スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランプ旋風     3月23日(水)


米国の大統領を選ぶ2大政党の予備選挙で共和党はドナルド・トランプ、
民主党はヒラリー・クリントンに決まりそうです。

そしてクリントンとトランプのどちらが勝つか、多くの人は最後はクリント
ンが勝利すると見ています。しかし民主党のクリントンに対してほとんど無
名に近い左派のサンダースが意外な健闘を見せ、一時はクリントンを打ち負
かしそうな勢いをみせました。

ということはクリントンが勝った場合、サンダースの支持者である貧しい層
が離反し、トランプに投票する可能性が出てきました。つまりトランプが
アメリカ大統領になるということです。

多くの評論家や一般知識人は、不法移民やイスラム教徒を侮辱する暴言で
既成政治への有権者の怒りを煽って支持につなげるトランプ氏の手法に批
判していますが、トランプ現象が起こっているアメリカの根本を見なければい
けません。

つまりアメリカを支えてきた中流階級は没落し、貧富の差が拡大し、衰えゆ
くアメリカの惨状をよく見ればトランプ現象の原因が見えてきます。

かってのアメリカ経済は、一つの業種に徹してコツコツと事業を拡大する仕事
と従業員を愛する素朴な実業家によって支えられてきました。これらの経営す
る堅実な会社に勤める社員は中流階級と呼ぶにふさわしい給与を得た
ばかりか、健康保険にも老後の年金にも恵まれた健全なアメリカ人でした。

日本に伝えられたアメリカは、一家に二台の自動車があり、青々とした芝生
に囲まれた住宅に住み、スポーツやジャズを楽しむ健全で豊かなアメリカで
した。

われわれ日本人は、この時代の豊かなアメリカ社会をテレビ映画などを見て、
憧れていました。特に団塊の世代を中心にした人たちは今でもアメリカの
イメージを「アイ・ラブ・ルーシー」「ママは世界一」「奥さまは魔女」など、
今でも「豊かなアメリカ」を鮮明な記憶として私達の中に残っています。
当時の日本人はそんなアメリカに憧れ、目標にしていました。

しかしそのようなアメリカは今はもうない、何十年も真面目に働いてきた中流
階級の人々が、企業売買や工場の海外移転によって失業していきました。

1980年以降のアメリカの没落をもたらした主要な原因は、生産自体に関心の
薄い経営者たちによる企業売買の悪影響です。結果中流階級の賃下げや
失業が頻発し、健康保険や年金の消失が起こりました。

つまり企業の生産活動よりも資産内容に興味を持つ「投資家」が続出、企業
売買のよる利益を追求するようになってしまった。安定した企業が次々と
投資家に買収され、資産ばかりか従業員の積み立てた年金基金まで食い
荒らされるようになってしまった。

そのうえ政治家も経済学者も口をそろえて「グローバル化」という言葉
を主張したために、企業、金融、銀行、通信、生産、は簡単に国境を超えて
しまった。つまり多くの工場が出来るだけ安い労働力を求めて海外に出て
行ってしまった。

70年代からの技術進歩の結果、製造業の生産は、コンピュターなどで管理
され、メキシコや中国の国々でも容易に同等の品質を実現できるように
なった。利益極大を正義と考えるアメリカ企業が外国に工場を移転するのは
当然の事なのです

企業が「国境を超える」につれアメリカ国内企業も含めて、労働者を、コミ
ュニティを、環境全ての面でのコスト削減競争へと向かわせ、アメリカ時代
を支えてきた中流階級は没落し、企業は成長する力を失ってしまった。今や
アメリカの中流階級の所得は日本人の大半よりもかなり低くなっています。

アメリカ国民にとってこのような状況は既におきている災厄です。痛みつけら
れている人びとは逃げようがない。だからといって受け入れることも出来ない。

そしてもう一つアメリカの没落をもたらした最大の原因は「政治」にあります。
自己利益や選挙対策にばかり熱心で有力団体や外国のロビー活動の金に目
がくらみ、国民を無視した政治家によって、経済の破壊と中流階級の没落に
手をかす無能で悪人の政治家にアメリカ国家が握られてしまった結果です。

これらの無能な政治家は、富裕層に対する過剰な減税や、軍産複合体に操ら
れた無駄な戦争、そして一部のアメリカの利益集団の指示に従って、中流階
級を無視してきました。

つまりアメリカ政府は巨大企業に支配されてしまった結果,富の移動は中流
階級から富裕層へ移動して、中流階級が貧困層に落とされてしまった。

その結果富む者はかってないほど富栄え、その一方で労働者階級の生活は
衰退の一途をたどり、底辺にいる人達はそこから這い上がれないままです。
新しく成人に達する世代が自分の親の生活よりも良い暮らしが出来ません。
このようなアメリカにしたのはあきらかにワシントンの人間たちです。

底辺に落とされた白人たちのイライラは今や沸点に達しています。これが
トランプ旋風の原点です。決してアメリカ国民のレベルが低くなったのでは
ありません。

民主党も共和党もトランプをひどく嫌っています。なぜなら両主流派は共に
軍産や金融界に取り込まれているからです。ヒラリー・クリントンのバック
は軍産複合体と金融界の連合体です。それに中国資金が見え隠れしてい
ます。クリントンは中国の影を隠すために人権問題で中国に厳しい姿勢を
みせています。

トランプもこれまで「米国の株暴落は中国のせいだ」「中国は為替操作の名人
だ」などと中国への敵意をむき出しにしています。ところがトランプの当選
が見え始めると、中国は共産党の機関紙を使って「トランプ氏の当選は大規
模テロに匹敵する」「トランプは世界経済の毒針だ」と痛烈に批判を始めました。

しかし中国はヒラリー・クリントンを一切批判していません。ヒラリーの夫
ビル・クリントンを以前金で取り込んだ実績があり、妻のヒラリーも金で取
り込めると見ています。中国は本当にわかりやすい国です。

ヒラリー・クリントンはゴールドマン・サックスやモルガンスタンレーから
巨額な金をもらったと伝えられています。ということは今回の戦いは
エリート(大企業、金融界、軍産複合体、CFR,)と草の根(庶民、貧困層)
の戦いになっています。

いまだに多くの日本人はアメリカが大統領とホワイトハウス・スタッフに
よって動かされていると信じ込んでいます。しかしアメリカで最も実権を
握っているのがCFR(国家安全保障省)(外交問題評議会)だと言われて
います。政府を裏で操りアメリカを実効支配している欲深い権力者達です。

トランプが大統領になると困るエリート集団は「反トランプ運動」を加速
させていきます。多くの知識人はトランプを「無知」「時代錯誤」と罵って
いますが、中流階級から貧困に没落した多くの白人たちはトランプだけが
唯一ワシントンに巣食っているエリート集団を追い出すことが出来ると信
じています。

トランプは確かに国際知識はありません。しかし最近国際情報に詳しい政策
顧問を数名雇っています。公にトランプの陣営に加わっていませんがマイケ
ル・ピルズベリー(米国防総省顧問)などは密かにトランプを応援しています。

何故ならピルズベリー氏はロックフェラー家の傘下にいたキッシンジャーに
長年騙されて、中国が強くなるのを手伝ってきました。「米国のライバルは
日本であり、貧しく遅れていた中国は決して米国に挑むことはない」「豊かに
なれば中国は友好国になる」というキッシンジャー言葉を信じて中国を支援
してきましたが、裏切られた。そんな怒りと自責の念が強く、ワシントンで
はいまだに「中国が協力相手になる」とのキッシンジャーの呪縛が解けてい
ないことに彼は怒っています。

もしクリントンが大統領になれば建前的に中国を敵対し牽制しても、中国を
本気で叩く意思はありません。ということは日本はクリントンを当てに出来
ないということです。トランプは尖閣でのトラブルは日本の問題だ、アメリカは
関知しない。といっています。これこそ逆に日本の自主独立のチャンスです。

ロックフェラーが支配している金融界や軍産複合体、CFR(外交問題評議会)
がクリントンを使ってワシントンを操り、歴史の繰り返しを演出しようとし
ているなら、世界のために次の大統領はトランプにすべきだと思いますが、
しかし彼が大統領になっても、しょせん、東部エスタブリッシュメントを
はじめとする伝統的な力を無視してアメリカの政治、外交、経済を動かすな
ど不可能な事です。

もしトランプがホワイトハウス入りすれば、世界中のマスコミは「史上もっ
とも無能で無知な大統領」という烙印を押すのではないかと思っています。
恐れた彼は無能でないことを証明するために、各省庁のエリートたちの
いうがままになりそうです。そうなれば、また同じ歴史を繰り返すことにな
ります。

トランプ大統領が日米安保解消を言い出し、日本がアメリカをあてに出来
無いと知った時、憲法も改正して日本が自主独立できるチャンスです。
憲法を改正しない限り日本は中国や朝鮮と戦うことは出来ません。
ア~ このような事は夢のまた夢です。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります






コメント

>富の移動は中流階級から富裕層へ移動して、中流階級が貧困層に落とされてしまった。

これは現在日本でも行われている事です
安倍自民党政権は消費税率を引き上げ、一方法人税率は無条件で引き下げてしまった
消費税引き上げの根拠は社会保障の財源や財政再建の為だと言われているが
それは建前で法人税率引き下げの穴埋めとして消費税率を引き上げたのは明らかでしょう
そして更に安倍は公務員の給与を引き上げた
公務員給与の引き上げは東日本大震災の復興財源に充てる名目で2012年から給与を減額していたのを
元の水準に戻すためだとされているが、財政再建が叫ばれているご時世に元の水準に戻す必要があるのか甚だ疑問です
これらは俯瞰的に見ると庶民から大企業(経営者、資本家)、投資家、公務員へ所得を移転した事になります
アメリカ同様日本も富は中流階級から富裕層に移動し、中流階級は貧困層に落とされつつあります
日本の閉塞感は中流階級の没落衰退が根本原因でしょう


>憲法を改正しない限り日本は中国や朝鮮と戦うことは出来ません。

安倍政権は途上国にも存在しないような過激な国家戦略特区とやらを日本全国に設置し
外国人労働者の就労、在日外国人の起業の支援など外国人、外国企業に色々便宜を図っていますが
外国人や外国企業の中には中国人、韓国人、中国企業、韓国企業も含まれています
憲法を改正して中韓と戦える体制を整えたとしても、内部から中韓に浸食される下地を
作ってしまっている時点で安倍政権は本当に中韓と戦うつもりなのか、まるで説得力がありません


>日本がアメリカをあてに出来無いと知った時、憲法も改正して日本が自主独立できるチャンスです。

アメリカがあてに出来なくなるという事は少なくとも今から8年前
2008年のリーマンショックの時に分かり切っていた事です
ところが度し難いアメポチ、従米保守、ネトウヨといった連中は
アメリカの軍事力のみに注視し、アメリカは強い、日本はアメリカについて行けば安泰だという
誤った認識を捨てられずにいた
軍事力というのは強い兵器や部隊ではありません
兵器や兵站を維持できる強い経済力が強い軍事力を産む
そこに考えが及ばない時点で度し難いです
アメリカ経済の衰退はそのままアメリカの軍事力の低下に繋がるし
日本経済の衰退も自衛隊の戦力の低下に繋がる
現在出鱈目な経済政策で経済を衰退させている安倍自民党政権は日本の軍事力を弱めているのです

何を言って居るんだか

>f15さん、ソロです。
 大方は、安倍政権批判に終始しているので、安倍憎しが前提でコメントしているのが丸分り、批判はどれも見方をを変えたダケの事、「見解の相違」でしかない。 

 消費税の10%への引き上げに、スティグリッツやクルーグマンといった、名だたる世界の経済学者が反対しているが、谷垣や公明党も、「軽々に消費税上げ延期を云うべきではない」と言って居る。

 この現象は、日本の経済が現在世界で占めている位置や役割が「安定」である事を示している。 基軸通貨US$は再建途上にあり、共産シナの経済破綻、結果として、50%もの元切り下げと言う荒療治が待って居る事を考えれば、今、日本に求められているのは、日本円の様な安定要素なのです。 日本が消費税を10%にして、不況になれば、円が不安定になりかねないから、止めようとしている。

 問題は財務省で、米国の上層部からの「10%の消費税を施行」指令に迎合しているから、安倍政権も「軽軽と増税を中止する」とは言えないのだよ。 是は、日本の最大の既得権益者は、米国だと言う事を、認識していれば、日本の世界で占めている位置が分る筈ですがね。 言って置きますが、米国を除く、国連の4大国(英仏露シ)を敵に回して戦争に勝てる国なら、こういう屈辱的な事はありませんがね。

>>アメリカの軍事力のみに注視し、アメリカは強い、日本はアメリカについて行けば安泰だという 誤った認識
 違うなぁ、単純に「日本の防衛」と言う事を第一に考えれば、アメリカを敵に回した時の事を中心に考えるべきなんだぜ。 外国は何時敵に回るかわからないのだから、其処は基本ダロ。 勿論、基本的には、日米の友好を促進・維持し、日米安保体制の維持を既定の事実とし、その仕方も並行して考えるべきだが。 あんたの様に、物事を白黒だけで判断していると、本質が見えなくなるなぁ。

 で、仮に安倍政権でダメなら誰ならいいのかな? 否、批判するなとは言って居ない、代案が無い批判は、無力だと言っているのですがね。

過程はどうあれヒラリーさんが勝利するでしょう

「199」 翻訳 ヒラリー・クリントン米国務長官による重要な政策論文である「アメリカの太平洋の世紀(America’s Pacific Century)」
http://soejimaronbun.sakura.ne.jp/files/ronbun208.html

うーん

> 大方は、安倍政権批判に終始しているので、安倍憎しが前提で

違うと思いますよ。安倍政権には批判すべき点が多すぎるのが事実です。最近よく思うのですが批判すべき点を取り出していくと「安倍憎し」というレッテルを貼られてしまうのが残念で仕方ないです。

ネットでは安倍信者が跋扈していますが、あの頃民主を推したような人達がこぞって安倍信者となっているように思えてなりません。安倍氏に任せておけば大丈夫と思考停止になってる国民が多すぎて不安です。

もちろん上の話で言えば法人税引き下げは必要な事で、それを否定していては対局が見えてないと言えます。なのでf15氏を擁護しているわけでは当然ありません。また財務省外務省が仕事できないという話もまったくその通りでソロさんを否定しているわけでもありません。

引っかかるのがここです。

> 仮に安倍政権でダメなら誰ならいいのかな?
> 否、批判するなとは言って居ない、代案が無い批判は、無力だ

誰も居ないから困ってるんです。一般受けするパフォーマンスで一番マシに見えるだけの安倍氏では何も解決しないから困っているのです。

なぜ安倍氏がダメかは話が恐ろしく多岐に渡ってしまうので面倒だし書きませんが、一番単純で超判りやすい最近の事例では女性管理職を国家主導で30%だとか。コレおかしいよねって小学生でもわかる事がわからない首相は日本に要りません。

歴史を繰り返すわけにはいかないのでアメリカを敵に回すのは避けたい所ですが、クリントンにしてもトランプにしても日本にとっては望ましくない御仁であることは確かです。政治経済について考えていると気分が滅入ってしまいます。

何でもありの時代に突入した・・・という印象が強くなりました。
それだけ世界が混乱しているという事なのでしょう。
いずれにしても、日本は自立憲法に変えていくことが前提になります。
米国とは安保を共有しつつも、もっと自由に日本の政治が行われるように、戦後体制を早く終わらせなくては話にはなりません。
どちらが大統領になるかは知りませんが、日本潰しを促進させたら米国にとってどんなデメリットがあるか考えさせる機会と捉えることで、対米外交の対処法も生まれるのではないかと思います。

【韓国】在日ら在外国民に住民登録証発給 今年1月22日から6月30日までw
7月1日からは強制送還されるw
ttps://www.youtube.com/watch?v=ytAlxDU1lII

安倍政権がやろうとしている戦後体制の改革

>通りすがりのNEOさん ソロです。
>>女性管理職を国家主導で30%
 所謂、アファーマティブ・アクションと言うやつですね。 是は、国連の主導でやって居る、ジェンダーフリーの活動の一つです。 其処は、足並みを揃えておかないと政権が持たないのが、未だ、日本が抱えている危うさです。 是は、年次教書の問題も同じで、安倍政権で無くとも同じ事です。 日本の最大の既得権者は、未だに米国なのです。 ダカラ戦後体制を変えなきゃならない、ダカラ安倍さんしか選択肢が無いのです。

>>一般受けするパフォーマンスで一番マシに見えるだけの安倍氏では何も解決しないから困っている
ダカラ、誰だったらいいのですか、と聞いています。 安倍政権以外で、戦後体制を本気で変えて行こうと言うベクトルを持っている人がいますか? 安倍さんが受けているのは、パフォーマンス云々ではありません。 米国が安倍さんを支持しているから、誰も本当の処で文句がいえないのです。 是は、この正反対の事が、第一次安倍政権の時に起こったから、言えるのです。

 安倍さんがやろうとしている「戦後体制の終了」の中で、最も米国の支持を得ているのは、左傾化した日本の正常化です。 亦、日本の左傾化は、韓国の左傾化と無縁ではあり得ません。 韓国の左傾化の原因は、日本統治下で新平民となった旧常民・白丁層(農奴層)の赤化に在るからです。 是には米国が深く関わって居ます。

 即ち、GHQはWGIPに則って、戦前日本を完全否定していましたから、戦前日本の統治下で、朝鮮が近代化し、農奴層が開放された事実は受け容れ難い事だったのです。 そして、折しも起こった「赤狩り=レッド・パージ」に拠って、李承晩が4・3事件(済州島 23年4月)、保導連盟事件(25年~28年)、他にも、韓国軍内の粛清を行っていますが、GHQは、大邱事件(21年10月)で、230万人と言う、オソラクは殆どが新平民層のデモ隊を鎮圧するのに、多くの死傷者を出しています。(死傷者数不明)

 これ等の大衆弾圧で。出した死者数は200万人を超えていると言う説もあります。 これで、韓国内に遺された新平民層が赤化しない筈がありません。 朴政権の強圧的な政治下でも、赤化した層はどんどん増えて行き、その発端が、光州事件として噴出しました。

 この時、元在日の金大中が台頭してきましたが、朴政権は彼を捕らえて、事件の首謀者として、裁判で死刑判決を下します。

 然し、70年代の後半は、韓国の軍政~民主化への転換が、米国に与えられた命題でした。

 此処で朴大統領の暗殺が起こります。 然し、その後も全斗煥や盧泰愚といった、ベトナムの現地司令官が、大統領となり軍政は続きます。 その間にも、赤化分子はどんどん増えて行くので、アメリカは死刑判決を受けた金大中を、無理やり米国に預かって居ましたが、韓国に返す事としました。 然し、直後の大統領選では、元在日、新聞記者の金泳三が、’93民間大統領として当選しますが、5年後の’98大統領の汚職が発覚辞職、今度は金大中が大統領に当選しました。 

 米国は、金大中が韓国内の左翼勢力を説き伏せて、韓国を日本の様な国にする事を目指す事を期待しますが、逆に、朝鮮勢力と通じ、10億ドルと言う義援金を金日成に送り、ノーベル賞までもらう始末。 その後も、金大中側近の廬武鉉が大統領になって、韓国内部には、地下に潜って居た赤化分子が、表に出る様になります。

 そして、李明博政権になった時点では、経済的にドゥしようも無くなっていて日米で援助しますが、「焼け石に水」の状態、然も、調子に乗ってリーマンショックの引き金を引くような真似をしたから、米国経済界を激怒させ、以後、スワップの代わりに現物「=韓国政府が持つサムスンや現代の株式」を差し出し、サムスンも現代も米国のものになり、以後韓国は、経済植民地化します。

 韓国は、朴クネ政権になってからも、経済改革、社会改革は一切行わず、国内の赤色勢力の言うが儘の反日、反米を激化させます。2年前に起こった米リッパート駐韓大使の襲撃事件は、赤色勢力が社会の大半を占拠している事を裏付ける様な事件でした。

 韓国の真の現状は、既に、半分以上朝鮮化していると考えるべきで、是に呼応しているのが確実な、日本国内のサヨク(帰化人)、在日も含めて一掃したいのが米国の本音です。勿論、そうすれば、極東の軍事費を大幅に軽減できるからでしょう。

 ですから米国にとって、日本は本当に信頼のおける政権でなくてはいけないのです。 本来なれば、完全な米国ポチである石破茂に、首相指名したかったのでしょうが、彼では、余りに米国色が濃すぎると言う意味で、安倍政権の抑えとして、存在させると言う状態でしょう。 つまり、何か米国にとって不都合が生じれば、石破政権が誕生すると言う事です。

アメリカの国防をトランプは考えている?

古き良きアメリカは、過去のものですか。良きも悪きも、寂しいことです。
「アイ・ラブ・ルーシー」、「ママは世界一」、「奥さまは魔女」等は、毎週のように見ていました。その頃は、アメリカ人の豊かな生活に憧れました。

>企業の生産活動よりも資産内容に興味を持つ「投資家」が続出、企業売買のよる利益を追求するようになってしまった。

これには、村上ファンドを思い出しました。「金を儲けるのは、悪いことですか」は有名ですけれど、彼のような投資家が日本の企業活動を歪めたことは間違いないと思います。


米国は、この150年くらいは中国に対して好意的な政策をとってきたような気がするのですが、ヒラリー氏もその例に漏れずでしょうか。
ヒラリー氏は国務長官の時に日中での尖閣問題について、当初ははっきりしませんでしたが、最終的には日本を支持すると言っていたので、中国が尖閣に侵出することを諦めたように受け止めていました。

そしてトランプ氏については、日本のことをまだ理解していないと思います。
在日米軍基地の思いやり予算が少ないと言っていますが、米軍は結果として韓国への影響と米国本土を守っているのです。もし、日本の国が赤化した場合、米国と中共の間は第2列島線を隔てて、直接対峙することになるのですが、この恐怖に現在の米国民は耐えられないと思います。

なるほど~。
これからどうなるのか興味深いです。

夏に有る参議院選挙も近くなったら分析&解説お願い致します!

>通りすがりNEOさん
>もちろん上の話で言えば法人税引き下げは必要な事で

法人税率を引き下げても内部留保、株主配当金、役員報酬に回るだけで
意味がないんですよ
内部留保に関しては過去最高の354兆円を記録しています
その全てが現金預貯金ではないにしろ、途方もない金額です
従業員の給与を上げたり、国内投資した場合に限り法人税を引き下げるなら賛成いたしますが
無条件で引き下げても大企業が焼き太りするだけなので賛成できません

一般的に法人税を引き下げる根拠として
国際競争力のアップ、企業の海外流出の阻止、外資による投資の呼び込み等が挙げられますが
まず外資による投資の呼び込みについて
これは国内の需要を自国の供給力で満たす事が出来ない途上国が主に採用するものですが
日本は途上国ではないので外資による投資は必要ありません
次に国際競争力のアップですが、法人税を下げれば国際競争力が上がるのか?
約20年前に法人税を40%から30%台に引き下げましたが
スイスの国際経営開発研究所が発表している世界競争力年鑑を見ると
約20年前は1位だったのが2010年には27位まで後退して
中韓はもちろんタイにまで抜かれている始末です
法人税減税は企業の国際競争力アップに繋がらないことの証左です
最後に企業の海外流出の阻止ですが、企業は法人税が高いから海外に流出するのではなく
需要が見込めたり、人件費が安い国や地域に進出するのが企業の論理です


>ナポレオン・ソロさん

あなたは安倍が戦後レジームからの脱却を目指しているとお考えの様子ですが
私はそうは思いません
私には安倍が対米従属を強化しているように見えます
これについては私とあなたでは安倍に対する認識の隔たりが大きすぎ
その差を埋めることは無理なようなので議論するだけ不毛だと思います

>通りすがりNEO
>誰も居ないから困ってるんです。一般受けするパフォーマンスで一番マシに見えるだけの安倍氏では何も解決しないから困っているのです。
誰も居ないなら、安倍氏でいいじゃないですか。株は、民主党政権時の倍。工場も国内に戻ってきてるし。
一般受けするパフォーマンスすら出来なかった民主党政権よりまし。


草の根の富国策

f15さんの意見に同意します。

国が強くなると言うことは、個々の国民が強くなることであり、国家を支えている国民の窮乏化を進めている安倍政権は、日本国の弱体化を目指しているとしか思えません。

このように、私も安倍政権はダメだと判っているが、そのダメな人の代わりが誰もいないことも判っています。

従って、判っていることは、今後日本経済は更に衰退し、移民など受け入れようものなら、彼等によって増大する治安の悪化で、日本国民が自分と家族を守るためのコストが激増し、日本経済が更に衰退するという未来です。

ダメな安倍氏に代わって、日本国民を幸福に導ける政治家が皆無な以上、我々は各々が自己防衛するしかなく、自己防衛を強化出来る人は、他人も生活防衛を強化出来るように手助けし、自己防衛を目指す国民のネットワークを構築することが、日本人として目指すべきことであると考えています。

確かに、政治家になって、大局的に国民の幸福増大を目指す道もあるが、現実の政界にそのような人物が皆無で有ることを見ても判るように、その道は極めて困難であると言わざるを得ません。

それよりも、一人一人が自立して、余力があれば他人の自立も助け、既に自立して生活している国民や、或いは自立して生活することを目指す国民の草の根のネットワークを広げることが、日本を強国にして、日本人を幸福へ導く唯一の方策です。

>国が強くなると言うことは、個々の国民が強くなることであり、国家を支えている国民の窮乏化を進めている安倍政権は、日本国の弱体化を目指しているとしか思えません。
まずは、教育からですね。日教組解体!

左傾メディアが嫌うトランプ米大統領

ドナルド・トランプの米大統領選での頑張りに日本では左傾メディアなど左サイドが大反対と公言していますが、保守系からも多数反対の言葉が発せられています。
米国の選挙ですから何を日本で言ってもあまり影響はあるとは思えませんが、日本の各勢力の思いは伝わって来ます。

しかし面白いもので左傾メディアなどトランプの排外主義を嫌悪していますが、日米安保解消をトランプを日本から米軍を追い出す最も可能性のあるトランプ大統領の出現を喜んでも良さそうにも思えるのですが。

簡単にトランプ大統領が日米安保を破棄し、米軍基地を撤去できるとも思いませんが、そんな方向性がはっきりと見えて来た時、日本人は少しは危機感を感じるのかもしれません。

そしてはっきりと言えるのは米国が抜けた空白の日本に対して、南シナ海の現在の状況の如く中国軍がその空白を埋めることは間違いありません。

オバマで失敗した対中国政策ですが、トランプ大統領で今の候補の中期待できるものも多くあると思えます。

しかし話は飛ぶがトランプなどの強い対テロリスト発言を批判し、圧迫すればテロリストは増加し逆効果だ的なことを左傾番組でコメンテーターは言っているが、どうテロリストが協調できるというのかテロにより被害を受けている外国の被害者たちに対しても無責任な発言に思えて仕方がありません。

こんにちは

>私には安倍が対米従属を強化しているように見えます


見えるでしょうね、確かに。

事の本質は、日本が「孤立」でやっていけるかどうか、です。現状ではまず無理です。敵基地攻撃能力すら持たない日本が、四方を敵国に囲まれ、そのうち3つの国は核兵器を保有しています。この状況で日本が孤立を選べば自殺行為に等しく、国民の命を預かる立場の総理大臣として孤立の決断はできません。あのルーピー(鳩山)ですらできなかった。

これこそが米国の対日戦略の本筋です。つまり日本が他国に依存しなければ生存できない環境を維持すること。そしてその他国は必ず「米国」であること。

ですから、日本が米国以外の国と仲良くしようとすると、悉く妨害します。支那事変のときもそうでした。

ところが、安倍政権になってから豪州・インドといった、アジア地域におけるストロングパワーの国との距離を縮めています。ミャンマーやインドネシア、ベトナム、しまいには米国の仇敵であるロシアにも接近し、米議会に「日露接近注意報」が出されるほどです。

これは米国が相当嫌がるわけで、当然ながらワシントンが「妨害」を行っているでしょう。しかし、同時に餌も撒かれているので、逆に日本がカードを手にしています。『あまり妨害するなら、○○を御破算にしてまうぞ!』というカードです。

例えば日銀の金融緩和を「やめる」というカードです。金融緩和(円安と株高)でウォール街の連中はかなり儲けたでしょうね。もし日本政府が極秘でインサイダー情報をウォール街に流していたとしたら、金融緩和ごと「遮断」されると、ウォール街の連中は困りますよね?

こうやって米国に餌を撒き、だからこそ豪州やインド、あげくはロシアにまで「接近」できたんじゃありませんか? ロシア利権の鈴木宗男が潰されたのをもうお忘れか?

孤立できないからこそ、手を組む相手を増やす、孫子の兵法では「基本中の基本」です。

反米主義という盲目の思想を持っている人は、こういったリアリズムを全く理解していません。

あのトランプでさえ、『アベは賢い奴だ』と警戒しているのに。

ソロさん、f15さん、コメントありがとうございます。しっかり拝見いたしました。これ以上議論するのは板汚しとなりかねませんからやめておきます。仰っている事はきちんと理解できています。お二人に賛同する部分もあり疑問に思う部分もありといった感じです。

こんにちは

先稿ではちょっと言葉足らずで分かり難いと思いまして、補則させてもらいます。

要するに、孤立しないよう、なおかつ仲間を増やすためには、親分である「米国様」を欺く、あるいは餌を与えておいて『もう餌は要らないのか?』と脅す必要があるのです。

従米しないために、忠実なポチを演じなければならない。

今まではロシアに近付きすぎた政治家は潰されたし、アジア通貨基金を作って通貨暴落で苦しむアジア諸国を助けようとした総理大臣も潰された。日本が未だASEANに加盟できないのも、米国が許してくれないからです。だって、日本がASEANの盟友になるのは目に見えてるじゃないですか?

日本が盟友となること、または米国に代わる「トモダチ」を作ろうとすることは、親分の米国が許さないのです。

ならば、豪州・アジア諸国どころかロシアにまで接近している安倍政権は、もうとっくに米国に潰されててもおかしくありません。

ところが、米国は悉く安倍政権を支持し、米政府として安倍政権の「トモダチ作り外交」を黙認しています。なぜか?

米国の「弱み=外交カード」を安倍総理が握っているからでしょう。むしろそれ以外に理由があるでしょうか?

戦後レジームからの脱却とは、まず米依存体質から脱却すること。そのためには仲間を増やさなければならない。順番があるんです、物事には。

安倍政権がいま特に接近しているインドとロシアは「核武装国家」です。インドのモディ首相来日の際には、インパール作戦に参加された元日本兵の方と会われ、手を握り涙を浮かべながらモディ首相は感謝の意を伝えられました。セッティングしたのは間違いなく安倍総理です。プーチンにラブコールを送り続け来日を促しているのも安倍総理です。プーチンも内心は日本と仲良くして利益を得たい。日本は核武装した国と仲良くすることで、安全保障が一層強化され、もう対米追従しなくても、他に仲間がいるからと「ノーサンキュー」できる。

これほどまでに親分の米国を裏切り、後ろ足で砂をかけた総理大臣が他にいたでしょうか?

今はむしろ日本(安倍政権)が米国を「飼っている」と言っても決して過言ではありません。もちろん、パワーバランスでは米国が圧倒的に優勢ですから、日本が米国を操縦することはできません。けれども、日本は間違いなく「脱米」の方向に進んでいます。米国とは同盟関係を維持したほうがお得だけども、今の外交をあと10年も続ければ、米国の日本に対する影響力は確実かつ格段に下がります。

訂正

訂正します。

「盟友」ではなく「盟主」でした。失礼しました。

日本が戦後体制を脱した後

  ソロです。
 「原発環境問題、原発を如何に止めるか」「戦後体制からの脱出、日本が真の独立主権国家美なる為に」「新エネルギーの模索」について、いろんな立場の方が、いろんな視点で意見を寄せてこられて、サヨクや害人の跳梁跋扈で低迷していた近年にない非常に意義がある議論の場になって居ると感じます。 非常に慶しい事です。

 この議論の中から、偶発的に、今までにない新たな視点、新たな手法が見えてくれば、日本社会の将来に資する事になる可能性があります。 

>硫黄島さん
 日本で安倍内閣になって作られたNSCですが、そのお手本にした米国NSC(米国国家安全保障会議)と言う機関があるのをご存じでしょうか、是が、実質上米国の最高意思決定機関だと言われているモノです。

 米国NSC=1947年にアメリカ陸海軍と国務省の調整を担った国務・陸軍・海軍3省調整委員会からなり、構成者は、議長が大統領で参加者は、副大統領、国務長官、国防長官、エネルギー長官、アドバイザーとして、統合参謀本部議長、国家情報長官、他に、定期に参加する大統領補佐官〈複数〉状況に応じて、財務長官、司法長官、国土安全保障長官、法律顧問、経済会議委員長、国連大使、行政管理局長などが会議に出席できる。(Wikiより抜粋)

 このNSCのメンバーで対日政策のカギを握って居るのは、オソラク、国家情報長官=CIA長官でしょう。 GHQの設立に関しては、国軍3軍の意見よりも、植民地施策を担当していた、国務長官や情報局の意向が優先して居たと思われます。

 昭和22年【1947】になって、国家中央情報局CIAが創立されますが、ソレまでは、情報全てをFBIのフーバーが取り仕切って居た事を考えれば、反日、人種差別主義者であったドイツ系のフーバーの影響力は、戦後日本へネガティブに働いたと思われます。 その代表例が、WGIPではないかと、私は疑って居ます。

 然し、メンバーが政権交代でめまぐるしく変わるNSCの中で、大統領補佐官を永らく務めた、キッシンジャーが民主党/共和党政権に拘わらず、大きな影響力を持って居たのはご存じかと思います。 彼は何故か、分り易いい位、反日・親中です。 日本はキッシンジャーの反日施策の為に、何度苦汁を飲まされたか分りません。 然し反面、キッシンジャーが日本の底力を確信している様な処があった事も間違いないです。 「真の敵こそ、こちらの実力を一番知って居る」と言う典型例かと。

 安倍政権になってから米国の日本警戒が緩んだのは、偏に、共産シナが経済台頭してから、その正体を露わにして、米国の既得権侵害を始めた事に起因します。 是にNSCが反発したのでしょう。 故に、極東でパートナー足り得る国と言えば日本しかないので、日本が動き易い様な環境を、日本に与え始めているに過ぎないのだと思います。

 唯、キッシンジャーやその後を継いだ観のあるブレジンスキーも既に年齢が高く、ソロソロ引退の時期だと思います。 米国はご存じの通り、4/8年改選の大統領制ですから、継続して参加する彼らの意向、意見は重かったと考えるべきです。 するとこの先、米国の施策は、様々な移民が数を増して行く中、更に変質して行く可能性大であると思いますし、それに対応出来なければ、米国は国内さえ治めが付かない状況になると思います。

日本の是からの進路によっては、米国は、硫黄島産さんの御説の通り、寧ろ、日本が自然にイニシアティブを握る可能性は大であると思います。 事実、米国の役割は、「世界の警察」から、「現状の平和維持」へスケールダウンを続けて、そして、終に「自国の権益維持」へと普通の国並みになろうとしていますが、ソレは紛れもなく、米国の衰退に他ならない事は、米国自身が良く分って居る事でしょう。

 日本は先ず、国内を整備して国外勢力に買い占められた売国サヨク分子や国内治安を悪化させるだけの害人を排除して、天皇を象徴として戴く、世界の「国家の範」となる様な新たな日本国を打ち建てなければならないのです。

新国連建設への道 2

>硫黄島さん ソロです。
>>今はむしろ日本(安倍政権)が米国を「飼っている」と言っても決して過言ではありません。もちろん、パワーバランスでは米国が圧倒的に優勢ですから、日本が米国を操縦することはできません。けれども、日本は間違いなく「脱米」の方向に進んでいます。米国とは同盟関係を維持したほうがお得だけども、今の外交をあと10年も続ければ、米国の日本に対する影響力は確実かつ格段に下がります。
 全体の流れが「脱米」である事は、否定しませんが、日本には、米国市場が必要ですし、軍事面でも米国を敵に回して日本がやっていけるとは思いません。 それを可能にする為には、戦前の様に軍事費を歳出の30%以上にしなくてはイケませんが、そう言う軍事大国を目指すのは、日本の国柄から言って相応しくありません。

 そうでなくても、米国は以後は、嘗ての「モンロー主義的になる」と思います。 すると、世界の平和維持体制に大きな隙間が出来る。 現在の欧州圏、中東圏、極東圏、南・東南アジア圏、中米・南米圏は、夫々別々の治安維持体制の元に在りますが、各圏の主たる支えとなって居るのが米軍の戦力ですから、是が大幅に削減すれば、押さえ込まれていたものが噴出して、世界は20世紀の初頭の状態に帰って終う惧れがあります。

 世界は逆に米国を支持し、援助するのが、最も現実的な方法だと考えるべきです。米国も、自国国益のみに拘泥する事を止めて、原則、「現状変更を目論む行為」「人道を無視した行為」を排除する力として存在しなければなりません。

 其の上で現国連を解体し、国連機能の裡中立機関として働かせる必要のあるモノ=国際法の絶対的な強制力を持つ軍事機関、弱者救済の為の医療機関、貧者啓蒙の為の教育機関、未知のウィルス等に拠る感染症対策機関、人権侵害問題の過帰結機関・・を機能させ得る国際組織=新国連を建設すべきです。

 勿論、連合軍は、現在構成する常任理事国を選挙に拠る選出法で決める事で、解放し、夫々の国益侵害に抵触しない方法で、世界の治安を護る軍隊とし、実際には、国際法で裁く為「紛争者両方を話し合いの席に着かせる事を目的とした武力」でなければなりません。

 日本は米国と共に、こうした新世界の秩序と平和を護る為に尽力する事が、人類全体の危機に対する備えとなり、結果、地球全体に安寧な時代を齎すものと思います。

朝鮮人を入国禁止にすべき

ソロです。
 とうとう、韓国の経済破滅が始まった様で、犯罪グループも韓国に見切りをつけた様です。
(「みずきの女子知韓宣言」より、引用転載開始)
韓国武装スリ団6人逮捕、東京、大阪、京都で2億2700万円
10余年前、日本で悪名を馳せた韓国人武装スリ団出身者が日本で再び活動し
逮捕されたと共同通信が23日報道した。 、大阪府警察は、東京と大阪、京都など、28の広域地方自治団体で窃盗行為を行った疑いで、韓国人と日本人の男女28人を摘発して逮捕または在宅起訴したとこの日明らかにした。  また、総額約2億2700万円(約23億ウォン)の損害を立証した。

  摘発された、韓国人6人は、10年に同じように日本各地でスリ行為を行った「韓国人武装スリ団」の元メンバーだと大阪府警察は明らかにした。  韓国人武装スリ団は、ナイフや催涙スプレーなどを使用した果敢な犯罪行為で悪名が高かった。

2006年、東京の駅構内で警察の検問を受けているときに、催涙スプレーを使って抵抗した事件などで、日本社会に波紋を起こした。 かれらは取り締まりが強化されて、一時日本から姿を消していたが、近年再入国したと共同通信は伝えた。 今回摘発されたキム某(49)氏(起訴)は、昨年3月に他の韓国人と一緒に船を利用して日本に密入国したことが分かった。 キム氏は日本人の協力者から居住地や携帯電話、車などの提供を受けて窃盗行為を繰り広げたことが分かった。
 (転載以上)
 日本社会としては、この様な犯罪集団まで日本に送り込まれては迷惑千万なのだが、摘発された28人中22人は日本人?と言う事ダカラ、この事件には多くの在日や帰化人との連携が疑われる。 つまり、帰化人や在日は、半島の犯罪人を日本に入国させる誘因要素といっても良いだろう。 勿論、暴対や外事警察も動いているとは思うが、謂わば「スリ」なので認識が甘い可能性が有るが、かれらは、文字通り武装しているのだから、けが人や死人が出る恐れは十分にある事は深く認識しておくべきだ。

 それにしても、2億2700万円(23億ウォン)と言う稼ぎ高は、韓国内の犯罪組織には、垂涎の的になる可能性が高い。 日本政府は入出国を厳格化して、韓国内外での窃盗前歴者は、全て入国禁止を検討すべきです。

 この先、こういう事例は、増える事はあっても減る要素は全くない事を、治安系の公務員は認識を深めるべきで、亦、在日や帰化系の朝鮮族の監視は、日本の治安維持の為に必要な事です。

 清原や長淵の例を見ても、社会で成功しているからと言って、犯罪に手を染めないと言う保証は高い確率でないから、社会の劣化成分として朝鮮族を挙げられても仕方がない。 在日って65万人しかいない(筈)なのに、神戸山口組が抜けた後は、山口組の構成員の殆どが朝鮮系だ、と言う事を皆知って置くべき。 兎に角、是以上朝鮮人を日本国に入れる事に反対します。

こんにちは

>ソロ 様

ありがとうございます。

NSCは存じておりますが、各省庁の代表が集まるということで、そこにはやはり省益の折衝、すなわち力関係が生じます。今どきは物理的なパワーに加えて情報がモノを言いますから、従って私は通信傍受機「エシュロン」にアクセスできる機関、すなわちCIA(NSA)とペンタゴンが米国内で最も「権力」を握っていると思っています。

CIAの存在意義でもある通貨戦略、すなわちドル支配が米国の世界覇権を可能にするという理論ですが、今ではすっかりFRBに主導権が移ったように見えます。FRBは民間(ユダヤ組織)ですから、FRBに国家戦略の主導権を握られるのは、これは国家的自殺を意味するというか、FRBは米国の事実上の生殺与奪権を手に入れたわけで、下手をするともはや誰もFRBに逆らえないのではないか、そんな気もします。

FRBの暴走が米国を世界覇権から引きずり降ろす、であるならば、これは日本にとって好機でありましょう。

FRBの気まぐれでドルが幅広く上下するようであれば、中東あたりから造反組が続出し、ユーロあるいは人民元に軸足が移るかもしれない。英国はすでに人民元取引を可能にしてますね。驚くべき嗅覚です。

見方を変えれば「円」が世界に殴り込みをかける絶好の機会です。今は米国が「輸出」したドルが、石油や金融商品などを通じて米国に「逆輸入」されるという構造がありますが、これに最も貢献しているのが我が国です。極端な言い方をすれば、死に体の米国にゾンビパウダーをふりかけて生かしている、このような状況では円を世界に売り込むことはできません。

まずは原発を再稼働させ、石油を介したドルの逆輸入を止める必要があります。

我が国は間違いなく米国の同盟国であり友好国です。お互いに必要としています。無節操な欧州と違い、米国には理性的・紳士的な部分がある。これは日本を除けば米国にしか求められないものです。そんな米国が好きだという日本人の気持ちはよく分かる。

だからこそ我が国は米国への甘えを断ち、「良き米国」を壊そうとする勢力にドーピングするような、敵と味方を間違える愚行を犯してはならない。それこそが大東亜戦争で我が国が学んだことではないでしょうか。

もはや米国の世界覇権は維持不能です。基盤となる通貨戦略を敵に取られてしまったからです。我が国は米国を助けるためにも、世界に討って出て「円の力」で悪貨を駆逐し、米国を救うべきなのです。

マイケル

ちりちゃんです。

> 2016/02/21(日) 15:11:22| URL| へうげものさん
ttp://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1089.html

本の紹介;
○共産中国はアメリカがつくった-G・マーシャルの背信外交
ジョゼフ・マッカーシー (著)
共産中国はアメリカがつくった。

本の紹介ありがとうございます。
買って、ざっとみてみた。
この感想だけど、古い。
それは、この本を読んでしまったからと思う。

一回、ここでも紹介している。
で、ピルズベリー氏の本。
へうげさん、あなた、時間とお金から解放されてますよね。
ぜひ読んでみてくださいね。
http://www.amazon.co.jp/China-2049-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/4822251047
China 2049 単行本 – 2015/9/3
マイケル・ピルズベリー (著), 森本 敏 (解説), & 1 その他

中身難しいです。
私は、昨年夏の終わりごろ?この本に気づいて、読みはじめて、
さらに、ホントにこんな日本語訳かどうか、
原書の方を、秋いっぱい、合間ですけど追っかけてました。
更に、修行として?原注ってのがあって、
私の持ってる日本語本での438P-375P。
さすがにネットで追っかけられない文書は、ギブ。

(そんな中、12月に余命本がでて、
興味というか、私のネット活動は、
こっちになってしまって、マイケルは中途半端。
で、最近は、余命ハンドブックも出版された。
この辺、軸がぶれている。のだけど、そんなコメUPです。)


今回、管理人さんスレから抜粋。
>何故ならピルズベリー氏はロックフェラー家の傘下にいたキッシンジャーに
>長年騙されて、中国が強くなるのを手伝ってきました。「米国のライバルは
>日本であり、貧しく遅れていた中国は決して米国に挑むことはない」「豊かに
>なれば中国は友好国になる」というキッシンジャー言葉を信じて中国を支援
>してきましたが、裏切られた。そんな怒りと自責の念が強く、ワシントンで
>はいまだに「中国が協力相手になる」とのキッシンジャーの呪縛が解けてい
>ないことに彼は怒っています。

この本は、ココ中韓のスレでは、このあたりから紹介されています。
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1082.html

100年マラソンって、キーワードがあって、
私も、何回か感想かな、この関連UPしたんだけど、
今、ざっとみたら、だいたい全部BANされているようだ。
(でも、私のログ残ってるので、復活リクエストあれば、よろ。)

内容好かったら、本かって読んでみてください。
ネットまわるなら、この辺があらすじとかいいかも。
http://tansoku159.blog.fc2.com/blog-entry-1187.html

で、この本を前提に、いろいろな議論が進むと思っている。
主に「US」と「CN」。
これをうけて、「USとRS」、「JPとRS」、なんだな、私的には。
----
で、肝心なとこ、UPしてないです。いつもですけど。
で、いったい、ちりちゃん、「これと日本どうなの?」
ってとこです。 これ、次、気が向いたらです。

-------
ということで、へうげのものさん、
> 2016/02/21(日) 15:11:22| URL| へうげものさん
からの、一つの本の感想文でした。でいいかな(アハ)です。

「朝鮮ピー 」と 「ピー屋」


当時、朝鮮人娼婦は朝鮮にはごく普通に居たのです。

何故か「朝鮮ピー」と呼ばれていました。業者を「ピー屋」と呼び、長崎でも上海でも古老の話で「ピー」「ピー屋」の表現が今も聞かれます。「P」は英語「Prostitute」(娼婦)の頭文字説と、時代は分かりませんがもうひとつ、性器そのものを指す中国語の蔑称説があります。朝鮮語はカルボ。どちらにしても「従軍慰安婦」という言葉はどこを探してもないのです。当然です。何十年も過ぎてからの造語、捏造語でしかないからです。

京城では日本人は組合組織の公娼中心の娯楽街「遊廓」内では、16歳以下の女子を使うと「打ち壊し」の刑で実際に壊されたケースもあったと聞いています。遊廓には病院や組合事務所もあり、定期的巡視もありました。しかし男たちの華やかな楽しい遊楽街、遊興街でもあったのです。

日本人遊廓の傍には、朝鮮人の組合組織ができて居て、それ以外に、男性を誘い込む私娼窟が、あちこちに無数にあってピーさん、ピー屋(業者)は、ごく普通に居た。

http://nadesiko-action.org/?p=3558

鮮人三原則 『臭い、汚い、危ない』
非韓三原則 『助けない、教えない、関わらない』

(・”・)

是から日米が採るべき経済戦略

>硫黄島さん ソロです。
 リーマン・ショックで欧州諸国を、全滅の危機に陥れた廉に拠り、ロックフェラーが失墜してから、キッシンジャーが公的な場で発言する事はなくなりました。 此の変化によって、日本や安倍政権が甦り、ようやく米国は日本の戦後体制の見直しに同意しつつあるのです。 

 米国NSCの意向(実質、CIA とFRBの意向)のベクトルの向きを、日本は変える要素を見せるべきではありません。 飽く迄、ドル基軸体制の維持には日本円の安定性で、是まで通り協力して行くべきです。

  リーマン・ショックの折、生じた、6万兆円の不良債権の大半は、紙屑と化したのですが、証券会社の倒産や銀行の倒産で膨らみ上がった経済規模を縮小させ、バーチャルマネーをリアルマネーにすべく、否、せめて貨幣流通量を確保する為に、200年分の紙幣を5年間、つまり千年分刷ったのです。

 経済が真面な状態なら、US$は大暴落して当然の処、日本円が、ここぞとばかりに、基軸通貨を目指さなかった事で、US$の下落は最大70円台どまりでした。 そのお蔭で、世界は金融恐慌を免れ、ドル基軸体制が維持されたのです。 是をロスチャイルド達が、評価しないわけがありません。 と言うか、今は、未だUS$の基軸通貨続行を支持しているのです。

 ですから、
>>FRBの気まぐれでドルが幅広く上下するようであれば、中東あたりから造反組が続出し、ユーロあるいは人民元に軸足が移るかもしれない
 そのFRBの気まぐれを指摘して、修正を進言する、と言う立場を取ればよいのです。 世界の経済の安定を、米国FRBと共に、護る立場を強調する事が何よりも大事な事かと。

>>原発を再稼働させ、石油を介したドルの逆輸入を止める必要があります。
 そうですね。 然し石油自体、是までの様な永遠のエネルギーではなくなっています。  世界は既に、石油に代わる高効率の新エネルギーを探し始めています。 日本は改めてそちらにかじを切る必要はないのではないかと私は思います。 

 世界に拡散した大量のドルを徐々に回収して適正量にするのがFRBの目論見で、その回収速度を為替価格1US$=110~125円で調整しているのが現状でしょう。
 
一方で、是を機に一儲けしようとしている連中が必ずいるワケで、避難先として日本の株式相場(US$建て)を140~160に据え置いて、現在の外乱要素である中国株の連動や人民元の変動に連れて、売り買いをしている様です。ですから、安定要素の日本円が大きく動く時には、何かが始まる時だと思って良いと思います。

>>米国の世界覇権は維持不能です。基盤となる通貨戦略を敵に取られてしまったから
 否、世界の変化に拠って、世界覇権のメリットよりも、デメリットの方が大きい事に気が付いたからだと思います。 何故なら、後進国の水準が急速に上がってきました、将来を見据えれば、望ましい事なのですが、そのトレンドを維持する為には、独り占めしていた利益を、後進国と分け合わなければならなくなったのです。

 後進国の成長速度を読めなかった事で出来した通貨戦略の遅れは、その一つの理由だと思いますが。 元来、米国が武力で暗黙に強制していた事が、自ら主張する民主化によって顕在に誇示できなくなり、何時の間にか後進国で存在感を喪失しました。 

 蓋を開けてみると、米国が設定した「儲かる」価格では誰も物を買わない、買わせられない現実があるから、米国が後進国で利益を上げるのは、難しくなっているのです。 コカ・コーラやマクドナルド等がその典型です。つまり、昔の売り方では何も売れない現実しかないのです。

>>我が国は米国への甘えを断ち、「良き米国」を壊そうとする勢力にドーピングするような、敵と味方を間違える愚行を犯してはならない
 同意しますが、一点だけ。 世界が変わりつつあるのですから、「古き良きアメリカ」の価値が通じるのは、米国国内だけでしょう。 米国こそ、旧体制での古い常識を見直しして「現地型」の戦略に転換すべきでしょう。 

 是が出来ないのなら、共産シナでも欧州勢でも結果は同じ事です。

 例えば東南アジアでは既に、市場が独立しています、つまり市場の自由意思で、モノが売り買いされているのです。 例えば、家電などの性能は、必要な分だけで良いのですから、その分に合った性能で良い。 過剰な性能は、過剰な価格に繋がるから売れないのです。

 白人至上主義の価値観押し付け主義では、是からの多文化世界への対応はできません。 

 この先に、巨大人口を抱えるインド市場が待って居ますが、米国の戦略が如何なる形で展開するのか、シナでの2の舞にならぬように気を着けなければいけないでしょう。 亦、中東や北アフリカと言った、反米・イスラエルのイスラム圏での米国の信用回復をイスラエルを抱えながらできるのか、亦、モンロー主義が台頭しそうな中、欧州各国との共同歩調が取れるのか、が、ポイントになりましょう。

 いずれも経済の事になりましたが、この先も世界平和は、経済が基本です。 平和で無ければ経済は衰亡するし、経済が悪くなれば、平和が危うくなるのは、世界の常態です。 戦争で経済が繁栄する=儲ける様な話は、既に長続きしない事を、共産シナ以外の世界は認識しています。

トランプは、silent white majorityにアピールしています。多分彼が大統領になるでしょう。いい機会です、憲法9条を改憲し普通の国になりましょう。期待しています。

知られない真実

北朝鮮は核兵器問題と人権問題で世界から孤立を深めています。日本に対しても拉致問題で強硬姿勢を変えていません。北朝鮮は日本をどのように観ているのでしょうか。

南朝鮮は反日教育によって国民を日本から遠ざけています。北朝鮮はどうでしょうか。反日には違いないが南ほど激しくはありません。意外なことですが北朝鮮は日本人を信用していると思います。

「金正日の料理番」に出てくる料理人は日本人でした。北朝鮮では「金日成」と「金正日」は絶対です。いくら暴走3代目といっても「祖父と父親」の遺訓には逆らえません。

カンボジアのシアヌーク国王はかって北朝鮮に逃亡していました。その時に国王は「ボコールの薔薇」という自分が主役の映画を製作しています。「長谷川一郎大佐」という日本軍の部隊長役でフランス軍と果敢に闘う映画です。

日本軍に扮したのは北朝鮮人民軍でした。映画の日本軍は規律正しく、「日本はアジアを自由にするために闘っている」という演説もあるそうです。この映画の試写会には金日成主席と金正日書記も出席し、「素晴らしい映画だ」と褒めたそうです。

この映画が今どうなっているかはわかりません。が、北朝鮮の日本を見る目は南朝鮮とはかなり異なるのではないかと思われます。信じられないような真実です。

日本人の反韓の蓋然性

>日本人さん 横からスイマセン、ソロです。
>>北朝鮮の日本を見る目は南朝鮮とはかなり異なる
御意の通りかと思います。
 韓国の場合、GHQが一枚噛んで居ますから、WGIPで戦前日本は全否定ですが、朝鮮の方は、ソ連支配ですし、逆に、戦前日本の「戦時における、軍民の纏まり」は、支配者として好ましいモノでしょうね。 然し、金一族が天皇陛下の様な尊敬や威厳等望むべきも無い話ですから、唯の憧れでしょう。

 然し、そういう意味でいえば韓国サヨクを旧農奴層とすれば、反米は当然だし、反両班も当然、然し、反日は上辺だけの筈だったのですが、日本に居る在日やサヨク帰化人の所為で、戦前を知らない世代が、強い反日を示しているように思います。 まぁ、韓国と仲良くする事は、今後どのような展開になっても、御免蒙りたいので、反日でまとまってくれる方が分り易くていいですがね。ww

 日本人は、朝鮮人にも韓国人にも、引揚者が被害に遭わされています。 それに引き換え、韓国・朝鮮が言って居る「虐待」等真っ赤な嘘っぱちです。 東北大震災の事もありますし、正に「復讐するは我に在り」の状態なのです。 日韓友好? トンデモナイ。

> にっぽんじんさん

> 北朝鮮は日本をどのように観ているのでしょうか。

朝鮮戦争は休戦中ですが、連合国であるアメリカに基地を提供している日本は紛れもない戦争当事国であり敵国となります。そういう意味では南朝鮮は米国を介して同盟国となりそうですが、南朝鮮には深いところまで北の手が入り込んでいるのでそう単純な話にはなりません。

> 反日には違いないが南ほど激しくはありません。
> 意外なことですが北朝鮮は日本人を信用している

日本の文化には興味を持っているようですが、信用や友好とは程遠いものですね。あくまでスパイ天国として利用価値ある平和ボケした敵国という認識で間違いありません。

またそうした中で移民も已む無きとした政策を推し進めている安倍政権が不安で仕方がないのです。一億総活躍と言いながら少子化対策をおざなりにして、日本人女性を家庭から誘い出し様々なコストがかかる外国人を引き入れようとしています。政府が見るべき方向が愛国ではなく売国になっているのに気づかない保守層が多くて危険を感じます。

民主が政権をとって以降今現在に至り、周囲にどれだけの支那人が溢れかえっている事か。支那語と朝鮮語しか聞こえてこない集合住宅も出てきていますし、その近隣では支那人強盗の被害にあった店舗がいくつも出てきています。これは現実に身の回りに起こっている事で、少し前なら考えられない事です。ちなみに橋下氏が在日に『ヘイトスピーチ規制条例』という特権を与えた大阪での話です。

その橋下氏と懇意な関係にある安倍氏ですが、それやこれやで選ぶ政党、選ぶ政治家が殆ど見当たらないと憂いているわけです。他に選択肢がないからという理由で推してよいものかと思うわけです。

話がそれましたが、先日日本海に向けてミサイルを何発も撃ち込んだ北朝鮮です。アメリカを手玉にとりながらとうとうアメリカと対峙する道を選択しつつある支那に核保有国である北。とても楽観視できるものではありませんね。

慰安婦問題について、切り口を変えました。

2016年3月7日、国連女子差別撤廃委員会が日本に関してまとめた最終見解案に皇位継承権が男系男子の皇族だけにあるのは女性への差別だとして、皇室典範の改正を求める勧告を盛り込んでいたことが3月8日、分かりました。これは、日本側は駐ジュネーブ代表部を通じて強く抗議し、削除を要請。7日に発表された最終見解からは皇室典範に関する記述は消えていました。

しかし、国連女性差別撤廃委員会の勧告の骨子は、慰安婦問題では、被害者の権利を認識し、補償や公的な謝罪、尊厳の回復を含む、完全で効果的な癒やしと償いを提供する。日韓合意の履行にあたり、被害者の意向を十分に考慮するとされ、2015年日韓合意を無視したものとなっていました。

2カ国間の交渉事案について、その当事国が了承し、合意声明を発表していることを、発表後に条件を付けるのが国連人権理事会の行っていることです。
この後、韓国の合意に対する動きは、悪くなりました。慰安婦像の撤去の動きが止まり、挺対協の動きは活発になったような気もします。


ところで、今更の話ですが慰安婦問題において、韓国人慰安婦は被害者とされ、日本人慰安婦は被害者に含まれていません。
そして、日本の軍人(士官及び兵隊)は加害者とされていますが、これについて、もう一度考える必要はないのでしょうか?

この日本兵は、私達の父や叔父だと言われているのです。私の父が慰安婦を姓奴隷として扱い、私の叔父が少女を無理矢理慰安所に連行し、慰安婦にしたと言われているのです。
今でも、日本兵が韓国人女性を強制的に姓奴隷としたと言っている人は、その方の父上や叔父上がそうしたと確信を持っておられるのでしょうから構いません。吉田清治氏が書いたことは真実だと思っている人は、その人の父上や叔父上がそうしたと考えているのでしょう。

しかし、私の父はそんな酷いことをできる人間ではなかったと自信を持って言えますし、叔父も女性を奴隷のように扱える人間ではなかったと、自信を持って言えることです。
日本人なら、自分の父親や叔父ならやらないと考えるのが、普通だと思います。

それをやったと考えたのが、○野洋平氏でした。
○野洋平氏は、日本軍が女性を姓奴隷として扱ったと河野談話の際に述べていますが、彼はご自分の父上がそういう人間だったというのでしょうか。○野太郎氏は、ご自分の祖父はそういう人間だったというのでしょうか。彼等は、政治家として他人事と捉えて発言し、考えているのかも知れませんが、そう言えた人は親族がやった可能性を否定できないのです。


それから、米国が慰安婦問題の解決を図った理由には、昨年韓国の元米軍慰安婦122人が訴訟を起こしたことを、解消したいことがあると思います。

この問題は、韓国内では韓国在郷軍人会が圧力をかけて、強引に幕引きを計っていましたが、元米軍慰安婦達は収まらずに米国で活動を始めたことから、米国在郷軍人会の問題になり始めたと考えます。
(元米軍慰安婦達の行動は、日韓の慰安婦問題による慰安婦が様々な面で大事にされるのに、自分たちは同じことをしながらも放置されてきたので、無理は無いと思います。慰安婦問題が女性の人権問題ならば、当然のことでしょう。)

これについて、米国においては米国の在郷軍人会は、極めて大切な存在だと思います。
軍人は米国のために戦った英雄達であり、彼等を貶めることは国にとっては極めて大きな問題で、これを放置する場合によっては軍人を志す若者が減少します。こんなことは、日本では話題にも上がりませんが、普通の国なら自分たちの住む国を守る軍人は尊敬されるのです。在郷軍人会を、国として守らなければならないと思います。

そして、軍人の家族、中でも妻達にとっては、夫が出征中に現地で浮気をしていたことが大変な問題になります。正義の軍隊で国のために頑張っていると思っていたのが、現地の女性を姓奴隷にして犯罪を犯していたなど、たまった問題ではありません。
これは、夫の浮気問題だけでなく、妻達が夫のいない間に間男を連れ込んでいた場合も大きい問題で、夫は軍人としておちおちと戦争をしていられず、結果として国家の問題でもあるのです。

まあ、妻の不倫は何ともならないことですが、国としては夫の不貞行為はなかったことにして、国を守る英雄として大切にしませんと、戦争に勝つことはできません。

結果として、米国は在郷軍人を守るために、朝鮮戦争における韓国人慰安婦問題を日本におっかぶせて、解決することにしたと思います。

ちりちゃんへ

「共産中国はアメリカがつくった」読んでくれてありがとう。
うれしいよ。 
私も「余命三年時事日記」読んだよ。
ずいぶん詳しいんだね。並みの人でないから惜しいね。
「China 2049」も読んでみるよ。

わけあってこれが最後のコメントになるんだけど、
ちりちゃんには、充実して幸福な人生を送って欲しいね。
心から願っているよ。

へうげものより

へうげものさん

メールアドレス晒している。

脅されたか?

ご家族もいる。
リアル第一で。

現実は見ないのですね

>通りすがりのNEOさん ソロです。
>>他に選択肢がないからという理由で推してよいものかと思うわけです。
其れなら棄権しますか? 白票を投じる手もあります。 自分の選択肢を、自分の納得のいく方法で示す事が大事で、無関心、不参加が一番イケません。 安倍さんは、日本は米国とともにやっていかねばならない、と言う判断をしているわけですから、それに賛成か反対かで結構ではないかと思います。

 戦後70年も放って置いた憲法問題、国内の在日朝鮮人の問題、西側陣営で唯一共産党がある国、極左に近いマスコミ・・様々な問題を、多寡高4年や5年で片づけられるわけが無い、その上、日本の最大の既得権者は未だに、アメリカなのです。 そんな状態で、ケチしか付けないでおいて、他に選択肢が無い、って傲慢な話です。

 貴方が満足するような政治は誰にもできません。 

トランプ氏いいね。リーダーシップがあり、決断ができ、強いし、正直ですし、反共です。大いに期待するね。
アメリカを見直した。マスコミも国民も懐が深いね。日本だとトランプ氏のような人物は出てこれない。
政治家の本音が聞けることは国民にとっていいことです。失言を恐れて当たり障りのない言葉を聞かされても時間の無駄。

今の世界情勢のなかで、日本にとっても世界にとっても、中国(習近平)の野望(世界制覇)を打ち砕く判断をすることがいい政治家です。この一点だけ判断を誤らなければいいリーダーです。

トランプ氏かヒラリーか、中国はどちらを嫌がるのですか?中国が嫌がるリーダーが日本にとって良いリーダーです。

安倍総理を批判する人は、中国の野望が見えていない人です。
景気がよくても、保育園が充実しても、国防を疎かにし、中国を野放しにしたら日本がなくなるのです。

サビシーなー

「2016/03/25(金) 18:36:27| URL| へうげもの」 さん

> わけあってこれが最後のコメントになるんだけど、
> ちりちゃんには、充実して幸福な人生を送って欲しいね。
> 心から願っているよ。

なにこれ?
いろいろ、事情があるんだろうけど、
へうげさんが、ここでは一番波長が、
合ったような気がする。

私も、さ、ここのコメUPやめようと思ってる。
うまくいえないのだけど、
なんか、ときめかない。
それは、管理人さんやここのコメタが、悪いわけでない。

次のステージ。
ブログUPするかな。
でも、この方面は危険でさ。
そこが、気にする、なること。

なんだけど、軽いところからとか、
「永遠の0」からかな。

まあどうでもいいや、

幸福ってよくわからないけど、
日々、「充実」だよね。
そう受け止める。

私宛のコメント、いろいろありがとうございました。

ちり

こんにちは

>ソロ 様

貴殿がおっしゃっているのは、「良き米国」を外から守ろうと主張する私の持論と大差ないと思いますが、違いがあるとすれば、米国の「内なる敵」を兵糧攻めで弱らせることができると考える私に対して、そもそも米国の問題は米国自身が解決すべきであり、日本は米国のパワーを利用する目的の支援程度でよいとするのが貴殿(※私の独自解釈)だろうと思います。

なお、私の言う「良き米国」は「古き良き」とは異なります。ご存知、米国は移民国家であり民族の歴史がありません。国家としての支柱(歴史)がない以上、「古き」の前置詞は蛇足であると考えます。

米国は移民国家であるが故に、世界を凝縮したような社会です。「ミニワールド」とでも言いましょうか。なおかつ民族主義(土着愛国主義)も存在せず、せいぜいKKKが奴隷時代の白人至上主義から抜け出せない程度。ですから米国は、パワーバランスを日常的に体感できる、リアリズムの社会です。

表向きは「自由」と「平等」を掲げながら、イスラムなど過激分子が潜むコミュニティをちゃっかり監視し、平等の大義名分のもと「規制」している。自由と平等は相反する思想ですが、米国はこれを逆手に取って都合の良い部分を摘まみ食いしています。

この「したたかさ」は、さすが世界覇権国家であると脱帽してしまいますが、これこそが私の言う「良き米国」、すなわちパワーバランスを重視し、常にパワーの均衡を政策目的とする、妄想平和主義とは真逆の現実的平和主義です。

無論、欠陥もあります。リアリズムに偏重しすぎて、民族主義が理解できない。理解できないから世界中で軋轢が生じる。米軍が世界展開する中、現地民の民族主義を理解できないのは致命的欠陥でもあります。

従って、民族主義が再興する現在の世界において、米国の衰退は運命的なものと言わざるを得ません。ソ連崩壊で米国はその役割を終えたと考えるべきでしょう。

しかしながら、米国のリアリズムはまだまだ必要です。欧州が無節操にも、アジアのパワーバランスを無視して支那の富を貪る中において、米国ではいわゆるパンダハガーが次々とアンチ支那に衣替えしています。やはり米国のリアリズムは生きている。これこそが世界の平和に必要な、冷静な米国の視点です。

私が言う、守るべき「良き米国」がまさにこれです。FRBは悪魔にドーピングする愚か者にしか見えません。しかも奴らはかつてのパンダハガーのように、それを「正義」と信じているから救いようがないのです。

チャイナロビー : 支那の対米工作の実態

クリントン政権の献金疑惑

二期続いた米国のクリントン政権ですが、クリントン大統領の政治資金には中国政府からの違法献金が流入していました。

この問題は当時、米国議会で大問題になったのですが、司法省を握る政権側の捜査妨害、また、折から浮上した大統領のモニカルインスキー嬢との不適切な関係、さらに米国民のクリントン人気もあって、結果、この疑惑は闇に葬られ、うやむやのままに終わってしまいました。

以下、この経緯について当時の産経新聞と読売新聞の報道と伊藤貫氏の「中国の核が世界を制す」という本を資料にして書いてみます。

1996年、クリントン政権発足時におけるある政治献金が問題となりました。

当時、米国では「ホワイトウォーター疑惑」が話題になっており、クリントン大統領のアーカンソー州知事時代の汚職疑惑が世論の関心をあつめていました。

その捜査の過程で、大統領及び米民主党がインドネシアの財閥から違法な献金を受けていたとの疑惑が浮上し、大統領自身もこれを認めました。

当初、米世論はただのインドネシア企業の違法献金程度の認識でしたが、この問題を取り上げたワシントンポスト紙の取材とFBIによる捜査、さらに米議会の追及が進むにつれ、意外な事実が明らかになっていきます。

それによると1992年の大統領選当時、クリントンと米民主党はインドネシアの華僑系財閥「リッポー・グループ」から多額の献金を受け取りました。

このリッポ・グループの在米代表であったジョン・ファンは財閥の豊富な資金を使ってクリントンに取り入り、クリントンの大統領当選後はその功績により、商務省の副次官補に抜擢されます。

副次官補という地位は国家機密にアクセスできる権限を持っているため、事前にFBIなどにより身上調査が行われるのですが、ファンに対してはヒラリー夫人の圧力により、身上調査は行われずじまいでした。

ファンは中国本土に生まれ、台湾で育ち、米国に移住後の76年に米国籍を取得しました。
インドネシアの財閥リッポ・グループの在米代表となり、92年ごろからクリントンへの献金活動を活発に行うようになります。

リッポ・グループの二代目総帥のジェームズ・リアディは70年代からのアーカンソー州でのビジネスを通じて、クリントン氏と密接な関係にありました。
リアディ一族は本拠をインドネシアに置いてますが、みな中国系で中国本土での大規模な経済活動に関与してきました。

97年7月の米議会の公聴会では、CIAのジョン・ディッカーソン氏が当時、副次官補のファンの求めに応じて37回にわたってアジア関連の極秘情報を閲覧させたことを証言しました。
ディッカーソンはファンが商務省の中国担当官であると思っていたとのこと。

しかし、ファンの上司だった、前商務副長官ジェフリー・ガーテンによると、ファンの職掌が管理部門担当であり、中国担当ではないこと、ファンが何度も中国大使館を訪問したり、中国大使館員からの電話を受けていたとのこと。

この公聴会では、リッポー財閥に詳しい、国際通商専門家のトーマス・ハンプソン氏がリッポー財閥と中国政府のつながりが濃いことを証言しました。

実は、リッポ・グループへの大口出資者に「チャイナ・リソース」という会社がありましたが、ここは中国人民解放軍総参謀部第2部が所有していました。
ちなみに総参謀部第2部とは国家安全部と並ぶ中国の諜報機関です。

この総参謀部第2部とリッポ・グループがそれぞれ50%ずつ出資して作ったのが香港チャイナ銀行で、ファンは80年代にこの銀行の副頭取となっています。

ファンは副次官補として1年半あまり働いた後、クリントンの求めに応じて、商務省を辞め、96年の大統領選に向けて民主党の財政副委員長になり、選挙資金の担当係となりました。

結果的に、ファンの民主党及びクリントンへの献金実績は4百万ドル(約4億8千万円)以上にのぼり、そのほとんどが出所の不確かな違法献金と判断され、後日、民主党が3百万ドルを返還しています。

さて、これらの疑惑の噴出に議会では複数の調査会が設置され、FBIの捜査も熱を帯びていきます。

米マスコミの中ではワシントン・ポスト紙がこの問題の追及に熱心で、かつてウオーターゲート事件の調査報道で活躍した、ベテランのボブ・ウッドワードなどを取材に投入しました。

その中でさらにもう2人の中国系の人物が浮上してきます。

まず一人目はアーカンソー州リトルロックで長年、中華料理店を開き、クリントンの知己だった中国生まれのチャーリー・トリーです。

トリーはクリントンのセクハラ訴訟では63万ドルもの巨額献金を行い、米政界ではその名が知られていました。

ちなみに、この資金は出所が不明という理由で受領が辞退されましたが、トリーはそれと別個にクリントン氏再選のための資金65万ドルを民主党全国大会に寄付して、これまたその後に返却されています。

トリーはクリントン政権発足後、ワシントンにビジネス・コンサルタント事務所を開き、クリントンとのコネを利用して、中国の政府や軍の関連企業のために米側との取引を支援する業務を始めました。

1996年2月、トーリーは、ホワイトハウス内で開かれたパーティーに中国政府直属の大企業「中国国際信託投資公司」の会長である、王軍氏を招待するよう取り計らい、クリントンと面会させました。

実は王は、中国の代表的な軍需産業「中国保利集団公司」会長でもあり、この会社は人民解放軍の直営企業です。
さらに王は、中国の国家副主席だった故王震氏の息子でした。

この三ヶ月後、「保利科学技術公司」は米国へ中国製AK47小銃2千丁を密輸しようして同社の幹部数人が逮捕されています。

2人目はカリフォルニア在住の中国系米人のジョニー・チュンで、大口の献金をクリントに対して行い、2年ほどの間にホワイトハウスを50回以上も訪問しています。

彼は米国内の中国系企業のコンサルタントであり、98年3月に詐欺と脱税で起訴され(おそらく別件逮捕でしょうが)、FBIに対してクリントンへの献金とその背後の中国コネクションについて詳しく供述しました。

その内容は恐るべきもので、

◇96年6月、チュンは中国人民解放軍傘下の企業「中国航天国際公司」の役員で、解放軍中佐の女性、劉朝英氏から民主党選挙資金用として約30万ドルの秘密献金を受け取った。

◇劉朝英氏は中国共産党中央委政治局常務委員や中央軍事委副主席などを務めた劉華清氏の娘で、この資金は中国軍情報機関から出たとチュンに告げた。

◇チュンはこの資金のうち約10万ドルを民主党全国委員会に違法献金、見返りに九六年七月、劉朝英氏を米国に招き、クリントンを囲む会合に出席させ、同氏と並んだ写真を撮った。

と、チュンは証言しました。

ここに至って米国世論は騒然となり、米議会はこの疑惑を解明するために独立検査官の任命を求め、クリントン政権は窮地に追い込まれていきます。

しかし、事態はこれだけにとどまらず、一層の進展を見せ始めます。

米国の国家機密である航空宇宙技術が中国に流失し、それにクリントンと中国の政治工作が関わっていたとの疑惑が浮上してきたからです。

http://mijikaku.blog67.fc2.com/blog-entry-291.html

ヒラリー民主党は支那の毒餃子を喰い過ぎている。影に隠れて反日を煽る輩だ!
トランプを応援したくなってきた。

(・”・)

> ソロさん

> 現実は見ないのですね

先のコメントは現実を見ているからこその意見です。

> 其れなら棄権しますか?

場合によっては白票でしょうね。しかしその論法は極端ではありませんか?

> 自分の選択肢を、自分の納得のいく方法で示す事が大事で

その通りだと思います。だから色々考えるのです。

> 安倍さんは、日本は米国とともにやっていかねばならない、
> と言う判断をしているわけですから、それに賛成か反対かで
> 結構ではないかと思います。

アメリカとの協調は重要課題です。そこを否定などしていません。それにそういう決め方は『自民がダメだから民主』と同じレベルの判断だと思います。賛成できる所、賛成できない所を色々検討して、情報を探したりこうした板で意見してみたりしながら判断する事が大事かと考えます。判断する材料を探してネット探索してるのです。

> 多寡高4年や5年で片づけられるわけが無い

勿論その通りだと思います。中長期展望を掲げて徐々に道をつけて行く事と、早急に手をつけ対策していく事を両方着実にやっていかねばなりませんね。

> 日本の最大の既得権者は未だに、アメリカ

勿論その通りです。恐らく私の生きている間はずっとアメリカのままでしょう。

> ケチしか付けないでおいて、他に選択肢が無い、って傲慢

ケチというような表現で批判されても意味がわかりません。他のコメントは理路整然としているのに、ここは感情論ですか?

先のコメントでは少子化対策と一億総活躍社会の矛盾について、また外国人受入れについて少し疑問をぶつけたわけです。そうした疑問を持つ事がケチをつけるという言葉で簡単に否定されるとは残念で仕方ありません。どちらが傲慢なのでしょう。。。

> 貴方が満足するような政治は誰にもできません

もちろんそうです。国民全てが納得できる政治などあり得ませんし、一個人がその全てを納得できる政治など実現できるものではありません。私に限定された話ではなく、みんなそうでしょう。

安倍さんなら絶対大丈夫などと全てを受け容れてしまう人は思考停止であって、そういう人達には完全に満足できる政治というものがあるのかもしれませんが。だからこそ何か宗教のようで不安になってしまうのです。

詳細は省きますが、共産がダメなのは当然として民進も社民も公明も当然ダメだと考えています。残るは自民となるわけですが、安倍政権に関してTPPへの参加や憲法改正等々納得できる事も多々ありますが納得できない所も沢山あるわけです。

それを話したらケチをつける異端児扱いでは、やはり安倍信者はどこか怖いとなってしまうのです。(貴方を安倍信者と思ってはいませんが)

ここへのコメントはこれで〆ます。他の板と違ってしっかりした人が集まっていると思っていましたが、そうではなかったみたいです。書き方が悪かったのかもしれませんが。。。

板汚し失礼しました。

世界覇権国家米国の質を問う

>硫黄島さん ソロです。 お早うございます。
>>パワーバランスを重視し、常にパワーの均衡を政策目的とする、妄想平和主義とは真逆の現実的平和主義
 なる程、リアリストを自称するだけに、具体的で且つ深いですね。 共産シナと言う現実の敵が見えているコメントだと思います。

 パワーバランスを目的とするなら、NSC の最重要メンバーで、諜報活動と外交外交渉の元締めである CIA と軍事面の責任部署である 軍産複合体(ペンタゴン、DIA)の両輪が、うまく働かないといけませんね。

 極東に限らず、米国の地域介入は現状維持若しくは原状回復に重点を置くべきですが、極東の場合90年に成るまでは、ソ連vs日米韓同盟で超安定していたのが、ソ連の崩壊、共産シナの経済的台頭に拠って、シナが軍事強化に踏み出し、何時しか、日米韓vs共産シナになって終った。 是が00年代迄ですが、10年代辺りで、韓国の脱落、ロシアの復活~凋落があって、複雑化しました。 この先、共産シナの経済的な衰退が軍事面にどの様に現れるか、朝鮮半島の2国がどの様な運命を辿るのか、ロシアの極東進出に武力を以てするケースに備えるべきか、日本は米国の影響力減少の隙間を埋められるのか、が是からの極東の問題点でしょう。

 世界が、軍産複合体の全盛期の頃の様な力を発揮できる状況であれば、米国の復活は、受益者である日欧の協力を容易く得られたと思いますが、現在、日本は兎も角、欧州では南の地域のイスラム圏との経済的・文化的衝突から、テロリズムが横行し始め、国ベースではなく、民衆レベルでのころし合いが始まる惧れが、是から出てきます。 従い、民衆レベルでの米軍の存在価値が次第に低く評価され始めると思います。

 トランプが言う「強いアメリカ」の再生が成るかドゥかは、米軍が当該地域住民の支持を受けるかドゥか、と言う原点が問われる事にあるのです。

 つまり、貴方の言う、民族、亦は、民族主義の理解です。 差し迫った国家規模の脅威が無い状況下で、米軍や米軍兵士の現地民族への無理解に拠って進む、欧州の米国離れが静かに進行すれば、「良きアメリカ」が復活できるのか、は相当疑問です。 米国は内外問題にかかわらず、自分たちの独善について認識を新たにしなければ、民衆の支持を得られない事にそろそろ気付けなければいけません。 ダカラ、復活は国内だけにしか在り得ないと思う次第です。

 欧米のキリスト教的な独善から、民族主義台頭の世で、白人文明が支持を失って行くのは、寧ろ当然と思いますので、貴方の御説を支持しますが、中東やアフリカの其れと、アジアの其れは、全く質が違いますが、仰る様に米国の対応は画一的で無意味です。

 極東で問題になって居る共産シナですが、欧米が間違えた歴史認識で、シナに親しみを感じ、同時にコンプレックスを持って居るのですが、貴方の言うように、欧米はようやくシナの正体を見抜き、今度はそれをうまく利用しようとしている、と思います

 欧米はここで、立場を異にして、米国が正面の敵と見据える一方で、欧州はその距離の大きさから他人事、詐術の相手、金儲けのネタ位にしか思って居ない様がありありです。 処が米国は、嘗て極東問題は欧州・中東問題に続く優先度だったのが、今や並んでいます。 米国が多方面に問題を抱えている状況は、寧ろ増大して、米国は、或る意味孤立しています。

 故に日本は此処で初めて、対米従属の軛を外す事を許されます。

 即ち、「領土問題は、当該の2国間問題」だからです。 それでも米国は「日本が軍事同盟国である以上、日本が攻撃される状況なら介入する」と言って居ますが、米国には余裕がないと考えるべきです。 もし、日本独自の戦力で追い払えないのであれば、日本の独立主権主張は画餅に過ぎません、防衛力強化が必要です。

安倍政権批判をする前に

>通りがかりのNEOさん ソロです。
>>安倍さんなら絶対大丈夫などと全てを受け容れてしまう人は思考停止
 その通りですが、逆に「安倍は何があってもダメ」と言うのも、同じく思考停止ではありませんか? 私には、貴方のコメントは其処をベースにしている様に、思えましたので、過剰な書き方になったかもしれません。 気に障ったのなら御免なさい。

 さて、
>>内部留保に関しては過去最高の354兆円を記録しています
その全てが現金預貯金ではないにしろ、途方もない金額です、
↑に関しては、郵政民営化以降、米国のハゲタカ共に食い荒らされた1500兆円の郵便貯金の手当てだと思われます。 日本の年間予算額が約100兆円である事で、「途方もない」と言う表現が出て来るのでしょうが、現在のシナの不良債権は3,300兆円、日本の累積債務は1,100兆円です。 国家レベルの収支計算は元々桁が違いますし、日本経済は世界で一番安定しているから、回避先として世界の富が集まってきているので、天文学的数値に成り易いのでしょう。 マスコミにツラれて日本国内しか見ていない様ですが、世界の変動の中で日本は生きている事をお忘れなく。

>>移民も已む無きとした政策を推し進めている安倍政権が不安で仕方がないのです。
現実を看ていない証拠です。 移民も已む無しとしながら、日本に入ってきている移民・難民は、他の先進諸国の数十分の1に過ぎません。 勿論、是からのトレンドは監視すべきですが、経団連などの、緩和要請に最小限応えている程度で不安になるのですか?

>>一億総活躍と言いながら少子化対策をおざなりにして、日本人女性を家庭から誘い出し様々なコストがかかる外国人を引き入れようとしています
 安倍さんが引き入れようとしている外国人移民は、特殊な仕事を遂行するに必要な able やquality を持った人々ですが、日本の現状はと言えば、免許を取るのに日本語のテストに合格しなければなりません。 話す事は出来ても、読む、書く、理解する水準にはなかなか達しません。 然し、3Kの仕事でも、資格や能力が要る仕事はたくさんあるわけで、そっちの人手不足は、譬え、一時的な要請であっても、喫緊に必要です。 安倍さんの施策は、其処への対処の範疇を逸脱していないと私は思います。
 
>>橋下氏が在日に『ヘイトスピーチ規制条例』という特権を与えた大阪での話です。 その橋下氏と懇意な関係にある安倍氏ですが、それやこれやで選ぶ政党、選ぶ政治家が殆ど見当たらないと憂いているわけです。
在日にヘイトスピーチ規制条例を与えたのは、橋下氏ではありません。 投票の結果ですから、大阪市議会です。 その橋下氏と個人的に親しいからと言って、安倍さんに何の関係があるのでしょうか? 政治を個人の好悪で偏向させているとでも? トンデモナイ言いがかりですから、証拠の提示が必要ですね。

>>ケチというような表現で批判されても意味がわかりません。
否、貴方の言って居る事は、おそらくマスコミで得たと思われる憶測や決めつけに溢れているとは思いませんか? 移民や難民の問題で、現実も知らないのは丸分りです。 まぁ、外国人が働く現場に関わって居なければ、分らないのは当然ですがね。

 端から、安倍政権は・・と言って居れば、この板には、いろんな立場からの恣意的反日勢力も多いので、先ず、そっちを疑います。

 貴方の批判が冷静で客観的なら分りますが、マスコミの憶測や紋切り型の決めつけを十二分に含んでいるから、反発したわけです。

 この板には、是で来ないそうですが、良き日本人となる為にもっと勉強を頑張って下さい。

 

北朝鮮は反日国家です。

にっぽんじんさんへ

>南朝鮮は反日教育によって国民を日本から遠ざけています。北朝鮮はどうでしょうか。反日には違いないが南ほど激しくはありません。

せっかく、北朝鮮は南朝鮮のように反日ではないとされているところを申し訳ないのですが、信用するのはいかがなものかと思います。

終戦直後を生き抜いた「竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記」にあるとおりで、避難する日本人女性の多くがどうなったのかは、皆さんの知るとおりです。この中では、韓国にたどり着いたことで救われたのです。

著者は反朝鮮の立場ではなく、あくまで中立的立場でこの本を書かれたので、米国の中学校の教材として採択されたものです。
しかし、その後韓国の反発に遭って、教材からは外されました。

在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業は1950年から1984年まで行われ、
これによって93,340人が北朝鮮へと渡り、その内6,839人は日本人妻や子である日本国籍保持者でした。
この日本人妻や子が、その後どのように差別され苦しんだかは、ご承知のことだと思います。

また、横田めぐみさんを初めとする日本人を拉致したのは、金日成による命令でした。今でも、拉致された方々は日本に戻って来られません。中には、こちらから渡航すれば合わせるとの方法もとられていることもありますが、その方も帰ってこられない。この事件は、日本人全体が共有している問題だと思います。

そして、日本国内に存在する朝鮮総連は、この拉致の協力機関でしたがそれだけでなく、日本国内で公然としたスパイ活動をしています。

さらに、これまで日本に何回も「火の海にしてやる」と言ってきました。これは、実際に行われてはいないのですが、海上保安庁、自衛隊、米軍がいたからこそ実現されなかったと思います。

韓国の場合には、日本を表から貶めようとしますが、北朝鮮は裏から日本を貶めようと送金したり、密貿易をしているのではないでしょうか。

拉致した日本人を居ないとする一方で、○丸信氏や○辺誠氏を熱烈歓迎としたことがありました。理由は日本から金を引き出せると考えたからでした。

日本にとって、北朝鮮は韓国と何ら変わらない反日国家だと思います。

悪いけど。

> この板には、是で来ないそうですが、良き日本人となる為にもっと勉強を頑張って下さい。

悪いけど。
ソロ。
ナニしている。また、一人潰したね。

あなたへの思い。
相手と自分の力量考えずに、あっちこっち。論戦。

こんなことが、あっちなのかなと思ってる。15~10%位。

ソロソロ、私も終わりにしたい。

じゃ、これ、いい。
「待とう、我慢しよう、日本人ならば。」

海外で感じる輸出韓国の危機

2016年03月18日10時21分/中央日報日本語版

 米国ニューヨークにある韓国系銀行事務所のある関係者は、最近、テキサス州ヒューストンに慌てて出張に飛んだ。ソウル本店の指示で取引企業である米国法人の物流倉庫を確認するためだった。資金難にあえいでいる本社が、会社が保有している鉄鋼の在庫を米国に輸出するように見せかけて外部に回したようだとの諜報を受けたためだった。物量を確認した後、万一の場合は差し押さえられるように措置するようにとの指示もあわせて出された。

輸出物量は船積み書類に記載されたそのままに保管されていた。銀行関係者は「企業が輸出手形をネゴして代金をすべて受け取ったため本店担当者が慌てたようだ」と話した。

貿易保険公社の海外事務所も現地出張がぐんと増えた。中小企業の製品を輸入した海外バイヤーが倒産して潜伏するケースが多くなったためだ。輸出保険金を支給する前に現場を確認するためにスタッフを派遣している。原材料価格が落ちて通貨安が進み、厳しい経済難に陥っている中南米のバイヤーが警戒対象だ。

半面、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)にとっては海外バイヤーの発掘が最優先課題だ。

海外事務所全体に「輸出を増やせる方法を探れ」という緊急令が下されたが、信頼できる輸入商と中小企業を結びつけることがなかなか難しく目標達成には困難が多いという。米国は国際原油価格下落の余波でシェール業界が減速して鉄鋼などの在庫がいつ捌けるのかなかなか約束できない状態だ。

大企業も状況が厳しいのは同じだ。ある電子会社の関係者は「昨年、欧州とロシア、南米市場すべてで販売実績が目標値を下回った」とし「ことしも特に事情は変わらない」と話した。

損失を甘受しながら製品を売る場合もある。現地販売価格を維持すれば為替差損で損失が出るが、価格を上げれば市場を失うおそれがあるためだ。現地の企業関係者は「名前を出せば分かるほどの中堅企業までこのような形で売らなければならないほど」とし「問題はこのような形で輸出をしても1年前に比べて20%近く輸出が減っているという事実」と話した。資金事情は悪化し、信頼できるバイヤーは見つけるのが難しく、為替変動リスクは大きくなる「三重苦」。米国の現地輸出支援担当者が体感している「輸出韓国」の現実だ。

http://japanese.joins.com/article/395/213395.html

南朝鮮はまだ崩壊していなかったんだネ。

(・”・)

韓国国民の疲弊

>ご隠居
>>南朝鮮はまだ崩壊していなかったんだ
悪足掻きですね。
>>企業が輸出手形をネゴして代金をすべて受け取ったため本店担当者が慌てたようだ
つまり、本社に断りなく現地担当者が、B/Lを額面以下で現金化したって事でしょう? それって横領じゃないですか。w もし、横領で無かったとしても、末期的現象ですね。

 シナに日本の粗鋼生産量の8年分(約8億トン)がだぶついているのに韓国製の鉄鋼が売れるはずが無い。 韓国の鉄鋼生産会社ポスコは、インドネシアの事故で企業体力は底になって居るから、この不況は、絶望しか意味しない。 企業に細やかな好転現象があったとしても、企業自体がアメリカのものだから、国民の生活には無縁です。 国民の疲弊は筆舌に尽くし難いでしょう。

ヘイトスピーチ規制法案

 ソロです。 連投スイマセン。
 (「三四郎の日々」より。転載開始)
自公両党は在日韓国・朝鮮人に対するいわゆる「ヘイトスピーチ」を規制するための法案作り検討に着手する模様だ(@nifty news/読売)。
 こういう事が起こるから、自民党内には、親韓派が居る事を確信してしまうのです。 其の議員の名前も、大概は知って居る。 昔の自民党の澱(オリ)のような存在です。

 就任以来の朴大統領の反日言動を聊かもセーブできなかった韓国の親日成分等、今更信用できるはずが無く、今や「絶交」だけが残された道である、と言うのは大方の日本人の意見だろう。

 近い将来だが、斯う云った自民党内に巣食う「日本社会の異物」は、寧ろ、自分達の存在意義を示す為に、自民党を割る事になるかもしれない。 当然、公明党を引き連れての話だから、自民党としても一大事である。

 然し、其処を乗り切らねば、「戦後政治からの脱却」等、「画竜点睛を欠く」ものになるのは、謂うまでもない事だろう。

 先日のソウルでの日本酒フェア等、昨今の日本での嫌韓度数を知って居れば、普通の日本人なら考え着き様がない企画だろう。 で、揚句に韓国からの「退去要請」である。

 日本が韓国と付き合うメリットは全くないし、日韓関係の未来など誰も期待していない。

 韓国趣味の親韓派は、ルーツが韓国なのだろうが、今の国籍が日本人なら、日本の利益を考えて行動していただきたい。 そうでないと「似非」の冠名を、頂戴する事になります。

 ヘイト・スピーチと言う単語そのものが記号化して久しいが、本来の意味なら、韓国朝鮮人こそ、ヘイトだらけではないのか、其処迄ちゃんと規制するのなら、大いに結構だが、是まで通り日本人にだけ適用するのなら、安倍政権はもたない、と断言できる。

 党内の親韓派を、早急に処分すべきだと思います

自公のヘイトスピーチ防止

自民、公明両党は25日の与党政策責任者会議で、特定の民族などへのヘイトスピーチを抑止する法案を今国会に提出することを決めました。自民党の平沢勝栄衆院議員や公明党の遠山清彦衆院総務委員長らを中心としたワーキングチームも同日、設置し、4月末までに法案をとりまとめるそうです。

先日の「日本シネ」のヤジ騒動の影響だと思いますが、その時点では誰が出したかも分からなかった投稿に、野党やマスコミに追求されたりで、振り回されすぎではないでしょうか。先週はこれへの対応に、平沢氏がテレビ出演されて頑張っておられると思っていたのですが、やれやれです。
民主党(民進党)は、今後匿名の意見も、政治に取り上げるのでしょう。政府は民進党の意見の反対意見にも、匿名の意見を採り上げることができると言うことです。

ヘイトスピーチで追いかける野党やマスコミは、日本の首相の首人形がローダーに挽き潰され、顔写真がドラムで叩かれていたことをどう考えていたのか理解できませんが、これらの行為は他国なら、侮辱罪になるような事柄ではなかったでしょうか。

たしか、「安部シネ」のスピーチもありましたが、それにもスルーでしたし、天皇陛下に対する侮辱発言も聞いた覚えがあります。
今の日本が一気に嫌韓に流れたのは、韓国の李明博大統領の天皇に対する侮辱発言だったと思います。
この発言に対しては、ヘイトスピーチなどとは、誰も、一言も言っていないのです。ただ、日本人が珍しく怒っただけなのです。

日本が民主党政権であった期間は、韓国では李明博氏が大統領でした。言い換えれば、韓国の日本に対する希望はことごとく叶えられたと言っても、過言ではありませんし、日本に対する毀損行動も許されていたのです。そして、民主党政権が解散したときには、日本国民の怒りは沸点に達していました。そして、日本の愛国者には、民主党政権以前からの累積もありました。

ですから、愛国者の発言や行動も暴発的な部分があって、多少は理性的な事柄からハミデルことがあったでしょう。だけど、逆に言えば韓国好きや左翼にとってはやりたい放題ができただけに、愛国者の発言や行動に驚き慌てたと思います。

その頃から、ヘイトスピーチが問題になったと思います。
京都市朝鮮学校公園占用事件がヘイトスピーチ問題の端緒だと思いますが、この事件、朝鮮学校による公園占有は50年前からでしたけれど、在特会等が抗議街宣活動を行って問題となったのは、2009年12月4日です。
問題が表面化したのは、たまたまこの時期になったと思いますが、それまでも問題はあったのです。ただ、問題とされなかっただけです。

ヘイトスピーチを排除するのは外見的には綺麗なものですが、対象となる特定の民族の言いたい放題を放置することは、それ以上の問題を創出することになります。双方の言いたい放題、やりたい放題をなくして初めてヘイトスピーチは排除できると思うのです。

さらに、日本の国は言論と、表現の自由を保障しています。これの全体ではなく、一部を制限することは、却って憲法から離反するもので、民主国家として日本から遊離する物になるのではないでしょうか。
よって、ヘイトスピーチを抑止する法律の制定には、反対します。

トリックスター

ざこば師匠のコマーシャルにあったよね、

「川藤ださんかい・・・!」
「ほんまに出してどないすんねん・・・」

そんで、「トランプ出さんかい・・・!」 これが今のアメリカ。

・・・で、「ほんまに出してどないすんねん・・・」となるのかどうか・・・(汗)


>日本と韓国の核保有を排除しない考えを示したと報じた。
> 在日、在韓米軍の撤収や日米安保条約再検討の可能性にも言及した。(超汗)
              ニューヨーク・タイムズ

ところで、北欧神話の「ロキ」について。

ロキ(古ノルド語: Loki)は北欧神話に登場する悪戯好きの神。その名は「閉ざす者」、「終わらせる者」の意。神々の敵であるヨトゥンの血を引いている。巨人の血を引きながらもオーディンの義兄弟となってアースガルズに住み、オーディンやトールと共に旅に出ることもあった。男神であるが、時に女性にも変化する。 美しい顔を持っているが、邪悪な気質で気が変わりやすい。狡猾さでは誰にも引けを取らず、よく嘘をつく・・・ウィキ

「美しい顔を持っている」という点をのぞくと、トランプにそっくりだよね。

これが「トリックスター」です。

トリックスター (英: trickster) とは、神話や物語の中で、神や自然界の秩序を破り、物語を引っかき回すいたずら好きとして描かれる人物のこと。善と悪、破壊と生産、賢者と愚者など、全く異なる二面性を併せ持つのが特徴。・・・ウィキ

さて、ロキ・トランプの物語はいったいどうなるんだろう・・・?



むき出しの弱肉強食自由主義とキレイ事、これに対して敢然と「ホンネ」で挑みかかるのがロキ・トランプだ。まさに、アメリカの「秩序を破り、物語を引っかき回すいたずら好き」だよね。



ロキ・トランプの速射ホンネ砲の連射でタジタジの米国保守本流・・・さてどうする?

ロキ・トランプが、アメリカを「閉ざす者」「終わらせる者」になるのか、それとも、トランプ砲によって、アメリカ政治が国民のホンネに気づき、修正自由主義、キレイ事排除の現実主義に転換できるのかどうか、アメリカの自力が試されようとしている。

トリックスターとは、物語の主人公ではない。あくまでも脇役だ。今、その脇役が輝いている。さて、主役の千両役者は現れるのかどうか・・・?


トリックスターは、意外なことに「良い結果」をもたらす場合がある・・・と言われています。

トランプでよいではないか

フランクリン・ルーズベルト大統領を生んだ国です。

トランプで何の危険性があるというのでしょうか?

随分、ルーズベルトと比べればおとなしいものです。

「レッド・チーム」=フランス・スウェーデン・ポーランド・リトアニア・ベラルーシ・チェコ・ルーマニア・韓国・共産シナ・パキスタン・ボリビアなど。

「レッド・チーム」=フランス・スウェーデン・ポーランド・リトアニア・ベラルーシ・チェコ・ルーマニア・韓国・共産シナ・パキスタン・ボリビアなど。

キムチ東京大学文科系とキムチ舛添要一は、「レッド・チーム」=フランス・スウェーデン・ポーランド・リトアニア・ベラルーシ・チェコ・ルーマニア・韓国・共産シナ・パキスタン・ボリビアなど=を異常に好んでいます。

キムチ日経新聞

ドイツを始めヨーロッパ諸国のかなり多数の国々において、日経新聞、共同通信、時事通信、ロイター日本語版などは、朝日新聞以上の帰化未帰化在日韓国人危険団体として認識されています。

> ソロさん

コメントは〆るつもりでしたが気になる部分がありましたのでお付き合い下さい。返信はしていただかなくて構いません。

『内部留保に関しては~』の所ですが、私のコメントからの引用ではありません。他の方のコメントだと思われます。

> 在日にヘイトスピーチ規制条例を与えたのは、橋下氏ではありません。

私の書き方が稚拙なのだと思いますが、条例は議会で決まるのは当然の事ですしそれを知らないわけではありません。。。

このヘイトスピーチ条例成立は大阪市生野区での街宣活動が在日側から区を通して問題提起され、その街宣団体の主宰と橋下氏が公開討論で喧嘩別れしたのが事の発端となります。子供の喧嘩でした。その後橋下氏が昨年5月に条例案を議会に提出。そういう流れがあるので橋下氏が特権を与えたと書いたわけです。

大阪市議会の面々云々については省略しますが、公明共産に頼めば世帯収入が一定額あっても誤魔化して生活保護を受けることができる地域柄です。中には医者と結託して障害者と偽り保護を受ける在日も存在します。(年末調整に絡んで実際に私共で雇用しているパートアルバイトから得た情報です)そういう事も影響してか見事に可決となりました。

政治家に限らず経営者であれ学生であれ、思想が似通う人間は懇意になります。そういう意味で橋下氏と安倍氏の関係性を挙げました。『政治を個人の好悪で偏向させている』という言い方もできますが、個人の信条を形にしていく以上何処かに傾いていく事になると考えます。結果今回自公からも法案提出という流れになったのではないかと思えたりもします。

移民云々の件ですが、確かに先進国と比べて少ないかもしれません。高度人材のみの受入れは諸外国もそうでしょう。私が不安視しているのは、実際問題として、例えば私の会社のある地域では支那語朝鮮語しか会話が聞こえなくなってしまった府営住宅があります。同地区に構えている店舗では、不良外国人が問題を頻繁に起こすようになりましたし、近隣では中国語支那語を話す強盗団が恐ろしい事件を起こしています。民主が政権を取って以降、ここ数年で大きく街が変わってきています。これが私の感じる現実です。

移民云々に関しては、少子化対策と女性役員30%の矛盾云々に関してお話したわけで、仰るように移民に関して詳細には把握していない部分があると思います。ただここで私が言う不安は数字や文章で感じる不安ではなく、肌身で感じている不安という事です。

何度も言いますが、私は安倍憎しのアンチ安倍ではありません。納得いく政策もあれば納得いかない政策もあるわけです。不安があるから調べているのですし、まともな議論がなされていると感じれば意見を述べたいと考えるわけです。恐らく私のような者は沢山いると思います。そういう者の為にも、ここの皆さんには頑張っていただきたいと思っております。

長々とすみませんでした。

舛添都知事は、海外豪遊を繰り返し 「相手が特定出来ない」経費の出費で 「裏金」作りをしている、のではないかと睨んでいます その「証拠」が 情報開示請求にも関わらず黒塗りです。

平成28年3月27日

「ネット保守連合」事務局 たかすぎ ‏@nihonjintamasii 7時間7時間前

「貴重な情報」、ありがとうございます。 舛添都知事は、海外豪遊を繰り返し 「相手が特定出来ない」経費の出費で 「裏金」作りをしている、のではないかと睨んでいます その「証拠」が 情報開示請求にも関わらず黒塗りです @cyokuri

大阪における朝鮮族の歴史

>通りすがりNEOさん ソロです。
>>私は安倍憎しのアンチ安倍ではありません。納得いく政策もあれば納得いかない政策もあるわけです。
 了解しました。 大阪の方なのですね、私は神戸ですが、新大阪に10年位t勤めましたが、大阪市内にはあまり縁が無くて、状況は仄聞でしか知りません。 然し、大坂民国と言われても全く違和感が無い状況だと聴きます。 ホンマに大変ですね。

 今日のYTVの「そこまで言っても委員会」でも、ゲストコメンターの金慶珠が、「マスコミが日韓対立を煽って居る」と言ってましたが、「ナ~二言ってんだ、お前らが不良朝鮮人を見て見ぬふりをしてる事も原因だロが」と、呟いたつもりが、つい大声になって「興奮すると、頭に悪い」と、女房から怒られました。 脳梗塞を起して、一か月以上会社を休んでいますのでね。ww

 朝鮮戦争前のGHQの大邱事件の影響、CIAの「赤狩り」の影響、亦は、朝鮮戦争時の戦争難民で、李承晩から赤狩りを名分とした弾圧を受けて逃げて来たそれらの人を総連が吸収し、戦前から残っていた人々を民団が吸収したと認識しています。

 在日問題は、戦前から居た朝鮮族とは、全く違った層の朝鮮人が違法に流入して来たものを、日本政府が、米国の要請から黙認している裡に、自分達の不安定な現実をマシにしようと足掻いた結果、日本人に比べても過剰な権利を得るようになったのが問題になって居るのだと思います。

 彼らに言わせれば、「毎日同じ様に暮らしているのに、何で生まれが朝鮮人と言うだけで、権利を制限されるんや」と言う事でしょうが、ソレは、朝鮮人であるメリットもデメリットも選択しているから、と言う他は無い。 権利を主張するなら、義務も果たさねばならないのは当然の事、然も、外人の場合、義務を果たすのも獲得すべき権利の裡だ。 彼らは基本的に、国と言うものが分って居ませんから、我慢する理由も分らないと思います。

 然し、では望めば日本人になれるかと言えば、日本が認めなければなれません。 朝鮮人は、戦後70年、自らの信用を貶める事しかしてこなかったが、日本の社会を劣化させる様な外国人は、日本には不要です。

 半島では戦後紆余曲折を経ましたが、今の韓国の内情は、完全に赤化勢力の数の方で勝り力を持って居る、つまり全体として赤化していると思いますが、この影響は当然、日本の大坂民国にも及んでいると思います。殊に大阪は、正恩の母親の出身地ですし、第一次安倍政権の折の取り締まりで、関東の総連系が破産・壊滅状態になったのに対し、大阪は勢力がしぶとく遺っている様です。 随い、朝鮮学校云々を言い募る連中は前者に入ると思います。

 唯、関東の朝鮮系がマイノリティ扱いなのに、大阪では対等以上の様な振る舞いだそうです。 是は、古くから居る朝鮮族(帰化人を含む)の中にも、朝鮮族独特の差別意識から、旧農奴層の新入者に対し、反発する勢力も居て、決して一枚岩ではないでしょう。

 大阪自民党の反応が、部外者の我々から見て、ワケわかめなのは、その新旧朝鮮族の内訌に遠因があると思います。 そういう解析や状況をマスコミがちゃんと報道していないから、我々はもっとワケが分らないし、大阪自民党自体も朝鮮族に仕切られているのではないかとの疑いから、朝鮮族同士の争いになって、余計に分かりにくい部分が有るのだ、と見て終うのです。

今日の「そこまで言っても委員会」を見ましたが、ゲストコメンターの金慶珠氏は、相手の言葉を封じるために喋り続けるだけで、その内容は論理に整合性が見られないと思います。ディベートなら、相手を黙らせ続ければ良いのでしょうけれど、テレビ番組では、全体の意見を聞きたいと思うのですが、それも叶えられずストレスが溜まります。
この番組は、関東には流れないとのことで、京都の私は視聴できることになります。

朝鮮戦争において、朝鮮半島から逃げてきた韓国人は、自国を守らなかった(徴兵に応じなかった)として、李承晩大統領は休戦後も、日本で犯罪を起こした韓国人も含めて帰国させませんでした。それから、終戦後の朝鮮人は日本で暴れ回り、女性を泣かせ、日本人の土地を強奪しました。

このような下地があったからこそ、京都市における児童公園の不法使用が50年に渡っていても、近隣の方がどんなに困っても、彼等は苦にならなかったのです。
もっとも、50年も放置した京都市にも呆れるのですけれど、終戦後に朝鮮人が日本中で集団暴徒として暴れ回ったときに、警察力ではどうにもならなかったことが、行政の記憶として残っていたため、長いもの巻かれることになったのかも知れません。
これは、京都市だけに限らないと思います。

関西の政治風土考

>ぽっぽさん ソロです、おはようございます。
>>京都の私は視聴できる
 そうでしたか、もし京都市でなく、北の方なら原発問題は微妙ですね。

 「そこまで言って委員会」の放映は、関東でも検討はされている様ですが、関東は日本TV、関西は読売TVの違いがあって、見ているとNTVは極左に近く、ABC やTBS、 FTVと然程、差がありません。 朝の同じ番組中でも、東京と大阪では明らかに違います。東京は幼稚で見ていて阿保らしくなる。

 是どうにかならないのかなぁ、といつも思います。 東京だからこそ、毛色の違う番組を流す意味も有ると思うのですが、「関東の連れション」「横並びの関東気質」の由縁でしょうかね。ww まぁ。蓮舫に130万票、舛添に200万票入れる民度の処ですから、本音は、東京ローカルが欲しいのでしょうね。

>>ゲストコメンターの金慶珠氏は、相手の言葉を封じるために喋り続けるだけで、その内容は論理に整合性が見られない
 御意。 唯の喧しいバカ女と言う印象しかない。 まぁ、田島センセイなどを出演させるのですから、制作側の意図は見えていますね。 彼女はいかにも、朝鮮人そのものと言う感じです。
 
>>李承晩大統領は休戦後も、日本で犯罪を起こした韓国人も含めて帰国させませんでした。
 如何にも、国と言う概念に欠けた、利己主義の朝鮮人らしい措置です。 国家の責任者と言う自覚はゼロですね。 没落貴族層の出身である彼は、若いころから、反日運動をやって居ましたが、日本軍につかまって尋問を受けた時、頭を叩かれた事を、過大に恨みに思って居て、日本に対する恨みを、為政者になった時、齢70にもなって居ましたが、過度の反日活動を散々やって、朝鮮戦争の引き金を引いてしまいます。 CIAの赤狩りに乗じて、自分の保身の為に、政敵や旧農奴層を中心に数百万人の粛清を行って居ます。 朝鮮族史上、ダントツの大悪人だと言えるのですが、韓国の歴史では、偉人ですからねww 韓国人の価値観って、一体如何なっているのでしょうか? 歴史の改竄って、怖いですね。

>>50年も放置した京都市にも呆れる
 関西人って、アンマリ先の事は考えない性質があります。 目先の利益につい転ぶ癖があるのは、商業が盛んな地域で、大商人が社会で力を持って居ましたから、何でも算盤づくになるのでしょう。是は仰る様に、神戸でも同じ事がいえます、大阪なら尚の事でしょうか。 

目先合理主義が、一見最良の手段の思える場合って、多いでしょうが、長年見直し無しにやって居ると、取り返しのつかない事になって終って居る場合が多いですね。人間って怠惰な生き物ですから、事勿れ、若しくは、殊勿れ主義が、見直しを面倒事として了う、のが常です。 ですから見直し条項に関しては、原点に戻す事を同意させる姿勢が大事で、一旦、白紙に戻す事へのコンセンサスが必要です。

 農民なら千変万化の自然が相手ですから、見直しは当然、改良も待ったなしですし、今は良くても、1年経てば、2年経てば・・10年経てば、と先を案じるのですから、見直しを面倒事として、おざなりにする事もありません。 唯、未体験の新たな情報を、無抵抗で受け容れる/受け容れない、と反応が極端に分れてしまうことがありますね。

 これ等の未来の認識、態度の差が、都市部と地方部の差と言えます。 日本の政治が、地方出身の議員中心になって居るのは、端に、当選回数の差ですが、東京や大阪のザマを観れば、案外、是で正解なのかもしれませんね。

ブログ主様の言う、CFRとは

外交問題評議会CFR(= Council on Foreign Relations)とは、
 (Wikipedia 「外交問題評議会」より、抜粋引用開始)
 1921年に国家の基本政策のムビョウ性を担保する意味で、結成された会員制の組織である。

 CFR の政策目標のひとつとして、「国際連合世界政府」の権力と軍事力(=国連平和維持軍)を、どの個々の国家も対抗できない水準に強化するとともに、アメリカ自身も含めて統治権と軍備を放棄させて「国際連合世界政府」のもとに全て移管させるという世界統一構想がある。

  ジミーカーター]政権下で、外交問題評議会はほぼアメリカ政府の権力機構を全般的に掌握した。アメリカの二大政党制の中枢は CFR によって強く結合されており、実質的な一党独裁を確立した。
第二次大戦直後から冷戦の開始、朝鮮戦争、ベトナム戦争の開始時点までは CFR の外交政策フォーラムとしてのコンセンサス形成力は抜群であり、民主共和両党の外交エリートを集め、超党派主義で対共産主義の冷戦を戦い抜く基盤を作った。しかし、ベトナム戦争での国論分裂の時代から外交政策形成力は著しく低下している。 日米欧委員会、CFR 陰謀論は、いわゆる「ロックフェラー陰謀論」のバリエーションであるとする意見がある。
(以上Wiki)   
  以上を読めば、嘗て CFR が、米国に拠る戦後体制構築の主な機関として機能していたと言う事が分ります。 表向き NSC の CIA 長官と DIA 長官は、両方とも、CFR の重要会員でもあります。 然し、大統領は必ずしもメンバーではありません。 即ち、米国の権力の構造は、多層・多重構造になって居る事が明らかです。

就中、DIA と CIA 長官の権力は、何処にでも通じると言う事です。 ジョージ・ブッシュ(父)が嘗て CIA 長官であり、43代大統領であった事で、彼の息子が大統領になる事も納得が行きますね。

然し、今回の大統領選では、2番目の息子は、1番目より相当的マトモだったにもかかわらず、トランプ候補の相手にも成れなかったのです。  是は、米国の政治が、マスコミや一部の政治家の手から、民衆に移って居る事を感じさせるものです。

つまり、米国には、本当の意味での変質が、起こり始めているのだと言う事です。

嘗て(リ―マンショック迄)は、CFR を牛耳って居たのは、 明らかに、ロックフェラーでしたが、ロックフェラー一族の失墜によって、CFR 内部の勢力地図が大幅に書き換えられた可能性が有ると言う事です。

この CFR に変化をもたらしたのは、英系ロスチャイルドであるとの仄聞情報があります。 つまり、ロスチャイルドが、米国を乗っ取ったと言う事ですが、 基軸通貨であるUSドルを、自由にできる権限を手にした事で、世界を乗っ取ったに等しい FRB が、元々ロスチャイルドのモノであると考えれば、米国はとうの昔に英国ロスチャイルドに乗っ取られていて、今回は CFR の中から、ロックフェラーを追放しただけと考える事も可能でしょう。

然し、米国は民衆層に居る中下流の白人層の覚醒がこのまま進めば、米国自身を是までの様に治めようとすれば、国が分裂に向かう惧れさえあります。 そう言う意味でトランプ現象は、一大事と捉えるべきなのです。

では、ロスチャイルド達は、一体この世界をどの様に捉え、変えて行くつもりなのでしょうか。 第二次安倍政権は、この新たな勢力に起用され、その管理下に置かれた、と考えるべきです。  新たな勢力が目指しているのは、従来の様な世界政府では無いと思います。 そして、嘗ての様な、異端ユダヤ教のフランキズムの台頭を支持する様なバカげた話も無いでしょう。 

 世界の人口は、前世紀が戦争の世紀だったにも拘わらず人口爆発を起こし、100年間で15億人が、77億人、つまり62億人も増えて終いました。 当然、食糧や飲料水と言った、僅かの間の不足で大量の人間の生存を脅かすものの心配が増大しています。 寧ろ今は、人類の生き残りの為に米国が何を出来るのかを考えているのではないでしょうか、すると、人口の抑制や食料・飲料水の確保、耕地の確保、砂漠の緑化は、人類が心を一つにして進めるべきプロジェクトです。 是を乗り越える事に尽力する事が、民族を超え、宗教を超えた、真に人類の為になる事ではありませんか。

  例えば、日本食の世界的な敷衍は、食べ物の幅を広げて、食の選択肢を広げるでしょう、砂漠の緑化は日本が先頭です、然し、「国境なき医師団」を初めに組織したのは、欧米人です。 其処に民族主義が、宗教差別が、国家の利害があるでしょうか? 皆が付け合い生きる世界が、モゥ直ぐ其処に現れているのです。 この構想の推進は、CFR が中心となって、組織を立ち上げ、運営も主導的にやるべきです。

 西洋の宗教的な拘りは、民族主義的です、ユダヤ、キリスト、イスラム。 結果、各々の生存権の主張から対立が起こり、紛争や戦争となるのは、現在の世界の有様を観れば、否定できないでしょう。 西洋宗教は、狭い範囲の人達だけしか救えませんが、東洋の教えは、先ず、神以外は、すべて平等と言う意識を万民が持つ事に始まります。 農耕に措いては、モノを生み出す労働を神聖なものとし、神にその年の安寧と豊穣を、司祭を通じて祈願する。 司祭は、権威の象徴として、特別な存在とするが、権力はもたない。

 日本はこうして2700年近い間、戦争も災害も乗り越えてきたのです。 

ソロさんへ、 ポッポです

「そこまで言って委員会」については、東京で放送すると出演者が喋れなくなると、故たかじんさんが言っていました。それに、この番組の収録の際には放送局の幹部がチェックのために見ていると、辛坊治郎氏は言っていました。
故たかじんさんは番組の責任を取ると言っていましたが、今は権力者からのクレームに、誰が責任を取るのかと思います。

田島氏は右と左のバランスを取るために出演しているのですから、その意味での存在は大きいのですが、最近は事前の勉強不足から苦労していると思います。


李承晩大統領が休戦後に韓国からの脱出者を帰国させなかったのは、理解できる部分もあります。なにしろ、戦争の役に立つ男が逃げだしたために兵力が不足しているのです。休戦になって、安全だからとのうのうと帰国した日には、死ぬ思いで戦っていた者なら腹が立ちますし、帰ってくるなと言う気にもなります。

ただ、普通の者がそう思うのなら納得できるのですが、李承晩大統領は彼自身が真っ先に逃げ出し、他の者には逃げずに戦えというのですから朝鮮気質と言えば良いのでしょうか、話になりません。
国を信用できないのか(死傷した場合に、後の面倒を見てくれるのか)、大陸の端っこではありますが、逃げやすい地形にあるからか、朝鮮人や支那人に兵隊の素質はありません。自分が安全なときだけ強くなり、危険にさらされると逃げ出すから督戦隊が必要になります。

それに較べて日本兵が強かったのは、蛮勇ではなく上官の命令をとことん守ったからです。これは民族性で、今の自衛隊にも引き継がれていると思います。

これは今、起こっているシリアの難民問題も同じで、より良い生活を求めて欧州に流れたら、欧州の人も大変だと思います。初めは気の毒だと言っていても、その内に彼等を支えきれなくなって「帰れ」と言うことは不思議ではありません。
「帰れ」と言われたくなかったら、自分の国から脱出して次の国を探すのではなく、自分の国を守らなければならないのです。そうしないと、ジプシーのように流浪の民になってしまうと思います。

他国の目から見て、これ以上は無茶で可哀想と思われるまで、自国から脱出せずに戦うことは、民族を守るために必要だと思います。
難民の悲惨な動画を見ていてもこんな冷たいことを言うのは、ISILの戦闘員が10万人もいず、その一方で難民の中には、戦える年代の男性は10万人以上いると思うからです。

ある意味で、朝鮮戦争の際に気の良い日本が国を捨てた韓国人を受け入れたことと、今の欧州の難民問題は同じことだと考えています。


50年も放置することになってしまったのは、WGIPに由来すると思っています。
終戦後の朝鮮人の暴動(いわゆる朝鮮進駐軍によるもの)で、役所は酷い目に遭っています。
当時は集団で武器を持って、押し寄せ要求したのです。これを制御しようとしても、警察は来ても太刀打ちできませんから、現実は屈する外はなかったと思います。それに味を占めて、繰り返しますから、役所はお手上げで、正論は通じなかった時代が10年程度は続いたでしょう。

自分たちは強い立場に居ると思い込んでいるから、役所の正論は崩せるとの自信から無茶を言い、役所は防御しても通じ異状態が続きました。
それが、サンフランシスコ条約締結後に米国が国内政治から消えた後も彼等の成功体験として残り、役所は萎縮する部分があっても、不思議のない力関係になったのではないでしょうか。

その後も彼等との交渉時に、これが幻影として残っていても否定できないのではないかと思います。

結果として、
朝鮮総連(後には民団も)の税制優遇(税務署はしていないとしますが、総連は手放さないと断言しています)。
在日に対する生活保護の支給(厚生省の局長通達で決定していますが、こんな優遇の実態をなぜ初め、なぜ止めないのか。)。これは、通りがかりNEOさんも、言っていることです。
国民年金の資格の付与(日本人は支払期間に達しない場合支給されないのに、彼等には支給になっています。)
外国人の公務員への採用(初めは承認など望まないとの約束でしたが、その内になぜ承認しないのか差別だと言う。今では、在日のために頑張りたいです。)公務員は、日本の国民のためにあるのです。
外にも沢山ありますけれど・・・・・・

通りがかりNEOさん、戻って来られると良いですね。

「帰化在日韓国人職員官庁のキムチ経済産業省を速攻で廃止して欲しい。」

(転載)

自民党支持者の圧倒的多数を占める中小企業経営者の要求の幾つかを挙げると、

「消費税を全面廃止して、0%にして欲しい。」

「規制改革(=規制緩和=既存法令規則を改悪して、帰化未帰化在日韓国人へ新たな特権を与えること)をやめて欲しい。」

「国家戦略特別区(=外国人労働者移民を日本国へ入れて日本人から職を奪うこと)をやめて欲しい。」

「帰化在日韓国人職員官庁のキムチ経済産業省を速攻で廃止して欲しい。」

「帰化未帰化在日韓国人団体のキムチ経団連を速攻で廃止して欲しい。」

見えて来た反日朝鮮族の末路

>ポッポさん ソロです。
>>通りがかりNEOさん、戻って来られると良いですね。
 そうですね、このブログの目的から考えれば、論客は多いほど宜しいですからね。 昔の様な、論客同士の丁々発止が復活するのが、この頃の夢ですから。ww

 在日朝鮮族(帰化人を含める)の件については、昔サヨク的な考えを強く持って居た事もあって、迎合的・容認的だったし、民社系の組合活動もしていましたから、最初の頃(結党時)は、民主支持で、期待していたくらいです。 神戸に30年以上棲んでいます ので、朝鮮族の友人も結構います。

 ネットを遣る様になって、気が付いた事ですが、朝鮮族には、「私はあっても、公が無い」ですね。 公の為に何かを我慢する事が、理解できない様です。 勿論、シナ人だって同じですし、人に拠って程度の差はあります。 然し、基本的に、日本人なら黙って我慢する処が我慢できない、そういう場面に友人として立ち会うと、勘弁してくれと言う気持ちになります。
 
 「是はきっと、民族の差だな」と感じました。 是を私が、批判したとして、譬えその時は引き下がっても、絶対に納得・理解していないからです。
 
 朝鮮族の人は、神戸も結構多いですが、京都も、そして大阪も多いですからね。 でも、まぁ同じ関西人と言う意識は、10人中3人位はある様で、普段はそういう人は、関西人として同じだと思って居ますがね。

 唯。余命さんのブログを読むと、この先、在日には厳しい現実が待って居る様で、不正をやって居る人は、飯が食えなくなって、行き場がなくなる事も出来しそうです。

 国が消滅するケースも考えられる事なので、個人では救いようがないし、自助努力をするしかないぜと、助言しかできません。 全ては、自業自得と言う他は無いですからね。
 

NHKを分割しよう

国鉄も分割した。郵政も分割した。電力も分割されようとしている。

次は,NHKを分割する番だ。もう、我慢がならない。

NHKを在日韓国人及び成り済ましが巣食う第2NHKと、日本人だけの第1NHKとに分割しよう。

加入者は、自分の好みで第1NHKか、第2NHKかを選び、視聴料をそこに振り込むものとする。

巨大になりすぎ、己の意思を押し付けるNHKを速やかに分割するとともに、在日韓国人を排除しよう。 

国民必読の名文


ソロ氏が、

>朝鮮族には、「私はあっても、公が無い」ですね。

と仰るように、彼の国と日本国の歴史を決定的に分け、更に未来をも分け隔てるであろう要因は、正に国民の『公』の有無です。

当然、この国民には為政者も含まれますが、昨今の日本の状況を見ていると、為政者の『公』が希薄となり、『私』に走っているように思えてなりません。

我が皇国は、建国以来『天(かみ)の君(きみ)を立(た)つることは、是(こ)れ百姓(おほみたから)の爲(ため)なり』という理念を維持し、滅びること無く現在に至っている地球上希有の国であり、日本書紀の仁徳天皇の記事は、その理念の実践を余すところなく伝えています。

以下の文章は、義務教育を終了した日本人なら、何故国民が政府に対して『納税したい』と陳情するに至ったか、容易に経緯が理解出来る筈です。

この文章を読まれて、我が日本民族が世界に誇るべき『歴史的快挙』に思いを寄せて下さることを願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四年(よとせ)春(はる)二月(きさらぎ)、己未朔(つちのとひつじのついたち)の甲子(きのえねのひ)、群臣(まへつぎみたち)に詔(みことのり)して曰(のたま)はく。朕(あれ)高臺(たかどの)に登(のぼ)りて遠(とほ)くを望(のぞ)むに、烟氣(けぶり)域中(くにのうち)に起(た)たず、以爲(おも)ふに、百姓(おほみたから)既(すで)に貧(まづ)しくして、家(いへ)に炊(いひかし)ぐ者(もの)無(な)きか。朕(あれ)聞(き)く、古(いにしへ)の聖王(ひじりのきみ)の世(みよ)には、人人(ひとびと)詠德(ほむ)る音(こゑ)を誦(あ)げ、毎家(いへいへ)に康哉之歌(やすらかなりといふうた)有(あり)。今(いま)朕(あれ)億兆(おほみたから)に臨(のぞ)みて、茲(ここ)に三年(みとせ)になりぬ。頌音(ほむるこゑ)聆(きこ)えず、炊(いひかし)ぐ烟(けぶり)轉(いよいよ)踈(おろそか)なり。卽(すなは)ち五穀(いつつのたなつもの)登(みの)らず、百姓(おほみたから)窮乏(せまりとぼ)しからむを知(し)りぬ。封畿之內(うちつくに)すら尚(なほ)給(つ)がざる者(もの)有(あ)り、況(いはむ)や畿外諸國(とつくにぐに)をやと。

三月(やよひ)己丑朔(つちのとうしのひのついたち)の己酉(つちのととりのひ)、詔(みことのり)して曰(のたま)はく。自今之後(いまよりゆくさき)、三載(みとせ)に至(いた)るまで、悉(ことごと)に課役(えだち)を除(や)めて、百姓(おほみたから)の苦(くるしみ)を息(いこ)へと。是(こ)の日(ひ)より始(はじ)めて、黼衣(おほみそ)絓履(おほみくつ)弊(や)れ盡(つ)きずば更(さら)に爲(つく)らず、温飯(おほみもの)煖羹(おほみあつもの)酸(す)へ鯘(くさ)らずば易(か)へず、心(みこころ)を削(と)くし志(みこころ)を約(せ)めて、以(も)て從事乎無爲(しずかにおはします)。是(ここ)を以(も)て、宮垣(みかき)崩(やぶ)るとも造(つく)らず、茅茨(かやじり)壞(こぼ)るれど葺(ふ)かず、風雨(かぜあめ)隙(すき)に入(い)りて、衣(おほみを)被(おほみふすま)を沾(うるほ)し、星辰(ほしのひかり)壞(やれま)より漏(も)りて床(みゆか)蓐(みまし)を露(あらは)にせり。是(こ)の後(のち)、風雨(かぜあめ)時(とき)に順(したが)ひて、五穀(いつつのたなつもの)豐穰(ゆたか)なり。三稔(みとせ)の間(ころへ)て、百姓(おほみたから)富寛(ゆた)かなり。頌德(ほむるこゑ)既(すで)に滿(み)ちて、炊(いひかし)ぐ烟(けぶり)亦(また)繁(しげ)し。

七年(ななとせ)夏(なつ)四月(うづき)辛未朔(かのとひつじのついたち)。天皇(すめらみこと)臺(たかどの)の上(うへ)に居(ま)しまして、遠(とほ)く望(のぞ)みたまふに、烟氣(けぶり多(さは)に起(た)つ。是(こ)の日(ひ)皇后(きさき)に語(かた)りて曰(のたまは)く。朕(あれ)既(すで)に富(と)めり。豈(あ)に愁(うれひ)有(あ)らむや。皇后(きさき)對諮(こた)へたまはく。何(なに)をか富(と)めりと謂(のたま)ふ。天皇(すめらみこと)曰(のたま)はく。烟氣(けぶり)國(くに)に滿(み)てり、百姓(おほみたから)自(おのづか)ら富(と)めるか。皇后(きさき)且(ま)た言(まを)さく。宮垣(みかき)壤(やぶ)れて脩(をさ)むることを得(え)ず、殿屋(おほとの)破(やぶ)れて衣被(ふすま)露(つゆ)にうるほふ。何(なに)ぞ富(と)めりと謂(のたま)ふや。天皇(すめらみこと)曰(のたまは)く、其(そ)れ天(かみ)の君(きみ)を立(た)つることは、是(こ)れ百姓(おほみたから)の爲(ため)なり。然(しか)らば則(すなは)ち君(きみ)は百姓(おほみたか)を以(も)て本(もと)と爲(な)す。是(ここ)を以(も)て、古(いにしへ)の聖王(ひじりのきみ)は)、一人(ひとり)も飢(う)ゑ寒(こご)ゆれば顧(かへり)みて身(おのれ)を責(せ)めき。今(いま)百姓(おほみたから)貧(まづ)しきは則(すなは)ち朕(あ)が貧(まづ)しきなり。百姓(おほみたから)富(と)めるは則(すなは)ち朕(あ)が富(と)めるなり。未(いま)だ百姓(おほみたから)富(と)みて君(きみ)の貧(まづ)しきこと有(あ)らじと。

秋(あき)八月(はづき)己巳朔(つちのとみのついたち)の丁丑(ひのとうしのひ)、大兄(おほえ)の去來穗別皇子(いざほわけのみこ)の爲(ため)に壬生部(みぶべ)を定(さだ)む。亦(また)皇后(きさき)の爲(ため)に葛城部(かづらきべ)を定(さだ)む。九月(ながつき)、諸國(くにぐに)悉(ことごと)に請(まを)して曰(まを)さく。課役(えだち)並(みな)免(ゆる)されて既(すで)に三年(みとせ)に經(な)りぬ。此(これ)に因(よ)りて宮殿(おほみや)朽壤(くちやぶ)れて府庫(みくら)已(すで)に空(むな)し。今(いま)黔首(おほみたから)富饒(にぎは)ひて遺(おちもの)を拾(ひろ)はず、是(ここ)を以(も)て里(さと)に鰥(やもを)寡(やもめ)無(な)く、家(いへ)に餘(あま)りの儲(たくはへ)有(あ)り。若(も)し此(こ)の時(とき)に當(あた)りて、税(おほぢから)調(みつぎ)を貢(たてまつ)りて宮室(おほみや)を脩理(つく)るに非(あら)ずば、懼(おそ)らくは其(そ)の罪(つみ)を天(かみ)に獲(え)むかと。然(しか)れども猶(な)ほ忍(しぬ)びて聽(ゆる)したまはず。

十年(ととせ)冬(ふゆ)十月(かみなづき)、甫(はじ)めて課役(えだち)を科(おほ)せて、宮室(おほみや)を構造(つく)る。是(ここ)に於(おき)て、百姓(おほみたから)領(うなが)されずして老(おい)を扶(たす)け幼(わかき)を携(たづさ)へて、材(き)を運(はこ)び簣(こ)を負(お)ひ、日夜(ひるよる)と問(い)はずして、力(ちから)を竭(つく)して競(あらそ)ひ作(つく)る。是(ここ)を以(も)て、幾時(いくばく)も經(へ)ずして、宮室(みや)悉(ことごと)に成(な)りぬ。故(か)れ今(いま)に聖帝(ひじりのみかど)と稱(ほ)めまをす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わかったから。

Skullcrusher707 さん

だれも、この漢字とカッコの文、読まないと思う。
一目、見て、わかんないから。

だから、現実はなんなんだと、私はいいたい。
何回目だ?
漢字カナ交じり文でなくて、
漢字とカッコ交じり文。
(どこにポイントがあって、今後のJPをどうしたいから、
で、私がこれをUPした理由はこうで、
だからみなさん見て考えてください、
そしたら、JPはこうなりますよ。
位は言えよ。)

まったく、行動が、素直じゃなくてわからない。
論戦で分かり合えればいいのだけど、
一人よがりな、漢字とカッコ交じり文。
結果としてさ、最初、JPを引きつけといて、
なんか、漢字とカッコ交じり文で、ぐちゃぐちゃにして、
最後、どっかに、いっちゃう。

そうすると、イヤーな気分になるよね。
イヤーなやつ、背後霊。

私もこんな感じ、そうなんだけどさ。と思う。
でも、ここまでじゃないと思う。
日本では宗教そこそこにしないと。
外人との討論は、宗教は絶対必要。


なぜか、patriot さんのコメに心洗われる、ちりちゃんでした。

あと、3営業日だ。


ということで、脈絡もなく、ここにコピペします。
ハンドブックの方だ。どうする、管理人さん。
-----------------
素直が大事。
ソロも知っている。
じゃ、こってりも、感想をここじゃなくてもいいけど、あげて欲しーかな。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
■今、日本がどれだけ侵 略を受けているかがこの本で全てわかります。
この本を読んだ後、眠っていた大和魂が目を覚まします。
目覚めた者から行動していかないと間に合わないかもしれません

■多くの人に薦めたい
前作よりも読み易く、買ってよかったです。日本が抱えている問題は多々ありますが、本書は在日問題にテーマを絞ったのが、読み易い理由かな。ページをめくるたびに、そういうことだったのか、と納得、納得の連続。これまで親世代から聞いて、なんとなく知っていた事件や事実の裏事情も、すんなり理解できました。各ページの下段にある注も、わかりやすレイアウトでよかったと思います。こんな感じで、第二弾、第三弾と出版していってほしいです。この本を書いてくださった著者と、様々な妨害を恐れずに世に送り出してくださった出版社の方々の勇気に敬意を表します。

■是非、余 命三年時事日記とあわせて読んでいただきたい
珍しく、地元の中堅書店に平積みされていたので、この土日で読ませてもらった。
本書は先に出版された「余命三年時事日記」の副読本的な存在なのだが、中身は濃い。
余命三年時事日記とあわせて読むことで、益々、「我々日本人が置かれてきた理不尽な立場」
に対する理解が深まるはず。そして、その理不尽さは未だ解消されてはいない。
自分の思うどおりに事が運ばないからといって、ネット上に平気で「日本死ね」と書いてしまう人。
そして、そんな人の言葉を神の言葉であるかのように取り上げて讃えるマスコミや市民団体。
自分の生まれ育った国に短絡的に悪態をつく人が評価される、それが今の日本です。

しかし、主にネットを通じてその異常さに気づき始めた人達が確実に増え続けています。
余命三年時事日記とハンドブックは、学生さんなどの若い人達にはもちろん読んでいただきたい
が、むしろ、ネットなどにあまり馴染みのない高齢者の方達にも読んでいただきたい。
終戦前後に生まれた世代の方達は、戦後の反日的な教育や報道の中で育ち、ネットというツール
すらない中で人生の多くの時を過ごしてこられた。
その為なのか、若い世代よりも、むしろそういった世代の人々の方が頑なに「日本が全て悪かった」
と思いこんでいるパターンが、意外にも多い。

余命三年時事日記や本書(ハンドブック)が書籍化された事で、ネットに馴染みのない方々にも
「知るチャンス」が広がったと思う。
大手メディアや教育現場が伝えない事実を知ることで、自国・日本に対する新たな価値観を手に
入れることが出来るかもしれない。

■いつも「ヘイト!ヘイト!」と叫ぶ人たちが全く騒がない本
恥ずかしながら前作余命三年時事日記が発売されるまで、「余命三年時事日記」というブログを全く知りませんでした。
Amazonからのお薦めでベストセラー1位と知り、初めてブログを訪問してみました。

私も普段から、慰安婦、竹島問題をはじめ在日特権問題など、韓国・朝鮮人に対して強い怒りを持っていましたが、ブログの内容は想像を超えるものでした。
正直なところ、いくら何でもそこまでは‥‥と思ってしまいました。
ところがその後、Amazon以外の通販でこの本を取り扱っていない、街中の本屋にも置いていない、これほどのベストセラー本なのに一切マスコミは報じない、地元の図書館はいつまでたっても蔵書しない、という現実を目の当たりにして、だんだんと覚醒することができました。
なにしろ、いつもはどんな些細な事でも屁理屈を付けて「ヘイト!ヘイト!」と叫ぶ人たちがまったく沈黙していることが、この本がすべて真実であることを物語っていると思います。

地元図書館には全く期待できないので、今回この本を購入しました。
ブログを拝見してはいましたが、何しろ膨大な量があるため、簡潔にまとめられたこの本はたいへん読みやすかったです。
この本を読んで、一人でも多くの日本人が覚醒されることを願ってやみません。

---------------
ナニをやっている。こってり。
もし、JPの未来を考えるのであれば、
過去のなんだかわからない、
でなくて、自己満足な情報知、ココ満足がわからない。
でなくて、過去じゃない、今そして今からの未来と思う。
そこからの議論がここにあるべきと思うし思っている。
ヨイカ、次世代新エネルギー、ここんとこのコメの討論、私がきっかけと思う。

Skullcrusher707 さん、悪いと思っている。
あたるとこ、あなたしかいなかった。

じゃ。




古典は民族の至宝


>だれも、この漢字とカッコの文、読まないと思う。
>一目、見て、わかんないから。

ちりちゃんは現代日本語さえ満足に読み書き出来ないのだから、古文が読めなくて当然でしょう。

古文が読めないのは、中学校で真面目に勉強して来なかった証拠で、そんな人間の頭では『日本の将来』を考えようにも考え付く筈がありません。

大体、歴史的仮名遣いがあるということすら判らない馬鹿がいるから、歴史的仮名遣いと現代仮名遣いの区別も出来ないで「自分は過去をリーディング出来る」と大法螺を吹いている伊勢-白山道などのインチキ霊能者が出て来るのです。

話が脱線しかけたが、前コメントに貼った平易な文章すら理解出来ないのであれば、万葉集などは到底理解出来ず、我々の祖先が如何なる想いで暮らして来たか、その感情に触れることも出来ないでしょう。

自分は和歌の勉強をしていないので、他人に披露出来るような歌は詠めないが、他人が詠んだ歌なら、その心情を多少は共有出来ると思っています。

自分が住む枚方・交野地方にも古人(いにしえびと)が詠んだ歌が幾首か伝わっているが、中でも自分が心惹かれている1首を載せてみます。

かつ消ゆる うき身の泡と 成りぬとも 誰かは問はん 跡の白浪

現代日本語さえ満足に読み書き出来ない人に歌の意味を解説しても無駄なので、解説はしませんが、このような歌が伝わっていることで、今自分が住んでいる土地に昔住んでいた人々の想いに心を馳せることが出来るのです。

未来は過去の継続であり、過去を知らなければ、未来へ向かうことが出来ず、只管現在を彷徨うことしか出来ないのです。

??????????????

かまってやるけど、次ない。
春休み。まあいいか。
4月第一週までかな。
なんだけど、面倒だから、パッと散る。
さて↓

私、悪いけど、めんどくさいの嫌い。

イデオロギーじゃないのだけど、
主張とか、生き方なのかな、私はリアリストてのが好き。

でさ、せっかく、あなたに、逃げ場残している。
なぜ、一貫した主張ができない。

これは、まあ、いいか。宗教か?
この辺が得意かもね。


で「歌」か、また、議論変えた。
(でもさ、私もおんなじかもしれない。
たまたま知ってたので、ツキアおか。)

かつ消ゆる うき身の泡と 成りぬとも 誰かは問はん 跡の白浪
ふーよーしゅー。

返すか。有名な2つ。

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露に濡れつつ
ももしきや古き軒端の忍ぶにもなほあまりあるあまりある昔なりけり

これの感想。欲しーかなと。最初と最後。こってりさん。
なぜ、この2つを出したか。・・・歌か。歌ね。
これ、私の感想だよ。

ふーよーしゅーって、私ごとだと思っている。
百人は、国事で国選と思っている。
わかるか?
-----------
さらに、ちょっと、コメ。かまってやるか。
白浪って、消えちゃうじゃん。
私のHNは、地理であり塵。
勉強がある。歴史と地理。
でも、存在は塵って、
かっこいいかなってのが、
「ちり」であり、「ちりちゃんです。」なんだな。
HNの自慢です。じゃね。

こってり

今起きて、これだけレスだせるのであれば、
はやく、余命の感想を出せよっていってるんだよ。私はね。

どんかん。
でいいか?

一人でも、欲しい。
これ明日、BANかな。
よいか?オキテルよね、こってり。
さらに、余命の本読んだかわからないけど、
アマゾンの書評は読んでますよね。


トンスル朝鮮脳のちりちゃんです。


トンスル
朝鮮一番絞り純生ウンコ汁醗酵酒 秘伝三段仕込み熟成十年 蔵出し無殺菌

ホンタク
冠婚葬祭に欠かせない朝鮮の高級郷土料理 刺身の生ウンコ漬 

朝鮮脳
「試し腹」による遺伝子異常「火病」患者の欠陥思考回路

試し腹
シバジ(種受け子宮レンタル女)の品質検査

朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きなGenetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。
朝鮮では、昔から若くて綺麗な娘達は支那に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が多数見つかっている。

鮮人三原則 『臭い、汚い、危ない』
非韓三原則 『助けない、教えない、関わらない』

(・”・)

朝鮮戦争の真実

>ポッポさん ソロです。
 李承晩が日本脱出組を帰国させなかった件について、私は異論がありますので、下記に述べてみます。
>>休戦になって、安全だからとのうのうと帰国した日には、死ぬ思いで戦っていた者なら腹が立ちますし、帰ってくるなと言う気にもなります。

 李承晩は昭和20年9月には、亡命先の米国から帰国し、上海から帰国した金九を初めとする亡命政府一派と合流しますが、CIAからの支持を取り付けて来た李承晩がイニシアティブを持って居た、亦。年齢が70歳と高齢だったので、彼がボスと言う話になって居たが、金九は、亡命政府一派を率いる立場にあったので、ソレなりの地位を要求した。 然し、CIAから出た資金を独り占めしたい李承晩は、結局、金九を謀殺します。

 21年に大邱事件が起こって、GHQから独立政府の設立の催促が来るようになりますが、当時、国内を鎮める為の軍隊は、日本軍に従軍していた軍隊しかいなかったのですが、李承晩は是を嫌い、新たに公募して軍隊を造ろうとしますが、金が無い。 亦、折しも米国内でマッカーシズムが吹き荒れ、赤狩りが、朝鮮半島にこそ必要と言う認識が広まった。

 其処で李承晩は、「23年4月に自由総選挙をやる」と公告して、候補者を募ります。当然、永年差別されて来た済州島では、共産党系の候補が大勢立ちました。 そして、投票日の前の4月3日に、李承晩が集めた、ならず者を「軍隊」と称し、候補者を片っ端から検挙して、有無を言わさず処刑、その範囲は家族にまで及んで、ころされた人数は、8万人に上りました。 そして、受刑者の財産を没収したのです。 当然、李承晩を怖れた島民は、島を脱出、日本に向いますが、その数25万人でした。

 李承晩はこの事件で、自前の資金と、軍隊を持つ事になったわけです。

 その後、旧日本軍や満州軍の朝鮮兵士で造る軍隊の上に、自前の軍隊を置き、軍隊内の粛清に懸ります。 赤狩りは表向きの理由で、実は親日狩りであった事は、謂うまでもない事です。 是で2万人近くがコロされたようです。

 すると、いざ朝鮮戦争が始まっても、実戦経験のある兵隊がいない。 指揮官の多くは、唯のならず者ですから、危険な部署を任せても逃げて了し、作戦に使えません。 亦、派遣された米軍も、対日戦で実戦経験の多い兵士の殆どは、帰国しており、前線に立ったのは、実戦経験の少ない将兵でした。 

 拠って、戦闘は敗退に次ぐ敗退で、釜山近郊迄おいつめられた。 其処で。李承晩は、初めて実戦経験の豊富な、旧日本軍に出動命令を下します。 彼らの活躍で形勢は逆転、38度線以北まで押し戻しますが、此処で、共産シナが捕まえた国府軍兵士を前面に立てて、督戦隊(逃げる味方兵士を後ろから狙い撃ちにする)を使った突撃で、押し戻します。 

 簡単ですが、是が朝鮮戦争の概略です。 

 当然ですが、李承晩は戦争に殆ど関わって居ない。 逃げ回った揚句、最後に、旧日本軍に援軍を頼んだだけ。 是で、自分が追い払ったに等しい、島民が帰って来ることを禁止した、と言うのなら、自分の不正や虐さつが、表沙汰にならぬようにした措置以外に考えられることはありません。 

 未だあります。 朝鮮戦争を真剣に戦ったのは、旧日本軍兵士であり、4.3事件やその後起こった保導連盟事件で、数百万の自国民をころした「李承晩の兵隊」ではないと言う事です。 本当に正義の無い、酷い状況ですが、「この現実を表に出して、社会を糺そう」と言う機運が全く起こってこないのが、朝鮮族のヘタレた処で、代わりに「ドゥしたらこの事実を自分の利益にできるか」しか考えないのです。

 正に、知れば知る程・・、の朝鮮人の真の歴史です。

日本の米国化

貧困層は低コストな高脂質高糖質の食事に走り、ハードな仕事のストレスを血糖値上昇によるドーパミン分泌やアルコールによる高揚感で解消し、どんどん肥える悪循環。
富裕層は高コストな生野菜や高タンパク低脂質食、運動する時間と金銭的余裕を確保して体型維持。

ミスコン荒しの美女が放ったダイエットに効く言葉

「小麦粉原料の食事は貧乏人の食べ物。良質のたんぱく質とビタミン豊富な野菜だけを摂取してこそ美は保たれる」

韓国4.13総選挙 候補

総選挙1
貧困青年層を自称する25才の女性候補。
財産申告額が890万円→それが貧困層かと批判→彼女をせめないでと第3者のふりをしたコメントを間違って自分のアカウントでup→炎上→私を詐称する人がいると被害訴える

総選挙 2
日韓慰安婦合意の無効を選挙スローガンにする無所属候補が登場。
自称「Hell朝鮮独立軍」。
朝鮮時代服でコスプレも完璧。

≪保存版≫ 韓国人の甘えの構造=韓国式トンデモ反日の韓国大統領列伝その1

≪保存版≫ 韓国人の甘えの構造=韓国式トンデモ反日の韓国大統領列伝その1

*****
『中韓を知りすぎた男』 殿 ブログ 平成20年12月26日 [抜粋]
1998年金大中大統領は対日友好を政策に掲げ訪日しました。
日本政府も喜んで30億ドルの無償援助を決定しました。

ところがわずか2年足らずで金大中は一転して、日本文化の開放や
民間の交流まで大きく制限する反日政策にでました。

韓国大統領たちは常に反日カードをちらつかせながら援助の上乗せを
図る政策を常套手段にしています。まるでヤクザとかわりません。
*****

-----
平塚パラヤン女

『韓国国会議員選挙迫る!在日韓国人は自分が韓国人であることを自覚してる?』⇒在日韓国人のみなさん!韓国の選挙に参加しましょう!在日韓国人のみなさん!日本の選挙にはかかわらないでね!

平成28年3月28日
角田 静江 舛添東京都知事リコール ‏@kakut 15時間15時間前
『韓国国会議員選挙迫る!在日韓国人は自分が韓国人であることを自覚してる?』⇒ http://amba.to/1URagsg 在日韓国人のみなさん!韓国の選挙に参加しましょう!在日韓国人のみなさん!日本の選挙にはかかわらないでね!

ソロさんへ、 ポッポです

組合活動は結局、どこの職場でもしなかったというより、組合に入ったこともなくリタイアしました。(ヒョッとして、入社と同時に入る仕組みになっていた会社もあったかも知れませんが、本人は無自覚です。)

若い頃には、当然のごとく共産党を支持したこともありますが、年齢を重ねると共に、その色は薄まっていきました。
考えてみると、ヒトラーの言葉に「若いとき(20歳のとき)に共産党(社会主義)を支持しない者は馬鹿だ。年を取って(40歳になって)共産党を支持する者はもっと馬鹿だ。」と言うのがありました。
至極、名言だと思います。

公務員になるまでは、在日とかの人権問題については興味がありませんでした。理由は、同じ人間だからです。しかし、公務員になってからは変わりました。
これの理由は、仕事上で対応しなければならないからです。
通常は、世間を生きてきたがために入らぬ偏見を持っているだろうから、これを除去するために人権教育を行うのですが、偏見のなかった人間には、彼等を優遇しなければならないとの教育になります。
そして、こちらも仕事を進めやすくするために、注意するようになります。人間が悪くなります。
もっとも、最近になって流れが変わっていれば良いと思います。

朴正煕大統領が生きていた頃、来日した際に朝鮮語を喋れない在日の少年に優しく接したのを見ましたし、韓国での百貨店火災(?)での陣頭指揮ぶりを見て、彼は彼の立場で(日本には不利益ですが)、懸命に仕事をしていると思いました。
それに較べると、朴槿恵大統領の政治は反日行動が正しいと思っているだけで、セオゥル号事件の際に存在が不明であったことなど、自分を守りはするが、愛国心はあるのかと疑問に思います。

もっとも、日本でも東日本大震災の際に4日程、行動が不明であった首相がいましたし、同様に三週間程どこに行ったのか不明な政治家がいましたが、似たような者だと思います。

忘れていました。京都府の南側です。

ハリウッドも反トランプに声

共和党主流派にもこれまで敵視してきたクルーズ候補を推す声。

よい傾向だ。
最終防衛ラインとして、彼奴に過半数取らせなければいいんだろ?

最も最悪、彼奴がアメリカ大統領になっても、その「喧嘩っぱやさ」には期待していい。
日本と支那を潰すと息巻くが、「先に支那と」開戦すれば、用日路線で日本潰しは諦めざるを得んぜ?

支那と対立する火種はあるか?
無責任にも南シナ海を放り投げれば、一見無いようにも見える。

しかし、「サイバー攻撃」についてはどうかな?
アメリカが引きこもりになっても攻撃は続くと思うね。

なぜ支那はサイバー攻撃を止めないか?
それは奴らが自分自身では新技術を生み出せない

技術「乞食」

だからさ。

そして新しい軍事技術を欲しがるのも勢力圏を広げたがるのも、全ては

共産党独裁を守るため。
攻撃は最大の防御なり。

かの国の指導者はかくも狭量なのだ。学歴・IQに関係無くね。

ヤケクソで全世界と戦争だ。
共産党の奴らが金持って逃げる「時間稼ぎ」くらいはできるだろ。
ほんと「軽い」奴らだ。情けない。

支那の態度がそのようなものである以上、
誰が合衆国大統領になるにせよ腹をくくるべし。

ペラッペラな民進党の綱領

護憲を前面に出すのをこらえたことは褒めてやるよ。

だがしかし、経済政策に関する記述が無に等しい。

配分こそ成長戦略と言っているが、民主党が政権を詐取する時に使った「財源なきバラマキ」のただの言い換えだろ?

ここは資本主義の国だ。
「まず稼ぎ」その後で配分だ。
いきなり配分するバカがあるか。

もっと「マシな嘘」は思いつかんのか?腐れサヨク。

民進党の浅はかさは既に有権者に見透かされ、世論調査の政党別支持率は旧民主党に毛の生えた程度。

これで「ご祝儀相場」だということを忘れるなよ?

気持ち悪い老害サヨクが最後の夢を託す民進党は亡び、中華人民共和国も亡ぶ。

愉快だねえ。

何とか読みました。

Skullcrusher707 さんへ、 ポッポです。

上記の文章については、仁徳天皇が民のことを心配されて減税(課役を止める)をされたときのことですね。

話としては、小学校のときに先生から聞いたことがありますし、最近もこれを読み下し文で読んだことがあります。
漢字部分と()内を読んでいけば理解できましたが、義務教育を履修できていないのかも知れません。

リタイアして、その翌年に初めて確定申告をしたときに思ったことの一つに、これで税金を納める(程の収入が)ことがなくなったというのがありました。
税金を納めている間は、給与所得者にとってはろくな節税策もなく、払わされているとの思いだけで、源泉徴収に腹を立てていたのですが、いざ収入がなくなると税金を納めることは、国民として寂しい物でもあります。

かと言って、奇跡的に収入があるようなことがあれば、何故税金をこんなに取るのかと、文句を言うのは間違いないことでもあります。


しかし、日本でも所得が有数の大金持ちが帳面上で、控除を大きくして税金を払っていないのも事実としてあることですし、それを自慢にしていた輩のいたことも覚えています。

小さなところでは、税金を払わないために扶養家族を増やして、その控除額を大きくした結果、所得税を払っていない輩もいます。
日本人を控除に入れると書類上できっちりできていますから、出鱈目をできませんが、外国人を控除に入れると相手が日本国外にいるため、控除者がいるかいないかも確認できないと思いますから、やり放題です。
ここは、日本の法律を改正して、本当に扶養している者だけを対象にしませんと、税金を真面目に納めている者が馬鹿を見ます。


また、健康保険制度についても、日本国外において支払った医療費の還付ですが、これの還付対象者を日本人に限定すべきです。
理由は、健康保険制度は元々日本人のみを対象にしていたのですが、長期に日本に滞在している外国人を救済するため、この制度を適用しているのです。
しかし、外国人が日本に滞在しているからと、その外国人が日本から出国すれば、その外国人の責任を取るのは、本来の国籍国です。
それを日本に長期滞在しているからとして、日本から別の国に出国してもその権利を主張するのは筋違いであり、国籍国にその者の保護の責任があると思います。

これの具体的な例として、タレントの○ーラさんの父親が母国に帰国して医療機関に受診したことにして、日本に戻ってきたときに医療費の還付請求(偽物で詐欺行為)をしましたが、それ以前に、外国人の健康保険の適用を日本国内に限定すれば、良いだけのことです。

関西における「差別」の構造と歴史

>ポッポさん ソロです。
>>世間を生きてきたがために要らぬ偏見を持っているだろうから、これを除去するために人権教育を行うのですが、偏見のなかった人間には、彼等を優遇しなければならないとの教育になります。 そして、こちらも仕事を進めやすくするために、注意するようになります。人間が悪くなります。
 「要らぬ偏見を持って居る」と決め付ける方が、「要らぬ偏見」でしょう。 こういう事は、差別を受けて来た側が言う事ですね。 然し世界で一番平等な日本で、差別がその地域の常識化する為には、蓋然性を感じさせるような事実が、幾度も起って居なければなりません。 地域や出自だけで決めつけるのは、関西の悪い風習ですが、是は関西が、外国人の居住区だったからでしょう。

 船の修理屋から転職したコージェネレーションの仕事で、滋賀県中を回りましたが、ハングルで神社名を書いた古い立て札があったりするのには驚いた覚えがあります。 それに天智天皇が白村江で死んだ海人族の遺領を亡命して来た百済人に与えて、大海人皇子の怒りをかい、天智天皇との離反~壬申の乱に繋がって行くのですが、天智天皇には都を大津(滋賀京)に移した事も含めて、親百済過ぎる処があると思います。 西暦で7世紀に一度に3千人以上の移民があれば、然も、いきなり力を持たされるのですから、社会は大きく変化するでしょう。どの途、滋賀は親韓系だと思って間違いありません。

 逆に、元から居た海人族の遺族の方が、差別されたのではなかろうか、と思いますね。

 この様に、立場が簡単に逆転したりするのは、先ず、習俗が異なる民族が大量に侵入した場合が多いですが、所詮人間は100年も生きられない生き物ですから、5世代も経てば、言葉も習俗も同化して、本当の出自等分らなくなります。 それはそれでいいんですが、「差別されたくなくて、弱い立場に居る誰かを差別する」と言う愚かな事を、人間はやります、この愚かな習性があるから、差別は、社会でウィルスの様に形を変えながら、生き続けるのです。

 最初に差別を持ち込むのが悪いのですが、関西は、昔から人の出入りが激しいので、差別が持ち込まれ易い土地柄だと言えましょう。

 日本での階級差別の元凶の様に謂われている士農工商ですが、是は、江戸期になって農民の租税を公平に決める事を主たる目的にした、職業区分でしか無かったものですが、戸籍が無かったので、お寺が保管している人別帖に基づいて決めたものですが、土地を持つ農民以外は、極めて曖昧で、士農以外の商工の括りは、都市部しかなく、随い、差別を生むようなものではなかったが、人別帖に拠る職分決定の時点で、その土地に居なかったものは、人別外の扱いとなり、非人と言う扱いに自然となったのですが、規制しても人間は流動するモノですから、社会には、戸籍の無い人間が、いつも定量居る事になります。

 是が部落差別の原因となったのは、江戸期に、年貢を皆済するには、労働力確保が必要になり農民の定住を義務付けた事から、その軛外の民を一か所に集める必要が出て来たが、彼らの生業として、仏教の不殺生の教えから嫌われていた、死牛馬の処理、死人の処理、死罪人の処刑、塵芥の処理・・都市部では、農業・工業・商業以外の仕事は、全てこの層がする事になった。 穢多と言う言葉も、仏教や神道から来る言葉で、死を穢れと定義するが故の事でしょう。 この面で平等となったのは、明治維新の筈ですが、差別は今でも多く遺って居るのが現実です、特に関西は多いですね。

 差別を持ち込むのは、差別が社会の常識である韓国移民が一番怪しいです。 勿論、彼らは、日本人だけでなく日本に居る、本来の同胞も差別しますから、民族対立とは別に、「差別が常識」と言う観念がそうさせているのでしょう。 こんな社会劣化成分を入国させてはイケません。 この先差別を、少しづつ日本から追い出して行きましょう。 でも、決して差別ウィルスには感染し無い様、気を着けましょう。

交野少将物語1


>ちりちゃんへ

折角コメしたのに『不正な投稿だ』と判断されちゃったので、細切れコメをするよ。

『風葉和歌集』ってのは、作り物語から作中の架空人物の和歌を抄出した歌集で、既に原本が伝わっていない物語の粗筋が載っている、貴重な資料なんだよね。

『かつきゆる うき身のあわと成りぬとも・・・』も交野少将物語という現存しない物語の挿入歌だが、歌の舞台が地元なので、自分はこの歌に心惹かれるのだよ。

↓の『風葉和歌集』の280コマに件の歌が載っているが、

http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=0020-30501

この歌を詠んだのが交野の大領の女(むすめ)(実際は交野少将物語の作者)だという位しか読めず、恐らく、交野少将にフラれた交野の大領の女が長淵に身投げした経緯が書かれていると思われる歌の添え書きは全くお手上げで、この文を解読してくれたら尊敬するよ。

交野少将物語2


因みに、交野の大領の女のモデルは宇治の郡司・宮道弥益の娘の列子で、列子の夫の藤原高藤が838年生まれで 900年に死んでいるから、交野少将物語は10世紀初頭から枕草子が執筆された10世紀末までの間に作られたと推定されるが、写本も残っていないので、どんな内容だったかも判らないね。

因みの因みだが、宮地列子が住んでいたのは、現在は勧修寺が建っている京都市山科区勧修寺仁王堂町で、その頃、ご近所には小野小町も住んでいたらしいが、こちらの方は伝説なので、実際はどうだったか・・・

で、ちりちゃんが挙げた小倉百人一首の2首だが、自分は小倉百人一首の中で特に心惹かれる歌は無いのだが、強いて言えば小野小町が読んだという『花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』と崇徳院が詠まれた『瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ』位かな。

で、また脱線するが、崇徳院の歌は落語『崇徳院』のネタになっているし、在原業平の歌も落語『千早振る』になってるね。

交野少将物語3


在原業平は歌の天才だと自分は思っているが、数ある歌で好きなのは、やはり地元に所縁ある『狩り暮らし たなばたつめに 宿からむ 天の河原に 我は来にけり』で、同じく地元所縁の『世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし』は余りにも有名過ぎて・・・なんだね。

『秋の田のかりほの庵の苫を・・・』の歌には 然程に心惹かれないが、作者とされる天智天皇には凄く関心があるよ。

天智天皇は『怖い人』だが、あの時代はそうするしか無かったのだろうと思っている。

まあ、無実の罪で滅ぼされしまった蘇我倉山田石川麻呂の一族などは可哀想だと思うけど・・・

しかし、歌の才能は額田王の方が上だと思うので、実力で歌の上手なランキング100を選ぶなら、天智天皇はランク外かな・・・とも思うね。

交野少将物語4


『ももしきや古き軒端の忍ぶにも・・・ 』を詠まれた順徳院は、その順徳院に仕えた藤原定家が撰した新勅撰和歌集からは、父の鳥羽院と共に除外されているし、同じく藤原定家が撰した百人秀歌からも除外されているのだが、その二人の歌を小倉百人一首に入れた藤原定家の心情は、朝廷にとって古き良き時代を偲んで詠まれた『ももしきや・・・』の歌を選択したことで、何気に判るような気がするよ。

また余談になるが、自分が豊中市と尼崎市に住んでいた頃、豊中市庄本町の 椋橋総社の前を良く通り、参拝もしたが、此処が承久の乱の発端となった所で、歴史など自分に関係無くとも、自分が住む近くに歴史的事件の伝承があれば、何気に身近に感じるね。

鳥羽院も順徳院も『歌を詠むこと』は巧みだったが、『時勢を読むこと』は出来なかった訳だ。 

ソロさんへ、  ポッポです

>「要らぬ偏見を持って居る」と決め付ける方が、「要らぬ偏見」でしょう。 

そうですね。正確に考えますと、教育の目的を自分で歪曲しています。
反省して、考えを改めます。


滋賀県には百済寺という、天台宗の寺院があります。
由来は百済の寺院に習って、寺を建てたと言うことですが、朝鮮半島からの移民が多かった地域なのだろうと思います。

天智天皇稜は京都市の山科区にあるのですが、この天皇陵は天智天皇が山科に出掛けて帰らず、捜索の結果履いていた靴を発見しただけで行方が知れなかったとして、靴の落ちていた場所に稜を作ったとのことですが、このような天皇陵は珍しいと思います。

ナニしたいのかな?

ここで、「交野少将物語」があったとして、
何したいの?かな。

ちりちゃんです。
私のメッセージは、明確。


「交野少将物語」、
なぜ、あなたが、ここの皆さんに何を伝えたくて、そうしてるのか、私はわからない。
何をしたいか?

このブログって、さ、分類して、一言でいうと、
「日本人覚醒」でしょ。

そのなか?アナタのコメ。ナニコレ?
なんだか、いつもわからない。

上の句があなたとして、
私が返した下の句があったとして、あなたのコメ。
↓↓↓↓
天智天皇は『怖い人』だが、あの時代はそうするしか無かったのだろうと思っている。
↑↑↑↑
これだめっしょ。もうあなたの力量がわかっちゃう。
一番歌と百番歌を私が紹介。

私が入学したコーコーでは、一年の夏に全部暗唱が宿題だった。
そんな是非もあるんだけど、そうではなくて、
暗唱が暗唱で終わるか、もう少し興味を持って、いろいろ調べるか。
とすると、夏の宿題は、まったく別なものになる。


----
情報知のひけらかし、その延長の議論、私は嫌い。
>このブログって、さ、分類して、一言でいうと、
>「日本人覚醒」でしょ。
ここに知識や知見とか意見があったとして、
このブログの目的とか想いとか、その辺に、
誘導できないとダメと思っている。

私が返した2つの歌。これ百人一首ですよ。
「日本人覚醒」そんな、このブログのテーゼがあったとして、
まず、「百人一首」レベルでやったらどうなのかな、って意見なんだよ。

で、これね。
↓↓↓↓
天智天皇は『怖い人』だが、あの時代はそうするしか無かったのだろうと思っている。
↑↑↑↑

ちがうっしょ。
全く、コー1で勉強する歌もわかってない。
↓↓↓↓
天智天皇は『怖い人』だが、あの時代はそうするしか無かったのだろうと思っている。
↑↑↑↑
これね。なんで、こんなことコメUPできるかな。
(最近は「ねず本」ってのもあるんで、まず、これ読んだ方がいいかもめ。)

私がコー1の夏休みに読んだ本は、これ。
http://www.amazon.co.jp/%E7%99%BE%E4%BA%BA%E4%B8%80%E9%A6%96%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%E2%80%95%E9%A9%9A%E7%95%B0%E3%81%AE%E6%AD%8C%E7%B9%94%E7%89%A9-%E6%9E%97-%E7%9B%B4%E9%81%93/dp/4250203360

日本史の学び方として、時系列に見ていくというのもあるのだけど、
人からネットで検索する形で入っていくのもある。
チュー3までで、山川の何冊かは全部読んでいただけど、
この歌からの入り方は、また別だった。

この本の理解は、ここの読者の皆様には求めないけど、
この本の内容はびっくり。すごい人がいるもんだと思った。
(とんでも話かもしれないけどね。)

ということで、こってり、これで、わかったかな?
私の伝えたかったこと。


天智天皇は『怖い人』だよ。

曽ての同志で、義父でもある蘇我倉山田石川麻呂を滅ぼし、自分が擁立した孝徳天皇の皇子・有馬皇子を罠に填めて殺し、同母弟の大海人皇子も出家しなければ殺していただろう。

>ということで、こってり、これで、わかったかな?
>私の伝えたかったこと。

わかんね―――――wwwwww

も、一回。

>このブログって、さ、分類して、一言でいうと、
>「日本人覚醒」でしょ。
ここに知識や知見とか意見があったとして、
このブログの目的とか想いとか、その辺に、
誘導できないとダメと思っている。

あなた、ナニやってるの?
知識ひけらかしにほどがある。
万人がしらなきゃいけない、もっと身近なとこでやれよ。
余命も、そう。意見いいたくてしょうがないんだろ。

「意見いいたくて」=「日本の思い」
例えば、そんなこと、それがストレートにコメに、表出できないやつ。
それが、オピニオンリーダじゃなくて、
コメを多くUPするコメタではだめなんだよ。

この辺は、数人、家庭教師とかで、勉強を教えたとこからの意見。
あと、キャストで、何人も男を見たけっかの意見。

この辺にしとこか。

「わかんね―――――wwwwww
2016/03/31(木) 23:15:06| URL| Skullcrusher707 #tuEXU5AU 」

このコメ、かまって欲しいのよくわかるんだけど、
私的には、区切り目が、今日。

こってりさんだけでないけど、感謝です。皆さん。
これまで、ありがとうございました。


>このコメ、かまって欲しいのよくわかるんだけど、

かまって欲しいのは、ちりちゃん、あんたの方でしょw

もう、永遠に此処に来なければ、せいせいするんだが・・・

> 万人がしらなきゃいけない、もっと身近なとこでやれよ。


トンスラー舛添要一東京都知事リコールデモ

https://www.youtube.com/watch?v=-7sYi1J8XlQ


朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きなGenetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。
朝鮮では、昔から若くて綺麗な娘達は支那に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が多数見つかっている。

鮮人三原則 『臭い、汚い、危ない』
非韓三原則 『助けない、教えない、関わらない』

(・”・)

2016/03/31(木) 22:49:43| URL| ちりちゃんです。 #9OCdGr.6 [編集]


>なぜ、あなたが、ここの皆さんに何を伝えたくて、そうしてるのか、私はわからない。何をしたいか?


あんたが一番わからない w


>私が入学したコーコーでは、一年の夏に全部暗唱が宿題だった。
そんな是非もあるんだけど、


漢字の識字率が極めて低く、儒教よろしく、役にたたないデマを
知識として、すし詰め暗記するのが、半島系の高校 w


>このコメ、かまって欲しいのよくわかるんだけど、
私的には、区切り目が、今日。

典型的なミラーイメージってヤツ。
まずは、ことごとく『これで最後詐欺』に終止符を打つことを
強く希望する。


無礼、非礼極まりない者に、手向けの言葉すら勿体ない。

アメリカの民主党は日本の民主党より惨いぞ

アメリカの民主党って、日本の「民主党と共産と社民党と
公明とを足して×10にしたくらい、酷い似非人権主義政党」だと思う。

俺は、トランプ氏はマジで良いオヤジだと思うぞ。
アメリカ人にとってはアメリカの国益だけを考えてくれる
こんな田舎のおっさんみたいな奴の方が、

ヒラリーのおばちゃんみたいに、人権が!とか
人種が!とか、女性が!とか、いてるおばちゃんより、
はるかに人間味に溢れてて、常識あると思うな。

DPG草案

1991年12月にソ連が消滅した直後、ネオコンはアメリカを「唯一の超大国」と位置づけ、ソ連に替わるライバルが出現することを防ぐためのプロジェクトを始める。その指針が1992年初頭に国防総省で作成されたDPG草案、いわゆる「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」だ。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201604070000/

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。