スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の精神病理    4月27日(水)


今回の熊本地震に対する韓国人のコメントを読んでいるとあまりの民度の
低さに気分が悪くなりました。
「日本が慰安婦合意後にやったことを考えるなら募金はしない」
「独島や慰安婦などお前たちがやったことを考えると正直一つも悲しくない」
「悪い先祖のためにその子孫が罪を受けた」
「サルの住む住所は土地ではなく海中、日本の領地が今回の地震で地図から
消えなければならなかったのに惜しい」など、朝鮮人は人間の心を持ってい
ないゲス民族です。災害を喜ぶのは朝鮮人の特徴。そんな連中が戦争被害
者を装っているからまた醜い。「日本を相手に戦った」云々大嘘ばかり。

私は20数年前、ソウルで日本の化粧品をインターネットで販売していました。
日本製品というだけで3年足らずで黒字になりましたが、その頃から百貨店、
テレショップ、基督教会の信者中心の販売、サムソンの社員中心の保険会社、
ミネラルウオーターを家庭に届けている会社、その他などから我が社で商品
を扱わして欲しいという申し出がワンサカきました。

私は社員たちに「取り引きの条件として出荷分の半分を先に現金で貰わ
ないかぎり、出荷してはいけない」もし約束を破ったら即会社をたたんで
日本に引き上げると厳命していました。

社員たちは「大手が先に金をくれるような取引など、ありえない、5年で
自社ビルが建つのに何故だ」と私に食って掛かりましたが、聞く耳を持ち
ませんでした。

当社のネット販売のシステムは先に現金を半分振り込んでから商品を送る
というやり方をしていました。しかし3割近くの購入者たちは、残りの現金を
振り込んでくれませんでした。そいう事態を見込んで商品の半分を振り込ん
でもらえば損はしないどころか利益が出るようにしていました。もちろん
大手に売る場合はパケージを変えてこれも半分現金で貰えば損のない
ようにするつもりでした。

私は韓国人とは韓国社会とは、どいうものかを知ってもらいたくて20年以上
前の経験を書いているのです。

韓国で一番不足しているのは、信用システムの創造です。金を借りて返さな
くても堂々と生きることが出来ます。商品が納品されているにもかかわらず、
手形を乱発して不渡りを出しても、形だけの軽い処罰しか受けないのが韓国
社会です。

20年前の韓国新聞報道によると中小企業の60%が事業を放棄したと載って
いました。なぜなら現金化が不可能な紙くず同然の手形、カネが支払われず
踏み倒される売掛が、放棄理由のほとんどだということです。

これでは中小企業は育ちません。結果韓国の中小企業の70%以上は大企
業に従属している納品企業だけが生き残っています。このような企業の多く
は、自ら新製品を開発しようとせず、大企業の納品権だけでのうのうと生きて
います。その代わり担当者や企業幹部たちに多額の賄賂を渡しています。
つまり新製品と高品質をもって取引をするのでなく、癒着によって取引を
するのだから、中小企業の発展など望めません。

日本の中小企業などは独自の技術をもつ宝の山です。しかし韓国の中小
企業は粗悪品を作成し、大企業と癒着して特定の部品を納品しています。
新製品を開発するには膨大な投資が必要です。韓国の大企業は自ら研究
開発を放棄し、中小企業も育てようとせず、手っ取り早く日本の技術者を引き
抜き、他国の特許を平気で盗みます。サムソンなどは世界中の企業から訴え
られています。その訴訟件数はなんと約4000件、世界一の泥棒企業です。

泥棒企業はなにもサムソンだけではありません。韓国の鉄鋼大手ポスコが
新日鉄の「方向性電磁鋼板」の製造技術を盗んでいました。バレたのは5年前
です。ポスコの元社員が中国の鉄鋼企業に「方向性電磁鋼板」の技術を売って
いた事が発覚して、ポスコが韓国内で裁判を起こしました。

ところが元社員は「この技術はもともと新日鉄の技術」だと証言、思わぬ
ところからポスコの産業スパイ行為が表面化しました。結果ポスコは新日鉄
に1000億円の損害賠償に加え、方向性電磁鋼板からの撤退を余儀なくされ
企業存続の危機に立たされています。泥棒企業、泥棒韓国に未来はありま
せん。

冒頭に書いた熊本地震に対する韓国人のコメントを読み、その民度の低さに
呆れたと思います。結局500年間続いた地獄の李朝時代に韓国人の民度が
ネジ曲がってしまった。李朝時代では人命も道徳も顧みることがなかった。
民衆は過酷な社会の中で生き延びるために偽ることが日常の習い性となって
いました。

戦後は、李承晩が感謝の精神を植え付けないで、愛国教育の名のもと、幼児
段階から反日洗脳教育と対日憎悪心の植え付けと恨み心の植え付けに狂奔
してきました。この間違った教育を正当化するために、韓国の歴史を歪曲・
捏造して、地獄の李氏朝鮮を日本が来るまで、人々は平和で幸せに暮らして
いたと教えています。そんなウソで固めた社会でまともな人格を持った人間
が育ちようがありません。

最後に韓国の報道機関では絶対お目にかかれない、中国メディア記者の
熊本地震の報道を書いてみます。

一人あたりの救援物資がわずか1個のおにぎりだったとき、被災者たちは
それでもきちんと列を作り、秩序を守りつつ、わずかな救援物資を受け
取った。

被災した状況下で秩序を保ち続ける事は、どれほど難しいことなのだろうか。
余震が絶え間なく続き、不安が人々を支配している状況の中で、また充分な
救援物資を受け取ること出来ない状況下において、日本人は言い争うことも、
わめきたてることもしないと指摘していました。

非常に過酷な状況下でも日本人は秩序を作り出すことができ、穏やかさを保つ
事ができると中国メディア記者は絶賛しています。

中国人が日本を批判することはあっても褒めることは今までしませんでした。
しかし訪日旅行者たちが急増し、日本を体験した人たちが日本をベタ褒め
しています。

昨年中国からは500万人近い観光客が日本を訪れました。そして虚心坦懐
に今の日本を受け入れ、「警察官も駅員もみんなやさしい、町は衛生的で
ゴミも落ちていない、特に清潔なトイレに感動した」と述べています。
これらは現代中国への怒りの裏返しです。

彼らが中国を変えてくれることを期待するのは甘すぎだろうか!



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります





コメント

志那と朝鮮に対する期待は何もない

甘い。
甘すぎる。
志那と朝鮮は穢れすぎた。

日米の歴史から見た、有るべき将来像

  ソロです。 スイマセン、国防論議の続きです。
  5月27日公式に米国オバマ大統領が、広島を訪問する事になり、原爆記念館にも立ち寄る事が決まったようだ。 但し、米マスコミは、米国保守層の意見として、「立ち寄っても、謝罪してはならない」との事である。 前にも書いたが、今更謝罪などしても、意味が無いし、空々しいダケの様な気がする。 第一、平和祈念館の館長は米国人だ。

  米国人は、「自分達がいい人だと云われている事を好む傾向にある」そうだが、世界中で一番テロの対象にされているのは、間違いなく米国人である。 米国を常に正義としてみる世界観が日本社会の表層を支配しているように感じるが、実際の処、「いい人」と見られるような真似は、何処にいてもした事が無いのではないか? その強引さ、押しつけがましさこそ、米国的偽善と云うもので、米国文化が世界に浸透し切れない最大の理由だろう。

  例えば、広島・長崎への原爆投下は、世界的に有名で、色々採り上げられて、その非人道的な投下意図を非難する向きもあるが、では、国際法違反の都市空襲はドゥだろうか。

  300機を超すB29爆撃機が、機銃座を全部はずしてナパーム弾や焼夷弾を満載し、100機ずつ三隊に分かれ、真ん中の地区を開けて各々100機が両脇の地区を爆撃し、真ん中の地域に住民が逃げ集まった処へ、残る100機で爆撃、一晩で10万人の焼死者を出した東京爆撃(3.10)そして、名古屋(3.12)大阪(3.13~14)、神戸(3.17)の一連の都市空襲は原則、無差別爆撃で、この先の都市爆撃のスタイルのベースになるものであった。

  爆撃機が対空防御用の機銃座をはずせる状況とは、防空戦闘機は一機も上がってこない、対空砲火が沈黙しているか全く届かない状況を設定している訳で、是は最早、戦闘とは言い難い、唯のさつ戮行為で、皆ころしの意図が主たる目的で、実験目的も「効率よく人を焼きころす」事に有った事は明白である。 この様に、悪意が余りに顕かで、良心を持つ人間の行いとして考えられないものである。この一連の爆撃で13万人を超す民間人が1週間の裡に死んでいるのだ。

   これに先立ち行われた、2万5千人~15万人の死者を出したと云われるドイツのドレスデン空襲(2.13~15間に4度)でも、新型の焼夷弾やナパーム弾が試験的に使われている事から、以後の戦争で都市空襲を定型化する為に、完全に実験場代わりに、つまり人体実験の意図がはっきりあった事は如何様にも否定できない様相を示している。

   米国は、原爆投下を「100万人以上の米国兵士の命を護る為だった」「日本の降伏を速めた」と言い訳しているが、ならば、日本が降伏の意思を表し、武装解除までしたのに、其処を狙って攻め込んできたソ連や捕虜となった日本兵を、違法な裁判方式で、リンチに掛け揚句処刑した、英蘭豪軍の卑劣さからそれを救うのが、戦勝国の義務の筈だ。 だが、そういう措置は全く取られなかったし、誰も糾弾していない。 何処が正義の戦いだろう。

  これ等連合軍兵士は、何時か同じ目に自分の子孫が遭っても文句は言えまい、何故なら、彼らの云う正義とは、そのレベルでしかないのだから。 曰く、勝ったものが正義。

  「戦争にもルールがある」と云いだしたのは、顕かに白人文明の方である。処が、其れを忠実に守ったのは日本軍だけである。 というのは、パールハーバーだって、米国の陰謀であった可能性が濃かったし、昭和12年以来、米国が国民党に肩入れして事実上日本と戦争をしていた事を考えても、事前のハル・ノートの存在を国民に知らせていない時点で、日本はマンマと罠に嵌った、というべきである。 白人文明では、「偽善や謀略は正義と同じ意味」なのだと云う事らしい。

こんな国の何を信じればよいのだろうか? 戦後の日本人は悩んだに違いない。

然し、日本は庶民文化の国である。国家的な謀略だけを見れば、とても信じるに値しない国だけれど、庶民は、我々と同じ農民や商工業従事者なのである。いろんな面で共感を持てることに、気が着き、直近まで戦争の敵であった事など忘れて、庶民は米文化を貪った。 敵であった事を忘れると、映画や野球と云った米文化は、庶民にとって新しいしげきであり、工業生産技術は、古い手工業的な生産体制を一新したし、QCも学んだ事で、品質の改善が飛躍的に向上した。 つまり、米文化はデメリットよりもメリットの方が遙かに多く、民衆は自然に米文化の先進性に敬意を持った。

日米間の信頼関係は、こうして民間ベースで始まったと云っても良いと私は思って居ます。 米国の保守層は、欧州伝統のキリスト教的階層社会こそ正常な社会であると思って居る様に見えるが、その実、庶民の多くは、その階層による差別的な支配を受けていた貧しい農民の出自であり、その点は日本と然程変わらない。 否寧ろ、日本の場合、農村は「労働」に価値の基本を置き、社会主義的に発展したものである分だけ、江戸期に、農本主義経済の結果、階層間格差は1/3に縮まった日本社会の方がより、先進的だったと云える。 米国の庶民がこの点を理解し始めれば、米国社会も変質を興し始める荷に違いないのである。

然し喫緊の現実問題として、日本が軍備を整えて単独で、戦前の様に固有の立場で外交を行う事は、戦略的に言っても、最悪の途だと云わざるを得ない。 それは単に孤立の道の選択に過ぎないから反対である。 日本が採るべき道とは、現状の日米同盟を進化させて、環太平洋経済圏の自由な経済圏を護る為に、防災、国防両面で、協力し合う態勢づくりこそ、日本が目指すべき道だと私は思う。

お願い

更新ありがとうございます。最近よく立ち寄らせていただいています。今日はお願いにあがりました。

個人ブログとして各日タイトルを設けて記事をご提供下さってますが、そのテーマと関係の無いコメントが多すぎると思います。常連の方達が議論を交わすのはとても有意義で読み手としても価値あるものと思うのですが、あまりに脱線しすぎるのは如何なものかと思います。

管理人様はこの状態を放置しておられるので、この状態でもいいとお考えなのかもしれません。ですがタイトルを元に読みにこられて肩透かしを食らう方も大勢いると思われます。

一般論としては、話したい事がある人やご自身のテーマで議論したい人は自らブログを開設すべきで、それが面倒なら2chでスレを上げるなどすればいいのではないかと思います。管理人様もここでのテーマ外れの議論を否定はしなくとも歯痒い思いをしておられると想像します。個人ブログに対する一般的なマナーと思いますが如何でしょう。

それと管理人様へお願いですが、各所掲示板にコピペを張りまくっているA敦子という方のコメントは削除、もしくは投稿できない措置をしていただけると助かります。スクロールして飛ばすのも骨が折れて邪魔でしかありません。恐らく多くの方々がそう感じていると思うのですが如何でしょう。ご検討下さいませ。

誤解の無いよう申し添えておきますが、ここで議論されておられる内容はとても深くて多くの方が読むべきものだと思っております。だからこそ個別にブログを開設すればいいのではと思うのです。またもし過去にこうした話があって、それでもこのスタイルが通常運転だという事になっているのであればスルーして下さい。

失礼いたしました。

頼みのサムスンやヒュンダイも工場の海外移転が進む

国際競争ガーを大義名分に韓国人労働者のクビ切りまくり。

日本企業も人のことは言えませんが、ソニーやパナソニックなどは別に「政商」ではありません。超厳しい独占禁止法に縛られつつ歯を食いしばって頑張ってきた猛者。

自分で稼いだ銭について労働者に還元するか否かの話。

大してサムスンはどうでしょう?
赤字を政府に穴埋めしてもらい、独占禁止法の縛りも免除されてますよね?

なのに韓国国民を裏切ると?

これはいくら「相手が韓国人でも」酷いんじゃないですか?

韓国の若者が怪しげな反日ウリナラ民族主義から、プロレタリアート革命(全部朝鮮民主主義人民共和国の筋書きどおり)に傾倒していくのも詮無きことですね。

韓国人は意気地がないので、「表面上」韓国の治安は保たれているように見えます。
しかし時間の問題という気がしますな。

韓国人は本当は凶暴で野蛮なのです。
信仰心も無いし、多分親の躾(成り上がり至上主義)もよくないからでしょう。

飢え死にするか商店強盗に入るかと問われれば、後者を選ぶでしょう。

残念ながら現段階では上の究極の選択を迫られてる韓国人の数が「ちょっと」足りないのです。
単独で暴走してもただの犯罪者ですからね。
暴れたい人間がもうちょっと増えれば…

もう一押し。

韓国企業の業績が日本企業や支那企業の挟撃で更に悪化し、サムスンらが後先考えず韓国人労働者の大リストラを始めれば、楽しいプロレタリアート革命の幕が開きます。
アカとは人の弱みにつけ込む悪魔ですからね。

国会選挙での従北政党の躍進など「不吉な影」はちらりほらり。

韓国の政局から目が離せませんね。
気がついたら隣国が「無くなっている」かも知れない。

「人災」で。

加害者が被害者になる国

朝鮮半島は日本が敗戦するまで日本の領土でした。国籍は「日本人」です。世界から3等国民として差別を受けていた朝鮮人が日韓併合によって突然1等国民になったのです。当時の朝鮮人は大喜びでした。

半島では1944年9月まで徴兵制はありませんでした。それでも志願する朝鮮人が多く、特別志願兵による入隊を見ると下記の通りです。

1938年志願者数2946人、入所者数406人(志願倍率:7.3倍)
1939年志願者数12348人、入所者数613人(志願倍率:20.2倍)
1940年、志願者数84443人、入所者数3060人(志願倍率:27.6倍)
1941年志願者数144743人、入所者数3208人(志願倍率:45.1倍)
1942年志願者数254273人、入所者数4077人(志願倍率:62.4倍)
1943年志願者数303394人、入所者数6000人(志願倍率:50.6倍)

徴兵ではありません。志願兵です。韓国は日本と共にアメリカと戦った国です。日本が加害者なら韓国も加害者です。それなのに「日本を被害者にするな」と言ってオバマ大統領の広島訪問に反対しています。

厚生省のデータでは朝鮮人の日本軍兵士は242,341人です。その内約半数が軍属でした。彼らの主な仕事は捕虜収容所での看守でした。日本人は前線にでなければいけないので捕虜の監視は朝鮮人日本兵でした。

捕虜虐待をやった加害者がいつの間にか「被害者」になり、なにもしなかった日本人が加害者にされています。彼らの「プロパガンダ」に声を上げる必要があります。「嘘をつくな。加害者はお前たちだ」と。

落ちにけり、落ちにけり、李氏朝鮮の真ん中に

日本は、韓国、及び在日韓国人を、彼らが理想の社会と言っている日韓併合前の李氏朝鮮の泥濘の中に戻すまで、助けず、教えず、関わるべからず。

日本は、朝鮮人が理想の社会である李氏朝鮮で平和に暮らしていたのを文明社会に連れてきて、大きな迷惑をかけたのだから、このたびは、韓国が李氏朝鮮の真ん中に落ちていくのを黙って見ていよう。

落ちにけり、落ちにけり、李朝朝鮮の真ん中に、歴史の真ん中に。
在日韓国人も韓国に還り、ともに李氏朝鮮に戻ってもらいましょう。
そのためには、ヘイトスピーチを強めて、後押しをしてあげましょう。

支那は変わらない

彼らが中国を変えてくれることを期待するのは甘すぎだろうか!
この意見、そうあってほしいと思いますが、まず無理でしょう。
理由の第一は人民解放軍や公安警察の力が余りに強すぎて、運動として広がりません。
第二は日本を訪れている中国人の多くは中産階級以上で今の体制による利益を享受している連中なので、体制が変わることを望んでいない。
中国人相手の商売をしている人、そろそろ退け時だと思いますよ。

迫りくる民族としての繁栄限界

>ブログ主様 ソロです。 更新有難うございます。
>>彼らが中国を変えてくれることを期待するのは甘すぎだろうか
 共産シナが、その期待がもし叶う状況なのであれば、90年代の初めに、日本が色々教え込んだ時点で反日は消えている筈です。

 そして、共産シナの体制が民意を僅かでも汲み取る様な仕組みになって居れば、国中で起こっている大気汚染、地下水汚染、土壌汚染は、既に解決に向って居るでしょうが、そう言うそぶりは全く見られません。 自覚無き庶民による木々の無計画な伐採は、日本の植林の端から行われているし、川の恵み、山の恵み、大地の恵みの枯渇への無関心は、近い将来、中国大陸が、水も土壌も毒化して、人の棲めない不毛の土地になる事を暗示しています。

 彼らに欠けているのは、この大地を次の世代の為に、よりよい形で遺そうと言う親心です。子は親を大事にする事を学びますが、親が子に何を遺すかは、その人任せでしょう。 思うに、生き延びるのがやっとのレベルの民の数が多すぎます。

 日本の様な成功例を見て感心する事は誰でもできますが、自分達でそれをやる為には、一体何が足りないのかを先ず考える習慣が無いように感じますが、こういう事は、公に立つモノが、公と言う存在の有り難さを庶民に自ら感得させるレベルで無いと、社会は、どんなに容れ物が変わろうと、人心は千年経っても変わりません。 

 4千年を懸けて漢を侵略した、元の蝗民のままです、即ち、全てを食い尽くす民です。

 儒教文化圏の人々の価値観とは、現実はドゥであろうと良い評判であり、どんな過程であろうと成功したものだと思います。 つまり上辺だけが大事なのです。

 結果が失敗であろうと成功であろうと、その過程に学ぶ事が出来ない民には、進歩がありません。 況や、その歴史を改竄して、嘘の歴史を教え込むようでは、シナ民衆は共産党共々、14億人をピークにして滅び去る運命なのでしょう。

甘すぎる期待

>彼らが中国を変えてくれることを期待するのは甘すぎだろうか!

甘すぎます。所詮彼らは流砂の民。それに守(ってくれ)る国がありません。シナから脱出するだけでしょう。

結局、日本に爆買いでカネ落としたり綺麗事言う連中も中国共産党関係者だと思うと可愛げなくなる

本当に罪の意識があるのなら、まず「利権」を手放し、たっぷり貯め込んだ不正蓄財を国家の再興のために寄付したらいかがですかね?

支那経済は不良債権問題で苦しみ、カネが回らない負のスパイラルに突入しつつありますが、共産党の奴らがちゃんと「盗った物」返せば、多少はマシになると思いますよ。
人件費高騰による製造業の競争力低下とか、そういう「実力」の話は知りません。
あくまでそうした方が「マシ」という程度。

しかし、
「できない」でしょうなあ。
そこが、所詮、

漢民族(※朝鮮民族)なんだなあ。

兎に角、中国共産党のガイキチども(※日本のマルクスレーニン主義者の同志です)の

利権を守りたい!
そのために一党独裁を守りたい!
というこけの一念岩は、もはや、「狂気」の域に達しています。

しみったらしい未練ですが「何でも」するでしょう。
「何でも」の中には外国に対する侵略戦争も入ります。
案の定中華人民共和国が焼け野原にされても同国のエリートは構わない。
元々トンズラする時間稼ぎのための戦争だからね。

かかってくればぶっ飛ばすだけの話。
玉石、共に砕く!

漢民族対応・朝鮮民族対応はこれで十分だ。

ブログ主様、更新ありがとうございます。
今回も興味深く読ませて頂きました。

コメント欄の暗闇三太さんの意見に大賛成です。

一世紀前も今も変わらぬ中国、韓国

かつて一世紀も前に魯迅が絶望の支那の中で「絶望之為虚妄、正与希望相同」と書いてのち、未だに中国はある意味『絶望の国』でしょう。
腐った甕の中身に変わりはありません。

それは韓国人の韓国と中国人の中国、どちらも同じ様なものです。
別に中国人が日本を理解していて韓国人が日本を理解していないわけではないと思います。
その一例としてかつては金玉均も現れたわけで、現在一部とはいえシンシアリー氏という存在もいたりするわけです。

その点では中国も同様ですが、何故違って来るのか?
そこにあるものは共に幼少時代から反日教育で育ちながら、政府を信用しないという伝統を持つ中国、政府に自らのプライドを代弁させるという韓国という違いなどがある様に感じます。

自由な言論の許されない中国の中国人が政府批判を違う形で表すというのはこれも又中国の伝統であり、為政者に対する批判では屈折した表現のみが許される道だからでしょう。

そして、政府が許容する範囲に於いてのみ自由な発言は許され、その範囲を超えたものは拘束されるというものです。
ただしそれが集団で行われた場合最終的には銃、戦車で解決するというのは中国の躊躇の無いお約束事です。

対する韓国では社会全体が一種村のようなもので村の掟が『反日』です。
そんな韓国ではたまに事実を語ろうとすると四方八方から叩かれ村八分になります。
その韓国、法はあっても村の掟が優先するというものではないかと思えます。
いや村の掟に法が後追いしているようです。

去勢された中華人民に中国を変える意気地は有りません。

ソロさん、お久しぶりです。
ソロさんのレスポンスにおいつきません。なかなかこまめにチェックできないもので、気づくと論が展開しているのでタイムリーな返信ができません。
国防についての考えは大筋でソロさんの見識と同じです。日米同盟の堅持、進化ははずせません。
自主独立は大事ですが、行き過ぎると日英同盟を切られたときの愚を犯しかねません。
怖いのは米中同盟を結ばれることです。共和党であればまず心配ありませんが、民主党が続けばその危険性があります。

オバマが来て、核廃絶をうったえるようですが、自らの罪を認めず、核廃絶をいくら叫んだところで意味はありません。
戦争を早く終わらせるために核を使ったという論理が正義であれば、紛争国間で同じ論理でいくらでも核が使えるわけですからね。
唯一核を使った米国がその罪を認め、神・人類へ謝罪し、核使用は悪だったと言わねばなりません。


中韓は仏教を蔑ろにした唯物論国家や。
唯物論国家に礼節秩序なんか育つはずがないわ。
いくら知育に力を入れてもやな、仏教の土壌がないと立派な民族になるはずがない。

まあ、よその国のことばかり言われへんけど、日本もこのままやったら100年もすると奴らと同じようになる可能性がある。
今はご先祖様の余徳でかろうじて秩序が保ててるだけやと思うな。

明治維新は素晴らしかったと評価してるけど、廃仏毀釈で国家神道一本に国体を変えたのは賛成でけへん。これがのちの敗戦、そして左翼を生んだ原因やと思う。
日本は神仏融合の国家やったはずや。
用明天皇が仏教に帰依してから、日本の国体が変わり、日本民族の礼節秩序が育ったんやと思もう。そんな100年そこそこで礼節秩序を重んじる民族になるはずがない。

聖武天皇が毘盧遮那仏(奈良の大仏)を建立したのは、国を護る国体護持の願いからで、そこから高僧が多数輩出し、仏教精神が根付き、
元寇から国を護ることにつながったんやと思う。

先の敗戦と廃仏毀釈は無関係やないと思う。国が亡ぶと宗教も滅ぶのが一般的、左翼は国家神道にたいする反発。仏教系が左翼になるのもそれが関係していると思うな。

無理でしょうなあ。
まあ12億も人がいれば、そのうち何パーセントかは
日本人的な気質の人もいるとは思いますが。
逆に日本も、少しは中国的な抜けなさを
自衛のために身に付けた方がいいかな、と。
やさしさだけでは、世界を相手には難しいですから。

暗闇三太の件

ブログ主様、更新とコメント欄を利用させて頂きありがとうございます。
以前一度だけ、コメントしたことがある者です。
私も暗闇三太様の意見に賛同致します。
幾人かの常連様の意見の中に、高圧的なモノがあり非常に不快に感じコメント欄は見ない様にしていた程です。
参考にならないということでは無いのですが、他にも多くの方が見ている事をもう少し考えて頂けたらと思います。

大腸菌キムチ野朗 ⇔ コリアーノ舛添 ⇔ ガソリーヌ山尾 ⇔  トンスル朝鮮脳


トンスル
朝鮮一番絞り純生ウンコ汁醗酵酒 秘伝三段仕込み熟成十年 蔵出し無殺菌

ホンタク
冠婚葬祭に欠かせない朝鮮の高級郷土料理 刺身の生ウンコ漬 

朝鮮脳
「試し腹」による遺伝子異常「火病」患者の欠陥思考回路

試し腹
シバジ(種受け子宮レンタル女)の品質検査

朝鮮人の言動が道理が通じず、論理の飛躍で理解不能なのは、長きに渡る近親間の交配が原因です。
朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きなGenetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。
朝鮮では、昔から若くて綺麗な娘達は支那に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が多数見つかっている。

鮮人三原則 『臭い、汚い、危ない』
非韓三原則 『助けない、教えない、関わらない』

> 非常に不快に感じコメント欄は見ない様にしていた程です。

ワタスも以前は同様でした。
暫らくして、不快の発生源は反日在日トンスラーのアラシ行為だと気が付きました。

(・”・)

トランプ代議員過半数獲得まで250切る

ヒラリーの方はもう確定だね。

しかしヒラリーはオバマの劣化コピーでしかなく、所詮支那マネー頼みの女なので、技術泥棒(サイバー攻撃問題)はともかく、南シナ海問題では「当事国の」対話だ何だと手を引くんじゃないか?

それではアメリカのアジア太平洋覇権の緩やかな衰退は止められない。

まだトランプの方が「マシ」である。

期待するのは奴の「喧嘩っぱやさ」。

中国共産党はやたら挑発を繰り返す為政者なので(弱腰だと権力維持が難しくなる→本質的には雑魚)、トランプがたわいも無い支那の挑発行動に過剰反応し、米国として引っ込みつかなくなる事態が期待される。

そうなれば「日本」の株も上がるってもんよ。
防衛産業拡大だろうが何だろうが、日本に体力をつけさせ「支那と冷戦させるため」、好きにせいという流れになる。

脱線するが、豪次期主力潜水艦を勝ち取ったフランスは、オージーがしつこく求めた現地生産により、2900人の雇用をオージーに与えたが、自国は4000人の雇用を創出できるらしい。
現地生産にしてもトータルではプラスだったわけだ。

軍需産業(防衛産業)とはそういうものらしい。

日本政府は今回、相手が悪かったけど、再度輸出にチャレンジし、今度こそ、日本人の雇用を勝ち取っていただきたい。

①アメリカの大統領に暴言王が就くこと、
②絶望的な不景気で支那畜がヤケバチの侵略戦争を始めること、その後軍閥内戦で自壊(笑)すること、
③同じく絶望的な不景気の韓国が北朝鮮に併合されること、

これらは今後想定される海外事情だが、全て日本国を利するものである。

ピンチはチャンスに。

一時極東アジアは混乱するかも知れないが、支那や赤化朝鮮ごとき、大した敵ではない。
どうせこの地から逃げるわけにはいかんのだし。

ポジティブに考えるべき。

コメンテーターの方々に質問です。
百田尚樹氏やここでの冷やし中華を始めた人など米国に謝罪を求める人が多い。しかし謝罪を受けたからと言って何か変わるのだろうか?
謝罪を受けてどうしようとしているのかわからない?
朝鮮のように謝罪しろ謝罪城しろと言うのは、その後でお金を取ろうとしているのが見え見えなのが分かります。
僕の考えでは、日本にはこういう考えがあると言う事は知らしめないといけないと思うが、あえて謝罪を求める必要なないと思います。
首相が言うと問題が生じる可能性があるので、衆院議長か最高裁判所長官辺りが、百田氏が言うような、空襲の場所や意味、ハーグ条約違反の数々の意見を表明しておけばよいと思います。
最後に日本は未来志向で日米同盟を強化すると付け加えておくことも必要。
それともう一つ、前にも言ったことがあるのですが、人の意見を排除するような申し出は止めましょう。
同じような意見で埋め尽くされるのはどうかと思うし、いろんな意見が有ったほうが興味湧くと思う。
気に入らない意見は読み飛ばせばよいので、消し去ることを求めるのは行き過ぎのような気がします。

世界の宗教の是から

>冷やし中華を始めました 三ソロです。
>>ソロさんのレスポンスにおいつきません。なかなかこまめにチェックできないもので、気づくと論が展開しているのでタイムリーな返信ができません。
 スミマセン、こちらも、仕事をしている身で、都合が着くときだけのレスになって居るものですから、時間が有るときに、書き溜めて居たものを編集したりしてまとめて投稿したりするものですから、申し訳ない事になって居るのだと思います。

 処で、非常に望ましい傾向ですが、このブログにも論客が戻ってきたように思います。硫黄島さん、SC707さん、ポッポさん patriotさん にっぽんじんさん へうげものさん そして、両班野郎さんにご隠居と、常時コメントする人が、10人近くになって居るのは、此の板の再生を願っていたものとしては、喜ばしい限りです。

 これも、偏に、ブログ主様の賢明な運営方法に帰する所と、感謝申し上げます。

 以前の名無しの投稿者や、3行コメンターの書き逃げや恣意的なアラシ目的の複数の投稿者で荒れていたころの事を考えれば、隔世の感すらあります。

 で、あちこちで論議が勃発して、ブログ主の掲げたお題とは、まるで違うネタになって居たり、突発事件や事象に関し、周知すべき内容が有った場合、ブログ主に御免蒙りまして、掲題させていただく事もあります。 しかし、其れは討論ブログの特徴でもありますから、走り過ぎ、行き過ぎた展開や喧嘩等の削除は、ブログ主のご叡慮、御判断に懸って居ると思っております。

さて、
>>戦争を早く終わらせるために核を使ったという論理が正義であれば、紛争国間で同じ論理でいくらでも核が使えるわけですからね。 
 そのご指摘通りです。 戦争当事国として「自軍の戦死者を増やさない為には、最善の手だった」というなら、それでいいのですが、未来に核の廃絶を唱えている人としては、そう云った過去の話をもっと有効な形で、活かせるように、引用してほしいですね。
 仰る通り、自軍の戦死者のみに拘って、核を使う理由にしては、核廃絶とは大きく矛盾します。 オバマ大統領が強調すべきは、「世界を終わらせるような兵器は不毛である」と云う事であり、就中、「地球を人間の住めない場所にしてしまう兵器は、不要である」と云う事を強調すべきなので、今更、71年前に人に向けて使用した米国人の罪を糾弾する意味は無いと私は思います。 それは寧ろ、米国人自身の心の痛みと反省として保存されるべき問題であって、日本人が被害者と云う立場で強制しては、意味がないと私は思います。

>>明治維新は素晴らしかったと評価してるけど、廃仏毀釈で国家神道一本に国体を変えたのは賛成でけへん。これがのちの敗戦、そして左翼を生んだ原因やと思う。
日本は神仏融合の国家やったはずや。
是亦、同意致します。 戦後の自虐史によって、歪められてきた日本人の歴史観を正しいモノに修正するに当たり、↑の様な、独特な歴史観や日本人の基本認識に基づいて発議して、論議を俟つ事が、極めて有効であると私は思います。

 成程「国民の基本は、結局、道徳教育の如何による」と考えるのは、国際的な客観視点だと思います。 例えば、イスラム圏にはイスラム圏の、キリスト教圏にはキリスト教圏の道徳が有り、常識が有る事を認めるのが、真に国際的な客観視点だと同意します。

 この点、韓国や共産シナは、その源流となるものを捨て去り、或いは、否定しているのですから、話が異次元のモノになって終います。 シナや朝鮮が何千年懸けても、庶民の文明を育てられない大きな理由になって居ると云えましょう。

 唯、イスラム圏やキリスト教圏では、その利己主義性や差別容認性から、宗教自体が信用を失いつつある事は、特筆すべき事で、人類の良心の保存・育成こそ、是からの人類の課題だと云えるのかもしれません。 その意味で、日本人は、世界で一番長い歴史を維持してきた国として、自らの社会を分析し、その神髄を明らかにして、八百万の排他性無き宗教観で、異種の常識や価値観が偏在する世界の融和を図って行くべきです

対立の構図を知らなければならない

「日本の周りの諸国といがみ合うのではなく、仲良くすること」が理想であるのは誰もが認めることと思います。
歴史的にいがみ合いが何故生まれたのか、どうしたら解決できるかを述べます。

以下に述べることは、歴史的に証明された事実であり、陰謀論ではありません。

1900年当時、中国はイギリスの準植民地であり、ロシアが満州方面へ勢力を広めていることにイギリスは危機感を抱いた。
イギリスが直接ロシアと戦争をするのではなく、ロシアと日本が対立するように仕組み、日露戦争を勃発させた。このとき、イギリスとアメリカは、日露両者に戦争資金を提供し、取りはぐれないように、どちらかが惨敗する前に終戦の仲介をした。
同時に、ロンドンとニューヨークの国際金融資本家(グローバリスト)は、レーニンに資金を提供し、ロマノフ王朝に対し、内戦状態を作り出して、ロシアの勢いを削り、共産主義革命のタネを植え付けた。
日露戦争での日本の実力に脅威を感じたアメリカのルーズベルト大統領は、オレンジ計画を策定し、日本の封じ込めに着手した。
朝鮮の三一運動は、アメリカ系キリスト教会でアメリカの牧師が朝鮮人信者に反日思想を吹き込み扇動した。
満州でも、アメリカ・ソ連が反日思想を中国人に教え込み、多数の日本人がテロの被害にあっている。
1937年当時の日本・満州・シナ・朝鮮・台湾が一つの経済圏を作れば、20年後にはアメリカをしのぐことは間違いなかった。
これを阻止する目的もあり、ソ連が盧溝橋事件を起こして、泥沼の日中戦争へと誘い込んだ。
これに協力したのは、共産主義者の近衛文麿首相であり、ソ連スパイの朝日新聞社員尾崎秀実とゾルゲである。
当時蒋介石は、共産党軍を敵としており、日本と戦うつもりなどなかったが、西安事件でコミンテルンにより相手の変更を余儀なくされた。
尾崎秀実は、朝日新聞で英米鬼畜を宣伝し、日米戦争へと導いた。当時の新聞界で朝日新聞が最も軍国主義を煽った。
山本五十六と与内光政も日米開戦を煽り誘導した。この二人はアメリカのスパイであることが濃厚である。
中共は、アメリカが蒋介石への支援を止め、アメリカのマーシャルが活躍して作った国である。マーシャルはその後ノーベル平和賞を受賞した。

このように、極東の歴史は日本と周辺国の分断工作の歴史であり、現在も続いている。

これらを直ぐには納得できないかもしれませんが、今後の日本の進むべき方向を考える時に、必要なことです。

現在の中国・朝鮮のかたがたの反日思想は、日本を封じ込めるために、グローバリストが仕組んだ物です。
終戦当時、朝鮮の人の殆どは自分を日本人と思っており、反日など考えてもいませんでした。韓国人が日本を憎む理由は全くなかったのですが、無理やり日本を憎むように歴史を捏造し子供を教育したのです。

つまり、韓国人は騙されているのです。

新五族協和が最終ゴール

呉善花さんや金 完燮でさえも、強烈な反日教育を受け20歳を過ぎるまで、日本は残虐な行為をしたと堅く信じていたそうです。
日本へ来て日本人で暮らして、何か教わったことと違うと感じても、捏造された教育を受けてきたと気づいて洗脳が解けるまで数年かかっています。
皆さん考えて欲しいのですが、もし自分が韓国に生まれたらやはり反日の思想を持つのではないでしょうか。私自身はきっとそうなると思います。
ブログ主様が韓国で痛い目にあったことには、同情しますが、相手が日本人だから故意に痛めつけるということもあるのかもしれません。
しかし韓国の若者には、日本の文化を受け入れている人がいるのも事実です。
私は、韓国の人々が歴史の真実を知れば、日韓の対立の構図は解消されると思います。
ヘイトスピーチのように、相手を罵倒するだけでは、何も解決しません。
「あなた方は騙されている。真実の歴史を知ってほしい」と落ち着いて諄々と説くしかないと思います。
これをやる前提としては、全ての日本人が本当の歴史を知り、正しい国際政治・軍事を知ることです。日本人も騙されたままということをまず自覚しないと、相手を説得できないでしょう。
日本人全員が知れば、日本は絶対に変わります。政治家も票を気にせずに、愛国的な発言と政策を実施できるし、国際社会でも自立した主権国家として、自信を持って責任ある発言ができるようになります。
中国・韓国と対立したままで良いわけがありません。信頼関係を深めて、経済的に互いに発展するほうが良いに決まっています。
しかし、これを良しとしないグローバリストがいるといるということを、知らなければなりません。
欧米には、未だ有色人種への偏見が残っています。
このことを国民全員が知れば、日本は必ず発展繁栄して国際社会でもリーダーシップを発揮できるくにとなります。
東南アジア・中東・アフリカの諸国は、そんな日本になることを熱望しています。

以上が、ブログ主様の問いかけに対する答えです。

(追記)
私も、日米安保条約は絶対に堅持すべきと思っています。
しかし、現在の国際情勢をリアリズムで考えると、アメリカに頼りきるのではなく、自主防衛できる軍備を直ぐにでも準備すべきと思います。
特に核装備は、早急に論議すべきです。内閣法制局も先日、国会でこのことを示唆しています。

壕州政府の施策批判

>両班野郎さん ソロです。
>>豪次期主力潜水艦を勝ち取ったフランスは、オージーがしつこく求めた現地生産により、2900人の雇用をオージーに与えたが、自国は4000人の雇用を創出できるらしい。
 そう云う目先の事に目が眩むのは、共産シナが、嘘っぱちのGDPや年間成長率を維持する為に、鉄鋼生産を無計画に行ったからで、結果、資源輸出国の豪州は、向こう何年も注文が無い状態になるからだろう。 結局、バイオレーターに足許を見られて揺さぶられた結果、云われるがママに、9分9厘決まって居た潜水艦をフランス製にすると云う共産シナ向けのアピールを採択したわけで、是は、豪州にとって、良い目が出る話にはなるまい。 ポートダーウィンの99年の租借地の話も、環太平洋の諸国同盟構想に、水を差す話だし、此処へ来て、豪州の離反は、米国の威信を揺るがす話ではある。

  日本としては、豪州政府の対中施策がこの様なレベルの弱腰なのでは、却って売らなくてよかった話に当然なる。

  この先、シナが鉄鋼を叩き売りに出すので、鉄鋼は世界中で余ってくるのだし、この先、不要になった鉱石運搬船がスクラップに成れば、スクラップの値段も更に下がる。 すると、無理に鉄鉱石を買い込む理由は全くなくなる事を、豪州政府は考えているのだろうか。15万トンx150隻のスクラップは、資源輸出国にとって脅威だと思いますがね。

豪州は、当面どうしようもない鉄鋼の輸出を諦めて、農産物の輸出に力を入れるべきダロウが、そうなれば、農産物の大量輸入国の日本は、数少ない佳いお客ではないのか、共産シナや米国は、此の部門では寧ろライバルの筈。

まぁ、総合的に考えた末の決断でしょうから、責任を採ればいいだけの話でしょうがね。日本としては、以後豪州には、更なる警戒心を持つべきダロウ。 そうそう、文明の反多様性の象徴である反捕鯨を掲げる国ですもんね。

朝鮮人の精神

>私は韓国人とは韓国社会とは、どいうものかを知ってもらいたくて20年以上前の経験を書いているのです。
貴重な体験のご披露、ありがとうございます。
日本しか知らない私にとっては、注文すれば支払うのが当たり前で、督促状などが飛び込んできますと、過剰に反応することもあります。
それが3割近くの購入者が、残りを支払わなかったとなりますと、会社なら倒産の憂き目にあいます。

これを良しとする国民や国家ならば、取引など全くできません。


韓国では技術者に低い立場しか与えないとのことは知っていますが、そんなことをすれば技術者が育たないのは当然のことです。これは、両班なる安っぽい貴族が、国民を食い物にしていた悪弊だと思いますが、最近では先祖が両班だったという者が国民の45パーセントにも達しているとのこと、常識から考えれば貴族が45パーセントもいる筈はないので、これも眉唾物です。

思い出しますと、文禄の役においては日本の部隊に朝鮮人が協力して働き、朝鮮の役所の人別帳(名称は忘れました。)を真っ先に燃やしたことが記録されていました。その理由は、自分の身分を人別帳の記録を消すことで、他の身分を得ること得ることでした。

そして、日本軍が引き上げるとき陶芸工は日本軍に同行して来日しました。朝鮮はこれを拉致したと騒ぎましたが、朝鮮人陶芸工は自らの意思で日本に向かったと思います。
日本では、陶芸工は技術者として尊敬の念を持って遇されますから、朝鮮での奴隷とは、全く人としての立場が異なるのです。それならば、希望して日本へ向かうことができたと思うのです。(北朝鮮による日本人拉致とは、全くかけ離れたものでした。)

日本に向かった朝鮮人は、技術を認められていたのですから頑張れたと思います。今の時代でも、元は朝鮮人だったとしての誇りを持って、良い仕事をされていますし、思考過程も今の朝鮮人とは異なって、日本に同化しておられるのでしょう。(明治以降に来日した朝鮮人は彼らの爪の垢でも煎じて飲んでいただきたいものです。)


熊本大地震における被災者の方々の秩序ある行動は、今回も海外のマスメディアに賞賛されたことでしょう。
しかし、マスコミの避難場所における行動は、まさに他人の心に土足で踏み込むようなことが頻発していました。
スポーツ界では賭博に対する指導を行わなければならないと叫ばれているところですが、マスコミの報道現場でのマナーも指導が必要だと思います。

韓国内の反日構造と米国の反日

>へうげものさん、横からスミマセン。ソロです。
>>つまり、韓国人は騙されているのです。 私は、韓国の人々が歴史の真実を知れば、日韓の対立の構図は解消されると思います。
韓国の反日はそんなに単純な構造ではありません。 先ず、韓国内が一つの民族だと思う事からして、認識が間違っていると考えるべきです。 韓国内には、地域間対立と云う形で、古の階層間対立が変形して残って居ます。 
  嘗て、ノ・ムヒョンが大統領職を賭けても出来なかった地域間融和のように、其の対立構造を絶対に克服できませんが、表に出せば、国が崩壊するのは目に見えています。 ダカラ反日は、適当な憂さ晴らしの相手として、日本を選択しているにすぎないのです。 唯、そういう自覚があるのは、精々今の50代後半程度までで、それ以下の世代は、貴方の言うように、真剣に騙されていると思いますがね。 それを知った処で、彼らの憂さ晴らしの向かう先は、結局日本と云う事になるでしょう。

>>日本人も騙されたままということをまず自覚しないと、相手を説得できないでしょう。
  確かにそうですが、問題は、日本人の云う事に訊く耳を持って居ないと云う事です。 日本側は、一貫して、韓国と友好的でした。 日韓の間が可笑しくなったのは、韓国側の異常な反日や歴史改竄に原因があるのですが、貴方はそうは思わないのですか? 韓国人の反日を説得して止めさせるなんて、在り得ない話だと、私はとうに諦めています。

>>中国・韓国と対立したままで良いわけがありません。信頼関係を深めて、経済的に互いに発展するほうが良いに決まっています。
  現状の共産シナも韓国も、国容を維持するだけの常識も社会力もありません。 所詮は、与えられた国で独立を勝ち取った国ではない処が、致命的です。 仮に、彼等に国の為=公の為に、命を賭けても良いと云う国民が5割もいれば、当面国は保てるでしょうが、その志を継ぐ者が、数百年に亘って存在しなくては、国はいずれ滅びます。 その為には、公を第一とし、秩序を最重要と考える社会にしなくてはなりませんが、今の中韓では無理だと思います。

>>しかし、これを良しとしないグローバリストがいるとということを、知らなければなりません。
  もしもし、 貴方の言うグローバリストって、どんな思想を持った人で、其れが、日韓関係や日中関係の正常化に、如何なる障害になるのでしょうね。 今の中韓の社会を見ていて、理想だけで、改革が出来ますか? 香港はどの様な目に遭わされるのか、韓国が、経済破綻しつつあるのは、米国や日本の所為でしょうか? 全て、其の社会性が、低いモラルに留まって居るからです。 このレベルを上げて行くのは、自国民でなければなりません。我々は、目指すべきレベルを提示する事しかできませんが、其れを以てグローバリストと呼ぶのでしょうか?

>>欧米には、未だ有色人種への偏見が残っています。
欧米社会への対立軸だけを育てるのは、端に、戦前日本の失敗を繰り返すだけではありませんか? 彼らの中にも、自文化に対する疑問を持つ人が増えて居ます。もし、差別を悪の根源と云う考えが台頭すれば、白人文明は大きく変わります。

>>現在の国際情勢をリアリズムで考えると、アメリカに頼りきるのではなく、自主防衛できる軍備を直ぐにでも準備すべき
で、米国に第一標的にされる事になるのですが、其れについてはどの様にお考えでしょうか? 闇雲に自主防衛だ、核武装だと云って、ICBMやSLBMを揃えた処で、常任理事国以外でも、インドやパキスタン並みなら未だしも、米国史上最強の敵だった日本に、自由に核武装など許すわけが有りません。

  米国内には、日本を全面排除すべしと云うグループが未だ隠然たる力を持って居るのです。 少なくとも、K氏がいなくならない裡は、核武装などトンデモ無い事として受け止められます。

  現状を云えば、核の傘で、米国に国防を全面的に頼っているのではありません。 核は、使えない兵器ですが、それでも、日本の米軍基地が存在する限り、日本に対する核攻撃は、アメリカに対する攻撃と等価ですから、当然、事前制圧を含む反撃を行っても、日本の憲法には抵触しません。 是は、米軍の自衛行為であっても、結果的に日本が救われているシチュエーションになって居るダケです。

 核武装は、政治的な意味合いの比重が大きく、日本が核武装すれば、確かに、国際的な発言権は増しますが、米国はその分だけ、米軍のプレゼンスの度合いを下げるでしょう。 K氏が支持する共産シナの数百発の核ミサイルに対峙しなくてはなりませんが、一朝一夕にできる話ではないのではありませんか?

朗報

ドイツ、フランスと競っていた潜水艦の豪州輸出が最終的にフランスに決まりました。これは朗報です。豪州はすでに政治的に中国に支配され始めていると言います。

中国は「人民輸出国」です。大量の移民中国人が政治的に台頭し、次第に政治的発言力が強まっていきます。アメリカといえどもそのターゲットになります。アメリカがアメリカでなくなる日は遠くないと思っています。

豪州のターンプル首相は親中です。娘婿が元中国共産党幹部と近い関係にあります。娘を人質に取られているようなものです。そんな豪州に日本の最先端潜水艦を輸出すれば技術が中国に渡る可能性があります。

中国は豪州首相に圧力をかけ、その圧力に屈したのが今回の結果ではないでしょうか。日本の技術が守られました。これ以上の良い結果はありません。

へうげものさんへ

>終戦当時、朝鮮の人の殆どは自分を日本人と思っており、反日など考えてもい
ませんでした。韓国人が日本を憎む理由は全くなかったのですが、無理やり日本
を憎むように歴史を捏造し子供を教育したのです。

久しぶりに投稿します。

以前、朝鮮総督府に務めていた日本人の書いたものを読んだことがあります。

日本が戦争に負けたことが朝鮮に伝わった時、ソウルの街は静かだったそうです。
略奪が起こることもなく、日本人職員はこのように静穏でいられるのも日本統治
の成果だとして手を取り合って喜んだそうです。

しかし、それも一日だけ。翌日からは略奪の嵐、初日の平静は日本敗戦の真偽を
図りかねていたのが原因だった。略奪に走り、日本がまだ負けていなければ厳罰
に処せられるのを恐れたためだったということでした。

日本に統治され道徳も教育されただろうに、朝鮮人はこの程度です。日本国内でも
朝鮮進駐軍と称して暴れまくったことは、へうげものさんもご存知でしょう。

「終戦当時、朝鮮の人の殆どは自分を日本人と思っており、反日など考えてもいま
せんでした。」というのはあなたの誤解でしょう。

第2次世界大戦後70年、5万トン超の航空母艦を作ろう

第2次世界大戦後70年、5万トン超の航空母艦を建造すべきである。

そして、その次は、10万トン超の航空母艦を建造しよう。

【韓国、韓国VANK、帰化未帰化在日韓国人による日本人の一般人、企業、政治家(自民党の本部や各都道府県連など)、国家公務員、地方公務員への言論弾圧の方法 事例1】

[阪神淡路マーメイド]
色々な人たちから聞いたことをまとめますと、

【韓国、韓国VANK、帰化未帰化在日韓国人による日本人の一般人、企業、政治家(自民党の本部や各都道府県連など)、国家公務員、地方公務員への言論弾圧の方法 事例1】

韓国や韓国VANKは韓国から直接に、
帰化未帰化在日韓国人は韓国経由で、
大量のメールや電話してきます

「事例1」

【第1段階】
韓:「XXXX(日本人)の発言は下品だ。品位を落としている。だから、削除撤回しろ」と日本人になりすまし韓国語風言い回し
日:「あなたは、韓国人ですね」と言って無視

【第2段階】
韓:「不快だ。差別だ。だから、削除撤回しろ」と日本人になりすまし韓国語風言い回し
←「差別」は韓国の南部や済州島が韓国北部へ抗議するときの韓国語常套句
日:「あなたは、いつもの韓国人ですね」と言って無視

【第3段階】
韓:取り込みやすい第三者の日本人[HPの管理人や運営者、所属組織の人など]を選び、
「社会人として不適格だ。日本人として不適格だ。長文で詳細に書くことは[韓国人工作員に内容が理解できないため]不適格だ。個人のTwitterやHPを開設させ発言させろ。・・・。部外からの忠告失礼いたしました」などという韓国風言い回しを含む文面を送付し、
取り込みやすい第三者の当該日本人に当該日本人の言論を弾圧させる
日:「あなたは、いつもの韓国人ですね」と言って無視

←もしも当該日本人が個人のTwitterやHPを開設し発言したならば、例えばGoogleなどの日本法人は帰化未帰化在日韓国人たちばかりなので、これら帰化未帰化在日韓国人たちと協力し当該日本人のTwitterやHPを閉鎖に追い込む

【第4段階】
韓:当該日本人の所属組織内の日本人なりすまし帰化在日韓国人に、部内部外の第三者の日本人たちを巻き込ませ、時には帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社を利用し、韓国風の嫌がらせや恫喝を執拗にさせ当該日本人の言論を弾圧させ当該日本人を排除させる

理性では説明できません。

へうげものさんへ、 ポッポです。

>終戦当時、朝鮮の人の殆どは自分を日本人と思っており、反日など考えてもいませんでした。韓国人が日本を憎む理由は全くなかったのですが、無理やり日本を憎むように歴史を捏造し子供を教育したのです。

へうげものさんが支那・朝鮮の反日について、戦後の教育と考えておられ、それまでは反日思想はなかったと考えておられることは理解でき、韓国人が歴史の真実を知れば日韓の対立構造はなくなると考えておられることも分かりました。

確かに、2013年に発生した95歳の韓国人男性が日本統治時代を「肯定」する発言をしたところ、居合わせた男の怒りを買い、殴られて死亡するという事件が起こったことだけを考えればその通りです。

しかし、ご存じだと思うのですが、終戦直後から発生した朝鮮進駐軍による一連の事件はこの中には入りませんし、朝鮮で起こった和夫一家さつ害事件、マッカーサー将軍の発言ですが「朝鮮人は第三国人」は、どう考えれば良いのでしょうか。和夫一家さつ害事件は、なんの欲得もなく朝鮮人の子供を育てていたら、終戦直後に家族がさつ害されているのです。この理由は、教育で説明の付かないことです。

これらは、話せば分かると言った理性で訴える方法では、全く通じません。
今韓国人や朝鮮人に支給している生活保護費ですが、これは国会で審議されて制定されたものではなく、厚生省の局長による通達(1950年)で始まっているのですが、私達なら生活保護が日本人を対象にしていることを知っていますけれど、これが何故厚生省の一局長によって外国人に適用されたのかが、不思議です。これの廃止は、2014年に最高裁で判断されました。
何らかの圧力があったとしか、思えません。

戦後の韓国による日本人叩きは異常です。
李承晩ラインを勝手に設置したとき、日本人が多く抑留されました。これについて、日本人が狭い場所に多数で押し込まれました。
韓国は日本が統治するまでは、拷問が行われていたことはご存じだと思います。日本の統治下では、拷問は禁止されていました。
ところで、韓国の拷問には狭い場所に多数を押し込んでいたのです。
これ、はっきりと拷問でした。

今、韓国では朝鮮戦争については、事実を曲げて教育しているそうですが、李承晩ラインのことは教えていないと思います。

韓国人は騙されているとのことですけれど、これは韓国で事実を教育する義務が有り、そして、日本に詫びなければならないのです。
大人の対応などとの言う輩がいますが、私は、到底容認する気がしません。

自己評価が低く、自分を大事にしない態度を周囲に見せ続けると、周りの態度もそれに合わせて
「あ、こいつにはナメた態度をとっていいんだ」「こいつは尊重しなくてもいいんだ」
という雰囲気になってくるんだな…と。

自分の環境は自分が作り出しているのかな…とハッとなり、ちょっとショックでした…

暗闇三太さんへ

記事の主題と関係ない投稿は、排除して欲しいと何回も要請しているのですが・・・。

あげく、議論厨から、ななしの卑怯者のレッテル張りにあってる者です。
(自分のブログを開設せず、記事の主題と関係ない主張を頻繁に投稿する卑怯者にいわれたくない。)

投稿の常連は、ノイジーマイノリティで、投稿をしないサイレントマジョリティという構図になっています。

ソロさんは知的レベルが高いですね

ソロさんのご意見を拝見すると、知的レベルが高くて、物事の分析もするどいと思います。
ただ、現状の枠にとらわれ過ぎてているのではないかという感じがします。
枠からはみ出る人に、「はみ出るな」とおっしゃっているようで、悲しくなってきます。

現状を改革する人は必ずはみ出て、最初は変人扱いされることになっています。
私は変人の自覚もあります。

変人がいないと、世の中良くならないのです。

ソロさんのご意見には、未来に対する前向きな話があまりないような気がします。間違いならごめんなさい。

日本がどういう方向へ進めばいいのか、是非ご意見をお聞きしたいと思います。



こんにちは

>にっぽんじん 様

豪州が仏案を選択したのはよかったと思います。安倍総理はセキュリティダイヤモンド構想の一角である豪州をなんとか引き入れたい願望があり、自衛隊からの猛反発を押しきって半ば独断で決めたようですが、豪州は信用ならざる国です。

我が国は正しい歴史を封印してしまったため、豪州という国の本性を知りません。豪州は最強のレイシズム国家であり、かつて日本に対しても度を越えた憎日感情を剥き出しにしてきました。

英国の植民地としてスタートした豪州は、当初は凶悪な囚人が白人人口の大半を占めるような「囚人の捨て場」でした。しかも男女比率が男8に対して女2という、完全な女不足状態だったのです。女にありつけない男は、原住民(黒人)の女と交わる、あるいは強姦するようになり混血児が大量に生まれます。これがいわゆる「白豪主義」の素地となります。

混血は白人の末裔だけども半土人であり、なおかつ囚人の子ですから、就職差別を受け、職にありつけません。従って、自らの意思で英国から渡来した「正統移民」であると、嘘でも何でもとにかくアピールし、これが豪州における救い難い有色人種差別の元凶です。この混血問題は今に至るまで豪州に根深く染み付き、豪州が未だ英国連邦に属しているのは、白人のアイデンティティーを維持するためです。

19世紀、農場での労働力を必要とした豪州は「支那人」の移民を大量に受け入れるのですが、50年もすると一転して支那人を追い出し、今度は「日本人」に目を付け、日本人の移民を受け入れます。しかし、これも第一次大戦を契機にあっさり風向きが変わります。日英同盟を大義名分に日本が南下してきて、豪州を侵略するという被害妄想に取り憑かれた豪州は、日本に欧州戦線への参戦を要求する英国に対して、これを妨害しようと試み、日本の悪口をあることないことひたすら英国に「告げ口」するわけですが、日本人移民も追い出してしまいます。大東亜戦争で多くの日本兵捕虜を惨たらしく虐殺したのも豪州です。

このように、豪州の根底にあるのはアイデンティティーとしてのレイシズムであり、シーシェパードが豪州を拠点としているのも、レイシズムが商売になるからです。

他方、レイシズムというバリアを持つ豪州が支那に乗っ取られることはないと私は思っており、今は単に英国と同じく目先のカネを欲しているだけで、用が済めばサヨナラ。しかしながら、有色人種国家である日本が豪州を信用すべく根拠はどこにもなく、いつ何時にまた牙を剥いてくるか分からない豪州とは、日本と豪州との地理的距離以上に関係を縮める必要はありません。利用できるなら利用する、その程度で十分だと思います。

こんにちは

■「朝鮮人」を如何にすべきか

朝鮮人について「性善説」と「性悪説」の論争がされておりますが、私は個人的に全ての人類を性善説で見ます。

豪州についてのコメントにも書きましたが、白豪主義というレイシズムが「いつ」を境に誕生したかを伺い知ることができます。要するに、白豪主義よりも「前」の豪州人(英国人)というのがあります。もちろん、それ以前にもレイシズムはありました。しかし、これに「波(変化)」が見られるということは、根本から消し去ることもできるということです。朝鮮人も同様に、かつて日の丸を手に天皇陛下万歳を叫び、特攻隊として大東亜共栄圏建設に命を捧げた朝鮮人たちがいます。現在の反日からは想像もつきませんが、この変化こそが性悪説が正しい証拠であると、私は思っています。

むしろ私が「問題」として考えるのは、変化に必要な「時間」と「労力」です。手っ取り早くやるには、米国が我が国に対して整形手術を施したように、軍事占領して国そのものを改造してしまうことです。100年そこいらしか生きられない人間は、労力をかけるからにはそれに見合った「結果」を求める。自分が見届けることのできない結果のために、多大な労力をかけるられるほど人間はできていません。

「手っ取り早く」が失敗してしまうのは、日本で反米感情が右翼のみならず左翼にも根強く残ったこと、あるいは日本が35年も統治した朝鮮で、日本の敗戦と同時に朝鮮人が日本人を「異物」と見なし、あらゆる仕打ちを加えたことから明らかで、これは35年の統治が人間性を根本から変えるには「短すぎる」ことを意味します。

従って、途方もない長い時間と、多大な労力を根気強く、なおかつ結果を一切求めずにこれを続けていかなければならないが、ではいったい「誰」が、この「痛み」を引き受けてくれるのだろうか? 左翼でしょうか? 左翼は朝鮮人の言い分を一方的に正しいと決め付け、日本人を否定し、結果として対立関係を作っています。つまり、左翼は逆方向のことをやっている。

とどのつまり、朝鮮人もまた「いつかは分かり合える存在」ではあるけども、それを実現するにはあまりに過酷で終わりの見えない苦痛を日本人が引き受けなければならず、であれば『現実的ではない』と判断せざるを得ないのではないでしょうか。

仮に私が日本の最高権力者だったとして、国民にこの苦痛を引き受けて下さいとお願いすることはできません。なぜなら、私個人でさえ朝鮮人に対して「手っ取り早い手段」を行使しない保証などないのです。苦痛から解放されたくて、手っ取り早く占領して改造してしまえと、そういった欲望に打ち勝つ自信は全くありません。そして、それは私だけではないでしょう。要するに「失敗」が目に見えているわけです。

もし、そうではないと言う人がいるならば、苦痛を受け入れるべく合理的で現実的な理由を示すべきでしょう。

訂正です

訂正します。

×この変化こそが性悪説が正しい証拠であると、私は思っています

○この変化こそが性善説が正しい証拠であると、私は思っています

失礼しました。

野党や在日や韓国、中国を貶して溜飲を下げるのは結構ですが
われわれ日本人の足元に火がついているのに気が付いているのですかね
ここの御仁たちは・・・

自民党の特命委員会が外国人の単純労働者の受け入れを提言しました
TPPで大打撃を受けるだろう北海道の補選でも自民党が勝利したので
もう何をやっても有権者は支持してくれる、移民政策を推進しても大丈夫だろうと増長しだしたのでしょう
安倍自民党を甘やかした支持者が移民を誘発したと言える
これで100%確実に安倍自民党は外国人単純労働者の受け入れに進むでしょうね
野党が進める移民政策はダメだけど、安倍自民党が進める移民政策は良い
とでも言うつもりですか?
そもそも一番最初に移民政策、1000万移民受け入れを提言したのは自民党です
2008年頃、元自民党の重鎮だった中川秀直が提言したのを覚えています
自民党が野党以上の売国奴集団だという現実から目をそらして
中韓叩きで自慰行為してるのがあなた達です
そんなだからあなた達はネトウヨ、安倍信者などと軽蔑されるのですよ

f15さんに殆ど同意します

安倍首相は、一見よさそうに見えますが、肝心な所で日本の国益を損ねています。
経済では消費税増税・マイナンバー。
外交では安倍談話・日韓合意・南京記憶遺産登録への無為無策・TPPはアメリカ大企業が日本に対して紳士的なビジネスをすれば吉、敵対的ならば凶
内政では、男女共同参画社会の推進(少子化の推進と同じ)

過去の大地震は、村山政権・菅政権の左翼政権で起きました。
今回の熊本大地震は、安倍政権で起きています。
この大地震を日本の神々の怒りと警告ととらえ、謙虚に政権運営を考えなおさないと、さらなる警告が来るかもしれません。

安倍首相は、来週ロシアを訪問しますが、そこで国益に適う成果を上ることを期待したいです。


白人少女1400人をレイプ


>f15さんへ

私も、安倍政権は財界の走狗だと思っています。

尤も、自民党自体が財界の走狗なので、誰が政権を担っても、移民政策を推し進めるでしょう。

自民党も売国奴の集団、野党も売国奴の集団であるという現状は、正に肇国以来の危機と言えましょう。

確かに、蒙古襲来や大東亜戦争敗戦という国家的危機がありましたが、移民は皇国を内部から浸食する危機であり、しかも、政府自ら率先して日本社会崩壊の危機を招こうとしています。

移民を受け入れたら如何に酷い状況になるかの一例に、2014年にイギリス中部のロザラムという人口約26万のタウンで、1400人以上もの白人の子供が長期にわたり組織的な性.的虐待をパキスタン系の男たちに受けていた事件が発覚し、しかも地元警察は人種差別だと批判されることを恐れて対策を怠って来たことが挙げられます。

そして、この事件は氷山の一角であり、イギリス全土或いはヨーロッパ全土でどれだけの白人の子供が性.的虐待を受け、売春街に売り飛ばされいるか、計り知れないのです。

譬え野党が売国奴の集団であっても、同じく売国奴の集団である自民党に、これ以上の力を与えることは非常に危険です。

私は、亡国憲法を改正して欲しいという願いもあるが、外敵以上に恐ろしい移民を受け入れようという野望を阻止する為、次の国政選挙では自民党候補者には投票しません。

韓国は昔はまがりなりにもきちんとした自分の国を
持っていたと思います。

それがいつの間にか外資に食われてしまった。
原因のいくつかは竹中平蔵であると思っています。

【「竹中平蔵氏は李明博韓国元大統領のブレーンだった」
 経済評論家の三橋貴明氏がラジオ番組で明かす】
http://news.livedoor.com/article/detail/8904056/

韓国で行われたことは日本を外資に乗っ取りやすくするための
シュミレーションであったのかもしてません。

不平等条約である米韓FTAの締結の立役者が竹中平蔵です。
この人が政府の中枢にいることが日本の問題です。

朝鮮族の悲劇、千年の奴隷

>硫黄島さん ソロです。 横から御免下さい。
 朝鮮族の特徴として、特筆すべき事として、両班階級の存在があります。 と言うか、李氏朝鮮時代の社会構造は500年、両班は高麗時代にできた制度ですから、全部入れれば、千年と言う長きに亘って、朝鮮の中間的支配階層、殆どは大小地主層として、現地人を農奴にして農地から上がる収入で暮らす、不労の官吏予備軍でした。 両班の名の起こりは、文班と武班の意味だったのですが、朝鮮時代になって、李成桂が時の明王朝に完全に臣従した為に、武班は王朝からの警戒心を憚って、冷遇されるようになり、何時しか文班のみの意味を持つ様になりました。 この時点から、王は王足らず、臣も臣足らない状態が始まったと看るべきでしょう。

 つまり、社会の在りように誰も責任を持つモノがいなくなったのです。 愛国心など在りようが無いのが当たり前です。 庶民は、国の枠組み社会の大切さも意識できない状況になりました。 それは、社会に正義が無くなったのと等価ですから、実に恐ろしい事です。 法治云々の話ではないのです。 是が実に500年間以上続いたわけです。

 人間として認められていたのは、両班以上でしかありませんでした。 ダカラ、500年の間に没落した両班に入れ替わり、或いは、庶民層は結婚すらできない状況ですから、或る特定の地域以外では殆ど子孫を遺せず、結局、最初は10%程度だった両班が、日本の江戸期の末期には70~80%が、両班階級を名乗る様になって居ました。 

 社会の7,8割が不労の社会って生産性などあろう筈も無く、労働を軽蔑し、働かないで、暮らしていける事が徳の高い事だと信じられる社会でした。 文盲率は、両班階級を含めても、90%を越していたであろうとの観測があります。 産業と言えば、僅かな窯業以外は、農業しかあり得ないワケですが、それも、両班階層が収奪してしまうので、モチベーションは最低で、ちょっとした気候異変や水害で、餓死者や病死者の山が出来た様です。 因みに平均寿命は25歳と未開の土人並みでした。

 日本の統治になって、日本では新田開発の対象となる、沼地や湿地帯が殆ど手つかずの状態である事に目を付けていた、開拓担当の役人が、それらの大開墾を行い、余った土を積み上げて土手を創り鉄道を通したのです。 その所為で、耕地は2倍になりましたが、その耕地を誰が耕すのかと言えば、耕作を行って居た農奴うがいには居ませんでした。 開拓担当は耕作者に殆ど只で、開拓した耕地を譲り、収穫でその地代を回収しました。 すると、コメの価格が下がり、両班の収入は激減しました。 他の作物も同じでしたが、両班が昔の様に農奴を襲って、収穫物を強奪すると、当然、日本の官憲が、是を取り締まり監獄へ収監、或いは、殺人まで犯せば、死刑もあったでしょう。 何れにしても、普通の法治国家なら、極めて当たり前の取り締まりを行っただけでした。

 処が、日本統治までは、農奴は自分の財産の一部としか見做していなかった両班層から、「取り締まりは、弾圧だ」と言う声が上がったのです。 無法状態を正常と考えているのなら、法治状態は、彼らにしてみれば、弾圧でしょうね。 戦後、「統治時代に日本が、酷い弾圧を朝鮮人に加えた」と言って居るのは、このことを指しています。

 日本が敗戦国になった事は、新たに自由農民になった、旧農奴の人達にとって、非常な不安状態を齎しました。 何故かと言えば、米国が、為政者として連れて来た男が、両班層上がりの李承晩だったからです。 然もGHQが、9月3日に朝鮮半島に進駐してきて以来、日本の旧統治状態について、良い評価をすれば機嫌が悪い状態が続きます。 新自由農民にとって、20年の作物の収穫は既に終了して居ましたが、翌年の収穫の事が心配でした。

 そして翌年の21年GHQは、土地の所有について、旧地主層の申告に従った事しか認めなかったのです。 当然新自由農民の土地は没収と言う事になります。是に抗議した新自由農民は、大邱市に集結、その数230万人。 是に対し、GHQは、武装した軍を出動させて、鎮圧行動に出ました。 その結果については、米国は未だに正確な数字を出していません。

 その後李承晩は、済州島で、或いは、半島の農村で、新自由農民の虐サツを、「赤狩り」を大義名分として行いました。 その数、推定で200万人超、朝鮮戦争と言うカモフラージュもありましたが、自由と民主主義のアメリカ支配下でこの様な非民主的な、蛮行が行われていたわけです。

 この虐さつを、された側が忘れるわけが無く、戦後70年の間に、徐々にですが、反米、反両班の心を育て、終に金大中政権で、自由民層が天下を握ったのです。 其処に至るまでには、光州事件が起こって、金大中が死刑判決を受けますが、米国の命令で死刑を中止、米国が引き取ると言う不可解な事が起こって居ますが、朴大統領暗殺の後、ベトナム戦争の2人の司令官が大統領を務めた後に、韓国に舞い戻って、キム・ヨンサン大統領の後、大統領に就任します。 金大中は、実は共産主義者でしたから、完全に米国をペテンにかけたと言って良いでしょう。
 
 実際の日本のした事を考えれば、日本は両班層に憎まれる理由はあっても、新自由農民に恨まれる筋合いはないと思いますが、其処は、朝鮮族独特の事大主義的解釈で、寧ろ、日本が一番悪い事になって居るのです。

 こう言う素地を以て語らねば、朝鮮族についてのより正確な判断は出来ないと思います。彼らには、どの途、反日こそが、最も分り易い主張であり共感できる事なのです。 こんな民族をまともに教育しようとする試みは、金玉均の様な少数の覚醒者を生み出しますが、結局賛同者があまりに少なく、それに、内訌癖があるので、朝鮮族は決して仲間内でも信頼関係を築けません。

 残念ながら、「性善説」を適用しようが無い民族だと言う他はありません。

へうげものさん、 Skullcrusher707さん
ありがとうございます


他の方に誤解のないように言わせて頂くなら
政権与党は自民党のままでもいいんですよ
でも、安倍氏にだけは首相職を退いてほしい
理由は、売国のスピードが速いからです
安倍氏は有能故に早い、早すぎるのです
移民関連の法案も矢継ぎ早に通しています
安倍氏以外の人物ならここまで売国のスピードは早くなかったでしょう
あともう一つ付け加えるなら、衆参ねじれを作りたいです
その理由も売国法案が通るのを防ぎたい、ただそれ一心からです

移民推進絶対反対

 突然ですが、もし、「安倍政権が、下記の様な移民推進政権である」ならば、百害あって一利もない政策を推進する安倍政権の支持は今日限り止めます。

 現在の生産年齢の労働者不足は、単純に団塊の世代の後遺症の様なもので、一過性のモノである事は、誰でもわかる事です。それを技能労働者だけでなく単純労働者の許可をして、今の2倍以上に増やすと云うのでは、日本の社会が壊れて終います。

 そも、受け容れる労働者は、韓国や共産シナからなのではないのですか? それなら最悪です。 もし、東京オリンピックで人手が足りなくなるから、と言う理由なら、東京オリンピックそのものの開催を返上することだって、考えるべきです。 

 そうでなくとも人的交流は、短期的なニーズに反応して行うと、景気変動如何で、外国人労働者が直ぐに不良分子化して、治安が低下し、社会不安が増大するだけでなく、日本人の下層労働者、特にハンディキャップを持った人や、働かねばならない老人の仕事を奪う事になります。 そう言った面のケアが十全にできると言う、保証はあるのでしょうか。 

 もし、経団連の要請だと云うのなら、企業名を公表して貰いたい。 企業を護るのが企業トップの役割なら、我々の社会の治安を維持し、生活を護り、家族を護るのが家庭人としての役割ですから。

 国民と企業が対立するような真似をして、一体何のための企業なのでしょうか。

トップの方々はドウせ、自分の任期だけ黒字なら良い、とお考えなのでしょうが、企業も国家も何十年、何百年続けるつもりでなければ、国民の支持を失う事になると私は思います。

移民政策であると、現政府を売国●などと貶める論調を拝見します。

現実は、それは、今まで起きていたことです。法律がいつも遅れている。
先回りの法制化(沢山あるでしょう?)はパヨクが騒ぐ。そして潰される。廃案。現政府としては、避けたい事態でしょう。

法制化により、アウト(厳正に対処)、セーフの判断を公に解り易くしやすいシステムにするということでしょう。すると池上彰さんも法律に則り正しく報道してくれるでしょう。
現状は不法入国者が・・・それをパヨク弁護士が擁護。
放置はパヨク利権として膨れるのでね。

こんにちは

>ソロ 様

貴殿もおっしゃっているように「環境」によって人間性は変わります。朝鮮は地理的に支那の属国として生き延びるしかなく、支那からあらゆるものを「賜った」。このうち朝鮮人の性格をひん曲げるのに十分な材料が、やはり「儒教」でしょう。

これを「解毒」するには、儒教が朝鮮人の性格をひん曲げた時間と同じだけ、すなわち500年以上の歳月が必要です。

人間の一生から見た500年は永遠より長く感じられるが、人類史から見れば小説のほんの1ページぶんです。そういう目で見れば、人間の性格なんてのは移ろいやすいもので、環境に応じてコロっと変わります。

では、もともとの性格はどうなのか? もし性善説でなければ、我々日本人とて面の皮の下は鬼の顔です。しかし、そうではないから、先の大地震においても我が同胞は本能的に秩序を重んじ、むしろそんなときこそ他人に対して優しくなったりする。

仮に朝鮮人を例外的に「性悪説」であるとするとならば、「朝鮮人」という言葉がすでに間違いで、「朝鮮鬼」か「朝鮮魔」あるいは「朝鮮獣」のような、人でない何かだと定義せざるをえないでしょう。人でない以上、朝鮮人を殺しても「殺人」にはなりません。

これはキリスト教徒が、教義を引き合いに有色人種差別を正当化したのと同じ論法で、人ではないのだから煮ようが焼こうが支配者の自由であるという「レイシズム」に似ていると思います。これは少し怖いですね。

もちろん、日本人にこのような恐ろしいレイシズムの発想はありません。ただ怒っているだけで(そりゃ怒りますよ、普通は)、差別しようというわけではない。けれども、日本人もやはり面の皮の下は鬼の顔だと認めてしまうような、性善説を自ら否定してしまうような定義付けはどうかと思います。

ですから、怒りまかせに朝鮮人を例外的な性悪説だとか言うのではなくて、朝鮮人も環境で変わるという「事実」を認め、だけども「良い環境」を作って500年も維持しなきゃならんというのは、これはどうにも無理だと、まして朝鮮人に自発的な変化を求めるのは、逆立ちで地球を一周するくらい不可能に近く、従って、悪いけど日本人はもう諦めましたよと、このくらいが丁度よいのではないかと思うのです。

国士さん

>百田尚樹氏やここでの冷やし中華を始めた人など米国に謝罪を求める人が多い。しかし謝罪を受けたからと言って何か変わるのだろうか?
謝罪を受けてどうしようとしているのかわからない?
朝鮮のように謝罪しろ謝罪城しろと言うのは、その後でお金を取ろうとしているのが見え見えなのが分かります。

日本に対して謝罪しろとは言っていませんよ。
神・人類に対して謝罪しろと言いました。

オバマは核廃絶をうったえるために広島にくるのでしょう。
米国が原爆投下を正義だと正当化したから、世界に核がひろがったのでしょう。
もし、あの時点(原爆投下)で人道に対する罪だと断罪されていれば、核は広がらなかったはずです。

だから、核廃絶をうったえにくるのであれば、神・人類に謝罪し、原爆投下は正義ではなく悪だったと認めるべきです。
それを認めず(正義だと思っていながら)、核廃絶をうったえたところで、意味がありません。

朝鮮半島民族の反日の歴史

>硫黄島さん ソロです。
 仰る通りです。 書いて居る裡に聊か興奮が過ぎました。 唯、付け加えるならば、朝鮮族の社会は自由農民の側もお互いの差別を始めて終って居る処がある。 500年、否、1,000年の奴隷制を強いる事は、是ほど人間性を歪ませるものなのだと言う、人類史に遺すべき悪業です。

 差別を創った側は、当然異民族で、北方のツングース系の狩猟採集民、所謂、北狄でしょうが、半島に現住していたのは、長江民の遺民の南蛮族と東夷族で、焼畑農業の火田民は山岳部に、漁労海産の海人族は、半島南の島嶼部に棲んでいたものでしょう。 殷王朝の出自が北狄ですが、百済はこの殷の残党が、濊や扶余族を纏めたモノ、高句麗は、北方ツングースの粟抹靺鞨族が中心となった遊牧民族との混淆が進んだモノ、そして新羅は、長江遺民の南蛮族が百済の庇護を受けて、慶州の山間に土地をもらって暮らしていました。

 この後、慶州に鉄山を新羅が掘り当ててから、平和だった半島が大きく乱れ、鉄貿易を取り仕切る海運力を持つが故に、倭=海人族同盟が、百済と新羅を臣従させます。 海運力が無ければ、鉄は何処へも運べず、結局売れませんからね。

 オソラク民族間差別は、この時に生まれ広がったものと思われます。 臣従していた新羅が百済に反旗を翻したのは、鉄を幾ら産出しても、運ぶ倭族は仕方ないとしても、地主である百済は何もしないのに、いいところを全部持っていく事に、不満を持ち始めるのは当然の成り行きです。 然し、百済としては、折角、危うい処を援けて土地まで与えたのに、恩知らずが。 となったものでしょう。

 当然、2者の間を取り持つのは、倭=大和朝廷と言う事になります。この構図は、ずっと後の白村江の戦いの十数年前から、新羅と百済の両方が、世継ぎクラスの特使を出して、中大兄皇子に引き合いや説得を仕掛けていた事から、両国にとって、日本は共通の宗主国に近い上国であった事になります。

 斯うした半島の揉め事の延長には、神功皇后の三韓征伐があります。 慶州の鉄山が枯渇し始めて定まった貢納が、前ほど出来なくなったが故に日本を怖れて、三韓が結束して反旗を翻したが、結局、遠征して来た日本軍に壊滅させられて、一層厳しい貢納にされて終い、直轄監督の為の任那を置かれます。

 ドゥも半島と言う地理は、「行きどまり」の要素が大きく働き、逃げ場のない民族が、大陸からやって来た武力勢力に隷属させられると言う宿命を醸しているように思います。 行きどまりの海を超える事を誰しも考えるのでしょうが、同じ半島国家であるオランダやイタリアに現住している民は、決して海洋民ではありません。
 そして、イニシアティブを持ったモノは、結局、半島の外に棲む海洋民なのです。 アングロサクソンやバイキングの海洋民が、オランダやイタリアの通商から上がる一定の利益を掠め取って居た様に、倭も、通商のイニシアティブを以て、半島国家を隷属させていたのではないかと思います。 

 すると反日思想もその時以来と言う事になります。 もし、百済や新羅が、現住民族=朝鮮族の祖先だと言うなら、500年処か、2000年の恨みと言うべきかと。ww

 然し、現在半島に棲んでいる民族の主流は、高麗期、朝鮮期に更に北から下って来た、同じ北方ツングースでも更に奥地に棲んでいたエベンキ族等の半狩猟、半遊牧の民で、農業の経験が無い民だと思います。 彼らは農民をワケも無く蔑み、窃盗を正当な力の行使だと思って居ます。ww  是が所謂朝鮮族です。 元々無法なものに、道理を説いても裏をかかれるダケでしょう。

 朝鮮族が自分達の行為を正当化する為に、伝説的な反日を利用したと言う事かと、つまり、反日は朝鮮族の伝統なのです。

 彼らを文明化出来ないと決めつける事はイケませんが、仰る通り、スグサマ=100年以内に近代化できるなんて、絶対に無理でしょう。 世界は、その事実に少しづつ気付いています。

永住権を取りやすくする法改正議論について

対象は研究者と技術者だけで十分だ。

産業界は建設作業員もとロビー活動するのだろうが、んなものは現行の就労ビザで十分である。
大体「安くこき使いたい」というだけが全てなら、人は入れ替わっていく方が好都合だろ?

また、建設作業員はロボットでも代替できるようになるよ。
そのロボットがクソ高くコストにあわないと言うなら、安く作れるように技術革新を補助してやるか、海外輸出を促進してやるかだ。

支那韓のエリートは国の金で留学したうえ、どうせ欧米にトンズラする。

第一、「支那韓の研究者や技術者」というものが想像つかないんだが?(笑)
カネと権力といった煩悩だらけの俗物に、そのような高尚な者が存在するのか?

食いあぶれた若者達くらいさ。
支那韓の「回し者」に身を落とした日本のマスコミは、支那韓の受験戦争の勝者だけを撮り、日本はもうお終いの大合唱だが、一般の労働者の質はまだ日本が上だと思うよ。

抗日愛国心教育(支那の場合はマルクスレーニン主義講座もw)が明らかに邪魔。

他のもっと実用的な学問の時間を「圧迫」している。
どうりでなかなかノーベル賞受賞者が出ないわけだ。

しかしその抗日愛国心教育が無ければ、(共産党や財閥の専制という)国体を護持できない
(→やるしかない)
というんだから呆れる。なんて基盤の弱い国だよ。

単純労働者の代替えなら、「犯罪者」との境を行ったり来たりの三国人よりロボットの方がマシだわ。

第四次産業革命に全力を注ぐべし。
自衛隊の方もAIが普及すれば、人民軍に対する数的劣勢も問題じゃなくなるしね。

日本の移民問題の歴史

 ソロです。 引き続き移民問題です。
 移民してくる方もされる方も、双方が不幸になる移民推進には絶対反対ですが、人材交流と言う視点で、東南アジア系の若者を優先的に招くと言う試みなら、大いに賛成します。

 然し、現在の90万人を無期限に120~150万人規模にする様な急激な増加は、受け容れ不能です。一千万人の移住計画など、人口侵略を招き入れる様な話で、云いだした中川秀直は、東広島市の利権王で、東広島市を広島大学を軸とした、産学協同都市として絵を描いていた居ましたが、エルピーダメモリ―の破産~売却に拠って、話の根拠を失ってしまいました。

 約10年ほど前まで、日本への出稼ぎ労働者は、南米諸国を中心に上記の150万人程度はいました。 東海地方や近畿圏の地方都市に在る、大企業の工場では、トイレにスペイン語やポルトガル語の注意書きが貼ってあったし、山の麓には、ブラジル国旗を付けたビルが林立していたものです。 ポルトゲスの教会やコンビニエンスが開いたときは、「日本は一体ドゥなるのかなぁ~」と、不安さえ覚えたくらいでした。 後で知ったのですが、北関東~関東にも同じ現象が起こって居たそうですから、実際の南米人の人口は、200万人を超えていたかもしれません。 国もウルグアイ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア・・と多彩でしたが、或る時、一遍に居なくなったのには、吃驚しました。

 片言で、会話が出来ていた人もいましたが、日本人と結婚したりした2,3人を除いて、それこそ、根こそぎいなくなりました。日本人の従業員に訊いても、「理由は分らない、会社の方針だよ」と言うだけでした。 

 居なくなった理由は、多分ですが、ブラジルやベネズエラと言った、南米の国の景気がよくなったり、日本が現地法人を立ち上げたりして、そちらで求人を行った事も関係しているように思いました。 其れと、企業が、南米人の質に見切りをつけた事も、関係しているでしょう。 単純労働者なら、もっと安い労賃の外国人がいるし、日本人と同賃金なら日本人を選択しますからね。

 そう言うパターンの繰り返しなら、治安もそれほど悪くはならない裡に、解消するのでしょうが、長引けば、日本国内で犯罪を犯して、本国に逃げ帰るパターンは、既に少なくない数が、起こって居ました。 そう言う意味で、外国人が日本で、生活しながら働くのは、2~3年が限度かなぁと思います。

 然し是が、反日のシナ人や朝鮮人が対象だと、発生犯罪の増加、凶悪化等、もっとひどい事になるのは見えていますし、出稼ぎではなく移民と言う事になれば、居住地域周辺のモラル低下、治安悪化は避けられないでしょう。 移民を受け容れるつもりなら、その国家が、反日か、如何か位は、調べて取捨選択しなくては、移民は、国民に対する裏切り行為だと思います。

 移民の不良化傾向に対処するには、治安系公務員の増強や営業時間の制限等、是までにない措置をしなくてはならない可能性が高いですね。 居住地域が固まるとゲットー化して、国内国を創られる恐れだってあります。 そう言った、今は不要な社会的経費の増大を齎す事が分って居るのに、その経費の大方を負担する我々国民の安全や権利を制限して、企業が目先の利益に目を晦ませんる様な話は、絶対に容認できません。

 自民党が云々と言うご意見ですが、民主党の時代は前述している様に、もっと酷い話だったと思います。 それに中川秀直って、朝鮮系の帰化人ですしね。 自民党に中に親韓派は、今でも沢山居る様です。 唯、陰で金を貰って居る民進党とは、金の出どころが違うと思って居ますがね。 私は、それを含めて、戦後体制を改革しているのが安倍政権だと思って居ます。

人はきっかけで変われると思う

人生で大きなできごとや、以前の価値観が全くひっくり返った時に、人は変われると思う。

日本では戦争終了時にこのことが起こった。
戦前の大本営発表が嘘だらけとわかり、日本人は価値観を自ら変えた。そのときにGHQはうまく、日本人を貶める嘘を巧妙に紛れ込ませ、これを真実と日本人は受け止めてしまい、今に到っている。
人は、信じるものに裏切られたと知った時に、180度逆の評価を与えてしまうものらしい。

F.D.ルーズベルトは戦争は絶対にしないと公約して、大統領に当選した。第二次世界大戦時に戦争に参加したくて仕方がなかったが、国民の厭戦気分が強く、戦争へ参加できなかった。
そこで、日本を利用したのだった。日本国内の工作員を使い、真珠湾攻撃を仕掛けさせ、一日にして戦争参加へと米国民の世論は動いた。

このように何かのきっかけで、国民の思いは全く逆の方向に操作されることが実証されている。

韓国民も捏造の歴史に騙されていると知ったら、全く世論が変わるという希望が残されている。中国も同じだ。

アメリカはこのたぐいの思想操作に長じている。
下記はアメリカ支配層が行なった自作自演の例である。

・メイン号事件   米西戦争のきっかけ
・ルシタニア号事件 第一次世界大戦の参戦のきっかけ
・真珠湾攻撃    第二次世界大戦の参戦のきっかけ
・トンキン湾事件  ベトナム戦争の参戦のきっかけ
・911      イラク攻撃のきっかけ

これらの事実は、それぞれググッテ3つくらいの記事を読めば大体わかる。
しかし、アメリカのやることは、いつも爆破というワンパターンでわかりやすいが、騙される国民も単純というべきか。
日本人も、騙され続けており自慢できないが。

通洲事件とその背景 ねずさんのひとりごと

最近ネットのニュースに『中国人の日本人を見る目が変わった』とか創価学会を応援する人たちが増えてきた。。。のような見出しをよく目にします。

管理人さんは『通洲事件』を知らないようですね。シナ人による残虐非道な事件です。もしこの事件を知っていたならば簡単に浮かれて期待などという言葉させ用いはしなかったことでしょう。

今日にでも通洲事件と同じ残虐なことを恐れもなくできるシナ人らが日本全国に入り込んでいるのが現状ですよ。何百年経とうと血は変わらないんですよ。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2718.html
この事件から日本人は学びどのように対処するか覚悟して暮らさなければいけないと、伝えあうのが真理です。

そして創価とシナ人らは繋がっています。今も昔と変わらないということです。

他に通洲事件の関連記事四話も載っていますのでどうか学んでください。

通州事件

>メディアに騙されるな さん  ソロです。
>>管理人さんは『通洲事件』を知らないようですね。
何を無礼な事を云って居るのでしょう。 貴方が最近知ったから言って居るのではないですか? 事件は昭和12年に起こった事ですから、齢70台を超えていらっしゃるブログ主さんは、当然知っておられます。 否ソレ処か、過去ログを読めば、ブログ主さんが、通州事件についても十二分に知っておられ、寧ろ、我々に詳細を知らせた立場にあった事が分りますよ。

 貴方の紹介した、ねずさんは、ご自分のブログで詳しく紹介されていますが、彼も嘗ては、このブログの論客の一人だったのですよ。

 貴方の杞憂も分らないではありませんし、勇み足だと思いますが、年長の方に余りに無礼だと思います。

移民受け入れは危険

日本人の多くは沖縄の実態を理解していません。少子化と都市化の影響で日本の地方自治体の人口は減少しています。その中にあって何故か沖縄県だけが増加しています。

2000年1月:1,313,770人
2005年1月:1,360,587人
2010年1月:1,388,742人
2015年1月:1,425,085人

他県より出生率が高いことは事実です。が、出生だけではこんなに人口は増えません。日本の中でも貧しく失業率が高い県の人口が増えるのは異常です。イデオロギー的な人口増加以外に理由は見当たりません。

目先の労働者受け入れで移民政策を進めれば日本のあちこちで「沖縄化」が起こり、地方自治体が他国に乗っ取られる可能性があります。政府はこの危険性を知った上で移民政策を進めているのでしょうか。

安易な移民政策は日本を解体していきます。絶対反対すべきです。

舛添要一東京都知事の行為こそ、在日韓国人特権の典型事例である

舛添要一東京都知事の行為こそ、在日韓国人特権の典型事例である。

在日韓国人は、このようなことを日常茶飯事のように行っている。

今更…

日本の震災に対する韓国人の反応(喜びよう)は、あの民族なら当然の反応で、今更嫌な気分もなにもなく驚きもしません。勝手に喜んで己の恥と哀れさを晒していれば?程度です。こちらがまともに相手にして反応するに値しない、馬鹿馬鹿しいお気の毒な相手です。慰安婦の捏造を広めるのは、他国と日本の関係を悪くさせるので迷惑で許せませんが。
むしろ中国人の中から、日本人への理解を示す意見が出ているのが困惑します。日本の良い面を分かってくれるのは喜ばしいことですが、過去の数々の残虐な事件を起こしたこと、今でも日本での傍若無人ぶりや犯罪率の高さがあるので、警戒心は解けません。

【朗】在ソウル日本大使館前少女像撤去、暗雲。

朴槿恵がそんな合意は含まれていないと(ほぼ従北の)韓国メディアに答えたらしい。

民族主義=北朝鮮を利するということをわかった上で、「それでも」人気取りのために発言したのだろう。
人気取り=従北という時点で西側陣営として終わった国だ。

とっとと「後見を託された叔父さえ」惨サツする金正恩に国を売るがいい。
南朝鮮の叛徒など家畜以下だろうが、すごくラッキーな奴は朝鮮労働党の末席に加えて貰えるかも知れん。

賭けてみよ。己の天運(笑)を。

「保守の」朴槿恵でさえこの軟弱さ。
次の従北政権はもっと露骨に反日従北になるぞ。

これは期待していい。

日韓スワップ再開で商売敵の延命をさせられる虞が無くなるし、この先ウリナラ民族主義にとち狂って併合条約(高麗連邦条約)でも結べば、日本は再軍備と「全在日を叩き出す大義名分」を得られる。

更に、あくまで日本を仮想敵扱いするアメリカの圧力も外すことができる。

ロスやシスコに赤化朝鮮の核ミサイルを打ち込まれたくなかったら、

アジアでの日本の台頭を承認せよ、とね。

韓国人は大勢氏ぬ。
朝鮮民主主義人民共和国になってしまった後も吞気にスマホで外貨を稼げるとは思えない。経済制裁の対象になるし、技術革新も止まる。

国内で略奪経済が始まるだろう。

犠牲になるのは旧韓国人。

100%旧韓国人の犠牲の下に旧北朝鮮人はたらふく食べる。
現在の北朝鮮でも、プロレタリアート革命に参加した時期が早いだの遅いだの(朝鮮戦争時の対応)、くだらない理由で「成分」による差別と苛酷な搾取が行われている。
その理屈で行けば、旧韓国人など一番下っ端だし、数が多いのも富裕なのも、北朝鮮当局の今後の統治のために看過するわけにはいかないだろう。

旧韓国人の財産は全て没収し、恐怖を植えつけ服従させるため、何分の一かサツ処分するよ。
「それでも」何割か残るわけだし、農奴としてこき使うには十分だ。

それでも金正恩について行きたいという韓国のエリート達は余程己の「天運」に自信があるんだな。
自分だけは特別(に違いない)と。

何だか日本の民進党の奴らと似ているね。
(日本の民進党の奴らが真似してるんだけどw)

まあまずは本家の方で試しに氏んでくれ。
そしたら日本の民進党の奴らの対応も割れて面白いだろう。

日本の仏教的精神が通じる範囲

 ソロです。
>>彼らが中国を変えてくれることを期待するのは甘すぎだろうか
 ブログ主様のシナ人に対する↑のフレーズに、否定的な反応が上がって居ますが、是までのシナ全体の日本に対する反応を知って居れば、否定的になるのは当然だと私も思います。 以下は、ブログ主が、このブログで教えて下さった、内容です。
 シナ人は14億人もいますし、民族も公称漢民族97.5%は明らかに嘘であり、漢民族自体がもっと細分化した民族の集合の総称である事は明らかです。 その証拠に、日本では方言に当たる言語の違いも、同じ字に対する発声が異なると言う、違いの次元が方言の段階ではなく、代表的な北京官話が4声であるのに対し、南の広東語は6声だと言うから、同じ漢民族同士で話が全く通じない。 共通するのは漢字の意味だけですから、手っ取り早く、英語で話している様な有様と言う。 こんな状態で、中身だけ同じと言う現象は起こりにくいでしょう。 それにもし、中身が同じだとしても、元々一体感に欠けるシナ人ですから、他所事の様に考えて終うのも致し方ないのではないだろうか。 

 この知見を基礎にしたブログ主の発言は、事情を知らないから出たのではなく、反対に事情を知り過ぎて居るが為に、出た言葉ではないかと思うのが順当だろう。 つまり、極めて仏教精神に溢れた日本人的な感性ですが、余分なのは、人間としての最後の希望を自分の尺度だけで相手に望んでしまう処です。 日本人はこの未練の様な「情け」で、是までの歴史上、どれ程痛い目に遭ってきたか分りませんが(例えば、ポッポさんが挙げた「和夫さん事件」等)、ダカラこそ日本人であるともいえると思います。

 然し、日本人が是までの歴史に学ぶつもりならば、この「癖」を、より客観的に評価して、具体策を講じて未来に備えるべきでしょう。 日本が、現在の韓国やシナの反日行動にじっと耐えているかと思えば、一方で少なくない額のお金を相手の言うがままに出していた姿は、世界的なレベルで言えば、唯の「間抜けなお人好し」か、「非現実的な、妄想的平和主義者」でしょう。

 相手や周りの人に、自分の善意を伝えようとするのなら、相手の共感の感応度数を基準にすべきです。 それは、その人や団体が属する社会が、日本的な善意に共感の支持を得られる社会かドゥかを見極める事ですから、結構難しいと思いますが、こちら側の思いだけでは、決して相手の共感を得る事は出来ない事を、日本人はソロソロ悟るべきです。

支那を「中国」というのはやめよう

世界中で中国という国はない。支那であり、満州であり、モンゴルであり、チベットであり、東トルキスタンある。
戦後のどさくさで、占領国から支那を中国と言うよう強制されてからおかしくなってきた。元のチンギス汗も、清の康熙帝も、チベットのダライラマも中国人になってしまった。
その延長で支那は、南シナ海は、明が勢力下においていたから、歴史的に中国の海であると言っている。明と共産支那との間には「清」が支那を支配しており、明と共産支那とは全然、別の国である
同一性も、継続性も、ない。ただ、共産支那が言っているだけのことである。
 支那の言い分を認めたなら、清の版図、モンゴルの版図は、全て中国のものになってしまう。バカなことである。
 支那を中国と言うのはやめよう。因みに英語では、チャイナであり、スペイン語ではチーノである。これらは、全て始皇帝の秦から来ている。
 また、現在、支那を中国と呼ぶのは韓国のように支那の属国であった国である。日本は、支那の属国になったことはない。
 
 

こんにちは

>ソロ 様

おっしゃるように、現代日本で封印された歴史を見れば、朝鮮人の「反日」の正体も分かるでしょう。

私は古代朝鮮史に疎いので(というよりも、あまり興味がないので優先順位が低い)、貴殿の博識には脱帽します。日々の積み重ねがあって初めて革新が起きますが、朝鮮に良い意味での変化を求めても徒労に終わるであろうという結論に至らざるを得ないのは、逆説的にそれほど朝鮮を知ったからだと思います。

ただ、私見を述べれば、差別というのはいつの世にも、どこにでもあります。かつて我が国は世界の一等国民を目指して臥薪嘗胆し、富国強兵に一致邁進しました。結果、努力しないで植民地支配に甘んじている、あるいは危機感のない支那や朝鮮のような民族に対しては、劣等民族だと露骨に見下すようにもなりました。もちろんそれは一部にすぎないが、一部といっても万単位ですから、立派な差別です。現代日本で言えば、いわゆる勝ち組が貧乏人などを負け組だと揶揄して見下すようなものです。

何をするにしても、必ず副作用があります。差別もその副作用の一つです。配慮は必要だが、一方でこれを恐れては何もできません。

朝鮮の反日という差別意識は、日本への劣等感の裏返しだとよく言われますが、私は全くその通りだと思います。どれだけ支那に忠実に従っても、貢いでも貢いでも評価は日本のほうがいつも上。これは支那が日本に対しては金印を送り、一方で朝鮮には銅印という待遇の違いから分かります。

李氏朝鮮は京城(ソウル)から支那へ続く道だけはキレイに整備していたようですが、これは支那からやってくる使者に対する配慮です。他の道はどこも馬車も満足に走れないほど荒れ果てていたそうだから、極端に言ってしまえば国力の全てを支那への忠義に捧げていた。実際に明治天皇からの親書を、「皇」の字を理由に受け取りさえ拒否し、親書を携えた日本の使者に大砲までぶっ放しました。まことに「カワイイ」ではありませんか? まるで親の愛をねだる子供のようです。そして、子供だから「出来が悪い」(笑)

つまり朝鮮人は主人に対して「従順」なんです。そのことは先にも申しましたように、大東亜戦争での朝鮮兵の頑張りにも現れています。

朝鮮人の従順さを裏切り続け、性格をひねくれさせた支那の罪は重いと思います。だから私は、朝鮮人という民族に同情さえします。

かといって、朝鮮人と「共生」できるかと言えば、申し訳ないが「NO」です。日本にいる朝鮮人は、可哀想だけども祖国にお帰り頂き、日本で学んだ道徳心と独立精神を是非とも朝鮮に根付くまで植え続けて欲しいと思います。

道徳心も必要

「捏造の歴史で洗脳されていることに気づけば変わる」と書いたが、もう一つ道徳心を持つことが必要だ。
1910年以前は、衣食が足りておらず礼節が後回しであったと思われる。
日本に合併後は、日本の教育を受けた子供たちは、礼節をわきまえたようだ。このころ育った人たちは、戦後しばらくは戦前の日本の統治時代は良かったと語っていたが、次第に語ることができなくなった。

松尾茂さんは戦前朝鮮で土木工事を指導していた。
著書の「私が朝鮮半島でしたこと」の中で
「私たちは本当に朝鮮の人の中に溶け込んで暮らしていた。何の不安もなく、抵抗運動や暴動にあわなかった。終戦のとき、作業員の中にかくれていた共産党の幹部が出てきたことがある」と書いている。
終戦の翌日、京城で暴動があったのは事実だろうが、果たしてどれだけの人数が参加していたのか、明白にしないといけないと思う。

戦前の本を何冊か読むと、9割方の朝鮮人日本へ反感を持っていなかったように記してある。
せっかく日本人の礼節や道徳を見につけ始めた朝鮮人は、残念ながら次の世代に継承することができなかった。
道徳は親から子供へ継承してゆくものである。学校で教える物ではない。

そして、道徳の基には宗教がある。宗教といっても大層なものではない。
次のようなものだ。
・神様が見てるから、人のいないところでも悪いことをしてはいけない。
・困っている人を見たら助けなさい。
・嘘をつてはいけない。
・感謝の心を持ちなさい。
・謙虚でありなさい。

これだけのことを身につけるだけだが、教え込むのは0歳から6歳くらいまでが肝心だ。
6歳くらいまでは、神様のことを疑問を持たずに信じる。
だから学校ではなく、家庭なのだ。

大人になってから、これらを教え込むのは、本人も教師も大きなエネルギーがいる。
しかし人間は元々善なるもので、人生の転機ではこれらのことに気づくものだ。
決して、中国人や韓国人が変わらないと諦めてはいけない。

諦めている人は、日本の周りにこのような迷惑な国が永久にあると思っているのでしょうか。あっていいはずはないでしょう。

中国人にも、心の拠り所として宗教を求める人たちがたくさんいる。唯物史観がインチキであることを知っているのだ。
中国は外圧で変えようとしても無理であろう。内部の国民が自発的に変わることを、外から手助けするしかない。
そのためにも、日本へ来る中国人へ日本の良さ・礼節・道徳・正しい歴史を知ってもらうのは大きな意味があると思う。
まずはじめに、日本人全員が正しい歴史を知らなくてはならない。

朝鮮につていは呉善花さんの記事が参考になるのでご一読下さい。
http://ironna.jp/article/1307

日本と戦前の2つの統治国

>硫黄島さん ソロです。 レス有難うございました。
 古代朝鮮半島史については、挙げた説の半分は仮説の域を出ていないモノですが、蓋然性から可成り真実に近いと私は思って居ます。
 
 結局、言いたかったのは、「中世の朝鮮が、いつ始まったのか、どの様な民族だったのか」と言う事で、現在半島に居る民族のルーツが、百済や新羅、或いは高句麗とは、縁の薄い、若しくは全く脈絡のない民族である事を云いたかったのです。

 向上心と言う言葉がありますが、是は角度を変えて言えば、向上慾でありましょう。 欲心と言うのは、基本「得られないモノを得ようとする心」と解する事が出来ます。 その思いが強いほど、得られない原因について反省し、改良して思いを遂げようとします。 そして一方では、ソレが出来ないのは「努力が足りないから」「資質が劣っているから」と言う判定を生み出します。 すると、其処に優劣が生じ、差別を生み出す基になるワケです。

 確かにあなたが仰しゃる様に、日本は維新の前後に、日本より優れた西洋列強の文明力を見せつけられて、其処に追い付き追い越せないと、日本が侵略され、日本人は奴隷にされると言う危機感を持った事でしょう。 欧州に留学生として送られた、当時日本のエリート達は、「日本を早く西洋列強に見劣りしない一等国にならねばならない」と、思った事でしょう。 今風に言えば、イノベーションでしょうが、そんな生易しいものでは無く、向上に日本人の将来が懸っていましたから、命懸けの努力が必要だった。」と思います。

 その反動もあったのでしょうが、共に、西洋列強の帝国主義的侵略からアジアを防衛しようと呼びかけた。 シナや朝鮮の反応の悪さには、その原因が大中華主義の華夷秩序と言う、今や幻でしかない時代遅れの思想に縋って居る彼らが、現実的なモノの観方すらできない、と言うもどかしさから、劣等民族の烙印を押してしまった部分はあったと思います。

 殊に、ハッキリした理由も無く、日本を格下として見下し、その実、怠惰な強請集りしか興味が無い朝鮮王には、辟易して居ました。 出来る事なら、関わりたくなかったのは、帝国議会で、伊藤博文を中心に、朝鮮併合案に最後まで反対した事で明白です。 皮肉にも、伊藤公が暗殺された事で、朝鮮併合案が通ってしまい、1910年大韓帝国は、同君合邦と言う国家連合の形を採って併合、朝鮮王族は日本の華族の一員として組み入れられます。 其れも当時世界の超大国であったロシアの南進政策で、極東の三国は日本の危惧した通り、独立の危機に瀕します。

 その緊張する国際間にあって、朝鮮王族は自分の事しか考えていないのは明らかで、大韓帝国をロシアに売るか、日本に売るかで、朝鮮王の高宗の側室閔妃と高宗の伯父である大院君が争って居たのが現実です。 双方とも刺客を放って権謀術数を巡らしましたが、是は朝鮮王室にとっては、歴代行われて来た年中行事の様なものでした。

 王室と民衆が一体なら、日本人が朝鮮族を差別したと非難もされましょうが、この様に、「王足らず、民足らず」の状態の朝鮮では、民衆は居てもいなくても同じ状態で、もし、この朝鮮を日本の藩屏としようとするなら、朝鮮に内部改革を惹起し、民衆の目を醒まして、新たな国を創る事を狙う日本人が居ても可笑しくありません。

 朝鮮民衆や統治者の日本人に、その志があったかどうかは知りませんが、朝鮮統治が始まって、実際にそれは実行されました。 結果、2倍になった耕作地、3倍になった収穫物、数千に及ぶ学校に病院、鉄道に港湾、重化学工業設備、ダムに発電・送電施設、そして何より、多くの自由農民を生み出し平均寿命は、24歳から54歳になりました、社会制度も、数多の因習を廃止させ、ならず者でしかなかった両班層を取り締まり、近代の経済を導入し、法治秩序を社会に根付かせようとしました。

 日本の朝鮮統治を植民地経営だと言うが、こう言う事を欧米の植民地でやったのか? と訊きたい。植民地経営は、唯、収奪するダケであろうが、李氏朝鮮には収奪できるものなど何一つ無かったのだが。

 同じ事をした台湾は、最初の30年は内戦状態でしたが、後の20年で近代国家に成れる様な努力と発展をして、国として認めて貰って居ない今でも親日です。

 斯うした戦前日本の、「朝鮮を近代国家にする」試みは、敗戦と共に雨散霧消してしまいました。 結局自由農民は遺せたのです。 然し、是もあり得ない事ですが、標榜する民主国家建設に逆行する米国のWGIP施策に拠って、多くの自由農民が、復活した両班層に大量に粛清されて、瀕死の状態に陥りました。

 結局、韓国は戦後、米国に拠って与えられた戦略的な国であり、共産国ソ連の消滅と共にその価値を大きく下げ、今や消滅寸前。 

 台湾は、蒋介石の国民党に侵略された土地であったが、共産シナの膨張と共にその地理的、政治的重要性を増しています。

 戦後70年経った今、戦前の日本に拠る二つの統治国は、その国民の理性の差に拠って、全く異なる、政治状態、経済状態にあると言って良いだろう。

 韓国の政治的経済的疲弊の原因は、日本統治が始まる前、日清戦争後に大韓帝国と言う名分だけの国であった事が、国民の本当の意味での反省や独立心を詰む結果となり、真の朝鮮疲弊の原因である両班層の打倒に、民衆の力が向けられなかった今となっては、禍しているとしか思えない。

 元々の朝鮮民衆の不幸は、李成桂と言う李氏朝鮮の祖が、明に完全臣従した事に発していると言えましょう。彼が、国を丸ごと、シナ王朝に献上したのです。爾来、シナ王朝からは、奴隷国扱いされて、明が清に変わっても、否、変わってからは、女真族の清王朝にとって、朝鮮族とは、地方の支族でしかなかったのですから、扱いが最低になったのは、寧ろ当然です。

 国の運命を背負う立場にありながら、自分の生活の事しか考えない王では、国民が国民としての義務感を持つはずが無い。 つまり、朝鮮族が差別されるのは、自分自身に責任があると言う事です。 義務を果たさず、利己主義を当然の権利として主張し、不都合があれば他人に責任転嫁する事が、常識化して居る社会では、自ずと、他国から差別の対象になりましょう。 事実、韓国は今世界から、No Koreaを突きつけられています。

通洲事件

>ソロさん メディアに騙されるなです。
>>何を失礼な事を云っているのでしょう。

<<管理人さんは『通洲事件』を知らないようですね。。。
すみませんこれは皮肉で言いました。『管理人さん貴方の一言は多大な影響を及ぼすのですよ』との意味です。有事の際、甘い考えに同調したお人好し日本人たちの運命は目に見えています。だから。

いずれにしても、『通洲事件』を残虐極まりないシナ人の民族性を重く見、憂慮したとしてもその気持ちが時と共に薄れてしまったと、云うことなのでしょう。

ソロさんのおっしゃる通り日本人は何百年たっても『非現実的な妄想平和主義者』だから昔のことはすっかり忘れてしまう。だからこそ初心に戻る時ではないでしょうか。 頭でっかちにならず。もう一度、心で読んでほしいという願いでコメントをした次第です。

管理人さんは一コメンターの意見や調べたことに聞く耳を持ち研究することができる懐の大きな方だと理解しています。何度もブログで『朝鮮人のなりすまし』をとりあげています。それには常日頃、心から感謝をしています。

ソロさんにはご迷惑をかけてしまいました。ではお互いがんばりましょう。

お詫びの仕方

>メディアに騙されるな さん ソロです。
 ブログ主に謝意をお伝えください。私はあなたに謝られる謂われはありません。
>>初心に戻るべきだ
 貴方の言わんとする処は、私には伝わりましたが、ブログ主には、唯「ごめんなさい」が云えていないのでは、未だ、無礼をわびた事にはなって居ないかもしれませんよ。 

IWG報告書

IWG報告書はアメリカ政府が3千万ドル使って、ナチスドイツと日本の戦争犯罪をアメリカ政府が所有する公文書を調査した報告書です。目的は日本の「慰安婦に関する戦争犯罪」の調査だったようです。

報告書は2007年にアメリカ政府に提出されています。その結果、慰安婦に関する日本軍の戦争犯罪は見つかりませんでした。見つかったのはベトナム戦争時の韓国軍の戦争犯罪です。

レポートは139ページの報告書でした。
英語が苦手な私では解読に時間がかかります。英語が得意な方は報告書を直接読んでいただきたいと思います。

下記のURLが報告書の原文です。日本語に訳していただければ有難いです。

http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007.pdf

最近の桝添都知事

最近、東京都の舛添要一知事が話題になっています。

曰く、海外視察が多いだけでなく、その経費がこれまでの知事に較べて極めて高額である。韓国で朴槿恵大統領と面談したら、東京都では保育所が不足して問題になっているのにも関わらず、朝鮮学校の敷地の協力を約束してきた。週末には公用車を使用して桝添氏の別荘に送らせている。
東京都が地方交付金を貰っていないからと言って、これらのことを容認する東京都民の方は、疑問を持たないのでしょうか。

ところで、私が特に疑問を持ったのは、週末に公用車で別荘に送らせていることです。
マスコミではこの件については、昨年4月1日~今月11日の約1年間に計48回、都心から約100キロ離れた湯河原町の別荘まで公用車に送迎させた。金曜の午後2~3時台に都庁を出発するケースが多く、20回に及ぶとされ、タクシーの場合には1回当たり8万円位とすると、合計384万円になるそうです。

ここからは妄想ですが、桝添知事は常に2~3時に都庁を出発していますが、この時間は知事も公用車を運転する都職員も勤務時間内です。
別荘に到着するのは距離が100キロ位とのことですから、到着時間は多分5時位でしょう。
すると、公用車を使用して別荘に向かう途上、何事かが発生した場合には、知事は公用車に乗っているから公務中の車から緊急に都庁舎に戻り、対応処置を行うとの形を作ることが出来るのです。
しかし、私用車で別荘に向かう途上、何事かが発生した場合には、知事は私用車で(私ごとで別荘に向かう途上)何事かが発生した場合に、使用を諦めて事件に対応することになります。結構マスコミは騒ぎ、批判すると思うのです。

それに、公用車で5時に別荘に到着すれば、その後は職員の勤務時間も終わりますから、それまでは勤務だと言えます。しかし、私用車で4時に何事かに遭遇すれば、公務員が勤務時間内に私用車に乗っていたとして、批判されても仕方ないのです。

こんなところで細かくしていても、海外視察になりますと、条例による1泊40,100円の規定額を大幅に超えても強弁する。自分の欲には勝てないのでしょう。
スイートルームに宿泊したいのなら、条例の金額を超えたものについては、自弁とされてはいかがでしょうか。

そう言えば、大阪の橋下徹氏ですが、彼は大阪市長の時に公用車でスポーツジムへ一度行ったばかりに、マスコミにえらく叩かれていたことを思い出しました。
それに較べると、今回の桝添氏の騒ぎなどはチョロイもんです。

ソロさん

>唯、イスラム圏やキリスト教圏では、その利己主義性や差別容認性から、宗教自体が信用を失いつつある事は、特筆すべき事で、人類の良心の保存・育成こそ、是からの人類の課題だと云えるのかもしれません。

ご指摘の通りです。
仏教で2600年、キリスト教で2000年、イスラム教で1400年たっています。時代背景も大きく変わり、世界もグローバル化しました。今のように経済が発達していませんでしたので、八万四千の法門があると言われる仏教ですら、経済の教えがありません。また、多国間の紛争等の対処の仕方についての教えもありません。
だからと言って、宗教を否定すれば、唯物論が広がるだけで、世界はもっと悲惨な結果になるでしょう。
これからの人類の課題は、宗教・文化・習慣・言語の違いを乗り越える、共通の価値観、教えが求められています。

移民についてですが、もっと国民を巻き込んで、現実問題として議論する余地(時管)が必要と思っています。早急に結論を出し急ぎしないほうがよいと考えています。

私は日本の使命は大きいと感じています。これからの世界のリーダーは日本がなっていく宿命のようなものをひしひしと感じています。
今世界を見渡して模範とする国家は日本以外見当たりません。
発展途上国は日本を見習って国創りをすべきです。

企業では、人・物・金の経営資源が豊富であれば一流企業になります。まあ、経営者がダメだと倒産しますが、、、。
日本人は道徳的にも能力的にも一流です。物を技術・サービスと考えても日本は一流です。金も日本は国民の一人当たり金融資産と現金預金額では世界1位です。治安も世界最高です。
なぜ、これだけの力がある国が、20年あまり経済成長できず、GDP世界3位なのか。指導者に問題があるとしか考えられません。
指導者のビジョンが内向きで消極的なことが原因です。
もっと言えば、国民の年金を使い込んだのは自民党でしょう。金がなくなれば消費増税を言うが、竹下氏の時は財政赤字100兆円でこのままでは持たないと言って消費税を導入したのでしょう。それから2度あげて、借金が1000兆円超えました。なんのための消費税だったのですか。また消費税10%と言っている。なぜ国民は怒らないのか。

日本には経営資源が豊富にあるのです。指導者のビジョンが貧困で内向きなことが経済の停滞を招いているのです。
日本のことのみならず世界のリーダーを担う決意を持つことが日本発展のカギです。

そのためには移民の問題もでてきます。
治安の問題はソロさんが指摘された通りです。
日本もかつてブラジル、アメリカに移民していました。日本は移民を拒否し続けてよいのかという道義的問題もあります。
少子化対策がうまくいかなければ移民も選択肢になりえると思います。
財政問題だけを考えると人口が増えれば(移民が増えて)解消します。
優秀な人材はいくらでも来てほしいが、中韓は来てほしくないは通用するのかといった問題。
国民の受け入れ準備は整っているのか。
など移民の受け入れ条件等を考える時間がほしいです。

安倍総理には国防の整備をしっかりやっていただくこと、憲法改正は無理でしょうが、道筋だけはしっかりとつけていただきたい。それ以上は望んでいません。

只今失業状態です。 (汗)

最近、在日アラシが湧いて来ないので、ワタスの出番が無い。
ちりちゃん、「トンスル朝鮮脳」と言わないから出てきてヨ。  (・”・)

移民の基本問題はこちらをどうぞ。

【Front Japan 桜】三橋貴明・木坂麻衣子:日本に外国人労働者はいらない! / ウケるコンテンツの話[桜H28/4/29]
http://www.nicovideo.jp/watch/1461911884

日本の是から

>冷やし中華を始めました さん ソロです。
>>人類の課題は、宗教・文化・習慣・言語の違いを乗り越える、共通の価値観、教えが求められています。
 同意です。 然し、簡単ではありません。 現状認識を申さば、砂漠の一神教と呼ばれるユダヤ、キリスト、イスラムの三宗教の信徒が、世界の人口の7割近くを占めていて、世界に紛争の種を蒔き、そしてその紛争を拡大しこそすれ、和解終息に至った例を知りません。 然も世界には、この三宗教以外にも、仏教、道教、ヒンドゥー教、ジャイナ教・・その他があって、それぞれ独自の世界観を展開しているので、死生観、価値観からして違います。それをドゥ纏めるのか、細部に亘った話になれば、逆に新たな紛争を惹起しかねません。

 ですから、へうげものさんが言って居た様に、人間としてあるべき基本だけを挙げて、其処を起点にしてゆく、いろいろな戒律で縛り上げる様な事をせず、自身の中から湧き上がって来る良心を育てる教育をする事で、後は、法治主義で十分処です。 社会の人格=ソーシャル・マインドを向上させる事が大事かと思いますが、その成功例と言えば、儀式は厳格に行うが、戒律は神域に関する禁忌のみで、神社独特の神の気配で人を感応させる、日本の神道でありましょう。

>>国民の年金を使い込んだのは自民党でしょう。金がなくなれば消費増税を言うが、竹下氏の時は財政赤字100兆円でこのままでは持たないと言って消費税を導入したのでしょう。それから2度あげて、借金が1000兆円超えました。なんのための消費税だったのですか。また消費税10%と言っている。なぜ国民は怒らないのか。
 財政赤字は額ではなく、その成分構成が問題です。 経済の要点は循環に在ります。 所謂、「金が回らない」状態になれば、経済は逼塞します。 日本の財政赤字100兆円の時は、年度予算自体が50兆円も無かった時代ですが、優勢貯金や年金で滞留して居たお金が、約2000兆円ありました。 当時世界を循環して居たお金が約5000兆円位でしたから、その半分近くが、日本で寝ていたわけですが、そのお金は国民の預貯金ですから、簡単に動かせるわけが無い。 ダカラ、借金が100兆円もあるからと言って、消費税を導入して国民が預貯金を動かすように仕向けたのです。 1%で2兆円の税金が国に還流するそうですから、日本は世界から文句を云われる度に、消費税を上げる事を約束させられるのです。

  現在の世界の実相を観れば、如何に日本経済が健全で安定しているかが、分りますが、経済が世界規模で回って居る限り、日本にお金が溜まりすぎるのは、世界経済の破綻に繋がると言われても仕方がありません。 是を云われなくしようとするなら、日本円を基軸通貨にするしかありませんが、そうすると、米国並みの武力が必要になりますし、白人文明が、オール敵に回ります。 日本円の評価は、モゥ金と等価のところまで来ています。 FRBが、5年間で千年分の紙幣を刷ったのにUS$は、インフレを起こさず安定しているのは、日本円を傘下に持って居る=担保にしているからです。 では、是が日本の実力かと言われれば、然に非ず、前述の様に、金融秩序を維持できるダケの武力が必要です。 まぁ、シナやロシアを押さえ込めるだけでは無理ですね。米軍を押さえ込める力が必要なのです。

>>安倍総理には国防の整備をしっかりやっていただくこと、憲法改正は無理でしょうが、道筋だけはしっかりとつけていただきたい。
 何事も、目指して努力しなければ達成は出来ません。 安倍さんの任期は、あと4年でしょうが、2年余分に居てもらって、合計11年。その間に、実質的な国防体制を十全にしておきたい、それ故の私の国防艦隊構想でした。 フォローに航空母艦も・・と言う声が上がりましたが、航空母艦を持つと、第七艦隊を日本に移譲すると言う事になりましょうし、海外派兵を、つまり、海外の紛争処理に空母の出動を要請される事になりましょう。 憲法改正が自動的に必要ですね。

 その予算はと言えば、実質、男女共同参画の執行予算として、10年以上も前から、年額10兆円~7兆円の巨額の予算を計上して居ますが、この使途について、国会質問の一つも為されていない、所謂、聖域扱いなのは大いに疑わしく、その実、第七艦隊や国内駐留軍の運用費として使われていると私は思います。この男女共同云々の年間予算が全部、日本の防衛費に回って来れば、総額15兆円の国防費になるワケです。 相当な政治背景が無いと是は承認されないのではないでしょうか。

 現状、勿論、野党に質問された時の準備に完璧な使途一覧がありますし、背景に日米安保があるわけです、日本の国防に関心が無い野党に追及できるはずが無い。 日本が国防艦隊を持ち艦隊の数や内容を充実すべく漸増させるに、参画費を国防費に漸次移譲して行くならば、米軍の極東プレゼンスは漸減するでしょう。いわば、極東にできた米国のプレゼンスの隙間を埋める形になるのですから、米国の意図通りになるワケです。

朝鮮に関わった人達の悲劇

 ブログ主が朝鮮人の本質を、自らのご経験を元に繰り返し語って下さっていますが、韓国人への認識が何時までも変えられないのが日本人。
 大会社にしてさえ韓国に出店しては技を盗まれ、騙され、乗っ取られても懲りないで繰り返しています。
 地方では国籍を持たない在日に選挙権を与え、生活保護費を簡単に給与し、大病院では診療費が未払いなのに診察を続け、スーパーでは日本語より、ハングル・シナ語が大書された案内板が掲げられています。両国人が日本に大挙して押し掛けて居るからです。
 シナ人の入国には日本共産党が関わっているようです。
 
 そして案の定慰安婦問題は、先日クネ大統領により「最終的、不可逆的」な履行義務規定は、「努力目標」に見事に替えられて、文書化が出来なかった外務省の甘さが露呈する事になり、いや外務省のみでなく日本人の、取り返しのつかない甘さが露呈したのであり、それでも全部が悪いわけではない、「善い人はいる」し、「差別はいけない」と、言う人がいるのです。
 もしあなたの隣人が、あなたの事を有りもしない嘘、悪の限りを尽くし、残虐非道な人非人だと近所中に言いふらし、苦痛を被り人権被害だと多額の金銭の要求をされ、応じても応じても、繰り返し言いふらし、代償を要求してくる・・エンドレスの状態だったとしたら、それでも憎んではいけない、差別だからいけないと、許すんですかね。差別って何?!・・。

 以前朝鮮建国に関わった人達の悲劇をコメントしましたが、今回は以下の通り、私の周りの、期せずして朝鮮に関わらざるを得なくなった人達(4~5の事例で)の悲劇です。 

 ・祖母の妹の場合
 武士の家系だった祖母の、商家に嫁いでいた妹が、関東大災害時(大正12年)朝鮮人が大挙して押し入り、暴れる、盗む、壊す、犯すと残虐非道な行動行為が続き、荒らされ、妹は這々の体で故郷の実家に戻ったが、以後小さな物音にも怯えるようになり、夫婦間が上手くいかずに離婚を余儀なくされた。
  私の家でも、朝鮮人に管理を任せていた空き家が、何時の間にか人手に渡っていて取り戻せず、朝鮮人は逃げて行方がしれなくなり、祖母は、「朝鮮人に関わってはならぬ。」と繰り返すようになり、家訓になり、遺言になった。

 ・結婚したら相手が在日だった弟について、その姉の話
 内気で大人しく、長身でハンサムで実入りの良い左官業を営んでいた弟が、強引に近寄ってきた相手と結婚後、婚姻届から初めてその相手が在日である事を知った。私も弟に会った事があるが、センスが良くハンサムな好青年の印象を受けている。
 ローンで一軒家を購入し、二人の子供に結構な教育を施して良い暮らしをしていた。が、仕事中に落下し怪我をして、以後仕事が出来ない状態にると、早速相手が離婚を迫ってきて、家を追い出され、ローンの残金、生命、住宅などの各種保険、病院の支払いと、その他の借金の全てが弟の負担となり、家や保健の受け取り人等の全ては、その相手や二人の子供名義になっていて、その債務だけを背負う事になったが、弟にその力はなく、結局姉が弟を引き取り、全ての負担、債務は姉に係ってきて負担となり、支払っていた。そして弟が亡くなった時は、葬儀にも墓参りにも相手は勿論、子供さえ来なかったと、未だに悔しくて、腹の中が煮えくりかえるようでと、語る時に目を真っ赤にして、憤懣やるかたない面もちで震えていた。
 そして相手は徹底的に調査して選ばなければならない、狡賢さは天下一品の人種だから、と言う事だった。


 次に(後日)続きます。

移民受入の前提は好景気で人手不足なこと

冷やし中華はじめましたさんの意見は、将来を見据えれば正しいと思います。
しかし、現在の日本の経済状況を勘案すると、まだその時期ではないと私は思います。
日本人自身の雇用が不安定であるからです。民間の平均個人所得は、この25年で約100万円も落ちてしまいました。正規雇用が減り、非正規雇用が増えたからです。
私は、家庭の基本は男が働き、家庭を養う収入を十分に得て、母親は子供が10歳くらいになるまで、家庭で育児をすることが基本だと考えます。
女性のほうが能力があって収入も高ければ、男性が家庭で育児をやってもかまわないと思います。
今の若者に、世帯を養えるだけの収入を得る仕事が行き渡っているのかが大問題と思います。将来に希望が持てなくて結婚できない若者が多いと聞きます。
この問題を解決しない限り、移民の受け入れは有り得ないと、私は考えます。

現在の日本で喫緊に解決すべき大問題は、防衛問題と少子化の問題と考えます。
自民党は、少子化問題にまともに向き合っているとはとても思えません。
男女共同参画社会や一億総活躍時代などは、少子化を強力に推進しているとしか思えません。
女性管理職目標30%などはとんでもない愚作です。数値目標をせっていするなど、共産主義か独裁政権と言えます。
このことを批判しない国民やマスコミは異常です。

同姓婚を渋谷区長が最初に認めましたが、自民党の区長であることに驚いてしまいます。石原都知事なら絶対に認めなかったでしょう。
TVのバラエティ番組でも毎回必ずオネーと称する人物が出ているが、誰も異常と考えないのでしょうか。こういう種類の人物は居てもかまいませんが、人口比でどのくらいでしょう。その人口比と同じくらいのTV出演頻度であればかまいませんが。毎回は意図的にやっているとしか思えません。やめてほしいです。
あの教育評論家の言葉使いも、聴いていて吐き気がしてチャンネルをすぐに変えます。子供の教育にけっして良い影響はありません。

日本の国は、外からだけでなく内部からも崩壊させられています。
日本人の優れた精神性や道徳心を破壊されつつあります。
以前投稿したドイツ宣伝相のゲッペルスの発言を再度掲載します。
この通り進行していることを誰も否定できないでしょう。
戦前から、グローバリスト・国際金融資本家・NWOの存在と危険性を見抜いて
警鐘を鳴らしていた人は、存在しました。
日本では、石原莞爾もその一人です。石原は日中戦争への突入に強く反対した人です。満州事変を実行した人物なので、東京裁判の被告にされて当然なのに、真実の発言をGHQが恐れて招聘されませんでした。

引用--------------------
ドイツのゲッベルス宣伝相は、ドイツ国民に与える警告として次のような内容の文書を1934年に公布している。
超国家的勢力の狙いとする心理戦、神経戦とは次の如き大要である。

「人間獣化計画」
愛国心の消滅、悪平等主義、拝金主義、自由の過度の追求、道徳軽視、3S政策事なかれ主義(Sports Sex Screen)、無気力・無信念、義理人情抹殺、俗吏属僚横行、否定消極主義、自然主義、刹那主義、尖端主義、国粋否定、享楽主義、恋愛至上主義、家族制度破壊、民族的歴史観否定

以上の19項目をつぶさに検討してみた場合、戦後の日本の病巣といわれるものにあてはまらないものがただの一つでもあるだろうか。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe803.html


通洲事件

ブログ主様

今回の無礼をお許しください。
この場を借りてお詫びを申し上げます。

メディアに騙されるな

この記事を読んで涙が出ました。
この先に、彼らの望むような国の姿、発展はないことがよく現れているからです。

人の文化、教養は根付くまでに最低3世代、4世代かかるように受け取っています。
しかし、彼らは文化を壊すことが代々行われている国民性。
優秀な者も少数はいるだろうが、数には勝てずその結果、怠惰で自助作用がない。

とても残念です。
管理人さんはそれを長年相手をしてきて嫌というほど知っているんですね。
私は韓国や北朝鮮、中国人と関わったことがないのでですが
(通名がありますから関わっているかもしれませんが)
彼らの生き方というものを
(これは言い過ぎかもしれませんが)
手をとるように理解できました。

そして数日前にたまたま読んだ北九州監禁殺人事件のおぞましさもまた彼らの文化と強く関わっていることが判り、私はこの言葉を思い出したのです。
夏目漱石「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、善かつたと思つた」
と。

彼らには彼らの生き方がある。
だから争わなくて済む様に国があり、国境がある。
別々に生きたほうがお互いに幸せなんだと思いました。

日米関係の表と裏

>へうげものさん ソロです。
>>家庭の基本は男が働き、家庭を養う収入を十分に得て、母親は子供が10歳くらいになるまで、家庭で育児をすることが基本だと考えます。
 その通りだと私も思います。 教育は国の基本ですし、就中、家庭教育は、日本文明の基本である子育ては、子供を宝と位置付けた万葉の昔から(しろがねも くがねも玉も なにせむに まされるたから こにしかめやも 大伴旅人)社会全体の大切な要素ですが、この頃、親の劣化が著しいのは、その親の親の劣化が原因だと思います。私もその端くれに入って居ますので、恥かしい限りです。 我々が意識して取り組むべきは、先ず、是を元に戻す事です。我々の世代は物主の価値観が平均的でした。消費が美徳と喧伝され、ついその気になって居たかもしれません。 消費を上げるには、収入の確保が必要です。 故に母親も働いた、勿論、教育費を稼ぐ為が主ですが。 そして、家庭内暴力が顕在化し始めたのでした。
>>女性管理職目標30%などはとんでもない愚作です。数値目標をせっていするなど、共産主義か独裁政権と言えます。
此のアファーマティブアクションと言うフェミニズム用語で表される数値目標は、正に、結果平等を目指す共産主義そのものだと言って宜しいでしょう。 では何故、保守政権である安倍政権が、政策として掲げるのか、そして、誰も何も批判しないのか、と言えば、是は、米国内に居る勢力のオーダーだからです。

 年次教書と言うものがあります。 日本に対する米国の要求を、「努力目標化」したものですが、是を出しているのがその勢力なのです。 米国内の各勢力の強弱分布は、トンと分りませんが、WGIPを生み出したFDRのニューディラーの残党=コミンテルンの一派が関与して居る事は、間違いありません。 それは、日本のマスコミが、その勢力に、戦後70年間、盲従して来た事から分ります。 然し、米国はその勢力だけではなく、真反対の勢力もいるのですから、パラダイムが更に変わりつつある今、彼らが生き残れるか、否かは、共産シナ次第ですが、幹部が国富を掠め取って逃げ出す国に将来はありません。

 その勢力の現在のボスは、オソラク、未だK氏でしょう。 唯、執拗な日本支配拘泥者だった、ロックフェラー一派はリーマン・ショック騒ぎの責任を取らされて失墜しましたし、K氏がロックフェラーを使って推進していた、共産シナの開発も天井を打った感があります。 米国の防衛を危うくする共産シナの暴走は、シナを支持する彼らの立場を危うくするものでしたでしょう、其処にも、彼らの混乱があります。

 唯、未だに彼らは、隠然たる勢力を持って居ますし、米国内の反日勢力の最後の拠り所なのかもしれません。 ダカラ、安倍政権には、女性登用施策は踏み絵のようなものだと思います。 つまり、日本文明の男性的なものを育てる成分を切り崩しにしようとしていると考えるべきですが、どっこい、日本の文明は元々、女性を大事にする価値観を持って居て、その上で、同権異質の原則で回って居ますから、何より女性が、女性優遇施策には、違和感こそあれ、何のありがたみも感じていないと言う部分が有ります。 騒いでいるのは一部の、家庭とは縁のない女性学者ダケでしょう。 其処には世の中を見ずに西洋文明を無条件で有り難がる、知性の低さだけが目立つのですがね。

 ゲッペルスが言って居る超国家的勢力とは、スターリンが創った国際コミンテルンの事を指しているのは、まず間違いのない事でしょう。 日本を戦争に引きずり込んだFDR自身やその取り巻き、GHQの民生局などは、皆この勢力です。 米国は彼らに拠って、戦うべきでない相手と戦ってしまったのでした。

 最近の日本ブームに現れて居る様に、逆に、日本文明はその庶民発生的な要素が、貴族趣味の文化一辺倒の欧米文化に比して、目新しく、亦、その深さや多彩さを、欧米人が知るたびに、惹き付けられている人を、年々増やしています。 この現象は、FDR一派が政権を執らなければ、大正末期から始まって居たかもしれないのです。

 この20年で、日本と欧米間に起こったのは、欧米の日本化であると言えましょう。文化は水の様に、高みから低きに向けて流れるものです。 唯、日本は、そのアイデンティティを明らかにして、文明発祥の背景迄、理解してもらう必要があるでしょう。

>しろがねも くがねも玉も なにせむに まされるたから こにしかめやも
大伴旅人

山上憶良「と、と、盗作じゃぁ」 

間違いです、スイマセン

>山上憶良
 ははは、そうでした。 えー加減な事を書きました。 スイマセン。

慰安婦像が移転されない状況でも10億円を出資。

日本政府はソウル日本大使館前の’少女像’が移転されない状況でも、韓日合意に明示された軍隊慰安婦被害者支援財団出資金10億円を出す方針だと、日本経済新聞(日経)が30日報道したそうです。

日経の記事を韓国側が記事にしたものが、ニュースになっています。

もっともその一方で、韓国・ニュースによると、国民の党の千正培共同代表は日韓政府の慰安婦問題合意と関連し、「昨年末、両国の外交当局間で成し遂げた合意を基本的に無効化させ、(慰安婦)被害者の権利のための実質的な合意が行われなければならない」と述べたそうですから、どうなっているのかと思います。

ただ、片方は2015年日韓慰安婦合意について、合意条件である慰安婦像は撤去せずに、財団出資金を頂戴と言うもので、慰安婦像の撤去に努力はしたけど出来なかったので、努力は認めて欲しいというものでした。
もう一方は、2015年日韓慰安婦合意を無かったことにしようとするものです。

日本の中でも、2015年日韓慰安婦合意に対して賛成と反対に分かれたのですが、韓国も同様で、朴槿恵大統領は合意はしたけれど慰安婦像の撤去は出来ない模様で努力を認めて欲しいとの立場であったと思います。

日本の中には、合意に反対でその理由は、韓国は合意しても必ずお替わりを要求するから意味が無く、また蒸し返すという考え方だったと思います。

慰安婦問題については、慰安婦は存在しましたけれどこれは認められていることで有り、問題は強制的に慰安婦にしたか否かですが、強制的慰安婦はありませんでした。(米国の調査もこれを裏付けており、強制的な慰安婦はベトナム戦争でのものです。)

2015年日韓慰安婦合意ですが、韓国が適切に処理できていないのですから、合意したことは正しかったのだと思います。

今後のことについては、合意に基づいてこれの適正な実行を、韓国に要求し続ければ良いと思う思うのです。これの欠点は、日本側が政府として慰安婦問題についての主張を出来ないことです。

次に、慰安婦合意について韓国が実行しないままに10億円を渡した場合には、韓国政府の発言を封じることにはなりますが、韓国の民間団体はまだお替わりを要求する可能性があります。

そして、2015年日韓慰安婦合意を無かったことにした場合には、彼等は政府、民間共に言いたいことを言うでしょう。しかし、日本もこれまでとは異なり、主張すべきは主張できます。ただ、いつも悩まされるのですが、国内の反日団体であり、誤ったヘイトスピーチについては表現の自由と、日本人に対するヘイトスピーチについても保護する必要があると思います。

私は2015年日韓慰安婦合意をこれまで通りに、韓国に適切かつ早期の履行を求めるべきだと思います。そして万が一、韓国がこれを一方的に廃棄したならば、そのときには米国、英国等の支持を得た上で、政府が全面的に米国の資料を中心とし、これに日本の資料を参考にして国連を巻き込むことを厭わずに、女性の人権問題として問題化すれば良いと思います。
国連の人権委員会などは相手にする必要はありません。
経費は、10億円では済まないでしょうけれど、日本の国の名誉の問題です。

中韓との歴史認識の差

>ポッポさん ソロです。
 10億円の拠出を、韓国の権利化されて終って居る様におもいます。 自民党の中の親韓派の為せる業でしょうが、この際自民党内部で、親韓派の掃討をやるべきだと思います。

 韓国自体、その経済施政と外交の失敗続きで、既に、国際的に信用が無く、極端に偏向した国内裁判で、ロイズの怒りを買い、以後保険加入もできない様なモラルの国です。 既に何処の国にとっても存在価値が無い国で、近々朝鮮共々地図の上から消え去る運命が時々刻々と迫って居る。

 後はどこの国が引き取るかが問題でしょうが、日本は絶対に手を挙げてはいけません。 そう言う流れを創り出しそうなのが、自民党内の親韓派なので、掃討しておかねばいけないと思うのです。

 私如き貧乏人が言うのもなんですが、多寡が10億円を支払うのに、そんなにいきり立たなくても、とは思いますが、韓国に金を貰う権利を認めて終えば、「お代わり」は幾らでもできる途を拓いて終う事になります。一点突破すれば後はなし崩し、と言う奴で、正に、強請集りのプロのやる事です。 その契機を創るのが親韓派の狙いで、今回のケースも、米国監視の下ダカラ起こる、日本人の殊勿れ主義のスキを繊細に衝いている、と思います。

 この手の日本人が、日韓関係を此処までおかしくした張本人である事を、日本人は正確に認識すべきで、その結論としては、最早、国交断絶しか途はない事を自覚すべきです。 最大の原因は、史実を反日で歪めた韓国の歴史教育に在り、故に、修復不能なのです。

 妄想の歴史でも構わない、否、歴史は願望でなければならない中韓とは、マトモに付き合えません。

少女像撤去は韓国を嵌める罠として重要である

昨年末の日韓合意はアメリカも国連も高く評価している。

隣国だから仲良くとか気持ち悪いことだが(英仏独は何回対戦したか歴史を省みよ)、日本とスワップ協定を再開させ、瀕死の韓国経済を支えさせたいのだろう。
アメリカがそう望む腹は、対支那・対北朝鮮に対する抑えで最大限日本を扱き使いつつ、分け前(アジアでの日本の影響力増)はやりたくないので、その監視役として大韓民国を生かしておきたいということなのだろう。

全く、本当に、「厭な国」だ。
まあ隣国同士のつばぜり合いなどこんなもの。
アメリカに隙があれば、「こっちにも」仕掛ける権利があるんだぜ?
国連の方は事務総長が韓国の国益の代弁者だから言わずもがな。

しかし、気が短く根性の無いことで定評のある朴槿恵が従北勢力との戦いに疲れ、日本に逆ギレして合意を白紙撤回した場合、「韓国側の」債務不履行だから、当然日韓スワップ再開しない「大義名分」が立つわけだ。

再度金融危機に陥った韓国で洒落にならん数の大量の失業者が発生し、徴兵経験で簡単な銃火器なら扱える彼らが「プロレタリアート革命」を起こし、北朝鮮軍と合流して青瓦台を強襲する日も近づこうというもの。
日本国のために慶賀すべきこと。
韓国人、在日、アメリカ人にとっては凶報(→そうなってくれ!)

昨年末の日韓合意は一見安倍内閣の弱腰外交に見えるけれども、強大なアメリカの圧力がかかる中で、ギリギリ仕掛けた「トラップ」なのだ。

折角だから嵌まれ。そしてとっとと北朝鮮に食われろ韓国。

当然努力賞で10億円などもっての他。
額ではなく、外交姿勢の問題なのでね。

夏には参院選もある。「選挙のためにも」絶対妥協しないよう賢明なる安倍閣下に願う。

平和安全法制法の要旨

 ソロです。 昨年可決し、今期発効となった、「平和安全法制」の要旨をqazxさんが纏めてくれていましたのでご紹介いたします。
「産経ニュース古森義久コラム【緯度経度】」より抜粋転載開始
  日本と米国は同盟関係なので、日本は朝鮮戦争再開時に在日米軍の在南鮮米国人救出などは支援できます。 しかし、日本は南鮮と同盟関係ではない。 日本には他国を守ることそのものを目的とする集団的自衛権の行使は、認められていない。

  したがって、在日米軍にもこの通りにして頂く、在日米軍(国連軍ではない)の朝鮮戦争参加の許可は出さない。

  朝鮮戦争再開時には、北鮮に拉致された日本人は「国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」になります。

  そして、「これを排除し、日本の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないときに、必要最小限度の実力を行使すること」即ち『武力による拉致被害者奪還』が実現可能となります。 

   平和安全法制における集団的自衛権に関する法論理          今回の平和安全法制では、「必要な自衛の措置」がとれる場合に関して、以下のような考え方に立っています。
•「日本に対する武力攻撃が発生した場合」これを排除し、日本の存立を全うする。
•のみならず、「日本と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」についても、これを排除し、日本の存立を全うする。
•国民を守るために他に適当な手段がないときに、必要最小限度の実力を行使することは、憲法第9条の解釈の「基本的な論理」に基づく「必要な自衛の措置」として、憲法上許容される。

  この考え方は、1972年の政府見解で示した憲法解釈の基本的論理を維持するものです。 ただ、72年以来の40年以上の間において、国際情勢は変化しました。現在では、日本と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した場合においても、そのままでは、すなわち、その状況のもと、武力を用いた対処をしなければ、国民に日本が武力攻撃を受けた場合と同様な深刻・重大な被害が及ぶことが明らかな状況があり得ます。 このような状況では、「日本に対する武力攻撃の発生」と同様に、「自衛の措置」をとるべき事態として扱わなければならない可能性が生じています。

  こうした事態における実力行使は、国際法上は、国連憲章で認められている「集団的自衛権」の一部分に該当します。

  しかし、平和安全法制では、これを全面的に認めるわけではなく、あくまでも、「日本を防衛するため」のやむを得ない自衛の措置として初めて許容される、限定的なものです。 他国を守ることそのものを目的とする集団的自衛権の行使は、引き続き認められません。

  日本の集団的自衛権の行使は、72年の政府見解に言う「必要最小限度を超えないもの」となります。 従って、平和安全法制は72年政府見解の論理の上にあるわけです 
 (抜粋転載以上)
  先ず、此の法が憲法違反であると云っている憲法学者の弁を評価するに、学究の徒としての見解なら、受容は可能であろう。 然し、日本国民の立場で考えれば、朝鮮戦争を再開した場合、「北鮮に拉致された日本人は、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」に該当し、日本国がそれらの日本人を救出に向かう事が合法化された事は、憲法九条が、国民に対する国家の義務を履行する障害になって居た部分を一部解消したと云えるのだから、望ましい改正であると云えよう。  

  この点を以て、従来の憲法解釈に拘り、憲法九条に違背するから、憲法違反であると云うのは、飽く迄、「解釈の差」の域を出ないモノであろうし、憲法九条が、国家の義務を十全に執行できるものではないと云う現状の認識の欠如を示している。

  今回新たに付け加えられたモノで、野党が反対しているのは、「武力を用いた対処をしなければ、国民に日本が武力攻撃を受けた場合と同様な深刻・重大な被害が及ぶことが明らかな状況」の場合に、日本が「自国の防御措置と同じ行為をする事が許される」とした事でしょう。 是で、戦争が出来る法案だ、と決めつけているのです。

  然し、此処で謳っている内容は、飽く迄、防御の場合であって主体的攻撃ではない。 つまり、交戦中、若しくは、突発的に攻撃を受けた場合を想定しているのである。 是に反対しているのなら、共産党は勿論、日米安保体制下の防衛が続く限り、民進党は永久に政権党にはなれない事になる。 片務的な法制を一部変更しただけで、是ほど騒ぐのなら、もし民進党が政権を執って、将来自前の軍を持ったとしても、同盟国の防御など期待できそうにないから、日米安保自体を破棄するしかないだろう。

  平和憲法は宜しいが、飽く迄、現実的でなければ、寧ろ、害になるだけである。 日本に平和憲法を、相手に理解させ遵守させる力が無ければ、只の自縄自縛でしかない。

  時間の経過とともに、武器は進化し、亦、其れに従い戦争の仕方も変わる。 然るに、航空機から、ミサイル、軍船に至るまで、今はスティルス全盛になりつつある。 つまり、敵が見えない所から攻撃してくる、所謂、スタンド・オフ攻撃である、然も、其の攻撃は、必ず致命的な攻撃である。 是を防御するには、事前の独自情報の収集の精度と事前の攻撃抑止行動が十全でなければならないだろう。

  是は最早、現行憲法や安保法制法の段階の問題ではなく、国家の生存権の問題である。 つまり、現行の憲法が想定した状況では、日本は生存すら適わない状況だと云う事である。

  この点を政府は国民に周知して、憲法九条の効力を即時停止して、現状に適った条文の新九条を、採択するべきである。

5/10

パナマ文書の解析が進んでいるようで。
日本の事業者が、中国でビジネスをする際に英領バージン諸島に会社を設立する例が多いというんだが、「中国側から求められる」と指摘する人もいる。もちろん、お偉いさんに裏金を渡すためです。

日本企業は裏金なんて用意できないので、正常な企業取引みたいなフリしてカネを渡すと、それがオフショアでロンダリングされて、いつの間にか中国共産党幹部の財布に入ってしまうわけだ。
また、中国で儲けたカネをそのまま日本に持ち帰るよりは、こうしたダミー会社を経由させた方が日本企業の節税メリットが大きいというケースもあるだろう。

中国が恐れる日本の武器

不透明な軍事費の増加で軍事力を増大し、南シナ海や東シナ海で国際法を無視する中国が日本の武器を恐れています。核兵器を持つ国が日本の武器を恐れているのです。

習主席が恐れている日本の武器は「アニメ」です。日本のアニメは世界の子供たちに人気があり、読まれています。アニメを読んだ子供たちはアニメに書かれたことを信じ、洗脳されていきます。

中国が恐れているのは日本のアニメの影響で中国の歴史が破壊されていくことです。歴史を改竄してきた中国はアニメの世界で描かれる「正しい歴史」の普及を恐れているのです。

「ドラエモン」「進撃の巨人」などは禁書とされたようです。

作家は中国を攻撃するつもりで書いたのではありません。が、歴史を改竄する中国に対しては「正しいアニメ歴史」を世界に発信していくのが最大の武器になりそうです。

新しい「中国攻撃正しい歴史アニメ」の誕生を期待しています。

「戦前の過ち」とやらを本気で悔いるなら、日本はもっと世界に干渉(武力による威嚇含む)すべき

昨年の内閣談話でも述べている。

「孤立」(←ABCD包囲網のことか?)したから世界と戦争する羽目になった

と。

底意地の悪い白人の植民地帝国連合など、当時のどうしようもない情勢もある(ちな植民地帝国は砕き影も形も無い)が、それにしても悠々と構え、後手に回った感がある。

囲んで敵を倒す

日本人はこの種の権謀術数が苦手なのか性に合わないのか?

徒党を組んで襲うなど所詮自分の実力に自信が無い雑魚のやることだと?

確かにそうなんだが、「備え」は必要だろう。
「利害の対立する」仮想敵を包囲し殲滅する策動もその「備え」に入るのではなかろうか?

その意味で今の内閣の支那包囲網構築と安全保障法制の整備は評価している。

孤立を避け、「平和と国民の生命を守るための」取り組みだからな。

反対する民進ほか売国奴がむしろ「平和と国民」の敵なんだ。
市民虐サツ事件の犯人である中国共産党を庇い立てするような奴らがよく言うぜ。

全く「平和」と真逆の存在ではないか?
この人ゴロシ野郎め。

ついでに日本国なくして日本国憲法は無い。

人権が普遍というのは講学上の方便で、その実「嘘っぱち」である。

もし間違って中華人民共和国に降伏してしまえば我々を煮るのも焼くのも共産党のクソどもの勝手だし、日本国憲法典などビリビリに破られて終わり。
中国共産党に日本国憲法を遵守する義務も義理も無いのでね。
あしからず。

どこが「護憲」か?

「日本国憲法に忠ならんとするなら」むしろ昨年の安全保障法案には賛成票を投じるべきなんだよ。

民進・共産の輩こそ「逆賊」である!
討滅せよ!(選挙で)

【在日発狂】パナマ文書問題を誰でも一発で理解できる画像をご覧ください

【在日発狂】パナマ文書問題を誰でも一発で理解できる画像をご覧ください
https://twitter.com/naopata/status/726953529106030593

反日売国テレビ局・マスコミの言う事を鵜呑みにしないで、自分の眼と耳
でたしかめましょう。
 忙しい貴方は信頼できる情報を入手して判断しましょう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。 

こんにちは

■「国家(王朝)」を解体するためには、まずその土台を壊す


>愛国心の消滅、悪平等主義、拝金主義、自由の過度の追求、道徳軽視、3S政策事なかれ主義・・・etc


これは主にユダヤ人が欧州の王国を解体するために考案したもので、この真逆が王国の支柱であったと考えると、理解しやすくなります。

いわゆる帝国主義時代の到来で、互いに歪み合う欧州の王国は競って海外に植民地を求め、これを以て経済を拡大し、王国の基盤を頑丈なものにしようとしました。つまり欧州の勢力争いが世界を巻き込み、結果として有色人種に暗黒の時代をもたらしたのです。そしてこれが「グローバリズム」の幕開けです。

帝国主義により領主(王朝)は実力を増し、ユダヤ人ら革命勢力は手も足も出なくなりました。さらにユダヤ人は絶対数が少ないため、もはや武力による革命は絶望的となり、武力ではない謀略へとシフトせざるをえませんでした。

まずは権力(王朝)と被権力(民衆)との「つなぎ」をぶち壊す。王朝は収奪者(加害者)であり、民衆は収奪される者(被害者)という、いわゆるプロレタリアの価値観を、主に文学や芸能を通じて民衆に刷り込み、信念信条ではなく潜在意識の中で権力への「反抗心」を植え付ける。民衆が個人主義・快楽主義になるほど、これを「制限」する権力に対して不満が生じるわけです。

潜在意識に反抗心を植え付けられた民衆は、次第に納税を拒否する、あるいは脱税するようになり、権力の源である「富」が集まらなくなる。権力が弱ったところで、民衆に武器を持たせて一気に叩き潰す。こうやって「フランス革命」が実現しました。

フランス革命で味を占めた革命勢力ですが、同時に「ナポレオン」という自称皇帝の登場を許し、この失敗から学び、権力や権力の支援者であるブルジョアを尽く消す「共産主義」へと発展します。

グローバリズムは共産主義が生まれるまでの過程において誕生したもので、権力の源である富を錬金術のように増幅させるグローバリズムで得た富を、権力と反権力が奪い合い、結果として権力も革命勢力もグローバル資本によって生かされる存在となりました。

グローバリズムと共産主義が妙に相性が良いのは、実はこのような背景があり、米国やドイツの左派にグローバル資本との繋がりがよく見られるのはこのためです。共産支那なんかは典型的なグローバリズムですが、米ウォール街や英シティが共産支那とズブズブなのも納得できるでしょう。反グローバリズムを謳う連中の中に、共産党や社民党ら極左を支持する者がいますが、文字通りの「バ○」です。

つづく

こんにちは

つづき

ナチスは欧州に王朝政治を再興させようとし、その邪魔となる革命勢力を弾圧しました。ナチスの「アーリア人至上主義」は、単に革命勢力駆逐のための大義名分にすぎず、ユダヤ人迫害の本当の目的も同様です。難しい御託を並べるよりも、民衆のレイシズムを煽り立てるほうが手っ取り早かっただけで、ヒトラーが日本と日本人を絶賛し、日本の参戦により無敵になったと早合点して、米国との戦争を死ぬほど嫌がっていたにも関わらず、真珠湾攻撃直後に対米宣戦布告してしまったように、ナチスそのものは決してレイシズムではありません。

グローバル資本への「挑戦者」である日独が敗れたことにより、世界はより一層グローバル資本依存が強くなりました。米ソ冷戦も、世界覇者となった米国と、グローバル資本の総本山になりたい革命勢力のソ連との戦いですが、ソ連亡き今も毎日のようにグローバル資本の取り合いが行われています。要するに「錬金術=グローバリズム」を誰が手にするかという話です。パソコンの1クリックで取引(商売)が成立してしまう昨今の世界経済は、GDPを生み出すスピードが桁違いに早くなり、完全な錬金術になりました。

経済(GDP)が国家の安全保障に直結するが故に、グローバリズムに対するスタンスが、国家の存亡にも関わるようになり、現在の各国の指導者は難しい舵取りを強いられています。

我が国も同様に、2600年の伝統と文化を守る立場の安倍政権が、これと相反するグローバリズムを推し進めており、まさに「アベコベ」です。

もし我が国が世界のリーダーを目指すのであれば、当面はグローバリズムとの「共存」を避けて通れません。致命的なのは、他国を容赦なく攻撃できる軍事力を持たないことです。だから安倍政権は憲法を改正しようとしている。実は筋が通っています。

一方、グローバリズムを拒否し、半ば鎖国的な政策をとるとなると、国民に相応の覚悟が求められますが、保守派の中でさえ歪み合っているような状況では無理でしょう。田母神氏の逮捕で、どうして直接関係のない連中までもが自らの立場や価値観を主張したがるのか理解に苦しみますが、要するにこれが我が国の「現実」なのです。反グローバリズムと口先では言うが、グローバリズムと戦う覚悟が全くないし、そもそも敵を完全にナメている。敵は百戦錬磨の手練れであり、生半可な覚悟で勝てる相手ではない。

政府はしばしば「観測気球」を上げて国民を観察しています。田母神氏の件も当然観察していますし、結論としては『ダメだこりゃ。by,安倍晋三』でしょう。

とどのつまり、安倍政権への評価以前の問題であり、一億玉砕の覚悟が日本人にない、それだけのことです。

おわり

NHKの欺瞞が良くまとめられています

NHKの欺瞞が良くまとめられています
https://twitter.com/itbe7/status/727019134660145153

支那朝鮮に支配されたテレビ局・マスコミが日本を貶める内容の番組を制
作して、日本国民には報道しない自由を行使していた所、この番組の内容に激
怒した台湾原住民族がNHKを告訴したのです。
 当然の結果としてNHKは負けているのです。

詳細は

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

中華人民共和国はグローバル経済の勝者であり「敗者」

誰も薄汚い漢民族の中華人民共和国など本気で愛しちゃいない。
「今は」儲かるし成長株だと思ったから、世界中の投資家が中華人民共和国に「夢」を見た(過去形)というだけ。

しかし、ずっと「同じ物」にしがみつき、「他人様の真似」をするだけでは商売にならない。

そんな間抜けな両班野郎は、知恵も勇気も足りない、日本のモヤシマルクスレーニン主義者くらいのものだ。

グローバル経済の「これから」のトレンドは支那切りだ。

他に若い労働人口を抱え、共産党の身勝手な内戦のリスクの無い国は掃いて捨てるほどあるからな。中華人民共和国はワンオブゼムなのだ。

この点、TPPとASEAN経済共同体は支那にとって「破滅の使者」のような忌むべき存在だ。

あんなモノが本格的に動き出したら、これまでの巨大人口に物を言わせた古い手法は一切通用しなくなる。

「相手も」巨大人口だからだ。
しかも若い。
しかも共産党のクソどもが邪魔をしない。

まあ、共産党の天下が一日延びたことで良しとする「小人」共産党諸氏にとっちゃ、そんな絶対解決策が見つからない難題と向き合う必要は無いがね。

この民族の裏切り者どもが。
まあ、裏切られる人民の方も共産党員と「根は同じ」だろうから、何の憐れみの心も無いがね。

せいぜい負け犬歴史を繰り返すがいいさ。
もう漢民族には再浮上のチャンスは無いと思う。

有史以来、長いこと北の遊牧民や狩猟民に虐げられ続け、近代以降の銃火器の飛躍的な発展で、ようやっと彼らの「奴隷」から卒業し、これからだったのに、漢民族の裏切り者「中国共産党」に食い潰されて成長期を終える。

他の発展途上国が伸びてきて「埋もれ」、誰にも省みられなくなった、(工業化の副作用で)汚染され水すら枯渇した大地で、世紀末伝説のごとく漢民族は相食むのか。

まあ「全部自業自得」だから仕方ないよね?(笑)

百、河清を待つより、手の中のドルが大事

始めは低賃金で売り、儲けは共産党の1人の財布の中へ取り込んでしまって、

水汚染、大気汚染、土壌汚染になり、共産党がさんざん搾り取っていながら15億の市場がある言っても誰も信じない。100年、200年は待てないよ。

金を持たない者15億人よりも、金を持つものがいる、将来、金を持つ者がいる小国のほうが大事だよ。

百年,河清を待つ如し。





東京都枡添要一知事も、ワンワン泣いていた元兵庫県の野々村議員も同じ体質

最近の東京都枡添要一知事の行動を見ていると、何故か、さきに兵庫県の県会議員になり、汚職が暴かれてワンワン泣いていた野々村議員を思い出した。

何故かと考えていたら、枡添知事も、野々村県会議員も、何かをしするために知事や県会議員になったのではなく、ただ、その地位が持つの特権がほしかっただけではないだろうか。

そのうち、枡添要一東京都知事も汚職により、特権を取られて、わんわん泣くことであろうか。それが知事の職の向上の一部になれば幸いである。

朝鮮族と言う括り

 ソロです。
 李明博が、日本乗っ取り宣言を出して既に5年が経過して居ますが、実際の処はドゥなのでしょうか。 明らかな証拠が有るワケでは無いし、証拠を提示せよと言われたら困る様なレベル、つまり推測でしかありませんが、気が付いたことを書いてみます。

 私は良く朝鮮族と言う呼び名を使って居ますが、是は、朝鮮系帰化人と在日朝鮮人、そして、半島在住人と言った、朝鮮人全てを包含したものを意味して居ます。 何故なら、朝鮮人と言う民族は、そのルーツからして、4つ以上を持って居ると考えているからです。 然し最近その中の、最下層民である、旧常民・白丁層を一つの集団に纏めるべきと思いいたりました。 それが、自由農民層です。 彼らへの弾圧は、2度に亘って行われて来たと看ています。 即ち、昭和⒛年の終戦直後~朝鮮戦争終了、否、李承晩政権終了までと、民主化選挙を偽装した光州事件です。 何れも、大勢の自由農民が、様々な大義名分を付けて犠牲になりました。 この層は、反米・反両班は勿論、強い反日です。 是は、自分の出自を隠す為だったモノが、捏造歴史は自分達にとって都合がよいので、その反日的な成分を丸呑みした結果でしょう。 この層が今や、韓国社会の多数派になりつつあるのです。

 日本国内に目を向ければ、その弾圧からの政治難民である自由農民層が65万人と言われていますが、感覚的にはその倍はいるでしょう。 彼らも、半島に居残った、或いは帰還した自由農民層とは、極めて近い関係に在るでしょう。 で、半島に昔ながらの両班層もいるワケです。 これ等の層は表層的な日韓関係の主役ですが、日本に真に悪影響を及ぼしているのはこの層ではありません。

 法曹界を初めとし、芸能界、経済界、政治界、スポーツ界いは、朝鮮系の帰化人と思しき人士が溢れています。 中には、帰化人ですらない在日も多くいますが、その悪質さは、帰化/在日で区分け出来る様なものではありません。 そして、戦前から終戦直後は、その姓で、見分けが着いたのですが、改名、変名を自由にする事に、行政官庁が「差別だ」と言われるのを懼れて自在にやらせた結果、見分け不能になって居ます。

 以前は金が着いた苗字、色=白黒赤青が着く苗字、松竹梅、福や鶴亀と言った縁起の良い苗字は、戦後に来た戦争難民、政治難民が多く、言葉使いや顔立ちから判別し易かったのですが、是とは別に日本に以前から棲みついて居る、朝鮮系帰化人は、「い=李」「お=呉」「ゆ=柳」が頭に着く苗字の人に多く、他にも「い」は、岩、石、井、居、今、伊、飯、祝、板・・と言う漢字が苗字に入って居る場合が多いのですが、この殆どは、戦前の其れも、徳川氏の治世に入った江戸期も入って居ますから、ルーツにはあり得たとしても、2世、3世のケースは少ないでしょう。亦、この漢字を使った苗字は、元来日本に有った苗字も多いので見分けが着きにくいし、此処まで朝鮮族の範疇に入れると、日本人の4,5割はこの中に入って了うので、分類として意味が無くなると言う人もいます。

 ですから、大事なのは3世以前のルーツではなく、現在本人が反日か否か、でしょう。 問題なのは、何故か日本人や日本に対して、根拠のない優越感を持って居る人がいると言う事です。 多くは自分が苦しんできた貧しさや境遇の悪さを「朝鮮人差別」の所為にして、勝手に抱いたコンプレックスの裏返しなのでしょうが、日本人としては迷惑な話です。

 唯これだけは謂えるのは、血統はドゥあれ日本国民として義務を果たし、日本人の視点を知り、日本人の利益の為に、公共の為に尽くす人を、日本人は外国人扱いはしません。唯、如何なる高位の仕事について居ようが、日本に害をなすような人士、例えば、河野洋平、村山富市、鳩山由紀夫、管直人、大江健三郎、筑紫哲也・・は、ルーツを調べるまでもなく、日本人として失格して居ます。

 まぁ、血統が朝鮮人で無くても、勝ち負けに拘り過ぎて、優勝劣敗と言う価値観しか持って居ない人は、朝鮮系だと言われても仕方がないと思います。 韓国の勝負ごとに対する拘りは、異常ですからね。

「絶対的な支障」があった大日本帝国憲法



日本国憲法は合法

予備知識

歴史

・連合国:ポツダム宣言で日本の民主化を要求
・大日本帝国:ポツダム宣言を受諾、すなわち民主化を受諾

大日本帝国憲法と日本国憲法の最大の違い

・大日本帝国憲法:天皇大権→大日本帝国の所有者は天皇
・日本国憲法:国民主権→日本国の所有者は日本国民(民主)

ハーグ陸戦条約第43条全文

第43条:国の権力が事実上占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な支障がない限り、占領地の現行法律を尊重して、なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、施せる一切の手段を尽くさなければならない。

重要ポイント

「占領者は絶対的な支障がない限り、占領地の現行法律を尊重」

ポツダム宣言における戦争終結の条件は「日本の民主化」であり日本はこれを受諾したのである。民主(民が主人)ではなく天皇大権(天皇が主人)である大日本帝国憲法の存在は日本の民主化においてハーグ陸戦条約第43条の規定する「絶対的な支障」に該当するのは明らか。

結論

連合軍占領下での憲法改正は合法

ポツダム宣言を受諾した日本に民主主義に基づく新憲法制定行為はハーグ陸戦条約第43条に違反しておらず全く合法である。

正しい日本国憲法の認識 第一条編



日本国民から日本国憲法を押付けられたのはGHQ・天皇の側


日本国憲法の第一条は「国民主権」である。


大日本帝国憲法下では日本の国民、領土は 天皇が権利者(所有者)になる「天皇大権」が定められていたのに対し日本国憲法下では国民、領土は日本国民自身の権利(自身の所有)になった。

法律上、最も基本的で重要であるはずの主たる権利者の地位を定める「国民主権」規程はGHQの憲法試案、政府試案にもなかった。

この規程を条文に盛り込んだのは戦後初の普通選挙で選ばれた国民を代表する議員であり、GHQと政府の試案に反対して憲法の最初に「国民主権」(日本国は日本国民のもの)と規程したのである。


大事なのでもう一度言うが


日本国の国民、領土の主権者(所有者)は天皇ではなく日本国民であるとわざわざGHQ、政府の試案に反対して盛り込んだのは戦後初の普通選挙で選ばれた国民の代表、つまり日本国民なのである。


まとめ


国家主権の推移(主権者とは国の所有者を意味する)

  ・大日本帝国憲法下 : 天皇(法的根拠は天皇大権)

  ・占領下 : GHQ(法的根拠はポツダム宣言とバーンズ回答の受諾)

  ・日本国憲法下 : 日本国民(法的根拠は国民主権)

主権の推移を見れば一目瞭然

  ・天皇 → GHQ → 日本国民

日本国憲法は日本国民よって日本国民の法益の為に作られたのである。


結論

日本国民は講和条件にあった日本の民主化を盾に取って天皇とGHQに日本国憲法を押付けて主権を奪ったのである。

「日本国の国民と領土は日本国民のもの」と「日本国民」が決めた憲法のいったいどこが押し付け憲法なのか?
  
仮に押付けられたとしても「よくも日本国民と日本領土を日本国民に押付けやがったな!」と文句を言う奴はいない。(普通の国民なら黙って感謝する)

文句を言う輩(=アホなネトウヨ)はオツムの状態を病院で精密検査をして診てもらった方がいい。


資料

成立過程参照 マッカサー案~GHQ案~政府案~国会議決(最終)
国会議決(最終)で国民主権が盛り込まれたことが判る。

日本国憲法第1条

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC1%E6%9D%A1


日本国憲法と大日本帝国憲法条文比較

http://tamutamu2011.kuronowish.com/kennpoujyoubunnhikaku.htm

抜粋

日本で始めて男女平等の普通選挙(1946年4月10日=第22回衆議院議員総選挙〔戦後第1回総選挙。女性議員39人誕生〕)で選ばれた国会議員によって、第1・第9・第25条等の民主的修正や、第17条や第40条の追加が行なわれたことは、重大な意義があったといわなければならない(国会での憲法修正一覧表)。

正しい日本国憲法の認識 第九条編



日本国民(衆議院)によって再構成された第九条


憲法九条の立法過程を政府試案と国会決議(最終)を比較して見てみる。

(引用開始)

政府試案

國の主權の發動たる戰爭と、武力による威嚇又は武力の行使は、他國との間の紛爭の解決の手段としては、永久にこれを抛棄する。

陸海空軍その他の戰力は、これを保持してはならない。
國の交戰權は、これを認めない。



国会決議(最終)

① 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求(ききゅう)し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇(いかく)又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

(引用終了)


国会決議(最終)には多くの条件が追加されている。 法解釈において特定の条件がついた場合はこの条件を満たす場合にのみ限定的に効力が発揮されると考えられる。 つまり、憲法九条は特定の条件下でのみ有効なのである。

個別に条件を検討してみる。

・「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求(ききゅう)し」

「正義と秩序を基調とする国際平和」に該当しない行為には戦力保持と武力行使を否定しない。つまり国際平和への脅威に対する戦力保持と武力行使は可能と考えられる。この考え方から国連待機軍構想などがでてくる。

・「国際紛争を解決する手段としては」

「国際紛争」でなければ戦力保持と武力行使を否定しない。だから日本国政府は竹島問題を国際司法裁判所に提訴しない、紛争ではなく不法占拠であり法的に争う余地がない場合には武力行使が可能だからである、また、中国が日本に「尖閣諸島を紛争地域と認めよ」と要求してくるのは紛争地域にすると日本が武力行使の法的根拠を失うと知っているからである。

・「前項の目的を達するため」

「前項の目的」以外については戦力保持や武力行使を否定しない。つまり「国際紛争の解決」を目的とせず「自衛」を目的とする場合には戦力保持と武力行使が可能なのである。もちろん自衛権に付随する権利である集団的自衛権も保有している。だから自衛権を法的根拠として現実に自衛隊が存在し集団的自衛権を法的根拠として現実に日米共同訓練(尖閣奪還訓練など)も行われているのである。

結論

日本国憲法第九条はGHQ・政府案を日本国民の立場から再構成し戦力保持や武力行使を可能にしながら、日本国民が将来、冷戦や再び世界大戦に巻き込まれないように上手に書き直されている。

これだけ書き直しているのに、いったいどこが押付け憲法なのか?

だいたい君たちは近代法治国家の国民として法というものを本当に理解して主張しているのか?


資料

憲法改正国会での修正・追加条項
http://tamutamu2011.kuronowish.com/kennpousyuusei.htm
衆議院における帝国議会提出の大日本帝国憲法改正案修正箇所

天皇誕生日は法の下の平等を定める日本国憲法第14条違反の疑い



日本国憲法第14条

1.すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

2.華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

3.栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

憲法14条の解釈

法の下の平等は、平等原則として国民一人一人への平等な取り扱いを国家に対して要求したものである。

<コメント>

特定の個人である〇〇〇〇氏の祝日というものが有り得ないように、平等・対等の個人間において特定の人物の誕生日を特別に祝日として国家が定めるのは、厳密に言えば法の下の平等を定める日本国憲法第14条違反にあたる。

明治~昭和の教育の中で国民に天皇崇拝を深く刷り込んだ歴史的背景があり、なかなか廃止にできず緩やかに国民の天皇崇拝度合いを薄める方向で動いてきた経緯がある。ところが未だに勘違いしている人々がいる、これは近代日本の難病であるといえよう。

もともと江戸末期の庶民は「天皇って誰?、京都の大名?」程度の認識であったのを明治政府が儒教(陽明学)に基づいて個人崇拝を浸透させたのが始まりである。隣国の南北朝鮮を見ても儒教という宗教(国際的にはれっきとした宗教)は非合理的思考者を量産する本当にやっかいなものである。


おまけ


開戦回避より保身

日米交渉の行き詰まりによって第3次近衛内閣は1941年10月に総辞職した。後継候補としては、陸軍将官でもあった東久邇宮稔彦王による皇族内閣が東條も含めた広い支持を集めており、近衛もこの案を昭和天皇に奏上した。ところが天皇は「若し皇族総理の際、万一戦争が起こると皇室が開戦の責任を採る事となるので良くないと思つた」ために否定的であった。~(省略)~こうして後継候補決定に最も影響力を有する2人の間では東條指名で固まった。

wiki 木戸幸一より


終戦決断より保身

近衛は1945年(昭和20年)2月14日に、昭和天皇に対して「近衛上奏文」を奏上した。近衛が天皇に拝謁したのは3年4ヶ月前の内閣総辞職後初めてであった。この上奏文は、国体護持のための早期和平を主張するとともに和平推進を天皇に対し徹底して説いている。~(省略)~昭和天皇は和平推進については理解を示したが、陸軍内部の粛清に関しては「もう一度戦果を挙げてから出ないとなかなか話はむずかしいと思う」と述べ却下している。

wiki 近衛文麿より


国民より国体護持

(昭和20年8月)12日の午後3時から6時過ぎまで皇族会議が開かれ、13人の皇族を前に天皇はポツダ ム宣言の受諾について協力を求めている。朝香宮が「国体護持が出来なければ、戦争を継続するか」と質問し、天皇は「勿論だ」と答えたという。

国体護持と「八月革命」 波多野 澄雄 筑波大学 名誉教授
http://japan.tsukuba.ac.jp/journal/pdf/06/1_hatano.pdf


ちなみに私は天皇否定論者ではありません、天皇家というものを権威や権力の道具として利用すれば天皇家と日本国民双方に良いことがないと考えているだけです。

余計なお世話

>HSBC
他所の国の事には口を出すな。 余計なお世話だ。

>HSBC 
機関説論者か、名称を変えただけの法人論者なのか。左翼の回し者か。
自説を述べよ。

HSBCさん
ありがとう!目が覚めた!
これからは憲法改正賛成にまわります!

HSBC (キムチ銀行) ⇔ コリアーノ舛添 ⇔ ガソリーヌ山尾 ⇔ トンスル朝鮮脳


トンスル
朝鮮一番絞り純生ウンコ汁醗酵酒 秘伝三段仕込み熟成十年 蔵出し無殺菌

ホンタク
冠婚葬祭に欠かせない朝鮮の高級郷土料理 刺身の生ウンコ漬 

朝鮮脳
「試し腹」による遺伝子異常「火病」患者の欠陥思考回路

試し腹
シバジ(種受け子宮レンタル女)の品質検査

朝鮮人の言動が道理が通じず、論理の飛躍で理解不能なのは、長きに渡る近親間の交配が原因です。
朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きなGenetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。
朝鮮では、昔から若くて綺麗な娘達は支那に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が多数見つかっている。

鮮人三原則 『臭い、汚い、危ない』

朝鮮族分について

ソロさんへ、 ポッポです。

朝鮮族の最下層民である白丁については、その身分差別が知られるところですけれど、その人数がどの程度であったかがもう一つ分かりません。
一応は1926年には36、809人との数値が出ているのですが、残っている他の文献というか、写真等からはもっと多かったように思えるのです。
また、両班については全体の45パーセント程度とのデータがありますけれど、貴族が全体の45パーセントは余りにも多すぎると思うのです。
この45パーセントは自称するものの合計なのでしょうか、それとも、李氏朝鮮の書庫のどこかに残されていたものなのかと考え込みます。

これについてですが、朝鮮人が満州に出稼ぎに行った際には、朝鮮人の名前ですと支那人に馬鹿にされるため、日本人の名前をほしがったこともあります。日本人ならば、商売のために自己の使命を捨てることはないと思いますが、朝鮮人の場合には通り名を使う(それも場合によっては、一人で幾つも使います。)

氏名も身分も変えることに迷いのない民族ですから、日本人の常識からは逸脱するものだと思います。

戦前日本の朝鮮での農奴解放

>ポッポさん ソロです。 お早うございます。
>>1926年には36、809人との数値が出ているのですが、残っている他の文献というか、写真等からはもっと多かったように思える
  問題は、その数字を如何にして拾ったのかと言う事です。 農奴層はこのほかにも常民と言う一つ格が上の層が居ましたが、そっちの数字は無いのですか?

  推定でしか言えませんが、この絶滅危惧種並みの数字(当時の人口総数2500万人として、0.15%)は、周知されている当時の現状から考えて先ず在り得ません。 一方、両班層が社会に占める割合が45%と言うのも、周知情報と比せば少なすぎます。

  この2つの事象から、出した数値は、両班層が持って居た土地の単位面積当たりの耕作者を概数から指定して、耕作面積を懸けたものでは無いかと思います。 然し、その場合、概数はこの数字に近かったワケですから、常民層はどうだかわかりませんが、白丁層がかなり減って居た事は事実だと言う事です。

  統治開始から16年、開墾事業も捗り、土地の払い下げ事業も開始されて10年くらい経って居たのではないかと思います。 すると、農奴から一躍「土地持ち農民」になった農奴層は相当いたでしょう。 農奴は、土地とセットとして、両班層に「所有物」と言う認識がありましたから、此の桎梏を解き放つには、統治者の強制力を伴った指導が隠然と存在したと思います。 つまり、両班層にとって、土地の耕作者を奪われた形になって居るワケで、不労の両班層にとって、死活問題ではあったでしょう。 然も、農奴を従来の様に暴力で従わせようとすれば、当然、統治者が法令違反として罰します。 近代国家としては、此の当たり前な行為を、戦後になって弾圧として告発しているのではないかと思います。

  GHQは、朝鮮半島でのWGIPの施策推進の為には、この戦前日本に拠る、農奴解放=自由農民の誕生を認めるわけには行かなかった、然し、開墾地を殆ど無償で下げ渡した際の資料は事細かいモノが」残って居るワケで隠す事は難しかった、亦、自由農民自体が、折角手にした耕作地を手放すわけもなく、是が大邱市の230万デモに繋がったのも当然の話でした。 拠って、GHQが執った手段は粛清と言う悲劇であったと思います。そして、日本の農奴解放は、無かった事になったのです。

 しかし、後にこれをネタに李承晩から、米国は強請られ、数百万に上る犠牲者を出した違法な取り締まりと数多の犯罪行為を見逃して、一亡命者としてハワイで90歳の天寿を全うさせる事になるのです。

  こう言う変革を行うのに、旧体制がどんなに遅れた形でも、既得権者の了解を得るべく話し合いがもたれるべきですが、当時の世界の常識から言って、それが十分だったかは疑問です。然し両班層は、同時に日本が持ち込んだ流通のシステムをさっぱり理解して居なかった事を考えれば、話し合った処で、両班層の面従腹背以上の協力は得られなかったと考えるべきでしょう。 いずれにせよ、両班層が戦前日本に抱いて居た不満は、相当のモノであった事は、間違いないでしょう。

  是が、GHQが戦後行った農地改革の場合、地主層に対する報復的な土地の収容に際し、事前に話し合いがもたれたと言う事は殆どなく、高圧的な強制ですらあったから、普通の国なら暴動ものでしょう。 是を思い止まったのは、陛下の終戦の詔の所為であると私は思います。

  朝鮮と日本で起こった2つの事象の間には、自身の土地を奪われた/奪われたわけでは無い、と言う明らかな差があるのですが、結果は報復として、オソラク自由農民層に大量の犠牲者(公称118万人)を出している朝鮮と、何もなかった日本と言う差になって居ます。

  是は、天皇陛下のご存在を抜きにしては語れない話です。もし陛下のご存在が無ければ、戦後日本は、収拾がつかない形になって居た可能性が有ります。

 日本社会の安寧に、天皇陛下のご存在が不可欠な事はGHQも認めて、その処刑を撤回して象徴としての存在を支持して居ます。 当時は未だ、連合国軍のメンバーであるソ連とオランダは陛下の処刑を強硬に主張していたのですから、正にコペルニクス的転回であったと言えましょう。

  陛下のご存在の有効性を西洋的な理屈で説いて説明しようとしても無駄な事です。 ご存在そのものが、国民を一つの国にまとめ上げているのです。 是は新憲法で規定したからそうなのではなく、万古不易の真実なのです。ですから、この先も、我々が陛下を特別な存在として認識して居る限り、亦、陛下が威権分離の立場で君臨される限り、日本は安寧な国であり続けると私は思います。

  然し、GHQは半島と列島では、片や、民主主義の最良の相棒を育てるべく本国市場を開放しましたが、方や、中南米並みの独裁者に統治させ、民衆の弾圧を黙認する、と言う真逆の施政を行った事になります。

  その結果、建国目的でもあった、朝鮮・シナの共産勢力との対峙が、その独裁者の日本に対する私怨の所為で、米国との間の信頼関係が崩れ、戦争になりました。

米国は、3年半も日本と戦った5年後に、再び3年半も戦争を継続した事になります。 朝鮮戦争では、米国の死者数こそ、対日戦の1/10程度で済みましたが、この戦争で、国内経済の戦争依存体質が定着してしまった観があり、戦争無しには、経済の健全さを保てない状況となり、直ぐに、インドシナからベトナムにかけた地域での紛争に首を突っ込む事になります。

  国内政治も、戦争屋に牛耳られる事が多くなり、何時しか国家目的が世界覇権奪取に膨張してしまい、已む無くそちらの方向へ舵を取って終ったと私は思って居ます。 

  オソラク、国民感情からすれば、国家の存在意義である、国利民福の原則から言って、米国政府の行政は「滑って居る」感じがあるのではないかと。

中国のトイレが汚いのは本国に行かなくても分かります。
昨年奈良の東大寺に行った時、観光客の殆どは中国人。
バスに乗る前にトイレに入ったら小便するのに足の踏み場がない。
ビタビタ状態。
中国人のトイレの使い方には「こりゃ、ダメだ!!」と思いましたね。

漢民族のすちゃらかさよ

何と、大学生が借金して「株」やってんのかよ?そして破産してると?

バカだろ?絶対。

個人投資家が多いとは言うがここまでとはね。

本業(勉強)はどうしたよ?
あの国終わったと思ったね。

どいつもこいつもヤクザな博打打ちの国なのか。
「誰が」真面目に働き外貨を稼ぐんだろうね?
人件費の高騰やASEAN諸国の工業化で支那を取り巻く情勢はただでさえ厳しいと言うに。

しかし「最後の大博打(笑)」がまだ残されているぞ。

中国共産党の天数は尽きた。今こそ易姓革命の時。

「反乱」じゃあ~

運が良ければ漢の劉邦や明の朱元璋だ。
「極々一部」が。

他の圧倒的大多数の漢民族は今より更に不幸になるし、外部者からは漢民族全体が(その子孫も)バカだと思われ、蔑まれるが、それをやっちゃうのが漢民族(それと朝鮮民族)の仕様なんだなあ。

白丁と両班

ソロさんへ、 ポッポです。

>白丁の人数についてはWIKIの「白丁」によるもので、「李氏朝鮮における白丁と賤民」の中に「1926年の朝鮮総督府の統計調査によると、当時の朝鮮半島の『白丁』」とされていた階層は8211世帯、3万6809人にのぼる。」と記述されており、これの職業別内訳は「最も多いのは獣肉販売業で27.8パーセント。これに屠畜、製革、製靴など牛に関係する一連の職業をあわせると48.8パーセント。農業が25.2パーセント。柳器製造が10.6パーセント。飲食店や低級旅館の経営が5.8パーセントであった。」と言うものでした。

これは、朝鮮総督府の資料ですが、本当は1910年以前のものがあれば、良かったのですが残念ながら1926年でした。

その他の資料(WIKI・李氏朝鮮)では、賤民との表現ですが李氏朝鮮の初期に人口の30パーセント程を占めたと言うのがありました。

次に両班の人数です。
李氏朝鮮Wikiwandにおいて、両班人口は17世紀の終わりには10%内外であったが、19世紀半ばには両班の占める割合が70%に達した地域もあった。また、「面白い歴史、知っておくべき歴史、日本の歴史」と言うブログでは両班、初期は3パーセント、1600年頃流動化、末期相当多数(地区によっては7割以上)。さらに、「理解する世界史 & 世界を知りたい」の「李氏朝鮮末期の社会」に関する資料集呉善花著「韓国併合への道」では、京城帝国大学教授だった四方博氏の計算によると、両班人口は1690年には総人口の7.4パーセントだったが、1858年には、なんと48.6パーセントにまで増加しているのであるとされていました。

常民の数値については、いずれの資料にも記載されていませんでした。いずれも記載されていたのは、両班と白丁だけでした。これについては、ネットでは無く統計資料でないと難しいと思うのですが、朝鮮半島は捏造した数値はあってもまともなものは無いようですから、しばらくかかると思います。

一つの国家に於いて、貴族が5百年の間に7倍にも増える一方で、奴隷が数分の一になりますと、奴隷は酷使されることで減少することも多くなることもあったと思います。この場合には、後代になりますと減少する速度が速くなる可能性が大きくなったと思います。

GHQのWGIPが朝鮮半島にも影響したことは、考えたことがありませんでした。
しかし、考えてみますと地主階級は日本の統治が公平であったために、極めて大きな損を被っていますから、両班の李承晩が大統領になったことからこれまでの損を取り返すべく行動したでしょうから、戦後の元白丁は手痛い目に遭ったと言うことですね。
だからと言って、日本に逃げだして来るなと言ったところです。

朝鮮戦争への米国の介入についてですが、最近は米国がアジアへの侵略を根本的に勘違いしたような気がします。
日本を相手にして戦争に勝利はしましたが、それに疲れたのでしょう。その後の国民党への支援が少なかったことから、中国大陸から追い出されたため、結果としてはなんの利益も得ることが出来ませんでした。
日本を敵とせず、ドイツだけを相手にしていれば満州はともかく、支那の中心部からは利益を得ることが出来たのです。

朝鮮の実態が数字をあやふやにする

>ポッポさん ソロです 調査有難うございます。
 なる程0.15%と言うのは、両班層の農奴としての白丁に限ったでは無く、所謂、日本でいう処の無宿人を含んだ数字と言う事ですか。 すると、両班層が50%居たとしても、常民層が残る49,85%=約1200万人強居た事になりますね。 オソラク、無宿人=賤民でなくても、白丁扱いだったものも、常民として=私有財産として申請したものではないかと思います。 然し、前述の様に、そう言う層が、統治者から土地を貰って自作農として、独立したものが、相当いたのかもしれません。 調査は、実態調査の為に行われた可能性もありますからね。

 白丁や常民の数が減少するのは或る意味当然です。 それは、結婚を原則許さなかったからです。ダカラ、例外的に許された例を除いては、常民以下の階層民は子孫を増やす事が出来なかった。 では、何故一定数居たのかと言えば、それこそ、ご隠居が指摘している因習が平気で行われていて、子供とも孫とも呼びようが無い子供が、新たな白丁になって居たからでしょう。 従軍慰安婦と言いますが、女性は、宮中に上がるレベルでも名前が無かった位で、売り買い可能な、唯の家財道具の一種としか見られなかった位です マァ、倫理も道徳も無い無茶苦茶な話です。

 米国は勘違いでは無く、唯の共産主義者です。 ハッキリと共産主義を意識していたわけでは無かったと思いますが、当時のアメリカは、未だ、欧州からの移民が多く、元々貧しい農奴のような生活をしていたのが、最初の裡は、荒れ地でも地主ですから、身を粉にして働いたのでしょうが、後発組は、欧州の時と同じく小作農をやるしか無かったでしょう。 そう言う人々が、世界で流行った共産主義に飛びついたのは、時代の流れだと思います。

 昭和5年のウォール街発の大恐慌は、中産階級を破壊して、米国人を貧乏のどん底に叩き落しました。 政治家は景気回復を旗印に、様々な景気浮揚策を出しましたが、戦争案が一番多かったのではなかろうか、然し、国民は「戦争はしない」で、大規模公共事業で、景気を浮揚させると言うフーバーのニューディール政策を継承した、FDルーズベルトを選択しました。

 然し、ニューディールとして掲げた政策・事業はいずれも失敗で、FDRは苦悩の毎日を過ごしていました。 欧州では、第一次大戦の敗戦国のドイツが大不況を乗り越えて復活、目覚ましくも戦勝国を凌駕して指導者のヒトラーを賛美する声が日に日に高まって居ました。

 この時期FDRは、ドイツと組む事も真剣に考えたようです。然し、欧州ではそのヒトラーのナチスが、欧州覇権を狙って、あちこちに侵略を始め、同盟国だった英国やフランスからの参戦を促す声が次第に高まって居ました。

 米国も国運を懸けて、戦争に参戦すれば、不景気などは戦争をしている間は、吹き飛ぶワケで、勝ちさえすれば好景気になるとの目論見はあったでしょう。 然し、戦争はしないで・・と公約をしたのですから、自分から戦争参戦は出来ないワケで、其処で、日本とシナの不安定な関係を利用しようと言う事になったのだと思います。

 結局、米国国民が好戦的であったわけでは無く、政治が戦争を求めていたと言うべきです。 しかもこの時点では、米国政府にも、世界覇権などと言う大それた考えは無かったように思えます。 唯、米西戦争での成功体験は、戦争に拠る米国の膨張を、国民が期待して居る雰囲気はあったと思います。

 結局、日本を過小に評価していたが故に、緒戦で思って居たよりも大きな損害を与えられ、今度は過剰な方向に評価を変えて、遣り過ぎた為に、肝心のシナ本土を抑える機会を逃がしてしまった。 日本と早めに講和して、シナへ派兵して、中国を纏めていれば、共産シナの誕生は無かった筈ですが、自身の中に共産主義者がたくさんいた事が、日米戦争を双方にとって無益な消耗戦にしてしまったのです。 結局極東は、コミンテルンの元締めのソ連の一人勝ちです。

 その後の朝鮮戦争などは、蛇足もいい処でした。 曰はく何の意味も無い戦争と言う評価で、数百万人が無駄じにしたダケでした。

これでいいか?

ナニコレ↓  隠居

>只今失業状態です。 (汗)
>最近、在日アラシが湧いて来ないので、ワタスの出番が無い。
>ちりちゃん、「トンスル朝鮮脳」と言わないから出てきてヨ。  (・”・)
>2016/04/30(土) 20:37:07| URL| 隠居 #-

きたよ。ちりちゃんです。
ハンネ変えるかな。
「ちりちゃんだよ。」でいいかな。

ここのブログは、約束の日があった。
でも、守れなかった。
重力とか、磁力とか、引きつけ力、強い。

でも、今、私、今、ハワイ島にいます。
ハワイじゃないからね。
うーん、ドライブ、車つまらない。
なぜならば、日本の雑草と同じ植生だからかな。

だったんだけど、
R19からR190は、ドライブするのに、とてもよかった。
やっと、外国かな。

変える最終日は、ホノルルでレンタカー借りて、真珠湾まわります。

このコメ欄をお借りしますけど、
ハワイ島、メグッタとこあったら、連絡よろです。
(もちろん、日本が、主語で、国益のとこです。)


ふーむ、これか。↓覚えてる、ちょっと。
(汗)

----
あとさ、・・・って、おもったのだけど、次にしようか。

ハワイ島の二日目? by chiricyan

コレデイイカ?!
かんりにんさんがしらべようとおもえば、
わたしがどこにいるか、わかるんだよ。

なぜなら、わたしはFC2ブログをやりはじめたから。




ハワイからです。

こば
>
 その後の朝鮮戦争などは、蛇足もいい処でした。 曰はく何の意味も無い戦争と言う評価で、数百万人が無駄じにしたダケでした。
2016/05/04(水) 23:41:34| URL| ナポレオン・ソロ #90LdKUd6
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

どこだっけ?
ホノルルから、なんとかってとこ。北に少し。

よいか、そこでみてきた、軍船?。
が、あったとして、
ミズで、よかったっけ?

で、そこでの、考えとか、だしたいと思う。

どうやって、写真だすかな。
これが、プププです。


> ホノルルでレンタカー借りて、真珠湾まわります。


パールハーバーまで辿り着けるかな?

「南朝鮮守る必要なし」トランプ氏に喝采送る米有権者、かつて「敵前逃亡」した南朝鮮軍に“根深い”不信

http://www.sankei.com/west/news/160425/wst1604250006-n1.html

米大統領選で大方の予想を裏切り、今も共和党候補のトップを独走する不動産王、ドナルド・トランプ氏が、在韓米軍の撤退を筆頭に、韓国を軍事的に見捨てる発言を繰り返している。
在韓米軍の撤退や核兵器保持の容認など、総じて「北朝鮮と韓国の戦争に、なぜ米国が巻き込まれなければならないのか」との、従来の米国の軸足を変えるような主張だが、有権者の多くに支持され、4月19日のニューヨークでの予備選では圧勝した。
身勝手にもみえる発言の裏には、朝鮮戦争で「自分たちの戦争」を米国に押しつけて敵前逃亡した韓国軍のイメージが当時を知る人の間で浸透しているという事情がある。

ちりちゃん、これからは「トンスル朝鮮脳」と言わないからネ。

(・”・)

韓国では卑怯者と呼ばれ、日本では寄生虫と蔑まれる在日韓国人

韓国では、朝鮮戦争で敵前逃亡し、卑怯者と呼ばれる国賊で、密入国した日本では、生活保護を貪り食いし、寄生虫と蔑まれた在日韓国人をヘイトスピーチで救済する必要があるのか。

例えば、お笑い芸人の次長課長は、5000万円の所得がありながら自分の母親や姉、叔母たちに生活保護を盗らしめた。東京都知事の舛添要一知事は韓国旅行に5000万円を費消し、韓国学校に6000平米の土地を貸与したうえに、姉には生活保護を受けさした。

このような輩に、どうしてヘイトスピーチを禁止して、日本人の口を封じる必要があるのか。どんどんヘイトスピーチをして在日韓国人を国外追放するべきである。

 悲劇についての続きです。
 老舗料亭の女将の話
 昼食にアルバイトを使いランチを給しているという「女将」はなかなかの人情家と拝見しました。
 アルバイトを募集するとアジア人が殆どとの事ですが、どうしてもアルバイトをしなければならない事情があると、嘘八百でも情に訴えるのが朝鮮人との事です。
 以前朝鮮人を雇い懲りていたが、その時の者は特別だっただろうと、雇ってしまった。
 給与は年額を12ケ月で均等割し、20日締め切り25日払いと決めて雇用契約を締結したが、働かない。付きっきりで一つひとつ指図し教育しなければ用が足りない。直ぐサボろうとするし、不平、文句だけは達者に直ぐ言う。そして採用時より少しでも忙しくなると賃上げを要求してくる。年額で採用したのだから来年の最契約時に話し合おうと言うと、賃上げしなければ直ぐやめると言う。それで、「今日までの賃金を計算(健康保険料費や税金)して25日に振り込むと言うと罵詈雑言を浴びせて暴れるので、仕方なく支払い」。賃金を受け取ると、代々受け継がれ、命より大切にしていた「タレが入っている瓶」に汚水をぶち込んで罵詈雑言を浴びせて出て行った。
 こんなに酷い事は中国人だってしませんよ。朝鮮人だけですよ。朝鮮人だけは関わってはいけませんよ。と哀しげな目を向け「関わってはいけません」と何度も仰っていました。
 
 「タレ」は幾つかの料亭から少しずつ分けて頂き、独自のタレの製法を加え、何とか遣り繰りしているが、店独自の「タレ」に仕上げる為には今後100年の日日が必要との事でした。

 東京大空襲で焼け出された店主
 大空襲の夜、商店街の辺り一帯が焼け野原になりました。すると朝鮮人が大挙として押し掛けてきて、あっちもこっちも自分達の土地だと主張してきた。
 そこで焼け野原から自分達の証拠となる燃えかすでも探し出して証拠とし、町内会で団結して自警団を作り、昼夜の別なく見張り見守り、混紡等で対峙し、みんなで何とか守ったが、駅前の広大な土地、今は駅ビル、デパート、商業ビルになっている土地の全ては朝鮮人に取られてしまい、駅前の、あの果物屋はその時の朝鮮人だから、町内会に入会を拒否している。この事は代々の遺言としたいが何時まで伝えられるかネ、と案じていました。

 その商店街の靴屋と宝飾店には同じ方法で1店舗は2回、他の2店舗は1回、シナ・朝鮮人の泥棒に入られているとの事。
 警報が鳴って警備会社が来るのが5分から7分の間。彼等は車毎シャッターにぶつかり、鍵を壊し、2人が大きな袋を拡げ、1人が長い棒でショーウインドウの商品をざーっと袋の中に落とし、去るまで3分。その手荒さには成すすべなく、警備会社も間に合わない。
 彼等はそのまま港に直行し、船に手渡し、本人達はしばらく日本を出て、と言うシステムが出来上がっており、カメラにその手荒さと共に手口も人相も分かっていても、なかなか逮捕出来ていないのが現状と、被害者の宝石店の店主は大きなため息をついて嘆いていました。この類は日常茶飯事との事でした。

 コンビニの店主の話
 在るコンビニの店主が大変に怒っているので、「どうしたのですか」と訊ねると、今、中韓の連中(主に韓国人)がわんさか日本に押し掛けて来ている。
 まず娘か息子が、ひとり先に来日後家族が押し掛けて来る。家族に収入が無いので生活保護を申請する。当然民団など在日が関わっているので、役所は余り詮索せず支給する。彼等は暇だから始終コンビニに来て、たいした品物も買わないのに、訳の分からない文句ばかり言し、だからこの辺りは韓国人ばかり目立って多くなり、治安も悪くなり、本当にどうなって居るんだ日本はと思いますよ。と吐き捨てるように言っていました。

 他に偽装離婚をしているのではないかと疑われる女性は、公営のマンションの広い部屋に住み、病気と称して働かず生活保護を受け、二人の子供は施設に預け(育てて貰っている)、成績優秀なら大学も可(無償)だと言い、不平不満ばかりを言ている。人はそのマンションを在日マンションと言っているが、殆どの住人が働いいてないで生活保護を受けていると言われている。

 こんな出来事、話は日常茶飯事です。日本人は完全にバカにされ利用されて居るのに、日本の面倒な現実を知り、もっと怒らなければ、総理がひとり頑張っても、、、事情も知らず一元観で批判している人もいますが・・・日本は取り戻せないと思っています。

先人の言い伝えが示す朝鮮族の認識

>はるさん ソロです。
>>日本人は完全にバカにされ利用されて居るのに、日本の面倒な現実を知り、もっと怒らなければ、総理がひとり頑張っても・・事情も知らず一元観で批判している人もいます
  その「一元観で批判している人」の半数は、確信犯でしょう。 つまりは、帰化人、若しくは、朝鮮族由縁の反日日本人です。 朝鮮族の特徴は、「常に自分が正しい」と主張する事で、「日本人より、良い立場に立つのは当然だ」と云う被害者意識にさえ結びつけた意識を当然の様に持って居ます。

  では帰化人が全部、朝鮮族の味方をするのか、と云うと、そうは限りません。 彼らは内訌が得意だし、利己主義バリバリですから、寧ろ敵に廻って、其れも先頭に立って必要以上に朝鮮族を貶める立場に立つのも彼らの特徴です、曰く、「自分だけの立場が、良ければ良い」のです。

  こういう事は、戦前戦後処か、朝鮮族と付き合いが出来た時から、連綿として続いてきた事でしょう。 随い、先達の日本人は「(朝鮮族に)関わるな」と教えているのです。 それは、どんな場合でも同じで、譬え、その時点ではその朝鮮族は、マトモな人でも、彼の背後には、修正不可能な係累が連なって居ると考えるべきです。

v 是は経験知であって、この認識を得るのには、はるさんが周知を目的に例示を挙げられました様に、相当な時間と、様々なケースを経ていると云う事を、読者は認識すべきです。

  日本人移民も、米国で、ブラジルで、アルゼンチンで、そして中南米で、正式な手続きを経て入国しているのにも拘らず、様々な差別や嫌がらせを受けています。 昨日の「其処まで云って委員会」に出ていた、現在、吉本の漫才芸人になって居る女芸人は、「米国のブラウン大学卒業後、クリントン大統領の事務所で働き、その後ハーバード大学院を卒業、つい最近まで、アメリカの政府機関で働いていた」と云う異色の女性でしたが、「差別は有ったか?」と云う問いに、「当然ありました」と云う、然も即答でした。 移民や難民と云った、民族にとって異物は、何処でも排除反応を惹き起こすのが、通常なのです。 只、其れに順化できるか、できないかというダケがその国での「民族の評価の差」になってくると言う事です。 

  マァ、米国社会って未だに、黒人差別を引き摺って居るし、銃規制が出来ない治安程度だし、白人も生活が苦しくなってくると、文明人面している余裕がすぐなくなって終う様で、災害時の日本に驚きを隠せない事で、社会の道徳心の底の浅さがバレバレになって居ます。 でも、この程度の文明普及状態だから、韓国人や中国人が暮らして行けるのだと考え直す事も出来ます。 

  然し、シナ人は14億人もいて広い許容幅を貰えますが、朝鮮人の人口は、(南=5千万人、北=2千万人、シナの1/20)でしかないのに、社会問題を無視できない率で起こし、就中、売春問題では、検挙される売春婦の7割が朝鮮人という有様ですし、彼ら特有の「被害者面」も、「またか」と云うパターンが定着しつつあるのは、政府が公的にやって居る、反日広宣活動の内容と、日本人と付き合ったリアルな感覚とのギャップを、感じて、彼らが主張する歴史を疑い始めているからでしょう。 現状の「移民拒絶」が、「朝鮮族拒絶」に特化しそうですね。

 トランプは、既に「朝鮮族は噓吐き」と云う認識に堕ちていて、韓国を護る気が無い、と言明しています。 そりゃあそうでしょう、既に韓国の存在意義は、希薄になって居るのですから。 米韓合同演習を派手にやるのは、北朝鮮に対する示威行動と云うより、共産シナを含めた極東の不穏分子に対する示威行動と取るべきです。 逆に「此処までしかやりませんよ」と云っていると解釈することも出来ます。 どの途、新たな戦争を始める気は無いでしょう。 つまり、朝鮮戦争が再開しても、米国は手を出さない可能性が有ります。

キムチの起源! 「路上脱糞禁止令」


日本が朝鮮を統治した時代、朝鮮総督府が何度も出したお布令に、「路上脱糞禁止令」があります。
それまでの半島には、トイレがなく、路上脱糞があたりまえの習慣だったのですが、これではあまりに衛生面でよろしくない。

そこで朝鮮総督府が路上脱糞を禁止したわけですが、ところが人間、食べれば必ずもよおすわけで、ところが路上では禁止されてしまっている。
そこで朝鮮ではじまったのが、室内で穴を掘り、そこで脱糞するという習慣でした。

穴が満タンになると、そこに土をかけ、室内の別な場所に別な穴を掘って、そこでする。
これを何年か繰り返しますと、室内の縁の下が全部有機物になり、地面が自然発熱してたいへんに温かくなる。
その生暖かいところに野菜を入れた甕(かめ)を、頭だけ出して埋め、その中で漬け物をする。
すると、おいしい漬け物ができる。

ところが雨が降ると、雨水があふれる。
甕の中に、その・・・有機物の汚水がはいる。
こうなると、せっかくの漬け物に、妙な臭いがついてしまいます。
そこでこれを食べるために、唐辛子をどっさりと入れて臭みを消した食品が、いまのキムチになったわけです。
おかげでキムチは、各家庭ごとに味が違うのだとか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13118091538

ちりちゃん、これからは「トンスル朝鮮脳」と言わないからネ。
ホレから、路上脱糞は止めなさい! (キッパリ)

(・”・)

なんとか家の葬式だね。

なんとか家の葬式だね。
https://twitter.com/Fukadamoe/status/724918994772320256

日本人社会の破壊者創価学会公明党が企んでいる事がこの写真のような日本
民族を貶める事。
 日本民族の総力を集めてこのエンブレムの撤回を成し遂げよう。
 支那朝鮮に支配されている反日売国テレビ局・マスコミの掃討作戦に立ちあ
がろう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

認知行動療法

>ソロ
根本的なことを歪曲しているようでは自己正当化から脱却できなくなるぞ!米国は原爆の人体実験として野蛮な日本人を選んだという事実に向き合わなければ、誰も責任を取らずにすんだ東条軍務官僚政権と安倍政権の類似性に気づくことができなくなるぞ。きっとお前の信念は自己都合の資料しか受け入れられなくなってしまうんだぞ。ソ連は米国と裏密約で日ソ不可侵条約を破ったことで北方領土をソ連の当然の権利の代償と捉えていることを見逃すなよ。国際政治で必要なトップが責任を取るシステムが今の日本に存在していると考えているなら2年前から成長していないことになるんだよ。そして日本は東洋で一番先に西欧化したことでアジアに帝国主義を導入したことと、近代以前の中世までは中国化で国家の体制を築いた律令政治をもう一度ゼロから勉強してきなさい。上から目線で物言うことはよくないが、自身の思考のパターンに目が向いていないような気がする。認知と感情と行動を分けて考えてみれば俺の言いたいことが分かると思うんだ。日本人は本当は凄い民族であり、かつては短期間で世界の5大国である常任理事国に上り詰め、西欧と結んだ過去の不平等条約を改正してきた歴史があるのだよ。要は日米同盟という不平等条約の改正が安倍政権にできるかということなんだよ。海外から日本を見ると靖国にA級戦犯を合祀できる欺瞞に気づくはずだよ。これは中国だけでなく米国もソ連もイタリア、英国、仏国みな共通の認識だと思う。熱い夏ではあるが、熱いからこそ冷静にこのことを考えてみてもらいたい。少なくともこのブログにおいてはね。

SHINへの返事

>SHIN ソロです。 相変わらず分けわかめの文章だなあ、感心するよ。 いつもの様に、翻訳してやるぜ。www
>>根本的なことを歪曲しているようでは自己正当化から脱却できなくなるぞ!
 =根本的な事象を歪曲して認識していると、間違いから脱出できなくなるぞ
  俺がお前に言いたい事だよ。www

>>米国は原爆の人体実験として野蛮な日本人を選んだという事実に向き合わなければ、誰も責任を取らずにすんだ東条軍務官僚政権と安倍政権の類似性に気づくことができなくなるぞ。
=日本人は、米国首脳の一部が、人種差別観で、日本に原爆を落としたと云う事実を認識すべきだ、結局、上意下達を守るだけだった東條政権と、米国の言いなりに主体性のない政治をやって居る安倍政権とは類似性が有る事を築かねばならない。
  安倍さんは、独自に「日本を取り戻す」為にいろいろやって居る、お前が知らないだけ、勉強不足なのは明らかにお前。 其処を否定するのなら、日本に他に、どんな選択肢があるのか指摘して見せろ。

>>きっとお前の信念は自己都合の資料しか受け入れられなくなってしまうんだぞ。
ソ連は米国と裏密約で日ソ不可侵条約を破ったことで北方領土をソ連の当然の権利の代償と捉えていることを見逃すなよ。
=自分に都合の良い資料ばかり読んでいると、考えが偏り目が曇る、嘗て、ソ連と米国が裏取引して、日ソ不可侵条約を破棄させた事、その代償に北方領土の強奪を黙認した事を、見逃してはいけない。
 おやおやお前の論調では、火事場泥棒のソ連の方が、米国よりましだと云って居る様に聞こえるが、ソ連は降伏して丸腰になった日本に向かって侵攻した事を忘れるなよ。

>>国際政治で必要なトップが責任を取るシステムが今の日本に存在していると考えているなら2年前から成長していないことになるんだよ。
=トップに国の象徴とはいえ、天皇を戴いている日本では、戦前と同じように、いざという時、責任を取るべきトップが不在になる、と云う可能性に気が着かねばならない。
  何を言っているのかね、天皇陛下が、如何に、ご自身が政治的なモノから忌避する事に心を砕かれておられるか、お前のサヨク頭じゃ判らんだろうが、責任は勿論、戦前と同じく戦争を指導したものが背負うんだよ。  
 戦争は負けたら御終いなのは、永遠に変わらんさ。 ダカラ、九条は要らないのさ。

>>そして日本は東洋で一番先に西欧化したことでアジアに帝国主義を導入したことと、近代以前の中世までは中国化で国家の体制を築いた律令政治をもう一度ゼロから勉強してきなさい。
=日本は明治維新を起こして、西欧列強の進出に逸早く備える事が出来たが、同時に西欧列強の帝国主義も実践して終った事が、その後の間違いのもとになって居る。 シナの律令政治に学んだ中世の日本の政治の原点に戻って、モゥ一度勉強し直すべきだ。
  では訊くが、近代化への改革を怠ったシナや朝鮮がドゥ成ったかは、歴史を見れば判るダロウ。 西欧が正しいのではなく西欧には合理主義と功利主義があるが、シナの文化には賄賂と因循姑息な官僚しかいない。 進歩を妨げるようなシステムを、今更学んで歴史学的の価値以上の何がある。 競争に負ければ、植民地にされたのだぞ。

>>上から目線で物言うことはよくないが、自身の思考のパターンに目が向いていないような気がする。認知と感情と行動を分けて考えてみれば俺の言いたいことが分かると思うんだ。
 意味不明、お前の云っている事で感じるのは、自身の左翼頭を全く反省して居ない事、歴史の見方が、相変わらず日本人的でない事ではないか?

>>日本人は本当は凄い民族であり、かつては短期間で世界の5大国である常任理事国に上り詰め、西欧と結んだ過去の不平等条約を改正してきた歴史があるのだよ。要は日米同盟という不平等条約の改正が安倍政権にできるかということなんだよ。
 西鋭夫でも読んだか?www 当時と今では不平等条約自体の意味もどんどん変わってきている。 トランプを見て看ろ。 お前の認識とは真逆だぜ。

>>海外から日本を見ると靖国にA級戦犯を合祀できる欺瞞に気づくはずだよ。 これは中国だけでなく米国もソ連もイタリア、英国、仏国みな共通の認識だと思う。
 戦略上どんなにミスをして、多くの将兵をしなせたとしても、自らも刑し、戦しに拘らず、しんでいれば、救国の英雄にされるのは、何処の国でも同じ。 全く欺瞞は当らない。お前の認識不足にして牽強付会。

ここをネトウヨの巣からお互い守ろう

>ソロ
ひょっとしてお前さんの前職は国語の教師かな?確かに文章表現能力は認めるよ。でもね、俺のことを左翼脳と決めつけるのは思考の誤りである。
何故なら、俺はおそらく?ランキング上の読者の中でも日本を愛している気持ちは大きいほうだと思うからだ。例えば、俺も公平に在日にどれだけ特権があるのか調べた(在日に成りすまして在日社会に入ったこともある)
が、唯一あるとすれば慶応、立教大学が韓国の大学と姉妹校になってる絡みから韓国学校卒業した者なら誰でも少し金払えばそこなら推薦入学できることぐらいだぜ。その在日社会が今一番頼りにしているのが安倍政権ということを知ってますか?
下関の安倍首相の選挙事務所に行くと分かると思うよ。在日の社長連中が皆、安倍さんと記念撮影してもらったスナップを会社に飾ってるぜ。

>>其処を否定するのなら、日本に他に、どんな選択肢があるのか指摘して見せろ。
外務官僚の刷新すなわち官僚が責任を取れる国造りかな?対米従属の比率を3割下げて日中平和条約を再確認できる比率を3割上げる等、もしもの事態を想定外という逃げ場所にしないことかな?わかりにくいかもしれないけど、今のままでは米国の世界戦略のための歩の状態から成り金ぐらいに代わることかな?

>>ダカラ、九条は要らないのさ。
一番輝いていたのは明治だろ?明治維新は世界史の奇蹟なんだからね。

>>ソ連は降伏して丸腰になった日本に向かって侵攻した事を忘れるなよ。
2島返還が決定化した時反対したのが米国であり、冷戦化でその2島返還すら不可能になってしまった。日中国交正常化の文章に北方領土は日本国のものと記名できなくなったのも実は米国が絡んでいる。その後中ソが同盟国となったのも日米同盟に対抗すらためである。日本側に選択肢はあったのだよ。何でもカンデモ仕方なかったではすまされないんだよ。もう少し言うと、田中角栄と小沢一郎の二人が後5年政権を持続させれたら状況は変わったと思う。あくまでも俺の推測ではあるが・・・。

>>安倍さんは、独自に「日本を取り戻す」為にいろいろやって居る、お前が知らないだけ、勉強不足なのは明らかにお前。

これはお互い様としよう。それこそここが現代の利器となるではないか?

>>救国の英雄にされるのは、何処の国でも同じ。

明治の遺産を崩壊させた責任まで正当化してるのかな?南樺太が今でも日本領土だったら、日露戦争の戦死者も救われたと思わないかな?

日本社会は世界一と言う事実の認識

>SHIN ソロです。
 お前のレスを読んでいると、俺とお前の現状認識が余りに違い過ぎる面があって、ワケが分らん部分が多過ぎる。

 ええかw、世界で日本ほど経済がうまく行っている国は今の処無いと言って良い。 ダカラ、韓国は集ろうとするし、米国は突っ放したいが、EUが裏切り始めたからと、イザトいう時の頼りに措いとくと言う選択をしている。 でEUや英国は、欧州への日本の企業進出無しには、自国経済が成り立たないところまで来ている。 然も、殆どが資本財生産ダカラ、知的財産云々言って居る手前、日本を裏切れない。 パテント技術を止められたら倒産する。でロシアは、環日本海工業地帯を造りたくて仕方がない。 ロシアは資源立国だが、工業生産の比率を上げたがっているが、勿論日本の協力と資金が必要だし、安定した資源消費国があれば、ロシア全土が安定する。そしてASEANとインド・パキスタンも、日本の技術的なバックアップと工場進出を待って居る。 是は中東の産油国も同じ、志向を持って居る。何せ、世界は省エネブームで、先進国群の石油消費量は年々下がって居るし、エネルギーの水素化が本格的になれば、環境汚染を引き起こす石油は量や価格が安くても、トータルゲインで、マイナス評価されるだろうから、サウジの皇太子=ヤマ二王子が、脱石油宣言を出したほどだ。 是にOPEC各国は、追随するだろう。

つまり、日本は世界から期待されているというか、日本無しには、希望を繋げない状況なんだよ。

 この例外が共産シナだ。 世界の経済を一時期引っ張って居た感じがあったが、結局、安定した経済を築く=一本立ちできないで、経済は終焉を迎えつつある。 その最大の原因である、インチキGDPの成長率7%の維持の為に、売れる当てもない工業製品を造り続け、鉄鋼なんか8億5千万㌧=日本の生産量の8.5年分、在庫が溜まって居る。 是は他の素材産品も同じ状態で、お蔭で資源運送用の鉱石運搬船が軒並み停船、15~18万㌧クラスの「ケープサイズ」バルカーは、凡そ現状の1/3は、使い途がなくスクラップにする他は無いが、鉄鋼自体が余って居るのだから、鉄の価格をさらに下げる事になり、製鉄所が止まって終った。 最初に潰れるのは、韓国のポスコだと言う噂だ。

 うちの会社のお客さんは、海運系ダカラ深刻だ。 ちょっと前まで、2万TEU「=⒛ftコンテナ換算で2万個積み」(凡そ、20万超総トン)のメガコンテナ船の30隻体制の計画を建てて、造船所も水深30m近い係留バースと、ドックを用意して居たのに、不要になった。

 損失は、最低でも数千億円下手をすれば兆を超すが、でも倒産する会社は無いだろうと一説には言われている。

 なる程、GDPの規模ダケで経済を判定すれば、世界第3位かもしれないが、質的には日本が世界一なんだよ。 勿論、勝ち過ぎてはイケナイと言う不文律があるから、世界一だと言う話にはならないし、千百兆円以上の借金云々の嘘話も出て来る。 然し何より、肝心の日本人が全くそう言う実感を持って居ないのは、日本が閉鎖経済ダカラだ。 でも開放すれば、世界の金持ちがやって来て、あちこち買い捲るのは見え見え。特定の日本人以外は、町に住めなくなる。

 そう言う意味では、日本は世界で最も特殊な国だと言えるだろう。 格差の少ない社会、犯罪発生率の少ない社会、世界で最もモラルの高い国の一つ、食べ物も水も安心な国、現代まで連続した皇室と言う、世界一古い歴史を持つ家を持つ国、世界でも稀有な威力分離のシステムを持ち、世界一平等な国・・そう言う国に我々は住まわせて貰って居る、と言う感謝の心を持ち、この社会を少しだけ今より良くして、次の世代に受け渡したい。 と言う願いを国民の標準に出来る様に、即ち、伝統の戦前社会より優れた社会を目指して、戦後社会で新たに得たアドバンテージを活かしながら、弊害を是正して行く方向で、コンセンサスを形成したい。

在日韓国人の参政権に反対です

「在日韓国人の参政権には、反対です。」これで、小池百合子当選確実。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。