スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米開戦の責任は米国      9月2日(水)


新華社通信は25日、「昭和天皇は中国への侵略戦争と太平洋戦争の発動を
指揮した侵略戦争の張本人だ」とした上で、「昭和天皇は亡くなるまで日本が
侵略した被害国と国民に謝罪を表明したことはなかった。その皇位継承者は、
謝罪で氷解を、ざんげで信頼を手に入れなければならない」と主張した。
(8月28日読売新聞)

中国のこのような非礼極まりない報道に対してはいつもハラワタが煮えくり
返ります。なぜ日本は中国のウソの対して本当の歴史を主張しないのか?
近現代史の真実を知れば知るほど日本は断じて侵略国家ではありません。

今回は日本が何故、支那事変(日中戦争)太平洋戦争の泥沼にはまりこん
で行ったかを検証します。

戦後、左翼史観で近現代史全体を日本悪者論に仕立てあげた捻じ曲がった
教科書で育った人たちに真実を知らせることは非常に重要なことです。

当時地球の隅々まで隙あらば手を伸ばし植民地化しようと企んでいる欧米列
強がひたひたと日本に迫ってきたのです。アジア諸国が次々列強の手に落ち
るのを見て、よちよち歩きの明治政府は恐怖で緊張していたはずです。この
ような国際状況を踏まえて日本の近現代史を見なければ真実はみえてきま
せん。

この当時の世界は地球の面積のほとんどを白人が支配しており、大多数の
有色人種は奴隷のような境遇に甘んじていたのです。有色人種の主権国家
は全世界で、日本、トルコ、タイ、エチオピアの4国しかなかったのです。

日本を欧米諸国の草刈場にさせないために、列強の隙をついて、同じ土俵
で生きる以外に自衛の道はなかった。このような国際状況を踏まえて日本
の近現代史を見なければ真実はみえてきません。

そして日本はアジアの端っこにある黄色人種だということです。白人から
見れば日本など植民地にして当然であり、早い者勝ちの領土なのです。

次の文章はある著名な知識人が書いた一文です。
「大東亜戦争の目的それ自体を俎上にのせ、満州事変以来の軍国主義的
支配を敢行して国を滅ぼした指導者を徹底的に糾弾しなければ真の反省し
たことにならない」

もしこの作者が目の前にいたら私は聞きたい、「あの当時欧米列強で軍国
主義でない国がありましたか?」と言ってやりたい。そして大東亜戦争で日本
が掲げた目的はアジア諸国の解放です。欧米が唱えたスローガンは民主
主義、自由主義、民族自決、門戸開放でしたが、しかし戦前のアジアで欧米
は決して民族自決を許さなかったし、民主主義も、自由主義も欧米の手で
導入されたアジアの国は皆無です。門戸開放も植民地から搾取するためです。
偽善もはなはだしい。

日本は戦前も戦中も「アジア解放」唱えたことは紛れもない事実です。昭和
17年シンガポール攻略直後に東条首相はアジア各国の独立を呼びかける
「大東亜宣言」を行なっています。日本は戦いに敗れましたが戦後アジア
諸国は欧米から続々と独立出来たことも事実です。日本の理念は決して
間違ってはいなかった。

それなのに欧米の主張が真実で何故日本の主張が侵略のための偽善で
あると糾弾するのですか? 日本の戦争映画はテレビドラマも含めてほとんど
軍国主義を糾弾し、国民の悲惨な状況と、日本は民主主義の伝統をなくして
いたから侵略戦争を犯したという自虐史観と、悪いのは日本人自身で自己
反省すべきだといったこのうえもない自国蔑視で貫かれています。

そしてほとんどの資料は、日清・日露の大勝で傲慢になり道を誤り、一貫し
て他国を侵す犯罪の道だけを歩み、アジア諸国民に多大の迷惑をかけたと
記述しています。

このような日本の侵略戦争史観と日本罪悪論で子供たちを戦後教育してきた
左翼と日教組の罪は万死に値します。

われわれは戦後教育の中で、日本はなぜ戦争をしたかという反省の問いか
けばかりですが、アメリカは日本がロシアに大勝した時点から日米決戦の
準備を着々と重ねてきたという事実を知らねばなりません。

アメリカは日露戦争後、オレンジ計画(1919年に非公式に立案)という対日
戦略が練られ、毎年のように作戦を練り直されていたことを我々日本人は
知らねばなりません。

アメリカは後進国である日本が強国ロシアに勝てるはずがないと思っていま
した。日本が大敗を帰する前に仲裁をして、日本に恩を売りロシアの南下政
策で中国利権の拡大を抑えるのが目的でした

アメリカの新聞も反日運動を誘導して対日感情は極度に悪化していきました。
白人のロシア帝国をサルに近いとされてきた黄色人種が破ったのです。その
事実は白人国にとってまさに衝撃でした。この気持ちは白人でない限り理解
できないと思います。はっきり言って抜きさしならない人種差別だったのです。

白人達は有色人種を自分たちよりはるかにレベルの低い人種であると信じ
きっていました。ところが日本移民の仕事ぶりを見たアメリカ人はその合理
性と技術革新を巧みに組み合わせる能力に驚かされました。

白人は日本人の能力に恐れを抱き、米黒人もまた次第に日本人を妬むよ
うになってきました。白人たちの黄禍論の本質が見えてきたと思います。

日露戦争から第一次大戦をへてヴェルサイユ講和条約、ワシントン会議、
そして日米激突までの流れを見ていますと日本がアメリカに追い込まれて
行く様子が手に取るように見えてきます。

日露戦争以後、突然手のひらを返したように日本を「白人国ロシアを倒した
好戦国日本」「危険な侵略国家日本」というアメリカの誇張宣伝を内外に
広めていきました。

アメリカの目的は最初から明らかに日本を叩き潰すことであり、太平洋の覇
権です。そのために正義は常にアメリカ側にあるような誇大宣伝をしたのです

アメリカのルーズベルト大統領は日本の連合艦隊が突然襲ってくるという根
も葉もない噂をマスコミを使って盛んに流した、それはアメリカ社会を津波の
ように押し流して行きました。

それに同調するように世界の白人国は、日本をリーダーとした有色人種が
白人にとって代わる恐怖を見たのです。

白人たちは長年にわたってアジア人を奴隷としてこき使い搾取し、アジア人
を殺害しても法律に触れることはなかった。その恨みをアジア人の代表とし
て日本人が白人に襲いかかってくるというデマが白人社会に衝撃をもって
広がっていきました。

アメリカのマスコミは「発達する日本の背後に中国の4億人のパワーと資源
が結集されれば白人世界は確実に窮地に陥る」という黄禍論を唱え、欧州
だけでなくカナダやオーストラリアまで排日論が広がっていきました。

何故白人はこのような有りもしないデマに怯えたのか?それは日本は世界
の強国であるロシアに勝ってしまった。世界から見れば、世界屈指の大国に、
あの小さな極東の国が勝つなど夢にも考えられなかった。

最初日露戦争直後は白人も有色人種も世界中が沸き立った。しかし白人達
は冷静に考えれば黄色人種が白人に勝利したことに彼らは愕然としました。
それがどれくらい大きな恐怖を白人社会にもたらしたかは、日本人には理解
できない。

アメリカ国務省は議会に対して「黄色人種と白人との間の人種戦争がおこり、
まもなく白人の存在そのものを脅かすことになるかもしれない」と警告して
います。

アメリカ国内ではこのような黄色人種でありながら列強の一国になり、発展
を遂げる日本に対しての脅威論が猛威をふるい始めていきました。

このように太平洋での戦いの原因はほとんどアメリカ側にあるといっても
言い過ぎではありません。アメリカの目的は最初から明らかに日本の攻略で
あり、太平洋の覇権であり、中国権益の拡大です。そのためにアメリカは日本
にあらゆる挑発を仕掛けてきました。

アメリカが日本を押さえ込みにかかった決定的な出来事が1921年のワシン
トン会議です。この会議はアメリカが提唱して、日本、イギリス、フランス、
イタリア、オランダ、ポルトガル、ベルギー、中国とアメリカの9ヵ国が参加し
ました。

この時も「国際平和」と「国際正義」という言葉で会議をリードしていった
のはアメリカでした。一番目のテーマは海軍軍縮問題でした。この会議で
米・英・日の主力艦隊の比率が「5・5・3」と決められました。当然3の日本
は弱体化します。日本は正直に米英の5に対して3にすべく軍艦を廃棄して
います。しかし米英が軍艦を廃棄したという情報は全くありませんでした

この会議で山東省の中国返還がきまり、満洲における日本の特殊地位を
承認した協定が廃棄されました。このように日本の中国進出の既得権は
全て否定され、中国への可能性はすべて封じられました。そしてこの会議で
正式に日英同盟が廃棄されました。

ワシントン会議において日本の躍進を封じられ、第一次大戦で手に入れたも
のを全て吐き出すように強制されました。このワシントン会議以降から日本
は孤立化していきます。アメリカは日本を叩き潰すチャンスを20年間待ち続
けます。


(長くなりますのでこの続きは次回にて)




3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



コメント

アメリカは海洋国家。日露戦争で日本が勝利を治めた後、唯一アメリカに対抗できる海洋国家は日本だということになって、日本潰しのために、長期の謀略よって日本を戦争に引きずり込んだんでしょうね。
それにしても日本は謀略に弱い。謀略を企てる国家に飼いならされたマスコミによる誘導に、すぐに引っかかるのも日本人。最近はネットの普及によって少しずつまともになっていることを信じたいですが。日本人はテレビや新聞情報は絶対という、変な迷信があるんでしょうね。

外交恫喝をする国に対して

以前読んだ本に、歴史にIFはないが、ハルノート突きつけられた時、まだそのころの海軍の常識は大艦巨砲主義の時代だったから、戦艦長門、陸奥に続き世界最大の戦艦大和がやがて竣工する、などとそっとささやけば、ハルノートの交渉もでき、場合によっては戦争回避も可能だったのではないか?とする軍事専門家もいます。
翻って今も周辺国は何かと威嚇、恫喝めいたことを口走りますが、わが国も10回に1回くらいは軍事的優位性(対潜水艦撃破能力、航空空戦能力など)をささやいた方が却って抑止力が強まると思うのですが。そこで、核の恫喝めいたことを口走れば、日本も一気に核武装でき、軍事的優位性は格段に高まり、北方4島までも解決できよう。

第2次世界大戦の戦犯は、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトである

第2次世界大戦の戦犯は、ヒトラーに非ず、スターリンに非ず、まして日本軍部などでは全く非ず、アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトである。
コミンテルであったフランクリン・ルーズベルトは、スターリンと2人で世界を分け合おうとしたのである。

日米開戦に先立ち、日本は、日米開戦を避けるため、交渉に交渉を重ね、譲歩に譲歩を重ね、血の出るような努力をしたが、すべてが無駄であった。天皇陛下の願いも、一顧だにされなかった。

アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトは、有色人種の国家である日本の伸長を激しく憎み、ことあるごとに挑発し、日本人を粉砕し、日本を破壊することに決めていたのである。

アメリカが日、独、伊と戦争に至ったときは、日系アメリカ人のみは砂漠に隔離され、日本軍捕虜は虐殺され、ドイツ降伏の10月前に完成していた原爆をわざわざ日本まで運び、有色人種の日本人は実験材料にされた。

たった一つ幸運であったことは、日本に20個の原爆を投下して、日本を破壊しつくそうとした悪魔ごときルーズベルトが終戦間近に死去したことである。
結果、日本は、日本人は、生き延びることが出来た。

ルーズベルトの死により、第2次世界大戦後の世界はスターリンの思いどうりに塗り替えられた。支那も、ヨーロッパもアメリカのものにならなかった。

侵略国家中国

支那と呼ばれていた中国ほど他国を侵略している国はありません。黄河と揚子江の中原にあった国がいつの間にか万里の長城を超えて満州や内モンゴルも乗っ取りました。21世紀の現在もチベットと東トリキスタンを侵略し、チベット人とウイグル人を弾圧迫害しています。

それだけではありません。海洋ではベトナム、フィリッピ、インドネシア、日本の領土を侵略し始めました。こんな国が国連の常任理事国です。国連は狂っています。

中国は盛んに「日本の侵略」を認めろと騒いでいます。認める必要はありません。先に手を出して侵略したのは中国です。盧溝橋事件は中国共産党の陰謀で起こりました。日本の責任ではありません。

1937年8月13日に始まった支那事変は治外法権であった外国人居留地区の日本人に攻撃を仕掛けました。日本人を守るために駐屯していた日本軍数千人に対して10倍の兵で攻撃してきたのです。

中国軍はホテルや病院を爆撃し、自国民を殺しながら日本軍に攻撃されたと嘘を世界に広めました。自衛隊がアメリカ軍基地を攻撃すれば戦争になります。それを中国はやったのです。

日中戦争の責任は全て中国にあります。このことを世界に拡散し、中国の横暴を非難する必要があります。

1953年5月3日に、アメリカの軍事外交委員会でマッカサー司令長官が証言しています。

「Their purpose therefore in going to war was largely dictated by security 」

「日本の戦争目的は主として安全保障のためであった」と。

東京裁判で日本を裁いたマッカーサー司令長官でさえ日本の侵略戦争を否定しているのです。この事実を中国は知っているのでしょうか。

チャーチルも日本とシナが手を結んだらと危惧していました。
米国にとって日本をつぶしたかった理由として
・支那(+アジア)の利権
・ハワイ併合時の日本の対応
・人種平等宣言の日本の提唱
この3点だけでもかなりいらつかせる存在だったと思います。
昔も今もあの国は自分勝手だし腹黒い。

米中との戦い

日本では戦後70年経ってGHQの締め付けが無いにも関わらず正しい近代史が教えられていません。

誰もが知っている「ペリー来航」。
「泰平の眠りを覚ます上喜撰 たつた四杯で夜も眠れず」とあるように大きな衝撃が庶民にはあったのでしょう。
それはそれで一つの象徴ですが、それより遙か以前より亜細亜は植民地化され、支那は蚕食されていました。

ベトナムのホイアンに日本人町があったように、サンダカン八番娼館が有ったように、日本人はペリー来航の遙か前より欧米列強の亜細亜での植民地支配を知っていました。

当然それへの対処として日本は明治維新という選択をしたわけで、その帰結は当然富国強兵です。

時代は植民地主義時代、人種差別時代。

日本は亜細亜主義として支那、朝鮮の目覚めを期待しましたし、そのためでもある日清戦争、日露戦争を皇国ノ興廃をかけ戦い辛勝しました。

その後米国のフランクリン・ルーズベルト大統領の時代、米国はその後の対共産主義という対立の構図ではなく共産主義に寛容でした。
だからこそ大東亜戦争では対日戦で組むという事が出来たわけです。

当時の日本に軍部の独走なり幾つかの過誤が無いとはいいませんが、大枠では米英、列強の日本の生存への追い詰めというものが大きく日本が戦った理由として有ります。

現在、その米国とは日米安保条約の下同盟国となっています。
米国が他国への軍事介入をしていても現在の内向きの米国は消極的な対外軍事介入です。
対して、その米国の消極的態度に反比例して海洋進出など覇権主義を進めています。

左翼はそんな内向きの米国を危険視し、膨張を続ける中国に脅威を少なくとも大きく批判するなどという態度を取りません。
極端に言えば中国は脅威ではなく、米国こそ脅威であるとでも思っているのでしょうか。

簡単に言えば米国も中国も脅威であるのでしょう。
しかし、目の前の脅威は中国です。
そしてその両脅威に日本が真面目に対応しようとするならば日米安保条約ではなく日本単独で自国を守るという気概と実力がなければなりません。
そこには当然核武装というものも検討事項です。

しかし、今の日本では左翼が拡散している「戦争を防ぐためには逃げましょう」、「戦争になるぐらいなら奴隷になりましょう」という日本を守るという気概のまったくないものです。
その行く末とは日本が未来のチベットとなることでしょう。

これでは70年前に日本のために死傷した沢山の日本軍人、日本国民が守ろうとしたものの価値を侮辱しているというものだと思います。

普通に日本人が日本の事や日本の将来世代のことをまともに考えれば今の野党、メディアなどが安倍首相に対してぶつけている「戦争法案反対」とはまったく倒錯した主張です。
かつての「非武装中立」の延長線上にあるような野党、メディアの変わらない姿勢です。

その日本を間違った方向に向かわせようとするそれら左翼集団との戦いに勝利することからしか日本は正常化しません。

出る杭は打たれる

ブログ主の意見にいつも賛成ですが今回はやや違います。
政治の本質は利害の対立と調整であり、それは既得権者と既得権打破勢力との対立調整と言うことができます。
70余年前の世界では白人が既得権者であり、日本は既得権打破勢力でありました。そのとき日本の選択肢は二つ、白人秩序に従属しその子分になるか、拒否するか。我々の先人は後者を選んだのです。偉大というべきです。そうなればアメリカがこれを潰しにかかるのは当然でしょう。アメリカが悪なのでなく既得権者の当然の行動と言えます。
大東亜戦争は歴史の力学から不可避であったのです。
戦争は利害対立を武力で決着をつけるという政治行為ですが日本は立派に戦い抜きました。一方アメリカは非戦闘員の殺戮という戦争のルール違反を犯しました。である以上先の大戦は本来アメリカのルール違反で負けが歴史真実なのです。ルール違反に手を染めなければアメリカは日本を打ち負かすことはできなかった、日本はそこまでアメリカを追い詰めたのですから戦争勝者です。スポーツの勝敗と同じ理屈です。

有色人種の逆襲

大日本帝国が連合国に対し無条件降伏をしたことを聞いた白人の多くは「これで有色人種の脅威は去った」と、胸をなで下ろしたことでしょう。

それから70年、今やヨーロッパ諸国は、繁殖する移民と増加する難民によって遠からず有色人種に飲み込まれようとしています。

更に、アメリカも2000年時点でヨーロッパ系白人とヒスパニック系白人を合わせて75.1%%、2010年時点で72.4%と徐々に人口に占める白人の比率が減少しています。

現代は大量の食料を運搬することが可能になって、食料を自給しなくとも、経済力があれば幾らでも食料を得ることが出来るので、世界中の人々が貧しい地域から豊かな地域へと移動するのは自然の流れであり、欧米と他の地域の経済格差がある限り、この流れが止まることはありません。

恐らく、今世紀半ばの欧米諸国では白人がマイノリティになる状況になると予想されますが、その時、白人たちは「何のために日本を戦争に追い込み、国際法を踏みにじって日本人を虐殺し、日本人に罪をなすりつけて二度と立ち上がれないようにしたのか? 今となっては何と無駄なことをしたのか・・・」と思うでしょう。

米国の開戦責任を問う

ソロです。
 超大国だったロシアを海陸戦共に敗北せしめた戦前日本は、英米白人国家群にとって、新たな未知の脅威だった事は間違いない事です。 然し、日本は一貫して、既存の帝国主義国家群の様に、植民地を求めて侵略・強権支配を重ねる覇権主義には与していなかったと断言できます。 それは、日本が戦後も言われたように、「資源なき国であり、その繁栄への途とは、貿易立国以外にない」と言う共通認識の存在から明らかでした。

 唯、大戦争だった日露戦争の勝利の対価が、余りに少なかった事で、日本は戦争に勝ったのに、戦費で作った大借金の為に、破産寸前まで追い込まれた。 然も、日本の跳躍を恐れる米国によって、経済的な締め付けが次第に強まり、それまで上手く行って居た対アジア貿易も、ブロック経済と言う超保護貿易によって、完全に締め出しを食った形になりました。 特に、当時石油産出は、限られた土地にしか無く、その輸入さえ米国やオランダの植民地に頼っていた日本は、産業上でのエネルギー転換(石炭~石油)をスムーズにできず、已然として石炭主体の低い生産性のままだったのですから、反面、エネルギー転換を逸早く済ませた米国とは、その工業力からいって長い戦争は戦えない事は分り切っていたのです。

 ですから、もし日本が、本当に世界覇権を狙う意図を持っていたのなら、資源のないハワイを攻撃する等と言った、意味のない戦いを緒戦に選ぶはずがありません。 当然、シンガポールを攻めて、英蘭軍を叩き潰し、ジャワの製油所を占領して、フィリピンを占領、ミクロネシアの島を要塞化、空軍基地化する事で、オーストラリアの爆撃を可能にしたでしょう。

 しかし、そういった覇権主義の選択肢は端からなかったし、在っても、原子爆弾開発を停止させた先帝陛下によって、却下されていた事でしょう。 ソレは「飽く迄大日本帝国は、世界平和に寄与する目的を達成する為に在るべきで、その為には、武威による制覇ではなく貿易立国で身を立てるしかない」と言う強い信念があったからです。

 軍部がドゥのと言いますが、東条英機閣下自体、最も傾注したのは。陛下の大御心の具現化であった事を考えれば、戦争をいたずらに拡大する事は、まことに陛下の本意に沿わない事であったのは、明白です。 で、それを敢えて、拡大せしめたのは、近衛総理大臣であり、英米ソと、内輪の覇権争いに勝ち抜こうとしていたシナ各勢力が、彼らをパトロンに取り込もうと、磯って彼らの手下を務めた結果でしょう。

 英米勢力が、人種的偏見から発生する危機感を陰謀に利用した=米西戦争の際、目先の覇権を奪取する際の過去の成功体験:奇しくも、開戦の契機は、戦艦メイン号で起こった謎の爆発で多くの犠牲者を出した事件があったが、付随して起こった婦女暴行事件全てスペイン人乗組員のせいにして、国民に復讐=スペインとの開戦マスコミを使ってを唆したが、その合言葉が「Remember the Main」であった事、以後の対スペイン戦は全て、大勝利に終わった事を考えれば、このパターンは米国の「勝ちパターン」である事は明白である事で、その誘惑にFDルーズベルトが負けてしまったのは、明らかです。

 そう考えれば、開戦の責任は、明らかに日米開戦までのおぜん立てを仕組んだ米国側にあったのは、明白です。

こんにちは

>疾風ジン磊 様

>ハルノート突きつけられた時、まだそのころの海軍の常識は大艦巨砲主義の時代…


これは日本軍悪玉論者が好んで使う論法でして、日本で最後の大鑑建造が大和と武蔵、つまり1937年に建造予算が確定したのを最後に大鑑巨砲時代は終わります。

これも元々はワシントン会議で被ったペナルティを解消するためのもので、日本としては艦船戦力の均衡化程度のものでしかありませんでした。しかし、大和は米英にとってかなりの脅威と捉えられたようで、大和建造が確定して以後、米英はこぞって戦艦を建造し、大和に対抗しようとします。ですから、大鑑巨砲主義はむしろ米英のほうであったわけです。従って、大鑑巨砲をバックに外交交渉を行っても成果は望むべくもなかったと推察します。

日米開戦の頃、日本はすでに航空戦力に重心を移しておりました。しかしながら、マレー沖海戦でウェールズとレパルスが撃沈されるまで、作戦行動中の戦艦が航空機によって撃沈された例がなく、米英側は航空戦力が戦艦より優位になりうるとは夢にも思ってないわけです。

もちろん、日本側は航空機で作戦行動中の戦艦を撃沈できると確信を得ていたわけですが、ことは軍事機密であり秘中の秘ですから、開戦前に披露するわけにもいきません。相手国に対策を取られては意味がないからです。

軍事力を背景にした交渉の難しいところは、軍事機密にあります。米国はUFO、すなわち円盤型戦闘機の開発を極秘で行っていましたが、これは結局のところ通常の戦闘機に優る性能を得られなかったどころか、ステルス塗料が開発されたことで、円盤型開発の大義名分も失われてしまったわけですけども、要するに、軍事力で相手国よりも優位に立つためには極秘で兵器を開発する必要があり、こういったものを交渉材料に使えば、開発にかけた時間もカネもドブに捨ててしまう危険性を孕みます。

米国の巧妙なところは、日米安保といった弱国に対する軍事的保護と引き換えに「基地」を海外に確保し(攻撃ルートの確保)、巨額の軍事予算を「公表」して莫大な戦力をアピール、これを外交交渉に使います。

すなわち「戦略」を交渉の切り札にして、兵器性能に関しては極秘にするという、非常に合理的な手法を用いて軍事的優位性を保っています。

今も昔も日本に足りないのが、この戦略でして、これを日本は「反省」すべきです。

プログ主様、アップありがとうございます

日本に対するくだらない嫉妬が渦巻いているようですな。
長い間、欧米と支那韓は歴史戦(笑)で共闘してきたと言っていい。

しかし日本は巨大なパワーでもある。

先日のこうのとりドッキングで痛感しましたよ。
「天下のアメリカ様」が、自らは連続でロケット打ち上げに失敗し、「日本ごときに」物資の搬送を頼むなんてねえ?

かつての大日本帝国でも科学技術面でここまで世界に迫ったことがあったでしょうか?
第二次大戦時には世界一ぃぃぃぃぃ!!!であった筈のドイツは見る影もないですな。
あれが絶頂だったんでしょう。
ブランドだけで食いつなぐ国に落ちぶれましたね。

ともあれ、現状欧米の方は自らの覇権維持のため「用日 に傾きつつあり、もう意味も無く支那韓の肩を持つことはしなくなるでしょう。
あとは支那韓の「謎の劣等感」と独裁正当化のための反日が残るのみ。

謎の劣等感と言ったのは、漢民族・朝鮮民族が負けた相手は日本人だけではないからです。
勿論ブリテンやロシアだけでもない。

栄えあるラストエンペラーの「アイシンギョロ氏」は何族ですか?
江戸日本が我のみ繁栄を謳歌していた時代、漢民族・朝鮮民族は何族に跪いていましたか?

満州族ですよ。

漢民族・朝鮮民族の作った社会が劣り、民族の資質が劣ったから、17世紀前半からぶっ通しで満州族の支配を受けたんでしょ?
その他、モンゴルにもやられてるし、

大したことはありませんよ。
奴らの歩みなんて。
すごいと思うのは日教組の奴らが見せた幻覚ですから。

その程度の分際で他民族に劣等感を抱く。
おこがましいですね。
取り合う必要はありません。

サンフランシスコ講和条約の順守を



サンフランシスコ講和条約


日本はサンフランシスコ講和条約において、「侵略戦争」を起こす「共同謀議」を「1928年(昭和3年)1月1日から1945年(昭和20年)9月2日」にかけて行った、とする極東国際軍事裁判所の判決を認め、連合国から日本に対する全ての賠償請求権を放棄してもらったのである。



資料wikiより

日本は極東国際軍事裁判所(東京裁判)の判決を受諾

・極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷(例として南京軍事法廷、ニュルンベルク裁判)の判決を受諾(第11条)


連合国は日本に対する戦時賠償請求権を放棄

・連合国は、連合国の全ての賠償請求権、戦争の遂行中に日本国及びその国民がとった行動から生じた連合国及びその国民の他の請求権、占領の直接軍事費に関する連合国の請求権を放棄(第14条(b))


極東国際軍事裁判所の判決

「侵略戦争」を起こす「共同謀議」を「1928年(昭和3年)1月1日から1945年(昭和20年)9月2日」にかけて行ったとして日本を裁いた。(つまり、日本の戦いは侵略戦争である)

東條英機元首相を始めとする、日本の指導者28名を、「平和愛好諸国民の利益並びに日本国民自身の利益を毀損」した「侵略戦争」を起こす「共同謀議」を「1928年(昭和3年)1月1日から1945年(昭和20年)9月2日」にかけて行ったとして、平和に対する罪(A級犯罪)、人道に対する罪(C級犯罪)および通常の戦争犯罪(B級犯罪)の容疑で裁いたものである。


中国・韓国の狙い

日本世論を挑発し、「侵略戦争」を起こす「共同謀議」を「1928年(昭和3年)1月1日から1945年(昭和20年)9月2日」にかけて行った、ことを認めたサンフランシスコ講和条約の第11条を日本に否定させる。日本がサンフランシスコ講和条約を否定すれば同条約の第14条(b)で規定する日本に対する戦時賠償請求権放棄も否定でき、サンフランシスコ講和条約に準じて関係を結んでいる中国・韓国はこれまでどおり日本から戦時賠償として資金や技術を取り続けられるようになる。


経過

中国・韓国 靖国参拝や歴史認識で日本を挑発し続ける

日本 意図を見抜けないアホな日本人が反応する

日本 ポピュリズム政治家が靖国神社に行く

中国・韓国 日本から再び金を巻き上げるネタをゲット(ラッキー!)

中国・韓国 日本追込み開始

中国・韓国 日本は戦犯を否定して大戦後の世界体制を否定した

中国 日本は同じスキームである日中友好条約をも否定したことになる

中国 これで日本への戦時戦争賠償放棄も否定できる

中国 戦時賠償請求権復活

中国 人民の戦争損害賠償請求受理開始(現在訴訟多数) 

中国 国内日本資産の没収開始(商船三井事件)

中国・韓国 日本政府が強制性を認めたことにより企業と個人間の戦後賠償でも日本から金を巻き上げるネタをゲット(ラッキー!)

日本 堪らず三菱マテリアルが当時の中国人労働者に和解金80億円提示(これでも一部) ← 今ここ

中国 シャドーバンキングでの損失補填に没収日本資産を使用

中国 大復活

中国・韓国 中国による韓国援助も継続

中国・韓国大喜び!


http://www.youtube.com/watch?v=kvkNSmHGCEw
靖国参拝とアベちゃん問題の深刻さ
7分から

「サンフランシスコ講和条約によって得たベネフィットを全く無視した行為になるという可能性~(中略)~大丈夫かな、これで?」
「いや、大丈夫じゃないんですって!」
「日中共同声明1972年だってこのスキームなんですよ!」

昭和16年9月6日御前会議における永野修身海軍軍令部総長の発言

「政府側陳述によれば、アメリカの主張に屈服すれば亡国必至であるとのことであったが、戦うもまた亡国であるかも知れない。すなわち戦わなければ亡国必至、戦うもまた亡国を免れぬとすれば、戦わず亡国にゆだねるは身も心も民族永遠の亡国であるが、戦って護国の精神に徹するならば、たとい戦いに勝たずとも祖国護持の精神が残り、われらの子孫はかならず再起三起するであろう。統帥部としてはもとより先刻申したとおり、あくまで外交交渉によって目的貫遂を望むものであるが、もし不幸にして開戦と決し大命が発せられることになるならば、勇躍戦いに赴き最後の一兵まで戦う覚悟である。」

上記の御前会議における永野修身海軍軍令部総長の発言を見るとき、日本は、先の大戦において、自ら侵略戦争を起こしたものでは決してなく、アメリカに追い詰められ、負けて亡国になると知りながら、祖国護持のため、自衛の戦争を行ったことが明きらかである。

東京オリンピックに関する諸問題は関係者の堕落の現れ

大東亜戦争に至った最大の要因は、アメリカの対日政策であるが、満州に次いで華北への進出を図り、支那人の抗日意識を高めて開戦を決意させるなど、日本側にも戦争を引き起こす要因がありました。

曽て西欧列強は暴力的に支那を侵略したが、やがて国民党政府の存在を認め、表向き友好的な関係を築き始めました。

その結果、支那人の憎悪の矛先は、曽ての侵略者であった西欧列強から、新たな侵略者と見做された日本に向けられるようになりました。

満州事変は日本の当然の権益を侵そうとした張学良を追放した軍事行動でしたが、支那側から見れば「領土を奪われた」侵略でした。

それでも、国民党政府は防共を優先して塘沽協定を結び、満州国の独立を認めました。

ところが、日本軍が華北分離工作を始めるに及び、支那人の抗日意識は益々高まり、遂に蒋介石は対日戦争を決意し、上海の非武装地帯に要塞を築き、日本軍を死地におびき寄せるべく、昭和12年8月13日に上海国際共同租界の日本人区域へ攻撃を開始しました。

支那が全面戦争を仕掛けて来ることを予期していなかった日本は、主戦場となった上海への戦力の漸次投入という下策を採らざるを得なくなり、ナチスドイツが第一次世界大戦の経験を活かして構築した難攻不落の要塞に充分過ぎる程の武器弾薬を備えて立て籠もる戦意旺盛な支那軍に対して肉弾攻撃を繰り返し、多大の損害を被りました。

上海での戦闘は日本軍の勝利となりましたが、この戦闘で多大の損害を出した日本軍は引くに引けない状況となり、支那の首都・南京攻略を目指さざるを得なくなりました。

南京に追い詰められた支那軍は、それでも背水の陣を敷いて日本軍を迎え撃ち、南京正面の雨花台では、死を覚悟して戦う支那軍との間に一進一退の激しい攻防が繰り広げられました。

このように、支那事変は蒋介石と国民党政府の意志に加え、支那の民衆にも「死んでも日本と戦う」という抗日意識の高まりがあることを日本人が見落としていたことが、戦争が泥沼化した要因なのです。

しかし、蒋介石に南京死守を誓った筈の総司令官・唐生智の逃亡が知れ渡るや、支那軍の戦意は一挙に喪失し、遂に南京は陥落しますが、重慶に遷都した国民党政府との戦争は更に続き、アメリカの介入によって、大東亜戦争に至ったことは誰もが知るところです。

それにしても、何故に当時の日本人は支那人に戦争を決意させる程の抗日意識が高まっていたことに気が付かなかったのか? 或いは蒋介石が既に対日戦争を決意して上海の非武装地帯に要塞を構築していることを知りながら、そのことで対日戦争が不可避になったことを悟って臨戦態勢を敷かなかったのか、今となっても自分には理解出来ないのです。

結局、当時の日本は華北分離工作から終戦前のソ連参戦に至るまで、総て自分の都合のみを考えて対処して、結果的に国民を滅亡の縁に立たせる程の悲惨な状況を招いてしまったのです。

それでは、現在の日本人が世界の大局を考慮しているかと言えば、自分は決してそうでは無いと見ていて、その一つの例が、東京オリンピックの招致だったと思います。

自分は「世界平和構築の一助として、オリンピックはアテネで恒久開催すべき」と考えているので、当然、東京オリンピックには反対だし、以前、大阪がオリンピック招致を目指している時も冷ややかに見ていました。

確かに、昭和39年に開催された東京オリンピックは日本の発展に寄与しましたが、今の日本にとってオリンピックの招致と開催は、関係者の利益にはなっても、 日本全体の発展に寄与するとは思えないのです。

現在の国際オリンピック委員会が利権の巣窟であることは周知の事実であり、「朱に交われば赤くなる」とかで、日本の関係者も利権に群がり、それが国立競技場の建設費問題とか、オリンピック エンブレムの盗作問題とかになって、表面に現れている感がします。

それよりも、日本が世界に先んじて、政府国民の総意としてオリンピックのアテネ恒久開催を呼び掛け、資金援助も約束すれば、それが世界に反響を呼んで、日本への関心と評価が高まるだろうと、自分は考えています。

犬HKがキンペーの軍事パレードを嬉しそうに報じていたのがキモかった

だが北京市民の声で、パレード見に来たのに(工場と商店の休業で)朝食も食べられなかったという声を紹介したのは共産党に忠なりとは言えないな。
やっぱ支那は

「ダメな国だ」

とほくそ笑んでしまった。
いちいち工場止めないとパレードできんのか?
まあ、丁度いいんじゃない。

どうせロクに仕事も入ってないんだろ?(嘲)

たくさん農民工をリストラしてくださいね。
将来の反乱軍の兵が増えるよ。

江沢民・胡錦濤の出席をキンペー指導部に降伏したとも勝手に解釈してたな。

えー、そうですかあ?

むしろ最近の元安誘導後の慌てて元高誘導とか、
キンペーが長老達に振り回されたからとしか思えないんだけど。
そのドタバタが更に「共産党に対する」市場の信頼感を損なったよね。しっかりしろks

人民軍30万人リストラして軍の近代化。
ほー、それで、

リストラされた「30万人」はどこに行けばよろしいので?

彼らも将来の反乱軍にプレゼントしてくれるの?ありがとう!
元軍人だからきっと、

「即戦力」になるよ。

それとも、リストラされる自体抵抗して今すぐクーデターしてくれるのかな?
まあそれでもいいや。

江沢民同志と胡錦濤同志には頑張って欲しいね。人民があなた方の再登場を待っている

かも知れない。

こんにちは

>こってり 様

>それにしても、何故に当時の日本人は支那人に戦争を決意させる程の抗日意識が高まっていたことに気が付かなかったのか?


気付かなかったというより、どうしようもなかったのが実際のところではないかと私は思います。

日本は支那の「安定(平和)」を求めていましたが、それが人類共通の普遍的価値観であると、結果から言えば「勘違い」していたのです。

以前、香港映画で中世(古代?)支那における領主が、直訴しに来た人に対して意見も聞かずに『いくらくれる?』と堂々と賄賂を要求し、貧乏人だと分かると『帰れ』と門前払いする場面を見ました。

映画の演出ですから、そんなもの真に受けるほうがおかしいと思うかもしれませんが、映画や文学作品には文化や価値観が表れていると思います。グリム童話の残虐な描写なんかは、中世欧州の暗黒社会を反映しています。

要するに、支那人にとっては今も昔も「個人の利益」に優る価値観が存在しないということです。

日本が蒋介石を説得できると思ったのは、蒋が「平和を望んでいる」という前提があったからですが、これがそもそもの間違いです。

蒋にしてみれば、日本と敵対しておけば米英がパトロンになってくれるし、共産党の放った刺客に命を狙われることもないわけです。

上記の映画では、法力を使う滅茶苦茶に強い僧(しかも喧嘩っ早い)が現れた途端、領主はコロっと態度を変えて意見を聞きますが、要するにそういうことなんです。

支那人に対しては「パワー外交」が最も効果を発揮し、また、それ以外は通用しないということです。北清事変で欧米列強は支那に対して徹底的な報復をしますが、以後も事あるごとに報復を受けた支那は、欧米列強に対してどんどん卑屈になっていきます。

逆に、平和を望む日本に対してはどんどん居丈高になり、話し合おうとすればするほどナメられ泥沼にハマっていきます。日本人の「いいところ」が裏目に出たわけですね。今でもそうですが(笑)

ですから、日本は支那に対して徹底した「報復主義」を採用すべきだったのです。

【中露戦勝70周年の意味】

〔参考〕http://chronos.blog.jp

恐産党 vs 公暗党

中共冊封思想 vs 白人民主主義 vs 人類平等思想

シナの軍事パレード

賢明なるブログ主さま。
貴殿の見解に100%同意します。

それにしても、シナの嘘つき体質は、未来永劫不滅といえます。なぜなら、「動物農場 」とか「1984」を著したGeorge OrwellがWho controls the past, who controls the presentと喝破したごとく、嘘によらなければ、シナの独裁政権を維持できないからです。
それにしても、隣国のMonkey Paradeにのこのこと赴いた、村山、河野をはじめとする反日日本人とか、国会には、なりすまし日本人の多いのには反吐をもよおします。

支那にはパワー外交に全面的に賛同します

馬上天下を取る(笑)

と言いますからな。
武力さえあればモンゴル人でも満州人でも靴を舐めますぜということでしょう。(実際そうだったし)

勿論、「日本人」に対しても。

今日の煩わしさは、大陸進出が中途半端に終わったからいけなかったということか。

しかし日本人の半島・大陸への要望は古来より、「緩衝地帯になってくれ」「こちらに干渉しないでくれ」というモンロー主義なのですよ。
攻撃がいつも中途半端に終わるのはそのせいです。

ぶちのめすか、ぶちのめされるか、どちらかだ!
という半島・大陸の方々とは噛み合いませんな。
今多くの日本人が、粗暴な支那韓の振る舞いに嫌気がさし、干渉しないでくれ「と願っている」。
しかし願うだけでは足りないのではないですか?
ぶちのめすかぶちのめされるかどちらかだというなら、

ぶちのめすまでの話ですよね?

不買運動などを通し経済の自滅を誘ってもいいし、そこから朝鮮民族同士・漢民族同士のコロし合いを誘ってもいい。

兎に角、あの五月蝿い連中を、

黙らせることです。力と知恵を使って。

習さんの誤算

支那(中国名は日本の中国地方の人に失礼)の習主席は世界の首脳50人に招待状を出したが先進主要国で参加したのは朴韓国大統領一人でした。習さんにとっては不愉快でしたでしょう。

それでも、大規模な軍事パレードで支那の偉大さを誇示しました。が、世界は冷笑しています。パレードに参加した国の多くは賄賂で参加したものであり、支那を支持するものではありません。

支那は日本をターゲットに盛んに歴史問題を強調しています。目的は何でしょうか。日本の地位を国際的に低下させると同時に日米離間も狙っています。が、本当の目的は別なところにあるのではないでしょうか。

その目的とは「尖閣諸島の略奪」です。尖閣諸島は支那の「確信的利益」と公言しています。武力を使ってでも略奪するつもりです。武力を使えば世界から非難されます。非難されないための前準備が「歴史問題」です。

日本は戦後の秩序を破壊しているとあちこちで吹聴しています。これが曲者です。国連の条文の中には敵国条項があり、敗戦国である日本は今でも「敵国」として位置付けられています。

その「敵国」が歴史に反するような行動で国際秩序を乱すようなときには武力攻撃をしても良いと国連の条文の中にあります。支那の本当の目的は「この条文」を使って武力で尖閣を略奪するつもりだったのではないでしょうか。

しかし、その野望も実行出来なくなりました。それは、今国会で審議されている「安保法制」が成立するからです。安保法制が成立すれば武力行使は難しくなります。アメリカとの衝突は現時点では避けるはずです。

秋には日中韓首脳会議がありそうです。朴さんの功績ではありません。習さんも路線変更せざるを得ないからです。これからの習さんの態度が見物です。それにしても朴さんは大丈夫でしょうか。日中韓首脳会議を自分の手柄にしてアメリカに行くことでしょう。

考えすぎでしょうか。

No.1に踊り出た朴槿恵

暗殺危機有力資格保持者 Best 3 他二名は習近平と金正恩

9/3(木)〜青山繁晴 氏

https://www.youtube.com/watch?v=B7jPKegbM4A

1:31:03~2:02:53

アメリカは韓国を完全に見捨てた。不吉はものを感じる。

中国経済が崩壊したら、韓国はアッと言う間に消し飛んでしまう。

経済実務者会議が先、日中韓首脳会談はその後でいい。

官邸メールは全て読んでいる。

(・”・)

抗日軍事パレード(笑)に江沢民・胡錦濤が出席したのはやはりキンペーの力負けだった

①江沢民・胡錦濤の「健在ぶり」を世間にさらし反乱分子の士気を高めてしまう
②先代・先先代のトップが同席することで、国のトップとして他国に半人前扱いされる
→だから「出ないで欲しい」
筈が、圧力に屈して出席させざるを得なかった由。

ダメじゃん。
権力掌握できてないじゃん。

犬HKが言うように、
屈服させた!→習近平同志マンセー!というのはやはり安直だった。

支那の権力闘争は激化するのかー

楽しいなあ。

まあほんの僅かでも共産党の天下を長らえさせるためには誰か「生け贄」が必要だからね。一番責任を押しつけやすいのは現国家主席で後輩の習近平でしょ。

キンペーが抵抗すれば人民解放軍は二つ(或いはそれ以上)に割れ、

内戦だ。

遂に腐った巨木が音を立てて倒れるわけだ。
犬コロのようにすがりついてきた日本のサヨク連中の「悲鳴」「嘆き」が心地良い。

>抗日軍事パレード(笑)にが江沢民・胡錦濤出席したのはやはりキンペーの力負けだった

確かに左隅に浮かなそうな顔をした江沢民・胡錦濤が映ってますね。
右端とも思われる位置にはメインの各国大統領、首相が重要度順に並なんで居る所を見ると上座は右で下座は左とも目されますが、まー此の映像がカットを跨いでの映像なので正確な位置取りは断定出来ませんね。
違った視点から並び方による重要度を見て取るならば、此方場合は端に行くほど重要な扱いの人物には変わりは有りませんが、右端から順に来賓としての重要度の高い人物国で左側の端から順に支那国内での重要度が高い人物と云う見方が成り立つと思います。

そうなると江沢民・胡錦濤は未だに強い影響力を握っていると云う見方も成り立ちますね。

http://mizuhonokuni2ch.com/blog-entry-12571.html

何れにせよ生きて居る事だけは確かみたいですね。

小和田恆(先祖が不法入国・不法滞在・背乗り・不法帰化した帰化在日朝鮮半島人=帰化在日韓国人、創価学会員)について、逐次通報されたい。

小和田恆(先祖が不法入国・不法滞在・背乗り・不法帰化した帰化在日朝鮮半島人=帰化在日韓国人、創価学会員)について、逐次通報されたい。
*****

『青蛙』氏の平成25年11月19日付けのツィート記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
皇太子浩宮徳仁親王殿下をドス子妃と引き合わせられたのは、外務省所管の特使法人 交際交流基金(現在の独立行政法人 国際交流基金)にお勤めになられていた故高円宮憲仁親王殿下であった。それゆえ、故高円宮憲仁親王殿下は、外務省勤務のドス子妃の実父の小和田恆(先祖が不法入国・不法滞在・背乗り・不法帰化した帰化在日朝鮮半島人=帰化在日韓国人、創価学会員)と繋がりがおありになる。帰化在日韓国人民主党の岡田克也(先祖が不法入国・不法滞在・背乗り・不法帰化した帰化在日朝鮮半島人=帰化在日韓国人)によれば、サッカー男子の日韓W杯共同開催は、小和田恆が言い出しっぺの黒幕とされている。サッカー男子の日韓W杯共同開催にご尽力された故高円宮憲仁親王殿下は、サッカー男子の日韓W杯共同開催がされた平成14年(西暦2002年)11月21日に満47歳の若さで急死された。なんか帰化在日韓国人犯罪臭がするぞ。
=====

平塚パラヤン男

G20財相会議で新たな「支那イジメ」が始まりそうな予感

世界株安の戦犯は支那。
だから、

構造改革をしろ!
変動為替相場にしろ!

つまり、

①国営企業の保護を止め
②元高を容認しろ

と?

ええーっ!そんなことをしたら支那の製造業は氏んでしまうじゃないですか!
今まで散々「ぬるま湯」に浸かってきた甘ったれどもが。

すごーく長い目で見れば、無能な国営企業と漢族労働者が淘汰され、支那製造業の国際競争力は高まるかも知れない。

しかしあの根性無しどもに、
氷河期を耐え抜くことはできまいて。

やはりこれは嫌がらせだ。
イジメだ。

しかしどうしようもない。

構造改革しても死。
しなくても死。

漢民族に待っているのは茨の道だけだ。
朝鮮民族も一緒に死んでくれるらしいから(南酋長がそう宣言)、それだけは良かったな(笑)

歴史の教訓

>硫黄島様

管理人様が、

>アメリカは日本がロシアに大勝した時点から日米決戦の準備を着々と重ねてきた

と、仰っているように、アメリカは日本に戦争を仕掛ける機会を伺っていて、支那事変はその絶好の機会であった訳で、支那事変も「アメリカが望んだ戦争」でした。

加えて、イギリス、ドイツ、ソ連も日支の戦争を望んで国民党政府を支援し、蒋介石はこれらの支援に意を強くして、対日戦争を決意しました。

日本政府は昭和12年8月13日に至るまで、支那が全面戦争を仕掛けて来るとは予想出来ず、応戦の準備もしていなかったが、硫黄島様が、

>支那人に対しては「パワー外交」が最も効果を発揮し、また、それ以外は通用しないということです。

と、仰っているように、支那人は強者に対しては徹底的に卑屈になることは日本人も知っていたので、支那事変が始まった時点では、政府も軍も国民も「日本軍が反撃すれば、一撃で支那軍を撃破出来る」と楽観していました。

しかし、日本側の予想に反して、アヘン戦争以来の支那軍の体たらく振りとは異なって、国民革命軍の士気は高く、上海でも南京でも激戦となりました。

そして、南京陥落後も抵抗を続ける国民党政府に打撃を与える為、日本軍は武漢作戦を敢行しますが、武漢攻略までの一連の戦闘では、国民革命軍の遺棄死体195,500と記録されているように、支那軍は頑強に抵抗したのです。

終戦直後の中国国防部発表によると、国民革命軍の戦死者132万余であり、日本軍の戦死者39万2500という双方の戦死者数は国民革命軍が本気で日本軍と戦ったことの証しです。

一方、共産軍は百団大戦で日本軍の実力を知って以来、正面攻撃を避けてゲリラ戦に徹して、国共内戦まで戦力を温存していました。

このように、支那の民衆にまで抗日意識が高まっていたことで国民革命軍の戦意が日本側の予想以上に高く、日本軍は抜き差しならない状況に陥り、対日戦争を望むアメリカの介入を招いてしまいました。

もし、日本側が支那の内情に通じていれば、非武装地帯での支那軍の要塞構築開始の段階で「支那との戦争は不可避」と悟り、予備役を招集するなど臨戦態勢を整えて、一挙に100万の兵力で反撃しておれば、緒戦で支那軍に大打撃を与えて、短期間に勝利出来ただろうし、或いはファルケンハウゼンが日本軍の戦力を見て、戦争を決断出来なかったかも知れません。

硫黄島様が仰るように、昔も今も支那に対しては徹底した「報復主義」しか無いということを日本人は悟るべきでしょう。

大言壮語さんへ

>これまでの、コメ、全部なくすぞ。

出来るものなら、やって見ては?




そういえば、ちりちゃんは自分のコメはしょっちゅう削除してますねw

何回か書いていますが、ここはブログ主がアラシなど放置、放任し過ぎであるのも問題だと思っています。

そもそも俺のブログ、どうしようと勝手だと言われれば、
とり合えず、「ハイ」とは言っておきますが。

荒れっぱなしで主題から離れたり、前向きなものでなく、不浄な場面をよく見かけます。

女性週刊誌の意図?

男女が違っていることは当たり前です。それを認めないのが最近の考え方だそうです。フェミニズムの考え方は私には理解できません。男女には思考の違いもあります。

週刊誌を読む習慣はないが、新聞に掲載される週刊誌の広告を見ればよく分かります。女性週刊誌の記事の多くはファッション、料理、芸能界のゴシップなどがメインで政治問題の記事はほとんどありませんでした。

それが何故か「安保法制」に限って話題にしているようです。「徴兵制が始まる」「戦争が起きる」など不安を煽っています。日頃政治問題記事を書かない週刊誌が突然政治記事を書く意図は何でしょうか。

日本の不幸は「反日マスコミと文化人」を育てたことです。

寄稿依頼

>ちり ソロです。
>>オマエな、誰と戦っている? 誰と戦ってる?
>>いい感じで、きたろ? ナニ汚してる。ここ。
 上記の様な意味不明の質問とも恫喝とも取れる投稿はやえてくれないか? 「ちり」と名乗る集団で書き込むのも、モラルとしてちょっと普通じゃない。 集団の書きこみだから、自分の意見を書き込めないで、勢い、自分の好悪だけになるんだろう。 やめてほしいな。

>こってりさん、お久しぶりで、このブログが住み心地がよいのか、この処常連ですね、 戦前シナに関する御説、面白く読ませていただいております。 おおむね同意いたしますが、シナ事変の裏側を描くのであれば、時の日本の首相であった、近衛文麿や広田弘毅の存在やその行動の裏側も記しておかねば片手落ちになりませんか? あ、それと、ちりが、触れていましたが、是非、温州商人の反日の原点と彼らが及ぼした、歴史の表側に出て来た現象に対する影響力に関し、コメントいただきたいですね。

 私見ですが、現在の共産シナの命脈はそう長くないと思っていますが、現在世界の主流にある欧米を主とした西側が建てた戦後経済の保持こそ、世界平和に最も寄与する状況なのに、旧ソ連や共産シナと言う九東側が、経済的な潜在力を発揮した成功体験から、亦は、自身の生存主張から、いずれ、新たな経済圏の確立を狙っているように感じます。

 当然ながら、その地域とは、東南アジア、南アジア、そして、アフリカになるのでしょう。 この点に関しても、貴殿のご意見承りたく。 お忙しい中、なにとぞよろしくお願いいたします。

捏造投稿君

ちゃんと、釈明してから投稿しろ。間をあければ、ミソギされたと思うな。

追伸
捏造君より目立つ人がでると、議論を吹っかけるのは捏造君の劣情。ちっぽけなやつだな。


ーー参考資料ーー

管理人殿へ


末尾資料のコメント投稿者が「一人二役確定」とおしゃってます。

「確定」行為は、通常、管理人のみ可能で、ブログの一投稿者が、「確定」の証拠を得ることはできません。ブログシステムのログ等が証拠となろうかと思います。

一投稿者が「確定」する為の証拠の入手方法について、考えうる(論理的推論の結果、得られる)事実は以下の三つです。

①当該投稿者が証拠がないのにあきらかな捏造を投稿
②当該投稿者が「一人二役確定」の証拠をブログシステムに違法なハッキングをして入手
③管理人と当該投稿者が同一人物で証拠を入手できる立場にあった


②ならば、刑事事件です。③ならば、何故このような事をするのか、ブログ読者に管理人から説明が必要と思われます。


いずれにしろ、この投稿について、管理人の見解表明を求めます。看過できません。


ーー資料ーー
ちりの名無しのフォロゥワーは一人二役確定

>ちりへ
>>よっしゃ、あいまいさを排除するため、ゼロベースではじめようや。ソロ。

そうか、ナナシノフォロゥワーロゥワーが、自分の1人2役だと認めるんだな。 了解。

以後お前とはコメントのやり取りはしない事にする。
人称が確定しないモノとのコメントは、端に揚げ足取る機会を提供するだけの愚行である事は明らかだからだ。
それに、成りすまし行為に近いこうした違反行為を繰り返してきたことも確定したわけだから、この先BANされるだろうね、其れと名無しのコメント者の排除も、始めてもらおう。

2015/08/17(月) 09:02:51| URL| ナポレオン・ソロ #90LdKUd6

やはり落ちていた支那様(笑)の神通力

G20財相・中銀会議は「袋だたき」にあったようだね。

バブルが弾けましたと「世界主要国の面前で」自白させられ、
支那の製造業に最後のトドメを刺す構造改革をやれと言われ、

すごすご逃げ帰ったのか?

はい、外交敗北1。

ドイツ・イギリス・フランス・イタリアを抱き込んで批判をかわせなかったのか?

世界株安をアメリカの利上げ臆測のせいにするよう宣伝戦を戦うんじゃなかったのか?

なぜドイツ・イギリス・フランス・イタリアが裏切ったのか?何度でも指摘するが、それは中華人民共和国が足元の弱さを見られ、

舐められているからだよ!

そしてその余波はここ日本にも来ている。

日本の支那ポチ左翼は毎日ご主人様を救おうと必死に足掻いてはいるが、「支那を六カ国連合(日米比越印豪)でリンチするための安全保障関連法案」は18日までには成立し、人民ネイビーは東シナ海・南シナ海から尻尾まいて逃げ帰るしかない。

安倍晋三の自民党総裁無投票再選阻止も、元長老の古賀誠が奔走してるのに、野田聖子には10議員つくかどうか。再選は阻止できない。

来年の参院選で一矢報いればまだ救いはあるが、橋本徹の強力な援護射撃(維新内のクーデター)により、勝利は危うい。

もっとも、今月中に安全保障関連法案通るなら、ミンスには来夏の参院選までの

得票ネタが続かず、

「批判ばかり」「国民のために働かない」政党として、かなり有権者離れが予想される。

もともと不利なのにね。

こういうのを「弱り目に祟り目」と言うんだよ。
氏ねよ人ゴロしの左翼ども。

桑田佳祐(帰化在日韓国人)、サザンオールスターズ(帰化在日韓国人バンド)、鎌倉学園(中学校・高等学校)、建長寺について、逐次通報されたい。

桑田佳祐(帰化在日韓国人)、サザンオールスターズ(帰化在日韓国人バンド)、鎌倉学園(中学校・高等学校)、建長寺について、逐次通報されたい。
*****

『ませガキしんちゃん』氏の平成25年11月18日付けのツィート記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
サザンオールスターズ(帰化在日韓国人バンド)の桑田佳祐(帰化在日韓国人)のお父さんは、地元では有名な 「太平洋戦争後駅近くの土地を不法占領して映画館とか娯楽施設をやってた在日韓国人」であり、死んだ姉ちゃん(帰化在日韓国人)は、日本人左翼なりすましの帰化在日韓国人バリバリ左翼活動家だった。そう言えば、桑田佳祐の母校の鎌倉学園(中学校・高等学校)って経営母体が建長寺なんだけど、帰化在日韓国人が建長寺の住職になっちゃった。
=====

平塚パラヤン男

キムチ規制改革 その1

【第2次および第3次安倍晋三政権の規制改革(=規制緩和=既存の法令を韓国式捻じ曲げ穴だらけにし、パソナ、楽天などの帰化未帰化在日韓国人企業へ便宜供与(利権付与)と国庫補助金付与すること。=レントシーキング)に絶対反対します!】

国の空港、民間委託可能に=民活空港運営法が成立
 国が管理する空港の運営を民間に委託できるようにする民活空港運営法が19日の参院本会議で、与野党の賛成多数で可決、成立した。空港運営が効率化され、便数や空港利用者の増加につながることが期待される。
 現在、滑走路は国、空港ビルは第三セクターなどと運営主体が分かれているが、国が土地を保有したまま、民間が滑走路や空港ビルなどを一体的に運営できるようになる。対象空港の選定では、地元関係者の意見を聞くこととした。(平成25/06/19-10:23時事通信)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013061900066&g=eco

-----
群馬れんこん

AIIBも間にあわず,支那の不動産バルブはハジけるだろう。

間もなく、AIIBも間にあわず、支那の不動産バブルは、ハジけるだろう。

日本を取り戻す(戦後自虐史観からの脱却)


 私は病院で傾聴ボランティアしていてこれまで七千数十有余の患者さんと向き合ってきましたが、その三分の二以上の方々が先の戦争を含め支那・上海事変、南京、731部隊、硫黄島からの帰還兵(昔他ブログで「一杯の水」と題してコメントを書きましたが)シベリアからの抑留者、中国残留者の過酷な運命(毒殺の危機)などを戦ったご本人かそのご家族からお聴きしました。
 そこで歴史とは真実ではなく、如何に強者の論理で意図して捏造されているかを知る事になりました。

 又、大学の教養課程での日米比較論のレポート提出では、アメリカの意図によって日本が戦争の端緒を余儀なくされた事。 市街地を火の海にして市井の人々を残虐に殺した事。二度の原爆攻撃そして鬼畜とでも言うべき、比類のない戦争裁判で、日本国と日本人を二度と立ち上がらせない程の自虐史観と、朝鮮人を使っての、日本国と日本人を貶め縛った事等を書き、Aプラス3の評価と講堂で発表する機会を与えられ、「日本の真実を語る人になって下さい。」と言う先生のメッセージも頂きましたが、違う道を辿る事になりました。

 アメリカは日本での成功体験が忘れられず、アメリカ流の物言い(価値観)を付けてアチコチでドンパチを起こしていますが何一つ成功していません。が、そんな事当たり前なのです。
 アインシュタインが、「この世界に日本という国を造って下さった事は神の恩寵、救い」と述べていますが、成功の原因は世界に比類のない日本人の精神性にあったのであり、アメリカも世界もその自覚なしには未来はないとみています。世界、特にアメリカ人はこの日本人の精神性を中国人と錯覚しており、悠久の歴史に憧れている親中派が多い事も事実です。

 今この時に、ブログ主の卓越した考察力を通して、文中からは現世界の、そして日本の有り様に哀しみと憤りを覚えて、いたたまれない御真意が切なく伝わってきて、真実の日本の近現代史の必要性と共に、今日のブログ記事に大いに賛同しています。

 そして表題に毅然と立ち向かったのが安倍首相でした。その安倍談話で、「私たちの子供や孫、そしてその先の世代の子供たちに謝罪を続ける宿命を背負わせては成りません。」と、日本民族の永遠の謝罪という敵の原罪の道具にされる事に、さり気なくそして毅然と見事にその楔を切った、The endにしたのです。

 私は永年この件で首相には直接お願いしておりませんが、周辺の国会議員にはお願いし続けていて、「お互いに頑張りましょう」と言う言葉も頂いていましたので、何時か払拭してくれる事を念じておりましたので、談話のこの言葉を何より嬉しく誇らしく受け取りました。

 その談話に主語がないと反日は文句を言っていますが、その事こそが大事であるので、注意深く意図しただろうと思っています。普遍性を持っているその真意は、世界に、アメリカに、特に忠・朝・韓に向けられたものであり、また欧米やアジアに、キンペイの皇帝即位式に出席する事の考慮をお願いし功を奏したのも安倍首相の密書が有っての事と聞いています。

流れは少しづつ変化してきました。

韓国製のものは、みんな嫌い

オリンピック東京大会のエンブレムも、いろいろあったが結果的に韓国製でなくなったことは、ご同慶の至りである。

わからん

わからないことだらけだ。
私だけが、わからないのだろうか?


わからん1
>ソロ

>> そういえば、ちりちゃんは自分のコメはしょっちゅう削除してますねw
こってりの、このレスに反応して、
ちりちゃんが、
>違います。絶対違います。
>管理さんに削除されてます。
>それは、なぜか。私は、わかってます。

で、前段として、この発言ではないのか?
>オマエな、誰と戦っている?
>誰と戦ってる?

ソロ、
自分が侮辱されたと思うコメントについて、
どんなレス返してるか、
今一度、見直すことを、お勧めする。


わからん2
>ちりちゃん
2015/09/04(金) 02:45:26のコメント。

>ここと、米の赤組との関係。
>さらに、ロ帝壊滅と赤の流れ。日の関与。
>日が赤に感化した流れ。
>(チャイナは、議論が発散するので省略)
>
>ここの出てないことで、開戦で、当時の情勢で、
>独がナニをやったか。やらせたか。
>武器の融通(独→支、米→ソ)の関係。 >お金(まあ、財閥、さっすーんとか)からのトレース。

何を伝えたいか、もう少し、
一般の読者にわかるよう、コメントして欲しい。
何なのか、わからない。
何をいわんとしているのか、ここの皆さんはわかってるのですか?

これまでであれば、
ちりちゃんのコメントについて、
違うだろうとか、なにがしかレスがあったと思うのだが、
このコメントで、ここが、静かになってしまったように感じる。


わからん3
ここのブログ運営も、わからないことだらけだ。
PINさんの気持ちが、よくわかる。

United Nations

国際連合・国連などと言いますが、これは英語ではUnited Nations、UNというので、正確には「連合諸国(連合国)」と訳すべきです。中国語では「聯合国」となっているはずです。
国連(UN)は第二次世界大戦の戦勝国クラブとして始まった国際機関です。

戦争に勝利した国々の集まりにあることは、国連条項に敵国条項(Enemy Clauses)があることでも明らかです。

敵国条項は死文化しているとは言え、削除されている訳でありません。ですから、国連には様々な特徴がありますが、国連はあくまで戦勝国クラブであって、国連安全保障理事会の常任委員である五カ国、米英露仏中(台湾の中華民国から中国本土の中華人民共和国へ正統性が移動した)が中心の組織であるという基本は変わりません。
http://suinikki.blog.jp/

支那の実態経済が崩壊、100年先まで出口なし!

『世界の下請工場』は中南米に、その後アフリカに移る!

米国は利上げ見合わせ、日本の消費増税も実行延期!

青山繁晴 氏

https://www.youtube.com/watch?v=pBEsGP184m8

支那共産党王朝は倒壊する!

(・”・)

ふ~ん。

まぁ、人様のブログなんですから、
基本、何をコメントしても勝手なんでしょうけど、
この『ちり』なる人物たちの愚行、奇行、蛮行は
みなさんやさしいから、スルーということなんですね?

『ん』さんも言われてますが、
ほんと、ちりさんなる人物たちの話・・・・
理解してるんですかね・・・・・

よろこんでるのは、『ちり』なる人物たちのフォロワーさんたち
だけでしょ?

日本人として怒ってる?

なんなんですか、一体(笑)

支那韓の発展モデルはどこの国でも真似できる

若い世代の多い発展途上国なら。

安い労働力を活かし、外資を導入して「工業化」が可能。
隠居さんの言うとおりだと思うね。

人口が多いことが正義というなら、たかだか五千万人(老人多し)の韓国より、ビジネスの環境的には、ベトナム・フィリピンの方が優れているという結論になる。

それと、「政治的な要因」が足を引っ張るような途上国はベケだ。

この点、支那は共産党(アカ、日本サヨクのお仲間)が邪魔だし、韓国は財閥が邪魔だ。
韓国の場合は更に分断国家の片割れに常に付け狙われているというリスクもある。

つまり中華人民共和国と大韓民国に、

「先」は無い。

日本よりGDP年間成長が高いことが随分自慢のようで、日本のサヨクどもの誇りでもあるようだが、そりゃー先進国と途上国の成長率なんだから、当然だよね。

「これから」が一番問題では?

日本サヨクが多数潜り込むマスコミ各社は、支那韓の経済も、それに伴って社会そのものも、

ガタガタになってきている

ということをもの凄く控え目ながら報道せざるを得なくなってきたよ。

支那韓応援団のくせにな。

昨日もどこのチャンネルか忘れたが、BSで韓国経済の不振をやっていて、思わずニヤニヤしながら見てしまったんだが、
サムスン・ヒュンダイ・ヒュンダイ下請け(製造業)の異変を紹介した後、韓国様(笑)巻き返しの切り札が、

日本人観光客誘致

なんだとwww

あのねー、
これだけ日本人に憎悪されておきながら来てもらえるわけないだろーが。
どうせテョン脳じゃロクなサービスもしてくれないしね。

よしんば来てくれたとしても、サムスン・ヒュンダイなど製造業の不調で出た失業者を拾うには、

全然、足りん。

やはり若者たちの最後の就職先は、

朝鮮民主主義人民共和国人民解放軍(の弾除け部隊)

で決まりだな。

革命後は金正恩同志の指導下で皆で農村行って農業しようぜ~

民主カンプチアも真っ青の「強制帰農政策」だ。

飢え死にと政治犯収容所送りでもの凄く人口が減り、「静かな過ごしやすい地域」になるだろうよ!

名無しの指摘さま

>>ソロ、 自分が侮辱されたと思うコメントについて、 どんなレス返してるか、 今一度、見直すことを、お勧めする。
御大層なご指摘、痛み入るが、そういうお前は名無しの投稿者だろ? 自分の発言責任を全く顧みる姿勢も無しに、他人の投稿内容のモラルについて、あれこれ言えるとはたいした厚顔ぶりだとは思わんのかね? 然も、お前さんが投稿してもしなくてもこのブログの運営管理をやってくれているブログ主に、運営のご教示を垂れるとは恐れ入った傲岸さだな。(嗤)

 俺についての、「分からん」だが、俺は自分が侮辱されたからコメントを返しているのではない、尤も、お前さんが知ろうが知るまいが、此処のブログは、ほぼ定期的に荒れている。 主犯は、在日関連団体や共産シナの下部機関、赤系マスコミの書き込み隊・・ってところだろう。 だが、ちりは別線のように思う。

  此奴も多分在日系だが、帰化して居るか、してないかは別にして、「日本人化した在日」と云うより、「在日と云う出自を引き摺った日本人」のように思える。 周囲には、日本人に成れない在日2世やら、功利主義のみで日本人に成りすましている3世といった、反日集団が控えていると思う。 取り巻きのアイデンティティは常に漂流しているが、ちり本人のアイデンティティは日本人と確定しているのだろう。 だが、取り巻きの手前、ハッキリとしたアイデンティティの示唆は、事態をややこしくするからできないのだと思う。

 全て類推の域を出られない所為か、やたらとややこしい限りだが、是までの付き合いの経緯から言えば、そういう推理が一番落ち着く、普段は意識してもかかわらないようにしているのだけど、あんまり意味不明な事を言ったり、こっちに絡んでくるから反応しているダケだよ。
 
  其れにこのブログには、長州系や薩摩系を朝鮮系と看做し、明治大帝を「すり替わり」と見立てたりして歴史攪乱を目論む「反日朝鮮人の成りすまし」集団や其れに金魚の糞の様について行き、ブログ主からアク禁を食らった数人まで閲覧していて、偶に、名無しでコメントを書き込んでいる。  俺はこのブログに役5~6年居るが、他にも、ねず吉さんのブログで排除を食らって、被害者意識バリバリの連中もいるから、嵐のネタは尽きないのだよ。

 改めて云うが、一閲覧者としてのご意見なら、ちゃんとHNを固定して発言してください。 それなりに対応させていただきます。

野田聖子にビジョンなし

自分が総裁になったら、党長老(と支那韓)の言うことをよく聞きます

とだけは言っている。

何だよ。つまらない政治家だな。

共産党や民主党の奴らと一緒だな。
そんな「穀潰し」は要らないぞ。

そりゃ総理でも政治家でもなく、

共産党党官僚(笑)の器だよ。
日本のサヨクどもの「憧れの職業」だったな。

でもその職、

無くなるから。

不労所得を得ることしか考えない、

能無し(且つ人ゴロし)マルクス・レーニン主義者(笑)の時代

は終わったと言っているんだ。

マルクス・レーニン主義者&朝鮮民族&漢民族に食わせる飯はねえ!

働かざる者食うべからずだ。

ドイツへの移民の大量流入問題について、▼「ドイツ人売国奴の前ドイツ首相ゲハルト・シュレーダー」がH16年(WC2004年)7月に移民受け入れに関する新法をドイツ国会で無理矢理可決させたことが原因です。▼熊谷徹『ドイツ中興の祖ゲハルト・シュレーダー』日経BP社H26年=韓国式捏造真逆ステマ本。

ドイツへの移民の大量流入問題について、▼「ドイツ人売国奴の前ドイツ首相ゲハルト・シュレーダー」がH16年(WK2004年)7月に移民受け入れに関する新法をドイツ国会で無理矢理可決させたことが原因です。▼熊谷徹『ドイツ中興の祖ゲハルト・シュレーダー』日経BP社H26年=韓国式捏造真逆ステマ本。
------

里美です。

ドイツへの移民の大量流入問題について、

1. ドイツ人でありながら自分の若い頃の不遇をドイツ国民に押し付けて移民を大量に流入させてドイツ国家を破壊したい「ドイツ売国政党のドイツ社会民主党のドイツ人売国奴の前ドイツ首相ゲハルト・シュレーダー」がH16年(WK2004年)7月に移民受け入れに関する新法をドイツ国会で無理矢理可決させたことが原因です。

2. 『ドイツ中興の祖ゲハルト・シュレーダー』H26年なんて韓国式捏造真逆ステマ本を書いた熊谷徹は、通名使用帰化在日韓国人疑惑または帰化未帰化在日韓国人によって騙されている馬.鹿サヨ日本人のどちらかです。この本の出版社が帰化未帰化在日韓国人企業の日経BP社であるから、臭います。

3. 熊谷徹について、日本国民(日本人)は、日本国の公安調査庁長官、首相官邸、自民党本部、次世代の党本部へ頻繁に通報することが必要です。

支那はなぜ白人と戦わなかったのか?

領土と利権を切り売りして生き長らえた。

https://www.youtube.com/watch?v=CWZMG0gAMKw

侵略戦争とはなにか?支那の独立は内通で勝ち取った!

https://www.youtube.com/watch?v=xMOBlZwMulo

(・”・)

憲法違反は問題ない

東京の新宿で「安保法制反対デモ」があったようです。デモは法律で認められており、別に目くじらを立てるようなことではありません。が、今回のデモはそうではなさそうです。

法で禁じられている「歩行者天国」でのデモです。法律家の福島さんならよく知っているはずです。その禁止場所で「共産党」「民主党」「社民党」の先生方が「違法デモ」を堂々とやったのです。

これは「憲法は守らなくても良い」と言っているのと同じです。「憲法を守れ」と法を犯して叫ぶ政治家達。

「安保法制」は違憲と批判できるでしょうか。国会で取り上げて下さい。

南京大虐殺はGHQの捏造

南京大虐殺は、GHQの捏造である。

連合軍は、人道に反する罪で日本を断罪するに当たり、連合軍が犯した原爆投下に匹敵する日本軍の虐殺を捜したが、何処を捜しても、そのような虐殺を見つけることが出来なかった。

このため、GHQは、南京大虐殺を捏造するよう国民政府に命じた。だから南京大虐殺の死者数は、常に原爆の死者数と同じである。

当該投稿者殿

発言責任のご高説恐れ入ります。

では、発言責任を顧みていただいて、末尾資料の捏造投稿について、回答をお願いします。

証拠もなしに、他人を陥れる発言をなさって、説明責任から逃げる気ですか。

証拠を提示するか、釈明をするか、本ブログ読者の大半が納得する回答を要求します。

いろんな捏造のカウンターパートになるべき保守ブログの熱心な投稿者が捏造を投稿とは、かたはらいたし。

追伸
管理人は、明らかな捏造投稿にノータッチの方針のようだ。しっかり、コメント欄をコントロールして欲しい。


ーー参考資料ーー

管理人殿へ

末尾資料のコメント投稿者が「一人二役確定」とおしゃってます。

「確定」行為は、通常、管理人のみ可能で、ブログの一投稿者が、「確定」の証拠を得ることはできません。ブログシステムのログ等が証拠となろうかと思います。

一投稿者が「確定」する為の証拠の入手方法について、考えうる(論理的推論の結果、得られる)事実は以下の三つです。

①当該投稿者が証拠がないのにあきらかな捏造を投稿
②当該投稿者が「一人二役確定」の証拠をブログシステムに違法なハッキングをして入手
③管理人と当該投稿者が同一人物で証拠を入手できる立場にあった

②ならば、刑事事件です。③ならば、何故このような事をするのか、ブログ読者に管理人から説明が必要と思われます。

いずれにしろ、この投稿について、管理人の見解表明を求めます。看過できません。


ーー資料(捏造投稿)ーー
ちりの名無しのフォロゥワーは一人二役確定

>ちりへ
>>よっしゃ、あいまいさを排除するため、ゼロベースではじめようや。ソロ。

そうか、ナナシノフォロゥワーロゥワーが、自分の1人2役だと認めるんだな。 了解。

以後お前とはコメントのやり取りはしない事にする。
人称が確定しないモノとのコメントは、端に揚げ足取る機会を提供するだけの愚行である事は明らかだからだ。
それに、成りすまし行為に近いこうした違反行為を繰り返してきたことも確定したわけだから、この先BANされるだろうね、其れと名無しのコメント者の排除も、始めてもらおう。

2015/08/17(月) 09:02:51| URL| ナポレオン・ソロ #90LdKUd6

一人十役以上でないのか?

粘着性在日トンスル荒らし    (・”・)

※「S H I N」はじめ「真実」「真意」「一言」「沖 田 浩 二」「ちょっと失礼」「○○の欺瞞(欺瞞の○○)」その他多くの捨てHNを使用している人物です。ご注意下さい。(IPアドレスその他の資料により同一人 物であることを指摘しても「これは個人のパソコンではない。大勢の人が使っている」「S H I Nハンネを俺の同僚がここのパソコンから発信している」 「bingoなる人物は盟友である(別人である)」「俺の成りすましが腐るほどいる」とシラを切っています)

http://kukkuri.jpn.org/1103arashijouhou.html

2015/09/07(月) 19:35:57| URL| #- [編集]

おいおい、

看護できないのはほかにもいるでしょ。

ブログ主さまが何度コメント削除しても、
大物気取りして荒らすお姉さん、た、ち、がさぁ(笑)


隠居へ

一人二役の人間がコメント欄に投稿しているなら、証拠を提示の上、当該者になんらかのペナルティを与えるよう、管理人に要請してください。

>2015/09/07(月) 20:27:59| URL| #-

コメント欄が荒れてると思うのなら、管理人に対処を要請してください。

スレッドの主題と関係ない投稿を排除、関係ない議論を隔離するよう、管理人になんどか要請しましたが、応答はありません。

自分でやりなはれ!

(・”・)

隠居へ

あなたみたいに能力がありませんので、一人二役を確定させる証拠はだせません。

そちらは、証拠を提示できるのでしょう?

そちらにおまかせします。

日韓会議と同じ雲行きになってきた   (・”・)

朝鮮脳に絡まれると、トンスル(大便発酵酒)臭気が伝染りそうだ (汗)
おやすみチョンさん

失政のオカルト的考察

>ソロ様

>このブログが住み心地がよいのか、この処常連ですね、

常連と言うより、ブログ主様の記事に関連して、基本的には1レスしているだけですが、私のレスにレスして下さった方には、礼儀としてレスを返しています。

只、前々回の記事では、何年も前からネット上に拡散されている話を、

>ここ、中韓ブログで、「南京大虐 殺」がスレのテーマであれば、もっと、「開国少将」ネタが全面に来てもいいと思ったりしますが、でてこない。

↑とか自慢げに書き込んだ人がいたので、「今頃何を自慢しているのか?」という思いでレスし、そのレスに対する本人からのレスに別人のレスが絡んで、レスが多くなってしまった次第です。

因みに、私は地震スレの常連で、メルマガや三流週刊誌などでインチキ地震を続けている某東京大学名誉教授のインチキの手口の情報に就いて、ほとんど毎日書き込んでいます。

扨、話を本題に戻しますが、

支那事変を立案したのはドイツ軍事顧問団のファルケンハウゼンで、彼の作戦は先ず北支で軍事行動を起こし、日本軍をおびき寄せるというものでしたが、その作戦にまんまとハマったのが、時の首相であったこの近衛文麿で、北支出兵の予算を閣議決定し、内地の3個師団が北支に向かいました。

こうして、日本軍を北支におびき寄せることに成功したファルケンハウゼンは、予ての計画通り上海の国際疎開の日本人区を襲い、日本からの援軍を非武装地帯に構築した要塞群におびき寄せて殲滅することを決断し、昭和12年8月13日、国民革命軍の上海攻撃が始まりました。

この奇襲攻撃を予期出来なかった日本政府は、8月15日に2個師団からなる上海派遣軍を編成しましたが、司令官の松井石根大将は、「5個師団で一気に蒋介石軍を叩き潰し、早く和平に持ち込むべきだ」と考えていましたが、上海在住の日本人を虐殺から守るには一刻も早い援軍が必要だったのでです。

結局、上海から支那軍を駆逐したものの、ファルケンハウゼンの罠にはまった日本軍は戦力の漸次投入によって多大の損害を出しましたが、それでも直ちに南京攻略を命令せず、進撃を停止しました。

しかし、杭州湾に上陸して、全面の支那軍を蹴散らした第10軍はそのまま南京進撃を開始し、上海派遣軍と第10軍を統合して編成された中支那方面軍の司令官に任命された松井石根大将も南京進撃を追認し、12月1日大本営も南京攻略を命令しました。

この間、近衛首相は「事件不拡大」を唱え続けながら、積極的な和平に動こうとしない儘に8月13日の日支全面戦争開始を迎えてしまい、その後は軍の行動を追認するしかありませんでした。

しかし、日本政府が何年も前から全面戦争を決意していた国民党政府の意図を読めずに、後から考えたら「見え見えの罠」にはまってしまって責任は、一人近衛首相に有るだけで無く、当時の日本の指導層の全員が「先を読めなかった」のだと、私は考えています。

当時の指導層には近衛文麿のような門閥もいたが、自身の実力によってのし上がった秀才も大勢いた筈なのに、何故に当時の指導層の誰もが「先を読めなかった」のか、その原因をオカルト的に考察してみました。

浅野和三郎という英米文学研究者をご存知ですか?

彼は、英米文学研究者として英米文学の翻訳を通じてスピリチュアリズムに興味を抱き、大本に入信して論客として活躍した後、大本を離れて、自身で「心霊科学研究会」を創設しました。

「心霊科学研究会」の本部は彼の自宅がある横浜氏にありましたが、名古屋に「中京心霊協会」、大阪に「大阪心霊科学協会」、東京に「東京心霊科学協会」が設立され、各地で降霊実験が続けられました。

昭和3年3月、「大阪心霊科学協会」に出席していた浅野和三郎は風邪で臥し、当時「大阪心霊科学協会」で霊能を発揮しつつあった荒深道太郎という会員に破邪修法を依頼しました。

3月10日、浅野が臥している龍田邸を荒深が訪れ、龍田、小林両名立ち会いの許に浅野に修法している時に荒深が神憑り状態になり、「汝(いまし)の病(やまひ)は邪神(まがかみ)のなす業(わざ)ならず。吾(われ:神武天皇に仕えた道臣命の霊)汝(いまし)の行(ゆき)つき国(くに)に遊(あそ)ばんとする事(こと)を聞(き)き、心(こころ)得(う)べき事(こと)を告(つ)げんが為(た)めの時(とき)を得(え)んとして引(ひき)とゞめたり。汝(いまし)のこと皇神(すめかみ)も知(し)ろしめさる。西(にし)の国(くに)には天若彦(あめわかひこ:地球支配を目論む魔神の総帥)等(ら)が邪(あや)しき霊(たま)ありて、古(いにし)へよりさまざま吾(わが)皇国(みくに)を犯(おか)さんとするも得(え)ず、皇国人(みくにびと)の彼国(かのくに)に至(いた)るを待(ま)ちて業(わざ)なす故(ゆゑ)、汝(いまし)をも虜(とりこ)とすべく待(ま)かまへ居(を)れり。汝(いまし)心(こころ)して此等(これら)の邪霊(あやしきたま)に取(と)らはるゝ事(こと)なく、真(まこと)の道(みち)を究(きは)めて異事(ことごと)なく帰(かへ)り来(き)たれ。今(いま)より心(こころ)の装(よそほひ)を為(な)さしめ置(お)かんが為(た)め、吾(わが)心(こころ)もて汝(いまし)を呼(よ)びかけしのみにて病(やまひ)となりつるはうたて(情けない)かりし、云々(しかじか)」 つまり「外国に居る邪霊が日本を犯そうとしているが、皇神が守護する日本に入り込めないので、渡航する日本人に憑依しようと待ち構えているので、心を引き締めて渡航せよ」という意味の霊示がありました。

以上の話は霊素発揮(たまたねおこし)という本の記事で、今でも復刻版を買うことが出来ます。

そして、当時の日本の指導者層の多くは海外渡航をしているので、このようなことが実際にあるのなら、彼らにも邪霊が憑依した儘に帰国して、世の中の実態を観る能力が欠如して、本人の表の意志とは裏腹に祖国を破滅に導いて行ったと推測されます。

更に、渡航者に憑依して国内に侵入した邪霊は、憑依された人間が死去した後も、国内で次々に憑依を続けているとすれば、現在の日本人の堕落の真因も其処にあるかも知れません。

その昔、新羅の使節が来朝した時に敏馬(みぬめ)神社に留め置き、生田神社で醸した神酒を飲ませて、その穢れを祓ったように、昔の日本人は「外国は霊的に穢れている」ことを直感的に知っていたのでしょう。

日本消滅も間近ですね…

●安倍内閣、支那・朝鮮人の移民法を可決
http://nico.ms/sm26746038

●『国家戦略特区法』の改正成立!
http://nico.ms/sm26691265
安倍政権の移民政策は凄まじいです

●売国法案が次々と可決!
http://nico.ms/sm27041398

●売国・審議状況
http://nipponhosyu.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

●安倍政権、外国への日本国土売却を戦略としていた
http://nico.ms/sm26590336

日本消滅も間近ですね…

今と将来の危惧

>今後、次を考えたい。んだよ。私は。

↓は今と将来の話なんだが・・・

>>渡航者に憑依して国内に侵入した邪霊は、憑依された人間が死去した後も、国内で次々に憑依を続けているとすれば、現在の日本人の堕落の真因も其処にあるかも知れません。

ま、盲目の人に色彩の説明をしても理解出来ないように、スピリチュアリズムに無関心な人には理解不能だろうね。

無神論者は美味しい餌

>宗教。
>正直、怖いです。うっかりした。
>私は、リアリズム、リアリスト。です。

当時の宗教事情に通じていないと、昭和史を語ることは出来ません。

そして、宗教を知らずして、現代の世界を語ることも出来ません。

更に、各宗教の起源の多くが教祖の霊的体験によるものなので、宗教の研究にスピリチュアリズムは欠かせないのです。

スピリチュアリズムに通じていると、例えば、スピリチュアリズムを否定しながら、オカルトそのものである密教を布教している苫米地英人などが胡散臭い奴だということも簡単に判るのです。

世の中には、科学を語りながら実態は宗教というセミナーが溢れているので、「自分はリアリストだ」と思っている人間程、科学の皮を被った宗教の罠を見抜けずに、その虜になってしまい勝ちなのです。

更に付け加えると、邪霊にとって、無神論者ほど美味しい餌はないのです。

支那人はアジア人か?

武田邦彦 氏

https://www.youtube.com/watch?v=UBfY1bsataA

朝鮮人は人間か?

(・”・)

支那、「2014年の」GDP年間成長を今更切り下げ

まーだ去年のGDPいじくってんの?

市場の支那当局発表統計の信頼がなお一層失われ、

上海総合指数の下げ要因になる

と気づかんのか?

漢民族は物事を深く考えないのだな。
バカだな。

主に国内向けの統計操作と思われ。

安定成長に入ったから成長率下がったのは仕方無い(→だから現指導部を責めないでね)

えぇーっ!!!
そうですかあ?

そりゃある程度構造改革の「成果」を上げた奴が言うことだ。
腐敗撲滅と称し権力闘争しかしてないキンペーが言えたことじゃない。

単なる不況、
大大大不況

の言い換えだろ?ざけんなよ腐れサヨク。

意気地なしの漢族平民にはあまり期待してないが、キンペーの政敵である江沢民や胡錦濤には少し期待している。

人民軍を割るクーデターを。

先日の軍事パレードでは元気な姿を見せたしね。
今回の弱気統計操作もキンペーを攻撃する材料になろう。

共産党権力集中なんだから、一番責任が重いのは現役トップの習近平でしょ。
日本のマルクス・レーニン主義者(笑)が憧れる社会主義国の宿命だーねー

早よキンペーの「首」取ってー
キンペーは人民軍割って抵抗してー

無題

  名無しの投稿者の言質は人称が確定しないので、コメントとは、原則認めない。 故に、固定HN以外のコメント養成は無視する。

【敦賀市は、(帰化在日韓国人疑惑の)女性職員を韓国東海市へ派遣しました。=これは、敦賀市帰化在日韓国人職員と韓国東海市による交流という偽称の対日侵略工作です。=未帰化在日韓国人を地方公務員へ雇用することは憲法違反であり、帰化在日韓国人を地方公務員へ雇用することは安全保障法制違反です。】

【敦賀市は、(帰化在日韓国人疑惑の)女性職員を韓国東海市へ派遣しました。=これは、敦賀市帰化在日韓国人職員と韓国東海市による交流という偽称の対日侵略工作です。=未帰化在日韓国人を地方公務員へ雇用することは憲法違反であり、帰化在日韓国人を地方公務員へ雇用することは安全保障法制違反です。】

ヒロッコ女史の平成25年4月XX日のツィート(加筆)
敦賀市帰化在日韓国人職員と韓国東海市の対日工作によって、敦賀市は、(帰化在日韓国人疑惑の)女性職員を韓国東海市へ派遣しました。

【抗議メール&抗議電話すると同時に抗議FAX&抗議葉書も送って下さい♪】

大津保守ラーガー

自分でコメントを削除するとは・・・

>今後、次を考えたい。んだよ。私は。

>宗教。
>正直、怖いです。うっかりした。
>私は、リアリズム、リアリスト。です。

↑と書き込んで、レスまで付いたのに、何故か削除してしまう。

全く信用出来ない人です。ちりちゃんは・・・

NHKの在日朝鮮人職員が愚劣行為をしている!

犯罪だね?!!

https://www.youtube.com/watch?v=L21HZcPZfL4

1:34:30~1:51:49

NHkの屈強な男二名が若い女性に二週間の怪我を負わせ、女子トイレの前で見張り続けた。
犯行手口がトンスル朝鮮脳の発想行動そのものだ!

(・”・)

安倍晋三氏、自民党総裁に無投票再選

古賀誠・野田聖子師弟敗れるwww
党内の影響力低下は避けられない。

安全保障関連法案成立にも道筋がついた。

ご主人様(支那韓)の期待に応えられなかったね。
全く役に立たない三流工作員だぜ。

支那韓はなけなしのカネをはたいて彼らを雇っているというのにね。
経済成長が右肩上がりならポンと出せるだろうが、「これから」は年々キツくなるだろう。
日本を切り崩す前に、自国の反乱の心配をせにゃならん。

ベッタリと甘えることしかできない古賀・野田・翁長・岡田・松野などなどは、本当に「お荷物」だろうね。

この状態で中華人民共和国と大韓民国は、安倍氏の総裁任期が終わる「平成30年9月まで」耐久しなければならない。
安倍氏の支持基盤の清和会が勢いを維持すれば、総裁退任後、同会の会長か名誉会長に居座って院政も可能だから、
もっと耐え忍ぶ必要がある。

そんなに保つのか?
あの虚弱な二国は?

無理だな。

流れがわかんなくなっちゃう。

こば、ちりちゃんです。

いつまでやってんだよ。
こってり、過去コメで「混乱した」とか、なんだよ。
今回コメ、イイワケか?
ソロへの事大か?

>>ここ、中韓ブログで、「南京大虐 殺」がスレのテーマであれば、もっと、>「開国少将」ネタが全面に来てもいいと思ったりしますが、でてこない。
>
>↑とか自慢げに書き込んだ人

今、一つコメ、出しといたから、
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1062.html#comment81844
読んでくださいね。

なんで、過去の歴史解釈だけに、固執し、
国益がどこにあるんだか、この辺重視しない、
感じることができない、
すなわち、ここの読者ひいては、日本を誘導できない、
理屈に始終するかな。

「ん」さんじゃないけど、わからん。

あなたの、面子か?つまらない。
今後、次を考えたい。んだよ。私は。

2015/09/08(火) 00:06:53| URL| ちりちゃんです。 #9OCdGr.6



んさん。申し訳ないです。

こば、ちりちゃんです。

んさん。宛てです。

これ、正直、適当にだした、2つ意味がある。
>「ん」さんへ。
>いい、ですか、
>私は、怒ってる。
>これだけです。
>日本人として。
>2015/09/07(月) 01:05:27| URL| ちりちゃんです。 #9OCdGr.6

何が、テキトウってかってと、興味があった、
「ん」さんが、コメしてたこと、
「私は、怒ってる。」ってこと、
「運営どうなってるのかな。」ってこと、
普通であれば、統制しますよね。
当然、私のコメ。

もともとの興味、
どこまで、ここ自由なのか。???

例えば「ソロ」って、人がいる。
分かんない領域の話しますね。
ちょっと、今回、からんじゃったから。

大きな背中があったとする。というかある。
肩をたたく、頭をかるくたたく。
「振り向かない。」
でさ、どんどん、エスカレートして
背中にとび膝蹴りをいれたとする。
「振り向いた。」

これでわかるかな。
(ソロへのメッセージでもあったりする。)

政治経済ブログ

男女関係。

いいのか、コメ欄では試したくない。

こんな、ロジック、多分他のブログにない。
管理人さんも、うれしく思ってね。


で、あと一つだすか。と思ったけど。
20号。24時間後にする。火曜の夜。

おやすみなさい。です。
なんか、暗くなっちゃった。


2015/09/08(火) 00:50:04| URL| ちりちゃんです。 #9OCdGr.6


------
------
コメの流れわかんないともうから、復活させた。
今回、コレ復活コメで、3行削除した。

削除は、
3行削除方面か?
それとも、余命か?
これ聞きたい。


辛いんだよね、
私の周り、在×、赤、反日ばかり。
3行のことだけど、歌くらいは、歌えないとね。
カチューシャ位は、カラオケでもね。
第2外国語は、それだから。
私にとって、ダブスタ。

これも一夜限りのコメ。なのかな。

不充分な復活コメ

>そういえば、ちりちゃんは自分のコメはしょっちゅう削除してますねw

↑という私のコメを否定してしていましたが、そのコメも削除していたことで、嘘がバレましたw

折角再投稿したのだから、

>宗教。
>正直、怖いです。うっかりした。
>私は、リアリズム、リアリスト。です。

↑という部分も復活してもらわないと、他の人にコメの流れが判りません。

北のトンスラーも浮いている

(・”・)

https://www.youtube.com/watch?v=-zPUIyiOlcs

ソロは、「捏造」投稿について、説明責任を果たさずに逃げるつもりかな。

ブログ主を含め、コメント欄の読者に説明してほしいのだが。

ちりちゃんのフォロワーなるレッテル張りは、意味がわからんな。

ソロの無礼なコメント投稿、勝手なルール付けはいかがなものかという疑問を提示しているにすぎないのだが。(管理人がジャジすればいい話。)

ちりちゃんを工作員とか、レッテル張りもひどい。証明できるのか。

かりに工作員だとして、拡散力の弱いコメント投稿者を排除しようとはしないだろ。

裏を返せば、「自分はすごく拡散力のある」コメントを投稿してると思ってるのかね。裏付けのない自信はどこからでるのかね。

数年前の記事コメントをさかのぼればいい

管理人の記事に対して別個の教養と常識を持つコメンターが
意見を寄せていて、その最も精緻で常識的な論者がソロさんであったことは周知の事実。だから、だいたいソロさんの意見に収れんしていた。

荒らしが現れてこれを攻撃する時期にも、矢面に立っていたのはソロさんだった。その癖か、ちりちゃんのような「?」なコメンターにも
はじめ警戒心からかたしなめるような言い方があったのは確か。

しかし、「ソロ」とか呼び捨てはダメだね、この子は。

何様のつもりか?

おかげさまでまともなコメンターの誠実な投稿はほとんど見られなくなった。

この点は、管理人にも責任があると思う。

「放置」がひどすぎた。自分の本が売れればそれでいいのかと感じている。

ま、自分のまいた種は自分で刈り取ることになる。ランキング順位が下がるのは当然。そうやって、役割が終わったことを自覚するものなんだろう。諸行無常だ。

自分が見えない愚か者へ

>>ソロの無礼なコメント投稿、勝手なルール付けはいかがなものかという疑問を提示しているにすぎないのだが。
 何をとぼけた事を、俺が指摘してきたのは、お前のような名無し投稿を止めろと言う事だけだぜ。 自分の名を名乗るルールを無視し、人称が確定していないのに、議論が成り立つわけが無かろう。 対話の基本的なルールのバイオレーターに、一人前の扱いを求める方が無理というものではないか?

 で、お前が「ちり」一味で無い証拠は何処にある? 地理の単なる自己弁護を、名無しで行ってないと云う確証は何処にもないぜ? そういう訳で、お前はちりに対しても、大迷惑をかけて居る事に成るワナ、反省しろよ。ww
 お前らのコメントには、投稿者のコメントに対する論考とか、補遺の様なものは一切なく、自分の好悪しか書いていない。 是は、朝鮮人的な思い込み「自分は正義だ」が満ち溢れているからだろう。 と俺は感じたのでそう書いたまでの事。 よく「BAN された」というが、是も証拠は何処にもなく、第三者的には、「自分で削除した」と判断するのはむしろ当然。 それに、自発的かドゥかは知らんが、自分で削除予告しているんだから、まぁ、8割がた、自主削除だと思うワナ。

  お前は名無しの癖に自分が一人前のコメントをしていると思い込んでいる様だが、人称なしでは、発言を特定できんから、コメントした事にすらならんわ。 唯のアラシでしかないわけだが、そういうアラシコメンターを諌めるのには、普通、礼儀など要らんよ。

時事ネタです。

  ソロです。 新たなステージに立つ日米安保についての件とギルバード氏の見解です。
[ケントギルバード氏の「米国から見た新たな日米関係の常識」より、一部抜粋引用]
本気で沖縄を奪いにきているPRC(中華人民共和国)との戦争が起きるとすれば、それは日本の戦争である。日本が抑止力を高めなければ、米国が日本の戦争に巻き込まれるのだ。

 米大統領選に共和党から名乗りを上げた不動産王、ドナルド・トランプ氏のように、米国が、日本や韓国の国防に片務的な責任を負っている現状に対し、疑問や異議を唱える米国人は今後ますます増えるだろう。

 万が一、在日米軍が撤退した場合、日本への侵略の可能性は確実に高まる。ネット上で「日本の場合、フィリピンと同様、エネルギー資源も鉱物資源もないから、他国からの侵略は受けにくい」という論説を読んだが、あきれた空論だ。 論者は「高層ビル1棟と、同価値の天然資源、好きな方をプレゼントするから選べ」と言われたら、天然資源を選ぶのか。

 日本には、天然資源以外のすべてがそろっている。日本を侵略支配すれば、空港や港、鉄道、道路、発電所、工場などのインフラに加え、飛行機や船舶、自動車、建設機械や産業用ロボット、それらを稼働できる人材まで手に入る。

 侵略国の幹部と一族は、東京で世界一文化的な暮らしを始められる。日本全国を旅しつつ、温泉三昧かもしれない。

 そして侵略国は、日本が誇る世界一の設備と人材を利用して、最高品質の製品を生産する。核爆弾を含む武器の製造も命じるだろう。日本人はチベットやウイグルの人々のように、事実上の奴隷となるのだ。

 平和ボケは日本と日本人の価値すら分かっていない。彼らの想像力の欠如ぶりには、震える。
(抜粋引用終了)
  以上、真に冷静で米国人の立場に立った、知日派米国人の意見だと思います。 関東在住の方々には気の毒ですが、昨日の「其処まで云って委員会」には、このケント・ギルバードさんを始め、ケビン・メアさん、ロバート・エルドリッジさんと、嘗て、日米安保や沖縄問題、そして、東北大震災初動救助に深く関わった米国の著名人が出演して居ました。 ケントさんが、「今国会で、安保法制法案改正が取り沙汰されているが、是に反対している野党たちは、結局の処、日米安保に反対の延長でしかない」と喝破して居ました。  全く同感です。

 殊に、反対している政党の顔ぶれを見れば、元革マル派の枝野に共産党の志位といった恣意的反米反日派を筆頭に、社民党の憲法盲信護持勢力=中韓工作員、泡沫政党の政治屋集団=小沢の様な、自身が国会議員であり続ける為にしか行動できない、政治を生業とする謀政(マツリゴトイカサマ)師か、 其れと同じく、生き残る為ダケを目的とした維新の残り滓でしかない。 彼らに通底しているのは、現実を理解していない、若しくは理解できない貧しい知性の持ち主か、日米同盟を崩壊させたい国家群の恣意の基に、活動している潜入工作員集団でしょう。 是では、真に国民の為の議論など出来る筈が無い。 殊に、維新の松野は、あからさまに民主党へのすり寄りとしか見えず、「国民目線の健全野党」が、建前に過ぎない事を自白したようなものです、橋下が袂を分かちたがるのも無理はない、数志向の唯の政治屋ですからね。

  私が彼らに求めたいのは、国の内外にいる国民の権利の保護と生命の庇護であり、其れを担ってきた従前の態勢の変化に対し、「では、一体変化したパラダイムに対し、日本はどの様な形で対応し、従前の安保体制が支えてきた軍事バランスを維持するのか」を、起点として国民に対して、明確に示すことです。 

  まぁ、外国勢力の干渉下にある彼らが持っている政策決定権の範囲では、壊れたテープレコーダー以上の事は無理でしょうがね。

  御存知の様に、日米安保体制は、米国の経済的な理由での、極東防衛方針変更と韓国の経済的衰退に伴う離反行為によって、大きく見直しが迫られています。 新たに示されるであろう方針の具体的な証拠を挙げる事は、各国の是からの思惑に影響するので未だ確定して居ませんが、相当の見直しが必要なのは言うまでもない事です。 そして、其処にこそ日本が「自力で国家を護る国になる千載一遇のチャンスが存在するのです。

  反対派の狙いもそこに有って、逆にこの際、一気に日米安保体制にひびを入れようと云う腹なのでしょう。 ダカラ、理屈も何も必要ではなく、手段を選ばず「兎に角反対」で日本全体を騙しおおせると思って居るのでしょう。 沖縄知事の地方の一首長でしかない立場での、無理な基地問題への対応も、その延長上にあると思います。

  安保法制法案(改正)の重要性は、我々国民側として、一体、この法案を否決した後、日本が国際的に、どのような立場に立たされるのか、想像したらよく判ると思う。 そういった「イフ」をも含めた議論を深めるに十分な期間を慮って延長したのに、野党側に実になる質問の一つも見当たらないのは、 明らかに彼らが、事態の重要性を全く理解できていないか、固より、日本国民の為に行動しているのではない事を示しています。

  番組の出演者で、政治素人代表の女優?が「安保法制法案の可決は、議論が深まって居ないから、未だ早いのではないか?」と発言しましたが、「相当遅く、最早議論の余地はない」というのが、先に挙げた3人の米国人、そして、外務官僚の宮家氏やマスコミ勢の代表達の共通認識です。

  最後に、ケントさんが、「なぜこの放送を東京でもやらないのか?」 と質問したら、司会の辛坊が、ニヤッと笑って誤魔化していたのが、背景となる日本の現状の全てを物語っている様な気がしました

>2015/09/14(月) 04:08:46| URL| 傍観者 #2kf32hgo

>数年前の記事コメントをさかのぼればいい
>管理人の(省略)に収れんしていた。

・チャンスがあれば、過去のコメントを読んでみますよ。
・ブログ主のスレッドを読みにきているのであって、コメント自体を読みにきているのでない。スレッドの主題に対しての補足、反対意見等をコメント欄で読みたいのです。
・あなたがコメント自体を目的に、読みに訪れているなら、コメント内ブログを読みに訪問しているということです。
・過去にいい投稿をしたなら、ここ最近の投稿が劣化したんでしょうね。


>荒らしが現れて(省略)矢面に立っていたのはソロさんだった。

・アラシがでたのなら、その時点で、ブログ主が適切に対処すればいい話しでは。
・アラシがいなくなる理由は、ブログ主の対応がない場合、アラシが飽きたからです。
・だから、ソロを持ち上げる意味がわからない。

>「ソロ」とか呼び捨てはダメだね、この子は。 何様のつもりか?

ソロの無礼な、何様?の投稿を読んでからは、呼び捨てをやめるつもりはない。

> おかげさまでまともなコメンターの誠実な投稿はほとんど見られなくなった。>この点は、管理人にも責任があると思う。「放置」がひどすぎた。

概ね同意です。

>自分の本が売れればそれでいいのかと感じている。
無償でブログを書き続けているブログ主がそれはないと思いたい。まぁ、人の心の中は、わからないものですが。

追伸
投稿内容が本当にいいもので拡散力があるなら、本ブログのコメント読者限定である必要は全くありません。

ソロに自身のブログで発信するよう、あなたから説得してください。

質問
あなたは、ソロとは別人ですよね?

時事ネタ、天災ネタは、スレッドの主題と関係あるんですか?

主題と関係ない投稿は、アラシとして、他ブログでは、排除されることが多いのですが、あなたの見解は?(もちろん、ブログ主にジャッジしてもらえばいいことですが、それは脇に置いておいて)

「捏造」投稿について、ソロが説明責任を果たさない事について、あなたは、どう思いますか?

大変やね、論客さんも。

一人二役の印象操作しとかないと、アンチ増えまくりやから。

実際は増えてるやん。

ボソボソ・・

アメリカの社会インフラがおかしいことはアメリカ人は聞かれたら話してくれるけど、自分からは言わないということ

無責任なやつだ

>>「捏造」投稿について、ソロが説明責任を果たさない
地理のコメントを読んでいないのが丸判り、俺はちりと名乗って居るのは最低でも2,3人と書いたが、一人はShinだったし、一人はちりの親父だと言う事だ。 元々、説明責任は。俺が採るモノではなかろうが自白が有ったのだから、必要自体が無くなったわけだ。 処でお前は名無しの投稿を未だやめないのか? 

コメント欄をどうするのかは
ブログ主の裁量なので
外野がとやかく言う筋合いではありません。

紳士的でない言葉は禁止ワードで存在しますし
ここは昔から自由に語り合える雰囲気がありました。

気に食わないコメントならば
真っ当にその内容に反論することをお勧めいたします。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。