スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏を迎えた大英帝国     11月18日(水)

前回より続き
たとえ金のためとはいえ、中国をパートナーに選んだ英國のリスクの大き
さを、4回にわたって書いてきました。

英國の誤った判断の原因は、中国歴史を知らないために詐欺師中国の
正体が見えなかったことです。見えなくした原因は日本人と中国人を同じ
文化を持った同等の神秘なアジア人であると錯覚したことにあります。

英國は100年間日本人と関わり、その優秀さと礼儀正しい姿が強烈に
英国人の脳裏に焼き付けてしまった。そのトラウマが野蛮人である中国人
を日本人と同じ文化園とみてしまい、結果中国人を甘く見てしまった。
その上、ウソで固め、何も見えなくしたインチキ中国をイギリスは逆に
東洋の神秘とみてしまった。


前回までは、英國が中国人を普通の人格の持ち主であると錯覚した
原因は日本人に対するトラウマがあったからと記述しました。そのトラ
ウマになった明治維新から日露戦争までの日本と英國の関わりにつ
いて前回は記述してきました。

今回は大東亜戦争によって、大英帝国をはじめとする欧米の植民地から
欧米列強の軍隊を一瞬にして駆逐してしまった日本軍の優秀さが、英国
人のトラウマとなって脳裏に染み込んでしまった。

英國は過去ノルマン人の侵略、ナポレオンやヒトラーの侵略を斥け大英帝国
を建設する過程における侵略戦争は、連戦連勝で負けを知らなかった。

ところが戦争には必ず勝つはずだったイギリスが日本軍によって一瞬に
して駆逐された。何年間、何十年間戦って敗れたのでなく一瞬にして
戦闘に敗れてしまった。

戦争に負けたというだけでなく、栄華を極めた大英帝国の広大な植民地
が一瞬にして消えてしまった。その帝国の植民地がなんと有色の日本人
に領土を奪われ、その植民地が次々と独立国を作っていった。

そして大英帝国が誇る2隻の最新型戦艦である「プリンス・オブ・ウエー
ルズ」と「レパレス」が、日本の航空攻撃によって、わずか4時間で撃沈
されてしまった。それまで航空攻撃で戦艦が撃沈された前例がなかった。
陸上戦でも日本軍がマレー半島に上陸し、シンガポールを陥落させた。
英國にとってシンガポールは香港に次ぐ最重要な拠点でした。

シンガポール防衛軍のパーシバル司令官は日本軍の次元の違った戦い
に、為す術をしらず、瞬く間に降伏してしまった。シンガポール陥落は
日本の宣戦布告から2ヶ月余りしか経っていなかった。

日本軍は、瞬時にして大英帝国を崩壊させた。イギリス国民の誰一人と
してそのような事が現実に起ころうなどとは、夢にも思っていなかった。
日本軍によって大英帝国はアジアでの植民地をすべて失ってしまった。
その時の衝撃と屈辱がイギリス人のトラウマとして脳裏に深く焼き付いて
います。

このような日本人のイメージが同じアジア人である野蛮な中国人とダブって
中国を甘く見てしまった原因のように思われます。


4回にわたって、私のブログで、中国の金に目がくらんだ英國論を読んで、
英國を過大評価している人たちは、諜報機関「M16」を持っている英國は
もっとしたたかである、むしろ中国を利用したのは英國であると、反論され
そうですが、最近の英國は昔の面影などさらさらありません。

大英帝国が誇る諜報機関である「MI6」と「MI5」は、以前はロシア、最近
では兄弟国と信じていた米国のCIAによる盗聴や、中国の賄賂工作で
腰抜けになっています。M16に所属している007のジェイムズ・ボンド
海軍中佐は、映画の中だけの活躍です。

世界一の諜報機関であるアメリカのCIAですら40年間中国の正体を
見抜くことが出来なかった。71年キッシンジャーは極秘で中国を訪問、
中国に取り込まれたキッシンジャーは「中国は英國に次いで、世界観が
アメリカに近い国かもしれない」と呆れた感想をニクソンに告げています。

アメリカ国務省も以前は「誠意ある対話を通じて相好理解を深めるべき
だ、米国は中国が強大になり、繁栄し、成功することを歓迎する」と表明
していましたが、最近やっとその甘さに気が付き始めています。

英國が、野蛮人である中国人を日本人と同じ文化園とみてしまい、結果
中国人を甘く見てしまった。その多くの原因は戦前の優秀で真面目な
日本人との関わりであったと記述してきましたが、それだけではありま
せん。戦後の日本企業の各種先端技術の凄さに英国人は劣等感さえ
持ち始めています。

戦後、多くの日本企業が英國に進出したことを、マスコミも評論家もあ
まり知りません。日本の評論家たちは、日本企業の海外での投資や
進出について中国やアジア地域にしか関心がありませんが、ヨーロッパ
の多くの国に日本企業は進出しています。今回は英國についてだけ
列記してみます。

1972年YKKが最初にファスナーの工場を建設、続いてソニー、松下、日立
東芝、NECなど大手の電機メーカーの殆どが英國に進出しました。1980年
になると日産自動車、本田技研、トヨタ、などが乗車とエンジン工場を建設、
1990年代には、富士通、キャノン、セイコーエプソン、川崎重工業、TDK、
ニコン、など進出しています。

その他、ベアリングのミネビア、建設機械のコマツ、サンケイ電気、アルプ
ス電気、京セラ、村田製作所、デンソウー、カルソニック、FCC、オギハラ
武田薬品、押野電気、こう見ますと、全ての大手電機メーカー、OA機器、
3大自動車メーカーが英國に工場進出していることになります。

これだけメーカーが出ますと、支援企業、部品供給会社などの下請け
企業の進出が自動的に活発になっていきます

取り敢えず大企業を中心に列記しましたが、それ以外にも多くの中堅、
中小企業が英國に進出しています。ジェトロが把握出来ない小企業まで
入れると総計約500社近くが英國に進出しています。

英國に進出したこれらの優秀な企業は英國の雇用を増やし、英國の
GDPに大いに貢献しています。

このように英国人は戦前も戦後も日本人の勇気、誠実、正直、相互信頼
など、世界に類を見ないほどの高いモラルが英国人のトラウマになって
しまった。つまり日本人のイメージが、同じアジア人の中国人を、同じ
文化園であると誤解してしまった故に、人格欠如の野蛮な中国人の正体
を見誤ってしまったのです。

もし英国が詐欺師である中国人の歪んだ品性を知っていれば、キャメロン
首相がアメリカの静止も聞かず、真っ先にアジアインフラ投資銀行に参加
したり、今回のように中国製原発や、高速鉄道の参入に合意などしない。

ましてこの野蛮人をバッキンガム宮殿で主催する公式歓迎晩餐会に招待
などしない。しかもマナーの知らないこの野蛮人は、エリザベス女王が
主催する晩餐会で関係のない日本の悪口を堂々とスピーチしたのです。
呆れたことに宮殿の晩餐会をまるで飲み会のテーブルスピーチと勘違い
しています。

天下のファイナンシャル・タイムズともあろうものが社説で「習氏を歓迎す
る英政府の戦略は正しい、善意のギャンブルは正当化される」との愚かな
主張を展開しています。

品性下劣な「落ち目の中国」と「落ち目の大英帝国」が組めば共倒れになる
事は必定です。
 
かっての偉大な輝ける大英帝国が、遂に黄昏を迎えるのでしょうか?




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります





コメント

ロンドンのソーホーなど昔から英国にいた中国人は、案外礼儀もマナーもわきまえていて、現在の中国人のような嫌悪感はない。
これが英国人をして、中国人の危険性に目をつぶらしめたのでは?

日本でも戦前から居る華僑は教育水準も高く、礼儀礼節をそなえてる人が多い。おそらく清朝末期に逃れてきた上流階級なのかもしれない。

現代中国と中国人の野蛮さを西欧社会が知るのはこれからだとすれば、もう手遅れかもしれないですね


13億人のうちのほんの数百万人だけが日本に行ける。
中国人の大部分の人はまだ日本すらよくしりません。

モノだけでなく、今や訪日中国人による日本の不動産や企業の爆買も始まっている。
日本の一戸建てなどの安い物件を買い集めて日本人を管理人として雇い、中国人向け民泊にしてしまおうという人が結構多い。
中国人の日本移住計画の理由の一つ。
日本の空気は本当に素晴らしい!

上海と日本とでは物価差が縮まって、日本の方が安いぐらいなのに、鉄道・バス・タクシーの差は一向に縮まらないです。
中国では、日頃から警察官が身分証明カードを読み取る端末をもっていて、地下鉄や鉄道の駅で歩いている市民に声をかけてカードを読み込んでいる。

iPad Proの4G香港版。
A4〜B5サイズの論文を見開きでみるのにちょうど良いサイズ。
しかもページ送りがスムーズなので、ストレスなく閲覧できる。

続き

返還前の香港人は非常に文化的・文明的で英国人と大差はなかった。
英国領ホンコンだけを見て中国人を判断することは出来ないが、
イギリス人はそうしてしまったのかも?


ラウドネス[LOUDNESS] その2

里美です。

ラウドネス[LOUDNESS] その2

Loudness - Live In Europe 1984 (Full) [eurobounds]
[LOUDNESS European Tour 1984: Von PARADISO, Amsterdam, den Niederlanden nach Deutschland, OEsterreich, der Schweiz usw..]
https://www.youtube.com/watch?v=95Oju9nQXGs&feature=related

【私がお勤めしている会社の女子社長の旦那様からの説明の要約】
1. 私がお勤めしている会社の女子社長[50歳手前]の旦那様[50歳台前半]のお勧めのLOUDNESSのYouTube動画です。
2. LOUDNESSは、天皇陛下と御皇室を深く敬い、日本国の伝統、文化などを深く敬っています。
3. LOUDNESSは、英国、米国、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、北欧諸国、フィンランド、モンゴル、インドネシア、インドなどをはじめ世界各国において、物凄く有名であり憧れであり尊敬されています。
4. LOUDNESSのメンバーの高崎晃(lg)殿と山下昌良(bg)殿は、世界的演奏者です。
5. LOUDNESSのメンバーであった故樋口宗孝(d)殿は、世界的演奏者でした。
6. LOUDNESSのメンバーの鈴木政行(d)殿は、故樋口宗孝(d)殿の後継者として、物凄く努力しています。
7. LOUDNESSのメンバーのニ井原実(v)殿の名「実Minoru」をセカンドネームとして子供に付ける英国人が多いです。
8. 平成2年10月3日(=1990年10月3日)ドイツ再統一(西ドイツによる東ドイツ吸収併合)以前、旧東ドイツのドイツ人たちは、西ドイツのハンブルクなどの諸都市、スイスのチューリヒ、フィンランドのヘルシンキ、英国のロンドンなどのラジオから聞こえて来るLOUDNESSの様々な曲を聴いて強く勇気付けられていました。
9. LOUDNESSの楽曲の中には、コピー演奏することが音楽技術的に不可能な楽曲が多いです。
10. LOUDNESSのメンバーは、自民党の安倍晋三、高市早苗、稲田朋美、西田昌司、次世代の党の山田宏などの各氏と年齢、出身地、出身大学所在地などが近く、友人知人関係であるかもです。

早く英国が中国(人)の本質に気がついて欲しい

今回のシリーズはとても面白い内容でした。こういう見方、日本人に対するトラウマ…>このような日本人のイメージが同じアジア人である野蛮な中国人とダブって中国を甘く見てしまった原因のように思われます…こういう視点は当のイギリス人さえ(顕在意識では)気が付いていないかもしれないですね。




韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人を日本国へ一切受け入れないように移民規制して欲しいです。

韓国人、共産シナ朝鮮族、共産シナ人を日本国へ一切受け入れないように移民規制して欲しいです。

平成27年11月17日

桜井誠 ‏@Doronpa01 19時間19時間前

仏国で反政府的な国内モスクの閉鎖、危険人物から仏国籍剥奪など法改正案など事実上の難民規制が始まりました。また米国やカナダでは元首の難民受け入れに各州知事が反発し撤回を求める書簡を送っています。国内テロリストの皆さんこれが世界の現実です。安易な同情論で人を救えるほど世の中甘くない。

プログ主様、アップありがとうございます

ブリテンがすがる支那の先行きは暗い。

一人っ子政策解禁したものの、市中の評判は冷ややかです。

過半数は第二子を望まずとの厳しい調査結果が突きつけられた由。
理由↓
①経済先行きが不安
②社会福祉が未整備

両方解決の見込みはありませんな。
「借金漬けの」地方政府には、ドンカチ公共事業やる金も無いし、増してや社会福祉に回す金も無い。

イコール出生率は回復しないということですよ。

貧乏な老人ばかりの漢民族に「英国製の靴下を履かせる夢」を見るおつもりで?
愚かですね(嘲)

英国人に早逃げ。

1945年以前、一番酷く、支那人を人間として扱わず、牛馬のように取り扱ったのは、英国人である。

英国人は、銀に替えて麻薬で支那に支払い、香港・九龍植民地を経営し、租界を経営し、支那人を牛馬のように取り扱った。

支那が経済力がついてくると、チベットを支那の蹂躙に任せ、支那の軍門に降った。英国は、狡い狐である。

プーチンとオランド

これはユーラシアヨーロッパの対アメリカ政策だ。
フランスとドイツは双子。
独仏ロ。これがユーラシアなんだ。
これに中国が加わり、インドが加わり、本当の21世紀が始まる

おそらく、英国人にも大別して2種類いるのだと思う。
「お花畑の英国人」と「したたかな英国人」。
前者は繁栄する中国(幻想だが)に縋って行こうとする人々。
後者は”豚は太らせてから食え”というエゲツない人々。

時々の政策はこの両者のバランスによって決定されるのでは?
今回の中国追従は前者のお花畑派が勢いがあり、そのようになっているが、
たぶん水面下ではしたたか派が推移をジッと見つめながら搾取計画を練っているんじゃないだろうか。

ISのパリ同時多発テロについて

ソロです。 パリの同時多発テロに関する考察を書いてみました。
ISが是までやって来た事を俯瞰すれば、そも、シリア内戦で、シリア政府軍と「反政府勢力」と云う得体のしれない集団の対立に出来た、軍事力の隙間に乗じて、目的不明の武装集団が、双方に攻撃を懸けて、勢力を拡大した事に始まったのですが、其の戦い方とは、中東各国が遣わした軍勢力に対して、その地方の不満勢力を利用した不意打ちを懸けて、他人事で戦意の上がらない中東軍が逃げ出し、一時的には制圧したものだろう。 

 然し、攻撃された、シリア政府、有志連合が空爆などで反撃を始めると、殊に、シリア政府支持のロシアがはっきり正面の敵となると、其の圧倒的な軍事力の前に沈黙するしかなくISの存在自体、風前の灯化しているように見えた。 現に、テロの大義名分は、「空爆しているフランスへの報復」だった。

この裏には、ISは、フランスで1月に「イスラムを侮辱した」出版社を始めとした民間人を襲撃し、多くの人命を奪っただけでなく、自分達の存在を強くアピールした。 この成功体験を基にしたのかは判りませんが、更には、11月此度の同時多発テロを惹き起こし、130人もの民間人を殺害したのです。

  「何故、報復の標的がフランスだけなのか?」という当然の疑問に対し、ロシアの旅客機を撃墜し、更には米国内でのテロを予告しているのだが、其れが不可能とは思えないのは、世界中にISへの賛同者がいると、確認できているからであろう。

  常々疑問に思っていたのですが、テロの犯行声明を、ISは都度出していますが、その中身が、卑怯とも云える方法による無辜の民の大量殺戮でしかないのに、「何故、熱狂的に同調する若者がいるのか?」と云う疑問が湧くのですが、この前、宮崎正弘さんの処に、「現在のISの指導者が、キリスト教でいうメシアを意味する『マハディ』を名乗って居る」事を知って、腑に落ちました。 これなら、敵は西洋文明全体に広がりますね。

現在のEUを中心とした欧州には、長引く不況に加え、様々な白人文化の衰退現象が見られ始めている。 是までの主要産業のみならず、生活圏を形成するサービス産業さえも衰退を始め、当然。新たな定職はなく、若年失業率は30~40%が常態になりつつあり、社会に新たな貧困層が出来つつある。

 当然ながら、社会にはフラストレーションと、絶望感が蔓延している。 一方、石油供給を含めて、欧州経済に寄生している中東でも同じ事がいえ、加えて中東世界の庶民は、人工的な別の脅威にも曝されている。

  其れは、シリアのアサド政権打倒を含む、「アラブの春」と云う名の、米国発のアラブ世界の既成体制の破壊~欧米主導の民主国家への転換の強制計画の強行によるもので、リビア、イラク双方が頓挫・失敗した事で、各独裁者と称された人物が殺された後、国内には民主勢力とイスラム原理主義勢力の泥仕合に近い戦いが起こり、其処へ亦もISが介入したから、大混乱に陥って、国家が機能不全となって、昨年から国民が難民化して、ボートピープル化いるのである。 

こうした状況をISが、発生したアラブの難民を古代のユダヤ人の「バビロンの虜囚」になぞらえて、我と我身を「破戒の民の救世主」を気取って居る「=一見卑怯な戦いだが、民族を救う戦いである」と正当化しているつもりなのでしょう。

   ISに参加しているイスラム、或いは非イスラムの若者は、現状の逼塞した状況に宛のない怒りを醸成・膨満させているから参加したのであって、戦いの目的が、彼ら自身に正当化さえ出来れば、容易に爆発する状況に有ったのでしょう。

  欧州社会、特にフランスには、国内に嘗ての植民地からの移民を抱えている、それらの殆どはイスラム教徒で、多数いる恵まれない異教徒の若年層に、自らも不況に喘ぐフランス社会は冷たい。 亦、その白人層の不満が、イスラム層に向けられたが、異教者には救いがないキリスト教社会の特徴から、彼らの不満や怒りは絶望レベルに達していて、「イスラムの誇りを懸けて、命を失っても何時か残酷な復讐をして、恨みを晴らしたい」と願っていた、と言う事になりはしないか?

是なら、中東を、そして欧州を、此処までの状態にした米国の大元の筋書きに、大きな誤りが有ったと看るべきで、ISは引き金を引いただけと言う事に成る。 当然、余波は直ぐに、ドイツにもイタリアにも、そして英国、米国にも及ぶであろう。

 ならば、厳しい見方かも知れないが、今回の問題の半分は、是までの展開を看過し、不満の膨張を許したフランス、否、EU社会にあると云えよう。 欧州社会=EUの中に、イスラム教徒を異物視~危険視する傾向が潜在しているのは明らかである。 難民受け容れも、当初は渋って押し付け合っていたはずである。 亦、1月のテロの時も、国内でイスラム系住民への攻撃が報道されたが、是なら、アラブのテロリストと倫理観のレベルは、全く変わらない。。

   然しそれでも、ISのやり方は、如何にも悪魔的でしかも卑怯・狡猾である。 人の憎しみや恨みの在り処を嗅ぎ付けて、煽り立て、イスラムの神を仮装して、そのマハディを名乗る事で、自らを神格化しているのである。

  この為し事の裏面には、何か狂気の様なものを感じざるを得ない。 

  で、思い当たるのが、ハザール人のフランキズム=世界をカタストロフィ化すれば、救世主が降臨して、『自民族のみを』救ってくれる」で、是は、事実上の人類滅亡宣言=第三次世界大戦勃発の機会を狙っている」に当る。 

  勿論、憎悪渦巻く極東も例外なく、その対象に成る可能性が十二分にある事を、中韓両国が自滅・破滅に向かう是から、日本人は強く認識しておかねばなるまい。

ISとウイグル独立派は盟約を交わしているのでは?

先日のバンコクの爆破テロでもその影がちらつく。
支那を出国し、IS支配地で
「軍事訓練を受けて」
「帰国する」

ははは、小皇帝世代の甘ったれ漢族兵士で相手になるかな?

まあ、私が熱望するのはウイグル族どころか、「圧倒的多数派の漢族貧民の反乱」なんだが、ウイグル族のジハードはそれはそれで頑張っていただきたい。

武運を祈る!

mangaika

失礼ながら、一言アドバイスを。
ブログ主には体験的な中韓論が魅力です。
大兄には英国人の知人、友人は一人もいないと推察いたします。ユダヤ人の友人、知人もいませんね。中韓とは大違いでしょう。馬鹿げた推察で知らない事を書くのは滑稽だし、折角の中韓論まで信憑性が薄れてしまいます。実に残念です。英国を国家で見てもその意図は読めません。
大兄のようにただ馬鹿に見えてしまいます。
英国や英国王室を自在に操っている人達は国際主義者です。英国の国家そのものに対して帰属意識を持っているのではありません。キッシンジャーの見方、中国は英国に次いで米国に近いと云う世界観はユダヤ人の視点であり今も正しいのです。大兄には想像も出来まい。
英米の国際主義者(グローバリスト)、あるいは安倍晋三のようなグローバリストの立場に立てば、彼らの敵は今も昔も国民国家を志向する、ドイツであり日本なのです。
英国王室はユダヤ人を使って世界を征服した国です。東インド会社って名前くらいは御存じでしょう。彼らが日本人と中国人を誤解して見間違えてしまった、などと云う解説は陳腐、珍説を通り越して、漫画にもなりません。
あまりに頓珍漢なので苦言を呈させて頂きました。

参議院議員[当時]の横峯良郎[通名使用帰化在日韓国人、民主党]が政党交付金で実娘の横峯さくら[通名使用帰化在日韓国人]の自動車を買ったこと=日本国憲法違反かつ刑事犯罪=について緊急ガサ入れ要求されたい。

参議院議員[当時]の横峯良郎[通名使用帰化在日韓国人、民主党]が政党交付金で実娘の横峯さくら[通名使用帰化在日韓国人]の自動車を買ったこと=日本国憲法違反かつ刑事犯罪=について緊急ガサ入れ要求されたい。
*****

『いちご☆‏』女史の平成24年9月30日付けのツィート記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
横峯さくら[通名使用帰化在日韓国人]はパパの横峯良郎[通名使用帰化在日韓国人、民主党]が参議院議員選挙へ出馬する前に、横峯良郎へ韓国式トンデモ質問「参議院議員って、儲かるの?」しました。そして、横峯良郎は参議院議員へ当選後、政党交付金で娘の横峯さくらの自動車を買いました。=日本国憲法違反かつ刑事犯罪。 
=====

【抗議書52円も送っていただきたい!】

平塚パラヤン男

欧州の強さ、狡猾さ、残忍さ

偏見込で言うと、一神教の人らは生き方、価値観の違う人は存在しないと同様のようだ。
まあどこの人間も本質的にそうなんだが特に強い傾向にあると思う。

倫理、道徳観など高い面ある一方で、自らの安全が確実なら悪事も平然とする。(過去の戦争みても)
スポーツ世界でもたまに見かける。
大リーグでイチローが大活躍してしてたころの報復まがいのデッドボール。
ピッチャーは堂々とぶつけ、文句あるならかかってこいってな感じだった。(イチローより大柄な白人)

そんでISIS。
これも無人兵器やらの実験の面もあるだろう。
各国の空爆、資金源を断てばほぼ壊滅だろう。
各地で残党みたいなのがやらかすだろうが、まあ余震みたいなもの。
空爆などで頭クラスは戦死している、ISISはターゲットは一般人だけ。

ISISは非道なのはわかるけど欧米各国が恐怖や危機を煽りすぎるのも気になる。
なんかww2の時みたいに原爆使用の為に米軍被害をでっちあげる、を思い出す。

世界中から収奪して来た財宝が尽きてきたからじゃないのか。下層の国民を食べさせる事が出来なくなって来た。格差がこれ以上広がると国の安定が保てなくなるからね。

私も、内容的にしっかりした共謀罪の早期成立を強く支持します。

私も、内容的にしっかりした共謀罪の早期成立を強く支持します。

なぜならば、共謀罪は、日本国家だけでなく日本人中小企業、日本人女子なども、帰化未帰化在日韓国人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人から守ってくれるからです。

ISの誕生理由と現状 私見

>009さん、ソロです。
>>ピッチャーは堂々とぶつけ、文句あるならかかってこいってな感じだった。(イチローより大柄な白人)
その代り、其の投手がバッターボックスに立ったら、10中8,9ぶつけられる事になりますし、ぶつけない、或いはぶつけようとしなければ、其の投手はチーム全員からのサボタージュで報復される事になります。 ダカラ、イチローは直接報復などはしません、彼は野球を職業にしているのであって、ベアナックルファイターではありませんから。 MLBにはMLBなりの報復の仕方が有ると云う事です。ww

>>空爆などで頭クラスは戦死している、ISISはターゲットは一般人だけ。
 否、広報は飽く迄広報でしかなく、死亡報道も全部裏が取れていると云う話でもありません。 公式報道が必ずしも信用が置けないのは、何時もの事です。 ISISの黒幕はユダヤ人であると云う、トンデモない噂もありますしね。
 
 結局の処、彼らの存在自体が無目的、無意味な事が不気味なんですよ。

 ですから、表面に現れている何時でも訂正が可能な類の記事はあまり信用せず、俯瞰した事実関係を主に看た方が宜しいと思います。 例えば、 ISISと有志連合、シリア・ロシア連合が戦っているように見えて、一番多くの死者を出しているのは、罪もないシリア国民なのは明らかですが、そんな報道は誰もしませんよね、つまり、彼らの味方は現実誰もいないのです。  或る意味、民族殲滅行為に見えない事もないのに、マスコミが是を指摘もしない情況って、その闇が怖いですね。

>>ISISは非道なのはわかるけど欧米各国が恐怖や危機を煽りすぎるのも気になる。
ご懸念はよく判りますが、欧米はキリスト教独特の「世界宗教の見地」を重く見た、(似非)人道主義から、難民受け容れを強行する勢力がいますからね。 そうして、必然的に現実的な問題が起こると、とたんに非難~排除側に回ると云う、ご都合人道主義ですからね。 現実感のない裡は、綺麗ごとを並べたがります。 現実的な勢力は、ソレを懸念しているのでしょう。

  特にフランスと同じ立場にある筈のドイツやイタリア、英国の危機感って、表に出てきていませんよね、なのに、米国はいつもの事なんでしょうが、今回は、結構反対論で賑わって居て現実的です。  オバマが「議会で『移民受け入れ反対」が通ったら、大統領拒否権を行使する」なんて言っていましたね。  大抵似非人権主義が台頭する米国では、珍しい現象ですね。 裏で進行している事案の中身が、国民に透けて見え始めているかもしれません。

>>なんかww2の時みたいに原爆使用の為に米軍被害をでっちあげる、を思い出す
戦後直ぐに、ロスチャイルドが仲介した、シオニストとイスラエルの建国に絡んだ英仏との密約が全く履行されず、反対にアラブ諸国と同じような約束をしていた為に、第一次中東戦争=イスラエル独立戦争が勃発したと云う、「英仏の三枚自舌」に比べれば、米国のそれは単純明快、「力で嘘を吐きとおす」タイプ、どちらが面倒臭いかだけの話です。 今回の場合、三枚舌を予想して置かねばならないので、真に起こって居る事態は、終わって看なくては判りません。

ISの存在理由も米国が掲げた「アラブの民主化」と云う命題が、一体何の、誰の利益になるのかを考えなくては判りませんが、本命が「アラブ世界に新たな消費層を育成し、、アフリカや中東、南アジアの20億人にもなる大消費圏を、EU+アフリカの新たな経済圏を目指す」のではなく、相変わらず目先の「石油利権の支配を狙った奪い合い」の可能性の方が高いのでは、「ホントに判らない」と云う他はないです。

日本も参加せよ

南シナ海の人工島領有をめぐって主権争いが激しくなっています。アメリカは中国領土として認めないと、イージス艦を派遣しました。それに対して、中国は孫子の兵法に従って合従連衡阻止作戦に出ました。

領有権を争っている当事国に働きかけて2国間での協議で解決を図ろうとしています。その上で、関係ないアメリカや日本には口を出すなと言います。

中国は人工島の軍事基地化をやめることはしません。のらりくらりを続けながら基地化を進めていきます。中国の侵略行為に対しては2国間協議ではなく中国対国際社会の問題にしていくべきです。

そのためには、関係諸国に働きかけて、アメリカだけでなく、オーストラリアやインドなども含めて艦船の派遣をすべきです。孫子の兵法を許すと必ず後悔することになります。当然日本も参加すべきです。

南シナ海で起きていることは、東シナ海でも起きます。日本は部外者ではないはずです。

興味深い記事をありがとうございます。
英国人は紳士ですが、日本のようにお人よしではないし、倒れかかった支那から、利益だけ掠め取るんじゃないかと、楽しみにしています。
キャメロンさんは、ちょっとした、ピエロを演じているのじゃないでしょうか?ワザとらしい反日も、支那人を騙す為の演出のようなw

と、英国人を買いかぶりすぎかもですが、裏表のある外交をする国ですからね(;^_^A

こんにちは

英国人も支那人もともに野蛮人です。今も昔も。

大変失礼ですが、ブログ主様こそ英国人を過大評価されています。

狡猾・したたかであることは優秀ではなく野蛮です。その野蛮さ故に、支那から7兆円のカネを引き出すことに成功しました。

支那は地球の反対側にある国を平伏させたとして、いったい何のメリットがあるのでしょうか? 国連の常任理事国だからでしょうか? でしたら、ブッシュJr.は国連安保決議を得ずにイラク戦争を開始し、英国はもちろん、イラク戦争に反対していたフランスまでもがイラクの米軍のもとに馳せ参じました。

つまりすでに国連は事実上その機能を失っており、もはやただのカネ食い虫になっています。国連安保理とNATOのどちらが積極的な軍事行動を行っているかを見れば明らかです。支那はそれを分かっていないということでしょうか?

カネ儲けのパートナーになることと、戦略的パートナーになることは根本的に違います。経済と軍事は不可分だけど一緒くたに考えてはいけません。経済が軍事を凌駕した事例は、カルタゴと戦後日本しかありません。特に英国と支那のように互いに地球の裏側に存在し、戦略的対立がない場合、経済的メリットが戦略より優先されるのは、これはリアリズムの観点からも至極真っ当な判断であり、儲け主義の国はなおさらでしょう。

米国が支那を甘く見ていたことは私も存じ上げていますが、そもそも米国はその強大な軍事力と経済力、そして支那との格差や距離に鑑み、支那を戦略的脅威とは考えておらず、また、その単純さ故に突然衣替えし、支那を脅威とみなすようになりました。支那の隣国である我が国が、支那を常時脅威とみなすのは当然ですけども、米英はそもそも我が国とは環境が違うのです。

単細胞激情家・米国と違い、英国はこれまでも支那でカネ儲けすることばかり考え、アヘン戦争まで起こしています。つまり英国のスタンスは何も変わっていません。

変わったのは支那と米国です。支那経済の没落、米国の対支戦略転換、これは明白なる「変化」であり、これを横に置き英国が落ちぶれたという見方はいささか乱暴ではないかと思います。

落ちぶれたも何も、それが英国という国です。「変態紳士」の異名は、英国人が紳士の仮面で己の野蛮さをカモフラージュしていることからきていますが、セポイの乱で反乱軍の人間を大砲の砲先に縛りつけてぶっ放し、粉々に吹き飛ばした北朝鮮ばりの野蛮人の末裔なのです、英国人は。

頑張れASEAN!

「落ち目」で民主化できない支那を世界の工場の地位から引きずり落とし、自分達の時代を築くんだ!

支那のODAが欲しいから、支那との貿易が大事だから、支那に尻尾を振る。

そんな時代は終わった。

政府の財政は健全で、庶民の貯蓄もたくさんある、一昔前までの古き良き中華人民共和国は最早存在しない。

バカバカしい手抜きインフラやゴーストマンション建設で地方政府は借金で首が回らない。
庶民の蓄えもどうだかねえ?
貯蓄した「つもり」でも、政府系金融のお偉いさんは「共産党員」だから、北京の命令で上海株の下支えをやらされて、不良債権の山を築いているかもなあ?

取付騒ぎ。取付騒ぎ。

そんな不安定な奴らが物を「買える」かねえ?
ODAを呉れるかねえ?

最早「媚びる価値」も消え失せつつある。

日本の支那チス(民主党ほか)はヴァカだら、健気に(地獄まで)ついていくだろうが、懸命なASEANの民は夢そんなことはあるまい。

APECでも、キンペーの中身のない所得倍増計画(笑)より、TPPに興味津々だ。

この「多数派工作」は日米の勝ちだ。

経済的魅力「でも」もう支那は世界をかき乱せない。

あばよ。
漢民族同士の軍閥内戦で食い合ってて(笑)

餅は餅屋

nanashiさんが評価されるように、管理人氏の実体験に基づいた中韓の話は拝聴に値しますが、英国の話は床屋政談の域を出ていないと思います。

日本人と支那人の見分けがつかないのは庶民レベルの話で、支配層はとっくの昔に「支那人は狡猾そうに見えるが、実は間抜けで、国家に対する帰属意識も希薄だ」と見抜き、瘠せていた豚が再び太って食べ頃になって来たので、じっくり煮込んでスープを搾り取ろうとしているのです。

そして、「英米のグローバリストの敵は今も昔も国民国家を志向するドイツであり日本なのです」と指摘されている通りで、裏を返せば日本と人類の敵こそ英米のグローバリスト達です。

しかし、支那人の上を行くユダヤとイギリスの狡猾さにも「人智」という限界があり、欲に目が眩んだ企みには必ず落とし穴があって、支那から日本を完全に排除しようと蒋介石を唆(そそのか)したが、支那から始めた戦争が拡大し、結果的に多くの植民地を失ったように、将来の英国も再び自ら掘った落とし穴に陥ると自分は見て、前のコメントに「貧すれば鈍す」と書きました。

現在、仕事が詰まって家に寝に帰るだけの生活が続いて、多くの文言を連ねることが出来ませんが、nanashiさんのコメントには同意するところが多々あったので、コメントした次第です。

ローマ帝国の滅亡となぞらえて

ニアル・ファーガソン

ギボンの『ローマ帝国衰退史』を引用しつつ現在の欧州は5世紀初頭のローマのようにまだ平和な状態が続くと慢心していると断言。
http://www.bostonglobe.com/opinion/2015/11/16/paris-and-fall-rome/ErlRjkQMGXhvDarTIxXpdK/story.html?event=event25

首相安倍晋三氏へ「帰化未帰化在日韓国人捏造従軍慰安婦=韓国式捏造従軍慰安婦=追軍売春婦に基づき、韓国へ3億円を支払え!」と韓国式デタラメごり押す首相官邸キムチ高官たち = キムチ経済産業省出身の通名使用帰化在日韓国人たち(今井尚哉、柳瀬唯夫、長谷川榮夫、宗像直子など)

(緊急の情報拡散と協力要請)

首相安倍晋三氏へ「帰化未帰化在日韓国人捏造従軍慰安婦=韓国式捏造従軍慰安婦=追軍売春婦に基づき、韓国へ3億円を支払え!」と韓国式デタラメごり押す首相官邸キムチ高官たち

= キムチ経済産業省出身の通名使用帰化在日韓国人たち(今井尚哉、柳瀬唯夫、長谷川榮夫、宗像直子など)

それゆえ、

・首相官邸職員、内閣府職員などへ背乗りしているキムチ経済産業省出身者全員の即時解雇
・キムチ経済産業省出身者の首相官邸職員、内閣府職員などへの背乗りの禁止
・キムチ経済産業省の即時廃止
・通名使用帰化在日韓国人疑惑の増田寛也の即時解雇
など
を何回も強く要求しましょう。

ブラックジョーク

中国では偽札が横行しています。ATMから出る人民元でさえ偽札が含まれています。その偽札を銀行は真札に取り換えてくれません。そんな人民元を国際通貨にするとは、IMFはいくら中国から裏金をもらったのでしょうか。

中国は偽札対策で新100元札を発行しました。が、国民が新札を信用していません。新札を偽札鑑別機に通すと「偽札」と鑑別されるそうです。新札を病院で使おうとすると受け取って貰えないなど混乱しています。

中国人民銀行は12日から発行した新100元札について、受け取りを拒否してはならないと圧力をかけています。

これで国際通貨にするなど「ブラックジョーク」にもなりません。

仏国テロは必然

ソロさま

> 然しそれでも、ISのやり方は、如何にも悪魔的でしかも卑怯・狡猾である。

との事ですが、仏露のシリア空爆は神的で公正・正直なものなのでしょうか?

皆様、「アラブの春」以降の事を論じられますが、そもそもの起こりは第1次世界大戦時インド帝国防衛の為、アラブ諸族をしてオスマントルコ打倒に向かわせアラブ統一国家を約束した「アラブ反乱」が原因では。結局統一国家は作られず、シリアは仏国の権益となり中東の石油は永くアングロサクソンが支配することとなります。

IS側の視点に立てば、人権だ、正義だと言ってパリの死者数は数えるのにシリアの死者が軍人か、民間人か、何人なのかに一切興味を持たないダブルスタンダードな諸国には全て憎悪を抱くのは当然でしょう。まして、報復爆撃に乗り出した仏国は全土が戦場と化しても不思議はないと思われます。

人民銀が短期金利を下げたが、

下げ幅がすげえW

2%以上下げるの?

もっと「借金」をして投資することで景気を下支えせよとの北京の命令なのか。

「一度に」2%以上下げるってことは、それだけ民間は投資に慎重になっている(=景気激悪)ということだろ。

借金は返さなきゃいけないしなあ。

債権者が全部西側資本ならいいが、「信用の無い」支那の中小企業の債権者は支那の政府系金融だろ?外資は貸してくれないよ。

焦げ付いて不良債権の山を築き、そして、

人民の預金や年金

に手をつけるわけだね。

日本の消えた年金騒ぎの比ではあるまい。

A:首吊って氏ぬか?
B:武警から武器強奪して商店強盗に入るか?
の二択を漢民族は迫られることになろう。

といって、このまま投資が萎んでいけば、中小企業の倒産と国営企業のリストラで漢民族のニートが増え続け、やはり先のABの二択となる。

どちらにせよ漢民族は仕事を失い、いつか反乱を起こす。
当然、死んでいくのも漢民族だろう。

共産党のクソどもはすっかり逃げモード。
エリートが逃げしか考えられない時点で終わってるよ、あの国。

国破れて元共産党員の華僑あり
だな。

実に下らない漢民族の民度。器の小ささ。

>善意のギャンブル
ワロタwまあ、イギリス人は大概のことを賭け事にするが、負けるほうに掛けちまったってカンジw

ハリウッドを牛耳っているのもユダヤ

ISISの宣伝動画が異常に不似合いな「機材」を使っている。

たとえば砂漠でトヨタの機関砲積んだピックアップを背景にオトコが一席ぶってる画像なんだが、長いレンズ使って、絞り開放に近いところで撮ってる。
しかも、ちゃんと照明も入れてます。
映画でも撮っているみたいな機材なのだ。
カネもかかるし、プロの映画屋がいないと撮れない。
素人さんには判別つかないと思うが、ビデオ屋と映画屋で、機材も撮り方も違う。

ある動き

イギリス国 VS 中国 ・・・?

世界の影の支配層として「ユダヤ」が取り沙汰されますが、この場合の「ユダヤ」は国家としてのイスラエルではなく、ユダヤ系国際資本であって、通常は目に見えない。・・・まあ、そこから様々な陰謀論が出てくるわけですけどね。

さて、「チューゴク」なんですが、勝海舟などはシナを普通の意味での国家とは見ていませんでした。慧眼です。

そんで、イギリスと中国の関わりを、通常の国家同士の関わりと捉えると本質が掴めなくなるのではないか・・・と思うわけです。

イギリスの背後にはユダヤ国際資本。イギリスという国家は、もしかしたらぬいぐるみに過ぎないのかもしれない。

・・・で、「チューゴク」。これは衰退するとか滅びるなどという視点では捉えきれない鵺のような存在でしょう。ですから、チューゴクを突き動かしているものは、厳密な意味での国家意志というものではなく、もっと不可視な曰く言い難い何かなのかもしれない。どんなに民族が入れ替わろうと、そこには輪廻の主体のような、ある何かがアイデンティティを保ちつつ断絶することなく持続していく。

ところで、AIIBだとか、中国共産党と習近平の運命だとか、あるいは南シナ海だとか、そんなことのずっと背後に、ある興味深い動きが察知される。

まことに静かに、チューゴクが金・ゴールドを蓄積し続けている。チューゴクのGDPはペテンですが、同様に金の保有量も実態が掴みにくい。

この動きは、5年10年のスパンではなく、もしかしたら100年単位の超長期計画に基づくものなのではないか・・・?

「にっぽんじん」氏が偽札に言及されていたが、チューゴク人は何も信用しない。しかし、唯一の例外がゴールドなのではないか?

シナ豚を太らせて料理するつもりが、シナに投資された莫大なマネーが、知らぬ間にゴールドに形を変えて蓄積されていく。そしてこの動きが長期にわたって持続するならば・・・。

ユダヤ国際資本における価値(マネー)の抽象性などチューゴク人は決して信用しないでしょう。そしてゴールドという実体的価値を神として、ある目論見を具現しようとしているのではないか・・・? ゴールドの動きを根拠に、チューゴクでの本当の主役はいったい誰なのかを考えてみるのも有益かもしれない。

「世界中から収奪して来た財宝が尽きてきたからじゃないのか。」名無し氏。・・・オモシロイですね。ぬいぐるみの中にしまっておいた宝物がすっからかんになり、粗大ゴミとして捨てられる・・・。まあ、大英帝国王冠だけは売り飛ばさないようにしたほうかいい。 104 カラットのサファイアとかね。



コーヒーの飲み過ぎでとんだ誇大妄想になってしまいました。心よりお詫びいたします。

マレーシアでの安倍首相の存在感よ

着実に対支包囲網を築いている。

米オバマを始め「巻き込んでいる」。

フィリピンとベトナムにODAを供与。
うちフィリピンについては35㎞のマニラへの通勤鉄道整備受注を取り付けたうえ(支那が一度受注したが「頓挫」)、大型巡視船供与の申し出を行った。
ベトナムは建国の英雄の名を冠するホーチミン市の鉄道・下水整備にODAを貰い、直ちに日本の安全保障関連法成立に支持を表明。日本の新造巡視船供与の調整も着々と進む。

両国、明確な支那への敵対行為だな。

支那はフィリピン、ベトナムに後ろ足で砂をかけられた形だな。キンペー涙ふけよw

ま、これも小国の知恵。
「勝つ方」につくだけの話さ。
勝つ方=日米連合。

フィリピンを脅迫し、APEC首脳会議で南シナ海問題が議題に登るのを阻止したからといって、それだけで慢心してはいけないということだよキンペー君。

奴は、というかあの国の指導者は、常に国内の政局を見、そのために経済・外交政策を打つ。
それ故の視野の狭さがあり、それ故に「場当たり的」になり、国家に大損害を与えるのだが、キンペーの外交姿勢が「国際的孤立」を招いたとする批判が共産党内にはあり、それが自分の失脚に繋がりかねないのさ。

江沢民派・胡錦濤派による嫌がらせに他ならない。
「口実」があれば、何にでも突っ込んでいく。ダブルスタンダードも国益喪失も気にしない。

それがアカ野郎。
日本の民主党のゴタゴタにそっくり。さすが(バカ)親子w

あああと、ウイグルでジハード戦士を28人倒したと調子に乗ってるようだが、支那の側は「9月に」警官を16人もやられたことを忘れてはいけないよ?

2ヶ月も経っているじゃあないか。

こういう市中テロの場合、ほんの一昔前までの報道では、

その場で射サツした

となっていた記憶がある。

なぜ「その場で」処置できなかった?

「軍事費以上にカネ」をかけてるのに、治安対策の実が上がってないんじゃないかね?
ウイグル族どころか、これからは飢えて追い詰められる「漢族の」反乱も心配になってくるというのに、
先が思いやられますなあ。

ISのアラブ世界での存在意義について  1

>本瀬様、ソロです。 表現上の齟齬であろうと思いますが、反論させていただきます。
>>仏露のシリア空爆は神的で公正・正直なものなのでしょうか?
>>IS側の視点に立てば、人権だ、正義だと言ってパリの死者数は数えるのにシリアの死者が軍人か、民間人か、何人なのかに一切興味を持たないダブルスタンダードな諸国には全て憎悪を抱くのは当然でしょう。まして、報復爆撃に乗り出した仏国は全土が戦場と化しても不思議はないと思われます。

私は過去にも、此処でも、仏露のシリア空爆を支持した事はありません。 それ処かマスコミがISのテロに拠る仏露の民間人犠牲者を』殊更に取り上げる癖に、其の何十倍もの犠牲者を出している事が顕かな、シリア空爆の民間人犠牲者数について言及しない事へ疑問を呈している筈ですがね。

>>皆様、「アラブの春」以降の事を論じられますが、そもそもの起こりは第1次世界大戦時インド帝国防衛の為、アラブ諸族をしてオスマントルコ打倒に向かわせアラブ統一国家を約束した「アラブ反乱」が原因では。結局統一国家は作られず、シリアは仏国の権益となり中東の石油は永くアングロサクソンが支配することとなります。
↑に本瀬さんがご指摘された事は、私も別の例を引いて指摘しています。 要は、英仏が中東諸国を初めとする有色人種国家に対して、是までの歴史で如何に謀略を使い、その実武力侵略に等しいのに、邪悪で狡知に長けた三枚舌で、支配層をペテンにかけて、結果、絶えず生存の危機に在る一般民衆同士に、自ら創り上げた敵を指し示して、武器を与えて血で血を洗う戦いを繰り広げさせ、揚句に、在ろう事か、互いの神を隠れ蓑にして、神の名を使って虐殺行為を正当化させて、民衆の悲しみや痛みを発生させた責任を、行為者双方に押し付け、自らは、その責任を隠ぺいし、良心の呵責=神の罰?から逸らしてきたのです。

真実の歴史を言えば、中東問題は宗教対立などでは元々なく、資源に貧しい欧州各国が、20世紀初頭に開発した中東の石油資源を独占的な支配下に置きたいが為に行った侵略でしかない。 それが証拠に、石油資源の恩恵に与ったアラブの民がどれ程いると言うのだろうか。 彼らに齎されたのは一部の支配層の富裕化以外は、石油をめぐる争いや謀略に拠る紛争、戦争ばかりではなかったか。

IS自身は自身の成立原因を、この白人国家群の差別的な謀略に満ちた侵略行為を明らかにし、アラブの民の総意で反撃を始めるというものであった筈だ。

然し、彼らが代表したはずのアラブの民=各派イスラム教指導層は、彼らを「似非イスラム」と断定し、寧ろ、敵と見做しているのは何故か?  陰で彼らが、ISが掲げた大義を信じて集まって来たイスラム教徒、或は非イスラムの兵士に、如何なる支配、扱いをおこなったかを、しれば、その虚構が明らかになる筈である。

  其処に、世界中のジャーナリズムが気付き、あるものは兵士として潜入し汰はいいが、身も心も捕まり、あるものは、正面から取材を申し込んで捕まり、多くは公開処刑された。 この様に、何故ISが、中立の立場の報道機関を介在・介入させて、自らの正統さを宣伝・報道させる事を拒否するのかと言えば、IS内部に、イスラムの大義には相容れない何かが、顕在していたからではなかったか。 それがなんであるか、イスラムの未知は、我々の類推すら阻んでいる。

事実、16億人と言われるイスラム教徒の多くがアラブ世界にいるのに、その実態は他の多くの人口を占める宗教の世界には、余りにも知られていないし、興味も持たれていない。 ある意味、隔絶されていると言ってよいだろう。

  その内部常識が一部でも日本で明らかにされたのは、寧ろ21世紀になってからではなかったか。 我々が暮らす文明社会から見たその男女差別肯定の酷さは、ノーベル賞を受けた告発者が、実際に弾圧を受けた少女であったからこそ、世界に知れ渡ったのですが、他にも、家族レベルで如何に自身の子供を含む本来守らねばならない子供たちに対し、凄惨な虐待行為を行っていると言う風聞もあります。

  一方では、穏健さしか感じさせない宗派がいるかと思えば、民間人の巻き添えを一切顧慮しない過激なテロ集団もいるワケで、曰く、アラブ世界も謎に満ちていますが、モノや安全に溢れた「近代社会」では想像もつかない、中世然とした非人道社会である可能性があるのです。

彼らISが、そんな抑圧されたイスラムの民に対し、どんな庇護を与えていると言うのか、テロや侵略行為で、本当にアラブの民の無念さや悲哀を代表しているといえるか? と言う疑問が湧く。 ISは唯、シリアの民のフランスに対する憎悪を利用しているだけの営利を目的とした、テロ扇動犯罪集団に過ぎないのではないのでしょうか? と私は言いたかったのです。

≪保存版≫ ■川野純治=通名使用帰化在日韓国人工作員。皇太子時代の今上天皇陛下へ韓国式火炎瓶を投げ付けたテロリスト。■照屋寛徳(社民党)=通名使用帰化在日韓国人工作員。沖縄県限定弁護士。大麻で逮捕歴あり。沖縄県の独立及び独立沖縄県の韓国への併合又は共産シナへの併合を主張。

≪保存版≫ ■川野純治=通名使用帰化在日韓国人工作員。皇太子時代の今上天皇陛下へ韓国式火炎瓶を投げ付けたテロリスト。■照屋寛徳(社民党)=通名使用帰化在日韓国人工作員。沖縄県限定弁護士。大麻で逮捕歴あり。沖縄県の独立及び独立沖縄県の韓国への併合又は共産シナへの併合を主張。

*****
sakuhana 女史 ツィート 平成25年4月11日 [加筆済み]
■川野純治=通名使用帰化在日韓国人工作員。皇太子時代の今上天皇陛下へ、菅直人[韓サンチェ]、千葉景子[韓国人名不明]ら通名使用の帰化及び未帰化の在日韓国人たちが日本国へ持ち込んだ韓国式火炎瓶を投げ付けたテロリスト。
■照屋寛徳(社民党)=通名使用帰化在日韓国人工作員。沖縄県限定弁護士。大麻で逮捕歴あり。沖縄県の独立及び独立沖縄県の韓国への併合又は共産シナへの併合を主張。
*****

-----
平塚パラヤン女

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【韓国人になりすまして安倍総理を叩きましょう】

助けてください!!! このままでは、『TPP』も『移民受け入れ』も『道州制』も『国家戦略特区』も『消費税増税』も『マイナンバー』も『日本人大量処分』も実現しなくなってしまいます!!! 今から説明する【1】【2】【3】【4】の内いずれか一つでもいいので実行してください!!! 【1】『安倍総理は在日特権を無くそうとしている!』『安倍総理は韓国人の入国を厳しく制限しようとしている!』のような内容の情報を流し、安倍総理が韓国人を敵視している人物であるかのように情報操作する 【2】『国家戦略特区は我々韓国人に対する差別を助長する政策だ!』『マイナンバーは我々韓国人を迫害するための政策だ!』のような内容の批判をおこない、安倍総理の政策に反対しているのが韓国人であるかのように情報操作する 【3】『オラ~!』『ボケ!』『クソが!』『くたばれ!』のような粗暴な口調で安倍総理を叩いて『安倍総理を批判してる奴=気違い』という印象を作る 【4】『宇宙人』『神』などの言葉を用いて安倍総理を批判し、反安倍派の主張の信憑性を損なわせる
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

爆買いというマネーロンダリング

中国には貧困にあえぐ人民もいれば富裕層もいます。日本に来ている中国人観光客はどちらでしょうか。「ねずさんの独り言」のブログに面白いことが書かれていました。

中国の経済は悪化し、外貨準備高が急減しているのは事実です。その中にあって中国人観光客が沢山日本に押し寄せて、日本製品を爆買いしています。

彼らは本当に富裕層でしょうか。買っていく商品はトイレットや薬などおよそ富裕層が求めるものではありません。彼らが使用する「お金」はどこから出るのでしょうか。

自分で稼いだお金かも知れません。が、中国人の習性は貯蓄です。老後の保障がない彼らは自分の老後のために「子供の教育」と「貯蓄」にお金を使うのが一般です。

ブログによると、中国経済の悪化によって「元」の価値が紙くずになる可能性があるそうです。その「元」を巨額に持っている政府高官や富裕層は「元」の価値があるうちに他国の通貨に変えたいと考えているようです。

中国では「元」の持ち出しに制限があります。そこで考えたのが疑われない「元」の外貨通貨変換です。大量(限度額)の「元」を中国人観光客に渡して外国通貨に交換させ、報酬として観光費用を渡すという面白いトリックです。犯罪として立件が難しいマネーロンダリングです。

嘘か本当か観光客に聞いてみて下さい。ありうるような気がします。

スレ違い失礼いたします。

こちら、聴いているのですが
ちょっとガクブルでございます。

2/3【討論!】南シナ海波高し!アジア大転換の時[桜H27/11/21]
http://www.nicovideo.jp/watch/1448008918

[帰化未帰化在日韓国人社員が大量に入り込んだ]協同油脂は、韓国忠清南道礼山郡に工場を建設し、同郡が運営する礼山サラン奨学会へ1000万ウォンを寄附していた。=オランダおよびフランスに販売拠点を置くこと、韓国および共産シナに生産拠点を置くことは、帰化未帰化在日韓国人および韓国人のやり方である。

[帰化未帰化在日韓国人社員が大量に入り込んだ]協同油脂は、韓国忠清南道礼山郡に工場を建設し、同郡が運営する礼山サラン奨学会へ1000万ウォンを寄附していた。=オランダおよびフランスに販売拠点を置くこと、韓国および共産シナに生産拠点を置くことは、帰化未帰化在日韓国人および韓国人のやり方である。

*****
豊中の発展をともに考える会 君 Twitter H24/11/7 (加筆済版)
【売国企業】[帰化未帰化在日韓国人社員が大量に入り込んだ]協同油脂は、韓国忠清南道礼山郡に工場を建設し、同郡が運営する礼山サラン奨学会へ1000万ウォンを寄附していた。

←オランダおよびフランスに販売拠点を置くこと、韓国および共産シナに生産拠点を置くことは、帰化未帰化在日韓国人および韓国人のやり方である。
←スウェーデンおよびフランスは、韓国および共産シナの親分である。
*****

by長野県J

国連への反論

マイク・ホンダアメリカ議員などが国連で日本軍慰安婦に関して日本を追及するという記事をみました。良い機会です。日本政府はその場で正しい反論をしていただきたいと思います。

反論は全て事実に基づく内容で行い、謝罪しているなどといった誤解を招くことは言わないで欲しい。言って欲しいことを下記します。

1.朝鮮人女性を強制的に連行したという客観的証拠は、日本及び韓国政府が調査した結果、韓国にも日本にもなかった。

2.韓国の言う唯一の証拠は元慰安婦の証言だけで、その証言の検証は行われていない。元慰安婦の証言が証拠となるなら、韓国政府を訴えたアメリカ軍慰安婦122名の元慰安婦の証言も証拠となる。

3.アメリカ政府が3千万ドル掛けて調査したIGR報告書では慰安婦に関し、日本軍による戦争犯罪は見つかっていない。

4.その調査で見つかったのは1943年の朝鮮人慰安婦尋問記録とベトナムでの韓国軍慰安婦記録だけだ。1943年の朝鮮人慰安婦尋問記録では慰安婦は単なる売春婦と書かれている。

5.20万人の朝鮮人女性の強制連行を見た朝鮮人は一人もいない。また、韓国軍がベトナムに残した数万人に上ると言われるライダイハン遺児と異なり、日本軍遺児は韓国に存在しないし日本軍の強制連行に対する朝鮮人男性の反対暴動も起きていない。

6.個人賠償責任は1965年の日韓基本条約で完全に終わっており、個人賠償は韓国の国内問題である。

存在したのは単に売春婦としての「慰安婦」だ。21世紀の現代においても多くの韓国人慰安婦が世界で活躍している。70年前の慰安婦問題より現在の韓国人慰安婦問題が問題ではないか。

英国が許される外交姿勢とは

>>もし英国が詐欺師である中国人の歪んだ品性を知っていれば、キャメロン首相がアメリカの静止も聞かず、真っ先にアジアインフラ投資銀行に参加したり、今回のように中国製原発や、高速鉄道の参入に合意などしない。
 ブログ主のご指摘には一理あると思いますが、残念ながら全面的に賛成しかねます。と言うのは、英国が以前の様に、諜報施策に大きな額の予算を回せなくなったのは事実としても、英国には最低限の諜報収集力をカバーしうる情報チャンネルを持って居たと考える事が出来るからです。

 ご指摘の英国の国力が黄昏に向っている事は同意しますが、AIIBへの参加や今回の習訪英歓迎を執権のキャメロン首相が肯んじた事を以て、諜報力の不在が決定的であるとか、英国が大英帝国時代の誇りを失ったとは、一概に言えないのではありますまいか。

  つまり、英国にも反キャメロン派がいる筈ですし、PRCの予期せぬ大型投資で潤う企業勢力も、その反対の影響を受ける勢力もいる筈だからです。 概して、国家として外資の資本投下は歓迎すべき事でしょう。 譬え、その内容が現実には在りえない事だとしても、内政的には良いニュースである事、或は、対米外交的に有効である可能性はあるからです。 幾ら格上意識が顕在だと言えど、その格下に見向きもされない状況が一番辛いのです。

然も、気を遣うべき米国の主とは、あのオバマです。 既に次政権は期限切れで、望むべくもないレイムダックに等しい状況で、対米従属する他はない日本とは立場も違い、是等が、英国にとって国益に沿った行為であるからには、彼の機嫌を損ねる事など大した問題ではないでしょう。 英国はこの先、オバマの顔を出来るだけ立てて、次の大統領との付き合いを重視すればよいだけの事ですから。

第一オバマ米国は、ついこの前までは、親PRC路線を採って来たではありませんか。更に、 そのオバマは人権擁護で夙に有名でノーベル平和賞受賞者であるにも拘らず、親PRCの間は、PRCがチベットで、ウィグルで現在も行っている重大な人権侵害行為に何の批判も指摘も行ってこなかったワケで、英国をもし「裏切者」と呼ぶなら、「偽善者」と言う称号で反論するでしょうね。 曰くこれが、独立国家と従属国家の差です。

  日本の外務省辺りは、こうした英国の「狡いが綱渡り的な外交」も、身に着けるべく学習したほうがよろしいと思います。

英はわかっててやってますよ。落ち目だとわかってても、それしかこれまでの生活を維持する術がないから。まあ、なくしたのは日本ですけどwずっと金融不正やら為替操作でズルして日本から金を強奪してきたんですから、自業自得ですね。欧米のやり方は所詮焼畑。育てることをしない。植民地主義からなんら変わっていない。反省してませんからね。既にあるものを奪うだけ。そんなやり方で永遠に続けられるわけがない。何度もそうやって国が滅んできてるのに何も学んでいない。昔と同じようにまた滅びるだけ。中もそう。朝鮮は頭悪いからさらに国のスパンが短い。英や中は頭があったから多少長引かせられた。でも結果は同じ。したも歴史捏造してるから学べない。同じことの繰り返し。何度も間違えて、滅びる。

英国はマヌケか?

辻本さんのおっしゃる様に多数の英国人はマヌケだと思われる。
しかし、米英の強欲さは第2次世界大戦以来自明だろう。
その戦争で、米国は経済規模を2倍とし、英国も多分にそのおこぼれにあずかった。中東は弱虫オバマを上手に使ってボヤから大火事にできた。これで当分エネルギーコストは高く保てる。プーチンロシアも高笑いだろう。次の狙いはアジアの紛争で兵器の在庫一掃か?
習近平は徐々にチャイナのヒットラーとしての役割を演じさせられているのでは?キャメロンはチェンバレンかも。

世界最強の軍隊と世界最大の経済を持つ米英アングロサクソンの強欲さは比類ないものだと思う。それにロシアの辣腕が加わって世界を支配する構図は長らく変わっていない。

20世紀最悪の悪魔の集会がヤルタ会談でチャーチル、ルーズベルト、スターリンの集まりだ。その写真はまさに妖気漂う不気味なものだと思う。

マスコミが見たくない動画

日本のメディアの多くが中国に支配されているとアメリカで発言がありました。中国や韓国に関する不都合な真実は報道されません。日本のメディアが見たくない動画を下記します。

英語版で良く出来ています。是非海外に拡散をお願いします。

ベトナム戦争 韓国軍によるベトナム人女性暴行の証言 ライダイハン問題 
https://youtu.be/AbL_BKLVhJo

ドキュメンタリー

北朝鮮から韓国へ脱北してきた男性が

「韓国で暮らすのは大変です。ここでは何でも自分で考えて決めなくてはなりません。朝起きて、何を食べたらいいのか考えるだけで苦しくなってきました。北にいた時には、自分で何かを決めたりする事はありませんでしたから」

と。

大阪W選挙

 ソロです。 スレ違いでごめんなさい。 時事ネタです。
さて、大阪W選挙の結果ですが、大阪維新の会の2勝、然も、Wスコア以上の圧勝に終わり、選挙前、接戦を伝えられていた反維新勢は、屈辱的惨敗としか言いようがない負け方で、両候補者と大阪自民の選挙責任者は沈痛な面持ちで、栗原府知事候補に至っては、半泣き状態での会見でした。

 これ等惨敗の原因は、「大阪自民が共産党や民主党と相乗りした決断に在る」と言っても過言ではない。 その証拠に、維新、大阪維新の支持層の投票先が共に、大阪維新候補者向け100%近かったのに対し、自民支持層の1/3、公明支持層の1/4が、大阪維新候補者に投票したと回答したからです。

 是は偏に、自民党支持層の「共産党や民主党と組むとは何事か」と言う反発の意思表示である事は明らかです。 この所為で、府知事選での得票数はW~トリプルスコア 票差にして100万票、きわどい接戦を予想された市長戦でも、1.5倍~2.5倍、票差にして10万票と言う、大阪維新の地滑り的勝利に終わったのです。

 是なら、近い将来、大阪府と市は、特別政令都市化するのは確実でしょう。 但し、投票率は、知事選50%、市長選45%との事ですから、1年間の裡の変化、特に橋下氏の市長を辞めてからの去就の行方は、態勢に大きな影響を与えるでしょうね。

 大阪自民の失敗は、旧態を腐らせた張本人である「共産支持勢力と自民支持勢力のなれ合い組織」の影響力を排除できず、反維新勢力の圧力に屈して、図らずも、既存勢力側に立ってしまった事に在ると申せましょう。

 それが証拠に、両候補者は自身で、維新勢力との主張の差をはっきり認識できなかった故に、選挙民に周知する事が出来なかった。 
 大阪自民自身が、この先も「なれ合い組織」の影響を脱する事が出来ないのなら、来年の参議院選挙も、統一地方選挙も惨敗に終わる可能性が出て来た、と言う事だと思う。 その点、公明党は「自主投票」にして、中立を保ったのだが、是こそ賢明で、選択すべき手段だったと言えよう。

 亦、大阪では、大阪自民よりも大阪維新の方が、より安倍政権に親いとの印象を持たれているが、安倍さん自身は、是を行動ではハッキリと否定しているように見えるが、言葉ではしていないのは、「借金だらけで疲弊した大阪」の実態を作り出した原因の裏に、なれ合い集団と言う劣化成分がある事を熟知していたからだろう。

 改革は安倍政権の望む処であるが、大阪自民やその支持者たちは、その点、自身がドゥ見えているのかすら、正確に認識できていなかった、と言うべきだろう。

 安倍政権は、来年の為に、こうした「腐った根」を排除してゆかねばイケません。 頑張れ、安倍首相。

【帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会=キムチ公明党=キムチ創価学会=きむちマスコミ各社】

(緊急情報拡散)

【帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会=キムチ公明党=キムチ創価学会=きむちマスコミ各社】

帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会

= 帰化在日韓国人公明党 = 帰化在日韓国人新興宗教団体の創価学会 =自民党候補者両候補者を支持するフリをして帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会両候補者へ投票した韓国式自作自演

= 帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社 = 「帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会は、帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社特権を死守してくれる最後の砦ニダ」として24時間中帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会を韓国式宣伝ステマし日本人B層を誤誘導 = 公職選挙法違反 = 日本国憲法違反

=====

橋下 徹 = 同和なりすまし創価学会員の帰化在日韓国人
松井一郎 = 同和なりすまし帰化在日韓国人の朴一郎

=====

平成27年11月22日(日)投票開票の大阪府知事選挙、大阪市長選挙および大阪市議会議員補欠選挙(西成区)において、自民党・共産党・民主党・松井維新・社民党は、新自由主義=ポーランド系チェコ系ルーマニア系米国ユダヤ人グローバリズム=帰化在日韓国人ファシストおおさか維新の会=を排除したかったのです。

=====

【「福岡県マーメード」女史からの注釈】
●全羅南道、済州島などの韓国南部=ホワイト丁部落などの朝鮮半島被差別部落が莫大数存在
●「差別」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句

●童話=1639年日本国鎖国から1910年日韓併合までに日本国へ密入国し不法滞在している全羅南道、済州島などの朝鮮半島南部の朝鮮半島被差別部落民
●帰化未帰化在日韓国人=1910年日韓併合以降日本国へ密入国し不法滞在している朝鮮半島人と韓国人

●文部科学大臣下村博文H25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」をやめて日本国式漢字書き「子供」へ統一]

橋下 徹は、大阪府および大阪市を借金だらけにした張本人です。

(緊急情報拡散)

橋下 徹は、大阪府および大阪市を借金だらけにした張本人です。

改革=規制改革=規制緩和=日本国民に平等な条例、規則等を改悪して民団などの帰化未帰化在日韓国人団体へ利益誘導(利権誘導)し、その負担を日本国民へ押し付けること
----

橋下 徹大阪府知事は退任時に「大阪府は優良会社になりました」などと言っていたが、
新社長が就任したとたんに売り上げが落ちて最終的に半分にまでなった会社は、「崖っぷち会社」と呼ぶべきだろ。帰化未帰化在日韓国人マスコミ各社と協力して日本人B層を誤誘導しまくる、この同和なりすまし帰化在日韓国人ペテン師野郎!

平成15年度 法人事業税:2692億 法人府民税:643億 太田房江

平成16年度 法人事業税:3168億 法人府民税:722億 太田房江

平成17年度 法人事業税:3627億 法人府民税:843億 太田房江

平成18年度 法人事業税:3822億 法人府民税:901億 太田房江

平成19年度 法人事業税:4868億 法人府民税:1093億 太田房江

平成20年度 法人事業税:4394億 法人府民税:980億 橋下徹

平成21年度 法人事業税:2597億 法人府民税:771億 橋下徹

平成22年度 法人事業税:1507億 法人府民税:544億 橋下徹

こんにちは

テロリストも国際情勢に翻弄される!?

9.11と11.13パリテロの共通点は、その発生タイミングです。

先に今回のパリ同時多発テロが発生した前後の国際情勢を見てみましょう。まず欧州方面ですが、ロシアが自国の軍事力を世界にアピールするためにシリアに軍事介入しました。プーチンという英雄的指導者のもと軍国主義に邁進してきたロシアですが、兵器の近代化を世界にアピールする絶好の機会として、シリアを選びました。ロシアの実力を甘く見積もっていた旧来の軍事評論家たちは案の定度肝を抜かれました。おそらくは米国がアジア方面で支那への対応を迫られると踏んでのことでしょう。アジアに海軍力を集中させれば、中東方面での米軍のプレゼンスは低下します。従ってヘタレオバマのこと、ロシアとの摩擦を避けようとする。セオリーですが、プーチンの目論見通りオバマはロシアを静観しています。

ここに来てパリでの無差別テロです。当然ながら欧州はいきり立ちますが、オバマは「米軍頼み」になるのを嫌がって、しきりに「連帯」を呼び掛けています。しかしドイツやイタリアが冷たい。フランスとて左派オランドのこと、フランス単独でISの「恨み」を背負いたくはない。だから米国を引き込み矢面に立たせようと必死です。

もし米国が欧州を背負って中東に介入した場合、当然ながらアジア方面は当面の間波風を立てたくないと考えるでしょう。

これでいったい誰が得をするのでしょうか?

そこで「9.11」を振り返ってみましょう。

ブッシュJr.が大統領に就任した年に起こりました。ブッシュは共和党ですが前任のクリントンは民主党です。クリントンの容共政策と中途半端な中東政策により、アジアでは北朝鮮の核開発が野放しにされ、中東では過激派が勢力を拡大します。これを「再編」することがブッシュの最初の任務です。中東かアジアか、ブッシュ政権内で議論がされるわけですけども、当時のロシアはソ連時代の負の遺産をまだ背負っていて、財政破綻もあり不安定な状況で、外にかまけている余裕はありません。

このパワーバランス再構築議論の最中に起こったのが9.11です。イスラム過激派は米国がアジアに目を向けていたほうが好都合にも関わらず、どうして飛んで火に入る虫の如く米国に喧嘩を売ったのか、これが「9.11陰謀論」の土台となるわけですが、陰謀論に説得力がないのは「もう一人の主人公」がすっかり抜け落ちているからです。

つづく

こんにちは

つづきです

ブッシュ政権前のアジアで、北朝鮮を野放しにした「犯人」はクリントンのみならず「支那共産党」がいます。

支那は自らが力を蓄え、米国に対抗できるようになるまでの間、北朝鮮を米国への「当て馬」にしようと企て、様々な援助を北に対して与えます。クリントンはこれを見越してか、米国民の目を北に向けさせるべく、支那による北へのドーピングを黙認し続け、そのくせ北の脅威を煽る。

ブッシュは支那共産党による「北朝鮮ピエロ作戦」を根本から覆すべく、北を軍事力で叩き潰す選択肢を新たに追加します。北がなくなれば、支那の化けの皮が剥がれるという算段です。これに北が慌てふためき、米国の同盟国である日本に泣き付いて日本人拉致をうっかり認め謝罪してしまったのは有名ですが、イラク戦争が確定的になるや米国が急激に北への圧力を緩め、テロ支援国家指定まで解除してしまったのですから、金正日が日本人拉致を認めてしまったことを「激しく後悔」したのは言わずもがな。

さて、ブッシュが中東に軸足を置いたことで最も「得」をしたのはいったい誰でしょうか?

北は所詮支那の操り人形に過ぎなかったわけですから、黒幕たる支那共産党が最も得をしたことになります。

今回のパリのテロでも、米国がこのまま中東にズルズルと引き込まれていけば、もはや南支那海にかまけている余裕はありません。

従って私は、9.11も11.13も支那が1枚も2枚も噛んでいると推測します。

イラクのフセイン政権も支那共産党とはズブズブでしたし(支那の軍事顧問団がイラクに派遣されていた)、フセイン亡き後も支那はイランやパキスタンを通じて中東に影響力を持っています。

支那は「孫子の兵法」に基づき、あの手この手で敵を翻弄し、振り回そうとします。ロシアがISを敵として戦い、半ば英雄となっている間に、支那はロシアから最新戦闘機SU-35の購入を決めています。一旦はロシアから一方的にキャンセルされた同機を、このタイミングで購入にこぎ着けるとは、さすがは謀略の国・支那であると感心さえしました。

たかだかテロリストであるISに、オーバースペックの巡航ミサイルを数百発も撃ち込んだロシアですが、軍事予算の無駄遣いもいいところで、SU-35を売却してでも赤字を補填せざるを得ないロシアの台所事情を支那はよく見ている。侮り難い敵です。

おわり

原理原則、教育の荒廃

そもそも、維新とは日本人の常識では明治維新を指すものだろう。
幕藩体制で地方分権国家だった日本は、薩摩、長州などが勝手に外交まで始める混乱ぶりで危機感を持った人々により尊皇、佐幕を超えて大政奉還を実現して強力な中央集権国家を実現し富国強兵を目指したのが明治維新だろう。

橋下が維新を名乗った時に胡散臭いと感じなかった連中は小学校の社会科からずっと落ちこぼれたままの劣等生か、分かっていて中央集権国家を解体して弱体化させる悪意があるかでは。

同様に、外国が自国の領土を侵犯しているのにその国と友好など寝ぼけた事を唱える輩は売国奴だろう。竹島に軍事侵攻し占領下に置いている韓国は明確に現在唯一の日本の敵国だ。

韓国という国号を嫌って南朝鮮を愛用する右翼も勉強不足だ。西郷隆盛が征韓論を唱えた時にはわざわざ朝鮮征服とは言わなかった。まだ、韓国という国号はなく三韓征伐を踏まえての韓だったのだろう。大韓帝国という国が帝国としての承認を日本に得るためにおもねるように韓の文字を使ったのだろう。当時の大韓帝国高官は西郷の征韓論は全く聞いたことがなかったのか?古代の三韓征伐も知らなかったのか?つまり、「大」は清国からの独立、「韓」は日本への服従を意味したのだ。朝鮮と呼べばチャイナのもの、韓国と呼べば日本の属国という事だ。

多くの人や政府が中国と呼ぶのが気に入らない。華夷秩序に組み込まれているわけではないのだから中の字を受け入れるべきではない。
特亜3国以外は漢字の国号を使わないのだから世界標準の様に英語表記の現地音、または英語音でチャイナと呼ぶのが政治的に正しいのでは。

斯様に教育現場が左翼勢力に蹂躙された結果、教育は荒廃し当然の事が真逆に解釈される様な滑稽な世相には呆れるばかりだ。

まだ、あった原発の放射線で死んだものは居ないのに、飲酒、インフルエンザ、交通事故では死屍累々。「ビールは原発より危険だ」と言うと酒好きの方には怒られるかもだが、国民が死亡するリスク、、利便性を考えるなら、原発廃止前に禁酒法だろう。

こばです。
ちりちゃんです。

硫黄島さん、いつも勉強させてもらってます。
共時性なのかな。
前スレで、一つアップしましt。

さて、
イギリスの態度を分析するとして、
分析のカテゴリは、いくつかある。
・歴史的経緯:管理人さん
・資源(石油):ソロ?さんあたり
・??:硫黄父さん
 (お題目として、今回、何を対象として、分析してるかわかんなかった。ゴメ。)
・勢い??:その他大勢コメタ
と、思った。

お金方面の分析がないですよね。
基軸通貨って、キーワードがある。
CNの最近の態度?施策として、ここだと思ってる。
時間軸として、これ。
 BRICS
 AIIB
 IMF


11月30日にどうなるかな。
いろいろ、ぐちゃぐちゃしてるのだけど、
国際的な通貨になりたい、「元」がいる、
で、最近の国際情勢とすると、
CNのお金、私は、これしか見てない。
(私のリテラシーで、情報の分析です。)

今日は、ココで終わりにする。
ちりちゃんでした。
----
イスラム方面は、ゴメンナサイ、です。
いい?
まず、日本の分析からかな。



こんにちは

>ちりちゃん 様

英国の分析については、私はリアリズムの観点から正しく分析されるべきだと思いますが、所詮英国は日本から見て地球の裏側に位置する国ですから、英国が米国に反旗を翻すような事態に発展しない限りは、日本にあまり関係ないと見ていいでしょう。

今回のコメントのテーマは「テロとの戦い」という近年の世界的トレンドについて、テロリストを世界から孤立した存在として捉えると、その間違いが結果的にシッペ返しとなる可能性があるということです。

テロリストというのは、国家でないが故に叩き安い側面があります。ISを「悪の権化」のように罵る国々が、ISよりも大量の人命を奪ってきた支那やロシアを罵ることは自主規制しているように、言わば国民の鬱憤晴らしにテロリストが利用されているという側面もあるということです。

負ける可能性を含んだ国家間の戦争は嫌だが、負けることなどない“たかがテロ組織”との戦いとなると、急に盛り上がる欧米人の性質があります。

これを「利用」しようと企てる輩が「いない」と思うほうがどうかしている。

そういった観点から、私たちはISの後ろにいる「何者」かをよく観察しなければならない。でなければ、米国がまたぞろ中東に引っ張り込まれ、南支那海で知らん顔を決め込む可能性があります。

そうなったとき、我が国にとってどんな災難が降りかかるか、もはや言うまでもないでしょう。「うかつ」にもそんなことは想定もしていなかったとなると、北朝鮮を巡る6ヵ国協議で我が国は何も学ばなかったことになります。

ですから、世界をよく見て、我が国はどうするべきか、間違ってもいま中東に関与してはいけない。私たちはアジアの暴力装置を押さえ込まなければならない使命があるのですから、その暴力装置のやることをよく観察し、これに備えておく必要がある。

そのことを申し上げたかったのであります。

共産シナ企業が帰化未帰化在豪州韓国人の仲介で豪州北部準州のダーウィン港を99年間租借したことについて、即時破棄要求されたい。

共産シナ企業が帰化未帰化在豪州韓国人の仲介で豪州北部準州のダーウィン港を99年間租借したことについて、即時破棄要求されたい。
*****

『CatNA‏』氏の平成27年11月21日付けのツィート記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
シナ共産党指揮下の共産シナ企業が帰化未帰化在豪州韓国人の仲介で豪州北部準州のダーウィン港を99年間租借したことから、豪州国民の間に共産シナによる豪州国内不動産(土地、建物、水源水利、港湾など)の取得、所有、租借などに警戒感が広まっている。
=====

【抗議書52円も送っていただきたい!】

平塚パラヤン男

首相安倍晋三氏へ「民泊、自家用車シェアリングなどを解禁して、韓国人、共産シナ朝鮮族および共産シナ人を日本国へ大量流入させろ!」と韓国式デタラメごり押す首相官邸キムチ高官たち = キムチ経済産業省出身の通名使用帰化在日韓国人たち(今井尚哉、柳瀬唯夫、長谷川榮夫、宗像直子など)

(緊急の情報拡散と協力要請)

首相安倍晋三氏へ「民泊、自家用車シェアリングなどを解禁して、韓国人、共産シナ朝鮮族および共産シナ人を日本国へ大量流入させろ!」と韓国式デタラメごり押す首相官邸キムチ高官たち

= キムチ経済産業省出身の通名使用帰化在日韓国人たち(今井尚哉、柳瀬唯夫、長谷川榮夫、宗像直子など)

それゆえ、

・首相官邸職員、内閣府職員などへ背乗りしているキムチ経済産業省出身者全員の即時解雇
・キムチ経済産業省出身者の首相官邸職員、内閣府職員などへの背乗りの禁止
・キムチ経済産業省の即時廃止
・通名使用帰化在日韓国人疑惑の増田寛也の即時解雇
など
を何回も強く要求しましょう。

小さな波紋

呉善花氏と産経新聞社の英語版出版書がアメリカや海外で波紋を投げかけています。韓国の歴史改竄を暴露した内容に驚くと共に、自分たちが信じてきた歴史と異なることにとまどっています。

この英語版出版書は世界の学者や政治家に寄贈されたものです。もっと早く英語版の正しい歴史を世界に発信すべきでした。

これから、「この小さな波紋」が大きくなっていくことを期待しています。学者や政治家が騒げば一般の人も興味を持ちます。「信じられない」と言いながらも読めば「???」が生まれます。

黄文雄氏の「韓国は日本がつくった」も英訳して海外に送り出していただきたいと思います。

tpp

NAFTAにおけるISD条項による訴訟でカナダは勝ったことはあるのでしょうか?

ない。

アメリカは対米政府訴訟無敗。
米企業の対カナダ、対メキシコ政府は勝ちか賠償金で和解と、審議継続中

FTA(ISD条項)によって30以上もの国内法改定を余儀なくされた韓国が、それでもTPP参加を希望(検討)

青年日本の歌

青年日本の歌   作詞曲 三上卓 
http://www.youtube.com/watch?v=MMAkREdMNgo
汨羅の淵に波騒ぎ 巫山の雲は乱れ飛ぶ 混濁の世に我れ立てば 義憤に燃えて血潮湧く
権門上に傲れども 国を憂うる誠なし 財閥富を誇れども 社稷を思う心なし
ああ人栄え国亡ぶ 盲たる民世に躍る 治乱興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり
昭和維新の春の空 正義に結ぶ丈夫が 胸裡百万兵足りて 散るや万朶の桜花
古びし死骸乗り越えて 雲漂揺の身は一つ 国を憂いて立つからは 丈夫の歌なからめや
天の怒りか地の声か そもただならぬ響きあり 民永劫の眠りより 醒めよ日本の朝ぼらけ
見よ九天の雲は垂れ 四海の水は雄叫びて 革新の機到りぬと 吹くや日本の夕嵐
あゝうらぶれし天地の 迷いの道を人はゆく 栄華を誇る塵の世に 誰が高楼の眺めぞや
功名何ぞ夢の跡 消えざるものはただ誠 人生意気に感じては 成否を誰かあげつらう
やめよ離騒の一悲曲 悲歌慷慨の日は去りぬ われらが剣今こそは 廓清の血に躍るか

朴婆の空白の7時間疑惑、解明なるか?

この場合、仮に朴婆が大統領特権を盾に抵抗し、解明に至らなくても、追及し、

支持率を下げることに意味

がある。

日本の民主党がやった「自民党、感じ悪いよね?」戦術(笑)と同じ。

新政治民主連合が(北朝鮮と通敵する)左派政権実現のため頑張っている。
マスコミも援護射撃。

ナイス!

とっとと今の「中途半端な保守政権」を引き倒し、金正恩同志に南朝鮮を献上汁!

な~にが保守だ。

朝鮮戦争で韓国人をコロしまくった社会主義・一党独裁の支那にすがって「延命」しようとする時点で、保守でもなんでもねーよ。

結局韓国人は、

①北朝鮮人に降伏するか
②支那人に降伏するか

どちらかなんじゃねーか。

どっちかに膝を屈するなら

「①」がいい。
より「日本の国益」に適うので。

13億の支那人が5千万の韓国人を制圧するより、2千万の北朝鮮人が5千万の韓国人を制圧する方がしんどい。

手こずって、統治が安定するまで時間がかかる。

韓国人がその「生命をもって」稼いでくれた時間を使って、こちとら再軍備し、邪魔な在日を追い出すなり制圧することができる。

ロクに恩返しをしない韓国人だが、最期に役に立ってもらうよ…(笑)

まあ、いいか。

まあ、いいか。これ、書いちゃった。

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1074.html#comment82582

アメリカあたりは
イギリスとは逆にアジア人の全てを野蛮人と考えていたのではないでしょうか。
日本人も中国朝鮮人と大差ないと。

だからこそ原爆投下という非人道的行為が連続でできたと思います。

中国韓国朝鮮の性質をしれば、こいつらに核兵器を使用することを躊躇する者はいないでしょう。

一緒に見られた日本人はたまったものではありませんが。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。