スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖が天から降りてくる            9月7日(水)


前回、中国はなぜ尖閣に対する攻撃を躊躇しているかを解明しました。
もう一つ中国が攻撃に踏み込めない最大の要因があります。それは山峡
ダムです。

中国の軍事情報サイト「捷訊網」は「米国や台湾と戦争の事態になった場合
山峡ダムがミサイル攻撃を受け破壊された場合には、戦争に必要な軍部隊
も水に飲まれ、民間人の被害は数億人にのぼる」と書かれています。

記事は次に、尖閣諸島で対立する日本による攻撃も取り上げています。

奇襲すれば尖閣諸島はポケットの中の物を取り出すのと同様に簡単に手に
入る」と豪語するタカ派軍人もいると紹介する一方で、山峡ダムの攻撃リスク
を考えれば、「尖閣諸島奇襲は不可能」と指摘。それまでに、時間をかけて
山峡ダムの水を抜いておかねばならないと主張しています。

記事はさらに「釣魚島(尖閣諸島)を奪取しても利は小さい。山峡ダムの被
害は甚大だ。しかも尖閣奇襲で先に手を出した方が国際世論の非難を浴
びる」と書かれています。そして記事は尖閣諸島が原因で戦争になった場合、
アメリカによる山峡ダム攻撃もありうると指摘しています。

山峡ダムに対する攻撃は日米台だけの攻撃ではなく、香港紙・東方日報に
よれば「ダムを決壊させることは、戦争や国内政治闘争でも切り札として使
われる。社会不満が高まるなかダム爆発で社会に報復することを当局は
警戒していると分析し、ダムの場所によって数十キロの爆発物で大きな被害
を、もたらすことが可能だと専門家は指摘している」と記述されています。

そこで共産党中央軍事委員会は、約4600人の兵力を山峡ダムの安全保障
にあたることを決定し、地対空ミサイル4発、陸軍ヘリコプター大隊1隊、
高速哨戒艇8隻、機動中隊24隊がその任務に就いたと香港紙・動向は伝
えています。

私も2006年~2015年まで数回山峡ダムの恐怖を書いています。その文章
の一部分を載せてみます。

「核を持たなくても中国を脅す方法があります。それは「中国の出方次第に
よっては、山峡ダムにミサイルをぶち込んで決壊さす」と日本の著名人が言い、
そのことをマスコミが取り上げるだけで強烈な抑止力になります。

09年に完成した世界一の山峡ダムは、総貯水量が400億トンの膨大な水量
です。ダムが決壊すれば約5千万人の死者が出ると言われています。山峡ダ
ムは揚子江中流域の山峡一体に建設されました。揚子江(長江)は世界で三
番目の大河で、中国大陸を西から東に流れ、重慶、武漢、南京、上海を経て、
東シナ海に注ぎ込んでいます。両岸は工業地帯で人口も密集しています。

決壊すれば揚子江に隣接する重慶、武漢、南京、上海は消えてなくなります。
両岸の工業地帯や住民も全滅です。広島に落とされた核の100倍以上の威力
があります。ダムが崩壊すれば、北京の中央政府の権威と統治能力は完全に
消滅します。

日本は核を持たなくても「ミサイル一発で山峡ダムは決壊する」と宣伝する
だけで中国は震え上がります。日本のミサイルの命中率は世界一です。」

昔、このブログを読んだ台湾の友人は自らのブログにこれを載せ台湾全土
に拡散したとの報告を受けました。

しかし日米台が山峡ダムを攻撃しなくても、すでに山峡ダム決壊の恐れを指
摘する研究者もいます。土砂の堆積でダムの機能を果たさなくなる日は近い
といわれています。

「山峡ダムの水没地、および周辺地域からの汚染物質や大量のゴミが流入し、
長江流域、そして黄海の水質を悪化させて生態系まで狂わせている。特に山
峡ダムの上流にある重慶は人口3000万人超を抱え、環境設備が不十分なた
め工場・生活排水が垂れ流し状況です。

リチウム電池や染料などの原材料、農薬もそのまま流され、またダムの上流
では水洗トイレもないため糞尿の垂れ流し、そのため異臭が漂い赤や黄色
など混濁したダムは巨大な汚水の肥えだめ」と呼ばれているほどだ」
(経済評論家の宮崎正弘氏の中国の水質汚染のレポートより)

中国メディアも、山峡ダムの恐怖!攻撃されたら万事休す、軍壊滅,民は
億単位で飲み込まれる」と、よくわかっているようです。中国共産党は、一発
で壊滅する山峡ダムという時限爆弾を抱えてしまった。

恐怖の大王が天から降りてくる。もう誰も阻止できない。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




コメント

尖閣について
先日、虎の門ニュースで尖閣が支那に占領された場合、その相手が民間人か軍人かによって対応が違ってくる、と言っていました。
民間人なら警察で対応、軍人なら自衛隊が対応、そのように国内法で決められているとの事です。
しかし領土が占拠されると言う事は、もうこれは戦争状態ですよね、支那は日本国内法なんか歯牙にもかけないですよ。
それどころか、国際法も無視します、南シナ海の判決も紙くずと言い放ちましたから。
其れなのに日本国は国内法に縛られる!お人よしもいい加減にせいと言いたくなります。
以前ダッカ事件で、時の総理福田赴夫が’人の命は地球より重い’と全世界から軽蔑される迷言をはいて、テロ集団赤軍派を超法規処理として釈放したことがあります、身代金もつけてです。
この超法規処理があとで問題になったと記憶していません、これができるのなら、戦争状態に入ったので自衛隊を軍隊として派遣しますと首相が言えば通ると思うのですが?
さすれば自衛隊もあとで殺人罪に問われることもなく、捕虜になった場合も身柄がそれなりに国際法で保護されます。
こんなくだらないことまで心配しなくてはいけない、本当に自衛隊の諸君には余計な苦労を掛けます。
自衛隊員には、後顧の憂いなく実力を発揮してほしい、後の家族の事は心配するな、日本国が面倒を見る、くらい政府は言えよ。
きっちり戦争に対応する態度が抑止力になること位、分かり切ったことです。
昨年のあの安保法案の左巻き左翼の大騒ぎを見ていると、こいつらは日本が滅びればいいと思っているとしか思えない。
彼らは日本が非戦を宣言しても、相手が攻めて来る事に思いが及ばないのか?話せばわかると言いますが、支那は国内法で尖閣は自国領と定義しています、そんな相手に何を話すのですか?

😻「二重国籍のレンホー」は、①日本国憲法違反かつ②ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」に完全に該当します。

😻「二重国籍のレンホー」は、①日本国憲法違反かつ②ヘイト抑止法に基づく「日本国内違法居住者」に完全に該当します。

😻それゆえ、「二重国籍のレンホー」を、①総務大臣は、参議院議員から失職させ且つ公民権を剥奪し、②法務大臣は、日本国籍から離脱させ且つ日本国外へ退去させなければなりません。

😻日本国の憲法および法令等に完全に違反しているのに帰化未帰化在日韓国人デタラメ常套句「外国人差別だ!」と発言する者は、日本国外追放の対象者になります。

😻「差別」「レイシスト」「ヘイト」「○○をぶっ●せ!」「○○をぶっ●す!」「猿」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句です。

😻第一次資料(事実)に基づく真実を語ることは、「差別」「レイシスト」「ヘイト」「猿」では全くありません、すなわち、「(韓国式)差別」「(韓国式)レイシスト」「(韓国式捏造にもとづく韓国式)ヘイト」「(韓国式)猿」では全くありません。

更新,ありがとうございます。

三峡ダムの爆破による決壊とは、素晴らしい作戦です。
これまでから、このことについては知っていましたが、ブログ主様のダム破壊による損害の算定には改めて納得した次第です。

過去に毛沢東氏は中国は人口が多いから、原爆で1億人死んでも影響がないと言った記憶がありますけれど、原爆よりも遙かに大きい損害が通常爆弾で発生するのです。これは、原爆の比ではありません。

そして、これだけの被害をもたらすダム決壊など、日本人は通常考えることもしないのですが、日本が滅ぼされる可能性があるのならば迷う必要もありません。

私は「日本人は通常考えることもしない」としましたが、支那人の場合はやります。やったことがあります。

1938年6月に支那国民党軍は、第2次上海事変で敗退して南京に向けて退却中、追撃する日本軍の進撃を遅らせるために黄河を決壊させ、黄河は氾濫しました。日本軍の進撃はこれによって遅れましたが、日本軍はこのとき、決壊によって被災した支那人の救助も行っています。(この事件による水死者は100万人、被害者は600万人)
この事件、国民党軍は「黄河決壊事件は日本軍が引き起こしたものである」との発表を、行っています。

この事件、日本にとってはやっていないことですから、余り気にしていないことですが、中国ではやったとして教育しているでしょう。
この場合、彼らは勝手に恐怖心を、抱くことになっていると思います。

ところで、三峡ダムの爆破について日本が検討する頃には、当然ですが日中関係は一触即発の危機を迎えています。
このときには、在日中国人への対処が問題になるでしょうけれど、それと同時に在日中国人以上に面倒な連中の対処をしなければなりません。これは、反日日本人のことです。

反日日本人にも、帰化人から思想的に反日の日本人までありますが、いずれにしても日本人です。考え方によっては、敵国人よりも扱いにくいのは間違いありません。そして連中は、何が何でも戦争反対だったり、戦争は誰もが嫌いなはずだから話せば分かると、日本が侵略され、攻撃されていても、戦争に反対するでしょう。

そのような連中は、事前からチェックをしておいて、ことが始まりましたらひとまとめにして前線に送り出すか、話せば分かるパラシュート部隊として侵略拠点に送り込み、話し合いでの解決作戦を実行するのも一つの方法です。
彼らが話し合いによって侵略を止めれば良いのですが、それが失敗した場合には日本軍は、戦闘になっても批判されないので、思う存分戦えます。

勿論、それまでに安全保障法案を整備して、自衛隊の方々が戦争によって不利益を被ることのないようにする一方、国を守る大切さを国民に教育することを忘れてはならないと思います。

何の為に尖閣挑発に耐えているか

>国士さん ソロです。 
 確かにシナの挑発的な行動は、日に日に増加、エスカレートして居ますが、ブログ主様が今回指摘している様に、敵には「三峡ダム」と云う致命的な弱点があります。 ダムは多量の通常弾頭による飽和攻撃やMOAB等の新型高性能爆弾で、軽々と吹き飛ばせるでしょう。 すると、シナ経済は、多くの人命と共に、産業のファンダメンタルから喪失する事になります。 そして、流れ出すダム底の堆積物によって、下流域の農業資源も同時に重度汚染、または土砂で埋没して失われるでしょう。

こんなリスクを野放しにしかできないのですから、共産シナが採って居る行動自体、「挑発以上の何物でもない」と云う事です。 既に、共産シナの世界経済での役割であった「世界の工場」は、偽りの集積である過剰生産がバレて、其の利己的なダンピン行為で、世界中の非難を浴びています。 

 あらゆる面で「信用崩壊」を起こした共産シナですから、世界経済の牽引車の地位に戻る事は、まずありえない事でしょう。

 そのシナ人民軍の違法行為を看過する事に、苛立つお気持ちは理解しますが、「国際法令を守らない」と批判して居る日本側が、国際法令を破って終う事態になれば、同じレベルと云う事で、今は、「国際的な非難」に晒されている共産シナの尖閣侵略行為ですが、以後、国際からの評価は、「二国間の領土争い」レベルになるでしょうね。

 安倍政権は、シナが一線を越えない限り、今のままで静観を決め込むものと思います。 シナもその所は承知していて、日本が何処まで耐えられるのかを見極めたいのではないでしょうか。 然し、デッドラインは、「米国が参戦する条件を満たした時点」なので、普通に考えれば、「日本が侵略されて、反撃に移った時」になります。 是なら日本が開戦のイニシアティブを持って居る事になりますね。

 それにしても「尖閣挑発」は、その真の意図が不明です。 やって居る事は、国際に向けて、共産シナが(いかに危険な国であるかを、大宣伝しているようなものでしょうが、もし、罷り間違えて「開戦」と成れば、勝負は3日以内の決着すると云われています。 敵の規模が既知の状態で、其処まで無力ではないとしても、勝ち目などあろう筈がない。 では、{ナンの為に?」と云う疑問は当然湧いてくるはずですが、今の処、正解が無い。 その意味でも静観していると思いますね

空から降ってくる

何らかの原因でHTVコウノトリの軌道投入に失敗して…

日中が戦争になれば、間違いなく日本は滅亡する

ブログ主様 新しい記事ありがとうございます。

「日中が戦争になれば3日で片が付く」とおっしゃる人は多いですが、それは空軍と海軍については、大方の結果が判明するということに過ぎません。

中国の陸軍(人民解放軍)はそのまま残っています。反日教育を子供のころから受け、日本人を殺戮することに極上の喜びを感じるような兵士ばかりですから、これらが日本へ上陸したら、阿鼻叫喚の地獄絵となります。

三峡ダムを攻撃しても、数億人が死ぬだけで10億人近くは生存しています。毛沢東も核兵器で人口が半分になっても全然平気と豪語していました。

戦争オタクには、昔の戦争のイメージしか持たない人が多いのではないですか。
第二次世界大戦開始当時は、日本本土が空襲されることを前提とはしていなかったはずです。まして、敵国兵の本土上陸は想定していませんでした。

当時にはなかったミサイルというものが今は存在します。
当時すでに長距離ミサイルがあれば、日本は開戦を躊躇したことと思います。

今、日中戦争になれば、中国の巡航ミサイルや弾道ミサイルが次々と日本本土へ打ち込まれるでしょう。原子力発電所を数箇所破壊されれば、日本は降参するしか手はありません。

結局、三峡ダムを恫喝に使えると言っても、あまり共産党首脳にはあまり効果があるとは思えません。

やはり、中国に対抗するには、核武装しかありません。
中国共産党首脳部の所在地を常に把握しておき、いつでもそこへ核ミサイルを撃てるという状況にしておくことが、良好な日中関係をつくり維持するための、決定的な条件です。

尖閣問題は、何度も指摘しましたがアメリカが作り上げた、領土問題です。
1968年までは、日中両国とも何の問題もありませんでした。尖閣の地下に大量の石油が眠っていると、発表されてから中国が問題化し始めたのです。

竹島問題もアメリカがつくったと考えられます。韓国の反日教育もアメリカの指導で行なわれたと主張する人はたくさんいます。

これらの証拠は、今までも挙げて来ましたが、必要であれば何度でも書き込みます。

結局、アメリカは日中・日韓の間が良好な関係にならないように裏で離間工作を常に行なっているのです。

日本人は今こそ歴史から深く学んで、その教訓を現在に生かすべきです。

日中戦争開戦と拡大に大きく働きかけたのは、日本では尾崎秀実・ゾルゲであり、国民党では張治中です。いずれもコミンテルンのスパイでした。
この3人がいなければ日中戦争はなかったし、日米戦争もなかったといえます。

戦争と言うのは、偶発的なものではなく目的を持って仕組まれたものであり、それで利益を得るものが居るといることを、肝に銘じるべきです。

無知な国民は、マスコミなどで相手国への敵対心を煽られると憤慨して、国ぐるみで戦争へと突き進んだということは、過去の戦争で何度もくり返し発生したことです。

マスコミが煽って、国民が熱中した時ほど、真相を探求して冷静な判断をする人が必要です。




抑止。あくまで抑止力ということでしょう。

実際には、日本の日本人としての立場からすれば、三峡ダム攻撃は
一般人大虐殺の確信犯となるわけですから、現実味はないにしろ、
ミラーイメージよろしくの中韓人。
自分たちが考えていることは、敵もそうするだろうの心理で、
勝手に、震え上がってくれることでしょう w

問題は、それをいかに限りなく現実的な戦略ということを中国に
わからせるかということです。

時代も変わったもので、こんなこと十数年前に公人等が言ったものなら、
マスゴミに袋叩きにあってたところでしょうが、
今は、暗にではありますが多くの国民に支持されるツールと化しています。

中国人の頭の中の日本人は、神道と天皇陛下の下(もと)でのみ、
奇跡の結束力を示す国民と理解されているそうです、概ね・・・・。
だから、靖国を叩くことが日本人の心を折る行為と確信している・・・・。

薄っぺらですね、考えが w

自らの国を守らんとする崇高な精神は、共産主義と中華主義の
カオスに喘ぐ中華指導部には全く理解できないんでしょうね。
要は、打算的なものを超越している部分だということです。
ここは、ブログ主様言われているとおり、
時間を稼いで、物理的にも、心理的にも中国の自滅を待つのも
又、一つの手ではないかと思われます。

● 日本政府、パチンコのマルハン・韓昌祐会長に『紺綬褒章』を授与

● 日本政府、パチンコのマルハン・韓昌祐会長に『紺綬褒章』を授与

安倍晋三総理の日本国民を愚弄する行であ。
詳細は
http://aixin.jp/lbaxjh/chapter38.htm … …
拡げよう共有の輪
【愛信情報市場逆リツィート・ランキング】
http://aixin.jp/grtrnk.cgi

へうげものさん

中国の海軍が滅びて、どうやって日本に陸軍が上陸するのですか?
武装しながら泳いでくるのですか?
教えてください。

記事の更新有難うございます。

愛信さんの投稿を読んで怒り再燃したので愚痴をひとつ。

韓昌祐は50年以上もの間不法滞在者として違法賭博パチンコを食い扶持に生活した後、21世紀に入って帰化した人だったはず。何故政府はこうした輩に授与するのでしょうね。選考決定は誰がするのでしょう。政府?天皇陛下?まぁまぁどうでもいいですけど。

紺綬褒章とは公益のため私財を寄附し功績顕著なる者に授与されるとの事。by wiki

パチンコ収益って再三打ち込まれる北のミサイルの資金にもなってるはずだと聞くのですが、これも日本の公益なんですね。実に面白い。


こんにちは

>へうげもの 様

>無知な国民は、マスコミなどで相手国への敵対心を煽られると憤慨して、国ぐるみで戦争へと突き進んだということは、過去の戦争で何度もくり返し発生したことです


戦争は絶対悪であり、絶対に回避せねばならない、このような価値観を根底に持つと、それこそ事の本筋を見誤り、国益を損ないます。

戦争は「公共事業」と同じです。巨額のカネが動くという意味において。カネが動けばそこには例外なく必ず利権が発生します。たった100円のカネでも、100均で使うのか、スーパーで使うのか、あるいは自販機で飲料を買うのか、このたった100円を巡る争奪戦が企業間で繰り広げられています。カネを使う側が民か公かだけの違いで、カネが動くところに必ず争奪戦があるということです。たとえ身内であっても、兄弟間で親のカネを巡って小さな子供さえも、自分に有利に持っていこうとする。すなわち、人間が存在する限り利権は必ず発生するわけです。

カネのために戦争が起こると言う人がいるけども、私に言わせれば戦争よりも公共事業(インフラ事業)のほうが「継続性」があり、なおかつ額も総合的にはかなり大きいのですが、なぜに戦争ばかりが利権呼ばわりされるのか、これは比重の問題だけど、戦争に偏るのは個人的な価値観にすぎないのです。そういうことにも貴殿は着目したほうがよいと思います。陰謀は確実にあると認めている私が、いわゆる陰謀論者の言うことを参考にしないのは、陰謀論者が戦争にばかり固執しているからであり、左翼みたいに教条主義なのか、あるいは戦争という言葉のインパクトを利用して無知な人を煽ろうとしているのか、いずれにせよ信用に値しないと私は考えています。

もちろん、公共事業と戦争とでは人命に関わる部分で決定的に違うけども、戦争にも「善」の側面があり、へーゲルなどの哲学者が戦争が持つ「良薬効果」を説いているのは、悪い流れを断ち切るのもまた戦争であると、つまり戦争なくして人類は進化できないという真理が確実にあるのです。代表的な例が「大東亜戦争」ではありませんか。コミンテルンの策謀や、ユダヤ人の暗躍は確かにありましたが、けれどもあのとき我が国が立ち上がらねば、欧米の世界支配が完了していたのです。

一方で有色人種の未来という宿命を背負い、一方で祖国の存亡という使命を背負い、私達が想像もできないような難しい舵取りを迫られた当時の日本政府が「ベストチョイス」などできるはずもありません。事実は事実として大事なことですが、しかし当時の日本が置かれた状況というものを考慮もせず、やれマスコミが悪い、やれ軍部が悪い、やれコミンテルンが悪い、やれユダ金が悪いと「敗戦の責任」ばかりに没頭しても無意味です。それよりも大事なことは、戦争が有色人種の未来を救ったという「良薬効果」の部分を認め、相手が戦争を欲しようが、私達が戦争を望んでなかろうが、立たねばならぬときがくれば悠然と立ち上がり、一億火の玉となって敵を殲滅するということです。そして、それこそが我が国を救い日本民族に栄光をもたらす唯一の道であると、私は信じて疑いません。

歴史は民主主義ではありません。望もうが望むまいが、歴史の必然性からは何人も逃れられないのです。

一つの例ですが

お得意の漁船を使う手があります。

中国は独裁国家なので、漁船を総動員することなど簡単にできます。

1万隻の漁船に、平均50名ずつ乗ったとして50万人の兵士が輸送できます。装備は自動小銃とロケット弾だけでもいいでしょう。

漁船のほかに客船・輸送船を使えば100万人くらいは軽くいきます。

自衛隊の艦艇は、これらをすべて撃沈することは不可能です。

兵士には、日本上陸後に略奪・強姦し放題と言い含めれば、喜んで来るに違いありません。

これくらいのことは、中国は平気ですると覚悟しなくてはなりません。

天から、恐怖の大王が降りてくる

日中全面戦争になり、支那が核ミサイルを日本本土に打ち込んだら、アメリカ、ロシア、インド、EU等、核ミサイル保有国は、支那は日本の次に自国に核ミサイルを撃ち込むであろうとの恐怖から、先制して支那に持てる核ミサイルの半分を打ち込むだろう。その結果、支那は、日本より1日長生きできるだけである。

「山峡ダム」抑止力

米ソ冷戦時代以来、「核」抑止力が大国間の全面戦争を自制してきました。

シナの暴発を止めるには、追い詰められた北コリア、毎日虐殺され民族浄化と歴史からの抹殺を現在進行形で蛮行されている、新疆ウイグル・チベット・内蒙古の民衆に「山峡ダム」抑止力の存在を知らしめることではないでしょうか。

へうげものさん

漁船で日本を取れるなら、海軍は必要ないですね。それなのになぜ巨額を投じて海軍を作るのですか。

軍事知識がない=教養人でない。。。とあなたは力説されていましたので、あなたの返答の意味がわからない無教養のわたしに、理解できるよう、お教えください。

黄河決壊事件

「米国や台湾と戦争の事態になった場合
山峡ダムがミサイル攻撃を受け破壊された場合には、戦争に必要な軍部隊も水に飲まれ、民間人の被害は数億人にのぼる」
中国ならば相手国への恫喝、実際の攻撃もするので相手もそういう事をするという発想をするのだろう。
しかし民間人の犠牲が出る攻撃を現在、日米が安易に行うでしょうか。
脅しは出来ても、しないでしょう。
しても民間人に被害が出ないような攻撃を模索するでしょう。
そこから山峡ダム攻撃実現性は考えるべきだと。

相手がどう出るかあらゆる可能性を考えておく必要があります

将棋の達人は、数十手先まで読んで最善の一手を打つそうです。
自衛隊も、こうすれば中国が次にどう出てくるか、あらゆる可能性をシミュレーションしていると聞いています。

軍艦が沈められたら、漁船を兵士の輸送に使うこともも可能性の一つとしてありうると、私は考えました。

窮鼠猫を噛むで、かつて日本軍は尋常でない攻撃方法として特攻隊を考えました。あまり効果はなかったように言われていますが、実際は米海軍に相当な被害を与えて恐れられていたそうです。

国内でも、上陸した米軍に対して竹槍で対抗するという馬鹿げたことを真剣に考えていたようです。
戦争とはそういう異常な心理状態を作り出すものだと思います。

漁船を使うというのは普通の国では考えにくいですが、中国が使ってくることはそれほど非現実的ではないと思いますが、いかがでしょうか。
1万隻来たら、海上自衛隊は良くて半分くらいしか排除できないのではないでしょうか。
日本の海岸線は相当長いですから、全ての沿岸でバラバラに上陸されたら、陸上自衛隊も手が付けようがないと思われます。

これ以上の説明はできません。納得いただけましたか。

「軍事知識がない=教養人でない」 については、そのようなことを書いた覚えはありませんが、誤解を受ける表現をしたなら謝ります。

「無知な国民」と表現したのはマスコミから見たら、国民を無知と見なしているという意味で表現しました。

バトルオブブリテンをご存知ですか?

>軍艦が沈められたら、漁船を兵士の輸送に使うこともも可能性の一つとしてありうると、私は考えました。

へうげものさん、あなた本気で言っているのですか?第二次大戦で英仏は数々の重大なミスを犯してイギリスは存亡の危機を迎えたことはご存知でしょう。釈迦に説法かもしれませんが。。一応、ヨーロッパを押さえたドイツがどうしてイギリス本土に上陸しようとしてあきらめざるを得なかった?です。確か「あしか作戦」でしたかね。ドイツの英本土上陸作戦の名称です。海軍力の差であきらめたんですよね。ドイツは。。あなたずいぶん強情ですね。

へうげもの様

今の尖閣列島の漁民がすでに武装漁民です。

大陸から台湾に国民党が逃げてきてヒャッハーしたように
長い日本列島の海岸のどこかに上陸してくることも
無いとは言えなくもない。

こういう視点も必要であると思います。

というのも、青山繁晴氏は原発を北朝鮮のテロリストに
やられるということを危惧しておられたからです。

こんにちは

ありえませんね。

漁船で日本に上陸して、その後どうするのですか? 100万人ぶんの兵站をどうするのですか?

うまいこと海軍(海上自衛隊)の防衛線をすり抜けたとして、上陸すれば陸軍(陸上自衛隊)を相手に戦わなければなりませんが、戦車も自走砲も装甲車もないような軍隊では兵士の「弾除け」すらない。まさに「蜂の巣」。

それに、なまじ100万の兵をどうやって食わすのか、どこに寝かせるのか、弾薬の補充はどうするのか。兵糧を現地調達するためには、先程も言ったように陸軍を蹴散らし、占領地域を作る必要がありますが、戦車なしではまず無理でしょうね。

さらに、このような無鉄砲極まりない作戦に従事するほどの愛国心と根性が支那人にあるとは到底思えません。おそらく、漁船で日本に上陸するなど真っ平御免だと、日本ではなくゴミ作戦を立案した北京に向かい、100万の兵が押し寄せ、共産党の奴らを片っ端から処刑するでしょうね。それが分かっているから、漁船で上陸させるなどというバカげた作戦は絶対にできません。せいぜい尖閣に選りすぐりのバカな一般人(便衣兵)数十名を上陸させるのが関の山でしょう。軍事作戦なんて不可能です。

とどのつまり、海軍なくして上陸作戦などできません。ノルマンディー上陸作戦で連合軍がどれだけの犠牲を払ったかを考えれば分かるでしょう。上陸作戦というのは、基本的にまず敵の防御力を海と空から攻撃して削ぎ、敵の反撃能力を奪ってから行うものです。米軍は日本軍と戦うときは、まず海と空から猛火を浴びせ、日本軍が反撃できなくなってから上陸しました。しかし、これをナチス占領下のフランスに対してはやらなかったから、ノルマンディーで途方もない犠牲を出した。なぜなら、フランスは同じ白人の国であり、ド・ゴール亡命政府は連合国の一員だからです。当時の欧米は有色人種である日本人に対しては情け容赦なかった、それだけのことですが、ともあれ、敵基地や敵戦力を叩く能力がなく、あまつさえ戦車もないような上陸作戦なんぞに従事するのは、よほどのアホだけです。自分が兵士だったらと考えれば分かるでしょう。

へうげものさん

我説ですとことわってから投稿された方がよいですよ。
幸福実現党の信用が失墜します。話にならない次元ですよ。

以前、ソロ氏に幸福実現党の広報の方と推測されて否定されなかったですよね。誤解されますよ。
ただの運動員の我説でしょう。

2016/09/07(水) 23:37:12| URL| ちりちゃんです。 #- [編集]

>だから、ムカツイテきて、私、コメ一発やろうかと思ってるけど。
どうしようかな。私が変なんだよね。
わかってるんだけどね。
ちりちゃんでした。


火・・・ではないけどな、違う方向に油を注ぐことになるぞ。
引っ込んでな。

三峡ダムの抑止力の最大限活用

>wak**755さん、ソロです。
>>新疆ウイグル・チベット・内蒙古の民衆に「三峡ダム」抑止力の存在を知らしめることではないでしょうか
 シナ内外に致命的な危機の存在が有る事を知らしめる事は、作戦的に良い手ではありますが、報復テロを怖れたシナの武装警官の取り締まりを激化する恐れも出てきて、却って、弾圧がエスカレートしはしないかと心配が増しますね。

 ですから寧ろ、共産シナ国民全員を中心に、ダムが決壊した時の詳細でち密な予想を周知する事が必要ですね。 「もし、共産シナが開戦に向けての挑発行動をこれ以上エスカレートするのなら、非核国日本として、出来得る限りの抵抗をさせてもらう」と、宣言付で。
 
 共産シナは、蒋介石の黄河堰決壊を、蒋介石のプロパガンダの通り日本の所為のママにしていますから、日本がやる可能性を100%と評価するでしょう。 加えて、日本には、スタンドオフ・ポジションから、MOAB搭載のミサイルを超高速で発射・命中させる能力がある事も一緒に流しておくだけで、シナの内部は大騒ぎになると思いますよ。

 共産シナ政府の信頼度からいって、シナ大衆こそが、核ミサイル所か、戦車も兵士も要らない大きな武器になる、と云う事です。ww

 国は幾ら独裁者が権勢を揮って居ようと、50年も過ぎれば、体制内抗争を主因として、綻びが出てきて、「独裁度合いが強ければ強いダケ崩壊のスピードが速い」と云う特徴があります。 チャウシェスク政権の様に、独裁者が家族に限定されて居て、恰も、絶対王政の様な様相を呈していたから、親衛隊の離反だけで、大統領夫妻が逮捕~処刑されて終いました。 その点、シナは3つの派閥で鬩ぎあっているので、中々壊れないし、13億人もの多民族国家を御して行くには、どんなに非人道的な体制であろうと、目を瞑って支持するしかない面が有ったわけですが、世界平和に対する危険因子と成れば、話は別です。 断固たる措置を取り秩序の維持の意志を示すべきで、シナの放縦を放置してはイケマセン。

 米国は世界の警察の場を降りましたが、自国の国益を害される恐れには、厳しく対応する姿勢は変わって居ません。 特に、日本が侵略されて共産シナの統治下に置かれるなど、米国の国益上在ってはならぬ事でしょう。

 尖閣列島は、南の国境付近に在る辺鄙な島ですが、国際条約上も、確固たる日本の領土と認識しているのに、シナが根拠のない領土宣言をして我が物顔をしているのは、国際秩序の破壊以外の何物でもありません。 ハーグ裁定を紙屑と罵った共産シナが南シナ海の岩礁と尖閣も同じと考えているのなら、秩序破壊の現行犯と云う事になります。

 即ち、シナが現在取って居る行動は、「国際治安紊乱行為」以外の何物でもありませんから、本来なれば、国連の安保理事会からの「平和裏に事を終息させる為に」警告、仲介、裁定が有って然るべきところですが、国連として動く事が出来ないのは、国連の常任理事国に共産シナが名を連ねているからで、其の拒否権で、国際秩序を維持しようとする他国の試みが全てフィになって居ると云う事です。 

是では、国連自体の機能に大きな疑問符が付く事にもなりましょう。

こんにちは

普通の国家間の戦時想定で云々しても意味がないと思うのは私だけでしょうか?仮に便衣兵数万人が尖閣に上陸したとして、結局は遺憾だの国連決議だのと騒ぐばかりで実効支配されるがままになると思うのですが。勇ましいのはネチズンだけで今の政府や官僚に何かできるのかという話です。

今必死にソースを探してみたのですが先日見かけた記事が見つかりません。確か毎日だったと思うのですが、在日支那人の総人数と自衛隊の隊員数(陸上?)が逼迫しているという記事を見たはずです。日本の土地を爆買いしている支那人ですが、仮に国防動員法が発令されれば長野の二の舞で日本終了という記事でした。裏を取る気にもならないので放置しましたが、今思えば裏取りしておけばよかったです。

昨日大阪難波の大型スポーツ用品店に出かけたという大学生が、買い物客の九割が支那人で驚いたと言ってました。国防動員法云々を普段から話して聞かせていますので、あらためて恐怖を感じたと言ってました。しかし一番怖いのは支那でも朝鮮でもなく、無責任な官僚や政治家が我が国を運営している事だと返事しておきました。


【保存版】韓国式クレクレ偽民進党(の各構成員)

【保存版】韓国式クレクレ偽民進党(の各構成員)
-----

①日本国の憲法、法令規則等に完全に違反していることばかりをする且つ公約する[ちなみに、偽民進党(の各構成員)の選挙公約などは、日本国の憲法違反、法令規則等違反のものばかりです]、②第一次資料(事実)に基づかないことばかりをする且つ公約する「韓国式クレクレ偽民進党(の各構成員)」は、日本国の政治、行政、社会などを悪い方向へ混乱させている諸アクターのうちの一つです。

共産シナの間違い

>硫黄島さん ソロです。 お久しぶり。
>>戦争は絶対悪であり、絶対に回避せねばならない、このような価値観を根底に持つと、それこそ事の本筋を見誤り、国益を損ないます
 その通りだと思います。 人間に個別に生存権が有る限り、他者との間に生存と云う、「或る意味手前勝手な正義」が生まれて、紛争~戦争と云うものに発展しますが、これ等は一種の自然現象であると私は思って居ますから、可惜、絶対悪として埋めて終う様な真似をしないで、「管理する」方法を取っているのが、マクロ的に見た、世界の戦後経営だと思います。

 管理が可能になったのは、核を使った戦争が人類、否、地球を死の星にして終いかねない、と云う具体的な脅威を世界の人々が共有したからでしょう。 唯、是は人類にとって、通信網が飛躍的に発達したからできた事ですから、初めての試みです。 次第に高度化しながら、凡そ70年間経ちましたが、この先どの様な事態が出来するのかは、誰も予想できないと思います。

 それで、「日本も核武装するべきだ」と云う話になるわけですが、実際の話、核保有国が核の保有数を増やしていると云う話は聞きません。 是は核が威力は万全だが、武器として其れ程使い勝手が良くないから、目先の紛争鎮圧にも使えないからでしょう。 非核国が核を新たに持ちたいと云う話ならありますが、そういう国は、不倶戴天の敵を隣に抱えている場合が殆どですね。

 「平和は武力の均衡によって保たれている」と云う原則を考えれば、過剰な武力強化は、経済的でないばかりか、却って情勢を悪化させますから、良くて相打ちと云う規模に限定されますし、求められる抑止力も限定的です。ですから、日本の核武装と云われても、戦略核は要りませんが戦術核なら・・と云う話になるのです。日本は通常兵器でも、三峡ダムの様に、相当な抑止力を持って居ますからね。

 其処を、「極東防衛」と云う課題に置き換えますと、現在の平和は、大きく言えば日米安保、米韓同盟によって担保されていると云って良いでしょうが、此処で、「米国が世界規模の軍事プレゼンスの後退を企図している」と云う施策転換が、或る意味、大きな「現状変更」になり、特に、米韓同盟の破棄の可能性も出てきたわけです。

 この先、地域の平和維持の為には、防衛当事国の防衛力強化とともに、平和維持の為に対立関係に在る地域国家間の客観的に中立なコンセンサス形成と逐一の情報交換の必要性が高まってきたと看るべきです。

 コンセンサスの中身は、基本的に「現状維持」でしょう。 つまり、シナの様に意図的に「現状変更」行うこと自体コンセンサスを毀し、対立関係を煽り立てて、極東やアジア全体の平和を脅かすものである事になります。

 シナは習近平主席がやって居る事は、アジアの秩序を乱し、アジアに戦乱を惹き起こす、侵略的な意図を持って居ると看做されている事を自覚すべきでしょう。 このままでは、シナのアジアでの孤立は深まるばかりです。

一戦して亡びる

そんな華々しい「機会」が果たして中華人民共和国に、マルクス主義者の国に、与えられますかねえ?

意気地無しな漢民族の反乱待ちでしょ。
そして漢民族の反乱は不況のどん底待ち。

どうせ武器が無きゃ立てないというのであれば、「人民軍が」現指導部派と江沢民派に割れて戦うだけの話ですよ。

江沢民派が劣勢を覆すために人民を煽って利用するとかそういうパターン。
インターネットで、江沢民が愛されキャラになっているようです。
長生きしてくださいだって。

習近平にとっちゃ、実に不気味な動きですね。明らかに自分に対する不満の受け皿でしょこれ。

新華社始め、メディアは掌握済みなるも、人の口に戸は立てられぬ。
SNSだけはどうしようもない。
まさか「全く使うな」というわけにはいかないしねえ。

三峡ダム攻撃を論ずる以前に、彼奴らに「そこまで日本を追い詰められる」力が無い。
時間切れ狙いで楽勝。

大日本帝国に比し、中華人民共和国の最期はとても「地味」でしょう(笑)

それが漢民族の実力だしマルクス主義者の実力だから仕方ないね。

善光寺の小松玄澄貫主から事情聴く セクハラを否定か

善光寺の小松玄澄貫主から事情聴く セクハラを否定か
http://www.sankei.com/affairs/news/160908/afr1609080009-n1.html

このニュースの真相は、支那共産党がチベットを侵略した時に使った戦術である。
ポルノ法案を制定して僧職にある人物の権威を失墜させて、あの手この手を使って相手側の
文化を破壊して社会秩序を混乱させる。 このニュースでは日本の仏教文化の最高権威を一
女性職員に対する性的な因縁をでっち上げて攻撃しているのである。
 ポルノ法案を推進していたのが支那の手先であるアグネスチャンなどが創価学会公明党と
連携している事から判断して、このたびの仕掛け人は支那の意向を受けてた創価学会である
と断定できる。 カルト教団が日本人社会を破壊する総体革命の一作戦で日本の正統宗教組
織を攻撃している。 日本民族の総力を結集して創価学会の総体革命などの破壊活動を粉砕
しなければならない。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ミサイルによる三峡ダム破壊は、十分に抑止力の一つになる

日中戦争になれば、日本はピンポイントのミサイルで三峡ダムを破壊する。そうなれば下流にある武漢、南京、上海、その他長江沿岸にある都市の人間は東シナ海へ押し流されてしまう。

毛沢東が核戦争によって人口が半分になっても全然平気であると言っているから、支那共産党中央は、三峡ダム破壊によって3億人が死んでも、まだ10億人も残っているから核戦争を意に返さないというが、それなら、日本は東京が核攻撃を受けて全滅しても、まだ、日本には8千万人が残っているから、核攻撃を受けても平気だとは言えるのか。

三峡ダムがミサエル攻撃により破壊され、長江沿岸の3億人が東シナ海流されて死んでも、支那にはまだ10億人が生き残っているから、核戦争を恐れないと、支那共産党中央が言えば、長江沿岸の人を中心に内乱が起こり、支那共産党は壊滅するのは火を見るより明らかだろう。戦争は数字の問題ではない。

経世済民無くば・・・


1938年6月の黄河決壊事件を見ても判るように、中国の指導者には人民の生命など塵芥の如しで、弾道ミサイルの標的は三峡ダムに定めるより、中南海に定める方が余程抑止力になるでしょう。

更に、中国の何処にでも降下出来る空挺部隊を創設し、その訓練を見せ付けることも効果的でしょうが、弾道ミサイルにしろ空挺部隊にしろ、今の亡国憲法を改正しないことには話になりません。

従って、日本の防衛力を高めるには、自民党が単独で衆参の2/3以上の議席を得て、野党の要求を容れずに憲法を改正する以外には無いのですが、既得権益団体の飼い犬である自民党には絶対に「国民を豊かにする経済政策」は実施出来ず、国民を豊かに出来ない自民党が衆参の2/3以上の議席を得ることは絶望的に不可能です。

確かに、安倍首相の外交政策には及第点が付けられるが、国家の基盤である経済政策は全く駄目で、更に誰が次期自民党総裁になり、次期総理大臣になっても、現在の全く駄目な経済政策以下の政策しか出来ないでしょう。

日本経済が活性化しないのは、至る所に既得権益の錆がこびり付いているからで、中でも農業権益という錆を削ぎ落とさない限り、日本経済はギシギシと軋むばかりで、国民の活力が経済に反映して活性化することはあり得ないのですが、残念なことに愛国保守を標榜する人々の誰もがその状況を理解していません。

現在ヨーロッパ各国で右翼政党が勢力を伸ばしつつあるように、何れは我が日本国でも愛国保守政党が勢力を伸ばす状況が来ると思いますが、その愛国保守の政治家達が揃いも揃って「経済音痴」であれば、将来政権を取っても国民を豊かにすることが出来ず、国民の支持を失ってしまう恐れが充分にあります。

出来得ることなら、 愛国保守を標榜する人々に学校で教える「教養としての経済学」では無い「真の経世済民の法」を伝授する機会があればと願わずにはいられません。

SC707さんの仰る通りだと思います。例えばビール。買い求めし易い価格設定を目指し消費増を狙って開発された発泡酒や第三のビール。ところが売れると判ればすぐさま税を乗せてくる政府やお役所は、企業の努力や消費者の購買意欲、つまりは経済の活性化よりも手軽で安直な税収増を最優先する無能の集まりでしかありません。

グローバル化により自国の経済政策だけで万事解決とはいきませんが、兎に角企業の努力を無駄にするような考え方は改めてもらわないといけません。支那に軍事で負ける事はあっても経済で勝ち続ければ日支開戦とはならないはずなので、経済政策はしっかりやってもらわないと駄目ですね。武力の戦争は起こらなくともすでに経済と情報の戦争は始まっていますから。


やはりインテリジェンスの育成拡大ですよ

工作対象国での地味な人脈作り&維持が結構大変らしいですが、それさえクリアできれば、イスラエルやパキスタンのような必ずしも国力がデカイとは言い難い国でも、世界に影響力を行使することが可能。

世界三位の経済大国+αの日本国でやってやれないことがあろうか?

大義名分はIS・北朝鮮テロ、東京五輪で十分ですよ。
自民政権、安倍政権のうちにはよ。

米英イスラエルの諜報機関の「OB」を札束で頬叩いて引き寄せりゃいい。

支那がソ連崩壊時にソユーズなど開発したソ連の科学者連中を大量に買収しましたが、そのインテリジェンス育成バージョンです。

んでもって工作員経由で「江沢民派」民兵にン十万丁くらい中古のカラシニコフ渡して反乱起こさせりゃいい。

チベットの核ミサイル部隊、東シナ・南シナ海の空母艦隊の出番は「永遠に」来ないでしょう。
自衛官の犠牲0

楽な戦ですよ。

人類の敵への挑戦


暗闇三太さんの仰る通り、政府の発泡酒や第三のビールへの対応だけでも、官僚は「屑の集まり」だということが判ります。

更に仰るように、経済で勝ち続ければ日支開戦を先延ばしにして、支那共産党の崩壊を待つことが出来ます。

そして、今や熾烈を極めている情報戦ですが、日本が金の亡者であるマイクロソフトのPCに取って代わる「安心して使える情報機器」を実用化したり、インターネットに取って代わる「安心してアクセス出来る相互通信」を実用化すれば、世界中の人もそれらの機器を欲し、結果的に日本が情報戦を支配することが可能になるでしょう。

日本の当面の敵は支那共産党だが、究極の敵は人類奴隷化を企てる国際金融資本であり、その走狗と成り果てたアメリカ政府です。

勿論、今は当面の敵である支那共産党が自滅するまで、アメリカ政府と手を組まねばならず、その為に日本独自技術の開発を阻止されることも多々あるが、それを踏まえつつも、「本当に人類の幸福に寄与する技術」を磨くことこそ、日本人の歩むべき道でしょう。

無題

山峡ダムを破壊するには精密誘導可能な巡航ミサイルが最適ですが
亜音速で飛行する巡航ミサイルは途中で迎撃されてしまいます
よって中国に対する抑止力としては不完全だと思いますよ
そもそも自衛隊には巡航ミサイルが無いので米軍頼みになるわけですが
米軍はアメリカ合衆国の軍隊であり日本国の軍隊ではありません
ネトウヨの中には米軍をまるで日本の軍隊の様に考えている御仁がいるが
アメリカはアメリカの国益の為にしか米軍を動かしません
そこは勘違いしない方がいいでしょう
中国と事を構えるのはマイナスだと判断すればアメリカは米軍を動かさないし
日本が独自の敵基地攻撃能力の保有を検討したことがありますが
アメリカから中国を刺激すると難色を示され、断念した事があります
こう云う所で中国とは仲良く付き合いたいというアメリカの本音が見えますね


焦点:日本の「敵基地攻撃能力」保有、米国と水面下のせめぎ合い
http://jp.reuters.com/article/focus-sdf-idJPKBN0H501D20140910

自民党に2/3を取らせて憲法改正するべきだという意見がありますが
日本はアメリカの属国であり、アメリカ支配下で憲法改正しても
アメリカに都合のいい改正しか出来ず、日本の真の独立から益々遠ざかってしまうと思いますよ
残念ながら

>ナポレオン・ソロ様

>是では、国連自体の機能に大きな疑問符が付く事にもなりましょう。

仰る通り、国連は発足以来冷戦になり、核を持った常任理事国の5大国が拒否権を行使し、何の機能も果たされませんでした。

我国は一次世界大戦後のベルサイユ条約締結時の国際連盟発足に当たり、理念として人種差別撤廃法案を提起しました。
この定義は過半の国の賛同を得ながら、アメリカウイルソン大統領に握りつぶされました。
しかし、この理念は我が国は前の戦争で敗れましたが、自信に目覚めたアジア・アフリカの国々、アメリカの民権運動者たちは戦後、独立と民権を自力で勝ち取りました。

今年の12月12日の週にプーチンと安倍首相は地元下関市内にある料亭旅館「春帆楼」(日清戦争戦勝後の講和条約締結場所)で日露首脳会談を行います。

安倍首相も地球儀を俯瞰する戦後レジームからの脱却に命を懸けるなら、プーチンを口説き、オバマの花道を飾らせるために、国連を改組し新たな世界の理念と枠組みの構築主導すべきではないでしょうか。

【朝鮮学校への補助金は支給しない】

【朝鮮学校への補助金は支給しない】
https://twitter.com/YES777777777/status/773776454693756928

支那朝鮮に支配された反日売国テレビ局・マスコミが小池都知事叩きに動員される事を想定内
にした臨戦態勢に入ろう。 インターネットと無縁な人々には「置きビラ」を作って読んでもら
いましょう。

詳細は
【置きビラの掲示板】 http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
【置きビラ・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

>2016/09/09(金) 00:01:11| URL| ちりちゃんです。

先日はどうも、です。
このような内容のコメントを普通の文章でしていただければ興味深く拝見できます。
あなたの文体(?)は私のようなおじさんにはちょっととっつきにくい、というか理解するのに余計なエネルギーが必要です。

それとも普通の文章って、若い方にはダサいのかな?

素人考えですいません、何もしなくても決壊したりしないんでしょうか?
態々攻撃なんかしなくても勝手に壊れちゃうんじゃないですか?
それに汚染が酷いなら中国も利用価値がないから水を抜いて使わないのではないですか?
そういう考えが中国に無いと言う事でしょうか?
勝手に決壊したのを攻撃のせいにされないか、そっちのが心配。

謝蓮舫に「すがるしか」考えられない民進党の愚

離反者無しでこのまま代表にはなれそう。
岡田克也に至っては「多用な価値観」だから二重国籍OK、法令違反OKとほざきおった。

トカゲの尻尾きりやっといた方がよかったんじゃないの?

こんな大問題、「握り潰」せるのは既にプロレタリアート独裁達成した支那国内くらいだろ。
「これから」日本の有権者を騙して社会化(プロレタリアート独裁)を達成するのがキミたちのミッションなんじゃないのか?

そのためには時には身を切る覚悟も必要だろ。
「芝居」の一つも打てんのか?無能工作員。堅物岡田克也はやはりダメだな。
こいつは対日工作員より、支那の片田舎の地方政府の共産官僚の方が向いている。
つか8,800万いる党員の競争も半端ないから地方政府とはいえ、官僚も無理かな。
掃除夫なら採用してくれるよきっと(笑)

在日にジャックされた各メディアに指令を送り、「報道しない自由」で沈静化を図っているが、ムダだ。

与党が静かなのは事実関係を蓮舫事務所と「台湾政府が」確認してくれるのを待っているからだ。
今の台湾政府は反中共の蔡政権だから戸籍の改竄、故意の破棄は期待しない方がいいぜ?
むしろ蓮舫の二重国籍をバラすことで支那の対日工作が大ゴケするなら、喜んでそうするだろう。

代表就任後に総攻撃だ。
敵軍に「待ち伏せ」されてるぜ?支那の狗。

民進のオウンゴールに乗じて「TPP法案」通せるなら安いもんよ。

解散総選挙もあり得る。
石田純一失敗、鳥越俊太郎失敗、謝蓮舫改め村田蓮舫失敗、で頼みの綱の「芸人選挙」も終いだな。

ちりちゃんですか

ここの論客は、層が厚い

①日本国の公的法解釈を韓国式デタラメ否定し、②韓国式捏造ステマ報道しまくる「帰化未帰化在日韓国人アカヒ新聞」の韓国式計画倒産は、いつですか?

①日本国の公的法解釈を韓国式デタラメ否定し、②韓国式捏造ステマ報道しまくる「帰化未帰化在日韓国人アカヒ新聞」の韓国式計画倒産は、いつですか?
-----

①内閣官房長官の菅 義偉先生の日本国の公的法解釈「日本国の場合、二重国籍者は、日本国籍を剥奪されることとなります」の日本国民に対する伝達(H28.09.07)を韓国式デタラメ否定し、②「二重国籍は努力義務で厳格に運用する必要はない。世界の潮流は二重国籍のままだ」(H28.09.08)と韓国式捏造ステマ報道しまくる「帰化未帰化在日韓国人アカヒ新聞」の韓国式計画倒産は、いつですか?

国際連盟の偽善と白人国家群の凋落

>WAK**755さん お早うございます ソロです。
>>人種差別撤廃法案を提起しました。この定義は過半の国の賛同を得ながら、アメリカウイルソン大統領に握りつぶされました
私見ですが、そも、国際連盟の設立意図は、「世界の為に」とは言って居ますが、当時の「世界」は、今の様な地球的な規模を意味していず、随い設立意図は、白人支配態勢下にあった地球の支配強化に有ったと思います。 ですから、国際連盟の最大の失敗は、有色人種国の日本の加盟を許した事に有ったと云えましょう。ウィルソンがリベラル的な人間であったというのは、単なるWGIP的なプロパガンダに過ぎません。 寧ろ、FDR=フランクリン・ルーズベルト以上の人種差別主義者では無かったかと思います。

 第二次世界大戦は、自由主義と全体主義の戦いだったかのように括られていますが、其れは、白人同士の間の話で、其れとは別に、有色人種と白色人種の最初の国際戦争だったと考えることも出来るのです。 ですから、日本が孤軍奮闘しなくてはならなかったワケです。 問題なのは、未だに世界は、白人至上主義で覆われていたと云う事です。 

 処が、有色人種ではありますが、同じコーカソイドの、原アーリア人、チュルク人、スキタイ人等の古代人種は、現在中東地域~中央アジアの全域にかけて分布し、様々な国家を形成していますが、20世紀の主エネルギー源であった石油を産出しているのに、白人支配の結果、常に貧しく暴力的ですが、イスラム教で何とか纏まって居る状態でした、然し今は、白人社会の中に「移民と云う名の人口侵略」して、常に白人文明を脅かす存在です。

 白人文明は20世紀の後半から、ソ連の凋落・崩壊~東欧の崩壊~東欧国家の合流で、緩やかな衰退期に入り、先ず現れたのが、生産層人口の減少、文化の停滞、産業不振が、欧州全土を覆い、前述の人口侵略を許してしまいました。 この先も移民の労働力抜きでは、白人文明の水準を維持できない時点で、白人文明の衰退は決定的だと申せましょう。

 欧州の下層農民の移民国家で、最初から雑多な民族の混交国家であった米国は、紀元前10世紀頃から、ケルト・スラブ・ゲルマンの基底三民族で構成して来た白人欧州とは、異なる展開をしてきたと云えます。

 「差別は、被差別の集団にこそ、新たに生まれる」という認識通り、階層差別に代わる人種差別は、社会常識の観が有った18世紀~20世紀半端の米国なのに、表向きは、誠に偽善的な、「自由・平等」を謳っていたのですが、唯一、「自由」競争で有った事が、米国の有産層と無産層を分離させて、景気の好悪を繰り返す裡に、主に国内生産業に従事して労働組合による保護を宛にしてきた中流・無産の白人層の凋落・零落を招いて、結果、「トランプ現象」に結びついていると思います。

 然し「トランプ現象」は、現状に対する単純な不満の表明に過ぎず、只の反動に過ぎないと思います。 其れより、是まで米国国民が信じてきた、「正義の国アメリカ」がトンデも無く虚像であり、その実、自国の利益のみの為に戦争と差別を世界に振り撒く極悪集団が、イニシアティブを持って居た事を、自覚も、随い反省も出来ない未熟な国家であった事に気が着くのは時間の問題、否、既に気が着いて居るから、ヒラリーが苦戦したのでしょう。 そして世界的にも、現状、被抑圧国家群、特にイスラム圏16億の民には、米国国民は悪魔視されているか、支持を全く得ていない事で判ります。  米国がメディア支配をしているので、ハッキリとはわからないと思いますが、米国への反発や反感は、今や、非白人国家群のみならず、白人国家群にも及んでいるのは、欧州の共産シナ支持で判ると思います。

 然し乍、現在の世界を纏めて行く軍事力と、外交・政治力を持って居るのは、米国以外にはいないのが事実でしょう。 日本は、嘗ての米国の盟友英国の国力の凋落で、最善の「バディ」に浮上した観が有りますが、安倍政権は単なる従米では無く、戦後体制の解消・終了を諮って欲しい、つまり、日米間に在るWGIPで発生した、日本を米国化しようとして日本伝統の文化を否定し、その代わりに、様々な文化を押し付けようとした事、独立主権国として欠かせない「国民自身で国を護る」を、押しつけ憲法で制限した事、在り得ない歴史を、事件を捏造、或いは事実を隠蔽してた上、脚色して押し付けて来た事、これ等、WGIP施策自体が、国際法違反であった事を認める事を皮切りに、WGIPの功罪について検証・再評価した上、ハッキリ国民に周知すべきだと思います。

 その上で、
>>国連を改組し新たな世界の理念と枠組みの構築主導すべき
を達成した時に、日本の戦後体制が晋に終了し、且つ、世界が新たな平和な道を進めるのだと思います

誰が得をするのか?

最近の国内の風潮を見ると、危険な傾向を感じます。
尖閣に上陸したら戦争も辞さないという、勇ましい掛け声だけが特にネット右翼の方々から発せられているようです。

過去の歴史を振り返ると、国民が熱狂する時は、それを影で扇動している工作員が居て、マスコミを利用して踊らされていることが多かったようです。

戦前の朝日新聞は、軍国主義を煽って日本国民を戦争へと導きましたが、それを工作していたのはコミンテルンのスパイである尾崎秀実やゾルゲでした。右翼のように見えて実際は極左だったのです。戦前から朝日新聞は、共産主義者に操られていたと言えます。

日中間がもし紛争となり戦争まで発展するとしたら、だれが得をするかをよく考える必要があります。
日本と中国の国力が弱まること、兵器購入や多額の戦争資金の貸し出しで利益を得るのは、Skullcrusher707が指摘する国際金融資本家や軍産複合体です。

戦争には必ず裏で利権を伴い、死人が出ることでぼろ儲けする一部の人たちがいます。

ネット右翼の人たちには、3日でカタがついて自衛隊が勝利すると言う人もいますが、それではどのように戦争を終結させるかまで考えているのでしょうか。

戦争終結には、日露戦争のポーツマス条約のように相互の政府が交渉して、互いの主張の妥協点を見出して講和条約を結ぶというのが一般的です。
しかし、中国がこのような講和条約をまともに結ばないか、結んでも守らないこと
は十分に予測できます。国内で反対勢力を押さえられないことも考えられます。

別な戦争終結方法として、GHQによる占領政策のように、戦勝国が敗戦国を一時期統治する形があります。日本が勝利したとしても、中国を占領統治することは不可能でしょう。イラクでさえ米国はまともに統治できていません。

戦争を終結させる戦略もなくて、戦争など始められるわけがありません。

今、日本に必要なのは、戦争を起こさないために、日本政府が毅然とした態度で中国政府と接することと、多数の自衛隊艦隊が尖閣周辺で遊弋させて、相手が手出しできない状況を作り出すことです。

しかし属国の自民党政権では、アメリカの国際金融資本家に遠慮して、中国に対して毅然とした態度を取ることができません。
じゃ、どうしたらいいんだ? 他にかわりはいないじゃないか。
となるでしょうが、一番の解決方法は、日本国民全員が正しい歴史を知り、日本が自立した国家を目指すことに目覚めることです。

国民の総意となれば、自民党の政治家でも強気になれます。選挙で得票に結びつくからです。

国民が目覚めるために、幸福の科学グループでは2012年に映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」を制作公開しました。

この2つの映画の中では、近隣の大国により日本が軍事的に占領されて、チベットやウイグルと同じ状況になるが、最終的には日本が巻き返すというストーリーになっています。

私が、中国が攻めて来て海岸線に上陸する可能性があると前回のコメントしましたが、これらの映画を基にしています。
本当の危機を訴えているという観点から、私のコメントが幸福実現党の評判を落とすとは、考えていません。
それと、会員全員が第一線では、広報を担当しているという意識で活動しています。

私たちは、どこの党でもかまいませんから、政治家が正しい歴史認識をもって政策をおこない、国民も何が正しいかを自分の頭で考えられるようになるよう願っています。

三峡ダムの危険性について

>2016/09/09(金) 01:54:48| URL|    #- さん  ソロです、次からはHNを名乗って下さい、ロム者がコメントを探す手助けになります。

 私見ですが、「三峡ダム」の意図的決壊は、極論すれば、シナ民衆にとって脅威であると云うダケで、私益中心の共産党中央にとっては、ドゥでもいい事でしょうし、フル稼働から開業4年しかたっていないのに、早くも三峡ダム自体、ダム特有の土砂の堆積で、かなり危うくなっていると云う仄聞情報もあります。 世界の有名な巨大ダムで云えば、エジプトのアスワンハイダム(210万kw、1970年稼働)、パラグアイのイタイプダム(1400万kw、1984年稼働)建造から40年近く。亦は、過ぎたものがありますが、土砂の堆積で、発電に支障が出ていると云う話は聞きません。 世界には、90年を越したダムもあるそうです。

 然し、以下Wikipedia によりますと。
(引用開始)
 三峡ダムでは2008年末時点で132カ所で合計約2億立方メートルのがけ崩れが発生していたために、当局は水位を満水の175mにすることなく172.5メートルで打ち切り、約2000人を緊急避難させている。その後、三峡ダム区地質災害防止作業指導事務室チームが調査を行った結果、5386カ所で地滑りやがけ崩れなどの問題が発生するおそれがあることが判明した
(引用中断)
 三峡ダムは、その名が示す通り、長江流域の3つの峡「=川の出口が狭くなって居て、湖水の様な地形になって居る場所」に其々だコンクリートダムを設置し、70万kwの発電機32台で、2,250万kwの総発電量を誇る世界最大のダムですが、建設当時から、古い歴史建造物の水没や住民の強制退去等、政治的にも文化的にも、大きな問題を抱えていて、流域住民の反発は相当なモノと考えるべきですが、過去に13万5千人の死者を出した洪水(31年)3万人の死者を出した洪水(54年)も、98年の1,320人の死者を出した洪水以来、大きな洪水は起こって居ない事が、住民の怒りを鎮めてきたと云って良いだろう。
 しかし、湖底に年々堆積する土砂の量は、他の巨大ダムとは比較にならないレベルで有る事は、予想に難くないでしょう。
(引用再開)
 人口3000万人を超える重慶など上流域での、工業・生活排水対策が不十分であるので、ダムが「巨大な汚水のため池」になっている。運営費は自治体負担のため、完成後稼働していない施設・処理場が多い。国家環境保護局が2005年に行った調査では、「7割がまったく未稼働か、時々しか稼働していない」状態にあったという、そのため、水の富栄養化に大きな影響を及ぼす窒素化合物やリンの除去処理を行っていない施設も多い。  湖北省と重慶市は、対応策として施設運営費を「国8割、地方2割」とするよう求めている。
 中国国家環境保護総局は、貯水開始後のダム地区の水質について、「大きな水質変化はない」との観測結果を発表している。だが、一部水域で、大腸菌群や人血吸虫、浮遊物による汚染が発生していることも明らかにしている。また大雨の後にダム湖に大量のゴミが堆積することが常態化している。
(引用終り)
 つまり、三峡ダムは、主にモラルの無さ、メンテナンスにおける独自技術・知見の無さが故に、既に「巨大な肥溜め」に近い状態であると云う事で、是が決壊したら、下流域が大量の土砂で埋没するのみならず、汚泥に含まれる細菌や公害物質で広域汚染を起こし、多くの住民は数百万人単位/都市、合計すれば、1億人近い死者が1か月以内に顕れる事になるのが端から見えています。 復興が長期化すれば、本当に3億人以上の死者が出る可能性があります。 国力の衰微から、都市の再建は難しく、中華帝国再建の夢は、雨散霧消する事でしょうね。

 情報統制下、多くは、事が起こらないと判らない情報レベルの大衆ですから、この現状と、状況予測を一般大衆に周知すればよいだけなのです。 攻撃されたら、確実に破滅しか待って居ない事は、誰にでもわかりますから。

 事態打開に、外国からの協力・技術支援を取り付けられない仔細・原因が次第に明らかになれば、自然に政府は追い詰められてゆく事になるでしょう。  政府が独自に何の対策も打てないのは、巨大ダム建設自体、共産シナには過去に知見が無く、日本や西洋の建設技術を頼りに建設したが故ですが、手柄を党の「電力派」が、電力畑出身の胡錦濤や李鵬を押しのけて独り占めしている事から、「収賄以外、何の当事者足り得ない」事は、一切報道されていない情況でしょう。

 随い、習近平にとっては、完全に他人事なわけで、事前に何か手を打つなど思いも及ばない事でしょう。 国民は気の毒としか言いようがない。

 三峡ダム攻撃~決壊は、そのまま近代中国の消滅を意味します。 成程、核ミサイル十数発分の威力があると私も思います。

削除検討依頼

>ブログ主様 下記のへうげものさんの投稿について、特定の宗教団体の宣伝行為と見做し、削除されんことを検討していただきたく。

>>国民が目覚めるために、幸福の科学グループでは2012年に映画「ファイナル・ジャッジメント」と「神秘の法」を制作公開しました。
>>この2つの映画の中では、近隣の大国により日本が軍事的に占領されて、チベットやウイグルと同じ状況になるが、最終的には日本が巻き返すというストーリーになっています。

 内容の如何を問うているのではなく、意見ブログが、特定の宗教団体の宣伝に利用されている事を看過すれば、箍が外れてしまいます。 あちこちの保守系ブログに書き散らかす偏向政治グループも同じ穴の貉ではありますが、私も宗教法人に属している立場から考えるに、宗教法人足る「幸福の科学」の方々も、こうした恢弘手段は、本意ではないと看ます。

中国の行動は国内事情が密接に絡んでいる。20万件を超えるという国民のデモや紛争事件の対応は、すでに武装警察では限界のレベルに達している。民族紛争も激化して、今や完全な報道管制で隠蔽に狂奔という状況である。加えて環境汚染は、土地や水の重金属汚染は国土の10%をこえ、三峡ダムプロジェクトは失敗、南水北調プロジェクトも大失敗という有様だ。無計画な国土開発による8万ものダムのうちすでにまったく管理されていない放棄された決壊危険ダムが4万を数え、毎年3000をこえる決壊が起こっている 。照れば干ばつ、降れば洪水という状況で、中国がいろいろとうるさいので気象衛星の画像は中国をカットしていて画像を常時、見ることはできないのだが、梅雨前線の時期は、ここ数年、頻繁に洪水に見舞われている。 要するに戦争などできる状況ではない。国民の不満をそらすために日本との戦争を煽っているのだが、政府がすべてコントロールできていないようだ。 実際に開戦となれば中国が消滅の可能性まである。

南水北調が示すシナの未開

>七氏さん ソロです。 詳しい情報有難うございます。
>>照れば干ばつ、降れば洪水という状況で、中国がいろいろとうるさいので気象衛星の画像は中国をカットしていて画像を常時、見ることはできないのだが、梅雨前線の時期は、ここ数年、頻繁に洪水に見舞われている。 要するに戦争などできる状況ではない
  長江流域の水害については、人的被害や浸水家屋など詳しい数字が出てこないので、「判らない」部分として扱う他は無かったのですが、お話を伺えば、「然も有りなん」レベルですね。 それにしても、「気象衛星の画面カット」は、酷い話ですね。

  「情報統制」が天気予報のレベルに及んでいると云う事ですから、既に、戒厳令が出ているのと変わりがないレベルでしょう。 是で、三峡ダム爆破・決壊の話が、外から聞こえてくれば、当事者はパニックになる事間違いなしでしょう。 しかし、庶民は権力の横暴をドゥすることも出来ず、静かにその地を離れるしか手段は残されていないでしょうし、ネットが発達した、このご時世です。 幾ら情報統制を懸けても、周知されるのは時間の問題でしょう。

 「南水北調」については、嘗て、毛沢東がつぶやいた「南で余った水を来たの旱魃地帯に」を実現するべく2500㎞ものパイプラインを、揚子江中流域から、黄河上流域に引いて、ポンプで圧送した所、揚子江の水が枯れ、黄河では水が溢れて水害になる始末。 「管理」と云う意味が理解できない様子、と云うか、我先の私益優先が、そうした呆れるような失敗談に唾がって居ると思われます。 韓国同様、この国も中世のメンタリティを払拭できずに、亡国の途に就いた様ですね。

尖閣に上陸されたとき

へうげものさんへ ポッポです。

>最近の国内の風潮を見ると、危険な傾向を感じます。
尖閣に上陸したら戦争も辞さないという、勇ましい掛け声だけが特にネット右翼の方々から発せられているようです。
何かの勘違いを、していませんか?
尖閣に上陸されるまでは、日本は戦争をしないのです。
憲法に国の交戦権は、これを認めないとされていますから、煽ったところで戦争にはなりません。ただし、他国が日本に戦争を仕掛けてきたら、自衛権が発生して交戦権が認められるだろうとの前提です。

そして、憲法には交戦権が定められていないから仕方ないのですが、このほかに専守防衛とされています。
専守防衛も私には良く分からないのですが、一般的には日本が戦争する場合には、その領域は日本の領土、領空、領海内と解しています。
しかし、日本の領空、領海外からミサイルや大砲を発射すれば日本領土に届きますから、ミサイルや大砲の発射施設を破壊しなければ、日本の国民や財産を守ることができません。どうするのでしょうか。
多分、国会で検討して、方針が決められるでしょう。

前述のことをクリヤーしてです。
尖閣の場合、上陸されてそのまま放置しますと、上陸した者が中国の国民とされた場合には実効支配が確定して、日本は領土を失う可能性があります。

ですから実効支配が完了する前に、日本は領土を取り返す必要があるのです。これには、出て言ってくださいとお願いしても、多分出て行かないと思いますから、軍事的な行動が必要になるのです。

日本は専守防衛ですから、尖閣周辺での行動しか行わないと思いますが、相手がどう考えるかは別のことです。
当初は自衛隊が行動しますが、日本の本土や沖縄には米軍が駐在していますから、これらを攻撃されますと、米軍は米軍を守るために勝手に行動すると思います。(日米安保条約の実行もあります。)

>戦争終結には、日露戦争のポーツマス条約のように相互の政府が交渉して、互いの主張の妥協点を見出して講和条約を結ぶというのが一般的です。
日本には専守防衛が通用しても、米軍にはこれがありませんから、何処で止まるかは米軍次第だと思います。
今の憲法下での日本は、敵が日本の侵略行動をやめたら、それで終わるしかないと思います。

しかし、日本を攻撃する敵(この場合は中国)が、核兵器を使った場合で、なおかつその目的に際限が見えない場合には、日本には核兵器がありませんから、三峡ダムへの爆破が検討されるでしょうし、そのときにはダムは間違いなく破壊されると思います。
このときには、米軍も戦術核兵器を使用します。

戦争の終結は、日中だけなら米国が仲介するでしょうけれど、日米と中国の場合にはどこか分かりません。ロシアだけはまっぴらです。

三峡ダムの懸念

三峡ダムについては色々情報が飛び交っていますが、長江の流量は物凄く、ダムを満水にするのにさ程の時間はかからないはずです。ですから日本の大型ダムのように満水まで数か月かかるような事はありません。三峡ダムがあろうと無かろうと、長江は川幅一杯に茶色く濁っ水がとうとうと流れています(それはかっての黄河や淮河も同じで、ガンジス河やインダス河も同じです。日本の河川のような清流は望めません)。それを堰き止めて落差で電力を得ようというのは、アセスメントというものを知らない共産主義者には魅力的な話だったでしょう。そしてどうなるのか?間違いなくダム上流側は土砂とゴミで埋まり、下流側は土砂の補給が減少して護岸や生態系に影響が出ます。三峡ダムが破壊又は自壊しなくても、ダムの保守には大変な手間が必要になります。これを共産主義者がちゃんとシュミレーションしているとは思えません。1980年代、中国でそろそろ環境問題が表面化し始めたころ、中国で公害問題を提起すると「中国の工場は人民のための工場だから人民を害するはずがない。資本家のための工場とは違う」といった的外れな反応が返ってきましたが、環境への取組みはあまり変わっていないようですね。メコン川でも下流の事情を無視した大型ダムが問題になっているようだし、魚も色々な海域からごっそり採って(盗って)いくし、自国の「発展」のためには周囲の迷惑など構わぬ中国人共産主義者の新しい「中華思想」は、もはや世界の癌(少々言葉が悪いですが)です。

普通に見ていますが・・・


>七氏さんへ、横レス失礼します。

私は日本の気象庁の気象衛星や日本気象協会の世界の気象衛星のページのみならず、中国天気>天気>雷達(レーダー)で中国の何処で雨が降っているかもリアルタイムで見ていますよ。

私は地震オタクだが気象オタクでは無いので、この程度のサイトしか開いていませんが、2chなどの気象予報士並みに気象に詳しいオタクさん達は世界中の気象サイトを見ているので、中国のみならず地球上の如何なる地点の気象も隠し通すことは不可能です。

そして、中国の地形図とレーダー画面を重ねて、「水害に見舞われていそうな地域」を見ています。

中国政府の発表は全く信用出来ないが、以上のサイトを開くだけでも、中国がどの程度の気象災害を蒙っているかは、何気に判ります。

後手からの攻撃

 自衛とは、日本の領土(当然、尖閣諸島を含む。)に上陸されたときは、反撃し、相手の攻撃を粉砕するとともに、再び、攻撃を受けることのないよう、その根拠地も撃滅するものである。相手の大小を問わず、その悪意ある攻撃を撃滅するものである。

日本国内に閉じこもり、反撃するだけでは、ただ滅びるのを待つばかりであり、自衛ではなく、自滅である。
反日の輩、非国民の輩の言葉に騙されて、このことを取り違えてはならない。

尖閣防衛

尖閣諸島を確信的利益と言っている中国は武力で尖閣を占領する計画です。武力を行使するかどうかの判断は米軍の動き次第です。米軍が動かないと判断すれば尖閣に人民解放軍偽装漁船団を上陸させると思われます。

仮に、そのような事態が起きれば日本政府はどうするでしょうか。「遺憾砲」では効果がありません。自衛隊を派遣し、武力で取り戻すことは可能です。が、その場合は自衛隊員に犠牲者が出ることを覚悟するする必要があります。

中国は日本との全面戦は望んでいません。もし全面戦になれば米軍と衝突することになります。局地戦で日本に勝つ作戦を考えています。局地戦なら日本が勝ちます。

いくらミサイルを持っていても、尖閣のどこにミサイルをうちこむのでしょうか。自衛隊も民間人もいません。中国兵が尖閣に上陸すれば「自衛権の行使」で尖閣周辺に機雷を敷設し、尖閣に上陸した中国兵を兵糧攻めにすれば自衛隊員の犠牲は出ません。

自衛隊艦船は遠くから見ていればそれで十分です。尖閣に近づく中国艦船には潜水艦で攻撃し、機雷に触れた模様と発表すれば済みます。中国戦闘機が来ても自衛隊機は不要です。戦闘機で食糧補給は出来ません。

日本の領空に入る中国軍機は「地対空ミサイル」で防衛し、尖閣への上陸を後悔させれば二度と尖閣に上陸することはありません。局地戦を拡大し、本土を攻撃すれば米軍が出てきます。中国はどこまで本気でしょうか。

私なら「機雷敷設作戦」を取ります。

シナ人気質は、商人気質

>団塊世代の読者さん ソロです。
>>間違いなくダム上流側は土砂とゴミで埋まり、下流側は土砂の補給が減少して護岸や生態系に影響が出ます。三峡ダムが破壊又は自壊しなくても、ダムの保守には大変な手間が必要になります
 ですよね、元々長江は、四川省等の上流域で四つの河川が合流したモノでヒマラヤの雪解け水や、雲南省の山岳部に降る梅雨と同源の雨水を集めたものですから、水量は、式を通して豊富なのだと思います。 水が濁流なのは、流域沿岸の土質の所為もあろうと思いますが、何せ、ナイル・アマゾンに次ぐ世界第3の長さを持った河である事でしょう。

 06年の使用開始からわずかに10年にして、自然決壊の危機が迫って居るのでは、七氏さんのご指摘通りに、長江プロジェクトは、失敗だったと結論づける他在りますまい。

 軍略に徹して居れば、この様な国の経済や国民の生活に致命的なダメージを与える、攻撃を容易く受ける様なものは作らない筈ですが、国を護る事が、国民の生活・生命を護る事に繋がって居ず、目先の経済的利得のみになって居るザマが見て取れます。 やはり、国の中枢に、軍略で国を考える軍人が不在で、要るのは商人だけの国なんですね。

 この分では、シナ人民軍内の規律の程度は、大方想像が出来ます。 空軍の中将クラスが、退役戦闘機MIG19&21をスクラップにして、出て来るジュラルミンは高値のアルミ合金ですから、大儲けし、それが発覚しても、厳重注意だけですんだと言う話や、陸軍では演習場として確保して居た土地の使用権を業者に転売したとかの話があった様な気がします。

 韓国でも起こった事ですが、兵器のメンテナンスをいい加減にやって居る為に、イザトいう時には、十分に稼働しない、と言う現象が当たり前の様に起こる、正に「一事が万事」と見て宜しい部分が有ると思います。 味方として、全く期待できないザマは、先日の漁船転覆にも、全く対応できなかった例で、大体のレベルが見て取れます。

 スペックを如何に飾ろうと、実際に戦争するのは人間です。 勝って居る時は誰しも勇敢になれますが、その分劣勢が明らかになれば総崩れになる。 国府でも赤匪でも、シナ軍が一度も日本軍に勝ったと言える戦いが無かったのは、其処を見透かされていたからでしょう。兵士の質だけは、交換は効きませんから。

こんにちは

>へうげもの 様

貴殿がまず正しい歴史認識をお持ちになったほうがよい。

>戦前の朝日新聞は、軍国主義を煽って日本国民を戦争へと導きました


軍国主義の定義をご存知ないのか、ファシズムを連呼する奴らに限ってファシズムの定義を知らないという、よくあることだけど、同じ匂いを感じますね。

軍国主義とは「軍=政府」のことであり、朝日新聞が軍国主義を煽ったとおっしゃるならば、具体的に何を書いて煽ったのか教えて頂きたいものです。

大日本帝國は昭和20年8月の時点においても内閣の半数は政治家であり、ポツダム宣言を巡って政治家は額面通りの受諾を主張、軍は条件付き受諾を主張し、ちょうど半々に割れて多数決さえできずに決裂。このため大政奉還して陛下の御聖断を仰いだ。これが意味するのは、日本はどう見ても軍国主義ではなかったということ。

ファシズムと軍国主義を同一視する人もいるが、決定的に違うのはファシズムが「党が政府を支配している」ということ。党が主体なのか、軍が主体なのかで違うが、どのみち日本はファシズムでもなかった。

朝日新聞が煽ったのは「戦争」であり軍国主義ではない。また、朝日新聞らメディアが煽ったから戦争になったというのは、もはや日本政府はメディアの言うがままに動かされていたということ、であるならば、なおさらどこに軍国主義の要素があったのか。軍国主義下で国民を扇動するほどの「報道の自由」が保障されるとでも言うのだろうか。

さらに、さも戦争は全く必要なかったかのように言うが、大東亜戦争は歴史の宿命であり、ペリーが大砲をぶら下げて浦賀に現れたときから、すでに日米戦争は始まっていたのである。米国が西方への領土的・経済的侵略を「明白なる使命=マニフェスト・ディスティニー」と宣い、その野心を太平洋へと向けたとき、日米衝突は時間の問題となった。F・D・ルーズベルトはついにその野心を隠しもしなくなり、ABCD包囲陣やハル・ノートで、日本を追い詰めていった。

これに対して日本が自存自衛のため刀を抜くのは、座して死を選ぶことを恥じる武士なら当たり前であり、朝日新聞や東京日々新聞らが開戦を煽ろうが煽るまいが、日米開戦という結果は変わらない。

日清・日露戦争では「開戦責任」など殆ど誰も追及しないのに、大東亜戦争にだけ開戦責任を求めるのは、これが開戦責任でカモフラージュした事実上の「敗戦責任追及」であることを示しており、東京裁判と大して変わらない茶番である。

勝とうが負けようが、自存自衛のために武器を取り戦うのは人間として、いや生物として当たり前であり、米国の言いなりに甘んじることを拒否し戦争を選んだ御先祖様を私は誇りに思う。敗戦の屈辱を受け入れられず、日米戦争そのものを「戦う必要のなかった戦争」ということにしておきたい連中は、くだらない開戦責任を追及すればよいが、そのような「負け犬根性」では、次もまた負けるであろうことを忠告申し上げる。

核拡散防止条約の目的

北朝鮮の核開発さえ防止できなかった核拡散防止条約の目的は、果たして何であったのだろうか。

広く世界の核兵器保有状況を見ると、アメリカ、ロシア,EC、イギリス、支那、インド、パキスタン、イスラエルは、既に核兵器を持ち、今や朝鮮も核兵器を持つに至った。大国と言われる国は、例外なく核兵器を保有している状況である。

また、極東に限って見てみると、アメリカ、ロシア、支那、そして、このたびの朝鮮と、日本の周囲の国は全てが核武装しているのを見るとき、核拡散禁止条約の本当の目的は、巷間ささやかれているように、日本に原爆を投下したアメリカが、日本の報復を恐れ、日本にに核兵器を持たさないためのものである、とのことが真実見をおびてくる。
 特にイラクが核兵器を持とうとしているとの噂が出たときにアメリカは軍を派遣し、イラクを破壊したのに、北朝鮮が幾度となく核兵器の実験を繰り返してきたときは、放置し、成り行きに任せ、今日に至った。

アメリカは、日本の報復を恐れ、日本に核兵器を持たせず、何時までも己の膝下に置き、便利使いしようとしているのではないか。
いずれにしても、北朝鮮の核兵器保有により、核拡散防止条約は事実上破綻したものと思われる。日本も核拡散防止条約の規定にかかわらず、日本の好む時に核武装する権利が生じたものと思われる。

● 日本政府、パチンコのマルハン・韓昌祐会長に『紺綬褒章』を授与。

● 日本政府、パチンコのマルハン・韓昌祐会長に『紺綬褒章』を授与。

https://twitter.com/aixin_jp/status/773392327100473344

北朝鮮のミサイル開発資金源の
パチンコ業界マルハンの会長に
社会に大いなる貢献をした事を称える勲章を与える。

 安倍晋三総理の日本国民を愚弄する行為である、アホな日本人には判らないと考えている。
パチンコは景品を換金する行為が法律に違反して為に犯罪と看做されている。
 パチンコ依存症は社会的な問題を引き起こす為に現在、南朝鮮(現韓国)でさえも違法賭博として禁止されている

【関連情報】
http://aixin.jp/lbaxjh/chapter38.htm

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

韓国は国家レベルの危機ともいえる状況だが、韓国の懸念は海運業だけではない。米大手コンサルティング会社のアリックスパートナーズは、「低迷が続く韓国企業」と題した報告書によって、韓国全体の経済状況に警鐘を鳴らしている。
同社は、韓国の上場企業1606社について、財務データや株価を基に独自分析し、今後9カ月以内に深刻な業績不振に陥るリスクを算出している。それによると、26%に破綻リスクがあるという。特に、破綻リスクが高い企業は9%に上り、「破綻リスクの高い企業がほかのアジア諸国より際立って高い」と指摘している。ちなみに、日本で破綻リスクが高い企業は2%だという。

硫黄島さん
後半の大東亜戦争は歴史の宿命以降は全くの同感で、一字一句共感しました。
しかし前半の日本は軍国主義ではなかったのくだりは、少々納得いきません。
何故なら、軍部は天皇の統帥権を持ち出して内閣に陸海軍大臣を送り込まないことで、内閣を瓦解させることができ、最終的には軍部の思うままに内閣を操ることができました。
>軍国主義下で国民を扇動するほどの「報道の自由」が保障されるとでも言うのだろうか。
軍部に都合の良い報道は保障されると思います。
以前、戦争当時は紙も統制対象となり、軍部主導の政府から紙を供給されない恐れから、軍部に阿る記事を書かざるを得なかったと何かで読んだことがあります。
終戦の詔勅に関しても、政府は負け戦を認識していたと思います、ですから、軍部に対して各大臣も正直な意見を言える状況なっていて、政府内で意見が半々に分かれたと思います。
従来なら閣内不統一で総辞職のはずですが、軍部もそれほど強気には出られない状況を認識していたと思います。
その結果、昭和天皇のご聖断を仰ぐと言う道筋になったと思っています。
これは僕の憶測なので間違っているかも知れません。

軍国主義・・・外交・経済など国の政が全て軍中心に回ること。と定義されるなら、先の大戦での日本がそれに陥ったのは、終戦間際というか、戦況が思わしくなく、戦況挽回のため挙国一致の体制をとった東条内閣のころじゃあるまいか?

開戦当初から軍国主義だったといわれるとう~んと首をかしげたくなるのは私だけかなぁ?

シンガポール陥落のときなどは「ちょうちん行列」をしたとかの話もあり、一般の生活もまずしかったけれども、まだ軍オンリーの生活ではなかったのです。

母の言葉ですとほんとうに軍のためにという行動とったのは、終戦間際の物資窮乏のおりのときであり、食糧難などの地獄をみたのは終戦混乱のときだったとよく話してましたね。

物事を論じるときは時代・背景・定義などをはっきりさせて、議論していただければと思います。

刷れ殻はずれていましたら、ごめん!

老猫さん
東条内閣は昭和16年10月18日から昭和19年7月22日まで約2年9カ月続きました。
ですから日米開戦昭和16年12月8日、シンガポール陥落昭和17年2月15日、両方とも東条内閣での出来事です。
ちょっと記憶違いされているようです、しかしシンガポール陥落まで開戦からたった2カ月、日本軍のすさまじさが感じられます。
今まで白人に虐げられていた東南アジア諸国の人々が驚いたのも無理有りません。
でもある資料を読んでいたら、2月13日には日本軍は弾薬を使い果たし、撤退を考えていたら15日に英軍が降伏してきたとありました。
やはり戦争を続けるには、体力不足は否めませんね。

相手と自分のことをどれだけ知っているのか

孫子の兵法に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉があるが、今の日本はそれだけ相手と自分のことを知っているのだろうか。

まず己の能力のことだが、三峡ダムを攻撃する能力のあるミサイルを日本が保有しているのかというと、私が調べたところそのようなミサイルはないようだ。

日本は専守防衛に軍事能力を限定されており、相手国の奥深くを攻撃する兵器は存在しない。

三峡ダムは尖閣から1500km以上の距離があり、自衛隊にはこの距離に対応できるミサイルは残念ながらないようだ。

米軍でも、この距離では巡航ミサイルのトマホークくらいで、その炸薬による破壊力はダムを決壊するには不十分である。

破壊できるとしたら、バンカーバスターのような大型で貫通力のある爆弾だけのようである。しかし、これを投下するには戦闘機では無理であり、ある程度大きな爆撃機が必要である。

相手のことをどれだけ知っているかというと、これはもっと危ういであろう。

平常時から相手国内でエージェントにより、軍事その他の情報を得ているのが軍事常識である。有事には、相手国内でかく乱情報や破壊工作まで行なうことも必須である。
今の日本がどれだけこのような諜報活動をしているのか、心基ない。

戦前の日本軍は世界的に見ても優れた諜報活動を行なっており、その情報を参考にして開戦を決断しており、少なくとも緒戦は優位に戦争をすすめていた。

当時と今の日本を、国家の気概・愛国心・諜報能力・国民の覚悟などに関して比べた時に、果たして戦争できる状態にあるのか、はなはだ疑問である。

へうげものさん

>最近の国内の風潮を見ると、危険な傾向を感じます。
尖閣に上陸したら戦争も辞さないという、勇ましい掛け声だけが特にネット右翼の方々から発せられているようです。

幸福実現党は、シナが尖閣に上陸しても何もしないのですね。
尖閣はシナにくれてやると。。。

正しい歴史認識は米国に嵌められたことを知ることだと。。。

へうげものさん


戦争とは、国家の諸々の、隅々の強い意志と覚悟が常にいるものなのでしょうか・・・・・まぁ、あるに越したことはないんですが、
そういうことであるならば、ある意味楽ですよ。
敵が、こっちの準備できるまで待ってくれるならね。

そうじゃないから、苦労してるんでしょ、現実として w

そもそも、利害が一致しないから、どちらかの正義が、
一方の横暴になるから、『武力』という手段に出るんでしょ?

専守防衛とか、9条といった一連の自己抑止という名の楔について
それの評価自体、善と理解するものもいれば、悪と評価するものもいる。
更には、いずれも愛国心を持った者の考えと、そうでない者の考えがある。
国民の総意と、どこにでも安直に出てくるフレーズは、
ひどく笑えるほど、難しく険しいモンだと思います。

問題は、
中国は、そんな日本の事情なんぞ汲んではくれないってことです。
まぁ、
こんなこと言うと、戦争を煽るだのなんだのと批判されるんですが、国民と国体と国自体を守るという概念において、
武力なしで平和を守り、それを遂行するには、世界は・・・・いや、
この東アジアは、あまりにも未成熟であり、ちっぽけな理想と
空論に過ぎないことに、おそらく誰もが気づいていることなんじゃないでしょうか、・・・・まぁ努力は必要ですが。

平和国家としての日本の立ち位置がですよ、
貶められ、蔑まされ、詐取され続け、日本国民自体の心をも
踏みにじる、中国指導部とそれを支持する十数億の民。
彼らは、今、現実として、どこまで出れば日本は反撃するかを
探っている状態なんですよ。

『ただ今、準備中です』っていう札に従うんですかね  w

戦略的に、中華は情報戦だの、電脳戦だのと、のたまってたますが
命がけで持ってきたせっかくの情報も大半は消化不良中とのこと。
船も戦車も飛行機も、デカけりゃ威張るし、ヒビりまくるし。
果たして、
無策とみる日本の防衛網と、戦力をマスゴミが披露していることを
額面どおり受け止めているわけじゃないですよね、まさか。
(かといって、過大評価もしてませんが w)

中国は、日本のレーダー網を知りたくてウズウズしてるんですよ。
そんな簡単に手の内を敵に見せるとお思いですか? 日本が。

へうげものさんも、随分勉強なさっていると痛く感じますが、
脅威ってのは、こちらからの立場と、あちらからの立場を
勘案してこそ、バランスのとれた見方だと思います。
こちらのだけの脅威を一方的にいうから、戦争推進派として
ボ、ク、らは誤解されるから気をつけてるんです。

このお題の最初の方で前述しているとおり、
抑止力とは、相手に圧倒的な力の差と、危機感を与えることだけで
十分なのですから、
今後の日中間の前線と外交での攻防は、
ここらへんがポイントではないかと思う次第で、
覚悟と準備は、その動向で育まれるものと思います。

まぁ、国民総意とはいかないでしょうがね、
戦争への決断ていうのは、ある意味、常に民主主義との闘いでも
あるんですから。


軽いコメントですみませんでした。

戦前日本の軍国主義と言う認識

>国士さん ソロです。
 国士さんは、私より上の世代の方ではないかと勝手に感じて居ますが、当然、戦前現役の方ではありませんよね。 ならば、ドゥしても戦後のWGIPを下敷きとした反戦前日本教育の影響があると思います。

 つまり、「軍国主義がイケない」「軍部が暴走した」と言う評価ですが、此処でいう軍国主義は、記号化して居ます。

 良く、軍人政治家が世をゆがめたように言いますが、当時の政治家が、満州利権に沸き返って居る社会の中で如何に腐敗して居たか。それによって、国民は、政治は素人だが、清廉潔白では定評のある軍人政治家を選択したと言えるのではないでしょうか。それを戦後になって、軍人政治家が、国策を誤らせたと言う方向に持って言ったに過ぎないと私は思います。

 唯当たり前の話ですが、実際の話、軍人政治家でマトモな政治感覚を持って居たのは、米内光政位のものだと思います。

 私の軍国主義認識は、硫黄島さんのモノと似て居ますがちょっと違います。 軍国主義と言うのは、国が非常時=戦争若しくは準戦時下になった時、物資統制特に燃料に関するか統制に始まり、入出国を主とする統制、交易規制、そして、新聞やラジオ等の情報統制から、思想統制迄、国民に協力を要請するのは、当然だと思います。

 戦争している国は多かれ少なかれ軍国主義でないとマトモに戦えません。戦争であろうが平時であろうが、人をコロすのが戦争ですから、社会を「戦争している」モードにしなくては、国内外の犯罪者と見分けが着かなくなる恐れさえある。ダカラ、朝日や毎日が、戦争を賛美したのは、ソレなりの責任は伴っているとはいえ、或る意味正しい行為でしょう、ダカラ、戦後になっても非難されていないのです。

 それでも軍国主義にしなくてはならないのは、何の為かといえば、戦争に勝つためです。 勝つ為に国民が全力を尽くす必要があったのです。

 殊に日米戦争は、彼我の国力の差は20倍以上もあり、国中が纏まらねばとても勝つ見込みなど無い戦いでした。 それでも、陸海軍からして、意見の違いに開戦直前まで拘泥して居たワケで、現状認識の大差をもっと縮めて置くべきであったと思います。 ダカラ、シナでは余裕で勝って居た陸軍が、「何故、レイテ沖で全てを失った海軍の尻を拭かねばならないのか?」等と、セクト主義を持ち出す愚かな話になったのです。

 平時に戦争は、出来る限り避けるべきですが、一旦開戦となれば、国中が勝つことに集中して、必ず勝たねばなりません。敗戦国の惨めさは、勝った国に居ても良く分る筈でしたから。

 然し、結局負けたのは、戦争を始める時点で、陸海軍の戦意が纏まって居なかったからです。 従い、作戦もバラバラなら、人事も、規格もバラバラ、随い、鉄砲の玉迄バラバラ、つまり、厳密な意味でいえば、軍国主義が徹底できていなかったから負けたのです。

 そして、一度のミスを取り戻せるほど余裕のある戦いでは無かったから、ミッドウェーで負けて主力空母群を失った時点で、工業力に勝る米国が、日本以上の空母や艦船、そして航空機をを量産して来る事は明らかで、敗戦は必至だった。

 つまり、米国の量産体制が、本格化する迄なら、日本の勝つチャンスはあったと言うべきで、小沢の様な、現状認識がまるで出来て居ない艦隊司令官を選任した時点で、日本はミスを犯したと言うべき。

 他の作戦ミスも、売りだった航空起動力の衰退~不在によって惹き起こされたと言って良い。 翔鶴や瑞鶴、大鳳、信濃と言った正規空母は、ミッドウェーで沈んだ四隻の正規空母が健在であって始めて有効な事は、端から分って居た筈である。それに、新兵器だった潜水艦に関する評価が余りに低かった事も、兵器依存の高い海軍の大きなミスの一つに数えられるでしょう。

 ダカラ、結果から言えば、端から日本の抹殺を狙って居た米国の陰謀に負けたと言うべきで、日本が目指していた「有利な状態での講和」等、端からFDRは考えて居なかったのである。

 結局、日本は白人文明連合に敗れたと言うべきだが、当時世界最大の軍事大国をものともせず、3年9か月も戦った事を、世界は、特に当時、白人国の植民地支配に喘いでいた有色人種国は、大きく評価したのである。

 結果ダケでは無く、有色人種にも人格があり、国を建てる権利があり、そして、誇りを懸けて戦う気概がある事を、日本は示し、諸国は、その絶望的だが、勇敢な戦いから学んだのです。

自衛隊は優秀です。

へうげものさんへ ポッポです。

>当時と今の日本を、国家の気概・愛国心・諜報能力・国民の覚悟などに関して比べた時に、果たして戦争できる状態にあるのか、はなはだ疑問である。
前線で戦うことになる、自衛隊のことはご存じですね。

航空自衛隊が米国から優秀な部隊と評価されているのは、日本人にとって当たり前のことになっていますが大変なことです。
海上自衛隊は、リムパックの訓練を毎回参加していますが、常に高い評価を得ています。
陸上自衛隊の普通の部隊を米国の訓練に派遣したら、米国からは特別に編成した部隊を派遣したと言われました。

日本の自衛隊は、陸海空とも優秀であるとの評判が高いのです。
陸上自衛隊は士官以外は、一般の人が一期2年で採用されます。特別な教育を受けてきた部隊を構成しているのではないから、国民の民度がそのまま部隊の優秀性に反映されるのではありませんか。

そう考える場合、戦前の軍隊と比較しても劣るとは考えられません。逆に戦後日本の工業力の優秀性が武器に反映されますから、日本の陸上自衛隊をなめてはいけないと思います。
ただ、全般的に国内で開発した武器を実態として輸出していなかったため、コスト高であることは欠点だと思います。これも、輸出が可能になりましたから、今後は改善されると期待しています。

ポッポさんすみません

誤解を受ける文章でした、すみません。
自衛隊と他を一緒にしたのが悪かったです。
自衛隊だけ別にします。

自衛隊は錬度・士気ともに世界一であることを知っています。

戦闘機のパイロットも、アメリカのパイロットをうならせて、自衛隊とは戦いたくないといっています。

陸上自衛隊員がアメリカで訓練したときの、小銃の命中率は、アメリカの特殊部隊と同じくらいだと、驚愕の目で見られたそうです。これは、普段から少ない弾薬のおかげで、しっかり狙いを定めて打たざるを得ないということが理由のひとつにはがありますが。

海上自衛隊の艦船を視察したアメリカの艦長が、手すりに指をこすりホコリが全く付かないことに感心して、私はこの艦の指揮を執ってみたいと言わしめたそうです。

海外の駐屯地でもトラブルなど一切なく、規律は世界一なことはまちがいありません。

すみませんでした。
自衛隊については、「海外における諜報活動だけが戦前の軍に比べて見劣りする」と訂正します。
他はそのままです。

福島県民を傷つける小泉

小泉元首相と俳優の吉永小百合氏は「子供の甲状腺癌」発症に備えて基金の創設を訴えています。前記の通りであれば美談です。が、美談ではありません。対象者は「福島原発事故発生後」に発症した子供が対象です。

日本全国の子供が対象にはなりません。飽くまでも「福島」が対象です。子供の甲状腺癌の発症確率は日本全国同じで、特定の地域の有意差はありません。にも拘わらず、「福島原発事故」以降の発症となると「福島の放射線」が想起されます。

彼らの目的は「反原発」であり、それに福島を利用しようとしています。もし、この話が広まれば「新たな風評被害」が始まります。福島県民は怒りの声を上げるべきです。

「偽善」は止めろと。

国士さん

私の思い違いだったようですね。お詫びいたします。
てっきり近衛内閣が戦を始めたと中学生の時から思っていたのです。

私が中学生の時、横須賀基地を横目で見ながら何故日本は負けたのだろうという動機から、戦史・戦記物が好きになり、読み漁りました。それ以降そういった類のものは読んだことがありません。

ただ、日本は軍国主義で悪ものだったとは自分自身の中では否定すべきものという事で固まりました。

国士さん

大東亜戦争当時、日本が軍国主義で悪ものだったのなら、明治時代も軍国主義の悪者の日本だと思いになられるでしょうか?そうは思われていないでしょう?

何処がちがうのでしょうか。ご教授いただければと思います。

老猫さん
僕は軍国主義が一概に悪いとは思っていません、矛盾していると思われるかも知れませんが、その時の国の置かれている環境によると思います。
ソロさんもおっしゃっているように、戦争中は勝つためにその国のあらゆる資源、人、物、金を集中させるのは当たり前のことだと思います。
いつの世も戦争の勝ち負けはその国の存亡を左右しますから。
その資源の最も効果的な運用方法が求められると、必然戦いの主役である軍人に権力が集中する軍国主義に傾注していきます。
国の命運をかけて権力を集中させているので、その権力の行使について妥当性が求められるのは当然の事です。
では大東亜戦争時の軍部の権利行使が妥当なものだったか?
不必要な陸海軍部の確執、兵站等の計画不足、人事の硬直化、戦略戦術の不統一等負けるべくして負けた要素が余りに多すぎます。
以前読んだ本の中に、もし真珠湾攻撃において第二派攻撃を送って石油施設を破壊していたら、米軍は西海岸のサンディエゴまで司令部を撤退させざるを得なかったとありました。
さすればミッドウェイ作戦もなく、太平洋の戦況はがらっと変わったものになったそうです。まあ、たらればの世界ですから言っても詮無いことです。
一方明治時代ですが、日本は正に列強が先を争って植民地を求める帝国主義の真っ只中に無防備で放り出されたようなものです。
富国強兵に突き進まざるを得ないのは、当然の帰結で緊急課題でした。
軍国主義が何ぞやとも分かっていないし、それが良い悪いなんて言っていられない環境でした。
幸運にも恵まれ日清、日露両戦争に勝ち大東亜戦争時には列強と肩を並べる地位にいました。
明治以降、長州は陸軍、薩摩は海軍と警察、と言う具合に人事が硬直していったのはご存じ通りです。
特に陸軍は幼年学校、士官学校、陸軍大学と、この出身以外は中枢にいられない組織になり、井の中の蛙のような組織になったようです。
軍国主義の良しあしよりも、結局それを運用する人間次第と言う事ですね。

福一被害者救済を装った韓国救済の疑念

>にっぽんじんさん お早うございます ソロです。
>>小泉元首相と俳優の吉永小百合氏は「子供の甲状腺癌」発症に備えて基金の創設
 吉永小百合さんは、昔から芸能人に在りがちな極度の左巻きで、反政府分子ですから、特別意味を意識してやって居るとはとても思えないのですが、小泉さんには困ったものです。 その反政府度合は、鳩山ほどではありませんが、やって居る事の成り行き次第では、息子の進次郎さんの足を盛大に引っ張る事になる事になりかねないのですが、引退したのなら余計な事は控えた方がよいと思いますがね、それとも、未だ、政治界に未練でもあるのでしょうか? 

 確かに甲状腺異常の症状が出て来るのは是からですが、その規模も症例も分らない時点で基金の支援の対象を福島の原発事故にに限る意図には、戸惑いを感じます。 職業的環境から、または、自然被曝が原因?の人なら他の地域にもいるはずで、何故そちらを意図的に外すのか、と言う明確な理由を述べるべきでしょう。

 唯、韓国の古里原発、霊光原発では、複数の号機で、複数回、補機故障を原因にメルトダゥンした原子炉の一次冷却水を垂れ流した結果海岸の砂を広域に汚染しましたが、その砂をソウル市内の舗装工事に使った為に、日本の数百倍と言われる被害が既に出ているのですが、韓国国内では、その救済は勿論、事件があった事自体隠蔽されています。

 日本の政府内に居る親韓の政治家や官僚に、韓国救済に基金を転用される事を防ぐ為、と言うなら分りますが。 こうした福一救済に名を借りた政治利用を防ぐ為にも、その意図を明らかに広報する事で、先の疑いを晴らしておくべきだと思います。

 その疑いが濃い筆頭が小泉さんでは、話になりませんが。

 兎に角、昨日亡くなった、加藤紘一元衆議院議員の様に、嘗ては政治の中枢に居乍ら、隠れようもない売国活動をしていた裏に一体何があったのか、その加藤氏の盟友だった小泉氏、山崎氏は、日韓関係が最早修復できないレベルになった昨今ですから、ソロソロ内幕を明らかにすべきだと思います。

一言で言えば、彼らは○ねって事だよ。

それくらい解らない馬鹿はせこい真似して生き延び擦り潰されてしまえば最も面白いことに成りそうだ。

そうそう、心で思っている事象は、現実に現象として現れることを知っているかい?

色々あるけれど、其の思いが世界中、人々の強い思いがあるほど、彼らは追い詰められる事になるだろう。

責任放棄し、戦争を企み、勝手な真似をするのは追い詰められた心理状態なのかもしれませんね

回答

>ちりへ ソロです。
 一言云って置くが、お前の自意識過剰なコメントにいちいち反応する義理は俺にはない。 それに、疑問があると言うなら、その課題に対する自分なりの考えを先ず此処に書いて見せてから、他人の意見を求めるべきではないか? 自分の意見は示さず、他人の意見だけ傍観して、あれこれ、批評めいためいたものを書きこむのは、可成り卑怯だと思うが、書き込むだけの能力が無いと言うなら、固より、このブログに、エラソーなコメントを書きこむのは止めた方が良い。 是は5年もの間、何回も指摘して来た事だが、すべて無視して来たのではないか? 

 お二方の軍国主義の議論の何が、どの点が理解できないのかも表現して居ないお前に、散々軍国主義について語って来たお二方に「酷な質問」も無いもんだ。 要は、お前が「何も読み取れなかったから、再説明しろ」と言って居るに等しい。 せめて頼むのなら、其れ形の言葉を尽くして、自分の疑問点をポイントで提示すべきだロ。 礼儀も弁えないモノの「お願い」等、お二方も聴いてやる義理は当然無いだろう。

 折角だから、軍国主義についての私論。

 俺の言って居るのは、現状日本のマスコミに流布している軍国主義批判はWGIPの産物であって、軍国主義と言う言葉自体戦後の作だろう。 思想弾圧とか思想統制とか言って居るが、欧州の宗教戦争や独裁国家の専制政治で行われたような弾圧は一切なかったと言って良い。 

 少数の事故や、やり過ぎた特例を取り上げて、思想弾圧だと騒いでいるのは共産主義者だけだし、実際は、窃盗犯やリンチ等の傷害・殺人犯と言った刑法犯での容疑取り調べであったケースの方が圧倒的に多い。 服役の理由が、思想犯では無かったカラ、戦後共産党員は、出獄が遅れたのである。 弾圧どころか、宮本顕治の様に、リンチ殺人の主犯で無期の筈が、出獄できたと言う特例さえ受けてる。 GHQの他国が下した既決の法的制裁の分野までの容喙は、許し難い話である。

 軍国主義は戦時体制を維持する為のものダカラ、そのベクトルに反するものは、出来る限り排除する必要があった。 ダカラ、敵方の思想主義者は勿論、戦争そのものに反対する宗教指導者もその対象になったが、共産主義者も自由主義者も、拘束~収監~拷問・処刑と言う例は一軒も無いと思う。 ダカラ、国家に拠る思想統制はあったが、弾圧はなかったと思う。

 大本教は組織そのものを解散させられ、教主の出口王仁三郎は投獄されたし、創価学会の牧口初代も投獄され、病気で獄死している事は有名な話だが、それを彼ら自身が弾圧とは言っていないだろう。軍国主義なんて何処の国でも、戦時下になれば自然に出て来るものだろう。 明治と昭和の軍国主義の違いは、前者は自然な流れと言う理解のままだが、後者が戦後米国に拠って脚色されて、有もしなかった事迄あった様に言われていると言うダケの事。 日本には、同調圧力と言う段階のモノはあっても、全体主義なる強制力は存在しなかった。

ちりちゃん
人に意見を求める前に、まず自分の意見を言う、これ礼儀ですよ。
そうして初めて同じ土俵で議論できます、人は土俵に上げて自分は観客席から文句言う、これって公平ではありません。
それともう一つ、君の文章は会話調で主語や目的語が省かれています。
会話している時は、場の雰囲気や相手の目を見るので、ある程度意思疎通はできますが、しかし文章の場合それは無理です。
人の事はあまり言えませんが、文章には起承転結と言うルールがあります、それを守るようにしましょう、それが意思疎通をスムースにする一歩だと思います。

大東亜共栄圏の夢

東洋平和の姿を夢を見、走り、戦い、歴史のなかに消えていった大東亜戦争の責任を日本国内にのみに求めるべきでなく、広く世界にその原因を求めるべきである。大東亜戦争で戦士した兵士の中にのみ、その原因を求めるのは、あまりにも哀れである。

長距離ミサイルも、核兵器も同じです。

へうげものさんへ、 ポッポです。

意見の修正をしていただいて、ありがとうございます。

ところで、貴方は三峡ダムの破壊について、海岸からダムまでの距離が2000km程あることから、日本が現在保有するミサイルや航空機では攻撃不能、また米軍の巡航ミサイルでは速度が遅いうえに弾薬量が少ないため爆破しても効果が足りない旨の記述をされていたと思います。
そして、日本が核兵器を持つことで、国の安全を確保するとの記述もしていました。

これは、論旨が不平等な扱いを、していると考えます。
なぜかと言いますと、

日本が保有していないミサイルや航空機は、目的に沿ったものを開発すれば良いのです。
これについて、現在ないものを使用するのはおかしいと言うことならば、核兵器も同じなのです。

私は日本が核兵器を、作れないとは思えません。その気になれば、短期間に必要なものを作れます。ただ、日本には反日日本人や核兵器に極端なアレルギーを持つ日本人等、核兵器に反対する人が多いのです(これは、WGIPの影響が大きいです。)。

この人達を説得して核兵器を作ることについては、並大抵の苦労ではありません。
従って、核兵器の保有はダム破壊に必要なミサイルや航空機以上の、手間暇がかかると考えなければならないと思います。

日米同盟の意味とその深さ

>ポッポさん ソロです。 横から御免なさい。
 三峡ダムの破壊の件ですが、もし、日中開戦と言う事になれば、日本は軍事同盟を米国と結んでいるのですし、日米安保の総合指揮権は、米国に在ると考える方が、今までの経緯から言って真っ当です。 三峡ダムの爆破は、後の事を考えれば、したく無いのが、本音でしょうが、可能かと言えば、当然可能でしょう。

 へうげものさんは、現在公表されている兵器だけで予想を建てようとしていますが、現在公表されて居る武器の殆どは、30~50年前の兵器です。 仄聞情報ですが、コンパクト化した小型核兵器なら、スタンドオフ。ポジションからマッハ7以上で目標に命中させる事が出来るんだそうです。 然し、THAARDの様な、公表すれば政治的な効果が上がり、抑止力が期待できるのなら、割に新しい兵器であっても限定的に公表している様ですが。

 ダカラ、日本が現在持って居る武器のリストを探しても、全く意味はありません。日本がドゥしても必要なら、米軍が肩代わりをする、若しくは、米軍の持って居る兵器を借りれば済む事が多いからです。

 それは、核兵器にしても同じ事ですが、飽く迄、兵器の所有権、運用権は米軍のモノですから、戦術核でも戦略核でも米国の指揮下での判断で、必要ならば使用許可が下りるでしょうし、そうでないなら使えません。この指揮系統は固定されたものでしょうし、日米安保がある限り、日米軍は一体と考えて良いでしょう。 米国と戦争をしたいのなら別ですが。
 
 ですからもし、米韓同盟の様に、それを韓国自身が握るから返還せよと言うなら、アメリカは、米韓同盟そのものを破棄するでしょう。 韓国の指揮下で、米軍が作戦を遂行する等在り得ない事です。それは、日米同盟でも同じ事がいえましょう。 

 日米同盟がある限り、日米は一体で動きますから、日中戦と日米vsシナと2つの分けて考える必要はありません。 ダカラこそ米国が日本に核武装を許さないのだし、日本も独自の核武装を求めないのです、何故か? 必要無いカラです。

 ですから、日本が核武装すると言うなら、基本日米同盟解消と言う話が出て来る筈です。 緊急避難的な意味で所有を必要とすると言うなら、前述の様に、米軍の持って居る戦術核の運用権を譲って貰う位でしょうね。 

 インドやパキスタンに核保有を認めているのは、彼らの独自の争いに米国は巻き込まれたくない上、第三国に核を使用しない事を暗黙の了解にしているだろうからです。

 核武装推進を前提にしていると、現実が見えなくなっているのに、全く気が付けて居ないマヌケな話になると言う好例でしょう。

【在日発狂】小池百合子知事、五輪の韓国服ユニフォームをボロクソに批判

【在日発狂】小池百合子知事、五輪の韓国服ユニフォームをボロクソに批判
https://twitter.com/shimm225/status/774705467641573376

支那朝鮮勢力が支配している前舛添都知事が注文した東京オリンピックの公式ユニホームが
なんと1着25万円であり、日本人を愚弄して事は南朝鮮(現韓国)の宮殿を護衛する衛兵の
衣装を真似下もの。 東京オリンピックのエンブレムを創価学会の旗に記された紋章にすり替
えたオリンピック実行委員会の騙しの手口をどんどん暴露していこう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

北京オリンピックを支援する議員の会 加藤紘一氏(副会長)の死去

北京オリンピックを支援する議員の会 加藤紘一氏(副会長)の死去
に当たり、その仲間達の名前を覚えて、
日本の売国奴、国会議員について正
しい認識をを持とう。

河野洋平(会長)
中川秀直(会長代理)
鳩山由紀夫(会長代理)
加藤紘一(副会長)
高村正彦(副会長)
古賀誠(副会長)
島村宜伸(副会長)
谷垣禎一(副会長)
中馬弘毅(副会長)
津島雄二(副会長)
二階俊博(副会長)

IR議連事即ちカジノを解禁する法案を成立させる会の顔ぶれを確認して下
さい。 カジノが解禁されると日本の地方政府(都道府県政)は全滅します。
支那朝鮮族により支配されることと成ります。

詳細は
【議員連盟の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj8.cgi
記事番号ー38 北京オリンピックを支援する議員の会

【議員連盟タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj8_hdir.cgi

南雲ですよね?

ソロさん、初めまして。nak11と申します。ずいぶん前からロムって居ました。

>小沢の様な、現状認識がまるで出来て居ない艦隊司令官を選任した時点で、日本はミスを犯したと言うべき

南雲の間違いですよね? ミッドウェー海戦時に軍令部から「決して(敵空母攻撃用に雷装して待機していた攻撃機を)ミッドウェー島の陸上基地攻撃に使ってはならない」と厳命されていたにも拘わらずに友永大尉の「二次攻撃の要あり」の電報で攻撃機を爆装に転換させた行為は結果として日本を滅ぼすのと同義だと思っています。南雲と源田は罪深いと思います。

ご指摘ありがとうございました。

>nak1 さん
>>小沢では無く、南雲
 その通りかと、Wikiで、ちゃんと確認を取るべきでした、え~加減な事を書いてスミマセン。 ご指摘ありがとうございました。

ソロさんへ、 ポッポです。

三峡ダムの破壊について、へうげものさんは日本だけで可能な形として提案し、これの成否について検討していたと考えていたことと、彼は以前から日本が核兵器を保有することに拘っていたことを併せて、いずれも現在の日本にないものですから、これを平等に考えれば両方とも現在日本にはなくても、開発すれば同じこととした考えを示した次第です。

しかし、日米軍事同盟を前提とした場合には兵器の種類が全く異なり、爆撃機も核兵器もあるわけで、中国からの攻撃を抑制する手段は解決したことになります。
勿論、米国の兵器ですから使用については米国が主導しますが、日本の安全を図れたら目的は達成したと考えます。


へうげものさんへ

貴方は米国が日韓の離反工作を、常に行っているとの論も主張していますが、これには無理があると思います。

戦後、GHQはWGIPで日本をいわばすべての国家よりも、下位に置きました。これはご承知のことと思います。
しかし、それでもマッカーサー氏は最終的に、朝鮮人を戦勝国民とはせず第三国人としています。(朝鮮人の暴虐で、その民族性を知りました。)
日韓離反と言うより、朝鮮人は日本人を植民地のごとくに扱ったのです。

その前に、戦前から米国が韓国に対して反日を推進したのは、李承晩氏の存在があったと思います。
米国は終戦後に李承晩を大統領にしましたが、彼は大統領になった後、韓国で独裁政治とともに反日行動をしましたから、米国が日韓の離反を計ったように見えますが、米国(ラスク書簡)は竹島を日本の領土と認めていたことなど、必ずしも韓国側にたっていたわけではありません。
これは、無理矢理ですが、協調を進めたと言っても良いでしょう。

そして、李承晩大統領は朝鮮戦争の休戦のどさくさに李承晩ラインを一方的に設定しましたが、このときの日本は非武装でしたから、どうにもできませんでした。
これは、離反に通じると思いますが、米国の意図であったとは思えません。(李承晩大統領の個人行動です。)

日本は日韓基本条約で、韓国に多額の有償・無償の借款をしましたが、これは協調行為です。しかし、日本は戦後のWGIPで精神的に歪んだ構造にありましたから、まともな条約ではありませんでした。妥当な金額の何倍を、渡したのかと思います(日本の財産を放棄しましたが、他国が植民地にした補償とは、全く異なっていました。大過ぎです。)。
これは、馬鹿げた協調です。

1970年頃から慰安婦問題が発生しました。
この慰安婦問題は、韓国によるいわれのない日本の誹謗です。
これは、日本の反日団体と朝日新聞、そして韓国による離反行為です。

この件は、後に国連によるクマラスワミ報告やマクドゥーガル報告書によって日本は捏造によって、さらに辱められたのです。
とんでもない離反行為です。

また、ヘイデン法成立直後の8月にはマイク・ホンダ下院議員が、第二次世界大戦時の戦争犯罪について、日本政府が公式謝罪と賠償を求める決議を提案、カリフォルニア州議会は採択したことは、離反行為です。

ところが、この頃に元慰安婦が日本政府を相手取って、損害賠償請求の集団訴訟をワシントン連邦地方裁判所に起こしましたが、サンフランシスコ連邦地方裁判所は「日本国との平和条約において請求権は決着済み」「追加賠償を求めることは同条約によって阻まれている」として元米兵や元連合軍人らの集団訴訟12件に対して請求棄却しました」。
これは米国として正当なことですが、日韓としては離反行為です。

米国ではクリントン、ブッシュ両政権下において、8年かけてドイツと日本の戦争犯罪の再調査を行ないました。その結果、慰安婦問題については、慰安婦を日本軍が性的目的のために組織的に奴隷化したという米国側の資料は皆無であったことが2014年に明らかとなりました。

この日韓の関係については、戦後の長い間、韓国が日本に理由なく請求するたびに日本が応じることで、もめ事が収まってきたのです。
これは、日本韓国の協調・離反と言うよりも、日本が一方的に譲っていたものでした。

これらは、米国が日韓を離反させるべく、動いたといえるのでしょうか?

確かに米国は、当初なら日韓を離反させるべく動いたと考えますが、戦後サンフランシスコ条約の締結頃からは、日韓に対して中立であろうとしていたように思料します。

まして、近年、中国や北朝鮮は、米国の敵性国家としての立場が明確になり、場合によっては米国民の脅威になろうとしているのです。

米国の立場からすれば、日韓が協力して太平洋の西側における米国の砦として働けば、極めて有効な存在になると思います。

私には、米国が日韓の離反を目指して、行動するとは考えられません。

築地市場の移設を阻止しよう

築地市場の移設を阻止しよう
https://twitter.com/aixin_jp/status/774971215798599680

築地市場の移設の目的は跡地にカジノ(賭博場)を建設する事です。
 世界中どこでも例外なくカジノを作った国は風紀が乱れて社会は荒廃して行きます。
 日本には不法滞在の支那朝鮮人が居座り、地方政治(都道府県政治)で議員の収賄で地方自治
が全滅します。 安倍晋三総理がパチンコのマルハンの会長に地域に多大な貢献をしたとして勲
章を授与しています。 カジノ(賭博場)を解禁する法案を進めているのが安倍総理が最高顧問
をしているIR議連です。 参加者は関連情報で確認して下さい。
 各政党の有力者が勢ぞろいしています。 築地市場が移転すればカジノ(賭博場)を解禁する
法律は即座に成立するのは明白です。 日本人であるならば日本の安全・安心で自由な社会を守
る為に共に働きましょう。 築地市場の移転を阻止してカジノ(賭博場)の建設を阻止しましょう
【関連情報】
IR議連(国際観光産業振興議員連盟)
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj8.cgi#5月11日_15時28分00秒
詳細は
【Web検索システム カジノ】をカチッとね
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cskjn.cgi

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

陰謀説には切りがないが

東日本大震災の人工地震陰謀説

証拠1:P波が来てS波が来る自然地震が、P波が来てない
証拠2:不自然な3回の波形
証拠3:福島原発の爆発がなぜ3回!?
証拠4:海に汚染水を流したのを「米政府の要請で」と発言した政府関係者がいる。次の日撤回。
証拠5:船艦「ロナルド・レーガン」がトモダチ作戦で被爆を訴える不自然さ。 日本人は発ガンしていないのに、なぜ特定の米軍が発ガンしたか。
証拠6:陸前高田の薪からセシウム検出
証拠7:震災後すぐ、海底から放射線物質が出る
証拠8:津波にが20分置きと規則正しい
証拠9:すべてが46分に行われている

*1.17阪神大震災5時46分、3.11東日本大震災14時46分、4.1チリ大地震20時46分、9.11NY同時多発テロ8時46分

偶然の可能性もあるが、アメリカで2011年3月11日に公開された、映画「世界戦略:ロサンゼルス決戦」で、宇宙人が地球に攻めてくる日時が「2011年4月11日の4時46分(グリニッジ)」になっているのもまた偶然なのだろうか…。



怒涛の進撃

 先に小池百合子東京都知事が、築地市場からの移転を延期した豊洲市場ついて、土壌汚染対策として800余億円かけて実施されるはずであった主な建物の下の盛り土が行われていないことが判明した、と小池百合子東京都知事は急遽記者発表した。
 もう、これで小池百合子知事の東京改革は、都議会も、誰にも、止められない。怒涛の進撃が開始されるだろう。

的外れな批判

>愛信さん ソロです。 下記の文章の裏を開示ください。
>>安倍晋三総理がパチンコのマルハンの会長に地域に多大な貢献をしたとして勲 章を授与しています
 勲章を授与した事は本当ですが、安倍総理が決定したものではないでしょう。 貴方の相変わらずの反安倍活動の一環でしょうか? 

 それにしても、現実の改革を行っている人を、其の「足らず」のみ採り上げて批判する事が、本当に日本を良くする事に繋がるとお思いなのでしょうか? だとしたら、非常に愚かだと云う他は無い。

 この件に関しても、批判されるべきは、韓会長をノミネートした官僚でしょう。 一日数百件の許認可の「ハンコを押した責任」を問うより、其れをお膳立てしている官僚の質を問うべきではないのか、と云う事です。 貴方の舌足らずの批判は、批判するべき官僚組織やその背後にいる受益団体を暗闇の中に隠し、表に出ている安倍さんだけ批判しているのですから、「為にする批判」にしか見えない事は一目瞭然。

 残念ながら、貴方の行為は唯の反政府行為にしか見えません

米国のよる日韓離間工作の蓋然性

>ポッポさん ソロです。
 へうげものさんの意見は、米国の謀略性を前提としていますが、時々刻々と変化する世界情勢に併せて変わる「何の為に」と云う謀略の目的への視点が、丸で無い為に、単なる陰謀論の拡大解釈=妄想に過ぎないと、私は評価しています。 危機は社会への警鐘と共に、混乱を招くものですから、譬え取るに足りない陰謀論の類であっても、ちゃんと否定して置かねばならないモノが有ります。

 「シナの三峡ダムの意図的決壊」で発生する人的犠牲者は、最悪数億人に上るでしょうが、其れを惹き起こせるかドゥか、について一番過敏になって居るのは他ならぬ共産シナ当局でしょう。 彼等は其れこそ、撃ってくる相手が米国/日本、ロシア、インド或いは、他の国である可能性迄、全部含めて対応を考えて居る筈です。

 成層圏まで上がった弾道弾が、再突入する場合のスピードは、マッハ10を超すと云われていますが、是を撃ち落とすには、マッハ5~7の現状のミサイルでは無理で、THAARDの中に在る高速度ミサイルでしか対応できないとされています。 米国が朝鮮の核実験やミサイル開発を、事実上放置しているのは、共産シナに対する牽制である可能性もある、と云う中身は、実は三峡ダムに、朝鮮が射程を合わせている可能性だってあるのです。

 同じ妄想を巡らせるのなら、朝鮮の生き残り作戦についての妄想もしてみたらドゥかと思うのですがね。 www

 さて、
>>日韓離反と言うより、朝鮮人は日本人を植民地のごとくに扱ったのです。
  この認識は、白眉ですね。 朝鮮人の願望そのままを言い表して居る様に思います。 日本の戦前の朝鮮統治は、旧態の支配者であった両班層には、其の近代化を理解できないが故に、辛く、厳しいモノでしたが、下層民の農奴クラスには、光明以外の何物での無かった筈です。 農奴層の開放~開墾田畑の取得による自立化は、朝鮮の新時代を予感させる希望に溢れたものであった。 開墾田畑で産出された農産物は、其れまでなかった農産物の流通価格を押し下げましたので、多くの下層民が食糧を十分に補給できるようになり、平均寿命が倍になりました。

 然し、両班層は其れまで不労で得たいた収入を相場の低下によって、良くて半値、悪くすれば3割程度の収入に落ち込み、自らは不労が故に、目先の金を得る為に、其れまでは許されていた犯罪行為を散々行い、官憲に逮捕され没落して、族譜を売り渡す両班層も多かったでしょう。 両班層とは「自身で責任を取る」と云う事に誇りを感じない層ですから、此の不遇の原因になった日本統治を恨んでいたでしょうが、大抵は、近代社会では、重大な刑事犯に当る、傷害、殺人、強姦、詐欺、そして、国家反逆罪、騒乱罪に該当するモノばかりで、その規制を以て、弾圧と云うのでは、戦前日本の共産主義者と同じでしょう。 

 然し、500年に亘る李氏朝鮮時代には、そういう刑事犯が両班層に限って、野放しだったと云う歴史的事実を認識して置かねばなりません。 結局朝鮮人支配層には、日本が持ち込んだ法治主義の社会近代化が重荷だった訳です。 ダカラ、日本に脱出した半島で零落した両班層は、日本統治に対する恨みを募らせていたでしょうが、反面、日本で成功しさえすれば、の思いも大きかったでしょう。

 故に、日本の敗戦を機に、米国を背に日本社会を征服、仰有る様に植民地化してやろうと考えたから、朝鮮進駐軍の様な行為を始めたのでしょう。

 是に加えて、朝鮮半島内では、民主化の旗手の筈の米国進駐軍が、赤狩りと称して、真逆の行動=非民主的弾圧、社会を李氏朝鮮時代に逆行させる行為を行った事で、李承晩は勢いづいてやりたい放題になったが、此の時、本当の意味で弾圧された、日本統治時代に新生した自由農民層が、現在韓国の左傾化の原動力になって居る事は、誠に皮肉な現象で、米国の未熟で、不統一な統治政策の結果が見て取れます。

>>米国が日韓の離反を目指して、行動するとは考えられません
 米国がもし、本当に日韓の離反を望んでいれば、米韓同盟か日米安保の何れかは、既に反故になって居る筈です。 然し、米国は対日本で50万人以上の犠牲者を、朝鮮戦争では5万人近い犠牲者を出して、日本と韓国を極東の橋頭堡として獲得した経緯があるワケで、是を無条件に失う事は、米国内部でも許し難い話でしょう。

 米国の利益を中心に考えれば、ポッポさんの仰有る通り、日韓協調こそ、望ましいと思います。 然し韓国は、自身の経済運営の拙さや、産業力の開発・定着化の失敗によって、全産業が自律性を失いつつあり、結果、産業が他国の所有となって、国容を保つことすら難しくなっています。 

 然も、救いの手を差し延べてくれる日本の手を振り払い、援助に対し感謝では無く悪罵を、謝罪に対しても反省や感謝でなく傲慢しか示してこなかったが、日本は敢えて反応して居ません。 然し、そうした、韓国の態度が、非常識であると世界が認識し始めたから、自然に韓国の信用が失墜しているワケで、いわば、自業自得と云う他は無い。

 そして、中世然とした事大主義で、元の宗主国の共産シナに媚びて、其の依存率を限界まで高めた処で、シナの経済破綻現象が起こって居ると云う、絶望的な状況が現在、そして是から、シナに呑み込まれて昔に戻る、或いは、侵略されるのが韓国が直面しなければならない現実です。

 つまり、米国が日韓離反を図ったのではなく、韓国が自滅しただけでしょう。 それは、日韓関係正常化を目指して仲介した米国の顔を潰した、日韓合意の不履行で明らかです。

クリントン候補の遊説中止


支那や北朝鮮、更に南朝鮮にまで日本が舐められているのは、偏にそれらの国々を破壊し尽くすだけの軍事力を日本が有していないからです。

日本の経済力と技術があれば、支那・朝鮮は言うに及ばず、然程の財政負担無しに全人類を滅ぼし尽くせる軍事力を保有出来るのに、それが出来ないのは、唯一アメリカの存在があるからです。

そのアメリカは、村の寄り合いを大きくした日本の政界と異なり、大統領個人の意思が国策に大きく影響する政治体制なので、日本人も次期アメリカ大統領選挙の結果には、重大な関心を寄せざるを得ません。

そして、今までの世論調査では、クリントン候補がトランプ候補を少しリードという情勢だったのが、ここへ来てクリントン候補が重篤になり、今後の経過次第では、「強い大統領」を欲するアメリカ国民がトランプ候補を大統領に選ばざるを得ないかも知れないのです。

重篤と想像する根拠は、ネットにクリントン候補が自動車に乗り込む様子の動画がアップされていますが、クリント候補が自力で歩けず、人に支えられて座席に倒れ込む様子が映っていて、自分の経験から、自力歩行出来ないのは私自身は経験したことが無い程の重い症状だと思えるからです。

若い頃の私は病弱で、仕事などで疲れが溜まると、直ぐに40℃位の高熱が出ましたが、それでも自転車で薬局へ薬を買いに行き、或いは歩いて病院に行けたので、自力歩行が出来ない程の重症の経験はありません。

従って、このままクリントン候補が長期間遊説が出来ないとなると、次期アメリカ大統領にトランプ候補が選ばれ、そうなればアメリカの対日政策もトランプ大統領の意に沿って、大きな変革を迎えるかも知れません。

朝鮮人に論理性はあるのでしょうか

ソロさんへ、 ポッポです。

>故に、日本の敗戦を機に、米国を背に日本社会を征服、仰有る様に植民地化してやろうと考えたから、朝鮮進駐軍の様な行為を始めたのでしょう。

私は日本の終戦を機に植民地化してやろうと考えたというのではなく、日本が終戦で敗戦となったから、朝鮮は勝利者だと考えたと思いました。
そこには、植民地化してやろうではなく、植民地になったとの発想に達していると考えたのです。

ですから、朝鮮進駐軍なのです。日本は戦争に負けた。この土地は寄越せになるのです(扱いは李氏朝鮮における常民や賤民並みでした。)。
日本人ならば、一つを終わって次の過程になるのですが、そうではなく、一つ終われば次の過程も終わっているのです。

マッカーサー将軍は朝鮮人の民族性に気付いて、朝鮮人は戦勝国民ではなく第三国人だとしましたが遅きに失しており、1948年4月の阪神教育事件で現憲法下で唯一の非常事態宣言を布告することになりました。

米軍の日本占領下において、米軍は日本に様々な不法行為を働きましたが、その米軍が非常事態宣言を布告することになった原因は、朝鮮人と共産党によるこの阪神教育事件だけです。

二階堂ブログ~

これで大統領はトランプに決まりか
2016/09/12
http://www.nikaidou.com/archives/85317
>死相ヒラリー(68)
ヒラリー・クリントンが口から緑色のモノ吐き出す
http://2tyanneruwaraerumatome.blog.jp/archives/1060949963.html

ロッテに対し6000億ウォンの脱税容疑です。

日本にいる長女に対して、パスポートを無効化する手続きに着手。不法滞在状態にして強制帰国させるという、問答無用の措置です。

この長女辛英子氏は、逮捕・起訴されているにもかかわらず、日本に逃げ込んで韓国側の事情聴取を逃れていたわけです。

この一連の動きから、韓国政府が在日資産回収に乗り出していくのは間違いないようです。


渡邉哲也 @daitojimari 2016-09-09 05:03:44
他の在日韓国人にも同様の事態がありうるという実例になりますね。■“ロッテ裏金疑惑”グルー プ創設者の3番目妻、旅券無効など強制追放手続きに着手=韓国検察

渡邉哲也 @daitojimari 2016-09-09 06:29:03
ロッテ問題で、日本在住の創業者の妻に旅券無効処分 日本に対して犯人引き渡しを求めている。 旅券が無効になると不法滞在になり、退去強制(強制送還)の対象になる。 日韓の租税情報交換条約の成立と韓国系銀行への日韓合同特別調査がありましたので、今後脱税で同様の処分を受ける人が出る

渡邉哲也 @daitojimari 2016-09-09 06:33:08
外国人の身分は、国籍国の要請により日本政府が預かっている形 旅券はこの要請書であり、旅券が無効化すれば、日本に滞在できなくなる(強制送還の対象) 今回、ロッテ問題でこの処置が取られた実例が出来たわけです。また、犯人引き渡し条約も発効していますので、逃げられないですね。

渡邉哲也 @daitojimari 2016-09-09 06:40:29
韓国政府 日本在住者に裏金の疑いで旅券返納処分と日本政府に犯人引き渡しをもとめた 在外外国人に対する徴兵(韓国では、18歳以上は徴兵後でなくては海外に出られない)も方針を厳しく変更していますし、在外韓国人に対して、義務の履行を強く求める可能性が高いですね。

渡邉哲也 @daitojimari 2016-09-09 09:18:04
そうですね。RT @z7d9f: @daitojimari >日本に対して犯人引き渡しを求めている。 日本の出国税との合わせ技ですね。


韓国籍が残ったまんまの帰化人も、脱税対象になる可能性がでてきました。
ロッテのような在日企業はもう対象としてリストアップされているでしょうから。

韓国の危機を救う財源は、もう在日しかないのです。

サンダースという目もある

次期アメリカ大統領は、サンダースがなると予言している人がいるが、あながち外れてはいないかもしれない。

ヒラリーはもう大統領の職務を遂行する体力はないと、もうすぐ判断されると思う。

アメリカの真の支配者からすれば、トランプよりサンダースのほうがはるかに扱い易い人物である。

サンダースは、叩けばいくらでもホコリが出てきそうである。本選の直前あたりからマスコミが一斉にスキャンダル攻勢をかければ、サンダースが当選する可能性は十分にある。

日本の自立にとっては、トランプが良いと思うが、そうはならないかもしれない。

ポッポさんが指摘した、「米国が韓国に反日教育をさせているというのは間違い」
に関しては、複数の証拠となるものはあるので、時期を見て書き込むこととします。

ソロさんからいつも、証拠はあるのかと聞かれるので、証拠として信頼の置ける人物の発言や論評をなるべく記載していました。
そうしたところ、ソロさんから権威をかさに着て書き込んでいると非難されたので、どうしたらいいのか途方にくれています。

なるべく、今後も根拠となるソースを載せていこうと思っていますが。

北朝鮮の核実験について、ここのコメンテイターが何も触れないことに、不思議な感じがします。
皆さんが本当に危機感を感じておられるのか、疑問になります。
北朝鮮ほど、危ない存在はないはずです。

いざとなれば米軍が助けてくれる。核兵器など必要ない。
と考えている平和ボケの日本人へ、日本の危機を訴えていくつもりです。

国のトップは健康も条件の一つです。

SK707さんへ、 ポッポです。

SK707さんは、若い頃は病弱だったそうですが、私も若い頃はしょっちゅう風邪を引いて、冬場のインフルエンザは誰よりも早く感染していたものです。

それだけでなく、ええ年になってから通勤途上に意識喪失で倒れたことがありました。気がつけば病院でベッドの上でしたが、状況が把握できません。このときは、倒れた場所を聞いたら、そこへなぜ行ったのか、自分でも分からなかったです。

ヒラリー・クリントン大統領候補は、ニューヨークで行われた同時テロ15年の追悼式で体調を崩しましたが、結果は肺炎だったそうです。米国の大統領選挙は期間が長いため、特に高齢の候補者は、広い国土を走り回らないといけないので、体調の管理と健康の維持は大変だと思います。

米国の大統領は本当に激務だと思いますから、選挙戦程度は体力、健康面については余裕でこなせるくらいでないと勤まらないと考えます。
クリントン大統領(ヒラリー氏の夫)やオバマ大統領は、大統領になる前は金髪と黒髪でしたが、大統領職を終える頃には白髪頭になっていました。
これも、職務の厳しさを、示しているのかもしれません。

日本の安倍首相は、一回目の政権にあったとき体の不調にずいぶん悩まされておられました。今回の、二回目の政権では健康を維持されていますから、幸いだとお思います。
今後も健康に留意されて、長期政権を継続していただきたいと思います。なにしろ、今の自民党には、安倍首相に取って代われる人材はいません。

へうげものさん

北朝鮮の核実験についての私の感想は?です。

1、どのような核実験をしたのでしょう?

 ウラン型ですか? プルトニュウム型ですか?
 水爆でしたら、いわゆる綺麗な水爆ですか?それとも原爆を起爆とした汚い水爆ですか?

 いつも核実験後自衛隊は放射能物資を検出しようとして飛行させてますが、核爆発に相当する放射能を検出できませんでした。相当綺麗な水爆なのですね。(笑い)それにしてはマグに中度の値が低いような気がします。それも綺麗な水爆の小型化に成功しているのですかねぇ。う~ん。真偽を判定するに情報が少なすぎです。もしも綺麗な水爆の小型化に成功しているとすれば人類が目指す核分裂に代わる核融合が完成していることになると思いますがどうなのでしょうねぇ。

2、弾道ミサイルですが・・・、確かに日本のEEZに落ちたようですが、これって狙って思い通りにおちたのですかねぇ、いや、二度その辺に落ちたから確かなんでしょうが、大砲でも角度など狙い打てばそれ相応の確率で目標におちますからね。つまり、大砲とちがって、「誘導技術」がそのミサイルついて確立されているかどうかなのです。一度でいいですから、日本を脅す意味で緯度経度を予告してその半径何メートル以内におとしてみたらどうでしょう。相当効き目があると思うのですがねー。

3、これは日本の脅威とはずれるかどうかのところですが、私が一番疑問に思っている点は、大陸間弾道弾に核爆弾を搭載して目標上空に核爆発させた実験はどこかの国でやられたことがあるのかなぁという点です。というのは成層圏から地上に落ちてくる時に、物凄い熱が核弾頭に発生すると思うのですが、それで爆縮>レンズが綺麗に作動するとは思えないのです。まぁ、確かに耐熱処理してあれば問題ないのですが、その技術ですよ。問題は。

というわけで最新の総合技術が今の北朝鮮に備わっているかどうか疑わしいから、私自身は核実験のニュースには「あ、そう、よかったね」程度でさわがないのであります。

でも、これが首相の立場としたら、そうもいかんでしょうね。一応最悪の場合(北朝鮮はかなり技術的に確立されている)を想定しなければなりませんからね。

どなたか、私の疑問点を解消してくださる方おりませんか? できれば 数値を示して、例えば地上何キロメートルまで速度これくらいで表面温度はこれくらいになるでしょうとかね。だから、核爆弾を保護するにはこの様にすればよいとか。しなくてもよいとか。

無視されてもかまいません。すれちがいですので・・
くだらない事で紙面よごしてごめんなさい。

神戸事件の裏側と朝鮮進駐軍と山口組

>ポッポさん ソロです。
 「日本が敗戦したから、米国の植民地なったと朝鮮人が考えた」と言う説は、彼らの所謂、事大主義の歴史から言えば、ちょっと違うように思います。 つまり、明が清に負けた時=王朝を奪われた時、各地で明の役所を朝鮮人が焼き討ちにしました。この意図は明らかです、新しい支配者清に対する媚である共に、是まで支配下に置かれた事の「恨み」の発散です。是は、清王朝が瓦解した時も同じ事が起こって居ますので、朝鮮人の宿痾と見るべきでしょう。 誠に度し難い信義無き国ですね。

 そう言う線でいえば、もし朝鮮内で同じ事が起こって居た場合、ポッポさんの言う通りなのでしょうが、朝鮮進駐軍が暴れたのは、自らが少数派の日本です。下手をすれば、逆襲に遭って殺され兼ねない、現に神戸では、山口組が不逞朝鮮人に銃器を持てない警察に代わって、自衛組織として立ち上がって、抗争の結果鎮圧した経過があります。

 彼らは、最初は組織されていなかったし、銘々でおっかなびっくり、チャチャを入れていたのですが、日本人の警官は銃を持たせて貰えなかったから、少人数なら囲んで袋叩きにできた。 調子に乗った朝鮮人は、強盗行為を白昼堂々やるようになったから、見かねた山口組の田岡さんが、「行き過ぎた触法行為には、手を出しても良いか」と、当時の市長であった中井氏に会って直接訊くと、「私が責任を取るから、頼む」との快諾を得た。

 然し、組織化した朝鮮人の方は、銃器を集めてクーデターを惹き起こし、日本に国内国を創ろうと言う陰謀さえ進めていた。 此の裏には、昭和23年に起こった4.3事件で25万人モノ島民が日本に逃れ来て、不逞朝鮮人として新たに戦力予備軍として加わる予定だったが、山口組の鎮圧・治安行動に神戸市民が協力し始めたためと、マッカーサーが(GHQが)「暴動なら鎮圧せよ」との指令を下した事を聞いて、済州島の脱島民は、GHQに拠る大邱のデモ鎮圧の悲惨な話を聞いて居たから、神戸事件は起こしたものの、駐留軍の出動を懼れて、本番のクーデターは日の目を看る事なく終息、集めた武器もどこかに隠された。 然し、凡そ70年後の阪神大震災の次の日、ビルの地下室から大量の銃器・武器と弾薬が出て来た事で、この話は裏が取れた。

 事件当時市長だった中井一夫氏は、市長引退後、山口組の顧問弁護士を務めていたが、高齢の為引退、然し、分裂騒ぎで一和会との抗争になった時、御年99歳で、双方の手打ち式の仲裁役を買って出て、見事抗争を終息させた、然し、翌年100歳を前に亡くなりました。

 私は最初、大量の銃器を何に使うつもりだったのか訝しく思ったのですが、国と言う概念の無い朝鮮人の考えなら、国内国として、日本国内に韓国の植民地を創れるかもしれないと言うトンデモ無い発想も在り得ます。 その頃、日本人の間にも九州独立論が実しやかに流れていたのですから。

【債権放棄】安倍首相、キューバの対日債務1200億円を免除

【債権放棄】安倍首相、キューバの対日債務1200億円を免除
http://aixin.jp/lbaxjh/chapter43.htm

日本国民の資産をばら撒き国民の対外債権を放棄する安倍晋三総理は元総理の小泉純一郎より
悪辣な総理。  小泉元総理は対外債権放棄はしなかった。  南朝鮮(現韓国)の通貨スワップ再開
など紙くずと日本円を交換する安倍晋三総理の日本国民に対する背任行為をただちに止めさせよう。
 任期の延長などとんでもない、むしろ短縮して即刻退任を要請しよう。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

消去法的支持


>ポッポさんへ

私も子供時代から20代に掛けて幾度かインフルエンザに罹りましたが、抗生物質入りの風邪薬を服用すると、目や口の粘膜がただれるので、只管寝て治すしか無く、1度インフルエンザに罹ると1週間は寝込みました。

それが、33歳になって初めて家を出て豊中市で住む込みで働くようになって以来、ほとんど病気をしなくなり、「風邪をひいたな」と思えば京都王将の餃子を食べて熱燗を飲み布団を被って寝ると、発熱によって1晩でウイルスが死滅し、速い時は2~3時間で快復するようにもなりました。

しかし、今は王将が近所に無いので、餃子療法が使えず、「喉が変だな」と感じると、直ぐに暖めたウイスキーでうがいをするだけで風邪を撃退しています。

因みに、私が実践している健康法は毎朝冷水を浴びてから正座してゆっくりとした呼吸を続けることで、始めてからの6年余りで寝込んだのは、近くのスーパーで買った豆腐にあたった時だけで、恐らく冷蔵が十分で無かった物を「お買い得の値引き品」と思って買ってしまった訳で、以来その店では1度も豆腐を買わず,他の店で買った豆腐を食べていますが、禊も食中毒の細菌には勝てないと判りました(笑)

ヒラリー・クリントン大統領候補は「肺炎で遊説を中止した」と報じられていますが、肺炎が事実としても、自力歩行が困難なのはパーキンソン病かも知れないと疑われています。

確かに、クリントン候補の大統領への執念は見上げた物ですが、安倍晋三氏の第1次安倍内閣発足時の年齢は52歳になったばかりで、そこから難病を克服して首相に返り咲いた訳で、現在68歳のクリントン候補が病気を克服するのは年齢的にも難しく、今直ぐにでも大統領候補を降りる方がアメリカの国益に叶うでしょう。

現時点では安倍晋三氏に勝る総理大臣候補がいないことには私も同意します。

「国民を豊かに出来ない」経済政策には及第点は付けられませんが、「国民を豊かに出来ない」のは既得権益団体の番犬である自民党の宿痾なので、自民党政権では誰が総理大臣になっても安倍内閣以上の経済政策は不可能です。

愈々、各分野に於いて人工知能が実用化の時代を迎え、自動生産設備や自動配送システムが進化すれば、日本の経済は更に拡大し、これに国土利用の有効化が加われば、将来の日本国民は今よりも遙かに豊かに暮らせる筈ですが、国内には国民富裕化を妨げる様々な既得権益の壁が縦横無尽に存在し、それを打ち破ろうとする野党勢力が現れない限り、自民党に政権を委ねるしか無いのが現実で、正真正銘の売国奴も混じっている自民党の現状では、安倍内閣は消去法的に「最もマシな内閣」と言わざるを得ません。

朝鮮の核についての実験

>老猫さん ソロです 貴方の疑問に全面的に同意です。 
 公式見解では、マグニチュード5の観測データと実験場の深度から、爆発規模は10キロトンの爆発物であったとの事ですが、ご指摘の通り極めて異例なデータが揃って居るのに、全く論評がありません。 是では、巷間の科学者は論評しようが無い、オソラク、政治的意図が働いているので、詳しい論評ができないと見做し、唯、核爆弾を記号化して騒いでいるだけの様に見受けます。 

 先ず、どんな爆発物だったか、ですが日本政府は、原爆と水爆の間の、スーパー原爆だと言って居ました、採取した排出物の分析結果でしょうね。是で核実験であった事は、ほぼ確定しました。

 ミサイルの到達距離云々は、燃料の量と発射角度と初速で、決まる程度の精度でしょうが、端に燃料が尽きたら、この辺に落ちるだろう、と言うデータは既に在りますから。打ち上げる側はその程度の話で、偶々思惑通りの地点に落ちたというだけ、政治的な作為も感じられますが、とにかく、こんな大雑把な話で、制御しているとはとても言えませんね。

 国際条約で大気中の核爆弾の実験などやらせてもらえませんwwから、データはありません。 本当に、IRBMに2段足したダケで、ICBMが作れるものなのか、も大いに疑問です。 ご指摘の様に、大気圏再突入の際の弾頭の表面温度は、入射角に拠っては、軽く1,500℃を超えるのではないかと思いますが、通常使用されている金属の溶融点は1600℃~1800℃に収まって居ますから、制御で入射角を制御できないのなら、確実に弾頭を保護しようとすれば、せめて2.5割掛けの2000℃~2250℃に耐熱温度を持ってこないとICBMは完成したとは言えませんね。

 公式見解では、そう言うデータは、見做しになって居るワケです。  是は、なんの状況的な資料もなしに、ただ、信じなさいと言っているだけです。 亦、朝鮮当局以外、そんな証拠など揃えようが無いでしょうから、類推すらできません。ですから、「大いに疑問」で片づけられている公算大でしょう、つまりは、核爆弾を記号化する他は無いのです。
 
 モゥ一つ、朝鮮のミサイル様と雖も、何の予告も無しにミサイルを打てば、自動的に、米国、ロシアや共産シナを含む複数の国の報復システムが作動する惧れがあります。 報復システムが作動すれば世界は終わりです。 ダカラ、事前に届け出して、報復システムが働かない様にしてもらっている筈ですが、そっちはドゥなのでしょうか?

 へうげものさんは、日本政府の反応の鈍さを批判しているのですから、これ等の疑問に対する,具体的な答えをお持ちなのでしょう。 

 数字は私が用意しましたので、説明して下さい、何時もの様に都合の悪い処は省略と言う手は使えませんし、誰かの本を紹介して終わりの手も使えません。 ちゃんと内容に踏み込んで説明してください、理系なんでしょ?

西村幸祐?@kohyu1952 米国が大陸間弾道弾の発射テストを行っていた、大平洋に向けて ICBMが。日本時間9月5日に北朝鮮が日本EEZ内の日本海にミサ イル3発を発射した事への警告だ。オバマは「挑発は一層の圧力と より深い孤立を招くと北朝鮮は知るべきだ」と言った(動画あり)

https://twitter.com/kohyu1952/status/774321893125918720

西村幸祐?@kohyu1952 西村幸祐さんが西村幸祐をリツイートしました 北朝鮮の日本海へのミサイル発射の3時間後、米空軍が太平洋に大 陸間弾道弾の発射テストをした事が、日本でなぜ報道されないの か?極めて重要な意味がある事は中学生なら解るはず。日本のメ ディアは事実を隠し、国民を花畑の住民のままにしたいのか!

藤田隆太郎 ?@yatter001 藤田隆太郎さんが西村幸祐をリツイートしました 重要な情報を国民に知らせず、世論操作を目論む日本のマスコミが 怖ろしい

「日本では台湾は国でないから問題ない」新たな観点で否定へ

「日本では台湾は国でないから問題ない」新たな観点で否定へ
http://aixin.jp/lbaxjh/chapter44.htm

日本人の怒り爆発させる支那朝
鮮の走狗陳蓮舫の台湾は国ではな
い発言は、これ正に民進党は支那
朝鮮の侵略軍で人民解放軍と宣言
したもの。 民進党が支那朝鮮の
日本侵略軍と言う事。
 民進党を支持する者が日本人社
会の破壊者となる。
 それでも、貴方は選挙で民進党
に投票しますか。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

プロパガンダ発信者 愛信

>愛信さん ソロです。
>>南朝鮮(現韓国)の通貨スワップ再開など紙くずと日本円を交換する安倍晋三総理の日本国民に対する背任行為をただちに止めさせよう。
 スワップに関しては、麻生財務大臣が「再検討しない」と明言しました。 そのあと、誰も日韓スワップを再開するとは言っていませんが? あなたは、あちこちに情報を張り捲っているくせに、唯の情報弱者なんですか? 誤った情報を垂れ流すあなたこそ、消えてください。

>>任期の延長などとんでもない、むしろ短縮して即刻退任を要請しよう。
 安倍さんがよほど邪魔なんですね、と言う事は、中韓の手先と考えて正解と言う事、アンチ自民党のSC707さんでさえ、現在の安倍政権は評価に値し、消去法なら、支持する他は無いと云っているんですが。 あなたの様に、貴方の妄想ダケで、支持率が60%を越している安倍政権の誹謗をやっているのでは、国の為にやって居るととても言えませんよね。

> ソロさん

横からすみません。

> スワップに関しては、麻生財務大臣が「再検討しない」と明言しました。

寝耳に水で驚き喜んだのですが、ググってみてもソースが見つかりません。先日再開反対の署名に参加したばかりなので、早速成果が出たかと喜んだのですが。むしろ再締結される見通しになったという記事が見つかり凹んでおります。

お忙しいとは思いますがどこで確認できるか教えて貰えれば幸いです。

m(__)m

維新、自民にIR法案の早期成立要請

維新、自民にIR法案の早期成立要請
http://www.sankei.com/politics/news/160906/plt1609060041-n1.html

【関連情報】
【Web検索システム カジノ】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cskjn.cgi
日本にカジノ(賭博場)を開設して何が残るのか、日本人社会の勤勉性、真面目さを尊ぶ考えが
失われる。 今日の国会議員がどの政党もこぞってカジノを解禁する法案を推進している。
 カジノを開設した国は必ず風紀が乱れて、社会は荒廃していく。
 カジノ法案の事は日本国民を騙して国際観光リゾート開発の為の法案と称している。
 この法案は不法滞在の支那朝鮮人が日本に居座るための法案であり、この為に地方政治
(都道府県政治)は収賄により全滅する。 安倍総理がパチンコのマルハンの会長に対して
地域社会に多大な貢献があったとして勲章を授与している。
日本人は安心・安全で自由な社会を守る為には、日本と日本国民にとって何一つ為にな
ることのないイカサマ政党の日本人社会の破壊者の正体を見抜き、そして、カジノの解禁を
推進する国会議員を選挙で落選させる事です。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

本当に北朝鮮が開発・製作したものか疑問

1960年代に中国は核爆弾を開発しましたが、イスラエルの技術と部品で製作したという説があります。イスラエルには核実験を行なう場所がないからです。
NPT条約で核実験が禁止された後は、中国やイスラエルが北朝鮮で核実験を行なっているということは、十分考えられます。

北朝鮮に核爆弾開発の技術と精密工作機械があるとは、考えにくいからです。

先日、潜水艦から発射された弾道ミサイルの動画が発表されましたが、この発射技術は相当高度なものが必要です。

それに、あれだけ大きなミサイルを搭載できる潜水艦は、原子力潜水艦しかないはずです。通常動力の潜水艦で、核搭載の弾道ミサイルを搭載できるものは、あるのでしょうか。あったらどなたか教えてください。
原子力潜水艦だとすると、中国軍のものという可能性が強いです。

中国は、アメリカが作った国であることは歴史上の事実であり、北朝鮮も米中が共同で管理していると考えられます。
イラン・イラクは核開発しようとすると、米国はその施設を徹底的に破壊しました。しかし、北朝鮮の核開発に対しては何も軍事的処置をしていません。

米国の投資家ジム・ロジャースが、南北朝鮮の統一について言及しています。
http://www.mag2.com/p/money/22389
これは、日本にとって最大の脅威となります。
異常で強力な反日国家の大国が日本のすぐ隣に出来上がります。そしてキチガイに刃物で、核という大量殺戮兵器と用いて、好きなだけ日本を恫喝して日本を支配下に置くことが可能となります。
これも、アメリカが日本を押さえうけておくための一つの手段と思えます。

日本の取る道は、もう核装備しかないということを国民は、はっきりと認識すべき時が来ています。

ソロさんの数字を基にした答えではなくてすみません。

幸福実現党は反日親朝鮮族の在日党

>へうげものさん ソロです。
>>異常で強力な反日国家の大国が日本のすぐ隣に出来上がります。そしてキチガイに刃物で、核という大量殺戮兵器と用いて、好きなだけ日本を恫喝して日本を支配下に置くことが可能となります。  これも、アメリカが日本を押さえうけておくための一つの手段と思えます。
 もしもし、貴方は、朝鮮政府の広報官ですか? 核=大量殺戮兵器と恒等式で答えるのは、余程の情報弱者か、プロパガンダ発信者でしょう。

 先ず、世界最貧国の朝鮮と米国の経済植民地で、国民の借金が、500兆円=GDPの3倍近くあり破綻寸前の韓国が、統一してドゥして「異常で強力な」国家になるのでしょうか、説明してください。 妄想で書きこむのは止めなさいと云ったはずですがねぇ。

 核兵器を持って居るから日本が唯々諾々と言う事を聞かねばならない? 冗談でしょう、ならば、アメリカに銃口を向けろと云われれば向けるわけですか?  今や、アメリカにとって日本は無くてはならぬ存在で、繁栄して居て貰わないと、米国が困るのですが、半島二国に関しては、世界の何処の国も必要としていません。  第二次朝鮮戦争でもやって、共滅してくれたらと思っている国は多いと思いますよ。

 ソウですか、幸福実現党というのは、親朝鮮族なのですね、そして隠れ反日という結論が、貴方のコメントの裏側に満ち満ちていますよ。

 

【やったぜ!】謝蓮舫二重国籍確定

正式に台湾当局から通知を受けたと本人が認めた。誇り高き台湾人の蔡政権万歳!

もう「疑惑」ではない。

あとは責任追及の雨あられが謝蓮舫改め村田蓮舫「と民進党」を襲うだけだよ。

漢人と朝鮮人の「詰めの甘さ」に助けられた安倍保守政権。

この機を逃してはならぬ。
TPP審議でバカ4党を挑発して審議拒否に追い込み、それを「口実」に解散総選挙だ。

「何でも反対野党」
「民進党代表は外国人」
ディスりまくれば楽勝よお!

日本のマルクス主義勢力は潰滅し、老害サヨク達は悔し涙を流しながら氏んでいくしかない。

そろそろ諦めていただきたいものだ。
マルクス主義への盲目的信奉はかつての「軍国少年」と一緒。
世に永遠なるものは無い以上、無意味である。

経済ズタボロの中華人民共和国に勝ち目があると思うのか?

指導層である共産党員にすら見捨てられるような国に?

頭いいなら思考を素早く切り替えろよ。彼らの敗戦は近い。
できないようなニブちんは端から「悪かった」んだろ?

変節「すらできない」政治家は有権者が淘汰していこう!

韓国に論理性はありません。

ソロさんへ、 ポッポです。

>「日本が敗戦したから、米国の植民地なったと朝鮮人が考えた」と言う説は、彼らの所謂、事大主義の歴史から言えば、ちょっと違うように思います。
すみません。言葉足らずでした。
これについて、私は「米国の植民地」ではなく「戦勝国の植民地」として、「朝鮮人も戦勝国民に含まれる」としての行動を取ったと考えたのです。
なぜ朝鮮人が戦勝国民に含まれるとの疑問については、彼らは強い立場になることしか考えないので、論理ではありません。自分たちにとって有利な立場ではなく、日本人が苦境に立ったときが彼らにとって有利なときであるとしか考えられません。(一例は関東大震災です。)

そして、
>つまり、明が清に負けた時=王朝を奪われた時、各地で明の役所を朝鮮人が焼き討ちにしました。
このときは、その一方でこれまで蛮族として馬鹿にしていた満州族が清国を建国したことから、これに従うか否かでも朝鮮は揉めています。

朝鮮内での朝鮮人の行動は、それまで従っていた日本人に対しての行動として、日本での日本人に対する暴虐よりも遙かに酷いものだったと思います。
それに比べれば、日本での行動はマシだったのかもしれません。GHQによって警察も制約が厳しかったため治安すら維持できず、朝鮮人の暴動を制止できなかったのが現実ですし、このときの山口組の行動は一般の国民も感謝したと思います。

>然し、組織化した朝鮮人の方は、銃器を集めてクーデターを惹き起こし、日本に国内国を創ろうと言う陰謀さえ進めていた。
このことは、全く知りませんでした。阪神大震災における武器発見も同じで、知りませんでした。
阪神大震災に行ったのは当日だけですが、大都市の静けさと、破壊の凄まじさは、今でも覚えています。信号機がすべて消えた町は、異様でした。

朝鮮人が日本に国内国を造るというのは、あり得ることだと思います。
朝鮮戦争の際に、李承晩が釜山に追い詰められたとき、山口県に亡命首都を造ることを考えました。日本はまだサンフランシスコ条約を締結していなかったことから、このときに、山口県ごと韓国に寄越せと言っても不思議はなかったと思います。

いずれにしても、朝鮮人が日本を植民地扱いしていたから、様々な理由をつけて日本から無理矢理借りた金を、返す気がなかったと思います。

くどいようだが

国籍法では、日本国籍と外国国籍を共に保有している者で、 20 歳以前に出生、その他の事由で二重国籍になった人は満 22 歳になる前まで、満 20 歳以後に二重国籍になった人はその時から2年以内に、必ず一つの国籍を選択しなければならず、これを履行しなければ、原則的にその期間が経過した時に日本国籍を自動喪失する。
二重国籍蓮紡は日本国籍棄てて議員辞職せよ。

それでも、支持は支持です。

Sk707さんへ、 ポッポです。

インフルエンザの特効薬が京都王将の餃子と熱燗だとは羨ましい気がします。
私は体質でアルコールが余り飲めません。それでは付き合いにも大変なので、若いときには無理に飲んだのですが、練習で強くなると言うのは間違いでした。これは、元から肝臓が安っぽくできているためと、理解した方が良さそうです。

若いときには付き合いで、無理して飲まなければならないときもありましたけれど、年を取れば「体が飲めない」が通用するようになって、ほんの少々で終わることができるようになりました。(飲めないからと言って、全くゼロにするのも寂しいものです。)

健康法は、無理をしないことにしています。無職ですから、元々やることがないのですけれど、無理をしないのは精神的にも楽です。
問題は、稼ぎのないことですが、こればかりは仕方ありません。

>現時点では安倍晋三氏に勝る総理大臣候補がいないことには私も同意します。
安倍首相が今の日本では最高と言うことですが、次の方をすぐに出せないもどかしさも感じます。
野党から次の首相と言うには、適任者がいません。どちらかと言うと、今の野党は、党ごとと消えた方が良いくらいのところが多い、と言いますと失礼でしょうか。

自民党がもう少し勢力を伸ばしたところで自民党に協力できる野党が合流して、その次に二つに分裂すれば二大政党と、若干のその他になると思っています。
反対のための反対をする政党なんて、必要ないと思います。
まして、競争ではじめから2位を狙うアホは、邪魔なだけです。

経済の進歩のことは分からないのですが、日本に豊富にあるのは勤勉な日本人だけです(これが最近、少し苦しくなっています。)。
工業であれ、農林漁業であれ、未来にために必要なところは切り開いていかなければならないし、どうにもならないときにはその方向を変えなければならないとしか、分かりません。

政治家だって、世界でも恵まれた報酬を得ているのですから、国民にもそうして欲しいと思います。勿論、日本は公正なルールの中で世界と勝負しなければ、国が食って行けないのです。(しかし、悪平等は程々にして欲しいです。)

経済と経済学


>ソロさんへ

>アンチ自民党のSC707さんでさえ、現在の安倍政権は評価に値し、消去法なら、支持する他は無いと云っているんですが。

現実問題として、私が理想とする「経済に明るい愛国保守の政治家」が政界に存在しない以上、自民党の主要政治家中で「最もマシ」と思える安倍晋三氏を支持する以外には無いのです。

私の地元は大阪維新の会の根城ですが、先般橋下徹大阪市長(当時)が在特会(当時)の桜井誠氏と罵倒し合ったことで、日本維新の会(当時)が「大阪民国党」であることが露見しました。

従って、愛国保守の私には「日本民国」を目指す大阪維新の会を支持出来ないのは当然のことです。

対する桜井誠氏ですが、最近政党を立ち上げ、彼の許に愛国保守の面々が集まりつつありますが、幹部の中に「経済に明るい人物」がいると確認出来ない現時点では、未だ日本第一党を支持することは出来ません。

そもそも「経済に明るい」と「経済学に明るい」は根本的に違うことで、先ず「経済学は経済の学問では無い」と言うことを理解出来ないと、経済を活性化して国民を豊かにする方法を見出すことは出来ません。

経済学とは経済学者が糊口を凌ぐ為の「習い事」であって、経済学が実際の経済政策に役立たないことは、「経済学に明るい筈の専門家」が何度金融緩和と財政出動を繰り返しても、一向に期待された経済効果が現れないことで明らかです。

では、経済とは何か? それは森羅万象の別称であり、国民を豊かにする政策は森羅万象に通じていなければ企画することが出来ないのです。

私は幼少期から自然に大いに興味を抱き、野山に遊びながら、動植物が如何に育っているかを肌で体験し、更に植物を育てたり、虫や魚を飼育して、限りない失敗を重ねる内に、今では目の前の植物が何を欲しているのかも判るようになり、その植物の意に沿うことが最良の栽培法であることを知りました。

そのような私から見れば、現在の大規模機械化を推奨する政府の農業政策は日本の国土には全く適応出来ず、そのような誤った政策を続ける故に、日本の食糧自給率は低下の一途を辿って来たのです。

最近、、石川県能美市で30アールの農地で年間売上1200万円、所得600万円を稼いでいる「専業農家」が話題になっていますが、今や農家がネットを使って収穫物を直接販売出来るのだから、その程度の収益は上げられて当然だと思っています。

では、30アールでは無く100アールつまり1ヘクタールの農地なら、年間売上3600万円を達成出来るかと言えば、それは絶対に不可能で、30アールという「適正規模」だから年間売上1200万円を達成出来るのです。

但し、私は専業農家になるつもりはないので、農地が取得出来るのなら10アールで充分で、それで自給自足をしながら、珍しい動植物などを増殖して売り、本業収入も加えれば、都会の年収600万円の住民以上の暮らしは誰にでも可能だと考えています。

つまりは、自然界の営みを理解していれば、農業の大規模機械化は資源の浪費であり、農家保護は何の見返りも無い税金の無駄遣いだということです。

しかしながら、愛国保守を保守を標榜する多くの人々は、農家を保護しなれば日本の食糧の安全が脅かされるという「農家信仰」に凝り固まって、政府の農家保護こそ日本の食糧自給率低下の元凶だということを理解出来ないでいます。

そもそも、国を豊かにすると言うことは、農林水産業から鉱工業、サービス業、芸術に至るあらゆる「財」を増やすことであり、通貨を増やすことでは無いのです。

従って、政府が採るべき政策は、国内の「財」の生産を扶けることであって、反対に「財」の生産を阻害すれば当然国民は貧しくなります。

ところが、現実に政府は、農地法などの既得権益の壁を国中に張り巡らし、「財」の生産を阻害している為に国民は豊かになれず、仮に自民党以外の政党が政権を取っても、これは変わりません。

如何に愛国保守を標榜しても、愛すべき対象である祖国の実態すなわち「経済」を理解出来なければ、祖国の国民を豊かにし、更なる愛国の気風を育てることは出来ないのです。

米国は大陸に中共を造るつもりはなかった

へうげものさんへ、 ポッポです。

>中国は、アメリカが作った国であることは歴史上の事実であり、北朝鮮も米中が共同で管理していると考えられます。

貴方は、米国が今の中国を造りたかったと思いますか。
確かに、大戦の前から米国は日本に対抗するために、大陸の勢力に援助しました。しかし、共産党が大陸を支配するためにやっていたことでしょうか。

米国は、米国の支配に応じる政権が、大陸に造られることを目的にしていたのではありませんか。日本が戦争に負けて大陸から排除された後は、蒋介石総統による政権ができることを、意図していたと思います。
蒋介石総統が台湾に追い出されたので、米国の目的は失敗に終わりました。

北朝鮮も米中が共同で管理しているとのことですが、今、北朝鮮が話をしたいと考えているのが、米国であることは周知の事実ではありませんか。
はっきり管理されているのなら、いつでも話はできると思います。


>米国の投資家ジム・ロジャースが、南北朝鮮の統一について言及しています。

このロジャース氏は、北朝鮮には資源があり、安価な賃金で働く、教育程度の高い労働者がいるとして評価をしています。物価が安いから本人が居住するのも良いとしているのでしょう。
そして、数年後には北と南が統一されると言っています。

北と南が統一された場合ですが、どちらが主体になるのでしょうか?
ベトナムが南北で統一された後は、南の国民として北の国民より冷遇されました。同一民族で差をつけたのです。
北朝鮮が北朝鮮の国民にも、差をつけたことはご存じですね。日本から北朝鮮に行った人達は、ランクを下にされました。

北朝鮮は統一する場合には、北を優位にしたいでしょう。
韓国は同じように、韓国を優位にしたいでしょう。
総論賛成、各論反対で統一できないと思います。
そこに、会議で寝ていたら処刑されるのですから、統一に応じるときの韓国は、議員が全員北朝鮮出身者になっているとしか考えられません。

考えてみると、ロジャース氏は商売人としての見方しかしていず、政治的なことは全く考えていません。政治的にどうなのかを検討する必要があると思います。
現実的な見方としては、彼が個人で北朝鮮で何かを生産して、輸出すれば良いのでしょうけれど、国連の安全保障理事会で制裁の邪魔をするな、と言われる可能性があると思います。

滑稽すぎる、見栄と偽善のお調子者

へうげものさん

貴殿に質問です。
貴殿は、我以外皆我師を実践していると、論語読みの論語知らずを露呈しているが、何故、貴殿の我説に反論されたコメントに返答せず、我説を繰り返すのか、答えていただきたい。

二つ目、貴殿の娘が官僚は嘘ではないかと、ちりちゃんに疑惑をもたれたが、貴殿は否定されなかったが、その真意を答えていただきたい。

三つ目、貴殿に在日、朝鮮人疑惑が持ち上がっているが、その真意に答えていただきたい。

最後に、貴殿は自分の頭で考え、人からの反論に学び、コメントさらることを望む

社会に財を蓄積せよ

>SC707さん、ソロです。
>>国を豊かにすると言うことは、農林水産業から鉱工業、サービス業、芸術に至るあらゆる「財」を増やすことであり、通貨を増やすことでは無い
  有難うございます。良い言葉をいただきました。 私も究極の経済は、斯くあらねばと思っております。 こういう知見が官僚に行き渡って居ない事が、西洋の経済学信奉に駆り立てて、日本経済を行きあたりばったりの数字を求める白人文明的にして了うのでしょう。

 私論ですが、通貨を幾ら増やしても豊かになれないのは、実は社会に格差が無いカラなのだと思いますす。 
 日本は、永年かけて「スメラミコト以外、万人が平等である」と言う合意社会に落ち着いたのですから、自然発生的な社会主義国を形成して居たと言えましょう。
 然し、巨額の貯金が世界経済に停滞を招き、日本は批判に晒された為、小泉さんが、見境も無くぶっ壊して、格差のある社会を目指したのですが、世界水準から言えば、全然平等です。 然し、お蔭で、通貨を貯めこんでも、破産はしないが、豊かにはなれない事を日本人は自覚したのです。 

 ではどうすれば、豊かさは手に入るのか、それが、「財を増やす」つまり社会財の蓄積を増やす事が大事であると言う事ですね。

 それは、各種の文化財であり、伝統文明の保護であり、日本らしさの再発見である事でしょう。 例えば、築100年を超す古民家に手を入れて、有効利用したり、耕作放棄地や遊休地を、自給自足を目的に工作を再開する等、都会に暮らして居る裡は、夢のような話です。

 都会に暮す事と言えば、大抵の人は、満員電車で毎日4~5時間/日揉まれて、8時間時には12時間以上も働いて、得るのは、都心のマンションの一角か郊外の一軒家と言うパターンが標準的でしょう、多かれ少なかれ皆が同じ目に遭って居ると言う事を知って居るから我慢もしますが、是が人生の果実なのかと、ため息しか出ません。

 然し、社会に財を成して行けば、自ずと新たな社会の豊かさを実感できる日が来る事を信じたいですね。

 日本ならできるが、日本でないと無理かもしれません。 何れにしても、日本の本当の歴史を、語り継がれて来た本当の社会の様子を子孫に伝えなければならないと私は思いました。

こんにちは

>国士 様

ご指摘ありがとうございます。

まず、戦前のメディアに関してですが、大政翼賛会を推進した「新体制準備委員会」の幹部は朝日新聞主筆の緒方竹虎であり、同委員会内で『日本はナチスに倣え』と、国家社会主義の正当性を主張したのが、朝日新聞論説委員の笠信太郎でした。

笠に関しては、資本主義経済を否定するような著書を出版したため、治安維持法違反の疑いで特高警察にマークされ、企画院事件で逮捕寸前に国外逃亡(海外出張)しています。

つまり、ゾルゲ事件もあり朝日新聞は治安当局から目を付けられており、これを言い替えたら朝日新聞は「敵陣営(コミンテルン)」に属している(今も)のでして、尾崎が近衛に接近して政府内部に浸透していったように、朝日新聞が体制に迎合していったのは、むしろ自らを守るためでしょう。

また、一次ソースを確認できていないのですが、日米開戦前に朝日新聞は東條首相を「腰抜け」呼ばわりし、勝てる戦争をなぜやらぬのだと書いたと言われていますが、日本が軍国主義であったなら、このようなことは書けませんね。つまり、程度の問題はあれど少なくとも政府とメディアは「敵対関係」にあり、これを言い換えれば報道の自由があったということで、戦中も大本営発表をねじ曲げて「大勝利!」と国民に嘘をついていた新聞がありました。

そして、軍大臣の件ですが、戦後になって「文民統制」こそが素晴らしいのだというプロパガンダに国民が洗脳され、軍人が政治に参加することは異常であり軍国主義なのだという風潮が蔓延しておりますが、政治家は軍事に疎いため、政治家に政治を丸投げするとろくなことにならないのは、保守本流と言われた安倍総理でさえも、尖閣に押し寄せた支那の侵略船団に指一本触れられない現実が物語っています。

政治家というのは所詮は机上の空論の中で妄想するイキモノですが、軍人は嫌でもリアリズムを直視しなければ成り立ちません。日本が公家政治から武家政治に移行したのも、政治家(公家)が理想と現実の隔たりを理解できず、政治がただの理想論に成り下がったからです。

例えば、平等な社会は理想ですが、現実は十人十色であり、個人間には能力差があります。ですから、同一労働同一賃金なんてのは現実を無視した暴論です。公家政治を引きずっていた鎌倉幕府はついつい理想に走り、遺産相続を平等にしました。これがとんでもない事態を招き徳政令の主因になるのですが、要するに遺産(田を含む不動産)を子供の人数で割ったため、一世帯が得られる米の量が減り、もはや年貢すら納められなくなったのです。

理想を追及すると、こういったとんでもない事態に発展します。だから、嫌でも現実を見てしまう軍人が政治には必要なのです。従って、どこの国においても軍は一定の権力を確保していますが、軍が全く権力を持たない国は日本だけでしょう。

米国にもしルーピー鳩山のような大統領がて、日本の憲法9条を真似て我が国も戦争放棄を憲法に盛り込むと言い出したら、その日のうちにホワイトハウスと議会は軍に占領され、大統領が発言を撤回し、議会が戦争放棄はしないと約束するまで、軍政を敷くでしょうし、粛清もするでしょう。だから米大統領(米国だけではないが)は戦争放棄だとか核兵器放棄だとかは口が割けても言えません。

要するに軍隊は外敵だけでなく「内なる敵」に対しても抑止力を持ち、だからこそ政治が安定します。政治がバカなことをやらないよう、軍が一定の権力を持つことは、とても大事なことであり必要なのです。

こんにちは

話題が北朝鮮の核兵器になっていますが、核兵器そのものは大した技術を要しないため北朝鮮でも作れます。問題は「目標までどうやって核兵器を運ぶか」です。

ミサイルでという話はよく聞きますが、ミサイルはそれ自身を目標まで飛ばすための動力が全体のおよそ95%(重量ベース)を占める代物であり、日本のH2Aロケットのように個体燃料を使えば、動力部分を85%程度に抑えられますが、現在のところ個体燃料ロケットを制御できるのは日本だけです。

要するに核兵器をミサイルに搭載するには「小型化」しないといけないのですが、核兵器を作るうえで最も難しいのが、この小型化です。北朝鮮に核の小型化ができるのか、これは現状では無理であると私は思っています。ただし未来永劫無理かと言えば、それはありえません。

米国が日本に落とした原爆のように、でっかい爆弾を大型爆撃機で目標まで運ぶなら、これは北朝鮮にでもできますが、大型爆撃機は足が遅いため十中八九目標到達前に撃墜されます。

北朝鮮がもし、核の小型化(ミサイル搭載化)に成功したなら、これは現実的な脅威になりますが、であるならば、北朝鮮はこれを世界に向けて「公表」するはずです。ところが北朝鮮は前原某のように「言うだけ番長」で、実際の核ミサイルは一切公表しません。

余談ですが、ミサイルは神格化された万能兵器になっていますけども、先程も言ったように、ミサイルはそれ自身の飛ばすための動力が95%を占める代物であり、実際のミサイルの破壊力は非常に限定的です。なおかつミサイルはカネがかかる、つまりコストの高い兵器ですから、支那なんかは20~30万発のミサイルを保有していると言われますが、これを全部発射するには10年以上かかると言われます。

北朝鮮が仮に弾道ミサイルで米国を攻撃できたとしても、金銭的には1年でせいぜい50発撃てるか撃てないかくらいで、そのうち半分は迎撃されるでしょうし、米国のあの広い国土では25発くらったとしても蚊に刺された程度です。

だから北朝鮮は破壊力が桁違いの「核ミサイル」を欲しているわけで、核ミサイルを25発もくらったら、たとえテキサスの砂漠に落ちようと米国民の心が折れるでしょう。無論、25発もくらう前に米軍が発射基地を破壊してしまうでしょうが、どのみち米国は北朝鮮と戦争できなくなります。

とどのつまり、核兵器は未だに優位性の高い兵器であり、日本が核武装を「あえてしない」という選択肢はないと思います。核兵器を凌駕する兵器が現実にあるなら話は別ですが、核兵器が人に与える精神的インパクトは強力であり、無駄な戦争を抑止するうえで欠かせないと、私は思います。

無題

>へうげものさん

北朝鮮が公開した動画にSLBMを搭載可能と思われる潜水艦が映ってましたが
あれは旧ソ連から北朝鮮に供与されたゴルフ級弾道ミサイル潜水艦だと思います

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E5%9E%8B%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

米露中英仏核保有各国の保有する弾道ミサイル原子力潜水艦は船体の後方に2列ずつ
合計12~24のSLBM発射筒があり、10数mのSLBMを垂直に収納する為に潜水艦の高さはかなりありますが
旧ソ連のゴルフ級は弾道ミサイル潜水艦草創期のモデルで小型かつ高さもありません
SLBM発射筒は船体の中で一番高さがある艦橋部に数個設置されています
通常動力推進であり原子力推進ではありません
また以前、北は旧ソ連のSLBM SSN-6をベースに新型ミサイルを開発したというニュースを見た事があります
最近試射されたSLBMはそれなのかもしれません
北はほとんど旧ソ連の技術を流用しているだけで独自開発しているわけでは無さそうです

北朝鮮の核武装は日本にとって脅威であることに違いありませんが
北の核武装はまず中国を念頭に置いたものだと、私は解釈しています
ある国が核武装に踏み切るのは大抵の場合、傾いてしまった隣国とのパワーバランスを回復する為で
パキスタンが核武装したのは隣国インドの核の存在があったからだし
インドが核武装したのはやはり隣国中国の核の存在があったからでしょう
同様に北にも核武装しなければならない切実な動機があったはずで、それは中国の存在だと思います
古代から朝鮮半島は中国王朝に翻弄され、大国に隣接する小国の悲哀を味わってきました
現在も中国に東北工程を持ち出され、北朝鮮支配層が持つ中国に併呑されるかもしれないという恐怖は想像に難くありません

一方で北の核開発は中国が支援しており、中国は北を米韓日に対する鉄砲玉として利用するつもりだ
という考えもありますが、アメリカが日本の核武装を許さないのと同じように
中国が北の核武装を許すとは思えません、核を持たせて手を噛まれでもしたら大変ですから
一般的に日本で認識されているのとは異なり、中朝間は仲がいいというわけではないと思います
以前から北の政権内では親中派が粛清されている様子ですし
先日の姿勢が悪いという理由で処刑された高官とやらも親中派の粛清だったのかもしれません

日本は核武装するべきだと言う主張に私も賛成なんですが
残念ながら日本の支配層はアメリカに従属する道を選んで、自立自存するつもりは無さそうなので日本の核武装は無いでしょうね

f15さんありがとうございます

詳細までずいぶんお詳しいですね。

中朝間はそういう見方もあるんですね。
参考になります。
露中朝の関係は、秘密の部分が多くてわかりにくいですね。

ポッポさんへ、中共とアメリカの関係について、もう少し調べてあらためて書き込みます。

硫黄島さん、朝日新聞とミサイルの詳しい話、興味深く読ませていただきました。

人材が集まれば天下が穫れる


>社会に財を蓄積せよ

ソロさんの仰る通り、各種の文化財や伝統文化の保護も国民を豊かにする財であり、財の生産も重要だが、財を蓄積し、活用することも重要です。

即ち、明治維新後の日本は、江戸時代に蓄積された財によって近代化を成し得たが、朝鮮は財の蓄積が無かった為に自力で近代化出来ず、見かねた日本が財を投じて朝鮮の近代化を果たしました。

そのような江戸時代に蓄積された財には、外貨獲得に寄与した養蚕などの産業もありますが、「識字率が高かった」等等の無形の財も含まれています。

ソロさんの私見に対してですが、私は単純に財の生産に結びつかない「無駄」が多過ぎるから、日本人はあくせくと働く割に豊かになれないのだと思っています。

私は本業ではないが、勤めの一環として10年ばかり幼稚園の運営に係わって来て、其処で「役所の仕事とは、仕事を作り出すこと」だと知りました。

具体的にどう言うことかと説明すると、年中次々と所轄官庁から各種の調査書類が送られて来て、幼稚園側は逐一その調査に対する回答を報告しなければ補助金を打ち切られるので、保育時間の後は「役所への対応」に大変な時間を費やさざるを得ず、現在では何処でもやっている時間外保育に至っては、おやつの時間以外は園児と一緒に遊ぶ余裕も無いのです。

確かに、人員を増やせば時間外保育の時に様々な遊びを教えて情操を豊かにすることも可能だが、時間外保育の収入では到底人件費を捻出することは出来ません。

要するに、私も実際に役所へ提出する書類の作成に加わって、国や地方公共団体の教育行政とは、仕事を増やすことで税金を浪費し、尚且つ教育自体も阻害するという、百害あって一利無しの無用の長物だということがハッキリと判りました。

私は偶々学校法人に関与したので、百害あって一利無しの教育行政の実態を知った訳ですが、こういいう民間の活動を阻害している役所の「仕事」は、日本社会のあらゆる面に浸透しているであろうと想像しています。

民間企業も個人経営者も私の様な職人も、如何にして仕事の量を減らし、効率的に財を生産するかということに腐心しているのに、公務員は仕事を増やすことばかり考えていて、これでは,如何に日本の国土が自然環境に恵まれ、伝統文化が根付き、更に科学技術が発達して、生産性が向上しても、国民がその恩恵に預かることは出来ません。

経済が判れば、公務員が如何に支離滅裂をことをやって国家の基盤である経済の活性化を阻害しているかという実態が手に取るように判る筈で、そのような実態を見抜き、行政に鉄槌を下せる「経済に明るい愛国保守」の政治家が出て来るまで、日本の低迷が続くでしょう。

ソロさんが仰るように、日本ならできるが、日本でないと無理かもしれないと思われるのは私も同感で、日本には人類社会の理想としての八紘一宇の精神があり、この精神が国民に浸透すれば、無駄な仕事を作り出して民間の財の生産を阻害する公務員や、様々な既得権益を保護することで利益を得て財の生産を阻害している政治家もいなくなるでしょう。

しかし、現実は「日本の伝統的精神を失った人々」が日本を支配しているのであり、総ての国民が安心して暮らせる浦安の国(うらやすのくに)を実現するには、愛国保守の思想を広げて行くという遠い道程を経なければなりません。

そういうことで、先般立ち上がった日本第一党の政策には見るべき点も多々あるので、その党内に世の森羅万象に通じ総ての政策に対して実効性のある具体策を立案出来る軍師が加わり、その具体策を国民に浸透させる宣伝能力に長けた人物まで加われば、いわゆる右翼のみならず、一般的な勤労者にも支持を広げることが可能でありましょう。

つまり、桜井誠氏に漢の劉邦の如くに天下の人材が集まる「徳」があれば、政権を取って日本を「より良い国」に変革することも可能だが、はてさて・・・

中国は裁判するのは自殺行為だからすぐ棚上げ論が持ち上がるんですよ。儒教なら共産党は明の皇帝を敬うべき。明の皇帝は尖閣諸島の住人が中国漁船を助けた時に感謝状を送ってるのですから。

沖縄は性被害者を守る為の民主主義なんてできません。日本よりアメリカの裁判のほうが刑罰が断然重く適切に判断してくれる。東京に居るどっかのバカコメンテーターが沖縄の役人が性暴力したのと同じくらいの刑罰でと言ってましたが、は?みたいな感じですよ。彼女の中ではアメリカより日本の刑罰が重いと思ってるみたいですよ。
沖縄が制服を着た性暴力乞食米軍が嫌ならミサイル置けと言っても嫌がる。沖縄のほうが犯罪率多いのにも関わらず。最近は米軍犯罪1~2件しかないと言ったら過小評価されたと怒るし、テレビで昔デモ行かなかった沖縄人がいたのを皮肉っても怒るし、ほんと面倒臭い。仮に沖縄がインド軍が契約してもインドは人員割くよりミサイル置きますよ。あの中年太りのおじさんが沖縄は道なかば横たわって死んだ日本軍を踏みつけながら日本が攻めてくるって発狂しますからもう無理でしょ?だったら沖縄にある日本軍の石碑を福岡に返して貰いたいと言いたくもなりますよ。

沖縄は性被害者は家族だと言ってますが戦中は身体障害を穀潰し扱いしたよね。資料館にも掲載されてます。沖縄は統率力ない故に離婚しやすいし、村八分しやすい。それで戦争で県民守ろうなんか無理ですし、インド軍に身売り発言に繋がるんですよ。デモする時も企業名を掲げるのは被害者の許可なしに宣伝材料にするのは良くない。佐賀県のオスプレイ配備に漁業組合が来るのと同じです。全農のほうが権力強いのは判りきってるのに漁業組合がわざわざ別問題の基地にデモしに来るんですよね。

レス遅れちゃって

国士、老猫、ソロ。(敬称略)

話しかけた?、コメUPしたんだけど、
やりとり、中途と思っている。
主語、目的語。

>軍国主義の良しあしよりも、結局それを運用する人間次第と言う事ですね。
>2016/09/11(日) 00:33:15| URL| 国士 #- [編集]

国士さん、付き合ってください。
私がナゼ、怒ってるか。
「軍部」だよ。この言葉。ふーん。


ここまでにする。
と、かっこよく?でてきて、
早くて明日で、最悪日曜かな。
----
別な論点になるのだけど、かじりつきの皆さんって、
ナニやってる、どうなってるのかな。

興味ある。この人たち。
平日、日中昼間時間での、かじりつきのコメ。

いつも、好戦的でスミマセン。

本がある。

「軍部」ってなんだっけなって、
それと関係ないのだけど、とある本を、今、読み返してる。
--
はじめに
教育の力は極めて大きい。誇り高き人間にするのも、ひとえに教育の力にかかってます。戦後我が国の教育は、その大切な歴史教育をねじ曲げて、我が国の過去と現在をひたすら攻撃して来ました。

「はじめに」の3行はこうだったんだ。
ビックリ。

この本。が、なにか、教えない。

リチャコのブログが9/7にアカウント停止になった。

支那工作員胡錦濤派の衰退を感じる今日この頃です。

(・”・)

昭和16年9月6日の御前会議の永野修身軍令部長の発言

「政府側陳述よれば、アメリカの主張に屈服すれば亡国必死あるとのことであったが、戦うもまた亡国であるあるかもしれない。すなわち戦わざれば亡国必至、戦うもまた亡国免れぬとすれば、戦わずして亡国に身をゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが、戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦いに勝たず祖国護持残り、われらの子孫は必ず再起三起するであろう。統帥部としてはもとより先刻申した東リ、あくまで外交交渉によって目的完遂を望むものであるが、もし不幸にして開戦と決し大命が発せられるなあらば、勇躍戦いに赴き最後の一兵まで戦う覚悟である。」

日米開戦前の日米工業生産額は1対27であり、また、当時、アメリカのルーズベルト大統領から①支那全土から即時完全撤兵②蒋介石軍に全面協力③日独伊3国同盟からの即時脱退が要求されていた。
そしてアメリカルーズベルト大統領は、ドイツに対する開戦と自分の史上初の大統領3選を日米開戦に賭けていた 

ナニ?

再掲。ちりちゃんです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
物事を論じるときは時代・背景・定義などをはっきりさせて、議論していただければと思います。
刷れ殻はずれていましたら、ごめん!
2016/09/10(土) 12:50:50| URL| 老猫 #- [編集]

老猫さん
東条内閣は昭和16年10月18日から昭和19年7月22日まで約2年9カ月続きました。
ですから日米開戦昭和16年12月8日、シンガポール陥落昭和17年2月15日、両方とも東条内閣での出来事です。
ちょっと記憶違いされているようです、しかしシンガポール陥落まで

↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ありがとうございます。この会話。
今日はここまでにします。
オヤスミです。

PS
うーん、コメ、文章が残ってるとは思わなかった・・・・。
BANではないのか?BANの方が簡単なんだけど。

ま、いいか、前に向かってイコーーー。
ワカンナイだよね、このコメやらなにやら。

コレ残ってるとしたら、どうしようかな。
全文、はじめに乗せて、皆さんの反応を見たかったりしてきた。

主語、目的語、わからないコメです。
裏側なのでいいかなと、思ってる。

いつもありがとです。管理人さん。

朝鮮人はヒト科ではなかった!


どんなに大学入学基準を下げてやって大学で学位やっても結局「キチガイ朝鮮人」化する。最終的には凶悪殺人者か、性犯罪者か、社会犯罪者か、裏社会のアダルト俳優か、売春婦になる。上に行っても犯罪者、下に落ちても犯罪者、金持ちになっても犯罪者。つまり、「罪なく死す」という6字の偈(げ)がない。

これが北朝鮮人であろうが、南朝鮮人であろうが、在日朝鮮人であろうが、在米朝鮮人であろうが、韓中国人であろうが、在欧朝鮮人であろうが、在豪朝鮮人であろうが、在ブラジル朝鮮人であろうが、同じことなのである。

どうやらその謎がついに解明されたらしい!

http://quasimoto2.exblog.jp/22760944/

大量の韓国船舶、世界の港が一斉に受入拒否で海上に停泊

大財閥も続々倒産で国家全体が沈没危機

造船・海運業がもっとも破綻リスクが高く、次いで金融関連、建設・不動産関連、重機関連となっている。これらには、いずれも財閥系などの大企業が多いが、昨今の韓国では、セメントが主力の東洋グループ、造船業などのSTXグループ、出版大手の熊津グループといった財閥企業が相次いで破綻している。

http://biz-journal.jp/2016/09/post_16597_2.html

天罰      (・”・)

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。