韓国人が直視すべき真実の歴史 5月27日(水)


最近、李栄薫教授の「反日種族主義」という本が韓国で話題になりました。
また後を追うようにして池萬元著者の「反日への最後通告」という衝撃の書
が出ました。この本は韓国で話題になった李栄薫教授の反日種族主義の本
以上に韓国の大嘘と韓国の悲惨な歴史が暴露されています。

今回は私の文章ではなく、池萬元著者の「反日への最後通告」の冒頭に書か
れている「本書について」を、そっくりそのまま載せます。この文章を見れば、
朝鮮族は常に異常なほどの劣等感を偽物の優越感で覆い隠して生きてき
た事がわかります。そして異常な人格障害を持っている民族であることが
よくわかります。

とりあえず冒頭の「本書について」をそのまま列記します。
「朝鮮は花の国、日本は悪魔の国というのは共産主義者が作り上げた虚像
だった。1392年李氏朝鮮が誕生して518年間統治したが、外国人が描写
した首都・漢陽は、不潔で伝染病が蔓延し、嘘と陰謀と収奪が横行する辺境
の地だった。

女性は男性の奴隷であり、両班のために奴隷を生んでくれる生産道具であっ
た。1割の両班が9割の同族を奴隷としてこき使い、その楽しみに耽っていた
が、やがてやってきた弱肉強食の時代の趨勢から取り残されて滅亡した部族
国家がすなわち朝鮮だ。

こうした未開の状態の国を治めて日本は、わずか三十年で日本式の建物を
建て、広い道路を整備し、鉄道を作って汽車を走らせ、ダムを建設して電気
を供給するとともに、各地に学校を建てて近代的な教育を施した。

1504年に燕山君が葬ったハングルを科学的に開発して、朝鮮語試験を実
施して合格した人々に朝鮮語手当を支給し、1928年には10月9日をハン
グルの日と定め,重い鋳貨の代わりに紙幣の使用を導入した。福沢諭吉が
いなかったら韓国人が現在使用している単語もなかったし、世界と疎通でき
るパイプラインもなかった。

日本が一番先に教えたことは嘘をつかずに両親に孝行しろという道徳教育
だったが、その教育は金大中と李海瓚が葬り去った。この時から子どもたち
は訓育されるのでなく、飼育されてきた。今日の若い世代を見ると訓育なし
に育った人間の人格が獣より危険なように感じられる。

日本が40年間朝鮮で築いた財産は総額52億ドルであり、韓国に23億ド
ル、北朝鮮に29億ドルあった。アメリカは奪われた国を取り戻して、日本
が韓国に置き去りにした23億ドルもの財産を差し押さえて李承晩政権に
与えた。1965年に受け取った請求権資金3億ドルの実に8倍に上がる。
これは建国したての大韓民国の総経済規模の80%を占めた。

アメリカは、敗戦に伴って引き上げる日本人のポケットや荷物をくまなく調
べて着の身着のままの状態で帰国させた。これを足がかりにして朴正煕が
18年間築き上げたのが韓国経済だ。日本の力を借りることができなかった
ならば、京釜高速道路も浦項製鉄所も重化学工業も昭陽江ダムもなかった。
日本が素材、部品、技術、資本を供給しなければ、韓国を支えている組み立
て産業は廃業せざるを得ない。

本書は、写真と事実資料を豊富に引用している。あくまで事実に基づいて書
いた。

朝鮮が美しい花の国というのも嘘、日本が悪魔の国だというのも嘘、日本が
ハングルを葬ったというのも嘘、慰安婦に関する話も嘘、強制徴用という話
も嘘、全て嘘づくめだ。

それでは、この様な歪曲を、誰が、どの様な目的でやったのか?我が韓国民
は是非とも知るべきである。」

以上が著者 池萬元氏の「本書について」冒頭に書かれた文章です。
彼のこの本は多くの朝鮮を現地で長年にわたって観察した外国の21人の
知識人と 同時代の朝鮮人の先覚者たち6人が観察した内容を書いていま
す。だから全て事実です。

この様な事実は日本の櫻井よしこ、西岡力、室谷克実、古田博司、産経新聞
の阿比留など昔から多くの知識人たちが書いてきました。しかし本を読まない
勉強しない政治家たちは一向に覚醒することもなく、韓国の嘘を信じてき
たのです。

私が目覚めた最初の本は1991年 呉善花氏の「スカートの風」その次
はすでに10年経っていましたが金 完燮氏の「親日派のための弁明」で
した。特に「韓国人の中にある反日感情は、韓国政府の意図的な歴史の歪曲
からはじまったものである」という金完燮氏の文に接して完全に目覚めました。

その後多くの書籍や雑誌を読み漁って韓国につての嘘に辟易しました。
特に韓国の嘘を記事にする朝日新聞や 韓国の挺対協主催のデモに参加した
元国家公安委員長である岡崎トミ子 親韓派の国会議員 韓国の反日姿勢を
応援する日弁連の弁護士など売国奴達が何故日本を裏切るのか未だ理解で
きせん。

次回も 池萬元著者の「反日への最後通告」ついて書いて見るつもりです。



☆↓ここをクリックするとクラウドファンディングの画面に入ります↓☆
https://readyfor.jp/projects/32837
ffff ← クリックしてもらえると励みになります





トランプ大統領 怒り心頭、 5月20日(水)


トランプ大統領 怒り心頭、欧米中心に14日現在、感染者は世界で440万
人に死者が30万人を超えた。コロナウイルスは、世界に衝撃的なダメージ
を与えていますが、最も大きな打撃や損害を被っているのはアメリカです。

朝鮮戦争で死亡したのは約4.万人、そしてベトナム戦争の死亡者数は6万人
だが、アメリカでは5月14日、新型コロナウイルス感染症の症例数が139
万5000件、死者8万4000人を超えた。トランプ大統領が「これは戦争だ」
と言ったのも肯けます。

米国の直近の世論調査では、アメリカ人の3分の2が中国に対して怒ってい
ます。米議会でも共和党員の72%、民主党員の62%が中国に怒っています。
どちらかというと中国に優しかったバイデン候補も今や中国に否定的です

5月11日のホワイトハウスでの定例記者会見で、トランプ氏は中国系アメリカ
人記者からの質問がトランプ氏の逆鱗に触れ、この日の記者会見が途中で
打ち切られました。

中国系記者「コロナウイルスの検査数について、あなたはなぜ『アメリカが
ほかのどの国よりはるかに優れている』と頻繁に主張するのですか?国際
的な競争が、あなたにとってなぜ重要なのですか?毎日この国でものすごい
数の人々がいまだに命を落とし、感染者も増え続けているというのに」

トランプ氏「命を落としているのは世界中で起こっていることだ。そしてそのよ
うな質問は中国に聞くべきだろう、いいかい。私に聞かないで、中国に聞きな
さい」 といってこの日の記者会見を打ち切りました。

もし安倍首相が記者会見を途中で打ち切ったら野党たちは鬼の首でも取った
ように大騒ぎします。しかしマスコミや野党の安倍首相に対する質問は常に
どうすれば安倍首相が切れるかを試すような質問ばかりです。安倍首相は
よく我慢をしています。

野党や記者たちが日本国を良くしようとする質問など聞いたことはありませ
ん。例えば憲法9条を早く変えなければ米軍が去った後は中国が喜んで攻め
てきます とか、コロナウイルス対策も現行憲法ではできない とか、9条には
戦争放棄・戦力不保持・交戦権否認が明記されていますが、これでは丸腰で
人民解放軍の戦車に対峙することになりますがそれでいいのですか?とか、
犯罪を犯した在日は即、祖国に返さないのですか?とか、在日が経営する
パチンコなどはなぜ禁止にしないのですか?とか この様な質問をする政治
家が早く現れることを願うばかりです。

このように、トランプの怒りは、米国民の間にも政界にも確実に広がってい
ます。新型コロナウイルスは、「中国の善の仮面」を剥ぎ取って「悪の醜い
素顔」を世界に知らしめました。今後、世界は中国との間に一定の距離を
置き始めることになります。

日本においてもコロナ危機で明らかになったことは、我が国には国家の非常
事態に対する備えに致命的な欠陥があります。その原因は、日本国憲法に
「国家緊急権」に基づく国家非常事態条項が存在しないことです。世界で非
常事態対処規定を保有しない国は皆無だということをなぜ国会で議論しない
のですか?

国会では検察官の定年を65歳に引き上げる検察庁法改正案の審議が、
衆院で始まった。野党は安倍政権に近いとして東京高検検事長の定年延
長など許さないとマスコミや芸能人まで味方につけて猛反対しています。

黒川氏は今年2月8日に63歳で定年退職を迎えるため、総長就任は難しい状
況だった。このため、黒川氏と同期の林真琴・名古屋高検検事長(62)が総
長候補として有力視されてきた。この名古屋高検検事長は考え方が左翼的
で朝日新聞がバックアップしてきた男です。この男が東京高検検事長になる
と検事局としては問題が生じる。だからまともな考えのできる黒川氏の定年
延長を画策したということらしい.。つまり検察局内部のの人事抗争です。

第一この人事は安倍首相は全く知らなかった。今回の検察の人事は内部が
案件を持ってきて内閣が形だけで任命すればなんの問題もなかった。だから
菅官房長官が従来の慣習に従って検察局が持ってきた人事jを承認したに
過ぎない。

この様な本音は国会答弁では言えない。つまり内閣は検事局の人事に一切
関与していない。

今回の改正は「三権分立と検察の中立性・独立性を損なう」と野党は指摘して
いますが、もともと検事総長を任命するのは内閣ですが、歴代政権は疑念を
もたれてはいけないと検察庁の意向を尊重して人事を行ってきました。

野党は安倍政権はそこに手を突っ込める仕組みをつくろうとして、政界の不
正などの捜査ができなくなる恐れがあると国民を脅していますが、日本は
中国や韓国ではない、民主国家です。中立性を重んじる検察総長なら問題は
ないが、左翼思考の検事総長なら過度に人権を重んじ愛国心を軽んじてしま
います。

1976年に発覚したロッキード事件で検察は田中角栄元首相を逮捕・起訴しま
したし、政官界に広がったリクルート事件では1989年、竹下登首相が辞職し
ました。検察官は、法律違反の可能性がある出来事について、容疑者を裁判
にかけるかどうか、起訴、不起訴を決める権限を独占的に持っています。

検察は決して時の政権の言いなりになったりしません。日本は民主国家で
あり三権分立と検察の中立性・独立性を損なうことは決してありません。

左翼や野党の売国奴が振りかざす論理は、根本には必ず矛盾を隠していま
す。その理由は民衆のためという言い立てが本当は口先だけの口実であり、
本音は安倍政権を排除したいからです。

社会主義・共産主義を実現した国家が、実は地獄であった事が過去の歴史で
勉強したはずです。現代も中国・北朝鮮・韓国のような国になりたいですか?

我々国民は左翼の主張する「茶の間の正義」にごまかされてはいけない。



☆↓ここをクリックするとクラウドファンディングの画面に入ります↓☆
https://readyfor.jp/projects/32837
ffff ← クリックしてもらえると励みになります




文在寅の大嘘は韓国を消滅させる  5月13日(水)


「コロナで韓国経済は地獄に落ちる」という 馬渕 磨理子アナリストの記事を
見た。異論を挟むつもりはないが、コロナと関係がなくても韓国経済は
いずれ消滅する運命にあります。

韓国経済破綻の引き金を引いたのはコロナウイルスだけでなく文在寅大統領
の愚かさです。国民は彼を選んだことによって経済の破綻だけでなく国が消
滅する運命にあります。

文在寅は口を開けば嘘しか言わない。その嘘を信じる国民の不幸は自業自
得と言わざるを得ない。コロナウイルスは彼のとんでもない狙いを隠してしま
った。すなわち自国を北朝鮮に献上するということです。

新型コロナ対応の「優等生」は「台湾・韓国・ドイツ」という みずほ証券チ
ーフMエコノミスト上野 泰也氏の記事を大げさに取り上げて国民にアピール。
コロナ対策で日本は失敗したが韓国は成功したと文在寅は鼻高々でした。

ところが韓国のクラブでコロナ感染爆発!計1500人が感染の恐れ!韓国で
感染爆発が再開!1日の感染者数が一気に激増!複数のクラスターが発覚し
パニック状態!とは、だけど、蓋をあけてみれば、あちらの実体なんて所詮こ
んなものです。

最近、韓国工作員である 在日韓国3世 朴一大阪市立大学教授はテレビ
に頻繁に出てきては「韓国は成功、日本は失敗」日本はもっと広く「国民全
員に」ないしは「流行地域では無症状者や軽症患者にも広く」PCR検査を行
うべしと言い、しかも巧妙に安倍首相叩きをしている。

しかし感染の疑いの患者が検査結果が出るまで個室のベッドを専有すること
は医療機関の負担を増やし,重症患者の診療に差し支えることになるという
日本政府の考えは正しい。

朴一教授はあまりも多くのテレビのトーク番組に出演しすぎているのは、
テレビ局の上層部が在日に汚染されている証拠です。私が目にしただけでも、
★そこまで言って委員会、★ビートたけしのTVタックル、★サンデージャポン、
★かんさい情報ネットなど、異常な多さです。

しかし先進国で最もうまくいっている国は日本です。コロナウイルス感染拡
大の防止には人々の行動制限が必要ですが、日本の法律では私権を縛るこ
とはできません。政府が命令できない陳腐な法律でよくここまで抑え込んだ
のは真面目な日本人の律儀さです。だが休業要請に応じない在日朝鮮人の
パチンコ店には腸がにえくりかえります。

優等生とおだてられ韓国民はプライドをくすぐられて文の悪巧みがますます
見えなくなってしまった。韓国経済を混迷に陥れている左翼政権である文在
寅の陰謀を阻止できるのは国民世論だけなのだが、その国民に左翼が戦後
歪曲された歴史を植え付け、日本を悪者にして反日感情を助長してきました。

最近、李栄薫教授の反日種族主義という本が韓国で話題になりました。結論
から言いますと「この国の歴史学や社会学は嘘の温床です」「この国の嘘を付
く文化は、ついに司法まで支配するようになりました」と書かれています。

また徴用工の問題も「彼らが奴隷として強制連行されたという今日の通年
は、1965年以後、日本の朝鮮総連の工作員たちが作り上げたでたらめな
学説が、拡散した結果に過ぎません」というふうに書かれています

その結果、歴史問題の様々な点で、韓国の大勢を占めてきた歴史認識には
大きな嘘があったことが明らかにされています。そしてそうした嘘に基づいた
教育が何年も積み重ねられた結果、韓国の人々の多くは誤った歴史認識を
正しいものと信じ込み、反日に駆られています。

また後を追うようにして元韓国陸軍大佐の「反日への最後通告」という衝撃
の書が出ました。私はこの本はまだ買っていませんが、新聞の宣伝によれば
「近代化によって築き上げた自分たちの財産全て朝鮮につぎ込んで手ぶらで
帰って行ったのが日本だった。この世界において、ある国がある国にこれほ
ど価値ある遺産を譲ってくれた国が日本以外どこにあるのか著者は知らない」
と書かれています。

このように韓国の嘘を暴いてくれる本が続いて出ることは神のご加護です。
そして日本の恩恵を受けながら日本を貶すことしかしない朴一教授などは、
日本の神々の怒りに触れて自滅していきます



★「これまで政治・経済に関する本を出してきました。今回は新たな挑戦
として「イミテーション結婚」という小説を出版します。今回はクラウド
ファンディングを通じて出版します。その事によって出版業界に風穴を
開けたいのです。そのための支援と応援をよろしくお願いします」★

☆↓ここをクリックするとクラウドファンディングの画面に入ります↓☆
https://readyfor.jp/projects/32837
ffff ← クリックしてもらえると励みになります






恥ずかしくないのか中国 5月6日(水)


トランプ大統領は4月30日、記者会見で「研究所が起源であるとの確信
を深めた、その証拠を「見た」と述べました。また中国との関係について
「米中の貿易合意はもはや二の次だ」と指摘。ウイルスを世界的大流行に
拡大させた中国を「許さない」として報復を実施する用意があることを示唆
しました。

そらそうでしょう、新型コロナウイルス感染症による死者が世界全体で23万
人を超えた(4月30日時点)その死者の9割近くが欧米です。中国は偉そう
に中国は収束を迎えたと胸を張った?しかし欧米中心に、被害拡大が鈍化す
る気配は見えていない。

中国がウイルスを発生しながら「米国陰謀説」を流し、ウイルス発生を隠蔽
工作し、拡散をあおって大感染の火をつけながら、その責任を隠して感染被
害を受けた諸国を助けるふりをして消火するそのインチキぶりは醜悪です!

フィナンシャル・タイムズによると、ロジャー・ロス上院議長にコロナ感染
拡大に対する中国の取り組みを「称賛する決議案」を提案してほしいという
メールが届いた。調べるとシカゴの中国総領事からの実際のメールだった。
ロス氏は「親愛なる総領事殿 ふざけるな!」と返信したそうです。

以前なら先にお金を渡してから工作したものだが、内容が内容だけに実際に
実行したなら 直ぐに中国の工作だとバレてしまう、今や中国の工作はあま
りにも幼稚、コロナ以後、世界の風潮は中国の嘘が通用しなくなっています。

中国人は以前クリントン夫妻やオバマ大統領のように簡単にお金で転んだ
為にアメリカ人をバカにしています。

中国寄りの発言をする世界保健機関のテドロス事務局長に対してテドロスの
辞任を求める米国発の署名サイトで、賛同者が今月1日までに102万人を
超えた。

中国の工作や隠蔽体質への批判は世界各国で沸き起こっています。特に
豪州にとって中国は輸出額の30%を占める最大の貿易相手だが「中国は心
を許せる相手ではない」とはっきり中国を批判しています。日本の経団連も
見習ってほしいと思います。中国共産党は各国首脳が簡単に金でころんだ
ことで世界を甘く見てしまった。

各国は中国に長年だまされ続けてきた。中国は市場原理に基づく社会主義経
済の確立を世界に発信した。市場原理という言葉によって2001年に世界貿易
機関(WTO)に加盟でき、資本の自由化や外資規制の撤廃を約束した。だが
約束は反故にされた。

中国は野心を隠して常に協調路線で「友好」という仮面をかぶりながらソフト
外交を行ってきた。だから日本もアメリカもドイツも中国に技術のみならず、
マーケットの提供をしてきた。当たり前の事だが肝心の特許技術だけは秘密
にしてきた。

しかし各国は中国の安価な労働力の魅力で巨額な設備投資をした後で自国
の法律を変えてきた。「技術を公開しない企業は中国では仕事ができない」
このとんでもない法律の脅しに各国は抵抗したが、政府のバックアップがない
日本企業だけは抵抗できなかった。

日本の新幹線の技術などそっくり中国に取られてしまった。そのうえ厚かま
しくもこの鉄道の技術は全て中国オリジナルであると宣伝する始末。

中国は今や、経済力と軍事力で各国を脅し、ウイルスの大流行を逆手にとっ
て医療支援で恩を着せ、「コロナが他国を助けられないアメリカの世紀は終
わった」と自画自賛した。

台湾の味方で反中であったチェコなど、中国が100万枚のマスクと人工呼
吸器を空輸すると一変に親中派に豹変する始末。

しかし欧米諸国では「中国の策略にだまされるな」との「中国警戒論」が逆に
強まって来ました。新型コロナウイルスをめぐる中国政府の対応をみたとき、
経団連や親中派の圧力で対中関係の改善に努力を強いられていた安倍首
相もやっと目覚めました。

我が日本の隣国に最低最悪な中国という大国がある。国の引っ越しなどでき
ない以上、日本はこの邪悪な中国の脅威に備えていかなければならない。



★「これまで政治・経済に関する本を出してきました。今回は新たな挑戦
として「イミテーション結婚」という小説を出版します。今回はクラウド
ファンディングを通じて出版します。その事によって出版業界に風穴を
開けたいのです。そのための支援と応援をよろしくお願いします」★

☆↓ここをクリックするとクラウドファンディングの画面に入ります↓☆
https://readyfor.jp/projects/32837
ffff ← クリックしてもらえると励みになります


著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント