スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日日本人の正体        8月10日(水)


和歌山出身の政治家が3人も(二階俊博、世耕弘成、鶴保庸介)安倍政権に
入閣したことを受けて「和歌山が安倍政権の要、地元沸く」と載っています。
その記事の中で二階氏の秘書を務め、側近として仕えきた中村裕一県議は
「和歌山の政治家は、地方の厳しさをしっている。必ず弱者のための
政治をしてくれるはずだ」との言葉も一緒に載っていました。

中村県議は記者にむかって良いことを言ったつもりだろうが,所詮県議の
レベルです。

国会議員の仕事の第一は国益です。その為に国民は税金で政治家を雇って
いるのです。なにも弱者を切り捨てろというのではなく優先順位は国益だとい
うことです。

戦後日本人を不幸にしてきたのは「弱者のための政治」というような「口
に甘く、耳に心地よい」正義風な言葉です。現実に政府や地方自治体の政策
はそのような一見誰も反対できない理念的な美辞麗句の言葉によって動かさ
れてきました。

話を分かりやすくするために国という単位ではなく会社という単位で考えて
みます。私は卒業してすぐに会社を長く経営してきましたが、経営の目的は
利益です。もし優先順位を弱者の立場に置いたならば会社は1年と持ちま
せん。会社が潰れたら多くの社員を不幸にするだけです。会社が利益を潤沢
に上げてこそ弱者に対してやさしくなれます。

国と会社は違うと文句が出そうですが、左巻きの主張する弱者優先という思
想が戦後日本社会を根底から揺さぶってきたのです。
とりわけ「人権思想」や「環境」、あるいは「平等主義」「民主主義」「平和」
といった誰も抵抗できない言葉が日本の国益を無視して跳梁跋扈してきたの
です。

しかし誰も反対できない理想的な言葉の裏に、濃厚な社会主義思想が織り
込まれています。つまりマルクスやエンゲルス、レーニンの思想がそのまま
息ずいています。しかも保守の側がそれと気づかずにそうした正義風の運動
に加担して来たのです。

そうした言説、運動の担い手が左翼であることに、多くの国民は薄々気づい
てきました。しかし最近の左巻きは、在日の日本を解体へと導く一見正義風の
言葉に踊らされて女、学生の領域にターゲットを絞った結果、「学級崩壊」
「家庭解体」「学力低下」といった形で現出し、日本社会を根底から大きく
揺さぶろうとしています。

また在日は社会主義的な価値観を美辞麗句で包み、より巧妙に振る舞う
ようになり、今では、政治、大学、マスコミ、自治体、カトリック教会に社会主
義者、共産主義者がすっかり根を下ろしてしまいました。そして民進党を
中心とした野党の政治家は、3分の2が在日だと言われています。
彼らが日本を危機に陥れる憲法9条改定を阻止する理由が分かります。

なぜ日本の左翼は反国家の姿勢を取り、反日本の構えを見せ、愛国心がな
いのかを常々疑問に思っていました。それはマスコミや政治家に入り込ん
だ在日が日本の左巻きをリードしてきたからです。

在日のリードにより日本の左巻きは、我が国を非難し、我が国の過去と現在
を攻撃することに何の抵抗もなくなってしまった。

在日の支配している朝日新聞を見ていると日本を解体へと導く正義風な思想
がみられます。「軍隊があるから戦争が起きる」「国家があるから戦争になる」
などまるで小学生の理論です。世界には200以上の国があり日々どこかの地
域で戦争が起こっています。

いま多くのマスコミが支持する「反戦平和」は確かに正義ふうです。ただし
それは口に甘く、耳に快い、幼稚で稚拙な正義です。戦争と聞けば誰だって
反対したい。しかし「戦争反対」「護憲」と叫ぶだけで未来永劫平和が保てる
のですか?

大昔まだ「拉致」が公式には疑惑だった頃、社民党は「こんなものはでっち
上げだ」という論文をホームぺージに載せ、当時社会党の土井たか子党首は
「被害者の会」の人々の血を吐くような嘆願を無視つづけ、偶然国会の
エレベーターの中で一緒になった拉致被害者の家族に顔を背け、聞く耳を
持たなかった。という記事を記憶しています。

当時土井たか子のことをイデオロギーに毒されたバカだと思っていましたが
後年、彼女が在日朝鮮人だと分かり納得しました。

土井たか子は選挙演説で「弱者の味方」「護憲」を振りかざし正義の味方を
装って常にトップ当選をしていました。しかし「拉致」が真実だとわかり
土井たか子は落選しました。

土井たか子は毎年金日成の誕生日会には北朝鮮に渡っていました。つまり
彼女は北朝鮮の工作員だったのです。恐ろしいことに北の工作員が野党の
党首だったのです。

親北朝鮮の朝日新聞が世間の圧力に負け32年間、従軍慰安婦報道の内容を
誤報と認め自ら「吉田清治の証言をウソだと見抜けなかった」と紙上に掲載しま
したが,朝日の捏造記事によって既に世界中に知れ渡り日本を貶める朝日の
目的は達していました。

朝日新聞が、いかに在日に支配されてきたか、安保関連法案のときも「暴走」
「思うがままに武力」「ナチスの手口」など朝日新聞の記事の見出しは、日本
が自ら他国に戦争を仕掛けるためにこの措置をとる、と思わせようとしてい
るのは明らかです。

我々日本人は在日が支配しているエセ・ジャーナリストの言葉を信じるとい
う「過ちは繰り返さない」ことが今の日本人にとって最も重要なことです。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




コメント

団塊左翼

団塊世代が何故にアプリオリに左翼であるかの考察を、時代の流れとともに見ていきたい。
彼らは昭和20年代前半に生まれ、30年頃には物心がつくまで成長した。
この世代は兄弟姉妹も多く、子供の頃から競争社会で育ってきたから自己主張も強く、無駄に元気である。
元気であるから暴力的でもある。

生まれ育つ街には戦争の傷跡も残り、大人たちは生きるのに必死だった。
戦争の過去を否定し明るい未来を見ようとすれば、進歩主義者になるのは自然なことだ。 
未来は必ず明るいと考える進歩主義は、往々にして保守主義に対抗する。
過去など否定するほど進歩する、と無邪気に考える。

増してや戦争から解放された直後の子供達には怖いものなど無い。権力が力を失っていたこの時代、
権力を甘く見るのは簡単で、それが彼らの流儀として身についた。

性獣老人の鳥越がいみじくも体現したように 「権力に立ち向かう」 ことに無上の美意識を見出し、意味もわからずデモやスト、
公共物を壊したり大学をバリケードして悦に入る。
当時は娯楽も少なく、デモは一種の遊興だった。今で言うポケモンGOなみの気楽さでデモにGO、
ここでも彼らは無駄な元気で暴力発揮、鎮圧する機動隊員には死者も出た。

だがその反戦運動も、徴兵でヴェトナムに送られるアメリカの若者達とは所詮リアリティーが違った。
ビートルズまでは聴いてもドアーズやヘンドリックス、バーズが理解できない。
お気楽な左翼ごっこだから団塊文化も相応に薄っぺらで、四畳半フォークや反体制ゲイジュツ映画・演劇が猖獗を極めた。
権力が弱体なぶん、反権力もオママゴトなのだ。

彼らが安倍政権によって政府の権力が増すことを、本能的に恐れる理由がここにある。
恐れるほどに政権への罵詈雑言が増していくのは負け犬の法則だ。

ところでわが国の左翼運動はいつも外国の影響下にあり、言うまでもなく戦前はソヴィエトがその主宰者であった。

戦後はしだいに中国と北朝鮮の工作が紛れこみ、ソ連の崩壊とともに多少は哲学的な香気も漂わせたマルクス主義が退潮、
代わりに韓国の親北勢力が合流して反日左翼の完成を見る。

愛国左翼が日本に存在しない理由、世界的に見て、最も奇怪で醜悪な似非左翼がはびこる理由である。

団塊左翼が滑稽なのは、このような外国勢力の工作を知ってか知らずか、反日的言辞のみに現を抜かし、極言すれば
日本を特亜三国に明け渡せと叫んでいることだ。
彼らの語る歴史観も、社会政策も外交も、全て支那・朝鮮が起源であるから有害なのは瞭かで、それに気づかず、あるいは隠し、えらそうにテレビで説諭する姿が痛々しい。(サンデーモーニング)

思えばただ単純に権力打倒を叫び、暴力革命を気取った学生達も、卒業後は企業に勤め高度成長の波に乗り、豊かな暮らしを手にいれた。
挫折経験なき世代であるから過去は常に美しく、デモ騒ぎも懐かしき思い出だ。相変わらずの左翼気取りだが、いつのまにか左翼が
外国勢力に乗っ取られていることがわからない。

デモで暴れても罰せられない戦後ニッポンの平和が、自衛隊や米軍によって辛くも守られていた事実など認めるわけにはいかない。
もし認めたら、自分はお釈迦様の手の上で踊っただけの道化者になるからだ。 自らの過去を否定するほど老人にとってつらいことはない。

戦前左翼はインテリが多く、ヘーゲル、マルクスをあっぱれ独学、理想に燃えた自発的左翼には一徹者、キレ者の凄みがあった。
ところが戦後は中・露・朝の工作に乗った工作左翼が主流を占めるから、知的レベルは後退していき、最近ではシールズのように知能が低い
動員左翼まで現れる始末だ。 動員左翼とは日当目当ての底辺層で、あわれ団塊左翼のなれの果てが若者よりも多くを占める。

「安倍が憎いしデモに行けばお金ももらえる」 一石二鳥に飛びつく姿があさましく、知性とともに品性もどんどん落ちてゆくのは胴元が支那・朝鮮だから無理もない。 ハシタ金で国を売る老害はその日当がどこから出たかは考えないのか? その金で飲むマッコリ (註:トンスルの一種) は美味しいか?

朝鮮太鼓を打ち鳴らしては泣き女が絶叫する、最近はやりのデモ作法は 「駄々をこねてゴネ得をねらう」 半島愚民の前民主主義的スタイルであり、整然とした先進国のデモとは大きく異なる。老害左翼が朝鮮式に自然に溶け込むのもむべなるかな・・・・

団塊左翼よ、平和念仏を唱えるならば仲間と好きなビートルズでも聞きながら、バンダナ巻いて蕎麦でも打って、家から外には出ないでくれ。
酔っ払って駅員を殴るのはやめてくれ。 そして早く死んでくれ。

************

ソロさま

先週はレスありがとうございます。 お返事せず、すみません。
カラまれるのも嫌なので書き込みは1記事につき一回のみと決めております。
同世代のようですが、いつも卓見に感心しきり、自分の不勉強を恥じるばかりです。
この書き込みによって貴レスへの返信といたします。

プログ主様、アップありがとうございます

元「軍国主義者」で現マルクス主義者な老害が国の足を引っ張っていることは明らかです。
なぜそう極端から極端に走るのか?
否、それはまだリアリズムとして是認するとしても、なぜ切り替えの判断が

遅い

のか?
それ自体が罪と言わざるを得ない。

日本軍国主義からの切り替えは玉音放送でした。
では、マルクス主義からの切り替えは、
中華人民共和国でクーデター!

大韓民国が朝鮮民主主義人民共和国に併合申し入れ!
の報まで待つの?

遅せー遅せー

その前に頭切り替えて憲法に緊急事態条項入れるとか、先制攻撃可能なように9条削除するとか、色々出来ることあるでしょ?

もっと若くて柔らかい思考を持った政治家の台頭が必要です。

動機は小池百合子や橋下徹のように「権力欲」でも構わない。

もっと票が欲しいから考える。

すると在日叩きをすれば票が得られることに気づく。保守は票だと気づく。

それが重要だ。

こんにちは

更新有難うございます。

高齢者が日本の現状に覚醒しきれないのは、偏にTV新聞しか情報を得る場所が無い事に尽きます。流行に乗ってPCを買ってみたもののTVと違ってSWを入れれば何とかなる代物でもありません。勿論視力の低下や指先が覚束ないなど様々な理由がありますが、何れにせよここを何とかしないといけません。

逆に投票率の低い若者に関して言えば、金融資本主義に毒され個人の資産財産にしか興味を持てない人が増えました。グローバリズムの申し子達は、自分が守るもの守られるものを地域や国ではなくお金だと考えます。自分が得か損かでしか物事を考えられない人が増えています。所属企業や地域や国の事をしっかり考える人の事を『意識高い系』と揶揄しているのが現状です。

額に汗して働く職業を蔑み、自分の我侭が通らなければブラック企業云々と喚く始末。人の為に汗を流して働く事が嫌な人が増えたのですから、国の為に考えるという事は自然としなくなります。故に選挙にも無関心ですし、感心があっても経済政策だけとなります。結果公明党や共産党に騙されるのです。

彼らは高齢者と違いスマートホンという便利な道具を駆使する事で日本の現状を知る機会も多そうですが、実際は仲間と常時繋がっていたいだけのコミュニティーアイテムであり、面倒な人付き合いを回避するためのゲームアイテムでしかありません。勿論そうでない人もいますが、概ねこれが現状です。

閉鎖的な空間で日本の現状を憂う事より、生の声で身近な多くの人に語りかけることが求められています。こちらのブログは理論武装の為に役に立つので、それも武器に直接人に語りかける運動を起こしましょう。

東京似非文化圏

>stratcastor さん ソロです。 「団塊左翼」傑作ですwww 大笑いさせていただきました。
>>ビートルズまでは聴いてもドアーズやヘンドリックス、バーズが理解できない。 お気楽な左翼ごっこだから団塊文化も相応に薄っぺらで、四畳半フォークや反体制ゲイジュツ映画・演劇が猖獗を極めた。
 所謂、東京似非文化圏の形成ですね。似非左翼の溜り場があちこちに出来た時代です。 中心になったのは、今でも杉並区の中央線沿いに棲んでいる連中です。 70年代ベトナム戦争の激化によって、反戦運動が世界的な潮流になってきたのは良いが、ご指摘の様に、日本人はベトナム戦争に徴兵される事は無かった。 自分の人生に脅威を与えるような抗うべき主体が無いのに、抗うって、端から「ごっこ」に過ぎない訳で、何処かでいつかは、自分達が熱狂しているモノの正体に気が着かされることになる。 そして、「自分達の反戦運動には芯になるモノが無い」と気づくには、論理的な人間より直感的な人間の方が早かった。  多くの若者が、脅威無き反戦運動の嘘くささに気付いたが、その裏に在る、共産勢力の企みに迄気が着ける人間は少なかったと思う、ダカラ、中途半端なリベラル=思い込みサヨクが多いのだと思います。

  空疎な時間に気付いた時は、無駄に過ごした時間の重さに気が着けないが、時を経るに従い、その重さが不在の時間の代償として、身に沁みるようになる。 況や、道を踏み外す様な事をして終ったのでは、若気の至りでは済ませられない。 私も一時その一味でしたが、幸か不幸か、東京に縁が無かったので、罪を犯すなど、人生の階段を踏み外すことなく気が着く事が出来ましたが、何人かは、今でも東京似非文化圏に沈んでしまって居ますね。

>>権力が弱体なぶん、反権力もオママゴトなのだ。
  ↑が、一番堪えた一言です。ww

>>彼らが安倍政権によって政府の権力が増すことを、本能的に恐れる理由がここにある。  恐れるほどに政権への罵詈雑言が増していくのは負け犬の法則だ。
  喪った時間の重み故に、過去を捨てられないでいるのは、未だに高円寺界隈に棲んでいる連中を見ていれば判ります。 棲み付く場所に一体何の意味があると云うのか、故郷に帰って、家業の漁師でもやった方が、何ぼか、有意義だと思うのだが、田舎に帰る=埋もれて終うと云うわけの判らない脅迫感が有って、負け犬をやって居たいのでしょうね。(嗤)

  私は1954年(昭和29年)4月生まれの、62才です。 あちこち体にガタがきて、余命を数え、終括を意識する年になっています。

  以後よろしくお願いいたします。

日の丸、君が代について

私はこれまで選挙では新風に票を投じてきました。
今回も新風と桜井氏に票を投じました。

理由はその公約に賛同し、その意気に感ずるからです。嫌韓を選挙で示すのに他の選択肢がありません。それは今後も変わらないと思います。

しかし、日の丸と君が代については若干考えが異なります。
日の丸と君が代はもともと数千年に亘る日本の文化でも伝統でもありません。
江戸時代の数千に数えるであろう寺子屋でも、国技といわれる大相撲でも日の丸も君が代も使われていなかったでしょう。日の丸と君が代については人それぞれとらえ方が異なるのではないでしょうか?

私の実家では正月や祝日には家の前に日の丸を掲げていました。その日は特にすがすがしさと晴々しさを感じたものです。その影響もあるかもしれませんが、私は日の丸が好きです。しかし私は日の丸の使用は極めて限定すべきだと思います。それは、

①皇室への敬意、お祝い、
②日本国家の祝日や地域のお祭り、
③国や地方のさまざまな政りごと、
④航空機、船舶、大使館、領事館、パスポート、
⑤国防、
などです。

私は特定の小グループ(大グループでもそうですが・・・)が日の丸を林立させて町を練り歩くのは好みません。見ると反吐が出るとも言っていいです。

私は群衆が桜井氏に向かって日の丸を振りまくるのを好みません。桜井コールも好みません。「桜井さん、こんなの止めさせろ!あなたは何様なんだ!」と言いたくなります。

私はかって頑張れ日本全国行動委員会のデモに参加したことがあります。彼らはたくさんの日の丸を林立させていました。私は側にいた水島聡さんに、「水島さん、この日の丸、良くありませんよ。多くの人たちはこれを見て離れていきますよ」、と耳打ちしました。彼は、「そうだなぁ~」と答えていました。私にはそのとき彼が同調してくれたかのように思えたのですが・・・。桜井さんにはきつい言い方かもしれませんが・・・、日の丸を水戸黄門のご印籠のように使って欲しくないと言うことです。日の丸を笠に着で日本を代表するかのように振る舞って欲しくないのです。
野良犬が野良犬を対象に日の丸を振りまくってはならないのです。

それから桜井さんにも桜井さんに賛同する人達にも助言したいのですが次のような発言、論理の進め方もしない方が良いです。

・ 私は日本人だ。
・ 私は日本人として、このように考える。
・ 日本人としてあたりまえだ。日本人として当然のことだ。
・ あなたも日本人だろう、日本人として当然そう考えるだろう。

このような発言に嫌気がさす人は多いです。このような発言がこれまでの思いこみの強い右翼の活動の限界となっていたと思います。

ただし、私は桜井さんのこれまでのエネルギーと活動が日本における嫌韓の一大潮流を育てたことは大いに認めるものであり、今後の国政における活動も応援するものであります。

共産主義者と在日により数々の学生運動、市民闘争(成田や沖縄)、事件(新宿騒乱、吹田事件など)が起されたのですね
在日は、帰化も遡って取消し帰還させなければならないと思いました

日本人に左翼はいない、在日韓国人、成り済ましだけである

日本人に左翼はいない。左翼と称する輩は、在日韓国人、及び成り済ましだけである。

若い人の損得勘定「上等」であります

在日が生活保護を詐取するせいで日本の社会保障財源が圧迫されていることは事実。

だからレイシズムではなく「損得勘定で」叩き出せやー!となるのは自然な流れです。
一方シルバー層には「損得勘定」は無いのか?
それでも「良い」のか?

人は生きている限り損得勘定だと思います。
それを捨てることは生を諦めることに等しい。

日本人の謙遜や思いやりは美徳と言われますが、それは「遠回りに自分のためになるから」そうしてるだけでは?
つまりすごく婉曲した損得勘定。

情けは人のためならず(→自分のため)
という諺は日本人の特質をよく表している。

それをほぼ無意識に実行する日本人。
端から見れば恐ろしい合理主義者だと思いますね。

インターネットなどで支那人や韓国人は日本人を「狡猾」と陰口を叩いているそうです。

ありがとう!
最高の褒め言葉だ。

合理的でなきゃ、科学的でなきゃ、「農耕民族」はできない。

ケンチャナ精神で物事が解決すりゃあ何も苦労なんて無い。バカですか。

日本の栄光ある歴史は日本人の合理主義的精神の結晶。誇りに思う。

かなり脱線してしまいましたが、シルバー層の方々におかれては、是非日本人の合理主義的DNAを発現し、
ここでやせ我慢して在日のために死んでやるのか?
生きるために奴らにレジスト(抵抗)するのか?

よーく考えていただきたいものです。

適切な解析です

「団塊左翼」、これは良く解析された傑作だと、まさしく団塊世代の私が感心します。言われる通り、別にベトナムに送られるわけでもないのに、反権力のママゴト遊びをしていたようなものです。一体、なぜそんな事になったのか?戦後の空気というか風潮というか、一定のマルクス主義の影響が確かにあり、権威に対する反発を持つことが美徳(?)とされていたことが大きかったと言えます。何分、今にも米ソ冷戦が核戦争に発展する?かのような左翼宣伝の最盛期に私どもは小学生から中学生になり、担任の教師から「嫌な岸(首相)」という言葉をさんざん聞かされて育ったものです。しかし、あれだけ騒ぎになった60年安保条約が発効しても、ソ連のミサイルが飛んでくるわけでなく、生活に不自由が生じたわけでなく、そればかりか、いつの間にか家にはテレビ、洗濯機、掃除機、冷蔵庫、電話が並び、さんざん聞かされた「戦争に負けた貧乏な日本」はどこに行ったのか?結構繁栄しているではないか?本当に日本の政治体制に欠陥があるなら、このようになるはずはないと気が付いた次第です。それで覚醒した人達(残念ながら60年代はまだ少数派でしたが)以外は、別個の対象を見つけては反体制遊びに走ったといえます。それとご指摘の通り、私どもは生まれてからすぐ過当競争に晒されていましたから、ママゴト遊びのデモ参加などは絶好のうっぷん晴らしだったと言えます(正直に言います。私は1968年のチェコ事件で覚醒するまでは、そのような行動に共感していました)。また、スレ主様の指摘される「在日のリード」は、私はネットは充実するまで私は気が付きませんでした。本当に危ないところだったと、今になって言えます。
Stratcaster様の言われる「団塊左翼」とはうまい言葉ではありますが、「団塊=左翼」というのは集合論的に誤りですよ。私の学生時代、周囲の同級生には革マル、中核、民青ーーーと、ひととおりのメニュー(?)がそろっていましたが、その後社会に出たり、ネットのお陰で覚醒して転向(これはちょっと嫌な言葉ですが)した人は大勢います。その辺はお間違えないようにお願いします。なお、私は1948年(昭和23年)生まれ、団塊世代の真っただ中です。

マルクス主義(9条教)が合理的だった時代もあったのです

9条を逆手に取って、何かとカネが入り用な高度経済成長期に日米安保ただ乗りできたのは良かった。
その「功」だけは認めましょ。

しかしそのような時は過ぎた。

もうただ乗りは無理なようだし、
ならば、
この機に9条を削除して、攻撃能力の高い市場の需要が高い装備を開発生産できるようにし、「裾野が広い」という軍需産業でも起こしてたくさん日本人の雇用を生み出した方が合理的でしょ?

米独はガンガン武器を作りまくって今の雇用状況です。
かなり控え目だった日本の軍需産業が反転攻勢に転じれば、「伸び代」は大きいと思われます。

「だから」保守。

ここは元ヒッピーの溜まり場だったのね。
合言葉はラブ&ピース…

私はカブトムシじゃなくジミヘン派でした。
でもプカプカは今でも唄ってます。


今の極左や共産党は、蝉の抜け殻
中身はどこへいったのか、それが大問題だ

日本国2800年の中で最大の危機といえよう

*スヒョン文書*見ればどんだけ在日が反日か分かる
在日が嫌われる原因は日本の政治に介入したり暴力組織を使って無理やり法律で決められている事に例外を量産して特別な立場に立とうとするところにあります。
日本に居住する他の外国人は今の日本が好きで来ているので日本を変えようとはせず、受け入れて生活します。だから他の外国人は日本を変えようとなんてしませんから日本人と衝突する事は無い。
そんなに祖国のルールとアイデンティティーで生活したいのなら、日本以外の場所にでも移住して生活すればいいだけなのになかなか出て行こうとはしません

韓国政府の韓国軍慰安婦についてしるしてある韓国公式の「後方戦史」を拡散してください !!!
これを国内外のリベラルは国際社会から隠してます!!

江の川さん

何か面白い投稿ですねw
パズルみたいに遊んでみましたw

>しかし私は日の丸の使用は極めて限定すべきだと思います。
 →私は日本人として、このように考える。
  日本人としてあたりまえだ。日本人として当然のことだ。
  あなたも日本人だろう、日本人として当然そう考えるだろう。

>私は特定の小グループ(大グループでもそうですが・・・)が日の丸を林立させて町を練り歩くのは好みません。見ると反吐が出るとも言っていいです。
 私は群衆が桜井氏に向かって日の丸を振りまくるのを好みません。桜井コールも好みません。「桜井さん、こんなの止めさせろ!あなたは何様なんだ!」と言いたくなります。
 →私は日本人として、このように考える。
  日本人としてあたりまえだ。日本人として当然のことだ。
  あなたも日本人だろう、日本人として当然そう考えるだろう。

>桜井さんにはきつい言い方かもしれませんが・・・、日の丸を水戸黄門のご印籠のように使って欲しくないと言うことです。日の丸を笠に着で日本を代表するかのように振る舞って欲しくないのです。
 野良犬が野良犬を対象に日の丸を振りまくってはならないのです。
 →私は日本人として、このように考える。
  日本人としてあたりまえだ。日本人として当然のことだ。
  あなたも日本人だろう、日本人として当然そう考えるだろう。

そして、
>それから桜井さんにも桜井さんに賛同する人達にも助言したいのですが次のような発言、論理の進め方もしない方が良いです。
>・ 私は日本人だ。
>・ 私は日本人として、このように考える。
>・ 日本人としてあたりまえだ。日本人として当然のことだ。
>・ あなたも日本人だろう、日本人として当然そう考えるだろう。
>このような発言に嫌気がさす人は多いです。このような発言がこれまでの思いこみの強い右翼の活動の限界となっていたと思います。

どうすればいいんでしょうか???
エッシャーのだまし絵みたいですね、新手の芸術ですかw

更新,ありがとうございます。

結局,敗戦後の日本は,朝鮮人に好きなようにされていると言うことでしょう。
そして,朝鮮人は日本を食い物にしている。
さらに,日本の富みにたかり,日本が正しい方向を選ぼうとしたときには,出鱈目な理由を付けてこれを邪魔し,誤った方向へ導く。

日本人は,一見表面的には正しい表現に騙されて,気が付けばとんでもない方向に誘導される。

これでは,日本人がいくら一生懸命に働いて,皆が幸せになるようにと思っても,良くなるはずがないです。

マスメディアが考える日本を駄目にする方向に流されないように,物事,考えて注意するように努力します。



ところで,大阪で21年前の火災において女児がなくなった件で,『被告は無罪』になりました。

大阪地裁の結果は受け止めます。それでは女児は何故なくなったのでしょうか。そして,原因がガソリンの自然発火ならば,全国にはガレージの横が風呂釜である住居は沢山あります。建築基準法を見直して,ガレージの中に風呂釜を設置しないように改正しませんと,類似の火災があった場合に,問題が発生します。

表題とは違いますが失礼します。
日本は、近現代史の教育を施してない。
アメリカが実行した、悪魔の所業

人体実験説・・・レポートによる(抜粋コピペ)
『教科書が教えない歴史』 <特集・原爆をいかに語り継ぐべきか>

原爆が人体実験であった、被爆者をモルモットとした事実をご紹介します。

■ 広島大学芝田進午名誉教授、原爆の対日使用は「人体実験」

広島・長崎への原爆攻撃の目的は何だったのか。1つには戦後世界でのアメリカの
覇権確立である。そしてもう1つは、原爆の効果を知るための無数の人間への
『人体実験』である。だからこそ、占領後にアメリカ軍が行なったことは、第1に、
原爆の惨状についての報道を禁止し、『人体実験』についての情報を独占する
ことだった。

第2に、史上前例のない火傷、放射能障害の治療方法を必死に工夫していた広島・
長崎の医者たちに治療方法の発表と交流を禁止するとともに、死没被爆者のケロイ
ドの皮膚や臓器や生存被爆者の血液やカルテを没収することだった。第3に、日本
政府をして国際赤十字からの医薬品の支援申し出を拒否させることだった。
たしかに、『実験動物』を治療するのでは『実験』にならない。

そこでアメリカ軍は全力を尽くして被爆治療を妨害したのである。第4に、被爆者を
『治療』せず『実験動物』のように観察するABCC(原爆障害調査委員会と訳され
たアメリカ軍施設)を広島・長崎に設置することであった。加害者が被害者を観察す
るというその目的自体が被爆者への人権蹂躙ではなかったか。
(毎日新聞/1994年9月6日)

■ 被爆者は治療されずに調査だけされた

私は広島の生き残りのひとりです。(…中略…)ここで、ひとつ触れたいことは
『ABCC』についてです。これは日本でもほとんど知らされていないことですが、
戦後広島に進駐してきたアメリカは、すぐに、死の街広島を一望のもとに見下ろす
丘の上に『原爆傷害調査委員会』(通称ABCC)を設置して放射能の影響調査に
乗り出しました。

そして地を這って生きている私たち生存者を連行し、私たちの身体からなけなしの
血液を採り、傷やケロイドの写真、成長期の子どもたちの乳房や体毛の発育状態、
また、被爆者が死亡するとその臓器の摘出など、さまざまな調査、記録を行ないまし
た。その際私たちは人間としてではなく、単なる調査研究用の物体として扱われまし
た。治療は全く受けませんでした。

そればかりでなく、アメリカはそれら調査、記録を独占するために、外部からの広島
、長崎への入市を禁止し、国際的支援も妨害し、一切の原爆報道を禁止しました。
日本政府もそれに協力しました。こうして私たちは内外から隔離された状態の下で、
何の援護も受けず放置され、放射能被害の実験対象として調査、監視、記録をされた
のでした。しかもそれは戦争が終わった後で行なわれた事実なのです。私たちは焼け
跡の草をむしり、雨水を飲んで飢えをしのぎ、傷は自然治癒にまかせるほかありませ
んでした。

あれから50年、『ABCC』は現在、日米共同の『放射線影響研究所』となっていま
すが、私たちはいまも追跡調査をされています。このように原爆は人体実験であり、
戦後のアメリカの利を確立するための暴挙だったにもかかわらず、原爆投下によって
大戦が終結し、米日の多くの生命が救われたという大義名分にすりかえられました。
このことによって核兵器の判断に大きな過ちが生じたと私は思っています。
(橋爪 文『少女・14歳の原爆体験記』 高文研)

■ ABCC収集解禁文章で「モルモット説」裏付け

★ 『教科書が教えない歴史』・・・人体実験説・原爆をいかに語り継ぐべきか
http://www.jiyuu-shikan.org/tokushu3_jikken.html


★ 広島原爆投下を眼下に見た紫電改操縦士がいた!
「これは戦争じゃない。虐殺だ・・・」
http://www.sankei.com/premium/news/160523/prm1605230002-n1.html


東京大空襲 ~ その投下方法
『東京大虐殺 ~ 逃げられないように周囲から爆撃』
アメリカが行った空襲は、明確に民間人を大量に殺害するためのものでした。

B-29爆撃機344機による爆撃は、まず40k㎡の円周上に焼夷弾を投下し、
逃げ惑う市民には超低空のB-29から機銃掃射が浴びせられました。

★ 【東京大空襲】
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-153.html

「ふるさと」


一兵卒様、

桜井誠氏は残念でした。公約には期待したのですが・・・
桜井氏の公約は普遍的な正義、倫理にかなう正論ですから、国、人種にかかわらず通用します。ですから都知事選でことさらに日本人であることをアピールする必要はなかった、と言うのが私の考えです。否、日本人であることや日の丸を強調するがあまりに、「あいつら右翼だから・・・」、とレッテル付けされ、かえって逆効果だったのではないでしょうか。

慰安婦問題では、ケントギルバートさん、テキサス親父、マイケルヨン氏等がアメリカ人でありながら正論で日本を援護しています。心や精神が日本人魂でなければならない理由はないでしょう。

今から言うのもなんですが、桜井氏の公約はもっと絞って聴衆により楽に目に入るくようにした方がよかったかなと思います。私が選ぶとしたら次の4つです。短い期間ですから少ない方がより強く印象に残ります。7つの公約は多すぎると思いました。

① 外国人生活保護の廃止
② 外国人不法滞在者を半減
③ パチンコ規制
④ 韓国学校建設中止

やはり、小池さんより、桜井さんに期待したいですね。

反日政治家

確かに日本で反日活動を行っている者たちがその異常にも思える活動から元々の日本人ではなく帰化人ないし在日韓国朝鮮人であるという推測、そしてそれがかなりの数メディアや民進党など政党に入り込んでいるという推測には納得するものではありますが、ここで名をあげた土井たか子など在日・帰化人としての証拠があるのでしょうか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6162236.html

あの福山哲郎(陳哲郎)のケースではその根拠が出ているので納得は出来ます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1145985086

それと同じように土井たか子での証拠はあるのか?
それらが単なる推測だとこのブログ全体の信頼性が疑われるというものだと思います。

それと丁度二階俊博の名が出ていたので思い出しましたが、自民党二階といえば、過去江沢民の碑という親中行動で世間を騒がせました。
http://shopworld.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_6bc3.html

その二階の最近の動静ですが、安倍内閣での発言力が増しているということと今中国が強引に行っている尖閣諸島強奪行動に関して程永華駐日大使と会談し「円満な話し合い」で解決などと寝ぼけた事を言っているようです。
中国は南シナ海での暴挙にしても二国間で話し合いで解決などと時間をかけるように、長引かせるだけの作戦のための言葉ですし、それに乗る二階には中国のこれも作戦である棚上げという手に積極的に乗る気だと読みます。
本当に日本には鳩山由紀夫という日本人も含め、この二階、そして在日帰化人と反日工作員が多数います。

或る朝鮮人の絶望

>Pinさん お早うございます ソロです。
 日本の政界に居る朝鮮族は、当然ながら全部帰化して居て表面的には日本人です。 土井たか子(李高順)の場合、実のお姉さんの旦那が北朝鮮の国会議員である事は知られた事です。 彼女は、元々神戸市長田区の出身ですが、此処は、ケミカルシューズの工場が多い処で、済州島から逃げてきた在日朝鮮人の居留者が多い処です。 つまり、状況証拠しか残って居ませんが、蓋然性としては十二分です。

 あと、福島瑞穂(趙春花)は、宮崎の出身ですが、85年に帰化した記録が残って居ます。

 此処に挙げた「日本人」の政治家は、反日ですが、新井将敬と言うホテルニュージャパンで、自殺してしまいましたが、反日では無い「日本人」政治家も居ました。

 朝鮮人は基本、小さい時から「日本人は敵である」と教え込まれます。 祖父母・父母からの伝承ですから、証拠も何も無い。 それをドゥ受け取るかは本人の個性ですが、理由では無く本質的に反日に仕立て上げられていると言うべきでしょう。

 上から下までこんなに反日なのですから、日本に関わるべきではないと、教えるべきだと思うのですが、彼らには、「元は同じ民族から出て居て、朝鮮人の方が全てにおいて優って居る」と言う、差別的優越観を持って居る事が真の原因でしょう。 で、ワケの分らない嫉妬で、日本の不幸を嗤い、成功を妬むだけになる。

 根拠や現実感の無い誇り程、惨めなものは無いのですが、朝鮮人の過去のレベルは、決して、現実であってはならない程酷いモノです。 世界の汚濊を寄せ集めたのかと疑うような劣悪な環境、正義の無い悪人だけが栄える世の中、道義も倫理も無い性道徳、其処から生まれる猜疑心と利己心ダケの人間性、嘘が当たり前で、他人に感謝が出来ない・・。 正に取り得のない、絶対に信用のおけない民族だと言えましょう。

 然し、朝鮮と言う場所に生まれたら、彼らは此処から出発しなくてはならないのです。 同情しますが、彼らを日本に受け容れた結果、どぅなったか、第二の朝鮮を日本に造ろうとしているダケでした。 日本で新たな境地を目指そうとしていたのに、何故、あの酷い朝鮮を再現させようと言うのか、それは、朝鮮人だからだ、新井さんも、最後は其処に気付くしかなかったので絶望したのです。

 同じ事が、日本に居る日本人に成り済ました「日本人」にもいえましょう。亦、GHQの戦後教育で刷り込まれた「日本は、遅れた劣った国だから、戦争に負けた、国際化すべきだ」と言う、似非の正義に惑わされた戦後教育の犠牲者=昭和15年以降の生まれの人々=昭和20年代に小学生だった人々も、戦前日本の全否定から始まって居ますので、良くて反米の反日、悪くすれば親米の反日しか在り得ません。 この時期=70~80歳の人の反日は、戦前否定が前提に有るので、至極厄介です。 色々歪んでいる様子がみてとれます。

 日本も開国して150年以上が経って居ます、途中敗戦もありました。 日本の中の日本人の成分には、大分外国人の血が混じって来ている筈です。 ちょうど、2千年前に大陸から逃げ出して来た呉や越の戦争難民の様に、そして、日本は亦、大きな変化の時期を迎えるのでしょう。

江の川さん

レスありがとうございます。

どうやら江の川さんとは問題の認識に大きな隔たりがあるようですね。

いきなりですが、
>桜井氏の公約は普遍的な正義、倫理にかなう正論ですから、国、人種にかかわらず通用します。

この何でもないような一文ですが、私には大問題に見えるんですよw
いちいち本当に面倒くさいんですけどねw

例えば、”人をコロすのは悪いことだ”って一見普遍的正義のようですけど、日本には死刑があるんですよね。

本題ですが、上の一文に日本が抱えている多くの問題の原点が含まれてます。
ひとことで言うと”正論が通じない”。
慰安婦問題、南京問題、拉致問題、原爆投下問題、尖閣問題、竹島問題、北方領土問題、全てそうでしょう。
外国だけでなく日本国内でもそうでしょう。
桜井氏の公約が普遍的な正義、倫理にかなう正論なら、
なぜ他の候補者は公約にしなかったんでしょうか?
なぜマスコミは桜井氏を全く報道しなかったんでしょうか?

これらの問題に比べれば、日の丸を振るだとか、桜井コールだとか、かわいいもんでしょう?

問題ばかりでうんざりです。
でもあきらめたら終わりですからね。
桜井さん、余命さんのモンスターコンビに希望を託してます。

一兵卒様、

普遍的正義としたのは誤りですね。そもそも主観を排しての普遍的正義なんてありえないですね。韓国学校の建設だって元都知事にとっては正義だったのでしょうからね。しかし桜井氏があれほど具体的に提示した公約に全く表立った反論がなされないと言うことはとりあえず今のこの社会では普遍的正義といっても良いのでは、と感じます。

>桜井氏の公約が普遍的な正義、倫理にかなう正論なら、
>なぜ他の候補者は公約にしなかったんでしょうか?
>なぜマスコミは桜井氏を全く報道しなかったんでしょうか?

これは、私には分析できません。皆さん各自のより優先的な正義、正論とともに、両班野郎 さんが言われるようにそれぞれの損得勘定で行動されますから。私は桜井氏の正義、正論と彼の抱く損得勘定を勘案して彼に投票しました。

>これらの問題に比べれば、日の丸を振るだとか、桜井コールだとか、
>かわいいもんでしょう?

今は可愛いもんですが、もう少し大きくなると心配です。
そのときはそのときで戦術も変わるのかも知れませんが・・・

>桜井さん、余命さんのモンスターコンビに希望を託してます。
私もです。

皆様の意見を読むと危機感を感じる

このBLOGのコメンテイターの皆様のご意見は、深い知識の上に議論なされていると感じられますが、申し訳ありませんが「木を見て森をみない」という印象を受けます。

中韓・国内のサヨクに対しての批判に終始して、世界の動きを大局的に見てのご意見が少ないと見受けます。

当面における最大の脅威は中共であることは間違いがなく、アメリカとの同盟関係を強めて、その脅威に備えなければいけません。

しかし、そのアメリカは経済的に衰退しており、本当に日本を守ってくれるか疑問なところもあります。
アメリカ軍の上層部や政治家に、日本を守る必要はないとの意見を持つ人が相当数います。

日本国内では、安倍政権や良くやっているという意見もありますが、実際にはどうでしょうか。
尖閣諸島に関しては、日本の守備勢力は徐々に後退しており、中共の侵略範囲が強まっています。
外交的にも、昨年の南京大虐殺の記憶遺産登録へは政府は何の抗議もせず、容易に登録がなされてしまいました。現在は、正当な歴史事実を提示して抗議しても、政府が認めているからと相手にされない状況となっています。

真正保守の方々は、共産主義とグローバリズムの資本主義は、根っこは同じであるという考え方に傾いてきております。
現在の世界情勢や経済情勢を深く見るとそう考えざるを得なく、日本はこの流れに飲み込まれないような舵取りをしなくてはなりません。

私の個人的な感想ですが、このブログのコメンテイターの皆様は、どちらかというと従米保守の雰囲気を感じます。

中韓・北朝鮮の工作員は、政界・マスコミなどに深く入り込んでおり、危険な活動をしており、断固これに対抗していかなくてはなりません。

しかし、自民党の中にも中韓・北朝鮮の工作員とも思える人もいますし、安倍首相は米国の意向に沿ってしか、国内政治や外交を行なえないような制約で縛られていることは間違いありません。

安倍首相は9日には、「日本は決して核装備をしない」と世界へ宣言しました。
この宣言は、米中から言わされているとしか思えません。

青山繁春氏やケント・ギルバート氏は、威勢のいい意見を発して本物の保守のように見えますが、核武装については反対の意見を持っているので、アメリカの工作員である可能性を否定できません。

大局的な観点を持ち、現状を疑ってかからないと、現在の世界情勢は正しく読めないですし、今後の動きを予想することもできないと思います。

私は、反米ではありませんので、あしからず。

ただ、今の日本の状況を憂いているだけです。



今の日本を従米と言うなら

かつての日本は従「英」ですな。
しかし、

最後はブリテン野郎の鼻を明かしてやりました。

大東亜戦争後、ご自慢の植民地帝国の欠片も無くなりましたな。昨今はユニオンフラッグすら危ういそうで?(スコットランド独立か?)

まあ「臥薪嘗胆」というやつですよ。

別に恥じゃあない。

共通敵を作る→寝首
の勝利の方程式に乗せなければ。

その数式に、大韓民国は除き、半島統一した朝鮮民主主義人民共和国は加える必要があると考えています。

日英同盟の共通敵はロシア、日米新同盟の共通敵は赤化朝鮮。

(弱い)赤化朝鮮とダラダラ冷戦し、アメリカから有形無形のボディーガード料をせしめてやりましょう。

そして以上は国家レベルの話ですが、桜井誠氏個人に当て嵌めたって「臥薪嘗胆」の意義は同じです。

人々に理想を説き「独りで」在日と戦うのも結構だし、大した漢だと思いますが、

勝ちたいとは思わないのだろうか?

また、彼を信じる者は勝ってくれと願っているわけで、
その思いに応えんとするなら、一時人に頭を下げるくらい、惜しんではなりません。

まああまり安売りされても困りますが、小池新党の話もあるし、日本のこころの立て直しも必要だし、彼の活躍する舞台は整いつつある。

前向きに考えていただきたいものです。

へうげものさんへ

 それではどうしたらいいのでしょうか?

中韓・反日左翼の批判ばかりで、世界の大局感がないとの事のようですが、私にはソロ氏始めコメンテーターの中には世界のことも米んとしてるように思えます。

へうげものさんの主張は「核武装せよ」だと、私は認識しており、それには、私も一票投じたいきもちです。つまり、賛成だということなのですが・・・

さて、それを実行するにはどうすれば良いかですよ?

政治は簡単ではないと思っています。原発稼働さえ反対の声が大きい所へ、原爆・水爆を開発しますなんて、今の首相が表明したらどうなるでしょう?

へうげものさん その辺の分析を対外的、対国内的にして見て下さい。そして、答えをお聞かせください。

以前 ななしさんが、国防の事で米してくださいました。「適当にアメリカをおだて揚げて、うまく付き合って、乗り切るしか今の所手立てがないでしょう」とのことだったと思います。

へうげものさんは これには反対なのでしょう。

私はね。 敵は隣国にあり、本能寺は国内反日分子にあり、と思っているのです。

だからこそ、中韓・反日左翼打破なのです。
だから、若いここのコメンテーター始め、桜井氏や青山氏や、その目的に少しでも役に立つ人ならばと思っているところなのです。安倍もそのようにと期待しているのですがね。 安倍でなければ一体誰に?

・・・なにか 釣られたような気がしてきました。
へうげものさん ! 釣りでしょう?

団塊の世代を教育したのは・・・・・

ソロさんへ, ポッポです。

>似非の正義に惑わされた戦後教育の犠牲者=昭和15年以降の生まれの人々=昭和20年代に小学生だった人々も、戦前日本の全否定から始まって居ますので、良くて反米の反日、悪くすれば親米の反日しか在り得ません。 この時期=70~80歳の人の反日は、戦前否定が前提に有るので、至極厄介です。
昭和10年~15年に生まれていた人々は,終戦の時小学生でした。その人々は,学校の教科書を墨塗りされています。子供達にとってのショックの大きさとともに,忘れてはならないのはその親達です。

親達は占領された後,占領軍の暴力にどう対処するかを考えたとき,ひれ伏すことしか出来なかった(朝鮮人が暴れ出したのは,終戦直後からです。日本の警察力は,当時無力だったでしょう。)と思います。
しばらくすれば,GHQのWGIPによる洗脳工作が始まりましたから,素直な日本人には騙される人も多かったのです(恥ずかしながら,私の母親が,戦争は東条が悪かったと言っていたのを,覚えています。)。

そして,学校の教員もどのように教育すれば良いか,分からなかったでしょう。愛国は否定されたけれど,売国にはまだなっていない頃(日教組だって,即日で行動できないわけで,売国まっしぐらになるのにも,数年は必要だったと思います。),その間は,どうだったかと思います。
勿論,子供の中には成長したら鳥越氏のようになったのもいるのです。

団塊の世代(昭和22年~24年生)の場合は小・中学校時代には,元兵隊の教員がいたことを覚えています。ソ連が北洋漁業の漁船を拿捕する度に悔しがっていました。しかし,高校時代は日教組花盛りでした。教員は今なら,反米の反日だったと言えます(話したことのある教員です。)。
大学へ入っていませんから,このことは知りませんが,大学紛争は凄まじかったと聞いています。

私は自分が普通だと思っているのですけれど,考えてみれば京都は蜷川虎三氏が長らく知事でしたから,普通に左翼支持だったと言うことになります。これが抜けるのに,30年位掛かりました。

在日の歴史 1

>後方戦史さん 初めまして、ソロと申します。
>>在日が嫌われる原因は日本の政治に介入したり、暴力組織を使って無理やり法律で決められている事に例外を量産して特別な立場に立とうとするところにあります
 そうですね。 然し、是が仮に、在日が全員帰化して居れば、ドゥなったでしょうか、問題にすらなって居ない可能性もあります。 すると、在日の問題を考えるには、先ず、何故彼らが日本人になりたがらないのかから、考えるべきだと思うのです。

 在日の定義から考えれば、戦前渡来の朝鮮人は、在日には入って居ませんから、最初彼らの出自の殆どは、4・3事件以降の半島で行われた「赤狩り」の結果、列島に逃込んできた済州島の漁師であった事しょう。 彼らは、職業柄代々、国境認識と言うものは希薄です。 極論すれば、国の違い等判らないのです。 権力者が勝手に線引きしたものだ、位にしか思って居ないし、九州西部の漁民以外の日本人は、先祖代々の敵だと、祖父母に教え込まれて来たわけです。

 彼らには国と言う括りが、理解できていなかったと考えるべきでしたから、折角、4・3事件等の「赤狩り」から逃れて、日本に大量に難民として入り込んだけれど、その頃の日本は、アメリカの支配下に在ったわけで、自分達が、島を出なければならなくなった原因である李承晩の背後にいるのは米国CIAであり、米国政府である事を知った時は、心底驚いたと思います。

 その後も正式に政治的難民として認められたわけでは無かったし、況や日本人になれたわけでも無いのなら、何の保障も無いワケですから、何時、日本で「赤狩りの続きをやられるか分らない」と言う事ですから、当然武装します。 公的に自分達の味方になってくれる機関は無いのですから、自分達の不安定な地位をナントか安心できる地位にする為には、自主的に努力するしかない、と言う事になります。 この時点では、彼らは難民ですらなく、棄民です。

 ですから、かれら「在日」が、外国人のままであったのは、「外国在留の国民の保護を取らない、無責任な韓国政府の所為」であったのが一番ですし、「決して望んで日本に来たわけでは無い」「いずれ済州島に帰れば、元の暮らしに戻れる」その時、「日本人になって居れば、全てを失う」と言う危惧があったからだと思います。一部が、非合法組織化したのも、朝鮮民族の特徴だと言えば言えるでしょう。

 この事態の責任者は、一体誰だと思いますか? トップに挙げられるのは、韓国政府と李承晩である事は間違いないでしょう。 然し、「赤狩り」を、李承晩に命じて挙行した米国CIAは、もっと悪いとは思いませんか? で、難民を引き受け、在日と言う棄民を国に匿ってやったら、国内でやりたい放題の事をされて来た日本人が、一番酷い目に遭って居ると言う事は、謂うまでもありません。 

 然も、完全に恩を仇で返されている現状は、朝鮮人は、日本列島に居るべきではない事を、自ら語って居ます

 済州島の漁民を未開人扱いして、無理やり棄民にして、日本に押し付けた米国ですが、米国こそ、他国の人の国の括りや、愛郷心を大事にしてこなかった結果だと言えましょう。米国こそ世界で最も文明人の顔をした野蛮な国だと言えましょう。

 米国は、同じ事を台湾でも起しています。ご存じ2・28事件です、この事件で蒋介石は、親日派2万人以上を騙し討ちにしています。そしてその事件を同じく、「赤狩り」であると嘯き、表沙汰にして居ませんが、勿論CIAを通じて米国政府は知ってました。

 勝った国の果たすべき、平和の維持、治安の維持の責務が全く果たされていませんし、負けた国に、敬意を少しも払えて居ないザマがみてとれますね。何が正義の軍隊なのでしょうか。

 そして、先ず、在日を棄民状態から政治難民に公式に認める措置をGHQは卑怯にも取って居ません。 そりゃあ、李承晩の手前できませんよね、難民化した理由は、自分が命じた「赤狩り」に原因があるのですから。
               続く

在日の歴史 2

         承前
 続いて起こった朝鮮戦争の前後に、調子に乗った李承晩が保導連盟事件と言う、大虐さつ事件を起こしていますが、この時も少なからず、日本に逃込んだ朝鮮人が居た筈です。 済州島の難民は多くても25万人ですから、およそ40万人が列島に逃込んだ計算になるでしょう。 つまり、日本に居る棄民である在日は、全て米国政府の不作為が原因です。

 で、米国は朝鮮戦争が膠着化し始めると、戦う目標を見失ってしまいます。 元々、日本と戦ったのも、満州利権が欲しかった為で、満州利権に何があったかと言えば大慶油田他、有望な油田が幾つもあったからでしたが、その規模の数十倍の油田がアラブで発見された事で、途端に、腰が落ち着かなくなり、殆ど「勝手に」講和を結んで、引き揚げようとしました。 当然、継続戦闘を主張した李承晩は、講和会議から外されます。 是に怒った李承晩が、約2万名の朝鮮・共産シナの捕虜を、国連軍が管理する収容所を韓国軍が襲って、脱走させます。

 韓国の大統領とは雖も、こんなアカラサマな利敵行為をすれば、銃殺ものだと思うのですが、米国はそうはしません。 結局、大統領職を退陣させても、その後も院政を布く様な話でしたから、朴正煕韓国陸軍大佐がクーデターを起こし政権を奪取、李承晩は、ハワイに亡命し、其処で、90歳で天寿を全うします。 この李承晩に対する甘さは、米国が相当の秘密を李承晩に握られていた事を示していると思います。

 然し朴大統領も、在日=棄民と言う国の恥について、解消する方向には動きませんでした。 それ処か、日本人並みの待遇を与える様に、陰で工作して居た形跡があります。その結果、左派から銃撃されて、夫人が落命すると言う、皮肉な結果になったのも、韓国らしい話ですが。

 この工作を知った、済州島民達は、金大中の様に激しく反発し、北の建国と共に、北に走った在日仲間と連絡を取り、全羅道を中心とした共産化路線を密かに育てたグループと、李明博の様に、韓国に帰国して、日本の中枢に居る帰化人を中心にした人脈を利用して、戦後財閥「現代グループ」の中で、実績を遺して政界に打って出て、ソウル市長、右派を代表して韓国大統領になったものと分けられましょう。

 戦後、韓国国内では、米国の施政方針(WGIP)により、日本統治時代に折角、農奴に大開墾で生じた耕地を、殆ど無償で分けてやり自由農民としたのに、旧体制に逆行する動きに反発した自由農民230万人規模のデモ(大邱事件 昭和21年10月)を武力鎮圧した事で、両班層が完全復活して、その後の「赤狩り」に便乗して、戦争外で、200万人近い自由農民をサツ害して居ます。 この行為に拠って、韓国は端から李氏朝鮮時代に逆行したのです。この事件は、後に、米国内で批判されて、朝鮮戦争時の洋公主問題と共に、歴史的に隠蔽・埋没されています。

 然し、朴大統領が68年に、日韓基本条約を日本と結び、5億ドル(当時1800億円)の実質無償援助と3億ドル(1080億円)の民間の借款と言う巨額の復興費用を日本からせしめます。 この費用の配分を日本に任せて、当時、復興需要、戦争需要、オリンピック需要と、繋いできたが、仕事がなくなって青息吐息だったゼネコンに、干天の慈雨を齎します。

 亦、韓国も、数多のインフラ整備の資金が突然降ってわいた為に、国内景気に火が点き、建設、機械、電力、鉄鋼、化学が誕生、そして、造船が始まります。高速道路、地下鉄、港湾設備と言った運輸インフラが整い、近代国家への礎が出来たのです。

 こうなると、労働を嫌う両班層は零落して行く一方だったが、旧自由農民層は、鉄鋼に造船、建設・機械部門に労働者として入り込み、社会の中で健全な労働者として力を育みます。是に拠り、韓国は躍進し、「漢江の奇跡」と持て囃されますが、その実、日本の下請けでしか無かった事に、気が付ける韓国人は少なかった。

 この躍進の中心だった労働層は、労働運動と言う遵法闘争も手に入れ、社会の左派勢力として、市民権を得ます。 一方で、両班層の勝ち残りゲームに勝利した財閥は、経営陣が利益を独占し、貴族然とした生活をし始め、社会に格差を齎しますが、経営手法が余りに傲慢で、その実、政府のバックアップ頼みであったので、現代も、大韓も、大宇も、そして三星(サムスン)も、背伸びして大きく見せるだけで、何のメリットも生み出せず、結果、赤字になればその都度、経営陣が企業の売却しか考えて居ない始末なのでは、先は知れていましたから。 ダカラ、99年にIMFにネガティブな査定を貰って、再貸付不可の烙印を押されています。

 08年10月にリーマンショックが起きますが、米国が韓国のリーマンショックの際の行動を裏切りと判定、09年4月30日期限のスワップの延長と引き換えに、政府所有の株式の大半を、米国企業に売り渡したのです。

 是に拠って、韓国企業は事実上米国企業群のモノとなり、以後、大企業比率が大きい為に、韓国全体が経済植民地化されて終いました。

 企業に働いている/居ないに関わらず、今の韓国社会の半分近くを占めているのは旧自由農民で、完全な反米反日の独立左派だと言って宜しいでしょう。 米国は、決して懐柔できない層だと言う認識です。 この集団と、日本のサヨクが一部連絡を取って居るようですが、日本に居る帰化系の集団は、自身親米(従米)でもあるので、警戒している様です。オソラク連携はしないでしょう。

 この先日本が、安倍政権が執る「妥協なき路線」を進めば、韓国には将来はありません、何故かと言えば、自分達で国を建てる事などできない事は、この70年近い時間の中で、幾度も証明して来たからです。 事実、日本や米国のアシストやヘルプなしには、何もできません。 ダカラ、米国が見放したのです。 彼らに独自のモノが創れるわけが無く、卑怯な真似をせずに勝利を得る事も出来ない民族と、烙印を押されて終ったのです。 正に、自業自得。誰も救えません。

支那は、猛スピードで軍拡を進めていることを政府は国民に知らしめるべきである。

支那は、現在、猛スピードで軍拡を進めている。政府はその実態を速やかに国民に知らせるべきである。

政府は、東南アジアで起こってことが、明日、日本で起こることを速やかに日本国民に知らしめるべきである。

日本の核武装

>老猫さん ソロです。
>>核武装に1票
  私も、核武装なら賛成です、然し、中身が大事で、戦略核=ICBMを持つ事なら、絶対反対です、核アレルギーでは無く持つ意味が無いカラです。

  実は今でも、日本は核を持って居る国と言う扱いを受けているのです。それは簡単です。日本本土に米軍基地があるからです。米軍基地には、ICBMはありませんが、それに準ずる容量の、所謂、戦術核が必ず大量にあります。しかも流動して居るので、実数はつかめません、亦、軍事機密に類する事ですから、非核三原則などと言う寝言を躱す位、何でもない話です。 当然、日本政府も見て看ぬふりをしています。

  処で是は、沖縄が「沖縄に基地が集中し過ぎて居る」と騒ぐ原因の一つでもあります。 つまり、「危うい処だけ沖縄に負担させるのは不公平だ」と言う理屈です。然し、実際は逆です。 誰が敵の軍事施設が一番充実して居る処に攻め込もうとしますか? ですから、日本で一番しっかり護られているのは、間違いなく沖縄です。

  この道理に気付けば、沖縄の主張は、共産シナの代弁に過ぎない事が分ります。共産シナは、自分では言えない事を、日本の反日運動家や、韓国の潜入共産分子に謂わせているのです。 それが分って居るから、日米ともに、話を半分しか訊いていないのです。www

  日本が核を持つと言うなら、公式に非核三原則を見直して、対中用に、この「戦術核を持つよ」と言えばよいのです。 最初は、米国の戦術核の運用権を借りて、次第に自前のモノを揃え、新開発のモノは米国と共有する、こうすれば、開発費が一番高くつく武器部門ですから、米国が乗って来るでしょう。 日米連携は、何処にも証拠は見出せないでしょうが、ある日突然、中南海に小型超高速の或いは、低速低空の小型核を搭載したミサイルが飛んで来る事が予想されます。是は、自身と一族の事しか考えていない中南海の住人にとって、夜も眠れない恐怖になる事でしょう。www 是は、限定核と言ってICBMと違い、撃てない核では無く、撃てる核なのです。 
 然も、監視すら出来ないでは、恐怖感じゅうぶんですよね。北京を逃げ出す幹部が話題になりそうです。

  亦、搭載する弾頭は日に日に進歩して居ますから、その裡、核弾頭並みの爆発力を持った通常弾頭も開発される可能性が有ります。 そうなった時、戦略核は無用の長物というより、管理が難しく莫大な年間費用が掛かり、然し、何の為に在るのか分らない、非常に危険な物質に成り下がります。 ダカラ、戦略核には反対です。

なにか、「木を見て森を見ない」とか言って居るけれど、意味が分って言って居るのか甚だ疑問ですね。 核武装賛成って言っている自分は、森しか見てない可能性大でしょう

YouTubeで日本を護る。マスゴミは死して,国士が自ら発信する「日本動画競会」発足!
https://www.youtube.com/watch?v=E8aZD09LCxE

政府「外国人が労働・定住しやすい国に」


”新風”、デモやってくれ、参加するぞ!

青木理という人

TBS”荒川強啓”の番組で、月曜のジャーナリスト青木理氏が出ていました。彼は天皇のお言葉について、”天皇制についていろいろ論議しなくてはいけない。天皇制を無くすことも含めて、しっかり考えるべき”というようなことを2回も言ってました。
 普通の日本人に、天皇制を無くす、という発想があるでしょうか。2700年と日本の背骨として、天皇と共にあった日本人。心のよりどころとして、あらゆる運命を共にしてきた天皇と民。それが日本人の心の中にしっかりとあり、血と肉となって、その存在そのものが日本だと、普通に思えるのが日本人。
 ああ、彼は日本人ではないんだ。何の思いもなくただ法律だけなんだ。可哀そうなエイリアン、異邦人だと思った。帰化しても日本人に成れない、日本人には決して受け入れられない理解されない哀れな存在だと思った。

青木理という人

去年くらい、やはり荒川強啓の番組で、
慰安婦の事でいろいろ社会がにぎわっている頃、
青木理氏は、正確ではないが”慰安婦の事をなかったことだと言うべきではない”と言うようなことを、声を荒げて、視聴者?を叱ったと私は感じた。

なんなんだ、この人。偉そうに!、と反発を感じた一時だった。
その後は声を潜めてしまったが。まったく考えは朝鮮韓国側に立っている。

鳥越さんと同じで、日本をdisることで生活している人なんだな、と思った。

日本人も同じだった?

中国人(韓国人も)が大量に来日してそのマナーのわるさに辟易していることは周知の事実。
しかし中国人も韓国人も昔は日本もそうだったと必ずいう。
特に青木氏は、笑いながら、自分達もそうだったのに、そんなこと言えるか、と一貫して正論のような言い方をしていた。そんなことはない!と私はラジオ前で抗議したが…。
日本人は素朴な世界を知らない田舎丸出しの成金さんで、今となっては笑い話。他の誰も傷つけず、スープを飲むとき音を立てるとか、レストランで子供のように楽しんだとか、物を買うのに、この一列全部買うとか批判されたが、そこの何が悪い。西洋のマナーが知らなかっただけ。
中国人、韓国人のように備品を盗む。食べ方が酷過ぎる。バイキングの動物のような食べ方。〇ンをそこら中に吐く。手鼻をかむ。大小〇をしないように再三言われる。銘木に乗って折る。もう数知れずの最悪マナー。
彼らはマナーという概念がないので、恥を知って直すと言うことがない。
このように中韓人は昔の日本人でさえ、民度の全く違う民族なのだと強く言いたい!

>或る朝鮮人の絶望

日本国において、基本は疑わしきは罰せずです。
その上でどの様な状況証拠かという事に成ります。
噂レベルのものを幾つか積み上げても無意味です。

その様な疑わしき人物は多数いますが、帰化申請などを含めしっかりと人物調査すべきでしょう。

また、それでは鳩山由紀夫ほどの反日親韓国言動をし続ける人物は在日・帰化人でしょうか?
今や日本人でこの人物の様な行いをする者は多数います。

政治家の使命

老猫さんご意見ありがとうございます。

今の政治家に欠けているのは、未来への夢や理想を語ることです。
その政治家がこの国をどういう国にしたいか。皆が幸福で豊かになるためにはどういう政策をすすめるのか。安全で平和な生活をするためには、どうするのか。
これを国民に示して、実行するのが政治家の本来の役目です。

かつて、池田首相は所得倍増計画を唱え、田中角栄は日本列島改造論を提唱しました。
角栄の計画は、ロッキード事件などの金権政治批判で頓挫しましたが、理想をかかげて政治家本来の仕事を行なっていました。
角栄の計画通り、新幹線と高速道路が昭和60年までに整備されていれば、日本はもっと豊かになっていたことと私は確信します。

今の政治家で国の理想像を語る人が何人いるでしょうか。
どのような国にしたいという信念もなく、ただ集めのためのバラマキだけで予算と借金だけが膨らんでいるのが現状ではないですか。

日本はもう経済成長できないというのは、真っ赤な嘘です。
国の借金が1000兆円あるから、国民はその借金を返すために節約しなくてはいけないというのも、全くのデマです。
このような嘘を流し続けているのは、日本を絶対に経済成長させないというある国の圧力に、政府やマスコミが従っているためです。

似非ジャーナリスト

>蝉さん ソロと申します、初めまして宜しくお願いいたします。
>>青木理
 基本的に、国に帰れない朝鮮族は、日本を自分の好きな様に改造しようとしますし、その権利があると思い込んで居ますので、そう言う事も云うのでしょうが、無視すればよい範囲の話だと思います。唯、彼らを着実に増えない様に、未帰化人は、外国の国民として、国に御帰り願う様にすればよい話です。

 唯、日本人の中にも大江健三郎の様な、異常な反日がいますし、帰化したのに反日な人も大勢いて、日本人然として、「日本の為に」と称して、日本を毀損している輩が、放送局を中心にかなりの数居ます。 青木の他にも、鳥越、岸井、田原、金平・・と主に、ジャーナリストと自称して、NHK,ABC,TBS,FTV,NTVの反日放送局で重用され、露出度も高いですね。 私は気分が悪くなるので、此奴らがでていると、反射的にチャンネルを変えます。 態々気分の悪くなるものを見る必要が無いカラです。

 然し、TVメディアは、朝鮮系に乗っ取られている感があります。 何処を回しても同じです。 ダカラ、TVの視聴率自体が下がって居る。 一時期騒がれたTV局の平均年収1500万円も、今はかなり下がっているとの事、何より、スポンサー側からの値下げ要求が厳しくなるのは、当然ですから。

 それでも、ニュースショーのアンカーマン的なキャスターなら、女性でも年収2億円(安藤優子)、彼の報道ステーションのキャスター(古館一郎)は、12億円(月収1億円)だったそうです。

 マァ、売国でもなんでも、金になるから何でもやるのは、朝鮮人だけでは確かに無いですね。 彼奴に月収1億円払う価値があるとは全く思いませんがね。

 その青木だのと言うのは、周りが日本人だと思い込んでいるから(実際、帰化して日本人の戸籍を持って居ますからね)皆がマトモに話を聞くのですが、中身が分れば、「お前のようなよそ者に謂われたくない」と、直ぐに反論が出て来る話です、 殊に天皇陛下に関する話では、日本人の大部分が、陛下の話を有り難いと思って聞いて居ます。 それは、先帝陛下が偉大だったからだと思います。

 畏れ多い言い方ですが、陛下が偉大だったのは戦前ではありません、戦前は寧ろ、人間味があって面白かった。 2・26の時も親代わりの陸軍大将や、高橋是清などが襲われ殺害されたと聞くと、自分で軍隊を率いて成敗すると言いだされたくらい人間味があった。

 でも、陛下の終戦の詔を聴いていて、丸っきり、遺書の様に感じました。 陛下は寧ろ、生きて居る事が、お辛かったのだと思います、終戦の時、潔く死にたかったのだと。

 でも、陛下は、それならと、全国ご巡幸を決意なされた、GHQは、最初止めようとしましたが、当時、敗戦で日本中が未だ混乱の中に在り、戦地で人間性を失うような酷い目に遭った人達が、陛下を恨んでいると言う仄聞情報も多かったので、「出来るものならやって看ろ」くらいの気持ちで許可したようです。 然し、実際にやってみると、全国津々浦々何処へ行っても、大歓迎のアラシ、足に取りすがって泣く国民も居て、GHQは、西洋の王と言う括りで天皇を評価してはイケない事を実感したのです。

 是で自ずと、象徴天皇が何たるかが定まりました。日本人には、誰も異論がなかった。 天皇陛下は、そのお立場で、我々と共に戦って居たのだと言う事を知ったからです。

 一方で、先に挙げた、老害ジャーナリスト共は、戦後のGHQが催した、戦前日本否定運動の片棒を担いで、金儲けをしてきた連中です、こういうのを敗戦利得者と呼びます。 瀬戸内寂聴や上野千鶴子、浜矩子・・と言った、女性が多いのも特徴ですが、これも、GHQの文書検閲で、英語が出来る人を募集した処、2千人もの大学卒の女性が集まったとの事、恥ずかしながら、私の父親方の叔母もその一人で、最終的には、旧総理府の部長職を務めました。 一生金には困らなかったけれど、情の薄い人でしたね。

 こういう日本人が沢山いたので、朝鮮人も遠慮なしだったのでしょう。 情けない事です。

 我々は斯うした恥ずかしい先人の、恥かしい業績を、ちゃんと見直して、評価を改めるべきだと思います。

何を説明してるんだか

>へうげものさん 横から見て居てあんまりダカラ一言。
 老猫さんは、「では一体どうしたらよいか」と訊ねておられるが、貴方の答えは、何一つ答えになって居ない。 それ処か、
>>日本はもう経済成長できないというのは、真っ赤な嘘です。
誰がその様な、空々しい嘘を言って居るのか、名指しでどぅぞ。 そんな事を云うわけが無い、経済成長率は国家単独で出すものですが、貿易収支や対外債務なども要素としてある限り、国際の中での話で、相対的な要素が大きいのは謂うまでもない事です。 ダカラ、ゼロ成長やマイナス成長が有る様に、経済環境の如何によって、成長率がマイナスになりっぱなしなんてことはあり在り得ない。 話をはぐらかしているダケとしか思えませんね。

>>国の借金が1000兆円あるから、国民はその借金を返すために節約しなくてはいけないというのも、全くのデマです。 このような嘘を流し続けているのは、日本を絶対に経済成長させないというある国の圧力に、政府やマスコミが従っているためです。
 そんな事は、とうの昔に皆さんご存じですが、では、何処のどいつが、何の為にやって居るのか、証拠を揃えて、提示して見せて下さい。皆さんが知りたがっているのは其処です。

 蓋然性と言う言葉一つ理解できないのでは、本を読んでも理解できる範囲は知れていますが、他人に説明を求められたら、誠実に回答する姿勢を示すべきではありませんか?

すみませんでした

回答を含めて書き込んだのですが、不正のエラーが出て前半の文章しかUPできませんでした。
あらためて、投入します。

日本国内のマスコミ各社は、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社であるため、共産シナ国内が超深刻なトンデモ無政府状態であることを一切報道しません。

ポーランド系リトアニア系ベラルーシ系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人が乗っ取っているドイツを始め西欧諸国のマスコミ各社でさえ、様々な証拠写真付きで共産シナ国内が超深刻なトンデモ無政府状態であることを報道しています。

日本国内のマスコミ各社は、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社であるため、共産シナ国内が超深刻なトンデモ無政府状態であることを一切報道しません。

おぉ、久々の A敦子さん登場!
さて、愛信さんはどうなるかな?
興味深々・・・

こんにちは

核武装に関して、政策的に、或いは戦術的にではなく、最も馬鹿馬鹿しい精神論でお話します。以前からずっと思っていた事ですが初めて書いてみます。

戦後レジュームからの脱却、日本を取りもろす、自虐史観からの開放、等々最近よく語られています。覚醒した日本人が増えているという見方で間違いないかと思われますが、そうした人達の間でもこの核保有に関しては実に不思議な論調が永遠と続いています。

『日本は世界で唯一核の被害にあった被爆国である。二度と核兵器が使われないよう先頭を切って非核化を訴えていかねばならない。非核三原則を遵守し核無き世界へのリーダーシップを期待されている。』云々

この考え方こそ自虐史観であり米が期待した一億総腑抜け化政策の結実なのではないでしょうか?本来なら世界で唯一核の被害を受けた我が国こそ、世界でただひとつ核保有の資格を持つ国だと宣言すべきではないかと考えます。

なぜ核で酷い目に遭い今もその後遺症が消えないのに、核保有国が乱立する世で、主権回復した後も相も変わらず無防備で居続けるぞと宣言するのか意味が判りません。米が恐れた日本からの報復心を未来永劫封じ込める策に見事にハマり込んでいます。日本こそ核を持つべきではないかと思います。

何処の国よりも人道的視点に立って使うか使わないかを判断できる訳ですし、日本が核を持つことでどれだけ多くの国が支那の脅威から守られる事でしょう。勿論米からしても、東アジアの安定を日本に託す事ができるわけですし、支那朝鮮以外誰も損はしません。武器の輸出も解禁された訳ですから、軍事産業を活性化する事で内需拡大も図れるわけです。良い事ずくめではないでしょうか。

米は太平洋戦争を生き抜いた世代が現役を退き、日本からの報復という意識が薄れているはずです。経済面での世界的安定を考えれば、日本は最良のパートナーでもあります。日本が核を持ち、米のポチとして東アジアのミニ警察官になるという宣言さえ彼らに出せば良い話です。国内の反日は捨てておき、米と提携して秘密裏に事を進めればいいだけの話です。

ミサイル自体は北京、ソウル、ピョンヤンに届けばいいだけのシステムで構わないのですから、米を上手く煽てて核装備ですね。本気になれば一年もあれば実戦配備できるでしょう。国連なんて力を持つ国は何処も重視していません。反対されたら米に倣って資金提供を止めればいいです。『金だけ出すだけの日本は終わりました。これからは国際社会の平和に米の後に続いて実行力として積極的に対応していきます。』って宣言して欲しいと思うのは私だけでしょうか。勿論支那開戦となれば主計科で良ければいつでも従事いたします。

それでは良い週末をお過ごし下さいませ。

日本の核武装についての私論

>暗闇三太さん ソロです。
御説には、首肯する部分が多く、蓋し正論だと思います。
 然し、現状の世界で核を使った戦争が有ると考えるべきなのでしょうか?と言う疑問も並行して考えておかなくては、それこそ、「何の役にも立たないのに、極めて危険な施設の維持管理に、未来永劫巨額の予算を使う事。」になりかねません。

 それに、日米間には、未解決の問題があると考えるべきでしょう。

 それは、↓のあなたの文に、良く表れて居ます。
>>なぜ核で酷い目に遭い今もその後遺症が消えないのに、核保有国が乱立する世で、主権回復した後も相も変わらず無防備で居続けるぞと宣言するのか意味が判りません。
 「主権回復」をどの範囲で言って居るのか、に拠りますが、私は、日本は完全な意味での主権など回復しているとは思いません。
 第一に自身で国を護る事すら、許されていないワケです。 ダカラ、憲法改正や自衛隊の軍昇格も俎上にすら挙げられなかったし、米国も日米安保を、米軍の極東戦略の要に措いたが、その主力を日本に移譲する事もなかった。

 処が「軍事素人」と言う事になって居るトランプが出て来て、「米国が日本を護ってやって居る」と言う立場だけを強調して物を云い始めた。是は或る意味では、否定できない事実だが、話が一方的に過ぎ、バランスを大きく欠いている。 彼は端に、米軍基地がある事自体その地域は護られて居る事になる、と言って居るダケです。

 実際は、日米の極東防衛施設については、太平洋全域及びインド洋全域の終局的拠点として活用して居て、日本全体が軍事基地の列島と言うべきなのです。 地理的にも日本列島に在る基地を全廃して、代わりの基地を探せるわけが無い。 そして、そのような重要な拠点を護るのに、核施設を持って居ない筈がないのです。

 米軍基地には、確実に戦術核があり、然も運用しているのに、何故、日本が自前で戦略核を持つ必要があるのか、と言えば、貴方が仰有る様に、独立主権国の権利として、自前の核が必要だからでしょう。 然し、その考えは全く現実的だとはいえません。

 戦略核は米露が冷戦時、暗黙の裡に造った核バランスゆえに、実は捨てたいが捨てられない、と言うジレンマを抱えている状態です。 米国では、此度更新する為に、2兆円の財源が必要だそうですが、米国が更新すれば、核バランスを保つ為に、ロシアも更新する事になりますが、ロシアにそんなお金は無いと思いますがね。   
 日本は、幸いにもこのジレンマ状態を上手く逃れているのに、態々、予算を懸けて、新たな核バランスを創りだしてまで、ジレンマ状態を造りだそうと言うわけですね。www しかし、日本の独立主権は確かに譲れる話ではない。

 日米間の未解決の問題とは、米国の戦争認識の見直し、正常化です。 米国は自ら正直さと率直さで、理想の国足らんとしています。 ダカラ、機密事項でも時間を経れば、真実を公開する事になって居る。 この頃、「フーバー文書」が、解禁になりそうな雰囲気が出てきました。 是は、日米開戦に至るまでのFDルーズベルトの陰謀を網羅したもので、当然ながら、FDルーズベルトの評価が英雄から悪魔に転げ落ちる内容です。 しかし、そのフーバーもNSCの創立者として、CIAの関係者として陰謀を巡らした事も公開される事になるでしょう。 そうした歴史正常化が完了した時こそ、日本は完全に独立主権国家として復活したと言えるのだと思います。

>>何処の国よりも人道的視点に立って使うか使わないかを判断できる訳ですし、日本が核を持つことでどれだけ多くの国が支那の脅威から守られる事でしょう。
 その正常化が完了した時、日本は国際的に如何なる立場に居るかを考えて看て下さい。 現在、核拡散防止=NPT加盟国と脱退国しかない状況ですが、NPT加盟国として発言して、築いてきた日本の信用や核拡散防止運動は、どうなるのでしょう。

 貴方の理屈で、最初から核武装して来たのなら、国連安保理構成国=核武装国以外の国の、理解も得やすいでしょうが、70年以上も経ってから、核を持つ権利を主張しても、違和感しか残らないのではないでしょうか。

 私は、「日本は核武装する事も必要だし、権利とした与えられるべきだ」と、国際に向けて発言する事は、不可欠の事だと思います。 然し、現実的には、モゥ核の時代ではないし、戦争の規模が変わって、その意味も変り、随い、必要な手段も変わって居るのです。

 本当に、戦略核が必要ですか?

ギリシャ船と中国漁船が尖閣諸島沖で衝突

沖縄県の尖閣諸島沖の公海上で8月11日早朝、中国漁船がギリシャ船籍の大型貨物船と衝突し、漁船の乗組員6人が海上保安庁の巡視船に救助されました。衝突した中国漁船は沈没したようで,漁船の乗員8名が不明です。

漁船は網をあげる作業をしているときに,貨物船と衝突したそうです。また,付近には中国の公船6隻がいたようです。

本件では海上保安庁からは巡視船8隻と航空機1機で,不明の乗組員を捜索しました。外務省は海上保安庁の巡視船が中国漁船の乗員を救助したと中国政府に伝えたところ,中国側は謝意を表明したとのことです。

この事件,詳細は分かりませんが,海上保安庁の巡視船は日本の領海の付近の事件ですから,例え何処の国の船舶でも救助することにしたと思います。領土領海の主権者として,放置することは出来ないでしょう。

中国側は先日からこの海域に海警や海監の公船が守るようにして,連日漁船を200隻以上も派遣していました。日本の外務省が抗議すると在日中国大使は「尖閣諸島付近は中国の領土だ」との態度を示していました。

自国の領土だと主張するのならば,そこで漁業をする漁船の安全も考えた行動をすると思います。
しかし,この衝突事件が起こったときに中国の公船も漁船も,衝突して沈没した漁船の乗組員の救助をしていないのです。
漁船の安全にも注意しない海警や海監の公船は,一体何の目的でこの海域に来ているのでしょうか。

これは,尖閣諸島を侵奪する目的としか,考えられません。
多数の漁船を尖閣諸島に派遣して,何らかの事故があれば魚釣島に上陸して,これを公船が安全確保のために守ることで,尖閣諸島へ中国の実績を作るとすれば,極めて説明しやすいです。

ただ,この計画には少しだけ無理があって,計画以外に本物の事故が発生した場合のことが考えられていなかったようです。
従って,本物の事故が発生した場合に,これに対応する公船がいなかったのでしょう。
(昔,秦の始皇帝が宮殿で暗殺者にころされそうになったとき,これを見ている周囲の役人は皇帝を助けなかった。事件が終わったときにこれを問われたとき,役人は助けることを命じられなかったから,行動しなかったと説明して,助命されたとの話を聞いたことがありました。)この話,そのままです。

この事件で,中国は尖閣諸島は日本の領土,領海であることを改めて世界に示すことになったのです。

海上保安庁の職員は,やっぱり素晴らしいと思った出来事でした。
この後,中国の公船と漁船を尖閣諸島周辺から追い出すのは,外務省の仕事です。

ポッポ様、面白い支那ネタをありがとうございます

これには私も「笑った」。

漁船って言っても、あれは北朝鮮の工作船みたいなもんです。
乗っていたのは支那の民「兵」。海兵隊のような精鋭のはずでは?

それが、日本の「警察官」(海保は海の警察)に助けられるとは、

支那の海兵隊<日本の警察官
ということですな。
どんだけ練度が低いのか?どんだけ弛んでいるのか?

これがガチの海戦ならコロされてるよ支那海軍。

漁船沈没の位置はむしろ支那侵攻軍の方が近かった。
にも拘わらず海保が先に現場についたってことは、漁船()からの救難信号をキャッチし駆けつけるスピードにも差があったということ。
レーダーの性能と高波での艦速で負けてるよ支那海軍?

マズいだろそれ。
「人民軍の近代化」とは何だったのか?
全部共産党軍人のポッケに消えたの?(=横領)

そいつはおめでとうございますw

日米の何倍軍事費あっても意味ないですよね?それ。

穴の空いたバケツで水汲もうとしてるのと同じです。
水道代もったいな。
不景気で税収減し、地方政府は借金漬けと言いますが、ずいぶん余裕ありますねえ。

支那外務省は謝意を表明~?

何暢気なことを。
海難事故を捌くのは正に「主権行使」の一場面でしょ?
現に支那のインターネットでは現指導部は「肝心な時に!(怒)」と叩かれまくりですよ。
やはり習近平は腹を切ってください。

朝から少々不愉快なニュースをお伝えせねばなりません…

昨年末の日韓慰安婦合意に基づき10億円を8月中に支出
&像撤去なし、未来志向での拠出否定。

やられっぱなし。

不快!と思うのは私だけではないはず。

しかし雨降って地固まる。

日本人が今後「憎」韓に向かうきっかけになるなら、むしろ好都合なり。

韓国政府は日本から10億円を騙し取ってやったと喜んでいる場合ではない。

安倍政権だって選挙に勝ちたいんだから、「次」は厳しく韓国にあたりますよ?

「次」とは

日韓スワップ再締結

ですよ。

「10億円で」韓国の信用不安(→金融危機)が救えるニカ?

金融危機起こしたら失業率更に跳ね上がり、
確実に北朝鮮のプロレタリアート革命工作にやられ、韓国人は半分くらいコロされる羽目になるんですが?

自ら日韓スワップ再締結のハードルを上げてしまった。
従北勢力怖さのあまり。

そんなに怖いなら、とっとと北朝鮮に降伏すりゃいいじゃんと思いますね。
「カエルの楽園」ですよ。

降伏すれば北朝鮮に核や生物兵器で攻撃されることはありません。

平和平和。
次の「潘基文大統領」の代で併合を申し入れてください。

その後北朝鮮人にジワジワ嬲り〇しにされるのはご愛嬌で。

>ソロさん

コメント有難うございます。

最初に先の投稿冒頭でも述べました通り、現実的な問題を無視して、あくまで馬鹿馬鹿しい主観的精神論、要するに妄想願望の類でお話したという点ご了承下さいませ。現実的に考えれば、核を持つのは色々な意味で『難しい』と思っています。

さて、

> 現状の世界で核を使った戦争が有ると考えるべきなのでしょうか?と言う疑問

東アジア地域限定で考えれば支那や北朝鮮の国内情勢如何によっては起こり得るとは思いますが、いずれにせよ我が国が核を持たない限り核『戦争』にはならないでしょう。過去を振り返れば判るように2~3発打ち込めばそれで終了ですからね。ただしリスクマネジメントを考えれば、余程の阿呆でない限りその手は使わないと思います。ただ余程の阿呆が居るのも事実ですが。

>何の役にも立たないのに、極めて危険な施設の維持管理に、未来永劫巨額の予算を使う

持つ事が使わせない枷となる以上、役に立たないと言い切ることはできないと思いますが、更なる軍事予算の確保となると世論がそれを許さないでしょうね。

日本が仮に核を持つとして、プルトニウム型となりますが、武器にするには専門設備と技術の問題があります。これを現実のものとするにはどうしても米の強力が必要不可欠で、仮に北朝鮮のように秘密裏に事を進めるのは無理です。もし秘密裏に進めて米にバレれば、資源を持たない日本は忽ち生きていけなくなります。再び原発はすべて止まってしまいます。

先の投稿でも話したように『米の協力があれば』が大前提で、米の支持でもあれば短期間で手に入れることは可能でしょう。ただしこれも妄想の域を出ないとは思います。しかし対支那朝鮮において『米の核の傘が信用できないから我が国も核を』と考える人にとっては、核を持つために更にアメポチにならざるを得ない状況は許せないでしょうね。それなら初めから日米安保の強化を図り軒先を貸してもらうほうが遥かに安上がりでしょう。

なので役に立つ立たない以外はソロさんの仰る通りだと思います。

> 米軍基地には、確実に戦術核があり、然も運用しているのに、何故、日本が自前で

戦術核はご存知のようにソ連崩壊後縮小傾向にあり、大陸間弾道ミサイル等の技術の進化に伴い順次廃止されています。核シェアリングは戦術核ですが、短距離での使用に限定されるために支那朝鮮の核に対する抑止としては役に立ちません。戦略核を持つか持たないかの議論になりますね。米が日本を守るかどうかが問題で、そういう意味で自前の核と言う人が多いのではないでしょうか。

> 日米間の未解決の問題とは、米国の戦争認識の見直し、正常化です。
> 完了した時こそ、日本は完全に独立主権国家として復活したと言える

この米の機密公開システムは本当に不思議ですよね。面白い。『米国は自ら正直さと率直さで、理想の国足らんとしています』というのは本当でしょうか。私は米がこの宇宙で一番不誠実、利己主義排他主義でどうしようもない下衆国家だと思っています。戦後日本における朝鮮進駐軍と宇宙における米国は同類だと思っています。とは言え米に逆らうと酷い目に遭いますから親米の振りをして大人しく付いていくしかないと思っています。それに比べれば支那朝鮮露など馬鹿な分可愛く思える位です。

話を戻します。

私が考える日本が独立主権国家になる日は、在日から特別永住権を剥奪し、更には朝鮮有事で国内から在日を全て追い出し、自衛隊が日本軍と正式に認められ、自民党と保守政党が2大政党となる政治体制が確立された時だと思っております。(民共社生公は在日が居なくなるとほぼ壊滅、にっころは保守ではないので自民に合流)

> 現在、核拡散防止=NPT加盟国と脱退国しかない状況ですが、NPT加盟国として発言して、築いてきた

先にも述べましたが、私の先の意見は半ば願望であり妄想でもあります。それを踏まえた上での話ですが、正直な話、国連など常任理事国の我侭を押し通す場としか認識しておりませんし、実際安保理構成国が足並みを揃えて国際社会を健全化するなど絵空事でしかありません。多くの国がそう考えているでしょう。国際連盟脱退の二の舞を踏みたいわけではありませんから、日本が戦略核を持つとすれば米を懐柔してという事ですが、仰る通り現実的ではありません。

これまで築いてきた信用や核拡散防止運運動との事ですが、抑止力のために核を手放さない強国が幾つもある上に発言権を手に入れるために核開発を諦めない国がある以上、核拡散防止運動と叫ぶのは負け犬の遠吠えのような気がします。平和憲法を手放さない、非核三原則を遵守する日本を信用して運命を共にしようとする国があるでしょうか。例えばですが、アジアの秩序を守るために日本は核を保有する事にしますと宣言して賛成してくれる国が幾つあるのかも確かめてみたいです。欧米諸国は眉を顰めるはずですが、アジアの国の中には信用して運命を共にしようという国があるのではないかと思います。

とは言え現実的な話ではありませんけれど。

> 私は、「日本は核武装する事も必要だし、権利とした与えられるべきだ」と、国際に向けて発言する事は、不可欠の事だと思います。

先の投稿で私が言いたかった事はソロさんのこの言葉とまったく一緒なのです。日本こそ核を保有する権利があるのであって、自らそれを放棄して核は持ちませんなどと言う事こそ自虐史観に洗脳された平和ボケ日本人なんだと言いたかったのです。先の投稿では戦略核を持つ方向へ話を展開してしまいましたが、そこはソロさんのご指摘通り無理があるのは理解しています。

へうげもんさんは勘違いされておられるようですが、政府レベルで戦略核を持つ持たないの議論はこれまで日本で十分なされてきたはずです。あくまでシュミレーションとしての研究ですが、持つことのメリットデメリットは十分研究されていたようですよ。何時だったか忘れましたが、米が日本の核保有を示唆した時期もあったはずです。国民を巻き込んでという事ではありませんが、それを言うならまずは憲法改正が先になりそうですね。

話を戻します。

> 然し、現実的には、モゥ核の時代ではない

仰る通りですね。北の核も支那の核も現実的には恐れる必要はないと思います。彼らがその最終手段を取る時は、彼らの国が崩壊する時だと思います。その際我が国が戦略核を持たないなら大きな犠牲は覚悟しなければなりませんが、恐らく彼らもそこまで阿呆ではないでしょう。それと不謹慎ではありますが、万が一それで大きな被害を被ったとすれば、一気に日本人の覚醒が完了すると思います。接続水域に着弾程度では覚醒しないみたいですから。

先の投稿、加えて今回もですが、私がテーマにしているのは、彼らの恫喝に対して『遺憾に存じますミサイル』ではなく、主権国家として自国を守るためには戦争も辞さずの姿勢を明確に世界に公言する『覚悟』を持たないといけないという事です。尖閣への公務員の常駐然り、竹島の日国事化然り、靖国への参拝然り、北のミサイルや拉致に対する報復としての総連や在日の処分然り、主権国家として発信すべき言葉はしっかり発信する。それに絡めて『日本こそ核を持つに相応しい国だ』と言えるようになって欲しいのです。

これができるようになるには、上の『日本が独立主権国家になる日』で述べた条件が揃わないと無理なのかなと思いますが。

極右と恐れられている稲田さんは靖国参拝を外遊で逃げるみたいですね。これが今の日本の限界なんでしょう。支那民兵を海難事故から救ってあげたのですから、堂々と参拝すれば宜しいでしょうに。保守の代表安倍さんの指示だとは思いますが。

ソロさん、いつもコメント感謝しております。

> 両班野郎さん

両班野郎さんの言い回し、いつも面白く読ませていただいてます。

ただ何時ぞやも書きましたが、この血税十億献上に関してもう我慢できないくらい腹が煮え繰り返っています。今月末には預かり消費税ですが数百万円と納税しなければならない身なので、阿部さんの小遣いから払ってくれよと言いたいです。本当に安倍さんが目の前に居たら回し蹴りした上マウントで20発位は殴りたい気分です。

で、

> 日本人が今後「憎」韓に向かうきっかけになるなら、むしろ好都合なり。

というような擁護をする人が沢山居るから何時までたっても日本は、政治は、与党は、安倍さんはダメなんじゃないですか?でないと絶対スワップ再開しますよ。と言うか、依頼があれば再開すると言ってしまってるんですけどね。

私は自民党安倍さん宛てに『もう支持はしない』と苦情メールを送りました。『馬鹿にするのもいい加減にしなさい』と書いてやりました。

(ToT)


暗闇三太さん、ソロさんへ
ちょっと待ってください。
1.>「日本は核武装する事も必要だし、権利として与えられるべきだ」と、国際に向けて発言する事は、不可欠の事だと思います。
核を持つ気概もないのに、世界に向けて発信するのですか、それはまるで、どこかの代表候補みたいに言うだけ番長になるのですか?
2.現実的には、モゥ核の時代ではない。
強盗に刃物を突き付けられているのに、もう刃物の時代ではないと言えますか?
安全保障は最悪の場合を想定して戦略を立てなければいけないと言う事はお二人とも異論はないと思います。
以前支那には核戦争になって1億人以上が死んでも支那にはあまり影響しないとうそぶいた阿保がいました。
そんな西欧民主主義の国とは真逆の思想を持っている国が隣にあることを忘れてはいけません。
支那が核を使うと言う前提で考えなければいけません。
通常兵器での紛争では自衛隊は十分対当出来ます、さすればかの国では必ず’何故核を使わない’と言う世論が沸き起こります。
支那の指導部がそれを押さえつけえることができますかね?
わが身が一番の共産党です、世論に押されて核を使うことに躊躇しないと思います。
戦争に負けると言う事は戦勝国の言いなりになると言う事で、日本は70年前に経験しています。
WGIPによる自虐思想の植えつけ、憲法の押し付け等、もうやられ放題でした。
でもアメリカだったから、それでもよかったのです、これが支那だったら、チベットやウイグルを見れば分るように、奴らは民族浄化をしてきます。
まず第一に日本の思想の根幹である皇室を排除するでしょうね。
支那は東京大阪の大都市に核を打ち込んで廃墟にし、水や空気のきれいな地方都市に支那人を大量に送り込みますよ。
アメリカはあまりに遠すぎるので支那と対峙するには覚悟が足りないように思えます、南シナ海の対処を見れば分ります。
それに今の大統領候補、クリントンは支那の賄賂漬ですし、トランプは欠格者で、到底職務を全うできるとは思えません。
核の傘は何本あってもよいので、是非日印軍事同盟を結んでインドの核の傘に入りましょう、見返りに潜水艦、航空機,戦車等の軍事技術の提供を行えばよいのです。
インドは今現在も小さな軍事衝突を共産支那と起こしています、これはインドにとっても渡りに船、そんなに難しい交渉事ではないと思います。
支那の嫌がることをせっせとやれば、それが抑止力となるのです。
支那が暴発するかもしれないとの意見が出ると思いますが、もしそれが起これば、それは共産支那ができた時から必然の事なので、諦めるしかありません。
支那を安全保障常任理事国にしたり、経済大国にした付けを我々は払わされるのです。

新たな文明圏の誕生

>暗闇三太さん レス有難うございます、ソロです。
 宇蘭盆会に入り、世の中が静まって、「鎮魂の夏」が始まろうとしています。 私も昨日お墓参りをしてきました。 元々神道の風習なのに神社主体でセレモニーをやらないのは、民の信仰に居性者や権力が容喙しない神道の特徴だと勝手に解釈して居ます。
 さて、日本核武装論に関して、卓論を寄せていただきました。同意いたします。 皆に拡散する意味でも、解説の意味でも下記、レスを着けて行きたく思います。
>>米の核の傘が信用できないから我が国も核を』と考える
「米の核が信用できない」のなら、米国と同等か、それを上回る核を持たないと、意味がありません。 その時点で論理破綻して居ます、全く現実的ではない。
>>戦術核はご存知のようにソ連崩壊後縮小傾向にあり、大陸間弾道ミサイル等の技術の進化に伴い順次廃止されています
米ソ、欧ソ間の中距離核弾頭ミサイルの全廃の事を仰有って居るのだと思います。 しかし、ソ連はSS20クラスを朝鮮に技術供与して、朝鮮はノドンを造り、次第に射程距離を伸ばして、近年は米ソのICBMに近い、大陸間弾道弾を試作するに至って居ます。
 殊、国防に関しては、軍拡競争時、臆病者に近い神経質さを見せていた米国が、この様な自国の危機に直接かかわる様な真似を赦したのか、と言えば、予防策が120%出来ているからで、それが例えば、SOLだと言って居るのです。 SOLは、大友克洋がマンガ{アキラ}の中で紹介したレーザーキャノン衛星ですが、是は、スターウォーズ計画(SDI)の中に、開発機器として、実際に有ったものです。

 「資金不足」と言う、全く納得のできない理由で計画が中止されたとの事ですが、ソレまでに注ぎ込んだ資金やオスプレィの開発期間の長さ(70年代前半に始まり、正式配備が決まったのは、2010年で、40年近い)事を考えても、システム全体はミサイル防衛システム(THAAD)に活用されているとはいえ、レーザーキャノンに当たるものが抜けて居ます。

 実はこれは完成していて、米国に拠る地球の軍事支配は既に、達成されている、と見るべきだと思います。 それが故に、核を持とうとする国が、イランを除いて出てこないのだと思って居ます。 思えば、ミサイル攻撃自体、WW2末期の技術ですから、其処で技術革新の勢いが止まって終う理由は丸で無いのです。

>>国連など常任理事国の我侭を押し通す場としか認識しておりませんし、実際安保理構成国が足並みを揃えて国際社会を健全化するなど絵空事でしかありません
国連は元々、敗戦国(日本、ドイツ、イタリアその他)の監視が目的で、戦争末期、自由主義陣営と共産主義陣営に分かれて居た事から、日独いずれかが再び立った時の備えと、事前に来るべき世界の在り方を、如何に平和的に保つかを課題にしたモノですから、日独が従順に、平和国家の道を歩んできた戦後ですから、機能しないのは当然なのでしょう。 ご存じの通り、その存在意義は、キューバ危機の時に米ソの話し合いの場を提供した事位でしょう。 高官謂われて居る様な、世界の中立機関ではありませんし、況や韓国人が騒ぐような世界政府でもありません。 国連の名前を冠したインチキ左翼団体が、然も世界の世論の様に偉そうに日本の文化に容喙してきますが、チャンチャラ可笑しい。 何の権威もない、唯の、民間機関に過ぎません。

>>主権国家として自国を守るためには戦争も辞さずの姿勢を明確に世界に公言する『覚悟』を持たないといけないという事です
 その通りです。 日本は世界第三位(実質2位)の経済大国ですが、譬え、世界の最低線のランクの国だとしても、↑の心を表現できなければ、クズだと思います。 確かに、戦争に負けて、最低線まで貶められ、憲法の押し付け等、国際法違反の国柄の変更まで受けて、国としての息の音を止められる処までの事をされたのです。 でも、此処から日本を取り戻し、戦後日本員を覚醒させて、2,675年、否、眠って居る3万5千年以上の日本精神文化を基に、世界をリードする日本を築く基を造らねばなりません。

>>アジアの秩序を守るために日本は核を保有する事にしますと宣言して賛成してくれる国が幾つあるのかも確かめてみたいです。欧米諸国は眉を顰めるはずですが、アジアの国の中には信用して運命を共にしようという国があるのではないかと思います。
日本の共助の心、生命をトコトン大事にする心、他人の為にでも自身の危険を顧みない心、そして、女子供を宝とするのを初めとし、寧ろ、老人、身障者等、弱きモノを敬い、民族の宝と考える価値観は、世界で共有可能な考え方だと思いますが、それを日本の自衛隊は、具現化している。 ダカラ、軍隊と言う意味すら変える可能性が有る。 そう言う日本軍なら、ASEANは、一つに纏まれるのではないか、丁度、WW2が終わった後でも、旧日本軍が、独立戦争を共に戦い、多くの国を独立させた様に。

 現在の白人文明の中心は欧州でした、彼らは、其処から世界に拡散し世界に文明を広げましたが、その反面、差別と収奪で他民族を虐げ、作物を収奪し、略奪で栄えたダケでした。 そして、其処へ新大陸の覇者である米国が参加して、地球の文明の中心は、欧米に移ったと言えましょう。 是は、北大西洋文明圏と呼ぶ事にします、この文明圏は、科学力の発達で急速に世界を近代化しましたが、「利他愛」と言う、和の基となる心が欠如して居た為に、文明を動かすエネルギーを巡る戦争に拠って衰亡しました。

 然るに、現在人口でいえば、インドを含む東南アジア、南アジアに20億人、共産シナを入れると、35億人の人、即ち、35/74億人の人が、この地域に集まり日々働き、文明を建設しているのです。それに比べれば、米国は3億人、欧州は全部併せても、5億人に足りません、如何に文明のアドバンテージが有るとはいえ、欧州市場の凋落~地方化、米国の弱体化は自然な流れでしょう。 この先、世界の中心がASEANに移って来る事は、ほぼ間違いないでしょう。

 我々は、この地域の経済発展だけではなく、軍事、政治におけるイニシアティブにも深く関わって、支配するのではなく、此処の文化・習俗に敬意を払いつつ、育てる心を持って臨むべきだと思います。

国士さんに賛成です

老猫さんへの回答、何回UPしても不正となってしまいました。
後日、再度やってみます。

国士さんの意見は、最新の真正保守の考え方そのものです。

孫子の兵法に、
「戦いをせずに勝つのが最善の勝利」 
とあります。

尖閣では、小競り合いであっても決してあってはいけないと私は考えます。
過去の大戦争は、小さな衝突から始まってます。

第一次世界大戦や日中戦争はたった一発の銃声から拡大していきました。その背後には、戦争を拡大しようとする謀略があったからです。

尖閣で小さな衝突があるとすれば、その背後に大戦争へと拡大しようとるす謀略があると考えたほうが自然です。

自衛隊の方に聞くと、一番戦争をしたくないのは自衛隊だと必ずおっしゃいます。
自衛隊が出る前に、外交交渉で戦争を防ぐのが、最善の方策です。

しかし、外交交渉でどれだけ相手に対して、強い意見で押し通せるかは、軍事力にかかっています。

対中国・北朝鮮で、対等に外交交渉するには、通常戦力だけではむりがあります。どんなに優秀な政治家でも、核兵器で脅迫されたら、何も言えなくなるのが自然です。

核兵器は、使用するのが目的ではなく、抑止力でしか存在価値はありません。
核はもう役立たずだからいらない、とおっしゃる方がいらっしゃいますが、役立たずだから必要なのです。
戦略核は使えないけど、戦略核なら使えるというのも、全くのまちがいであり、どちらも使ってはいけないのです。
核兵器は、保持国同士では絶対使用できないと保持国では認識しています。
ですから、核を持たない国は、のどから手が出るほど核を持ちたがっています。
日本だけが、核兵器を持ってはいけないと自縄自縛しています。
これは、東京裁判での戦勝国の考え方そのものです。
インドは、NPT条約を破棄して、核兵器を持つことで世界的に発言権を増大させました。

国士さんがおっしゃるように、インドの核の傘に入るというのは非常に現実的な考え方と思います。インドは絶対的に信頼できる親日国です。決して裏切るようなことはしないと私は考えます。
日本のそうりゅう型潜水艦と、インドの核との交換を持ちかければ、インドは喜んで核を提供すると思います。

外交というのは、戦争以前の見えない戦争であるというのは、世界の常識です。外交で、いろいろな切り札を出せるように、常日ごろからカードをたくさん用意しておくことが肝心です。
だれでも考え付くようなものはカードではありません。相手が驚いてうろたえるような奇策が外交カードです。なにせ戦争をおこなっているのと同じですから。

私は、ロシアの核を経済援助・技術援助と引き換えに購入しても良いと考えています。

これくらい大胆でないと、生き馬の目を抜く国際社会を生き抜くことはできません。

以上、つたない文章ですが、小学生高学年でも理解できる内容で書き込みました。

暗闇三太さん国士さんの文章は、わかりやすくて論理が明快で好感が持てますね。
高い知性が感じられます。


靖国参拝カード

中韓は日本に対して「靖国参拝はするな」と恫喝しています。日本政府はその恫喝に屈して「不参拝」を続けています。が、良く考えれば「靖国参拝問題」は日本の「切り札」にもなります。

靖国参拝は武器でもなければ国際法に反する行為でもありません。首相が参拝したからといって中韓以外に異をはさむ国はアメリカだけです。アメリカは中韓と揉めて欲しくないだけです。

中韓に対して「靖国に参拝するぞ」と逆に圧力を掛ければ彼らは対応に困るはずです。日本を非難しても日本に害はありません。が、両国内は反日デモが起きて下手をすれば政権の維持が難しくなります。

靖国参拝問題は「最大の武器」に利用できるはずです。日本政府は中韓に住んでいる邦人に対して、「チャイナリスク」の危険性を伝えておくべきです。

核シミュレーションと核アレルギーの反動

>国士さん ソロです。
>>通常兵器での紛争では自衛隊は十分対当出来ます、さすればかの国では必ず’何故核を使わない’と言う世論が沸き起こります。 支那の指導部がそれを押さえつけえることができますかね?
  いえいえ、抑止するのは、米国やロシアと言った国々で、既に、核戦争シミュレーションを基に、相互で決まりを造って居るのです。

 例えば、何処かの国が、ICBMクラスのミサイルを敵国めがけて撃ったとします。 すると、着弾すれば、大被害が起こりますが、同じ地球上での話です、大気は繋がって居るのですから、発射確認後すぐに、相手も撃ち返したとすれば、被害は倍です。 

  こうなると、2国間問題では済みません、地球全体が影響を受ける=人類の将来が懸って来るわけです。 

  大気圏が一時的に壊れて終う惧れ「=空気不足になる若しくは空気の組成が変化する、または、殺人宇宙線が降り注ぐ」、核の冬「=舞い上がった塵で、大気が遮蔽されて地球規模で低温時代が、100年ほど続く」が来る惧れ等あって、中長期的には人類の絶滅すら予想されます。

  80年代に科学的に予想されたこの事象に、米ソが中心となって、先ず、撃ちあいから、共滅が予想できる、中距離核弾頭ミサイルを全廃する事に決めました。 そして、ICBMを主流とした、核構成にしたのです。 是は、「核をどこかが使ったら人類の最後」と言う、白人文明らしい誠に身勝手な論理に拠るものです。 

  ですから、共産シナが「核を使ったら」と言う前提すら成り立たない状況が、既に在るのです。 シナは、それを欧米がいえない事を盾に、他の国、特に日本を恫喝して居るダケです。 ダカラ米国が、3+7の打撃艦隊を構成して、ちょっとでも本気を見せたら、飛んで逃げ出すのです。 貴方には、共産シナの軍事力が何たるかを、見極める事がもっと大事だと思います。 彼らの恫喝に、激高して冷静さを失う事こそ、彼らの思うつぼではありませんか?

 先ず核武装する事は、日米安保の解消を前提にされる事を先ず覚悟しなくてはなりません。 私は、何れ解消すべきだと考えて居ますが、今はそんな時期ではない。 では、何時たるのか、先ず、日本の中枢に、売国奴が居ては、核兵器は両刃の剣であると言う他は無い、日本人の核アレルギーを散々理由されて、今より酷い核禁止国になるでしょう。

 ですから、国政の中枢に居る売国奴を洗いだして、叩きだす事が先ず一点、優先的にやるべき事ですが、核武装をするからといって、喫緊に出来ますか?

 核武装すると言う事は、米国もロシアもその票的に入る可能性が有るワケだし、日本の制御技術は世界一です。 当然、日本が米露の攻撃目標第一にされるでしょうが、その覚悟や対策は、当然おありでしょうね。 核武装すると言う事は、世界の2大核大国を敵に回すと言う事で、外交手段としてはなる程威力が増すでしょうが、その分、自己防衛に懸ける予算も莫大になりますよ。

 インドの核の傘? あほな事を云わんといて下さい。 インドが米国に勝てますか? 隣のパキスタンと常時交戦状態にあるから、事態安定化の為に、核装備しただけですよ。

 朱成虎や遅浩田の様な基地外が、「中国の東半分が云々」と言って居ますが、最初に狙われるのは、軍と党の幹部で、核のスイッチすら押せずに終わるのは、確定です。 それ位の自信が無ければ、米国も共産シナの横暴を許すわけが無い。

  暗殺がありうるとすれば、一番狙われる蓋然性がたかいのは、米国の政府、軍の最高幹部でしょうから、複数で決定を下す体制にあるし、決まったら核シミュレーション体制が作動しない裡に、反撃を許さない時間と方法で、片付ける筈です。

  米国にはNSCの様な、評議会が幾つもありますが、全ては、大統領の独断専行を防ぐ国家安全機能だと思えばよい。つまり、大統領権限は確かに最大のモノだが、4年、若しくは8年しか在位しない人間の自由意思で国が振り回される事になれば、地球はいくつあっても足りません。当然制限が着いているのです。 ダカラ、陰謀論もそこから生まれる。

  例えば、レーガン大統領の副大統領だったジョージ・ブッシュは、元は、CIA長官です。彼は、こう言う評議機関を複数渡り歩いて居た、いわば、政治のプロだったのです。 そして、石油利権者の代表でもあった。 ダカラ、息子のジョージ・ブッシュJrに、チェイニーと言うこれまた、政治のプロを副大統領として付けた。 しかし、チェイニーは、アラブ勢と対立して、9・11を惹き起こした。 是で共和党内に深刻な亀裂が入って政権を民主党に奪われた揚句、トランプの台頭を許す事になって終った、と言うわけです。

  大戦争は、民主党政権が惹き起こしていると言う説がありますが、原因は、理想主義に拘泥する事が却って、現実的にタイミングを外す結果となり、修正の効かない状態を造りだして、戦争に至って終うからです。 日米英開戦然り、朝鮮戦争、ベトナム戦争然りでしょう。後手を踏んで、国民を騙して戦争を嗾けている。 

  NSC他、評議機関が正常なら、戦争に至る事はないでしょう。

  それでも、戦略核を持つべきだと考えなら、それも一種の核アレルギーの反動だと思います。

ソロさん 国士です。
お互い想定が前提となっているので、不毛の議論になるかも知れませんが、疑問があるのでもう少し続けますね。
僕は核武装をしろと言っているのではなく、インドの核を利用しろと言っているのです、勿論将来独自の核武装が望ましいのはソロさんも同じだと思います。
僕はオバマからのアメリカは頼るに足らないと思えてならないのです。
キューバ危機を思い出してください、あの時ケネディーは核戦争も辞さないとキューバを海上閉鎖してソ連のミサイルを撤去させました。カリブ海と言う裏庭みたいな場所での出来事だからです。
今現在南シナ海は支那に占拠されているも同然の有様です、これまでアメリカは何をしていたのでしょう、支那のやりたい放題を黙認していたのです、カリブ海とはえらい違いです。
このままだと日本のオイルロードは分断されます、’石油の一滴は血の一滴’まるで大東亜戦争前夜みたいですね。
アメリカにとって極東は、所詮遠くの出来事、自分事ではないのです。
一方インドは同じアジアでの出来事、南シナ海の影響は少なからずインド洋にも波及してきます。つまりインドは当事者足り得るのです。
ソロさんは核の傘についてインドとアメリカのOR条件で見ておられるようですが、AND条件で見られないものでしょうか?
日本がインドと軍事同盟結ぶのならアメリカは日米安保を破棄すると言うでしょうかね?
確かに今のインドの力では核武装も必要最小限かもしれません、しかし日本が援助して支那並みに強化できるはずです。
その時パキスタンに配慮することは絶対必要ですがね。
其れとソロさんの言う核の冬も分ります、民主主義の選挙の洗礼を受ける西側指導者なら、おおよそ行動は予想できますが、一党独裁中華思想に毒されている指導者の行動は計り知れません。
核の冬は理解していても、相手が打ってこなければ核の冬は来ないと都合のいいように考えませんかね?
つまりアメリカは世界の終焉を迎えるような反撃はしてこないと。
今の支那の環境、経済等常識で考えれば今すぐにでも手を打たないといけないのに、先延ばしにしているようで、まるで人事の様です。
自国の民の心配をしないような輩が世界の事を本気で考えてくれるでしょうかね?

> ソロさん

ついこの間お正月だった気がするのですが、もうお盆ですよね。そしてすぐに紅葉の季節を迎えて再びお正月。嗚呼、もうこれ以上歳をとりたくないです。

さて、いつも補足を入れていただき助かります。知らない事が含まれていたり見方が違っていて面白かったりと楽しませていただいております。ここは色んな話が読めて楽しいですね。


>国士さん

> 核を持つ気概もないのに、世界に向けて発信するのですか

稚拙な文章で誤解させてしまい申し訳ございません。前回、前々回と冒頭でお話しておりますように、現実的な問題を無視した、あくまで馬鹿馬鹿しい主観的精神論、要するに妄想願望の類をお話しておりました。

で、

私が言っていたのは、独立主権国家として言わなくてはならない事をしっかり言う国にならないとダメだという事でした。その話をするのに核論議が加わっていたわけですが、実際に今核を持つ持たないという事ではなく、核を持ってもいいじゃないかという位の主体性や独立心を早く取り戻さなければならないのではないかという話だったのです。モノを書くのは難しいです。この説明すら上手く伝わっていない気がします。

> 強盗に刃物を突き付けられているのに、もう刃物の時代ではないと言えますか

私が思うに、核を刃物に喩えるのは少し違うと思います。刃物のように手軽に何時でも誰でも手に入るようなモノではないが故に核なのだと思います。使うのがとても難しい凶器が核なのではないでしょうか。

実際に今核を使うという事は、全世界を敵にまわす事になってしまいます。例えば支那が尖閣を盗る盗らないという場面において核をもって東京を壊滅させたとするとどうなるでしょうか。東京が落ちるとなれば世界経済に与える影響は凄まじいものとなりますし、何より支那自身が大変困ります。尖閣を盗るためにそこまでのリスクを犯すはずがありません。実際もっと上手いやり方で日本を侵略しつつありますよね。なので日本人の精神面での独立が喫緊の問題だとお話しておりました。

国士さんが仰るように『自虐思想の植えつけ、憲法の押し付け等、もうやられ放題』という所に一刻も手をつけ、国家国民の意思として『戦争も辞さない』という覚悟を持つ事が一番の武器になると考えております。その覚悟さえ持つ事ができれば、唯一の被爆国として日本が核を持ち無法者国家に核を使わせないように働くぞという意思を持つこともできるでしょうし、その意思が実際には核兵器を持つ以上に支那に対して効果があるのではないかと思っています。

そういった事を前回前々回の投稿でお話させていただいておりました。

> 是非日印軍事同盟を結んでインドの核の傘に入りましょう、見返りに潜水艦

支那や朝鮮を押さえ込むには色々な方法があると思いますので、こうした考えも是非検討して欲しい所ですよね。兎に角日本政府や官僚政治家、もっと言えば全ての日本国民は独立国家としての自信と誇りを取り戻して欲しいと思っております。引いてばかりの外交政策はもううんざりです。

また判り難い話をしてしまったかもしれません。そうであるならお許し願います。この度のレス有難うございました。


> へうげものさん

> 老猫さんへの回答、何回UPしても不正となってしまいました。

禁止ワードが含まれているのかもしれません。私も以前同じ経験をしました。私の場合は漢字で『KOROSU』という単語が入っていたので投稿できなかったみたいです。

差し出がましかったかもしれませんが、私も折角打ったコメントを無駄にしてしまい残念な思いをした経験がありましたのでお伝えさせていただきました。


ソロさんと国士さんの意見の相違は米国の見方による

ソロさんと国士さんの意見の相違の根本は、アメリカをどこまで信頼できるかということだと思います。

ここ数年で、日本の真正保守の方々がアメリカに対してもつ信頼性がかなり薄れてきています。
アメリカとは一体何者かが、見えてきたのだと思います。

ソロさんの文章を読むと、未だにアメリカ信奉をお持ちのように見受けられます。アメリカは理想的な民主国家であると、純真な心で信じていらっしゃるように感じるのです。
アメリカの本質や正体に関する情報量が、ソロさんには少ないのではないかと感じます。そういう情報を陰謀論として避けているように見えます。
間違っていたら御免なさい。

確かに大半のアメリカ人は、気の良い人たちです。
しかし、アメリカを実質支配している人たちは、血も涙もない人たちで、自分たちの利益のために、自国の大統領を消したり、原爆で大量の市民を犠牲にすることを平気で行なうことができる人たちです。
中南米の国々が貧しいのは、少しでも米国に逆らう政府は何度も転覆させられたためです。この辺のことは「エコノミックヒットマン」という本に詳しく書かれています。

また一昨日、トランプ氏は、ISISはオバマ大統領がつくったものと発言しています。
http://www.afpbb.com/articles/-/3097156
これは、おそらく本当のことと思います。

アメリカのやってきたことは、マッチポンプなのです。
戦争の火種を作って、拡大させて米軍が鎮圧して支配下に置くというやり方です。

我々日本人は、米国の正体を十分に知った上で、付き合いを慎重にしてゆかなくてはなりません。
米国を尊重しながら、日本が自立する道を模索するべきです。
米国は、今後経済的に衰退していくでようから、日本がいつでもそのリーダー的役割を少しずつ担っていけるように準備しなくてはいけません。

ソロさんは、日本が核装備すると、核廃絶を主張して培ってきた日本の信用がなくなると心配されています。確かに米中韓朝や先の大戦の戦勝国に対しては信用がなくなるかもしてませんが、他の世界の国々は、日本が核装備してリーダーシップを取ることを、望んでいます。
特に東南アジアと中東諸国においては、その要望は強いものがあります。

繰り返しますが、私は反米ではありません。

核武装論議の必要性

>国士さん ソロです。
>>お互い想定が前提となっているので、不毛の議論になるかも知れませんが、疑問があるのでもう少し続けますね。
 いえいえ、こういう議論こそが今必要なのです。 お互いの知識や見識を持ち寄せて、新たな知見を創り上げ、敷衍、拡散する事こそ大事な事で、ネットコミュニケーションの使命だと私は思います。

>>オバマからのアメリカは頼るに足らないと思えてならない
それが、民主党の本質的な怖さなのです。所謂「ええ恰好しぃ」と言う奴で、FDルーズベルトが欧州でナチスが暴れ回って居るのに、「戦争は絶対しない」と言って、大統領選挙を勝ち抜いた様に。 然し、其れに懲りた米国は、(特に、FDRに2期目を阻止された、フーバーは)NSCと言う国務・国防・司法と、それに付随する特殊機関を設置して、FDRの様な、独走する大統領に備えようとしました。 ダカラ、現在の米国は、集団指導体制に在ると言って良いのです。 時々オバマがウルトラ・ライト的な行動、例えば、ビン・ラディンの暗殺とかをやったりするのは、オバマの功績になって居ますが、彼が企画したわけでは無い。 NSCの決定に従い、DIAが米軍の特殊部隊を使ってやった事でしょう。 ダカラ、欧州で、ウクライナで、クリミアでオバマが見せた優柔不断さは、彼の考えとNSCの決定に乖離があったからだと思います。

 米国が共産シナの横暴を許して来たのは、明らかに、一人繁栄を続ける日本への牽制も含んで居ますが、当然、米国はチャンと火を消せる範囲で、シナを泳がせているのであって、共産シナも、内部事情の要請から、綱渡りをやって居ると私は見て居ます。 つまり、米国には、NSC以外にも別次元の評議会があって、そちらの判定では、シナ排除の線が出ていると思います。 特に今は、来年の1月にはオバマが任期切れになる為、大統領権限の有効期限が限定的が故に、背後の評議会の意見が強く出て来ると思います。

>>アメリカにとって極東は、所詮遠くの出来事、自分事ではないのです
是はその通りです。 ですが、自分の国の権益を護るのは、国民自身で無くてはならないのは、世界の原則です。 譬え、どんな事情があろう共です。 とはいえ、米国が余裕を構えているのは、彼らが言うに「その気になれば、人民海軍は3日で消滅する」からでしょう。 然し、此の目算は、日本軍相手には大きく狂った実績がありますがね。www この言動は、圧倒的な軍事力の差が現実に無ければいえる事ではありません。

>>核の傘についてインドとアメリカのOR条件で見ておられるようですが、AND条件で見られないものでしょうか?
 米国と言うのは、小心で用心深く、然も嫉妬深い国です。 インドは、旧ソ連とつながって居ます、今でも制式戦闘機はミグかスホーイだし、爆撃機はツポレフとイリューシンだと思いますし、唯一持って居る空母も。ソ連の技術満載の代物です。 そして、プーチンとは政治的に距離が近い。 つまり片足処か、両足ロシアに、置いている国に、核を借りるような真似を日本がすれば、米国内で大問題になりますね、キット。 ANDを米国が許容する国とは絶対思えません。 其処は、まるっきりユダヤ教的です。

>>アメリカは世界の終焉を迎えるような反撃はしてこないと。 今の支那の環境、経済等常識で考えれば今すぐにでも手を打たないといけないのに、先延ばしにしているようで、まるで人事の様です
 先ず、現状認識が違います。 シナはいろいろやって居ますが、一回でも「核を撃つぞ」とか、「領土をよこせ」とは言って居ない筈です。 日米安保の手前それを云えば、お終い、になるからだとすぐ分る事ですが、何より、シナには、日本を侵略する必然性が無いのです。 その上、口だけは勇ましいのはまだいい方で、実際に抜け駆けをやって、一個師団(6000人~2万人)が全滅した事が何度ももある、規律が取れて居ない弱い軍隊です。 相手がが弱いと居丈高になって、非人道的なことも平気でやるのも、韓国軍と同じです。ww そして、1/60の規模しかないが、強いベトナム軍には、散々に負けたりします。(嗤)

 シナ人には基本的に国を愛する心など存在しません。 シナ仁の一番大切なものは、一族です。 そう言う信仰だからです。ですから、誰しも戦争は厭ですが、シナ人が戦闘を嫌うのは至極簡単で、何より自分が死ぬ恐れがあるからです。自分が死ねば一族が絶える恐れがある、その不孝・不忠は、死しても許される事ではない、と言うのがシナ仁の死生観です。

 ですから、余程のハプニングでも無ければ、攻めて来たりしません。 然も、有史以来一度も勝った事の無い日本に攻めてこられるわけが無い、攻めて来るとしたら、核ミサイルをたっぷり打ち込んでカラだと考えるでしょう。

 核防衛システムが稼働しないか、米国がそっぽを向いて居れば別ですが、日本を亡ぼす事は、全く米国のメリットには程遠い。今、米国は日本を失う方が、致命的に痛い事でしょう。

 但し、「未来永劫、シナは攻めてこない」なんて、鳥頭淫行爺の様な事を云うつもりはありません。「彼らがそこまで追い詰められるには、まだ時間がある」と言って居るのです、亦、攻めてきても、米国が日本を必要とする限り、日本は前述の様に困らされる事はあっても、本格的に侵略されないと言う事です。

 是は、確信を持って言えます。 然し、ダカラと言ってこのままでいいわけが無いのは、同意です。 唯、慌てるにしても、心配するにしても現状をもっと詳しく知るべきだと思います、そうでないと、ICBMの様な無用の長物を開発・装備したり、世界最強の核の傘を、交換してしまって、取り返しのつかない事をして終うのではないかと、心配です。

 あ、シーレーンの確保の問題は、喫緊の問題ですし、この先のASEANでの米国の軍事プレゼンス維持の為にも、米国は譲らないと思いますよ。 それに日本一人でじたばたしたところで、下手をすれば梯子を外される可能性すらあります。 その時は、其れこそ日本の危機ですね

中国はアメリカ・日本相手に勝てない

中国は今や南シナ海、尖閣諸島周辺で暴れまくってるが、これは表面上でガス抜きでしかない。
しかし膨れ上がった風船はいずれは破裂する。

中国は後手後手に対応すれば欧米諸国には手を切られ、内戦が始まる可能性があります。欧米諸国がその決定を覆す事は最早、出来ない段階にあると思います。

最も彼らは自国の民衆が何人死のうとも思わない集団ですから救いようがないです。

万か一、中国がやけくそになって戦争、内戦が始まれば、アメリカ軍と初めとする集団自衛権を行使し、核ミサイル基地や原子力潜水艦に向けた先制攻撃が始まり、中国軍のミサイル攻撃は無力化され、制空権、制海権は奪われることになるだけになるでしょう。

最も、クリントン元国務長官が言い放った中国の評価は「20年後は中国は世界でもっとも貧しい国になる」という事ですから、アメリカの情報機関は既に中国が崩壊する時期をつかんでいる可能性が高いでしょう

では日本は如何すれば良いのかとすれば、出来るだけ関わらない、助けない、教えない事を徹底すれば良いだけな気がしますが、現実はそうはいかないわけで、密かに通常兵器・宇宙からの監視の拡充をすれば事は終わると思います。

米国から見た国土防衛

日本の近辺には,幾つもの核爆弾保有国があります。北朝鮮,中国,ロシア,米国,インド,パキスタン等でしょうか。そして,それらの国は陸上(固定式と移動式)と海上(潜水艦搭載)のミサイルを搬送手段としています。

そして,これらの核爆弾保有国の内,日本の側に立っているのは米国だけです。次に,米国は東アジアに於いて日本,韓国,台湾,フィリピン等と安全保障条約を結んでいます。
米国が東アジアの国々と安全保障条約を結んでいる理由は,東アジアの国々のためかと言いますと,多少はそうでしょうけれど,第一の目的は米国のためです

韓国の防衛についての米国ですが,米国は朝鮮戦争で多くの米国兵を犠牲にして休戦に持ち込むことが出来ました。このことを考えると,本来ならば米国が守った韓国だから,人情として韓国を今後も守り続けたいとの気分があったと思います。
しかし,朝鮮戦争を戦った兵隊は年を取りましたから,韓国に愛着を持つ世代は減少しています。
そして,最近の韓国の中国寄りの姿勢は,現実として韓国を守る必要があるかとの議論に変化する可能性があります。また,韓国の東側には日本があることから,軍事的にも米国が韓国を必要とする理由は後退しているでしょう。今度,高高度ミサイル防衛ができますが,これがあるからと言って,米国にとって韓国の価値は変わらないと思います。

台湾は米国にとって,政権が中国よりから日本よりに移ったことで,米国からの価値が高くなったと思います。
台湾は東シナ海に出る中国潜水艦を監視するに適した位置にありますから米国にとって有益です。

フィリピンは米国にとって元は植民地で会ったことから,長らく米軍基地のあったことから使い勝手の良い国です。(一時はスーピック基地から追い出されましたが,その後,戻っています。)
また,フィリピンは南シナ海に接していることから,フィリピン自体が中国との領土・領海を争っていますから,米国は中国に対する出先として徴用するでしょうけれど,工業水準から考えますと官邸や戦闘機の整備は出来ません。

そして,米国にとっての日本です。
日本には米軍の基地があり,沖縄の基地は太平洋からインド洋に部隊を展開するのに適しています。そして,北海道から沖縄までの南北に長い日本列島は,大陸から太平洋に進出する潜水艦を監視できます(この南側は台湾です。)。
日本の西側に韓国がありますが,韓国は北朝鮮に近すぎることから,日本に基地があれば朝鮮有事にも対応できます。
そして,日本は工業水準が高いため,米軍の兵器が呼称した場合でも,米国まで戻る必要がなく,日本で修理や整備をすることが出来ます。
また,日本があれば米国は中国と直接対峙することがなく,緩衝地域として活用することが出来ますが,日本がなくなった場合,又は日本が中国側になった場合には,韓国は米国の防衛のためには存在理由がなくなるだけでなく,太平洋は中国の考える第2列島線までが中国の勢力範囲になるため,米国の安全を維持できなくなります。
(米国民は,中国が第2列島線まで進出することに耐えられないと思っています。)

これらのことから,日本を米国の勢力下に置くことは米国の安全保障上に極めて有益だと思います。
武力紛争の原因となる尖閣諸島の防衛に,米国が繰り返し日本への協力を申し出るのも,日本の防衛が米国の安全保障に絶対的に必要と考えるからです。

今,日本が核兵器を作ることには,米国は自国の安全を考えた場合に反対するかも知れませんが,絶対に裏切ることがない日本なら核兵器を作らせても米国にとって,損はないのかも知れません。
ただし,日本の国内には核アレルギーを主張するだけでなく,その技術を持った場合に中国や北朝鮮に流出させかねない勢力がありますから,日本の核技術の流出を恐れる場合には,米国は日本に核兵器を作ることを反対すると思います。

また,米国が日本の地勢的なことと,前記のことを考える場合には,日本に対して核の傘を十分なものとして,日本の安全を保障すると思います。
ただし,これは日本が日本への侵略を自力で排除するように防衛力を発動することが前提で,日本の自衛隊が血を流さないのに米国兵が血を流すのでは,米国民の納得を得られないと考えると思います。

そうは言っても,日本国内に住む米国兵の家族を守るためなら,勝手に戦争を始める可能性は,あるのかも知れません(家族の避難が終わるまでです。)。

>>歴史正常化が完了した時こそ、日本は完全に独立主権国家として復活したと言える~~その通りだと思います。私は団塊世代の爺ですが、ソロさんの御意見…有難く拝見しました。というより、多分、安倍さん。そして、陰に陽に、安倍さんと行動を共にされている我国の指導者の方々の思惑と粗方一致しているように私には見えました。

我国は、明治維新以降、西洋文明が布いた白人種に都合の良いレールの上を思考力ゼロの無防備状態で歩かされました。というか、国内に蔓延る左巻き貴族らの洗脳で国民総出で地獄行き列車に飛び乗せられてしまったのです。その結果、現在に至っても、なお、国としての主権が真面に運用されていない植民地的扱いを受けています。つまり、民も含めた国全体が、今なお、戦犯的な扱いを日常的に受けているわけです。

これは、ここのコメント欄に多く意見されている様に戦術核や戦略核などの破壊兵器で武装すれば~というか、軍事的超大国になれば主権が回復するような単純な問題ではなく、全世界の人々の意図的に洗脳された考え方や見方を変えない限り、ほぼ、永久的に戦犯の評価をなくすことは不可能だと思います。判り易く言えば、無実の罪を着せられた人間が裁判官を核で脅して無罪を勝ち取っても無意味な事なのです。

我国の敵は、支那や韓国などと戦っているのではなく、純粋無垢な世界中の人々を意図的に洗脳した彼らの背後にいる勢力だと考えねばなりません。ここを勘違いしては何の役にも立たないのです。最前線にいる兵隊ばかりを、単に、敵と勘違いして戦うのであれば、それは、無駄に時間を浪費するばかりではなく、明治以降、お亡くなりになった戦犯という汚名を着せられた英霊の方々、そして、我国の国民の名誉回復は、増々、困難になります。つまり、背後に控えている勢力に対し、仮に、軍事力で勝てたとしても、英霊の汚名を晴らす事なぞ不可能ですよ、それは、唯一、世界中の洗脳された大多数の一般庶民の催眠術を解き放なてた時、この崇高な目的は成就すると考えています。

ただ悪戯に、軍事力に頼りすぎると、相手は、テロでも何でもござれ無法者集団ですから、アッと言う間に、専守防衛の御旗が、何時の間にやら突撃の旗に変わってしまう場合もあるので、事は、慎重を要するのです。皆さん、現在の我国の置かれた現状に悲観するばかりではなく、もう少し冷静になりましょう。

色々と国の事情はあるし、日本の場合、自立といっても今はそういう時代ではないでしょう

また、時代によって価値観が変わっていくものでもありますし、もしタイムマシンがあれば正確な評価を下すことが可能だろう。いつかは「20世紀、21世紀初頭は誰もが狂気で荒れ狂っていた時代だった」と評価が下されることになりますよ、きっと...

私は皆が笑顔で暮らせる社会が来ればいいなぁと思っておりますが残念ながらそれは現実はそれを許さない。私は戦争は嫌だと思いますし、極論に言えば衣食住が必要最低限揃っていれば戦争をする必要が有るのか?と疑問を持っていますし、民衆への搾取が酷い国は、其れを疑問に思わないのか私は不思議です。

この先に本が直面する事

>siopyさん ソロです。 こんばんはww 眠れないので起きてきました。PCを開けて看ると、投稿の山! 皆さんも盆休み? じゃなくて土曜日の夜なのか。うすうす感じて居ましたが、siopyさんは、団塊の世代の方なんですね。

>>軍事的超大国になれば主権が回復するような単純な問題ではなく、全世界の人々の意図的に洗脳された考え方や見方を変えない限り、ほぼ、永久的に戦犯の評価をなくすことは不可能だと思います
  やっぱり、そう言う結論になりますか、そうですよね、日本が維新以来世界の一流国を目指したのは、そうしないと植民地にされて終うからでした。 それ程白人文明の支配圧力は凄まじかった。

  欧州の盟主の国が、一体何処の国と限定出来ないので、取り敢えず一番の英国と交流を持ってみた、予想は大方当たりで、英国王ジョージⅤは日本の皇太子(先帝陛下)の英国留学を促す。 父君(大正帝)がご病弱であらせられた事と、ふるくからの皇室の習慣で、鈴木貫太郎侍従長(陸軍大将)夫妻が、養育/乳母役をしていたが、一国の、それも世界に冠たる大英帝国の王の許で、少年時代の一時期をお過ごしになられた事は、以後の陛下の人生に大きな影響を与えていると思われます。

 ですから、先帝陛下は欧州の支配構造について、ジョージⅤから、レクチャーされていた可能性が高い、これは、娘であるエリザベス現女王にも、王として認識すべき世界の構造として、伝承されていたと思います。 ですから、開戦前、日英は、共通認識を持って居たと考えるべきです。

 その集団が日本を敵と認識してからの処断は、巧妙にして迅速、有無を言わさないモノで、先ず、第一次世界大戦の後始末として、太平洋に領土を持つ国の相互の関係を条約化する、として、4か国条約(日栄米仏)を新たに設けて、日英同盟を無意味化して、日英の絆を絶ちました。 こういう条約を短期間に造り上げるには、日本を除く各国を横断する力が無くては無理でしょう。

 ダカラ、英米と戦端を開く事に陛下が、「否」の御意をしつこく示されたのです。 欧州を支配している勢力こそ白人文明を世界文明に仕立て上げた張本人だと分かっておいでだったと言う事だと思います。 是を敵にしては、東洋の小国ではとても勝ち目はない、縦しんば勝ったとしても、国民のあらかたが、戦死して、日本民族存続の危機に瀕するとお感じになられたのでしょう。 ですから、陛下の行動が、戦争の中盤のミッドウェー以降になれば、「皇室の存続」を意識したものに、戦争の帰趨が決したレイテ沖(フィリピン海)決戦~マリアナ諸島戦では、2・26事件で命を拾った鈴木貫太郎内閣が、隠密裏に停戦交渉を打診しますが、その内容は、「国体の維持さえ確保できるのなら、降伏する」でした。

 団塊の世代のsiopyさんなら「国体の維持」が何を意味するのか分ると思いますが、皇室の維持(皇統の維持)さえ覚つくのであれば・・と言う事です。陛下はこの時点で、ご自身が刑死する事は、避けられないと思って居た、と言うより、潔く死にたかった、と忖度いたします。

結局、陛下や鈴木首相の音が居は無視され、硫黄島戦、東京大空襲、沖縄戦、ヒロシマ・長崎原爆投下、ソ連参戦で、やっと終戦になるワケですが、戦争による死者はこの時期に集中して居て、それまで100万人前後だったのに、325万人に急増したのは、戦争を早く終わらせる為では無く、日本民族を本気でせん滅する気だった「ホロコースト」そのものだったと看るべきです。 米国は、人類の歴史上で最も非難されるべき戦争をしたと言う評価が正しい。

 是は将来、何処かで米国の歴史に刻まねばならない事でしょう。

>>我国の敵は、支那や韓国などと戦っているのではなく、純粋無垢な世界中の人々を意図的に洗脳した彼らの背後にいる勢力だと考えねばなりません
 其れこそ、「真の敵」が、未だに力を持って居るんだなぁ、と感じたのは、あれ程栄華を極めたロックフェラー一族が11年にあっという間に失墜、翌年の12年には、米国の日本に対する態度が180°変化して、民主党政権を退陣させ、自民党の最小派閥「革新派」であった安倍晋三をノミネート、NSCが推す米国ポチ石破茂と決戦の結果、安倍政権が誕生したのでした。 安倍晋三は、第一次政権の折は、前任の小泉政権の完全服従とは異なる「日本の主張」をして、デイビッド・ロックフェラーに嫌われた為、国内改革が順調に行って居たにもかかわらず、1年しか持たなかった経緯があった。  表向きは、体の変調が辞任の理由だが、是で、日本国内の反日分子、反改革分子に大方のマスコミが加担している事が分った。

>>ただ悪戯に、軍事力に頼りすぎると、相手は、テロでも何でもござれ無法者集団ですから、アッと言う間に、専守防衛の御旗が、何時の間にやら突撃の旗に変わってしまう場合もあるので、事は、慎重を要するのです
 彼らの得意技が、すり替えや梯子外しである事は、是までの事で分ります。 戦前日本も単に、独立主権国家として、国際間で生き抜こうとしていたに過ぎないのに、シナなどは、西洋勢力から、東洋を護ろうしたダケなのに、何時の間にやら、侵略者の烙印を押されて終った。 然し、仮にシナを侵略・制覇したとしても、上手く治めて、シナに「大日本帝国」を中華文明の覇者の一人にする事は出来ないのは、日本が一番良く分って居たでしょう。

 日本の目標とは、満州国を近代工業国家として独り立ちさせて、極東に一大文明拠点を創り上げる事だった。 満州は飽く迄、満州族の土地であるが、大清帝国が瓦解して間もないが故に、国家の近代化も含めて投資を行い、多くの民族の進出を容認して、恰も、国際国が誕生するかの様だった、と、戦前大連で財を成した私の母方の一族は、言って居ました。

 この先、この「真の敵」の勢力と如何にして付き合って行くか、が、真に問題でしょうが、ロックフェラーの様に、表に出ているのなら話は簡単ですが、その正体がつかめないのが本当の処です、仮に英国ロスチャイルドが其の本命だったとしても、そのロスチャイルドが、創立から入れ込んだイスラエルは、石油問題の混迷化で、米国メジャーとは別の方向に歩き始めているので、この先、あっと驚くような事態も出来するやも知れず。

そんな場面に直面しても、国士さんが仰有る様に、主権国家として自国を守るためには戦争も辞さずの姿勢を明確に世界に公言する『覚悟』を持たないといけない、と私も思います。

老猫さんへの返答

「じゃ、どうすればいいんだ」 に対する返答

日本の根本の問題は、中国・韓国・米国が共謀して、日本が絶対に自立しないように押さえ込んでいることです。

中国は軍事的に、アメリカは経済戦・情報戦で日本を押さえ、日本の富をしゃぶり続けています。

日本はどうすればいいかというと、この厳然たる事実を日本国民全員が正しく理解することです。
日本人が同じ認識を持てば、アメリカや中国は騙し続けることができなくなります。

そのための第一歩として少なくとも、ネットを毎日見てる保守の思想をお持ちの方々が、国際政治の正確な現実を知りそれを回りに広めることです。

中国や米国を変えることはできませんが、日本人の考えを変えることはできるはずです。
南京大虐殺や従軍慰安婦など、米中が捏造した歴史に未だ日本人のほとんどは騙されたままです。
ですから、真実を知っている我々が、毎日回りの人に真実の歴史を説明して、日本人の考え方を直していくという地道な努力を続けていくことです。
決して、やっても無駄だと諦めないことです。継続していれば必ず変化が現れてきます。

私が、いくら主張しても信用に欠けるでしょうから、まずブログ主の辻本様の過去の記事で、2008年から2009年にかけてのものを読み直してみることをお薦めします。

これらを読めば、国際政治の本質と辻本様のお考えが理解できます。

2013年8月15日靖国の英霊に感謝、小野田寛郎さん

2013年8月15日靖国の英霊に感謝、小野田寛郎さん
https://youtu.be/CjKAQuHcwFU

最近は反日売国勢力による動画の削除が頻繁に行われています。
 反日売国勢力にとって不都合な事実を隠蔽する為の活動が盛んになっています。
 これは反日売国テレビ局・マスコミが長い間報道しない自由を行使してきた行動がインターネ
ットにも広がり、掲示板の写真や動画を表示できなくする事が行われています。 ツイッターの
アクセスを抑制してしています。  この様な妨害活動に対してはインターネットで検索してみ
るとると消された記事が探せる事もあります。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

へうげものさん
あまりにも滑稽すぎます。
ここの論客の方を(木を見て森を見ず)批判しておいて、小学生レベルの具体性のない内容で返答とは。。。あいた口がふさがりません。
挙句には、過去の記事を読めばわかるとは。。。ここの皆さんは読まれてますよ。

へうげものさんが何をコメントしようが自由ですが、人を批判するのであればそれなりの内容があってしかるべきでしよう。

大人の対応とは思えません。

投稿以前の問題だと思う

>へうげものさん ソロです。
 読ませていただきましたが、貴方が何故投稿をBANされたか、ワケが分りませんね、何を消したんですか?  に、しても、貴方が改めて文章にしなくても良い事しか書いてないなぁと言う感想ですが、質問したくなる文がありましたのでお付き合いください。 
>>中国・韓国・米国が共謀して、日本が絶対に自立しないように押さえ込んでいることです。
 ほぅ、そう言う資料があるのなら此処に挙げて紹介してほしいものです。 日本が自立って、どういう範囲何でしょうか、経済じゃありませんよね、軍事は言わずもがな、外交ですか? ドゥやって、自立を妨げるのですか? その具体的な方法を教えて下さい。 素朴に疑問に思います。

>>中国は軍事的に、アメリカは経済戦・情報戦で日本を押さえ、日本の富をしゃぶり続けています。
 どのようにして中国が軍事的に日本から、何かをしゃぶりつくすのでしょうか? 「米国が、経済戦? 情報戦で日本を抑え、日本の富をしゃぶり続けて居ます。」って、どんな証拠が挙げられますか? ソレが出来たら、改善も出来るし、悪い奴も引っ張りだせますので、ぜひ教えて下さい。 日本側にどのような被害が出ているのでしょう。 そしてその事象は、本当に被害と呼べるものなのかも検証したいですね。

>>真実を知っている我々が、毎日回りの人に真実の歴史を説明して、日本人の考え方を直していくという地道な努力を続けていくことです
 それは、仰有る通りですが、真実だと言いきるには、ソレなりの証拠や客観的な資料が必要になりますが、全くそう言う用意が無いのに、真実だと言うのは、貴方の単なる思い込み、何処かの雑誌の受け売りでしかないのではありませんか? 客観的な認識が得られない事象を用いるなら、私論ですが、と最初に断って話を始めるべきでしょう。 それ無しには、幾ら地道な努力をしても、共感は得られませんよ。 幸福実現党の道遠しですね。

本当に笑えるのか

本当に滑稽で笑えるのですか。

真実を知っている人は、きっと私の文を読んでも笑えないと思います。

当たり前のことから始めるのが、何においても王道だと思います。

消した文字は「殺 」 ですが、南京大虐殺はOKでした。

明日、韓国国会議員竹島上陸

相変わらず喧嘩を売っている。
というかあの国は日本に喧嘩を売らないと保守でも革新(北朝鮮狗)でもやっていけないようだ。

反日が鳴り止むとき即ち大韓民国が朝鮮民主主義人民共和国に併合される時。

併合後、飢えた北朝鮮人は韓国人をコロシ尽くし奪い尽くし焼き尽くすこと(三光作戦)に夢中で、
日本のことなど暫くスポーンと忘れるよ。

そして北朝鮮人が韓国人をジェノサイトしてる時間が我々日本人にとってのボーナスタイム。
相当かかるよ?
何せ2000万が5000万を暴力で支配しようと頑張るんだから。

南北逆の統一より、よっぽど
「面白い」。

その間に急いで9条削除、在日掃除だ。

核兵器なんて要らない。

アメリカの日本支配の「植民地総督府」である韓国さえ地球上から消せれば、
アメとの謀略戦は五分に戻せる。

ソロさんへ

私の歴史観や世界観は、この30年に読み込んだ2000冊くらいの本によるものです。
陰謀論的な思考に対しては私も、最初は懐疑的でしたが、様々な本を偏向や偏見なく読むことで、次第にそういうこともあるのではないかと考えはじめました。しかし次第に読み進むと、陰謀論的な思考で世の中の事象を見ると、奥が良くみえるようになりました。

そして、陰謀論は決して架空の妄想などではなく、実際に謀略を働いている人たちが、隠蔽する目的で陰謀論はデマだと言いふらして、煙に巻いているのです。

ソロさんのおっしゃるように、個々の事象について証拠を提示しろと言われると、提示することは出来ないことはないですが、憶測も入るのでいくら提示しても多分ソロさんは納得しないでしょう。
提示した証拠や憶測が、どれだけ膨大な資料の裏付けがあった上でのものとしても、基本的に膨大な基礎知識がないと、理解できないと思います。

日本の富アメリカに吸われているという件についても、参考資料としての本は最低20冊にはなります。

1冊だけあげるとするならば、
円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか 単行本 – 2001/5/8
リチャード A ヴェルナー
が良いと思います。
amazonで中古1円でありますから、よかったら読んでみて下さい。

へうげものさん

ソロ氏の質問に答えてください。いつもそこのところが抜けているのです。

>日本の根本の問題は、中国・韓国・米国が共謀して、日本が絶対に自立しないように押さえ込んでいることです。
>中国は軍事的に、アメリカは経済戦・情報戦で日本を押さえ、日本の富をしゃぶり続けています。

あなたはこれを地道に伝え続けることだとおっしゃる。これだけしか書いてない。
これだけで日本人が覚醒すると。。。
論客には、木を見て森を見ずと批判されている方がですよ。。。これだけ、滑稽すぎませんか?

二枚舌、二枚腰で生き延びる、シビアな思考国家へ

>我国は、明治維新以降、西洋文明が布いた白人種に都合の良いレールの上を思考力ゼロの無防備状態で歩かされました。


要は「思考力ゼロ」なのが問題である。白人うんぬんといった問題は、日本人に特有の感情的なものなので、これを混入させると答えが出なくなって迷走を始める。

例えばロシア人は欧州人から、肌は白いが中身は有色人種だと見下されているが、日本人は欧州人から、肌は黄色いが中身は白人だと一目置かれている。
一部の日本人に、白人への劣等意識が根強いのは興味深い。

新興国が台頭せず、白人に都合の良いレールの上を走っていた昭和時代の方が、日本は豊かだった、新興国によるテロなどがなかった、世界的な環境汚染がなかった。
有色人種の解放という左翼的な理想論で、教育と技術と資金を与えても、彼らは白人や日本人のようにはならないことが、昨今のグローバル社会で判明している。
「環境より遺伝子が強い」これが現実である。
つまり「我々が住む地球という惑星に、全ての人類に先進国の暮らしをさせる余裕があるのか?」という厳しい問題がある。

日本人は、生き残っていくためにはシビアな二枚舌、二枚腰にならざるを得ない。
表向きは「アジア(有色人種)の解放」、本音は「白人に都合の良いレールの上を走って搾取階級を死守する」という二枚腰で、知的中庸国となるのが妥協点だろう。
先の大戦では、日本の国際社会における立ち回りは、世間知らずで思い込みが激しく、へたくそ過ぎた。
これも厳しく評価すれば「思考力ゼロ」の結果である。

見えざる神の手が人類を如何に裁くか

>#195Lvy4Y さん ソロです。 IPだけでもわかりますが、次は、なにかHNをおねがいいたします。
>>新興国が台頭せず、白人に都合の良いレールの上を走っていた昭和時代の方が、日本は豊かだった、新興国によるテロなどがなかった、世界的な環境汚染がなかった
  ↑のご意見は、別の要素で、寧ろ当たり前の話です。 その要素とは、世界の人口です。

 19世紀末~20世紀初頭に懸けての世界の総人口は、約15億人であった事が分って居ますが、100年後の20世紀末~21世紀初頭の人口は72~3億人だと言われています。 つまり100年で4.8倍になったのです。是は、人類史上一大事と言え、現生人類がこの世に出て来てから、直前の19世紀までの総人口よりも多いと言う事です。 

 詰まり、この先は人類にとって未体験ゾーンである事は間違いない。 然し、僅か100年間しか経って居ないのだから、それが原因で何が起こるのかは、是からの事ですので、あらゆる方法や知識を動員して、予想すべきなのです。

 その答えは、貴方が挙げた様に、格差が拡大して、テロが頻発する、環境汚染問題が地球上に拡散する、があり、他にも、CO2の排出量が増大して、地球全体の平均気温が上昇する等、多くの環境に対する悪影響が指摘されています。

 直接関係あるかどうかは、諸説あると思いますが、人間には、他者を拒絶し始める許容空間と言うものがあって、それは自分を中心とした凡そ1mの円だと言われています、この範囲を超えて見知らぬ人が近づくと、人は、自然と緊張状態になるのです。 つまり、100m四方の土地に人が集まったとして、半径1mの境界を持った人が、何人はいれるか、と言う話になれば、100m四方(1万平米)には、100人だと言う事になりますが、人数がおよそ5倍になったら、人が緊張を高めないで暮らすには、5万平米の土地が必要ですが、土地は限られているので、距離が5倍近く狭められると言う事になります。 すると、人間は生存権を脅かされたと潜在意識で感じて終うらしいのです。 ダカラ、広い処に行くと開放感ダケで無く生存権の危機感から解放されるので、気持ちが晴れ晴れとするのだそうです。

 文明と言うのは、集団で暮らす事を前提とします。 就中、都市生活になれば、大勢集まっても知らない人ばかりで、距離も体を密着する程度=限界迄縮まります、こうなると苦痛でしかない。 文明とは、或る意味、生存限界距離の喪失から来る苦痛に耐え乍ら生きると言う事です。

 その結果何が起こって居るか、出生率の減少です。

 即ち、地球が自身を護る為に、人口を増やさない様に力が働くのです。 この見えない自然の力は、戦争/非戦争と言う是から起こる環境変化に備えた男児の出生率の上下変化も起る事にも関連します。 我々は something great の掌に乗って居るダケなのかもしれません。

 少子高齢化は、どの先進国でも、深刻な悩みです。 出生率を上げる為に、様々な方法が採られていますが、是と言った効果的な方法は見つけ出せていません。 先ず、日本の様に通勤で満員電車の中に、一日に片道2時間=往復4時間も閉じ込められていては、減数本能が刺激されて、子供ができにくくなってしまうのではないか、と懸念いたします。

>>有色人種の解放という左翼的な理想論で、教育と技術と資金を与えても、彼らは白人や日本人のようにはならないことが、昨今のグローバル社会で判明している。
ほぅ、貴方は文明人だけが生き延びる資格があるとでも、仰有りたいのでしょうか? 人類の永い歴史でいえば、僅か500年間だけ、先進文明的だった白人たちが勝手な基準=キリスト教を押し付けて、都合の悪い人間には罪を被せて、或いは、未開だと決めつけて、丸で家畜を扱うようにころして収奪して、支配して来たのが白人文明の正体でしょう。 その野蛮な白人が、進んで居て、文明人で、この地球の主足るべきだとでもいうのでしょうか? ならば、強盗や盗人の類が、偉くて尊敬すべきと言う事になりませんか?

 そう言うのを差別と言うのです。 泥棒する、人を殺してまで自分の目的を遂げようとする、そして、他人を裏切る事も、確信的に自分が正しいと考える利己的な姿勢こそ、犯罪者と言うのです。

 ご自分では気づいて居ないと思いますが、こう言う白人種的差別を許容しているのであれば、少なくとも、貴方は犯罪崇拝者なのですよ。 右翼サヨクはこの際関係ありません。

 人間が言う、正義不正義も、人間の生存権でモノを考えるから偏って居るのです。 「神は人類を愛された」というのは、端なる欺瞞です。 神に愛されたので、他の動物の命を奪って、自分の食糧とする事を許されたと言って居るのと同じ、つまり、人間ダケが、同じく神がお造りになられたモノの中で特別だ、と言う、願望を、無理やり裏付けようとしているだけです。

 具体的には、世界最大の宗教人口(25億)を持つキリスト教が、採取狩猟民族「=シナの四蛮に謂う北狄」間の信仰から生まれたユダヤ教に原点を持って居る事で、つまり、与えられた生存権の厳しさの如何によって、内容が少しづつ、違って居るのが宗教で、神とは、「罪を赦す存在」でしかないのです。 生存権の厳しい処には、厳しい神が居ると言うだけです。多くの人類に支持されたから、世界宗教だと言うが、キリスト教は、未だに異教徒を悪魔と呼んでいる事について、反省も、改良も出来て居ません。 もし、黒人発のキリスト教的な宗教が生まれて居たら、世の中は大きく変わって居た事でしょう。 ダカラ、キリスト教は白人の民族宗教でしかないのです。

 その一例が、神が人間を愛しておられるとの前提を云い事にして、人間に都合のよいように戒律を捻じ曲げて、犯罪を正当化しているのは、社会環境自体が、犯罪者的思考を常識とする朝鮮人によくあるケースですね。 新興キリスト教に良くいる朝鮮人牧師による、連続淫行事件は、その典型です。 彼らを幾ら異端だと言った処で、キリスト教も同じ事を、有色人種相手に散々やって来ている事は、歴史を精査すれば分る事です。

ちりちゃんへ, ポッポです。

「2012/07/20(金) 22:30:16| URL| ちりちゃんです。」は,読みました。

引用文の内容については,概ね同意します。
日英同盟について,目的地域はインド洋までと決められていたとのことですから,日本はドイツの南洋諸島と山東半島を攻撃し,占領しており同盟を守っています。第一次世界大戦中が始まってから英国がそれ以上の要請をしているのですから,同盟を守らなかったというのは不正確です。

また,この要請には陸軍は参戦していません。しかし,海軍はこれに応じて参戦し,活躍していると共にドイツ潜水艦の攻撃による被害もありました。
日本は,日英同盟を誠実に実行しています。

次に,国際条約で不誠実な国もありました。
これは,1941年に締結された日ソ中立条約です。

この条約が締結されたのは1941年4月13日ですが,1941年6月22日にドイツはソ連に侵攻しました。このとき,ソ連は日本が何時条約を破って侵攻するかを心配しました(これは,スパイ事件で有名です。)。日本は,条約を守ったのですが,これを確認したソ連は東部に配置していた部隊を戦場に送りました。

そして,1945年日本は苦境にありました。8月6日に広島に原爆を落とされ,ポツダム宣言の受諾が間近だった,8月9日にソ連は日本大使館の電信線を切ってから,日本大使に宣戦布告を通告し,満州に侵攻したのです(日ソ中立条約は廃棄する場合は1年前の通告が必要ですから,条約は有効期間内でした。)。

日本はともかくソ連(ロシア)は,自国の不利なときだけに有効な条約で,都合が悪くなれば廃棄します。

それから,TPPについてですが,TPPが出てきた頃,日中韓のFTAもでてきました。
日本は土地が狭く,資源のない国ですから,一国だけで国民は生活していけないと思っています。従って,TPPか日中韓FTAのどちらかに加盟しなければならないと思いました。TPPの米国は暴君ですけど決まったことは守りますが,日中韓の中韓は日本に70年前の戦争の賠償について,条約で既に終わっているのに何度も頂戴と言いますし,何らかの協定があった場合には,協定を守りません。
こんな中韓と,経済条約を締結した場合には,日本は誠実な結果など実行されるとは考えられないと思います。
従って,日中韓FTAは不要であり,TPPを締結して実行すれば良いと思います。

最近,米国ではTPPの反対論が出ています。
米国から反対論が出るのなら,甘利元大臣は頑張り,日本にとって有利な条件になっていると思います。

へうげものさん

ありがとうございます。へうげものさん個人の立場の意見・ご返答として受け止めます。

しかし、へうげものさんが日本のリーダーとして一国の首相としての立場としてなら(仮定としてですよ)この国をどう導いていこうとするでしょうか?

現状は国民の大多数は覚醒していないということは、私も同意いたします。また、日本の富を中韓米等に吸収されている部分もあることも、そうかもしれないなぁと思う次第であります。

例えば、慰安婦問題の10億円や、シナに対するODAの継続問題(世界第二位の強国になぁんでやるの?つい最近までやっていて、これからもやろうとしているの?無償は問題外で有償でもほっとけやごらぁ)や、日本の企業の大株主にじわりじわりとグローバルな資本がはびこり、日本の不動産もシナに買い漁られ、保有高国1位の米国債は売りたくても簡単には売れない(為替への影響→円高による経済の縮小の恐れと米国の睨→ドル不安を煽るのかてめぇは)etc・・・。

私はね。世界の政治・情勢は変動が大きいと思っているのですよ。


中韓米の陰謀も為政者の変動や、各国内の事情、経済の状態で不変ではないと思っているのです。よく誰そのの本では中韓米の思惑の真実はとか、よく書かれますが時代の変遷でその時はそうであっても、現時点ではどうか?いや、10年後はどうかとかね。本は読んだ時点・視線で永遠不滅の理論として見てよいかどうか私はいつも考えるのです。

「Japan as No1」という本が最近シナで人気だそうですね。20年位前の日本がバブルの絶頂期の頃のほんですね。(あのころは良かったねホンマニ)


さて、政治は難しい。 どうかじ取るかですよ。

しかし 反日どもは日本という国そのものを否定し、貶めようとすることも確かである。その人達を説得するのは、無駄な時間な気もするのですがね。

覚醒してない人ねぇ。 う~ん、 こんな話しますと離れていく人興味ない人いろいろでしてね。桜井氏の外国人生活保護禁止の説明もねぇ。ある程度の効果はあるみたいなのですが・・・自分自身に関係が薄いとなるとすぐ忘れるみたいです。

人のことを滑稽とあざ笑うのにも資格が必要

昨年の4月、私が所属する政党は、「「中国による『南京大虐殺』『従軍慰安婦』のユネスコ記憶遺産への申請に抗議し、日本政府に万全の措置を求める署名」(総数192,036名)を、内閣府を通して安倍首相宛てに提出しました。
しかし、安倍首相も外務省も対外的に何の抗議もせずに、あっさりと登録されてしまいました。

今、ユネスコへ抗議すると、安倍首相がみとめたのだからと相手にしてくれません。

私も、この署名集めで親戚・知人・ご近所・友人に声をかけさせていただき、8割くらいの方から署名いただきました。
内容を説明すると、真実を知らなかった方も結構賛同いただけました。

日本全国でこのような活動を続ければ、国民の考え方は確実に変わってきます。そして何かのきっかけで、国民の総意が全く反転することがあります。終戦直後もその一つです。正しい方向へ転換するには、正しい情報を常に供給しておかなくてはなりません。

署名をもらうのなんか、簡単なことと思われるかもしれませんが、知り合いに声をかけるのは最初は結構勇気が必要なものです。

このような活動を少しでもされた経験があれば、滑稽とあざ笑うことはできないと思うのですがいかがでしょうか。

間違っていたらごめんなさい。

それと、ソロさんへの回答ですが、今までも例を挙げて説明をして来ましたが、なかなかご理解いただけないようです。
簡単なように見えて奥が深く、数行での文章では説明しきれるものではありません。
ヴェノナファイルも説明しましたが、鼻で笑われて済まされましたので、事実をたくさん挙げてもきりがないと感じました。

やはり、この手の情報はご自分で興味をもって、積極的に情報を集め追求しなければ、なかなか理解できないと思います。

人間、自分の興味がなければなかなか深く入り込めないのは、仕方がないことですので、諦めてはいませんが納得いただくには時間が必要だと思います。

バカと言われようが、笑われようがマイペースで投稿し続けます。

世界情勢においては、時に考えられないような大事件が起きることがあります。
でもそのような大事件は、必ず背後で仕組んだ者たちがいるのです。
そのときに、私の主張が少しでも理解いただけるときがあると思います。

朝日新聞が、『南京大虐殺』『従軍慰安婦』の捏造を認めたのは、幸福の科学と幸福実現党が朝日新聞へ、気長に強く働きかけたことも大きな一因となっています。
信じてもらえれば幸いです。

幸福実現ねぇ政教分離の原則を知らぬわけでもない、しかも宗教団体となれば信じる人にとって都合良く与えられた情報を信じ其れが正しいと思い込む。

人は主観的なもので其れが一旦正しいと思い込んでしまえば、これ程厄介なものはない、自分は頑固な人ほど宗教や詐欺に嵌まりやすいのはそのためだと思います。

更に個々のブログは裏付けされた客観的なデータが有れば良いのであって、ここは自説を押し付けて、布教する場所ではない。

日本の問題点の一つは、一つの情報が正しいと皆がそう思い込んでしまえば、なかなか変えることは難しいことにありますね。

だから、客観的かつ多角的に決断を下せる情報機関が要るわけです。

例えばアインシュタインの相対論が間違っていると自分が唱えたとすると、其なりの根拠がいりますし、間違えた事実を皆が納得できるように持っていかないと到底受け入れられないでしょうね。

老猫さんへ
>米国債を売れない

う違う、売れないんじゃない。売る必要がないんですよ、我が国は。支那朝鮮(含む大韓民国)のような貧乏国の後進国とは違うんですから
(ヒント)円は巨大な市場を有するハードカレンシーなんですよ。
ーーーーーー
我が国の政府が米国債を売るってことは、どういうことかお分かりですか。
・米国債を売って得るものは、なんですか。
答)ドルです。
・我が国の政府は、今以上のドルを必要としていますか。。。。。必要としていません。
万が一、必要になったら24時間365日いくらでも円相場で調達できます。我が国の政府は、世界一強い「円」を発行して巨大な円市場に<ドル買/円売>注文出せばどんな莫大なドルでも瞬時に手に入れることができるんです。
ーーーーー
我が国の政府が、必要なお金は円です。円は、米国債を売っても手に入りません。円が欲しければ、円を発行すりゃあいいんですよ、我が国の政府が発行する円なのだから。
ーーーー
世界一の超大金持ち政府の日本政府は、なにもアメリカに喧嘩を売るような<<ドル売り>>などやる必要はないって分かっていただけましたか。

団塊さん

そうです。アメリカに喧嘩を売りたいのですよ。外交カードとしてね。ドル不安を起こして、ドルという基軸通貨を貶める効果を狙いたいのです。

真意は円を世界の王者にしたいのですよ。他のポンドやユーロ等と同等にはさせたくないのです。

ただね、それには軍事力が伴わないと日本は潰される。だから怖いのです。容易ではないと思ってはいます。

通貨は単なる物・サービスと交換するだけのもの。
その事を重々わきまえつつも、世界が円を欲しくてたまらない状況にするにはどのような状態かを考えてみるのです。

確かに今現在はドル(外貨準備高)は不足してはいないと思いますが、ただ、米のいいなりになるばかりの現状に抵抗する手段を着々と密かに進めてもいいのじゃないかなぁと思いましてね。

ま、耄碌爺の夢ごとと思ってください。

ご指摘ありがとうございます。

規模でお金の性質が変わる話

>老猫さん、団塊さん、横から失礼します。ソロです。 お二人とも、盆休みダカラ、時間があるのでしょうか、それとも、議論の中身が、興味を惹いているのでしょうか、お蔭で活況を呈して居ます。とても喜ばしい事だと思っております。 有難うございます。

 さて、為替の話ですね。
>老猫さん
>>必要になったら24時間365日いくらでも円相場で調達できます。我が国の政府は、世界一強い「円」を発行して巨大な円市場に<ドル買/円売>注文出せばどんな莫大なドルでも瞬時に手に入れることができるんです。
 是は実は、凄い事なんです。 現在の世界は、ドル基軸体制ですが、それを支えているのは、超安定した日本円です。 リーマンショックの後始末では、米側に日本円の「増刷しない」アシストが無ければ、5年間で1000年分のドルを刷る事などできませんでした。 何故か、ドルが暴落するからです。 ポンドも、ユーロも、人民元も、破壊的に値を下げていた時、日本円は対ドル79円まで上昇しましたが、それ以上は上がらなかった事を覚えておいででしょう。 現在の国際トレンドを観て居ると、通貨危機的な話、例えば、先だってのブレクジットで、ポンド安、ユーロ安が出来しましたが、円が凄い勢いで、120台→100を切る処まで上がりました。 是は、ポンドやユーロを持って居た「資本家」が、一斉に円を買った結果顕れた現象です。 ユーロ分は、戻った様ですが、ポンドやドル分の影響が、已然とした高値を維持する原因になって居る様です。 つまり、日本円は既に世界経済の安定要素として欠かせない地位に在ると言って良いのです、

>>アメリカに喧嘩を売りたいのですよ。外交カードとしてね
>>円を世界の王者にしたいのですよ。他のポンドやユーロ等と同等にはさせたくないのです。
 ですから、円は老猫さんがお望みの通りに、然も、米国や「資本家」共に恩を売りながら、着実に世界経済の中枢に安定要素として、存在し始めているのですよ。

 日本が一方的に金を毟られているかの如き表現がありますが、あれは、「日本の借金は1049兆円」と同じ類の、半分嘘で、流通経済と管理経済の違いを無視した、或いは、意図的にまぜこぜにした話でしかありません。

 貨幣は流通経済では、信用の代名詞ですが、管理経済なら、「世の中を動かす手段」でしかありません。 勿論、貨幣は貨幣ですので、両面の騰勢を兼ね備えているのですが、運用する側の使途によって、或いは、その額面に拠って、大きく扱いを変えるべきなのです。 額面の多寡で、金利を調整しないと、銀行は成り立たない事でお分かりいただけると思います。1兆円の1%は、100億円ですが、1億円の1%は、100万円でしかありませんね。 100億の金利は、会社を潰してしまうので、経済規模が膨らんで、1兆円のお金が必要でも、事前審査で、100億円の金利を払うのは難しいので、融資不成立となるのは、経済成長を目指している経済にとって、障壁にしかなりません。どうして切り抜けているのかはバンカーではないので、知りません。(スイマセン)要は、経済規模が変われば、お金の扱いは、どんどん「御金を生む=自己増殖する生産物」になって行くと言う事です。 その視点で看れば、分り易いかと。

 日本は既に、米国に追い付いて居て、軍事以外は日本無しには、安定した状態を維持できない状態にあると言って良いのです。

🌼「[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人は、老若]男女を問わず[、韓国]徴兵義務[ならびに韓国納税義務]がある」と[韓国が諸法律改正したことを知っていますか]❔

🌼「[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人は、老若]男女を問わず[、韓国]徴兵義務[ならびに韓国納税義務]がある」と[韓国が諸法律改正したことを知っていますか]❔

[民団と朝鮮総連は幹部が同一人物たちの同一対日工作組織ですが、]先日[朝鮮]総連系[未帰化在日韓国人]が韓国政府にパスポート更新を断られたように、現在韓国政府が[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人]を[管理]しています。[韓国は、韓国]徴兵[法]も[韓国]国籍法も[韓国納税法も規制強化の方向で法律改正を済ませ]、[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人]に対する[規制]圧力を強めています。

[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人]は、[老若男女を問わず、韓国]徴兵[義務ならびに韓国]納税義務が課されています。[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人は、日本国へ]帰化した時点で[、老若]男女を問わず[、韓国]徴兵義務[ならびに韓国]納税義務を果たしていない場合、[韓国から韓国徴兵義務および韓国徴兵逃れ]罰金[ならびに韓国納税逃れ]追徴課税が遡って課され[ます]。

「[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人は、老若]男女を問わず[、韓国]徴兵義務[ならびに韓国納税義務]がある」
という[韓国の諸]法律改正です。
「[韓国・[北]朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人は[、老若]男女を問わず[、韓国からの韓国]徴兵義務[請求ならびに韓国納税義務請求を]無視や拒否した場合、日本国内にある資産を差し押さえられる。[韓国から日本国へ韓国]徴兵逃れ[ならびに韓国納税逃れのかどで]身柄引き渡し要請が来れば、[日本国から韓国へ]強制送還され[る」という日韓]協定が成立しています。

国土武衞構想「大都市圏」「地方都市圏」

ソロです。
最近、亦、シナ人やシナ資本に拠る、日本を初めとする海外不動産の買い占めが横行し始めている。 なる程、半分以上は、シナ富裕層の逃げ出し先の確保だったりするのだろうが、其れに紛れて、国家が戦略の一環としてやって居るケースが、垣間見かけられる。

 例えば、北オーストラリアのポート・ダーウィンの米海兵隊の駐留地近くの土地を、豪州政府が、シナの投資集団に、99年間の定期借地で貸し出した例等は、明らかに米軍に対する挑発行動であろう。米政府は豪州政府に抗議しているようだが、契約が無効撤回されたとは聞いて居ない。 

 こう言った、民間に拠る資産・不動産の売買は、勿論、国策である。 個人や私的な資本で、外国のリゾート開発や都市開発に関わってくる場合、売る方が、背景をちゃんと確認しておかねば、それこそ国土を間接的に切り売りして居る様なものだ。

 この先、売って終った、亦は貸してしまった土地や建物の、私有権限範囲をちゃんと、国家の主権が及ぶ範囲に留める様、つまり、共産シナが国内でやって居る「上物は、貴方のモノだが土地は国家のモノ」と言う法解釈を、相互平等の原則で主張すればよい。 国家の主権を護る事が、領土内では、最優先するのだから、国の行政に不都合有れば、退去命令も発令可能だろう。

 然し、都市部内にある日本政府の重要拠点近くのビルの部屋を買い上げ、或いはフロアー全部を買い占めて、攻撃中枢を置く事も可能でしょう。 行政はそう言う可能性をちゃんと考えて、重要拠点を中心に半径5㎞の圏内の部屋の所有者、デベロッパー管理下の賃借人の身元と、その実態を常時監視できる態勢に置かねば、建築禁止にするべき。

 シナが戦争をしかけて来る確率は低いとはいえ、ゼロではない事に留意して、現状に対応すべきです。 現在のシナ内部の状況なら、何が起きても不思議ではない。 準戦時体制に在ると言って良いと思います。

 そして、この状況は、何も東京だけではなく、人口100万人を超す大都市圏なら、何処でも同じだと考えるべきで、東京が主導で対策を講じ、水平展開すべきでしょう。 是からは、都市の治安維持、民間防衛システムの構築、公共治安維持中枢へのアクセスを密にしての、相互協力体制、と言う分野を新たな需要と考えて、企業対応でコンペティティブルに展開してほしい。 高度に機械化、電子化された治安のシステムや、防災システムは、この先世界中で「売れる」システムでもあるからです。

 農村部や、都市部にあった、隣組、水防団、消防団と言った、災害防止体制、そして、民間防衛は、江戸期以前からの日本社会の特徴です。 其処に、近代の科学技術を加味してやれば、短期間で使える体制が出来上がるでしょうし、民間と言う単位が細かい部分にまで防災、防衛の必要性が再認識されれば、日本は亦、強固な国に再生できると思います。

今日、職場で戦没者追悼の黙祷を捧げたが

過去の日本軍部の無茶無謀を批判することと、現在中国共産党やサムスン財閥が独裁・権益死守のため、他国との戦争すら辞さない危険な外交姿勢を肯定してやることは違う。

アイツラの贅沢な暮らしなど知ったことではない。
どうせ弱い人々から搾り取った不正な利益だろ?

奴らこそ将来の戦争の根源だ。

日本軍部は滅んだ。
次はアイツラの「番」だ!

と思った終戦記念日。

戦争よりも悲惨な「全体主義」(今井道夫の全体主義論)

●全体主義思想は、共同体との繋がりを失って砂粒のようにバラバラの「個人」となった知識人が作り出し、やはり孤独で根無し草の知識人と「知識人化した大衆」に受け入れられた。
(従って「個と全体」が対立するという全体主義理解は間違い)
●全体主義は最初から「世界革命」「世界支配」を目指すものであり、民族主義は政権獲得・維持のために利用したに過ぎない。
(従って、全体主義をナショナリズムと結びつける全体主義理解は間違い)
●全体主義思想が最初に席巻したのは「大学」であり、イデオロギーを実現するための「党」に集ったのは「先進国の教養あるエリート」だった。
(従って、全体主義を「陳腐・凡庸」「大衆の俗情」ととらえる藤井聡の全体主義理解は間違い)

●全体主義が「根源悪」である所以は、
「われこそは歴史の鍵を握るもの、世界の謎を解くもの、自然と人間の発展過程を支配する見えざる法則を明らかにするもの」と、
その「知性的・科学的・理性的・理論」を信じた知識人が、
「歴史の真の原動力」に寄与するとか、「歴史の発展」とか「進化」とかに貢献するためとして、
「生きる資格のない劣等な人種および個人」や「死滅する階級」を皆殺しにして絶滅することは、「正しい」ことだと認識して、
人間の大量殺戮を「冷静」に、後ろめたさなど微塵もなく自信に満ち溢れて行ったことである。
(『共産主義黒書』でクルトワは、共産主義による世界中の犠牲者の数を八千五百万人から一億人と推定している。これは二つの世界大戦による死者の数を50%も上回る)
これから解ることは「知識人は、賢くない」

●全体主義体制下の人民にとって戦争は「悲惨」ではなかった。
「こうしたすべての流血地獄も、強制収容所の恐ろしさに比べればまるで天国だった
戦闘は、たとえ死を免れないものであったとしても、それでも救いだったのだ」(パステルナーク)

●憲法九条擁護/戦争放棄 =「日本人ホロコースト思想」であり、これを支持する知識人・マスコミは、「現存する本物の全体主義」である「中共」の犬である。
ハンナ・アーレント「全体主義との戦争は『戦争の必要を認める唯一の基準』」

詳しくは以下で
http://www4.hp-ez.com/hp/totalitarianism

支那の民需は完全に終わったようである

今年1~7月の「民間・非国営」企業の設備投資伸びは発展途上国の分際でたったの2.3である。
他方海外投資伸びは50%超であるから、いかに支那の景気先行きが民間に舐め腐られているかわかる。

中華人民共和国は投資価値が無い
と多くの漢民族が認めた。

因みに民間の設備投資は全体の6割を占めるそうだ。
地方政府が懸命に借金して行う公共事業は赤字垂れ流しの無能な国営企業が取っていくそうである。

そんなに党員の利権が大事か?
党員の利権が一日長く守れれば、他の人民は何人リストラされ飢え死にしても構わないわけね?

何とも腐った、「効率の悪い」「生産性の低い」国である。

こんな「弱い国」は相手がフィリピンだろうがベトナムだろうが日本だろうがアメリカだろうが、およそ外国との戦争に耐え得ない。
恐れるのも媚びるのも、至極バカバカしい。

民間防衛と民間人

ソロさんへ, ポッポです。

>農村部や、都市部にあった、隣組、水防団、消防団と言った、災害防止体制、そして、民間防衛は、江戸期以前からの日本社会の特徴です。
現在の災害防止体制です。
警察は,公共の安全と秩序を維持することを目的として,都道府県単位で構成されています。

消防は,火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護する等を目的として,地方公共団体又は事務組合を単位として構成されています。
そして,一般職の地方公務員である消防職員と,特別職の地方公務員である消防団員によって構成されています。
ここで言う,この一般職の公務員は,これで生活している人です。
そして,特別職の公務員は,他の仕事を持つことが出来ます。

水防団は,洪水、雨水出水、津波又は高潮に際し、水災を警戒し、防御する等を目的とし,地方公共団体又は事務組合(だと思います。)によって,特別職の地方公務員として構成されてています。

それから,隣組ですけれど,現在は自主防災組織(会)として,学区単位で編成され,町内会(自治会)毎に自主防災部を置いており,その中の班として隣組が設置されていると思います。
これは,任意の組織です。

以上,民間に直接関係する自然災害を相手にする災害防御態勢を列挙しましたが,この内民間の人が特別職の公務員として組織されるのは,消防団,水防団であり,自主防災組織は任意の組織とされています。

それから,警察や消防は採用条件で日本人とされていますが,消防団,水防団には,国籍条件がありません。(一部の消防本部には,国籍条項のない可能性があります。)

自主防災組織を構成しているのは住民ですから,日本人だけとは言えません。従って,自然災害相手なら問題はないと思いますが,治安維持等の問題相手には,使えないと思います。
付け加えますと,消防団や水防団は災害服装が貸与されていますけれど,自主防災組織は統一された服装がありません。治安維持のために活動するのならば,統一された服装は必須です。

移民問題

インドカレー店乱立の影に悪質ブローカーの存在
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160814-00105425-hbolz-soci

ヤクザの新規ビジネスです
台湾料理とインドカレー
ブローカーが食材などは斡旋するんだが、居抜きの店舗だ、保証人だと、外国人にそんな手配ができるわけがないんで、その部分は日本全国にネットワークを持つヤクザ屋さんの出番
もちろん、現地での経験豊かなベテランシェフとか、そんなのが来日するわけじゃない
素人を「料理人」として送り込む組織があるわけです。インドでは、マトモな料理人はカーストが高く、プライドも給料も高いので、出稼ぎなんてしない。

ソロさんのおっしゃる通りです

ソロさんから引用
「必要になったら24時間365日いくらでも円相場で調達できます。我が国の政府は、世界一強い「円」を発行して巨大な円市場に<ドル買/円売>注文出せばどんな莫大なドルでも瞬時に手に入れることができるんです。
 是は実は、凄い事なんです。 現在の世界は、ドル基軸体制ですが、それを支えているのは、超安定した日本円です。 リーマンショックの後始末では、米側に日本円の「増刷しない」アシストが無ければ、5年間で1000年分のドルを刷る事などできませんでした。 何故か、ドルが暴落するからです。」
引用終わり

これを別な表現ですれば、私が主張している
「日本の富はアメリカに毟り取られている」
と同じことなんです。

ボストン大学のコトリコフ教授によると、
アメリカの債務は合計で表向き18兆ドル(約2000兆円)ですが、
210兆ドル (約2京円) だそうです。 
http://www.trendswatcher.net/december-2015/geoplitics/公式発表の18兆ドルを遥かに超える米国債務/

アメリカは、基軸通貨であることをいい事に、ドルを際限なく刷り続けて世界から物品を購入してきました。普通ならハイパーインフレになるところが、ならない理由は、世界の金をアメリカへ還流しているからです。
世界の国々で経済が不調である根本の原因はここにあります。

日本からアメリカへ流れた金は、総計で800~1000兆円と主張する人もいます。
多分その通りだと思います。そして、その金は二度と戻ってこないでしょう。
アメリカは返す当てもないし、返す気もありません。
返ってこなくても、まだ日本は大丈夫です。

日本からの資金が途絶えれば、即アメリカの経済は破綻する状態がこの20年も続いているのです。

この厳然たる事実を知った上で、日本人は国際政治・経済を考える必要があります。

国際情勢・世界経済の正しい情報を、世界と日本のマスコミは全く報道していません。

日本人は、自分の頭で考える能力が失われるよう、飼育されてきました。

何とか、これを日本人全員に伝えなくてはなりません。
その前に本当にアメリカ経済が破綻するときが、来るかもしれません。
今年の秋は、危ないと警告する経済評論家は多いです。

でも、過去に何度も警告が出ましたが、それをしのいでこられたのは、ソロさんがおっしゃる通り、日本の金のおかげなんです。


国土防衛構想 不法滞在外国人の排除

>ポッポさん ソロです。 補完的なレス有難うございます。
>>自主防災組織を構成しているのは住民ですから,日本人だけとは言えません。従って,自然災害相手なら問題はないと思いますが,治安維持等の問題相手には,使えないと思います。
 そうですね、この「日本人で無ければ・・」と云う処が、日本社会が劣化した部分ではないかと思います。

 然し、関東大震災後に起きた朝鮮人暴動の折、この日本人で構成される、消防が、治安を破壊している朝鮮人集団と対立、双方に死傷者を出していましたが、その騒ぎを聞いて駆け付けた警察は、数で圧倒し始めた日本人消防団を暴徒と見做し、朝鮮人暴徒を庇ったために、警察官自身が殉職すると言う事件があったそうです。

 この話に尾ひれ端ひれが着いて、朝鮮人大虐さつ事件になって居るのだと言いますが、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」と言う話も、眉唾です。 つまり、天災時は、双方が動揺しているし、日頃から怪しんでいる集団が、例えば消火活動をしようとしていても、道具を盗む処から始められたのでは、破壊行為を始めているとしか見えない場合もあるでしょう。

 地域防衛のむつかしさは、其処に有ります。 お互い信用関係を形成できないのなら、何処かでお帰り願うしか方法が無いのです。

 然し、阪神大震災の折は、「朝鮮人は皆殺しにされる」と言うデマが、処に拠ってあった様ですが、実際は何も無く、普通に住民が分け隔てなく助け合う事が出来ました。 唯、壊れたあるビルの地下から、大量の銃器、銃弾が見つかって騒がれましたが、朝鮮進駐軍が起した神戸事件の際のモノと分り、鎮静化して居ます。

 然し、この武器貯蔵の件を重く見た公安は、やはり、特別永住許可を政治難民の済州島や半島からの避難民に与えた「許可を権利にすり替えた」、本来、韓国政府が解決しなくてはイケない話を日本政府が、謂われな記人権侵害の汚名を着せられて、更なる権利、外国人参政権や人権保護法の法案成立の為に、日本の売国野党を利用しようとの目論見をしている事で、社会の劣化現象の元になる事態を出来しました。 メインの責任者である、米国・韓国へのこの事態の解決=在日処分への協力の要請を行いました。

 結局、米国・韓国ともそれぞれの思惑から、在日処分を了承、粛々と準備に入って居ます。 顕著な現象として、山口組の分裂が挙げられましょう。 詳しくは余命ブログを読んでください。

 ポッポさんの指摘により、在日処分の話に行き着きましたが、基本的に、地域防衛の強化は、多かれ少なかれ排外主義を刺激します。 亦、危機感を持った在外住民が、地下に潜る可能性もあり、難しい問題です。 唯、移民・難民の場合、母国の姿勢が一番問われる話で、朝鮮人の場合、韓国政府に言っても、なしの礫しか帰ってこないので、日本政府に陳情、治安悪化を懼れた日本がトコトン譲った結果が、在日特権の発生原因です。
 
 韓国政府の無責任を追及しない、日本の野党の対韓姿勢、対米姿勢が余りに腰ぬけなのも、問題を大きくした原因です。

 在日問題の原因は、「日本人の事勿れ主義」の産物と言って良いでししょう。 A.敦子さんご紹介の、
(引用開始、編集ソロ)
 韓国政府が韓国・朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人を管理しています。韓国は、韓国徴兵法も、韓国国籍法も、韓国納税法も規制強化の方向で法律改正を済ませ、韓国・朝鮮籍の帰化および未帰化の在日韓国人に対する、規制圧力を強めています。

 該当する、未帰化の韓国・朝鮮籍の朝鮮人=在日は、老若男女を問わず、韓国徴兵義務ならびに韓国への納税義務が課されています。 亦、本国へ帰化した時点で、「老若男女を問わず韓国徴兵義務、ならびに韓国納税義務を果たしていない場合、韓国から韓国徴兵義務および韓国徴兵逃れに対する罰金、ならびに韓国納税逃れと見做され、追徴課税が遡って課されます。」
(引用終わり)
 問題は、慰安婦少女像の撤去と同じで、韓国政府がどれだけ信じられる仕事をするか、でしょう。 現韓国政府の締め付けが、日本国内に及ぶとは考えにくいので、富裕な在日層は、財産の差し押さえや、帰国命令に晒されますが、低所得者層には、甘いと思います、然し、低所得者層である事を、証明する必要があり、分相応以上の生活をしていれば、帰化不能即帰国命令になりかねない。

 まぁ、唯では済みませんね。

論客の方々へ
今日は8月15日、終戦記念日です。その日に意を決して一石を投じたいと思います、多くの非難は甘受致します。
本日、今上陛下は慰霊式典のお言葉で’多大の反省’と言う言葉を述べられました。
でも終戦時、陛下は11歳の少年ですよ、勿論戦争に関しては何の関与もされていません。その少年が82歳になっても反省と言う言葉を述べなくてはならない、もういい加減止めませんか。
私事ですが、僕の親父は二人の弟を戦争で亡くしていて、50回忌の法要を営んだ後’もうこれで思い残すことはない’と言って、しばらくして弟たちのもとへ旅立ちました。
仏教の世界では50年法要すれば、もう十分と教えています。
何時までこの慰霊式を行うつもりなのでしょうか?
確かに祖国のために亡くなった人を慰霊することは大切ですが、公式にはもう十分だと思います、後はそれぞれの家族で行えばよいと思います。
そのために靖国神社があるのです、何時でも慰霊の参拝はできます。
今の皇太子が新たに天皇になった時も’反省’という言葉が入った、慰霊文を読まれるのでしょうか?
今日の虎ノ門ニュースで武田先生が、8月15日は、世界の植民地が日本が戦ったお陰で消え去った、人類解放の日だとおっしゃっていました。
もういい加減自虐史観は止めましょう、独立できた多くのアジア諸国は日本に感謝していると聞きます。
慰霊式の痛々しい両陛下を拝見して、どうしてもこの事を言いたかった。

説明の追加です。

ソロさんへ, ポッポです。

誤解があってはいけませんので,念のため再度説明します。

>そうですね、この「日本人で無ければ・・」と云う処が、日本社会が劣化した部分ではないかと思います。(2016/08/15(月) 18:21:46)
これは,
>自主防災組織を構成しているのは住民ですから,日本人だけとは言えません。従って,自然災害相手なら問題はないと思いますが,治安維持等の問題相手には,使えないと思います。
に対して記述していただいたのですが,この文自体は下記の
>是からは、都市の治安維持、民間防衛システムの構築、公共治安維持中枢へのアクセスを密にしての、相互協力体制、(2016/08/15(月) 12:25:00)
に対して記述しています。


ところで,前の投稿については,戦後のことだけでしたので,戦前の警察について説明します。

戦前の警察は,1871年に東京府にら卒3,000人が設置されたのが最初でそれまでは諸藩の藩兵が治安維持に当たっていました。
その後,司法省警保寮は内務省に移され,1874年に首都警察としての東京警視庁が設立されました。以後,首都警察としての警視庁と各道府県知事が管理下に置く地方警察の体制になりました。(この時は,警察だけでなく,消防組織も含まれています。)

また,昭和14年に警防団が空襲あるいは災害から市民を守るために作られました。警防団は,警察及び消防の補助組織としての任務が課されていました。

消防組織が自治体消防となったのは,昭和23年です。そして,この時同時に警防団は廃止され,消防団に改組移行されました。


前記のことを踏まえてです。

>然し、関東大震災後に起きた朝鮮人暴動の折、この日本人で構成される、消防が、治安を破壊している朝鮮人集団と対立、双方に死傷者を出していましたが,その騒ぎを聞いて駆け付けた警察は、数で圧倒し始めた日本人消防団を暴徒と見做し、朝鮮人暴徒を庇ったために、警察官自身が殉職すると言う事件があったそうです。
当時,消防組織と警防団はなかったので,任意で参集した住民ではないでしょうか。そうでない場合には,警察の中の消防隊になるのですが,これは警察の組織内の隊ですから,同士討ちになってしまいますので現実として有り得ません。(この時代には,まだ警防団は設置されていません。)

想像の中ですが,消防隊のものではなく,住民の消火用具(バケツ等)を盗んだ場合には,大震災による火災の多発時ですから当然トラブルになりますし,これが騒動の元になることは十分考えられます。

>然し、阪神大震災の折は、「朝鮮人は皆殺しにされる」と言うデマが、処に拠ってあった様ですが、実際は何も無く、普通に住民が分け隔てなく助け合う事が出来ました。
この様なデマのことは,知りませんでした。
震災時に於いても,警察及び消防は早期に活動を始めていたと思いますし,他府県から応援部隊も早くから入っていましたから,治安に不安を感じることは無かったと思います。
しかし,百貨店かスーパーだったと思いますが,盗難事件はあったように記憶しています。

ビルの地下の銃器,銃弾についても知らなかったのですが,これの所有者が発掘した後に使用していれば大変な事件になったと思いますけれど,そのまま発見されたのでは隠した連中の危機管理を疑いたくなります。後は,公安が仕事をしてくれたと思う他ないです。

しかし,武器弾薬を隠し持っていたのが,特別永住許可を得た者なら永住許可や帰化を取り消すべきだと思います。
永住許可を発行することになったのは,李承晚大統領が一方的に李承晚ラインを設定し,日本の漁船を拿捕し,乗り組んでいた漁民を行為禁止ました。この漁民を帰還させるために交換条件として,日本に密入国している韓国人に,永住許可を出すことになったと理解しています。
しかし,その場合でも日本の法律に従わない者を永住させる義務は無いと思います。
それにしても,韓国にやりたい放題をされたと思います。これも,日本が非武装の国家だったから,漁民の方を守ることも,竹島を守ることも,出来なかったと思います。


それから,自主防災組織ですけれど,初期消火,地域に住んでいる人が危険になっていた場合の救出と救護,自分の居住している自治会から安全に避難することが出来れば良いと思います。(欲を言えば,切りがありません。)
消防団,消防,警察,自衛隊,役所,電気,ガス,水道等の公共機関は,防災計画がありまして,これに基づいて災害時には活動しますけれど,阪神大震災の発生した後は,とても現実的な良いものになっていると思います。

忘れるところでした。
慰安婦問題についての10億円の支出ですが,在韓日本大使館前の慰安婦像の撤去をしてからのことだと思います。
在韓日本大使館前の設置は国際法の違反ですし,その場所(道路)は公の管理場所ですから,これを撤去できないはずがないのです。
撤去できないのは,韓国に撤去をする努力が足りないからで,その努力をしてからでないと,日本が支出をするのでは,次の政権で又お替わりを言い出す可能性があります。

国土防衛構想 朝鮮進駐軍の成因

>ポッポさん お早うございます。 ソロです。
 関東大震災の消防の話は、大杉栄と伊藤野枝が、甘粕大尉に殺害された事件の途中で二次的に知ったものですが、読んでカラ40年以上経ってますし、その時の興味も別な方向に向いて居たので曖昧です、済みません。 詳しい解説有難うございます。
 
 阪神大震災の地下室からの大量の武器が出て来た話は、ブログ「アジアの真実」に掲載されて、色々討論した覚えがあります、朝鮮進駐軍の話もその中で出た話ですが、集めた該当者は、すでに死亡しているもの、帰国して行方が分らないモノが殆どだったと思います。

 こう言う治安悪化の責任は、警察等治安系公務員から、武器を奪った、GHQに在ると言えましょう。 この辺り、全く見逃している点で、腹立たしい話なのですが、戦勝国で進駐した国の責任として、その国治安維持は絶対に必要な事でしょう。 然し、GHQが公的にやったのは、民間人襲撃だけと言う有様、占領憲法を後ろ盾にやりたい放題をやって居た。 最初はおっかなびっくりだった朝鮮人も、GHQが何もしないと分かったから、「朝鮮進駐軍」なるものを形成して、暴れ回ったのです。

 彼らは、事大主義で、昔からそれまでのご主人が弱体化すると、暴動を起し、民間人を虐さつしてきた数多の実績があります。 本土での対明、対清、対日、特に対日は、引揚者に対して行われた襲撃事件で、当の朝鮮人が「酷すぎる」と述懐して居ます。 暴動のスィッチが入ると見境ない様で、朝鮮人の7割に、精神異常の兆候があると言う報告が、現実的に思えます。 戦後の朝鮮進駐軍はそのホンの一端で、もっと数が多かったら、万人単位の犠牲者が出ていた可能性が有ります。 GHQの不作為は、彼らは、降伏した日本軍の更なる抑圧以外、何しに来たのか分りません。 何処が正義の軍隊なのか、人間として恥を知るべきだろう。

 昨日は8月15日でした、国士さんが、今上陛下の「反省」と言うお言葉に、反応しておられましたが、国士さんご指摘の様に、陛下も終戦時12歳の子供であった事を考えれば、陛下にとっても、「戦争とは負け戦が齎した現実」でしかありません。 その後の経緯を実体験されても、戦争に至ったのは、仕方がないとしても、その後国民を護ると言う点では、隔靴掻痒の感があり、国を纏めるモノ、否、国そのものとも評される天皇陛下のお立場では、「反省」という言葉でしか表現できなかったモノと、畏れ乍ら忖度いたします。

 だから、国際法でも戦勝国の責務と言う条項を設け、それが遵守できないで多くの犠牲者を出すようなら、国際社会が該当国に罰を下せる態勢にしてほしい事と、冷静に考えても「朝鮮人だけは、国内から排除すべきである」と、私は思います。

おはようございます

> 国士さん

私はただの文句タレであり論客ではありませんが、国士さんの問い掛けを読んで答えないのもアレだと思い投稿いたします。

私のような者が陛下に対して意見を述べるなど畏れ多いのですが、思いは国士さんとまったく同じです。一部のブログでは今回の陛下のお言葉を憲法違反だとか何だとか言い掛かりをつけておりますが、陛下の上に憲法があるのではなく陛下の下に憲法がありそこで我々が生活しているはずです。それが日本の形であるはずです。だからこそ、何時までも国民を代表するかの如くお詫びお詫びと謙って頂きたくないと思っております。

陛下が堂々と存在する事で、我々が大和民族としての誇りを取り戻すきっかけとなるはずですし、そういう意味では例えば被災地などで膝を付き、国民に寄り添い過ぎる映像もあまり見たくはありません。国会議員こそが膝をつき被災者に寄り添うべきであり、ここでも反日勢力が日本という国を押さえ込んでいる空気を感じずにはおれません。何故なら保守政党は存在せず、真の保守議員は存在しないと思っておりますのでそう感じるのです。陛下に膝を付かせるとは、陛下に代わって国を預かるものとして何たる体たらくなのだと。

今上陛下と美智子様、皇太子殿下と皇太子妃については色々思う所ありますが、それについては書きません。兎に角、日本が、日本人が自信を取り戻し、独立主権国家として世界に正々堂々と言葉を発する事ができるよう願っております。その為にも皇室、宮内庁、政府の方々には、もう一度日本とはどんな国だったのかを思い返して欲しいと思っております。

余談

A列 おわだまさこ
B列 かわしまきこ

A列→B列→A列と一文字ずつ交互(ジグザグ)に読んで下さい。そしてB列→A列→B列と一文字ずつ交互に読んで下さい。実に不思議ですよね。

(゜o゜)

>冷静に考えても「朝鮮人だけは、国内から排除すべきである」と、私は思います。

ふぅん、反日とは言えなくともリベラル派としか思えないソロさんでもそう思うんだ
じゃぁ、間違えないな

朝鮮人、出て行けぇ!!!

「韓国や日本国キムチ経済産業省と韓国式トンデモ内通している元財務省帰化在日韓国人職員の古川元久(偽民主党。愛知県内で韓国式トンデモ食肉マネロン疑惑)たち」によるJA全農の帰化未帰化在日韓国人化および韓国化の実態

保守速報H28.8.15【JA全農はH28.8.15、韓国産肥料の一括輸入を発表。国産製品よりも[品質が超最悪だけど]3~4割程度割安に】


「韓国や日本国キムチ経済産業省と韓国式トンデモ内通している元財務省帰化在日韓国人職員の古川元久(偽民主党。愛知県内で韓国式トンデモ食肉マネロン疑惑)たち」によるJA全農の帰化未帰化在日韓国人化および韓国化の実態

[1] 帰化在日韓国人キャリア職員を大量採用し、JA全農の本部課長クラスや各支所部長クラスへ大量昇格配属させています。
[2] 愛国心のある日本人キャリア職員を韓国式トンデモ嫌がらせしてドンドンやめさせ、JA全農を帰化在日韓国人キャリア職員およびサモシイ売国日本人キャリア職員ばかりにしています。
[3] JA全農の帰化在日韓国人キャリア職員およびサモシイ売国日本人キャリア職員は、服務規程を無視して、勤務時間中に株式取引しています。
[4] JA全農の帰化在日韓国人キャリア職員およびサモシイ売国日本人キャリア職員の出張旅費水増し請求受け取りを推進しています。
[5] 各農協組合員費、JAバンク預金、JA全農あて国庫補助金などをグロービス大学院大学などの帰化在日韓国人疑惑組織へ「入学金、授業料など」として韓国式マネロン横流すために、JA全農の帰化在日韓国人キャリア職員およびサモシイ売国日本人キャリア職員は、グロービス大学院大学などの帰化在日韓国人疑惑組織へ国内留学します。
[6] JA全農の帰化在日韓国人キャリア職員およびサモシイ売国日本人キャリア職員は、帰化未帰化在日韓国人の不動産などを購入して、各農協組合員費、JAバンク預金、JA全農あて国庫補助金などを帰化在日韓国人へ韓国式マネロン横流しています。
[7] 東京都千代田区にあるJA全農本部ビルへ韓国農協を入れています。
[8] JA全農において、帰化未帰化在日韓国人批判、韓国批判などが禁止されています。
[9] JA全農において、「帰化人」という単語を使用することが禁止されています。
[10] JA全農において、韓国人が異常に好み且つ韓国の同盟国であるフランス、ポーランド、リトアニア、ベラルーシ、チェコ、ルーマニア、韓国、共産シナが韓国式トンデモ称賛されまくっています。ちなみに、チェコ・スロヴァキアとりわけチェコ部分は戦前、日本国が大東亜戦争をしなければならないよう仕向けたトンデモ敵性国家です。
[11] JA全農において、日本国歌「君が代」を斉唱することが禁止されています。
[12] JA全農の街頭活動において、日本国旗「日の丸」を掲揚することが禁止されていいます。
[13] JA全農はH28.8.15、国家消滅寸前の韓国を救済する目的で各農協組合員費、JAバンク預金、JA全農あて国庫補助金などを帰化在日韓国人へ韓国式マネロン横流すため、品質が超最悪の韓国産肥料を大量購入することを発表しました。
などなど

世界に喚起しよう、朝鮮人の真実

>ポッポさん ソロです。 ちょっと書き忘れた事がありました。
>>しかし,百貨店かスーパーだったと思いますが,盗難事件はあったように記憶しています。
 そごうの宝石売り場に震災直後に忍び込みましたが、余震で崩れた瓦礫の為に退路を塞がれ閉じ込められて、1週間後に助け出され、「奇跡だ」とか言って居たのですが、良く調べると、関東から来た泥棒集団だったと言う話ですね。ww この集団も朝鮮人だそうで、入った集団は、1つでは無かったと白状させられてした。 

 つくづく、人の難儀をチャンスと捉える盗人感覚は、一流だなぁと思いますね。 そう言えば、乾電池1本千円とか、うどん一杯千円で売り歩いて、住民から脅かされていた奴らも朝鮮人でした。

 朝鮮族の社会常識が、他の国民の其れとは全く違って、彼らの社会では、盗む、犯す、騙す、コロすが、罪を問うのは上辺だけで、余り悪い事とは思って居ない。 その背景には、金があれば何をやっても罪を逃れる事が出来る反面、金のないモノは、やっても居ない事で罪に問われ、下手をすれば即座に射ちコロされても、犯人は無罪になるケースがある。亦、高齢者の犯罪に寛容過ぎて、法律がちゃんと機能して居ない様が見て取れる。 つまり、法治社会ではない。

 そう言う国内基準を他所の国にも持ち込むから、LA暴動を初めとした米国内でも、韓国人街が真っ先に狙われる。

 彼らの悪行は、今や、日本だけではなく世界で認識されている。その原因が、彼らのイワレなき、差別的優越意識に在る事も十二分に広まって居る。 

 此処のブログで、朝鮮族の正体を暴き続けているご隠居のコメントを、英訳して海外ブログに流せば、No Korea が急激に広まって、急転直下、差別する側から差別される方になって、然も、嘘つきの評判が遍く広まっているから、反論も聴いてもらえない事になる。 是って、日本の為には良い事になりますね、きっと。

ちりちゃんへ, ポッポです。

削除されたようです。

それから,以前に同じコメントを3つここに出して,その内2つは削除されて,一つ残ったとのことですが,読む方は同じのを3つ読む必要はないから一つ残していただけたら,その方が良いように思います。

>探せるかな,私のコメ。
2013年当時だったかな,
おかしいじゃんって,夏休み,
次は,春休みに込めだしたんだよね。
確かダイ1~2あたり。

ポッポさん、探せる?
探し方、が重要。
でないと、ここ常連、なにコメしてたか、わからないでしょ。
こういうのも、一つ一つ、自分で確認して欲しいな。
時間あるんでしょ。ご老人は。ね。

探せません。
確かダイ1~2あたり。 (これの意味が分かりません。)

時間はあるはずですが,手は元々遅く,視力低下(これは最近),思考力低下(仕事を辞めれば当然)のおかげで,処理量は返って低下しています。
それで,労力は最低限にして,無理はしない。分からないことは分からないと言って人に聞く,疲れたら寝る。と言う風にしています。


> ▼「日本自立」に必要なこと
私の夢は、「日本が、アメリカ幕府の天領でも、中国の小日本省でもない、『自立国家』になること」です。

そのためには、
・精神の自立
・経済の自立
・食糧の自立
・エネルギーの自立
・軍事の自立
等々を成し遂げなければならず、簡単ではないのですね。

上の5項目は,いずれも独立国としては必要のものですが,地勢的な面で得られない国もあります。ただし,精神面の自立は国民の基本なのですが,日本の場合は敗戦後の占領軍によって,今も自虐史観が無視できない上に,反日国家が日本を毀損していることは承知しています。

で,ちりちゃんの意見はどうなのでしょうか?

ソロさんへ, ポッポです。 

阪神大震災の時には,握り1個を3千円で売っていた奴もいました。
これは,さすがにテレビでも取り上げていましたけれども,そんな連中は共生と言う,日本の社会に適応できないと思います。

先の投稿の自主防災という組織ですが,阪神大震災を契機として作られた組織で,今は大抵の学区にあると思います。
町内会(自治会)の住民は,すべてこれの構成員との考え方ですけれど,昔と異なって町内会に入らない人もいますが,これは時代の流れだと思います。

ブログ主へのお願

>ブログ主様 「ちり」なる投稿者の処分、ご検討願えませんか、↑のポッポさんへのきわめて個人的な批判はいいですが、結果、好き嫌いしか書いてない、駄文です。 そして、相も変わらず、自分の意見は開陳できない、するだけの文章力が無いのだろうと容易に解りますが、ソロソロ迷惑です。

 是はほかの投稿者にもみられる傾向ですが、このブログの意見の方向性を一つにしようと言う同調圧力とも言うべき、投稿が見え始めました。 尤もそう言う圧力は、個人の感受性によって差があるものでもありますし、問題を右か左かと言う2元的に捉えれば、どんな意見でもどちらかに分類できることでありましょう。

 ですから、そちらの方は是からの留意点とすればよいと思います。 作用反作用と言う現象がありますが、中韓が為した数多の暴言、暴行、毀日、貶日の強さ、深さを知れば、知る程に嫌韓中、避韓中、忌韓中の度合いが高まって来る事は仕方がない事だし、国交断絶を将来に措いているのなら、それでよいのかもしれません。 然し、我々日本人は、ドゥも、極端から極端に振れ過ぎる処が有る事は、何処かで意識すべきだと思います。

 然し、コメント欄に意味不明の言語で、上から目線でワケの分らない批判めいたものを書きこむ無礼さは、如何にも見苦しい。 その上、このモノへの警告は、一度や2度ではありません。 つまり、常習者であり、反省など欠片も見えません。

 ご検討願います。

ちりちゃんへ, ポッポです。

文章を訂正するのは良いのですが,
>もう一回。まとめると、こう。↓↓↓↓↓↓↓↓↓
上の5項目は,いずれも独立国としては必要のものですが,地勢的な面で得られない国もあります。ただし,精神面の自立は国民の基本なのですが,日本の場合は敗戦後の占領軍によって,今も自虐史観が無視できない上に,反日国家が日本を毀損していることは承知しています。
で,ちりちゃんの意見はどうなのでしょうか?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
地勢の訂正を忘れています。
そして,ちりりゃんがまともな文も書けることに驚きました。
こういった文を,普段から書いてくれると読みやすいのです。


それから,文の書き方には,自分の癖があります。色々あったときには,そのときに考えます。

>私の指名うれしいのだけど、ポッポさん、あなたへのレスはしない。
それで結構ですから,妙なときに私のHNを入れないで下さいね。

ところで,
>全体印象。線が弱い。
鉛筆や万年筆で書いた場合なら「線が弱い。」とのことですが,読みにくいならともかく,性格診断ならばブログに投稿させていただいている身としては,関係ないですね。
ブログに投稿させていただくときは,性別,年齢,容姿,性格はみんな平等だと思います。



最後に,町内会(自治会)に加入することは,原則として任意です。ただし,加入しない場合には実生活面で不便が生じることがあります。

加入しない場合が多いのは,恐らく学生が単身で共同住宅に住んでいるときです。
この場合,大家さん又は管理人が共同住宅の近隣に住んでいる場合は,町内会(自治会)の事柄について代表として参加することが多いと思いますが,共同住宅とは全く別の場所に住んでいる場合には,代表する人のいないことが生じるのです。
これが結果として,町内会(自治会)に加入しないことになるのです。

分かりやすくするために学生を例にしましたが,賃貸の共同住宅の場合にも同様のことがありますし,分譲の共同住宅でも加入しないことがあります。

ソロさんへ, ポッポです。

御心配を掛けました。

一夜の関係で終わりました。

2016/08/16(火) 22:52:26| URL| ちりちゃんです。 #- [編集]



バカなの!? w

前にも言ったろ?

あんたがしてることは、木を見て森を見ず ってさぁ。

国語、得意なんだろ?

何を言わんとしているのか、見当がつかんの? その年齢で。

大事なモンを堂々と見過ごして、誤字脱字を指摘し、

有頂天になってるバカ学生丸出しだぞ w


悪いことは言わん、   出てこない方がいいって w


アスペか、発達障害の診断もらってんじゃないの?マジ



あんたには、ここのブログのレベルは高すぎるって w

たとえ1円でも渡せば、支那朝鮮が捏造した事件を認めた事になる

たとえ1円でも渡せば、支那朝鮮が捏造した事件を認めた事になる
http://aixin.jp/lbaxjh/chapter27.htm

【関連情報】
【集団通報 第1会議室の掲示板】中共の周辺国への軍事的膨張主義に対して、インドは
http://www.aixin.jp/axbbs/kgs/kgs1.cgi#5月9日_19:19:55
韓国大統領、在日朝鮮人が密航者である事を公式に認める
一つの嘘話が1000万円になれば、次から次に嘘を持ち出す支那朝鮮資質
安倍晋三総理が日本人で無いからこそ出来る事。
インドのモディ首相は日本には戦犯は一人も居ないと言明しました。 安倍晋三総理は靖国
に眠る英霊を犯罪者として南朝鮮(現韓国)大統領に謝罪しています。
 インドのモディ首相の伏し目がちな表情から貴方は何を感じ取りますか。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。、

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。