スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パキスタン視察 その1 視察のお誘い、なぜ???



今日はパキスタン出張の思い出を書こうと思います。


昔、I B O(大阪国際ビジネス振興協会)からパキスタンの視察のお誘いをうけた。日本の繊維関係の企業を集め視察の費用はパキスタン政府が負担するという内容。

滅多に行ける国ではない、即座にOK。

「しかし何故大企業でなく当社のような中小企業なのか?」と率直な疑問をぶつける。

『輸入するような品物は何も無い、命を賭けてまで行く国ではないと言われ大企業には全て断られた。仕方ないのでランクを落とした。』

『日本政府から10社以上の企業を募集するように言われているがまだ御社以外OKをもらっていない、何社かつれていかないと政府の面子がつぶれる』と鬼気迫る勢い。

にもかかわらずやってきた企業は当日弊社を入れてわずか3社、おまけにパキスタン政府の要請は首都イスラマバードでなく商業地カラチ。

航路は、北京~イスラマバード~カラチ、北京で約2時間待ち、イスラマバードで一時間待ち総計約15時間のフライト、到着時間は現地時間真夜中の12時、日本時間朝の4時

一睡もせずに9時出発で服飾の展示場に到着しさっそく商品を見て唖然。
同行した日本のIBOの担当者に愚痴をこぼす。
「こんなひどい商品を見るために15時間もかけてやってきたのですか。」
『パキスタン友好の為にがまんしてください』

日本はパキスタンから糸と生地を買っていてもフアッションは買うつもりはない。
もともとパキスタンの希望で綿を糸にする機械をODAで無償援助した。何年か経つと、綿糸で売るより原反で売りたいと言い出した。そこで日本政府は紡績の機械を再び無償援助した。ところが最近原反ではなくもっと付加価値の付くファッションで売りたいとどんどん欲望がエスカレートしだしたのだと言う。 

そんなパキスタンでこの後、思いもよらない展開に。



コメント

じゃ、バイバイ。

ちりちゃんです。
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-0010.html
もういわないけど、私は、0010から、コピペして、全部持ってる。

管理人さん、ありがとうございました。

私がいろいろ発信?してた内容、
管理人さんのフトコロ?に、
はいっていただけかもね。
カンガルー?ま、こんなところでいいか。

じゃね。何年間もありがとうございました。
本当に・・・。

朝鮮人三原則

『臭い、汚い、危ない』

非韓三原則
『助けない、教えない、関わらない』

(・”・)

今いる、ここにさ、でここ

今、シンガポールにいます。
連休だし、世界4大金融センタの一つ、
ビルの構えだけでもどうなのかなって、どうしても見たい。
まあ、こんな軽い気持ちだった。

裏で、まあ、時間とお金があったら、シンガポールにきいた。
で、今日帰る。

中韓の感想、とても素晴らしい。

--20161010夕方追記
さっきまで、このコメ残ってたっけ?
このレイヤのコメ、アンダーコントロールできるの、一人しかいない。
・・・

間違えちゃった。

シンガポールに行ってきた。
ちりちゃんです。

今、この「最近のコメント」欄見てみると、
なんか、また、私が「止めている?」

コメUPの失敗、だけど、こういう出方もあるかと思った。

このコメの内容、お風呂入ったあと、8時前までに変更します。

あと、このコメスレ「パキスタン視察 その1 視察のお誘い、なぜ???」が、管理人さんの、最初のブログです。と思ってる。

----
で、過去コメの内容、少し、いじったんだな。
空港ラウンジから。
そしたら、こうなるんだ。ナルホドです。
さっき、家について、ココ見てみたら、びっくりした。

---
えと、ここから、紹介したい。中韓の管理人さん。
今回、びっくりしたのはシンガポール。
私的な人種なルツボ。

今、総理が、なんだっけ、「どうぞきてください!」な感じ。
で、ネット中心として、そうじゃないだろ!?って、意見。

移民なのかな、金融なのかな。
あと、アラブ、インド、CN街。が観光スポット。
見に行きたい。見ておきたい。

---
もっと、たくさん意見交換したい。
外国、そとから来る人。

今日、この旅行は、うーんと思った。
人種。
人種のるつぼ、アジア人。
シンガポールでの、白人。
どこなのかな、北米、EU。
白人が、うまくいえないけど、
「二の次」な、気がした。

-----
チェック:
20161011 2111

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/10-2bb1ec89

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。