを忘れずに北朝鮮の面倒を見なければなりません。(日本が北朝鮮に渡す金は、必要ありません。)


12月22日に、沖縄の北部訓練場の一部が返還されます。おめでとうございます。

面積は4,000ヘクタールであり、この面積は沖縄の基地の5パーセントに相当するそうです。
この返還のために、北部訓練場にヘリポートが必要だったそうですが、このヘリポートの建設のための工事には、反対派が違法な反対行動を行っていたのです。反対派による行動は、米軍用地の削減に賛成なのか、反対なのかが理解できないものでした。

反対派の連中ですが、ここが終わったら、今度は何処で反対運動をするのでしょうか。

日本は、潘基文大統領候補に協力する義務はない

潘基文は、国連事務総長時代、ことごとく、日本及び日本人を蔑むることに終始した。日本は潘基文元国連事務総長の韓国大統領に全面的に反対する。
潘基文は、朝鮮が大日本帝国の構成員であったにかかわらず、第2次世界大戦の戦勝国として振舞った。一体、朝鮮人が血書をしてまで日本軍に参加して、支那を侵略したことをどうように理解しているのか。韓国は支那に賠償したのか。

万が一、潘基文元国連事務総長になったとしても、日本は一切の協力は、これを拒否する。1000年後まで。

確かに

確かにブログ主さんの話しは解り易い。
支那(China)や南北朝鮮の話しは解り易い。
この調子で安倍政権が行った(又は行おうとしている)、
A.日韓政府による慰安婦(としている追軍売春婦)合意
B.アベノミクス
C.日本で働く事を希望している外国人についての各種規制緩和の立法化
…上記AからCについて説明をしてもらいたい。

韓国の次期大統領は誰でも同じ

>patriot さん ソロです。
>>日本は潘基文元国連事務総長の韓国大統領に全面的に反対
 お気持ちは判りますが、韓国の次の大統領が誰であっても反日一辺倒なのは同じでしょうし、米国と日本が見放した是から、朝鮮とシナによって終焉~消滅へ向かう事が判ってゐる国に、今更の付き合いは却ってしない方が良い、と思います。 随い、一切無視が正しいのではないかと思います。

 その上で、ですが、潘基文の予想支持率は、既に、3位に転落して居ます。 まぁ、「史上最低の国連事務総長」との有り難くない評価を受けた人ですから、韓国を真面な国にする事など無理だし、捏造歴史に酔っぱらっている韓国人は、誰も望んでいません。 他の候補も、北の工作員以外の成分は何も持ち合わせていない様子ですが、共産シナ、朝鮮側に軸足を置くしか選択肢が無いのは、モゥ誰でも判る話です。 韓国国民は、自分自身の明日の立場を考えて、自国の行く末を真剣に心配したほうが良い。

 日本は、手掛りを求め易い、何番目の国である事を自覚して、入管法を厳しく改め、ビザの復活は当然、犯罪前歴者の入国拒否、国外退去を進捗させるべきです。 違法占拠中の竹島も、米韓同盟解消と同時に、韓国を侵略者として厳しく対峙するべきで、其の時に朝鮮が韓国に侵攻して韓国を占領したら、今度は、日本vs朝鮮の戦争が始まるダケです。

 相手は中距離ミサイルを数百発持って居ると考える位で、対処すべきです。 此方は、当然、米国やロシアと緊密に連絡を取っての対処と言う事になります。

 以上の事から考えても、既に韓国は、少なくとも防衛に関しては、日本の関心外の国であると云えると思います。 誰が大統領になっても、同じでしょう。

海の森海上競技場の維持費は、カヌー協会、ボート協会及び森元が払うんだろうね

海の森海上競技場のレガシー、維持費については、当然のことながら、当然のことながら、会場決定の際にあれほどいった手前。カヌー協会、ボート協会及び森元が全財産はたいても責任をとるのでしょうね。

ソロ様の仰るとおり赤化朝鮮との新冷戦の準備が必要です

朝鮮人にコロされるー!奴隷にされるー!と「過剰に」脅威を煽りましょう。

日本第一に期待します。そのうち巨大与党が重い腰上げて在日とマルクス主義者は殲滅されますよ(笑)

「過剰に」と言ったのは、赤化朝鮮にはどうせすぐ日本と戦う準備はできっこないとタカを括っているからです。

腹が減ってはなんとやら。

まずは北朝鮮人の「自己満足」からです。
国力ガタ落ちで対日戦が不利になるとわかっていても絶対やりますよ。

ジェノサイド

腹減ってるんだから仕方ない。

一通り「それ」が終わった時、日本は気の毒なほど重武装の軍事大国に化けているはず。
到底勝ち目はありません。

諦めて朝鮮族の多く住む満州でも狙うんですね。
地続き&支那軍閥内戦中なら攻め易いはず。

韓インフルエンザwo

韓国では2000万羽の鶏が殺処理されたそうですね。日本では100万羽の鶏が殺処理されたそうです。鳥インフルエンザなんです。なかには病気でない鳥もたくさんいるでしょう。冤罪でかわいそうです。でも仕方がないんです。ほっておくと我々日本人が殺されてしまいます。韓インフルエンザも一人残らず見出して殲滅すべきです。韓インフルエンザとの共生なんてありえません。人権だのヘイトだのお花畑の話をしている場合じゃありません。日本民族が抹殺されてしまいます。

目覚めよ!日本人の農耕民族としての「本能」

農作物を食い荒らすイナゴやネズミの類を許さないのは「当たり前」ですよね?
そうやってリアルに千年王国を築いてきたのではないですか?

相手がたまたまヒトの形をしていても「要領」は同じです。

仕方がないのです。
「必要悪」なのです。

漢民族と朝鮮民族のバカタレが引き起こす国難に際し、我々日本人がただ温厚なだけの農耕民族ではなかったことを全世界に知らしめましょう。

自民党支持の日本の近未来の姿

 ソロです。 
 自民党と民進党の支持者の年齢構成を調べた結果、民進党の10~20代の支持者は、1.4%であり、他の世代の一桁だが、60歳以上が62%を越しているのに対し、自民党のそれは、10~20代の世代が、逆に、62%、60代以上は、47%となって居るとの事。 民進党の支持者は、団塊の世代が中心と言う事ですが、如何せん、支持者の総数が、全体の4%程度なのですから、話になりません。

 然し、自民党支持=安倍政権支持ではない様な気がします。 所謂、自民党が中道保守と云う評価に留まって居るのは、自民党の中に、嘗て韓国・米国ラインで、「漢江の奇跡」を演出した、ゼネコンを中心とした、巨額賠償金に因を発する利権支持団体が、「40年代の『韓国復興景気の夢』よモゥ一度を、描いている可能性があります。 

 殊に今は、東京オリンピックの準備で、小池都知事の奮戦も空しく「1兆8千億の上限」に決まって終ったのは、時すでに遅かったと考えるべきですが、この絵を描いた森 元総理こそ、媚韓派の中心人物だと看るべきでしょう。 

 経済は、イベントを行う事で、活性化しますから、まぁ、「其れも日本経済の為だ」と云う言い訳に成る部分は有ります。 現に、東京オリンピックの後は、大阪万博、更にはIR法案可決で、舞洲や東京の豊洲市場跡をカジノ特別区にする、と云う建設ネタを企画して居ます。

 其れに加えて、今後20年間に亘り、名神,東明、山陽、九州、東北、関越と云った主要な高速道路の50年を目途とした大改修が始まって居ますから、ゼネコンは、当分食うのに困らない筈ですし、人手不足も解消しないでしょうが、安易な移民施策では無く、科学技術の進歩で乗り切って頂きたい処です。

 但し、斯ういったイベントは、利権と結びつき易い前例が幾らでもあります。 政治家が私腹を肥やす絶好の機会だと云えましょう。 長期政権の弊害で、安倍政権を汚職で貶める事は是非、回避したいと思います。

 今まで出来上がっているゼネコンと政治家の関係は、嘗て、小沢一郎の独壇場であったのですが、朝鮮や韓国の利権筋が消えた現在では、都議会の様な、新たな不正ルートを開発される前に、非合法組織との関係、否、存在そのものを断つ努力が自民党に求められているのです。

 この先、共産シナの軍事的暴走が、更に昂進すれば、極東情勢の変化は、軍備拡大、緊張昂進の方向へ向かうしかありません。 今は、平和主義。全方位外交の、名残が残っているマスコミも、余りの国民の不支持に、何処かで方針を転換すると思います。

 すると、九条教の信者共の言説は見向きもされなくなり、軍拡は当たり前の事象となりましょう。 スティルス戦闘機の心神が、F3として空軍の主力としてデビューする頃には、日本製の戦略空母や強襲揚陸艦が登場するかもしれません。 国土防衛艦隊は、単純に防衛だけでなく、災害が多発する国土と国民を護る意味でも、日本に取っては必須のモノだと思います。

 そうなれば、日本では絶滅しかかって居た造船・鉄工産業が、息を吹き返します。 亦、エネルギーの水素化・脱化石燃料傾向が進捗すれば、新たな技術で生み出した新たな船種も登場すると思います。

自業自得の韓国を救うな

朴正煕を高評価し続けていた日本はなんだったのだろう。
ここにも情報の細工が何処かでされたのではないか。
ほんの少し朴正煕の語録を読めばそれは積極的反日か便宜的反日かは別としても反日に違いはなく、その流れが今に続いている。

李承晩後、歴代韓国大統領が続けて来た反日教育が今の日韓関係を作ったのでその責任は全て韓国にある。

http://ironna.jp/article/1772
http://shinkiku.exblog.jp/11941444

基地返還と抗議活動

今日は沖縄の北部訓練場の一部(約4,000ヘクタール)が、日本に返還されました。これは、沖縄県内の米軍区域・施設の約2割に相当するもので、1972年の本土復帰後、最大規模だそうです。

翁長雄志沖縄県知事はこれの返還式典に参加せず、22日(今日)夕方に名護市で開かれるオスプレイによる不時着事故の抗議集会に参加するそうです。

返還式典は公的なものですから、知事はこれに出席しない場合、今後の基地の返還にも影響すると考えられても、仕方ないと思います。
また、知事の代理には誰が出席したのかも、知りたいところです。

返還式典と抗議集会を比べるとき、知事としてどちらが大事なのでしょうか。時間的に厳しいかも知れませんが、無理をすれば両方とも出席することは出来ないのかとも思います。

翁長知事は、この基地の返還に、国がどれだけ努力をしたのか理解できていないと思いました。

負の連鎖は止まらないですね。撒いた種が実っただけの話しです。

朴正煕大統領の評価

>ANさん ソロと申します。
>>朴正煕を高評価し続けていた日本はなんだったのだろう。
其れだけ、戦前の朝鮮人の中にも日本の文化や伝統精神に感化されて、世界的な常識を持つモノがいたと言う事でしょう。 彼は、韓国大統領としての本分である、国の為の外交で、後世謂われる「用日」をやった、までの事 然し、皮肉な事に朴正煕が採った行動は、ご存じの様に、韓国国民からは否定されていますが、日本人にな、否、世界的な常識から見れば、正しいと評価されていたと言う事でしょう。 つまり、韓国国内の常識は、世界とはレベルが違うのです。

 彼は、自分が持って居る能力の全てを懸けて、韓国の近代化に日本を「用日」しましたが、彼の後に為政者になった人たちに彼を超える政治的手腕が無かった為に、言い逃れ的に、就任中、「朝鮮戦争休戦下=戦時下」と言う現実を理由に、戒厳令を出し続けていた朴正煕を独裁者と決め付けようとする為に、何かと言えば被害者になりたがり、その一方で犯人を特定したがる韓国国民自体に、未だ「用日」の意味もその影響や効果も理解できていなかったと言う事でしょう。 事実は、為政者自らの無能さを糊塗する言い訳にしか過ぎなかったのですし、歴代の民生大統領は、この手段を多用しました。 然し、外形的には、大統領と言う職分に帝王的な権威を与えているのです。

 この傾向は、朝鮮族独特のモノで、この傾向を直さない限り、朝鮮族が主催する国が、マトモな国家に成る可能性はありません。 何故なら、進歩はちゃんとした究明で出した原因について相応の反省をして、改善する処から始まるものですが、彼らの様に、結果を自身で背負う事を端から外しているのでは、進歩の対象にすらなれないからです。 それに、指導者層を儒教的な形「=天命説」に従い、崇拝・絶対視する事は、その時点で民主主義ではない事にも気付かねばなりません。

 彼ら大衆層は、千年にも亘り、異種民族からの差別的支配を受けてきて、政治には全く関わる事を許されなかった事と、為政者側にも、国主意識が乏しく、施政責任を取るものが居なかった事で、全ての事象で責任を取るものが居ない状況が当たり前になって居た。 つまり、朝鮮族の常識は、近代どころか、中世以前の「国家としての成立」意識すら怪しい古代から、全く進歩して居ない事になるのです。

 朴正煕は朝鮮族にとって、希代の名君であった可能性が有りますが、世界にとっては標準的な指導者だと思います。 ですが、残念な事に、韓国は消滅の危機に瀕して居ても、国民が何も気が付けない状況に有りますので、彼を超える指導者を出すチャンスは、朝鮮族から永遠に失われる事になりそうです。

インドネシアの在来鉄道に協力 ポッポです。

今日は、天皇誕生日です。
おめでとうございます。

インドネシアのルフット海洋調整相は12月21日、東京都内で石井国土交通相と会談し、ジャワ島を横断する在来鉄道を高速化させる事業構想について、日本政府に支援を要請しました。
円借款や技術協力を使い、既存路線の改修を進める意向と見られます。

インドネシアは昨年、日本が受注を目指した高速鉄道計画では中国案を採用しましたが、この時には日本の調査書を流用したことが噂されました。
このことから、今回も日本に鉄道路線を調査させた後、その調査書を利用して、最終的に中国に受注させることも考えられますから、単純に今回の支援要請を信じても良いのかと思います。

今回対象の在来鉄道は、ジャカルタとスラバヤを結ぶ730キロメートルの区間で、総事業費は推計で約8,900億円と高額なものです。
しかしながら、昨年の高速鉄道計画では中国の落札後に、日本に残りの区間の調査を打診して、中国の参考にするような動きも見られたように記憶しています。

インドネシアを信用して一括受注を行うつもりであった場合、最終的に中国がその受注を持って行った場合には、国土交通大臣は責任を問われることになると思います。

今回の支援要請については、昨年の高速鉄道のように受注間際になってから中国に偏向されるとの轍を踏まないため一括受注とせず、三分の一から四分の一の分割での受注を正式に受けてから、残りの部分の調査及び受注を行うような方法を取り入れて、中国が隠れて受注活動を行っている場合に、これを排除できる方策で行動すべきだと思います。

オリンピックは、誰のもの

オリンピックは、組織委員会のドンである森元のためにあるものでなく、また、オリンピック開催を全てを自前で開催できなくて、膨大な国費の支出を必要とするようものであってはならない。
日本国は、東京都や南関東の都県のために存在するではない。

2020オリンピックが多大の国費の支出を伴うものであるなら、
2020東京オリンピックを2020日本オリンピックに名称変更されたい。

天長節のお祝いと新潟の大火とシナの破綻

 ソロです。
 謹んで、天皇誕生日をお祝い申し上げます。 
 陛下もご心配なされていましたが、新潟県糸魚川市駅前の大火、被災者の方々には、この寒さの中で正月前に大変な目に遭って、困惑・当惑して居られる事を思えば、一日でも早い救済策を施行され、安心・安寧な日々を取り戻される事を心の底よりお祈り申し上げます。

 この火事は、風速25m近い台風並みの強風下であっという間に燃え広がり、火の粉の塊が飛び火すると言う、江戸時代にあった「振袖火事」を彷彿とするもので、当時の江戸と同じく木造の民家の密集地で起こった事をマスコミが繰り返し伝えて居ます。

 この様な、木造の家屋の密集地帯は、日本中何処にでもある事を思えば、強風の中なら、同じ事が何処でも起こり得るワケです。 消防庁は、この火事からデータを収集して、色々な事を学んで、設備の更新や増強、人員体制の整備に活かしてほしいものです。

>ポッポさん ソロです。
 インドネシアの鉄道の件、在来鉄道との事ですが、スラバヤ~ジャカルタとの事、シナは、鉄路を敷説するのに、余剰となって居る鉄鋼を遣いたいのでしょうから、ポッポさんの懸念が当たって居る可能性が大いにあります。

 米国では、バイアメリカン法が是を阻止する様に働き、結果、LA~ラスベガスの高速鉄道が白紙撤回されました。 そうです、鉄路のレールに、余剰鉄鋼を使おうとしたのです。 この様にシナは、鉄鋼業が過剰在庫で鉄鋼の生産が止まって居る為、資源輸出国との契約で買わざるを得ない鉄鉱石の在庫が増え続け、鉄鋼業自体が瀕死の状態です。

 この状況打開には、シナにとって海外での大プロジェクトで余剰になった鉄鋼を、譬えダンピングしても捌きたいでしょう。 処が、あちこちでこのプロジェクトが破綻して、シナの関わったプロジェクトでうまく行っているものは一つもありません、 原因は、不十分な事前調査による、経済的或いは技術的な障害の発生です。

 既に、共産シナの信用は地に堕ちて居ます、共産シナの破綻も、間近に迫って居ると言うワケです。 日本は、シナ政府にデータを盗まれない様にしなければ、日本の信用が貶められる結果にもなりかねません、中には、親シナや親インドネシア華僑の人達も居るでしょうが、日本の国益に無頓着で、結果国益を害するのなら国賊です。

【天皇家の金に手をつけた小和田恒】 http://katintokei.at.webry.info/201612/article_40.html


伏見顕正氏の「時を斬るブログ」でなんかすごい話を見てしまった。

・皇太子妃雅子の父、小和田恒は今、現在、スイスのバーゼルのホテルに「軟禁」されている。
・嫌疑は、スイスの銀行に有る「天皇家のお金」に手を付けたから。
・小和田は「他人様の銀行口座破り」で現場を押さえられた現行犯。
・日清戦争での、清国の賠償金以来蓄積された天皇家名義のお金はスイス銀行に8兆円ある。
・小和田恒は「朝鮮人種特有」の「公金横領癖」が、外務省時代から有った。
・それを追及しようとして更迭されたのが田中真紀子外務大臣。
・更迭したのが、福田康夫元総理と小泉純一郎元総理のコンビ。
・外務省当時、雅子の不倫相手だった奥参事官は「雅子入内」後アフリカへ飛ばされたのち「殺害」された。
・雅子の精神的異変はそれ以来。
・日本政府は小和田の「解放要求」をしているがスイス銀行(スイス)は国際的信用にかけて断っている。

これが本当ならとんでもない事件ではないか。
天皇家の金に手をつけようとは、恐れを知らぬにも程がある。そしてさすがスイス銀行。日本政府の圧力も通じません。

こんなこと日本のマスゴミはどこも報道していませんね。

出典:http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/89609088d012f4e726652bfba66b68af
    http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/3da583c9b11cb57db3058ba94a0d98fd
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/8cf23f2bbef0afcc31ac49c6473f93cd

ドナルドトランプは支那に二言目には為替・通商で譲歩せよせよと言うが

それこそ中華人民共和国の核心的利益()であろう。

南シナ海の人工島以上に譲れんわ。

それはアメリカ人の代わりに支那人の雇用を犠牲にせよとの要求に等しい。

いや、支那の為政者は核戦争で人民が半分死んでも構わないと断言した毛沢東の後継者達だから、漢族農民工が何千万飢え死にしても涙一つ流さないが、その結果である「反乱」により、

現指導部なり一党独裁そのものが崩されたら

悲しむであろう。
マルクス主義者の思考とは所詮その次元に留まっているからな。

チャイナロビーの力で合衆国大統領になった者なら「穏便」に済ませることができるが、ただの「人気」により大統領になったドナルドトランプには曖昧ですまさないドギツさがある。

人気のために中華人民共和国と対決する運命なのである。

支那の国営企業など規模だけが取り柄で、現指導部が為替・通商で僅かでも譲歩したら即死であろう。
鍛え抜かれた日系企業と比べ物にならないほどひ弱な存在である。

習近平指導部がどうやってトランプの要求を躱せる「つもり」なのか、じっくり拝見させてもらおうか。

ノーマンズランドを作ろう

韓国には反米反日政権が立つことは、ほぼ間違いないと思われます。
これは北朝鮮による半島の統一と同じことですから、日本は対策を考えなければいけないと思いますが、一つ提案があります。
朝鮮半島の先端部分(海岸部分)を買収し、ノーマンズランドを作るのです。日本の自衛隊が管理することにします。朝鮮人が住み込まないようにするために全てのインフラを破壊する必要があります。
そうすれば、海洋資源、水産資源を保護できますし、また日本海を汚染から守ることもできるのではないかと思います。
金日成(偽)は、朝鮮人かどうかもわからない人物でした。金成恩も朝鮮半島などには何の思い入れもないでしょう。
きっとうまくいきますよ(笑)。

赤化統一後の日本の国家戦略

「韓国人の」虐サツと体制固めに忙しい金正恩政権の足元を見透かし、体良く利用するに限ります。

日本人の朝鮮アレルギー・共産アレルギーを煽りまくって、国内で危ねーテロ国家の国民である在日とその同盟者であるマルクス主義者を徹底弾圧することは「当然」として、アメリカ合衆国との同盟について待遇改善の交渉の材料にしましょう。

代わりに赤化朝鮮と戦って「やる」ので、日本に軍備解禁を許し、アメリカメーカーの世界シェアは若干食われるかも知れないが、日本メーカーに軍需産業への進出を許可されたしと要求するのです。

たくさん作ってたくさん収益があった方が自衛隊(改め日本国防軍)の調達コストが下がり、戦力増強が捗るのです。

至極当然の要求だと思いますね。

中華人民共和国に対しても(軍閥内戦で吹っ飛んでなければw)、密かに赤化朝鮮に援助し、「朝鮮族の多い」満州を切り取り次第にするよう唆す。

矛先を変えるわけですな。

人間楽な方に流れるもんです。

軍事大国として復活する日本はキチガイじみた強さでしょう。
到底韓国人虐サツで人口も経済もガタガタヘロヘロな赤化朝鮮の敵う相手ではない。

自然、満州に足が向かうでしょう。

禍を転じて福となす。半島の赤化を恐れるなかれ。

韓国の「鶏卵大乱」が面白い

なんちゃって先進国の韓国で、バカみたいに鳥インフルエンザが拡大し、国の産卵鶏の4分の1を失った事態のことを、韓国メディアが盛んに書き立てている。

標的は大統領府及び「黄教安首相」である。初動対応の遅れが悪いんだと、完全に政局扱いだ。

北朝鮮にとって目障りな、愛国保守の政治家の首を飛ばす気だな?
何という「悪意」。

韓国庶民の怒りは切実だ。

大卒でも仕事が無く、リストラも早く、低賃金ニダ!
加えて卵も先月比25%値上げされ、スーパーからパンが消えたニダ!
みーんな黄教安とセヌリ(=保守)の「せい」ニダ!

いいね!この「狂気」。

ベルサイユ行進ならぬ青瓦台行進が始まりそうな雰囲気だ。

朴槿恵は今こそテラスに立ち、「パンが無ければチョコパイを食べればいいじゃない(笑)」と言うんだ!
歴史のヒロインになれる。(悪い意味で)

これぞTHE(プロレタリアート)革命前夜だね。
盛り上がってまいりました!

蛍の光の3番、4番を知っていますか

蛍の光の3番、4番を知っていますか。

蛍の光、窓の雪、
文読む月日、重ねつつ、
何時しか年も、杉の戸を、
開けて今朝は、別れ行く。

止まるも行くも、限りとて、
互思ふ、千万の、
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌ふなり。

筑紫の極み、陸の奥、
海山遠く、隔つとも、
その真心は、隔てなく、
一つに尽くせ、国のため。

千島の奥も、沖縄も、
八洲の内の、守りなり、
至らん国に、勲しく、
勤めよ我が背、恙なく。

朝鮮人どもは、これを汚らしいパチンコ屋の追い出しの曲として、軍艦マーチとともに鳴らし続け、日本を貶めて、悦んだ。

朝鮮族の特徴とその接し方

>両班野郎さん ソロです。
 韓国の鳥インフルエンザの件ですが、今年の11月以降でもほぼ全道に亘って合計200件以上の発生が報告されていますが、その原因は、病原になる地域が大陸に在って、政治絡みで処し切れて居ない点、利己主義の朝鮮族で葉、処理の迅速さに欠ける点の二つが挙げられましょう。 亦、利己主義社会の韓国では、「自分だけ損するのはトンデモナク嫌だ」の前には、「競争相手が損をするのは、大歓迎」「ドゥにかして自分だけ損をしなくても済むようにしたい」が有る事は、言わずもがなの事だろう。 ドゥ足掻いても、自分だけの利害を主張せざるを得ない社会の価値観だから、誰も社会全体の利益を考えて行動できないのですね。 結果、韓国国内の鶏卵の生産力が3/4になったとのお話、モゥ呆れて嗤うしかない。なんで其処まで放置するのか。

 そして、お定まりは、「セヲル号事件」でもそうだった様に、誰かに責任を一切押し付けてそれで問題解決とする事でしょう。 原因は明らかに、違法改造、過積載にして、速度超過、つまり、操船ミスである事が分っているが、その指摘を他のフェリーに反映したと言う話を聞かない。 救命筏や救命ボートが、全く機能しなかった事は、機能を担当する船員が真っ先に逃げ出した事が主たる原因であろうが、表向きは検査をちゃんと受けて居たワケダカラ、作動させようとしても機能したかドゥかは、大いに疑問だろう。

 つまり、法令を真面目に守る気は全くない上、失敗から何も学べないし、欠陥を抽出したら投資して改善する、結果、失敗を改善につなぐ事が、大きな人的被害を回避する事に繋がるとは、絶対に考えない人々なのです。

 是では、韓国が関わる安全対策を必要とする事象は、悉く信用に値しないし、装置設備は、経年劣化する事が明らかなのですから、年々危険になって行くと考えるべきです。

 日本の内部にも、朝鮮族が多数入り込んで、違法すれすれの手段でのし上がって居るケースを良く見ます。 そう言う企業は、よく、法令違反で検挙されていますが、基本彼らの利己主義が改善される事はないでしょう。 手を変え品を変えて、日本人の上にのし上ろうとしているのは、変わらないでしょう。

 逆に我々日本人は、彼らの遵法精神の欠落度合に注視して置けば、日本の朝鮮族支配を切り崩せると思います。

2016/12/23(金) 16:36:16様、ありがとうございました

小和田恒にまつわる黒い噂はあまりにも多すぎて、あんなのが将来の皇后陛下の父かと思うとゾッとしていました。
何で作ったのか定かでない多額の借金が返済できず、見せしめにオランダの運河に死体となって浮かぶのではと、数年前ネット上でささやかれていました。
今回スイスで身柄拘束されて、ま、命拾いをしたというところでしょうか。
日本人として皇室批判をするのはマナー違反と十二分に承知していますが、東宮一家と小和田家は泥棒一味なので日本の恥と言い切りたいです。
世の男性方は皇室事情に疎いかと思われますので、一つだけどなたが見ても変だという事実を申し述べます。
それは今の皇后陛下美智子様の入内の折作成され、その後雅子さんに受け継がれた皇太子妃用第一ティアラの行方です。
2003年1月1日新年祝賀の儀までは第一、以降は格下の第二ティアラのみ使用なので、ネット上の皇室ウォッチャーたちは第一のダイヤをバラバラにして売り払い実家の借金返済に充てたのではと心配しています。
第一は優美な曲線的デザインで、第二のほうは縦に直線的なツンツンしたデザインですのですぐ違いが判ります。
さらに、その第二のほうもダイヤの光が不自然と見る宝飾にお詳しいウォッチャーもおられ、もう何が何やらとなっています。

謎だらけの小和田家の最大の謎は、父方の曽祖父小和田金吉なる人物で、そこから上の先祖は公表されていません。
金吉はきんきちと読むのか、かねよしと読むのかさえ伝わっていません。
そして明治期の人物であるにもかかわらず、職業不詳です。
庶民でも父方祖父の父のことくらいは知っていますよね。
ちなみに私の父方曽祖父の名は長五郎で、旅館業を営む家に婿養子に入り幼い子供三人残して明治17年に早死にをしています。
こんなのはお仏壇の過去帳を見ればすぐわかるし、除籍簿謄本を取ればご先祖様をもっともっと遡れます。
ひょっとして小和田家って、明治期に戸籍のない家だったとか、なにか訳がありすぎる家系のようですね。
どこの馬の骨か分からないというのは、こういう家を指すのではないかしらw

ソロ様、レスありがとうございます

半島人だろうが、在日だろうが、連中は誘惑に弱く挑発に引っかかり易いから楽勝だということですね?

私もあの連中との「闘い」を楽観視しています。

連中が小賢しいのは半万年前からです。
しかしその間、「一度でも」勝者になれたのか?

なれはしませんよ。なぜなら朝鮮人の小細工など真の智恵ではないからです。行き当たりばったりに過ぎない。

今現在連中の日本乗っ取り工作は最盛期を迎え、随分粋がってるようですが、逆に、

アメリカ(対日警戒派)の力を借りても「この程度か?」

と嘲笑したくなります。

栄枯盛衰世の倣い。
かつての日本軍部以上に連中の天下は脆い。

崩壊のトリガーは本土・大韓民国の潰滅です!(→民団取り潰し→犯罪在日各個撃破)

時勢は我々に味方している。
自信を持つべきです。

日本は日本でそんな反日の国々の鵜飼いの鵜になってるというね。
ギャンブルからなにから。パチの売り上げのえげつなさったらないし。ハニトラなのか何なのか、勉強出来る人さえ騙されるとかね(笑)高学歴が割りといたオウムを思い出す。机に向かっての勉強が出来ても、現実のコミュニケーション能力が高くないせいなのか。怖い人に弱いし…日本のヤンキーも隣国の一般人に負けるレベルなんだろなあ。
日本のヤクザさえ隣国の人だらけなのをみたら、日本人は権力闘争弱いのかなと感じる。

朝鮮族の限界

>両班野郎 さん ソロです。 
 朝鮮族の致命的な欠点は、モゥ一つあります。 それは内訌癖「=仲間割れ」です。 勿論、利己主義者の常で、自分の功績が一番で、名誉も利益も独り占めしたい、と言う本音を直ぐに曝け出して、結果、仲間割れで組織をガタガタにして、最終的には全滅すると言うパターンです。 それをうまくまとめたとしても、人間の命は有限ですから、栄誉は1代で終わって終うのです。

 日本の様に自分の功績の評価は時がするモノ、と割り切って居れば、武勇の誉れがあっても、名誉や利益には恬淡とした人間も居たでしょうから、歴史に名が残って居てもいいのですが、そう言う話はあっても、その人を褒める話にはなかなかなりません。 結局、人を蹴落としてでも、支配者になったモノが勝ちと言う価値観が、朝鮮族の社会の常識なのです。 支配者になれば、歴史を自分の都合のよいように書き換えるから、何処の世界でも言えることなのでしょうが、朝鮮族の社会はそれが、可成り極端です。

 大抵の「名君」は居ても一代限りで、その後には、報復の様な事象が続いて、「連続」「継承」「伝統」が無いのが、朝鮮の歴史の特徴かと思います。

 日本の中で、一時的に支配者足り得ても長続きしないのが、見えているのは、彼らには、身内を含む他の人間を信用できないからであり、任せられないからであり、全て「一代限り」だからなのです。 朝鮮族の最大の敵は、「時間」であると言えましょう。

 傑出した天才や英雄は、何処にでも分け隔てなく現れるが、何処でも一人ダケでは、出来る事は多寡が知れている。 譬え、周りの協力が得られたとしても、亦、例えば100年以上、王朝と数える事の出来る年数ダケそれを持続させる為には、個人の能力以上の何かが必要です。

 其れは、為政者として必須の、創り上げた社会に法律を守らせ、正しい秩序を創り上げる事の他に、社会を時代の変化に有った様に改革できる態勢を造れるか、否か、であろうと思います。

 つまりは、支配を連続する為に必要なのは、先ず民衆の支持ありきで無くてはならないが、朝鮮王朝は異民族である下層民の人権を無視して、勝手な律令と暴力で弾圧し差別を強制して、支持態勢を創り上げて終いました。 その状態が千年も続いた為に、為政者に騙された朝鮮民衆は、未だにこの差別を正統なモノとして肯定している状況ですから、夜明けは遠いでしょうね。

 恐ろしいのは、この体制を日本に適用しようと企んでいる可能性がある事です。 帰化人を含む朝鮮人=朝鮮族は、日本の上層部に、在日特権を利用して、入り込み、企業や官庁のトップになって居るものすらいます。 彼らの計画は着々と進行していると思います。

 然し、何処の国にもいえる事ですが、国を保つに本当に必要なのは、外的環境の状況変化に対して順応できる態勢と能力です。前レスと同じ結論ですが、これ等社会の変遷に対し、朝鮮族が支配する国の様に、反省と改善が出来ないのでは、支配組織を長続きさせる事は不可能なのです。従い、彼らの侵略にも限界があり、昨今その限界がソロソロ見えてきたのではないかと思うのです。

支那が南朝鮮以上の整形大国である理由

河添恵子 女史

https://www.youtube.com/watch?v=uM8uHtPsOoE

チリちゃん、整形加工してホテルで小遣い稼いだり、マンションや高級車を貢がせたり、国籍や財産狙いの偽装結婚するのは止めましょうネ。

(・。・)y─~~

ソロ様、再度のレスありがとうございます

やはり朝鮮族(と漢族)は我々日本人と同じ農耕民族じゃないんですよ。

契丹・モンゴルらにボロ負けし随分混血「させられた」ので本質は狩猟民と言っていい。
目の前の獲物のことで頭いっぱい。チームワーク糞食らえな思考がそれを物語る。

さて、連中との闘いについて、暗闇三太様ら所属の日本第一による「革命」で日本人が自力で勝利できたら、それは素晴らしいことだと思います。

しかし「アメリカ合衆国」という超巨大な重しがある以上、なかなか難しいでしょうな。

しかし、「韓国亡き後」がどうなるかはまだ未知の領域です。
面倒臭い赤化朝鮮と冷戦させるため、「軍国日本」の封を切るかも知れません。

特にドナルドトランプは、ISと戦うためにアメリカ人のイメージする敵№1のロシアと平然と組む男ですからね。

キッシンジャーの爺が日本は危ない!危ない!とご意見番しても、決断は早いですよ。

民団を支援する韓国が滅び、且つアメリカが手を引けば、後は「数で優る」日本人🆚在日です。
彼らに勝ち目はない。

マルクス主義者は在日と同盟関係にあると言いますが、所詮は戦前戦中は日本軍国主義者だった「節操無しども」です。
ギリギリまで引っ張った挙げ句、あっさり裏切るでしょう。

古今東西、自力で革命は難しい。偉そうにしているアメリカ合衆国の独立戦争も、背後には英仏戦争の影があった。

恥じることはありません。勝ちゃいいんですよ。

IR法案可決に見るギャンブル依存症の心配

 ソロです。
 IR法案可決に際し、各方面から、「ギャンブル依存症を昂進するのでは、」と云う懸念が寄せられていたし、私も同様の懸念は持って居るが、では、ギャンブルはそれ程人間を害し、社会に悪影響を与えるのかと云えば、そんな事はないと断言できる。

 日本には、既に競馬・競輪・競艇・オートが、各公式法人団体により定期的に開催されてファンも多くいるが、暴動を起こしたり、社会悪の元凶となるようなケースは殆ど報告されていません。然も、是にパチンコ・スロットと云う簡易博奕を行う場所が街中に常設されており、年間売上23兆円と云う一大興業となって居ますが、此方も、パチンコを原因とした暴動や喧嘩等起こって居ません。

 つまり日本では博奕をやっても、社会悪を発生させる原因とはならない、または、アンダーグラウンドの世界を形成する話にはならないのです。

 処が、韓国やシナを見ると、博奕そのものが禁止されています。 是は、博奕を開催すれば、諸悪の根源に成る可能性が高いと云う懸念、亦は、そういった社会悪を、為政者側が制御できない情況であると云う事なのです。

 考えて看れば、例えば、英国ではブックメーカーと云う、「なんでも賭けの対象にする」業界が存在し百年以上たっているが、是で大きな問題が起きたと云う話を聴いた事が無い。 英国や米国に措いては、競馬は、貴族から庶民居至るまでの国民の愉しみになって居る。
 
 つまり、社会において博奕や賭け事は、秩序や治安を守る力と其のバラエティや規模が比例して大きく盛んになると云う事である。 随い、IR法案で、カジノ=賭博場を特定地域に新設して集客の目玉にしようと云う試みは、秩序と治安の高い日本では、何の問題もないと云い切れると思います。 ギャンブル依存症の心配をするのなら、常設簡易なパチンコの方をずっと心配するべきであろう。

極東情勢の現状から見た来年の予測

 ソロです。現在の極東情勢の把握にお役立てください。
(「qazxさんのブログ」より、余命ブログの内容より、qazxさん編集分)
 日露首脳会談は意味のあるものであった。 それは、少なくとも1年程度は日支、日韓に重大紛争があろうとも露は傍観するという保険となったからだ。 支那では、共産党が共産党軍(人民解放軍)を統制しきれていない状況が続いている。

 南シナ海において米支衝突の可能性がでてきた。 

 また、北朝鮮の国内事情は最悪だ。このままではあと1、2年で崩壊する。 北政権存続の最後の機会は朝鮮戦争再開だ。南の政治不在の現状は北にとって幸いなのだ。

 米国は南北朝鮮事案を内戦としている。 北がソウルを破壊して南進したとしても米の介入はない。 米軍は北核実験施設を徹底破壊するくらいはやるだろう。が、あとは放置し適当に争わせる。それが最善の筋書きだからだ。

 日本が南を軍事的に支援することはない。逆に、海上封鎖、在日南北朝鮮人の駆逐という段取りになる。当然、反日勢力も駆逐対象となる。

 先般、日韓軍事情報交換協定が締結された。 韓国は日本の衛星軍事情報を欲している。 が日本は軍事情報衛星ではないとして提供する意思は全くない。

 現状韓国は日米から完全に見捨てられている。 そのことを一番わかっているのは韓国軍だ。 朝鮮戦争再開となれば軍は一瞬で崩壊(逃走)するだろう。 ただし韓国が崩壊するかどうかは軍事力の優劣ではなく、世界情勢の問題である。 

 朝鮮人が沖縄で騒いでいるが超危険なのをわかっていないようだ。 余命があぶり出し告発作業を急いでいるのはこういう理由である
(抜粋引用以上)
 先ず、空母「遼寧」が、第一列島線を超えて西太平洋に初めて出た事が、12月25日に報道されたが、それ自体は、「遼寧」がディーゼル推進が故に、最大速力30ノットが上限の空母としては、「使えない」範囲のモノだから、問題にはならない話だが、爆装をしていないのなら、殲15等の艦載機の発着訓練位は出来るだろう。 然し、シナ人民海軍が、本気で米国の打撃艦隊の向こうを張って機動部隊を編制しようと云うのなら、完全に基地外沙汰と云う他はない。 シナ海軍は冷静になって、自らのスペック中心の戦略を見直すべきダロウ。

 心配なのは、朝韓の間で戦争が起こる必然性が、どんどん増大している事である。 韓国は、朴政権のレイムダック化が決定的となったが、次の政権として候補に挙がって居るのは、何れも反日・反米の、「あちら側」よりの政権なのだし、何より、韓国は日米から切り捨てられているのが現状ダカラ、戦争が再開する可能性はあっても、実際、戦闘が起こり、一定期間続く可能性は殆どない。 何故なら米韓同盟は、近々解消するだろうからだ。日米の支援を受ける事が出来ない場合、設備的にも経済的にも韓国軍に朝鮮軍の侵攻に応戦し、持ち応える力は有るまい。

 亦、斯ういう朝韓の流れは日本国内にも影響を及ぼし、在日の親朝勢力、日本人の親朝勢力、共産分子は、何れも、日本政府は、外患誘致罪とその関連法で、国外追放、或いは、死罪を含む懲役刑を以て対処すると思う。

 問題なのは、沖縄に展開している朝鮮人やシナ人の存在で、此の存在を看過している時点で、沖縄や本土の日本人関係者は、利敵行為によって国民の生命を危険に晒し、防衛に対する妨害行為をして国益を損じている事で、死罪を免れる事は出来ない程の大罪を犯して居る事に気付かねばならない。

支那の外準が・・・

3兆$割れ→2兆$割れか?

貧弱な民族資本と国営企業を守るために為替介入を強いられ続ける副作用だそうな。

今の為替介入は元「高」方向。
経済の血液である民族資本が海外に逃散するのを防ぐことが最優先課題になっている。

と、そこに、ドナルドトランプが

じゃあもっとやれや!(支→米貿易黒字が無くなるまで)

と外圧を加え、

最悪シナリオだと外貨準備が2兆$を割り、日本に再逆転されてしまうわけですよ。

こうなると中華人民共和国人民元は完全に悪いハゲタカどもの「玩具」ですな。
いくら人民銀が頑張ったって無駄です。

支那の経済は破滅し、然る後、超核心的利益である「一党独裁」が危うくなるわけだが、そこはそれ。

習近平を三族皆〇しにして「その場しのぎ」ですよ。
漢族らしいし、マルクス主義者らしい微笑ましい光景です。

彼は「自ら望んで」核心()になったのです。
党のために死ぬ覚悟は「当然」できてのうえでしょうから、遠慮は要りませんよ。

肩書きには責任がつきまといますからね?

引揚記念館  ポッポです。

京都府舞鶴市にある舞鶴引揚記念館に行ってきました。
WIKIで見ると1988年4月の開館になっていますが、建物がイヤに新しいです。2015年にユネスコ記憶遺産に登録されましたけれど、この頃に建て替えられたように思います。

敷地は広いのですが、記念館はそれ程広くありません。
展示物は、充実していると思います。
真面目に見れば2時間位掛かりますが、人によっては20分で回ってしまいそうです。

昭和20年10月7日から昭和33年9月7日までの間に350回余りの引き揚げ船が、多くの人を舞鶴まで引き揚げさせました。迎えに行った場所は、初めは釜山や葫蘆島、大連、上海でしたが、徐々にナホトカが増え、最後は真岡で終わりました。
舞鶴はソ連からの引き上げが多く、「岸壁の母」の舞台で会ったことが偲ばれます。

ソ連抑留者の方々が持ち帰られた物品について見るとき、生き抜かれた苦労が伺えます。白樺の幹を剥がして、それに記録することは大変だったでしょう。
スプーンまで、自作しなければならなかっとは、想像外でした。
おまけに終戦は8月で夏服でしたから、その年の冬は辛かったと思います。

奴隷が過酷な労働で○んだら、所有者は損をします。でも、抑留者は他国の捕虜の兵隊ですから、ソ連から見れば○んでも痛みを覚えなかったと思います。
だから、ろくな食い物も与えず、遠くの家族への連絡もままならない抑留者達は、帰国できる日を我慢して待ちました。
それなのにソ連兵は、帰国させると言って列車に乗せると、大陸の奥深く遠くはバルト三国やウクライナへ連れて行って、また抑留生活を続けさせたのです。

捕虜にはハーグ戦争条約で、待遇が決められているのですが、そんなものは戦争条約に加盟していないソ連に関係なく、奴隷よりも過酷な状況で何時終わるのか分からない生活を送らせたのが、シベリア抑留でした。

政府公表ではシベリア抑留を送った日本兵は66万人、日本に帰国できずに亡くなったのは6万人とされていますが、本当の人数は分かりません。

戦争は嫌いです。
しかし、こちらが嫌がっても、勝手に攻めてくる国はあります。
その時、武器を捨てて降伏したら捕虜にされて、先の見えない抑留が待っているかも知れないのです。
男性だけでなく、女性にはそれ以上の運命が待っているのかも知れません。
この国を攻めたら、無事では済まないと覚えてもらったら、日本は侵略されないと思っています。

クリスマスイブも朴大統領退陣求める集会 9週連続

朴大統領に手錠をプレゼント

チリちゃん、行動、実践の方面だよ。ワカルカ。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/12/24/0800000000AJP20161224000200882.HTML

朝鮮粘着デモとアガシのコメは、果てしなく続くのであります。

(・。・)y─~~

電通は日本人の洗脳ツール

  ソロです。
 「日本人を洗脳して来たのは、電通である。」と云う本を出版した、「サイゾー」その裏側の事情を苫米地氏が語る。
(週刊「サイゾー」より、抜粋引用開始)
――テレビは権力者、利権者にとって都合のいい洗脳メディア」と主張されていますね。
苫米地 そこは、もはや説明不要だよね。在京テレビ局の莫大な利益と社員の高い給与を支えているのは、国に認可事業として保護され、テレビ事業が寡占化している点と、大企業によるスポンサード。まさに権力者と利権者に支えられているんだ。だから、彼らに都合のいい放送になるのは、火を見るより明らか。本書では「バイオパワーが働いている」と表現しているけど、「バイオパワー」というのは、監獄の中の囚人に「監視されている」というプレッシャーを与えておくと、実際に監視されているかどうかにかかわらず、模範的な行動をとることを指すんだ。テレビは特に、広告主を目を気にしたバイオパワーで動いているといっていい。以前、私も某テレビ番組にゲスト出演した時、電通についてしゃべったことがあるけど、同社にとって不都合な部分はすべてカットされてたよ(笑)。

――そもそも、テレビは洗脳道具として優秀だと主張され続けていますね。
苫米地 視覚情報で訴えかけるメディアだからね。人間は視覚情報に強い臨場感を覚える。臨場感とは、まさにそこに物理的に存在するかのように、自身が強く認識する感覚のことで、洗脳の定義のひとつは、ある人が持っている臨場感を、第三者が他の臨場感に書き換えてしまうことと言える。このあたりは『洗脳広告代理店』内で詳しく解説しているけど、テレビが放つ視覚情報というのは、視聴者に高い臨場感を与えるから、使い方によっては洗脳道具になり得るんだ。例えば、大衆的に人気のある政治家は、テレビの露出が多い者ばかりだよね。彼らは政治家個人の資質ではなく、テレビの露出量やそこから与えられるイメージによって、支えられている。これは、テレビの洗脳的機能が生み出した状況なんだ。だから、私は常々「選挙に出る人物は、過去3年間はテレビやラジオなどのメディアには一切出ていない者に限る」という法律を作るべきなんだと言っているわけ。有権者が、各政治家について能動的に情報を得て、判断して、投票先を決めるということこそ、民主主義の根源なんだから。

――そんなテレビを支配しているのが、電通だということですね。
苫米地 そう。テレビ局を支えているのが広告収入で、その収入の窓口として、圧倒的なシェアを握っているのが電通。2位の広告代理店の倍以上のシェアというのは尋常ではないよね。テレビという社会的影響力が圧倒的に強いメディアを、一社が牛耳っているということを当たり前のように受け取っていてはいけないんだ。そのことによる弊害を検証する必要がある。ところが、新聞や雑誌といったほかのメディアも含めて、電通と取引のある企業はどこもそれをしない。私が『洗脳広告代理店』を通して一番言いたいのは、国民一人ひとりがそうした状況にまずは疑問を持って、ということ。

――電通は、ある意図を持ってテレビをコントロールしているのですか?
苫米地 そう。一例として、『洗脳広告代理店』の中では、米国巨大金融資本の依頼を受け、「郵政民営化」の流れを作る上で電通が動いていたという説を紹介している。このことを指摘した政治評論家の森田実さんは、その後、テレビから干されてしまった。森田さんは、その裏では莫大な金が動いていた、とまで指摘しているんだ。実際、今から振り返ると、小泉政権が大勝した2005年の"郵政選挙"の時の日本の空気は異常だった。あれは、小泉さんのパーソナリティが突出していただけでなく、テレビを中心としたマスメディアが、郵政民営化を是とする空気を作り出していた。その証拠に、当時、自民党に投票した人に聞いてみるといいよ。「郵政民営化のメリットはなんですか?」って。ロジカルに答えられる人はほとんどいないはず。あの時は、多くの人が論理を抜きに郵政改革を支持してしまったんだ。テレビの洗脳的効果が発揮されたんだよ。

――『洗脳広告代理店』では、米国と電通の関係にも踏み込んでいますね。
苫米地 推測を絡めてだけど、電通が郵政民営化を含め、なぜ米国の意向を汲んだ動きをするのかを、歴史的事実をもとに言及している。かなり大胆に踏み込んで書いたよ。そこはぜひ本書で確かめてほしい。ここまで書いたら、私は二度とテレビからお声はかからないかもね(笑)。

――出版後の反響はどうですか?
苫米地 電通社員の知り合いも多いんだけど、この本を読んで、本質的な反論をしてくる人はいないよね。自分たちのしている仕事の不条理さは、 当事者としてわかっているんだろう。と同時に、問題があるとわかってても、彼らにはどうしようもないというあきらめもあるみたい。ただ、私は本書の中では、電通や広告業界、メディア業界、そしてそれに対峙する国民の今後のあるべき姿も提示している。権力者側にいるメディアを取り戻すために、ぜひ国民一人ひとりが考え、行動をするためのきっかけにしてほしいんだ。
(引用以上)
 電通が宣伝広告業界に占めているシェアが、2位の博報堂の売り上げの2倍であると云う異常さ、是で独占禁止法に抵触しない事の不思議さ、TVと云う媒体は国民の洗脳ツールであると指摘されて感じる蓋然性、斯うしてみれば、戦後の日本は、GHQと戦後利得者達によって、巧妙且つ狡猾に、日本の米国化と属国化を進捗し、営利を上げられる様に仕組まれて来たと思いますね。 元々、WGIPのポリシーで、日本のマスネディアは、形成されて来たのだが成田豊と云う帰化人の社長/会長が、出てきた時点で電通の果たす役割の本質そのものが変化したのではないだろうか、と疑っている。

 その証拠に、彼の2015年9月の死去の後から電通の問題が表面化し始めましたが、現在問題になって居る過重労働で自殺した新入社員高橋まつりさんの事件が、電通をブラック企業と云う違う意味で問題化、安倍政権が掲げる「働き方」の嚆矢としてクローズアップする事になっている。 つまり、成田氏の死去で、電通の鉄壁の情報統制が崩れ、電通自身が築いた観のあるTV界から攻撃を受けていると云う事では無いだろうか。

 結局、CIAエージェントの正力松太郎氏が端緒となった、「マイクロ波による革命」は、電通と云う巨大企業を生み出し、日本人をアメリカ化したように思えたが、途中で朝鮮族に異なる成分を混入させられたように思う。 その分、日本的な部分がより多く残る事になって、台頭し始めたローカリズムと云う一種の民族主義と云う形で、是から顕現するのではないだろうか。

 電通が批判の対象にされ、視聴率の長期低迷に悩むTVの在り方も変わってくる端緒に成る。 是は、自然の流れとは言え、一時基前には考えられなかった事でしょう。 日本を取り囲む環境の劇的変化も起こりそうな来年度ですが、TVの報道内容も変わってくるような気がします。

電通を破壊せよ

日本のテレビ電波をコントロールするキムチ電通を破壊しろ。

NHKについて ポッポです。

電通もさることながら、NHKの存在も問題だと思います。
テレビにおいて、NHKは国会放送やニュース及び教育放送は必要だと思いますが、それ以外の娯楽番組を放送する必要はありません。
娯楽番組は、民間放送で対応可能です。
こう考えるとき、NHKはVHFを現在の2局放送から1局放送として、娯楽放送部分は民間に移行することが可能だと思います。

現在NHKが2局放送を行っている元は、永らくVHFにおいて全国放送を、NHKしか出来なかったからだと思っています。
しかし、今では何処へ行ってもUHFのおかげと思いますが、NHK以外の民間放送を視聴することが出来ると思います。
ですから、NHKだけに放送料を、認める必要もなくなっているのです。

これと同じことは、電電公社にもありました。
日本に未だ有線電話が普及していなかった頃、電電公社は電話局の設置費用がなかったために、電話を設置する際には電話の利用希望者に電話債券を購入させることで、新規の電話局を設置したのです(その当時としては、結構高額でした。)。

電話局が全国を必要なだけ設置されたとき、この債券はなくなったと思いますが、このような方法でしか、日本全体に有線電話を普及することは出来なかったと思います。

NHKも、全国的な放送網が設置され、さらに、民間放送も全国展開が設置されたのならば、その業務を縮小することが出来るのではないでしょうか。

同一労働同一賃金が叫ばれていますが、NHKはその収入を放送受信料に頼っています。
放送業務を行っているのですから、同一労働は民間放送と同一との発想があるのですが、その収入は国民から直接受信料を徴収するのならば、税金と等しいのです。
それならば、労働者としての賃金は公務員に準ずる金額にしないと、国民からの支持は得られないと思います。
公務員の給与でも、一般国民からは高額だと思います。

ちりちゃんへ、 ポッポです。

京都府の舞鶴市は引揚記念館もあるけれど、「天橋立」があって、ここでは「またのぞき」が有名です。またのぞきは2016年イグノーベル賞を受賞しました。

この他には、「伊根の舟屋」も有名で、ときどきTVで取り上げられています。もっとも、「伊根の舟屋」は陸上から見たら只の家ですけど、海側から見れば1階に置かれた船が、直接海に出られる造りになっているのが分かります。

ところで、余命さんのミラーサイトで何をして欲しいの?

大本営発表を垂れ流すだけだった日本のメディアなどアテにならん

看板をマルクス主義に掛け替えただけだよね?
視聴者(購読者)バカにすんな!

その体質は旧態依然のまま温存しようというのでしょう。
そんな姑息な真似を許してはなりません。

兎に角、連中を「競争」させ苦しめるに尽きます。
その過程で自ずと除鮮も進むでしょう。

朝鮮族は競争に適さない。
何故ならば、朝鮮族同士の競争は縁故と賄賂が柱。
低レベルなのです。世界の諸国民には通用しない。
自信が無いから小細工に頼るんですよ。

サムスンやヒュンダイは独占禁止法無視して規模だけ拡大し、不当に競争力を得ているだけ。
何代かボンクラ社長が続けば消えるでしょ。まあその前にプロレタリアート革命で粉砕されるかもだけど。

話を日本メディアの粛清に戻しますが、連中を苦しめる観点からは、NHKの動画配信大賛成ですね。

反対してるのは民放・・・

「じゃあ」いい改革なんですね?
進めた方がいい。

式の間に開戦となった次第にて・・

本日、安倍総理が真珠湾で慰霊です。

文藝春秋 2003年12月号 「日米開戦 その時、大使は教会にいた! 真珠湾騙し討ちの新事実」 斎藤充功 より

「式の間に開戦となった次第にて・・・」

野村吉三郎の手紙の一節です。昭和30年秋、新庄健吉夫人宛。

野村吉三郎は、言うまでもなく開戦当時の駐米大使。最後通牒手交を55分遅延して「真珠湾騙し討ち」となった超重要関係者です。

・・・そんで、「式」というのは、新庄健吉陸軍主計大佐の葬儀。場所はワシントンの教会、開始は午後からでした。

その葬儀に野村・来栖両大使が出席していたのです。・・・それで予定の手交時刻午後1時に遅れてしまった。

・・・って、冗談でしょ。最後通牒の手交という超重大事に、お葬式ですか・・・?(汗)

まあ、催して公衆トイレに立ち寄る・・・ってのはワカル。しかし、お葬式に立ち寄ってから国務省へ、これは常識では考えられませんです。(汗)

そのお葬式、牧師の説教があまりにも感動的で、しかも延々と続く。出席者は誰も動かない。・・・で、教会から出ようにも出られなくなった、ということらしい。・・・しかし、お説教と最後通牒とどっちが大切なんでしょうか・・・。

ようやく式が終わり、両大使は車に飛び乗って国務省へすっ飛ばし、コーデル・ハルに手渡した。問題はここです。・・・つまり、教会にいたときは、すでに最後通牒の文書を持っていたということです。

通説ではタイプ浄書が遅れた、ということになっていますが、実は文書はきちんと仕上がっていた。ですから、余計なことをしなければ、予定の時刻に手交というのは楽勝だったのです。

慣れないタイプライターで必死に浄書した大使館員の奥村勝蔵が、戦後外務次官になりました。これをどう考えるか。

実は、奥村ら大使館員に落ち度はなかった。しかし、野村・来栖両大使の常軌を逸した大失態を隠蔽するためにドロを被った。その報奨ではなかったか・・・、という推測も成り立つのかな?

また、野村吉三郎は、戦後参議院議員になります。これもやはり隠蔽工作のひとつなのでしょうか・・・

テスト送信

テスト送信

テスト送信


投稿できない内容だったみたい・・・(汗)

引用

Wikipedia

この54年の参院選を、CIAが資金提供および選挙対策で支援しており(選挙資金の管理は藤村義朗元海軍中佐)、CIA日本支局長ポール・ブルームが当選を祝福する手紙を送っている。また、野村とアレン・ダレスとの連絡役だったアメリカ対日協議会のハリー・カーン(『ニューズウィーク』外信部記者)は、CIAにも関係していた国務省企画部長フランク・ウィズナーに、野村をポスト吉田の首相候補とみなしてその当選を喜ぶとともに、「われわれの機関の政治問題の情報提供者だった」として、野村がCIAや国務省への情報提供者であるとの報告をしている。55年の保守合同後に鳩山一郎が台頭し、緒方竹虎が急死してからは、CIAは岸信介を総裁候補に見立てて資金提供を開始している[5]。


まあ、日本海軍の作戦は、暗号解読をまたずとも、筒抜けだったでしょうね。他にも提供者が・・・(汗)

海軍からA級戦犯は出ていません。

理性と忍耐


まあ、しかしなんですな、国益とあらばどんな相手ともしっかり同盟を結ぶのです。

同盟というのは、味噌と糞とションベンをぐっとこらえてイッキに飲み干すようなものですよ。

理性と忍耐です。

宮さん様、同意します

どんな相手とも同盟は結べる。

「アメリカ合衆国に」言ってやりたい台詞ですね。

同国は鯨の油を求めて太平洋に進出して以来、ずっとネチネチネチネチと日本を「仮想敵扱い」し、今なおその警戒を解きませんが、支那からアジア太平洋を防衛するためには四の五の言ってられないんじゃないですかね?

支那は共産党独裁を守る(未練たらしく一時延命するだけですが)ためなら侵略戦争すら辞さないキチガイ国家です。
その「狭量さ」は理解の程度を超えている。

話し合いなど無用!
国ごと、人民ごと、中国共産党を力(軍事力&経済力)で葬るのみ。

自国だけでやり切る自信が無いなら、日本に「然るべき分け前」を提示したうえで、協力を仰ぐべきだと思いますがね?

ただ働きさせようなんざ甘い甘い。

朴茂徳


両班さんはレスポンスが早いですね・・・(汗)

また朝鮮発の東アジア動乱か・・・と思うと、やってられない気がする。


最後通牒の件だけど、実は海軍軍令部次長の伊藤整一は、東京のアメリカ大使館へ手渡す方法を考えていた。これは絶対確実だね。米大使館は、受け取ったら直ちに本国へ打電すればいい。

伊藤は、この提案を東郷茂徳外務大臣にもちかけた。ところが、東郷はこれを退ける。それであのような面倒な事態となった。

東郷はなぜこんな確実な方法を拒否したのか・・・。後に東郷が記すところによると「何となく・・・」だそうだ。どうも気乗りがしないということだったらしい。徹底的に検討を加えた形跡はないようです。

この「何となく」はコワイ。その人の潜在意識が出てくるからだ。

東郷茂徳は、もと朴茂徳です。朝鮮人陶工の子孫ですね。朝鮮人を外務大臣してアメリカと戦争をしたわけです。・・・まあ、勝てないよね。


伊藤整一は戦艦大和の沖縄特攻で戦死しました。

真珠湾慰霊は大成功!

オバマ大統領の広島訪問と安倍総理の真珠湾慰霊、ともに謝罪抜きで行われました。これは大成功! 両国の歴史観と国民感情が大きく転換します。

不思議なことに、アングロサクソンとは、一度戦ってこちらの根性を見せつけてやると仲良くなれる。薩英戦争みたいにね。

だから太平洋戦争は、いろいろ複雑な思いはあるでしょうけど、結局は日米の絆を強くしていく。まあしかし、その複雑な思いの中の一番大きなトゲが、広島長崎と真珠湾です。ヒロシマ・ナガサキは真珠湾の報復だ、という考え方は、まだ米国で根強い。

実は、そこで真珠湾謀略説の効用があるのです。日本側の騙し討ちという面もあるが、一方アメリカ側の謀略という面もある。戦争の勃発は決して単純なものではないとの認識が広まれば、お互いに少し冷静になれるわけです。

米国民にとって、真珠湾が謀略であることを納得するのは大いに抵抗があるでしょうが、それは全部ルーズベルトにおっ被せてしまえばいい。特にフーバー元大統領の意見を前面に打ち出せば、非常に説得力があるでしょう。

「私が、日本との戦争の全てが、戦争に入りたいという狂人(ルーズベルト)の欲望であったと述べたところ、マッカーサーも同意して、また、一九四一年七月の金融制裁は、挑発的であったばかりではなく、その制裁が解除されなければ、自殺行為になったとしても戦争をせざるを得ない状態に日本を追い込んだ。制裁は、殺戮と破壊以外の全ての戦争行為を実行するものであり、いかなる国と雖も、品格を重んじる国であれば、我慢できることではなかったと述べた」
フーバー大統領の回想録『Freedom Betrayed(裏切られた自由)』

加えて、ハミルトン フィッシュ「ルーズベルトの開戦責任: 大統領が最も恐れた男の証言」。

トランプは真珠湾攻撃について未だに批判的・・・(汗)。なんとか根回しして、トランプ大統領が今度は長崎に、安倍総理は再度真珠湾に、という形に持ち込めると、両国の国民感情は癒しに向けてさらに前進するのではないかな・・・

【祝】安倍首相、真珠湾訪問成功

「礼」は尽くしました。

あとは、「利」でドナルドトランプを説き伏せ、いよいよ中国共産党を地球上から抹サツする日米共闘を実施するのみ。

肝心要の「為替」「通商」で利害がぶつかる時点で、ドナルドトランプと習近平指導部の対話などあり得んのであります。

南シナ海問題も、為替・通商の交渉がうまく行かない「当てつけ」で、ドナルドトランプは米軍増派するでしょう。

最終的にどうなるか?米支対決の結末は?

板挟みの「習近平指導部の」崩壊ですよ。
彼と妻と一人娘は死ぬしかありませんね。三族皆〇し。

まあ「トカゲの尻尾切り」ってやつですわ。
漢族やマルクス主義者に仲間などいません。キモい自己愛のみ。

プロレタリアート独裁を守るという建前もですが、本音の部分は、任期途中の習主席を追い落とし、自分の派閥から最高指導者を出したいという「野心」でしょうな。

江沢民は習近平の後任に誰を送り込むのかな?

ああ見えて習近平は若いとき苦労している。親父が文革で失脚した煽りでね。

苦労した指導者は強い。
安倍晋三氏然り。腐れマスゴミの誹謗中傷で体調崩したんだから「苦労」したでしょ。
まあお蔭様で政敵を容赦なく攻撃する今の彼ができたわけで、禍を転じて福となすですな。

脱線しましたが習近平の後任です。

文革が通り過ぎ、苦労知らずの「太子党」なだけのモヤシ世代(んでもって江沢民が操りやすいだけの人形)を据えれば、人民軍の統制が効かなくなり、そのまま軍閥内戦ですな。

到底日米タッグの敵じゃありませんし、戦わずして白旗です。
漢族・マルクス主義者らしい「オチ」であることで。

遅くのコメ、済みませんが。

>日本政府は日本の教育を受けた朴正煕ならきっと「親日」に違いないと思い、彼の要求を受け入れたらきっと反日教育を改めてくれるに違いないと信じた。
ところが彼はその教科書を改めるどころか反日教育の基礎を固めてしまった。

この部分ですね。違うと思うんですよ。
上記のように思ってたのがメディア情報しか無い一井の市民なら判りますが、政治家や外務官僚は絶対に実態を知った上で、自らの利権優先でメディアと共に日本国民を騙してブログのような印象操作をしてきたと考えてます。

小生は70年代後半から2000年頃まで、ソウルに長期滞在を繰り返して来ましたが、韓国メディアが天皇を「日王」と呼称してるなんて韓国に来るまで全く知りようがなかったですしね。
そして朴政権の反日洗脳の徹底振りに言葉を失うほどでした。
しかし、帰国して日本のメディアから流れてくるのは、その朴チョンヒを“親日派”だの“中興の祖”だのと持ち上げる自民党内の似非保守政治家の氾濫です。

森元は、施設整備費を懐に入れて、大儲け

日本国政府が、森元の組織委員会が経費負担すべき仮説施設費の経費を負担したら、森元は施設整備費を懐に入れて、大儲け。   

その時は、2020東京オリンピックを2020日本オリンピックに名称解消し、森元を絞首刑にせよ。

自民党内の親韓派による朴正煕の評価の嘘

>2017/01/10(火) 01:26:14 さん ソロと申します。 次からは、HNを名乗って下さい、レスしにくいですし、貴方がコメントしたのか判別しにくいですので、伏してお願いたします。
>>朴政権の反日洗脳の徹底振りに言葉を失うほどでした
 この指摘は、現地にいらっしゃった人でないと判らないものですから、貴重な報告だと思いますが、ブログ主が云う処の、「朴正煕に対する評価のギャップ」の裏打ちにも成りますね。 その隠蔽の意図は、日本側の利権的親韓派のモノである事を疑う余地はありません。 即ち自分達の、日本の国富を損なうような韓国への「復興支援金」と云う名の投資を正当化する上で、朴正煕が反日では、格好がつかず、国民からの批判に晒される恐れがあったと云う事でしょう。

 この勢力は、嘗て、小沢・金丸・竹下の帰化人ラインに独占されていましたが、彼らや彼らの取り巻きが自民党から姿を消した今も、未だに、自民党内に残っており、日韓スワップの再開など、必要に応じて韓国財界や政府関係者の要請の窓口になって来たのだと思います。当然、その議員たちも帰化人だったり、帰化人の恩恵を受けていると考えるべきですし、金丸や竹下の様に、政権中枢に居た人ですから、自民党内でもかなりの勢力である事は、今も否定できないでしょう。 ダカラ、外見は中道左派と云われても仕方がないのでしょうね。

 勿論、安倍政権も多数の彼らの支持を取り付けなければ、政権が安定しませんから、妥協していると思いますが、就任以来基本的に、「反日韓国とは距離を置く」と云う原則を貫いて居る事で、韓国は経済的な結果欲しさに、中心部分から共産シナ側にブレ始めて、その節操のなさを曝け出し、未開な常識で様々な面で国際的な信用も無くして、自壊し始めました。 日本は、此の間何もしていないのに、です。

 如何に、朴政権の頃から、反日教育が国民に徹底されていたか、文明に逆行した反知性的であったか、と云う証拠であると、考えるべきでしょう、そして、其の現状は公然と両国民に隠蔽されて来たのです。 その意味で、日本の親韓派の日韓関係の悪化への責任は明らかでしょう。 普通の2国関係なら、国家予算の数倍と云う資金援助をしてくれる国が、非道な弾圧などする訳がない。

 現に、其れをやった張本人の李承晩は、韓国建国史上、最も、米国を手玉に取った優秀な指導者に祭り上げられているが、個人的な反日思想と、両班階層の差別意識で、何百万人もの国民を殺害して居る事を隠蔽されているのである。 我々日本人は、引き続き、韓国に関わるべきではないが、朝鮮人の歴史観もそれは同じで、彼らを修正、矯正する必要は全くない。 それをやった処で、朝鮮人の反日が変わるわけでもないし、歴史に対する姿勢が大きく変化するわけもないだろうからだ。

 朝鮮社会には、固より反省する習慣が無く、悪い結果は他人の所為、良い結果は独り占めだし、僅かでも自分の利に成れば、義は鴻毛の如く軽いモラルは、改め様が無いだろう、然も、自民族と雖も、位が低いモノへは、その生命すら顧慮する処が無い、男女間差別に措いては、自分の身内に対しても人道というモノを完全に無視して憚りが無い。 正に、道徳を知らぬ、獣と変りは無い。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。