スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚化粧で醜さを隠す中国      8月5日(水)


♪「ボロは着てても、心の錦どんな花よりきれいだぜ~」♪ という
水前寺清子さんの歌がありますが、中国、韓国人は、錦は着てても心は
ボロそのものです。

この言葉は老子小話の中の「被褐懐玉」(ひかつ・かいぎょく)から来ていま
す。つまり聖人は粗末な衣服を着ていても、懐には美しい玉を持っている。
という意味らしいが、日本人はもっと一般的に、見かけ重視や虚勢、
見栄っ張りを戒めた言葉として広く知られています。

最近の習近平の面子にこだわる厚化粧ぶりはまさにタイトロープの不安定
性が感じられます。習近平に老子の被褐懐玉の言葉を知っていますか?
と問いたいが、習近平が知っているとは思えない。

習近平が無教養だから知らないのではなくほとんどの中国人にとって漢文
は理解不能なのです。中国人にとって漢文とは外国語同然なのです。日本
人の多くは漢文は中国語の古語だと思っていましたが、まったくの誤解です。
今の中国語と漢文はまったく関係がありません。

日本人は遣隋使・遣唐使たちが無数の漢籍を大陸から持ち帰り、それを
読み込んで日本人の道徳的な人格を作ってきました。だから誰でも論語や
漢詩の名句は知っているし、日常用語の中に、漢籍起源のものも少なく
ありません。

ところが中国は我々日本人に多大の影響を与えた孔子、老子、孟子、筍子
といった2千数百年前に生きた中国の思想家たちである中国住民はそっくり
騎馬民族の子孫に入れ替わっています。中国住民は三国時代の混乱と
騎馬民族の侵略で、いわゆる漢民族は紀元二世紀で地球上から姿を消し
ています。

我々日本人は、中国に住んでいる人たちを何気なく全て中国人と思って
いますが、実は二十世紀になるまで、中国大陸には中国という国家もな
かったし、中国人という概念も、意識もありませんでした。

中国には古代から共通中国語というのは一度も存在していなかった。
中国大陸内で使われている多くの言語は、多種多様な民族が暮らしている
からです。中国で使われている北京語、上海語、福建語、広東語などは、
ほとんど共通点がない、日本の方言とは全く違います。現代使われている
共通中国語は、日本語から作られた。(岡田英弘教授)

中国人たちは近代になるまで自分たちが話している言葉を書き表す手段が
ありませんでした。つまり中国人は二十世紀になるまで、自前の「文字」が
なかったのです。

日本へ観光にやってくる爆買いの中国人を見てそのマナーの酷さにビックリ
しますが、それも当然で、日本には庶民階層の人々が書き残した文学や日記
が無数に残っているが、そのようなものは「文字」のなかった中国には皆無
なのです。漢文は中国人のものではなく支配者たちの専用のコミュニケーシ
ョンの手段でしかありませんでした。

つまり庶民には教養を身につける書物がまるでなかった。もしあったとして
も誰も読めなかった。マナーの一番大切な事は周囲や他人に迷惑を掛け
ないことが基本ですが、レストランでの中国人同士の会話を見たことがあり
ますが、まさに口角泡を飛ばすとはこのことだと知りました。

また中国人観光客の「子供が飛行場のロビーで放尿」「洗面台で子どもが
放尿」「路上でツバ」「トイレットペーパーを便器に流さずにゴミ箱に捨てて
いかれたり、排泄物を流さずそのままにされる人が多い」当然異臭がすごい、
「中国人の団体をガイド中に、美術館の中で唾を吐くお客様がいました。
注意すると、中国語で『どこで何をしようが俺の勝手だろう!』と言い返され
ました。自分勝手な振る舞いに、ほとほと手を焼いてます」
(32歳・女性・旅行代理業)

話がどんどんアサッテに飛んでいきますが、今日は習近平の野望と中国の
実像を書くつもりでした。

去年11月12日、中国・北京においてAPEC首脳会議が開催され安倍首相と
の初の首脳会談に臨んだ習近平は笑顔の安倍首相に挨拶の言葉を掛けら
れても怒った表情で横を向き、反応すらしなかった。日本の報道は習近平の
異様な態度を「安倍たたき」の一貫だとか、国内に対して自信満々の大国
指導者を演じたなどと書いていましたが、単に彼の無教養な一面を見せた
にすぎません。つまり洗面台で放尿した子どもや美術館で唾を吐いた観光
客と同じレベルなのです。学問的な教養が有っても人間学としての教養は
なにも持っていなかったということです。

最近の習近平は強大な軍事力を背景にした侵略と、平行して最近はアジア
インフラ投資銀行(AIIB)を軸に、周辺国から欧州の先進国まで従える新たな
経済圏で対抗する姿勢を見せていますが。しかし参加国は計画の壮大さに
目がくらみ、実行可能なのかどうかを問うリアリズムに欠けています。

それにしても中国実体経済があまりにも悪すぎます。元々中国が発表する
経済指標はウソのオンパレードであることが各国の政治家にもやっと分かっ
てきたようですが、それにしてもアメリカを筆頭に欧州各国の対中外交は、
中国という国の本質を何も意識しないまま続けられてきました。

アメリカは中国の夢からやっと覚めたようですが、欧州はロシアには脅威を
感じるが中国には感じていません。特に人民元を利用したいイギリスは
真っ先にAIIBに参加しました。

情報通の007のイギリスが中国の実体をあまり知らないようです。中国の
看板は外貨準備高が4兆ドルですが、実際はほとんど残っていないと言われ
ています。アメリカの報道によれば汚職幹部によって3兆8000億ドルが海外
に持ちだされたと言われています。

だからアメリカは「米国債を売るぞ」という中国からの脅しにはなにも
感じなくなっています。また別の報道によれば中国政府は海外から猛烈に
外貨を借りまくっているらしい。

それ以外にもアジア開発銀行(ADB)から毎年借りています。アジア開発銀
行から資金供与を受けているにも関わらず、AIIBを創設してアジアの盟主
なろうとは厚かましいにも程があります。

また中国政府はIMFにたいして「特別引き出し権(SDR)の構成通貨に人民元
を採用するように強く求めています。人民元をドルと並ぶ基軸通貨にしようとし
ています。現在「国際通貨」を構成しているのはドル、ユーロ、円、ポンドです。

イギリスは人民元関連金融ビジネスで儲ける算段で「ロンドンを人民元取引
の世界センターにする」と公言しています。

IMFでは今年、5年毎のSDR構成通貨の見直しが行われます。IMFに強い
影響力を持つ英・仏・独が賛成に回る公算が高いと言われています。欧州
各国は中国がSDR入りがふさわしい国だと本当に思っているのだろうか?

先進国のように、資本取引や為替相場の自由化などまったく進んでいませ
ん。最近上海株式の崩壊に対して、先進国では考えられない非常識な政策
で対応しました。中国は大手証券会社21社上場投資信託を2・4兆円を購入
させ、総合指数が4500に戻るまで保有株の売却を禁止しました。

その上、空売り禁止、新規株式公開の凍結、大量保有株主による株式売買
の半年間停止などで株価下落を阻止しています。需要と供給で成り立つ市
場経済の原則は中国では通用しません。英・仏・独はこうした禁じ手を許すの
ですか?

欧州は焦っているように見えます。アメリカや日本に対抗するために作った
EUが崩壊の危機を迎えています。現在の欧州は行き過ぎた社会福祉
政策の結果、公共支出が肥大化し、労働市場の硬直化も激しく、起業家精
神が著しく衰微しています。これらはいずれも多かれ少なかれ、欧州諸国が
第二次大戦後経験した社会民主主義の遺産だと思います。

ほとんどの国で、社会民主主義系の政党が1回は政権の座について社会福
祉のバラマキをやった。現状維持の満足感と福祉のバラまきで、ますます勤
労意欲が無くなってしまいました。なにもギリシャだけの問題ではありません。

欧州人は過去の栄光の上にあぐらをかき、未来に向けての冒険心と好奇心
を消失してしまった。結果、欧州は経済的、技術的にアメリカ、日本に大きく
遅れをとってしまった。

その焦りからか、見せかけのインチキ帝国中国の実体を知らないまま、
自国経済が豊かになればいいというエゴイズムで、野蛮な中国を自由な
民主国家の仲間に入れようとしています。


(今日はいつもより長くなってしまいました。
中国の事を書いているつもりが、知らず知らずにヨーロッパに話が移って
しまい、相変わらず支離滅裂のブログになってしまいました。)


3冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります


コメント

今後の日本

先生のご説ごもっともです。
しかし、そのひどい中国やEUと完全な断交というわけにもゆかず今後も付き合ってゆかなければなりません。日本は、彼らからの被害を最小にして日本を繁栄させるにはどうすればよいのでしょうか?

地方に住んでいますが、電車やホテルのロビーで中国人のマナーの悪さを多々目撃します。

なるほど、書物がなかったので教養を身に付ける機会がなかったと(笑)

最初は、迷惑にしか思えなかったけど、背景を知るとそんな状態だったんですね。先進国レベルで見ちゃいけないと思いました。

プログ主様、アップありがとうございます

仰るとおり、欧州は斜陽ですね。

金融しか能が無いのでしょうか?

英仏など元より眼中にありませんが、ドイツの製造業も「ブランド頼み&ユーロ頼み」で海外に売ってるだけではと感じるのは私だけでしょうか?
ドイツの科学は世界一ぃぃぃ!なんてのはせいぜい第二次世界大戦くらいまででは?

今は違いますよ。

勝手に支那に傾斜すればいいですが、支那のエリートは既に支那を見捨てています。
佐々木小次郎が巌流島決闘で勝負の前に鞘を投げ捨てたが如く、勝って生還するつもりなら鞘を捨てる必要は無い。

支那のエリート層は世界にもアメリカにも日本にも勝てないと悟り、今から逃げ支度をしているのでしょう。

小人は度し難し。
まったく情けない奴らです。

よくあんなモノに賭ける気になれますね?
何も特別じゃないし、じきにただの発展途上国の一つに転落しますが?(しかも内乱含みの)

支那と欧州とついでに韓国は共倒れですね。さよなら。

別な見方をすれば

支那は自分の『力』『金』『地位』のみを追求する究極の利己主義の社会です。 
そして、止めが毛沢東の権力闘争である文化大革命によって、『反動的封建思想』のレッテルの下孔子の思想を徹底的に弾圧し粗大ゴミのように捨て去りました。

支那語には、『やさしい』にしっくり当て嵌まる言葉がないそうです。「もっとも良い人間」を褒め称えるのに用いる最上級の言葉を10以上も集めて、ようやく日本語の「やさしい」という言葉のアウトラインをぼんやりと伝える程度です。
斯様に支那人には、「やさしい」人など天然記念物なみで、野獣が共食いする修羅の社会なのです。

可決されたらデモが出来ない

特アの手先のヨシフ有田がヘイトスピーチ規制法(日本人への言論弾圧)を全速力で推進中

保守は全力で止めましょう!

《保存版》 【ドイツおよび日本国の各政党の政治空間における立ち位置】

《保存版》 【ドイツおよび日本国の各政党の政治空間における立ち位置】

ナチスすなわち国家社会主義ドイツ労働者党(Nazi, Nazis)=極左政党

%%%%%

ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」=「中道右派政党/保守政党」

ドイツの自由民主党(LDP)=リベラル政党=直近の国政選挙において得票5%条項を突破できず国政における議席を失いました。

日本国の自由民主党(LDP)=中道右派政党

日本国の次世代の党(PfFG)=保守政党

-----
平塚パラヤン女

今日8月6日は広島に原爆が投下された日だ!
長崎に原爆が投下されたのが8月9日。

実はこの二つの原爆は異質の物だ。

広島投下は 通称「リトルボーイ」の「ウラン235型」原爆、長崎投下は 通称「Fat Man」は、「プルトニウム型」原爆である。

これは両者の原爆投下は「原爆実験」という説の理由の一つでもあり、「実験」という理由は他にも数多く語られている。


問題は「何故、日本が原爆実験の場に」されたか?。。。ということだ!


米国の公式史観の基となるトルーマン大統領に提出された公式報告書には、『 原爆を投下しなくても、日本は確実に降伏したであろう』旨書かれている。
つまり、その時点で「日本に反撃能力がなく、日本から報復される心配がまったくなかった」訳で、 反撃される心配がないから、日本人は実験材料としての「モルモット」にされたとする主張もある。

モルモットは、人間の「都合」で実験材料に使われてきた。 同様に、日本は米国の「都合」で実験材料にされた。 反撃の心配がなかったからだ。

「日本に報復能力がなかったから」だ!

我々は史実のそこから大切なことを学ぶ必要がある。


それは、正義には常に「報復能力」が必要だ、「報復能力」がなければ、人の命も道徳も正義も、全て踏みにじられてしまう。。。ということだ!


今の安保法制の議論にも通用する事なのだ!

私も旅行業に携わっているので、中国人観光客のマナーの悪さにはほとほと手を焼いています。
ただ、最近見ていて思うのは、そうした中国人に対し、本気で注意する日本人があまりにも少ないということ。添乗員だけでは手が回りません。
影では色々言いますが、結局のところ本気で相手にぶつかる胆力が無い。そんな気がします。
嫌悪するだけでは何も変わらない。自分たちの場所を汚されたり、自分たちが大事にしているものに対して不敬な態度を取られたりしたら、相手がそれを改めるまで、怒り狂って良いと思います。

ゆらぐ支那韓の足元

•韓国の若年層のニート比率15.6%(2013年基準)
•支那の政府債務残高1130兆円(2013年末)

国民に仕事が無く、政府は無茶な景気対策をして借金まみれということか。

ははは、愉快愉快。

確実に自滅の道だな。

安倍首相の戦後70年談話には「謝罪」は入れない。
IMFは人民元のSDR入り決定を先送り。

足元を見られている。
舐められている。

しかし打つ手がない。

その焦燥感。
愉快だ。
飯が美味い。

広島原爆投下の真実

>怒りの民さん、ソロと申します。以下激しく同意します。
>>正義には常に「報復能力」が必要だ、「報復能力」がなければ、人の命も道徳も正義も、全て踏みにじられてしまう
 法律に強制力が伴っていなければ、何の効力も無いのと同じで、寧ろ、愉快犯の関心を刺激して、違法行為を誘発してしまう展開になりかねない。 同じことが憲法九条にもいえましょう、現在の平穏・平安は、端に強制力を代行してくれる国がいるからだけの話なのは、皆分っている事です。

 思えば、マリアナ陥落、否、レイテ沖海戦で完敗した時点で米国民が、真意平和を望む国民なら、「幸福勧告」を行うべきだった。 何故なら、この戦いで、日本海軍は、当時の主力だった空母艦隊を全滅させられたからです。 日本は制海権、制空権まで失い、最早、手も足も出ない状況に置かれたのですから、その先は、虐殺戦でしかない。 それほどこの海鮮が持つ重要性は大きかった。 その意味は、実際に戦っている兵士こそが一番よくわかっていた。

 「マリアナが陥落すれば、マリアナ諸島が不沈空母と化す」それは、地図を見る能力があれば誰しもわかる、本土の空爆が可能になる事を意味していた、ダカラ、特別攻撃隊の編成案が程なく上梓され、そして、多くの支持を得たのです。 実際に、特攻戦法で、戦艦・空母を含む400隻以上の撃沈・大破の戦果が上がっていて、米海軍兵士の戦死者は急増、攻撃を受ける艦船の乗組員の中には精神病に罹る兵士が続出した。

  こうした現実を踏まえ、米軍の中からも、戦争の停止、もしくは降伏勧告をするべきと言う意見も上がった。 

  然し、開戦以前に策定、実施された「マンハッタン計画=原子爆弾開発計画」の最終章である、「人体実験」の完遂と、陛下からの中止命令が出て、未だ完成していなかったが、完成寸前だった日本の原爆への脅威から、降伏勧告が行われる事はなかった。(当時の世界では原爆開発が、ドイツ、米国、日本の3者が行っていた事は、周知の事だった)

  処で今日は、8月6日で広島の原爆忌ですが、広島の爆撃が恰も「エノラ・ゲイ」一機でなされたような記述が多く見かけられますが、実は、パスファインダー(案内役x3機、爆撃後の写真撮影機x2機以上、そして爆弾搭載機の合計6機+αだったようです。 如何に舐められていたかが分りますし、日本の防空体制がすでに破たんしていた何よりの証拠です。 そして。原爆投下作戦が如何なる糸を持っていたかもよくわかるでしょう。

  日本の制空権が非常に限定的だった証拠に、彼らの編隊は、四国沖に到達した時点で、松弾を飛び立った迎撃機(紫電改)に発見されます。然し、高高度なのと、数機しか上がっていなかった事で、攻撃をあきらめています、 原爆を積んでいる事を知っていたら、必ず体当たりを懸けたでしょうに。

  抵抗する術を失った相手に、降伏勧告することなしに、法律に違反した残虐な行為を執拗に続ける、この行為は戦争に勝っていたら、何をしても許されるなど、まさに犯罪です。 

  戦前米軍の行いのどこに正義があろうか? 然し、是がソ連だったり、蒋介石の国府軍だったりしたら、と考えれば、実は日本国民にとって、最良の相手だったのかもしれません。

  米軍兵士も、3年8か月に及んだ戦争に、既に嫌気がさしていました。 相手は、勝ち目がないと分かっていても、大方が降伏せず、中には集団自決までするのですから、「一部のレイシスト以外のクリスチャンは、全く理解不能だったでしょう。

  彼らに、崇め惧れる神がいる限り、相手がだれであろうと、大義なき殺戮は、自身の中の蟠りとなっていたのは、間違いないと思います。 

然し、貴方が指摘されたように、人間は「報復力がない相手」に対するに持つ感性が2通りにはっきり分かれます。 理由をつければ際限なく残虐になれるものと、平常心を保てる者です。 残念ながら、潜在的には前者が圧倒的に多いのは、どの民族でも同じことです。 ダカラ、強制力に宛てがなくとも、国際法で「してはいけない事」として掲げているのだと思うのです。

背筋も凍る避暑地で暑すぎる会議@北戴河

産経ニュース2015.7.18 17:42更新によると、

中国、「権力闘争の天王山」北戴河会議 長老の不満爆発か

 【北京=矢板明夫】中国共産党内の現、元最高幹部らが一堂に集まり、重要人事や政策について話し合う非公式会合、北戴河会議10+ 件が7月末から8月初めにかけて、河北省の秦皇島市で開かれることが分かった。共産党関係者が明らかにした。習近平国家主席を中心とする現指導部が強引に推進する反腐敗キャンペーンに江沢民元主席や、胡錦濤前主席ら党長老が大きな不満をもっているとされ、厳しい批判が出る可能性もある。

 北戴河会議は共産党内の実力者が毎年夏、避暑と休養を兼ねて北京郊外の北戴河に集まって開く会議。引退した元指導者にも発言権と議決権が与えられるのが特徴で、「権力闘争の天王山」といわれる。

 共産党関係者によると、7月上旬から北戴河周辺で厳しい警備が始まり、中旬になってから長老らが次々と現地入りした。今年の最大の焦点は習指導部の最近の政権運営への評価と、秋に開催される中央委員会第5回総会(5中総会)で話し合われる政策や人事案といわれる。

という事だったのですが、もしかしたら打倒習近平で集まった因業爺会議だった可能性も捨てがたいです。
しかし、習亡き後どうするかなんて一切考えていない模様です。
どーでもいいのよ、自分と自分の家族と、裏切らない子分が大事なんだからというところかしら。
国外に家族と資産は移してあるし、あとは野となれシナとなれですわね。
シナの株価暴落は江沢民派の売り逃げだとまことしやかな噂が流されていますが、案外その噂の大元は習近平の周辺かもしれません。
というか、習周辺も売ったんでしょう。
株式は投資であって、投機じゃありません。
資本主義を理解しろって言ったって、アノ程度の人々が理解できるとは思えないし。
お金は体内を巡る血液のようなもので、国外に自己保存血を大量に移す行為は、亡国に積極的に手を貸しているとしか思えない。
故国喪失者あるいは無国籍者が、他国でどんな扱いを受けるか少しは考えるがいい。
ほとんど人間扱いされないよ。
国の難儀に国を見捨てた人間やその子孫だもの。
あー、最低な人間。
どこぞの辛い漬物を好む民族も、そう思われているのよねw
私みたいな田舎の婆でも、国を守ることの重大な意義は理解していますよ。
国がしっかりしていてこその国民です。

ところで江沢民お膝元の上海Aがワヤクチャになれば、江派の共産党員なんて個人投資家集団の殲滅対象でしょうね。
今のところ投資に失敗した御仁が飛び降り自殺をしているけれど、借金漬けで自暴自棄になったバナナ売りや靴磨きの庶民が「殺される前に殺してやる」と暴動を起こせば、はい、天安門事件再び@上海の一丁上がりです。
田舎の婆としては、世界が平和であれば良い、戦闘行為は自分と関係ない地域でやっていれば良いと正直思ってました。
だけど、地球規模で学級崩壊していて、日本もシーレーンを守らなければ座して死ぬ状態にあって、そんな「米国まかせの平和」に頼れないと思った次第です。
米国が世界の警察官をやめるというのなら、日本はせいぜい交番勤務とかミニスカパトロールくらいはやりましょうよ。

有事に備えて、水とアルファ米と魚の缶詰と梅干の備蓄をお勧めします。

初めまして、ソロ様

そして詳しく解説を交えてフォローして下さり有り難う御座います。

そして、きっと話がそんなに違わないと思いますが。。。



自分は、「いじめ」にも二通りあると思っている訳で。。。


一つは、「韓国風いじめ」。。。韓国=弱者ということ。

強い奴に媚び売って、そいつを味方にその威を傘に嫌がらせを繰り返すやり方で、うんざりするほど擦り寄って来て繰り返す、女々しいやり方。

もう一つは、「米国風いじめ」。。。どちらか言うと強者か?

自分でやらないで、他人を使っていじめるやり方。特に強い相手に対したいじめで、相手の強さにも敬意を払った男タイプのやり方。

だから中国、韓国による反日行動も実はメイド•イン•USA と思ってる訳です。それは見て見ぬふりしてるから(笑)。

それはきっと帝国日本軍がどこよりも強かったから。。。徹底的に骨抜きにしないと恐ろしい相手を生き延ばせることになるから。

何しろ、戦時中、 日本がジェット戦闘機の燃料を、なんと松ヤニから精製したガソリンを使うことが予定されていたのだそうです。 正に日本おそるべしだったのです。

だから、日本への核攻撃の批判をかわす目的があったと思うが、一方で再び日本が軍事大国になることへの恐怖があった事は隠せないと思う訳です。

しかし、ソロ様仰る通り、相手が寧ろ米国で良かった。

米国は日本の強さに敬意も抱いていたからです。
だから、戦後の東西冷戦も共に戦えたのだと思っています。


但し、国を動かすのも「人」であり「世論」です。

実は、これが一番デリケートで厄介でもありますが。。。


「売るから下がる。だったら売らせなければいい」ってのが、中共幹部の考え方ですからね。

>ところが中国は我々日本人に多大の影響を与えた孔子、老子、孟子、筍子といった2千数百年前に生きた中国の思想家たちである中国住民はそっくり騎馬民族の子孫に入れ替わっています。中国住民は三国時代の混乱と騎馬民族の侵略で、いわゆる漢民族は紀元二世紀で地球上から姿を消しています。

騎馬民族って大体アルタイ語族なのに、なぜ今の中国人(漢人)はアルタイ語族じゃないんですかね?

道教の神々

「ギリシャに明日はない」という記事に↓とコメントしましたが、管理人様もこの歌詞をお好きのようで、嬉しい限りです。

>私は「ぼろは着てても こころの錦」と言う歌詞が好きで、自分もそのように生きたいと願っています。

老子と言えば、道教の始祖として中国人の尊崇を受けているが、現代の道教は老子の思想を実践するよりも、道観に祀られている神々に様々な願い事をして、ポエ占いをしたり、おみくじを引いたり、お札を受けるという風に、中国の道観は日本の神社仏閣と変わらない参拝風景のようです。

そして、道観には様々な神々が祀られているが、元始天尊とか太陽星君とか、漢字で表記されている神名から、何の神様なのか、ある程度の推測が可能です。

そのような判り易い道教の神々に比べれば、日本の神々には阿夜訶志古泥神とか辺津甲斐弁羅神とか菊理媛神とか、漢字を見ても読み下しても意味が確定せず、諸説紛々の御名の神々が多くおられます。

この違いは、現代日本語とは遙かに隔たった古代語の時代から日本の神々の名が受け継がれ、その為に多くの神名が意味不明になってしまったのに対し、中国では中期漢語から近代漢語の時代に、道士によって様々な神が「考案」されたので、現代漢語で意味の判る神名が多いのだと考えられます。

インドのヒンドゥー教でも、アスラのようにバラモン教から神格が一変した神も存在するが、シヴァ、インドラ、ヤマなどのように、バラモン教からヒンドゥー教へ受け継がれた神々もいて、日本の神々程の連続性は無いにしても、道教に比べれば連続性を有していると言えます。

韓国は文化の断絶を「国技」にしているが、中国も負けず劣らず文化の断絶を特技にしていて、そのような国が、地球上で最も文化の継承を尊び実践している日本国の隣国であるというのも、摩訶不思議と言うべきか、天の配剤と言うべきなのか、実に奇妙なことです。

[日本国民からインド首相ナレンダ・モディ氏への御礼メッセージ(ドイツ語版)]

[日本国民からインド首相ナレンダ・モディ氏への御礼メッセージ(ドイツ語版)]

Den 07. August 2015

Herrn Narenda MODI, Ministerpraesidenten Indien

Ganz viel bedanken wir Japaner und Japanerinnen uns bei Ihnen fuer die herzliche Botschaft am 06. August 2015!

やましろやさん

漢民族は消滅してないからです。
満州族はどこへ行きましたか?内モンゴルのモンゴル人はどういう状況ですか?

原爆は、ドイツ降伏の10月前に完成していた

原爆は、なんぞ知らん、ドイツ降伏の10ヶ月前に完成していたのである。
しかし、使用されたのは、日本人の住む広島、及び長崎である。

アメリカは、日本本土決戦におけるアメリカ兵の損傷のために使用したと言っているが、それは嘘である。

アメリカ兵の損傷を避けるためなら、当時、まだ強力であった対独戦に使用するのが当然である。

ドイツ敗戦の10ヶ月前に完成し、それから時間を掛けて日本まで運送し、使用したのは、アメリカ人が有色人種を人間と思って居なかった証拠である。

フランクリン・ルーズベルトは、有色人種の中で1人力を付けてきた日本を憎み、これを粉砕し、白人優位の社会の継続を図ったのである。

日本人にとって、幸運であったのは、このフランクリン・ルーズベルトが終戦直前死んだことである。彼は、日本に10個ほどの原爆を落とす予定であった。

フランクリン・ルーズベルトは、同じコミンテルのスターリンとで世界を分割することを策していた。

21世紀構想懇談会報告書の出来の素晴らしさよ

一読の価値アリ。

卑下せず、かといってウリナラマンセーでもなく、客観的でありながら分かりやすい。
先の大戦に至る過程や原因もよくわかるはず。

小中高の副教材にも耐えうる出来映え。

これが歴史の検証だよ。

支那韓の、くだらない既得独裁政権を守るための政治利用された歴史追及ではない。

さりげなく東南アジアにアピールしてるのもよい。
これからは東南アジアの時代だ。
少子化で老いぼれ、技術開発力もなく、内乱含みの支那韓なんぞ、どうなろうが知ったことではない。

未来は日本と東南アジアにのみある。
支那韓と共に歩むことができないのは当然だ。

「奴らには」未来が無いからな。

まずは同報告書がその重要性を指摘する「民主化」を早くやることだ。
天下を取るだの取られるだのの漢族・朝鮮族のガキ臭い価値観・人生観ではほぼ不可能に近いが、まあ頑張ってみ。

《保存版》 【マイク・ホンダは、帰化在米日本人なりすまし帰化在米朝鮮半島人=帰化在米日本人なりすまし帰化在米韓国人です。】

《保存版》 【マイク・ホンダは、帰化在米日本人なりすまし帰化在米朝鮮半島人=帰化在米日本人なりすまし帰化在米韓国人です。】

*****
はやぶざ 殿 Twitter 平成27年8月4日
米国議会下院において「帰化未帰化在日韓国人捏造かつ韓国式捏造の慰安婦決議」を主導したマイク・ホンダの出自を第1資料に基づき調べてみると、朝鮮半島が大日本帝国へ日韓併合を申し出た結果なされた明治43年(西暦1910年)日韓併合の結果、マイク・ホンダの朝鮮人の祖父母は、日本国民すなわち朝鮮半島系日本人として渡米した。マイク・ホンダは、やっぱり朝鮮人すなわち帰化在米日本人なりすまし帰化在米韓国人である。
*****

-----
平塚パラヤン女

白人文明の成り立ち

>ブログ主様。ソロです。
>>社会民主主義系の政党が1回は政権の座について社会福祉のバラマキをやった。現状維持の満足感と福祉のバラまきで、ますます勤労意欲が無くなってしまいました
 なる程、欧州の現状を俯瞰するによくわかる話ですね。 然し、白人文明を「一番遅れてきた文明」と認識している私には、そのバラマキに至った原因があると確信しています。

 白人社会は、「自由・平等・博愛」を理想として掲げながら、大陸島の反対側のシナの様に争いの絶えない地域です。 その原因が、シナが定期的な気候不順に見舞われて飢餓状態になった蝗民の南下に拠るものである一方、欧州は、肌が「褐色、青色、小麦色、白の」コーカソイド種族の種族間差別と、痩せて狭い耕地の奪い合い、収穫物の奪い合いを原因とした,これまた、定期的な争いにあると言えましょう。

 人間は、彼らが直面している問題を解決する為に、理想を掲げますから、自由・平等・博愛を理想として掲げたという事は、彼らの直面する危機がその3つに集約していたという事です。

 欧州の開明が遅れたのは、東西はイベリア半島から地中海沿いに繋がって、黒海に至り、北は、ノルマン地方を越せば、氷の海である北海、そして、北の内海であるバルト海と言う、高緯度にして、厳しい気候の地域だから、寒冷に強い小麦の栽培が一般的になるまで、土地が持つ人口扶助力が小さかったから、つまり、基本的に貧しかったからなのです。

欧州文明の原点は、比較的に気候に恵まれた黒海周辺であると思っています。 此処に棲んだのは、スラブ人、カザール人それより早期に小麦栽培に成功したケルト人、人口が増加し始め、人口が土地の扶助能力を超えると徐々に川を遡って、欧州北部、バルト海沿岸、スカンジナビア半島に拡散した、現在のゲルマン人で、何れも白人です。

然し、古代地中海には、氷期中ずっと現在の海峡が全て繋がった、湖沼地帯が存在し、其処には主にアフリカ大陸側から移住してきた褐色、小麦色の肌を持つコーカソイド種族が文明を築いていたのですが、氷期の終わりとともに、大陸の氷河が融けだして、大西洋の水位が上がり、ジブラルタルが海峡化すると、大西洋の水が流入し始め、地中海のあちこちで海峡が出現、最終的には。奥の黒海への入り口である、ボスポラス海峡、ダーダネルス海峡が切れて、今の1/3の面積の内陸湖でしかなかった黒海は、何回かの「寒の戻り=ヤンガードリアス期」を経験しながら現在の海の姿になったのです。

地中海に文明を持つものは、当然この現象で打撃を受けたかもしれませんが、豊かな地方を放って置くわけもないのですが、恵まれた地方の民は、戦争を嫌い、平和に暮らす為に、その富を分け与えます。 然し、自然から与えられるモノには限界がある一方で、向上心のない処に、進歩がないのも、洋の東西を問わない当然の論理でしょう。

そうして、様々な種族の強奪収奪を受けた挙句、奴隷として欧州中に連行されます。

黒海の北部平原に最後迄棲んでいたのが、スラブ人であり、ルーシ人(ロシア人)です。これが傆座とした事実であるのは、欧州中にいる国会北部地方を故地とする人々=スラブ人が、その気になれば言葉だけなら、東スラブでも西スラブでも、その国籍が何処でも通じ合えるという現実があります。 EUの原点も、そういう現実から、スラブ人でまとまって、欧州をスラブ人国家にしようとした19世紀の汎スラブ主義、もしくはその反動の汎ゲルマン主義にみられます。 つまり、EUは、白人種の原点回帰願望の一つが顕現したものと言えましょう。

彼らこそ、古代から黄河文明を築き、さも一貫して文明を維持してきたような歴史観を吹聴しているシナにある種の羨望を持っていたというべきです。 実際には、黄河文明自体、更に古代の長江文明からの剽窃に過ぎないのですが、そして、彼ら白人文明も、アフリカ文明やアーリア人と呼ばれる「有色のコーカソイド」からの影響は十二分に受けているのですが、彼らが如何に残虐で冷酷だったかの記憶の方が強すぎるのでしょう。

白人種のキリスト教を背景にした、異教徒異人種迫害の正統化~人種差別観、殊に、白豪主義は、その民族的ルサンチマンが働いていると私は思います。

元々、労働して得られたものが、収穫物の収奪、女性の強奪、抵抗者の惨殺、それらの誘致でしかなかったのだから、「生き延びるために働く必要」がなくなれば、怠惰になるのは当たり前ですし、日本の様に祭祀王がお田植えと言う労働を神事とする民族の様に、「働けば必ず報われる」と言う確信を持てる=労働を信仰とするなど、考えられない次元にあると思います。

欧米人は海賊の末裔

ローマ帝国から奪い、十字軍でイスラームから奪い、文明化したものの、その本質は変わらない。ひたすら真面目な農耕民族の日本人とは価値観が違う。支那韓はその「雑種」といったところか。

群れて囲んで敵を倒すという意地の悪い発想。
実力に差がつかず絶えず抗争を繰り返した西洋独特のものだ。
現在の「集団的安全保障」の原型がそこにある。

東洋は違う。

中世以降、北方の遊牧民や狩猟民に押され、何度も征服を許した漢族や朝鮮族に日本を攻撃する力など無かった。
文永・弘安の役は「世界帝国モンゴル」の攻撃であって、奴隷兵としての参加に過ぎない漢族や朝鮮族がその力を示したものではない。
片や同時期の日本は、モンゴル軍を質と量(鎌倉から急行中だった増援を含めれば)で上回る軍勢をポンと繰り出す「国力」を既に備えていた。

このような国には集団的安全保障など無用であろう。
日本人に国際的な戦略眼が育たなかったのは当然だ。必要は発明の母というしな。

ひたすら生産に励み、国力を増すのはよいが、それだけで勝てるものでもない。
それを思い知ったのが先の大戦だ。

この度、安全保障関連法案が通り、日本人も集団的安全保障を学ぶことができる。
ここからだ。
今からでも頑張ろう。

「正戦論」から集団的自衛権へ

昭和21年・第90回帝国議会での質疑です。

「自衛を含めたすべての戦争を放棄するのではなく、侵略戦争だけを放棄するのがよい、これが我々○○党の主張だ」・・・
つまり、すべての戦争を放棄する第九条案には反対だ!・・・という趣旨ですね。

さて、これを主張したのはいったいどの党でしょうか?

答え
「此の憲法草案に戦争一般抛棄と云ふ形でなしに我々は之を侵略戦争の抛棄、斯うするのがもつと的確ではないか、此の問題に付て我々『共産党』は斯う云ふ風に主張して居る、・・・」

なんと! 日本共産党でした。質問者は野坂参三先生、答弁に立ったのは吉田茂。・・・なんか目眩がしてくるよね。野坂参三先生の「霊」を参考霊として国会にお呼びしたいです。

この質疑はいろいろな意味で重要なので、日本共産党・野坂参三先生のご質問をもうすこし詳しく引用します。

「・・・最後の第六番目の問題、是ハ戦争拠棄の問題です、此処には戦争一般の抛棄と言うことが書かれてありますが、戦争には我々の考へでは二つの種類の戦争がある、二つの性質の戦争ある、一つは正しくない不正の戦争である、是は日本の帝国主義が満洲事変以後起したあの戦争、他国征服、侵略の戦争である、是は正しくない、同時に侵略された国が自由を護るための戦争は、我々は正しい戦争と云つて差支へないと思ふ、・・・」

ここで、日本共産党・野坂参三先生は、戦争を「不正の戦争」と「正しい戦争」に分けていらっしゃる。これは大変重要です。

戦争は善か悪か・・・、これは「悪」に決まっている。しかし、この問題を、戦争はイヤだキライだという感情の次元で捉えても、残念ながら戦争悪を克服することはできない。

ヨーロッパでは、際限なく続く戦争のむごたらしさに、それなら戦争に法の網をかぶせよう、という法学的視点から「戦争法」の研究がはじまり、そこから「国際法」が発展していきます。有名なグロティウスなどが先駆者ですね。

ようするに、戦争を、感情ではなく、冷厳な「法」によって克服しようという試みです。


以下は戦争と法の流れに関するあまりにもズサンなスケッチなので信用しないでください。

戦争を「不正な戦争」と「正しい戦争」に分け、「どのような場合に正しい戦争と言えるのか」・・・をテーマとするのが「正戦論」。日本共産党・野坂参三先生のご質問は、この「正戦論」を踏まえておられたのですね。

また、実際の戦闘行為の中で「やってよいことといけないこと」をテーマとするのが交戦法規。これが戦時国際法への流れで、ハーグ陸戦条約とかジュネーブ条約がそれです。

ところで、「正戦論」と言っても、正しいか正しくないかの判断は難しい。大相撲の木村庄之助だって差し違いをやるわけです。戦争の場合は、主権国家を超える絶対的な判定者が存在しないのですからなおさらです。

そこで、「正戦論」にかわって「無差別戦争観」が国際法の主流になります。なんか恐ろしげな名前ですが、どんな国でも戦争にうったえる権利はある、絶対的な判定者がいないのならば、戦う主権国家同士は対等だ、と考えます。なんか昔に逆戻りですが、かろうじて戦時国際法だけは守ろうという立場です。もちろん、実際にどれだけ守られたかはアヤシイものですが・・・。

この「無差別戦争観」も、二十世紀に入ると、戦争にうったえる権利が否定され、戦争そのものを違法とする考え方が支配的になります。第一次世界大戦の惨禍があまりにも凄まじかったからですね。

そして、決定的なのが1928年の「戦争放棄に関する条約」つまり「パリ不戦条約」。国連憲章もこれを踏まえます。

「不戦条約」では、戦争を違法とすると同時に、「自衛権」を認めます。このあたりから「侵略戦争」と「自衛戦争」という図式がはっきりしてきます。しかし、「シンリャク」の定義は不明。

この「侵略」の定義はなかなか難しく、1974年、国連において「侵略の定義に関する決議」がなされたものの、いまだに決定打とは言えません。なにせ定義する主役が安保理です。安保理のメンバーを見てください。強盗に強盗の定義をさせたって誰が信用しますか。

さて、国連の発足と集団安全保障。ヨーロッパ近世において戦争法の研究が本格化してから、とうとうここまで来ました。しかし・・・やっかいな「キョヒケン」問題がある。つまり安保理のメンバーが「拒否権」を発動したら、集団安全保障が機能しない。そこで、この難点を克服する方法として「集団的自衛権」という新しい概念が登場してきたわけです。これは既に述べました。

・・・しかし、新しい概念とは言っても、戦争を法によって克服しようとコツコツと努力を積み重ねてきた欧米諸国にとっては、ほとんど常識の範疇です。

チョット乱暴な言い方になります。ヨーロッパでは、さまざまな同盟関係が作られては壊れ、壊れては作られてきたのでした。そこで、不戦条約の考え方をもとに、軍事同盟には「侵略」と「自衛」の両面がある・・・と考え、その「侵略」の側面を切り落とし、「自衛」に特化したもの、これを集団的自衛権とする。

したがって、これは何百年にもわたる法的いとなみの必然の帰結であるわけです。

・・・ところが、島国日本は、このような法的いとなみの埒外にいた。だから直観的に理解することができない。だから、吉田茂も、昭和25年・第7回国会で集団的自衛権を問われ、「その実際的な形を見てからでなければお答えできない」と答弁したわけです。

さて、吉田茂が登場したところで、いよいよ日本政府の解釈です。

続きます。

●千葉県警察本部風.俗保安課、千葉中央警察署などは平成25年11月20日夜、韓国人クラブ「クラブ ガロ」(千葉市中央区中央1、雑居ビル7階)の韓国人ホステス女3名―すなわち、金懽臻50歳、金恩暎33歳、その他1名―を出入国管理法違反で現行犯逮捕しました。

●千葉県警察本部風.俗保安課、千葉中央警察署などは平成25年11月20日夜、韓国人クラブ「クラブ ガロ」(千葉市中央区中央1、雑居ビル7階)の韓国人ホステス女3名―すなわち、金懽臻50歳、金恩暎33歳、その他1名―を出入国管理法違反で現行犯逮捕しました。
----

FNNニュース 様 Homepage H25.11.21
千葉県警察本部風.俗保安課、千葉中央警察署などは平成25年11月20日夜、韓国人クラブ「クラブ ガロ」(千葉市中央区中央1、雑居ビル7階)の韓国人ホステス女3名を出入国管理法違反で現行犯逮捕した。金懽臻(キム・ファンジン)50歳は、平成10年(西暦1998年)韓国パスポート不所持で山口県下関港から日本国へ不法入国し日本国内に不法滞在していたことで現行犯逮捕され、金恩暎(キム・ウニョン)33歳ら2名は、日本国内で就労資格を持たずに働いていたことで現行犯逮捕された。

*【韓国人・北朝鮮人・共産シナ朝鮮族・共産シナ人の日本国へのビザ免除(韓国人)・ビザ緩和(共産シナ朝鮮族と共産シナ人)・留学生・教員・研究員・研修・就職・起業・定住・永住・特別永住・帰化の禁止と剥奪を何回も強く要求しましょう!】

宇都宮保守ラーガー

あきれた国

韓国は賄賂国家です。物事は全て金で動くと考えています。政府がそうだから国民も同じです。いや、国民がそうだから政府も同じかもしれません。外交政策で不都合なことが起これば「ロビー活動で負けた、日本は金を使った」と自分達がやっているから当然日本もやっていると考えています。

スポーツの世界も同じです。負ければ賄賂で負けたと騒ぎます。賄賂で勝ってきたきたことは棚に上げて相手を非難します。驚くことは「ノーベル賞」も金次第と考えていることです。ここまで来れば本当に民度の低い国だとあきれるしかありません。

「日本の受賞者が多いのはロビー活動が盛んだからだという話になり、韓国では北欧にノーベル賞担当の外交官を送り込むようになった」とのことです。

仮に、ノーベル賞が金で韓国に行けば、ノーベル賞の価値がなくなります。そのことも気づかない韓国という国とは付き合わないにこしたことはありません。安倍首相の談話に韓国の二文字は不要です。

日本の未来予想図

>ちりへ ソロです。 
 訊きたい事って、俺が描く日本の未来予想図なのか? そんなモノは、一人で描くものでは意味がないと思うのだがね。 皆で、あぁでもない、こうでもない、否、是はそうはならないと、知恵を集め、その知恵を現実に生かせるような形を作りながらすべき事だろ。 俺は、ブログ主様は、そういう場を提供してくれているのだと言う自分勝手な思い込みをしている。ダカラ、ブログ主は、禁止ワードだけでなく、内容に書き過ぎがあれば、投稿削除してくれる。
 
  自分が理想と思える社会をより正確に描こうとするなら、先ずは、現在の社会をより正確に知らなくては、空理空論になってしまうだろ。

 ところが、俺が学校や書物で知った戦後の歴史の裏側だが、明らかに作為的な陰謀論で読者を振り回そうと言う攪乱成分が多すぎて、部分的に真実はあっても、そうして出て来た彼らの主張は、一切信用できないものも相当含まれている。つまり、戦後の日本社会の言論は、飽和状態と思えるほど、巧妙に荒らされているという事に気が付いた。 こんな中で、真実を拾い集めて、本当の裏側の歴史を知ろうとするなら、大胆な仮説を立てて、一件づつ検証して行く他はない。 だが、出典や情報元を明示した途端、情報が消されていた事が数回あった。 ダカラ、情報源については公開しない事にした。

 まぁ、情報筋を明らかにした処で、その情報の発信元自体が、敵の工作本隊だったりする、つまりワナである事も十二分に可能性があるわけで、上方の出元に異常に拘る奴は、俎上に上がった情報自体の信憑性を貶める意図しか持っていないのだから、彼らのリクエストに応えるのは、単に愚かなだけだがね。

  亦、そういった類の工作員から、「出鱈目の歴史を創作して、日本を攪乱しよう」という、未検証情報が韓国/中国政府筋から出てくるに至っては、彼らの政策、策略の意図をより鮮明にし始めたという事で、寧ろ、彼らの陰謀が、徐々にだが、真の裏側の姿を暴露し始めていると言えよう。 全ての裏幕が明らかになるまで俺の寿命が持つかドゥか怪しいものだから、自分の視点からのコメントが、処へ辿り着く迄の礎石になればと思ってコメントをしていたりする。

  ソレは兎も角、現時点での俺の理想日本を大雑把にいえば、①立憲君主議会制民主主義を、堅持する事 ②日本の伝統である威力分離制で堅持する事、③自力自衛可能な防衛力を確保する ④日本人の根源である、労働信仰「=まじめに働いていればきっと報われる」の可能性を世界で発現できる日本人を生み出す社会作りあげる事、⑤先祖を尊びつつ子孫を守り育て、世代相互で社会堅持の為に、厳しい自然災害の中を生き抜く知恵や道徳を育てる事、ですが、これ等は全て、日本人がこれまでの歴史の中で守ってきたことです。 他国の庇護のもとに、自力で国を護る事を考えなくなった事が一番、日本人が伝統を否定している事に気付かねばならない。

 はっきり言えば、憲法九条は、平和条項どころか、戦争誘致条項に他ならないし、憲法前文は何処から読んでも、隷属宣言でしかない。 そんな異常な事が罷り通って来たのは、戦後世界が、国連軍が支配する世界ダカラである事は、戦前日本の立場にたって、少しでも国家とは何かを考えたことがあれば、気が付いて当然。 気が付けないのは、日本人の普通のレベルの読解力がない教育環境にあった人か、恣意的に伝統日本を貶めた方が、都合がよいからでしかない。

 然るに、その世界の支配を握っていた筆頭の米国を、戦前から支配してきた層が、徐々に変化を期している事は、安倍さんが10年前に訪米した時の米議会の態度とは、180°違った対応になって居たことで、理解可能だろう。 10年前に安倍氏に与えられた「歴史修正主義者」なる評価は、未だ一遍も米国マスコミにすら出てこない。 

つまり、その時代の日本と現在の日本とでは、その存在価値に大きな差がある事を、米国マスコミも了解しているという事である。 

ダカラ、この状況で、NYT,、WSP,または、WSJあたりが従来通りの安倍たたきをやっても、メリット処か、「自力取材力無し」のレッテルと、「朝日の下僕」のような評価を許す事が見えているから、安倍氏に対する批判処か、10年前に安倍氏を叩きに回った、朝鮮系なりすまし日系人であった、下院議員マイク・ホンダの失墜の契機となりそうな,向きが表れている。

 米国世論って、正しいとなれば、少々無理筋でも正義を横車で押すキライがあって、今一好きになれないが、逆に「これは間違いだった」という事になれば、こちらも極端な展開になるのも、いうまでもない事だから、これからが楽しみではある。

 然し、この先出てくる「結果」を作り上げたのは、他ならぬ中韓両国であり、その尻馬に乗って、戦後利得を護ろうとした反日利得者である事も間違いない。

 だが、我々はそういった、「水に落ちた犬を叩く」様な真似に、加わっては、そう言う事に長けた彼らの術中に落ちて、いずれ煮え湯を飲まされるのが落ちだろう。 ダカラ、我々は、この時点で自分たちがこれからすべき事を見据え、ブレを点検するべきなのですよ。

 一体真の敵は誰なのか? 日本は韓国の事情にどれだけ巻き込まれているのか、そして、真実の在日勢力の力とはどれほどのモノか、その実態を帰化日本人勢力をも含めて、明らかに掌握するべきだよ。 

 然りながら、俺は自身の出自から、正統な血統?だけが、正統な日本人であるという考えには与しない。 現行憲法でも、オソラク改正されても、帰化人はその尺度は変わるかもしれないが、容認事態は継続されるだろう。 問題は、血統よりも中身で、血統主義は九条信仰と何ら変わりはないと言える。 第一、「い」が付く苗字で、日本に古くからある、石田、石川、岩井、岩田、伊藤、伊東、飯島、飯田、井口、井本、井上、・・新井、荒井、中井、仲居・・などが、噂通りに「李」の通名だったとすれば、日本の名字の1‣近くは、半島亦はシナの帰化人という事になる。 ドゥして見分けると言うのか? しかも、他に「朴・・木偏の苗字、松竹梅鶴亀のいずれかを苗字の頭に持つモノは朝鮮人だ」迄、受容したら、わけがわからんことになるだろう。

 俺が望む新たな日本社会は、新たな基準で、伝統とその精神を維持継承できる、新たで古い日本人に任せたいと俺は思っている。

ユウレイの正体みたり枯れ尾花


ブログ主 様
暑さ厳しき日々にもブログのアップを有難うございます。今後もお身体にはくれぐれもご注意されて、お大切になさって下さい。

これまで欧米人は、日本人の精神性を中国人としてみていたと思っています。「テファニーで朝食を」、「She」や、欧州の映画などでも表現される、チビ、デブ、出っ歯、分厚い眼鏡に、物をクチャクチャと音を立てて食べ、せかせかと歩いて大声で下品にしゃべると言う、醜いのが日本人観で、孔子や老子の思想や、無垢の風土的死生観は本来的に日本人にしか存在しなかったことを、世界のほとんどには知られていなかったし、ようやく今世界の一部の知識人に認知されて来つつあると感じています。
キンペイは「日本人は中国人を尊敬しない」と愚痴っていますが、その言葉こそが日本人の本質の認知度が上がった証拠だろうと感じています。

中朝韓は、事実をねじ曲げ自分達の卑劣、謀略、虐殺をマコミを遣って正当化しつつ、相手を強引な手口で支配下に置こうとする。
中国はチベット、ウイグル、内モンゴルを支配下に置いて覇権主義を邁進させているが、この事を戦略辺疆(国力に応じて国境は変わる)と言うそうで、尖閣、沖縄も含めているし、嘘八百の南京、慰安婦強制連行を、ユネスコの、世界記憶遺産に認めさせようとして動き、国力範囲の拡大に邁進している。

これらの現実を、マスコミは取材さえせず、身近に迫っている危機を危機でないと説き、想定の又想定、又また想定と、訳の分からない論を繰り返して、ようやく世界の中の独立国としての一歩である、安保関連法案を安倍政権の陰謀論に仕立て上げている。

また中朝韓は慰安婦や南京の嘘八百を世界に拡散し、代償を求めて成せば、更に大きな代償を要求する。人に頭を下げる事を知らず、感謝の念も、嘘八百の恥の概念もないから、又平気で嘘をつく。賠償を求める。

人の善い日本人はこの繰り返しの嘘の代償を支払ってきた。
外とに在っては憲法に縛られ、内に在っては反日の、マスコミ・政経・教育・文化人・学生に至るまで、「平和」と言えば誰も反対出来ない覚束ない、この概念で縛り、本質を見抜く想像力や現実を見詰める認知度の低さに唖然とする今日ですが、本当の危機を隠蔽して、国民を危機に晒す反日の正体がいろいろと見えてきました。

俳優の津川雅彦氏が『「故郷(くに)を守れない輩を日本人と呼べるか?」、「反日メディアや教育組織の自虐史観に洗脳されて誇りを失った」として、55年前の「安保反対で青春を謳歌した連中の成長がない。魅力ない日本人に成り下がったのは、成長が止まったから」、成長は人格に「期待」と「信頼」という膨大な「魅力」を与える。反日メディアや教育組織の自虐史観に洗脳され誇りを失った日本人。
戦後70年謝り続け、中国と韓国に土下座し、「いい人」を懸命に演じる。マスコミは「お人好しは素晴らしい」とGHQに歩調を合わせたごとくに扇動する。
安倍首相は昭和以降、最も実行力と清潔感のある宰相だ。大切に育てなきゃ損するのは国民。なのに「アンポ」1つで何も見えなくなり、付和雷同して支持率を下げる。いまだ民主党的な幼稚な政治を見抜けない大衆は安全保障関連法案で「徴兵制度が出来る」「戦争になる」とおののく。発送が単純すぎて笑っちゃう。』

断りもせず独断で一部抜粋し失礼をしておりますが、私はその通りと賛同し、真実を見抜く、思慮有る有名人が居て、恐れず発信して下さいました事に、日本はまだ大丈夫と、少し安堵しています。

支那に第二のスノーデン氏現る?

昨年失脚した令計画氏の末弟、令完成氏のことだ。
元々、日本でいう官房長官の職にあって国家機密を預かっており、更に兄の計画氏から機密を託されたとの噂もある。
彼が持っているとされる支那の機密は2700点にも及ぶとか。
今はアメリカで政治亡命の手続き中だ。
彼を支那の「外敵」であるアメリカが利用してもいいし、「内敵」である江沢民派か胡錦濤派が利用してもいい。
因みに彼は胡錦濤派で、当然、習キンピラゴボウには強い恨みを持つ。
親族の減刑を要求しているようだが、その結果次第だな。
支那を滅ぼすのに核兵器も空母艦隊も要らない。
難民流入を皆ゴロしにしてでも止める覚悟があれば、日本でも簡単に滅ぼせる。
人民軍同士、人民同士の果てないコロし合いをさせればいいだけだからね。
嫌なら民主化することだ。
民主化しない支那と漢民族が悪いんだよ。

◎韓国と共産シナの各々の在日公館施設について東京都内の大使館1つ以外すべての即時廃止 & 共産シナ大使館へ違法売却された国家公務員共済組合連合会KKR管理地の即時奪還 を要求しよう

◎韓国と共産シナの各々の在日公館施設について東京都内の大使館1つ以外すべての即時廃止 & 共産シナ大使館へ違法売却された国家公務員共済組合連合会KKR管理地の即時奪還 を要求しよう
-----

*****
井上太郎 君 Twitter H25/5/9 (加筆済版)
[帰化在日韓国人民主党政権期、]東京都港区南麻布の仙台坂の韓国大使館は今、建て替え工事中。すべてを、帰化未帰化在日韓国人企業が工事しています。運び出した大量の土砂からすると、相当巨大なの地下施設を造ることが分かりますが、設計図とは違っている筈です。建築確認等の許認可を簡単に出し検査もしない帰化在日韓国人民主党政権の責任者の国会議員と国家公務員は、誰だ?

井上太郎 君 Twitter H25/5/9 (加筆済版)
[帰化在日韓国人民主党政権期、]外務省儀典官室の帰化在日韓国人職員(創価学会員職員を含む)、財務省国際局調査課外国為替室の帰化韓国人職員(金子、武昼)、国家公務員共済組合連合会KKRの帰化在日韓国人職員、共産シナ大使の帰化在日韓国人丹羽宇一郎(伊藤忠商事出身)、帰化未帰化在日韓国人民主党政権は、「昭和24年8月18日外国政府の土地取得を規制の政令第311号」を無視し、国家公務員共済組合連合会KKR管理地を共産シナ大使館へ違法売却しました。
今、韓国大使館建て替え工事と同時に、東京都港区元麻布の共産シナ大使館拡張工事も進行中で、やはり大量の土砂が運び出されています。8tonトラックの台数で計算すれば、その量は分かります。完成後どのような機材が搬入されるのかを見張れば分かります。やはり大問題は、建築確認等の許認可を簡単に出し検査もしない帰化在日韓国人民主党政権の責任者の国会議員と国家公務員です。
*****

by長野県J

平野啓一郎=日本人なりすまし通名使用帰化在日韓国人

【緊急情報拡散】新潮社へ緊急抗議をお願いします!

平野啓一郎=日本人なりすまし通名使用帰化在日韓国人

平成27年3月26日
☺空☻ ‏@tyo21sky · 3月26日
【芥川賞汚鮮】日本人なりすまし小説家

新潮社に「三島由紀夫の再来」と謳われる

平野啓一郎さん:@hiranok
サブ垢ハングル:@hiranokkorea

[韓国式捏造]暴言「日本はナチスと組んだ侵略国家。自民党の改憲案が通ればテロが起こる」

拉致より9条

社民党は護憲政党です。憲法9条で日本国民を守ると言っています。憲法は、その国の有様を示す基本的な考え方です。国民の生命財産、領土を守ることをきちんと規定していなければなりません。

が、社民党は違うようです。もしかすると民主党も共産党も同じかも知れません。社民系の団体は「北朝鮮拉致被害者より9条が大事」と言っています。社民党は国民に対して「その心は何か」を説明する必要があります。

憲法護憲平和団体は日本の国民の生命より「9条が大事」とい言っているのです。許せますか。下記は秋田県での出来事です。

秋田市で4日に行われた北朝鮮による拉致被害者家族会の街頭活動中、 隣で活動していた安全保障関連法案に反対する社民党系組織のメンバーが「拉致より憲法だ」と発言し、家族会が反発する一幕があった。



安倍総理大臣は、談話のなかで、おわびなどの言葉をすべて用いることで、「歴代内閣の立場を引き継ぐ」という姿勢を明確にした格好です。安倍総理としては、今回の談話を戦後の平和国家としての歩みや今後の国際貢献の在り方など、未来志向のものとしたいという意向があります。そうしたなかで、おわび以外にも、「侵略」「痛切な反省」「植民地支配」といった村山談話などで使い、焦点となっていたキーワードをすべて盛り込む見通しです。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150810-00000030-ann-pol

yahooニュースより。

安倍さんなら、と期待しましたが...。

「聞く者の心に響かなければ談話を出す意味がない」

なんと情緒的な主張だろうと驚嘆した。「心に響く」とはどんな意味なのか。談話が聞き手の「心に響く」かどうかをだれがどう測るのか。そもそも誰の心のことなのか。
ー中略ー
謝罪を述べねば、中韓両国民の「心に響かない」というわけだ。ただし安倍首相がいくら謝罪を述べたとしても、「心に響かない」という反響がもうすでに用意されている感じもしてしまう。
ヤマザキ教授は日本の謝罪は不毛であり、無意味だという結論を出し、これまでその趣旨の見解を何度も表明してきた。
同教授は1965年の日韓国交正常化以降の日本の国家レベルでの謝罪の数々を列挙して、「主権国家がこれほどに過去の自国の行動を間違いや悪事だとして外国に対して謝ることは国際的にきわめて珍しい」と述べた。


そしてアメリカはじめ他の諸国が国家としての対外謝罪を拒む理由として
(1)過去の行動への謝罪は国際的に自国の立場を低くし、自己卑下となる
(2)国家謝罪は現在の自国民の自国への誇りを傷つける
(3)国家謝罪はもはや自己を弁護できない自国の先祖と未来の世代の両方の評判を傷つける―という諸点をあげていた。

日本の謝罪についてはヤマザキ教授はその国家謝罪を外交手段とみるならば、完全に失敗だと断じるのだった。「日本は中国や韓国に何度も謝罪を表明してきたが、歴史に関する中韓両国との関係は改善されていない。国際的にも日本は十分に謝罪していない、とか、本当には反省していない、という指摘が多い」というのである。

ヤマザキ教授は日本の謝罪外交が成功するためのカギとして以下の点を強調していた。「謝罪が成功するには受け手にそれを受け入れる用意が不可欠だが、韓国や中国には受け入れの意思はなく、歴史問題で日本と和解する気がないといえる」アメリカ側にもこうした見解があることを知るべきだろう。
.
古森義久(ジャーナリスト/国際教養大学 客員教授)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150809-00010002-jindepth-int


今回の談話、誰のための談話でしょうか。

河野、村山のミックス談話なら改めて出す意味がないのでは。



(長文コピペご容赦)



余命3年時事日記 バックアップまとめ 2015年08月10日と官邸へのご意見要望

So-net blog
お客さまがお探しのページは見つかりませんでした。

指定されたアドレスにお間違いがなければ、ページが別にアドレスに移動している、または削除されていることが考えられます。

この表示に見覚えは有りませんか?

余命ブログにアクセス出来ないとお嘆きの貴方に朗報。


余命3年時事日記 バックアップまとめ
2015年08月10日
余命3年時事日記 最新魚拓
http://blog.livedoor.jp/aikokku/archives/39572793.html

> 2015/08/10(月) 19:35:35| URL| #- [編集]
それ只の原案で記事はトバシだからね。

2015.8.10 05:00サンケイ
戦後70年首相談話「侵略」言及へ 「世界共通の許されぬ行為」http://www.sankei.com/politics/news/150810/plt1508100005-n1.html

安倍晋三首相が14日に発表する戦後70年談話で、「侵略」に言及する方向であることが9日、分かった。戦前・戦中の日本の行為に絞っての「侵略」というよりも、世界共通での許されない行為として触れる可能性が高い。首相は7日夜に東京都内のホテルで行われた公明党の山口那津男代表らとの会談で、これらの方針を含む談話の原案を示したが、公明党側は戦前の日本の行為と侵略の関係を明確にするよう求めたもようだ。

 「侵略」の表現をめぐっては、戦後70年の首相談話に関する有識者会議「21世紀構想懇談会」の報告書で、委員の多数意見として「満州事変以降、大陸への侵略を拡大」と明記された。ただ、注釈で「侵略」の表現を使うことに「複数の委員より異議がある旨表明があった」とも付記している。

 今回、首相が談話の参考とするのは、今年4月にインドネシアで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議の際の自身の演説だ。首相は、1955年のバンドン会議で採択された「バンドン10原則」の「侵略または侵略の脅威、武力行為によって他国の領土保全や政治的独立を侵さない」という部分を引用した形で「侵略」に言及しつつ、10原則を順守する決意を強調した。
談話でも、「侵略」の表現に関し、先の大戦での日本の行為だけに限らない文脈での言及を検討。21世紀懇の「日本の行為だけを『侵略』と断定することに抵抗がある」といった意見に配慮する。

 また、談話では、先の大戦に対する痛切な「反省」や戦後日本の国際貢献の実績、積極的平和主義の推進などを強調する一方、村山富市首相談話に盛り込まれた「謝罪」に関する文言は直接盛り込まない方針だ。

 これに対し、山口氏は7日の首相との会談で「中国や韓国におわびや謝罪の意図が伝わるような談話にしてほしい」と要求。ただ、自民党内には「サンフランシスコ平和条約を踏まえ謝罪も賠償もしており、未来永劫(えいごう)にわたり謝罪しなければならないのか」(幹部)との意見は根強く、公明党側が納得する表現を最終調整している。
全文

「お詫び」「侵略」「痛切な反省」「植民地支配」といった村山談話を踏襲するような談話を発表するな!と思ったら官邸にメールして国民の意思を示し戦後70年の負の遺産からの脱却が図れる様な後押しをしましょう。

世論が後押しに成るんです。皆さん

首相官邸
ご意見募集
(首相官邸に対するご意見・ご要望)
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

北戴河会議、上手くいってないみたいだね(笑)

支那の(構造型)不況がキンペーのせいと党長老部が批判し、それに対しキンペーが友人である揚社長を使い人民日報に長老部批判の論評を載せた。
人民軍の江沢民派・胡錦濤派も腐敗撲滅運動で全滅したわけじゃないから、キンペーの任期途中だろうがなんだろうが、クーデターはアリだ。
やはりキンペーは足元を見られている。
そして、キンペーをバカにした動きがここ日本でも起きた。

自民党二階派35人、再選を支持する推薦状を首相に提出。

なんということを。支那が期待する反安倍勢力の急先鋒がまさかの降伏。
二階は機を見るに敏な政治家だ。
その男が、政権の支持率低下を目の当たりにしても、まだ安倍首相を選ぶ。

よほど舐められてるんだよ。
支那とキンペーが。

二階は支那に人脈を持っているから、弱っていく様がつぶさにわかるのだろう。

もう終わりだ。
支那も、日本腐れサヨク党諸君も。

塚本幼稚園

大阪に塚本幼稚園という私立幼稚園があります。元気な園児達の日課に驚きました。きっと日本を憂いている親御さんたちが入園させているものと思います。

この園児達を見ていると、日本の将来は明るいと嬉しくなりました。下記の動画を見て下さい。きっと驚きます。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=oDfveoy1ixo

世界の各勢力グループ

世界の各勢力グループ

【第1勢力グループ】 英国、米国、ドイツ、オーストリア、スイス、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、エストニア、ラトヴィア、ハンガリー、スロヴァキア、ブルガリア、日本国、モンゴル国、豪州、ニュージーランド、パプア・ニューギニア、台湾国、香港、フィリピン、インドネシア、ベトナム、タイ、ミヤンマー、インド、トルコ、カザフスタン、サウジ・アラビア、エジプト、エチオピア、ケニア、ウガンダ、南アフリカなど

【第2勢力グループ】 スペイン、ポルトガル、ラテン・アメリカ諸国、カリブ諸国

【第3勢力グループ】 フランス、アフリカのフランス旧植民地(アフリカ諸国全部の内の5分の4以上)、ポーランド、リトアニア、チェコ、ルーマニア、イタリア、ロシアなど

【第4勢力グループ】 スウェーデン、共産シナ、韓国、パキスタン、イラン

イギリス・フランス・オランダ・ドイツその他の国の植民地を奪い、敗戦後、植民地が、次々独立した事を御詫び致します。で、エエんちゃう! チャンもヤバいが、ロシアもヤバくねぇ!貧民層増えとるよ!

コピペでごめんね

余命3年時事日記アーカイブ
http://yomei3archives.blog.fc2.com/


【余命ブログ削除】ストライサンド効果~消せば増える法則

2015年8月10日、13時17分にエントリーの「在日特権 パターン①」を最後に、15時すぎから「余命3年時事日記」にアクセスできなくなりました。先の7月28日に一部の記事(「7/15アラカルト」「通報補完リスト」)が公開不能、事実上アクセスできない遮断状況になっていたときの状況とは違い、ブログが丸ごと削除されたようです。

ストライサンド効果ある情報を隠蔽したり除去しようとしたりする努力が、逆にその情報を広い範囲に拡散させてしまうという意図せざる結果を生み出すことを指す。引用:wikipedia

以下に、有志の方々によるミラーサイト&余命ブログ拡散ブログ等をリストアップします。内容は随時更新していく予定です。

余命3年 私なりの解釈様
http://takarin7.seesaa.net/s/

「日本人よ立ち上がれ、歴史の真実」様 および「日本を日本人の手に取り戻しょうゆ」様(資料保管庫)
(省略)

待ち望むもの様
(省略)

余命3年時事日記 バックアップまとめ様
(省略)

余命3年時事日記 全記事魚拓
(省略)

余命ブログがどうして削除されてしまったのか、その理由は不明ですが…「官邸メール、余命2号」なんて、さらっと書いているが、この弁護士問題なんか在日の生命線といってもいい案件だ。弁護士会の登録義務が廃止され、自由に弁護士活動ができるようになった瞬間に、在日や反日勢力を取り巻く環境は激変する。朝日新聞訴訟1件だけで押さえ込まれているのもこの関係であって、もしこの押さえがなくなれば、訴訟ラッシュとなるのは目に見えている。個人での活動に問題があるのであれば、別に日本弁護士連合会のほかに、大日本弁護士連合会とか日の丸弁護士連合会とか立ち上げればいいだけの話。どうやらここが敵の弱点、突破口となりそうだ。

余命ブログ全削除という形をもって、「官邸メール」という活動および「在日弁護士問題から突き崩すこと」が、在日反日勢力への最も有力な攻勢であることが判明しました。入管への通報然り、官邸メール然り、私たち日本国民が直接公権力にアクションを起こすことで、国は動きやすくなります。7月9日事案やテロ法3点セット、外圧などの追い風を受けて、安倍政権はすでに「日本の大掃除」を始めています。関係省庁は在日反日勢力の資金源&後ろ盾であるヤクザ暴力団を壊滅させる勢いで、ずいぶんがんばってくれています。ですから、私たち日本国民は、民意を届けるというかたちで、さらにアシストしませんか?日本国民自らの手で、奴らの生命線を断ち切ることが、どうやら可能みたいですから。官邸メール、効きすぎてます。

鉄さん+他

ありがとうございます。
満州族はほぼ漢化。モンゴル人は漢化進行中。
貴殿に全く同意見です。

>自民党二階派35人、再選を支持する推薦状を首相に提出。

>なんということを。支那が期待する反安倍勢力の急先鋒がまさかの降伏。
>二階は機を見るに敏な政治家だ。
>その男が、政権の支持率低下を目の当たりにしても、まだ安倍首相を選ぶ。

>よほど舐められてるんだよ。
>支那とキンペーが。

どうでしょう?

むしろ二階一味が乗っ取ろうとしてるんじゃないですかね(永田町ではそのように囁かれてます)。

今や安倍政権は今後保ってもせいぜい1年と言われてますし、多大な譲歩を強いられるのは安倍政権側だと思いますよ。

日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事

そもそも、1985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事で、JAL123便(米)にミサイルを撃って撃墜したのは空自の小林パイロットであり、日本の警察公安自衛隊といった部署がロシアに寝返って米国天皇勢力に攻撃を仕掛けたのがJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事

最大派閥の細田派は安倍総裁の再選支持に回る公算が高い

昔総裁選で安倍首相の対立候補だった故町村氏の派閥だが、町村氏の亡くなる前に首相が「自らに近い」細田氏を会長に据えた乗っ取りに成功。

これで自民党の内規により、総裁選に立候補できなくなる「次の総裁選以降も」院政で与党・自民党の掌握が可能。
その間延々と支那韓は日本の金融緩和政策に苦しんで失業者を順当に積み上げ、いつか飢えの限界に達した自国民の反乱で倒壊するわけだ。建国100周年を祝うこともなく、ね。

また政権支持率についても、夏にちゃっちゃと「安全保障関連法案を通したうえで」秋の臨時国会で経済政策を打ち出し、来夏の参院選までに巻き返す算段さあ。

支持率が伸び悩んでるのはミンス党も同じなうえ、時間の経過とともに不利になる。

安全保障関連法案が通った後も、来夏の参院選までずっとバカの一つ覚えでアンポ!アンポ!と叫び続けるおつもりで?
それしか能が無いと見なされて、有権者の心証が悪くなるだけですなあ。
維新が抜け駆けで安全保障関連法案の対案を出すワケを考えないとね。

共産党も党員と赤旗の伸びが芳しくない由。まあ所詮「人ゴロし共産主義者」の政党なんてそんなもんよ。

支那は追い詰められて人民元の切り下げに政策転換したけど、これはIMFの特別通貨引き出し権入りを遠ざける下策だ。
金融危機が起こった時に後悔することになるぜ?
また、共産党が元高を容認し続けることが、アメリカが支那を可愛がる理由だったのに、こんなことをしてはアメリカ国内の媚中派が不利になるとは考えないのかね?

サヨクの考えることは行き当たりばったりだねえ。
いつまでも負け犬なわけだ。

本当に、隠居は、ソロのエピゴーネンだな。

・すぐに議論に巻き込もうとする
・読解能力?
・逃げた?


スレと関係ない、トンスラー談義を長々とできるか。本当、自分勝手なやつ。

ごちゃごちゃ、言ってないで、自分のブログに書けよ、トンスル、トンスル、って。誰にも迷惑かけないだろ。

チョンさん、「献女」「試し腹」談義はどうじゃろか?

(・”・)

隠居は哀れだな。

ソロは、結構、馬鹿にしてるよ、隠居の事。

探してみろよ。

http://rakusen191.blog120.fc2.com/

「素朴な」意見をいう謙虚な人物が「オツム大丈夫?」のような汚い言葉、使わないよ、けっ。

チョンさん、トンスルの件で悩んでいるなら、ワタスに相談してみなさい。

悪いようにしないアルよ。     (・”・)

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。