スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国による沖縄侵略計画     12月23日(火)


前回からの続きです。
沖縄県人がなぜこれ程まで、ひねくれてしまったのか、それは大東亜戦争に
おいて、沖縄だけが犠牲になったという思い込みがあるからです。この思い
込みを左翼が利用して扇動し、反日反米活動に組織化されていきました。

その組織化を指導していったのが日本共産党や社民党、民主党の人たちです。
彼らは本土と沖縄間の対立を煽り、反基地闘争に結びつけていきました。

多くの日本人は反基地闘争の総司令部は沖縄にあると思っていますが、その
司令部は沖縄のどこを探してもありません、それもそのはず、これらの活動
の総司令部は東京都渋谷区代々木にある日本共産党本部にあります。

デモをやる時は共産党本部が指令を出し、社民党や革マル、民主党が共同し
て人員を本土から送り込みます。また民主党はデモの様子を中国に送る事に
よって益々中国を勢いづかせています。たびかさなる沖縄のデモを見た中国
は「沖縄県人は独立を希求している」と自信を深めていきました。

恵隆之介氏によれば、中国は数年前から中国国内の全ての学校で、「沖縄は
元々中国の領土、民衆は福建、江蘇両地域の子孫」「沖縄は日清戦争で日本
に奪われた」「沖縄民衆は中国帰属を希望している」と教育しているそうです。

これに共鳴するように中国の支援を受けた「琉球解放同盟」が活発化してお
り、数年前から、国連本部で「琉球民族は米国と日本にいまなお搾取されて
おり、植民地とされている」と宣伝し、「独立解放への支持」を訴えています。

民主党も着々と沖縄を独立させ、中国に売り飛ばすべく、数年前に「民主党
沖縄ビジョン」を発表しています。それによると「ノービザで中国人を年間
30万人ステイさせること」「沖縄を自由貿易地域に指定」「沖縄の独自通貨
を制定する」とうたわれています。

沖縄の独立などあり得ないと多くの日本人はたかをくくっていますが、私が
一番恐れている方法論が存在します。それは橋下市長が提唱する道州制
です。道州制(連邦制)が導入の際は「沖縄だけは単独州として独立させる」と
民主党は那覇市の沖縄ビジョンで強調していました。

自民党の中にも評論家にも道州制に賛成している人たちが多くいます。
沖縄単独州がダメでも九州の一部として道州制が施行されれば、その時から
沖縄は完全に中国の支配下に入っていきます。(何故かについては後日)

一方沖縄県内には極左の「琉球新報」と「沖縄タイムス」の2紙が存在し、
県内シェアー97%を誇っています。この両紙はまるで中国人民日報のごとく
中国を礼賛しています。この結果民意も巧みに洗脳され、中国の脅威を
まったく感じさせない報道ぶりです。

中国公船の領海侵入が常態化し、最近では小笠原諸島周辺などでサンゴを
取りまくる中国漁船の無法ぶりもこの2紙の報道では脅威を感じることが
出来ません。日本だけではなく南シナ海やアフリカでの中国の無法ぶりに
世界中が脅威を感じているにもかかわらず沖縄県民のノーテンキぶりには
呆れています。

今年8月の「プライムニュース」での「政府・沖縄・米国の声」という
沖縄の特集で出演した瑞慶覧衆議員は司会者から「中国軍が攻めてきたら
どうするのか」と聞かれると瑞慶覧氏は「そんなことは考えられないけれど
沖縄県民は誰でもウエルカムだから、中国軍が来ても仲良くする」との発言
に背筋が寒くなりました。

沖縄の人は「沖縄が中国に支配されても仕方がない、日本政府が何もしな
かったからだ、沖縄を見捨てたのは本土の人たちだ」と他人のせいにする
つもりのようです。しかし沖縄がチベットやウイグルのように惨劇になる
ことは目に見えています。

沖縄に入り込んだ左翼たちは、「大東亜戦争の地上戦で犠牲になった唯一の
戦場であったという触れ込みと、沖縄は独自の文化を持つ地域で
日本(ヤマトンチュー)に支配されてきたという恨みを増幅させて沖縄人の心を
支配してきました。

さらにこれを加えて、沖縄の民間人が軍の命令で多数自殺に追い込まれたと
いう、歴史的大嘘を言い立てて沖縄人の恨みに輪をかけてきました。
この地元2紙の「反日反米」の売国報道によって沖縄県民は完全にマインド
コントロールされてきています。

このように習近平による、沖縄奪取の準備は着々と進められています。
それを知らないのは日本人だけです。

(産経新聞殿、1ブロガーの切なるお願いです。どうか沖縄にて御社の新聞を
販売してください。採算を度外視しても日本のため沖縄県民に真実を知って
もらう必要があります。)



2冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります




コメント

辺野古工事開始のこのタイミングに、共産党および反日組織は沖縄に結集し、工作活動を仕掛けてくるはずです。
デモから徐々にエスカレートし、暴力行為にまで発展する懸念もありますよね。
マスコミはもちろん、知事、共産、社民、民主他の議員も、当然の如く暗黙に、デモ容認、寧ろ支持の姿勢でしょう。
しかし、その活動が一線を超えるとき、世論の良識が必ずや沸き起こり、反社会的勢力の正体が暴かれ、テロリストの烙印を押されます。そうでなければ、日本の将来は本当に無いかもしれません。
一線とは、死者がでるとか、破壊行為とか、はたまた要人暗殺か、わかりませんが、必ず非合法行為を続けるにあたり、山場は必ず来ます。
その時に、どれだけ良識世論を喚起することができるかが、我々の使命だと思います。

敵は沖縄に集中しています。

沖縄を守る、祖国日本を守る、まさに頂上決戦の予感がするのは、小生だけでしょうか。

アップありがとうございます

その支那様(笑)ですが、
習キンペーがまたまた暴走。

前国家主席で共産主義青年団の総帥、胡錦濤の側近を粛清した由。

この時期によろしくないんじゃないでしょうかね?

支那は不景気に陥っていますが、その一因である西側資本撤退は

キンペーの強硬路線の所為だ!
(つまり不景気はキンペーの所為)

と融和路線の胡派が習派を攻撃してもいいんですよ?

第二次文化大革命の期待が高まりますなあ。

漢族がたくさん氏ぬことになるけど、支那がクーデターで空中分解すれば、

沖縄と日本は安泰だね。

この支那の政局は歓迎する。

沖縄よ 自業自得の自爆を回避せよ

目先の利益だけに囚われるとどうなるかは中韓の経済的行き詰まりを見れば分かる。例え一時的にカネは手に出来たが将来は自爆の道を行き元に戻れるほど何事も甘くない。自分達は戦争被害者で永久に金銭的恩恵を与えられ当然と思っているのだろうが、戦争により痛い思いをしたのは何も沖縄だけじゃない。思い上がるのは自由だが限度が有る。

本土復帰運動は中国がやっていたのだろうと確信しています。
核を持ったアメリカがあんなところにいるのは、アメリカにとってのキューバがあるのと同じですから。

知花さんのとった行動を見ればまるわかり。

【慰安婦】マイケル・ヨン氏のブログ

慰安婦の強制連行の虚構について声をあげてくれたマイケル・ヨン氏のブログです。
慰安婦に関する現地調査の費用を募っているそうです。
↓↓↓

【引用】

フィリピン:第二次世界大戦における慰安婦についての調査

この件について丹念に調べるにつれて,ますます資金が必要となってくる.近々,実地での調査を進めるため,フィリピンへと飛ぶ.

慰安婦の問題は取るに足らないと思うかもしれない.しかしこれは,地理的・政治的に非常に重要な問題をはらんでいて,米国,韓国,フィリピン,他の国々の安全保障上の利益に直接的にかかわってくる.

手短に言うと,中華人民共和国は,このようなメカニズムを利用することで,日本,アメリカ,韓国の関係にくさびを打ち込み,その関係を分断しようとしているのだ.

私の仕事は2005年から読者からのサポートに依存している.その意味では大手のメディアとは全く異なる.(古くさい大手のニュースメディアで満足ですか?)

私の情報から利益を得るであろうと考えるならば,是非,寄付を御検討ください.

メリークリスマス.


http://michaelyonjp.blogspot.jp/

維新の欺瞞

道州制を唱えて維新を名乗るとは歴史を知らぬ狂気か。
そもそも、完全な地方分権だった幕藩体制を廃し
強力な中央集権国家として富国強兵を行ったのが維新だ。
それに逆行する流れを維新と名付けてイメージだけで愚民を騙す。
まあ、騙される方も小中高で歴史をまともに学ばなかったからだろう。

現代社会においては欧州に見るように統合が流れであり、米国でも州の弊害が目立つ。道州制など百年、二百年も遅れた制度にとりつかれた人々は哀れなものだ。

傘がない

このシリーズで日本の緊急、今在る危機を示して頂いて有り難く拝見しています。

以前、天安門事件の時見学していた人まで鎮圧の目的で逮捕の圧力がかかり、主に欧州に逃げた人達が情報収集の為定期的に集会を開いている様子の、ドキュメンタリー番組を見ました。彼らの生活は厳しく、身分と生活を保障する代わりに、中共の手足となって働く事を条件に帰国させていて、残った者、帰国した者も中共の行く末に不安な日々を過ごしているという内容でした。

そしてこの11月28、29日にキンペイは「中国はこれまでの世界のルールを自分達で変えていく」と宣言し、自分達の権益を守る為には、他国の領海領土を奪う事も辞さないと明言したのです。内外共に、覇権主義で自己存在の意義を高める為に、武力は力、正義であると、至る道はどんな卑劣な事も辞さない構えでいるです。

世界が混沌としてきているこの時期の沖縄知事選では俳優の菅原文太が選挙直前の10日間、集中して沖縄に入り現知事の売国奴を応援して当選させ、情勢をひっくり返し、その勢いは衆議院選にまで及び影響を与えたと聞きました。
彼は在日だそうですが、これまでも日本駄目、中韓上げ論を展開していました。
彼らの行動原理は基本的に反日愛国主義者であり、だからこそ日本の愛国を決して許さないのです。この事は日本人はきちんと認識しておくべきです。断っておきますが、彼らが在日であることが問題なのではなく、その出自が疑われずにはいられない、その言動こそが問題なのです。だからその言動をみれば自ずと見えてくるので、分かり易いと言えば分かり易いのですが、戦前も、戦後も70年の間に大人しい日本国と日本人は浸食され続けて、虫食いだらけになってしまったのです。

中韓が捏造歴史で日本を貶めて世界に自己(国)存在の意義を高めている、日本の危機のこの時の選挙でさえも、国を守ろうとした候補者を落選させ反日売国奴を当選させているのです。其処には依然とした反日基盤があるのです。そして当選した議員は「地方の利権を守る」、「生活を安定させる」等、国会議員なのに、地方議員のような発言ばかりが目立ち、この国を守るという気概も問題意識も希薄で、そんな者を当選させたのは国民と言われている人達であり、この現状こそが日本の危機であると感じています。        (以下続き)

2020年の東京オリンピックがあるから、中国が日本に手出ししても、日本は譲歩するだろうと人民解放軍は考えている。

台風の風避けを装い漁民(武装漁民、解放軍将校が指揮)が上陸した場合は、日米安保は発動されない可能性が大。

中共のロビー工作で、米軍の中のかなりの割合がパンダ・ハガー(親中派)である。

まずは、海保の船の数を増やすのと武装強化、必要なら法改正をしなければならない。

後、核武装のオプションを練っておかないといけない。どうせ、中国系の米国大統領が実現したら核武装するしかない。

続きを何度か投稿しましたが出来ずにいますので続きは後日にします。

沖縄には多くのサヨクが潜り込んでいます。
サヨクが新聞を媒介にして沖縄の県民を洗脳しているのです。

かつて沖縄にも保守系新聞が存在していたそうですが
潰されました。

【JSN■祖国復帰前の沖繩には保守の新聞があった!】
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/02e790955334bd0b85111b4894e1eb51
《■沖繩時報が消滅した理由
では、何故このような重要な新聞社が沖繩に無くなってしまったのでしょうか?
一次情報ではないので、完璧に正確ではないかもしれませんが、私が聞いているところで、
二つの説があります。一つは、記者クラブから閉めだされたそうです。
つまり、新聞を書くための取材ができなくなったということです。
もうひとつは、左翼による工作で倒産させられたとの事です。
本土から来た優秀な右翼の青年が社員となり、社長が仕事を任せるようになったら
彼が労働組合をつくり会社が倒産してしまったとの事です。
その青年は、右翼に化けた左翼だったという事です。
つまり、沖繩時報社は、沖繩を旋風する左翼の言論と戦っている最中に取材はできなくなり、
会社は労働組合にのっとられ、倒産に追い込まれてしまったのです。
これが現在、沖繩に「琉球新報」と「沖繩タイムス」という左翼新聞しか存在しない理由です。》

沖縄人が良く言う琉球王国が未だにあれば日本の戦争に巻き込まれなかったというけど、米中の沖縄分割論があった様に日本における米軍の諜報の拠点になった事には変わりはない。優生学とアジアの人種差別がある時代は沖縄も例外ではなく、アジア人モンゴロイドというだけで、植民地と人種差別されたに違いない。他県の観光客を内地の血だと蔑み、馬鹿にすれば、それは一緒に戦った者達を非国民扱いをする戦後と等しく、敗戦だと嘲笑う米国と変わりない。誰も言わないが私は沖縄県は独立を求める代わりに長崎や広島を見捨てたと思う。前から気にしてたが他県に米軍を押し付けるという事は2県に押し付けても構わないという含みにもなる。国外と言えないのはどこかで米軍が必要だと認識し、どこかで他県を蔑んでるを推測してる。他県にも昔、多くの米軍基地があった。それを撤去したのを憎んでるんだと思う。私は沖縄が独立前に福岡に米軍基地を移転し、沖縄国が日本と不可侵条約結んでくれるのなら独立しても構わない。ただ新しい小国は表向き民主を謳うが独裁国になりやすい側面がある事は危惧して頂きたい。

戦時中、東京には東京大空襲があり(というか、日本全国に爆弾は落とされました)、長崎や広島にはご存知の通り原爆が落とされました。
どうして沖縄の人は自分達ばかりが被害者だといつもいうのでしょうか?
あの被害者意識はまるで朝鮮人のようです。

口を閉ざす朝日と毎日

新たに制定された「特定秘密保護法案」に民主党を始め野党や多くのマスコミが反対しています。理由は「国民の知る権利」を阻害するというものです。「国民の知る権利」を最も阻害しているのはマスコミではないでしょうか。

来年は戦勝70周年行事を行うと中国はロシア、韓国に呼び掛けています。歴史問題を騒げば困るのは「戦勝国」です。真実が明らかにされていきます。習近平主席は「南京問題」を大きく宣伝するそうです。

南京事件がなかったことを一番知っているのは「朝日新聞」と「毎日新聞」です。1937年12月13日に始まった南京事件当時100名を超える「朝日・毎日新聞記者」が南京で取材していました。新聞記者だけではありません。林芙美子など複数の作家も同行しています。

自分の目で見ていた彼らが「南京事件」を知ったのは戦後の東京裁判でした。東京裁判では「証言証拠」と「伝聞証拠」だけで客観的な証拠はありませんでした。証人として出廷した宣教師は「マギー牧師」のフィルムがあると言ったようですが提出されませんでした。

東京裁判でなかった客観的証拠が半世紀を過ぎて写真になって出てくるなど有り得ない話です。1937年12月17日が松井大将の南京入場日でした。その記録フィルムなど当時の南京城内の記録フィルムが残っています。

「真実」を知っているはずの「朝日」や「毎日」は何故口を閉ざしてるのでしょうか。「報道の自由」には「報道する自由」と「報道しない自由」があります。「国民の知る権利」を阻害している多くのマスコミに「国民の知る権利」などと言って欲しくないものです。

知り合いに共産党員が居ます。

基本、仲がいいはずがないんですが、
ポリシー的には、冷やかし専門でササっております(笑)
彼は、原爆記念日だか、終戦記念日だかで、
広島とかね、長崎とかね、よく行くそうですよ。

ブログ主さまも言われているとおり、
左翼の雄として、共産党は全国から党員を集め活動を行っているのは
確かですね。

しかし、よく彼に言うんですよ・・・・。

赤旗っていう機関紙は、日米のエラーばかり拾って記事にし、糾弾し、
中国共産党のエラーでは済まされない、周辺国とのいくつもの
局地的戦争や、文革、天安門、チベット問題については
全くスルーだよな・・・・・。
中国が日本にする挑発は正義で、日本がする正当な主張は悪って、
・・・・・・お前ら一体どこの国の政党なんだ?!・・・・ってね。
夢の中華に亡命しても、ここ日本みたいに、『言わせとけば?』では
済まされんことはわかってるよな?・・・・・・・・と(笑)

減税問題ひとつとっても、口をそろえた様に『金持ちから取ればいい』
ですよ(笑)
頭いいフリしていますが、彼等に学ぶ『経済学』『経営学』なるものは
存在しません。

金持ちは悪、貧乏人は正義・・・・・・みたいな。

予算の使い方ばかり大きな声で主張しますが、
その原資を創る『生産』の面においてはカラッキシです。
今更、共産主義者たちに教わる経済論などあるわけが無いのです。

共産党のいう無機質で、一元的な『平等』は、
働く者も働かない者も評価は一緒です。
これは、働く者にとって立派な差別でしょある意味(笑)

『弱い者の味方』といえば聞こえはいいですが、
福祉とかセーフティーネットだとかの一文字も出てこない中華に、
知らぬ日本国民を先導する姿は、偽善者の何者でもないでしょう。

琉球列島周辺の状況

1]中国は2013年11月尖閣周辺を含む東シナ海上空に防空識別圏を設け、飛行計画を提出せずに侵入すれば防御的な緊急措置を講じるとと宣言。
2]中国軍は東シナ海の尖閣諸島から約300㌔北西にある浙江省南●列島(27.4687N, 121.073E)で、軍事拠点の整備に着手したことが2014年12月21日分かった。最新鋭のレーダーを設置、ヘリポートを整備中で、軍用機の滑走路建設計画も浮上している。南●列島は自衛隊や米軍の基地がある沖縄本島よりも尖閣に100㌔近い.

共産「貴族」という言葉があるだろう?

ぶるじょあじーと専制君主を皆コロしにし、ぷろれたりあーとの世を築くと言って建国した中華人民共和国の実態は如何?

党の最高幹部の蓄財は「兆円」規模だ。

まだまだ貧しい発展途上国なのに、貧しい国民から兆円も巻き上げるとか鬼かよ。

これでは支那の社会は死滅してしまうね。

結局自分たちが王侯貴族になりたいだけの共産革命だったのさ。

日本のお仲間に言い訳させると、

奴らは腐敗したが自分たちは違う!

とかほざくんだろうが、

どう違う?

どうやって証明する?

よしんば百歩譲って個人の資質としては聖人君子だったとしても、

①歳食って耄碌しない保証
②死後同等以上の後継者の保証

をしてね。

できはしないだろ?そんなことは。

社会主義・共産主義は子供騙し。

思想としての市民権なんてないんだよ。

ヴァカな南朝鮮塵が騙されて共産革命する分には構わないが(むしろ弱らせるためにやってくれ)、

日本でやるのは、

絶対に、

止めろ。

益がない。

こんにちは

>ソロ様

前回は貴重なご指摘ありがとうございます。

お返事遅くなりまして申し訳ありません。

何からお答えすればよいか、まずは「リアリズム」について説明しましょう。

チベットと東トルキスタンについて、西側陣営がなにゆえダンマリを決め込んでいるのか、実は明確な理由があります。


支那が沖縄を欲しがる理由を「国防上の理由」と説明しましたが、チベットとトルキスタンについても実は同じです。あくまで支那の立場から見た理由なので、チベット・トルキスタンの立場からすれば「侵略」になります。

チベットは「インド」、トルキスタンは「ロシア(ソ連)」から支那(北京)を守る上での戦略的拠点として、これらに取られる前に支那が奪取しました。つまり、防衛線の拡大です。

西側陣営がチベット・トルキスタンを「無視」している最大の理由がこれでして、すなわち、支那が取らずとも早かれ遅かれインドかロシアに取られたであろうということです。

支那の行いを糺せば、支那は国防上の理由だと主張してきますが、これに対して西側陣営は満足な反論ができません。となると、先の大戦で日本やナチスドイツが防衛線を拡大したことも同じく容認したことになる。

※防衛線の拡大を「予防占領」という。

これが何よりも“マズイ”ため、西側陣営はチベットやトルキスタンを見殺しにしています。

理由は他にもあり、チベットもトルキスタンもキリスト教陣営から見たら「異教徒」だということです。

ウクライナ問題で米国がなにゆえ執拗にロシアを批判するのか、それは米国が欧州を守りたいからです。

ロシアにすれば、ウクライナはロシアの国防上の戦略的拠点ですから、支那同様に立派な大義名分が一応はあります。

しかし、ウクライナがロシアの手に落ちれば、欧州へのロシアの影響力増大は免れません。

欧州を「起源(宗主国)」とする米国は、欧州がロシアの影響を受けてしまうことを何よりも恐れています。

米国は欧州を嫌っていますが、反面、欧州なくして自己のアイデンティティーを保てないという複雑な心理を持つ国でもあります。

欧州より上に米国が位置することで、米国は「宗主を凌駕する元植民地」として威張ってられる。独立戦争のときから変わらぬ植民地根性が今も米国を覆っています。

ですから、チベット・トルキスタンを冷酷に見捨てる一方で、ロシアが勢力を拡大しようとすると、なりふり構わず、自己矛盾さえお構い無しにロシアを批判します。

要するに、キリスト教圏(欧州)を守るためなら何でもやるということです。

欧州は米国よりももっと冷酷です。アジアがどうなろうが知ったこっちゃありません。植民地を失った時点で、欧州はもはやアジアに興味はなく、カネ儲けができればそれでよい。

だから、支那と対立するような言動は基本的にとりません。

「親日派」として有名だったフランスのシラク大統領がいましたが、支那と貿易協定を結ぶために渡支し、台湾は支那共産党のもの、日本は過去の侵略を反省せよと宣いました。

つまり、個人的に親日だろうが、国益のためならいくらでも日本を足蹴にする。欧州だけとは限りませんが、欧州は特にこういった冷酷さがあります。

その点、自国のためであれども、共産圏拡大を阻止するために、朝鮮やベトナムに兵を送った米国は欧州に比べると“マシ”なほうでしょう。

話をまとめると、結局のところ第二次大戦についての「正しい認識」を世界が共有しない限り、チベットとトルキスタンにおける支那の暴虐を告発するような国は出て来ないということです。

そして、第二次大戦の認識が「政治」ではなく「歴史」に変わらない限り、つまり、イデオロギーやプロパガンダを排して、学問として人々が冷静に捉えられるようにならなければ、第二次大戦の認識は政治の道具として利用され続けるのです。

また、第二次大戦を歴史たらめるためのイベントは、第三次大戦の勃発しかないと、個人的にはそう思っています。


次回へ続く

シナ大陸の政治に関する情報は共産党政府が
厳しい情報制限しているので、あいまい模糊
とした情報しか伝わらない。
一方ネットで見る限り、もうシナ大陸でも
一般生活は他の自由な国とあまり変わらない
ように見える。
衣食住の点では、相当贅沢なこともかなり
認められているようである。
でも肝心の一般人のうちどれだけの人が
満足のいく生活ができているのやら
生活苦にあえいでいる人民は
どれだけいるにやら、それらの人々の
軋轢はどんな程度やら、
13億人の分析は外国からは
何もできないのではないか。
ただ言えることは、膨大な人口の
生み出すエネルギーは現政府が簡単に制御
できるものではなく、いづれ爆発の
時期が来ることは間違いないであろう。
独裁であればあるほど危険性は大きい。
それは歴史の示すところである。
日本も他人事として済ませることではない。
日本としても、今からその危機に対する対策をしっかり
する必要がある。

沖縄県の産経新聞について

いつも拝見しております。ご見識に驚きながらも、賛同することばかりです。さて、沖縄県における産経新聞ですが、わずかに代理店様を通して東京版が宅配されております。

お問合せは
有限会社ペナント様
098-861-6769

在日朝鮮人の巣窟 自演で日本叩きBTOステマをやっているスレ

↓↓↓

【パソコン】トレードのPC環境について9
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/livemarket2/1415328921/

緊急事態

ニコニコに上がっていました。
沖縄の空港が中国に貸し出されるかもしれないという
緊急事態が起こってました。

【惠隆之介】中国が誘致か?!沖縄下地島空港[桜H26/12/23]
http://www.nicovideo.jp/watch/1419331062
《中共が浙江省に軍事施設を建設し、尖閣・沖縄への威圧を強めていることが報じられたが、沖縄では驚くほど危機感が薄く、先の知事選や総選挙では保守系候補が敗れ、革新系候補が勝利している。着々と軍事侵攻の準備を整える中国に対し、日本ではオスプレイ配備反対運動や、下地島空港を中国系航空会社にリースする構想が持ち上がるなど、もはや外患誘致と言っても良い日本弱体化工作が進行している有様である。今回は、沖縄在住の惠隆之介氏をお迎えし、補助金漬けにしてきた自民党の誤りと、それに麻痺した沖縄保守の堕落、良くも悪くもレベルアップを遂げた左翼の戦略など、本土の想像以上に危機的状況にある沖縄の現状についてご報告頂きます。》

前からの続きです。
日本共産党は揉め事を起こしては訴訟で、そして医療介護で国民や国家から搾取して、宮殿のような党本部を建て、平等を建前とし、我が物顔をして君臨しています。
   
   傘がない
「テレビでは 我が国の 将来の問題を
誰かが 深刻な顔をして しゃべっている
だけど問題は 今日の雨 傘がない

行かなくちゃ 君に逢いに 行かなくちゃ
君の家に 行かなくちゃ 雨に濡れ
冷たい雨が 僕の目の中に降る
君の事以外は 何も見えなくなる
それはいい事だろう!?」 井上陽水

上は陽水のペーソスとアイロニカルで現代を切り取った「唄」です。

私達は国家存亡の行く末よりも、今、傘がない事、今日の物価の10円、20円の値上がりの方が大問題なのです。そしてその事はいい事だろう?、目の前の事が優先することが当たり前と皮肉っているのです。

焼け野原になった戦後の東京。家を失い、食べる物もなく、栄養失調や餓死者、食べ物で家庭内サツ人が行われる日常がありました。
そんな時でも在日は、盗む、コ・ス。アクの限りを尽くしたのですが、現状の被害者意識は何なのでしょうかね。
そんな状況下で独立国の誇りである自主憲法制定より、敵国(アメリカ)の庇護の元に経済を優先させなければならなかった事は必然、当たり前だったのです。
生き延びる為には沖縄もしかりです。
誰かのせいにしないで下さい。

自民党の結党の本意は自主憲法の制定でした。私が過去に2度議員会館(議員は別の人)で手伝っていた時、週に2、3回「憲法勉強会」のアナウンスが流れていましたが、今だに個別だ集団だと自衛権すら騒ぎ立てて儘ならない現実があり、自主憲法の制定は簡単ではありません。こんな国に誰がしたのか。その責任は国民の一人ひとりに在るのです。

戦後70年を経ても自主憲法すら制定出来ない日本の現実は、中韓は勿論、欧米、世界からもみられていますし、日本の反日報道の捏造された記事が世界に配信され、世界はその網の目の範疇を通して、日本という国家を認識しているのです。
在った事を証明する事は安易ですが、無かった事を無いと証明する事は大変な事ですが、ネツゾウ史によって日本の国家や国民の、名誉や誇りを奪われているのです。先に行けば行く程、真実を証明する事は困難になります。
私達は今、何も恐れず、毅然として事実に立ち向かい、世界に知らしめる事を、それぞれの遣り方でやらなければなりません。次世代まで繋いではいけないと思っています。その事が日本の生きる道、当たり前の事なのですから。

今年も日本の為に真実を伝え続けて下さいましたブログ主に深い感謝でいます。


ブログ主様、いつも情報ありがとうございます。寒くなりました。お身体にはくれぐれもお気をつけて下さいね。

昔、沖縄出身の可愛い女の子と仲良くなりました。(私も女です)
話をしていると沖縄が琉球王国という一つの国だったのも知りませんでした。
その子が特別なのかわかりませんが沖縄って、どんな教育しているんだろう?
中国の恐ろしさを沖縄の人達にわかって欲しい!

ゴキブリにバルサン

南鮮に円安

在日に強制送還

何処に逃げても財産没収と兵役義務発生!
アメリカに逃げてもムダ! 拘束され韓国へ強制送還!

https://www.youtube.com/watch?v=I8oQItwRcB4

チョンちゃん、どうじゃろか?      (・”・)

沖縄の振興費一割削減も


政府はこれをネタに翁長を揺する気だね。

奴は自ら東京に交渉に出向いてくるくらいだし、気持ち悪いアカどもを裏切って政府に譲歩する腹積もりがあるのかも知れない。
一応元自民党沖縄県連のトップだった男だしね。

日本国につくのが吉。勝ち馬には乗るべきだ。

成長鈍化&内乱含みの中華人民共和国なんぞ

河原の石ころほどの価値も無い。

悪いことは言わないので

日本国民のままでいなさい。

古から国を護るのは国民の使命です

>はるさん、お久しぶりです。 ソロです。
>>自主憲法の制定もままならない・・我々国民の責任です。
 本当に其処が、沖縄県民も含めた意味で、是からの日本人の課題ですね。 素晴らしいご指摘だと思います。

 先ずは、現実認識を共有化する事から始めなければ、議論自体が噛み合いません。 何故防衛が必要なのか? は、現状如何にして防衛がなされているかについて、国民一人一人が、強い関心を寄せる状況を形成する処から始めなくてはならないでしょう。

 その為には、マスコミの意識改革と、経営への国民の干渉が不可欠であると思います。 朝日・毎日は云うに及ばず、其れを凌駕する地方紙の著しい左傾・反政権的言動を、先ず具体的に却下しなくてはならないと思っております。

 例えば、此の度、福島で、子供の甲状腺がんの実態調査が行われましたが、その発症率は0.04%と、「被曝していない他の地域との差は殆どありませんでした」が、NHKはこの「」内の一行のメッセージをネグレクトして伝えました。 勿論、チェルノブイリとの比較は、お話に成らない数値だったようですが、こちらも曖昧な云い方に成っていました。

 そして、この報告で、或る母親は、「説明不足で不安」だと云う、結論を導き出す。 そして、「医師から(個別に?)直接安全宣言が聞きたい」との話でした。 然し、その様な対応が現実にできるわけがない、できるとしたら、マスコミが工夫を凝らす他はないように思います。

 この辺りに、「日本の広義の防衛」という点で、国民の意識に対応するべき当事者が、マスコミで有り、そのマスコミを外国勢力に占拠されている、という問題点が浮かび上がってきます。

 これ等から感じるのは、国民を「責任は他人任せの受け身、被害者」的立場に意図的に置こうとしている、と云う事です。 その上で、我々国民には、その偏向報道を担っているマスコミを中心とする機関の怠慢や偏向を原因とする不作為を、暴きだし、責める手立てを与えられていない、という現実を認識するべきです。 殊に、民放ならスポンサーに苦情を云えば、聊かでも効果を期待できますが、数値的な検証は難しい。 況や、NHKに置いては、受信料が法的な支援の下にある事を考えれば、野放し状態と云って宜しいでしょう。

 先ずは、マスコミ改革が先決ですが、その為には、少なくとも放送局の株式を割合は参考ですが、国が30%、地方行政体が5~10%程度持ち、株主の資格制限をするべきではなかろうか、その上で、免許の停止を事実上執行可能なようにするべきです。

 報道の信頼性は、すでに、放送局自身の不作為や変更によって、失われつつあると云って宜しいのです。 このままそういった傾向を看過するなら、結果、日本国民は確かな耳目を失う事に成りましょう。

 「国家・領土は、国民自らの手で護らねばならない」と云う国際的原則が存在するから、逆に、チベットやウィグルでの国内での犯罪的な弾圧・侵略行為も、内政として不干渉にせざるを得ないのです。

 国民が国家を社会を護るつもりが有るのなら、一体敵はだれなのかと云う認識を共有化せねば、何も始まらないと思います。

沖縄に住んでいる沖縄うまれの知人は、中国の一部は絶対嫌だと言っていますが、それは極少数なのでしょうか…

岡田フランケン倒れる

代表選の大事な時期に一週間休みは痛いな。
前々から顔色が悪く、どこか病気なのでは?と思っていたよ。

しかし大勢は変わらないだろう。

結局民主党は労組様々か。進歩の無い奴らだ。

関心は細野・前原連合が代表選後、

出て行くのか?行かないのか?だ。

維新の方は受け入れ準備はできている。

江田が唯一の党代表になったからね。

橋下がへそを曲げて奇行(大阪系分党)に走らない限り維新合流はアリだ。

第二民主党ができるだけ。

支那韓様に貢ぎたい腐れリベラル勢力が割れるのは日本国の慶事だからいいけどね。

支那様(笑)の不況は相当深刻らしく、大都市と言わず地方都市と言わず、不動産は

全面下落。

不動産を持っていた支那ぶるじょあじーが没落すると共に、建設現場で働いていた漢族農民工がリストラ。

当然のごとく消費は冷え込みますな。
ますます失業者が増える。

韓の方はサムスンの不調ぶりと会長一族の内紛が日本メディアの紙面を賑わせている。

最近記事が減ってるね。(特に経済)

あまりにダメすぎて韓ごり押しの日本メディアにも愛想を尽かされたのか?

その代わり政局は面白い。

朴の言論弾圧をハンギョレ紙(赤)、新政治民主連合(赤)が糾弾し、
セウォル対応の名誉毀損報道を巡る司法判断でもハンギョレに負けたね。

更にサイバー攻撃(北朝鮮か?)を食らって原発の図面その他機密情報が盗まれた。
原発テロの準備完了。

このままでは大韓民国は倒される。
周回遅れの共産革命おめでとう。

外堀は確実に埋まってきている。
日本の残党どももとっとと始末するに限る。

日本国憲法の正しい認識 第一条編 ネトウヨ論壇の嘘を暴く


日本国民から日本国憲法を押付けられたのはGHQ・天皇の側


日本国憲法の第一条は「国民主権」である。


大日本帝国憲法下では日本の国民、領土は 天皇が権利者(所有者)になる「天皇大権」が定められていたのに対し日本国憲法下では国民、領土は日本国民自身の権利(自身の所有)になった。

法律上、最も基本的で重要であるはずの主たる権利者の地位を定める「国民主権」規程はGHQの憲法試案、政府試案にもなかった。

この規程を条文に盛り込んだのは戦後初の普通選挙で選ばれた国民を代表する議員であり、GHQと政府の試案に反対して憲法の最初に「国民主権」(日本国は日本国民のもの)と規程したのである。


大事なのでもう一度言うが


日本国の国民、領土の主権者(所有者)は天皇ではなく日本国民であるとわざわざGHQ、政府の試案に反対して盛り込んだのは戦後初の普通選挙で選ばれた国民の代表、つまり日本国民なのである。


まとめ


国家主権の推移(主権者とは国の所有者を意味する)

  ・大日本帝国憲法下 : 天皇(法的根拠は天皇大権)

  ・占領下 : GHQ(法的根拠はポツダム宣言とバーンズ回答の受諾)

  ・日本国憲法下 : 日本国民(法的根拠は国民主権)

主権の推移を見れば一目瞭然

  ・天皇 → GHQ → 日本国民

日本国憲法は日本国民よって日本国民の法益の為に作られたのである。


結論

日本国民は講和条件にあった日本の民主化を盾に取って天皇とGHQに日本国憲法を押付けて主権を奪ったのである。

「日本国の国民と領土は日本国民のもの」と「日本国民」が決めた憲法のいったいどこが押し付け憲法なのか?
  
仮に押付けられたとしても「よくも日本国民と日本領土を日本国民に押付けやがったな!」と文句を言う奴はいない。(普通の国民なら黙って感謝する)

文句を言う輩(=アホなネトウヨ)は病院でオツムの状態を精密検査で調べてもらった方がいい。


資料

成立過程参照 マッカサー案~GHQ案~政府案~国会議決(最終)
国会議決(最終)で国民主権が盛り込まれたことが判る。

日本国憲法第1条

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC1%E6%9D%A1


日本国憲法と大日本帝国憲法条文比較

http://tamutamu2011.kuronowish.com/kennpoujyoubunnhikaku.htm

抜粋

日本で始めて男女平等の普通選挙(1946年4月10日=第22回衆議院議員総選挙〔戦後第1回総選挙。女性議員39人誕生〕)で選ばれた国会議員によって、第1・第9・第25条等の民主的修正や、第17条や第40条の追加が行なわれたことは、重大な意義があったといわなければならない(国会での憲法修正一覧表)。

連投失礼する

憲法改正条項は日本国憲法自身を救うためにあるのですよ。使わない手は無い。

成文・硬性憲法を貫き、共産朝支那帝国(笑)の侵略等時勢に対応できなくなったらどうなるか?

改正手続きが無いなら、超政治的解決すなわち
革命やクーデターで日本国憲法を破壊するしかありませんな。

アホな漢族や朝鮮族じゃあるまいし、血を流すのはごめんだよ。

時代の流れに合わせて憲法を柔軟に変え、結果憲法を生き長らえさせる仕組みが改正条項だ。

改正されることは元より折り込み済み。

それを駄々っ子のように変えるな変えるなと言う護憲勢力がおかしいのさ。

りょうはんさん

へへ、ちりちゃんです。

https://www.youtube.com/watch?v=d2I2zHKkPhY
がっくしきてるのが、次世代。
史上最大の作戦

プです。
明日からだよ。

両班さん

わかりあいたい。
今の私は、
試験もバイトのクリスマスイベントも終わった。

わかんないだよね。
多分明日AMにレスくるから、すぐこたえる。

それは、ちりちゃんです。

じゃさ、

それを駄々っ子のように変えるな変えるなと言う護憲勢力がおかしいのさ。 2014/12/26(金) 22:33:03| URL| 両班野郎

適当にソロさんにやってもらてホシ。

私は、できれば、硫黄さんから、コメントもらって、
もっと、私を、高めようと思う。
だめ?かな?

史上最大の作戦

史上最大の作戦 the longest day 名場面
https://www.youtube.com/watch?v=d2I2zHKkPhY

こんなの、私とか、未成年知ってるのかな?
ある意味、感動してます。

あなたならトンスル


https://www.youtube.com/watch?v=kHhWR8_zsSI

チョンちゃん、どうじゃろか?    (・”・)

左翼の工作みえみえ

>HSBC
 「平和憲法は国民主催の産物である」とでもいいたいのか? では、訊くが、前文にある「平和を愛する善良なる」のは、他の国民で、日本国民とは言っていない点はどぅ説明するのかね? 

 憲法は国民の宣言や決意を反映したものでなくてはいけないが、そう云う場合では、主権者たる主観を述べている筈で、他の国の国民を、一方的に「善良」と置く事は考えられない。 明らかに、其処にGHQのバイアスがかかっている殊は明らかでしょう。

 あとで国会で決議を経たものだと云うが、その選挙の開催および国会の開催自体、「新」憲法を起草したGHQ民政局が、手とり足とり主導した事は明らかだが、そのホイットニー准将民政局長やケーディス大佐次長達、推進中枢が民主党に巣食っていた、FDルーズベルト子飼いのニューディラーであり、その実態は国際コミンテルンの米軍内細胞であった事は、その後のドッジ大将のレッドパージで彼らが処分を受けた事で、明らかであろう。

 当時の社会・政治背景を意図的に無視して、この様な、トンデモ説を流布するのは、この投稿者の常習wですので、ロム者の皆さまには、その点を斟酌いただきますようお願いいたします。

(>皿<) シロキチ

>道州制には悪意をわしは感じるんじゃ。

日本の防衛政策を阻む琉球人は愚かな豚です

日本は何十年も根気強くシナの領土的野心の危険性について馬鹿な琉球人を説得してきました。それにも関わらずゴーヤ臭い馬鹿どもは今日に至るまで「オール沖縄」などと称して反日運動を繰り返しています。挙句の果てには「腐れヤマトの植民地支配は国際法に違反する暴挙。我々琉球人は独立国家を樹立する」などとのたまい、反日かつ琉球独立派の活動家を県知事にしました。

もはや説得するだけ時間の無駄ではないでしょうか。皆様もいかにシナが恐ろしいか、琉球独立が馬鹿げた妄言であるかを琉球のズ共に説いてきたことと思われます。しかしあいつらは豚と呼ぶに相応しいほどに愚かです。日本人の忠告など聞かず、逆に牙をむいて噛みつく始末。こんな連中のためになぜ日本が日米安保を放棄し、沖縄県の基地をすべて排除しなければならないのでしょうか?シナに尻尾を振り、日本を脅かすスパイ気取りの豚のためになぜ日本が割を食う必要があるのでしょうか?小笠原のサンゴ密漁もどうせ琉球の乞食がシナの密漁船を手引きしたのでしょう。‘ひめゆりの塔事件’で当時の皇太子を焼き殺そうとしたキチガイを抗日の英雄などと賛美して議員にするような野蛮人ならそれくらいのことは平気でやるでしょう。
沖縄県は日本の領土であることは疑いようのない事実です。その事実を否定し、植民地支配だ国際法違反だと騒ぎ立てる琉球人はもはや日本人どころか人間ですらありません。豚です。

先の大戦で沖縄を守るために散っていった日本の先人を貶め、自分たちは被害者だと厚顔無恥な醜態を晒して金をせびる。ゆすりたかりの名人と揶揄されるほどの卑しい琉球豚はシナの軍隊にでも屠殺されてしまえばいいんです。

琉球人は愚かな豚ですの人

確かに今の沖縄県民は被害者意識が強すぎるが
米軍に加え(米軍は中国の現状を見ると必要)、本土の腐れ左翼まで
押し付けといて都合のいいことばっか言ってないで
早く回収してくれ!

そもそも、本土のメディアがここまでおかしいのになにもできないないちゃーが偉そうに沖縄の一部の腐れ左翼を全体だと思って発言するのはやめてほしい、それこそメディアに踊らされた愚かな豚だね。。

当時の日本軍は沖縄を守る気持ちおあっただろうが
根本は本土決戦のための時間稼ぎでしかない。

日本の腐れサヨクを利用して反基地運動や琉球独立を肥大化させたのは琉球の豚連中である事実を無視して日本人の保守派を中傷するクズには言うことはありません。ただただ、琉球豚と一緒に死んでほしいだけです。

ブログ主は保守だと思いますが
あなたのような極右がいるために沖縄と本土の距離が離れてしまうのがわからないですか?
沖縄の極左も大問題ですけど。。

そもそも、琉球独立論なんて一部のお花畑能の人たちが勝手に騒いで
本土のメディアが大きく取り上げているだけなんですどね。。

管直人がまだ政界に居続けられる本土も似たり寄ったりですよ。

翁阿野離間に見る、戦後米国施策WGIPの歪

>tebichiさん。 横からすいません。 ソロです。
  貴方が仰っておられる事は、先に硫黄島産さんがこのブログで述べられたと思います。  其れは、先の大戦で運命を日本人として沖縄と共にした「沖縄の心」に、本土の日本人は、余りに無関心ではないか? と云う抗議を含む、ある種の「呼びかけ」でした。

  確かに心情的な面では、不足があったかもしれません。 唯、沖縄は、不幸にもその占める位置から云って、共産シナを大陸に封じ込める為には格好の位置に在り、軍略的な意味で致命的に重要な要衝である事は、誰も否定できない事で在ります。

  そして、是は常識ですが、領土は国家の持ち物で在り、地方行政体の持ち物ではありません。 随い、その国家主権を脅かす様な行為に対しては、断固とした態度を取る他はない事を、沖縄県民、日本国民双方がしっかり認識しておかねばなりません。

  これに似た様な事例が他にも日本には存在する事を、日本人は知っています。 そうですね、竹島問題、或いは対馬問題です。 日本政府は現実に侵略されているのですから断固とした態度を取らねば、それこそ、「銃弾なき侵略」を許してしまう事になりますが、是は、歴史的に事例が無く、其れを許せば、歴史上の大恥になり、我々の世代の日本人は世界の嗤われ者になる事は必至ですし、是では、沖縄を護らんと命を投げ出して、「沖縄の心を示した」沖縄県民も、其れを助けようとした10万人の日本兵士達の犠牲も、完全に無駄になってしまいます。 以後、国を護る為に命を懸ける日本人は居なくなって終いますが、それは取りも直さず、日本と云う国家の消滅を意味します。

  領土問題に対応を誤れば上記の事態になるのは、むしろ必然です。 否、戦後日本は、既に対応を誤って来たからこそ、現状の沖縄や竹島、そして、尖閣問題があると思います。 戦後WGIP施策で行われた「戦前日本の否定」は、沖縄のみならず、日本人全部の心の中から、「国土防衛」を他人事にしてしまっていると思います。 亦、米国が犯した「やり過ぎ」を隠蔽した為に、戦争中の55万人を超える民間人虐殺の主犯が、分らなくなって、或いは曖昧になって終っているのです。 現在の広島平和祈念館の館長は米国人である事はその象徴的な事例だと思います。

  これら米国の日本支配の弊害が、現状の日本人の九条病の様な平和ボケであり、沖縄離間であろうと思います。

 その米軍の駐留によって、政治的にも経済的にも特別な位置を占めている沖縄もその典型的な例示ですが、私は、先日行われた沖縄知事選、及び、衆院選の結果から、その「沖縄の心」の理解が、むしろ沖縄県民自身の理解から、また遠のいた様に感じます。

  現状の米軍兵士の愚行の犠牲に沖縄人が遭って来た事や、騒音等、ネガティブな事があることは認めますが、米軍基地が存在するのは、何も沖縄だけではありません。 75%と云う数字も、軍事設備だけで見れば、全国の25%程度に過ぎないのです。 他の地域でも、同じく日本人は米軍の愚行に拠って、少なくない被害者を出してきたのです。

 然し沖縄独立を叫ぶ人たちは、沖縄には、年間3500億円と云う、世界的に見ても開発途上国の国家予算に匹敵する巨額の補助金が支払われてきたのも事実として受け止めねばなりません。 沖縄が戦後70年も経つのに、経済的に自立して居ないのは明らかな現実です。 亦、国家が強い武力で護られてこそ初めて独立・成立し、国民は安寧な生活が送れると云う世界的な常識を認識しなくてはいけないのではありませんか? その背後勢力を「共産シナに求める」と云うのが、今回選挙で勝利した人々の意見であると我々は危惧して居るから、行き過ぎた批判も出てくるのです。 沖縄が参考にすべきはスコットランドなどではありません。 何故なら、スコットランド自体、既に国家なのですが、沖縄は地方行政体にしかすぎません。 私は参考にするのなら、スペインのバスク人、やイラクのクルド人の様な存在ではなかろうかと思います。 どちらも、護ってくれる国家を拒絶して居るから大変な目に遭っていますよね。
 
 琉球は日本とは別の国家で在る、という認識を持ち出す人がいますが、日本はその南北に長い地形から自然発生的に、列島の中央に強権的な政府が出来あがった事から平安の昔から永い間、半ば独立した地方領主・諸候の恭順で成立する中央集権の国家連合の形を取ってきました。 琉球国は、その諸侯の中の一つに過ぎないと考えることも可能なのです。

 絶望的な戦争の最中に「沖縄の心」で琉球人が示した日本人としての心は、薩摩人が、長州人が、会津人が示した、日本人の心と寸分違わぬものであると私は信じます。

 我々が心配して居るのは、真の沖縄の心を持つ人達が、先の選挙の結果で、「何も言えない、云わない、考えない」状況に在るのでは無いだろうかという事です。

 沖縄人が「沖縄の心」で示した「日本人として生きる」心を、忘れた、消えた、理解できないと云うのなら、最早言葉はありませんが、今、沖縄人が真にどう考えているか、この先ドゥしたいのかを、はっきり日本や世界に向けて発信する為には、極左メディアの独占を許さない強い行動が必要ではありませんか?

愚かな豚、無教養な土人には何を言っても無駄です。どうせ「侵略者、盗人が植民地支配を正当化している」と思っているでしょうから。
tebichiのような奴は良い意味で琉球ゴキブリとか糞蠅の類ですが、それでも害虫です。

左翼のかく乱工作に乗らないように、ご注意ください

>↑の名無しの卑怯者へ
 自分のコメントに一切責任を持つ気がない癖に、罵詈雑言全開で挑発するのは、主張の中身にかかわらず、卑怯な行為と云う他はない。 

 こう云うのは大抵、保守同志を装い、一方的に決め付けて、口汚くののしる事で、保守層の撹乱を仕掛ける手法を使うが、これ等は、左巻きや朝鮮人の常套手段と相場は知れている。

 豚はおまえの方じゃないのか? ブサヨくん。

【落合畯】沖縄が歩んだ戦後と自衛隊[桜H25/7/11]
https://www.youtube.com/watch?v=7Cc7YE8jluU

サヨク工作員の自衛隊への嫌がらせの数々です。

琉球土人の肩を持つような言動は人間性を疑われるので避けた方が良いでしょう。
薩摩侵攻から400年上もゆすりたかりを続けてきた伝統的乞食人種に「日本人として生きる心」などありません。そんな屑を庇っても何の得もありません。

 戦争による領土拡大が禁じられ国境線が確定した現代では、領土拡張にはそれなりの大義名分が必要です。

 沖縄はかつて主権国家だったので、日本からの分離独立が可能です。
(中国はサンフランシスコ講和会議調印国ではないので、現在沖縄がアメリカの占領権下にあることも無視できるはず)

 沖縄が中国に取り込まれると、支配下にあった漢民族の国である中国が宗主国であった清国をのっとったように、沖縄を通じて日本本土の取り込み、中国化が可能になるはずです。

 中国の沖縄侵略にかける本気度は、文字通り、日本侵略を目指すものとして、日本人はもっと真剣に考える必要があるんじゃないでしょうか。

ソロさん 
私も沖縄人ですが、一日本人として沖縄の位置における戦略的な重要性は認識しているつもりです。

沖縄には4パターンぐらいの人が存在しておると思っています。

1.琉球独立と騒いでる人
2.左翼と一緒に基地反対と騒いでる人
3.情緒的に基地反対と言っている人
4.中国の危機を感じている人
※何も考えてない人は含めておりません。

1と2は、ほぼ同じで社民、共産、民主の極左の人と沖教祖などの
教職員連中とそれに賛同しているやつらです。
また、割合的には1よりは2のほうが多いんだと思います。

3は新聞、学校教育なので洗脳されてしまっている人達ですね
沖縄は日本に捨てられ、米軍に侵されと延々聞かされた人達です。
なので基地問題、オスプレイ、米軍の事件など反射的に反対して
しまう思考になってしまっているんだとおおみます。

4は尖閣を抱えている離島のほうに多い人で、沖縄本島の
何が何でも基地反対という姿勢に嫌気がさして
中国の脅威をちゃんと感じている人です。
今回の衆議院選挙で沖縄4区は沖縄南部と離島が選挙区なのですが
離島はすべて自民党がとっていますが人口の絶対数で負けております。
ちなみに、私の考えも4となります。
沖縄4区の自民の対立候補も普天間、へのごとは関係ない南部で
基地問題一点で騒いでいたので離島の反感を買ったのもあると思います。

名無しさんの書き方に憤慨してあのような書き方をしてしまい
誤解を生んでしまっていたら申し訳ないです。

基本的に沖縄の人は天皇陛下が来られたときもお祝いしますし
中国がそんなに好きではなく琉球独立なんて本気で考えている人なんて少ないと思います。

ただ、今までの報道・教育などで基地問題に関しヒステリックに反応して
しまうのでその考え方を改めなければならんと思っております。

また、原発村と同様、あまりにも過剰な補助金をもらいすぎ
基地反対と言えば金がもらえると思っている人が多いのも
恥ずかしながら事実だと思います。

私としては補助金なんて、普通の人たちには落ちてこず
土建屋、政治家など一部の人たちの腹を肥やしているだけなので
政府は思い切って、現在の1/3ぐらいに減額し
基地問題は国防のためにひつようなので地方の話を聞いている場合ではないと切り捨てたほうが、反発は今までよりくらうと思いますが。
今後の沖縄のためによいと思っております。
もう、これ以上韓国みたいになってほしくはないので

乱文になってしまい申し訳ありませが、気持ちはソロさんと
同じだと思っております。


名無しさんへ
あなたの言動からは「日本人として生きる心」が微塵も感じられません。

千里の道も一歩から

>tebichiさん、ソロです。 明けましておめでとうございます。 レスありがとうございました。

 読ませていただきました。

 私は、沖縄県人が沖縄が抱える問題を自らが自覚認識し、自らの手でそれを解決する事、それこそが、名無しさんの様な、マスコミから得た情報だけを鵜呑みにして決め付ける本土人を見返す唯一の術で在り、是まで超えられなかった「何か」を超える事だと思います。

 その為には先ず、現状を正確に冷静に捉えた、客観的な認識が必要です。

 其れは貴方が、挙げて分析した下記の分類を更に掘り下げてみる試みも有益かと思います。
>>1.琉球独立と騒いでる人
私は過去に、別のブログでこの手の人達と、独立の手段について討論した事がありますが、完全に妄想の域を出て居ませんでした。 現実的な成分が丸でない。 一般人でこれ等の主張に同調できる人は、中学生並みの社会常識や知識しか持合わせていないと思います。 故に、少数派であると思います。 病気だと云っても差支えないと思います。 それでも5%近く居るだけでも、沖縄にとっては危険な成分を持つ人々です。
>>2.左翼と一緒に基地反対と騒いでる人
是は、此処のブログ主様が嘗て云っておられた、「職業左翼」と、其れに同調する利権に絡んだ人たちでしょう。 逆にいえば、儲かる方に付く連中ですから、掌は条件次第で幾らでも返ります。 翁長知事とその支持者もこの類に入って居るでしょう。 その推定割合は、多くても30%前後程度ではあるまいか。
>>3.情緒的に基地反対と言っている人
オソラクこの層が一番多く、随い、この層の覚醒が一番重要ではなかろうか、特に、所謂サイレントマジョリティと呼ばれる層で、主婦層、老人層が主体です。 本土と同じ割合だとすれば、少なくとも50を超す割合がいます。
>>4.中国の危機を感じている人
所謂、覚醒した人々で、客観的な知識や数字を基にして。冷静に沖縄の姿を自覚出来ている人ですが、如何せん情報源が、向こう側に抑え込まれている辛さがあります。 向こう側に都合のよい様に情報操作されていますが、そのカウンターインテリジェンスが乏しいので、誤った現状認識のままになって居て、其れを原因として保守同士の論争~仲違似成り易い。 ですから、先ずは、お互いの情報を一度整理して共有化を図る必要があります。 この層に属する方々は、貴方がおっしゃっている様に離島で品の侵略の脅威の実感をおもちの方は100%この層に属すると思います。 しかし、全体でいえば、15%程度では有るまいか。

 そして、私が付け加えたい成分構成として、
>>0. マスコミ、左翼政治家とその取り巻き、シナや朝鮮、或いは本土から移住してきた工作員を挙げたいですが、彼らは、1%内外居るのではなかろうか。それでも沖縄県の人口が142万人だとしたら、14000人以上居る事になります。 彼らは、公的な立場に立ち、発言力や行動力があるので、パーセンテージは少なくても、全体に及ぼす影響は大きい。 

 彼らは丸で毒薬です。
 
 先ずは、この毒薬の影響を封じる事が先決ですし、外から見ても彼らの影響力が大きくなってきた様に見えたから、不安も増大したと云えるのですから、先ず、この成分の危険さを自覚した一人一人が、周辺の人々に伝え、説得してゆくことが大事なのです。 

 一番大事なのは、3.の層の説得の様に思えますが、この層は、謂わば川の水です。 流れに従って流れるので。つまり、自分の自由意思がないので、説得よりも、流れを変える事が大事なのですが、其れには、この毒薬を広める働きをするマスコミの力を減じる事に、注力すべきで、彼らの出版したモノや放送した番組を「観ない、買わない、読まない」事、そして、番組にCMを流した企業の製品の不買運動をやる等、合法的な行動を執るべきです。 是は嘗て、民主党政権の折に、日本中で保守層がやった事です。 最初は糠に釘。暖簾に腕押しの体でしたが、民主党の失策の度に、世論はそのサイレントマジョリティから、アンチ民主党に代わってゆきました。

 千里の道も一歩から、是非、できる処から頑張ってみてください

沖縄といつも全国最低賃金を争っている青森県の者からすれば
沖縄は米軍基地でグダグダ言って贅沢だと思っています。青森県にある核燃料サイクル基地と交換して欲しい。
米軍基地の何が問題なんだか。
青森県には三沢にも米軍基地があるけどなんの問題にもなったことが無いです。
むしろ春の桜祭りで地元民の花見の輪に米軍基地の人が飛び入りして
一緒に酒飲んだり一緒に写真撮ったりして本当に楽しそうです。
沖縄は米軍基地に文句を言っているだけで大金が入るんですよね。

そして米軍が沖縄上陸したのは知っています。(青森の)うちの父の一番上の兄も徴兵されて沖縄戦で亡くなっています。沖縄で死んだのは沖縄県民だけじゃありません。陸地戦の場所が沖縄になったのは不幸でしたが、日本もほとんどの県が空襲受けて民間人が死んでもいるのです。
青森も空襲受けています。
竹林はるか遠くの著者のご両親も青森空襲で亡くなっています。沖縄以外の日本が全てぬくぬく生きていた訳ではないです。

最後、取り替えっこできるのなら核燃料サイクル施設と中間貯蔵施設を沖縄の米軍基地と交換してください。そっちの方がずっといいです。雪も降らず、除雪費が税収を圧迫しつづけて福祉が最低最悪の常に貧乏の青森県からすれば、沖縄の人は欲張りすぎです。

(基地反対の沖縄人宛て)

日本人に対して舐めた口を叩く琉球土人の tebichi は生きる値が無いのでしょうね。

南京大虐殺は真実ではないと思う理由

【南京大虐殺は真実ではないと思う理由】鈴木史郎
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1115.html

フリーアナウンサーの鈴木史郎氏がご自身の体験をもとに
「WiLL」2011年4月号に書いておられます
URLはある方のブログですがそこに内容が載っています
ご参考までに。

沖縄の県民感情を歪めてきた元凶

沖縄の県民感情を歪めてきた元凶: これは是非知って置いてください。
二人の知事・・生き永らえた泉守紀と殉職した島田叡
沖縄戦では、約十万人の沖縄県民の死者を出しました。
いまどきのマスコミ関係者、反戦平和主義を叫ぶ市民団体等は、非戦闘員が日米両軍の地上戦闘に巻き込まれた全責任を、日本軍(第三十二軍)のせいにしようとしています。しかし、これは全く事実に反するということを下記のブログが明らかにしています。
すべての責任は、東条内閣が決定した老人・婦女子の本土・台湾への疎開計画を故意に遅らせ、妨害したあげく、自らは沖縄戦開始の2ヶ月前にさっさと本土へ逃げ出してしまった泉守紀という卑劣漢の自己保身工作に有った・・・。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-809.html

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。