スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネス左翼   9月3日(水)


朝日新聞の捏造報道の追求が各週刊誌、月刊誌その他で一斉に始まりました
が、国を売り続ける言論を糧にして、地位と名誉と豊かな生活を得ていた
人たち、いわゆる「進歩的文化人」を追求しない限り「戦後レジーム」から
の脱却はできないような気がしています。

戦後レジームからの脱却とは日本を未だに縛っている「ヤルタ・ポツダム体
制」のことです。連合国である米英ソ三国の首脳がヤルタ・ポツダム会談で、
敗戦後の日本のあり方を決めました。

つまり連合軍最高司令部が「占領憲法継続」「戦前の日本は暗黒の非民主主
義だったとする自虐的国家観・捏造された歴史観」の継続、「言論界・教育界
の左翼占拠」の継続などを決めたのです。

このような敗戦後の日本のあり方を維持・継続させるお目付け役として、力
のある一部のメディアや著名な大学教授などがGHQ(連合司令部)の指示
に従って、戦後レジームの監視役となり我が国に背き、我が国を非難し、我
が国の過去と現在を攻撃してきました。

一例を挙げれば、東大法学部教授の横田喜三郎は天皇制を全面否定し、反国
家の姿勢を取り,日本国を糞味噌に攻撃してきたにもかかわらず、勲一等の
勲章をもらい、文化勲章までもらう始末。

このような東大教授の偉い先生方が主張することに間違いはないという考え
で、戦後、朝日や日教組の連中が必然的に言論界・マスコミ界・教育界の
主導権を握っていきました。

そして多くの大学教授たちは左翼思想に便乗しなければ損である、保守的な
愛国心を振りかざせば、レベルが低いとみなされて社会的な地位が下る、そ
こで適当にちょっとマルクス學を勉強して、左翼の仮面をかぶって教壇に
立っていました。

戦後、マルクス・レーニン主義を奉じているとレベルの高い正義感の強い人
に見られ、左翼の箔をつけることによって出世できた。つまりブランド左翼
です。

彼らは国を売ることによって労せずして名誉や地位を得、豊かな生活を手に
入れました。しかし問題なのは戦後70年たってGHQもとっくにいなくなり
誰も指図などしないにもかかわらず、国民の多くは知らず知らずのうちに彼
らの流してきた害毒に染まり、左翼後継者を増殖させてきました。

資本主義国家アメリカにとって、当然の如く日本を社会主義国家にするつも
りなど毛頭ないが、日本を弱体化させるためには言論界や教育界を左翼思想
に洗脳し、占領憲法を継続させ、日本の精神である武士道や大和魂を崩壊さ
せ、二度と再び白人に立ち向かわない腰抜けにすることがアメリカの目的で
した。

しかしアメリカの洗脳が効きすぎて、東大教授や進歩的文化人の左翼思想が
エリート知識人の勲章のようになり、自分たちは国民を教え導いてやってい
るのだ、という優越感を持ち常に上から目線で、我々は秀でた選ばれた者で
あるという陶酔感で左翼風の言論をメディアを通じてまき散らしていました。

そして左翼たちは、我が国の過去と現在を攻撃しているうちに、ついに日本
は謝罪をしていない、謝罪をすべきだと言い出した。それが国家の威信を傷
つけ、国家の恥辱になるかを彼らは考えもしない。謝罪をすべきだと言い出
した自分たちは正直者で良心の塊である。謝罪しない人は反省心のない無
教養の人だと決めつけていました。

日本の謝罪外交をフイリッピンのラモス大統領にたしなめられ、マレーシア
のマハティールに笑われようと、アメリカのキッシンジャーに中学生の頭と
軽蔑されても、平気である。日本が卑しめられようとも恥ずかしいとは思わ
ない。

日本国民は愚かでどうしようもない、放っておいたら日本国民は神聖な憲法
第九条をないがしろにするかもしれない。どうにも仕様のない奴らだから我
ら教養の高いものが国民を教育し、締め付けを強めておく必要がある、と朝
日新聞もテレビの評論家も大学教授も左翼ブランドを身につけた優越感で国
民を見下していました。

日本人が二度と再び民族の活気を取り戻すことがないよう性根を抜き取って
おきたい、戦争責任についても日本人に自らが悪かったのだと一方的に思い
込ませるというアメリカの戦略は完璧に成功した。実に見事な戦略です。

しかし時流は変わりました。ウソ報道は直ぐにバレ、国民をバカにしていた
大学教授や朝日新聞、左翼評論家たちは、ビジネス左翼の仮面をそっと外し、
なにもなかったような知らぬ顔の半兵衛を決め込んで国益や愛国心について
語り始めた。

ビジネス左翼の仮面を外しても今まで彼らの流してきた害毒に染まってし
まった人たちが「平和」「人権」「平等」「民主主義」といった、一見誰も反対
できない理想的な美辞麗句の呪縛にかかり、「なりすまし日本人」のなすが
ままにこの国を売ろうとしています。





2冊めの本が発売されました。
☆こちらからご購入できます☆


ffff ← クリックしてもらえると励みになります


コメント

平成の大掃除

元から金と地位に執着するような連中ですから、自身の立場と利権の喪失に対しては異常ともいえる『火病』を示します。

巷で言われているように、朝日新聞と東京大学の解体、そして叙勲者の『洗い直し』という大掃除が必要不可欠です。

政治ごっこで組閣を見せ物にしている場合ではないと思います。

GHQ

GHQの蒔いた種が花実をつけ、反米思想、親共産となり、今日に至る。
現在アメリカが求める日本の集団的自衛権、秘密保護法(スパイ防止法)、沖縄基地移転問題等に全力で抵抗しているのがその花実であるサヨク連中とは、なんとも皮肉な事ですね。

プログ主殿、アップありがとうございます

支那韓は自国民を大量虐○した犯罪国家です!

自由と民主主義の敵である両国はアジアの健全な発展のために、
一刻も早く地球上から消えるべき。

その肩を持つ者が「進歩的文化人」とは笑わせる。

ただの犯罪の共犯者でしょ。

民主主義を否定し専制政治を言い換えただけの社会主義を信奉する彼らは

ちっとも「進歩的」ではないし、

自国民虐○国家を幇助する彼らは「文化人」じゃないです。

野蛮人です。

甘いマスクも高学歴も関係ありません。

虐○犯の共犯者には投票できないし、彼らからは物も買いたくありません。

「暴力団」にはカネを与えない!仕事を与えない!

日本には,左翼はいない。

日本には,左翼は居ない。

日本に居るのは,朝鮮人と成り済ましだけである。

進歩的文化人は、成り済ましのなれの果てである。

朝日新聞が誤りを認めたことは、偶然か。そのようなことはあるはずはないでしょう。原因があって結果あり。原因は何か。
そのような変化を生み出している原動力はどこにあるのか。
それを知ることが大切かと思います。

時代が変わるということは常識が変わることでしょう。今、常識の逆転が始まりつつあります。
日本の誇りを取り戻す動きが始まりましたが、それは日本神道の正当性がみなされることでもありますが、それはまた、この世ならざる力を認めることであり、神仏の存在をないがしろにする左翼思想の跋扈が終わりを迎えることです。

彼らがどのように変身しようが神仏の目をくらますことはできません。必要なことは変身ではなく反省です。

インテリに左翼が多いのを、前から不思議に思ってたんですが、ネットで共産主義を調べるとマルクスなんか難しくて、何を言ってるのか良くわからないんで、頭が良くないとわからないからインテリが多いんだと理解してます。
自由で平等、一人は万人のために、万人は一人のために、ぐらいはわかりますが、それ以上難しい話は理解できません。
共産主義社会に至ることが、科学で証明された法則らしいんですが、どういう理由なんですかね。
単純に考えれば、共産主義なんて出てこないと思いますが。
ということで、人間にとって理想のシステムはと単純に考えてみました。

地球が豊な星なのは、様々な生命にあふれた星だからでしょう。
人間が誕生したのも、この生物多様性の結果でしょう。
そこで、デカルトの「我思う、ゆえに我あり」的に考えて、
「人間を誕生させた生物多様性の仕組みが、人間にとって悪いシステムであるはずがない」、としてみます。
生物多様性を実現させているシステムとは、食物連鎖でしょう。

生物:A B C D E F ・・・
食物:B C D E F G ・・・
AはBを食べ、BはCを食べ、CはDを食べ、・・・
食物連鎖というと弱肉強食、強者が弱者を食べることを思い浮かべますが、逆にいえば、弱者は強者の生命の源とも言えます。
また、食物連鎖のもう一つの重要な要素は、生物ABCD・・・毎に食物が異なることです。

ここで、食物連鎖ではないシステム、全ての生物が同じ食物Zを食べるシステムを考えてみます。
生物:A B C D E F ・・・
食物:Z Z Z Z Z Z ・・・
この場合、強者と弱者は完全な競合関係になり、食物Zを巡って全生物間で生存闘争が起きてしまう。
その結果、最終的には最強者Aのみが生き残り、他は全滅となるでしょう。
生物:A
食物:Z

食物連鎖の、生物毎に食物が異なる、を人間世界に当てはめると、
民族毎に食物が異なる=民族毎に民族食を食べる、ですが、民族食だと狭すぎるので、意味を捉えて拡張すれば、民族食を食べる=食物の地産地消になると思います。
つまり、民族毎に食物を地産地消する、になります。

さらに、食物をライフラインに拡張して、民族毎にライフライン(食糧・水・エネルギー)を地産地消する、とします。
もしこれが実現出来れば、民族間のライフライン争奪戦が基本的に無くなりますから、その分だけ平和な世界になると思います。
また、戦略の一般的な原則として、強者の戦略は状況の単純化・限定化、弱者の戦略は状況の複雑化・拡大化、といいますから、多様性の維持・拡大が可能なシステムが、弱者も生存可能なシステムではないでしょうか。
上では生物毎→民族毎としましたが、もっと細かく、地域毎、集団毎、家族毎、個人毎、としてみれば、共産主義とは対立するシステムであることは明らかです。
つまり、反共産主義になりますから、これの逆を考えれば、共産主義≒グローバリズムの正体が、現世界の最強者(ユダヤ国際金融資本?)の一人勝ち=ライフラインの独り占め、であろうことは推測できますね。

民族(国)毎にライフライン(食糧・水・エネルギー)を地産地消する、を可能にするための技術(ビル農業、完全養殖、浄水・淡水化・藻からの石油採取、メタンハイドレートなど)は、既に色々開発されている最中ですから、日本の目指す方向として、希望はあると思います。

社会主義は性善説前提なんでしょ

完璧超人である共産党員が下々をうまく導くので、権力よこせ生産手段よこせという「教え(笑)」です。

しかし、共産党員が優秀だという証明は?

将来腐敗することも耄碌することもない保証は?

また、当然、同等以上に優秀な後継者は確保されているんでしょうね?

よい指導者に恵まれるか一か八かの「博打」。
まったく科学的でも進歩的でもない件w

案の定しくじって、何億も餓死やら粛清やらで尊い人命を失いました。

左翼は、

人○しです。

その罪を償わせるのが先。彼らに発言権などないんですよ。

日本が戦争と言う最終手段を行使可能な当たり前の国になることには賛成するものですが、戦後、日本を戦争から切り離した今の制度や考え方が全て悪であるというのも違うような気がします。

何事も偏り過ぎれば害悪となりましょう。左への偏りが真ん中で収まってくれればと願うばかりです。

詐欺師で不愉快な妖怪二匹

ゲゲ橋下のゲ~♪

ネズミ男も東京で知事してる支那
今年から来年に掛けては妖怪も駆除する必要有るな~

橋下市長、ヘイトスピーチ民事訴訟支援も「どんどん裁判をしてプレッシャーを与えるのが良い」
http://hosyusokuhou.jp/archives/39992018.html

やりたい放題し放題で大阪都構想の中心を西成あいりんにを合言葉に東の独裁者舛添に対する西の独裁者橋下氏が分り易く完全敵宣言。

ソロさんに

これ見てたら、解説なりご意見賜りたく。
最近、一番興味のある人は馬渕元大使です。以前より世界情勢において、なんとなく思っていたことが馬渕先生が全て答えを出してくれたような気がします。本当の問題は、アメリカに住む一%の人達なのでは?

井上太郎 @kaminoishi 9月3日
https://twitter.com/kaminoishi/status/506995989102596096

在日による生活保護受給詐欺事件の摘発がさらに進みます。
各都道府県警察の刑事部捜査二課と警備部外事課の連携で
かなりの内定がどんどん進んでいます。
摘発されたら、 入管による7年の特別永住権の更新は却下する
方向で検討もされています。
安倍総理が嫌われるのも当然です、
だから絶対支持します。

ご意見伺いたく。。。

いつも大変勉強になっております。
初めてコメント投稿します。

小和田雅子さんの父、小和田恒氏もまさに今回の記事どおりの方ですよね。
外務省官僚時代は「ハンディキャップ国家論」を唱え、謝罪外交を実践されていました。

今、皇太子夫婦はある意味反日組織である国連への出入りも多く、
皇太子の水の総裁が延長されて来年韓国で開催される水フォーラムへの参加のために訪韓しかねません。
今皇室は大変な危機に瀕しているのではないかと思っています。

ブログ主様の皇室と宮内庁、小和田氏へのご関心はいかがでしょうか。

先日貴殿の書籍を購入しました。
じっくり拝読いたします。
いつも更新を楽しみにしております。
今後ともご活躍をお祈り申し上げます。

民主党政権のおかしな動きから、ネットでいろいろ調べ、自虐的歴史感から脱却しました。学生のときは、保守思想でしたが、テレビなどの『世界市民、ボーダーレス時代、謝罪しなければならない。』などの、情報操作で、見事に、自虐的歴史感に染まり、アジアに対しての謝罪、A級戦犯の分祀、だとかいつのまにか思わされてしまいました。今は、ネットから毎日情報を見つけ、抗議をすべきとこには、すぐに抗議の電話をしてます。
日本は、今は、大きく変わろうとしています。
みんなで強い日本を取り戻しましょう。

領土不拡大・分割統治せずの大嘘

 ヤルタポツダム体制は、天皇を戴く限り不可能な日本の領土獲得をめざしたものです。

 大日本帝国はすべての領土を内地化した(台湾朝鮮に関しては1945年4月1日の詔書と法改正で内地化完了)ため、連合国は日本の領土を取り上げることは不可能でした。植民地は存在しないので。

 領土不拡大方針とか分割統治とかはとんでもない虚言です。
 まさに、領土拡大の為に、既に編入済み領土であった樺太も台湾も沖縄も分割統治しました。
 占領は、占領前主権者に主権を返還する必要がありますが、肝心の天皇は国政機能を奪われた状態。憲法改正をすれば、放棄した領土を取り戻せるということです。(実際には99条の解釈改憲で天皇を本来の超法規的存在と認めれば済む)
 逆に、天皇制が廃されれば、日本は解体され、放棄した領土は、文字通り日本ではなくなります。 


 当時の世代の知識層にとってはこんなこと当然の事実であって、しかしそれが総国民の共有知識とならないように、 今も大日本帝国領土内でWGIPがおこなわれているわけです。
 しかし単純なロジックだけにそんなことだけで間に合うはずもなく、知識層、引き揚げ層、軍人兵隊の虐殺を行う必要があった。そして、今もそれは気づかれないテロと言う形で続いてるはずです。
(台湾228、白色テロ、ソ連の参戦、引揚者の虐殺やシベリア抑留、洗脳による革命分子化、朝鮮戦争、在日特権による反日サヨクと言われる日本破壊活動、等々)


 安倍さんが、主権回復、とか、日本を取り戻す、とか頑張ってます。
やたら、法の支配、をいうのもこの関係でしょう。
 
 サンフランシスコ条約第1条。日本は領土領水に対する権利しかない!!

 そう独立したわけではないので、領空件がないんです。こんな単純明白な事実すら気づかないように、日本では軍事とか、国家に対する教育が避けられてるんですね・・・・・。
 

http://jun-nihonjinkai.blog.eonet.jp/default/2014/08/post-509a.html


在日韓国人の特別永住資格を取り消そう

密入国し,日本国に1円の税金を納めず,日本の生活保護費を1人当たり年600万円を食い散らす在日韓国人に何故、特別永住資格を認めなければならないのか。密入国した韓国人のみに特別永住資格を認めるのは、差別そのものではないか。
直ちに、密入国した在日韓国人の特別永住資格を取り消し、国外追放しよう。

馬渕大使

>素人さん、ソロです。 お呼びに参上いたしました。ww
>>馬淵大使
  うん、素晴らしい見識をお持ちの方ですね。貴族趣味の外交官の中にあって、こういう方もいらっしゃると云うのは、何かホッとさせられます。

 チェルノブイリの惨禍は成る程、隠蔽されたものであろうとは思って居りました。 公表されている拠り,カナリ酷いですね。 然し、事件発生直後の公表部分ダケで算出した、汚染度合と予想では、何十年も欧州の乳製品からは、放射能が検出されるだろうと云われていたと思います。 所が、事故から100年どころか、50年も経って居ないのに、欧州は正常です。 そして、現在、そんな状況に在る可能性を指摘するものは一人もいませんが、何故でしょうね。 

  私は、放射線被害と云うのは、発生から1週間~1か月が山なのではないかと疑って居ます。 福島原発事故で、放射線被害でなくなった人は一人もいませんが、チェルノブイリでは相当数に上って居ます。 この差は何でしょうか?

 思うに、住民の避難の速さや放射線被害に対する住民の過剰なほどの関心の高さ、常識度合いに在ると思って居ります。 是は我々は誇ってよい話です。 然し、何事も「正しさ」を絶対化すると、全体の真実が見えにくくなるのも、よくある話です。 正しい知識を得るように努め、正しく怖がる客観的な見方を養うことが必要だと思います。

>>アメリカに住む1%の人々が問題
  そうですね。 然し、資本主義の自由競争を自由社会の理想と前提する限り、彼らを非難できる筈も有りません。 比するに、日本は昔から、富の再配分が為政者に拠って為されてきた、自然発生的な平等社会であり、生産労働者を最も尊ぶモラルを継承してきました。 ダカラ、三井や住友の様な豪商でも、家訓は「質素倹約を旨とせよ」なのです。 「金持ちだけが勝利者では無い」と云う常識が社会で支持されている国、其れが日本です。

 然るに、米国国民の殆どの先祖は、欧州の痩せた土地に必死にしがみ付いて暮らしてきた農民です。 而も、多種多様な民族の混交社会ですヵら、民族間、宗教間、男女間に差別が大きく、土地の奪い合い、互いへの嫌悪感から虐サツや、暴行は何時起こってもおかしくない程で、社会の緊張感は常に一定のものが存在してでしょう。

  殊に、キリスト教的な規範ダケが、モラル維持の要では、異民族や異宗教教徒に対する、異物感覚は、殆ど犯罪的だと言えましょう。 その象徴が、其の1%の人々だと言えましょう。 彼等はきっと、金が有るが故の、人生の空しさを悩みとする程、恵まれた人でしょうが、一旦殊が起これば、一番危い存在だと云う事も自覚して居ると思います。

経済的破滅の近づいている支那韓が自民・谷垣幹事長に期待しているぞ

乞食どもが藁にもすがる思いということか(嘲)

しかし谷垣は自派閥の閣僚を増やすためか、完全に安倍総理に恭順姿勢だぞ。

昨日21時のニュースで、犬HKのアナウンサーが気持ち悪いほど支那(様)との関係をどう考えるか聞いていたが、谷垣氏わ反応はかんばしくなかった。

「外交は政府の専権なので」

その通りだが、

舛添のようにそれでも韓詣で(支那詣でらする覇気はないわけだ。

いくら賄賂握らせてもムダだろう。

彼に安倍内閣の政策遂行を止める力は無い。

技術開発力、国としての安定性。
最初から日本と支那韓の間には超えられない壁がある。

最後は弱い支那韓が泣きを見るというだけ。

諦めな。

ソロさんありがとうございます。

いつもソロさんのコメントを、楽しく読ませて頂いてます。
アメリカの911より以降、一%の人達は紛争を造り出し今はウクライナ、そしてガザ。おまけに日本に対してはTPP、やりたい放題です。もし、プーチンをとことんまで追い詰める様な事にでもなれば、それこそ核戦争にでも成りはしまいか不安に思っています。ソロさんのおっしゃるとおり、チェルノブイリでも福島でも放射能の危険性が一時的であることが証明されてしまったのですから。

街宣右翼もビジネスです

街宣右翼という、朝鮮人のアルバイトがあります。

街宣することで報酬をもらいます。普段は893です。警察が車両ナンバーで正体を知っています、たまに捕まえると朝鮮人が多いとのことです。

報酬は、一番良かった1989年バブルで1日1台300万、安いときは1日1台1.5万円。橋本竜太郎が河野洋平を追い落としたときは、河野攻撃キャンペーンが何週間も続き、1億円近く払ったと言われています。これは申告納税はしません。

普段から怖いイメージを蔓延させるために、依頼がないのに車を走らせることもあります。でも、テープを回しているだけで中は運転手がひとりだけです。

北方領土を返せとは言いますが、竹島を返せとは言いません。

右翼なのに皇居の周りで騒ぐ、不敬な輩です、日本人なら決してしません。

韓国系企業が街宣を受けることはありません。

中国大使館に凱旋するのは、属国の恨みからです。

ブログ主様も関西在住でしたっけ?
もしかしたら「ニュースアンカー」をご覧になってるのではないかと思いますが、9月3日の水曜アンカーの最後で青山さんが
「朝日が廃刊に向かって行くんじゃなくて、このままだと中国マネーが朝日を必ず乗っ取る日が来ます。」
と仰ってました。
ちなみにニューヨークタイムズは既にその状態の様です。

ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
2014年8月10日 「さらに…(ちいさな追記)」

http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july/e/e1182d2078d610c637a3ff8dba32cf0c

正体がはっきり判れば良いのですが、巧妙に正体を隠しつつ宣伝するのは彼らの得意技なんで、より注視する必要が出てきたのかな?と思います。

無銘さん、
わたしも実は同じように思っています。
朝日は廃刊するのでなく、中韓マネー、あるいは在日・帰化人マネーが入って、持ちこたえさせるのではと。。。
なんとか潰すことを日本人は考えないといけませんね。
読売の朝日叩きが激しさを増してきました。
産経と共に読売を応援したい。
朝日の読者を根こそぎ奪い取って欲しい。

>戦後、マルクス・レーニン主義を奉じているとレベルの高い正義感の強い人に見られ、左翼の箔をつけることによって出世できた。つまりブランド左翼です。

ご指摘されていることを強く感じます。
日教組などアホ教師であっても左翼的強硬発言で大威張りの構造が今も続いている、ものづくりやサービスの成果が関係なく倒産がない公務員の左翼組合の影響で自治体にも左翼の影が臭います。

「平和」「人権」「平等」「民主主義」と憲法9条にしても特定アジアの国があってはならないそのような政体が存在しない事を前提に成り立つことを
左翼のお馬鹿さんは気づかない、いや判っていてもビジネス左翼は反日度レベルアップこそが出世の条件と邁進しているのでしょう。
平和人権を持ち出せば国連の常任理事国すら否定する要素が多々あることに読者は考えもしないと赤い新聞が報道を続けてきたことが少しだけ綻びました。
赤い新聞を読んで平和人権と大企業批判の単線思考で偉くなれる思われる、まさにそれこそが差別主義者になることでした。

日本だけ

何処の外国も保守リベラルあるが基本的に自身の国家ありき!日本は保守リベラル左翼は売国奴が多い!自民党も然り!左翼は日本国家が嫌い!だけど利権や金は欲しい!北欧は女性議員が多いと移民政策で自国民を窮地に追いやり揉めてますな欧米も(笑)日本も在日暗躍し韓国朝鮮中国溢れたら遅いよ!

共産党も、グローバル主義者も、地球市民も、皆同じである

共産党も、グローバル主義者も,地球市民と言う者も、皆、同じである。
1%の人が世界の富の50%をもち、99%の人々を支配・隷属する社会である。

TPPは、これを0,1%の人が世界の富の99.99%を持ち、99.9%の人々を支配・隷属しようとするものである。

日本人の敵は、世界の敵は、このグローバル主義者である。
我々は、この真の敵と戦わなければならない。

テロは潰さければいけない

アメリカと協力して、テロリズム行為を働く輩を、徹底的に潰さねければならない。
今は、テロ行為に対して措置を図るテロ特別措置法やテロ防止関連諸条約等がありますが、日本にテロ行為を働くものに対しても、問答無用で財産没収、運用停止、日本国民に対して死傷を与える行為は、問答無用に、死刑でいいでしょう。

テロは、許されない行為です。

追記

すいません、日本のテロ特別措置法は2007年11月1日に失効しておりました。

大変申し訳ございませんでした。

 朝日がついに認めましたか。私は、本田勝一(崔泰英)の「ニューギニア高地人」を中学生の時に読みました。続いて「中国の旅」も読みました。あのころ私はそれを信用しました。クソ新聞朝日の正体を知ったのはそれから20年くらい経ってからでしょうか。よくぞやってくれたものです。 
 社屋に入って、すれ違う人からチョーセン語が聞こえてくるのは確認しています。反日朝鮮人が多ければ記事もそれなりなのは当然でしょう。

    滅せよ朝日!  滅せよ朝鮮人!

レスありがとうございます

>サバティーニさん
朝日は発行部数760万部と豪語していますが、実売部数は280万部みたいです。

保守速報
【衝撃情報】朝日新聞「発行部数760万部」→実売部数は280万部でした
http://hosyusokuhou.jp/archives/39593992.html

実は朝日に限らず読売や毎日もこのカラクリを使っています。
では何故、このような回りくどいことをするのかと云うと、実売部数よりも、発行部数を上げた方がスポンサーを付け易いからです。
前回のコメント欄で隠居さんも触れられてますが(◇新聞販売店が押し紙を捨てるタイミング )、YAHOO!質問箱にズバリそのものの回答がありましたw

「毎日、朝日、産経、読売、日経の実数販売部数はどんなもでしょう?新聞販売部数 ...」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1152111596

新聞もテレビも所詮営利企業です。我々が不買運動をするよりも、実はスポンサーに電凸したり、数年前のフジテレビ抗議デモの様な形の方が効果が有るみたいですw

一昔前のネットの無い時代ならば、マスコミが「空気」「時代の流れ」を作り出して、自分たちの思うままに出来たんでしょうが(私もそれに嵌められてた一人です)、時代は変わって一人ひとりが気になった事を調べ(これをネットリテラシーと云います)られる時代になりました。彼らはその変化に気付いているのか否か、いや、気付いていながら自分だけ助かろうとしているようにも見えます。

もし将来朝日が環球時報の日本語版になれば、ある意味リトマス試験紙みたいになって判り易いのではないでしょうか?恐らくほとんどの日本人は見向きもしなくなり、購買するのは在日の支那朝鮮人と一部のサヨク位でしょうね(笑)

夜勤明けで取り急ぎ書き綴りました。乱文失礼致しました。

ついでに

帰りがけに、見出しにのせられてつい東スポを買ってしまいましたw

東京スポーツ
「独占激白 池上氏、朝日に最後通告 猶予は一ヶ月です」
自由に縛り無く記事を書いてる東スポ(関西圏は大スポ)の方が既成大手マスコミよりマシ、と云うかコレが本来のマスコミでは無いかと思う今日この頃です(笑)

まあ所詮カネの切れ目が何とやら

つい半世紀前まで軍国主義者だった日本マスゴミに恥という概念は無い。
必要があれば明日にでも大日本帝国万歳!天皇陛下万歳!を叫ぶまでの話。

転向の時が来ているようだ。

所詮数ある発展途上国のワンオブゼムに過ぎない支那韓の工作資金に頼った日本国転覆計画。

支那韓の経済が斜陽を迎える中、自然消滅するのは当然だ罠。

しかし今回アカヒに社会的制裁を与えるのはよい「見せしめ」になろうて。

支那韓ごときの肩を持てばどうなるか?

体でわからせてやれ。

我々が歩むべきWGIP終了後の世界とは

>ブログ主様、お早うございます ソロです。
>>国を売り続ける言論を糧に、地位と名誉と豊かな生活を得て居た所謂「進歩的文化人」を追求する事無しに、戦後レジームからの脱却は不可能
  御意の通りかと。 この売国の「進歩的」文化人を選定したのは、明らかにGHQであり、其れは、国内文書の検閲と言う「儲け仕事」にして、「同胞たる国民を裏切る行為」という踏み絵を通して為された事は明らかです。

 オソラクその時点で、「私はエリートだから」という意識が十二分に彼等の罪悪感を希薄にして居た事でしょう。   つまり彼等は、自らダケが良い生活や恵まれた待遇に与れるに伴い、湧きあがる良心の呵責を「国は負けた、是からは価値観が変わるのだ、世界が一変するのだ、その導き手こそがGHQに違いない、我々は新たな日本を創る先駆者と成るに選ばれたのだ」と言う云いワケで、自己正当化して居たと思われます  ご指摘の横田喜三郎等はその代表で、明らかな国賊です。 戦前の基準なら確実に不敬罪で監獄行きで、もし、具体的な破壊行動が発覚すれば、死刑もありえた。 

 そも、東大を初めとする帝国大学は、元来、官僚を養成する教育機関の最高峰である事を目的に創られ、維持されて来たのですから、戦前日本の中枢を形成して居たのも、この機関での教育を経た官僚でした。 戦後の国を造るに、人材は其処にしかいないのですが、GHQが恐れたのは、何れ、新生日本も米国に刃向かう時が来る時が来るのは仕方が無いとしても、戦前の価値観をそのままにしておく事で、その時期を速めて終う事だったでしょう。 ダカラ、新たな日本を形成する官僚には、執拗な程に、「売国」を刷りこんだのです。

 現在までの官僚、そして、其処から出てくる国会議員と言う形で戦後の体制は築かれて行きました。

 此処で政治とは、少数が多数を代表して、物事の交渉や、問題の解決に当たり、その成果を多数にもたらして、その支持を保つ、という循環性を持つ特殊な立場=政治家、代議士と言う名で行われるモノです。 其処では、政治家個人の価値観や見識によって、取捨選択が行われるのですから、個人の信条や思想が政治と言う結果に大きく影響するのは謂うまでもありません。

 すると、戦後レジームは、GHQに操られながら、其れを表立たせず、如何にも戦後の日本が戦前日本とは大きく異なる欧米型の民主主義国家になった様に仮装した体制であると言えるでしょう。

 その中枢を担ったのが、東大文科、法学部等の卒業生であった事は、国民のだれもが知っている事です。 
 
  日本が少なくとも2千年の庶民の国で有る事を無意識に知っている国民にとって、エリートとは言っても、其れは役職だけの話で、普段の生活では庶民そのものだ、という意識を持った人も多かった事でしょう。 ソウデ無い人々は、民衆から単に無視され、後ろ指を指されるだけの存在で有る事の方が多い。 つまり、欧米社会で謂う所のエリートとはわけが違うのです。 ダカラ、メディアが殊更に「似非文化人」をおだてあげ、一見して出鱈目、トンデモと思える様な発言を、お笑いに混ぜる事で、日本の文化水準を貶めて見せようとして来たのでしょう。

 其れが朝日新聞を代表とする、サヨク系マスメディアなのです。 元々、日本のメディアは、CIAシンパの正力松太郎によって、米国から与えられたものなのですから、反国家的なのは、寧ろ当たり前だと言えるでしょう。

 でも、WGIPも日本を心底変えることはできなかった。

 それは、日本の社会で暮らして居ない外国人はそれが全く判らないのですが、日本では、「平等」という意識は、息をするように当たり前だと言う事なのです。 「例外が有るだろう」という指摘が有ると思いますが、其れは別の機会に。

 世界では、欧米でもアフリカでも、南米でも、勿論、シナや朝鮮でも、真逆の世界が展開して居ます。 詰まり不平等が当たり前なのです。  平等でない理由は様々ですが、一番の大きな理由は、社会であれ民族であれ、その集合体の要であり、芯と成るものが無いと言う事でしょう。 
  歴史的にみれば、他の文明には、芯と成り得るものがもし存在したとしても長続きしない、精々、その君主の存命以内、継続・存続だけに注力しても、シナですら15代=300年内外が精々です。

 その原因とは、君主が権力と権威を併せ持って居るからです。

 2千年以上の永きに亘って、スメラミコトを不滅の権威の王として、時の権力の王の上に君臨すると言う国家体制を維持する事で、国民に平等と安寧な生活と、何より共助の社会を赦し、且、世界の強国に列する国容を保ってきた日本は、或る意味、歴史上最も優れた国家システムであったと評価出来ると思います。

 是は、文明の差と言うべき事象ですから、GHQ もそれに気が着いた、所が、其れを完全否定しないと、戦前日本が正しいという事になって終うのは明らかでした。 拠って、必要な政治施策としてWGIPが施行されたと言う事でしょう。

 ダカラ戦後レジームの終了は、具体的にはWGIPの終了でなくてはなりませんし、WGIPが派生させた戦後価値観に拠って生じた、物質主義、効率主義、功利主義を乗り越え、或いは否定して、凌駕する新たな日本主義を打ち立てる事でなくてはならないと私は思います。

 それには、日本主義を理解して戴く、共感して戴く、環境造りが大切です。 その為に、安倍政権は色々やって居ます。 時に、外国人に甘いと言われて居ますが、日本を問答無用で敵視する事でしか、その地位を保てない政治体制・国家体制の国々は兎も角、先ずは、先人が撒いて来た国際貢献の目を護り育て、国際的な信用を更に高めて行く事が必要でしょう。

お疲れ様です。

191人の賛同者が集まりました

《集団ストーカーを規制しよう》

集団ストーカー撲滅の最初の足かせとなってるのが、
ストーカー規正法の定義が「恋愛感情のもつれ」と限定されていることです。

以下のサイトから署名をお願いします!
メールアドレスだけで署名できます。

内閣府: ストーカー規制法の改正(「恋愛感情のもつれ」に限定した部分を削除)
http://www.change.org/ja/キャンペーン/内閣府-ストーカー規制法の改正-恋愛感情のもつれ-に限定した部分を削除
http://progressjp.blog.fc2.com/(上のリンクから署名サイトへ移動しない方はこちらのリンク先を経由)

(日本人の被害者を救い、日本の秩序を正すことに協力願います)

集団ストーカーはWGIPの一環

 集団ストーカーは、単なるつきまといではありません。
立派な軍事戦略の一つであって、個人の社会的抹殺を目指すものです。
 日本解体の邪魔になる人たちを、かたっぱしから秘かに潰していってます。

 実行部隊は創価学会が主力と言われてます。
(学会自体、幹部は在日と言われる)
 しかし、軍事戦略なのに日本の自衛隊では教えられてないんですから、
最初からアメリカによるWGIP浸透作戦の一環でしょう。

(シェークスピアのオセロみたいに、有力な人材を噂だけではめることもできる)

反日をくい止めるためのストーカー規制法改正

 集団ストーカーは、ターゲットと直接関係がない不特定多数の人たちが行うので、証拠集めや原因の特定が困難で、現状、警察では対応できません。
(ストーカーはあっても、集団ストーカーと言う犯罪は法律上存在しない。)

 そのため、リストラ、口封じ、怨恨、立ち退き、嫌がらせ、憂さ晴らし、保険金殺人、等々のために、捕まることのない安全確実な請負事業として成立するため、日本社会を片っ端から破壊しています。
 反日の資金源にもなっているだろうことは言うまでもありません。

まさに、反日にとっては、一石二鳥です。

 ストーカー規制法の改正は、このような流れを食い止めるものとして意味があります。
(そもそも、前の改正のときに、どうしても恋愛感情部分にこだわったのが、創価学会だか公明党だかだと言われている) 

TBSサンデーモーニング出演の司会者とコメントする河野洋平筆頭に文化人といわれる面々!
まさに反日売国奴達!

東京ではデング熱が流行っていますが
発生源の代々木公園の近くには
デング熱の特効薬を開発した製薬会社があります。

こちらのサイトには地図があります。
【【拡散】デング熱騒動の真相が ヤ バ す ぎ る !!! 代々木公園で発生した理由も判明!!!】
http://www.news-us.jp/article/404899391.html

デング熱の検査キットは韓国製であり
こちらの利権も絡んでいる可能性もあります。

検査キットは偶然の産物かもしれませんが
色々と仕込みがあるのだとしたら
到底許されるものではありません。

共産主義は

権力を握るための手段にすぎない。
これを知ってしまうと左翼のやることなすことすべて合点がいきます。

佐賀農協野球部の日の丸と英霊侮辱

▼Jaさが(佐賀農協)野球部が英霊と日の丸侮蔑。

▼日の丸を掲げ「同期の桜」を流して、男たちの全裸ストリップを結婚披露宴でやらかし、騒ぐ。

https://www.youtube.com/watch?v=cjL_9GAXiGg&list=UUH2oeHJhvsok05l5FdjTeIQ

▼抗議先は、あちこち閉ざされていて一箇所のみ。組合のHP,問い合わせから。

http://jasaga.or.jp/

共産主義は子供だまし

共産党員は選ばれたエリートなので愚民は財産も権力も委ねるべきである。

王権神授説まんまですね。

国王→共産党書記長

ただの言葉の言い換え。
バカにしないでいただきたい。

共産党が未来永劫有能であり続ける証明をせよと言っているのです。

できずにただ信じろ(信じるべき)というなら、

ただの「カルト」ですね。
戦う民主主義のため、弾圧すべき邪教です。

現に社会主義国家は皆没落しました。どの国にとっても歴史の汚点でしょう。
一部のクズ共の私腹を肥やすために、ムダな時間を費やし、尊い人命を失いましたね。

支那の改革開放については、ただ人民と国土を敵(西側資本)に切り売りしてるだけであり、小生はアレを成功とは認めない。

中国共産党さえ存在しなければ省くことのできるムダがたくさんあります。
バカ高い公安費しかり、優秀な子供達でもマルクス・レーニン主義の座学を受けさせねばならないムダしかり。

そんなハンデを抱えながら日米とやり合うおつもりで?

まだまだこれからの発展途上国の筈なのに、随分余裕があるんですね(笑)

日本人は善人に非ず、ただ合理主義なだけである

農耕には共同作業が必要です。

互い俺が天下(笑)を取ってやる!と合い争って、
生産性が上がるとは思えませんな。

よい実例が隣にありますね。
黄河文明だか何だか知りませんが、めっちゃ負け犬です。

勝者全取りではなく、八分の勝ちをもってよしとする日本人の価値観は合理的です。

勝者全取りの社会では敗者は腐るか、寝首をかく機会を窺うだけ。
真面目に生産活動に励むことはない。

程よいモチベーションを維持して、日本人は明治維新以前も資本を蓄え、十分な教育を施し、近代化に備えられたのです。

日本人の資質は農耕民族まんまですね。

天候、土壌、水利、害虫駆除などなど、農耕にはそもそも「科学的思考」が不可欠。

ケンチャナヨ(何とかなるさ!)じゃないんですよ。
そんなセリフはちゃんと努力してから言ってくださいね。

日本主義を世界に広めるのは難しいと思います。教えてどうこうなるものでもないし。

ただ日本の成功を見て、世界の諸国民にその

「合理性」

を感じとっていただけたら幸いです。

隣国なのに全くわからない人達もいますが、
バカはほっときましょう。

邪魔をするなら害虫として駆除するまでの話。

世界のために、我々日本人はこれからも存続し続ける「義務」がある。間違っても支那韓ごときに搾取され続けて倒れるなど許されない。

それは大義ではありません。
支那韓独裁体制こそ地球上から消えればよいのです。

連投&長文失礼しました。

朝日新聞や反日メディアが絶対報道しない事

日本郵船、地中海で遭難者257名を救助(2014年09月03日)
http://lnews.jp/2014/09/g090308.html
日本郵船/コンテナ船が地中海で遭難ヨットの5人救助(2014年3月31日)
http://lnews.jp/2014/03/g033107.html
日本郵船/グループ所有船が南太平洋で遭難者3人を救助(2013年10月4日)
http://lnews.jp/2013/10/f100405.html
日本郵船、遭難の家族5人を救助 13/07/31
http://www.logi-today.com/71234
商船三井/トラック諸島沖で遭難者を救助(2013年7月9日)
http://lnews.jp/2013/07/f070903.html

朝日新聞や反日メディアが絶対報道しない事

商船三井/トラック諸島沖で遭難者を救助(2013年7月9日)
http://lnews.jp/2013/07/f070903.html
日本郵船/自動車専用船がオーストラリア沖で遭難者5人を救助(2013年6月3日)
http://lnews.jp/2013/06/f060303.html
日本郵船、プエルトリコ沖で遭難者4人を救助 (2013年4月11日)
http://www.logi-today.com/64494
日本郵船、南シナ海で遭難の中国人4人を救助 (2012年7月9日)
http://www.logi-today.com/34907
商船三井/ばら積み船が避難者2名を救助(2012年6月11日)
http://lnews.jp/2012/06/e061104.html

近代国家を維持発展させる条件とは

>両班野郎さんこんにちは、ソロです。
私は、ソモ国が成立・維持するには、要件が有ると思って居ります。
 其れは、① 多くの国民が建国そのものを望んでいる事。 ② 政府を形成・維持するに相応しい能力を持った人材が揃って居る事、 ③ 国家の主権や領土を国民自らの力で護る意志と具体的な武力を有している事 ④ 国家の経済を維持するに十分な、産業や労働力を持ち維持できる事 ⑤ 国家の成立の背景に、他国の政治的な思惑が存在しない事
・・等々ですが、唯、建国するだけなら、朝鮮半島の2国家の様に、極めてインスタントに成立する場合が有りますが、御存知のように、2国家とも現状マトモな国家だとはいえません。

  彼等の国は両国とも、国民自らが、望んで出来た国家ではありません。 ダカラ、成立後、直ぐに内紛が起きて、指導部内部で紛争が有り結果、独裁政治が始まりました。

その独裁者の保身の為に、国内で反対派を大量処刑する事にしたのですし、軍隊も自分を脅かしそうな既成のものは使えず、却って、数万人にも及ぶ内部粛清を行った程です。 即ち、自分の保身第一に国家をかく乱したのです。 結果、私讐としか思えない日本いじめが昂じて、宋主国家米国に嫌われた隙を衝かれて朝鮮戦争を呼び込んだのです。

此間産業も「遺されたモノを、何とか動かした」に過ぎないので、忽ち生産は行き詰まり、経済はどん底で極貧状態になりました。 そして、やがて、双方の背景に居た対立勢力が、前述の外交上の失言を契機に、戦争が始まり、双方でその数300万~500万の朝鮮族が死んでいます。

 是は、日本統治下で平和裡も有ったものを、短期間に無理やり建国させて、無政府状態にした事と社会基盤を破壊した結果だと云わざるを得ない。 つまり、米ソ両国の失策の犠牲として朝鮮戦争を含む、半島に内動乱時代が発生したと云う事です。 そして、2国とも、未だマトモな自立国家とは言えませんし、存在意義を失ったので、そろそろ消え去る事に成るでしょう。

 時節に併せて無理に建国した弊害は、此通り、とても恐ろしい結果を生むのです。

 ではシナはドゥか? 此国は、今は亡き満州族に拠る大清帝国に275年間も支配された事で、すっかり、本来の民族性が形骸化して終い、伝統文化を更新する事も、当然発信する事も出来なくなり、嘗ての「文明大国」と云う名目だけが残っている「がらんどう」国家です。

 此国も。大清帝国の崩壊~消滅以後を見て居れば、①~⑤迄の要件を満たす集団は、ついに出て来なかったと言えます。 

 唯、275年間の異民族支配から抜け出せた事に関しては、多くの人民が、感動し、其の新しい社会態勢である「共産主義」の理想に大いに期待をした。 それゆえ、毛沢東が「スズメは穀物を食い荒らす悪い鳥だ」と云うと、14億羽ものスズメが狩られた為、翌年には害虫を食べる鳥が居なくなって、大凶作に成って、2000万人もの人が、飢餓で死んだと云われて居ます。 亦、ある年は、大躍進政策と云う名の産業奨励策を行ったはよいが、「2年内に粗鋼生産でイギリスを抜く」とブチ上げた為に、其のノルマを達成する為に、農家の鍋釜、鍬や隙に至るまで、簡易溶鉱炉で溶かして粗鋼として供出した為に、刈り入れが出来ず、作物はすべて腐って、また、飢饉で数千万が死んだそうな。

 こんな間抜けな話が通るのは、① 為政者を敵として来た民衆が、イキナリ、為政者が理想の君主に成った為、絶対服従が正義となった。② 永年の異民族支配下で、民衆の教育が不足して、民衆全体の教育度が下がって居た ③ 為政者側にも同じことが言えた上、かれらの社会の伝統的な価値観では、民衆全体の為ではなく、自身と氏族の為の利益しか考えない からでしょう。 尤も、合計で5千万を超える人が死んでいるのですが、当時でも10億人近かった人口から云えば、死者は少ないのかもしれません。

 彼らが近代国家の基本である「公共の尊重」と云う観念が、国家維持に不可欠のものとして認識できるまでには、後100年はかかると思います。 現状のシナ内部を纏めて居るのは、所詮、俄か経済発展で得た「金」でしかありません。 習は李と共に、党内清浄化を進めていますが、実は、真っ先に粛清されるべきは裸官である自身であることを考えれば、唯の、政権争いの敗者処分であり、残った利権の争奪戦に過ぎません。

 改革者自身が、完全に逃げ腰なのですから、こちらも、建国100年を迎えるのはカナリ難しいと思いますね。

 特亜三国中のモゥ1国は、未だ国と呼べるものでは有りません。 彼の国の産業でマトモなのは、海産物・農産物の輸出位のモノで、他は、他国の専売物権である煙草の密造、武器の密造、麻薬の密造販売、兵器の密造販売・・に加え外交では核兵器をちらつかせ恫喝、他国の国民を拉致して、換金する・・と、完全に犯罪集団が国を乗っ取っている状態だと言う他はないのです。

 まぁ、世界的に見ても、特亜三国は価値観の偏向度が極端すぎますし、人命を軽視し過ぎです。 アフリカにも似たようなケースが有りますが、人命軽視は同じでも、東洋人ほど勤勉では無い為に、問題が却って大きくならないのでしょう。

 21世紀になったのに、世界は未だ未開なのですね。

ドル円 年初来高値を更新

ドル円が年初来高値を更新しました。サイクル理論から行くと、一時的な円高はあっても120円~140円を目指しているように見えます。逆にドル/ウォンは1000を切ってリーマンショック以前の900ウォン台に向うのが自然な流れでしょうか。韓国政府はアメリカの牽制もあって以前のように介入は出来にくいようです。

朴大統領は輸出の主体を中国に向けているようですが、ウォン高の進行さらに製品の差別化が無くなれば、思惑は大きく外れることになりかねません。外需、内需ともに見込めず、有効な経済政策も取れないとなると、韓国経済の低迷はかなり深刻なものになるのでしょう。

外観だけは華やかに仕上げましたが、すでにインフラに見られるようなお粗末さは、構造物から今度は人的組織などのあらゆるものに及んで行きそうです。

中国は13億の民を食わすために、世界中に触手を伸ばしていますが、13億人が豊かに暮らせる富や資源など世界中どこを探してもあるわけが無く、中国の拡大政策は明らかに無理があります。

行き詰まった韓国経済を何とかしたいと中国に寄り添った朴大統領。
あなたは賭けに出たのでしょうか?それとも充分な思慮の上の決断なのでしょうか?どちらにしても前途は多難だと思います。

あなたの交わした抱擁が、シナ様による悪魔の抱擁でないことを祈るばかりです。

発展途上国の春は短い

最初の頃、人口ボーナスがあるのはどこだって同じです。

「人口ボーナス後」の発展が見込める国なのかどうか?

が最も重要です。

この点、他人の寝首をかいて成り上がることを至上の価値観とする漢民族と朝鮮民族の民族的資質は致命的欠陥です。

小生の見立てでは人口ボーナス後の支那は民主化を仕損じて軍閥割拠、南鮮は北鮮に併合を申し入れて社会主義サイドに堕ちると思いますが、そんな国に投資する人がいますかね?

その間に今は支那韓の後塵を拝している他の途上国が追いつき追い越します。

支那韓の没落は他の途上国の喜び。
両国が消えれば世界の投資家の寵愛は彼らのものですからね。
一刻も早く消えてもらいたい。

領土紛争などで徒党を組み、容赦なく陥れようとするでしょう。

しかし文句は言えない。

頑なに民主化を拒み競争相手に隙を見せる支那韓がバカなのです。

私はイヤ。

頑なに民主化を拒み競争相手に隙を見せる支那韓がバカなのです。
2014/09/07(日) 16:31:15| URL| 両班野郎

なんか、変。
私はそう思ってる。

両班野郎さん。

私はイヤ。

頑なに民主 化を拒み競争相手に隙を見せる支那韓がバカなのです。
2014/09/07(日) 16:31:15| URL| 両 班野郎

なんか、変。
私はそう思ってる。

両 班野郎さん。

漢民族・朝鮮民族の価値観を変えるのは難しいでしょう

四大文明うんちゃらの割にはちっとも宗教が育たず、よって宗教教育というものができない。

どんな手を使ってでも成り上がれ!
という以外に親が教えることがない。

なぜヒトを傷つけてはいけないのか?
ヒトのものを盗ってはいけないのか?

本心でわからないレベル。

こいつは重症です。

何千年もそうしてきたものを今更日本人が教化しようなどという発想は、

思い上がりにすぎましょう。

日本人はできることをすればよい。

つまり「支那韓抜きのアジア」を模索すること。
そのために生き残ること。

アジアに生きる人々は漢民族・朝鮮民族だけではないのです。

彼らの自堕落で他の民族まで無理心中のような結果は避けねば。

中韓との付き合い方

>両班野郎さん,ソロです。 貴方はいつでも、中韓の批判をなさっていますが、その実無意識に民の民主化・教化を考えているように感じますが、ドぅでしょう?

 彼らが仏教でもキリスト教でも教化できない事は、歴史に如実に表れています。 何故かと云えば、彼らは、国家や文明が民衆に齎すべき恩恵を是までの歴史で受けていない、若しくは受けた期間が短すぎるからだと思います。 シナの「4千年の歴史」が、後付けの虚構に過ぎないのは、現在の遺されている「伝統芸術」が全て伝承の範疇に留まり、新たな展開を見せているのは、ごく一部の反体制側のみである事で明らかです。

 シナの多くの民衆が漢民族であると云うなら、尚の事でしょう。 多くの漢民族は、大清帝国統治275年間を、社会の奴婢として暮らしたのですから、字が読めない、書けないから、訛りがそのまま独立した言語となり、公に通じるのは表意文字のみと云う現象になった。 是では国内での意思疎通が難しく、勢い、通じる範囲だけの閉鎖社会で、外部から特権を与えられた集団がその威光を借りて横暴の限りを尽くすことになる。

 一方の朝鮮族は、日本統治でハングルを復活させるまでは、庶民で文字を読めるものは当然ながらいなかったのである。 何故なら、両班層が文字教育を限定した階層にしか施さなくしてしまったからで、其れが500年間も続いたのだから、庶民は文字から情報を得る習慣すら身について居なかった。

 民衆を教化するに、一番初めの段階は、「民衆自らが学ぶ事を始める」事でしょう。それには、文字が読めなければなりません。 そして、更に拡散する為には、読める人間が複数に増え、書く事を自分の意見や自分以外の人間に伝える手段として使えるようにならねば、民衆は教化できません。

 両国とも、その手段が全く有効ではない時代が、300~500年以上続いたのです。

 近代になって、文字が使える人が増えたと云っても、正しい理解をするためには、正しい知識を得て、真理に向き合う事が必要です。 然し、双方の国とも、為政者が歴史を捻じ曲げ、数字を尊重する姿勢が全く見られないのでは、この先も科学文明である現代文明に御してゆく事は到底無理だと思います。

 決まりを守らない、真理や客観に対する敬意が全く感じられない、人命や人権を全く大切にしていない、是では、そう遠くない将来での自滅は見えています。是まで犯したように、自国民の大虐殺が何回も起こり、シナでは億を超す人々が、半島でも千万に届く人々が犠牲になるでしょう。

 我々近傍で暮らすものは、せめて、巻き添えを食らわない様に彼らと距離を置いて彼らの観察・監視に徹するべきなのです。

ソロ殿、こんにちは

そうですね。

確かに、
自分でも書いてて時々矛盾を感じます。

自分は支那韓の崩壊を望んでいるのか?
民主化を望んでいるのか?

ただもう民主化は諦め半分です。

支那韓の経済発展と民主化は連動しないようで、
反日を利用してでも、
頑なに中国共産党(orサムスン財閥)を守ろうとするその姿勢は、もはや、

狂気の域

に達しています。

特に支那は日本を始め多くの国に侵略行為を開始しました。

全て中国共産党を守るための手段にすぎない。

これ以上迷惑をかける存在なら、

いっそ滅ぼすべき

というのが小生の意見です。

条件付き「滅韓(支)論」ですね。

意気地の無い漢民族・朝鮮民族でも飢えれば決起せざるを得ないでしょう。

ということで、不買です。

というより、他の途上国に人件費で勝てなくなったメイドイン支那韓は徐々に減っていくでしょうから自然の流れですね。

「距離を取る」「ほっておく」というのも難しい連中ですよ。

それは今の小康状態が続けられればの話。
ずっと右肩上がりの成長はありえません。
まして、外資様々の支那韓の経済成長は危うい。

捨てられたら終わりですね。

ASEAN諸国、インド等人口ボーナス自慢の国はたくさんあるのに、いつまでも特別扱いが続くわけない、

支那韓の経済成長がストップし、失業者が街に溢れれば、職寄越せデモ→流血→内戦の流れが始まります。

その日が来るのをただ待つよりは、かの国の運動家を買収して、革命前倒しを図った方がよいと思います。

支那韓はもはや存在そのものがリスク。
リスクはコントロールしないとね。

シナ韓の未来予測図

>両班野郎さん、こんにちは。 ソロです。
>>支那韓の経済発展と民主化は連動しない
  連動するに越したことはないでしょうが、其れには、利益を与えてくれる社会への感謝を表する意味で、私益からの社会への還元が為されなくてはイケマセンが、彼らは、「よりよい社会を育て作り上げて行く為に、自分が損をしても良い」と云う考えを嘲り笑うレベルですからね。 基本的に、相互に信頼を置ける社会ではないと云う事です。 ダカラ、公的年金や社会保険が成り立たないのですし、其れに絡めた詐欺も多く、保険や年金と云った「不安産業」は、民衆の信頼を失い次第に成立すら難しくなっているのが現状でしょう。 近代社会が、信頼や信用ででき上がっている事を彼らは理解できていないのです。

 殊に韓国は、年金制度の機能不全が酷くて、老齢者への年金支給額は、月額1万円以下でしかない。 まぁ、02年の盧武鉉時代に発布した売春禁止法の時点で10万人も売春婦がいたのですから、別に驚く事ではありませんが、50~70台の女性の売春行為が後を絶たないそうで、この問題に真剣に向き合い、彼女らを救済するべき立場の国は、70年も前の売春婦問題で、日本を貶めるのに必死になるだけですからね。 自己解決能力がゼロである事を訴えているようなものです。

  然も、恐るべきは、韓国の出生率が1,19以下である事です(ちなみに日本は1.43)、急速な老齢化が目前に迫っているといえましょう。 で、家計収入に借金が占める割合が、170%近くあるのですから、5千万人総破産状態になるのは必至なんです。

 日本人は次の世代に何を遺せるかを腐心していますが、彼らは、借金と破綻しか残せない上、是までの非常識な言動から信頼を完全に失っていますから、国際での孤立が待っていると云うわけです。 韓国が窮乏しても、彼らが日本にした仕打ちを知れば、誰も救済しようなどとはしないでしょうね。 是では、国そのものを遺せないと云う話が現実味を帯びてくるのも仕方がないでしょう。

  こんな状況なら、民主化と云うよりも、現状変更を求める為の暴動が起こる筈です。 北朝鮮がこの隙を見逃す筈がない、と思いますね。

  シナは、国が大き過ぎ、人口も多過ぎてこの先どんな変化が起こるのか見当が付きません。 唯、一つ言えるのは、近代化に失敗して外資が逃げ散り、発生した利益を国の幹部が独り占めして国外に持ち出した後には、多くの貧民窟しか残らないであろうシナ内部には、欧米が魅力を感じるようなものは一つとしてないだろうと云う事です。 購買力が育たねば、唯の人口過剰地獄でしかありません。

同感です

目先しか考えられない匪賊思考は農耕民族の思考ではありませんね。

種を蒔かなければ次は無いということがわからない様子。全く困った雑種です。

しかし困ってばかりもいられない。

何せ漢民族・朝鮮民族以外は真面目に生きてきたし、これからも生きていかなければならない。

共倒れしてやることは大義ではない。
支那韓を切り捨てでもって生き残らないと。

自分たちで支那韓の民主化革命(反乱)を煽動するなら、いつ「破裂」するか当然先読みできます。

そのタイミングに合わせて難民保護条約・国際人権規約を抜けて、
海保・海自の艦艇を総動員して無情の国境封鎖です。

国際的非難を避けるため、ASEAN諸国やインドと示し合わせて実行します。

各国、国民の生命・財産を守るため、「自衛権行使」の一場面です。

アメリカもEUも国連も、支那韓難民の受け入れを強要できないでしょう。

我々日本人が望まなくても、

漢民族・朝鮮民族の自堕落のせいで

遅かれ早かれアジアは地獄の動乱期に投げ込まれるのです。

ツケは両民族のみに払わせる方向でよいと思います。

韓国工場のペットフード

場を拝借して、拡散希望の情報です。
愛犬家愛猫家の皆様へ

ペットフード工場が、食品汚染大国韓国に
建設され、日本が狙われています。

ロイヤルカナン「韓国はペットフード工場の最適地」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000021-cnippou-kr


犬を虐殺して食べる国が、犬の食品を製造。
下手したらフードの中に、犬肉を混ぜられそうです。
韓国で最大の侮蔑語が「ケッセキ」犬の子です。
人間の食料にすら、ネズミの頭、ゴキブリ、ウジ虫などが混入、韓国海苔に人糞、キムチに回虫、犬の糞。

ロイヤルカナンはフランスの大手ペットフードメーカー。
愛用者も多く、韓国工場の製品は日本とオーストラリア狙いです。情報を拡散してください。
できれば英語でオーストラリアにも。


毛沢東の宴

大躍進政策ですね
以下コピペ
    ↓
【新唐人2013年12月24日付ニュース】1960年代初め、中国では大飢饉が発生し、多くの人が餓死しました。四川省は死者が最も多い省として知られ、およそ1200万人が餓死したと言われています。中でも栄経県は四川省の中で最も死者が多く、人口9万人のうち、5万人が餓死しました。当時は食人(しょくじん)が普遍的に見られ、生き地獄のようでした。しかし、このような重大な事件について、中国当局は今に至っても一切報告をしていません。

○その惨劇の映像
http://jp.ntdtv.com/news/10052/%E3%80%90%E7%A6%81%E8%81%9E%E3%80%91%E3%80%8C%E4%B8%89%E5%B9%B4%E5%A4%A7%E9%A3%A2%E9%A5%89%E3%80%8D%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E8%80%85%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

支那人は食う物が無くなると仲間や自分の子を食べちゃったんだよね。
支那人は普通に食人習慣の有る人民で清朝末には英国人が市場を見て人肉が豚鳥に混じって普通に売られてる事に仰天した記述が残ってます。

国民の知らない反日の実態ブログ
○中国の虐殺史
実は、中国史は大虐殺オンパレード。
17世紀半ば、張献中が四川を食い尽す
餓えて子供を食べるのも当たり前、大躍進政策
人肉宴会が行われた、文化大革命
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/177.html

大躍進政策失敗時の死亡者数には開きが有ります。
5000万1200万500万他
当時の共産党統治下の混乱した状況下で推定から割り出された数字ですから開きが有ります。

大躍進の報道

大躍進の悲劇については今更言うまでもありませんが、当時、これを正確に報道した日本のマスコミはあったでしょうか?1960年の大飢餓は当時から漏れ伝わっていたようですが、しっかりした報道がなされていません。それはなぜか?1961年頃、若干右翼系の雑誌(というか戦記物雑誌、現在も発行中)に、「中共国内での飢餓は香港筋情報で日本の新聞記者達も知っている。しかしそれを報道すると、池田首相--当時--が自分の政策を自慢して鼻を高くするだろう。これが新聞記者達は気に喰わない。だから日本国内ではあまり報道されていない」という趣旨の話が記載されていました(その時の私--13歳--は半信半疑でしたが)。そして50数年後、今もあまり変わっていない報道姿勢の新聞社があるようです。

虐○国家支那韓の肩を持つ日本マスゴミ乙

栄枯盛衰は世の習い。

ましてあのいい加減な支那韓を信じるとは

節穴な目してますね(嘲)

経済成長ストップ→即革命→崩壊
です。

自国の未来を信じてるなら両国からエリートが逃げ出すのは変ですよね?

もともと外資の力を借りて発展した国。
経済統計は筆なめてるに決まってるでしょ。

支那韓の組立産業は他の途上国でも簡単に真似できる。
追い上げを考慮しましょうね。

支那韓が崩壊して利益供与が無くなってから慌てて報道姿勢を変えるんですか?

仮にもマスコミでしょう?

時勢を読めなくてどうするんですか。

みなアカヒと同レベルなんですね。

日本サヨクの自滅の歴史

>団塊の世代の愛読者さん、ソロです。 こんにちは。
 シナ社会の食人習慣は、全くおさまって居ないと看るべきでしょう。 国共内戦が行われた昭和20年~23年にも、東北部を舞台とした長引く内戦で、飢えた人々が攫った子供を殺して食べていた様子が、「大地の子」(山崎豊子)の記述に在りました。 その後の大躍進や文化大革命の様子は、「ワイルドスワン」(ユン・チアン)等に、食人を連想させる記述がありました。 読んでいると、ドゥも、政敵を殺して、彼の死体を捌いた肉で宴会を催したなんて、普通にあった様です。 AC2世紀頃を描いた三国志にも、妻を殺して客人のもてなしに使うと云った表現がさりげなく書いてあって吃驚した覚えがありました。 2千年も前の事だと思っていたのですがねぇ。

 シナが、「飢えた日本軍兵士が東北部で、慰安婦を殺して食べた」と、新たな火の手を揚げようとしましたが、自分達の食人風習を世界が知らないとでも思っているのでしょうか?

 彼らは、自身の信用を護る為には、「嘘を吐かない」事が最善だと言う事が理解できない、というより、「嘘を吐かずに、暮らす事が出来ない」社会なのだと云う他は無いのでしょう。

 元々、外観だけそっくりに作るのはシナ人の得意技ですが、中身を充実させるまでには、膨大な嘘を吐き続けねばならない様です。

 こんな未開の共産シナに憧れた日本の左巻き集団こそ、彼らが忌み嫌う米帝が仕組んだWGIPに丸々載せられていたと言う事に、ソロソロ気が着くべきではなかろうか、共産シナを成立させたのは、実は米国とソ連だったというべきなのですから。

 国府軍が劣勢になったのは、英米からの資金が途絶えた事が主因ですが、国府軍の中に武器を横流しして私腹を肥やしたものが居た事が、途絶えた理由である事、一方、武装解除した日本軍の銃器がそのまま八路軍に流れた事で、双方が持つ火力の量が逆転しました。 タイミングを合わせたから、斯う云う現象が起こったのですから、国府軍の中に、張学良と云う隠れ共産細胞が居た事が、この謎を解く最大のキィだと私は思います。

 真実の日本の姿や歴史を知ろうともせずに、外国のプロパガンダに踊らされてきたと云って良い、彼らは、自身で一体どんな世界を、国を目指してきたのか? 何の為に、人生を棒に振って、仲間同士で殺し合いまでしたのだろうか? 彼らの頭の中身は、仲間を宴会の料理にした共産シナの連中と然程変りは無いと云えるだろう。 愚かなり。

事実を伝えるのがメディアの基本中の基本の筈だと

ビジネス左翼とはいい的を得た表現で感心しました。

全ての反日さよくをビジネスで括ることは出来なくとも、どうも現在さよくは多数のビジネス左翼が跋扈しているように思えます。
さて、そんな左翼でも日教組衰退(地方県教祖など活発なところはありますが)後、社会に影響力が大きいと思えるのはやはり新聞、テレビではないかと思います。

朝日新聞の発行部数は「2011年世界の新聞発行部数トップ10」から拾った場合、読売新聞1000万部、朝日新聞750万部、毎日新聞350万部などとなっていて、取得データにより違いがあっても朝日新聞が日本の有力紙であり、かなりの発行部数があることは間違いないでしょう。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E6%8A%BC%E3%81%97%E7%B4%99

しかし、このたび「慰安婦誤報の一連の出来事」だけではなく、過去を探れば「共産主義独裁体制のソ連報道」、「毛沢東共産主義中国」、「独裁政権北朝鮮報道」、「カンボジア・ポルポト政権報道」などや「南京大虐殺」、「教科書検定、侵略・進出報道」、「サンゴ落書き報道」など誤報、偏向報道が多数散見され、しかも基本的にこのたびの「慰安婦報道」同様、謝罪らしい謝罪もせず「・・・本質は・・・・」などとのすり替えを行ったりの誤魔化しでここまでやってきたメディアといえるのではないでしょうか。

しかし何故にこれほどまでにメディアとして欠格要件を満たしているものが大手を振って存在し続けているのか?
そこにこそメスを入れる時期となったのではないでしょうか。

そのヒントとなるのは日本人そのものの心の問題点であると、少し分りづらいですが評論家、西尾幹二氏は日本人特有の病理学的心理「心の闇」、また「朝日新聞的なもの」と呼んでいます。
もう少し身近な言葉で言えば「自虐」が表しているものに近いのではないかと思います。

そのような日本人のベースの上に、朝日新聞のような世の中をミスリードする全国紙の猫なで声での誘いがあれば、それに吸い寄せられる日本国民も多く、それが今の状況ではないかと思えます。

事実を伝える事が日本国民を目覚めさせる為に必要なことでありながら、その事実を伝える役割を負っているものが誤報・捏造の生産地では浮かばれません。
メディアが行う最低限度のことは事実の報道であり、誤りがあれば速やかに取り消し、謝罪をすべきである筈ですが、どうも朝日新聞というメディアは事実よりも朝日が望む妄想が記事になり、その妄想から抜け出せないようです。

しかし残念ながらそのメディア改革からしか日本を直して行くことは難しいでしょうから、ネットの力を広げ有効に活用し既存反日メディアへの批判を強めていかなければならないという連関なのではないかと思います。




労働運動に見るシナ大衆の変化

  ソロです、シナ人民の目覚め? でしょうか。
[「宮崎正弘の世界ニュース早読み」より、抜粋引用]
▼工場ストライキや街頭デモではなく、直接、政府庁舎へ抗議
 詐欺的な業者を放置した責任、そして登記を役所の責任で被害者におこない補填せよという新型要求に官庁側はたじろぐ。
全土で数千人が抗議するという異常事態が出現し、警備当局が慌てた。なぜなら申し合わせたように全土で同時多発、矛先も同じ、要求内容も同じだったからだ。
▼労働運動の急変、党指導の労組は役に立たず
 中国に進出した海外企業に限らず、殆どの会社には共産党細胞がある。国有企業には党委員会があり、お目付役が居る。これまでの労働争議は党細胞の労組が適当な範囲内で主導したものだった。
▼「賃上げ」に関しては、ほぼ全工場で満額回答ではなくとも、それなりに上昇した。 というのも、賃金が上がらなければ労働者は平気でほかへ移動する。3K現場では、完全な人手不足が起きており、農村にリクリートへ行っても労働者は集まらなくなった。
▼昨今の労働運動は、従来型と質がまったく異なる。
 福利厚生の拡充、宿舎に冷暖房設備など最新の改善要求は、週二日制の完全実施など、なにやら先進国風になってきたのである。 このたぐいの労働争議は毎月平均で60-70件おきており、2011年統計の三倍になった。「自らの権利に目覚め、言うべきことを言うのが自分なりの中国の夢を達成する唯一の手段である」と多くの労働者が自覚したからだ。
▼しかも、従来の単なる暴動、突発的行為とはことなり、操業ボイコット、生産ライン停止という、企業側のもっとも弱いポイントを突く戦術を選択するようになった。
現にウォルマート成都店は、ストの長期化により閉店を決断、IBM深セン工場では、むしろレノボへの合併に反対するストライキが長期化した。 東莞の靴工場はナイキ・シューズなどの供給が不能になりアディダスは、ほかの省や国へ生産ラインを委託せざるをえなくなった。つまり、新戦術は経営側に要求を呑ませるために、生産計画に支障がでる戦術が多様化されるようになったのだ。
▼プロの労組員が混入してはいないが、ネットなどで横の連絡が円滑になされるため、最新の労組の動きや、新しい戦術がすぐに連鎖的に伝わるからである。
[引用終了]
労働運動とは、蓋然性もあるし労働者の意識自体が高揚する良い筋だと思います。
唯、「同時多発」と云う部分が気になります。 裏で絵を描いている集団がいると思われますが、オソラク、米国のCIA筋だと思います。 と云うのは、労働運動を煽り立てて政府をけん制するやり方は、かつての戦後日本で成功したやり方だからです。

政府に反抗すると云っても、その団体は合法的な労働組合ですからね、然も、共産シナは建前だけでも、「労働者の代表による組織」なのですから、基本的に「労働者の味方」でなくては筋が通りません。 武力で抑圧すれば、民衆を完全に敵に回してしまう事になりますので、我が身が危うくなる幹部も相当数いるかと思います。

つまり、共産党中央も人民軍も手を出しにくい集団だと云う事です。

 それに、労働者側も突発的で小規模の暴動ダケでは、モノが壊れたり、人が死ぬだけで、全く問題の解決に結びつかないと云う現実を示して理解させ、代りに合法的に組織化、計画的な運動に転化する事で、暴徒の「感情の爆発」を最小限に抑え込める可能性もあります。 何せ、企業あってこそ、給料は勿論、賠償金や残業代も出てくるわけですから。 共産シナ中央も、このやり方なら、穏健な交渉が可能ですし、人民軍の手を借理る事も最小限で済みます、寧ろ、歓迎している部分が大きいでしょう。

  掌編国家である我々にとっても、こういう穏健な路線で、シナ内部が軟着陸してくれれば、シナ崩壊~掌編国への難民侵略は、起こらない可能性が有ります。

 亦、シナも極度の少子化傾向にありますから、30年後の生産人口が激減している可能性が高く、消費人口とうまく釣り合えば、シナ人が望んでいた近代的な産業国家が安定した形で現れるかもしれません。

唯、現在の汚職まみれの共産党中枢では、そこまで行く前に、内紛~内乱でパンクします。 CIA指導で労働運動で固めた民衆力を如何にして、体制交代にまで結び付けられるか、見ものです。

世界市民は、真の人類の敵である

未だ覚めず,地塘春草の夢。
真の人類の敵は、ある時は共産主義、ある時はグローバル主義、また、ある時は世界市民の仮面を被っている。
それは、世界の文化の度量衡を同じにし、1%のものが,世界の99%を支配しようとしている輩である。
せめて、日本を真の敵から護るため、速やかに日本を取り戻そう。

グローバルな世界市民とコミニスト

グローバル覇権主義VS持たざる99%の世界の貧困地球市民

成り済まし保守だと云われているWJF系等でもお得意のフレーズですが彼等が其処まで反グローバリズムを煽る真意は何か?

気付いてしまえば単純な公式の21世紀復刻版でした。
だから「ユダヤがー」とも成る訳です分かり易い敵設定。

グローバルな人々【(企業も含む)ユダヤ系等の錬金術】成り金が金をしこたま溜め過ぎる事は経済の秩序に対する反逆行為には変わり無い金は天下の廻り物であってこそ役に立つ、ユダヤ系が莫大な蓄財に走り富みを独占したがるのは身の安全、安全保障の為かと・・・・思いもしますよ。

敵として倒すべき優先順位は身近な所からが基本です。
プライオリティーは国内コミニストor左巻き→戦後敗戦利権秩序→在日→韓国→支那→北の方→→国連と其のお仲間・・・国際コミニストの残党・・・・・・・・・・・・・・・・・・グローバルな方達・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・米帝ww

こんなもんかな~順序は独断と偏見です。
悪しからず。

祖父は朝鮮で産まれ、戦後日本で暮らしました。とはいうのも、曾祖父が会社の命令で日本から朝鮮に赴任になったからです。家族で日本から朝鮮に引っ越し、戦争が厳しくなるまでは朝鮮の人とも良好な関係を築き、良い時代を過ごしたようです。しかし、私は祖父が朝鮮で産まれ育った日本人である事をずっと隠して、つい最近まで誰にも言ったことはありませんでした。左翼の人に、謝れ!植民地支配者の子供!と言われるのが怖かったためです。でも、今ようやくこのような時代がきて、回りの人に少しずつ話してもいいかもしれないという気持ちになりました。お墓参りも後ろめたい気持ちだったのですが、それも柔ぎました。日韓併合時代に、日本人として立派に生きてきたのだと思えるようになり、自分にも自信が持てるようになりはじめました。本当に、このような時代が来たことをありがたく思います。筆者さまも、今後もより多くの方々に本当の事を広めれるように頑張って下さい。応援しています!

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。