スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国金融界の”闇”    9月17日(水)


韓国最大大手銀行の国民銀行東京、大阪支店による不正融資問題で日銀が
立ち入り調査、韓国金融界の“闇”は暴かれるか(9月11日産経新聞)

今回の記事は、東京を舞台にした韓国国民銀行の不正は、歴代支店長や職員
が資料を偽造して担保価値を水増し不適切な融資を繰り返したとして一部業
務停止命令を出したと記述されています。

しかし不正は国民銀行だけでなく、韓国系在日支店(ウリ銀行、中小企業銀行、
その他)でも同じような不正があると言われています。不正の中身は不適切な
融資や支店長の賄賂要求だけでなく暴力団のマネーロンダリング(資金洗浄)
を助けることです。

日本の暴力団組織の組長はほとんど在日韓国人です。その在日組長と韓国
にいる暴力団と韓国系在日銀行が連携して日本社会に悪のネタをばらまいて
います。日本国民を不幸にしているパチンコ屋の資金も以前は朝銀、最近で
は韓国系在日銀行支店からの融資です。

われわれ日本人は朝銀の破綻で1兆三千億の税金を投入したことを忘れては
いけない。破綻の原因がまともな銀行経営なら我慢もできるが、主な原因が
預金の北朝鮮への送金、同じく朝鮮総連の政治工作資金、韓国系サラ金業へ
の融資などでは、日本国は完全にバカにされています。

当時安倍晋三官房副長官は「経営陣の総入れ替えを促し、実現するまで公的
資金を入れるわけにはいかない」と強調していましたが、当時、力を持って
いた親北朝鮮派の野中広務の鶴の一声で資金投入が決まりました。
最近の情報では小泉首相も資金投入に積極的に絡んでいたと言われています。

北の思い通りに動かされている野中広務は95年もに50万トンものコメを
北朝鮮に援助しています。まさに北の工作員といいても間違いではありません。

また朝鮮総連への強制捜査に際しては、社民党の金子哲夫議員と渕上貞夫議
員の2人が総連のトップクラス6人と共に警察庁を訪問し、「総連に対する
強制捜査は不当な政治弾圧」という決議文を手渡して圧力をかけました。
この人達は本当に日本人だろうか?

今回の国民銀行不正融資で韓国の検察当局は元東京支店幹部らを逮捕、その
直後、与信業務の韓国人行員が首をつって自殺、さらにウリ銀行の元東京支店
長が焼死体で発見された。元支店長は在職中、不正融資の見返りにリベート
を受け取っていたとして韓国当局の調査を受けており、韓国警察は自殺と発
表しています。

自殺は必ず韓国に帰ってからおきます。口封じの他殺に違いありません。
怖い国です。いずれにしても、韓国の銀行は“闇”だらけ、巨額な賄賂、横領、
背任といった金融界の不正のない銀行など1件も存在しません。

韓国では2011年から2013年にかけて20行もの銀行が破綻しています。
2013年にはかなり大きい銀行4行が破綻して取り付け騒ぎまで起こっています。
日本のメディアでは一切報道されていません。

朝鮮日報によると銀行13行、保険会社5社、証券会社6社、資産運用会社
4社など、計31の外資系金融機関が韓国を離れたと書いています。

韓国銀行の貸し倒れ実績率が先進国の8~10倍にも達しているとの分析も
あり、韓国では建設、造船、海運業を中心に破綻企業が続出し、融資を返済
できないケースが続出しています。

韓国銀行は先進国では当たり前のシステムが貧弱であるために支店長は
係長クラスの腹心一人を抱き込むことで、いくらでも貸付の不正をやりたい
放題にできます。

支店長はまるで自分の個人的なカネを貸し付けるように、不遜な態度で謝礼
金を要求します。このような不正な貸付と裏取引に熱心では破綻するのが
当然です。

銀行を監督する銀行監督院も、公認会計士も銀行を監督できない。なぜなら
監督するシステムもないしその能力もないからです。韓国の監査法人には
先進国のような優れたアナリストがほとんどいません。そして公認会計士は、
カネをもらって不適格企業を順調な企業に見せかけてバランスシートを作成
します。このようなウソみたいな話は、私が20年以上韓国ビジネスで見てき
た事実を申しています。

韓国はあらゆる面において、先進国でもなく近代国家でもありません。
知れば知るほど、決して付き合ってはいけない国だということがよくわかり
ます。日本政治家も経済界もメディアも韓国の実体をよく把握してください。



2冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります



コメント

アップありがとうございます

北でも南でも、とにかく朝鮮塵には出ていってもらいたいですが、

このままダラダラ韓国が生きながらえるより、

半島が赤化統一され、朝鮮民主主義人民共和国に籍が一本化

された方が追い込みをかけやすいと思います。

日本人の誘拐犯に対して日本人が人権配慮などということにはならんでしょ。

賄賂に目がくらんだバカは擁護するかも知れませんが、最終的に自分の将来と天秤にかけて、朝鮮塵は切られると思いますよ。

人口の少ない北朝鮮が無理に半島統一してもどうせ基盤は弱い。すぐ日本を攻撃する余裕は無いでしょう。

しかしそんな雑魚でも、すぐ隣にアカの国ができたことは、日本の再軍備の正当な理由になる。

防衛産業でたくさんの日本人の雇用が増えるのはとても良いことです。

赤化統一万歳!

韓国の事実を報道しない日本のマスゴミ。
腹が立ちます!

ハゲ添知事さん~そういう国に援助したり投資する意味は無いでしょう,都税は都民のために使って下さいね

更新お疲れ様です

野中広務に関しては、こちらの記事を見ていただければ納得出来ます。某大手新聞社主筆もそうですが、元共産党員が保守のふりをして潜り込んでいた模様です。この手の共産主義者のスパイは未だに自民党はじめ保守派の中に潜り込んでいそうですね(偽装保守)。

依存症の独り言 2013/06/22
武装共産党員だった野中広務=真性売国奴を糾弾せよ!
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2013/06/post-9326.html

今も

韓国朝鮮系の信用組合が似非合併して公的資金投入してるが新聞テレビは取り上げない!拉致も絡んでるからかな!又1兆円ですか!阿呆うも韓国に緊急て1兆円貸したまま!

在日トンスル小僧、福山哲郎(朝鮮名:陳哲郎)民主党政調会長に就任   


民主、新執行部スタート

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140917-00000064-san-pol

朝鮮ネズミの巣、まだ蒸発してなかったようなんじゃけんど、、、

(・”・)

メディア問題がここにも

この事実が何故に日本国内に当たり前に拡散しなのか?
が今問題なのです。

保守速で拾った※をコピペ

http://hosyusokuhou.jp/archives/40242937.html
政府が中国に擦り寄ろうが、二階が中国利権をもとに売国しようが、民間レベルではすでに断交状態。

最新版:

1949年 東トルキスタン侵略占領ウイグル大虐〇民族浄化継続中
1950年 大躍進文化大革命3000万人大虐〇
1950年 朝鮮戦争参戦150万人以上大虐〇
1951年 チベット侵略、占領、チベット大虐〇、民族浄化継続中
1959年 インド侵略、中印戦争アクサイチン地方を占領
1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
1976年 カンボジア、クメールルージュによる大虐〇を強力支援
1979年 ベトナム侵略(中越戦争)中国が懲罰戦争と表明
1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
1989年 天安門事件、天安門広場の大学生3万数千人大虐〇
1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略占領
1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
2004年 漢級原子力潜水艦領海侵犯、石垣島と多良間島間の日本国領海を侵犯。
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘
2005年 反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言
180. 名無しさん@ほしゅそく 2014年09月17日 23:16 ID:nb7PYZ3T0 このコメントへ返信
※179

2005年 台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝
2005年 沖縄は歴史的に中国のものと主張
2007年 チベット暴動制圧
2008年 韓国の離於島の領有を宣言
2008年 日本の尖閣諸島領域の管轄を強化する。実行支配が重要と表明
2010年 尖閣諸島で中国漁船が海保の巡視船に衝突。民主党が解放軍の便衣兵を釈放
2012年 長年に渡りブータンの国土に侵入し18%を奪い取る
2012年 香港保釣行動委員会のメンバー人らが魚釣島に不法上陸し総計14人現行犯逮捕
2012年 大規模な反日デモ略奪暴行
2012年 12月14日中国機が記録上初めて日本の領空を侵犯した。
2013年 東シナ海で解放軍の連雲港が海自のゆうだちに射撃管制用レーダーを照射
2013年 中国軍がインド領内へ侵攻 軍施設を破壊し設備を強奪
2014年 マレーシア領ジェームズ礁に水陸両用艦やミサイル駆逐艦などで主権宣誓活動
2014年 中国海警がベトナム船に衝突、パラセル諸島海域で石油掘削を始める
2014年 フィリピン領域内ジョンソン南礁の暗礁を中国が勝手に埋め立て
2014年 中国船がベトナムの漁船に体当たりし撃沈する
2014年 日本の防空識別圏でOP3CとYS11EBに対し中国SU-27が30mまで接近する威嚇行動
2014年 ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県2千人以上〇害
2014年 中国軍su27は5月24日と6月11日計4回、自衛隊のYS11EBとOP3C機に30mまで接近する威嚇行動 ← NEW
2014年 海南島東方沖217km公海上空で米軍の対潜哨戒機P-8Aに対し中国J-11Bが6mまで接近する威嚇行動 ← NEW

李しね氏に名誉棄損で訴えられたほしゅそくを応援しましょうね。

ソニーが大赤字に転落した理由が ヤ バ す ぎ た !!! 2ch「無配は厳しい。株価ストップ安もありうる」
↑そのまま検索


Q、どうして日本だけPS4の発売が遅れたの?
A、それはね、チョニー上層部がチョンに支配されていることに関係しているんだよ。
Q、どういうこと?
A、実はここ数年、韓国では「近いうちに日本は、首都直下地震と富士山噴火で滅亡する」という噂が盛んでね、実際に3.11に大地震が起こったのもあって、皆、信じ込んでいた。
在日が役員を占有しているチョニー上層部も例外ではなく、
「地震と噴火で壊滅する予定の日本では売り上げが見込めないニダ!」
と日本でのPS4の発売を延期してしまった…。
いや、むしろ発売する気すらなかったんだ。
ちなみに、某ハシシタ市長の「大阪都構想」も、この風説を真に受けたことに由来するんだよ。

SONYの戦犯
1位・・・在日出井
2位・・・組合
3位・・・おかしな外人社長

出井がチョンに技術を垂れ流したせいで
在日を要職につけた会社は必ず潰れる

◆ 朝日が敗北したわけ
http://openblog.meblog.biz/article/23638047.html

こうした見方もあるのかな、とも考えましたが....
ソロさんとこの方が議論されたら、どういう展開になる
のか興味深いです。

ただ、この方はあくまで思考の中だけで完結していて
実体験に基づいているのではなさそうですね。

反日拠点のひとつ 毎日(TBS) 時事放談

いまだに反日に精力を費やしている元自民党政治家に野中広務、加藤紘一、山﨑拓がおり、自身第一線を退いた政治家として古賀誠などがいます。

その中でも野中は最悪ではないでしょうか。

こういう人物を多用する毎日(TBS)というメディアは反日メディアの中でも特に韓国との癒着が濃厚だと言われています。
社員にも相当韓国人、または帰化人を抱えているのではないでしょうか。

今朝日が矢面に立っていますが、毎日(TBS)も同罪です。

時事放談
http://www.tbs.co.jp/jijihoudan/cast/index-j.html

これが証拠です。

日韓間の問題は理性では解決不能

下記はある方のブログです。実によく分かります。

「韓国的な儒教の価値観」
ものすごく単純化した説明をすると、「劣る相手や格下の言い分を聞くのは、自分の格を下げる行為である。格下に対しては自分の意見を押し付け、相手に自分と同じ考えを持たせるようにするのが道徳的に正しいこと」というような、日本人とは相容れない価値観が敷かれていることが理由です。

韓国人同士の議論を見ていて思うのは、互いにシュプレヒコールしてるだけに見えるということ。
日本人も相当な議論下手で、それは「まず最初に自分自身の意見をはっきり言わず、とりあえず相手の言い分を聞くことからはじめ、それに反論することで議論をすすめようとすること」にあると思ってるんですが、韓国人の場合はまったく逆で、相手がなにを話そうがとにかく自分の言いたいことを「こうである。こうしなければならない。」と言う感じ。

もちろん「日本を学ぼう」って話もありますが、それは先進的な部分についてで、歴史に関してはまったく聞く耳を持たないですね。

「歴史に関して韓国は日本より優れている」と思ってるので、「日本人の言い分を聞いてはならない。日本人にウリナラの正しい考え方を教え諭すのが正しい」と韓国人は思ってます。

もちろん慰安婦問題についても同じです。
解決できない理由に、「日本側は韓国の言い分をしっかり研究して反論してる」けど、「韓国側は日本に反論するどころか、いまだに日本の言い分すら知らない」ということがある。

文字通り、本当に日本がどんな主張をしてるのかを知らないんです。
「知って反論しようとする」んじゃなく、そもそも知らないし、知ろうとしないし、知る必要がないとすら思ってるんですね。
ただ、自分たちが「こうなんだ」という「慰安婦の虚像」を日本人に押し付け、それを日本人が受け入れないことに怒ったり不思議がったりしている。
それでも私たちが翻訳を通じて目にする韓国ネット民は、まだマシだろうと思ってます。

多少は日本の言い分を知ってるし(ホントに多少ですが)、知っててシカトしてる部分もあるから。
ネットやらない人は、おそらくもっともっと本当に何も知らないでしょう。

朝日新聞さん、「韓国人が極右という日本人の言い分」を伝えるのはあなたたちの仕事ですよ。
もちろんその「日本の言い分」が、「朝日新聞の言い分」とは異なることは分かってます。
でも、目をそらして伝えないのはオカシイ。
朝日と違う意見だろうがなんだろうが、まずは「正しく伝える」ことからはじめるべきです。

ジャーナリスト宣言してる暇があるなら、捏造をやめ、事実をまっすぐに伝えることからはじめてください。
桜井氏に連載でもしてもらうというのはどうでしょうか。シンシアリーさんや呉善花さんに寄稿を頼むとか。

それともまさか朝日新聞は、「劣る相手や格下の言い分を聞くのは、自分の格を下げる行為である。格下に対しては自分の意見を押し付け、相手に自分と同じ考えを持たせるようにするのが道徳的に正しいこと」という価値観で報道してるのでしょうか。

日韓間の問題は理性では解決不能

下記はある方のブログです。実によく分かります。

「韓国的な儒教の価値観」が根底にあります。
ものすごく単純化した説明をすると、「劣る相手や格下の言い分を聞くのは、自分の格を下げる行為である。格下に対しては自分の意見を押し付け、相手に自分と同じ考えを持たせるようにするのが道徳的に正しいこと」というような、日本人とは相容れない価値観が敷かれていることが理由です。

韓国人同士の議論を見ていて思うのは、互いにシュプレヒコールしてるだけに見えるということ。
日本人も相当な議論下手で、それは「まず最初に自分自身の意見をはっきり言わず、とりあえず相手の言い分を聞くことからはじめ、それに反論することで議論をすすめようとすること」にあると思ってるんですが、韓国人の場合はまったく逆で、相手がなにを話そうがとにかく自分の言いたいことを「こうである。こうしなければならない。」と言う感じ。

もちろん「日本を学ぼう」って話もありますが、それは先進的な部分についてで、歴史に関してはまったく聞く耳を持たないですね。

「歴史に関して韓国は日本より優れている」と思ってるので、「日本人の言い分を聞いてはならない。日本人にウリナラの正しい考え方を教え諭すのが正しい」と韓国人は思ってます。

もちろん慰安婦問題についても同じです。
解決できない理由に、「日本側は韓国の言い分をしっかり研究して反論してる」けど、「韓国側は日本に反論するどころか、いまだに日本の言い分すら知らない」ということがある。

文字通り、本当に日本がどんな主張をしてるのかを知らないんです。
「知って反論しようとする」んじゃなく、そもそも知らないし、知ろうとしないし、知る必要がないとすら思ってるんですね。
ただ、自分たちが「こうなんだ」という「慰安婦の虚像」を日本人に押し付け、それを日本人が受け入れないことに怒ったり不思議がったりしている。
それでも私たちが翻訳を通じて目にする韓国ネット民は、まだマシだろうと思ってます。

多少は日本の言い分を知ってるし(ホントに多少ですが)、知っててシカトしてる部分もあるから。
ネットやらない人は、おそらくもっともっと本当に何も知らないでしょう。

朝日新聞さん、「韓国人が極右という日本人の言い分」を伝えるのはあなたたちの仕事ですよ。
もちろんその「日本の言い分」が、「朝日新聞の言い分」とは異なることは分かってます。
でも、目をそらして伝えないのはオカシイ。
朝日と違う意見だろうがなんだろうが、まずは「正しく伝える」ことからはじめるべきです。

ジャーナリスト宣言してる暇があるなら、捏造をやめ、事実をまっすぐに伝えることからはじめてください。
桜井氏に連載でもしてもらうというのはどうでしょうか。シンシアリーさんや呉善花さんに寄稿を頼むとか。

それともまさか朝日新聞は、「劣る相手や格下の言い分を聞くのは、自分の格を下げる行為である。格下に対しては自分の意見を押し付け、相手に自分と同じ考えを持たせるようにするのが道徳的に正しいこと」という価値観で報道してるのでしょうか。

死に馬状態になりつつある売国朝日

>>朝日が敗北した理由
  簡単です。 是まで好き勝手やってきたのに、政府も読者も、朝日に何も出来なかったのは、米国が朝日の日本毀損工作を認めて居たからでしょう。 

 日本は「世界一国民が新聞を読む」国ですから、GHQも新聞を抑えて居れば、この国の言論は支配したも同じだと考えたのでしょう。 そして、少なくとも終戦直後から、ネット全盛になるまではソゥだった。  そういう態勢構築の為に。米国は読売正力松太郎の「米国広報役」の申し入れを受け容れ、10億ドルを投じて、彼が新聞に代るマスメディアであるTVの普及を端から牛耳り、乗り遅れまいとした既存のマスコミ=新聞社迄もを掌握したのです。

 反政府的、或いは、政府のいい形のどちらか一方だけの報道機関なら、反発する勢力が地下に潜って成長しますが、裏で米国側が禁忌情報を原則を設けてフィルタリングし、表に右から左のあらゆるタイプのマスコミを配し、篩われたた後の「毒にも薬にもならない」ニュースばかり論らわせていれば、国民は、表向きにつられ、国民が本当に知らねばならないニュースは届か無い事になります。 ソウすると、反発勢力が育つ可能性も少なくなるし、大手マスコミさえ陰でしっかり操って居れば、国民は愚民化出来るし、ニュースは思いのままです。 

 ソウ云う、「バラエティに富むマスコミ」の一方端が読売、そして反対側に朝日が居たと言う事でしょう。 そして、このバランスは上手く取れ、反日と言うより、反体制=反米と読者に誤解させたから、多くの地方紙は、「売れる:朝日側に着いた。 然し、読売の発行部数は圧倒的でした。

 こうした機能が、バランスよく、且、効率的に働き、事実戦後相当の間、大新聞が改竄、不作為報道、無視しても、国民が気づく事は有り得なかった。 但し、第3の目であるネットが成長するまでは、ですが。 その一つが、読売が徹底的に無視し続けた慰安婦問題だったと言う事でしょう。 

 但し、ネットで幾ら騒いでも、朝日は無視して来たのですから、是からも無視したらよかった筈なのに、此の度、自ら「間違い」を認めたのです。 

 何故でしょう?是は。 マスコミを牛耳っている米国の方針が変わった、と言う他に考えようがない。

 すると「狡兎煮らるる」の諺通り、米国の方針が変われば、朝日は邪魔なだけ、という事です。 其れが何より証拠には、同じ米国の飼い犬でも朝日の反対側に位置する読売が、嬉々として朝日を叩きまくって居ます。 是って、第一次安倍政権の終末期に似て来ましたね。 

 今更、朝日を救う事は、それこそ「死に馬に蹴られる」様なモノです。 誰も援けないでしょう。

 米国の変化、其れが朝日が敗北した一番の理由です。

>ソロさん、コメントありがとうございます。
>米国の変化、其れが朝日が敗北した一番の理由です。
なるほど、この方の論説は極めて論理的なのですが、重要な要素が
いくつか抜けている気がしてならなかったのですが、得心しました。
まさしく米国側の「(イデオロギー操作の)駒」としては朝日も読
売も同じ訳ですね。米国が本来何より嫌うはずの共産主義者が戦後
相次いで釈放された事ともピタリ重なると気が付きました。

同時に韓国でのビジネス『実』体験を通してその矛盾に気が付いた
こちらのブログ主様の思考の体系にも納得がいきました。ありがと
うございました。

希望の光が見える?お花畑に住んでるのかな?

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5579.html
9月16日、超党派の国会議員が呼びかけた緊急リレートーク「もの言えぬ社会をつくるな」は、参議院会館で開かれ各界で活躍する識者15人が登壇した。

焦点は「朝日新聞バッシング」問題。

「売国奴・国賊という言葉が復活し、週刊誌は儲かる嫌韓路線に転換した。戦前と同じ状況」(篠田博之)、

「戦争ファシズムはすぐ来るのではなく初期は反対派の排除から始まる。いまはその段階」(五野井郁夫)、

「誤報はどの社もある。朝日叩きは自分に跳ね返る。全メディアが萎縮し権力が暴走することが心配」(森達也)。

急速な右傾化への危機感が会場を包んだ。

そして異口同音に強調されたのは「いまは朝日を応援することが大事」ということだった。

「慰安婦」問題に詳しい渡辺美奈さんは、世界の世論をつくったのは吉田証言ではなく1991年のキムハクスンさんだったこと、2007年の狭義の強制を否定した安倍発言が現在の国際非難の原因をつくったことなどを指摘し、朝日バッシングの虚偽性を鋭く批判した。(М)

朝日も左巻きもチットも懲りて無い、国益を棄損して特亜の利益のみを追求する気満々に見えますが、それは只の考え過ぎなのでしょうか?

因みに愛読している保守速や他のキチンとした2ch纏め保守系サイトでも光が見える等勘違いした意見等をコメントする人は皆無です。
朝日も捏造慰安婦問題を人権問題にすり替えて保守勢力と対決する気満々に見えます。

保守そうにもアカの手下の左巻きが溢れてる状態で光が見えるとは笑止、保守ならば今戦うベキ敵を見誤っては成らない。

浮足立つ時代は永遠に来ないと思え

光りが見える貴方が今見てるのは有田と舛添の○○頭です

パチンコ屋の倒産を応援するブログ2014年 09月 18日

表現の自由は嘘を言う自由ではない
http://ttensan.exblog.jp/21124627/

またまた左巻きが嘘を吐く。
何時も好きっ勝手にニュースを作り好き勝手に偏向報道する左巻きのマスゴミの癖に報道の自由が無い?子供の屁理屈の様で呆れ果てる。
左巻き達と偏向捏造マスゴミが求めてる自由とは自分達だけ好き勝手に振る舞う事が許される自由だろ?その考え方は昔の学生運動時代からちっとも進歩が無い。

お前等左巻きの欲しい自由とは爆弾を作る自由とかハイジャックをする自由とか自動小銃を一般市民に向けて乱射する自由とかだろ?
左は何でもする自由を求めて悪事を働き、保守層の心の自由までも奪おうとする。
保守層の言論の自由は一貫して踏みにじられて、そして誕生と成長を繰り返したのがお花馬鹿系だった。

日本の今後の10年

>aさん、おはようございます。 ソロです。
>>朝日も左巻きもチットも懲りて無い、国益を棄損して特亜の利益のみを追求する気満々に見えますが、それは只の考え過ぎなのでしょうか?
  考え過ぎ等では決してありませんよ。 彼等を戦後のGHQの施策で浮上した、「敗戦利得者」だと考えれば、よく判ると思います。 その施策に変化が始まったら、戦後起こった変化と同じ規模の変化が予想されるワケで、既得権に胡坐をかいて来た連中が周章狼狽するのは当たり前、慌てて既得権を護ろうとするのも良く判ります。

 ダケド、元々彼等は、国民に対する背信行為を、米国の威信を背にやってきた、「狐狸妖怪の類」詰まり、公の社会に資する志の無い、実態のない現象にしか過ぎませんから、米国の方針変更一つで、消滅の危機に瀕するワケです。 すると、左巻き共は、戦前と言う名の腐乱死体に集っていたハエやゴキブリに過ぎ無い事が判ったと言う事です。

 彼等は、この先の米国の方針が見えて来ないので、イライラしている事でしょう。 然し大枠は、米国が日本の独立性を認めて行き、自身の後退で出来た極東の軍事プレゼンスの隙間を日本自身に埋めさせるのは、間違いありません。

 その為には、今後10年間の裡に、原潜の代りに成れる潜水艦隊の整備、国際、若しくは極東の時事の変化に応じて、日本近海を遊弋している米海軍の打撃艦隊の部分的な肩代わりとして、複数のLAH等の防衛力の中核艦隊の整備が必要です。 

 この大枠方針に対応して、日本の重工業は、既に準備を始めて居ます。 何より、造船や機械の現場技術者が不足しているのですが、トレンドを読めば、今は行き場を喪っている、非文系の若者たちが、現場に集い始めると思います。 建設・土木は、景気に連動して浮き沈みが大きいですが、防衛産業は、長期計画ですから、安定して居ます。 例えば、米国のヤンキースのオーナーは、軍艦専門の造船所のオーナーでも有りますが、その富裕ぶりをみれば、如何に経営が安定して居るかが判るでしょう。

 今後10年間は、日本の経済界は、軍需産業中心になるかもしれませんね。

こんな情報もありますね。

2005年10月25日、26日、ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートが主催して日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で「政策研究集会」が開かれた。
テーマは「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」である。

 参加者はAEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、鶴岡公二(外務省総合外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁防衛研究所副所長 陸将補)、民主党前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。
テーマは「有事、戦争にどう対処するか」では無く、「中国と日本をどのようにして戦争に持って行くか」である。

 以上は裏付けが取れた正確な情報である。

日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか オルタ 2006年09月19日(リンク切れ:オルタナティブ通信)
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49250851.html 

何か勘違いしてませんか?

>>以上は裏付けが取れた正確な情報である。
ならば、何故貴方は匿名投稿なんでしょうね? 日本社会を乱す目的として居るダケの、、下らないセンセーショナリズムでやって居るとしか思えませんね、例えば似非保守ブログナントカの様に。

>ちりちゃん
 貴方も↑の投降者とあまり変わらない信用度しか持たれないレベルだと、私は思っています。 だって、貴方は、あちこちの保守ブログは紹介するが、其処に書いてある事をへの貴方の感想は断片的なものでしか無い。 勿論、貴方自身のオリジナルな意見の展開を此のブログで看た事がない。

 大抵は、私は怒っている、とか、忙しいとか、眠たいとか、自分の情況ばっかりで、読者にはドゥでもいい事しか、ダラダラと書いている=文章を整理できていないのが殆どでありながら、偶に怒ると、「真剣に、とことんやるからね」って、ドゥ云う意味でしょうかね? 主語も述語も無い文章って、貴方の得意技ですよね。  そんな文章を顔も名前も知らない人間に、向けるのが、マトモな大学生の知性とは思えませんが・・完全に紙幅の無駄遣いでしか無いと思う。 貴方を支持・評価して居るコメントを読むと、何処か他の処でコメントを交換して居るのかなぁ、と疑って居ますけどね。

 aさんとの丁丁発止も、丸で中身がなく、何処か誤解か無理解による欠損があるダケなのに、無理やり決めつけでいる様な印象だった。 そりゃあ、怒るわな。上から目線って、貴方の事ですよ、間違いなく。

 何処の大学生か知りませんが、勉強に専念した方が宜しいのではないですか?

韓国の性犯罪。ブログで韓国女性の被害者の現場写真を見ましたが良く死んだ人の墓を暴いて暴行できますね。悲惨な世界はどこにでもあります。ただ、ここからが問題で、日本人がこの事件の記事を蔑んでいたらそれに対して在日韓国人のコメントが日本のせいにしますから異常なんですよ。辱しめられた女性に問題視や普遍的な意見はさらさらなくて、日本のコメントのみを攻撃する。韓国の態度は常識からかけ離れていてその恨みは限りなく屈折してる。性犯罪被害者で唯一言える事は、その時の天候がどうだったか、それが休暇の日だったのか、人物に見覚えがあるか、ですね。今更、朝日新聞に謝られてもその影響による罪は重いです。本当、何の為の新聞ですか。また南京大虐殺事件は、何故、数ヶ月も虐殺が起きてたのに中国軍は来なかったのか?数ヶ月あればどこからでも駆けつける余裕があった筈なのに何故中国軍は市民を助ける為に来なかったのか?とあちら側にゆっくり考えさせる言い方をすれば良いんじゃないですかね?中国の世界では数の嘘は中国には沢山ありますから当時の人口が虐殺より少なかったと言っても中国人にとっては逆に理解できないかも知れません。私は感覚的でしか物事言えないんで中国人を口説くには感情や感覚で私なりのやり方でやった方が上手く行くのではないかと思います(。・ω・。)

オルタナティブ通信のことについて調べてみました。
陰謀エンターティメント
ttp://blog.livedoor.jp/imbow/archives/51251862.html
より引用

オルタナティブ通信は、西山澄夫という人が既存のマスコミや、運動団体機関誌等では、
なかなか入手出来ない情報の調査報道を目的に配信しているブログ

オルタナティブ通信筆者プロフィール(旧ブログより)
----------------------
筆者プロフィール 西山澄夫
生年不詳。幼少時より両親の凄まじい暴行を受け、左目視力、右耳聴力を失う。
9歳の時、「このままでは両親に殺される」と判断。家を出、しばらくホームレスとしてゴミ箱をあさる生活をする。

右翼に拾われ右翼事務所に住み込み、徹底的な反共産主義の教育を受ける一方、密かにマルクス文献を読みあさり左翼団体に出入りを始める。

奨学金を得て大学に進学、戦中戦後の日本を代表する大物右翼R・Sの組織で資料・書庫整理を担当。日本の歴史の裏目史の生の膨大な資料に目を通す。

在学中、家庭内暴力の被害.登校拒否児童の施設を作り、相談、勉強を教えたり等を担当。施設運営に関し市民運動からの強い協力を得つつ、右翼組織で見た生の日本と世界の現状と市民運動の現状認識の溝に愕然とし、「このままでは市民運動が敗北、潰されてしまう」という危機感を抱く。

「情報屋になり市民運動をバックアップしなければ」と考えるようになる。その後大学院に進学しながら、自民党の金権政治の代名詞である元首相の経営するゼネコンの資料整理の職に就き、政治、経済の裏面史の生の膨大な資料に目を通す。

卒業後、軍の情報関連の仕事に就き、一昨年退官。その頃から「オルタ通信」を配信開始。
----------------------
(引用終わり)
うーん、一切、謎の経歴を持つ人物に包まれていますね。一種の情報屋さんと言ったところでしょうか。

その情報が信用できるかは別として、現状は、朝日新聞の嘘や罪の償いをするしかないでしょう。

こんにちは

GHQによる「検閲」は、もはや知らない人はいないでしょうが、その条項について知ることで、我々は「米国が何を目的としていたか」を悟る必要があります。そうすれば、自ずと現在の問題もぼんやりと見えてきます。

日本を賛美するような記事がタブーなのは、米国が「侵略者」である以上は当たり前だけど、注目すべきはその真逆、つまり、GHQや米国を賛美するのもまたタブーであったということです。

これは検閲を担当していたのが日本人であったからというのもありますが、それだけではないと私は思います。

一つには、戦争中、日本人にとって米国は「鬼畜」でしたから、その米国を一変して賛美すれば、さしもの日本人も強い違和感を抱くということ。

もう一つは、米国が前面に出ることを「嫌った」ということで、何をするにしても日本政府の名で行われ、メディアにせよ米国の関与が分かるような報道を慎むことで、あくまで日本人自身の内側(内面)の変化が自然の流れの中で醸成されたという、一種の「錯覚」をもたらすことでした。

こういったものを基本的な土台として、現在の日本があります。

戦後のいわゆる親米保守派は、まさしくこのシステムの上で踊っているわけで、当人は踊っている自覚はないのだけども、自然と米国のご機嫌を損ねないよう条件反射的にインプリンティングされているわけです。つまり、ある意味で米国を「神様」のようなものだと思っている。

これに対して、いわゆる反日左翼というのは、一見すると保守派と真逆のように思いがちだが、実はこれも同種であり、GHQが「米国を賛美してはいけない」とした検閲システムをそのままに反米スタンスをとっています。

つまり、親米と反米の「二極」が存在することで、あたかも日本には「思想の自由」があるかのように、言葉が適切でないかもしれないが、言ってしまえば「演出」がなされているのです。

朝日新聞が失敗したのは、「見せかけの中立性」というGHQのプレスコードを「破った」ことであり、支那や北朝鮮、最近では韓国を賛美した過去の記事が示すように、明らかに偏っていたわけで、これはさすがにバレます。だから謝罪に追い込まれた。

要するに、我々は未だGHQプレスコードの枠組みの中においての「自由」に、自らの価値観を固定してしまっているのです。

本来はどれだけ偏っても問題ないのです。なぜなら、人々から「必要ない」と判断されれば自然淘汰されるだけだからです。

従って、今一歩踏み込み、「そもそも中立性は必要なのか?」という、根本的な問題を我々は認識し、本当の意味でGHQの占領から「解放」されるべきではないかと、私は思います。

そういう意味においては、私は朝日新聞の「嘘」は許しませんし、彼らの思想は全く受け付けませんが、「偏向姿勢」という人間が本来あるべき「独自性」を持っていたことだけは評価します。

問題は「どこ」に偏向すべきか、それだけなのです。

硫黄島様、ソロ様からメッセージが入っております

米国の戦後世界への道のり

>硫黄島さま、ソロです。 おはようございます。 此2日間、営業で外回りしてますので、PCの前にも立てていませんでした、返事が遅くなって申し訳ありません。
 御説拝読いたしました。 成程、20世紀初頭は未だ、パクスブリタニカの世界で有った事は、押さえておかねばならないでしょう。~

2014/09/18(木) 08:36:41    ナポレオン・ソロ

NHKの「花子とアン」    9月10日(水)

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1014.html

(・”・)

頑張れ朝日新聞

朝日新聞、1060万部達成作戦を教えます。

まず、中国人移民1000万人受け入れキャンペーンを展開する。次に、習近平に頼み日本移民に朝日新聞購読命令を出してもらい、これで1000万部達成。

パククネには在日に朝日新聞購読命令を出してもらう、これで60万部。

紙面は、中国語と朝鮮語だけにし、朝日特亜新聞社としてやって行く。


キンペー、印モディ首相と決裂す

お得意のインフラ整備で餌を撒いたが、「海のシルクロード(笑)」については無視された模様。

それどころか、

カシミール問題で批判を受けた。

2兆円投資する約束だけはイキだから、これは完全に支那の負けですわ。

決裂と言っていい。

領土紛争があるというだけではないんだよ、インドと支那は。

前も書いたけど、支那が人民反乱等で「不慮の死」を遂げれば、世界の投資家達はインドに向かうから、インドは支那の滅亡を願ってるくらいなんだよ。

本気でパートナーシップなどあり得んね。

隙あらば陥れようとするに決まっている。
これは今のところ面従腹背の東南アジアの国々も同じだ。

まして、

「民族主義者(インド右翼)の」

モディ首相のこと。

今現在のGDPの規模だけで相手を見下して、なめて交渉にかかった結果がこれだ。

キンペーは力押しだけで、人との交渉が下手なようだ。

長老達との確執が始まっていることから、調整能力もケチがつく。

フラグが立っているな。

完全にラストエンペラーじゃん(笑)

共産主義の亡霊

>ゆびたすさん、ソロです。おはようございます。 オルタナ通信の調査とレポートありがとうございます。
>>一切、謎の経歴を持つ人物に包まれていますね。一種の情報屋さんと言ったところでしょうか。
 と、表現するしかない経歴ですね。 先ず学歴ですが、最終学歴は大学院卒と言う事に成りましょうが、高校は行かず共検定でクリアしたとしても、彼は一体、小中学校の義務教育はどぅしたのか、何処から学校に通ったのか? 保護者不在は在り得ないのですが、如何なる状況だったのか? と云う当然の疑問が湧きますね。 

 それに、ご両親からのDVも、目が弱視になるとか片耳が聞こえなくなる迄の酷さは、異常でしょうね。 その原因が何処にあるのかは、ご本人が語りたくない部分なのでしょうが、是では、さっぱりその人と形が、見えてきませんね。

 で現在、反共主義者の庇護を受けながら、実は、極左志向である様な話ですが、ドゥも話が極端すぎではないでしょうか。 それに、ご本人に確たる政治志向が有るのかないのか、よく判らない部分が多過ぎて、一体何がやりたいのかがわかりません。 貴方がご指摘の様に、唯の情報屋の域を出ていないのかもしれません。

 世界の裏面史を熟知していると云っても、その歴史情報が、歴史上の事件の発生タイミングに符合しているのか、最低でも検証されていなければならないと思いますし、真実の歴史がドゥあれ、現実に見える世界を形成する為に、皆が腐心している事を優先して考えれば、そういう情報は、想定外の未来が出来した時には、非常に重要になる可能性がありましょうが、そうでなければ已然として、闇の中に眠ったままになるでしょう。

 共産主義社会が自由世界の対局であった時代は、既に過ぎたと云って宜しいと思います。
何故なら、共産党政権下で実現できた社会では、労働者のモチベーションの低さから産業が低迷、自由主義経済の社会と共存すべき世界の場での経済評価が、さっぱり上がらず、故に、覇権主義で市場を一元化しようと、武力を使って何とかしようとしたが、結局失敗した事を、世界の共産主義国の国民が目撃してしまったからです。

 基本、人間が追い求めているのは、「豊かで安寧な社会」です。

 共産主義がもたらすと云っているのは、「貧しく共平等な社会」であった筈が、現実には「共産党と云う権力を一元化した結果、党関係者が特権階級化して、富を独占し少数の富者となる一方、多くの国民は貧しいままで救済されない所か、家族内すらお互いを密告しあって、全く安寧も自由も無い社会が顕現した」のですから。

 今更、共産党に憧れていると云うのは、如何にも理解しがたく。単に、実在の権力のどちら側につくかの意思表示法でしかないのではないでしょうか。

 現代に生きる左巻きの方々の、理想の国家像が、どの様なモノか、そして、その国家像が、国民に受け容れられる、否、そも当のご本人が受容できる話なのか? 彼らは、共産思想を、弱者救済や世界平和といった高邁な理想の実現に資するが如き言を弄しますが、現実には、身すぎ、世過ぎの手段化している様にしか見えないのですがね。

 彼らが示している理想は、共産主義の亡霊だと云えましょう。

ナポレオン・ソロさん

ゆぴたすです。今後よろしくお願い致します。

戦後、日本が目指してきたのは、唯、「平和を求めて皆の安寧を求める社会」だったのでしょう。結果として一億総中流社会を生み出し、平等感があり、皆が自由に謳歌していた社会だったと思います。

1990年代以降はアメリカの一極覇権体制により変わってきましたが・・・

当時は、共産主義国と資本主義国が衝突して、冷戦を生み出しましたが、実は資本主義も共産主義も一緒だったという事でしょう。

お互いに謀略、陰謀、干渉等があった一方で、現状の維持、安定、また対外には協力し合い、ソ連とアメリカが求めていた体制の理想像は、実は異路同帰だろうと私は思っています。

そして、少なくともアメリカ、ロシア(旧ソ連)には、戦略兵器削減条約があるように一定の協力関係が構築されているのは間違いないでしょう。

また共産主義、社会主義という道具は、戦後の既得権として残っていたのだろうと思います。

嘘か真か?

韓国は「日本軍による韓国女性の強制連行」の証拠として河野元官房長官の元慰安婦聞き取り調査記録(動画)の一部を公開しました。これに対して菅官房長官は「理解できない」と批判しています。

「理解できない」の意味は何でしょうか?聞き取り調査記録を全て公開すれば韓国にとって不都合なことがあるからではないでしょうか。そもそも河野元長官が聞き取りした元慰安婦の正体が不明です。

韓国の大学教授と慰安婦を支援する団体が信憑性があるとして聞き取り調査をしたのは19名です。この19名と河野元長官が聞き取りした16名は異なるかも知れません。

河野元長官の聞き取り調査時には福島瑞穂弁護士も同席しています。慰安婦を支援する団体と福島弁護士は元慰安婦に対して演技指導を行っていたという情報があります。私はハングルがわかりません。分かる方は下記の動画を見て下さい。韓国が証拠とする「証言記録」全てを公開することを期待しています。

http://www.news-us.jp/article/405713265.html

日本左翼の戦力が削られているな

朝日が弱ってるだけでなく、政界でも安倍自民に対抗できる勢力が無い。

支那韓におんぶにだっこの奴らばかりで、全く、

覇気

というものを感じないんだが?

谷垣幹事長が頼りらしいが、今からマイペースで行くとか、トーンダウンしてるよね。

内閣改造して自派の閣僚減らすぞと脅せば、日中友好も消費再増税もあっさり諦めそうw

谷垣幹事長が一番安倍首相を刺せる近さで、他は野心があっても零細政党の代表だったりで、期待薄。

その谷垣先生が今からこの弱気では、

もうダメなんじゃね?

支那韓には元々時間がないしね。経済成長止まってやせ衰え、国民の反乱で沈むのを待つのみ。

日本左翼の共産革命の夢は終わりだね。

ざまあwとしか言いようがない。

前科があるだけに過信は禁物。

白人文明の凋落の始まり

>ゆびだすさん、ソロです。
>>実は資本主義も共産主義も一緒だったという事でしょう。
  そうですね、両国が戦後の世界史で果たした役割と云う側面を考えれば、すぐれたご指摘だと思います。 

 彼らの目論見の芯にあったのは、世界の白人支配体制の継続です。 そして、有色人種の台頭を抑え込み、世界を人種による階層化を図り以て、世界政府樹立可能な体制に漕ぎ着けたかったのでしょう。

 ダカラ、兵器の開発競争等、完全に裏でつながって居るのが丸判りなのは、戦力に大差が出る電子機器の開発が殆ど同時だった事や戦闘機の速度面の飛躍的向上、そして索敵と兵器管制システムのコラボもほぼ並行していた事等、速度以外はソフト先行の開発である事を考えれば、あまり考えられない出来事のように感じました。 然も、双方とも、予算の確保面で「武器の開発」を大義名分化できる事で、軍関係者にメリットが有りますからね。 もしばれても、「ミリタリーバランス上の許容範囲」というモノも存在しますからね。

 然し、ソ連は官僚優越主義に陥って、本来の「国民の為の政治」と云う名分を忘れ去って終い、其れを国民に気付かれて終ったのは痛かった。 ご指摘の様に、内容は米国も同様で、何かと言えば、大企業とはいえ労働者側が、「一時帰休=レイオフ」や大幅減宮~再雇用と云うドラスティックな経営に耐えている一方で、其れをやった事で業績を回復したとの名目で、」ごく一部の企業トップが、考えられない様な報酬をごく当たり前の様に受け取っていた時代が有りました。

 詰まる所、中世の専制体制への反省から生まれた「万人皆平等の社会」の理想は何処へやら、双方とも特権階級が、「貧富の差を広げるように力を働かせたい」=民衆に遍く散在すべき社旗の富を、権利を利己的にフルに揮い、或る時は、不当な手段で独占する社会構造を脱し得なかった、」と言う事です。

 どちらも理想を追忘れた、欲深い愚者に過ぎない。 主義が社会がと云うより、社会に、「神の前の平等の敷衍」を義務と感じる道徳が無くなった事が一番の原因でしょう。 

 と云うか、20世紀は、白人文明の底の浅さが徐々に、他の人種に認識された世紀だったと云うべきか? 実は彼らは野蛮人そのものである事を、彼らはこれからも世界で示し続けるに相違ない。

 この先まっているのは、白人文明の長期低落でしょう。 我々はそれによっておこる、混乱に逐次対応して、彼らに操られ争いの中で抹殺されないように気を付けなくてはなりません。

はじめまして^-^

管理人さんと皆さんの色々な意見を見て勉強させて貰ってます
突然申し訳ありません
2chにあったのですが内容を確認出来る方よろしくお願いしますm( )m

慰安婦の聞き取り調査の動画です
ttp://nviewer.mobi/player?video_id=sm24188858

すみません
にっぽんじんさんと同じものでした・・・

外患誘致罪個人リスト

外患誘致罪個人リスト
https://twitter.com/perfumekawaee/status/511314088400412673
①福島瑞穂
日本の弁護士、政治家。社会民主党所属の参議院議員   pic.twitter.com/Wcg08qxfWJ
②戸塚 悦朗
日本の弁護士。韓国人慰安婦の対日補償請求運動を支援し、1992年2月国連人権委員会で、朝鮮・韓国人の戦時強制連行問題と「従軍慰安婦」問題をNGO「国際教育開発」の代表として初めて提起し… pic.twitter.com/bqKrE6FhJy
③高木健一 
日本の弁護士。韓国では福島瑞穂とともに従軍慰安婦に関する最初期の対日補償請求運動を展開したほか、在樺コリアン帰還訴訟、韓国人やインドネシア人慰安婦の対日補償請求運動を展開した…  pic.twitter.com/kN2qfYCCeB
④若宮 啓文 
韓国の東西大学碩座教授、国立ソウル大学日本研究所客員研究員。元ジャーナリスト、コラムニストで、過去、朝日新聞論説主幹、主筆、東京大・龍谷大・慶応大…pic.twitter.com/hzq6FiDL1Y
⑤木村 伊量 
株式会社朝日新聞社代表取締役社長。香川県高松市 ... 東京本社編集局長時代の2005年、朝日新聞の新党日本に関する捏造事件の責任を取り更迭。 船橋洋一が主導した朝日新聞第二… pic.twitter.com/IwphVfvKp5
⑥有田 芳生
参議院議員。弁護士。竹島奪還デモ終了後にデモに参加した日本人に襲い掛かるレイシストしばき隊は同時に反原発デモを主催している在日韓国朝鮮人…その暴力集団を援護しツイッターで日本人らを挑発し続ける。 pic.twitter.com/iJsG8LJdGr
⑦植村 隆
朝日新聞による2014年8月の検証記事 ①元慰安婦裁判支援団体幹部の義母から便宜を図ってもらった②元慰安婦がキーセン(妓生)学校に通っていたことを隠し人身売買であるのに強制連行されたように書いた… pic.twitter.com/YYBFnQ4Fx5
⑧清田 治史
ジャーナリスト、帝塚山学院大学教授・国際理解研究所所長…大学朝日人の会大阪支部長、元朝日新聞取締役。
【速報】慰安婦捏造の主犯が大学辞めて逃亡 
http://www.news-us.jp/article/405443206.html … pic.twitter.com/5o3EWZMPib
外患罪個人リスト(番外)
吉田 清治(故人)
福岡県出身の文筆家。強制連行犠牲者遺骨祭祀送還協会の元会長。清治は筆名で、本名は吉田雄兎、別名…
★出身校の卒業時の名簿(卒業名簿)では当該人物は死亡とされている。
 ↑ 
背乗りか!!? pic.twitter.com/fQK93DbE8Z
https://pbs.twimg.com/media/BxiZtvyCIAAEJVa.jpg:large

福山哲郎民主党帰化議員
それまで漏えいには国家公務員法違反(最高懲役1年)などを適用していましたが、防衛秘密を漏えいした場合には、最高懲役5年を科すことに。
民主党福山議員「機密文書が34000件も無断で破棄されてるんですよ」
防衛大臣「そのうちの30000件は民主党時代です」
以下略

こんにちは

>ソロ様

ご返答ありがとうございました。

概ね貴殿のおっしゃる通りです。

一つだけ「モンロー主義」について、見落としがちな点を指摘させて頂きたいと思います。

モンロー主義は米国が欧州に不干渉の姿勢を取ることで、建前上は南北米大陸への欧州の不干渉の要求でありますが、実質的には米国の「侵略行為」に対して欧州がとやかく言うなというバーター取引的なものです。

ですから、よくモンロー主義を指して「孤立主義」と言い換える人がおりますけども、これはモンロー主義を正確に表しているとは言い難いのであります。

現実に、米国はモンロー主義を宣言して後に、ハワイ・グアム・フィリピンと、支那へ続く西進ルートを侵略しまくっているのでして、フィリピンに至ってはスペインからぶん取っているわけです。我が国日本も、ペリーは日本が開港を拒否すれば戦争する気でいました。

この米国の西進ルートに割って入ったのが、ご存知パラオを手に入れたドイツであります。地図を広げれば分かりますが、パラオはハワイとフィリピンを分断できる場所に位置し、地政学的な要所になります。

第一次大戦で敗戦したドイツはパラオを手放すことになりましたが、ドイツが敗戦した原因は米国の参戦であります。

第一次大戦では英国と日本の「密約」により、パラオは日本の委任統治領となりますが、米国は第二次大戦で日本を叩き潰すと、パラオを手に入れました。

これは果たして「偶然」でしょうか?

第一次大戦では英国製の反ドイツプロパガンダに単純な米国民がコロっと騙され、世論の後押しを得て米国はまんまと欧州に参戦しましたけども、例のドイツ兵がベルギーの民間人を虐殺しているというロンドンのスタジオで撮影された捏造写真のことですが、てっきり英国を発信源だと我々は思い込まされていますけど、果たして本当に純英国製なのか?

第二次大戦でも、米国は日本を締め上げて真珠湾を攻撃させ、米国民の反戦ムードを一変させますが、こうも狡猾でえげつない米国が、第一次大戦の反ドイツプロパガンダの黒幕であると考えるのは、いささかも不自然だとは思わないのです。

また、これが米国のモンロー主義の正体であり、孤立主義とはほど遠いものだと私は思っています。

概ね貴殿のおっしゃる通りです。


> 米国がシナ利権=満州利権に拘ったのは、其処に後に大慶油田と呼ばれる事に成る、良質の油田があったからだ

>> 米国の世界戦略において満鉄利権などは細事にすぎません。

竜虎相打つ川中島合戦の如き様相、これぞ中韓ブログの真骨頂なり!

ソロ氏を論破する論客の出現を期待してたんじゃけんど、、、
ワタスには出来ないもんで、、、(汗)

 (・”・)

御目出度いわ。
敢て保守ならば大概にして置いたらどうですか?。

正直立ち位置を測りかねるますね

米国論(と敢て呼ばせて貰います)を好きなように語りたければ『まさか、右翼と呼ばないで!』を推薦します。
あそこで好きなだけ反米論でも唱えて下さい。

モンロー主義と米国版帝国主義

硫黄島様、ソロです。 コンバンワ、レス有り難うござ>います。
>>モンロー主義は米国が欧州に不干渉の姿勢を取ることで、建前上は南北米大陸への欧州の不干渉の要求でありますが、実質的には米国の「侵略行為」に対して欧州がとやかく言うなというバーター取引的なものです
  成程、19世紀末頃から米国は盛んにスペインに戦争を仕掛け、メイン号事件で「スペイン船員の犯行」と言うでっちあげを行い、「リメンバーメイン」を合言葉にして世論を煽って、避戦派だったマッキンリー大統領に宣戦布告を行わせていますから、「領土を広げる為の戦争を、したがっていた」のは間違いありません。  コロンブスの大陸発見以来、北アメリカ大陸からは、先ず革命で国家体制が変わったフランスが撤退し、その後、米国の独立戦争の勝利で英国が去った後の邪魔者は、中南米に植民地を持つスペインのみだったワケです。  すると外交工作を遣って、欧州全土を敵にするのではなく、スペインダケを標的にする事が出来れば、米国の領土は確実に広げられると読み、その為のバーターとして、相互不干渉を持ちだしたのではなかったか、と考えれば素直に腑に落ちますね。

 それでも、米国の野心的な領土侵略は、遅きに逸して居たと言って宜しいでしょう。 確かに米西戦争の勝利で得た南北米大陸に帰属するモノは、米国を一躍強国にしました。 然し、アジアはドゥでしょうか、ジャワ・スマトラ、カリマンタン、セレベス、そして、インドシナ半島と、東南アジアの主要な島の悉くは、16世紀以来英仏独蘭のモノであり、就中、資源を生み出すような魅力的な島は一つだに手に入って居なかったのです。 唯一の大きな島であるフィリピンも、数千の島々で構成されて居るのに、資源は皆無です。 人は目に見えるモノを比較する事で優劣を決めたがります。 それ故、米国内にいる帝国主義者達wは、焦燥感で溢れかえって居たと思われます。

 しつこい様ですが、ダカラ、第一世界大戦後の米国は、満州利権に拘ったのだと思うのです。 所が、ソウして日米戦争で大きな犠牲を出したのに、肝心の満州が手に入らなかった事は、一部から大きな不満を提示されました。 
 FDRの急死で大統領になった副大統領のトルーマン以下の民主党系政府筋、殊にアチソン国務長官は憔悴していました。 事務屋のトルーマンは優柔不断で、政治指針が曖昧だったからで、その隙に李承晩が、好き勝手に日本への私讐を始め、其処を戒めるつもりで言った言葉がソ連側の勘違いを招き、朝鮮戦争勃発に繋がって終ったのです。 随い朝鮮戦争の原因は、偶発的なモノですから、この時点で、米国には既に満州の石油は眼中になかったと謂えば言いすぎかもしれませんが、簡単に何とかなるとは、誰も思って居なかったものと思われます。

 ダカラ、米国としては、半島情勢の帰趨は実はドゥでも良かったのです。 早く有利な条件で休戦に持ちこみ、ソ連本隊の南進さえ食い止める事が出来れば好かったのです。 ダカラ、半島での戦闘の早期終了の為に、核使用許可をマッカーサーが直訴したのです。 所が逆に、マッカーサーは解任されます。 是で、朝鮮戦争は長期化することが決定的と成りましたが、米国にとっては「益の全く無い戦い」だったと言えるでしょう。

 逆に謂えば、「ヤルタ会談」で、連合国同士で合意した事を守る事が、戦後体制の始まりと言える事に気が着いたのでしょう。 ソウです。 ヤルタ会談こそ、戦後の国連のひな型ともいえるのだと思います。

 その議決1号が、「アラブの石油は欧米、満州の石油はソ連と共産シナに主権があるモノとする」だった可能性が高い。 どちらにせよ、他国の土地の他国の資源を私して勝手にシェアする等、自由主義/共産主義に拘わらず、全く帝国主義の進化形に過ぎず、平和主義が聴いて笑わせる話ですね。

>米国がシナ利権=満州利権に拘ったのは、大慶油田

●大慶油田群は1959年に発見されています。アメリカは日本と開戦する前に大慶油田の存在を知っていたのですか?
公になった資料がありましたら、どなたか教えてください。

そうまでして、拘った支那の石油利権を中東のように支配しなかった理由はなんでしょうか?

米国が大慶油田開発をあっさりあきらめたワケ

>ななしさん、ソロです。
>>大慶油田群は1959年に発見されています
 昭和にすれば34年です。 大慶油田は、その存在の可能性は、戦前から強く謂われて居ましたが、当時は日本に肝心の掘削技術が無く、掘れなかったのです。 もし、日本が掘りあてていたのなら、日米戦争でも、日本は負けなかった可能性もありますから、米国も別の手で日本を懐柔しようとしたでしょう。 この様に、戦前の満州は、「未知の地下資源の宝庫」と言う認識でした。 事実、欧州半島とほぼ同じ面積の土地に、石炭や石油、銅や鉄と言った金属類も有ったのですから、その認識は間違ってはいない。 ダカラ、ジョン・D・ロックフェラーは、嘗ての相棒、鉄道王ハリマン迄声を懸けて、掘る気満々だったのですが、小村全権大使に、共同開発の提案を蹴飛ばされて、完全に頭に来ていたようです。

 所が、昭和10年代の初頭に、アラブの砂漠地帯に大油田が有る可能性が示されており、ヤルタの密約でも、その情報をベースに、アラブを選択したワケです。  その油田が、朝鮮戦争の際中の昭和20年代の後半に、その埋蔵量や場所が決定的になりました。 つまり、ヤルタで共産圏にシェアした上、未だ実際には鑿井すら行って居ない大慶油田よりも、より大規模で確実なアラブ油田の方が大事なのは言うまでもない事だし、其処には英仏も首を突っ込んで居ると有っては、、いての足っても居られない情況だったでしょう。 ダカラ無理に満州利権に拘る必要は、なくなったのです。

 とはいえ、米国の最初からの目的は、新たなエネルギー源である石油資源の独占で、世界覇権を握る事ですから、始まりは偶発的な原因だったとしても、朝鮮戦争を戦ったし、休戦も、庇護国韓国抜きで自らの責任で行ったワケです。 そして、極東経営は、何時しか、極東の植民地化から反共ライン維持が目的になったのです。

拡散希望

拡散希望

河野洋平氏及び朝日新聞関係者の国会証人喚問を求める署名

http://ianfu-shinjitu.jp/CMS/?p=507

こんにちは

>ソロ様

ご返答ありがとうございました。

その前に、どなたか「反米論」とおっしゃってましたが、少なくとも私は反米・親米のどちらでもありません。

反米主義者は「米国が嫌い」という感情的結論からスタートした逆説を多用しますが、私は日米戦争に反対した共和党のような冷静な視点を持つ米国人にも着目し、彼等をどのように利用し、いかにして日本の国益に持ち込むか、そういったことも考えていますから、反米主義に多い児戯な感情論は持ち合わせていません。


さて、モンロー主義の解釈については、ソロ様のおっしゃる通りだと思います。

そもそもが、米大陸にせよ19世紀には現住民はほぼ絶滅してマイノリティになっており、南米大陸も欧州由来の白人国家でありますから、欧州との相互不干渉ならば、南米大陸がそこから「除外」されるのはモンロー主義の欺瞞性を物語っています。

ですから、実質的には「米国が最も恐れた強国」である英国とのバーター取引と言えます。

しかし、地球は丸いですから、欧州不干渉を理由に東側に無関心な姿勢を取っていても、西側へ進出していけば、いずれアジアで英国とぶつかります。

米国人とてそこに気付かないほどのバカではありませんから、英国を倒せる国力を備えるまでの時間稼ぎがモンロー主義であったと、これが事実でしょう。そして、米国の国力を押し上げる決定的要因としての支那大陸利権であったわけです。(あくまで米国人がそう思っていた)

つまり、米国の真の敵は英国だったということです。ドイツや日本は米国の対英戦略にとっての邪魔者だっただけで、だから米国は日本をまず外交で孤立させ、味方がいないことを確認してから叩くという、実に用意周到な戦略で攻めてきました。要するに、英国の顔色を伺っていたということです。

従って、あれほどドイツや日本を敵視しておきながら、戦後の米国の対日独姿勢の豹変ぶりには「?」が付きますが、なんのことはない、最初から敵でなかっただけのことです。

米国が満州へ興味津々だったのも、英国の唾が付いていないからという理由が最も大きく、1941年に英ソ連合軍がイラン王国に侵攻し占領していますが、その前にイランは世界大戦の巻き添えは御免だとして米国に助けを求めていたわけですけども、ルーズベルトは門前払いしています。産油地帯中東に傀儡政権を作る絶好のチャンスだったのに。なぜなら、イランの隣が英国領インドだからです。

しかし、第二次大戦で連戦連敗の英国、シンガポールの無敵要塞すら日本軍にあっという間に降伏させられてしまった英国の「弱さ」を思い知った米国は、英国に対して失望しながらも、世界戦略をゴロっと転換し、ヤルタ会談に至ります。

この頃から、米国の極東地域への興味が薄れてくるわけです。

戦国絵巻「川中島合戦」の如き両雄の論戦

鞭聲肅肅夜過河  いいですね~  (・”・)

激戦地硫黄島の名前をハンネに選んだ意図は何かな?まーどうだって良いが

> 硫黄島さんゑ
反米論では有りません敢て米国論と言ってますよ。
自説に対するレッテル貼りは反論を封じ込める常套手段と解釈しております。

突然現れた硫黄島と名乗る方が嬉々として米国論だけを語り出す時点で作為的な物を感じる事も有ると云う事です。


其の辺が何故かご理解が無く米国論を急いだかのように続ける辺りも実に胡散臭いと私は感じて居る次第でであります。

因みに米国との大死闘を繰り広げたあなたのハンネも貴方のアメリカに対する強固な思いだけが取って見える様な気がします。
この時点で貴方が既に如何云う思いで此処にコメントを寄せてるか大体の予想が付くと思うんですがね。

あきらかな捏造も交えながら語るのは初心者、事実だけど自分とって都合の良い情報だけを上げるのがベテラン、田原総一郎、佐高信等を後者に当て嵌まりますね。
結論有りきに一応は見えないが彼等の考え方は誘導ですよ。

巧みに長い時間と保守論客に否定されにくい材料で肯定されながらも自説に結論を持って行こうとする、其れ位の事は巧みな方だと出来ると云う事です。
貴方の結論有りきでは無いと云う主張の根拠には成りませんね。
米国論だけを主題に語りたければ其の方面を中心にコメントするスレに投稿されてはと云う事です。

ps
パラオの下りは完全な決め付けで印象操作に見えますね。
因みにパラオは日本が英国の参戦要求に答える形でドイツと第一次大戦時に奪った物で英国の望みはヨーロッパ戦線への参戦だったと記憶しておりますが。
このパラオの下りは特に一般に認知もされてない情報でソースも無ように見えますし想像だけで語っている感じですね。
一般的にはそう云う説を謀略説と云うんですがね
私にはあなたが既に結論有りきで物を見ていた、そして語っている。
そのように感じておりますが?

悪しからず

大東亜戦争前のフランクリン・ルーズベルトの要求

今の支那は 、大東亜戦争の始まる前の日本である。

日本も当時のアメリカに倣って、支那に新疆トルキスタン、チベット、満州、内モンゴルから一兵残らず撤兵し、共産党の一党独裁を廃止しろと要求してみよう。

そして、この要求に応じなかったら、支那の製品は一切禁輸し、石油も一切支那に持ち込ませないと言ってみよう。

アメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領は、当時、日本に、そのようにように要求したのだから、アメリカは何の文句も言えないはずだ。

果たして、支那はどういうアクションを起こすだろうか。

混戦模様

武田信玄・今川義元・北条氏康の三国同盟と上杉謙信   (・”・)

こんにちは

>a様

なるほど、貴殿の思いは分かりました。

しかし、反米という言葉を先に使ったのは貴殿であり、反米論をやりたいなら云々と言っておられたので、私は反米にも親米にも与しないということを申し上げたまででございます。

また、パラオのくだりが云々のところでございますが、こじつけと言われましても、自らの野望をつまびらかにし資料に残すような輩は稀有でしょう。

貴殿の理屈だと、原爆投下について米国の言い分は資料が残っているから正しく、日本の保守派の間で言われることもある「人体実験説」はこじつけだということになります。

米国自らが原爆投下を「人体実験でした」などと白状するわけがないので、そのような資料が残っているはずもありません。

パラオのくだりがあくまで持論なのは間違いありませんが、では、貴殿は当時の米国の「本音」を明確にできるでしょうか?

また、当時の米国の本音を記した一次資料があるのならば、是非とも教えて頂きたいものです。私は読みたいです。

ちなみに、第一次大戦で日本が欧州戦線不介入の方針を取ったため、英国は日本を不要の同盟国と位置付け、後のワシントン会議で英国が日本を簡単に切り捨て、米国へとくら替えする要因となりました。人種差別撤廃条約に英国が形式だけでも日本に協力しなかった理由もこれです。

パラオ獲得はアジア・太平洋地域における日本の対独参戦の見返りでして、当時の米国はまだ英国に面と向かって物を言える立場にありませんでしたから、これを阻止することはできませんでした。


なお、このような米国論を言うことで不信感を抱かれるのであれば、韓国について言えば貴殿は満足するのでしょうか?

では、韓国がなぜに反日姿勢を頑なに守り続けるかについて、私が持論を申し上げたらば、貴殿は同じく「こじつけ」であると言われるのでしょうか?

韓国ではもとより両班は庶民から嫌われており、初代大統領の李承晩は両班の出自であります。

日本統治時代から一転して両班政治に回帰したことで、韓国の庶民は李政権を忌み嫌い、韓国政府はろくに機能しませんでした。

つまり、朝鮮の庶民はもともと両班の築いた朝鮮文化に興味も何もなかったのです。

そこで、李承晩は反日教育を徹底するようになったのですが、だから、金九という殺人犯の書いたデタラメの日本統治史を参考にして日本の悪事をでっちあげました。そして、両班の文化をあたかも庶民の文化であるかのように「すり替えた」わけです。

これが今日に至る韓国の反日病の根幹であり、つまり、韓国は国民の隅々までが自分を両班であると勘違いしているわけです。

両班は「偉い」のだから、日本は格下の奴隷であり、奴隷の分際で主人に噛み付いた蛮犬であると韓国人は思っています。だから、韓国は反日病から抜け出せないのです。

ちなみに、これは自説であり資料はありません。こじつけと思われても仕方ありませんね。

良く読んで欲しいねー私が先に書いたコメントを

良く読んで欲しいね私は現在コメントされてる行為を米国論と書いただけですよ。

まさか、右翼と呼ばないで!に書かれては?
と書いた所に反米論でもどうぞと、書いたまでですが。
今現在貴方がたか行ってる受け答えは只単に米国論と言ってある筈ですが?
誤読なさってますよ。

私が言いたいのは何でもアメリカがーが危険で有ると云う事です。
因みに日本の左巻き集団はソビエト、北朝鮮等の影響のほうが遙かに大きい筈でう。
何でもアメリカのせいにされては日本の安全保障上マイナスに成ると云う事です。

其の辺に思考が何故か廻って無いとは不思議ですね。
国益を大きく損なう可能性に気付かないとは誠に残念ですな
硫黄とうさん・・それとも硫黄じまと読むのかな因みにどちらでしょうか?
以外とね・・・・・・

日米両国は、マリアナ陥落で終戦すべきだった

>硫黄島さん、ソロです。 コンバンワ。
 aさんの文章を読んで居て気が着いたのですが、ソウ云えば、 ドイツ委任統治領だったパラオやビスマーク諸島が、第一次大戦後の戦後処分で、日本に御鉢が回ってきた事へのコメントを忘れてました。 デモ、此の処分をドゥ評価するかは、そのタイミングから、国に拠っては色んな展開が考えられるので、各論あって宜しいと思います。

 私は寧ろ、日本にとってマリアナ諸島こそ一番の危険要素の高い島嶼部では無かったか、と思います。 と言うか、米国が建てた「飛び石作戦」のクライマックスが、レイテ沖海戦(米国名フィリピン海海戦)での、大艦隊同士のガチンコ勝負で、もし、日本が空母を温存できるような状態なら、若しくは、日本海軍が、フィリピン海に集結した大艦隊と、当初でも2万人を超す大勢の上陸部隊を積んだ船団を、かわぐちかいじの「ジパング」ではありませんが、1発の爆弾で壊滅させ得る力を持って居れば、形勢が逆転した事も考えられました。

 然し、結果は日本にとって悲劇と言う他は無い程酷いもので、就中、機動空母艦隊全滅は、日本から、制海権も制空権も奪い去り、次に来る、マリアナ諸島の攻略後、陸上基地=不沈空母化で、本土空襲を防御し様が無くなった。 ダカラこそ、絶望的な特攻が始まったのですが。

 「日本は、この時点で降伏すべきだった」と言う説も、相手がマトモな文明国なら蓋然性が有ったと思います。 然し、米国兵士自体、是までの各島嶼戦で、日本兵士との間で繰り広げられた激しい戦闘で、その剽悍で降伏しない日本兵の恐ろしさに、精神的に消耗して、厭戦ムードが次第に広がっていた。 彼等の中から精神異常を来すモノが相当数出たソウですが、彼等の3代前の先祖の多くは、欧州の水呑み百姓です。 戦いの素人が、戦場で味わう悲惨さは、同じ百姓の出だとは言え、日清日露を戦い抜いて、尚更、15年戦争を戦って来た日本人とは、雲泥の差が有りましょう。 

 ダカラ、情況からの読みダケで謂えば、日米軍共に、その戦いの空しさを認識して居たのですから、寧ろ、何故、最後はソウなった様に「条件付き降伏」を提示出来なかったのかが、判りません。 結局、戦争を継続し、マリアナ諸島から、本土空襲や原爆投下を企図した一連の行動の裏には、日本民族殲滅を狙っていたとしか思えない節が有ります。

 こうなると、反米とか、容米という段階では無く、民間人の大量殺戮の合法化と言う他は無い話です。 日本人を同じ人類と彼等が考えて居るのであれば、当然恥ずべき行いです。 何処に隣人愛が有ろうか、何処に騎士道が感じられようか。 戦争だから仕方がないというのなら、米国国民は将来自分達も、同じ目に遭っても、一言の文句すら謂う資格がない事を自覚すべきです。 「勝者は、敗者に何をしても許される」と言う傲慢で、野蛮な考えが何時まで通用するだろうか。 自分達が是まで他民族にして来た事が、必ずや、自分達の子孫が味わう事になる事は、数千年も前から仏教で予言されいる事です。

残念ながら。一般的に知られて無い話題の時はやっぱ其れなりのソースが必要ですね。そうじゃないと分るでよ?

わたしの知る限り日本の第一次大戦の参戦は当時同盟国で有った英国の要請によってなされた物で英国の本心は西部戦線への日本軍の出兵に有った様です。
青島は確か要請が有ったそうですが、」南洋諸島への出兵の要請は有ったかどうか不明ですし、第一当時世界一の大英帝国がアメリカの策略と同調する為の日本に南洋諸島を取らせたとは考えにくい訳ですから。

ソース云々と成る訳ですよ。
妄想では何でも言える当たり前の事、だから一般的で無い話題にはソースがと云うとこに成るのは当然です。

日本とパラオ ~歴史を越えた友情~

https://www.youtube.com/watch?v=cTRfPNEPR-A
何度観ても涙ぐんでしまう。        (・”・)

アメリカのせいかな?

歴史を訪ねるノスタルジーも良いけどタマには現状を見てみれば如何ですかなー。
突然現れた(多分)二人組(一人は消えた)が『アメリカがー』を繰り返せば怪しまれるのは当然です。
予定行動の可能性も高いのでは?
ところで・・・・・・・取敢えず黙ってますか。

硫黄○○さんの現状での立ち位置は非常に怪しいと疑われケースかと思いますよ。

朝日新聞おわび連発…うわべの謝罪は不要、自ら蒔いた「強制連行」の誤解を世界で取り消せ
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/140921/wlf14092107000019-n1.htm

a #JXoSs/ZU へ

意外とがんばっとる。
---
JXoSs/ZU のトリップ。
ググって、× ×大学なくてよかったかな。
ここだぞ、ちり が怒ってるのは。
怒ってんのはココだぞ。
--
わかるか。


負けるなよ

ちりちゃん

ここはみんなの共有のブログなので
私物化はできません。
(している人もいるかもしませんが
基本的に来るものは拒まずです)

中国や韓国が破綻すると地獄の釜の蓋が開くので
難民が流れこんでくるので、そこが問題であると
ランキングの下の方のブログでは指摘しています。

【内閣改造イイね!】
http://mgr-blog.jugem.jp/?eid=595
ここでは在日を国に戻す・・・という視点ですね。

消費税は景気を冷やし、デフレを継続させてしまいますので
もちろんやるべきではありません。

消費税については政治ランキングの一番上の
三橋貴明氏のブログで大々的にやっていますのでご安心を。



2014/09/18(木) 21:35:44| URL| bou #C/K3BcCM [編集]
ちりちゃん、がんば!
受験生だったころには「来るな、勉強せよ」というスタンスで接していたが、
入学されたのならウェルカムだよ。
ソロさんは厳密かつ包括的に言論をなさるから、時として
「そんなことを聞きたくなかったのに」という気持ちになることは
あるかもしれないが、そこはそれ、互いに不完全な者同士と
観念してよりうまく年長者から何かを引きだす工夫をしましょう。

bouさんとか温かく若い人を見守る立場も昔からこのコメント欄には
多数存在するのですからそんなことも思ってみてください。


2014/09/19(金) 02:01:04| URL| seiji #-

私は朝鮮人が嫌いです

朝鮮人は幼稚で礼儀知らずで気分屋で 前向きな姿勢と 無いものねだり
心変わりと 出来心で生きている
甘やかすとつけあがり 放ったらかすと悪のりする オジンだ 入れ歯だ カツラだと
はっきり□に出して人をはやしたてる無神経さ 私ははっきりいって絶壁です
努力のそぶりも見せない 忍耐のかけらもない 人生の深みも 渋みも
何にも持っていない そのくせ 下から見上げるようなあの態度
火事の時は足でまとい 離婚の時は悩みの種 いつも一家の問題児
そんなお荷物みたいな そんな宅急便みたいな そんな朝鮮人達が嫌いだ

私は思うのです この世の中から朝鮮人がひとりもいなくなってくれたらと
日本人だけの世の中ならどんなによいことでしょう
私は朝鮮人に生まれないでよかったと胸をなで下ろしています

私は朝鮮人が嫌いだ ウン!
朝鮮人が世の中のために何かしてくれたことがあるでしょうか
いいえ 朝鮮人は常に私達おとなの足を引っぱるだけです 身勝手で 足が臭い
ハンバーグ エビフライ カニしゅまい コーラ
赤いウインナー カレーライス スパゲティナポリタン
好きなものしか食べたがらない 嫌いな物にはフタをする
泣けばすむと思っている所がズルイ 何でも食う朝鮮人も嫌いだ

スクスクと背ばかり高くなり 定職もなくブラブラしやがって 逃げ足が速く
いつも強いものにつく あの世間体を気にする目がいやだ
あの計算高い物欲しそうな目がいやだ 目が不愉快だ 何が天真爛漫だ
何が無邪気だ 何が星目がちな つぶらな瞳だ

そんな朝鮮人のために 私達日本人は 何もする必要はありませんよ
第一私達おとながそうやったところで ひとりでもお礼を言う朝鮮人がいますか
これだけ朝鮮人がいながら一人として 感謝する朝鮮人なんていないでしょう
だったらいいじゃないですか それならそれで けっこうだ
ありがとう ネ 私達日本人だけで 刹那的に生きましょう ネ

朝鮮人はきらいだ 朝鮮人は大嫌いだ 離せ 俺は日本人だぞ
誰が何といおうと私は朝鮮人が嫌いだ 私は本当に朝鮮人が嫌いだ〜〜〜

https://www.youtube.com/watch?v=8oTYRtpjWtY

(・”・)

こんにちは

>a様

貴殿のおっしゃることは分かっておりますよ。

限られた文字数の中で全てを表現することはできませんから、誤解などを招くことは当然あるでしょう。

ソースがあれば満足すると言うならば、西尾幹二氏の書かれた「GHQ焚書図書開封」を第一刊から順番に読まれるとよいでしょう。

戦前の世界が英国の覇権であった以上、米国が世界覇権を目指すならば必ず英国と対決することになります。ボクシングのチャンピオンと挑戦者の関係です。

これはごく普通の理論であり妄想などの類いだとは私は思いません。単に米国は英国と覇権戦争をしていない、それだけのことです。

ですから、「英国VS米国」の歴史観で見ますと、日本とドイツは米国にとって世界覇権の邪魔者だったということで、そういった観点から言うと、日米戦争は「避けられなかった」というのが私の見立てであり、日本の外交音痴が直接的な戦争の原因ではないと、それを言いたかったのです。別に米国が一方的に悪いとか、そういうことを言うつもりは微塵もありません。ただ、事実として米国のみならず白人の秩序や道徳観は「偽善」に満ち溢れています。そういうものだと思えば、感情的になることもなく、淡々と事実を受け取ることができます。

満州や支那の問題など戦後になって様々なことが言われますが、地球規模で米国の戦略を見てみれば、私に言わせればそれらは細事にすぎないということです。

満州も支那も当時の日本にとって最も重要な防衛線の一つであり、であれば、この地域で米国と対決するのは「必然」であります。なぜなら、米国にとっても打倒英国のために必要な地域だったから。

言ってしまえば、明治から昭和20年までの日本は米国の西方侵略に対して必死に抵抗していたのです。抵抗していたからには戦争も辞さないのは当然です。

要するに、日本が米国と戦うつもりがなかったというのは「大嘘」なんです。戦う覚悟はもともとあったんです。

ただ、それは英国をアジアから追い出した「あと」のことだと日本は思っていました。従って、英国領事館事件で米国が突如前面に出てきたとき、日本はビックリしたわけです。

じゃあどうして米国が突如前面に出て来たかと言うと、これは欧州大戦も関係していることですが、最近の研究では「ソ連」がここに関わってくることも分かっています。

つまり、米国は日本がアジアの覇者となることを恐れるあまり、ソ連という巨悪を見落としたわけです。すなわち、ソ連に利用されてしまった。

これが意味するのは、実は外交音痴は日本だけじゃなかったんです。米国は後のライバルであるソ連を育ててしまったという「痛恨のミス」をやらかしたのです。

こういった「イレギュラー」も常に想定しなければいけないし、冷静に対処する必要がある。それこそ日本が歴史から学ぶことであります。日米同盟を過信するとしっぺ返しを食らう可能性があります。

だから私は地球規模で歴史を見ようとするのです。


ちなみに、硫黄とう、硫黄じま、どちらでも構いません。

こんにちは

>ソロ様

日本がサモア地域に割って入ったのは、単に米国の西進ルートをいつでも遮断できるようにするためで、地政学的には王道の戦略です。

ただ、日本と米国で決定的に違ったのは、日本は明治以降一度も総力戦を戦うつもりも予定もなかったということです。

米国は最初から総力戦を戦うつもりでした。となると両者の戦略は決定的に変わってきます。

日本は日露戦争のときのように、先手必勝で敵の戦力を叩き潰し、頃合いを見て講話に持ち込む「部分戦争」をやるつもりでしたから、まず真珠湾・フィリピン・シンガポールを叩きました。

本来は真珠湾で討ち損じた空母艦隊をミッドウェー海戦で叩き潰し、そこで講話を提案するつもりだったのですが、ご存知ミッドウェーで敗北したため計画が狂ったというのが日本側の見立てであります。

しかし、米国は最初から総力戦を戦うつもりだったので、ミッドウェーで日本軍に敗北したからといって、「参りました!」と講和に応じたかどうかは疑問です。

ただし、ミッドウェーを取ってしまえば、米国の前線は真珠湾まで押し下げられ、なおかつ真珠湾の立て直しが間に合いませんから、米国が講和に応じなかった場合、日本がハワイを占領し、そのままカリフォルニアとパナマまで出て行き、パナマ運河を占領し、米大西洋艦隊をメキシコ湾で叩けば「勝負あり」でした。そうすれば、もう米国に日本と戦う力はありません。

戦前の日本には、日本軍がパナマを占領して米国に勝つと予想していた識者もいましたが、つまり、パナマまで出て行くことは想定の範囲内だったわけです。

従って、ミッドウェー海戦が日本にとって痛恨の敗北となったのは間違いありません。

なお、パナマ運河は日露戦争のバルチック艦隊大敗を受けて、米国が西進に必要不可欠であるとして建設したものです。つまり、軍事目的です。

バルチック艦隊はバルト海からアフリカを迂回して対馬海峡まで来ましたが、その移動距離の長さ故に乗組員が疲弊してしまったというのは有名な話です。

米国はバルチック艦隊の二の舞は御免だとして、南米を迂回しなくても大西洋艦隊を太平洋に移動できるパナマ運河を建設したのです。

では、その標的がいったいどこであったのか、今となっては分かりきっています。我が国日本と英国です。

この逆、つまり太平洋から大西洋への移動も当然ながらあります。

アジアで日本か、もしくは英国とぶつかるのであれば、パナマ運河は米海軍の生命線になります。戦前の日本はそれを知っていました。戦前の日本を指して無能呼ばわりする人たちには、是非とも認識を改めて頂きたいと思います。

また、私がなにゆえ満鉄利権を「細事にすぎない」と言うのかといえば、パナマ運河のようなことが実際に起きているからです。パナマ運河は米国の世界戦略を如実に物語っています。

すなわち、米国は最初からアジアを侵略するつもりだったのであり、有色人種との共栄など考えていません。満州や支那で日本が米国に譲歩したところで、米国の世界戦略は変わらないのです。

戦後は米国の標的が日独英からソ連(ロシア)へとシフトするわけですが、米国の「敵を求める姿勢」は未だ顕在であり、ロシアを今でも敵だと思っています。クリミア半島を併合したロシアは、そんな米国に一矢放った、つまり抵抗したわけです。

このあたりが米国の外交音痴を物語っています。

維新の党結党

殆ど橋下徹の言いなりではないか。

江田氏はさぞ溜まっていることだろうな。

癇癪(火病?)を起こして出ていくのも時間の問題。

党としてのカラーはやや保守ちょいリベラルといったところか。

票になりさえすればどっちにも転びうるミーハー集団である。

この点、小生の見立てでは、時勢は、
保守に味方するであろう。

なぜなら、ただ外国(=支那韓)にお布施をするだけのリベラルのやることで景気を持ち上げられるとは思えない。

そんな余裕はもはや日本には無い。

一発展途上国としての支那韓の経済成長にも翳りが出ている。
人口ボーナス終わる支那韓を捕まえて、見込みがあるから投資すべき等、どこの詐欺師だよ。

支那韓の景気が悪化し、税収も減っていくということは、日本左翼へのお小遣いも減るということだ。

支那韓に媚びれば当選できる時代は終わりだ。

むしろ支那韓をボコボコに叩き票を稼ぐやり方の方が合理的であろう。

世界のリーダーアメリカ様を含め、他の外国も軒並み保守が台頭しているので、今更日本が右に舵をきっても問題ない。

軍神・上杉謙信公「車懸かりの陣」 お見事!    (・”・)

> パナマ運河は日露戦争のバルチック艦隊大敗を受けて、米国が西進に必要不可欠であるとして建設したものです。つまり、軍事目的です。~ 私がなにゆえ満鉄利権を「細事にすぎない」と言うのかといえば、パナマ運河のようなことが実際に起きているからです。パナマ運河は米国の世界戦略を如実に物語っています。

朝日新聞に対する集団訴訟提訴

拡散!

77 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載は禁止:2014/09/22(月) 06:08:31.76 ID:zgS3VZYs
【宣戦布告!】朝日新聞に対する集団訴訟提訴へ![桜H26/9/9]
http://www.youtube.com/watch?v=y2i8L0ByPa0

朝日新聞に対する集団訴訟提訴エントリーのご案内
http://www.asahi-tadasukai.jp/

なぜ支那韓に発展見込みが無いと思うのかについて

人口ボーナスを持っているというのは他の途上国も同じであろう。

問題は支那韓が自国の「差別化」を図れるかということ。

差別化できなければ、インドに投資しようがミャンマーに投資しようがよくなる。

より人口ボーナスが>なりな国に世界の資本は流れていき、支那韓は他の途上国には勝てなくなる。

人口ボーナス以外で支那韓の減点要素は何か?

まず支那は、
共産党独裁のためにムダな出費(軍事費・公安費)がかさむばかりか、不公平感から、民主化革命リスクがつきまとう。
敵対する国からの反乱工作にも激弱い。

次に韓国も、
嫌々民主主義・法治主義を取り入れてはいるが、所詮はサムスン財閥大事の土人国。
財閥に就職できなかった若者は政府に「恨(ハン)」を抱き、北朝鮮に唆されて共産革命のリスクがありますな。

両国の革命リスクは失業率に比例。これから危険領域に入るだろう。

外資に逃げられること確実。

別に外資に頼らずとも、この日本国のように十分な国内資本があればいいが、彼らにそんなものは無い。

世界ランクの富豪が増えてるらしいが、彼らは国内の産業を潤し、労働者に還元することはない。

ただ外国のブランド品を買いあさり、外国に資産を移すだけだ。

中間所得層が育たないと意味なかろう。

世界ランクの富豪と雖も一般人千人分の胃袋を持っている訳じゃないんでね。

支那韓の差別社会は非効率である。

それを改めようという気概も無い。

なぜなら、今苦しんでいる下層民も共産党(サムスン財閥)に

取って代わるという野心

しか持たないのだから。

それが半万年餓鬼畜の漢族・朝鮮族の思考の限界よ。

故に、

見込みなし。

早々に手を切るのが賢者の道。

目の前の餌(カネ、オンナ)に騙されて付いてくのは時勢の読めない愚者のすることよ。

在日韓国人を国外追放し、韓国人の日本帰化を決して認めるな

在日韓国人は、ことある毎に多民族国家、地球市民と言うが、在日韓国人は,何時までも生活保護費を1人当たり年600万円の特権等を盗り続けるために言っているのだろうが、多民族国家は、脆く危険であることは、最近のウクライナ、イギリスを見ても明らかである。

韓国人、支那人を毎年何十万人受け入れることは、身の毛もよだつ。
今の在日韓国人が、もし仮に10倍に増えた日本を考えて見ても解る。
殺人は100倍になり、強姦は1、000倍にも増え、生活保護費は在日韓国人しか与えられ無いことになるだろう。恐ろしきことである。

日本政府が在日朝鮮人一掃計画発動!     (・”・)

渡邉哲也氏が通名犯罪も生活保護不正受給も許さない、反日勢力が恐れる神法案につ­いて解説。
日本政府がようやく在日韓国・朝鮮人の一掃計画を発動させました­。
閣議決定の段階ですが、「テロ資金提供処罰法改正案」で反日勢力の資金源は徹底的に抑­えられます。
経済的に困窮するわけですから、テロをする経済力も勿論なくなり、反日勢力は非常に困­るでしょう。
また、海外資産申告義務やマイナンバー制度で在日の資産を監視下に入れ、通名口座も作­ることができなくなり、生活保護の不正受給もできなくなることでしょう。
反日が必死で焦る理由も当然です。こういった法案はもっと以前に作られるべきでしたが、いよいよ日本の健全化が始まった­と思うと嬉しく思います。

https://www.youtube.com/watch?v=JnBOQ-NMh7Q

安倍親書を利用する韓国と親韓派メディア

森元首相の韓国訪問では安倍首相の親書が朴大統領に手渡された。
その内容が即刻公表されたわけだが、内容的に目新しいものはない。
では何処が問題点かといえば、まずは外務省が絡みまたいつもの「配慮」が先行していること。

それにより「日本が先に擦り寄って来た」と韓国民にイメージ付けられるという点、そしてまたこれを日本の朝日、毎日など反日、親韓・親中メディアが持ち上げてこれもいつもの「日韓友好」(日中友好も構造は同じ)」を盛り上げる道具に使うということ。

このように繰り返される間違いで最も悪く貢献するのが日本のマスメディアなわけだが、日本の国民もメディアに誘導されずにもういい加減、先人(福沢諭吉など)の「半島、大陸とは関わらない方が良い」という感情論ではない先見性に追いついてもよいのではないか?

何より今の日韓関係、日中関係を壊し続けている原因はこの韓国、中国にすべてある。

以前は、アクセスして10秒待たないと表示されなかったけど
ここ数日は一瞬で表示されるようになった、万歳

佐賀農協野球部の英霊と遺族侮辱行為

【この恥ずかしい日本人たち】


▼Jaさが(佐賀農協)野球部が英霊と遺族、日の丸を侮蔑。

▼日の丸を掲げ「同期の桜」を流し、男たちの全裸ストリップを結婚披露宴で、騒ぐ。

https://www.youtube.com/watch?v=cjL_9GAXiGg&list=UUH2oeHJhvsok05l5FdjTeIQ

▼抗議先は、組合のHP,問い合わせから。

http://jasaga.or.jp/

■日本国民は、韓国の道徳教育を見習うべきである!!と説く日本人。

■宮川典子議員(自民党・山梨)の韓国の「道徳」と「市民倫理」 絶賛論文  
http://www.mskj.or.jp/report/3127.html 

■抗議先 http://ameblo.jp/mygwnrk/
↑こちらのコメ欄へ

■宮川典子 公式HP http://www.miyagawanoriko.net/

■顔本 https://www.facebook.com/noriko.miyagawa.50

■ツイッター https://twitter.com/norikomiya

■総理の前でキム・ジョンイル(金正日)ジャンバーを着て、赤い顔醜態の宮川典子議員。

http://blog.goo.ne.jp/8074ken/e/ea55a0010cad35790c99eeed6e585425

捏造の南京大虐殺を生徒に30年間教えていた教諭

◆捏造の南京大虐殺を生徒に30年間教えていた教諭

仙台市八軒中学校
http://www.sendai-c.ed.jp/~hachiken/

小松貴宏 ← この教諭

〒984-0827
 仙台市若林区南小泉字八軒小路9-1
 
 仙台市立八軒中学校
 
     校 長   米 澤 通 徳 

■メールアドレス:http://www.sendai-c.ed.jp/~hachiken/
 こちらの「お問い合わせ」から
 ■電話番号: 022-223-2336
■ファックス: 022-217-9752

◆教育委員会

022-214-8876(直通)
責任者は「サイトウ課長」とのことです。

仙台市教育委員会
〒980-0811  
仙台市青葉区一番町4-1-25
東二番丁仮庁舎
・教育行政に関するご意見は「市民の声」まで。
https://www.e-tetsuzuki99.com/eap-jportal/PkgNaviDetail.do?lcd=041009&pkgSeq=34244&pkgId=0001

何でもかんでもアメリカと西洋白人の企みで日本は謀略に掛けられたと力説する方はユダヤ陰謀説論者に何故か似ている

現在未来よりも過去のアメリカの対日対有色人戦略?とやらに拘り続ける方に是非見て貰いたい内容です。

ROMの皆さん方も是非でうぞ

韓国の慰安婦捏造を崩壊させる日本の反撃を青山繁晴が解説!アメリカに寄生する韓国の反日工作を破綻させる方法とは?
https://www.youtube.com/watch?v=RF_YLkKfD9g&hd=1

全ての責任をアメリカと西欧白人社会に擦り付けようとしている方達へ

○ソビエトその他の国の対日工作
対日工作員とエージェント レフチェンコと陳用林
http://blog.livedoor.jp/omttm202/archives/51381312.html
日本共産党のソ連資金疑惑-闇の日ソ関係史
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/nagosi.htm

のんびりひまじんSEESAA版ブログ 戦後史現代評論
日本共産党と日本社会党のソ連資金疑惑・・・暴く書物、知らぬふりする書物
http://66289.seesaa.net/article/49688534.html

お二人の理屈で行くとアメリカがやらせた事になるんでしょうね。

因みに垂直離着陸機ハリアーの技術はスパイされた結果ソ連に盗まれの垂直離着陸機スホーイに成ったと記憶しております。
ソース探せど短時間では発見できず、残念。
でも往年の軍事マニア間では知ってる方も多いと思いますから其方を当たって下れば常識レベルかもね?。

でわ

面白そうな番組がありましたので紹介しておきます。

TOKYO MX(ローカル局) 
西部邁(すすむ)ゼミナール
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=2014&year=yes

アーカイブが全て動画でみれるようです。
アジア情勢がらみで、取り敢えず2本ほどピックアップしてみました。

アジアは大火事で燃えている【1】世界情勢が混沌とする中で日本の外交は 伊藤貫×西部邁」2014年4月13日放送
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive_detail.php?show_date=20140413

アジアは大火事で燃えている【2】 伊藤貫×西部邁 核保有国とは衝突しないアメリカと自主防衛しない日本。」2014年4月20日放送
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive_detail.php?show_date=20140420

西部邁氏は一時期左翼だった反米保守(おそらく)の評論家。
伊藤貫氏はワシントン在住の米国に詳しい政治・金融アナリスト。
伊藤貫氏の話は非常にわかりやすく聞きやすいです。
さらに詳しい米国の話は以下で。
【伊藤貫】アメリカと世界はどうなる[桜H26/3/20]
https://www.youtube.com/watch?v=0NjhNWc_p-E

邪馬台国の所在は、古代朝鮮半島が日本領であった事実を是認すれば特定出来る。


朝鮮人は何処から来たか

第一部 韓国人は日本人と北方シナ人の混血だった
第一章 かつて半島の主人公は日本人だった
第二章 半島の古人骨は韓国人に似ていなかった
第三章 DNAが語る韓国人のルーツ
第四章 漢民族は「庶子と熊女の雑種」から始まった
第五章 「三国志」の記す半島諸民族と日本

第二部 韓国人は如何にして今日に至ったか
第六章 韓民族の歴史は「三国史記」に始まる 
第七章 漢民族は近親婚・近親相姦集団だった
第八章 韓国語は日本語とシナ語の混合語だった
第九章 歴史から学ぶ韓国人の女性蔑視と蛮習
第十章 朝鮮人よ、己の歴史を恥よ

https://www.youtube.com/watch?v=HsDDzE5Gao4

(・”・)

こんにちは

>a様

名指しして頂いて結構だったのだけども、ついにはユダヤ陰謀論者と同じ扱いですか。

「誰もお前のことだとは言ってない」と言われそうなので、先に言っておきます。確かに言ってません。


私個人的にはむしろ、ザコの韓国になにゆえ固執したがるのか分からないところです。

韓国が日本と戦争したとして、勝てるとでも思っているのでしょうか。当の韓国でさえ、日本の自衛隊に勝てるなどと夢にも思ってないわけです。

そのような弱い韓国が、強い米国を取り込み味方にしようとするのは、弱小国家として普通によくあることです。

沖縄でも、日清戦争のときに日本にそのまま着いていくのか、それとも清の側に寝返るかで内ゲバにまで発展しています。支那大陸に近い弱小沖縄ならではの悩みですが、もし清が勝てば沖縄はどうなるのかと危機感を抱くのは当たり前でして、しかも、当時の清はGDPで日本の10倍を越える、当時の日本に言わせれば大国であります。

第二次大戦後に覇権を失った英国は、反逆者である米国の傘下に入って「安全」を確保する道を選択しました。これが「パワーバランス」というものであり、強い者は必ず弱い者に寄生されるのです。そういう運命なのです。

ですから、支那にせよ韓国にせよ、実態として弱いから米国に寄生しているわけですが、支那は寄生虫らしく宿り主を乗っ取ってしまおうとしています。しかし、そのためには難攻不落の障害物である「レイシズム」に撃ち勝たないといけませんが、白人が国民の過半数を占める向こう30年くらいは、支那が米国を乗っ取ることはできませんし、白人がおめおめと有色人種の軍門に下るはずもなく、必ず衝突します。だから、私は慌てたりしない。

在米韓国人は支那人の支配下にありますから、そういう目で見ていないと敵を見誤ります。


また、日本共産党がコミンテルンの日本支部だったことは有名ですが、対米工作と同じで、大日本帝國が強かったからこそ、共産党という名のゴロツキを集めて、日本を内部から崩壊させようと企てたわけです。要するに、ソ連は弱かったのです。ヴェノナファイルによると、当時の米政府中枢にもコミンテルンの寄生虫が蔓延していたそうです。

当時の米国には大国の自覚が薄く、あくまで覇者英国の二番煎じであります。新興国が強大国に移り変わる際、こういった寄生虫問題は必ずあるわけですが、どうして米国がコミンテルンに寄生されたかは、つまり、米国がチャレンジャーの立場であったからです。チャレンジャーは攻めてばかりで防御を軽んじる。そこに寄生虫が入り込む余地が生まれるわけですが、連合国の主導的地位を獲得した米国は、アイゼンハワー政権下でレッドパージを断行し、コミンテルンの寄生虫を政府から追い出しました。

このときに初めて、米国が本当の意味で大国になったわけです。

そして大事なことは、寄生虫はあくまで寄生虫だということ。世界を動かすのは「パワー」を持った強大国だけです。従って、今現在世界を動かしているのは米国です。

日本はどうして世界を動かすパワーを取り戻そうとしないのか、いつまで日米同盟に甘えるつもりか、私はそこが最も歯がゆいところなのです。

アメリカの弱点について

殆ど完全無欠のようですが、無くはないのでは?

「世界の警察官」の立場から世界中の紛争に引っ張りだされ、バカ高い軍事費は最早抑制不可能。
増して、歩兵の人命優先のあまり、過度のハイテク軍備が国庫を圧迫する。

今後は世界の警察官の立場を「切り売り」にかかるでしょうね。

ヨーロッパにおいては、
世界大戦で「二度」対戦歴があるものの番経済規模がデカく安定性のあるドイツにロシアの抑えを任せるとして、

アジアはどうするか?

対戦歴が「一度」しかなく、ドイツと同等以上に安定性のある日本が適任とも思えますが、
軍事でも経済でもアメリカを追い詰めた唯一の国であるところから警戒心が解けず、
なかなか素直にアジア防衛を任せるということにはならないでしょう。

安倍首相が積極的平和主義を提唱しても、アメリカの腰は重い。

そこで、
インドと「連名で」アジアの安全保障を請け負うと申し出るんですよ。

日本が暴走しようとすればインドが抑えるだろうし、逆も然り。

なぜ組む相手が支那で無いのか?

支那は革命(内戦)リスクがあるので、何事においても数に入れない方がいいからです。

共闘している最中に敵国の反乱工作に嵌まり勝手に倒れられたら迷惑ですから。

インドは苦労しながらも民主主義を完徹する偉大な国であり、日本の戦略的パートナーに相応しい。

ただそこまで飛躍するには、もっと何かきっかけが必要。

そのきっかけこそが、

中華人民共和国と大韓民国の死

なのです。

支那が民主化革命を仕損じて軍閥割拠の内戦状態に陥り、
韓国が共産革命の隙を突かれ北朝鮮に併合された!

という極東危機が、
国境閉鎖・難民対策等、アジア諸国に団結と自衛を要求するのです。

アメリカもウクライナやイスラム諸国との紛争の片手間で極東危機に対応できないでしょうから、日印を仮のアジアリーダーとして認めざるを得ないでしょう。

後はなし崩し的に。

そのためには、支那韓にはぐだぐだ生き長らえず、とっとと革命で弾け飛んでもらいたいものです。

意気地なしの漢族・朝鮮族は飯が食える限りは蜂起しないので、より一層の景気悪化と失業者増が必要ですが、
まあ、
時間の問題でしょう。

立ち位置が分るよ

田中角栄CIAに嵌められる説←誰かさんが書いたアメリカ戦後謀略説の一文に有りましたね、覚えている方も多い筈ですね。

コピペ↓
昨今は、孫崎享のトンデモ本『戦後史の正体』によって、歴代の総理大臣を「自主派」と「対米追随派」に分類し、前者に高い評価を与えて後者をこき下ろすという粗雑なステレオタイプ的歴史観が蔓延している。孫崎本の歴史観は噴飯ものの一語に尽きる。何度も書くけれども、そんな孫崎のバカ本にかぶれる読者の見識を疑う。

孫崎享(まごさき うける)
孫崎 享は、日本の外交官、評論家。城西国際大学大学院人文科学研究科講師。東アジア共同体研究所理事・所長。 ウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、イラン駐箚特命全権大使、防衛大学校人文社会科学群学群長、筑波大学国際総合学類非常勤講師などを歴任した。

御存じな方も多いでしょうね。
一言で言うとリチャードコシミズ氏と同じ様な陰謀論者だそうです。

山崎行太郎ブログ←左巻きですが大筋で保守派と似た意見なので引用させて貰いました
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20130729/1375070462

私論
田中角栄元総理がCIAの陰謀に嵌められて退陣に追い込まれ侘しい余生を送る嵌めに成った、とする説は田原総一郎氏が良くテレビ雑誌等で語っていた説だと記憶に有る方も多い筈でしょう。

「キッシンジャーの『寵児』」だった大の親米政治家・田中角栄はなぜロッキード事件で失脚したか
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20120925/1348585088

因みにググればCIAに嵌められた説が多い事、正直数と大声は強しですね。
捏造でも大声で数で押せば勝ちと云う構図アレに似てますね。

孫崎享が盛んに煽っているのがこの説も含める戦後何でも米国陰謀説です。

良く分かる立ち位置解説でした。

でわ

マルチレスご容赦

>硫黄島さん、ソロです。 返事が遅れました。
>>米国は最初からアジアを侵略するつもりだったのであり、有色人種との共栄など考えていません。満州や支那で日本が米国に譲歩したところで、米国の世界戦略は変わらないのです
  ↑は、植民地が世界中に存在した当時の世界常識で云えば、むしろ当然の事です。 亦、1970年代まで、公然と人種差別が存在し、異人種への暴行や殺人すらも容認、黙過して居た米国の戦前事情なら、彼らが「有色人種との共存共栄」等考えの端にも無かった事でしょう。 彼等にとって日本は端なる、「小賢しい、有色人種の小国」でしかない。 日本海海戦の結果を分析してのパナマ運河の建設云々ですが、御説の蓋然性は首肯できるとして、2,3疑問が有ります。 先ず、パナマ運河の幅と喫水と各ロックの全長(内寸)で通過できる最大のサイズを戦後も「パナマックス」と呼びますが、当然、後年前線に出て来たダコタ級の戦艦やレキシントン級の空母は当然通れたのでしょうね? 喫水や幅は兎も角、全長はドゥでしょうかね?  亦、其れを日本軍が知らないわけがないのです。 運河での高さ調整装置を「ロック」と云います。 太平洋側に、ミラフロレスロックと、ガツンロックの2つがありますが、どちらかを破損しさえすれば、其の修復ダケでも相当な手間と、戦争に巻き込まれる事への惧れから、戦時使用について現地国の反感を買います。

 是は、日本にとって断然有利に働きますよね。 何故そうしなかったのでしょうか? 荒巻さんの「紺碧の艦隊」宜しく、パナマ運河を航空潜水艦等で長駆遠征して、爆撃する事が出来れば、ソウいう先見の明を持つ技術開発さえあれば、戦争は、西海岸各都市への空襲への怖れから、パナマ陥落と共に、講和~終了して居たかも知れませんね。 

 其れにハワイには、4万キロリットルもの燃料貯蔵タンクがあったのですから、何故、上陸作戦を進めなかったのか、「勝つつもりで戦争を仕掛けた」のなら、そっちの方が、問題になって然るべきでしょう。

 私は、米国の対日開戦の最大理由は、FDRが大恐慌以来10年間の経済ひっ迫情況のブレイクスルーとして、「戦争を求めて居た事」だと思います。 長期的には硫黄島様の見解もありかなとは思いますが、直接原因は、「ライバル日本に石油の安定資源地を渡したくない」と言う意味も含んだ、目先の石油の争奪戦だった、と思います。 

 故に満州権益の日本独占は、米国にとって些事ではありません。

>aさん
>>因みに垂直離着陸機ハリアーの技術はスパイされた結果ソ連に盗まれの垂直離着陸機スホーイに成ったと記憶しております
  ハリアーのソ連版コピー機種は、Yak38フォージャーです。 スホーイ社は、基本的に此機種には関わって居ません。唯、ハリアーの出現とほぼ変わらない時期に、出て居ますから背後で情報の譲渡が有った可能性が高いですね。 然しソ連は、裏のつながりを隠蔽する為なのか、VTOL艦上戦闘機の試作機として開発途上のYak36Mに、ソ連海軍の高級幹部が入れ込み、彼の肝煎りで試作機~Yak38の開発~新型戦略空母モスクワ型への配備計画まで一気に進んで、一部実戦配備迄果たした。 と云う「ストーリー」を、西側の軍需関係マスコミに提供して居ますが、肝心のYak38は、譲渡された技術がVTOLの基本技術のみで、試作機で培った開発途上で得た技術譲渡については、アルゼンチンンとの間に起こった、フォークランド紛争での英海軍の主力攻撃機が、同じ艦上戦闘・攻撃機のシーハリアであった事などで、ハリアの開発者のホーカー・シドレー社の反対、更には、戦争勃発で軍事機密の度合いが高まって、結局、十分な技術移譲が出来なかった事等々で、自力開発2体らざるをえなくなった。 

 すると、空母の運用実績のうすいソ連海軍で、然も新たな機種では、その高い事故率は寧ろ当然ですが、加えて極端に悪い燃費等をカバーできませんでした。 ネガティブ要因だけが目立ち、やがて、配備計画から外されましたが、搭載予定の空母も計画中止~消滅してしまいました。

 ちなみに、フォージャーとは、NATO軍の命名で、「紛い物」と云う意味だそうです。

ロスチャイルド帝国の史観

大航海時代以降、スコットランドとイングランドの間で、反乱、内戦、弾圧等がありましたが、イングランド国会とスコットランド国会との協定(合同法)を得て、
グレートブリテン連合国として生まれ植民地の支配、東インド株式会社の成立、七年戦争、名誉革命を経て
18世紀半ばに起きた産業革命以降、科学技術の進歩と資本経済の原動力をもって

次第にグレートブリテン及び北アイルランド連合王国として国家として纏まっていきました。

その中で、金融王ネイサン・メイアー・ロスチャイルドは、産業革命により綿製品の大量生産がおこなわれているマンチェスターで安く仕入れ、
ドイツへ送って莫大な利益をあげることができ、資本力と資本金を手に入れる事に成ります。

1815年のワーテル・ローの戦い(ナポレオン率いるフランス軍とウェリントン将軍率いるイギリス・オランダ・プロイセン連合軍のヨーロッパの覇権を賭けた戦い。)
この時、イギリスは国債を発行する事により戦費を調達。イギリスが負けることになれば、当然、イギリスの国債は大暴落する。
ロスチャイルドの代理人は、イギリス国債を買い漁り、
イギリスの勝利後、莫大な資産を手に入れる事に成り、ロスチャイルド家のイングランド銀行(英国の中央銀行)支配が始まるのでした。

1820年代には、各国の大蔵大臣がロスチャイルド5人兄弟に買収され、国の借金をつくり、公債を発行して、その2倍近い金利をロスチャイルド商会に支払ったと言われています。
ロスチャイルド商会の資産総額は、1815年には333万フランだったものが、10年後の1825年には1億6000万フランにまで膨らみました。

また同時にアメリカでは、1801年頃、大統領3代目、トーマス・ジェファーソンが就任し、当時の合衆国中央銀行に強い不信感を持っていました。
その当時の中央銀行は”イングランド銀行の意向に沿った国立銀行だった”のです。
また中央銀行は議会によって承認された銀行であるため、その期間は20年間と定められていました。
そのため、期限いっぱいの1811年には期限の更新を認めず中央銀行を閉鎖することになりました。

この時は筆頭株主となるイングランド銀行、ネイサン・ロスチャイルド家によって作られた銀行だったのです。合衆国は約2割だけ出資していました。

その後ネイサン・ロスチャイルドは烈火の如く怒り、「生意気な奴らめ、植民地時代に戻してやる」と怒鳴り、アメリカの完全支配を企み、報復の計画を建てる事になります。

この時から、アメリカとイギリスの通貨発行権を巡る戦いが一層激しくなり、完全征服を果たしたのは1913年のFRBの設立だった訳です。
と同時に欧米を支配する帝国、すなわちロスチャイルド帝国が誕生する事に成る。

そして次の狙いとなるのは、景気の支配と”帝国支配を脅かす存在の弾圧”だった。その時にターゲットに選ばれたのが、”日本”と"英国"だったのだろう。

その後、米国との戦争に負け、今日、再占領が出来る位置する在日米軍基地がある日本には、米国に従属しているのは間違いないでしょう。
アメリカの圧力、暴力に逆らえないのは当然でしょう。いざと成れば、武力行使及び、メディア掌握をすればいいだけ。
また日本を監視するために青森の三沢基地には常時情報収集するための”像の檻”がありますから、
へたすれば、米国側に情報がただ漏れして、米国に怒りを買うことすらあり得るわけです。

また英国も、在英米軍基地があり米国の属国になった英国も日本同様な立場に成りつつあります。※1

※1アメリカの属国になったイギリス(2003年7月29日 田中 宇)
http://tanakanews.com/d0729uk.htm

武田信玄公の啄木鳥戦法 妻女山から戻った別働隊が上杉軍を挟撃   (・”・)


> パナマ運河~後年前線に出て来たダコタ級の戦艦やレキシントン級の空母は当然通れたのでしょうね?~其れを日本軍が知らないわけがないのです。

> 米国の対日開戦の最大理由は、FDRが大恐慌以来10年間の経済ひっ迫情況のブレイクスルーとして、「戦争を求めて居た事」だと思います。~直接原因は、「ライバル日本に石油の安定資源地を渡したくない」と言う意味も含んだ、目先の石油の争奪戦だった、と思います。 
故に満州権益の日本独占は、米国にとって些事ではありません。

>> 旧日本軍によるパナマ運河爆破計画
同盟国であったドイツの敗色が濃厚となり、不要となった米英蘭連合軍大西洋艦隊の太平洋への回航が予想されたため、これを少しでも遅らせるためのいわば時間稼ぎのための運河封鎖計画であった。
この目的を達成するため、日本海軍は極秘裏に艦上攻撃機「晴嵐」3機を搭載する「海底空母」伊400号型潜水艦からなる潜水艦隊の建造を進めていたが、時既に遅く、2隻が完成した段階で日本は沖縄決戦を迎えていた。

在パナマ日本国大使館
http://www.panama.emb-japan.go.jp/jp/panama-canal/

行司がマワシを締めて、土俵に上ってはいけないのだけれど、、、(汗)

>最近の情報では小泉首相も資金投入に積極的に絡んでいたと言われています。


青山繁晴が北朝鮮高官の発言をご都合解釈しただけです。
実質ソースなしですが・・・。

中国産純粋ハチミツは砂糖に水を入れて煮込み硫酸を加えて造る


日本国内で売られている70%の中国産純粋蜂蜜、、、

コバンザメと小判は別物

https://www.youtube.com/watch?v=MODyFW4To1E&list=PLubSbhcjV7IC8pZWsaFDNk4pBTQNk_MUT

48:19

チャンさん、どうじゃろか?

(・”・)

大丈夫かぁ~ッ?


トップバリュ 純粋はちみつ 250g
本体価格 : 267円  (税込価格 : 288円)

中国産のアカシア、レンゲ、ホワイトの三種類の蜜をブレンドした、コクのあるはちみつです。
医薬品は イオンドラッグ尼崎店 での販売となります
https://www.aeonnetshop.com/shop/r/n01050000041260_r020I/

(・”・)

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。