スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人がノーベル賞を取るにはパクリ技術しかない 10月12日(水)


ノーベル医学賞が大隅良典教授に授与されることで韓国の新聞では羨望と
自虐が渦巻いています。「日本の受賞歴がまぶしい」「韓国は受賞どころか
候補リストにも挙がっていない」など妬みや焦燥感に苛まれています。

韓国では金大中大統領の平和賞だけで科学分野での受賞は未だありません。
それについて、反省などしない韓国が珍しく反省をしています。

「日本のように長期間の集中投資をし、研究者が自らテーマを決めるように
する風土が必要である」「韓国の研究開発費が国内総生産の4.15%を占め
世界のトップ水準であるにもかかわらず、自然科学分野で受賞がない」「韓国
は短期的な成果を重視し、2~3年内に目に見える成果が期待できる分野を
選び成果を立証する研究だけが重要視されている」など反省をしています。

しかし韓国で以前ビジネスをしていつも感じることは、職場を盛り上げ発展
させるチームワークがない、会社で個人が発見したアイデアーや技術が生か
されることなく知らぬ間に消えていきます。

アイデアーや技術は皿に盛られるのでなく、チームワークに盛られなければ
花開くことはない。チームワークがないとアイデアーや技術は跡形もなく消
えてしまいます。一人の科学者や一人の技術者にはなんも意味もない。
商品別や技術単位別にチームワークをなしたとき、はじめて意味をなします。

おそらく自然科学分野についても同じ事だと言えます。iPS細胞を発見した
山中伸弥教授も一人で発見したのではなく、京都大学研究グループという
チームによって初めて作られたのです。だからノーベル賞の賞金の一部を
研究グループに寄付しています。

今回の大隅良典教授も賞金の半分を若い人のための基礎研究費に寄付
すると言っています。韓国人では絶対にあり得ないことです。

韓国社会では協力して新しいものを作り出すという概念がありません。つま
り人間は、物を理解するときに、無意識のうちに物事の共通なところを見つ
けます。ところが韓国人は個人の欲望が肥大してグループとしての目的が
見えなくなってしまいます。例えば概念がない幼児では自分の欲望しか見え
ず、他人と目的を一つにすることはまずあり得ない、韓国人を幼児と同じ
目線しか持っていないといっても過言ではありません。

韓国の会社を経営していたとき何人かの社員が約半年ぐらいで独立して
いきました。ネット販売の技術を覚えると後は日本の化粧品を手に入れれば
誰でもすぐに出来、儲けることが出来ると判断するからです。

しかし彼らが成功したという噂は皆無でした。せめて5年から10年以上勤め
てから独立すれば成功の確率はもっと上がったはずです。韓国人は欲望が
あまりにも強いために行動力が早すぎます。地道に努力することの重要性を
分かっていない。

サムスン、現代、ポスコや多くの財閥は全て日本の技術をパクッて大きくな
りました。ポスコは朴正煕大統領の肝いりで新日鉄の協力で出来上がりまし
たが、新日鉄からの技術支援と技術を盗まなければ、企業発展はなかった
でしょう、特にハイグレード方向性電磁鋼板の製造技術を不正に取得した
ことで新日鉄は訴訟を起こしています。

つまり韓国は新製品の研究開発の地道な努力は省略しパクリによって企業
を成長させてきました。
日本企業は、韓国援助と産業スパイによって利益率が低下しており、韓国と
の友好関係は日本にとってマイナスであったことが、アホな親韓政治家には
わかっていない。

最後に韓国人の本性がよく分かる「呉 善花」女子の言葉を載せてみます。
呉善花氏は1983年来日、現在拓殖大学の教授をしています。

呉:日本人に「いかがお過ごしですか」と聞くと、「おかげさまで忙しくて」
と答えますよね。これが不思議でならなかったわけです。忙しいのがどうし
てありがたいことなのか、わからなかった。中国でもそうですが、儒教文
化では汗を流すのは惨めな行為なんですね。それは、先祖から徳を受けてい
ないことに暮らせるのが理想なんですよ。程度の差はあっても、そこは中国
人も韓国人もきわめて似ています。「あの人は働かなくても食べていけるね」
と言われるのが徳のある人なのです。
それと韓国人が不思議に思うのは玄関で靴を揃え向きを変える日本人の行動
を理解できなくて「根性が捻じ曲がってる」だから日本人の歴史認識も
ねじ曲がっている(笑い)と変な理屈で日本人を馬鹿にしています。

この呉善花氏の話を聞いて日本人と韓国人が理解し合える事など1000年
たっても無理だと感じました。

日本では「「働かざる者食うべからず」と言われます。つまり日本人と韓国
人は真逆な人種であることがよくわかります。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



コメント

プログ主様、アップありがとうございます

韓国メディアなど殆ど「官製」みたいなもんです。
韓国政府が反省しないように、決して本心からの反省ではないでしょう。
しかし自分たちは反省しないが、下っ端の「国民には」反省し、国威発揚して国を潰さないよう命じているのでしょう。

両班根性ですねえ。

韓国人個人の欲望とは結局のところ「カネ」「権力」この二種しか無い。

よくノーベル自然科学賞受賞者にある変態的「知識欲」は興味関心の埒外なのでしょう。

だから受賞は無理です。
小さい頃から、親も友達も先生も皆、

カネ!カネ!カネ!出世!出世!出世!

なのに「運良く」流されなかった負けなかった例外しか受賞は無いでしょう。

とりあえず、そんな「くだらない年中行事」をしなくても済むよう、余計な事を考えなくて済むよう、とっとと

朝鮮民主主義人民共和国に併合されてください。

アドバイスはそれだけです。

まあこの年になれば、働かず例え好き放題出来なくても、つつましく静かに暮らしていけるのは羨ましいかぎりです・年金もあてにならない、貯金もそうない身としては・・・
韓国人は、ゴルフみたいな完全な個人でプレーできるスポーツは強いですねw少しでもチームを組む必要がある分野では・・・なんたって三人いると派閥が四つ出来ると言われるぐらい、自己主張や自己の利益の追求の塊ですしw

立てば癇癪、座れば発狂、歩く姿はストーカーな韓国人

プログ主様
更新ありがとうございます。

かの国ではワサビテロなる奇妙な造語を作り出し、相も変わらず日本を貶めることに余念がありません。
日本の寿司屋で野球ボール大のワサビを出されたとか、寿司職人に犬呼ばわりされたとか、まるっきりあり得ない捏造事例を出しています。
もう乾いた笑いすら出ません、馬鹿馬鹿しくて。
でもこのまま放置すると、大量のワサビでショック死したとか味覚障害を起こしたなどと言い出しかねないのがアノ民族なので、油断はできません。
連中の言いがかりを見ていると、こういうくだらない手口で騒ぎ立て数々の捏造事件をでっちあげてきたのだなと理解しました。
やくざやチンピラが難癖を付けているのと一緒ですから、関わらないのが一番良く、遠からぬ将来には国交断絶が望ましいです。

ところでシナもいろいろ表立って崩壊の兆しが噴出してきて、私は今日も晴れやかな気分を味わっています。
昨日の東北特殊鋼集団経営破綻の報に続き、今朝のNHKでは北京の国防省前での退役軍人らの大規模デモを報じていました。
腹ペコの遼寧省の失業者と北京の退役軍人に、大量の武器弾薬をプレゼントしてくれる心優しい国々があったらいいですね♪
どさくさに紛れて、旧瀋陽軍区の舎弟の北朝鮮がお祝いの花火を北京に向けて撃ってくれないかしらw

①クルージング船共産シナ籍者(共産シナ朝鮮族および共産シナ人)乗客ビザ免除=安保法制違反②外務省キムチ職員シフト=違憲かつ該当職員総入れ替え相当

①ク船共産シナ籍者乗客ビザ免除=安保法制違反②外務省キムチ職員シフト=違憲
=====
①クルージング船共産シナ籍者(共産シナ朝鮮族および共産シナ人)乗客ビザ免除=安保法制違反②外務省キムチ職員シフト=違憲かつ該当職員総入れ替え相当
=====

「①経済産業副大臣高木陽介、公明党、外務省の創価学会員職員および帰化在日韓国人職員、日経新聞などが首相官邸および自民党本部へ韓国式圧力を掛けてクルージング船の共産シナ籍者(共産シナ朝鮮族および共産シナ人)の乗客のビザ免除をやったことは安全保障法制違反であるため、共産シナ籍者(共産シナ朝鮮族および共産シナ人)のあらゆるビザ免除およびビザ緩和をすべて廃止しフル・ビザへ戻すこと、
②外務省への創価学会員職員および帰化在日韓国人職員の優先採用、優先配属等は日本国憲法違反であるため、外務省の該当職員の総入れ替えが必要であること」
について緊急要求されたい。
*****

『君の名前と和歌を現代万葉集へ連ね給え』氏の平成28年7月○○日付けのコメント記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
経済産業副大臣高木陽介、公明党、外務省の創価学会員職員および帰化在日韓国人職員、日経新聞などは、首相官邸および自民党本部へ韓国式圧力を掛けて、クルージング船の共産シナ籍者(共産シナ朝鮮族および共産シナ人)の乗客のビザ免除をやった。その結果、ビザ免除で日本国へ上陸したこれらの共産シナ籍者(共産シナ朝鮮族および共産シナ人)は、様々な目的で日本国内へ逃亡している。

『蒼井 葵(頑張るショップ店員)@鳥取県米子市』女史の平成28年7月○○日付けのコメント記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
【「まず他国へ入り込み、次に他国マスコミを乗っ取り韓国式捏造でたらめプロパガンダをシツコクやらせ他国民を騙し、次に韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人を大量流入させて他国を侵略し他国を丸ごと乗っ取る方法」は、ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ・ワイ族(朝鮮半島人=韓国人)の他国侵略丸ごと乗っ取り常套手段です。】

『鯨の麻理子(函館市)』女史の平成28年○月○○日付けのコメント記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
外務省も、公明党の韓国式ごり押しによって、創価学会員職員および帰化在日韓国人職員が大量に入り込んでいる、と巷で言われています。
もしも外務省も創価学会員職員および帰化在日韓国人職員が大量に入り込んでいるならば、言い換えれば、もしも創価学会員職員および帰化在日韓国人職員が外務省へも優先採用、優先配属等されているならば、これも、日本国憲法違反かつ該当職員総入れ替え相当です。
=====

平塚パラヤン男

朝鮮乞食第二波

韓国経産相、日本の経団連榊原会長にTPP参加交渉での「協力」を依頼。

けしからん。
韓国人に「雇用」を与え、韓国の血みどろプロレタリアート革命を妨げる全ての行為に私は反対する。

韓国人の仕事とは財閥のクソどもに階級闘争を挑み国を破壊することである。
他は雑事に過ぎぬ。

まあ新スワップと違って、こっちは他の11ヶ国が強力に反対するだろうから安心だが。

ブログ主様、更新ありがとうございます。

発明にしても、発見にしても、これまでなかったものを作り出したり、これまで無いと言われていたものを見つけるのですから、リスクは大きいと思います。

しかし、これまでからあったものを幾つか組み合わせることで、新しいものを作ることは発想と言う思いつきですから、以外に楽に出来ることがあります。

それが、他人様の評判の良いものを真似ることでしたら、知恵は入らず情報だけですから簡単に出来ます。

そして、日本人は基本的にお人好しですから、頼まれたら教えます。
「意気に感じる」との言葉がありますけれど、相手が自分を頼ってくる(善人)だと思ったときは、損得抜きでとことん教えます。
それだけではなく、嘘でもしつこく言い続ければ面倒になって、何らかの褒賞を与えます。
韓国人から見れば、日本人は馬鹿に見えるでしょうね。

だけど、日本人は歴史の長い民族ですから共通のルールがあって、それは約束(契約)を大切にすることです。
法律もそうなら、信義もそうです。

商売をするにしても、信用がなければお客様が付かないし、クレーム処理を誠実に対応しなければ、継続することが出来ません。

パクリで安易に技術を真似れば、技術に対する愛情がないから失敗しても気にならないし、失敗の原因を見つけて直す探求も出来ない。
他人様の技術をパクって作っていれば、ミスを直す技術も生まれないと思います。

一つのことを研究して成果を上げる学者さんも偉いけれど、一つの技術を磨き上げて精密機械の上を行く職人さんも、同じように偉いと思います。

ポッポさん
ポッポさんの、最後の数行を読んで、友人の話を思い出しました。
彼の言によると’天地が逆さになっても、韓国が日本を追い越すことはない、彼らは動作原理を理解しようともしないで、とにかく早く動かせと言うばかりだ’。
彼が’ここを理解しないと障害発生時に対処できないよ’と言っても
聞く耳を持たなかったそうです。
友人が帰国して、韓国側の報告書を見ると’私が日本人作業者を監督して予定より早く稼働させました’とあったそうです。
友人は’俺は指導者として行ったのに、いつの間にか作業者にされていたのか’と言って呆れていました。
当時は韓流ブームで韓国がいついつまでに日本を追い越すと言うような風潮がマスコミによって煽られていました。
表面上の成果ばかりを求めて基礎を重要と考えない、そんな風潮の国がノーベル賞を狙うとは、正に豚が空飛ぶのが先と言うものです。
当ブログや月見櫓さん、両班野郎さんの意見に接し、何もそこまで言わなくてもと、思っていましたが、スワップの恥知らずな態度や支那に対する事大主義を見ていると、最近はもっともと思うようになりました。
以前インドネシアの軍人が’日本は存在してくれるだけで有難い、もし日本がシンガポールの位置にあれば、我が国も今のような貧しい国ではなかっただろう、うんぬん・・・・’と言う記事を読んでつくずく日本は隣人に恵まれないなと思っています。

日中韓の違い

儒教国「中国」「韓国」と「日本」の違いは子供の教育にあります。

中韓:騙されてはいけない
日本:嘘をついてはいけない

これは正反対の人間をつくります。

すぐ目の前の物に飛びつく朝鮮民族・漢民族の資質

日本人と同じ「農耕民族」の資質ではありませんね。

どちらかと言うと「狩猟民族」だ。
まあそんな短絡思考はハンターとしてもどうかと思いますが。

狩猟民族と言えば、中世~近世~「近代」、大陸と半島を荒らして「征服して」混血せしめた契丹・女真・満州は狩猟民族じゃなかったでしたっけ?

その「血」なのかなあと思います。

いかにも農耕民族チックな日本人のやり方は回りくどいですが、どちらが「成功者」になれたか?
「歴史」を省みればいい。

間違っていた
愚かだった
と気づけなければ、所詮そこまでの人達だったということです。

従軍慰安婦と竹島韓国領の嘘がまかり通る国で、真実をトコトン追究するノーベル賞が生まれるはずはない。

【マジかよ】東京10区民進候補者・鈴木庸介について

①第一声時間
…2分↔与党候補10分
②同内容
…自己紹介40%、居場所ある社会(宗教勧誘?)30%、地元への思い20%
↔与党候補はテロ対策、国政透明化(※具体的)
③態度
…蓮舫の隣で棒立ち

こいつ…
バカだ(確信)
しゃべらせて貰えないorしゃべれない

パット頭に浮かんだのは「鳥越俊太郎」だよ。
あの「出来損ない共産官僚」のような組織に甘えてぶら下がるだけの愚物。
死んだ魚の目。

鳥越はお迎え間際の老人だが、鈴木庸介は「まだ40」だぜ?

これじゃあダメだ。

野党統一候補の看板も民進の看板も蓮舫の看板も、どんどん失墜していくだけだな。

どいつもこいつも「甘ったれ」の候補者・政治家ばかりで話にならない。

とてもこれから日本国に(プロレタリアート)革命を「挑む側」とは思えないひ弱さである。何でも中国共産党が助けてくれると思ってんの?

甘い甘い。
日本のマルクス主義者は他力本願が酷すぎる。
「世界最弱」だ。

日本の政治家や官僚はしたたかです。朝鮮人の気質を十分理解した上で付かず離れずの関係を保っていたのではないでしょうか?

あの国を信用することは歴史を見れば不可能なことがわかりますが、かといって敵にまわせばこれも害悪以外の何物でもない。大量のテロリストを懐に入れるようなものです。
生かさず殺さず、良好でもなく険悪でもない。実の無い自尊心を保たせてとりあえずは大人しくさせ、わずかな飴で我儘を抑える。
戦後の対韓外交はこんなところで推移してきたのでしょうが、飴を与え続けて肥え太った韓国が飴以上を欲しがるようになったことと自尊心の裏付け(日本を悪とする為の証拠=自称慰安婦狩り)を求めるようになったことで限界がきたのが現在の状況。
今までの対韓外交が通じなくなった以上は、現実的な対応を粛々と行っていく以外にないのではないか。

国士様

朝鮮人の物作りへの資質を知ったのは、江戸時代の朝鮮通信使にあります。この朝鮮通信使において、朝鮮に水車がなかったことからこれの作り方の教授を日本は申し入れられ、これを教えています。
ところが、教えられたにも関わらず朝鮮では作れなかったとのこと、140年を経ても作れなかったとのことですから、日本側は何度も教えていたと思いますが、明治になってしまいました。

朝鮮では何故、水車が作れなかったのかと推察しました。
考えますと、朝鮮で誰が作るのかと思うとき、支配階級の両班はないです(労働をしません。)。両班になれなかった、中人もしないでしょう。
すると、常人か賤人になるのですが、彼等は身分が低いから作ったところで報奨も評価もないでしょう。そうでなくとも、食べるのがぎりぎりですから、余分の仕事で努力しないと想像します。

文禄・慶長の役で連れ帰った朝鮮人の陶工は良い仕事をしていますし、その子孫の人は今も残っていますが、彼等には連れ帰った日本人武将が、仕事に応じた報奨と評価をしたから、その技術が残ったと思います。

朝鮮は600年に及ぶ隷属国家でしたから、その国家体制は支那を向いていただけで国内のことには関心を持たなかったことも、技術を育てなかった一つだと思います。

余談ですが、近頃、朝鮮通信使をありがたく評価しているようですが、彼等は江戸城に着いたら正面玄関からも入れなかった朝貢使節だったと思います。

そして、江戸間での旅程で各藩が彼等を、大切にもてなしたのは江戸幕府の権威です。

通信使達は自分たちが重要使節と勘違いして、その旅程では好き放題、やりたい放題をしました。それでも、さほど咎められなかったのですから楽しかったし、良い思い出となって、現在の朝鮮通信使は重要な立場で、江戸幕府に迎えられたと記録したのだと思います。

これを現在の人間が信じているのでしょう。
明・清に向かった朝貢使節は、日本とは全く異なって、冷遇されていたと考えます。
それに、朝貢使節としての貢ぎ物は、明・清へは美女の群れで、日本は文物です。明・清と日本との、文化レベルの差が現れています。
そして、日本向けの文物は、支那から輸入してきたものでしょう。
通信使は両班にとって、晴れ舞台だったのかも知れません。

それを勘違いして、朝鮮から新しい文化を教えてくれたと考える人達を理解できません。
朝鮮通信使は、ただの朝貢使節でした。(WGIPによる、意図的な教育の一つかも知れません。)

米国の大学の韓国人教官たちは、韓国起源および共産シナ起源の欧米諸国受けが悪い習慣をすべて日本国起源であると韓国式捏造すり替えています。日本国は、東アジアでなく、海洋アジア且つモンゴルーブリヤート・アジアです。

米国の大学の韓国人教官たちは、韓国起源および共産シナ起源の欧米諸国受けが悪い習慣をすべて日本国起源であると韓国式捏造すり替えています。日本国は、東アジアでなく、海洋アジア且つモンゴルーブリヤート・アジアです。
=====

*****
XXXXX 君 コメント H20/X/XX (加筆済版)
以前アメリカの大学で学んでいる日本人から直接聞いた話だが、その大学に韓国人教官がいたそうだ。
そこでは「東アジア全般に浸透している欧米諸国受けが悪い習慣は全て、日本国起源だ」と学生たちに教えていたそうだ。
その日本人人は「私は日本人だが、教官が話した習慣等の中には日本では全く見られないものも多い。教官は日本に行ったことがあるのか」と質問したら、その韓国人教官は「日本に行ったことはないが、喩えお前が日本人であっても、俺は教官でお前は学生だから、俺が正しい」と日本国および韓国以外の国から来ている学生たちの前で断言したそうだ。
講義終了後、それらの学生たちと話したら、「予備知識がないので、あなたがいなかったら何の疑問も持たずに信じたかも知れないし、・・・(中略)・・・。とにかく、大学の講義でさえ利用しようとする韓国人勢力があることが分かった」と答えたそうだ。この韓国人教官も、その口か?卑怯な奴らは油断できん。

瑠香ruka 女史 コメント H24/1X/2X (加筆済版)
この原因の内の一つは、米国の国務省(ポーランド系リトアニア系ベラルーシ系チェコ系ルーマニア米国ユダヤ人)、米国のウォール・ストリート(ポーランド系リトアニア系ベラルーシ系チェコ系ルーマニア米国ユダヤ人)などが「日本人(モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル族=ウラル族)」と「韓国(ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ・ワイ族)および共産シナ人(ペルシャ系)」を生物学gm細胞上全く異民族であるのに「東アジア」とグループとして強引にまとめたことです。
日本国は、東アジアの一員でなく、海洋アジア(日本国、パラオ、台湾国、東南アジア諸国)の一員であり、モンゴルーブリヤート・アジア(日本国、モンゴル国、南モンゴル、ロシア連邦ブリヤート共和国)の一員です。
*****

by長野県J

日本側は貧しい朝鮮半島を欲したことなど一度も無い

百済の保護国化など「緩衝壁」として利用したことはあった。

日韓併合条約はその失敗例だ。(あまりに反抗的なのでやむを得ず併合)

豊臣秀吉の出兵は「国内の大名を弱らせる」「ルソンのスペイン軍牽制」など諸説あるが、万が一にも領土として朝鮮半島が欲しいという欲ではあるまい。

文禄慶長の役で日本軍が食糧不足に悩んだという。
しかしそれは、(島津の鉄砲足軽に討ち取られた)李舜臣将軍の活躍ではなく、「戦国の倣い」で食糧の現地略奪を行おうとしたところ、半島が「予想外に貧し」かったため肩透かしを食った(→で慌てて補給作戦開始)
というのが実態のようだ。

朝鮮通信使については、私の推測だが、清帝国(満州族)の「命令」じゃないかと思う。
李王は何でも清皇帝に報告する義務があったようである。
そこまでガチガチに主権を制限されてる国が、勝手に他国と国交など結べるはずがない。

清皇帝の使いで日本をスパイしに来たんじゃないか?
清が正式に使いを送るとなると上下関係をはっきりさせねばならず面倒くさいからな。
手下の朝鮮を使って日本の偵察ができたら便利だ。偵察結果は当然「報告義務」に含まれるだろう。

日東壮遊歌など、「朝鮮人にしては」やけに日本の統治者、国力、民の暮らしについての記述が具体的客観的なのである。

「命令」「お仕事」だったなら合点がいく。

はじめまして

元親韓派だったのですが、今は望韓派です、韓国にまだビザが必要だった頃から韓国何度も行っていましたが、もう呆れています、露店の値引きぐらいできましたが、本音と建前が乖離しすぎた社会、もういきたくないです、最後にリンクか転載の許可をいただけませんでしょうか?
韓国しらずの、口先日韓友好派と闘かっています。

>日本名悪用のモノは含まず!

>異様なるデータ 2011年

日本で検挙された韓国人性犯罪男:1058

韓国で検挙された日本人の性犯罪男性:0人

日本で検挙された韓国人売春女:4112

韓国で検挙された日本人の売春女性:0人

2016/10/13(木)

政界ウォッチャー三十年様

私は、看韓派ですw
日本は、かの国を看取りましょう。
それ以外に、日本人としてやってあげられることはありません。
看取りとは病人のそばにいて世話をすることであり、死期まで見守ることです。
1910年の日韓併合以来、日本は朝鮮半島という病人を抱えてきました。
病人と言っては悪いけれど、独り立ちもできないくせに外患内訌で周辺諸国を巻き込み、最悪なことに冷戦期の米露一触即発事件まで起こしました。
プエブロ事件は、あれは米国・ソビエト両国とも肝を冷やしました。
米国は第二次世界大戦後冷戦構造を構築して表向きは戦争無き時代を標榜し、大車輪で経済復興を目指したのに、北朝鮮はぶち壊すのかと怒り心頭だったでしょう。
一触即発の一大事こそ、朝鮮族の生き残る道w(そこそこ死ぬけれど知ったことではない)
イチかバチかと、国を挙げて博打を打つ国です。
あんな半島にいつまでも鼻ずらを引き回される米国が、ウブというものです。
朝鮮半島、くたばっちまえ、アーメンw

猫愛でる様@政界ウォッチャー三十年

看とる、確かにそうですね、事大主義の悪弊でよその国を巻き込み、礼もなく自分達で勝った話にする、まあよその国ですが、巻き込まれたくはありませんね。

雲南省の象救出 阿倍仲麻呂の漂着した地。


>中国雲南省でゾウがため池に転落し救出成功、耳まで水につかった3頭の象。1頭は子ども。仲間のゾウたちも心配そうに周りに集まり、助けようとしている。救出作業中、バナナなどの食料が与えられた。仏教ベトナム系が多い地域。>動画

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

http://news.mynavi.jp/news/2016/10/13/225/

日中韓の違い

にっぽんじん様

そうですね。それを示しているのが日本の文化と歴史の蓄積ですね。
神社、仏閣、記念館、銅像、石碑、道祖神・・・・
日本に各地にどれだけ存在しているのか、そのようなマップが知りたいものです。日本人が何を崇め、尊敬し、讃えてきたかの精神、歴史、文化がわかります。テロリストの銅像、虐殺記念館、なんでもランク付けした統計、グラフ、上に立つ満足感が得たい精神だけの国柄でノーベル賞は得られないでしょう。精神文化が変わらなければ、いくら基礎科学や研究開発にお金をつぎ込んでもノーベル賞に関しては台座しかできないのではないでしょう。

別にノーベル賞次元の話でなくとも

韓国の「精神風土」の敗北は明らかである。

サムスン「発火」新型スマホは見栄を張りiPhone新型より一ヶ月販売前倒ししたことが原因である。

技術陣に無理をさせ、結果追い詰められて不正を行ったのである。

情けない。
目先のことしか見えていない。

三流狩猟民族の思考だな。農耕民族と女真など狩猟民族との中途半端な雑種なのであろう。

目先と言えば、尹外相(※昨年の日韓慰安婦合意の張本人)は西独首相を引き合いに出し、安倍首相の「土下座謝罪」を暗に要求した由。
「従北世論」におもねったのであろう。

こういった蒸し返しは「新スワップ」の鍵を握る安倍首相や麻生財相の心証を思いっきり悪くし、自国を「金融危機」に晒すとわかっているのかな?

この外相も韓国民も、そんなに「従北」なら潘基文新大統領を契機に北朝鮮に降伏すればいいんだよ。

日本国人口1億2千万人:赤化朝鮮人口8千万人。
一瞬何か並んだ「気持ち」になりいい感じ。

直後に北朝鮮当局の韓国人虐サツが始まって8千万じゃなくなるけどな。

何でも目先目先の人達にはお似合いの未来じゃないか?

偽民進党も、「憲法、法令規則等の枠外のこと」および「韓国式捏造(虚偽)」に基づき議論を展開する「違憲派かつ破憲派(壊憲派)」です。

偽民進党も、「憲法、法令規則等の枠外のこと」および「韓国式捏造(虚偽)」に基づき議論を展開する「違憲派かつ破憲派(壊憲派)」です。
-------

①「憲法、法令規則等の枠内のこと」および「第一次資料(事実)」に基づき議論を展開する自民党、日ころ党、日本第一党は、「護憲派かつ帝国憲法等復興派」です。

②「憲法、法令規則等の枠外のこと」および「韓国式捏造(虚偽)」に基づき議論を展開する公明党、日本維新の会、偽民進党、社民党、生活者ネットワーク、共産党、オザワ・イチロー生活は、「違憲派かつ破憲派(壊憲派)」です。

【お願い】公明党および日本維新の会は、現在においてちょっぴり曖昧な政治的立ち位置であるので、できるだけ近い将来において「違憲派かつ破憲派(壊憲派)」から「護憲派かつ帝国憲法等復興派」へ完全移行して下さい。

TPPの特別委員会が始まりました。

今日から、国会ではTPP特別委員会が開催されます。
TPPは、当初シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージー欄との4カ国の経済連携協定として始まり2005年7月に署名され、2006年5月に発効しました。

2010年3月から、原加盟4か国にアメリカ、オーストラリア、ベトナム、ペルーの4か国を加えた拡大交渉が開始された。2011年時点では、アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーが加盟交渉国として、原加盟国との拡大交渉会合に加わっていた。9カ国による拡大交渉は、2011年11月12日に大枠合意に至り、2012年内の最終妥結を目指していました。

米国の参加表明によって2010年3月から拡大交渉会合が始まり、レベルの高い自由化を目指す包括的な協定になるとされています。アジア太平洋地域の新たな経済統合の枠組みとして発展する可能性も指摘されました。

拡大交渉中のTPPについて、加盟国・交渉国に日本を加えた10か国のGDPを比較すると域内GDPの91%を日本とアメリカの2か国が占めるため、実質は日米のFTAだとする見方もありますが、あくまで原加盟国4か国間で発効している環太平洋戦略的経済連携協定の拡大です。

日本のTPP参加については、2010年10月に菅元首相が衆議院本会議所信表明演説でTPPへの参加検討を表明したのが最初で、2010年11月に開催されたAPECにおいても、交渉参加に向けて関係国との協議に着手することを正式に表明しました。

2011年9月2日に政府は、野田内閣に変わります。
2011年11月11日、野田首相は記者会見において、翌12日から参加するホノルルAPEC首脳会合において、TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る旨を表明しました。

2012年12月26日に政府は、安倍内閣に変わります。
2013年3月15日、安倍首相がTPP交渉に参加を表明し、参加国にその旨通知するとしました。また甘利明内閣府特命担当大臣をTPPに関する総合調整の担当大臣に任命しました。

2015年10月5日、米アトランタにてTPP交渉に参加する12カ国の閣僚会合で、5年半におよぶ交渉が大筋合意に達しました。全参加国が2年以内に国内議会等の承認手続きを終えられない場合でも域内のGDPの合計が85%以上を占める6カ国以上が合意すれば正式に効力が発生し、その場合は世界のGDPの4割近くを占める自由貿易圏が産まれることになると試算されています。

TPPに関わる米国、そして日本の流れですが、日本においては3内閣で6年間を経過しました。
その間の日本と各国の討論の内容がマスコミから報道されたり、また、検討対象が物品だけでなく、著作権等にまで及んだことから様々な物議を醸しました。おまけに土壇場で、甘利大臣が辞任する騒ぎまでありました。

これまでに検討された事柄については、私のような博学のものに理解できるようなものではないと思いますが、米国が批判的な態度を取っていると言うことは、甘利元大臣が相当に苦労し、努力した結果がそこに現れていると思います。
日本にとって百点満点と言うことは言えないでしょうけれど、及第点は取っていると思います。日本は沢山の産業があり、これによってプラスに働くところと、マイナスに作用する部分があるでしょうけれど、未来を見据えたときには間違いなくプラスに働くと思います。
そして国内でプラス・マイナスは調整すれば良いことですが、これまでの条約のようにマイナス部分に補償するだけでは、マイナス部分は停滞するだけですから、未来を見据えた政治が必要です。

TPPはこれから国会で討議されますが、民進党はおそらく反対をすると思います。しかし、これは当初、民主党(後の民進党)が参加の表明を、したのです。
そして、自民党がこれを引き継いだのですから、反対のための反対ならば意味がないと思います。
もっとも、TPP以外のことを訳もなく質問して時間を費やすのが民進党の実力かも知れません。

ただ、大抵の人は忘れていますが、このTPPと同時期に日中間FTAの話が出て、当時は話題になりました。

日中韓FTAは、2010年5月から政府間で共同研究が進められ、2011年12月にその報告書が発表され、2012年3月に日中間投資協定に合意を見たものです。
このころの報道を思い起こしますと、日本にとっては日中韓FTAの方が利益だにると言った意見も大きかったのです。
極端に表現しますと、日本はTPPか日中間FTAのいずれかを、選択しなければならない状況にありました。

当時の日本は、TPPに反対する意見が強く、中国はFTAの推進を望み、韓国も中国同様でした。
しかし、日本がTPPに舵を切ったことにより、その後、日中韓FTAはたまに会合が行われましたが、現在ではほぼ頓挫しています。日本がTPPを批准すれば、これは消えるでしょう。

中国と韓国は日本を除いたFTAを2015年12月に締結しました。現在も、中国はTPPの加盟を考えていませんが、FTA大国の韓国はTPPに加盟する意思をちらほら出して、その際には日本の協力を依頼するようです。

その一方で、日本に対して相も変わらず反日姿勢が頑なで、2015年日韓慰安婦合意を誠実に守ろうとはせず、SWAP等の要求を出します。
安倍首相には、韓国のお願いと要求には忍耐強く相手をして、根負けしないようにお願いしたいと思います。

物事を頼むとき、頭を下げながら、片手に刃物を振りかざす相手に、誰が応じると思っているのかと、理解に苦します。
これには、常識で断って対応するのが当然であり、こんな相手の要求を飲むことは、笑いものにしかならないのです。

対韓三無い運動の徹底

>ブログ主様 更新ありがとうございます。 ソロです。 久しぶりに名古屋に出張して居ました。
  
 韓国人にノーベル賞ですか? まぁ無理だろうと思います。 何故なら、韓国社会全体が、ノーベル賞の意味が分って居ないで、その名誉や結果だけを欲しがっているからです。 

 ノーベル賞の、特に科学部門は、主に、基礎研究に与えられています。 勿論、青色ダイオードの様な、画期的な発明も対象になりますが、主旨は、過去のショックレ―のトランジスタの発明に与えられた様に、他の部門を発展させる可能性を広げていると言う点を評価したものです。 つまり、公的なものに対する貢献度が重要なんです。

 処が、朝鮮族のメンタリティには、「公」そのものがありません。 簡単に言えば、「他人の誰かの為に何かをする」文化が無い、全て自分中心主義で回って居るから、不特定多数の他人の為に何かをする行為は、もしあったとしても、誰も評価しない社会なのです。 ダカラ、公的な保険制度も上手く行っていないと聞きます。 怠ける=賢いと言う等式が成り立つ社会では、勤労は美徳では無く、お人好しの愚か者のする事でしかありません。

 そう言った意味で、科学部門以外でも朝鮮族にはノーベル賞を与えない財団の人々は賢明です。 彼らには滅私奉公等、全く理解を超えていると言うべきですが、日本統治30有余年にして、神風攻撃隊に少ないけれど参加者が見掛けられるのは、朝鮮社会を離れて教育を受ければ、理解できる可能性がある事を示しています。 つまり、人間は生まれで無く育ちの部分が大きいのだと言う事でしょう。

 もっと言えば、日本人から見れば、日本人との差はほんのちょっとだけなのでしょう、ダカラ、日本人はツイ、朝鮮人をなんとかしたくなる。然し、結果は、金を持ち逃げされて・・とか、こちらの力が弱くなった時、まさかの裏切りをされて・・と言う事になる。そして、「朝鮮人だけは・・」と言う話になるが、全て、朝鮮人を分って居ないからそういう結果になったと言うしかない。 

 彼らを教育して日本人にしようなんて、絶対に無理なんですね。

 ダカラ、「付き合わない」「助けない」「教えない」が一番有効な手段なんですよ。

スマホ世界販売シェア首位のサムスン様()について

シェア二番手は何故かアップルだが、3~5位は支那勢である。

いかにスマホ産業が「組立産業」に過ぎないかがよくわかる。

富士通、東レなど日本メーカーはサムスンやアップルなど完成品メーカーを「神輿」に担ぎ、液晶パネルやカメラを提供して、裏から支配する構図なのである。

こうすればウザいアメリカの外圧も躱せて合理的だ。

今回の「燃えるスマホ事件()」により、寒村とかいう神輿の一つがぶっ壊れたのである。
しかしまだ「他」が健在だ。
傷は浅い。大丈夫。

日本人が飯を食う種は防衛産業にあるというのが私の持論だが、完成品出荷について米独仏の外圧がウザければ、スマホに倣い、「部品乗っ取り」から始めるのも手だ。(今でもやってるけど)

「箱」に星条旗が記してあることはあまり問題ではない。
「中身」が日の丸で塗りつぶされていることが重要なのである。

日本の敵は多い。
パールハーバーからでも恨みからでもなく、純粋に
「出る杭(優秀)」だからである。
名誉なことだ。

強かに立ち回り生き残れ!
きっとできる。

サムスンは米当局と消費者を敵に回したようだ

最新型スマホ()は米航空機には持ち込めない。米運輸省が緊急通告を出した。

隠し持っていれば罰金、刑事罰。

「犯罪者・テロリスト扱い」だな。
そんなもん怖くて持てませんなあ。

コリアンロビーの力()及ばず。
何でも「賄賂で」解決できると思うなよテョン?

消費者団体、マスコミもバッシングの嵐だ。
「充電してないのに」真夜中に突然燃えだし「急性気管支炎にされた」等の被害者の声を大々的に紹介。

交換したバッテリーも燃え出すようである。

単にテョンが弛んでると言うより、

もっと構造的な問題がある気がするね。
「韓国GDPの2割を占める」サムスン様に。

もうサムスンは世界の消費者のバッシングで潰し、韓国人には一切の仕事を与えない方がいい。
あんなあらゆる意味でテキトーなスチャラカ民族に呉れてやる仕事は無し。

代わりに、
プロレタリアート革命(をやってコロシ合う)
という朝鮮民族DNA大歓喜な仕事を与えてやれ。

きっと生き生き「働く」に違いない。

蓮舫氏が国籍選択宣言

蓮舫民進党代表は、10月15日に都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べました。ただし、国籍選択宣言を何時したかは明らかにしなかったのですが、10月7日と関係者は述べているそうです。

また、蓮舫氏は記者団に「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、強く(日本国籍の)選択の宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べました。

これで、蓮舫氏は二重国籍問題に、後は個人のプライバシーとして幕を引くつもりでしょう。
でも、蓮舫氏は日本の国会議員で野党第1党の代表ですから、国政選挙があってこれに勝利した場合には、首相になる立場にあるのです。
国民は公人として国籍が明確でないと、日本は困るのです。

何しろ、蓮舫氏は台湾人と日本人との二重国籍だけでなく、1993年には「在日の中国国籍の者」との表現をしていますから、何とも言えないのです。

もっとも、日本国籍についてのことは政府は完全に把握していて、「国籍選択宣言」を指導しています。
後は、蓮舫氏が日本国民に本人の戸籍(戸籍全体ではなく、国籍選択宣言の部分の公開です。)を、公開すれば良いだけのことです。


それから、日本では過去に、フジモリ元大統領の国籍問題がありました。
フジモリ氏はペルーで1990年7月から2000年11月まで、ペルーの大統領をされましたが、日本国籍を保有されており、ペルー国籍との二重国籍者でした。

2000年9月、このフジモリ大統領は3期目の大統領選挙に当選後、側近が国会議員に現金を手渡している映像が公開されたため、大統領の疑惑も浮上しました。
2000年11月、フジモリ大統領はAPEC首脳会議に出席のためペルーを出国、東京に到着後、大統領辞任を申し出て事実上亡命しました。(ペルー政府は後に罷免とした。)

このときですが、2001年3月に日本の国会に対して「ペルー共和国前大統領アルベルト・フジモリ氏に関する質問主意書」を、民主党の辻元清美氏が出しています。
内容は、フジモリ氏の疑惑、二重国籍について、大統領になったときの国籍について、フジモリ氏が大統領を離任・解任されたときのペルーの対応について、ペルー政府への協力等についてを厳しく追及したものです。

辻元清美衆議院議員は、今回の予算委員会において稲田朋美防衛大臣に舌鋒鋭く責めていますが、民進党の代表についてどう思っているかを、誰かが質問してくれないかと待っているのです。

謝蓮舫、懲りない女

というか奴含む「芸能人」「マスコミ」そのものが懲りない。

戦中の狂信的日本軍国主義者とコインの裏表だな。
支那韓様にぶら下がってれば絶対安泰だーってか?

あーそうかい。
こういう思考放棄したバカ者が国を誤るのである。

「鳥越俊太郎」「石田純一」の敗戦から何も学ばないニカ?

「人気があったのに」ダメだったじゃんよ?(爆)

謝蓮舫の場合は参院選通ったばかりというのが悪運強い奴と思うが、代表として「民進の政党別支持率」上げられなきゃ負け同然である。

取り敢えず直近で奴が手を出している東京10区補選及び新潟県知事選を見守ろうか。

敗戦=奴の責任になる。
マルクス主義者の言う「総括」とは、トカゲの尻尾切り以外は無い。
新たなコップの中の争いの始まりだ。「当然のごとく」自由民主党を利することになろう。
日本国のためにありがとうよ謝蓮舫。

因みに東京10区補選は「自由民主党」小池百合子🆚謝蓮舫の次期女性リーダー対決なのだが、小池百合子の場合は聴衆から百合子コールがあるようである。
対して謝蓮舫の場合は「見世物のパンダ」のように「写メを撮られるだけ」である。

完全に負けている。
実に幸先が良いね。

PC映像は遠隔で見ることが出来ます 脳内画像は電気的に同じなので同様に見ることが出来ます

HDMI,USB,DVI,VGA,PCI関連,LANから映像情報が遠隔で漏れる

家族、親戚、ペット、女性に対する脅迫行為がある

脚本家、演出家、劇団員を使い脅迫しながら三文芝居を展開する 組織的詐欺に走っています

五感を遠隔で奪う恐ろしい機械がある 重大な憲法違反である 

P/Sキーボードから入力情報が漏れる

駐留している連中は薬物で意欲が失われている状態 非常に気持ち悪い
敵味方問わず機械的洗脳をしています 著しい人権侵害です
無線lanからのハッキング行為、無線キーボードからのハッキング行為 無線マウスからのハッキング行為

遠隔熱攻撃  睡眠不足になる
遠隔薬物攻撃 ドーパミンその他、様々な薬品を投入
遠隔嗅覚攻撃 精液、愛液の匂いを嗅がせてきます
遠隔汗点攻撃 汗をかかすことが出来ます
遠隔涙腺攻撃 涙を流すことが出来ます
遠隔不安攻撃 不安な感情を作ることが出来ます
遠隔痛点攻撃 歯痛を起こすことが出来ます 僕の場合は虫歯がないので事なきを得ました
遠隔充電攻撃 頭が正常でなくなる 
遠隔電流攻撃 電流を止めることが出来ます 一時的に使えなくなります
夢に介入してきます 人工的に夢を見せることが出来ます
無資格者が多く混じっています 有資格者気取っています
違法契約で縛られています 長期間周辺の家々に不法滞在しています 労働基準法に違反しています
大嘘ついて犯罪逃れをしようと必死になっています 警察を侮っています 
ディープインパクトに対する脅迫行為があり、さらに脅しておいて責任転嫁をしています
支払い義務を回避するため、あらゆる嘘をつきます
強盗計画を立てています
再三帰国警告を発しているにもかかわらず全くその気がありません 長年滞在しているので完全なストーカーです
出向、留学名目で滞在しています 国税局の調査が必要です
裁判官の独立、司法権の独立を侵害する言動があった
裁判を受ける権利を侵害する言動があった 
TBSがノーベル賞を強奪しようとしています


ネット戦争


新潟県知事選挙の結果が出ました。

選挙結果に就いてノビ―氏が「電気代が上がるな。憂鬱だ」とツイートしていますが、そんなことよりも、自民党の勢いが少しでも削がれて、移民受け入れが先に延びてくれるか否かの方が、今の私には関心深い問題です。

安倍内閣発足の頃は、「経済政策でボロが出ない内に衆参で2/3以上の議席を占めて憲法を改正して欲しい」と願っていましたが、今は「自民党への批判が高まり、移民受け入れが少しでも先に延びて欲しい」と願っています。

先般、日本第一党へ入党申込み書を送りましたが、昨日の党首の放送で現在1000人弱の入党申込みが来ていると聞き、「予想した通りの厳しい船出だ」と思っています。

日本第一党の戦略は、先ず地方議会選挙に候補者を立てることで、移民受け入れを阻止出来る勢力に育つには10年或いは20年という歳月が必要で、それ迄は自民党が経済政策で失敗を繰り返して、党勢が弱まることを願っています。

現在の私の主戦場はTwitterだが、やり過ぎるとアカウントを凍結されるので、その限度を探りながらツイートしています。

兎も角、移民受け入れさえ阻止出来れば、テクノロジーの進歩によって労働人口の減少を上回る経済成長が可能なので、その辺をTwitterで訴えながら、党員の獲得を目指しています。

過激保守政党を伸ばすために自由民主党の議席を削るというのは賛同しかねる

その間に、マルクス主義のクソどもの政権が一度入ってしまう。

絶対にいかん!
それは結果的にマルクス主義者どもに「肩入れ」してることと同じですよ?

新潟県知事選は残念な結果でした。
しかし「蓮舫のお膝元」東京10区は自由民主党が優勢であります。
ここから「手段を選ばず」報復に出ればいい。

「報復」とは具体的に言ってやりましょうか?

国会議員など特別公務員に「二重国籍者」が就くことを禁じる公選法改正法案(日本維新提出)を解散総選挙前に通しちまうことです。

言うまでもなく野党共闘の核である民進党、その代表である謝蓮舫への

「嫌がらせ」ですよ。

二重国籍は違法なことだと有権者に刷り込んだうえで解散。

育ちのいい安倍総裁は兎も角、幹事長としての「初陣」を汚された二階俊博は怒り心頭でしょうなあ。

元々彼は手段を選ばないところがある。
今回新潟県知事選で遅きに失しましたが現職の泉田を抱き込んだり、日本維新の馬場幹事長(※国家審議で「謝蓮舫の二重国籍問題」を厳しく追及している人です)に急接近したり。

「二重国籍者」謝蓮舫の言うことは何もかも信用できない。TPP反対も政権交代も何もかも。

まずは公選法改正
→TPP法案通過
→解散総選挙
のコンボです。

追い詰められた二階俊博の逆襲に乞うご期待!

そうだいい「ネタ」あるんだった

支那の9月輸出額「10」減。
おめでとさん。

すげーな。
ダンピング輸出してるのに二桁減なの?
欧米のバッシングを受けるリスクを犯してでも、資金流出のリスクを犯してでも、為替操作で元安にしてる意味が無いな。

更に面白いのが、1~9月の鋼材輸出「量」は2.4増なんだが、「額」の方は14.9減なんだわ。

前者については欧米の「報復制裁」が怖いけど、それは置いとくとしても、後者は国営ゾンビ企業の赤字を更に「地方政府の借金で」穴埋めしている状態ということだ。

地方政府借金増
→金融危機
→人民の預貯金、年金積立パー
→食い詰めて反乱(人民軍江沢民派便乗)

あはは。
新潟県知事選での勝利など小さい小さい。

今、「本土」がヤバいんだよ。
どうする?謝蓮舫さんよ。

>Zさん ソロと申します、以後お見知りおきを。
>>今までの対韓外交が通じなくなった以上は、現実的な対応を粛々と行っていく以外にない
 蓋しその通りですが、一方で、何故是まで、朝鮮族だけ特別扱いにしていたのかを追及して置かねば、日本人の朝鮮族への理解は深まらないと思います。 彼等がなぜ反日を其処まで必要とするのか、何故、恩を仇で返すような常識が罷り通って居るのか、嘘と真実のどちらに重みがあるのか、と云う簡単な正邪の判定すら、朝鮮族の常識は世界レベルから言っても、外れていると云う事実は、この先朝鮮族がどんな国を持つとしても、マトモな国として立ち行くにはトコトン追及して、最低でも自覚して置かねばならない事でしょう。

 然しながら、斯ういった老婆心に近い日本人の心配こそ、彼らには余計なお世話なのであり、日本人を見下す理由にもなって居る様です。 つまり、韓国・朝鮮人には、日本人は良く知らない国の人の様に振る舞えばよく、顔や形が似ているからと云って、親せき付合いのつもりでやって居れば、何時かは大きく裏切られる可能性がかなり高い、と云う事です。 その付き合い方を具体的に言えば、「関わらない」「教えない」「援けない」と云う具体的な3ない行動を含んだ、無関心行動なのです。 そして、個人的にではなく、全体として批判して行く話でよい筈です。

 自分に対する他者からの評価を最大限に膨らましているから、反省する事等思いもつかないし、現状の改革なども在り得ない、唯只管、現状出来している不都合の原因を誰かの所為にするだけの話で、直ぐに頭を打つ事になります。 そう云う点を欧米社会が看るに、将来性の無さを指摘しているのであって、実績云々ダケではない点を、韓国社会は認識できなければ、千年このままであろう。

電通に勤めていた女性社員が亡くなったことについて

電通に勤務していた女性社員が昨年12月25日に自殺していたことについて、東京・三田労働基準監督署が過労死と認定したとの事件ですけれど、当該事件は昨年4月に入社した女性社員がインターネットの広告部門を担当し、10月から証券会社の広告業務も行っていたとのことです。

残業時間は、10月が130時間、11月が99時間で休日や深夜の勤務も連続していたようです。
この事件について、どこかの大学の教授が「月あたりの残業100時間を超えた位で過労死するのは情けない」とコメントして、批判されています。

私は、月100時間位の残業だけなら過労で死なないと思うのですが、これには条件があります。
上司が頑張ってくれてると判断して評価してくれるなら、まだ頑張れます。でも、無能呼ばわりされて、糞味噌に言われての残業時間100時間なら、どうだろうと考えますと出来ないと思います。
私ならケツを割って止めます。こんな企業のために、やってられないと思うでしょう。

もっとも、残された文書の中に「4時でも職場」との内容がありましたが、残された他の文書の内容から、これはおそらく午前4時のことだと思います。
労働者として考えますと、労働者は1日8時間が基本の勤務で、今なら週40時間の労働ですが、1日の労働時間は16時間が限度で、これを超えますと翌日は休ませなければなりません。

こう考えると、午前4時までの仕事は、翌日休ませなければならないのです。他の文書をの雰囲気からは、多分、休ませていないでしょう。タイムカードは細工して、異常のないようにされている可能性を感じます。
ですから、残業時間は130時間では済まないと思います。

こう考えるとき、会社の体質を考えなければなりません。
仕事で追い込んで、部下を追い込む上司、またこれを容認する会社を社会が放置することは許されないとも思います。

社員がここまで無理をして、仕事をしなければならないような会社に、国や公共団体の関連する仕事を注文してはならないと思いますし、このような企業が広報関連での業務を独占に近い形で、業務をすることは日本の国のためにならないと思います。
公共団体の注文書は、労働者が過酷な条件の下に働かねば、完成できないような想定はしていません。実態として、契約違反です。

電通は、これまでにも社員が亡くなるとの経過を持ちますから、再生することは無理だと考えます。別の会社にこの会社の業務を遂行させ、その会社が社員にとって健康であるものとしなければ、業界全体が衰退することになると考えます。

保育所問題で「にほんしね」と言うネットの書き込みを、取り上げて大問題にした民進党(以前の民主党)は、何故これを国会で取り上げないのでしょうか。

中国と韓国の嘘を暴露

アメリカ人ジャーナリストのマイケル・ヨン氏への独占インタビュー記事です。長いですが読んでみて下さい。

マイケル・ヨン への独占インタビュー
DIFESA ONLINE「防衛」

「あなたは、北京の独裁国家が過去の犯罪を無視し、好ましい印象を与えるように注意深く計算された映像とメッセージをアメリカ人に向けて浴びせていると思いですか? 北京の独裁国家はどのようにして自らの犯罪を無視しようとしていますか?」

今日、北京によって大量の資金をつぎ込んで推し進められている巨大なプロパガンダ、特に習近平国家主席の政府によって強力に推し進められている巨大なプロパガンダに気がつかないなどと言う者は、単に注意を払っていないか意図的にプロパガンダをサポートしているのです。

今の中国政府にとって国民の注意を1989年の天安門事件後の不安と政治への反発から国外の敵へと向けることが必要ということは誰の目にも明らかです。(最初は反米キャンペーンだったがすぐにもっと容易なターゲットである日本にシフトし、わざわざ内部の敵も生み出しました:法輪功、すなわち中国のユダヤです)。

国家的犯罪は数知れません。それは建国のごく初期にまでさかのぼります。すなわち1930年代と1940年代の毛沢東の反乱勢力による郁南での大規模な人権侵害犯罪にはじまり、政敵の皆殺し、非漢族であるチベット、新疆ウイグル自治区、満州などでの少数民族の弾圧、「大躍進政策」(婉曲的に表現されているが)、今日では習によって続けられている政敵の粛正と軍事力による国境侵犯、特に南”支那”海での暴挙などです。

また中国は米国メディアと配信ネットワークを買収し自国の主張と異なるメディア製作会社や配信社へ圧力をかけています。多くの主要なメディアに対して中国が完全な欺瞞をまきちらしているのは明らかです。

おそらく最も恐ろしい犯罪は自国民の弱者に対するものです。毛沢東によって主導された壊滅的経済政策のために数百万人が死亡しました。しかしこの数は残酷な”一人っ子政策”のために中国の警察権力によって実行された強制的な中絶と不妊手術の数に比べれば霞んできます。

政府の統計によれば、中国では1971年からこれまでに約3億3千件の中絶があったとされています。ある研究者によると、その多くが自らの意志ではありませんでした(すなわち政府の指示)。ほぼ2億件の不妊手術がなされ4億人以上がIUD(子宮内避妊器具)を挿入しました。繰り返し指摘しますが、そのほとんどが女性自身の意志を無視してなされたものでした。

中国における女性の自殺率が世界で最も高いことは驚きでも何でもありません。女性の自殺率が男性よりも高いのは世界でも二カ国だけでですが、中国はそのうちのひとつです(もう一つはアフリカのサントメ・プリンシペ民主共和国)。

いまや世界の人口の5人に1人は中国人ですが、世界の女性の自殺者の56%を中国人の女性が占めています。そればかりではなく女性に対する暴行もはびこっています。暴力対象は大人あるいは大人の女性に限定されるものではありません ― 中国では女性の地位は低いのです、何十年にもわたって男子を望むために女性に対して選択的中絶が強要されてきたことも理由の一つです。

それに加えて中国政府は反体制の者を捉まえてきて、でっち上げの罪名をつけ有罪としています。自分たちが不正に蓄えた富を守るために人民を収穫する悪夢のような政治システムを作り上げています。

「中国が好ましい印象を与えるためにメディアに対して、例えば文学に対してどのようなことをしているのか実例をあげてくれませんか。」

例をあげるときりがありません:高い城の男、アイアンマンIII、レッド・ドーン(デジタル処理で敵を中国軍から、笑ってしまいますが、北朝鮮軍の侵略に入れ替えてしまいました)。大作映画や本では第二次大戦における中国軍の役割を神話化していますが、実は当時、毛沢東は中国共産党の真の敵である中国国民党のファシスト蒋介石に対抗するため、積極的に日本軍を支援していました。

アメリカの製作会社や配給会社を買収し続けているので(最も最近では大手のディック・クラーク・プロダクションを10億ドルで買収しようとしています)、近い将来、我々は同じような映画を沢山見ることになるでしょう。

ありがたいことに米国政府はようやく事態の収拾にのりだしました。2016年、議会はオハイオのRob Portman上院議員が提出したS.2692対情報戦法案を可決しました。この法案は米国と重要な同盟国の安全保障を脅かす中国の偽情報とプロパガンダと戦うために提出されました。

一つの鍵となる例は孔子学院(Confucius Institute)です。これは米国の大学と教育システム全体に北京のパワーを注ぎ込む「じょうご」の役割を担っています。予算的に厳しい米国の大学の外国語学部や東アジア研究学部にとって、教員の雇用や昇任、カリキュラムの開発のために、まったく都合の良い資金源となっています。

彼らは北京の諜報員としての役割も果たします、世論を調査し、外交的、経済的、政治的圧力をかけ、中国政府が望むことを実現させるのです。
加えて世界抗日戦争史実維持連合会(Global Alliance)があります。この団体は直接、北京からの資金提供をうけています。

アイリス・チャンの著書、レイ○オブ南京(1997)、の出版をバックアップしていたことでも知られていて、アメリカの学術界やメディアがこの手の作り話を世間に流布するときの影の立役者でもあります。

大連万達グループ(Dallas Wanda Group)の会長、王建林(Wang Jianlin)は、アメリカの映画産業から直接世界に向けたプロパガンダのパイプラインを構築するためにハリウッドのキーとなる不動産を大々的に買収しています。これらの全てが同時に働き、非常にパワフルな思想コントロールシステムを作り上げています。

私はこの情報戦を11カ国で調査してきました。それには「慰安婦」あるいは「性○隷」の件も含まれます。いわゆる旧日本軍がかつて20万人から40万人もの女性をさらってきて性○隷にするためにさらってきた、との申し立てです。これについては私の知り得たことを何百ページも書くことが出来ます。この件について調べるために私が旅してきた国々は、中国、台湾、タイ、韓国、日本、フィリピン、ミャンマー、オーストラリア、インドネシア、マレイシア、米国です。

調査から驚くべき事がわかりました。そんなことは一切無かったと。完全な嘘です。日本軍は慰安婦を雇ってはいましたが大規模な人さらいをしたなどということは全くのデタラメです。もちろんインドネシアでの事件の様に散発的な犯罪はあったが、あくまでそれらはほんの少数であって、日本軍として実行されたものではありません。こう聞くと日本嫌いは言葉を濁し、決まって”バターン死の行進”はどうなるんだと聞いてきます。

もちろん戦争犯罪はありましたし我が軍の捕虜は時にはひどい扱いをうけ、そうでないときもありました。連合軍捕虜の扱いがひどかったこともあった。当時の日本は「天使」などではありませんでしたが、だからといって悪魔的なナチスでもありませんでした。例えば日本は第二次大戦中にナチからユダヤ人を救いました。イスラエルからも表彰されています。戦争とはとても荒っぽいものですし当時日本は必死でした。自国軍ですらも兵器無しに飢え死にすることもあったほどです。

なにかの訴えが事実であったからと言って全ての訴えが事実というわけではありません。たとえば有名人である著者のローラ・ヒレンブランドは自身の著書で旧日本軍がTinian島で5千人の韓国人を殺したとしています。これはまっかな嘘です。ヒレンブランドは彼女のベストセラー小説、アンブロ-クンで、コピペの「ジャーナリズム」をしてしまいました。

これについて私は彼女に質問状を送りましたが、彼女は黙りをきめこんでいます。この件を証明できた者に私は2万ドルの報奨金を進呈すると宣言しました。事実ならば証明は簡単なはずです。だが私のチームは調査でこれが完全な嘘であることを知っています。2万ドルの報奨金はまだ生きていますが。

それぞれの件は別々に扱われるべきです ― 十分に驚くべき事に、世界中のメディアが何の証拠も無いのに「性○隷」のことを言っています、米国の公式文書が明らかにした証拠に反して。

今日、日本は世界でも最も進んだ文化を持つ国の一つです。これは一晩で成し遂げられたものではありません。もちろん第二次大戦の敗戦や米軍の進駐がもたらしたものでもありません。日本はずっと昔から文化的でした。むしろ中国は野蛮な来訪者で、韓国はといえば日本をねたみ常に注意をひこうとしているのです。中国はそのことを知っていて自分たちの目的のために韓国を利用しています。日本はただ平和にしていたいだけなのに中国と韓国がそうはさせない。もちろん中国の最終標的は米国で私もその点に注目しています。

「過去1世紀においてシナ-日本の間にはしばしば戦争があったが、中国政府は米国の一般世論に影響を及ぼして日本を孤立化させようとしているのか?」

その質問は中国のプロパガンダの有効性を証明するものでもあります。日本は現在の中国政府(CCP)と”一度も”戦争していません、現在、台湾にある政府(KMT)とのみ戦いました。先に述べたようにCCPはKMTと戦うために毛沢東のもとで何度も日本を手助けしました。Phillip K. Jowettが指摘したように、1930年代から1940年代の中国本土が混乱していたときに、のべ600万人の中国人が直接的に旧日本軍の指揮下に入るか、あるいは日本軍の仲間となりました。

歴史的に様々な国が中国大陸に存在しましたが、それらを仮に中国と総称したとすれば、中国が日本と戦ったのは1270年代にはじまる二度のモンゴルと日本の戦い、1900年代からの義和団の乱で日本を含むアメリカ、イギリス、ロシア、その他4カ国との戦い、くわえて1930年代からの日中戦争です。中国の人々に対しての略奪の多くは、モンゴルや満州族あるいは漢民族などの様々な政府によってなされたものなのです。

日本が中国の文明化を恐れて何世紀にもわたって戦争や戦争をするとの脅し、また戦争と強奪を繰り返していた ― などといったことは全くありません。(当時、島国である日本はミシシッピ州ほどの自然資源しかなく、過去2世紀にわたって最も強力な軍事力を持っていた国に対して戦争をしかけるとの脅しや実際に戦争を実行することなど考えられませんでした。

19世紀終わりになって中国が政治的にも軍事的にも弱体化し、一方ですばやく工業化を成し遂げた日本が長年にわたる東アジア全域における中国の覇権に対して挑戦したのです。)

歴史家のYayama Taroが書いているように、日本には中国を尊敬する長い歴史があって、そのために中国を大きく評価していました。日本が何世紀にもわたってアジアの略奪者であったとする考えは全くの誤りです。

「あなたは過去10年にわたって20カ国以上のアジアの国々を訪れています。この重要な地域における地政学的について、ライターとしてのあなたの意見は?」

1950年代から我々は中国と冷戦状態にあります。このことを無視すること、あるいは忘れてしまうことは簡単です。しかし我々は北朝鮮とその同盟国であって朝鮮戦争において公然と国連軍に戦いをしかけてきた中国と戦闘状態にあります。それはまた朝鮮半島の分断と38度戦における長期の緊張状態の行方を左右する鍵でもありますし、北朝鮮は米国を叩きのめすとはっきりと言っているのです。「新しい/仮定の冷戦」は非常に現実的です。

SC707 さんへ、 ポッポです。

>安倍内閣発足の頃は、「経済政策でボロが出ない内に衆参で2/3以上の議席を占めて憲法を改正して欲しい」と願っていましたが、今は「自民党への批判が高まり、移民受け入れが少しでも先に延びて欲しい」と願っています。

考えておられることは、おおよその理解が出来るのですけれど、民進党以下の野党が、二重国籍に始まって、中韓からの移民と帰化、帰化人の優遇政策等について、日本人にとっては自民党よりも評価を高く考えることについて疑問だと思います。

勿論、日本第一党を否定するものではありませんが、自民党の前に掃除しなければならない野党があると思います。

日本第一党、日本の心、日本維新の三つの日本を名乗る政党が協力して、自民党よりも右側で集結すればいいなと思うのですが、日本維新は前に桜井氏と橋下氏で揉めていますし、日本の心を追い出していますから、夢のまた夢です。

日本のこころ等保守政党は一度自由民主党に寄り添えばよいのである

共産党が民進党に抱きつき、結局、

「乗っ取った」ではないか?

「結果」を急ぎたくばアレを真似すればよい。
マルクス主義のヘタレ共に出来て保守草莽の士に出来ぬ謂われは無し。

唾棄すべき奴らだが、良い戦術だと思ったら柔軟に取り入れればよい。
時には「敵」から学ぶこともある。

そう言えば新潟県知事選では電力総連のしがらみで、「連合」は与党の側に与したようである。
連合は、一部プロレタリアート革命()を夢見る阿呆もいるのだろうが、「日本の労働者の」団体である。
労働者の雇用や給料が下がる政策(=電気代が跳ね上がる反原発)はマズいのだろう。

そういう政策は大抵「共産党がらみ」である。

ここに与党が付け入る「隙」が存在する。
民進から「連合」を切り離せ。

マルクス主義者(隠れテロリスト)の組織票と「その他善良市民」の組織票とどっちが多いか勝負しようぜ?

ちな昨年の参院選での新有権者(18~20)争奪戦は

野党の「惨敗」

だったようである。
無党派層浸透失敗。シールズとは何だったのか?

頼みは(自民に)お灸層だけニカ?
心許ないなあヲイ。

ポッポさんへ、SC707です。


再度コテハンを変えました。

変更理由は拙URLを開いて頂ければ、お判りになると思います。

現在の国会は、売国自民党と反日野党の闘争の場であり、両方を倒さない限り「自由で明るく豊かな」日本社会は到来しません。

しかし、今の日本第一党には国政選挙に立候補する供託金すら無く、売国勢力と反日勢力を国会から駆逐する前に、先ずは地方議会から固めるというのが党の戦略で、私も賛同しています。

従って、今すぐに反日野党に倒れられると、売国自民党の移民受け入れ政策が進捗するので、当分は与野党伯仲が望ましいのです。

本コメント欄で幾度も申し上げているように、今の日本で「本気の経済活性化政策」を立案すれば、必ず何れかの利権団体の既得権益に抵触するので、利権団体の番犬である自民党には「有効的な経済政策」は絶対に立案出来ません。

つまり、売国自民党でも反日野党でも「有効的な経済政策を立案施行出来ない」点に於いて大差無いのです。

但し、外交防衛分野では売国自民党の方が幾分マシなので、自民党政権下での与野党伯仲が望ましいと考えています。

日本第一党を立ち上げた桜井誠氏のTwitterをご覧になればお判りのように、返信欄はネトウヨに溜まり場になっていますが、私以外には戦略はおろか戦術すら立てらそうにない人ばかりのようで、私が戦略を示しても理解出来るような「実社会に詳しい」人材もいないようです。

従って、現状では日本第一党の存在を世人に知ってもらうことすら不可能で、そう言う状況下で発生した「AbemaTVチャンネル閉鎖事件」を奇貨として、その事件を拡散するのが現在の私の戦略なのです。

拙Twitterに桜井氏と橋下氏の討論全文を貼っていますが、橋下氏は恐らく「在日特権を許さない市民の会」という言葉に感情的に反応し、後先を考えずに桜井氏に喧嘩を吹っ掛けたように思います。

しかし、討論の冒頭で橋下氏は「そっちから先に言え」と言って置きながら、桜井氏の「ヘイトスピーチについてお伺いできます?」という質問に対し、「僕の意見を聞くな」と回答を拒否しています。

つまり、橋下氏はTVで名を売ったお笑いタレントに過ぎず、その人気にあやかって政治家になりたい野心家が集まったのが日本維新の会であり大阪維新の会という「烏合の衆」です。

真に国を憂う者が、そのような「烏合の衆」と共に憂国を語れる筈も無く、如何に時間が掛かっても「真の憂国の士」のみを集めて行かないと、何れ日本第一党が一定の勢力になった時、「看板目当てに入党してくる野心家」共を排除することが出来ません。

反日左翼に屈して日本第一党のチャンネルを閉鎖したAbemaTVチャンネルに対する抗議文は幾らでも思い付くますが、作成には時間が掛かるので、仕事の合間の気分転換に執拗に継続するつもりです。

民進党以下4党には日本の野党たる資格もない

>ポッポさん ソロです。 横から済みません
>>民進党以下の野党が、二重国籍に始まって、中韓からの移民と帰化、帰化人の優遇政策等について、日本人にとっては自民党よりも評価を高く考えることについて疑問
 同感です。民進党、共産党、社民党、生活の党(自由党)は、既に、日本人の為の政党だとは言えません。 何故なら、彼らが掲げる政策には、「現実的な防衛」と言う視点がすっぽり抜け落ちているからです。 「憲法違反」しか唱える事が出来ないで、防衛などできるはずが無い。 この点については、この4党のいずれもが、「消えて終えばよい」としか思いません。 共産党と徒党を組むしか、日本を良くする手段を考えられない民進党ですが、それをバックアップしている連合自身、一体どんな国家を描いているのか全く理解できなくなりました。

 簡単に言えば、米国の現役副大統領がバラした、「現行憲法は、我々が草案を書いて日本に押し付けたもの」と言う言質をどの様にとったのかと言う事です。 日本人が考えて、日本人の為に書いたものでは無い事が明らかなのに、不磨の聖典か金科玉条のごとく考えて、「憲法違反」ダケで、思考停止して居ては、日本は何時まで経ってもアメリカのポチから抜け出せないでしょうね。

 今の野党に必要なのは、現行憲法を護る事では無く、現状に併せて、憲法を如何に変えて行く事なのは、国民の意思を代表する役目を背負った国会議員として、必要不可欠な事でしょう。 「拳法違反」でも、そうでなくては、現状が国や国民を護れない事態になるのなら、ソレなりの覚悟を以て国政に当たるべきでしょう。 否、野党が、国会議員として看板通り日本人の代表なのなら、これ以外の事をすれば、国会議員などで、在ってはならないのではないかと思います。

 実は外国人であった蓮舫は、30年以上も自身が2重国籍と知りつつ周りを欺き、在ろう事か国政の場に乗り込んだのですが、その蓮舫を民進党は党首選に立てた事は、犯してはならない失態だった。

 然し、民進党支持者には、違法行為が深刻な重罪である事にも、関心が皆無な事は、2重国籍が明らかになった後でも、党の失態をなんら追及しない事で分ります。一体どんな出自の国民なのか知りたいですね。

 蓮舫の2重国籍状態が、譬え、現在は違法ではないとしても、蓮舫自身が採った態度は、「日本人としての良識を諮る」意味で、象徴的な出来事のように思います。 日本人は、「譬え、自分の不利になっても、嘘をついてはイケない」と考えますが、彼女は、明らかにそうでは無い。 東京都民以下日本人有権者は、此処は、シナの常識が通るところではない事を、思い知らせてやるべきでしょう。

 そして、この様な党首を選ぶ政党は、実は日本には存在してはならない政党なのだと。日本国民は、改めて認識すべきです。

こんばんは

SC707さんに100%同意です。

ちなみに党員募集に応募しました。何かしら委員会に参加しようかな。


まさかとは思うけど・・・

若い頃、ロシア人と付き合って大金を巻き上げられたことがある。

まあそれはともかく、下の記事、噴飯というか、噴ウーロン茶というか・・・


行政調査新聞 2016年9月14日

巨大な壁を乗り越え日露新時代を構築せよ

「・・・いちばん単純な方法は、「北方4島一括同時返還。ロシア軍基地は残留」である。
日本政府は「北方領土で暮らすロシア人の居住権を容認」すると発表している。同様に「北方領土のロシア軍駐留を容認」すればいいだけの話である。
冗談ではない!と怒り狂う方がいるかもしれない。しかし日本は現実に、わが国土に米軍が駐留していることを容認しているではないか。米軍も駐留し、ロシア軍も駐留する日本。国軍を持たない独立国なのだから、それも仕方ないことだろう。」


チャーハンを噴くようなバカ話もたまにはオモシロイ、と思っていたら、なんとまあ、今度は日経が・・・


日本経済新聞 電子版 2016/10/17 2:01

北方領土でロシアとの共同統治案 政府検討 ともに主権行使、12月首脳会談で協議探る

「日本政府がロシアとの北方領土問題の打開策として日ロ両国による共同統治案を検討していることが16日、分かった。最終的な帰属の扱いで対立する国後・択捉両島などでともに主権を行使する手法で、双方が従来の主張を維持したまま歩み寄れる可能性があるとみている。北方四島のどの島を対象にするかや施政権をどちらの国にどの程度認めるかなど複数の案を用意し、ロシア側との本格協議に入りたい考えだ。」

「バカヤロー解散」と言えば吉田茂だが、佐藤栄作には「沖縄解散(69年12月)」というのがあった。「1972年沖縄返還」の合意をネタに解散。自民党は300議席を超える。

・・・そんで、今度はまさか「北方領土解散」ではないだろうな・・・と心配していたら、どうもそんな雰囲気が漂ってきた。

四島の帰属を確認した上で、暫定的に二島返還なら問題ないだろう。・・・しかし、「共同統治」で「ロシア軍残留」なら、日本は破滅だろうね。

日米同盟に修復不可能な亀裂が入る。

当然、日本のプレゼンスは一気に低下し、弱体化した防衛力を見透かして、ロシアは態度を豹変させるだろう。そしてシナがいよいよ牙を剥く。

極東でロシアとシナが水面下で手を組む・・・なんて悪夢も、ありえないことではない。その時、慌てふためいてもアメリカは相手にしてくれないだろう。

中国包囲網のつもりが、気がついてみたら米中北露による日本包囲網。

領土問題を選挙のネタに出来たのは、相手がアメリカだったからだ。

ロシアを相手に解散総選挙?・・・冗談にも程がある。

もう一度書く。「若い頃、ロシア人と付き合って大金を巻き上げられたことがある。」

体験してみなければわからないことがあるものだ。


プーチンロシアの領土認識を探る

>宮さん ソロです。
 四島返還か二島返還かロシアの思惑は、プーチン次第で大きく変わるのは事実でしょうが、ロシア版中華主義が常識のロシア人なら、領土を日本に取られる理由が無いと、怒り心頭に発するでしょう。 欧米と同じく、ロシアも他国の歴史や権利に関して、譲歩して考える事などあり得ないでしょう。 亦、其れを想起する知見もない。

 吾々は明治以来白人に多くを望み過ぎていたのかもしれないと、この頃思います。 唯、ロシア人は、隣国だけあって日露戦争やノモンハン事変、そして、終戦間際の宣戦布告なき破約侵略を戦って、其の野蛮さ、非理性的な人種差別観は、日本人は他の国より数段判ってゐると思いますがね。

 日本人の本音で云えば、樺太も千島も、元々日本の国土であると云いたい処でしょう。オホーツク海は、古より日露双方の交流の場だった筈。 然し現実は、と看れば、極東のロシア人は、年々減少して居て、代りにシナ人が人口侵略を始めている始末。 その裡極東ロシア領は、中共ロシア自治区に変わって終う可能性がある。 政治家は、盛んに極東の工業化、新産業の殖産興業を図っているが、現実には「笛吹けど踊らず」なのではあるまいか。

 領土欲だけ旺盛でも、地域は発展しません。 サハリンⅡも日本を詐欺に懸けたはいいが、その後、原油やガスの価格が低めで推移しているが、売れ行きもサッパリで、鳴かず飛ばずの模様、其れもこれも、過剰生産ダカラと成れば、サハリンⅡの様な、不便で寒い処で。薄給うで働こうとするロシア人はいるまい。

 とは言え、プーチンにとって極東開発は、国内向けには希望的なプロジェクトだと云えましょう。 無碍に話を壊すような真似はしないと思います。 人口侵略と云う具体的な現象を助長する事になるシナとの連携は在り得ないでしょう。 日本と米国の関係はとっくに承知の上で付き合ってきたのですし、ロシアが近代国家に生まれ変わるラストチャンスかもしれないのですから、亦、プーチンでなくては、ロシア内の傲慢派を抑え込めないと云う見方もあります。

 いずれにしても安倍さんの外交は面白いと思います。 米国の反ロシア派が、表立って動けない大統領選直後を狙った、12月の対談の成果を期待して置きましょう。

小池百合子はよく頑張っている91%

産経FNN世論調査。

恐ろしく高い数字だ。
ここは北朝鮮ではないぞ?

劇場型政治大成功だな。

「この人気」がそのまま東京10区補選に跳ね返り、地元なのに負けた謝蓮舫代表の党内基盤を破壊するわけよ。

女性リーダー?
はん!女性であることは謝蓮舫一人の「専売特許」ではないが?

女性で「なお且つ」切れ者で指導力のあるリーダーが選ばれんに決まってるだろ。

謝蓮舫の優る点は小池百合子より10歳だけ若い点と、顔のみ。(それも私的には微妙)

謝蓮舫よくやっている39%
<やっていない46%

この結果を記者に突きつけられ「ぶ然」としている写真がネットで出回っていたな。

そんなツラをしてはいかん。

ミーハー票も逃げるというものだ。
どうも漢民族(朝鮮民族)の芝居は「浅い」な。
そんなんじゃあ日本の有権者を騙しきれないぜ?

大学の集団暴行事件について

この数日、慶応大学の広告研究会なるサークルメンバーによる集団暴行事件が、ニュースになっています。

この事件、当初は慶大が、10月4日付で、未成年に飲酒を強要したとして広研の解散を命じ、ミス慶応コンテストの開催中止が発表されたとして、ミスコンテストの開催中止に重きが置かれていたのですが、実際は、広研内で「合宿所」と呼ばれる神奈川・葉山町の建物で9月2日に開いた親睦会で起きた。6人の男子メンバーが1年生A子さん(18=当時)にテキーラなどを強引に飲ませ、ごう姦。その様子を動画撮影する者、A子さんに小便をかけた者までいたと報じられています。

そして、テレビを見ていますと撮影は行けないが「合意」があったのだからと、犯罪としての認識の低いことが気になりました。
これは、テレビのコメンテーターから、学生のコメントまでに共通しています。

性犯罪についてですが、刑法では
(強制わいせつ)
第176条  十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
(ごう姦)
第177条  暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。
(準強制わいせつ及び準強姦)
第178条  人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
2  女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。
(集団強姦等)
第178条の2  二人以上の者が現場において共同して第百七十七条又は前条第二項の罪を犯したときは、四年以上の有期懲役に処する。
(未遂罪)
第179条  第百七十六条から前条までの罪の未遂は、罰する。
(親告罪)
第180条  第百七十六条から第百七十八条までの罪及びこれらの罪の未遂罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
2  前項の規定は、二人以上の者が現場において共同して犯した第百七十六条若しくは第百七十八条第一項の罪又はこれらの罪の未遂罪については、適用しない。
(強制わいせつ等致死傷)
第180条  第百七十六条若しくは第百七十八条第一項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は三年以上の懲役に処する。
2  第百七十七条若しくは第百七十八条第二項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、無期又は五年以上の懲役に処する。
3  第百七十八条の二の罪又はその未遂罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処する。
と、されています。

この場合、本件はテキーラを飲ませて心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させていますから、第180条の親告罪は適用されません。

次に、本件は6人の男性がテキーラ等を飲ませてごう姦し、その様子を動画撮影したものです。
集団ごう姦罪は、親告罪の対象とはされていないのです。
ですから、集団ごう姦をして時点で、犯罪は成立しています。
犯罪者を立ち直らせるために、刑を軽くという人もあるかも知れませんが、犯罪者を立ち直らせる前に、被害者が犯罪にあったショックから元に戻すことが優先するのです。
ですから、犯罪者は本人が行った犯罪の分だけ、罪を償わなければならないのです。
本来、ごう姦は親告罪の適用が、必要ないと思っています。

この集団ごう姦によるものは、親告罪ではないことをマスコミが何故報道しないのか、大学生でしかも20才以上にもなっていながら、このような犯罪を犯すのかが理解できません。

本件の犯罪者は、裁判所で裁かれるべきだと思いますが、大学の及び腰にも疑問であり、犯罪の疑いとして警察に相談又は届け出る必要があったと思います。
それにしても、被害者の方は学校に相談したそうですが、学校は何故そのときに犯罪として警察に相談せず、被害者を見捨てたのかと可哀想でなりません。

SC707 さんへ ポッポです。

御自分の居場所を見つけられたようで、良かったです。

反日野党はその通りだと思いますが、売国自民党は厳しいと思いました。確かに、一部に胡散臭いのがいますけれども、その反面で愛国者もいます。私は安倍首相だけでなく、日本の心にも期待しているのですが、選挙の時には中々、思うような結果にならないと嘆いています。

それに、反日野党と自民党を競わせることで両方の力を削ぐとの作戦については、以前に「(自民党が頼りないから)一度民主党にやらせてみてはどうですか」と話した人がいましたけれど、その一度で日本がとんでもないことになりました。その余波で、未だに残って大きな傷跡を残しています。
小選挙区制度は危ないので、反日野党には一日でも早く消えて欲しいと思います。

URLは見せていただきました。
桜井氏と橋下氏の討論は今でも覚えていますが、あのときの橋下氏の動きはどう見ても不自然でした。普段は理屈で押さえるタイプなのに、理屈がなかったと思います。

SC707さんのように知識のある人は、日本第一党の中に少ないと思いますが、集団に飛び込んで前に進みますと、気がつけば後ろに誰もいなかったという場合もありますので、注意して行動し、油断のないようにしてください。

それから、SC707さんは多少方向が異なっても愛国者であることは十分承知していますので、そちらの気分転換にこちらも覗かれるだろうと思います。
私の知識と経験は、まだまだ不足しています。時には、助言ををお願いします。

支那は日本をAIIBに入れたがり、韓国は日本と新スワップ協定を結びたがる

「自己申告制の」GDP成長率で日本を凌駕し、日の出の勢いの支那韓様の姿勢とは思えませんな。
「何か」あったのかね?

大ありだ。

存外外貨準備が無いし信用も無いのであろう?
このままでは「金融危機」「大量失業」

だから日本からカネを引き出したい。

引き出すために民進連立政権にしたい。

はは、ごめんだぜ。
そのまま弾け飛べばいい。
「弾け飛ぶ」とは、とうとう食い詰めて、漢・朝鮮両民族が統治者に対し武装蜂起することだ。
誇りも信念も無い奴らだが、さすがに飢え死にしろと言われればね。

民主的に解決できない以上、血を流すしかあるまい?
共産党や財閥の奴らはコロさん限り「利権」を手放さないだろうからな。

幕はもう直ぐ上がるだろう。
その「ショー」を見るためにも、
民進連立政権など絶対阻止だ。

自由民主党🆚真の保守政党の決着はその後で十分だ。

やっぱりきたか

ここ数日のTVニュースでは、東京オリンピックのボート競技場ばかり、どのチャンネルも取り上げているのでおかしいなとは思っていた。

案の定、IOCが韓国のボート競技場での開催も検討していると発表してきた。

日本のマスコミは、世界のマスコミを牛耳っている者たちに操られている。

日本の政界も同じく、グローバリストに操られている。
このことに、そろそろ日本人は気づいたらいかがか。

平昌冬季オリンピックの競技場建設が間に合わなくなってきそうなので、日本での一部開催の交換条件として、ボート競技場をあてがおうとしているのだろう。

IOCという組織には、ヨーロッパの貴族階級特有の何ともいえない差別意識が感じられる。

ここで、日本国民は皆そろって怒りの声をあげなくてはならない。

う~ん、気になる・・・

ソロさん、まあ、日経などは飛ばし記事ではないか・・・という気もするのですが、産経新聞に気になる記事があります。


北方領土「いずれ合意」ロシア大統領報道官、経済重視と忍耐も強調
http://www.sankei.com/world/news/161011/wor1610110007-n1.html

「ペスコフ氏は、安倍晋三首相が示した「新たなアプローチ」を「とても建設的」と評価し、そのおかげで期待が生じ、両国関係が大きく好転していると指摘。」

「新たなアプローチ」って何でしょうか? たいへん気になるところです。


外交交渉にも「目的」と「手段」があります。

北方領土交渉の目的はなんでしょうか。「島」なのか、それとも「平和条約」なのか・・・。もちろん目的は「平和条約」なのですが、「島」の問題がはなはだ難しくて、いっこうに前に進まないわけです。「島」を返す、というその「手段」がね。

なぜ難しいのか。それは四島一括返還が国是になっているからです。なぜ「国是」なのか・・・それはアメリカに強制されているからです。だから二島返還論の鈴木宗男はタイホされました(汗)。

アメリカは、日本が特定の国、シナとかロシアなどと仲良くするのが嫌なのですね。シナと仲違いさせるために、尖閣諸島に油田がある・・・などというデマを撒き散らしました。実用になるほどの油なんか出ないのにね。

・・・という訳で、日本としては、各国間との絶妙な距離感が致命的に重要になってくるわけです。この距離感は、日米同盟を基準に慎重に測らねばなりません。特定の国と近づき過ぎるのはマズイのです。・・・ここらへんは理性と忍耐です。

アメリカ外交というのは、近現代史をひもといてもわかるように、かなり危うい。混乱ばかり生み出しているように見える。ですから、米外交に盲目的に追従するのは危険極まりない。・・・しかし、日米関係においてはギブ・アンド・テイクが成立します。アメリカと結束することの利益は極めて大きい。

その日米関係の核は安保条約であって、先の安保法制によってさらに関係が強固になりました。

安保法制の目的は何か。安保条約は、有事に空文化する可能性があるのですが、集団的自衛権の行使容認によって、より実効的なものになりました。

・・・そして、それ以上に重要なのが、米中接近の可能性を、とりあえず無効にしたことです。安保法制によって、米の親中派の声が一斉に途絶えました。ここで「日米VSシナ」の対立構造を盤石なものとすることができたのです。これで夜はぐっすり眠れるようになりました。

ところが、そこに北方四島における「共同統治」+「ロシア軍残留」などという事態が生じたらどうなるか・・・すべてがブチ壊しです。

日本人はよく理解していないのですが、日本の無自覚な行為が、世界史にとんでもない混乱を生み出すのです。

その最たるものは、第一次世界大戦における、欧州派兵拒否です。

(続きます)

ポッポさんへ SC707です。


丁重なコメントを頂き、誠に有り難うございます。

>売国自民党は厳しいと思いました。

移民受け入れさえ企まなければ、経済政策は駄目と判っていながらも消極的支持は続けたし、日本第一党にも入党を申し込まなかったでしょう。

靖国神社の大祭に参拝する議員が何十人もいながら、移民受け入れ反対の声を挙げる議員がいないことでも、自民党が似非保守だと確信しています。

神社とは言っても、関西の有力神社の宮司連中は、私の価値観から見れば国賊集団です。

まあ、関東などの神社の情報は無いので、「国賊宮司は関西だけであって欲しい」と願っていますが、先ず無理でしょう。

私が深い危惧を抱いているのは、政財界のみならず宗教界にも国士がいないことで、この儘では遠からず天変地異や騒乱が起きることを予感しています。

既述したように、日本第一党の戦略は先ず地方議会に進出し、公務員を常時監視して、法律・条例・規則など遵守するように矯正することです。

法律を弄ぶ公務員への抗議は在特会が続けて来たことですが、結局「喉元過ぎれば何とか」で暖簾に腕押しだったものを、今後は常時監視して法律的に矯正しようと言うことです。

但し、今はカネも無ければ人材もいませんが、あのヘタレな橋下氏ですら知事や市長が務まったのを見れば、実際に議員になった党員は議員に相応しい見識を身に付けてくれることを期待しています。

しかし、自分は表舞台に立つ気は全く無く、裏方に徹して戦略を練るのが性に合っていると考えています。

運命の分かれ道

「同盟国の為に血を流す」・・・これってどう感じるでしょうか。

おそらく日本人の大半が拒否反応を示すでしょう。・・・しかし「同盟国のために血を流す」ことこそ、生き馬の目を抜く国際社会の中で生き残る鉄則です。

日本人は国策として他国の為に血を流すという経験に乏しい。古代の任那救援は記憶の圏外にあって、全く実感を伴わない。終戦後、多くの日本軍人が、現地に残留して独立運動に血を流したという事実はあるのですが、ほとんど評価されていないようです。要するに個人レベルでは幾多の英雄的行為があるのですが、日本国政府となると、とたんに腰抜けになってしまう。

稲田朋美がヒドイ。ジブチは「安全」なのだそうだ。「安全だから自衛隊を派遣する」・・・なんですか、これ。絶句しませんか?

危険な場所だからこそ、武力による安全の確保が必要なんでしょう?

ソマリア情勢に関する対処は、国連の安保理の決議によるものです。そして日本は提案国の一員。ここで尻込みしたんじゃ「言うだけ番長」ですね。

今時、中学や高校の先生なんて、毎日死ぬ覚悟で教壇に立っています。生徒にナイフで刺し殺された女の先生もいます。リニア新幹線のトンネル工事では、どれだけ犠牲者がでるやら・・・。炭鉱事故で命を落とす人は、世界で毎年数千人あるいはそれ以上。タクシーの運転手さんだって常に命の危険がある。

・・・それなのに、自衛隊を「安全なところ」しか行かせないんですか? 笑われますよ。「安全だから自衛隊を派遣する」・・・相当ズレてます(汗)。これじゃ武士道じゃなくて不死道になってしまう。


・・・そんで、欧州派兵拒否なんですけど、日本は、イギリスの参戦要請に対し、日英同盟に則って、大隈重信が参戦を即決したが、そのあとがうまく続かない。青島や南洋諸島は鎧袖一触だったが、ヨーロッパ戦線が想像を絶する過酷な戦況になってくると、英仏露は日本陸軍の派兵を要請する。しかし、日本は応じない。背に腹は変えられず出兵の費用まで負担すると言い出す。それでも日本は言を左右にして拒否する。

・・・これがその後の日本の運命を大きく狂わせる。

(続きます)

「日ロ同盟」・・・?

「日本は自己の利益の外共同の敵に関する観念を有せざるもののごとし」・・・これが日本に対する連合国の一般的な評価だった。

実は日本海軍は船団護衛に目をみはるような貢献をしたのだった。しかし、護衛レベルにとどまり、戦艦クラスを派遣しなかったことが評価を下げる原因となった。

ユトランド沖海戦は戦艦同士の世界史上最大の海戦だったが、もしもそこに日本連合艦隊が参戦したらどうなっていただろう。東郷平八郎はまだ健在だった。現場で指揮は取らずとも、その存在感が、おそらくドイツ艦隊を畏怖させただろう。現に南洋諸島では、ドイツ海軍は日本海軍との戦闘を避けて遁走している。

また、西部戦線に乃木希典の名を冠した日本陸軍が現れたらどうなっていただろうか。奉天会戦において、旅順要塞を陥落させた乃木第三軍が現れるや、クロパトキンは錯乱し判断を誤り続ける。これが日本の勝利を決定づけた。その乃木はすでに明治天皇に殉死してこの世の人ではなかったが、ヨーロッパ戦線で「死せる孔明、生ける仲達を走らす」が再現されたかもしれない。

・・・まあ、それはともかく、連合国の主要国で唯一陸軍を派兵せず、しかし戦争特需で大いに成金となった日本に対する視線ははなはだ冷たかった。戦後五大国なとど威張ってはみたものの、肝心の主要会議にはお呼びでない。仲間はずれですね。

そして、200万の陸軍を派遣したアメリカが一気に存在感を高めてくる。ここからアメリカと日本との抜き差しならぬ相克が始まる。決定的だったのがワシントン条約。アメリカは日英同盟を敵視する。主力艦の比率が 英・米・日で5:5:3。日英同盟によって、日英の主力艦は5+3=8となり、一方アメリカは5。これでは8:5でアメリカは非常に不利。

一方、イギリスは日米の対立を恐れる。日米開戦となっても、日本側について戦う意志は毛頭ない。そのような事情で日英同盟はとうとう破棄されることになった。

もしも、日本がイギリスの要請に応じて陸軍を派遣していれば、日英は強固な信頼関係で結ばれ、新覇権国アメリカに対抗して同盟を維持することは不可能ではなかったであったろう。

日英同盟が堅持されていたら、日独伊三国同盟はあり得なかった。・・・そして日米開戦も。


さて、安保法制で日米同盟がより強化され、アメリカが日本を守って血を流す可能性はより高まった。・・・そんな風にアメリカを日本に都合の良いように引きつけた上で、まるで「日ロ同盟」のごとき事態が出現すれば一体どうなるか・・・。「はしごを外す」という日本語がある。

想像力のある方は冷静に考えてみられるがいい。

訂正です

同盟を維持することは不可能ではなかったであったろう。

訂正
同盟を維持することは不可能ではなかったであろう。

自由民主党、反撃開始

謝蓮舫の二重国籍は25年違法状態(by法務大臣)
言うまでもなく嫌がらせである。
だがこんなものはまだ序の口である。
日本維新の公選法改正法案を今国会(解散前)に成立させることこそ真の切り札。
民進はあまりにマルクス主義にかぶれすぎたため、最近は連合ともうまくないらしいな?
組織票が無きゃあんなものは雑魚だ。

不安定な米外交とロシアとの付き合い

>宮さん ソロです。 レス有難うございました。
>>アメリカ外交というのは、近現代史をひもといてもわかるように、かなり危うい。混乱ばかり生み出しているように見える。ですから、米外交に盲目的に追従するのは危険極まりない。・・・
 この指摘は重要でしょう。 原因は4~8年の大統領制で、例えば国民保健の様な制度確立の為には、長期的な一貫した政策が必要なのに、不安定な短期間を支配する大統領権限が大きいと云う点だと思います。 で、フーバーがNSCの様な大統領の独裁色を薄める機関を造ったが、其れが却ってアメリカ社会の中で権力の多頭化に繋がりました。

 利権団体がそれぞれに繋がり、国として却って不安定な状態になって終った。 今や、多頭化した国の行方を決める団体が、繋がった利権団体に逆に振り回されている状況で、「利権団体に迎合的な『強いリーダーシップ不在』のアメリカになって居る事に嫌気がさした」共和党支持者の反乱がトランプ現象だと云う事だと私は見ています。

>>安保法制によって、米の親中派の声が一斉に途絶えました。ここで「日米VSシナ」の対立構造を盤石なものとすることができたのです
 シナや韓国の暴走・迷走によって、シナや韓国との対立構造がハッキリして来た事で、特亜三国問題を、是までの穏便な形=日本が譲歩しっぱなしの状態にする事が出来なくなり、「日本の野党の存在意義を消してしまった」と思います。
 そういう意味で、安倍政権の功績は非常に大きい。 例えば、傍からドゥ見ても、南シナ海の混乱の現象の原因は、シナの一方的な暴走~破綻が明らかで、内部事情の未開さがそのまま出て終っていると云う他は無いでしょう。こういう現状が顕かなのは、安倍政権が採った、三無い運動「=当事者としての反論や避難以外、特別な譲歩も、過剰な要求もしない」の成果であると云って良いからです。 

 つまり、シナは、日支の二国間対立を強調して、連合国時代に捏造した戦前日本の罪業を改めて騒ぎ立て、日本をアジアのトップから引きずり降ろしたかったのに、人民軍がやった事は、嘗て欧州列強がやった、国際ルール無視の帝国主義的な侵略で、現状の利益構造を崩すものであったから、すっかり米国を敵に回し、自分が新たなアジアの盟主として立つイメージをぶち壊す自爆現象になって終ったと云う事です。

>>欧州派兵拒否なんですけど、日本は、イギリスの参戦要請に対し、日英同盟に則って、大隈重信が参戦を即決したが、そのあとがうまく続かない。青島や南洋諸島は鎧袖一触だったが、ヨーロッパ戦線が想像を絶する過酷な戦況になってくると、英仏露は日本陸軍の派兵を要請する。しかし、日本は応じない。背に腹は変えられず出兵の費用まで負担すると言い出す。それでも日本は言を左右にして拒否する。 ・・・これがその後の日本の運命を大きく狂わせる。
 確かに日英同盟は、日露戦争屋第一次世界大戦では、日本に有利に働いたし、日本の皇室も英国王室とは、丸で親戚付き合いの様な関係であった。 ダカラ、欧州派兵に関して、大隈公が賛成したのなら、日本に取って欧州大戦は、地球の裏側で起こっている事象なのですから、譬え1個大隊でも送って置けば、大義名分は果たせただろう。 況や、ユトランド半島沖海戦等、地球を半周してから海戦に参加すると云う状況は誰が見ても非現実的です。 其れに、地球を半周して云々は、ロシアの大艦隊が全滅した理由でもあります。
 
 日英同盟の崩壊自体は、米国の意図に拠るモノと私は見ます。 米国による、4か国同盟の提唱がそれです。 太平洋に措ける安全保障を日英米仏で行おうと云うもので、是が結ばれれば、日英同盟は「発展的解消」と云う事になる。 そして日本は、1902年以来20年間近くも維持してきた日英同盟を更新せず、白人文明の主である英国の支持をも同時に失ったのです。 全ては米国の陰謀に発したモノでしょう。 この時、摂政の宮で有られた、のちの昭和天皇陛下の落胆ぶりは大きかったでしょう。

 日本の正直さが、裏目に出たと云うべきです。 一個大隊と雖も、欧州派兵を行う気持ちさえあれば、日英同盟の解消は避けられなくても、英国の日本への経済面での対応はモゥ少し違ったものになった可能性はあります。 然し、当時大統領権限が今よりもっと強かった米国には、既に反日、否、排日の兆しが現れており、譬え、日英同盟堅持の方向に日本が努力したとしても、FDRの様な極端な反日派大統領が出現しては、日本はマトモな扱いをされるには、FDRが死ぬのを待つしかなかったでしょう。

 ロシアと日本の軍事同盟を心配されている様ですが、日米同盟から乗り換える等在り得ないと思います。 日本とロシアに出来るのは、国後・択捉島の軍事基地を、樺太のユジノ・サハリンスク(旧真岡市)の基地の分岐に止め、避航施設など最低限にする事位でしょうか。いずれにせよ、米ロ間の対立を何とかしないと、間に挟まる日本の立場は、至極不安定なものになるでしょうね。  この筋読みは誰でもできる事ですから、12月のプーチンとの会談でどんな話が出てくるのやら、期待して置きましょう。

「聯合艦隊」と書いたちりちゃんへ

nak1です。お返事を書こうかと思っていましたが既に消されていました。あなたの記事を思い出しながら2点気になったことを書きます
「聯合艦隊」と書くあなたは何者でしょう?普通の人は「連合艦隊」としか書きません。

何故私が「人は生まれつき遺伝子でほとんど決まっている」と思っていることが分かったのですか?ほんとうに不思議な人です。いろいろと反感をかいますが、昔から「黒人は生まれつき知能が劣っている」とか「子育てでは人間の性(さが)は変えられない」とか「犯罪者の子供は犯罪者になる可能性が高い」と思っている私です。この私の心情を補完するような本(橘 玲の著書)が最近出版されたりしましてびっくりしました。

日英同盟について

横からごめんなさい。ポッポと言います。

2016/10/19(水) 00:19:54| URL| 宮 #- について、分からない部分がありましたので、教えていただけたら幸いです。

>一方、イギリスは日米の対立を恐れる。日米開戦となっても、日本側について戦う意志は毛頭ない。そのような事情で日英同盟はとうとう破棄されることになった。
このコメントは、第一次世界大戦について記述されていると思います。そして、この文は英国からみての日米の相克について、触れていると思います。

しかしながら、日英同盟(1902年1月30日署名)において、当初の条約文では記載されていなかったのですが、第三次日英同盟では米国が交戦相手国の対象外に定められていますので、イギリスの懸念は当たらない。むしろ、米国の懸念するところだったと思います。

>まるで「日ロ同盟」のごとき事態が出現すれば一体どうなるか・・・。「はしごを外す」という日本語がある。
これの意味が理解できないのです。
「日ロ同盟」と言うのは、「日ソ中立条約」のことでしょうか。

戦前の米国の反日・排日の流れ

>ポッポさん ソロです、
>>このコメントは、第一次世界大戦について記述されていると思います。
 第一次世界大戦は1914年(大正3年)~1918年(大正7年)です、米国が日本の覇権主義を疑い始めたのは、偏に、日本の満州開拓が始まってからでしょう。 私の母方の祖父が、満州に渡り、満鉄に就職したのが、大正2年辺りでした。 満鉄は急速にその勢力を強め、瞬く間に現在の中国東北部に、近代国家く間に出現せしめた為、満州の開拓を日本にイニシアティブを渡さず米国の東洋進出の拠点とするつもりだった、ジョン・D・ロックフェラーや相棒のハリマンは、完全に当てが外れて終ったのです。 ですから日米の対立が本格化し始めたのは、大正時代の中期~末期にかけてでしょう。 第一世界大戦の趨勢を分けたのは、確かに米国の参戦に拠るものでしょうが、其の事と日本の関係は別だと私は思います。 米国が日本を信用しなくなったのは分りますが。未だ、「東洋の文明の遅れた小国」と言う見方しかできない理解度であった様に思います。

>>第三次日英同盟では米国が交戦相手国の対象外に定められていますので、イギリスの懸念は当たらない
 日英同盟が米国にとって邪魔だった事は明らかな事ですが、これは当時の世界が、白人至上主義で出来上がって居る事を、日本がそれ程、意識出来て居なかった、つまり、日本ほど、他の文明理解や容認が出来る国は、実は当時の世界にはなかったと言う事を、多くの日本人が気が付けて居なかった事に在る、と思います。 日本はその事を、国際連盟で日本が発議した「籍の国々が、人種や宗教の別なく、平等であるべき」を否決された時に、世界は白人至上主義で出来上がって居る事を現実として気付くべきでした。

 英国は、日本と米国の差に気が付いて居ましたが、どちらと付き合う方が英国の為になるか、と言う判断が働いて、日本を斬り捨てる事にしたのでしょう。 是は、独立主権国には当然の行為ですし、殊に、欧州の国々は、永年の騙し合い外交の所為で、裏付けのない信頼や友好は全く信用が置けません。 この様に現在でも、外交なんて完璧に功利的なレベルであると考えるべきなのです。

>>「日ロ同盟」と言うのは、「日ソ中立条約」のことでしょうか
 多分宮さんは、安倍―プーチン会談の結果、日露同盟まで心配して居らっしゃるのだと思いますが、日本が求めているのは日露平和条約であって、日露軍事同盟ではありません。2国間、或いは多国間の平和条約や友好条約が、軍事同盟的な意味合いと無縁なのは、日中でさえ友好条約を締結している事で分ると思います。

 日本は昭和6年に満州国を誕生させてしまいますから、米国はこの後、どんどん反日、排日傾向を深めて行きますが、米国の腹黒さは、嘗ての零落中のスペインに対した態度で良く分る筈です。 結果論に過ぎませんがポーツマス条約締結で。小村寿太郎が示した「満州利権は日本独自の権利」と言う態度が、ロックフェラーの「次の油田は満州」と言う計画を見事に打ち砕いた事が、日米の仲を劇的に悪化させたと言う事です。
 
 米国に拠る日英同盟解消は、日本を孤立させ追い込む過程の一つに過ぎません。

怖い怖いパラノイア・・・

ポッポさん、ソロさん、ちょっと話を端折り過ぎました(汗)。

日米対立の発端は日露戦争直後からですが、第一次世界大戦後は末期ガンのような抜き差しならぬ状態になります。ご指摘の通り、第一次世界大戦の直前に更新された第三次日英同盟では、日米戦に際して、イギリスの対日援助義務はありません。ただし、イギリスは、アメリカのパラノイア的な猜疑心に悩まされ続けます。

そんなわけで、第一次世界大戦後には、諸情勢の変化に合わせて同盟関係の再編がどうしても必要になってきます。そこでイギリスは日英同盟にアメリカを加えることを提案します。これが「日英米三国協商」です。ところが、ここでとんでもない事態が起こります。

宮が永遠に罵倒して止まない「シデハラキジュウロー」の登場です。

幣原は、日米英にフランスを加え「お話し合いで何でも解決しましょうネ」のお花畑方式を提唱し、ここに「四国同盟」が成立します。日英同盟は四国同盟の中にスッポリと溶け込み、消滅してしまいました。

そして、この四国同盟は、何の役にも立たなかったのです。

もちろん、四国同盟成立にはアメリカの強い意思が働いているのですが、ナント、舞台裏には日本の超疫病神・幣原喜重郎が暗躍していたのでした。情けなくて涙も出ません・・・


「日ロ同盟」のごときもの・・・というのは直喩であって「日ロ同盟」そのものではありません。

明治以降、日本の外交政策には、親英派と親露派の対立がありました。伊藤博文主導の日露協約は第4次まで成立しています。結局日英同盟という正解を探り当てた日本は、その御蔭で大発展し、戦後も鉄壁の日米同盟で復興と繁栄を享受したのですが、やはりどこかに親露的DNAが潜んでいるのかもしれません。

これ、アメリカは非常に警戒します。はっきり言って、北方領土は返還を急ぐ必要はまったくありません。ただ、中国の脅威に対抗する手段として中ロ分断策はどうしても必要です。その必要最低限の線にとどめるべきでしょうね。

「アメリカのパラノイア的な猜疑心」・・・これを甘く見るととんでもないことになります。

世界経済は、共存共栄を旨とすべき

>宮さん ソロです。 レス有難うございます。
>>「アメリカのパラノイア的な猜疑心」・・・これを甘く見るととんでもないことになります。
 アメリカの国民性を分解してみれば、最初の裡は大雑把で、細かい事に拘らない純朴さえ感じる位なのですが、仰有る通り一旦疑い始めるとキリが無い位の深い詐欺芯を表に表します。 「リメンバー・パールハーバー」が米西戦争時の「リメンバー・メイン」の二番煎じで有る様に、アメリカの支配層は民衆を猜疑心の塊から、復讐心の虜に仕立て上げるのが、常套手段になって居る様です。 民衆は、自身は「正しく、美しく、純朴な心を持った、神に祝福されているキリスト教徒」のつもりで、自己の正当さを疑う余地は無いと信じている人々です。 こんな独善的な人々に疑われたら御終いですが、米国人の間違いは、一体誰が質すのかと一変訊いてみたい。。

 ですから、仰有っておられる「パラノイア的な猜疑心」のスイッチを押してはイケマセン。 12月のプーチン・安倍会談は、余程慎重にしなければ、要らぬ誤解を与えて終う、特に、韓国や共産シナが、この機会を日米離間のチャンスと看て狙っている可能性もあります。

 唯、どんな戦争でもやってよかった昔とは違い、核兵器の撃ち合いに至っては、世界が亡びて終う。 核戦争に勝利者はいない事は、世界一の武力を持った米国でも、認識していると思います。 ですから、経済交流を通した交流は、政治的な対立で身動きできなくなった状態を緩和する為にこそ、必要なのです。 是を単純に、反米行為と捉えるような、狭量な指導者は、今の米国には居ないと思います。 

 現在、共産シナの常軌を逸した工業生産原因としたモノ余りで、世界で一番困って居る国は、鉄鉱石や石炭・石油と云った資源を輸出して国家収入としている国でしょう。 モノが余って居るのは、需給バランスを共産シナが大幅に崩しているからで、世界に生産と消費のバランスを秩序を以て采配出来る、信頼感のあるシステムが、何れ必要になると思います。

 斯う云った国の救済こそ、戦争を避ける意味で一番重要な事です。 資源輸出国は、大体、金持ちの国と看られていますが、実の処、経済基盤としては非常に脆いのは、謂わずとも判る事でしょう。 資源の価格は製品の価格に直結していますし、価格が落ち込み過ぎ、或いは高くなりすぎて買い手がいなくなれば、連続生産が可能でなくなり、生産設備は、直ぐに廃止~廃棄の危機に瀕するのです。

 資源大国ロシアはこうした危機を沢山抱えています。 自国の工業国化を図ろうと、過去100年以上も苦闘しましたが、未だ達成できていないのが現実でしょう。 プーチンも「大ロシア主義」を掲げて、ロシアを工業立国化する事を目指いしていますが、結局、貿易に不可欠な不凍港が確保できない、という基本的な問題を未だに克服できていない事がネックになって居ます。

 ロシアにとって、広大な領土に最後に遺された開拓地とは、極東の日本海沿岸である事に異論はないでしょう。  プーチンに安倍さんが如何なる提案を出すのか、其れがこの先のロシアの発展のカギを握って居るのは間違いないでしょう。

宮さん、ソロさんへ

>米国が日本を信用しなくなったのは分りますが。未だ、「東洋の文明の遅れた小国」と言う見方しかできない理解度であった様に思います。
これは英国も同様で、真珠湾攻撃を知ったときチャーチルは、日本のことを「繊維産業しかない国」と言っています。

従って、米国及び英国は日本について、東洋の遅れた繊維産業しかない国との認識であったし、彼等に刃向かうような国家として観ていなかったと思います。


>「日ロ同盟」のごときもの・・・というのは直喩であって「日ロ同盟」そのものではありません。
了解しました。

日本の中の親露派は、終戦間近でもソ連を信じており、連合国との調停をソ連に依頼すべく活動していました。
そして、ソ連はこれを観ながら日本の現状を、推し量れたのです。

ソ連は終戦直前の8月9日に、日ソ中立条約を締結したままで、日本への宣戦布告をしました。
この時のソ連は、駐ソ連日本大使館の電話線を切断して、宣戦布告をしたと聞いています。大使館はこの宣戦布告を日本本国に、連絡する手段がなくどうすることも出来なかったでしょう。(パールハーバーどころではありません。)

宣戦布告したソ連は、満州、南樺太、千島列島で、日本に攻め込みました。主力部隊が南方戦線に出てた満州は、微力な戦力でなすすべがなく、軍隊も民間人も粉砕されました。南樺太も変わりなかった。千島列島では占守島の守備隊は8月15日からの侵攻に立ち向かい、これを撃退しましたが、停戦命令で降伏し、武装解除されました。

その後、軍人と男性はソ連に抑留され、長い人は10年以上の抑留生活を送りました。戦闘旗艦は8月9日から15日までの1週間で、シベリア送りです。千島列島の日本軍は終戦後に侵攻されて、シベリア送りです。
そして、女性でも看護婦は同じように残されました。そして朝鮮戦争に行かされた人もいます。戦争だけではない、せい奴隷とされた人もどれだけいたのか分からないのです。

そして、ロシアとの同盟と聞いて意味が分からず、日ソ中立条約のことが頭をよぎった次第です。
国際条約を裏切る国を、信じることは出来ません。(これは、韓国との日韓条約も同じです。)


>民衆は、自身は「正しく、美しく、純朴な心を持った、神に祝福されているキリスト教徒」のつもりで、自己の正当さを疑う余地は無いと信じている人々です。 こんな独善的な人々に疑われたら御終いですが、米国人の間違いは、一体誰が質すのかと一変訊いてみたい。。
これについて、米国の男達が戦争に行くのを見送る家族の立場も、表現していると思います。男達は日頃は良き父、息子達でこれを見送るのは良き妻であり、娘なのです。

男性を見送る女性達は正義の戦いに行くと思っており、戦う男達は正義の戦士であるはずなのです。
そして、帰ってきた男達は、また普通の良き父・息子に戻ると、女性達は信じていたのです。

実際の兵隊は野蛮で残酷ですが、これを女性達に想像させなかったのではないでしょうか。

何故、こんなことを書くのかですが、米国では公娼制が1870年代以降盛んになって、19世紀末には公娼制が廃止されているからです。しかし、米国の植民地であるフィリピンは廃止されていなかったので、その理由は、本国の女性に都合の悪い部分を、見せないようにしていたとおもうのです。
終戦後の日本も、米国の植民地同様に扱われました。
事実は酷いものですが、米国は本国の女性にはその姿を見せないようにしていたと思います。

国際正義の内容の酷さと米国保守解析

>ポッポさん ソロです。 レス有難うございます。
>>国際条約を裏切る国を、信じることは出来ません。(これは、韓国との日韓条約も同じです。)
 嘗てのロシア、現在の共産シナ、そして韓国、いずれにしても、碌な国ではありませんね。 特に、最初の2国が、国連の主要メンバーである事を考えれば、「国際政治に、正義は有るのか?」と改めて問うてみたいですね。 是は連合国の中心足る欧米が、此処まで取ってきた態度が「自分達にとって都合が良い正義しか認めない」からである事を考えれば、「普遍の正義などと云うものは無い」と云う他は無いでしょう。 戦前日本は、余りに真面目に物事を見過ぎて居たかも知れません。 安倍さんは、臨機応変に、ある時は教条主義的に、ある時は現実的に解釈をかえて、対応できていると思いますが、余人にそれが出来るとはあまり思えません。

>>本国の女性に都合の悪い部分を、見せないようにしていた
 是は、新しい観方だと思います。 米国人の本性は、ケルト系白人の子孫であるアイルランド・スコットランド人と、ゲルマン系のアングル人やサクソン人が近いと思います。
 前者は、貧しい農民層、後者は、海運と云えば聞こえがいいですが、早い話が海賊に近い好戦的な侵略民族です。 ですから、本性はと云えば、道徳的なケルト人系に対し、アングロサクソン系は荒っぽいし、女性蔑視や虐待も平気です。

 米国の地方部の農業主体では、ケルト系のローマンキャソリックですから、女性が文化保護の中心でしょうが、北部の工業系、都市部の住民は、混在しているととはいえ、アングロサクソン系が多く、一発屋の山師=冒険屋が、多いのではないでしょうか。良く、ニュースになる、ワケが判らないが、ワザワザ危険な真似をして注目を集めて見せるのは、大体アングロサクソン系だと思います。

 ダカラ、米国の保守層も2通りゐて、ケルト系の南部農民層のローマンキャソリック系と、北部のモルモン教等の新派のキリスト教の信仰者で構成される新保守とも表現できる人々の集団が居たと云う事で、多くは、共和党支持集団を形成していたと思われます。 そして、近年は2つの集団の折り合いが悪くなっていると思います。

 女性蔑視に関しては、どちらも五十歩百歩で、基本的に「強いモノ志向」であることに代わりは有りません。 ケルト系は、日本と同じ農民文化なので「家族中心主義」に近い部分を持って居るとは思いますが、基本的に、異民族同士の厳しい「奪い合い」の社会構造なので、キリスト教的な教えの中で、ユダヤ教ファりサイ派的な「女性は、男の付属物」という考え方のママ、良くて、「護らねばならない存在」という認識に止まって居ると思います。

 ちょっとやそっとでは、米国保守層の考えが、日本的な女性許容段階になるのはありえないと思います。 アメリカが、モゥ一皮むけるまで、後100年くらいかかると思いますね。

いえ、韓国と友好関係を結びなんでも譲ってしまうのは松下幸之助翁の志、松下政経塾の教えですよ。親韓政治家とか関係ないです。そもそも自国よりも外国を大事にする親◯など日本独特です。

マチガエタ・・・(汗)

訂正です(汗)

「四国同盟」→「四国条約」「四カ国条約」

宮さんへ 

私は良く、誤字に後で気付いて、恥ずかしい思いをしています。

そんなときには、コメントの投稿欄にある「Pass」の欄に、予めパスワードを入力しておきますと、後で「編集」欄から訂正ができて便利です。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。