スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の脅しと賄賂に世界は壊れていく     11月25日(水)


IMF(国際通貨基金)が中国の人民元をドル、ユーロ、ポンド、円、と並ぶ
主要通貨に加える事が、近く開かれる理事会で正式に決定するらしい。

このインチキ国家の通貨である人民元を通貨危機に備えたIMFの準備
資産SDR(特別引き出し権)の構成通貨に採用するとは、IMFは世界を
混乱させるつもりですか!対中経済を強化したいイギリスや欧州各国は
相次ぎ支持を表明しています。

特にイギリスはロンドン金融市場での人民元取引をビジネス・チャンス
として前のめりの姿勢をみせています。フィナンシャル・タイムズは中国
が「人民元建て国債をロンドンで発行する準備を進めている」と報じてい
ます。国債とは聞こえが良いが、いわゆる借用証書の事です。

中国人民元はドルの増量に合わせて元を発行しています。中国人民銀
行は「管理変動相場制」のもと、人為的に固定した相場で流入する外貨の
ほとんどを買い上げ、資金供給しています。

このような元が変動相場制であるユーロ、円やポンドと対等の国際準備・
決済用通貨であるなど、ちゃんちゃらおかしい、その上管理変動相場を
堅持するために、金融市場への外からの資本流入を厳しく規制してい
ます。何故なら巨額な外貨が出入りすると人為的な相場では対応でき
なくなるからです。

このような国際ルールを無視した通貨が「国際利用可能通貨」と定義さ
れるなら、他の国だって通貨の自由変動相場を見直し、金融市場を規制
しても良いことになります。

人民元は共産党が管理している通貨です。いわゆる自由利用可能通貨
ではありません。だからIMFは、5年前人民元をSDRへの組み込みを認め
ませんでした。

ところが今回中国はドル、ユーロ、ポンド、円に続く第5の通貨として人民
元を加えるよう外交圧力を強め、そして「市場実勢を反映させるよう外国
為替制度を改革し金融・資本市場を段階的に自由化していく」 との約束
をIMFは真に受けてしました。

しかし今まで中国が約束を守ったことなど一度たりともありません。2001年
中国は念願の世界貿易機関(WTO)に加盟を認められましたが、ここでも
中国は平然と国際貿易ルールを破り続けています。

WTOの基本原則は物品貿易だけでなく金融、情報通信、知的財産権
など包括的な国際通商ルールです。ところが1党独裁の共産党体制化
では、モノ・サービスの価格や需給は政府が統制し、そのうえ企業の殆ど
は政府の指導下にある国有企業です。つまりWTOの基本である貿易の
自由化など程遠い国です。

4年前多くのマスコミが取り上げたレアメタル事件を思い出してください。
中国はレアメタルやレアアースを外交カードとして利用、日本の足元を
見ながら「姑息」な手を打ってきました。また中国の知的財産権侵害など
日本企業の損害は図りしれません。

このように国際ルールを守らない詐欺的国家の人民元をSDRの構成
通貨に採用するとは呆れてものもいえません。

しかし中国の国際通貨のステータスへの野望とは裏腹に人民元への
信頼は中国経済の減速に伴って落ち込み始めています。今年1~8月の
間に中国から61兆円の資本が流出(米財務省の推測)。このまま資本
流出が加速すれば外貨準備が尽きて中国は破綻します。

中国は危機が訪れる前に急いでSDR通貨に仲間入りをすべく、IMFの理事
たちに必死のロビー活動(賄賂)をしてきました。人民元が国際通貨に化け
ると、ドルなどと自由に交換できます。

元が国際準備通貨に認定されれば、人民銀行が元を印刷してその資金で
石油や空母などの大型兵器を簡単に手に入れることになります。

IMFにおける投票権は1国1票ではありません。基本的には出資割当額
に比例して投票権が割り当てられます。IMF最大の出資国である米国は
中国に「市場原理に基づく改革」を要求して反対していますが、出資国
2位の日本の声があまり聞こえてきません。

日本はIMFの要請により欧州債務危機封じ込めのために600億ドル(約4・
7兆円)のを拠出することに合意しています。またリーマン・ショックの時
は気前よく1千億ドルの外貨をIMFに緊急融資しています。日本はIMF最
大のスポンサーです。その割に日本は中国の野望阻止に立ち上がって
いません。それどころかIMFは日本に対して「消費税15%」を提言しています。

それだけでなくラガルド専務理事は「日本と中国は、領土問題による対立
を解消すべきである。日本と中国の対立を解消するには、双方が自制する
ことが必要である」と偉そうに述べています。

女性であるラガルド専務理事は歴史を知らない、中国人を知らない、日本
の言い分と中国の言い分のどちらが正しいか判断できない。むしろ指導や
提言を与えるのは中国の方です。

IMFは各国の財政政策を指導する権限があるが、それは財政危機に
陥った国などに対して資金支援を行った場合に限ってのことであり、
日本のような最大のスポンサーに対してこんな指導をだすなど日本を
舐めきっています。

一説によればIMFに出向している日本の財務官僚がIMFの口を借りて
自分達の意向を言わしているとのことですが、せっかく安倍首相によって
景気が上向きになりつつある日本経済を壊すつもりですか?

財務省はホームペイジで国の借金が1024兆円になった国民1人あたり
806万円の借金があると宣伝していますが、国の借金は個人や法人の
借金とは根底から違います。むしろ実体は国民が国にお金を貸している
のです。そのうえ国債の現物の90%は日本人が保有しています。

東大出の財務官僚はもっと経済を勉強してください。ロバート・アイスナー
の「経済の誤解を解く」をお勧めします。彼の結論を要約しますと「経済に
ついての多くの一般の理解は、広く共通している物の見方が個人のそれ
であって、経済全体についてのそれではないという点を認識し得ないで
いることからひどく混乱している」と記述しています。

また彼は「経済においては、目に見えるとおりではない、個々人にとって
悪であることが国の場合には美徳でありうる」と書いています。

ジェームズ・トービン教授(1981年ノーベル経済学賞受賞)に師事した
浜田宏一経済学者は「日本円へのソブリンリスクを懸念しているが、日本
は世界最大の債権国であり、円に対する市場の信任は高く、リスクが高い
とは到底言えない、デフレの危険が伴う消費増税を求めるのにも無理が
ある」と指摘しています。

この偉大な二人の経済学者の論に財務省は反論できますか?

話が横道にそれましたが、日本の財務官僚と外務省官僚は国のエリート
たちですが本当に優秀な人達でしょうか、それとも単に無知なのか、彼らは
本当に愛国心を持っているのだろうか、いつも疑問に感じています。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります







コメント

「中国の”デタラメ”にも理由がある」

過去の戦争を「被害」からしか語らないようになるのは危険だという話です。
http://www.tachibana-akira.com/2015/11/6980

アメさんのことだ、元のSDR入りに沈黙しているのは秘められた罠が用意しているからなのだろう。恐らく日本政府も一枚噛んでいるだろう。

IMFの日本財務官僚は非常に頭の良い超エリートです。頭は悪くないです。その優秀な頭脳を駆使して財務省と自らの権益を拡大しようと日夜頑張っておられるのです。日本国民のことなど全く考えていません。

SDR承認が、シナ経済復権のカギとなり得るか

ソロです。
>>彼らは本当に愛国心を持っているのだろうか
日本の場合、官僚個々の資質に帰せざるを得ないとしか言えませんが、「宮仕え」の身では幾ら優秀であろうと、亦、愛国者で有ろうと、組織(財務省)の決定に従わざるを得ないし、定められた禁則を護るしかない部分はあるのでしょうね。 更に、彼らと一般人との差は、世界の裏側情報の閲覧機会の有無でしょうが、世は「人の口に戸は立てられない」と云う諺通りなので、財務官僚だからと云って全面的に情報が開示される事もないでしょう。 吾々が知り得るのは、周囲の人々が、現象や言葉の端々と云ったシチュエーションで類推する他は無い訳で、「断片知識による類推が関の山」ということです。

そういう分野の情報が存在する事は、昔、ある特定の集団名、個人名をPCに打ちこんでも、譬え個人が書いた雑文でも反映されないと云う現象が有った事で、現存すると確信しています。

このシナのSDR承認は、蓋然性から言えば、シナ経済の破綻から、既に「在り得ない」域に到達しようとしていますが、是を、シナ経済のハードランディング回避措置と考えれば、或る意味納得はできます。 シナ当局にとって、最後にして最高の助け舟になるでしょう。

然し、その措置が及ぼす悪影響たるや、ブログ主ご指摘の様に、シナ当局の悪辣さを考えれば、「非常に危うい」と考える他は有りません。 巻き添えを食らいそうなのは、欧州勢ですが、その欧州勢が挙ってシナ支持に回ったのは、「日米のみに世界のイニシアティブを渡して成るものか」と云う、意思表示でもあると考える事も出来ます。

因みに、現在の世界経済の胴元は、英ロスチャイルドですので、「リーマンショックからの欧州の復権」は優先される筈です。 すると、人民元のSDR 化が、欧州勢が是までシナ経済に注ぎ込んだ資金の回収手段となるか、シナ経済の復権の手段となり得るか、が、是からの焦眉の的になるのでしょうね。 私は前者であろうと思います。

その例示として、下記のニュースをご紹介します。
海事新聞からですが、中国海運グループのコンテナ船リース会社である中海緑舟=CSNG=チャイナ・シッピング・ノゥティック・グリーンは、21,000TEU(=20フィートコンテナ換算)積のコンテナ船(最大20万総トンレベル)を確定6隻、+オプション5隻を上海外高橋造船に発注した、と報じた。 確定分6隻の引き渡しは2018年の奇数月である。

  亦、英国、ドイツ、ノルウェー、ギリシャの船主が3800~1400TEUクラスのフィダーコンテナ船(箱回し船)をそれぞれ、2~4隻、合計10隻を中国の造船所に発注していますが、これ等は、船舶の排ガス規制の厳格化に対応したモノへのリプレース用とみられているので、いずれも建造が条約発効に併せ18年に集中している。 船価は、2700TEUクラスの脇役で、2950万ドルですから、主力の21000TEUレベルなら2億ドル超/隻になる模様、すると、11隻の契約は、22億ドル以上=2750億円(@125円/$)の受注と云う事になりますね。

 唯、前述の通り、19年発効の排ガス規制の厳格化が、リプレース需要の引き金を引く事になるのは確定的で、他の船種、PCC=自動車専用船、Bulk Carrier=バラ積貨物船、VLCC=大型油送船、 VLCG=大型LNG輸送船等にも波及する模様ですので、現状、造船トン数では世界一のPRCにとっては、排ガス規制発効は、天啓の慈雨ともいえる現象でしょう。 処でこの船価は、嘗ての繁忙時比で20%近く下落していると思いますが、原因はシナ国内にだぶついている鋼材の一掃セールであると考えるべきでしょう。

此処で世界規模のリプレースが集中すれば、逆に以後10年以上は、船舶がだぶつく可能性が高く、排ガス規制=PRCへの助け舟になったのは、偶然としか言えませんし、手放しで喜べる話でもありませんが、このタイミングで、PRCの手鉄鋼生産量に規制的な雰囲気が生まれてくれば、シナ経済の復権もありうるかもしれません。 然し、復権の主力を金融にするのか、実需にするのかは、PRCの内部事情に大きく左右されるものと云う他は無い。

プログ主様、アップありがとうございます

仮に軍票からの成り上がり者である人民元(笑)がSDR入りしようが、交換条件で支那の体制崩壊に直結する「資本移動の自由」を支那に押し付けられれば穏の字です。
そのせめぎ合いは「来月から」始まる。

果たして「資本移動の自由」は成るか?
支那が口約束を破るとプログ主様は警戒されていますが、自分はやや楽観的です。

何故ならば、

①アングロサクソンの金融企業がそれを求めるから
②支那共産党のクソどももそれを求めるから

①はアングロサクソンの金儲けのため、②は共産党連中の海外亡命の準備(資産逃避)のため。

互い「利害一致」。これ以上の力は無い。

反対するのは、習近平指導部だけ。

一応支那の「現」政策責任者であり、中華人民共和国の崩壊を防ぐ義務があるのでね。
ただ、最後は「党内の圧力」に屈することになるのではないでしょうか?

中華人民共和国を愛する者など誰もいない。
そんなお目出度い奴は、韓国人か日本の支那チス(民主党ほか)くらいですよ(笑)



創価学会員の童話なりすまし帰化在日韓国人工作員の前大阪市長橋下徹は大阪府知事在任中、民間が買えば10億円する公有一等地を韓国民団へ3億円で売却しました。

創価学会員の童話なりすまし帰化在日韓国人工作員の前大阪市長橋下徹は大阪府知事在任中、民間が買えば10億円する公有一等地を韓国民団へ3億円で売却しました。裏がありそう。橋下を小沢のように早く逮捕起訴して下さい。
YouTube動画―橋下知事「韓国民団にだけ売却する歴代知事の念書、破格の3億円」

大津保守ラーガー


>女性であるラガルド専務理事は歴史を知らない、中国人を知らない、日本の言い分と中国の言い分のどちらが正しいか判断できない。

さらりと女性蔑視発言をされていますよ。
歴史を知る・知らないという話が、個人の能力でなく男女の属性に関わるというのでしょうか?

こんにちは

財務省は東大法学部の出身者が多く、同学部は東京裁判を絶賛したGHQの傀儡たる「横田喜三郎」という反日共産主義者(東京裁判の起訴状は日本共産党が作成した)とその師弟たちにより、日本の発展を妨害することを至上命題とするカルト宗教化しています。また、なぜかクリスチャンが多く、クリスチャンに在ずんば東大法学部生に非ずとばかり、生徒に逆踏み絵の試練を与える慣習があったそうです。(現在は分かりません)

日本の法曹界がやたらと神道(靖国など)を槍玉に上げ、政府と神道を切り離そうとするのに対して、キリスト教について沈黙しているのはそのためです。麻生財務相はクリスチャンですが、同氏が靖国に参拝すればヒステリックに批判されても、教会に行くのは全く問題ないというあからさまなスタンスです。

横田は皇室について『無知と奴隷的服従が日本人民の自然な発達を阻止したために生じた奇形状態』『昭和天皇は退位すべき。軍国主義の責任をとれ』と宣うほどの反日左翼ですが、要するに法学なんてものはただの肩書きにすぎず、日本を「革命」でひっくり返したいと妄想する政治イデオロギーなのです。

革命のためには、まず日本経済を叩き潰し、国民を貧困化させ、その責任の全てを政府や日本の歴史・伝統・文化、そして皇室に擦り付ける必要があります。要するに日本を「全否定」するわけです。貧困化は教養の低下とイコールですから、教養の低下により野蛮化した国民が政府を攻撃する、革命の第一歩。

財務省には他にも東大経済学部出身の大内兵衛派グループも存在し、大内は「国体変革」「私有財産否定」を掲げたコミンテルン主導の活動に参加し治安維持法違反で検挙された筋金入りの共産主義者で、明治・大正・昭和の日本を『泥棒国家』と罵るほどの反日主義者ですが、こういう政治イデオロギーに染まった人間ばかりが財務省を牛耳っています。もはや官僚でも学者でも何でもないのです。ただの「政治集団」です。いくら経済学を説いても馬の耳に何とやら。

おまけに共産主義ですから、仲間である支那を批判するわけもなく、日本人には『クニノシャッキンガ~!』と「緊縮財政=貧困化」を強要しながら、支那には紐無しODAなど兆単位で献上する有り様です。

日本経済を叩き潰すことを目的として存在する「究極の悪党」たる財務省を正気に戻そうなどと考えるのではなく、日本経済が潰れるより先に財務省を叩き潰し、根本から作り替えるより外ありません。

その手段

先週のこの分析では、どうなるかと思った。
ここ、戻ってきた。
よかった。ちりちゃんです。

私のコメ2週にわたり、
お金の観点で、お願いしますって、ある意味、悲鳴のコメUPした。
私のコメ、受けての、今回だったら、
私を受け入れてもらったようで嬉しいです。管理人さん。

次、
いつも、フォローありがとうございます、硫黄島さん。

もう少し、
>日本経済を叩き潰すことを目的として存在する「究極の悪党」たる
>財務省を正気に戻そうなどと考えるのではなく、
>日本経済が潰れるより先に財務省を叩き潰し、
>根本から作り替えるより外ありません。
ここで、とまってしまっては、リアリストでないと思います。
「根本から作り替える」って、具体的になんなのか、どうするのか。
この辺がないと。だめと思ってる。
(すこしの活動でもいいんです。やらないと。)

で、この辺がないと、ただのガス抜き。のコメ。

考察があって、じゃ試してみよう(=実験、行動)
この試してみようってなかなかない。
私は私なりに、試してる。その後は観察。

-------
-------
で、紹介します。以下を表明したブログがある。

数多保守ブログがあって、それぞれが問題点を指摘し、是正を論議しても、知る限り具体的な行動はもちろん方法論さえも記述するブログはない。その意味で押さえようがない唯一平和的な集団通報、あるいは集団メールという手法を駆使するブログは脅威なのだ。

今はお年寄の文章なので、なんだかなと思うのですが、
ここを押したい。(というか、押している。)

今日はここまで。
硫黄島さん、今後とも、意見お願いします。
いつもフォローありがとうございます。

PS
あ、硫黄島さん、紹介したブログに反応しなくてよいからね。

PS2
11月30日の件を気にしてる。
アメ拒否権ってのがあるのに、
ネットも、メディアも、
なぜ、SDRがOKな、確定的な論調になるのだろう?

TPPもそう。
かつて、ネットでは、
否定的な論調がほとんどだったのに、
今、なぜ、好意的なのだろう?

PS2の分析は、来月、硫黄島さん交えて、意見かわしたい。


あと、PS2って、プレーステーション2でないからね。へへ。

主題と関係ない投稿、失礼します。

●団塊の世代の読者様へ

余命三年時事日記の本が刊行されますので、複数冊、購入してまわりに配ってください。

民主主義の国で、人口比で一番多い世代に、相応の責任があったのではないのですか?(謝罪と賠償は、もとめませんが。)(団塊の世代の次の世代も。)

責任とは、在日コリアンに日本を乗っ取られかけている事に対してです。


●コペルニクス的転回

在日特権がどうのこうの、定義がああだと、保守ブログでとりあげても、議論の為の議論でしかありません。

在日特権をなくしたいなら、合法的に在日を追い出せばいいのです。

既存の保守ブログで何故、この方法論にいきつかなかったのだろうか。


●在日支那人

在日コリアンの処理が終わったら、在日支那人の処理が待っています。

こんにちは

>ちりちゃん 様

根本的に作り替えるとは、具体的にまず「レッドパージ」です。つまり公職追放ですが、これにはかなりの政治力が必要です。敵はアカ官僚のみならず、警察や検察、裁判所、自衛隊内部にもアカやアカの協力者がいますから、特定個人を社会的に抹殺できる実力部隊の警察・検察・裁判所、そして武力を持つ自衛隊からまず手を付ける必要があります。でなければレッドパージする前に冤罪投獄やクーデターで潰されてしまいます。

理想を言えば、実力組織の自衛隊が決起して政府を占領し三権を掌握、国を根本から立て直せば、最も犠牲が少なく、なおかつ短時間で合理的にレッドパージを行えます。

しかし自衛隊のクーデターを最も恐れる政府と警察は、自衛隊内部にスパイを送り込み自衛官を「平和主義(自虐史観)」と「護憲」の刷り込みで洗脳し、権力に決して楯突かない「お利口さん」に育てています。新人自衛官はみな憲法への忠誠を誓わされますが、その憲法の9条は自衛隊を「否定」しています。『憲法に忠誠を誓ったら、その日に自衛隊を辞めるのが正しい道だ』と、ある若い自衛官に忠言申し上げたら、本人はビックリしていました。どうやら憲法9条について考えたこともなかったようです。考えたこともない駄文に、儀式的に忠誠を誓う間抜けな自衛官。そして出世すれば政府が用意した「美味しい天下り」をゲットできる。そういった事情もあり、自衛隊は常に事勿れ主義であり、航空幕僚長が民間に投稿した論文で国会に引っ張り出され「集団リンチ」をくらったときも、囚われた幕僚長を助けるためF-15を国会上空に飛ばし、議員会館をロックオンするとか、そういった行動を取った自衛官は「0人」です。情けない!!

つまり自衛隊による「世直し」は期待できません。

ならばレッドパージを貫徹してくれる政治家を国会に送り出すより外なく、私たちは警察・検察・裁判所・自衛隊内部に協力者を作り、政治家を援護射撃するしかありません。

ベラベラと喋りすぎてしまいました。失礼しました。

財務省によって「量的緩和がハイパーインフレを起こす」というデマが
流されていたころ
「白川を討て」との号令のもとにネットを中心に大きな運動がありました。
その結果として日銀は黒田総裁に交代したのですが
それと同じようにネットでの声が大きくなれば
財務省の増税路線が止むことはないのかと思っています。

財務省の消費税増税=軽減税率=各団体からくる利権〈高橋洋一氏の話〉を目指し
IMFへの出向のメンバーに日本が経済が悪いことを煽ってもらい
消費税を上げようと目論んでいることは周知のことと思います。

しかし、その目論見の主旨が暴かれることこそ、流れを変える大きなうねりになると思います。

幸いにして首相官邸や財務省に抗議メールを送れる時代になりましたので
大量の抗議の声を送ることこそ肝心ではないかと思います。


おまけとして、となりのブログのコメント欄にこちらがありましたので
貼っておきます。
【余命三年時事日記 ミラーサイト】
http://quasi-stellar.appspot.com/kanteiForm.html

〈昔、ちりちゃんがリンク貼っていたのを思い出しましたもので〉

♡JR東日本(帰化在日韓国人JR)電車内モニターで韓国式捏造人気韓流K-POPステマ『グンソクさんが特別講義へ』を連発した共同通信社(帰化未帰化在日韓国人通信社)へ廃業要求しましょう。♡

♡JR東日本(帰化在日韓国人JR)電車内モニターで韓国式捏造人気韓流K-POPステマ『グンソクさんが特別講義へ』を連発した共同通信社(帰化未帰化在日韓国人通信社)へ廃業要求しましょう。♡
^^^^^

大田区通信

帰化未帰化在日韓国人共同通信社は平成27年11月24日JR東日本電車(帰化在日韓国人JR)内モニターで韓国式捏造人気韓流K-POPステマ『グンソクさんが特別講義へ』をステマ連発し、日本人B層を韓国へ誤誘導

【韓国人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人・ユダヤ人の常套手段=違法】
・日本国民への元号表記を無視した西暦表記の押し付け
・日本語を破壊する目的で、韓国式交ぜ書き「子ども」、平仮名表記「ことし」、片仮名表記「フクシマ」、日本式漢字誤用、・・・などを連発すること
・捏造の歴史や事件や人気や数字のデマ広告、誇大広告、・・・などによる誤誘導
・日本人(モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル系)と韓国人共産シナ朝鮮族(ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ・ワイ族)・共産シナ人(ペルシャ系)は、民族(gm細胞)が全く異なるけれども、「アジア勢初」、・・・などと一括りにすること

石破茂(隠れ公明党)=橋下徹(童話なりすまし帰化在日韓国人、創価学会員、隠れ公明党、民団構成員)=帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会=民団=公明党=創価学会=帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社

石破茂(隠れ公明党)

=橋下徹(童話なりすまし帰化在日韓国人、創価学会員、隠れ公明党、民団構成員)

=帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会

=民団

=公明党

=創価学会

=帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社

支那のヘイハイズ問題

戸籍を持たない人口が1300万~数千万存在。
教育も医療も受けられず、よって

職にも就けない。

将来の「反乱軍」の主力足りうる存在がこれだけいるのは頼もしいことだ。
大半は女性らしい。
男の子を第一子としたい身勝手な親により出生届を出さないことが原因。一人っ子政策の暗部だな。

戸籍が無い以上、公安も管理しづらい。ISだかアメリカだか、

「外敵」に利用されたら

一巻の終わりですなあ。
何だってこんなに地雷があるんだ、あの国は?
こんな阿呆な国に間違っても降伏などできぬ。

アングロサクソンがモノやサービスを売りつけたい13億人市場(笑)にはこのような者も含まれる。

若くて
働けて
消費意欲が旺盛な人口

が多い国こそ、アングロサクソンにとって価値がある。

少子高齢化する支那は若いとは言えなくなるし、借金に支えられた乱投資が消えたんだから職もなく、
よって消費意欲も無い。

アングロサクソンが支那を庇い立てする理由は消えつつある。切り捨てる日は近い。

カザフスタンは、「韓国消滅後、韓国人全員を肉体労働力としてカザフスタンへ受け入れる」と何度も表明しています。だから、韓国人は全員、カザフスタンへ行くべきだわ。

カザフスタンは、「韓国消滅後、韓国人全員を肉体労働力としてカザフスタンへ受け入れる」と何度も表明しています。

だから、韓国人は全員、カザフスタンへ行くべきだわ。

民族比較論

当然個人差はあるんだが、これまで築いてきた文化・風習・宗教哲学から、大きく3グループだと思うね。

①欧米グループ
モラル…低い
信仰心…あり
②支那テョングループ
モラル…最低
信仰心…皆無
③日本
モラル…高い
信仰心…さほど(テキトー)

欧米グループはキリスト教の存在が最低限のモラルを支えている面がある。
神に背く「罪」を冒し続ければ死後地獄に落とされるからな。人権思想が出てきたのも「神の前に」平等だからだ。
この意味で、実はイスラム諸国でも欧米同様に人権思想の芽があるのではと考えている。
偉大なるアラーの前には王族も富豪も無いはずだからな。
アラーの前に平等→王族らの特権を廃止し民主化すべき
と持っていけるんじゃないか?

支那テョングループは信仰心「すら」ない畜生である。故に現世が全て、やった者勝ち。
モラルが落ち込むのは当然だ。

日本人のモラルの高さは信仰心に支えられてるというだけではない気がする。
日本にはキリスト教やイスラム教のような強烈な一神教があるわけじゃないからな。
これは私見だが、日本人のモラルを支える物は、

自身の合理的な思考

ではないか?

情けは他人のためならず(→自分のためである)という諺があるとおり、周り回って自分か得になるので、「一旦譲る」という姿勢が染み着いているのだろう。

極めて農耕民族らしい、
①種を播いて
②後日収穫する
というやり口である。

日本人は超のつく「合理主義者」なのだ。
だからいたずらに騒ぎ立て争わない。

親の躾とか周りの大人たちにより、綿々と受け継いできたのだろう。
「宗教の力も借りず」。

何という民族だ!

日本人のモラルって高いのかな?
ロシアや米軍の捕虜になった日本兵たちの体たらくを見れば、とてもそうは思えませんけどね。
『逆境に生きた日本人』『アーロン収容所』『黒パン俘虜記』あたりを読めば、日本人の嫌らしさが「これでもか」ってほど出てきますよ。

個人差はあると言ったじゃないですか

モラルの育つ「土壌」の話をしているのです。
宗教と言えば、詐欺師(教祖)が他者を騙してカネを集める手段でしかない漢民族・朝鮮民族は不利だということですよ。

漢民族・朝鮮民族とアングロサクソン・ゲルマン・ケルトは、目先の収奪に走る狩猟民族的思考に於いてよく似ていますが、後者にはキリスト教があるのに対し、前者にはそれすら無い。
後者はキリスト教をベースに民主化できましたが、そのような土壌を欠く漢民族・朝鮮民族は民主化できない。

韓国の政体は「アメリカに押し付けられて」嫌々やってるだけで、韓国人の価値観からすれば、
とっとと支那か北朝鮮に投降して、
中国共産党や朝鮮労働党にうまく取り入って、
「我のみ栄華を楽しみたい」でしょうよ。
だから従北勢力や媚中勢力が強いんですよ。媚中勢力は最近の新興勢力ですがね。

韓国人の「腐敗」の根はとても、とても、
深いのです。
これを教え導こうなどというのは、むしろ傲慢と言うべきです。

キムチ日清食品 その2

その2【日清食品(株)へ徹底抗議!電話メールと同時に葉書を送ろう!】
韓国印刷工作資金→在日韓国人(帰化済・未帰化)電通→在日枠採用在日韓国人(帰化済・未帰化)は左翼思想(韓国思想)洗脳幹部社員へ「大量印刷韓国工作金で高額退職金を確保する代わりに対日韓国洗脳工作と破産韓国外貨獲得に加担してくれ」

=在日枠採用在日韓国人(帰化済・未帰化)によって乗っ取られた日清食品

【在日韓国人(帰化済・未帰化)を雇ったり在日韓国人(帰化済・未帰化)と結婚したら、会社を乗っ取られます。】

日清食品(株)は、
【平成26-27年】チキンラーメンを穢すチキンラーメン・キムチ、マーボー豆腐を消滅させるスンドゥブチゲ商品、豚キムチ商品などを製造し韓国食文化強制による日本国伝統食文化破壊を推進中
【平成27-28年】チキンラーメンを穢すチキンラーメン・キムチ鍋風、マーボー豆腐を消滅させるスンドゥブチゲ商品、豚キムチ商品などを製造し韓国食文化強制による日本国伝統食文化破壊を推進中

@世田谷プリンセス

歴史戦への反撃

中華国は歴史問題で日本を攻撃しています。反撃こそが最大の防御です。歴史戦を出せないように反撃する必要があります。そのためには英語版の「真実の歴史」を海外に発信する必要があります。

韓国人の「呉善花」氏と産経新聞の英訳本が世界の政治家や著名人に寄贈され、波紋を投げかけています。そのことに対して歴史修正者として反論もあるようですが間違いなく大きな影響を与えると思います。

何故か韓国を含め、日本のマスコミが騒ぎません。怖くて騒げないのかも知れません。これからも英語版の「歴史の真実」を拡散願います。

ベトナム戦争 韓国軍によるベトナム人女性暴行の証言 ライダイハン問題 (英語版)
https://youtu.be/AbL_BKLVhJo

南京陥落後に撮影された風景
http://www.history.gr.jp/nanking/fukei.html

帰化未帰化在日韓国人社員によって乗っ取られた花王のハミングは、「デ ハンミング ク(大韓民国)」から来ています。「キムチ花王が言うアジア」は、「特ア三国=韓国・北朝鮮・共産シナ」を指しています。私の家族は全員、キムチ花王の全製品を完全不買しています。

帰化未帰化在日韓国人社員によって乗っ取られた花王のハミングは、「デ ハンミング ク(大韓民国)」から来ています。「キムチ花王が言うアジア」は、「特ア三国=韓国・北朝鮮・共産シナ」を指しています。私の家族は全員、キムチ花王の全製品を完全不買しています。

*****
SE麻帆 女史 コメント H2X/1X/XX (加筆済版)
帰化未帰化在日韓国人社員によって乗っ取られた花王のハミングは、「デ ハンミング ク(大韓民国)」から来ています。「キムチ花王が言うアジア」は、「特ア三国=韓国・北朝鮮・共産シナ」を指しています。私の家族は全員、キムチ花王の全製品を完全不買しています。

←オランダ、フランス、韓国、共産シナに拠点を置くことは、帰化未帰化在日韓国人および韓国人のやり方である。
←スウェーデンおよびフランスは、韓国および共産シナの親分である。
*****

@帰化帰化在日韓国人社員の即時解雇および採用禁止を要求しよう。
@韓国および共産シナからの即時撤退をの要求しよう。

メールもFAXも葉書も

by長野県J

無神経なコメントだと思います。

  ソロです。
>>ロシアや米軍の捕虜になった日本兵たちの体たらくを見れば、とてもそうは思えませんけどね。
  貴方は、是等の本を読んだ上の話ですよね。 然も、個人的な読後感を披歴し、本を皆にも紹介している。 これ等の貴方の行為に間違った事は一つもありません。

 確かに貴方が本を読んでドゥ思うのかは、貴方の勝手ですが、何故に「問いかけにする」のかが判りません。 此処を荒らしたいのでしょうかね?

  自分の国を護る為に戦った兵士が捕虜になった時の批判を、何故戦後一発の弾も飛んでこない処で、暖衣飽食しているあなたや私に、その態度を一体何と比べて、批判できるというのか、その兵士たちが命懸けで守った日本で、そんな批判を公共で広める行為をする資格が有るのか?

 サイパンやグアムに、スーサイドクリフやバンザイクリフが有る様に、19年に米軍が進駐した時、島では米軍による女狩りがおこなわれ、多くの日本人女性が犠牲になりました。 あの有名な、顕かに追われている様子の女性が何の躊躇いも見せずに、崖から飛び降りる光景が、繰り返される事で有名ですが、殆どの女性が強姦に遭った中、飽く迄、抵抗・拒否を貫いた人の中には、飛び降りたり、捕まって串刺しにされて亡くなった方もいたそうです。 そんな彼女たちの殆どは、沖縄からの移民でした。 彼女らが沖縄に帰って、米軍の酷さを教えていたから、姫百合部隊などの集団自決と云う行為に繋がったと思われます。

 そして、当然、画に出来ない行為も多くあり、その一部には、老人子供を集め集団で取り囲み、嗤いながら足元にガソリンを撒いて火をつけて、逃げ出そうとすれば銃で撃ち殺した、もしくは日本兵に撃ち殺させたと云う非人間的なものさえあります。 是を告発した日本兵もあなたが言う捕虜になった日本兵です。 彼が戦後に出版した本は、販売されるや否や発禁にされましたが、めげずに5度出版しても、悉く回収されたそうです。戦後のGHQの為し事です。

 米軍の人間を人間とも思わない行為を受ける環境にいた日本兵の捕虜を、貴方がモラル云々って・・ 批判がイケナイとは言いませんが、其のデリカシーの無さに呆れますね。

 日本人ですか?

こんにちは

>ソロ 様

>戦後一発の弾も飛んでこない処で、暖衣飽食しているあなたや私に、その様子を一体何と比べて、批判できるというのか、その兵士たちが命懸けで守った日本で、そんな批判を、公共で広める行為をする資格が有るのか?


全く仰る通りです。パラダイムやパワーバランスがシフトした現在と、全方位戦争を決意せざるを得ないほど追い込まれた当時の日本では環境が180度異なります。

日清・日露・第一次大戦の戦役では日本は「勝者」でしたから、それなりの余裕がありました。上の戦役で日本兵捕虜の振舞いや敵国兵捕虜を含む敵国人の扱いがさほど問題になっていない、むしろ極めて人道的であると今も評されるのは、東京裁判というような敗戦国叩きプロパガンダがないのも大変重要な理由ですが、やはり「勝者の余裕」があったものと思います。

人間は追い込まれて初めて「本性」が出ます。朝鮮戦争後の米軍が、かつての米軍と違って「慈悲」を持つようになったのは、米国の揺るぎない「世界覇権=ナンバーワン」が確立されたからです。しかしベトナムで泥沼にはまった米軍は、ついに「枯れ葉剤」を撒き散らしました。もはや軍人と一般人の区別さえなくなった。本性が出たということです。

すなわち比較すべきは大東亜戦争以前の日本兵であり、それまで常勝軍の余裕があった日本軍人が、敗戦あるいは局地的負け戦に接してどのような本性が出たか、ということです。

では大東亜戦争で日本軍が、現住民や自国民の非戦闘員に対してどのような非道を行ったか? 日清・日露などの勝ち戦と比べると、非常に限られた戦力で、しかも敵に比べてかなり劣勢での戦闘を強いられたのですから、当然ながら仏のような慈悲を維持することはできません。

しかしながら戦闘員・非戦闘員の区別なく攻撃するような野蛮な戦闘は行っておらず、捕虜の扱いも守るべき最低限の人権はきちんと守り、自らが捕虜になり嫌がらせのような労働を強いられても、課されたノルマをきちんと果たし、限られた物資をみんなで分け合いながら、毎日を計画的に生き抜いたのは、それが日本人の「本性」であるということです。

勝者の余裕がありながら、面白い半分に無抵抗の日本兵捕虜の喉元をナイフで切り裂き虐殺し、その頭蓋骨を記念品として持ち帰るような、そういった野蛮性はもとより日本人になく、極限状態でも理性を失いかけながらも、日本人の魂を汚さなかった御先祖様を、私たち平和ボンボン世代は尊敬こそすれど、批判するなどとは許されざる行いです。

ブログ主さんの間違いを指摘させていただきます

日本の財務官僚がIMFの口を借りて(中略)景気が上向きになりつつある日本経済を壊すつもりですか?(中略)東大出の財務官僚はもっと経済を勉強してください。
とのことですが、財務官僚を愚か者と視るのは間違いです。奴らは日本の経済と庶民生活破壊の確信犯です。
財務官僚などの資格・学歴・肩書きに依存する専門家たち(上念司氏の言う高学歴社員たち)は、何より自身の身分(ヒエラルキー)とそれを保証する組織を守ろうとする。その世界観とは、共産主義者・独裁主義者(スターリニスト)のそれと同じです。自分たち有能な少数の人間による合議制の意思決定により、組織を国を世界を動かすことが重要というものである。それは自分たちの身分固定と高待遇追求を最優先し、そのために庶民を騙す巧妙な技術を磨くことを至上とする。
一般大衆は自分たちと同じ人間ではなく愚か者であり、彼らの財産や生命は軽んずるべきものである。日本の官僚組織以下の、知識人エリート組織とはまさにこのような理念に基づいて建設され運営されてきた。
庶民を重税で苦しめて日本経済を破壊し、自分たちの給与はアップして、庶民を這い上がれないようにして、自分達の身分を子弟にまで継がせ固定化させるのが財務官僚の狙いです。

支那によるシーレーン遮断の現実を受容れる


中国のハード面の戦略

接近阻止・領域拒否(英語: Anti-Access/Area Denial, A2/AD)は中国沿岸部から第一列島線までの領域への米軍の侵入を不可能にし、第一列島線から第二列島線の領域において米軍が自由に活動できないようにする長期的な軍事戦略

現在の状況

中国内陸部から沿岸部には縦深的な対艦ミサイル攻撃網を配置済み、南シナ海の南沙諸島に相互支援可能で大型航空機の運用可能な複数の基地が完成目前、インドネシア政府の取込み、米海兵隊が駐留するオーストラリアのダーウィン港を99年間租借、南シナ海からオーストラリアまでのA2/ADは完成間近と言っていいでしょう。中東から日本へのシーレーンも封鎖される可能性大で、事態はもはや手遅れで勝負は着いていると思います。東シナ海では日中中間線に海上版「万里の長城」ともいえる海上プラットフォームを16基も配置し、ここから日米潜水艦の動きを監視・把握していると考えられ、有効な抑止手段を封じられた日米はこちら側でも劣勢にたたされていると思われます。

シツコイ投稿、出す。 URLよろしくね。

その手段

先週のこの分析では、どうなるかと思った。
ここ、戻ってきた。
よかった。ちりちゃんです。

私のコメ2週にわたり、
お金の観点で、お願いしますって、ある意味、悲鳴のコメUPした。
私のコメ、受けての、今回だったら、
私を受け入れてもらったようで嬉しいです。管理人さん。

次、
いつも、フォローありがとうございます、硫黄島さん。

もう少し、
>日本経済を叩き潰すことを目的として存在する「究極の悪党」たる
>財務省を正気に戻そうなどと考えるのではなく、
>日本経済が潰れるより先に財務省を叩き潰し、
>根本から作り替えるより外ありません。
ここで、とまってしまっては、リアリストでないと思います。
「根本から作り替える」って、具体的になんなのか、どうするのか。
この辺がないと。だめと思ってる。
(すこしの活動でもいいんです。やらないと。)

で、この辺がないと、ただのガス抜き。のコメ。

考察があって、じゃ試してみよう(=実験、行動)
この試してみようってなかなかない。
私は私なりに、試してる。その後は観察。

-------
-------
で、紹介します。以下を表明したブログがある。

数多保守ブログがあって、それぞれが問題点を指摘し、是正を論議しても、知る限り具体的な行動はもちろん方法論さえも記述するブログはない。その意味で押さえようがない唯一平和的な集団通報、あるいは集団メールという手法を駆使するブログは脅威なのだ。

今はお年寄の文章なので、なんだかなと思うのですが、
ここを押したい。(というか、押している。)



あと、10回はやる。

トンスル半島は歴史も整形

トンスル : 朝鮮一番絞り純生ウンコ汁醗酵酒 蔵出し無殺菌

(・”・)

習近平、軍区を「戦」区にす

その厨二臭いネーミングは非常時体制だからと言いたいのか?
①製造、不動産を震源とした大不況
②南シナ海での対中包囲網(新たに日本が参戦)
確かに非常時だ(笑)

①も②も共産党が保身に走ったからなんだがね。(つまりお国のために奴らが身を引けばいいだけ)

ともあれ、再編の中身を見ると、
「ウイグル族のジハード戦士と戦ってる軍区」と
「北朝鮮と国境を接する軍区」と
「北京軍区のすぐ南の軍区」
が無くなって4戦区となる。

これは、ウイグル・ジハード戦士団(ISと密通)、北朝鮮暴発、上海閥(江沢民派)の造反を手強しとし、これに備える布陣であろう。誰が真の仮想敵か、よくわかるよ。

今まで7あったものがたった4つに減るってことは、「軍人達の大リストラ」が行われるということだ。
クーデターのリスクを高めるだけの愚策だな。

因みに、支那では今、軍人達への社会保障が行き届かず、軍人達の抗議デモまで起こってる。もうちょっと頑張ればクーデターだし、「内戦」だ。

そして、軍人達の社会保障が行き届かないのは、「地方政府にカネが無い」からだ。
地方政府の弱体化が顕著。
嘘ついて隠してるだけで、相当の不良債権と負債がありそうですなあ。

内陸部は地方政府がドンカチ公共事業やらなきゃ壊死するぜ?
他に成長エンジン無いしなあ。

意気地の無いことで定評のある漢民族だが、決起の日が刻々と近づいている。

華人

マレーシアの低所得層は平均で年収の14倍の借金をしている、という調査。民族別のデータは出ていませんが、マレー人ムスリムは借金の度合いがより大きく、華人は貯蓄率が高いと思います。
政府の財政の諸問題の根源はここにあります。
http://www.themalaymailonline.com/malaysia/article/only-6pc-working-malaysians-can-survive-beyond-six-months-without-income-bn

つまり、マレーシアの様々な政府系融資機関がバラ撒きの挙句、膨大な累積赤字を抱え破綻しつつあるのは、マレー人ムスリムが見境の無い消費のための借金(家、車、スマホ、奨学金)を重ね、多くがそれを返さない、ということに原因があると思われます

マレーシアは幸か不幸か資本主義が発達しているため、借金をする方法に事欠きません。つまり、華人が資本を蓄積しているため、銀行のローンからクレジットカード、闇金高利貸、そして政府系融資とワンサカあります。他のムスリム諸国でもこういう制度が発達していれば、多くは借金漬と思われます。

英国植民地化でマレー半島に華人が大量移住してきて以来数十年、急速に資本を蓄積してきた華人からマレー人ムスリムが月賦で物を買う→借金を返せず土地財産を失う→暴動、が繰り返され、1970年代から新経済政策と称してマレー人らに政府が融資するようになったのも半ばはこれを避けるためでしょう

70年代からマレーシア政府が新経済政策というのの一環でマレー人ら先住民族(ブミプトラ)に低利ローンを行うようになり、当然歳出が急増しましたが辛うじて維持できたのは石油天然ガスの新規歳入ゆえです。
マレー人ムスリムの借金+消費スタイルは定着しており、原油価格が下落すると危機に陥ります

支那が戦略的要衝ジャカルタを押さえた現実を受容れる



(インドネシア新幹線受注の意味 )

中国によってインドネシアの新幹線建設がなされるとなると駅に付随する港湾、都市、空港なども中国によって建設されることになるでしょう。ジャカルタは海上交通の要衝という意味だけでなく中国の長期軍事戦略でいう第一列島線の南半球側の始点になります。余談ですが旧日本軍の南方攻略作戦第一期の最終攻略目標がジャワ島でした。バタビア沖海戦(現ジャカルタ)を通じ日本軍は真っ先にここを占領しています。ここの港湾を中国が押さえ中国の軍艦や航空機が配備されるようになれば、第一列島戦を突破されたことになり日本ー中東の海上輸送路が遮断されることになります。また、日本、米国、豪州の連携もジャカルタからは直接豪州沿岸部まで行けるので豪州も脱落するかもしれません。この後に米海軍が南沙諸島に軍艦を派遣しましたが、事態を米軍の関係者も深刻に受け止めていると思われます。

>ロシアや米軍の捕虜になった日本兵たちの体たらくを見れば、とてもそうは思えませんけどね。

日本軍の兵隊は、戦陣訓等で捕虜になるなと教育されていました。
戦陣訓ができるまでも、捕虜になるなと教育されていました。

ですから、他国の兵隊と異なり、捕虜になった場合にどうすれば良いかの判断できなかったと思います。
そして、結果として捕虜になった場合には、日本としては最悪の行動にもなったと思います。

こんな教育をした理由には、日清戦争の経験があったようです。

日清戦争において捕虜になった兵隊は、清国の兵隊によって極めて残虐な扱いを受けて殺され、生きた人間としての捕虜の扱いがされなかったそうです。(残虐な扱いとは、胴切りとか皮を剥いだ後にころすとかだったと思いますが、しばらく前に資料を読んだため正確に覚えていません。)

それならば、死ぬまで戦った方が、生きて捕虜になるよりはまだマシと考えられ、捕虜になるなと教育されました。

秋山好古大将は日露戦争の際に、日本兵が捕虜になった場合の行動について心配されていたそうですが、この問題が現実になったと言うことだと思います。

キムチ汚染の塩野義製薬 その1

帰化未帰化在日韓国人社員が入り込んでいる塩野義製薬(株)は平成24年7月19日、韓国政府指揮下の同社帰化未帰化在日韓国人社員の工作によって、韓国生命工学研究院と、ウイルス感染症関連医薬品開発に向けた共同研究・協力強化の覚書(MOU)を締結しました。

*****
小悪魔くるみ 女史 コメント H24/7/XX (加筆済版)
帰化未帰化在日韓国人社員が入り込んでいる塩野義製薬(株)は平成24年7月19日、韓国政府指揮下の同社帰化未帰化在日韓国人社員の工作によって、韓国生命工学研究院と、ウイルス感染症関連医薬品開発に向けた共同研究・協力強化の覚書(MOU)を締結しました。

←韓国すなわち朝鮮半島はいつの時代も常時、狂犬病、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、口蹄疫などのウイルス感染症が大流行している。日本国内において発生するこれらのウイルス感染症はすべて、韓国政府指揮下の帰化未帰化在日韓国人工作員が日本人を断種する目的で日本国へ意図的に持ち込んだものです。

←オランダ、フランス、韓国、共産シナに拠点を置くことは、帰化未帰化在日韓国人および韓国人のやり方である。
←スウェーデンおよびフランスは、韓国および共産シナの親分である。
*****

@帰化未帰化在日韓国人社員の即時解雇および採用禁止を要求しよう。
@韓国および共産シナからの即時撤退を要求しよう。
@韓国生命工学研究院との各種覚書すべての即時破棄を要求しよう。

by長野県J

スリランカの工事現場で

支那人が住んでいるエリアから犬と猫が見事に居なくなった。最近はカラスも見かけなくなった。
支那人が犬猫をご馳走として食べることを聞かされた地元の人間が、試しに野犬を捕まえて持って行ったら500ルピー(700円)で売れた。

http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/ac43cca9b54c8f996349738b3d0f5682

支那人と朝鮮人からワンコとニャンコを守ろう。     (・”・)

戦争に従事していないものが語れる限界

>ポッポさん、ソロです。
>>捕虜になった場合にどうすれば良いかの判断できなかったと思います。 そして、結果として捕虜になった場合には、日本としては最悪の行動にもなった
「生きて虜囚の辱めを受けず」戦陣訓が出された理由は、貴方のご指摘の通りでしょう。 山県有朋元勲の提唱に始まり、東条元帥が焼き直してだしたと認識しています。

 是は、日本が戦争するに当たり、日本と外国の軍隊のモラルの差が余りに酷いことに気が付いた山県公が、一方では皇軍兵士として「敢闘精神」を厳しく義務として叩き込んで居たにも拘わらず、ご指摘の通り、対清国戦ではシナ人兵士の捕虜に対する残酷な拷問や侮辱行為が、余りに非人間的で、しかも彼らの伝統だったことから、投降して態々彼らの慰み者にされるより、自決しても構わないと、山県公が許可の意味で、亦、対英米戦でも、国際法で捕虜への扱いや処遇に細かい制限が設けられていながら、全くそれが守られていなかった現実から、捕虜になっても無事に命が助かる可能性が極めて低い事に鑑みて、東条元帥の焼き直しだったと思います。

 事実、英米軍の日本兵士捕虜に対する行為は、出鱈目な裁判を開いて、しけい判決を出し殴りころす。 飛行機で護送途中、縛り上げたまま飛行機から蹴り落とす、傷病兵の数が多いと全員銃さつにして「抵抗したから制圧した」事にするとか、英米側は手が込んでいるだけで野蛮さは同じ、そのモラルは滅茶苦茶でした。 唯、生き残った捕虜も結構いたのは、捕まった相手の指揮官の質に拠った、つまり運が良かったダケでしょう、と、フィリピンで従軍していた経験がある近所のおじさんに聴いた事があります。

 我々は、こういった歴史事実は正確に知って、或は、子孫に知らせて置くべきではありますが、出回って居る本の中には売らんかなと、大幅に脚色している場合も多いと思います。 

 然しいずれにせよ70年以上も前の事ですから、真実を追い求めても、今更ドゥなるわけでもありません。 唯、そういう目に遭った日本人達を、出来の悪い作文で貶め、見て来たように悪し様に言い、その話を広めるのは、その日本人兵士の子孫として許し難く思います。

 「戦陣訓が投降の妨げになった」と言う考えは、戦後のサヨク=GHQのWGIP施策に阿った言論が、戦前日本を殊更に貶める一方で、英米側に比べ日本兵の投降生還者が異常に少ない事のごまかしにしか過ぎません。

 捕虜になった兵士の話は結構多く、戦後数年にわたって行われた、歌手渡辺はま子さんの救済運動が、時のフィリピン大統領に届き、パレンバン刑務所のしけい囚十数名を含む500名余りの兵士の無罪放免から帰国に至った、有名な話も残されています。

で、ソロさん。

ちりちゃんです。
なにやってる?

>ポッポさん、ソロです
があったとして、どうするのだ?
ホントわかんない。わかんない。

私は、これ。

数多保守ブログがあって、それぞれが問題点を指摘し、是正を論議しても、知る限り具体的な行動はもちろん方法論さえも記述するブログはない。その意味で押さえようがない唯一平和的な集団通報、あるいは集団メールという手法を駆使するブログは脅威なのだ。


どうする?ソロさん。そろそろ、いいかな。
あなたも、「どこかに、誘導したい。」
私もそうだよ。

評論家?歴史家?
どうする?

行動に違和感がある。
今後、日本をどうするかとかどうなるか、
って、じゃなくて、

GHQ・WGIPが、あなたのすべてなのかな?
物足りない。

こんなとこが、ムカついて、各論、細かい話にはいって、私はやだ。


で、ソロさんがやれるとする、
知見や知識、洞察、その他、ステキな分があるっしょ。
ソロさんの相手がいないからになる。
歴史
資源(石油、原子力、将来技術)
食糧
外交
金融(トレード)
医療(薬)
税金(国税・市町村民税)
 確定申告 

思うとこやめたけど、
これだけ、私どうするか、考えています。
考えてというか、整理するところ。

ソロさんも、かんがえている?かな?













見えないもの(言葉になったいない)を感じるこころ


 前回、続きとしてから忙しく随分日が経ちましたが・・・、その前に。
 
 今、イギリスで魅力有るもの、何があるんでしょうね。私はダックスのバック、バーバリーのスーツとバックを持っていますが、イタリア製品の方が人気もニーズもありますしね。
 イギリスには昔から知人友人が留学していましたし、現在も住居を購入して定住した者もいます。又皇后陛下のお若い頃からのご親友で、フランス、イギリスに稽古場を構え、私が親しくしていただいている音楽家も、イギリスは物価が高く、行儀は悪いし、礼儀知らずで、食べ物は不味いしと、それぞれの立場の人が皆、「イギリス人は横柄でイケズ」と異口同音に年中ブウブウ言っていました。
 それが私のイギリス感です。

 イギリスについて「ひれ伏した」の言葉に強反応し、いろいろどんどん意味付けをして拡大解釈をしていったのではありませんか。
 同じ意味を持つ別の言葉に言い換えれば、「頭を下げて迎え入れた」であり、何の為かと言えば、お金の為です。
 因みに私のコメントの表題は「背に腹は替えられない」であり、キャメロン首相が経済優先と言うように、実利を取ったのです。
 
 その事(金)でイギリスは、中共に「世界の超大国、道徳的インスピレーションをも与えてしまった」と言う英マスコミの批判報道もその通りと、私は受け取っています。
 手袋は王族でない、それ程の厳密さはない等言われているようですし、女王のスピーチが「本音か社交辞令か」は、本人ではありませんので断定出来ませんが、いずれも些末な事だと思っています。しかしそのピーチは全世界に発信されているのです。

 それでその金とは。
 イギリス: ・中国人はバッキンガム宮殿が大好きだそうで、来訪者とバク買い。 ・魅力のないイギリス製品を、イギリス製と言うだけで買ってくれる、遠くない日の、残りの中国人、10~12億人の購買力への充て。 ・英国経済は金融であり、金融マーケットの支配。人民元建ての国債をロンドン市場で発行。(イギリスの金融強化の結果、中東のオイルマネーが流入し、ロンドンはアラブ系ばかりが闊歩しているそうですが)
 中共: ・イギリス経由でEUに参加したい(日本包囲網、中共覇権への野望) ・人民元の国際化。

 中共マネーはイギリスのみでなく、ドイツ、フランス(中国人のパリ観光、バク買いが経済を支えている)もキンペイが帰国するやいなや中共に馳せ参じて、(中国への輸出の為)キンペイの両手を包み込んで握手をして、笑顔を振りまいています。13億人の市場は両国、世界にとっても魅力なのです。

 そして、欧米の映画や日本関連の記事やそのコメント等を見ると、中国人は薫り高い歴史に裏打ちされた品性もモラルも高い上等な人間性として描かれ、日本人はその正反対に描かれていますし、ナンキン、イアンフ等の虚実が認知され、日本人は残虐非道な国民性としての意見が多く見られます。世界は、真実が通用するものでも、真実が大切なのでもなく、中韓の反日捏造プロパガンダが世界に当たり前のように通用している事が現実であり、一度入って来た記憶は簡単には変わりません。

 この現実に私が最も懸念する事は、「ドイツ、英国が経済で中国に引き寄せられ(その事で)、歴史問題で日本が徹底的に悪者にされていくプロセスである」。()は加筆。と、櫻井よし子が言うように、中韓の野望、日本を貶める為には、ヨーロッパの果てまで日本悪魔論の日本包囲網を築いていて、その事がボディブローのように効いてきていると言う事です。

 本題がまだですが・・・又続きになりました。

わたしもちりちゃんの行動に違和感があります。
人に動いてもらいたいのなら自分から動きなさい。

ここを読んでいる各自に働きかけるべく
コメントを書いてこそ
ここのコメント欄に書く価値があるんでしょ?

あなたが本来やりたいことは
そういうことのハズです。






見えないもの(言葉になっていない)を感じるこころ

 前より
 前回、「中国人の正体を知らない英国」の欄で、続きの投稿を誤ってこの板に投稿してしまいましたので、恐れ入りますが続きの、その続きを同じこの板でコメントをさせて頂きます.

 ボランティアは年輩の患者さんを優先して全科に関わっていましたので、 関わった人の3分の2以上の患者さんが、幾つもの戦争で日本存続(植民地化を防ぐ)の為に命を賭して闘った戦士達とそのご家族で、男手を取られたご家族は、経済的にも、食糧が不足で食べる物も事欠く、艱難辛苦を耐えて生き抜いた人達でした。
 彼らのお話は歴史の生き証人であり、第一級の史料ですが、守秘義務を守り、メモもテープも取りませんでしたが、日本を貶める為の悪意有る捏造史を世界に拡散させている現状を見ていると、かけがえのない貴重な真実を残せなかったことは慚愧の思い、多々でいます。

 残りの患者さんのその半分の人は次の世代の人たち、世界の危険地帯にも、命を省みず昼夜の別なく働いて、60~80年代の、日本の高度成長、繁栄の日本を築いた企業戦士達で、定年を過ぎてホッとすると、疲れ切った身体はぼろぼろになって病に伏せているのです。

 これら先人達の命を懸けた頑張りがあって、植民地化を防ぎ繁栄の現在の日本が在るのです。
 豊かになって物が溢れ、繁栄を享受している今の日本は、それ等の人達を忘れ、現況で物事を判断して、哀しいかな先人達への悪口雑言も聞かれます。

 日本の為に戦い、命を落とした人達の御霊を祀る靖国神社にさえ、大戦と無関係の反日国、中韓の政争の具にされて、元首も総理も参拝出来ない異常な状態が続いています。
 繁栄日本の原動力となった企業戦士達は、若い人達を犠牲にする「年金泥棒」なる汚名を着せる反日マスコミの、いい加減な報道によって形見狭く病床に在り、余り裕福に見えない人達まで「何とか生活出来るので年金は貰っていないんです。」と仰る人が何人もいます。
 老後の為に何十年も掛けてきた結果の年金なのに、もし財源云々が事実ならば(?)受給者の責任ではなく、仕組みの問題です。

 日本の真実を知らせない中韓朝のプロパガンダ、情報工作、反日マスコミの結果として、日本人の人格の基本としての「仁、義、礼、智、信」を中国朝鮮に見て(意図的にせよ)いる日本人は結構多いのです。
 中共の工作は、1.外交、財界 2.学者 3.メディア(ニュース23の岸井はまさにこの中共の傀儡師であり、PBOもしかり)で、テレビ新聞は、さり気なく日本を貶める為の反日捏造工作を入れていますから、今だ日本人の多くはテレビ、新聞など出鱈目な筈はないと信じています。
 せめてブログでは日本の真実を繰り返して示し知らしめる事が大事だと感じています。
 
 私は当ブログ主の先見性と世界観を信じています。いろいろお有りでしょうが、めげずに頑張って頂いて、永い継続をと願っています。

 

欧州とロシアの対立の最大受益者は支那という現実を受容れる



(オーストラリア、ダーウィン港の99年間租借の意味)

ロシアがウクライナ紛争で手に入れたクリミア半島の支配を確立にする為、中東と地中海へ進出するのは軍事的必然です。これは大日本帝国が朝鮮併合後、朝鮮経営安定の為に満州へ進出せざるを得なかったのと同じ理屈です。ロシアによって南欧方面に第二戦線を築かれ難民・移民・テロリストが東欧や南欧に浸透してくる欧州には悪夢と言っていいでしょう。欧州は対ロシア牽制の為に中国との結びつきを益々強めるでしょう。

このような世界情勢の急変はウクライナ紛争直前に安倍氏がそれまでの西側の連帯を裏切ってG7首脳では只一人、ソチ五輪開会式に出席したことから始まっています。もし従来通りドイツと日本でロシアを封じ込めと牽制をして均衡抑止を達成していれば、このような事態は防げたかもしれません。そうしていればAIIBへの欧州の参加も欧州の人民元SDR推薦もまだまだ先のことだったでしょう。

歴史上、外交上の貸し借りは必ず精算されます。欧州の支持を得、欧州製の最新兵器を装備しだした中国による日本への圧迫は強まるばかりでしょう。イギリスと中国の結びつきはこの流れの延長線上にあります。英連邦の一員でもあるオーストラリアは中国のインドネシア取込みによる状勢の悪化を鑑み、日米豪の連携から脱落しつつあると考えられるでしょう。

>ソロさん、ポッポです。

戦陣訓を守ろうとして敢闘しても、ときに俘虜になる場合もあります。そのときのために、ハーグ陸戦条約の俘虜の項目を全部とは言いませんが、敵の全ての要求に応じる必要はないことを教えてあれば、「日本兵たちの体たらくを見れば」と罵られることまではなかったと思いました。

また、日本人士官が俘虜になった際、米軍高官から「米軍の俘虜の扱いは良好だっただろう。」と自慢されたそうですが、正直に殴られた旨を回答したところ、次からその高官は、これに触れなくなったとの記事を見たこともあります。

俘虜の扱いで最も良好であったのは、日露戦争のロシア兵と第一次大戦のドイツ兵で、俘虜を取り扱ったのは日本軍だと思いますが、それ以上のことは承知していません。(国民の生活よりも、俘虜の生活をハーグ陸戦条約に合わせる努力をしました。)


大戦中の事柄については70年以上前のことでもあり、今更どうなるわけでもありませんが、WGIPやプレスコードの施策によって戦前日本をとことん貶めました。これによる影響は、今でも歴史の中において、色々な形で歪曲されて残っていると思います。

しかし、日本人の様々な習慣から、そこまでやるかというあり得ないことまでを、日本人がなしたというのはあんまりです。
今の間に誤りを訂正しておかないと、子供や孫の世代にとんでもない歴史認識が降りかかってきますから、事実の歴史だけが伝わって欲しいと思います。

日本の戦略的劣勢を受容れる



海上封鎖に対する日本の脆弱さ

第二次世界大戦時、米国の太平洋方面作戦の責任者であったチェスターニミッツ大将は海軍士官学校時代の卒業論文において対日戦について、「土地の生産力に対して過剰な人口を持つ日本は海上封鎖によって屈服せしめることが十分可能である」と結論を述べた。そして彼が作戦指導の責任者になった時にその考えを実行に移したのである。昭和十八年当時、まだ南半球の南太平洋戦線で戦いが行われているにもかかわらず、船舶と物資の不足が生じるとたちまち日本国内は食糧不足に陥り、公園やグランド、河川岸を畑に転換して食糧生産を強いられた。我々は日本史の教科書で国会議事堂前の憲政記念公園を南瓜畑にして耕している写真を見て学んでいるはずある。現実はそれでも食料は全く足らず昭和二十年に入ると国民は栄養失調や都市部では一部飢餓に見舞われたのである。

現在の日本の状況は満州の穀倉地帯がなく当時よりもっと悪い。食料とエネルギーの海上輸送路の遮断は日本国の存立基盤の喪失といえる。兵糧攻めにあって食料が断たれた状況の酷さは想像を超える。戦国時代、糧秣を確保しないような間抜けな戦国大名が全くいなかった訳でもなく、とりわけ鳥取城の兵糧攻めが有名であろう。城内では財宝を持って食料を譲ってくれと言っても全く相手にされず、怪我をした人間は生きたまま解体され他の人間に食われてしまった。特に頭部は真っ先に獲られたそうである。(支那人がサルの脳みそを食うのと一緒なのだろう)ちなみに現在でも幽霊がるそうである。

戦後日本がこれからするべき事

>ポッポさん、お早うございます。 ソロです。 レス有難うございました。
  貴方のお考えは科学的で、読んでいて簡潔明瞭ですね。 内容にもほぼ同意します。

  その貴方と貴方の世代にお願いしたいのは、戦後隠蔽されてきた、戦前・戦中に米軍や米政府が犯した、「糊塗しようとしても、とても正義とは云えない事実」を少しでも世に出す努力をしてほしいと云う事です。 

   然し日本社会、特に言論、政治は、戦後70年官民挙げて、米国に飽く迄従属的な姿勢を堅持してきました、日本国内にもその施策に沿った、或いは積極的に阿って、ビジネスチャンスにした勢力が数多居ます。 彼等がこうした試みの最初の障害になる事は、火を見るよりも明らかな事でしょう。 然し、この真実の歴史を次世代に伝える努力は日本民族が自身の伝統と国柄を護る上で、絶対に必要な事です。

   当然WGIP施策の悪影響は、現代日本の状況を解析する上で、主因・根底にあるモノですから、是を説明し、周知、批判・評価する事は、当然の仕儀、「題材にするのは飽きた」とか云う話ではない。 そういう鬩ぎあいは、マスコミや民主党と自民党の間で、現実に行われている筈で、あなたも日々折に触れ、感得されている部分が御有りだと思います。

   是は、戦後日本で初めて、WGIPの軛を脱したと云える政治レベルを許された安倍政権でさえも、未だ已むを得ない事と考えているのは、米社会の特徴が独善性である事を確認して居るからだと思います。 それは、第一次安倍政権成立で安倍首相が訪米の折、全くの正攻法で慰安婦問題についての意見を報告した所、返って来た評価が、「歴史修正主義者」の驚くべき汚名で有った事で判ります。 米国下院は、こちら側が提出した証拠や検証には目もくれず、中韓の主張そのまま引き取って、なんと、他国の、それも、同盟国の70年も前の行いに対する非難決議を可決したのです。 是が如何にトンデモナイ話である事かは、この決議が、確かな第三者的証言を為し得る人が、殆どいない状況で、証拠と云えば、当事者を名乗るが、年齢が全く合わない少数の女性によって為されたモノ以外になく、明らかに「情実優先」の評価であった事で判ります

   世界をリードする近代国家としての自恃を持つ米国にして、此の恥ずべき状況が出来した背景には、↑で「はるさん」がご指摘されているような中韓朝による、悪辣な反日、否、日本潰しプロパガンダが、米下院議員団を中心に流布され、元々、歴史に興味が無い、自身のキリスト教的独善に気が着けない米国の人々の中で、「 戦前日本は、人権無視の作戦を国民に強制した悪の帝国である」と云う、WGIPそのままのイメージを固定させていた背景が有ったと確信しています。 その結果、安倍首相は帰国後、マスコミのネガティブキャンペーンに晒され、自民党内にも庇護する勢力が出現せず、見殺し状態で、政権瓦解、「病気で政権を投げ出した」と云う、朝日新聞のプロパガンダ、否、侮辱報道を許したのでした。

   こんな社会状況では、この先も戦前米国の全否定に繋がるような対立的な記事は、たとえそれが100%真実であると証明されたとしても、米国民にはunacceptableな表現、内容であれば、即座に日本否定の機運が生まれる、少なくとも将来、対立の芽となって現れる恐れは十分にあります。

   然し、現状の防衛を米国に任す他はない「国家として基本的な部分に存する軛」を脱する為には、単独防衛力「=自国製の兵器で、自国民の兵士で防衛する」を自ら身に着けない限り、米国の外交方針と異なる方向をとる事は、少なくない混乱に繋がり、日本が自らの国益の身に拘泥すれば、双方にとって不幸な未来しか招来しないでしょう。

   現状の世界を見れば判りますが、総論的には日本は世界で支持されていると云って良いと思いますが、諸国の内実迄加えて玩味する視点に立てば、彼らにとって、日本が一番ではない事は、此度のASEANの中核であるインドネシアの例を見れば判ります。 彼らに対する、更なる研究や調査を進め、日本支持への同意、共感を引き出す努力が必要だと思います。 いずれにしても、ASEAN域には近未来にインドを含めれば20億人を超す大消費圏が誕生するのですから、長期投資と云う意味では、労資を惜しむべきではありません。

   一方で中韓朝の反日三国に対する日本の姿勢は、其の三国とのこれまでの歴史を冷静に看取って居れば、「河岸にて対岸の遠景を眺めるが如し」程度の距離感で宜しいのではないでしょうか。 とは言え、彼らの主張が出鱈目で、利己的な歴史解釈によって生じていると云う証明と、世界に対する周知は、粛々と行い続けるべきです。

   安倍首相自身、国会開催期以外の時期には、休みなく海外を飛び回っておられる事から、実は日本の世界からの孤立を一番恐れていると感じます。 私は、この現状に同意しています。 彼らが今テーマとしているのは、「如何にして、次世代により良く美しい日本を遺せるか」だと思うからです。

   然し、戦前の政治の失敗の原因が、設備的、組織的不備による情報不足が原因とはいえ、幣原や広田の様な、極端な屈服外交、或いは。独善的な外交姿勢が故に、細かい動きや急激な変化を見落とした、或いは、対処できなかった点にあったように、常に全体を正確に俯瞰できない事は、孤立しない為には致命的に重要な事でしょう。 独自の防衛力も然り乍ら、独自の情報収集力を強化し、確立する事こそ、必要だと思います。

   その為には先ず、国内を蚕食している情報・報道関連企業の大幅な改革が必要です。 逆にそれが予想される高い蓋然性を感じているからこそ、中韓朝は日本のマスコミを資本的に支配しているのだし、情報関連の規制を企図する法案には敏感にかつ両手を挙げて、 反対するのですがね。 当然その背景には、戦前日本が、もし、十二分な情報収集力を備えて居たら、と云う設問から、危機を感じている国々の様々な思惑が働いている事でしょう。

   吾々はこのブログをお借りして、斯様な論議を交させて頂いているのですが、是を床屋政談並みの「批判、評論」として貶め、「行動」の無さを批判しているのは、その当人をして、論議を自身の「只の憂さ晴らし、暇潰し」程度にしか評価していないからです。 行動の基本を確認、周知しないで騒ぐのは恰もSEAL’sの様な、低次元で一体ナンの為にやって居るのかさえ分からない「政治運動ごっこ」にしかなりません。 

吾々も、この先も気を付けましょう

参考資料として、どうぞ。

【日本人洗脳白痴化計画の真実】日本人に仕掛けられた甘い罠【3S政策とは】
https://www.youtube.com/watch?v=w30RSuafR1M

話の内容は「マスコミはアメリカに乗っ取られている」というものです。

キムチ明石市

「憲法違反の」明石市の常設型住民投票条例の提案は、明らかな憲法違反です。

現在の明石市長は、NHK(帰化未帰化在日韓国人宣伝工作機関)出身の通名使用帰化在日韓国人であり、前回の明石市長選挙で、「憲法違反の」常設型住民投票条例を提案しない約束をしたはずです。

明石市長と明石市議会議員全員へ
・常設型住民投票条例の提案の即時撤回
・明石市帰化在日韓国人職員の即時解雇と採用禁止
を何回も強く要求しましょう!

童話なりすまし帰化在日韓国人ファシスト橋下徹

(斎藤さんからのメッセージの要約)

童話なりすまし帰化在日韓国人ファシスト橋下徹

童話なりすまし帰化在日韓国人ファシスト橋下徹ことホン・ヨンチルは、民団構成員であり、創価学会員であり、第二公明党の帰化在日韓国人ファシスト大阪維新の会を操り、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社の最後の砦であり、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社とグルんで日本人を騙しています。

先日の大阪府知事・大阪市長・大阪市議会議員補欠選挙(西成区)で自民党・民主党・共産党が共闘した理由は、「改革を偽称して既存の平等な条例、慣行、ルールなどを改悪して、帰化未帰化在日韓国人、創価学会員などへ利益、利権などの誘導ばかりしている橋下徹と帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会を引きずり下ろして追放してくれ!」という日本人中小企業の要求が自民党へ殺到しているからです。

来夏は衆参同日選か!?

大義は「ある」。

安全保障関連法に対する審判、消費税再増税に先立つ民意確認。

来夏にやれば、維新のゴタゴタの巻き添えで他の野党も有権者の支持が離れ、安保反対!(笑)も陳腐化してるし、

惨敗は必定。

安倍政権に国民の審判を受けさせるんじゃ無いのか?支那チスさんよ~?

準備が整わない(人気が無さ過ぎて立候補者が確保できない)からイヤだとか子供の言い訳だよなあ。

親分の中華人民共和国では、共産党員は選挙無しに栄職に就くことが可能。

子分の民主党ほか(支那チス)もそのような「処遇」を憧れてるんだろうが、それは衆参三分の二以上議席取って日本国を社会化(笑)する憲法改正実現してからだろ?
タワケども。

それまでは知恵を絞り、懸命に働かなきゃならんのよ?本来は。

こんなトロい仕事ぶりでは正直話にならない。
バックに中華人民共和国がありゃ敵無しとでも軽く考えてるんだろうが、支那経済のガタガタぶりを見て見ぬフリをしてるのかね?

支那の不況は構造的なものであり、今すぐ共産党解党し、党員の不正蓄財を海外逃避分含め国庫に没収し、経済対策等に投じなければにっちもさっちもいかんぜ?

外資が逃げる以上、カネを持ってる奴は国内には共産党員しかいないんだからな。
それすら逃げられたらもうお手上げ。常考。

今日にも決まる人民元SDR入りで出血が加速し心肺停止だ。

親分は先に往く。
子分はどうするよ?

橋下氏へのネガティブキャンペーンの頓珍漢

>敦子さんえ、ソロです。
>>「改革を偽称して既存の平等な条例、慣行、ルールなどを改悪して、帰化未帰化在日韓国人、創価学会員などへ利益、利権などの誘導ばかりしている橋下徹と帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会を引きずり下ろして追放してくれ!」という日本人中小企業の要求が自民党へ殺到しているからです
  わはは、嘘吐け。 大阪は元々、大阪民国(大韓民国のもじり?)と謂う様に、朝鮮族の在日や帰化人が多い処で、現在の「首領様」キム・ジョンウンは、母上がこの地区出身の在日女性で、舞踊団の一員として訪朝の際、正日に見初められ設けた子供です。 

  大阪外の人で、知っている人は少ないと思いますが、いわば、大阪市の中には、朝鮮族による「国内国」と云ってもおかしくないような地域が現存するのです。  大阪のタッチが日本の平均的なモノと一味違うのは、斯う云う成分が混在するからだと思えば理解しやすいのではないでしょうか? 大阪・京都・神戸では、在日である事は、さほど珍しい現象ではありません。 数十年も隣人として付き合ってきた一家が、ある日突然、在日だと知ったと云う例は、枚挙にいとまが有りませんし、亦、結婚するとかでなければ、然程大きな問題でもないのです。

  橋下氏は、週刊朝日などに自分の出自を被差別部落出身の在日2世であると掻き立てられても、別段反論や否定はしていないから、自身も周囲も特に問題とは思っていないのでしょう。  ご指摘は、橋下氏が、市の行政下で、恰も中小企業の生存を脅かすような、悪政を強行したかのような表現に成って居ますが、コメント者は、その具体例を引用して説明すべきダロウが、彼がやった事で私が知って居る範囲で云えば、寧ろ、「正常化を進めたに過ぎない」と思っていますがね。

  此処で間違ってはいけないのは、「在日特権」を言い立てる際に、在日朝鮮人が同じ利益を分け合っているかのような印象を自動的に与える操作をしている事でしょう。 在日ダカラ一枚岩なわけがないのは、半島では、済州島出身者は奴隷層や犯罪者の子孫としか看做されていないと云う事が、日本の朝鮮族間でも継承されている事実を踏まえれば、然も、戦後、其に生まれた対立関係が、総連と民団と云う具体的な組織対立として顕現していた事を思えば、橋下氏が何れに属するのかで、その利害対立の構図が見えて来る筈である。

 即ち、橋下氏をこうした拡散を意図したプロパガンダで、扱き下ろすのは、 橋下氏が市長として、或いは府知事として行った、無駄を排する行政、労働モラルを糺す行政、公共事業体にある馴合いを排除する行政で、存在の危機を覚える受益者たちであり、貴方が騒いでいるという、中小企業の人たちも、其の受益者を核とした取り巻きであろう。 亦は、此処まで「大阪の既得権」を形成して来た、元在日や被差別部落の既得権者である可能性が高い。

  然し橋下氏は、こうした争いには、終始一貫無関心である。 彼が排除しているのは、国家や国旗に敬意を払えない、「国民に成れない層」「国家に服従しない異物」であって、名前ダケに対する施政ではないからだ。 前者は、国税を使って援けるべき対象者ではないし、後者は、社会の治安を維持する上では、排除しなくてはならないモノだから、橋下氏は、為政者の責任を果たしてきたと云って良い。

 それに、橋下氏は、今月で市長を退くわけです、新たな市長は吉村さんですよ


 

キムチ汚染の日医工 その1

帰化未帰化在日韓国人社員が入り込んでいる日医工は平成25年10月2日までに、韓国政府指揮下の同社帰化未帰化在日韓国人社員の工作によって、倒産寸前の韓国バイネックスを救済するため、基本合意書を締結しました。

*****
増田千尋(ますだ ちひろ) 女史 コメント H25/1X/XX (加筆済版)
帰化未帰化在日韓国人社員が入り込んでいる日医工は平成25年10月2日までに、韓国政府指揮下の同社帰化未帰化在日韓国人社員の工作によって、倒産寸前の韓国バイネックスを救済するため、基本合意書を締結しました。
・日医工は、第三者割当増資および既存株主からの買い取りによって、倒産寸前の韓国バイネックスの株式の12.6%を取得し、倒産寸前の韓国バイネックスを資本救済すること。
・日医工は、韓国政府指揮下の同社帰化未帰化在日韓国人社員経由で倒産寸前の韓国バイネックスへ日本国技術を垂れ流し続け、バイオ医薬品の後続品の生産を委託し続けること。

←韓国すなわち朝鮮半島はいつの時代も常時、狂犬病、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ、口蹄疫などのウイルス感染症が大流行している。日本国内において発生するこれらのウイルス感染症はすべて、韓国政府指揮下の帰化未帰化在日韓国人工作員が日本人を断種する目的で日本国へ意図的に持ち込んだものである。

←オランダ、フランス、韓国、共産シナに拠点を置くことは、帰化未帰化在日韓国人および韓国人のやり方である。
←スウェーデンおよびフランスは、韓国および共産シナの親分である。
*****

@帰化未帰化在日韓国人社員の即時解雇および採用禁止を要求しよう。
@韓国および共産シナからの即時撤退を要求しよう。
@韓国バイネックスとの各種提携すべての即時破棄を要求しよう。

by長野県J

>ソロさん、ポッポです。

お褒めに預かり、ありがとうございます。
すぐにボロの出る人間ですので、そのときには勘弁してください。


さて、団塊の世代の一人ですが、戦後隠蔽されてきたWGIP(のことだと思っています。)について、私自身が教えて頂いたのはそんなに前のことではありません。
義務教育のときは、むしろ検閲や報道規制はなかったと教えられた様に記憶しています。(真っ赤な嘘でした。)

ただ、WGIPとプレスコードを利用して日本を管理すれば、終戦当時の占領軍や朝鮮人の横暴にうちひしがれた日本人には、何もできなかったと思います。(これに協力した日本人は5,000人もいたそうですが、当時の食糧事情を考えるとき、これの仕事をした人を責める気にはなれません。)

しかし、このWGIPですが考えてみるとエゲツナイです。
無かったことを在ったことに、在ったことを無かったことにできます。それだけではなく、ものごと全てがGHQのお好みのままと言っても良い位なのですが、これを発動していることすら日本人は知らないのです。
そして、日本人は暴動を起こしません。(暴動を起こしたのは、WGIPで保護された朝鮮人した。)
こんな占領なら、連合軍は何回でもしたいことでしょうし、楽しかったと思います。。

先日、数年ぶりに友人に会ったときに、WGIPの話をしたのですが、もちろん知りませんでした。

GHQのこの仕業、今の日本では左翼の連中も大抵は知らないと思います。だいいち、あまり勉強していないと思います。
そして、WGIPによって日本が受けた被害は、際限なく大きなものだと思います。

中途半端ですが、後のことは、また後日にさせて頂きます。
今後とも、よろしくお願いします。

朝鮮脳

トンスル思考回路     (・”・)

元のSDR化決定

元のSDR化決定しました.
新バスケット構成比は$(41.73%)EU(30.93)元(10.92)¥(8.33)ポンド(8.07)です

>ちりちゃんです。さん   ポッポです。

私は団塊の世代です。
長い間、誰とも仲良くしろと言われ、そうすべく努力をしてきたつもりですが、年をとりました。
年をとると言うことは、良いことも、悪いこともあります。

疲れやすく、記憶力は悪くなり、煩わしいことには面倒になります。
それに、頑固になっていますから、自分の考え方も変わりませんし、相手を潰そうとするのにも意義を感じません。
そして、私の時代はもうそんなに変わることはないのかもしれないけれど、孫の時代に今のように近隣国から貶められることは、困るのです。アメリカの日系人の子供が、日本人でいるのが嫌だと聞かされるのは辛いのです。
国会で、日系人の子供がアメリカで苛められていることが問題にされます。そして、苛めているのは、日本で差別されていると主張する民族です。何がヘイトスピーチ規制だと、思っています。

>でもね、団塊の世代。私は、大っ嫌い。
「メル友になってね。」とあって、すぐそのあとに「大っ嫌い。」では、後々、疲れそうですから健康のためにお断りさせて頂きます。

全く関係はないと思いますが、どこかの団体で4色の墨で体に絵を描いて、これ見よがしに「仲良くしようぜ」とやっていました。
申し訳ありませんが、あなたのやり方はこれを連想させました。

IMFは人民元を特別引き出し権(SDR)の構成通貨に加えることを正式決定しました。それが何か?
中国がIMFで、どのような活動をしたのか分かりません。
何しろ、国家公務員の報酬はそれほど高くないのに、彼らの資産はとんでもない額になっている国です。
IMFがSDRに中国元を位置付けた結果がどうなるかは、数年後に判ると思います。

明石市の常設型住民投票条例(案)=日本国憲法違反

明石市の常設型住民投票条例(案)=日本国憲法違反
=====

(緊急の情報拡散と協力要請)

「日本国憲法違反の」明石市の常設型住民投票条例(案)の提案は、明らかな日本国憲法違反です。

現在の明石市長は、NHK(帰化未帰化在日韓国人宣伝工作機関)出身の泉房穂(通名使用帰化在日韓国人かつ民団構成員)であり、前回の明石市長選挙で、「日本国憲法違反の」常設型住民投票条例(案)を提案しない約束をしたはずです。
すぐに約束を破ることは、通名使用帰化在日韓国人丸出しです。

◆明石市長と明石市議会議員全員へ
・常設型住民投票条例(案)の提案の即時撤回
・明石市帰化在日韓国人職員の即時解雇と採用禁止
を何回も強く要求しましょう!

◆自民党兵庫県連へ
・常設型住民投票条例(案)の可決の絶対阻止
・明石市帰化在日韓国人職員の即時解雇と採用禁止
を何回も強く要求しましょう!

◆近畿地方などの自民党や次世代の党の国会議員など=例えば、衆議院議員の山田賢司、長尾敬、谷公一などの各氏、前衆議院議員の杉田水脈などの各氏、参議院議員の有村治子、宇都隆史などの各氏へ
・常設型住民投票条例(案)の可決の絶対阻止
・明石市帰化在日韓国人職員の即時解雇と採用禁止
を何回も強く要求しましょう!

中国経済を国際金融システムに「組み込む」重要な節目になるbyラガルド

主要通貨になった!円を構成比で抜いた!
→マンセー!!!

短絡的では?

SDR入りしてしまったことで、資本移動の自由をこれまでより強く要求されるは必至。
資本移動の自由は共産党員の不正蓄財の富(※国富です)を海外に逃がす助けとなる。

わかりにくければ、短期的なデメリを一つ言ってやると、SDR入りしてしまったことで、

製造業を助けるための「元安操作」ができなくなってしまった。

今の支那経済の不況の原因の一つは「製造業の不振」。

これを、
「見捨てる」と言うのか!

経済の成長にとってマイナスだよ。
支那の工業製品は「安くなきゃ売れない」レベルなんだぜ?

アカヒが親分の晴れ舞台をメッチャお祝いしてるけど、
冷静にな(笑)

◎NHKエデュケーショナル元社員のキムチ朴元瑛源は、児童買春禁止法違反で逮捕されました。◎帰化未帰化在日韓国人宣伝工作機関NHKは、日本国憲法違反です。NHK即時廃止要求しよう!

◎NHKエデュケーショナル元社員のキムチ朴元瑛源は、児童買春禁止法違反で逮捕されました。◎帰化未帰化在日韓国人宣伝工作機関NHKは、日本国憲法違反です。NHK即時廃止要求しよう!
-----

日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用し帰化未帰化在日韓国人を特別扱いし韓国のために違法操業するNHKには帰化未帰化在日韓国人、帰化未帰化在日共産シナ朝鮮族、北京採用共産シナ人、日放労(帰化未帰化在日韓国人団体)しかいない。
NHK同一敷地内に韓国放送公社KBSと中国中央電視台CCTVがある。

*****
日本人の経済が第一 君 Twitter H27/7/13 (加筆済版)
NHKエデュケーショナル元社員の朴元瑛源(エモト・エイゲン、親の代で日本国へ帰化した帰化在日韓国人)は、児童買春禁止法違反で逮捕された。


@NHKエンタープライズ21←←←21世紀=21c=統一コリア=韓国語21(統一トンイル)+c(コリアCorea)。

@NHKは、日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用して、韓国の韓国式捏造宣伝工作に加担し日本人B層を誤誘導することをやめてほしい。

@NHKは、ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ族の韓国人・共産シナ朝鮮族やペルシャ系の共産シナ人という日本人にとって全く異民族と交流することをやめ、モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル系のモンゴル人・ブリヤート人・フィンランド人・エストニア人・ハンガリー人という日本人にとって同胞民族(gm細胞同一民族)およびゲルマン系のドイツ人(ドイツ・オーストリア・スイス)やノルウェー人という日本人にとって友好民族と交流してほしい。
@NHKは、日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用して、日本国民へ韓国文化強制やフランス文化強制・ポーランド文化強制・チェコ文化強制・共産シナ文化強制し、日本国とドイツ・オーストリア・スイス・ノルウェー・モンゴル・ブリヤート・フィンランド・エストニア・ハンガリーの分断工作をすることをやめてほしい。
*****

by長野県J

>ちりちゃんです。さん   ポッポです。

なにこれ?
誰だ?ポッポ。



私は団塊の世代です。
長い間、誰とも仲良くしろと言われ、そうすべく努力をしてきたつもりですが、年をとりました。
年をとると言うことは、良いことも、悪いこともあります。
疲れやすく、記憶力は悪くなり、煩わしいことには面倒になります。
それに、頑固になっていますから、自分の考え方も変わりませんし、相手を潰そうとするのにも意義を感じません。
↑↑↑↑↑↑↑↑
そうなのかと思った。


そして、私の時代はもうそんなに変わることはないのかもしれないけれど、孫の時代に今のように近隣国から貶められることは、困るのです。アメリカの日系人の子供が、日本人でいるのが嫌だと聞かされるのは辛いのです。
国会で、日系人の子供がアメリカで苛められていることが問題にされます。そして、苛めているのは、日本で差別されていると主張する民族です。何がヘイトスピーチ規制だと、思っています。
↑↑↑↑↑↑↑↑


■違和感
そして、苛めているのは、日本で差別されていると主張する民族です。何がヘイトスピーチ規制だと、思っています。



>でもね、団塊の世代。私は、大っ嫌い。
「メル友になってね。」とあって、すぐそのあとに「大っ嫌い。」では、後々、疲れそうですから健康のためにお断りさせて頂きます。

↑↑↑
悪いな、嫌いだよ。
団塊の世代の見方は、私の本心だよ。


↓なんのこと?
全く関係はないと思いますが、どこかの団体で4色の墨で体に絵を描いて、これ見よがしに「仲良くしようぜ」とやっていました。
申し訳ありませんが、あなたのやり方はこれを連想させました。


↓考察、分析は必要だと思ってる。
↓拒否権やらなかった、アメか。
↓また、考えよう。かな。
IMFは人民元を特別引き出し権(SDR)の構成通貨に加えることを正式決定しました。それが何か?
中国がIMFで、どのような活動をしたのか分かりません。
何しろ、国家公務員の報酬はそれほど高くないのに、彼らの資産はとんでもない額になっている国です。
IMFがSDRに中国元を位置付けた結果がどうなるかは、数年後に判ると思います。

2015/12/01(火) 11:16:03| URL| ポッポ


↑ポッポさん

私は、今、ボコル相手を求めてる。
いいかな。

人生老いやすく・・・

>ポッポさん

折角コメントされたのに、その相手のコメントが見当たりませんね。

ポッポさんがコメントされた相手は、自分が投稿した記事を自分で削除して「管理人氏に削除された」と嘯く輩なので、真面目に取り合っても徒労に終わるだけです。

>団塊の世代。私は、大っ嫌い。とか言っていても、自分も遠からず婆ァになって、若者から同じことを言われる訳なので、気にすることはございませんw

ポッポさんも私と同じ世代なので、「光陰矢の如し」を実感されていると拝察しますが、それは誰もが歳を重ねれば痛感することであって、そう言う意味で人生は平等だと思います。

扨、特亜の国々の反日は未来永劫続くでしょうが、諸外国の国民までが嘘の宣伝に乗せられているのは困ったことです。

特にアメリカは民間人虐殺を糊塗する為に「日本軍も虐殺をやった」とでっち上げた張本人なので、今以てアメリカ国民に真実の歴史を伝えるのは難しいことですが、世界には大東亜戦争に関与していない多くの国々もあり、先ずはそのような国々に、その国の言語で真実の歴史を伝えられたらと考えています。

幸いにも、現在の日本には数多くの国々からやって来た人々が住んでいるので、その人々を協力者にして、世界中に日本発の「真実の歴史」を拡散することは可能の筈です。

斯く言う私も日々の仕事に追われて、祖国に尽くす余裕がありませんが、収入に余裕が生じれば、余暇に支那事変の劇画などを描いてネットに載せ、著作権を放棄した劇画を母国語に翻訳してくれる人を見付けたいと願っています。

追伸

↑とか言っていたら、自分の投稿を削除した当人が又出て来ましたねw

八百長パチンコ業界営業停止

https://www.youtube.com/watch?v=KPchiqpjNSg

北朝鮮の収入源壊滅
在日ちりちゃん・HSBCだいじょうぶかァ~   (・”・)

このブログに現れるテロ

>ポッポさん、ソロです。

>ちりちゃんです。さん   ポッポです。
なにこれ?
誰だ?ポッポ。

  このやりとりパターンを看れば。先の貴方向けに「メル友しよう」とか掻き込んだのは、全く別の人間だと判りますね。 この人の周りにはこういう成りすましが少なくとも2人は居て、本人の意図を無視して本人の名前で書きこんできますので、まともな論議になりません。 よって、無視する他は無いですね。 まぁ、ブログ主さんも良くお分かりの様で、書きこんでも後から削除している様です。 

 いろいろ出てくるのは、このブログが、途中3回の途絶を経ながらも、ランキング上位に止まって居る保守ブログだからです。 その分、正体不明のテロ的な書きこみをする連中も多いと言う事です。 

>こってり改めSkullcrusher707 さん  ポッポです

こちらのブログには、投稿させて頂いてからまだ日が浅いので、どうなったのかと思っていたのですが、理由が分かりました。
ありがとうございます。わかれば、笑って済ませる範囲だと思います。
世の中いろいろな人が居ますので、こんなこともあろうかと思います。

特亜の反日(特性)は、終戦の日から顕在化しました。そこに、李承晩氏が韓国大統領となって帰国しましたから、民族の特性が一気に火を噴いたと思います。

アメリカでの大東亜戦争の教育は、アメリカの教育としては当然なのでしょうけれど、それが事実でないことが残念だと思っています。アメリカ人のいる漫才グループでアメリカ人の方が大戦について、秀才らしく答えているのを見て妙に納得したことを思い出しました。(内容は、中国大陸に日本が侵略したというものでした。)
私は、これもアメリカによる日本人の洗脳工作の結果だと思っていますので、事実は今後の研究に期待します。

今後とも、よろしくお願いします。



>ソロさん  ありがとうございます

神出鬼没と言えば聞こえは良いのですが、ゲリラのようなものですね。
良い経験にはなりますが、笑うしかありません。

もっとも、私にしても保守ブログについて、どういうものかが理解できていない面もあると思います。
無理に飾っても仕方がないので、人様の投稿を読んでそれの感想を記述するか、世間の動きから自分の思うことを記述することもあるでしょう。

おかしい部分があれば、ご教示願います。
今後とも、よろしくお願いします。

日本兵に対する誤解



日露戦争から日中戦争まで日本軍の組織上の大問題は小隊単位での敵前逃亡の多発です。これはよく知られた話なのでネットから関連資料を添付しました。ついでに、米軍報告書に日本兵が戦う真の理由として「万一兵士たちが敵の捕虜となり、卑怯にも自分だけ生き残ったとすれば「村」は家族への農作業援助を打ち切るだろう」との報告があります。簡単に言えば「村八分になるのだけは嫌だ」というのが日本兵の従軍動機です。そこには戦わなければならない必然性や自発性などないのです。それ故に自分達に命令、監督する将校がいなくなれば彼らは職務遂行を止めたのです。

以下、資料 重要箇所抜粋


日露戦争で露呈した兵・下士官 の弱点
http://blogs.yahoo.co.jp/naomoe3/63348482.html

ロシアとの日露戦争でも薄氷の勝利を踏みますが、ここまで健気に戦ってきた我ら日本市民軍であるべき日本兵(下・士官兵)の意外とも言うべき弱さを軍上層部は目にしてしまい日露戦争の勝利後も頭を悩ますことになります。実は日露戦争では夜襲の際の「行方不明者」やロシア軍との戦闘中のパニック的な敗走が凄い件数で起こっているのです。

行方不明とは勝手な戦場離脱や逃亡ですが、日露戦争中の戦場離脱等の軍法会議だけで1600件以上と累計数万人単位での敵前逃亡者や敵前投降(捕虜)発生していたのです。兵はともかく日本軍の下士官について言及しますと、・・・。

本来は下士官(伍長、軍曹、曹長)の多くは少尉中尉等の将校よりも遥かに軍隊経験も演習経験場合によっては戦闘経験も長いにも関わらず、部隊で少尉や中尉等の将校が先に敵弾や砲火に倒れると、日本の下士官の相当数は戦意を喪失し将校のいない部隊をまとめる事がままならずパニックや戦場離脱となったわけです。


米軍が見た日本軍 『日本軍と日本兵』著者・一ノ瀬俊也氏インタビュー
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38112?page=4

――なぜ日本軍は「玉砕」を選んだのでしょうか?

一ノ瀬 多くの研究者が指摘されていることですが、1904~05年の日露戦争で日本軍兵士の精神力が実は強くなく、集団での潰走などが多発したことから、戦後にいわゆる「精神教育」が強化されます。このなかで「降伏するくらいなら死ぬまで戦え」という論理が強く唱えられ、次第に将校たちに内面化されていきます。1941年の「戦陣訓」はこれを明文化したものに過ぎません。


日本軍と日本兵 米軍報告書は語る (講談社現代新書)
http://d.hatena.ne.jp/esu-kei/20140322/p1


米軍報告書による日本軍の実像
 
・個人の射撃は下手で接近戦は弱い。陣地、偽装は優秀。
・組織戦に優れるが、頭脳や自分で考える力を考慮に入れれば、日本兵は三流。
・日本兵は互いに愛情を持たない。上官の命令なしに他の中隊を助けることはない。
・死者は丁重にとむらうが、傷病者への待遇は劣悪。
・風呂には毎日入るが、食堂は不潔で医療体制は低レベル。
・いったんとらえた日本兵捕虜は実に御しやすく、有用である。
・日本兵の賃金は世界中の陸軍でおそらく一番安い。


射撃規律は優れているが、個人射撃は下手であること。集団戦は得意だが、個人戦は弱いということである。米国兵士の言葉を借りれば「戦闘機械の優秀な歯車であり、決められた計画を細部まで実行することができるが、急速に変化する状況に対処する才覚も準備もない」となる。

 ある米国軍曹によれば「日本兵は互いに愛情を持たない」という。これには従軍者から批判の声が上がるだろう。日本兵には戦友との絆はあった。しかし、それは同じ中隊内にとどまっていた。米国軍曹の続きはこうである。「例えばあるトラック中隊は上級将校の命令がない限り、よその中隊を助けようとしない。トラックの仕事がないとのらくらしている」自分の属する中隊内では酒を飲み助け合うが、他の中隊は上官の命令がなければ自主的に助けようとしない。


米国兵の中でも、戦友の恨みとばかり、降伏を申し出る日本兵を許そうとしない者は少なくなかった。それをいさめるために、上官はこう言うのだ。「あいつらの口は軽い。丁重にもてなせば、簡単に機密を漏らす。それが結果として、お前たちの命を救うことになるんだ」


米軍報告書をもとに、筆者は次のように分析する。
 
 日本兵が留守家族の生活困窮について抱いていた心配の解消は政府ではなく「村」すなわち近隣社会の手に委ねられていた。万一兵士たちが敵の捕虜となり、卑怯にも自分だけ生き残ったとすれば「村」は家族への農作業援助を打ち切るだろう。私は、これこそが彼らが投降を忌避した最大の理由のひとつとみるし、米軍もそれを知っていた。

白人国家のアジア侵略は史実

>>中国大陸に日本が侵略した
百歩譲って、其れが真実だったとしても、日本以外の国の中国侵略はなぜ批判されないのか? 祖も極東の混乱は、帝国主義という名の欧米列強の植民地侵略主義=帝国主義にあったというのは、歴史を語る上で、避けられない事実だろう。

 殊に、英国等欧米列強にすれば、シナ大陸は「地球の裏側の出来事」の筈、何故、欧米列強の植民地や租借地があちこちに在るのか、其れを疑問に思わないで、歴史を語るのでは、単に歴史を暗記しているだけと言う事ではないだろうか。  白人が自らの為し事を顧みずに、日本の非人道主義を論うのは、語弊や齟齬を懼れずに言えば、殺人犯が鶏を絞める事を批判するようなものだ。

  然もである、日本の場合、侵略したと批判しているのは、満州が主だが、満州は満州族の本拠地であって、漢民族の所有には有史以来一回も無い。 当時、満州に居た漢民族の軍隊こそ、満州人にしてみれば、侵略者以外の何物でもないだろう。

   第一、歴史上漢民族の覇権は、彼らが謂う「正州」の中「=万里の長城の中」に限定されて来たし、その域外は「化外の地」として、自らを中華とする一方で、其処に棲む民族を「四蛮」として来たではないか。

  日本が満州に、建てた政権を傀儡だと云っても、その欧米列強が彼らの植民地で行ったのは、原住民に対する差別と略奪・殺戮のみで、国家主権を一切認めなかったザマを日本政府がやったとでもいうのだろうか、ならば、その論者に証拠を挙げて説明をしていただこう。  満州帝国は、日清戦争で日本に負けて、瓦解した大清帝国の最後の皇帝を引き続いて皇帝に据えた=「ラストエンペラー」、モノで、自前の軍隊も持って居たんですがね。 そんな国家主権を認めたような例が欧米の植民地に在ったと云うのなら別ですが。  然も満州国は、五族協和・王道楽土を謳っただけあって、国民の多くには朝鮮族も多く、あの、後の朴正凞韓国大統領が、陸軍中尉だった事は有名です。

  佳子が無ければ未来も無いワケで、斯うした、歴史事実の正しい解釈・確定はこの先とても重要な事になって行きます。 歴史事実をできるだけ知って、反論出来るようになりましょう。

日清戦争以降の日本の戦争は、国外における戦争だったと思います。
日本の法律で定められた徴兵は、基本的に避けることができません。また。国外での戦争においての特徴は、兵隊が故郷へ逃げることのできないことにあります。

日本軍には、督戦部隊がありませんでしたが、清国軍や中華民国軍にはこれがあったと思います。
督戦部隊のある軍隊は、兵隊が逃げるから督戦部隊で逃げられないように監督し、戦闘意欲が低い場合には後方から、前方の見方の軍隊を撃ちます。この前方にある軍隊は、有利なときには役に立ちますが、不利なときには弱くて逃げます。

日露戦争では、日本の士官は死傷率が高かったのですが、下士官はその代行をすることができたと思います。(どこの戦場でも、士官の損耗率は高かったでしょう。)
日本人の特徴として識字率の高いことがありますけれど、一般のロシア人は文字が読めず、命令書を読めないことから、指揮を執れなかったそうです。(アメリカの黒人兵も、文字は読めなかったと思います。)

日露戦争においては、ロシア軍の戦力が強大ですから兵は戦わないと死にます。必死でやらざるを得なかった結果、勝利を呼んだと想像します。
もっとも、日本軍において士官(指揮官)が戦死した場合には、下士官は高位にある順番で指揮を執っていたそうです。
それから、日露戦争においての戦場離脱ですが、激戦中に行方不明や所在不明になることはあっても止むを得ないと思いますが、日本軍の規律が厳正ならば、そんな場合でも軍法会議に諮られることがなかったでしょうか。

日本兵は組織としての行動は良くても、個人戦は弱いとのことですが、軍隊は集団行動をするための団体ですから、集団戦が優秀ならばそれで目的を達することができます。これは、今の会社社会においてもチームワーク結果は日本人が優れているとの世界的評価に通じるものがあると思います。

個人戦に弱かったとのことですが、体格や体力の差は今より大きかったのです。銃剣で突かずに銃床で殴っていけば、体格の差ははっきり出ます。小が大を制する場合には、可能な方法を使うしかないと思います。

個人の射撃は下手とのことですが小銃(半自動式と手動槓桿の差)や一人あたり弾薬量もありますし、精神面で相手は弱いと思わせることが必要ですから、米軍の教育の都合もあると考えられます。敵(日本兵)はともかく強いといっていたら、気力で負けるのです。あと、精神面で必要なことは、自分たちは正しい戦いをしていると、兵士の一人一人が信じていなければなりません。
これは、日本の兵隊も同じでした。
ただ辛いのは、終戦後GDIPによって日本は侵略をした悪い軍隊と思い込まされたことで、これによって同じ日本人が日本を信じられなくされてしまったことです。


>「米国兵の中でも、戦友の恨みとばかり、降伏を申し出る日本兵を許そうとしない者は少なくなかった。」
米国兵は、ハーグ陸戦条約を教育されていたのですが、教育効果はなかったのです。
日本兵はこれを教育されていなかったから、捕虜になった場合のことが分からなかったのです。そして、軍にとって最悪のこともしてしまいました。(捕虜になった場合のことを考えて、教育をしても良かったのかもしれません。)もっとも、捕虜になった場合に飛行機から放り出されるのなら、同じだったかもしれません。(飛行機から放り出すのは、リンドバーグ大佐の著書に書いてありました。)
んが、文字が読めなかったら士官への昇格はなかったと思います。


いろいろ書きました。
戦争には負けましたけれども、日本の兵隊はそんなに弱くなかったと思っています。

それから最後になりましたけれども、このような言い方がされていました。
「アメリカの将軍、ドイツの士官、日本の兵隊を使うと最強の軍隊になる。」

日本兵に対する誤解(まとめ)



旧日本軍が兵士に「戦陣訓」を強制した原因

 × 妄想:支那人が日本兵を残虐に処刑からニダ!

 〇 事実:日露戦争~支那事変における日本兵の敵前逃亡多発

日本兵への評価

 × 願望:日本兵は強かったニダ!

 〇 事実:日本兵は三流(敵の分析結果)

どうすれば?

私から ポッポさんへ

コメUP、プロファイル、ありがとうございます。。
ちりちゃんです。


>ちりちゃんです。さん   ポッポです。
>私は団塊の世代です。
>長い間、誰とも仲良くしろと言われ、そうすべく努力をしてきたつもりですが、年をとりました。
>2015/12/01(火) 11:16:03| URL| ポッポ


老化の話はおいといて、なんだろうね↓
>でもね、団塊の世代。私は、大っ嫌い。
>「メル友になってね。」とあって、すぐそのあとに「大っ嫌い。」では、後々、>疲れそうですから健康のためにお断りさせて頂きます。

これ、そうだとしたら、挨拶位でしょ。
会社があるとする。
で、自分責任範疇の、その事業のお金かかってるわけじゃない。
イイカナ?


----
「団塊の世代」

なんか、ソロさんと隠居のコメから、
わかりましたって感じなんだけど、
まあ、いいのかな。

ポッポさん
よく見て欲しい。


返事がだせる、ポッポさんだったので、レスしました。
ちりちゃんです。

----
ポッポさん
てわかんないのだったら、
討議しませんか?

なぜか、
ソロから、否定される。
隠居から、在×認定される。

これわかりません。

厳しい現実がある。

------------
今、見たら、HSBC、嬉しそうだな。

どうすれば2

日本というかアイデンティティというか。
これがない。イコールは国益。

で、一方。
これはなんだ、あれはなんだ。
ソロ、隠居の二人だよ。



まとめるとこうなる。
こうなるしかない。

今日、私は、印象操作。レッテル貼りをした。

白兵戦で支那軍を圧倒した日本軍

大東亜戦争後半の戦いは、島嶼に孤立し、援軍も補給も望めない日本軍守備隊に対し、アメリカ軍は空爆と艦砲射撃の雨を降らせ、日本軍守備隊の数倍の兵力と圧倒的な火力で攻撃して来ました。

もし、これが逆の立場で、島嶼に孤立し、援軍も補給も望めないアメリカ軍守備隊に対し、日本軍が空爆と艦砲射撃の雨を降らせ、アメリカ軍守備隊の数倍の兵力と圧倒的な火力で攻撃すれば、アメリカ軍将兵の多くが戦闘疲労(combat fatigue)に陥り、全滅する前に降伏を選んだことでしょう。

大東亜戦争後半の戦いで日本軍が敗れたのは、制空権と制海権を失い、補給線を絶たれたからであり、制空権と制海権を確保していた支那事変では、如何に苦戦しても結局日本軍が勝利しました。

支那の蒋介石政権はナチス・ドイツと共謀して日本侵略を開始するに当たり、支那国内に流通していた銀貨をアメリカへ売却し、代金として得たイギリスポンドで世界中から買い集めた最新兵器を装備し、日本陸軍の10倍の兵力を動員して、昭和12年8月13日に日本侵略を開始しました。

支那軍の奇襲攻撃を受けた日本ですが、上海の守備隊はよく持ち堪え、救援に駆け付けた日本軍は、ナチス・ドイツが第一次世界大戦の教訓を基に叡智を集めて構築した難攻不落の要塞に対し、銃砲弾の雨の中を肉弾突撃して遂に陥落させました。

更に、上海を攻囲していた支那軍の退路を遮断する為に杭州湾に上陸した日本軍は、北方の昆山を目指して進撃し、途中で捕捉した支那軍の部隊を悉く銃剣突撃で全滅させ、嘉興から昆山に至る街道は支那兵の死体で埋まりました。

敵兵を発見しても、銃砲を使用すれば逃してしまう可能性もあるが、銃剣突撃では完全に捕捉殲滅することが出来る為、上海攻囲軍の退路遮断を任された熊本師団は好んで銃剣突撃を採用したのです。

特に銃剣突撃に自信がある部隊は、行軍中に銃が暴発して敵に悟られるのを防ぐ為、銃弾を抜き取って銃剣に泥を塗って敵営に迫り、一気に殲滅して行きました。

更に、貧乏な日本軍は射撃の腕前で弾薬不足を補う訓練を重ねていた為、敵の大軍と遭遇しても怯むこと無く敵兵を狙い撃ち、勝利を重ねましたが、その典型的な例が昭和12年12月13日に起きた上河鎮の戦いです。

同日未明、南京城を守備していた国府軍87師、第88師および教導総隊は、総司令官逃亡の知らせに浮き足立ち、南京城東北の挹江門をよじ登って城外に脱出したが、既に下関には船も無く、一群は揚子江右岸を上流に向かって落ち延びようとしました。

そして午前6時頃、第87師、第88師および教導総隊の部隊は歩兵第45連隊第11中隊の将兵約200名と遭遇し、暗闇の中で戦闘が開始されました。

戦闘開始早々、中隊長の大薗大尉は敵弾に斃れ、代わって中隊の指揮を執った赤星少尉の指示の許、漸く薄明かりとなった水田地帯で、押し寄せて来る敵の大軍に対し、第11中隊の兵士の射撃は的確に敵を斃し、更に中隊の指揮下にあった高橋中尉率いる山砲小隊も榴散弾を発射して敵を斃しました。

しかし、自軍の数十倍の敵軍の前に、日本軍の弾薬も底を尽きかけた時、中隊の一兵士が自軍の陣地内に突入して斃れている支那兵達が三八式銃を携行していることに気付き、日本兵は彼らの銃弾を取って撃ち返し、遂に敵前突破を諦めた支那軍は裸になって揚子江に飛び込み、或いは材木置き場の材木で筏を組んで揚子江に逃げ出したが、其処を銃砲で狙い撃ちされ、潰滅してしまいました。

これが支那側が東京裁判にも資料を提出した「上新河の虐殺」で、今現地には虐殺の記念碑が建っています。

日本軍に10倍する兵力を動員し、世界中から買い集めた最新兵器を装備した軍隊が、よもや数ヶ月で惨敗するとは蒋介石も予想していなかったでしょうが、彼とファルケンハウゼン将軍の誤算は、日本軍の補給線を絶てなかったことで、補給線を確保している日本軍には如何にしても勝てず、大東亜戦争に於いても、補給線を確保している間の日本軍は勝利を重ねて行きました

朝鮮根性丸出しのHSBCへ「

>HSBC、ソロです。 この年末の忙しい時に挑発行動かよ。 いかにも卑怯な朝鮮族らしいやり方だなww
>>日本兵への評価
 × 願望:日本兵は強かったニダ! ・・・・ニダって、www
 〇 事実:日本兵は三流(敵の分析結果)

 そりゃあね、お前が引用した資料は敵国米軍のモノだろ、事実も入って居るだろうが、前提として、島嶼部の戦いなどは、1平米辺り何トンと云う単位の爆撃と艦砲射撃を念入りに行ってから満を持して、3~10倍近い兵力で攻撃した結果で云ってるのだから、日本兵が三流っていう評価は客観的に言えば在り得ない。

 白兵戦とはいうが、誰がサブマシンガンを持った米兵と、遮蔽物もない処で撃ち合うものか、当然、自分達に有利なジャングルの中に誘い込んで、しつこく掃討に来た相手を全滅させる方法を選択する。

米兵に曰く、「彼らは、まるで森と一体化して居る様だった、それに、状況が膠着化すると、何処からか、1発銃撃が為される。 緊迫しているから、其の銃火に向けて、一斉に米軍兵士の射撃が始まるが、日本兵たちは、其の銃火の出元を狙い撃ちにする」と云う具合に、深追いすれば3倍強もいた米軍が全滅する事もあったから、是に懲りた米軍は、火炎放射器を使ってジャングルを焼き払う手に出る様になったと云う。

  都合の好い事だけ摘み上げて、色々尤もらしい事を書いているが、「日本兵は三流だ」の評価者は、現場に行っていなかった奴か、余程の白豪主義者なのだろう。 で、お前は嘘を言っている、ニーミッツは、「私が知る限り、日本軍の兵士は世界一勇猛で優秀だが、其の作戦を担う将官クラスは全くいただけない」と云ったんだぜ。

  其れに云って置くが、正規兵士でなかった、所謂軍属の朝鮮兵の捕虜に対しての暴行や侮蔑行為は有名だった。 それがもとで、反発した米兵が規律を破って、処刑された事例もあったというのは、例の准鳳の航海長をしていた、商船学校の教官の弁。 確かに朝鮮族を身内にしたのは、日本の敗因の一つだよな。

  とは言え、日清・日露の戦いで前線に立った兵士の殆どは、士官を除けば、少々訓練したからとはいえ日頃は一般の労働者に過ぎないのだから、状況が絶望的に成れば、戦意を喪失するモノが出てきて当然である。 是は、私事だが、帆船で日頃登った事もない海面からの高さ52mのマストに登らされて、展帆ヤードに綱渡りで横移動して、畳㠶・展帆作業をやらされるようなものだと思う。 勿論、訓練を経てからではあるが、本番では気温2度、風速40mの嵐の中でやるんだから、其れなりに覚悟を決めないと出来ない。 然し、唯震えているだけでは、何の為に其処にいるのかさえ判らない、ドウセやらねばならない事は、やるしかないのだからと判れば、肚は自然とできるものだ。

  状況には大差が有ると思うが、追い詰められたら、開き直って肚を括るのは同じ、どうせシぬのなら、敵兵の2,3人は道連れにしてやろうと云う肚が出来ると、結構震えは止まるもので、臆病だと云われていた奴が、突如吃驚するような働きを始める事が有る。 結局の処、シねる理由「=自分の中の何か大事な、命よりも大事なものを護りたい」が有れば、肚も括れるが、何もないんじゃあ、覚悟を決めるのは無理だと云う事だと思う。

こういう兵士側の事情はいずこも同じで、日本人だけが優れていたわけでは勿論ない、然し、窮迫した身の危険に晒された結果、前に進むことを選択した兵士が多かったからこそ、こうした人間力のぶつかり合いの成分が多かった日清・日露の戦いは、勝てたと云える。 

それと、同じように酷い目に遭った場合、日本人なら、外圧が強ければ強い程、同じ立場にある仲間の団結はより強固になる事を知って居るか? 朝鮮人はそれが妙な方向に行くから、仲間内の争い=内訌で自滅して、結果、歴史上で一回も革命を起こせていないんじゃあなかったっけ。 仲間を裏切るのは朝鮮族の得意技だもんね。www


 マァ、朝鮮人なんて、一つしかない自分の命を賭けて護るに値する様な、国も故郷も持っていないから、切迫した状況に成れば先ず、利己主義全開で逃げる事しか考えて居なかったんだろ、お前が「逃げた、逃げた」と、云っているが、大東亜戦争の時分は、朝鮮兵も敵側にしてみれば日本兵だったんだぜ。

 朝鮮戦争も、初期を見ていれば確かに朝鮮兵は三流だったよ。 持ち場を護らずに遁走する兵士が多かったから米兵も多く損害を被った、その数凡そ4万人。 ダカラ、釜山迄攻め込まれた時には、米軍は全軍引き揚げて、沖の艦船に収容されていた。 それを盛り返したのは、嘗て日本軍の下で、勇猛に戦った経験が有る朝鮮軍なのに、李承晩が忌み嫌っていたから、動けなかった軍隊が動き出したからだ。 金錫山将軍と云う、日本軍下でも金鵄勲章を貰った人が、敵の中核だったヤクタイガー戦車部隊を海岸沿いの道路に、誘導、引き込んで、合図を送ると沖の戦艦部隊からの一斉艦砲射撃が始まった。 是で戦車部隊は全滅、形勢は逆転した。 つまり、朝鮮人の力だけで、勝ち戦は一つもないと云う事だよ、残念だねぇ。 

 朝鮮人って、弱い者いじめしかできないんだから、仕方ないか。www

2010年の大卒の就職失敗者は民主党と財務省を一生恨むべき。
為替レートさえ調整しておけばあれほどの惨状にはならなかったので。

小幡績や小黒一正が「アベノミクスガー」といくら喚こうが、こいつらがリーマン・ショック後に、「外需は10年は回復しない」と喚いて円高礼賛したという事実は消えないからね。円高のせいでドイツと韓国にみすみす海外市場をくれてやったようなもの

>日露戦争で露呈した兵・下士官 の弱点
行方不明とは勝手な戦場離脱や逃亡ですが、日露戦争中の戦場離脱等の軍法会議だけで1600件以上と累計数万人単位での敵前逃亡者や敵前投降(捕虜)発生していたのです。兵はともかく日本軍の下士官について言及しますと、・・・。

日露戦争中の戦場離脱等の軍法会議は1,557件で、その内訳は敵前逃亡14件、逃亡1,543件でした。(この件数は1件1人で、集計されています。)

集団での潰走事件については、奉天会戦中の田義屯における1個旅団で、79名の失踪者が発生した事件だと考えます。この事件では、最終的に49名の捕虜を出しています。もっとも、当初は失踪は、512名にも達していたそうです。(後の30名は、行方不明です。)

それから、捕虜についてですが、2088人です。(旅順要塞攻撃における捕虜は、要塞陥落により奪還しているため含まず。以上、資料は戦役統計による。)

『未来世紀ジパング』で米倉誠一郎(一橋大学教授)が反安倍・反日左翼発言! 15/12/14(月)


米倉誠一郎
「昔、日本って『平和国家』ってあったんですけど、あと『経済大国』とか。

今みんな、どこへ行っちゃったのかなあと。日本て、この理想っていう事を忘れてるような気がするんですよね。」

最近日本は安倍内閣が平和安全法制(安保法案)を成立させたばかりだ。

反日左翼メディアは「平和安全法制」を「安保法案」と勝手に歪曲して報道し(平和イメージを削る省略)、「戦争法案」と印象付ける中国寄りのメディアもあった。

安倍総理は平和安全法制を平和を守るために掲げた。中国の暴走を抑止する必要があるからだ。

しかし、今回の米倉誠一郎のような偏った戦後左翼イデオロギーの学者やマスコミ人は、安倍内閣の防衛強化策を
「平和国家日本はどこへ行ったのか」と批判する。実に浅ましい知恵の足りない理想を国民に吹聴する悪質さを感じる。


番組提供:HINO、プリントパック、日本経済新聞社、BMW、Panasonic

浜田宏一って消費増税賛成派じゃなかった?

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。