スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南京大虐殺の真実      8月19日(水)

「そこまで言って委員会」17日分の放送を見ました。
そこでは「南京大虐殺」「従軍慰安婦」「731部隊」の検証をしていました。
全て納得できる内容でしたが、放送の関係で少し説明不足の感は否めま
せん。そこで今日は南京大虐殺の虚構を暴きたいと思います。

1939年12月に日本軍は支那事変を終結させるために蒋介石の拠点である
南京に侵攻しました。その前に南京侵攻を理解していただくために1937年
7月7日の支那事変の発端となった盧溝橋事件から筆を進めてみます。

どの歴史書を見ても日中全面戦争は1937年7月7日の盧溝橋事件が発端だ
と書かれています。それも戦後左翼学者によって、日本軍が中国侵略を正
当化するために日本の部隊に自ら発砲をして戦争のきっかけを作ったと
書かれています。

ところが後年 中国共産党が日本軍と国民党軍(蒋介石)を戦わせるため
に両方に発砲したのだという真相を中国側から示されました。日本軍の
規律から見て盧溝橋で日本側から国民党側に発砲した可能性は皆無です。

戦勝国が戦敗国を裁いた理不尽な東京裁判でさえも盧溝橋事件から支那
事変に至る戦争は日本が始めたものではないとして、事変の開戦責任は
日本にあるとはしていません。

このことをもってしても左翼学者たちが日本をいかにも残虐な侵略者とし
て扱ってきたことがよくわかります。彼らが戦後、日本側が意図的に侵略
を開始したと言い続けたことによって、日本国民は中国に対して負い目を
感じて謝罪クセがついてしまいました。

日本の近現代史が進歩的文化人と称される左翼学者の偏向史観によって
引き裂かれ、そして彼らは戦後の日本に害毒を流し続けてきました。

この事件は現地の日本軍も国民党軍にも腑に落ちない事件であって、
共産党軍が仕掛けたワナだということが分かり、数日後には現地停戦が
成立しています。

これで収まってしまえば共産党軍が意図している国民党軍と日本軍の戦争
拡大には繋がっていきません。そこで7月26日に広安門事件を起こします。
それは日本軍が北京城内に帰ろうとして、広安門を通過中、中国側が通過
半ばで門を閉じて、城外に残された部隊に一斉に銃撃を加えました。この
ような卑怯なことをすればどこの国でも戦争になります。そして日中全面戦
争突入の決定的な事件は1937年7月29日の通州事件です。

通州は長城以南では最も安定した地域として多数の日本人が安心して暮ら
していました。ところが、日本軍隊が盧溝橋事件で町を離れた留守に、本来
日本の居留民を守るのが目的の中国保安隊3千人がいきなり日本の居留
民に襲いかかり中国側の手によって260名全員が惨殺されました。これに
より通州特務機関は全滅しました。

その惨状は目をおおわしめるほどの残虐ぶりでした。強姦され陰部にほうき
を刺された女性の遺体、テーブルの上に並べられていた喫茶店の女子店員
の生首、斬首後死姦された女性の遺体、腹から腸を取り出された遺体、針金
で鼻輪を通された子供など、尋常ならざる殺害の状況は今も昔も中国人は
獣そのものです。

通州事件のようなことになれば、全中国で多年事業を営んできた在留日本
人が皆殺しにされます。日本は遂に、見通しのない戦争に入っていきました。

不可解なことに、戦後この残虐な通州事件に対する報道は左翼学者によっ
て隠されて、歴史の闇に消えようとしています。

この通州事件が1937年の7月です。その年の12月に日本軍は支那事変を
終結させるために蒋介石の拠点である南京へ侵攻しました。しかし蒋介石
は、日本軍が攻めてきたことを知ると、一早く部下に任せて南京を逃げ出
しています。

南京侵攻を戦後南京大虐殺という虚偽で戦後長く日本人を苦しめてきまし
た。最近はいろんな資料や本が出て大虐殺はなかった、非道行為を行った
のはむしろ中国兵たちだという真実が明らかになってきました。

中国側がでっち上げた被害者30万人というような数字は、まさに荒唐無稽で、
中国側の宣伝上の数字であることはいろんな資料から常識で分かります。

日本軍人は日清戦争、日露戦争、義和団の事件で世界中が認めたように
軍記厳正で、敵に対して寛仁であり、模範とすべき武士道的軍隊です。

南京戦で日本軍は非常に人道的で、攻撃前に南京市内にいた民間人全員
を,戦火が及ばないように、南京市内に設けられた「安全区」に集めた為に
日本軍の攻撃で、安全区の民間人は誰一人死にませんでした。

その証拠に安全区のリーダーであったドイツ人、ジョン・ラーベは「日本軍
が安全区を設けて民間人を傷つけなかったことを深く感謝いたします」
(速記録210号) という感謝状を松井大将に手渡しています。

その速記録210号の中でマギー牧師は「安全区は難民の天国」、安全区国際
委員会の書記長のスマイス博士(米)も、その調査報告書の中で「住民の
ほとんどはここに集まっていた、難民区内は1件の火災も無く平穏であった」
と述べています。

ところが後年発見されたラーベの日記には、安全区内に毎日のように火事と
強姦が続いていたという地獄絵が描かれています。しかしラーベの日記には、
自分が書いた日本軍に対する「感謝の書簡」について一行も触れていません。
どちらが真実か一目瞭然です。

創作されたラーベの日記には、「局部に竹を突っ込まれた女の人の死体を
そこら中で見かける。吐き気がして息苦しくなる」とあるが、強姦のあと「局部
に竹を突っ込む」などという残虐性は、中国にあっても日本には絶対ない。
この尋常ならざる殺害の状況の描写は通州事件での中国兵の残虐ぶりと
そっくりに記述されています。

またラーベの日記には「日本兵はモーゼル拳銃を持っていた」とありますが、
当時日本軍にはモーゼル拳銃など一丁もありません。モーゼル拳銃は
中国兵が持っていました。

戦後東京裁判でこのラーベの日記が証拠となり、有りもしない「南京大虐殺」
がひとり歩きします。国際委員会が告発した日本軍の非行は全て伝聞,
噂話、憶測でこれらを全て集めても、殺人49件、傷害44件、強姦361件など
です。

この数は南京占領の12月13日から翌年2月9日までの南京における日本軍
の非行を記録した国際委員会の総トータルです。

それにしても殺人は、わずか49件です。誰も見たものはおらず全て伝聞に
よって集めた記録においてすら、この低度です。

また南京占領後、日本軍の指揮のもとで南京の中国人団体が、死んだ
中国兵の埋葬作業を行いました。彼らは埋葬した人々のリストを残していま
すが、その中に女性や子供の遺体はほとんど含まれていません。つまり民
間人の犠牲者がほとんどいなかったことをこの資料は証拠づけています。

ところが南京占領が確定すると多くの中国兵は軍服を脱ぎ捨て、中国市民
を殺して服を奪い 、民間人に化けて南京の安全区に逃げ込み、安全区内で
強姦や略奪、殺人などを行いました。

そして民間人の服装で日本軍人を背後から攻撃(便衣隊)しました。その数
数千人も居り、日本軍から多くの犠牲が出ました。そのために日本軍は彼ら
を見つけ出すために掃討作戦を行わなければなりませんでした。

民間人の格好をした中国兵を見つけ出すために、数万にも及ぶ安全区の
住民の手を検べました。もし兵士ならば度重なる銃の発射でタコが出来て
います。それだけでは間違いもありますので、南京市内に家族がいるか
どうかを調べました。もし兵士ならば南京市内に家族はいません。

このようにして日本軍は兵士と市民を区別し、逮捕しました。もちろん人間
のやることだから誤認逮捕もあったとしても、その数はわずかだと思われま
す。このように南京占領において日本軍によって殺された民間人はほとんど
ゼロに近いと言っても過言ではありません。

それでは何故南京大虐殺というオドロオドロシイ言葉が一人歩きしたのか?
アメリカのジャーナリストであるベイツが「日本軍による南京での市民
虐殺」という虚偽を世界に広めたのです。

彼はアメリカの命令で蒋介石率いる中国国民党の顧問をしていました。彼の
使命は「中国市民の悲惨」と「日本軍の残虐」を世界に広め、アメリカ世論
を喚起させてアメリカが日本と戦争するための正義の旗を立てることでした。

しかしその他の良心あるジャーナリストたちは中国兵らの残虐な悪事の数々
を記述しています。ティルマン・ダーディン記者は南京で日本軍を迎える
中国軍の様子を「中国軍による焼き払いの狂宴」としてほとんどすべての
建物に火が付けられ、多くの中国民間人が死んだと記述しています。

また南京のアメリカ領事館のジェームズ・エスビーが「日本軍入城前の最後
の数日間に中国兵は略奪、強姦、殺人と狂わんばかりの狂態であった」と
報告しています。

南京大虐殺が中国の捏造であることを証拠付ける資料を書き出せばきりが
ありません。そこで最後に確定的な証拠を書いてみます。

南京市の人口は、日本軍の南京への攻撃開始前に約20万人でした。20万人
しかいない所で、どうやって30万人を殺せるのですか?しかも日本軍の
南京占領後、南京市民の多くは平和が回復した南京に戻ってきて、1ヶ月
後に人口は25万人に増えています。もし虐殺があったのなら、人々は
日本占領下の南京に戻ってきたりするはずもありません。

当時の中国市民は自国民である中国兵を恐れ嫌っていました。日本兵の
いるところが一番安全であると信頼していたのです。敗戦後日本軍が惜しま
れながら去った、日本軍の後にどんな軍閥、野党軍団が来るかも知れず、
日本軍が去るのを不安な気持ちで見送った中国市民の気持ちがわかります。

このように日本人の伝統は中国には100%もない遵法精神と規律があり、
武士道が日本軍隊の精神的支えとなっていました。

ところが絶対許せないことに戦後の教育で、日本軍が中国で、暴虐、非道
の限りを尽くしたという虚偽を左翼先生たちは子供たちに教えてきたので
す。この先生たちは本当に日本人だろうか?

まだ中国や韓国のように自国を良く見せるために、数々の悪事を隠し、歴史
を捏造するのは少しは理解できますが、日本のように良いことを隠し、全く
してもいない悪事の罪を着せるなど私には信じられないことです。

日本人でありながら何故反日になるのか?何故歴史を捻じ曲げて日本を非
難し攻撃できるのか?また先生だけでなく捏造歴史の言立てを持って、自分
の言論活動の基本方針として生計を維持している左翼学者たちは恥ずかしく
ないのだろうか?

安倍首相は「戦後70年談話」の中で、「私達の子や孫、そしてその先の世代
の子供たちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と言いました。
そのためにも我々日本人は中国や韓国、日本の左翼達が、日本軍人に罪を
なすりつける大嘘と戦わなければいけません。

戦後70年、我が国の論壇を占拠し、日本の世論を間違った方向へ誘導して
きた学者、評論家たちの国を売る人々の大罪は果てしなく重い。



3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります







コメント

プログ主様、アップありがとうございます

支那韓を庇い立てする日本の左翼学者やメディアは本当に気持ち悪いし、良心の欠片も無いですね。
だが両国、発展途上国として最も美味しい時期を過ぎ、後は転落の一途ですよ。

支那韓が共産党大事!財閥大事!などと歩みを止めてる間、

他の発展途上国は民主化して構造改革してコツコツ追い上げてるんだからね?

抜かれますよマジで。

盧溝橋事件当時の支那は軍閥割拠の時代だったけど、80年を経て、

また元に戻るわけですね(笑)

せいぜい共食いして凶暴で卑怯な漢民族の頭数を減らしてくださいね。

天津爆発事件の影響で上海株が6%下げましたね。凶報です。(当方にとっては朗報)
将来人民銀が元安に為替誘導することも「売り材料」に分類されてるようです。どうせ輸出は伸びないとタカを括られてますね。自国民に。
今からこのザマでは為替操作などしない方がいいと思いますよ?

中華人民共和国は投了です。

あんなモノを庇い立てする日本人がまだいるとは嘆かわしい。どれだけ危険予測ができないんですか?稚児ですか?

東日本大震災の最中、帰化在日韓国人民主党は、宮内庁の前長官羽毛田信吾と現長官風岡典之とマッチポンプで、宮内庁へ韓国人研究員を多数引き入れ、宮内庁宝物庫を漁らせ、皇室文化財2000点以上を韓国へ持ち出させた(窃盗)

【緊急の拡散と協力要請】
東日本大震災の最中、帰化在日韓国人民主党は、宮内庁の前長官羽毛田信吾と現長官風岡典之とマッチポンプで、宮内庁へ韓国人研究員を多数引き入れ、宮内庁宝物庫を漁らせ、皇室文化財2000点以上を韓国へ持ち出させた(窃盗)

菅直人(韓サンチェ)=帰化在日韓国人、両親が韓国人
野田佳彦=帰化在日韓国人、祖父の代で熊本県内の地方公共団体を通じて帰化申請し日本国籍取得
前原誠司=韓国指揮下の帰化在日北朝鮮人、本物の前原誠司少年は舞鶴港の海底で魚の餌、北朝鮮で辻元清美(韓国指揮下の帰化在日北朝鮮人)と同郷
羽毛田信吾=帰化在日韓国人疑惑=創価学会員
宮内庁長官風岡典之=帰化在日韓国人疑惑=創価学会員=公明党北側一雄と帰化韓国人2世小泉純一郎が慣例無視で国土交通事務次官から宮内庁次長へ起用しその後宮内庁長官へ昇進

羽毛田信吾と風岡典之の逮捕、風岡典之即時解雇、韓国から宮内庁宝物庫皇室文化財2000点以上取り戻しの要求先
首相安倍晋三
参議院外交防衛委員長片山さつき
公安調査庁長官
国家公安委員長山谷えり子
警察庁長官
外務大臣政務官薗浦健太郎
外務大臣政務官宇都隆史
外務事務次官齋木昭隆
文部科学大臣下村博文
自民党幹事長代行細田博之
自民党政調会長稲田朋美
自民党全員
次世代の党全員

メールもFAXも抗議葉書も

by長野県J

日本の正規軍の陽高事件(住民虐殺事件)

(引用開始)


一部抜粋

日中戦争初期の一九三七年九月、内モンゴルの陽高で、関東軍のチャハル兵団(兵団長東条英機中将)がひきおこした中国人虐殺事件。

中略

大同の東北にある陽高で虐殺事件が起きたのは九月九日である。本多族団が南城門から、篠原族団が北城門から城壁を乗り越えて城内へ突入したのは八日夜だが、守備兵の猛抵抗で約一四〇人の死傷者を出す。激高した日本軍は夜が明けて占領が終わると、城内の男という男を狩り出してしばりあげ、機関銃の集中砲火を浴びせて殺害した。

 その数は三五〇人とも五〇〇人ともいわれるが、はっきりしない。また処刑を実施した部隊名も明確でないが、東条が首相時代の一九四三年二月、秘書官との雑談で当時を回顧して、「不穏な支那人等は全部首をはねた。一人しか捕虜は居なかった。斯くの如く日本の威力を知らせておいて・・・米とか何とかを施してやった。恩威並び行われたわけだ」と語っているので、東条兵団長の責任は免れないと思われる。


陽高事件 より
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/youkou.html


(引用終了)


<コメント>


日本軍にとって便衣兵は厄介な存在であったのは間違いない。沖縄戦における米軍の住民虐殺、ソビエトのアフガニスタン侵攻、現在の中東における米軍、いずれも民兵ゲリラに手を焼いており、戦場においては疑わしき者の処分行為が行われると考えるのが自然であろう。騒げば騒ぐほど日本軍としては触れてほしくない行為も明るみに出てしまう。むしろ戦争とはどういうものなのかと考えた方がいい。


フジテレビ『HEY!HEY!HEY!』制作の株式会社CELL、暴力団フロント企業「メディアトゥエンテイワン」(統一協会系)、ロックユーアジア株式会社と孫泰藏(孫正義の弟)、前原誠司、野田佳彦、蓮舫という帰化未帰化在日韓国人等の企業および個人への緊急ガサ入れを要求されたい。

フジテレビ『HEY!HEY!HEY!』制作の株式会社CELL、暴力団フロント企業「メディアトゥエンテイワン」(統一協会系)、ロックユーアジア株式会社と孫泰藏(孫正義の弟)、前原誠司、野田佳彦、蓮舫という帰化未帰化在日韓国人等の企業および個人への緊急ガサ入れを要求されたい。
*****

『kimmy』氏の平成24年9月19日付けのツィート記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
真っ黒★帰化未帰化在日韓国人フジテレビ『HEY!HEY!HEY!』制作の株式会社CELL(帰化未帰化在日韓国人企業)について、①日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人暴力団フロント企業「メディアトゥエンテイワン」(帰化在日韓国人新興宗教団体「統一協会」系)と同一住所であること、②提携先のロックユーアジア株式会社社長は孫泰藏(孫正義の弟)であること、③帰化在日韓国人民主党の前原誠司(背乗り帰化在日韓国人)、野田佳彦(帰化在日韓国人)、蓮舫(帰化在日台湾人なりすまし帰化在日共産シナ人)の政治パーティ券を購入したり右3名へ企業団体政治献金していること。―――――ところで、「メディアトゥエンテイワン」=メディア21←←←21世紀=21c=統一コリア=韓国語21(統一トンイル)+c(コリアCorea)。 ←←←日本人なりすまし帰化未帰化在日韓国人暴力団。
=====

【抗議葉書52円も送っていただきたい!】

平塚パラヤン男

南京大虐殺

マイケル・ヨン氏のブログ本年8月12日
http://michaelyonjp.blogspot.jp/search?updated-min=2015-01-01T00:00:00%2B09:00&updated-max=2016-01-01T00:00:00%2B09:00&max-results=50

こちらには秦先生の名前を出して4万人と言っておられます
具体的な内容の記述が無くあたかも虐殺された人数が4万人ともとれる書き方です(後で追加の記述があるかも知れませんが)
この部分だけ読んだ人が、あの秦先生(秦郁彦先生しか思い当たりません)のおっしゃることならきっと真実だろう・と考えてしまう人が出てくるやも知れ無いことを危惧致します。

団塊の世代ですが・・・

反日左翼学者の実名リストを教えてください。
手遅れかもしれませんが、できるだけ抗議の声を上げたいです。

当時の動画がこれです

いつも貴重なお話勉強させて頂いております。「そこまで言って委員会」17日分の放送を私は見ていませんでしたが、こちらの記事で当時の動画を紹介しています。
〇南京大虐殺-これがその時の映像だ!!中国共産党よ、反論してみせよ
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-233.html
〇中国帰還者連絡会(中帰連)は、なぜ捏造創作証言を行い続けるのか?
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-234.html
〇南京大虐殺-実際にやったのはこいつらだ!!◎要拡散
http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

ajisaiさん

熱い気持ちの矛先は、官邸への意見送信という手もあります。

■官邸への意見の送信ページ
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

■テーマ
余命25号 教育に関する在日特権について

■意見・要望
1.朝鮮学校・インターナショナルスクール卒業者に対する大学入試での高等学校卒業程度認定試験免除は廃止すべきである。

2.朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除は廃止すべきである。

3.大学センター試験へ韓国語(朝鮮語)の導入は廃止すべきである。

以上は異様な優遇措置であって、不当であるばかりでなく国益に反する。すべて直ちに廃止されるよう要望する。

■解説
http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2015/08/18/%e4%bd%99%e5%91%bd25%e5%8f%b7%e3%80%80%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e5%9c%a8%e6%97%a5%e7%89%b9%e6%a8%a9%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/
日教組の話題あり。

■手順
テーマと意見・要望を、
ご意見ページに、カット&ペーストして、
送信ボタンを押すだけで、終わり。
メールアドレスの入力は推奨。
他はお好みで。

■注意
テーマと意見に、賛同していただいた場合のみの送信でよいとする。

*****
ここも見る価値があり
http://yomei3archives.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
「団結」と言っても、サヨクデモよろしく徒党を組む訳ではありません。
入管への集中的集団通報や官邸メールをやってみよう、という「余命三年時事日記」の呼びかけに対して、個々が自主的に応じて粛々と行動している様子は、反日在日勢力にとってどれほどの脅威であることか。
動員ゼロの非組織&無報酬にもかかわらず、この自律性です。彼らが永久に持ち得ない、「日本人らしさ」です。

*****
ちりちゃん、情報をありがとう。
多大なる影響を受けてます。

安保関連法案を支持する!

安保関連法案を支持する理由→ http://chronos.blog.jp

こんにちは

ラーベやベイツが南京虐殺を「捏造」したのは、南京安全区の地域特徴と避難民の「人種」に根本的原因があります。

南京安全区は富裕層の邸宅が建ち並ぶ「高級住宅街」でした。国民党軍が南京に来る、それを追って日本軍がやって来ると情報を得た富裕層は一目散に南京から脱出したため、藻抜けの殻になっていました。だから、避難民を収用することができたのです。

富裕層は南京から脱出する財力とコネを有していましたが、貧乏人には旅費もツテもありません。ということで、20万人の「貧乏人」が安全区に押し寄せたのです。

偏見などではなく、現実として貧乏人がどういう人種か、特に支那のように学校といった社会インフラが整っていない、ましてや超個人主義文化の地で、学のない貧乏人がどれほど「凶暴」で「利己的」であるかは想像に容易いでしょう。

さらに、20万人の凶暴で利己的な貧乏人が集まったエリアは高級住宅街です。これほどに条件が整えば、何が起きるかは言うまでもありません。

さて、安全区で富裕層の留守を預かっていた「責任者」がラーベら安全委員ですが、たった数十人で20万人もの「暴徒」を抑えられるはずもなく、目の前で繰り広げられる略奪や、略奪品をさらに奪い合う殺し合い、無法地帯に便乗した強姦や、同じ貧乏人であっても弱者とあれば略奪、といった横暴に対して為す術もなく、ただ傍観するより外ありませんでした。

責任者でありながら責任を取りたくないラーベらは、これらを全て「日本軍の行い」として、日本軍に擦り付けることにしました。つまり、重武装した日本軍が犯人なら、ラーベらが為す術もなかったのは『仕方ない』というわけです。

こうして南京虐殺は捏造され、日本の敗戦後に連合国によって「日本デモナイズ」に利用され、その後も支那共産党や反日左翼に利用され今日に至ります。

しかし、元々は無責任な国連安全委員がでっち上げたものだという事実を日本人は知りません。

以前、支那に在住してらした日本人の方に、上記の南京安全区の話をしたら、支那人の民度を考えると『ありえる』と、即答されました。

現在の支那人の民度からも容易に想像できるというのですから、当時の支那の場合はどうでしょうか。

上新河地区遇難同胞紀念碑の虚構

侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館いわゆる南京大虐殺記念館は日本人も存在を知っていますが、現在南京では各地に侵華日軍南京大屠殺遺址紀念碑なるものが続々と建てられていて、その中に上新河地区遇難同胞紀念碑なるものがあります。

この上新河地区遇難同胞紀念碑は南京市建鄴区の綿花堤渡口バス停近くの長江畔にあり、その碑文は以下の如くです。

>一九三七年十二月、中国に侵攻した日本軍が南京を占領した後、大勢の武装解除をした我が兵士と上新河一帯の難民合わせて二万八千七百三十余人が悉く此の処で日本軍の殺害に遭った。

>日本軍の虐殺手段は極めて残酷で、或いは縛って溺れさせ、或いは薪を積んで焼き、槍で突き刺し、刀で切り裂き、如何なる手段も用いないということが無かった。

>婦人から童女に至るまで先ず強姦した後に殺害し、惨たらしい様は世にも稀であり、死体は山のように積み重なり、血は流れて川となった。

>幸運にも災厄を逃れた湖南省の材木商の湖南省の盛世征と昌開運の両名は惨状を見るに忍びず、私費を投じて一帯の遺体を埋葬した。

>一九三八年一月から五月にかけて南京紅卍会は上新河一帯の十四箇所で合計八千四百二十九体の遺体を埋葬した。内訳は以下の如くである。

>一月十日黒橋で九百九十八体。二月八日太陽宮で四百五十七体。二月九日二道梗で八百五十体。二月九日江東橋で一千八百五十体、二月九日綿花堤で一千八百六十体。二月十四日軍人監獄付近で三百二十体、二月十五日観音庵の空き地で八十一体。二月十六日鳳凰街の空き地で二百四十四体。二月十八日北河口の空き地で三百八十体。二月二十一日五福村で二百十七体。三月十五日甘露寺の空き地で八十三体。三月二十三日甘露寺の空き地で三百五十四体。四月十六日賈家桑園の空き地で七百体。五月二十日黒橋で五十七体。

>過去の経験は忘れなければ将来に対するよき指針となる。これを旨として特にこの碑を立て、死者を労り慰め、後世の人を励まし、我が中華を愛し、我が祖国を強くして、侵略に反对し、平和を擁護する。

扨、この上新河地区は南京の水西門の西約5kmの長江に面した所で、南京攻略戦で名高い、と言うより世界陸戦史上でも他に類を見ない「上河鎮の戦い」の舞台となった古戦場です。

一九三七年十二月十日午後一時、降伏勧告を無視した南京の中国軍に対する総攻撃が発令され、第六師団主力は雨花台から中華門を目指し、歩兵第45連隊の第二大隊と第三大隊及び騎兵第六連隊は南京城から脱出を計る敵軍の退路を遮断する為に左翼隊となって、南京城西壁と長江右岸の間を北上しました。

十二月十一日、長江右岸を前進していた第三大隊は、南京南西約8kmの何庄で敵に阻まれ、敵陣突破の命を受けた田中軍吉大尉率いる第十二中隊は同日午後七時三十分、左に濁流、右に深田に一本道を縦隊突撃し、二時間の戦闘で敵陣を奪取したが、小隊長の今林武治少尉及び益田影司少尉など八名が戦死、十八名が負傷する損害を被り、代わって大薗庄蔵大尉率いる第十一中隊が先頭に立ちました。

十二日、上河鎮の部落を通過した第十一中隊は前方から敵の射撃を受け、一名戦死数名負傷の損害を受けて前進を阻まれ、一旦上河鎮へ退却して体勢を立て直すことにしました。

その状況を記した第十一中隊第三小隊長赤星昂少尉の回顧録「江南の春遠く」には「中隊はひとまず、一キロほど後方の上河鎮の焼け落ちた部落まで後退し・・・」と記されていますが、上河鎮の消失は中国軍の堅壁清野によるもので、日本軍に一物も渡さない為に食料まで奪い去るので、十二月の寒空に住民がいる筈はありません。

従って、存在しない住民を殺せる訳が無く、上新河虐殺とは戦死者を捕虜や民間人にすり替えた虚構です。

十三日夜、第十一中隊は高橋義彦中尉率いる山砲小隊を掌握して下関に向かい、敵の退路を遮断せよとの命を受けました。

こうして、下関から脱出して来る敵の大軍に一個中隊で立ち向かうという悲壮な覚悟で出発の準備をしていた第十一中隊は、午前六時半頃、暗闇の中を進んで来た敵の大軍と遭遇し、彼我入り乱れての混戦となり、その最中に中隊長大薗庄蔵大尉が戦死、赤星昂少尉が中隊を指揮して戦いました。

そして激闘、遂に日本軍陣地突破を諦めた中国軍は、長江岸の木材集積場に積んであった木材で筏を組み、長江へ脱出を試みますが、山砲の砲撃を受けて次々に筏ごと吹き飛ばされ、午前六時三十分戦闘は終了し、日本軍の戦死十二名、負傷者二十四名(後日死亡者あり)、中国の戦死者は陸上で二千三百七十七名、長江に流失した者を合わせて一万名と想定されました。

普通、敵兵の死体を丹念に数えることはしませんが、この戦闘では余りに多くの敵を斃したので、「実数は幾らだろうか」と丹念に数えたので、二千三百七十七名は実数です。

扨、終戦後に中国側が東京裁判に提出した数字は次のようになっています。

被屠殺者たる我同胞 279,586名
  ① 新河地域 2,873名 (埋葬者 2名の証言)
  ② 兵工廠および南門外花神廟一帯 7,000余名 (埋葬者 2名の証言)
  ③ 草鞋峡 57,418名 (被害者 魯 甦証言)
  ④ 漢中門 2,000余名 (被害者 伍 長徳、陳 永清証言)
  ⑤ 霊谷寺 3,000余名 (漢奸 高 冠吾の碑文により実証)
  ⑥ 崇善堂および紅卍字会による埋葬屍体合計 155,300余
    ・ 崇善堂は連続工作4ヵ月の埋葬死体 112,266
    ・ 紅卍字会は連続工作半ヵ年埋葬死体 43,071

注:以上の合計は227,000余人にしかなりません。

因みに、② 兵工廠および南門外花神廟一帯 7,000余名 は雨花台方面の戦死者。

③ 草鞋峡 57,418名 はいわゆる幕府算事件で護送中に騒乱を起こして射殺された捕虜で、最大限14,000人。

④ 漢中門 2,000余名も歩兵第四十五連隊第二大隊に斃された戦死者。

⑤ 霊谷寺 3,000余名は未埋葬の遺体を各所から集めて埋葬した者で、民間人の遺体の有無は不明。

崇善堂は当時活動していなかったので、埋葬死体112,266は虚構。

紅卍字会の埋葬死体43,071は自己申告で、日本の当局者を水増しを承知で賃金を支払っていた。

日本側の記録によると、第十一中隊と戦闘で長江岸をすり抜け、後方に脱出した中国兵も騎兵第六連隊に捕捉され、騎兵連隊は戦死一名負傷数名の損害を出しながら中国兵を包囲し、陸と長江に六千名を殲滅したことも合わせれば、新河地域の埋葬2、873名は実数に近い数字と考えられます。

ところが、近年に建てられた上新河地区遇難同胞紀念碑には、その数字を単純に十倍した二万八千七百三十余人と彫り込まれ、有り得ない民間人虐殺の様子が見て来たように刻まれています。

そして、侵華日軍南京大屠殺遺址紀念碑なるものも二十箇所を越えて更に増え、「南京大虐殺」の犠牲者数は際限なく増えているのです。

いろんな証拠を集めて、事実、史実に基づいた実写の映画や漫画を作れないものだろうか。ぜひ、そういう勇敢な方々を応援したい。

支那事変は中国側の考証が難しい。

私も支那事変を题材にした漫画を描きたいが、当時の日本軍の装備や軍服の資料はあっても、中国軍の資料が非常に少ないのが難点です。

上海に攻めて来た中国軍の精鋭部隊である第87師や第88師などはナチスドイツの軍装で描けば良いのですが、当時の戦利品のヘルメットなどを見ても三百万の中国軍の軍装はマチマチだったようです。

例えば、上述の上河鎮の戦いでは中国兵も三八式歩兵銃を装備していて、それに気付いた日本兵が敵兵の死体から弾を奪って撃ち返し、二百名で一万名の敵を殲滅したように、中国軍のどの部隊がどのような装備をしていたかを知ることは容易ではありません。

現在も中国では連環画報という絵物語雑誌があり、ほとんどが紅軍の物語ばかりで、淞滬会戦(上海事変)の物語が載ったこともありますが、国民党軍だか紅軍だか判らないようないい加減な絵でした。

許されない日本人

日中、日韓の歴史問題の発生源は全て日本人です。何が目的で反日行動を取っているのでしょうか。本物の日本人でしょうか。もしかすると帰化日本人達かもしれません。

慰安婦問題は吉田清二の虚言を朝日新聞が煽り、南京事件も同じ構造でした。日中、日韓の友好関係に楔を打ち込んでいる朝日新聞が日中、日韓友好を叫んでします。まさに「ブラックジョーク」です。

更に許せないのが田辺元社会党委員長です。南京記念館は彼が中国に依頼してつくったものです。建設費3000万円を総評が出しています。実際の建設費は870万円だったので残りは関係した中国人が分けています。これは、実際に関わった中国元軍人の証言です。社会党が行った行為は絶対許されません。

「南京大虐殺記念館は日本人が造った」

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=S4W85wZWRds

韓国と共産シナは、アジアでなく、「2ヶ国」―すなわち、「特ア2国」―です。

韓国と共産シナは、アジアでなく、「2ヶ国」―すなわち、「特ア2国」―です。

・日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用し帰化未帰化在日韓国人を特別扱いし韓国のために違法操業するNHKには、帰化未帰化在日韓国人、帰化未帰化在日共産シナ朝鮮族、北京採用共産シナ人、日放労(帰化未帰化在日韓国人団体)しかいない。

・NHK同一敷地内に、韓国放送公社KBS と 中国中央電視台CCTV がある。

・NHKは、ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ族の韓国人・共産シナ朝鮮族やペルシャ系の共産シナ人という日本人にとって全く異民族と交流することをやめ、モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル系のモンゴル人・ブリヤート人・フィンランド人・エストニア人・ハンガリー人という日本人にとって同胞民族(gm細胞同一民族)およびゲルマン系のドイツ人(ドイツ・オーストリア・スイス)やノルウェー人という日本人にとって友好民族と交流してほしい。

・NHKは、日本国財産電波と日本国予算と日本人受信料を流用して、日本国民へ韓国文化強制やフランス文化強制・ポーランド文化強制・チェコ文化強制・共産シナ文化強制し、日本国とドイツ・オーストリア・スイス・ノルウェー・モンゴル・ブリヤート・フィンランド・エストニア・ハンガリーの分断工作をすることをやめてほしい。

ん、さんへ

お返事ありがとうございます。 
「日本の近現代史が進歩的文化人と称される左翼学者の偏向史観によって
引き裂かれ、そして彼らは戦後の日本に害毒を流し続けてきました」これが諸悪の根源の気がします。テレビのコメンテーターがまさにこの流れの害毒を毎日流していますよね、これをやめさせる力が官邸にあるのでしょうか?政治介入とか又安倍非難に使われそうです。

中国の脅威を防遏するには

安保関連法案は日本の国益に適う→ http://chronos.jo

ajisaiさん

こちらこそ、お返事ありがとうございます。
ん、です。

このお盆休み、何することもないので、
なにげに、ネットサーフィンしていました。

ここ中韓ブログは、見てないわけではなかったのですが、
たまたま、ここにきて、
「余命三年時事日記」を知りました。

前回のコメントで、これをあげました。
*****
ここも見る価値があり
http://yomei3archives.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
「団結」と言っても、サヨクデモよろしく徒党を組む訳ではありません。
入管への集中的集団通報や官邸メールをやってみよう、という「余命三年時事日記」の呼びかけに対して、個々が自主的に応じて粛々と行動している様子は、反日在日勢力にとってどれほどの脅威であることか。
動員ゼロの非組織&無報酬にもかかわらず、この自律性です。彼らが永久に持ち得ない、「日本人らしさ」です。
*****

ajisaiさんがおっしゃること、十分理解できます。
>これをやめさせる力が官邸にあるのでしょうか?
>政治介入とか又安倍非難に使われそうです。

団塊の世代・・・、色々なご経験、うらやましい。
年金生活で、時間とお金の縛りから解放されたのでしょうか?

私は、40代前半です。
お客様、上司、部下、その他、
たくさんのストレスためながらも、
家族のため、会社のためと思い、必死に仕事してます。

一方、何年かぶりのお盆休み、
いざ、時間ができても、私の家に居場所もない。
そして、世の中に対しても、閉塞感とかあきらめ感。

そんな中、ここのコメント欄を見て、希望ができたのです。

一つは、「余命三年時事日記」です。
私にできることなんかない、できっこないとあきらめてましたが、
やらないよりは、やってもいいかなと、
それが官邸メールです。

最初は、個人情報なし、メールアドレスなしで送信しましたが、
一つや二つ送信しているうちに、度胸ついてきて、
今では全部、正直に入力し、送信しています。

私たちの日本、生活基盤である日本、
未来永劫、子孫累々、私たちの子供たちが生きる日本、
そんなもろもろを、私がなにができるのか?
今は、「余命三年時事日記」が希望の光であり、
官邸メールが、その実践なのです。

もう一つの希望は、ちりちゃんです。
これだけ、隠居やソロに、ここから排除、追っかけまわされていても、
自分を主張し、
ここを見ている人を、ある意味、感動・奮い立たせ、啓蒙している。
私やその他の投稿者にも、気配りして、声をかける。
かっこよすぎます。他のブログでは、こんな姿を見たことがありません。
強い。
確か、彼女は優秀な大学の女子大生と記憶しています。
(今年は3年生? 多分、家柄もいいのでしょう…。)

まずは、動いてみませんか。
やっても、やらなくても同じなら、やってみてもいい。官邸メール。
そんな気持ちです。

お返事になりましたか?
とりとめが、なくなってしまいました。

パククネ、支那の抗日戦勝利(笑)記念式典出席へ

色々と、テョンらしい、くだらない葛藤の結果らしいが、主な出席理由は

最大の貿易相手である支那の最高指導者が来いと言ったから行くニダ!

ということらしい。

クネは支那の最近の支那の経済統計を知らないのか?

外資を騙して誘致するために嘘ついてかなりフカしてるのに、それでも下落の一途だよ。輸出入総額の推移は明らかに支那の不況っぷりを示している。
因みに外資の直接投資額は7月実績だと国別で日本は前期比20%減。狡猾なアメリカはそれ以上の落ち込み。

全く騙せていない件www
だがバカな韓国人はまだ騙せるってことだね。
あああと、韓国の生命線であるスマホ組立産業は元安で競争力つけた支那メーカーが寒スンとシェアを奪い合う展開だ。
助けてくれるどころか、ライバル。
敵対関係だよね?

おめでたいテョン脳。
鳥にも劣る。

支那が北朝鮮の南進を止めてくれる保証も無し。
北京を狙う核ミサイルが怖いし、不況と国内の反乱阻止の治安維持費でカネ無いし、支那は楽な道(静観)を選ぶだけだよ。

おとなしく朝鮮民主主義人民共和国に降伏を申し入れた方がよい。

間引きのための粛清と餓死でかなりの数がコロされるけど、運のいい奴は生き残れるから、もうそれでいいじゃん(笑)

遺棄化学兵器

中国が日本に対して旧日本軍が遺棄した化学兵器の処理を急げと圧力をかけています。それに呼応するかのようにNHKが遺棄化学兵器による被害者救済に関する報道を始めました。

確かに旧日本軍は化学兵器を持っていました。が、これらの兵器は終戦時に全て中国軍とロシア軍に引き渡されています。遺棄化学兵器を処理しなければいけないのは中国政府です。

化学兵器だけでなく他の一般兵器も含めて全て引継書とともに中国に引き渡しています。引継書には中国側受者の署名と捺印が押されています。

下記はその1例です。
兵器資材移交目録 独立混成第二旅団分
昭和二十年十一月二十七日
授者 陸軍少佐 辻田新太郎
受者 上校組長 閤樹堂

外務省は何故抗議しないのでしょうか。遺棄化学兵器処理で利益を得ている会社への配慮でしょうか。国会で取り上げてもらいたい問題です。

日本国を第1次資料に基づかない韓国式捏造によって貶める「日本人なりすまし通名使用帰化在日韓国人記者」の田淵広子(ニューヨーク・タイムズ)および山口真理(AP通信)」の動向について、逐次通報されたい。

日本国を第1次資料に基づかない韓国式捏造によって貶める「日本人なりすまし通名使用帰化在日韓国人記者」の田淵広子(ニューヨーク・タイムズ)および山口真理(AP通信)の動向について、逐次通報されたい。
*****

『priest』氏の平成25年12月22日付けのツィート記載内容の抜粋[若干加筆]を紹介させていただくと、
日本国を第1次資料に基づかない韓国式捏造によって貶める「日本人なりすまし通名使用帰化在日韓国人記者」の田淵広子(ニューヨーク・タイムズ)および山口真理(AP通信)の動向について、逐次通報されたい。
=====

【抗議葉書52円も送っていただきたい!】

平塚パラヤン男

日本を世界から孤立させるな!

安保関連法案に反対することは日本を世界から孤立させることだ!→ http://chronos.blog.jp

日本の名誉を棄損した佐野に国民的損害賠償請求集団訴訟を起こしてはどうかと思いつきました。

先生こんばんは。いつも拝読いたしております。スレ違いで恐縮ですございますが、佐野パクリ問題でございます。
佐野側がエンブレム取り下げの場合損害賠償請求するとか、企業に支払う損害賠償とかで動きがとれないと聞きます。
逆に、日本の名誉を棄損した佐野に国民的損害賠償請求集団訴訟を起こしてはどうかと思いつきました。ブログ主様はじめ、影響力のあるブロガー様がたが団結して有志を集めて集団訴訟をしてはいかがでしょうか?
わたくしも勿論賛同参加させていただきます。
よろしくお願いいたします。
54歳の会社員。
たりより。

トンスル大統領

支那の抗日戦勝記念日に出席

当時の朝鮮人は日本兵として蒋介石の国民党軍と戦った。
毛沢東の共産党軍は大陸を逃げ回っていた。
朝鮮脳や支那脳の妄想世界では、矛盾や論理破綻は生じず、全てがオメデタクなる。

在韓米軍撤退後、第二次朝鮮戦争が勃発するまでは正気に戻らんだろう。

在日トンスラーの強制送還に一歩近づいた。

(・”・)

こんにちは

>にっぽんじん 様

遺棄化学兵器と言いますが、その内実は「くしゃみ剤」だの「催涙ガス」だのといった、もはや兵器扱いそのものが間違いである代物ばかり。

ですから、そもそもが遺棄化学兵器ではないんです。言ってしまえば、「テーブル胡椒」が地中に埋まっているようなものです。

これを掘り起こして処理するのに何百億円もかかるなんて、ブラックジョークもいいところです。

腐ったものでもスパイスをぶっかけて食べる支那人のこと、日本軍の置き土産もスパイスにして食べてしまえばよい。

その程度のことです。70年以上も前の代物で、もはや効果がなくなっているような化学物質、処理するなら支那人の胃袋で処理すればいいのです。

第二次朝鮮戦争勃発?

 ソロです。
 突然何やら、半島の南北がきな臭くなっていますが、その発端が明らかに北側の作為的挑発行動であるのは、韓国側が、なけなしの武力なのに、定期的米韓合同演習を、嫌々やっている最中だったという事でしょう。

 朝鮮側とすれば、韓国が、その反日を原因に日韓が断絶状態に傾き、経済面で共産シナに擦り寄りを深めているのは、気になる事象ですが、一方で韓国は、米国からも「切り捨て確定」の様な話も出ている状況なのですから、韓国には、日韓はもとより、米韓、中韓ともに、混乱が存在しているとみてよいでしょう。 唯でさえ政治力に疑問符が付く現在の韓国政府に、この時期に「米中いずれか?」の二者択一を迫られると、さらに混乱は拡大する可能性があります。

 現状経済不況で、国民の殆どは、貧しく厳しい生活を余儀なくされている上、国内の大企業は、全て米国の企業に変ってしまい、実質米国の経済植民地に変貌しているからには、将来にも望みはない、其処から生まれる国民の不満も、そろそろ飽和点でしょう。

 つまりはこのタイミングに、唯でさえ、朝鮮からの工作員が社会内に流入している韓国社会内ですから、蜂起などされたら、韓国は一気に崩壊する可能性だって出てくるのです。

 朝鮮側は、下手をすれば、計算高い共産シナまで敵に回す可能性がありますから、韓国が孤立状態になるタイミングを計っていたと思われます。 是では、朝鮮戦争の勃発原因と同じですね。

 今の処、まだヤクザの喧嘩に等しい、罵り合いと恫喝・挑発だけですが、キム・ジョンウンが、自分には向かうものは即刻処刑する、おやじに劣らない殺人指向の独裁者だと分ったからには、相手が米軍だろうが、「やるときには遣る」かもしれませんね。 まぁ、そうした選択肢を採れば、ウザイだけの朝鮮政府は、物理的にも消えてなくなる可能性がありますがね。

 朝鮮は、韓国が砲撃への報復で始めた大音量スピーカーによる、「『朝鮮国内での、政府の犯罪行為暴露放送』をやめさせないと戦争状態に移行する」と言っています。 今日の17時付近がタイムリミットらしいのですが、朴大統領は、放送中止を拒否した上で、「進撃は、断固として受けて立つ」との声明を発した。

 所詮、朝鮮人同士の内輪喧嘩に過ぎませんし、日本としては、双方の国から敵扱いされている身、しかも、仲介に立つ米国がドゥ動くかわからない時点で、何もできません。 否、いま日本が、米国の意向も訊かず何かをすれば、「日帝の侵略だ」と、双方が敵にまとまる可能性だってあります。

 せめて、両国内にいる、もしくは国境周辺で働いている日本人に害が及ばない様に、帰還命令や退避命令を速やかに的確に出して、重武装を以て、警戒をすることです。

リメンバー パールハーバー

「リメンバー パールハーバー」は日本軍が真珠湾を奇襲攻撃した時のルーズベルト大統領の言葉です。彼はこの言葉でアメリカ国民を戦争に駆り立てました。「日本は卑怯な先制奇襲攻撃を行った。その行為を忘れるな」と日米が戦争を始めました。

「リメンバー パールハーバー」はアメリカ人にとって屈辱の言葉と考えられています。が、真珠湾にある戦争記念館にはそのような表現はないそうです。記念館に飾られている飛行機は真珠湾を攻撃した「ゼロ戦」です。

サンフランシスコ講和条約を結んだミズリー号も安置されているそうです。その戦艦には特攻機の傷跡が残っているそうです。特攻で散華した若い日本兵の遺体はミズリー号のアメリカ兵によって厳かに水葬されました。

真珠湾攻撃の時に応戦した元アメリカ兵が語っていました。事前の準備を怠っていたから攻撃されたと。彼らにとって「リメンバー パールハーバー」は「準備を怠るな」という誡めの言葉だったのです。

真珠湾の戦争記念館には「日本兵の攻撃技量」を称える文章があるそうです。「安保法制」に反対する野党の先生方には是非真珠湾の戦争記念館に行って欲しいものです。「準備を怠ればどうなるか」勉強してきて下さい。

パク・クネ、四面楚歌

パク・クネ、四面楚歌。パク・クネ奔命に疲れ、発狂か。

サシの勝負なら北朝鮮にも分がある

韓国の失業率。

これがポイントです。

意気地が無いことについては朝鮮族も定評がありますが、元々やられる前にやれという凶暴なミンジュクということを忘れちゃいけない。

反乱を起こすかどうかは腹の減り具合。
今反乱が起こってないから先も大丈夫などというのはあまりにお気楽。
日本の媚韓派の見立ては大甘です。

大体、国民を抑圧するための治安維持費を、不況で税収が減って先細る国庫で支え続けられるとでも?

徴兵制は完全に仇です。

反乱軍(共産革命軍)の兵士を育ててくれてありがとう。

あとは肝心の韓国とのサシの勝負をどうやってセッティングするかだけど、一番介入に動きそうな支那を足止めできれば何とかなるでしょう。

支那が弱る隙(人民の反乱、江沢民派・胡錦濤派のクーデター)を狙い、なおかつ核ミサイルで北京を牽制しながら南進すれ ば、韓国の征服は可能だと思いますね。

日本は赤化統一を9条改正と在日勢力を潰す口実にできるので、これはありがたい動きです。

朝鮮民主主義人民共和国には頑張っていただきたい。

「イエローリスト」 中国版スノーデン事件

令計画、ハニートラップの仕掛け人
弟が支那の機密情報2700点を持ち出しアメリカに亡命

https://www.youtube.com/watch?v=4vedecoSJrY

(・”・)

なぜ京都は爆撃少なかったか

8月23日付京都新聞の「天眼」に哲学者梅原猛氏は次のように述べてる。

京都への空襲が控えられたのは、アメリカ人東洋美術研究者、ウォーナーの進言のおかげであるという説が戦後信じられて来たが、それは事実でなく、むしろアメリカの日本占領政策のプロパガンダのために仕立て上げらものであることを歴史研究者の吉田守男氏が『日本の古都はなぜ空襲を免れたのか』と題する著書で明らかにした。
アメリカがあの大戦争にもかかわらず、日本の古都の文化財を尊重していたと思わせるウォーナー伝説が占領政策を有利にするとアメリカは考えたという。
そして京都への空襲が控えられたのは、米軍によって京都が原爆投下の最有力候補地されていたからであると吉田氏は断定する。原爆の威力を日本人に誇示するために通常の爆撃が控えられていたのである。
京都は最後まで投下目標として残っていたが、もし京都に原爆が投下されていたら、当時の市民90万人のうち50万人が死んだのではと放射線防護学者安斎育郎しは推定する。
1945年7月に京都は原爆投下目標から外されたが、それは古都が壊滅すればアメリカの占領政策がうまくいかず、日本が共産化するのではないかというスチムソン陸軍長官の指摘によるものであった。

 もし、京都に原爆が投下されていたら、南京大虐殺の人数は、50万人となっていただろう。なぜなら広島、及び長崎に原爆を落とし、民間人を虐殺したアメリカは、日本人軍も当然、大虐殺をしているはずだとして調査したが、何処にも日本軍の大虐殺が見当たらなかった。
このためGHQのアメリカと支那は、南京大虐殺を捏造し、広島、及び長崎の原爆投下による大虐殺の見返りとした。
なお、終戦間近にフランクリン・ルーズベルトが死んだことを神に感謝したい。京都、及び日本にとって不幸中の幸いであった。ルーズベルトは日本に20個ほどの原爆を投下し、日本を完全に壊滅するつもりであったからである。

支那の製造業は死ぬだろう

そういう世界の趨勢だ。

①元高
②賃金高騰
③ASEAN諸国の台頭

が最近支那製造業が直面する課題だが、このうち、

①は元のSDR入りを巡るIMFとウォール街の「脅迫」によりこれ以上為替操作できない。
②は人民の「反乱を防ぐために」止められない。さよなら西側資本。
③はもとよりどうしようもない。
ASEAN諸国は発展のチャンスを支那に譲ってやる気は毛ほども無いからな?
通貨切り下げしたベトナムGJ!その調子で支那を苦しめてくれたまえ。

製造業がダメになるなら、

支那はどうやって食べていくんだろうね?

不動産や株は泡銭だろ。
泡銭でないのは製造業と資源輸出だけだ。
資源は掘り尽くせば終わる。支那の地下資源は図体ほど「無い」。そのうち終わる。

人民を食べさせなくなる時代はすぐそこだ
さらば中華人民共和国。

共産シナ官製日本企業襲撃反日デモ(H24年夏秋)に抗議しない長野県知事阿部守一(帰化在日韓国人、民主党)は、H24.12.16衆議院議員選挙自民党圧勝に対抗するため、日本国政府の事前許可なく勝手にH24.12.18(共産シナ朝鮮族運営の)中日友好協会の副会長井頓泉(共産シナ朝鮮族)と北京で会談・・・

「福岡県マーメイド」

共産シナ官製日本企業襲撃反日デモ(H24年夏秋)に抗議しない長野県知事阿部守一(帰化在日韓国人、民主党)は、H24.12.16衆議院議員選挙自民党圧勝に対抗するため、日本国政府の事前許可なく勝手にH24.12.18(共産シナ朝鮮族運営の)中日友好協会の副会長井頓泉(共産シナ朝鮮族)と北京で会談しました。

笠井裕美子様コメント平24.12.2X[加筆済み][敬称略]
共産シナ官製日本企業襲撃破壊略奪放火反日デモ(平成24年夏秋)に抗議しない長野県知事阿部守一(通名使用帰化在日韓国人、元自治省帰化在日韓国人職員=元総務省帰化在日韓国人職員、帰化在日韓国人民主党)は、平成24年12月16日投票開票の衆議院議員選挙における自民党圧勝に対抗するため、(日本国政府の事前許可なく勝手に)平成24年12月18日から5日間共産シナ北京市を訪問し、平成24年12月18日夕方(共産シナ朝鮮族が運営する)中日友好協会の副会長の井頓泉(共産シナ朝鮮族)と(共産シナ北京市の)釣魚台迎賓館で会談し青少年交流や観光客往来の再開を働き掛けました。=====外患誘致罪、公安案件

左京 様コメント平26.8.XX[加筆済み][敬称略]
自民党幹事長の石破茂(隠れ公明党)は、日本国首相安倍晋三(自民党)を背後から撃つため、平成26年8月10日投票開票の長野県知事選挙において、自民党独自候補者を擁立せず、長野県知事阿部守一(通名使用帰化在日韓国人、元自治省帰化在日韓国人職員=元総務省帰化在日韓国人職員、帰化在日韓国人民主党)を推薦するよう自民党長野県連へ強制しました。

【韓国人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人の日本国への内覧(観光)と入国緩和(査証免除・査証緩和)と移民推進(留学・教員・研修・就業・定住・永住・特別永住・帰化)=帰化未帰化在日韓国人の日本国人口侵略工作】

【長野県は、ペルシャ・北ツングース系エヴェンキ族の韓国人・共産シナ朝鮮族やペルシャ系の共産シナ人という日本人にとって全く異民族と交流することをやめ、モンゴル・ブリヤート・フィン・ウゴル系のモンゴル人・ブリヤート人・フィンランド人・エストニア人・ハンガリー人という日本人にとって同胞民族(gm細胞同一民族)およびゲルマン系のドイツ人(ドイツ・オーストリア・スイス)やノルウェー人という日本人にとって友好民族と交流してほしいです。】

●全羅南道、済州島などの韓国南部=ホワイト丁部落などの朝鮮半島被差別部落が莫大数存在
●「差別」=韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語常套句

●童話=1639年日本国鎖国から1910年日韓併合までに日本国へ密入国し不法滞在している全羅南道、済州島などの朝鮮半島南部の朝鮮半島被差別部落民
●帰化未帰化在日韓国人=1910年日韓併合以降日本国へ密入国し不法滞在している朝鮮半島人と韓国人

●文部科学大臣下村博文H25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」をやめ日本国式漢字書き「子供」へ統一]

タイ連続爆弾テロ 「黄色いシャツの男」

青山繁晴が犯人に迫る 鼻に金属棒!? 中国の関与!?

https://www.youtube.com/watch?v=vCna_9KIYMU

(・”・)

シナ韓国の軍隊はドンがらだけ

  ソロです。
  12日の天津大爆発に続き、22日山東省でも化学物質による大爆発が起こり、1名死亡、10名近いけが人が出た模様。 然し、被害程度は、起こった現象からすれば、全く信用に値しない。

 ソレは兎も角、こんな危険管理状況では、マトモな国防を語ってもお笑の種にしかならないだろう。 第一、消火のプロであるべき消防士が、水を懸ける前に対象物を確認していないと言うレベルなのだから、化学消防と言う視点は、理解されていない。すると、先進国並みの消防体制にするには、この先10年はかかるだろう。

 更に、「現場の状況を見て、潜在する危険の存在を予知する知見・経験」を持った現場司令とそれを頂点とした、「如何なる火事でも、確実な消火が可能な組織」に至っては、全く見当さえつかない。すると、外敵からの攻撃を受けた場合、戦闘継続力維持を図る上での復旧力が確保できない事になる。 是では、攻撃よりも消火が主となり、如何なる近代兵器を以てしても、最初の一撃だけでおしまいになってしまうだろう。

 況や、貯蔵設備の設計建設時、敵の侵略時、攻撃目標にされた場合、想定された攻撃力に耐えうる防御力を基に加えて、現地の季節ごとの自然条件を考慮したタンクの強度や配置・配列迄、計算されていなければ被害を最小限に止めるよりも、寧ろ、敵が如何に最小限の攻撃で、損壊しつくせるかを考える事になるだろう。

 何事も、上辺だけ=ドンがらダケの重視のシナ文明の為せる業だと言えましょう。 そういえば、北京オリンピックの時も、五星紅旗に因む五族協和と言うプロパガンダが、五族の子供たちのダンスと言うアトラクションがあったが、後で全て漢族であった事がバレたと言う事件があった。

 彼らの目指すのは、「いざと言う時にちゃんと働く安全確保装置、システム」ではなく、如何に上辺がそれらしく、お金が懸っているように見える体裁である事で、実際の働きとの間に生じる金額の格差こそ、彼らが最も求めている目的だと言えます。

 是で、疑問になるのは「いざと言う時」の連続である戦争が真面にできるのだろうか?だが、勿論答えは否である。 何故なら、戦争で一番危険なものは、期待通り、計算通りに働かない武器である事は火を見るよりも明らかだからだが、シナや韓国の場合、その確率は、他の先進国に比べ、異常に多く、兵士からの信頼性は最低レベルだと言えましょう。

 シナも韓国も、「上辺だけ」の国である事は、分っています、

 ですが、全力で防衛に当たるべきなのは言うまでもない。

あなたならトンスル


https://www.youtube.com/watch?v=6BkmpB8-5dA

(・”・)

トンスル売春婦の起源

献女の歴史学

https://www.youtube.com/watch?v=xwAznxmPXgY

(・”・)

ちりちゃん

はじめに・・・あまり常連をイジメないように。
そちらが暴走したので、ソロさんが怒ったんです。
〈何事も書き方一つです〉


開国少将さんの話ははじめて読みました。

南京市は日本軍が凱旋してから人口が増えてますので
住民は逃げていません。
国民党軍はしんがりは日本軍から逃げ出さないように
足を鎖で縛ってあった・・・という話は聞いた覚えがあります。

当時は逃げた国民党軍が黄河を決壊させて
住民に多大な被害を出しておりますが
これも表には出ていません。

あまり、歴史に詳しくはないので
知識が点でしかないので申し訳ないです。

>「南京大虐殺記念館は日本人が造った」

「南京大虐殺記念館は日本名を名乗る者が造った」

「敗戦利得奴」の跋扈! ←「侵略宗教者」の日本侵食工作の脅威! 大学教授として日本中にばら撒かれた。
      ↓
▼日本を糾弾することで飼葉(かいば)を食って来た「敗戦利得者」
【渡部】自らが卑怯であることを認めたくないから、偽善的な「反戦平和」や「友好第一」といった衣装をまといたがる。私は「戦前の反省」などと言いながら、戦前戦中の日本の指導者を一方的に非難する人たちは、日本の敗戦によって利益を得た「敗戦利得者」だと思っています。先の大戦を遂行するに当たって日本の目的が「主として自衛のためであった」というマッカーサー証言が戦後日本国内で普及しないのは、独立回復後も日本の敗戦によって利益を得た人たちがその構造を維持しようとしたからだと考えます。とくに、公職追放が「敗戦利得者」を大勢生み出しました。公職追放は、「日本人民を戦争に導いた軍国主義者の権力および影響力を永遠に排除する」という建前で行われましたが、追放の選別はGHQの恣意で、最初は戦争犯罪人、陸海軍人、超国家主義者・愛国者、政治指導者といった範囲だったのが、経済界、言論界、さらには地方にも及び、本来の意味で公職ではない民間企業、民間団体からのパージも行われました。その隙間(すきま)を埋めた人は、大きな利益を手にしたわけです。
【八木】 GHQの狙いは、敗戦によって沈む者と浮かび上がる者とをつくりだすことで、日本国内に日本人の敵を生ぜしめ、日本社会を歴史的にも、人的にも分断することにあったと言ってよいと思います。
【渡部】 追放指定の基準は、あくまでGHQの占領政策を推進するのに障害となりそうな人物の排除で、それは裏返せば愛国心を維持する人や、戦前の日本史の事実を守ろうとする人にとっては不利益を強いられ、それを捨て去る人には恩恵をもたらすという構図になっていたわけです。政界からは鳩山一郎、石橋湛山、岸信介らが追放され、戦前の日本を指導した各界からの追放者は昭和23年5月までに20万を超えました。追放された人たちに代わってその地位に就いた者が、「戦前の日本はよかった」と言えるはずはなかった。大きな得をしたわけですからね。そしてその恩恵をもたらした「戦後」という時代を悪く言うこともないわけです。マッカーサーが証言したように、戦前の日本の戦争目的が「自衛」のためであれば、それを指導した人が追放されること自体がおかしなことになり、それによって得た自らの地位の正当性を失うことになる。
【八木】 公職追放が道理ではなく、GHQの恣意だったことは、昭和25年の朝鮮戦争勃発によって明らかになります。その直前、GHQはそれまで軍国主義に反対した平和主義者、民主主義者のように持ち上げていた日本共産党中央委員24人全員を追放したのをはじめ、それまでの追放解除を進め、昭和26年1月までに17万5千人の追放を解除しています。その後、サンフランシスコ平和条約発効によって追放令そのものが廃止され全員が解除されたわけですが、「敗戦利得者」たちはすでにその地歩を築いた後だったということです。

【渡部】 いちばん得をしたのが左翼でした。GHQの民生局はケーディスをはじめ左翼の巣窟でしたから、彼らが公職追放を主導した当然の結果でした。ケーディスの右腕だったのがハーバート・ノーマンで、ノーマンはのちに共産党員だったことが発覚して自殺しましたが、このノーマンと親しかったのが、一橋大学の学長を務めた都留重人。彼は明らかにコミンテルンと言ってよいと思いますが、ほかにも東大総長を務めた南原繁、矢内原忠雄、京大総長を務めた滝川幸辰、法政大学総長になった大内兵衛ら、コミンテルンの思想的影響下にあったと思われる者が戦後いかなる地位に就いたかを数えれば、いくらでも敗戦利得の実例として指折れます(苦笑)。こうした敗戦利得者、追放利得者が後進に与えた影響はきわめて大きく、戦後、雨後の筍のごとくできた大学の教授として日本中にばら撒かれたわけです。あっという間に、進行性の癌のように左翼が日本の教育界を占めてしまった。彼らの歴史観は戦前否定、“日本悪しかれ”ですから、日本人であって日本に愛国心を感じない。むしろ日本を糾弾することで自らの存在理由を確認するという構造に組み込まれてしまっているのだ!
http://blog.goo.ne.jp/chorinkai/e/fc3b4466e9789f7e56034665a541558d

>過去に、東海ラジオ・テレビ元社長の南正義が、「南京大虐殺」を否定する強烈な証言をしていた。

それは、中日新聞(当時;新愛知新聞)従軍記者として南京城陥落の1937年12月13日に中山門から入城した南正義の証言です。その内容は、阿羅健一著『「南京事件」日本人48人の証言』(小学館文庫)に所収されている南の証言です。この書は名古屋市民の必読書になります。阿羅が取材した1987年6月当時、南正義は東海ラジオ社長兼東海テレビ代表取締役の要職を務めていた。証言の中から一部引用する。
阿羅;城内で虐殺があったと言われてますが?
南「そういうことはありません。虐殺があったなど誰も言っていませんし、見ていない。日本が戦争に負けてから中国がでっちあげて言いだしたことです」
阿羅;城内で虐殺らしきことは見ていませんか?
南「見ていません。すべて戦闘です」----(以下略)
阿羅;同じジャーナリズムでも朝日新聞は南京虐殺だと言っていますが。
南「ああ、朝日新聞ね。朝日新聞はモスクワででも発行すればよい」

※「『南京の実相』を国内外のメディア 図書館等に寄贈する会」代表 水間政憲;
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-591.html?cr=ba5237382c263b508786a3b46575c7c8
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52836138.html

南京掃討戦の謎を解くべし

ソロです。
 最近の事だけでもないのですが、シナで事故や事件が起こるたびに、共産シナ当局の或いは、シナ人そのものの「伝える歴史の真実を維持しようとする志の無さ」や「より客観的であろうとするモラルの無さ」が際立ってきたように感じます。 正にソロス氏が判定したであろう、「文明化不可能」の根拠が此処に在ります。

 ソウでなくとも、シナ人の紡ぐ歴史には、全て勝者による「後付け」の匂いがします。 例えば、黄河文明の粗、黄帝が発明したと云う指南車が、長江文明の三苗軍を破ったと云うが、そもそも実はあべこべで、指南車「=正確に方向を示す機械、コンパスの様なもの」を自在に使う三苗軍の所為で、自慢の騎馬軍団が追撃の際、道を見失い崖から落ちたり、低湿地帯に迷い込んだりして、大損害を受けて、黄帝軍は騎馬軍団を率いているから戦力差は明らかなのに、長らく攻めあぐねていたが、或る時、手に入れたが使い切れなかった指南車を三苗軍の投降者が使って、逆に三苗軍を追い詰めた、と云う事の様です。

 シナの歴史には、こういう「敵の手柄を自分のものと立場を入れ替える」行為が歴史の編纂でしばしば用いられていて、実録と云われていた「三国志」の基になった、宋代の「十八史略」の編集者である陳寿も、「三国志の記述は殆ど嘘である」と述懐している。 つまり、シナ大衆も、こうした歴史の評価方法は承知して居て、例えば、元の侵略に最後まで耐え抜いた、宋末の文天祥の様な漢族最後の武将と云うべき理想の人物像を称揚する事もないのは、その背景に史実とされていても、信用できないからだろう。 日本の楠正成とは大違いである。

さて、近代。南京大虐殺自体が虚構である事は総論としていえると思うが、その前提となった上海攻防戦で両軍の戦闘員合計が100万人になった事、其の戦いに日本軍が大勝した後、敗残兵となった国府軍兵士は未だ50万人近くいた事、然し、その多くは農民兵であり、後に虐殺者数として上がってくる数字は、この掃討戦での数字と、喪家の犬と化した50万余の敗残兵集団の犯行の民間人(農民)犠牲者数との分け目が全くついて居ない、更生の共産匪の報告には、意図的に数字を曖昧にした部分すら予想される事で、事実関係は兎も角、数字的には全く信用すべきではないだろう。 国民党発表の4~5万人も、確実な所の4千人の10倍と考えて良いし、その後にバナナの叩き売りのレベル(=10万人がいきなり20万、30万と膨れ上がる)曖昧さを以て上昇した数字は、疑うことなく「後付け」であり、日本軍による民間人虐殺も大方虚構である事は、最早疑いようが無いのです。

では、その虚構が真実として、極東軍事裁判で裁かれた所為で、日本は多くの死刑囚をを見殺しにしたわけだが、では、その反対側では、一体誰が得をして誰が犠牲になったのかを我々は正確に知る事が、この先ドゥしても必要です。 と云うのは、此の虚構には、裁判当時、全く関係が無いとされた欧米人が、証言者として深く関わって居るからです。 

つまり、当時上海租界や南京には、外国人居住区に隣接してシナ人の富裕層の住宅地が有ったが、その地域の富裕層は上海陥落を聞いた途端、ほぼ全員が逃げ出した。 理由は、南京市内に雪崩込んでくるのは、名にし負う凶悪無残で知られた暴徒集団と同じ評価の国府軍、然も、総大将の蒋介石も、司令官の唐智生も敵前逃亡した後で、正に「喪家の犬」「主無き武装集団」であったのだから、結果は端から明らかだったからだ。 
処が、その事実を知らない欧米人たちは、シナ人富裕層から留守番役を頼まれ、引き受けて終った。 其処へ雪崩れ込んできたのは、およそ20万人の武装した敗残兵ですから、忽ちの裡に、一帯は、逃げ遅れた富裕層への略奪・強姦・殺人のやり放題の現場に替ったが、下手に動けば、敗残軍の追加標的にされる事は明らかダカラ、「留守居役」の数十人の欧米人に一体何が出来たであろうか。 然し、彼らは自分達の留守居責任を逃れる為に、それらの行為を、全て日本軍の所為にしたのです。

此処で、逃げた富裕層の退避先と、その庇護者ですが、其れは、南京南東方の浙江省温州や麗水と云った淅江財閥や温州商人の本拠地でしょう。 此処は、国民党の蒋介石やその政敵であった南京政府の汪兆銘の出身地でもありますし、現在の馬英九国民党総統の実家が有る所でもあります。

 一方で温州商人は「東洋のユダヤ人ともいわれており、サッスーン等、現実のユダヤ集団と一心同体の関係にありました。 温州商人は古くから日本への留学者が多い反面、反日の兆しが高い処です。 初の日本の本土爆撃を敢行した、ドーリットル大佐率いるB25の編隊が降り立った地点でもありますし、彼の731部隊が開発したとされるペスト菌の散布被害を受けた(嘘)と申告して居る場所でもあります。 この地域こそ、近代中国の最も深い謎を含んだ地域だと云えましょう。 当然日本からも米国からも攻撃されない立場にいたのです。 現状日米、日台関係が穏やかだからこそ、表面に出てきませんが、実は最大最強の反日組織だと云って間違いありません。

逃げ遂せたのが、そして舞い戻って、どちらからも攻撃されなかったのも、其の温州商人の関係者ダカラであろうことは確実です。 何故なら、彼らには、双方に情報収集の端末がいて、極秘情報が手に取るように入ってきていたからです。

  国府軍の蛮行は、シナ人世界では、有名だったから、そのシチュエーションだけでも、背景は理解できたはずですが、温州商人が黒幕として参加して居た筈の軍事法廷は「日本軍の所為によるセンセーショナルな事件」を欲しがっていたから、真っ先に取り上げられることになったのだろう。

結果、上海/南京派遣軍の総大将を務めた、松井石根、事変に至る原因を食い止められなかった外務大臣だった広田弘毅は、「A級戦犯」として死刑となったが、此処で、その原因を作った張本人であり、事実の顛末の詳細まで知って居た癖に、敗戦の将として責任を取るどころか、「敵前逃亡」迄した蒋介石が、被害者・責任者としても、或いは、処罰の対象にもなって居ない事は、如何にも不思議な事である。 其処に、「取引」が存在した蓋然性はたっぷりある。

それは、彼が嘗て松井を日本の父と仰ぎ、広田を大親友としていた事を裁判執行者に知られ利用されたからではないか、つまり、裁判官は、松井・広田の両名を死刑者に連ねる事で、恫喝され、口を封じられたのではないだろうか。

歴史を改竄する事の恐ろしさは、その結末である虚偽の歴史の悪用で、真に罰さねばならぬものの不正義をのさばらし、その嘘がまた嘘を生み出すと云う無限連鎖を生み出す。 そうして、遺された世の正義を歪め、且つ修正力、更生力を無くして終う事になって現れます。 嘘を基準とした社会は、単純な嘘さえも更生出来ないのです。

宮内庁長官風岡典之などの帰化在日韓国人職員や創価学会員職員が大量に入り込んだ宮内庁は、天皇陛下の自衛隊の各種式典、殉職隊員追悼式などへの御臨席を妨害している。=不敬罪、国家反逆罪、公安案件

宮内庁長官風岡典之などの帰化在日韓国人職員や創価学会員職員が大量に入り込んだ宮内庁は、天皇陛下の自衛隊の各種式典、殉職隊員追悼式などへの御臨席を妨害している。=不敬罪、国家反逆罪、公安案件

*****
佐藤正久 君 Twitter H24/12/23 (加筆済版)
天皇陛下の思いとは別に、大東亜戦争後67年過ぎても、消防、警察、海保とは異なり、未だに自衛隊の式典や殉職隊員追悼式に天皇陛下の御臨席は叶わない。[宮内庁長官風岡典之などの帰化在日韓国人職員や創価学会員職員が大量に入り込んだ]宮内庁の意向と聞いたことはあるが、ただ、平成23年3月16日の天皇陛下の御言葉では自衛隊を一番最初に言及され、士気が上がった。迷彩服自衛官が敬礼したのも初めてだろう。
*****

宮内庁長官風岡典之=帰化在日韓国人疑惑=創価学会員=公明党北側一雄と帰化韓国人2世小泉純一郎が慣例無視で国土交通事務次官から宮内庁次長へ起用しその後宮内庁長官へ昇進

by長野県J

http://eharagen.sun.macserver.jp/abe_shinzo.html
安倍総理も朝鮮系のようです。

朝鮮族たる定義

>ゆきさん、ソロです。 私は鹿児島県出身で、義理の祖母は、島津家ゆかりの人です。
>14代沈壽官 :確かに、壬申の乱=第一回目の秀吉による朝鮮征伐時に、島津義弘公が、現地の工人(奴隷層)だった、初代沈氏の腕を見込んで、日本に連れて帰った史実は有る。 然し、連れて帰って直ぐに、士分を与えて、俸禄と領地を与えて、さらに窯を与え、薩摩焼の開発を依頼したと云う経緯が有る。「連衡」ではなく、「招聘」というべきであろう。 これなら、途中帰国の意思を表せば、技術の伝承は既に行われたのだから、許可するに吝かではない。 沈壽官が現在15代を名乗って居る様に、その権利は、明治維新以後、藩主でさえその地位を追われ、権利を大幅に制限されたというのに、「壽官窯」は、文化的遺産として遺され。同時に沈氏の権利は、既得権として「維持された」のである。 此の経緯の何処が「強制連行」と云えるのか?  説明していただきたい。

>>右翼の筆頭の安倍さんが韓国系
 安倍さんの本心が何処にあるのかは知りませんが、彼は現在置かれている職分を誠実に果たしているだけの話で、其れは、国民の為に行っているのです。 嘗て日本は、、何処かの党の代表で、嘗て宇宙人と呼ばれた様な人でも、金さえ出せば総理大臣に成れたような国でしたが、現状で彼がもし総理大臣だったとしたら、日本派中国や韓国の現状に見るドタバタに巻き込まれていたでしょう。 其れに云って置きますが、竹島は日本固有の領土である事は、幾度も証明が為されている事で、韓国の主張は「唯、云っているだけ」で、なんら科学的実証や、一級資料の無いが故に、国際的に無視されている主張に過ぎません。

 安倍氏は、此の国際法違反の状態に対し、本来なれば、「侵略」と判断して、独立主権国家たる権利を行使して、砲撃するなり、武装兵士を派遣すするなりして、是を直ちに排除しなくてはならない処ですが、彼が掲げる「積極的な平和主義」に則り、測量データを収集し、位置関係を明確に提示した上で、世界に問うつもりでいるのです。 

 然るに、総理大臣の職分とは、国利民福を目指して全力を傾注する所にあります。

 壬申の乱からは、優に400年以上を経過していますから、一世代を25歳とカウントすれば、少なくとも16代の世代を積み重ねているのですが、では、李子朝鮮朝初期の朝鮮人の血が16代を経た安倍さんに一体どれくらい流れているのか計算してみましょう。
 先ず400年間近親婚や、同族間の婚姻が無かったとすれば、 最低初代の血の成分が占める割合は、「2の16乗分の一=1/ 65536にしかなりません。 親等でいえば、16親等です。 是を親族と云えますか? 仮に云えるとしても、それは「先祖の一部には400年前朝鮮から来た人もいた」、と云う程度でしょう。 そして、貴方は朝鮮族の歴史を本当に知っているのでしょうか、疑問です。

  朝鮮半島の国は、半島というその地理的な宿命から云って、古代より、大陸からの戦災避難民や田畑を失った流民で出来上がった国です。最低でも三種類の民族で出来上がって居て、一種類の民族で出来上がった国ではないのは、歴史を紐解けば明らかです。 「扶余」「濊」「靺鞨」(以上ツングース系)、民族名で歴史に明らかになったモノでいえば、「壮」=殷朝の構成部族で百済の王、「長江民の遺臣」=秦漢代に山東半島から逃散して半島に辿り着いた民族、後の新羅の王、「鮮卑」=隋朝の構成部族、「女真」満州の騎馬民族で、「金」朝の構成部族・・・現在の半島にも400年前の半島も構成民族はこの様に、常に混迷の状態にあったのです。 ダカラ、現在の朝鮮人の社会は階層間=民族間認識が強く、其れが地域間差別につながっているのです。

  一体、貴方は、是等歴上に現れた何族を以て朝鮮人と云うのでしょうね。 朝鮮人自体が、半島の歴史が弱者の歴史であるから、結果、社会のマジョリティを担った民族が、外来の異民族であったが故に、亦、大陸の強大なシナ王朝に服従せざるを得ない状況の故に、「独立国家としての主体性を持ちえなかった」のです。 何時の世も、為政者・支配者は、元々自ら農業生産手段を持たない遊牧民族/反牧半農民族ですから、何時の時代も掠奪者であり、弾圧する側だったのです。  常に「民衆の敵」だったが、その民衆も異民族の混淆だったから、一つにまとまれず、故に、社会の少数派である為政者は、民衆相互の反目を利用して、敵である事を巧妙に隠ぺいし、その恨みを躱してきた。 

 この国の仕組みの何処に「愛国心」を育む土壌が有ろうか。

  こういう歴史だから、「国家認識の無さ」は、朝鮮人と名付けられた誰にでも言える事なのです。 然るに安倍さんが其れに該当しますか?

今日も上海株がストップ安(笑)になったが恐れてはいけない

支那と支那企業と漢民族の能力が劣るから、分相応の評価に落ち着きつつあるだけだよ。来るべき時が遂に来たんだよ。

爆買い?
そんなものは「支那の代わりに」ASEAN諸国に豊かになってもらって彼らに爆買いしてもらえばいいだろ。
ASEAN諸国は一つ一つは小粒の国が多いので、韓国レベルにはすぐ上がっていくさ。

日本の安全保障関連法案で支那に軍拡競争を強要して景気対策での財政出動を妨害し、アジアインフラ投資銀行には決して参加せずアジア開発銀行やODAで対抗してインフラ輸出を横取りし、兎に角支那を痛めつけろ!

奴らが「世界の工場」から転落すれば、ASEAN諸国がその地位に登っていき豊かになり、
日本で爆買いをしてくれるようになる。

支那の景気後退→大変、助けなきゃ!
じゃあないんだよ。
ASEAN諸国の更なる経済成長の

「チャンス」が訪れている!

そのために犠牲が必要ならば、漢民族(とついでに朝鮮民族)に死んでもらえばいい。
それだけのことだ。

日本海兵団の創設を望む

沖縄駐留米海兵隊に取って代わる日本海兵団の創設を望む→ http://chronos.blog.jp

岐路に立つ日米同盟

国会で「安保法制」が盛んに議論されています。そんな中、先日「安保法制賛成」のデモがありました。しかし、マスコミには取り上げられません。反対デモは報道しても賛成デモは報道しない。

日本のマスコミは「安保法制」に反対のようです。中国、韓国を支援するようです。国会では「共産」「社民」「民主」が中国、韓国支援の声をあげています。日本だけで防衛できると考えているのでしょうか。

今アメリカでは時期大統領選挙候補者が盛んに自分の政策をアピールしています。その中で異色なのはドナルド・トランプ候補です。共和党候補として他候補をリードしています。

その彼が現在の「日米安保」関係を批判しています。多くの国民も彼の言葉を支持しています。日本の国会議員たちはこの現実を知っているのでしょうか。「安保法案」が否定されれば日米間に「隙間風」が吹き始めます。アメリカ国民が「日米同盟」に不満を持ち始めたのです。

下記はトランプ氏の演説に関する論評の一部です。国会審議結果が日本の将来を大きく変える可能性があります。先生方は覚悟して、本気で議論して下さい。

日本は自国を攻撃されれば米国に防衛してもらうのに、米国が攻撃されても何もしないというのでは不公正だ、と声高々に批判したのである。日本の参議院では安保法制法案の審議が進行中だが、審議にあたっては同盟国の米国の動きを無視することはできない。その現実がやや乱暴な形で示されたといえよう。

日米同盟の現状を不公正だと非難

 共和党候補の一員として米国大統領選予備選で活発に動くトランプ氏は、各種世論調査によると、現時点で少なくとも合計17とされる同党候補者の間でトップの支持率を保ち、共和党の「先頭走者」と評されている。

 そのトランプ氏が8月21日にアラバマ州モービル市の集会で演説した。巨大なフットボールスタジアムの会場に約3万人ともされる参加者が集まった決起集会で、トランプ氏は赤い野球帽をかぶって檀上に登場し、日本の防衛について次のように熱く述べた。

米国内部で起こったパラダイム変換によって開ける日本の未来

>にっぽんじんさん、ソロです。
>>日本は自国を攻撃されれば米国に防衛してもらうのに、米国が攻撃されても何もしないというのでは不公正だ
  是は至極当然の話ですが、では、是まで日本がその状態に疑問を持ち、改善しようとしてこなかったと云う話ではない事は、日本は主張できると思います。 何故なら、自由民主党の結党理由自体、「憲法改正」する=自主憲法を基に国家機能を改める事を目指したものだからです。

 然し、爾来60年にも亘ろうと云うのに、唯の一項目の改正もなされてこなかったのは何故か? その裏には、GHQと云う米国の左派が築いた「日本改造計画」が有ったからで、その計画の指針ともなったのが、「新憲法」だったのである。 当然、其の改正には、米国左派からの強烈なバイアスがかかって居た筈である。

  そのバイアスが表面化したのは、第一次安倍政権で、安倍氏が訪米した時、現在では「デマ」である事が確定しつつある「従軍慰安婦」問題を、証拠を示した上で、安倍氏が「強制連行の事実」「軍が関与した事実はない」と主張したら、忽ち「歴史修正主義者のレッテルを張り、日本国内へのバイアスを強めて、マスコミをオール反安倍に塗り替え、彼の周辺に瑕疵が無いと看るや、閣僚を狙い撃ちして、些細な経理上の瑕疵に付け込んで閣僚を辞任に追い込み、次々と追い落とし、自殺者まで出した現象を、多数派であった自民党代議士集団が、何も援護せず、拱手傍観の態であった事、マスコミが明らかに包装法違反を犯しているのに、誰一人声を上げるものがいなかった事で、米国の意志がその裏に強く働いている事を察知できたのである。

 このバイアスをかけていた勢力は、戦後日本を支持して来た層ながら、同時に、一番警戒していた勢力であった。 何故なら、戦前からの石油利権の本命である彼らは、満州利権を独り占めにした日本を100%敵視していたが、満州の石油埋蔵量の数百倍モノ量が埋蔵されているアラブ原油が発見されると、今度は、対共産主義勢力の膨張ベクトルの抑えの要として、不沈空母構想を描き、日本の各所に進駐した米軍基地をそのままに、日本を軍事要塞化したのである。 日米軍医同盟は、その言い訳として最適でありましたが、決して、日韓同盟は許さなかったのは、勿論、2国間同盟が反米に傾いた場合を想定、怖れていたと云う他はない。 是を一言で謂えば、終戦後10年位は、米国にとっての日韓は、「防共施策に要」でしかなかった。と云う事です。

 WGIPは、戦後日本の常識を完全否定する目的でなされたものですから、、其処に浮かんできた「嘘」も歴史に成って居ると決めつけた処に、米国文化の浅さが見える。

 トランプ氏の主張は、日本が戦後こういった歴史を歩まされてきたと云う事実が無ければ、真に当然なものであり、誰も否定できない事だと思います。 処が、何故に、戦後70年も孔子当然の事が、日米間の防衛に関する議論の俎上に上がらなかったのでしょうか、と考えれば、前述の勢力の強いバイアスがかかり続けていたからと云う他はない。

 つまり、米国の保守層の主役交代が起こって、パラダイムが変換されていると考えるべきなのです

ASEANは、各家華僑・華僑の持ち物!米国は、ユダヤの持ち物!共和党・民主党あって無い様なもの、幻の政治!自民党は、金の亡者党!公明党・野党は、朝鮮党!皆さん投票する党が、昔~現在迄有りません! 自衛隊のクーデターしか無い!自民党が、放送権を取り上げますか、違憲の在日チョンの生活保護を取り上げますか!在日チョン暴力団を潰せますか!賭博のパチンコを潰しますか!売春ソープランドを潰しますか!クーデターでも無い限り日本の未来は無い!第二次世界大戦前のヨーロッパのユダヤ支配~ヒットラーは、正しかった! 日本の今は、ドイツの状態!チョン癌に侵されとる。

▼きむちヤフーは、個人情報127万人分のアカウント、パスワード、メールアドレスなどに不正アクセスさせた。=公安案件▼キムチ桜井俊とキムチ山田真貴子は、違法操業を繰り返すヤフーから通信事業者免許を剥奪しない。=公安案件

▼きむちヤフーは、個人情報127万人分のアカウント、パスワード、メールアドレスなどに不正アクセスさせた。=公安案件▼キムチ桜井俊とキムチ山田真貴子は、違法操業を繰り返すヤフーから通信事業者免許を剥奪しない。=公安案件

*****
侍JP 君 Twitter H25/4/5 (加筆済版)
【ヤフー】個人情報127万人分のアカウント、パスワード、メールアドレスなどが、不正アクセスされる。ヤフーをはじめ帰化未帰化在日韓国人企業は、やっぱり信頼できない。
*****

桜井 俊=背乗り帰化在日韓国人疑惑。嵐の桜井 翔の実父。日本人バ.カサヨ旧郵政官僚へ韓国式取り入りあり得ないほど異常に速く出世し、総務審議官になった時点で即時解雇かと思い気や、「帰化在日韓国人民主党政権」および「グローバル構造改革バ.カ規制緩和バ.カの首相安倍晋三氏と内閣官房長官菅義偉氏」へ韓国式取り入り慣例としてありえない長期間総務審議官に留まり、平成27年7月XX日付けで総務事務次官になった「帰化未帰化在日韓国人の通信事業利権と放送事業利権の総元締め」の内の一人である。=公安案件

山田真貴子=背乗り帰化在日韓国人疑惑。桜井 俊(背乗り帰化在日韓国人疑惑)とグル。日本人バ.カサヨ旧郵政官僚へ韓国式取り入りあり得ないほど異常に速く出世し、平成22年に総務省大臣官房会計課長になったが全く能力不足で解雇されそのまま官僚引退と思い気や、帰化在日韓国人中央官庁の経済産業省が慣例を無視し山田真貴子を平成25年に経済産業省官房審議官(IT担当)として再雇用し、その後、政務担当首相秘書官の今井尚哉(李尚哉。経済産業省帰化在日韓国人職員出身)が「グローバル構造改革バ..カ規制緩和バ.カの首相安倍晋三氏と内閣官房長官菅義偉氏」へ韓国式取り入り山田真貴子を首相秘書官にし、平成27年8月11日付けで総務省情報通信国際戦略局長になった「帰化未帰化在日韓国人の通信事業利権と放送事業利権の総元締め」の内の一人である。=公安案件

by長野県J

サヨクと闘うときに証拠を突きつけて論理的にやりたいと思います。つきましては、証拠となる資料を提示してください。
サヨクにうそつきよばわりされたくないですから。

開国少将

意地はって、これは復活させとこう。


こば、ちりちゃんです。

えと、「南京大虐殺」、
今年の春だったかな、なにかがあって、しょげてた。
で、「南京大虐殺」テーマにホントはナニって、
いろいろ、ちょっと、調べた。グーグルです。
そして、「開国少将」の存在に気付いた。

なんか、ここ中韓のやりとりの中、
もんもんとするなか、いつだったかな、
硫黄島さんに、「南京大虐殺」教えてほしいことある。
って、コメ、出した。覚えがある。
これが仕掛かりです。
そのあと、
すぐ、某さんから、それはうんぬんってレスきたんだけど、
ちょっと、ちがうんだな。

管理人さんありがとうございます。きっかけできた。

で、さっそく、まず、「開国少将」の全文。
http://hyakka.seesaa.net/article/394278510.html
◆国民党少尉の懺悔、一方での好戦
鳴霞女史の「週刊中国」にユニークな記事が載っていた。サイトにはこうある。
<元中国共産党エリートで「月刊中国」主幹である鳴霞(めいか)がお送りするメルマガです。日々刻々と変わる、緊迫した中国情勢を週2回配信。日本のマスコミがほとんど報道しない、中国の内部情報を随時お届けします>

2012年11月29日(木) 号から――

<「南京大虐殺は自分たちがやった」と告白した国民党少尉
1月27日に歴史評論がネット(http://www.kdne.net)で流れた。開国少将というベンネームの作者は、外祖父(母方の祖父)が自分の日で見た南京大虐殺という文章を発表している。

            ・・・

私は小さい頃に、外祖父が抗日戦場から何故逃げ出したのか分からなかった。逃げたことは秘密で、外祖父が死去する前年に、よく雑談の中で何時間も話すようになっていた。外祖父は、妻が早く死去したということだったが、それが逃げた理由ではないだろう。私はある日、やっと外祖父から真相を聞き出した。

彼は四川省の貧農の出身で、小さい頃から武術で鍛えていた。1928年に四川で国民党に捕らえられて兵士にさせられ、 1937年の南京大虐殺前夜に少尉にさせられて、日本軍の猛烈な攻撃を、首都を守れ・国父を守れというスローガンで防衛するよう命じられた。しかし日本軍の進政を食い止めることなど出来ないので、南京城から撤退した。
部隊は列車を何両か手配して、軍用の荷物と食料を積み込んだ。その時に周囲から、一般の民衆が老人や子供の手を引きながら列車に乗り込んできた。大勢が列車の屋根にも乗っていた。日本軍は、すぐ近くまで迫っている。このままでは、国民党の兵士たちは逃げることが出来ない。誰かが、日本軍が来たぞと叫び、国民党指揮官は列車に乗り込んだ民衆に列車から降りろと怒鳴った。

誰も従わないので、指揮官は民衆を銃殺しろと命令を出した。兵士たちは民衆を銃殺することなど出来ないので、互いに顔を見合わせていた。指揮官は兵士たちに、もうすぐ日本軍が来るのだから、民衆は日本軍に銃殺されたことにしたら良いのだと言って、一斉射撃を命じた。あたりは血の海となり、兵士の足首まで血が溜まったと言う。ここで約1千人の南京市民は、国民党の兵士たちから銃弾を浴びて死んで行った。

国民党の部隊が必死で逃げた後には死体の山が血の海の中に残され、それは日本軍の残虐行為として転嫁された。外祖父は、こんな部隊に残りたくないので、撤退途中に九江で夜陰に紛れて脱走し、長江を渡り武漢で列車を乗り換え、南の小さな山村に逃げ込んだ。

外祖父の記憶では、他の部隊も同様のことをしてきたという。全ての国民党による民衆大虐殺は、日本軍の残虐行為として転嫁されたのである。外祖父は貧農の出身だが、国民党が貧乏人を虫けらのように扱うことに抵抗があったという。

外祖父は、国民党の軍隊に残っていれば、出世したかもしれない。また抗日戦争で戦死していれば、抗日戦闘英雄烈士との美名で呼ばれたかもしれない。しかし、逃亡する道を選んだ。そして裏切り者という悪名で呼ばれて、経歴を隠し通して逃げ回った。その過去の真実を、外祖父は死ぬ前になって初めて語ったのである。南京大虐殺は自分自身が犯した罪である。外祖父は恥ずかしくてたまらなかっただろう。

私は反日・反米の青年であり、ネットによく論評を発表していた。だが、そんな単純な反日・反米の青年たちは利用されているだけなのだ。天国にいる外祖父よ、私を許して下さい。(以上)

              ・・・
以上です。

ここ、中韓ブログで、「南京大虐 殺」がスレのテーマであれば、
もっと、「開国少将」ネタが全面に来てもいいと思ったりしますが、
でてこない。

でも、ここ、このスレに一つある。これです。
> 〇南京大虐殺-実際にやったのはこいつらだ!!◎要拡散
> http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-235.html
> 2015/08/19(水) 14:48:25| URL| 謎の真相
残念ながら、反応がなかった。↑
私が、フォローします。
では、「南京大虐殺」の考察というか、わからない点、ここから質問します。

■どこに?
南京住民が逃げたとして、戻ってきたって、
どこに逃げたの?
具体的に避難時間・期間は、どれ位?

■財産の移転
南京住民が逃げたか、別地域に移住したとして、
財産をどうしたの?
ATMなんか、ないですよ。
とすると、お金、または、金や宝石の現物資産を持っての移動ですよね。
そもそも、財産ってなに?
そして、どこまで逃げるの?
そんな逃避ご一向さまがいたら、当然、狙われるだろう。
どんなに、防御してたとしても。
で、想像ですけど、南京のお金持ちって、ガードマンやとって、
籠城してたんじゃないの?かな。

■移動方法
「南京大虐殺」の時代、どう移動していた?
鉄道が、今のようにある?
トラックがあるか?
あったとして、軍だろう。
金銀、お金、財産もって移動か?
移動は、馬ではないのか?

----
以上、3つ、なぜなぜ? まずわからないことです。
もし、知っていれば、私が納得できる情報お願いします。

硫黄島さん、こんなことが私はわからなかった。
ソロでも、いいけどね。

「南京大虐殺」で、わからないこと、
まだあり、あと、何回か続ける。
よかったら、感想、コメください。

一歩先に進みたい。

こば、ちりちゃんです。
やっと、素朴に、私が共感できるコメントきました。

> サヨクと闘うときに証拠を突きつけて論理的にやりたいと思います。
> つきましては、証拠となる資料を提示してください。
> サヨクにうそつきよばわりされたくないですから。
> 2015/08/25(火) 17:32:13| URL|

「ななしのゴン」さんレスします。

私の結論としては、ないと思う。残念。
そもそも、犠牲人数としても、

(CN初動→)
何十万との公表、印象操作。国家レベル。
(←JP反論)
そんなに南京に、人がいるわけない。だから。うそだ!
(CN情報戦→)
無視。
(←JP反論)
なし。なぜか議論が終わったとおもっている。

こんな感じ。

----------
残念なのは、ほんと反日のやつら。
それで、そのあと、同調する、中韓。
それを誘導した米とはいわない。
わかりやすい言葉でいうと、
米には、いろんな派閥?があるから。
国益・利益と言ってOKと思う。これが日毎にかわる。


私のコメは、削除なので、何回でもいいたくなる。
あなたたち、私の、私たちの日本をどうしようとするのかな?
なんか評論家ばっかで、どうすんだよ。
それが、今の思い。

老人・・・・。
おさまりつかなくなってきた。

某さん、ごめ。
明日には、私のこのコメなくなるか、
新しいスレたってる。と思う。
気持ちはこんな感じ。

ウラが取れない話は逆効果

開国少将の話はネットに流布しているが、「ウラが取れない話」なのです。

南京大虐殺を否定するには、出所が明かな資料に基づいて主張しなければ、却って逆効果です。

開国少将の話も、それを発表した本人が世間に現れ、外祖父が国民党軍の兵士であったことが事実と判れば、日本軍の南京大虐殺を否定する材料となり得るのですが、ウラが取れない話にはウッカリ乗ることが出来ないのです。

【南京大虐殺は真実ではないと思う理由】 鈴木史朗

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1115.html

こってりさんへ

出所が明らかな資料を紹介してください。

名無しさんへ

上述した「上新河地区遇難同胞紀念碑の虚構」は出所が明かな資料に基づいて書きました。

南京攻防戦に詳しい人なら、歩兵第45連隊第11中隊の大戦果は大抵知っている筈で、「江南の春遠く」の著者である赤星昂氏は勿論実在の人物です。

なんだかなぁ。

こってりさん。
なんで、こう、外すんだろう。
ピントがずれてる。
ちりちゃんです。

怒りでなくて、あきらめ感。
どうしようか。


私のコメ、補完します。
こってりさん、これで、わかってね。


■お題
>ウラが取れない話は逆効果
>
>開国少将の話はネットに流布しているが、「ウラが取れない話」なのです。
>
>南京大虐殺を否定するには、出所が明かな資料に基づいて主張しなければ、却って逆効果です。
>
>開国少将の話も、それを発表した本人が世間に現れ、
>外祖父が国民党軍の兵士であったことが事実と判れば、
>日本軍の南京大虐殺を否定する材料となり得るのですが、
>ウラが取れない話にはウッカリ乗ることが出来ないのです。
>
>2015/08/25(火) 23:40:27| URL| こってり #tuEXU5AU

■動機
私は、「開国少将」、ここの中韓ブログの皆さんに、
これが事実かどうか、何か情報を持っているか、
それを確認したかったんだよ。
で、このあたり知っていると、私が勝手に想定した、
硫黄島さんに、南京大虐殺について、教えて欲しいことがあるって、
コメだした。期待。
ざっと、こういう背景がある。ここは言わなきゃわからない、領域。
(この時の某さんのレスコメは省略。)
いいかな、この「開国少将」の中身が真実であれば、
南京の事件は押し返すことは容易。

■経過観察
で、結論として、
ここの読者、いろいろ歴史に精通している方々でも、
レスがないってことは、
「開国少将」、この正確性、信憑性は証明できないんだよね。
残念。
これが、現実。なんだろうな。

■動機2
いいかな、
A.やらないことの証明
B.やったことの証明
どちらの証明が簡単かってと、
「B.やったことの証明」
なんだよね。
冤罪事件がどうなったか、そこにも思いを馳せてほしい。
で、「A.やらないことの証明」
当事者からして、これ厳しい。
例えば、私がここの論客某S氏から、疑われた一人ニ役。
たったこれだけでも、コメ流れと状況、
かつそんなレッテル貼られると、
なにやってもだめになる。
国単位と私単位は違うかもしれないけど、同じでしょ。

■■お題へのコメ
>
あなたなにしている→ウラが取れない話は逆効果
ウラが取れないから、私は悩んでいる。

>日本軍の南京大虐殺を否定する材料となり得るのですが、
なり得る得るんだよね。
だから、広くってか、ここの読者に聞いているんですよ。
もしかして、どなたか知っている人もいるか、
確率低いんですけど。

>ウラが取れない話にはウッカリ乗ることが出来ないのです。
それは、正論。
といって、あなたの、立脚点はナニ?ドコ?
私のグリップ、立脚点、絶対防衛線は、「国益」です。
(かつて、コメしました。)

で、
>ウラが取れない話は逆効果
は、いいんだけど、この件についての、
利益を受益する人は誰?って観点。

では、こってりさん、宿題です。
①:「開国少将」
②:「>2015/08/25(火) 23:40:27| URL| こってり #tuEXU5AU

このコメ内容で、利益を受益する人は誰?
まず、ココから行こうか。

お返事、絶対よろしく。
真実、リアル、現実、こんな言葉が大好きです。


PS
あとさ、さも「開国少将」について、知ってたかのようなコメなんだけど、
いつ知ったんですか?
まさか、私のコメじゃないですよね。
ネットで認知されていないってのが、私の推定です。
どうかな。
ネットで認知されていれば、わっと、コメくると確信。
この辺も知りたい。
真実、リアル、現実、こんな言葉が大好きです。
で、いつ知ったんですか?

------
ここまで、わかりやすくコメすれば、わかるよね。
こってりさん。
今日は終わりです。

日本語が通じないと議論が出来ません。


私のコメント↓

>開国少将の話はネットに流布しているが、「ウラが取れない話」なのです。

>南京大虐殺を否定するには、出所が明かな資料に基づいて主張しなければ、却って逆効果です。

名無しさんの質問↓

>こってりさんへ

>出所が明らかな資料を紹介してください。

私の答え↓

>上述した「上新河地区遇難同胞紀念碑の虚構」は出所が明かな資料に基づいて書きました。

ちりちゃんです。さんのコメント↓

>こってりさん。
>なんで、こう、外すんだろう。
>ピントがずれてる。

>で、結論として、
>この読者、いろいろ歴史に精通している方々でも、
>レスがないってことは、
>「開国少将」、この正確性、信憑性は証明できないんだよね。
>残念。

私のコメント↓

名無しさんの文章を普通に解釈すれば、

(開国少将の話は出所が明らか出ないと言われるなら、南京大虐殺に関して貴方が知っている)出所が明らかな資料を紹介してください。

↑となるので、

>上述した「上新河地区遇難同胞紀念碑の虚構」は(実在の人物である赤星昂氏の回顧録や、実在する上新河地区遇難同胞紀念碑なの)出所が明かな資料に基づいて書きました。

↑と回答したのです。

私の日本語の解釈が可笑しいと思われたようですが、私から見れば、日本語の解釈が可笑しいのは、ちりちゃんです。さんです。

こんにちは

>ちりちゃん 様


質問を頂いていたのに気付きませんで、失礼しました。

さて、南京からどうやって脱出(避難)したのか? ということですが、どこに避難したかで移動手段が変わってくると思います。

南京市民の避難先として最も人気だったのが上海と漢口(武漢)です。双方合わせて50万人が南京から避難していったと言われています。

漢口~南京~上海の場合、長江(揚子江)で繋がっておりますから、カネ持ちであればほとんどは「船」で避難したものと考えます。

陸路であれば、山賊や国民党軍と鉢合わせる可能性がありますから、普通は避けたいところです。船であれば、少ない護衛で命と財産を守れますが、なにぶんカネがかかります。従って、カネ持ちなら陸路を避けたであろうことは容易に想像できます。

ちりちゃんは、私の質問の答えがどうこういってるわけではないと思いますよ。
うーん、資料は五つぐらいあげてもらえると思ったんですが。

「名無し」より

次レスどうする。半分見限る。

なんじゃ?
こってりさん、まだ、わかんないのか。
ちりちゃんです。

まず、「日本語の解釈」ってなんだよ。
私が、何を言いたいのか、伝えたいのか、怒ってるか。
その真意を推し量ってね。わかんないのかな?
だんだん、こってりさん。アヤシク思えてきました。
「日本語の解釈」なんて「書き言葉」は、フツー使わない。
この辺は後にする。

じゃ、これだよ。コメ投稿のいきさつ。
>■動機
>私は、「開国少将」、ここの中韓ブログの皆さんに、
>これが事実かどうか、何か情報を持っているか、
>それを確認したかったんだよ。

で、こってりさんのレスがこれ。
>開国少将の話はネットに流布しているが、「ウラが取れない話」なのです。
>南京大虐殺を否定するには、出所が明かな資料に基づいて主張しなければ、却って逆効果です。

もう少し、抽象化しようか。

ちり:
「これ、わからない。本当かどうか、ナニか情報、証拠持ってないですか?皆さん」
「もし証拠でてくれば、一気に反撃できます。南京。」

こて:
「そんなこと言うんじゃない。証拠ないだろう。」

怒りたくなっちゃんだよね。
私がナニをいいたいか、この辺に思いをめぐらすことができない人。

で、私の思い、こってりさんから私ののレスでは、
私の日本語表現では、「ピントはずしてる」。

「ピントはずれ」でないとしたら、
目的:「開国少将」から目をソラすこと。
手段:言葉じり、文章の表層をとる。

こんな風に、考えてしまう。
こんな、私の考え方、おかしいのかな。
(釘さしときます「考え方」ね。「私」でないです。)

-------
-------
もう一ネタ。
「歴史の」に続く単語がある。
「解釈」「認識」「修正」
ないトコに、争いを起こす単語。
この熟語は、「「闘争」」、を引き出すと思ってる。

で、「「闘争」」の結果、
「イイ負かす」「論破する」、他にも表現があるのかな。
これを、「「解放」」、という一群がいる。

管理人さん、
この観点で、
「「闘争」」と「「解放」」の言葉の使い方、プロバガンダの、
歴史や事実あげてくれたら、ウレシイです。

「「闘争」」は、ここ中韓ブログでもあると思っています。
いくらでもある。
これ、お隣の国の交渉のロジックと思ってる。
どっかで、このネタディープでやりたいかな。


P.S.硫黄島さん
レスありがとうございます。
リアリスト、現実、コメのふしぶしに感じます。
硫黄島さんのコメ見るたび、あぁ、はるかにわかってるんだなと、
気持ちがビビッときます。私に伝わります。

実は、ネットでは、「南京はない」ってのが、
ほぼ主流と思ってたので、
この「開国少将」を出せば、
ガンガン、証拠ってのかな、
そんな事実が皆さんから、
どんどんコメUPしてくると、
思っていました。

そうでなかった・・・。
これも、経験、事実、現実かな。

で、
2015/08/27(木) 19:21:44| URL| 硫黄島
さんのコメ、少し追ってみます。
人から情報もらおうとしても、
自分でやんなきゃだめなんだよね。

今回の私の予測ややりとりは教訓にします。
硫黄島さん、ありがとうございました。

---
で、ここ、「一夜の関係」かもしれないので、よかったらコピペしといてね。
BANされちゃうかな。

発言のすり替えは論外ですね。

>こってりさんへ
>出所が明らかな資料を紹介してください。

↑が何時の間にか↓にすり替わっている。

>ちり:
>「これ、わからない。本当かどうか、ナニか情報、証拠持ってないですか?皆さん」
>「もし証拠でてくれば、一気に反撃できます。南京。」

言ってることをコロコロ変える人とは議論出来ないのは当然です。

名無しさんへ

>うーん、資料は五つぐらいあげてもらえると思ったんですが。

コメントを見落として申し訳ありません。

自分が読んだ「南京攻防戦の体験者による証言」に限れば、

谷口勝著「征野千里」昭和13年
山中峯太郎編「皇兵」昭和15年
熊本兵団戦史編さん委員会編「熊本兵団戦史・支那事変編」昭和40年
赤星昂著「江南の春遠く」昭和43年
偕行社偏「証言による南京戦史」昭和59年~昭和60年
ミニー・ヴォートリン「南京事件の日々」昭和12年12月~昭和15年4月の日記

どうしたらよいか?

こってりさん。
おは。ちりちゃんです。

>こってりさんへ
>出所が明らかな資料を紹介してください。

これ、私のレスじゃ、ないっしょ。

冷静さを欠いて。
04:33:57時間。ドン引きです。
こんな人が、日本や歴史を語る。
まあ、表現の自由ってのがあるからね。

よく読んで、見てくださいね。
私の周りで、ノーハンネのコメがでてくるのも、気になってきた。

もう、しゃしゃり出なさんなw

だから、

名無しさんの質問↓

>こってりさんへ

>出所が明らかな資料を紹介してください。

↑と、初めに書いているでしょう。

それを、あんたが横からしゃしゃり出て来て、


>ちり:
>「これ、わからない。本当かどうか、ナニか情報、証拠持ってないですか?皆さん」
>「もし証拠でてくれば、一気に反撃できます。南京。」

↑とか、自分勝手に変えてしまっただけしょw

わからん

こってりさんは、誰と、戦っているのか?

名無しさんは、ちりちゃんとは、別人ではないのか?

ちりちゃんの問い掛けに、横からしゃしゃり出てきたのは、こってりさんに見える。

違うか?

ん様へ

コメントの流れを整理すると、

最初に、開国少将の話をしたのは、 一夜限りでした・・・。 #9OCdGr.6こと ちりちゃんです。 #9OCdGr.6でした。

それに対し、私が >開国少将の話はネットに流布しているが、「ウラが取れない話」なのです。とコメントしました。

その後に、名無しさんから、私を指名して、>出所が明らかな資料を紹介してください。というコメントがあったので、

私が名無しさんに対し、>上述した「上新河地区遇難同胞紀念碑の虚構」は出所が明かな資料に基づいて書きました。
とコメントしました。

すると、 ちりちゃんです。から、>こってりさん。なんで、こう、外すんだろう。ピントがずれてる。というコメントがありました。

それで、私はちりちゃんです。に対し、>名無しさんの文章を普通に解釈すれば、(開国少将の話は出所が明らか出ないと言われるなら、南京大虐殺に関して貴方が知っている)出所が明らかな資料を紹介してください。となるので、上述した「上新河地区遇難同胞紀念碑の虚構」は(実在の人物である赤星昂氏の回顧録や、実在する上新河地区遇難同胞紀念碑なの)出所が明かな資料に基づいて書きました。 とコメントしました。

すると、ちりちゃんです。から、>私は、「開国少将」、ここの中韓ブログの皆さんに、これが事実かどうか、何か情報を持っているか、それを確認したかったんだよ。というコメントがありました。

なる程、一夜限りでした・・・。 #9OCdGr.6のコメントは、>南京住民が逃げたとして、戻ってきたって、どこに逃げたの? >南京住民が逃げたか、別地域に移住したとして、財産をどうしたの? >「南京大虐殺」の時代、どう移動していた? という質問がありました。

しかし、私のその質問に答えた訳ではなく、名無しさんの質問に対する回答をしたのですが、それを自分への回答と思ったちりちゃんです。が、横から出て来て話がややこしくなりました。

兎に角、ちりちゃんです。の日本語は判り難いので、話を重ねれば、益々話がこんがらがって行くのです。

んさんが、>ちりちゃんの問い掛けに、横からしゃしゃり出てきたのは、こってりさんに見える。と思われるのも無理がありませんが、開国少将の話は、実話か創作か判らない話なので、そのような裏付けのない話を南京大虐殺を否定する材料に使うのは却って危険だとコメントしたのです。

ちりちゃんです。は。>もっと、「開国少将」ネタが全面に来てもいいと思ったりしますが、でてこない。と書いていますが、何もそのような裏付けの話を引用しなくても、南京大虐殺を否定する出所が明かな資料は幾らでもあるのです。

そのひとつの例が、上新河地区遇難同胞紀念碑の話で、実際にこの附近では日中両軍の戦闘があり、日本軍12名、中国軍2,377名の戦死者が出て、更に後方の戦闘でも、日本軍1名、中国軍多数の戦死者が出たので、極東軍事裁判に中国が提出した新河鎮地区2,873名という遺体は妥当性があり、更に上河鎮は南京戦の前に焼かれていて、附近に住民は居なかったのです。

赤星昂著「江南の春遠く」には、>あたりは、死屍累々として、目をおおわしむるばかりの惨状である。敵は突撃の姿勢で死んでおり銃にはことごとく着剣してあった。と記述されていることからも、全員が戦死者でだったのです。

それを、上新河地区遇難同胞紀念碑には住民を含めた28,730名と刻まれているが、そのような虚構を裏付けのある資料を使って逐一否定して行くことが、南京大虐殺を否定することになるのです。

わからん

こってりさん
ぶれてませんか?
【A】
> 発言のすり替えは論外ですね。
> >こってりさんへ
> >出所が明らかな資料を紹介してください。
>
> ↑が何時の間にか↓にすり替わっている。
>
> >ちり:
> >「これ、わからない。本当かどうか、ナニか情報、証拠持ってないですか?皆さん」
> >「もし証拠でてくれば、一気に反撃できます。南京。」
>
> 言ってることをコロコロ変える人とは議論出来ないのは当然です。
>
> 2015/08/28(金) 00:31:16| URL| こってり#tuEXU5AU
・・・このコメントでは、こってりさんが、「名無しさん」=「ちりちゃん」と考えたから?
としか思えない。

【B】
> その後に、名無しさんから、私を指名して、>出所が明らかな資料を紹介してください。というコメントがあったので、
>
> 私が名無しさんに対し、>上述した「上新河地区遇難同胞紀念碑の虚構」は出所が明かな資料に基づいて書きました。
> とコメントしました。
> 2015/08/28(金) 15:47:44| URL| こってり#tuEXU5AU [編集]
・・・いつのまに、「ちりちゃん」とは、別人の「名無しさん」とのやりとりが前提となっている。言い訳?
としか思えない。

【C】
> >こってりさんへ
> >出所が明らかな資料を紹介してください。
> これ、私のレスじゃ、ないっしょ。
> 2015/08/28(金) 07:06:40| URL| ちりちゃんです。#9OCdGr.6 [編集]
・・・「名無しさん」と「ちりちゃん」が別人のレス。
と、ここのあたりから、こってりさんのブレが始まった?
としか思えない。

全くわからん
>兎に角、ちりちゃんです。の日本語は判り難いので、話を重ねれば、益々話がこんがらがって行くのです。
「ちりちゃん」コメントは、ぶれなくストレートに思える。
よくわかる。
「こってりさん」コメントは、
「名無しさん」、「ちりちゃん」、どっちにナニいってるのか?

「名無しさん」は、ああいえば、こういうばかりに見える。

 最後に、「名無しさん」と「ちりちゃん」が別人とわかって、混乱か?

レッテル張り?
違うか?

わからん
2015/08/28(金) 15:47:44| URL| こってり#tuEXU5AU
最初から、このコメの後半を、ちりちゃんに、ぶつれればよかったのでは?

わからん
「名無しさん」のコメした意図。

こってりさんに資料の提示をお願いした意図を書いておきます。

●余命
余命三年時事日記の登場で、コペルニクス的転回がおきました。

情報開示、拡散、反撃の道筋がついということです。
・情報開示
反日勢力からみたら、不都合な真実の開示

・拡散
不都合な真実の拡散

・反撃
集団通報、集団訴訟、官邸通報。

朝日新聞の捏造に対する集団訴訟は、有効な反日勢力への反撃ですが、色々な訴訟をおこすのに日弁連の問題を片付けないといけない→官邸通報

●既存の保守ブログ
コペ転前ですから、情報開示、拡散までがいいところです。

このあたりにフラストレーションを感じている人も多いと思います。

しかし、コペ転後の神の視点で既存ブログを非難するつもりは、ありませんし、そのブログには、そのブログの役割があることに敬意は払います。

●拡散
コメント欄での投稿に出所の明らかな資料をどんどん開示すべきです。その方が拡散がおきやすいと考えます。ブログのスレ、コメントでの資料なしの投稿は、説得力が落ち、結果、拡散力が落ちます。

反日勢力によるブログ削除、資料廃棄とかを心配をする向きもあるようですが、コペ転前の考え方です。

後、個人の経験を書かれる人もいますが、個人の経験を一般化するのが難しい事が多いし、そう考える人が多いので拡散力は落ちます。


●こってりさんに聞いた訳
まあその、拡散の為の小さな一歩で、資料を知っている人に聞いて、コメントに残しておくことがだいじなのかなと。

コメント投稿する人は、無償で文章を書いてる訳で、聞けば教えてくれるでしょう。(教えてくれない人もいるでしょうが、そういう人は何らかの劣情を抱えてる。)

本ブログに対して、反撃まで道筋をつけていないと、批判はしませんが、拡散力が弱いと批判します。弱い理由の一つが資料を明示した書き方をしてないことだと思います。

追伸

こってりさんへ
資料の提示ありがとうございました。

ちりちゃんさんへ
私=名無し=ななしのゴン、であります。

HNを入れて、パスをつける投稿だけが許可されるよう管理人に要請してください、もしくは、自分のブログを起こして、そのようなルールで運用してください。

やっぱり裏が取れません。

こってりです。試しにHNを入れずに投稿しました。

>ん様

>・・・「名無しさん」と「ちりちゃん」が別人のレス。
>と、ここのあたりから、こってりさんのブレが始まった?
>としか思えない。

仰るように混乱したのは確かです。

ん様と名無し様もトリップが無いので、同一人物かと思ったほどですから・・・

>名無し様

>ブログのスレ、コメントでの資料なしの投稿は、説得力が落ち、結果、拡散力が落ちます。

自分は2chでもコテハンを通し、資料をリンクしています。例えば↓のように。

http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/eq/1433764322/845

ところで、開国少将の話は2012年1月27日に凱迪に投稿されたので、原文は簡体字の中国語だった筈ですが、今は原文を見付けることが出来ません。


その日本語訳が2012年11月29日に鳴霞の「週刊中国」に掲載され、ネットに広まりました。

但し、その日本語訳が変で、

>開国少将というベンネームの作者は、外祖父が自分の日で見た南京大虐殺という文章を発表している。

↑の「ベ」や「日」のように、日本人が日本語で入力する場合には間違えようの無い間違いがあったり、1月27日の投稿文が11月29日に紹介されるなど、腑に落ちない点が幾つかあります。

何れにしても、中国語の原文が残っていないのでは、3級資料にもなりません。

トリップ

なる程、トリップが無いのは、意図的に消している訳ですね。

日本とトンスル半島の古代史

(・”・)

https://www.youtube.com/watch?v=YRsM46sS2W0

もう少し本を読んでください。

通州事件をあおったのは、関東軍だということをご存知ですか?たいていの本に載っています。「南京の人口は当時20万人くらいであった」というのは間違いです。20万人という数字は、南京市内の難民保護区で保護を受けていた民間人の数です。災害の時に避難所に避難した人の数と考えてよいです。被害区域に住んでいても、避難所に行かない人も当然いますよね?ですから当時の南京で安全区にいなかった市民の数を合わせると南京の人口は30万以上になります。まだまだ虐殺や暴行の証拠はあります。「南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち」(小野賢二他編、大月書店)でもお読みになって下さい。犠牲者数がたとえ数万人規模だとしても、虐殺には変わりないのではないでしょうか。

南京大虐殺は米軍のでっち上げ事件

>あまなさん ソロと申します。
>>虐殺規模が数万でも虐殺には変わりがない
 そうでしょう、然し一方で、国府軍の残党が、臨時にかき集めた農民兵で逃亡しようとするものを毎日殺し続けた、と言う話の方が、蓋然性が有ると言う点については、ドゥでしょう。 上海攻防戦の最終段階では、7万5千人だった国府軍は、約10倍の75万人に膨れ上がりましたが、戦況不利と見た蒋介石は、ナチスの外交官トラウトマンを通して、和平工作を仕掛けますが、却って、日本陸軍の怒りを買って居ます。 「自分から、3倍の勢力で不意討ちを仕掛けておきながら、戦況不利と見るや、和平交渉を云いだすのは、如何にも卑怯千万」と言う認識は、陸軍に共通したものだった。

 この件に関連した、日本人の広田弘毅は、蒋介石の親友ですが、戦後の裁判で死刑になって居ます。 オソラク米軍に口を塞がれたのだと思います。

 南京事件は、狂騰軍事裁判用の米軍のでっち上げです。 数字の事ばかりに関心が向いて居ますが、短期間に数十万人の死体が出たとして、それを処理した団体も記録もないというのは、在り得ないし、その死者を見た人も居ないのでは、何をか謂わんでしょう。

 私は個人的に、昭和12年12月13日に南京城に入城した、当時14歳の見習い看護婦の方を知って居ます。 衛生係で記録を担当して居たそうですが、入城してから一件の死体処理も行われなかったと証言を聞いて居ます。

 米軍が日本を極悪の帝国として、世界から抹殺したかったのは、本土爆撃や原爆投下で、多くの民間人を不法に殺戮した事を正当化する為に、必要だったからです。 日本軍の軍人や政治家たちは、天皇陛下の処刑ダケは避けようと、自身に課せられた罪過については、何一つ言い訳して居ません。 特に南京事件の首謀者としてノミネートされて、死刑になった松井石根司令官は、陸軍きっての親中派で、蒋介石からは、「日本の父親」と親交があった人です。

 松井氏は、南京制圧後入城し、直ぐ様、軍内に戒厳令を発令し、民間人への襲撃や略奪行為を厳しく戒めました。 虐殺など起こりようが無かった状況でした。 唯、農民兵の姿に化けた国府軍正規兵の残党が、徒党を組んで民間人襲撃を行って居る事を聴いて、取り締まり、3千人を逮捕したが、其のままにはしておけない、ので、銃殺に処した記録は残って居る様です。 

 貴方は、是も虐殺だと言うのではないかと私は思って居ます。

ナポレオン・ソロ様へ

国府軍の方が日本軍よりも残虐なことをしているからといって、日本軍の罪が無くなる訳ではないでしょう。もしそうなるなら、「この世にはもっと凶悪な犯罪をした人がたくさんいるのだから、それよりも軽い犯罪の万引きは許される」と言うのと同じです。
 看護婦の方が入場したのは入城式の17日よりも前の13日ということで、まだ掃討戦が行われている最中の南京錠内に入城した少女がいるということは当然戦闘詳報や電報綴に記載があると思います。私自身も調べてみたいので、その方の所属していた部隊等、教えていただけませんか?赤十字(?)の看護婦が最前線の部隊にくっついて歩くということは、急な追撃を敢行した南京戦では非常にまれなことだと思いますので。
 松井石根は確かに南京城内に突入する部隊に暴行等なきようにせよと命令を下しましたが、問題なのは部隊がその命令を守らなかったことではありませんか?松井石根は城内に入る部隊の数を制限しようとしましたが、各隊そんなことは気にせず一斉になだれ込み、場内は非常に混雑した状態でした。このような状況で一人の個人がみられるのは自分の周りだけのごく限られた状況だけで、全体の状況を見ることは不可能だったのではないですか?「一つの死体もなかった」と言うのは、南から南京に入った部隊に所属していた方がほとんどです。しかし東から揚子江沿いに入った部隊(それこそ山田支隊などです)はどうだったでしょうか?これについては「南京事件」(秦郁彦著、中公新書)に非常に分かりやすく載っているので、ご覧になって下さい。
 3000人を民間人暴行の廉で対比し、銃殺したというのはどの資料に載っているのですか?私はしょせん素人なもので、いちいち図書館に行って資料を借りて来なければならないものですから。しかし、「そのままにしておけないので銃殺」とは、驚くべき蛮行を日本軍はやったのですね。市民の服装をした正規兵(便衣兵)を捕えても、裁判などしかるべき手続きで(この便衣兵の皇位はわが軍への敵対行為であり、捕虜としての権利を有しない」と証明されなければ、刑罰を与えられません。ですから、南京の日本軍が行ったように、便衣兵(と思われる)を捕まえてその場で銃殺、というのは国際法の解釈を間違えていると言われても仕方ありません。

ナポレオン様へ

「民間人暴行の廉で対比」は「逮捕」の間違いでした。

不毛な議論は止めましょう

>あまなさん まさか反論が帰って来るとは思って居ませんでした。ww 75年近く前の事を昨日の事の様に、丸で見てきた様に日本軍だけを批判する、貴方の正体が知れようと言うものです。

 貴方は戦争を批判しているのではなく、戦前日本を批判していると言うのは明らかですが、上海事件は、国府軍が盧溝橋事件から、計画的に日本軍殲滅を謀って起こした陰謀です。 日本軍をその気にさせる為に、通州事件も起こして、日本の世論を激高させたではありませんか。

 おまけに、当時の日本軍は、3倍の敵の兵力で不意打ちされて、当然全滅を覚悟した、上海攻防戦を勝ち抜きましたが、当然被害も大きく、帝国陸軍史上最大の戦死者を出しています。 日本の本格的な援軍が到着するまで、3か月近くを耐え忍んだ事になります。

 貴方が日本人でないのなら、是以上の議論は不毛です。 南京城に入城してから、一部の兵士による規則やぶりはあったが、概ね、市内は平静であったと言う報告が、民間人の報道関係者によってなされているのは、ドゥします? 日本人だから信用できない? 其れなら、シナ人でも韓国人でも、況や米国人やドイツ人など全く信用に値しませんね。 そして、一番言いたい事は、この事件が公に批判され始めたのが、1980年代の末期だった事です。 告発したアイリス・チャンは、後に、謎の自殺を遂げて居ます。
 
「そのままにしておけないので銃殺」は、捕まえた相手は、南京市民を襲って居たのですよ、然も武装しているのでは、其のままにしては置けませんよね、彼らを放って置けば、南京市民に多数の死者が出た事は、ソレまでの国府軍の行いから言って、ほぼ間違いない事だったからです。 貴方が何を信じようが勝手ですが、シナ人の敵はシナ人だと言うのは、この先も変わらぬ真実であり続ける事でしょう。

ナポレオン様へ

あなたはどうせ、ろくに本を読まないでこの記事書いているんでしょう。先ほどのあなたの返信に、私の指摘した点について、全く触れていませんね。ネットの記事だけを見て自分に都合のいい情報を大げさに取り上げ、都合の悪い情報は全て「捏造だ」と言うか、無視する。しかも「南京事件は本当にあった」と言うやつは全員中韓とか左翼とか言って罵る。典型的なネトウヨですね。私は頭は良くないですが、きちんと資料を調べてからものをいうようにしています。あなたのように自分に都合の良い記事だけ取り上げている生き物とは違います。悔しかったら、私が指摘したことに資料を使ってきちんと反論してみてはいかがですか?

南京虐殺の関連資料です。


【南京大虐殺の写真展「戦争という名の狂気 知られざる事実 南京事件」で展示された写真がインチキ】
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6401.html

【貴重写真】『南京大虐殺』は捏造だった!…南京の本当の写真
http://hosyusokuhou.jp/archives/34972823.html

便衣兵は交戦者と認められていません

あまなさん
横からですみません。
ハーグ陸戦条約を改めて読み直している田舎の婆ですが、気になる点がありますので、質問させてください。

>市民の服装をした正規兵(便衣兵)を捕えても、裁判などしかるべき手続きで(この便衣兵の皇位はわが軍への敵対行為であり、捕虜としての権利を有しない」と証明されなければ、刑罰を与えられません。ですから、南京の日本軍が行ったように、便衣兵(と思われる)を捕まえてその場で銃殺、というのは国際法の解釈を間違えていると言われても仕方ありません。

あのー、自ら軍服を脱いでしまったら正規の交戦者とは認められず、便衣兵(ゲリラ)として処刑されても文句は言えないのです。
便衣兵は捕虜になる権利もなければ、裁判を受ける権利もありません。
そして一般市民に化け安全区に潜入した敗残兵狩りをするのは、南京市の治安回復のために必要な事でした。
まして蒋介石や唐生智が逃亡した後で休戦合意などしていませんから、未だ戦闘継続中と判断するのが妥当です。
指に銃だこがある一般市民のふりをした便衣兵を選別し処刑するのは、正当な戦闘行為です。
なぜ兵士が軍服を着用するのか、その意味をお考えになってください。

> もう少し本を読んでください。

「南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち」
小野賢二・藤原彰・本多勝一 編

捏造本を読むほど暇で無い。     (・”・)

あまなさん
慰安婦問題と同じように、問題の発端は朝日新聞ですよ、これでこの信憑性は疑って当然と思います。
僕がこの南京大虐殺で一番疑問に思うのは、死体の処理はどうしたのかと言う事です。
30万人の死体ですよ、ナチのように焼却したはずないですよね、多分埋めたと考えるのが妥当ですが、じゃーその場所はどこにあるのでしょう?
南京の広さは世田谷の8割くらいの広さです、その場所に関して何の情報もありません、正にないことの証明(悪魔の証明)は難しいですね。
普通これだけの死体処理なら、何らのうわさが残っているはずです、ましてロイター等の外国の通信社も南京に入ったと言われています、普通これだけの事件なら発信しますよね。
書いていて、もう真面目に答える気もしなくなりました、勝手に支那の口車に乗っていなさいです。

歴史問題に対する私の立場

 慰安婦は売春婦だったと思っているし、
 いわゆる南京問題は、あったとしても
 何とか山(幕府山?)の捕虜解放時の
 偶発事故と考えられるから、いわゆる
 虐殺ではなく、双方の悲劇(日本軍にも死者が
 出ているという説もあるようだ)と思っている。
  大体1万3千だか1万4千だかの捕虜に飯を食わ せる余裕がないから機銃で○すだの、ちと話に無理 がある。それより、対岸に解放して追い払おうという案がでてもおかしくない。虐殺論者は捕虜を後ろ手
 に縛り無抵抗にして水平銃殺したというが、1万3千人を数珠繋がりに縛ったのに昼までかかったという言は時間的に信じがたい。捕虜を数珠繋がりにしたら
例え4列縦隊にしたとしても、その長さどれくらいなるのだろう。とまぁ具体的にイメージするとにわかには信じることが難しいことばかり。

 2、要は戦争が起こした各悲劇の一つ。だからといって戦争を否定するつもりはない。外交の最終手段と捉えることができるからである。今度やるときは。絶対勝つことを念頭にいれなければならない。適当に戦況が有利なところで和睦などとは考えぬことが肝要。

 3、仮にすべて虐殺論者のいうことが正しいとして、「so what? (だから、なに?)」である。

  木枯し紋次郎ではありませんが「あっしには関わりのないことで」でございます。私がやったことではない!いつまでも恨み言いうならどうぞ言ってろ、罪の意識など全くありませんので。ハイ。

 もうひとつ、かの松井さよりさん、亡くなられましたけど、さんざん日本軍の悪さをあげつらい、田原総一郎氏から、松井さよりさんの御父上も日本軍のえらいさんだったとかを指摘されると、「お父様はキリスト教を信じていましたから、悪い事はいたしません!」とのたまわったそうで・・・・。
 ←これ、これ、これ 何かおかしいとおもいませんか? 思わない?! あ そう(笑い)

南京事件は米軍のでっち上げ

>あまなさん ソロです。 PCの調子が悪くて書く度に消えて、是が3度目です。

 先ず、貴方の質問を無視したわけでは無いのですが、証言者の元看護婦さんの話から、その話を聞かされたのは、今から20年前位、彼女は御年72~3歳でしたので、貴方が指摘した入城の日とかが、少しあやふやでしたが、現在は山口の老人ホームに居る事を最後に、モゥ付き合いはないし、御年92歳ですから、お亡くなりになって居る可能性が高いです。

 祖も契機は、ご主人が酒屋で立飲みをやって居て、客と主人の間で良く戦争の話になって居ましたが、彼は関東軍の近衛師団に居た人で、終戦時に武装解除の上、シベリアに送られた人でした。 抑留者の会等やって居る様で、当時の風景を絵にしたモノも見せてもらって居ました。 バイカル湖の近くで最長の10年を過ごしたとか、復員してきて、長いシベリア暮らしで、免疫力が落ちて居たのか、肺結核に罹り、入院した病院の看護婦が奥さんだったと言う話です。   

ご夫婦には、子供がいなくて、丁度息子くらいの私とは話が合いましたね。

或る時、本で読んで知った通州事件に始まる日華事変、南京事件、黄河決壊事件迄を話題に話していると、突如店の奥から、「私もその話に入っても良い?」と声が上がりました。 奥さんが、「私14歳の時、その南京城に居たの」で始まる話でしたが、途中、死体を見て居なかったか、とか、相手の国府軍の兵士の反撃はなかったのかとか、親父さんも、初めて聞いた話が多かったらしく、真剣に聞き入って居ました。 でも結論は前述の通りで、「私は、防疫部の衛生記録を付ける係を任されていたけれど、一遍も死体処理の話は出てこなかった」との話でした。 他人の話を疑うのは自由ですが、それを云っちゃあ、本田勝一のような反日ジャーナリストに誑かされているダケになりますよ。

親父さんとの間では、30万人の死体の行方も論争の焦点でした。 現地には、準戦争中だと言う事もあって、死体処理を専らにする団体があったそうですが、30万人の死体処理をしようとすれば半年はかかるとの事、それに、30万人もの死体処理をしたのに、目撃者がまるで居ません。 加えて、上海で大きな事件があったので、世界中のマスコミが特派員を送り込んで、報道合戦をやった、欧米は当然、日本も戦後ジャーナリストとして有名になった大宅壮一を初めとする名だたる人々が南京や上海に居たのに、何の報告も上がって居ません。

それに、戦争が終わった時点での蒋介石の報告では、民間人の死者は、1万数千人であった。 それも、日本軍が行ったと言う報告では無かった。 然し、軍事裁判が始まると話が変わって、日本軍が無差別に殺戮を行った事になって居るし、死者数も10万人近くに増えている。 問題は日本軍の仕業かどうかだったが、蒋介石は是に否定も肯定もしない立場をとったが、結局、事件の責任者としてノミネートされた広田と松井は、一切反論しなかった為に、死罪を受け容れる事になった。

 米軍や共産党が主張する資料では、南京大虐殺は、有ったとはとても言えない事件で、終戦時、陛下の死刑判決を盾に、米軍がでっち上げた話を、80年代にキッシンジャーから唆された共産党の幹部が【江沢民が】言いだした事だと私は思って居ます。

 で、こう言う事実が確定して居ない事柄一つを主張するのに、資料や証拠が必要でしょうか? そしてそれは何の為にされなければならないのでしょう。 貴方を納得させる為じゃないですか? 出来ない事ではありませんが、何故、見ず知らずのアナタに真実を語るそんなしんどい事をしなくてはならないのでしょう。 常識で考えたらわかる話だと私は思いますが、貴方がご自身で突き止めて下さい。  

 貴方が、本田勝一の本に誑かされたのなら、朝鮮人を疑われても仕方がありません、本田勝一は、崔何某と言う在日朝鮮人である事が分って居ますからね。どの途、79年も前の話で、当時の正確な記録を語れる人は、既にこの世にはいません。 ダカラこそ、でっち上げの話が罷り通って居るとしか考えようが無い。 日本を最初から否定して貶めたいと言うのなら、仕方が無い話でしょうがね

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。