スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃の安倍退陣

すさまじいメディアのネガティブキャンペーンに潰されてしまった。

とくにテレビの猛烈な安倍叩きと自民党内の足の引っ張りには
通常の神経では持たない。

日本国民は大切な人材をゴミ箱に捨ててしまった、軽薄なメディアの誘導に
よって安倍首相を殺してしまった。

日本弱体化を狙う左派の日本国体破壊工作が日本の権力構造の中枢まで
浸透していることに早く気がついてください。

左派だけではなしに保身をはかる「霞が関」や、ねこばばし放題の腐った
社会保険庁、やりたい放題の役人達、このような責任の大半は
自冶労にある。その自冶労を母体とした民主党、
このあたりの構図を喋っているテレビコメンテータを見たことがない。
本来批判されるのは民主党のはずです。

しかし日本弱体化を工作するマスコミは全ての責任を政権与党と安倍首相
に押し付けた。

野党の都合の悪い事は攻撃せず、政治資金収支報告の記載もれまで、
まるで大悪のごとく報道、政治と金の問題にしてしまった。

元右翼の小沢一郎を邪悪の左翼が、スキャンダル隠しを条件に自分達の
イヌにしてしまった。

小沢一郎が自由党時代の25億円の政党助成金の使途について
必要な領収書はない、その資金で10億円の不動産を買った、
しかも個人名義である。

なぜメディアはここを追求しないのか一万円や10万円の話じゃない
国民の税金25億円の明細と領収書をなぜ提示ささないのか、
皆さんは不思議に思いませんか?

安倍政治は基本的に正しい方向を向いていた、彼は国内政策と外交政策
という膨大で重要な問題を非常にうまく処理してきた、批判される理由は
何所にもない。

閣内の各大臣の不始末(たいした不始末ではない)、お友達内閣、任命責任
統率力がない、安倍首相の政策とまったく関係のないことを、ことごとく
失敗とみなし、猛烈にマスコミは安倍叩きをした。

戦後レジームを守りたい官僚とマスコミ、
日本弱体化を狙う左翼が手を結び、
自分達にとって都合の悪い安倍首相を葬り去った。

小泉元首相から安倍首相に続いた「新しい国づくり」は
ここで止まってしまった。

国の行く末より目先の生活しか考えないおろかな国民は北朝鮮から
核をぶち込まれない限り目を覚ますことはない。












AUTHOR: Mr.T URL: DATE: 09/14/2007 11:59:35 非常に残念です
はじめまして。
駐在地の中国から毎日拝見させて頂いております、貴兄ブログの一ファンです。

貴兄のブログは一々共感する事ばかりですが、今回の安部総理辞任に関しても全く同感です。

アンケートによると、国民が考える次期総理大臣に相応しい人は小沢一郎氏が第一位だそうですね。マスコミによる安部政権叩きの反動でしょう。更には福田元官房長官を次期総理に押す動きもあるようですが、一体国民は何を見ているんでしょうか。

そんな今の平和ボケした国民にとっては貴兄のブログは正直少々刺激が強いのかもしれませんが、今後も数少ない正論の発信地として、応援させて頂きます。

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/104-c40bf898

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。