スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立工作が進む沖縄   12月16日(火)


前回からの続き
沖縄知事選で当選した親中派の翁長氏の危険性について前回は少しふれまし
たが、今回はもう少し踏み込んで検証してみたいと思います。

翁長氏はかって自民党県連幹事長を務め,15年前の県議時代、辺野古移設
推進決議案を可決させた旗振り役でした。過去には「ぼくは非武装中立では
やっていけないと思っている。集団自衛権だって認める」と発言するなど
至極まともな人物だったのです。

その人物がなにゆえに習近平の意のままに動く人物になってしまったのか?
カネなのか、脅かされているのか、

以前、翁長氏は保守政治をけん引してきた存在であることは事実だが、民主
党政権が誕生すると、突然、ルーピー鳩山に近づき民主党市議を取り込むと
同時に自民党県連をはじめとする保守党政治家に辺野古移設反対に舵を切
らせました。

また翁長氏は辺野古移設反対に先人を切って市民を誘導していき、裏では
極左の「琉球新報」「沖縄タイムス」と結託して世論を形成していきました。
今思うと全て知事になるための工作だったのです。

新聞紙上では盛んに「オール沖縄」というキャッチコピーで沖縄県民の心を
つかみ、一方では、翁長氏のことを沖縄の心を代表する清潔なリーダーとして
扱っていました。

しかし翁長氏ほど汚職にまみれた政治家はいません、彼は自民県連役員人
事は自ら息のかかった人物を充て、県連を私物化して、これまで数多くの選対
本部長を務め、使途不明の選挙資金をプールし自らの蓄財にも忘れませんで
した。

今回沖縄県知事では翁長雄志は千円の図書カードをばら撒いたと噂されて
います。また沖縄の選挙では街宣車は1台しか許されていませんが、彼は
数十台の街宣車を走らせていたとも言われています。

もし事実ならば重大な選挙違反ですが、沖縄県警では期待できません。
過去の違法デモすら見て見ぬふりをしてきました

「たかじんのそこまで言って委員会」で司会の辛坊さんが別の番組で翁長氏
に対して「辺野古への移設中止」について質問したら突然逆ギレして「沖縄
をバカにしているのか、上から目線でモノを言うのをやめろ、沖縄は米軍基
地の75%が集中している」と言われてびっくりしたと言っていましたが、
これは翁長氏の答えられないことに対して質問を切るための戦術です。

彼はプライムニュースにも出ていましたが、司会者が「辺野古移設へ中止さ
せる具体的なプロセツを教えて下さい」と質問したら、ここでも突然切れて
「沖縄は差別されているとか、上から目線でモノ言うのやめろ」と早口でま
くし立てましたが、司会者は重ねて聞いても、最後まで答えませんでした。

翁長氏は自己矛盾に満ちた疑惑まみれの政治家です。

さて習近平の狙いは、アジア太平洋地域を支配下に置きたいが、米軍の軍事
力に阻まれて、実現できない。そこで中国海軍は核ミサイルを搭載した原子
力潜水艦を太平洋に展開させて米軍を牽制したい。

そのためには沖縄県を支配下におき、自由に通過できるゲートウェイを開設
したい、その橋頭堡が尖閣諸島であり、石垣島、宮古島なのです。

日本はこの中国のあからさまの野望を見せられて、国の安全保障は風前の
灯火です。それにもかかわらず、政治家やマスコミは相変わらず、沖縄県
民「被害者論」に呪縛されて金縛り状態に陥っています。
この危機状態の中で誰が考えても沖縄の地政学的価値は一層高まっています。

中国の野望を裏付ける資料が「琉球臨時憲法」です。綱領の一条には「琉球は
古来より独立国家である。琉球人民は日本の植民地支配を承認しない」と
あります。また中国人民日報には「琉球は私達の血を分けた同胞であり、
中国が支持すれば5~10年で独立できる」述べています。

このように中国側の「沖縄県人は中国人と血を分けた同胞である」という
長年にわたっての宣伝が沖縄県人の心を支配し、日本人としてのアイデン
ティティを薄れさすことに成功しています。

その証拠に大田昌秀知事以降、稲嶺知事、仲井眞知事などは、中国帰化人の
子孫であることを誇りにしていました。稲嶺元知事などは選挙機関中は中国帰
化人子孫であることを宣伝していました。

しかしこの人達は、中国人の残虐で野蛮で無知で民度の低い子孫であること
に誇りを持つなど愚かな極みです。少し歴史を勉強していればむしろ中国帰化
人の子孫あることが恥であると思うのが普通の感覚です。

このように中国による巧妙な沖縄侵略が着々とその成果を上げ始めていま
す。そして遂に今回の選挙で自民党は、沖縄県にある4つの小選挙区で全敗
しました。前回の選挙では自民党は3議席を確保していたのですが・・・・

なぜ沖縄がこれ程、左傾化していったのかを、次回考えてみたいと思います。



2冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります





コメント

県民です

沖縄の人です。

今回の選挙翁長氏が当選して非常にショックとともに危機感を感じています

私は沖縄のTV、新聞、メディアの実態を
知っています

だから翁長氏には危機感を持っていました。当選した時は沖縄もいよいよ危ないと思いました。

沖縄の人は全ての人がオール基地反対ではないのです
私はむしろ賛成です。

しかし周りは何と無関心が多いことか。
沖縄のメディアも翁長氏をヨイショして
それに流される県民も多い


まだまだメディアの影響は大きい(泣)

今回の選挙 本土のプロ市民も多くかけつけ完敗しました

私がいいたいのは基地を県外と叫ぶ人は
県民のそういではないとあよたならな
























沖縄県民が忘れてはいけない事。

>ヒガ様、ソロと申す若輩者です。
 確かに、沖縄のマスコミの売国度合いは、120%位でしょう。 そのマスコミに耳目を塞がれていると仰るのも分からないでもない。 然し、殊は、あなた方の生命や財産に直接関わる事であるのは、チベットやウィグルの惨状を見ていれば良く分る話です。 功利的に考えても、共産シナが、日本と同額、否、それ以上の支援をしてくれる可能性は、ゼロと云っても宜しいでしょう。

 貴方がた沖縄県民が、マスコミを「左巻きだ」「売国だ」と云った処で、あなた方県民の多くが、かの新聞を定期購読し、TVやラジオを視聴しているから、かのメディアが、是までやってこれたのではありませんか? つまりは、貴方はそうではないかもしれませんが、無関心層の多くの本音は、沖縄を日本とは別の国と考えている、日本人にしてみれば売国である、と云っても宜しいのではないですか? 

 少なくとも、今回の貴方がたが選挙で示した「選択」では、そう見えます。 私が総理大臣なら、「補助金は以後一切停止する上、基地外縁に、基地設置以後に住み着いた住宅や施設については、強制移住も検討する」と云う恫喝に出るでしょう。

 「沖縄独立」、結構です、できるならやってみたらよい。 勿論、沖縄が現状最も依存している補助金は、あてにできませんから、シナに頼むのでしょうね。 然し、あのシナから、交換条件に何を要求されるか考えたほうがよろしいでしょうね。

 勿論、日本企業はすべて撤退します。 そして、沖縄の国家としての承認を妨害するでしょう。 それは、沖縄が外国に成る事によって、危機を受ける側には、生存権が懸って来るからです。 国家の生命線であるシーレーンの防衛を大義として、日本が一体、何をするかも覚悟しておかなくてはなりませんね。

 確かに沖縄も北海道も、国境の土地です。 ダカラ、この2つを特別扱いする施策に、国民はこれまで黙認してきた筈です。 沖縄戦で多くの島民が死んだと云いますが、本土でも、他の地でも、もっと多くの人々が、もっと酷い目に遭って死んでいる事も、同じ国民だと云うなら、忘れてはいけません。

 戦争は誰しも避けるべき、最も忌まわしい災事です。 見ず知らずの、何の恨みもない人々を、無理に意味づけて殺さねば自分たちの家族すら護れなくなる事態なのですから。

 然し、今沖縄がやっている事は、その忌まわしい戦争を、呼び込もうとしている事に他ならないと、気付くべきです。 

 忘れないでください、日本と米国を除いては沖縄に味方はいません。

アップありがとうございます

滅亡カウントダウン中の支那に降伏するなど琉球人の恥ですよ?

それと、琉球王国が朝貢してたのは
満州族王朝の
清であって、

漢族ごときの
風下に立ついわれはない。

支那の琉球領有根拠は全く荒唐無稽。

そんなこと言うなら今すぐ満州族に全土を返還しないとね。
あれ満州族が広げた領土だから。

漢族は征服された民族のワンオブゼムに過ぎないでしょ。

まあ歴史談義はともかく、
沖縄県民は日本でも支那でも、
経済が上手く回る方に付いた方が得ですよ?

冷静に考えてください。

勝ち残るのは

日本国

です。

支那は発展途上国の人口ボーナスを活かして強引に経済成長しただけ。

そのうち息切れして外資に見捨てられて轟沈しますよ。

アガリは共産党のクソどもが持ち逃げ。
支配種の漢族すらロクに分け前貰えないのに、
新参の沖縄人がどう遇されるか、
言うまでもないでしょ?

こんにちは

>ソロ様

お返事ありがとうございました。

すぐにお返事を書こうとしたのですが時間がなくて。しかも、内容的にブログ主様の次稿の邪魔をしてしまいそうだから、簡潔にまとめます。(まとめるつもりですが・・・)

私は基本的に力学で物事を見ます。格好つけて言えば「リアリスト」になります。

支那が沖縄を欲しがるのはミクロ視点のリアリズムでして、グローバルの視点から言えば、米軍によって東支那海に“押し込められている”支那の「国防上」の理由になります。

支那の海上防衛線は東支那海、つまり、大陸にべったり貼り付いている状態です。対して、米国の海上防衛線は、日本列島・韓国を「最前線」とし、幾重にも張り巡らされ、本陣は遥か後方のカリフォルニアにいます。

この状態で米支が開戦すれば、まさしく「あっ!」という間に米軍が勝ちます。というか、東支那海の防衛線(本陣)を突破されたら最後、支那海軍は地球上から消え去り、本土防衛もままなりません。

ですから、支那としては海上防衛線をなるたけ東に押し下げ、二重(第一列島線)、三重(第二列島線)に防衛線を張り巡らし、米軍と「対等」になりたいのです。沖縄はその通過点であり、つまり、現状においては米国という巨大海軍国家が存在する限り、支那は沖縄を欲し続けるわけです。

また、私の言う力学は非常にシンプルで簡単なものでして、力の強い者は弱い者に対して「生殺与奪の自由」を有していますが、逆に弱い者は強い者に対して「好き嫌いの自由」くらいしか有していません。

ぺーぺー社員が会社の上司の「悪口」を言う自由はあっても、上司を「クビ」にはできないのと同じです。逆に上司は気に入らない部下をクビにする自由があります。

つまり、好き嫌い以外何の自由も有していない弱者に対して、強者は弱者から「好かれ」さえすれば、弱者の全てを掌握したことになります。こうなれば話は早いです。なにせ、弱者には自由などないのですから。

要するに、支那は沖縄県民から好かれさえすれば、もう沖縄を手にしたも同じなのです。

ですから、支那の対沖縄工作もそこに重点を置き、ひたすら沖縄県民に好かれようとします。

具体的には、支那に留学する日本人留学生の中でも、沖縄人だけは「別格扱い」でして、支那人たちは沖縄人を「同胞」と呼び、他の日本人とは明確に差別化し、待遇も違うそうです。

そうやって沖縄人がどんどん支那に取り込まれていくわけですが、我々も沖縄人から「好かれる努力」をしなければならないのです。

沖縄での選挙そのものが不正という可能性はありませんか?

今回の選挙では多くの疑惑が噴出しているようですが
住民票を移すなり、開票に不正を働くなり、
なんらかの動きがあったのかもしれません。

サヨクが自民党に票が集ったのは
集票マシーンに不正があったからだと
怪しい話を書きまくってますが
逆の可能性だって当然あると思います。

【『不正選挙とムサシ:何故不正選挙を暴けないのか』】
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292375

今はネットでも発信出来る時代になってる
でも沖縄の方の声そのものが聞こえない状況
その上で先の選挙結果
もうあそこは現状維持・切り捨ての方向で良いと思って
るよ

今や危険段階

初めて沖縄に入ると途端に米軍兵士の数に驚きます。確かに数の多い米軍兵士に起因するトラブルは後を絶ちませんが、その米軍が人民解放軍に置き換わったらどうなるのか?考えたことがあるのでしょうか?中央政府が東京でなく北京になったらどうなるのか?少なくとも今は一応保障されている言論の自由、デモの自由、米軍に抗議することの自由等ーーーこれらがどうなるのか?考えたことがあるのでしょうか?これらを無視できるほど、北京政府と人民解放軍は寛大で心やさしいと期待しているのでしょうか?だとしたら、とんでもない誤りです。沖縄の米軍兵士をソ連軍兵士に置き換えると、昔の記憶にある東ドイツにそっくりだと思いますが、ソ連軍兵士どころか人民解放軍兵士が跋扈したら、考えただけで背筋が寒くなります(以前書きましたが、所用でチベットに滞在していたことがありました。現地で通訳と運転手付の車を手配してくれましたが、その運転手の雰囲気がどこかおかしく、帰り際に通訳氏ーー漢民族ーーがこっそり教えてくれました。運転手は人民解放軍の将校で、本当の仕事は私の監視だった!)。管理人様が指摘されている沖縄の新知事のテレビ番組での対応は、まるで独裁政府の裁判官です。自分に都合の悪い発言、質問は話をすり替えて大声で抑えるーーー(映画でしか見ていませんが)ナチやスターリン時代の人民裁判そっくりですね。一方で、新知事も日本だからこそそのような振る舞いが自由にできること、これを忘れていますね。それとも自分の親衛隊に人民解放軍を雇いたいのでしょうか?
沖縄は今や日本の最前線、とくに危急なのは尖閣列島です。守り抜かねばなりません。何年か前のルーピー首相と現沖縄県知事のおかげで日本は打撃を受けていますが、皆で団結すればまだ何とかなると思います。

時勢は支那たたきだ

支那経済は確実に落日。

1~11月の日本の対中投資は四割減のな700億円に留まった。

利に聡いことで定評のあるユダ公・アメリカからの対中投資も前年比22%減。

これでアメリカの投資家達も、米国内の支那排斥運動から支那を守ってくれなくなる。

サイバー攻撃や国際金融システムへの挑戦をアメリカ政府は赦さないだろう。

潰す(革命工作で)

隣国の日本や韓国が漢族難民が怖いから止めてくれと嘆願しても。

ユダ公はそういう奴らさ。

だから、日本も受け身ではダメなのだ。

沖縄問題も支那の消滅で自然消滅する。

我々日本人の手で支那本土を破壊せよ!

ユダ公任せでは主導権を握れない!

支那の凶暴性・狡猾さをナメ過ぎ

名誉ある『同胞扱い』ということで、シナ共産党の認めた自由、シナ共産党の認めた言論、シナ共産党の認めた結社、その他諸々シナ共産党の『指導』の下、奴隷の自由を謳歌してください。
そして、異議を唱えれば、香港のデモの如く『市民生活の破壊』を口実に、武装警官によって遠慮無用に制圧していただけます。
容疑者は『テロ活動家』として処断され、家族・親戚も謀議に加担したとしてまるごと粛清されます。
もっとも、転覆に貢献した沖縄の連中は、一番先に『反革命勢力』というレッテルを張られ処刑されます。
シナの歴史を少しでも学べば、この様な事態に陥る事など容易に想定できます。

不正選挙

衆議院選挙が終わりました。何故か次世代の党は惨敗でした。が、公正な選挙が行われたのでしょうか。次世代の党の票が共産党に入っていたミス?も明らかになっています。

東京12区から立候補した田母神さんも残念ながら落選しました。しかし、開票結果を見ると????です。下記の票が開票結果だそうです。これを説明できる選挙管理委員の方がいるでしょうか。

この開票結果がもし事実なら不正開票と思われても仕方がありません。東京12区の選挙管理員会に再開票を求めるべきです。次世代がからむミスは東京だけではありません。日本全国再開票すべきではないでしょうか。

東京12区選挙結果
( 東京12区 )
小選挙区 東京12区 田母神俊雄氏
    30,116票(北区)
      9,117票(足立12区) 合計 39,233票

比例得票 次世代の党 東京12区
     9,340票(北区)
     2,829票(足立12区) 合計 12,169票

不正開票

不正選挙第2弾です。
下記の動画は東京12区の開票参観人が撮ったものです。開票はそれぞれの立候補者の票を選別後、束にして集計します。動画を見ると一つの束の中に複数の候補者の名前が入っています。田母神さんの票も見えます。

この束が最終的にどの候補に集計されたのでしょうか。明らかに不正開票です。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=VTUPS7FDM1Q

軍事テクノロジー



無人航空機は第1次世界対戦中から開発されてきた。
その飛行距離は最大110キロであったが
最新のGPSを搭載した小型無人ステルス偵察機の遠隔操作距離や
有人ステルス爆撃機の飛行距離は、ともに12000キロ以上である。

沖縄の基地の必要性は
21世紀の軍事テクノロジーからはすでに陳腐化されている。

沖縄基地の存続を望んでいるのは
アメリカの軍部ではなく、基地撤退完了までに
独自の軍事産業と宇宙航空産業を発展させたい日本政府である。

開票疑獄かよ!この国は、終わった!ネット投票にしたら、もっと不正しよるな!ネチズンは、投票する党が無いから、ふて寝したな!次世代に入れたが…知識をここで開帳し、チョン・チャン終りとマスターベイションこいとるが、日本は、終るぞ!策は、有るのか??自民が、安倍さんが…、自衛隊のレボリューションしか無い!自衛隊に骨の有るやつは、おらんのか!レボリューション大賛成じゃ!

外国人「韓国株式市場、魅力を失う」…投資額は日本の1%
http://japanese.joins.com/article/024/194024.html
「予想を上回る早さ」と専門家も驚き・・世界携帯電話シェア、サムスンの減少続く
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20141209/Xinhua_03660.html
【韓国】韓国第3の携帯メーカー パンテックが経営破たん、従業員に給与2割減を哀願
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1418790964/



「韓国人は信頼できない」 72% 「信頼できる」 16% 日本の嫌韓最悪に―米調査会社
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1387338351/
1200人アンケートで「韓国が嫌い」は87%ー週刊文春
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3230

今回の選挙でもそうですが、
本当に沖縄県民の声が聞こえません。

いや、この開票結果が声そのものだと言われれば
元も子もないんですが(笑)

んで、どうなんでしょう・・・・・。

声を大にして叫ぶ人たち・・・あれは普通に沖縄の人なんですか?
沖縄の人たちは、共産国家中国の下で、
奴隷というくくりの中での自由と、幸せと、誇りを甘受することが
お望みなのでしょうか・・・・・。

我々の純粋な愛国精神のパフォを見て、全体主義と言ってはばからない
共産主義者たち・・・・・・もぅ、バカですね・・・日本共産党も・・・w

沖縄の皆さん・・・・

そんなに日本国がイヤなのなら、沖縄県ごと中華に亡命は
諦めてください。

自分達の意見も言わず、口の達者なプロに任すのは
情けない話ですよ。

自分の故郷を本当に愛すことが、シナ工作員の術中にはまることで
あるのなら、沖縄県は渡しません。
しかし、
反日を是とする県民が、個人として、組織として、単身夢の中華に
行くことには、何の異論もありません。



もっと、もっと、日本国民としての沖縄県民の声こそ、
大きくすべきではありませんか・・・・・・・。

我々はそれを待っています。

沖縄は、アジア全域の防衛の要衝

>硫黄島様、お早うございます、ソロです。 貴方のシナの戦略解析読ませていただきました。 基本的にその通りだと思います。 唯、シナ人民軍は明らかに「米国と世界の覇権を競う」と云う野望をベースにいるのでしょうが、現有戦力はスペックだけの「がらんどう」と云う状況なのは、シナの伝統で、いつもの話です。

例えば空母を持てたと云っても、遼寧はディーゼルエンジン駆動に換装して居るので、少なくとも爆装した重戦闘機が飛び立つのに必要な、30ノット以上の速力を出す事ができません。 然も、発進できる飛行機が限定されるが故に、スキージャンプ式の発進装置は運用面で欠陥があり、その所為で、遼寧のベースとなった空母(ヴァリヤーク)は、原子力エンジン搭載にもかかわらず完成前に放棄されていたものです。 これでは作戦行動に使えるわけがない。 そして、そんな条件下で、離発着艦の訓練を散々やったから、多くのベテランパイロットが海の藻屑と消えてしまいました。 人間を消耗品と考えるシナらしい現象です。

まぁ、そういう内部事情を無視して、太平洋を線引きするのはシナの勝手です。 日本は「額面通り」に受け取って軍備強化の大義にすれば良いダケの事です。

唯、日本には保守派の中にも 「日本には戦略空母は要らない」と云う人も存在します。 確かに、にーミッツ級の空母の建造費は2兆円ですし、建造期間も10年くらいかかります。 スペック(搭載戦闘爆撃機 87機乗組員 5千人・・)から推定する年間運用費は、出動回数を1回、2か月としても、建造費と同額を見込んで居なくてはなりません、搭載している多量の戦爆団が絶えざる訓練を要するのがその主たる理由です。 日本の年間防衛費の総額が現状4兆5千億円にすぎない事を考えれば、「要らない」と云う声が上がるのは、寧ろ当然でしょう。

然し、前にも述べましたが、共産シナ相手に「戦争抑止力」の実効面で考えるのなら、どぅしても、戦略空母2隻、ミサイル巡洋艦4隻、イージス艦8隻、対空駆逐艦 8隻 対潜駆逐艦 8隻、強襲揚陸艦 4隻、海兵師団(8千人)1、 護衛潜水艦隊 12隻他で成る、打撃艦隊の常駐が必要です。 すると、現実には、上記に挙げた数の倍数が必要になると云う事です。 是でも、米国が現在運用している艦隊数の半分にも満たないのですがね。 米軍の軍事費の巨額さが知れます。

この辺りのカバレッジの不足は、その米国との共同作戦を主とし、作戦行動範囲の限定、新兵器の開発や兵士の練度の向上、そして、外交施策による、周辺国家群との防衛役割分担で、凌いで行く他はありません。 

その為にも、沖縄は重要な拠点であると言えましょう。 

 事実是まで、日本国のみならず、南シナ海に面する国々、更には、インド洋に面する国々の防衛の拠点として、大きな役割を果たしてきたのですから、それらの国々の防衛担当者にしてみれば、国家防衛=現状維持の為の軍事戦略面からみて、沖縄を共産シナのものとする事は、絶対に許し難い事でしょう。

ですから警告するのです。 「沖縄独立~親シナ政権誕生~沖縄のシナ軍基地化」は、日米のみならず、現状、シナ人民軍から脅威を受けている周辺国家群すべてを敵に回すことになる、と。

仰せの、「日本が沖縄に好かれる努力をせよ」は、過剰な補助金を与え続けてきた事や国家反逆罪に当たる様な。反日反米活動を黙過すること以上に一体何があるのでしょうか? 

  米軍基地でも、軍事施設に限れば、その存在比率は75%どころか、その逆25%も有りません。 それでも歴代自民党政権は、地域的な配慮から、沖縄の声を最大限に聴いてきた、と云うべきでしょう。 逆にもし、米軍基地が沖縄に無かりせば、多くの島嶼には、シナ人が不法に上陸、跋扈し犯罪行為を行い、あまつさえ領土主張をしていたかも知れません。

 戦後の沖縄が、シナの侵略を免れて来たのは、米軍が常駐していたから、という見方はできないのでしょうか?

この様に「現状を当たり前」としか捉える事が出来ないのでは、口に出てくるのは、自然、「現状に対する不満だけ」になりますが、それでは、彼らに良き未来はありません。

 この先、沖縄がいかに騒ごうと、日米が沖縄をシナの手に渡す事はありますまい。 ソレ処か、沖縄県民を他の県に移住させても、拠点を死守する方を選ぶでしょう。 沖縄は、極東のみならず、アジアン全域の防衛の要なのです

恨み

日本人には意思がない。意思は未来時制の文章内容である。
日本語には時制が無い。だから、日本人には意思がない。
特亜三国 (日本・韓国・中国) の言語には、時制が無い。だから特亜三国人には意思がない。

意思のない人には、加害者意識が無い。加害者意識は罪の意識である。罪がなければ、贖罪もない。
あるのは、被害者意識と、恨みばかりである。このような精神状態は、北東アジアの不安定要因を作りだしている。
こうした袋小路から、どうしたら抜け出せるかが問題である。

時制があれば、未来時制の文章内容を考えることができる。未来社会の内容を明文化できる。
内容に合意が得られると、国際協力ができる。これは大同である。英語ならできる。

怨恨は小異であるが、未来社会の建設は大同である。大同の内容を熟慮すれば、小異を捨てて、大同につく機会が得られる。かくして、人類は一歩前進する。

沖縄人はシリア情勢の国連軍を見て誰かが助けてくれる筈と思わない事です。国連は一度撤退しました。明らかに無能です。オバマもどうかと思いますが新しい大統領に変わればアメリカは国連よりも迅速に対応してくれるでしょう。日本はレアアースがなくても早急に代用を発見し、困難を克服しました故に資源がなくても平気なのです。しかし沖縄独立が何を齎すか離反すれば資源を守るには自軍が必要になります。沖縄独立派はインドが助けてくれると言ってますがただの傍観中立国であり、それは親日の台湾でも同様でございます。沖縄は絶海の孤島です。防衛なしで海洋資源は守れません。そして世界は日本ブランドがあって軍事協力が他国とようやく協力できるのです。また沖縄の経済は日本の助成金を止める事はできません。私の好きな補助金なしのゴーヤよりも助成金漬けのさとうきびでしか育成しようとしないんですから。農業大国にはなれません。これはケビン・メアの指摘した通りです。また独立の際、沖縄人は日本通貨はどうするのですか?日本で一番最低賃金だと言うことを無視して独自の沖縄通貨にすると経済的に韓国よりも下になる事を良くご存じなんですか?沖縄語は日本和語がルーツです。日本から出ていくなら沖縄の日本和語も撤廃するんですか?日本人や日本国籍を辞めてまで何か権益があるのでしょうか?日本から独立したら日本が遠い外国になって中国や韓国と同じにパスポートが必要になる。そんな事したらややこしくなるだけ。遺伝子レベルでも日本人と証明されてるのに九州から独立しないでください。貴方がたが独立すると九州は中韓の砦となるしかありません。つまり、中国に侵略された場合、軍事的に沖縄を沈めるのも九州からとなります。沖縄人にとって九州は兄弟じゃなかった。沖縄に住む在日中国人(戦中、日本女性を性暴力した敵)と独立を後押しして仲良くするんですか?

支那本土が革命で血の海に沈めば沖縄は安泰さあ

支那が不景気になれば沖縄の腐れ左翼に渡す工作資金も先細りだしねえ。

それより、
中国共産党日本支部こと

民主党の代表選だよ。

民主党が弱体化する方向で決着すれば日本国の慶事となる。

蓋を開けてみなければなんともだが、結論から言うと、

今回もアカ野郎が勝つ(つまり岡田新代表)

だろう。

それがスポンサーである連合の意思だからね。党名も変えられない。

原発再稼働をめぐり、旧総評系と旧同盟系に連合が分裂解体しない限り、民主党代表はアカ野郎以外ない。

細野グループと上手くすれば長島グループ&前原グループが民主党を集団脱走して新党立ち上げ、維新と合流する程度だ。

まあ民主党の議席が1議席でも減る分には歓迎するよ。

細野としては民主党に十分義理を通したし、10議席だけだけど肥え太った民主党あ割いた方がより大きな政党が作れるだろうしね。
現執行部の批判票と次回選挙の落選への危機感から、結構な数が民主党を逃げ出すんじゃないか?

そして、面白そうなのは細野新党が維新に合流した後だね。

維新(改)が更に江田グループと橋下グループに割れる虞がある。

土壇場で逃げ出した橋下に国政に口出す資格はないはずだが、ムダにプライドの高い男なので、いつまでも江田にデカい顔はさせないだろ。

野党第一党(リベラル)の座をめぐる争いから目が離せない。

そいつが確定し、何とか国政選挙で勝って、政権交代して、金融政策を円高に転換しない限り、支那経済と中華人民共和国には



しかなく。

従ってまた沖縄を接収することもできない。

気が遠くなるほど長い道のりだが、

せいぜい頑張れ(笑)

県民です
沖縄の人です。
沖縄の人たち・・・。

やめようか。
やろうか?

もし、中韓を知りすぎた男
?てが?はてなだえろ?
ってのがあって、どうする?


日本乗っ取り計画進行中 極左勢力のお家芸【不正選挙】事件帳

90. 名無しさん@ほしゅそく 2014年12月18日 22:29
とりあえず、はっとくよ。
今回の選挙で発覚した事件。

今回私が知ってるミスは以下の通りです。
■2014年12月14日選挙事件、ミス?不正?
【北海道】札幌市 衆院選期日前投票済みの男性に誤って投票用紙を交付し二重投票、どちらも有効票。
【北海道】滝川市 投票方法を誤って記載した衆院選のチラシを3日の新聞に折り込み、同市内に配布した。
【青森】黒石市 死亡の21人と転出32人に投票所入場券発送。
【宮城】美里町 小選挙区用の投票用紙が、1人の有権者に2枚交付された可能性あり。
【宮城】仙台市 青葉区の比例選の投票者数が、小選挙区選より約1000人も少ない結果になった。
【秋田】大館市 「日本」とだけ書かれた比例票を、共産党立ち合い人から申し出があり共産党の票とする。
【秋田】鹿角市 投票所入場券記載ミス、選管会場変更、反映されず。
【福島】福島市 期日前投票、投票用紙間違えるミス。
【福島】福島市 集計漏れ、候補者名が書かれた投票用紙80枚が見つかる。
【福島】川俣、郡山 投票用紙、交付ミス相次ぐ、川俣、郡山などで二重配布か。
【福島】鮫川村 投票用紙を誤交付 鮫川の衆院選期日前投票所。
【福島】会津若松市 比例2票無効に衆院選期日前投票で若松選管委が投票用紙交付ミス。
【茨城】坂東市 衆院選の投票用紙の二重交付と二重投票があったと発表した。

91. 名無しさん@ほしゅそく 2014年12月18日 22:29
【栃木】矢板市 投票用紙交付ミス、期日前6人分。
【栃木】日光市 比例代表の投票用紙を交付する際、誤った説明をしていたと発表した。
【栃木】上三川町 衆議院選挙の投票所2カ所で選挙人名簿が入れ違って配置。
【群馬】前橋市、玉村町 投票用紙を二重に交付。
【群馬】伊勢崎市 投票済み男性に再び用紙を渡す。
【群馬】長野原町 町役場の期日前投票所で投票用紙の交付ミスがあったと発表した。
【埼玉】所沢市 小選挙区の用紙を「比例」と説明ミス、無効票発生。
【千葉】市原市 投票用紙を再交付し二重投票が行われたと発表。投票用紙が特定できず有効票。
【千葉】船橋、我孫子 投票所で職員が有権者に説明を誤り、それぞれ小選挙区で1票が無効になったと発表。
【千葉】木更津市 転出して投票資格のない男性に、誤って投票用紙を交付した。
【東京】板橋区 期日前投票で二重交付相次ぐ。
【神奈川】南足柄市 衆院選の期日前投票に訪れた在外選挙人に、本来は投票できない
「最高裁裁判官国民審査」の投票用紙を誤って交付してしまうミス。
【新潟】柏崎市 比例代表選挙と最高裁判所裁判官国民審査の投票用紙計2枚を2重に交付するミス発生。
【石川】金沢市 比例代表と裁判官の国民審査の投票用紙がそれぞれ1枚不足していた。
【石川】珠洲市 有権者6人に選挙用紙、合わせて11枚を誤って交付するミス。
【山梨】南アルプス市 次世代の党が書かれていない比例区政党一覧を誤送付。
【山梨】韮崎市、富士吉田市 二重にカウント…ミス相次ぐ。
【長野】松本市 投票を棄権した人の投票用紙を残票に加算しなかったという。
【長野】投開票トラブル相次ぐ県内10市町村。

92. 名無しさん@ほしゅそく 2014年12月18日 22:30
【岐阜】岐阜市、郡上市 集計ミスにより、小選挙区の投票結果の発表が約1時間遅れた。
【岐阜】富加町 富加町選管が裁判官4人の開票結果を取り違えて県選管に報告していたと発表。
【岐阜】恵那市 衆院選の期日前投票で投票用紙の交付ミスがあったと発表。
【静岡】静岡市 衆院選の期日前投票を済ませた人が再び比例代表に投票する二重投票があったと発表。
【静岡】熱海市 投開票の衆院選で投票所入場券269人分を発送しないミスがあったと発表。
【愛知】名古屋市昭和区 愛知8区の阿久比町の選挙人名簿に登録されている男性に
愛知3区内の投票所で投票させるミス。
【三重】名張市 衆院選期日前投票済みの男性に誤って投票用紙を交付し二重投票、どちらも有効票。
【三重】津市 津市で投票者数を15人少なく発表するミス
【滋賀】草津市 投票所で有権者に投票用紙を渡す際、誤った説明をしていた。
【滋賀】野洲市 転出した有権者の取り扱いを誤り、投票の案内を発送していなかった。
【京都】伏見区 「次世代の党」に投じられた1500票を、「共産党」の票として誤って集計していた。
【大阪】羽曳野市 用紙再交付ミス、男性が二重投票。
【大阪】箕面市 小選挙区の投票用紙、二重交付の可能性。
【兵庫】芦屋市 視覚障害者ら8人に選挙通知書を送り忘れ。
【兵庫】神戸市 投票用紙仕分け台で菓子食べる。衆院選開票所バイト職員。
【奈良】平群町 900人に投票用紙の説明ミス。
【和歌山】海南市 衆院選期日前投票済みの女性に誤って投票用紙を交付し二重投票、どちらも有効票。
【和歌山】有田川町 衆院選期日前投票済みの女性に誤って投票用紙を交付し二重投票、どちらも有効票。

93. 名無しさん@ほしゅそく 2014年12月18日 22:30
【鳥取】南部町 衆院選期日前投票済みの女性に誤って投票用紙を交付し二重投票、不在者投票を受理しない。
【島根】邑南町、隠岐の島町 投票用紙交付で選管ミス相次ぐ。
【島根】松江市 二重投票が発覚、どちらも有効に。
【岡山】岡山市 市内4区すべての開票所で集計ミス。
【岡山】岡山市 男性が妻の入場券を持って訪れ、小選挙区を1人で2票投票した。2票とも有効票として扱われる。
【山口】山口市 寝坊で投票所開設5分遅れ、有権者6、7人が帰ったという。
【山口】下関市 下関市では投票用紙の交付ミス発生。
【香川】高松市 最高裁判官の国民審査の用紙が投票者数より117票少ないことが発覚。
【高知】室戸市 比例代表及び最高裁判所国民審査の投票用紙を二重交付、投票。
【福岡】福岡市 受け付けられない別の区に住む有権者の投票を誤って受け付けるミスがあった。
【福岡】福岡市 投票所の小学校、運動場に女性の遺体。事件や事故の可能性を視野に調べている。
【長崎】諫早市 比例代表の開票作業で投票者数と投票数が一致しないミス発生、原因不明。
【長崎】諫早市 小選挙区で二重投票発覚、投票箱開けられず修正不可。
【長崎】諫早市 在外投票者10人を二重に計算し、小選挙区の投票者数を誤ったと発表。
【熊本】宇土市 小選挙区選と比例選で期日前投票を済ませた男性に再び投票用紙を渡し、
二重投票させた。

何故、沖縄の人々が戦禍に巻き込まれたのか。



海軍による台湾沖航空戦大勝利の虚報と敗戦事実の隠蔽

沖縄からの移住者が多く住んでいたサイパン陥落は兵士、住民もろとも玉砕するという悲惨な結末となった。(玉砕なのか米軍に虐殺されたのか定かではない)以後、東条内閣は沖縄の住民に対して大疎開計画をたて実行に移したが、半ばで海軍による台湾沖航空戦大勝利が伝えられるともう米軍の侵攻はないとして疎開を止めてしまう。このことが沖縄住民の悲劇に繋がっていく。


ルソン決戦からレイテ決戦への変更による防衛準備は水泡に

海軍は台湾沖航空戦大勝利が虚報であると陸軍にも伝ええなかった。このことが南方軍がフィリピンにおいて長年に渡り準備してきた持久戦を主とするルソン決戦から短期レイテ決戦への変更をもたらす。そしてフィリピン戦線における莫大な犠牲を伴う大敗北と沖縄主力守備兵力の第九師団の抽出に繋がり沖縄の防衛計画を破綻に至らしめ沖縄戦を更に悲惨なものにしてしまうのである。


海軍沖縄根拠地隊の不作為

沖縄には海軍陸戦隊の大部隊である沖縄根拠地隊がいたが、台湾沖航空戦大勝利の報は虚報と知っていたであろう海軍関係者が沖縄住民に疎開の必要性を説いた形跡は見つからない。(硫黄島では現地の海軍部隊が陸軍守備隊に知らせていた)後に海軍陸戦隊は「沖縄県民斯ク戦ヘリ、県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」と有名な電報を発するが、そもそも住民の安全を確保するのが任務だろうに何を考えているのかと気分が悪くなる。ちなみに青山繁晴などもよくこの電文を引用し住民の奉仕を美化し、おまけにTVで沖縄戦では何故か陸軍が悪いと言い切ったその薄学にも大変に驚いたものだ。偽者に騙されてはいけない。


大日本帝国の統率の問題点

海軍は米軍の対日侵攻主力艦隊を全滅させたというのは誤報で米艦隊は健在であると何故、天皇、陸軍、現地住民に知らせなかったのだろうか。それは戦争の勝敗より官僚化した海軍組織の自己防衛が優先されたからである。そしてそれを促したものは昭和天皇が陸軍と海軍に忠誠を競せいていた影響も見逃せないだろう。昭和天皇独白録には源氏と平氏の話がでてくるが古代政治のように歩兵が主の源氏を陸軍に水軍が主の平氏を海軍に見立てていた節がある。こんな体制では近代民主主義の下で激しい選挙戦を勝ち抜いてきた米国の大統領の意思決定システムの基礎である情報の品質、判断の合理性において敵わないのは明らかであろう。


カイロ会談以後の作戦の特徴

カイロ会談において終戦の条件として日本の無条件降伏が発表されると日本の立場としては条件講和に持ち込むべく以後の作戦は攻勢と決戦指向に傾いてゆく。インパール作戦、大陸打通作戦、サイパン決戦、フィリピン決戦、沖縄決戦等の作戦は日本の国力を超える無謀なものであり急速に自滅しまった。特にサイパン陥落直後の天皇の戦争指導は疑問である。

(引用開始)

昭和20年2月14日に近衛文麿は敗戦を確信して天皇に上奏文を出し、敗北による早期終結を決断するように求めたが[5]、天皇は「もう一度敵をたたき、日本に有利な条件を作ってから」の方がよいと判断、これを拒否したという。このことは、少なくともある局面では天皇が能動的判断で戦争の継続を選択していることを意味するとも取れ、またこのときの判断次第ではそれ以降の敵味方の損害はなかった可能性をも示す。つまり、このときに天皇がこれを受け入れていれば少なくとも沖縄戦や広島・長崎の被爆はなかったはず、というものである[6]。

(引用終了)


結論

現在も日本国に残る戦前から続く官僚制と天皇やその権威を利用する(公家や政治家など)人々の利権は大日本帝国滅亡の原因であり、日本国民に災いをもたらした元凶であった。特に天皇と関係が薄く、激戦となった南部地域の住民の生存率は10分の1、そのほとんどは避難した壕の中で家族もろとも火炎放射器で焼かれて死んだ(つまり生きたままガソリンをかけられ焼かれて死んだ)沖縄の人々の不信感はなおさらであろう。バブル崩壊以降は官僚制の弊害が目立ち最近はとある式典で天皇陛下万歳を行い天皇自身を困惑させた勢力(安倍一味)が日銀に財務官僚を送り込み貨幣乱発を始めた横暴をみるにつけ、いざとなればまた見殺しにされるかもしれないという沖縄の人々の直感の正しさを感じざるを得ないのである。


資料

幻の大戦果 台湾沖航空戦の真相
https://www.youtube.com/watch?v=Ogi2ixI-Nc8&list=PLbZvryQfOGt6sYLKiJr_nwC6ahJ1ZuHyx&index=1

昭和天皇の戦争責任論 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%AB%96
戦争責任を肯定する立場の主張

チョンさんと火遊びした朝鮮女

パククネ大統領の元カレ夫妻の離婚話が転じて、セウォル号沈没時にパククネさんと元カレがニャンニャンしてて、元カレがクーデターを企む国政人事介入してたという大統領府機密文書!

http://ameblo.jp/19kodo/entry-11965850268.html

朝鮮族のお家芸下半身戦術、「男くノ一」チョンユンフェは北の工作員なんじゃろか?    (・”・)

よくコメント欄にR水素なる団体の信者が水素エネルギーを推進する書き込みを行っていたかもしれませんが、R水素の酋長の正体は

https://twitter.com/chooneui/status/543964241779113984

このように日本の選挙権がほしいなどと喚き散らしている在日韓国人です。最近、ヒュンダイ自動車が水素エネルギーで日本を圧倒したなどのニュースがありましたが、実は水素エネルギー推進派は日本を滅ぼすために裏で結託しています。反原発を叫んでいる小泉も奴らの仲間です。奴らは原発の代わりに水素エネルギーを日本で普及させて日本を滅亡させ、新大和皇国なる独裁国家の建国を画策しています

http://blog.goo.ne.jp/tachibanamiyuki/e/854c83e822f7f92138a3b859cd634f1f

yamtokenkoku.net

この江原とお友達なのが2015年統一地方選挙に立候補している奈良県知事候補の岩崎孝彦(44)

https://twitter.com/cyberuls

であります。奴らは全員グルであり、糞高い水素エネルギーを日本で普及させて、一般人は電気すら使えない極貧状態へ追い込んで滅ぼすとホルホルしています。このような害虫を駆除するために拡散の協力をお願いします。

こんにちは

>ソロ様

人心はカネでは買えません。外国人はいざ知らず、沖縄県民は日本人ですから、日本人ならばなおさらカネで心が動くことはないでしょう。

つまり、沖縄にいかに補助金、もとい米軍基地負担の迷惑料を差し出そうとも、沖縄県民に言わせれば人心をカネで買おうとする賎しい人間のやることだと思うでしょう。要するに、沖縄にカネを撒いても無意味だということです。

あまつさえ、どれだけ沖縄にカネを突っ込んでも、1人あたりのGDPで沖縄が日本一低いことから察して、そのカネがいったいどこに消えているのか、つまり、沖縄県民のフトコロには入っていないわけです。

沖縄への補助金支給は直ちにやめるべきです。


沖縄と日本の関係を「恋人」に置き換えると分かりやすいでしょう。

日本は沖縄に財を与えることで、なんとか沖縄県民の心を掴もうとするけども、恋人たりうる必須条件はカネではなく「愛」です。この愛が不足しているんです。

愛する人を守るため、我が身の危険も省みないのは、愛の最上級の表れではないでしょうか。日本にはこれが「ない」んです。残念なことに。

外国の軍隊(米軍)が駐留し、いわば占領下にある沖縄で、この外国軍に対して『出てけ!』と言っているのは誰でしょうか?

恋人が他人に拘束されている状況下で、恋人を拘束している「犯人」を「仲間」だと言い、あまつさえこの犯人はかつて恋人の家族や先祖を殺戮した侵略者の末裔であります。

皮肉にも、本命の恋人ではない、言わば「恋敵」が犯人に対して果敢に沖縄解放を要求しています。

沖縄の本心では日本から愛され、日本と共に生きていきたい。けれども、現実として日本は沖縄を守ってくれないのです。臆病風に吹かれ、あろうことか犯人の側についているのです

こういった現実を日本が見失い迷走している以上、沖縄は日本を信じて付いていくことができません。

ですから、沖縄に対して同じ日本だと思うならば、沖縄を断固守り抜く決意、すなわち「愛」が必要なのです。そうすれば、沖縄は恋人関係から昇華し、家族になるでしょう。

また、そのためにも沖縄の米軍基地は本国にお引き取り願わねばなりませんが、お引き取り頂くためには、自主憲法を制定し(憲法9条破棄)、独自の安全保障体制を確立しなければなりません。

沖縄問題を含め、いまの日本に必要なのは、とにもかくにも「普通の国」になることです。

米軍基地は沖縄の平和のためにあるのだと、どれだけ諭しても、沖縄県民にこれを理解して受け入れろというのは、どだい無理な話です。なにせ、沖縄県民は本土日本から愛されたいのですから。米軍はあくまで外国の軍隊であり、どういう理由で沖縄に駐留していようが関係ありません。「日本軍」さえいれば米軍基地など必要ないのですから。

沖縄の置かれた状況、すなわち沖縄の立場に立って考えたら、これらは実は簡単に理解できます。

内地の人間の立場で見れば、沖縄に対してもどかしい思いにもなるでしょう。

しかし、それをいくら嘆いても現実は何一つ変わりません。変わらないどころか、沖縄の心は益々日本から離れていくでしょう。


全ては「愛」なんです。キリストは『汝、隣人を愛せ』と言いました。私はクリスチャンではありませんが、この言葉は物事の本質を表していると思います。

沖縄は愛を欲しています。しかも、他ならぬ日本からの愛を欲しています。

我々はそれを察し、できうる限りのことを尽くし、沖縄の愛に応えるべきなのです。

それが沖縄問題解決の唯一の道であると、私は信じて疑わないのであります。


なお、支那が空母を持っていようが、ガードが“がら空き”の空母はイージス艦の護衛なしに作戦遂行能力を持ちません。つまり、自衛隊の潜水艦が魚雷を空母に撃ち込めば、空母などは海のゴミになるだけです。

支那も当然それを理解していますから、日本を相手に空母を実戦投入することはありません。ですから、支那の空母など恐れる必要はありません。

むしろ日本こそ、イージス艦を6隻も持っているのですから、空母を持つべきです。そうすれば、支那は尖閣を含む沖縄に手も足も出せません。

戦後日本と沖縄の心

>硫黄島さん。  ソロです。
 沖縄についての理解の方向が真逆の様な気がしますが、謂いたいことは同じ頂上にある様な気がします。 つまりは、日本が独立主権国家として当然の、自主憲法の制定の下、護るべき国容に見合った防衛力=軍隊を持つことでしょう。

 貴方が仰る「沖縄の心」とは、戦前日本の藩屏として県民総てが命を捨てる覚悟で沖縄に留まった「日本人として死ぬ」覚悟を、戦後の米軍統治を許したことで、大きく裏切って終った、と云う事で生じる、「悲しみ」「絶望」であろうかと。

 然し、その悲しみは、オソラク沖縄県民一人のものでは有りません。 例えば、私の母方の一家は、明治の最後の年に祖父が大連に渡り、満鉄に勤務、港湾関連の事業を興して財を成しましたが、敗戦とともに総てをなくし、GPUの日本人狩りの目をかい潜って、22年に、やっとの思いで日本に帰ってきたと云う経歴を持っています。 母の一家などは、比較的条件に恵まれていましたが、私と同じ会社にいた同じ満州帰りの人などは、ハルピンからの引き揚げ者で、山崎豊子の「大地の子」の1巻目が出た時、購入して貸しましたが、昼休みが始まって20分位で「とても辛くて、読めない。 気持ちが落ち着いたら自分で買って読みます」と返しに来ました。

 その人も私の母一家もそうですが、日本政府に対する不満はかなり大きく、亦、米軍に対する不信感も最後まで大きいままでした。 彼女らはそれでも、空襲を殆ど経験していないのにです。

 私は「戦争に負けると云う事は、こう云う事か」と、日本国民の誰しもが「屈辱感と挫折感で膝を折ったものと思い込んでいましたが、豈はカランや、GHQが、私文書検閲を始め、そのチェックとレポートをする人材を募集した所、戦前の文化系大学英文科卒の女性を中心にした人々が、応募してきました。 GHQは、彼や彼女らに対して、「裏切り者」の報酬として、平均の3倍の給与、勤務先での昇進の援助としての後援をしましたので、放送局、特に新規開設したTV局へ就職した人々は、この恩恵に十二分に与った。 その数およそ2千人、殆どが戦後に、日本のTV文化・言論を牛耳るようになったのは云う迄もありません。

 こういうのを戦争利得者と云います。 米国が戦争の真の勝者であり、全てを支配していたからづsが、これは実は、国際法違反です。 然し、米国の強引な正義に、日本や国際の道理が踏みつぶされて終ってるのが、戦後以来の世界の実態です。

 然し、GHQの味方をしたから戦争利得者かと云えばそうではありません。 日本を貶め、骨抜きにする事に手を貸したものが戦争利得者なのです。 GHQも、ドッジが来るまでは、完全なコミュニスト集団を形成して、堺利彦や石橋湛山等を首班とする社会党内閣を創って居ました。 ですから、左翼も同じ穴のムジナと云う事です。

 私を含めた日本国民の、沖縄に対する印象とは、「左翼売国メディアに騙され続けて来た」と云ったものが殆どでしょう。 然し、今後その同情的な見解は次第に消えてゆく事でしょう。 沖縄県民自体が、日本を見限り、反米、親シナの左翼に迎合しているようにしか見えないからです。

 戦争で痛手を負ったのは何も沖縄県民だけではありません。 樺太でも、満州でも、朝鮮でもシベリアでも多くの日本人が、戦争が終わった後も、だんあつされ、或いは虐殺されて苦しんでいたのです。

 日本は今後好むと好まざるに拘らず、独自で軍備を揃え、軍隊を持つことになるでしょう。 そんな中で、一体「日本軍が駐留するのなら、沖縄は基地中心のままでよいのか?」という疑問に応えねばならないと思います。

これが韓国企業で奴隷として虐げられてる日本人の姿だ。

前代未聞!

■MK社長による乗務員暴行。放送禁止用語を連呼しながらタクシー蹴りまくり

http://www.youtube.com/watch?v=_qK2qmsPG8I

パワハラ〜常軌を逸している〜これが証拠映像だ!車に閉じ込めボコボコに蹴り退職強要

これが韓国企業で奴隷として虐げられてる日本人の姿だ。

沖縄人に日本の防衛軍を常駐させる意識が足りない。それのみじゃないですか?愛よりも教育でしょう。沖縄の観光に行ってる人は愛を与えてるかも知れない。しかし、政治の話を一切しないし、社会問題や家族の問題にすら論理より、感情となる。感情教育の慣れ果てがああだと政治の話は喋らなくなるだろうし、しないだろう。

こんにちは

>ソロ様

戦争を経験した方や、保守派にとって、戦後の日本に対する不満はあってしかるべきものだと思います。

しかし、私は全てを一括りにはできないと思います。

満州や樺太、朝鮮、千島などと沖縄を同じにすることはできません。

沖縄は現在日本の施政下にありますが、満州などは違います。

さらに、沖縄は支那の工作の重点地域であり、まさに引っ張り凧です。つまり、沖縄は支那から熱烈なラブコールを受けながら、一方で米軍によって事実上の占領を受けている状態です。

この特殊な状況は本土にはないものですから、従って、本土人と沖縄人とでは環境が違い、環境が違えば当然ながら「同じ施策」が「同じ結果」をもたらすとは限りません。

そのことを我々は理解すべきなのです。

沖縄県民が沖縄のメディアに騙されているとして、もちろん、それもあるでしょうが、現実問題として沖縄の平和を守るために、いまの日本政府がいったい何の役に立つでしょうか?

武力行使を自ら放棄している愚かな日本政府が、侵略意欲満々の軍国主義国家、しかも、軍事費をすでに日本の倍以上も年間に費やしている国に対して何ができましょうか?

沖縄県民は「日本」として支那を迎え撃ち、殺戮の対象となるリスクを冒すべきか、それとも「支那の仲間」になることで、最小限の殺戮に留めてもらうか、そういった非常に現実的な、本土人には決して理解できっこない切実な問題と直面しているわけです。

戦場になるのは沖縄なんです。本土じゃないんですよ。

本土人の沖縄に対する理解のなさの最たる部分がここです。当事者としての沖縄の状況を全く理解していない。

さて、沖縄のメディアを「正常化」したとして、この問題が果たして解決するのでしょうか?

私は「何の解決にもならない」と、100%断言します。

もちろん、メディアを正常化するに越したことはありませんが、だとしても、沖縄が戦場になる、沖縄県民が殺戮の対象になるという未来図は何一つ変わりません。

朝鮮がなにゆえ支那の属国に甘んじていたのか、考えてみてもらえば分かります。

いくら朝鮮の独立という理想を掲げ、それが朝鮮にとって最良だと分かっていても、現実問題として支那に勝てっこないんです。だから、支那の属国となることでひたすら命乞いする惨めな歴史を紡いでしまった。
日清・日露戦争で日本という救世主が現れたことで、朝鮮はやっと自らの意思で朝鮮の行く末を決められるようになった。そして、日本と一緒になることで、未来永劫の平和を手にする夢を掴んだ。

いまの沖縄はかつての朝鮮と同じです。

つまり、現在の沖縄は自らの意思で沖縄の行く末を決めることができないんです。軍事大国の板挟み状態になってしまい、自由を奪われている。

この状況をメディアの正常化ごときで解決できるなら軍隊など要りません。自主憲法も要りません。憲法9条をありがたく拝んでいるだけでよい。


問題の「原因」を間違って理解していると、正しい解決策は絶対に導き出せません。

仮に、沖縄のメディアを正常化できたとして、それでも沖縄県民が支那の属国化を選択したら、メディアが悪いという結論しか持たない本土人は、沖縄人の本性見たりとばかりに、人間のクズのように罵倒し、見放すでしょう。そして、沖縄は二度と日本に戻ってきません。

それでよいのか? ということです。

よくないのなら、沖縄が置かれている状況を正しく理解すべきです。

そうすれば、我々が沖縄に対して何をすべきなのか、考えるまでもなく分かります。

繰り返しますが、沖縄県民は日本を愛しています。日本と一緒にどこまでも歩んでいきたいと思っています。

しかし、それができない現実が、沖縄の目の前に弁慶のように立ちはだかっています。

これを取り除くためには、日本が「普通の国」に立ち戻り、外敵に対して沖縄に指一本も触れさせないという決意を示し、それを実行すべく軍備を整えるしかないんです。

そして、沖縄は自由を取り戻し、なんら遠慮なく日本が大好きだと、日本と一緒にどこまでもついてゆくと「公言」できるようになるのです。

これが「リアリズム」というものです。

沖縄の人が本当に誇り高くて、どこの国の属国にならずに独立したいなら、食うや食わずで核開発すればいいのでは、韓国の済州島みたいに特別な自治権から始めてさ。

核武装が終わるまでは、高い金だして、米軍に守ってもらって、スパイ防止法なんか制定して。中共のスパイは、皆殺し。


沖縄国民総徴兵制で、生活レベルは北朝鮮より少しましな感じで。

邪魔する輩もいるけれど

日本は着実に「普通の国」に近づいている。

韓カスどもが9条ノーベル平和賞推薦の署名を集めても、潮流は変わらない。

支那が行き当たりばったりで侵略戦争を始めるのが悪いんだよ。

といって、侵略戦争やらなきゃ一党独裁と共産党のクソどもの利権は守れないから、支那の行動は必然。

日支ガチの新冷戦スタートだ。

基盤の弱い方が先に倒れるだろう。

常に人民の反乱に怯えてるような国は基盤がしっかりしてるとは言えないね。

人民軍の侵攻より、沖縄は支那本土の内戦地獄から逃げ出してくる漢族難民を打ち払う準備を進めた方がいいと思うけどね。

沖縄人に求められているのは真の沖縄愛です。

>硫黄島さん、お早うございます、ソロです。
>>沖縄県民は日本を愛しています。 日本と何処までも一緒に歩んで行きたいと思っています。
 心強いフレーズですね。 是非そうあって欲しいと希います。 然し、私が思うに、唯それだけでは、戦前の沖縄人が日本政府に向けて示した「ウチナンチュウ魂」を再現できたとは云えないのではなかろうか。

 実は私の父方の曾祖父は、奄美の出ですが、一族は、江戸期に島津氏に臣従し、鹿児島市内の現在の鹿児島中央駅周辺に扶持地を貰っていましたが、明治初期に甲突川べりの土地と交換、曾祖父がそこに大島紬の工場を建てて、反物製造を始めました。 結構繁盛していたそうですが、戦後空襲で丸焼けになった工場を再建できず、また、祖父が道楽モノだったので零落しましたが、祖先が琉球王朝尚氏の係累との事で、父方の一族はとても気位が高かった事を覚えています。  「琉球を捨てて、薩摩に降った」ともとれる経歴ですが、親父も私も、琉球の血が流れている事を誇りに思っています。 

 ですから、沖縄の事はトテモ他人事とは思えないのです。

 沖縄が日本を愛しているのは結構な事ですが、ならば、一層、沖縄は自立を目指さねばなりません。 尖閣問題で、尖閣諸島に上陸を試み、成功した数人の沖縄市議が居ましたが、彼らの様に「沖縄を自ら護る心」を、言動で日本国民に示すべきです。  そのスピリッツの顕示無しには、封建社会の国同志の弱肉強食の常識世界を生き抜いてきた日本人の共感は得られないと思います。 

 「自分の土地は自分で護る」意思を示してこそ、日本人は真に共感できるのです。 亦、それでこそ沖縄県民自身が沖縄への愛を、具象的に自覚する事ではあるまいか。

 其処まで到達しなくては、戦前の「ウチナンチュウ魂」が再現したと云えないのではないですか? 戦前の女子学生に至るまでの、「死して沖縄の土とならん」の悲壮な覚悟を受け継ぐ心意気が健在なら、そして、その熱い血を受け継いでいるなら、なぜ、本土の左巻き連中のやりたい放題にさせているのですか? 

 この先沖縄は否応なしに、今以上に極東の軍事の中心に置かれる事でしょう、進駐してくる軍隊が日本軍であれ米国軍であれ、或いは、共産シナ人民軍であれ、沖縄が沖縄人のものである事はゆるぎない事実である事を、沖縄人は顕示し、死守しなくてはなりません。 

 本当の意味での沖縄の保守とは、リアルに沖縄を護るとは如何なる事か、一度じっくり考えてみる時期だと思いませんか? 

 好い処取りの希望的観測のみに終始していては、結果は出る前から決まって終いますよ。 貴方がリアリストだと云うのなら、共産シナがチベットやウィグルでやっている事に、なぜ、世界は非難すらしないのか、否、できないのか、米国内には、オバマの様に共産シナと相通じている可能性が有るのに、反シナの姿勢を示しているものもいますが、何故そんな現実が可能なのか、考えてみてください。 

 沖縄に迫っているのは、世界一の軍事大国の米国と第二の共産シナの脅威なのですから、希望的観測や未知では済ましてはいけない話です。

沖縄独立派がいわない不都合な真実

沖縄の周辺諸島の人々は、沖縄本島の琉球王朝に征服されて、差別されてきた歴史がある。

沖縄本島が独立するというなら、沖縄周辺諸島の施政区域を沖縄本島から分けて南海道(仮称)とする住民投票もやらないといけない。

一番アジアに近い福岡が米軍基地問題移設に関して問題視しない。これから先、北朝鮮が攻め入る体勢であり、福岡にとっても米軍基地があるほうが良い。軍事力の低い韓国を守るにも福岡から離着陸ができたほうが良いと思う。自民一強の安倍が号令をかければ良いだけのこと。

米国国立公文書館公開 「天皇メッセージ」又は「沖縄メッセージ」



(引用開始)

(通称)沖縄メッセージ(昭和天皇のマッカーサー元帥に宛てた「米軍による沖縄占領状態を長期間継続させることを依頼するメッセージ」)

1947年9月に、昭和天皇は米軍が沖縄や琉球列島のその他の島に米軍が占領状態を50年間より更にもっと長期間継続させることを希望する私的な考えを示し、当時、天皇の御用掛であった寺崎英成が占領軍の政治顧問のシーボルトの事務所を訪れて考えを伝え、ワシントンのマッカーサー元帥にその内容を送ってもらうように依頼したものである。 その文章の記録が残されている。

ワシントンで公文章の公開となったものが沖縄県の公文書館にコピーとして保存されている。その内容は次のようなものである。

筆者の意訳で概要説明する。

1947年9月20付けのシーボルトからマッカーサー宛の文章を封書に同封して、シーボルトがワシントンの国務長官宛に1947年9月22日付けで送っている。


標題:将来の琉球列島に関する天皇の考え

マッカーサー宛メモ

天皇の顧問の寺崎英成が、将来の沖縄に関しての天皇の構想を私(シーボルト)に伝えるため訪れた。寺崎は、天皇が米国が沖縄や琉球列島の島に軍事占領を継続することを希望していると述べた。 天皇の考えは、そのような占領は、米国にとっても有益であり、日本にも防護をもたらすことになるだろうというもの。 

天皇は、そのような行動は、広く日本国民に受け入れられると感じている。国民の間では、ロシアの脅威があり、また、占領が終わった後に、左翼や右翼のグループの台頭もあり、かれらが事変を起こしかねないし、それをロシアが日本の内政干渉のために利用する可能性もある。
 
天皇が更に考えるには、沖縄の占領(他の島の占領も必要かもしれない)が、日本の主権は残した状態で、25年や50年間、いや、更に長期間の賃借の形態に基づくものになるであろうということである。

天皇は、このような占領政策によって、日本人にアメリカが琉球列島に関して恒久的な意図が無いように思わせるのであり、他の国、例えば、特にソ連や中国が同様な権利を要求することをそれによって止めさせることになるという。

手続きに関して寺崎が思うには、沖縄や琉球列島内の他の島における軍事基地の権利獲得については、日本と連合国の講和条約の一部にする方法よりも、むしろ日米間の二国間の条約によるべきであるとする。

寺崎が思うには、連合国との講和条約の一部にする場合は、かなり強制的な平和条約の様相になることが察しられ、将来、日本人のことを同情的に解するなど危機的になるだろうと。
                                                W.J.シーボルト

(引用終了)

引用元
http://www.geocities.jp/warera_tikyujin/law_war/okinawa_message.html

重要箇所を抜粋

・「天皇が米国が沖縄や琉球列島の島に軍事占領を継続することを希望」
・「25年や50年間、いや、更に長期間の賃借の形態に基づく」
・「日米間の二国間の条約によるべき」


総司令部政治顧問シーボルトから国務長官宛の書簡

(引用開始)
 
主題:琉球諸島の将来に関する日本の天皇の見解
国務長官殿 在ワシントン

拝啓
 
天皇の顧問、寺崎英成氏が同氏自身の要請で当事務所を訪れたさいの同氏との会話の要旨を内容とする1947年9月20日付けのマッカーサー元帥あての自明の覚え書きのコピーを同封する光栄を有します。
米国が沖縄その他の琉球諸島の軍事占領を続けるよう日本の天皇が希望していること、疑いもなく私利に大きくもとづいている希望が注目されましょう。また天皇は、長期租借による、これら諸島の米国軍事占領の継続をめざしています。その見解によれば、日本国民はそれによって米国に下心がないことを納得し、軍事目的のための米国による占領を歓迎するだろうということです。

敬具

合衆国対日政治顧問 代表部顧問

W.J.シーボルト
東京 1947年9月22日

(引用終了)

引用元
http://tamutamu2011.kuronowish.com/tennnoumesseji.htm

重要箇所を抜粋

・ 「疑いなく大きな私利私欲に基いた要望」(訳:私)
・ 原文は「a hope which undoubtedly is largely based upon self-interest」


日本人が知っておくべきこと

・ 米軍の沖縄長期占領を米国に要望したのは天皇であった。
・ 要望を受取った米国の担当者は外国軍長期駐留の要望という天皇の要求に呆れた。
・ 当時、既に天皇は憲法により政治行為を禁止されていた。


沖縄の人々の苦難

米軍に対する裁判権がないまま米軍の大軍が長期占領することになった沖縄の人々は抵抗する術なく米兵の犯罪に丸裸でさらされることになった。とりわけ弱者である婦女子への犯罪は多大であった。日本が「もはや戦後ではない」と高度経済成長を遂げるかたわら沖縄の人々は米兵の犯罪の恐怖の中で生活し続けたのである。

そのような状況を打開するべく沖縄では島民をあげて「本土復帰運動」が盛り上がってゆく。そして本土復帰を実現させるのであるが、その後に米国の公開文書により自分達にそのような苦難を押付けたのは他ならぬ天皇であったことを知り愕然したのは想像に難くない。彼らの心中は現在も複雑であろう。


最後に

各自はもし自分や両親、祖父母、兄弟がそのような目にあっていたらどう思うか、本当に批判するべきは沖縄県民なのか良く考えてみたらいい。

先帝陛下の沖縄長期租借要請の件

>HSBCさん ソロです。
  やっぱり、この書簡を引っ張り出してきましたね。 確かに、先帝陛下が、米軍の沖縄駐留を要請したのは、事実でしょう。

 では、当時の極東情勢をお浚いしてみよう。 1947年と云えば、昭和22年である。 日本は、前年5月に極東軍事裁判が行われたばかりの状況である。 裁判自体が報復でしかなく、亦、判決の不当な厳しさも含めて国際法違反である。 判決の背後は、日本の国家的主権を全く認めていない状況であった事をまず念頭に置かねばならないだろう。 軍事裁判で裁判長を務めた豪州のウェッブは、先帝陛下の戦争責任を強く主張していた一人であった。 これに、ソ連とオランダが追随して、当初、陛下が何らかの罪で裁かれる事は殆ど確定的だった。

  処が、陛下が自主的な申し入れでマッカーサーに謁見して、「国民の救済を引き換えに、自身の判決を委ねる」と発言した事で、GHQ総司令のマッカーサーの主張が一変し、陛下は無罪となったが、勿論、政治に関わる様な言動は、厳に憚らねばならない時期であった事は云うまでもない。

 ダカラ、国家の防衛と云う極めて政治的な問題に、この時期にご自身の意思で口を出し、あまつさえ、事実上の支配者であったGHQに対し、命令に等しい「要請」を行えるものだろうか? と云う当然の疑問が出てくる。要請の内容が、事実上行われている領土占領ではなく、長期租借と云う形に変える事を正当化するために、裏でGHQが先帝陛下に要請したと考えると、その有効性や蓋然性から云っても、有った可能性のほうが高い。 

当時の極東情勢は、ソ連と共産シナが裏で手を組んだ状態で、蒋介石の国府軍と国共内戦を戦っていたのである。 国府軍の劣勢が伝えられている不穏な状態だから、極東の要である沖縄を長期租借する動機は、米軍からの要請以外には考えにくい。 日本はポツダム宣言を受諾したことで、昭和22年当時、軍備を解除して戦うすべが無い状態であった事から、外寇に関しては、殆ど無力であった。 それが故に、日本全体の治安維持・保護は、占領地を平和に統治する側の責任と云う事にもなるだろう。 その米軍側の大義から、裏で形式的ではあるが「日本側からの要請」を促すGHQの要求があったとして、陛下が断れる理由が無い。
 
 以上が私の感想ですが、ロム中の皆様は、私が挙げた点を良く考えて、HSBC氏が投稿した↑の文章を読む事をお勧めしたいです。

だがしかし、沖縄が中共の手に渡った時に
チベットやウイグルのような惨劇に見舞われることに変わりはない。

沖縄を取られてしシーレーンが閉鎖されても
沖縄の自業自得であるという能書きをたれていられるのですか?

天皇を否定するものが権威主義で天皇陛下を持ち出し
うさんくさいプロバガンダ情報を持ち出してどうするんです。

日本の物流が断たれたあとのことを考えたことはあるのですか?
日本は鎖国をしても存在できた、かつての日本ではないのです。





意味不明

>ちりちゃん、ソロです。
>>つっかかる、私がなに?
 日本語でおながいします。 質問の仕方とかは、「きわめて初歩的な」マナーだと思うが、最近の現役大学生は、是すらできないのが標準なのですか? ?を連ねても、質問の内容が見えてこないのは当たり前ですよ。

そもそも、沖縄の人間だけが特筆すべき切捨てをされたのですか・・・。

当時の日本については、
誰も今の繁栄を予期も予測も予言もしてなかったでしょう。
周辺国においては、
敗戦国日本のあらゆるものを『戦利品』として、
虎視眈々と狙っており、北方四島、竹島などに至っては
無関係では無いでしょう。
全国の市町村の駅前繁華街は見事に朝鮮人に乗っ取られ、
行き場の無くなった日本人はゴマンといます。
広島、長崎、東京大空襲・・・・・・・etc・・・・も。


建国以来の大戦敗退は、シナ・朝鮮にとって日本叩きの千載一隅の
チャンスであったことは、七十年たった今でも言い続ける彼等の必死さで
それを見事に物語っています。

ところが、
日本人にこの日本の統治権は当時無かった・・・・・・
沖縄だけが、沖縄県人だけが特筆される
不遇の時代ではなかったはずですよ。

しかし、世界の期待に反し、日本の復興と隆盛がなった時、
果たして、『日本』は、沖縄や沖縄県人に無策でしたか・・・・。
どこの都道府県よりも優遇された措置が講じられ施されたのでは
ないのではないでしょうか・・・・・。

『防人の地』として、重要な地勢であったのは疑う余地のないところで、
それに拠って、多分な配慮と工作が交差する中、エラーととられる
言動は、右も左も中道もあって当然だと思います。

ハイリスクの中、第一線で身をさらし、生活し、祖国と故郷を
守る精神に崇高さを表すため、『防人の民』として沖縄と沖縄県民は
そういう観点で認められたからこそ、優遇措置が長年行われても、
国民もまずまず認知していたはずです。

朝鮮半島・・・・・韓国に対しても日本が優遇し大きく支援したことは、
共産国家にたいする防人の役目に対しての慰労が大きな動機だと
聞いた事があります・・・・・まぁ勿論、米国の『命令に近い要請』も
ありましたが・・・・・・・(笑)

どうなんですか・・・・・・

そろそろ、沖縄の方たちだって日本国民として、
祖国日本に微々たる恩返しとして、何かアクション起こしても
バチは当たらない時期にはなってきたんじゃないですか・・・・

反日的なポピュラーな行動が
苦労してきた沖縄の人たちだけの仕業だということが、
どうしても思えないんですよ。

沖縄県民に示された、先帝陛下のご遺志。

>bouさん、ソロです。
 HSBCさんは、左翼の本分=日本の破壊と建設に徹しておられる方なのですから、日本の行く末等、想定外なのでしょう。 従い引用するモノは、全て日本のネガティブキャンペーンに効果的な表現部分だけを選択されておられるのですね。 昭和22年当時の日本の状況を鑑みれば、陛下の発言には、GHQからの何らかのバイアスが懸っていると云う見方が無視できないと思うのですが、もともとそういう視点にはありませんので仕方ないですね。

 私がいつも不思議に思うのは、斯う云うコメントを寄せる人の視点は、何故、日本人よりも外国人のモラルや常識の方を優先しているようにしか見えないのか、と云う事です。 ご当人が外国人だからなのか、それとも、日本政府に恨みでも抱いている、XX左翼なのか、のどちらかだと思うのですが、自分若しくは自分の家族が、不逞外国人の犠牲者、被害者に成る可能性は考えていないのではなかろうか。 

 彼は、沖縄人だけが戦後もひどい目に遭っている様な事を云っていますが、勿論それは間違っています。

 武装解除と共に。敵方に収容されて殴るけるの暴行の末に、身に覚えのない罪で処刑されたもの約1千人、フィリピンの刑務所で無実の罪で、100人以上の日本軍兵士が10年近く収容され、死刑執行を俟つ身であった事、シベリアに強制連行された60万人もの日本軍兵士の内、10%以上の人が、その10年以上に亘る重労働とー40℃を超す厳しい環境の為に亡くなって居る事、終戦とともに引き揚げを開始した、満州・樺太への在留邦人20万人がその引き揚げ途中に、朝鮮人の襲撃やソ連軍の暴行で亡くなっている事・・挙げたrきりがないくらいあります。 

 何故斯う云う事が起こったのか? 答えはきわめて簡単です。 護ってくれる軍隊が無くなったからです。 憲法も条約もリアルな防衛武力なしには、唯の紙切れに過ぎない、と云う事です。

 そして、主たる相手であった米国が3年半に亘った戦いの当初から、「日本国民皆殺し」の方向へ国民を誘導した結果であり、偏に、米国白人層の野蛮さの証左であります。 亦、戦争開始当時は、中立位置にいた筈のソ連が、終戦間際に成り、中立契約を一方的に破棄し、侵略してきたのは、あきらかな国際法違反ですが、是は、仮に法が在っても、強制力を持ち、違約者を罰するに足る力を持つ存在が居なくては、無意味である事を示しています。

 戦争に負けると云う事は、リアルに国民の身の上に、こういう事態を招く事を意味するのです。 チベットやウィグルの直近の例を見るまでもない。 
 沖縄は日本の防衛戦略の要衝である、と云う見方をネグレクトして、発言できる輩は、本当の意味で平和を願っているとは思えません、逆に戦争を呼び込んでいるのだとは、私がこのスレで何度も指摘した事です。

 先帝陛下が、米軍の長期間の沖縄常駐を望まれたのは、当時、何よりも、共産勢力の軍事的覇権の脅威が高かったからでしょう。 それが、例え、米軍からの影の要請にこたえたものだとしても、陛下の現状のご理解の範囲に在り、その対策としては、合致したものだったからでしょう。 事実、ほかに選択肢はありません。、

 唯、陛下としては、そうした「辛い目を県民に、止むを得ず強制する事になった」次第について、深い憂慮をお持ちであり、御巡幸の「最後の遺された地」として、ご薨去あそばされる直前まで、気にかけられておられたと云う、お話で分かります。 そして。そのご遺志は、今上両陛下に受け継がれ、マリアナ諸島を加えた、沖縄御巡幸を果たされております。

 戦後70年がたとうとしております。 沖縄県民は、そうした「皇室の思い」を受け容れるべきである、と私は思います。

北朝鮮のサイバー部隊が強いらしい

偵察総局121局。

職員だけで数千人規模、プラスαで支那や東南アジアの現地ハッカー達とも業務提携し、代わりに攻撃させることもあるとか。

アメリカ国内でサイバー攻撃を敢行し、小浜をキレさせたw

更に
痛快なのは、

韓国の「原発」を管理している会社がサイバー攻撃を受け、

社員情報他が流出したということ。

これで半島の共産革命に弾みがつきますなあ。

半島を統一して、南朝鮮の人口が三分の一になり、二分の一になるまで、

存分に、

搾取してくれたまえ!

以上、お題ズレ失礼しました。

沖縄にも保守がいます。

【提灯大パレード大成功】
http://hougeiokinawaken1118.ti-da.net/e4053005.html
《みなさん本当にありがとうございます!!
天皇陛下奉迎提灯大パレードはなんと7000名の方が参加されるというトンデモナイ事態となりました。
5000準備していた提灯があっという間に無くなり、日の丸の小旗を謝って渡すところから始まりました。
行列が長すぎて、国際通りをジャックするような事態となりました。》

彼らの声が表にでられるように
本土の保守も応援しなければいけないと思います。

ちりちゃん

自分でググりなさい。

サヨクが米軍基地のフェンスに貼った嫌がらせの赤テープを
はがしている良識派というものが見られますよ。

予告したら荒らしていいということにはならないんですけど。

トンスルランド人激怒

韓国人を「トンスラー」扱いする日本人への警告動画が話題に

https://www.youtube.com/watch?v=zhuCRGEU-i0

チョンちゃん、どうじゃろか?    (・”・)

第三次安倍政権に望む事 1

>bouさん、ソロです。 お早うございます。 この年末の忙しい時期に」体調を崩して、会社を休んでいますが、幸い4連休に成りました.
>>沖縄にも保守は居ます。
  戦前の日本人志向を考えれば、寧ろ、居るのが当然だと思います。

  私が云いたいのは、硫黄島さんが指摘して居られる、「『沖縄県民の思いの底に、戦後、日本人として、見捨てられた』という県民の恨みが、存在していると云う理解が、本土人には足りないのではないか? 或いは、全く理解されていないのではないか?」と、云う問いかけに対し、「否、本土人の中にも、その思いを共有している方々が沢山いらっしゃる事、そして、日本人に共感を求めるのなら、、まず自分の足で立って見せる事=日本人足る赤誠を示す事が必要です」と云いたいのです。

 HSBC氏の様に、唯只管、沖縄を被害者に見立てる視点ダケを強調し、戦後の日本政府の已む無き不作為を責め、剩、先帝陛下の書簡を誤解を誘引する形で引用するが如き、卑劣な手法は、ロム者に要らぬ誤解を与えるだけと感じましたので、背景を説明したまでです。

 但し、ブログ主様がスレッドの文中で指摘しておられる様に、翁長新知事は、「確信犯の売国奴」の可能性が高いと思いますし、今や沖縄は、日本中の左翼の巣窟化、最重要拠点化していることも否めない事実でありましょう。 ですから、「是以上の左翼の跳梁跋扈を許すな」と檄を飛ばした次第。 沖縄に保守勢力が居ないと思えば、こんな檄は正に糠に釘の価値しかありません。

 沖縄の米軍を、恰も「侵略者」や「犯罪者集団」扱いする視点が、決して沖縄県民の総意ではない事は、本土人が認識・信じておかねばならない事ですが、その信頼感を、沖縄人が裏切って居ない証左を、彼の尖閣諸島上陸決行の様な行動で示していただきたいのです。 (注:上陸自体は違法らしいので、別の合法範囲の方法でお願いします。)

 日本本土に沖縄の心が届かない一番の理由は、本土の左翼マスコミの恣意的情報操作に有る事は、容易に想像できる話です。

 第三次安倍政権に期待するのは、本来国民の耳目足るべきマスコミの意図的な不作為行為で、こうした、国政を妨害する行為を排除してほしい、つまり「『正確な事実を伝えない自由』は、マスコミには無い事を、知らしめるべきである」と云う事です。

支那は沖縄と北海道を踏み台にして日本全体を攻め滅ぼす計画なのでしょう。

このコメント欄にも沸いているが、琉球の土人は日本人を‘化外の地の蛮族’であるかのように侮蔑しているが、ではその化外の地の蛮族に薩摩侵攻以来400年以上支配されているお前らは何なんだ、と言いたいですね。
去勢されたオカマの宦官よろしく、日本人にゴマを擦って卑屈な笑みを浮かべていたのはお前ら琉球の土人だろう、と。尻尾を振る相手をシナに変えるのはお前たちの勝手だろうが、琉球独立などと言うからには過去400年の間に日本が沖縄に投じた金をすべて返すべきです。
それもできないなら琉球の土人はさっさと死んでください。生きているだけで酸素や水が無駄遣いされるので迷惑です。

沖縄人を琉球の土人呼ばわりしているのは、ナチュラルレイシストのなりすましK国人ですか? 沖縄人だけでなく、アイヌや台湾人にも土人呼ばわりするコメントをあちこちのサイトに書き込んでいる輩がいますね。お得意の分断工作でもしてるんですか?

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。